福島工業株式会社 有価証券報告書 第67期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第67期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)
提出日
提出者 福島工業株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      近畿財務局長

     【提出日】                      平成30年6月28日

     【事業年度】                      第67期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     【会社名】                      福島工業株式会社

     【英訳名】                      FUKUSHIMA INDUSTRIES CORP.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  福 島   裕

     【本店の所在の場所】                      大阪府大阪市西淀川区御幣島3丁目16番11号

     【電話番号】                      (06)6477―2023

     【事務連絡者氏名】                      取締役管理本部長 日 野 達 雄

     【最寄りの連絡場所】                      大阪府大阪市西淀川区御幣島3丁目16番11号

     【電話番号】                      (06)6477―2023

     【事務連絡者氏名】                      取締役管理本部長 日 野 達 雄

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/82









                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等

            回次           第63期       第64期       第65期       第66期       第67期
           決算年月           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月
                       62,044,097       64,623,585       73,693,046       80,297,278       86,223,671
      売上高            (千円)
                       6,652,979       7,081,499       7,676,259       8,730,820       8,971,943

      経常利益            (千円)
      親会社株主に帰属する
                       4,293,139       4,330,844       4,980,666       6,013,580       5,683,259
                 (千円)
      当期純利益
                       5,096,468       5,933,721       4,340,217       6,720,475       7,415,550
      包括利益            (千円)
                       29,611,288       35,236,883       36,042,121       42,160,905       48,901,107

      純資産            (千円)
                       54,169,755       62,537,816       67,335,697       74,218,510       84,876,391

      総資産            (千円)
                        1,370.30       1,630.51       1,798.59       2,103.63       2,438.94

      1株当たり純資産            (円)
                         201.22       202.50       239.11       300.12       283.64

      1株当たり当期純利益            (円)
      潜在株式調整後
                  (円)          ―       ―       ―       ―       ―
      1株当たり当期純利益
                          54.1       55.8       53.5       56.8       57.6
      自己資本比率            (%)
                          16.0       13.5       14.0       15.4       12.5

      自己資本利益率            (%)
                          8.19       8.81       10.93       12.93       16.24

      株価収益率            (倍)
      営業活動による
                       3,997,185       4,518,935       7,241,984       6,419,729       8,320,943
                 (千円)
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                       △ 801,139      △ 936,791     △ 3,663,887       △ 720,200      △ 668,760
                 (千円)
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                       △ 213,429      △ 847,363     △ 3,015,703      △ 1,087,175      △ 1,006,334
                 (千円)
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物
                       16,867,445       19,956,684       20,381,498       24,910,742       31,481,413
                 (千円)
      の期末残高
      従業員数
                         1,412       1,501       1,558       1,690       1,834
      (外 平均臨時
                  (名)
                          ( 236  )     ( 236  )     ( 253  )     ( 303  )     ( 302  )
      雇用人員)
      (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3   平成25年7月1日付けで普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。第63期の期
          首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産及び1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  2/82







                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
            回次           第63期       第64期       第65期        第66期       第67期
           決算年月           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月        平成29年3月       平成30年3月

                       47,290,984       50,179,235       57,211,295        62,784,090       66,283,962

      売上高            (千円)
                       5,273,963       5,735,043       7,083,038        7,299,454       6,583,253

      経常利益            (千円)
      当期純利益            (千円)      3,297,793       3,519,684       4,707,635        4,784,155       4,208,285

                       2,760,192       2,760,192       2,760,192        2,760,192       2,760,192

      資本金            (千円)
                         22,066       22,066       22,066        22,066       22,066

      発行済株式総数            (千株)
                       26,679,878       31,198,661       32,572,698        37,150,664       42,253,767

      純資産            (千円)
                       43,011,006       50,076,676       54,305,690        59,129,306       67,352,062

      総資産            (千円)
                        1,247.47       1,458.76       1,625.61        1,854.10       2,108.81

      1株当たり純資産            (円)
      1株当たり配当額
                          20.0       25.0       30.0        35.0       40.0
                  (円)
      (1株当たり
                          ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)
      中間配当額)
                         154.57       164.57       226.00        238.77       210.03
      1株当たり当期純利益            (円)
      潜在株式調整後
                  (円)          ―       ―       ―        ―       ―
      1株当たり当期純利益
                          62.0       62.3       60.0        62.8       62.7
      自己資本比率            (%)
                          13.3       12.2       14.8        13.7       10.6

      自己資本利益率            (%)
                         10.66       10.84       11.56        16.25       21.93

      株価収益率            (倍)
                          12.9       15.2       13.3        14.7       19.0

      配当性向            (%)
      従業員数
                         1,038       1,125       1,160        1,277       1,392
      (外 平均臨時
                  (名)
                          ( 187  )     ( 170  )     ( 202  )     ( 240  )     ( 225  )
      雇用人員)
      (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3 平成25年7月1日付けで普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。第63期の期
          首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産及び1株当たり当期純利益を算定しております。
        4 平成26年3月期の1株当たり配当額20円には、最高益達成の記念配当2円、平成27年3月期の1株当たり配
          当額25円には、最高益達成の記念配当2円、平成28年3月期の1株当たり配当額30円には、最高益達成の記
          念配当2円及び平成29年3月期の1株当たり配当額35円には、最高益達成の記念配当2円を含んでおりま
          す。
                                  3/82








                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     2 【沿革】
       昭和4年個人企業として家庭用冷蔵庫の製造販売のため福島製作所を大阪市福島区大開町において創業。その後、
      業務用大型冷蔵庫専業に事業内容を変更いたしました。
       戦後、当業界の需要動向に対応し、近代的な企業経営に脱皮すべくこれを発展的に解消し、昭和26年12月8日大阪
      市旭区に福島工業株式会社を設立し、福島製作所の事業一切を継承し、現在に至っております。
        年月                           概要

      昭和26年12月        福島工業株式会社を大阪市旭区に設立し、業務用冷凍冷蔵庫を製造・発売。
      昭和31年7月        本社および本社工場(旧           大阪工場)を大阪市西淀川区御幣島に移転。
      昭和47年3月        東京営業所を東京都中央区新富に再開。
      昭和49年1月        本社ビルを大阪市西淀川区御幣島3丁目に新設。
      昭和54年12月        東京営業所を東京支店に改組。
             中部圏の販売拠点として名古屋営業所を名古屋市中区に新設。
      昭和59年4月        岡山工場新設。
      昭和61年12月        東京支店を東京営業本部に改組。
      平成元年6月        東京営業本部(現        東京支社)を東京都墨田区に移転。
      平成元年10月        香港に駐在事務所を開設。
      平成6年2月        日本証券業協会により店頭登録銘柄として登録され、株式を公開。
      平成7年9月        大阪証券取引所(市場第二部)に株式を上場。
      平成7年12月        滋賀県甲賀郡(現        甲賀市)水口町「近江水口テクノパーク」に滋賀(水口)工場を新設。
      平成9年5月        香港駐在員事務所を改組し、連結子会社福島国際(香港)有限公司を設立。
      平成12年9月        滋賀(水口)工場にてISO-14001認証取得。市場ニーズに応じた環境配慮型の工場へ移行。
      平成13年11月        連結子会社フクシマトレーディング株式会社設立。
      平成13年12月        本社・東京支社でISO-14001の認証取得。
      平成14年4月        岡山工場でISO-9001の認証取得。
             東京証券取引所(市場第二部)に株式を上場。
      平成14年12月        東京支社を東京都台東区に移転。
      平成15年1月        名古屋・福岡支店でISO-14001の認証取得。
      平成15年8月        連結子会社福島国際韓国株式会社設立。
      平成16年2月        持分法適用関連会社北京富連京製冷機電有限公司(現                         北京二商福島機電有限公司)を連結子会社
             に再編。
      平成16年4月        連結子会社福島国際シンガポール株式会社設立。
      平成16年7月        滋賀(水口)工場でISO-9001の認証取得。
      平成16年8月        連結子会社台湾福島国際股份有限公司設立。
      平成17年9月        東京証券取引所(市場第一部)に株式を上場。
      平成17年11月        大阪証券取引所(市場第一部)に株式を上場。
      平成18年4月        岡山工場でISO-14001の認証取得。
      平成18年5月        岡山工場第二工場新設。
      平成20年10月        連結子会社福久島貿易(上海)有限公司設立。
      平成21年9月        有限会社ハイブリッジの全株式を取得し、その100%子会社である髙橋工業株式会社とともに連結
             子会社化。
      平成22年7月        髙橋工業株式会社を存続会社として有限会社ハイブリッジと髙橋工業株式会社を合併。
      平成24年7月        連結子会社福島国際マレーシア株式会社設立。
      平成25年1月        連結子会社FSP株式会社設立。
      平成25年4月        FSP株式会社が三洋昭和パネルシステム株式会社からパネル事業を譲受ける。
      平成25年7月        株式交換により株式会社省研を連結子会社化。
      平成25年8月        連結子会社福島国際タイランド株式会社設立。
      平成25年10月        連結子会社福島国際(ベトナム)有限会社設立。
      平成26年4月        連結子会社福島工業(タイランド)株式会社設立。
      平成28年8月        連結子会社福島国際(カンボジア)株式会社設立。
      平成29年2月        連結子会社福島工業ミャンマー株式会社設立。
      平成29年4月        連結子会社福島国際インドネシア株式会社設立。
      平成29年9月        連結子会社福島国際韓国株式会社清算結了。
                                  4/82


                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     3 【事業の内容】
       当企業集団は、当社、子会社16社で構成され、冷凍冷蔵庫、冷凍冷蔵ショーケースの製造販売、据付工事、メンテ
      ナンスを主な事業の内容としております。
       <主な関係会社>

       福島国際(香港)有限公司
       福島国際シンガポール株式会社
       台湾福島国際股份有限公司
       福久島貿易(上海)有限公司
       北京二商福島機電有限公司
       フクシマトレーディング株式会社
       髙橋工業株式会社
       福島国際マレーシア株式会社
       FSP株式会社
       株式会社省研
       福島国際タイランド株式会社
       福島国際(ベトナム)有限会社
       福島工業(タイランド)株式会社
       福島国際(カンボジア)株式会社
       福島工業ミャンマー株式会社
       福島国際インドネシア株式会社
       事業の系統図は次のとおりであります。

                                  5/82












                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     4 【関係会社の状況】
                                         議決権の所有

                                  主要な事業
                                         〔被所有〕
          名称           住所       資本金                       関係内容
                                   の内容
                                         割合(%)
     (連結子会社)                         千HK$
                                 冷凍冷蔵厨
                                               主に当企業集団の冷凍冷蔵
     福島国際(香港)有限公司             香港(中国)            1,000   房 設備の販           100  ショーケースを販売しており
                                               ます。役員の兼任2名。
                                 売
                               千円
                                 貿易業
                                               当社製品の部品・部材を海外
     フクシマトレーディング㈱             大阪市西淀川区            20,000    エネルギー管           100
                                               より輸入しております。役員
                                 理業
                                               の兼任4名。
                              千RMB
                                               当社の技術提携による冷凍冷
                                 冷凍冷蔵厨
                                               蔵ショーケースを主に製造販
     北京二商福島機電有限公司
                                               売しております。役員の兼任
                  北京(中国)            91,807    房 設備の製            78
     (注)1
                                               3名。資金援助US$9,540千
                                 造・ 販売
                                               (1,013,682千円)、債務保証
                                               RMB34,056千(576,237千円)
                              千SG$
                                               主に当企業集団の冷凍冷蔵
                                 冷凍冷蔵厨
                                               ショーケースを販売しており
                                             100
     福島国際シンガポール㈱             シンガポール             200  房 設備の販
                                               ます。役員の兼任1名。資金
                                             (95)
                                 売
                                               援助SG$200千(16,210千円)
                              千NT$
                                 冷凍冷蔵厨
                                               主に当企業集団の冷凍冷蔵
                                             100
     台湾福島国際股份有限公司             台北(台湾)            5,000   房 設備の販             ショーケースを販売しており
                                             (95)
                                               ます。役員の兼任3名。
                                 売
                              千RMB
                                 冷凍冷蔵厨
                                               主に当企業集団の冷凍冷蔵
                                 房 設備の販
                                             100
     福久島貿易(上海)有限公司             上海(中国)            9,259
                                               ショーケースを販売しており
                                 売
                                            (100)
                                               ます。役員の兼任2名。
                               千円
                                               当企業集団の冷凍冷蔵庫及び
                                 食品機械の製造
                                             100
     髙橋工業㈱             大阪市西淀川区            50,500                 設備工事を販売しておりま
                                 販売
                                               す。役員の兼任3名。
                              千MYR
                                 冷凍冷蔵厨
                                               主に当企業集団の冷凍冷蔵
                                             100
                  クアラルンプール            2,500   房 設備の販
                                               ショーケースを販売しており
     福島国際マレーシア㈱
                                            (100)
                  (マレーシア)               売
                                               ます。
                               千円
                                               当企業集団のプレハブ式冷凍
                                               冷蔵庫のパネルを製造販売し
     FSP㈱                         300,000    パネル製造業
                                             100
                                               ております。役員の兼任3
                  東京都台東区
     (注)1
                                               名。
                               千円
                                               当企業集団の冷凍冷蔵庫周辺
                                             100
     ㈱省研             静岡県焼津市            20,000    食品機械製造業              機械を製造販売しておりま
                                               す。役員の兼任2名。
                              千THB
                                               主に当企業集団の冷凍冷蔵
                                 冷凍冷蔵厨
                                               ショーケースを販売しており
                                           49  
     福島国際タイランド㈱             バンコク (タイ)            4,000   房 設備の販
                                               ます。資金援助20,000千THB
                                             (49)
                                 売
                                               (68,200千円)
                              千VND
                                 冷凍冷蔵厨
                                               主に当企業集団の冷凍冷蔵
                  ホーチミン
                                             100
     福島国際(ベトナム)㈲                       6,310,800     房 設備の販             ショーケースを販売しており
                   (ベトナム)
                                            (100)
                                               ます。役員の兼任1名。
                                 売
                              千THB
                                               当企業集団の冷凍冷蔵庫を製
     福島工業(タイランド)㈱                            業務用冷蔵庫
                                               造しております。役員の兼任
                  ラヨン(タイ)           225,000
                                             100
                                               1名。資金援助70,000千THB
     (注)1                            の製造
                                               (238,700千円)
                              千US$
                                 冷凍冷蔵厨
                                               主に当企業集団の冷凍冷蔵
                  プノンペン
                                             100
     福島国際(カンボジア)㈱                          300  房 設備の販             ショーケースを販売しており
                   (カンボジア)
                                            (100)
                                               ます。
                                 売
                                  6/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
                                         議決権の所有
                                  主要な事業
                                         〔被所有〕
          名称           住所       資本金                       関係内容
                                   の内容
                                         割合(%)
                              千MMK
                                 冷凍冷蔵厨
                  ヤンゴン
                                               主に当企業集団の販売支援を
                                             100
     福島工業ミャンマー㈱                        135,000    房 設備の販
                                               実施しております。
                  (ミャンマー)
                                            (100)
                                 売支援
                              千IDR
                                               主に当企業集団の冷凍冷蔵
                  ジャカルタ               冷凍冷蔵厨房
                                             67
     福島国際インドネシア㈱                       10,002,900                   ショーケースを販売しており
                  (インドネシア)               設備の販売
                                             (67)
                                               ます。
      (注)   1 特定子会社であります。
        2 上記各社は、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出しておりません。
        3 「議決権の所有割合」欄の(内書)は間接所有による所有割合であります。
     5 【従業員の状況】

      (1) 連結会社における状況
                                               平成30年3月31日現在
                事業部門                          従業員数(名)
     営業部門                                        1,075   (169)
     製造部門                                         664  (115)
     管理部門                                         95  (18)
                 合計                            1,834   (302)
      (注)   1 従業員数は就業人員であります。
        2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
        3 当社の企業集団は、単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数を記載しております。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成30年3月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
            1,392   (225)              36.1             10.7           5,627,024
                事業部門                          従業員数(名)

     営業部門                                         910  (116)
                                               ( 95)
     製造部門                                         420
                                               ( 14)
     管理部門                                         62
                 合計                            1,392   (225)
      (注)   1 従業員数は就業人員であります。
        2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
      (3)  労働組合の状況

