MUGC GSケイマン・ファンド-GS オーストラリア・ハイブリッド証券ファンド 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                  有価証券届出書の訂正届出書

      【提出先】                  関東財務局長
      【提出日】                  平成30年6月29日
      【発行者名】                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                        (Mitsubishi        UFJ  Investor     Services     & Banking     (Luxembourg)
                        S.A.)
      【代表者の役職氏名】                  デュプティ・マネージング・ディレクター  小林 央明
      【本店の所在の場所】                  ルクセンブルグ大公国、ルクセンブルグ L-1150、アーロン通
                        り 287-289番
                        (287-289,       route    d'Arlon,     L-1150    Luxembourg,       Grand    Duchy    of
                        Luxembourg)
      【代理人の氏名又は名称】                  弁護士  三浦  健
                         同   大西 信治
      【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                        森・濱田松本法律事務所
      【事務連絡者氏名】                  弁護士  三浦  健
                         同   大西 信治
                         同   金光 由以
                         同   大田 友羽佳
      【連絡場所】                  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                        森・濱田松本法律事務所
      【電話番号】                  03(6212)8316
      【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券に係るファンドの名称】
                        MUGC GSケイマン・ファンド-
                        GS オーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                        (MUGC    GS  Cayman    Fund   -
                        GS  Australia      Hybrid    Securities       Fund)
      【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券の金額】
                        米ドルクラス受益証券:
                         30億米ドル(約3,263億7,000万円)を上限とする。
                        豪ドルクラス受益証券:
                         30億豪ドル(約2,633億7,000万円)を上限とする。
                        円クラス(為替ヘッジあり)受益証券:
                         3,000億円を上限とする。
                                   1/125






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                        (注1)各クラスは、それぞれの名称に含まれる通貨をクラス通貨
                             (以下「クラス通貨」という。)とするが、表示通貨につ
                             いては、米ドルクラス受益証券については米ドル、豪ドル
                             クラス受益証券については豪ドル、円クラス(為替ヘッジ
                             あり)受益証券については日本円(以下、個別にまたは総
                             称して「表示通貨」という。)とする。
                        (注2)特段の記載がない限り、各外国通貨の円貨換算は、2018年
                             1月31日現在の株式会社三菱東京UFJ銀行の対顧客電信
                             売買相場の仲値である、1米ドル=108.79円および1豪ド
                             ル=87.79円による。
                        (注3)本書の中で金額および比率を表示する場合、四捨五入して
                             ある。したがって、合計の数字が一致しない場合がある。
                             また、円貨への換算は、本書中でそれに対応する数字につ
                             き所定の換算率で単純計算のうえ、必要な場合四捨五入し
                             てある。したがって、本書中の同一情報につき異なった円
                             貨表示がなされている場合もある。以下同じ。
      【縦覧に供する場所】                  該当事項なし。
                                   2/125














                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

       本日、半期報告書を提出いたしましたので、2018年3月30日に提出した有価証券届出書(以下「原届出

      書」といいます。)の関係情報を下表のとおり新たな情報により追加・更新するため、また、投資リスク
      の参考情報等を更新するため、本訂正届出書を提出するものです。
       なお、本訂正届出書の記載事項のうち外貨数字の円貨換算については、直近の為替レートを用いており
      ますので、訂正前の換算レートとは異なっております。
     2【訂正箇所の内容】

      (1)原届出書の下記事項については、半期報告書の記載内容*と同一内容に更新または追加されます。
                                                         訂正の
               原届出書                         半期報告書
                                                         方法
     第二部 ファンド情報

     第1 ファンドの状況

                    (ⅲ)資本金の
     1 ファンドの性格                         4 管理会社の概況               (1)資本金の額             更新
                       額
       (3)ファンドの仕組み
        ③ 管理会社の概況

                    (1)投資状況                         (1)投資状況             更新

                              1 ファンドの運用状況

                                                         追加
        5 運用状況            (3)運用実績                         (2)運用実績            または
                                                         更新
                                                         追加

                    (4)販売及び買
                              2 販売及び買戻しの実績                           または
                      戻しの実績
                                                         更新
       第3 ファンドの経理状況

                              3 ファンドの経理状況                            追加
        1 財務諸表
     第三部 特別情報

       第1 管理会社の概況             (1)資本金の額                         (1)資本金の額             更新

                              4 管理会社の概況
        1 管理会社の概況
                                            (2)事業の内容及び

        2 事業の内容及び営業の概況                                                  更新
                                               営業の状況
        3 管理会社の経理状況                      5 管理会社の経理の概況                            更新

        5 その他                      4 管理会社の概況               (3)その他             更新

     * 半期報告書の記載内容は、以下のとおりです。
       次へ
                                   3/125



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      1 ファンドの運用状況

        MUGC GSケイマン・ファンド-GS オーストラリア・ハイブリッド証券ファンド(MUGC                                                      GS
       Cayman    Fund   - GS  Australia      Hybrid    Securities      Fund)(以下、「本サブ・ファンド」または「サブ・
       ファンド」といい、MUGC GSケイマン・ファンド(MUGC                                  GS  Cayman    Fund)を「トラスト」とい
       う。)の運用状況は以下のとおりである。
       (1)投資状況(資産別及び地域別の投資状況)

            以下の情報は、本サブ・ファンド全体の資産の状況を記載している。
                                                (2018年4月末日現在)
                                      時価合計             投資比率
         資産の種類               国・地域名
                                      (豪ドル)               (%)
          投資信託             アイルランド               250,073,433.50                98.18

          現金・その他の資産(負債控除後)                             4,642,224.54                1.82

                  合計                    254,715,658.04

                                                      100.00
               (純資産総額)                      ( 約21,042百万円)
     (注1)投資比率とは、サブ・ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいう。
     (注2)各外国通貨の円貨換算は、2018年4月27日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値である、1米
         ドル=109.35円および1豪ドル=82.61円による。以下同じ。
     (注3)サブ・ファンドは、米ドルクラス、米ドルクラス(為替ヘッジあり)、豪ドルクラスおよび円クラス(為替ヘッジあ
         り)で構成されるが、本書が報告の対象とするのは米ドルクラス、豪ドルクラスおよび円クラス(為替ヘッジあり)
         である。
     (注4)各クラスは、それぞれの名称に含まれる通貨をクラス通貨(以下「クラス通貨」という。)とするが、表示通貨につ
         いては、米ドルクラス受益証券は米ドルとし、豪ドルクラス受益証券については豪ドル、円クラス(為替ヘッジあ
         り)受益証券については日本円(以下、個別にまたは総称して「表示通貨」という。)とする。
     (注5)本書の中で金額および比率を表示する場合、四捨五入してある。したがって、合計の数字が一致しない場合がある。
         また、円貨への換算は、本書中でそれに対応する数字につき所定の換算率で単純計算のうえ、必要な場合四捨五入し
         てある。したがって、本書中の同一情報につき異なった円貨表示がなされている場合もある。以下同じ。
     (参考情報)

     マスター・ファンド(ゴールドマン・サックス・インスティテューショナル・ファンズ・ピーエルシー-
     オーストラリア・エンハンスト・インカム・ファンドⅡ)
                                                (2018年4月末日現在)
                                      時価合計             投資比率
         資産の種類               国・地域名
                                      (豪ドル)               (%)
           社債            オーストラリア               204,934,860.13                80.69

          優先証券             オーストラリア                34,437,566.67                13.56

          投資信託             オーストラリア                 5,382,898.30                2.12

          現金・その他の資産(負債控除後)                             9,231,298.89                3.63

                  合計                    253,986,623.99

                                                      100.00
               (純資産総額)                      ( 約20,982百万円)
     (注)投資比率とは、マスター・ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいう。
                                   4/125




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)運用実績
         ① 純資産の推移
            2018年4月末日前一年間における各月末の純資産の推移は次のとおりである。
        <米ドルクラス受益証券>

                              純資産総額                1口当たり純資産価格
                          米ドル            円        米ドル         円

           2017  年5月末日           43,559,881.97           4,763,273,093             6.31         690

               6月末日          43,447,597.91           4,750,994,831             6.49         710

               7月末日          31,909,054.52           3,489,255,112             6.76         739

               8月末日          31,509,993.95           3,445,617,838             6.70         733

               9月末日          30,990,659.53           3,388,828,620             6.59         721

               10 月末日         30,105,502.66           3,292,036,716             6.46         706

               11 月末日         29,902,418.29           3,269,829,440             6.39         699

               12 月末日         30,472,968.80           3,332,219,138             6.59         721

           2018  年1月末日           31,293,782.91           3,421,975,161             6.80         744

               2月末日          31,170,269.78           3,408,469,000             6.50         711

               3月末日          34,797,243.09           3,805,078,532             6.37         697

               4月末日          34,322,766.15           3,753,194,479             6.27         686

        (注)本表には、取引を取引日翌日に反映するという原則に基づく数値が記載されており、取引日現
            在の処理に基づき作成される財務書類と比較した場合、数値が異なる場合がある。財務書類は
            取引日当日の取引を含むが、本表中に記載される数値は1日の遅れがあり計算期間の最終ファ
            ンド営業日当日に発生した取引を含んでいない。以下同じ。
                                   5/125










                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        <豪ドルクラス受益証券>
                              純資産総額                1口当たり純資産価格
                          豪ドル            円        豪ドル         円

           2017  年5月末日           122,829,758.62           10,146,966,360              9.06         748

               6月末日          121,775,917.13           10,059,908,514              9.04         747

               7月末日          120,010,727.23            9,914,086,176             9.06         748

               8月末日          118,107,687.04            9,756,876,026             9.04         747

               9月末日          117,232,957.90            9,684,614,652             9.00         743

               10 月末日        112,456,405.17            9,290,023,631             9.02         745

               11 月末日        114,482,278.80            9,457,381,052             9.01         744

               12 月末日        114,224,868.04            9,436,116,349             9.02         745

           2018  年1月末日           113,187,540.55            9,350,422,725             8.99         743

               2月末日          113,635,227.24            9,387,406,122             8.94         739

               3月末日          115,732,162.94            9,560,633,980             8.90         735

               4月末日          117,974,731.40            9,745,892,561             8.87         733

                                   6/125













                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        <円クラス(為替ヘッジあり)受益証券>
                          純資産総額          1口当たり純資産価格
                            円             円

           2017  年5月末日              5,096,966,784                  9,318

               6月末日             4,938,218,977                  9,294

               7月末日             4,663,526,499                  9,325

               8月末日             4,619,876,260                  9,300

               9月末日             4,603,090,032                  9,271

               10 月末日           4,487,761,921                  9,293

               11 月末日           4,481,280,547                  9,287

               12 月末日           4,302,812,110                  9,290

           2018  年1月末日              4,309,368,431                  9,277

               2月末日             4,288,053,203                  9,226

               3月末日             4,242,566,392                  9,186

               4月末日             4,259,139,096                  9,159

         ② 分配の推移

            <米ドルクラス受益証券>
                            米ドル              円
               2017  年5月            0.03             3
                  6月           0.03             3
                  7月           0.03             3
                  8月           0.03             3
                  9月           0.03             3
                  10月           0.03             3
                  11月           0.03             3
                  12月           0.03             3
               2018年1月              0.03             3
                  2月           0.03             3
                  3月           0.03             3
                  4月           0.03             3
                                   7/125







                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            <豪ドルクラス受益証券>
                            豪ドル             円
               2017  年5月            0.04             3
                  6月           0.04             3
                  7月           0.04             3
                  8月           0.04             3
                  9月           0.04             3
                  10 月          0.04             3
                  11 月          0.04             3
                  12 月          0.04             3
               2018  年1月            0.04             3
                  2月           0.04             3
                  3月           0.04             3
                  4月           0.04             3
            <円クラス(為替ヘッジあり)受益証券>

                             円
               2017  年5月            20
                  6月           20
                  7月           20
                  8月           20
                  9月           20
                  10 月          20
                  11 月          20
                  12 月          20
               2018  年1月            20
                  2月           20
                  3月           20
                  4月           20
                                   8/125









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ③ 収益率の推移
            2018年4月末日前一年間における収益率は以下のとおりである。
                                        (注)
                                     収益率
                      クラス
              米ドルクラス受益証券                         4.91%
              豪ドルクラス受益証券                         3.66%
              円クラス(為替ヘッジあり)受益証券                         1.37%
            (注)収益率(%)=(a-b)/b×100
                      a=2018年4月末日現在の1口当たり純資産価格(当該期間の分配金の合計
                         額を加えた額)
                      b=2017年4月末日現在の1口当たり純資産価格(分配落の額)
                                   9/125

















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      2 販売及び買戻しの実績
        2018年4月末日前一年間における販売および買戻しの実績、ならびに2018年4月末日現在の受益証券
       の発行済口数は次のとおりである。
        <米ドルクラス受益証券>

               販売口数                 買戻口数                 発行済口数
             2,698,101.81                 4,109,618.79                 5,477,544.97
             (2,698,101.81)                 (4,109,618.79)                 (5,477,544.97)
        (注1)( )の数は本邦内における販売口数、買戻口数または発行済口数である。以下同じ。
        (注2)取引日当日の取引は取引日の翌日に反映されるため、各口数には取引日当日の取引は含まれ
             ていない。財務書類上の口数は取引日現在のすべての取引を含む。以下同じ。
        <豪ドルクラス受益証券>

               販売口数                 買戻口数                 発行済口数
             2,769,129.96                 2,939,625.18                 13,306,065.98
             (2,769,129.96)                 (2,939,625.18)                 (13,306,065.98)
        <円クラス(為替ヘッジあり)受益証券>

               販売口数                 買戻口数                 発行済口数
              111,240.06                 196,120.67                 465,034.59
             (111,240.06)                 (196,120.67)                 (465,034.59)
                                  10/125












                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (参考情報)
                                  11/125




















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       次へ











                                  12/125









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      3 ファンドの経理状況

        a.サブ・ファンドの日本文の中間財務書類は、ケイマン諸島における法令および一般に認められた

           会計原則に準拠して作成された原文の中間財務書類を翻訳したものである。サブ・ファンドの日
           本文の中間財務書類は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」第76条第4
           項ただし書の規定に準拠して作成されている。
        b.サブ・ファンドの原文の中間財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和23年法律第103

           号)第1条の3第7項に規定する外国監査法人等をいう。)の監査を受けていない。
        c.サブ・ファンドの原文の中間財務書類は、豪ドルで表示されている。日本文の中間財務書類に

           は、主要な金額について円貨換算額が併記されている。日本円への換算には、2018年4月27日現
           在における株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1豪ドル=82.61円)が使用さ
           れている。なお、千円未満の金額は四捨五入されているため、日本円に換算された金額は合計欄
           の数値が総数と一致しない場合がある。
       次へ

                                  13/125













                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (1)資産及び負債の状況
                   GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                         財政状態計算書(無監査)
                           2018  年3月31日現在
                       注記         2018  年3月31日               2017  年9月30日

                             (豪ドル)         (千円)        (豪ドル)         (千円)

     資産
     流動資産
     純損益を通じて公正価値で測定さ
                                      18,202,476                 17,158,422
                     3(c)、4       220,342,283                 207,703,937
     れる金融資産
                                        8,391                21,356
     投資売却未収入金                   2        101,574                 258,521
                                       388,048                 106,768
     申込受益証券未収入金                 3(g)、8        4,697,352                 1,292,437
                                                           1
     その他の資産                             -        -        15
                                       962,347                 341,344
                             11,649,282                 4,131,989
     現金および現金同等物                 3(d)、12
                                      19,561,262                 17,627,892
     資産合計                        236,790,491                 213,386,899
     負債

     流動負債
     純損益を通じて公正価値で測定さ
                                        3,115                62,861
                     3(c)、4          37,707                760,937
     れる金融負債
     ブローカーに対する債務           :
                                        47,562
      担保金額                 3(e)        575,741                   -        -
                                       957,662                 107,641
     投資購入未払金                   2      11,592,573                 1,303,000
                                        8,419                21,496
     買戻受益証券未払金                 3(g)、8         101,917                 260,215
                                        34,708                 36,828
     未払販売報酬                  7(d)        420,137                 445,803
                                        33,342                 75,370
     未払投資顧問報酬                  7(a)        403,609                 912,355
                                        6,756                 4,579
     未払監査報酬                           81,784                 55,427
                                        2,132                 2,232
     未払管理報酬                  7(b)         25,807                 27,016
                                        1,250                 1,333
     未払代行協会員報酬                  7(g)         15,135                 16,140
                                        1,009                 1,476
     未払保管報酬                  7(f)         12,212                 17,867
                                         876                2,111
     未払弁護士報酬                           10,602                 25,553
                                         527                 709
     未払受託報酬                  7(e)         6,374                 8,588
                                          38
     未払利息                            463                 -        -
     未払管理事務代行報酬および名義
                                          16               1,922
                                 188               23,264
                      7(c)
     書換事務代行報酬
     負債合計(買戻可能参加受益証券
                                      1,097,412                  318,558
     の受益者に帰属する純資産を除                         13,284,249                 3,856,165
     く)
     買戻可能参加受益証券の受益者に
                                      18,463,851                 17,309,334
                             223,506,242                 209,530,734
     帰属する純資産
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

                                  14/125



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                   GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                         包括利益計算書(無監査)
                    2017  年10月1日から2018年3月31日までの期間
                       注記         2018  年3月31日               2017  年3月31日

                             (豪ドル)         (千円)        (豪ドル)         (千円)

     収益
                                        1,230                 1,225
     受取利息                  3(b)        14,893                 14,825
     純損益を通じて公正価値で測定され
     る金融資産および金融負債に係る実
     現純利得/(損失):
                                       404,823                 550,616
      投資                        4,900,413                 6,665,246
                                        94,730
      外国通貨契約                        1,146,718                (9,350,495)         (772,444)
     純損益を通じて公正価値で測定され
     る金融資産および金融負債に係る未
     実現利得/(損失)の純変動額:
                                         128               572,610
      投資                          1,544               6,931,485
                                       197,487                 235,236
                              2,390,593                 2,847,554
      外国通貨契約
                                       698,398                 587,243
     純収益                         8,454,161                 7,108,615
     営業費用

                                        67,460                 87,300
     販売報酬                  7(d)        816,607                1,056,772
                                        67,422                 87,300
     投資顧問報酬                  7(a)        816,150                1,056,772
                                        4,441                 5,649
     管理報酬                  7(b)        53,761                 68,380
     未払管理事務代行報酬および名義書
                                        3,371                 6,988
                       7(c)        40,808                 84,596
     換事務代行報酬
                                        2,528                 3,274
     代行協会員報酬                  7(g)        30,606                 39,629
                                        2,182                 2,520
     保管報酬                  7(f)        26,419                 30,503
                                        2,177                 2,397
     監査報酬                           26,357                 29,018
                                        1,572                 3,521
     弁護士報酬                           19,029                 42,619
                                         843                1,091
     受託報酬                  7(e)        10,202                 13,210
                                         123
     支払利息                  3(b)         1,490                  -         -
                                         190                 40
                                2,306                  489
     その他の費用
                                       152,311                 200,080
     営業費用合計                         1,843,735                 2,421,988
                                       546,087                 387,162
     営業による純利益                         6,610,426                 4,686,627
     財務費用:

                              4,790,812         395,769                 526,495
                                              6,373,260
     参加受益者に対する分配金                 3(h)、10
     営業による買戻可能参加受益証券の

                                       150,318
                              1,819,614                (1,686,633)         (139,333)
     受益者に帰属する純資産の変動
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

                                  15/125




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                   GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
             買戻可能参加受益証券の受益者に帰属する純資産変動計算書(無監査)
                    2017  年10月1日から2018年3月31日までの期間
                       注記        2018  年3月31日               2017  年9月30日

                             (豪ドル)         (千円)        (豪ドル)         (千円)

     買戻可能参加受益証券の受益者に帰属

                                      17,309,334        286,860,185         23,697,520
                             209,530,734
     する純資産期首残高
     買戻可能参加受益証券の発行による収

                                      3,358,909        45,163,388         3,730,947
                        8     40,659,841
     入合計
     買戻可能参加受益証券の買戻しによる

                        8     (28,503,947)         (2,354,711)       (117,796,787)         (9,731,193)
     支払合計
     営業による買戻可能参加受益証券の受

                                       150,318
                              1,819,614                (4,696,052)         (387,941)
     益者に帰属する純資産の変動
     買戻可能参加受益証券の受益者に帰属

                                      18,463,851                 17,309,334
                             223,506,242                 209,530,734
     する純資産期末残高
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

                                  16/125













                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                   GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                      キャッシュ・フロー計算書(無監査)
                    2017  年10月1日から2018年3月31日までの期間
                       注記         2018  年3月31日               2017  年3月31日

                             (豪ドル)         (千円)        (豪ドル)         (千円)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
     営業による買戻可能参加受益証券の
                                       150,318
                              1,819,614                (1,686,633)         (139,333)
     受益者に帰属する純資産の変動
     調整:
                                          74
     現金に係る為替差益/(差損)                            892                (177)         (15)
                                       395,769                 526,495
     参加受益者に対する分配金                 3(h)、10        4,790,812                 6,373,260
     受取利息                          (14,893)         (1,230)        (14,825)         (1,225)
                                         123
                                1,490                  -        -
     支払利息
                                       545,054                 385,923
     合計                         6,597,915                 4,671,625
     営業資産の純(増加)/減少:
                                        12,965                 8,692
     投資売却未収入金                   2       156,947                 105,223
                                          1
     その他の資産                             15               (1,953)         (161)
     純損益を通じて公正価値で測定され
                                                       3,614,826
                             (12,638,346)         (1,044,054)        43,757,724
     る金融資産
     営業負債の純増加/(減少):
     ブローカーに対する債務:
                                        47,562
      ブローカーに対する担保金額                 3(e)        575,741                   -        -
                                       850,022
     投資購入未払金                   2      10,289,573                  (577,341)         (47,694)
                                        2,177
     未払監査報酬                           26,357                (21,936)         (1,812)
     未払代行協会員報酬                  7(g)        (1,005)          (83)      (27,953)         (2,309)
     未払管理報酬                  7(b)        (1,209)         (100)       (3,081)         (255)
     未払受託報酬                  7(e)        (2,214)         (183)        (606)         (50)
     未払保管報酬                  7(f)        (5,655)         (467)         141         12
                                                         1,672
     未払弁護士報酬                          (14,951)         (1,235)        20,243
     未払管理事務代行報酬および名義書
                                                          739
                       7(c)        (23,076)         (1,906)         8,940
     換事務代行報酬
     未払販売報酬                  7(d)        (25,666)         (2,120)        (91,901)         (7,592)
     未払投資顧問報酬                  7(a)       (508,746)         (42,028)        (87,072)         (7,193)
     純損益を通じて公正価値で測定され
                              (723,230)         (59,746)       (2,713,069)         (224,127)
     る金融負債
     営業活動による/(に使用された)
                                       305,859                3,720,670
                              3,702,450                45,038,984
     キャッシュ
     利息受取額
                                        1,230                 1,225
                               14,893                 14,825
                               (1,027)          (85)         -        -
     利息支払額
     営業活動による/(に使用された)
                                       307,005                3,721,895
                              3,716,316                45,053,809
     正味キャッシュ
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

