株式会社あらた 有価証券報告書 第16期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第16期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社あらた

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年6月27日
      【事業年度】                    第16期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
      【会社名】                    株式会社あらた
      【英訳名】                    ARATA   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役 社長執行役員 須崎 裕明
      【本店の所在の場所】                    東京都江東区東陽六丁目3番2号
      【電話番号】                    03-5635-2800(代表)
      【事務連絡者氏名】                    代表取締役 副社長執行役員 鈴木 洋一
      【最寄りの連絡場所】                    東京都江東区東陽六丁目3番2号
      【電話番号】                    03-5635-2800(代表)
      【事務連絡者氏名】                    代表取締役 副社長執行役員 鈴木 洋一
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/100













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
             回次            第12期       第13期       第14期       第15期       第16期
            決算年月            平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                          651,954       638,792       676,743       704,610       732,914

     売上高              百万円
                           4,388       2,469       5,811       7,842       9,439

     経常利益              百万円
     親会社株主に帰属する当期
                           2,435       1,124       3,244       4,863       6,361
                   百万円
     純利益
                           2,655       2,780       3,183       6,241       7,837
     包括利益              百万円
                          51,041       53,911       55,941       59,613       71,472

     純資産額              百万円
                          221,202       211,840       219,689       222,974       244,381

     総資産額              百万円
                          661.84      3,496.31       3,627.53       4,054.51       4,285.43

     1株当たり純資産額               円
                           31.60       72.96       210.43       330.95       399.12

     1株当たり当期純利益金額               円
     潜在株式調整後1株当たり
                            -       -       -     294.89       377.82
                    円
     当期純利益金額
                    %       23.1       25.4       25.5       26.7       29.2
     自己資本比率
                    %       4.8       2.1       5.9       8.4       9.7

     自己資本利益率
                           10.76       22.21       11.75        9.16       14.93

     株価収益率               倍
     営業活動によるキャッ
                           1,481       21,955        7,594       12,637       11,649
                   百万円
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                          △ 5,878      △ 6,775      △ 3,360      △ 3,155      △ 2,924
                   百万円
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                           7,246      △ 13,990       △ 1,791      △ 9,948      △ 4,501
                   百万円
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                           9,731       11,001       13,399       12,923       17,136
                   百万円
     残高
                           2,924       2,917       2,914       2,926       3,023
     従業員数
                    人
     [外、平均臨時雇用者数]                     [ 5,287   ]    [ 5,174   ]    [ 5,091   ]    [ 5,052   ]    [ 5,255   ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第12期から第14期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載
           しておりません。
         3.平成27年8月1日を効力発生日として、5株を1株とする株式併合を実施いたしました。このため、第13期
           (平成27年3月期)の期首に株式併合が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益および1株当たり純資産
           を算定しております。
                                   2/100






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次            第12期        第13期        第14期        第15期        第16期
            決算年月            平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月        平成30年3月

                         551,763        535,975        561,850        584,748        601,572

     売上高             百万円
                          3,220        1,374        4,303        5,896        7,322

     経常利益             百万円
                          1,868         552       2,737        3,575        4,769

     当期純利益             百万円
                          5,000        5,000        5,000        5,220        7,026

     資本金             百万円
                        79,301,124        79,301,124        15,860,224        16,029,705        17,417,840

     発行済株式総数               株
                          46,798        48,427        50,823        52,978        62,849

     純資産額             百万円
                         189,707        177,208        180,620        180,561        193,658

     総資産額             百万円
                          607.12       3,141.52        3,296.72        3,603.77        3,768.97

     1株当たり純資産額               円
                          10.00        10.00        55.00        65.00        75.00
     1株当たり配当額
                    円
     (うち1株当たり中間配当
                           ( - )      ( - )    ( 25.00   )    ( 30.00   )    ( 35.00   )
     額)
                          24.23        35.83       177.59        243.31        299.20

     1株当たり当期純利益金額               円
     潜在株式調整後1株当たり

                            -        -        -      216.80        283.24
                    円
     当期純利益金額
                    %       24.7        27.3        28.1        29.3        32.5

     自己資本比率
                    %        4.0        1.1        5.5        6.9        8.2

     自己資本利益率
                          14.03        45.19        13.92        12.45        19.92

     株価収益率               倍
                    %       41.3       139.5        31.0        26.7        25.1

     配当性向
                          2,102        2,083        2,056        2,047        2,096

     従業員数
                    人
     [外、平均臨時雇用者数]                     [ 4,647   ]    [ 4,505   ]    [ 4,446   ]    [ 4,339   ]    [ 4,444   ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第12期から第14期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載
           しておりません。
         3.平成27年8月1日を効力発生日として、5株を1株とする株式併合を実施いたしました。このため、第13期
           (平成27年3月期)の期首に株式併合が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益および1株当たり純資産
           を算定しております。
                                   3/100







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        株式会社あらたの前身は、それぞれ日用品・化粧品等の卸商社であり、昭和11年5月に設立された、北海道エリア
       を基盤として北海道・東北・関東エリアを商圏としていたジャスダック証券取引所(現在の東京証券取引所JASD
       AQ市場 以下同様)上場企業であるダイカ株式会社と、昭和41年9月に設立された、中部エリアを基盤として中
       部・関西エリアを商圏としていたジャスダック証券取引所上場企業である伊藤伊株式会社と、平成2年5月に設立さ
       れた、九州エリアを基盤として九州・中国エリアを基盤としていたジャスダック証券取引所上場企業である株式会社
       サンビックであります。
        年月                            事項
      平成14年4月        ダイカ株式会社、伊藤伊株式会社、株式会社サンビックと共同で持株会社、株式会社あらたを設
              立し、ジャスダックに上場する。
      平成14年9月        当社は株式交換により徳倉株式会社を子会社とする。
      平成16年4月        当社は持株会社から事業会社へ移行する。
      平成16年6月        当社は本店を東京都港区より千葉県船橋市に移転する。
      平成16年8月        当社は株式交換により株式会社木曾清を子会社とする。
      平成17年4月        当社の子会社である株式会社木曾清、株式会社木曾清サービス、株式会社ドルフと合併する。
      平成17年12月        当社は株式交換によりジャペル株式会社を子会社とする。
      平成18年10月        当社は株式会社シスコと合併する。
      平成18年11月        当社は株式会社電通の100%子会社である株式会社電通テック、日本電気株式会社、大日本印刷株
              式会社の3社と共同で株式会社電通リテールマーケティングを設立する。
      平成19年4月        当社の子会社として株式会社インストアマーケティングを設立する。
      平成19年12月        当社は資本効率の改善および株主様への利益還元を目的として自己株式の取得を行い、公開買付
              で4,066,750株を取得する。
      平成20年9月        当社はシーエス薬品株式会社、株式会社サイバーリンクス、日本総合システム株式会社と共同
              で、棚割用商品情報を配信するサービスを開始する。
      平成22年3月        当社は株式会社日本アクセス、アルフレッサホールディングス株式会社と業務提携契約を締結す
              る。
      平成23年3月        当社は東京証券取引所市場第二部に上場する。
      平成24年2月        当社の子会社として中国上海に子会社凱饒泰(上海)貿易有限公司を設立する。
      平成24年3月        当社は東京証券取引所市場第一部に指定される。
      平成24年8月        当社は市野株式会社(現株式会社リビングあらた)の株式を取得し子会社とする。
      平成25年10月        当社の子会社としてタイバンコクにARATA(THAILAND)CO.,LTD.を設立する。
      平成26年7月        当社は本店を千葉県船橋市より東京都江東区に移転する。
      平成27年3月        当社はタイバンコクにサハグループと合弁会社SIAM                        ARATA   CO.,LTD.を設立する。
      平成28年6月        120%コールオプション条項付第1回無担保転換社債型新株予約権付社債を発行する。
                                   4/100









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
       当社の企業集団は、化粧品・日用品・家庭用品・ペット用品等の卸売業を主な事業の内容としております。
       当社グループは、ドラッグストア、ホームセンター、スーパー、総合スーパー等に化粧品・日用品等を販売する卸
      売業を主たる業務としており、当社、連結子会社10社および関連会社1社により構成されております。
        事業の系統図は、次のとおりであります。
      (注)1.関連会社は持分法適用会社であります。









         2.店頭管理・フィールドサポート事業とは、当社と㈱電通リテールマーケティングとがメーカーと共同で企画
           した広告提案を、当社お得意先に対して行い、提案した広告とお得意先の店頭とが連動するように㈱インス
           トアマーケティングが店頭管理を行うことでお得意先の店頭活性化を図る事業です。
                                   5/100









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
       (1)連結子会社
                                            議決権の所有
                           資本金
          名称          住所             主要な事業の内容           割合又は被所          関係内容
                          (百万円)
                                            有割合(%)
                                                   役員の兼任        3名
                                                   当社取扱商品の
                                化粧品・化粧雑貨・軽
     ㈱ファッションあらた             札幌市東区           22                   100
                                                   販売
                                衣料等の卸売業
                                                   建物の賃貸
                                                   資金の借入
                                                   役員の兼任        4名
                  愛知県              ペット関連商品の卸売
     ジャペル㈱                        140                   100
                                                   当社取扱商品の
                  春日井市              業
                                                   販売
                                ペット関連商品の小売
     ジャペルパートナーシッ             愛知県                              100
                                                   役員の兼任        1名
                             10   業、フランチャイズ加
     プサービス㈱             春日井市                             (100)
                                盟店の募集業務等
                                愛玩動物およびペット
                                フード・ペット用品の
                                                100
     ペットライブラリー㈱                                              役員の兼任       1名
                  愛知県小牧市           10   販売、ペット美容、
                                               (100)
                                ペットホテル、ペット
                                保険関連業務
                                                   役員の兼任        3名
     ㈱インストアマーケティ
                                                   当社得意先の
                  東京都江東区           60   店頭管理会社                 80
     ング
                                                   店頭管理
                                                   建物の賃貸
                                日用品・化粧品・ペッ
                                                   役員の兼任        1名
     凱  饒  泰(上海)      貿易
                                ト関係・家庭用品の卸
                  中国上海           200                   100
                                                   当社取扱商品の
                                売および輸出入販売、
     有限公司
                                                   販売
                                その他関連サービス
                                                   役員の兼任        2名
                  大阪府
                                                   当社取扱商品の
     ㈱リビングあらた                        27   家庭用雑貨の卸売業                100
                  東大阪市
                                                   販売
                                                   資金の貸付
                                ペット関連商品の小売
     JAPELL                                              役員の兼任        1名
                              2  業、卸売業および輸出                100
     (HONG       KONG)
                  中国香港
                                                   当社取扱商品の
                          (百万HK$)      入販売、その他関連               (100)
     CO.,LIMITED                                              販売
                                サービス
     ARATA                                              当社取扱商品の
                  タイ            2
     (THAILAND)                           タイにおける卸売業                 49  販売
                  バンコク        (百万THB)
     CO.,LTD.                                              資金の貸付
                                                   当社取扱商品の
     SIAM     ARATA
                  タイ           20                   75
                                タイにおける卸売業                   販売
                  バンコク        (百万THB)                      (26)
     CO.,LTD.
                                                   資金の貸付
      (注)1.「議決権の所有割合又は被所有割合」欄の(内書)は間接所有であります。
        2.ジャペル㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%
          を超えております。
          主要な損益情報等
           ジャペル㈱
           (1)売上高                     110,656百万円
           (2)経常利益                      1,093百万円
           (3)当期純利益                       720百万円
           (4)純資産額                      6,096百万円
           (5)総資産額    42,485百万円
                                   6/100


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (2)持分法適用の非連結子会社
         該当事項はありません。
       (3)持分法適用関連会社
                                           議決権の所有
                          資本金
          名称          住所             主要な事業の内容           割合又は被所          関係内容
                         (百万円)
                                           有割合(%)
     ㈱電通リテールマーケ                         フィールドサポートの
                 東京都港区          300                     36        -
     ティング                         サービス事業
                                   7/100


















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成30年3月31日現在
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
                                                 3,023
      化粧品・日用品卸売業                                              (5,255)
      (注)1.従業員数は、就業人員であります。
         2.臨時雇用者(パートおよび嘱託社員を含む)を雇用しており、年間平均人員(1日8時間換算)を従業員数
           欄に( )外数で記載しております。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成30年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

          2,096(4,444)                   41.2              17.7           5,266,975

      (注)1.従業員数は、就業人員であります。
         2.臨時雇用者(パートおよび嘱託社員を含む)を雇用しており、年間平均人員(1日8時間換算)を従業員数
           欄に( )外数で記載しております。
         3.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         当社グループには労働組合は組織されておりませんが、労使関係は良好であります。
                                   8/100













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
        当社グループは「美と健康、清潔で快適な生活を創造する」を経営ビジョンとし、みなさまの暮らしを快適にする
       身近な商品を、全国の小売業様の店頭にお届けする、日用品・化粧品の卸商社として、社会的インフラの一躍を担っ
       ております。
        当社設立から15年は経営基盤強化を図るファーストステージであり、セカンドステージへステップアップし、今後
       は10年先を見据えて引き続き企業価値の向上を図ってまいります。
        対処すべき課題

       ■中期経営計画策定の背景
        日本経済はこれまで幾度となく大きな環境変化を経て発展してきました。
        現在においても、少子高齢化や人手不足、ネット利用の拡大やSNSによる情報拡散、ダイバーシティや働き方
       改革など、様々な環境において変化している時であり、当社が属する流通業界も例外ではなく、大きな転換期にあ
       ると言えます。
        これまで、当社グループはサプライチェーン全体の最適化を追求し、皆さまのお役に立ち続ける存在として卸商
       社の役割を担ってまいりました。
        これからの大きな転換期を迎える流通業のため、社会全体のために卸商社として何ができるのかを考えるととも
       に、当社グループとして10年後の「あるべき姿」を考え、その姿に近づき、追い越すために、平成30年3月期から
       平成32年3月期までの3期間における基本戦略と目標数値を中期経営計画としてまとめました。
       ■中期経営計画の目標数値

        (連結)                                        (単位:億円)
                          平成30年3月期(実績)                平成32年3月期(計画)
                                    7,329                7,800

          売      上      高
                                      94                105
          経    常    利    益
          親会社株主に帰属する
                                      63                68
          当   期   純   利   益
         なお、収益性の向上と同時に総資産の圧縮を進め、ROE9%台を目標として経営効率性を高めます。

        ■中期経営計画の活動計画

       (1)   成長戦略を描き続ける
          ファーストステージでは、次世代型卸売業のための強固な経営基盤を築き上げてきました。しかし現状に満足
         することなく、企業として更なる飛躍を目指します。刻々と変化する社会環境・市場環境にタイムリーに対応す
         べく、従来の卸という枠組みを超え、卸機能の幅を広げながら新しい取り組みに積極的に挑戦し、サプライ
         チェーン全体のリーダーシップをとれる企業へ進化してまいります。
       (2  ) 未来への布石を打つ

          目の前の目標や課題だけを追いかけるのではなく、10年先20年先の我々の「あるべき姿」を見据えながら、営
         業機能・物流機能・システム・グローバル化への積極的な投資を行ってまいります。また、未来の当社グループ
         を担える人材育成にも注力してまいります。
       (3  ) 経営基盤の更なる強化

          収益力・財務体質の強化はもちろんのこと、スピーディな変化対応力のある組織体制への変更を実施しま
         す。また、当社グループとしてのシナジーを発揮すべくグループ会社間の連携強化にも取り組みます。更に、
         CSRへの取組強化や事業継続計画(BCP)についても継続して推進していきます。
        当社設立からの15年は、収益向上・業務改革・統合統一を主軸とした次世代型卸のための経営基盤の強化を行っ

       てきたファーストステージでありました。
        これからはセカンドステージとして、10年先を見据えて、卸売業の新たな可能性を追求いたします。
        「モノをつなぐ、コトをつなぐ、ココロをつなぐ。」
        新中期経営計画のメッセージを基に、更なる成長戦略を描き、目標数値を達成してまいります。
                                   9/100


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項については、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものでありま
       す。
        ①  競争激化による投資コストの増加について
          当社グループが属する化粧品・日用品の卸売業界におきましては、取扱い商品における業界の垣根を越えた再
         編の可能性があり、主要顧客である小売業界においても同様の動きが起こる可能性があります。また、外資系小
         売業の進出などにより、物流機能の取り込みが起こり、卸売業の物流機能の評価が低下する可能性もあります。
         このような業界再編やそれにともなう物流形態の変化等の環境変化に対応するために、新しい事業分野への進出
         や、物流機能の充実のための大型物流センター等の設備投資が必要となってくると考えられます。その場合に
         は、減価償却費や物流に関連する各種経費の一時的増加により業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ②  業績変動について

          当社グループの業績は、第4四半期において他の四半期に比べて売上高および利益は低下する傾向にありま
         す。
          これは主に、12月に日用品をまとめて購入する消費需要の反動や、2月は営業日数が少ない等の影響によるも
         のであります。このため、第3四半期までの業績の傾向が、年間の業績の傾向を示さない可能性があります。
          なお、平成29年3月期ならびに平成30年3月期の四半期毎の業績は、以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)

                                   平成29年3月期
                  第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期          年度計
          売上高           177,504         178,140         183,953         165,012         704,610
        (構成比     %)
                     (25.2   )      (25.3   )      (26.1   )      (23.4   )      (100.0)
         営業利益             2,042         1,661         2,312         1,368         7,384
        (構成比     %)
                     (27.7   )      (22.5   )      (31.3   )      (18.5   )      (100.0)
         経常利益             2,193         1,716         2,483         1,448         7,842
        (構成比     %)
                     ( 27.9  )      (21.9   )      (31.7   )      (18.5   )      (100.0)
                                                    (単位:百万円)

                                   平成30年3月期
                  第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期          年度計
          売上高           183,701         186,064         190,218         172,929         732,914
        (構成比     %)
                     (25.0   )      (25.4   )      (26.0   )      (23.6   )      (100.0)
         営業利益             2,457         2,015         2,454         1,929         8,857
        (構成比     %)
                     (27.7   )      (22.8   )      (27.7   )      (21.8   )      (100.0)
         経常利益             2,701         2,142         2,580         2,015         9,439
        (構成比     %)
                     (28.6   )      (22.7   )      (27.3   )      (21.4   )      (100.0)
                                  10/100







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         ③  ペット生体の需給動向について
          犬猫生体については、繁殖者の減少から生体が供給不足になる可能性があります。また、犬猫の平均寿命は
         延びているものの、高齢生体の比率が上昇しており、高齢生体の死亡により飼育頭数が減少する可能性があり
         ます。生体全般としては人獣共通感染症が発生した場合に生体が減少する可能性があります。ペットフード・
         用品の売上については、ペット生体の数の増減によって業績に影響を及ぼす可能性があります。
         ④  商慣習によるリスクについて

          当社グループが所属する日用品化粧品・ペット卸売業界は、商品の販売数量や支払条件等に応じて、メー
         カーから販売奨励金等が支払われます。これは、メーカーと当社グループの間で取り決められた条件を達成す
         ることによって支払われますが、メーカーの営業戦略の変更により制度変更された場合は、業績に影響を及ぼ
         す可能性があります。
          また、当社グループの商品在庫におきましては、ほぼメーカーへの返品が可能となっております。しかしな
         がら、メーカーの民事再生等により債務不履行が発生した場合は、在庫評価損の計上や返品が不能となる場合
         があり、業績に影響を及ぼす可能性があります。
         ⑤  ペットフードの安全性について

          「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」の施行により、安全基準値を超えた商品が発見された場
         合にはペットフードの生産、流通に支障が生じる可能性があります。また、鳥インフルエンザなどの発生によ
         るペットフード原料の調達不足が発生した場合には業績に影響を及ぼす可能性があります。
         ⑥  カントリーリスクについて

