株式会社ジー・テイスト 有価証券報告書 第59期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第59期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社ジー・テイスト

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      東海財務局長

     【提出日】                      平成30年6月28日

     【事業年度】                      第59期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     【会社名】                      株式会社ジー・テイスト

     【英訳名】                      G.taste        Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長            阿   久   津   貴 史

     【本店の所在の場所】                      名古屋市北区黒川本通二丁目46番地

     【電話番号】                      052(910)1729

     【事務連絡者氏名】                      取締役管理本部長             稲   角   好   宣

     【最寄りの連絡場所】                      名古屋市北区黒川本通二丁目46番地

     【電話番号】                      052(910)1729

     【事務連絡者氏名】                      取締役管理本部長             稲   角   好   宣

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                   1/110









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

      (1) 連結経営指標等
            回次           第55期       第56期       第57期       第58期       第59期

           決算年月           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                       23,737,497       27,982,781       27,598,460       26,739,737       25,361,149

     売上高            (千円)
                        832,192       903,285       915,034       623,423       537,761

     経常利益            (千円)
     親会社株主に帰属する
     当期純利益又は親会社
                        659,442       627,699       550,631      △ 127,475      △ 370,128
                 (千円)
     株主に帰属する当期純
     損失(△)
                        659,442       627,699       550,631      △ 127,475      △ 370,128
     包括利益            (千円)
                       8,725,182       9,737,507       10,204,430        9,993,097       9,535,064

     純資産額            (千円)
                       19,255,623       20,142,911       21,109,286       21,396,232       20,666,720

     総資産額            (千円)
                         51.82       50.89       53.26       52.10       49.66

     1株当たり純資産額             (円)
     1株当たり当期純利益
                          4.82       3.61       2.88      △ 0.67      △ 1.93
                  (円)
     金額又は当期純損失金
     額(△)
     潜在株式調整後1株
                          3.30       2.60       2.28
                  (円)                                ―       ―
     当たり当期純利益金額
                          45.3       48.3       48.3       46.6       46.0
     自己資本比率             (%)
                          9.7       6.8       5.5      △ 1.3      △ 3.8

     自己資本利益率             (%)
                          18.3       31.3       28.1

     株価収益率             (倍)                                ―       ―
     営業活動による
                       1,452,762       1,527,797       1,396,428       1,346,236         792,492
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                       △ 739,293      △ 516,493      △ 673,854      △ 584,269      △ 823,056
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                        360,593       264,129       626,498       362,606       112,209
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                       2,760,914       4,036,046       5,384,624       6,509,192       6,585,610
                 (千円)
     の期末残高
     従業員数
                          743       743       732       734       615
     (外、平均臨時             (人)
                         ( 2,054   )    ( 2,454   )    ( 2,387   )    ( 2,306   )    ( 2,153   )
     雇用者数)
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第58期及び第59期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、
          1株当たり当期純損失であるため、記載しておりません。
        3.第58期及び第59期の株価収益率は、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
                                   2/110





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
      (2) 提出会社の経営指標等
            回次           第55期       第56期       第57期       第58期       第59期

           決算年月           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                       8,313,240       4,853,862       3,588,209       3,418,581       3,346,467

     売上高            (千円)
                        785,953      1,274,201       1,279,360       1,301,803       1,266,386

     経常利益            (千円)
     当期純利益又は当期純
                        689,300      1,050,768         556,769      △ 887,700      △ 349,507
                 (千円)
     損失(△)
                        100,000       100,000       100,000       100,000       100,000
     資本金            (千円)
                        168,369       197,051       197,051       197,051       197,051

     発行済株式総数            (千株)
                       8,755,039       10,190,433       10,663,494        9,691,935       9,254,524

     純資産額            (千円)
                       19,033,824       19,737,099       20,853,963       21,488,003       22,192,214

     総資産額            (千円)
                         52.00       53.25       55.66       50.52       48.20

     1株当たり純資産額             (円)
     1株当たり配当額
                          0.50       0.50       0.50       0.50       0.50
     (1株当たり             (円)
                          ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益
     金額又は当期純損失金             (円)        5.03       6.05       2.91      △ 4.64      △ 1.83
     額(△)
     潜在株式調整後1株
                          3.44       4.34       2.31
                  (円)                                ―       ―
     当たり当期純利益金額
                          46.0       51.6       51.1       45.0       41.6
     自己資本比率             (%)
                          10.1       11.1        5.3      △ 8.7      △ 3.7

     自己資本利益率             (%)
                          17.5       18.7       27.8

     株価収益率             (倍)                                ―       ―
                          9.9       8.3       17.2

     配当性向             (%)                                ―       ―
     従業員数
                          743       743       732       734       592
     (外、平均臨時             (人)
                         ( 2,054   )    ( 2,454   )    ( 2,387   )    ( 1,172   )      ( 34 )
     雇用者数)
      (注)   1.売上高には消費税等は含まれておりません。
        2.第55期において、株式会社ジー・ネットワークス及び株式会社さかいとの共同新設分割により、平成26年
          8月1日付で、各社の飲食店舗運営事業を連結子会社株式会社クック・オペレーションに承継させるとと
          もに、同日付で、株式会社ジー・ネットワークス及び株式会社さかいを吸収合併しております。
        3.第56期において、新設分割により、連結子会社株式会社ジー・アカデミーを設立しております。
        4.第58期及び第59期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、
          1株当たり当期純損失であるため、記載しておりません。
        5.第58期及び第59期の株価収益率及び配当性向は、1株当たり当期純損失であるため、記載しておりません。
                                   3/110







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     2 【沿革】
        年月                           事項

      昭和34年11月        仙台市名掛丁(現青葉区)に株式会社教育用品センターを設立
      昭和35年1月        仙台市元寺小路(現宮城野区)に本社を移転
      昭和48年9月        商号を株式会社元禄に変更
      昭和48年10月        仙台市旭ヶ丘(現青葉区)に本社を移転
      昭和56年2月        元禄産業株式会社(本社:大阪府東大阪市)と商標、営業名称の「専用使用許諾契約」を締結
      昭和61年4月        仙台市大和町(現若林区)に本社を移転
      平成元年2月        子会社株式会社オレンジファイナンスを設立
      平成元年3月        子会社株式会社オレンジファイナンスに寿司部門を営業譲渡
             同時に、商号を当社は株式会社オレンジファイナンス、子会社は株式会社元禄と変更
      平成3年9月        子会社株式会社元禄を吸収合併、同時に商号変更し当社が株式会社元禄に変更
      平成3年12月        仙台市青葉区本町二丁目1番29号に本社を移転
      平成8年11月        新商標「平禄寿司・シンボルマーク」に切替開始(平成9年2月全店切替完了)
      平成9年2月        元禄産業株式会社との商標、営業名称の「専用使用許諾契約」の契約満了
      平成9年4月        商号を平禄株式会社に変更
      平成13年4月        日本証券業協会に株式を店頭登録
      平成16年12月        日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
      平成17年7月        株式会社ジー・コミュニケーション(本社:名古屋市北区)と「資本業務提携契約」を締結
      平成17年8月        株式会社ゼクーの破産管財人より、営業の一部(郊外型居酒屋「とりあえず吾平」)を譲受け
      平成17年10月        商号を株式会社ジー・テイストに変更
      平成18年4月        仙台市若林区に本社を移転
      平成18年6月        新日本プロレスリング株式会社とアントニオ猪木氏に係る「肖像権等使用許諾契約」を締結
      平成18年10月        株式会社江戸沢(株式会社グローバルアクト)を子会社化
      平成19年5月        子会社株式会社グローバルアクトより、営業の一部(ちゃんこ江戸沢15店舗)を譲受け
      平成19年5月        子会社株式会社グローバルアクトの非子会社化
      平成20年6月        株式会社グローバルアクトより北関東地方の一部(小樽食堂2店舗、ちゃんこ江戸沢2店舗)を
             譲受け
      平成21年4月        株式会社グローバルアクトを子会社化
      平成21年8月        子会社株式会社グローバルアクトを吸収合併
      平成22年4月        ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場
             (現 東京証券取引所JASDAQ市場)(スタンダード)に上場
      平成22年7月        フード    インクルーヴ株式会社を吸収合併
      平成23年9月        仙台市宮城野区に本社を移転
      平成23年10月        営業の一部(「益益」事業)を譲渡
      平成25年2月        当社の親会社である株式会社ジー・コミュニケーションが実施した第三者割当増資の引受によ
             り、株式会社クックイノベンチャーは、議決権総数68.2%を取得し、当社の親会社となる。
      平成25年5月        株式会社神戸物産が、当社の親会社である株式会社クックイノベンチャーを連結子会社とする事
             を決定したことにより、当社の親会社となる。
      平成25年7月        大阪証券取引所と東京証券取引所の市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ市場(スタン
             ダード)に上場
      平成25年8月        株式会社ジー・ネットワークス及び株式会社さかいとの共同新設分割により、子会社株式会社
             クック・オペレーション(現連結子会社)を設立
      平成25年8月        株式会社ジー・ネットワークス及び株式会社さかいを吸収合併
      平成27年1月        新設分割により、子会社株式会社ジー・アカデミー(現連結子会社)を設立
      平成28年4月        株式会社活性化本舗さぬき(株式会社ジー・アクアパートナーズ)を子会社化
      平成28年7月        名古屋市北区に本社を移転
      平成30年3月        子会社株式会社ジー・アカデミーとNOVAホールディングス株式会社のフランチャイズ契約終了
                                   4/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     3 【事業の内容】
      当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、親会社である株式会社神戸物産、株式会社クックイノベンチャー及び
     株式会社ジー・コミュニケーション、連結子会社である株式会社クック・オペレーション及び株式会社ジー・アカデ
     ミー、非連結子会社である株式会社ジー・アクアパートナーズより構成されており、親会社の株式会社ジー・コミュニ
     ケーションの傘下には外食を運営する企業やIT関連などの複数の企業群が存在しております。
      当社及び当社の関係会社の事業における当社及び関係会社の位置づけ及びセグメントの関連は、次のとおりでありま
     す。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。
     (外食事業)
      当社及び連結子会社の株式会社クック・オペレーションは、外食事業として、寿司業態の「平禄寿司」、居酒屋業態
     の「とりあえず吾平」「村さ来」、焼肉業態の「焼肉屋さかい」「肉匠坂井」、ファーストフード業態の「おむらいす
     亭」「長崎ちゃんめん」等の営業名称にてチェーン店の展開をいたしております。また、同名称にて営業を行っている
     フランチャイズ加盟店への商品販売も行っております。
     (教育事業)
      連結子会社の株式会社ジー・アカデミーは、教育事業として、英会話学校の「NOVA」「NOVA×GEOS」、学習塾の
     「ITTO個別指導学院」「みやび個別指導学院」等にフランチャイズ加盟して運営を行っておりましたが、連結子会社で
     ある株式会社ジー・アカデミーとNOVAホールディングス株式会社との間で締結していた教育事業(学習塾事業・英会話
     事業)にかかるフランチャイズ契約は、平成30年3月31日の契約期間満了日をもって終了し、同日付で教育事業は終了
     しております。また、セントラルデザイン株式会社から校舎にかかる消耗品等を購入しておりましたが、教育事業の終
     了に伴い終了しております。
     [事業系統図]
      以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
      ※1   業務提携契約を締結しております。











      ※2   取引先であります。
      㯿  出資先会社であります。なお、株式会社ジー・アクアパートナーズは、平成29年8月24日より、株式会社活性化本舗さぬきから商号を変
        更しております。
      ※4   平成30年3月31日をもって業務提携契約を終了しております。
                                   5/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
       関係会社は次のとおりであります。
                                          議決権の所有

                              資本金      主要な事業       割合又は
            名称            住所                            関係内容
                              (千円)       の内容      被所有割合
                                            (%)
                                   グループホー

     (親会社)
                                          被所有
                                   ルディング会             経営指導
                     名古屋市北区           10,000             40.47
     株式会社ジー・コミュニケーション
                                   社、コンサル             役員の兼務
     (注2)
                                   ティング事業
     (親会社)

                                   グループホー       被所有
                                                経営指導
                     兵庫県加古郡           5,500   ルディング会         40.47
     株式会社クックイノベンチャー
                                                役員の兼務
                                   社         (40.47)
     (注1、2)
     (親会社)

                                   業務用食材等       被所有
                     兵庫県加古郡           64,000    の製造、卸売         55.03    資金の援助
     株式会社神戸物産
                                   及び小売業         (40.47)
     (注1、4)
     (連結子会社)

                                   (外食事業)
                                                外食店舗運営の指導
                     名古屋市北区           50,000    外食店舗の運          100.0
     株式会社クック・オペレーション
                                                役員の兼務
                                   営
     (注3、5)
     (連結子会社)

                                   (教育事業)
                                                教育校舎運営の指導
                     名古屋市北区           10,000    教育校舎の運          100.0
     株式会社ジー・アカデミー
                                                役員の兼務
                                   営
     (注3)
      (注)   1.「議決権の所有割合又は被所有割合」欄の(                       )内は、内書で間接被所有割合であります。

        2.親会社の持分は、100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため親会社としております。
        3.特定子会社であります。
        4.株式会社神戸物産は、有価証券報告書提出会社であります。
        5.株式会社クック・オペレーションについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高
          に占める割合が10%を超えております。また、同社は債務超過会社であります。
          主要な損益情報等 ①売上高                21,684,682千円
                    ②経常損失          △790,763千円
                    ③当期純損失        △833,041千円
                    ④純資産額       △2,358,863千円
                    ⑤総資産額            679,749千円
                                   6/110






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     5 【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                               平成30年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
     外食事業                                         570    (2,052)

     教育事業                                         23     (93)

     全社(共通)                                         22      (8)

                 合計                             615    (2,153)

      (注)   1.臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員、季節工を含む。)は、年間の平均人員を
          ( )外数で記載しております。
        2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
        3.前連結会計年度末に比べ従業員数が119名減少しておりますが、主として当社の連結子会社である株式
          会社ジー・アカデミーとNOVAホールディングス株式会社との間で締結していた教育事業(学習塾事業・
          英会話事業)にかかるフランチャイズ契約を、平成30年3月31日の契約期間満了日をもって終了し、同
          日付で教育事業を終了したことによるものであります。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成30年3月31日現在
        従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
            592   (34)             38.9              8.5          4,038,635

              セグメントの名称                            従業員数(人)

     外食事業                                         548      (26)

     教育事業                                         22     (―)

     全社(共通)                                         22      (8)

                 合計                             592      (34)

      (注)   1.臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員、季節工を含む。)は、年間の平均人員を
          ( )外数で記載しております。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
      (3)  労働組合の状況

        労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                   7/110







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      (1)  経営方針
        当社グループは、「食を通じて、地域のお客様に笑顔になって頂く、それこそが私達が社会に存在する価値であ
       り、喜びである」という理念の下、私達の店舗を利用してくださる地域のお客様の笑顔のために、食のプロフェッ
       ショナルとして、         常に誠実に、本物を追求し続ける努力を惜しまないこと、そして当社が存在することにより世の
       中をほんの少しでも豊かにしていくことを経営方針としております。
      (2)  経営環境及び対処すべき課題

        当社グループを取り巻く事業環境は、少子高齢化や他社との競争激化により非常に厳しいものとなっておりま
       す。特に下記の課題に積極的に取り組んでいくことで、さらなる成長に努めてまいります。
        ①  新規出店
        ②  既存店舗の強化
        ③  経営資源の効率化の徹底
        ④  人材の確保・育成
        ⑤  原価高騰への対処
     2  【事業等のリスク】

       当社グループの事業等に関するリスクについて、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる主
      な事項は以下のとおりです。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであり
      ます。
       ①  出店政策
        当社グループでは都市の中心部から郊外立地まで幅広く出店しておりますが、新規出店につきましては、立地条
       件、賃貸借条件及び採算性等を総合的に勘案して決定しておりますため、条件に合致する物件が確保できない場合
       は計画通りの新規出店が進まない可能性があります。
       ②  食中毒が発生した場合の影響
        飲食店舗において衛生管理には細心の注意を払っておりますが、商品の性格上食中毒の可能性を完全になくすこ
       とは困難です。万一食中毒を発生させた場合、その程度にもよりますが当該店舗のみならず広範囲に及ぶ一斉営業
       停止を命じられ、売上の減少に至る可能性があります。さらにマスコミによる広域的報道で企業イメージが損なわ
       れる可能性があります。
       ③  店舗の老朽化
        商圏の縮小・店舗の老朽化等が売上低迷を招き、これが改善投資を怠らせることで悪循環を招くことが考えられ
       ます。
       ④  原価の高騰
        魚介や牛肉などを輸入食材に頼る当社グループは、輸入先の政策や、各国との貿易協定により仕入コストが増大
       するリスクに加え、魚介に関しては魚介資源の枯渇、漁船燃料の高騰、輸入先の人々の魚食化、不漁、戦争、為替
       等により、仕入コストが増大するリスクがあります。同様に、牛肉に関しても、仲介の商社や食品メーカーを通
       じ、短期の為替予約を行って為替リスクを軽減しておりますが、急激な円安等が生じた場合は、仕入コストが増大
       するリスクがあります。
       ⑤  原材料の調達について
        今後、BSE問題、鳥インフルエンザ等に象徴されるような疫病の発生、輸入食材に対する中傷の拡大、天候不
       順、自然災害の発生等により、調達不安や食材価格の高騰などが起こり、当社グループの経営成績および財政状態
       に大きな影響を及ぼす可能性があります。
       ⑥  商品表示
        外食業界におきましては、一部の企業で産地偽装や賞味期限の改ざん等が発生するなど、食の安心、安全だけで
       なく、商品表示の信頼性においても消費者の信用を損なう事件が発生しております。当社グループでは、商品品質
       管理プロジェクトを組織し、適正な表示に努めておりますが、万一、表示内容に重大な誤り等が発生した場合に
       は、信用低下等から売上が減少する可能性があります。
       ⑦  競合店の出現、競争の激化
                                   8/110

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
        採算性の良い店舗に隣接して競合他社が出店した場合には、経営成績に大きな影響を与えます。このような事例
       は、これまでにも多く発生しております。
       ⑧  人材の確保・育成
        当社グループでは、さらなる成長を図るため人材の確保・育成を重要課題としておりますが、少子高齢化等によ
       り、十分な人材の確保・育成ができない場合、サービスの低下等による集客力が低下し、また、出店計画どおりの
       出店が困難となり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑨  パートタイマー等に対する社会保険加入義務化の適用基準拡大
        現在、当社グループのパートタイマー等の短時間労働者のうち、社会保険加入義務のある対象者は少数でありま
       すが、今後、社会保険加入義務化の適用基準が拡大された場合には、保険料の増加等により、当社グループの業績
       に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑩  消費者の嗜好の変化
        外食産業の中でも多くの分野があり、消費者の嗜好が変化する可能性があります。例えば高齢化の進展によっ
       て、ファミリー層に顧客基盤をおく業種の成長が鈍化することも考えられます。
       ⑪  景気動向等による外食市場の低迷について
        雇用環境、給与収入の変動によって、外食の市場も影響を受ける可能性があります。従来も景気低迷が失業率の
       増加、所得の減少を招き、消費支出に占める外食の割合が抑えられた事例があります。
       ⑫  異常気象・震災等天災の影響
        東北圏で時折発生する冷害や、台風及び大雨による風水害等が、過去に当社グループの主要食材である米の作況
       に大きな影響を及ぼした事例がありました。米の不作による米価の高騰のみならず、主に農業従事者の所得減少に
       よる消費意欲の減退を招くことが考えられます。また、地域経済に大きな影響を及ぼす規模の天災、及びこれら天
       災に派生した事故等の影響が長期化した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑬  差入敷金・保証金及び建設協力金について
        当社グループが賃貸借契約に係わり差し入れている敷金及び保証金は平成30年3月31日現在31億73百万円となっ
       ておりますが、賃貸人の財務内容に不測の事態が生じた場合、一部回収が不能となる可能性があり、金額の多寡に
       よっては企業業績に影響を与える可能性があります。
       ⑭  有利子負債
        当社グループは、第7回、第8回、第10回、第11回、第13回及び第14回無担保転換社債型新株予約権付社債(額
       面額20億円)の発行を行っております。社債の償還日は、連結会計年度終了後、最長2年後となっておりますが、
       返済または償還期日において、資金繰りに重大な影響を与える可能性があります。
       ⑮  株式の希薄化
        当社グループによる第7回、第8回、第10回、第11回、第13回及び第14回無担保転換社債型新株予約権付社債が
       株式に転換された場合には、発行済株式数が増加し、当社及び当社グループ会社の1株当たりの株式価値は希薄化
       する可能性があり、この希薄化が株価形成に影響を及ぼす可能性があります。
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (経営成績等の状況の概要)
      (1)  財政状態及び経営成績の状況
        当連結会計年度のわが国経済は、政府による経済政策等の効果を背景に、企業収益や雇用環境の改善が見られ、
       景気は緩やかな回復基調が続いておりますが、賃金の伸び悩みにより個人消費に力強さは見られず、景気の先行き
       は依然として不透明な状況が続いております。
        外食業界を取り巻く環境においても、食材価格の高騰、人材不足による採用費等のコストの高騰に加えて、消費
       者の節約志向による個人消費の改善の鈍化の影響もあり、先行きは依然として厳しい状況が続くことが懸念されて
       おります。
        当社グループでは、グループ全体としてQSCの強化を図り、さらに外食事業においては、安心、安全でお客様にご
       満足頂ける商品提供への取り組み強化と併せ、ブランド力が高い業態への業態変更、店舗改装やメニューのブラッ
       シュアップなどの業態改善とそのFC加盟開発の強化に努めてまいりました。また、外食事業を中心に、店舗閉店や
       採算低下に伴う固定資産除却損、店舗閉鎖損失、店舗閉鎖損失引当金繰入額、減損損失等を計上しました。
        以上の結果、当連結会計年度の連結業績は、売上高253億61百万円(前年同期比5.2%減)、営業利益4億18百万
       円(前年同期比33.7%減)、経常利益5億37百万円(前年同期比13.7%減)、親会社株主に帰属する当期純損失3
       億70百万円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失1億27百万円)となりました。
        各セグメント別の概況につきましては、次のとおりであります。
                                   9/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       ① 外食事業

        イ 寿司業態
          「平禄寿司」では、従来から需要が高かったお持ち帰り寿司の宅配を試験的に開始しております。拡大して
         いく中食事業への対応を視野に、2店舗目となる宅配寿司専門店を新規オープンいたしました。既存店におい
         ては、石巻から鮮魚品や貝類、生本まぐろの仕入を行い、新鮮なネタの提供にこだわるだけでなく、一品メ
         ニューにおいても殻付き牡蠣や仙台名物の牛たん等の販売に取り組むなど、大手競合チェーン店との差別化を
         積極的に図っております。
        ロ 居酒屋業態

          「村さ来」では、恒例になります「元祖酎ハイ祭り」や、「旨いもん祭」と称した期間限定「まぐろづく
         し」や「秋刀魚づくし」など様々なキャンペーンを数多く開催し、積極的な集客に努めてまいりました。居酒
         屋業態の競争環境は激化しており、今後も商品提案力の強化に努めてまいります。また、来期は、創業1973年
         11月の「村さ来」業態が45周年を迎え、「ぱたぱた家」業態では10周年を迎えますことから、各種キャンペー
         ンを行う等、お客様に永く愛され続ける業態を目指し、日々の改善を行ってまいります。
        ハ 焼肉業態

