株式会社Ubicomホールディングス 有価証券報告書 第13期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

有価証券報告書-第13期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社Ubicomホールディングス

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      2018年6月26日

     【事業年度】                      第13期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

     【会社名】                      株式会社Ubicomホールディングス

                          (旧会社名 株式会社AWSホールディングス)
     【英訳名】                      Ubicom    Holdings,     Inc.
                          (旧英訳名 AWS        Holdings,     Inc.)
                           (注)   2017年6月27日開催の第12回定時株主総会の決議により、
                             2017年7月1日から会社名を上記のとおり変更いたしま
                             した。
     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  青木 正之
     【本店の所在の場所】                      東京都文京区小石川二丁目23番11号

     【電話番号】                      03-5803-7339(代表)

     【事務連絡者氏名】                      執行役員コーポレート本部長  豊福 政博

     【最寄りの連絡場所】                      東京都文京区小石川二丁目23番11号

     【電話番号】                      03-5803-7339(代表)

     【事務連絡者氏名】                      執行役員コーポレート本部長  豊福 政博

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/98







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

      (1) 連結経営指標等
            回次           第9期       第10期       第11期       第12期       第13期

           決算年月           2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月

                       2,396,311       2,589,857       2,926,896       2,992,365       3,208,342

     売上高            (千円)
     経常利益又は経常損失
                        △ 51,252       128,405       232,841       289,076       355,492
                 (千円)
     (△)
     親会社株主に帰属する
     当期純利益又は
                       △ 160,107        32,032       △ 4,747      112,464       212,775
                 (千円)
     親会社株主に帰属する
     当期純損失(△)
                       △ 159,518        85,509      △ 71,342       56,328       157,261
     包括利益            (千円)
                        515,348       800,857       729,515      1,109,470       1,293,721

     純資産額            (千円)
                       1,803,515       2,099,904       1,916,844       2,229,310       2,487,216

     総資産額            (千円)
                         63.15       82.04       74.74       100.46       114.92

     1株当たり純資産額             (円)
     1株当たり当期純利益

                        △ 21.04        3.57      △ 0.49       10.60       19.08
                  (円)
     又は当期純損失(△)
     潜在株式調整後

                                                10.03       17.61
                  (円)         -       -       -
     1株当たり当期純利益
                          28.6       38.1       38.1       49.8       52.0

     自己資本比率             (%)
                                  4.9              12.2       17.7

     自己資本利益率             (%)         -               -
                                                75.9       52.3

     株価収益率             (倍)         -       -       -
     営業活動による
                       △ 111,047        94,030       114,352       149,212       294,891
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                        △ 74,545      △ 126,472       △ 96,995      △ 64,021      △ 80,842
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                        269,756        79,736      △ 17,904       237,766       △ 51,022
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                        706,376       790,065       754,219      1,044,865       1,175,479
                 (千円)
     の期末残高
     従業員数
                          491       597       692       768       881
     〔ほか、平均臨時             (名)
                         〔 17 〕     〔 17 〕     〔 10 〕     〔 10 〕     〔 11 〕
     雇用人員〕
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第9期及び第11期においては、潜在株式は存在するもの
          の、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失であるため
          記載しておりません。また、第10期においては、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、期
          中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
        3.自己資本利益率については、第9期及び第11期においては、親会社株主に帰属する当期純損失を計上してい
          るため記載しておりません。
        4.第9期、第10期及び第11期の株価収益率については、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        5.2016年3月4日付で普通株式1株につき10株、2016年10月1日付で普通株式1株につき2株、2017年4月1
          日付で普通株式1株につき2株、さらに2017年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を
          行っております。第9期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期
          純利益又は当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  2/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      (2) 提出会社の経営指標等
            回次           第9期       第10期       第11期       第12期       第13期

           決算年月           2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月

                       1,182,871       1,097,426         845,123       992,526      1,046,920

     売上高            (千円)
     経常利益又は経常損失
                        119,514       △ 59,017      △ 54,933       21,587        6,671
                 (千円)
     (△)
     当期純利益又は当期純
                         83,074      △ 87,277      △ 73,382       57,851       70,279
                 (千円)
     損失(△)
                        435,080       535,080       535,080       696,893       710,253
     資本金            (千円)
                        102,016       122,016      1,220,160       2,761,000       11,257,760

     発行済株式総数             (株)
                        862,053       974,776       901,393      1,282,871       1,380,140

     純資産額            (千円)
                       1,226,238       1,313,225       1,138,930       1,524,826       1,595,502

     総資産額            (千円)
                         105.63        99.86       92.34       116.16       122.59

     1株当たり純資産額             (円)
                           -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                  (円)
                          ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     (1株当たり中間配当額)
     1株当たり当期純利益
                         10.92       △ 9.74      △ 7.52       5.45       6.30
                  (円)
     又は当期純損失(△)
     潜在株式調整後
                                                5.16       5.82
                  (円)         -       -       -
     1株当たり当期純利益
                          70.3       74.2       79.1       84.1       86.5
     自己資本比率             (%)
                          12.9                       5.3       5.3

     自己資本利益率             (%)                 -       -
                                                147.6       158.3

     株価収益率             (倍)         -       -       -
     配当性向             (%)         -       -       -       -       -

     従業員数
                           36       49       58       55       59
     〔ほか、平均臨時             (名)
                         〔  2 〕     〔  2 〕     〔  2 〕     〔  ▶ 〕     〔  ▶ 〕
     雇用人員〕
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第10期及び第11期においては、潜在株式は存在するもの
          の、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失であるため
          記載しておりません。また、第9期においては、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、期
          中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
        3.自己資本利益率については、第10期及び第11期においては、当期純損失を計上しているため記載しておりま
          せん。
        4.第9期、第10期及び第11期の株価収益率については、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        5.第9期、第10期及び第11期の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、新
          日本有限責任監査法人により監査を受けております。
        6.2016年3月4日付で普通株式1株につき10株、2016年10月1日付で普通株式1株につき2株、2017年4月1
          日付で普通株式1株につき2株、さらに2017年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を
          行っております。第9期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期
          純利益又は当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  3/98





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
      当社代表取締役社長の青木正之は、株式会社WCLの代表取締役社長就任時に、日本企業の社内業務のアウトソーシング
     化の進行から、フィリピンでシステム開発を行うことで低コスト化及び国際化を軸とした幅広いシステムソリューショ
     ンの提供による事業拡大を期待できると認識し、当該事業を株式会社WCLから独立して営むことを決意しました。当該事
     業の受け皿として、2005年12月に当社を設立し、現在に至っております。
            株式会社WCL((注)1)の全額出資により、株式会社AWS(現・株式会社Ubicomホールディングス)を

      2005年12月
            東京都港区六本木に設立
            株式会社WCLから現物出資により、ADTX                   SYSTEMS,     INC.((注)2)の株式を100%取得して子会社化
      2006年1月
            ADTX   SYSTEMS,     INC.をAdvanced        World   Systems,     Inc.(現・連結子会社)に社名変更
      2006年8月
            Advanced     World   Systems,     Inc.   のマカティ事務所をAdvanced              World   Solutions,      Inc.(現・連結子会
      2006年8月
            社)として分社化
      2007年3月       分割型吸収分割により、株式会社WCLのBPO((注)3)事業を承継
      2007年7月       エンジニアリング部門強化のため、株式会社TRSを吸収合併
      2007年8月       本社を東京都港区六本木から東京都港区三田に移転
            情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際標準規格であるISO27001
      2008年2月
            (ISO/IEC27001:2005)ならびに国内規格であるJISQ27001(JISQ27001:2006)の認証取得
            中華人民共和国香港特別行政区にAdvanced                    World   Solutions,      Ltd.(現・連結子会社)を設立
      2008年3月
      2008年7月       大阪府大阪市中央区に大阪事業所を開設
      2008年9月       株式会社WCLと資本関係を解消
      2010年2月       本社を東京都港区三田から東京都港区港南に移転
            Advanced     World   Solutions,      Inc.   がセブ事務所を開設
      2010年6月
      2012年8月       中華人民共和国に北京            森科技有限公司(現・連結子会社)を設立
            医療情報システムのソフトウエア商品の開発・販売を行う株式会社エーアイエス(現・連結子会社)
      2012年12月
            の株式を100%取得して子会社化
      2013年7月       株式会社AWSホールディングスに社名変更
      2013年11月       北京    森科技有限公司が昆山分公司を開設
      2013年12月       本社を東京都港区港南から東京都文京区小石川に移転
      2015年5月       日本アイ・ビー・エム株式会社とIBMコア・パートナー契約を締結
            一般社団法人東京ニュービジネス協議会が主催する「第10回ニッポン新事業創出大賞」のグローバル
      2015年10月
            部門において優秀賞を受賞
      2016年6月       東京証券取引所マザーズに株式を上場
            アメリカ合衆国にAdvanced             World   Solutions     U.S.A.,    Inc.(現・Ubicom         U.S.A.,    Inc.:連結子会
      2017年2月
            社)を設立
      2017年7月       株式会社Ubicomホールディングスに社名変更
      2017年12月       東京証券取引所市場第一部に株式を上場
     (注)1.株式会社WCLは1997年2月に株式会社ワールドの新規事業子会社として設立され(設立時の商号は株式会社
          ワールドクリエイティブラボ)、当社設立時点では、株式会社ワールドの創業者を中心とした株主構成を有
          しておりましたが、当社は現在は株式会社ワールド及びその創業者との関連はありません。なお、株式会社
          WCLは2015年9月に清算されております。
        2.ADTX     SYSTEMS,     INC.は1993年6月に株式会社アプティ(現・JBアドバンスト・テクノロジー株式会社。日本
          アイ・ビー・エム株式会社と東芝テック株式会社の合弁会社)の子会社APTi                                    Philippines,       Inc.として設立
          され、2002年1月に株式会社アドテックスがAPTi                       Philippines,       Inc.の株式を100%取得して子会社化し、
          ADTX   SYSTEMS,     INC.に社名変更しました。その後、2005年10月に株式会社WCLが株式会社アドテックスよ
          り、ADTX     SYSTEMS,     INC.の株式を100%取得しました。なお、その後株式会社アドテックスにおいては不祥
          事が明るみに出ておりますが、株式会社WCL及び当社グループとは関係ありません(当社の取締役1名が当
          時株式会社アドテックス取締役に就任していた事実はあるものの、関与は認められておりません)。
        3.ビジネス・プロセス・アウトソーシングの略称であります。
                                  4/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      当社の設立から現在に至るまでの沿革を図示いたしますと、次のようになります。
                                  5/98




















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
      当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社6社、持分法適用関連会社1社で構成されており、
     『グローバル事業』と『メディカル事業』の2つのセグメントに分類されます。グローバル事業は、グローバル部門、
     及びエンタープライズソリューション部門の2つの部門により構成され、日本及びフィリピンを中心拠点として、自動
     車、電機、産業機械をはじめとする製造業や流通、金融、医療など幅広い業界に対して、ITソリューションサービスを
     提供し続けております。
      メディカル事業では、病院等の医療機関あるいは関連施設に関わる、医療情報システムのソフトウエア商品の開発・
     販売、受託開発、医療ビッグデータ分析及びコンサルテーションを行っております。
      また、当社グループは、国際化や少子高齢化などの社会構造の変化などの社会変革、医療生命科学やロボット・人工
     頭脳の分野における技術革新を新規ビジネス創出のチャンスと捉え、戦略的ドメインとする自動車、金融、医療、そし
     て製造・ロボティクスの分野において、「3A」(「Automation(自動化)」「Analytics(分析)」「AI(人工知
     能)」)を基に進化・発展させたコア・ソリューションを次世代型ソリューションと位置付け、事業モデルを展開して
     おります。「金融領域」においては、金融機関向け案件を中心に、業務アプリケーションの開発や、金融システムの
     ASEAN諸国や英語圏への海外展開を支援しております。「医療領域」においては、医療事業を担う中核としてレセプト点
     検ソフトウエア等を開発する株式会社エーアイエスを中心に、医療情報システムのソフトウエア商品の開発・販売、受
     託開発、医療ビッグデータ分析を中心としたビジネスモデル戦略を積極的に推進する体制を整えております。
      当社及び当社の関係会社の事業における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであり

     ます。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。
     (1)  グローバル事業

      グローバル事業は、主に国内外のグローバル企業を主要顧客に、当社海外子会社であるAdvanced                                                World   Systems,
     Inc.   及びAdvanced       World   Solutions,      Inc.   (以下、「フィリピン子会社」という。)、持分法適用関連会社である
     Alsons/AWS      Information      Systems,     Inc.、並びに北京           森科技有限公司及びAdvanced              World   Solutions,      Ltd(以下
     「中国子会社」)を活用したシステム開発業務を行っており、システム開発業界の競合の激化、国際化という業界環境
     の流れの中で、低コスト、高品質を同時に実現すべくサービスを提供し続け、フィリピン子会社は、2006年1月に当社
     の子会社となる以前の、前身であるAPTi                   Philippines,       Inc.が設立された1993年以来、20年以上に渡る開発実績を積み
     上げております。
      近年、IT製品開発は、国内から海外の事業者や海外子会社に委託する形態が広がりをみせております。従来の海外へ
     の開発委託は主として、労働集約型の業務を単価の安い海外へアウトソーシングすることにより、開発及び保守・運用
     コストの削減を目的としたものでございましたが、我が国における少子高齢化を背景にしたIT人材不足を背景に、ビッ
     グデータ、IoT、AIといった最先端分野も含め、開発において戦略的に海外の人材を活用することが必要な段階に差し掛
     かっております。 
      また、急激に成長する新興国市場への投資が拡大しており、なかでもグローバルレベルでのIT統制の必要性が高まっ
     ております。当社グループが主たる事業拠点としているフィリピン共和国は、東南アジア諸国連合(ASEAN)の新興国と
     して年6%程度の経済成長を続けております(2010-2016年の平均値。出典:日本貿易振興機構(ジェトロ)「世界貿
     易投資報告:フィリピン編」他)。また、人口動態予測でも、消費者・就労者人口とも一貫して増え続ける予想(出
     典:総務省統計局「世界の統計2018」2-2                     世界人口・年齢構成の推移(1950~2050年))となっております。当社グ
     ループは、ソフトウエアの設計・開発から製品保証まで、英語・日本語のバイリンガルな環境で広範なシステム開発の
     サービスを行っております。国内外の製造業と取引をしている経験と実績を基に、信頼できる開発パートナーとして、
     確かな技術と品質を提供しております。
      フィリピン子会社の活用形態は、主に①フィリピン国内における事業所において開発を行う(オフショア受託開
     発)、②フィリピン子会社の開発要員を当社に出向させ、そこから日本国内の顧客の開発拠点にて直接開発を行う(オ
     ンショア開発)の二形態があります。当社グループでは、顧客の個々の要望に応じてこれらの二形態の組み合わせを基
     礎として最適な開発形態を都度構築しております。また、フィリピンの人件費水準、及び現地従業員の英語力は、同業
     との競合において差別化を図れる重要な要素となっております。さらに国内においては、外部の人材についても積極的
     に活用することを目的として、当社が一般労働者派遣事業の免許を取得し、人材派遣業務を行っております。
                                  6/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      フィリピン子会社の従業員は当社グループの重要な経営資源であり、フィリピン及び日本において直接クライアント
     とのやり取りを通じ開発を実施することから、英語と日本語のバイリンガル能力に加え、高度なIT技術を有するエンジ
     ニアの育成が必要となります。そのため、フィリピン子会社においては、毎年計画的にフィリピン全国の理工学系専攻
     新卒者の上位成績者のみを採用し、戦略的人材育成を行っております。具体的には、フィリピンのマニラとセブのそれ
     ぞれの施設に社内研修センター「AWS's                   Center    for  Technology      Incubation(通称:ACTION)」を設立し、4ヶ月間の
     集中新人研修プログラムにおいて日本語環境下での高度なソフトウエア開発ができる要員を養成しております。
      この社内研修センター「ACTION」ではIT分野の基礎技術・知識の教育に始まり、ソフトウエア開発に関わる最新技
     術、ビジネススキル、さらに日本人講師による日本語講座等の研修コースを設け、従業員の技術力向上を継続的に支援
     しております。フィリピン子会社では、高い技術力で長年、国際優良企業と協業してきた実績を基に、グローバルな市
     場で評価されるソリューションを創造・提供し続けた結果、子会社Advanced                                    World   Solutions,      Inc.   は、国際ICTフィ
     リピン・アワード(International                 ICT  Awards    Philippines)(注1)にて、2016年3月に「Best                        Software     Company
     of  the  Year」を受賞、翌年の2017年3月に「Best                      Company    of  the  Year   for  Information      Technology      & Software
     Development」を受賞、また、子会社Advanced                      World   Solutions,      Inc.は、2017年10月に開催されたアジアCEOアワード
     2017(注2)にて「Technology               Company    of  the  Year」並びに「Service            Excellence      Company    of  the  Year」の2部門
     においてファイナリストに選出される等、高い評価を受けております。
      中国においては、中国子会社における当社グループの主要顧客向けの開発を核に据えつつも、幅広い新規の顧客を
     ターゲットにした事業拡大を推進しております。
      米国においては、2017年2月に設立した子会社Ubicom                          U.S.A.,    Inc.を核に米国とフィリピンをダイレクトに結び、米
     国の自動車産業及びヘルスケア産業における顧客をターゲットに、フィリピン子会社を活用したITソリューションの事
     業拡大を推進しております。
      更に、2016年11月にソフトバンク株式会社とIBM                        Watsonエコシステムパートナー契約、IBM                    Watsonエコシステムプロ
     グラム(注3)に参画していることから、様々な業界において協業を推進し、積極的にIBM                                           Watson日本語版を活用した
     ソリューションサービスを提供することが可能となっております。
      a.グローバル部門

       グローバル事業は、主に国内外の製造業、流通業、医療機器関連企業を主要顧客に、フィリピン子会社及び中国子
      会社と連携し、組込みソフトウエア開発、ビジネスアプリケーション開発、製品評価サービスの提供、および3Aを基
      に進化・発展させたコア・ソリューションによる次世代型ソリューションの提供を行っております。
      b.エンタープライズソリューション部門

       エンタープライズソリューション部門では、日本アイ・ビー・エム株式会社をはじめとする大口法人向けに、フィ
      リピン子会社を活用し、金融領域をはじめとするソリューションサービスの企画、営業及びデリバリー活動を行って
      おります。
     (注1)国際ICTフィリピン・アワード(International                          ICT  Awards    Philippines)

      フィリピンを代表する情報技術団体であるIBPAP(The                           Information      Technology      and  Business     Process    Association
     of  the  Philippines)の協力のもと、在フィリピンカナダ商工会議所によって運営されており、デザイン及び開発の側
     面において、ソフトウエア・カンパニーとして、その年のフィリピン国内にて最も創造的な役割を担った企業に送られ
     る賞。評価基準としては、年間売上成長率等の定量的な側面に加え、顧客への提供サービスの多様性やコンピタンス、
     経営管理手法、フィリピンのICT産業への貢献度等が挙げられる。 
     (注2)アジアCEOアワード(Asia                 CEO  Awards)

      フィリピンの通信事業最大手であるPLDT                    Enterprise社が主催するアジア最大級のビジネスアワードであり、ASEAN地
     域のビジネス拡大促進を目的に、多大な功績と貢献を果たした個人や団体を表彰するもの。
     (注3)IBM      Watsonエコシステムプログラム

      米国IBMが開発した質問応答システム・意思決定支援システムであるIBM                                   Watsonを日本市場で活用したサービスの導入
     を推進させるため、ソフトバンク株式会社が日本アイ・ビー・エム株式会社と共同で構築・提供しているパートナープ
     ログラム。
                                  7/98


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     (2)  メディカル事業
      当事業では、医療情報システムのソフトウエア商品の開発・販売、受託開発、コンサルテーションを中心としたビジ
     ネス戦略を積極的に推進する体制を整えております。
      当事業の中核を担う子会社株式会社エーアイエスは、医療現場の業務効率を改善し、経営品質を高めるため、
     「Mightyシリーズ」製品として主に3つのソリューションシステムを開発・販売しております。なかでもレセプト(注
     5)点検ソフト「Mighty            Checker®」は、1999年に他社に先駆けて当該機能を提供するソフトウエアの開発・販売を行っ
     たことから、全国の多数の医療機関に採用されております。
      また、レセプト点検ソフトのリーディングカンパニーとして、当社グループの「3A」による次世代型ソリューション
     のうち、「Analytics(分析)」の領域の中核の1つを担っており、医療ビッグデータ分析事業への本格展開を開始して
     おります。また、今後は「AI(人工知能)」を活用したソリューションの提供も推進してまいります。
      その他、医療新領域における各種コンサルティングも行っております。
      当事業の主力製品であるMightyシリーズのラインアップは、下記のとおりであります。