          当社グループは、海外事業の拡大を図っており、海外現地におけるに政情不安、貿易制裁、文化や法制度の
         相違、特殊な労使関係等によるカントリーリスクにより、円滑な業務運営が妨げられ、当社グループの業績と
         財政状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
         ⑦  信用リスクについて

          当社グループでは取引先の信用悪化や経営破綻による損失が発生する信用リスクを管理するため、信用調査
         会社による資料に基づき要注意先を設定し与信限度額を定め、与信先の信用状態に応じて必要な担保・保証な
         どを取り付けるとともに、会計上充分な貸倒引当金を計上しております。
          しかしながら、得意先の業績悪化により、債権等が回収不能となった場合、当社グループの業績に影響を及
         ぼす可能性があります。
         ⑧  減損会計について

          当社グループは、事業用資産として多くの土地及び建物等を所有しております。事業用資産の簿価に対して
         時価が著しく下落した場合や各支社の収益性が悪化した場合等には、固定資産の減損処理が必要となる場合が
         あります。その場合、特別損失が計上され、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
         ⑨  投資有価証券保有にかかる株価変動リスクについて

          当社グループは主として営業上の取引関係の維持、強化のため取引先を中心に株式を保有しております。
          このため、株式相場の動向もしくは株式を保有している企業の業績次第では、それぞれの株価に大きな変動
         が発生し、当社グループの業績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。
         ⑩  大規模災害について

          当社グループは全国に多くの拠点があり、大規模災害が発生した場合にはその地域における物流機能の麻痺
         およびシステム障害が発生し、商品の供給が滞る可能性があります。
         ⑪  システムトラブルについて

          当社グループは、営業活動、商品管理等の多くをコンピューターネットシステムに依拠しております。自然
         災害や事故の発生、コンピューターウイルスの侵入等により機能が停止した場合、リカバリーシステムによる
         復旧までに時間を要し、業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  11/100




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)  経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況

         当連結会計年度における経営環境は、好調な株価や企業の好業績等により、雇用情勢は改善しており、景気は緩
        やかな回復基調にあります。
         今後は東京オリンピックに向けたインフラ建設等の需要増加や、海外経済の回復を背景に輸出増加も見込まれる
        ことから、景気の持ち直し傾向が続くことが予想されるものの、相次ぐ自然災害や原材料価格の高騰、慢性的な人
        手不足、北朝鮮情勢などの地政学的リスクや米国トランプ大統領の政権運営などの影響等から先行き不透明な状況
        で引き続き推移することが予想されます。
         このような中、当社は中期経営計画1年目である今期目標達成に向けた施策を実施してきた結果、前年比で増収
        増益となり、さらに平成29年11月2日に発表した上方修正の数値も上回るなど好調に推移いたしました。
         利益面については、メーカー様単位・小売業様単位での「活動基準原価計算」に基づいた取引により売上総利益
        額及び率の上昇と、消費者が満足する付加価値を持った商品をメーカー様・小売業様とともに販売することによっ
        て商品単価の上昇につなげた結果以下のとおりとなりました。
        a.財政状態

          当連結会計年度の資産合計は244,381百万円となり、前連結会計年度と比較して21,407百万円の増加となり 
         ました。
          負債合計は172,909百万円となり、前連結会計年度と比較して9,547百万円の増加となりました。
          純資産の部は71,472百万円となり、前連結会計年度と比較して11,859百万円の増加となりました。
        b.経営成績

         当連結会計年度における売上高は               732,914    百万円(前年同期        4.0%増    )、営業利益は       8,857   百万円(前年同期
        19.9%増    )、経常利益は       9,439   百万円(前年同期        20.4%増    )、親会社株主に帰属する当期純利益は                   6,361   百万円(前
        年同期   30.8%増    )となり、売上高・経常利益・親会社株主に帰属する当期純利益等の各種利益において過去最高を
        達成することができました。
                                  12/100











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          なお、セグメントの業績につきましては、当社グループは日用品・化粧品等の卸売業を主たる事業とする単一
         セグメントであるため記載を省略しておりますので、カテゴリー別および業態別の売上実績につきまして記載し
         ております。
         カテゴリー別売上実績

          当連結会計年度におけるカテゴリー別売上実績は、次のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                                        当連結会計年度
            カテゴリー              主要商品
                                     (自 平成29年4月1日
                                                    前年同期比
                                      至 平成30年3月31日)
                                                         %
                    化粧品・装粧品・石鹸・入浴剤・
         Health    & Beauty
                                              225,283         106.2%
                    オーラルケア
                    衣料用洗剤・台所用洗剤・食器用
                    洗剤・住居用洗剤・芳香剤・防虫
         トイレタリー          剤・殺虫剤・乾電池・記録メディ                          175,291         103.5%
                    ア・照明用品・電気応用品・OA
                    用品・文具・食品・カー用品
                    家庭紙・紙おむつ・ベビー用品・
         紙製品                                    147,245         100.8%
                    衛生用品・生理用品
                    台所用雑貨・住居用雑貨・生活用
         家庭用品                                     54,285        104.6%
                    雑貨・レジャー用品・園芸用品
         ペット用品・その他          ペット用品・その他                          130,808         104.5%

                     合計                         732,914         104.0%

          取扱カテゴリーすべてにおいて前年を上回っており、構成比約30%を占める化粧品等の                                        Health    & Beauty   が前
         年比6.2%増加しております。
          好調の要因の一つとして、「インバウンド需要」が考えられます。ここ数年続いている「日本製」商品への人
         気は現在も継続しており、2020年の東京オリンピックに向けて訪日外国人が増加することを考慮すると、今後も
         期待が持てるカテゴリーであり、強化カテゴリーとして各種施策を実施いたします。
         業態別売上実績

          当連結会計年度における業態別売上実績は、次のとおりであります。
                                   (単位:百万円)
                       当連結会計年度

             業態
                      自 平成29年4月1日
                                    前年同期比
                      至 平成30年3月31日
                                         %
         ドラッグストア                    349,940         105.6%

         ホームセンター                    123,558         105.1%

         SM                     86,987         98.4%

         ディスカウント                     53,054        104.7%

         GMS                     47,834        101.6%

         その他                     71,539        102.8%

             合計                732,914         104.0%

         (注)当連結会計年度より、業態別の分類を一部変更しております。なお、前年同期比につきましては、前連結
            会計年度の数値を組み替えて算定しております。
                                  13/100


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          小売業態の中でも現在成長が著しいドラッグストアを中心に、インバウンド関連商品や高齢者向け商品の提
         案、消費者が満足する付加価値を持った商品の提案などの施策により前年比5.6%増加しております。
        ②キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
         4,213百万円増加し、17,136百万円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれ
         らの要因は、次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動の結果、獲得した資金は11,649百万円(前年は12,637百万円の獲得)となりました。これは主に、税金
         等調整前当期純利益が9,683百万円、減価償却費4,353百万円、仕入債務の増加額12,556百万円等の収入に対し、
         売上債権の増加額15,128百万円、たな卸資産の増加額384百万円等の支出があったことによるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動の結果、支出した資金は2,924百万円(前年は3,155百万円の支出)となりました。これは主に、有形固
         定資産の売却による収入2,031百万円等の収入に対して、有形固定資産の取得による支出4,072百万円、無形固定
         資産の取得による支出1,014百万円、投資有価証券の取得による支出129百万円等の支出があったことによるもの
         であります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動の結果、支出した資金は4,501百万円(前年は9,948百万円の支出)となりました。これは主に、短期借
         入金の純増による収入1,913百万円、長期借入れによる収入3,950百万円等の収入に対して、長期借入金の返済に
         よる支出7,808百万円、社債の償還による支出500百万円、配当金の支払による支出1,101百万円、リース債務の
         返済による支出945百万円等の支出があったことによるものであります。
        ③生産、受注及び販売の実績

       a.生産の実績及び受注実績
        当社グループの        事業内容は、日用雑貨・化粧品等の卸売業であり、生産の実績は記載ができないため、当該記載
       を省略しております。
        また、受注実績は販売実績と近似しているため、下記の販売実績を参照ください。
       b.販売実績

        当社グループの        事業内容は、日用雑貨・化粧品等の卸売業を主たる事業とする単一セグメントであります。
        主な相手先別の販売実績および当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                              至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
               相手先
                           金額(百万円)          割合(%)       金額(百万円)          割合(%)
        株式会社ツルハホールディングス                      79,275          11.3       87,640          12.0

       (注)上記金額には、消費税等を含んでおりません。
                                  14/100








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は以下のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
        ①重要な会計方針および見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        おります。当社グループの連結財務諸表の作成にあたっては、当連結会計年度末における財務状態、経営成績及び
        キャッシュ・フローの状況に影響を与えるような見積り、予測を必要としております。当社グループは過去の実績
        値や分析値、状況等を踏まえ合理的と判断される前提に基づき、継続的に見積り、予測を行っております。そのた
        め実際の結果とは見積り特有の不確実性があるため、異なる場合があります。
         なお、当社グループの連結財務諸表の作成に当たり採用した会計方針およびその適用方法ならびに見積りの評価
        については、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための
        基本となる重要な事項」に記載のとおりであります。
        ② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

          当社グループは2020年3月期を最終年度とする中期経営計画を2018年3月期にスタートさせ、それ以前までを
         ファーストステージ、中期経営計画からをセカンドステージとして10年先を見据えた「あるべき姿」を考え、今
         期はその1年目として中期経営計画における戦略(1)成長戦略を描き続ける(2)未来への布石を打つ(3)経
         営基盤の更なる強化という3つの戦略を軸に各種施策を実施しております。
         a.財政状態の分析

          当連結会計年度の資産合計は             244,381百万円       となり、前連結会計年度と比較して                 21,407百万円の増加         となりま
         した。
          資産の部では、流動資産が            172,149百万円       となり、前連結会計年度と比較して                 18,694百万円の増加         となりまし
         た。
          これは主に現金及び預金が            4,132百万円      、受取手形及び売掛金が           15,109百万円      増加し、未収入金が         1,111百万円
         減少したことによるものであります。
          固定資産は     72,231百万円      となり、前連結会計年度と比較して                 2,712百万円の増加         となりました。
          これは主に建物及び構築物が             1,154百万円      、投資有価証券が        1,826百万円      増加したことによるものであります。
          負債の部では、流動負債が            145,831百万円       となり、前連結会計年度と比較して                 21,828百万円      の増加となりまし
         た。
          これは主に支払手形及び買掛金が               12,532百万円      、短期借入金が       4,599百万円      、未払金が     1,899百万円      増加したこ
         とによるものであります。
          固定負債は     27,077百万円      となり、前連結会計年度と比較して                 12,280百万円の減少         となりました。
          これは主に社債が        7,128百万円      、長期借入金が       6,399百万円      減少したことによるものであります。
          純資産の部は      71,472百万円      となり、前連結会計年度と比較して                 11,859百万円の増加         となりました。
          これは主に資本金が         1,806百万円      、資本剰余金が       2,030百万円      、利益剰余金が       5,258百万円      、その他有価証券評
         価差額金が     1,234百万円      増加したこと、純資産の部から控除される自己株式が                         1,291百万円      減少したことによるも
         のであります。
          このような結果、自己資本比率は               29.2  %となりました。
         b.経営成績の分析

          当連結会計年度における売上高は732,914百万円(前年同期4.0%増)となりました主な要因は、インバウンド
         需要の影響の大きいドラッグストアやディスカウント等の業態に対し、消費者が満足する付加価値を持った商品
         の提案などの施策によるものであります。
          営業利益は8,857百万円(前年同期19.9%増)、経常利益は9,439百万円(前年同期20.4%増)、親会社株主に
         帰属する当期純利益は6,361百万円(前年同期30.8%増)となっており、その主な要因はメーカー様単位・小売
         業様単位での「活動基準原価計算」に基づいた取引による利益管理と、消費者が満足する付加価値を持った商品
         の販売による商品単価の上昇であります。
                                  15/100




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         c.キャッシュ・フローの分析

          当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状
         態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                           経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状
         況に記載のとおりであります。
          当社グループの資本の財源および資金の流動性につきましては、次のとおりであります。

          当社グループの運転資金需要のうち主なものは、商品の仕入であります。投資を目的とした主な資金需要は、
         設備投資によるものであります。
          当社グループは、事業運営上必要な資金の流動性と資金の源泉を安定的に確保することを                                          基本方針としており
         ます。
          短期運転資金は自己資金、金融機関からの短期借入および債権流動化をを基本としており、設備投資や長期運
         転資金は、金融機関からの長期借入および社債の発行を基本としております                                   。
          なお、当連結会計年度末における借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は48,879百万円となっており
         ます。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は17,136百万円となっております。
      4【経営上の重要な契約等】

         該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

         該当事項はありません。
                                  16/100













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
         当連結会計年度中において実施いたしました設備投資の総額は、6,828百万円で、主な内訳は支店の改修等にか
        かる投資5,697百万円、システム投資1,115百万円であります。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                  平成30年3月31日現在
                                    帳簿価額

                                                         従業員
        事業所名
                     建物及び      工具、器具
                                   土地
               設備の内容
                                                          数
                                       リース資産       その他      合計
       (所在地)
                                 (百万円)
                     構築物      及び備品
                                                         (人)
                                       (百万円)      (百万円)     (百万円)
                                 (面積千㎡)
                     (百万円)      (百万円)
                                    1,018
                                                          319
     本社
               全社管理
                       1,196       156            127      2   2,501
                                   (30  )
     (東京都江東区)
                業務
                                                          (25  )
                                   〔396   〕
     北海道・東北地区
                                    3,467
     北海道・東北支社
                                                          381
               販売業務
     他7支店                  7,869      1,706             181      80   13,304
                                   (298   )
               物流業務
                                                         (950   )
     4物流センター
                                   〔170   〕
     6営業所
     関東地区
                                    4,044
     首都圏支社他
                                                          480
               販売業務
     8 オフィス                 3,541       400           2,318       0   10,305
                                   (82)
               物流業務
                                                        (1,350    )
     6物流センター
                                  〔1,601〕
     3デポ
     中部地区
                                    2,738
                                                          239
               販売業務
     中部支社他
                       2,588       622             ▶     0   5,954
                                   (45)
     4 オフィス
               物流業務
                                                         (544   )
                                   〔108〕
     3物流センター
                                    1,715
     関西地区
                                                          243
               販売業務
                       1,790       388            318      0   4,214
                                   (80)
     関西支社他
               物流業務
                                                         (563   )
     4物流センター
                                   〔275〕
     九州・中四国地区
     九州・中四国支社
     他3支店
                                    5,472
                                                          430
     6オフィス
               販売業務
                       3,808       219            258     342    10,100
                                   (114)
     5物流センター
               物流業務
                                                         (960   )
                                   〔346〕
     1営業所
     7デポ
     1事務所
      (注)1.上記金額には、消費税等を含めておりません。
         2.帳簿価額「その他」の内容は、車両運搬具と建設仮勘定の合計であります。
         3.土地の[       ]内の数字は賃借中のものであり、年間賃借料(百万円)を外書しております。
         4.現在休止中の主要な設備はありません。
         5.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
         6.上記の他、主要な賃借設備の内容は、次のとおりであります。
                                     年間賃借料
           名称            設備の内容
                                     (百万円)
      横浜センター                  物流センター                 297
                                       430
      摂津センター                  物流センター
                                  17/100




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
         ジャペル㈱
                                      帳簿価額

                                                          従業
                                                          員数
      事業所名      所在地     設備の内容       建物及び      工具、器具
                                     土地
                                         リース資産      その他      合計
                                                         (名)
                                    (百万円)
                        構築物      及び備品
                                          (百万円)     (百万円)     (百万円)
                        (百万円)      (百万円)      (面積千㎡)
                 全社管理業務
                                       581
            愛知県                                               166
                                  50     (9)           -
       本社           販売業務         299                  60          991
                                                         (32)
           春日井市
                                      〔 - 〕
                  物流業務
                                       192
            宮城県      販売業務                                         111
     東北営業所
                                      (15)             0
                          1,551        25           71         1,841
                                                         (96)
      その他
           仙台市他      物流業務
                                      〔10〕
      (注)1.上記金額には、消費税等を含めておりません。
         2.帳簿価額「その他」の内容は、車両運搬具と建設仮勘定の合計であります。
         3.土地の[       ]内の数字は賃借中のものであり、年間賃借料(百万円)を外書しております。
         4.現在休止中の主要な設備はありません。
         5.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
         該当事項はありません。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                  18/100












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           30,000,000

                  計                                30,000,000

        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所名
             事業年度末現在発行数(株)              提出日現在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
              (平成30年3月31日)             (平成30年6月27日)
                                        取引業協会名
                                                   権利内容に何ら限定
                                                   のない当社における
                                        東京証券取引所
                   17,417,840             17,417,840
     普通株式                                              標準となる株式であ
                                        (市場第一部)
                                                   り、単元株式数は
                                                   100株であります。
                   17,417,840             17,417,840             -
        計                                               -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発

        行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
                                  19/100











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ③【その他の新株予約権等の状況】
         会社法に基づき発行した新株予約権付社債は、次のとおりであります。
        120%コールオプション条項付第1回無担保転換社債型新株予約権付社債
      決議年月日                                            平成28年6月2日

      新株予約権の数(個)(注)1 ※                                               424[366]
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個) ※                                                   -
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)(注)2 ※                                      普通株式162,951[140,661]
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)3 ※                                                 2,602
                                              自   平成28年8月1日
      新株予約権の行使期間 (注)4 ※
                                              至   平成33年6月16日
                                              発行価格              2,602
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
      及び資本組入額(円)(注)5 ※                                       資本組入額            1,301
      新株予約権の行使の条件 ※                                          (注)6

                                          本新株予約権または本社債の一方のみ

      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                          を譲渡することはできない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                                          (注)7
                                          各本新株予約権の行使に際しては、当該
                                          各本新株予約権に係る各本社債を出資す
      新株予約権の行使の際に出資の目的とする財産の内容及び価額 ※                                   るものとし、各本新株予約権の行使に際
                                          して出資される財産の価額は、各本社債
                                          の払込金額と同額とする。
      新株予約権付社債の残高(百万円) ※                                               424[366]
       ※   当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の
           前月末現在(平成30年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を
           [ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1.本社債の額面金額1百万円につき1個とする。
         2.本新株予約権の目的である株式の数は、同一の新株予約権者により同時に行使された本新株予約権に係る本
           社債の金額の総額を下記(注)3に定める転換価額で除して得られる数とする。この場合に1株未満の端数
           を生ずる場合は、これを切り捨て、現金による調整は行わない。
         3.各本新株予約権の行使に際しては、当該各本新株予約権に係る各本社債を出資するものとし、各本新株予約
           権の行使に際して出資される財産の価額は、各本社債の払込金額と同額とする。
           各本新株予約権の行使により交付する当社普通株式の数を算定するにあたり用いられる価額(以下「転換価
           額」という。)は、当初、2,602円とする。ただし、転換価額は本第(1)号乃至第(7)号に定めるところによ
           り調整されることがある。
          (1)  当社は、本新株予約権付社債の発行後、本第(2)号に掲げる各事由により当社の普通株式数に変更が生じ
            る場合または変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「新株発行等による転換価額調整
            式」という。)をもって転換価額を調整する。
                                                   1株あたりの
                                          発行・処分
                                                 ×
                                既  発  行
                                                    払  込  金  額
                                          株 式 数
                                       +
                                株  式  数
                                                時  価
               調  整  後     調  整  前
                     =        ×
               転換価額         転換価額
                                     既発行株式数+発行・処分株式数
          (2)  新株発行等による転換価額調整式により転換価額の調整を行う場合及びその調整後の転換価額の適用時期
            については、次に定めるところによる。
            ①  時価(本第(6)号②に定義する。以下同じ。)を下回る払込金額をもってその発行する当社普通株式ま
              たはその処分する当社の有する当社普通株式を引き受ける者の募集をする場合。
              調整後の転換価額は、払込期日または払込期間の末日の翌日以降、また、当該募集において株主に株
              式の割当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日の翌日以降こ
              れを適用する。
                                  20/100



