株式会社ODKソリューションズ 有価証券報告書 第55期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

有価証券報告書-第55期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社ODKソリューションズ

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成30年6月27日
      【事業年度】                    第55期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
      【会社名】                    株式会社ODKソリューションズ
      【英訳名】                    ODK  Solutions     Company,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  西井 生和
      【本店の所在の場所】                    大阪市中央区道修町一丁目6番7号
      【電話番号】                    06-6202-3700
      【事務連絡者氏名】                    取締役企画総務部長  作本 宜之
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市中央区道修町一丁目6番7号
      【電話番号】                    06-6202-0413
      【事務連絡者氏名】                    取締役企画総務部長  作本 宜之
      【縦覧に供する場所】                    株式会社ODKソリューションズ東京支店
                          (東京都中央区新川一丁目28番25号)
                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/65












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
             回次            第51期        第52期        第53期        第54期        第55期
            決算年月            平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月        平成30年3月

                  (千円)      3,239,065        3,319,570        3,486,567        4,311,959        4,898,519

     売上高
                  (千円)       359,711        203,066        136,908        183,545        387,169

     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                  (千円)       237,336        92,194        67,333       121,277        258,645
     純利益
                  (千円)       219,620        78,636       106,158        163,966        478,704
     包括利益
                  (千円)      3,935,585        3,941,222        3,974,381        4,158,948        4,813,538

     純資産額
                  (千円)      5,237,785        5,836,447        5,840,868        6,473,628        7,184,946

     総資産額
                  (円)        539.12        539.89        544.44        547.23        590.62

     1株当たり純資産額
                  (円)        31.93        12.63        9.22       16.21        33.90

     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                  (円)          -        -        -        -        -
     当期純利益
                  (%)         75.1        67.5        68.0        64.2        67.0
     自己資本比率
                  (%)         6.0        2.3        1.7        3.0        5.8

     自己資本利益率
                  (倍)         11.3        24.5        34.5        23.6        15.5

     株価収益率
     営業活動による
                  (千円)       681,688        240,470        458,393        670,167        300,086
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                  (千円)       170,372       △ 545,230       △ 69,062      △ 196,674       △ 165,141
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                  (千円)      △ 423,933        400,528       △ 344,715        316,116       △ 213,499
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                  (千円)      1,423,263        1,519,032        1,563,647        2,353,257        2,274,703
     残高
                            115        114        114        143        145
     従業員数
                  (人)
     (外、臨時雇用者数)                      ( 90 )      ( 81 )      ( 112  )      ( 109  )      ( 108  )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.当社は、平成25年10月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。第51期の期首に当
           該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  2/65







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次            第51期        第52期        第53期        第54期        第55期
            決算年月            平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月        平成30年3月

                  (千円)      3,112,150        3,170,029        3,343,719        4,148,414        4,748,840

     売上高
                  (千円)       365,006        200,117        125,225        164,703        380,077

     経常利益
                  (千円)       247,171        96,532        65,810       115,161        259,213

     当期純利益
     資本金             (千円)       637,200        637,200        637,200        637,200        637,200

                  (千株)        8,200        8,200        8,200        8,200        8,200

     発行済株式総数
                  (千円)      3,989,505        3,999,480        4,031,115        4,209,566        4,864,724

     純資産額
                  (千円)      5,276,184        5,898,437        5,902,686        6,518,639        7,229,703

     総資産額
                  (円)        546.51        547.87        552.21        553.89        596.90

     1株当たり純資産額
                          505.00        10.00        10.00        10.00        10.00
     1株当たり配当額
                  (円)
     (うち1株当たり中間配当
                          ( 500.00   )     ( 5.00  )     ( 5.00  )     ( 5.00  )     ( 5.00  )
     額)
     1株当たり当期純利益             (円)        33.25        13.22        9.02       15.39        33.97
     潜在株式調整後1株当たり
                  (円)          -        -        -        -        -
     当期純利益
                  (%)         75.6        67.8        68.3        64.6        67.3
     自己資本比率
                  (%)         6.1        2.4        1.6        2.8        5.7

     自己資本利益率
                  (倍)         10.8        23.4        35.3        24.8        15.4

     株価収益率
                  (%)         30.1        75.6       110.9        65.0        29.4

     配当性向
                            105        103        104        134        135
     従業員数
                  (人)
     (外、臨時雇用者数)                      ( 70 )      ( 66 )      ( 94 )      ( 96 )      ( 105  )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.当社は、平成25年10月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。第51期の期首に当
           該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         4.第51期の1株当たり配当額は、平成25年10月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行ったため、
           株式分割前の中間配当額500円00銭と、株式分割後の期末配当額5円00銭を合算した額を記載しておりま
           す。なお、第51期の期首に当該株式分割が行われたと仮定した場合の年間配当額は、10円00銭(中間配当額
           5円00銭、期末配当額5円00銭)となります。
                                  3/65








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            概要
      昭和38年4月         大阪電子計算株式会社(現 株式会社ODKソリューションズ)設立
      昭和38年7月         大阪市東区(現 中央区)に本社移転
      昭和39年9月         大学入試業務を受託、サービス開始
      昭和40年4月         証券業務を受託、サービス開始
      平成2年5月         大阪市中央区に大阪センター開設
      平成4年4月         東京都中央区に東京営業所(現 東京支店)開設
      平成8年8月         東京都中央区に東京センター(現 東京支店)開設
      平成10年7月         株式会社オーディーケイ情報システム設立
      平成13年10月         「プライバシーマーク認定」取得(※)
      平成15年2月         「ISMS認証」取得(※)
      平成16年5月         「BS7799-2:2002認証」取得(※)
      平成16年5月         株式会社オーディーケイ情報システム株式譲渡
      平成16年7月         東京都中央区に東京支店、東京センターを拡張、統合
      平成18年9月         商号を大阪電子計算株式会社より、株式会社ODKソリューションズに変更
      平成19年3月         大阪証券取引所ヘラクレス(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を上場
      平成19年6月         「ISO/IEC27001認証」取得(※)
      平成20年10月         本社移転(現在地)
      平成21年7月         株式会社エフプラス(現 連結子会社)の全株式取得
      平成25年6月         大阪証券金融株式会社が保有する当社全株式を売却
      平成25年6月         株式会社学研ホールディングスと業務・資本提携、同社が当社の筆頭株主となる
      平成26年11月         ナカバヤシ株式会社と業務・資本提携
      平成27年3月         東京都品川区に五反田オフィス開設
      平成28年8月         株式会社ファルコホールディングスと業務                    ・資本提携
      平成28年9月         株式会社リアルグローブと業務              ・資本提携
      (※) プライバシーマーク認定、ISMS認証、BS7799-2認証、ISO/IEC27001認証は、個人情報保護及び情報セキュリ
          ティに関する包括的な枠組み、規格であり、その取得は当社経営における重要な事項であります。
          プライバシーマークとは、(一財)日本情報経済社会推進協会が管理する、個人情報取扱いに関する認定制度
          であります。
          ISMSとは、情報セキュリティマネジメントシステムの略で、(一財)日本情報経済社会推進協会の「ISMS適合
          性評価制度」に基づいた認証制度であります。
          BS7799-2とは、情報セキュリティマネジメントシステムに関する英国規格であります。
          ISO/IEC27001とは、BS7799-2とISMSとの統一規格で、情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際
          規格であります。
                                  4/65








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社及び株式会社エフプラス(100%連結子会社)で構成されております。当社は、学校法人、
       証券会社、一般事業法人等に対する各種の情報処理アウトソーシングサービスや、証券金融会社等向けのシステムイ
       ンテグレーションを提供しており、その内容は、システム運用、システム開発及び保守、機械販売で構成されており
       ます。平成30年3月期の売上高構成比はシステム運用89.3%、システム開発及び保守10.5%、機械販売0.2%であり
       ます。
        なお、当社グループは、情報システムの運用、開発及び保守等、総合的な情報サービスを提供しており、当該事業
       以外に事業の種類がないため、セグメント毎の記載に代えてサービス別の内訳を記載しております。
        業務の系統図は次のとおりであります。
                                  5/65


















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                          議決権の所有又
                            資本金
          名称           住所            主要な事業の内容          は被所有割合           関係内容
                           (百万円)
                                             (%)
                                                   当社は同社にシス
                                 スマホ・タブレッ                  テム開発及び保守
                                 ト端末向けアプリ                  といった情報処理
     (連結子会社)                           ケーション開発や          (所有)         サービスを委託し
                  東京都品川区            50
     株式会社エフプラス                           金融機関向けシス               100.0    ております。
                                 テムの開発・保                  役員の兼任等
                                 守・運用                  取締役 3名
                                                   監査役 1名
      5【従業員の状況】

       (1)連結会社の状況
         当社グループは、情報システムの運用、開発及び保守等、総合的な情報サービスを提供しており、当該事業以外
        に事業の種類がないため、提出会社及び連結子会社                        別の従業員数を記載しております。
                                                  平成30年3月31日現在
                  区分                         従業員数(人)

     提出会社                                             135(105)

                                                   10(    3)

     連結子会社
                  合計                                 145(108)

      (注)人材派遣会社からの派遣社員等の臨時雇用者の期末人員数を( )外数で記載しております。
       (2)提出会社の状況

         当社は、情報システムの運用、開発及び保守等、総合的な情報サービスを提供しており、当該事業以外に事業の
        種類がないため、全社情報を記載しております。
                                                  平成30年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

                                          14.8

           135(105)                 42.4                           7,217
      (注)1.人材派遣会社からの派遣社員等の臨時雇用者の期末人員数を( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.平均年齢、平均勤続年数及び平均年間給与は、他社からの出向者を除いて算出しております。
       (3)労働組合の状況

         当社には、電算労コンピュータ関連労働組合のODKソリューションズ支部が結成されており、労使関係は安定
        しております。
                                  6/65






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)経営方針

         当社は、「情報サービス事業を通じて、顧客の繁栄・社会の発展に貢献する。」ことを経営理念として掲げてお
        ります。
         経営の基本方針は、
         1.常に技術の向上を図り、優れたサービスを提供し、顧客のさらなる信頼を得る
         2.先を見据えたグローバルな視野で、未来を創造する
         3.働く喜び・生きがいを感じられる、魅力ある会社生活を実現する
        としており、企業が成長・発展する原動力を「ヒトが生み出す付加価値」におき、人的資産に対する積極的な取組
        みを通じて、すべてのステークホルダーの期待に応える成果を生み出していくといった強い思いを込めておりま
        す。
         また、これらを具現化するために、
         「Chance      チャンスを見つけ出し、必ず掴み取る意欲を持って」
         「Change      変化を恐れず、柔軟な姿勢を持って」
         「Compliance        全ての行動において、法令・社会規範・社内規則を遵守し」
         「Challenge       高い目標を持って、常に挑戦し続けよう」
        を全員の行動指針としております。
       (2)経営戦略等

         当社は、経営環境の変化等に適切に対応するため、毎年度改定するローリング方式により中期経営計画を策定し
        ております。「       2018~2020年度中期経営計画」は次のとおりであります。
         『ODKを次のステージへ』
         経営目標(単体、2020年度            目標)
          営業収益:6,000百万円
          経常利益:450百万円
          配当:年10円の安定配当を堅持する
         基本方針
          1.将来の主力業務創出・育成  2.収益力アップ  3.組織力アップ
         基本戦略
          1.アライアンス・M&Aの活用、情報分析・コンサル・マッチングソリューションの提供
          2.主力サービスの絞込み・拡販、固定費の変動費化
          3.業務推進方法の見直し、マネジメント層の強化・育成
         当社は、「情報サービス事業を通じて、顧客の繁栄・社会の発展に貢献する」を経営理念として掲げ、常に技術

        の向上を図り、優れたサービスを提供し、顧客のさらなる信頼を得ることを経営基本方針として事業を推進してお
        ります。
         当社の経営戦略としては、情報処理アウトソーシングを中心としたシステム運用による安定的な収益を基盤に、
        将来の主力業務創出・育成、収益力アップ、組織力アップを基本方針に取組み、持続的な成長を図ってまいりま
        す。
         具体的には、情報分析・コンサル・マッチングソリューション業務の創出に向け、アライアンスやM&A等によ
        る外部資源活用が必要であると考えております。技術面では人工知能(AI)、領域ではHRテック                                              (人事分野で
        のテクノロジー領域)          をメインに新たな成長に向かいチャレンジしてまいります。
         また、高収益体制の確立のためにサービスの絞込みと拡販をすすめてまいります。特に、教育改革対応及び医療
        業務拡大は不可欠と考えております。さらに、ここ数年継続している固定費の変動費化の一環として、本支店機
        能・インフラの最適化をすすめてまいります。
         業務推進方法の見直しも継続し、生産性向上を礎とした働き方改革実現に向けて、自動化・アウトソースを推進
        してまいります。また、昨今の急速なイノベーションに対応すべく、当社従業員もステージアップする必要がある
        と考えております。マネジメント層の強化と人材育成をすすめるべく、能力開発・スキル向上の仕組みを継続的に
        整えてまいります。
                                  7/65