     ① レセプト点検ソフト「Mighty                Checker®(マイティーチェッカー)」

      平成21年5月8日付平成21年厚生労働省令第110号「療養給付及び公費負担医療に関する費用の請求に関する省令の一
     部を改正する省令」により、一部例外を除き、医療機関はオンラインによるレセプトの請求が義務付けられるようにな
     りました。審査支払機関における審査強化の動きも重なり、レセプトチェックの精度と効率を上げることは、医療機関
     において、経営上の重要な課題となりました。
      「Mighty     Checker®」シリーズでは、レセプト電算処理・レセプトオンライン請求が一般化された現在、医療機関に
     とって必須ツールであり、院内審査(注6)における査定・返戻対策用の機能に留まらず、その後の機能強化により請
     求漏れのある可能性がある加算項目の指摘を行うことを可能とし、また、グラフィック機能の搭載、請求金額順点検の
     実現、加えて、査定・返戻データの取り込みにより査定された該当レセプトの抽出、それに基づくスムーズなデータ
     ベース修正、集計分析機能などを追加し、業界の中でもユニークで先駆的製品として供給を続けております。
      「Mighty     Checker®」の特徴及び導入医療機関数の推移については、下記のとおりであります。

              製品名                            特徴
                           ・医科レセプト点検ソフトウエアの上級システム
                           ・点検結果を分析し、効率的な点検業務を提案
     Mighty    Checker®     PRO  Analyze
                           ・査定・返戻対策に加え、レセプト点検結果を活用した、より効率的
                            な点検結果の活用が可能
     (マイティーチェッカープロアナライズ)
                           ・査定返戻データ取り込みによりスムーズなデータベース修正を実現
                            し、査定返戻の抑止を強化
                           ・医科レセプト点検ソフトウエアの普及型システム
                           ・病名・医薬品・医療行為の適応症を点検
     Mighty    Checker®     PRO  Advance
                           ・査定・返戻対策の点検(突合点検・縦覧点検・算定日チェック等)
     (マイティーチェッカープロアドバンス)
                           ・算定支援機能による点検(指導料等で算定できる可能性がある項目
                            をチェック)
                           ・Mighty     Checker®     PRO  Advanceが日医標準レセプトソフト「ORCA」
     Mighty    Checker®     for  ORCA(注7)
                            と連携
                           ・ORCAで入力されたデータを、Mighty                  Checker    PRO  Advanceと同じ点
     (マイティーチェッカーフォーオルカ)
                            検機能でスムーズに点検することが可能
     Mighty    Checker®     DENTAL             ・歯科レセプト点検ソフトウエア
                           ・Mighty     Checker®     PROとの併用で医科・歯科トータルな点検が可能
     (マイティーチェッカーデンタル)
                           ・インターネット版レセプト点検サービスの提供
     Mighty    Checker®     Cloud
                           ・PCにアプリケーションがインストールされてなくても、サーバーへ
     (マイティーチェッカークラウド)
                            アクセスすることで、レセプト点検ソフトを利用することが可能
     ② オーダリングチェックソフト「Mighty                    QUBE®   PRO(マイティーキューブプロ)」

      「Mighty     Checker®(マイティーチェッカー)」のデータベースを活用し、疾患と診療行為・投薬の適応性、用法用量
     等を処方オーダー時に点検し、不適応のもの、病名が漏れているケースへエラーを出す仕組みとして、国立大学法人東
     京大学と共同開発したものであり、オーダリング時の人為的な誤入力・誤操作を防ぐことで、医療事故(ヒヤリ・ハッ
     ト)や査定(減額)を防止します。
                                  8/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     ③ レセプト点検ソフト+オーダリングチェック「Mighty                           Double®(マイティーダブル)」
      ①レセプト点検機能を搭載した「Mighty                     Checker®     PRO」による「収益改善」と、②オーダー点検機能を搭載した
     「Mighty     QUBE®   PRO」による「ヒヤリ・ハット防止」をダブルでサポートすることにより、オーダーチェック情報、レ
     セプトチェック情報を一元管理でき、医療の安全管理及びリスクマネジメント対策を実現し、総合的なチェック体制を
     構築することで、病院経営の健全化にも効果的であり、また、審査支払機関における審査強化に対応しております。
      ※「Mighty       Checker®」「Mighty          QUBE®」「Mighty        Double®」は、株式会社エーアイエスの登録商標であります。

     (注5)レセプト

      患者様が受けた診療について、医療機関が市町村や健康保険組合等の公的機関に対し、保険負担分の支払いを請求す
     る医療診療の明細書。医科・歯科の場合には「診療報酬明細書」、薬局における調剤の場合には「調剤報酬明細書」と
     呼ばれる。
     (注6)院内審査

      医療機関自らが内部で実施する自己点検業務。
     (注7)ORCA(オルカ)

      日本医師会が会員のために開発・提供している無料レセプトソフト。2018年6月15日現在、17,297施設で稼働してい
     る(出典:「ORCA         PROJECT 日本医師会ORCA管理機構」ホームページ)。
                                  9/98













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      事業の系統図は、次のとおりであります。
      なお、Ubicom        U.S.A.,    Inc.   については、量的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 10/98




















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     4 【関係会社の状況】
                             資本金      主要な事業      議決権の所有

          名称           住所                             関係内容
                             (千円)       の内容      割合(%)
     (連結子会社)
                                                ソフトウエア開発業務
     Advanced     World
                             32,000千
                  フィリピン共和国
                                  グローバル             の受託及び委託
     Systems,     Inc.                                  100.0
                            フィリピン
                                  事業             配当金の受取
                  モンテンルパ市
     (注)2                          ペソ
                                                役員の兼任 3名
                                                ソフトウエア開発業務
     Advanced     World
                             15,000千
                  フィリピン共和国
                                  グローバル             の受託及び委託
     Solutions,      Inc.                                 100.0
                            フィリピン
                                  事業             配当金の受取
                  マカティ市
                               ペソ
     (注)2、5
                                                役員の兼任 3名
     Advanced     World
                  中華人民共和国             230千
                                  グローバル
                                            100.0    役員の兼任 2名
     Solutions,      Ltd.                        事業
                  香港特別行政区           香港ドル
                  中華人民共和国            2,400千
                                  グローバル
     北京    森科技有限公司                                  100.0    役員の兼任 2名
                                  事業
                  北京市            人民元
                                                ソフトウエア開発業務
                                                の受託及び委託
     株式会社エーアイエス                             メディカル
                  東京都文京区            20,000              100.0    経営指導料の受取
     (注)5                             事業
                                                配当金の受取
                                                役員の兼任 2名
     Ubicom    U.S.A.,    Inc.     アメリカ合衆国             400千
                                  グローバル
                                            100.0    -
     (注)6                             事業
                  ミシガン州            米ドル
     (持分法適用関連会社)
     Alsons/AWS      Information                  8,000千
                  フィリピン共和国
                                  グローバル          51.1
     Systems,     Inc.                  フィリピン                   役員の兼任 2名
                                  事業         (51.1)
                  マカティ市
     (注)7                          ペソ
      (注)   1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
        2.特定子会社であります。
        3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
        4.「議決権の所有割合(%)」の( )内は、間接所有割合で内数であります。
        5.Advanced       World   Solutions,      Inc.   及び株式会社エーアイエスについては、売上高(連結会社相互間の内部
          売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報
          (Advanced        World   Solutions,      Inc.)
           ① 売上高                          1,120,060千円
           ② 経常利益                            203,546〃
           ③ 当期純利益                           173,371〃
           ④ 純資産額                            402,582〃
           ⑤ 総資産額                            565,970〃
          (株式会社エーアイエス)

           ① 売上高                          1,176,403     千円
           ② 経常利益                            400,853〃
           ③ 当期純利益                           259,896〃
           ④ 純資産額                               285,171〃
           ⑤ 総資産額                            1,155,819〃
        6.Advanced       World   Solutions     U.S.A.,    Inc.は、2017年8月1日付でUbicom                 U.S.A.,    Inc.に社名を変更してお
          ります。
        7.議決権の所有割合は50%超でありますが、合弁契約の条項により実質的支配権の要件を満たさないため持分
          法適用会社としております。
                                 11/98





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     5 【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                               2018年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(名)
                                                  〔  2〕

     グローバル事業                                           801
                                                  〔  7〕

     メディカル事業                                            66
      報告セグメント計                                          867  〔  9〕

     全社(共通)                                            14  〔 2〕

                  合計                              881  〔11〕

      (注)   1.従業員数は、就業人員数(契約社員を含み、当社グループからグループ外への出向者を除く。)でありま
          す。また、執行役員を含んでおります。
        2.臨時雇用者数(派遣社員、パートタイマー)は当連結会計年度中の平均人員数を〔 〕外数で記載しており
          ます。
        3.全社(共通)は、管理部門の従業員であります。
        4.前連結会計年度末に比べ従業員数が113名増加しております。主な理由は、グローバル事業における業容の
          拡大に伴い期中採用が増加したことによるものであります。
      (2) 提出会社の状況

                                               2018年3月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢            平均勤続年数            平均年間給与(千円)
             〔  4〕

            59              42歳7ヵ月              5年6ヵ月                 5,796
               セグメントの名称                            従業員数(名)

                                                  〔  2〕

     グローバル事業                                            45
                                                  〔  0〕

     メディカル事業                                            0
                                                  〔  2〕

      報告セグメント計                                            45
                                                  〔  2〕

     全社(共通)                                            14
                                                  〔  4〕

                  合計                               59
      (注)   1.従業員数は、就業人員数(契約社員を含み、当社から他社への出向者を除く。)であります。また、執行役
          員を含んでおります。
        2.臨時雇用者数(派遣社員、パートタイマー)は当事業年度の平均人員数を〔 〕外数で記載しております。
        3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。 
        4.全社(共通)は、管理部門の従業員であります。 
      (3) 労働組合の状況

        労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。 
                                 12/98






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

        当社の経営方針の内容は、以下のとおりであります。
        ① 経営理念
         (ⅰ)社会にとって無くてはならない、ソリューション提供企業であること
         (ⅱ)常にプロフェッショナルであること
         (ⅲ)グローバルであること
        ② 事業展開方針
          当社グループは、以下の事業展開の方針のもと、顧客との持続発展的な関係を構築し、収益基盤の構築と収
         益力の向上を図ってまいります。
         (ⅰ)常に他社に先駆けてマーケットを創造
            グループ各企業の特性を最大限に活かし、その力を自在に統合し、時代の変化を先取りした新たなマー
           ケットを創造する企業集団であり続けます。
         (ⅱ)ニッチNo.1のポジションを構築
            新たに創造したニッチマーケットにおいて、No.1の地位を築き、マーケットの成長とともに当社グルー
           プも成長を目指します。
         (ⅲ)グローバル展開
           常に世界目線で思考し続け、当社グループのビジネススキームを、アジア各国を中心にグローバルに展開
           しています。
        長期的な成長を目指し、収益基盤を一層強固なものにするために、当社グループの対処すべき課題としまして

       は、特に以下の点について、重要課題として取り組んでおります。
       ① 次世代型ソリューション

         当社グループにおいては、更なる収益の拡大と、利益率の向上を図るべく、戦略的ドメインと位置付ける自動
        車、金融、医療、製造・ロボティクスの分野に向け、「3A」(Automation(自動化),                                        Analytics(分析),         AI(人工
        知能))を基に進化・発展させたコア・ソリューションを次世代型ソリューションと位置付け、国内市場および米
        国をはじめとするグローバル市場に、積極的に提供・拡大してまいります。
       ② 人材の確保・育成

         グローバル事業においては、今後の事業拡大に合わせ、優秀な人材を十分に確保していくことが課題であり、
        特に、当社グループのグローバルビジネスの中核であるフィリピン国内における人員の確保および育成強化を継
        続的に行うことが最も重要であると考えております。そのため、フィリピン国内のトップクラスに位置する大学
        との連携など、人材採用活動の幅を広げるとともに、各社員の当社グループで働き続けるためのインセンティブ
        の導入や最先端技術の習得を含めた各種人材育成に係るプログラムを強化し、常に質の高いサービスを提供でき
        る体制を構築してまいります。併せて人事評価の適正性の確保、福利厚生制度の拡充、ワークライフバランスの
        実現等により、重要な人材の流出防止を図ってまいります。 
       ③ 新たな高収益モデル確立に向けた取り組み

         メディカル事業においては、『Mighty』シリーズの主力製品を中心とした安定したストック型ビジネスの拡大
        に加え、これまで培ってきたコア分析技術および医療データにアクセスできる有利なポジションを活かし、クラ
        ウドコンピューティングを活用したレセプト点検およびデータ分析エンジンを構築しております。また、今後更
        にグループの先端技術を活用することにより、「レセプト点検ソフトのリーディングカンパニー」から「医療
        ビッグデータ分析・医療ITソリューションのリーディングカンパニー」へと、新たな高収益モデル確立に向けた
        取り組みを推進してまいります。
                                 13/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ④ 協業・戦略的提携
         メディカル事業においては、当連結会計年度以降、医療情報データベース提供会社、医療機関へのサービス提
        供会社、調剤・医科システム開発会社等、医療業界を代表する企業との協業・戦略的提携が実行されておりま
        す。
         今後も当社グループは、市場の動きや顧客ニーズ等を見極め、当社グループの既存のビジネスで培ったノウハ
        ウや知見を生かし、提携先、当社共にWin-Winの関係を構築する協業・戦略的提携を実行することにより、企業価
        値の継続的な向上を目指してまいります。
                                 14/98


















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     2  【事業等のリスク】
      当社グループの事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のあるリ
     スク要因について、以下に記載しております。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)   経済動向による影響について

        当社グループは、日本国内のほか、フィリピン、中国及び米国に事業拠点を設置し、事業を展開しており、また
       当社グループの取引先についても、その多くが日本国内に留まらず海外にて事業を展開しております。このため、
       当社グループの事業活動は、日本や事業拠点のある現地の国々や地域に限らず、当社グループの取引先が事業展開
       を行っている国々や地域の経済環境や社会環境の変化及び景気動向の影響を受ける可能性があり、その結果、当社
       グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)  グローバル事業に係るリスク

       ① システム開発プロジェクトに関する採算性について
        当社及び当社グループは、システム開発の受注活動の準備段階において、予め、顧客の要求する仕様・機能その
       他の顧客のニーズに応えるために必要な延べ作業時間(作業工数)の見積もりを出し、開発に要する費用を確定さ
       せて契約しております。しかしながら、特に請負の契約においては、その開発作業の過程において、仕様の変更や
       何らかのトラブル等が発生し、予め見積もっていた作業時間を超える作業が発生した場合には、その費用を当社が
       負担しなければならない場合があり、また、開発したシステムの顧客への及び検収完了後不具合が発生した場合に
       おいても、その解消を当社の費用負担で行わなければならない場合があります。したがって、これらの事象が発生
       した場合には、予め見積もった費用を超える費用を当社が負担し、システム開発案件の採算性が悪化することとな
       ります。当社及び当社グループとしてはこのようなリスクを考慮し、できる限り準委任もしくは派遣の契約を優先
       しておりますが、請負の契約の割合が高まり、かつ、上述のような事態が発生した場合、当社グループの業績に影
       響を及ぼす可能性があります。
       ② 海外での事業展開について

        当社グループは日本国内のほかフィリピン、中国及び米国に事業拠点を設置し、事業を展開しております。海外
       での事業展開において適用を受ける関連法令・税制・政策の制定、改正又は廃止、並びに解釈の相違、政治経済情
       勢・外交関係の変化、電力・輸送・通信等のインフラの停止・遅延、法令・規制・商慣習の実務上の取扱いの変
       更、人件費の上昇、テロ、戦争、伝染病等が発生した場合や、日本との商習慣との違いから生じる取引先等との潜
       在的リスクが顕在化し、現地での事業活動に悪影響が生じる場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性
       があります。
       ③ 為替相場の変動、送金について

        当社グループは日本国内のほか、フィリピン、中国及び米国において製品開発及び販売を行っております。連結
       財務諸表を作成するにあたっては現地通貨を円換算する必要があり、換算時に使用する為替レートによっては当社
       グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。為替相場の変動は中長期的には平準化されるもの
       と考え、為替予約等は行っておりません。また、これら4カ国間の送金が、それぞれの国の法規制や政策の変更、
       外交関係の大きな変化により、円滑に行い難い状況となった場合には、当社グループの業務に影響が生じ、その結
       果、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ④ 自然災害等について

        当社グループは、日本国内のほかフィリピン、中国及び米国において事業を展開しており、地震・台風等の自然
       災害の影響を受ける可能性があります。特に、日本及びフィリピンにおいて大規模災害が発生し、当社グループや
       常駐先企業が人的及び物的被害を受けた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 15/98




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 競合状況及び競争政策(価格競争)について
        当社グループは、フィリピンにおいて、長年に渡り日系企業との取引関係の実績を積み上げ、また、ノウハウを
       蓄積することにより、競合他社との差別化を図っておりますが、海外競合他社のフィリピン市場への参入や、国内
       競合他社の海外生産へのシフト等により、当社グループを取り巻く市場の競争環境がより一層激化し、コスト面や
       技術力等で競合他社に対し、競合優位性を確保することが困難となる場合には、当社グループの業績に影響を及ぼ
       す可能性があります。
       ⑥ 国内の法規制について

        当社の事業の遂行にあたっては、労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(労
       働者派遣法)、職業安定法、出入国管理及び難民認定法(入管法)等の関連法令による規制の適用を受けておりま
       す。当社グループでは、これらの関連法令の遵守に努めておりますが、万が一法令違反に該当するような事態が発
       生した場合や、当該法令の変更や新たな法令の施行等により事業上の制約を受けるような場合には、当社グループ
       の業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑦ 技術革新への対応について

        当社グループが主力事業として展開するグローバル事業においては、技術革新のスピードが速く、新言語・新技
       術によるサービスの導入が加速しております。このような状況の中、技術革新への対応が遅れた場合、あるいは想
       定を上回る速度での技術革新や新技術が出現し普及した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があ
       ります。
       ⑧ 租税に係るリスクについて

        a.訴訟等
          当社は、フィリピン子会社との間で製品開発及び販売等の海外取引を行っており、日本及びフィリピン各国
         の法令に準拠し、適時かつ適正な納税を行っております。
          フィリピン共和国において当社連結子会社のAdvanced                          World   Systems,     Inc.   (本項目において、以下、「当
         連結子会社」という。)は、経済特区における企業所得税優遇措置の対象企業として長年認められておりまし
         た。当連結子会社は税務調査の結果、2014年12月29日付で、同国の内国歳入庁より、税務調査に係る処分通知
         書を受領しており、当通知書においては、当連結子会社のマカティ支店の所得税優遇措置の適用に対する指摘
         がなされ、経過利子を含め、51,444千フィリピン・ペソの追徴課税を課す内容とされております。当連結子会
         社は、2015年1月28日付で、当処分には重要な認識の誤りがあり不当であるとして、同国租税裁判所へ処分の
         取り消し及び当税務調査の無効の宣言を求め、提訴しておりましたが、2018年3月19日付で、当連結子会社の
         主張を認め、当税務調査の無効を認める小法廷判決が下され、これに対し同庁は大法廷に対し、決定再考の申
         立てを行っております。当連結子会社においては、引き続き、所得税優遇措置の適用対象企業である旨を主張
         してまいりますが、当連結子会社側の主張・見解と相違する結果となった場合には、当社グループの業績及び
         財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        b.付加価値税の還付

          フィリピン共和国において当社連結子会社Advanced                          World   Systems,     Inc.及びAdvanced         World   Solutions,
         Inc.(本項目において、以下、「当連結子会社」という。)は、付加価値税の還付請求権を有しております。
         当連結子会社は、同国の内国歳入庁に対し遅滞なく還付請求を行っておりますが、同庁による付加価値税の還
         付手続の遅延により、未だ16,905千フィリピン・ペソの付加価値税については還付されておらず、そのうち一
         部の請求については、同庁より還付の否認通知書を受領しております。当連結子会社は同否認通知書には重要
         な認識の誤りがあり不当であるとして、同国租税裁判所へ否認の取り消し及び還付の実施を求め提訴あるいは
         提訴の準備を進めております。
          当連結子会社においては、引き続き、付加価値税の還付請求を行ってまいりますが、同庁と当連結子会社側
         の主張・見解と相違する結果となった場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があ
         ります。
                                 16/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      (3)  メディカル事業に係るリスク
       ① 情報システムの障害について
        当社グループがインターネットを通じて提供するクラウドサービスにおいては、患者様の既往歴・処方薬等の診
       療記録をはじめとする、医療機関よりお預かりした重要な個人情報を取り扱っております。情報システムの構築に
       あたっては、これらの重要情報についての改ざんや大規模盗難等の危険性を排除した万全の品質管理を徹底してお
       りますが、万が一、医療機関に提供した情報システムに予想し難い欠陥や不具合が生じた場合、あるいは個人情報
       が漏洩した場合には、当社グループの信用低下や、損害賠償責任の負担等を通じて、当社グループの業績及び財政
       状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ② 特定製品への依存について

        当社グループが展開するメディカル事業において、レセプト点検ソフトMightyシリーズは、2018年3月期の連結
       売上高の約29%を占める主力製品となっております。当製品が想定外の事由により販売中止となった場合や、他社
       製品への乗替え等により売上高が大幅に減少した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がありま
       す。
       ③ 診療報酬の改定について

        現行法上、診療報酬は2年に1度改定されており、この改定において診療報酬が引き下げられた場合、当社グ
       ループの販売先である医療機関の経営を圧迫する可能性があり、これに伴い当該医療機関の設備投資が縮小された
       場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (4)  代表取締役への依存