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
            ②  当社普通株式の株式分割または当社普通株式の無償割当て等をする場合。

              調整後の転換価額は、当該株式分割または無償割当て等により株式を取得する株主を定めるための基
              準日(基準日を定めない場合は、効力発生日)の翌日以降これを適用する。
            ③  時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付と引換えに取得される証券(権利)もしくは取得させ
              ることができる証券(権利)または当社普通株式の交付を受けることができる新株予約権の交付と引
              換えに取得される証券(権利)もしくは取得させることができる証券(権利)、または行使すること
              により当社普通株式の交付を受けることができる新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
              む。)を発行する場合。なお、新株予約権無償割当ての場合(新株予約権付社債を無償で割り当てる
              場合を含む。以下同じ。)は、新株予約権を無償として当該新株予約権を発行したものとして本③を
              適用する。
              調整後の転換価額は、発行される証券(権利)または新株予約権(新株予約権の交付と引換えに取得
              される証券(権利)もしくは取得させることができる証券(権利)に関して交付の対象となる新株予
              約権を含む。)の全てが当初の転換価額で取得されまたは当初の転換価額で行使されたものとみなし
              て新株発行等による転換価額調整式を準用して算出するものとし、当該証券(権利)または新株予約
              権の払込期日または払込期間の末日の翌日以降、また、当該募集において株主に割当てを受ける権利
              を与える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日(基準日を定めない場合は、その効力
              発生日)の翌日以降これを適用する。
              ただし、本③に定める証券(権利)または新株予約権の発行(新株予約権無償割当ての場合を含
              む。)が当社に対する企業買収の防衛を目的とする発行である旨を、当社が公表のうえ社債管理者に
              通知したときは、調整後の転換価額は、当該証券(権利)または新株予約権(新株予約権の交付と引
              換えに取得される証券(権利)もしくは取得させることができる証券(権利)については、交付の対
              象となる新株予約権を含む。)について、当該証券(権利)または新株予約権の要項上、当社普通株
              式の交付と引換えにする取得の請求もしくは取得条項に基づく取得もしくは当該証券(権利)もしく
              は新株予約権の行使が可能となった日(以下「転換・行使開始日」という。)の翌日以降、転換・行
              使開始日において取得の請求、取得条項による取得または当該証券(権利)もしくは新株予約権の行
              使により当社普通株式が交付されたものとみなして新株発行等による転換価額調整式を準用して算出
              してこれを適用する。
            ④  本号①乃至③の場合において、当社普通株式の株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日が設
              定され、かつ、効力の発生が当該基準日以降の株主総会、取締役会その他当社の機関の承認を条件と
              しているときには、本号①乃至③にかかわらず、調整後の転換価額は、当該承認があった日の翌日以
              降これを適用する。この場合において、当該基準日の翌日から当該承認があった日までに本新株予約
              権の行使請求をした本新株予約権者に対しては、次の算出方法により、当社普通株式を交付する。
                           調  整  前      調  整  後
                                               調整前転換価額により当該
                                            ×
                                 -
                        (                 )
                                               期間内に交付された株式数
                           転換価額         転換価額
                      =
                 株式数
                                      調整後転換価額
              この場合に1株未満の端数を生じる場合は、これを切り捨て、現金による調整は行わない。
          (3)  当社は、本新株予約権付社債の発行後、本第(4)号に定める特別配当を実施する場合には、次に定める算
            式(以下「特別配当による転換価額調整式」といい、新株発行等による転換価額調整式と併せて「転換価
            額調整式」という。)をもって転換価額を調整する。
                                        時価-1株あたり特別配当
                 調  整  後       調  整  前
                         =          ×
                 転換価額          転換価額
                                             時価
            「1株あたり特別配当」とは、特別配当を、剰余金の配当に係る当該事業年度の最終の基準日における各
            社債の金額(金100万円)あたりの本新株予約権の目的となる株式の数で除した金額をいう。1株あたり
            特別配当の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
                                  21/100




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          (4)  ①  「特別配当」とは、下記のいずれかの事業年度内に到来する各基準日に係る当社普通株式1株あたり

              の剰余金の配当(配当財産が金銭であるものに限り、会社法第455条第2項及び第456条の規定により
              支払う金銭を含む。)の額に当該基準日時点における各社債の金額(金100万円)あたりの本新株予約
              権の目的となる株式の数を乗じて得た金額の当該事業年度における累計額が、基準配当金(基準配当
              金は、各社債の金額(金100万円)を転換価額等決定日に確定する転換価額で除して得られる数値(小
              数第1位まで算出し、小数第1位を切り捨てる。)に55を乗じた金額とする。)に当該事業年度に係
              る以下に定める比率(当社が当社の事業年度を変更した場合には、以下に定める事業年度及び比率は
              社債管理者と協議のうえ合理的に修正されるものとする。)を乗じた金額を超える場合における当該
              超過額をいう。
              平成29年3月31日に終了する事業年度                  1.20
              平成30年3月31日に終了する事業年度                  1.44
              平成31年3月31日に終了する事業年度                  1.73
              平成32年3月31日に終了する事業年度                  2.07
              平成33年3月31日に終了する事業年度                  2.49
            ②  特別配当による転換価額の調整は、各事業年度の配当に係る最終の基準日に係る会社法第454条または
              第459条に定める剰余金の配当決議が行われた日の属する月の翌月10日以降これを適用する。
          (5)  転換価額調整式により算出された調整後の転換価額と調整前の転換価額との差額が1円未満にとどまる限
            りは、転換価額の調整はこれを行わない。ただし、次に転換価額の調整を必要とする事由が発生し転換価
            額を算出する場合は、転換価額調整式中の調整前転換価額に代えて、調整前転換価額からこの差額を差引
            いた額を使用するものとする。
          (6)  ①  転換価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
            ②  転換価額調整式で使用する「時価」は、新株発行等による転換価額調整式の場合は調整後の転換価額
              を適用する日(ただし、本第(2)号④の場合は基準日)または特別配当による転換価額調整式の場合は
              当該事業年度の配当に係る最終の基準日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取
              引所における当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数
              を除く。)とする。
              この場合、平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
            ③  新株発行等による転換価額調整式で使用する既発行株式数は、当該募集において株主に株式の割当て
              を受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日、また、それ以外の場合
              は、調整後の転換価額を適用する日の30日前の日における当社の発行済普通株式数から、当該日にお
              ける当社の有する当社普通株式の数を控除し、当該転換価額の調整前に本第(2)号または第(7)号に基
              づき発行・処分株式数とみなされた当社普通株式のうち未だ発行・処分されていない当社普通株式の
              株式数を加えた数とする。また、当社普通株式の株式分割が行われる場合には、新株発行等による転
              換価額調整式で使用する発行・処分株式数は、基準日における当社の有する当社普通株式に割り当て
              られる当社普通株式数を含まないものとする。
          (7)  当社は、本第(2)号及び第(3)号に掲げた事由によるほか、次の本号①乃至⑤に該当する場合は社債管理者
            と協議のうえその承認を得て、転換価額の調整を適切に行うものとする。
            ①  株式の併合、資本金もしくは準備金の額の減少、合併、会社分割または株式交換のために転換価額の
              調整を必要とするとき。
            ②  本号①のほか、当社の発行済普通株式数の変更または変更の可能性が生じる事由の発生により転換価
              額の調整を必要とするとき。
            ③  当社普通株式の株主に対する他の種類株式の無償割当てのために転換価額の調整を必要とするとき。
            ④  金銭以外の財産を配当財産とする剰余金の配当が、経済的に特別配当に相当するために転換価額の調
              整を必要とするとき。
            ⑤  転換価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の転換価額の算出
              にあたり使用すべき時価が、他方の事由によって調整されているとみなされるとき。
          (8)  本第(1)号乃至第(7)号に定めるところにより転換価額の調整を行うときは、当社は、あらかじめ書面に
            よりその旨ならびにその事由、調整前の転換価額、調整後の転換価額及びその適用の日その他必要な事項
            を社債管理者に通知し、かつ、適用の日の前日までに必要な事項を公告する。ただし、適用の日の前日ま
            でに前記の公告を行うことができないときは、適用の日以降すみやかにこれを行う。
         4.本新株予約権付社債の新株予約権者(以下「本新株予約権者」という。)は、平成28年8月1日から平成33
           年6月16日までの間(以下「行使請求期間」という。)、いつでも、本新株予約権を行使し、当社に対して
           当社普通株式の交付を請求すること(以下「行使請求」という。)ができる。ただし、以下の期間について
           は、行使請求をすることができないものとする。
                                  22/100


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          (1)  当社普通株式に係る株主確定日(会社法第124条第1項に定める基準日をいう。)及びその前営業日(振

            替機関の休業日等でない日をいう。以下同じ。)
          (2)  振替機関が必要であると認めた日
          (3)  組織再編行為において承継会社等の新株予約権を交付する場合で、本新株予約権の行使請求の停止が必要
            となるときは、当社が行使請求を停止する期間(当該期間は1か月を超えないものとする。)その他必要
            な事項をあらかじめ書面により社債管理者に通知し、かつ、当該期間の開始日の1か月前までに必要な事
            項を公告した場合における当該期間
          (4)  平成33年6月16日以前に本社債が償還される場合には、当該償還日の前銀行営業日以降
          (5)  当社が本社債につき期限の利益を喪失した場合には、期限の利益の喪失日(当日を含める。)以降
         5.本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条に従い
           算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端
           数を切り上げるものとする。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減
           じた額とする。
         6.当社が本新株予約権付社債を買入れ本社債を消却した場合には、当該本社債に係る本新株予約権を行使する
           ことはできない。また、各本新株予約権の一部について本新株予約権を行使することはできないものとす
           る。
         7.当社が、組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の新
           株予約権者に対して、当該新株予約権者の有する本新株予約権に代えて、それぞれの場合につき、承継会社
           等の新株予約権で、本第(1)号乃至第(8)号の内容のもの(以下「承継新株予約権」という。)を交付する。
           この場合、組織再編行為の効力発生日において、本新株予約権は消滅し、本社債に係る債務は承継会社等に
           承継され(承継会社等に承継された本社債に係る債務を以下「承継社債」という。)、本新株予約権者は、
           承継新株予約権の新株予約権者となるものとし、本新株予約権付社債の要項の本新株予約権に関する規定は
           承継新株予約権について準用する。ただし、吸収分割または新設分割を行う場合は、本第(1)号乃至第(8)号
           の内容に沿って、その効力発生日の直前において残存する本新株予約権の新株予約権者に対して当該本新株
           予約権に代えて承継会社等の承継新株予約権を交付し、承継会社等が本社債に係る債務を承継する旨を、吸
           収分割契約または新設分割計画において定めた場合に限るものとする。
          (1)  交付する承継会社等の承継新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の数と同一の数とする。
          (2)  承継新株予約権の目的たる承継会社等の株式の種類
            承継会社等の普通株式とする。
          (3)  承継新株予約権の目的たる承継会社等の株式の数の算定方法
            行使請求に係る承継新株予約権が付された承継社債の金額の合計額を下記第(4)号に定める転換価額で除
            して得られる数とする。この場合に1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨て、現金による調整は行
            わない。
          (4)  承継新株予約権付社債の転換価額
            組織再編行為の効力発生日の直前に本新株予約権を行使した場合に本新株予約権者が得られるのと同等の
            経済的価値を、組織再編行為の効力発生日の直後に承継新株予約権の新株予約権者がこれを行使したとき
            に受領できるように、承継新株予約権付社債(承継新株予約権を承継社債に付したものをいう。以下同
            じ。)の転換価額を定める。なお、組織再編行為の効力発生日以後における承継新株予約権付社債の転換
            価額は、上記(注)3第(1)号乃至第(7)号に準じた調整を行う。
          (5)  承継新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその価額またはその算定方法
            交付される各承継新株予約権の行使に際しては、当該各承継新株予約権に係る各社債を出資するものと
            し、各承継新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、当該各社債の金額と同額とする。
          (6)  承継新株予約権を行使することができる期間
            組織再編行為の効力発生日(当社が上記(注)4第(3)号に定める期間を指定したときは、当該組織再編
            行為の効力発生日または当該期間の末日の翌銀行営業日のうちいずれか遅い日)から、上記(注)4に定
            める本新株予約権の行使請求期間の満了日までとする。
          (7)  承継新株予約権の行使の条件及び承継新株予約権の取得条項
            上記(注)6に準じて決定する。
          (8)  承継新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            上記(注)5に準じて決定する。
                                  23/100



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増減        資本準備金残高

        年月日
               増減数(株)        残高(株)        (百万円)        (百万円)       額(百万円)        (百万円)
      平成27年8月1日

               △63,440,900         15,860,224            -      5,000         -      28,280
        (注)1
      平成28年4月1日~
      平成29年3月31日             169,481      16,029,705           220       5,220         220      28,500
        (注)2
      平成29年4月1日~
      平成30年3月31日            1,388,135       17,417,840          1,806        7,026        1,806       30,306
        (注)2
      (注)1.平成27年8月1日を効力発生日として、5株を1株とする株式併合を実施いたしました。このため、発行済
           株式総数が79,301,124株から63,440,900株減少し、15,860,224株となっております。
         2.転換社債型新株予約権付社債の転換によるものであります。
       (5)【所有者別状況】

                                                    平成30年3月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未満株
         区分                             外国法人等                  式の状況
               政府及び地          金融商品取     その他の法
                                                         (株)
                    金融機関                         個人その他       計
               方公共団体          引業者     人
                                    個人以外      個人
     株主数(人)             -     39     24     163     141      3   2,898     3,268      -
     所有株式数(単元)             -   30,017      2,410     44,198     29,100       15   68,258     173,998      18,040

     所有株式数の割合
                  -    17.25      1.39     25.40     16.72      0.01     39.23     100.00       -
     (%)
      (注)1.自己株式742,425株は、「金融機関」に2,002単元、「個人その他」に5,421単元および「単元未満株式の状
           況」に125株を含めて記載しております。なお、上記の「金融機関」に含まれている2,002単元は、「株式給
           付信託(BBT)」制度に関する資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有しております。
         2.「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、7単元含まれております。
                                  24/100









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成30年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
         氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                    愛知県名古屋市中区大須1-7-26                           1,081          6.41

     音羽殖産株式会社
                    東京都江東区東陽6-3-2                           1,055          6.25
     あらた社員持株会
                    東京都墨田区本所1-3-7                            721         4.27

     ライオン株式会社
     日本トラスティ・サービス信
                    東京都中央区晴海1-8-11                            646         3.83
     託銀行株式会社
     日本マスタートラスト信託銀
                    東京都港区浜松町2-11-3                            627         3.72
     行株式会社
                                                 461         2.73
     畑中 伸介               大阪府大阪市東住吉区
                    BANKPLASSEN      2,  0107
     GOVERNMENT      OF  NORWAY
                    OSLO   1 OSLO   0107   NORWAY                    384         2.27
     (常任代理人 シティバン
     ク、エヌ・エイ東京支店)
                    (東京都新宿区新宿6-27-30)
     合名会社木曽清商店               愛知県名古屋市東区徳川2-6-18                            344         2.04
     株式会社ベッツ・チョイス・
                    岐阜県土岐市妻木町字西山3246-38                            240         1.42
     ジャパン
                    東京都港区三田3-5-27                            225         1.33
     ユニ・チャーム株式会社
                              -                  5,787          34.30

            計
      (注)1.上記の他、自己株式が542千株あります。なお、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理サービス信
           託銀行株式会社(信託E口)が所有する、当社株式200千株は自己株式には含まれておりません。
         2.平成29年9月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、野村證券株式会社
           及びその共同保有者であるNOMURA                INTERNATIONAL       PLC  、野村アセットマネジメント株式会社                  が平成29年9月
           15日現在でそれぞれ以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として平成30年3月31日現
           在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
            なお、その大量保有報告書の変更報告書の内容は次のとおりであります。
                                            保有株券等の数         株券等保有割合
              氏名又は名称                   住所
                                              (千株)         (%)
                        東京都中央区日本橋1-9-1                                 1.46
           野村證券株式会社                                      243
                        1 Angel   Lane,   London    EC4R   3AB,
           NOMURA    INTERNATIONAL
                                                 189        1.13
                        United    Kingdom
           PLC
           野村アセットマネジメン
                        東京都中央区日本橋1-12-1                         164        1.00
           ト株式会社
                                  25/100







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年3月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                             -           -         -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -           -         -

      議決権制限株式(その他)                             -           -         -

                         (自己保有株式)

      完全議決権株式(自己株式等)                                                -
                          普通株式           742,300
                                            2,002
                          普通株式      16,657,500

      完全議決権株式(その他)                                     166,575           -
                          普通株式            18,040

      単元未満株式                                        -         -
      発行済株式総数                         17,417,840               -         -

      総株主の議決権                             -        168,577           -

      (注)1.「完全議決権株式(自己株式等)」欄の普通株式742,300株には、当社所有の自己株式が542,100株、「株式給
           付信託(BBT)」制度に関する資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有する当社株式が
           200,200株(議決権の数2,002個)が含まれております。なお、当該議決権の数2,002個は、議決権不行使と
           なっております。
         2.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が700株含まれております。
           また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式にかかる議決権の数7個が含まれております。
         3.「単元未満株式」の欄には、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有する自己株式が50株含
           まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                   対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)          東京都江東区東陽
                            542,100                 742,300
                                    200,200                     4.26
     株式会社あらた          六丁目3番2号
         計          -         542,100        200,200          742,300           4.26
         (注)他人名義で保有している理由等
           保有理由             名義人の氏名又は名称                   名義人の住所
     「株式給付信託(BBT)」制度の信                                東京都中央区晴海        1 丁目  8 番12号
                      資産管理サービス信託銀行株
                      式会社(信託E口)
     託財産として200,200株拠出                                晴海トリトンスクエア タワーZ棟
                                  26/100







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
       会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                    2,048           9,937,000
      当期間における取得自己株式                                     186          1,203,530
     (注)「当期間における取得自己株式」には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
        買取りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                   当事業年度                当期間
                区分
                                      処分価額の総額               処分価額の総額
                               株式数(株)               株式数(株)
                                        (円)               (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得
                                   -        -       -        -
      自己株式
      その他
      (株式給付信託制度による自己株式の給付)
                                                4,500
                                 6,000      10,140,000                7,605,000
                                                22,287
      (転換社債型新株予約権付社債の転換による減少)                          582,594     1,291,150,158                 49,500,161
      保有自己株式数                          742,425           -    715,824           -
      (注)   1.当事業年度における「保有自己株式数」には、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理サービス信
           託銀行株式会社(信託E口)が所有する当社株式が200,250株が含まれております。
         2.当期間における「保有自己株式数」には、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理サービス信託銀
           行株式会社(信託E口)が所有する当社株式が195,750株が含まれております。
         3.当期間における「保有自己株式数」には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満
           株式の買取りによる株式は含まれておりません。
                                  27/100








