株式会社第一興商 有価証券報告書 第43期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第43期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社第一興商

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      2018年6月26日

     【事業年度】                      第43期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

     【会社名】                      株式会社第一興商

     【英訳名】                      DAIICHIKOSHO       CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  保志 忠郊

     【本店の所在の場所】                      東京都品川区北品川5丁目5番26号

     【電話番号】                      03(3280)2151(大代表)

     【事務連絡者氏名】                      執行役員経理部長  西原 康尚

     【最寄りの連絡場所】                      東京都品川区北品川5丁目5番26号

     【電話番号】                      03(3280)2151(大代表)

     【事務連絡者氏名】                      執行役員経理部長  西原 康尚

                          株式会社第一興商千葉支店

     【縦覧に供する場所】
                           (千葉市中央区新宿2丁目7番16号)

                          株式会社第一興商横浜支店

                           (横浜市南区高砂町2丁目25番地20)

                          株式会社第一興商豊橋支店

                           (愛知県豊橋市下地町字瀬上55番地の2)

                          株式会社第一興商大阪支店

                           (大阪市中央区島之内1丁目14番24号)

                          株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

      当事業年度(第43期)より、年号は西暦で表記しております。

                                   1/108


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等
             回次            第39期       第40期       第41期       第42期       第43期

            決算年月            2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月

                          130,587       133,111       141,310       140,640       141,370

     売上高             (百万円)
                          21,227       21,082       21,127       22,539       21,857

     経常利益             (百万円)
     親会社株主に帰属する
                          13,084       13,650       12,599       11,115       13,115
                  (百万円)
     当期純利益
                          10,862       13,097       10,134       14,385       13,489
     包括利益             (百万円)
                          102,268       110,264       112,754       119,069       125,356

     純資産額             (百万円)
                          161,587       180,312       179,641       186,954       180,215

     総資産額             (百万円)
                         1,736.70       1,879.44       1,933.03       2,057.98       2,173.02

     1株当たり純資産額              (円)
                          219.68       235.13       218.25       193.53       229.97

     1株当たり当期純利益              (円)
     潜在株式調整後
                                         218.19       193.38       229.75
                   (円)         -       -
     1株当たり当期純利益
                           62.6       60.5       62.0       62.9       68.7
     自己資本比率              (%)
                           13.1       13.0       11.4        9.7       10.9

     自己資本利益率              (%)
                           14.2       15.9       22.5       23.1       24.5

     株価収益率              (倍)
     営業活動による
                          27,298       30,264       27,100       33,076       33,303
                  (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                         △ 15,415      △ 18,459      △ 27,434      △ 16,331      △ 22,841
                  (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                          △ 9,458       3,672      △ 7,299      △ 8,546      △ 21,951
                  (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                          44,381       60,007       52,247       61,254       49,736
                  (百万円)
     の期末残高
                           3,026       3,130       3,266       3,348       3,449
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                     ( 3,808   )    ( 4,362   )    ( 4,719   )    ( 4,803   )    ( 5,268   )
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第39期、第40期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
                                   2/108






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
             回次            第39期       第40期       第41期       第42期       第43期

            決算年月            2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月

                          92,605       93,522       103,167       101,348        99,709

     売上高             (百万円)
                          15,695       16,450       16,817       18,371       17,229

     経常利益             (百万円)
                          10,532       11,455       10,518        9,617       10,857

     当期純利益             (百万円)
                          12,350       12,350       12,350       12,350       12,350

     資本金             (百万円)
                        58,225,000       58,025,000       57,634,200       57,434,200       57,234,200

     発行済株式総数              (株)
                          64,640       70,144       70,641       75,085       78,979

     純資産額             (百万円)
                          115,021       133,587       130,942       137,934       129,389

     総資産額             (百万円)
                         1,110.23       1,208.93       1,224.33       1,311.15       1,382.82

     1株当たり純資産額              (円)
                           65.00       100.00       108.00       109.00       111.00
     1株当たり配当額
                   (円)
     (内1株当たり中間配当額)
                          ( 30.00   )    ( 50.00   )    ( 54.00   )    ( 54.00   )    ( 55.00   )
                          176.83       197.31       182.20       167.45       190.37
     1株当たり当期純利益              (円)
     潜在株式調整後
                                         182.15       167.32       190.19
                   (円)         -       -
     1株当たり当期純利益
                           56.2       52.5       53.9       54.3       60.9
     自己資本比率              (%)
                           16.3       17.0       15.0       13.2       14.1

     自己資本利益率              (%)
                           17.7       18.9       26.9       26.7       29.6

     株価収益率              (倍)
                           36.8       50.7       59.3       65.1       58.3

     配当性向              (%)
                           1,544       1,572       1,716       1,775       1,836
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                     ( 2,412   )    ( 2,626   )    ( 3,004   )    ( 3,068   )    ( 3,141   )
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第39期、第40期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
                                   3/108









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
       年月                            事項

      1971年3月       東京都調布市において保志忠彦が保志商店を創業し音響機器の販売開始
      1976年2月       ㈱ニットーの商号・事業目的を変更し、東京都中野区東中野において㈱第一興商として、業務用カラ
             オケ事業を開始
      1976年5月       8トラックカラオケシステム「プレイサウンドTD-201」及びカラオケテープ「Aシリーズ」の販
             売開始
      1978年10月       東京都八王子市に国内最初の販売子会社として㈱コスモ(現                            ㈱静岡第一興商)を設立
             (2018年3月末現在 国内販売子会社23社)
      1979年4月       カラオケ機器の小売・賃貸事業の最初の拠点として東京都中野区東中野に東京支店を開設
             (2018年3月末現在 小売事業所38拠点)
      1982年4月       カラオケ機器の卸売事業の拠点として愛知県名古屋市中区に名古屋営業所を開設
             (2018年3月末現在 卸売営業所8拠点)
      1982年6月       東京都中野区に本社ビル(現DK中野ビル)を新築し、移転
      1983年5月       レーザーディスク(LD)カラオケシステム「LD-V10」の販売開始
      1983年10月       コンパクトディスク(CD)カラオケシステム「CDK-4000」の販売開始
      1984年9月       金融子会社として㈱ディーケーファイナンス(現連結子会社)を設立
      1986年10月       オートチェンジャー機能を有するLDカラオケシステム「LC-V30」の販売開始
      1988年7月       米国ニューヨーク市に海外子会社Daiichi                    Kosho   U.S.A.Inc.を設立
             (2018年3月末現在 海外子会社3社)
      1988年9月       福岡県福岡市博多区に最初のカラオケルーム店舗「ビッグエコー二又瀬店」を開設
             (2018年3月末現在 カラオケ・飲食店舗730店)
      1989年1月       東京都品川区に本社ビルを新築し、移転
      1993年10月       圧縮動画(VCD)方式によるVCDカラオケシステム「CDK-7F」の販売開始
      1994年4月       通信型カラオケシステム「DAM-6400」の販売開始、あわせて通信カラオケ音源(MIDI楽曲)の
             配信開始
      1995年9月       日本証券業協会に株式を店頭登録
      1996年5月       第一回無担保転換社債を発行
      1996年10月       衛星デジタル多チャンネル放送「スカイパーフェクTV」に参画し、委託放送事業を開始
      2000年3月       携帯電話着信メロディー配信サービスを開始
      2001年2月       高齢者の健康維持・介護予防に役立つコンテンツを搭載した「DKエルダーシステム」の販売を開始
      2001年7月       株式の追加取得により持株比率が増加したためレコード会社である日本クラウン㈱を子会社化
             (2018年2月末現在 音楽ソフト子会社8社)
      2001年10月       徳間グループのレコード子会社である㈱徳間ジャパンコミュニケーションズを会社買収により発行済
             株式総数の100%を取得したため子会社化
      2003年10月       ㈱トライエムを会社買収により発行済株式総数の100%を取得したため子会社化
      2004年12月       日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
      2010年4月       ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場
      2010年6月       カラオケ居酒屋「祭一丁」を運営するベスタ・フーズ㈱の全株式を取得し子会社化
      2013年7月       東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQに上場
      2014年2月       「カラオケ バナナクラブ」を運営する㈱アドバン及び㈲ゴールドの全株式を取得し子会社化
      2015年12月       東京証券取引所市場第一部へ上場市場を変更
      2017年6月       「カラオケマック」を運営する㈱Airsideの全株式を取得し子会社化
                                   4/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
       当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社37社により構成されており、業務用カラオケ機器の販
      売、賃貸及び通信カラオケへの音源・映像コンテンツの提供、カラオケルーム及び飲食店舗の運営並びに音楽・映像
      ソフトの制作、販売を主たる業務としております。
       当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
       なお、次の区分はセグメントの区分と同一であります。
         区分           事業内容                 国内                海外

                業務用カラオケ機器の販売、賃
                             当社       ㈱北海道第一興商
                                               ㈱韓国第一興商
     業務用カラオケ          貸及び通信カラオケへの音源・
                             ㈱東北第一興商  ㈱台東第一興商
                                               第一興商(上海)電子有限公司
                映像コンテンツの提供
                             ㈱新潟第一興商  ㈱東海第一興商
                                                        ほか1社
                             ㈱第一興商近畿  ㈱九州第一興商
                カラオケルームの運営及び飲食
                                          ほか16社
     カラオケ・飲食店舗
                店舗の運営
                             ㈱Airside
                             当社
                             日本クラウン㈱
                             ㈱徳間ジャパンコミュニケーションズ
     音楽ソフト          音楽・映像ソフトの制作、販売
                             クラウン徳間ミュージック販売㈱
                             ユニオン映画㈱  
                                          ほか4社
                             当社
                BGM放送、携帯電話によるコ
                             ㈱ディーケーファイナンス
     その他          ンテンツサービスの提供、不動
                                          ほか1社
                産賃貸 ほか
       以上で述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

        (注) ㈱Airsideは、2017年6月に全株式を取得したため、連結の範囲に含めております。










                                   5/108



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
                                               関係内容

                                 議決権の
                      資本金      主要な
                                      役員の兼任等
        名称        住所                 所有割合
                     (百万円)     事業の内容
                                             資金    営業上の      設備の
                                  (%)
                                      当社
                                          当社
                                             援助     取引      賃貸借
                                      役員
                                         従業員
                                          (人)
                                      (人)
     (連結子会社)                    業務用カラオケ
                                                当社商品の販
                                                      事務所の賃借
              札幌市東区         70  カラオケ・飲食          100.0     1   1  -
     ㈱北海道第一興商
                                                売
                         店舗
     ㈱東北海道第一興商         北海道帯広市         40     〃       100.0     -    2  -     〃      -
     ㈱北東北第一興商         岩手県盛岡市         70     〃       100.0     -    2  -     〃      -

                                                      事務所の賃借

     ㈱東北第一興商         仙台市青葉区         90     〃       100.0     1   1  -     〃
     ㈱常磐第一興商         茨城県水戸市         90     〃       100.0     -    2  -     〃      -

     ㈱群馬第一興商         群馬県前橋市         70     〃       100.0     -    2  -     〃      -

     ㈱栃木第一興商         栃木県宇都宮市         40     〃       100.0     -    2  -     〃      -

     ㈱埼玉第一興商         さいたま市北区         90     〃       100.0     1   1  -     〃      -

     ㈱東東京第一興商         東京都足立区         70     〃       100.0     -    2  -     〃      -

     ㈱台東第一興商         東京都台東区         90     〃       100.0     1   1  -     〃      -

     ㈱城西第一興商         東京都豊島区         70     〃       100.0     -    2  -     〃      -

              神奈川県小田原
     ㈱湘南第一興商                  90     〃       100.0     -    2  -     〃      -
              市
                                             資金の
     ㈱新潟第一興商         新潟市中央区         40     〃       100.0     -    3       〃      -
                                             貸付
     ㈱長野第一興商         長野県松本市         70     〃       100.0     -    2  -     〃      -
     ㈱静岡第一興商         静岡市駿河区         90     〃       100.0     -    2  -     〃      -

     ㈱東海第一興商         名古屋市中区         90     〃       100.0     1   1  -     〃      -

     ㈱北陸第一興商         石川県金沢市         70     〃       100.0     -    2  -     〃      -

     ㈱京都第一興商         京都市伏見区         40     〃       100.0     1   1  -     〃      -

                                                      事務所用地の
     ㈱第一興商近畿         大阪市平野区         90     〃       100.0     -    2  -     〃
                                                      賃貸
     ㈱京阪第一興商         大阪府守口市         70     〃       100.0     -    2  -     〃      -
     ㈱兵庫第一興商         神戸市中央区         90     〃       100.0     -    2  -     〃    事務所の賃貸

     ㈱九州第一興商         福岡市博多区         70     〃       100.0     2   1  -     〃      -

                                             資金の
     ㈱沖縄第一興商         沖縄県那覇市         70     〃       100.0     1   2       〃      -
                                             貸付
                                   6/108





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
                                               関係内容
                                 議決権の
                      資本金      主要な
                                      役員の兼任等
        名称        住所                 所有割合
                     (百万円)     事業の内容
                                             資金    営業上の      設備の
                                  (%)
                                      当社
                                          当社
                                             援助     取引      賃貸借
                                      役員
                                         従業員
                                          (人)
                                      (人)
                                                グループ企業
                                                のクレジット
     ㈱ディーケーファイ                                                 事務所の賃貸
              東京都品川区         60  その他          100.0     -    2  -
     ナンス                                                 借
                                                取扱い及び金
                                                銭の貸付
                         カラオケ・飲食
                                             資金
                                                店舗用設備の      店舗用設備の
     ㈱Airside            〃       3           100.0     -    ▶
                                                賃貸      賃貸
                                             の貸付
                         店舗
     ㈱第一興商音楽出版            〃      10  音楽ソフト          100.0     2   3  -   事務代行業務        -
                                                音源・映像・
     日本クラウン㈱            〃      250     〃       80.3     3   2  -   管理楽曲使用      事務所の賃貸
                                                許諾料の支払
     ㈱徳間ジャパンコ
                 〃      270     〃       100.0     3   3  -     〃    事務所の賃貸
     ミュニケーションズ
     クラウン徳間ミュー
                 〃      100     〃       100.0     3   2  -   販促品の購入      事務所の賃貸
     ジック販売㈱
                                                音源使用許諾
     ㈱トライエム            〃      50     〃       100.0     2   2  -           -
                                                料の支払
     ユニオン映画㈱         東京都中央区         195     〃       76.4     1   2  -     -      -
                                   100.0
     ㈱クラウンミュー
              東京都品川区         10     〃        ※1    2   2  -     -    事務所の賃貸
     ジック
                                  (100.0)
                                   100.0
     ㈱ズームリパブリッ
                 〃      40     〃        ※2    2   2  -     -      -
     ク
                                  (100.0)
                                             資金
     丸萩洋酒工業㈱         山梨県甲州市         10  休眠会社          100.0     -    3       -      -
                                             の貸付
                      百万W
     ㈱韓国第一興商         韓国ソウル           業務用カラオケ          100.0     1   3  -   商品の仕入        -
                       450
     第一興商(上海)電子                                           商品・音源の
              中国上海         100     〃       100.0     1   3  -           -
     有限公司                                           仕入
                                   100.0
     第一興商電子貿易
                 〃      80     〃            1   3  -   商品の仕入        -
     (上海)有限公司
                                 ※3(12.5)
      (注)   1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
        2.上記子会社はいずれも特定子会社に該当しておりません。
        3.上記子会社のうち、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
        4.上記記載のすべての子会社は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が
          100分の10以下であります。
        5.「議決権の所有割合」の( )は内書で、当社の関係会社の間接所有であり、所有する会社は次のとおりであ
          ります。
           ※1 日本クラウン㈱
           ※2 ㈱徳間ジャパンコミュニケーションズ
           ※3 第一興商(上海)電子有限公司
                                   7/108







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                                  2018年3月31日現在
              セグメントの名称                             従業員数(人)
     業務用カラオケ                                      1,999             (92)

     カラオケ・飲食店舗                                      1,088            (5,121)

     音楽ソフト                                       217             (1)

              報告セグメント計                             3,304            (5,214)

     その他                                       67            (42)

     全社(共通)                                       78            (12)

                 合計                          3,449            (5,268)

      (注)   1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人員(1日8時間換算)を( )外書きで記載しており
          ます。
        2.全社(共通)として記載されている従業員数は、当社の総務部等管理部門に所属しているものであります。
      (2)  提出会社の状況

                                                  2018年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
               1,836
                              39.5              10.4           6,080,881
              (3,141)
              セグメントの名称                             従業員数(人)

     業務用カラオケ                                      1,006             (65)

     カラオケ・飲食店舗                                       746           (3,063)

     音楽ソフト                                        5            (0)

              報告セグメント計                             1,757            (3,128)

     その他                                        1            (1)

     全社(共通)                                       78            (12)

                 合計                          1,836            (3,141)

      (注)   1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人員(1日8時間換算)を( )外書きで記載しており
          ます。
        2.平均年間給与は、基準外給与及び賞与を含んでおります。
        3.全社(共通)として記載されている従業員数は、当社の総務部等管理部門に所属しているものであります。
      (3)  労働組合の状況

        2018年3月31日現在、労働組合は結成されておりません。なお、労使関係について特記すべき事項はありませ
       ん。
                                   8/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      (1)会社の経営の基本方針
        当社グループは、「もっと音楽を世に                  もっとサービスを世に」を社是とし、「カラオケを通じた音楽文化の振
       興」、「楽しいコミュニケーションの場の提供」を基本方針としております。この方針のもと、当社グループは、
       創業以来培ったノウハウと蓄積したコンテンツをベースに、カラオケ事業を核として、一層の事業拡大とより高い
       収益を確保し、当社グループのステークホルダーの期待に応え、社会貢献に資する企業を目指してまいります。
      (2)目標とする経営指標

        当社グループは、継続的・安定的な成長と企業価値の向上を図るため、自己資本当期純利益率(ROE)及び各
       事業の営業利益率を重視するとともに、1株当たり利益(EPS)の増加を目指してまいります。
      (3)中長期的な会社の経営戦略

        当社グループは会社の経営の基本方針に則り、強みであるカラオケ事業を軸に更なる発展を目指すため、質の高
       いカラオケ機器やコンテンツとカラオケを楽しむ場の提供、さらにはカラオケを活用した介護予防や健康増進への
       対応など、社会貢献に資する事業の展開を行ってまいります。
      (4)会社の対処すべき課題

        業務用カラオケ事業におきましては、主力市場であるナイト市場及びカラオケボックス市場を中心に、引き続き
       機器賃貸件数の拡大と営業効率の向上に注力することにより、長期安定的な収益基盤の強化に努めてまいります。
       成長市場であるエルダー市場においては、同市場向け専用商品である「DKエルダーシステム」の導入拡大を進め
       てまいります。また、すべての市場に向けたコンテンツ強化と操作性向上に注力し、商品競争力の強化に努めてま
       いります。
        カラオケ・飲食店舗事業におきましては、既存店の競争力強化を優先課題として、引き続き、人材の確保・教育
       の充実・店舗リニューアル等を行ってまいります。また、好立地への出店にも注力し、特に大都市優良物件への投
       資を重視してまいります。今年はビッグエコーが30周年を迎える記念の年となります。1年を通じて様々な企画を
       行い、集客力の向上とブランド力強化に努めてまいります。
        音楽ソフト事業におきましては、当事業の収益基盤強化に向け、グループネットワークの活用、連携強化による
       相乗効果と業務の効率化に注力してまいります。また、新人アーティストの発掘とヒット曲の創出に努めてまいり
       ます。
        上記主要事業を含むすべての事業において、“わかりやすい、使いやすい”サービスを基本として、ご利用者皆
       様の歓びと楽しみを提供し続けることで、企業価値の向上と広く社会に貢献する事業展開を目指してまいります。
                                   9/108








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     2  【事業等のリスク】
       当社グループの事業展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を、以下において記載しており
      ます。また、投資者の投資判断上、重要であると考えられる事項については、必ずしもリスク要因に該当しない事項
      についても、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下に記載しております。なお、当社グループは、これら
      のリスク発生の可能性を認識した上で、その発生の回避及び発生した場合の対応に努める所存であります。
       本項においては、将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は当連結会計年度末現在において判断したも
      のであり、様々な要因によって実際の結果と異なる可能性があります。
      (1)  各事業セグメントにおける業績変動要因