        当社代表取締役社長青木正之は、当社グループの経営戦略の立案・決定や業務上の提携先及び取引先との交渉に
       おいて中心的な役割を担うほか、実務レベルでの事業運営の推進においても重要な役割を果たしております。当社
       は、同氏に対して過度に依存しない経営体制の構築を目指し、人材の育成・強化に注力しておりますが、依然とし
       て同氏の経営判断、行動力、営業力及び人脈等に一定程度依存している傾向にあるため、同氏が何らかの理由によ
       り業務執行できない事態となった場合、当社グループの今後の事業展開及び業績に重大な影響を与える可能性があ
       ります。
      (5)  情報セキュリティについて(個人情報・機密情報の流出)

        当社グループでは、事業遂行にあたり、顧客の企業情報や顧客が保有する個人情報等、様々な機密情報に接する
       機会があります。それらの情報管理やセキュリティ管理に対しては個人情報保護規程や企業機密管理規程を整備す
       るとともに、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証を取得し、情報の適正な取扱いと厳格な管理を
       的確に行っておりますが、万が一、これらの情報が外部に漏洩した場合には、当社グループの信用低下や損害賠償
       責任の負担等を通じて、当社グループの業績や財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (6)  コンピュータウイルス等について

        当社、国内子会社及びフィリピン子会社は、不正アクセスやコンピュータウイルスによる被害、内部不正者や外
       注先による情報漏洩等の脅威に備えるため、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得してお
       ります。また、月1回定期的にISMS管理策チェックを行い、全ての役員・従業員に対する意識付けを組織的かつ継
       続的に行っております。しかしながら、万が一、不正アクセスやコンピュータウイルスによる被害等、不測の事態
       が生じた場合には、当社グループの信用低下等を通じて、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (7)  知的財産権について

        当社グループは、事業活動において、第三者の特許権、商標権等の知的財産権を侵害しないよう、常に注意を払
       うとともに、必要に応じて当社グループの知的財産権の登録を申請することで、当該リスクの回避を図っておりま
       す。しかしながら、当社グループの認識していない第三者の知的財産権が既に成立している可能性や当社グループ
       の事業分野で第三者の知的財産権が成立する可能性があること等から、当社グループによる第三者の知的財産権の
       侵害が生じる可能性があり、その第三者より、損害賠償請求、使用差止請求及びロイヤリティの支払い要求等が発
       生した場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 17/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      (8)  人材の確保と育成について
        当社グループの事業を推進していくためには、高度な専門知識、技能及び経験を有する人材の確保及び育成が不
       可欠であります。当社グループは、ストック・オプション等のインセンティブの付与や、人材育成に係るプログラ
       ムの強化、人事評価の適正の確保、福利厚生制度の拡充、ワークライフバランスの実現等により、優秀な人材の確
       保・育成及び流出防止に努めておりますが、予定していた人員の確保及び育成が計画どおり進まない場合や既存の
       人材の社外流出等があった場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (9)  今後の事業展開について

        当社グループでは今後も引き続き、企業価値の継続的な向上を目指し、当社グループのノウハウを活かした収益
       力の高い製品、サービスの創出及び協業・戦略的提携に積極的に取り組んでまいりますが、事前に十分な検討をし
       たにもかかわらず、期待した成果があがらない場合や予想困難なリスクの発生により当初の事業計画を達成できな
       い場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (10)   投融資について

        当社グループでは、今後の事業展開の過程において、出資、設備投資、アライアンス、M&A等の投融資を実施する
       場合があります。投融資については、投資リスクを十分に検討し、また、当社グループの財政状態等を総合的に勘
       案して決定してまいりますが、予定していた投融資が回収できない場合や、減損損失の対象となるような事象が生
       じた場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (11)   税務上の繰越欠損金について

        当社は、フィリピン子会社からの収益還元を配当により行う方針ですが、その受取配当は税務上益金不算入とさ
       れます。本件を主因に、当社には本書提出日現在、税務上の繰越欠損金が存在しております。
        一方、メディカル事業を展開している株式会社エーアイエスは過去から安定して利益を計上してきており、今後
       も継続する見込みです。
        このため、タックスマネジメントの観点から、グループ全体でのキャッシュ・フローの改善と繰越欠損金の利用
       を図るため、2017年3月期より当社と株式会社エーアイエスを対象に連結納税制度を適用しております。これによ
       り、当繰越欠損金はみなし連結欠損金として、税務上の連結所得と相殺することが可能となります。
        今後、当社の業績が順調に推移した場合による繰越欠損金の使用、又は期限切れによる繰越欠損金の消滅によ
       り、課税所得の控除が受けられなくなった場合には、通常の法人税率に基づく法人税、住民税及び事業税の負担が
       発生し、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (12)   新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

        当社は、当社グループの役員、従業員ならびに社外協力者に対するインセンティブを目的として、ストック・オ
       プションによる新株予約権を付与しております。本書提出日現在、新株予約権による潜在株式数は1,003,920株と
       なっており、発行済株式総数11,282,880株の8.90%に相当します。
        これらの新株予約権が行使された場合、既存株主が有する株式の価値及び議決権割合が一定程度希薄化する可能
       性があります。また、今後も優秀な人材確保のために同様のインセンティブプランを継続して実施する可能性があ
       ります。
        さらに、潜在株式の行使により取得した株式が市場で売却された場合は、需給バランスに変動を生じ、適正な株
       価形成に影響を及ぼす可能性があります。
      (13)   配当政策について

        当社は、設立以来株主に対する利益配当及び剰余金配当を実施しておりません。しかしながら、株主に対する利
       益還元は重要な経営課題の一つとして認識しており、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を
       確保しつつ、将来的には業績及び財政状態を勘案して利益配当及び剰余金配当を検討する所存であります。
                                 18/98




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  経営成績等の状況の概要

        当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
       キャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ① 財政状態及び経営成績の状況

        当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりであります。
        a.財政状態
          (資産)
           当連結会計年度末における流動資産は2,120,786千円となり、前連結会計年度末に比べ258,150千円増加い
          たしました。これは主に、現金及び預金が130,613千円、受取手形及び売掛金が90,116千円、仕掛品が11,793
          千円、未収入金が16,694千円増加したこと等によるものであります。固定資産は366,430千円となり、前連結
          会計年度末に比べ243千円減少いたしました。これは主に、無形固定資産が5,118千円増加したものの、有形
          固定資産が3,094千円、投資その他の資産が2,267千円減少したこと等によるものであります。
          (負債)

           当連結会計年度末における流動負債は1,031,079千円となり、前連結会計年度末に比べ151,070千円増加い
          たしました。これは主に、1年内返済予定の長期借入金が11,060千円減少したものの、買掛金が8,452千円、
          未払法人税等が16,237千円、前受金が26,883千円、賞与引当金が11,460千円増加したこと等によるものであ
          ります。固定負債は162,415千円となり、前連結会計年度末に比べ77,415千円減少いたしました。これは主
          に、退職給付に係る負債が8,017千円増加したものの、長期借入金が66,952千円、役員退職慰労引当金が
          18,262千円減少したこと等によるものであります。 
          (純資産)

           当連結会計年度末における純資産は1,293,721千円となり、前連結会計年度末に比べ184,251千円増加いた
          しました。これは主に、親会社株主に帰属する当期純利益の計上により利益剰余金が212,775千円、新株予約
          権の行使により資本金及び資本剰余金が26,720千円増加したこと等によるものであります。
        b.経営成績

         当連結会計年度におけるわが国経済は、米国や欧州各国における政治情勢の変動や金融政策動向、北朝鮮情勢
        の緊迫化等による地政学リスクの高まりなど、先行き不透明感が依然として残るものの、底堅い内外需を背景と
        した企業収益や雇用情勢の改善が進み、引き続き緩やかな回復基調で推移しております。
         また、当社の属する情報サービス産業におきましては、ビッグデータ、IoT、人工知能(AI)等の市場の拡大が
        引き続き見込まれる一方で、国内でこれらの開発を担う人材の不足が懸念されております。
         このような状況の中、グローバル事業においては、主にフィリピンでのオフショア拠点を活用したITソリュー
        ション開発事業を展開しており、自動車、電機、産業機械をはじめとする製造業や流通、金融、医療など幅広い
        業界に対して、より付加価値の高いソリューションを提供し続けております。さらに、マニラ首都圏に1,900㎡規
        模の本社兼開発センター(含「教育センター」)を開設し、開発体制の強化・拡大を着実に進めるための優秀な
        社員の採用及び確保にも積極的に取り組んでおります。
         メディカル事業においては、レセプト点検ソフト「MightyChecker®」シリーズ、オーダリングチェックソフト
        「MightyQUBE®」の売上は引き続き堅調に推移しており、ストック型ビジネスとして安定した収益源を確保してお
        り、引き続きシェア拡大に向けた取組みに注力する一方、「MightyChecker®」のバージョンアップ等の投資を実
        施しております。さらに、クラウドコンピューティングを活用したレセプト点検及びデータ分析エンジンを構築
        することにより、「レセプト点検ソフトのリーディングカンパニー」から「医療ビッグデータ分析のリーディン
        グカンパニー」へと、新たな高収益モデル確立に向けた取組みを実施するとともに、医療情報データベース提供
        会社、医療機関へのサービス提供会社、調剤・医科システム開発会社等、医療業界を代表する企業との戦略的な
        提携を推進しております。
                                 19/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
         コーポレート部門においても、コーポレートガバナンス、決算・開示業務、IR及び広報業務を重点項目とし
        て、これらに要するコスト負担をこなしつつ、上場企業としての体制の強化を継続的に進めております。また、
        2017年12月8日付で当社株式を東京証券取引所マザーズ市場から同取引所市場第一部へ市場変更したことによ
        り、市場変更費用を営業外費用に計上しております。
         この結果、当連結会計年度の業績は、売上高3,208,342千円(前期比7.2%増)、営業利益322,365千円(前期比
        35.9%増)、経常利益355,492千円(前期比23.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益212,775千円(前期比
        89.2%増)となりました。
        セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

        a.グローバル事業
         ・グローバル部門
         グローバル部門においては、客先都合による受注の期ズレが生じたものの、フィリピン及び日本における既存
        顧客からの継続・安定した堅調な受注と、新規顧客の増加が継続していることに加え、音声AIアシスタント、製
        造業及び医療分野における分析ソリューション、IoTソリューション等の新規ソリューション開発に注力する等、
        当社グループの成長戦略に向けた取組みを積極的に実施しております。中国においては、既存顧客との関係強化
        と新規案件獲得のための営業活動を積極的に進めております。米国においては、引き続き新規顧客の開拓や案件
        の獲得に注力する等、中長期的な連結業績及び企業価値の向上に向けた積極的な営業活動を実施しております                                                   。
         ・エンタープライズソリューション部門

         エンタープライズソリューション部門においては、日本アイ・ビー・エム株式会社を中心とした既存案件が堅
        調に推移しております。また、AIに関する取り組みを積極的に推進しており、IBM                                       Watson    Ecosystemパートナー
        として、大手顧客におけるAIを用いた業務への開発参画など、当社グループの成長戦略に沿った取り組みを積極
        的に実施しております。
         以上の状況により、グローバル事業の売上高は前期を上回る結果となりました。また、セグメント利益につい

        ては、フィリピン・ペソの為替レートが円高基調で推移し、コスト面で有利に働いた一方、新規ソリューション
        の開発や新規顧客の開拓及び開発拠点における人員強化を積極的に実施したことによる人件費の増加、並びに前
        述の本社兼開発センター開設等の将来に向けた成長投資の影響により、前期を下回る結果となりました
         この結果、グローバル事業の売上高は2,057,106千円(前期比7.0%増)、セグメント利益は271,016千円(前期
        比23.9%減)となりました。
        b.メディカル事業

         メディカル事業においては、Mightyシリーズの主力製品である、レセプト点検ソフト「MightyChecker®」や
        オーダリングチェックシステム「Mighty                   QUBE®」の導入医療機関が順調に増加したことにより、売上高は堅調に
        推移しております。また、査定・分析機能や、クラウ
        ド版・ORCA版・歯科版等、ユーザー視点に立った利便性の高い製品・サービスを提供するとともに、きめ細やか
        な充実したユーザーサポートを提供することで、競合他社との差別化を推進しております。開発案件の増加や保
        守業務は順調に推移しており、データ分析業務においても、引き続き協業パートナー企業との連携含め、案件獲
        得に向けた営業活動の強化を図っております。
         この結果、メディカル事業の売上高は1,178,405千円(前期比9.5%増)、セグメント利益は371,312千円(前期
        比155.5%増)となりました。
       ② キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ130,613
        千円増加し、1,175,479千円となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
                                 20/98




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度において営業活動の結果獲得した資金は294,891千円(前期比97.6%増)となりました。これは
        主に、売上債権や未収入金の増加、法人税等の支払等があったものの、前受金の増加、税金等調整前当期純利益
        を計上したこと及び現金支出を伴わない減価償却費を計上したこと等によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度において投資活動の結果使用した資金は80,842千円(前期比26.3%増)となりました。これは
        主に、有形固定資産及び無形固定資産の取得による支出等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度において財務活動の結果使用した資金は51,022千円(前期は237,766千円の獲得)となりまし
        た。これは主に、新株予約権の行使による株式の発行による収入があったものの、長期借入金の返済による支出
        によるものであります。
                                 21/98
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ③ 生産、受注及び販売の状況
        a.生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
              セグメントの名称                       生産高(千円)             前年同期比(%)

      グローバル事業                                    1,424,741             11.8

      メディカル事業                                     494,359           △9.5

                 合計                         1,919,101              5.4

      (注)   1.セグメント間取引については相殺消去しております。
        2.金額は、製造原価(売上原価)によっております。
        3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        b.受注実績

         当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
         セグメントの名称              受注高(千円)         前年同期比(%)         受注残高(千円)         前年同期比(%)

      グローバル事業                   1,926,407            4.4       298,963           28.0

      メディカル事業                   1,191,801           △2.4        608,367           3.8

            合計             3,118,208            1.6       907,330           10.7

      (注)   1.セグメント間取引については相殺消去しております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        c.販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
              セグメントの名称                       販売高(千円)             前年同期比(%)

      グローバル事業                                    2,038,729             6.5

      メディカル事業                                    1,169,613             8.7

                 合計                         3,208,342             7.2

      (注)   1.セグメント間取引については相殺消去しております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 22/98








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
       す。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ① 重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
        ております。連結財務諸表の作成に際し、資産・負債及び収益・費用の決算数値に影響を与える見積り項目につ
        いて、過去の実績や状況に応じて合理的に判断しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるた
        め、これらの見積りと異なる場合があります。この連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項につきまし
        ては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)                          連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基
        本となる重要な事項」に記載のとおりであります。
       ② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         当社グループの当連結会計年度の経営成績等は、以下のとおりであります。
        a.経営成績の分析

         (売上高)
          当連結会計年度の売上高は3,208,342千円となり、前連結会計年度に比べ215,977千円増加いたしました。こ
         れは主に、グローバル事業において、金融機関及び製造業向けの開発を中心とした受注が堅調に推移したこ
         と、また、メディカル事業において、開発案件の増加や保守業務が堅調に推移したこと等によるものでありま
         す。
         (営業利益)

          当連結会計年度の売上原価は1,919,101千円となり、前連結会計年度に比べ98,205千円増加いたしました。こ
         れは主に、グローバル事業において、新規顧客の開拓及び開発拠点における人員強化を積極的に実施したこと
         による人件費の増加等によるものであります。
          当連結会計年度の販売費及び一般管理費は966,876千円となり、前連結会計年度に比べ32,599千円増加いたし
         ました。これは主に、給与手当等の人件費が増加したこと等によるものであります。
          以上の結果、当連結会計年度の営業利益は322,365千円(前年同期比35.9%増)となりました。
         (経常利益)

          当連結会計年度の営業外収益は63,010千円となり、前連結会計年度に比べ3,535千円減少いたしました。これ
         は主に、持分法による投資利益が増加したものの、保険解約返戻金および為替差益が減少したこと等によるも
         のであります。
          当連結会計年度の営業外費用は29,882千円となり、前連結会計年度に比べ15,221千円増加いたしました。こ
         れは主に、市場変更費用が発生したこと等によるものであります。
          以上の結果、当連結会計年度の経常利益は355,492千円(前年同期比23.0%増)となりました。
         (親会社株主に帰属する当期純利益)

          以上の結果、当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は212,775千円(前年同期比89.2%増)とな
         りました。
                                 23/98





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        b.資本の財源及び資金の流動性についての分析
          資本政策につきましては、財務の健全性や資本効率など当社にとって最適な資本構成を追求しながら、会社
         の将来の成長のための内部留保の充実と、株主への利益還元との最適なバランスを考え実施していくことを基
         本としております。
         当連結会計年度末における有利子負債残高は104,975千円となっております。また、当連結会計年度末における
         現金及び現金同等物の残高は1,210,479千円となっております。
         内部留保については、将来の成長のための事業展開と経営体質の強化に優先的に充当してまいります。既存事
         業の成長に加え、今後の事業展開の過程において、出資、アライアンス、M&A等の投融資の可能性も積極的に追
         求してまいります。
          なお、当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による
         財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ② キャッ
         シュ・フローの状況」に記載のとおりであります
        c.当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因

          「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
     4  【経営上の重要な契約等】

                相手先     相手先の               契約

       契約会社名                     契約品目               契約期間          契約内容
                の名称     所在地              締結日
                                                   日本アイ・ビー・
     株式会社Ubicom                                   2017年6月1日から
               日本アイ・                                    エム株式会社に対
                                   2017年
                          IBMコア・パート
     ホールディングス
               ビー・エム       日本                             し、サービスを提
                                         相手先により終了さ
                          ナー契約書
                                   5月31日
               株式会社                                    供することに関す
     (当社)                                   れるまで
                                                   る契約
     5  【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 24/98











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1 【設備投資等の概要】

      当連結会計年度に実施した設備投資等の総額は90,440千円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次の
     とおりであります。なお、有形固定資産の他、無形固定資産への投資を含めて記載しております。
      (1)  グローバル事業

        当連結会計年度の主な設備投資は、フィリピン子会社における人員増加に伴う1,900㎡規模の本社兼開発センター
       (含「教育センター」)の建設およびそれに伴うオフィス設備や備品購入等に総額38,659千円の投資を実施しまし
       た。
        なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      (2)  メディカル事業

        当連結会計年度の主な設備投資は、Mightyシリーズに係る新製品の開発や既存製品の機能の充実・強化等に総額
       51,398千円の投資を実施しました。
        その他、重要な設備の除却又は売却はありません。
      (3)  全社(共通)

        当連結会計年度の主な設備投資は、人員増加に伴う備品購入等に総額382千円の投資を実施しました。
        なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     2 【主要な設備の状況】

      (1) 提出会社
                                               2018年3月31日現在
                                     帳簿価額(千円)
       事業所名        セグメント                                       従業員数
                       設備の内容
       (所在地)         の名称                                       (名)
                                   工具、器具       ソフト
                               建物                  合計
                                    及び備品       ウエア
              グローバル事業
                                                         56
     本社         メディカル事業         事務所設備
                                7,843       703     2,789      11,337
                                                       〔  4〕
     (東京都文京区)         その他         等
              全社(共通)
                                                          3
     大阪事業所
              グローバル事業         事務所設備          224       0      -      224
                                                       〔  0〕
     (大阪府中央区)
      (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.本社及び事業所の建物を賃借しております。年間賃借料は13,541千円であります。
        4.建物は、賃借中の建物に設置した建物附属設備であります。
        5.従業員数の〔 〕は、臨時雇用者数の最近1年間の平均人員を外書しております。
      (2) 国内子会社

                                               2018年3月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
             事業所名                                         従業員数
                  セグメント
       会社名                  設備の内容
                                             ソフト
                                   工具、器
                   の名称
             (所在地)                                          (名)
                                        ソフト
                                    具及び
                               建物             ウエア     合計
                                        ウエア
                                    備品         仮勘定
            本社
                                                         62
     株式会社エー             メディカル       事務所設
            (東京都文                   5,994     2,462    55,698     68,563    132,719
     アイエス             事業       備等                               〔  7〕
            京区)
            関西支店
                                                          ▶
     株式会社エー             メディカル       事務所設
            (大阪府中                    418     142     -     -    560
                                                       〔  0〕
     アイエス             事業       備
            央区)
      (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.本社及び支店の建物を賃借しております。年間賃借料は21,459千円であります。
        4.建物は、賃借中の建物に設置した建物附属設備であります。 
        5.従業員数の〔 〕は、臨時雇用者数の最近1年間の平均人員を外書しております。
                                 25/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      (3) 在外子会社
                                               2018年3月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
             事業所名                                         従業員数
                  セグメント
       会社名                  設備の内容
                                        工具、器
                   の名称
             (所在地)                                          (名)
                                    車両         ソフト
                                        具及び
                               建物                  合計
                                   運搬具         ウエア
                                         備品
            本社
            (フィリピ
     Advanced
            ン共和国
     World                                                   172
                  グローバル       事務所設
            モンテン
                               13,731       -   3,903      -  17,634
                                                       〔  0〕
                  事業       備等
     Systems,
            ルパ市)
     Inc.
            ほか1事
            務所
            本社
            (フィリピ
     Advanced
            ン共和国
     World                                                   542
                  グローバル       事務所設
            マカティ
                               19,488     1,984    19,379     2,411    43,264
                                                       〔  0〕
                  事業       備等
     Solutions,
            市)
     Inc.
            ほか1事
            務所
            本社
            (中華人民
            共和国北                                             58
     北京    森科         グローバル       事務所設
                                 -   3,084      -     29   3,113
            京市)                                           〔  0〕
     技有限公司             事業       備等
            ほか1事
            務所
      (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.帳簿価額には、建設仮勘定は含まれておりません。
        3.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        4.上記の他、建物を賃借しております。年間賃借料はそれぞれ21,945千円、97,264千円、5,517千円でありま
          す。
        5.建物は、賃借中の建物に設置した建物附属設備であります。
        6.従業員数の〔 〕は、臨時雇用者数の最近1年間の平均人員を外書しております。
     3 【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設等
        該当事項はありません。
      (2) 重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                 26/98