          「焼肉屋さかい」の業績が堅調に推移したほか、「国産牛焼肉食べ放題肉匠坂井」では直営店、フランチャ
         イズ店を含め、8店舗の出店(業態変更含む)を進め、当連結会計年度末時点で19店舗となりました。翌期初
         4月にはさらに2店舗オープンするなど順調に店舗数を伸ばしております。「国産牛焼肉食べ放題肉匠坂井」
         については、今後、当社グループの一つの柱となるよう、今後も出店拡大をしてまいります。
        ニ ファーストフード業態・レストラン業態

          「長崎ちゃんめん」「敦煌」を中心に堅調に推移いたしました。また「おむらいす亭」では年々高まる健康
         志向や人件費の高騰に対応するため、牛肉100%の炭焼ハンバーグに加え、サラダバーの導入やタッチパネル式
         のオーダーシステムを導入するなど、様々な取り組みにより顧客支持の拡大とオペレーションの効率化に努め
         ております。「おむらいす亭」は直営2店舗、フランチャイズ加盟店3店舗を新規オープンしております。
         当連結会計年度においては、外食事業では新規出店を6店舗(焼肉業態3店舗、寿司業態1店舗、ファースト

        フード業態2店舗)及びフランチャイジーや事業譲受などからの店舗取得等による増加4店舗、フランチャイ
        ジーへの店舗売却等による減少3店舗、契約期間満了や不採算に伴い28店舗を閉店いたしました結果、外食直営
        店舗341店舗となりました。
         以上のような施策を図ってまいりましたが、居酒屋業態を中心に苦戦を強いられたことにより、当連結会計年
        度の外食事業における売上高は、238億61百万円(前年同期比3.7%減)、営業利益12億35百万円(前年同期比
        7.5%減)となりました。
       ② 教育事業

         当連結会計年度の教育事業における売上高は、15億円(前年同期比23.1%減)、営業利益90百万円(前年同期
        比48.2%減)となりました。
         なお、当社の連結子会社である株式会社ジー・アカデミーとNOVAホールディングス株式会社との間で締結して
        いる教育事業(学習塾事業・英会話事業)にかかるフランチャイズ契約は、平成30年3月31日の契約期間満了日
        をもって終了し、同日付で教育事業は終了しております。
        財政状態につきましては、次のとおりであります。

        当連結会計年度末における総資産は、206億66百万円となり、前連結会計年度末と比較し、7億29百万円減少し

       ました。その要因は、現金及び預金が増加した一方、敷金・保証金及び繰延税金資産が減少したことによるもので
       あります。
        当連結会計年度末における負債総額は、111億31百万円となり、前連結会計年度末と比較し、2億71百万円減少
       いたしました。主な要因は、長期借入金(1年以内返済予定含む)が増加した一方で、社債及びその他流動負債が
       減少したことによるものであります。
                                  10/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度末における純資産は、95億35百万円となり、前連結会計年度末と比較し、4億58百万円減少いた
       しました。主な要因は、親会社株主に帰属する当期純損失の計上及び配当金支払いによる利益剰余金の減少による
       ものであります。
      (2)  キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は65億85百万円となり、前連結会計年
       度末に比べ76百万円増加いたしました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果、得られた資金は7億92百万円(前年同期は13億46百万円の資金の増加)となりました。これ
        は主に減価償却費5億4百万円の計上及び減損損失3億84百万円の計上等に伴う資金増加要因が発生したことに
        よるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果、使用した資金は8億23百万円(前年同期は5億84百万円の資金の減少)となりました。これ
        は主に有形固定資産の取得による支出10億53百万円等の資金減少要因が発生したことによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果、得られた資金は1億12百万円(前年同期は3億62百万円の資金の増加)となりました。これ
        は主に長期借入れによる収入14億円の資金増加要因がある一方、社債の償還による支出7億8百万円及び長期借
        入金の返済による支出4億81百万円等の資金減少要因が発生したことによるものです。
      (3)  生産、受注及び販売の状況

       ①生産実績
        当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                セグメントの名称                       生産高(千円)             前年同期比(%)

       外食事業                                       584,090           108.7

       ②受注実績

        当社グループは、見込生産を行っているため、該当事項はありません。
       ③販売実績

        当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                セグメントの名称                       販売高(千円)             前年同期比(%)

       外食事業                                      23,861,125             96.3

       教育事業                                      1,500,023            76.9

                   合計                          25,361,149             94.8

       (注)   1.セグメント間の取引については相殺消去することとしておりますが、該当事項はありません。
          2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
     (経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)

       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  重要な会計方針及び見積り

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
       おります。この連結財務諸表の作成にあたっては、会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の金額及び
                                  11/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       開示に影響を与える見積りを必要とします。これらの見積りについては過去の実績等を勘案し合理的に判断してい
       ますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
      (2)  当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        当社グループの経営成績等は、売上高253億61百万円(前年同期比5.2%減)、営業利益4億18百万円(前年同期
       比33.7%減)、経常利益5億37百万円(前年同期比13.7%減)、親会社株主に帰属する当期純損失3億70百万円
       (前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失1億27百万円)となりました。
        売上高は、主に居酒屋業態の不振及び教育事業におけるフランチャイズ契約の終了に伴う減収により、前年同期
       と比較して13億78百万円減少しております。
        販売費及び一般管理費は、前年同期と比較して5億18百万円減少しましたが、売上高の減収により、営業利益は
       前年同期と比較して2億12百万円、経常利益は前年同期と比較して85百万円減少しております。
        親会社株主に帰属する当期純損失は、主に店舗閉店及び採算低下に伴う追加減損損失計上による5億13百万円の
       特別損失計上により、前年同期と比較して2億42百万円増加しております。
        当社グループの資本の財源および資金の流動性につきましては、次のとおりです。

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末と比較して76
       百万円増加し、65億85百万円となりました。これは営業活動によって得られた資金7億92百万円に対して、好調業
       態である焼肉業態の「肉匠坂井」他の有形固定資産の取得による支出等投資活動により使用した資金8億23百万
       円、主に借入金及び社債の資金増減による財務活動により得られた資金1億12百万円によるものであります。
        なお、当社グループは、必要な運転資金及び設備投資資金について自己資金または銀行借入等により調達するも
       のとしております。この結果、当連結会計年度末における有利子負債残高は70億3百万円となりました。
        セグメントごとの経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容は、「第2                                     事業の状況 3        経営者による財

       政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(経営成績等の状況の概要)(1)財政状態及び経営成績
       の状況」に記載のとおりであります。
        なお、セグメントごとの財政状態の状況に関する認識及び分析・検討内容につきましては、教育事業が当連結会
       計年度末をもって終了しておりますので、記載を省略いたします。
                                  12/110











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     4  【経営上の重要な契約等】
      (1)  アントニオ猪木氏の著作権等に関する契約
        当社は、親会社である株式会社ジー・コミュニケーションとの間で、同社が非独占的使用の許諾を受けているア
       ントニオ猪木こと猪木寛至氏に関する著作権、肖像権、意匠権、商標権、ノウハウ実施許諾等を非独占的に使用す
       る権利について契約を締結しております。
        ①  使用の目的・場所
         日本国内において、当社及び当社とのFC/RC加盟契約する第三者が、本契約期間中に営業を開始する複数の店
        舗において、アントニオ猪木ブランドを活かした外食ビジネスの展開及びグッズ販売、酒類・飲料・食品の販売
        を目的としたものであります。
        ②  契約期間
         平成20年7月1日から30年間
        ③  契約金額
         年額15,000千円(税抜)
      (2)  その他

        当社グループは、事業の拡大発展を図るため、株式会社ジー・コミュニケーションと業務提携を結んでおりま
       す。
        その概要は次のとおりであります。
              契約先                      契約内容                  締結日

                         外食事業に関する共存共栄関係を前提として、包括的な提
       株式会社ジー・コミュニケーション                  携関係構築を目指した中で、経営資源等を総合的に相互に                            平成17年7月
                         有効活用し、一層の事業発展を行う。
       (※)株式会社ジー・フード及びNOVAホールディングス株式会社との業務提携(フランチャイズ契約)は終了して
          おります。
     5  【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                  13/110










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1 【設備投資等の概要】

       当連結会計年度の設備投資につきましては、外食事業における新規出店・改装・業態転換のための投資を中心に12
      億66百万円の設備投資を実施しました。
       また、教育事業に係る設備につきましては、主にフランチャイズ契約終了に伴い、売却しております。
     2 【主要な設備の状況】

       (1)  提出会社
                                          平成30年3月31日現在
                                   帳簿価額(千円)
           事業所名      セグメント                               従業員数
                       設備の内容
           (所在地)       の名称                               (人)
                             建物及び      土地
                                       その他     合計
                             構築物     (面積㎡)
                   全社
         本社                         150,918
                       事務所       31,690          2,340    184,949       22
         (名古屋市北区)                         (335.92)
                  (共通)
         仙台青葉政岡通店
                                 3,975,370
         (仙台市青葉区)        外食事業     外食店舗     3,542,413           407,455    7,925,239       570
                                 (50,609.63)
         他340店舗
                   全社
                       貸事務所            67,663
         その他                    91,920          1,261    160,845       ―
                  (共通)     他          (2,873.88)
          (注)   帳簿価額のうち「その他」は、機械及び装置、車両運搬具、工具、器具及び備品並びに
            リース資産であり、建設仮勘定は含んでおりません。なお、金額には消費税等は含んで
            おりません。
       (2)  国内子会社

         主要な設備につきましては、提出会社より賃借しておりますので、該当事項はありません。
     3 【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設等
                                        投資予定金額

                  事業所名      セグメントの         設備の
                                                        完成後の
          会社名                                      資金調達方法
                                                        増加能力
                  (所在地)        名称       内容
                                       総額    既支払額
                                       (千円)     (千円)
                                外食店舗
          提出会社          ―     外食事業        18店舗      846,600        ―   自己資金          ―
                                (新規)
                                外食店舗
          提出会社          ―     外食事業        9店舗      365,300        ―   自己資金          ―
                               (業態転換)
       (注)   1.事業所名(所在地)及び完成後の増加能力については計画の段階であり、具体的な場所の特定、数値化が
            できませんので省略しております。
         2.金額には消費税等は含めておりません。
      (2)  重要な設備の除却等

        経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                  14/110





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                   種類                       発行可能株式総数(株)

                  普通株式                                    673,477,576

                   計                                   673,477,576

       ② 【発行済株式】

                   事業年度末                   上場金融商品取引所

                           提出日現在発行数(株)
          種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                            (平成30年6月28日)
                 (平成30年3月31日)                      商品取引業協会名
                                       東京証券取引所
                                                単元株式数は100株であ
         普通株式           197,051,738           197,051,738        JASDAQ
                                                ります。
                                      (スタンダード)
           計          197,051,738           197,051,738           ―           ―

       (注) 「提出日現在発行数」欄には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使に
          より発行された株式数は含まれておりません。
      (2) 【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         当社は、ストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき新株予約権を発行する方
        法によるものであります。
         当該制度の内容は、以下のとおりであります。
       (平成26年4月23日取締役会決議(第3回新株予約権))

         会社法に基づき、平成26年4月23日の取締役会決議に基づいて発行した新株予約権は、平成29年6月26日を
        もって新株予約権の行使の条件が満たされないことが確定しましたので、失効しております。
       (平成26年6月25日株主総会及び平成27年6月15日取締役会決議(第4回新株予約権))

         会社法に基づき、当社の取締役、監査役及び従業員に対してストックオプションとして無償で新株予約権を発
        行すること及び募集事項の決定を当社取締役会に委任することについて、平成26年6月25日の第55回定時株主総
        会において決議され、ストックオプションとして発行する新株予約権の具体的な内容について、平成27年6月15
        日の取締役会において決議されたものであります。
       決議年月日                           平成26年6月25日及び平成27年6月15日

                           当社取締役 5
       付与対象者の区分及び人数(名)                    当社従業員 650
                           当社監査役 3
       新株予約権の数(個) ※                    5,690
                                  15/110




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                           普通株式 569,000株
                            新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下「対象株式数」と
                           いう。)は、100株とする。
                            対象株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通
                           株式の無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合、次
                           の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、本新株予
                           約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式
                           の数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数について
       新株予約権の目的となる株式の種
                           は、これを切り捨てるものとする。
       類 、内容及び数(株) ※
                                        分割(また
                           調整後       調整前
                               =         ×     は併合)の
                           株式数       株式数
                                          比率
                            また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金
                           の額の減少を行う場合その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要と
                           する場合には、合理的な範囲で、株式数は適切に調整されるものとす
                           る。
                            本新株予約権を行使することにより交付を受けることができる株式1
       新株予約権の行使時の払込金額
                           株あたりの払込金額(以下、「行使価額」という。)を1円とし、これ
       (円) ※
                           に対象株式数を乗じた金額とする。
                           自 平成32年6月22日
       新株予約権の行使期間 ※
                           至 平成34年6月21日
       新株予約権の行使により株式を発行す
                           発行価格         1
       る場合の株式の発行価格及び資本組入
                           資本組入額    0.5
       額(円) ※
                           ①新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)
                            は、権利行使時においても、当社の役職員の地位にあることを要す
                            る。ただし、諸般の事情を考慮の上、取締役会が特例として認めた場
                            合はこの限りではない。
                           ②新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。ただ
                            し、諸般の事情を考慮の上、取締役会が特例として認めた場合はこの
                            限りではない。
                           ③本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点にお
                            ける発行可能株式総数を超過することとなるときは、当該本新株予約
                            権の行使を行うことはできない。
       新株予約権の行使の条件 ※                    ④新株予約権者は、本新株予約権を、次の各号に掲げる期間において、
                            当該各号に掲げる割合の限度において行使することができる。この場
                            合において、かかる割合に基づき算出される行使可能な本新株予約権
                            の個数につき1個未満の端数が生ずる場合には、かかる端数を切り捨
                            てた個数の本新株予約権についてのみ行使することができるものとす
                            る。
                            イ.行使期間の開始日(以下、「起算日」という。)から1年間
                              新株予約権者が割当を受けた本新株予約権の総数の2分の1
                            ロ.起算日から1年を経過した日から1年間
                              新株予約権者が割当を受けた本新株予約権の全て
                           ⑤各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    本新株予約権を譲渡するときは、取締役会の承認を要する。
                            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分
                           割、新設分割、株式交換または株式移転(以上を総称して以下、「組織
                           再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日
                           に新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項
                           第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」とい
                           う。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとす
                           る。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する
                           旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株
       組織再編成行為に伴う新株予約権の
                           式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
       交付に関する事項 ※
                          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
                             新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付
                             する。
                          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
                             再編対象会社の普通株式とする。
                          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
                             組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記「株式の数」に準じて決定
                             する。
                                  16/110




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、
                             組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記「新株予約権の行使時の
                             払込金額」で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価
                             額に、上記(3)に従って決定される当該新株予約権の目的である
                             再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
                          (5)新株予約権を行使することができる期間
                             上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編
                             行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上記「新株予約権の
                             行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
                          (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本
                             金及び資本準備金に関する事項
                             本新株予約権の行使により株式を発行する場合における「増加する
                             資本金及び資本準備金に関する事項」に準じて決定する。
                             なお、本新株予約権の行使により株式を発行する場合における「増
                             加する資本金及び資本準備金に関する事項」は、下記のとおりであ
                             る。
                             ①本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する
                              資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本
                              金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の
       組織再編成行為に伴う新株予約権の
                              端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。
                             ②本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する
       交付に関する事項 ※
                              資本準備金の額は、上記①記載の資本金等増加限度額から、上記
                              ①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
                          (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
                             譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議
                             による承認を要するものとする。
                          (8)その他新株予約権の行使の条件
                             上記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
                          (9)新株予約権の取得事由及び条件
                             本新株予約権の取得に関する事項に準じて決定する。
                             なお、本新株予約権の取得に関する事項は、下記のとおりである。
                             ①当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割
                              についての分割契約もしくは分割計画、または当社が完全子会社
                              となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承
                              認(株主総会の承認を要しない場合には取締役会決議)がなされ
                              た場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来をもっ
                              て、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
                             ②新株予約権者が権利行使をする前に、上記「新株予約権の行使の
                              条件」に定める規定により本新株予約権の行使ができなくなった
                              場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
                          (10)その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
        ※  当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(平成30年
         5月31日)現在において、これらの事項に変更はありません。
       ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

         当社は、会社法に基づき新株予約権付社債を発行しております。
                 第7回無担保転換社債型新株予約権付社債(平成25年3月18日発行)

     決議年月日                   平成25年2月15日

     新株予約権の数(個) ※                   40  (注)

     新株予約権のうち自己新株予約権の数
                         ―
     (個) ※
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 11,428,571
     内容及び数(株) ※
                                  17/110




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                         1.本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                         (1)  本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に
                          係る本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とする。なお、
                          本新株予約権の行使に際して出資の目的とされる本社債は、本新株予約
                          権の行使の効力発生と同時に償還期限が到来し、かつ消滅するものとす
                          る。
                         (2)  本新株予約権の行使により交付する当社普通株式の数を算定するにあ
                          たり用いられる1株あたりの額(以下、「転換価額」という。)は、
                          35.0円とする。
                         2.転換価額の調整
                         (1)  当社は、本新株予約権の発行後、本欄第(2)号に掲げる各事由により当
                          社普通株式が交付され、発行済普通株式数に変更を生じる場合又は変更
                          を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「転換価額調整
                          式」という。)をもって転換価額を調整する。
                                         1株
                                      交付
                                         当たり
                                      普通  ×
                                         の払込
                                  既発行
                                      株式数
                                         金額
                                    + 
                                  普通
                                 株式数 
                                       時価  
                         調整後    調整前
                         転換  =    転換  ×  
                                  既発行      交付
                                      +
                         価額     価額 
                                  普通株式数     普通株式数
                         (2) 転換価額調整式により転換価額の調整を行う場合及びその調整後の転
                          換価額の適用時期については、次に定めるところによる。
                         ① 本欄第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を
                          新たに交付する場合(ただし、当社の発行した取得請求権付株式の取得
                          と引換えに交付する場合又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約
                          権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利の請求又は行使
                          による場合を除く。)の調整後の転換価額は、払込期日(募集に際して
                          払込期間が設けられているときは、当該払込期間の最終日とする。以下
                          同じ。)の翌日以降、また、募集のための株主割当日がある場合は、そ
                          の日の翌日以降これを適用する。
                         ② 株式分割又は株式無償割当により当社普通株式を発行する場合、調整
                          後の転換価額は、株式分割のための基準日の翌日以降、当社普通株式の
                          無償割当について普通株主に割当を受ける権利を与えるための基準日が
                          あるときはその翌日以降、当社普通株式の無償割当について普通株主に
                          割当を受ける権利を与えるための基準日がないとき及び株主(普通株主
                          を除く。)に当社普通株式の無償割当をするときは当該割当の効力発生
     新株予約権の行使時の払込金額
                          日の翌日以降、それぞれこれを適用する。
     (円) ※
                         ③ 取得請求権付株式であって、その取得と引換えに本欄第(4)号②に定め
                          る時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する旨の定めがあるも
                          のを発行する場合(無償割当の場合を含む。)又は本欄第(4)号②に定め
                          る時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約
                          権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利を発行する場合
                          (無償割当の場合を含む。)、調整後の転換価額は、発行される取得請
                          求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権
                          利の全てが転換価額で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたも
                          のとみなして転換価額調整式を準用して算出するものとし、払込期日
                          (新株予約権又は新株予約権付社債の場合は割当日、無償割当の場合は
                          効力発生日)の翌日以降これを適用する。
                          ただし、その権利の割当のための基準日がある場合は、その日の翌日以
                          降これを適用する。
                          上記にかかわらず、請求又は行使に際して交付される当社普通株式の対
                          価が取得請求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の
                          証券又は権利が発行された時点で確定していない場合、調整後の転換価
                          額は、当該対価の確定時点で発行されている取得請求権付株式、新株予
                          約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利の全てが当該対価
                          の確定時点の条件で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたもの
                          とみなして転換価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確
                          定した日の翌日以降、これを適用する。
                         ④ 上記①乃至③の各取引において、その権利の割当てのための基準日が
                          設定され、かつ、各取引の効力の発生が当該基準日以降の株主総会又は
                          取締役会その他当社の機関の承認を条件としているときは、上記①乃至
                          ③にかかわらず、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この
                          場合において、当該基準日の翌日から当該取引の承認があった日まで
                          に、本新株予約権を行使した新株予約権者に対しては、次の算出方法に
                          より、当社普通株式を交付するものとする。
                                    調整前転換価額
                             (調整    調整後
                                    により当該期間
                             前転換  -    転換  ×
                                    内に交付された
                         株式
                             価額    価額)
                           =  
                                    当社普通株式数
                         数 
                                 調整後転換価額
                          ただし、行使により生ずる1株未満の端数は切り捨て、現金調整は行わ
                          ない。
                                  18/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                         (3)  転換価額調整式により算出された調整後の転換価額と調整前の転換価
                          額との差額が1円未満にとどまる限りは、転換価額の調整はこれを行わ
                          ない。ただし、その後の転換価額の調整を必要とする事由が発生し転換
                          価額を算出する場合は、転換価額調整式中の調整前転換価額に代えて、
                          調整前転換価額からこの差額を差引いた額を使用する。
                         (4)  その他
                         ① 転換価額調整式の計算については、1円未満の端数を四捨五入する。
                         ② 転換価額調整式で使用する時価は、調整後の転換価額を適用する日
                          (ただし、本欄第(2)号④の場合は基準日)に先立つ45取引日目に始まる
                          30取引日の取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値(当
                          日付けで終値のない日数を除く。)とする。この場合、平均値の計算
                          は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
                         ③ 転換価額調整式で使用する既発行株式数は、基準日がある場合はその
                          日、また、基準日がない場合は、調整後の転換価額を適用する日1か月
                          前の日における当社の発行済普通株式数から、当該日における当社の有
                          する当社普通株式の数を控除した数とする。また、本欄第(2)号②の場合
                          には、転換価額調整式で使用する交付普通株式数は、基準日における当
     新株予約権の行使時の払込金額                     社の有する当社普通株式に割当てられる当社普通株式数を含まないもの
     (円) ※                     とする。
                         (5)  本欄第(2)号の転換価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる
                          場合には、当社は必要な転換価額の調整を行う。
                         ① 株式の併合、当社を存続会社とする合併、当社を承継会社(「組織再
                          編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項」欄において定義する。
                          以下同じ。)とする吸収分割、当社を完全親会社とする株式交換のため
                          に転換価額の調整を必要とするとき。
                         ② その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由
                          の発生により転換価額の調整を必要とするとき。
                         ③ 転換価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に
                          基づく調整後の転換価額の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の
                          事由による影響を考慮する必要があるとき。
                         (6)  本欄に定めるところにより転換価額の調整を行うときは、当社は、あ
                          らかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前の転換価額、調整後
                          の転換価額及びその適用の日その他必要な事項を、適用の日の前日まで
                          に本社債権者に通知する。ただし、本欄第(2)号④の場合その他適用の日
                          の前日までに前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降す
                          みやかにこれを行う。
                         自 平成25年4月1日
     新株予約権の行使期間 ※
                         至 平成32年3月18日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                         発行価格        35.0
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額          17.5
     額(円) ※
                         1.各本新株予約権の一部行使はできない。
                         2.本新株予約権の行使によって、株式会社ジー・コミュニケーション又
                          はその承継会社が所有している当社又はその承継会社の株式(第三者を
     新株予約権の行使の条件 ※
                          通じて保有している当該株式を除く。)に係る議決権の数が当社又はそ
                          の承継会社の総株主の議決権の40%未満となる場合には、本新株予約権
                          の行使はできない。
                         本新株予約権付社債の譲渡については、当社取締役会決議による事前の承
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                         認を要するものとする。
                         当社が吸収合併消滅会社となる吸収合併、新設合併消滅会社となる新設合
                         併、吸収分割会社となる吸収分割、新設分割会社となる新設分割、株式交
                         換完全子会社となる株式交換、又は株式移転完全子会社となる株式移転(以
                         下「組織再編成行為」と総称する。)を行う場合は、当社は、当該組織再編
                         成行為に係る吸収合併存続会社、新設合併設立会社、吸収分割承継会社、
                         新設分割設立会社、株式交換完全親会社又は株式移転設立完全親会社(以下
                         「承継会社」と総称する。)をして、当該組織再編成行為の効力発生日の直
                         前において残存する本新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)に代
                         わり、残存本新株予約権の新株予約権者に対して、以下の条件に基づき新
                         たに承継会社の新株予約権を交付させるよう最善の努力を尽くすものとす
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                         る。
     付に関する事項 ※
                         1.新たに交付される承継会社の新株予約権の数
                          残存新株予約権の新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数
                          とする。
                         2.承継会社の新株予約権の目的たる株式の種類
                          承継会社の普通株式とする。
                         3.承継会社の新株予約権の目的たる株式の数
                          承継会社の新株予約権の行使により交付される承継会社の普通株式の数
                          は、「新株予約権の目的となる株式の数」欄の規定に基づき決定される
                          本新株予約権の目的となる株式の数に、組織再編成行為に際して定めら
                          れる株式の割当比率を乗じた数(ただし、組織再編成行為の条件等を勘
                          案して必要に応じ合理的な調整を行うものとする。)とする。
                                  19/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                         4.承継会社の新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその
                          価額又はその算定方法
                          承継会社の新株予約権1個の行使に際して出資される財産は、当該新株
                          予約権に係る本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とす
                          る。なお、承継会社の新株予約権の行使に際して出資の目的とされる本
                          社債は、本新株予約権の行使の効力発生と同時に償還期限が到来し、か
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                          つ消滅するものとする。
                         5.承継会社の新株予約権を行使することができる期間
     付に関する事項 ※
                          「新株予約権の行使期間」欄に規定される本新株予約権の行使期間の開
                          始日と組織再編成行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、同号に
                          規定される本新株予約権の行使期間の終了日までとする。
                         6.承継会社の新株予約権の譲渡に関する事項
                          承継会社の新株予約権の譲渡については、承継会社の承認を要するもの
                          とする。
                         本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に係る
     新株予約権の行使の際に出資の目的と                   本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とする。なお、本新株
     する財産の内容及び価額 ※                   予約権の行使に際して出資の目的とされる本社債は、本新株予約権の行使
                         の効力発生と同時に償還期限が到来し、かつ消滅するものとする。
     新株予約権付社債の残高(千円) ※                   397,753 [397,944](注)
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(平成30年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
        記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)   新株予約権付社債の額面10,000千円につき新株予約権1個が割り当てられております。
                 第8回無担保転換社債型新株予約権付社債(平成25年3月18日発行)