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
      (1)基本的な方針
        当社は、企業価値の継続的向上を図るとともに、株主様に対する利益還元を経営の重要課題として位置付けてお
       ります。
        このような観点から、剰余金の配当等の決定につきましては、当社を取り巻く経営環境や下記の方針によって実
       施することとしております。
        配当につきましては、安定した配当を継続的に実施することを基本として、各事業年度の業績、財務状況、今後
       の事業展開等を総合的に勘案して、配当を実施してまいります。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。また、剰余金の配
       当につきましては、取締役会での決議とさせていただいております。
        内部留保につきましては、財務体質の強化、今後成長が見込める地域への設備投資やシステム統一などに活用し
       てまいります。
        今後につきましては、企業環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するため、財務状況、株価の動向等を
       勘案しながら適切に実施してまいります。
        これらの基本方針と平成30年3月期の連結業績を勘案して、株主の皆様により高い利益還元を行うために、1株
       当たりの期末配当金を5円増配の40円とすることといたしました。
      (2)剰余金の配当等の決定機関

        当社は、平成22年6月28日開催の第8期定時株主総会において会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の
       決議をもって剰余金の配当等を行うことができる旨決議いただいております。これは、剰余金の配当等を取締役会
       の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
      (3)当事業年度に係る剰余金の配当

        当事業年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりであります。
                          配当金の総額              1株当たり配当額
           決議年月日
                           (百万円)                (円)
         平成29年11月2日
                                   581               35
           取締役会
         平成30年5月9日
                                   675               40
           取締役会
                                  28/100











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      4【株価の推移】
       (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第12期          第13期          第14期          第15期          第16期
      決算年月       平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月          平成29年3月          平成30年3月

                                      447
      最高(円)             427          344                  3,170          6,320
                                     3,045
                                      317
                                              2,039          2,854
      最低(円)             298          296
                                     1,986
      (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)によるものであります。
         2.平成27年8月1日付で、5株につき1株の割合で株式併合を行っており、第14期の最高・最低株価の上段
            は株式併合前の株価を下段は株式併合後の株価をそれぞれ表しております。
       (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成29年10月          11月        12月      平成30年1月          2月        3月
      最高(円)          5,070        5,980        6,320        6,250        6,110        6,030

      最低(円)          4,520        4,890        5,780        5,570        4,500        4,750

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
                                  29/100














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性13名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

                                                         所有
                                                         株式数
       役名      職名      氏名       生年月日                略歴            任期
                                                         (千株)
                                昭和47年4月       ㈱トーメン入社
                                昭和49年6月       ㈱秀光舎入社
                                昭和49年11月       同社 取締役就任
                                昭和58年4月       同社 常務取締役就任
                                昭和63年11月       同社 取締役副社長就任
                                平成10年12月       同社 代表取締役社長就任
             会長
                                平成14年1月       ㈱伊藤安代表取締役会長就任
     代表取締役     最高経営責任者       畑中 伸介      昭和24年8月1日生         平成16年4月       ㈱シスコ代表取締役社長就任                注3     461
                                平成18年10月       当社 代表取締役副社長執行役員就
            (CEO)
                                       任
                                平成19年4月       当社 代表取締役社長執行役員就任
                                平成20年6月       ㈱ファッションあらた 代表取締役
                                       会長就任
                                平成29年4月       当社 代表取締役会長最高経営責任
                                       者(CEO)就任(現任)
                                昭和53年4月       ダイカ㈱入社

                                平成12年7月       同社 千葉支店長就任
                                平成16年6月       当社 所沢支店長就任
                                平成19年4月       当社 営業本部商品部長就任
                                平成20年4月       当社 執行役員営業本部商品部長就
                                       任
           社長執行役員
                                平成24年4月       当社 執行役員営業本部商品部長兼
     代表取締役     最高執行責任者       須崎 裕明      昭和30年10月25日生                              注3      5
                                       開発戦略部長就任
                                平成26年4月       当社 常務執行役員中部支社長就任
            (COO)
                                平成28年6月       当社 取締役常務執行役員中部支社
                                       長就任
                                平成29年1月       当社 取締役副社長執行役員営業統
                                       括本部長代行就任
                                平成29年4月       当社 代表取締役社長執行役員最高
                                       執行責任者(COO)就任(現任)
                                昭和55年6月       伊藤伊㈱入社
                                平成10年4月       同社 第三営業部長就任
                                平成11年6月       同社 取締役経理部長就任
                                平成13年6月       同社 専務取締役就任
                                平成14年4月       当社 取締役理事就任
                                平成16年6月       当社 専務取締役業務本部長就任
                                平成17年6月       当社 取締役専務執行役員管理本部
                                       長就任
                                平成18年10月       当社 取締役専務執行役員管理本部
          副社長執行役員
                                       長兼内部統制推進室長就任
     代表取締役            鈴木 洋一      昭和28年4月23日生         平成19年4月       当社 代表取締役専務執行役員管理
           管理本部長兼                                           注3      61
                                       本部長兼内部統制推進室長就任
          システム本部長
                                平成20年4月       当社 代表取締役専務執行役員管理
                                       本部長就任
                                平成21年4月       当社 代表取締役副社長執行役員管
                                       理本部長就任
                                平成24年10月       当社 代表取締役副社長執行役員管
                                       理本部長兼経営企画室長就任
                                平成27年4月       当社 代表取締役副社長執行役員管
                                       理本部長兼システム本部長就任(現
                                       任)
                                  30/100




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有

       役名      職名      氏名       生年月日                略歴            任期   株式数
                                                         (千株)
                                昭和55年3月       ㈱ユーホー(㈱サンビック)入社
                                平成2年5月       ㈱サンビック オペレーション本部
                                       部長代理就任
                                平成15年6月       同社 取締役就任
                                平成20年4月       当社 執行役員福岡支店長就任
                                平成20年6月       当社 執行役員九州支社営業統括マ
           常務執行役員
                                       ネージャー兼福岡支店長就任
                                平成21年4月       当社 執行役員九州支社営業統括マ
          ロジスティクス
      取締役           小野 雄三      昭和30年3月14日生
                                                      注3      27
                                       ネージャー就任
            本部長兼
                                平成23年4月       当社 執行役員九州支社長就任
           経営企画室長
                                平成26年4月       当社 常務執行役員ロジスティクス
                                       室長兼業務改革推進室長就任
                                平成27年4月       当社 常務執行役員ロジスティクス
                                       本部長兼経営企画室長就任
                                平成27年6月       当社 取締役常務執行役員ロジステ
                                       ィクス本部長兼経営企画室長就任
                                       (現任)
                                平成元年4月       プロクター&ギャンブル・ファー・

                                       イースト・インク入社
                                平成5年3月       ダイカ㈱入社
                                平成22年4月       当社 広域量販部統括マネージャー
                                       就任
                                平成24年4月       当社 関東副支社長営業統括就任
                                平成26年4月       当社 執行役員首都圏統括部長兼関
           常務執行役員
      取締役           振吉 高広      昭和40年7月17日生                              注3      21
                                       東支社長就任
          事業開発本部長
                                平成27年4月       当社 常務執行役員営業本部長就任
                                平成27年6月       当社 取締役常務執行役員営業本部
                                       長就任
                                平成28年3月       ㈱リビングあらた 代表取締役社長
                                       就任
                                平成29年4月       当社 取締役常務執行役員事業開発
                                       本部長就任(現任)
                                昭和54年4月       ダイカ㈱入社
                                平成16年4月       当社 営業本部広域量販部東日本担
                                       当マネージャー就任
                                平成18年10月       当社 営業本部広域量販部長就任
                                平成22年4月       当社 執行役員営業本部広域量販部
           常務執行役員
      取締役            表 利行     昭和31年10月20日生                              注3      3
                                       長就任
           営業本部長
                                平成27年4月       当社 常務執行役員営業本部第一広
                                       域量販部長就任
                                平成30年4月       当社 常務執行役員営業本部長就任
                                平成30年6月       当社 取締役常務執行役員営業本部
                                       長就任(現任)
                                昭和49年9月       ジャペル㈱入社
                                昭和63年5月       同社 本社営業部長就任
                                平成2年6月       同社 取締役就任
                                平成14年6月       同社 常務取締役就任
                                平成17年12月       同社 取締役副社長就任
                                平成19年6月       同社 代表取締役社長就任
      取締役           片岡 春樹      昭和24年8月12日生                              注3      39
                                平成20年5月       ジャペルパートナーシップサービス
                                       ㈱  代表取締役社長就任
                                平成20年6月
                                       当社 取締役就任(現任)
                                平成28年6月       ジャペル㈱ 代表取締役会長就任
                                       (現任)
                                平成29年4月       ジャペルパートナーシップサービス
                                       ㈱ 代表取締役会長就任(現任)
                                  31/100



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
       役名      職名      氏名       生年月日                略歴            任期   株式数
                                                         (千株)
                                昭和49年4月       伊藤忠商事㈱入社
                                平成15年6月       同社 執行役員就任
                                平成18年4月       同社 常務執行役員就任
                                平成21年4月       同社 食料カンパニープレジデント
                                       就任
                                平成21年6月       同社 常務取締役就任
     社外取締役            青木 芳久      昭和27年1月17日生                             注1.3      -
                                平成22年4月       代表取締役専務執行役員 食料カン
                                       パニープレジデント就任
                                平成27年3月       同社 顧問就任
                                平成29年3月       同社 理事就任(現任)
                                平成29年6月
                                       当社 取締役就任(現任)
                                昭和53年4月

                                       ㈱日本興業銀行(現㈱みずほ銀行)
                                       入行
                                       みずほ証券㈱ 経営企画グループ人
                                平成14年4月
                                       事部長兼人事部研修室長就任
                                       ㈱みずほコーポレート銀行 本店営
                                平成16年4月
                                       業第一部長就任
                                       同社 福岡営業部長就任
                                平成18年4月
                                       同社 執行役員福岡営業部長就任
                                平成19年4月
                                       興和不動産㈱(現新日鉄興和動産㈱
                                平成20年4月
     社外取締役            石井 秀雄      昭和29年10月6日生                             注1.3      -
                                       常務執行役員就任
                                       同社 常務取締役就任
                                平成20年7月
                                       同社 専務取締役就任
                                平成22年4月
                                       新日鉄興和不動産㈱ 専務取締役
                                平成24年10月
                                       就任
                                       日本インベスター・ソリューショ
                                平成25年6月
                                      ン・アンド・テクノロジー㈱ 取締
                                      役社長就任(現任)
                                       当社 取締役就任(現任)
                                平成30年6月
                                昭和55年4月

                                       ライオン㈱入社
                                昭和57年4月
                                       ㈱伊藤安入社
                                昭和60年6月
                                       同社 取締役就任
                                昭和62年6月
                                       同社 取締役副社長就任
                                平成元年4月
                                       伊藤安ヒルコ㈱専務取締役就任
                                平成5年7月
                                       同社 取締役副社長就任
                                平成7年4月
                                       伊藤安大山㈱取締役副社長営業本部
                                       長就任
                                平成10年4月
                                       同社 代表取締役社長就任
                                平成14年1月
                                       ㈱伊藤安代表取締役社長就任
                                平成14年5月
                                       ㈱秀光舎取締役就任
                                平成16年4月
                                       ㈱シスコ取締役副社長企画開発本部
                                       長兼営業副本部長就任
                                平成18年10月
                                       当社 専務執行役員関西支社営業統
                                       括兼関西支店長就任
                                平成20年4月
                                       当社 専務執行役員九州支社長就任
     常勤監査役            伊藤 幹久      昭和30年5月5日生                              注6      37
                                平成20年6月
                                       当社 取締役常務執行役員九州支社
                                       長就任
                                平成23年4月
                                       当社 取締役常務執行役員営業副本
                                       部長就任
                                平成23年10月
                                       当社 取締役常務執行役員営業副本
                                       部長兼海外事業部長就任
                                平成24年4月
                                       当社 取締役常務執行役員海外事業
                                       部長就任
                                平成28年4月
                                       当社 取締役常務執行役員特販事業
                                       部長兼海外事業部長就任
                                平成29年4月
                                       当社 取締役常務執行役員就任
                                       ㈱ファッションあらた 代表取締役
                                       会長就任
                                       ㈱リビングあらた 代表取締役社長
                                       就任
                                平成30年6月
                                       当社 監査役就任(現任)
                                  32/100


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
       役名      職名      氏名       生年月日                略歴            任期   株式数
                                                         (千株)
                                昭和54年4月 ダイカ㈱入社
                                平成14年4月 同社 釧路支店長就任
                                平成15年4月 同社 福島支店長就任
                                平成20年4月 当社 新潟支店長就任
                                平成24年4月 当社 北関東甲信越支社副支社長営
     常勤監査役            齊藤 武敏      昭和31年8月16日生
                                                      注5      6
                                      業統括兼甲信越支店長就任
                                平成26年4月 当社 北関東甲信越支社長就任
                                平成27年4月 当社 執行役員北関東甲信越支社長
                                      就任
                                平成29年4月      当社 執行役員就任
                                平成29年6月 当社 監査役就任(現任)
                                平成2年4月 ㈱東海銀行(現 ㈱三菱東京UFJ銀
                                      行)入行
                                平成5年11月 中央監査法人入所
                                平成15年9月 中野正信公認会計士事務所入所
                                      (現任)
     社外監査役            平  光   聡   昭和42年5月14日生                             注2.4      -
                                平成17年4月 税理士法人TAS 業務執行社員就
                                      任
                                平成24年6月 当社 監査役就任(現任)
                                平成26年11月 税理士法人TAS 代表社員就任
                                      (現任)
                                昭和62年4月 弁護士登録(第二東京弁護士会)
                                平成15年4月 第二東京弁護士会調査室長
                                平成17年4月 第二東京弁護士会事務局長
                                平成20年4月 銀座ポラリス法律事務所入所(現 
                                      髙橋・土井・藤本法律事務所) 
                                      (現任)
     社外監査役            土  井   隆   昭和30年8月28日生                             注2.4      -
                                平成22年4月 第二東京弁護士会副会長
                                平成22年4月 日本弁護士連合会常務理事
                                平成23年6月 アコム株式会社社外監査役
                                平成24年6月 当社 監査役就任(現任)
                                平成29年6月 アコム株式会社社外取締役(監査等
                                      委員)就任(現任)
                                           計               663
      (注)1.取締役青木芳久および石井秀雄は、社外取締役であります。
         2.監査役平光 聡および土井 隆は、社外監査役であります。
         3.取締役の任期は、平成30年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から1年。
         4.監査役の任期は、平成28年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年。
         5.監査役の任期は、平成29年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から4年。
         6.監査役の任期は、平成30年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年。
                                  33/100








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社グループは、卸商社として流通経済の一翼を担い、産業社会・地域社会に貢献する事を念願に、全国各地
         の有力なる卸企業各社が長年の歴史と伝統を一つに集結した会社であります。
          したがって、われわれはこの設立の精神を基に旺盛なるフロンティア精神で事にあたり、常に和親協調・相互
         信頼・謙虚なるをもって身上とし、「世の中のお役に立ち続ける」ための努力を続けてゆかなければならないと
         いう経営理念のもと、「美と健康、清潔で快適な生活を創造する」を経営ビジョンとして代替できない優れた卸
         機能を有した企業になることで社会に貢献し続け、積極的な事業を展開してまいります。
          当社グループが考える企業価値の向上とは、継続的な事業活動を通じて業績の向上を図ることでありますが、
         そのうえでステークホルダーに対するさまざまな責任の遂行を行うことが求められることと考えております。
          特に企業としては投資家、社員、取引先などに会社の活動を適時に開示し、その経営の透明性を高めることが
         重要であります。
          また、企業活動を行う上で、業績の向上と同様にコンプライアンス、環境対策、人権の尊重などの社会的責任
         (CSR)を果たすことも重要なことと認識しており、これら利害関係者による当社グループの経営監視機能
         は、取締役会および監査役会と考えております。
          この考え方を踏まえ、取締役および監査役の役割は企業の健全で持続的な成長を確保し、社会的信頼に応える
         良質な企業統治体制を確立することであると考えております。
          このような考えに立脚して、次の施策に取り組んでおります。
         イ.「顧客」には、常に満足される先進な卸機能を提供します。
         ロ.「社員」には、貢献した人が正しく評価される働き甲斐のある職場環境を提供します。
         ハ.「株主」には、適正利益の確保・財務体質の強化・企業価値の向上を通じて、株主への利益還元の増大を目
           指します。
         ニ.「社会」には、商品の安定供給・コンプライアンス重視・適正な納税・環境問題への配慮を通じて積極的に
           社会貢献します。
                                  34/100












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ② 企業統治の体制
         当社の提出日現在におけるコーポレート・ガバナンス体制の模式図は以下のとおりであります。
         イ.企業統治の概要および当該体制を採用する理由










           当社は監査役制度を採用しております。また、当社は経営に対する意思決定のスピードアップと企業活動の
          透明性を高めるために上記の企業統治体制を採用しております。
         ロ.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

           当社は、2018年4月1日よりCSR本部を新設し、グループ全体のリスク管理に関する基本方針を定めるとと
          もに、グループ各社に周知徹底を図ってまいります。重要な子会社におきましては、リスク管理を整備してま
          いります。
           また、代表取締役を委員長とし、各取締役、監査役、(関係会社の代表)その他必要な人員で構成するリス
          ク管理委員会をCSR委員会の中に設置、子会社の経営に重大な影響を及ぼす事態を認知した場合には、リス
          ク管理委員会は直ちに事実関係の調査を行い、取締役会および監査役会に報告を行い、適時・適切に対処する
          体制を整備してまいります。
         ハ.会社の機関の内容および内部統制システムの整備の状況

           当社の機関につきましては、              経営方針および重要事項の決定ならびに執行役員の業務機関として取締役会
          を、業務遂行の統制組織として支社長、執行役員、本社各部署責任者による経営会議を開催して、各支社から
          の業務遂行の内容と業績の報告を行っております。
           また、当社は監査役会設置会社を採用するとともに、社外取締役を2名選任しております。
           これにより、取締役会に対して社外取締役が取締役の職務遂行に対する監督・助言・提言を行い、監査役が
          取締役の指示内容の適正、業務遂行の適正性を監査する体制をとっており、現状の形が最良であると考えてお
          ります。
           このような考え方から、現状のガバナンス体制を継続し、監査等委員会設置会社への移行は予定しておりま
          せん。
                                  35/100