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
       (3)経営上の達成状況を判断するための客観的な指標等
         当社は、業績回復を確実なものとするため、現在は収益のトップラインを高めていく時期だと認識しておりま
        す。そのため営業収益及び経常利益を重要指標と位置付けております。
       (4)経営環境及び対処すべき課題

         情報サービス業界においては、AIやIoTの技術革新が急速にすすんでおり、企業のIT投資の需要が高まっ
        ております。加えて、政府の取組みとして、「教育ICT化」に向けた環境整備をすすめており、積極的なICT
        の活用が想定されております。このような社会機運の高まりを受け、当社としても急速なイノベーションに対応す
        べく、最先端の技術領域に積極的に取組んでまいります。
         当社は、急激な環境変化の中、前期に続き大幅な増収増益を達成しました。これは主力業務の増収が主因ではあ
        りますが、アウトソーシングや業務委託等の外部リソースの積極活用により固定費の変動費化を行うことで、コス
        ト削減や本来業務への経営資源の集中が可能となり、収益性が向上した効果も出始めていると考えております。働
        き方改革にも取組んでおり、生産性向上に向けた業務効率化を今後も継続して推進してまいります。
         今後は引続き情報処理アウトソーシングを主力としつつ、新規領域における収益基盤を拡大してまいります。そ
        のために、当期参入したHRテックのような領域に積極的にチャレンジし、アライアンスやM&Aを活用しつつ、
        将来の主力業務を早急に創出してまいります。当社の長年培ってきたノウハウと新規領域をうまく融合させ、当社
        ならではの業務を拡大するとともに、より一層のブランド力向上を図り、次のステージへ飛躍してまいります。
         学校法人向けサービスにおいては、私立及び国公立大学の新規受託が着実に増加しております。また、UCAR
        Oの積極的なプロモーションを行っており、入試業界における代表的なプラットフォームとしての立ち位置を確立
        してまいります。また、外部リソースの有効活用をすすめ、収益性のさらなる向上を目指してまいります。
         証券会社向けサービスでは、証券総合システム「SENS21」を中心に、不公正売買監視システム「Watch21」とほ
        ふりシステムを付随システムに位置づけ、基盤共通化や体制整備等をすすめ、より有効な提案をしてまいります。
        また、これらのシステム等を活かした周辺サービスの提供にも注力し、多角的な収益源獲得をすすめるとともに、
        収益性の向上を目指してまいります。
         医療関連業務は、システム運用業務のみならず医療システム開発案件の参画等も行っており、業務深耕に努めて
        おります。また、AIを活用したソリューション提供を目指しており、AI活用ノウハウについても蓄積を図って
        まいります。
                                  8/65












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項に
       は、以下のようなものがあります。なお、以下の記載における将来に関する事項については、有価証券報告書提出日
       (平成30年6月27日)現在において当社グループに想定される範囲で記載したものであります。
       (1)情報セキュリティ上のリスクについて

         ますます高度化する情報通信技術の進展にともない、情報セキュリティに対するリスクも増大しており、その社
        会的な影響も重大なものになっております。当社は、情報処理システムのアウトソーシングを基幹業務としてお
        り、顧客の重要な機密情報を大量に保管・処理しています。
         情報セキュリティに対するリスクには、人為的なもの(故意・過失)、非人為的なもの(自然災害・機械故障)
        等、様々なものがあり、そのすべての影響を除去することは困難であります。
         万が一、このような情報セキュリティ上のリスク(例えば情報漏えい、大震災)が現実のものとなった場合、当
        社の社会的信用は著しく低下し、契約解除、損害賠償、事業機会の逸失等の損害が発生する場合があります。
       (2)個人情報保護法等の法令について

         当社は個人情報保護法第2条第3項に規定する個人情報取扱事業者に該当しており、同法の適用を受けておりま
        す。また、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に定める個人番号の収
        集・管理等を事業として行うことから、同法及び同法に基づく「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライ
        ン」への厳格な準拠が要求されております。さらに、ソフトウェア保護に関する著作権法、情報システムに係る犯
        罪を規制するコンピュータ犯罪防止法、不正アクセス禁止法等の刑罰法規の規制下に置かれております。当社とし
        ては、情報セキュリティ対策としてISO/IEC27001認証の取得、個人情報管理に関してはプライバシーマーク(P
        マーク)を更新し、厳重なる社内管理に努めておりますが、不正アクセス者等からの侵入により、上記情報が違法
        に漏えいされ、不正に使用される事態が発生した場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ( 3)業績の下期偏重について

         当社の教育業務の売上高は、大学入試の運用受託が主となります。大学入試業務は大半が3月に終了するため、
        教育業務の売上高の大部分は連結会計年度末である3月にかけて計上されることとなり、当社の売上高は下期(特
        に第4四半期)に偏重する傾向があります。また、年間を通じて固定的に発生する費用等は上期にも発生するた
        め、利益についても下期(特に第4四半期)に偏重し、上期までは赤字となる場合があります。
       (4)システム開発及び保守、並びに機械販売について

         当社の主要サービスはシステム運用であり、これに付随してシステム開発及び保守、機械販売を行っておりま
        す。システム開発及び保守、機械販売は景気動向、新技術、耐用年数等の影響を受けやすく、その状況によっては
        業績変動幅が大きくなることがあります。
         当社では、こうした影響を受けにくいシステム運用を基盤とした業容拡大を目指してまいりますが、システム開
        発及び保守等の増減による売上高の変動を排除することは困難であります。
       (5)確定給付企業年金資産の運用損益について

         当社は、従業員の退職給付制度として、確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を設けております。退職給付
        債務の算定方法としては簡便法を採用しており、連結会計年度末における退職給付債務(退職一時金制度に係る期
        末自己都合要支給額)から確定給付企業年金資産評価額を控除した金額を退職給付に係る負債として計上しており
        ます。
         従いまして、確定給付企業年金の年金資産の運用損益により退職給付費用の金額が増減し、当社の業績に影響を
        及ぼす可能性があります。
       (6)のれんについて

         当連結会計年度末において、のれんを資産の部で20,274千円計上いたしております。こののれんにつきまして
        は、連結子会社の事業の状況を勘案し、10年間の定額法により償却しており、適用している償却期間にわたって、
        効果が発現するものと考えております。
         しかしながら、連結子会社の業績悪化等により、その効果が取得時の見積りに基づく期間よりも早く消滅すると
        見込まれる状況が発生した場合は、のれん残高について相応の減額を行う必要が生じることとなり、当社グループ
        の業績と財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  9/65



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」とい
        う。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ① 財政状態及び経営成績の状況

          当連結会計年度におけるわが国経済は、政府による経済政策や日銀による金融政策を背景に、企業収益の回復
         や雇用環境の改善等緩やかな回復基調にあるものの、中国をはじめとしたアジア新興国経済や米国の政策動向の
         不確実性の高まり等から、依然として先行きは不透明な状況にあります。一方、情報サービス産業においては、
         売上高増加基調が続いてきたものの直近では減少しており、回復基調の継続が期待されております。〔経済産業
         省特定サービス産業動態統計(平成30年4月分確報)より〕
          このような環境下、当社グループにおきましては、「新しいODKへのモデルチェンジ」を中期経営計画(平
         成29~31年度)の目標とし、「医療システム開発への参画、AIサービスの提供」「UCARO・マイナンバー
         関連サービスの拡販」「業務別・顧客別収益性管理の徹底、外部リソースの有効活用」を本年度の重点課題とし
         て様々な施策に取組んでまいりました。
          当連結会計年度は、株式会社ファルコホールディングスとの協業による医療システム開発案件への参画や、A
         Iを活用した各種ソリューションの提供に向けた取組みを継続しており、早期収益化に向けて積極的に努めてお
         ります。また、新たに3社とそれぞれ協力体制を築きました。各社と技術を融合し、AIを活用したサービスの
         提供や、当社にとって新たな領域であるHRテック(人事分野でのテクノロジー領域)におけるサービス提供を
         目指してまいります。さらに、株式会社DMM.com証券向けに証券総合システムSENS21の提供を開始いたしまし
         た。当社の強みである証券業務の知識や技術ノウハウにより、新たに証券取引に参入する同社をサポートしてま
         いります。
          情報処理アウトソーシングにおいては、大学入試業務の受託校数を4校、UCAROの導入校数を25校、Web
         出願サービスの受託校数を6校それぞれ増やしたほか、マイナンバー業務受託社数を24社としております。大学
         入試業務における処理志願者数は前年比12.7%増の約108万人となりました。
          当連結会計年度は、教育業務における新規受託や処理件数増、証券総合システムSENS21導入開発、平成28年6
         月より受託開始した臨床検査システムの運用業務等により、                            売上高は    4,898,519     千円  (前年同期比       13.6%増)と
         なりました。また、臨床検査システムの運用業務や教育業務における新規受託及び事務代行業務による支払手数
         料の増加等があったものの、売上高の増加等により、                         営業利益は     365,877    千円  (同   125.1%増)     、経常利益は
         387,169    千円  (同   110.9%増)     、親会社株主に帰属する当期純利益は                  258,645    千円  (同   113.3%増)となりました。
          売上高の内訳は、次のとおりであります。
          なお、当社グループは、情報システムの運用、開発及び保守等、総合的な情報サービスを提供しており、当該
         事業以外に事業の種類がないため、セグメント毎の記載に代えてサービス別の内訳を記載しております。
                                当連結会計年度売上高内訳

         内訳
                 教育業務       前年同期比       証券・ほふり        前年同期比        一般業務       前年同期比
                 (千円)        (%)      業務(千円)         (%)       (千円)        (%)
     システム運用            2,780,810         13.8       953,963         5.7       477,413        23.9
     システム開発及び
                     -       -      264,013        45.8       101,261        58.0
     保守
     機械販売                -       -       1,256      △64.7         8,132       523.2
         合計         2,780,810         13.8      1,219,232         12.2       586,807        30.2

                                当連結会計年度売上高内訳

         内訳
                 金融業務       前年同期比         その他       前年同期比         合計      前年同期比
                 (千円)        (%)       (千円)        (%)       (千円)        (%)
     システム運用              161,776        △3.3          -       -     4,373,963         12.2
     システム開発及び
                     -       -      149,679        △8.5        514,953        26.0
     保守
     機械販売                213       -         -       -       9,602       97.4
                                                4,898,519

         合計          161,989        △3.1        149,679        △8.5                13.6
                                 10/65


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        〔システム運用〕
         教育業務における新規受託や処理件数増、臨床検査システムの運用業務等により、4,373,963千円(前年同期比
        12.2%増)となりました。
        〔システム開発及び保守〕
         証券総合システムSENS21導入開発等により、514,953千円(同                              26.0%増)となりました。
        〔機械販売〕
         医療システム用機器販売により、9,602千円(同                        97.4%増)となりました。
        ② キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末と比べ                                    78,554   千円減少し     2,274,703     千円
         となりました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動の結果、         300,086    千円の収入(前年同期は           670,167    千円の収入)となりました。この収入減は主に売上
         債権の増加によるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動の結果、         165,141    千円の支出(同        196,674    千円の支出)となりました。             これは主に、      有価証券の償還
         による収入があった一方、投資有価証券の取得による支出及び無形固定資産の取得による支出があったこと                                                  によ
         るものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動の結果、         213,499    千円の支出(同        316,116    千円の収入)となりました。             これは主に、自己株式の処分
         による収入があった一方、長期借入金の返済による支出及びリース債務の返済による支出                                         があったこと      によるも
         のであります。
        ③ 生産、受注及び販売の実績

         a.生産実績
           当社グループは、情報システムの運用、開発及び保守等、総合的な情報サービスを提供しておりますが、そ
          の特性上、サービス別に生産規模を金額あるいは数量で示すことはいたしておりません。
         b.受注実績

           当社グループは、情報システムの運用、開発及び保守等、総合的な情報サービスを提供しておりますが、そ
          の特性上、サービス別に受注規模を金額あるいは数量で示すことはいたしておりません。
         c.販売実績

           当連結会計年度の販売実績は、下表のとおりであります。
           なお、当社グループは、情報システムの運用、開発及び保守等、総合的な情報サービスを提供しており、当
          該事業以外に事業の種類がないため、セグメント毎の記載に代えてサービス別の内訳を記載しております。
                              当連結会計年度

             内訳              (自 平成29年4月1日                    前年同期比(%)
                            至 平成30年3月31日)
     システム運用(千円)                            4,373,963                     12.2
     システム開発及び保守(千円)                             514,953                    26.0
     機械販売(千円)                              9,602                   97.4
           合計(千円)                      4,898,519                     13.6
      (注)1.最近2連結会計年度の主要な販売先及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                 販売先
                            金額(千円)         割合(%)        金額(千円)         割合(%)
           近畿大学                    462,361          10.7          -        -
         2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
                                 11/65