     決議年月日                   平成25年2月15日

                         40  (注)

     新株予約権の数(個) ※
     新株予約権のうち自己新株予約権の数
                         ―
     (個) ※
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 11,428,571
     内容及び数(株) ※
                         1.本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                         (1)  本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に
                          係る本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とする。なお、
                          本新株予約権の行使に際して出資の目的とされる本社債は、本新株予約
                          権の行使の効力発生と同時に償還期限が到来し、かつ消滅するものとす
                          る。
                         (2)  本新株予約権の行使により交付する当社普通株式の数を算定するにあ
                          たり用いられる1株あたりの額(以下、「転換価額」という。)は、
                          35.0円とする。
                         2.転換価額の調整
                         (1)  当社は、本新株予約権の発行後、本欄第(2)号に掲げる各事由により当
                          社普通株式が交付され、発行済普通株式数に変更を生じる場合又は変更
                          を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「転換価額調整
                          式」という。)をもって転換価額を調整する。
                                         1株
                                      交付
                                         当たり
                                      普通  ×
                                         の払込
                                  既発行
                                      株式数
                                         金額
                                    + 
                                  普通
                                 株式数 
                                       時価  
                         調整後    調整前
     新株予約権の行使時の払込金額
                         転換  =    転換  ×  
                                  既発行      交付
                                      +
     (円) ※
                         価額     価額 
                                  普通株式数     普通株式数
                         (2) 転換価額調整式により転換価額の調整を行う場合及びその調整後の転
                          換価額の適用時期については、次に定めるところによる。
                         ① 本欄第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を
                          新たに交付する場合(ただし、当社の発行した取得請求権付株式の取得
                          と引換えに交付する場合又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約
                          権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利の請求又は行使
                          による場合を除く。)の調整後の転換価額は、払込期日(募集に際して
                          払込期間が設けられているときは、当該払込期間の最終日とする。以下
                          同じ。)の翌日以降、また、募集のための株主割当日がある場合は、そ
                          の日の翌日以降これを適用する。
                         ② 株式分割又は株式無償割当により当社普通株式を発行する場合、調整
                          後の転換価額は、株式分割のための基準日の翌日以降、当社普通株式の
                          無償割当について普通株主に割当を受ける権利を与えるための基準日が
                          あるときはその翌日以降、当社普通株式の無償割当について普通株主に
                          割当を受ける権利を与えるための基準日がないとき及び株主(普通株主
                          を除く。)に当社普通株式の無償割当をするときは当該割当の効力発生
                          日の翌日以降、それぞれこれを適用する。
                                  20/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                         ③ 取得請求権付株式であって、その取得と引換えに本欄第(4)号②に定め
                          る時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する旨の定めがあるも
                          のを発行する場合(無償割当の場合を含む。)又は本欄第(4)号②に定め
                          る時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約
                          権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利を発行する場合
                          (無償割当の場合を含む。)、調整後の転換価額は、発行される取得請
                          求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権
                          利の全てが転換価額で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたも
                          のとみなして転換価額調整式を準用して算出するものとし、払込期日
                          (新株予約権又は新株予約権付社債の場合は割当日、無償割当の場合は
                          効力発生日)の翌日以降これを適用する。
                          ただし、その権利の割当のための基準日がある場合は、その日の翌日以
                          降これを適用する。
                          上記にかかわらず、請求又は行使に際して交付される当社普通株式の対
                          価が取得請求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の
                          証券又は権利が発行された時点で確定していない場合、調整後の転換価
                          額は、当該対価の確定時点で発行されている取得請求権付株式、新株予
                          約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利の全てが当該対価
                          の確定時点の条件で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたもの
                          とみなして転換価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確
                          定した日の翌日以降、これを適用する。
                         ④ 上記①乃至③の各取引において、その権利の割当てのための基準日が
                          設定され、かつ、各取引の効力の発生が当該基準日以降の株主総会又は
                          取締役会その他当社の機関の承認を条件としているときは、上記①乃至
                          ③にかかわらず、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この
                          場合において、当該基準日の翌日から当該取引の承認があった日まで
                          に、本新株予約権を行使した新株予約権者に対しては、次の算出方法に
                          より、当社普通株式を交付するものとする。
                                    調整前転換価額
                             (調整    調整後
                                    により当該期間
                             前転換  -    転換  ×
                                    内に交付された
                         株式
                             価額    価額)
                           =  
                                    当社普通株式数
                         数 
                                 調整後転換価額
                          ただし、行使により生ずる1株未満の端数は切り捨て、現金調整は行わ
                          ない。
     新株予約権の行使時の払込金額
                         (3)  転換価額調整式により算出された調整後の転換価額と調整前の転換価
     (円) ※
                          額との差額が1円未満にとどまる限りは、転換価額の調整はこれを行わ
                          ない。ただし、その後の転換価額の調整を必要とする事由が発生し転換
                          価額を算出する場合は、転換価額調整式中の調整前転換価額に代えて、
                          調整前転換価額からこの差額を差引いた額を使用する。
                         (4)  その他
                         ① 転換価額調整式の計算については、1円未満の端数を四捨五入する。
                         ② 転換価額調整式で使用する時価は、調整後の転換価額を適用する日
                          (ただし、本欄第(2)号④の場合は基準日)に先立つ45取引日目に始まる
                          30取引日の取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値(当
                          日付けで終値のない日数を除く。)とする。この場合、平均値の計算
                          は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
                         ③ 転換価額調整式で使用する既発行株式数は、基準日がある場合はその
                          日、また、基準日がない場合は、調整後の転換価額を適用する日1か月
                          前の日における当社の発行済普通株式数から、当該日における当社の有
                          する当社普通株式の数を控除した数とする。また、本欄第(2)号②の場合
                          には、転換価額調整式で使用する交付普通株式数は、基準日における当
                          社の有する当社普通株式に割当てられる当社普通株式数を含まないもの
                          とする。
                         (5)  本欄第(2)号の転換価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる
                          場合には、当社は必要な転換価額の調整を行う。
                         ① 株式の併合、当社を存続会社とする合併、当社を承継会社(「組織再
                          編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項」欄において定義する。
                          以下同じ。)とする吸収分割、当社を完全親会社とする株式交換のため
                          に転換価額の調整を必要とするとき。
                         ② その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由
                          の発生により転換価額の調整を必要とするとき。
                         ③ 転換価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に
                          基づく調整後の転換価額の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の
                          事由による影響を考慮する必要があるとき。
                         (6)  本欄に定めるところにより転換価額の調整を行うときは、当社は、あ
                          らかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前の転換価額、調整後
                          の転換価額及びその適用の日その他必要な事項を、適用の日の前日まで
                          に本社債権者に通知する。ただし、本欄第(2)号④の場合その他適用の日
                          の前日までに前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降す
                          みやかにこれを行う。
                         自 平成26年3月18日
     新株予約権の行使期間 ※
                         至 平成32年3月18日
                                  21/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     新株予約権の行使により株式を発行す
                         発行価格        35.0
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額          17.5
     額(円) ※
                         1.各本新株予約権の一部行使はできない。
                         2.本新株予約権の行使によって、株式会社ジー・コミュニケーション又
                          はその承継会社が所有している当社又はその承継会社の株式(第三者を
     新株予約権の行使の条件 ※
                          通じて保有している当該株式を除く。)に係る議決権の数が当社又はそ
                          の承継会社の総株主の議決権の40%未満となる場合には、本新株予約権
                          の行使はできない。
                         本新株予約権付社債の譲渡については、当社取締役会決議による事前の承
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                         認を要するものとする。
                         当社が吸収合併消滅会社となる吸収合併、新設合併消滅会社となる新設合
                         併、吸収分割会社となる吸収分割、新設分割会社となる新設分割、株式交
                         換完全子会社となる株式交換、又は株式移転完全子会社となる株式移転(以
                         下「組織再編成行為」と総称する。)を行う場合は、当社は、当該組織再編
                         成行為に係る吸収合併存続会社、新設合併設立会社、吸収分割承継会社、
                         新設分割設立会社、株式交換完全親会社又は株式移転設立完全親会社(以下
                         「承継会社」と総称する。)をして、当該組織再編成行為の効力発生日の直
                         前において残存する本新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)に代
                         わり、残存本新株予約権の新株予約権者に対して、以下の条件に基づき新
                         たに承継会社の新株予約権を交付させるよう最善の努力を尽くすものとす
                         る。
                         1.新たに交付される承継会社の新株予約権の数
                          残存新株予約権の新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数
                          とする。
                         2.承継会社の新株予約権の目的たる株式の種類
                          承継会社の普通株式とする。
                         3.承継会社の新株予約権の目的たる株式の数
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                          承継会社の新株予約権の行使により交付される承継会社の普通株式の数
     付に関する事項 ※
                          は、「新株予約権の目的となる株式の数」欄の規定に基づき決定される
                          本新株予約権の目的となる株式の数に、組織再編成行為に際して定めら
                          れる株式の割当比率を乗じた数(ただし、組織再編成行為の条件等を勘
                          案して必要に応じ合理的な調整を行うものとする。)とする。
                         4.承継会社の新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその
                          価額又はその算定方法
                          承継会社の新株予約権1個の行使に際して出資される財産は、当該新株
                          予約権に係る本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とす
                          る。なお、承継会社の新株予約権の行使に際して出資の目的とされる本
                          社債は、本新株予約権の行使の効力発生と同時に償還期限が到来し、か
                          つ消滅するものとする。
                         5.承継会社の新株予約権を行使することができる期間
                          「新株予約権の行使期間」欄に規定される本新株予約権の行使期間の開
                          始日と組織再編成行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、同号に
                          規定される本新株予約権の行使期間の終了日までとする。
                         6.承継会社の新株予約権の譲渡に関する事項
                          承継会社の新株予約権の譲渡については、承継会社の承認を要するもの
                          とする。
                         本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に係る
     新株予約権の行使の際に出資の目的と                   本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とする。なお、本新株
     する財産の内容及び価額 ※                   予約権の行使に際して出資の目的とされる本社債は、本新株予約権の行使
                         の効力発生と同時に償還期限が到来し、かつ消滅するものとする。
     新株予約権付社債の残高(千円) ※                   397,753 [397,944](注)
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(平成30年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
        記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)   新株予約権付社債の額面10,000千円につき新株予約権1個が割り当てられております。
                 第10回無担保転換社債型新株予約権付社債(平成25年8月1日発行)

     決議年月日                   平成25年5月15日

                         30  (注)

     新株予約権の数(個) ※
     新株予約権のうち自己新株予約権の数
                         ―
     (個) ※
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 6,896,551
     内容及び数(株) ※
                                  22/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                         1.本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                         (1)  本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に
                          係る本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とする。なお、
                          本新株予約権の行使に際して出資の目的とされる本社債は、本新株予約
                          権の行使の効力発生と同時に償還期限が到来し、かつ消滅するものとす
                          る。
                         (2)  本新株予約権の行使により交付する当社普通株式の数を算定するにあ
                          たり用いられる1株あたりの額(以下、「転換価額」という。)は、
                          43.5円とする。
                         2.転換価額の調整
                         (1)  当社は、本新株予約権の発行後、本欄第(2)号に掲げる各事由により当
                          社普通株式が交付され、発行済普通株式数に変更を生じる場合又は変更
                          を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「転換価額調整
                          式」という。)をもって転換価額を調整する。
                                         1株
                                      交付
                                         当たり
                                      普通  ×
                                         の払込
                                  既発行
                                      株式数
                                         金額
                                    + 
                                  普通
                                 株式数 
                                       時価  
                         調整後    調整前
                         転換  =    転換  ×  
                                  既発行      交付
                                      +
                         価額     価額 
                                  普通株式数     普通株式数
                         (2) 転換価額調整式により転換価額の調整を行う場合及びその調整後の転
                          換価額の適用時期については、次に定めるところによる。
                         ① 本欄第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を
                          新たに交付する場合(ただし、当社の発行した取得請求権付株式の取得
                          と引換えに交付する場合又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約
                          権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利の請求又は行使
                          による場合を除く。)の調整後の転換価額は、払込期日(募集に際して
                          払込期間が設けられているときは、当該払込期間の最終日とする。以下
                          同じ。)の翌日以降、また、募集のための株主割当日がある場合は、そ
                          の日の翌日以降これを適用する。
                         ② 株式分割又は株式無償割当により当社普通株式を発行する場合、調整
                          後の転換価額は、株式分割のための基準日の翌日以降、当社普通株式の
                          無償割当について普通株主に割当を受ける権利を与えるための基準日が
                          あるときはその翌日以降、当社普通株式の無償割当について普通株主に
                          割当を受ける権利を与えるための基準日がないとき及び株主(普通株主
                          を除く。)に当社普通株式の無償割当をするときは当該割当の効力発生
     新株予約権の行使時の払込金額
                          日の翌日以降、それぞれこれを適用する。
     (円) ※
                         ③ 取得請求権付株式であって、その取得と引換えに本欄第(4)号②に定め
                          る時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する旨の定めがあるも
                          のを発行する場合(無償割当の場合を含む。)又は本欄第(4)号②に定め
                          る時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約
                          権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利を発行する場合
                          (無償割当の場合を含む。)、調整後の転換価額は、発行される取得請
                          求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権
                          利の全てが転換価額で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたも
                          のとみなして転換価額調整式を準用して算出するものとし、払込期日
                          (新株予約権又は新株予約権付社債の場合は割当日、無償割当の場合は
                          効力発生日)の翌日以降これを適用する。
                          ただし、その権利の割当のための基準日がある場合は、その日の翌日以
                          降これを適用する。
                          上記にかかわらず、請求又は行使に際して交付される当社普通株式の対
                          価が取得請求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の
                          証券又は権利が発行された時点で確定していない場合、調整後の転換価
                          額は、当該対価の確定時点で発行されている取得請求権付株式、新株予
                          約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利の全てが当該対価
                          の確定時点の条件で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたもの
                          とみなして転換価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確
                          定した日の翌日以降、これを適用する。
                         ④ 上記①乃至③の各取引において、その権利の割当てのための基準日が
                          設定され、かつ、各取引の効力の発生が当該基準日以降の株主総会又は
                          取締役会その他当社の機関の承認を条件としているときは、上記①乃至
                          ③にかかわらず、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この
                          場合において、当該基準日の翌日から当該取引の承認があった日まで
                          に、本新株予約権を行使した新株予約権者に対しては、次の算出方法に
                          より、当社普通株式を交付するものとする。
                                    調整前転換価額
                             (調整    調整後
                                    により当該期間
                             前転換  -    転換  ×
                                    内に交付された
                         株式
                             価額    価額)
                           =  
                                    当社普通株式数
                         数 
                                 調整後転換価額
                          ただし、行使により生ずる1株未満の端数は切り捨て、現金調整は行わ
                          ない。
                                  23/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                         (3)  転換価額調整式により算出された調整後の転換価額と調整前の転換価
                          額との差額が1円未満にとどまる限りは、転換価額の調整はこれを行わ
                          ない。ただし、その後の転換価額の調整を必要とする事由が発生し転換
                          価額を算出する場合は、転換価額調整式中の調整前転換価額に代えて、
                          調整前転換価額からこの差額を差引いた額を使用する。
                         (4)  その他
                         ① 転換価額調整式の計算については、1円未満の端数を四捨五入する。
                         ② 転換価額調整式で使用する時価は、調整後の転換価額を適用する日
                          (ただし、本欄第(2)号④の場合は基準日)に先立つ45取引日目に始まる
                          30取引日の取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値(当
                          日付けで終値のない日数を除く。)とする。この場合、平均値の計算
                          は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
                         ③ 転換価額調整式で使用する既発行株式数は、基準日がある場合はその
                          日、また、基準日がない場合は、調整後の転換価額を適用する日1か月
                          前の日における当社の発行済普通株式数から、当該日における当社の有
                          する当社普通株式の数を控除した数とする。また、本欄第(2)号②の場合
                          には、転換価額調整式で使用する交付普通株式数は、基準日における当
     新株予約権の行使時の払込金額                     社の有する当社普通株式に割当てられる当社普通株式数を含まないもの
     (円) ※                     とする。
                         (5)  本欄第(2)号の転換価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる
                          場合には、当社は必要な転換価額の調整を行う。
                         ① 株式の併合、当社を存続会社とする合併、当社を承継会社(「組織再
                          編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項」欄において定義する。
                          以下同じ。)とする吸収分割、当社を完全親会社とする株式交換のため
                          に転換価額の調整を必要とするとき。
                         ② その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由
                          の発生により転換価額の調整を必要とするとき。
                         ③ 転換価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に
                          基づく調整後の転換価額の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の
                          事由による影響を考慮する必要があるとき。
                         (6)  本欄に定めるところにより転換価額の調整を行うときは、当社は、あ
                          らかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前の転換価額、調整後
                          の転換価額及びその適用の日その他必要な事項を、適用の日の前日まで
                          に本社債権者に通知する。ただし、本欄第(2)号④の場合その他適用の日
                          の前日までに前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降す
                          みやかにこれを行う。
                         自 平成25年8月1日
     新株予約権の行使期間 ※
                         至 平成32年3月18日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                         発行価格        43.5
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額          22
     額(円) ※
                         1.各本新株予約権の一部行使はできない。
                         2.本新株予約権の行使によって、株式会社ジー・コミュニケーション又
                          はその承継会社が所有している当社又はその承継会社の株式(第三者を
     新株予約権の行使の条件 ※
                          通じて保有している当該株式を除く。)に係る議決権の数が当社又はそ
                          の承継会社の総株主の議決権の40%未満となる場合には、本新株予約権
                          の行使はできない。
                         本新株予約権付社債の譲渡については、当社取締役会決議による事前の承
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                         認を要するものとする。
                         当社が吸収合併消滅会社となる吸収合併、新設合併消滅会社となる新設合
                         併、吸収分割会社となる吸収分割、新設分割会社となる新設分割、株式交
                         換完全子会社となる株式交換、又は株式移転完全子会社となる株式移転(以
                         下「組織再編成行為」と総称する。)を行う場合は、当社は、当該組織再編
                         成行為に係る吸収合併存続会社、新設合併設立会社、吸収分割承継会社、
                         新設分割設立会社、株式交換完全親会社又は株式移転設立完全親会社(以下
                         「承継会社」と総称する。)をして、当該組織再編成行為の効力発生日の直
                         前において残存する本新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)に代
                         わり、残存本新株予約権の新株予約権者に対して、以下の条件に基づき新
                         たに承継会社の新株予約権を交付させるよう最善の努力を尽くすものとす
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                         る。
     付に関する事項 ※
                         1.新たに交付される承継会社の新株予約権の数
                          残存新株予約権の新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数
                          とする。
                         2.承継会社の新株予約権の目的たる株式の種類
                          承継会社の普通株式とする。
                         3.承継会社の新株予約権の目的たる株式の数
                          承継会社の新株予約権の行使により交付される承継会社の普通株式の数
                          は、「新株予約権の目的となる株式の数」欄の規定に基づき決定される
                          本新株予約権の目的となる株式の数に、組織再編成行為に際して定めら
                          れる株式の割当比率を乗じた数(ただし、組織再編成行為の条件等を勘
                          案して必要に応じ合理的な調整を行うものとする。)とする。
                                  24/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                         4.承継会社の新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその
                          価額又はその算定方法
                          承継会社の新株予約権1個の行使に際して出資される財産は、当該新株
                          予約権に係る本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とす
                          る。なお、承継会社の新株予約権の行使に際して出資の目的とされる本
                          社債は、本新株予約権の行使の効力発生と同時に償還期限が到来し、か
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                          つ消滅するものとする。
                         5.承継会社の新株予約権を行使することができる期間
     付に関する事項 ※
                          「新株予約権の行使期間」欄に規定される本新株予約権の行使期間の開
                          始日と組織再編成行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、同号に
                          規定される本新株予約権の行使期間の終了日までとする。
                         6.承継会社の新株予約権の譲渡に関する事項
                          承継会社の新株予約権の譲渡については、承継会社の承認を要するもの
                          とする。
                         本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に係る
     新株予約権の行使の際に出資の目的と                   本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とする。なお、本新株
     する財産の内容及び価額 ※                   予約権の行使に際して出資の目的とされる本社債は、本新株予約権の行使
                         の効力発生と同時に償還期限が到来し、かつ消滅するものとする。
     新株予約権付社債の残高(千円) ※                   298,315 [298,458](注)
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(平成30年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
        記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)   新株予約権付社債の額面10,000千円につき新株予約権1個が割り当てられております。
                 第11回無担保転換社債型新株予約権付社債(平成25年8月1日発行)