                                  17/125



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                       注記        2018  年3月31日               2017  年3月31日
                             (豪ドル)         (千円)        (豪ドル)         (千円)
     財務活動によるキャッシュ・フロー:
     買戻可能参加受益証券の発行による収
                                      3,077,629                 1,494,353
                             37,254,926                 18,089,253
     入
     買戻可能参加受益証券の買戻しによる
                             (28,662,245)         (2,367,788)        (57,146,950)         (4,720,910)
     支出
                             (4,790,812)         (395,769)       (6,373,260)         (526,495)
     参加受益者に対する分配金
     財務活動による/(に使用された)正
                                       314,072
                              3,801,869                (45,430,957)         (3,753,051)
     味キャッシュ
                                                           15
     現金に係る為替差益/(差損)                            (892)         (74)        177
     現金の純増加/(減少)                                   621,004
                              7,517,293                 (376,971)         (31,142)
                                       341,344                 396,807
                              4,131,989                 4,803,373
     現金および現金同等物期首残高
                                       962,347                 365,665
     現金および現金同等物期末残高                         11,649,282                 4,426,402
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

                                  18/125














                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                   GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                       財務書類に対する注記(無監査)
                    2017  年10月1日から2018年3月31日までの期間
     1.組織

       GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド(以下「サブ・ファンド」という。)は、MUGC 
      GSケイマン・ファンド(以下「トラスト」という。)のサブ・ファンドである。トラストは、ブラウ
      ン・ブラザーズ・ハリマン・トラスト・カンパニー(ケイマン)リミテッド(以下「受託会社」とい
      う。)およびルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(以下「管理会社」という。)
      が締結した、ケイマン諸島の信託法(2011年改訂)に基づく2010年2月10日付信託証書(補足または改訂
      されることがある。以下「信託証書」という。)により設定された、オープン・エンド型のアンブレラ型
      免税ユニット・トラストである。トラストは、ミューチュアル・ファンド法(改訂済)により規制されて
      いる。
       サブ・ファンドの関連当事者であるゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・インターナ
      ショナル(以下「GSAMI」という。)が、サブ・ファンドとの投資顧問契約(以下「投資顧問契約」
      という。)に従って、投資顧問を務めている。投資顧問会社は、サブ・ファンドの投資に関する日常業務
      の監督および監視の責任を負っている。
       投資顧問会社は、いずれもゴールドマン・サックス・グループ・インク(以下「ゴールドマン・サック
      ス」という。)の関連当事者である、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(シンガポー
      ル)ピーティーイー・リミテッド(以下「GSシンガポール」という。)およびヤラ・ファンズ・マネジ
      メント・リミテッド(以下「ヤラ」という。)を、副投資顧問契約および副投資顧問・参加関連会社サー
      ビス契約(以下、併せて「副投資顧問契約」という。)に従って副投資顧問会社に任命している。副投資
      顧問契約に基づき、GSシンガポールおよびヤラは、サブ・ファンドに対し専門家としての投資の助言を
      継続的に提供し、サブ・ファンドの代わりにすべての取引を実行および管理する。GSシンガポールおよ
      びヤラは、副投資顧問契約に基づき提供するサービスの対価として報酬を受け取る。
       サブ・ファンドは、以下の日に運用を開始し、受益証券クラスを設定した。
                      受益証券クラス                             運用開始日

       豪ドルクラス                                           2012年9月26日

       円クラス(ヘッジ対象)                                           2012年9月26日

       米ドルクラス                                           2012年9月26日

       米ドルクラス(ヘッジ対象)                                           2018年3月28日

       財務書類は、サブ・ファンドの機能通貨および表示通貨である豪ドル建で表示されている。投資顧問会

      社は、この通貨が、サブ・ファンドの基本的な取引、事象および状態の経済的効果を最も正確に示すと考
      えている。
                                  19/125






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     2.投資目的
       サブ・ファンド(以下「フィーダー・ファンド」という。)の投資目的は、オーストラリア・エンハン
      スト・インカム・ファンドⅡを通じて、主に豪ドル建てで発行される期限付劣後債、永久劣後債、優先証
      券およびシニア債に対して投資を行うことより、インカム・ゲインおよびキャピタル・ゲインからなる長
      期的なトータル・リターンを受益者に提供することを追求することである。これらの有価証券に関連し
      て、期限付劣後債、永久劣後債および優先証券を「ハイブリッド証券」と総称している。このような投資
      目的のため、投資家は一定の特有のリスクにさらされている。サブ・ファンドが他のファンドに対して行
      う投資は、各投資対象ファンドの募集要項の諸条件の制約を受けている。
       マスター・ファンドの投資目的は、主に、分散されたポートフォリオ(主として豪ドル建てで発行され
      るハイブリッド証券およびシニア債から構成される。)への資産(現金および現金同等物を除く。)の投
      資を追求することである。マスター・ファンドは、その他の通貨建てで発行される証券に対して投資を行
      うこともあれば、固定利付証券、変動利付証券またはフローティング・レート証券に対して投資を行う場
      合もある。
       マスター・ファンドとフィーダー・ファンドの投資顧問会社は同一である。
       マスター・ファンドは、全般的な投資方針の一環として、デリバティブ金融商品取引(トータル・リ
      ターン・スワップ、指数先物、差金決済契約、為替予約およびオプションが含まれるが、これらに限定さ
      れない。)を締結する場合がある。
       マスター・ファンドは、一定のエクスポージャーをヘッジするために、株式指数先物、銀行手形先物、
      国債先物、または普通株式(主に空売り)取引を利用する場合がある。
       サブ・ファンドの投資が成功する、マスター・ファンドの投資目的が達成される、またはマスター・
      ファンドのポートフォリオのデザイン、リスク管理およびヘッジ戦略が成功するという保証はない。
       マスター・ファンドとフィーダー・ファンドの重要な会計方針は統一されている。
       2018年3月31日および2017年9月30日現在、フィーダー・ファンドは、マスター・ファンドの純資産の
      100%を保有している。マスター・ファンドは、アイルランド籍の可変資本型有限責任投資法人(登録番号
      307105)である、ゴールドマン・サックス・インスティテューショナル・ファンズ・ピーエルシー(以下
      「法人」という。)のサブ・ファンドであり、サブ・ファンド間の責任が分離されたアンブレラ型ファン
      ドとして設立されている。
       フィーダー・ファンドは、マスター・ファンドを投資対象としている。2018年3月31日に終了した期間
      において、フィーダー・ファンドがマスター・ファンドに対して行った払込総額および買戻し総額は、そ
      れぞれ42,470,654豪ドルおよび36,402,516豪ドルであった。2018年3月31日現在、払込義務はなく、サ
      ブ・ファンドは、マスター・ファンドに対する未決済の購入に関する未払金を11,592,003豪ドルとマス
      ター・ファンドに対する未決済の売却に関する未収金を101,574豪ドル有していた。2017年9月30日終了年
      度において、フィーダー・ファンドがマスター・ファンドに対して行った払込総額および買戻し総額は、
      それぞれ47,347,799豪ドルおよび145,224,849豪ドルであった。2017年9月30日現在、払込義務はなく、サ
      ブ・ファンドは、マスター・ファンドに対する未決済の購入に関する未払金を1,295,901豪ドルとマス
      ター・ファンドに対する未決済の売却に関する未収金を258,521豪ドル有していた。
       フィーダー・ファンドは、マスター・ファンドの買戻可能参加受益証券を購入することにより、マス
      ター・ファンドに対して投資を行っている。マスター・ファンドは、営業日であれば常時、当該受益証券
      の買戻しに応じている。
       マスター・ファンドのポートフォリオの公正価値が変動し、これに応じてマスター・ファンドの公正価
      値が変動することにより、フィーダー・ファンドに損失が生じる可能性がある。
                                  20/125




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     3.重要な会計方針の要約

      (a )財務書類
       財務書類の表示の基礎
        当財務書類は、国際財務報告基準(以下「IFRS」という。)に従って作成されている。当財務書
       類は、純損益を通じて公正価値で測定される金融資産および金融負債(デリバティブ商品を含む。)の
       再評価により修正された取得原価主義に基づき作成されている。財務書類の作成には、財務書類および
       添付の注記の報告金額に影響を与える可能性がある経営者による一定の見積りおよび仮定が要求され
       る。実際の結果はこれらの見積りと異なる可能性がある。
       ⅰ.サブ・ファンドが早期適用した新規の基準、修正および解釈指針

         サブ・ファンドが早期適用した基準、修正または解釈指針はなかった。
       ⅱ.  2017年1月1日以後開始する会計期間から発効し、                            サブ・ファンドに適用されている、または適用

        可能であった       新規の基準、修正および解釈指針
         サブ・ファンドが適用している基準、修正または現行基準の解釈指針はなかった。
       ⅲ.  公表済であるが、未発効かつサブ・ファンドが早期適用していない新規の基準、修正および解釈指

        針
         2018年1月1日以後開始する会計期間から適用されるIFRS第9号「金融商品」は、企業が金融
        資産および金融負債(一部の混合契約を含む。)を分類および測定する方法を明記している。当該基
        準は、国際会計基準第39号(以下「IAS第39号」という。)の要求事項と比較して、金融資産の分
        類および測定のアプローチを改善し簡素化している。金融負債の分類および測定に関するIAS第39
        号における要求事項の大部分は変更されずに引き継がれた。当該基準は、金融資産の分類について一
        貫したアプローチを適用しており、それぞれ独自の分類基準を有していたIAS第39号における金融
        商品の区分の多くを置き換えている。経営者は、現在、IFRS第9号の適用がサブ・ファンドに及
        ぼすと見込まれる影響を評価している。
         サブ・ファンドに対して重要な影響を及ぼすと見込まれる未発効のその他の基準、解釈指針または
        現行基準の修正はない。
      (b )投資取引、関連する投資収益および営業費用

        サブ・ファンドは、その投資取引を取引日基準で計上している。実現利得および損失は先入先出法
       (FIFO)に基づいている。受取配当金および支払配当金は配当落ち日に計上され、また、受取利息
       および支払利息は投資の存続期間にわたり発生主義で計上される。発生時に計上される当座借越費用
       (該当がある場合)は、支払利息に含まれる。受取利息は、市場割引、当初発行時割引の償却およびプ
       レミアムの償却を含み、基礎となる投資の存続期間にわたり収益に計上される。受取利息および受取配
       当金は、源泉徴収税(課税される場合)控除前の総額ベースで包括利益計算書に認識および表示され
       る。費用の払戻し(該当がある場合)は包括利益計算書に表示される。
        営業費用および設立費用は、発生主義で認識される。
        取引費用は、発生時に包括利益計算書に認識される。
        サブ・ファンドは、募集および設立費用、ならびに受益証券の募集および販売に関連して生じた当初
       の費用および継続的な費用(印刷費、マーケティング費、弁護士報酬、申込契約およびその関連書類の
       レビューに関連して発生した費用、ならびにサブ・ファンド、管理会社、受託会社、投資顧問会社、グ
       ローバル販売会社および管理事務代行会社のその他の費用を含む。)も負担する予定である。サブ・
       ファンドの募集および設立費用(該当がある場合)は、2018年3月31日および2017年3月31日に終了し
       た期間の包括利益計算書においてそれぞれ開示されている。
                                  21/125


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        組成された企業とは、誰が企業を支配しているのかの決定に際して、議決権または類似の権利が決定
       的な要因とならないように設計された企業(例えば、あらゆる議決権が管理業務のみに関係しており、
       その関連性のある活動が契約上の取決めによって指図される場合など)である。組成された企業は、次
       の 特徴または属性の一部または全部を有していることが多い。(a)制限された活動、(b)狭く十分に明
       確化された目的(例えば、組成された企業の資産に関連するリスクと経済価値を投資者に渡すことによ
       る投資者への投資機会の提供など)、(c)組成された企業が劣後的な財務的支援なしに活動資金を調達
       するには不十分な資本、(d)信用リスクまたはその他のリスクの集中(トランシェ)を生み出す、投資
       者への複数の契約上関連した金融商品の形での資金調達。
        マスター・ファンドは、受益者の選択でプット可能な買戻可能受益証券を発行することによりその営
       業活動の資金を調達し、受益者に各サブ・ファンドの純資産の比例持分に対する権利を与えている。サ
       ブ・ファンドはマスター・ファンドの買戻可能受益証券を保有している。
        マスター・ファンドの持分から生じる損失に対するサブ・ファンドの最大エクスポージャーは、マス
       ター・ファンドに対する投資の公正価値総額に相当する。
        サブ・ファンドがマスター・ファンドの持分を売却すると、サブ・ファンドのマスター・ファンドに
       よるリスクはなくなる。
        2018年3月31日および2017年9月30日現在、マスター・ファンドの純資産額は、それぞれ218,653,229
       豪ドルおよび207,683,139豪ドルであった。
      (c )純損益を通じて公正価値で測定される金融資産および金融負債

       ⅰ 分類
         サブ・ファンドは、すべての有価証券およびデリバティブ投資を、純損益を通じて公正価値で測定
        される金融資産および金融負債の区分に指定している。これらの金融資産および金融負債はトレー
        ディング目的保有またはヘッジ目的に分類される。トレーディング目的保有の金融資産または金融負
        債は、主に短期間での売却または買戻しを目的として取得または引き受けられるものである。デリバ
        ティブもトレーディング目的保有またはヘッジ目的の金融資産または金融負債に分類される。
         公正価値で測定されない金融資産には、ブローカーに対する一定の債権、申込受益証券未収入金お
        よび未収入金が含まれる。公正価値で測定されない金融負債には、ブローカーに対する一定の債務、
        買戻受益証券未払金、未払金および買戻可能参加受益証券から生じた金融負債が含まれる。
       ⅱ 認識および認識の中止

         サブ・ファンドは、金融資産および金融負債を、当該投資の契約条項の当事者となった日に認識す
        る。金融資産および金融負債の購入および売却は、取引日基準により認識される。金融資産または金
        融負債の公正価値の変動から生じる利得および損失は、取引日から包括利益計算書に計上される。
         投資からのキャッシュ・フローを受け取る権利が消滅した場合、またはサブ・ファンドが所有に係
        るリスクと経済価値のほぼすべてを移転した場合、金融資産の認識は中止される。
       ⅲ 公正価値測定の原則

         公正価値で測定される金融資産および金融負債は、IAS第39号およびIFRS第13号に従って評
        価される。金融資産および金融負債は、取引価格(公正価値)で当初計上され、その後、当初認識後
        の公正価値で測定される。公正価値で測定される金融資産または金融負債の公正価値の変動から生じ
        る利得および損失は、発生した期間に包括利益計算書において表示される。
         債権として分類される金融資産は、減損損失(存在する場合)控除後の原価で計上される。金融負
        債は、純損益を通じて公正価値で測定されるものを除き、原価で測定される。サブ・ファンドが発行
        した買戻可能受益証券から発生した金融負債は、買戻可能参加受益証券の受益者に帰属するサブ・
        ファンドの純資産(以下「純資産」という。)の残余金額に対する受益者の権利を示す買戻金額で計
        上される。
         公正価値とは、測定日時点で、市場参加者間の秩序ある取引において、資産を売却するために受け
        取るであろう価格または負債を移転するために支払うであろう価格をいう。活発な市場で取引される
                                  22/125

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        金融資産および金融負債(公開市場で取引されているデリバティブおよび売買目的有価証券等)の公
        正価値は、期末日の取引終了時点の市場相場価格に基づいている。
         すべての有価証券およびデリバティブの公正価値は、以下の方針に従って決定される。
      (ⅲ1)債券

         社債から構成される債券は、ディーラーが提供する相場に基づき、または第三者の価格決定サービ
        スを使用して評価される。
      (ⅲ2)取引所に上場されている資産および負債

         普通株式および短期投資で構成される取引所で取引される金融投資の公正価値は、見積将来取引費
        用を控除しない期末日現在の市場相場価格に基づく。
      (ⅲ3)短期金融市場投資

         短期金融市場投資は、公正価値に近似する償却原価で評価される。
      (ⅲ4)集団投資スキームに対する持分

         集団投資スキームを含むオープン・エンド型投資ファンドに対する投資の公正価値は、それぞれの
        募集要項で概説されている該当ファンドの評価方針に従い、ファンドの管理事務代行会社が提供し
        た、公表された受益証券1口当たり純資産価格に基づく。
      (ⅲ5)デリバティブ

         デリバティブは、基礎となる商品、指数基準金利またはこれらの要素の組み合わせからその公正価
        値が派生する商品である。デリバティブ商品には、店頭(OTC)デリバティブと呼ばれる個々に交
        渉される契約の場合、またはデリバティブ商品が取引所に上場され取引されている場合がある。デリ
        バティブ契約は、特定の日に特定の条件で金融商品またはコモディティを購入または売却する、ある
        いは想定元本または契約上の金額に基づき金利の支払いの流れまたは通貨を交換する、将来のコミッ
        トメントを含む場合がある。
         デリバティブ契約は、公正価値で表示され、財政状態計算書において金融資産および金融負債とし
        て認識される。公正価値の変動により生じる利得および損失は、未実現利得/(損失)の変動の構成
        要素として包括利益計算書に反映される。実現利得または損失は、満期時または毎期のキャッシュ・
        フローの支払時に計上される。
                                  23/125








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (ⅲ5a)為替予約
         為替予約においては、サブ・ファンドは、将来期日に所定の価格で、別の通貨と引き換えに定めら
        れた量のある通貨を受け取るまたは提供することに同意している。同一の想定元本、決済日、取引相
        手先および純額決済権を有する為替予約の買建と売建は、通常相殺され(その結果、当該取引相手先
        との正味外貨ポジションはゼロになる。)、取引日に実現利得または損失が認識される。ノン・デリ
        バラブル・フォワード為替予約は外貨の受渡しを伴わず、取引相手先と現金で決済される。
         為替予約の公正価値は、該当する通貨が取引される主要通貨市場の営業終了時点で影響を受ける可
        能性がある、想定元本、通貨および満期が同一の新規の為替予約の価格に基づいている。その結果生
        じるすべての未実現利得および損失は包括利益計算書に計上される。
      (ⅲ6)すべての有価証券およびデリバティブ

         市場相場価格が第三者の価格決定サービスもしくはディーラーから入手可能でない場合、または相
        場が非常に不正確と考えられる場合、投資の公正価値は評価手法を使用して決定される。評価手法に
        は、最近の市場取引の使用、実質的に同一である別の投資の最新の公正価値の参照、割引キャッ
        シュ・フロー分析、または実際の市場取引において得られた信頼できる見積価格を提供するその他の
        手法が含まれる。
         このような有価証券およびデリバティブは、評価者によって決定される実現可能価額で評価されな
        ければならない。2018年3月31日に終了した期間および2017年9月30日終了年度における評価者は、
        ゴールドマン・サックス・アンド・カンパニー・エルエルシーであり、評価業務は投資運用部門(I
        MD)のコントローラーにより実施された。
         投資は、一定の見積りおよび仮定の使用を要求する一般に公正妥当と認められる会計原則に従って
        評価される。これらの見積りおよび仮定は、入手可能な最良の情報に基づいているが、実際の結果は
        これらの見積りと大きく異なることがある。
         2018年3月31日に終了した期間および2017年9月30日終了年度において、公正価値を決定するため
        に評価者が利用された有価証券はない。
       ⅳ 公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替

         公正価値ヒエラルキーのレベル間で振替がある場合は、報告期間の期首に発生したものとみなされ
        る。
      (d )現金および現金同等物

        現金および現金同等物(一定額の現金に容易に換金可能で、価値変動リスクに重要性がない流動性の
       高い短期投資)は、定期預金および譲渡性預金を含み、公正価値に近似している償却原価で評価され
       る。
        譲渡性預金および定期預金は、短期で流動性が高く一定額の現金に容易に換金可能であり、価値変動
       リスクに重要性がないため、純損益を通じて公正価値で測定される金融資産から現金および現金同等物
       に組み替えられた。
                                  24/125






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (e )ブローカーに対する債権/債務
        ブローカーに対する債権は、主としてサブ・ファンドの清算ブローカーおよび様々な取引相手先から
       受け取る現金および証拠金からなる。ブローカー/銀行に対する債務は、主としてサブ・ファンドの清
       算ブローカーおよび様々な取引相手先に支払う現金および証拠金からなる。ブローカーに対する債権/
       債務残高は取得原価で評価される。ブローカーに対する債権額およびブローカーに対する債務額は、サ
       ブ・ファンドのブローカー勘定において現金で決済される金額を表している。これらの残高は、清算機
       関とのスワップおよび先物取引に係る担保として保有する現金およびサブ・ファンドの先物決済業者に
       対して現金で支払う先物取引の証拠金に関連している。
        証拠金額はブローカーに対する債権/債務に含まれる。ブローカーに対する債権/債務がある場合
       は、2018年3月31日および2017年9月30日現在の財政状態計算書においてそれぞれ開示されている。
      (f )外貨換算

        外貨建取引は、取引日現在の実勢外国為替レートで換算される。外貨建のサブ・ファンドの資産およ
       び負債は、期末日現在の実勢外国為替レートでサブ・ファンドの機能通貨に換算される。
        換算により生じた外貨換算差額ならびに資産および負債の処分または決済に係る実現利得および損失
       は、包括利益計算書に認識される。純損益を通じて公正価値で測定される投資に関連する外貨換算利得
       または損失、および貨幣性項目(現金を含む。)に関連するその他のすべての外貨換算利得または損失
       は、包括利益計算書において投資に係る実現純利得/(損失)または投資に係る未実現利得/(損失)
       の純変動額に反映される。
      (g )買戻可能受益証券

        サブ・ファンドによって発行されたすべての買戻可能参加受益証券は、買戻日現在のサブ・ファンド
       の純資産に対する受益者の持分に比例する価値での現金による買戻しを求める権利を受益者に付与して
       いる。IAS第32号に従って、同一の特徴を有していない買戻可能参加受益証券は、財政状態計算書に
       おいて買戻金額の価値で金融負債として分類されている。サブ・ファンドは、募集要項に従って受益証
       券を買戻す契約上の義務がある。
      (h )買戻可能受益証券の受益者に対する支払分配金

        サブ・ファンドのプッタブル金融商品は負債として分類されるため、買戻可能参加受益証券に係る未
       払分配金/未払配当金は、包括利益計算書において財務費用として認識される。
     4.純損益を通じて公正価値で測定される金融資産および金融負債

       IFRS第13号の修正に基づく公正価値ヒエラルキーの3つのレベルは、以下の通りである。
      レベル1-同一の、制限のない資産または負債について、測定日現在入手可能な活発な市場における無調

            整の相場価格
      レベル2-活発でない市場における相場価格または重要なインプットが直接的もしくは間接的に観察可能
            な金融商品(類似する有価証券の相場価格、金利、外国為替レート、ボラティリティおよび信
            用スプレッドを含むがこれらに限定されない。)。これには、公正価値測定の決定における評
            価者の仮定を含む。
      レベル3-重要な観察可能でないインプット(公正価値測定の決定における評価者の仮定を含む。)が必
            要な価格または評価
                                  25/125