        当社グループの事業は、①「業務用カラオケ事業」、②「カラオケ・飲食店舗事業」、③「音楽ソフト事業」、
       ④「その他の事業」の4事業により構成されておりますが、以下のような要因により当社グループの業績及び事業
       展開が影響を受ける可能性があります。
       ① 業務用カラオケ事業
        a.スナック、クラブ等やカラオケボックス店舗の閉店による業務用カラオケ市場の縮小により、業務用カラオ
          ケ機器の出荷台数や設置台数が減少し、業務用カラオケ事業の売上高が減少する可能性があります。
        b.新商品の投入及びこれに対する市場の支持の程度により、業務用カラオケ機器の出荷台数や設置台数が変動
          し、業務用カラオケ事業の売上高に影響を与える可能性があります。
        c.同業者との競争の激化に伴う販売量の減少及び販売価格の下落により、業務用カラオケ事業の売上高が減少
          する可能性があります。
       ② カラオケ・飲食店舗事業
        a.出店計画に対する店舗候補物件の確保の程度により、出店数が変動し、カラオケ・飲食店舗事業の売上高に
          影響を与える可能性があります。
        b.ユーザーニーズの変化による市場の支持の程度により、カラオケ・飲食店舗事業の売上高が変動する可能性
          があります。
        c.店舗間の競争の激化に伴う客数の減少及び客単価の下落により、カラオケ・飲食店舗事業の売上高が減少す
          る可能性があります。
       ③ 音楽ソフト事業
        a.市場に支持される音楽CD、DVD等の発売の程度により、販売数量が変動し、音楽ソフト事業の売上高に
          影響を与える可能性があります。
        b.媒体の変化による音楽CD、DVD等の販売量の減少及びインターネット等他の媒体による販売量の増加に
          より、音楽ソフト事業の売上高及び損益が変動する可能性があります。
        c.音楽CDの著作物は、独占禁止法で法定再販物として再販売価格維持制度(再販制度)が認められております
          が、今後独占禁止法の見直しが行われ、再販制度が廃止されると、価格競争が激化し、販売価格の低下によ
          り、音楽ソフト事業の売上高及び損益が減少する可能性があります。
        d.上記の再販制度によって、小売店は音楽CDの販売価格を自由に設定できないことから、一定の範囲内で音
          楽CDを返品できる商慣行があり、販売不振のCDについては将来返品されるものがあります。当社グルー
          プは過去の返品実績などを基に適正に返品調整引当金の計上を行い、これに備えておりますが、予想外の返
          品が発生した場合には、音楽ソフト事業の売上高及び損益が減少する可能性があります。
       ④ その他の事業
        a.放送事業者の事業の中止又は事業方針の変更により、BGM事業の売上高及び損益が急速に変動する可能性
          があります。
        b.有線放送等類似サービスとの競争の激化に伴う契約者数の減少及び視聴料金の下落により、BGM事業の売
          上高が減少する可能性があります。
        c.その他、新規事業に対する市場の支持の程度により、当該事業の売上高及び事業展開方針が変動する可能性
          があります。
                                  10/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (2)  法的規制
        将来において著作権法、食品衛生法ほか、様々な関連法規や規則等が改正又は変更され、新たに事業活動が制約
       を受けることとなった場合には、当社グループの業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
      (3)  競争

        当社グループは「業務用カラオケ事業」において、商品やサービスが市場からの支持を得てきたことによりトッ
       プシェアを獲得してまいりました。しかしながら将来においても、当社グループが提供する商品やサービスが常に
       市場に受け入れられる保証はなく、また競争的な事業環境においてこれまでどおり優位に事業が進められない場合
       には、当社グループの業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
      (4)  品質管理

        当社が取り扱う商品は一定の品質管理基準に従って製造又は提供しております。しかし、全ての商品に欠陥が無
       いという保証はありません。また、生産物賠償責任保険には加入しておりますが、この保険が負担する賠償額等を
       十分にカバーできるという保証はありません。商品の欠陥に伴い、多額のコストや賠償金が発生した場合には、当
       社の商品が信頼性を損ない、当社グループの業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
      (5)  新商品及び新サービスの提供

        当社グループが属する業界では、いずれも技術革新が急速に進んでおり、これに対応した新商品の開発や新サー
       ビスの迅速な提供が必要であります。しかしながら新商品と新サービスが成功するか否かは、その性質から複雑か
       つ不確実なものであり、以下をはじめとする様々なリスクが含まれます。
       ・新商品の開発や新サービスの提供に必要な資金と資源を、今後十分に充当できる保証はありません。
       ・長期的な投資と大量の資源投入が、成功する新商品又は新サービスの創造につながる保証はありません。
       ・ユーザーニーズの多様化や変化に伴い、当社グループが提供する新商品又は新サービスが市場に受け入れられな
        い可能性があります。
       ・新たに開発した商品又は技術が、独自の知的財産として保護される保証はありません。
       ・新商品の商品化遅延により、市場ニーズに対応できなくなる可能性があり、さらには同業者が当社グループより
        先行して商品化した場合、この商品の市場における大きなシェアを確保できない場合があります。
        上記のリスクをはじめとして、当社グループが業界と市場の変化を十分に予測できず、魅力ある新商品又は新
       サービスを提供できない場合には、将来の成長と収益性を低下させ、当社グループの業績及び財政状態が影響を受
       ける可能性があります。
      (6)  企業買収、合弁事業及び戦略的事業提携等

        当社グループは、各事業分野において、新サービスの提供及び新商品の開発並びに競争力の強化のため、外部企
       業の買収や合弁及び戦略的事業提携等を実施することがあります。このような施策は、事業遂行、技術、サービ
       ス、商品及び人事上の統合等において時間と費用がかかるなどの課題を含む場合があり、当社グループの事業に影
       響を及ぼす可能性があります。またこれら施策による事業の成否は、当社グループがコントロールできない提携先
       の決定や能力又は市場の動向によって影響を受けます。さらにこれらの施策に関連して計画以上の費用が当社グ
       ループに発生した場合や、当社グループが施策を通じて当初の目的の全部又は一部を達成できない場合、当社グ
       ループの業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
      (7)  グループ外企業への依存

        当社グループの販売する業務用カラオケ機器「DAM」は、当社が企画開発を行い、その生産をヤマハ㈱をはじ
       めとするグループ外企業に委託(OEM生産)しており、これらグループ外企業と1年更新の「技術の提携」及び
       「仕入の提携」に関する契約を締結しております。将来的にこれらグループ外企業との契約条件が変更になった
       り、契約解除になった場合には、当社グループの業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
                                  11/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (8)  知的財産
        当社グループが提供する商品は様々な知的財産権を取得しております。一方で新たに企画開発する商品について
       も、第三者の知的財産権を侵害しないよう常に留意し、調査を行っておりますが、当社の調査範囲が十分かつ妥当
       である保証はありません。万一、当社が第三者の知的財産権を侵害した場合には、当該第三者より、損害賠償請求
       及び使用差し止め請求等の訴えを起こされる可能性並びに当該知的財産権に関する対価の支払い等が発生する可能
       性があります。一方、当社が所有する知的財産権につきましても第三者に侵害される可能性は存在いたします。こ
       のような場合、当社グループの業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
      (9)  システムダウン

        当社グループが提供するサービスは電話回線、携帯電話、インターネットさらには衛星放送等の様々なネット
       ワークを通じて音源や映像等のコンテンツを配信又は送信しております。このため自然災害や事故等によりこれら
       ネットワークが切断された場合、一時的にサービスの停止を招くこととなります。また、当社のハードウエアやソ
       フトウエアの欠陥や外部からの不正な手段によるコンピューター内への侵入、さらに当社担当者の過誤等によっ
       て、システムダウンが発生し正常な情報の発信が行われない可能性があります。このような場合、当社グループが
       提供するサービスの信頼性が低下し、当社グループの業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
     (10)   情報管理

        当社は、顧客個人情報をはじめとして通信カラオケにおける楽曲歌唱情報など様々な情報を有しております。ま
       た、一部事業においては個人情報を利用したサービスも展開しておりますが、当社では、従来より、個人情報をは
       じめとする重要情報の管理には十分に留意しております。しかしながら、今後、何らかの要因により個人情報ほか
       これら重要情報が漏洩等した場合には、責任追及など社会的な問題に発展し社会的信用を失う可能性が存在いたし
       ます。このような場合、当社グループの業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
     (11)   人材の確保や育成

        当社グループが今後成長していくためには、規模の拡大に見合った人材の確保と育成が必要であります。これら
       人材の確保又は育成ができなかった場合には、当社グループの業績及び財政状態が影響を受ける可能性がありま
       す。
     (12)   固定資産及び投資の減損損失

        当社グループが所有する固定資産につきましては、今後、当社グループの収益の変動によっては「固定資産の減
       損に係る会計基準」により損失を計上する可能性があります。 
        また、当社グループが保有する有価証券及び投資有価証券については、その価格変動によっては、当社グループ
       の業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (13)   商標等の貸与

        当社は、カラオケルーム「ビッグエコー」をはじめとする様々な商標を保有し、ブランド力の向上及び価値の保
       護に努めております。これら商標を当社以外の者が営業等を目的に使用する場合には、原則として当社の子会社含
       め「商標使用許諾契約」を締結しその使用を認めております。一方、創業以来の長年に亘る取引関係に基づき当社
       社名の使用を認めている取引先が1社存在するほか、過去からの取引と一定の契約に基づき「ビッグエコー」の商
       標使用を認めている取引先が存在いたします。これらの取引先に不測の事態が発生した場合には、当社グループの
       業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。 
                                  12/108





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     (14)   コンプライアンス・内部統制
        当社は、業務の有効性及び効率性、財務報告の信頼性、事業活動に係る法令等の遵守並びに資産の保全という観
       点から内部統制システムの充実に努めております。またコンプライアンスについては、グループ共通の行動規範と
       して「第一興商グループ行動規範」を制定し、経営層のみならず従業員一人ひとりがこの行動規範を遵守し、法
       令・社会規範・倫理に則した行動を行うよう、周知徹底に取り組んでおります。また、「グループリスク・コンプ
       ライアンス委員会」を設置し、この委員会の統括下でグループ会社のコンプライアンス及びリスク管理の徹底にグ
       ループ一体となって取り組んでおります。しかしながら、コンプライアンスを始めとした内部統制システムには一
       定の限界があるため、その目的の達成を完全に保障するものではありません。このため、将来において法令違反等
       が生じた場合は、当社グループの業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。 
     (15)   訴訟事件等

        現時点において、当社グループの業績及び財政状態に重要な影響を及ぼす恐れのある訴訟事件等はありません。
       しかしながら、当社グループの営業活動等が何らかの重大な訴訟・紛争事件等に巻き込まれた場合、その経過又は
       結果によっては、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (16)   災害などによる影響

        当社グループの店舗や支店所在地を含む地域で大規模な地震や洪水、台風等の自然災害が生じた場合、被災状況
       によっては正常な事業活動が困難となり、当社グループの業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
                                  13/108














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況は次のとおりでありま
     す。なお、文中の分析に関する事項は、当連結会計年度末現在における当社経営者の認識に基づいております。
      (1)  経営成績の状況

        当連結会計年度(2017年4月1日~2018年3月31日)におけるわが国の経済は、企業収益や雇用環境の改善を背
       景に景気は緩やかな回復基調にあるものの、米国の経済政策や不安定な海外情勢等により、先行きが不透明な状況
       で推移いたしました。
        当カラオケ業界におきましては、ナイト市場は依然として漸減傾向で推移しており、また、カラオケボックス市
       場においても大手事業者間の競争が激しさを増すなか、市場は僅かながら減少いたしました。一方、エルダー市場
       においては、「歌うこと=健康」の認知が拡がり、市場は順調に拡大いたしました。
        この様ななか、各事業におきまして諸施策を実施した結果、当連結会計年度の売上高は141,370百万円(前年同期
       比0.5%増)、営業利益は21,103百万円(同2.0%増)、経常利益は為替差益等の減少により21,857百万円(同3.0%
       減)となりました。親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、特別損益が改善したことにより、13,115百
       万円(同18.0%増)となりました。なお、当連結会計年度における売上高及び営業利益については、過去最高と
       なっております。
                                                       (百万円)

                                前期        当期      対前期増減         増減率
       売  上  高                         140,640        141,370          729       0.5%
       営 業 利 益                          20,694        21,103         408       2.0%
       経 常 利 益                          22,539        21,857        △681       △3.0%
       親会社株主に帰属する当期純利益                          11,115        13,115        1,999       18.0%
        セグメントの業績は、次のとおりであります。

       (業務用カラオケ)

        当事業におきましては、従前より取り組んでいる機器賃貸件数の拡大に注力するなど長期安定的な収益基盤の強
       化を進めました。成長市場と位置付けるエルダー市場においては、民間施設に加え自治体施設への導入施策強化に
       より稼働台数の増加に努めました。また発売から3年目となる「LIVE                                 DAM  STADIUM」シリーズの新商品「LIVE                 DAM
       STADIUM    STAGE」を昨年10月に発売し、商品ラインアップの強化を図りました。
        以上の結果、機器賃貸の比重を高めたこと等により商品販売台数が減少し、売上高は前年同期比3.9%の減収とな
       りました。利益面においては、前期計上した一時費用が減少したほか原価の低減に努めましたが、周辺機器の商品
       評価損計上等もあり、営業利益は前年同期比3.5%の減益となりました。
                                                       (百万円)

                                前期        当期      対前期増減         増減率
       売  上  高                          67,076        64,430       △2,645        △3.9%
       営 業 利 益                          14,860        14,333        △526       △3.5%
                                  14/108





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (カラオケ・飲食店舗)
        当事業におきましては、店舗サービス品質の向上に注力し、人材の確保、教育の強化に努めるほか、店舗リ
       ニューアルや既存業態のブラッシュアップなどに取り組んでまいりました。また、昨年6月には首都圏を中心に
       「カラオケマック」40店舗をチェーン展開する株式会社Airsideの全株式を取得し子会社化しております。
        以上の結果、カラオケ・飲食店舗とも好調に推移したことに加え、子会社化した株式会社Airsideの収益が当第2
       四半期から寄与したことにより、売上高は前年同期比6.6%の増収、営業利益におきましては、前年同期比5.6%の
       増益となりました。
                                                       (百万円)

                                前期        当期      対前期増減         増減率
       売  上  高                          57,227        61,009        3,781        6.6%
       営 業 利 益                          7,536        7,956         419       5.6%
       (音楽ソフト)

        当事業におきましては、演歌作品の主力アーティストである「水森かおり」や「三山ひろし」に加え、歌って踊
       る5人組ムード歌謡コーラスグループ「純烈」やテレビなどで話題となった「半﨑美子」が収益に貢献したもの
       の、事業環境は依然厳しい状況で推移しております。
        以上の結果、売上高が前年同期比10.5%の減収となったことにより33百万円の営業損失となりました。
                                                       (百万円)

                                前期        当期      対前期増減         増減率
       売  上  高                          8,718        7,799        △919      △10.5%
       営 業 利 益                            20       △33        △54         -
       (その他)

        当事業におきましては、光回線を活用したBGM放送サービス「スターデジオ光」を中心としたBGM放送事業
       及びパーキング事業の拡大に努めるほか、コンシューマー向けストリーミングカラオケサービス、不動産賃貸など
       が堅調に推移いたしました。
        以上の結果、不動産賃貸収入やパーキング事業収入等の増加により売上高は前年同期比6.7%の増収、営業利益に
       おきましては、前年同期比16.3%の増益となりました。
                                                       (百万円)

                                前期        当期      対前期増減         増減率
       売  上  高                          7,618        8,130         512       6.7%
       営 業 利 益                          1,426        1,659         232      16.3%
                                  15/108







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
        営業外損益及び特別損益等の主な内訳は、次のとおりです。
       (営業外損益)

        営業外収益は、当連結会計年度1,413百万円となり、前連結会計年度の2,372百万円から減少いたしました。この
       主な理由は、保有資産のポートフォリオ見直しに伴い、外国債を処分したこと等により、受取利息が200百万円減少
       し、為替差益が766百万円減少したことによるものであります。
        営業外費用は、当連結会計年度658百万円となり、前連結会計年度の528百万円から大きな変動はありませんでし
       た。
       (特別損益)

        特別利益は、当連結会計年度320百万円となり、前連結会計年度の408百万円から減少いたしました。この主な理
       由は、固定資産譲受益が346百万円減少し、受取補償金が193百万円増加したことによるものであります。
        特別損失は、当連結会計年度1,374百万円となり、前連結会計年度の5,224百万円から減少いたしました。この主
       な理由は、前連結会計年度に計上いたしました外国債等に係る投資有価証券評価損3,365百万円が剥落したことによ
       るものであります。
      (2)  財政状態の状況

        当連結会計年度末における総資産は、前連結会計年度末に比べ6,738百万円減少し、180,215百万円となりまし
       た。
        増減の主なものとしては、流動資産では、現金及び預金が16,481百万円減少し、有価証券が4,969百万円増加して
       おります。
        固定資産では、カラオケルーム及び飲食店舗設備が843百万円、土地が1,339百万円及びのれんが2,743百万円それ
       ぞれ増加しております。なお、のれんの増加につきましては、株式会社Airsideの全株式を取得し、連結の範囲に含
       めたことによるものであります。
        負債の部につきましては、前連結会計年度末に比べ13,025百万円減少し、54,859百万円となりました。
        これは主に、流動負債の短期借入金が10,147百万円及び1年内償還予定の社債が3,500百万円それぞれ減少したこ
       とによるものであります。
        純資産の部につきましては、前連結会計年度末に比べ6,286百万円増加し、125,356百万円となりました。
        これは主に、親会社株主に帰属する当期純利益による利益剰余金の増加13,115百万円、剰余金の配当による利益
       剰余金の減少6,275百万円及び自己株式の取得による減少1,001百万円によるものであります。
      (3)  キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ11,518百
       万円減少し、49,736百万円となりました。
        当連結会計年度末における各キャッシュ・フローの概況は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果得られた資金は、税金等調整前当期純利益が20,804百万円、減価償却実施額が15,692百万円及び
       法人税等の支払額が6,113百万円等により、前連結会計年度に比べ227百万円増加し、33,303百万円となりました。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動の結果使用した資金は、有形固定資産の取得による支出が12,589百万円、無形固定資産の取得による支
       出が3,884百万円及び子会社株式の取得による支出が5,142百万円等により、前連結会計年度に比べ6,510百万円増加
       し、22,841百万円となりました。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動の結果使用した資金は、配当金の支払額が6,278百万円、長期借入金の返済による支出が12,505百万円及
       び社債の償還による支出が3,500百万円等により、前連結会計年度に比べ13,404百万円増加し、21,951百万円となり
       ました。
                                  16/108



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (4)  生産、仕入、受注及び販売の実績
       ①  生産実績
        当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                   当連結会計年度

                                  (自 2017年4月1日
              セグメントの名称                                   前年同期比(%)
                                  至 2018年3月31日)
     音楽ソフト                     (百万円)                2,682               87.3
      (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.無形固定資産「音源映像ソフトウェア」の制作状況は次のとおりであります。
                                   当連結会計年度

                                  (自 2017年4月1日
              セグメントの名称                                   前年同期比(%)
                                  至 2018年3月31日)
     業務用カラオケ                     (百万円)                2,617              104.9
      (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       ②  仕入実績

        当連結会計年度の仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                   当連結会計年度

                                  (自 2017年4月1日
              セグメントの名称                                   前年同期比(%)
                                  至 2018年3月31日)
     業務用カラオケ                     (百万円)                13,444               88.2
     カラオケ・飲食店舗                     (百万円)                8,030              102.4
     音楽ソフト                     (百万円)                 406              61.6
           報告セグメント計               (百万円)                21,881               92.2
     その他                     (百万円)                 549              90.7
              合計            (百万円)                22,430               92.2
      (注)   1.上記の金額は仕入価格で表示しており、消費税等は含まれておりません。
        2.音楽ソフトにおきまして、仕入実績に著しい変動がありました。これは音楽CD等の仕入が減少したことに
          よるものであります。
       ③  受注実績

        当社グループは見込み生産を行っているため、該当事項はありません。
       ④  販売実績

        当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                   当連結会計年度

                                                      前年同期比
                                  (自 2017年4月1日
              セグメントの名称                                 構成比(%)
                                                       (%)
                                  至 2018年3月31日)
     業務用カラオケ                     (百万円)                64,430        45.5       96.1
     カラオケ・飲食店舗                     (百万円)                61,009        43.2       106.6
     音楽ソフト                     (百万円)                7,799        5.5       89.5
           報告セグメント計               (百万円)               133,239         94.2       100.2
     その他                     (百万円)                8,130        5.8      106.7
              合計            (百万円)               141,370        100.0       100.5
      (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.いずれの相手先に対する販売実績も総販売実績の100分の10未満であるため、主要な販売先の記載は省略し
          ております。
                                  17/108