        労働組合は設立しておりません。
                                  7/82








                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当企業集団(当社および連結子会社)が判断したも
      のであります。
      (1)  会社の経営の基本方針
        当企業集団は、企業理念の第1項として『わたしたちは、環境・安全・安心をテーマにお客様と協働し、生活者
       の「幸せ」に寄与することを基本使命とします』を掲げております。これは、お客様と同じ視点で、お客様と一緒
       になって生活者の食生活品質(おいしさと安心、健康、利便性、楽しさ、衛生、鮮度、環境、本物志向など)の向
       上を考え実現することが最も重要と考えているからです。今後も企業理念に掲げる「幸せ」四則 ①生活者の「幸
       せ」に寄与 ②お客様の「幸せ」に貢献 ③社員の物心両面の「幸せ」を追求 ④株主各位やお取引先に「幸せ」
       を提供 その実現に邁進してまいります。
      (2)  目標とする経営指標
        当企業集団は、利益重視の観点から売上高営業利益率10%を目標に掲げ、売上拡大を図りつつ付加価値の高い製
       品の開発・販売及びコスト力の強化を図ってまいります。当期の売上高営業利益率は10.0%となりました。
      (3)  中長期的な会社の経営戦略と対処すべき課題
        当企業集団は、「人と技術で食の未来を支える」を中期ビジョンとし、今はまさに大変革期との認識のもと、社
       員の人間性、製品・サービス技術力の向上でお客様との信頼関係を構築し、「幸せ創造企業」の実現に向けて取り
       組んでおります。国内の流通・外食産業では、引き続き消費者の節約志向が続く中、人手不足による人件費の高
       騰、業態を超えた競争が激化するなど当企業集団を取り巻く環境は不透明な状況が続くと考えられますが、当企業
       集団独自の提案力を活かし、新しい技術・ICT技術をベースにお客様に役立つ製品・システム・サービスを提供
       し差別化を図ってまいります。 
        具体的には下記の課題に取り組んでまいります。
         ①  冷凍冷蔵庫販売では、高齢化に伴って増える老健施設、病院、宅配サービス、セントラルキッチン、女性の
         社会進出により増加する保育所への営業を強化し、販売先の多様化を図ります。また、省力化・省人化や食の
         安全、安心を追求した商品開発で製品・サービスの質を高め、お客様の問題解決を図ります。
         ②  冷凍冷蔵ショーケース販売では、スーパーマーケットやドラッグストアにおける全国カバー率の向上、コン
         ビニ向け製品の開発強化、全国の施工・サービス体制を強化し販売拡大とシェアアップを図ります。
         ③  エンジニアリング事業※では、大型冷蔵倉庫の設計・施工力を強化し、食品工場や物流倉庫、スーパーのプ
         ロセスセンター、食品卸、ネット販売など人手不足で集約化、合理化を進めるお客様にお役立ちしてまいりま
         す。
         ※当社では主に、大型プレハブ冷蔵庫・冷蔵倉庫・食品工場をプロデュースすることを指しています。
         ④  サービス事業では、関東・関西の両サービスセンターと各エリア間の連携を強化し、全国のメンテナンス体
         制の充実を図ります。また、人員増強を更に推し進め、メーカーメンテナンス技術を提供すると共に、サービ
         スと営業が一体となった保守事業の拡大を図ります。
         ⑤  海外事業では、ローカルカスタマーを掘り起こし、販売力・工事施工力・メンテナンス力の強化でアジア各
         国の食の安全・安心に貢献してまいります。
         ⑥  多様な人材が固有の能力を発揮できるよう職場環境の整備と健康経営の実践で、「働き方改革」を推進しま
         す。また、事業の拡大を図るため、優秀な人材の確保および育成が重要課題と考え、全社を挙げての継続的な
         採用活動や教育制度の拡充を図り、人材育成に注力してまいります。
         ⑦  グループブランディング活動を推進し、各事業の専門性を高め、磨きをかけてまいります。そして互いの専
         門性を活かしあうと同時にグループとしての企業価値最大化を目指します。
         ⑧  「ハードを生産するメーカー」から「インテリジェントメーカー」に向かうべく、工場製品以外のサービ
         ス・店舗設備設計施工・食品工場設計施工・厨房設備設計施工・ブランド推進・ソフトウェア開発を強化し、
         ビジネスモデルの進化・発展を推進してまいります。工場で製造した製品とシステム、サービスを通信で繋げ
         ることによって、顧客価値を創造し社会問題を解決する商品開発を行う「インテリジェントメーカー」を目指
         します。
                                  8/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
        また、今回の不適切な原価処理等の再発防止策として公表いたしました(1)業務プロセスの再構築、(2)コ
       ンプライアンス意識の強化に向けた取り組み、(3)法務機能の強化を徹底し、皆様からの信頼の回復に努めてま
       いりますので、何卒ご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
      (4)  当社の財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針
        当社の財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方としては、経営の基本理念、企業価値のさまざまな源
       泉、当社を支えるステークホルダーとの信頼関係を十分に理解し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確
       保、向上させる者でなければならないと考えております。当社としては、このような企業価値ひいては株主共同の
       利益を毀損するおそれのある不適切な大規模買付提案またはこれに類似する行為を行う者は、当社の財務および事
       業の方針の決定を支配する者として不適切であり、必要かつ相当な対抗措置をとる必要があると考えます。
        なお、その具体的な対抗措置につきましては、当社の企業価値および株主共同の利益を確保するために、積極的
       な情報収集と適時開示に努めるとともに、会社法その他関係法令および定款の許容する範囲内において決定し、適
       切な措置を講じてまいります。
     2  【事業等のリスク】

       有価証券報告書に記載した当企業集団の事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影
      響を及ぼす可能性のある事項として、以下のようなものがあります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当企業集団が判断したものであります。
      (1) 経済状況
        当企業集団の営業収入のうち、重要な部分を占める冷凍冷蔵庫・冷凍冷蔵ショーケース販売の需要は当企業集団
       が販売している流通業界、外食産業等の経営環境に影響を受けます。スーパーマーケット・百貨店等での売上高の
       鈍化、個人消費の低迷による外食産業の収益悪化、或いはBSE等の食品の安全性懸念による市況の悪化等は、当
       企業集団の経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
      (2) 価格競争

        既存の冷凍冷蔵庫・冷凍冷蔵ショーケースの商品群においては、競合メーカーとの競争は大変厳しいものになっ
       ております。他社には無い技術、ソフト、サービス力などを武器に高付加価値商品を提供してまいりますが、コス
       ト低減以上の低価格競争が激化した場合、当企業集団の経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
      (3) 知的所有権について

        当企業集団は、研究開発活動上様々な知的所有権を使用しており、それらは当企業集団所有のものであるか或い
       は適法に使用許諾を受けたものであると認識しておりますが、当社の認識の範囲外で第三者の知的所有権を侵害す
       る可能性があります。また、知的所有権を巡っての係争が発生した場合には当企業集団の経営成績に影響を与える
       可能性があります。
      (4) 製品の欠陥

        品質管理には万全を期しており、将来の製品の無償修理費用に備える製品保証引当金の設定及びPL保険等に加
       入しておりますが、瑕疵担保責任及び製造物責任による損害賠償が多額に発生した場合は、当企業集団の経営成績
       に影響を与える可能性があります。
                                  9/82







                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      (5) 法的規制
        当企業集団は事業の運営等に際し、主に、以下の法律による法的規制を受けております。当企業集団では、関連
       法令等を遵守して事業運営を行なっており、現時点で事業の運営に支障をきたすような法的規制はありませんが、
       これらの法的規制が見直された等の場合には事業展開等に影響を受ける可能性があります。
                 法律名                          監督官庁

     電気用品安全法                           経済産業省
     高圧ガス保安法                           経済産業省
     エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)                           経済産業省
     消費生活用製品安全法                           経済産業省、消費者庁
     特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律                           経済産業省、環境省
     フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律
                                経済産業省、環境省
     (フロン排出抑制法)
     医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等
                                厚生労働省
     に関する法律(医薬品医療機器等法)
     食品衛生法                           厚生労働省、消費者庁
     建設業法                           国土交通省
        また、当企業集団の販売先である大型スーパー・百貨店の新規出店に対する規制として、以下の法律がありま

       す。
                 法律名                          監督官庁
     大規模小売店舗立地法                           経済産業省
        「大規模小売店舗立地法」は、当企業集団が、直接的に規制を受けている法律ではありませんが、大型スー

       パー・百貨店等は、新規出店に際し、当社製品を購入することが多いため、当該規制が変わった等の場合には、事
       業展開に影響を受ける可能性があります。
      (6) 退職給付債務

        当企業集団の従業員退職給付費用および債務は、割引率等数理計算上で設定される前提条件や年金資産の期待収
       益率に基づいて算出されております。割引率の低下や運用利回りの悪化は当企業集団の経営成績に影響を与える可
       能性があります。
      (7)  市場価格の変動リスク

        当企業集団は平成30年3月末時点で、取引先を中心に87億3千6百万円の市場性のある有価証券を保有してお
       り、これらの市場価格変動のリスクを負っております。同時点での市場価格により評価しますと69億8千4百万円
       の含み益となっておりますが、今後の株価等の動向次第でこの数値は変動します。
      (8)  金利の変動リスク

        急激な金利上昇により、当企業集団の経営成績に影響を与える可能性があります。
      (9) 調達資材の価格変動

        当企業集団の製品の生産活動に当たっては、鋼材や部品等の資材を適宜に調達しております。当企業集団といた
       しましては、常に市況価格に留意しながら、随時価格交渉を行っておりますが、市況価格が大幅に高騰し、生産性
       向上などの内部努力や製品価格への転嫁などにより吸収できない場合には、当企業集団の経営成績に影響を与える
       可能性があります。
      (10)   取引先情報の管理

        当企業集団は、取引先情報を入手しております。これらの情報保護について社内管理体制を整備しております
       が、情報の外部流出が起きた場合、当企業集団の信用低下や損害賠償責任の発生等により、当企業集団の経営成績
       に影響を与える可能性があります。
                                 10/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当連結会計年度における当企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」とい
     う。)の状況の概要並びに経営者の視点による当企業集団の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次の
     とおりであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当企業集団が判断したものであります。
      (1)重要な会計方針及び見積り

         当企業集団の連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成してお
        ります。この連結財務諸表の作成に当たりまして、必要と思われる見積りは、合理的な基準に基づいて実施して
        おります。
         詳細につきましては、「第5 経理の状況 1連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について」に記載の通り
        であります。
      (2)経営成績

         当連結会計年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)におけるわが国経済は、政府の経済・金融政策によ
        り企業収益や雇用環境に改善が見られ緩やかな回復基調が続きました。一方、世界的な景気持ち直しによる需要
        増に伴う原材料価格の上昇等により、景気拡大持続の不確実性が懸念されています。
         当企業集団を取り巻く環境は、外食産業では、深刻な人材不足や人件費・食材費の高騰など厳しい状況が続く
        ものの、当該市場の全体売上は、当連結会計年度末まで19ヶ月連続して前年を上回りました。流通産業では、建
        築コストの高騰やパート・アルバイトの採用難が深刻になり、食品スーパーの新規出店が控えられる厳しい状況
        が続きました。また、消費者の低価格志向は根強くディスカウント業態のニーズが一段と高まり、ローコストオ
        ペレーションで低価格の食品販売を強化するドラッグストアの出店が増加いたしました。コンビニエンスストア
        では、全店ベースの売上は前年を上回っているものの、既存店では足元は前年比マイナスを示す等、業態間の競
        争がますます激しくなりました。
         冷凍冷蔵庫販売では、インバウンド需要を背景に飲食店向けの売上が増加したことから、汎用業務用冷凍冷蔵
        庫の売上が増加いたしました。また、ハーフキューブアイスが新たに加わり、ラインナップが充実したことで製
        氷機の売上が増加したことや大量調理向けに食品を急速冷却する大型ブラストチラーの売上が給食センターやセ
        ントラルキッチン、食品工場向けに増加したことから、冷凍冷蔵庫販売は前年比7.1%増となりました。さらに、
        昨年11月より小型製氷機のフルモデルチェンジを行い、新開発のアルミ冷却器を採用し優れた節水性と更なる省
        エネを実現した新モデルを発売いたしました。
         冷凍冷蔵ショーケース販売では、スーパーやコンビニエンスストアの新規出店が控えられたものの、コンビニ
        エンスストアの統合による改装投資、食品販売を強化したドラッグストアの新規出店などが増加したこと、ま
        た、新開発のツイン冷却器と独自の新冷却制御により、更なる省エネと店舗営業中の温度上昇を抑えた新型高鮮
        度ショーケース「Send-You             Fresh」を導入し、食品スーパー向けのESCO提案の施工物件が増加したことか
        ら、冷凍冷蔵ショーケース販売の売上高は前年比4.6%増となりました。
         大型食品加工機械販売では、食品メーカーを中心に冷却工程の自動化投資が増加し、冷凍食品やチルド食品の
        冷却工程で使用されるトンネルフリーザーの需要が増加しました。さらにその用途が外食産業向け食材の調理前
        加工にまで広がるなど、当該売上高は前年比36.8%の大幅増となりました。
         大型パネル冷蔵設備販売では、スーパーのプロセスセンターや食品工場、低温物流センター向けの大型案件が
        増加したものの、第4四半期連結会計期間は引渡物件が少なく前年比3.7%減となりました。また、当社が参加す
        る共同企業体にて受注した案件において、共同企業体における他の構成員の担当工事に関し、追加工事等の発生
        により損失が生じております。当社は共同企業体における連帯責任として追加工事等の対応をしており、一旦そ
        の全額を連結損益計算書の売上原価に計上し、将来の追加損失発生見込額についても連結貸借対照表の流動負債
        に工事損失引当金として計上しております。
         小型パネル冷蔵設備販売では、コンビニエンスストアや厨房向けの小型プレハブ冷蔵庫の売上が増加したこと
        により、前年比2.7%増となりました。
         サービス販売では、コンビニエンスストアの保守契約が増加したことから、売上高は前年比13.7%増となりま
        した。
                                 11/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
         製造部門においては、配送効率向上のため岡山工場のトラックバースの改修を行うとともに、滋賀、岡山の両
        工場でライン改造による生産性向上に取り組みました。また、原材料や輸入部品の価格高騰などコスト増を吸収
        するため、固定費の削減、原価低減に取り組みました。さらに次年度に向け、好調に推移する冷蔵パネル設備需
        要に対応すべく、大型パネルへの増産投資を進めております。
         その結果、当連結会計年度の売上高は862億2千3百万円(前年比7.4%増)となりました。営業利益は86億5
        千4百万円(前年比3.1%増)、経常利益は89億7千1百万円(前年比2.8%増)、親会社株主に帰属する当期純
        利益は56億8千3百万円(前年比5.5%減)となりました。
      (3)財政状態

        (流動資産)
          当連結会計年度末における流動資産の残高は612億7千7百万円(前連結会計年度は535億2千9百万円)とな
         り、77億4千7百万円増加しました。これは主として現金及び預金が増加したことによるものです。
        (固定資産)

          当連結会計年度末における固定資産の残高は235億9千9百万円(前連結会計年度は206億8千9百万円)とな
         り、29億1千万円増加しました。これは主として投資有価証券が増加したことによるものです。 
        (流動負債)

          当連結会計年度末における流動負債の残高は327億1百万円(前連結会計年度は294億9百万円)となり、32億
         9千1百万円増加しました。これは主として支払手形及び買掛金が増加したことによるものです。
        (固定負債)

          当連結会計年度末における固定負債の残高は32億7千3百万円(前連結会計年度は26億4千7百万円)とな
         り、6億2千5百万円増加しました。これは主として繰延税金負債が増加したことによるものです。
        (純資産)

          当連結会計年度末における純資産の残高は489億1百万円(前連結会計年度は421億6千万円)となり、67億4
         千万円増加しました。これは主として親会社株主に帰属する当期純利益の計上により利益剰余金が増加したこ
         とによるものです。 
      (4)キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、税金等調整前当期純利益を85億5千
       5百万円計上し、投資活動や財務活動に16億7千5百万円使用した結果、前連結会計年度末に比べ65億7千万円増
       加し、314億8千1百万円となりました。 
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果得られた資金は、83億2千万円(前年同期比19億1百万円増)となりました。これは主に税金等
        調整前当期純利益の計上によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は、6億6千8百万円(前年同期比5千1百万円減)となりました。これは主に各
        工場の生産設備等有形固定資産の取得を行ったことによるものです。 
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は、10億6百万円(前年同期比8千万円減)となりました。これは主に配当金の支
        払を行ったことによるものです。
                                 12/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
        なお、最近3連結会計年度におけるキャッシュ・フロー指標のトレンドを示すと以下のとおりとなります。
              項目             平成28年3月期           平成29年3月期           平成30年3月期

     自己資本比率(%)                             53.5           56.8           57.6
     時価ベースの自己資本比率(%)                             77.8          104.7           108.7
     キャッシュ・フロー対有利子負債比率(倍)                             0.2           0.2           0.1
                                            248.1
     インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)                            280.3                      393.9
      (注) 1 上表中の各指標は以下のとおり算出しております。
           自己資本比率:自己資本/総資産
           時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
           キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/営業キャッシュ・フロー
           インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い
        2 いずれも連結ベースの財務数値により算出しております。
        3 株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数により算出しております。
        4 営業キャッシュ・フローは、連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを使用し
          ております。
        5 有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対象としてお
          ります。
        6 利払いは、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しております。
     (5)生産、受注及び販売の状況

      a.生産実績
        製品生産実績
         当連結会計年度における生産実績を品目区分別に示すと、以下のとおりであります。
                                                    前年同期比
                区分                     生産高(千円)
                                                      (%)
     冷凍冷蔵庫                                       21,776,792           110.8
     冷凍冷蔵ショーケース                                       18,998,444           105.7
                合計                            40,775,237           108.4
      (注)   1 当企業集団の製品は単位に大きな差があるため、販売価格によっております。
        2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      b.受注実績

        当企業集団は受注生産は行っておりません。
      c.販売実績

        当連結会計年度における販売実績を品目区分別に示すと、以下のとおりであります。
                                                    前年同期比

                区分                     販売高(千円)
                                                      (%)
     冷凍冷蔵庫                                       24,447,356           107.1
     冷凍冷蔵ショーケース                                       30,237,879           104.6
     大型食品加工機械                                        8,561,620          136.8
     大型パネル冷蔵設備                                        9,797,462           96.3
     小型パネル冷蔵設備                                        5,690,910          102.7
     サービス                                        7,488,441          113.7
                合計                            86,223,671           107.4
      (注)   上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     4  【経営上の重要な契約等】

       当連結会計年度において、経営上の重要な契約等は行われておりません。 
                                 13/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     5  【研究開発活動】
       当企業集団において、研究開発活動は、連結財務諸表を提出する当社が主体となり行なっております。
       当連結会計年度は、当企業集団の独自のシステムにより、環境・安全・安心に配慮した製品の開発を積極的に行な
      い、食生活品質向上のため、環境にやさしい「食品安心技術」で製品の性能をさらに高める観点からの研究開発活動
      を行いました。
       当連結会計年度における当企業集団が支出した研究開発費の総額は7億8千6百万円です。
       当社の研究開発活動を品目区分別に見ると、大きく2つに大別されます。