     決議年月日                   平成25年5月15日

                         30  (注)

     新株予約権の数(個) ※
     新株予約権のうち自己新株予約権の数
                         ―
     (個) ※
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 6,896,551
     内容及び数(株) ※
                         1.本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                         (1)  本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に
                          係る本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とする。なお、
                          本新株予約権の行使に際して出資の目的とされる本社債は、本新株予約
                          権の行使の効力発生と同時に償還期限が到来し、かつ消滅するものとす
                          る。
                         (2)  本新株予約権の行使により交付する当社普通株式の数を算定するにあ
                          たり用いられる1株あたりの額(以下、「転換価額」という。)は、
                          43.5円とする。
                         2.転換価額の調整
                         (1)  当社は、本新株予約権の発行後、本欄第(2)号に掲げる各事由により当
                          社普通株式が交付され、発行済普通株式数に変更を生じる場合又は変更
                          を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「転換価額調整
                          式」という。)をもって転換価額を調整する。
                                         1株
                                      交付
                                         当たり
                                      普通  ×
                                         の払込
                                  既発行
                                      株式数
                                         金額
                                    + 
                                  普通
                                 株式数 
                                       時価  
                         調整後    調整前
     新株予約権の行使時の払込金額
                         転換  =    転換  ×  
                                  既発行      交付
                                      +
     (円) ※
                         価額     価額 
                                  普通株式数     普通株式数
                         (2) 転換価額調整式により転換価額の調整を行う場合及びその調整後の転
                          換価額の適用時期については、次に定めるところによる。
                         ① 本欄第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を
                          新たに交付する場合(ただし、当社の発行した取得請求権付株式の取得
                          と引換えに交付する場合又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約
                          権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利の請求又は行使
                          による場合を除く。)の調整後の転換価額は、払込期日(募集に際して
                          払込期間が設けられているときは、当該払込期間の最終日とする。以下
                          同じ。)の翌日以降、また、募集のための株主割当日がある場合は、そ
                          の日の翌日以降これを適用する。
                         ② 株式分割又は株式無償割当により当社普通株式を発行する場合、調整
                          後の転換価額は、株式分割のための基準日の翌日以降、当社普通株式の
                          無償割当について普通株主に割当を受ける権利を与えるための基準日が
                          あるときはその翌日以降、当社普通株式の無償割当について普通株主に
                          割当を受ける権利を与えるための基準日がないとき及び株主(普通株主
                          を除く。)に当社普通株式の無償割当をするときは当該割当の効力発生
                          日の翌日以降、それぞれこれを適用する。
                                  25/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                         ③ 取得請求権付株式であって、その取得と引換えに本欄第(4)号②に定め
                          る時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する旨の定めがあるも
                          のを発行する場合(無償割当の場合を含む。)又は本欄第(4)号②に定め
                          る時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約
                          権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利を発行する場合
                          (無償割当の場合を含む。)、調整後の転換価額は、発行される取得請
                          求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権
                          利の全てが転換価額で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたも
                          のとみなして転換価額調整式を準用して算出するものとし、払込期日
                          (新株予約権又は新株予約権付社債の場合は割当日、無償割当の場合は
                          効力発生日)の翌日以降これを適用する。
                          ただし、その権利の割当のための基準日がある場合は、その日の翌日以
                          降これを適用する。
                          上記にかかわらず、請求又は行使に際して交付される当社普通株式の対
                          価が取得請求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の
                          証券又は権利が発行された時点で確定していない場合、調整後の転換価
                          額は、当該対価の確定時点で発行されている取得請求権付株式、新株予
                          約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利の全てが当該対価
                          の確定時点の条件で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたもの
                          とみなして転換価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確
                          定した日の翌日以降、これを適用する。
                         ④ 上記①乃至③の各取引において、その権利の割当てのための基準日が
                          設定され、かつ、各取引の効力の発生が当該基準日以降の株主総会又は
                          取締役会その他当社の機関の承認を条件としているときは、上記①乃至
                          ③にかかわらず、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この
                          場合において、当該基準日の翌日から当該取引の承認があった日まで
                          に、本新株予約権を行使した新株予約権者に対しては、次の算出方法に
                          より、当社普通株式を交付するものとする。
                                    調整前転換価額
                             (調整    調整後
                                    により当該期間
                             前転換  -    転換  ×
                                    内に交付された
                         株式
                             価額    価額)
                           =  
                                    当社普通株式数
                         数 
                                 調整後転換価額
                          ただし、行使により生ずる1株未満の端数は切り捨て、現金調整は行わ
                          ない。
     新株予約権の行使時の払込金額
                         (3)  転換価額調整式により算出された調整後の転換価額と調整前の転換価
     (円) ※
                          額との差額が1円未満にとどまる限りは、転換価額の調整はこれを行わ
                          ない。ただし、その後の転換価額の調整を必要とする事由が発生し転換
                          価額を算出する場合は、転換価額調整式中の調整前転換価額に代えて、
                          調整前転換価額からこの差額を差引いた額を使用する。
                         (4)  その他
                         ① 転換価額調整式の計算については、1円未満の端数を四捨五入する。
                         ② 転換価額調整式で使用する時価は、調整後の転換価額を適用する日
                          (ただし、本欄第(2)号④の場合は基準日)に先立つ45取引日目に始まる
                          30取引日の取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値(当
                          日付けで終値のない日数を除く。)とする。この場合、平均値の計算
                          は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
                         ③ 転換価額調整式で使用する既発行株式数は、基準日がある場合はその
                          日、また、基準日がない場合は、調整後の転換価額を適用する日1か月
                          前の日における当社の発行済普通株式数から、当該日における当社の有
                          する当社普通株式の数を控除した数とする。また、本欄第(2)号②の場合
                          には、転換価額調整式で使用する交付普通株式数は、基準日における当
                          社の有する当社普通株式に割当てられる当社普通株式数を含まないもの
                          とする。
                         (5)  本欄第(2)号の転換価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる
                          場合には、当社は必要な転換価額の調整を行う。
                         ① 株式の併合、当社を存続会社とする合併、当社を承継会社(「組織再
                          編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項」欄において定義する。
                          以下同じ。)とする吸収分割、当社を完全親会社とする株式交換のため
                          に転換価額の調整を必要とするとき。
                         ② その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由
                          の発生により転換価額の調整を必要とするとき。
                         ③ 転換価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に
                          基づく調整後の転換価額の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の
                          事由による影響を考慮する必要があるとき。
                         (6)  本欄に定めるところにより転換価額の調整を行うときは、当社は、あ
                          らかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前の転換価額、調整後
                          の転換価額及びその適用の日その他必要な事項を、適用の日の前日まで
                          に本社債権者に通知する。ただし、本欄第(2)号④の場合その他適用の日
                          の前日までに前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降す
                          みやかにこれを行う。
                         自 平成26年3月18日
     新株予約権の行使期間 ※
                         至 平成32年3月18日
                                  26/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     新株予約権の行使により株式を発行す
                         発行価格        43.5
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額          22
     額(円) ※
                         1.各本新株予約権の一部行使はできない。
                         2.本新株予約権の行使によって、株式会社ジー・コミュニケーション又
                          はその承継会社が所有している当社又はその承継会社の株式(第三者を
     新株予約権の行使の条件 ※
                          通じて保有している当該株式を除く。)に係る議決権の数が当社又はそ
                          の承継会社の総株主の議決権の40%未満となる場合には、本新株予約権
                          の行使はできない。
                         本新株予約権付社債の譲渡については、当社取締役会決議による事前の承
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                         認を要するものとする。
                         当社が吸収合併消滅会社となる吸収合併、新設合併消滅会社となる新設合
                         併、吸収分割会社となる吸収分割、新設分割会社となる新設分割、株式交
                         換完全子会社となる株式交換、又は株式移転完全子会社となる株式移転(以
                         下「組織再編成行為」と総称する。)を行う場合は、当社は、当該組織再編
                         成行為に係る吸収合併存続会社、新設合併設立会社、吸収分割承継会社、
                         新設分割設立会社、株式交換完全親会社又は株式移転設立完全親会社(以下
                         「承継会社」と総称する。)をして、当該組織再編成行為の効力発生日の直
                         前において残存する本新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)に代
                         わり、残存本新株予約権の新株予約権者に対して、以下の条件に基づき新
                         たに承継会社の新株予約権を交付させるよう最善の努力を尽くすものとす
                         る。
                         1.新たに交付される承継会社の新株予約権の数
                          残存新株予約権の新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数
                          とする。
                         2.承継会社の新株予約権の目的たる株式の種類
                          承継会社の普通株式とする。
                         3.承継会社の新株予約権の目的たる株式の数
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                          承継会社の新株予約権の行使により交付される承継会社の普通株式の数
     付に関する事項 ※
                          は、「新株予約権の目的となる株式の数」欄の規定に基づき決定される
                          本新株予約権の目的となる株式の数に、組織再編成行為に際して定めら
                          れる株式の割当比率を乗じた数(ただし、組織再編成行為の条件等を勘
                          案して必要に応じ合理的な調整を行うものとする。)とする。
                         4.承継会社の新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその
                          価額又はその算定方法
                          承継会社の新株予約権1個の行使に際して出資される財産は、当該新株
                          予約権に係る本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とす
                          る。なお、承継会社の新株予約権の行使に際して出資の目的とされる本
                          社債は、本新株予約権の行使の効力発生と同時に償還期限が到来し、か
                          つ消滅するものとする。
                         5.承継会社の新株予約権を行使することができる期間
                          「新株予約権の行使期間」欄に規定される本新株予約権の行使期間の開
                          始日と組織再編成行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、同号に
                          規定される本新株予約権の行使期間の終了日までとする。
                         6.承継会社の新株予約権の譲渡に関する事項
                          承継会社の新株予約権の譲渡については、承継会社の承認を要するもの
                          とする。
                         本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に係る
     新株予約権の行使の際に出資の目的と                   本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とする。なお、本新株
     する財産の内容及び価額 ※                   予約権の行使に際して出資の目的とされる本社債は、本新株予約権の行使
                         の効力発生と同時に償還期限が到来し、かつ消滅するものとする。
     新株予約権付社債の残高(千円) ※                   298,315 [298,458](注)
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(平成30年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
        記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)   新株予約権付社債の額面10,000千円につき新株予約権1個が割り当てられております。
                 第13回無担保転換社債型新株予約権付社債(平成25年8月1日発行)

     決議年月日                   平成25年5月15日

                         30  (注)

     新株予約権の数(個) ※
     新株予約権のうち自己新株予約権の数
                         ―
     (個) ※
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 7,334,963
     内容及び数(株) ※
                                  27/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                         1.本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                         (1)  本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に
                          係る本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とする。なお、
                          本新株予約権の行使に際して出資の目的とされる本社債は、本新株予約
                          権の行使の効力発生と同時に償還期限が到来し、かつ消滅するものとす
                          る。
                         (2)  本新株予約権の行使により交付する当社普通株式の数を算定するにあ
                          たり用いられる1株あたりの額(以下、「転換価額」という。)は、
                          40.9円とする。
                         2.転換価額の調整
                         (1)  当社は、本新株予約権の発行後、本欄第(2)号に掲げる各事由により当
                          社普通株式が交付され、発行済普通株式数に変更を生じる場合又は変更
                          を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「転換価額調整
                          式」という。)をもって転換価額を調整する。
                                         1株
                                      交付
                                         当たり
                                      普通  ×
                                         の払込
                                  既発行
                                      株式数
                                         金額
                                    + 
                                  普通
                                 株式数 
                                       時価  
                         調整後    調整前
                         転換  =    転換  ×  
                                  既発行      交付
                                      +
                         価額     価額 
                                  普通株式数     普通株式数
                         (2) 転換価額調整式により転換価額の調整を行う場合及びその調整後の転
                          換価額の適用時期については、次に定めるところによる。
                         ① 本欄第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を
                          新たに交付する場合(ただし、当社の発行した取得請求権付株式の取得
                          と引換えに交付する場合又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約
                          権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利の請求又は行使
                          による場合を除く。)の調整後の転換価額は、払込期日(募集に際して
                          払込期間が設けられているときは、当該払込期間の最終日とする。以下
                          同じ。)の翌日以降、また、募集のための株主割当日がある場合は、そ
                          の日の翌日以降これを適用する。
                         ② 株式分割又は株式無償割当により当社普通株式を発行する場合、調整
                          後の転換価額は、株式分割のための基準日の翌日以降、当社普通株式の
                          無償割当について普通株主に割当を受ける権利を与えるための基準日が
                          あるときはその翌日以降、当社普通株式の無償割当について普通株主に
                          割当を受ける権利を与えるための基準日がないとき及び株主(普通株主
                          を除く。)に当社普通株式の無償割当をするときは当該割当の効力発生
     新株予約権の行使時の払込金額
                          日の翌日以降、それぞれこれを適用する。
     (円) ※
                         ③ 取得請求権付株式であって、その取得と引換えに本欄第(4)号②に定め
                          る時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する旨の定めがあるも
                          のを発行する場合(無償割当の場合を含む。)又は本欄第(4)号②に定め
                          る時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約
                          権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利を発行する場合
                          (無償割当の場合を含む。)、調整後の転換価額は、発行される取得請
                          求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権
                          利の全てが転換価額で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたも
                          のとみなして転換価額調整式を準用して算出するものとし、払込期日
                          (新株予約権又は新株予約権付社債の場合は割当日、無償割当の場合は
                          効力発生日)の翌日以降これを適用する。
                          ただし、その権利の割当のための基準日がある場合は、その日の翌日以
                          降これを適用する。
                          上記にかかわらず、請求又は行使に際して交付される当社普通株式の対
                          価が取得請求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の
                          証券又は権利が発行された時点で確定していない場合、調整後の転換価
                          額は、当該対価の確定時点で発行されている取得請求権付株式、新株予
                          約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利の全てが当該対価
                          の確定時点の条件で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたもの
                          とみなして転換価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確
                          定した日の翌日以降、これを適用する。
                         ④ 上記①乃至③の各取引において、その権利の割当てのための基準日が
                          設定され、かつ、各取引の効力の発生が当該基準日以降の株主総会又は
                          取締役会その他当社の機関の承認を条件としているときは、上記①乃至
                          ③にかかわらず、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この
                          場合において、当該基準日の翌日から当該取引の承認があった日まで
                          に、本新株予約権を行使した新株予約権者に対しては、次の算出方法に
                          より、当社普通株式を交付するものとする。
                                    調整前転換価額
                             (調整    調整後
                                    により当該期間
                             前転換  -    転換  ×
                                    内に交付された
                         株式
                             価額    価額)
                           =  
                                    当社普通株式数
                         数 
                                 調整後転換価額
                          ただし、行使により生ずる1株未満の端数は切り捨て、現金調整は行わ
                          ない。
                                  28/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                         (3)  転換価額調整式により算出された調整後の転換価額と調整前の転換価
                          額との差額が1円未満にとどまる限りは、転換価額の調整はこれを行わ
                          ない。ただし、その後の転換価額の調整を必要とする事由が発生し転換
                          価額を算出する場合は、転換価額調整式中の調整前転換価額に代えて、
                          調整前転換価額からこの差額を差引いた額を使用する。
                         (4)  その他
                         ① 転換価額調整式の計算については、1円未満の端数を四捨五入する。
                         ② 転換価額調整式で使用する時価は、調整後の転換価額を適用する日
                          (ただし、本欄第(2)号④の場合は基準日)に先立つ45取引日目に始まる
                          30取引日の取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値(当
                          日付けで終値のない日数を除く。)とする。この場合、平均値の計算
                          は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
                         ③ 転換価額調整式で使用する既発行株式数は、基準日がある場合はその
                          日、また、基準日がない場合は、調整後の転換価額を適用する日1か月
                          前の日における当社の発行済普通株式数から、当該日における当社の有
                          する当社普通株式の数を控除した数とする。また、本欄第(2)号②の場合
                          には、転換価額調整式で使用する交付普通株式数は、基準日における当
     新株予約権の行使時の払込金額                     社の有する当社普通株式に割当てられる当社普通株式数を含まないもの
     (円) ※                     とする。
                         (5)  本欄第(2)号の転換価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる
                          場合には、当社は必要な転換価額の調整を行う。
                         ① 株式の併合、当社を存続会社とする合併、当社を承継会社(「組織再
                          編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項」欄において定義する。
                          以下同じ。)とする吸収分割、当社を完全親会社とする株式交換のため
                          に転換価額の調整を必要とするとき。
                         ② その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由
                          の発生により転換価額の調整を必要とするとき。
                         ③ 転換価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に
                          基づく調整後の転換価額の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の
                          事由による影響を考慮する必要があるとき。
                         (6)  本欄に定めるところにより転換価額の調整を行うときは、当社は、あ
                          らかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前の転換価額、調整後
                          の転換価額及びその適用の日その他必要な事項を、適用の日の前日まで
                          に本社債権者に通知する。ただし、本欄第(2)号④の場合その他適用の日
                          の前日までに前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降す
                          みやかにこれを行う。
                         自 平成25年8月1日
     新株予約権の行使期間 ※
                         至 平成32年3月18日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                         発行価格        40.9
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額          21
     額(円) ※
                         1.各本新株予約権の一部行使はできない。
                         2.本新株予約権の行使によって、株式会社ジー・コミュニケーション又
                          はその承継会社が所有している当社又はその承継会社の株式(第三者を
     新株予約権の行使の条件 ※
                          通じて保有している当該株式を除く。)に係る議決権の数が当社又はそ
                          の承継会社の総株主の議決権の40%未満となる場合には、本新株予約権
                          の行使はできない。
                         本新株予約権付社債の譲渡については、当社取締役会決議による事前の承
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                         認を要するものとする。
                         当社が吸収合併消滅会社となる吸収合併、新設合併消滅会社となる新設合
                         併、吸収分割会社となる吸収分割、新設分割会社となる新設分割、株式交
                         換完全子会社となる株式交換、又は株式移転完全子会社となる株式移転(以
                         下「組織再編成行為」と総称する。)を行う場合は、当社は、当該組織再編
                         成行為に係る吸収合併存続会社、新設合併設立会社、吸収分割承継会社、
                         新設分割設立会社、株式交換完全親会社又は株式移転設立完全親会社(以下
                         「承継会社」と総称する。)をして、当該組織再編成行為の効力発生日の直
                         前において残存する本新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)に代
                         わり、残存本新株予約権の新株予約権者に対して、以下の条件に基づき新
                         たに承継会社の新株予約権を交付させるよう最善の努力を尽くすものとす
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                         る。
     付に関する事項 ※
                         1.新たに交付される承継会社の新株予約権の数
                          残存新株予約権の新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数
                          とする。
                         2.承継会社の新株予約権の目的たる株式の種類
                          承継会社の普通株式とする。
                         3.承継会社の新株予約権の目的たる株式の数
                          承継会社の新株予約権の行使により交付される承継会社の普通株式の数
                          は、「新株予約権の目的となる株式の数」欄の規定に基づき決定される
                          本新株予約権の目的となる株式の数に、組織再編成行為に際して定めら
                          れる株式の割当比率を乗じた数(ただし、組織再編成行為の条件等を勘
                          案して必要に応じ合理的な調整を行うものとする。)とする。
                                  29/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                         4.承継会社の新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその
                          価額又はその算定方法
                          承継会社の新株予約権1個の行使に際して出資される財産は、当該新株
                          予約権に係る本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とす
                          る。なお、承継会社の新株予約権の行使に際して出資の目的とされる本
                          社債は、本新株予約権の行使の効力発生と同時に償還期限が到来し、か
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                          つ消滅するものとする。
                         5.承継会社の新株予約権を行使することができる期間
     付に関する事項 ※
                          「新株予約権の行使期間」欄に規定される本新株予約権の行使期間の開
                          始日と組織再編成行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、同号に
                          規定される本新株予約権の行使期間の終了日までとする。
                         6.承継会社の新株予約権の譲渡に関する事項
                          承継会社の新株予約権の譲渡については、承継会社の承認を要するもの
                          とする。
                         本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に係る
     新株予約権の行使の際に出資の目的と                   本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とする。なお、本新株
     する財産の内容及び価額 ※                   予約権の行使に際して出資の目的とされる本社債は、本新株予約権の行使
                         の効力発生と同時に償還期限が到来し、かつ消滅するものとする。
     新株予約権付社債の残高(千円) ※                   298,315 [298,458](注)
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(平成30年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
        記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)   新株予約権付社債の額面10,000千円につき新株予約権1個が割り当てられております。
                 第14回無担保転換社債型新株予約権付社債(平成25年8月1日発行)

     決議年月日                   平成25年5月15日

                         30  (注)