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (5)  資本の財源及び資金の流動性に係る情報
       ①  主要な資金需要及び財源の状況
        当社グループの主要な運転資金需要は、商品や食材等の仕入、通信カラオケ等へのコンテンツ配信サービスの維
       持コスト、店舗の運営費用並びに販売費及び一般管理費などであります。また、主要な設備資金需要は、カラオケ
       賃貸機器や音楽・映像コンテンツの取得、店舗の出店及び改修などであります。
        これらの資金需要は、概ね自己資金により賄われております。自己資金では賄えない資金需要については、金融
       機関からの借入及び社債発行により資金調達を行っております。
       ②  資金の流動性に係る分析

        当社グループの主な自己資金の源泉は、代金を毎月回収する通信カラオケの機器賃貸及び情報提供料収入に加
       え、現金売上が大半を占めるカラオケルーム及び飲食店舗の収入であり、これらの財源から安定的に供給される資
       金により運転資金は賄われております。また、近年においては、経常的な設備資金についても営業活動による
       キャッシュ・フローにより賄えており、現金及び現金同等物の期末残高も高い水準にあることから、資金の流動性
       は十分に確保されているものと判断しております。
        なお、当社グループでは、手元資金の有効活用を目的として、CMS(キャッシュ・マネジメント・サービス)
       を導入し、各社の余剰資金を当社へ集約することで一元管理を行っております。また、突発的な資金需要に対して
       は、迅速かつ確実に資金を調達できるよう、金融機関とコミットメントライン契約を締結し、流動性リスクに備え
       ております。
        (参考)キャッシュ・フロー関連指標の推移

                            2014年       2015年       2016年       2017年       2018年
                            3月期       3月期       3月期       3月期       3月期
                            期末       期末       期末       期末       期末
     自己資本比率(%)                         62.6       60.5       62.0       62.9       68.7
     時価ベースの自己資本比率(%)                        112.6       120.0       157.2       136.4       178.3
     キャッシュ・フロー対有利子負債比率(年)                         1.0       1.2       1.4       1.1       0.7
     インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)                         94.8       98.6       79.7      118.6       103.5
       (注)自己資本比率:自己資本/総資産
          時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
          キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/キャッシュ・フロー
          インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー/利払い
         1.各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により計算しております。
         2.株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)により算出しております。
         3.キャッシュ・フローは連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを使用してお
           ります。
         4.有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対象として
           おります。また、利払いについては、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しておりま
           す 。
                                  18/108







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     4  【経営上の重要な契約等】
      (1)  技術の提携
        当社は、下記のとおり技術の提携に関する契約を締結しております。
          提携先                提携内容                     契約期間

                                      1993年1月30日より1年間、以後書面による

     ヤマハ㈱             業務用音源カラオケシステムの製品開発
                                      異議申し出がない限り1年毎の自動延長
      (2)  仕入の提携

        当社は、下記のとおり仕入の提携に関する契約を締結しております。
          提携先                提携内容                     契約期間

                                      1993年6月1日より1年間、以後書面による

     ヤマハ㈱             商品供給に関する契約
                                      異議申し出がない限り1年毎の自動延長
                                  19/108















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     5  【研究開発活動】
       当社グループは、カラオケに対するユーザーニーズを把握することを原点とし、それを分析し、映像・音源の基
      礎・応用技術などカラオケシステムの開発及び改良を行っており、これらの活動は当社の商品開発部及び開発管理部
      (当連結会計年度末人員35名)の一部が担当しております。
       なお、上記は、「研究開発費等に係る会計基準」(企業会計審議会 平成10年3月13日)の「研究及び開発」に該当
      する活動ではありません。
                                  20/108


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     第3   【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

       当連結会計年度における当社グループの有形固定資産への設備投資は、業務用カラオケ及びカラオケ・飲食店舗を
      中心に11,918百万円を実施いたしました。
       業務用カラオケでは、業務用カラオケ市場におけるシェア拡大のためカラオケ賃貸機器の新規設備を中心に6,287百
      万円、カラオケ・飲食店舗では、カラオケルームと飲食店舗の複合型店舗展開による新規出店及び既存店舗の改修等
      に3,331百万円、音楽ソフトで17百万円、その他で451百万円、全社資産で1,830百万円、の設備投資をそれぞれ実施い
      たしました。
       また、カラオケ・飲食店舗では、改修や閉店等により156百万円(帳簿価額)の設備除却を実施いたしました。
     2  【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      (1)  提出会社
                                                 (2018年3月31日現在)
                                       帳簿価額
                                   カラオケ
                                        土地(百万円)
       事業所名      セグメント
                                                        従業員数
                   設備の内容
                                                その他
                          建物及び    カラオケ    ルーム及
                                                         (人)
       (所在地)       の名称
                                                     合計
                           構築物    賃貸機器    び飲食店
                                                資産
                                                    (百万円)
                                        面積
                                    舗設備
                          (百万円)    (百万円)
                                               (百万円)
                                        (千㎡)
                                   (百万円)
                  カラオケ賃貸機器、
     本社及び本社分室
                  事務所設備及びカラ
              -              1,992    1,160      -   2.7   6,230     811   10,194      520
                  オケソフト制作設
     (東京都品川区)
                  備 他
     小売事業所及び卸
             業務用カラ     カラオケ賃貸機器及
     売営業所
                             38   3,753      -    -    -    28   3,820     677
             オケ     び事務所設備 他
     (46拠点)
     カラオケルーム及
             カラオケ・
     び飲食店舗
                  店舗設備            -    -   12,459     3.5   14,678      -   27,138      639
             飲食店舗
     (462店)
      (2)  国内子会社

                                                 (2018年3月31日現在)
                                       帳簿価額
                                   カラオケ
                                        土地(百万円)
       事業所名      セグメント                                           従業員数
                   設備の内容
                                                その他
                          建物及び    カラオケ    ルーム及
       (所在地)       の名称                                           (人)
                                                     合計
                           構築物    賃貸機器    び飲食店
                                                資産
                                                    (百万円)
                                        面積
                                    舗設備
                          (百万円)    (百万円)
                                               (百万円)
                                        (千㎡)
                                   (百万円)
     国内販売子会社
             業務用カラ     カラオケ賃貸機器及
                            1,470    8,581      -   9.7   3,833     100   13,986      993
             オケ     び事務所設備 他
     (23社)
     カラオケルーム及
             カラオケ・
     び飲食店舗
                  店舗設備           -    -   7,485     2.2    198     -   7,684     342
             飲食店舗
     (268店)
                                  21/108





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (3)  在外子会社
        重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

        2.従業員数は就業人員(臨時雇用者除く)であります。
        3.提出会社及び国内子会社の設備のうち、主な賃借設備の内容は次のとおりであります。
                                               賃借店舗数       年間賃借料

        区分
                  事業所名           セグメントの名称          賃借設備の内容
                                                 (店)      (百万円)
             カラオケルーム及び飲食店舗               カラオケ・飲食店舗           店舗物件
      提出会社                                             437      7,567
             カラオケルーム及び飲食店舗               カラオケ・飲食店舗           店舗物件

      国内子会社                                             267      3,659
     3  【設備の新設、除却等の計画】

       当社グループは、業務用カラオケ、カラオケ・飲食店舗及び音楽ソフトなどを行っており、設備の新設・拡充の計
      画は、カラオケ賃貸機器への新規投資とカラオケルーム店舗及び飲食店舗の新規出店への投資が主なものでありま
      す。
       業務用カラオケにおけるカラオケ賃貸機器への投資は、賃貸契約の成約顧客に対するカラオケ機器の新規設置及び
      既存顧客に対する旧機種からの更新投資であり、特に成約顧客に対する新規設置は、景気動向や業界の出荷状況に左
      右されます。
       カラオケ・飲食店舗におけるカラオケルーム店舗及び飲食店舗の出店は、カラオケルームと飲食店舗の新規出店及
      び既存店舗の改修等を計画しております。
       当連結会計年度後1年間の設備投資計画(新設・拡充)は下表のとおりであり、セグメントごとの内訳は次のとおり
      であります。
                  設備投資計画額

       セグメントの名称                        設備等の主な内容・目的                   資金調達方法
                   (百万円)
     業務用カラオケ                  4,970    カラオケ賃貸機器の新規設置及び更新投資                      自己資金及び外部借入

                           新規出店及びカラオケ機器の最新機種投入
     カラオケ・飲食店舗                  2,940                              〃
                           並びに既存店の改修
                           その他事業用資産及び本社・営業拠点など
     その他及び全社資産                   960                             〃
                           の共通資産の拡充・改修等
          合計             8,870             -                 -
      (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  22/108








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     第4   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     200,000,000

                  計                                    200,000,000

       ②  【発行済株式】

                                      上場金融商品取引所名

              事業年度末現在発行数(株)             提出日現在発行数(株)
        種類                              又は登録認可金融商品               内容
                (2018年3月31日)            (2018年6月26日)
                                      取引業協会名
                                        東京証券取引所            単元株式数
       普通株式              57,234,200            57,234,200
                                        (市場第一部)             100株
        計            57,234,200            57,234,200           -           -
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        ストックオプション制度の内容は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項」の(ストック・オプ
       ション等関係)に記載しております。
        なお、当社は2018年6月22日開催の取締役会において、当社の取締役に対して発行する新株予約権の募集要項に
       ついて、次のとおり決議しております。
       (募集事項)

        (1)  新株予約権の名称
          株式会社第一興商 2018年度新株予約権
        (2)  新株予約権の総数
          246個とする。
          上記総数は、割当予定数であり、引受けの申込みがなされなかった場合等、割り当てる新株予約権の総数が
          減少したときは、割り当てる新株予約権の総数をもって発行する新株予約権の総数とする。
        (3)  新株予約権の目的である株式の種類及び数
          新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、新株予約権の目的である株式の数(以下、「付与株
          式数」という。)は1個当たり100株とする。
          ただし、新株予約権を割り当てる日(以下、「割当日」という。)後、当社が普通株式につき、株式分割(当社

          普通株式の無償割当を含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)又は株式併合を行う場合には、新株予約権
          のうち、当該株式分割又は株式併合の時点で行使されていない新株予約権について、付与株式数を次の計算
          により調整する。
          調整後付与株式数          =  調整前付与株式数          ×  分割又は併合の比率

          また、上記の他、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、当社は、当社の取締役

          会において必要と認められる付与株式数の調整を行うことができる。
          なお、上記の調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
        (4)  新株予約権の割当ての対象者及びその人数ならびに割り当てる新株予約権の数
          当社取締役(社外取締役及び非常勤取締役を除く。)    9名   246個
                                  23/108


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
        (5)  新株予約権の払込金額
          新株予約権の払込金額は、新株予約権の割当日においてブラック・ショールズ・モデルにより算出した1株
          当たりのストック・オプションの公正な評価単価に、付与株式数を乗じた金額とする。
          なお、新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、当該払込金額の払込みに代え
          て、当社に対する報酬債権をもって相殺するものとし、金銭の払込みを要しないものとする。
        (6)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる株
          式1株当たりの金額を1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とする。
        (7)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
         ① 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
           に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じる場合
           は、これを切り上げるものとする。
         ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等
           増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
        (8)  新株予約権を割り当てる日
          2018年7月11日
        (9)  新株予約権を行使することができる期間
          2018年7月12日から2058年7月11日までとする。 
       (10)   新株予約権の行使条件
         ① 新株予約権者は、上記(9)の期間内において、当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から10日(10日目が
           休日に当たる場合には翌営業日)を経過する日までの間に限り、新株予約権を一括してのみ行使できるもの
           とする。
         ② 新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は、新株予約権を一括してのみ行使することができる。
         ③ その他の条件については、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによ
           る。
       (11)   譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の承認を要するものとする。
       (12)   新株予約権の取得条項
         ① 新株予約権者が権利行使をする前に、上記(10)の定め又は新株予約権割当契約の定めにより新株予約権を
           行使できなくなった場合、当社は当社の取締役会が別途定める日をもって当該新株予約権を無償で取得す
           ることができる。
         ② 当社は、以下イ、ロ、ハ、ニ又はホの議案につき当社の株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の
           場合は当社の取締役会で承認された場合)は、当社の取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得
           することができる。
          イ 当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
          ロ 当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
          ハ 当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
          ニ 当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することに
            ついての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ホ 新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認
            を要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することにつ
            いての定めを設ける定款の変更承認の議案
       (13)   組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分割会社
          となる場合に限る。)、株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)(以上を
          総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収合併につ
          き吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立会社成立の日、吸収分割につき吸収分割が
          その効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立会社成立の日、株式交換につき株式交換がその効力を生
          ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前において残存す
          る新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につ
          き、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予
                                  24/108


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
          約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨
          を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において
          定 めた場合に限る。
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記(3)に準じて決定する。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記③
           に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とす
           る。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対
           象会社の株式1株当たり1円とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           上記(9)に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅
           い日から、上記(9)に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           上記(7)に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
           る。
         ⑧ 新株予約権の行使条件
           上記(10)に準じて決定する。
         ⑨ 新株予約権の取得条項
           上記(12)に準じて決定する。
       (14)   新株予約権を行使した際に生ずる1株に満たない端数の取決め
          新株予約権を行使した新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数がある場合には、これを切り
          捨てるものとする。
       (15)   新株予約権証券
          新株予約権に係る新株予約権証券は発行しない。
       ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
                                  25/108





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     2014年3月17日(注)            △1,500,000        58,225,000           -   12,350,393           -    4,002,473
     2014年6月30日(注)             △200,000       58,025,000           -   12,350,393           -    4,002,473

     2015年9月3日(注)             △390,800       57,634,200           -   12,350,393           -    4,002,473

     2016年9月30日(注)             △200,000       57,434,200           -   12,350,393           -    4,002,473

     2017年8月15日(注)             △200,000       57,234,200           -   12,350,393           -    4,002,473

      (注) 自己株式の消却による減少であります。
      (5)  【所有者別状況】

                                                  2018年3月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満
         区分                            外国法人等
                                                       株式の状況
               政府及び地          金融商品取     その他の 
                                                        (株)
                     金融機関                        個人その他       計
               方公共団体           引業者     法人
                                   個人以外      個人
     株主数(人)             -     42     27    147     275     10   11,933     12,434       -

     所有株式数(単元)             -   140,598      4,647    56,044    158,742       14   212,234     572,279       6,300

     所有株式数の割合(%)             -    24.57     0.81     9.79    27.74     0.00    37.09    100.00       -

      (注)   1.自己株式267,528株は、「個人その他」に2,675単元及び「単元未満株式の状況」に28株を含めて記載してお
          ります。
          なお、自己株式267,528株は株主名簿記載上の株式数であり、2018年3月31日現在の実保有株式数は266,228
          株であります。
        2.上記「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、119単元含まれております。
                                  26/108










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                                  2018年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                                     (自己株式を除
                                               所有株式数
                                                     く。)の総数に
              氏名又は名称                       住所
                                                (千株)     対する所有株
                                                      式数の割合
                                                        (%)
                                                  6,246       10.96
     保志忠郊                        東京都港区
                                                  6,119       10.74

     保志治紀                        東京都目黒区
     日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)                        東京都港区浜松町2-11-3                     3,487       6.12

                             25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   380072             LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM
                                                  2,784       4.89
     (常任代理人      ㈱みずほ銀行)                  (東京都港区港南2-15-1             品川
                             インターシティA棟)
                             東京都港区高輪1-27-37-3501                     2,449       4.30
     ㈱ホシ・クリエート
     日本トラスティ・サービス信託銀行㈱(信託口)                        東京都中央区晴海1-8-11                     2,260       3.97

     アサヒビール㈱                        東京都墨田区吾妻橋1-23-1                     2,120       3.72

     日本トラスティ・サービス信託銀行㈱(信託口9)                        東京都中央区晴海1-8-11                     1,274       2.24

     三菱UFJ信託銀行㈱                        東京都千代田区丸の内1-4-5                     1,148       2.02

     第一生命保険㈱                        東京都千代田区有楽町1-13-1                      900      1.58

                計                                 28,790       50.54

                                     -
      (注)   1.日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は3,364千株であり
          ます。
        2.日本トラスティ・サービス信託銀行㈱(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は2,174千株で
          あります。
        3.日本トラスティ・サービス信託銀行㈱(信託口9)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は1,274千株
          であります。
                                  27/108










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                                  2018年3月31日現在
            区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                            -           -        -

     議決権制限株式(自己株式等)                            -           -        -

     議決権制限株式(その他)                            -           -        -

                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                        -        -
                       普通株式        266,200
                       普通株式       56,961,700
     完全議決権株式(その他)                                     569,617          -
                       普通株式         6,300

     単元未満株式                                        -        -
     発行済株式総数                        57,234,200               -        -

     総株主の議決権                            -         569,617          -

      (注) 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が11,900株(議決権の数119個)含まれてお
         ります。
       ②  【自己株式等】

                                                  2018年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                                     総数に対する
                                 自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称                所有者の住所
                                 株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     所有株式数の
                                                      割合(%)
     (自己保有株式)
                   東京都品川区北品川5丁目
                                   266,200         -    266,200        0.47
                   5番26号
     ㈱第一興商
           計              -          266,200         -    266,200        0.47
      (注) 上記のほか株主名簿上は当社名義となっておりますが実質的に所有していない株式が1,300株(議決権の数13個)
         あります。なお、当該株式は、上記「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式に含めてお
         ります。
                                  28/108










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】
                   会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する
        【株式の種類等】
                   普通株式の取得
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

                 区分                   株式数(株)              価額の総額(円)

     取締役会(2017年8月8日)での決議状況
                                         200,000           1,112,000,000
     (取得期間2017年8月9日~2017年8月9日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       -               -
     当事業年度における取得自己株式                                    180,100           1,001,356,000

     残存決議株式の総数及び価額の総額                                     19,900            110,644,000

     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      10.0               10.0

     当期間における取得自己株式                                       -               -

     提出日現在の未行使割合(%)                                      10.0               10.0

      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                   株式数(株)              価額の総額(円)

     当事業年度における取得自己株式                                       60            357,600

     当期間における取得自己株式                                       34            195,840

      (注) 当期間における取得自己株式には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式は含まれておりません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                  当期間

              区分
                                   処分価額の総額                 処分価額の総額
                            株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -         -         -         -
     消却の処分を行った取得自己株式                         200,000      983,567,120             -         -

     合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                 -         -         -         -
     行った取得自己株式
     その他(新株予約権の行使)                          17,100      77,181,667             -         -
     保有自己株式数                         266,228        -         266,262        -

      (注)   1.当期間における処理自己株式には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売
          渡及び新株予約権の行使による株式は含まれておりません。
        2.当期間における保有自己株式には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
          取り及び売渡ならびに新株予約権の行使による株式は含まれておりません。
                                  29/108



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     3  【配当政策】
       当社グループは、将来の投資等のための内部留保を勘案のうえ連結配当性向30%以上を目安として、連結業績に応
      じた積極的な利益還元を行うことを基本方針としております。併せて、資本効率の向上のための自己株式取得も適時
      に実施してまいります。
       当社の剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
       なお、当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定
      款に定めており、中間配当と期末配当の年2回を基本的な方針としております。
       当事業年度の剰余金の配当につきましては、上記基本方針に則り、1株当たり年間111円(中間配当55円、期末配当
      56円)の配当として実施いたしました。この結果、当事業年度の連結配当性向は48.3%、連結純資産配当率5.2%と
      なっております。また、内部留保金につきましては戦略的投資を含め将来の業容拡大のための投資等に活用してまい
      ります。
       また、当社は連結配当規制適用会社となります。
       以上に基づき、基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は以下のとおりであります。
                          配当金の総額               1株当たり配当額

          決議年月日
                           (百万円)                  (円)
     2017年11月6日
                                   3,133                 55.00
     取締役会決議
     2018年6月22日
                                   3,190                 56.00
     定時株主総会決議
     4  【株価の推移】

      (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第39期         第40期         第41期         第42期         第43期

       決算年月         2014年3月         2015年3月         2016年3月         2017年3月         2018年3月

       最高(円)             3,215         3,860         5,180         4,855         6,070

       最低(円)             2,371         2,763         3,740         3,860         4,395

      (注) 最高・最低株価は、2013年7月16日より東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであり、
         2015年12月11日より東京証券取引所市場第一部におけるものであります。それ以前は大阪証券取引所JASD
         AQ(スタンダード)におけるものであります。
      (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別       2017年10月         11月        12月      2018年1月         2月        3月