      1    冷凍冷蔵庫の成果
        (1)   小型キューブアイス製氷機の開発
         アンダーカウンタータイプ、バーチカルタイプ9機種を、新ブランド「M!RACLEAR」シリーズとして
        モデルチェンジしました。冷凍サイクルの最適化や水タンクの形状変更を行い、省エネ、節水を平均で当社従来
        比12%向上させました。不純物を100%近く除去したクリアな氷を使っていただける環境・安全・安心に配慮し
        た製品として他社との差別化を図りました。
        (2)   スイング扉リーチインショーケースのモデルチェンジ
         スイング扉リーチインショーケースのモデルチェンジを実施し、外観を刷新した省エネ機種のラインナップを
        充実させました。省エネ性能については、冷蔵機種で当社従来比65~76%、冷凍機種も当社従来比41~49%の大
        幅な省エネを実現し、全機種リーチインショーケースの省エネトップランナー基準を達成いたしました。製品ラ
        インナップも、設置条件を選ばない100V機種を4機種追加いたしました。
        (3)   大型自動洗浄ブラストチラーの開発
         大型ブラストチラーに自動洗浄機能を追加した新機種を開発・量産化いたしました。専用洗剤を投入し、ク
        リーニングボタンを押すだけで庫内の洗浄、すすぎ、乾燥を行います。この機能により毎日の清掃時間を約60分
        から約15分に短縮できるとともに、常に衛生的な状態を保つことが可能になりました。また、前年に刷新した基
        本デザインを踏襲した外観設計により、一体感のあるフラットな製品に仕上げました。
        (4)   タイ工場生産モデル冷蔵庫のマイナーチェンジ
         タイ工場で生産している縦型/横型業務用冷蔵庫のマイナーチェンジを行いました。DCモーターおよび自社
        開発マイコンを採用し、日本国内で磨き上げた温度制御技術を海外電圧(220V/230V/240V)仕様に合わせて改良
        することにより、省エネ性能を向上させました。これらにより当社従来モデルに比べ、冷蔵庫で平均約40%及び
        冷凍庫で平均約26%の省エネを実現しました。
      2    冷凍冷蔵ショーケースの成果
        (1)   Send-you Freshフルラインナップ 高鮮度管理ケースの開発
         昨年開発した1日1回のデフロストにて連続運転可能な別置き多段ショーケース(H=1940mm、H=1800mm)の生鮮
        温度帯仕様に加え、セミ多段ショーケース(H=1700/1650/1550/1350/1250)のシリーズを追加しました。また、
        日配温度帯・青果温度帯においても1日1回のデフロストにて連続運転可能とし、さらに所要冷凍能力を当社比
        5%低減したシリーズを開発いたしました。
        (2)   コンビニエンスストア向けインバータ冷凍機上置き内蔵リーチインショーケースの開発
         冷凍機設置スペースが確保出来ない都市型店舗向けに、インバータ搭載内蔵リーチインショーケースの開発を
        行いました。また、お客様の利便性を考慮し冷凍機をショーケース上部に設置する仕様としています。
        (3)   簡易設置型小型FEクリーン水生成装置の開発
         配管工事が不要で、シンクの蛇口に取り付け電源を入れることにより電解次亜水FEクリーン水を供給できる
        簡易設置型タイプの壁掛け、および据付の小型タイプを開発・市場導入いたしました。FEクリーン水は、食材
        の殺菌や調理器具の除菌に効果があり、また安全性にも優れ、環境にやさしい食塩水の電気分解により得られる
        弱アルカリ性の水溶液です。
        (4)   関西電力のVirtual Power Plant実証事業への参画
         Virtual         Power      Plantとは電力を消費する設備をIoT化し、省エネを行うことで仮想的に
        発電を行ったように機能させる「仮想発電所」を構築する事業のことです。関西電力の同事業に参画し、ショー
        ケースの自動遠隔制御による省エネを行うことで、この事業を実現する取り組みを行いました。
                                 14/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1 【設備投資等の概要】

       当連結会計年度における設備投資は総額14億2千万円で、主に当社における生産設備の取得に対して実施しまし
      た。 
     2 【主要な設備の状況】

      (1)  提出会社
                                               平成30年3月31日現在
                                     帳簿価額(千円)
                                                        従業
         事業所
                  設備の内容                                     員数
                           建物及び      機械装置       土地
        (所在地)
                                             その他      合計
                                                        (人)
                           構築物     及び運搬具      (面積㎡)
                営業設備
     本社ビル
                                       183,176                 269
                (営業部門)            136,149       4,477           47,847     371,651
                                        (2,631)                 [34]
     (大阪市西淀川区)
                (管理部門)
     東日本地区
     東日本支社           営業設備
                                       828,557                 354
                            750,368         0         40,729    1,619,655
                                        (3,576)                 [35]
     (東京都台東区)           (営業部門)
     他26事業所
     中部地区
                                          ―
     中部支社           営業設備
                                                         79
                              782       ―         5,742      6,524
                                          (―)
                                                        [13]
     (名古屋市中村区)           (営業部門)
     他9事業所
     関西地区           営業設備

                                          ―               51
                              146       ―         3,764      3,911
                                         (―)               [10]
     本社を除く10事業所           (営業部門)
     中四国地区

     広島支店           営業設備
                                       236,112                  83
                            86,753        ―         7,885     330,751
                                        (1,463)                 [19]
     (広島市中区)           (営業部門)
     他10事業所
     九州地区
     福岡支店           営業設備
                                       316,656                 160
                                    912
                            183,356                  11,319     512,244
                                        (2,126)                 [24]
     (福岡市博多区)           (営業部門)
     他13事業所
     滋賀(水口)工場           製造設備

                                      1,609,914                  192
                            979,628      364,424            41,205    2,995,172
                                       (62,253)                 [43]
     (滋賀県甲賀市水口町)           (製造部門)
     伊丹事業所           営業設備

                                       168,577                  3
                            32,646        0            0   201,223
                                        (3,613)                 [―]
     (兵庫県伊丹市)           (営業部門)
     岡山工場           製造設備

                                       589,848                 201
                            752,416      211,854            89,061    1,643,180
                                       (48,140)                 [47]
     (岡山県勝田郡勝央町)           (製造部門)
      (注)   1 帳簿価額のその他は、工具器具備品であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

        2 上記中[外書]は、臨時従業員数であります。
        3 現在休止中の主要な設備はありません。
                                 15/82





                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      (2)  国内子会社
                                               平成30年3月31日現在
                                     帳簿価額(千円)
                                                       従業
         会社名
                  設備の内容                                     員数
        (所在地)
                           建物及び      機械装置       土地
                                                       (人)
                                            その他      合計
                           構築物     及び運搬具      (面積㎡)
     髙橋工業株式会社
                製造設備
                                       477,805                  95
     (大阪市西淀川区)                       114,364      62,983           16,112     671,265
                                       (3,505)                 [3]
                (食品機械部門)
     他2工場・3事業所
     FSP株式会社
                製造設備
                                          ―              158
                            90,257     262,766            19,672     372,696
     (東京都台東区)
                                         (―)               [13]
                (パネル部門)
     他1工場・6事業所
     株式会社省研
                製造設備
                                       241,036                  35
                            40,008      4,222           7,480     292,747
     (静岡県焼津市)
                                       (6,846)                 [―]
                (食品機械部門)
     他1工場・1事業所
      (注)   1   帳簿価額のその他は、工具器具備品及びリース資産であります。なお、金額には消費税等は含まれておりま
          せん。
        2   上記中〔外書〕は、臨時従業員数であります。
        3   現在休止中の主要な設備はありません。
      (3)  海外子会社

                                               平成30年3月31日現在
                                     帳簿価額(千円)
                                                       従業
         会社名
                   設備の内容                                    員数
        (所在地)
                           建物及び      機械装置       土地
                                                       (人)
                                             その他      合計
                            構築物     及び運搬具      (面積㎡)
                 製造設備

     北京二商福島機電
                                          ―
                                                        127
                 (冷凍冷蔵           248,046      81,357            3,815     333,219
     有限公司
                                          (―)
                                                        [8]
     (中国・北京)
                 ショーケース部門)
     福島工業(タイランド)

                 製造設備                      159,074                 27
     株式会社                       171,042      125,231            5,050     460,397
                 (冷凍冷蔵庫部門)                      (22,620)                 [6]
     (タイ・ラヨン)
      (注)   1 上記中の各金額は各社の連結決算上の金額を記載しております。
        2 帳簿価額のその他は、工具器具備品であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。
        3 上記中[外書]は、臨時従業員数であります。
        4 現在休止中の主要な設備はありません。
     3  【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設等
        該当事項はありません。
      (2)  重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                 16/82






                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     63,685,000

                  計                                   63,685,000

       ② 【発行済株式】

                 事業年度末          提出日現在

                                  上場金融商品取引所
        種類       現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                   商品取引業協会名
               (平成30年3月31日)          (平成30年6月28日)
                                  東京証券取引所

       普通株式           22,066,160          22,066,160                 1単元の株式数 100株
                                  市場第一部
         計         22,066,160          22,066,160           ―            ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日         総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成25年7月1日(注)             11,033,080       22,066,160            ―   2,760,192           ―   2,875,004

      (注)    平成25年6月30日の株主名簿に記録された株主に対し、1株につき2株の割合をもって分割いたしました。

                                 17/82






                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      (5)  【所有者別状況】
                                               平成30年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
       区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
     株主数
               ―     29     20     199     178      6   2,784     3,216        ―
     (人)
     所有株式数
               ―   35,145      1,341     67,909     39,717       24   76,466     220,602       5,960
     (単元)
     所有株式数
               ―   15.93      0.61     30.78     18.00      0.01     34.67     100.00        ―
     の割合(%)
      (注)   1 自己株式2,029,421株は「個人その他」に20,294単元、「単元未満株式の状況」に21株含まれております。
        2 「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ6単元及
          び                                       2株含まれております。
      (6)  【大株主の状況】

                                               平成30年3月31日現在
                                               発行済株式(自己株式を
                                         所有株式数
          氏名又は名称                    住所                 除く。)の総数に対する
                                          (千株)
                                               所有株式数の割合(%)
                     大阪市西淀川区御幣島3―16―11                      4,235            21.14
     福島機器販売株式会社
     日本トラスティ・サービス
                     東京都中央区晴海1―8―11                      1,396             6.97
     信託銀行株式会社
                     大阪市西淀川区御幣島3―16―11                      1,181             5.90
     福島工業社員持株会
                                           1,023             5.11

     福 島   裕                大阪府池田市
     日本マスタートラスト信託銀行
                     東京都港区浜松町2-11-3                       728            3.63
     株式会社
     福 島       亮                                   661            3.30
                     大阪府豊中市
     有限会社ティー・シー・エス・
                     大阪府池田市旭丘2-10-8                       550            2.75
     ピー
                     P.O.BOX     351   BOSTON    MASSACHUSETTS
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                     02101   U.S.A (東京都中央区日本橋3-                    542            2.71
     COMPANY (常任代理人香港上海
     銀行東京支店)
                     11-1)
     JP  MORGAN    CHASE   BANK(常任代
                     東京都港区港南2-15-1                       388            1.94
     理人株式会社みずほ銀行決済営
     業部
                     千代田区丸の内1-6-6                       342            1.71
     日本生命保険相互株式会社
                                           11,051             55.16

            計                  ―
      (注)   1 上記の所有株式数のうち、信託業務にかかる株式数は、次のとおりであります。
          日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 1,396千株
          日本マスタートラスト信託銀行株式会社 728千株
          STATE     STREET    BANK   AND  TRUST   COMPANY 542千株
          JP    MORGAN    CHASE   BANK 388千株
        2 上記のほか当社所有の自己株式2,029千株があります。
                                 18/82






                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                               平成30年3月31日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式              ―        1単元の株式数 100株
                          2,029,400
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               200,308            同上
                         20,030,800
                     普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                            5,960
     発行済株式総数                    22,066,160          ―              ―
     総株主の議決権                     ―           200,308             ―

      (注)   1 「完全議決権株式(その他)」及び「単元未満株式」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式がそれ
          ぞれ600株(議決権6個)及び2株含まれております。
        2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の株式21株が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成30年3月31日現在
                                自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
        所有者の氏名
                     所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
         又は名称
                                 (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
     (自己保有株式)
                  大阪市西淀川区御幣島
     福島工業株式会社                           2,029,400          ―  2,029,400           9.20
                  3丁目16番11号
           計              ―        2,029,400          ―  2,029,400           9.20
                                 19/82










                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】           会社法第155条第7号による普通株式の取得
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                区分                  株式数(株)            価額の総額(千円)
     当事業年度における取得自己株式                                     248             1,199

     当期間における取得自己株式                                      ―              ―

      (注)    当期間における取得自己株式には、平成30年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式数は含めておりません。
      (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (千円)                  (千円)
     引き受ける者の募集を行った
                              ―         ―         ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他                         ―         ―         ―         ―
     保有自己株式数                     2,029,421             ―     2,029,421             ―

      (注)当期間における保有自己株式数には、平成30年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式数は含めておりません。
     3 【配当政策】

       当社は拡大する事業機会を迅速、確実に捉えるために十分な株主資本を維持することを考慮しつつ、株主資本配当
      率(DOE)をベースとして基準配当額を決定し、この率を年々少しずつでも向上させることを当社の利益還元の基
      本方針とします。
       当社は、期末配当の年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針としておりますが、「取締役会の決議により、毎
      年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる」旨を定款に定めております。
       これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
       内部留保資金については、株主価値の増大に繋げるべく、インフラの整備・拡充も含め、高い収益性・成長性の見
      込める事業分野に引き続き有効投資してまいります。
       なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
             決議年月日                  配当金の総額               1株当たり配当額

     平成30年6月28日
                                    801,469千円                  40円00銭
     株主総会決議
       当事業年度の期末配当金については、利益水準や経営環境を勘案し、前期の1株当たり35円(普通配当33円、最高

      益更新記念配当2円)から5円増配し、1株当たり40円(普通配当40円)の配当として実施することといたしまし
      た。
                                 20/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     4  【株価の推移】
      (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第63期         第64期         第65期         第66期         第67期

       決算年月        平成26年3月         平成27年3月         平成28年3月         平成29年3月         平成30年3月

                   3,445
       最高(円)                     2,350         3,010         4,265         5,350
                   ※1,734
                   2,232
       最低(円)                     1,312         1,717         2,321         3,655
                   ※1,080
      (注) 1.最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
        2.※印は、株式分割(平成25年7月1日、1株→2株)による権利落後の株価であります。
      (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成29年10月          11月       12月     平成30年1月          2月       3月

       最高(円)           4,460       5,350       5,340       5,140       5,040       4,755

       最低(円)           4,065       4,305       4,775       4,870       4,380       4,270

      (注) 株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                 21/82














                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性12名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                              昭和50年4月      当社入社
     代表取締役       ―   福 島   裕       昭和25年8月6日生
                              昭和52年12月      営業開発部長
      社長
                              昭和56年2月      常務取締役(営業担当)就任
                              昭和60年12月      専務取締役営業本部長
                              平成4年4月      代表取締役社長就任
                                     現在に至る
                              平成10年5月      北京富連京製冷機電有限公司
                                     (現 北京二商福島機電有限公
                                     司)董事長就任
                                     現在に至る
                                                    ※5    1,023
                              平成13年11月      フクシマトレーディング㈱代表
                                     取締役社長就任
                                     現在に至る
                              平成16年8月      台湾福島国際股份有限公司董事
                                     長就任
                                     現在に至る
                              平成20年10月      福久島貿易(上海)有限公司董事
                                     長就任
                                     現在に至る
                              昭和56年4月      当社入社
     取締役副社     エンジニア     福 島   亮       昭和33年2月6日生
                              昭和59年12月      生産管理部長
       長   リング事業
                              昭和62年12月      本社工場長
          部担当・ア
                              平成元年2月      取締役製造本部 大阪工場長就
          ジア事業部
                                     任
            担当
                              平成6年4月      常務取締役大阪工場長
                              平成8年4月      常務取締役ST事業本部長
                              平成12年4月      専務取締役東京支社長兼東京支
                                     社営業戦略部長
                              平成15年4月      専務取締役営業本部長兼東京支
                                     社長
                              平成23年4月      専務取締役営業本部長兼東日本
                                     支社長
                                                    ※5     661
                              平成24年4月      専務取締役兼営業本部長
                              平成25年1月      FSP㈱代表取締役社長就任
                                     現在に至る
                              平成25年4月      専務取締役営業本部長兼エンジ
                                     ニアリング事業部担当
                              平成26年4月      取締役副社長兼エンジニアリン
                                     グ事業部長(アジア事業部担
                                     当)
                              平成29年4月      取締役副社長兼エンジニアリン
                                     グ事業部担当兼アジア事業部担
                                     当就任
                                     現在に至る
                                 22/82