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
           監査機関といたしましては、社長直轄である内部監査室を設置し全国の拠点および関係会社を監査して社
          長、取締役会および監査役会に提出しております。監査役会につきましては、常勤監査役が定期的に業務監査
          を行い、その報告を監査役会に提出しております。
           また、当社は法律事務所と顧問契約を締結し、経営全般にわたって適宜助言等を受けており、コンプライア
          ンス体制の強化を図っております。
           当社の企業活動の基本は透明性の高い経営、高い企業倫理に基づく経営を目指すことであります。そのため
          に企業行動指針を策定して企業業績の向上とともに法令順守、社会的責任の遂行に取り組んでおります。ま
          た、内部監査室で内部統制システムの構築を図り更なる企業価値の向上に取り組んでおります。
        ③ 内部監査および監査役監査の状況
           内部監査については、社長直轄である内部監査室が行っております。内部監査室では、支社、関係会社等を
          中心に9名体制で監査を行っており、内部統制基本方針にしたがい、重要性の判断基準に基づき決定しており
          ます。具体的には売上高の重要性を考慮して監査対象拠点を選定し、企業の事業目的に大きく関わる勘定科目
          とそれに至るプロセスを監査対象としております。また、内部監査に加えて、安全衛生管理および人事管理に
          ついても監査対象としております。
           監査内容は、内部監査規程および内部監査実施規程に定められている内容(会計監査、業務監査)ならびに
          IT監査および決算・財務報告プロセス監査を行っており、監査結果および改善提案等を随時社長、取締役会
          および監査役会へ報告を行い、会計監査人との打ち合わせも随時行うことによって内部統制が機能するよう
          図っております。
           また、子会社においては、当社の内部監査室および各機能本部(機能本部とは、営業本部・商品本部・管理
          本部・システム本部・ロジスティクス本部・                     事業開発本部      をいいます。)が定期的に訪問することにより必要
          な是正を行うとともに、子会社においても内部統制の体制整備に努めております。
           監査役監査については、常勤監査役を中心に本社、支社等を定期的に巡回し、取締役の指示内容の適正、業
          務遂行の適正性を監査しており、監査結果については監査役会に報告しております。また、内部監査室、会計
          監査人と随時会議を行い、相互の監査内容の報告を交わしております。
           監査役全員は取締役会に出席し、経営状態および業務の遂行について監査しております。
           なお、監査役伊藤幹久氏は、取締役常務執行役員九州支社長、営業副本部長、海外事業部長として営業およ
          び管理全般を統括していた経験があり、さらに子会社の管掌を担い、当社グループ全体を把握していたことか
          ら業務全般に関する相当程度の知見を有しております。
           監査役齊藤武敏氏は、執行役員北関東甲信越支社長として営業および管理全般を統括していた経験があり、
          業務全般に関する相当程度の知見を有しております。
           監査役平光 聡氏は、公認会計士の資格を有しております。
           監査役土井 隆氏は、弁護士の資格を有しております。
        ④ 会計監査の状況
           当社の会計監査業務を遂行した公認会計士は平野洋氏、戸津禎介氏および中川満美氏であり、有限責任監査
          法人トーマツに所属しております。
           また、当社の会計監査業務にかかる補助者は、公認会計士5名、会計士試験合格者等2名、その他5名であ
          ります。
        ⑤ 社外取締役および社外監査役との関係
         イ.社外取締役および社外監査役の員数ならびに各社外取締役および社外監査役と当社との人的関係、資本的関
           係または取引関係その他の利害関係
           当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。
           社外取締役である、          青木芳久氏は、伊藤忠商事㈱において、代表取締役専務執行役員として企業経営全般を
          統括された経験を有しており、当社の経営に対しても客観的な視点で適切な業務執行に関する判断・指摘を期
          待できる人材であります。
           石井秀雄氏は、銀行や不動産、企業年金関連業務など様々な業界で活躍され、また日本インベスター・ソ
          リューション・アンド・テクノロジー㈱においては取締役社長として企業経営全般を統括された経験を有して
          おり、当社の経営に対しても客観的な視点で適切な業務執行に関する判断・指摘を期待できる人材でありま
          す。
           監査役平光 聡氏は、公認会計士の資格を有しており、公認会計士としての専門的な見地からのアドバイ
          スを期待しております。
           監査役土井 隆氏は、弁護士の資格を有しており                        、弁護士としての専門的な見地からのアドバイスを期待し
          ております。
           社外取締役である、青木芳久氏および                   石井秀雄氏     と当社との間に、人的関係および資本的関係または、取引
          関係その他利害関係はありません。
           社外監査役は、常勤監査役と情報を共有し、取締役会に出席し経営内容の報告を受け、監査役会での十分な
          議論を踏まえて監査を行っております。
           社外監査役である平光 聡氏および土井 隆氏と当社の間に、人的関係および資本的関係または、取引関係
          その他利害関係はありません。
                                  36/100


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         ロ.社外取締役及び社外監査役の機能、役割及び選任状況に関する考え方
           当社は、企業統治を機能させるために、経営監視機能の強化と取締役の職務遂行に対する取締役会の監督・
          助言・提言によりコーポレートガバナンスの強化を図ることを目的として、一般株主と利益相反が生じるおそ
          れのない、社外取締役および社外監査役を選任しております。
           当社が定める社外取締役・社外監査役候補者の適正を以下のとおり、定めております。
           a.人格、見識に優れた人材であること
           b.会社経営、法曹、行政、会計、教育等の分野で指導的役割を務めた者または政策決定レベルの経験を有
             する者であること
           c.社会、経済動向などに関する高い見識に基づく客観的かつ専門的な視点を有する者であること
        ⑥ リスク管理体制の整備の状況
          当社は各支社の独自性を重視しており、当社の経営目標に基づき支社ごとに独自の経営方針を持っておりま
         す。したがって支社ごとに発生するリスクに、どのように対処するかどうかが重点課題となってまいります。当
         社の業務遂行の統制組織として毎月開催しております経営会議では、各支社からの業務遂行内容の報告と業績の
         報告を行い、経営目標の達成状況を確認・検討のほかコンプライアンスの状況をチェックして不正、リスクの防
         止を行っております。また、経営会議の議事については取締役会、内部監査室に報告しており、重要な事項につ
         いては取締役会の審議を経て決定しております。
        ⑦ 役員報酬等
         イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の額
                                                      対象となる
                                   (百万円)
               報酬等の総額
        役員区分                                              役員の員数
                (百万円)
                             ストック                 役員株式給付
                                                       (人)
                       基本報酬            役員賞与     退職慰労金
                            オプション                  信託引当金
     取締役
                    232      187        -     8      -      37        7
     (社外取締役を除く)
     監査役
                     15      15                                 3
                                 -     -      -       -
     (社外監査役を除く)
                     24      24                                 5
     社外役員                            -     -      -       -
         ロ.役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容および決定方法

           役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容および決定方法について、取締役の報酬に
           ついては、経営環境、利益および貢献度を勘案して取締役会で判断するものと考えております。また、監査
           役の報酬については、監査役会が独立的な立場で判断するものと考えております。
           これに加え当社は、社外取締役および監査役を除き、株式報酬制度として「株式給付信託(BBT)」を導入
           しております。       本制度は、役員報酬制度の見直しを行い、役員退職慰労金制度を廃止し、取締役および執行
           役員等の報酬と当社の株式価値との連動性をより明確にし、取締役および執行役員等が株価上昇によるメ
           リットのみならず、株価下落リスクまでも株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値
           の増大に貢献する意識を高めることを目的としております。
        ⑧ 取締役の定数
          当社の取締役は、15名以内とする旨を定款で定めております。
        ⑨ 責任限定契約の内容の概要
          当社は、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)および監査役と会社法第427条第1項の規定に基づ
         き、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款に定めております。ま
         た、当社は、社外取締役および監査役と責任限定契約を締結しております。
          当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、社外取締役および監査役ともに法令が定める額としております。
         なお、当該責任限定契約が認められるのは、当該社外取締役および監査役が責任の原因となった職務の遂行につ
         いて善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
        ⑩ 取締役の選任の決議要件
          当社は取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
         が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨および累積投票によらない旨を定款で定めております。
        ⑪ 自己株式の取得
          当社は会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得する
         ことができる旨を定款に定めております。
          これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場等により自己の株式を取
         得することを目的とするものであります。
                                  37/100


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ⑫ 株主総会の特別議決権要件
          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別議決要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めてお
         ります。これは株主総会における特別議決の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的としております。
        ⑬ 取締役、監査役および会計監査人の責任免除
          当社と取締役、監査役および会計監査人の責任免除について、会社法第426条第1項の規定により、任務を
         怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)、監査役(監査役であった者を含む。)および会計監査
         人(会計監査人であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除す
         ることができる旨定款に定めております。これは、取締役、監査役および会計監査人がその期待される役割を十
         分に発揮できることを目的とするものであります。
        ⑭ 剰余金の配当等の決定機関
          当社は剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に定めがある場合を除き、株主
         総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会
         の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
                                  38/100
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ⑮ 株式の保有状況
         イ.投資有価証券のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数および貸借対照表計上額の合計額
           108銘柄  11,197百万円
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額および保有
           目的
           前事業年度
            特定投資株式
                            株式数      貸借対照表計上額
               銘柄                                    保有目的
                            (株)        (百万円)
                             1,500,000           3,003
                                             営業上の取引関係の維持・強化のため
     ライオン㈱
                              48,000           494
                                                   同上
     ㈱ツルハホールディングス
                             147,384           479          同上
     ㈱ライフコーポレーション
                             162,000           432          同上
     ユニ・チャーム㈱
                                                   同上
                             261,273           349
     アークランドサカモト㈱
                                                   同上
                             374,000           322
     フマキラー㈱
                                                   同上
                              66,684           282
     アクシアルリテイリング㈱
                              37,030           245
     ユニー・ファミリーマートホールディングス㈱
                                                   同上
                             160,000           227
     大王製紙㈱
                                                   同上
                             195,253           225
     ㈱リテールパートナーズ
                                                   同上
                              70,981           187
     ㈱クリエイトSDホールディングス
                                                   同上
                              24,000           180
     ㈱アインホールディングス
                                                   同上
                             241,788           172
     ㈱ヤマナカ
                                                   同上
                             105,580           171
     イオン㈱
                                                   同上
                              35,300           170
     ㈱ココカラファイン
                                                   同上
                              29,700           145
     ㈱クレハ
                                                   同上
                              45,605           142
     ウエルシアホールディングス㈱
                                                   同上
                              27,611           137
     ㈱イズミ
                                                   同上
     ㈱天満屋ストア                        124,886           130
                                                   同上
     小林製薬㈱                         23,002           123
                                                   同上
     ㈱アークス
                              43,000           114
                                                   同上
     DCMホールディングス㈱
                             109,000           111
                                                   同上
     ㈱バローホールディングス
                              40,600           106
                                                   同上
     ㈱MrMax                        248,576            99
                                                   同上
     ㈱フジ
                              37,493           91
                                                   同上
     スギホールディングス㈱
                              16,700           85
                                                   同上
     ㈱プラネット
                              40,000           80
                                                   同上
     ㈱ダイユー・リックホールディングス
                             108,800            79
                                                   同上
     ㈱しまむら
                              4,994           73
                                                   同上
     ㈱セブン&アイ・ホールディングス
                              15,967           69
                                                   同上
     コーナン商事㈱
                              32,943           69         同上
     ㈱オークワ
                              57,602           65         同上
     ㈱サンドラッグ
                                                   同上
                              15,036           56
     ㈱マキヤ
                                                   同上
                              84,433           54
     ㈱ドミー
                                                   同上
                             108,018            54
           みなし保有株式

                                  貸借対照表計上額
              銘柄            株式数(株)                       保有目的
                                    (百万円) 
     花王㈱                        110,000            671   議決権行使の指図権限
                                            同上
     豊田合成㈱                        20,000            56
     (注)1.貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。
        2.みなし保有株式は退職給付信託に設定しているものであり、「貸借対照表計上額」欄には当事業年度末日に
           おける時価に議決権行使の指図権限の対象となる株式数を乗じて得た額を、また「保有目的」欄には当該株
           式について当社が有する権限の内容を記載しております。
                                  39/100


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
           当事業年度
            特定投資株式
                            株式数      貸借対照表計上額
               銘柄                                    保有目的
                            (株)        (百万円)
                             1,500,000           3,214     営業上の取引関係の維持・強化のため
     ライオン㈱
                                                   同上
                              48,000           728
     ㈱ツルハホールディングス
                             162,000           490          同上
     ユニ・チャーム㈱
                                                   同上
                             266,893           472
     アークランドサカモト㈱
                                                   同上
                             149,918           439
     ㈱ライフコーポレーション
                                                   同上
                             187,000           369
     フマキラー㈱
                                                   同上
                              37,567           336
     ユニー・ファミリーマートホールディングス㈱
                             198,284           286
     ㈱リテールパートナーズ
                                                   同上
                              68,079           275
     アクシアルリテイリング㈱
                                                   同上
                              35,300           256
     ㈱ココカラファイン
                                                   同上
                             244,795           242
     ㈱ヤマナカ
                                                   同上
                             160,000           240
     大王製紙㈱
                                                   同上
                              47,047           224
     ウエルシアホールディングス㈱
                                                   同上
                             110,619           210
     イオン㈱
                                                   同上
                              29,700           205
     ㈱クレハ
                                                   同上
                              27,789           201
     ㈱イズミ
                                                   同上
     ㈱クリエイトSDホールディングス                         71,311           197
                                                   同上
     ㈱アインホールディングス                         24,000           190
                                                   同上
     小林製薬㈱                         23,230           178
                                                   同上
     ㈱ミスターマックス・ホールディングス                        257,486           176
                                                   同上
     ㈱天満屋ストア
                             125,151           153
                                                   同上
     ㈱サンドラッグ
                              31,152           153
                                                   同上
     ダイユー・リックホールディングス
                             108,800           123
                                                   同上
     DCMホールディングス㈱
                             109,000           117
                                                   同上
     ㈱バローホールディングス
                              40,600           116
                                                   同上
     ㈱アークス
                              43,000           110
                                                   同上
     スギホールディングス㈱
                              16,700           98
                                                   同上
     ㈱フジ
                              38,267           86
                                                   同上
     コーナン商事㈱
                              33,312           84         同上
     ㈱プラネット
                              40,000           83         同上
     ㈱セブン&アイ・ホールディングス
                              16,728           76         同上
           みなし保有株式

                                  貸借対照表計上額
              銘柄            株式数(株)                       保有目的
                                    (百万円) 
     花王㈱                        110,000            877   議決権行使の指図権限
     豊田合成㈱                        20,000            49  同上
     (注)1.貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。
        2.みなし保有株式は退職給付信託に設定しているものであり、「貸借対照表計上額」欄には当事業年度末日に
           おける時価に議決権行使の指図権限の対象となる株式数を乗じて得た額を、また「保有目的」欄には当該株
           式について当社が有する権限の内容を記載しております。
                                  40/100






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度および当事業年度における貸借対照表計上額の合計額な
           らびに当事業年度における受取配当金、売却損益および評価損益の合計額
                前事業年度
                                     当事業年度(百万円)
                (百万円)
        区分
                貸借対照表         貸借対照表         受取配当金          売却損益         評価損益
               計上額の合計額          計上額の合計額           の合計額         の合計額         の合計額
                      100         100          3         -     (注)
     非上場株式
                      -         -         -         -         -
     上記以外の株式
       (注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「時価損
          益の合計額」は記載しておりません。
                                  41/100

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                      当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく          監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく
                報酬(百万円)            報酬(百万円)          報酬(百万円)            報酬(百万円)
      提出会社                   71           ▶           73           ▶

      連結子会社                   13           -           14           -

          計               84           ▶           87           ▶

        ②  【その他重要な報酬の内容】

          (前連結会計年度)
           該当事項はありません。
          (当連結会計年度)
           該当事項はありません。
        ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

           (前連結会計年度)
            当社は、監査公認会計士等に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務(非監査業務)である
           システム保守業務の業務改善およびITに関する内部統制合理化の観点による助言・指導業務を委託し、さ
           らにコンフォートレター作成業務について対価を支払っております。
           (当連結会計年度)
            当社は、監査公認会計士等に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務(非監査業務)である
           サイバーセキュリティ対策への助言指導業務等を委託し、対価を支払っております。
        ④  【監査報酬の決定方針】

           当社の会計監査人に対する監査報酬の決定方針については、会計監査人の往査場所、往査内容、監査見積
          り日数等を基に算出された見積り監査報酬について、その金額の妥当性を吟味し、監査役会の同意を得たう
          えで、決定しております。
                                  42/100










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、

        財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、有限
       責任監査法人トーマツによる監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みを行っております。具体的には、会計基準等の
       内容を適切に把握し、その変更等についても把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入
       し、適時情報を得ることで適正な財務諸表の作成を行っております。
                                  43/100














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         13,693              17,826
         現金及び預金
                                                      ※5 97,321
                                         82,212
         受取手形及び売掛金
                                         29,556              29,997
         商品
                                        ※4 23,939             ※4 22,827
         未収入金
                                           885              893
         繰延税金資産
                                         3,308              3,286
         その他
                                         △ 140              △ 3
         貸倒引当金
                                        153,455              172,149
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※2 48,366             ※2 50,157
          建物及び構築物
                                        △ 26,537             △ 27,173
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             21,829              22,983
                                           196              184
          車両運搬具
                                         △ 183             △ 173
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                               13              10
                                         14,217              14,639
          工具、器具及び備品
                                        △ 10,212             △ 10,975
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              4,004              3,663
                                        ※2 21,004             ※2 20,461
          土地
                                         7,799              8,678
          リース資産
                                        △ 4,416             △ 5,171
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              3,383              3,506
                                           13              414
          建設仮勘定
                                         50,248              51,041
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                            7              -
          のれん
                                         3,084              2,815
          ソフトウエア
                                           82              128
          リース資産
                                           401              550
          その他
                                         3,576              3,495
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※1 , ※2 11,713           ※1 , ※2 13,539
          投資有価証券
                                            8              45
          破産更生債権等
                                           218              200
          差入保証金
                                           327              270
          繰延税金資産
                                           608              908
          退職給付に係る資産
                                         2,846              2,787
          その他
                                          △ 28             △ 57
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                               15,694              17,694
                                         69,518              72,231
         固定資産合計
                                        222,974              244,381
       資産合計
                                  44/100




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※2 76,579           ※2 , ※5 89,112
         支払手形及び買掛金
                                        ※2 27,270             ※2 31,869
         短期借入金
                                         10,884              12,783
         未払金
                                         1,751              1,996
         未払費用
                                           877              784
         リース債務
                                         1,662              2,358
         未払法人税等
                                         1,573              1,651
         賞与引当金
                                         3,402              5,275
         その他
                                        124,003              145,831
         流動負債合計
       固定負債
                                         7,552               424
         社債
                                        ※2 17,747             ※2 11,347
         長期借入金
                                         2,631              2,877
         リース債務
                                         7,276              7,535
         退職給付に係る負債
                                           962             1,286
         資産除去債務
                                         1,052              1,626
         繰延税金負債
                                         2,136              1,979
         その他
                                         39,357              27,077
         固定負債合計
                                        163,361              172,909
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         5,220              7,026
         資本金
                                         23,322              25,353
         資本剰余金
                                         29,765              35,024
         利益剰余金
                                        △ 2,833             △ 1,542
         自己株式
                                         55,474              65,861
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         4,558              5,793
         その他有価証券評価差額金
                                           29              46
         為替換算調整勘定
                                         △ 459             △ 240
         退職給付に係る調整累計額
                                         4,129              5,599
         その他の包括利益累計額合計
                                            8              10
       非支配株主持分
                                         59,613              71,472
       純資産合計
                                        222,974              244,381
      負債純資産合計
                                  45/100








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                        704,610              732,914
      売上高
                                       ※1 631,542             ※1 656,439
      売上原価
                                         73,068              76,475
      売上総利益
                                        ※2 65,683             ※2 67,618
      販売費及び一般管理費
                                         7,384              8,857
      営業利益
      営業外収益
                                            7              7
       受取利息
                                           148              161
       受取配当金
                                           26              14
       持分法による投資利益
                                           341              298
       業務受託手数料
                                           150              186
       古紙売却収入
                                           113              138
       貸倒引当金戻入額
                                           371              387
       その他
                                         1,158              1,195
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           436              325
       支払利息
                                           75              82
       売上割引
                                           122              150
       売上債権売却損
                                           66              54
       その他
                                           701              612
       営業外費用合計
                                         7,842              9,439
      経常利益
      特別利益
                                          ※3 50            ※3 361
       固定資産売却益
                                            0              24
       投資有価証券売却益
                                           -              26
       負ののれん発生益
                                           51              411
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※4 305              ※4 ▶
       固定資産売却損
                                          ※5 27             ※5 16
       固定資産除却損
                                          ※7 7            ※7 103
       減損損失
                                           -              43
       投資有価証券評価損
                                          ※6 75
                                                         -
       災害による損失
                                           416              168
       特別損失合計
                                         7,477              9,683
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,592              3,299
                                           32              19
      法人税等調整額
                                         2,624              3,319
      法人税等合計
                                         4,853              6,363
      当期純利益
      非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に
                                           △ 9              2
      帰属する当期純損失(△)
                                         4,863              6,361
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  46/100