       最高(円)           5,440        5,610        5,650        6,070        6,050        5,780

       最低(円)           5,240        5,100        5,300        5,600        5,270        5,400

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                  30/108






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
       男性 15名 女性 1名 (役員のうち女性の比率6.3%)
                                                        所有株式数
       役名        職名        氏名     生年月日              略歴            任期
                                                        (千株)
                                 1997年1月      有限会社まるよし入社
                                 1999年2月      当社入社
                                 2004年4月      制作管理部部付部長
                                 2005年5月      レコード子会社管理部長
                                 2005年6月      執行役員就任 音楽ソフト事業
                                       本部副本部長
      代表取締役                      1971年
                      保志 忠郊           2007年4月      直轄営業部長              (注)3    6,246.0
       社長                     3月6日
                                 2007年6月      取締役就任
                                       営業統括本部副本部長
                                 2009年9月      常務取締役兼上席執行役員就任
                                 2011年6月      営業統括本部長
                                 2015年6月      専務取締役兼上席執行役員就任
                                 2017年6月      代表取締役社長就任(現任)
                                 1981年4月      株式会社台東第一興商入社
                                 1989年5月      同社取締役就任
                                 1992年5月      同社常務取締役就任
                                 1993年6月      同社専務取締役就任
                                 1998年6月      同社代表取締役就任
                                 1999年6月      同社代表取締役社長就任
     専務取締役兼      音楽ソフト子会社管理部                 1957年
                      根本 賢一                               (注)3      24.7
           管掌
     上席執行役員                      12月25日     2005年6月      当社入社 常務取締役兼上席執
                                       行役員就任
                                       店舗事業本部長兼店舗事業推進
                                       部長
                                 2009年9月      専務取締役兼上席執行役員就任
                                       (現任)
                                 1985年4月      栗林リース株式会社(現 株式会
                                       社札幌北洋リース)入社
                                 1986年11月      当社入社
                                 2000年10月      制作管理部長
                                 2003年6月      執行役員就任
                                 2004年4月      制作本部副本部長
                                 2005年6月      取締役就任 制作本部長
                                 2006年8月      代表取締役社長就任
     専務取締役兼                       1953年
           制作管理部管掌          和田 康孝                               (注)3     200.0
     上席執行役員                      6月4日
                                 2009年9月      常務取締役兼上席執行役員就任
                                 2013年10月      法務室長
                                 2016年3月      日本クラウン㈱代表取締役就任
                                       (現任)
                                       ㈱徳間ジャパンコミュニケー
                                       ションズ代表取締役就任(現任)
                                 2017年6月      専務取締役兼上席執行役員就任
                                       (現任)
                                 1979年4月      松下電送株式会社(現 パナソ
                                       ニック システムネットワーク
                                       ス株式会社)入社
                                 1991年2月      当社入社
                                 1996年6月      技術開発部長
                                 2000年10月      開発本部副本部長
                                       商品開発部長
           開発本部長兼制作部・編
                                 2003年6月      執行役員就任
     専務取締役兼                       1955年
           成企画部・BGM放送
                      熊谷 達也                               (注)3      48.3
                                 2004年4月      開発本部長(現任)
           部・コミュニケーション
     上席執行役員                      11月16日
                                 2005年6月      取締役就任
           デザイン部管掌
                                 2008年11月      開発管理部長
                                 2010年6月      常務取締役兼上席執行役員就任
                                 2011年6月      専務取締役兼上席執行役員就任
                                       (現任)
                                 2015年7月      海外事業推進部長
                                 2017年8月      第一興商(上海)電子有限公司董
                                       事長(現任)
                                  31/108



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名        職名        氏名     生年月日              略歴            任期
                                                        (千株)
                                 1975年4月      三菱信託銀行株式会社(現 三菱
                                       UFJ信託銀行株式会社)入社
                                 2002年6月      同社証券代行部長
                                 2003年10月      当社へ出向 総務部長
                                 2004年4月      当社へ転籍
                                 2007年6月      取締役兼執行役員就任         管理本部
     専務取締役兼                       1950年           副本部長
           管理本部管掌           三富 洋                              (注)3      36.1
     上席執行役員                      12月23日
                                 2008年10月      総務部長兼債権管理部長
                                 2009年4月      財務部長
                                 2009年6月      管理本部長
                                 2010年6月      常務取締役兼上席執行役員就任
                                 2011年4月      法務室長
                                 2011年6月      専務取締役兼上席執行役員就任
                                       (現任)
                                 1984年4月      三菱電機株式会社入社
                                 1991年3月      当社入社
                                 1996年7月      DAM事業部長
                                 2001年5月      マーケティング部長
                                 2003年6月      執行役員就任
                                 2005年4月      ゲートウェイ事業本部副本部長
                                 2005年6月      取締役就任 ゲートウェイ事業
     専務取締役兼                       1959年           本部長
           開発本部副本部長兼DA
                      村井 裕一                               (注)3      41.5
           Mシステム部長
     上席執行役員                      1月17日     2006年4月      営業統括本部副本部長
                                 2008年4月      開発本部副本部長(現任)
                                 2011年4月      コンテンツ企画部長
                                 2011年6月      常務取締役兼上席執行役員就任
                                 2014年4月      コンシューマ事業推進部長
                                 2017年8月      専務取締役兼上席執行役員就任
                                       (現任)
                                 2018年4月      DAMシステム部長(現任)
                                 1987年1月      当社入社
                                 2005年4月      ゲートウェイ事業本部ゲート
                                       ウェイ管理部長
                                 2009年10月      制作本部長兼編成企画部長(現
      取締役兼                      1961年
           制作本部長兼編成企画部
                      渡邊 泰人                 任)              (注)3     206.6
           長
     上席執行役員                      5月7日
                                 2010年6月      取締役兼執行役員就任
                                 2016年3月      制作部長
                                 2016年6月      取締役兼上席執行役員就任(現
                                       任)
                                 1987年7月      株式会社オフィス飯野入社
                                 1993年5月      当社入社
                                 2007年4月      宣伝部(現 コミュニケーション
      取締役兼                      1959年
           コミュニケーションデザ
                      竹花 則幸                 デザイン部)部長(現任)              (注)3     190.2
           イン部長
     上席執行役員                      7月12日
                                 2013年6月      取締役兼執行役員就任
                                 2016年6月      取締役兼上席執行役員就任(現
                                       任)
                                 1985年4月      太洋観光株式会社入社
                                 1987年12月      当社入社
                                 1998年4月      松山営業所(現 松山支店)所長
                                 2004年4月      広島支店長
                                 2007月4月      大阪支店長
                                 2009年10月      直轄営業部長
                                 2011年10月      FC事業推進部長
                            1966年
      取締役兼
           営業統括本部長          大塚 賢治                               (注)3      4.3
     上席執行役員
                           9月29日
                                 2012年4月      営業統括本部副本部長兼子会社
                                       営業部長
                                 2012年6月      執行役員就任
                                 2015年4月      営業統括本部長(現任)
                                 2016年6月      上席執行役員就任
                                 2017年6月      取締役兼上席執行役員就任(現
                                       任)
                                  32/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名        職名        氏名     生年月日              略歴            任期
                                                        (千株)
                                 1980年10月      株式会社九州第一興商入社
                                 1990年2月      当社入社
                                 1995年4月      徳島営業所(現 徳島支店)所長
                                 2006年4月      熊本支店長
                            1955年
                                 2011年4月      株式会社九州第一興商 代表取
                                                    (注)3      7.6
      取締役               馬場 勝彦
                           9月28日
                                       締役就任(現任)
                                 2015年6月      当社取締役就任(現任)
                                 2018年3月      株式会社沖縄第一興商 代表取
                                       締役就任(現任)
                                 1991年2月      ヤクルトスワローズ(現 東京ヤ
                                       クルトスワローズ)入団
                                 2005年10月      ヤクルトスワローズ(現 東京ヤ
                            1965年
                                       クルトスワローズ)監督就任
                                                    (注)3      -
      取締役               古田 敦也
                           8月6日
                                 2007年12月      株式会社エーポイント設立 代
                                       表取締役就任(現任)
                                 2015年6月      当社取締役就任(現任)
                                 1993年4月      宝塚歌劇団入団
                                       (芸名 水 夏希)
                                 2007年2月      雪組男役トップスター就任
                            1972年
                                                    (注)3      0.3
      取締役               増田 千佳
                           8月16日
                                 2013年10月      株式会社AQUA所属(現在に至
                                       る)
                                 2015年6月      当社取締役就任(現任)
                                 1979年4月      株式会社三菱銀行(現 株式会社
                                       三菱UFJ銀行)入社
                                 2000年3月      同社相模原支店長
                            1956年
                                 2000年11月      同社相模原支社長              (注)4
      常勤監査役                大塚 信明                                     1.8
                           5月30日
                                 2003年9月      同社融資部部長
                                 2005年5月      同社監査室与信監査室長
                                 2012年6月      当社常勤監査役就任(現任)
                                 1991年10月      朝日新和会計社(現 有限責任あ
                                       ずさ監査法人)入社
                            1964年
                                 1994年4月      公認会計士登録              (注)5      -
      常勤監査役                梅津 広
                           7月23日
                                 2006年5月      同社社員
                                 2018年6月      当社常勤監査役就任(現任)
                                 1976年4月      日本ラヂエーター株式会社(現 
                                       カルソニックカンセイ株式会社)
                                       入社
                                 2002年4月      同社経理グループ部長
                            1952年
                                                    (注)5      7.0
      常勤監査役                小林 成樹
                           9月7日
                                 2006年4月      当社入社 経理部副部長
                                 2006年7月      経理部長
                                 2012年6月      執行役員就任
                                 2018年6月      当社常勤監査役就任(現任)
                                 1987年9月      有限会社紙の舟 代表取締役(現
                            1958年
                                       任)
                                                    (注)4      -
      監査役               有近 真澄
                           9月21日
                                 2001年6月      当社監査役就任(現任)
                                                        7,014.4
                              計
      (注)   1.取締役古田敦也及び増田千佳は、社外取締役であります。
        2.常勤監査役大塚信明、梅津広及び監査役有近真澄は、社外監査役であります。
        3.2017年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
        4.2016年6月24日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
        5.2018年6月22日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
        6.当社では、執行役員制度を導入しており、上記取締役(8名)のほか上席執行役員3名、執行役員6名の計17
          名で構成されております。
                                  33/108





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ※ コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社及び当社グループは、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を経営の重要課題と考えております。こ
        の課題を達成するためには、1.株主様やお客様をはじめ、取引先、従業員等のすべてのステークホルダーとの
        信頼関係を醸成することが不可欠であり、2.併せて「もっと音楽を世に、もっとサービスを世に」の社是に則
        り、お客様のご満足を頂き、お客様と当社グループの共生に繋がるサービス・商品を提供することにより、長期
        安定的な成長を実現してゆくことが重要と考えております。当社グループは、このような考え方のもとに、自ら
        の行動指針として「第一興商グループ行動規範」を策定し、公表しております。さらに、中核課題の達成を一層
        推し進めるために、当社グループは東京証券取引所の規定する「コーポレート・ガバナンスコード」の主旨を尊
        重し、様々な施策をもってより強固なコーポレート・ガバナンスの構築を目指してまいります。
       ① 企業統治の体制

        a.企業統治の体制の概要
          当社の企業統治の体制は、経営監督機能としては取締役会があり、経営に関する基本方針等の重要事項を決
         定するとともに、取締役の執行機能の経営監督を行います。
          また、監査機能としては監査役会があります。監査役は、取締役会等の経営執行における重要会議に出席
         し、取締役会及び執行機能の監査を行っております。
          なお、当社の経営上の意思決定、執行及び監督に係る統治体制の概略は以下のとおりです。 
         (取締役会)

          当社の取締役会は、社外取締役2名を含む12名の取締役で構成されており、原則として毎月1回開催し、必
         要に応じて臨時取締役会を開催しております。取締役会では、法令又は定款で定められた事項や、経営の重要
         な事項について十分な議論を尽くして意思決定を行っております。その際、必要に応じて関係部門責任者を同
         席させ、案件の詳細な確認をその場で行い、より一層の意思決定の迅速化を図っております。
          また、取締役会の補助会議として、「役員協議会」及び「経営連絡会議」を設置しております。役員協議会
         は、経営に関する重要な事項について広汎で多面的な審議を行い、取締役会を補佐するものであり、原則とし
         て月2回開催しております。経営連絡会議は、取締役会において決定された方針、計画及びその他重要な案件
         の進捗状況を各部門の責任者が報告し、役員及び各部門責任者と情報共有する会議と位置付けており、原則毎
         週開催されております。
         (監査役会)
          当社は監査役制度を採用しております。監査役会は監査役4名で構成されており、うち3名が社外監査役で
         あります。監査役は取締役会をはじめ重要な会議に出席するほか、重要な決裁書類を閲覧し、必要に応じて取
         締役、監査部及び業務担当者から直接報告や説明を受けるなど、厳格な監査を行っております。
         (常務会)
          当社の常務会は、役付取締役6名で構成されており、原則毎週開催され、必要に応じて臨時会を開催してお
         ります。常務会は代表取締役社長の諮問機関として、取締役会の決定した経営基本方針に基づき経営に関する
         重要な事項を審議・決裁することにより、代表取締役社長を補佐するものであります。その際、関係部門責任
         者を同席させております。
        b.企業統治の体制を採用する理由

          現在の体制が経営の公正・透明性を確保しながらも、効率的で健全な経営の維持と企業価値の持続的な向上
         を実現するのに相応しい体制であると考え、本体制を採用しております。
                                  34/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
        c.コーポレート・ガバナンス体制 模式図
        d.内部統制システムの整備の状況











          当社及び当社グループの経営戦略や事業目的等は、法令に則り機動的かつ組織的に遂行されなくてはならな
         いと考えております。このため、以下に掲げる当社の「内部統制システム整備の基本方針」に則り、有効な内
         部管理体制をグループとして随時整備・構築し、運用してまいります。
         (当社及び当社子会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制)
         ・当社及び当社子会社(以下、「当社グループ」という)の役職員の職務の執行が法令及び定款に適合し、か
          つ社会的責任(及び企業倫理)を果たすために、当社「グループ行動規範」を全役職員に周知徹底させる。
         ・内部統制推進室を「リスク・コンプライアンス統括部署」とする。内部統制推進室はコンプライアンスの基
          本マニュアルを策定、当社グループの体制の企画・整備を指導、役職員の教育研修を行う。また、法令遵守
          状況のモニタリングは監査部と協働して行う。
         ・内部統制推進室は当社グループにまたがる内部通報制度を統括し運用を行う。また、通報者の保護を徹底す
          る。
         ・法令遵守の状況は監査部による定例監査において、状況が把握され、取締役会、監査役会に報告される。
         (取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制)
         ・取締役の意思決定又は取締役に対する報告、その他重要な意思決定及び報告に関しては、文書の作成、保存
          及び廃棄に関する文書管理規程、会議体規程等を整備し、必要な関係者が閲覧できる体制とする。
                                  35/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
         (当社及び当社子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制)
         ・内部統制推進室はグループリスク管理基本規程に基づいた当社グループのリスク管理の指導(部門マニュアル
          策定等の指導教育)、当社グループの総合的なリスク分析、評価と対応、リスク管理体制の運用・機能維持を
          行う。
         ・当社グループはグループリスク管理基本規程に従って、それぞれの部門に関するリスクの管理を行う。
         ・リスクが現実化し、重大な損害の発生が予測される場合、当社の本部長・当社子会社社長は速やかに取締役
          会に報告する。
         ・新たに生じたリスクヘの対応のため、必要な場合は当社代表取締役社長から当社グループに示達するととも
          に、グループ危機管理規程の発動、対応責任者となる取締役を定める。
         (当社及び当社子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制)
         ・当社グループの重要な意思決定を行う際は多面的な検討を経て慎重に決定するため、当社代表取締役社長の
          諮問機関として、取締役全員で役員協議会を組織し、審議する。
         ・取締役会、常務会には関係部門責任者を同席させ経営の透明性を図り、随時に案件の詳細な確認と意思決定
          の迅速化を実現する。
         ・当社グループの経営方針の迅速・的確な示達、重要事項の報告を達成するために、取締役、監査役が出席す
          る経営連絡会議を原則毎週開催する。
         (当社及び当社子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制)
         ・グループリスク・コンプライアンス委員会を設け、当社グループの横断的なリスク管理及びコンプライアン
          ス体制の審議・推進機関とする。
         ・グループリスク・コンプライアンス委員会はグループ全体のリスク管理及びコンプライアンス体制に関わる
          指示、通達を行う。
         ・内部統制推進室はグループ全体のリスクの評価及び管理の体制を適切に構築し運用する。また、そのモニタ
          リングは監査部でこれを行う。
         ・財務報告に係る適正性を確保するために必要な内部統制を整備、運用する。
         ・当社子会社の取締役及び使用人の職務執行事項の当社への報告は、定期・適時に実施する。また当社子会社
          が経営上の重要事項を行う場合は、事前に当社の決裁を受ける。
         (監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項)
         ・当面、監査役スタッフは置かないものの、業務監査は監査部及び経営企画部の、また日常業務は総務部の補
          助を受けるものとする。
         ・また将来監査役スタッフが求められた場合、会社は監査役会と協議の上その人選を行うものとする。
         (前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項)
         ・監査役スタッフが求められた場合は監査役直属とするなど、その独立性確保に努める。
         (当社及び当社子会社の取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体
         制及び報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制)
         ・当社グループの取締役及び使用人は会社に重大な損失を与える事項が発生し又は発生する恐れがあるとき、
          役職員による違法又は不正な行為を発見したとき、その他監査役が指示をした事項について、監査役に報告
          する。
         ・当社の取締役、監査部長、総務部長、内部統制推進室長、経営企画部長、当社子会社を管理する部門長は、
          監査役の求め又は重要性に応じて、重要事項の決定プロセス、違法行為、賞罰、リスク管理状況、内部通報
          などの報告を行うものとする。また、内部監査の状況について、監査部は定期的に監査役と報告会を開催す
          る。
         ・当社グループは、監査役又は監査役会へ報告を行った役職員に対し、当該報告をしたことを理由として不利
          な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社グループの全役職員に周知徹底する。
         (当社の監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる
         費用又は債務の処理に係る方針に関する事項)
         ・当社は、監査役の職務の執行により生ずる費用等について、年度計画に基づき予算を設ける。また、費用の
          前払等の請求を受けたとき、予算以外の監査に係る緊急又は臨時に支出した費用又は債務が発生したときは
          請求に基づき速やかに支払手続を行う。
                                  36/108



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
         (その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制)
         ・代表取締役社長との定期的な意見交換会を関催し、適切な意思疎通を図る。
         ・監査役は役員協議会その他の重要な会議への出席を可能とする。
         ・監査部、総務部、内部統制推進室も監査役会を補助するものとする。
         (反社会的勢力排除に向けた体制)
         ・当社グループはグループ行動規範において反社会的勢力との関係遮断を定め、総務部を反社会的勢力ヘの対
          応統括部署として反社会的勢力排除のための社内体制の整備を推進し、弁護士や警察等とも連携しながら、
          不当な要求に対しては組織的に毅然とした姿勢で対応する。
        e.リスク管理体制の整備の状況

          当社は、「グループリスク管理基本規程」に基づき、当社グループのリスク管理に関する方針の策定や管理
         体制の整備ほか重要な事項の横断的な審議を行うため、取締役及び本部長により構成される「グループリス
         ク・コンプライアンス委員会」を設置しており、委員会は定期的かつ必要に応じて随時開催しております。ま
         た、毎年、経営リスクをはじめとして各種リスクの調査・分析を実施しており、これらリスクに対応できる体
         制を構築しております。緊急事態が発生した際は、「グループ危機管理規程」に基づき、代表取締役社長を本
         部長とした危機管理対策本部の設置及び円滑な指揮系統の確立、並びに損失を最小限に抑えるべく体制を整え
         ております。
        f.責任限定契約の内容の概要

          当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役及び社外監査役との間において、会社法第423条第1項
         の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める
         額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役及び社外監査役が責任の原因と
         なった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
       ② 内部監査及び監査役監査