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①   重要な会計方針及び見積り

          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成
         されております。連結財務諸表の作成にあたり、当社グループが採用している会計方針において重要と考える会
         計上の見積りは退職給付債務です。当社グループの退職給付債務は退職一時金制度に係る期末自己都合要支給額
         を基に簡便法により計算しております。また、退職給付に係る負債は退職給付債務から確定給付企業年金資産評
         価額を控除して算出しております。そのため、期中に想定外の退職者があった場合や、評価時点の景況、市況に
         よって確定給付企業年金資産評価額が変動した場合、重要な影響を受ける可能性があります。
          なお、連結子会社である株式会社エフプラスは、退職給付制度を採用しておりません。
        ② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        a.経営成績等
         1)財政状態
         (資産)
          当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末と比べて711,318千円増の                                    7,184,946     千円となりました。これ
         は主に、ソフトウェアや繰延税金資産の減少があった一方、売掛金や投資有価証券の増加があったことによるも
         のであります。
         (負債)
          前連結会計年度末と比べて56,728千円増の                     2,371,408     千円となりました。これは主に、長期借入金の減少が
         あった一方、買掛金及び長期リース債務の増加があったことによるものであります。
         (純資産)
          前連結会計年度末と比べて654,590千円増の                     4,813,538     千円となりました。これは、利益剰余金が182,645千円
         増の  3,235,048     千円となったことに加え、その他有価証券評価差額金の増加や自己株式を処分したことによるも
         のであります。
         2)経営成績

         (売上高)
          当社グループの当連結会計年度の売上高は、教育業務における新規受託や処理件数増、証券総合システム
         SENS21導入開発、平成28年6月より受託開始した臨床検査システムの運用業務等により、                                         売上高は    4,898,519     千
         円 (前年同期比       13.6%増)となりました。
          教育業務につきましては、売上高が2,780,810千円(同                          13.8%増)となりました。入試アウトソーシングにお
         いて、大学入試業務の受託校数を4校、UCAROの導入校数を25校、Web出願サービスの受託校数を6校それ
         ぞれ増やしました。大学入試業務における処理志願者数は前年比12.7%増の約108万人となりました。
          証券会社向けの証券・ほふり業務につきましては、証券総合システムSENS21導入開発等により、売上高は
         1,219,232千円(同         12.2%増)となりました。マイナンバー業務受託社数は24社としております。
          上記以外の業務につきましては、平成28年6月より受託開始した臨床検査システムの運用業務等により、売上
         高は898,475千円(同          15.0%増)となりました。
         (売上原価、販売費及び一般管理費)
          売上原価につきましては、前連結会計年度に比べ304,938千円増の                              3,623,452     千円  (同   9.2%増)を計上してお
         ります。これは、臨床検査システムの運用業務や教育業務における新規受託及び事務代行業務による支払手数料
         の増加等によるものであります。
          販売費及び一般管理費につきましては、前連結会計年度に比べ78,311千円増の                                    909,188    千円  (同   9.4%増)とな
         りました。
          その結果、     営業利益は前連結会計年度に比べ203,308千円増の                       365,877    千円  (同   125.1%増)となりました。
         (営業外損益及び経常利益)
          受取配当金等によって営業外損益は21,291千円となり、                          経常利益は前連結会計年度に比べ203,624千円増の
         387,169    千円  (同   110.9%増)となりました。
         ( 親会社株主に帰属する当期純利益               )
          親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、前連結会計年度に比べ137,368千円増の                                          258,645    千円  (同
         113.3%増)となりました。
                                 12/65


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         3)キャッシュ・フローの分析
          当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ②キャッ
         シュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
        b.経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

          当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 2 事業等のリス
         ク」に記載のとおりであります。
        c.資本の財源及び資金の流動性

         資金需要
          当社グループの運転資金需要のうち主なものは、システム開発・運用費用のほか、販売費及び一般管理費等の
         営業費用であります。投資を目的とした資金需要は、設備投資、有価証券の取得等によるものであります。
         財務政策

          当社グループは、事業運営上必要な資金の流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としており
         ます。
          短期運転資金は営業活動から得られるキャッシュ・フローにより賄っており、設備投資や長期運転資金の調達
         につきましては、需要が発生した時点で自己資金及び金融機関からの借入等、その時点でのコストバランスを検
         討し対応しております。
          なお、当連結会計年度末における借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は1,043,772千円となってお
         ります。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は                                 2,274,703     千円となっております。
        d.  経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

          当社グループは、業績回復を確実なものとするため、現在は収益のトップラインを高めていく時期だと認識し
         ております。そのため営業収益及び経常利益を重要指標と位置付けております。
                 平成30年3月期(計画)            平成30年3月期(実績)

         指標                                 増減  (千円)        計画比   (%)
                    (千円)            (千円)
                     4,900,000            4,898,519           △1,480           △0.0
      営業収益
                      200,000            387,169          187,169            93.6
      経常利益
         (注)1.平成30年3月期(計画)は、平成29年4月26日に公表した業績予想値であります。
                                 13/65










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
       業務・資本提携契約
         契約会社名             相手方の名称            契約締結日               契約内容
                                         業務提携
                                          ①入学試験業務効率化サービスの開発
                                          ②入試データと教育コンテンツを融合
     ㈱ODKソリューションズ              ㈱学研ホールディングス             平成25年6月20日           した教育支援・広報支援サービスの
                                           開発
                                         資本提携
                                          株式の相互保有
                                         業務提携
                                          ①各種印刷業務へのデータ・プリン
                                           ト・サービス活用
                                          ②学校法人及び教育事業を行う法人向
                                           け新サービスの企画・開発及び共同
     ㈱ODKソリューションズ              ナカバヤシ㈱             平成26年11月21日
                                           営業
                                          ③両社が保有する商品及びサービスの
                                           クロスセールス
                                         資本提携
                                          株式の相互保有
                                         業務提携
                                          ①ITシステムに係る業務の委託
                                          ②ITシステム開発における協力
                                          ③協業サービスの商品企画
                   ㈱ファルコホールディン
     ㈱ODKソリューションズ                          平成28年8月5日          ④協業サービスの提供実現に向けたシ
                   グス
                                           ステム開発及び導入
                                          ⑤協業サービスの共同営業展開
                                         資本提携
                                          株式の相互保有
                                         業務提携
                                          人工知能技術等を活用した新たなサー
     ㈱ODKソリューションズ              ㈱リアルグローブ             平成28年9月28日          ビスの開発・推進
                                         資本提携
                                          株式の保有
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 14/65







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループにおける設備投資は主に、新規受託業務対応のソフトウェア開発及び機器導入、並びに業容拡大にと
       もなう事務所施設の整備を中心に行っております。
        当連結会計年度における設備投資は総額390,135千円で、その主な内容は、SENS21導入機器及びホームトレードリ
       プレース機器、マイグレーションシステムのソフトウェア等であります。
        また、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備につきましては、次のとおりであります。
        なお、当社グループは、情報システムの運用、開発及び保守等、総合的な情報サービスを提供しており、当該事業
       以外に事業の種類がないため、全社情報を記載しております。
       (1)提出会社
                                                  平成30年3月31日現在
                                   帳簿価額(千円)
       事業所名                                                 従業員数
               設備の内容
                           工具、器具            ソフト
       (所在地)                                                  (人)
                       建物          リース資産           差入保証金       合計
                            及び備品            ウェア
     本社・
             統括業務施設、シ
     大阪センター        ステム開発・運用          38,858      29,121     163,006      580,280      111,101      922,367     100(55)
     (大阪市中央区)        設備
     東京支店        システム開発・運
                       15,805      27,599     186,610      74,185      30,757     334,959     17(43)
     (東京都中央区)        用設備
     五反田オフィス        システム開発・運
                                                        18(  7)
                       3,787      2,095       -    3,554     10,756      20,194
     (東京都品川区)        用設備
      (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         2.従業員数の( )は、人材派遣会社からの派遣社員等の臨時雇用者の期末人員数を外書しております。
       (2)国内子会社

                                                  平成30年3月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
                事業所名                                         従業員数
        会社名               設備の内容
                                  工具、器具      ソフト
               (所在地)                                         (人)
                              建物               差入保証金       合計
                                  及び備品      ウェア
                      統括業務施設、
              本社
                                                         10(  3)
     株式会社エフプラス                システム開発・          -     127      -    5,576      5,703
              (東京都品川区)
                      運用設備
      (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         2.従業員数の( )は、人材派遣会社からの派遣社員等の臨時雇用者の期末人員数を外書しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設
         該当事項はありません。
       (2)重要な設備の改修

         該当事項はありません。
       (3)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 15/65





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           32,800,000

                  計                                32,800,000

        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数             提出日現在発行数           上場金融商品取引所
        種類          (株)            (株)         名又は登録認可金融                内容
              (平成30年3月31日)            (平成30年6月27日)            商品取引業協会名
                                        東京証券取引所
     普通株式             8,200,000            8,200,000          JASDAQ           単元株式数100株
                                       (スタンダード)
                              8,200,000
        計          8,200,000                        -            -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高               資本準備金
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額
                                (千円)        (千円)              残高(千円)
                 (株)        (株)                      (千円)
      平成25年10月1日
                 8,118,000        8,200,000           -     637,200          -     607,200
        (注)
      (注)普通株式を1株につき100株の割合をもって分割するとともに、1単元の株式数を100株とする単元株制度を採用
         しております。
       (5)【所有者別状況】

                                                    平成30年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未満
       区分                             外国法人等
                                                        株式の状況
                       金融商品     その他の
            政府及び地
                  金融機関                           個人その他       計     (株)
            方公共団体
                       取引業者      法人
                                  個人以外      個人
     株主数
               -      5     19     21     12      1    1,542      1,600       -
     (人)
     所有株式数
               -    9,511     4,967     38,337       804      1   28,375      81,995       500
     (単元)
     所有株式数の
               -     11.6      6.1     46.7      1.0      0.0     34.6     100.0       -
     割合(%)
      (注)自己株式50,032株は、「個人その他」に500単元、「単元未満株式の状況」に32株含まれております。
                                 16/65


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成30年3月31日現在
                                                    発行済株式(自
                                                    己  株  式  を  除
                                           所有株式数(株)         く。)の総数に
          氏名又は名称                     住所
                                                    対する所有株式
                                                    数の割合(%)
     株式会社学研ホールディングス                  東京都品川区西五反田2-11-8                      1,350,000          16.56

                       京都市中京区河原町通二条上る清水町346                       850,000         10.43

     株式会社ファルコホールディングス
                       大阪市中央区北浜東1-20                       450,000         5.52

     ナカバヤシ株式会社
                       東京都台東区下谷1-7-5                       400,000         4.90

     日本通信紙株式会社
                       大阪市中央区北浜1-1-24                       300,060         3.68

     廣田証券株式会社
                       大阪市北区中之島2-3-18                       300,000         3.68

     日本システム技術株式会社
                       東京都千代田区丸の内2-7-1                       300,000         3.68

     株式会社三菱東京UFJ銀行
                       東京都千代田区丸の内1-1-2                       300,000         3.68

     株式会社三井住友銀行
                       大阪市中央区備後町2-2-1                       300,000         3.68

     株式会社りそな銀行
                       大阪市中央区道修町1-6-7                       254,600         3.12

     ODK従業員持株会
                                -             4,804,660          58.95

             計
      (注)1.前事業年度末において主要株主でなかった株式会社ファルコホールディングスは、当事業年度末現在では主
           要株主となっております。
         2.株式会社三菱東京UFJ銀行は、平成30年4月1日付で商号を株式会社三菱UFJ銀行に変更いたしまし
           た。
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成30年3月31日現在
              区分               株式数(株)           議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                              -           -        -

      議決権制限株式(自己株式等)                              -           -        -

      議決権制限株式(その他)                              -           -        -

                          (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                        -        -
                           普通株式         50,000
      完全議決権株式(その他)                     普通株式 8,149,500                 81,495          -
      単元未満株式                     普通株式    500                    -        -

      発行済株式総数                          8,200,000              -        -

      総株主の議決権                              -         81,495          -

                                 17/65





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        ②【自己株式等】
                                                  平成30年3月31日現在
                                                    発行済株式総数に

      所有者の氏名又                      自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
                  所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                      式数(株)        式数(株)        計(株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                大阪市中央区道修町
                               50,000          -      50,000         0.61
     株式会社ODK
                一丁目6番7号
     ソリューションズ
         計           -          50,000          -      50,000         0.61
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】  会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                      32            14,400
      当期間における取得自己株式                                      -              -
      (注) 当期間における取得自己株式には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
          取りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                     処分価額の                処分価額の
                             株式数(株)                株式数(株)
                                     総額(円)                総額(円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                         550,000      251,900,000             -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った

                                  -        -        -        -
      取得自己株式
      その他
                                  -        -        -        -
      (-)
      保有自己株式数                          50,032          -      50,032          -

      (注)1.当事業年度における「引き受ける者の募集を行った取得自己株式」は、平成30年2月21日開催の取締役会決

           議により実施した株式会社ファルコホールディングスを割当先とする第三者割当による自己株式の処分であ
           ります。
         2.当期間における保有自己株式には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
           買取り及び買増しによる株式は含まれておりません。
                                 18/65