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       公正価値測定が全体として区分される公正価値ヒエラルキーのレベルは、当該公正価値測定が全体とし
      て重要な最も低いレベルのインプットに基づいて決定されなければならない。この目的上、インプットの
      重要性は、公正価値測定全体に照らして評価される。公正価値測定が観察可能でないインプットに基づく
      重要な調整を必要とする観察可能なインプットを使用する場合、当該測定はレベル3の測定である。公正
      価値測定全体にとっての特定のインプットの重要性の評価は、資産または負債に固有の要因を考慮して判
      断することが必要である。
       2018年3月31日および2017年9月30日現在、純損益を通じて公正価値で測定される金融資産には、基礎
      となるファンドに対する投資が含まれており、上記の会計方針に従い公正価値で測定されている。基礎と
      なるファンドの受益証券は、公に取引されていない。このため、投資元のファンドから請求された場合に
      限り買戻しが行われ、また買戻しには募集要項に定められた所定の通知期間を設けなければならない。そ
      の結果、基礎となるファンドの帳簿価額は、買戻時に最終的に実現する価値を必ずしも表していない。
       基礎となるファンドに対する投資の公正価値は、主に、基礎となるファンドの管理事務代行会社からの
      報告による入手可能な直近の買戻価格に基づいている。投資元のファンドは、基礎となるファンドに対す
      る持分またはその基礎となる投資の流動性、提供された純資産額の評価日および買戻に係る制約を考慮し
      た上で、公正価値に対して修正を行う場合がある。
       以下の表は、前述の3つのレベルに分析された、公正価値で認識された金融資産および金融負債を表し
      ている。
      公正価値で測定される金融資産

      2018  年3月31日現在
                         2018年3月31日の公正価値測定
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計

                          (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)
      純損益を通じて公正価値で測定

      される金融資産
       投資ファンド                   218,653,229               -         -    218,653,229

       為替予約                        -     1,689,054             -     1,689,054

       合計                   218,653,229          1,689,054             -    220,342,283

      公正価値で測定される金融負債

      2018  年3月31日現在
                         2018年3月31日の公正価値測定
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計

                          (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)
      純損益を通じて公正価値で測定

      される金融負債
       為替予約                        -       37,707            -       37,707

       合計                        -       37,707            -       37,707

                                  26/125




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      公正価値で測定される金融資産
      2017  年9月30日現在
                         2017年9月30日の公正価値測定
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計

                          (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)
      純損益を通じて公正価値で測定

      される金融資産
       投資ファンド                   207,683,139               -         -    207,683,139

       為替予約                        -       20,798            -       20,798

       合計                   207,683,139            20,798            -    207,703,937

      公正価値で測定される金融負債

      2017  年9月30日現在
                         2017年9月30日の公正価値測定
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計

                          (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)
      純損益を通じて公正価値で測定

      される金融負債
       為替予約                        -      760,937            -      760,937

       合計                        -      760,937            -      760,937

       2018年3月31日に終了した期間および2017年9月30日終了年度において、公正価値で計上された金融資

      産および金融負債について、公正価値ヒエラルキーのレベル1、レベル2およびレベル3の間での振替は
      なかった。
       公正価値で測定されていない財政状態計算書に含まれるその他の資産および負債の帳簿価額は、公正価
      値に近似しており、レベル2のインプットを使用して決定されている。
                                  27/125









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     5.金融資産と金融負債の相殺
      デリバティブ
       サブ・ファンドは、契約上の権利をより明確にし、サブ・ファンドが取引相手先リスクを最小化するた
      めに有用な権利を確保するために、デリバティブ契約の相手先と国際スワップ・デリバティブ協会のマス
      ター契約(以下「ISDAマスター契約」という。)またはこれに類似する契約を締結する場合がある。
      ISDAマスター契約は、外国為替契約を含む店頭デリバティブを規定するもので、典型的には特に、債
      務不履行および/または終了事象が生じた場合の担保差入条件および相殺条項を含むサブ・ファンドと取
      引相手先との間の双務契約である。ISDAマスター契約の条項は、取引相手先の倒産または支払不能を
      含む債務不履行または類似事象が生じた場合に相殺額を一括清算すること(クローズアウト・ネッティン
      グ)を通常認めている。
       担保および証拠金の要件は、上場デリバティブと店頭デリバティブで異なっている。上場デリバティブ
      および中央清算されるデリバティブ(金融先物契約、オプションおよび中央清算スワップ)については、
      これらの種類の金融商品を規定する契約に従って、証拠金の要件がブローカーまたは清算機関によって設
      定される。ブローカーは、一定の状況下で最低金額を超える証拠金を求めることができる。店頭デリバ
      ティブ(外国為替契約、オプションおよび一定のスワップ)の場合、担保条件は契約により異なる。IS
      DAマスター契約に基づき取引されるデリバティブの場合、担保の要件は、通常、この契約に基づく各取
      引の時価を相殺し、当該金額をサブ・ファンドおよび取引相手先が現在差し入れている担保の価値と比較
      することにより計算される。さらに、サブ・ファンドは当初証拠金の形態で取引相手先に追加担保の差し
      入れを要求される場合があり、この条件の概要は店頭取引の確認書に記載されている。
       財務報告目的上、サブ・ファンドの債務を担保するために差し入れられた現金担保および取引相手先か
      ら受け取った現金担保がある場合には、ブローカーに対する債権/債務として財政状態計算書上で区分し
      て報告される。サブ・ファンドが差し入れた現金以外の担保がある場合は、投資明細表に記載される。通
      常、取引先からの受入担保または取引先に対する差入担保の金額は、取引の履行が求められる前に最低取
      引金額基準を超過していなければならない。契約上またはそれ以外の理由で、取引相手先に対するサブ・
      ファンドの債権金額が完全に担保されていない金額の範囲で、サブ・ファンドは、取引相手先の債務不履
      行による損失リスクを負担する。サブ・ファンドは、財政状態が良好であると考えられる取引相手先との
      み契約を締結し、これらの取引相手先の財政状態の安定性を監視することにより、取引相手先リスクの軽
      減に努めている。
       さらに、資産と負債の相殺および差入担保と受入担保の相殺は、ISDAマスター契約または類似の契
      約における相殺に係る契約条項に基づいている。しかし、取引相手先の債務不履行または支払不能が生じ
      た場合、裁判所は、特定の管轄区域の破産または支払不能に関する法律に基づく相殺権の強制に対する制
      限または禁止により、このような権利に法的強制力がないと決定することができる。
                                  28/125








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     6.税金
       ケイマン諸島において、現在、法人税、所得税、キャピタル・ゲイン税、利益税またはサブ・ファンド
      の利益に適用されるその他の税金はない。また、ケイマン諸島には、贈与税、遺産税または相続税もな
      い。受託会社は、信託法(改訂済)第81条に従って、ケイマン諸島で今後制定される以下の法律、すなわ
      ち収益または資本資産、資本利得(キャピタル・ゲイン)もしくは資本増価益に対する税金(taxes                                                      or
      duty)、または遺産税もしくは相続税の性質の税金を課すいかなる法律も、マスター・トラストの設定日
      から50年間は、サブ・ファンドを構成する資産もしくはサブ・ファンドのもとで生じた収益に対して、ま
      たは当該資産もしくは収益に関して受託会社もしくは受益者に対して適用されない旨の保証を求めて、ケ
      イマン諸島の内閣長官に申請し当該保証を取得した。ただし、いずれかの期間にケイマン諸島に居住して
      いる、または住所を有している受益者(公益信託または権利の対象となる者、あるいはケイマン諸島で設
      立された免税または通常の非居住者である法人を除く)は、かかる保証が一切付されず、信託法の該当す
      る項が、ケイマン諸島に居住する、または住所を有する受益者を信託法において定める税金を課す法律か
      ら免除することはないものとして、かかる期間にすべての税金を負う責任を有する。
       サブ・ファンドは、ケイマン諸島以外の国々に拠点を置く事業体が発行する有価証券に対して投資して
      いる。これら国外の多くの国々には、サブ・ファンドのような非居住者にキャピタル・ゲイン税が適用さ
      れる可能性があることを示す税法が存在する。これらのキャピタル・ゲイン税は、一般的に申告納税方式
      での算定が求められるため、サブ・ファンドのブローカーから源泉徴収方式で控除されない場合がある。
       IAS第12号「法人所得税」に従って、関連する税務当局がすべての事実および状況を熟知していると
      仮定した場合に、外国の税法が同国を源泉とするサブ・ファンドのキャピタル・ゲインに対して税金負債
      の評価を求める可能性が高い場合には、サブ・ファンドは税金負債を認識する必要がある。
       また、税金負債は、報告期間の末日において制定されまたは実質的に制定されている税法および税率を
      使用して、関連する税務当局に納付されると予想される額で算定される。制定された税法をオフショアの
      投資ファンドに適用する方法が不明確な場合もある。これにより、サブ・ファンドによって最終的に税金
      負債が支払われるか否か不確実性が生じる。このため、不確実な税金負債を測定する際に、経営者は、支
      払可能性に影響を及ぼしうる、その時点で入手可能なすべての事実および状況(関連する税務当局の公式
      または非公式の慣行を含む。)を考慮する。
       2018年3月31日に終了した期間および2017年9月30日終了年度において、サブ・ファンドは外国のキャ
      ピタル・ゲイン税に関する不確実な税金負債ならびに関連する利息および罰金をゼロと測定した。これは
      経営者の最善の見積りを表しているが、依然として外国の税務当局がサブ・ファンドが獲得したキャピタ
      ル・ゲインに対する税金を徴収しようとするリスクがある。これは事前通告なく、遡及的に行われる可能
      性があり、サブ・ファンドに重要な損失をもたらす可能性がある。
     7.重要な契約および関連当事者

      (a )投資顧問会社および副投資顧問会社報酬
        投資顧問契約の条件に基づき、投資顧問会社は、該当する四半期末の最終営業日に決定されるサブ・
       ファンドの平均純資産額(該当する歴四半期の申込み、買戻しおよび分配調整後)の0.80%に相当する
       金額を四半期報酬(毎日発生し、四半期毎に算定され、後払いされる。)として、サブ・ファンドの資
       産から受け取る。また、投資顧問会社の同意を条件として、受託会社は、報酬を放棄させる権利、より
       多額のまたは少額の報酬を課す権利、投資顧問報酬の全部または一部を投資顧問会社の関係会社を含む
       受益者に払い戻す権利(投資顧問会社、受託会社および該当する受益者が同意した場合)を留保してい
       る。投資顧問報酬は、2018年3月31日および2017年3月31日に終了した期間の包括利益計算書において
       それぞれ開示されている。
                                  29/125




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        サブ・ファンドは、基礎となるファンドに投資を行っており、基礎となるファンドもまた、ヤラおよ
       びGSシンガポールの関連当事者である副投資顧問会社に投資顧問報酬を支払っている。サブ・ファン
       ドは、基礎となるファンドによって支払われた費用を間接的に負担している。以下の表は、基礎となる
       ファンドの報酬率を示しており、これは以下の通りである。
                                                      年間報酬率

            基礎となるファンド
                                                       (%)
         オーストラリア・エンハンスト・インカム・ファンドⅡ、クラスIO(Acc)

                                                       ゼロ
         豪ドル建受益証券
      (b )管理報酬

        ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(以下「MIBL」または「管理会社」
       という。)がサブ・ファンドの管理会社を務めている。
        MIBLは、ルクセンブルグ大公国において商業銀行として認可されており、金融セクター監督委員
       会(以下「CSSF」という。)によって規制される。同社は、株式会社東京銀行の過半数所有子会社
       として1974年4月11日にルクセンブルグで設立された有限責任会社である。
        管理会社は、サブ・ファンドの平均純資産額の0.05%に相当する金額を報酬(毎日発生し、四半期毎
       に後払いされる。)として、サブ・ファンドの資産から受け取る。2018年3月31日および2017年3月31
       日に終了した期間の管理報酬は、包括利益計算書においてそれぞれ開示されている。
      (c )管理事務代行報酬           および名義書換事務代行報酬

        ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・アンド・カンパニー(以下「BBH」という。)がサブ・ファン
       ドの管理事務代行          および名義書換事務代行             会社である。管理事務代行              および名義書換事務代行             会社は、
       サブ・ファンドの代わりに一定の日常管理業務を行う。これには、サブ・ファンドの帳簿および記録の
       維持、純資産額の算定ならびにサブ・ファンドの費用の支払が含まれる。
        BBHへの報酬(資産に基づくもの、保管、取引、サービス提供およびその他に係る報酬を含む。)
       は、適宜投資顧問会社の合意を得た場合にサブ・ファンドの資産からのみ支払われる。さらに、月末時
       に、サブ・ファンドの有価証券は、取引種類別に区分され、報酬率が適用される。サブ・ファンドはこ
       の報酬を毎月後払いで支払う。
        月末の平均純資産に係る管理事務代行                      および名義書換事務代行             会社への年間報酬は、以下の表に基づ
       きサブ・ファンドレベルで評価される。
       資産500百万米ドルまで                                 4.0ベーシス・ポイント

       資産500百万米ドル超10億米ドルまで                                 3.0ベーシス・ポイント

       資産10億米ドル超                                 2.5ベーシス・ポイント

        管理事務代行報酬         および名義書換事務代行報酬             は、豪ドルから米ドルに換算されている。

                                  30/125





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        管理事務代行報酬           および名義書換事務代行報酬                は、2018年3月31日および2017年3月31日に終了した
       期間の包括利益計算書においてそれぞれ開示されている。
      (d )販売報酬

        グローバル販売会社は、該当する歴四半期における申込み、買戻しおよび分配を反映して調整したサ
       ブ・ファンドの平均純資産額の0.80%に相当する報酬を受け取る。当該報酬は日次で発生し、四半期毎
       に後払いされる。
        販売報酬は、2018年3月31日および2017年3月31日に終了した期間の包括利益計算書においてそれぞ
       れ開示されている。
      (e )受託報酬

        ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・トラスト・カンパニー(ケイマン)リミテッドがサブ・ファンド
       の受託会社を務めている。受託会社は、信託宣言の条項に従って、サブ・ファンドの資産の全般的な監
       督責任を負っている。サブ・ファンドは、平均純資産額の0.01%に相当する金額を報酬として毎月後払
       いで受託会社に対して支払う。
        受託報酬は、2018年3月31日および2017年3月31日に終了した期間の包括利益計算書においてそれぞ
       れ開示されている。
      (f )保管報酬

        受託会社は、サブ・ファンドの資産の保管に関する責任をBBHに委任している。保管会社は、制限
       を受けることなく、保管、現金および有価証券の預託に関する通常業務を行う。有価証券の保管に係る
       報酬は月毎に課される。月末時に、サブ・ファンドの有価証券は、発行地の国別に区分される。各有価
       証券に関して米ドル相当の公正価値が算定され、発行地の国別に報酬率が適用される。
        保管報酬は、2018年3月31日および2017年3月31日に終了した期間の包括利益計算書においてそれぞ
       れ開示されている。
      (g )代行協会員報酬

        ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社は、サブ・ファンドの日本における代行
       協会員を務める。代行協会員は、サブ・ファンドの平均純資産額の0.03%に相当する金額を報酬(毎日
       発生し、四半期毎に後払いされる。)として受け取る。
        代行協会員報酬は、2018年3月31日および2017年3月31日に終了した期間の包括利益計算書において
       それぞれ開示されている。
                                  31/125








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     8.買戻可能参加受益証券
      クラス                  発行価格                  初回申込最低金額

      豪ドル                  10豪ドル                  100豪ドル

      円(ヘッジ対象)                  10,000円                  10,000円

      米ドル                  10米ドル                  100米ドル

      米ドル(ヘッジ対象)                  10米ドル                  100米ドル

       受益証券は、各営業日の該当クラスの受益証券1口当たり純資産価格で販売される。

       受益証券は、受益者の選択で募集要項の条件に従った通知を行うことにより買戻し可能である。受益証
      券は、適用される買戻日の営業終了時の該当クラスの受益証券1口当たり純資産価格で買戻される。ただ
      し、投資顧問会社が自己の裁量で、当該買戻しに関連して発生した費用をこの金額から減額できるものと
      されている。
       また、マスター・ファンドの受益証券も、受益者の選択で募集要項の条件に従った通知を行うことによ
      り買戻し可能である。
       2018年3月31日および2017年9月30日現在、当該サブ・ファンドは2社の受益者がおり、そのうちの1
      社は管理会社の関連当事者である。
       以下は、当該サブ・ファンドの受益証券の変動の要約である。
                                       受益証券口数

                                    円クラス                米ドルクラス

                          豪ドルクラス                  米ドルクラス
                                  (ヘッジ対象)                  (ヘッジ対象)
      2016  年9月30日現在残高                   16,148,273           586,373        8,898,355            -

      買戻可能参加受益証券の申込み

                            2,246,158          120,877        1,405,391            -
                           (5,373,105)          (212,637)        (5,506,633)             -

      買戻可能参加受益証券の買戻し
      2017  年9月30日現在残高                   13,021,326           494,613        4,797,113            -

      買戻可能参加受益証券の申込み

                            1,547,957           39,416       1,449,396         799,793
                           (1,567,486)           (72,179)        (787,386)            -

      買戻可能参加受益証券の買戻し
      2018  年3月31日現在残高                   13,001,797           461,850        5,459,123         799,793

                                  32/125







                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     9.受益証券1口当たり純資産価格
       発行または買戻される買戻可能参加受益証券に関する受取対価または支払対価は、取引日現在のサブ・
      ファンドの買戻可能参加受益証券1口当たり純資産価格に基づく。
       サブ・ファンドの各発行済受益証券クラスの純資産額および受益証券1口当たり純資産価格は以下の通
      りである。
                      2018  年3月31日                    2017  年9月30日

                          受益証券1口当たり                       受益証券1口当たり

      受益証券クラス
                  純資産額                       純資産額
                          純資産価格                       純資産価格
      豪ドルクラス         115,685,879豪ドル             8.897684豪ドル          117,233,899豪ドル             9.003223豪ドル

      円クラス

                52,007,281豪ドル             9,185.956566円          51,924,523豪ドル             9,271.023048円
      (ヘッジ対象)
      米ドルクラス          45,364,680豪ドル             6.374097米ドル          40,372,312豪ドル             6.593904米ドル

      米ドルクラス
                10,448,402豪ドル            10.020650米ドル                   -            -
      (ヘッジ対象)
     10 .分配金

       分配は投資顧問会社の選択により行われ、2018年3月31日および2017年3月31日に終了した期間におけ
      る分配金宣言額および支払額は、包括利益計算書において開示されており、買戻可能参加受益証券の受益
      者に帰属する純資産が金融負債として分類されている。受益者へ分配を行うことにより、サブ・ファンド
      の受益証券1口当たり純資産価格は減少するが、受益者1人当たり受益証券口数に相応する変動は生じな
      い。これにより受益者によるサブ・ファンドに対する投資総額は減少する。さらに、サブ・ファンドの営
      業による純利益/(損失)累計額を超過する分配金が1会計年度内に支払われた場合、分配金の一部は資
      本の払い戻しとなる。
     11 .金融投資および関連リスク

       サブ・ファンドの投資活動により、マスター・ファンドが投資する金融投資および市場に関連する様々
      な種類のリスクにサブ・ファンドはさらされている。これらはデリバティブおよびデリバティブ以外の金
      融投資の両方の場合がある。サブ・ファンドの投資ポートフォリオは、期末現在において単一の基礎とな
      るファンドおよびデリバティブ投資で構成されている。受託会社はサブ・ファンドの投資リスクを管理す
      るために、副投資顧問会社を任命した。サブ・ファンドがさらされている重要な金融リスクの種類は市場
      リスク、流動性リスクおよび信用リスクである。募集要項には、これらのリスクおよびその他の種類のリ
      スクの詳細が記載されており、当財務書類においては提供されていない情報も含まれている。
       資産配分は、注記2に詳述された投資目的を達成するため、資産配分を管理するサブ・ファンドの副投
      資顧問会社によって決定される。投資目的の達成にはリスクを伴う。副投資顧問会社は、投資意思決定を
      行う際には、分析、調査およびリスク管理手法に基づき判断を行う。ベンチマークおよび/または目標と
      する資産配分からの乖離ならびにポートフォリオの構成は、サブ・ファンドのリスク管理方針に従って監
      視される。
                                  33/125





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       同一の基礎となるファンドに対して複数の投資ビークルが投資を行うという状況は、投資家に一定の特
      有のリスクを与えている。サブ・ファンドは、同一の基礎となるファンドに対して投資を行う他の事業体
      の行動により、著しく影響を受ける可能性がある。例えば、基礎となるファンドの他の受益者が、持分の
      一部または全部を換金する場合、当該サブ・ファンドに比例配分される営業費用が増加し、その結果、リ
      ターンが減少する可能性がある。同様に、基礎となるファンドの他の受益者が換金を行うことにより、基
      礎となるファンドの分散度合いが低下し、その結果、ポートフォリオ・リスクが増加する可能性がある。
      基礎となるファンドは、一部の直接もしくは間接の投資家に係る規制上の制限またはその他の理由によ
      り、その投資活動を制限したり、一定の商品に対する投資ができない場合があり、このことが、基礎とな
      るファンド(ひいてはサブ・ファンド)のパフォーマンスに不利な影響を及ぼす可能性がある。
       サブ・ファンドに関連して採用したリスク管理方針は、以下に詳述されている。
      (a )市場リスク

        サブ・ファンドの投資ポートフォリオの公正価値の変動可能性は市場リスクと呼ばれている。一般的
       に利用される市場リスクの種類には、通貨リスク、金利リスクおよびその他の価格リスクが含まれてい
       る。
       ・ 通貨リスク      は、直物為替相場、先物為替相場および為替相場のボラティリティの変動に対するエクス
        ポージャーから生じる可能性がある。
       ・ 金利リスク      は、様々なイールドカーブの水準、傾斜および曲率の変化、金利のボラティリティ、モー
        ゲージの期限前償還率ならびに信用スプレッドの変動に対するエクスポージャーから生じる可能性が
        ある。
       ・ その他の価格リスク           は、通貨リスクまたは金利リスクから生じる変動以外の市場価格の変動の結果と
        して投資の価値が変動するリスクであり、個々の株式、株式バスケット、株式指数およびコモディ
        ティの価格およびボラティリティの変動に対するエクスポージャーから生じる可能性がある。
        市場リスクに関する戦略は、サブ・ファンドの投資リスクおよび目標リターンによって決定される。
        市場リスクは、リスク・バジェッティング方針の適用を通じて管理されている。副投資顧問会社は、
       リスク・バジェッティングのフレームワークを使用して、トラッキング・エラーと一般に呼ばれる適切
       なリスク目標を決定する。
        ゴールドマン・サックスの市場リスク分析グループ(以下「IMD MRA」という。)は、副投資
       顧問会社が取った市場リスクを独立して監視、分析および報告する責任を負っている。IMD MRA
       は、感応度の測定およびトラッキング・エラーを含む市場リスクを監視するため多数のリスク測定基準
       を使用している。
        報告日現在のサブ・ファンドの投資ポートフォリオの詳細は、投資明細表に開示されている。個々の
       債券、株式、集団投資スキームおよびデリバティブ投資はすべて、個別に開示されている。
      ( ⅰ)通貨リスク