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                                                    38,400,000 

                普通株式
                                                    38,400,000 

                  計
       ② 【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在

                                   上場金融商品取引所
         種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融               内容
                                   商品取引業協会名
               (2018年3月31日)          (2018年6月26日)
                                             権利内容に何ら限定のない
                                    東京証券取引所
                                             当社における標準となる株
        普通株式           11,257,760          11,265,520
                                             式であり、単元株式数は100
                                    (市場第一部)
                                             株であります。
         計          11,257,760          11,265,520           ―            ―
      (注)   1.当社株式は、2017年12月8日付で東京証券取引所マザーズ市場より同取引所市場第一部に指定されておりま
          す。
        2.提出日現在の発行数には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発
          行された株式数は、含まれておりません。
                                 27/98












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      (2) 【新株予約権等の状況】
       ①  【ストックオプション制度の内容】
       ・第4回新株予約権

     決議年月日                   2014年8月28日
                         当社取締役  4
                         当社従業員  25
     付与対象者の区分及び人数(名)
                         子会社取締役 3
                         子会社従業員 58
     新株予約権の数(個) ※                   4,485 [4,408](注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 358,800 [352,640](注)1、3
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額
                         125 (注)2、3
     (円)※
     新株予約権の行使期間 ※                   2016年9月1日~2024年8月27日
                         発行価格         125
     新株予約権の行使により株式を発行す
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額 62.5
     額(円) ※                   (注)3
                         新株予約権の割当てを受けた者は、新株予約権行使時においても当社また
     新株予約権の行使の条件 ※                   は当社子会社の取締役、監査役、従業員または顧問の地位にある場合に限
                         り、新株予約権を行使することができる。
                         新株予約権を譲渡し、質入し、または新株予約権に担保を設定することは
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                         できない。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                         -
     付に関する事項 ※
       ※ 当事業年度の末日(2018年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
        現在(2018年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載
        しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、80株であります。
          ただし、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整し、調整の
          結果生じる1株未満の端数は切り捨てます。
            調整後株式数       =  調整前株式数       ×  分割・併合の比率
        2.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満
          の端数は切り上げます。
                                   1
            調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式を発行する場合は、次の算式により行使価額を調整し、
          調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                      既発行株式数       ×  調整前行使価額        +  募集株式数      ×  1株あたり払込金額
            調整後行使価額        =
                                既発行株式数       +  募集株式数
        3.2016年2月10日開催の取締役会決議により、2016年3月4日付で普通株式1株を10株に、2016年8月18日開
          催の取締役会決議により、2016年10月1日付で普通株式1株を2株、2017年2月16日開催の取締役決議によ
          り、2017年4月1日付で普通株式1株を2株に、さらに2017年8月9日開催の取締役決議により、2017年10
          月1日付で普通株式1株につき2株に分割したことにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株
          予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本
          組入額」が調整されております。
                                 28/98





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ・第5回新株予約権
     決議年月日                   2014年8月28日
                         当社監査役 2
     付与対象者の区分及び人数(名)
                         外部支援者 3
     新株予約権の数(個) ※                   130 (注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 10,400 (注)1、3
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額
                         125 (注)2、3
     (円)※
     新株予約権の行使期間 ※                   2016年9月1日~2024年8月27日
                         発行価格         125
     新株予約権の行使により株式を発行す
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額 62.5
     額(円) ※
                         (注)3
                         新株予約権の割当てを受けた者は、新株予約権行使時においても当社また
     新株予約権の行使の条件 ※                   は当社子会社の監査役、外部支援者の地位にある場合に限り、新株予約権
                         を行使することができる。
                         新株予約権を譲渡し、質入し、または新株予約権に担保を設定することは
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                         できない。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                         -
     付に関する事項 ※
       ※ 当事業年度の末日(2018年3月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2018年5月31
        日)現在において、これらの事項に変更はありません。
      (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、80株であります。
          ただし、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整し、調整の
          結果生じる1株未満の端数は切り捨てます。
            調整後株式数       =  調整前株式数       ×  分割・併合の比率
        2.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満
          の端数は切り上げます。
                                   1
            調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式を発行する場合は、次の算式により行使価額を調整し、
          調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                      既発行株式数       ×  調整前行使価額        +  募集株式数      ×  1株あたり払込金額
            調整後行使価額        =
                                既発行株式数       +  募集株式数
        3.2016年2月10日開催の取締役会決議により、2016年3月4日付で普通株式1株を10株に、2016年8月18日開
          催の取締役会決議により、2016年10月1日付で普通株式1株を2株、2017年2月16日開催の取締役決議によ
          り、2017年4月1日付で普通株式1株を2株に、さらに2017年8月9日開催の取締役決議により、2017年10
          月1日付で普通株式1株につき2株に分割したことにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株
          予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本
          組入額」が調整されております。
                                 29/98







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ・第6回新株予約権
     決議年月日                   2014年12月11日
                         当社従業員          4
     付与対象者の区分及び人数(名)                   子会社取締役         8
                         子会社従業員 215
     新株予約権の数(個) ※                   1,476 [1,456](注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 118,080 [116,480](注)1、3
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額
                         125 (注)2、3
     (円)※
     新株予約権の行使期間 ※                   2016年12月19日~2024年12月10日
                         発行価格         125
     新株予約権の行使により株式を発行す
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額 62.5
     額(円) ※
                         (注)3
                         新株予約権の割当てを受けた者は、新株予約権行使時においても当社また
     新株予約権の行使の条件 ※                   は当社子会社の取締役、従業員、監査役または外部支援者の地位にある場
                         合に限り、新株予約権を行使することができる。
                         新株予約権を譲渡し、質入し、または新株予約権に担保を設定することは
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                         できない。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                         -
     付に関する事項 ※
       ※ 当事業年度の末日(2018年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
        現在(2018年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載
        しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、80株であります。
          ただし、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整し、調整の
          結果生じる1株未満の端数は切り捨てます。
            調整後株式数       =  調整前株式数       ×  分割・併合の比率
        2.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満
          の端数は切り上げます。
                                   1
            調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式を発行する場合は、次の算式により行使価額を調整し、
          調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                      既発行株式数       ×  調整前行使価額        +  募集株式数      ×  1株あたり払込金額
            調整後行使価額        =
                                既発行株式数       +  募集株式数
        3.2016年2月10日開催の取締役会決議により、2016年3月4日付で普通株式1株を10株に、2016年8月18日開
          催の取締役会決議により、2016年10月1日付で普通株式1株を2株、2017年2月16日開催の取締役決議によ
          り、2017年4月1日付で普通株式1株を2株に、さらに2017年8月9日開催の取締役決議により、2017年10
          月1日付で普通株式1株につき2株に分割したことにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株
          予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本
          組入額」が調整されております。
                                 30/98







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ・第7回新株予約権
     決議年月日                   2014年12月11日
                         当社監査役 1
     付与対象者の区分及び人数(名)
                         外部支援者 1
     新株予約権の数(個) ※                   30 (注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 2,400 (注)1、3
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額
                         125 (注)2、3
     (円)※
     新株予約権の行使期間 ※                   2016年12月19日~2024年12月10日
                         発行価格         125
     新株予約権の行使により株式を発行す
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額 62.5
     額(円) ※
                         (注)3
                         新株予約権の割当てを受けた者は、新株予約権行使時においても当社また
     新株予約権の行使の条件 ※                   は当社子会社の監査役または外部支援者の地位にある場合に限り、新株予
                         約権を行使することができる。
                         新株予約権を譲渡し、質入し、または新株予約権に担保を設定することは
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                         できない。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                         -
     付に関する事項 ※
       ※ 当事業年度の末日(2018年3月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2018年5月31
        日)現在において、これらの事項に変更はありません。
      (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、80株であります。
          ただし、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整し、調整の
          結果生じる1株未満の端数は切り捨てます。
            調整後株式数       =  調整前株式数       ×  分割・併合の比率
        2.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満
          の端数は切り上げます。
                                   1
            調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式を発行する場合は、次の算式により行使価額を調整し、
          調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                      既発行株式数       ×  調整前行使価額        +  募集株式数      ×  1株あたり払込金額
            調整後行使価額        =
                                既発行株式数       +  募集株式数
        3.2016年2月10日開催の取締役会決議により、2016年3月4日付で普通株式1株を10株に、2016年8月18日開
          催の取締役会決議により、2016年10月1日付で普通株式1株を2株、2017年2月16日開催の取締役決議によ
          り、2017年4月1日付で普通株式1株を2株に、さらに2017年8月9日開催の取締役決議により、2017年10
          月1日付で普通株式1株につき2株に分割したことにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株
          予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本
          組入額」が調整されております。
                                 31/98







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ・第8回新株予約権
     決議年月日                   2017年5月12日
                         当社取締役  5
                         当社監査役  3
     付与対象者の区分及び人数(名)                   当社従業員  10
                         子会社取締役 2
                         子会社従業員 1
     新株予約権の数(個) ※                   6,750 (注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 540,000 (注)1、3
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額
                         715 (注)2、3
     (円)※
     新株予約権の行使期間 ※                   2018年7月1日~2024年5月28日
                         発行価格          715
     新株予約権の行使により株式を発行す
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額 357.5
     額(円) ※
                         (注)3
     新株予約権の行使の条件 ※                   (注)4、5
                         新株予約権を譲渡し、質入し、または新株予約権に担保を設定することは
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                         できない。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                         -
     付に関する事項 ※
       ※ 当事業年度の末日(2018年3月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2018年5月31
        日)現在において、これらの事項に変更はありません。
      (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、80株であります。
          ただし、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整し、調整の
          結果生じる1株未満の端数は切り捨てます。
            調整後株式数       =  調整前株式数       ×  分割・併合の比率
        2.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満
          の端数は切り上げます。
                                   1
            調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式を発行する場合は、次の算式により行使価額を調整し、
          調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。
                      既発行株式数       ×  調整前行使価額        +  募集株式数      ×  1株あたり払込金額
            調整後行使価額        =
                                既発行株式数       +  募集株式数
        3.2016年2月10日開催の取締役会決議により、2016年3月4日付で普通株式1株を10株に、2016年8月18日開
          催の取締役会決議により、2016年10月1日付で普通株式1株を2株、2017年2月16日開催の取締役決議によ
          り、2017年4月1日付で普通株式1株を2株に、さらに2017年8月9日開催の取締役決議により、2017年10
          月1日付で普通株式1株につき2株に分割したことにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株
          予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本
          組入額」が調整されております。
        4.新株予約権の行使の条件については、以下のとおりであります。
          新株予約権者は、2018年3月期から2020年3月期までのいずれかの事業年度におけるのれん償却前営業利益
          (当該事業年度に係る当社が提出した有価証券報告書に記載される監査済の連結損益計算書(連結損益計算
          書を作成していない場合、損益計算書)における営業利益に、当該有価証券報告書に記載される監査済の連
          結キャッシュ・フロー計算書(連結キャッシュ・フロー計算書を作成していない場合、キャッシュ・フロー
          計算書)におけるのれん償却額を加算した額が、下記、(ⅰ)または(ⅱ)に掲げる条件を達成した場合におい
          て、当該達成した条件に従った下記(ⅰ)または(ⅱ)に掲げる割合(以下、「行使可能割合」という。)に応
          じて、当該条件を最初に達成した事業年度に係る有価証券報告書の提出日の翌月1日から本新株予約権を行
          使することができる。
           (ⅰ)500百万円を超過し、かつ、700百万円以下の場合 行使可能割合:25%
            (ⅱ)700百万円を超過している場合 行使可能割合:100%
        5.新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、監査役、従業員
          または外部支援者であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由がある
          と取締役会が認めた場合は、この限りではない。
                                 32/98


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ②  【ライツプランの内容】
         該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。 
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
                                 33/98


















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     2013年6月12日

                    35,000      102,016       175,000       435,080       175,000       455,080
     (注)1
     2014年9月30日

                    20,000      122,016       100,000       535,080       100,000       555,080
     (注)2
     2015年6月25日

                      -    122,016          -    535,080      △115,383        439,696
     (注)3
     2016年3月4日

                  1,098,144       1,220,160           -    535,080          -    439,696
     (注)4
     2016年6月20日

                   110,000      1,330,160        125,994       661,074       125,994       565,690
     (注)5
     2016年7月25日

                    16,500     1,346,660         18,899      679,973       18,899      584,589
     (注)6
     2016年6月21日~

     2016年9月30日               1,440     1,348,100          720     680,693         720     585,309
     (注)7
     2016年10月1日

                  1,348,100       2,696,200           -    680,693          -    585,309
     (注)8
     2016年10月1日~

     2017年3月31日              64,800     2,761,000         16,200      696,893       16,200      601,509
     (注)9
     2017年4月1日

                  2,761,000       5,522,000           -    696,893          -    601,509
     (注)10
     2017年4月1日~

                                  6,360
     2017年9月30日              50,880     5,572,880               703,253        6,360      607,869
     (注)11
     2017年10月1日

                  5,572,880      11,145,760           -    703,253          -    607,869
     (注)12
     2017年10月1日~

                   112,000     11,257,760          7,000      710,253        7,000      614,869
     2018年3月31日
     (注)13
      (注)   1.有償第三者割当 
          普通株式   35,000株
          発行価格   10,000円
          資本組入額          5,000円
          割当先:青木正之、青木インターナショナル株式会社、小西彰、桑折雅嗣、荻原裕之、石津直幸、上野直、
              今野俊、松本一喜
        2.有償第三者割当
          普通株式   20,000株 
          発行価格   10,000円
          資本組入額          5,000円
          割当先:青木正之
        3.資本準備金の減少は、欠損填補によるものであります。
        4.株式分割(1:10)によるものであります。
                                 34/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        5.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
          発行価格                2,490円
          引受価額  2,290.80円
          資本組入額 1,145.40円
        6.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
          発行価格  2,290.80円
          資本組入額 1,145.40円
          割当先:株式会社SBI証券
        7.新株予約権の権利行使による増加であります。
        8.株式分割(1:2)によるものであります。
        9.新株予約権の権利行使による増加であります。
        10.株式分割(1:2)によるものであります。
        11.新株予約権の権利行使による増加であります。
        12.  株式分割(1:2)によるものであります。
        13.  新株予約権の権利行使による増加であります。
        14.2018年4月1日から2018年5月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が7,760株、資
          本金及び資本準備金がそれぞれ485千円増加しております。
        15.  2016年6月10日提出の有価証券の訂正届出書に記載した、上記(注)5.記載の有償一般募集及び(注)
          6.記載の有償第三者割当による新規発行株式に関する「手取金の使途」について、以下の通り、変更が生
          じております。
         (1)  変更の理由
           有償一般募集による手取概算額242,988千円及び有償第三者割当による手取概算額上限37,798千円につい
          ては、21,600千円を運転資金に、110,300千円を連結子会社であるAdvanced                                   World   Solutions,      Inc.   への投
          融資資金に、60,000千円を連結子会社である株式会社エーアイエスへの投融資資金に、88,886千円を借入金
          の返済に充当する予定としておりましたが、うち、連結子会社Advanced                                  World   Solutions,      Inc.   及び株式
          会社エーアイエスへの投融資については、連結子会社の資金状況に鑑み未実行となっております。従って、
          投融資及び各連結子会社における充当予定時期に変更が生じております。     
         (2)  変更の内容(変更箇所は              罫にて表示)
          (変更前)
           Advanced     World   Solutions,      Inc.における資金の使途につきましては、                    車載機器等のテスト自動化ツール
          の開発費用として25,000千円(2019年3月期25,000千円)、製品データの分析ツールの開発費用として
          25,000千円(2019年3月期25,000千円)、及びグローバル事業のエンタープライズソリューション部門の業
          容拡大のための人件費及び教育研修費に60,300千円(2019年3月期30,300千円、2020年3月期30,000千円)
          を充当する予定であります。
           株式会社エーアイエスにおける資金の使途につきましては、自社製品である                                    レセプト点検ソフト「Mighty
          Checker®」シリーズのバージョンアップを目的とした                         開発費用として60,000千円(             2019年3月期60,000千
          円 )を充当する予定であります。
          (変更後)
           Advanced      World   Solutions,      Inc.における資金の使途につきましては、                    グローバル事業における「3A」
          (「Automation(自動化)」「Analytics(分析)」「AI(人工知能)」)を基にした次世代型ソリュー
          ションの人材への投資も含めた開発費用110,300千円(2020年3月期55,300千円、2021年3月期55,000千
          円)  に充当する予定であります。
           株式会社エーアイエスにおける資金の使途につきましては、自社製品である                                    Mighyシリーズ等、医療情報
          システムのソフトウエアのバージョンアップも含めた                         開発費用として60,000千円(             2020年3月期60,000千
          円 )を充当する予定であります。
                                 35/98







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      (5)  【所有者別状況】
                                               2018年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
       区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
     株主数
               -     15     30     23     29     23    2,663     2,783       -
     (人)
     所有株式数
               -    2,483     2,438     1,443     1,241     7,404     97,541     112,550       2,760
     (単元)
     所有株式数
               -    2.21     2.17     1.28     1.10     6.58     86.66     100.00        -
     の割合(%)
      (6)  【大株主の状況】

                                               2018年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                                   (自己株式を
                                            所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                             (千株)      総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
     青木 正之               兵庫県西宮市                           4,417        39.24
     松下 順一               東京都港区                            812       7.21

                                                733       6.52

     窪田 一貴               東京都杉並区
                    Muntinlupa      City,   Metro   Manila,    Philippines            689       6.12

     小西 彰
                                                600       5.33

     息栖 邦夫               東京都杉並区
                                                456       4.05

     山路 敏之               東京都新宿区
                                                425       3.78

     小船 賢一               神奈川県横浜市青葉区
                                                196       1.75

     畑崎 重雄               千葉県市川市
                                                117       1.05

     韓 裕               東京都港区
                                                 95       0.85

     髙木 英治               神奈川県横浜市鶴見区
                                               8,544        75.90

           計                   ―
                                 36/98








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                               2018年3月31日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    -          -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -

     議決権制限株式(その他)                    -          -              -

     完全議決権株式(自己株式等)                    -          -              -

                     普通株式

     完全議決権株式(その他)                               112,550             -
                         11,255,000
                     普通株式
     単元未満株式                              -              -
                           2,760
     発行済株式総数                    11,257,760          -              -
     総株主の議決権                    -           112,550             -

       ② 【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                 37/98













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     2 【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】           該当事項はありません。
      (1) 【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (2) 【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。 
      (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        該当事項はありません。
      (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

        該当事項はありません。
     3 【配当政策】

      当社は、利益配分につきましては、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定し
     た配当を継続して実施していくことを基本方針としております。
      当社は、期末配当として年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、配当決定機関は取締役会でありま
     す。なお、当社は、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定
     めております。
      しかしながら、当社は現時点では未だ内部留保が充実しているとはいえないことから、設立以来配当を実施しており
     ません。
      ただし、株主への利益還元も重要な経営課題の一つとして認識しており、今後の業績及び財政状態を勘案しながら、
     早期に配当を実施すべく検討してまいります。
     4  【株価の推移】

      (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第9期         第10期         第11期         第12期         第13期

       決算年月        2014年3月         2015年3月         2016年3月         2017年3月         2018年3月

                                              12,070
                                                       3,980
       最高(円)              -         -         -      □3,920
                                                      ○1,667
                                              ※1,687
                                              4,805
                                                       1,251
       最低(円)              -         -         -      □2,700
                                                       ○906
                                              ※1,562
      (注)   1.最高・最低株価は、2017年12月7日以前は東京証券取引所マザーズ、2017年12月8日以降は東京証券取引所
         (市場第一部)における株価を記載しております。
        2.当社株式は2016年6月21日から東京証券取引所マザーズに上場されており、それ以前の株価については該当
          事項はありません。
        3.□印は、株式分割(2016年10月1日、1株→2株)による権利落後の最高・最低株価を示しております。
        4.※印は、株式分割(2017年4月1日、1株→2株)による権利落後の最高・最低株価を示しております。
        5.○印は、株式分割(2017年10月1日、1株→2株)による権利落後の最高・最低株価を示しております。
      (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別       2017年10月         11月       12月      2018年1月         2月       3月

                         1,638

       最高(円)           1,635               1,667       1,463       1,424       1,220
                         1,312