                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
          営業本部長      福 島  豪      昭和52年5月23日生        平成17年1月      当社入社
     専務取締役
           東日本                   平成22年4月      関西支社大阪営業一部部長
                              平成23年4月      執行役員東日本副支社長
           支社長
                              平成24年4月      常務執行役員東日本支社長(東
          (北海道・東
                                     京営業二部、横浜支店担当)兼
          北・横浜支
                                     営業開発部長
           店、関東
                              平成25年4月      常務執行役員東日本支社長(東
          サービスセ
                                     北支店、東京営業二部、営業開
          ンター、東
                                     発部、東京CS部、東京技術
          京技術部、
                                     部、SB事業部担当)兼ST
          東京工事部
                                     マーケティング責任者
           担当)
                              平成25年6月      常務取締役東日本支社長(東北
                                     支店、東京営業二部、営業開発
                                     部、東京CS部、東京技術部、
                                     SB事業部担当)兼STマーケ
                                     ティング責任者
                              平成26年4月      専務取締役営業本部長兼東日本
                                                    ※5     77
                                     支社長(東北・信越支店、東京
                                     営業二部、関東サービスセン
                                     ター、東京技術部担当)
                              平成28年4月      専務取締役営業本部長兼東日本
                                     支社長(北海道・東北・横浜支
                                     店、関東サービスセンター、東
                                     京工事部・東京技術部担当)
                              平成29年4月      専務取締役営業本部長兼東日本
                                     支社長(北海道・東北・横浜支
                                     店、関東サービスセンター、東
                                     京技術部担当)就任
                              平成30年4月      専務取締役営業本部長兼東日本
                                     支社長(北海道・東北・横浜支
                                     店、関東サービスセンター、東
                                     京技術部、東京工事部担当)就
                                     任
                                     現在に至る
           西日本     片 山  充      昭和26年4月29日生        昭和52年1月      当社入社
     常務取締役
                              平成4年4月      第一営業部長
           支社長
                              平成5年4月      福岡支店長
                              平成14年4月      執行役員九州支社長
                              平成15年4月      執行役員福岡支店長
                                                    ※5     35
                              平成16年6月      取締役福岡支店長
                              平成18年4月      取締役西日本支社長
                              平成22年4月      常務取締役西日本ブロック長
                              平成23年4月      常務取締役西日本支社長就任
                                     現在に至る
     常務取締役      製造本部     長 尾 健 二       昭和31年11月11日生        昭和54年4月      当社入社
          長・グルー                    平成13年4月      東京支社営業一部長
          プ品質管理                    平成15年4月      滋賀工場長兼生産部長
           責任者                   平成19年4月      執行役員製造本部長兼滋賀工場
                                     長
          (グループ
                              平成21年6月      取締役製造本部長兼岡山工場長
          生産統括、
                                     兼技術担当
          価値創造研
                              平成23年4月      取締役製造本部長兼岡山工場長
          究会担当)
                                     兼№1技術力担当
                              平成24年4月      取締役製造本部長兼岡山工場長
                              平成27年4月      取締役製造本部長(北京工場、
                                     技術開発センター(現 価値創
                                                    ※5     27
                                     造研究会)担当)
                              平成28年4月      取締役製造本部長(グループ生
                                     産統括、技術開発センター(現
                                     価値創造研究会)担当)
                              平成28年6月      常務取締役製造本部長(グルー
                                     プ生産統括、価値創造研究会担
                                     当)
                              平成30年4月      常務取締役製造本部長兼グルー
                                     プ品質管理責任者(グループ生
                                     産統括、価値創造研究会担当)
                                     就任
                                     現在に至る
                                 23/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
      取締役    東日本副支     水 谷 浩 三       昭和35年11月11日生        昭和59年4月      当社入社
          社長・FS                    平成14年4月      東京支社営業戦略部長
          事業責任者                    平成18年4月      執行役員東京支社営業三部長兼
                                     営業戦略部長兼フーズコンサル
          (東京営業
                                     タント室長
          六部、東関
                               平成21年6月      取締役関東3ブロック長兼
          東・北関東
          支店、H&                           フーズコンサルタント室担当
          C事業部、                    平成23年4月      取締役東京営業三部・四部、
          フーズコン                           フーズコンサルタント室、H&
          サルタント                           C事業部担当兼FSマーケティ
           室担当)                          ング責任者
                               平成25年4月      取締役東日本副支社長(東京営
                                     業三部・四部・千葉・横浜・西
                                     東京支店、フーズコンサルタン
                                     ト室、H&C事業部担当)兼F
                                     Sマーケティング責任者               ※5     24
                               平成27年4月      取締役東日本副支社長兼FS事
                                     業責任者(東京営業三部・四
                                     部・五部・関東・千葉・横浜支
                                     店、フーズコンサルタント室、
                                     東京営業戦略部、H&C事業部
                                     担当)
                               平成29年4月      取締役東日本副支社長兼FS事業
                                     責任者(東京営業六部・関東・千
                                     葉支店、H&C事業部、フーズコ
                                     ンサルタント室担当)
                               平成30年4月      取締役東日本副支社長兼FS事業
                                     責任者(東京営業六部、東関東・
                                     北関東支店、H&C事業部、フー
                                     ズコンサルタント室担当)就任
                                     現在に至る
      取締役     管理本部     日 野 達 雄       昭和38年11月25日生        昭和62年3月      当社入社
           長                     平成26年4月      執行役員管理本部長兼総務人事
                                     部長
                               平成27年4月      執行役員管理本部長兼総務部長
                                                    ※5     12
                               平成29年6月      取締役管理本部長兼総務部長
                               平成30年4月      取締役管理本部長就任
                                     現在に至る
      取締役       ―   藤 川 隆 夫       昭和25年3月7日生        昭和48年4月      ㈱三井銀行(現 ㈱三井住友銀
                                     行)入行
                               平成11年10月      ㈱さくら銀行(現 ㈱三井住友
                                     銀行) 池袋東口法人営業部
                                     (理事)
                               平成14年7月      綜合警備保障㈱ 出向
                                     東日本事業本部統括部付担当部
                                                    ※5     ―
                                     長
                               平成15年7月      綜合警備保障㈱ 入社
                               平成19年6月      同社執行役員就任
                                     総務担当、総務部長
                               平成23年6月      同社常勤監査役
                               平成27年6月      当社取締役就任
                                     現在に至る
      取締役       ―   吉 年 慶 一       昭和25年10月25日生        昭和54年5月      三洋電機㈱     (現  パナソニック
                                     ㈱) 入社
                               平成15年4月      同社執行役員 技術開発本部本
                                     部長兼スタッフ部門(知財)担当
                               平成18年7月      同社執行役員 AVカンパニー
                                     副社長兼プロジェクター統括B
                                                    ※5     0
                                     Uリーダー
                               平成20年4月      同社執行役員 デジタルシステ
                                     ムカンパニープロジェクター事
                                     業部事業部長
                               平成24年9月      大阪産業大学工学部非常勤講師
                               平成28年6月      当社取締役就任
                                     現在に至る
                                 24/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
      監査役      ―   竹  内   博   史  昭和25年3月28日生        昭和48年4月      小西六写真工業㈱(現コニカミノ
                                     ルタ㈱)入社
      (常勤)
                              平成7年11月      コニカ㈱大阪販売部長
                              平成13年6月      コニカカラーイメージング㈱代
                                     表取締役社長
                                                    ※6     3
                              平成19年6月      コニカミノルタオプト㈱常勤監
                                     査役
                              平成22年6月      当社常勤監査役就任
                                     現在に至る
      監査役      ―   濱   政 夫       昭和24年9月29日生        昭和48年4月      ㈱三和銀行(現 ㈱三菱UFJ銀
                                     行)入行
      (非常勤)
                              平成10年12月      同行ロサンゼルス兼サンフラン
                                     シスコ支店長
                              平成16年4月      綜合警備保障㈱ 入社
                              平成18年4月      同社理事
                              平成22年6月      同社執行役員
                              平成24年4月      綜警電気工事㈱ 代表取締役社               ※7     ―
                                     長
                              平成25年8月      東心綜合警備保障㈱ 代表取締
                                     役社長
                              平成27年4月      同社取締役会長
                              平成27年6月      同社取締役会長 退任
                              平成28年6月      当社監査役就任
                                     現在に至る
      監査役      ―   西 井 弘       昭和27年11月5日生        昭和50年4月      レンゴー㈱入社
                 明              平成22年4月      同社理事資材部長
     (非常勤)
                              平成25年4月      同社執行役員資材部担当
                              平成26年6月      同社常勤監査役
                                                    ※7     ―
                              平成28年6月      同社常勤監査役 退任
                              平成28年6月      当社監査役就任
                                     現在に至る
                             計                           1,865
      (注)   1 取締役藤川隆夫、吉年慶一は社外取締役であります。

        2 監査役      竹内博史、濱政夫、西井弘明は社外監査役であります。
        3 取締役副社長         福島 亮は、代表取締役社長              福島 裕の実弟であります。
        4 専務取締役        福島 豪は、代表取締役社長              福島 裕の長男であります。
        ※5 平成29年6月開催の定時株主総会から2年間。
        ※6 平成29年6月開催の定時株主総会から4年間。
        ※7 平成28年6月開催の定時株主総会から4年間。
                                 25/82









                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       (1)  提出会社の企業統治の体制の概要等
         1 当社は、毎月1回取締役会を開催し、取締役と監査役が出席し重要事項の決定ならびに審議・意見の交換
          を行い、各取締役は連携して業務執行の状況を監督します。取締役会は社外取締役2名を含む取締役9名で
          構成しており、経営の意思決定を行っております。当社においては、社外取締役2名の選任により業務執行
          の監督が機能されており、また、社外監査役3名による経営監視も機能していると判断していることから、
          現状の体制を採用しております。なお、取締役の定数は定款で10名以内と規定しております。
         2 当社は、迅速な意思決定が行えるよう取締役会のメンバー及び業務執行責任者による経営会議を設けてお
          ります。この会議には、取締役、監査役、執行役員、統括部門長が出席し、企業運営について十分な議論を
          行うとともに、監査役も意見を述べることができるようになっております。
         3 当社は監査役制度を採用しております。また、内部監査体制充実のため、社長直轄の組織として監査室を
          設置し、業務監査を行っております。
         4 顧問弁護士には、法律上の判断が必要な際に随時確認するなど、経営に法律面のコントロール機能が働く







          ようにしております。
         5 当企業集団会社の経営については、その自主性を尊重しつつ、関係会社管理規程に基づき取締役会への事
          業内容の定期的な報告と重要案件についての事前協議を行います。
         6 会計監査人、監査役および内部監査部門は、必要に応じて子会社の監査を実施します。
         7 内部統制システム、リスク管理体制の整備の状況
           当社は、経営の透明性の観点から公正な企業活動を促進し、コーポレート・ガバナンスの体制充実に取り
          組んでおります。このような観点から、企業集団全体のコンプライアンスの徹底、内部統制システムの整
          備、リスク管理体制の強化を図る為に、会社法及び会社法施行規則に定める「業務の適正を確保するための
          体制」について、取締役会において決議しております。なお、コンプライアンスの更なる強化を図るため、
          平成30年5月11日開催の取締役会において、この一部を改定いたしました。その概要は以下のとおりであり
          ます。
         ① 当社の取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
          (1)当社は、事業活動における法令、企業倫理、社内規程の遵守を確保するため、遵守すべき基本的な事
            項を行動規範(コンプライアンス・ガイドライン)として定めるとともに、コンプライアンス研修の実
            施等により、当企業集団の役員および従業員に周知徹底を図る。
          (2)財務報告の信頼性を確保するため、内部統制規程に基づき、財務報告に係る各種規程・マニュアル・
            手順書等の内部統制システムの整備を進めるとともに、運用体制の強化を図る。
                                 26/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
          (3)内部監査部門として社長直轄の監査室を設置し、定期的な内部監査を実施し、それぞれの職務の執行
            が法令および定款に適合することを確保する。
          (4)監査役は、取締役会およびその他の重要な会議に出席し、取締役の職務の執行を監査する。
          (5)法令上疑義のある行為等について使用人が直接情報提供を行う手段として外部通報窓口を含めた「内
            部通報制度」を設置・運営し、不正行為等の早期発見と是正を図る。
          (6)行動規範には、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会勢力および団体とは断固として対決する
            考えを示すとともに、警察等関係機関との連携を密にし、反社会的勢力の排除に努める。
         ② 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制
           当社は、法令・社内規程に基づき、文書等の保存・管理を適正に行い、必要に応じて運用状況の検証、各
          規程の見直しを行う。また、情報の管理については、内部情報管理・個人情報保護に関する基本方針を定め
          て対応する。
         ③ 当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          (1)「リスク管理規程」を定め、事業上のリスク管理に関する方針の決定並びにリスク管理体制の整備、
            構築を行う。
          (2)重要な発生事項(環境・安全リスク情報を含む)については、部門責任者が情報収集し総務部門長が
            情報の集約を行い、総務部門又は財経部門にて適時開示情報か否かを判断し、取締役社長に報告後、情
            報取扱責任者が速やかに開示を行う。また、必要に応じ監査役に報告する。
          (3)与信リスクについては、売上債権管理規程、与信限度額作成基準の運用を徹底し、財経部門が運用状
            況の確認を行う。
          (4)PL事故に対し迅速に対応するためのマニュアルを制定し、当企業集団に周知する。
          (5)CSR・リスク管理委員会を設置し、組織横断的に全社的見地でのリスク分析および評価を行い、リ
            スクを適正に管理するとともに、その対応策を推進および統括する。また、結果について必要に応じ取
            締役会および監査役に報告する。
          (6)請負工事における受注案件においては、発注から支払いまでの管理・統制機能を構築し、牽制機能の
            強化を図る。
          (7)社印の不適切な使用による不正を防ぐため、必要に応じて印章管理および押印ルールを見直し、適時
            適切に発注行為が行われる仕組みを構築し、運用する。
         ④ 当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          (1)当社は、毎月1回取締役会を開催し、取締役と監査役が出席し重要事項の決定並びに取締役の業務執
            行状況の監督を行う。
          (2)取締役会の機能をより強化し経営効率を向上させるため、取締役・監査役・執行役員・統括部門長が
            出席する経営会議を開催し、そこでは、業務執行に関する基本的事項および重要事項に係る意思決定を
            行い、さらに、個別のテーマについて十分な討議を行う。
          (3)業務運営については、将来の営業環境を踏まえ中期計画および単年度予算を立案し、全社的な目標を
            設定する。各部門は、その目標達成に向け具体策を立案し実行する。
          (4)日常の職務については、職務権限規程や決裁権限に基づいて権限の委譲を行い、上記意思決定に則し
            て業務を遂行する。
         ⑤ 当社および子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
          (1)子会社の経営については、その自主性を尊重しつつ、関係会社管理規程に基づき取締役会への事業内
            容の定期的な報告と重要案件についての事前協議を行う。
          (2)会計監査人、監査役および内部監査部門は、必要に応じて子会社の監査および調査を実施する。
          (3)子会社において企業理念、行動規範(コンプライアンス・ガイドライン)の周知徹底に努め、法令順
            守、企業倫理の徹底を図る。
          (4)子会社における品質、災害、環境、情報漏洩等のリスクを管理し、的確に対応できる体制を整える。
          (5)子会社において取締役の職務執行の効率性を確保するため、取締役会を原則として毎月1回開催し、
            機動的な意思決定を行う。
          (6)当社子会社に役員を派遣し、業務執行の監督・監査を行う。
                                 27/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
         ⑥ 当社の監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項お
          よび当該使用人の取締役からの独立性ならびに当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
           監査役は、監査役の職務を補助すべき使用人として監査役スタッフを設置し、監査職務の補助を指示する
          ことができる。この場合、指示を受けた者は、取締役および上司その他の者からの指揮命令を受けないよう
          独立性を保ち、指示の実効性を確保する。なお、その人事については、取締役と監査役が協議を行う。
         ⑦ 当社の取締役および使用人ならびに子会社の取締役、監査役および使用人等が当社の監査役に報告するた
          めの体制ならびにこれらの報告者が不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
          (1)監査役は、取締役会・経営会議の他、重要な会議に出席するとともに、主要な稟議書その他業務執行
            に関する重要な文書を閲覧し、必要に応じて取締役または担当部門責任者にその説明を求める。
          (2)取締役および使用人は、監査役に対して、法定の事項に加え、当社または当社子会社の業務または業
            績に重大な影響を及ぼす事項を発見、または、決定した場合は、速やかに監査役に報告する。
          (3)(1)および(2)の報告をした者に対して、当該報告をしたことを理由として、いかなる不利益な取
            扱いもしてはならないものとする。また、内部通報制度においても、内部通報をしたことを理由とし
            て、いかなる不利益な取扱いもしてはならないことを規定し、適切に運用する。
         ⑧ 当社の監査役の職務の執行について生ずる費用の処理に係る方針および監査役の監査が実効的に行われる
          ことを確保するための体制
          (1)監査役が独自に弁護士や公認会計士等に相談する必要がある場合は、その職務執行において発生する
            費用は会社が負担する。
          (2)監査役は、定期的に代表取締役および取締役と会合を行い、経営上の課題、会社を取り巻くリスク、
            監査上の重要な課題等について意見を交換し、相互の意思疎通を図る。
          (3)監査役は、会計監査人から会計監査の方法および結果(監査報告)について説明を受けるとともに、
            情報の交換を定期的に行うなど連携を図る。
       (2)  各監査と内部統制部門との連携等(提出日現在)

          内部監査
            内部監査については、監査室が担当し人員は2名で構成しており、当社及び当企業集団の会社に対する
           業務監査、会計監査を実施しております。
            また、内部監査規程に基づき必要に応じて社内の適任者により支援体制の組織化が可能となっておりま
           す。監査室は当社または当社子会社の業務または業績に重大な影響を及ぼす事項を発見、または、決定し
           た場合は速やかに代表取締役及び監査役に報告いたします。
          監査役監査
            監査役会は、監査役3名で構成しており、3名とも社外監査役であります。各監査役は期初に監査役会
           が策定した監査方針及び監査計画に従い監査を行っております。具体的には、各監査役は取締役の職務執
           行の監視、取締役会、経営会議をはじめとする重要な会議への出席、監査室が実施した監査報告書の確
           認、各事業所に対する業務監査及び子会社調査を実施しその結果を監査役会及び取締役会に報告しており
           ます。また、会計監査においては、会計監査人と緊密な連携をとり、その監査方針及び方法・結果の妥当
           性を確認するとともに、財務報告体制の運用状況を監査しております。
                                 28/82







                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (3)  提出会社の社外役員について(提出日現在)
         経営の透明性の確保およびコーポレート・ガバナンスの強化のため、企業経営経験者である社外取締役を2名
        選任しております。また、監査役会は、社外監査役3名で構成しており、監査体制が十分に機能していると考え
        ております。
         会社と会社の社外取締役の人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係については特に記載すべき事
        項はございません。また、社外監査役は、当社株式の保有(「5.役員の状況」に記載)を除き、人的関係、資本的
        関係又は取引関係その他の利害関係について特に記載すべき事項はございません。
         社外取締役及び社外監査役は、「5.役員の状況」に記載されたとおり他の会社の役員でありましたが、当該他
        の会社と当社との間には特別な利害関係はありません。
         社外役員を選任するに当たり、当社からの独立性に関する基準及び方針は定めておりませんが、その選任に際
        しては、株式会社東京証券取引所の企業行動規範及び上場管理等に関するガイドラインⅢ5.(3)の2で規定され
        ている独立性に関する判断基準等を参考にし、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣から独立した立場で
        社外役員としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを個別に判断しております。選任されました
        社外取締役及び社外監査役は、人格、見識とも優れ、また、他社での業務執行役員若しくは監査役としての豊富
        な経験を有するなど、会社業務の全般にわたって経営を監視する立場に適した人材であります。従って、経営監
        視機能の客観性、中立性が十分に確保されているものと判断しております。
       (4)  役員の報酬等
         当事業年度における当社の取締役及び監査役に対する役員報酬は以下のとおりであります。
        イ  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(千円)