         ポートフォリオの各通貨クラスは、それぞれの関係通貨に対するヘッジを追求する(以下で説明す
        る米ドルクラスを除く)。これは、クラス・ヘッジと呼ばれる。さらに、受益者が受益者自身の法域
        の自国通貨以外のクラス通貨に関してヘッジを行うヘッジ対象クラスの受益証券に投資する場合、当
        該受益者は当該クラスの通貨が自国通貨に対して価値が下がるという重要なリスクにさらされる。
                                  34/125





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         関連するクラスの通貨に対するヘッジは、必ずしも完全ではなく、各通貨クラスは、当該受益証券
        が発行された通貨の為替変動の影響を受ける可能性がある。
         サブ・ファンドの資産は豪ドル建であるため、米ドルクラスの価値は、本来のパフォーマンスにか
        かわらず、米ドル/豪ドルの為替レートに応じて変動する。
         原則として、米ドルクラスを除くサブ・ファンドの各クラスは各クラスの通貨に対してヘッジされ
        ている。通貨クラスの代わりにサブ・ファンドが行ったヘッジ活動に関するヘッジ利得および損失
        は、それぞれの通貨クラスにのみ配分される。
         サブ・ファンドは、金融投資に投資し、機能通貨以外の通貨建ての取引を行うことができる。その
        結果、サブ・ファンドは、サブ・ファンドの機能通貨以外の通貨建ての資産または負債部分の価値に
        悪影響が生じる形で、機能通貨の換算レートがその他の外国通貨に対して変動するリスクにさらされ
        る可能性がある。機能通貨以外の通貨建ての投資が詳細にリストアップされたサブ・ファンドの投資
        明細表を参照のこと。2018年3月31日および2017年9月30日現在、ほぼすべての豪ドル以外の通貨建
        ての投資は豪ドルに対してヘッジされていた。これは、ポートフォリオ・ヘッジと呼ばれる。
         投資家が、投資しているサブ・ファンドの基準通貨と異なる通貨の受益証券クラスに対して投資す
        る場合、投資家の通貨リスクは、サブ・ファンドの通貨リスクとは異なる。
         2018年3月31日および2017年9月30日現在、サブ・ファンドは重要な通貨リスク・エクスポー
        ジャーを有していなかった。
         サブ・ファンドの純利益合計への影響はないものの、米ドルクラスの価値は、米ドル/豪ドルの為
        替レートに応じて変動する。そのため、米ドルの15%の上昇/下落は、それぞれの米ドルクラスの純
        資産に+/-15%の影響を与えるが、その他のクラスには影響を与えない。
         2018年3月31日および2017年9月30日現在、サブ・ファンドには、ヘッジを含む純資産額の+/-
        5%超の通貨の集中はなかった。
                                通貨の集中                 通貨の集中

        通貨                       2018  年3月31日              2017  年9月30日

        円                               23.15%                 24.84%

         マスター・ファンドに関しては、2018年3月31日および2017年9月30日現在、ヘッジを含む純資産

        額の+/-5%超の通貨の集中があった。
      ( ⅱ)金利リスク

         サブ・ファンドは、マスター・ファンドの投資に対する間接的なエクスポージャーを通じて、固定
        利付証券および社債に投資できる。特定の有価証券に関連する金利の変動により、副投資顧問会社
        は、契約終了時または有価証券の売却時に類似水準のリターンを確保することができなくなる可能性
        がある。また、現行の金利の変動または将来の予測金利の変動により、保有する有価証券の価値が増
        加または減少する可能性がある。一般に、金利が上昇した場合、固定利付証券の価値は下落する。通
        常、金利の下落はその逆の影響をもたらす。
         サブ・ファンドは、マスター・ファンドの投資に対する間接的なエクスポージャーを通じて、希望
        する通貨建ての固定利付商品、変動利付商品またはゼロ金利商品に投資できる。
         2018年3月31日および2017年9月30日現在、サブ・ファンドは重要な直接的な金利リスク・エクス
        ポージャーを有していなかった。しかし、サブ・ファンドはマスター・ファンドの投資ポートフォリ
        オを通じて間接的な金利エクスポージャーを有していた。
                                  35/125



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         サブ・ファンドの金融資産および金融負債の金利プロファイルは以下の通りである。
        2018  年3月31日現在

                         1年以内      1年超5年以内         5年超       無利息        合計
        資産
        現金および現金同等物                 11,645,504           -       -      3,778     11,649,282
        トレーディングおよび/または
                              -       -       -   220,342,283       220,342,283
        ヘッジ目的保有金融資産
        投資売却未収入金                     -       -       -     101,574       101,574
        その他の資産                     -       -       -    4,697,352       4,697,352
        資産合計                 11,645,504           -       -   225,144,987       236,790,491
        負債

        トレーディングおよび/または
                              -       -       -     37,707       37,707
        ヘッジ目的保有金融負債
        投資購入未払金                     -       -       -   11,592,573       11,592,573
        その他の負債                     -       -       -    1,653,969       1,653,969
        受益者に帰属する純資産を除く負
                              -       -       -   13,284,249       13,284,249
        債合計
        2017  年9月30日現在

                         1年以内      1年超5年以内         5年超       無利息        合計
        資産
        現金および現金同等物                  4,125,099           -       -      6,890     4,131,989
        トレーディングおよび/または
                              -       -       -   207,703,937       207,703,937
        ヘッジ目的保有金融資産
        投資売却未収入金                     -       -       -     258,521       258,521
        その他の資産                     -       -       -    1,292,452       1,292,452
        資産合計                  4,125,099           -       -   209,261,800       213,386,899
        負債

        トレーディングおよび/または
                              -       -       -     760,937       760,937
        ヘッジ目的保有金融負債
        投資購入未払金                     -       -       -    1,303,000       1,303,000
        その他の負債                     -       -       -    1,792,228       1,792,228
        受益者に帰属する純資産を除く負
                              -       -       -    3,856,165       3,856,165
        債合計
                                  36/125






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         マスター・ファンドの金融資産および金融負債の金利プロファイルは、以下の通りである。
        2018  年3月31日現在

                         1年以内      1年超5年以内         5年超       無利息        合計
        資産
        トレーディングおよび/または
                         177,856,110        15,218,162       11,419,625         379,507     204,873,404
        ヘッジ目的保有金融資産
        資産合計                 177,856,110        15,218,162       11,419,625         379,507     204,873,404
        負債

        トレーディングおよび/または
                              -       -       -       -       -
        ヘッジ目的保有金融負債
        受益者に帰属する純資産を除く負
                              -       -       -       -       -
        債合計
        2017  年9月30日現在

                         1年以内      1年超5年以内         5年超       無利息        合計
        資産
        トレーディングおよび/または
                         171,595,715        15,196,377        7,421,562       2,855,823      197,069,477
        ヘッジ目的保有金融資産
        資産合計                 171,595,715        15,196,377        7,421,562       2,855,823      197,069,477
        負債

        トレーディングおよび/または
                              -       -       -       -       -
        ヘッジ目的保有金融負債
        受益者に帰属する純資産を除く負
                              -       -       -       -       -
        債合計
      ( ⅲ)その他の価格リスク

         その他の価格リスクは、個々の投資もしくは発行体に固有の要因、または市場で取引される金融投
        資に影響を与えるその他の要因によって引き起こされるかにかかわらず、通貨リスクまたは金利リス
        ク以外から生じる市場価格の変動の結果として金融投資の価値が変動するリスクである。
         サブ・ファンドの金融投資は公正価値で計上され、公正価値の変動は包括利益計算書に計上される
        ため、すべての市況の変動が買戻可能参加受益証券の受益者に帰属する純資産に直接的に影響を与え
        る。
         当サブ・ファンドの集団投資スキーム/ミューチュアル・ファンドに対する投資は、該当ファンド
        の目論見書に要約されている評価方針に従って、基礎となるファンドにより提供される純資産額に基
        づいている。ミューチュアル・ファンドの資産は、一般的に独立の第三者である管理事務代行会社ま
        たはその他のサービス提供者により評価されると推測されるが、ミューチュアル・ファンドの一定の
        有価証券またはその他の資産には、容易に確認できる市場価格がない状況がありうる。そのような状
        況下では、該当するミューチュアル・ファンドの管理会社が当該有価証券または商品を評価すること
        が必要となる可能性がある。
                                  37/125




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         以下のサブ・ファンドに関する分析は、基礎となるファンドの投資に対する間接的なエクスポー
        ジャーに基づき表示されている。
                              10 %の価格変動が純資産額に与える影響

                      2018  年3月31日       2018  年3月31日       2017  年9月30日       2017  年9月30日

                         上昇          下落          上昇          下落
        銀行                  4.0%         (4.0%)          3.2%         (3.2%)

        保険                  0.7%         (0.7%)          0.9%         (0.9%)

        ホテル、モーテル、旅

                           1.2%         (1.2%)          0.8%         (0.8%)
        館およびカジノ
        ファンド                  0.0%         (0.0%)          0.7%         (0.7%)

        金融                  0.7%         (0.7%)          0.5%         (0.5%)

        その他                  3.0%         (3.0%)          2.4%         (2.4%)

        ポートフォリオ合計                  9.6%         (9.6%)          8.5%         (8.5%)

      ( ⅳ)感応度分析の限界

         上記の感応度分析には以下のいくつかの限界が含まれている。
        ・当該分析は過去のデータに基づくものであり、将来の市場価格の変動、市場間の相関関係および市
         場の流動性水準が過去の傾向と無関係の可能性があることを考慮できない。
        ・当該分析は、明確で正確な数値というよりは相対的なリスクの見積りである。
        ・当該分析は仮説上の結果を表すものであり、予測を意図するものではない。
        ・将来の市況は過去の実績と大きく異なる可能性がある。
      (b )流動性リスク

        流動性リスクとは、サブ・ファンドが、現金またはその他の金融資産の引き渡しにより決済される金
       融負債に関する債務の履行において困難に直面するリスクである。特に流動性が低下する可能性がある
       のは、担保付および/または無担保の資金調達源を確保できない場合、資産を売却できない場合、予測
       できない現金または担保の流出が起きた場合、取引先や主要なブローカーの条件・約款違反が起きた場
       合である。このような状況は、一般市場の混乱、あるいはサブ・ファンドまたは第三者に影響を与える
       運用上の問題など、サブ・ファンドの管理外の出来事により発生する可能性がある。また、資産の売却
       能力は、他の市場参加者が同時期に類似の資産を売却しようとする場合に低下する可能性がある。
        サブ・ファンドの金融資産および金融負債には、店頭で取引されるデリバティブ契約に対する投資
       (これは、組織化された公開市場では取引されておらず、流動性が低い場合がある。)および発行規模
       の相当な割合を占める商品に対する投資が含まれている。その結果、サブ・ファンドは、要求に応じる
       ため、または特定の発行体の信用力の悪化のような特定の事象に対応するために、これらの投資を公正
       価値に近い金額で迅速に現金化できない可能性がある。投資ポジションの強制的な現金化を行うことに
       より財務的損失が生じる可能性がある。
        サブ・ファンドの投資には、集団投資スキームが含まれている。集団投資スキームは、サブ・ファン
       ドの買戻制限よりも厳しい買戻制限が課されている場合がある。これは、サブ・ファンドが受益者に対
       して認めるよりも少ない頻度でしか買戻日を認めない場合があることを含む。
        サブ・ファンドは、受益証券の申込みおよび買戻しを行っているため、募集要項の条件に従った受益
       者の買戻しに関連する流動性リスクにさらされている。サブ・ファンドの募集要項は日々の受益証券の
       申込みおよび買戻しについて規定している。
                                  38/125


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        サブ・ファンドの受益証券の大量の買戻しの場合には、サブ・ファンドは買戻しのための現金を調達
       するために、他の望ましい方法よりも迅速に投資の現金化を要求される可能性があるが、サブ・ファン
       ドは、通常の流動性要求を満たすのに十分な流動性投資を含めるよう管理されている。買戻しに対応す
       る ためにより多くの流動性資産が売却される場合には、これらの要因は、買戻受益証券の価値、流通し
       ている受益証券の評価およびサブ・ファンドの残りの資産の流動性に悪影響を与える可能性がある。
        受託会社は、一定の状況下で買戻しを制限または一時中止する場合がある。これには、純資産額の算
       定が一時中止された場合、買戻しの要求に応じるためにトラストの資産の一部または全部を処分するこ
       とが、受託会社の合理的な意見では受益者に不利益をもたらすと見込まれる場合、または受託会社の管
       理の及ばない異常な状況下にある場合を含むが、これらに限定されない。受託会社は、すべての買戻し
       に関して投資顧問会社と協議の上で、IFRSによって留保が要求されていない場合でも、買戻金額か
       ら、費用、負債または偶発事象に関する金額を留保することができる。
        2018年3月31日および2017年9月30日現在、負債の金額はすべて、3ヶ月以内に返済期限を迎える。
        2018年3月31日現在、為替予約に係るインフロー総額およびアウトフロー総額は、それぞれ
       74,428,197豪ドルおよび72,776,850豪ドルであった。
        2017年9月30日現在、為替予約に係るインフロー総額およびアウトフロー総額は、それぞれ
       55,397,101豪ドルおよび56,137,240豪ドルであった。
        為替予約は通常、純額で決済される。
        資金調達契約には、デリバティブ取引が含まれている。
        レバレッジド・ポジションに関して利用可能な資金調達の満期または終了、レバレッジド・エクス
       ポージャーの公正価値の変動に関する担保差入れ要求、またはサブ・ファンドの資金調達契約の担保掛
       目その他の条件の変更により、サブ・ファンドの流動性の利用およびレバレッジド・ポジションの維持
       能力に悪影響が生じる可能性があり、サブ・ファンドに重要な損失が発生する可能性がある。サブ・
       ファンドは、投資能力の増加、営業費用の手当または取引の決済を含む、あらゆる目的のため、借入を
       行うことまたはその他の形式のレバレッジ(担保付および無担保)を利用することができる。しかし、
       レバレッジを得るこのような契約が利用可能な保証はなく、レバレッジが利用可能だとしてもサブ・
       ファンドが受入可能な契約条件で利用可能な保証はない。また、景気の悪化により、資金調達コストの
       増加や資本市場の利用制限が生じたり、貸出人がサブ・ファンドへの貸出を延長しない決定をする可能
       性がある。
        また、レバレッジの利用により、買戻可能参加受益証券の受益者に帰属するサブ・ファンドの純資産
       の公正価値のボラティリティの影響が拡大することでリスクが増加する。
        サブ・ファンドの資産の市場価値の下落により、これらの資産の市場価値を担保に借入を行っている
       場合には、特別な悪影響が生じる可能性がある。これらの資産の市場価値の下落により、サブ・ファン
       ドに対して貸出人(デリバティブの契約相手先を含む。)が追加担保の差入や、サブ・ファンドの最善
       の利益にならない場合でも資産の売却を要求する可能性がある。
                                  39/125







                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (c )信用リスク
        信用リスクとは、金融投資の一方の当事者が債務を履行できないために、もう一方の当事者に財務的
       損失が生じるリスクである。
        副投資顧問会社は、取引相手先またはサブ・ファンドの発行体との取引に関連する信用リスクを軽減
       する手続を採用している。取引を行う前に、副投資顧問会社またはその関連当事者は、当事者、その事
       業および風評の信用分析を実施することにより信用力と風評の両方を評価する。その後、承認された取
       引相手先または発行体の信用リスクは、継続的に監視される(必要に応じた財務書類および中間財務書
       類の定期的調査を含む。)。
        信用損失に対するエクスポージャーを軽減するために、サブ・ファンドが締結した一部の店頭デリバ
       ティブ契約は、当該契約に基づき生じた取引の相殺を認めている(直物為替契約のみを行う取引相手先
       との契約を除く。)。当該相殺権により資産と負債の報告額は相殺されていないが、債務不履行事由ま
       たは終了事由が生じた場合には、当該契約に基づき取引相手先とのすべての店頭取引が終了し、当該取
       引相手先に対する債権額と債務額は純額ベースで清算されるため、当該相殺権により、評価益が出てい
       る単一の取引相手先との店頭取引に係る信用リスクは、評価損が出ている同一の取引相手先との店頭取
       引額まで軽減される。
        債券は、発行体または保証会社がその債務に係る元本および利息を支払えないリスクにさらされてお
       り、また、金利感応度、発行体の信用度に関する市場の認知および一般市場の流動性などの要因による
       価格のボラティリティにさらされている。
        サブ・ファンドは、支払不能、運営、清算または保管会社もしくは副保管会社/受託会社の債権者に
       よるその他の法的保護(以下「支払不能」という。)に関連する多くのリスクにさらされている。これ
       らのリスクは以下を含むがこれらに限定されない。
       ⅰ 保管会社と副保管会社/受託会社の両方の段階において顧客の資金として取り扱われていない、保

         管会社または副保管会社/受託会社が保有するすべての現金(以下「顧客資金」という。)を失う
         こと。
       ⅱ 保管会社または副保管会社/受託会社が、サブ・ファンドと合意した手続き(存在する場合)に
         従って顧客資金として取り扱うことを怠っていたすべての現金を失うこと。
       ⅲ 適切に分離処理がされていないため保管会社と副保管会社/受託会社の両方の段階において識別さ
         れていなかった、サブ・ファンドが保有する有価証券(以下「トラスト資産」という。)または保
         管会社または副保管会社/受託会社が保有する顧客資金の一部または全部を失うこと。
       ⅳ 保管会社もしくは副保管会社/受託会社による誤った口座管理を原因として、または、支払不能の
         管理費用を支払うための控除を含む、関連するトラスト資産ならびに/もしくは顧客資金の識別お
         よび振替のプロセスを原因として、一部または全部の資産を失うこと。
       ⅴ 残高の振替の受領および関連する資産に対する支配の再取得が長期間遅れることにより生じる損
         失。
        支払不能は、サブ・ファンドの投資活動に深刻な混乱を引き起こす可能性がある。状況によっては、

       これにより、投資顧問会社が純資産額の計算および受益証券の取引を一時的に中断する場合がある。
        受託会社が保有する現金は、受託会社の現金と一緒にプールされる場合があり、受託会社が支払不能
       となった場合には、サブ・ファンドは、その現金に関して受託会社の一般債権者と同順位になる可能性
       がある。保管会社が保管する現金以外の資産は分別管理されており、プールされることはないため、支
       払不能となった場合でも受託会社のその他の債権者は当該資産を利用できない。また、受託会社は、一
       定の資産をサブ・ファンドの代わりに保管する副保管会社を任命することができる。副保管会社が破産
       または支払不能となった場合、それらの資産に関するサブ・ファンドの権利は、据置き、制限または縮
       小される可能性がある。
        2018年3月31日に終了した期間および2017年9月30日終了年度において、受託会社は、サブ・ファン
       ドの現金、投資またはその他の資産を保有しなかった。
                                  40/125


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        2018年3月31日および2017年9月30日現在、以下の金融資産(デリバティブ金融資産、現金および現
       金同等物ならびにその他の債権に対する投資)が信用リスクにさらされていた。金融資産の帳簿価額
       は、報告日現在の取引相手先の信用リスクに対する最大エクスポージャーを最も良く反映している。
        報告日現在の信用リスクに対する最大エクスポージャーは以下の通り分析できる。
                               2018  年3月31日               2017  年9月30日

       金融商品の種類
                                (豪ドル)                 (豪ドル)
       現金および現金同等物                              11,649,282                  4,131,989

       為替予約                              1,689,054                   20,798

       投資売却未収入金                                101,574                 258,521

       申込受益証券未収入金                              4,697,352                 1,292,437

       その他の資産                                   -                 15

       合計                              18,137,262                  5,703,760

        オープン・エンド型の投資会社および上場株式投資は、直接的な信用リスクにさらされていないた

       め、上記の表に含まれていない。
        サブ・ファンドは、発行体の信用リスクに対する以下のエクスポージャーにさらされている。

                               2018  年3月31日               2017  年9月30日

       格付
                                 (%)                 (%)
       格付なし                               100.00                 100.00

       合計                               100.00%                 100.00%

        マスター・ファンドは、マスター・ファンドの市場価額合計に対する割合として、発行体の信用リス

       クに対する以下のエクスポージャーにさらされている。
                                  41/125









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        証券格付(該当がある場合)は、S&P/ムーディーズ/フィッチのインベスター・サービスから入
       手したものである。
                               2018  年3月31日               2017  年9月30日

       格付
                                 (%)                 (%)
       A                                1.49                 2.07

       BBB                                38.53                 43.61

       BB                                10.47                 14.77

       B                                8.15                 1.58

       格付なし                                41.36                 37.97

       合計                               100.00%                 100.00%

        上記の表は、マスター・ファンドの投資の信用度を示している。取引相手先または発行体は、その事

       業体自体が投資適格であるか、または格付なしの場合は系列の事業体が投資適格であり、かつ、この格
       付けされた事業体から取引相手先または発行体に強力な無条件の支援があると投資顧問会社の信用リス
       ク管理およびアドバイザリー部門が考えている。副投資顧問会社は、信用に係る方針を整備しており、
       信用リスクに対するエクスポージャーを継続的に監視している。
        クレジット・デフォルト・スワップは、参照される有価証券または義務に係るプロテクションを受け
       取る権利と交換に、ある当事者が他の当事者に支払いを行う一連の流れを含む契約である。プロテク
       ションの売り手として、サブ・ファンドは通常、信用事象が生じない場合には、スワップ期間全体を通
       じて支払いを受ける。さらに、サブ・ファンドがクレジット・デフォルト・スワップを通じてプロテク
       ションを売る場合、参照債務の価値が受取プレミアムを下回る場合があるため、サブ・ファンドが損失
       を被る場合がある。特定の信用事象の発生時には、サブ・ファンドは信用プロテクションの売り手とし
       て、債務不履行となった参照債務の保有を要求され、現物決済された取引におけるスワップの想定元本
       に相当する金額を買い手に支払うことを要求される場合がある。また、サブ・ファンドは、現物決済取
       引における参照債務の回収可能価額控除後のスワップの想定元本に相当する金額の正味決済金額を現金
       または有価証券の形態で支払う場合がある。回収可能価額は、債務不履行となった有価証券または債務
       に透明性のある価格が設定されることを市場参加者が保証される、信用事象に係る入札プロセスを通じ
       て設定されることがある。さらに、サブ・ファンドは、取引相手先に担保として差し入れた資産の返還
       を求める権利がある。サブ・ファンドがクレジット・デフォルト・スワップを有している場合、その想
       定元本は投資明細表に開示されている。2018年3月31日および2017年9月30日現在、クレジット・デ
       フォルト・スワップはなかった。
        2018年3月31日および2017年9月30日現在、サブ・ファンドは、買戻可能参加受益証券の受益者に帰
       属する純資産の5%を超える取引相手先または発行体の信用リスクの集中を有していなかった。
                                  42/125