     新株予約権の数(個) ※
     新株予約権のうち自己新株予約権の数
                         ―
     (個) ※
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 7,334,963
     内容及び数(株) ※
                         1.本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                         (1)  本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に
                          係る本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とする。なお、
                          本新株予約権の行使に際して出資の目的とされる本社債は、本新株予約
                          権の行使の効力発生と同時に償還期限が到来し、かつ消滅するものとす
                          る。
                         (2)  本新株予約権の行使により交付する当社普通株式の数を算定するにあ
                          たり用いられる1株あたりの額(以下、「転換価額」という。)は、
                          40.9円とする。
                         2.転換価額の調整
                         (1)  当社は、本新株予約権の発行後、本欄第(2)号に掲げる各事由により当
                          社普通株式が交付され、発行済普通株式数に変更を生じる場合又は変更
                          を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「転換価額調整
                          式」という。)をもって転換価額を調整する。
                                         1株
                                      交付
                                         当たり
                                      普通  ×
                                         の払込
                                  既発行
                                      株式数
                                         金額
                                    + 
                                  普通
                                 株式数 
                                       時価  
                         調整後    調整前
     新株予約権の行使時の払込金額
                         転換  =    転換  ×  
                                  既発行      交付
                                      +
     (円) ※
                         価額     価額 
                                  普通株式数     普通株式数
                         (2) 転換価額調整式により転換価額の調整を行う場合及びその調整後の転
                          換価額の適用時期については、次に定めるところによる。
                         ① 本欄第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を
                          新たに交付する場合(ただし、当社の発行した取得請求権付株式の取得
                          と引換えに交付する場合又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約
                          権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利の請求又は行使
                          による場合を除く。)の調整後の転換価額は、払込期日(募集に際して
                          払込期間が設けられているときは、当該払込期間の最終日とする。以下
                          同じ。)の翌日以降、また、募集のための株主割当日がある場合は、そ
                          の日の翌日以降これを適用する。
                         ② 株式分割又は株式無償割当により当社普通株式を発行する場合、調整
                          後の転換価額は、株式分割のための基準日の翌日以降、当社普通株式の
                          無償割当について普通株主に割当を受ける権利を与えるための基準日が
                          あるときはその翌日以降、当社普通株式の無償割当について普通株主に
                          割当を受ける権利を与えるための基準日がないとき及び株主(普通株主
                          を除く。)に当社普通株式の無償割当をするときは当該割当の効力発生
                          日の翌日以降、それぞれこれを適用する。
                                  30/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                         ③ 取得請求権付株式であって、その取得と引換えに本欄第(4)号②に定め
                          る時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する旨の定めがあるも
                          のを発行する場合(無償割当の場合を含む。)又は本欄第(4)号②に定め
                          る時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約
                          権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利を発行する場合
                          (無償割当の場合を含む。)、調整後の転換価額は、発行される取得請
                          求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権
                          利の全てが転換価額で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたも
                          のとみなして転換価額調整式を準用して算出するものとし、払込期日
                          (新株予約権又は新株予約権付社債の場合は割当日、無償割当の場合は
                          効力発生日)の翌日以降これを適用する。
                          ただし、その権利の割当のための基準日がある場合は、その日の翌日以
                          降これを適用する。
                          上記にかかわらず、請求又は行使に際して交付される当社普通株式の対
                          価が取得請求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の
                          証券又は権利が発行された時点で確定していない場合、調整後の転換価
                          額は、当該対価の確定時点で発行されている取得請求権付株式、新株予
                          約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利の全てが当該対価
                          の確定時点の条件で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたもの
                          とみなして転換価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確
                          定した日の翌日以降、これを適用する。
                         ④ 上記①乃至③の各取引において、その権利の割当てのための基準日が
                          設定され、かつ、各取引の効力の発生が当該基準日以降の株主総会又は
                          取締役会その他当社の機関の承認を条件としているときは、上記①乃至
                          ③にかかわらず、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この
                          場合において、当該基準日の翌日から当該取引の承認があった日まで
                          に、本新株予約権を行使した新株予約権者に対しては、次の算出方法に
                          より、当社普通株式を交付するものとする。
                                    調整前転換価額
                             (調整    調整後
                                    により当該期間
                             前転換  -    転換  ×
                                    内に交付された
                         株式
                             価額    価額)
                           =  
                                    当社普通株式数
                         数 
                                 調整後転換価額
                          ただし、行使により生ずる1株未満の端数は切り捨て、現金調整は行わ
                          ない。
     新株予約権の行使時の払込金額
                         (3)  転換価額調整式により算出された調整後の転換価額と調整前の転換価
     (円) ※
                          額との差額が1円未満にとどまる限りは、転換価額の調整はこれを行わ
                          ない。ただし、その後の転換価額の調整を必要とする事由が発生し転換
                          価額を算出する場合は、転換価額調整式中の調整前転換価額に代えて、
                          調整前転換価額からこの差額を差引いた額を使用する。
                         (4)  その他
                         ① 転換価額調整式の計算については、1円未満の端数を四捨五入する。
                         ② 転換価額調整式で使用する時価は、調整後の転換価額を適用する日
                          (ただし、本欄第(2)号④の場合は基準日)に先立つ45取引日目に始まる
                          30取引日の取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値(当
                          日付けで終値のない日数を除く。)とする。この場合、平均値の計算
                          は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
                         ③ 転換価額調整式で使用する既発行株式数は、基準日がある場合はその
                          日、また、基準日がない場合は、調整後の転換価額を適用する日1か月
                          前の日における当社の発行済普通株式数から、当該日における当社の有
                          する当社普通株式の数を控除した数とする。また、本欄第(2)号②の場合
                          には、転換価額調整式で使用する交付普通株式数は、基準日における当
                          社の有する当社普通株式に割当てられる当社普通株式数を含まないもの
                          とする。
                         (5)  本欄第(2)号の転換価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる
                          場合には、当社は必要な転換価額の調整を行う。
                         ① 株式の併合、当社を存続会社とする合併、当社を承継会社(「組織再
                          編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項」欄において定義する。
                          以下同じ。)とする吸収分割、当社を完全親会社とする株式交換のため
                          に転換価額の調整を必要とするとき。
                         ② その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由
                          の発生により転換価額の調整を必要とするとき。
                         ③ 転換価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に
                          基づく調整後の転換価額の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の
                          事由による影響を考慮する必要があるとき。
                         (6)  本欄に定めるところにより転換価額の調整を行うときは、当社は、あ
                          らかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前の転換価額、調整後
                          の転換価額及びその適用の日その他必要な事項を、適用の日の前日まで
                          に本社債権者に通知する。ただし、本欄第(2)号④の場合その他適用の日
                          の前日までに前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降す
                          みやかにこれを行う。
                         自 平成26年3月18日
     新株予約権の行使期間 ※
                         至 平成32年3月18日
                                  31/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     新株予約権の行使により株式を発行す
                         発行価格        40.9
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額          21
     額(円) ※
                         1.各本新株予約権の一部行使はできない。
                         2.本新株予約権の行使によって、株式会社ジー・コミュニケーション又
                          はその承継会社が所有している当社又はその承継会社の株式(第三者を
     新株予約権の行使の条件 ※
                          通じて保有している当該株式を除く。)に係る議決権の数が当社又はそ
                          の承継会社の総株主の議決権の40%未満となる場合には、本新株予約権
                          の行使はできない。
                         本新株予約権付社債の譲渡については、当社取締役会決議による事前の承
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                         認を要するものとする。
                         当社が吸収合併消滅会社となる吸収合併、新設合併消滅会社となる新設合
                         併、吸収分割会社となる吸収分割、新設分割会社となる新設分割、株式交
                         換完全子会社となる株式交換、又は株式移転完全子会社となる株式移転(以
                         下「組織再編成行為」と総称する。)を行う場合は、当社は、当該組織再編
                         成行為に係る吸収合併存続会社、新設合併設立会社、吸収分割承継会社、
                         新設分割設立会社、株式交換完全親会社又は株式移転設立完全親会社(以下
                         「承継会社」と総称する。)をして、当該組織再編成行為の効力発生日の直
                         前において残存する本新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)に代
                         わり、残存本新株予約権の新株予約権者に対して、以下の条件に基づき新
                         たに承継会社の新株予約権を交付させるよう最善の努力を尽くすものとす
                         る。
                         1.新たに交付される承継会社の新株予約権の数
                          残存新株予約権の新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数
                          とする。
                         2.承継会社の新株予約権の目的たる株式の種類
                          承継会社の普通株式とする。
                         3.承継会社の新株予約権の目的たる株式の数
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                          承継会社の新株予約権の行使により交付される承継会社の普通株式の数
     付に関する事項 ※
                          は、「新株予約権の目的となる株式の数」欄の規定に基づき決定される
                          本新株予約権の目的となる株式の数に、組織再編成行為に際して定めら
                          れる株式の割当比率を乗じた数(ただし、組織再編成行為の条件等を勘
                          案して必要に応じ合理的な調整を行うものとする。)とする。
                         4.承継会社の新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその
                          価額又はその算定方法
                          承継会社の新株予約権1個の行使に際して出資される財産は、当該新株
                          予約権に係る本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とす
                          る。なお、承継会社の新株予約権の行使に際して出資の目的とされる本
                          社債は、本新株予約権の行使の効力発生と同時に償還期限が到来し、か
                          つ消滅するものとする。
                         5.承継会社の新株予約権を行使することができる期間
                          「新株予約権の行使期間」欄に規定される本新株予約権の行使期間の開
                          始日と組織再編成行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、同号に
                          規定される本新株予約権の行使期間の終了日までとする。
                         6.承継会社の新株予約権の譲渡に関する事項
                          承継会社の新株予約権の譲渡については、承継会社の承認を要するもの
                          とする。
                         本新株予約権の行使に際して出資される財産は、当該本新株予約権に係る
     新株予約権の行使の際に出資の目的と                   本社債とし、当該社債の価額はその額面金額と同額とする。なお、本新株
     する財産の内容及び価額 ※                   予約権の行使に際して出資の目的とされる本社債は、本新株予約権の行使
                         の効力発生と同時に償還期限が到来し、かつ消滅するものとする。
     新株予約権付社債の残高(千円) ※                   298,315 [298,458](注)
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(平成30年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
        記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)   新株予約権付社債の額面10,000千円につき新株予約権1個が割り当てられております。
                                  32/110






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

           年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                    (千株)       (千株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
       平成25年8月1日
                      94,005      168,369     △1,685,195         100,000     △1,748,494         100,000
       (注)1
       平成26年5月1日~
                      3,022      171,391       142,500       242,500       142,500       242,500
       平成26年7月31日
       (注)2
       平成26年12月1日~
                      25,660      197,051       500,000       742,500       500,000       742,500
       平成26年12月31日
       (注)3
       平成27年3月24日
                        ―    197,051      △642,500        100,000      △642,500        100,000
       (注)4
       (注)   1.平成25年8月1日の発行済株式総数の増加は、株式会社ジー・ネットワークス及び株式会社さかいとの合
           併による新株発行に伴うものであります(合併比率                        株式会社ジー・ネットワークス株式1株につき当社
           株式2株、株式会社さかい株式1株につき当社株式2株)。また、資本金及び資本準備金の減少は、平成
           25年6月26日開催の定時株主総会の決議により、資本金及び資本準備金の額をそれぞれ減少したものであ
           ります。減少した資本金及び資本準備金の額については、全額その他資本剰余金に振り替えております。
         2.平成26年5月1日~平成26年7月31日の増加は、第1回無担保転換社債型新株予約権付社債の権利行使に
           よる新株発行によるものであります。
         3.平成26年12月1日~平成26年12月31日の増加は、第6回無担保転換社債型新株予約権付社債、第9回無担
           保転換社債型新株予約権付社債及び第12回無担保転換社債型新株予約権付社債の権利行使による新株発行
           によるものであります。
         4.平成27年3月24日の資本金及び資本準備金の減少は、平成27年2月20日開催の臨時株主総会の決議によ
           り、資本金及び資本準備金の額をそれぞれ減少したものであります。減少した資本金及び資本準備金の額
           については、全額その他資本剰余金に振り替えております。
      (5)  【所有者別状況】

                                                 平成30年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満
             政府及び
        区分                            外国法人等
                                                       株式の状況
                       金融商品     その他の                 個人
             地方公共     金融機関                                 計
                                                        (株)
                       取引業者      法人               その他
                                  個人以外      個人
              団体
      株主数
                ―     6     15     201      10      9   17,904      18,145        ―
         (人)
      所有株式数
                ―   11,216      2,275    1,123,544       1,496      256   831,028     1,969,815       70,238
        (単元)
      所有株式数
      の割合          ―    0.57     0.11     57.04      0.08     0.01     42.19     100.00        ―
         (%)
      (注)   1.自己株式5,710,489株は、「個人その他」に57,104単元及び「単元未満株式の状況」に89株を含めて記載し
           ております。
         2.「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ22単元
           及び50株含まれております。
                                  33/110






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                                 平成30年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                                     (自己株式を
                                              所有株式数        除く。)の
             氏名又は名称                     住所
                                               (千株)      総数に対する
                                                      所有株式数
                                                      の割合(%)
                          名古屋市北区黒川本通2丁目46                       77,410        40.46
       株式会社ジー・コミュニケーション
                          兵庫県加古郡稲美町中一色883                       27,851        14.56

       株式会社神戸物産
                                                 22,618        11.82

       沼田 昭二                   熊本県阿蘇郡小国町
                          仙台市宮城野区榴岡2丁目2-10                        3,252        1.70

       ジー・テイスト取引先持株会
                          東京都渋谷区恵比寿南3丁目2-17                        2,224        1.16

       アリアケジャパン株式会社
       株式会社J・ART                   岐阜県各務原市蘇原東島町4丁目61                         804       0.42

       江川 春延                   仙台市青葉区                         600       0.31

       日本トラスティ・サービス信託銀行
                          東京都中央区晴海1丁目8-11                         600       0.31
       株式会社(信託口4)
                          東京都千代田区丸の内1丁目6-6                         416       0.22
       日本生命保険相互会社
                                                  400       0.21

       岡田甲子男                   東京都大田区
                                                136,177         71.17

               計                   -
       (注)   上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
           日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口4)                                 600千株
                                  34/110












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                                 平成30年3月31日現在
              区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
       無議決権株式                     ―           ―             ―

       議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―             ―

       議決権制限株式(その他)                     ―           ―             ―

                       (自己保有株式)
       完全議決権株式(自己株式等)                                 ―             ―
                       普通株式      5,710,400
                       普通株式     191,271,100
       完全議決権株式(その他)                                 1,912,711             ―
                       普通株式       70,238

       単元未満株式                                 ―             ―
       発行済株式総数                     197,051,738            ―             ―

       総株主の議決権                     ―            1,912,711             ―

       (注)    「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が2,200株含まれております。
          また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数22個が含まれております。
       ② 【自己株式等】

                                                 平成30年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                  自己名義       他人名義      所有株式数
          所有者の氏名                                            総数に対する
                       所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
           又は名称                                           所有株式数
                                   (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
                    名古屋市北区黒川本通
       株式会社ジー・テイスト                           5,710,400           ―   5,710,400         2.90
                    二丁目46番地
             計              ―        5,710,400           ―   5,710,400         2.90
       (注)    上記のほか、単元未満株式89株を所有しています。
                                  35/110










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     2 【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】              会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
      (1) 【株主総会決議による取得の状況】
        該当事項はありません。
      (2) 【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                 株式数(株)               価額の総額(千円)

       当事業年度における取得自己株式                                  423                 33

       当期間における取得自己株式                                   1                 0

        (注) 当期間における取得自己株式には、平成30年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
           取りによる株式は含まれておりません。
      (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                   当期間

              区分
                                  処分価額の総額                  処分価額の総額
                          株式数(株)                  株式数(株)
                                    (円)                  (円)
       引き受ける者の募集を行った
                                ―         ―         ―         ―
       取得自己株式
       消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
       合併、株式交換、会社分割に係る
                                ―         ―         ―         ―
       移転を行った取得自己株式
       その他(-)                         ―         ―         ―         ―
       保有自己株式数                     5,710,489             ―     5,710,490             ―

        (注)   1.当期間における処理自己株式には、平成30年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
            売渡による株式は含まれておりません。
          2.当期間における保有自己株式数には、平成30年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式
            の買取り及び売渡による株式は含まれておりません。
                                  36/110








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     3 【配当政策】
       当社は、株主に対する利益還元を経営の重要政策と位置づけ、将来の事業拡大に備え、内部留保による企業体質の
      強化を図りながら、安定した配当を維持していくことを基本方針としております。株主の皆様への利益還元について
      は、当社は、年1回期末配当で行うことを基本方針としております。
       当社は、会社法第459条の規定に基づき、取締役会の決議によって剰余金の配当を行うことができる旨を定めており
      ます。
       当事業年度の剰余金の配当につきましては、上記の配当方針のもと、1株当たり0.5円としております。
       内部留保金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、さらなる展開を図るために有効投資し
      てまいりたいと考えております。
       また、当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定
      款に定めております。
      (注)  基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                            配当金の総額              1株当たり配当額

              決議年月日
                             (千円)               (円)
         平成30年5月15日
                                  95,670                0.5
         取締役会決議
     4 【株価の推移】

      (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
          回次        第55期         第56期         第57期         第58期         第59期

         決算年月        平成26年3月         平成27年3月         平成28年3月         平成29年3月         平成30年3月

         最高(円)             107         162         129         86         94

         最低(円)              47         89         75         66         70

       (注) 最高・最低株価は、平成25年7月15日以前は大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるもので
          あり、平成25年7月16日以降は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
      (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

          月別      平成29年10月       平成29年11月       平成29年12月       平成30年1月       平成30年2月       平成30年3月

         最高(円)            85       86       86       89       84       86

         最低(円)            83       81       80       81       81       81

       (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                  37/110







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
       男性7名 女性1名 (役員のうち女性の比率12.5%)
                                                        所有株式数
        役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (千株)
                                昭和60年4月      株式会社日本エル・シー・エー
                                      (現  株式会社インタープライ
                                      ズ・コンサルティング)入社
                                平成元年4月      株式会社ベンチャー・リンク(現
                                      株式会社C&I     Holdings)入社
                                平成7年8月      同社取締役
                                平成8年8月      同社常務取締役
                                平成16年6月      同社取締役常務執行役
                                平成16年7月      株式会社ジー・コミュニケーショ
                                      ン取締役社長
                                平成18年6月      同社代表取締役社長
                                平成19年5月      株式会社焼肉屋さかい(現            当
                                      社)顧問
                                平成19年6月      同社代表取締役会長
                                平成20年2月      株式会社ジー・エデュケーション
                                      (現  自分未来きょういく株式会
                                      社)代表取締役社長
                                平成20年4月      株式会社ジー・フード(現           セン
                                      トラルホールディングス株式会
                                      社)代表取締役社長
                                平成21年6月      株式会社ジー・コミュニケーショ
       代表取締役
                  杉本 英雄      昭和37年4月19日生                             (注)3      36
        会長
                                      ン代表取締役社長
                                平成21年6月      株式会社焼肉屋さかい(現            当
                                      社)取締役
                                平成23年3月      株式会社ジー・コミュニケーショ
                                      ン取締役
                                平成23年3月      株式会社さかい(現         当社)代表
                                      取締役社長
                                平成24年4月      株式会社ジー・コミュニケーショ
                                      ン代表取締役社長
                                平成24年6月      当社取締役
                                平成25年2月      株式会社クックイノベンチャー代
                                      表取締役(現任)
                                平成25年4月      株式会社さかい(現         当社)取締
                                      役
                                平成25年8月      当社代表取締役社長
                                平成26年12月      GINZA   SUSHI   ICHI  PTE.  LTD.
                                      Director(現任)
                                平成27年8月      SINGAPORE    G.FOOD   PTE.  LTD.(現
                                      G.COM   RESTAURANT     SINGAPORE
                                      PTE.  LTD.)Director(現任)
                                平成30年4月      当社代表取締役会長(現任)
                                  38/110








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
        役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (千株)
                                平成15年5月      株式会社暖中カンパニー取締役FC
                                      営業部長
                                平成17年9月      株式会社ダイニング企画代表取締
                                      役社長
                                平成18年1月      株式会社パオ(現       当社)顧問 
                                平成18年1月      同社代表取締役社長
                                平成25年2月      株式会社クックイノベンチャー取
                                      締役(現任)
                                平成25年6月      当社取締役
                                平成25年8月      株式会社クック・オペレーション
                                      代表取締役(現任)
                                平成25年8月      当社取締役副社長 西日本カンパ
                                      ニー統括
       代表取締役     東日本営業
                 阿久津 貴史      昭和46年2月13日生                             (注)3      125
                                平成27年1月      株式会社ジー・アカデミー代表取
        社長     本部長
                                      締役(現任)
                                平成28年3月      SINGAPORE    G.FOOD   PTE.  LTD.(現
                                      G.COM   RESTAURANT     SINGAPORE
                                      PTE.  LTD.)Managing      Director
                                      (現任)
                                平成28年6月      株式会社活性化本舗さぬき(現
                                      株式会社ジー・アクアパートナー
                                      ズ)取締役
                                平成29年8月      株式会社ジー・アクアパートナー
                                      ズ代表取締役(現任)
                                平成30年4月      当社代表取締役社長 東日本営業
                                      本部長(現任)
                                平成8年4月      蒲郡信用金庫入庫
                                平成11年6月      株式会社がんばる学園
                                      (現  株式会社ジー・コミュニ
                                      ケーション)入社
                                平成11年12月      株式会社ウェルコム代表取締役
                                平成15年8月      株式会社ジーコム九州代表取締役
                                平成17年6月      株式会社ジー・コミュニケーショ
                                      ン社長室長
                                平成17年8月      当社入社
                                平成17年9月      当社代表取締役社長
                                平成24年9月      当社代表取締役社長 平禄事業本
            北日本営業                           部長
        取締役          稲吉 史泰      昭和47年4月27日生                             (注)3      33
             本部長
                                平成25年2月      株式会社クックイノベンチャー取
                                      締役(現任)
                                平成25年8月      株式会社クック・オペレーション
                                      代表取締役(現任)
                                平成25年8月      当社代表取締役副社長 東日本食
                                      カンパニー統括
                                平成27年1月      株式会社ジー・アカデミー取締役
                                      (現任)
                                平成30年4月      当社取締役 北日本営業本部長
                                      (現任)
                                平成30年6月      株式会社オーディンフーズ代表取
                                      締役(現任)
                                  39/110






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
        役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (千株)
                                昭和60年4月      株式会社日本エル・シー・エー
                                      (現  株式会社インタープライ
                                      ズ・コンサルティング)入社
                                平成15年9月      株式会社リンク・プロモーション
                                      (現  株式会社カーリンク)監査
                                      役(非常勤)兼務
                                平成17年11月      株式会社ジー・コミュニケーショ
                                      ン入社
                                平成17年12月      同社取締役
                                平成18年8月      同社常務取締役
                                平成19年3月      株式会社グローバルアクト(現
                                      当社)監査役
        取締役    管理本部長      稲角 好宣      昭和38年2月7日生                             (注)3       6
                                平成19年6月      株式会社さかい(現         当社)監査
                                      役
                                平成19年6月      株式会社ジー・コミュニケーショ
                                      ン専務取締役
                                平成23年6月      同社取締役
                                平成24年6月        株式会社ジー・ネットワークス
                                      (現  当社)取締役
                                平成24年6月      当社取締役
                                平成25年2月      株式会社クックイノベンチャー取
                                      締役(現任)
                                平成25年8月      株式会社ジー・コミュニケーショ
                                      ン代表取締役(現任)
                                平成25年8月      当社取締役 管理本部長(現任)
                                昭和59年4月      赤井電機株式会社入社
                                昭和62年3月      リビングストンコミュニケーショ
                                      ン入社
                                平成元年5月      エムアンドシーコンサルティング
                                      設立
        取締役           畑中 裕     昭和35年1月17日生        平成3年4月      エムアンドシーコンサルティング              (注)3      ―
                                      株式会社設立、代表取締役(現
                                      任)
                                平成15年9月      エスプール株式会社監査役(現
                                      任)
                                平成28年6月      当社取締役(現任)
                                  40/110










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
        役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (千株)
                                昭和63年4月      株式会社宇佐美入社
                                平成2年2月      岐阜ハーネス株式会社入社
                                平成6年4月      株式会社高島屋前岐薬入社
                                平成7年6月      株式会社J・ART入社
                                平成9年5月      株式会社さかい(現        当社)入社
                                平成20年1月      ビー・サプライ株式会社転籍 業
       常勤監査役           間宮 友久      昭和39年4月22日生                             (注)4       7
                                      務部長
                                平成20年3月      株式会社さかい(現        当社)転籍
                                平成20年3月      同社一時監査役職務代行者(仮監
                                      査役)
                                平成20年6月      同社監査役
                                平成25年6月      当社監査役(現任)
                                昭和45年9月      日本電信電話公社入社
                                昭和53年1月      仁木島商事株式会社入社
                                昭和60年6月      株式会社エッチ・エヌ・エー・シ
                                      ステム入社
                                平成3年4月      株式会社サンウェイ入社
                                平成17年4月      株式会社ダイニング企画常勤監査
                                      役
                                平成19年3月      株式会社グローバルアクト(現
                                      当社)監査役
        監査役          佐藤 加代子      昭和26年4月10日生                             (注)4       6
                                平成19年6月      同社常勤監査役
                                平成21年6月      当社監査役(現任)
                                平成21年6月      株式会社さかい(現         当社)監査
                                      役
                                平成21年6月      株式会社ジー・ネットワークス
                                      (現  当社)監査役
                                平成23年6月      株式会社ジー・コミュニケーショ
                                      ン監査役
                                昭和31年4月      明治乳業株式会社(現          株式会社
                                      明治)入社
                                昭和55年4月      同社京都支店長
                                昭和57年10月      関西明販株式会社代表取締役社長
                                昭和61年5月      明治サンテオレ株式会社(現            明
                                      治フレッシュネットワーク株式会
                                      社)代表取締役社長
        監査役          黒川 孝雄      昭和9年1月7日生                             (注)4       8
                                平成10年2月      株式会社フランチャイズ研究所設
                                      立
                                平成13年7月      株式会社ジー・コミュニケーショ
                                      ン監査役(平成17年8月退任)
                                平成18年8月      同社監査役
                                平成23年6月      株式会社さかい(現         当社)監査
                                      役
                                平成25年6月      当社監査役(現任)
                              計                           223
       (注)   1.取締役畑中裕は社外取締役であります。