                                                     対象となる
                 報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                  (千円)
                                ストック
                                                      (名)
                         基本報酬               賞与      退職慰労金
                                オプション
     取締役
                   310,031       105,639          ―    110,300        94,092        7
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                      ―       ―       ―       ―       ―      ―
     (社外監査役を除く。)
     社外役員               34,660       28,800          ―     3,700       2,160        5
      (注)    退職慰労金には、平成30年3月に改定された役員退職慰労金規程により、役員退職慰労引当金の増加額46,697
         千円が含まれております。 
        ロ  提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ハ  使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

          該当事項はありません。
        ニ  役員の報酬等の額の決定に関する方針

          当社は役員の報酬等の額の決定に関する方針を定めておりませんが、役付、業績見込を勘案して決定してお
         ります。また、月額報酬に加え、平成19年4月1日より新たな取締役報酬制度として業績連動型報酬を導入し
         ております。
                                 29/82






                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (5)  社外取締役及び社外監査役との責任限定契約に関する事項
         当社は、会社法第427条第1項ならびに当社定款第30条並びに第40条に基づき、社外取締役及び監査役の全員と
        同法第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結しており、当該契約に基づく賠償責任限度額は、同法第425
        条第1項に定める最低責任限度額であります。
       (6)  取締役に対する業績連動型報酬の算定方法

         取締役の報酬と業績等との連動を高めることにより、適正な会社経営を通じて業績向上への意欲や士気を高め
        ることにも繋がるとの考えに加え、従前の月額報酬(固定)に加え、平成19年4月1日より新たな取締役報酬制
        度として業績連動型報酬を導入しておりますが、平成28年6月29日開催の株主総会の決議により、業績連動型報
        酬の算定方法を改定しております。これにより第68期(自平成30年4月1日 至平成31年3月31日)の業績連動
        型報酬の算定方法を下記のとおりといたします。
         (算定方法)
          基礎となる利益に関する指標は、第68期個別の業績連動型報酬控除前の営業利益(以下「個別営業利益」と
         いう)とし、前払年金費用の増加額若しくは退職給付引当金の減少額(数理差異等特別損益で計上した費用を除
         く)を控除いたします。
           一人当たりの役職別業績連動型報酬は、次の通りとします(10万円未満切捨)。
            取締役社長   個別営業利益の0.34% (支給率 0.34)
            取締役副社長  個別営業利益の0.31%                      (支給率 0.31)
            専務取締役   個別営業利益の0.29% (支給率 0.29)
            常務取締役   個別営業利益の0.25% (支給率 0.25)
            取締役     個別営業利益の0.22% (支給率 0.22)
            ただし、取締役就任後3年以内の場合は、上記支給率に0.75を乗じて支給し、業務執行を伴わない社外
           取締役につきましては、この算定方法の適用はありません。総額150,000千円を上限とし、下限を0円とし
           ます。支給総額が150,000千円となる場合は、取締役の役職別支給率を全取締役の支給率の合計で除したも
           のに150,000千円を乗じた金額(10万円未満切捨)とします。取締役が期中に退任した場合の業績連動型報
           酬は、職務執行期間を満了した場合の業績連動型報酬支給額を計算し、その金額を在籍月数によって按分
           計算したものとします(10万円未満切捨)。
       (7)  株式の保有状況

        イ   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          該当事項はありません。
        ロ   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、保有区分、株式数、貸借対照表計上額及び保有目
         的
          該当事項はありません。
        ハ   保有目的が純投資目的である投資株式
                   前事業年度                    当事業年度
                    (千円)                    (千円)
                   貸借対照表        貸借対照表        受取配当金         売却損益        評価損益
                  計上額の合計額        計上額の合計額          の合計額        の合計額        の合計額
     非上場株式                301,174        208,272         2,890        26,250          415
     非上場株式以外の株式               6,134,803        8,465,247          81,244           ―    6,833,561

      (注) 非上場株式については、外貨建有価証券の為替換算差額を記載しております 
       (8)  業務を執行した公認会計士について

         当社は、有限責任監査法人トーマツとの間で、会社法監査と金融商品取引法監査について監査契約を締結して
        おります。
         当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、目細 実、中田信之の2名であり、有限責任監査法人トーマツ
        に所属しております。また、当社の会計監査業務に係る補助者の構成は、公認会計士11名、その他12名となって
        おります。
                                 30/82


                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (9)  取締役の選任及び解任の決議要件
         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及びその選任決議は累積投票によらないものとする旨を定款に
        定めております。
         また、取締役の解任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
        が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
       (10)   取締役会で決議することができる株主総会決議事項

         ① 自己株式の取得
           当社は、経済情勢等の変化に対応して機動的な経営諸政策を実行するため、会社法第165条第2項の規定に
          より、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。
         ② 中間配当
           当社は、株主への機動的な利益還元を可能とするため、取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日と
          して中間配当を行なうことができる旨を定款に定めております。
       (11)   株主総会の特別決議要件

         当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項の規定による株主総会の決議は、議決権を行
        使することができる株主の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定
        款に定めております。
      (2)  【監査報酬の内容等】

       ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                      当連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社               43,000           3,600          63,000           5,700
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

          計             43,000           3,600          63,000           5,700

       ②  【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
       ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         前連結会計年度
          当社は、会計監査人に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務である海外子会社の事業管理に
         関する助言業務等についての対価を支払っております。
         当連結会計年度
          当社は、会計監査人に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務である海外子会社の事業管理に
         関する助言業務等についての対価を支払っております。
       ④ 【監査報酬の決定方針】

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は定めておりませんが、監査公認会計士等に依頼する業
        務内容を勘案し、前年実績に基づき監査報酬を決定しております。
                                 31/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。)
       に基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

       務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
       ます。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月31
      日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監
      査法人トーマツにより監査を受けております。
     3 連結財務諸表等の適正性を確保する為の特段の取組み

       会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制の整備をす
      るため、公益財団法人財務会計基準機構に加入し、適宜情報を得ております。
                                 32/82













                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     1 【連結財務諸表等】
      (1) 【連結財務諸表】
       ①  【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        25,686,519              31,870,525
         現金及び預金
                                                    ※4  22,040,842
                                        21,693,902
         受取手形及び売掛金
                                        2,148,030              2,172,702
         商品及び製品
                                        2,095,071              2,248,959
         仕掛品
                                        1,639,859              1,909,033
         原材料及び貯蔵品
                                         797,878             1,304,171
         繰延税金資産
                                         525,152             1,026,115
         その他
                                       △ 1,057,134             △ 1,295,261
         貸倒引当金
                                        53,529,280              61,277,089
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        3,929,605              3,802,974
           建物及び構築物(純額)
                                        1,021,242              1,119,640
           機械装置及び運搬具(純額)
                                        5,136,219              5,008,260
           土地
                                        1,086,689              1,713,483
           建設仮勘定
                                         308,054              321,406
           その他(純額)
                                      ※1  11,481,811            ※1  11,965,765
           有形固定資産合計
                                         220,170              273,105
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                      ※2  6,795,112            ※2  9,059,098
           投資有価証券
                                        2,211,810              2,313,097
           その他
                                         △ 19,675             △ 11,765
           貸倒引当金
                                        8,987,248              11,360,430
           投資その他の資産合計
                                        20,689,230              23,599,301
         固定資産合計
                                        74,218,510              84,876,391
       資産合計
                                 33/82









                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                    ※4  21,476,888
                                       20,268,999
         支払手形及び買掛金
                                       ※3  780,451            ※3  711,215
         短期借入金
                                        1,597,144              2,082,013
         未払法人税等
                                        1,757,386              1,436,049
         賞与引当金
                                         233,897              369,167
         製品保証引当金
                                                       534,234
         工事損失引当金                                   ―
                                        4,771,930              6,092,170
         その他
                                       29,409,810              32,701,738
         流動負債合計
       固定負債
                                         244,725
         長期借入金                                                 ―
                                        1,295,066              2,035,259
         繰延税金負債
                                         732,171              820,766
         役員退職慰労引当金
         偶発損失引当金                                   ―           288,383
         退職給付に係る負債                                263,607               16,808
                                         100,473              101,516
         資産除去債務
                                         11,750              10,809
         その他
                                        2,647,794              3,273,544
         固定負債合計
                                       32,057,605              35,975,283
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        2,760,192              2,760,192
         資本金
                                        3,168,379              3,168,379
         資本剰余金
                                       36,260,825              41,242,790
         利益剰余金
                                       △ 3,212,194             △ 3,213,394
         自己株式
                                       38,977,203              43,957,968
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        3,259,400              4,870,266
         その他有価証券評価差額金
                                         68,104              65,057
         為替換算調整勘定
                                        △ 154,306              △ 24,814
         退職給付に係る調整累計額
                                        3,173,198              4,910,509
         その他の包括利益累計額合計
                                         10,503              32,630
       非支配株主持分
                                       42,160,905              48,901,107
       純資産合計
                                       74,218,510              84,876,391
      負債純資産合計
                                 34/82








                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                       80,297,278              86,223,671
      売上高
                                     ※1  59,565,828           ※1 , ※2  64,630,055
      売上原価
                                       20,731,449              21,593,615
      売上総利益
                                    ※1 , ※3  12,335,754           ※1 , ※3  12,939,149
      販売費及び一般管理費
                                        8,395,694              8,654,466
      営業利益
      営業外収益
                                          6,698              9,131
       受取利息
                                         82,555              94,109
       受取配当金
                                         94,934              95,147
       受取家賃
                                         48,053              99,013
       受取保険金及び配当金
                                         51,458              53,967
       仕入割引
                                          5,494              23,443
       受取補償金
                                         148,455              129,648
       その他
                                         437,650              504,461
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         24,867              21,074
       支払利息
                                         18,514              14,604
       支払補償費
                                         28,144              112,502
       為替差損
                                         30,998              38,802
       その他
                                         102,524              186,984
       営業外費用合計
                                        8,730,820              8,971,943
      経常利益
      特別利益
                                          5,524              26,250
       投資有価証券売却益
                                          5,524              26,250
       特別利益合計
      特別損失
                                                       288,383
       偶発損失引当金繰入額                                    ―
                                                       154,764
                                            ―
       偶発損失関連費用
                                                       443,148
       特別損失合計                                    ―
                                        8,736,344              8,555,044
      税金等調整前当期純利益
                                        2,812,563              3,394,300
      法人税、住民税及び事業税
                                        △ 95,968             △ 521,421
      法人税等調整額
                                        2,716,595              2,872,879
      法人税等合計
                                        6,019,749              5,682,165
      当期純利益
      非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に
                                          6,169             △ 1,093
      帰属する当期純損失(△)
      親会社株主に帰属する当期純利益                                  6,013,580              5,683,259
                                 35/82







                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                        6,019,749              5,682,165
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         429,146             1,610,865
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 52,529              △ 6,972
       為替換算調整勘定
                                         324,109              129,492
       退職給付に係る調整額
                                     ※1 , ※2  700,726          ※1 , ※2  1,733,384
       その他の包括利益合計
                                        6,720,475              7,415,550
      包括利益
      (内訳)
                                        6,713,555              7,420,570
       親会社株主に係る包括利益
                                          6,920             △ 5,019
       非支配株主に係る包括利益
                                 36/82
















                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       ③ 【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                   2,760,192         3,168,379        30,848,359        △ 3,211,617        33,565,315
     当期首残高
     当期変動額
                                     △ 601,114                 △ 601,114
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                     6,013,580                 6,013,580
      る当期純利益
                                               △ 577        △ 577
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                                     5,412,465          △ 577      5,411,888
     当期変動額合計                 ―         ―
                   2,760,192         3,168,379        36,260,825        △ 3,212,194        38,977,203
     当期末残高
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                評価差額金              調整累計額       累計額合計
     当期首残高             2,830,254        121,385      △ 478,416      2,473,224         3,582     36,042,121
     当期変動額
                                                      △ 601,114
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                      6,013,580
      る当期純利益
                                                        △ 577
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
                   429,146       △ 53,280       324,109       699,974        6,920      706,895
      の当期変動額(純
      額)
                   429,146       △ 53,280       324,109       699,974        6,920      6,118,783
     当期変動額合計
                  3,259,400         68,104      △ 154,306      3,173,198         10,503      42,160,905
     当期末残高
                                 37/82










                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自         平成29年4月1日 至           平成30年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                   2,760,192         3,168,379        36,260,825        △ 3,212,194        38,977,203
     当期首残高
     当期変動額
                                     △ 701,294                 △ 701,294
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                     5,683,259                 5,683,259
      る当期純利益
                                              △ 1,199        △ 1,199
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                                     4,981,964          △ 1,199       4,980,764
     当期変動額合計                 ―         ―
                   2,760,192         3,168,379        41,242,790        △ 3,213,394        43,957,968
     当期末残高
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                評価差額金              調整累計額       累計額合計
                  3,259,400         68,104      △ 154,306      3,173,198         10,503      42,160,905
     当期首残高
     当期変動額
                                                      △ 701,294
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                      5,683,259
      る当期純利益
                                                       △ 1,199
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
                  1,610,865        △ 3,047      129,492      1,737,310         22,126      1,759,437
      の当期変動額(純
      額)
                  1,610,865        △ 3,047      129,492      1,737,310         22,126      6,740,202
     当期変動額合計
                  4,870,266         65,057      △ 24,814      4,910,509         32,630      48,901,107
     当期末残高
                                 38/82











                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        8,736,344              8,555,044
       税金等調整前当期純利益
                                         841,543              899,150
       減価償却費
                                         266,432              197,849
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                         130,357             △ 321,379
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 12,119              135,269
       製品保証引当金の増減額(△は減少)
                                                       534,234
       工事損失引当金の増減額(△は減少)                                    ―
       厚生年金基金解散損失引当金の増減額(△は減
                                        △ 119,617
                                                          ―
       少)
                                        △ 60,462
       訴訟損失引当金の増減額(△は減少)                                                   ―
                                         258,609              △ 59,129
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         35,212              88,595
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                                       288,383
       偶発損失引当金の増減額(△は減少)                                    ―
                                        △ 89,254             △ 103,240
       受取利息及び受取配当金
                                         40,901              37,580
       為替差損益(△は益)
                                         △ 5,524               624
       投資有価証券評価損益(△は益)
                                                      △ 26,250
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    ―
                                         24,867              21,074
       支払利息
                                         △ 2,434              2,290
       有形固定資産売却損益(△は益)
                                          △ 139             2,991
       有形固定資産除却損
                                        △ 286,441              425,559
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 831,901             △ 428,689
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △ 192,682             △ 263,158
       その他の流動資産の増減額(△は増加)
                                        △ 211,239             △ 234,300
       その他の固定資産の増減額(△は増加)
                                         738,090              842,957
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        △ 164,737              543,325
       その他の流動負債の増減額(△は減少)
                                           862             1,841
       その他
                                        9,096,667              11,140,627
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  89,592              103,324
                                        △ 25,880             △ 21,125
       利息の支払額
                                      △ 2,740,650             △ 2,901,883
       法人税等の支払額
                                        6,419,729              8,320,943
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 39/82








                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 733,614             △ 844,718
       定期預金の預入による支出
                                        1,569,129              1,343,263
       定期預金の払戻による収入
                                      △ 1,443,629             △ 1,286,011
       有形固定資産の取得による支出
                                         38,117              140,720
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 70,353             △ 102,359
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 92,616             △ 50,543
       投資有価証券の取得による支出
                                         10,084              120,207
       投資有価証券の売却による収入
                                         △ 8,000
       会員権の取得による支出                                                   ―
                                         10,680              10,680
       出資金の分配による収入
                                        △ 720,200             △ 668,760
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 483,380             △ 328,783
       長期借入金の返済による支出
                                                       27,146
       非支配株主からの払込みによる収入                                    ―
       自己株式の取得による支出                                  △ 577            △ 1,199
       ファイナンス・リース債務の返済による支出                                 △ 2,639             △ 2,221
                                        △ 600,579             △ 701,276
       配当金の支払額
                                      △ 1,087,175             △ 1,006,334
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 83,109             △ 75,176
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        4,529,243              6,570,671
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                       20,381,498              24,910,742
      現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※1  24,910,742            ※1  31,481,413
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 40/82












                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1 連結の範囲に関する事項
       全ての子会社を連結しております。
       連結子会社の数                     16 社
        福島国際(香港)有限公司
        フクシマトレーディング株式会社
        北京二商福島機電有限公司
        福島国際シンガポール株式会社
        台湾福島国際股       份 有限公司
        福久島貿易(上海)有限公司
        髙橋工業株式会社
        福島国際マレーシア株式会社
        FSP株式会社
        株式会社省研
        福島国際タイランド株式会社
        福島国際(ベトナム)有限会社
        福島工業(タイランド)株式会社
        福島国際(カンボジア)株式会社
        福島工業ミャンマー株式会社
        福島国際インドネシア株式会社
        従来、連結子会社であった福島国際韓国株式会社は、清算結了に伴い、当連結会計年度より連結の範囲から除外
       しております。なお、福島国際韓国株式会社の清算結了時までの損益計算書については連結しております。
        また、当連結会計年度より福島国際インドネシア株式会社を新たな連結子会社として設立しております。
     2 連結子会社の事業年度等に関する事項

       連結子会社の決算日について、髙橋工業株式会社、FSP株式会社及び福島工業ミャンマー株式会社は3月31日、
      株式会社省研は2月28日であり、他の12社は12月31日であります。
       連結財務諸表の作成にあたっては、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引について
      は、連結上必要な調整を行っております。
     3 会計方針に関する事項