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                         4,853              6,363
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         1,240              1,234
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 14              20
       為替換算調整勘定
                                           162              218
       退職給付に係る調整額
                                      ※1 , ※2 1,387           ※1 , ※2 1,473
       その他の包括利益合計
                                         6,241              7,837
      包括利益
      (内訳)
                                         6,251              7,831
       親会社株主に係る包括利益
                                          △ 10               5
       非支配株主に係る包括利益
                                  47/100
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       5,000        23,101         25,813         △ 732       53,181
     当期変動額
      新株の発行                  220         220                          441
      剰余金の配当
                                        △ 911                △ 911
      親会社株主に帰属する当期
                                        4,863                 4,863
      純利益
      自己株式の取得                                          △ 2,123        △ 2,123
      自己株式の処分                           1                 22         23
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   220         221        3,952        △ 2,101         2,293
     当期末残高                  5,220        23,322         29,765        △ 2,833        55,474
                           その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                  その他有価証券       為替換算調整勘       退職給付に係る       その他の包括利
                  評価差額金       定       調整累計額       益累計額合計
     当期首残高                 3,318        43      △ 620      2,741        18     55,941
     当期変動額
      新株の発行                                                    441
      剰余金の配当                                                   △ 911
      親会社株主に帰属する当期
                                                          4,863
      純利益
      自己株式の取得
                                                         △ 2,123
      自己株式の処分                                                     23
      株主資本以外の項目の当期
                      1,240        △ 14       161      1,387        △ 10      1,377
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 1,240        △ 14       161      1,387        △ 10      3,671
     当期末残高                 4,558        29      △ 459      4,129         8     59,613
                                  48/100








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  5,220        23,322         29,765        △ 2,833        55,474
     当期変動額
      新株の発行                 1,806         1,806                          3,612
      剰余金の配当                                 △ 1,102                △ 1,102
      親会社株主に帰属する当期
                                        6,361                 6,361
      純利益
      自己株式の取得                                            △ 9        △ 9
      自己株式の処分                           224                1,301         1,526
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       1,806         2,030         5,258         1,291        10,386
     当期末残高                  7,026        25,353         35,024        △ 1,542        65,861
                           その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                  その他有価証券       為替換算調整勘       退職給付に係る       その他の包括利
                  評価差額金       定       調整累計額       益累計額合計
     当期首残高                 4,558        29      △ 459      4,129         8     59,613
     当期変動額
      新株の発行                                                   3,612
      剰余金の配当
                                                         △ 1,102
      親会社株主に帰属する当期
                                                          6,361
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 9
      自己株式の処分
                                                          1,526
      株主資本以外の項目の当期
                      1,234        16       218      1,470         2     1,472
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 1,234        16       218      1,470         2     11,859
     当期末残高
                      5,793        46      △ 240      5,599        10     71,472
                                  49/100








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         7,477              9,683
       税金等調整前当期純利益
                                         4,452              4,353
       減価償却費
                                            7             103
       減損損失
                                           223               7
       のれん償却額
                                           -             △ 26
       負ののれん発生益
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 165               76
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 471             △ 109
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  1,199               424
                                         △ 155             △ 169
       受取利息及び受取配当金
                                           436              325
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                   △ 2              12
       持分法による投資損益(△は益)                                   △ 26             △ 14
       固定資産売却損益(△は益)                                   254             △ 356
                                           27              16
       固定資産除却損
       投資有価証券売却損益(△は益)                                   △ 0             △ 24
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    -              43
       売上債権の増減額(△は増加)                                  3,917             △ 15,128
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 1,588              △ 384
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  4,171              12,556
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 3,590              1,109
       その他の負債の増減額(△は減少)                                   706             1,212
                                         △ 870              638
       その他
                                         16,005              14,350
       小計
                                           163              161
       利息及び配当金の受取額
                                         △ 433             △ 323
       利息の支払額
                                        △ 3,097             △ 2,539
       法人税等の支払額
                                         12,637              11,649
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 547             △ 695
       定期預金の預入による支出
                                           497              752
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 2,122             △ 4,072
       有形固定資産の取得による支出
                                           △ 6             △ 2
       有形固定資産の除却による支出
                                           212             2,031
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 971            △ 1,014
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 231             △ 129
       投資有価証券の取得による支出
                                            1              37
       投資有価証券の売却による収入
                                         △ 372              △ 9
       貸付けによる支出
                                           377               30
       貸付金の回収による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                           -              74
       収入
                                            8              73
       その他
                                        △ 3,155             △ 2,924
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  50/100






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 5,340              1,913
                                         6,600              3,950
       長期借入れによる収入
                                        △ 12,724              △ 7,808
       長期借入金の返済による支出
                                         5,980                -
       社債の発行による収入
                                         △ 500             △ 500
       社債の償還による支出
                                        △ 2,123               △ 9
       自己株式の取得による支出
                                         △ 930             △ 945
       リース債務の返済による支出
                                         △ 910            △ 1,101
       配当金の支払額
                                        △ 9,948             △ 4,501
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 8             △ 10
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 475             4,213
                                         13,399              12,923
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 12,923             ※1 17,136
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  51/100















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
        1.連結の範囲に関する事項
           連結子会社の数              10 社
            会社名
             株式会社ファッションあらた
             ジャペル株式会社
             ジャペルパートナーシップサービス株式会社
             株式会社インストアマーケティング
             凱饒泰(上海)貿易有限公司
             JAPELL(HONG            KONG)CO.,LIMITED
             株式会社リビングあらた
             ARATA(THAILAND)CO.,LTD.
             SIAM     ARATA      CO.,LTD.
             ペットライブラリー株式会社
             当連結会計年度において、当社の連結子会社であるジャペルパートナーシップサービス株式会社がペッ
            トライブラリー株式会社の全株式を取得したため、連結の範囲に含めております。
        2.持分法の適用に関する事項
           持分法を適用した関連会社の数                     1 社
            会社名
             株式会社電通リテールマーケティング
             持分法適用会社は決算日が連結決算日と異なるため、当該会社の事業年度にかかる財務諸表を使用して
            おります。
        3.連結子会社の事業年度等に関する事項
           凱饒泰(上海)貿易有限公司およびJAPELL(HONG                             KONG)CO.,LIMITED、ARAT
          A(THAILAND)CO.,LTD.ならびにSIAM                           ARATA      CO.,LTD.の決算日は12月31日で
          あり、株式会社リビングあらたの決算日は1月31日であります。当連結財務諸表の作成にあたっては、同社の
          決算日現在の財務諸表を使用しており、当連結決算日との間に生じた重要な取引については連結上必要な調整
          を行っております。
        4.  会計方針    に関する事項
         (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
          ① 有価証券
             その他有価証券
              時価のあるもの
               連結会計年度末の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却
              原価は移動平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
          ② デリバティブ
             時価法を採用しております。
          ③ たな卸資産
             商品
              主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法により
             算定)を採用しております。
         (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
          ① 有形固定資産(リース資産を除く)
             主として定率法を採用しております。
             ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)ならびに平成28年4月1日以
            降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物及び構築物    2年~50年
               工具、器具及び備品  2年~20年
                                  52/100



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          ② 無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採
            用しております。
          ③ リース資産
             所有権移転ファイナンス・リース取引にかかるリース資産
              自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
             所有権移転外ファイナンス・リース取引にかかるリース資産
              リース期間を耐用年数として、残存価額を零とする定額法を採用しております。
         (3)重要な引当金の計上基準
          ① 貸倒引当金
             売掛金等債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
            等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          ② 賞与引当金
             従業員に対して支給する賞与の支払に備えるため、支給見込額の当連結会計年度負担額を計上してお
            ります。
         (4)退職給付に係る会計処理の方法
          ① 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につ
            いては、給付算定式基準によっております。
          ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
             過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)に
            よる定額法により費用処理しております。
             数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一
            定の年数(5年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しており
            ます。
         (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
             外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理
            しております。なお         、 在外子会社等の資産および負債は連結決算日の直物為替相場により円貨に換算                                    し 、
            収益および費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定
            および非支配株主持分に含めて計上しております。
         (6)重要なヘッジ会計の方法
          ① ヘッジ会計の方法
             繰延ヘッジ処理によっております。また、金利スワップについては、特例処理の要件を満たしており
            ますので特例処理を採用しております。
          ② ヘッジ手段とヘッジ対象
              (ヘッジ手段)           (ヘッジ対象)
               金利スワップ             借入金
          ③ ヘッジ方針
             借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対象の識別は個別
            契約毎に行っております。
          ④ ヘッジ有効性評価の方法
             ヘッジ対象のキャッシュ・フロー変動の累積とヘッジ手段のキャッシュ・フロー変動の累計を比較
            し、その変動額の比率によって有効性を評価しております。ただし、特例処理によっている金利スワッ
            プについては有効性の評価を省略しております。
                                  53/100






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        (7)のれんの償却方法及び償却期間
            のれんの償却については、5年の期間で定額法により償却を行っております。
        (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能
           な預金および容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から
           3ヵ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        ( 9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理
             税抜方式によっております。
         (未適用の会計基準等)

        1.税効果会計に係る会計基準の適用指針等の適用
          ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日改正 企業会
           計基準委員会)
          ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日最終改
           正 企業会計基準委員会)
          (1) 概要

           「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等は、日本公認会計士協会における税効果会計に関する実務指針
          を企業会計基準委員会に移管するに際して、基本的にその内容を踏襲した上で、必要と考えられる以下の見直
          しが行われたものであります。
           (会計処理の見直しを行った主な取扱い)
           ・個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱い
           ・(分類1)に該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱い
          (2) 適用予定日

             平成31年3月期の期首から適用します。
          (3) 当該会計基準等の適用による影響

           「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点
          で評価中であります。
        2.収益認識に関する会計基準等の適用

          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基
           準委員会)
          (1) 概要

           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な
          会計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASB
          においてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606
          は平成29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、
          収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
           企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整
          合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れるこ
          とを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項
          目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
          (2) 適用予定日

             適用時期については現在検討中であります。
          (3) 当該会計基準等の適用による影響

          「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
          ります。
                                  54/100


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
       ※1. 関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                271百万円                 281百万円
       ※2. 担保資産及び担保付債務

        (1)  担保提供資産は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     建物及び構築物                                3,599百万円                 3,803百万円
     土地                                8,899                 9,750
     投資有価証券                                3,207                   185
               計                      15,706                 13,739
        (2)  担保付債務は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     支払手形及び買掛金                                9,231百万円                 5,643百万円
     短期借入金                                4,308                 8,043
     長期借入金                               10,653                  7,986
               計                      24,193                 21,673
       3. 受取手形割引高

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     受取手形割引高                                 130  百万円                189  百万円
       ※4. 債権流動化

          当社は、売上債権流動化を行っております。売上債権流動化にかかる金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     売掛金譲渡金額                               37,009百万円                 37,845百万円
     債権譲渡に係る未収入金                                9,009                 7,515
       ※5.期末日満期手形

         連結会計年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
         なお、当連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が連結会計年度末
        残高に含まれております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     受取手形                                 -百万円                 937百万円
     支払手形                                 -                 347
                                  55/100






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
       ※1. 期末たな卸高は収益性の低下にともなう簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれ
          ております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                              至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
     たな卸資産評価損                                 115  百万円                 ▶ 百万円
       ※2. 販売費及び一般管理費

          主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成28年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                    至 平成30年3月31日)
     荷造包装運搬費                               17,888   百万円              18,834   百万円
                                    19,018                  19,760
     給与手当
                                     1,510                  1,590
     賞与引当金繰入額
                                     1,154                   950
     退職給付費用
     貸倒引当金繰入額                                 -                  0
                                      223                   7
     のれん償却額
                                     4,570                  4,801
     賃借料
       ※3. 固定資産売却益の内訳は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     建物及び構築物                                 47百万円                 -百万円
     車両運搬具                                  3                 2
     工具、器具及び備品                                 -                  0
     土地                                 -                 358
      計                                 50                 361
       ※4. 固定資産売却損の内訳は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     建物及び構築物                                  1百万円                 3百万円
     車両運搬具                                 -                  0
     工具、器具及び備品                                  0                 -
     土地                                304                   0
      計                                305                   ▶
                                  56/100







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       ※5. 固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     建物及び構築物                                 21百万円                 11百万円
     車両運搬具                                  0                 1
     工具、器具及び備品                                  5                 2
     ソフトウエア                                  0                 1
      計                                 27                 16
       ※6. 災害による損失

          平成28年4月に発生した熊本震災による損失を計上しており、その内訳は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     たな卸資産滅失損                                 37百万円                 - 百万円
     建物設備修繕費                                 10                 -
     物流費用                                  9                 -
     その他                                 16                 -
      計                                 75                 -
       ※7. 減損損失

         前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                    金額(百万円)
              場所                 用途             種類
                                                           7
            タイ バンコク                 事業用資産            ソフトウエア等
      (注)当社グループは、原則として、事業用資産については管理会計上の事業区分に基づき、支社単位および事業部単
         位をキャッシュ・フローを生み出す最小の単位としております。ただし遊休資産等は、個別の資産をキャッ
         シュ・フローを生み出す最小の単位としております。
         上記の事業用資産については収益性が低下したため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損
         失(7百万円)として計上しております。
         なお、回収可能価額は使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローが見込めないため、零とし
         ております。
         当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

                                                    金額(百万円)
              場所                 用途             種類
                                                          103
            愛知県 安城市                  賃貸資産              建物等
      (注)当社グループは、原則として、事業用資産については管理会計上の事業区分に基づき、支社単位および事業部単
         位をキャッシュ・フローを生み出す最小の単位としております。ただし遊休資産等は、個別の資産をキャッ
         シュ・フローを生み出す最小の単位としております。
         上記の賃貸資産については、売却の決定をしたため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損
         失(103百万円)として計上しております。
         なお、回収可能価額は正味売却可能価額により測定しており売却価額に基づき評価しております。
                                  57/100






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
       ※1.その他の包括利益に係る組替調整額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                1,731百万円               1,723百万円
      組替調整額                                   0               18
      計
                                       1,731               1,742
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                 △14                 20
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                 △38                244
      組替調整額                                  274                70
      計
                                        236               314
      税効果調整前合計
                                       1,952               2,077
      税効果額                                △565               △603
     その他の包括利益合計
                                       1,387               1,473
       ※2.その他の包括利益に係る税効果額

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      税効果調整前                                1,731百万円               1,742百万円
      税効果額                                △491               △507
      税効果調整後
                                       1,240               1,234
     為替換算調整勘定:
      税効果調整前                                 △14                 20
      税効果額                                  -               -
      税効果調整後
                                       △14                 20
     退職給付に係る調整額:
      税効果調整前                                  236               314
      税効果額                                 △73               △96
      税効果調整後
                                        162               218
     その他の包括利益合計
      税効果調整前                                1,952               2,077
      税効果額                                △565               △603
      税効果調整後
                                       1,387               1,473
                                  58/100







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式(注)2

                         15,860,224           169,481            -      16,029,705
            合計             15,860,224           169,481            -      16,029,705

     自己株式

      普通株式(注)1.3                              897,510          12,489

                          443,950                            1,328,971
                                    897,510          12,489

            合計              443,950                            1,328,971
      (注)1.普通株式の自己株式数の当連結会計年度末株式数には、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理
           サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する株式206,250株を含めております。
         2.普通株式の発行済株式総数の増加169,481株は、転換社債型新株予約権付社債の転換による増加でありま
           す。
         3.普通株式の自己株式数の増加               897,510    株は、取締役会決議に基づく自己株式の取得による増加897,200株、単
           元未満株式の買取による増加310株であります。また、普通株式の自己株式数の減少                                       12,489   株は、資産管理
           サービス信託銀行株式会社(信託E口)からの給付による減少9,800株と、転換社債型新株予約権付社債の
           転換による減少2,689株であります。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

              該当事項はありません。
           3.配当に関する事項
            (1)配当金支払額
                          配当金の総額         1株当たり配当
                 株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                     (百万円)        額(円)
     平成28年5月13日
                 普通株式              468         30  平成28年3月31日         平成28年6月13日
     取締役会
      (注)平成28年5月13日取締役会の決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理
         サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式に対する配当金6百万円が含まれております。
                          配当金の総額         1株当たり配当

                 株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                     (百万円)        額(円)
     平成28年11月2日
                 普通株式              442         30  平成28年9月30日         平成28年12月6日
     取締役会
      (注)平成28年11月2日取締役会の決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理
         サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式に対する配当金6百万円が含まれております。
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額             1株当たり配当
               株式の種類             配当の原資                 基準日        効力発生日
     (決議)                 (百万円)             額(円)
     平成29年5月9日
                普通株式          521   利益剰余金            35  平成29年3月31日         平成29年6月12日
     取締役会
      (注)平成29年5月9日取締役会の決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理
         サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式に対する配当金7百万円が含まれております。
                                  59/100




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)2

                         16,029,705          1,388,135             -      17,417,840
            合計             16,029,705          1,388,135             -      17,417,840

     自己株式

      普通株式(注)1.3                               2,048         588,594

                         1,328,971                              742,425
                                     2,048         588,594

            合計             1,328,971                              742,425
      (注)1.普通株式の自己株式数の当連結会計年度末株式数には、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理
           サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する株式200,250株を含めております。
         2.普通株式の発行済株式総数の増加1,388,135株は、転換社債型新株予約権付社債の転換による増加でありま
           す。
         3.普通株式の自己株式数の増加2,048株は、単元未満株式の買取による増加であります。また、普通株式の自
           己株式数の減少588,594株は、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)からの給付による減少6,000
           株と、転換社債型新株予約権付社債の転換による減少582,594株であります。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

              該当事項はありません。
           3.配当に関する事項
            (1)配当金支払額
                          配当金の総額         1株当たり配当
                 株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                     (百万円)        額(円)
     平成29年5月9日
                 普通株式              521         35  平成29年3月31日         平成29年6月12日
     取締役会
      (注)平成29年5月9日取締役会の決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理
         サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式に対する配当金7百万円が含まれております。
                          配当金の総額         1株当たり配当

                 株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                     (百万円)        額(円)
     平成29年11月2日
                 普通株式              581         35  平成29年9月30日         平成29年12月6日
     取締役会
      (注)平成29年11月2日取締役会の決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理
         サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式に対する配当金7百万円が含まれております。
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額             1株当たり配当
               株式の種類             配当の原資                 基準日        効力発生日
     (決議)                 (百万円)             額(円)
     平成30年5月9日
                普通株式          675   利益剰余金            40  平成30年3月31日         平成30年6月11日
     取締役会
      (注)平成30年5月9日取締役会の決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」制度に関する資産管理
         サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式に対する配当金8百万円が含まれております。
                                  60/100





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       ※1. 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                              至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
      現金及び預金勘定                              13,693   百万円              17,826   百万円
      預入期間が3ヵ月を超える定期預金                               △770                 △689
      現金及び現金同等物                              12,923                 17,136
        2. 重要な非資金取引の内容

      (1)     ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     ファイナンス・リース取引に係る資産の額                               1,101百万円                 1,023百万円
     ファイナンス・リース取引に係る債務の額                               1,189                 1,105
                                  61/100















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
          (借主側)
          1.ファイナンス・リース取引
           所有権移転外ファイナンス・リース取引
           (1)  リース資産の内容
            ① 有形固定資産
              支店設備及び物流機器関係(建物及び構築物、車両運搬具、工具、器具及び備品)であります。
            ② 無形固定資産
              ソフトウエアであります。
           (2)  リース資産の減価償却の方法
             連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                      (2)重要な減価償却
            資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
          2.オペレーティング・リース取引
           オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (平成29年3月31日)                (平成30年3月31日)
            1年内                             1,023                1,023
            1年超                             3,721                2,692
            合計                             4,745                3,716
                                  62/100