          2.監査役佐藤加代子及び黒川孝雄は社外監査役であります。
          3.平成30年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から平成31年3月期に係る定時株主総会終結の時まで
            であります。
          4.平成29年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から平成33年3月期に係る定時株主総会終結の時まで
            であります。
          5.所有株式数には、当社役員持株会における各自の持分を含めた実質持株数を記載しております。
                                  41/110





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、健全で透明性が高く、経営環境の変化に迅速か
        つ的確に対応できる経営体制の確立を重要な経営課題の一つと考えております。この考え方のもと、コーポレー
        ト・ガバナンスの充実のため、「ディスクロージャー(情報開示)」及び「リスクマネジメント及びコンプライ
        アンス体制」の強化を図っております。
       ② 企業統治の体制の概要

         当社の企業統治の体制につきましては、会社法に基づく機関として株主総会、取締役、取締役会、監査役、監
        査役会、会計監査人を設置しており、これらの機関のほかに、経営会議、内部監査部を設置しております。
       ③ 企業統治の体制を採用する理由

         現状の体制につきましては、取締役の人数は5名(うち社外取締役1名、提出日現在)であり、代表取締役を
        はじめとする各部門を担う取締役間の連絡を綿密に取り、相互チェックを図るとともに、監査役3名(うち社外
        監査役2名、提出日現在)による監査体制、並びに監査役が会計監査人や内部監査部と連携を図る体制により、
        十分な職務執行・監査体制を構築しているものと考え、採用しております。
         なお、当社は、経営の意思決定及び業務監督機能と業務執行機能を分離することで権限と責任の明確化を図
        り、事業環境の急激な変化に迅速かつ機動的に対応するため、執行役員制度を導入しております。
       ④ 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

        イ 会社の機関の内容
         <取締役会>
          取締役会を1ヶ月に1回開催し、法令及び定款で定められた事項及び経営方針・政策に関する重要事項につ
         いて審議し、効率的で迅速な意思決定を行っております。
         <監査役>
          取締役会への出席はもとより、経営会議、その他の重要会議等への出席、重要な決裁書類の閲覧、取締役及
         び使用人からの定期的または随時の事業報告聴取、内部監査部からの聴取、各事業所往査により業務及び財産
         の状況を調査するなど、取締役の職務執行を監査しております。
         <監査役会>
          監査役全員をもって構成し、監査役会が定めた監査方針及び監査実施計画等に従い、監査を行っておりま
         す。なお、監査の内容につきましては、各監査役が毎月、監査役会に報告し、情報の共有化及び監査計画の進
         捗確認を行うとともに、次月の監査計画について協議・承認しております。
         <経営会議>
          原則として毎月1回以上開催し、取締役、監査役及び各部門長が出席し、取締役会から委任された事項の意
         思決定のほか、業務執行についての方針及び計画の審議・管理・決定をするとともにコンプライアンス上重要
         な問題の審議等を行っております。
                                  42/110







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
        ロ 会社の機関・内部統制の関係図
        ハ 内部統制システムの整備の状況











          当社の内部統制システムといたしましては、以下のとおりであります。
         ⅰ 取締役及び使用人の職務の執行が法令・定款に適合することを確保するための体制
           ・ 当社は、グループ経営理念「共存共栄」の理念に則った「行動規範」を制定し、代表取締役社長が、
             内部統制の責任者として、その意志を役職員に伝えることにより、法令及び社会倫理の遵守を企業活
             動の前提とすることを徹底しております。
           ・ 当社の取締役及び使用人が法令及び社内規程を遵守し、法令遵守を優先させる行動ができるための指
             針として「コンプライアンス規程」を定めております。
           ・ コンプライアンス統括部署を総務部とし、コンプライアンスを実現するための組織及び研修体制を整
             備し、同部が中心となって役職員教育を行っております。監査役及び内部監査部は、総務部と連携の
             上、コンプライアンスの状況を監査し、これらの活動は定期的に取締役会に報告しております。取締
             役会は、定期的にコンプライアンス体制を見直し、問題点の把握と改善に努めております。
           ・ 法令及び社内規程に反する行為に気づいた場合、従業員が直接報告・通報を行う手段として、コンプ
             ライアンス・ホットラインを設置しております。報告・通報を受けた総務部はその内容を調査し、再
             発防止策を担当部門と協議の上、決定し、全社的に再発防止策を実施することとしております。
         ⅱ 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           ・ 文書管理規程に従い、取締役の職務執行に係る情報を文書又は電磁的媒体に記録し、保存しておりま
             す。
           ・ 上記情報を記載した文書又は電磁的媒体の保存期間は、少なくとも5年間としております。
           ・ 取締役及び監査役は、文書管理規程により、常時、これらの文書を閲覧できるものとし、その他の者
             の閲覧権限については、文書管理規程により定めております。
                                  43/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
         ⅲ 当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           ・ 取締役会を1ヶ月に1回開催し、法令及び定款で定められた事項及び経営方針・政策に関する重要事
             項について審議し、効率的で迅速な意思決定を行っております。
           ・ 取締役、監査役及び各部門長が出席する経営会議を毎月1回開催し、経営方針の徹底、業務執行に関
             する重要事項の決定、利益計画の進捗状況を管理しております。
           ・ 取締役会による中期経営計画・年度事業計画の策定、年度事業計画に基づく部門毎の業績目標と予算
             の設定、月次・四半期管理の実施を行っております。
           ・ 取締役会及び経営会議による月次業績のレビューと改善策の検討を行っております。
         ⅳ 監査役がその補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項並びにその使用
           人の取締役からの独立性に関する事項
           ・ 管理本部担当取締役は、監査役が求めた場合その他必要な場合には、監査役の業務を補助すべき使用
             人を任命することとしております。
           ・ 監査役の業務を補助すべき使用人に対する指揮権は、監査役が指定する補助すべき期間中は、監査役
             に移譲されるものとし、取締役の指揮命令は受けないこととしております。
         ⅴ 当社の取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制、その他監
           査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           ・ 当社の取締役または使用人は、当社に著しい損害を及ぼすおそれのある事項及び、不正行為や法令並
             びに定款違反行為を発見した場合は、速やかに監査役に報告することとしております。
           ・ 当社の取締役及び使用人は、監査役から、稟議書類等業務執行に係る文書の閲覧や、説明を求められ
             たときには、速やかにこれに応じることとしております。
             また、当社の取締役は、監査役に対し、必要に応じて、内部監査部との情報交換や当社の会計監査人
             から会計監査内容に関して説明を受ける機会のほか、顧問弁護士及び会計監査人などその他の外部機
             関との間で情報交換等を行う機会を保障しております。
       ⑤ リスク管理体制の整備

         当社及び当社グループ全社のリスク管理体制は以下のとおりであります。
         イ コンプライアンス、環境、災害、品質、情報セキュリティについては、それぞれの担当部署にて、細則・
           マニュアルの作成・配布等を行い、役員・社員に対して、定期的に研修を実施しております。組織横断
           的・全社的リスクについては、状況の監視及び全社的対応を管理本部にて行っております。
           その他新たに生じたリスクについては、取締役会において速やかに対応し、責任者となる取締役を定める
           こととしております。
         ロ 内部監査部は、これらのリスク管理の状況を監査し、その結果を定期的に管理本部担当取締役及び取締役
           会・経営会議に報告し、取締役会において改善策を審議・決定しております。
         ハ 大規模な事故・災害等当社及び当社グループ全社の経営に重大な影響を与える緊急事態が発生した場合に
           は、管理本部長を委員長とし、管理本部長が任命する人員を構成員とする緊急対策委員会を設置し、危機
           管理体制を構築することとしております。
         ニ リスク管理・事故等の当社及び当社グループ全社の経営に重大な影響を与える緊急事態に関して、法令ま
           たは取引所適時開示規則に則った開示を適切に行うこととしております。
         ホ 反社会勢力排除にむけた基本的な考え方及びその整備状況
           当社及び当社グループ全社は、反社会勢力との関係を遮断し、社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力や
           団体には、毅然とした態度で対応することとしております。また、反社会勢力との接触が生じた場合に
           は、速やかに警察当局及び顧問弁護士に通報・相談できる体制を整えております。
           なお、取引先については、取引開始時に社内、社外機関を活用し、反社会勢力でないことを確認しており
           ます。
       ⑥ 子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

         当社子会社の取締役は、当社の取締役を兼務しており、事業計画の遂行、コンプライアンス体制の構築並びに
        リスク管理体制の確立等、子会社の統括管理を行うとともに、当社の取締役会、経営会議において、子会社の重
        要な職務執行についての報告を行い、業務の適正及び効率を確保しております。
                                  44/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       ⑦ 内部監査及び監査役監査の状況
         当社の内部監査及び監査役監査の組織は、内部監査部1名(提出日現在)、監査役会は、常勤監査役1名、社
        外監査役2名(提出日現在)を含む計3名によって構成されております。
         内部監査部は、法令、定款、社内規程及び諸取扱要領に従い、適正且つ有効に運用されているか否か、リスク
        管理体制の状況を調査し、その結果を代表取締役及び経営会議へ報告し、改善施策を講ずることにより、適切な
        業務運営及びリスクマネジメント体制の向上に資することを目的に内部監査を実施しております。また、監査役
        に対して随時監査実施状況を報告するともに、会計監査人とも定期的に監査実施状況について意見交換を実施し
        ております。
         監査役は、監査役会が定めた監査方針及び監査実施計画等に従い、取締役会への出席はもとより、経営会議、
        その他の重要会議等への出席、重要な決裁書類の閲覧、取締役及び使用人からの定期的または随時の事業報告聴
        取、内部監査部からの聴取、各事業所往査により業務及び財産の状況を調査するなど、取締役の職務執行を監査
        しております。また監査役会と会計監査人との連携に関しては、定期的に、監査方針、監査実施状況、監査結果
        等にかかる意見交換を行っております。
       ⑧ 社外取締役及び社外監査役との関係

         当社は、社外取締役及び社外監査役の選任にあたり、その独立性に関する基準又は方針はないものの、東京証
        券取引所の定める独立性判断基準及び開示加重要件を参考に、一般株主と利益相反が生じるおそれのない独立役
        員を最低1名以上選任することとしております。
         当社は経営監督機能の強化を目的に社外取締役を1名(提出日現在)選任しております。
         社外監査役は、それぞれの専門的見地と豊富な経験から取締役会において必要な意見や問題点等の指摘を行
        い、客観的立場から監督または監査を行うことにより、当社のコーポレート・ガバナンスの有効性を高める役割
        を担っております。
         社外取締役及び社外監査役は、取締役会及び経営会議その他重要会議等に出席し、客観的な立場から意見を述
        べられる体制を整備しております。社外取締役、社外監査役及び監査役との間の意見交換、会計監査人との意見
        交換、内部監査部門からの監査結果報告等を定期的に実施することにより、相互連携を図っております。
         ・社外取締役の畑中裕氏は、経営コンサルタント及び企業経営者としての経験・識見が豊富であり、当社の論
          理に捉われない客観的視点から、独立性をもって有効な助言を行い、また経営の監視を遂行することが期待
          できることから、社外取締役に選任しております。同氏は、エムアンドシーコンサルティング株式会社の代
          表取締役であり、エスプール株式会社の監査役でありますが、当社と同社との間に取引はありません。ま
          た、当社と社外取締役個人との間に特別な利害関係はありません。
         ・社外監査役の佐藤加代子氏は、長年の監査役としての経験を有しており、適正な監査を行うのに必要な知識
          と見識を有していることから、社外監査役に選任しております。なお、当社と社外監査役個人との間に特別
          な利害関係はありません。
         ・社外監査役の黒川孝雄氏は、フランチャイズ事業に関する豊富な知識と経験並びに経営者としての経験を有
          しており、適正な監査を行うのに必要な知識と見識を有していることから社外監査役に選任しております。
          また、社外監査役の黒川孝雄氏は、東京証券取引所が定める独立役員として指定し、届出ております。
          なお、当社と社外監査役個人との間に特別な利害関係はありません。
       ⑨ 会計監査の状況

         当社は、なぎさ監査法人との間で、監査契約(公認会計士法第2条第1項に基づく監査証明業務)を締結して
        おります。当事業年度において業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成等は、以下のと
        おりであります。
         業務を執行した公認会計士の氏名、所属する監査法人名及び継続監査年数
                   公認会計士の氏名等                           所属する監査法人名

            代表社員
                             西井 博生
           業務執行社員
                                               なぎさ監査法人
           業務執行社員                  真鍋 慎一
       ※ 継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。
       
         よう措置をとっております。
         監査業務に係る補助者の構成
          公認会計士 5名
                                  45/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       ⑩ 役員報酬の内容
        イ 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                        報 酬 額(千円)

           区  分          支給人員
                                   ストック
                             基本報酬             賞  与      退職慰労金       合  計
                                   オプション
       取締役
                         5名      72,630        202      6,280         ―    79,112
       (社外取締役を除
       く。) 
       監査役
                         1名      5,820        16      310        ―    6,146
       (社外監査役を除
       く。) 
       社外役員                  3名      10,740         32      695        ―    11,467
        (注)   1.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
          2.当事業年度末現在の取締役は6名(うち社外取締役1名)、監査役は3名(うち社外監査役2名)であ
            ります。
        ロ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等
          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ハ 使用人兼務役員のうち重要なもの
          該当事項はありません。
        ニ 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
          株主総会にて決定する報酬総額の限度内で、経営内容、経済情勢、社員給与とのバランス等を考慮して、取
         締役会の決議により決定し、監査役の報酬は監査役の協議により決定しております。
          なお、取締役の報酬限度額は、平成6年6月29日開催の第35回定時株主総会において月額20百万円以内(た
         だし、使用人分給与は含まない。)、監査役の報酬限度額は、平成6年6月29日開催の第35回定時株主総会に
         おいて月額3百万円以内となっております。
       ⑪ 当社定款において定めている事項

        イ 取締役の定数及び選任方法
          当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。なお、取締役の選任決議は、議決権を行使するこ
         とができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積
         投票によらないものとする旨を定款に定めております。
        ロ 中間配当の決定機関
          当社は、中間配当について、配当政策に関する機動性を確保する目的で、会社法第454条第5項の規定によ
         り、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款に定めてお
         ります。
        ハ 自己の株式の取得
          当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会決議をもって自己株式を取得することができる旨を定
         款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取
         引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
        ニ 株主総会の特別決議要件
          当社は、会社法第309条第2項の定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めてお
         ります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うこ
         とを目的とするものであります。
        ホ 剰余金の配当等の決定機関
          当社は剰余金の配当等の決定機関について、必要に応じた機動的な配当の実施を可能とするため、剰余金の
         配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決
         議によらず取締役会の決議により定める旨を定款に定めております。
                                  46/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       ⑫ 株式の保有状況
        イ 保有目的が純投資目的以外の目的の投資株式の銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
          銘柄数     9 銘柄
          貸借対照表計上額の合計             39,372   千円
        ロ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

          的(非上場株式を除く。)
          該当事項はありません。
        ハ 保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並び

          に当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
          該当事項はありません。
        ニ 投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計

          上額
          該当事項はありません。
        ホ 投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計

          上額
          該当事項はありません。
      (2) 【監査報酬の内容等】

       ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                          前連結会計年度                   当連結会計年度

             区分
                      監査証明業務に          非監査業務に         監査証明業務に          非監査業務に
                     基づく報酬(千円)         基づく報酬(千円)         基づく報酬(千円)         基づく報酬(千円)
        提出会社                  23,000            ―       23,000            ―
        連結子会社                     ―         ―         ―         ―

             計             23,000            ―       23,000            ―

       ② 【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
         該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
         該当事項はありません。
       ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
         該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
         該当事項はありません。
       ④ 【監査報酬の決定方針】

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は特に定めておりませんが、当社の事業規模、監査日数
        等を勘案し、監査役会の同意を得た上で決定しております。
                                  47/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
       基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

       務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
       す。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月31
      日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、なぎさ監査
      法人による監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容や変更等を適切に把握し、的確に対応できる体制を整備するため、各種団体の主催する講習会に参加する等積極的
      な情報収集活動に努めるとともに、更なる適正性を確保するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しておりま
      す。
                                  48/110













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     1 【連結財務諸表等】
      (1) 【連結財務諸表】
       ①  【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        6,509,192              6,791,880
         現金及び預金
                                                      ※3  298,329
                                         369,096
         受取手形及び売掛金
                                          79,456              88,727
         商品及び製品
                                          4,700              1,349
         仕掛品
                                         215,432              225,374
         原材料及び貯蔵品
                                         433,283              369,596
         繰延税金資産
                                         570,693              804,642
         その他
                                         △ 2,775             △ 11,171
         貸倒引当金
                                        8,179,079              8,568,728
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        15,186,330              14,832,213
           建物及び構築物
                                       △ 11,643,756             △ 11,166,189
             減価償却累計額
                                      ※1  3,542,573            ※1  3,666,024
             建物及び構築物(純額)
                                      ※1  4,241,205            ※1  4,193,952
           土地
                                        3,285,141              3,256,541
           その他
                                       △ 2,910,684             △ 2,845,483
             減価償却累計額
                                         374,457              411,058
             その他(純額)
                                        8,158,236              8,271,034
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          45,085              22,388
           のれん
                                         165,309              164,149
           その他
                                         210,395              186,537
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       ※2  114,803            ※2  114,394
           投資有価証券
                                         138,451              137,856
           長期貸付金
                                         530,518              243,822
           繰延税金資産
                                      ※1  3,979,982            ※1  3,173,650
           敷金及び保証金
                                         553,804              425,923
           その他
                                        △ 469,040             △ 455,227
           貸倒引当金
                                        4,848,521              3,640,419
           投資その他の資産合計
                                        13,217,153              12,097,992
         固定資産合計
                                        21,396,232              20,666,720
       資産合計
                                  49/110






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         775,429              811,799
         買掛金
                                         300,000              300,000
         短期借入金
                                       ※1  362,663            ※1  637,488
         1年内返済予定の長期借入金
                                       ※1  708,000            ※1  708,000
         1年内償還予定の社債
                                          2,711              2,448
         リース債務
                                         62,974              60,959
         未払法人税等
                                         55,351              41,590
         賞与引当金
                                         34,819               9,994
         店舗閉鎖損失引当金
                                         16,269              19,833
         資産除去債務
                                        2,219,790              1,768,446
         その他
                                        4,538,008              4,360,560
         流動負債合計
       固定負債
                                      ※1  2,434,000            ※1  1,726,000
         社債
         新株予約権付社債                               1,983,058              1,988,768
                                       ※1  996,242           ※1  1,640,007
         長期借入金
                                          3,634               890
         リース債務
                                         36,752              35,761
         退職給付に係る負債
                                         825,057              823,187
         資産除去債務
                                         586,382              556,482
         その他
                                        6,865,127              6,771,096
         固定負債合計
                                       11,403,135              11,131,656
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         100,000              100,000
         資本金
                                        8,842,326              8,842,326
         資本剰余金
                                        1,843,364              1,377,565
         利益剰余金
                                        △ 817,391             △ 817,424
         自己株式
                                        9,968,299              9,502,466
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
         その他の包括利益累計額合計                                   -              -
                                         24,797              32,598
       新株予約権
                                        9,993,097              9,535,064
       純資産合計
                                       21,396,232              20,666,720
      負債純資産合計
                                  50/110








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                       26,739,737              25,361,149
      売上高
                                        9,701,526              9,053,620
      売上原価
                                       17,038,210              16,307,528
      売上総利益
                                     ※1  16,406,922            ※1  15,888,802
      販売費及び一般管理費
                                         631,288              418,726
      営業利益
      営業外収益
                                          7,371              7,243
       受取利息
                                           488              490
       受取配当金
                                         68,149              64,687
       業務受託料
                                         21,378              72,669
       受取補償金
                                         41,548              13,820
       受取解約金
                                          7,380              53,555
       受取保険金
                                         46,660              40,063
       その他
                                         192,976              252,530
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         26,612              31,617
       支払利息
                                         60,006              60,342
       支払手数料
                                         93,388               1,041
       貸倒引当金繰入額
                                         20,834              40,493
       その他
                                         200,842              133,495
       営業外費用合計
                                         623,423              537,761
      経常利益
      特別利益
                                        ※2  9,298            ※2  16,093
       固定資産売却益
                                                         902
                                            -
       新株予約権戻入益
                                          9,298              16,995
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※3  1,546             ※3  671
       固定資産売却損
                                       ※4  10,342            ※4  42,721
       固定資産除却損
                                         43,085              65,094
       店舗閉鎖損失
                                         34,819               9,994
       店舗閉鎖損失引当金繰入額
                                       ※5  271,458            ※5  384,163
       減損損失
                                                     ※6  10,872
                                            -
       事業撤退損
                                         361,252              513,518
       特別損失合計
      税金等調整前当期純利益                                   271,469               41,238
                                         63,676              60,984
      法人税、住民税及び事業税
                                         335,267              350,382
      法人税等調整額
                                         398,944              411,366
      法人税等合計
                                        △ 127,475             △ 370,128
      当期純損失(△)
      非支配株主に帰属する当期純利益                                      -              -
                                        △ 127,475             △ 370,128
      親会社株主に帰属する当期純損失(△)
                                  51/110





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                        △ 127,475             △ 370,128
      当期純損失(△)
      その他の包括利益
       その他の包括利益合計                                    -              -
                                        △ 127,475             △ 370,128
      包括利益
      (内訳)
                                        △ 127,475             △ 370,128
       親会社株主に係る包括利益
       非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                  52/110

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       ③  【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成28年4月1日         至  平成29年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                   資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                     100,000        8,842,326         2,066,510         △ 817,353       10,191,483
     当期首残高
     当期変動額
                                     △ 95,671                △ 95,671
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する
                                     △ 127,475                △ 127,475
      当期純損失(△)
                                                △ 38        △ 38
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                     △ 223,146          △ 38      △ 223,184
     当期変動額合計                  -         -
                     100,000        8,842,326         1,843,364         △ 817,391        9,968,299
     当期末残高
                その他の包括利益累

                   計額
                          新株予約権         純資産合計
                その他の包括利益累
                  計額合計
                              12,946       10,204,430
     当期首残高                  -
     当期変動額
                                     △ 95,671
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する
                                     △ 127,475
      当期純損失(△)
                                       △ 38
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
                              11,850         11,850
                       -
      当期変動額(純額)
                              11,850       △ 211,333
     当期変動額合計                  -
                              24,797       9,993,097
     当期末残高                  -
                                  53/110











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自         平成29年4月1日         至  平成30年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                   資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                     100,000        8,842,326         1,843,364         △ 817,391        9,968,299
     当期首残高
     当期変動額
                                     △ 95,670                △ 95,670
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する
                                     △ 370,128                △ 370,128
      当期純損失(△)
                                                △ 33        △ 33
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                     △ 465,798          △ 33      △ 465,832
     当期変動額合計                  -         -
                     100,000        8,842,326         1,377,565         △ 817,424        9,502,466
     当期末残高
                その他の包括利益累