      (1)   重要な資産の評価基準及び評価方法
       ① 有価証券
          その他有価証券
          時価のあるもの
           期末日の市場価格に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
           り算定しております)
          時価のないもの
           移動平均法による原価法
       ② たな卸資産
        1.   製品、原材料
         …総平均法による原価法
          (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
                                 41/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
        2.   仕掛品
         製品仕掛品
          …総平均法による原価法
          (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
         仕掛工事
          …個別法による原価法
          (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
      (2)   重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ① 有形固定資産(リース資産を除く)
        当社及び国内連結子会社
         定率法を採用しております。
        在外連結子会社
         定額法を採用しております。
         ただし、当社及び国内連結子会社の平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成28
        年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
         建物及び構築物   12~50年
         機械装置及び運搬具   7年
         また、平成19年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した連結会計年度の
        翌連結会計年度から5年間で均等償却する方法によっております。
       ② リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額ゼロとする定額法によっております。
      (3)    重要な引当金の計上基準
       ① 貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
        ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       ② 賞与引当金
         従業員の賞与に充当するため、支給見込額基準(過去の支給額を基礎に業績を加味して算定する方法)により計
        上しております。
       ③ 製品保証引当金
         製品及び請負工事の契約保証期間内の補償に備えるため、過年度の実績を基礎に将来の補償見込額を加味して
        計上しております。
       ④ 工事損失引当金
         将来の工事損失の発生に備えるため、期末現在の損失見込額を計上しております。
       ⑤ 役員退職慰労引当金
         役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給見積額を計上しております。
       ⑥ 偶発損失引当金
         係争案件により将来発生する可能性のある偶発損失に備えるため、期末現在の損失見込額を計上しておりま
        す。
      (4)    退職給付に係る会計処理の方法
       ① 退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
        給付算定式基準によっております。
                                 42/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(7年)による定額法により費用
        処理しております。
         数理計算上の差異は、その発生の翌連結会計年度に一括して費用処理することとしております。
       ③ 小規模企業等における簡便法の採用
         一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額
        を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (5)    重要な収益及び費用の計上基準
        完成工事高の計上は、当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事
       進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用しております。
      (6)    重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
       なお、在外子会社等の資産及び負債並びに収益及び費用は決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は
       純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めております。
      (7)    連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は手許現金、随時引出し可能な預金及び容易
       に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来
       する短期投資からなっております。
      (8)   その他重要な事項
        消費税等の会計処理
        消費税等の会計処理は、税抜方式を採用しております。
       (未適用の会計基準等)

      1・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」 (企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日)
       ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」 (企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日)
        (1)概要 
          個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いが見直され、また(分類1)に該当す
         る企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いの明確化が行われております。
        (2)適用予定日
          平成31年3月期の期首より適用予定であります。
        (3)当該会計基準等の適用による影響
          影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
      2・「収益認識に関する会計基準」 (企業会計基準第29号 平成30年3月30日)

       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」 (企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
        (1)概要
          収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
           ステップ1:顧客との契約を識別する。
           ステップ2:契約における履行義務を識別する。
           ステップ3:取引価格を算定する。
           ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
           ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
        (2)適用予定日
          平成34年3月期の期首より適用予定であります。
        (3)当該会計基準等の適用による影響
          影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
       (追加情報)

        当社は、当社従業員が行った不適切な発注行為に基づき、発注先企業への支払義務が生じる可能性を認識してお
       ります。当該不適切な発注行為に関し、当社は支払義務はないものと判断しておりますが、当社が負担する可能性
       が合理的に見積れるものについて、当連結会計年度において偶発損失引当金288,383千円を固定負債として連結貸借
       対照表に計上しており、併せて偶発損失引当金繰入額288,383千円を特別損失として連結損益計算書に計上しており
       ます。
                                 43/82


                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1 (前連結会計年度)
        有形固定資産の減価償却累計額は                   11,589,690     千円であります。
        (当連結会計年度)

        有形固定資産の減価償却累計額は               12,329,927     千円であります。
     ※2 関連会社に対するものは次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         投資有価証券(株式)                        5,000千円                   ―千円
     ※3    担保付債務

        担保付債務は次のとおりであります。なお、担保に供している資産は関係会社出資金(消去前)でありますが、
       全額減損処理を実施しております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         短期借入金                         134,080千円                 138,480千円
                                  (RMB8,000千)                 (RMB8,000千)
     㯿ᐰ⍽偏᪊࡞瑞ꙧ⭥聧ὢ䭟戰湏᪊ࡑذ欰搰䐰昰ş卹㸰欰䨰䐰昰潮聧ὥ歬穮࠰䲈䰰輰谰弰舰渰栰地晑ذ地昰

     ります。
      なお、当連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形を満期日に決済が行われたものとし
     て処理しております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         受取手形                            ―千円              498,277千円
         支払手形                            ―千円              26,021千円
       (連結損益計算書関係)

     ※1    一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。
                 前連結会計年度                          当連結会計年度
               (自    平成28年4月1日                       (自    平成29年4月1日
                至   平成29年3月31日)                        至   平成30年3月31日)
                       787,789                          786,343
                          千円                          千円
     ※2    売上原価に含まれている工事損失引当金繰入額は、次のとおりであります。

                 前連結会計年度                          当連結会計年度
               (自    平成28年4月1日                       (自    平成29年4月1日
                至   平成29年3月31日)                        至   平成30年3月31日)
                       ―千円                       534,234千円
     ※3 販売費及び一般管理費のうち主な費目及びその金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
                               2,669,599                 2,971,669
         荷造運賃                           千円                 千円
                               3,897,668                 4,059,505
         報酬給料及び諸手当                           千円                 千円
                                835,589                 680,589
         賞与引当金繰入額                           千円                 千円
                                343,575                 265,448
         退職給付費用                           千円                 千円
                                105,650                 100,061
         役員退職慰労引当金繰入額                           千円                 千円
                                284,271                 205,447
         貸倒引当金繰入額                           千円                 千円
                                219,706                 322,663
         製品保証引当金繰入額                           千円                 千円
                                 44/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (連結包括利益計算書関係)
     ※1    その他の包括利益に係る組替調整額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
         その他有価証券評価差額金
          当期発生額
                                605,415千円                2,333,658千円
          組替調整額                         ―千円             △26,250千円
          計
                                605,415千円                2,307,408千円
         為替換算調整勘定
          当期発生額
                               △52,529千円                 △6,972千円
          組替調整額
                                   ―千円                 ―千円
          計
                               △52,529千円                 △6,972千円
         退職給付に係る調整額
          当期発生額
                               △173,585千円                 △28,813千円
          組替調整額                      643,309千円                 216,483千円
          計
                                469,723千円                 187,669千円
         税効果調整前合計
                               1,022,609千円                 2,488,104千円
          税効果額                     △321,883千円                 △754,720千円
         その他の包括利益合計                       700,726千円                1,733,384千円
     ※2    その他の包括利益に係る税効果額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
         その他有価証券評価差額金
          税効果調整前
                                605,415千円                2,307,408千円
          税効果額                     △176,269千円                 △696,542千円
          税効果調整後
                                429,146千円                1,610,865千円
         為替換算調整勘定
          税効果調整前
                               △52,529千円                 △6,972千円
          税効果額
                                   ―千円                 ―千円
          税効果調整後
                               △52,529千円                 △6,972千円
         退職給付に係る調整額
          税効果調整前
                                469,723千円                 187,669千円
          税効果額                     △145,614千円                 △58,177千円
          税効果調整後
                                324,109千円                 129,492千円
         その他の包括利益合計
          税効果調整前
                               1,022,609千円                 2,488,104千円
          税効果額
                               △321,883千円                 △754,720千円
          税効果調整後
                                700,726千円                1,733,384千円
                                 45/82






                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)               22,066,160               ―           ―      22,066,160

      2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                2,029,001              172            ―       2,029,173

        (変動事由の概要)

        増加数及び減少数の主な内訳は、次のとおりであります。
         単元未満株式の買取りによる増加 172株
      3 新株予約権等に関する事項

          該当事項はありません。
      4 配当に関する事項

        (1) 配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成28年6月29日
                普通株式          601,114           30  平成28年3月31日         平成28年6月30日
     定時株主総会
        (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                         配当金の総額       1株当たり配当額
        決議      株式の種類      配当の原資                        基準日        効力発生日
                          (千円)        (円)
     平成29年6月29日
              普通株式     利益剰余金        701,294            35  平成29年3月31日         平成29年6月30日
     定時株主総会
      当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)               22,066,160               ―           ―      22,066,160

      2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                2,029,173              248            ―       2,029,421

        (変動事由の概要)

        増加数及び減少数の主な内訳は、次の通りであります。
        単元未満株式の買取りによる増加248株
      3 新株予約権等に関する事項

          該当事項はありません。
                                 46/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      4 配当に関する事項
        (1) 配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成29年6月29日
                普通株式          701,294           35  平成29年3月31日         平成29年6月30日
     定時株主総会
        (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                         配当金の総額       1株当たり配当額
        決議      株式の種類      配当の原資                        基準日        効力発生日
                          (千円)        (円)
     平成30年6月28日
              普通株式     利益剰余金        801,469            40  平成30年3月31日         平成30年6月29日
     定時株主総会
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
         現金及び預金勘定                      25,686,519千円                 31,870,525千円
         預入期間が3か月超の定期預金
                               △775,777千円                 △389,111千円
         及び定期積金
         現金及び現金同等物                      24,910,742千円                 31,481,413千円
       (金融商品関係)

     1   金融商品の状況に関する事項
      (1) 金融商品に対する取組方針
        当企業集団は、主に冷凍冷蔵厨房設備の製造販売事業を行うための設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀
       行借入)を調達しております。一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金並びに通常
       の設備投資資金を銀行借入により調達しております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用して
       おり、投機的な取引は行わない方針であります。
      (2) 金融商品の内容及びそのリスク

        現金及び預金は、海外事業を展開していることから外貨建て預金を保有しているために為替の変動リスクに晒さ
       れております。営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、海外事業を
       展開していることから生じる外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されております。投資有価証券は、主
       に長期保有を目的とした株式及び債券であり市場価格の変動リスクに晒されております。また、取引先企業等に対
       し長期貸付を行っております。
        営業債務である支払手形及び買掛金は、1年以内の支払期日であります。また、その一部には、原料等の輸入に
       伴う外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されております。借入金及びファイナンス・リース取引に係る
       リース債務は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、償還日は決算日後、最長で5年後であ
       ります。このうち一部は、変動金利であるため金利の変動リスクに晒されております。
                                 47/82







                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      (3) 金融商品に係るリスク管理体制
       ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、与信管理規程に従い、営業債権について、一定の社内手続により、与信管理を行うと同時に、個別の
        取引ごとに支払条件等の確認を行っております。また、主要な取引先については定期的に財務状況等の悪化等に
        よる回収懸念の早期把握や軽減を図っております。連結子会社についても、当社の与信管理規程に準じて、同様
        の管理を行っております。
       ②   市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         当社及び一部の連結子会社は、外貨建ての営業債権債務について、為替の変動リスクに晒されておりますが、
        通貨別月別に把握し、継続的なモニタリングによって管理しております。また、当社及び一部の連結子会社は、
        借入金及び社債に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、金利スワップ取引を利用することがあります。
         投資有価証券については、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握して保有状況を継続的に見直しておりま
        す。
         なお、当社及び一部の連結子会社において、デリバティブ取引については、借入金の支払金利の変動リスクに
        対するヘッジ取引を目的とした金利スワップ取引のみを採用することとしております。
       ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社は、財経部が各部署からの報告及び各子会社の状況を確認し、適時に資金計画を作成・更新するととも
        に、手許流動性資金を維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
      (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することもあります。
      (5) 信用リスクの集中

        当期の連結決算日現在において、該当事項はありません。
     2   金融商品の時価等に関する事項

       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
      極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
       前連結会計年度(平成29年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                         連結貸借対照表
                                       時価            差額
                           計上額
     (1)  現金及び預金
                            25,686,519            25,686,519                 ―
     (2)  受取手形及び売掛金
                            21,693,902
                            △1,023,978
         貸倒引当金(※1)
                            20,669,924            20,669,924                 ―
     (3)  投資有価証券
         その他有価証券                        6,379,865            6,379,865                ―
            資産計                 52,736,309            52,736,309                 ―
     (1)  支払手形及び買掛金                     20,268,999            20,268,999                 ―
     (2)  短期借入金
                              780,451            780,451               ―
     (3)  長期借入金
                              244,725            244,787               62
            負債計                 21,294,175            21,294,237                62
      (※1)     受取手形及び売掛金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
                                 48/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(平成30年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                         連結貸借対照表
                                       時価            差額
                           計上額
     (1)  現金及び預金
                            31,870,525            31,870,525                 ―
     (2)  受取手形及び売掛金
                            22,040,842
                            △1,262,991
         貸倒引当金(※1)
                            20,777,851            20,777,851                 ―
     (3)  投資有価証券
         その他有価証券                        8,736,137            8,736,137                ―
            資産計                 61,384,514            61,384,514                 ―
     (1)  支払手形及び買掛金
                            21,476,888            21,476,888                 ―
     (2)  短期借入金
                              711,215            711,215               ―
     (3)  長期借入金
                                 ―            ―            ―
            負債計                 22,188,103            22,188,103                 ―
      (※1)     受取手形及び売掛金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      資  産
      (1) 現金及び預金
        これらはすべて短期であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
      (2) 受取手形及び売掛金

        これらの時価は、比較的短期間に決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
      (3)  投資有価証券

        時価について、株式は取引所の価格によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
      負  債

      (1)  支払手形及び買掛金、並びに(2)短期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む)
        これらの時価は、比較的短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
      (3)  長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を除く)

        時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値に
       より算定しております。
                                 49/82






                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                   (単位:千円)
                区分              平成29年3月31日                 平成30年3月31日
              非上場株式等                         415,052                 322,960
         投資事業有限責任組合への出資                               194                  ―
        上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価証券 そ
       の他有価証券」には含めておりません。
        前連結会計年度において、非上場株式の減損処理はありません。
        当連結会計年度において、非上場株式について638千円の減損処理を行っております。
     (注3)金銭債権の連結決算日後の償還予定額

        前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                        1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
     現金及び預金                           25,686,519           ―       ―       ―
     受取手形及び売掛金                           21,693,902           ―       ―       ―

                 合計               47,380,422           ―       ―       ―

        当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                                        1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
     現金及び預金                           31,870,525           ―       ―       ―
     受取手形及び売掛金                           22,040,842           ―       ―       ―

                 合計               53,911,368           ―       ―       ―

     (注4)長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

        前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                 5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     短期借入金                451,668          ―       ―       ―       ―       ―
     長期借入金                328,783       244,725          ―       ―       ―       ―

           合計           780,451       244,725          ―       ―       ―       ―

        当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                 5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     短期借入金                466,490          ―       ―       ―       ―       ―
     長期借入金                244,725          ―       ―       ―       ―       ―

           合計           711,215          ―       ―       ―       ―       ―

                                 50/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
        1 その他有価証券
       前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                       取得原価             差額

                        連結貸借対照表計上額
               区分
                            (千円)
                                       (千円)            (千円)
         連結貸借対照表計上額が
         取得原価を超えるもの
          株式                     6,355,154            1,672,993            4,682,161
               小計               6,355,154            1,672,993            4,682,161

         連結貸借対照表計上額が
         取得原価を超えないもの
          株式                       24,711            28,570           △3,858
               小計                 24,711            28,570           △3,858

               合計               6,379,865            1,701,563            4,678,302

       当連結会計年度(平成30年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

               区分
                            (千円)
                                       (千円)            (千円)
         連結貸借対照表計上額が
         取得原価を超えるもの
          株式                     8,712,076            1,720,535            6,991,540
               小計               8,712,076            1,720,535            6,991,540

         連結貸借対照表計上額が
         取得原価を超えないもの
          株式                       24,061            30,971           △6,909
               小計                 24,061            30,971           △6,909

               合計               8,736,137            1,751,507            6,984,630

        2 連結会計年度中に売却したその他有価証券

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

               区分           売却額(千円)         売却益の合計額(千円)            売却損の合計額(千円)

               株式                 10,000            5,524              ―

       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

               区分           売却額(千円)         売却益の合計額(千円)            売却損の合計額(千円)

               株式                120,000            26,250              ―

       (デリバティブ取引関係)

        該当事項はありません。
                                 51/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
       当企業集団は、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度、確定拠出年金制度を採用しております。
       なお、一部の連結子会社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債
      及び退職給付費用を計算しております。
      2.確定給付制度

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                 3,635,995              3,902,277
        勤務費用                                 307,277              347,869
        利息費用                                 10,494              11,255
        数理計算上の差異の発生額                                 44,236              28,604
        退職給付の支払額                                △95,733             △111,012
        その他                                    7             △7
       退職給付債務の期末残高                                 3,902,277              4,178,988
     (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
       年金資産の期首残高                                 3,161,274              3,638,670
        期待運用収益                                 233,302              115,345
        数理計算上の差異の発生額                                △129,349                △209
        事業主からの拠出額                                 466,327              513,211
        退職給付の支払額                                △92,883             △104,839
       年金資産の期末残高                                 3,638,670              4,162,179
     (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

     産の調整表
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       積立型制度の退職給付債務                                 3,800,010              4,053,890
       年金資産                                △3,638,670              △4,162,179
                                         161,339             △108,288
       非積立型制度の退職給付債務                                  102,267              125,097
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  263,607              16,808
       退職給付に係る負債                                  263,607              16,808

       退職給付に係る資産                                     ―              ―
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  263,607              16,808
     (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
       勤務費用                                  307,277              347,869
       利息費用                                  10,494              11,255
       期待運用収益                                 △233,302              △115,345
       数理計算上の差異の費用処理額                                  600,412              173,585
       過去勤務費用の費用処理額                                  42,897              42,897
       その他                                  39,888              57,718
       確定給付制度に係る退職給付費用                                  767,668              517,981
                                 52/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     (5)退職給付に係る調整額
        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
       過去勤務費用                                 △42,897              △42,897
       数理計算上の差異                                 △426,826              △144,772
       合計                                 △469,723              △187,669
     (6)退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       未認識過去勤務費用                                 △50,047              △7,149
       未認識数理計算上の差異                                 △173,585              △28,813
       合計                                 △223,633              △35,963
     (7)年金資産に関する事項

        ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       債券                                    17%              18%
       株式                                    16%              17%
       一般勘定                                    60%              64%
       現金及び預金                                    6%             -%
       その他                                    1%              1%
       合計                                   100%              100%
        ②長期期待運用収益率の設定方法

        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多
        様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

        当連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表している。)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
       割引率                                   0.3%              0.3%
       長期期待運用収益率                                   7.4%              3.2%
        その他重要な計算基礎(予定昇給率)

         平成29年7月31日時点の給与実績に基づき算出した指数を使用しております。
      3.確定拠出制度

        前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
        当企業集団の確定拠出制度への要拠出額は、43,307千円であります。
        当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

        当企業集団の確定拠出制度への要拠出額は、106,658千円であります。
       (ストック・オプション等関係)