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        以下の表は、マスター・ファンドについて、純資産額の5%を超える集中を示している。
                               2018  年3月31日               2017  年9月30日

       集中                       マスター・ファンドの純資産に対する割合(%)

       ナショナル・オーストラリア・バン

                                        8.57                 9.60
       ク・リミテッド
       クラウン・リゾーツ・リミテッド                                 7.88                 7.76

       マッコーリー・グループ・リミテッ

                                        7.82                 7.94
       ド
       コモンウェルス・バンク・オブ・

                                        6.92                 6.54
       オーストラリア
       サンコープ・メットウェイ・リミ

                                        5.70                 5.89
       テッド
       ウエストパック・バンキング・コー

                                        5.78                 5.32
       ポレーション
       APTパイプラインズ・リミテッド                                  -^                5.58

       オーストラリア・アンド・ニュー

       ジーランド・バンキング・グルー                                  -^                5.28
       プ・リミテッド
        ∧

          金額が5%未満である。
      (d )追加的なリスク

      (ⅰ)資本リスク管理
         サブ・ファンドの資本は、買戻可能参加受益証券の受益者に帰属する純資産によって表される。サ
        ブ・ファンドは、受益者の裁量による日々の申込みおよび買戻しの影響を受けるため、買戻可能参加
        受益証券の受益者に帰属する純資産の金額は日々著しく変動する可能性がある。資本を管理する際の
        サブ・ファンドの目的は、受益者にリターンを提供しその他の利害関係者に便益をもたらすために継
        続企業として持続するサブ・ファンドの能力を保護すること、およびサブ・ファンドの投資活動の成
        長を支援するための強固な資本基盤を維持することである。
      (ⅱ)集中リスク

         サブ・ファンドは、限られた数の投資および投資テーマに投資する可能性がある。投資先の数が制
        限される結果、全体のパフォーマンスは、個々の投資のパフォーマンスから一層大きくプラスまたは
        マイナスの影響を受ける可能性がある。
      (ⅲ)オペレーショナル・リスク

         オペレーショナル・リスクとは、情報、通信、取引処理および決済、ならびに会計システムにおけ
        る不備を原因とする損失の潜在的可能性である。サブ・ファンドのサービス提供会社は、注記7に記
        載されているとおり、オペレーショナル・リスクの管理を手助けする目的で統制および手続を維持し
        ている。サービス提供会社のサービス水準の調査は、副投資顧問会社によって定期的に実施される。
        これらの措置が100%有効であるという保証はない。
      (ⅳ)法律上、税務上および規制上のリスク

                                  43/125


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         サブ・ファンドに対して不利な影響を及ぼす可能性のある法律上、税務上および規制上の変更がサ
        ブ・ファンドの継続期間において生じる可能性がある。
         税金に関して、サブ・ファンドは、サブ・ファンドが投資している一定の管轄区においてキャピタ
        ル・ゲイン、利息および配当に対して課税される可能性がある。
         税務当局による税法および規則の解釈および適用範囲は、時折、明確性や一貫性を欠くことがあ
        る。課税される可能性が高く、かつ、見積可能である税金債務は負債として計上される。ただし、税
        金債務の一部は不確実性にさらされており、当年度および過年度の税務ポジションに対してこれらの
        当局が将来行う措置、解釈または判断に基づく追加的な税金負債、利息、加算税が生じる可能性があ
        る。また、サブ・ファンドが潜在的な税金負債を計上する義務を創設したり、または取除くように会
        計基準が改訂される可能性もある。したがって、現在は発生する可能性が高くない一定の潜在的な税
        金債務が、発生する可能性が高くなり、サブ・ファンドの将来の追加的な税金負債となり、これらの
        追加的な税金負債が重要となる可能性がある。上記の不確実性のために、純資産額は、サブ・ファン
        ドに対する持分の申込み、買戻しまたは交換の場合も含め、サブ・ファンドに最終的に生じる税金負
        債を反映していない可能性があり、このことがその時点の投資家に不利な影響を及ぼす可能性があ
        る。
         当財務書類に開示されていない追加的なリスクの詳細は、サブ・ファンドの募集要項を参照のこ
        と。
     12 .与信機関

       2018年3月31日および2017年9月30日現在、BBHが保有する現金はそれぞれ3,778豪ドルおよび6,890
      豪ドルであった。
     サブ・ファンド                  与信機関 2018年3月31日                     与信機関 2017年9月30日

                    ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・ア                     バークレイズ・バンク・ピーエル

                    ンド・カンパニー                     シー
     GSオーストラリア・ハイ               JPモルガン・チェース・アンド・カ                     ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・
     ブリッド証券ファンド               ンパニー                     アンド・カンパニー
                    ナショナル・オーストラリア・バン                     ナショナル・オーストラリア・バン
                    ク・リミテッド                     ク・リミテッド
     13 .為替レート

       豪ドル以外の通貨建ての投資ならびにその他の資産および負債の換算に以下の豪ドルに対する為替レー
      トが使用された。
                              2018  年3月31日               2017  年9月30日

      円(JPY)                               81.575771                  88.312206

      米ドル(USD)                               0.767050                  0.783500

                                  44/125





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     14 .ソフト・コミッション

       サブ・ファンドは、取引実行のみ、および/または取引実行と投資調査についてコミッションを支払う
      場合がある。2018年3月31日に終了した期間および2017年9月30日終了年度において、サブ・ファンド
      は、いかなる第三者とも上記以外のソフト・コミッション契約を締結していない。
     15 .偶発負債

       2018年3月31日および2017年9月30日現在、偶発負債はなかった。
     16 .後発事象

       2018年3月31日より後に、当財務書類の修正が要求される事象または当財務書類に開示が要求される事
      象は発生しなかった。
     17 .補償

       サブ・ファンドは、様々な補償を含む契約を締結する可能性がある。これらの契約に基づくサブ・ファ
      ンドの最大エクスポージャーは明らかでない。しかし、サブ・ファンドには、過去においてこれらの契約
      に従った請求または損失はなかった。
                                  45/125














                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)投資有価証券明細表等
                   GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                          投資明細表(無監査)
                           2018  年 3月31日     現在
      保有高/

                                                 公正価値      純資産比率
     受益証券口数       銘柄
                                                 (豪ドル)       (%)
     (現地通貨)
                 *
           投資ファンド
           豪ドル
           オーストラリア・エンハンスト・インカム・ファンドⅡ、クラスIO(Acc)
                                                 218,653,229        97.83
     1,500,503
           豪ドル建受益証券
           投資ファンド合計                                      218,653,229        97.83
     ポートフォリオ        ・ヘッジ目的で保有する為替予約

                                                 未実現損失      純資産比率
      満期日     通貨      買建      通貨     売建         取引相手先
                                                 (豪ドル)        (%)
                                  UBS  AG
     03/04/2018       AUD     3,469,203      USD     2,663,550                       (3,256)      (0.00)
                                  Australia      &  New   Zealand
     03/04/2018       AUD     3,470,288      USD     2,663,550                       (2,172)      (0.00)
                                  Banking    Group   Ltd
                                                   (3,694)      (0.01)
     05/04/2018       AUD     3,485,249      USD     2,676,173      UBS  AG
     ポートフォリオ・ヘッジ目的で保有する為替予約に係る未実現損失合計                                              (9,122)      (0.01)
     クラス・ヘッジ目的で保有する為替予約

                                                 未実現利得      純資産比率
      満期日     通貨      買建      通貨     売建          取引相手先
                                                 (豪ドル)       (%)
                                 Royal   Bank  of Canada

     18/05/2018       AUD       324,435     JPY    26,384,000                          78    0.00
                                 HSBC  Bank  PLC
     18/05/2018       JPY   1,443,320,824        AUD    17,186,464                       557,305       0.25
                                 Royal   Bank  of Scotland    Plc
     18/05/2018       JPY   1,443,320,824        AUD    17,186,176                       557,593       0.25
                                 Australia     & New  Zealand
     18/05/2018       JPY   1,467,538,789        AUD    17,476,772                       564,726       0.26
                                 Banking    Group   Ltd
                                 Australia     & New  Zealand
     23/05/2018       USD     2,663,550      AUD     3,469,989                        2,276      0.00
                                 Banking    Group   Ltd
                                 UBS  AG                 7,076      0.00
     23/05/2018       USD     5,339,723      AUD     6,953,909
     クラス・ヘッジ目的で保有する為替予約に係る未実現利得合計                                             1,689,054        0.76
                                                 未実現損失      純資産比率

      満期日     通貨      買建      通貨     売建          取引相手先
                                                 (豪ドル)       (%)
                                 JP Morgan   Chase   & Co

     18/05/2018       AUD       453,256     JPY    36,889,807                         (257)     (0.00)
                                 Australia     & New  Zealand    Banking
                                                   (28,328)      (0.01)
     18/05/2018       AUD       990,085     JPY    82,840,134
                                 Group   Ltd
     クラス・ヘッジ目的で保有する為替予約に係る未実現損失合計                                              (28,585)      (0.01)
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

                                  46/125




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                                 公正価値      純資産比率
     投資  合計
                                                 (豪ドル)       (%)
     投資ファンド合計                                            218,653,229        97.83

     クラス・ヘッジ目的で保有する為替予約に係る未実現利得合計                                             1,689,054        0.76
     クラス・ヘッジ目的で保有する為替予約に係る未実現損失合計                                              (28,585)      (0.01)

     ポートフォリオ・ヘッジ目的で保有する為替予約に係る未実現損失合計                                               (9,122)      (0.01)

                                                  3,201,666        1.43
     その他の資産および負債
     買戻可能参加受益証券の受益者に帰属する純資産                                            223,506,242        100.00
     *

       系列ファンドを表している。
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

                                  47/125















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                   GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                             投資明細表
                           2017  年 9月30日     現在
      保有高/

                                                 公正価値      純資産比率
     受益証券口数       銘柄
                                                 (豪ドル)       (%)
     (現地通貨)
                 *
           投資ファンド
           豪ドル

           オーストラリア・エンハンスト・インカム・ファンドⅡ、クラスIO(Acc)

                                                 207,683,139        99.12
     1,460,295
           豪ドル建受益証券
           投資ファンド合計                                      207,683,139        99.12

     クラス・ヘッジ目的で保有する為替予約

                                                 未実現利得      純資産比率
      満期日     通貨      買建      通貨     売建          取引相手先
                                                 (豪ドル)       (%)
                           10,104,195      Westpac    Corp

     29/09/2017       AUD       117,795     JPY                             3,380      0.00
                            9,794,691     UBS  AG
     25/10/2017       AUD       111,285     JPY                              225     0.00
                           21,608,000      JP Morgan   Chase   & Co
     25/10/2017       AUD       248,235     JPY                             3,227      0.00
                                 Barclays    Bank  PLC
     25/10/2017       AUD       705,266     JPY    61,238,000                        10,901      0.01
                                 Westpac    Corp
     29/09/2017       JPY     10,104,195      AUD     112,750                         1,664      0.00
                                 Australia     & New  Zealand
                                                    1,401      0.00
     25/10/2017       JPY     61,786,256      AUD      699,180
                                 Banking    Group   Ltd
     クラス・ヘッジ目的で保有する為替予約に係る未実現利得合計                                               20,798      0.01
                                                 未実現損失      純資産比率

      満期日     通貨      買建      通貨     売建          取引相手先
                                                 (豪ドル)       (%)
                           10,104,195      Westpac    Corp                    (0.00)

     25/10/2017       AUD       112,927     JPY                            (1,642)
                             166,121    Royal   Bank  of Scotland    PLC             (0.00)
     25/10/2017       JPY     14,456,000      AUD                            (2,207)
                           17,672,550      Royal   Bank  of Canada
     25/10/2017       JPY   1,536,716,606        AUD                           (248,056)       (0.12)
                           17,675,437      Barclays    Bank  PLC                 (0.12)
     25/10/2017       JPY   1,536,716,607        AUD                           (250,942)
                           17,759,464                       (258,090)       (0.12)
     25/10/2017       JPY   1,543,496,925        AUD          Citibank
     クラス・ヘッジ目的で保有する為替予約に係る未実現損失合計                                              (760,937)       (0.36)

      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

                                  48/125






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                                 公正価値      純資産比率
     投資  合計
                                                 (豪ドル)       (%)
                                                 207,683,139        99.12

     投資ファンド合計
                                                   20,798      0.01
     クラス・ヘッジ目的で保有する為替予約に係る未実現利得合計
     クラス・ヘッジ目的で保有する為替予約に係る未実現損失合計                                              (760,937)       (0.36)

                                                  2,587,734        1.23
     その他の資産および負債
                                                 209,530,734        100.00
     買戻可能参加受益証券の受益者に帰属する純資産
     *

       系列ファンドを表している。
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

       次へ
                                  49/125















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      4 管理会社の概況

       (1)資本金の額(2018年4月末日)
            払込済資本金の額  187,117,965.90米ドル(約205億円)
            発行済株式総数   1,002,080株(一株37.04米ドルの記名式額面株式)
            ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(以下「管理会社」という。)が発行す
           る株式総数の上限については制限がない。
       (2)事業の内容及び営業の状況

            管理会社は、投資信託の事務管理、国際的な保管業務、信託会計の事務管理およびこれらに関
           する一般的な銀行業務ならびに外国為替業務に従事する。
            管理会社は、信託証書に基づき、期間の限定なく任命されているが、ブラウン・ブラザーズ・
           ハリマン・トラスト・カンパニー(ケイマン)リミテッド(以下「受託会社」という。)は、以
           下の場合、かかる任命を直ちに解除することができる。(a)管理会社が清算される場合、(b)管
           理会社の事業に関して財産保全管理人が任命された場合、(c)受託会社が、管理会社の変更が受
           益者(信託証書に定義される)の利益にとって望ましいとの見解を有し、受益者に対してその旨
           を書面で表明した場合、(d)管理会社が法により許容される限りできるだけ早期に解任されるべ
           きことが、受益者によって受益者集会で特別決議(信託証書に定義される)により決議され、そ
           の旨決定された場合、または(e)発行済受益証券の価値の4分の3を保有する受益者が管理会社
           の解任を書面で受託会社に要求した場合。管理会社がトラストの管理者でなくなった場合、受託
           会社は、トラストの管理者になる資格を有する他の者を任命しなければならない。管理会社はま
           た、受託会社への通知により、管理会社の関係会社である他の管理者を後任者として、直ちに退
           任する権利を有する。ただし、管理会社が関係会社でない他の管理者を後任者として退任するこ
           とを希望する場合、受託会社への60日前の通知が行われなければならない。
            信託証書の規定に基づき、管理会社は、信託証書に基づく義務の履行に関する故意の不履行、
           詐欺、または重過失(信託証書に定義される)の場合を除き、サブ・ファンド、受益者または受
           託会社に対していかなる責任も負わない。
            信託証書に基づき、受託会社は、サブ・ファンドのために、かつサブ・ファンドの資産からの
           み、管理会社ならびに管理会社の関係会社、代理人および受任者ならびに管理会社およびこれら
           の者の役員、取締役、株主および支配者に対して、(ⅰ)サブ・ファンドの運営もしくはサブ・
           ファンドの受益証券の募集もしくは(ⅱ)かかる者の行為に関係し、もしくはこれらから生じ、も
           しくはこれらに基づき、または信託証書に基づきサブ・ファンドのために行われた事業もしくは
           業務に別途に関連して、管理会社が現実に一時的に負担したあらゆる損失、責任、損害、費用ま
           たは経費(弁護士費用および会計士費用を含むが、これらに限定されない。)、判決および和解
           において支払われる金額(ただし、受託会社が、サブ・ファンドを代表して、かかる和解を承認
           していることを条件とする。)を補償するものとし、上記の者を上記のあらゆる損失、責任、損
           害、費用または経費から免責するものとする。ただし、かかる行為が信託証書に基づく義務の履
           行に関する故意の不履行、詐欺、または重過失を構成する場合はこの限りでない。
            管理会社は、2018年3月末日現在、以下の投資信託の管理・運用を行っている。
     国別(設立国)               種類別(基本的性格)                   本数        純資産価格の合計
               契約型投資信託(アンブレラ・ファンド

     ケイマン諸島                                    59     5,846,705,795.89米ドル
               のサブ・ファンドを含む。)
                                  50/125




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (3)その他
            本半期報告書提出前6か月以内において、訴訟事件その他管理会社に重要な影響を与えたまた
           は与えることが予想される事実はない。
       次へ

                                  51/125


















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     5 管理会社の経理の概況

       a.管理会社の最近2事業年度の日本文の財務書類は、ルクセンブルグにおける法令に準拠して作成さ

        れた原文の財務書類を翻訳したものである。これは「特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府
        令」に基づき、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」第131条第5項ただし書の規定
        の適用によるものである。
       b.管理会社の原文の財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和23年法律第103号)第1条の3

        第7項に規定する外国監査法人等をいう。)であるデロイト・オーディット・ソシエテ・ア・レスポ
        ンサビリテ・リミテから監査証明に相当すると認められる証明を受けており、当該監査証明に相当す
        ると認められる証明に係る監査報告書に相当するもの(訳文を含む。)が当該財務書類に添付されて
        いる。
       c.管理会社の原文の財務書類は米ドルで表示されている。日本文の財務書類には、主要な金額につい

        て円貨換算が併記されている。日本円による金額は、2018年4月27日現在における株式会社三菱UF
        J銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=109.35円)で換算されている。なお、千円未満の金
        額は四捨五入されている。
       次へ

                                  52/125













                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (1)資産及び負債の状況
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                             貸借対照表

                           2017年12月31日現在
                            (単位:米ドル)
                               資産

                                  2017年                 2016年

                        注記
                            (米ドル)         (千円)        (米ドル)         (千円)

     現金、中央銀行および郵便局に
                                     250,916,543                 216,527,310
                      31.1,31.3      2,294,618,594                 1,980,130,866
     おける残高
     金融機関に対するローンおよび

                                     446,139,168                 330,069,238
                   3,15,31.1,31.3        4,079,919,230                 3,018,465,826
     貸付金
      a)  要求払い                             343,131,468                 214,704,988
                            3,137,919,230                 1,963,465,826
      b)  その他のローンおよび
                                     103,007,700                 115,364,250
                             942,000,000                1,055,000,000
        貸付金
     顧客に対するローンおよび

                                        29,029                 16,125
                      31.1,31.3         265,472                 147,465
     貸付金
     株式およびその他の変動利回り

                                        1,639                 1,439
                   4,15,31.1,31.3            14,984                 13,162
     有価証券
                                          0              878,741

     関連会社株式                   4,5,15          0             8,036,038
                                       451,089                 505,976

     有形資産                     5    4,125,181                 4,627,120
                                          20                 17

     その他の資産                            180                 158
                                      2,627,478                 2,853,826

                             24,028,149                 26,098,088
     前払金および未収収益                    6,15
                                     700,164,965                 550,852,672

                            6,402,971,790                 5,037,518,723
     資産合計                     7
      添付の注記は当財務書類と不可分のものである。

                                  53/125






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                           貸借対照表(続き)

                           2017年12月31日現在
                            (単位:米ドル)
                               負債

                                  2017年                 2016年

                        注記
                            (米ドル)         (千円)        (米ドル)         (千円)

                                     230,020,072                 167,935,219
     金融機関に対する未払金                  15,31.1     2,103,521,459                 1,535,758,747
      a)  要求払い                             230,020,072                 167,935,219
                            2,103,521,459                 1,535,758,747
     顧客に対する未払金                 8,15,31.1      3,913,497,702         427,940,974       3,299,365,691         360,785,638

      a)  要求払い                    3,913,497,702         427,940,974       3,289,365,691         359,692,138

      b)  合意済み満期日付                          0        0    10,000,000         1,093,500

                                       204,216                 194,618

     その他の負債                     9    1,867,543                 1,779,768
                                      2,025,103                 1,909,471

     未払金および繰延利益                   10,15     18,519,456                 17,462,016
                                      2,210,101                 1,459,806

     引当金                         20,211,255                 13,349,845
      a)  納税引当金                              2,043,952                 1,327,119
                          11    18,691,834                 12,136,433
      b)  その他の引当金                               166,149                 132,687
                          12    1,519,421                 1,213,412
                                      20,461,350                 4,058,850

     発行済資本                     13   187,117,966                 37,117,969
                                      13,600,180                 12,086,520

     準備金                     14   124,372,931                 110,530,593
                                         512                 147

     繰越損益                     14      4,686                 1,346
                                      3,702,459                 2,422,403

                             33,858,792                 22,152,748
     当期利益
                                     700,164,965                 550,852,672

                            6,402,971,790                 5,037,518,723
     負債合計                     16
      添付の注記は当財務書類と不可分のものである。

                                  54/125






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                         オフ・バランス・シート項目

                           2017年12月31日現在
                            (単位:米ドル)
                                  2017年                 2016年

                        注記
                            (米ドル)         (千円)        (米ドル)         (千円)

                                        63,260        545,385         59,638
     偶発債務                  17,31.1        578,509
      内訳:

      保証金および担保証券として

                                        63,260        545,385         59,638
                               578,509
      差入れた資産
                                    8,945,281,643        64,575,929,958         7,061,377,941

     信託運用                     20  81,804,130,253
      添付の注記は当財務書類と不可分のものである。

                                  55/125














                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)損益の状況
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                             損益計算書

                        2017年12月31日に終了した年度
                            (単位:米ドル)
                                  2017年                2016年

                         注記
                             (米ドル)         (千円)        (米ドル)         (千円)

                                       5,911,072        29,666,848         3,244,070
     未収利息および類似収益                         54,056,442
      内訳:
       - 預金について受領された負の
                                        242,940       1,866,700         204,124
                              2,221,669
         利息
                                       3,023,575        15,403,567         1,684,380
       - 為替スワップからの金利差益                       27,650,438
     未払利息および類似費用                         (16,495,414)         (1,803,774)        (7,692,118)         (841,133)

      内訳:
       - ローンおよび貸付金について
                              (9,439,648)        (1,032,226)        (5,812,307)         (635,576)
         支払われた負の利息
       - 為替スワップからの金利差損                        (254,716)         (27,853)        (116,191)         (12,705)
                                        82,034       1,540,691         168,475

     有価証券からの収益                           750,200
      株式およびその他の変動利回り
                                        82,034       1,540,691         168,475
                               750,200
      有価証券からの収益
                                      11,619,119        102,098,058         11,164,423

     未収手数料                      21   106,256,230
     未払手数料                         (52,040,385)         (5,690,616)        (49,567,473)         (5,420,203)

                                        698,629       3,841,996         420,122

     金融業務の純利益                          6,388,924
                                        271,687        776,916         84,956

     その他の事業収益                      22    2,484,563
     一般管理費用                         (51,064,124)         (5,583,862)        (49,304,431)         (5,391,440)

      a)  スタッフ費用
                         24,25     (20,806,005)         (2,275,137)        (18,758,113)         (2,051,200)
        内訳:
        - 賃金およびサラリー                      (16,838,247)         (1,841,262)        (15,510,238)         (1,696,045)
        - 社会保障費                      (2,420,642)         (264,697)       (2,190,449)         (239,526)
          内訳:
          - 年金に関する社会保障費                    (1,541,426)         (168,555)       (1,388,637)         (151,847)
      b)  その他の一般管理費用
                         26,30     (30,258,119)         (3,308,725)        (30,546,318)         (3,340,240)
                                  56/125