                   計額
                          新株予約権         純資産合計
                その他の包括利益累
                  計額合計
                              24,797       9,993,097
     当期首残高                  -
     当期変動額
                                     △ 95,670
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する
                                     △ 370,128
      当期純損失(△)
                                       △ 33
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
                              7,800         7,800
                       -
      当期変動額(純額)
                              7,800       △ 458,032
     当期変動額合計                  -
                              32,598       9,535,064
     当期末残高                  -
                                  54/110











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         271,469               41,238
       税金等調整前当期純利益
                                         523,675              504,226
       減価償却費
                                         25,620              20,497
       のれん償却額
                                          7,148             △ 13,761
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                         76,529              △ 5,416
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 651             △ 991
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         30,261             △ 24,824
       店舗閉鎖損失引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 7,859             △ 7,734
       受取利息及び受取配当金
                                         43,085              65,094
       店舗閉鎖損失
                                                       10,872
       事業撤退損                                    -
                                         271,458              384,163
       減損損失
                                         26,612              31,617
       支払利息及び社債利息
                                          2,590              27,300
       固定資産除売却損益(△は益)
                                          △ 884             35,201
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 23,919             △ 26,065
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                           508             36,370
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                          3,375             △ 42,697
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                         12,061             △ 33,143
       未収消費税等の増減額(△は増加)
                                         167,812             △ 123,275
       その他
                                        1,428,896               878,673
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  4,445              2,893
                                        △ 20,602             △ 26,074
       利息の支払額
                                        △ 66,502             △ 62,999
       法人税等の支払額
                                        1,346,236               792,492
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                                      △ 107,800
       定期預金の預入による支出                                    -
                                        △ 704,338            △ 1,053,126
       有形固定資産の取得による支出
                                         159,002               88,254
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 52,795             △ 100,664
       資産除去債務の履行による支出
                                        △ 42,810              △ 1,900
       投資有価証券の取得による支出
                                        △ 34,500
       関係会社株式の取得による支出                                                   -
                                                       217,226
       事業の撤退による収入                                    -
                                        △ 92,762             △ 61,923
       敷金及び保証金の差入による支出
                                         143,525              235,722
       敷金及び保証金の回収による収入
                                          △ 532            △ 30,000
       貸付けによる支出
                                         65,756                749
       貸付金の回収による収入
                                        △ 24,814              △ 9,595
       その他
                                        △ 584,269             △ 823,056
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 708,142
       関係会社短期借入金の純増減額(△は減少)                                                   -
                                         50,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                                   -
                                         500,000             1,400,000
       長期借入れによる収入
                                        △ 299,596             △ 481,410
       長期借入金の返済による支出
                                        1,396,393
       社債の発行による収入                                                   -
                                        △ 478,000             △ 708,000
       社債の償還による支出
                                         △ 2,722             △ 2,553
       リース債務の返済による支出
                                          △ 38             △ 33
       自己株式の取得による支出
                                        △ 95,288             △ 95,793
       配当金の支払額
                                         362,606              112,209
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 5           △ 5,228
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        1,124,568                76,417
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        5,384,624              6,509,192
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1  6,509,192            ※1  6,585,610
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  55/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
      (1)  連結子会社の数               2 社
        連結子会社の名称 
        株式会社クック・オペレーション
        株式会社ジー・アカデミー
      (2)  主要な非連結子会社の名称
        株式会社ジー・アクアパートナーズ(注)
        (注)平成29年8月24日より、株式会社活性化本舗さぬきから商号を変更しております。
        連結の範囲から除いた理由
         非連結子会社は、小規模であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見
        合う額)等は、連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲から除いております。
     2.持分法の適用に関する事項
      (1)  持分法を適用した関連会社数
        該当事項はありません。
      (2)  持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社のうち主要な会社等の名称
        株式会社ジー・アクアパートナーズ
        持分法を適用しない理由
         持分法を適用していない非連結子会社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)
        等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がな
        いため、持分法の適用から除外しております。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項
       連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
     4.会計方針に関する事項
      (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
       ① 有価証券
         a 満期保有目的の債券
            償却原価法(定額法)を採用しております。
         b 子会社株式及び関連会社株式
            移動平均法による原価法を採用しております。
         c その他有価証券
            時価のあるもの
             決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
            均法により算定)を採用しております。
            時価のないもの
             移動平均法による原価法を採用しております。
       ② デリバティブの評価基準及び評価方法
         デリバティブ   時価法を採用しております。
       ③ たな卸資産
         a 製品・仕掛品・原材料(工場) 総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用
                          しております。
         b 商品・原材料 一括購入分
                  総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
                  都度購入分
                  最終仕入原価法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しておりま
                  す。
         c 貯蔵品 最終仕入原価法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
      (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ① 有形固形資産(リース資産を除く)
          定率法によっております。
          ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得
          した建物附属設備及び構築物については定額法によっております。
          なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                                  56/110

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
           建物及び構築物 10~31年
           工具、器具及び備品 5~10年
          また、平成19年3月31日以前に取得した資産については、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から5年
          間で均等償却する方法によっております。
       ② 無形固形資産(リース資産を除く)
          定額法によっております。
          なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
       ③ リース資産
          所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
      (3)  重要な引当金の計上基準
       ① 貸倒引当金
          債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
          ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       ② 賞与引当金
          従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当連結会計年度の負担に属する金額を計上しておりま
          す。
       ③ 店舗閉鎖損失引当金
          店舗閉店に伴い発生する損失に備えるため、合理的に見込まれる閉店関連損失見込額を計上しております。
      (4)  退職給付に係る会計処理の方法
         従業員の退職給付に備えるため、退職給付制度の廃止日(平成18年3月31日)における退職給付債務の見込額
         に基づき計上しております。なお、退職一時金制度の退職金未払額は、従業員の退職時に支給するため、「退
         職給付制度間の移行等の会計処理に関する実務上の取り扱い(実務対応報告第2号)」を適用し、「退職給付
         に係る負債」として計上しております。
      (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
         外貨建金銭債権債務は、連結期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
        ます。
      (6)  のれんの償却方法及び償却期間
         主に10年間の定額法により償却しております。
      (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
         負わない取得日から3ケ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
      (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       (表示方法の変更)

       (連結損益計算書関係)
          前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「受取保険金」は、営業外収益の総額
         の100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映
         させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
          この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた54,040
         千円は「受取保険金」7,380千円、「その他」46,660千円として組み替えております。
                                  57/110




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1.担保に供している資産及びこれに対応する債務は、次のとおりであります。
       担保に提供している資産
                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
         有形固定資産
          建物及び構築物                              973,429千円            984,332千円
          土地                             4,205,819千円            4,158,566千円
                     計                 5,179,249千円            5,142,898千円
       上記資産は、下記の債務の担保に供しております。
         1年内返済予定の長期借入金                              100,000千円            100,000千円
         長期借入金                              200,000千円            100,000千円
         1年内償還予定の社債に係る銀行保証                              708,000千円            708,000千円
         社債に係る銀行保証                             2,334,000千円            1,626,000千円
         ㈱ジー・コミュニケーションの社債に係る銀行保証                             1,200,000千円            1,050,000千円
        (注)この他、資金決済に関する法律に基づき以下を供託しております。
         敷金及び保証金                               9,500千円            9,500千円
     ※2.非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         投資有価証券(株式)                        34,500千円                 34,500千円
     ※3.期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

        なお、連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、期末残高に含まれておりま
       す。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         受取手形                          ―                 1,488千円
       (連結損益計算書関係)

     ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                            至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
                                 96,840                 96,475
          役員報酬                           千円                 千円
                               6,785,537                 6,610,518
          給料及び手当                           千円                 千円
          水道光熱費                      1,425,314     千円            1,400,353     千円
                               3,174,152                 3,005,606
          地代家賃                           千円                 千円
                                436,363                 438,667
          減価償却費                           千円                 千円
                                 25,620                 20,497
          のれん償却費                           千円                 千円
                                 48,951                 40,072
          賞与引当金繰入額                           千円                 千円
                                   12               △ 303
          退職給付費用                           千円                 千円
                                △ 16,858                △ 6,050
          貸倒引当金繰入額                           千円                 千円
     ※2.固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                            至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
          建物及び構築物                           ―千円              10,823千円
          土地                        9,298千円                 4,222千円
          その他                           ―千円               1,047千円
                計                  9,298千円                16,093千円
                                  58/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     ※3.固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                            至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
          建物及び構築物                        1,351千円                  ─千円
          土地                           ―千円                534千円
          その他                         195千円                 137千円
                計                  1,546千円                  671千円
     ※4.固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                            至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
          建物及び構築物                        8,369千円                31,839千円
          その他(有形固定資産)                        1,973千円                10,402千円
          その他(無形固定資産)                          ─千円                479千円
                計                 10,342千円                 42,721千円
     ※5.減損損失

        前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
         当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
            用途             種類             場所           金額(千円)

          店舗及び校舎            建物及び構築物等            千葉県野田市他(59件)                   271,458

         当社グループは減損損失を認識するにあたり、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として店舗を基本単位

        とし、また賃貸資産及び遊休資産については物件単位ごとにグルーピングしております。また、本社等につきま
        しては、全社資産としてグルーピングしております。
         店舗及び賃貸資産については、営業活動から生ずる損益が継続してマイナス又はマイナスとなる見込みである
        資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しておりま
        す。
        (減損損失の内訳)
            種類           金額(千円)
          建物及び構築物                 255,542

            のれん                11,367

         無形固定資産その他                    145

        投資その他の資産その他                    4,403

             計              271,458
         資産グループの回収可能価額は主に使用価値により測定しております。使用価値は、将来キャッシュ・フロー
        に基づく評価額がマイナスであるため、回収可能価額は零と算定しております。
                                  59/110






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
         当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
            用途             種類             場所           金額(千円)

          店舗及び校舎            建物及び構築物等            宮城県石巻市他(61件)                   384,163
         当社グループは減損損失を認識するにあたり、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として店舗を基本単位

        とし、また賃貸資産及び遊休資産については物件単位ごとにグルーピングしております。また、本社等につきま
        しては、全社資産としてグルーピングしております。
         店舗及び賃貸資産については、営業活動から生ずる損益が継続してマイナス又はマイナスとなる見込みである
        資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しておりま
        す。
        (減損損失の内訳)
            種類           金額(千円)
          建物及び構築物                 373,717
         有形固定資産その他                   4,055

            のれん                2,198

         無形固定資産その他                   1,357

        投資その他の資産その他                    2,833

             計              384,163
         資産グループの回収可能価額は主に使用価値により測定しております。使用価値は、将来キャッシュ・フロー
        に基づく評価額がマイナスであるため、回収可能価額は零と算定しております。
     ※6.事業撤退損

         事業撤退損は、教育事業終了に伴い発生した損失を計上したものであり、その内容は、フランチャイズ契約解
        除に伴う取引保証金及び前受金等の精算、営業用資産の処分に伴う損失額であります。
                                  60/110










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
     1.発行済株式及び自己株式に関する事項
                  当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
         株式の種類
                    (千株)           (千株)           (千株)           (千株)
       発行済株式
        普通株式

                        197,051              ―           ―        197,051
       自己株式

        普通株式(注)

                         5,709             0           ―         5,710
       (注)   普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りであります。
     2.新株予約権等に関する事項

                                     目的となる株式の数(株)
                                                       当連結会計
                         目的となる
         会社名         内訳                                    年度末残高
                               当連結会計                   当連結
                         株式の種類
                                       増加      減少
                                                        (千円)
                                年度期首                 会計年度末
              第7回転換社債型
                          普通株式      11,428,571          ―      ―  11,428,571       (注)3
        提出会社
              新株予約権付社債
              第8回転換社債型

                          普通株式      11,428,571          ―      ―  11,428,571       (注)3
              新株予約権付社債
              第10回転換社債型

                          普通株式      6,896,551          ―      ―  6,896,551      (注)3
              新株予約権付社債
              第11回転換社債型

                          普通株式      6,896,551          ―      ―  6,896,551      (注)3
              新株予約権付社債
              第13回転換社債型

                          普通株式      7,334,963          ―      ―  7,334,963      (注)3
              新株予約権付社債
              第14回転換社債型

                          普通株式      7,334,963          ―      ―  7,334,963      (注)3
              新株予約権付社債
              平成26年ストック・
              オプションとしての
                            ―        ―      ―      ―      ―     902
              第3回新株予約権 
              (注)2
              平成27年ストック・
              オプションとしての
                            ―        ―      ―      ―      ―    23,895
              第4回新株予約権
              (注)2
                  合計              51,320,170          ―      ―  51,320,170        24,797
       (注) 1.目的となる株式の数は、新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載してお
            ります。
          2.平成26年ストック・オプションとしての第3回新株予約権及び平成27年ストック・オプションとしての
            第4回新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
          3.転換社債型新株予約権付社債については、一括法によっております。
     3.配当に関する事項

      (1) 配当金支払額
                         配当金の総額       1株当たり配当額
          決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                           (千円)         (円)
       平成28年5月13
       日            普通株式           95,671          0.5   平成28年3月31日         平成28年6月24日
         取締役会
      (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                             配当金の総額        1株当たり
          決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                              (千円)      配当額(円)
       平成29年5月15
       日           普通株式      利益剰余金         95,670         0.5  平成29年3月31日         平成29年6月26日
         取締役会
                                  61/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
     1.発行済株式及び自己株式に関する事項
                  当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
         株式の種類
                    (千株)           (千株)           (千株)           (千株)
       発行済株式
        普通株式

                        197,051              ―           ―        197,051
       自己株式

        普通株式(注)

                         5,710             0           ―         5,710
       (注)   普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りであります。
     2.新株予約権等に関する事項

                                     目的となる株式の数(株)
                                                       当連結会計
                         目的となる
         会社名         内訳                                    年度末残高
                               当連結会計                   当連結
                         株式の種類
                                       増加      減少
                                                        (千円)
                                年度期首                 会計年度末
              第7回転換社債型
                          普通株式      11,428,571          ―      ―  11,428,571       (注)3
        提出会社
              新株予約権付社債
              第8回転換社債型

                          普通株式      11,428,571          ―      ―  11,428,571       (注)3
              新株予約権付社債
              第10回転換社債型

                          普通株式      6,896,551          ―      ―  6,896,551      (注)3
              新株予約権付社債
              第11回転換社債型

                          普通株式      6,896,551          ―      ―  6,896,551      (注)3
              新株予約権付社債
              第13回転換社債型

                          普通株式      7,334,963          ―      ―  7,334,963      (注)3
              新株予約権付社債
              第14回転換社債型

                          普通株式      7,334,963          ―      ―  7,334,963      (注)3
              新株予約権付社債
              平成27年ストック・
              オプションとしての
                            ―        ―      ―      ―      ―    32,598
              第4回新株予約権
              (注)2
                  合計              51,320,170          ―      ―  51,320,170        32,598
       (注) 1.目的となる株式の数は、新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載してお
            ります。
          2.平成27年ストック・オプションとしての第4回新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりませ
            ん。
          3.転換社債型新株予約権付社債については、一括法によっております。
     3.配当に関する事項

      (1) 配当金支払額
                         配当金の総額       1株当たり配当額
          決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                           (千円)         (円)
       平成29年5月15
       日            普通株式           95,670          0.5   平成29年3月31日         平成29年6月26日
         取締役会
      (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                             配当金の総額        1株当たり
          決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                              (千円)      配当額(円)
       平成30年5月15
       日           普通株式      利益剰余金         95,670         0.5  平成30年3月31日         平成30年6月28日
         取締役会
                                  62/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記載されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自 平成28年4月1日                (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                至 平成30年3月31日)
         現金及び預金勘定                       6,509,192千円                6,791,880千円
         預入期間が3か月を超える定期預金                           ―千円             206,270千円
         現金及び現金同等物                       6,509,192千円                6,585,610千円
      2.重要な非資金取引の内容

        前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
         当期において新たに計上した資産除去債務の金額は29,376千円であります。
        当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
         当期において新たに計上した資産除去債務の金額は201,466千円であります。
       (リース取引関係)

     オペレーティング・リース取引
     (借主側)
     オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                        前連結会計年度           当連結会計年度
                       (平成29年3月31日)           (平成30年3月31日)
     1年内                     23,274千円            8,331千円

     1年超                      8,331千円             ―千円

     合計                     31,605千円            8,331千円

       (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
      (1) 金融商品に対する取組方針
        当社グループは、外食店舗の運営を中心に事業を行っており、それらの設備投資計画に照らして、必要な資金
       (主に借入や社債発行)を調達しております。
        一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用する方針としております。デリバティブにつきましては、一定の範
       囲を限度として利回りの向上を図るために利用しております。また、短期的な運転資金を借入により調達しており
       ます。
      (2) 金融商品の内容及びそのリスク
        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
        投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式及び余資運用の債券であり、市場価格の変動リスクや投
       資先の事業リスクに晒されております。
        敷金及び保証金は、主に営業店舗用の土地・建物の賃借に伴うものであり、賃貸人の信用リスクに晒されており
       ます。
        営業債務である買掛金は、ほとんど1ヶ月以内の支払期日であります。
        借入金、新株予約権付社債及び社債は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、償還日は最
       長で決算日後7年後であります。
       このうち一部は、変動金利であるため、金利の変動リスクに晒されております。
        デリバティブ取引は、通貨オプション取引であり、為替相場の変動によるリスクを有しております。
      (3) 金融商品に係るリスク管理体制
       ・信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         債権管理規程に従い、営業債権について、各事業部門が主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引
        相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図ってお
        ります。
                                  63/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
         また、敷金及び保証金については、契約に際しては、相手先の信用状況を十分検討した上で意思決定を行うと
        ともに、定期的に信用調査等を行い、信用状況を把握する体制としております。
         デリバティブ取引の利用にあたっては、契約先は、信用度の高い国内の金融機関であるため、信用リスクはほ
        とんどないと認識しております。
         満期保有目的の債券は、社内ルールに従い、格付けの高い債券のみを対象としているため、信用リスクは僅少
        であります。
       ・資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新することにより、流動性リスクを管理し
        ております。
       ・市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         デリバティブ取引の執行・管理については、社内ルールに従い、財務経理部門が決裁担当者の承認を得て行っ
        ております。
      (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算出された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することがあります。
     2.金融商品の時価等に関する事項

       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
      極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。((注)2.参照)
       前連結会計年度(平成29年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額
                                           時価(千円)          差額(千円)
                                (千円)
       (1) 現金及び預金                           6,509,192            6,509,192             -
       (2)  受取手形及び売掛金

                                   369,096            369,096            -
       (3)  投資有価証券

         満期保有目的の債券                             42,830            41,935         △894

       (4)  敷金及び保証金

                                   555,764            564,238          8,473
       資産計                           7,476,885            7,484,464           7,578

       (1)  買掛金

                                   775,429            775,429            -
       (2)  短期借入金

                                   300,000            300,000            -
       (3)  社債(1年内償還予定の社債を含む)

                                  3,142,000            3,145,510           3,510
       (4)  新株予約権付社債

                                  1,983,058            1,990,430           7,372
       (5)  長期借入金(1年内返済予定の長期借
                                  1,358,905            1,357,713          △1,191
         入金を含む)
       負債計                           7,559,392            7,569,083           9,691
       デリバティブ取引(*)                              (930)            (930)          -

        (*)  デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
          ついては、( )で表示しております。 
                                  64/110




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(平成30年3月31日)
                            連結貸借対照表計上額
                                           時価(千円)          差額(千円)
                                (千円)
                                                           -
       (1) 現金及び預金                           6,791,880            6,791,880
       (2)  受取手形及び売掛金                                                  -

                                   298,329            298,329
       (3)  投資有価証券

         満期保有目的の債券                             40,522            39,250        △1,271

       (4)  敷金及び保証金

                                   460,392            467,124          6,732
       資産計                           7,591,124            7,596,585           5,460

       (1)  買掛金

                                   811,799            811,799            -
       (2)  短期借入金

                                   300,000            300,000            -
       (3)  社債(1年内償還予定の社債を含む)

                                  2,434,000            2,434,282            282
       (4)  新株予約権付社債

                                  1,988,768            1,993,615           4,847
       (5)  長期借入金(1年内返済予定の長期借
                                  2,277,495            2,279,331           1,836
         入金を含む)
       負債計                           7,812,062            7,819,029           6,966
      (注)   1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
      前連結会計年度(平成29年3月31日)
       資産
        (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
          ます。
        (3)  投資有価証券
           債券の時価は、取引金融機関から提示された価格によっております。
           また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
        (4)  敷金及び保証金
           敷金及び保証金の時価は、一定期間ごとに分類し、将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標
          で割り引いた現在価値により算定しております。
       負債
        (1)  買掛金、(2)      短期借入金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
          ます。
        (3)  社債、(4)     新株予約権付社債、(5)           長期借入金
           元利金の合計額を、同様の資金調達を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定して
          おります。
       デリバティブ取引
        取引金融機関から提示された価格を時価としております。
      当連結会計年度(平成30年3月31日)

       資産
        (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
          ます。
        (3)  投資有価証券
           債券の時価は、取引金融機関から提示された価格によっております。
           また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
        (4)  敷金及び保証金
           敷金及び保証金の時価は、一定期間ごとに分類し、将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標
          で割り引いた現在価値により算定しております。
                                  65/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       負債
        (1)  買掛金、(2)      短期借入金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
          ます。
        (3)  社債、(4)     新株予約権付社債、(5)           長期借入金
           元利金の合計額を、同様の資金調達を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定して
          おります。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

         前連結会計年度(平成29年3月31日)
                    区分                   連結貸借対照表計上額(千円)
         投資有価証券
          非上場株式                                              37,472
          関係会社株式                                              34,500
         敷金及び保証金                                            3,424,218
          上記については、市場価格がなく、かつ合理的な将来キャッシュ・フローを見積もることが極めて困難と
         認められるため、時価開示の対象とはしておりません。
         当連結会計年度(平成30年3月31日)

                    区分                   連結貸借対照表計上額(千円)
         投資有価証券
          非上場株式                                              39,372
          関係会社株式                                              34,500
         敷金及び保証金                                            2,713,258
          上記については、市場価格がなく、かつ合理的な将来キャッシュ・フローを見積もることが極めて困難と
         認められるため、時価開示の対象とはしておりません。
        3.金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

         前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                         1年超      5年超
                                   1年以内                   10年超
                                         5年以内      10年以内
                                   (千円)                   (千円)
                                         (千円)      (千円)
         現金及び預金                          6,509,192          ―      ―      ―
         受取手形及び売掛金                           369,096         ―      ―      ―
         投資有価証券
          満期保有目的の債券(外国債券)                              ―    42,632         ―      ―
         敷金及び保証金                           138,338      280,998      124,626       11,801
                    合計               7,016,627       323,630      124,626       11,801
        (注)満期保有目的の債券(外国債券)の償還予定額は、外貨建の額面金額を連結期末日の直物為替相場により
           円貨に換算して記載しております。
         当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                         1年超      5年超
                                   1年以内                   10年超
                                         5年以内      10年以内
                                   (千円)                   (千円)
                                         (千円)      (千円)
         現金及び預金                          6,791,880          ─      ─      ─
         受取手形及び売掛金                           298,329         ─      ─      ─
         投資有価証券
          満期保有目的の債券(外国債券)                             ─    40,382        ─      ─
         敷金及び保証金                           153,285      241,583       58,144       7,379
                    合計               7,243,495       281,966       58,144       7,379
        (注)満期保有目的の債券(外国債券)の償還予定額は、外貨建の額面金額を連結期末日の直物為替相場により
           円貨に換算して記載しております。
                                  66/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
        4.社債、新株予約権付社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
         前連結会計年度(平成29年3月31日)
                             1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                               5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                               (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
         短期借入金               300,000         ―      ―      ―      ―      ―
         社債               708,000      708,000      708,000      328,000      428,000      262,000
         新株予約権付社債                  ―      ―  2,000,000          ―      ―      ―
         長期借入金               362,663      355,696      279,729      146,417       71,400      143,000
         リース債務                2,711      2,711       923       ―      ―      ―
              合計         1,373,374      1,066,407      2,988,652       474,417      499,400      405,000
         (注) 新株予約権付社債の返済予定額は、額面金額で記載しております。
         当連結会計年度(平成30年3月31日)