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主への安定的かつ継続的な利益還元を念頭に、経営体質強化に必要な内部留保を確保しつつ、年10円の
       安定的な配当を実施していくことを基本方針としております。
        これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        また、当社は、「会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、中
       間配当を行うことができる。」旨定款に定めております。
        当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき、1株当たり10円の配当(うち中間配当5円)とすることを
       決定いたしました。
        内部留保資金につきましては、中長期的に予想される経営環境の変化に対応すべく、今まで以上に市場ニーズに応
       えられるよう、ヒト・技術・開発及びセキュリティ体制の強化、さらには新規事業創出に向けた戦略投資に活用して
       いく方針であります。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
            決議年月日                配当金の総額(千円)                  1株当たり配当額(円)
      平成29年10月25日
                                     38,000                     5
      取締役会
      平成30年6月27日
                                     40,749                     5
      定時株主総会
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第51期          第52期          第53期          第54期          第55期
      決算年月       平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月          平成29年3月          平成30年3月

      最高(円)             550          395          434          420          571

      最低(円)             313          256          262          283          341

      (注)1.最高・最低株価は、平成25年7月16日より東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであ
           り、それ以前は大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
         2.平成25年10月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。第51期の期首に当該株式分
           割が行われたと仮定して、第51期の最高・最低株価を記載しております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成29年10月          11月        12月      平成30年1月          2月        3月
      最高(円)           444        498        488        525        494        571

      最低(円)           411        410        443        478        424        427

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                 19/65







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性   10名 女性      -名 (役員のうち女性の比率               -%)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日                略歴            任期
                                                         (株)
                                      大阪証券金融株式会社(現 日本証
                                昭和50年4月
                                      券金融株式会社)入社
                                平成13年6月      同社東京支店長
     代表取締役                                               (注)
                                平成20年6月      同社取締役資金証券部長
                 西井 生和      昭和27年11月29日生                                  12,400
     社長
                                                      3
                                平成22年6月      同社常務取締役
                                平成23年6月      当社代表取締役専務取締役
                                平成24年6月      当社代表取締役社長(現任)
                                      当社入社
                                昭和62年4月
                                平成23年6月      総務部長
                                平成24年6月      取締役総務部長
                                      株式会社エフプラス取締役
     代表取締役                                               (注)
                 勝根 秀和      昭和37年9月14日生         平成26年7月      取締役                    19,800
     専務取締役
                                                      3
                                平成27年6月      常務取締役
                                平成30年6月      代表取締役専務取締役(現任)
                                      株式会社エフプラス代表取締役社長
                                      (現任)
                                      当社入社
                                平成元年4月
                                平成21年7月      株式会社エフプラス取締役(現任)
                                                    (注)
                                平成27年4月      事業開発部長
     常務取締役     事業開発部長       森脇 博文      昭和41年1月18日生                                  9,800
                                                      3
                                平成28年6月      取締役事業開発部長
                                平成30年6月      常務取締役事業開発部長(現任)
                                      株式会社エムシー企画入社
                                昭和59年4月
                                      当社入社
           教育システム                                          (注)
                                昭和63年6月
     取締役            吉村 美樹雄      昭和40年5月2日生                                  3,928
                                平成28年7月      教育システム部 部長
           部長                                           3
                                平成30年6月      取締役教育システム部長(現任)
                                      コスモ証券株式会社(現 岩井コス
                                昭和60年4月
                                      モ証券株式会社)入社
                                      株式会社キャピタル・アセット・プ
                                平成13年5月
                                      ランニング入社
           証券・金融シ                                          (注)
     取締役            杉谷 康伸      昭和34年4月21日生                                  14,008
                                      当社入社
                                平成18年11月
           ステム部長
                                                      3
                                平成28年7月      証券・金融システム部システム部長
                                平成30年6月      取締役証券・金融システム部長(現
                                      任)
                                      株式会社髙島屋入社
                                平成4年4月
                                      当社入社
                                平成18年3月
                                平成28年7月      企画総務部長
                                                    (注)
     取締役     企画総務部長       作本 宜之      昭和45年3月16日生                                  13,064
                                平成28年10月      株式会社リアルグローブ取締役(現
                                                      3
                                      任)
                                平成30年6月
                                      取締役企画総務部長(現任)
                                      株式会社エフプラス取締役(現任)
                                      弁護士登録(大阪弁護士会)
                                平成7年4月
                                                    (注)
                                平成17年9月      エース法律事務所開設
     取締役            川口 伸也      昭和39年9月10日生
                                                           -
                                      同所弁護士(現任)
                                                      3
                                平成25年6月
                                      当社取締役(現任)
                                      当社入社
                                昭和57年10月
                                                    (注)
                                平成27年7月      教育システム部長
     常勤監査役            若林 孝治      昭和33年6月25日生                                  27,295
                                平成30年6月
                                      常勤監査役(現任)
                                                      4
                                      株式会社エフプラス監査役(現任)
                                      弁護士登録(大阪弁護士会)
                                昭和43年4月
                                平成10年5月      共栄法律事務所代表(現任)
                                                    (注)
                                平成13年4月      大阪弁護士会会長、近畿弁護士会連
     監査役            水野 武夫      昭和16年11月7日生                                    -
                                      合会理事長、日本弁護士連合会副会
                                                      5
                                      長
                                平成19年6月
                                      当社監査役(現任)
                                昭和60年9月      公認会計士登録
                                                    (注)
                                平成9年7月      監査法人ソルシオ設立開業
     監査役             藤岡 寛     昭和26年8月7日生                                    -
                                      同法人代表社員(現任)
                                                      4
                                平成25年6月
                                      当社監査役(現任)
                                         計                100,295
      (注)1 取締役 川口 伸也は、社外取締役であります。
         2 監査役 水野 武夫、藤岡 寛は、社外監査役であります。
         3 平成30年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
         4 平成30年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         5 平成27年6月24日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
                                 20/65

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ① 企業統治の体制及びその概要
         イ.コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
           当社は、当社の企業価値を高め永続的な発展を図っていくために、3C経営(Corporate                                          Social
          Responsibility,Corporate             Governance,Compliance)を中期経営計画の基本姿勢とし、現場と経営が表裏一
          体となった取組みをすすめております。特に、顧客の様々な情報をお預りする当社としては、現場の職務執行
          を適宜的確に把握し、迅速に経営の意思決定に反映していくことは、効率的な経営の実践のためにも不可欠で
          あり、今後もこの方針は不変だと考えております。
           また、私企業の存在意義は社会の公器としてふさわしい公正かつ健全な利益の追求であることから、法令・
          定款の遵守はもちろんのこと、不正や反社会的な行動をとらないことが前提となって、コーポレート・ガバナ
          ンスは実践されるべきものであると考えております。
           以上の認識の下、コンプライアンス・マインド(遵法精神)に裏付けられたコーポレート・ガバナンス体制
          の確立を目的に、株主総会を頂点とした機能的な統治組織の運営によって、公正かつ透明な経営に努めており
          ます。
         ロ.会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

           当社は、監査役制度を採用し、会計監査及び業務監査の二つの視点から当社の活動を監視しております。ま
          た、監査役による監査に加え、社外取締役の選任と監査役会との連携、内部監査室による各部門の活動状況の
          監査、会計監査人による会計監査を相互連携させることで、職務執行の適正性を担保しております。
           各組織の関連につきましては、下図のとおりであります。
          [コーポレート・ガバナンス組織]

                                 21/65













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
          ・取締役会について
            取締役会は、取締役6名、独立役員として指定した社外取締役1名の7名で構成され、経営の機能性向上
           を目指しながらも、客観性を担保しております。取締役会は定例月1回の開催に加え必要により臨時に開催
           され、法令または定款に定められた事項のほか、経営方針・事業計画の策定、諸規程の改廃、重要な契約の
           締結等といった経営に関わる重要な意思決定や職務執行状況の報告がなされております。また、社外監査役
           を含む全ての監査役も出席し、取締役の職務執行について適切な監視機能を発揮しております。
          ・内部統制委員会について

            内部統制評価制度の適正な運営・維持のために内部統制委員会を設置し、事業活動に関わる法令等の遵守
           や財務報告の信頼性確保等を目的とする内部統制システムの構築及び推進に努めております。
          ・内部通報窓口について

            内部通報規程に基づき、内部通報窓口を社内外に設置し、組織的及び個人的な法令違反行為等に関する相
           談・通報に対する適正な処理の枠組みを定めることで、不正行為等の早期発見と是正を図り、コンプライア
           ンス経営の強化に努めております。
          ・3C経営(Corporate           Social    Responsibility,Corporate             Governance,Compliance)の推進について

            当社は、コンプライアンス・マインドは全としての組織及び個としての社員の両面からの働きかけにより
           確立・維持すべきものと考えております。
            組織に対しては、役員部長会及び部長会を制度化し、全社横断的な事項について迅速かつ確実に周知でき
           る体制を確保することで、ガバナンス機能の強化を図っております。また、社員に対しては、各種社内研修
           を通じた意識付けを定期的に行っております。
            社員に対して行うコンプライアンス教育等につきましては、下図のとおりであります。
        項目           具体的方策                         内容
               新人研修                社会人としての心得、社内諸規程の説明
      研修
               階層別研修                主任、課長代理、管理職の職責、モラル
      教育         情報セキュリティ教育                ISO/IEC27001、Pマークで要求される事項
        ② 企業統治の体制を採用する理由

          当社では、社外取締役の選任、監査役会の設置、内部監査室による各部門の活動状況の監査、会計監査人によ
         る会計監査を相互に連携させることが、コーポレート・ガバナンス体制の維持向上に資すると考えております。
          加えて、独立性の高い社外監査役を招聘することによって、監査役会機能の質的水準を高位維持することが肝
         要であると考えております。
        ③ その他の企業統治に関する事項

         イ.リスク管理について
           当社においてリスクとは、業務上のリスク及び金銭的なリスクであると考えております。業務上のリスクに
          ついては、例えば個人情報等の重要データの漏えい、改ざん、滅失による損失、大震災等による事業継続危機
          等々、様々なものがありますが、これらは当社が取得している「ISO/IEC27001認証」の枠組みの中で、詳細に
          分析され、様々な管理策が構築されております。
           また、金銭的なリスクについては、貸倒れ、詐欺行為による被害、資金ショートによる信用不安等の事柄が
          考えられますが、これに対しては与信管理規程、キャッシュ・フローの管理により対策が講じられておりま
          す。
         ロ.会計監査の状況

          ・業務を執行した公認会計士の氏名、所属する監査法人名及び継続監査年数
                                            所属する監査法人名
                公認会計士の氏名等
                        金子 一昭
       指定有限責任社員
                                      新日本有限責任監査法人
       業務執行社員
                        仲  昌彦
      (注)1.継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。
         2.同監査法人はすでに自主的に業務執行社員について、当社の会計監査に一定期間を超えて関与することのな
           いよう措置をとっております。
                                 22/65



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
          ・監査業務に係る補助者の構成
            公認会計士 5名
            その他   10名
         ハ.取締役の定数

           当社の取締役は9名以内とする旨定款に定めております。
         ニ.取締役選任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
          株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また累積投票によらないものとする旨定款に定めており
          ます。
         ホ.中間配当

           当社は、株主への利益配分の機会を充実させるため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議
          によって毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。
         ヘ.自己の株式の取得

           当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができ
          る旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、
          市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
         ト.株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めて
          おります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行う
          ことを目的とするものであります。
        ④ 子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

          当社の子会社の業務の適正を確保するため、当社から子会社の取締役及び監査役を派遣し、業務執行の適正化
         を図るとともに、経営の状況を監督しております。また、当社の内部監査室は、必要に応じて子会社業務につい
         て監査を行っております。
        ⑤ 責任限定契約の内容の概要

          当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責
         任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は法令が規定する額としており
         ます。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役または社外監査役が責任の原因となった職務の遂
         行について善意かつ重大な過失がないときに限られます。
        ⑥ 内部監査及び監査役監査の状況

         イ.監査役について
           監査役は、常勤監査役1名、社外監査役2名の3名で監査役会を構成し、常勤監査役による日常監査報告の
          ほか、重要事項については合議することにより監査の客観性、公正性を維持しております。社外監査役は当社
          の顧問契約先ではない法律事務所及び監査法人から招聘しており、両名を独立役員として指定するとともに、
          その機能強化に努めております。社外監査役のうち1名は公認会計士の資格を有し、財務及び会計に関する相
          当程度の知見を有しております。また、全監査役が取締役会に出席するほか、常勤監査役が重要会議に出席
          し、経営の状況を監視しております。
           業務監査については、監査結果講評への立会い等、実施計画書に基づき監査から改善指摘、改善報告にいた
          る全監査過程で内部監査室と連携しております。また、会計監査においては会計監査人と連携して活動し、適
          切な会計処理がなされているかを確認しております。
         ロ.内部監査室について

           社長直轄の組織として内部監査を実施する内部監査室(3名)を設置し、監査計画に基づき支店及び各部門
          の職務執行状況とともに、内部統制システムの監査を実施しております。また、業務監査の効果をあげるため
          監査役と連携し、有効な監査体制の構築に努めております。
                                 23/65