       最低(円)           1,302               1,388       1,368        973       906
      (注)    最高・最低株価は、2017年12月7日以前は東京証券取引所マザーズ、2017年12月8日以降は東京証券取引所
         (市場第一部)における株価を記載しております。
                                 38/98


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性9名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)

                                                     所有株式数
      役名     職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                             1985年11月      株式会社ルモンデグルメ(株式会社
                                   ワールド子会社)入社
                             1990年5月      同社取締役
                             1995年7月      株式会社ワールド転籍
                             1998年5月      株式会社ワールドクリエイティブラ
                                   ボ(株式会社ワールド子会社)転籍
                             2005年3月      株式会社WCL代表取締役社長
                             2005年12月      当社代表取締役会長
                             2008年3月      Advanced    World   Solutions,     Ltd.
                                   Director
     代表取締役
            -    青木 正之      1958年7月29日                            (注)3    4,417,540
      社長
                             2010年4月      ファースト・ステムセル・ジャパン
                                   株式会社代表取締役社長
                             2012年8月      北京    森科技有限公司董事(現
                                   任)
                             2013年6月      青木インターナショナル株式会社代
                                   表取締役
                             2013年6月      当社代表取締役社長 最高経営責任
                                   者(CEO)(現任)
                             2015年6月      株式会社エーアイエス取締役
                             2017年4月      同社取締役会長(現任)
                             1971年4月      株式会社三協精機製作所(現日本電
                                   産サンキョー株式会社)入社
                             1974年9月      日本アイ・ビー・エム株式会社入社
                             1993年6月      APTi-Philippines,        Inc.(現
                                   Advanced    World   Systems,    Inc.) 
                                   Executive    Vice  President
                             1994年6月      株式会社アプティ(現JBアドバンス
                                   ト・テクノロジー株式会社)出向 
                                   取締役開発本部長
                             1997年6月      APTi-Philippines,        Inc.  CEO  &
                                   President
                             2000年1月      Alsons/APTi     Information     Systems,
                                   INC.(現Alsons/AWS        Information
                                   Systems,    Inc.)   President(現
                                   任)
                             2002年2月      ADTEX   PHILIPPINES,      INC.  CEO  &
                                   President
      取締役
                             2002年3月      株式会社アドテックス取締役
            -    小西  彰      1947年11月15日                            (注)3     689,500
      副社長
                             2002年3月      ADTX  SYSTEMS,    INC.(現Advanced
                                   World   Systems,    Inc.) Chairman
                                   & CEO
                             2002年7月      同社CEO   & President
                             2005年3月      株式会社アドテックス専務取締役
                             2005年12月      当社代表取締役社長
                             2006年6月      Advanced    World   Systems,    Inc. 
                                   Chairman,    CEO  & President(現
                                   任)
                             2006年8月      Advanced    World   Solutions,     Inc. 
                                   Chairman,    CEO  & President(現
                                   任)
                             2007年6月      当社取締役社長
                             2008年3月      Advanced    World   Solutions,     Ltd.
                                   Director(現任)
                             2013年6月      当社取締役副社長 最高業務執行責
                                   任者(COO)(現任)
                                 39/98





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式数
      役名     職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              1985年4月      日本アイ・ビー・エム株式会社入
                                   社
                              2002年6月      ADTX  SYSTEMS,    INC.(現Advanced
                                   World   Systems,    Inc.)   出向 Vice
                                   President
                              2002年7月      Alsons/AWS     Information     Systems,
                                   Inc.  Director
                              2005年12月      当社取締役
                              2008年3月      Advanced    World   Solutions,     Ltd.
                                   Direcctor
                              2011年1月      当社入社事業本部GSD事業部シニア
                                   マネージャー
                              2011年4月      Advanced    World   Systems,    Inc.  出
                                   向  Vice   President(現任)
                              2011年4月      Advanced    World   Solutions,     Inc.
                                   Vice  president(現任)
          グローバル
      取締役    事業本部長      石川 正史      1960年8月13日                            (注)3       -
                              2011年8月      Alsons/AWS     Information     Systems,
          兼業務部長
                                   Inc.  Director(現任)
                              2012年6月      当社執行役員事業本部GSD事業部シ
                                   ニアマネージャー
                              2012年8月      北京    森科技有限公司董事長兼
                                   総経理(現任)
                              2014年6月      Advanced    World   Solutions,     Ltd.
                                   Director(現任)
                              2014年6月      当社取締役グローバル事業本部長
                              2015年8月      当社取締役グローバル事業本部長
                                   兼ソリューション開発部長兼業務
                                   部長
                              2016年4月      当社取締役グローバル事業本部長
                                   兼営業部長兼ソリューション開発
                                   部長兼業務部長
                              2017年4月      当社取締役グローバル事業本部長
                                   兼業務部長(現任)
                              1974年4月      日本アイ・ビー・エム株式会社入
                                   社
                              2008年1月      日本アイビーエム・ソリューショ
                                   ン・サービス株式会社転籍
                              2009年1月      同社第二事業部執行役員事業部長
                              2013年7月      当社顧問
                              2014年10月      Advanced    World   Systems,    Inc.
          エンタープ
                                   Director(現任)
           ライズソ
                              2014年10月      Advanced    World   Solutions,     Inc.
          リューショ
                                   Director(現任)
          ン事業本部
      取締役           濱 良夫      1951年3月10日                            (注)3     2,000
          長兼営業部
                              2015年7月      当社取締役
           長兼ソ
                              2015年8月      当社取締役エンタープライズソ
          リューショ
                                   リューション事業本部長兼営業部
          ン開発部長
                                   長
                              2016年4月      当社取締役エンタープライズソ
                                   リューション事業本部長兼営業部
                                   長兼ソリューション開発部長
                              2016年8月      当社取締役エンタープライズソ
                                   リューション事業本部長兼ソ
                                   リューション開発部長(現任)
                                 40/98







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式数
      役名     職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                             1988年4月      東京ガス株式会社入社
                             1997年9月      エヌ・ティ・ティ移動通信網株式会
                                   社(現株式会社NTTドコモ)入社
                             2005年6月      同社執行役員マルチメディアサービ
                                   ス部長
                             2008年5月      慶應義塾大学大学院 政策・メディ
                                   ア研究科特別招聘教授(現任)
                             2008年6月      セガサミーホールディングス株式会
                                   社社外取締役(現任)
                             2008年6月      トランスコスモス株式会社社外取締
                                   役(現任)
            -                                      (注)3       -
      取締役           夏野 剛      1965年3月17日
                             2008年6月      エヌ・ティ・ティレゾナント株式会
                                   社取締役(現任)
                             2008年12月      株式会社ドワンゴ取締役(現任)
                             2009年6月      株式会社ディー・エル・イー社外取
                                   締役(現任)
                             2009年9月      グリー株式会社社外取締役(現任)
                             2010年12月      株式会社U-NEXT社外取締役(現任)
                             2016年8月      日本オラクル株式会社社外取締役
                                   (現任)
                             2017年6月      当社社外取締役(現任)
                             1982年4月      株式会社三井銀行(現株式会社三井
                                   住友銀行)入行
                             1996年11月      株式会社さくら銀行(現株式会社三
                                   井住友銀行)シンガポール支店課長
                             2001年4月      株式会社三井住友銀行シンガポール
                                   支店副支店長
                             2008年4月      同社国際業務部長
                             2010年4月
                                   同社執行役員アジア・大洋州本部長
                             2013年4月      同社常務執行役員アジア・大洋州本
                                   部長
                             2014年4月      同社常務執行役員アジア・大洋州本
                                   部長兼新興国戦略本部長
                             2015年4月      同社専務執行役員トランザクショ
                                   ン・ビジネス本部担当
                             2015年4月      株式会社三井住友フィナンシャルグ
                                   ループ専務執行役員決済企画部担当
            -                                      (注)3       -
      取締役          志村 正之      1958年9月7日
                                   役員
                             2015年10月      株式会社三井住友銀行専務執行役員
                                   トランザクション・ビジネス本部担
                                   当ITイノベーション推進部副担当役
                                   員
                             2015年10月      株式会社三井住友フィナンシャルグ
                                   ループ専務執行役員 決済企画部担
                                   当役員ITイノベーション推進部副担
                                   当役員
                             2016年5月
                                   株式会社三井住友銀行上席顧問
                             2017年5月      三井住友カード株式会社専務執行役
                                   員企画関連各部副担当
                             2018年4月      同社専務執行役員戦略事業開発部、
                                   ファイナンス事業部、ファイナンス
                                   業務部担当(現任)
                             2018年6月      当社社外取締役(現任)
                                 41/98






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式数
      役名     職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                             1978年4月      日本ユニバック株式会社(現日本ユ
                                   ニシス株式会社)入社
                             1983年11月      日本アイ・ビー・エム株式会社入社
                             2002年6月      株式会社アプティ(現JBアドバンス
                                   ト・テクノロジー株式会社)出向 
                                   取締役常務執行役員
                             2008年1月      インフォプリント・ソリューション
                                   ズ・ジャパン株式会社入社
                             2008年3月      グローバルコミュニケーションズ株
                                   式会社取締役副社長
            -                                      (注)4     20,000
     常勤監査役           松本 一喜      1954年8月9日
                             2008年11月      同社取締役
                             2008年12月      当社入社 社長付き特別補佐
                             2008年12月      Advanced    World   Systems,    Inc.
                                   Director
                             2008年12月      Advanced    World   Solutions,     Inc.
                                   Director
                             2009年6月      当社取締役GSD/SaaS事業部長
                             2012年6月      株式会社エーアイエス監査役
                             2014年6月      同社監査役
                             2014年6月      当社監査役(現任)
                             1968年4月      大蔵省(現財務省)入省
                             1996年7月      同省国税不服審判所次長
                             1997年7月      公営企業金融公庫理事
                             2001年6月      プロミス株式会社(現SMBCコン
                                   シューマーファイナンス株式会社)
                                   代表取締役会長
                             2005年4月      文京学院大学大学院教授
                             2007年6月      NISグループ株式会社監査役
      監査役      -    内野 正昭      1945年4月1日                            (注)4       -
                             2007年7月      内野正昭税理士事務所開設(現
                                   任)
                             2007年12月      株式会社A.Cホールディングス(現
                                   株式会社アジアゲートホールディ
                                   ングス)取締役
                             2008年6月      株式会社イッコー(現Jトラスト株
                                   式会社)監査役
                             2013年6月      当社監査役(現任)
                             1995年4月      原弘行司法書士事務所入所
                             1998年4月      ファーサイト公認会計士事務所入
                                   所
                             1999年7月      大下司法書士事務所開設
                             2006年5月      当社監査役
                             2008年6月      当社監査役
      監査役      -    大下 泰高      1970年8月16日                            (注)4     24,000
                             2013年11月      司法修習所入所
                             2014年12月      司法修習所終了
                             2014年12月      大下法律事務所開設(現任)
                             2014年12月      当社監査役(現任)
                             2018年6月      株式会社エーアイエス監査役(現
                                   任)
                            計                         5,153,040
      (注)   1.取締役夏野剛及び志村正之は、社外取締役であります。

        2.監査役内野正昭及び大下泰高は、社外監査役であります。
        3.2018年3月期に係る定時株主総会終結の時から2019年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
        4.2016年4月21日開催の臨時株主総会終結の時から2020年3月期に係る定時株主総会終結の時まででありま
          す。
        5.当社は、意思決定の迅速化、経営責任を明確にするため、執行役員制度を導入しております。執行役員は以
          下のとおりであります。
                 役名                職名                氏名
                              グローバル事業本部付
                                                Tan  Peter   Uy
                 執行役員
                              イノベーション戦略担当
                 執行役員              コーポレート本部長                  豊福 政博
                              グローバル事業本部付
                 執行役員                                三好 一秀
                               新規事業開発担当
                                 42/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、「社会にとって無くてはならない、ソリューション提供企業であること」「常にプロフェッショナル
        であること」「グローバルであること」を経営理念としております。この経営理念のもと、更なる企業価値の向
        上及びグローバルな競争力を維持していくためには、コーポレート・ガバナンスの充実と強化が重要課題である
        と認識しております。具体的には、「より効率的かつ健全に事業活動を行うことにより、企業の収益力を高め、
        株主の利益を最大化することを目標とする」との基本的認識とコンプライアンスの重要性をコーポレート・ガバ
        ナンスの基本的な考え方として、株主、従業員、取引先、地域社会等のあらゆるステークホルダーに対して社会
        的責任を果たし、持続的成長と発展を遂げていくことが重要であるとの認識にたち、コーポレート・ガバナンス
        の強化に努めております。 
       ② 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備状況等

        a.会社の機関の基本説明
          当社は、株主総会、取締役会及び監査役会の会社法で定められている機関に加え、経営会議を設置し、重要
         事項等の審議・決定及び業務執行状況の報告を行っております。また、当社及び当社グループの管理体制を監
         視する役割として、内部監査室を設置し、内部監査室長1名を選任しております。
         (a)  取締役会

           当社の取締役会は、取締役6名(うち社外取締役2名)で構成され、当社の業務執行を決定し、取締役の
          職務執行の監督を行っております。取締役会は原則として毎月1回開催しており、必要に応じて臨時取締役
          会を開催しております。取締役会では、法令に定められた事項、定款に定められた事項及び重要な業務に関
          する事項について審議・決定しております。また、取締役会には、監査役が出席し、取締役の業務執行状況
          の監査を行っております。加えて、取締役の意思決定・監督機能と執行役員の職務遂行機能を分離すること
          で、経営の迅速化と業務執行体制の強化を図るため、執行役員制度を導入しております。
         (b)  監査役会
           当社の監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)で構成され、監査計画に基づく監査手続きを実施
          しております。監査役は、取締役会その他の重要会議に出席し意見を述べる等、取締役の業務執行全般の監
          査を行っております。監査役会は原則として毎月1回開催しております。監査役会では、監査役相互の情報
          共有を図るとともに、監査機能の独立性と強化を図っております。
         (c)  経営会議
           当社は、月例の取締役会の翌週以外の毎週、取締役、常勤監査役、執行役員及び各本部長の出席のもと、
          経営会議を開催しております。経営会議においては、取締役会付議事項、業務執行に関する重要事項、重要
          な投資事項及び新規ビジネスモデル構築に関する事項等、事業の状況その他会社の重要事項の報告、協議が
          行われております。
         (d)  内部監査及び監査役監査の状況
           当社の内部監査及び監査役監査の組織は、内部監査室、監査役及び監査役会によって構成されておりま
          す。内部監査室は、代表取締役社長直轄であり、各部門、各子会社の業務執行について、内部監査規程及び
          内部監査計画書に基づき、定期的に内部監査を実施しております。内部監査室は監査結果報告書を代表取締
          役社長に提出・報告するともに、必要に応じて監査役及び監査役会と会合を開催し、緊密な連携を図ってお
          ります。
           監査役は、監査役監査規程及び監査計画に基づき、取締役会、グループ戦略会議等重要な会議へ出席し意
          見を述べるほか、毎月1回定例の監査役会を開催しております。また、内部監査室及び会計監査人と緊密な
          連携を図り、積極的に情報交換を行い、効率的な監査の実施を図っております。
         (e)  会計監査の状況
           当社は、会計監査人として新日本有限責任監査法人と監査契約を締結して、会計処理及び決算内容等につ
          いて監査を受けております。
           業務を執行した公認会計士は、市川亮悟、齋藤祐暢であり、当社に対する継続監査年数はいずれも7年以
          内であります。
           当社の監査業務に係る補助者は公認会計士6名、その他8名であります。
                                 43/98


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
         (f)  社外取締役及び社外監査役との関係
           当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。
           社外取締役夏野剛氏は、情報通信業をはじめとする幅広い業界において経営者として就任しており、経営
          に関する豊富な経験と知見を有しております。また、社外取締役志村正之氏は、大手都市銀行のアジア・パ
          シフィック地域における銀行業務の責任者としての豊富な経験と見識を有しております。
           社外監査役内野正昭氏は、税理士として税務実務に精通し、かつ、会社経営の経験を有しており、財務及
          び会計に関する専門的知見を有しております。また、社外監査役大下泰高氏は、司法書士及び弁護士として
          企業法務に精通しており、法律家として豊富な経験と幅広い知見を有しております。
           なお、社外取締役及び社外監査役との間に、人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はあ
          りません。
           社外取締役及び社外監査役は、それぞれの監督又は監査にあたり、必要に応じて、直接・間接的に内部監
          査室、監査役及び会計監査人と連携して、内部統制部署の業務執行に対する監督や牽制機能を果たしており
          ます。
           当社は、社外取締役及び社外監査役の独立性に関する基準又は方針はありませんが、選任にあたっては株
          式会社東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準を参考に、経験や能力・資質を個別に判断し、
          当社の経営に対して第三者的な独立性を確保できる人材を選任しております。
        b.会社の機関・内部統制の関係を示す概略図は、次のとおりです。

        c.内部統制システムの整備状況







         当社の内部統制システムの整備に関する基本方針は以下のとおりです。
          1.当社並びにその子会社取締役、使用人の職務執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            について
           1)取締役会は、法令遵守のための体制を含む内部統制システムの整備方針・計画について決定する。
           2)当社は、「企業行動指針」及び「コンプライアンス規程」を制定し、これに基づき法令遵守を行う。
           3)監査役は、独立した立場から、内部統制システムの構築・運用状況を含め、取締役の職務執行を監査
             する。
           4)内部監査室は業務処理の法令、社内諸規程への遵守状況を監査する。
           5)「内部通報に関する規程」を定め、法令違反行為等について、社内及び社外に法令違反事実の通報窓
             口を設置する。この場合、内部通報者への不利益な取扱いを禁止する。
                                 44/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
          2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制について
           1)取締役の職務の執行に係る情報は、適用ある法令及び「文書管理規程」等の社内規程に従い、適切に
             保存、管理する。
           2)内部監査室による内部監査により、これらの情報の保存、管理が適切になされていることを確認す
             る。
          3.当社並びにその子会社から成る企業集団(以下「当社グループ」という)の損失の危険の管理に関する
            規程その他の体制について
           1)取締役会は、「危機管理規程」を制定し、当規程に従いリスク管理を行う。
           2)当社並びに子会社各社の相互の連携のもと、当社グループ全体のリスク管理を行う。
           3)内部監査室による内部監査により、各部門の内部管理体制の適切性・有効性を検証・評価し、その改
             善を促すことにより、リスク管理体制の適正性を確保する。
          4.当社並びにその子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制について
           1)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、取締役会を毎月開
             催するとともに、必要に応じて臨時にこれを開催する。
           2)取締役会は、社内規程等を定め、取締役の職務の執行が効率的に行われる体制を構築するとともに、
             個々の取締役の職務の執行の監督を行う。
           3)効率的で機動的な経営を行うため、取締役会の構成は小規模なものとし、業務執行については職務権
             限規程に基づき権限を委譲する。
           4)監査役は、取締役の職務の執行を監査する。
           5)経営計画及び年度予算の策定を通じ、経営方針と事業目的を具体化し、共有することにより、効率的
             かつ効果的な業務執行を行う。
           6)経営計画、年度予算に基づき、毎月の定例取締役会及び毎週の経営会議における業績報告を通じた業
             績管理を実施する。
           7)「関係会社管理規程」に基づき、子会社に関する適正な管理を行う。
          5.当社グループにおける業務の適正を確保するための体制について
           1)「関係会社管理規程」に基づき、子会社との緊密な連携を構築する。
           2)当社の子会社への出資目的等を踏まえて、子会社の管理基本方針及び運営方針を策定していく。
          6.子会社の取締役の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制について
           1)当社は、取締役会及び経営会議において、出席する子会社取締役により、子会社の営業成績、財務状
             況及びその他の重要な情報について報告を受ける。
           2)子会社の経営内容を的確に把握するために、「関係会社管理規程」に基づき、当社は子会社に必要に
             応じ関係書類の提出を求める。
          7.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及びそ
            の使用人の取締役からの独立性並びに監査役のその使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項に
            ついて
            監査役より監査業務に必要な業務指示及び命令を受けた使用人は、その業務指示等に関して、取締役の
            指揮命令を受けないものとする。
          8.当社並びにその子会社の取締役及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者が監査役に報告をするた
            めの体制及び報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制について
           1)監査役を取締役会及び経営会議に招集し、経営上の重要事項並びに業務執行状況を報告する。
           2)内部監査室は、監査役に内部監査の実施状況及び監査結果を定期的に報告する。
           3)当社並びにその子会社の取締役及び使用人は、当社グループに著しい損害を及ぼす事実またはそのお
             それのある事実を発見したときは、監査役に直接報告することができる。
           4)前記に関わらず、監査役はいつでも必要に応じて、当社及び子会社の取締役及び使用人に対して、業
             務の執行に関する報告を求めることができる。
           5)当社は、監査役への報告を行った当社グループの取締役及び従業員に対し、当該報告をしたことを理
             由として不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社グループの取締役及び使用人に周知徹底す
             る。
                                 45/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
          9.監査役の職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還の手続その他の当該職務の執行について生
            ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
             監査役がその職務の執行について、当社に対し費用の前払い等の請求をしたときは、当社は、当該監
             査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、その費用を負担する。
          10.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           1)代表取締役は、取締役会及び経営会議での議論及び定期的な面談等を通じて、監査役との相互認識と
             信頼関係を深めるように努め、監査役監査の環境整備に必要な措置をとる。
           2)監査役は、内部監査室と連携を図り、実効的な監査業務を遂行する。
          11.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況
           1)反社会的勢力を断固として排除する姿勢を明確にし、すべての取締役、監査役及び使用人に、反社会
             的勢力とは取引関係を含めて一切の関係をもたないこと、及び反社会的勢力を利用しないことを徹底
             する。
           2)反社会的勢力への対応、外部機関への届出及び対応等を具体的に定めた「反社会的勢力対策規程」を
             制定し、事案発生時に速やかに対処できる体制を整備する。
        d.リスク管理体制の整備の状況