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
          (1)  金融商品に対する取組方針
            当社グループは、資金運用については安全性の高い金融資産で運用し、また、資金調達については主
           に銀行借入により調達しております。デリバティブ取引は借入金の金利変動リスクを回避するために利
           用しており、短期的な売買差益の獲得および投機的な取引は行わない方針であります。
          (2)  金融商品の内容およびそのリスク
            営業債権である受取手形及び売掛金ならびに未収入金は、顧客の信用リスクに晒されております。ま
           た、外貨建ての営業債権は、為替変動リスクに晒されております。投資有価証券は主に取引先企業との
           業務に関連する株式であり、上場株式については市場価格の変動リスクに晒されており、非上場株式に
           ついては発行体(取引先企業)の財務状況等の悪化によるリスクに晒されております。
            営業債務である支払手形及び買掛金ならびに未払金は1年以内の支払期日であります。外貨建ての営
           業債務は、為替変動リスクに晒されております。また、短期借入金は主に営業取引にかかる資金調達で
           あり、長期借入金は設備投資等にかかる資金調達であります。長期借入金のうち一部は、変動金利によ
           る金利の変動リスクに晒されていますが、デリバティブ取引を利用してヘッジしております。
            デリバティブ取引は、長期借入金にかかる支払金利の変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした金
           利スワップ取引であります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジ
           の有効性の評価方法等については、前述の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会
           計方針に関する事項(6)重要なヘッジ会計の方法」」をご参照ください。
          (3)  金融商品にかかるリスク管理体制
          ① 信用リスク(取引先の契約不履行等にかかるリスク)の管理
            当社は、経理規程に従い、各支社および支店において主要な取引先の状況を定期的にモニタリング
           し、取引相手ごとに回収期日および残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早
           期把握や軽減を図っております。連結子会社についても、当社の経理規程に準じて、同様の管理を行っ
           ております。デリバティブ取引の利用にあたっては、信用度の高い金融機関と取引を行っております。
           ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
            当社は、借入金にかかる支払金利の変動リスクを回避するために、金利スワップ取引を利用しており
           ます。投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握しておりま
           す。
            デリバティブ取引については、当社グループ各社の取締役会で決定され、各社経理部が実行および管
           理を行っております。なお、契約内容および取引残高の照合は直接担当者以外の管理職が行い、担当役
           員が必要に応じて取締役会において報告することとしております。
           ③ 資金調達にかかる流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
            当社は、財務部が適時に資金繰り計画を作成・更新することなどにより、流動性リスクを管理してお
           ります。連結子会社についても担当部署にて同様の管理を行っております。
          (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
            金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
           額が含まれています。当該価額の算定において変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
           用することにより、当該価額が変動することもあります。また、注記事項「デリバティブ取引」におけ
           るデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引にかかる市場リス
           クを示すものではありません。
                                  63/100







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        2.  金融商品の時価等に関する事項
          連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握することが
         極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません。((注)2参照)
         前連結会計年度(平成29年3月31日)

                      連結貸借対照表計上額                 時価            差額
                         (百万円)            (百万円)            (百万円)
                             13,693            13,693              -
     (1)現金及び預金
                             82,212            82,212              -
     (2)受取手形及び売掛金
     (3)未収入金                        23,939            23,939              -
     (4)投資有価証券
          その他有価証券                    11,162            11,162              -
                             131,007            131,007               -
      資産計
                             76,579            76,579              -
     (1)支払手形及び買掛金
                             19,701            19,701              -
     (2)短期借入金
                             10,884            10,884              -
     (3)未払金
     (4)長期借入金(※)                        25,316            25,437              120
                             132,482            132,602              120
      負債計
      (※)1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
         当連結会計年度(平成30年3月31日)

                      連結貸借対照表計上額                 時価            差額
                         (百万円)            (百万円)            (百万円)
                             17,826            17,826              -
     (1)現金及び預金
                             97,321            97,321              -
     (2)受取手形及び売掛金
                             22,827            22,827              -
     (3)未収入金
     (4)投資有価証券
          その他有価証券                    12,966            12,966              -
                             150,941            150,941               -
      資産計
                             89,112            89,112              -
     (1)支払手形及び買掛金
                             21,614            21,614              -
     (2)短期借入金
                             12,783            12,783              -
     (3)未払金
     (4)長期借入金(※)                        21,602            21,684              81
                             145,113            145,194               81
      負債計
      (※)1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法ならびに有価証券およびデリバティブ取引に関する事項
       資産
        (1)現金及び預金、         (2 ) 受取手形及び売掛金、          (3 ) 未収入金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
        (4)投資有価証券
          これらの時価については、株式は取引所の価格によっております。
          また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照ください。
                                  64/100





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       負債
        (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金、(3)未払金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
        (4)長期借入金
          これらの時価は、元利金の合計額を一定の期間ごとに区分した債務ごとに、そのキャッシュ・フローを返済期
         日までの期間および信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値により算定しております。
       デリバティブ取引
         デリバティブ取引の時価について、取引先金融機関から提示された価格等によって算定しております。
         ただし、金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されてい
        るため、その時価は、当該長期借入金に含めて記載しております。(上記「負債(4)                                       長期借入金」参照)
         詳細については注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照ください。
      (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                  (単位:百万円)
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
             区分
                           (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
      非上場株式                                551                 573
       これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるため「資産(4)                    投資有価証券       その他有価証券」には含めておりません。
      (注)3.金銭債権および満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

         前連結会計年度(平成29年3月31日)
                    1年以内         1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
                    (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
      現金及び預金                 13,693            -          -          -

      受取手形及び売掛金                 82,212            -          -          -

      未収入金                 23,939            -          -          -

      合計                 119,845             -          -          -

         当連結会計年度(平成30年3月31日)

                    1年以内         1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
                    (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
      現金及び預金                 17,826            -          -          -

      受取手形及び売掛金                 97,321            -          -          -

      未収入金                 22,827            -          -          -

      合計                 137,975             -          -          -

                                  65/100






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      (注)4.短期借入金及び長期借入金の返済予定額
         前連結会計年度(平成29年3月31日)
              1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
              (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
      短期借入金         19,701          -        -        -        -        -

      長期借入金         7,569        9,123        2,864        4,937         745        76
      合計         27,270        9,123        2,864        4,937         745        76
         当連結会計年度(平成30年3月31日)

              1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
              (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                         -        -        -        -        -

      短期借入金         21,614
      長期借入金         10,255        4,050        5,795         859        123        518
      合計         31,869        4,050        5,795         859        123        518
                                  66/100















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
       1.その他有価証券
       前連結会計年度(平成29年3月31日)
                             連結貸借対照表計上額              取得原価           差額
                     種類
                               (百万円)           (百万円)          (百万円)
                 (1)株式                   10,909           4,455          6,453
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                    -           -          -
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え
                  ② 社債                    -           -          -
     るもの
                  ③ その他                    -           -          -
                 (3)その他                     -           -          -
                     小計               10,909           4,455          6,453
                 (1)株式                     253           310          △57
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                    -           -          -
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え
                  ② 社債                    -           -          -
     ないもの
                  ③ その他                    -           -          -
                 (3)その他                     -           -          -
                     小計                 253           310          △57
               合計                     11,162           4,766          6,396
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額                    279百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
       当連結会計年度(平成30年3月31日)

                             連結貸借対照表計上額              取得原価           差額
                     種類
                               (百万円)           (百万円)          (百万円)
                 (1)株式                   12,919           4,776          8,142
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                    -           -          -
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え
                  ② 社債                    -           -          -
     るもの
                  ③ その他                    -           -          -
                 (3)その他                     -           -          -
                     小計               12,919           4,776          8,142
                 (1)株式                     46           50          △3
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                    -           -          -
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え
                  ② 社債                    -           -          -
     ないもの
                  ③ その他                    -           -          -
                 (3)その他                     -           -          -
                     小計                 46           50          △3
               合計                     12,966           4,827          8,138
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額                    291百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                  67/100



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       2.売却したその他有価証券
       前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
                        売却額
          種類
                       (百万円)              (百万円)              (百万円)
     (1)株式                          1              0             -

     (2)債券

      ① 国債・地方債等                        -              -              -

      ② 社債                        -              -              -

      ③ その他                        -              -              -

     (3)その他                         -              -              -

          合計                     1              0             -

       当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

                                    売却益の合計額              売却損の合計額
                        売却額
          種類
                       (百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                         36              24              -

     (2)債券

      ① 国債・地方債等                        -              -              -

      ② 社債                        -              -              -

      ③ その他                        -              -              -

     (3)その他                         -              -              -

          合計                    36              24              -

      3.減損処理を行った有価証券

         前連結会計年度においては、該当事項はありません。
         当連結会計年度において、有価証券について43百万円(その他有価証券の株式43百万円)減損処理を行っており
        ます。
         なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を行
        い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を行っていま
        す。 
                                  68/100








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
        1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
          該当事項はありません。
        2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
          金利関連
          前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                      契約額等の
                               契約額等               時価
      ヘッジ会計の
                                      うち1年超
               取引の種類        主なヘッジ対象
                               (百万円)
                                             (百万円)
        方法
                                      (百万円)
     金利スワップの        金利スワップ取引
                                  5,056       3,708
                       長期借入金                       (注)
       特例処理      支払固定・受取変動
      (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
          め、その時価は、当該長期借入金に含めて記載しております。
          当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                      契約額等の
                               契約額等               時価
      ヘッジ会計の
                                      うち1年超
               取引の種類        主なヘッジ対象
                               (百万円)
                                             (百万円)
        方法
                                      (百万円)
     金利スワップの        金利スワップ取引
                                  3,708        925
                       長期借入金                       (注)
       特例処理      支払固定・受取変動
      (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
          め、その時価は、当該長期借入金に含めて記載しております。
                                  69/100













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
       1.採用している退職給付制度の概要
         当社および連結子会社は、従業員の退職給付に備えるため、積立型、非積立型の確定給付制度および確定拠出
        年金制度を採用しております。
         確定給付企業年金制度(すべて積立型制度であります。)では、給与と勤務期間に基づいた一時金又は年金を
        支給しております。
         退職一時金制度(すべて非積立型制度であります。)では、退職給付として、給与と勤務期間に基づいた一時
        金を支給しております。また、一部の連結子会社は、特定退職金共済制度に加入しております。
         当社および一部の連結子会社は、退職年金制度の改正にともない、平成26年3月に確定給付年金制度の一部に
        ついて、確定拠出年金制度へ移行しております。
         なお、当社および一部の連結子会社については、従業員の退職等に際して、退職給付会計基準に準拠した数理
        計算による退職給付債務の対象とされない割増退職金を支払う場合があります。
       2.確定給付制度

        (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                  至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                              10,784   百万円           11,112   百万円
                                        731              729
          勤務費用
                                         13              12
          利息費用
          数理計算上の差異の発生額                                30             △56
          退職給付の支払額                              △447              △321
          その他                                -               1
         退職給付債務の期末残高                              11,112              11,478
        (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                  至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
         年金資産の期首残高                               4,305   百万円            4,444   百万円
          期待運用収益                                86              88
          数理計算上の差異の発生額                                △8              187
          事業主からの拠出額                                203              229
          退職給付の支払額                               △142               △98
         年金資産の期末残高                               4,444              4,851
                                  70/100








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係
          る資産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                               3,836   百万円            3,943   百万円
         年金資産                              △4,444              △4,851
                                        △608              △908
         非積立型制度の退職給付債務                               7,276              7,535
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               6,667              6,626
         退職給付に係る負債                               7,276              7,535

         退職給付に係る資産                               △608              △908
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               6,667              6,626
        (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                                    至 平成29年3月31日)             至 平成30年3月31日)
         勤務費用                                 731  百万円           729  百万円
         利息費用                                  13             12
         期待運用収益                                 △86             △88
         数理計算上の差異の費用処理額                                 313             107
         過去勤務費用の費用処理額                                 △38             △37
         確定給付制度に係る退職給付費用                                 933             724
        (5)退職給付に係る調整額

          退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                                    至 平成29年3月31日)             至 平成30年3月31日)
         過去勤務費用                                 △38  百万円           △37  百万円
         数理計算上の差異                                 274             351
         合 計                                 236             315
        (6)退職給付に係る調整累計額

          退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
         未認識過去勤務費用                                 △71  百万円           △34  百万円
         未認識数理計算上の差異                                 738             386
         合 計                                 667             352
        (7)年金資産に関する事項

         ① 年金資産の主な内訳
           年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
         債券                                   36.  5 %           35.2%
         株式                                   31.0             34.2
         現金及び預金                                   16.0             4.5
         保険資産(一般勘定)                                    7.5             7.0
         オルタナティブ                                    8.8            19.1
         その他                                    0.2             0.0
         合 計                                   100.0             100.0
       (注)年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が前連結会計年度18.6%、当連結会計年度

          21.4%含まれております。また、前連結会計年度において「その他」に含めて表示しておりました「オルタ
          ナティブ」は重要性が増したため、当連結会計年度より区分掲記することとしております。この表示方法の
          変更を反映させるため、前連結会計年度の注記の組替えを行っております。この結果、前連結会計年度にお
          いて「その他」に表示していた9.0%は、「オルタナティブ」8.8%、「その他」0.2%として組み替えており
          ます。オルタナティブは、主に保険リンク証券、ヘッジファンドおよび不動産への投資であります。
                                  71/100



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         ② 長期期待運用収益率の設定方法

           年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在および予想される年金資産の配分と、年金資産を構
          成する多様な資産からの現在および将来期待される長期の収益率を考慮しております。
        (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

          主要な数理計算上の計算基礎
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
         割引率                               0.0~0.4    %         0.0~0.4    %
         長期期待運用収益率                                 2.0             2.0
                                   主として平成24年3月31日             主として平成24年3月31日
                                   を基準日として算定した年             を基準日として算定した年
         予想昇給率
                                   齢別昇給指数を使用してお             齢別昇給指数を使用してお
                                   ります。             ります。
       3.確定拠出制度

          当社および連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度224百万円、当連結会計年度228百万円
         であります。
                                  72/100















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
        1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
           繰延税金資産
            退職給付に係る負債                          2,268百万円             2,338百万円
            賞与引当金                           489百万円             509百万円
            未払金                           214百万円             214百万円
            未払事業税及び未払事業所税                           200百万円             220百万円
            貸倒引当金                            52百万円             18百万円
            投資有価証券評価損                           195百万円             208百万円
            土地評価差損                           429百万円             407百万円
            減損損失                            26百万円             25百万円
            資産除去債務                           294百万円             408百万円
            その他                           426百万円             464百万円
           繰延税金資産小計
                                      4,599百万円             4,816百万円
           評価性引当額                          △1,117百万円             △1,299百万円
           繰延税金資産合計
                                      3,481百万円             3,516百万円
           繰延税金負債
            土地評価差益                          △825百万円             △825百万円
            その他有価証券評価差額金                         △1,892百万円             △2,399百万円
            圧縮積立金                          △155百万円             △148百万円
            資産除去債務対応資産                          △142百万円             △237百万円
            特別償却準備金                           △62百万円             △46百万円
            その他                          △242百万円             △322百万円
           繰延税金負債合計
                                     △3,321百万円             △3,980百万円
           繰延税金資産又は繰延税金負債の純額
                                       160百万円            △463百万円
           繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の次の項目に含まれております。

            流動資産-繰延税金資産                           885百万円             893百万円

            固定資産-繰延税金資産                           327百万円             270百万円
            固定負債-繰延税金負債                         △1,052百万円             △1,626百万円
                                  73/100










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と
          なった主な項目別の内訳
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
           法定実効税率
                                         30.9%             30.9%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                             1.1%             1.0%
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △1.9%             △0.4%
            住民税均等割額                             2.2%             1.7%
            評価性引当額                             0.7%             1.3%
            土地売却等に係る税効果調整                              -%            △0.8%
            のれん償却                             0.9%             0.0%
            有価証券売却に係る売却損益の調整                             0.0%              -%
            持分法投資損益                            △0.1%             △0.0%
            関係会社清算益                             1.4  %            -%
            法人税額の特別控除額                            △0.8   %           △0.3%
            その他                             0.6%             1.0%
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                         35.1%             34.3%
         (資産除去債務関係)

          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           1.当該資産除去債務の概要
             物流施設用等の土地・建物の不動産賃貸借契約にともなう原状回復義務等であります。
           2.当該資産除去債務の金額の算定方法
             使用見込期間を取得から2年~38年と見積り、割引率は国債利回りの率を基に各期間の割引率を算出
             し、資産除去債務の金額を計算しております。
           3.当該資産除去債務の総額の増減
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                              至 平成29年3月31日)                  至 平成30年3月31日)
          期首残高                            802百万円                 962  百万円
          有形固定資産の取得に伴う増加額                            146                 409
          時の経過による調整額                             9                10
          資産除去債務の履行による減少額                            △9                △31
          その他                             12                △14
          期末残高                            962                1,336
                                  74/100








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           当社グループは、日用雑貨・化粧品等の卸売業を主たる事業とする単一セグメントであるため、記載を省略
          しております。
          【関連情報】

         Ⅰ 前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             日用雑貨・化粧品等の卸売業の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
            載を省略しております。
           2.地域ごとの情報
            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま 
             す。
            (2)有形固定資産
              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報
                                                    (単位:百万円)
                顧客の名称又は氏名                    売上高            関連するセグメント名
             株式会社ツルハホールディングス                             79,275    日用雑貨・化粧品等の卸売

         Ⅱ 当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
             日用雑貨・化粧品等の卸売業の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
            載を省略しております。
           2.地域ごとの情報
            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま 
             す。
            (2)有形固定資産
              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報
                                                    (単位:百万円)
                顧客の名称又は氏名                    売上高            関連するセグメント名
             株式会社ツルハホールディングス                             87,640    日用雑貨・化粧品等の卸売

          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

         Ⅰ 前連結会計年度(自             平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
          日用雑貨・化粧品等の卸売業を主たる事業とする単一セグメントであるため、記載を省略しております。
         Ⅱ 当連結会計年度(自             平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

          日用雑貨・化粧品等の卸売業を主たる事業とする単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         Ⅰ 前連結会計年度(自             平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
           日用雑貨・化粧品等の卸売業を主たる事業とする単一セグメントであるため、記載を省略しております。
         Ⅱ 当連結会計年度(自             平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

           日用雑貨・化粧品等の卸売業を主たる事業とする単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                  75/100





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         Ⅰ 前連結会計年度(自             平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
           該当事項はありません。
         Ⅱ 当連結会計年度(自             平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

            日用雑貨・化粧品等の卸売業を主たる事業とする単一セグメントであるため、記載を省略しております。
         【関連当事者情報】

        1.関連当事者との取引
         (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
            連結財務諸表提出会社の役員及びその近親者等
            前連結会計年度(自            平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)
                     資本金又は           議決権等の所
                                                取引金額        期末残高
          会社等の名                 事業の内容            関連当事者     取引の内
      種類          所在地     出資金           有(被所有)                     科目
          称又は氏名                 又は職業            との関係     容    (百万円)        (百万円)
                     (百万円)           割合(%)
                                            自己株式
                                (被所有)
                          当社代表
          畑中伸介        -      -                 -   の取得       778   -    -
                          取締役
     役員及び                           直接 3.1
                                            (注)2
     その近親
                                            自己株式
     者
                                (被所有)
          畑中成乃助
                          当社取締役                 の取得
                 -      -                 -          709   -    -
          (注)3
                                直接 0.6
                                            (注)2
      (注)1.取引金額には消費税等は含まれておりません。
         2.自己株式の取得については、東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による買付方法によ
           り取得しており、取引金額は平成28年6月6日の終値に基づき算出しております。
         3.畑中成乃助氏は、平成28年6月27日に当社取締役を退任しております。
            当連結会計年度(自            平成29年4月1日 至           平成30年3月31日)