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        ⑦ 社外取締役及び社外監査役
          当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名であります。
          社外取締役であります川口 伸也は、エース法律事務所の弁護士でありますが、同法律事務所と当社との間に
         顧問契約は無く、取締役としての報酬以外に金銭の授受はありません。
          社外監査役であります水野 武夫は、共栄法律事務所の代表者でありますが、同法律事務所と当社との間に顧
         問契約は無く、監査役としての報酬以外に金銭の授受はありません。同じく藤岡 寛は、監査法人ソルシオの代
         表社員でありますが、同監査法人と当社との間に人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はあり
         ません。
          当社は、豊富な経験や高い見識を有する社外取締役及び社外監査役から、当社の経営に対し、適切かつ有効な
         助言、監視等を受けることが、当社の発展に資すると認識しております。
          当社では、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準または方針として明確に定めたも
         のはありませんが、これまでの実績、人格等をもとに、当社経営陣から独立した立場で当社発展のため経営全般
         に関与いただくのに相応しい人物かを、取締役会にて総合的に判断して決定しております。
        ⑧ 役員報酬等

         イ.役員区分毎の報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                   報酬等の総額
                                                      役員の員数
         役員区分
                                  ストック
                    (千円)
                           基本報酬               賞与     退職慰労金
                                                       (人)
                                 オプション
     取締役
                      98,940       98,940         -       -       -       6
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                      14,400       14,400         -       -       -       1
     (社外監査役を除く。)
                       7,200       7,200        -       -       -       3

     社外役員
         ロ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

           定時株主総会にて決議された報酬限度額内で、実績、役位に応じて、取締役会及び監査役会で報酬等の算定
          方法を承認いたしております。
           なお、平成30年6月27日開催の第55回定時株主総会において、当社の企業価値の持続的な向上を図るインセ
          ンティブを与えるとともに、株主の皆様との一層の価値共有をすすめることを目的として、当社の社外取締役
          を除く取締役に対して、譲渡制限付株式報酬制度を新たに導入することが決議されました。
        ⑨ 株式の保有状況

         イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           5銘柄 1,195,978千円
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

          的
          (前事業年度)
           特定投資株式
                             貸借対照表計上額
           銘柄         株式数(株)                           保有目的
                               (千円)
                     1,504,000            463,984

     ㈱学研ホールディングス                                  業務提携の強化並びに事業展開の加速のため
                      826,000           219,716

     ナカバヤシ㈱                                  業務提携の強化並びに事業展開の加速のため
                       21,000           21,021

     ㈱ビジネスブレイン太田昭和                                  業務提携の強化並びに事業展開の加速のため
                       10,000           15,080

     ㈱ファルコホールディングス                                  業務提携の強化並びに事業展開の加速のため
                                 24/65



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
          (当事業年度)
           特定投資株式
                             貸借対照表計上額
           銘柄         株式数(株)                           保有目的
                               (千円)
                      150,400           721,168

     ㈱学研ホールディングス                                  業務提携の強化並びに事業展開の加速のため
                                  253,169

     ナカバヤシ㈱                 413,000                 業務提携の強化並びに事業展開の加速のため
                                  46,641

     ㈱ビジネスブレイン太田昭和                  21,000                業務提携の強化並びに事業展開の加速のため
                                  92,500

     ㈱ファルコホールディングス                  50,000                業務提携の強化並びに事業展開の加速のため
      (注)1.株式会社学研ホールディングスは、平成29年4月1日付で普通株式10株を1株とする株式併合を実施してお

           ります。
         2.ナカバヤシ株式会社は、平成29年10月1日付で普通株式2株を1株とする株式併合を実施しております。
         ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並び

          に当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
           該当事項はありません。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①監査公認会計士等に対する報酬の内容
                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
      提出会社                18,600             -         18,600             -
      連結子会社                  -           -           -           -

         計             18,600             -         18,600             -

        ②その他重要な報酬の内容

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ③監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④監査報酬の決定方針

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は特に定めておりませんが、当社の属する業種、会社規
         模、監査日数等を勘案し決定しております。
                                 25/65




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下
        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(自                                      平成29年4月1日 至           平成30年
       3月31日)の連結財務諸表及び事業年度(自                     平成29年4月1日 至           平成30年3月31日)の財務諸表について、新日
       本有限責任監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準
       機構へ加入し情報収集に努めるとともに、監査法人等の主催するセミナーに参加しております。
                                 26/65














                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,503,257              2,424,703
         現金及び預金
                                       1,034,168              1,656,069
         売掛金
                                        100,670                 -
         有価証券
                                         13,917              69,978
         仕掛品
                                         70,628              75,456
         前払費用
                                         48,536              57,225
         繰延税金資産
                                         11,341              13,417
         その他
                                        △ 5,999             △ 9,775
         貸倒引当金
                                       3,776,521              4,287,076
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※1 69,077             ※1 58,451
          建物(純額)
                                        ※1 90,928             ※1 58,943
          工具、器具及び備品(純額)
                                       ※1 252,774             ※1 328,055
          リース資産(純額)
                                           -            22,195
          建設仮勘定
                                        412,780              467,645
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         36,494              20,274
          のれん
                                        731,853              612,737
          ソフトウエア
                                         44,405              21,562
          リース資産
                                         1,817              1,604
          商標権
                                         3,777              3,777
          電話加入権
                                           557              529
          施設利用権
                                         96,990              11,165
          ソフトウエア仮勘定
                                        915,895              671,649
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        925,989             1,414,235
          投資有価証券
                                         48,134              49,563
          長期前払費用
                                        168,821               63,219
          繰延税金資産
          差入保証金                              161,271              159,652
                                         64,214              71,904
          その他
                                       1,368,431              1,758,575
          投資その他の資産合計
                                       2,697,106              2,897,870
         固定資産合計
       資産合計                                6,473,628              7,184,946
                                 27/65







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        135,965              216,274
         買掛金
                                        240,024              240,024
         短期借入金
                                        134,854              135,489
         リース債務
                                         20,649              69,137
         未払金
                                         89,000              65,743
         未払費用
                                         79,749              139,212
         未払法人税等
                                         8,602              9,058
         預り金
                                        107,143              121,108
         賞与引当金
                                        137,857              153,813
         未払消費税等
                                         20,164              60,784
         その他
                                        974,010             1,210,647
         流動負債合計
       固定負債
                                        659,946              419,922
         長期借入金
         リース債務                                173,172              248,336
                                        494,681              479,633
         退職給付に係る負債
                                         12,870              12,870
         長期未払金
                                       1,340,669              1,160,761
         固定負債合計
                                       2,314,680              2,371,408
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        637,200              637,200
         資本金
                                        607,200              683,650
         資本剰余金
                                       3,052,402              3,235,048
         利益剰余金
                                       △ 191,100              △ 15,664
         自己株式
                                       4,105,702              4,540,234
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         53,245              273,304
         その他有価証券評価差額金
                                         53,245              273,304
         その他の包括利益累計額合計
                                       4,158,948              4,813,538
       純資産合計
                                       6,473,628              7,184,946
      負債純資産合計
                                 28/65









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                       4,311,959              4,898,519
      売上高
                                       3,318,513              3,623,452
      売上原価
                                        993,445             1,275,066
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                        117,066              120,540
       役員報酬
                                        268,219              281,932
       給料手当及び賞与
                                         36,872              46,550
       賞与引当金繰入額
                                         55,832              58,152
       法定福利費
                                         16,952              18,222
       福利厚生費
                                         27,070              26,548
       退職給付費用
                                         83,704              89,205
       賃借料
       交際費                                  1,562              1,037
                                         9,717              16,475
       広告宣伝費
                                         6,962              7,534
       諸会費
                                         15,519              16,426
       水道光熱費
                                         15,933              13,595
       減価償却費
                                           484             3,776
       貸倒引当金繰入額
                                         16,219              16,219
       のれん償却額
                                        158,760              192,972
       その他
                                        830,876              909,188
       販売費及び一般管理費合計
                                        162,568              365,877
      営業利益
      営業外収益
                                           676              398
       受取利息
                                         15,605              18,376
       受取配当金
                                         1,471              1,456
       受取手数料
                                           465             1,118
       保険配当金
                                         6,589              1,862
       投資事業組合運用益
                                         1,034              3,444
       保険解約返戻金
                                         1,578               600
       その他
                                         27,422              27,257
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         6,373              5,965
       支払利息
                                           72              -
       その他
                                         6,445              5,965
       営業外費用合計
                                        183,545              387,169
      経常利益
      特別利益
                                         ※1 134
                                                         -
       固定資産売却益
                                           134               -
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※2 316              ※2 8
       固定資産除却損
                                           316               8
       特別損失合計
                                        183,362              387,160
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   76,533              128,539
                                        △ 14,448               △ 24
      法人税等調整額
                                         62,085              128,515
      法人税等合計
                                        121,277              258,645
      当期純利益
                                        121,277              258,645
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 29/65




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                        121,277              258,645
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         42,689              220,058
       その他有価証券評価差額金
                                        ※1 42,689            ※1 220,058
       その他の包括利益合計
                                        163,966              478,704
      包括利益
      (内訳)
                                        163,966              478,704
       親会社株主に係る包括利益
                                 30/65

















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       637,200         607,200        3,005,925         △ 286,500        3,963,825
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 74,500                △ 74,500
      自己株式の処分
                                         △ 300       95,400         95,100
      親会社株主に帰属する当期
                                        121,277                 121,277
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                         -         -       46,477         95,400        141,877
     当期末残高                 637,200         607,200        3,052,402         △ 191,100        4,105,702
                         その他の包括利益累計額

                                             純資産合計
                  その他有価証券評価差額金            その他の包括利益累計額合計
     当期首残高
                          10,555            10,555           3,974,381
     当期変動額
      剰余金の配当                                            △ 74,500
      自己株式の処分                                            95,100
      親会社株主に帰属する当期
                                                  121,277
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
                          42,689            42,689            42,689
      変動額(純額)
     当期変動額合計                     42,689            42,689            184,566
     当期末残高
                          53,245            53,245           4,158,948
                                 31/65










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                 637,200         607,200        3,052,402         △ 191,100        4,105,702
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 76,000                △ 76,000
      自己株式の取得                                            △ 14        △ 14
      自己株式の処分                          76,450                 175,450         251,900
      親会社株主に帰属する当期
                                        258,645                 258,645
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -       76,450        182,645         175,435         434,531
     当期末残高
                       637,200         683,650        3,235,048         △ 15,664       4,540,234
                         その他の包括利益累計額

                                             純資産合計
                  その他有価証券評価差額金            その他の包括利益累計額合計
     当期首残高
                          53,245            53,245           4,158,948
     当期変動額
      剰余金の配当                                            △ 76,000
      自己株式の取得                                             △ 14
      自己株式の処分
                                                  251,900
      親会社株主に帰属する当期
                                                  258,645
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
                          220,058            220,058            220,058
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                          220,058            220,058            654,590
     当期末残高                     273,304            273,304           4,813,538
                                 32/65









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        183,362              387,160
       税金等調整前当期純利益
                                        488,615              478,938
       減価償却費
                                         16,219              16,219
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   484             3,776
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  3,331              13,965
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  7,954             △ 15,047
                                        △ 16,281             △ 18,774
       受取利息及び受取配当金
                                         6,373              5,965
       支払利息
                                           316               8
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 102,808             △ 621,900
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 1,403             △ 56,060
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  9,284              80,308
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  50,853              15,956
                                         79,952              70,542
       その他
                                        726,254              361,058
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  17,538              19,494
                                        △ 6,373             △ 5,965
       利息の支払額
                                        △ 67,251             △ 74,500
       法人税等の支払額
                                        670,167              300,086
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 50,000             △ 150,000
       定期預金の預入による支出
                                         50,000              150,000
       定期預金の払戻による収入
                                           -            100,000
       有価証券の償還による収入
                                       △ 195,842             △ 180,520
       投資有価証券の取得による支出
                                        319,892               11,120
       投資有価証券の償還による収入
                                        △ 33,928              △ 3,538
       有形固定資産の取得による支出
                                       △ 260,397              △ 71,107
       無形固定資産の取得による支出
                                           -            △ 2,000
       従業員に対する貸付けによる支出
                                         2,342               936
       従業員に対する貸付金の回収による収入
                                        △ 28,740             △ 20,031
       その他
                                       △ 196,674             △ 165,141
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 150,015             △ 240,024
       長期借入金の返済による支出
                                        600,000                 -
       長期借入れによる収入
       リース債務の返済による支出                                △ 154,321             △ 149,260
                                           -             △ 14
       自己株式の取得による支出
                                         95,100              251,900
       自己株式の処分による収入
                                        △ 74,646             △ 76,100
       配当金の支払額
                                        316,116             △ 213,499
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   789,610              △ 78,554
                                       1,563,647              2,353,257
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 2,353,257             ※1 2,274,703
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 33/65