          当社では、情報の共有化とリスクに対する迅速な対応を行うために、取締役会において、コンプライアン
         ス・危機管理の報告を毎月実施するほか、実際にリスクが具現化し重大な損害の発生が予想される場合、新た
         なリスクが生じた場合には、経営会議及び取締役会において速やかに対処方法を明確にし、必要に応じて全社
         に指示・伝達することとしております。また、必要に応じて顧問弁護士、顧問税理士、顧問社会保険労務士等
         の外部専門家に相談を行い、リーガルチェック及び助言・指導を受けるとともに、監査役監査及び内部監査を
         通じ、潜在的なリスクの早期発見及び未然防止によるリスク軽減に努めております。
       ③ 役員報酬の内容

        a.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                               ストック・
                 (千円)
                         基本報酬               賞与     退職慰労金
                                                     (人)
                               オプション
        取締役
                    98,520       98,520         -       -       -        6
     (社外役員を除く)
        監査役
                    10,440       10,440         -       -       -        1
     (社外役員を除く)
        社外役員            21,600       21,600         -       -       -        4
     (注)1.取締役の基本報酬には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
        2.上記社外役員は社外取締役及び社外監査役に対する報酬額であります。
        b.提出会社の役員ごとの報酬等総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在していないため、記載しておりません。
        c.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

          当社の役員報酬につきましては、株主総会で決議された報酬限度額の範囲で、当社の経営状況、各役員の役
         割や責任、従業員とのバランス等を勘案して決定しております。なお、報酬限度額は、取締役が150,000千円、
         監査役が30,000千円であります。
       ④ 株式の保有状況

         該当事項はありません。
                                 46/98




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 当社定款において定めている事項
        a.取締役の定数
          当社は、取締役の定数につき、10名以内とする旨を、定款に定めております。
        b.取締役の選任の決議内容

          取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
         席し、その議決権の過半数をもって行う旨を、定款に定めております。また、取締役の選任決議は累積投票に
         よらないものとする旨を、定款に定めております。
        c.株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を、定款に定め
         ております。これは、株主総会における特別決議の充足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を維
         持することを目的としております。
        d.自己株式の取得

          当社は、機動的な資本政策を図るため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって、市場
         取引等により自己の株式を取得することができる旨を、定款に定めております。
        e.剰余金の配当等の決定機関

          当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1号各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
         き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等
         を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
        e.責任免除の内容の概要

          当社は、会社法第426条第1項の規定に基づき、取締役及び監査役が職務の執行にあたり、その能力を十分に
         発揮し、期待される役割を果たし得るようにするため、取締役会の決議により、取締役(取締役であった者を
         含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の会社法第427条第1項の損害賠償責任を法令の限度におい
         て、免除できる旨を、定款に定めております。
       ⑥ 責任限定契約の内容の概要

         当社は、取締役(業務執行取締役等である者を除く)及び監査役との間で、会社法第427条第1項の規定によ
        り、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度
        額は、法令が定める額としております。
         なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役及び監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意
        かつ重大な過失がないときに限られます。
                                 47/98







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      (2) 【監査報酬の内容等】
       ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                      当連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社               23,000            600         25,000             -
       連結子会社                 -           -           -           -

          計             23,000            600         25,000             -

       ② 【その他重要な報酬の内容】

        (前連結会計年度)
         当社連結子会社であるAdvanced                World   Systems,     Inc.及びAdvanced         World   Solutions,      Inc.は、当社の監査公
        認会計士等と同一のネットワークに属しているErnst&Youngに対して3,802千円の監査報酬を支払っております。
        (当連結会計年度)

         当社連結子会社であるAdvanced                World   Systems,     Inc.及びAdvanced         World   Solutions,      Inc.は、当社の監査公
        認会計士等と同一のネットワークに属しているErnst&Youngに対して3,815千円の監査報酬を支払っております。
       ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        (前連結会計年度)
         当社は、監査法人に対して、株式上場申請のためのコンフォートレター作成業務についての対価を支払ってお
        ります。
        (当連結会計年度) 

         該当事項はありません。
       ④ 【監査報酬の決定方針】

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、監査法人より提示された監査に要する業務時間を基
        準として報酬額を決定しております。
                                 48/98









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
       基づいて作成しております。
      (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、

       「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
       す。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31日ま
      で)の連結財務諸表及び事業年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査
      法人により監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、専門的情報を有
      する団体が主催するセミナー等に参加しております。 
                                 49/98













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     1 【連結財務諸表等】
      (1) 【連結財務諸表】
       ① 【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,079,865              1,210,479
         現金及び預金
                                         414,366              504,483
         受取手形及び売掛金
                                          3,888              2,085
         商品
                                          8,341              20,134
         仕掛品
                                          67,128              71,879
         繰延税金資産
                                         181,683              198,377
         未収入金
                                         114,333              120,933
         その他
                                         △ 6,971             △ 7,587
         貸倒引当金
                                        1,862,635              2,120,786
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          36,920              69,729
           建物
                                         △ 16,886             △ 22,028
             減価償却累計額
                                          20,033              47,701
             建物(純額)
                                          10,925               3,985
           車両運搬具
                                         △ 7,901             △ 2,000
             減価償却累計額
                                          3,023              1,984
             車両運搬具(純額)
           工具、器具及び備品                               68,927              67,487
                                         △ 42,842             △ 37,720
             減価償却累計額
                                          26,085              29,767
             工具、器具及び備品(純額)
                                          33,405
           建設仮勘定                                               -
                                          82,547              79,453
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          98,114              58,317
           ソフトウエア
                                          19,581              64,497
           ソフトウエア仮勘定
                                         117,696              122,814
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          4,073              3,940
           投資有価証券
                                        ※  31,903             ※  41,560
           関係会社出資金
                                                         1,350
           長期貸付金                                 -
                                                         1,878
           退職給付に係る資産                                 -
                                          26,419              21,605
           繰延税金資産
           その他                               104,965               94,760
                                          △ 931             △ 931
           貸倒引当金
                                         166,430              164,162
           投資その他の資産合計
                                         366,674              366,430
         固定資産合計
                                        2,229,310              2,487,216
       資産合計
                                 50/98





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         48,972              57,425
         買掛金
                                         80,126              69,066
         1年内返済予定の長期借入金
                                         42,248              58,486
         未払法人税等
                                         469,353              496,236
         前受金
                                         141,566              153,027
         賞与引当金
                                         97,741              196,837
         その他
                                         880,008             1,031,079
         流動負債合計
       固定負債
                                         102,861               35,909
         長期借入金
                                         71,098              71,443
         繰延税金負債
                                         18,262
         役員退職慰労引当金                                                 -
                                         39,839              47,856
         退職給付に係る負債
                                          7,769              7,206
         資産除去債務
         固定負債合計                                239,830              162,415
                                        1,119,839              1,193,495
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         696,893              710,253
         資本金
                                         601,509              614,869
         資本剰余金
                                        △ 103,833              108,942
         利益剰余金
                                        1,194,568              1,434,064
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 66,773             △ 136,172
         為替換算調整勘定
                                        △ 18,324              △ 4,440
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 85,098             △ 140,613
         その他の包括利益累計額合計
                                                         270
       新株予約権                                    -
                                        1,109,470              1,293,721
       純資産合計
                                        2,229,310              2,487,216
      負債純資産合計
                                 51/98









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                        2,992,365              3,208,342
      売上高
                                        1,820,895              1,919,101
      売上原価
                                        1,171,470              1,289,241
      売上総利益
                                       ※1  934,277            ※1  966,876
      販売費及び一般管理費
                                         237,192              322,365
      営業利益
      営業外収益
                                           567             1,001
       受取利息
                                          6,226              16,054
       持分法による投資利益
                                         13,735               8,249
       保険解約返戻金
                                          7,000              7,755
       助成金収入
                                         32,743              28,498
       為替差益
                                          6,272              1,450
       その他
                                         66,545              63,010
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          2,766              1,752
       支払利息
                                          1,164               540
       株式交付費
                                          9,802
       株式公開費用                                                  -
                                                       27,444
       市場変更費用                                    -
                                           928              145
       その他
                                         14,661              29,882
       営業外費用合計
      経常利益                                   289,076              355,492
      特別損失
                                         67,442
                                                         -
       事業構造改革費用
                                         67,442
       特別損失合計                                                  -
                                         221,634              355,492
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   109,623              142,618
                                          △ 453               97
      法人税等調整額
                                         109,170              142,716
      法人税等合計
                                         112,464              212,775
      当期純利益
      非支配株主に帰属する当期純利益                                      -              -
                                         112,464              212,775
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 52/98








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                         112,464              212,775
      当期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 57,033             △ 69,399
       為替換算調整勘定
                                           897             13,884
       退職給付に係る調整額
                                      ※  △  56,135            ※  △  55,514
       その他の包括利益合計
                                         56,328              157,261
      包括利益
      (内訳)
                                         56,328              157,261
       親会社株主に係る包括利益
       非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 53/98
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ③ 【連結株主資本等変動計算書】
        前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                   資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
                      535,080           439,696          △ 216,297           758,478
     当期首残高
     当期変動額
                      144,893           144,893                      289,786
      新株の発行
      新株の発行(新株予
                       16,920           16,920                      33,840
      約権の行使)
      親会社株主に帰属す
                                            112,464           112,464
      る当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                      161,813           161,813           112,464           436,090
     当期変動額合計
                      696,893           601,509          △ 103,833          1,194,568
     当期末残高
                          その他の包括利益累計額

                                                   純資産合計
                   為替換算          退職給付に係る          その他の包括利益
                   調整勘定          調整累計額           累計額合計
                      △ 9,740          △ 19,221          △ 28,962          729,515
     当期首残高
     当期変動額
                                                       289,786
      新株の発行
      新株の発行(新株予
                                                       33,840
      約権の行使)
      親会社株主に帰属す
                                                       112,464
      る当期純利益
      株主資本以外の項目
                      △ 57,033            897         △ 56,135          △ 56,135
      の当期変動額(純
      額)
                      △ 57,033            897         △ 56,135          379,954
     当期変動額合計
                      △ 66,773          △ 18,324          △ 85,098          1,109,470
     当期末残高
                                 54/98










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                   資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
                      696,893           601,509          △ 103,833          1,194,568
     当期首残高
     当期変動額
      新株の発行(新株予
                       13,360           13,360                      26,720
      約権の行使)
      親会社株主に帰属す
                                            212,775           212,775
      る当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                       13,360           13,360          212,775           239,495
     当期変動額合計
                      710,253           614,869           108,942          1,434,064
     当期末残高
                       その他の包括利益累計額

                                           新株予約権         純資産合計
                  為替換算       退職給付に係る        その他の包括利益
                  調整勘定        調整累計額         累計額合計
                    △ 66,773        △ 18,324        △ 85,098                1,109,470
     当期首残高                                           -
     当期変動額
      新株の発行(新株予
                                                       26,720
      約権の行使)
      親会社株主に帰属す
                                                       212,775
      る当期純利益
      株主資本以外の項目
                    △ 69,399         13,884        △ 55,514          270       △ 55,244
      の当期変動額(純
      額)
                    △ 69,399         13,884        △ 55,514          270       184,251
     当期変動額合計
                   △ 136,172         △ 4,440       △ 140,613          270      1,293,721
     当期末残高
                                 55/98











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         221,634              355,492
       税金等調整前当期純利益
                                         78,406              78,948
       減価償却費
                                          1,164               540
       株式交付費
                                          9,802
       株式公開費用                                                  -
                                         67,442
       事業構造改革費用                                                  -
                                          3,169               817
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          1,122              21,594
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 3,037             △ 18,262
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 7,828              15,980
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                          △ 567            △ 1,001
       受取利息
                                         △ 7,000             △ 7,755
       助成金収入
                                          2,766              1,752
       支払利息
                                         △ 6,226             △ 16,054
       持分法による投資損益(△は益)
                                        △ 80,628             △ 116,276
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 71,386             △ 108,900
       未収入金の増減額(△は増加)
                                          2,252             △ 10,007
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         △ 9,809              3,816
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         31,111              26,883
       前受金の増減額(△は減少)
                                         50,819             △ 21,623
       その他の流動資産の増減額(△は増加)
                                         21,730               8,740
       その他の固定資産の増減額(△は増加)
                                        △ 53,921              156,441
       その他の流動負債の増減額(△は減少)
                                          5,505             △ 1,248
       その他
                                         256,522              369,876
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  2,933              2,778
                                          7,000              7,755
       助成金の受取額
                                         △ 2,766             △ 1,752
       利息の支払額
                                        △ 114,477             △ 129,640
       法人税等の支払額
                                                       45,874
                                           -
       法人税等の還付額
                                         149,212              294,891
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 22,500             △ 35,000
       定期預金の預入による支出
                                         61,186              35,000
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 59,726             △ 37,323
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 36,132             △ 41,942
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 6,848
       差入保証金の差入による支出                                                  -
                                                       △ 1,576
       その他                                    -
                                        △ 64,021             △ 80,842
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 56/98






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         10,000
       短期借入れによる収入                                                  -
                                        △ 45,303
       短期借入金の返済による支出                                                  -
                                         105,614
       長期借入れによる収入                                                  -
                                        △ 143,204              △ 78,012
       長期借入金の返済による支出
                                         288,772
       株式の発行による収入                                                  -
                                                         270
       新株予約権の発行による収入                                    -
                                         33,690              26,720
       新株予約権の行使による株式の発行による収入
                                        △ 11,802
                                                         -
       株式公開費用の支出
                                         237,766              △ 51,022
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 32,311             △ 32,413
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         290,646              130,613
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         754,219             1,044,865
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※  1,044,865             ※  1,175,479
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 57/98















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
        (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
        (1)  連結子会社の数
          6 社
         連結子会社の名称
          Advanced     World   Systems,     Inc. 
          Advanced     World   Solutions,      Inc.
          Advanced     World   Solutions,      Ltd.
          北京    森科技有限公司 
          株式会社エーアイエス
          Ubicom    U.S.A.,    Inc.
        (2)  他の会社等の議決権の過半数を自己の計算において所有している会社等のうち、子会社としなかった当該他

          の会社の名称等
          Alsons/AWS      Information      Systems,     Inc.
         (子会社としなかった理由)
          当社は、当社連結子会社であるAdvanced                    World   Systems,     Inc.を通じて、Alsons/AWS             Information      Systems,
         Inc.の議決権の過半数を自己の計算において所有しておりますが、Alsons                                   Corporationとの合弁契約の条項に
         より実質的支配権の要件を満たさないため、子会社ではなく、持分法適用の関連会社としております。
       2.持分法の適用に関する事項

         持分法を適用した関連会社数
          1 社
         会社等の名称
          Alsons/AWS      Information      Systems,     Inc.
       3.連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社のうち、北京             森科技有限公司の決算日は12月31日であります。
         連結財務諸表の作成にあたっては、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引につ
        いては、連結上必要な調整を行っております。
       4.会計方針に関する事項

        (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         ① 有価証券
           その他有価証券
            時価のないもの
             主として移動平均法による原価法によっております。
         ② たな卸資産
           仕掛品
            主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切り下げの方法により算定)
           によっております。
                                 58/98





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
         ① 有形固定資産(リース資産を除く)
           当社及び国内連結子会社は定率法(ただし、1998年4月1日以後に取得した建物(建物附属設備を除く)
          並びに2016年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物は定額法)を採用し、在外連結子会社は定額
          法を採用しております。
           なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物        2~15年
            車両運搬具       2年
            工具、器具及び備品 2~8年
         ② 無形固定資産(リース資産を除く)
           自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(2~5年)による定額法で償却してお
          ります。
           市場販売目的のソフトウエアについては、残存有効期間(3年)以内に償却しております。
        (3)  重要な繰延資産の処理方法

          株式交付費
          支出時に全額費用処理しております。
        (4)  重要な引当金の計上基準

         ① 貸倒引当金
           債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
          権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         ② 賞与引当金
           従業員に対する賞与の支給に備えるため、賞与支給見込額のうち当連結会計年度負担額を計上しておりま
          す。
         ③ 役員退職慰労引当金
           役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
        (5)  退職給付に係る会計処理の方法

         ① 退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
          は、給付算定式基準によっております。
         ② 数理計算上の差異の費用処理方法
           数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5
          年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしておりま
          す。
         ③ 小規模企業等における簡便法の採用
           一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支
          給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
        (6)  重要な収益及び費用の計上基準

          受注制作ソフトウエアに係る売上高及び売上原価の計上基準
          ① 当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる案件
            工事進行基準(進捗率の見積りは原価比例法)
          ② その他の案件
            工事完成基準
                                 59/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (7)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
          外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
         す。
          なお、在外子会社の資産及び負債は、在外子会社の連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及
         び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めておりま
         す。
        (8)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
         か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        (9)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         ① 消費税等の会計処理
           消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         ② 連結納税制度の適用
           当社及び一部の連結子会社は、連結納税制度を適用しております。
                                 60/98















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       (未適用の会計基準等)
      ・「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号 平
       成30年1月12日)
      (1)概要

        従業員等に対して対象となる権利確定条件付き                      有償新株予約権       を付与する場合、当該権利確定条件付き                   有償新株
       予約権   は、ストック・オプション会計基準第2項(2)に定めるストック・オプションに該当するものとされまし
       た。
      (2)適用予定日

        2019年3月期の期首より適用予定であります。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響

        「従業員等に対して権利確定条件付き                  有償新株予約権       を付与する取引に関する取扱い」の適用による財務諸表に
       与える影響額については、現時点で評価中であります。
      ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日)

      ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日)
      (1)概要

        個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いが見直され、また(分類1)に該当する企
       業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いの明確化が行われております。
      (2)適用予定日

        2019年3月期の期首より適用予定であります。
      (3)当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月26日)

      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月26日)
      (1)   概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1:顧客との契約を識別する。
         ステップ2:契約における履行義務を識別する。
         ステップ3:取引価格を算定する。
         ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)   適用予定日

        2022年3月期の期首より適用予定であります。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 61/98




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (連結貸借対照表関係)
     ※ 共同支配企業に対する投資の金額
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         関係会社出資金                         31,903千円                 41,560千円
        (連結損益計算書関係)

     ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (自    2016年4月1日              (自    2017年4月1日
                              至   2017年3月31日)               至   2018年3月31日)
                                  172,803                 185,481
         役員報酬                             千円                 千円
                                  266,687                 285,674
         給料及び手当                              〃                  〃
                                  16,712                 18,353
         賞与引当金繰入額                              〃                  〃
                                   2,976                  727
         貸倒引当金繰入額                              〃                  〃
                                  15,950                 16,784
         退職給付費用                              〃                  〃
        (連結包括利益計算書関係)

     ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                        (千円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自    2016年4月1日              (自    2017年4月1日
                              至   2017年3月31日)               至   2018年3月31日)
         為替換算調整勘定:
          当期発生額                            △57,033                 △69,399
         退職給付に係る調整額
          当期発生額                             △3,698                  7,627
                                       4,327                 5,310
          組替調整額
           税効果調整前
                                        629               12,938
                                        267                 946
           税効果額
           退職給付に係る調整額                               897               13,884
                その他の包括利益合計                        △56,135                 △55,514
                                 62/98









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
      1.発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                1,220,160           1,540,840              -       2,761,000
        (変動事由の概要)
         有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)による増加  110,000株  
         有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)による増加  16,500株
         株式分割(1:2)による増加  1,348,100株 
         新株予約権の権利行使による増加  66,240株
      2.自己株式に関する事項

        該当事項はありません。 
      3.新株予約権等に関する事項

        該当事項はありません。
      4.配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
         該当事項はありません。
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

         該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

      1.発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                2,761,000           8,496,760              -       11,257,760
        (変動事由の概要)
         株式分割(1:2)による増加  8,333,880株 
         新株予約権の権利行使による増加  162,880株
      2.自己株式に関する事項

        該当事項はありません。 
      3.新株予約権等に関する事項

                                    目的となる株式の数(株)
                                                      当連結会計
                        目的となる
       会社名          内訳                                     年度末残高
                              当連結会計                   当連結
                        株式の種類
                                      増加      減少
                                                       (千円)
                               年度期首                  会計年度末
            ストック・オプション
      提出会社                    -        -      -      -      -      270
            としての新株予約権
                合計                  -      -      -      -      270
      4.配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
         該当事項はありません。
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

         該当事項はありません。 
                                 63/98


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     
       す。
                                前連結会計年度               当連結会計年度

                              (自    2016年4月1日             (自    2017年4月1日
                              至   2017年3月31日)             至   2018年3月31日)
         現金及び預金                        1,079,865千円               1,210,479千円
                                 △35,000     〃           △35,000     〃
         預入期間が3か月を超える定期預金等
         現金及び現金同等物                        1,044,865千円               1,175,479千円
       (リース取引関係)