         当社の内部監査及び監査役監査の組織は、内部監査機能としては、社長直属の監査部を設置しており、13名体
        制で当社及び当社グループの業務全般についての内部監査を実施しております。また、その監査結果については
        迅速に社長へ報告するとともに、抽出された指摘事項の解消のため、当該部門と共同して指摘事項の改善に注力
        しております。
         また、当社は監査役制度を採用しております。監査役会は監査役4名で構成されており、うち3名が社外監査
        役であります。監査役は取締役会をはじめ重要な会議に出席するほか、重要な決裁書類を閲覧し、必要に応じて
        取締役、監査部及び業務担当者から直接報告や説明を受けるなど、厳格な監査を行うとともに、適宜、助言・勧
        告を行っており、客観性及び中立性の確保に努めております。
         なお、監査役会は、会計監査人の年間監査計画を承認し、会計監査人から四半期に1度以上の頻度で会計監査
        に関する報告を受けるほか、定期的に必要に応じて意見・情報交換を行い、監査の実効性を高めるため、相互に
        連携強化に努めております。
       ③ 社外取締役及び社外監査役

        a.社外取締役
          当社の社外取締役は2名であります。
          社外取締役古田敦也氏は、2015年に当社社外取締役に就任後、「取締役会の役割・責務」並びに「取締役・
         監査役等の受託責任」等を踏まえ、主に株主及びその他のステークホルダーの視点から、当社取締役会の経営
         を監督しております。また2016年に発足した「人事・報酬諮問委員会」においては、委員長として取締役の指
         名・報酬プロセスの安定性に注力しております。なお、当社グループと同氏との間に人的関係、資本的関係及
         び取引関係その他の利害関係はございません。また、同氏は現在において株式会社エーポイントの代表取締役
         を兼任しておりますが、当社グループとその会社との間に、人的関係、資本的関係及び取引関係その他の利害
         関係はございません。
          社外取締役増田千佳氏は、2015年に当社取締役に就任後、「取締役会の役割・責務」並びに「取締役・監査
         役等の受託責任」等を踏まえ、主に株主及びその他のステークホルダーの視点から、当社取締役会の経営を監
         督しております。また2016年に発足した「人事・報酬諮問委員会」においては、委員として取締役の指名・報
                                  37/108


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
         酬プロセスの安定性に注力しております。なお、同氏は当社株式を300株保有しておりますが、当社グループと
         同氏との間に人的関係、資本的関係及び取引関係その他の利害関係はございません。
        b.社外監査役

          社外監査役大塚信明氏は、長年にわたる金融機関勤務並びに他社での監査役の経験等により、財務及び会計
         に関する相当程度の知見を有していると考えております。なお、同氏は当社株式を1,800株保有しております
         が、当社グループと同氏との間に人的関係、資本的関係及び取引関係その他の利害関係はございません。
          社外監査役梅津広氏は、長年にわたる公認会計士としての豊富な経験と財務及び会計に関する高度な専門知
         識と見識を有していると考えております。なお、当社グループと同氏との間に人的関係、資本的関係及び取引
         関係その他の利害関係はございません。
          社外監査役有近真澄氏は、長年の音楽楽曲並びに音楽著作権の管理会社経験等により、音楽関連法務、音楽
         業界全般に相当程度の知見を有していると考えております。なお、当社グループと同氏との間に人的関係、資
         本的関係及びその他の利害関係はございません。また、同氏は現在において有限会社紙の舟の代表取締役を兼
         任しておりますが、当社グループとその会社との間に、人的関係、資本的関係及び取引関係その他の利害関係
         はございません。
        c.社外取締役及び社外監査役の独立性に関する基準

          当社は、社外役員の独立性について客観的に判断するため、法令や上場ルール等も参考に独自に「独立役員
         の独立性に関する判断基準」を定めております。
          なお、当社は社外取締役古田敦也氏、増田千佳氏、社外監査役大塚信明氏、梅津広氏、有近真澄氏の5名を
         東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。
       ④ 役員の報酬等

        ア.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(百万円)

                 報酬等の総額                                    対象となる役員
        役員区分
                  (百万円)                                    の員数(名)
                                ストック・
                         基本報酬               賞与      退職慰労金
                                オプション
     取締役
                     683       488        86       51       57       11
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                      22       22       -       -       -        1
     (社外監査役を除く。)
     社外役員                105       105        -       -       -        5
        イ.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

                              連結報酬等の種類別の額(百万円)

                                                     連結報酬等
       氏名      役員区分       会社区分                                  の総額
                                    ストック・
                            基本報酬                  賞与        (百万円)
                                    オプション
     保志 忠郊        取締役      提出会社            126         14         15        155
      (注) 連結報酬等の総額が1億円以上である者に限定して記載しております。
        ウ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

          「役員報酬規程」及び「株式報酬型ストック・オプション報酬規程」に基づき決定されますが、最終評価と
         金額配分は、取締役会が代表取締役に一任しております。
          取締役会にて一任を受けた代表取締役による個別報酬案は、社外取締役・人事担当役員で構成する「報酬諮
         問委員会」に諮り、代表取締役は、同委員会の審議結果あるいは提言を尊重し、最終決定いたします。
                                  38/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 株式の保有状況
        ア.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          銘柄数                              26 銘柄
          貸借対照表計上額の合計額                            5,252   百万円
        イ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び、保有

          目的
         前事業年度

          特定投資株式
                                         貸借対照表計上額
                 銘柄                株式数(株)                    保有目的
                                           (百万円)
     エイベックス・グループ・ホールディングス㈱                              1,020,000            1,641     取引関係強化
     アサヒグループホールディングス㈱                               200,000            841      〃
     ㈱音通                             15,079,500             497      〃
     日本コロムビア㈱                               622,650            431      〃
     ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                               470,500            329      〃
     ㈱みずほフィナンシャルグループ                              1,100,945             224      〃
     キリンホールディングス㈱                               100,000            210      〃
     共同印刷㈱                               460,000            166      〃
     シダックス㈱                               372,400            161      〃
     ㈱ウチヤマホールディングス                               280,000            124      〃
     ㈱ワキタ                               112,000            118      〃
     ㈱三井住友フィナンシャルグループ                                7,053           28      〃
     ㈱東京TYフィナンシャルグループ                                5,920           19      〃
     三井住友トラスト・ホールディングス㈱                                1,490            5     〃
     ㈱コンコルディア・フィナンシャルグループ                                10,000            5     〃
         当事業年度

          特定投資株式
                                         貸借対照表計上額
                 銘柄                株式数(株)                    保有目的
                                           (百万円)
     エイベックス㈱                              1,020,000            1,524     取引関係強化
     アサヒグループホールディングス㈱                                200,00          1,133        〃
     ㈱音通                             15,079,500             527      〃
     ㈱フェイス                               367,363            438      〃
     ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                               470,500            327      〃
     キリンホールディングス㈱                               100,000            283      〃
     ㈱みずほフィナンシャルグループ                              1,100,945             210      〃
     シダックス㈱                               372,400            178      〃
     ㈱ウチヤマホールディングス                               280,000            166      〃
     共同印刷㈱                                46,000           150      〃
     ㈱ワキタ                               112,000            133      〃
     ㈱三井住友フィナンシャルグループ                                7,053           31      〃
     ㈱東京TYフィナンシャルグループ                                5,920           14      〃
     三井住友トラスト・ホールディングス㈱                                1,490            6     〃
     ㈱コンコルディア・フィナンシャルグループ                                10,000            5     〃
      (注) ㈱東京TYフィナンシャルグループは、2018年5月1日、商号変更により、「㈱東京きらぼしフィナンシャルグ
         ループ」となっております。
                                  39/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       ⑥ 会計監査
         会計監査については、新日本有限責任監査法人に所属する指定有限責任社員・業務執行社員の松浦康雄、指定
        有限責任社員・業務執行社員の林美岐が、会計監査業務を執行しました。また、当社の会計監査業務に係る補助
        者は、公認会計士12名、その他23名であります。 
       ⑦ 取締役の定数

         当社の取締役は12名以内とする旨、定款に定めております。 
       ⑧ 取締役の選任

         当社は、取締役の選任決議については、議決権を行使することのできる株主の議決権の3分の1以上を有する
        株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、定款に定めております。 
       ⑨ 株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議については、議決権を行使することができる株主の
        議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨、定款に定めておりま
        す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
        的とするものであります。 
       ⑩ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

        a.自己の株式の取得
          当社は、機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議に
         よって同条第1項に定める市場取引等により自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。
        b.中間配当

          当社は、株主への機動的な利益還元を可能とするため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議
         によって、毎年9月30日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主又は登録株式質権者に対し、中間配当を
         行うことができる旨定款に定めております。
                                  40/108











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【監査報酬の内容等】
       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                        前連結会計年度                     当連結会計年度

          区分
                   監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                  基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
     提出会社                     70           -           73           -
     連結子会社                     -           -           -           -

          計                70           -           73           -

       ②  【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
          該当事項はありません。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
          該当事項はありません。 
       ④  【監査報酬の決定方針】

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬は、監査計画及び業務の特性等を勘案し、代表取締役が監査役会の
        同意を得て決定しております。 
                                  41/108











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
       下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

       務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
       す。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31日ま
      で)の連結財務諸表及び事業年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査
      法人により監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、以下のとおり連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。
       会計基準の内容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しております。
       また、公益財団法人財務会計基準機構や他団体の主催する研修に参加しております。
                                  42/108













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     1  【連結財務諸表等】
      (1)  【連結財務諸表】
       ①  【連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2017年3月31日)             (2018年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                           62,019             45,538
         現金及び預金
                                            6,792             5,132
         受取手形及び売掛金
                                                         4,969
         有価証券                                    -
                                         ※6  6,158           ※6  6,252
         たな卸資産
                                            1,076             1,069
         繰延税金資産
                                            4,808             5,660
         その他
                                            △ 181            △ 175
         貸倒引当金
                                           80,673             68,447
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         ※1  15,103
                                                        15,767
           建物及び構築物
                                           △ 8,949            △ 9,065
             減価償却累計額
                                            6,154             6,702
             建物及び構築物(純額)
                                         ※2  44,182           ※2  45,957
           カラオケ賃貸機器
                                          △ 33,473            △ 36,163
             減価償却累計額
                                           10,708              9,794
             カラオケ賃貸機器(純額)
                                         ※3  46,328           ※3  49,809
           カラオケルーム及び飲食店舗設備
                                          △ 27,872            △ 30,509
             減価償却累計額
                                           18,456             19,299
             カラオケルーム及び飲食店舗設備(純額)
                                       ※1 , ※4  36,714           ※4  38,053
           土地
                                            5,472             5,952
           その他
                                           △ 4,352            △ 4,395
             減価償却累計額
                                            1,119             1,556
             その他(純額)
                                           73,153             75,405
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                            1,321             4,065
           のれん
                                            5,807             6,198
           その他
                                            7,129             10,263
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                            4,959             5,288
           投資有価証券
                                             456             506
           長期貸付金
           繰延税金資産                                 4,480             4,423
                                           14,267             14,263
           敷金及び保証金
                                            1,871             1,682
           その他
                                            △ 37            △ 65
           貸倒引当金
                                           25,998             26,098
           投資その他の資産合計
                                           106,280             111,767
         固定資産合計
                                           186,954             180,215
       資産合計
                                  43/108





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (2017年3月31日)             (2018年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                           3,343             3,421
         支払手形及び買掛金
                                        ※1  14,163
                                                        4,015
         短期借入金
                                           3,500
         1年内償還予定の社債                                                 -
                                           9,315             8,656
         未払金
                                           3,206             4,652
         未払法人税等
                                           1,096             1,128
         賞与引当金
                                           3,566             3,490
         その他
                                           38,191             25,365
         流動負債合計
       固定負債
                                           6,500             6,500
         社債
                                           13,268             12,587
         長期借入金
                                             75             80
         繰延税金負債
         役員退職慰労引当金                                  1,053             1,047
         退職給付に係る負債                                  5,775             6,176
                                           3,021             3,101
         その他
                                           29,693             29,494
         固定負債合計
                                           67,884             54,859
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           12,350             12,350
         資本金
                                           4,003             4,003
         資本剰余金
                                          102,649             108,489
         利益剰余金
                                          △ 1,368            △ 1,309
         自己株式
                                          117,634             123,534
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           1,033             1,261
         その他有価証券評価差額金
                                         ※4   △  733          ※4   △  733
         土地再評価差額金
                                             80             87
         為替換算調整勘定
                                           △ 440            △ 356
         退職給付に係る調整累計額
                                            △ 60             258
         その他の包括利益累計額合計
                                            178             203
       新株予約権
                                           1,316             1,359
       非支配株主持分
                                          119,069             125,356
       純資産合計
                                          186,954             180,215
      負債純資産合計
                                  44/108







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
                                          140,640             141,370
      売上高
                                        ※3  86,210           ※3  86,527
      売上原価
                                          54,430             54,842
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                           2,005             2,177
       広告宣伝費
                                           1,455             1,355
       販売促進費
                                            875             817
       荷造運送費
                                           1,494             1,452
       役員報酬
                                            158             221
       役員退職慰労引当金繰入額
                                          13,596             13,630
       給料及び賞与
                                            844             860
       賞与引当金繰入額
                                            604             601
       退職給付費用
                                           1,254             1,045
       賃借料
                                            611             734
       減価償却費
                                          10,835             10,841
       その他
                                          33,736             33,739
       販売費及び一般管理費合計
                                          20,694             21,103
      営業利益
      営業外収益
                                            264              63
       受取利息
                                            116             173
       受取手数料
                                            89             160
       受取保険金
                                            373             335
       受取協賛金
                                            766
       為替差益                                                  -
                                            762             680
       その他
                                           2,372             1,413
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            331             302
       支払利息
                                                         31
       為替差損                                     -
                                            196             325
       その他
                                            528             658
       営業外費用合計
                                          22,539             21,857
      経常利益
                                  45/108








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
      特別利益
                                          ※1  34          ※1  103
       固定資産売却益
                                            370              24
       固定資産譲受益
                                             ▶             0
       投資有価証券売却益
                                            -             193
       受取補償金
                                            408             320
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※2  417           ※2  261
       固定資産処分損
                                        ※4  1,431           ※4  1,112
       減損損失
                                             8
       投資有価証券売却損                                                  -
                                           3,365
                                                         -
       投資有価証券評価損
                                           5,224             1,374
       特別損失合計
                                          17,723             20,804
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     6,627             7,638
                                           △ 84             △ 3
      法人税等調整額
      法人税等合計                                     6,542             7,634
                                          11,180             13,169
      当期純利益
                                            65             54
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                          11,115             13,115
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  46/108













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
                                          11,180             13,169
      当期純利益
      その他の包括利益
                                           3,107              228
       その他有価証券評価差額金
                                           △ 28              7
       為替換算調整勘定
                                            125              83
       退職給付に係る調整額
                                         ※  3,204             ※  319
       その他の包括利益合計
                                          14,385             13,489
      包括利益
      (内訳)
                                          14,320             13,434
       親会社株主に係る包括利益
                                            65             54
       非支配株主に係る包括利益
                                  47/108
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       ③  【連結株主資本等変動計算書】
        前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                      12,350         4,001        98,329          △ 13       114,668
     当期首残高
      会計方針の変更による累
                                         228                 228
      積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                      12,350         4,001        98,557          △ 13       114,896
     当期首残高
     当期変動額
                                       △ 6,213                △ 6,213
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する当
                                        11,115                 11,115
      期純利益
                                                △ 2,166        △ 2,166
      自己株式の取得
      自己株式の処分                                                     -
                                        △ 811         811
      自己株式の消却                                                     -
      連結子会社株式の取得に
                                 2                          2
      よる持分の増減
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                 2       4,091        △ 1,355         2,738
     当期変動額合計                   -
                      12,350         4,003        102,649         △ 1,368        117,634
     当期末残高
                                  その他の包括利益累計額

                  その他有価証券評                          退職給付に係る        その他の包括利益
                          土地再評価差額金         為替換算調整勘定
                   価差額金                          調整累計額         累計額合計
                      △ 2,074         △ 733         108        △ 566       △ 3,265
     当期首残高
      会計方針の変更による累
      積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                      △ 2,074         △ 733         108        △ 566       △ 3,265
     当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する当
      期純利益
      自己株式の取得
      自己株式の処分
      自己株式の消却
      連結子会社株式の取得に
      よる持分の増減
      株主資本以外の項目の
                       3,107                  △ 28        125        3,204
                                 -
      当期変動額(純額)
                       3,107                  △ 28        125        3,204
     当期変動額合計                           -
                       1,033         △ 733         80       △ 440        △ 60
     当期末残高
                   新株予約権        非支配株主持分          純資産合計

                        81       1,270        112,754
     当期首残高
      会計方針の変更による累
                                         228
      積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                        81       1,270        112,983
     当期首残高
     当期変動額
                                       △ 6,213
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する当
                                        11,115
      期純利益
                                       △ 2,166
      自己株式の取得
      自己株式の処分                                   -
      自己株式の消却                                   -
      連結子会社株式の取得に
                                          2
      よる持分の増減
      株主資本以外の項目の
                        96         46       3,347
      当期変動額(純額)
                        96         46       6,086
     当期変動額合計
                        178        1,316        119,069
     当期末残高
                                  48/108


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                      12,350         4,003        102,649         △ 1,368        117,634
     当期首残高
      会計方針の変更による累
                                                           -
      積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                      12,350         4,003        102,649         △ 1,368        117,634
     当期首残高
     当期変動額
                                       △ 6,275                △ 6,275
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する当
                                        13,115                 13,115
      期純利益
                                                △ 1,001        △ 1,001
      自己株式の取得
                                        △ 16         77         61
      自己株式の処分
                                        △ 983         983
      自己株式の消却                                                     -
      連結子会社株式の取得に
                                                           -
      よる持分の増減
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                        5,840          59       5,899
     当期変動額合計                   -         -
                      12,350         4,003        108,489         △ 1,309        123,534
     当期末残高
                                  その他の包括利益累計額

                  その他有価証券評                          退職給付に係る        その他の包括利益
                          土地再評価差額金         為替換算調整勘定
                   価差額金                          調整累計額         累計額合計
                       1,033         △ 733         80       △ 440        △ 60
     当期首残高
      会計方針の変更による累
      積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                       1,033         △ 733         80       △ 440        △ 60
     当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する当
      期純利益
      自己株式の取得
      自己株式の処分
      自己株式の消却
      連結子会社株式の取得に
      よる持分の増減
      株主資本以外の項目の
                        228                  7        83        319
                                 -
      当期変動額(純額)
                        228                  7        83        319
     当期変動額合計                           -
                       1,261         △ 733         87       △ 356         258
     当期末残高
                   新株予約権        非支配株主持分          純資産合計

     当期首残高                  178        1,316        119,069
      会計方針の変更による累
                                         -
      積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                        178        1,316        119,069
     当期首残高
     当期変動額
                                       △ 6,275
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する当
                                        13,115
      期純利益
                                       △ 1,001
      自己株式の取得
                                         61
      自己株式の処分
      自己株式の消却                                   -
      連結子会社株式の取得に
                                         -
      よる持分の増減
      株主資本以外の項目の
                        25         42        387
      当期変動額(純額)
                        25         42       6,286
     当期変動額合計
                        203        1,359        125,356
     当期末残高
                                  49/108


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          17,723             20,804
       税金等調整前当期純利益
                                          16,187             15,692
       減価償却費
                                            437             711
       のれん償却額
                                           1,431             1,112
       減損損失
                                           △ 210             △ 6
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                           △ 389            △ 170
       受取利息及び受取配当金
                                            331             302
       支払利息
                                           △ 815              28
       為替差損益(△は益)
                                           △ 370             △ 24
       固定資産譲受益
                                           3,365
       投資有価証券評価損益(△は益)                                                  -
                                            383             157
       固定資産処分損益(△は益)
                                            318            1,693
       売上債権の増減額(△は増加)
                                            41            △ 69
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                            105              37
       カラオケ賃貸機器の売上原価振替
                                           △ 680              18
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                           1,252            △ 1,529
       未払金の増減額(△は減少)
                                            517             772
       その他
                                          39,631             39,532
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    521             168
                                           △ 278            △ 321
       利息の支払額
                                          △ 6,885            △ 6,113
       法人税等の支払額
                                            87             38
       その他
                                          33,076             33,303
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 594            △ 571
       定期預金の預入による支出
                                            69             565
       定期預金の払戻による収入
                                         △ 16,831            △ 12,589
       有形固定資産の取得による支出
                                            75             94
       有形固定資産の売却による収入
                                          △ 3,592            △ 3,884
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 1,764            △ 1,537
       映像使用許諾権の取得による支出
                                           6,135               5
       投資有価証券の売却による収入
                                                     ※2  △  5,142
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出                                     -
                                           △ 450            △ 422
       貸付けによる支出
                                            509             503
       貸付金の回収による収入
                                           △ 465            △ 588
       敷金及び保証金の差入による支出
                                            548             631
       敷金及び保証金の回収による収入
                                            30             95
       その他
                                         △ 16,331            △ 22,841
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 49            △ 39
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                           2,385             1,400
       長期借入れによる収入
                                          △ 2,467            △ 12,505
       長期借入金の返済による支出
                                                       △ 3,500
       社債の償還による支出                                     -
                                          △ 6,214            △ 6,278
       配当金の支払額
                                          △ 2,166            △ 1,001
       自己株式の取得による支出
                                           △ 33            △ 26
       その他
                                          △ 8,546            △ 21,951
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            809             △ 28
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                           9,007            △ 11,518
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                          52,247             61,254
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1  61,254           ※1  49,736
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  50/108