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     有形および無形資産に関する価値調整                         (2,589,398)         (283,151)       (2,121,992)         (232,040)
     その他の事業費用                      23     (507,993)         (55,549)        (449,139)         (49,113)
     偶発債務およびコミットメント
                                           0    2,237,832         244,707
                          12        0
     に対する引当金
                             (11,831,429)         (1,293,767)        (8,162,892)         (892,612)
     経常収益にかかる税金                   11,27.1
     税引後経常収益                                  3,871,823        22,864,296         2,500,211
                              35,407,616
     前勘定科目に表示されていないその他の
                              (1,548,824)         (169,364)        (711,548)         (77,808)
                         27.2
     税金
                                       3,702,459        22,152,748         2,422,403

                              33,858,792
     当期利益
      添付の注記は当財務書類と不可分のものである。

                                  57/125
















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                          財務諸表に対する注記
                           2017年12月31日現在
     注1 一般事項

      1.1. 会社概況
         ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(以下「当行」という。)は、ルクセンブル
        グにおいて1974年4月11日に株式会社として設立された。
         1996年4月1日に、親会社の株式会社東京銀行が株式会社三菱銀行と合併して株式会社東京三菱銀
        行が設立され、バンク・オブ・トウキョウ(ルクセンブルグ)エス・エイは、バンク・オブ・トウ
        キョウ・ミツビシ(ルクセンブルグ)エス・エイに名称を変更した。
         2005年10月1日に、間接株主の株式会社三菱東京フィナンシャル・グループ(以下「MTFG」と
        いう。)は、株式会社UFJホールディングス(以下「UFJ」という。)と合併し、新規金融グ
        ループの株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下「MUFG」という。)となった。
         2006年1月1日に、親銀行の株式会社東京三菱銀行は、株式会社UFJ銀行と合併し、株式会社三
        菱東京UFJ銀行となり、バンク・オブ・トウキョウ・ミツビシ(ルクセンブルグ)エス・エイは、
        バンク・オブ・トウキョウ・ミツビシUFJ(ルクセンブルグ)エス・エイに名称を変更した。
         2007年4月2日に、当行は、共に持株会社である三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUF
        G)の子会社である三菱UFJ信託銀行株式会社が70%および株式会社三菱東京UFJ銀行が30%を
        共同で出資する子会社に変更された。その結果、バンク・オブ・トウキョウ・ミツビシUFJ(ルク
        センブルグ)エス・エイは、ミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイ(以下「MUGC」
        という。)に名称を変更した。
         2008年4月28日に、ミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイは、新株49,080株を発行
        し、資本金は1,817,968.52米ドル増加した。発行済株式資本総額は、現在37,117,968.52米ドルであ
        る。MIBLの主たる株主2社は、株式資本92.25%を保有しており、三菱UFJ信託銀行株式会社が
        63.72%および株式会社三菱東京UFJ銀行が28.53%を保有している。
         2014年8月7日に、ミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイは、アイルランド共和国、
        ダブリン2、ローワー・レッスン・ストリート12-13、オーモンド・ハウスを所在地とする外国支店を
        開設した。ミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイ、ダブリン支店は、1993年のUE規則
        に準拠して、金融機関に907648番で登録された。
         2016年5月1日付で、ミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイは、その名称をルクセンブ
        ルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.                        (以下「MIBL」という。)へ変更した。
         2017年5月31日付で、三菱UFJ信託銀行株式会社は、ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービ
        ス銀行S.A.の議決権付株式の100%を取得した。
         取締役会のメンバーは、三菱UFJ信託銀行株式会社のグループの専務取締役および社外取締役で
        ある。事業方針および評価基準は、ルクセンブルグの現行法規に定められている場合を除き、株式会
        社三菱UFJフィナンシャル・グループにおいて適用されているものに準拠して、取締役会によって
        決定および監督される。
      1.2. 事業の性質

         当行の事業目的は、当行自身およびルクセンブルグ大公国内外の第三者のための銀行業務または金
        融業務を行うこと、ならびに工業、商業、不動産といった上記の主目的に直接または間接的に関連す
        るその他のすべての業務を行うことにある。
         より具体的には、当行は投資運用サービスに活動を集中している。
         当行における取引の大部分は、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの企業との間で、直
        接または間接的に完結するものである。
      1.3. 財務書類

                                  58/125

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         当行は、資本の表示通貨である米ドルを基準にして財務書類を作成している。当行の会計年度は、
        暦年と一致している。
     注2 重要な会計方針の要約

        当行の財務書類は、ルクセンブルグ大公国における法律および規制ならびにルクセンブルグ大公国の
       銀行部門で一般に公正妥当と認められている会計基準に準拠して、取得原価主義で作成されている。
        これらを遵守するにあたって、以下の重要な会計基準が適用される。
      2.1. 貸借対照表における取引計上日

         貸借対照表における資産および負債は、かかる金額が確定した日、つまり権利移転日付で計上され
        る。
      2.2. 外貨

         当行は、すべての取引を契約締結日における一または複数の取引通貨で計上する、複数通貨会計シ
        ステムを採用している。
         資産および負債は、貸借対照表の日付のスポット為替レートで米ドルに換算される。再評価によっ
        て生じる実現および未実現損益は、当期の損益に計上されるが、取得為替レートで計上される外国為
        替予約契約(スワップおよびヘッジ外国為替予約契約)によって特にカバーされたものから生じる実
        現および未実現損益はこの限りではない。
         外貨建ての収益および費用は、日々、実勢為替レートで米ドルに換算される。
         期末現在、すべての未決済の先渡取引は、満期までの残存期間に対応した貸借対照表の日付におけ
        る実勢フォワード・レートで米ドルに換算される。
         スポット取引およびスワップ取引に連動する未決済の先渡取引から生じる損益は、貸借対照表の日
        付に見越し計上される。外国通貨スワップでカバーされたポジションにかかる未実現損益の場合、期
        末に中立化される。
      2.3. デリバティブ金融商品

         金利スワップ、フォワード・レート契約、金融先物およびオプションのような、デリバティブ金融
        商品から派生している当行のコミットメントは、取引日にオフ・バランス・シート項目として計上さ
        れる。
         必要があれば、期末日に、当行の各コミットメントの時価による再評価によって生じる未実現損失
        に対して引当金が設定される。2017年度に計上された先渡取引の未実現損失に対する引当金はない
        (2016年:45,798米ドル)。
         金融商品が明らかに資産または負債をカバーかつ経済的統一している場合、または金融商品が逆取
        引でヘッジされているためにオープン・ポジションが存在しない場合においては、かかる引当金は設
        定されない。
      2.4. 貸倒れおよび回収不能債務に関する特定価値調整

         取締役会において、貸倒れおよび回収不能とみなされた債務に関して特定価値調整を行うのが当行
        の方針である。
         特定価値調整がある場合は、関連する資産から控除される。
      2.5. 証書、ローンおよび貸付金ならびにリース取引にかかる見込み損失に対する価値調整

         ローンおよび貸付金の見込み損失に対する価値調整がある場合は、関連する資産から控除される。
      2.6. リスク持高に対する一括引当金

                                  59/125


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         当行は、ルクセンブルグの税法に準拠して、銀行監督諮問管理法に規定されているように、リスク
        持高に対する一括引当金を設定することができる。引当金の目的は、財務書類作成日にはまだ確認さ
        れていないが具体化すると考えられるリスクを考慮することにある。
         税務局長によって1997年12月16日に発行された指図書に従い、当行のリスク持高の税引前かつ
        1.25%を超えない当該引当金が設定されなければならない。
         当行は、2017年12月31日現在、当該引当金を計上しなかった(2016年:なし)。
      2.7. 譲渡可能有価証券

         譲渡可能有価証券は、当初、購入価格で計上される。当初の評価には平均原価法が使用される。注
        2.5の詳述に従って計算されたまたは価値が減少したことによって生じる価値調整は、勘定残高から控
        除される。
      2.8. 有形および無形資産

         有形および無形資産は、購入価格で評価される。耐用年数が限られている有形および無形固定資産
        の価値は、かかる資産の下記の耐用年数に渡って体系的に償却するために計算された価値調整分減少
        する。
         ・ハードウェア機器:4年
         ・ソフトウェア:4年および5年
         ・その他の無形資産:5年
         ・その他の有形資産:10年
      2.9. 関連会社株式

         貸借対照表の日付において、金融固定資産として保有される関連会社株式は、低価法で計上され
        る。
      2.10.    税金

         税金は、関連する勘定が属する会計年度において発生主義で計上される。
      2.11.    前払金および未収収益

         かかる資産項目は、次期会計年度に関連する、当期会計年度中に発生した支出を含む。
      2.12.    未払金および繰延利益

         かかる負債項目は、次期会計年度に関連する、当期会計年度中に発生した収益を含む。
      2.13.    引当金

         引当金は、その性質が明白に規定され、貸借対照表日付現在で発生する可能性が高いかまたは確実
        に発生するが、発生する金額または日付は不確定である損失または債務を補填することを目的として
        いる。
      2.14.    収益の認識

          当行の主な収入源は、利息および受取手数料で構成される。当行は、顧客に提供する幅広いサービ
        スから報酬および受取手数料を獲得する。
          収益は、一般に、サービスが提供される期間にわたって関連するサービスが履行または認識される
        時点で計上される。
     注3 金融機関に対するローンおよび貸付金

                                  60/125


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        金融機関に対するローンおよび貸付金は、要求払いのものを除き、残存期間別に以下のとおりであ
       る。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        3か月以下                                  135,000,000           477,000,000
                                          807,000,000           578,000,000
        3か月超1年以下
                                          942,000,000          1,055,000,000
     注4 譲渡可能有価証券

        「株式およびその他の変動利回り有価証券」の項目に表示されている譲渡可能有価証券はすべて、
       14,984米ドル(2016年:13,162米ドル)の未上場有価証券で構成される。
       関連会社株式の要約

        2017年12月31日現在、当行は、「関連会社株式」に計上される参加持分を保有していない。
     注5 固定資産の変動

        以下の変動は、当期中に当行の固定資産に対して生じたものである。
       固定資産:
                 期首現在                         期末現在       価値調整       期末現在
                        追加      売却     為替差額
                 価値総額                         価値総額        累計      価値純額
                        米ドル      米ドル      米ドル
                  米ドル                         米ドル       米ドル       米ドル
      1.関連会社株式           8,036,038          0  (8,554,715)        518,677         0       0      0
      2.有形資産           17,154,653       1,446,747       (190,665)      2,375,385      20,786,120       16,660,939       4,125,181
       a)ハードウェア          1,179,119        14,349      (20,605)      163,271     1,336,134       1,185,140       150,994
       b)ソフトウェア          13,748,336       1,412,852       (102,933)      1,903,716      16,961,971       13,819,058       3,142,913
       c)その他付属品、
         家具、機器、        2,227,198        19,546      (67,127)      308,398     2,488,015       1,656,741       831,274
         車両
      3.無形資産           1,945,439          0      0      0  1,945,439       1,945,439          0
        有価約因に基づい
                 1,945,439          0      0      0  1,945,439       1,945,439          0
        て取得したのれん
        価値ある対価として取得されたのれんは、他機関の顧客の一部の買収の価値を表す。

                                  61/125








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     注6 前払金および未収収益
        当行の前払金および未収収益は以下のとおりである。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        米国内国歳入庁、米国税務当局に支払われた前払金                                   1,258,254           2,285,714
        未収利息                                   4,666,886           4,629,590
        管理会社手数料                                    283,041           357,395
        信託業務手数料                                   1,969,915           1,659,378
        全体保管手数料                                   8,936,086           9,508,271
        投資ファンド手数料                                   3,813,147           3,256,497
        前払一般経費                                    644,074           341,661
        前払法人税                                    134,936           119,089
        未収還付付加価値税(VAT)                                    690,238          2,536,828
        その他の未収収益                                    566,677           695,606
        その他の手数料                                    671,075           387,492
                                             393,820           320,567
        その他の前払金
                                           24,028,149           26,098,088
     注7 外貨建て資産

        2017年12月31日現在、米ドルに換算した、当行の外貨建て資産の総額は、4,008,887,622米ドル(2016
       年:3,681,116,769米ドル)である。
     注8 顧客未払金

        2017年12月31日現在、要求払いのものを除く債務は、0米ドル(2016年:10,000,000米ドル)であっ
       た。
     注9 その他の負債

        当行のその他の負債は以下のとおりである。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        優先債務                                    841,978           732,625
                                           1,025,565           1,047,143
        諸債務
                                           1,867,543           1,779,768
                                  62/125








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     注10 未払金および繰延利益
        当行の未払金および繰延利益は以下のとおりである。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        未払手数料                                   6,607,907           6,454,913
        未払一般経費                                   5,653,314           3,551,199
        未払利息                                    885,708           113,912
        保管報酬に関連する繰延収益                                    524,416           721,710
        外国通貨スワップでカバーされたポジションにかかる
                                           4,680,727           4,955,817
        為替差損益の中立化(注2.2)
        税務当局から受領した2012年-2014年度の未収還付付加
                                                0      1,556,606
        価値税(VAT)
        その他の未払費用                                    142,861            51,140
                                             24,523           56,719
        その他の仮受金
                                           18,519,456           17,462,016
     注11 税金-為替差損失:繰延税金

        ルクセンブルグの財政法上、当行の貸借対照表および損益計算書はユーロ表示が義務付けられてい
       る。財政目的で当行の株式をユーロ等価物に換算し未実現損益が生じたために、財政目的で確定された
       当行の収益が、会計目的で報告された収益と著しく異なることがあり得る。
        銀行の投資株式にかかる為替換算利益の財政的中和が認められた1987年7月16日(改正)法に準拠し
       て、通常の状況下においては、米ドルがユーロに対して強く(ドル高に)なったことで生じる未実現利
       益は、過去の繰越未実現損失の金額を超える範囲について中和することができる。
        ただし、銀行の投資株式にかかる為替換算利益の財政的中和が認められた1983年7月23日法に準拠し
       て、通常の状況下においては、米ドルがユーロに対して強く(ドル高に)なったことで生じる将来の未
       実現利益は、過去の繰越未実現損失の金額を超える範囲についてのみ中和することができる。
        その結果、株式にかかる未実現換算損失は、時間差異から生じるものと考えられ、当行は会計所得に
       かかる所得税を繰延税とする。
        2017年12月31日現在、繰延税負債はない。
     注12 その他の引当金

        当行のその他の引当金は以下のとおりである。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        報酬引当金                                   1,519,421           1,167,614
        先渡取引の未実現損失に対する引当金(注2.3)                                        0        45,798
                                           1,519,421           1,213,412
     注13 発行済資本

        2017年11月9日現在、当行は株式資本を149,999,997.38米ドル増加させた。
        2017年12月31日現在、当行の発行済かつ全額払込済資本は、クラスAの5,002,575株およびクラスBの
       49,080株に対して187,117,965.90米ドルである。
                                  63/125




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     注14 準備金および繰越損益の変動
                               法定準備金          その他の準備金             繰越損益
                                米ドル           米ドル           米ドル
        2017年1月1日現在の残高                        3,711,797          106,818,796               1,346
        2016年12月31日終了年度の利益                             -           -      22,152,748
        利益の増加
         -株主への配当金支払                           -           -        (33,057)
         -2017年純資産税準備金への振替                           -       4,276,351          (4,276,351)
         -2011年純資産税準備金からの振替                           -      (3,100,000)            3,100,000
         -自由準備金への割り当て                           -      20,940,000          (20,940,000)
                                     -      (8,274,013)                0
         -株主への現物分配
        2017年12月31日現在の残高                        3,711,797          120,661,134               4,686
        ルクセンブルグの法律に従い、当行は毎年の純利益の最低5%相当額を法定準備金として、かかる準

       備金が株式資本の10%に達するまで、充当しなければならない。当該充当は翌年に行われる。法定準備
       金の分配は制限されている。当行は発行済資本の10%に達しているため、当該要件は満たされている。
        当行は、ルクセンブルグの法律に基づいて、当該年度が支払期限である純資産税のすべてまたは一部
       について税額控除の適用を選択した。ただし、当該税額控除は、前年度が支払期限である税額控除調整
       前の法人税額を上限とする。当該控除から利益を得るためには、翌年度末以前に純資産税額控除の5倍
       にあたる金額を特別準備金に計上するという立場を表明しなければならず、これを5年間維持しなけれ
       ばならない。
        2015年11月19日付でルクセンブルグ税務当局により発行された通達Ⅰ、Fort.                                          N°47bisは、納税者が
       2014年および2015年の両年度の純資産税控除の恩恵を十分に受けるために純資産税準備金を一つのみ設
       定することが出来るよう、専門の規則を定めている。                             かかる引当金は、2014年および2015年(経過措
       置)に利用可能な最も高い控除額の5倍に相当する。                             総額17,049,049米ドル(2016年:15,872,698米ド
       ル)の純資産税特別準備金は、当行のその他の準備金に含まれている。
        2017年3月24日付の年次株主総会において決議されたとおり、当行は、4,276,351米ドルを2017年の純
       資産税特別準備金に割り当て、また、2011年の純資産税特別準備金3,100,000米ドル(2,388,015ユー
       ロ)を準備金に計上した。
        2017年12月31日現在、純資産税の特別準備金の累積残高は、以下のとおりである。
                                           2017年           2017年
                                        純資産税準備金           純資産税準備金
                                           米ドル           ユーロ
        2012年                                   3,304,122           2,506,160
        2013年                                   3,101,000           2,250,445
        2014年-2015年                                   3,019,136           2,495,050
        2016年                                   3,348,440           3,082,425
                                           4,276,351           4,049,050
        2017年
        2017年12月31日現在の残高                                   17,049,049           14,383,130
        2017年5月30日に、取締役会は、当行のクラスAの株式保有者のために、当行が保有するMUFGルクス

       マネジメントカンパニーS.A.の全株式の譲渡を通じて中間配当を現物で支払うことを決定している。
       2017年6月1日付で、8,274,013米ドル(7,375,000ユーロ相当)の中間配当の分配が行われた。
     注15 関連会社残高

        2017年12月31日現在、以下の関連会社残高が未決済となっている。
       資産

                                  64/125


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        金融機関に対するローンおよび貸付金                                 3,789,891,462           2,603,563,578
        関連会社株式                                        0      8,036,038
                                           10,791,736           11,780,647
        前払金および未収収益
                                         3,800,683,198           2,623,380,263
       負債

                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        金融機関に対する未払金                                 2,098,463,451           1,532,309,759
        顧客に対する未払金                                  659,726,748            94,447,464
                                           4,972,871           4,161,707
        未払金および繰延利益
                                         2,763,163,070           1,630,918,930
        当行は、2017年12月31日現在および同日に終了した会計年度において、国際会計基準第24号「関連当

       事者についての開示」で定義されるとおり、取引条件が一般の独立当事者間取引と同様でない、いかな
       る重大な関係会社間取引をも締結していない。
        当行の要求により、ルクセンブルグ監督当局(CSSF)は、2013年6月26日付の(パート4)規則
       (EU)575/2013に基づいて、大口エクスポージャー規制の計算にグループ(三菱UFJフィナンシャ
       ル・グループ)に対するエクスポージャーを全額適用除外とすることを認めた。
        2017年12月31日現在、グループに関する当該適用除外金額は、3,822,601,922米ドルであり、内訳は以
       下のとおり分析される。
                                                        2017年
                                                        米ドル
        金融機関に対するローンおよび貸付金                                            3,789,888,999
        前払金および未収収益                                              4,751,803
                                                      27,961,120
        外国為替取引(市場リスク手法)
                                                    3,822,601,922
     注16 外貨建て負債

        2017年12月31日現在、米ドルに換算した、当行の外貨建て負債の総額は、2,973,768,077米ドル(2016
       年:3,687,241,556米ドル)である。
     注17 偶発債務

        当行の偶発債務は、以下のとおりである。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
                                             578,509           545,385
        発行済念書
        期末現在、関連会社残高はなかった。

     注18 コミットメント

        当行は、貸借対照表およびオフ・バランス・シートのいずれにも開示されていないが、当行の財政状
       態を査定する上で重要な一定のコミットメントを締結した。かかるコミットメントの詳細は以下のとお
       りである。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
                                  65/125


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                             521,191          1,351,407
        建物の固定賃貸料支払契約に関するコミットメント
        期末現在、関連会社残高はなかった。

     注19 通貨為替レート、金利およびその他の市場金利に連動する運用

        2017年12月31日および2016年12月31日現在、流通している先渡取引の種類は以下のとおりである。
       通貨為替レートに連動する運用

       - 為替先渡取引(スワップ、アウトライト)
        外貨為替レートと連動する運用は、大抵、持高をカバーする目的で行われる。

     注20 投資運用業務および引受業務

        当行が提供する運用および代理業務には、以下の項目が含まれる。
        - 譲渡可能有価証券の保管および管理事務
        - 信託代理
        - 代理店機能
        - ポートフォリオ運用および顧問
     注21 未収手数料

                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        投資ファンド報酬                                   19,403,089           17,042,693
        機関投資家からの全体保管報酬                                   74,948,090           75,850,929
        信託取引報酬                                   10,347,746            8,068,217
        管理会社に対するサービス報酬                                   1,003,474            905,203
                                             553,831           231,016
        その他の報酬および手数料
                                          106,256,230           102,098,058
        未収手数料は、以下で構成される。

        投資ファンド報酬は、保管業務、中央管理事務代行業務、預託業務およびその他の業務に関して投資
       ファンドに課される報酬および手数料で構成される。当該報酬は、管理下にあるファンドの純資産価額
       に基づいて計算される。
        機関投資家からの全体保管報酬は、証券取引管理、決済、コーポレートアクション、収益回収および
       議決権代理行使を含む全体保管業務に関して機関投資家に課される報酬および手数料で構成される。当
       該報酬は、預り資産および取引数に基づいて計算される。
        信託取引報酬は、保管取引、キャッシュ・マネジメントおよびフィデューシャリー・ノートの発行を
       含む受託資産から得られる報酬および手数料で構成される。当該報酬は、運用資産および取引数に基づ
       いて計算される。
        管理会社に対するサービス報酬には、機能的支出をカバーする報酬および品質保証契約に基づくサ
       ポート・サービスに対する報酬が含まれる。
        その他の報酬および手数料には、上場代理人報酬、保証報酬、銀行サービス報酬およびファンド注文
       デスクサービス報酬などの様々な報酬が含まれる。
     注22 その他の事業収益

                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        過年度の手数料の調整                                    226,068           437,964
                                  66/125


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        過年度の一般経費調整からの利益                                    568,181           161,260
        管理会社から受領したサブ・レンタル報酬
                                             67,500           66,722
        (品質保証契約)
        前年度の還付付加価値税(VAT)(2012年-2014年度)                                   1,441,990                0
                                             180,824           110,970
        その他
                                           2,484,563            776,916
     注23 その他の事業費用