     1.オペレーティング・リース取引
      (借主側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                         前連結会計年度                    当連結会計年度

                        (2017年3月31日)                    (2018年3月31日)
     1年内                           80,230千円                    91,109千円
                                143,474    〃                194,689    〃

     1年超
     合計                           223,704千円                    285,798千円

        (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)   金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については短期的な資金等に限定し、資産調達については主に金融機関からの借入に
       よる方針であります。デリバティブ取引は行わない方針であります。
      (2)   金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

        営業債権である受取手形及び売掛金並びに未収入金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクにつ
       いて、与信管理規程に基づき与信を管理し、取引先の信用状況を把握すること等により、当該リスクを管理してお
       ります。投資有価証券は、市場価格の変動リスクに晒されております。当該リスクについて、定期的に時価等を把
       握し、継続的に保有状況の見直しを行うこと等により、当該リスクを管理しております。
        営業債務である買掛金は、1年以内の支払期日であります。営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されており
       ますが、当該リスクについては、月次単位で支払予定を把握する等の方法により、当該リスクを管理しておりま
       す。
      (3)   金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することもあります。
                                 64/98





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
      極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
       前連結会計年度(2017年3月31日)
                       連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                             1,079,865            1,079,865                -
     (2)  受取手形及び売掛金                      414,366
                              △6,971
        貸倒引当金(*1)
                              407,395            407,395               -
            資産計                 1,487,260            1,487,260                -
     (1)  買掛金
                              48,972            48,972              -
     (2)  未払法人税等
                              42,248            42,248              -
     (3)  長期借入金(*2)
                              182,987            182,871             △115
            負債計                  274,208            274,092             △115
      (*1)   受取手形及び売掛金については対応する貸倒引当金を控除しております。
      (*2)   1年内返済予定の長期借入金は、長期借入金に含めております。
       当連結会計年度(2018年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                             1,210,479            1,210,479                -
     (2)  受取手形及び売掛金
                              504,483
                              △4,322
        貸倒引当金(*1)
                              500,160            500,160               -
     (3)  未収入金
                              198,377
                               △227
        貸倒引当金(*2)
                              198,150            198,150               -
            資産計                 1,908,790            1,908,790                -
     (1)  買掛金
                              57,425            57,425              -
     (2)  未払法人税等
                              58,486            58,486              -
     (3)  長期借入金(*2)
                              104,975            105,099              124
            負債計                  220,886            221,011              124
      (*1)   受取手形及び売掛金については対応する貸倒引当金を控除しております。
      (*2)   未収入金については対応する貸倒引当金を控除しております。
      (*3)   1年内返済予定の長期借入金は、長期借入金に含めております。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

      資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金、(3)            未収入金
       これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
      す。 
      負   債

      (1)  買掛金、(2)      未払法人税等 
       これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
      ております。 
      (3)  長期借入金 

       これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在
      価値により算定しております。 
                                 65/98



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
                                                  (単位:千円)
            区分               2017年3月31日                 2018年3月31日
     非上場株式                               4,073                 3,940
     関係会社出資金                              31,903                 41,560
       これらについては市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表に含めておりま
      せん。
       3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

       前連結会計年度(2017年3月31日)
                                        1年超       5年超

                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                 (千円)                    (千円)
                                        (千円)       (千円)
     現金及び預金                           1,079,865          -       -       -
     受取手形及び売掛金                            414,366         -       -       -
                 合計                1,494,232          -       -       -
      ※ 破産更生債権等931千円については、償還予定額が見込めないため記載しておりません。 
       当連結会計年度(2018年3月31日)

                                        1年超       5年超

                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                 (千円)                    (千円)
                                        (千円)       (千円)
     現金及び預金                           1,210,479          -       -       -
     受取手形及び売掛金                            504,483         -       -       -
     未収入金                            198,377         -       -       -
                 合計                1,913,340          -       -       -
      ※ 破産更生債権等931千円については、償還予定額が見込めないため記載しておりません。 
       4.長期借入金、その他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

       前連結会計年度(2017年3月31日)
                           1年超       2年超       3年超       4年超

                    1年以内                                  5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (千円)                                 (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金                80,126       66,119       21,681       15,061         -       -
          合計           80,126       66,119       21,681       15,061         -       -
       当連結会計年度(2018年3月31日)

                           1年超       2年超       3年超       4年超

                    1年以内                                  5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (千円)                                 (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金                69,066       20,848       15,061         -       -       -
          合計           69,066       20,848       15,061         -       -       -
                                 66/98






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (有価証券関係)
       その他有価証券
       前連結会計年度(2017年3月31日)
                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

            区分
                           (千円)            (千円)            (千円)
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
      株式                           -            -            -
      債券                           -            -            -

            小計                    -            -            -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
      株式                          4,073            4,073              -
      債券                           -            -            -

            小計                   4,073            4,073              -

            合計                   4,073            4,073              -

       当連結会計年度(2018年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

            区分
                           (千円)            (千円)            (千円)
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
      株式                           -            -            -
      債券                           -            -            -

            小計                    -            -            -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
      株式                          3,940            3,940              -
      債券                           -            -            -

            小計                   3,940            3,940              -

            合計                   3,940            3,940              -

                                 67/98







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (退職給付関係)
       1.採用している退職給付制度の概要
         従業員の退職給付に備えるため、当社は、確定拠出年金制度を採用しております。また、一部の在外連結子会
        社では、確定給付年金制度を採用しております。
         国内連結子会社は、中小企業退職金共済制度に加入しており、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算
        に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を採用しております。
         また、確定給付型の制度として、複数事業主制度に係る総合設立型厚生年金基金制度である関東ITソフトウエ
        ア厚生年金基金に加入しておりましたが、2016年7月1日付で厚生労働大臣の許可を受けて解散したことに伴
        い、後継制度として新たに設立された日本ITソフトウエア企業年金基金に移行いたしました。同基金は複数事業
        主制度に係る共同で設立された確定給付企業年金制度であり、自社の拠出に対応する年金資産の額を合理的に計
        算することができないため、確定拠出制度と同様に会計処理を行っておりますが、要拠出額を退職給付費用とし
        て処理している複数事業主制度に係る注記は、重要性が乏しいため省略しております。なお、関東ITソフトウエ
        ア厚生年金基金の解散による負担額の発生は見込まれておりません。
       2.確定給付制度(簡便法を適用した制度を除く。)

        (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
          退職給付債務の期首残高                             35,449千円             41,946千円
                                        3,268   〃          3,629   〃
           勤務費用
                                        1,793   〃          2,117   〃
           利息費用
                                        4,837   〃         △5,747    〃
           数理計算上の差異の発生額
                                       △3,402    〃         △3,573    〃
           在外連結子会社の換算差額
          退職給付債務の期末残高                             41,946千円             38,371千円
        (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
          年金資産の期首残高                             19,696千円             33,963千円
                                        1,446   〃          1,714   〃
           期待運用収益
                                       △1,209    〃         △1,726    〃
           数理計算上の差異の発生額
                                        15,750    〃           -  〃
           事業主からの拠出額
                                       △2,010    〃         △2,892    〃
           在外連結子会社の換算差額
                                         290  〃          △156   〃
           その他
          年金資産の期末残高                             33,963千円             30,901千円
        (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係

          る資産の調整表
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (2017年3月31日)             (2018年3月31日)
          積立型制度の退職給付債務                             41,306千円             38,371千円
                                       △33,963     〃        △30,901     〃
          年金資産
          退職給付に係る負債                              7,343千円             7,470千円
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              7,343千円             7,470千円
                                 68/98




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
          勤務費用                              3,268千円             3,629千円
                                        1,793   〃          2,117   〃
          利息費用
          期待運用収益                             △1,446    〃         △1,714    〃
                                        4,327   〃          5,310   〃
          数理計算上の差異の費用処理額
                                          14  〃           -  〃
          その他 
          確定給付制度に係る退職給付費用                              7,957千円             9,342千円
        (5)  退職給付に係る調整額

          退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
          数理計算上の差異                              △629千円           △12,938千円
          合計                              △629千円           △12,938千円
        (6)  退職給付に係る調整累計額

          退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (2017年3月31日)             (2018年3月31日)
          未認識数理計算上の差異                             19,621千円             6,583千円
          合計                             19,621千円             6,583千円
        (7)  年金資産に関する事項

         ① 年金資産の主な内訳
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (2017年3月31日)             (2018年3月31日)
          債券                                79%             95%
          現金及び預金                                14%             2%
          その他                                7%             3%
          合計                                100%             100%
         ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率は市場における無リスク利子率を考慮して決定しております。
        (8)  数理計算上の計算基礎に関する事項

          主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表している。)
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (2017年3月31日)             (2018年3月31日)
          割引率                               5.16%             7.91%
          予想昇給率                               8.00%             8.00%
          長期期待運用収益率                               5.53%             5.16%
                                 69/98




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       3.簡便法を適用した確定給付制度
        (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
          退職給付に係る負債の期首残高                             29,966千円             32,495千円
                                        2,529   〃          7,893   〃
           退職給付費用
                                          -  〃         △1,881    〃
           退職給付の支払額
          退職給付に係る負債の期末残高                             32,495千円             38,508千円
        (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係

          る資産の調整額
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
          非積立型制度の退職給付債務                             32,495千円             38,508千円
          退職給付に係る負債                             32,495千円             38,508千円
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             32,495千円             38,508千円
        (3)  退職給付費用

          簡便法で計算した退職給付費用                       前連結会計年度2,529千円             当連結会計年度7,893千円
       4.確定拠出制度

         当社の確定拠出制度の要拠出額は、前連結会計年度4,233千円、当連結会計年度5,013千円であります。
                                 70/98












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (ストック・オプション等関係)
     1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
       該当事項はありません。
     2.財貨取得取引における当初の資産計上額及び科目名

                            前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (自    2016年4月1日                (自    2017年4月1日
                           至   2017年3月31日)                 至   2018年3月31日)
     現金及び預金                                -千円                  270千円
     3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

        当連結会計年度(2018年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
       については、株式数に換算して記載しております。
        なお、2016年3月4日に1株を10株、2016年10月1日に1株を2株、2017年4月1日に1株を2株、2017年10月
       1日に1株を2株とする株式分割を行っているため、以下は、当該株式分割を反映した数値を記載しております。
      (1) ストック・オプションの内容

                               第4回                  第5回
                          (ストック・オプション)                  (ストック・オプション)
     会社名                         提出会社                  提出会社
     決議年月日                       2014年8月28日                  2014年8月28日
                           当社取締役  4名
                           当社従業員  25名                   当社監査役 2名
     付与対象者の区分及び人数
                           子会社取締役 3名                   外部支援者 3名
                           子会社従業員 58名
     株式の種類及び付与数                      普通株式 557,680株                   普通株式 35,200株
     付与日                       2014年8月29日                  2014年8月29日
                        新株予約権の割当てを受けた者は、
                                          新株予約権の割当てを受けた者は、
                        新株予約権行使時においても当社ま
                                          新株予約権行使時においても当社ま
                        たは当社子会社の取締役、監査役、
     権利確定条件                                     たは当社子会社の監査役、外部支援
                        従業員または顧問の地位にある場合
                                          者の地位にある場合に限り、新株予
                        に限り、新株予約権を行使すること
                                          約権を行使することができる。
                        ができる。
     対象勤務期間                  対象勤務期間の定めはありません。                  対象勤務期間の定めはありません。
                           自 2016年9月1日                  自 2016年9月1日
     権利行使期間
                           至 2024年8月27日                  至 2024年8月27日
                                 71/98








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
                               第6回                  第7回
                          (ストック・オプション)                  (ストック・オプション)
     会社名                         提出会社                  提出会社
     決議年月日                       2014年12月11日                  2014年12月11日
                           当社従業員          4名
                                              当社監査役 1名
     付与対象者の区分及び人数                      子会社取締役         8名
                                              外部支援者 1名
                           子会社従業員 215名
     株式の種類及び付与数                      普通株式 183,760株                   普通株式 26,400株
     付与日                       2014年12月18日                  2014年12月18日
                        新株予約権の割当てを受けた者は、
                                          新株予約権の割当てを受けた者は、
                        新株予約権行使時においても当社ま
                                          新株予約権行使時においても当社ま
                        たは当社子会社の取締役、従業員、
     権利確定条件                                     たは当社子会社の監査役または外部
                        監査役または外部支援者の地位にあ
                                          支援者の地位にある場合に限り、新
                        る場合に限り、新株予約権を行使す
                                          株予約権を行使することができる。
                        ることができる。
     対象勤務期間                  対象勤務期間の定めはありません。                  対象勤務期間の定めはありません。
                           自 2016年12月19日                  自 2016年12月19日
     権利行使期間
                           至 2024年12月10日                  至 2024年12月10日
                               第8回

                          (ストック・オプション)
     会社名                         提出会社
     決議年月日                       2017年5月12日
                           当社取締役  5名
                           当社監査役  3名
     付与対象者の区分及び人数                      当社従業員  10名
                           子会社取締役 2名
                           子会社従業員 1名
     株式の種類及び付与数                      普通株式 540,000株
     付与日                       2017年5月29日
     権利確定条件                        (注)1、2
     対象勤務期間                  対象勤務期間の定めはありません。
                           自 2018年7月1日
     権利行使期間
                           至 2024年5月28日
      (注)   1.新株予約権の行使の条件については、以下のとおりであります。
          新株予約権者は、2018年3月期から2020年3月期までのいずれかの事業年度におけるのれん償却前営業利益
          (当該事業年度に係る当社が提出した有価証券報告書に記載される監査済の連結損益計算書(連結損益計算
          書を作成していない場合、損益計算書)における営業利益に、当該有価証券報告書に記載される監査済の連
          結キャッシュ・フロー計算書(連結キャッシュ・フロー計算書を作成していない場合、キャッシュ・フロー
          計算書)におけるのれん償却額を加算した額が、下記、(ⅰ)または(ⅱ)に掲げる条件を達成した場合におい
          て、当該達成した条件に従った下記(ⅰ)または(ⅱ)に掲げる割合(以下、「行使可能割合」という。)に応
          じて、当該条件を最初に達成した事業年度に係る有価証券報告書の提出日の翌月1日から本新株予約権を行
          使することができる。
           (ⅰ)500百万円を超過し、かつ、700百万円以下の場合 行使可能割合:25%
            (ⅱ)700百万円を超過している場合 行使可能割合:100%
        2.新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、監査役、従業員
          または外部支援者であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由がある
          と取締役会が認めた場合は、この限りではない。
                                 72/98





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況
       ① ストック・オプションの数
                        第4回         第5回
      会社名                  提出会社         提出会社
      決議年月日                2014年8月28日         2014年8月28日
      権利確定前(株)
       前連結会計年度末                       -         -
       付与                       -         -
       失効                       -         -
       権利確定                       -         -
       未確定残                       -         -
      権利確定後(株)
       前連結会計年度末                     529,440          10,400
       権利確定                       -         -
       権利行使                     170,560            -
       失効                       80         -
       未行使残                     358,800          10,400
                        第6回         第7回         第8回

      会社名                  提出会社         提出会社         提出会社
      決議年月日                2014年12月11日         2014年12月11日         2017年5月12日
      権利確定前(株)
       前連結会計年度末                       -         -         -
       付与                       -         -       540,000
       失効                       -         -         -
       権利確定                       -         -         -
       未確定残                       -         -       540,000
      権利確定後(株)
       前連結会計年度末                     140,640          26,400            -
       権利確定                       -         -         -
       権利行使                     19,200         24,000            -
       失効                      3,360           -         -
       未行使残                     118,080          2,400           -
                                 73/98








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ② 単価情報
                        第4回         第5回
      会社名                  提出会社         提出会社
      決議年月日                2014年8月28日         2014年8月28日
      権利行使価格(円)                       125         125
      行使時平均株価(円)                      1,054           -
      付与日における公正な
                            -         -
      評価単価(円)
                        第6回         第7回         第8回

      会社名                  提出会社         提出会社         提出会社
      決議年月日                2014年12月11日         2014年12月11日         2017年5月12日
      権利行使価格(円)                       125         125         715
      行使時平均株価(円)                      1,432          731          -
      付与日における公正な
                            -         -         -
      評価単価(円)
     4.当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      (1)  使用した評価技法  モンテカルロ・シミュレーション
      (2)  主な基礎数値及びその見積方法
       株価変動性     (注)1                          48.25%
       満期までの期間   (注)2                           7年
       配当利回り     (注)3                           0%
       無リスク利子率   (注)4                         △0.074%
      (注)   1.上場後2年に満たないため、類似上場会社のボラティリティを採用しております。
        2.割当日から行使期間満了日までの期間であります。
        3.直近の配当実績によっております。
        4.満期までの期間に対応する国債の利回りであります。
     5.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実数の失効数のみ反映させる方式を採用しており
      ます。
     6.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

       合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計
       額
       (1)  当連結会計年度末における本源的価値の合計額                                      579,280千円
       (2)    当連結会計年度において権利行使された本源的価値の合計額                                233,465千円
                                 74/98







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前連結会計年度                当連結会計年度

                                 (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
     繰延税金資産
      賞与引当金                                 15,545千円                15,192千円
                                       2,559   〃             4,093   〃
      未払事業税
                                       58,371    〃            63,605    〃
      前受金
                                       9,012   〃             5,390   〃
      減価償却費
                                       7,327   〃             7,391   〃
      退職給付に係る負債
      役員退職慰労引当金                                 2,304   〃              -  〃
                                       5,566   〃             5,687   〃
      子会社株式評価損
                                       1,734   〃             1,256   〃
      在外子会社為替差損
      フリーレント賃料                                  977  〃             1,041   〃
                                      403,627    〃            505,275    〃
      繰越欠損金
                                       9,939   〃             8,617   〃
      その他
     繰延税金資産小計
                                      516,966千円                617,551千円
                                     △418,336     〃          △520,402     〃
     評価性引当額
     繰延税金資産合計
                                       98,630千円                97,148千円
     繰延税金負債

                                      △6,300    〃            △3,672    〃
      在外子会社為替差益
                                     △68,877     〃           △70,227     〃
      留保利益税効果
                                      △1,002    〃            △1,208    〃
      その他
     繰延税金負債合計                                △76,180千円                △75,107千円
     繰延税金資産純額                                 22,449千円                22,040千円
      (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

                                  前連結会計年度                当連結会計年度

                                 (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
     流動資産-繰延税金資産
                                       67,128千円                71,879千円
                                       26,419    〃            21,605    〃
     固定資産-繰延税金資産
                                       71,098    〃            71,443    〃
     固定負債-繰延税金負債
                                 75/98








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
      主要な項目別の内訳
                                  前連結会計年度                当連結会計年度

                                 (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
     法定実効税率
                                         30.9%                30.9%
     (調整)
     交際費等永久に損金に算入されない項目                                    0.8%                0.5%
     住民税均等割等                                    1.2%                0.8%
     過年度法人税等                                    -%               0.5%
     評価性引当額の増減額                                   21.1%                3.9%
     税率変更に伴う影響額                                    0.2%                0.3%
     子会社税率差異                                  △22.1%                △11.3%
     海外子会社未分配利益                                    5.3%                1.1%
     外国源泉税                                    6.0%                4.9%
                                         5.9%                8.6%
     その他
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                   49.3%                40.2%
       (資産除去債務関係)

        資産除去債務の総額に重要性が乏しいため、注記を省略しております。
                                 76/98













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
      1.報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
       の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社グループは、①日本及びフィリピンを拠点とした、日本向けソフトウエア開発、ITアウトソーシング、ビジ
       ネスアプリケーション及び組込みソフトの設計・開発等の支援を行う「グローバル事業」、②病院等の医療機関あ
       るいは関連施設に関わる、医療情報システムのソフトウエア商品の開発・販売、受託開発、コンサルテーションを
       行う「メディカル事業」の2つを報告セグメントとしております。
      2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
       ける記載と概ね同一であります。
        報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価
       格に基づいております。 
      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

      前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                      連結財務諸
                                                  調整額
                                       その他
                                                       表計上額
                                             合計
                     グローバル      メディカル
                                      (注1)
                                                 (注2)
                                  計
                                                       (注3)
                      事業      事業
     売上高
                     1,914,981      1,076,034      2,991,015        1,350    2,992,365           2,992,365
      外部顧客への売上高                                               -
      セグメント間の内部
                       7,464           7,464           7,464     △ 7,464
                              -           -                 -
      売上高又は振替高
                     1,922,445      1,076,034      2,998,479        1,350    2,999,829       △ 7,464    2,992,365
            計
                      356,217      145,311      501,529        700    502,229     △ 265,036      237,192
     セグメント利益又は損失(△)
                     1,090,978       887,726     1,978,704           1,978,704       250,605     2,229,310
     セグメント資産                                    -
     その他の項目
                      22,007      52,907      74,915           74,915      3,490     78,406
      減価償却費                                    -
                            67,442      67,442           67,442           67,442
      事業構造改革費用                   -                 -           -
                      31,903           31,903           31,903           31,903
      持分法適用会社への投資額                         -           -           -
      有形固定資産及び
                      59,499      26,909      86,408        -    86,408      1,223     87,632
      無形固定資産の増加額
      (注) 1.「その他」の区分は、報告セグメントに該当しない、ISMS認証維持支援コンサルタント業務であります。
         2.調整額は、以下のとおりであります。
          (1)  セグメント利益の調整額△265,036千円は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費等の全社費用で
            あります。
          (2)  セグメント資産の調整額250,605千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産であります。全社
            資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金、管理部門に係る資産等であります。
          (3)  減価償却費の調整額3,490千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価償却費であり
            ます。
          (4)  有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額1,223千円は、各報告セグメントに配分していない全社
            資産の増加額であります。
         3.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 77/98