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
      (1)  連結子会社の数         37 社
        主要な連結子会社の名称
         ㈱北海道第一興商、㈱東北第一興商、㈱台東第一興商、㈱新潟第一興商、㈱東海第一興商、㈱第一興商近畿、
        ㈱九州第一興商、㈱ディーケーファイナンス、㈱Airside ほか28社
         ㈱城東第一興商は、2017年4月に㈱城北第一興商を存続会社とする吸収合併により解散したため、連結の範囲
        から除外しております。なお、存続会社である㈱城北第一興商は、同日付にて㈱東東京第一興商に社名を変更し
        ております。
         ㈱Airsideは、2017年6月に全株式を取得したため、連結の範囲に含めております。
      (2)  主要な非連結子会社の名称

        該当事項はありません。
     2.持分法の適用に関する事項

      (1)  持分法適用関連会社の名称
        該当事項はありません。
      (2)  持分法非適用会社の名称

        該当事項はありません。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項

       連結子会社の決算日が連結決算日と異なる会社は次のとおりであります。
       なお、連結財務諸表の作成に当たっては、決算日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引
      については、連結上必要な調整を行っております。
      決算日が12月31日の会社

       第一興商(上海)電子有限公司
       第一興商電子貿易(上海)有限公司
      決算日が2月末日の会社

       ㈱Airside
       日本クラウン㈱
       ㈱徳間ジャパンコミュニケーションズ
       クラウン徳間ミュージック販売㈱
       ㈱トライエム
       ㈱第一興商音楽出版
       ㈱クラウンミュージック
       ㈱ズームリパブリック
       ユニオン映画㈱
     4.会計方針に関する事項

      (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
       ①   有価証券
        その他有価証券
         時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
         り算定)
          なお、債券のうち、取得原価と債券金額との差額が金利の調整と認められるものについては、償却原価法(定
         額法)により算定しております。
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
       ② たな卸資産

         主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
                                  51/108


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ①   有形固定資産(リース資産を除く)
         当社及び国内連結子会社は定率法を、また、在外連結子会社は定額法を採用しております。ただし、当社及び
        国内連結子会社は、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得
        した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物及び構築物                                   3年~50年
          カラオケ賃貸機器                                   5年~6年
          カラオケルーム及び飲食店舗設備                      3年~41年
       ②   無形固定資産
         当社及び連結子会社は定額法を採用しております。
       ③   リース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      (3)  重要な引当金の計上基準

       ①   貸倒引当金
         債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
        いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       ②   賞与引当金
         当社及び国内連結子会社は、従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額基準により計上しております。
       ③   役員退職慰労引当金
         国内連結子会社は、役員の退任時の退職慰労金の支給に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給
        額を計上しております。
      (4)  退職給付に係る会計処理の方法

       ①   退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
        給付算定式基準によっております。
       ②   数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法によ
        り費用処理しております。
         数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)
        による定額法により按分した額を、それぞれ翌連結会計年度から費用処理しております。
       ③   小規模企業等における簡便法の採用
         連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職
        給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

        外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
       す。
        なお、在外子会社等の資産及び負債は、在外子会社の決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用
       は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上しておりま
       す。
      (6)  のれんの償却方法及び償却期間

        のれんの償却については5年間及び8年間の均等償却を行っております。なお、2010年3月31日以前に発生した
       負ののれんの償却については、15年間の均等償却を行っております。
      (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価格の変動について僅少なリスクしか負
       わない取得日から3ケ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
      (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

        消費税等の会計処理
         消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  52/108


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (未適用の会計基準等)
     「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                         平成30年3月30日)
     「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                  平成30年3月30日)
      (1)  概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1:顧客との契約を識別する。
         ステップ2:契約における履行義務を識別する。
         ステップ3:取引価格を算定する。
         ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)  適用予定日

        2022年3月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
       (表示方法の変更)

     (連結損益計算書関係)
       前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「受取手数料」及び「受取保険金」は、金額
      的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させるた
      め、前連結会計年度の連結財務諸表の組替を行っております。
       この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた968百万円は、
      「受取手数料」116百万円、「受取保険金」89百万円、「その他」762百万円として組み替えております。
                                  53/108












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1 担保資産及び担保付債務
        担保に供している資産は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
        建物及び構築物                           87 百万円                - 百万円
        土地                          185                  -
                計                  272                  -
        担保付債務は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
        短期借入金                           8 百万円                - 百万円
     ※2 カラオケ賃貸機器の内訳は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
        機械装置                         10,708   百万円               9,794   百万円
     ※3 カラオケルーム及び飲食店舗設備の内訳は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
        建物及び構築物                         15,734   百万円              16,586   百万円
        機械装置                         1,896                 1,974
        その他                          824                 739
                計                 18,456                 19,299
     㯿ᐰ0౗ὗ〰湑越問ꄰ殕ꈰ夰譬핟謰ഀ⡞獢က㄀ぞ瑬핟譻Ⰰ㌀㑓⥓쨰猰౗ὗ〰湑越問ꄰ殕ꈰ夰譬핟謰湎鉥㥫挰夰譬핟謰

        (平成13年法律第19号)に基づき、当社において事業用土地の再評価を行い、「土地再評価差額金」として純資産
        の部に計上しております。
       ・再評価の方法
        「土地の再評価に関する法律施行令」(平成10年政令第119号)第2条第4号に定める「地価税法第16条に規定する
       地価税の課税価格の計算の基礎となる土地の価額を算定するために国税庁長官が定めて公表した方法により算定し
       た価額」に合理的な調整を行って算定しております。
       ・再評価を行った日…2001年3月31日
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
        再評価を行った土地の期末における
                                  27 百万円                46 百万円
        時価と再評価後の帳簿価額との差額
      5 保証債務の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                  当連結会計年度

                             (2017年3月31日)                  (2018年3月31日)
       販売特約店の借入債務の保証                           23 百万円                 12 百万円
                                  54/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     ※6 たな卸資産の内訳は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度

                             (2017年3月31日)                  (2018年3月31日)
                                 5,929                  5,969
       商品及び製品                            百万円                  百万円
                                  137                  158
       仕掛品
                                  91                 124
       原材料及び貯蔵品
                                 6,158                  6,252
               計
      7 特定融資枠契約(コミットメントライン契約)

        当社は、運転資金の効率的な調達を行うため金融機関7社と特定融資枠契約(コミットメントライン契約)を締結
       しており、これら契約に基づく当連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度

                             (2017年3月31日)                  (2018年3月31日)
       特定融資枠契約の総額                         10,000   百万円               10,000   百万円
       借入実行残高                           -                  -
              差引額                  10,000                  10,000
                                  55/108















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
     ※1 固定資産売却益の内訳は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2017年3月31日)                 至 2018年3月31日)
        建物及び構築物                           0 百万円                - 百万円
        カラオケルーム及び飲食店舗設備                           0                 3
        カラオケ賃貸機器                           32                 98
        その他                           0                 1
                計                   34                 103
     ※2 固定資産処分損の内訳は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                  当連結会計年度

                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
        建物及び構築物                           29 百万円                 16 百万円
        カラオケルーム及び飲食店舗設備                          375                  236
        カラオケ賃貸機器                           0                 -
        無形固定資産                           ▶                 -
        その他                           8                  8
                計                  417                  261
     

        ます。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2017年3月31日)                 至 2018年3月31日)
                                  353                 822
        売上原価                            百万円                 百万円
     ※4 減損損失

        当社グループは、社内管理区分を考慮して資産グループを決定しており、遊休不動産及び賃貸用不動産について
       は各物件を、カラオケルーム及び飲食店舗については主に各店舗を、資産グループとしております。
        減損損失の内訳は次のとおりであります。
        (1)  減損損失を認識した資産グループ及び減損損失の認識に至った経緯

          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                     減損損失

              用途              場所              種類
                                                     (百万円)
        カラオケルーム及び飲食店舗                            カラオケルーム及び飲食店舗
                       東京都中野区 他                                  780
        (47店舗)                            設備 他
        事務所設備               東京都品川区 他             建物及び構築物 他                     384
              -              -        のれん                     122

        その他               鹿児島県大島郡 他             土地 他                     144

          カラオケルーム及び飲食店舗並びに、のれんについては収益性低下等により投資額の回収が困難と見込まれ
         るため、回収可能額まで減額し、当該減少額を減損損失に計上しております。
          事務所設備については事務所移転に伴い、使用が見込まれない資産の帳簿価額を回収可能額まで減額し、当
         該減少額を減損損失に計上しております。
                                  56/108



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                     減損損失

              用途              場所              種類
                                                     (百万円)
        カラオケルーム及び飲食店舗                            カラオケルーム及び飲食店舗
                       新潟市中央区 他                                  856
        (52店舗)                            設備 他
              -              -        のれん                     148
        その他               東京都中野区 他             建物及び構築物 他                     107

          カラオケルーム及び飲食店舗並びに、のれんについては収益性低下等により投資額の回収が困難と見込まれ
         るため、回収可能額まで減額し、当該減少額を減損損失に計上しております。
        (2)  固定資産の種類ごとの内訳

          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                     金額

                 種類
                                    (百万円)
        建物及び構築物                                    282
        カラオケルーム及び飲食店舗設備                                    759
        のれん                                    122
        土地                                     67
        その他                                    199
                  計                         1,431
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                     金額

                 種類
                                    (百万円)
        建物及び構築物                                    101
        カラオケルーム及び飲食店舗設備                                    852
        のれん                                    148
        その他                                     10
                  計                         1,112
        (3)  回収可能額の算定方法

          回収可能価額は正味売却価額及び使用価値により測定しており、正味売却価額は不動産鑑定評価額を基準と
         し、使用価値は将来キャッシュ・フローを割引いて算定しております。
          使用価値の算定に用いた割引率は次のとおりであります。
             前連結会計年度                   当連結会計年度

            (自 2016年4月1日                   (自 2017年4月1日
            至 2017年3月31日)                   至 2018年3月31日)
                                           4.8%
                       3.0%
                                  57/108






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (連結包括利益計算書関係)
     ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                 至 2018年3月31日)
        その他有価証券評価差額金:
         当期発生額                          1,157百万円                  327百万円
                                   3,309                  △0
         組替調整額
          税効果調整前
                                   4,467                  327
                                  △1,359                   △99
          税効果額
          その他有価証券評価差額金                         3,107                  228
        為替換算調整勘定:
         当期発生額                           △28                   7
                                     -                 -
         組替調整額
          税効果調整前
                                    △28                   7
                                     -                 -
          税効果額
          為替換算調整勘定                          △28                   7
        退職給付に係る調整額:
         当期発生額                            29                △27
                                    150                 148
         組替調整額
          税効果調整前
                                    180                 120
                                    △55                 △36
          税効果額
          退職給付に係る調整額                          125                  83
        その他の包括利益合計                           3,204                  319
                                  58/108












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度

                              当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                             増加株式数(千株)           減少株式数(千株)            株式数(千株)
                  期首株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式(注)1.                  57,634             -          200         57,434
          合計              57,634             -          200         57,434
     自己株式
      普通株式(注)2.3.                    3          500           200           303
          合計                 3          500           200           303
      (注)   1.普通株式の発行済株式総数の減少は、取締役会決議による自己株式の消却によるものであります。
        2.普通株式の自己株式の株式数の増加のうち、500千株は取締役会決議による自己株式の取得により、0千株
          は単元未満株式の買取請求によるものであります。
        3.普通株式の自己株式の株式数の減少は、取締役会決議による自己株式の消却によるものであります。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)

                        新株予約権の
                                                      当連結会計
               新株予約権
       会社                 目的となる                              年度末残高
                              当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                の内訳
                                                       (百万円)
                        株式の種類
                               年度期首      年度増加      年度減少       年度末
            ストック・オプション
      提出会社                    -        -      -      -      -      178
            としての新株予約権
             合計             -        -      -      -      -      178
     3.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり

         決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                          (百万円)        配当額(円)
     2016年6月24日
                             3,112         54.00
                 普通株式                         2016年3月31日         2016年6月27日
     定時株主総会
     2016年11月7日
                             3,101         54.00
                 普通株式                         2016年9月30日         2016年12月5日
     取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり

         決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                       (百万円)             配当額(円)
     2017年6月23日
                         3,142              55.00
                普通株式             利益剰余金              2017年3月31日         2017年6月26日
     定時株主総会
                                  59/108






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度

                              当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                             増加株式数(千株)           減少株式数(千株)            株式数(千株)
                  期首株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式(注)1.                  57,434             -          200         57,234
          合計              57,434             -          200         57,234
     自己株式
      普通株式(注)2.3.                   303           180           217           266
          合計                303           180           217           266
      (注)   1.普通株式の発行済株式総数の減少は、取締役会決議による自己株式の消却によるものであります。
        2.普通株式の自己株式の株式数の増加のうち180千株は取締役会決議による自己株式の取得により、0千株は
          単元未満株式の買取請求によるものであります。
        3.普通株式の自己株式の株式数の減少のうち200千株は取締役会決議による自己株式の消却により、17千株は
          新株予約権の行使による自己株式の処分によるものであります。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)

                        新株予約権の
                                                      当連結会計
               新株予約権
       会社                 目的となる                              年度末残高
                              当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                の内訳
                                                       (百万円)
                        株式の種類
                               年度期首      年度増加      年度減少       年度末
            ストック・オプション
      提出会社                    -        -      -      -      -      203
            としての新株予約権
             合計             -        -      -      -      -      203
     3.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり

         決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                          (百万円)        配当額(円)
     2017年6月23日
                             3,142         55.00
                 普通株式                         2017年3月31日         2017年6月26日
     定時株主総会
     2017年11月6日
                             3,133         55.00
                 普通株式                         2017年9月30日         2017年12月5日
     取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり

         決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                       (百万円)             配当額(円)
     2018年6月22日
                         3,190              56.00
                普通株式             利益剰余金              2018年3月31日         2018年6月25日
     定時株主総会
                                  60/108







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     
        す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2016年4月1日               (自    2017年4月1日
                             至   2017年3月31日)               至   2018年3月31日)
        現金及び預金勘定                           62,019百万円                 45,538百万円
        預入期間が3ヶ月を超える
                                   △764                 △770
        定期性預金
        有価証券(MMF)                             -                4,969
        現金及び現金同等物                           61,254                 49,736
     ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

        株式の取得により新たに株式会社Airsideを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株式会社
       Airside株式の取得価額と株式会社Airside取得のための支出(純増)との関係は次のとおりであります。
        流動資産                             329百万円

        固定資産                            2,411
        のれん                            3,603
        流動負債                            △954
                                     △90
        固定負債
         株式の取得価額
                                    5,300
                                    △157
        現金及び現金同等物
         差引:取得のための支出
                                    5,142
       (リース取引関係)

     1.ファイナンス・リース取引
       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
     2.オペレーティング・リース取引

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
       (借主側)
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (2017年3月31日)                  (2018年3月31日)
     1年内                                 1,087                  1,122
     1年超                                 5,787                  5,339

             合計                          6,875                  6,461

       (貸主側)

                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (2017年3月31日)                  (2018年3月31日)
     1年内                                  916                  870
     1年超                                 1,653                  1,943

             合計                          2,570                  2,814

       なお、未経過リース料は全額転貸リース取引に係るものであります。
                                  61/108


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、主にカラオケ・飲食店舗事業を展開するための設備投資計画に照らして、必要に応じ金融機関
       からの借入及び社債発行により資金を調達しております。また、グループCMS(キャッシュ・マネジメント・
       サービス)により、グル-プ資金の有効活用を図っております。資金運用については、安全性の高い金融資産で運
       用し、また、設備資金の調達が必要な場合は、主に長期借入金により調達しております。
        受取手形及び売掛金に係る顧客の信用リスクは、与信管理規程等により、リスク軽減を図っております。また、
       有価証券並びに投資有価証券は、主にMMF及び株式であり、有価証券管理規程により、四半期毎に時価の把握を
       行っております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクによる影響を受ける可能性があります。有価証券並び
       に投資有価証券は、主にMMF及び株式であり市場リスクによる影響を受ける可能性があります。
        敷金及び保証金は、主にカラオケ・飲食店舗事業に係るものであり、取引先の信用リスクによる影響を受ける可
       能性があります。
        営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日であります。
        長期借入金及び社債は主に、設備投資に係るものであり、長期借入金の返済日は決算日後最長10年以内であり、
       社債の償還日は決算日後最長2年以内であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、与信管理規程等に基づき、営業債権及び長期貸付金等について、営業担当部署が行う与信限度の管理
        及び取引先への定期的な実態調査により、取引先の契約不履行等に係るリスクを軽減しております。また、連結
        子会社についても、当社の与信管理規程に準じて、同様の管理を行っております。
         敷金及び保証金については、取引先を定期的に調査し、経営実態を把握するとともに、回収可能性に懸念があ
        るものについては、回収不能見込額について貸倒引当金を計上し、リスク軽減を図っております。
       ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

         有価証券並びに投資有価証券については、当社の有価証券管理規程により、四半期毎に時価や取引先企業の財
        政状態等を把握し、連結財務諸表に適切に表示しております。
       ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

         当社は、大口の支払いがある場合は、事前に支払稟議書等により確認しております。また、連結子会社につい
        ては、資金計画表を作成、更新しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては、変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することがあります。 
                                  62/108






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
      極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)をご参照ください。)。
       前連結会計年度(2017年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                        連結貸借対照表計上額                 時価            差額
     (1) 現金及び預金                          62,019            62,019               -
     (2) 受取手形及び売掛金                           6,792
                                △181
        貸倒引当金(*)
                                6,610            6,607              △2
     (3)  有価証券
                                 -            -            -
     (4)  投資有価証券
                                4,805            4,805              -
     (5)  敷金及び保証金
                               12,644
                                 △8
        貸倒引当金(*)
                               12,636            12,632              △3
            資産計                   86,072            86,065              △6
     (1) 支払手形及び買掛金                           3,343            3,343              -
     (2) 短期借入金                           2,002            2,002              -
     (3)  未払金                         9,315            9,315              -
     (4)  社債
                               10,000            10,071               71
     (5)  長期借入金
                               25,429            25,694              265
            負債計                   50,090            50,426              336
      (*) 受取手形及び売掛金並びに敷金及び保証金は、個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
       当連結会計年度(2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                        連結貸借対照表計上額                 時価            差額
     (1) 現金及び預金                          45,538            45,538               -
     (2) 受取手形及び売掛金                           5,132
                                △175
        貸倒引当金(*)
                                4,957            4,956              △0
     (3)  有価証券
                                4,969            4,969              -
     (4)  投資有価証券
                                5,133            5,133              -
     (5)  敷金及び保証金                        12,436
                                 △0
        貸倒引当金(*)
                               12,436            12,438               2
            資産計                   73,034            73,036               1
     (1) 支払手形及び買掛金                           3,421            3,421              -
     (2) 短期借入金                           2,087            2,087              -
     (3)  未払金
                                8,656            8,656              -
     (4)  社債
                                6,500            6,538              38
     (5)  長期借入金
                               14,516            14,666              150
            負債計                   35,181            35,370              188
      (*) 受取手形及び売掛金並びに敷金及び保証金は、個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
                                  63/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
        資産
         (1)  現金及び預金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
          す。
         (2)  受取手形及び売掛金

           売掛金の一部には決済されるまでの期日が長期にわたるものを含んでおります。
           これらの時価は、一定の期間ごとに区分した債権ごとに、債権額を満期までの期間及び信用リスクを加味
          した利率により割引いた現在価値によっております。
           上記以外の金銭債権につきましては短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当
          該帳簿価額によっております。
         (3)  有価証券並びに        (4)  投資有価証券