                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        過年度の一般経費調整からの費用                                    346,695           122,929
        過年度の手数料                                    137,159           293,332
        過年度の利息                                     13,741           15,350
                                             10,398           17,528
        その他事業損失
                                             507,993           449,139
     注24 従業員数

        当期における当行の平均従業員数は以下のとおりである。
                                             2017年           2016年
                                              人数           人数
        上級管理職                                       30           29
        中間管理職                                       66           71
                                                74           76
        従業員
                                               170           176
     注25 経営者報酬

        当期に当行は、当行の管理職に対しその経営責任を考慮して以下のとおり手当を与えた。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
                                           5,832,575           5,151,542
        上級管理職
         内、各種報酬

                                             871,739           791,860
         内、固定報酬                                   4,960,836           4,359,682
        当期中に取締役会および一般管理職のメンバーとの間で年金に関する契約は結ばれなかった。

        2017年12月31日および2016年12月31日現在、当行は、取締役会および一般管理職のメンバーに対して
       貸付および与信をしていなかった。
     注26 その他の一般管理費用

                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        データ費用                                   1,165,998           1,223,338
        維持費                                   1,041,720            933,559
        会費                                   1,442,936            800,032
        専門家報酬                                   4,376,343           4,308,794
        賃貸および関連費用                                   1,109,879           1,067,196
        業務契約                                   5,192,885           5,057,176
        業務費用                                   3,412,539           3,985,016
        システム費用                                   11,204,978           12,041,688
                                  67/125


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        通信費用                                    384,358           361,065
        旅費、交通費、出張費                                    226,957           135,383
                                             699,526           633,071
        その他の費用
                                           30,258,119           30,546,318
        2016年12月29日現在、当行は、2012年度から2015年度までの前払費用(専門家報酬:701,908米ドル、

       システム費用:672,840米ドル)として扱われていた専門家報酬およびシステム費用の残高を、費用計上
       している。
        会費の増加は、2017年度中に単一破綻処理基金に支払われた費用の増加に起因する。
     注27 税金

      27.1. 経常収益にかかる税金
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
         法人税                                  8,893,072           6,270,710
                                           2,938,357           1,892,182
         地方事業税
                                           11,831,429            8,162,892
      27.2. 前勘定科目に表示されていないその他の税金

                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
         純資産税                                       0          33
         付加価値税(VAT)                                  1,483,823            661,473
                                             65,001           50,042
         その他の税金
                                           1,548,824            711,548
     注28 親会社

        2017年12月31日現在、当行は、日本の法律に準拠して設立され登録事務所を東京都に持つ、持株会社
       である三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の子会社である三菱UFJ信託銀行株式会社
       が100%を共同で出資する子会社である。
        当行の財務書類には、日本国財務省関東財務局の登録金融機関番号33を有し、日本の郵便番号100-
       8212、東京都千代田区丸の内一丁目4番5号に登録住所を有する三菱UFJ信託銀行株式会社の連結財
       務書類が含まれている。
        持株会社である三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の連結財務書類は、日本の郵便番
       号100、東京都千代田区丸の内二丁目7番1号所在の本社より入手することができる。
     注29 預金保証制度

        金融機関および特定の投資会社の破綻処理、再編および清算手続きに関する法律ならびに預金保証お
       よび投資者への補償制度に関する法律(以下「法律」という。)を、金融機関および投資会社の再建、
       破綻処理に対する枠組みを設定したルクセンブルグ法指令2014/59/EUならびに預金保証および投資
       者への補償制度に関する指令2014/49/EUに置き替える案が、2015年12月18日に可決された。
        預金保証制度(「ルクセンブルグ預金保証基金」(以下「FDGL」という。))および投資者への
       補償制度(「ルクセンブルグ投資家補償制度」(以下「SIIL」という。))は、各預金者の適格な
       預金については100,000ユーロを上限とし、投資については20,000ユーロを上限として補填されるもので
       ある。    法律はまた、特定の取引または特定の社会目的もしくはその他の目的を満たす預金について、12
       か月にわたって100,000ユーロを超える金額に対して補填されると規定している。
                                  68/125


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        金融機関は、それぞれFDGLに対して、ルクセンブルグの銀行破綻処理基金                                          ( 「ルクセンブルグ破
       綻処理基金」       (以下「FRL」という。))に毎年拠出する。
        法律第107条(1)において定義されるとおり、FRL積立額は、2024年末までにすべての参加各国にお
       ける認可済み金融機関の付保預金額の少なくとも1%に達する見込みである。                                          かかる金額は、2015年か
       ら2024年にわたって回収される予定である。
        法律第179条(1)において定義されるとおり、FGDLの積立ての目標水準は、該当する金融機関の付
       保預金の0.8%に設定されており、年間拠出を通じて、2018年度末までに当該水準に達する見込みであ
       る。  かかる金額は、2016年から2018年にわたって回収される予定である。                                     法律第180条(1)において定義
       されるとおり、0.8%の水準に達した時に、ルクセンブルグの金融機関は、安全バッファーとして追加の
       付保預金の0.8%を構築するために、さらに8年間継続して拠出するものとする。
        2017年12月31日終了年度において、当行の年間拠出金は、970,420ユーロ(1,075,566米ドル)であっ
       た。
     注30 監査報酬

        会計年度中、当行は監査法人およびその全ネットワークから以下の報酬(付加価値税(VAT)を除
       く)を請求されている。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
         監査報酬                                   265,049           258,355
         監査関連報酬                                   157,633           109,445
         税務費用                                    41,309           39,625
                                             26,272            6,692
         その他の報酬
                                             490,263           414,117
                                  69/125











                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        会計年度中に監査法人の全ネットワークにより提供された非監査業務には、以下の業務が含まれてい
       た。
        a.  2017年1月1日から2017年12月31日までの期間におけるISAE3402/SOC1タイプ2報告
          書
        b.  納税申告書の作成
        c.  付加価値税(VAT)申告書の作成
     注31 金融商品の開示

      31.1.    主要な非トレーディング金融商品
        2017年12月31日現在、クラス別および残存期間別の主要な非トレーディング金融商品(当行はトレー
        ディングポートフォリオを有していない。)は以下のとおりである。
                             3か月超         1年超
                     3か月以下                          5年超         合計
     米ドルによる簿価                         1年以下        5年以下
                      米ドル                         米ドル        米ドル
                              米ドル        米ドル
     金融資産

     商品クラス

     手元現金                     0        0        0        0        0

     BCL残高               2,294,618,594               0        0        0  2,294,618,594

     金融機関に対するローン

                    3,272,919,230         807,000,000                        4,079,919,230
     および貸付金
     顧客に対するローンおよび

                       265,472           0        0        0     265,472
     貸付金
     株式およびその他の変動

                          0        0        0      14,984        14,984
     利回り有価証券
     合計               5,567,803,296         807,000,000              0      14,984     6,374,818,280

     金融負債

     商品クラス

     金融機関に対する未払金               2,103,521,459               0        0        0  2,103,521,459

     顧客に対する未払金               3,913,497,702               0        0        0  3,913,497,702

     偶発債務としてオフ・バラン

     スシートに開示されている
     項目
     担保証券として差し入れられ

                       578,509           0        0        0     578,509
     た保証金および資産
                    6,017,597,670               0        0        0  6,017,597,670

     合計
                                  70/125





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        2016年12月31日現在、クラス別および残存期間別の主要な非トレーディング金融商品(当行はトレー
        ディングポートフォリオを有していない。)は以下のとおりである。
                             3か月超         1年超
                     3か月以下                          5年超         合計
     米ドルによる簿価                         1年以下        5年以下
                      米ドル                         米ドル        米ドル
                              米ドル        米ドル
     金融資産

     商品クラス

     手元現金                   1,569          0        0        0      1,569

     BCL残高               1,980,129,297               0        0        0  1,980,129,297

     金融機関に対するローン

                    2,440,465,826         578,000,000              0        0  3,018,465,826
     および貸付金
     顧客に対するローンおよび

                       147,465           0        0        0     147,465
     貸付金
     株式およびその他の変動
                          0        0        0      13,162        13,162
     利回り有価証券
     合計               4,420,744,157         578,000,000              0      13,162     4,998,757,319

     金融負債

     商品クラス

     金融機関に対する未払金               1,535,758,747               0        0        0  1,535,758,747

     顧客に対する未払金               3,299,365,691               0        0        0  3,299,365,691

     偶発債務としてオフ・バラン

     スシートに開示されている
     項目
     担保証券として差し入れられ

                       545,385           0        0        0     545,385
     た保証金および資産
     合計               4,835,669,823               0        0        0  4,835,669,823

                                  71/125








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        31.2.    デリバティブ・非トレーディング金融商品
        2017年12月31日現在、クラス別および残存期間別の店頭デリバティブ・非トレーディング金融商品
        (当行はトレーディングポートフォリオを有していない。)は以下のとおりである。
                         3か月超        1年超
     米ドルによる未払いの             3か月以下                       5年超        合計       公正価値
                         1年以下       5年以下
     想定元本              米ドル                      米ドル        米ドル        米ドル
                          米ドル       米ドル
     金融資産

     商品クラス

     外国為替取引

     先渡            3,257,117,915              0       0       0  3,257,117,915         24,750,086

                 812,986,742            0       0       0   812,986,742        2,151,255
     スワップ
                4,070,104,657              0       0       0  4,070,104,657         26,901,341

     合計
     金融負債

     商品クラス

     外国為替取引

     先渡            3,057,118,085              0       0       0  3,057,118,085         22,397,245

                2,201,155,324              0       0       0  2,201,155,324         8,610,571
     スワップ
                5,258,273,409              0       0       0  5,258,273,409         31,007,816

     合計
         上記の金額には、取引日が2017年12月31日以前で、評価日が2017年12月31日以降である店頭デリバ

        ティブ・非トレーディング金融商品が含まれる。
                                  72/125










                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        2016年12月31日現在、クラス別および残存期間別の店頭デリバティブ・非トレーディング金融商品
        (当行はトレーディングポートフォリオを有していない。)は以下のとおりである。
                         3か月超        1年超
     米ドルによる未払いの             3か月以下                       5年超        合計       公正価値
                         1年以下       5年以下
     想定元本              米ドル                      米ドル        米ドル        米ドル
                          米ドル       米ドル
     金融資産

     商品クラス

     外国為替取引

     先渡            1,513,328,420         14,474,319            0       0  1,527,802,739         15,342,558

                 651,787,947        2,811,669           0       0   654,599,616        2,236,629
     スワップ
                2,165,116,367         17,285,988            0       0  2,182,402,355         17,579,187

     合計
     金融負債

     商品クラス

     外国為替取引

     先渡            1,395,026,531         14,882,836            0       0  1,409,909,367         14,796,033

                1,683,232,675         4,276,834           0       0  1,687,509,509         5,640,893
     スワップ
                3,078,259,206         19,159,670            0       0  3,097,418,876         20,436,926

     合計
         上記の金額には、取引日が2016年12月31日以前で、評価日が2016年12月31日以降である店頭デリバ

        ティブ・非トレーディング金融商品が含まれる。
                                  73/125










                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      31.3.    主要な非トレーディング金融商品に対する信用リスクに関する情報
         2017年12月31日現在、当行は以下の、主要な非トレーディング金融商品に対する信用リスクにさら
        されている。
                                    2017年               2016年
                                     簿価               簿価
                                    米ドル               米ドル
     金融資産

     商品クラス別かつ地域別

     現金、BCL残高                                2,294,618,594               1,980,130,866

      EU加盟国                               2,294,618,594               1,980,130,866

     金融機関に対するローンおよび貸付金                                4,079,919,230               3,018,465,826

      EU加盟国                                470,317,266               413,806,919

      北および中央アメリカ                               1,493,150,265                757,029,131

      アジア                               2,104,162,750               1,828,577,178

      ヨーロッパ(非EU加盟国)                                 9,871,366               9,261,471

      オーストラリアおよびニュージーランド                                 2,417,583               9,791,127

     顧客に対するローンおよび貸付金                                    265,472               147,465

      EU加盟国                                    4,473             125,983

      北および中央アメリカ                                   39,775               21,482

      アジア                                   221,074                  0

      ヨーロッパ(非EU加盟国)                                     150                0

     株式およびその他の変動利回り有価証券                                    14,984               13,162

      北および中央アメリカ                                   12,008               10,547

                                          2,976               2,615
      EU加盟国
                                     6,374,818,280               4,998,757,319

     合計
                                  74/125







                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      31.4.    デリバティブ・非トレーディング金融商品に関する情報
         2017年12月31日現在、当行は以下の、デリバティブ・非トレーディング金融商品に対する信用リス
        クにさらされている。
                                    2017年               2017年
                                   未払想定元本               リスク相当額
                                    米ドル               米ドル
     金融資産

     商品クラス別かつ地域別

     外国為替取引

     先渡

      EU加盟国                               1,151,209,346                 8,548,868

      アメリカ                               2,105,636,836                16,199,995

      アジア                                   271,733                1,223

     スワップ

                                      812,986,742                2,151,255
      EU加盟国
                                     4,070,104,657                26,901,341

     合計
         2016年12月31日現在、当行は以下の、デリバティブ・非トレーディング金融商品に対する信用リス

        クにさらされている。
                                    2016年               2016年
                                   未払想定元本               リスク相当額
                                    米ドル               米ドル
     金融資産

     商品クラス別かつ地域別

     外国為替取引

     先渡

      EU加盟国                               1,299,763,106                12,134,109

      アメリカ                                228,039,632                3,208,449

     スワップ

                                      654,599,617                2,236,629
      EU加盟国
                                     2,182,402,355                17,579,187

     合計
       次へ

                                  75/125



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  76/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  77/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  78/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  79/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  80/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  81/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  82/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  83/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  84/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  85/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  86/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  87/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  88/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  89/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  90/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  91/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  92/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  93/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  94/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  95/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  96/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  97/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  98/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  99/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                100/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                101/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                102/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                103/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                104/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                105/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                106/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                107/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                108/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       次へ

















                                109/125



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (2)その他の訂正
       (注)下線部は訂正部分を示します。
     表紙

     <訂正前>
                              (前略)
      代表者の役職氏名                  マネージング・ディレクター                    鈴木 惣太
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
      代表者の役職氏名                  デュプティ・       マネージング・ディレクター                    小林 央明
                              (後略)
     第二部 ファンド情報

     第1 ファンドの状況

                                110/125














                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      3 投資リスク
       (3)リスクに関する参考情報
         以下のとおり更新されます。
                                111/125



















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                112/125





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      4 手数料等及び税金
       (5)課税上の取扱い
     <訂正前>
           (A)日本
             2018年     3月30日     現在、日本の受益者に対する課税については、以下のような取扱いとなる。
                              (中略)
            Ⅲ 2018年      3月30日     現在では、サブ・ファンドは、税法上、公募外国株式投資信託として取り
             扱われる。ただし、将来における税務当局の判断によりこれと異なる取扱いがなされる可能
             性もある。
                              (後略)
     <訂正後>

           (A)日本
             2018年     6月29日     現在、日本の受益者に対する課税については、以下のような取扱いとなる。
                              (中略)
            Ⅲ 2018年      6月29日     現在では、サブ・ファンドは、税法上、公募外国株式投資信託として取り
             扱われる。ただし、将来における税務当局の判断によりこれと異なる取扱いがなされる可能
             性もある。
                              (後略)
       次へ

                                113/125












                                                                                       EDINET提出書類
                                                                 ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                                           訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      5 運用状況

       (2)投資資産
         以下のとおり更新されます。
         以下の情報は、本サブ・ファンド全体の資産の状況を記載している。
         ① 投資有価証券の主要銘柄
                                                                             (2018年4月末日現在)
     <投資信託>
                                                      簿価(豪ドル)                時価(豪ドル)
                                                                                   投資比率
     順位           銘柄名                発行地           数量
                                                                                   (%)
                                                   単価        合計        単価        合計
        Goldman   Sachs  Institutional      Funds,   plc  - Goldman
      1                         アイルランド             1,712,128.12         133.86      229,193,403.97          146.06      250,073,433.50           98.18
        Sachs  Australia    Enhanced    Income   Fund  Ⅱ
     (注)投資比率とは、サブ・ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいう。

     (参考情報)

     マスター・ファンド(ゴールドマン・サックス・インスティテューショナル・ファンズ・ピーエルシー-オーストラリア・エンハンスト・インカム・ファンド
     Ⅱ)
                                                                             (2018年4月末日現在)
     <債券および優先証券>
                                                               簿価(豪ドル)            時価(豪ドル)
                                                  利率                                   投資比率
     順位           銘柄名             種類       発行地        償還日             数量
                                                 (%)                                    (%)
                                                              単価      合計      単価      合計
        NATIONAL    AUSTRALIA    BANK  LTD  FRN  06/29/2049
      1                       社債     オーストラリア        2049  /6/29       3.010    27,329,300.00        0.79   21,568,283.56        0.79   21,568,283.56        8.49
        CROWN   RESORTS   LTD  FRN  04/23/2075
      2                       社債     オーストラリア        2075  /4/23       5.935    15,608,200.00        1.01   15,720,579.04        1.01   15,720,579.04        6.19
        MACQUARIE    FINANCE   LTD  FRN  01/29/2049
      3                       社債     オーストラリア        2049  /1/29       3.770    18,324,300.00        0.82   14,994,774.69        0.82   14,994,774.69        5.90
        COMMONWEALTH      BANK  AU FRN  AUAUD 31/12/49
      ▶                       社債     オーストラリア        2049  /12/31       4.755    14,225,000.00        0.96   13,668,802.50        0.96   13,668,802.50        5.38
        AUD
        TATTS   GROUP   LTD  FRN  07/05/2019
      5                       社債     オーストラリア        2019  /7/5       5.140    11,206,900.00        1.03   11,496,038.02        1.03   11,496,038.02        4.53
        WESTPAC   BANKING   CORP  FRN  08/22/2023
      6                       社債     オーストラリア        2023  /8/22       4.065    8,926,500.00        1.00    8,930,070.60        1.00    8,930,070.60        3.52
        SUNCORP   GROUP   LTD  FRN  11/22/2023
      7                       社債     オーストラリア        2023  /11/22       4.615    8,580,600.00        1.01    8,632,083.60        1.01    8,632,083.60        3.40
        CHALLENGER     LIFE  CO LTD  FRN  11/24/2042
      8                       社債     オーストラリア        2042  /11/24       3.880    7,980,000.00        1.01    8,070,972.00        1.01    8,070,972.00        3.18
        INSURANCE    AUSTRALIA    GROUP   LTD  FRN
      9                       社債     オーストラリア        2044  /6/15       4.130    7,500,000.00        1.01    7,592,250.00        1.01    7,592,250.00        2.99
        06/15/2044
        AGL  ENERGY   LTD  FRN  06/08/2039
      10                       社債     オーストラリア        2039  /6/8       5.680    7,354,300.00        1.02    7,527,861.48        1.02    7,527,861.48        2.96
        MULTIPLEX    SITES   TRUST   AUD  100.0000    PFD
      11                      優先証券      オーストラリア          -       5.930     93,618.00      77.55    7,260,075.90        77.55    7,260,075.90        2.86
                                               114/125



                                                                                       EDINET提出書類
                                                                 ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                                           訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                                               簿価(豪ドル)            時価(豪ドル)
                                                  利率                                   投資比率
     順位           銘柄名             種類       発行地        償還日             数量
                                                 (%)                                    (%)
                                                              単価      合計      単価      合計
        QUBE  HOLDINGS    LTD  FRN  10/05/2023
      12                       社債     オーストラリア        2023  /10/5       5.940    6,762,500.00        1.06    7,146,610.00        1.06    7,146,610.00        2.81
        BANK  OF QUEENSLAND     LTD  FRN  05/01/2028
      13                       社債     オーストラリア        2028  /5/1       0.000    5,700,000.00        1.00    5,710,830.00        1.00    5,710,830.00        2.25
        SEEK  LTD  FRN  04/28/2022
      14                       社債     オーストラリア        2022  /4/28       4.335    5,000,000.00        1.01    5,071,500.00        1.01    5,071,500.00        2.00
        SEVEN   GROUP   HOLDINGS    100  PFD
      15                      優先証券      オーストラリア          -       6.665     56,125.00      80.80    4,534,900.00        80.80    4,534,900.00        1.79
        WESTPAC   BANKING   CORP  AUD  100.0000    PFD
      16                      優先証券      オーストラリア          -       5.045     45,000.00      97.85    4,403,250.00        97.85    4,403,250.00        1.73
        CB AUSTRALIA/NEW      ZEALAND   AUD  100.0000    PFD
      17                      優先証券      オーストラリア          -       5.855     41,174.00      101.68     4,186,572.32       101.68     4,186,572.32        1.65
        SUNCORP-METWAY      LTD  FRN  05/29/2049
      18                       社債     オーストラリア        2049  /5/29       2.510    5,402,000.00        0.75    4,050,959.80        0.75    4,050,959.80        1.59
        PEET  LTD  FRN  10/05/2022
      19                       社債     オーストラリア        2022  /10/5       6.690    3,856,400.00        1.04    3,992,145.28        1.04    3,992,145.28        1.57
        PEET  LTD  7.5%  06/07/2021
      20                       社債     オーストラリア        2021  /6/7       7.500    3,491,000.00        1.06    3,703,951.00        1.06    3,703,951.00        1.46
        CROWN   RESORTS   LTD  FRN  09/14/2072
      21                       社債     オーストラリア        2072  /9/14       6.935    3,607,800.00        1.01    3,646,764.24        1.01    3,646,764.24        1.44
        AMP  LTD  FRN  12/31/2165
      22                       社債     オーストラリア        2165  /12/31       6.125    3,500,000.00        1.01    3,541,650.00        1.01    3,541,650.00        1.39
        WESTPAC   BANKING   CORP  FRN  AUAUD   22/12/66
      23                       社債     オーストラリア        2166  /12/22       5.995    3,188,600.00        1.02    3,250,139.98        1.02    3,250,139.98        1.28
        AUD
        AGL  ENERGY   LTD  5% 11/05/2021
      24                       社債     オーストラリア        2021  /11/5       5.000    3,000,000.00        1.05    3,139,800.00        1.05    3,139,800.00        1.24
        AAI  LTD  FRN  11/18/2040
      25                       社債     オーストラリア        2040  /11/18       5.065    3,000,000.00        1.05    3,138,600.00        1.05    3,138,600.00        1.24
        AUSTRALIA    & NEW  ZEALAND   BANKIN   FRN
      26                       社債     オーストラリア        2026  /5/17       4.465    3,000,000.00        1.04    3,121,800.00        1.05    3,121,800.00        1.23
        05/17/2026
        INSURANCE    AUSTRALIA    LTD  FRN  03/19/2040
      27                       社債     オーストラリア        2040  /3/19       4.765    3,000,000.00        1.01    3,042,300.00        1.01    3,042,300.00        1.20
        INVESTA   OFFICE   FUND  4.26%   04/05/2024
      28                       社債     オーストラリア        2024  /4/5       4.262    3,000,000.00        1.01    3,031,800.00        1.01    3,031,800.00        1.19
        AMP  LTD  FRN  12/01/2027
      29                       社債     オーストラリア        2027  /12/1       3.595    3,000,000.00        1.00    3,004,500.00        1.00    3,004,500.00        1.18
     (注)投資比率とは、マスター・ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいう。以下同じ。
                                                                             (2018   年4月末日現在)