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1.連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結の範囲に含めております。
         連結子会社の数           1 社
         連結子会社の名称 株式会社エフプラス
      2.持分法の適用に関する事項
        該当事項はありません。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項
        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4.会計方針に関する事項
       (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
         満期保有目的の債券
          償却原価法(定額法)を採用しております。
         その他有価証券
          時価のあるもの
           決算日の市場価格等に基づく時価法                  (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法に
          より算定)     を採用しております。
          時価のないもの
           移動平均法による原価法を採用しております。
           なお、投資事業有限責任組合及びそれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券
          とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎と
          し、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。
        ② たな卸資産
         商品・仕掛品
          個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)を採用しておりま
         す。
       (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
        ① 有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。ただし、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法を採
         用しております。(耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっておりま
         す。ただし、当社の建物の一部及び空調機については会社所定の合理的耐用年数によっております。)
        ② 無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。(なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年
         以内)に基づく定額法を採用しております。)
        ③ リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          なお、平成20年3月31日以前に契約をした、リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外の
         ファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法によっております。
       (3)重要な引当金の計上基準
        ① 貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
         ついては、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金
          従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当連結会計年度に負担すべき額を計上しております。
       (4)退職給付に係る会計処理の方法
         当社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務
        とする方法を用いた簡便法を適用しております。
                                 34/65




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
       (5)重要な収益及び費用の計上基準
        完成工事高及び完成工事原価の計上基準
        イ 当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる受注契約
           進行基準(進捗率の見積りは原価比例法)を適用しております。
        ロ その他の受注契約
           検収基準を適用しております。
       (6)のれんの償却方法及び償却期間
         のれんの償却については、10年間の定額法により償却を行っております。
       (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
        わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
       (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
        消費税等の会計処理
         税抜方式によっております。
         (未適用の会計基準等)

      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
      (1)概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1:顧客との契約を識別する。
         ステップ2:契約における履行義務を識別する。
         ステップ3:取引価格を算定する。
         ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5:履行義務を充足した時にまたは充足するにつれて収益を認識する。
      (2)適用予定日

        平成34年3月期の期首から適用予定であります。
      (3)当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」              等 の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中でありま
       す。
         (表示方法の変更)

      (連結損益計算書)
       前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「保険解約返戻金」は、営業外収益の総額の
      100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、
      前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
       この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた2,613千円は、
      「保険解約返戻金」1,034千円、「その他」1,578千円として組替えております。
      (連結キャッシュ・フロー計算書)

       前連結会計年度において、独立掲記しておりました「投資活動によるキャッシュ・フロー」の「差入保証金の差入に
      よる支出」及び「差入保証金の回収による収入」は金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年度においては「そ
      の他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを
      行っております。
       この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「投資活動によるキャッシュ・フロー」の
      「差入保証金の差入による支出」に表示していた△271千円及び「差入保証金の回収による収入」に表示していた5,848
      千円は、「その他」として組替えております。
                                 35/65



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
      ※1 有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                  (平成30年3月31日)
     有形固定資産の減価償却累計額                               1,079,264     千円             1,246,811     千円
         (連結損益計算書関係)

      ※1 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                  至 平成30年3月31日)
     建物                                  134千円                  -千円
      ※2 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                  至 平成30年3月31日)
     建物                                  302千円                  -千円
     工具、器具及び備品                                  14                  8
               計                        316                   8
         (連結包括利益計算書関係)

      ※1.その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                 61,494千円               316,996千円
      組替調整額                                   -               -
       税効果調整前
                                       61,494               316,996
       税効果額                               △18,805               △96,937
       その他有価証券評価差額金
                                       42,689               220,058
        その他の包括利益合計
                                       42,689               220,058
                                 36/65









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
       1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                      期首  株式数(株)        増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                   8,200,000             -          -      8,200,000
            合計             8,200,000             -          -      8,200,000
     自己株式
      普通株式(注)                    900,000            -       300,000          600,000
            合計              900,000            -       300,000          600,000
      (注)普通株式の自己株式の株式数の減少300,000株は、第三者割当による自己株式の処分によるものであります。
       2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

         該当事項はありません。
       3.配当に関する事項

        (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
                  株式の種類                           基準日        効力発生日
     (決議)                      (千円)       額(円)
     平成28年6月28日
                  普通株式            36,500           5  平成28年3月31日         平成28年6月29日
     定時株主総会
     平成28年10月26日
                  普通株式            38,000           5  平成28年9月30日         平成28年12月5日
     取締役会
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

          次のとおり、決議いたしております。
                     配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (千円)             当額(円)
     平成29年6月28日
               普通株式         38,000    利益剰余金            5  平成29年3月31日         平成29年6月29日
     定時株主総会
                                 37/65









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
       1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                      期首  株式数(株)        増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                   8,200,000             -          -      8,200,000
            合計             8,200,000             -          -      8,200,000
     自己株式
      普通株式(注)1.2.                    600,000            32       550,000          50,032
            合計              600,000            32       550,000          50,032
      (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加32株は、単元未満株式の買取りによる増加によるものであります。
         2.普通株式の自己株式の株式数の減少550,000株は、第三者割当による自己株式の処分によるものでありま
           す。
       2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

         該当事項はありません。
       3.配当に関する事項

        (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
                  株式の種類                           基準日        効力発生日
     (決議)                      (千円)       額(円)
     平成29年6月28日
                  普通株式            38,000           5  平成29年3月31日         平成29年6月29日
     定時株主総会
     平成29年10月25日
                  普通株式            38,000           5  平成29年9月30日         平成29年12月4日
     取締役会
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

          次のとおり、決議いたしております。
                     配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (千円)             当額(円)
     平成30年6月27日
               普通株式         40,749    利益剰余金            5  平成30年3月31日         平成30年6月28日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)             至   平成30年3月31日)
      現金及び預金勘定                               2,503,257     千円          2,424,703     千円
      預入期間が3か月を超える定期預金                               △150,000               △150,000
      現金及び現金同等物                               2,353,257               2,274,703
       2.重要な非資金取引の内容

        ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)             至   平成30年3月31日)
      ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額                                 14,665   千円           207,932    千円
                                 38/65



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
      1.ファイナンス・リース取引(借主側)
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ①   リース資産の内容
        (ア)有形固定資産
          主にホストコンピュータ及びその周辺機器等(「工具、器具及び備品」)であります。
        (イ)無形固定資産
          ソフトウェアであります。
       ②   リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価
        償却の方法」に記載のとおりであります。
         なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース取
        引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内容は次のとおりであります。
       (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額

         該当事項はありません。
       (2)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額

                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
     支払リース料                                 2,662                    -
     減価償却費相当額                                 2,088                    -
     支払利息相当額                                   49                   -
       (3)減価償却費相当額の算定方法

         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
       (4)利息相当額の算定方法

         リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法
        によっております。
      2.オペレーティング・リース取引(借主側)

         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (平成29年3月31日)                   (平成30年3月31日)
     1年内                                108,551                   106,497
     1年超                                238,427                   199,825
     合計                                346,978                   306,322
                                 39/65







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
         当社グループは、流動性を確保しながら、余資の効率的な運用を行うとの方針のもと、安全性の高い金融資産で
        運用しております。また、資金調達につきましては、銀行借入によっております。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク
         営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
         有価証券及び投資有価証券は、主として業務上の関係を有する企業の株式及び投資信託であり、市場価格の変動
        リスクに晒されております。
         借入金及びファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたもの
        であります。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制
        ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          当社は、取引先管理規程及び与信管理規程に従い、毎年、与信枠を見直す体制としております。連結子会社に
         つきましても、当社の取引先管理規程及び与信管理規程に準じて、同様の管理を行っております。
        ②  市場リスクの管理
          有価証券及び投資有価証券につきましては、定期的に時価、取引先企業の財政状況等を把握し、市況を勘案し
         て保有状況を継続的に見直しております。
        ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          各部署からの報告に基づき、管理部門が適時に資金繰計画を作成・更新する方法により、流動性リスクを管理
         しております。
       (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
        ております。
      2.金融商品の時価等に関する事項

        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
       極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
        前連結会計年度(平成29年3月31日)

                         連結貸借対照表計上額
                                       時 価(千円)            差 額(千円)
                            (千円)
     (1)  現金及び預金                      2,503,257            2,503,257                -
     (2)  売掛金                      1,034,168
                              △5,999
        貸倒引当金(*1)
                             1,028,169            1,028,169                -
     (3)  有価証券及び投資有価証券                       820,471            820,546               75
                                          4,351,974                75
      資産計                        4,351,898
     (4)  長期借入金(*2)                       899,970            898,160            △1,809
     (5)  リース債務(*3)                       308,026            307,333             △693
                             1,207,996            1,205,494             △2,502
      負債計
       (*1)売掛金に対して計上している貸倒引当金を控除しております。
       (*2)短期借入金として表示している1年内返済予定の長期借入金を含めて表示しております。
       (*3)リース債務の金額は、流動負債と固定負債のリース債務の合計額であります。
                                 40/65





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(平成30年3月31日)
                         連結貸借対照表計上額
                                       時 価(千円)            差 額(千円)
                            (千円)
     (1)  現金及び預金                      2,424,703            2,424,703                -
     (2)  売掛金                      1,656,069
                              △9,775
        貸倒引当金(*1)
                             1,646,294            1,646,294                -
     (3)  有価証券及び投資有価証券                      1,221,268            1,217,980             △3,288
                                          5,288,978             △3,288
      資産計                        5,292,267
     (4)  長期借入金(*2)                       659,946            655,904            △4,041
     (5)  リース債務(*3)                       383,826            383,443             △382
                             1,043,772            1,039,348             △4,423
      負債計
       (*1)売掛金に対して計上している貸倒引当金を控除しております。
       (*2)短期借入金として表示している1年内返済予定の長期借入金を含めて表示しております。
       (*3)リース債務の金額は、流動負債と固定負債のリース債務の合計額であります。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

         (1)現金及び預金
           満期のない預金及び預入期間が3ヶ月以内の預金については、時価は帳簿価額と近似していることから、
          当該帳簿価額によっております。                満期があり、預入期間が3ヶ月を超える預金については、期間に基づく区
          分毎に、新規に預金を行った場合に想定される預金金利で割り引いた現在価値を算定しております。
         (2)売掛金
           短期間で決済される債権は、時価が帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         (3)  有価証券及び投資有価証券
           株式は取引所の価格、債券は取引金融機関から提示された時価によっております。
         (4)  長期借入金、 (5)         リース債務
           元利金の合計額を、新規に同様の借入またはリース取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在
          価値により算定しております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:千円)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                  区分
                                (平成29年3月31日)                (平成30年3月31日)
                                        82,500                82,500
          非上場株式
                                       123,688                110,467
          投資事業有限責任組合出資金
         上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)有価証券
        及び投資有価証券」には含めておりません。
                                 41/65








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                       1年超        5年超
                              1年以内                         10年超
                                      5年以内        10年以内
                              (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
                              2,500,526            -        -        -
         預金
                              1,034,168            -        -        -
         売掛金
         有価証券及び投資有価証券
          満期保有目的の債券
           債券(社債)                       100,000           -        -        -
                              3,634,695            -        -        -
                 合計
           当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                       1年超        5年超
                              1年以内                         10年超
                                      5年以内        10年以内
                              (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
                              2,423,281            -        -        -
         預金
                              1,656,069            -        -        -
         売掛金
         有価証券及び      投資有価証券
          満期保有目的の債券
           債券(社債)                         -      100,000           -        -
                              4,079,350         100,000           -        -
                 合計
        4.長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

           前連結会計年度(平成29年3月31日)
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                 5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                              (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
           長期借入金             240,024      240,024      209,961      120,012       89,949        -
           リース債務             134,854       91,335      59,143      22,694        -      -
                        374,878
               合計               331,359      269,104      142,706       89,949        -
           当連結会計年度(平成30年3月31日)

                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                 5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                              (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
           長期借入金             240,024      209,961      120,012       89,949        -      -
           リース債務             135,489      103,819       67,848      45,638      31,029        -
                        375,513
               合計               313,780      187,860      135,587       31,029        -
                                 42/65






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
      1.満期保有目的の債券
       前連結会計年度(平成29年3月31日)
                               連結貸借対照表             時価          差額
                       種類
                               計上額(千円)            (千円)          (千円)
     時価が連結貸借対照表計上
                                    100,670          100,745             75
                  社債
     額を超えるもの
     時価が連結貸借対照表計上
                                      -          -          -
                  社債
     額を超えないもの
                合計                    100,670          100,745             75
       当連結会計年度(平成30年3月31日)

                               連結貸借対照表             時価          差額
                       種類
                               計上額(千円)            (千円)          (千円)
     時価が連結貸借対照表計上
                                      -          -          -
                  社債
     額を超えるもの
     時価が連結貸借対照表計上
                                    107,790          104,502          △3,288
                  社債
     額を超えないもの
                                    107,790          104,502          △3,288
                合計
      2.その他有価証券

       前連結会計年度(平成29年3月31日)
                               連結貸借対照表            取得原価           差額
                       種類
                               計上額(千円)            (千円)          (千円)
     連結貸借対照表計上額が
                                    719,801          651,839           67,961
                  株式
     取得原価を超えるもの
     連結貸借対照表計上額が
                                      -          -          -
                  株式
     取得原価を超えないもの
                                    719,801          651,839           67,961
                合計
      (注)1.減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合にはすべて減損処理を行
           い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を行っ
           ております。
         2.非上場株式(連結貸借対照表計上額82,500千円)及び投資事業有限責任組合出資金(連結貸借対照表計上額
           123,688千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上
           表の「その他有価証券」には含めておりません。
       当連結会計年度(平成30年3月31日)