            該当事項はありません。
                                  76/100












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
            連結財務諸表提出会社の重要な子会社の役員及びその近親者等
            前連結会計年度(自          平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)
                     資本金又は           議決権等の所
          会社等の名                 事業の内容            関連当事者     取引の内     取引金額        期末残高
      種類          所在地     出資金           有(被所有)                     科目
          称又は氏名                 又は職業            との関係     容    (百万円)        (百万円)
                     (百万円)           割合(%)
                                            ペット
                                            フード用
                                                  172  売掛金      29
                                            品の販売
                                            (注)2
                                            ブランド
                                            使用料の
                                                     未払金
                                                   11         0
                                            支払
                                      連結子会社
                                            (注)3
                                      ジャペル㈱
                                            自己株式
                                      およびジャ
                                            の取得
                                                  615   -      -
          ペットライ
                                      ペルパート
                                            (注)4
          ブラリー㈱     愛知県小牧市          10  小売業        -
                                      ナーシップ
          (注)9
                                            資金の貸
                                      サービス㈱
                                            付
                                                  300   -      -
                                      による商品
     役員及び
                                            (注)5
                                      の販売等
     その近親
                                            資金の回
     者が議決
                                            収       300   -      -
     権の過半
                                            (注)5
     数を所有
     している
                                            利息の受
     会社(当
                                            取        0  -      -
     該会社の
                                            (注)5
     子会社を
                                            ペット
     含む)
                                            フード用
                                                 1,158   買掛金      140
                                            品の仕入
                                            (注)2
          ㈱ベッツ・
                                      連結子会社
                                (被所有)
          チョイス・
                          ペットフー            ジャペル㈱
               愛知県小牧市          10                   仕入値引         未収入
          ジャパン
                          ド輸入販売            による商品            152         11
                                直接 1.6
                                                      金
                                            (注)6
          (注)9                             の仕入等
                                            業務受託
                                                     未収入
                                            料
                                                   70         6
                                                      金
                                            (注)7
                                      連結子会社     システム
          ㈱ペットオ                 ネット情報
                                      ジャペル㈱     保守料   の
          フィス     東京都渋谷区         184  サイト運営        -                21   -
                                                           -
                                      による商品     支払
          (注)10                 等
                                      の販売等     (注)8
      (注)1.取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.商品の販売・仕入については、一般の取引条件と同様に決定しております。
         3.ブランド使用料については、一般の取引と同様に決定しております。
         4.自己株式の取得については、東京証券取引所の自己株式立会外買付取引                                      (ToSTNeT-3)       による買付方法によ
           り取得しており、取引金額は平成28年6月6日の終値に基づき算出しております。
         5.資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
         6.仕入値引については、一般の取引と同様に決定しております。
         7.業務受託料については、一般の取引と同様に決定しております。
         8.システム保守料については、一般の取引と同様に決定しております。
         9.ペットライブラリー㈱および㈱ベッツ・チョイス・ジャパンは、当社子会社であるジャペル㈱の取締役川
           崎豊氏およびその近親者が議決権の過半数を所有している会社であります。
         10.㈱ペットオフィスは、ペットライブラリー㈱の子会社でありましたが、平成29年2月24日に清算しておりま
           す。
                                  77/100






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(自          平成29年4月1日 至           平成30年3月31日)
                     資本金又は           議決権等の所
                                                取引金額        期末残高
          会社等の名                 事業の内容            関連当事者     取引の内
      種類          所在地     出資金           有(被所有)                     科目
          称又は氏名                 又は職業            との関係     容    (百万円)        (百万円)
                     (百万円)           割合(%)
     役員及び                     ジャペル㈱                 株式の取
                                (被所有)
     その近親    柘植邦弘       -       -   元代表             -   得       17   -      -
                                 直接 0.2
     者                      取締役                (注)9
                                            ペット
                                      連結子会社
                                            フード用
                                      ジャペル㈱
                                                   90   -      -
                                            品の販売
          ペットライ                             およびジャ
                                            (注)2
          ブラリー㈱                             ペルパート
               愛知県小牧市          10  小売業        -
          (注)6、                             ナーシップ
                                            ブランド
     役員及び
          7                             サービス㈱
                                            使用料の
     その近親
                                                   6  -      -
                                      による商品
                                            支払
     者が議決
                                      の販売等
                                            (注)3
     権の過半
     数を所有
                                            ペット
     している
                                            フード用
                                                 1,295   買掛金      156
     会社(当
                                            品 の仕入
     該会社の
                                            (注)2
          ㈱ベッツ・                             連結子会社
     子会社を
                                 (被所有)
          チョイス・                 ペットフー            ジャペル㈱
                                            仕入値引
               岐阜県土岐市          10                            未収入
     含む)
          ジャパン                 ド輸入販売            による商品            183         17
                                 直接 1.4
                                            (注)4          金
          (注)6                             の仕入等
                                            業務受託
                                                     未収入
                                            料       77         6
                                                      金
                                            (注)5
      (注)1.取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.商品の販売・仕入については、一般の取引条件と同様に決定しております。
         3.ブランド使用料については、一般の取引と同様に決定しております。
         4.仕入値引については、一般の取引と同様に決定しております。
         5.業務受託料については、一般の取引と同様に決定しております。
         6.ペットライブラリー㈱および㈱ベッツ・チョイス・ジャパンは、当社子会社であるジャペル㈱の取締役川
           崎豊氏およびその近親者が議決権の過半数を所有している会社であります。
         7.平成29年10月1日に、当社連結子会社であるジャペルパートナーシップサービス㈱がペットライブラリー㈱
           の全株式を取得し、当社の連結子会社としております。
         8.柘植邦弘氏は、当社連結子会社であるジャペル㈱の取締役川崎豊氏の義父であります。
         9.柘植邦弘氏及びその近親者が100%保有するペットライブラリー㈱の全株式を取得した取引であります。取
           引価額は独立した第三者による評価額を基礎として決定しております。
        2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        (1)親会社情報
           該当事項はありません。
        (2)重要な関連会社の要約財務状況
           該当事項はありません。
                                  78/100








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                  至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額(円)                                  4,054.51              4,285.43
     1株当たり当期純利益金額(円)                                   330.95              399.12
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額(円)                                   294.89              377.82
      (注)1.     1株当たり純資産額の算定上の基礎は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
                                        59,613              71,472
     純資産の部の合計額(百万円)
     純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                     8              10
      (うち非支配株主持分 (百万円))                                   (8)              (10)
     普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                   59,604              71,461
     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の
                                        14,700              16,675
     普通株式の数(千株)
         2.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、次のとおりで

           あります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                  至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益金額(百万円)                                  4,863              6,361
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -              -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                        4,863              6,361
      金額(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                  14,695              15,939
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(百万円)                                    -              -
      普通株式増加数(千株)                                  1,796               898
      (うち転換社債型新株予約権付社債(千株))                                 (1,796)               (898)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                          -              -
     当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要
         3.1株当たり純資産額の算定に用いられた連結会計年度末の普通株式数および1株当たり当期純利益金額なら

           びに潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数について
           は、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有する当社株式を控除対象の自己株式に含めて算
           定しております。
            1株当たり純資産額の算定上、控除した当該自己株式の期末株式数
             前連結会計年度 206千株   当連結会計年度 200千株
            1株当たり当期純利益金額および               潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額                    の算定上、控除した当該自己
            株式の期中平均株式数
             前連結会計年度 208千株   当連結会計年度 201千株
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                  79/100





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                                当期首残高      当期末残高
       会社名          銘柄        発行年月日                  利率(%)      担保     償還期限
                                (百万円)      (百万円)
             第1回無担保社債(適格機                      500
     ㈱あらた                   平成25年4月4日                  -   0.847     なし    平成30年3月30日
             関投資家限定)                      (500)
             第2回無担保社債(適格機
                                        2,000
     ㈱あらた        関投資家限定)           平成26年4月1日          2,000           0.420     なし    平成31年3月29日
                                        (2,000)
             (注)1.3
             120%コールオプション条
             項付第1回無担保転換社債
     ㈱あらた                   平成28年6月20日          5,552       424    -     なし    平成33年6月18日
             型新株予約権付社債
             (注)1.2.3
                                  8,052      2,424
        合計          -         -                  -     -      -
                                  (500)      (2,000)
      (注)1.(        )内書は、1年以内の償還予定額であります。
         2.新株予約権付社債に関する記載は次のとおりであります。
                             120%コールオプション条項付第1回
           銘柄
                             無担保転換社債型新株予約権付社債
           発行すべき株式
                                  普通株式
           新株予約権の発行価額(円)
                                   無償
           株式の発行価格(円)
                                        2,602
           発行価額の総額(百万円)
                                        6,000
           新株予約権の行使により発行した株式の
                                        5,576
           発行価額の総額(百万円)
           新株予約権の付与割合(%)
                                         100
                               自 平成28年8月1日
           新株予約権の行使期間
                               至 平成33年6月16日
          (注)各本新株予約権の行使に際しては、当該各本新株予約権に係る各本社債を出資するものとし、各本新
              株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、各本社債の払込金額と同額とします。
         3.連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
                   1年超2年       2年超3年       3年超4年       4年超5年
             1年以内
                   以内       以内       以内       以内
            (百万円)
                   (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
               2,000         -       -       424        -

                                  80/100









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
         【借入金等明細表】
                              当期首残高        当期末残高       平均利率
                区分                                     返済期限
                              (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                           19,701        21,614        0.4       -

     1年内返済予定の長期借入金                            7,569       10,255        0.8       -

     1年内返済予定のリース債務                             877        784       -      -

     長期借入金(1年内返済予定のものを除く。)                           17,747        11,347        0.5   平成31年~平成40年

     リース債務(1年内返済予定のものを除く。)                            2,631        2,877        -   平成31年~平成41年

                合計                 48,526        46,879        -      -

      (注)1.平均利率については、当期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
           連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金およびリース債務(1年内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における1年ごと
           の返済予定額は、以下のとおりであります。
                  1年超2年内           2年超3年内           3年超4年内           4年超5年内
                  (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
     長期借入金                4,050           5,795            859           123

     リース債務                 611           441           364           285

         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                  81/100











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
           当連結会計年度における四半期情報                 等
     (累計期間)
                       第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     183,701          369,766          559,985          732,914
     税金等調整前四半期(当期)
                           2,700          4,837          7,712          9,683
     純利益金額(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                           1,795          3,231          5,205          6,361
     (当期)純利益金額(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利
                           121.17          211.02          331.58          399.12
     益金額(円)
     (会計期間)

                       第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期
     1株当たり四半期純利益金額
                           121.17           90.92          119.88           69.34
     (円)
                                  82/100















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         4,784              7,429
         現金及び預金
                                                      ※5 4,134
                                         2,058
         受取手形
                                        ※3 60,552             ※3 69,141
         売掛金
                                         24,644              24,888
         商品
                                      ※3 , ※4 20,688           ※3 , ※4 19,054
         未収入金
                                         2,524              2,487
         前渡金
                                           441              433
         前払費用
                                           679              673
         繰延税金資産
                                         ※3 244             ※3 212
         その他
                                         △ 134              △ 3
         貸倒引当金
                                        116,483              128,452
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※1 19,335             ※1 20,354
          建物
                                           428              439
          構築物
                                           12              10
          車両運搬具
                                         3,810              3,493
          工具、器具及び備品
                                        ※1 20,113             ※1 18,457
          土地
                                         3,070              3,209
          リース資産
                                           11              414
          建設仮勘定
                                         46,783              46,380
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                            9              3
          商標権
                                         3,027              2,755
          ソフトウエア
                                           326              480
          ソフトウエア仮勘定
                                            1              -
          リース資産
                                           37              36
          その他
                                         3,403              3,276
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※1 9,734            ※1 11,297
          投資有価証券
                                         1,488              1,488
          関係会社株式
                                           231              231
          出資金
                                           47              30
          従業員に対する長期貸付金
                                            0              2
          破産更生債権等
                                           80              68
          長期前払費用
                                           737              888
          前払年金費用
                                        ※3 1,636             ※3 1,607
          その他
                                          △ 66             △ 67
          貸倒引当金
                                         13,890              15,548
          投資その他の資産合計
                                         64,077              65,205
         固定資産合計
                                        180,561              193,658
       資産合計
                                  83/100





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                       ※5 281
                                           808
         支払手形
                                      ※1 , ※3 54,156           ※1 , ※3 64,287
         買掛金
                                      ※1 , ※3 17,300           ※1 , ※3 18,800
         短期借入金
                                        ※1 5,479             ※1 7,716
         1年内返済予定の長期借入金
                                           755              643
         リース債務
                                        ※3 8,852            ※3 10,193
         未払金
                                         1,360              1,562
         未払費用
                                         1,249              1,843
         未払法人税等
                                        ※3 1,605             ※3 1,116
         預り金
                                          ※3 62
                                                         52
         前受収益
                                         1,149              1,207
         賞与引当金
                                           801             2,828
         その他
                                         93,579              110,533
         流動負債合計
       固定負債
                                         7,552               424
         社債
                                        ※1 15,810             ※1 8,093
         長期借入金
                                         2,324              2,554
         リース債務
                                         5,422              5,708
         退職給付引当金
                                           692             1,006
         資産除去債務
                                           513             1,001
         繰延税金負債
                                         1,687              1,487
         その他
                                         34,003              20,275
         固定負債合計
                                        127,582              130,809
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         5,220              7,026
         資本金
         資本剰余金
                                         28,500              30,306
          資本準備金
                                         8,597              8,822
          その他資本剰余金
                                         37,098              39,129
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           520              520
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                           352              335
            固定資産圧縮積立金
                                           140              105
            特別償却準備金
                                         8,373              12,092
            繰越利益剰余金
                                         9,387              13,053
          利益剰余金合計
                                        △ 2,833             △ 1,542
         自己株式
                                         48,872              57,666
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         4,105              5,182
         その他有価証券評価差額金
                                         4,105              5,182
         評価・換算差額等合計
       純資産合計                                  52,978              62,849
                                        180,561              193,658
      負債純資産合計
                                  84/100





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                       ※2 584,748             ※2 601,572
      売上高
                                       ※2 528,747             ※2 543,728
      売上原価
                                         56,000              57,843
      売上総利益
                                      ※1 , ※2 50,515           ※1 , ※2 51,102
      販売費及び一般管理費
                                         5,485              6,740
      営業利益
      営業外収益
                                          ※2 3             ※2 3
       受取利息
                                         ※2 192             ※2 216
       受取配当金
                                           271              214
       業務受託手数料
                                           141              174
       古紙売却収入
                                           106              131
       貸倒引当金戻入額
                                         ※2 349             ※2 384
       その他
                                         1,064              1,124
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         ※2 412             ※2 302
       支払利息
                                           57              63
       売上割引
                                           122              150
       売上債権売却損
                                           61              26
       その他
                                           653              542
       営業外費用合計
                                         5,896              7,322
      経常利益
      特別利益
                                           48              95
       固定資産売却益
                                            0              24
       投資有価証券売却益
                                           48              119
       特別利益合計
      特別損失
                                           305               ▶
       固定資産売却損
                                           17              14
       固定資産除却損
                                           -              103
       減損損失
                                           -              42
       投資有価証券評価損
                                           28              -
       関係会社株式評価損
                                           75              -
       災害による損失
                                           427              165
       特別損失合計
                                         5,518              7,276
      税引前当期純利益
                                         1,882              2,464
      法人税、住民税及び事業税
                                           60              43
      法人税等調整額
                                         1,942              2,507
      法人税等合計
                                         3,575              4,769
      当期純利益
                                  85/100







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                   株主資本
                          資本剰余金                 利益剰余金
                                          その他利益剰余金
                  資本金
                      資本準備    その他資    資本剰余    利益準備                 利益剰余
                                       固定資産
                      金    本剰余金    金合計    金         特別償却    繰越利益    金合計
                                       圧縮積立
                                            準備金    剰余金
                                       金
     当期首残高              5,000    28,280     8,596    36,876      520    369    175   5,657    6,722
     当期変動額
      新株の発行              220    220         220
      剰余金の配当                                           △ 911   △ 911
      当期純利益
                                                 3,575    3,575
      固定資産圧縮積立金の取崩                                   △ 17         17    -
      特別償却準備金の取崩                                       △ 35    35    -
      自己株式の取得
      自己株式の処分
                             1    1
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計               220    220     1   221     -   △ 17   △ 35   2,716    2,664
     当期末残高
                   5,220    28,500     8,597    37,098      520    352    140   8,373    9,387
                    株主資本       評価・換算差額等

                                   純資産合
                          その他有    評価・換
                      株主資本             計
                  自己株式         価証券評    算差額等
                      合計
                          価差額金    合計
     当期首残高
                   △ 732   47,866     2,956    2,956    50,823
     当期変動額
      新株の発行                  441             441
      剰余金の配当                 △ 911            △ 911
      当期純利益                 3,575             3,575
      固定資産圧縮積立金の取崩                  -             -
      特別償却準備金の取崩                  -             -
      自己株式の取得            △ 2,123   △ 2,123            △ 2,123
      自己株式の処分              22    23             23
      株主資本以外の項目の当期
                            1,149    1,149    1,149
      変動額(純額)
     当期変動額合計             △ 2,101    1,005    1,149    1,149    2,155
     当期末残高
                  △ 2,833    48,872     4,105    4,105    52,978
                                  86/100





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                   株主資本
                          資本剰余金                 利益剰余金
                                          その他利益剰余金
                  資本金
                      資本準備    その他資    資本剰余    利益準備                 利益剰余
                                       固定資産
                      金    本剰余金    金合計    金         特別償却    繰越利益    金合計
                                       圧縮積立
                                            準備金    剰余金
                                       金
     当期首残高              5,220    28,500     8,597    37,098      520    352    140   8,373    9,387
     当期変動額
      新株の発行
                   1,806    1,806         1,806
      剰余金の配当                                          △ 1,102   △ 1,102
      当期純利益                                           4,769    4,769
      固定資産圧縮積立金の取崩                                   △ 17         17    -
      特別償却準備金の取崩
                                             △ 35    35    -
      自己株式の取得
      自己株式の処分                      224    224
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計              1,806    1,806     224   2,030      -   △ 17   △ 35   3,718    3,666
     当期末残高              7,026    30,306     8,822    39,129      520    335    105   12,092    13,053
                    株主資本       評価・換算差額等

                                   純資産合
                          その他有    評価・換
                      株主資本             計
                  自己株式         価証券評    算差額等
                      合計
                          価差額金    合計
     当期首残高             △ 2,833    48,872     4,105    4,105    52,978
     当期変動額
      新株の発行
                       3,612             3,612
      剰余金の配当                △ 1,102            △ 1,102
      当期純利益                 4,769             4,769
      固定資産圧縮積立金の取崩
                         -             -
      特別償却準備金の取崩                  -             -
      自己株式の取得              △ 9   △ 9            △ 9
      自己株式の処分             1,301    1,526             1,526
      株主資本以外の項目の当期
                            1,076    1,076    1,076
      変動額(純額)
     当期変動額合計              1,291    8,794    1,076    1,076    9,871
     当期末残高             △ 1,542    57,666     5,182    5,182    62,849
                                  87/100





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
        1.資産の評価基準及び評価方法
         (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
          ①  その他有価証券
            時価のあるもの
             決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
            均法により算定)を採用しております。
            時価のないもの
             移動平均法による原価法を採用しております。
          ②  子会社株式及び関連会社株式
             移動平均法による原価法を採用しております。
         (2)  デリバティブの評価基準及び評価方法
           デリバティブ取引
            時価法を採用しております。
         (3)  たな卸資産の評価基準及び評価方法
            商品
             移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)を採用
            しております。
        2.固定資産の減価償却の方法
         (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法を採用しております。
            ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)ならびに平成28年4月1日以降
           に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法