     <投資信託>
                                                      簿価(豪ドル)                時価(豪ドル)
                                                                                   投資比率
     順位           銘柄名                発行地           数量
                                                                                   (%)
                                                   単価        合計        単価        合計
        Yarra  A$ Cash  Reserves    Fund
      1                         オーストラリア             5,382,898.30          1.00      5,382,898.30          1.00      5,382,898.30           2.12
                                               115/125





                                                                                       EDINET提出書類
                                                                 ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                                           訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ② 投資不動産物件
            該当事項なし(2018年4月末日現在)。

           (参考情報)

           マスター・ファンド(ゴールドマン・サックス・インスティテューショナル・ファンズ・ピーエルシー-オーストラリア・エンハンスト・インカム・
           ファンドⅡ)
            該当事項なし(2018年4月末日現在)。
         ③ その他投資資産の主要なもの

            該当事項なし(2018年4月末日現在)。

           (参考情報)

           マスター・ファンド(ゴールドマン・サックス・インスティテューショナル・ファンズ・ピーエルシー-オーストラリア・エンハンスト・インカム・
           ファンドⅡ)
            該当事項なし(2018年4月末日現在)。
                                               116/125








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
     取締役会各位
     ルクセンブルグ         L-1150、アーロン通り 287-289番
                       承認された監査人の報告書

     財務書類の監査に関する報告

     監査意見
      我々は、ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(以下「当行」という。)の2017
     年12月31日現在の貸借対照表、同日に終了した年度の損益計算書、および重要な会計方針の要約を
     含む財務書類に対する注記で構成される、財務書類について監査を行った。
      我々の意見では、添付の財務書類は、財務書類の作成および表示に関するルクセンブルグの法令
     上の要件に準拠して、当行の2017年12月31日現在の財務状態および同日に終了した年度の運用実績
     についてすべての重要な点において公正に表示しているものと認める。
     意見の根拠

      我々は、EU規則No.537/2014、2016年7月23日法および金融監督委員会(以下「CSSF」という。)
     がルクセンブルグについて採用した国際監査基準(以下「ISAs」という。)に準拠して監査を行っ
     た。当該規則、法律および基準の下での我々の責任については、「財務書類の監査に関する公認企
     業監査人(Réviseur           d’Entreprises         Agréé)の責任」の項において詳述されている。我々は、財務
     書類に対する我々の監査に関する倫理上の要件とともにルクセンブルグについてCSSFが採用した国
     際会計士倫理基準審議会の職業会計士の倫理規程(「IESBA規程」)に従って当行から独立した立場
     にあり、かかる倫理上の要件に基づき他の倫理的な義務も果たしている。我々は、我々が入手した
     監査証拠が監査意見表明のための基礎を得るのに十分かつ適切であると判断している。
     監査上の主要な事項

      監査上の主要な事項とは、我々の専門的な判断に基づき、当期の財務書類の監査において最も重
     要であった事項である。当該事項は、財務書類の監査全体の過程およびそれに対する我々の監査意
     見の形成において取り上げられており、我々は、当該事項について個別の監査意見を提供するもの
     ではない。
        当該事項が監査における最重要事項

                                    監査における当該事項の対応方法
           の1つと考えられる理由
                                117/125







                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      我々は、財務書類の重要な会計方針の要約-                            我々は、未収手数料の認識プロセスを理解
     注2.14「収益の認識」および注21「未収手数                           し、当該プロセスの重要な統制を精査した。未
     料」を参照する。                           収手数料の手作業による処理に関する不備が指
      2017年12月31日現在、未収手数料は                           摘されたため、我々は、コントロール・リライ
     106,256,230米ドルであった。未収手数料は主                           アンス・アプローチは使用せず、詳細テストお
     に、ファンド管理業務、信託業務および全体保                           よび分析的実証手続で構成される実証監査手続
     管業務から生じる。                           に基づいて保証を得た。
      投資対象、合意された条件および提供された                            我々は、受取手数料の種類ごとの合計額につ
     サービスに応じて、基礎となる様々な基準や金                           いて期待値を算出し、その期待値を当行が計上
     利が適用される。                           した金額と比較した。
      当行の未収手数料の認識処理には、手作業に                            異なる種類の手数料のサンプルについては、
     よる重要な介入が含まれる。                           ・我々は、未収手数料を独立して再計算するこ
      したがって、未収手数料の計算は、未収手数                            とで未収手数料を試算した。これには、基礎
     料の算出の決定に関連する複雑性および業務リ                            となる基準の外部証拠への調整も含まれる。
     スクと併せて、関連する金額が重大であるた                           ・我々は、その後の支払いの手数料の受領に合
     め、監査上の主要な事項とみなされる。                            意した。
     その他の情報

      取締役会は、経営者報告書に表示される情報で構成されるその他の情報(財務書類およびそれに
     対する我々の公認企業監査人の報告書は含まれない。)に関して責任を負う。
      財務書類に対する我々の意見は、その他の情報を対象としておらず、我々は、その他の情報に対
     していかなる形式の結論の保証も表明しない。
      財務書類の監査に関する我々の責任は、その他の情報を精読し、その過程で、当該その他の情報
     が、財務書類または我々が監査で入手した知識と著しく矛盾していないか、もしくは重要な虚偽表
     示があると思われるかについて検討することである。我々が実施した調査に基づき、当該情報に重
     要な虚偽表示があるという結論に達した場合、我々はその事実を報告する義務がある。この点に関
     し、我々に報告すべき事項はない。
     財務書類に対する取締役会と統治責任者の責任

      取締役会は、財務書類の作成および表示に関するルクセンブルグの法令上の要件に準拠して財務
     書類の作成および公正な表示、ならびに不正または誤謬のいずれに起因するかを問わず、重要な虚
     偽表示がない財務書類を作成するために必要であると取締役会が決定する内部統制に関して責任を
     負う。
      財務書類の作成において、取締役会は、当行が継続企業として存続する能力を評価し、それが適
     用される場合には、当行の取締役会が当行の清算もしくは運用の中止を意図している、または現実
     的にそれ以外の選択肢がない場合を除き、継続企業の前提に関する事象を適宜開示し、継続企業の
     会計基準を使用する責任を負う。
      統治責任者は、当行の財務報告プロセスの監督に責任を負う。
                                118/125





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     財務書類の監査に関する公認企業監査人(Réviseur                            d'Entreprises        Agréé)の責任
      我々の監査の目的は、不正または誤謬のいずれに起因するかを問わず、財務書類に全体として重
     要な虚偽表示がないかどうかにつき合理的な保証を得ること、および監査意見を含む公認企業監査
     人の報告書を発行することである。合理的な保証は高度な水準の保証ではあるが、EU規則
     No.537/2014、2016年7月23日法およびルクセンブルグについてCSSFが採用したISAsに準拠して行わ
     れる監査が、重要な虚偽表示を常に発見することを保証するものではない。虚偽表示は不正または
     誤謬により生じることがあり、単独でまたは全体として、当該財務書類に基づく利用者の経済的意
     思決定に影響を及ぼすことが合理的に予想される場合に、重要とみなされる。
      EU規則No.537/2014、2016年7月23日法およびルクセンブルグについてCSSFが採用したISAsに準拠
     した監査の一環として、監査中、我々は専門的判断を下し、職業的懐疑心を保っている。また、以
     下も実行する。
      ・ 不正または誤謬のいずれに起因するかを問わず、財務書類の重要な虚偽表示のリスクを認識
        および評価し、それらのリスクに対応する監査手続を策定および実行し、我々の意見表明の
        ための基礎として十分かつ適切な監査証拠を得る。不正による重要な虚偽表示は共謀、偽
        造、意図的な削除、不正表示または内部統制の無効化によることがあるため、誤謬による重
        要な虚偽表示に比べて、見逃すリスクはより高い。
      ・ 当行の内部統制の有効性についての意見を表明するためではなく、状況に適した監査手続を
        策定するために、監査に関する内部統制についての知識を得る。
      ・ 使用される会計方針の適切性ならびに取締役会が行った会計上の見積りおよび関連する開示
        の合理性を評価する。
      ・ 取締役会が継続企業の前提の会計基準を採用した適切性および、入手した監査証拠に基づ
        き、当行が継続企業として存続する能力に重大な疑義を生じさせる可能性のある事象または
        状況に関連する重要な不確実性の有無について結論を下す。重要な不確実性が存在するとい
        う結論に達した場合、我々は、公認企業監査人の報告書において、財務書類における関連す
        る開示に対して注意喚起し、当該開示が不十分であった場合は、監査意見を修正する義務が
        ある。我々の結論は、公認企業監査人の報告書の日付までに入手した監査証拠に基づく。し
        かし、将来の事象または状況が、当行が継続企業として存続しなくなる原因となることがあ
        る。
      ・ 開示を含む財務書類の全体的な表示、構成および内容について、また、財務書類が、公正な
        表示を実現する方法で対象となる取引および事象を表しているかについて評価する。
      我々は統治責任者に、特に、計画した監査の範囲および実施時期、ならびに我々が監査中に特定
     した内部統制における重大な不備を含む重大な監査所見に関して報告する。
      我々はまた、統治責任者に独立性に関する当該倫理要件を遵守していることの表明を提供し、
     我々の独立性に影響を及ぼすと合理的に思われるすべての関係およびその他の事項、また該当する
     場合、関連する予防対策を報告する。
      統治責任者に報告した事項から、我々は、当期の財務書類の監査において最も重要であった事
     項、従って監査上の主要な事項を決定する。法律または規則が当該事項についての公的開示を認め
     ない場合を除き、我々は、当該事項を我々の報告書において記載する。
     他の法令上の要件に関する報告

      我々は、2017年3月14日付の取締役会によって公認企業監査人に任命され、前回の更新および再
     任命を含む我々の連続する契約期間は44年である。
      経営者報告書は、財務書類と一致しており、法律要件に従って作成されている。
      我々は、監査業務に関するEU規則No.537/2014において言及される禁じられている監査対象外の業
     務は提供されておらず、また我々は、監査の実施中、当行から独立した立場を維持していることを
     確認している。
                                119/125


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     デロイト・オーディット、公認の監査法人
     〔署名〕

     ラファエル・シャルリエ、公認の監査人
     パートナー
     2018年3月9日

       次へ

                                120/125

















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     To  the  Board    of  Directors      of
     MITSUBISHI       UFJ  INVESTOR     SERVICES     & BANKING     (LUXEMBOURG)        S.A.
     287-289,     Route    d'Arlon
     L-1150    Luxembourg
                    REPORT    OF  THE  REVISEUR     D'ENTREPRISES        AGREE

     Report    on  the  Audit    of  the  annual    accounts

     Opinion

     We  have   audited     the  annual    accounts     of  MITSUBISHI       UFJ  INVESTOR     SERVICES     & BANKING

     (LUXEMBOURG)        S.A.   (the   "Bank"),     which    comprise     the  balance     sheet    as  at  December     31,  2017,
     and  the  profit    and  loss   account     for  the  year   then   ended,    and  notes    to  the  annual    accounts,
     including      ▶ summary     of  significant       accounting       policies.
     In  our  opinion,     the  accompanying        annual    accounts     present     fairly,     in  all  material     respects,

     the  financial      position     of  the  Bank   as  at  December     31,  2017   and  the  results     of  its  operations
     for  the  year   then   ended    in  accordance       with   Luxembourg       legal    and  regulatory       requirements
     relating     to  the  preparation       and  presentation        of  the  annual    accounts.
     Basis    for  Opinion

     We  conducted      our  audit    in  accordance       with   the  EU  Regulation       No  537/2014,      the  Law  of  July   23,

     2016   and  with   International        Standards      on  Auditing     (ISAs)    as  adopted     for  Luxembourg       by  the
     Commission       de  Surveillance        du  Secteur     Financier      (CSSF).     Our  responsibilities          under    those
     Regulation,       Law  and  standards      are  further     described      in  the  "Responsibilities           of  the  Réviseur
     d'Entreprises        Agréé    for  the  Audit    of  the  annual    accounts"      section     of  our  report.     We  are  also
     independent       of  the  Bank   in  accordance       with   the  International        Ethics    Standards      Board    for
     Accountants'        Code   of  Ethics    for  Professional        Accountants       (IESBA    Code)    as  adopted     for
     Luxembourg       by  the  CSSF   together     with   the  ethical     requirements        that   are  relevant     to  our  audit
     of  the  annual    accounts,      and  have   fulfilled      our  other    ethical     responsibilities          under    those
     ethical     requirements.        We  believe     that   the  audit    evidence     we  have   obtained     is  sufficient       and
     appropriate       to  provide     ▶ basis    for  our  opinion.
                                121/125







                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     Key  Audit    Matters
     Key  audit    matters     are  those    matters     that,    in  our  professional        judgment,      were   of  most

     significance        in  our  audit    of  the  annual    accounts     of  the  current     period.     These    matters     were
     addressed      in  the  context     of  the  audit    of  the  annual    accounts     as  ▶ whole,    and  in  forming     our
     opinion     thereon,     and  we  do  not  provide     ▶ separate     opinion     on  these    matters.
      Why  the  matter    was  considered       to  be  one  of   How  the  matter    was  addressed      in  the  audit

      most   significant       in  the  audit
      We  refer    to  Summary     of  significant             We  obtained     an  understanding        of  the
      accounting       policies     - Note   2.14   - Revenue      commission       receivable       recognition       process,
      Recognition       and  Note   21  on  Commission          and  we  reviewed     key  controls     in  the
      Receivable       of  the  annual    accounts.            process.     Due  to  deficiencies        identified
                                 related     to  the  manual    processing       of
      Commission       receivable       amounted     to  USD
                                 commission       receivable,       we  did  not  use  ▶
      106,256,230       as  of  December     31,  2017.
                                 control     reliance     approach     and  our
      Commission       receivable       mainly    derives     from
                                 assurance      was  obtained     based    on
      fund   administration,          fiduciary      and  global
                                 substantive       audit    procedures,       consisting
      custody     operations.
                                 of  ▶ combination       of  tests    of  details     and
                                 substantive       analytical       procedures.
      Different      underlying       bases    and  rates    are
      applicable       depending      on  the  underlying
                                 We  developed      expectations        for  the
      investments,        agreed    terms    and  services
                                 aggregate      amounts     per  type   of  commission
      provided.
                                 income    and  we  compared     the  expectations        to
                                 the  amounts     recorded     by  the  Bank.
      The  process     of  commission       receivable
      recognition       for  the  Bank   includes
                                 For  ▶ sample    of  the  different      types    of
      significant       manual    interventions.
                                 commissions:
                                 ・we   tested    commission       receivable       by
      Accordingly,        the  calculation       of  commission
                                  performing       independent       recalculation        of
      receivable       are  considered       to  be  ▶ key
                                  the  commissions.        This   also   included     the
      audit    matter    due  to  the  significance        of
                                  reconciliation         of  the  underlying       basis
      the  amounts     involved,      combined     with   the
                                  to  external     evidence;
      complexity       and  operational       risk   associated
                                 ・we   agreed    the  receipt     of  the  commissions
      with   determining       the  calculation       of  the
                                  to  subsequent       payments.
      commission       receivable.
                                122/125






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     Other    information
     The  Board    of  Directors      is  responsible       for  the  other    information.        The  other    information

     comprises      the  information       stated    in  the  management       report    but  does   not  include     the  annual
     accounts     and  our  report    of  the  Réviseur     d'Entreprises        Agréé    thereon.
     Our  opinion     on  the  annual    accounts     does   not  cover    the  other    information       and  we  do  not

     express     any  form   of  assurance      conclusion       thereon.
     In  connection       with   our  audit    of  the  annual    accounts,      our  responsibility         is  to  read   the  other

     information       and,   in  doing    so,  consider     whether     the  other    information       is  materially
     inconsistent        with   the  annual    accounts     or  our  knowledge      obtained     in  the  audit    or  otherwise
     appears     to  be  materially       misstated.       If,  based    on  the  work   we  have   performed,       we  conclude
     that   there    is  ▶ material     misstatement        of  this   other    information,        we  are  required     to  report
     this   fact.    We  have   nothing     to  report    in  this   regard.
     Responsibilities          of  the  Board    of  Directors      and  Those    Charged     with   Governance       for  the  annual

     accounts
     The  Board    of  Directors      is  responsible       for  the  preparation       and  fair   presentation        of  the

     annual    accounts     in  accordance       with   Luxembourg       legal    and  regulatory       requirements        relating     to
     the  preparation       and  presentation        of  the  annual    accounts,      and  for  such   internal     control     as
     the  Board    of  Directors      determines       is  necessary      to  enable    the  preparation       of  annual    accounts
     that   are  free   from   material     misstatement,        whether     due  to  fraud    or  error.
     In  preparing      the  annual    accounts,      the  Board    of  Directors      is  responsible       for  assessing      the
     Bank's    ability     to  continue     as  ▶ going    concern,     disclosing,       as  applicable,       matters     related     to
     going    concern     and  using    the  going    concern     basis    of  accounting       unless    the  Board    of  Directors
     either    intends     to  liquidate      the  Bank   or  to  cease    operations,       or  has  no  realistic      alternative
     but  to  do  so.
     Those    charged     with   governance       are  responsible       for  overseeing       the  Bank's    financial      reporting
     process.
     Responsibilities          of  the  Réviseur     d'Entreprises        Agréé    for  the  Audit    of  the  annual    accounts

     The  objectives       of  our  audit    are  to  obtain    reasonable       assurance      about    whether     the  annual

     accounts     as  ▶ whole    are  free   from   material     misstatement,        whether     due  to  fraud    or  error,    and
     to  issue    ▶ report    of  the  Réviseur     d'Entreprises        Agréé    that   includes     our  opinion.     Reasonable
     assurance      is  ▶ high   level    of  assurance,       but  is  not  ▶ guarantee      that   an  audit    conducted      in
     accordance       with   the  EU  Regulation       No  537/2014,      the  Law  of  July   23,  2016   and  with   ISAs   as
     adopted     for  Luxembourg       by  the  CSSF   will   always    detect    ▶ material     misstatement        when   it
     exists.     Misstatements        can  arise    from   fraud    or  error    and  are  considered       material     if,
     individually        or  in  the  aggregate,       they   could    reasonably       be  expected     to  influence      the
     economic     decisions      of  users    taken    on  the  basis    of  these    annual    accounts.
                                123/125



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     As  part   of  an  audit    in  accordance       with   the  EU  Regulation       No  537/2014,      the  Law  of  July   23,
     2016   and  with   ISAs   as  adopted     for  Luxembourg       by  the  CSSF,    we  exercise     professional        judgment
     and  maintain     professional        skepticism       throughout       the  audit.    We  also:
     ・Identify       and  assess    the  risks    of  material     misstatement        of  the  annual    accounts,      whether     due
      to  fraud    or  error,    design    and  perform     audit    procedures       responsive       to  those    risks,    and
      obtain    audit    evidence     that   is  sufficient       and  appropriate       to  provide     ▶ basis    for  our
      opinion.     The  risk   of  not  detecting      ▶ material     misstatement        resulting      from   fraud    is  higher
      than   for  one  resulting      from   error,    as  fraud    may  involve     collusion,       forgery,     intentional
      omissions,       misrepresentations,            or  the  override     of  internal     control.
     ・Obtain     an  understanding        of  internal     control     relevant     to  the  audit    in  order    to  design    audit
      procedures       that   are  appropriate       in  the  circumstances,         but  not  for  the  purpose     of
      expressing       an  opinion     on  the  effectiveness        of  the  Bank's    internal     control.
     ・Evaluate       the  appropriateness          of  accounting       policies     used   and  the  reasonableness         of
      accounting       estimates      and  related     disclosures       made   by  the  Board    of  Directors.
     ・Conclude       on  the  appropriateness          of  the  Board    of  Directors'       use  of  the  going    concern     basis
      of  accounting       and,   based    on  the  audit    evidence     obtained,      whether     ▶ material     uncertainty
      exists    related     to  events    or  conditions       that   may  cast   significant       doubt    on  the  Bank's
      ability     to  continue     as  ▶ going    concern.     If  we  conclude     that   ▶ material     uncertainty       exists,
      we  are  required     to  draw   attention      in  our  report    of  the  Réviseur     d'Entreprises        Agréé    to  the
      related     disclosures       in  the  annual    accounts     or,  if  such   disclosures       are  inadequate,       to
      modify    our  opinion.     Our  conclusions       are  based    on  the  audit    evidence     obtained     up  to  the
      date   of  our  report    of  the  Réviseur     d'Entreprises        Agréé.    However,     future    events    or
      conditions       may  cause    the  Bank   to  cease    to  continue     as  ▶ going    concern.
     ・Evaluate       the  overall     presentation,        structure      and  content     of  the  annual    accounts,      including
      the  disclosures,        and  whether     the  annual    accounts     represent      the  underlying       transactions        and
      events    in  ▶ manner    that   achieves     fair   presentation.
     We  communicate       with   those    charged     with   governance       regarding,       among    other    matters,     the

     planned     scope    and  timing    of  the  audit    and  significant       audit    findings,      including      any
     significant       deficiencies        in  internal     control     that   we  identify     during    our  audit.
     We  also   provide     those    charged     with   governance       with   ▶ statement      that   we  have   complied     with

     relevant     ethical     requirements        regarding      independence,        and  to  communicate       with   them   all
     relationships        and  other    matters     that   may  reasonably       be  thought     to  bear   on  our  independence,
     and  where    applicable,       related     safeguards.
     From   the  matters     communicated        with   those    charged     with   governance,       we  determine      those    matters

     that   were   of  most   significance        in  the  audit    of  the  annual    accounts     of  the  current     period    and
     are  therefore      the  key  audit    matters.     We  describe     these    matters     in  our  report    unless    law  or
     regulation       precludes      public    disclosure       about    the  matter.
                                124/125




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     Report    on  Other    Legal    and  Regulatory       Requirements
     We  have   been   appointed      as  Réviseur     d'Entreprises        Agréé    by  the  Board    of  Directors      on  March

     14,  2017   and  the  duration     of  our  uninterrupted        engagement,       including      previous     renewals     and
     reappointments,          is  44  years.
     The  management       report    is  consistent       with   the  annual    accounts     and  has  been   prepared     in

     accordance       with   legal    requirements.
     We  confirm     that   the  prohibited       non-audit      services     referred     to  in  the  EU  Regulation       No

     537/2014,      on  the  audit    profession       were   not  provided     and  that   we  remain    independent       of  the
     Bank   in  conducting       the  audit.
     For  Deloitte     Audit,    Cabinet     de  Révision     Agréé

     Raphaël     Charlier,      Réviseur     d'Entreprises        Agréé

     Partner
     March    9,  2018

     (注)上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は本書提出代理

        人が別途保管している。
                                125/125












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。