         該当事項はありません。
                                 53/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
      ① 流動の部
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         繰延税金資産
          賞与引当金                       544,519千円                 444,609千円
          未払事業税                        85,023千円                133,765千円
          製品保証引当金                        81,934千円                114,441千円
          貸倒引当金                       267,953千円                 334,006千円
          工事損失引当金                          ―千円              165,612千円
          その他                       155,842千円                 499,343千円
            計                      1,135,273千円                 1,691,780千円
          評価性引当額                      △304,554千円                 △380,414千円
          繰延税金資産計                       830,719千円                1,311,365千円
         繰延税金負債

          圧縮記帳積立金                        △901千円                 △870千円
          特別償却準備金                       △6,324千円                 △6,324千円
          差額負債調整勘定                       △25,595千円                    ―千円
          その他                        △151千円                   ―千円
          繰延税金負債計                       △32,972千円                 △7,194千円
          繰延税金資産(流動)の純額                       797,746千円                1,304,171千円
       納税主体ごとに相殺し、連結貸借対照表に計上した純額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
          繰延税金資産                       797,878千円                1,304,171千円
          繰延税金負債                        △131千円                   ―千円
          繰延税金資産(流動)の純額                       797,746千円                1,304,171千円
      ② 固定の部

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         繰延税金資産
          退職給付に係る負債                        81,718千円                 5,210千円
          貸倒引当金                        6,099千円                 3,643千円
          投資有価証券評価損                        97,311千円                 95,649千円
          土地評価損                        83,651千円                 83,651千円
          役員退職慰労引当金                       226,973千円                 254,437千円
          偶発損失引当金                          ―千円              89,398千円
          連結子会社繰越欠損金                       561,557千円                 666,224千円
          会員権評価損                        5,874千円                 6,494千円
          資産除去債務                        31,146千円                 31,470千円
          その他                        3,713千円                 4,753千円
            計                      1,098,046千円                 1,240,933千円
          評価性引当額                      △779,168千円                 △973,223千円
          繰延税金資産計                       318,877千円                 267,710千円
                                 54/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         繰延税金負債
          その他有価証券評価差額金                     △1,413,670千円                 △2,110,213千円
          圧縮記帳積立金                      △142,972千円                 △142,102千円
          特別償却準備金                       △18,972千円                 △12,648千円
          その他                       △30,661千円                 △29,891千円
          繰延税金負債計                     △1,606,277千円                 △2,294,855千円
          繰延税金負債(固定)の純額                     △1,287,399千円                 △2,027,144千円
       納税主体ごとに相殺し、連結貸借対照表に計上した純額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         繰延税金資産                        7,666千円                 8,115千円
         繰延税金負債                     △1,295,066千円                 △2,035,259千円
         繰延税金負債(固定)の純額                     △1,287,399千円                 △2,027,144千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         法定実効税率                          31.0%                 31.0%
         (調整)
          住民税均等割                          1.0%                 1.0%
          交際費等一時差異でない項目                         △0.2%                  0.0%
          試験研究費等税額控除                         △3.1%                 △1.3%
          連結子会社繰越欠損金等税効果
                                   1.7%                 1.4%
          未認識額
          評価性引当額                         0.5%                 1.4%
          その他                          0.2%                 0.1%
         税効果会計適用後の
                                   31.1%                 33.6%
         法人税等の負担率
       (表示方法の変更)

       前連結会計年度において、「その他」に含めて表示しておりました「評価性引当額」は、重要性が増したため、独
      立掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度について表示の組替えを行っておりま
      す。この結果、前連結会計年度において、「その他」に表示していた0.7%は、「評価性引当額」0.5%、及び「その
      他」0.2%として組替えております。
       (資産除去債務関係)

         重要性がないため、記載を省略しております。
       (賃貸等不動産関係)

         該当事項はありません。
                                 55/82






                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
      1   報告セグメントの概要
        当企業集団の主たる事業は、業務用冷凍冷蔵庫及び業務用冷凍冷蔵ショーケースの製造、販売及び施工であり、
       製品の種類・性質、販売市場等の類似性から機能別の組織体制となっており、当社で一括して国内及び海外の包括
       的な戦略を立案し事業展開しております。 
        従って、当企業集団は単一のセグメントから構成されており、機能別・地域別に分離された財務情報が入手不可
       能であり、報告セグメントの記載を省略しております。
      2   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

         該当事項はありません。
      3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

         該当事項はありません。
      4   報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

         該当事項はありません。
        【関連情報】

       前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1   製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:千円)
                   冷凍冷蔵
                         大型食品         大型パネル        小型パネル 
            冷凍冷蔵庫                                  サービス        合計
                          加工機械       冷蔵設備       冷蔵設備
                  ショーケース
      外部顧客へ
            22,836,365       28,903,500       6,259,534      10,169,350       5,540,622       6,587,905       80,297,278
       の売上高
      2   地域ごとの情報

       (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)  有形固定資産

                                                   (単位:千円)
         日本        中華人民共和国            タイランド            その他           合計
          10,696,237            316,750           460,675            8,148        11,481,811

      3   主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
                                 56/82







                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
      1   製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:千円)
                   冷凍冷蔵
                         大型食品         大型パネル        小型パネル 
            冷凍冷蔵庫                                  サービス        合計
                          加工機械       冷蔵設備       冷蔵設備
                  ショーケース
      外部顧客へ
            24,447,356       30,237,879       8,561,620       9,797,462       5,690,910       7,488,441       86,223,671
       の売上高
      2   地域ごとの情報

       (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)  有形固定資産

                                                   (単位:千円)
         日本        中華人民共和国            タイランド            その他           合計
          11,163,614            333,395           461,416            7,337        11,965,765

      ※当連結会計年度より、重要性の低い地域の有形固定資産に関しては、その他にて表記しております。

       また、これに伴い、前連結会計年度も表記を修正しております。
      3   主要な顧客ごとの情報
        外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

        該当事項はありません。
        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        該当事項はありません。
        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        該当事項はありません。 
       【関連当事者情報】

     1 関連当事者との取引
      (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
       該当事項はありません。
      (2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      (1) 親会社情報
       該当事項はありません。
      (2)  重要な関連会社の要約財務情報

       該当事項はありません。
                                 57/82






                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
        (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                          至   平成29年3月31日)                至   平成30年3月31日)
     1株当たり純資産                             2,103.63円                  2,438.94円
     1株当たり当期純利益                               300.12円                  283.64円

      (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度

                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                 項目
                                 至   平成29年3月31日)           至   平成30年3月31日)
     1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)

                                        6,013,580             5,683,259
      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                            ―             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                        6,013,580             5,683,259
      (千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                  20,037,075             20,036,895
        3.1株当たり純資産の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度             当連結会計年度

                 項目
                                  (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                  42,160,905             48,901,107
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                    10,503             32,630

     (うち非支配株主持分)                                    (10,503)             (32,630)

     普通株式に係る期末の純資産(千円)                                  42,150,401             48,868,477

     1株当たり純資産の算定に用いられた期末の普通株式の
                                       20,036,987             20,036,739
     数(株)
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 58/82








                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                     451,668         466,490          4.50        ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     328,783         244,725          0.18    平成31年3月29日

     1年以内に返済予定のリース債務                      2,744         1,739           ―      ―

     長期借入金(1年以内に返済予定
                          244,725            ―       0.18        ―
     のものを除く。)
     リース債務(1年以内に返済予定
                           3,017         1,526           ―  平成32年9月6日
     のものを除く。)
            合計             1,030,938          714,481            ―      ―
      (注)   1   「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2   リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
          連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
        3   リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

              区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
           リース債務                 866          534          126           ―
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
                                 59/82










                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      (2) 【その他】
       1.当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

     売上高          (千円)        18,877,680          41,470,467          65,264,155          86,223,671

     税金等調整前四半
               (千円)        1,018,336          4,077,852          6,745,550          8,555,044
     期(当期)純利益
     親会社株主に帰属
     する四半期(当期)          (千円)         550,426         2,580,560          4,300,483          5,683,259
     純利益
     1株当たり四半期
               (円)          27.47         128.79          214.63          283.64
     (当期)純利益金額
         (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり
               (円)          27.47         101.32          85.84          69.01
     四半期純利益金額
       2.重要な訴訟事件等

        提出日現在、以下のとおり、当社及び当社を含む4社を構成員とする共同企業体を被告とする訴訟等が、大阪地
       方裁判所及び東京地方裁判所にて係争中であります。
        訴訟提起日                  原告              請求金額            訴訟の概要
                                        当社を被告として、当社を含む4社を構成
                                        員とする共同企業体の特定建設工事等に
                                        かかる請負代金の支払請求を内容とする
     平成29年8月10日             株式会社第一テック              740百万円
                                        訴訟。当社は当該請求には根拠が無いこ
                                        とを主張し、大阪地方裁判所にて係争
                                        中。
                                        当社を含む4社を構成員とする共同企業
                                        体を被告として、売買代金の支払請求を
                                        内容とする訴訟。当社は当該請求の対象
     平成29年8月15日             株式会社ニューウェル              243百万円
                                        売買物品は当社の所掌範囲にかかるもの
                                        ではない旨を主張し、東京地方裁判所に
                                        て係争中。
                                        当社を被告として、特定建設工事にかか
                                        る請負代金の支払請求を内容とする訴
     平成29年11月1日             株式会社中力              171百万円
                                        訟。当社は当該請求には根拠が無いこと
                                        を主張し、東京地方裁判所にて係争中。
                                 60/82









                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     2 【財務諸表等】
      (1) 【財務諸表】
       ① 【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        19,174,565              23,488,989
         現金及び預金
                                                    ※4  4,707,935
                                        4,600,164
         受取手形
                                      ※1  10,399,211            ※1  10,349,804
         売掛金
                                        1,719,476              1,762,372
         商品及び製品
                                          28,274              52,295
         仕掛品
                                        1,126,561              1,298,787
         原材料及び貯蔵品
                                          81,284              83,424
         前払費用
                                         743,019             1,234,290
         繰延税金資産
                                       ※1  988,503           ※1  1,646,751
         その他
                                        △ 180,070             △ 511,112
         貸倒引当金
                                        38,680,991              44,113,540
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        3,143,180              2,992,836
           建物
                                         165,080              144,740
           構築物
                                         608,210              572,419
           機械及び装置
                                          8,581              9,249
           車両運搬具
                                         243,688              254,652
           工具、器具及び備品
                                        4,308,164              4,170,090
           土地
                                        1,048,317              1,643,962
           建設仮勘定
                                        9,525,224              9,787,951
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          94,096              136,679
           ソフトウエア
                                          22,468              22,468
           電話加入権
                                          10,807              10,547
           その他
                                         127,372              169,695
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        6,435,978              8,673,519
           投資有価証券
                                        2,296,730              2,276,230
           関係会社株式
                                          38,845              28,164
           出資金
                                        ※1  32,600            ※1  136,400
           長期貸付金
                                          49,493              109,492
           前払年金費用
           長期前払費用                               55,216              51,658
                                          98,529              102,850
           敷金及び保証金
                                         962,931             1,191,160
           保険積立金
                                         724,380              612,500
           長期預金
                                         117,437              107,514
           その他
                                         △ 16,423              △ 8,615
           貸倒引当金
                                        10,795,718              13,280,875
           投資その他の資産合計
                                        20,448,315              23,238,522
         固定資産合計
                                        59,129,306              67,352,062
       資産合計
                                 61/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                      ※1  1,375,344           ※1 , ※4  1,415,200
         支払手形
                                     ※1  12,692,532            ※1  13,384,565
         買掛金
                                         232,199              244,455
         1年内返済予定の長期借入金
                                      ※1  1,112,893            ※1  1,187,858
         未払金
                                         234,252              254,595
         未払消費税等
                                        1,168,954              1,451,225
         未払法人税等
                                         335,156              518,641
         未払費用
                                         110,429              138,285
         預り金
                                        1,644,111              1,313,108
         賞与引当金
                                         189,300              219,614
         製品保証引当金
                                                       534,234
         工事損失引当金                                   ―
                                         553,357             1,290,853
         その他
         流動負債合計                              19,648,531              21,952,638
       固定負債
                                         244,455
         長期借入金                                                 ―
                                        1,326,553              2,000,958
         繰延税金負債
                                         706,633              802,885
         役員退職慰労引当金
                                                       288,383
         偶発損失引当金                                   ―
                                         41,637              41,802
         資産除去債務
                                       ※1  10,830            ※1  11,628
         その他
                                        2,330,109              3,145,657
         固定負債合計
                                       21,978,641              25,098,295
       負債合計
                                 62/82











                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        2,760,192              2,760,192
         資本金
         資本剰余金
                                        2,875,004              2,875,004
           資本準備金
                                         187,426              187,426
           その他資本剰余金
                                        3,062,430              3,062,430
           資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         138,501              138,501
           利益準備金
           その他利益剰余金
                                          45,000              45,000
             配当準備金
                                          45,000              45,000
             研究開発準備金
                                          56,305              42,229
             特別償却準備金
                                         320,234              318,229
             圧縮記帳積立金
             別途積立金                           10,670,000              10,670,000
                                        20,091,911              23,614,983
             繰越利益剰余金
                                        31,366,953              34,873,943
           利益剰余金合計
                                       △ 3,212,194             △ 3,213,394
         自己株式
                                        33,977,381              37,483,172
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        3,173,283              4,770,595
         その他有価証券評価差額金
                                        3,173,283              4,770,595
         評価・換算差額等合計
                                        37,150,664              42,253,767
       純資産合計
                                        59,129,306              67,352,062
      負債純資産合計
                                 63/82











                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       ②  【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                     ※1  62,784,090            ※1  66,283,962
      売上高
                                     ※1  47,263,108            ※1  50,869,367
      売上原価
                                       15,520,982              15,414,594
      売上総利益
                                   ※1 , ※2  8,810,604          ※1 , ※2  9,402,049
      販売費及び一般管理費
                                        6,710,377              6,012,545
      営業利益
      営業外収益
                                      ※1  179,712            ※1  247,755
       受取利息及び受取配当金
                                      ※1  469,703            ※1  498,287
       その他
                                         649,416              746,043
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          1,304               612
       支払利息
                                         59,034              174,722
       その他
                                         60,339              175,334
       営業外費用合計
                                        7,299,454              6,583,253
      経常利益
      特別利益
                                          5,524              26,250
       投資有価証券売却益
                                          5,524              26,250
       特別利益合計
      特別損失
                                                       19,070
       関係会社清算損                                    ―
                                         472,653
       関係会社出資金評価損                                                   ―
                                                       288,383
       偶発損失引当金繰入額                                    ―
                                                       154,764
                                            ―
       偶発損失関連費用
                                         472,653              462,218
       特別損失合計
                                        6,832,324              6,147,285
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                  2,123,057              2,446,320
                                        △ 74,888             △ 507,319
      法人税等調整額
                                        2,048,169              1,939,000
      法人税等合計
                                        4,784,155              4,208,285
      当期純利益
                                 64/82









                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       【製造原価明細書】
                              第66期                  第67期

                          (自 平成28年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                  至 平成30年3月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                        15,456,866         77.3         16,314,492         78.5
     Ⅱ 労務費                        2,763,368        13.8         2,700,287        13.0
       (賞与引当金繰入額)                         (416,773)                  (337,867)
     Ⅲ 経費                        1,783,563         8.9         1,773,380         8.5
       (動力費)                         (140,952)                  (150,114)
       (外注工賃)                         (516,781)                  (462,523)
                               (  34,899)
       (賃借料)                                           (32,118)
       (工具消耗品費)                         (129,463)                  (129,736)
                              (429,814)                  (468,879)
       (減価償却費)
        当期総製造費用                                100.0                  100.0
                             20,003,798                  20,788,160
                               40,020                  23,414
        期首仕掛品たな卸高
           合計
                             20,043,819                  20,811,574
                               23,414                  43,968
        期末仕掛品たな卸高
        当期製品製造原価                ※1        20,020,405                  20,767,606
       【工事売上原価明細書】

                              第66期                  第67期

                          (自 平成28年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                  至 平成30年3月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                        14,103,585         51.2         14,612,006         48.5
     Ⅱ 外注工事費                        9,449,280        34.3         11,339,173         37.6
     Ⅲ 労務費                        3,262,283        11.8         3,389,247        11.2
       (賞与引当金繰入額)                         (486,116)                  (402,089)
     Ⅳ 経費                         727,324        2.6          812,802        2.7
                              ( 190,985)
       (旅費交通費)                                          (210,454)
                              ( 184,937)                 (202,017)
       (賃借料)
        当期総工事費用                                100.0                  100.0
                             27,542,473                  30,153,230
                                5,402                  4,860
        期首仕掛工事高
           合計
                             27,547,875                  30,158,090
                                4,860                  8,327
        期末仕掛工事高
        当期工事売上原価                ※1        27,543,015                  30,149,762
                                 65/82





                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      (注)※1       当期製品製造原価及び当期工事売上原価と売上原価の調整表
               区分             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
         当期製品製造原価                           20,020,405                 20,767,606
         当期工事原価                           27,543,015                 30,149,762
         期首製品たな卸高                           1,430,496                 1,719,476
         合計                           48,993,917                 52,636,846
         他勘定振替高                             11,332                 5,106
         期末製品たな卸高                           1,719,476                 1,762,372
         売上原価                           47,263,108                 50,869,367
         (注) 他勘定への振替高の内訳は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
         工具、器具及び備品                        8,543千円                 3,708千円
         その他                        2,788千円                 1,397千円
            計                        11,332千円                 5,106千円
       (原価計算の方法)

         当社の原価計算の方法は、製造原価は実際原価による総合原価計算によっており、工事原価は個別原価計算に
        よっております。
                                 66/82













                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       ③  【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                               資本剰余金                  利益剰余金
                  資本金                                  その他利益剰余金
                        資本準備金      その他資本剰余金        資本剰余金合計        利益準備金
                                                     配当準備金
                  2,760,192       2,875,004        187,426      3,062,430        138,501        45,000
     当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
      特別償却準備金の取崩
      圧縮記帳積立金の取崩
      当期純利益
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―       ―       ―       ―       ―       ―
                  2,760,192       2,875,004        187,426      3,062,430        138,501        45,000
     当期末残高
                                   株主資本