                               連結貸借対照表            取得原価           差額
                       種類
                               計上額(千円)            (千円)          (千円)
     連結貸借対照表計上額が
                                   1,113,478           724,556          388,921
                  株式
     取得原価を超えるもの
     連結貸借対照表計上額が
                                      -          -          -
                  株式
     取得原価を超えないもの
                                   1,113,478           724,556          388,921
                合計
      (注)1.減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合にはすべて減損処理を行
           い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を行っ
           ております。
         2.非上場株式(連結貸借対照表計上額82,500千円)及び投資事業有限責任組合出資金(連結貸借対照表計上額
           110,467千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上
           表の「その他有価証券」には含めておりません。
      3.売却したその他有価証券

        該当事項はありません。
                                 43/65


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
          当社グループは、デリバティブ取引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。
         (退職給付関係)

      1.採用している退職給付制度の概要
        当社は、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を設けております。また、これとは
       別に退職金制度の外枠の位置付けとして、確定拠出型年金を採用しております。
        当社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を
       計算しております。
        なお、連結子会社である株式会社エフプラスは、退職給付制度を採用しておりません。
      2.退職給付制度

       (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 平成28年4月1日                (自 平成29年4月1日
                               至 平成29年3月31日)                至 平成30年3月31日)
      退職給付に係る負債の期首残高                                486,727千円                494,681千円
       退職給付費用                                66,753                62,239
       退職給付の支払額                               △24,639                △42,445
       制度への拠出額                               △34,160                △34,842
                                                      479,633
      退職給付に係る負債の期末残高                                494,681
       (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

         産の調整表
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (平成29年3月31日)                (平成30年3月31日)
     積立型制度の退職給付債務                                1,061,553千円                1,048,618千円
     年金資産                                △566,872                △568,985
                                     494,681                479,633
     非積立型制度の退職給付債務                                   -                -
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 494,681                479,633
     退職給付に係る負債                                 494,681                479,633

     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 494,681                479,633
       (3)退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                   前連結会計年度 66,753千円                当連結会計年度 62,239千円
      3.確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度8,481千円、当連結会計年度8,588千円であります。
         (ストック・オプション等関係)

          該当事項はありません。
                                 44/65






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
       (1)流動の部
         繰延税金資産
           賞与引当金                        33,194千円            37,188千円
           未払事業税                         7,030            9,927
                                    8,311           10,108
           その他
          繰延税金資産合計
                                   48,536            57,225
       (2)固定の部
         繰延税金資産
           退職給付に係る負債                        151,334            146,671
           減価償却超過額                        17,518            15,125
           敷金償却額                         4,556            4,960
           連結会社間内部利益消去                        18,126            15,494
                                    8,194            8,980
           その他
          繰延税金資産小計
                                   199,729            191,233
                                   △7,452            △7,621
          評価性引当額
          繰延税金資産合計
                                   192,276            183,611
         繰延税金負債
                                  △23,454           △120,392
           その他有価証券評価差額金
          繰延税金負債合計
                                  △23,454           △120,392
         繰延税金資産の純額
                                   168,821            63,219
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
       法定実効税率
                                   30.8%            30.8%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                             0.3            0.1
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △0.5            △0.3
       住民税均等割                             2.4            1.1
       のれん償却額                             2.7            1.3
       評価性引当額の増減                            △2.4             0.1
       その他                             0.6            0.1
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                   33.9            33.2
                                 45/65








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
      1.資産除去債務の概要
        本社オフィスと東京支店等の定期建物賃貸借契約及び不動産賃貸借契約に基づき、退去時における原状回復に係る
       債務を資産除去債務として認識しております。
      2.資産除去債務の金額の算定方法

        資産除去債務の負債計上に代えて、定期建物賃貸借契約及び不動産賃貸借契約に関する敷金の回収が最終的に見込
       めないと認められる金額を合理的に見積もり、そのうち当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上する方法に
       よっております。
        この見積りにあたり、使用見込期間は入居から20~47年間を採用しております。
      3.資産除去債務の総額の増減

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 平成28年4月1日                (自 平成29年4月1日
                               至 平成29年3月31日)                至 平成30年3月31日)
      期首残高                                53,549千円                55,312千円
      見積りの変更による増加額                                 1,763                  -
      期末残高                                55,312                55,312
         (賃貸等不動産関係)

          該当事項はありません。
                                 46/65













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           当社グループは、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

      前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
       1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                               システム開発
                    システム運用                       機械販売            合計
                                及び保守
                      3,898,368            408,727            4,863         4,311,959
     外部顧客への売上高
       2.地域ごとの情報

        (1)売上高
          本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しております。
        (2)有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
            顧客の名称                    売上高              関連するセグメント名
                                            単一セグメントであるため、記載を
                                     462,361
     近畿大学
                                            省略しております。
      当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

       1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                               システム開発
                    システム運用                       機械販売            合計
                                及び保守
                      4,373,963            514,953            9,602         4,898,519
     外部顧客への売上高
       2.地域ごとの情報

        (1)売上高
          本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しております。
        (2)有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

         外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
        ん。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           当社グループは、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
                                 47/65




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
      関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
       前連結会計年度(自            平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自            平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                    資本金又は           議決権等の所
          会社等の名                事業の内容            関連当事者           取引金額        期末残高
      種類          所在地    出資金           有(被所有)            取引の内容           科目
          称又は氏名                又は職業            との関係           (千円)        (千円)
                     (千円)          割合(%)
          ㈱ファルコ                臨床検査事
                               (被所有)
               京都市                      業務・      自己株式の
     主要株主    ホールディ           3,371,000     業及び調剤                       251,900      -     -
               中京区                 直接    10.4   資本提携      処分
          ングス                薬局事業
      (注)自己株式の処分については、株式会社ファルコホールディングスを割当先とする第三者割当による自己株式の処
         分であり、処分価額は、当該自己株式処分に関する取締役会決議の直前営業日である平成30年2月20日の東京証
         券取引所JASDAQにおける当社終値を採用しております。
      (イ)連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

       前連結会計年度(自            平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自            平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                    資本金又は           議決権等の所
          会社等の名                事業の内容            関連当事者           取引金額        期末残高
                    出資金           有(被所有)
      種類          所在地                           取引の内容           科目
          称又は氏名                又は職業            との関係           (千円)        (千円)
                     (千円)          割合(%)
                                     システム開      システム開
          ㈱ファルコ                臨床検査事
     主要株主          京都市                      発及び運用      発及び運用
          バイオシス            98,000    業及び周辺          -              85,177    売掛金     91,991
     の子会社          中京区                      サービス等      サービス等
          テムズ                事業
                                     の提供      の提供
      (注)1.取引金額には消費税等が含まれておりません。
         2.サービスについての価格その他の取引条件は、市場価格を参考に決定しております。
         3.当社主要株主の異動により、平成30年3月12日付で株式会社ファルコバイオシステムズは関連当事者に該当
           することとなりました。なお、取引金額は同日以降の取引金額を記載しております。
         (1株当たり情報)

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成28年4月1日                            (自 平成29年4月1日
              至 平成29年3月31日)                            至 平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額                     547円23銭       1株当たり純資産額                     590円62銭

     1株当たり当期純利益                      16円21銭      1株当たり当期純利益                      33円90銭
      (注) 1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
          2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎につきましては、下表のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                              至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                      121,277                 258,645
     (千円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -                 -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
                                      121,277                 258,645
     純利益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                  7,481                 7,630
         (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 48/65


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                           当期首   残高      当期末残高         平均利率
              区分                                        返済期限
                           (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                           -         -        -      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                        240,024         240,024          0.4       -

     1年以内に返済予定のリース債務                        134,854         135,489          1.2       -

     長期借入金

                             659,946         419,922          0.4   平成31年~33年
     (1年以内に返済予定のものを除く。)
     リース債務

                             173,172         248,336          1.4   平成31年~35年
     (1年以内に返済予定のものを除く。)
     その他有利子負債                           -         -        -      -

              合計               1,207,996         1,043,772            -      -

      (注)1.平均利率については、期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.1年以内に返済予定の長期借入金は、連結貸借対照表上、短期借入金に含めております。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結貸借対照表日後5年間の返済予定
           額は以下のとおりであります。
                        1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                          (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                         -

           長期借入金                209,961         120,012          89,949
           リース債務                103,819          67,848         45,638         31,029

         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
       (2)【その他】

      当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                   第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                      526,818         1,120,016          1,923,468          4,898,519
     税金等調整前四半期純損失(△)
     又は税金等調整前当期純利益(千                      △88,289         △143,416          △200,011           387,160
     円)
     親会社株主に帰属する四半期純損
     失(△)又は親会社株主に帰属す                      △63,477         △103,966          △145,021           258,645
     る当期純利益(千円)
     1株当たり四半期純損失(△)又
                            △8.35         △13.68          △19.08           33.90
     は1株当たり当期純利益(円)
     (会計期間)                   第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益又は1株
                            △8.35          △5.33          △5.40          52.27
     当たり四半期純損失(△)(円)
                                 49/65



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,298,240              2,200,797
         現金及び預金
                                       1,020,841              1,648,621
         売掛金
                                        100,670                 -
         有価証券
                                         13,917              69,978
         仕掛品
                                         70,584              75,373
         前払費用
                                         45,418              55,370
         繰延税金資産
                                         10,248               3,259
         未収入金
                                         1,434              7,408
         その他
                                        △ 5,999             △ 9,775
         貸倒引当金
                                       3,555,355              4,051,033
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         69,077              58,451
          建物
                                         90,647              58,816
          工具、器具及び備品
                                        252,774              328,055
          リース資産
                                           -            22,195
          建設仮勘定
                                        412,499              467,518
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        769,194              658,020
          ソフトウエア
                                         44,405              21,562
          リース資産
                                         1,817              1,604
          商標権
                                         3,777              3,777
          電話加入権
                                           557              529
          施設利用権
                                        109,303               11,165
          ソフトウエア仮勘定
                                        929,055              696,658
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        925,989             1,414,235
          投資有価証券
                                        277,000              277,000
          関係会社株式
                                         48,134              49,550
          長期前払費用
                                        150,695               47,724
          繰延税金資産
                                        155,695              154,076
          差入保証金
                                         64,214              71,904
          その他
                                       1,621,729              2,014,492
          投資その他の資産合計
                                       2,963,283              3,178,669
         固定資産合計
                                       6,518,639              7,229,703
       資産合計
                                 50/65







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       ※1 130,105             ※1 215,301
         買掛金
                                        240,024              240,024
         短期借入金
                                        134,854              135,489
         リース債務
                                        ※1 36,808
                                                       69,096
         未払金
                                        ※1 88,437             ※1 66,276
         未払費用
                                         72,871              139,212
         未払法人税等
                                         7,994              8,499
         預り金
                                        101,000              116,000
         賞与引当金
                                        136,143              153,532
         未払消費税等
                                         20,164              60,784
         その他
                                        968,402             1,204,216
         流動負債合計
       固定負債
                                        659,946              419,922
         長期借入金
                                        173,172              248,336
         リース債務
                                        494,681              479,633
         退職給付引当金
                                         12,870              12,870
         長期未払金
                                       1,340,669              1,160,761
         固定負債合計
                                       2,309,072              2,364,978
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        637,200              637,200
         資本金
         資本剰余金
                                        607,200              607,200
          資本準備金
                                           -            76,450
          その他資本剰余金
                                        607,200              683,650
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         2,850              2,850
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         60,000              60,000
            別途積立金
                                       3,040,171              3,223,385
            繰越利益剰余金
                                       3,103,021              3,286,235
          利益剰余金合計
                                       △ 191,100              △ 15,664
         自己株式
                                       4,156,321              4,591,420
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         53,245              273,304
         その他有価証券評価差額金
                                         53,245              273,304
         評価・換算差額等合計
       純資産合計                                4,209,566              4,864,724
                                       6,518,639              7,229,703
      負債純資産合計
                                 51/65







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                       4,148,414              4,748,840
      売上高
                                      ※1 3,203,668             ※1 3,508,993
      売上原価
                                        944,746             1,239,846
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                        117,066              120,540
       役員報酬
                                        267,404              284,616
       給料手当及び賞与
                                         36,064              45,484
       賞与引当金繰入額
                                         55,245              57,150
       法定福利費
                                         16,781              18,025
       福利厚生費
                                         27,070              26,548
       退職給付費用
                                         78,256              81,767
       賃借料
                                         1,559              1,037
       交際費
                                         9,717              16,475
       広告宣伝費
                                         6,962              7,534
       諸会費
                                         14,995              15,951
       水道光熱費
                                         15,771              13,442
       減価償却費
                                           484             3,776
       貸倒引当金繰入額
                                        153,601              188,674
       その他
                                        800,982              881,023
       販売費及び一般管理費合計
                                        143,763              358,823
      営業利益
      営業外収益
                                           178              150
       受取利息
                                           495              245
       有価証券利息
                                         15,605              18,376
       受取配当金
                                         1,471              1,456
       受取手数料
                                           465             1,118
       保険配当金
                                         6,589              1,862
       投資事業組合運用益
                                         1,034              3,444
       保険解約返戻金
                                         1,543               566
       その他
                                         27,385              27,220
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         6,373              5,965
       支払利息
                                           72              -
       その他
                                         6,445              5,965
       営業外費用合計
                                        164,703              380,077
      経常利益
      特別利益
                                           134               -
       固定資産売却益
                                           134               -
       特別利益
      特別損失
                                           316               8
       固定資産除却損
                                           316               8
       特別損失合計
                                        164,521              380,069
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   62,732              124,774
                                        △ 13,373              △ 3,918
      法人税等調整額
                                         49,359              120,855
      法人税等合計
                                        115,161              259,213
      当期純利益
                                 52/65




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                  当事業年度
                           (自 平成28年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                            至 平成29年3月31日)                  至 平成30年3月31日)
                     注記                 構成比                  構成比
            区分                金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ.材料費                           41,569       1.2           36,019       1.0
     Ⅱ.労務費                ※1          698,932       20.2           699,718       19.3
     Ⅲ.外注費                         1,324,759        38.3          1,387,234        38.3
     Ⅳ.機械経費                          435,880       12.6           520,049       14.4
                               959,370                  978,550
     Ⅴ.経費                ※2                 27.7                  27.0
        情報サービス総費用                             100.0                  100.0
                              3,460,512                  3,621,572
                                12,694                  13,917
        期首仕掛品たな卸高
         小計
                              3,473,207                  3,635,489
        他勘定振替高             ※3          259,142                   65,236
                                13,917                  69,978
        期末仕掛品たな卸高
        当期情報サービス原価
                              3,200,147                  3,500,275
        当期商品仕入高                        3,428                  8,717
        期首商品たな卸高                          91                  -
                                  -                  -
        期末商品たな卸高
        売上原価                      3,203,668                  3,508,993
      原価計算の方法

       原価計算の方法は、個別原価計算を行っております。
      (注)※1.労務費には次のものが含まれております。

                                  前事業年度                当事業年度
                              (自    平成28年4月1日             (自    平成29年4月1日
                   項目
                               至   平成29年3月31日)              至   平成30年3月31日)
             賞与引当金繰入額(千円)                        64,935                70,515
             退職給付費用(千円)                        48,164                44,279
         ※2.経費の主な内訳は次のとおりであります。

                                  前事業年度                当事業年度
                              (自    平成28年4月1日             (自    平成29年4月1日
                   項目
                               至   平成29年3月31日)              至   平成30年3月31日)
             減価償却費(千円)                        481,843                478,120
             賃借料(千円)                        143,726                140,102
             水道光熱費(千円)                        42,816                41,312
         ※3.他勘定振替高は、ソフトウェア開発に係る費用をソフトウェア及びソフトウェア仮勘定に振替えたもので

            あります。
                                 53/65





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                             資本剰余金                  利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                    資本金
                             その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                        資本準備金               利益準備金
                              剰余金    合計               繰越利益剰     合計
                                             別途積立金
                                                  余金
     当期首残高               637,200     607,200       -   607,200      2,850     60,000    2,999,810     3,062,660
     当期変動額
      剰余金の配当                                            △ 74,500    △ 74,500
      自己株式の処分                                              △ 300    △ 300
      当期純利益                                             115,161     115,161
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                 -     -     -     -     -     -   40,361     40,361
     当期末残高               637,200     607,200       -   607,200      2,850     60,000    3,040,171     3,103,021
                         株主資本               評価・換算差額等

                                                     純資産合計
                                   その他有価証券評        評価・換算差額等
                     自己株式       株主資本合計
                                   価差額金        合計
     当期首残高                 △ 286,500       4,020,560         10,555        10,555       4,031,115
     当期変動額
      剰余金の配当                         △ 74,500                        △ 74,500
      自己株式の処分                 95,400        95,100                        95,100
      当期純利益                         115,161                        115,161
      株主資本以外の項目の当期変
                                        42,689        42,689        42,689
      動額(純額)
     当期変動額合計                  95,400        135,761         42,689        42,689        178,451
     当期末残高                 △ 191,100       4,156,321         53,245        53,245       4,209,566
                                 54/65









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                             資本剰余金                  利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                    資本金
                             その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                        資本準備金               利益準備金
                              剰余金    合計               繰越利益剰     合計
                                             別途積立金
                                                  余金
     当期首残高               637,200     607,200       -   607,200      2,850     60,000    3,040,171     3,103,021
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                   △ 76,000    △ 76,000
      自己株式の取得
      自己株式の処分                         76,450     76,450
      当期純利益                                             259,213     259,213
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                 -     -   76,450     76,450       -     -   183,213     183,213
     当期末残高               637,200     607,200      76,450     683,650      2,850     60,000    3,223,385     3,286,235
                         株主資本               評価・換算差額等

                                                     純資産合計
                                   その他有価証券評        評価・換算差額等
                     自己株式       株主資本合計
                                   価差額金        合計
     当期首残高                 △ 191,100       4,156,321         53,245        53,245       4,209,566
     当期変動額
      剰余金の配当
                               △ 76,000                        △ 76,000
      自己株式の取得                  △ 14       △ 14                        △ 14
      自己株式の処分                 175,450        251,900                        251,900
      当期純利益
                               259,213                        259,213
      株主資本以外の項目の当期変
                                       220,058        220,058        220,058
      動額(純額)
     当期変動額合計                  175,435        435,099        220,058        220,058        655,157
     当期末残高                 △ 15,664       4,591,420         273,304        273,304       4,864,724
                                 55/65








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
      1.資産の評価基準及び評価方法
       (1)満期保有目的の債券
         償却原価法(定額法)を採用しております。
       (2)子会社株式
         移動平均法による原価法             を採用しております。
       (3)その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により
        算定)   を採用しております。
        時価のないもの
         移動平均法による原価法            を採用しております。
         なお、投資事業有限責任組合及びそれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券とみ
        なされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎とし、持分
        相当額を純額で取り込む方法によっております。
       (4)たな卸資産
        商品・仕掛品
         個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)                                           を採用しておりま
        す。
      2.固定資産の減価償却の方法
       (1)有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法    を採用しております。ただし、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法を採用
        しております。(        耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。た
        だし、建物の一部及び空調機については会社所定の合理的耐用年数によっております。)
       (2)無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法    を採用しております。          (なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年以
        内)に基づく定額法を採用しております。)
       (3)リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
         なお、平成20年3月31日以前に契約をした、リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファ
        イナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法によっております。
      3.引当金の計上基準
       (1)貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
        いては、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)賞与引当金
         従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当事業年度に負担すべき額を計上しております。
       (3)退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
         退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を
        用いた簡便法を適用しております。
      4.収益及び費用の計上基準
       完成工事高及び完成工事原価の計上基準
        イ 当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる受注契約
           進行基準(進捗率の見積りは原価比例法)を適用しております。
        ロ その他の受注契約
           検収基準を適用しております。
      5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       消費税等の会計処理
         税抜方式によっております。
                                 56/65



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
      ※1 関係会社に対する金銭債務(区分表示したものを除く)
                                前事業年度                  当事業年度

                             (平成29年3月31日)                  (平成30年3月31日)
     短期金銭債務                                19,714千円                  13,923千円

         (損益計算書関係)

      ※1 関係会社との取引高
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                  至 平成30年3月31日)
     営業取引による取引高
      売上原価                                45,472千円                  42,190千円
         (有価証券関係)

          子会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は277,000千円、前事業年度の貸借対照表計上額は277,000千円)
         は、市場価格がなく、時価を把握することがきわめて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 57/65















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
       (1)流動の部
         繰延税金資産
           賞与引当金                        31,118千円            35,472千円
           未払事業税                         6,441           10,263
                                    7,859            9,634
           その他
          繰延税金資産合計
                                   45,418            55,370
       (2)固定の部
         繰延税金資産
           退職給付引当金                        151,334            146,671
           減価償却超過額                        17,518            15,125
           敷金償却額                         4,556            4,960
                                    8,194            8,980
           その他
          繰延税金資産小計
                                   181,603            175,739
                                   △7,452            △7,621
          評価性引当額
          繰延税金資産合計
                                   174,150            168,117
         繰延税金負債
                                  △23,454           △120,392
           その他有価証券評価差額金
          繰延税金負債合計
                                  △23,454           △120,392
         繰延税金資産の純額
                                   150,695            47,724
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
       法定実効税率
                                   30.8%            30.8%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                             0.3            0.1
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △0.6            △0.3
       住民税均等割                             2.5            1.1
       評価性引当額の増減                            △2.6             0.1
       その他                            △0.4             0.0
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                   30.0            31.8
         (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 58/65







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
      区               当期首   残高    当期増加額       当期減少額       当期償却額       当期末残高      減価償却累計額

            資産の種類
      分               (千円)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                       69,077               -                  307,173

          建物                     1,356             11,982       58,451
                       90,647
          工具、器具及び備品                     2,644         8    34,467       58,816       379,997
      有形
                       252,774                -
      固定    リース資産                    207,932             132,651       328,055       558,771
      資産
                         -             -       -              -
          建設仮勘定                    22,195                    22,195
                       412,499
              計               234,128          8    179,101       467,518      1,245,942
                       769,194                -                    -
          ソフトウェア                    178,201             289,375       658,020
                       44,405         -       -                    -
          リース資産                                 22,843       21,562
                        1,817        -       -                    -
          商標権                                   212      1,604
      無形
                                -       -       -              -
      固定    電話加入権              3,777                           3,777
      資産
          施設利用権               557       -       -       28      529        -
                                             -     11,165         -
          ソフトウェア仮勘定             109,303       75,150      173,288
                                                 696,658          -
              計         929,055       253,352       173,288       312,460
      (注)当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
                       (SENS21導入機器)
             リース資産(有形)                                         144,961千円
                       (ホームトレードリプレース機器)                               43,186千円
             ソフトウェア           (入試業務マイグレーションシステム)                               108,005千円
         【引当金明細表】

                      当期首   残高       当期増加額          当期減少額          当期末残高
           区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
      貸倒引当金                     5,999          9,775          5,999          9,775

      賞与引当金                    101,000          116,000          101,000          116,000

       (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                 59/65






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

      剰余金の配当の基準日                  9月30日、3月31日

      1単元の株式数                  100株

      単元未満株式の買取り・買増し

                        (特別口座)
       取扱場所                 大阪市中央区伏見町三丁目6番3号
                         三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                         三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                 ──────
       買取・買増手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                        電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子
                        公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行
      公告掲載方法                  う。
                        公告掲載URL
                        http://www.odk.co.jp
      株主に対する特典                  該当事項はありません。
     (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、以下に掲げる権利以外の権利を行使することはできません。
        (1)   会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2)   取得請求権付株式の取得を請求する権利
        (3)   募集株式または募集新株予約権の割当てを受ける権利
        (4)   単元未満株式の買増しを請求する権利
                                 60/65










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第54期)(自            平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)平成29年6月28日近畿財務局長に提出
       (2)内部統制報告書及びその添付書類
         平成29年6月28日近畿財務局長に提出
       (3)四半期報告書及び確認書
         (第55期第1四半期)(自             平成29年4月1日 至           平成29年6月30日)平成29年8月4日近畿財務局長に提出
         (第55期第2四半期)(自             平成29年7月1日 至           平成29年9月30日)平成29年11月6日近畿財務局長に提出
         (第55期第3四半期)(自             平成29年10月1日 至           平成29年12月31日)平成30年2月9日近畿財務局長に提出
       (4)臨時報告書
         平成29年6月29日近畿財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
         時報告書であります。
         平成30年3月12日近畿財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)に基づく臨時報告書であります。
       (5)有価証券届出書(          第三者割当による自己株式の処分)                 及びその添付書類
         平成30年2月21日近畿財務局長に提出
                                 61/65













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 62/65




















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成30年6月27日

     株式会社ODKソリューションズ

       取締役会 御中

                               新日本有限責任監査法人

                                指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 金子 一昭  印
                                業務執行社員
                                指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 仲  昌彦  印
                                業務執行社員
     <財務諸表監査>


      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社ODKソリューションズの平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、す
     なわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー
     計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社ODKソリューションズ及び連結子会社の平成30年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年
     度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 63/65




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ODKソリューショ
     ンズの平成30年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社ODKソリューションズが平成30年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表
     示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準
     拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 64/65









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社ODKソリューションズ(E05679)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成30年6月27日

     株式会社ODKソリューションズ

       取締役会 御中

                               新日本有限責任監査法人

                                指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 金子 一昭  印
                                業務執行社員
                                指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 仲  昌彦  印
                                業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて


     いる株式会社ODKソリューションズの平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第55期事業年度の財務諸表、すな
     わち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     ODKソリューションズの平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重
     要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 65/65



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。