           有価証券は外貨建てMMFであり、短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当
          該帳簿価額によっております。
           投資有価証券の時価について、株式は取引所の価格によっております。
           なお、有価証券はその他有価証券として保有しており、これに関する連結貸借対照表計上額と取得原価と
          の差額については、注記事項「有価証券関係」をご参照ください。
         (5)  敷金及び保証金

           賃貸借契約満了により、将来回収が見込まれる敷金及び保証金から将来発生が予想される原状回復見込額
          を控除したものについて、その将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な利率で割引いた現在価値に
          よっております。
        負債

         (1)  支払手形及び買掛金、(2)            短期借入金並びに         (3)  未払金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
          す。
         (4)  社債(1年以内に償還予定のものを含む)並びに                      (5)  長期借入金(1年以内に返済予定のものを含む)

           これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規調達を行った場合に想定される利率で割引いて算
          定する方法によっております。
      (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                   (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
               区分
                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
             非上場株式                           154                 154
         これらについては市場価額がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(4)                                               投資有価
        証券」には含めておりません。
                                  64/108








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (注3)    金融債権及び満期のある投資有価証券の連結決算日後の償還予定額
         前連結会計年度(2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                              1年以内      1年超5年以内        5年超10年以内          10年超

        現金及び預金                         61,061          -        -        -

        受取手形及び売掛金                          6,666         125        -        -
        有価証券
         その他有価証券のうち満期があるもの
          外貨建てMMF                         -        -        -        -
        敷金及び保証金                          2,892        6,337        2,663         742
                 合計                70,621        6,463        2,663         742
         (注) 現金及び預金は、現金を除いております。
         当連結会計年度(2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                              1年以内      1年超5年以内        5年超10年以内          10年超

        現金及び預金                         44,312          -        -        -

        受取手形及び売掛金                          5,030         102        -        -
        有価証券
         その他有価証券のうち満期があるもの
          外貨建てMMF                       4,969         -        -        -
        敷金及び保証金                          2,910        6,361        2,417         746
                 合計                57,223        6,463        2,417         746
         (注) 現金及び預金は、現金を除いております。
      (注4)    社債及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

         前連結会計年度(2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                           1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                   5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
        短期借入金              2,002        -       -       -       -       -
        社債              3,500        -     6,500        -       -       -
        長期借入金              12,161       1,610        951       540     10,165         -
            合計          17,663       1,610       7,451        540     10,165         -
         当連結会計年度(2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                           1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                   5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
        短期借入金              2,087        -       -       -       -       -
        社債                -     6,500        -       -       -       -
        長期借入金              1,928       1,235        758     10,355        100       137
            合計          4,015       7,735        758     10,355        100       137
                                  65/108





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
     1.その他有価証券
       前連結会計年度(2017年3月31日)
                                連結貸借対照表

                                           取得原価           差額
                        種類         計上額
                                           (百万円)          (百万円)
                                 (百万円)
                     (1)  株式
                                     4,419          2,772          1,646
                     (2)  債券 国債
                                       -          -          -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                     (3)  その他
                                       -          -          -
                        小計             4,419          2,772          1,646
                     (1)  株式
                                      386          503         △117
                     (2)  債券 国債
                                       -          -          -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                     (3)  その他
                                       -          -          -
                        小計              386          503         △117
                合計                     4,805          3,276          1,529
      (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額154百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
         と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
       当連結会計年度(2018年3月31日)

                                連結貸借対照表

                                           取得原価           差額
                        種類         計上額
                                           (百万円)          (百万円)
                                 (百万円)
                     (1)  株式
                                     4,729          2,755          1,974
                     (2)  債券 国債
                                       -          -          -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                     (3)  その他
                                       -          -          -
                        小計             4,729          2,755          1,974
                     (1)  株式
                                      404          515         △111
                     (2)  債券 国債
                                       -          -          -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                     (3)  その他                -          -          -
                        小計              404          515         △111
                合計                     5,133          3,271          1,862
      (注)   1.非上場株式(連結貸借対照表計上額154百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
          困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
        2.MMF(連結貸借対照表計上額4,969百万円)については、預金と同様の性格を有することから、取得原価
          をもって連結貸借対照表価額とし、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                  66/108






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     2.売却したその他有価証券
       前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                            売却額          売却益の合計額            売却損の合計額

             種類
                           (百万円)            (百万円)            (百万円)
     (1)  株式
                                  72             3            8
     (2)  債券 国債                         6,063              0            -

     (3)  その他                           -            -            -

             合計                   6,135              ▶            8

       当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                            売却額          売却益の合計額            売却損の合計額

             種類
                           (百万円)            (百万円)            (百万円)
     (1)  株式                           0            0            -
     (2)  債券 国債

                                  -            -            -
     (3)  その他                           -            -            -

             合計                     0            0            -

     3.減損処理を行った有価証券

       減損処理にあたっては、連結会計年度末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を
      行い、30%以上50%未満下落した場合には、個別に回復可能性等を考慮して必要と認められる額について減損処理を
      行っております。
       なお、その他有価証券の減損損失の額は次のとおりです。
           前連結会計年度                    当連結会計年度

         (自 2016年4月1日                   (自 2017年4月1日
          至 2017年3月31日)                   至 2018年3月31日)
                                       -百万円
                  3,365百万円
       (デリバティブ取引関係)

        当社グループは、デリバティブ取引を利用していないため該当事項はありません。
                                  67/108








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
        (確定給付制度に係る注記)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社及び国内連結子会社は、退職金規程に基づく退職一時金制度を採用しております。
       なお、連結子会社は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しており、かつ、一部の連結子会
      社は、退職一時金制度と併用して中小企業退職金共済制度を採用しております。
       また、従業員の退職等に際して、退職給付債務計算の対象とされない割増退職金を支払う場合があります。
     2.確定給付制度

      (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表((2)に掲げられたものを除く。)
                                                       (百万円)
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                               至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
        退職給付債務の期首残高                                3,682                3,979
         勤務費用                                458                459
         利息費用                                  7                11
         数理計算上の差異の当期発生額                                △29                 27
         退職給付の支払額                               △139                △176
        退職給付債務の期末残高                                3,979                4,300
      (2)  簡便法を採用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                                       (百万円)
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                               至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
        退職給付に係る負債の期首残高                                1,716                1,796
         退職給付費用                                230                249
         退職給付の支払額                               △150                △169
        退職給付に係る負債の期末残高                                1,796                1,875
      (3)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                                       (百万円)
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
        積立型制度の退職給付債務                                  -                -
        非積立型制度の退職給付債務                                5,775                6,176
        連結貸借対照表に計上された負債の額                                5,775                6,176
        退職給付に係る負債                                5,775                6,176

        連結貸借対照表に計上された負債の額                                5,775                6,176
         (注) 簡便法を採用した制度を含めております。
                                  68/108






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                                       (百万円)
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                               至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
        勤務費用                                  458                459
        利息費用                                   7                11
        数理計算上の差異の費用処理額                                  42                40
        過去勤務費用の費用処理額                                  108                108
        簡便法で計算した退職給付費用                                  230                249
        その他                                   ▶                1
        確定給付制度に係る退職給付費用                                  851                870
      (5)  退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                       (百万円)
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                               至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
        過去勤務費用                                  108                108
        数理計算上の差異                                  72                12
                合計                         180                120
      (6)  退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                       (百万円)
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
        未認識過去勤務費用                                  351                243
        未認識数理計算上の差異                                  282                269
                合計                         633                513
      (7)  数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
                               前連結会計年度                当連結会計年度

                               (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
        割引率                                0.3%                0.2%
        予想昇給率                              1.0~2.5%                1.0~2.5%
                                  69/108







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (ストック・オプション等関係)
     1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                            前連結会計年度                当連結会計年度

                           (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                           至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
     販売費及び一般管理費の株式報酬費用                              96百万円                86百万円
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      (1)  ストック・オプションの内容
                        株式の種類別の

             決議                          権利確定      対象勤務        権利行使
                 付与対象者の       ストック・オプ
                                 付与日
                 区分及び人数        ションの数
            年月日                           条件      期間        期間
                          (注)1
                 当社取締役(社
      2015年度
            2015年              普通株式       2015年      付されて             2015年7月7日
                 外取締役及び                           定められて
     新株予約権            非常勤取締役                           おりません
            6月19日              21,200株       7月6日      おりません             ~2055年7月6日
                 を除く。)8名
                 当社取締役(社

      2016年度
            2016年              普通株式       2016年      付されて             2016年7月14日
                 外取締役及び                           定められて
     新株予約権            非常勤取締役                           おりません
            6月24日              18,200株       7月13日      おりません             ~2056年7月13日
                 を除く。)8名
                 当社取締役(社

      2017年度
            2017年              普通株式       2017年      付されて             2017年7月13日
                 外取締役及び                           定められて
     新株予約権            非常勤取締役                           おりません
            6月23日              18,900株       7月12日      おりません             ~2057年7月12日
                 を除く。)9名
                 新株予約

                                                       組織再編
                           新株予約権の行
                       新株
                 権の目的
            新株予約
                                                       成行為に
                           使により株式を
                                                 新株予約権
                 となる株
                       予約権
            権の数
                                       新株予約権の                 伴う新株
                           発行する場合の
                                                  の譲渡に
                  式の種
                       の行使
            (個)
                                                       予約権の
                           株式の発行価格
                                       行使の条件
                                                 関する事項
                 類、内容
                       時の払
                                                       交付に関
            (注)2               及び資本組入額
                                        (注)2
                  及び数
                       込金額                           (注)2
                                                       する事項
                           (円)    (注)2
            (注)3
                  (注)2
                       (注)2
                                                        (注)2
                            (注)5(注)6
                  (注)4
                                   新株予約権者は、上記の期
                             発行価格
                       1株
                  普通株
                                   間内において、当社の取締
      2015年度
                              3,597
             212     式      当たり
                                   役の地位を喪失した日の翌
     新株予約権
                            資本組入額 
                 21,200株
                                   日から10日を経過する日ま
                       1円
                                                 譲渡による
                              1,799
                                   での間に限り、新株予約権
                                                 新株予約権
                                   を一括してのみ行使できる
                             発行価格
                                                 の取得につ
                       1株
                  普通株                  ものとする。なお、新株予
      2016年度
                              3,539                   いては、当
             182     式      当たり             約権者が死亡した場合、そ                    (注)7
     新株予約権                                           社取締役会
                            資本組入額 
                 18,200株                  の者の相続人は、本新株予
                       1円
                                                 の承認を要
                              1,770
                                   約権を一括してのみ行使す
                                                 するものと
                                   ることができる。また、そ
                             発行価格
                                                 する。
                       1株
                                   の他の条件については、当
                  普通株
      2017年度
                              4,447
                                   社と新株予約権者との間で
             189     式      当たり
     新株予約権
                            資本組入額
                                   締結する新株予約権割当契
                 18,900株
                       1円
                              2,224
                                   約に定めるところによる。
                                  70/108






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (注)    1.株式数に換算して記載しております。
        2.当連結会計年度末における内容を記載しております。なお、有価証券報告書提出日の属する月の前月末
          (2018年5月31日)現在において、これらの事項に変更はありません。
        3.新株予約権1個当たりの目的となる株式数は、100株であります。
        4.当社が当社普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。)又は新株併合を行う場合、
          次の算式により付与株式数を調整する。なお、その調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨て
          る。
            調整後付与株式数          =  調整前付与株式数          ×  分割又は併合の比率
           また、上記の他、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、当社は、当社の取締
          役会において必要と認められる付与株式数の調整を行うことができる。
        5.発行価格は、新株予約権の行使時の払込金額と付与日における新株予約権の公正な評価単価を合算しており
          ます。
          なお、新株予約権の行使時の払込金額と付与日における新株予約権の公正な評価単価は以下のとおりであり
          ます。
                   払込金額          評価単価

           2015年度      1株当たり1円         1株当たり3,596円
           2016年度      1株当たり1円         1株当たり3,538円
           2017年度      1株当たり1円         1株当たり4,446円
        6.新株予約権の行使により株式を発行する場合に増加する資本金及び資本準備金の額

         ① 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
           に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じる場合
           は、これを切り上げるものとする。
         ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等
           増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
        7.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分割会
          社となる場合に限る。)、株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)(以上
          を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収合併に
          つき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立会社成立の日、吸収分割につき吸収分割
          がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立会社成立の日、株式交換につき株式交換がその効力を
          生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前において残
          存する新株予約権を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号の
          イからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権をそれぞれ交付することとす
          る。ただし、本新株予約権の発行要領に準じた条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸
          収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた
          場合に限る。
        (追加情報)

        「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況 ①ストックオプション制度の内容」に記
       載すべき事項をストック・オプション等関係注記に集約して記載しております。
                                  71/108







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
        当連結会計年度(2018年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
       については、株式数に換算して記載しております。
       ① ストック・オプションの数
                         2015年度新株予約権            2016年度新株予約権            2017年度新株予約権

     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                            -            -            -
      付与                            -            -          18,900
      失効                            -            -            -
      権利確定                            -            -          18,900
      未確定残                            -            -            -
     権利確定後(株)
      前連結会計年度末                          30,400            26,100              -
      権利確定                            -            -          18,900
      権利行使                           9,200            7,900             -
      失効                            -            -            -
      未行使残                          21,200            18,200            18,900
       ② 単価情報

                         2015年度新株予約権            2016年度新株予約権            2017年度新株予約権

     権利行使価格                (円)              1            1            1
     行使時平均株価                (円)            5,300            5,300             -
     付与日における公正な評価単価                (円)            3,596            3,538            4,446
     3.当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      (1)使用した評価方法         ブラック・ショールズ式
      (2)主な基礎数値及び見積方法 
     株価変動性      (注)1

                                      24.8%
     予想残存期間       (注)2
                                      8.4年
     予想配当     (注)3
                                    109円/株
     無リスク利子率        (注)4
                                      0.06%
      (注)   1.予想残存期間に対応する期間の株価を基に算定しております。
        2.過去における取締役の退任状況から、取締役の予想在任期間を見積っております。
        3.2017年3月期の配当実績によっております。
        4.予想残存期間に対応する期間に近似する国債の利回りであります。
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
      ます。
                                  72/108



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
       繰延税金資産
        減価償却費                              1,668   百万円            1,485   百万円
        退職給付に係る負債                              1,814               1,939
        減損損失                              1,283               1,350
        役員退職慰労引当金                               358               354
        賞与引当金                               355               360
        繰延資産                               333               244
        未払事業税                               231               317
                                      1,897               2,086
        その他
         繰延税金資産小計                             7,941               8,138
        評価性引当金                             △1,817               △1,955
         繰延税金資産合計                             6,124               6,182
       繰延税金負債

        その他有価証券評価差額金                              △481   百万円            △581   百万円
        評価差額                              △95               △95
                                      △65               △93
        その他
       繰延税金資産の純額                               5,481               5,412
        (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
         流動資産・繰延税金資産
                                      1,076   百万円            1,069   百万円
         固定資産・繰延税金資産                             4,480               4,423
         固定負債・繰延税金負債                              △75               △80
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
       法定実効税率
                                      31.0  %             31.0  %
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                1.8               1.2
       住民税均等割                                1.5               1.5
       評価性引当金の増減                                0.8               0.4
       子会社の法定実効税率との差異                                1.0               1.0
       税額控除                               △0.4               △0.0
       のれんの償却額                                0.7               1.0
                                       0.5               0.6
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                               36.9               36.7
                                  73/108





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (企業結合等関係)
        取得による企業結合
         (1) 企業結合の概要
          ①   被取得企業の名称及びその事業の内容
            被取得企業の名称             株式会社Airside
            事業の内容                   カラオケボックスの運営
          ②  企業結合を行った主な理由
            株式会社Airsideは、首都圏を中心に「カラオケマック」40店舗をチェーン展開しており、同社を子会社
           化することにより、当社カラオケボックス事業の業容拡大と相乗効果による事業基盤の強化が期待できる
           ものと考え、同社を取得したものであります。
          ③  企業結合日
            2017年6月1日
          ④  企業結合の法的形式
            株式取得
          ⑤   結合後企業の名称
            変更はありません。
          ⑥   取得した議決権比率
            100%
          ⑦  取得企業を決定するに至った主な根拠
            当社が現金を対価として株式を取得したことによるものです。
         (2)  連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間

           2017年6月1日から2018年2月28日
         (3)  被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

           取得の対価           現金及び預金                               5,300百万円
           取得原価                                           5,300百万円
         (4)  主要な取得関連費用の内容及び金額

           コンサルタント費用・手数料等       19百万円
         (5)  発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

          ①  発生したのれんの金額 
            3,603百万円
          ②  発生原因
            取得原価が企業結合時の時価純資産を上回ったことによるものであります。
          ③  償却方法及び償却期間
            8年間にわたる均等償却
         (6)  企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

           流動資産             329百万円
           固定資産            2,411百万円
           資産合計            2,741百万円
           流動負債             954百万円
           固定負債              90百万円
           負債合計            1,045百万円
         (7)  企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼ

          す影響の概算額及びその算定方法
           概算額の算定が困難であるため、記載しておりません。
                                  74/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (資産除去債務関係)
        当社グループは、主にカラオケ・飲食店舗事業等を運営するにあたり、建物等賃貸借契約を締結しており、当該
       契約における賃貸借期間終了時の原状回復義務を資産除去債務として認識しておりますが、当該債務の総額に重要
       性が乏しいため、記載を省略しております。
        なお、当連結会計年度末における資産除去債務は、負債計上に代えて、賃貸借契約に関連する敷金及び保証金の
       回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上
       する方法によっております。
                                  75/108


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
       当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の
      配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
       当社は、本社に商品・サービス別の事業本部等を置き、各事業本部等は、取り扱う商品・サービスについて包括的
      な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
       したがって、当社は、事業本部等を基礎とした商品・サービス別のセグメントから構成されており、「業務用カラ
      オケ事業」、「カラオケ・飲食店舗事業」、及び「音楽ソフト事業」の3つを報告セグメントとしております。
       「業務用カラオケ事業」は、業務用カラオケ機器の販売、賃貸及び通信カラオケへの音源・映像コンテンツの提供
      を行っております。「カラオケ・飲食店舗事業」は、カラオケルームの運営及び飲食店舗の運営を行っております。
      「音楽ソフト事業」は音楽・映像ソフトの制作、販売を行っております。
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
      る記載と概ね同一であります。
       報告セグメントの利益は営業利益ベースの数値であります。
       資産については、事業セグメントに配分しておりません。
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

       前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                        連結
                                         その他          調整額
                                              合計         財務諸表
                                         (注)1          (注)2
                   業務用            音楽
                       カラオケ・
                                                        計上額
                                    計
                        飲食店舗
                  カラオケ            ソフト
     売上高
                   67,076      57,227      8,718    133,022      7,618    140,640          140,640
                                                     -
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     -      -      -      -     -     -     -     -
      売上高又は振替高
                   67,076      57,227      8,718    133,022      7,618    140,640          140,640

           計                                           -
     セグメント利益
                   14,860      7,536       20   22,417      1,426     23,843     △ 3,149     20,694
     (営業利益)
     その他の項目
                    9,987      3,394       37   13,419       495    13,915       54   13,969
      減価償却費
                      2    435           437          437          437
                                -           -          -
      のれんの償却額
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、BGM放送事業、Web事業及
          び不動産賃貸事業等を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額             △3,149百万円       は、主に報告セグメントに帰属しない本社の管理部門における一般
          管理費であります。
                                  76/108





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                        連結
                                         その他          調整額
                                              合計         財務諸表
                                         (注)1          (注)2
                   業務用            音楽
                       カラオケ・
                                                        計上額
                                    計
                        飲食店舗
                  カラオケ            ソフト
     売上高
                   64,430      61,009      7,799    133,239      8,130    141,370          141,370
                                                     -
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     -      -      -      -     -     -     -     -
      売上高又は振替高
                   64,430      61,009      7,799    133,239      8,130    141,370          141,370

           計                                           -
     セグメント利益又は損失
     (△)
                   14,333      7,956      △ 33   22,256      1,659     23,915     △ 2,812     21,103
     (営業利益又は営業損失
     (△)  )
     その他の項目
                    9,699      3,295       34   13,029       577    13,607       177    13,784
      減価償却費
                      2    709           711          711          711
                                -           -          -
      のれんの償却額
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、BGM放送事業、Web事業及
          び不動産賃貸事業等を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額             △2,812百万円       は、主に報告セグメントに帰属しない本社の管理部門における一般
          管理費であります。
       【関連情報】