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                      連結財務諸
                                                  調整額
                                                       表計上額
                                       その他      合計
                     グローバル      メディカル
                                                 (注1)
                                  計
                                                       (注2)
                      事業      事業
     売上高
                     2,038,729      1,169,613      3,208,342           3,208,342           3,208,342
      外部顧客への売上高                                    -           -
      セグメント間の内部
                      18,377      8,791     27,169           27,169     △ 27,169
                                         -                 -
      売上高又は振替高
                     2,057,106      1,178,405      3,235,512           3,235,512      △ 27,169    3,208,342
            計                             -
                      271,016      371,312      642,329           642,329     △ 319,964      322,365
     セグメント利益又は損失(△)                                    -
                     1,142,332      1,155,459      2,297,792           2,297,792       189,424     2,487,216
     セグメント資産                                    -
     その他の項目
                      31,387      44,232      75,620           75,620      3,328     78,948
      減価償却費                                    -
                      41,560           41,560           41,560           41,560
      持分法適用会社への投資額                         -           -           -
      有形固定資産及び
                      38,659      51,398      90,057           90,057       382    90,440
                                         -
      無形固定資産の増加額
      (注) 1.調整額は、以下のとおりであります。
          (1)  セグメント利益の調整額△319,964千円は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費等の全社費用で
            あります。
          (2)  セグメント資産の調整額189,424千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産であります。全社
            資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金、管理部門に係る資産等であります。
          (3)  減価償却費の調整額3,328千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価償却費であり
            ます。
          (4)  有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額382千円は、各報告セグメントに配分していない全社資
            産の増加額であります。
         2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 78/98











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        【関連情報】
      前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1) 売上高
                                                   (単位:千円)
          日本            フィリピン              その他              合計
             2,407,781              387,312             197,270            2,992,365
      (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
       (2) 有形固定資産

                                                   (単位:千円)
          日本            フィリピン              その他              合計
              20,552             58,289              3,705             82,547
      3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載はありませ
      ん。
      当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1) 売上高
                                                   (単位:千円)
          日本            フィリピン              その他              合計
             2,547,339              413,508             247,495            3,208,342
      (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
       (2) 有形固定資産

                                                   (単位:千円)
          日本            フィリピン              その他              合計
              17,789             58,579              3,084             79,453
      3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載はありませ
      ん。
                                 79/98






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
        前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

         該当事項はありません。
        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

         該当事項はありません。
        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

         該当事項はありません。
                                 80/98













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        【関連当事者情報】
     1.関連当事者との取引
      (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
        前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                             議決権等

                   資本金又
                                             取引金額
         会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者                     期末残高
      種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
                                             (千円)
          又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係                     (千円)
                                             (注1)
                   (千円)
                             割合(%)
                                       ストック・
                            (被所有)
     役員及び                  当社代表取           当社代表取     オプション
          青木正之      -    -                          12,000     -     -
     主要株主                  締役社長     直接  41.2   締役社長     の権利行使
                                        (注)
      (注)    2007年2月14日開催の当社臨時株主総会決議に基づき付与された第3回新株予約権のうち当事業年度における
         権利行使を記載しております。
        当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                             議決権等

                   資本金又                          取引金額
         会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者                     期末残高
      種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
                                             (千円)
          又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係                     (千円)
                                             (注1)
                   (千円)
                             割合(%)
                                       ストック・
                            (被所有)
     役員及び                  当社代表取           当社代表取     オプション
          青木正之      -    -                          12,000     -     -
     主要株主                  締役社長     直接  39.2   締役社長     の権利行使
                                        (注)
      (注)    2014年8月28日開催の当社臨時株主総会決議に基づき付与された第4回新株予約権のうち当事業年度における
         権利行使を記載しております。
      (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
        前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

         該当事項はありません。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

       該当事項はありません。
                                 81/98








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自    2016年4月1日               (自    2017年4月1日
                           至   2017年3月31日)                至   2018年3月31日)
     1株当たり純資産額                               100.46円                  114.92円
     1株当たり当期純利益                               10.60円                  19.08円

     潜在株式調整後
                                    10.03円                  17.61円
     1株当たり当期純利益
      (注)   1.当社株式は、2016年6月21日に東証証券取引所マザーズ市場に上場したため、前連結会計年度の潜在株
          式調整後1株当たり当期純利益は、新規上場日から前連結会計年度末までの平均株価を期中平均株価と
          みなして算定しております。
        2.当社は、2016年10月1日付で普通株式1株につき2株、2017年4月1日付で普通株式1株につき2株、
          さらに2017年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年
          度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益並びに
          潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。
        3.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおり
          であります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度

                                 (自    2016年4月1日           (自    2017年4月1日
                 項目
                                  至   2017年3月31日)           至   2018年3月31日)
     1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                   112,464             212,775

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -             -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                         112,464             212,775
      (千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                       10,611,509             11,153,511
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千円)                                     -             -

      普通株式増加額(株)                                   601,313             928,254

      (うち新株予約権(株))                                   601,313             928,254

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり

                                           -             -
     当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 82/98






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 【連結附属明細表】
        【社債明細表】
          該当事項はありません。
        【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                       -         -         -      -
     1年以内に返済予定の長期借入金                     80,126         69,066          1.08       -

                                                 2019年4月1日~
     長期借入金(1年以内に返済予定
                          102,861         35,909          1.15
     のものを除く)
                                                 2021年3月1日  
            合計              182,987         104,975           -      -
      (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2.長期借入金の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

              区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
           長期借入金               20,848          15,061            -          -
        【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結
         会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
                                 83/98












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【その他】
        当連結会計年度における四半期情報等
          (累計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度

     売上高            (千円)         734,435        1,545,375         2,337,927         3,208,342

     税金等調整前
                 (千円)          37,501         156,868         205,914         355,492
     四半期(当期)純利益
     親会社株主に帰属する
                 (千円)          13,215         95,447         113,306         212,775
     四半期(当期)純利益
     1株当たり
                  (円)          1.19         8.59         10.19         19.08
     四半期(当期)純利益
          (会計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり
                  (円)          1.19         7.40         1.61         8.92
     四半期純利益
      (注) 当社は、2017年4月1日付で普通株式1株につき2株、2017年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で
         株式分割を行っております。当連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期
         (当期)純利益を算定しております。
       (訴訟等)

       1.所得税優遇措置
        フィリピン共和国において当社連結子会社のAdvanced                          World   Systems,     Inc.   (本項目において、以下、「当連結
       子会社」という。)は、経済特区における企業所得税優遇措置の対象企業として長年認められておりました。当連
       結子会社は税務調査の結果、2014年12月29日付で、同国の内国歳入庁より、税務調査に係る処分通知書を受領して
       おり、当通知書においては、当連結子会社のマカティ支店の所得税優遇措置の適用に対する指摘がなされ、経過利
       子を含め、51,444千フィリピン・ペソの追徴課税を課す内容とされております。当連結子会社は、2015年1月28日
       付で、当処分には重要な認識の誤りがあり不当であるとして、同国租税裁判所へ処分の取り消し及び当税務調査の
       無効の宣言を求め、提訴しておりましたが、2018年3月19日付で、当連結子会社の主張を認め、当税務調査の無効
       を認める小法廷判決が下され、これに対し同庁は大法廷に対し、決定再考の申立てを行っております。
        当連結子会社は、法律事務所の見解等を基に引き続き、当連結子会社の勝訴の公算が大きいと判断しておりま
       す。
       2.付加価値税の還付

        フィリピン共和国において当社連結子会社Advanced                          World   Systems,     Inc.及びAdvanced         World   Solutions,      Inc.
       (本項目において、以下、「当連結子会社」という。)は、付加価値税の還付請求権を有しております。当連結子
       会社は、同国の内国歳入庁に対し遅滞なく還付請求を行っておりますが、同庁による付加価値税の還付手続の遅延
       により、未だ16,905千フィリピン・ペソの付加価値税については還付されておらず、そのうち一部の請求について
       は、同庁より還付の否認通知書を受領しております。当連結子会社は同否認通知書には重要な認識の誤りがあり不
       当であるとして、同国租税裁判所へ否認の取り消し及び還付の実施を求め、提訴あるいは提訴の準備を進めており
       ます。
        なお、当連結子会社は、請求済みの付加価値税については還付可能であると判断しております。
                                 84/98






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     2 【財務諸表等】
      (1) 【財務諸表】
       ①  【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         306,388              310,225
         現金及び預金
                                       ※  135,603             ※  128,057
         売掛金
                                          11,084              15,390
         仕掛品
                                                          547
         前渡金                                   -
                                          98,141              96,249
         未収入金
                                          45,897              69,212
         前払費用
                                        ※  37,071             ※  69,720
         その他
                                         △ 4,993             △ 7,120
         貸倒引当金
                                         629,193              682,282
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          9,306              8,068
           建物
                                          1,030               703
           工具、器具及び備品
                                          10,336               8,772
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          4,353              2,789
           ソフトウエア
                                          4,353              2,789
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         857,007              876,798
           関係会社株式
                                                         1,350
           長期貸付金                                 -
                                          1,270              1,445
           長期前払費用
                                          22,665              22,064
           その他
                                         880,943              901,658
           投資その他の資産合計
                                         895,632              913,219
         固定資産合計
                                        1,524,826              1,595,502
       資産合計
                                 85/98









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※  40,137             ※  37,658
         買掛金
                                         68,756              59,070
         1年内返済予定の長期借入金
                                        ※  11,153             ※  10,883
         未払金
                                          8,830              18,717
         未払費用
                                          4,106              4,688
         未払法人税等
                                                        2,479
         前受金                                  -
                                          8,848              12,008
         預り金
                                          7,919              9,789
         賞与引当金
                                         12,549              37,463
         その他
                                         162,301              192,758
         流動負債合計
       固定負債
                                         75,352              18,396
         長期借入金
         繰延税金負債                                  706              573
                                          3,594              3,632
         資産除去債務
                                         79,652              22,602
         固定負債合計
                                         241,954              215,361
       負債合計
                                 86/98













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                         696,893              710,253
         資本金
         資本剰余金
                                         601,509              614,869
           資本準備金
                                         601,509              614,869
           資本剰余金合計
         利益剰余金
           その他利益剰余金
                                         △ 15,530              54,748
             繰越利益剰余金
                                         △ 15,530              54,748
           利益剰余金合計
                                        1,282,871              1,379,870
         株主資本合計
                                                          270
       新株予約権                                     -
                                        1,282,871              1,380,140
       純資産合計
                                        1,524,826              1,595,502
      負債純資産合計
                                 87/98















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ② 【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                       ※1  992,526           ※1  1,046,920
      売上高
                                       ※1  648,976            ※1  685,358
      売上原価
                                         343,549              361,562
      売上総利益
                                       ※2  441,556            ※2  500,690
      販売費及び一般管理費
                                        △ 98,007             △ 139,128
      営業損失(△)
      営業外収益
                                         ※1  599           ※1  1,138
       受取利息
                                       ※1  132,476            ※1  173,176
       受取配当金
                                                         236
       為替差益                                    -
                                          1,071               408
       その他
                                         134,147              174,960
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          2,186              1,176
       支払利息
                                          1,164               540
       株式交付費
                                          9,802
       株式公開費用                                                  -
                                                       27,444
       市場変更費用                                    -
                                           824
       支払保証料                                                  -
                                           547
       為替差損                                                  -
                                           27
                                                         -
       その他
                                         14,552              29,160
       営業外費用合計
                                         21,587               6,671
      経常利益
                                         21,587               6,671
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   △ 36,164             △ 63,474
                                          △ 99             △ 133
      法人税等調整額
                                        △ 36,264             △ 63,607
      法人税等合計
                                         57,851              70,279
      当期純利益
                                 88/98










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ③ 【株主資本等変動計算書】
        前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                              (単位:千円)
                             株主資本
                        資本剰余金           利益剰余金
                                 その他
                                                純資産合計
                資本金                          株主資本合計
                                利益剰余金
                          資本剰余金           利益剰余金
                     資本準備金
                            合計           合計
                                繰越利益
                                 剰余金
                 535,080     439,696     439,696     △ 73,382     △ 73,382     901,393     901,393
     当期首残高
     当期変動額
                 144,893     144,893     144,893                289,786     289,786
      新株の発行
      新株の発行(新株予
                 16,920     16,920     16,920                33,840     33,840
      約権の行使)
                                 57,851     57,851     57,851     57,851
      当期純利益
                 161,813     161,813     161,813      57,851     57,851     381,477     381,477
     当期変動額合計
                 696,893     601,509     601,509     △ 15,530     △ 15,530    1,282,871     1,282,871
     当期末残高
        当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                             株主資本
                        資本剰余金           利益剰余金
                                 その他
                                                新株予約権     純資産合計
                資本金                          株主資本合計
                                利益剰余金
                          資本剰余金           利益剰余金
                     資本準備金
                            合計           合計
                                繰越利益
                                 剰余金
                 696,893     601,509     601,509     △ 15,530     △ 15,530    1,282,871           1,282,871
     当期首残高                                              -
     当期変動額
      新株の発行(新株予
                 13,360     13,360     13,360                26,720           26,720
      約権の行使)
                                 70,279     70,279     70,279           70,279
      当期純利益
      株主資本以外の項目
                                                   270     270
      の当期変動額(純
      額)
                 13,360     13,360     13,360     70,279     70,279     96,999       270    97,269
     当期変動額合計
                 710,253     614,869     614,869      54,748     54,748    1,379,870        270   1,380,140
     当期末残高
                                 89/98









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
        (重要な会計方針)
       1.有価証券の評価基準及び評価方法
         関係会社株式 
          移動平均法による原価法によっております。
       2.たな卸資産の評価基準及び評価方法  

         仕掛品
          個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)によっておりま
         す。
       3.固定資産の減価償却の方法

        (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。 
          なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。 
           建物          15年
           工具、器具及び備品 4~8年
        (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)で償却しております。
       4.繰延資産の処理方法

         株式交付費
          支出時に全額費用処理しております。
       5.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

         外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、為替差額は損益として処理しておりま
        す。
       6.引当金の計上基準

        (1)  貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
          については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        (2)  賞与引当金 
          従業員に対する賞与の支給に備えるため、賞与支給見込額のうち当期負担額を計上しております。
       7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        (1)  消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
        (2)  連結納税制度の適用
          連結納税制度を適用しております。
                                 90/98





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※ 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                               前事業年度                 当事業年度

                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         短期金銭債権                        92,509千円                147,370千円
                                40,093    〃             38,239    〃
         短期金銭債務
        (損益計算書関係)

     ※1    関係会社との取引高
                                前事業年度                 当事業年度

                              (自    2016年4月1日              (自    2017年4月1日
                              至   2017年3月31日)               至   2018年3月31日)
         営業取引による取引高
          売上高                        204,580千円                 210,860千円
                                  361,779    〃             401,608    〃
          仕入高
                                  132,913    〃             173,641    〃
         営業取引以外の取引による取引高
     ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度

                              (自    2016年4月1日              (自    2017年4月1日
                              至   2017年3月31日)               至   2018年3月31日)
                                  131,031                 130,560
         役員報酬                             千円                 千円
                                  112,664                 141,698
         給料及び手当                             〃                 〃
                                   5,602                 7,131
         賞与引当金繰入額                             〃                 〃
                                  45,345                 52,881
         業務委託費                             〃                 〃
                                   3,486                 3,484
         減価償却費                             〃                 〃
                                   2,636                 2,126
         貸倒引当金繰入額                              〃                  〃
         おおよその割合

         販売費                          37.7   %              34.2   %
         一般管理費                          62.3   〃              65.8   〃
        (有価証券関係)

        関係会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、関係会社株式の時価を記
       載しておりません。
        なお、時価を把握することが極めて困難と認められる関係会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                                             (単位:千円)
                          前事業年度               当事業年度
             区分
                        (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
        関係会社株式                        857,007               876,798
              計                  857,007               876,798
                                 91/98






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
        (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度                当事業年度

                                 (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
     繰延税金資産
      賞与引当金                                  2,443千円                2,997千円
                                        590  〃              573  〃
      未払事業税
                                       1,540   〃             2,180   〃
      貸倒引当金
                                        154  〃              154  〃
      売掛金
                                         12  〃               7 〃
      減価償却費
                                       1,077   〃             1,112   〃
      資産除去債務
                                       5,566   〃             5,687   〃
      子会社株式
                                      403,627    〃            505,275    〃
      繰越欠損金
     繰延税金資産小計
                                      415,013千円                517,989千円
                                     △415,013     〃          △517,989     〃
     評価性引当額
     繰延税金資産合計
                                         -千円                -千円
     繰延税金負債

                                       △706千円                △573千円
      資産除去債務に対応する除去費用
     繰延税金負債合計                                  △706千円                △573千円
     繰延税金資産純額                                  △706千円                △573千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                    前事業年度              当事業年度

                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
        法定実効税率
                                        30.9%              30.9%
        (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                 7.3%             22.1%
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                              △414.6%             △1,475.9%
        住民税均等割等                                10.1%              36.6%
        過年度法人税等                                 -%             25.9%
        評価性引当金の増減額                               376.0%             1,421.7%
        外国源泉税額                                61.4%             259.6%
        連結納税適用による影響額                              △237.9%             △1,273.5%
                                       △1.2%              △0.8%
        その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                              △168.0%              △953.4%
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 92/98






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【附属明細表】
        【有形固定資産等明細表】
                                                   (単位:千円)

                                                     減価償却
       区分      資産の種類       当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                      累計額
            建物           9,306        -      -     1,237      8,068      6,783
     有形固定資産
            工具、器具及び
                       1,030       531       -      858      703     5,643
            備品
               計       10,336        531       -     2,095      8,772      12,426
            ソフトウエア           4,353        -      -     1,563      2,789      7,503
     無形固定資産
               計        4,353        -      -     1,563      2,789      7,503
      (注)   1 . 当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
          工具、器具及び備品          ノートパソコン                          531千円
        【引当金明細表】

                                                   (単位:千円)

         科目         当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高
     貸倒引当金                  4,993           7,120           4,993           7,120
     賞与引当金                  7,919           9,789           7,919           9,789
      (2) 【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3) 【その他】

        該当事項はありません。
                                 93/98











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             4月1日から3月31日まで

     定時株主総会             6月中

     基準日             3月31日

                  9月30日
     剰余金の配当の基準日
                  3月31日
     1単元の株式数             100株
     単元未満株式の買取り

       取扱場所             東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 証券代行部

       株主名簿管理人             東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社

       取次所             -

       買取手数料             株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                  電子公告の方法により行います。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子
                  公告ができない場合は、日本経済新聞に掲載して行います。なお、電子公告は当社の
     公告掲載方法
                  ホームページに掲載し、そのアドレスは次のとおりです。
                  http://www.ubicom-hd.com/
     株主に対する特典             なし
      (注)   当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができません。
       (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
       (2)  会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
       (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式または募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 94/98











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     第7 【提出会社の参考情報】

     1 【提出会社の親会社等の情報】

        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2 【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1) 有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

        事業年度      第12期(自       2016年4月1日         至   2017年3月31日)          2017年6月27日関東財務局長に提出。
      (2)   内部統制報告書及びその添付書類

        2017年6月27日関東財務局長に提出。
      (3)  四半期報告書及び確認2017

        第13期第1四半期(自            2017年4月1日         至   2017年6月30日)          2017年8月9日関東財務局長に提出。
        第13期第2四半期(自            2017年7月1日         至   2017年9月30日)          2017年11月9日関東財務局長に提出。
        第13期第3四半期(自            2017年10月1日         至   2017年12月31日)          2018年2月8日関東財務局長に提出。
      (4)   臨時報告書

        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基
        づく臨時報告書 2017年6月28日関東財務局長に提出。
                                 95/98












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 96/98



















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                     2018年6月26日

     株式会社Ubicomホールディングス
      取締役会  御中
                         新日本有限責任監査法人

                          指定有限責任社員

                                    公認会計士      市川 亮悟             ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士      齋藤 祐暢             ㊞
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社Ubicomホールディングスの2017年4月1日から2018年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すな
     わち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー
     計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
     式会社Ubicomホールディングス及び連結子会社の2018年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計
     年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)   1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 97/98





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                     2018年6月26日

     株式会社Ubicomホールディングス
      取締役会  御中
                         新日本有限責任監査法人

                          指定有限責任社員

                                    公認会計士      市川 亮悟             ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士      齋藤 祐暢             ㊞
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社Ubicomホールディングスの2017年4月1日から2018年3月31日までの第13期事業年度の財務諸表、すなわ
     ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社Ubicomホールディングスの2018年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての
     重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)   1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 98/98





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。