                             1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                               5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                               (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
         短期借入金               300,000         ―      ―      ―      ―      ―
         社債               708,000      708,000      328,000      428,000      182,000       80,000
         新株予約権付社債                  ―  2,000,000          ―      ―      ―      ―
         長期借入金               637,488      574,871      402,959      319,792      220,935      121,450
         リース債務                2,448       890       ―      ―      ―      ―
              合計         1,647,936      3,283,761       730,959      747,792      402,935      201,450
         (注) 新株予約権付社債の返済予定額は、額面金額で記載しております。
       (有価証券関係)

      満期保有目的の債券
       前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                 連結貸借対照表 
                                            時価         差額
                    区分               計上額
                                           (千円)         (千円)
                                   (千円)
           時価が連結貸借対照表計上額を超えるもの                             ―         ―         ―
           時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの                           42,830         41,935         △894
                    合計                 42,830         41,935         △894
       当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                 連結貸借対照表 
                                            時価         差額
                    区分               計上額
                                           (千円)         (千円)
                                   (千円)
           時価が連結貸借対照表計上額を超えるもの                             ─         ─         ─
           時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの                           40,522         39,250        △1,271
                    合計                 40,522         39,250        △1,271
                                  67/110






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     (デリバティブ取引関係)
     1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      (1) 通貨関連
        前連結会計年度(平成29年3月31日)
                               契約額等のうち
                       契約額等                    時価        評価損益
              種類                   1年超
                        (千円)                   (千円)         (千円)
                                 (千円)
          通貨オプション取引
            売建

     市場取
            プット
     引以外                     34,320            -      △1,013         △1,013
             米ドル
     の取引
            買建
            コール
                          17,160            -         82         82
             米ドル
            合計               51,480            -       △930         △930
      (注)   1.時価の算定方法           取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
        2.当該通貨オプション取引は、ゼロコストオプションであり、オプション料の授受はありません。
        当連結会計年度(平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
      (2) 金利関連

        前連結会計年度(平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
     2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

      (1) 通貨関連
        前連結会計年度(平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
      (2) 金利関連

        前連結会計年度(平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
                                  68/110





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、給与体系の改定に伴い平成18年3月31日付で退職給付制度を廃止いたしました。
       退職一時金につきましては、平成18年3月31日までの在職期間に対する退職金を算定し、本人退職時まで支払い
      を留保いたしております。
     2.確定給付制度
     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                       前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (自 平成28年4月1日            (自 平成29年4月1日
                                     至 平成29年3月31日)            至 平成30年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                    37,404千円            36,752千円
        勤務費用                                      12千円          △303千円

        退職給付の支払額                                    △663千円            △687千円

       退職給付債務の期末残高                                    36,752千円            35,761千円

     (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の調整表

                                       前連結会計年度            当連結会計年度
                                      (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
       非積立型制度の退職給付債務                                    36,752千円            35,761千円
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                    36,752千円            35,761千円

       退職給付に係る負債                                    36,752千円            35,761千円

       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                    36,752千円            35,761千円

     (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                       前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (自 平成28年4月1日            (自 平成29年4月1日
                                     至 平成29年3月31日)            至 平成30年3月31日)
       勤務費用                                      12千円          △303千円
       確定給付制度に係る退職給付費用                                      12千円          △303千円

                                  69/110








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       (ストック・オプション等関係)
     1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                       前連結会計年度            当連結会計年度

       販売費及び一般管理費の株式報酬費用                                    11,850千円            8,702千円

     2.権利不行使による失効により利益として計上した金額

                                       前連結会計年度            当連結会計年度

       新株予約権戻入益                                      ―千円           902千円

     3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      (1)  ストック・オプションの内容
        第3回新株予約権
       会社名                           提出会社
       決議年月日                           平成26年4月23日

                                  当社取締役 5名
       付与対象者の区分及び人数                           当社従業員 23名
                                  当社監査役 2名
       株式の種類及び付与数                           普通株式  950,000株
       付与日                           平成26年5月16日

                                   新株予約権者は、下記(a)、(b)及び(c)に掲げ
                                  る各条件を全て充たした場合、平成29年3月期の有価
                                  証券報告書の提出日の翌月1日から本新株予約権を行
                                  使することができる。
                                  (a)平成27年3月期の連結経常利益850百万円を超過
                                  した場合
                                  (b)平成28年3月期の連結経常利益850百万円を超過
                                  した場合
                                  (c)平成29年3月期の連結経常利益1,400百万円を超
       権利確定条件
                                  過した場合
                                  なお、上記(a)、(b)及び(c)における連結経常利
                                  益の判定においては、当社の有価証券報告書に記載さ
                                  れる連結損益計算書(連結損益計算書を作成していな
                                  い場合、損益計算書)の数値を用いるものとし、適用
                                  される会計基準の変更等により参照すべき連結経常利
                                  益の概念に重要な変更があった場合には、当社は合理
                                  的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標を取
                                  締役会にて定めるものとする。
                                  新株予約権者は、新株予約権の権利行使時において
                                  も、当社の取締役、監査役または従業員であることを
       対象勤務期間                           要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、そ
                                  の他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、こ
                                  の限りではない。
       権利行使期間                           自平成29年7月1日 至平成32年5月15日
                                  70/110





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
        第4回新株予約権
       会社名                           提出会社
       決議年月日                           平成26年6月25日及び平成27年6月15日

                                  当社取締役 5名
                                  当社従業員      650名
       付与対象者の区分及び人数
                                  当社監査役 3名
       株式の種類及び付与数                           普通株式  786,800株
       付与日                           平成27年6月23日

                                  新株予約権者は、新株予約権の権利行使時において
                                  も、当社の取締役、監査役または従業員であることを
       権利確定条件                           要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、そ
                                  の他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、こ
                                  の限りではない。
       対象勤務期間                           自平成27年6月23日 至平成32年6月21日
       権利行使期間                           自平成32年6月22日 至平成34年6月21日

      (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況

        当連結会計年度(平成30年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプション
       の数については、株式数に換算して記載しております。
       ①ストック・オプションの数
       会社名                                      提出会社
       決議年月日                                    平成26年4月23日

       権利確定前(株)

        前連結会計年度末                                                 950,000

        付与                                                    ―

        失効                                                 950,000

        権利確定                                                    ―

        未確定残                                                    ―

       権利確定後(株)

        前連結会計年度末                                                    ―

        権利確定                                                    ―

        権利行使                                                    ―

        失効                                                    ―

        未行使残                                                    ―

                                  71/110





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       会社名                                      提出会社
       決議年月日                              平成26年6月25日及び平成27年6月15日

       権利確定前(株)

        前連結会計年度末                                                 644,600

        付与                                                    ―

        失効                                                 75,600

        権利確定                                                    ―

        未確定残                                                 569,000

       権利確定後(株)

        前連結会計年度末                                                    ―

        権利確定                                                    ―

        権利行使                                                    ―

        失効                                                    ―

        未行使残                                                    ―

       ②単価情報

       会社名                                      提出会社
       決議年月日                                    平成26年4月23日

       権利行使価格(円)                                                  104円

       行使時平均株価(円)                                                    ―

       付与日における公正な評価単価(円)     (注)                                       新株予約権1個当たり 95円

        (注)新株予約権1個当たりの目的である株式の数は、当社普通株式100株であります。
       会社名                                      提出会社

       決議年月日                              平成26年6月25日及び平成27年6月15日

       権利行使価格(円)                                                  1円

       行使時平均株価(円)                                                    ―

       付与日における公正な評価単価(円)     (注)                                     新株予約権1個当たり 10,110円

        (注)新株予約権1個当たりの目的である株式の数は、当社普通株式100株であります。
     4.当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       該当事項はありません。
     5.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
      ます。
                                  72/110



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
        繰延税金資産
         貸倒引当金                              131,569千円             129,073千円
         賞与引当金                               19,036千円             14,313千円
         店舗閉鎖損失引当金                               12,023千円             3,429千円
         前受金                              136,610千円             114,013千円
         減損損失                             1,063,307千円              979,303千円
         退職給付に係る負債                               12,624千円             12,284千円
         資産除去債務
                                      289,024千円             289,569千円
         繰越欠損金                             1,159,841千円             1,232,751千円
         その他                               32,060千円             35,430千円
        繰延税金資産小計                             2,856,097千円             2,810,168千円
        評価性引当額                            △1,841,019千円             △2,130,697千円
        繰延税金資産合計                             1,015,078千円              679,471千円
        繰延税金負債

         資産除去債務(未償却残高)                              △49,194千円             △65,932千円
         その他                              △2,083千円              △119千円
        繰延税金負債合計                              △51,277千円             △66,052千円
        繰延税金資産の純額                              963,801千円             613,418千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
        法定実効税率                                 35.3%             34.5%
        (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                 11.0%             99.0%
        住民税均等割等                                 23.2%            147.8%
        評価性引当額の増減額                                 69.8%            696.0%
        税率変更(税率差異)による影響額等                                 3.5%             2.1%
        合併により発生したのれんの償却額                                 4.7%            19.0%
        その他                                △0.5%             △0.9%
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                147.0%             997.5%
                                  73/110





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       (企業結合等関係)
        取得による企業結合に重要性がないため、記載を省略しております。
       (資産除去債務関係)

      資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       1.当該資産除去債務の概要
         店舗・校舎及び店舗・校舎用敷地の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
       2.当該資産除去債務の金額の算定方法

         使用見込期間を当該建物の耐用年数と見積り、割引率は0%から2.293%を使用して資産除去債務の金額を計算
        しております。
       3.当該資産除去債務の総額の増減

        当連結会計年度において、資産の除去時点において必要とされる除去費用が、固定資産取得時における見積額を
       超過する見込みであることが明らかになったことから、見積りの変更による増加額を0.043%で割り引き、変更前の
       資産除去債務残高に122,498千円加算しております。なお、これによる当連結会計年度の損益に与える影響はありま
       せん。
       資産除去債務の残高の推移は次のとおりであります。
                                  前連結会計年度             当連結会計年度

                                (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)             至 平成30年3月31日)
          期首残高                            845,865千円             841,326千円
          有形固定資産の取得に伴う増加額                             29,376千円             78,967千円
          時の経過による調整額                             11,308千円             10,232千円
          見積りの変更による増加額                               ―千円          122,498千円
          資産除去債務の履行による減少額                            △23,970千円             △86,856千円
          履行義務の免除等による振替額                            △21,253千円            △123,148千円
          期末残高                            841,326千円             843,020千円
                                  74/110










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       (賃貸等不動産関係)
      前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
       当社では、東京都その他の地域において、賃貸用の店舗及びオフィスビル(土地を含む。)を有しております。平
      成29年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は65,265千円(賃貸収益は売上高に、主な賃貸費用は売上
      原価に計上)、固定資産売却損益9,298千円(特別利益に計上)であります。
       また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は以下のとおりであります。
                    連結貸借対照表計上額(千円)

                                                   期末時価
                                                    (千円)
           期首残高             期中増減額              期末残高
               1,590,704              △43,034             1,547,669             1,395,257

      (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であります。
          2.期中増減額のうち、当連結会計年度の主な増加は、賃貸用不動産への振替129,068千円であり、主な減少
           は、賃貸用不動産の売却145,841千円及び減価償却によるものであります。
          3.期末の時価は、社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価書に基づいて自社で算定した金額であります。
      当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

       当社では、東京都その他の地域において、賃貸用の店舗及びオフィスビル(土地を含む。)を有しております。平
      成30年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は36,143千円(賃貸収益は売上高に、主な賃貸費用は売上
      原価に計上)、固定資産売却損益6,783千円(特別利益に計上)であります。
       また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は以下のとおりであります。
                    連結貸借対照表計上額(千円)

                                                   期末時価
                                                    (千円)
           期首残高             期中増減額              期末残高
               1,547,669              △77,357             1,470,311             1,319,809

      (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であります。
          2.期中増減額のうち、当連結会計年度の主な減少は、賃貸用不動産の売却57,782千円及び減価償却によるも
           のであります。
          3.期末の時価は、社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価書に基づいて自社で算定した金額であります。
                                  75/110










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
     (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
     (1)  報告セグメントの決定方法
        当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締
       役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
       す。
        当社グループは、本社に製品・サービス別の事業本部を置き、各事業本部は取り扱う製品・サービスについて国
       内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
        従って、当社グループは事業本部を基礎とした製品・サービス別セグメントから構成されており、「外食事業」
       及び「教育事業」の2つを報告セグメントとしております。
     (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類
        「外食事業」は、寿司業態の「平禄寿司」、居酒屋業態の「とりあえず吾平」「村さ来」、焼肉業態の「焼肉屋
        さかい」「肉匠坂井」、ファーストフード業態の「おむらいす亭」「長崎ちゃんめん」等の営業名称にてチェーン
        店の展開をいたしております。また、同名称にて営業を行っているフランチャイズ加盟店への商品販売も行ってお
        ります。
        「教育事業」は、英会話学校の「NOVA」「NOVA×GEOS」、学習塾の「ITTO個別指導学院」「み
        やび個別指導学院」等にフランチャイズ加盟して運営を行っております。
         なお、当社の連結子会社である株式会社ジー・アカデミーとNOVAホールディングス株式会社との間で締結して
        いる教育事業(学習塾事業・英会話事業)にかかるフランチャイズ契約は、平成30年3月31日の契約期間満了日を
        もって終了し、同日付で教育事業は終了しております。
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
       ける記載と概ね同一であります。
        報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
        セグメント間の内部収益及び振替高は市場価格に基づいております。
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                                     連結財務諸表
                              報告セグメント
                                               調整額
                                                       計上額
                                               (注)1
                         外食事業       教育事業         計
                                                      (注)2、3
       売上高
                         24,788,232        1,951,505       26,739,737               26,739,737
         外部顧客への売上高                                            ―
         セグメント間の内部
                             ―       ―       ―       ―        ―
         売上高又は振替高
                         24,788,232        1,951,505       26,739,737               26,739,737
              計                                     ―
                         1,336,079        173,990      1,510,069       △ 878,780        631,288
       セグメント利益
                         12,415,142         791,015      13,206,157        8,190,075       21,396,232
       セグメント資産
       その他の項目
                          474,677        34,736       509,413        14,262       523,675
         減価償却費
                           25,620               25,620               25,620
        のれん償却額                              ―               ―
         有形固定資産及び
                          696,071        34,045       730,116        22,475       752,591
         無形固定資産の増加額
      (注)   1.調整額は、以下のとおりであります。
         (1)セグメント利益の調整額△878,780千円は、各報告セグメントに配分されていない全社費用であります。
          全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         (2)セグメント資産の調整額8,190,075千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産であります。全
          社資産は、主に当社グループの余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部
          門に係る資産等であります。
         (3)減価償却費の調整額14,262千円は、全社資産に係る減価償却費であります。
                                  76/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
         (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額22,475千円は、当社管理部門に係る設備投資額でありま
          す。
         2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と一致しております。
         3.セグメント資産は、連結貸借対照表の資産合計と一致しております。
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                                     連結財務諸表
                              報告セグメント
                                               調整額
                                                       計上額
                                               (注)1
                         外食事業       教育事業         計
                                                      (注)2、3
       売上高
                         23,861,125        1,500,023       25,361,149               25,361,149
         外部顧客への売上高                                            ―
         セグメント間の内部
                             ―       ―       ―       ―        ―
         売上高又は振替高
                         23,861,125        1,500,023       25,361,149               25,361,149
              計                                     ―
                         1,235,917         90,198      1,326,115       △ 907,388        418,726
       セグメント利益
                         12,654,525         29,731     12,684,257        7,982,463       20,666,720
       セグメント資産
       その他の項目
                          460,854        22,424       483,278        20,947       504,226
         減価償却費
                           20,497               20,497               20,497
        のれん償却額                              ―               ―
         有形固定資産及び
                         1,223,257         40,550      1,263,807         8,978      1,272,786
         無形固定資産の増加額
      (注)   1.調整額は、以下のとおりであります。
         (1)セグメント利益の調整額△907,388千円は、各報告セグメントに配分されていない全社費用であります。
          全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         (2)セグメント資産の調整額7,982,463千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産であります。全
          社資産は、主に当社グループの余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部
          門に係る資産等であります。
         (3)減価償却費の調整額20,947千円は、全社資産に係る減価償却費であります。
         (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額8,978千円は、当社管理部門に係る設備投資額でありま
          す。
         2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と一致しております。
         3.セグメント資産は、連結貸借対照表の資産合計と一致しております。
      【関連情報】

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1) 売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2) 有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものが
      ないため、記載を省略しております。
                                  77/110




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1) 売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2) 有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものが
      ないため、記載を省略しております。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                            (単位:千円)
                    報告セグメント
                                    全社・消去         合計
             外食事業        教育事業         計
               258,465        12,993       271,458               271,458
     減損損失                                    ―
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                                            (単位:千円)
                    報告セグメント
                                    全社・消去         合計
             外食事業        教育事業         計
               381,457         2,705       384,163               384,163
     減損損失                                    ―
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                            (単位:千円)
                    報告セグメント
                                    全社・消去         合計
             外食事業        教育事業         計
                25,620                25,620               25,620
     当期償却額                     ―                ―
                45,085                45,085               45,085
     当期末残高                     ―                ―
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                                            (単位:千円)
                    報告セグメント
                                    全社・消去         合計
             外食事業        教育事業         計
                20,497                20,497               20,497
     当期償却額                     ―                ―
                22,388                22,388               22,388
     当期末残高                     ―                ―
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
                                  78/110


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
       【関連当事者情報】
       前連結会計年度(自           平成28年4月1日 至            平成29年3月31日)
     1.関連当事者との取引
      (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      (ア)   連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                              議決権等

                     資本金又          の所有
                                       取引の内容
          会社等の名称               事業の内容                    取引金額          期末残高
                                  関連当事者
       種類          所在地    は出資金         (被所有)                     科目
                                   との関係
           又は氏名              又は職業                    (千円)          (千円)
                                        (注)1
                     (千円)          割合
                               (%)
                                       食材の仕入
                                             6,032,103     買掛金     595,815
                                       (注)2①、4
                                                  流動負債
                                       運賃の支払
                                              375,389          36,987
                                                  その他
                                       (注)2①、4
                                                 (未払金)
                                                  流動資産
                                       事務管理手数
                                       料の受取(注)       40,185          3,617
                                                  その他
                                         2②
                                                 (未収入金)
                                       財務アドバイ
                                                  流動負債
                         グループ
                                       ザリー手数料
                                   資金の
                                              60,000    その他      5,400
          ㈱ジー・コ
                         ホールディ
                                        の支払
                              (被所有)
                                    援助
                                                 (未払金)
          ミュニケー      名古屋市
                         ング会社、
                                        (注)2③
      親会社                10,000         直接    経営指導
          ション
                 北区        コンサル
                                       店舗施工代          流動負債
                                   役員の
                               40.47
                         ティング事
                                        の支払      577,797     その他      49,702
                                    兼務
                         業
                                        (注)2①         (未払金)
                                                  関係会社
                                       資金の返済
                                              708,142            -
                                        (注)2④
                                                 短期借入金
                                       借入利息の支
                                                436    ―      -
                                        払(注)2④
                                       当社の銀行借
                                       入に対する
                                              300,000      ―      -
                                       担保被提供
                                         (注)3
                              (被所有)
                         業務用食材
                               直接
                                       新株予約権付
                 兵庫県                   資金の              新株予約権
                         等の製造、
                                       社債の引受け
      親会社     ㈱神戸物産           64,000         14.56                 -       1,983,058
                         卸売及び小
                 加古郡                   援助               付社債
                                        (注)2⑤
                               間接
                         売業
                               40.47
      (注)   1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         ①食材仕入、運賃、店舗施工代に係る価格等の取引条件は、市場の実勢価格等を参考にして、その都度交渉の
          上で決定しております。
         ②事務管理手数料については、当社における発生コスト等を勘案して、交渉の上決定しております。
         ③財務アドバイザリー手数料については、持株会社である親会社における運営費用及び一般的な信用保証料等
          を参考にして、交渉の上決定しております。
         ④資金の借入に係る利率については、市場金利を勘案して合理的に決定しております。
         ⑤新株予約権付社債の発行条件は、当社株式の市場価格を勘案して合理的に決定しております。
        3.当社の銀行借入の一部に対して、不動産(土地及び建物)の担保提供を受けております。
          また、親会社㈱ジー・コミニュケーション発行の無担保社債15億円につきましては、金融機関が全額保証し
         ております。当該保証債務に対して、当社の不動産の一部を担保提供しております。
        4.㈱クック・オペレーションが使用する食材等の仕入れ及び食材等の物流費用等店舗諸経費については、当社
          が代わって行い、同社に供給する仕組みとなっております。
          上記の取引金額には、当該代行取引に係る仕入、経費発生額を含めて記載しております。
                                  79/110





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジー・テイスト(E03374)
                                                            有価証券報告書
      (イ)   連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等
                              議決権等

                     資本金又          の所有
                                       取引の内容
          会社等の名称               事業の内容                    取引金額          期末残高
                                  関連当事者
       種類          所在地    は出資金         (被所有)                     科目
                                   との関係
           又は氏名              又は職業                    (千円)          (千円)
                                        (注)1
                     (千円)          割合
                               (%)
                                       当社銀行借入
      同一の親                   外食店舗の         事務管理業
          ㈱ジー・フー      名古屋市                       に対する担保
      会社を持                50,000   直営及びF      なし    務受託           300,000      ―      ─
            ド     北区                       被提供
      つ会社                    C事業        役員の兼務
                                         (注)2
      (注)   1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.当社の銀行借入の一部に対して、不動産(土地・建物)の担保提供を受けております。
          なお、担保提供料の支払いはありません。
          また、当社発行の第2回及び第5回無担保社債につきましては、金融機関が全額保証しております。
          当該保証債務に対して同社の不動産の担保提供を受けております。
       (ウ)   連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

                              議決権等

                     資本金又          の所有
                                       取引の内容
          会社等の名称               事業の内容                    取引金額          期末残高
                                  関連当事者
       種類          所在地    は出資金         (被所有)                     科目
                                   との関係
           又は氏名              又は職業                    (千円)          (千円)
                                        (注)1
                     (千円)          割合
                               (%)
      役員及び
      その近親
      者が議決
      権の過半                   各種広告物
                                       店舗及び校
          セントラルデ
      数を所有                   制作         店舗及び校
                                                  流動負債
                 東京都                       舎の消耗品
          ザイン㈱
      している               30,000     店舗デザ