     1.製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報の中で同様の情報が開示されているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産
        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
       略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載しておりませ
      ん。
                                  77/108







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                      カラオケ・                 その他       全社・消去
             業務用カラオケ                 音楽ソフト                         合計
                       飲食店舗                (注)1        (注)2
                   202        914        63       183        68      1,431
     減損損失
      (注)   1.「その他」の区分は、BGM放送事業等に係る金額であります。
        2.「全社・消去」の区分は、福利厚生設備に係る金額であります。
       当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                      カラオケ・                 その他
             業務用カラオケ                 音楽ソフト                全社・消去         合計
                       飲食店舗                 (注)
                    0      1,004                 107               1,112
     減損損失                              -                -
      (注) 「その他」の区分は、不動産賃貸事業等に係る金額であります。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                      カラオケ・
             業務用カラオケ                 音楽ソフト         その他       全社・消去         合計
                       飲食店舗
                   10      1,311                               1,321
     当期末残高                              -        -        -
      (注) のれんの償却額については、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
       当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                      カラオケ・
             業務用カラオケ                 音楽ソフト         その他       全社・消去         合計
                       飲食店舗
                    7      4,058                               4,065
     当期末残高                              -        -        -
      (注) のれんの償却額については、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
        なお、2010年3月31日以前に発生した負ののれんの償却額及び未償却残高は、以下のとおりであります。

       前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                      カラオケ・
             業務用カラオケ                 音楽ソフト         その他       全社・消去         合計
                       飲食店舗
                                   24                       24
     当期償却額              -        -                -        -
                                   24                       24

     当期末残高              -        -                -        -
       当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                      カラオケ・
             業務用カラオケ                 音楽ソフト         その他       全社・消去         合計
                       飲食店舗
                                   14                       14
     当期償却額              -        -                -        -
                                   9                       9

     当期末残高              -        -                -        -
                                  78/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
       前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

        該当事項はありません。 
       【関連当事者情報】

       関連当事者との取引
      (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
        連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主等
         前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                       資本金         議決権等

             会社等の名称          又は    事業の内容      の所有    関連当事者
                                               取引金額         期末残高
        種類           所在地                       取引の内容           科目
                       出資金
                                               (百万円)         (百万円)
              又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係
                      (百万円)          割合(%)
                                (被所有)
     主要株主(個人)                                    名誉会長業務
             保志忠彦       -     -  当社名誉会長       直接     -           36    -      -
     及びその近親者                                    の委嘱
                                 0.8
                                                   その他
                                         賃借料の支払        139  流動資産       12
                                                   (前払費用)
     役員、主要株主及
                                (被所有)
                          不動産の賃貸          店舗の賃借
     びその近親者が議        ㈱ホシ・ク      東京都                                 敷金及び保
                                                  -
                        450  及び音楽関連       直接   及び不動産       -               139
     決権の過半数を所        リエート      港区                                 証金
                          事業          の取得
                                 4.3
     有している会社等
                                         不動産の取得       6,300     -      -
     主要株主(個人)

             フジエン
     の近親者が議決権             東京都        音響機器販          当社商品の
             タープライ            10         -        商品の販売等        149  売掛金       10
     の過半数を所有す             目黒区        売、リース          販売等
             ズ㈱
     る会社等
      (注)   1.保志忠彦に対する名誉会長業務の委嘱の具体的な内容は、会社の要請に応じて、取締役会等の諮問にこたえ
          る任務を有しております。なお、報酬額については、委嘱する業務の内容等を勘案し、協議の上決定してお
          ります。
        2.㈱ホシ・クリエートは、当社役員及び主要株主保志忠郊、当社主要株主保志治紀、及びその近親者が、議決
          権の100%を所有しております。
          ㈱ホシ・クリエートとの店舗の賃借に係る取引条件及び取引条件の決定方針等は、近隣の賃料相場を参考に
          して、協議の上決定しております。
          ㈱ホシ・クリエートからの不動産の取得に係る取引条件及び取引条件の決定方針等は、不動産鑑定評価額に
          基づき、協議の上決定しております。
        3.フジエンタープライズ㈱は、当社の主要株主保志治紀の近親者が、議決権の100%を所有しております。
          フジエンタープライズ㈱との取引条件及び取引条件の決定方針等は、一般の取引先と同様の販売価格及び支
          払条件となっております。
        4.取引金額には消費税等を含めておりません。期末残高には消費税等を含めております。
                                  79/108







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                       資本金         議決権等

             会社等の名称          又は    事業の内容      の所有    関連当事者
                                               取引金額         期末残高
        種類           所在地                       取引の内容           科目
                       出資金
                                               (百万円)         (百万円)
              又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係
                      (百万円)          割合(%)
                                (被所有)
     主要株主(個人)                                    名誉会長業務
             保志忠彦       -     -  当社名誉会長       直接     -           36    -      -
     及びその近親者                                    の委嘱
                                 0.8
                                (被所有)
     主要株主(個人)                               自己株式の     自己株式の取
             保志紀       -     -    -     直接                556    -      -
     及びその近親者                               取得     得
                                 0.9
                                                   その他
                                         賃借料の支払        139  流動資産       12
     役員、主要株主及
                                (被所有)
                          不動産の賃貸
                                                   (前払費用)
     びその近親者が議        ㈱ホシ・ク      東京都
                        450  及び音楽関連       直接   店舗の賃借
     決権の過半数を所        リエート      港区
                          事業
                                 4.3
                                                   敷金及び保
     有している会社等
                                            -      -         139
                                                   証金
     主要株主(個人)

             フジエン
     の近親者が議決権             東京都        音響機器販          当社商品の
             タープライ            10         -        商品の販売等        183  売掛金       10
     の過半数を所有す             目黒区        売、リース          販売等
             ズ㈱
     る会社等
      (注)   1.保志忠彦に対する名誉会長業務の委嘱の具体的な内容は、会社の要請に応じて、取締役会等の諮問にこたえ
          る任務を有しております。なお、報酬額については、委嘱する業務の内容等を勘案し、協議の上決定してお
          ります。
        2.自己株式の取得は、東京証券取引所の自己株式立会外買付取引により取得しており、取得価格は2017年8月
          8日の終値であります。
        3.㈱ホシ・クリエートは、当社役員及び主要株主保志忠郊、当社主要株主保志治紀、及びその近親者が、議決
          権の100%を所有しております。
          ㈱ホシ・クリエートとの店舗の賃借に係る取引条件及び取引条件の決定方針等は、近隣の賃料相場を参考に
          して、協議の上決定しております。
          ㈱ホシ・クリエートからの不動産の取得に係る取引条件及び取引条件の決定方針等は、不動産鑑定評価額に
          基づき、協議の上決定しております。
        4.フジエンタープライズ㈱は、当社の主要株主保志治紀の近親者が、議決権の100%を所有しております。
          フジエンタープライズ㈱との取引条件及び取引条件の決定方針等は、一般の取引先と同様の販売価格及び支
          払条件となっております。
        5.取引金額には消費税等を含めておりません。期末残高には消費税等を含めております。
                                  80/108










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
        連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主等
         前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                       資本金

                                議決権等
                                の所有
                       又は    事業の内容                     取引金額         期末残高
             会社等の名称                        関連当事者
        種類           所在地                       取引の内容           科目
              又は氏名                   (被所有)     との関係
                       出資金    又は職業                    (百万円)         (百万円)
                                割合(%)
                      (百万円)
                                         音楽CD等の
                                                 103  買掛金        0
                                         仕入
     役員、主要株主及
                  東京都
     びその近親者が議        ㈱G-PR             音楽プロダク          音楽CD等
                        20          -
     決権の過半数を所        O             ション          の仕入先
                  渋谷区
                                                   その他
     有している会社等
                                            -      -  流動負債       15
                                                   (預り金)
      (注)   1.㈱G-PROは、㈱ホシ・クリエートが議決権の100%を所有しております。
          ㈱G-PROとの取引条件及び取引条件の決定方針等は、一般の取引先と同様の仕入条件となっておりま
          す。
        2.取引金額には消費税等を含めておりません。期末残高には消費税等を含めております。
         当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

          該当事項はありません。

                                  81/108














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
     1株当たり純資産額                                 2,057円98銭               2,173円02銭
     1株当たり当期純利益                                  193円53銭               229円97銭

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                                  193円38銭               229円75銭

      (注)   1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
     1株当たり当期純利益
                          (百万円)

      親会社株主に帰属する当期純利益                                   11,115               13,115
                          (百万円)

      普通株主に帰属しない金額                                     -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                          (百万円)
                                         11,115               13,115
      当期純利益
                           (千株)
      普通株式の期中平均株式数                                   57,436               57,031
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

                          (百万円)

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額                                     -               -
                           (千株)

      普通株式増加数                                     45               54
      (うち新株予約権)                    (千株)                (45)               (54)

      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
      当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式                                     -               -
      の概要
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                  82/108









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       ⑤  【連結附属明細表】
        【社債明細表】
                               当期首残高      当期末残高       利率

       会社名         銘柄        発行年月日                         担保     償還期限
                               (百万円)      (百万円)      (%)
     ㈱第一興商       第1回無担保社債          2012年7月30日           3,500        -   0.486    なし    2017年7月28日
     ㈱第一興商       第2回無担保社債          2012年7月30日           6,500      6,500    0.806    なし    2019年7月30日

       合計         -         -        10,000       6,500      -   -      -

      (注)   連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
       1年以内        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

       (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
             -        6,500           -          -          -
        【借入金等明細表】

                              当期首残高       当期末残高        平均利率

                区分                                      返済期限
                              (百万円)       (百万円)        (%)
     短期借入金                            2,002       2,087       0.394       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                           12,161        1,928       0.631       -

     1年以内に返済予定のリース債務                             16        6       -      -

                                                     2019年4月~
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                           13,268       12,587        0.741
                                                     2027年10月
                                                     2019年4月~
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             10        ▶       -
                                                     2020年8月
                合計                 27,458       16,614         -      -
      (注)   1.平均利率は、期末日の利率及び当期末残高を使用した加重平均利息により算定しております。
        2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各連結会計年度に配
          分しているため、記載しておりません。
        3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下
          のとおりであります。
               1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

        区分
                 (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
     長期借入金                1,235           758        10,355           100
     リース債務                  ▶          0         -          -

        【資産除去債務明細表】

         重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                  83/108






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【その他】
       ① 当連結会計年度における四半期情報等
            (累計期間)              第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度

     売上高              (百万円)          33,948         69,022         106,690         141,370

     税金等調整前四半期(当期)
                   (百万円)          5,729         11,401         17,765         20,804
     純利益
     親会社株主に帰属する四半期
                   (百万円)          3,758         7,373         11,478         13,115
     (当期)純利益
     1株当たり四半期(当期)
                    (円)         65.78         129.16         201.19         229.97
     純利益
            (会計期間)              第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益               (円)         65.78         63.37         72.05         28.73

       ② 決算日後の状況

         該当事項はありません。
       ③ 訴訟

         該当事項はありません。
                                  84/108













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
     2  【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
       ①  【貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                          42,629              23,102
         現金及び預金
                                           238              157
         受取手形
                                          5,889              4,461
         売掛金
                                                         4,969
         有価証券                                   -
                                          5,234              5,443
         商品
                                           200              648
         前渡金
                                          2,563              2,575
         前払費用
                                            35              35
         未収収益
                                           606              635
         繰延税金資産
                                           155              600
         短期貸付金
                                           970             1,156
         その他
                                           △ 90             △ 78
         貸倒引当金
                                       ※1  58,433            ※1  43,710
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          2,854              3,410
           建物(純額)
                                            43              60
           構築物(純額)
                                           674             1,001
           工具、器具及び備品(純額)
                                        ※3  5,364            ※3  4,913
           カラオケ賃貸機器(純額)
                                       ※4  13,022            ※4  12,459
           カラオケルーム及び飲食店舗設備(純額)
                                          27,223              28,306
           土地
                                            72              140
           建設仮勘定
                                          49,255              50,292
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          1,007               541
           のれん
                                            44              44
           借地権
                                            1              1
           商標権
                                          2,190              2,381
           ソフトウエア
                                          2,934              3,077
           音源映像ソフトウエア
                                           129              128
           その他
                                          6,307              6,173
           無形固定資産合計
                                  85/108







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
         投資その他の資産
                                          4,924              5,252
           投資有価証券
                                          4,309              9,628
           関係会社株式
                                           182              176
           出資金
                                           130              130
           関係会社出資金
                                          1,845              1,941
           長期貸付金
                                            10              12
           破産更生債権等
                                           762              676
           長期前払費用
                                          1,317              1,389
           繰延税金資産
                                          11,551              11,216
           敷金及び保証金
                                           734              641
           その他
                                         △ 1,829             △ 1,853
           貸倒引当金
                                       ※1  23,938            ※1  29,213
           投資その他の資産合計
                                          79,501              85,679
         固定資産合計
       資産合計                                  137,934              129,389
                                  86/108














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                          1,093              1,049
         支払手形
                                          1,910              2,066
         買掛金
                                          22,147              12,149
         短期借入金
                                          3,500
         1年内償還予定の社債                                                 -
                                          6,941              6,617
         未払金
                                            370              353
         未払費用
                                          2,217              3,503
         未払法人税等
                                            848              582
         未払消費税等
                                            196              193
         前受金
                                            294              303
         預り金
                                            50              37
         前受収益
                                            673              691
         賞与引当金
         資産除去債務                                  148               -
                                            115               55
         その他
                                        ※1  40,506            ※1  27,603
         流動負債合計
       固定負債
                                          6,500              6,500
         社債
                                          10,000              10,000
         長期借入金
                                          3,345              3,787
         退職給付引当金
                                          2,496              2,519
         その他
                                        ※1  22,342            ※1  22,806
         固定負債合計
                                          62,848              50,410
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                          12,350              12,350
         資本金
         資本剰余金
                                          4,002              4,002
           資本準備金
                                          4,002              4,002
           資本剰余金合計
         利益剰余金
           その他利益剰余金
                                          16,604              16,604
             別途積立金
                                          43,019              46,601
             繰越利益剰余金
                                          59,623              63,205
           利益剰余金合計
                                         △ 1,368             △ 1,309
         自己株式
                                          74,607              78,248
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          1,033              1,261
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 733             △ 733
         土地再評価差額金
                                            299              527
         評価・換算差額等合計
                                            178              203
       新株予約権
                                          75,085              78,979
       純資産合計
                                         137,934              129,389
      負債純資産合計
                                  87/108





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       ②  【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      売上高
                                         18,172              14,215
       商品売上高
                                         38,802              39,689
       カラオケ機器賃貸収入
                                         38,933              39,981
       カラオケ及び飲食店舗運営収入
                                          5,440              5,822
       その他営業収入
                                      ※1  101,348             ※1  99,709
       売上高合計
      売上原価
                                         10,749               9,044
       商品売上原価
                                         17,867              17,110
       カラオケ機器賃貸収入原価
                                         31,559              32,001
       カラオケ及び飲食店舗運営収入原価
                                          4,306              4,694
       その他営業収入原価
                                       ※1  64,483            ※1  62,851
       売上原価合計
                                         36,865              36,857
      売上総利益
                                     ※1 , ※2  21,366          ※1 , ※2  21,294
      販売費及び一般管理費
                                         15,499              15,563
      営業利益
      営業外収益
                                       ※1  1,427            ※1  1,142
       受取利息及び配当金
                                           208               22
       有価証券利息
                                           284              288
       受取協賛金
                                           877               70
       為替差益
                                        ※1  467            ※1  557
       その他
                                          3,264              2,082
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           216              203
       支払利息
                                           69              57
       社債利息
                                           25              18
       支払手数料
                                         ※1  80           ※1  136
       その他
                                           392              416
       営業外費用合計
                                         18,371              17,229
      経常利益
      特別利益
                                         ※3  32            ※3  48
       固定資産売却益
                                           370               24
       固定資産譲受益
                                            1              0
       投資有価証券売却益
                                           403               72
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※5  364          ※4 , ※5  127
       固定資産除売却損
                                          1,044               952
       減損損失
                                            8
       投資有価証券売却損                                                  -
                                          3,365
                                                         -
       投資有価証券評価損
                                          4,783              1,080
       特別損失合計
                                         13,992              16,221
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    4,692              5,566
                                          △ 318             △ 201
      法人税等調整額
                                          4,374              5,364
      法人税等合計
                                          9,617              10,857
      当期純利益
                                  88/108




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       【商品売上原価明細書】
                             前事業年度                  当事業年度

                           (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                           至 2017年3月31日)                   至 2018年3月31日)
                                    構成比                  構成比
                     注記
           区分              金額(百万円)                  金額(百万円)
                     番号
                                     (%)                  (%)
     Ⅰ 期首商品たな卸高                          4,980      18.8           5,234      21.1
     Ⅱ 当期商品仕入高                          21,448       81.0           19,475       78.7
                                 64                  52
     Ⅲ 他勘定受入高                ※1                 0.2                  0.2
           合計                          100.0                  100.0
                               26,494                  24,761
     Ⅳ 他勘定振替高                ※2          10,509                  10,273
                                5,234                  5,443
     Ⅴ 期末商品たな卸高
        商品売上原価
                               10,749                  9,044
       (脚注)

                 前事業年度                             当事業年度

              (自 2016年4月1日                             (自 2017年4月1日
               至 2017年3月31日)                              至 2018年3月31日)
     ※1  他勘定受入高の内訳                           ※1  他勘定受入高の内訳
        カラオケ賃貸機器等                   64百万円          カラオケ賃貸機器等                   52百万円

     ※2  他勘定振替高の内訳                           ※2  他勘定振替高の内訳

        カラオケ賃貸機器及び                             カラオケ賃貸機器及び
                          3,380百万円                             3,041百万円
        カラオケルーム設備                             カラオケルーム設備
        工具、器具及び備品                   13百万円          工具、器具及び備品                   167百万円
        カラオケ機器賃貸収入原価                   933百万円          カラオケ機器賃貸収入原価                   887百万円

        カラオケ及び                             カラオケ及び
                          5,392百万円                             5,415百万円
        飲食店舗運営収入原価                             飲食店舗運営収入原価
        その他営業収入原価                   712百万円          その他営業収入原価                   628百万円
        販売費及び一般管理費                   76百万円          販売費及び一般管理費                   132百万円

              合計           10,509百万円                  合計           10,273百万円
       【カラオケ機器賃貸収入原価明細書】

                                前事業年度                 当事業年度

                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
                       注記               構成比                 構成比
            区分                金額(百万円)                 金額(百万円)
                       番号                (%)                 (%)
     Ⅰ 減価償却費                             6,361      35.6           5,981      35.0
     Ⅱ 著作権使用料                             7,582      42.4           7,359      43.0
     Ⅲ 消耗品費                              906      5.1           851      5.0
     Ⅳ 通信費                             2,021      11.3           2,043      11.9
                                   994                 874
     Ⅴ その他                                    5.6                 5.1
       カラオケ機器賃貸収入原価                                100.0                 100.0
                                 17,867                 17,110
                                  89/108



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                                                            有価証券報告書
       【カラオケ及び飲食店舗運営収入原価明細書】
                                前事業年度                 当事業年度

                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
                       注記               構成比                 構成比
            区分                金額(百万円)                 金額(百万円)
                       番号                (%)                 (%)
     Ⅰ 食材原価                             5,198      16.4           5,202      16.3
     Ⅱ 労務費                            10,605       33.6          11,112       34.7
     Ⅲ 経費
        減価償却費                          2,074                 1,891
        賃借料                          7,652                 7,665
                                  6,029                 6,130
        その他
         当期経費                        15,756       50.0          15,687       49.0
        カラオケ及び
                                        100.0                 100.0
                                 31,559                 32,001
        飲食店舗運営収入原価
       【その他営業収入原価明細書】

                                前事業年度                 当事業年度

                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
                       注記               構成比                 構成比
            区分                金額(百万円)                 金額(百万円)
                       番号                (%)                 (%)
     Ⅰ 商品原価                              656     15.2            586     12.5
     Ⅱ 労務費                              90     2.1            78     1.7
     Ⅲ 経費
        減価償却費                           335                 458
        賃借料                          1,868                 2,098
        支払手数料                           493                 550
                                   861                 921
        その他
         当期経費                        3,559      82.7           4,029      85.8
        その他営業収入原価                          4,306      100.0           4,694      100.0
                                  90/108








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社第一興商(E02824)
                      &n