                                   利益剰余金
                              その他利益剰余金
                                                    利益剰余金合計
                研究開発準備金       特別償却準備金       圧縮記帳積立金        別途積立金      繰越利益剰余金
                   45,000       70,996       322,571      10,670,000       15,891,843       27,183,912
     当期首残高
     当期変動額
                                               △ 601,114      △ 601,114
      剰余金の配当
                          △ 14,690                      14,690
      特別償却準備金の取崩                                                    ―
                                 △ 2,336              2,336
      圧縮記帳積立金の取崩                                                    ―
                                               4,784,155       4,784,155
      当期純利益
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                          △ 14,690       △ 2,336             4,200,067       4,183,040
     当期変動額合計                ―                      ―
                   45,000       56,305       320,234      10,670,000       20,091,911       31,366,953
     当期末残高
                     株主資本             評価・換算差額等

                                              純資産合計
                               その他有価証券       評価・換算差額等
                 自己株式      株主資本合計
                               評価差額金         合計
                 △ 3,211,617       29,794,918        2,777,780       2,777,780       32,572,698
     当期首残高
     当期変動額
                         △ 601,114                     △ 601,114
      剰余金の配当
      特別償却準備金の取崩                       ―                      ―
      圧縮記帳積立金の取崩                       ―                      ―
                         4,784,155                      4,784,155
      当期純利益
                    △ 577      △ 577                     △ 577
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
                                  395,503       395,503       395,503
      当期変動額(純額)
                    △ 577     4,182,463        395,503       395,503      4,577,966
     当期変動額合計
                 △ 3,212,194       33,977,381        3,173,283       3,173,283       37,150,664
     当期末残高
                                 67/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成29年4月1日 至           平成30年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                               資本剰余金                  利益剰余金
                  資本金                                  その他利益剰余金
                        資本準備金      その他資本剰余金        資本剰余金合計        利益準備金
                                                     配当準備金
                  2,760,192       2,875,004        187,426      3,062,430        138,501        45,000
     当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
      特別償却準備金の取崩
      圧縮記帳積立金の取崩
      当期純利益
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―       ―       ―       ―       ―       ―
                  2,760,192       2,875,004        187,426      3,062,430        138,501        45,000
     当期末残高
                                   株主資本

                                   利益剰余金
                              その他利益剰余金
                                                    利益剰余金合計
                研究開発準備金       特別償却準備金       圧縮記帳積立金        別途積立金      繰越利益剰余金
                   45,000       56,305       320,234      10,670,000       20,091,911       31,366,953
     当期首残高
     当期変動額
                                               △ 701,294      △ 701,294
      剰余金の配当
                          △ 14,076                      14,076
      特別償却準備金の取崩                                                    ―
                                 △ 2,005              2,005
      圧縮記帳積立金の取崩                                                    ―
                                               4,208,285       4,208,285
      当期純利益
      自己株式の取得                                                    ―
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                          △ 14,076       △ 2,005             3,523,072       3,506,990
     当期変動額合計                ―                      ―
                   45,000       42,229       318,229      10,670,000       23,614,983       34,873,943
     当期末残高
                     株主資本             評価・換算差額等

                                              純資産合計
                               その他有価証券       評価・換算差額等
                 自己株式      株主資本合計
                               評価差額金         合計
                 △ 3,212,194       33,977,381        3,173,283       3,173,283       37,150,664
     当期首残高
     当期変動額
                         △ 701,294                     △ 701,294
      剰余金の配当
      特別償却準備金の取崩                       ―                      ―
      圧縮記帳積立金の取崩                       ―                      ―
                         4,208,285                      4,208,285
      当期純利益
                   △ 1,199      △ 1,199                     △ 1,199
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
                                 1,597,311       1,597,311       1,597,311
      当期変動額(純額)
                   △ 1,199     3,505,790       1,597,311       1,597,311       5,103,102
     当期変動額合計
                 △ 3,213,394       37,483,172        4,770,595       4,770,595       42,253,767
     当期末残高
                                 68/82



                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     1 資産の評価基準及び評価方法
      (1)  有価証券
        ①   子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法による原価法
        ②   その他有価証券
         時価のあるもの
          期末日の市場価格に基づく時価法
          (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定しております)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
      (2)  棚卸資産 

        ①   製品、原材料
         …総平均法による原価法
          (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        ②   仕掛品
         製品仕掛品
          …総平均法による原価法
          (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        ③   貯蔵品
          …最終仕入原価法
          (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
     2 固定資産の減価償却の方法

      (1)   有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。
        ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建
       物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物     12~50年
          機械及び装置   7年
        また、平成19年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した事業年度の翌事業
       年度から5年間で均等償却する方法によっております。
      (2)   無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法によっております。
        ただし、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっており
       ます。
      (3)   リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
      (4)   長期前払費用
        定額法によっております。
                                 69/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     3 引当金の計上基準
      (1)   貸倒引当金…債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
       定の債権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)   賞与引当金…従業員の賞与に充当するため、支給見込額基準(過去の支給実績を基礎に業績を加味して算定する方
       法)に基づき計上しております。
      (3)   製品保証引当金…製品及び請負工事の契約保証期間内の補償に備えるため、過年度の実績を基礎に将来の補償見
       込額を加味して計上しております。
      (4)   工事損失引当金
        将来の工事損失の発生に備えるため、期末現在の損失見込額を計上しております。
      (5)   退職給付引当金…従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に
       基づき退職給付引当金又は前払年金費用を計上しております。なお、当事業年度末においては、前払年金費用を投
       資その他の資産に計上しております。
         ① 退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
        算定式基準によっております。 
         ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(7年)による定額法により費用
        処理しております。数理計算上の差異は、その発生の翌事業年度に一括して費用処理することとしております。
      (6)   役員退職慰労引当金
        役員の退職慰労金の支出に備えるため、当社内規に基づく期末要支給見積額を計上しております。
      (7)   偶発損失引当金
        係争案件により将来発生する可能性のある偶発損失に備えるため、期末現在の損失見込額を計上しております。
     4 重要な収益及び費用の計上基準

       完成工事高の計上は、当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基
      準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用しております。
     5 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)  退職給付に係る会計処理
        退職給付に係る未認識数理計算上の差異、未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれ
       らの会計処理の方法と異なっております。
      (2)  消費税等の会計処理
        消費税等の会計処理は、税抜方式を採用しております。
       (追加情報)

        当社は、当社従業員が行った不適切な発注行為に基づき、発注先企業への支払義務が生じる可能性を認識してお
       ります。当該不適切な発注行為に関し、当社は支払義務はないものと判断しておりますが、当社が負担する可能性
       が合理的に見積れるものについて、当事業年度において偶発損失引当金288,383千円を固定負債として貸借対照表に
       計上しており、併せて偶発損失引当金繰入額288,383千円を特別損失として損益計算書に計上しております。
                                 70/82






                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1 関係会社に対する資産及び負債
        区分表示されたもの以外で当該関係会社に対する金銭債権又は金銭債務の金額は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         短期金銭債権                        1,544,672千円                 2,194,271千円
         長期金銭債権                         32,600千円                136,400千円
         短期金銭債務                         655,772千円                 513,998千円
         長期金銭債務                          2,346千円                 2,346千円
      2    担保に係る債務

        担保に係る債務
        前事業年度(平成29年3月31日)
         連結子会社である北京二商福島機電有限公司の銀行取引以外の借入金130,240千円(RMB8,000千)に対して担保を
        提供しております。なお、担保に供している資産は関係会社出資金でありますが、全額減損処理を実施しており
        ます。
        当事業年度(平成30年3月31日)

         連結子会社である北京二商福島機電有限公司の銀行取引以外の借入金135,360千円(RMB8,000千)に対して担保を
        提供しております。なお、担保に供している資産は関係会社出資金でありますが、全額減損処理を実施しており
        ます。
     ※3 保証債務

        銀行取引等に対する保証債務
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         北京二商福島機電有限公司                        593,334千円                 576,237千円
                               (RMB36,445千)                 (RMB34,056千)
         フクシマトレーディング株式会社                         2,494千円                   ―千円
         FSP株式会社                        93,248千円                   ―千円
     ※4 期末日満期手形の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理しております。

        なお、期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形を満期日に決済が行われたものとして処理し
       ております。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         受取手形                           ―千円              498,277千円
         支払手形                           ―千円              26,021千円
                                 71/82








                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (損益計算書関係)
     ※1    関係会社との取引高
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                              至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
         営業取引(収入分)                        1,452,456千円                 1,437,319千円
         営業取引(支出分)                        4,407,720千円                 5,047,578千円
         営業取引以外の取引(収入分)                         272,018千円                 387,114千円
     ※2    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
                               2,032,473                 2,194,820
         運賃及び荷造費                           千円                 千円
                               2,675,473                 2,749,487
         報酬給料及び諸手当                           千円                 千円
                                741,221                 573,161
         賞与引当金繰入額                           千円                 千円
                                310,233                 228,753
         退職給付費用                           千円                 千円
                                101,255                 96,252
         役員退職慰労引当金繰入額                           千円                 千円
                                189,300                 219,614
         製品保証引当金繰入額                           千円                 千円
                                                 323,234
         貸倒引当金繰入額                          ― 千円                 千円
        おおよその割合

         販売費                            80.6%                 81.3%
         一般管理費                            19.4%                 18.7%
       (有価証券関係)

        子会社株式は、市場価格がなく、時価の把握が極めて困難と認められることから、時価の注記は行っておりませ
       ん。
      (注)    時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額
                                                   (単位:千円)
                  区分              平成29年3月31日               平成30年3月31日
         子会社株式                             2,296,730               2,276,230
                  計                    2,296,730               2,276,230
                                 72/82









                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
      ① 流動の部
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         繰延税金資産
          売上原価                          ―千円              283,639千円
          賞与引当金                       509,674千円                 407,063千円
          未払事業税                        60,092千円                 85,961千円
          製品保証引当金                        58,683千円                 68,080千円
          貸倒引当金                        55,821千円                158,444千円
          工事損失引当金                          ―千円              165,612千円
          その他                        65,973千円                 96,036千円
           計                       750,244千円                1,264,838千円
          評価性引当額                          ―千円             △23,353千円
          繰延税金資産計                       750,244千円                1,241,485千円
         繰延税金負債

          圧縮記帳積立金                        △901千円                 △870千円
          特別償却準備金                       △6,324千円                 △6,324千円
          繰延税金負債計                       △7,225千円                 △7,194千円
          繰延税金資産(流動)の純額                       743,019千円                1,234,290千円
      ② 固定の部

                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         繰延税金資産
          貸倒引当金                        5,091千円                 2,670千円
          偶発損失引当金                          ―千円              89,398千円
          投資有価証券評価損                        96,622千円                 94,960千円
          関係会社出資金評価損                       339,357千円                 339,357千円
          土地評価損                        39,870千円                 39,870千円
          役員退職慰労引当金                       219,056千円                 248,894千円
          会員権評価損                        4,495千円                 5,115千円
          資産除去債務                        12,907千円                 12,958千円
          その他                         818千円                 792千円
           計                       718,220千円                 834,018千円
          評価性引当額                      △494,369千円                 △582,777千円
          繰延税金資産計                       223,850千円                 251,241千円
         繰延税金負債

          その他有価証券評価差額金                     △1,372,928千円                 △2,063,381千円
          圧縮記帳積立金                      △142,972千円                 △142,102千円
          特別償却準備金                       △18,972千円                 △12,648千円
          前払年金費用                       △15,343千円                 △33,942千円
          その他                        △187千円                 △124千円
          繰延税金負債計                     △1,550,404千円                 △2,252,199千円
          繰延税金負債(固定)の純額                     △1,326,553千円                 △2,000,958千円
                                 73/82




                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
      主要な項目別の内訳
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
         法定実効税率                          31.0%                 31.0%
         (調整)
          住民税均等割                          1.2%                 1.5%
          交際費等一時差異ではない項目                          0.1%                △0.8%
          試験研究費等税額控除                         △3.5%                 △1.4%
          評価性引当額                          2.1%                 1.4%
          その他                         △0.9%                 △0.2%
         税効果会計適用後の
                                   30.0%                 31.5%
         法人税等の負担率
       (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                 74/82















                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:千円)
                                                     減価償却  
       区分       資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                       累計額
     有形固定資産
            建物
                       3,143,180        30,780      4,013     177,110     2,992,836       3,711,688
            構築物             165,080          ―     194    20,146      144,740       257,160
            機械及び装置             608,210      182,501         ―   218,293      572,419      3,677,194
            車両運搬具              8,581      4,860        ―    4,193      9,249      16,038
            工具、器具及び備品             243,688      215,698        161    204,572      254,652      3,328,017
            土地            4,308,164           ―   138,074         ―  4,170,090           ―
            建設仮勘定            1,048,317       833,398      237,753         ―  1,643,962           ―
                計       9,525,224      1,267,240       380,198      624,315     9,787,951      10,990,098
     無形固定資産
            ソフトウェア             94,096      75,567        ―   32,985      136,679       76,014
            電話加入権             22,468        ―       ―      ―    22,468         ―
            その他             10,807         ―      ―     260     10,547       1,300
                計        127,372       75,567        ―   33,245      169,695       77,314
      (注)1. 当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。 
          建設仮勘定         神戸支店           事業所用地                185,807千円
                   滋賀(水口)工場           社員寮用地                152,742千円
                   岡山工場           トラックバース他再整備                118,800千円
         【引当金明細表】

                                                    (単位:千円)
          区分          当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高

     貸倒引当金                  196,494           519,728           196,494           519,728

     賞与引当金                 1,644,111           1,313,108           1,644,111           1,313,108

     製品保証引当金                  189,300           219,614           189,300           219,614

     工事損失引当金                     ―        534,234              ―        534,234

     役員退職慰労引当金                  706,633           96,252             ―        802,885

     偶発損失引当金                     ―        288,383              ―        288,383

      (2)  【主な資産及び負債の内容】

        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
                                 75/82







                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
      (3)  【その他】
       重要な訴訟事件等
        提出日現在、以下のとおり、当社及び当社を含む4社を構成員とする共同企業体を被告とする訴訟等が、大阪地
       方裁判所及び東京地方裁判所にて係争中であります。
        訴訟提起日                  原告              請求金額            訴訟の概要
                                        当社を被告として、当社を含む4社を構成
                                        員とする共同企業体の特定建設工事等に
                                        かかる請負代金の支払請求を内容とする
     平成29年8月10日             株式会社第一テック              740百万円
                                        訴訟。当社は当該請求には根拠が無いこ
                                        とを主張し、大阪地方裁判所にて係争
                                        中。
                                        当社を含む4社を構成員とする共同企業
                                        体を被告として、売買代金の支払請求を
                                        内容とする訴訟。当社は当該請求の対象
     平成29年8月15日             株式会社ニューウェル              243百万円
                                        売買物品は当社の所掌範囲にかかるもの
                                        ではない旨を主張し、東京地方裁判所に
                                        て係争中。
                                        当社を被告として、特定建設工事にかか
                                        る請負代金の支払請求を内容とする訴
     平成29年11月1日             株式会社中力              171百万円
                                        訟。当社は当該請求には根拠が無いこと
                                        を主張し、東京地方裁判所にて係争中。
                                 76/82















                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             4月1日から3月31日まで

     定時株主総会             6月中

     基準日             3月31日

     剰余金の配当の基準日             3月31日、9月30日

     1単元の株式数             100株

     単元未満株式の買取り

       取扱場所             大阪市中央区北浜四丁目5番33号    三井住友信託銀行株式会社証券代行部

                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号                       三井住友信託銀行株式会社

       株主名簿管理人
       取次所             ―

       買取手数料             株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                   当会社の公告方法は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由に
                  よって電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行
                  う。なお、電子公告は当会社のホームページに掲載しており、そのアドレスは次のと
     公告掲載方法
                  おりです。
                   http://www.fukusima.co.jp/ir/advertise.html
     株主に対する特典             1単元(100株)以上所有の株主に対して、QUOカード2,000円分。
      (注)    当会社の単元未満株式を有する株主(実質株主を含む。以下同じ。)は、その有する単元未満株式について、次
         に掲げる権利以外の権利を行使することができない。
        (1) 会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2) 会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        (3) 株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 77/82











                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     第7 【提出会社の参考情報】

     1 【提出会社の親会社等の情報】

       当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2 【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書              事業年度      自 平成28年4月1日              平成29年6月29日

       及びその添付書類、有価              (第66期)      至 平成29年3月31日              近畿財務局長に提出。
       証券報告書の
       確認書
     (2)  内部統制報告書              事業年度       自 平成28年4月1日             平成29年6月29日

                     (第66期)       至 平成29年3月31日             近畿財務局長に提出。
     (3)            (第67期第1四半期)           自 平成29年4月1日             平成29年8月14日

       四半期報告書、四
       半期報告書の確認                     至 平成29年6月30日             近畿財務局長に提出。
       書
                            自 平成29年7月1日             平成29年11月13日

                 (第67期第2四半期)
                            至 平成29年9月30日             近畿財務局長に提出。
                            自 平成29年10月1日             平成30年2月13日

                 (第67期第3四半期)
                            至 平成29年12月31日             近畿財務局長に提出。
     (4)  臨時報告書

        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づ
       く臨時報告書
        平成29年7月3日近畿財務局長に提出。
                                 78/82











                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 79/82



















                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                  平成30年6月28日

     福島工業株式会社
      取締役会 御中
                         有限責任監査法人 トーマツ

                        指定有限責任社員

                                    公認会計士       目  細     実            ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士       中  田  信  之            ㊞
                        業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる福島工業株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結
     貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連
     結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
      連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、福
     島工業株式会社及び連結子会社の平成30年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 80/82





                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、福島工業株式会社の平成30年
     3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
      内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、福島工業株式会社が平成30年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の
     内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財
     務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

         会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 81/82








                                                           EDINET提出書類
                                                       福島工業株式会社(E02006)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                  平成30年6月28日

     福島工業株式会社
      取締役会 御中
                         有限責任監査法人 トーマツ

                        指定有限責任社員

                                    公認会計士       目  細     実            ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士       中  田  信  之            ㊞
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる福島工業株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第67期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対
     照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、福島工
     業株式会社の平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点にお
     いて適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

         会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 82/82


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク