株式会社フュートレック 有価証券報告書 第18期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第18期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社フュートレック

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成30年6月25日
      【事業年度】                    第18期(自       平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
      【会社名】                    株式会社フュートレック
      【英訳名】                    FueTrek    Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長            浦川    康孝
      【本店の所在の場所】                    大阪市淀川区西中島六丁目1番1号
      【電話番号】                    06-4806-3112(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理部長              西田    明弘
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市淀川区西中島六丁目1番1号
      【電話番号】                    06-4806-3112(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理部長              西田    明弘
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/78













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)   連結経営指標等
             回次            第14期       第15期       第16期       第17期       第18期
            決算年月            平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                   (千円)      2,421,546       2,388,482       3,866,504       3,957,199       3,318,944

     売上高
     経常利益又は経常損失(△)              (千円)       465,841      △ 172,523       456,612       325,017      △ 283,803

     親会社株主に帰属する当期純
     利益又は親会社株主に帰属す              (千円)       273,424      △ 377,518       310,502       161,536      △ 136,024
     る当期純損失(△)
                   (千円)       261,755      △ 377,157       338,819       178,222      △ 142,253
     包括利益
     純資産額              (千円)      3,481,796       3,027,577       3,318,758       3,507,388       3,338,496

                   (千円)      4,477,611       4,984,669       5,450,847       5,426,969       5,061,659

     総資産額
                    (円)       355.49       306.74       336.22       351.41       335.24

     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益又は1
                    (円)        29.36      △ 40.53       33.34       17.35      △ 14.58
     株当たり当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)        29.21         -       -      17.29         -
     期純利益
                    (%)        73.9       57.3       57.4       60.3       61.8
     自己資本比率
                    (%)         8.4        -      10.4        5.0        -

     自己資本利益率
                    (倍)        20.30         -      33.26       57.59         -

     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                   (千円)       332,366      △ 161,081      1,025,805         29,602      △ 247,895
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                   (千円)      △ 121,930      △ 707,250      △ 299,148      △ 289,866       242,744
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                   (千円)       347,989       856,128       △ 20,578      △ 193,946      △ 109,532
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                   (千円)      2,881,657       2,869,453       3,575,531       3,121,320       3,006,636
     高
                            108       195       199       218       136
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 20 )      ( 24 )      ( 37 )      ( 52 )      ( 47 )
       (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
          2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、第15期、第16期及び第18期において、下記の理由
            により記載しておりません。
            第15期及び第18期:潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であるため。
            第16期:希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため。
          3.自己資本利益率及び株価収益率については、第15期及び第18期は親会社株主に帰属する当期純損失である
            ため記載しておりません。
                                  2/78





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
       (2)   提出会社の経営指標等
             回次            第14期        第15期        第16期        第17期        第18期
            決算年月            平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月        平成30年3月

                  (千円)      1,848,964        1,078,352        1,974,985        1,904,546        1,356,228

     売上高
     経常利益又は経常損失
                  (千円)       413,930       △ 137,990        329,640        167,385       △ 179,111
     (△)
     当期純利益又は当期純損
                  (千円)       265,843       △ 423,914        231,951        99,514       △ 79,515
     失(△)
                  (千円)       716,570        716,570        716,570        716,570        724,766
     資本金
                   (株)      9,459,200        9,459,200        9,459,200        9,459,200        9,479,200

     発行済株式総数
                  (千円)      3,275,993        2,774,952        2,960,190        3,041,297        2,964,585

     純資産額
                  (千円)      4,211,399        4,548,105        4,835,301        4,675,772        4,446,695

     総資産額
                   (円)       348.45        294.65        316.90        324.50        316.06

     1株当たり純資産額
                          10.50         -        -        -        -
     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり中間配
                            ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
     当額)
     1株当たり当期純利益又
     は1株当たり当期純損失             (円)        28.55       △ 45.51        24.91        10.69       △ 8.52
     (△)
     潜在株式調整後1株当た
                   (円)        28.41         -        -      10.65         -
     り当期純利益
                   (%)        77.1        60.3        61.0        64.6        66.3
     自己資本比率
                   (%)         8.3        -       8.1        3.3        -

     自己資本利益率
                   (倍)        20.88         -      44.53        93.49         -

     株価収益率
                   (%)        36.8         -        -        -        -

     配当性向
                            46        42        66        91        91
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 5 )       ( - )       ( 1 )      ( 11 )      ( 10 )
       (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
          2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、第15期、第16期及び第18期において、下記の理由
            により記載しておりません。
            第15期及び第18期:潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であるため。
            第16期:希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため。
          3.自己資本利益率及び株価収益率については、第15期及び第18期は当期純損失のため記載しておりません。
                                  3/78







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項
      平成12年4月         携帯機器におけるビジネスモデルの提案から具現化まで、システムLSIの設計技術ノウハウを
              いかした受託設計を事業内容として大阪市淀川区西宮原一丁目8番48号に当社設立
      平成12年9月         本社を大阪市淀川区西中島六丁目8番31号                      花原第6ビルに移転、本格営業開始
              大手携帯機器メーカーを始め、複数の企業より受託設計を受注
      平成13年3月         携帯電話用音源IP販売開始
              ライセンス、ロイヤルティ契約の締結
      平成16年4月         松下電器産業株式会社(現社名:パナソニック株式会社)から「3D音響IP」のライセンスを
              受け提携
      平成17年1月         株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ                 (現社名:株式会社NTTドコモ)               と音源の利用許諾契約を締
              結
      平成17年1月         大手予備校が実施する模試向けコンテンツをメモリーカードへ書込む業務を受託し、メモリー
              カードを販売するビジネスに参入
      平成17年12月         東京証券取引所マザーズに株式を上場
      平成18年5月         株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ                 (現社名:株式会社NTTドコモ)               と業務・資本提携契約を締
              結
      平成18年12月         株式会社国際電気通信基礎技術研究所と音声認識技術の分野において業務提携契約を締結
      平成19年4月         株式会社シンフォニックを子会社として設立(平成21年12月に吸収合併)
      平成19年5月         株式会社ATR-Lang(株式会社ATR-Trekに商号変更)に資本参加し子会社化
      平成19年11月         音声認識フロントエンドが株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ                             (現社名:株式会社NTTドコモ)
              向け携帯電話に搭載
              音声認識バックエンド(認識サーバー)を株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ                                    (現社名:株式会
              社NTTドコモ)       向け携帯電話に提供開始
              子会社の株式会社ATR-Trekが音声翻訳サービスを開始
      平成21年1月         音源IPの累計販売台数が1億台を突破
      平成21年4月         株式会社カナックより「使いかたナビ」のライセンス供与を受け、UIソリューション事業を開
              始
      平成21年11月         本社を大阪市淀川区西中島六丁目1番1号                      新大阪プライムタワーに移転
              UIアプリケーションのソフトウエアである「使いかたナビ」の検索技術が株式会社エヌ・
              ティ・ティ・ドコモ         (現社名:株式会社NTTドコモ)               向け携帯電話に搭載
      平成22年11月         「音声クイック起動」と称した音声対話技術を株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ                                      (現社名:株
              式会社NTTドコモ)         向け携帯電話に提供開始
      平成23年4月         イズ株式会社(株式会社ライトポケットに商号変更、以下同じ)の株式を取得し、同社及びその
              子会社である株式会社スーパーワンを子会社化(平成24年4月にイズ株式会社を完全子会社化、
              平成24年6月にイズ株式会社が保有する株式会社スーパーワンの株式を当社が取得)CRMソ
              リューション事業を開始           (株式会社ライトポケットは平成27年4月に吸収合併)
      平成23年10月         株式会社池田泉州銀行と共同開発した「銀行業務効率化のための業務日報ソリューション」を販
              売開始
      平成24年3月         株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ                 (現社名:株式会社NTTドコモ)               が提供するスマートフォン
              向け音声エージェント機能「しゃべってコンシェル」に音声認識エンジンを提供
      平成26年10月         株式会社メディア総合研究所の株式を取得し、同社を子会社化
      平成26年10月         翻訳事業の合弁会社である株式会社みらい翻訳を設立
      平成28年8月         株式会社アドホックの事業を吸収分割の方法により承継
      平成28年8月         東京証券取引所市場第二部へ市場変更
      平成29年7月         メディアジャパン株式会社の株式を取得し、同社及びその子会社であるメディアジャパンエー
              ジェンシー株式会社を子会社化
      平成29年10月         株式会社みらい翻訳の全株式を譲渡
      平成29年11月         株式会社メディア総合研究所の全株式を譲渡し、同社を連結の範囲から除外
                                  4/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループの事業セグメントは、当連結会計年度にメディアジャパン株式会社の全株式を取得し、同社及びその
       子会社であるメディアジャパンエージェンシー株式会社を連結子会社化したことに伴い、従来の「ライセンス事
       業」、「翻訳事業」及び「その他事業」の3つに「映像・メディア事業」が新たに追加されております。よって、当
       連結会計年度におきましては、当該4つの事業セグメントで構成されております。
        一方、   当連結会計年度に連結子会社でありました株式会社メディア総合研究所の株式の全てを譲渡し、                                            連結の範囲
       から除外いたしました。これに伴い、同社の主力事業であった翻訳事業セグメントに属する「翻訳事業分野」及びそ
       の他事業セグメントに属する「IT事業分野」について、                          株式会社メディア総合研究所の全               株式が譲渡された時点で当
       社グループの事業セグメントから除いております。
        その結果、当連結会計年度末において、当社グループは、当社及び連結子会社4社により構成され、事業セグメン
       トについては、ライセンス事業(音声認識事業分野、CRM事業分野)、映像・メディア事業(映像・メディア事業
       分野)、その他事業         (基盤事業分野、書き起こし事業分野、国際事業分野 他)で構成されることとなりました。
     (1)ライセンス事業

       ①音声認識事業分野
       ・vGate    ASR等、音声認識技術及び音声認識関連技術の開発及び販売
       ・多言語音声翻訳技術の開発及びvGate                   Translate等、音声翻訳事業の開発、運営
       ・音声言語関連技術の基礎研究(株式会社ATR-Trek)
       ②CRM事業分野

       ・CRMソフトウエア(顧客管理システム)Visionaryの開発及び販売
     (2)映像・メディア事業

        テレビ番組やその他の映像制作事業及び広告代理店業
        (メディアジャパン株式会社及びメディアジャパンエージェンシー株式会社)
     (3)その他事業

       ①基盤事業分野
       ・「E検定 ~電気・電子系技術者育成プログラム~」の開発及び販売
       ・スマートフォン、タブレット向けアプリケーションの開発及び販売(株式会社スーパーワン)
       ②書き起こし事業分野

       ・顧客から提供された音声データを文字に書き起こすサービス
       ③国際事業分野

       ・多言語ガイドシステム「U・feel」等、インバウンド市場に向けた製品、サービスの開発及び販売
       ・企業のPR施設やイベントに向けた展示システムの企画提案から設置までの業務
                                  5/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
       [事業系統図]
        以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
        (平成30年3月31日現在)
                                  6/78




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                        議決権の

                          資本金
           名称          住所         主要な事業の内容          所有割合           関係内容
                         (百万円)
                                         (%)
                                             ・業務委託契約に基づくソフト
                                              ウエアの開発・使用権許諾契
     (連結子会社)                         音声認識・音声翻
                                              約書に基づく使用権許諾
                    大阪市
     ㈱ATR-Trek                      60  訳関連技術の開発           66.0
                                             ・当社役員及び従業員が役員を
                    淀川区
     (注)1                         及び販売
                                              兼任                            2名
                                             ・当社従業員の出向                 7名
                                             ・ アプリケーション設計開発委

                              スマートフォン・
                                              託
                              スマートタブレッ
                    東京都
                                             ・当社役員及び従業員が役員を
     ㈱スーパーワン                      25  ト向けアプリケー           92.5
                    千代田区
                                              兼任                            3名
                              ションの開発及び
                              販売
                                             ・資金の貸付
                                             ・当社役員が役員を兼任            3名

                    名古屋市          テレビ番組やその
     メディアジャパン㈱                      35             100.0
                    中区          他の映像制作
                                             ・資金の貸付
                                         100.0
                                             ・当社役員が役員を兼任            3名
     メディアジャパンエ         ージェ     名古屋市
                            3  広告代理店業
     ンシー㈱    (注)2、3          中区                    (100.0)
                                             ・債務保証
       (注)1.特定子会社に該当しております。
          2.議決権の所有割合の(             )内は、間接所有割合で内数であります。
          3.売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等                   メディアジャパンエージェンシー               ㈱
                                            929,442
           (1)売上高(千円)
           (2)経常損失(△)(千円)                                 △4,354
           (3)当期純損失(△)(千円)                                 △1,909
           (4)純資産額(千円)                                 271,679
           (5)総資産額(千円)                                 455,362
                                  7/78










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成30年3月31日現在
               セグメントの名称
                                           従業員数(人)
      ライセンス事業                                          64    (8)
      翻訳事業                                          -    (18)
      映像・メディア事業                                          24    (10)
      その他事業                                          31    (11)
      全社(共通)                                          17    (-)
                  合計                             136    (47)
       (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除いております。)であり、臨時雇用
            者数(パートタイマー)は年間の平均人員を(                        )外数で記載しております。
          2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
          3.従業員数が前連結会計年度末に比べ82名減少しましたのは、平成29年11月15日付で株式会社メディア総
            合研究所の全株式を譲渡し、同社が連結の対象から除外されたことによるものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成30年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
           91(10)             42.3              6.0              5,824,726
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      ライセンス事業                                          47    (1)
      その他事業                                          27    (9)
      全社(共通)                                          17    (-)
                  合計                              91    (10)
       (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除いております。)であり、臨時雇用者数(パートタ
            イマー)は年間の平均人員を(                )外数で記載しております。
          2.平均年間給与は、賞与を含んでおります。
          3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (3)労働組合の状況

          労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  8/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)経営方針

         当社グループは、「社会の変化に柔軟に対応して、その時代に求められる商品を追求し、継続的に発展する会社
        を目指す。」を経営理念としております。当社の考える、柔軟とは「過去に捉われず」、商品とは「様々な商品の
        形態」を、継続的にとは「毎年着実に」と、考えております。この経営理念のもと、当社グループは、LSI設計
        会社からスタートし、ソフトウエアの開発から各種サービス事業への展開等、新規の事業を取り込みながら、事業
        内容を変化させながらグループを拡大してまいりました。
         より楽しく(Fun)・便利(Useful)・簡単(Easy)で豊かな生活の実現に貢献したい。これが私たちグループ
        の願いであり使命と考えております。
      (2)経営戦略等

         当社グループは平成30年3月期に経営判断により、機械翻訳事業に関わる2件の株式譲渡を行い、機械翻訳事業
        を縮小いたしました。今後は、音声認識事業を当社グループの中核事業として投資を集中するとともに、他社との
        協業体制の構築を進め、開発・営業力を強化いたします。
      (3)   経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループは、豊かで快適な生活を提供するサービス・商品を開発し続ける考えであります。そのために必要
        となる研究開発を実行しうる利益の確保に努めてまいります。
         当社グループが目標とする経営指標は、「売上高営業利益率」「1株当たり当期純利益」と考えております。企
        業の本業での収益を測る経営指標である売上高営業利益率を高めていくことが、収益力のある企業形成に不可欠で
        あると考えております。そのために持続的な売上増加と低コスト化の実現に努めてまいります。
      (4)経営環境並びに          事業上及び財務上の対処すべき課題

         当社は、当社グループが進める事業の状況・課題を下記のように認識しております。
         当社グループの事業の中核をなすのは音声認識事業です。キーボードやタッチパネルを使わない入力手段である
        音声認識は、「AI」や「自動運転」「スマートスピーカー」などに不可欠な技術であり、その技術開発は、大手グ
        ローバル企業を含め世界規模で進んでいます。当社としましては、このような世界的な動向を把握しながら、独自
        の技術開発や性能向上活動を継続し、収益を生む事業モデルを確立する必要があります。
         翻訳事業については、機械翻訳事業参入当初に目論んでいたビジネスモデルの実現が厳しくなったと判断し、中
        核事業である音声認識事業への経営資源の集中を企図して、平成29年11月に翻訳に関係する子会社等の株式譲渡を
        行い、高度な産業用機械翻訳を行う事業を縮小いたしました。
         平成29年7月には、当社グループ内の映像事業強化を目的として、メディアジャパン株式会社を子会社化しまし
        た。現在、映像事業においてはテレビ番組の制作業務の割合が高くなっておりますが、各局の番組制作費が削減さ
        れる中、これらの業務を中心に成長を考えるのは厳しい状況にあります。
         このような状況を踏まえ、当社グループでは事業の拡大を実現するうえで、下記の事項を対処すべき課題として
        取組んでまいります。
       ①音声認識事業
        当社の中核事業である音声認識事業については、これまで機械翻訳事業に投下されていた資金や人的資源を充当
       して研究開発等を行い、特色ある技術開発を強化いたします。競合の多くが、通信を伴うサーバー型の音声認識を
       行う中、通信が不要でセキュリティ性の高いローカル型大語彙連続音声認識など、独自の技術開発も進めてまいり
       ます。販売においては、ビジネスパートナーと共に事業開発を行い、事業の利益から当社がライセンス収入を得ら
       れる仕組みの構築に努めます。また、機械翻訳については、当社の多言語音声認識とのシナジーのある、多言語音
       声翻訳に特化して開発を継続いたします。特に、通信が不要で利用場所を選ばないローカル型多言語音声翻訳の開
       発・改善に注力してまいります。
       ②映像・メディア事業
        当社子会社であるメディアジャパン株式会社を中心として展開する映像・メディア事業については、テレビ局に
       依存した事業体制からの転換を図ります。現在は、インターネットを通じた動画配信など、テレビ以外の媒体で多
       くの映像コンテンツが扱われています。当社グループでは、これまでテレビで培った番組制作力を活かして、テレ
       ビ以外の媒体に向けた映像制作や独自のコンテンツ提案を進めます。
                                  9/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
       ③人材の確保
        音声認識を含むソフトウエア業界は、常に先進的な技術を取り入れ、技術開発を継続していくことが必要です。
       そのためには、専門的な知識を有する技術者の確保が重要です。当社では就業条件や人事考課手法の見直しによ
       り、優秀な技術者の確保及び定着を図ってまいります。
       ④内部統制システム
        当社グループの継続的発展と企業価値の向上には、有効な内部統制システムとその適切な運用が不可欠と認識し
       ております。当社グループでは、当社の内部統制基本方針に基づき、内部統制システムの改善及びその運用の徹底
       に努めてまいります。
      2【事業等のリスク】

        以下において、当社グループの事業の状況及び経理の状況等に関する事項のうち、リスク要因となる可能性があ
       ると考えられる主な事項及びその他投資者の判断に重要な影響を及ぼすと考えられる事項を記載しております。た
       だし、以下の記載は当社グループの事業等に関するリスクを全て網羅するものではありませんのでご留意下さい。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
        当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方
       針でありますが、当社の株式に関する投資判断は、本項及び本書中の本項以外の記載内容も併せて、慎重に検討し
       た上で行われる必要があると考えております。
       ①技術動向について

        当社グループの主業務である音声認識事業は、世界規模で技術開発が活発に行われている分野です。当社グルー
       プでは、新しい技術の導入や技術開発に有効な協業などの対策を講じてまいりますが、新商品やサービスの市場規
       模拡大スピード、新しい技術の方向性によっては、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性がありま
       す。
       ②技術開発について

        当社グループでは、研究開発活動等によって各種環境下での音声認識率の向上や多言語展開等の技術に対応して
       いく方針ではありますが、事業環境の変化に対応するための研究開発等の費用が非常に高額となる可能性や、研究
       開発活動等によって得られた成果を事業化できない可能性、また事業化した場合でも当社グループが想定している
       収益を得られない可能性も否定できません。このような場合には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可
       能性があります。
       ③競合について

        当社グループにおける各事業、製品においては、国内外に当社グループと競合する有力な事業者が存在しており
       ます。当社グループでは、製品においては独自技術の開発やサービスを利用し差別化を図っております。経営面で
       はビジネスモデルの工夫により差別化を図っております。しかしながら、既存の事業者または新規参入の事業者と
       の競合によって、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ④知的財産権について

        当社グループでは、第三者との間の知的財産権に関する紛争を未然に防止するため、新しい製品やサービスの開
       発にあたりましては調査を行い、また、必要に応じて先行特許調査を依頼し、弁護士の助言を得ながら製品の開
       発、ライセンスを実施しておりますが、当社グループのような研究開発型企業にとりまして、第三者との知的財産
       権に関する紛争を完全に防止することは事実上不可能であります。
        当社グループでは、特許権等の知的財産権の取得、弁護士等の専門家との連携等により知的財産権に関する紛争
       の防止に努めておりますが、第三者と知的財産権に係る紛争が生じた場合、当該紛争に対応するために多くの人的
       または資金的負担が当社グループに発生するとともに、場合によっては損害賠償請求、ライセンス料等の支払請求
       や製品等の差止の請求等を受ける可能性があり、当社グループの事業や業績に影響を及ぼす可能性があります。
        当社グループは特許権等の知的財産権を積極的に取得していく方針でありますが、当社グループが出願する特許
       権等の知的財産権の全てが登録される保証はありません。当社グループが知的財産権を十分に保全できない場合に
       は、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 10/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
       ⑤品質管理について
        当社グループは、特にソフトウエア開発に関しては、開発管理規程に基づき不具合を発生させないための諸施策
       を実施しておりますが、不具合の発生を完全に防止することはできません。現時点まで当社グループの責任による
       不具合の発生により商品等を回収・修理するような大きな事象は発生しておりませんが、このような事象が発生し
       た場合、不具合収束にかかる費用の負担、当社グループに対する信用低下等から、当社グループの事業及び業績に
       影響を及ぼす可能性があります。
       ⑥組織体制/人材について

        当社グループは小規模な組織でありますが、各業務において精通した従業員を配置し組織構成しております。当
       社グループの事業戦略を成し遂げるには、事業の立案・進捗をつかさどる役員を含む管理職とスキルを有する技術
       者が必要であります。
        グループ運営力を拡大・強化し、成長を遂げていくために、必要とされる人材の確保と育成を積極的に進めてま
       いりますが、求める人材の採用が進まなかった場合は、当社グループの事業に支障をきたす可能性があります。
       ⑦企業買収、グループ会社の設立及び業務提携に関するリスク

        当社グループは、将来の企業成長において必要と考える技術開発や市場の獲得のために、企業買収、新会社の設
       立、出資を伴う業務提携等により当社グループの増強を進めてまいります。前述の施策については十分な事前調査
       及び検討を実施してまいりますが、それらの事業が当社の計画どおりに進捗しない場合には、当社グループの業績
       に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑧情報セキュリティについて

        当社では、情報セキュリティ基本方針を定めると共に情報セキュリティ対策規程を制定し、顧客情報を含む社内
       の情報資産の管理・システム運営を徹底しており、プライバシーマークも取得しております。しかし、想定外の事
       態により情報資産が流出可能性はゼロではなく、流出が発生した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性
       があります。
       ⑨コンプライアンスについて

        当社では、月1回開催される内部統制委員会での内部統制状況の点検や、年2回開催される全社員が出席する全
       体会議を中心としてコンプライアンスについての教育を行い、また内部監査内容の改善等によりグループ内での内
       部統制システムの継続的な強化を図ってまいります。このようにグループ一丸となり法令遵守を徹底してまいりま
       すが、予測できない法令等への抵触や不正行為が発生した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があり
       ます。
       ⑩特定の取引先の依存について

        当社グループの売上について、売上割合(当連結会計年度における連結売上高に占める割合)が売上高の10%を
       超過している取引先があります。当社グループでは、特定の取引先への依存による業績に対する影響を緩和するた
       め、積極的な営業活動による営業基盤の拡大に継続して努めてまいりますが、当該取引先の取引方針等によって
       は、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑪音声認識事業における契約について

        当社グループの音声認識事業においては、NTTテクノクロス株式会社、株式会社ATR-Promotions、
       国立研究開発法人         情報通信研究機構(NICT)より音声認識に関するソフトウエア等の使用許諾を受けておりま
       す。各社とはパートナーとして確固たる関係を築いておりますが、契約取消に抵触するような重大な違反等が発生
       した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります                              。
                                 11/78






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュフロー(以下、「経営成績等」とい
       う。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①経営成績の状況

         当連結会計年度におけるわが国経済は、輸出や生産活動の回復は一服しているものの、雇用や所得環境の改善な
        どを背景に、個人消費も持ち直しの動きが見られます。また、当社グループの主力事業である音声認識事業に関連
        する市場では、スマートフォンやタブレット端末に加え、自動運転技術やスマートスピーカー、コミュニケーショ
        ンロボットなどへの展開が加速しています。
         このような環境のなか、当社グループは、音声認識・インバウンド・映像など複数の事業を柱とする会社を目指
        し、各事業の更なる拡大・強化に努めました。
         当連結会計年度に当社は、機械翻訳事業を縮小し、そのリソースを音声認識事業に集中することを経営判断し、
        翻訳事業に関わる2件の株式譲渡を実施いたしました。また想定外の事象として、新たに連結子会社となったメ
        ディアジャパンエージェンシー株式会社の広告収入が主要顧客の影響により、一時的に大きく減少いたしました。
         当連結会計年度における当社グループの業績は次のとおりであります。
                     第17期実績           第18期実績
                                             比   較   増   減
          項目          平成29年3月期           平成30年3月期
                                          金額(千円)          増減率(%)
                     (千円)           (千円)
       売    上    高       3,957,199           3,318,944          △638,254            △16.1
       営   業   損   益        325,254          △276,570          △601,825              -
       経   常   損   益        325,017          △283,803          △608,820              -
       親会社株主に帰属
                       161,536          △136,024          △297,561              -
       する当期純損益
        売上高は3,318,944千円(前連結会計年度比16.1%減)、経常損失は283,803千円(前連結会計年度は経常利益
       325,017千円)、親会社株主に帰属する当期純損失は136,024千円(前連結会計年度は親会社株主に帰属する当期純利
       益161,536千円)となりました。
        セグメントごとの業績につきましては、次のとおりであります。
        当社グループは、平成29年7月3日にメディアジャパン株式会社の全株式を取得し、同社及びその子会社であるメ
       ディアジャパンエージェンシー株式会社を連結子会社化したことに伴い、当連結会計年度より、報告セグメントを従
       来の「ライセンス事業」、「翻訳事業」及び「その他事業」の3区分から、「ライセンス事業」、「翻訳事業」、
       「映像・メディア事業」及び「その他事業」の4区分に変更しております。前連結会計年度の業績については、変更
       後の報告セグメントの区分に基づき作成しております。
                         第17期実績          第18期実績
                                                比  較  増  減
         セグメントの名称              平成29年3月期          平成30年3月期
                                            金額(千円)
                                                     増減率(%)
                         (千円)          (千円)
     ライセンス事業                      1,881,436          1,124,861         △756,575          △40.2
     翻訳事業                      1,193,101           479,267        △713,834          △59.8
     映像・メディア事業                       195,769         1,147,359          951,590          486.1
     その他事業                       686,891          567,455        △119,435          △17.4
           売上高合計                3,957,199          3,318,944         △638,254          △16.1
       a.ライセンス事業(音声認識事業分野、CRM事業分野 他)
        売上高は1,124,861千円(前連結会計年度比40.2%減)となりました。
        音声認識事業分野の売上高は869,929千円(同46.5%減)となりました。前連結会計年度                                         では大型ライセンスに係
       る売上が計上されましたが、当連結会計年度では、大型ライセンスに係る売上は計上されませんでした。
        CRM事業分野の売上高は254,846千円(同21.0%増)となりました。                                前連結会計年度と比較し、主にカスタマイ
       ズ業務にかかる売上が増加したことによるものであります。
                                 12/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
       b.翻訳事業(翻訳事業分野)
        売上高は479,267千円(同59.8%減)となりました。                        当連結会計年度において、連結子会社でありました株式会社
       メディア総合研究所の全株式を株式会社翻訳センターに譲渡し、株式会社メディア総合研究所に係る売上高の連結
       業績に含まれる期間が下記のように相違するため、前連結会計年度と比較し大幅に減少しております。
        前連結会計年度         平成28年4月1日から平成29年3月31日までの12か月間
        当連結会計年度         平成29年4月1日から平成29年9月30日までの6か月間
       c.映像・メディア事業(映像・メディア事業分野)

        売上高は1,147,359千円(同486.1%増)となりました。これは主に、新たに連結子会社となったメディアジャパ
       ン株式会社及びメディアジャパンエージェンシー株式会社の映像・メディア事業に係る売上によるものでありま
       す。
       d.その他事業(基盤事業分野、書き起こし事業分野、IT事業分野                               、国際事業分野 他)

        売上高は567,455千円(同17.4%減)となりました。IT事業分野は株式譲渡した株式会社メディア総合研究所の
       事業分野であり、上記の翻訳事業分野と同様に連結業績に含まれる期間が相違するため、前連結会計年度と比較
       し、大幅に減少いたしました。
        一方、前連結会計年度において吸収分割により承継した、株式会社アドホックの事業(映像展示システム、イン
       バウンド市場関連を含む)に係る売上高の連結業績に含まれる期間が下記のように相違するため、承継されたイン
       バウンド市場関連を含む国際事業分野において売上高は増加いたしました。
        前連結会計年度         平成28年8月1日から平成29年3月31日までの8か月間
        当連結会計年度         平成29年4月1日から平成30年3月31日までの12か月間
        また、基盤事業分野及び書き起こし事業分野の売上高につきましては、案件の減少等により、前連結会計年度と
       比較し減少いたしました。
        IT事業分野等での売上高の減少額が国際事業分野での売上高の増加額合計を上回ったため、その他事業セグメ
       ント全体の売上高としましては、前連結会計年度と比較して減少となりました。
       ②財政状態の状況

        (資産の部)
         当連結会計年度末の資産合計は5,061,659千円と、前連結会計年度末に比べて365,309千円の減少となりました。
        これは、流動資産の減少238,272千円、固定資産の減少127,037千円によるものであります。
         流動資産の主な変動要因は、現金及び預金の減少248,189千円、受取手形及び売掛金の減少140,451千円によるも
        のであり、固定資産の主な変動要因は、投資有価証券の減少145,792千円、のれんの増加39,204千円、ソフトウエ
        アの減少23,876千円によるものであります。
        (負債の部)
         当連結会計年度末の負債合計は1,723,162千円と、前連結会計年度末に比べて196,417千円の減少となりました。
         流動負債の主な変動要因は、1年内返済予定の長期借入金の減少489,742千円、買掛金の減少119,979千円、短期
        借入金の増加225,000千円、流動負債のその他の減少79,014千円であり、固定負債の主な変動要因は、長期借入金
        の増加371,147千円によるものであります。
        (純資産の部)
         当連結会計年度末の純資産合計は3,338,496千円と、前連結会計年度末に比べ168,891千円の減少となりました。
        これは主に、利益剰余金の減少149,529千円、非支配株主持分の減少20,593千円等によるものであります。
                                 13/78







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
       ③キャッシュ・フローの状況
         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ114,683千
        円減少し、当連結会計年度末には3,006,636千円となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果、使用した資金は247,895千円(前連結会計年度は得られた資金29,602千円)となりました。
         これは主に、      税金等調整前当期純損失が125,048                千 円、仕入債務の減少額156,951              千 円及び法人税等の支払額
        132,728    千 円によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果、得られた資金は242,744千円(前連結会計年度は使用した資金289,866千円)となりました。
         これは主に、無形固定資産の取得による支出107,796千円、投資有価証券の売却による収入172,705千円、連結の
        範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出221,676千円、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収
        入446,647千円によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果、使用した資金は109,532千円(前連結会計年度比43.5%減)となりました。
         これは主に、短期借入れによる収入250,000千円、長期借入れによる収入330,000千円、長期借入金の返済による
        支出652,488千円によるものであります。
      (2)  生産、受注及び販売の実績

       ①仕入実績
        当連結会計年度の実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
        a.材料仕入
                                当連結会計年度
                              (自    平成29年4月1日
            セグメントの名称                                    前年同期比(%)
                               至   平成30年3月31日)
                                 金額(千円)
      ライセンス事業                                2,944                 75.9
      翻訳事業                                 -                -
      映像・メディア事業                                 -                -
      その他事業                               108,242                 208.8
               合計                     111,187                 199.5
        b.  その他仕入

                                当連結会計年度
                              (自    平成29年4月1日
            セグメントの名称                                    前年同期比(%)
                               至   平成30年3月31日)
                                 金額(千円)
      ライセンス事業                               150,203                  72.0
      翻訳事業                               224,058                  36.9
      映像・メディア事業                               806,183                 981.3
      その他事業                               137,989                  56.3
               合計                    1,318,434                  115.3
      (注)1.材料仕入には、情報関連機器の仕入が含まれております。
         2.その他仕入には、支払ライセンス料・委託設計料・レンタルサーバー料・外注費が含まれております。
         3.  ライセンス事業におけるその他仕入は、主に委託設計料であります。
         4.  翻訳事業及びその他事業におけるその他仕入は、主に外注費であります。
         5.映像・メディア事業におけるその他仕入が前年同期に比べ大幅に増加しましたのは、当連結会計年度より                                                   メ
           ディアジャパン株式会社及びメディアジャパンエージェンシー株式会社が新たに連結子会社となったことに
           よるものであります。
         6.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 14/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
       ②受注実績
        当連結会計年度の実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称              受注高(千円)         前年同期比(%)         受注残高(千円)         前年同期比(%)
      ライセンス事業                    1,053,160            61.1        28,360          153.6
      翻訳事業                     419,065           34.4          -         -
      映像・メディア事業                    1,076,729            553.9        135,877          598.8
      その他事業                     557,069           82.6        11,271          52.0
             合計             3,106,024            81.5        175,509          142.7
       (注)1.受注高及び受注残高には、ランニングロイヤルティは含まれておりません。
          2.上記の金額は、販売価格によっております。
          3.映像・メディア事業における受注高及び受注残高が前年同期に比べ大幅に増加しましたのは、当連結会計
            年度より    メディアジャパン株式会社及びメディアジャパンエージェンシー株式会社が新たに連結子会社と
            なったことによるものであります。
          4.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       ③販売実績

        当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                当連結会計年度
                             (自    平成29年4月1日
            セグメントの名称                                    前年同期比(%)
                              至   平成30年3月31日)
                                金額(千円)
      ライセンス事業                             1,124,861                    59.8
      翻訳事業                              479,267                  40.2
      映像・メディア事業                             1,147,359                   586.1
      その他事業                              567,455                  82.6
               合計                    3,318,944                    83.9
       (注)1.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    平成28年4月1日             (自    平成29年4月1日
                  相手先
                                至   平成29年3月31日)              至   平成30年3月31日)
                              金額(千円)         割合(%)       金額(千円)         割合(%)
           アディーレ法律事務所                        -        -     902,530          27.2
           ㈱NTTドコモ                     776,337          19.6      358,770          10.8
          2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 15/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      (3)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       ①重要な会計方針及び見積り
        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成されて
       おります。当社の取締役会においては、連結財務諸表の作成に際し、会計上の見積りについて、合理的な見積金額を
       計算しておりますが、実際の結果は異なる場合があります。なお、連結財務諸表作成のための重要な会計基準等は、
       「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」をご参
       照ください。
       ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        当連結会計年度の売上高は3,318,944千円と、前連結会計年度に比べ638,254千円の減収となりました。これは主
       に、ライセンス事業(音声認識事業分野)において                        前連結会計年度       で計上された大型ライセンスに係る売上が、当連
       結会計年度では計上されなかったことによるものであります。                             セグメントごとの詳細につきましては、                   「(1)   経営成
       績等の状況の概要          ①経営成績の状況        」をご参照ください。
        当連結会計年度の営業損失は276,570千円と前連結会計年度に比べ601,825千円の減益となりました。これは主に、
       先述のとおりライセンス事業(音声認識事業分野)において                            大型ライセンスに係る売上が当連結会計年度では計上さ
       れなかったため、        売上総利益が      前連結会計年度に比べ808,837千円減少したことによるものであります。
        また、親会社株主に帰属する当期純損失については、136,024千円と前連結会計年度に比べ297,561千円の減益とな
       りましたが、      前連結会計年度に対する減益の金額が営業損益の減益の金額に対して小さくなっております。これは、
       株式会社メディア総合研究所の株式譲渡に伴う                      関係会社株式売却益118,548千円等により特別利益が前連結会計年度
       に比べ73,920千円増加したこと、及び特別損失が前連結会計年度に比べ98,766千円減少したこと等によるものであり
       ます。
        なお、期初に計画した予想との比較につきましては、連結子会社であった株式会社メディア総合研究所の株式譲渡
       及び新たに連結子会社となったメディアジャパンエージェンシー株式会社の広告収入の一時的な減少により、売上及
       び各利益ともに期初計画に比べて大きく下回る結果となりましたが、これらの要因が今後の経営成績等に与える影響
       は軽微であると判断しております。
       ③資本の財源及び資金の流動性について

        (キャッシュ・フローの状況)
         当連結会計年度における資金の期末残高は、投資活動によるキャッシュ・フローで242,744千円資金が得られ、
        営業活動及び財務活動によるキャッシュ・フローでそれぞれ247,895千円、109,532千円資金を使用した結果、前連
        結会計年度末に比べ114,683千円減少し3,006,636千円となりました。
         詳細につきましては、「業績等の概要(2)キャッシュ・フロー」をご参照ください。
        (資金需要)
         当社グループの運転資金需要の主なものは、売掛金、買掛金の回転期間差異に基づく運転資金及び研究開発資金
        であります。
        (財政政策)
         当社グループの運転資金につきましては、自己資金で対応することを原則としております。また、必要な資金は
        銀行等金融機関からの借入により調達しております。なお、当連結会計年度末の有利子負債残高は1,433,891千円
        となっております。
                                 16/78







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
       (1)音声認識事業分野に関して技術援助等を受けている契約
       契約会社名         相手方の名称         契約書名       契約締結日          契約内容            契約期間
                                                  平成19年2月26日より3
                        音声認識用
               ㈱ATR-Lang                       音声認識に関するソフトウエ
                                                  年間以降解約する旨の合
               (㈱ATR-Tre
     ㈱フュートレック                         平成19年2月26日        ア並びに特許の非独占的使用
                        知的財産権使
                                                  意がない限り1年毎の自
               kに商号変更)                       権の許諾
                        用許諾契約書
                                                  動更新
                        音声認識バッ
                                                  平成19年6月1日より1
                        クエンドソフ              音声認識バックエンドに関す
                                                  年間とし合意とする終了
     ㈱フュートレック         ㈱ATR-Trek         トウエア非独      平成19年8月28日        るソフトウエアの継続的な非
                                                  がない限り1年毎の自動
                        占的使用権許              独占的使用権許諾
                                                  更新
                        諾契約書
                                                  平成19年6月1日から平
     ㈱ATR-Lang         ㈱ATR-Prom
                                                  成20年5月31日までと
                        知的財産権実              音声関連技術全般に関する知
     (㈱ATR-Tre         otions               平成19年5月31日                    し、いずれかからの終了
                        施許諾契約書              的財産権の実施許諾
                                                  の申し出がない限り1年
     kに商号変更)         (※)
                                                  毎の自動更新
                                      ㈱ATR-Promotio
                        ソフトウエア
               ㈱ATR-Prom                       nsとの知的財産権実施許諾
     ㈱ATR-Trek                   開示に関する      平成19年8月1日                         -
               otions                       契約に関連したソフトウエア
                        契約書
                                      の開示許諾
                                                  契約締結日から平成22年
                        ソフトウエア              音声認識エンジン技術に関す            5月31日までとする。但
                        使用許諾およ              るソフトウエアの使用許諾及            し、いずれかからも契約
     ㈱フュートレック         ㈱ATR-Trek               平成20年12月15日
                        び特許実施許              び音声認識に関する特許の実            を終結させる旨の申し出
                        諾契約              施許諾            がない限り1年毎の自動
                                                  更新
                                                  平成23年2月7日から1
                        大語彙音声認
                                      大語彙音声認識エンジンに関            年間とする。但し、書面
                        識エンジン非
     ㈱フュートレック         ㈱ATR-Trek               平成23年2月8日        するソフトウエアの使用権許            による合意により終了さ
                        独占的使用権
                                      諾            れない限り1年毎の自動
                        許諾契約書
                                                  更新
     (注)上記㈱ATR-Promotionsとの契約について(※)はロイヤルティとして売上高の一定率を支払っております。
       (2)音声認識事業分野に関して技術援助を与えている契約

       契約会社名         相手方の名称         契約書名       契約締結日          契約内容            契約期間
               ㈱エヌ・ティ・
                        ソフトウエア                          契約締結日から㈱NTTド
                                      音声認識フロントエンドのラ
     ㈱フュートレック         ティ・ドコモ(㈱NTT         ライセンス契      平成19年3月22日                    コモが利用停止を申し出
                                      イセンス契約
                        約書                          るまで
               ドコモに商号変更)
               ㈱エヌ・ティ・         ソフトウエア                          契約締結日から㈱NTTド
                                      端末内連続単語認識エンジン
     ㈱フュートレック         ティ・ドコモ(㈱NTT         ライセンス契      平成20年12月19日                    コモが利用停止を申し出
                                      の利用許諾
               ドコモに商号変更)         約書                          るまで
                                      音声合成エンジン、辞書マ
               ㈱エヌ・ティ・         ソフトウエア                          契約締結日から㈱NTTド
                                      ネージャ、対話インタープリ
     ㈱フュートレック         ティ・ドコモ(㈱NTT         ライセンス契      平成22年3月29日                    コモが利用停止を申し出
                                      タの各ソフトウエアの利用許
               ドコモに商号変更)         約書                          るまで
                                      諾
                        ソフトウエア                          平成28年1月1日から相
                                      音声認識関連ソフトウエア利
     ㈱フュートレック           -(注)2       ライセンス契      平成27年12月8日                    手方が利用停止を申し出
                                      用許諾の条件変更に係る契約
                        約書                          るまで
     ( 注)1.上記㈱NTTドコモとの契約についてはロイヤルティとして売上高の一定率を受け取っております。
       2.相手方の名称につきましては、相手先との守秘義務により公表を控えさせていただきます。
                                 17/78





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
       (3)業務・資本提携契約
       契約会社名         相手方の名称         契約書名       契約締結日          契約内容            契約期間
               ㈱エヌ・ティ・                                    契約締結日から3年間以
                        業務・資本提              音源関連の業務提携・当社株
     ㈱フュートレック         ティ・ドコモ(㈱NTT               平成18年5月22日                    降解約する旨の合意がな
                        携契約書              式の取得
                                                  い限り1年毎の自動更新
               ドコモに商号変更)
                                      音声認識技術の携帯端末への            契約締結日から      3年間以

               ㈱国際電気通信基礎         業務提携契約
     ㈱フュートレック                         平成18年12月11日        搭載と音声認識サービスの実            降解約する旨の合意がな
               技術研究所         書
                                      現化            い限り1年毎の自動更新
                                      高ノイズ環境下における音声            契約締結日から      5年間以

               VocalZoom    Systems
                        資本・業務提
     ㈱フュートレック                         平成26年2月21日        認識性能の向上を目指した協            降解約する旨の合意がな
                        携契約書
               Ltd.
                                      業            い限り1年毎の自動更新
                                                  契約締結日から      3年間以
                        資本・業務提              クラウドを活用した音声書き            降当事者の一方から解約
               TranscribeMe,      Inc.
     ㈱フュートレック                         平成26年7月7日
                        携契約書              起こしサービスの提供            する旨の意思表示がない
                                                  限り1年毎の自動更新
                                      音声認識・対話技術を活用し
                                      たユニークなUI(ユーザーイ            契約締結日から      3年間以
                        資本・業務提
     ㈱フュートレック         エスディーテック㈱               平成27年8月24日        ンターフェイス)/UX(ユー            降解約する旨の合意がな
                        携契約書
                                      ザーエクスペリエンス)ソ            い限り1年毎の自動更新
                                      リューションの企画・提案
                                      新しいコンセプトによる音声            契約締結日から      3年間以
                        資本・業務提
     ㈱フュートレック         ㈱ログバー               平成27年12月28日        翻訳関連製品及びサービスの            降解約する旨の合意がな
                        携契約書
                                      創造・開発            い限り1年毎の自動更新
       (4)その他の経営上の重要な契約

       契約会社名                   契約内容                  契約締結日         効力発生日
     ㈱フュートレック         メディアジャパン㈱の全株式を取得する               株式取得契約             平成29年6月19日         平成29年7月3日
     ㈱フュートレック         ㈱メディア総合研究所の全株式を譲渡する                株式譲渡契約            平成29年10月30日         平成29年11月15日

     (注)詳細は「第5 経理の状況1.連結財務諸表等 注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおりであります。
                                 18/78










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
        当社グループは、「Fun(楽しく)・Useful(便利)・Easy(簡単)を実現するための技術を提供す
       る」の方針のもと、音声認識事業分野を中心に研究開発を進めております。
        当連結会計年度においては、ローカル型大語彙連続音声認識システムの開発、多言語音声認識モデルの開発、音声
       認識バックエンドシステム及びクライアントミドルウエアの開発、音響技術の開発、音声翻訳システムの開発等を実
       施いたしました。
        研究開発費用総額は85,031千円であり、その内訳は、ライセンス事業(主に音声認識事業分野)が54                                              ,998千円、翻
       訳事業が30,033千円であります。
       (1)ライセンス事業

          音声認識事業分野の研究開発内容
           ①ローカル型大語彙連続音声認識システムの開発
            サーバーとの通信を必要としないローカル型大語彙連続音声認識システムの開発を行いました。独自の処
            理量削減技術により、搭載端末でも高速・高精度な音声認識が可能となりました。
           ②多言語音声認識モデルの開発
            ニューラルネットワーク方式の音声認識エンジン向けの日本語、英語、中国語、韓国語の言語モデル及び
            音響モデルの継続開発を行い性能の向上に努めました。
           ③音声認識バックエンドシステム及びクライアントミドルウエアの各種機能開発
            音声認識バックエンドとミドルウエアの開発等を行い、音声認識システムの付加価値向上のための研究開
            発を実施しました。
           ④音響技術の開発
            車載やロボット、スマートスピーカーで必要とされる、雑音を抑制するノイズリダクション技術、音声ガ
            イダンスや音楽の再生中に、ユーザーの声を音声認識できるバージイン機能の開発を行いました。
          音声認識事業分野の研究開発体制
           音声認識事業分野の研究開発活動は、当社の音声認識事業部及び株式会社ATR-Trekにて実施してお
           ります。
           当社では、③音声認識バックエンドシステム及びクライアントミドルウエアの開発、④音響技術の開発とこ
           れらを用いた製品・サービス開発を実施しております。
           株式会社ATR-Trekでは、①ローカル型大語彙連続音声認識システムの開発、②多言語音声認識モデ
           ルの開発を実施しております。
       (2)翻訳事業

           音声翻訳システムの開発
           株式会社ATR-Trekでは、訪日外国人旅行者との言葉の壁をなくすことを目的として、インバウンド
           事業向けの音声翻訳システムを開発し、実証実験を行いました。また、サーバーとの通信を必要としない
           ローカル型の音声翻訳システムの開発を行いました。
                                 19/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度の設備投資額(有形及び無形固定資産の取得価額を基準とし、消費税等は含んでおりません。)は
       101,467千円であります。その内訳は、ライセンス事業における設備投資額77,184千円、翻訳事業における設備投資
       額10,577千円、映像・メディア事業における設備投資額7,677千円、その他事業における設備投資額6,028千円であ
       り、主なものはライセンス事業におけるコンテンツ等の購入53,716千円であります。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の除却・売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                  平成30年3月31日現在
                                       帳簿価額(千円)
        事業所名                                               従業員数
                セグメントの名称          設備の内容
                                        工具、器具
        (所在地)                                                (人)
                                  建物               合計
                                        及び備品
     本社           ライセンス事業
                          開発施設          6,309       6,227       12,536        34
     (大阪市淀川区)           その他事業
     東京事業所           ライセンス事業
                          営業施設          2,349       15,510       17,860        32
     (東京都千代田区)           その他事業
        本社及び東京事業所は賃借物件で、その概要は次のとおりであります。

                                             年間賃借料          床面積
        事業所名        セグメントの名称                所在地
                                             (千円)         (㎡)
                ライセンス事業
     本社                   大阪市淀川区西中島六丁目1番1号                       33,604         736.73
                その他事業
                ライセンス事業
     東京事業所                   東京都千代田区神田多町二丁目2番地                       17,130         325.47
                その他事業
       (2)国内子会社

                                                  平成30年3月31日現在
                                          帳簿価額(千円)
                セグメントの         事業所名                              従業員数
        会社名                       設備の内容
                                            工具、器具
                名称         (所在地)                               (人)
                                        建物            合計
                                            及び備品
                ライセンス事業         本社(大阪市
     ㈱ATR-Trek                           開発施設        1,744      22,603     24,347       17
                翻訳事業         淀川区)
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備投資については、開発計画に沿って投資効果等を勘案の上策定しておりますが、平成30年3月
       31日現在において重要な設備の新設及び改修の予定はありません。
       (1)重要な設備の新設

         該当事項はありません。
       (2)重要な改修

         該当事項はありません。
                                 20/78





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①  【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                          31,744,000
                  計                               31,744,000
        ②  【発行済株式】

                                         上場金融商品取引所名
             事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
       種類                                  又は登録認可金融商品               内容
              (平成30年3月31日)              (平成30年6月25日)
                                         取引業協会名
                                           東京証券取引所           単元株式数
     普通株式               9,479,200             9,497,200
                                           (市場第二部)           100株
        計            9,479,200             9,497,200             -          -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発
        行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
                       平成26年6月20日定時株主総会                   平成27年6月19日定時株主総会
      決議年月日
                       平成27年4月10日取締役会                   平成27年10月23日取締役会
                                          当社取締役 2
                       当社従業員 11
      付与対象者の区分及び人数
                       当社子会社取締役 3                   当社従業員 9
      (名)
                       当社子会社従業員 4
                                          当社子会社取締役 1
      新株予約権の数(個) ※                 470[-]                   330[150]
      新株予約権の目的となる株式の                 普通株式 47,000[-]                   普通株式 33,000[15,000]
      種類、内容及び数(株) ※                 (注)1                   (注)1
      新株予約権の行使時の払込金額
                       643(注)2                   544(注)2
      (円) ※
                       自   平成29年4月24日                 自   平成29年11月10日
      新株予約権の行使期間 ※
                       至   平成30年4月23日                 至   平成30年11月9日
      新株予約権の行使により株式を
                       発行価格        643               発行価格        544
      発行する場合の株式の発行価格
                       資本組入額            322            資本組入額            272
      及び資本組入額(円) ※
                       ①新株予約権者は、権利行使時において、当社または当社の関係会社の取締
                        役、監査役もしくは従業員の地位にあることを要す。ただし、当社取締役会
                        が正当な理由があると認めた場合にはこの限りでない。
      新株予約権の行使の条件 ※
                       ②新株予約権者の相続はこれを認めない。
                       ③その他権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結した「新株予約
                        権割当契約書」に定めるところによる。
      新株予約権の譲渡に関する事項                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の決議による承認を要
      ※                 するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約
                       (注)3
      権の交付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
        現在(平成30年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を                                              [ ]   内に記
        載しており、その他の事項については当事業年度末日における内容から変更はありません。
        なお、平成26年6月20日定時株主総会決議(平成27年4月10日取締役会決議)ストックオプションについては、                                                    平
        成30年4月23日をもって権利行使期間が終了しております。
                                 21/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
     (注)1.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的たる株式の数を調整するものとする。ただ
          し、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的たる株式の数につい
          て行われ、調整により生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる。
           調整後株式数        =   調整前株式数        ×   分割・併合の比率
          また、当社が合併、会社分割、株式交換または株式移転(以下総称して「合併等」という)を行う場合、株式
          の無償割当を行う場合、その他株式数の調整を必要とする場合には、合併等、株式の無償割当の条件等を勘案
          のうえ、合理的な範囲内で株式数を調整することができる。
        2.新株予約権の行使に際して出資の目的は金銭とし、その価額は、新株予約権の行使に際して払込をすべき1株
          当たりの金額(以下「行使価額」という。)に各新株予約権の目的である株式の数を乗じた価額とし、行使価
          額は、新株予約権を割り当てる日(以下「割当日」という。)の属する月の前月の各日(取引が成立しない日
          を除く。)の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値に1.05を乗じた金額とし、1円
          未満の端数は切り上げる。ただし、その金額が割当日の終値(当日に終値がない場合は、それに先立つ直近の
          終値)を下回る場合は、割当日の終値とする。
          なお、当社が当社普通株式につき株式分割または株式併合を行う場合、上記の行使価額は、株式分割または株
          式併合の比率に応じ、次の算式により調整されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、当社が時価を下回る価額で当社普通株式につき、新株式の発行または自己株式の処分を行う場合(会社
          法第194条の規定(単元未満株主による単元未満株式売渡請求。)に基づく自己株式の売渡し、当社普通株式
          に転換される証券もしくは転換できる証券または当社普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付
          社債に付されたものを含む。)の転換または行使の場合を除く。)、上記の行使価額は、次の算式により調整
          されるものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新規発行株式数×1株当たり払込価額
                            既発行株式数+
            調  整  後     調  整  前
                                         新株式発行前の時価
                 =        ×
            行使価額        行使価額
                                  既発行株式数+新規発行株式数
          上記算式において、「既発行株式数」とは当社の発行済普通株式総数から当社が保有する普通株式に係る自己
          株式数を控除した数とし、また、自己株式の処分を行う場合には「新規発行株式数」を「処分する自己株式
          数」に読み替える。
          さらに、当社が合併等を行う場合、株式の無償割当を行う場合、その他上記の行使価額の調整を必要とする場
          合には、合併等の条件、株式の無償割当の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲内で行使価額を調整することが
          できる。
        3.組織再編に際して定める契約書または計画書等に以下定める株式会社の新株予約権を交付する旨を定めた場合
          には、当該組織再編の比率に応じて、以下に定める株式会社の新株予約権を交付するものとする。
         ①合併(当社が消滅する場合に限る。)
          合併後存続する株式会社または合併により設立する株式会社
         ②吸収分割
          吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全部または一部を承継する株式会社
         ③新設分割
          新設分割により設立する株式会社
         ④株式交換
          株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社
         ⑤株式移転
          株式移転により設立する株式会社
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
                                 22/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数       総数残高                     増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)        (千円)
      平成29年4月1日~
                    20,000      9,479,200         8,196      724,766         8,196       922,991
     平成30年3月31日(注)
       (注)新株予約権の行使による増加であります。
       (5)【所有者別状況】

                                                  平成30年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                       単元未満
                                                       株式の
       区分     政府及び                        外国法人等
                      金融商品      その他                個人
                                                       状況(株)
            地方公共      金融機関                                  計
                      取引業者      の法人                その他
            団体
                                 個人以外      個人
     株主数
               -      2     30     38     21      9   6,076     6,176        -
     (人)
     所有株式
     数         -     864    4,013     8,285     2,604      121    78,870     94,757       3,500
     (単元)
     所有株式
     数の割合         -    0.91     4.24     8.74     2.75     0.13     83.23     100.00        -
     (%)
       (注)自己株式146,460株は、「個人その他」に1,464単元、「単元未満株式の状況」に60株含まれております。
       (6)【大株主の状況】

                                                   平成30年3月31日現在
                                                       発行済株式
                                                       (自己株式
                                                       を除く。)
                                                 所有株式
                                    住   所                 の総数に対
             氏名又は名称
                                                 数   (株)
                                                       する所有株
                                                       式数の割合
                                                       (%)
     藤木    英幸                                         1,941,200        20.79
                            京都市南区
                            東京都千代田区永田町二丁目11-1                      568,000        6.08
     株式会社NTTドコモ
     鈴木    章久                                          233,100        2.49
                            静岡県熱海市
                            京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町566-1                      128,000        1.37
     株式会社フェイス
                            東京都港区六本木一丁目6-1                      122,635        1.31
     株式会社SBI証券
                            大阪市北区茶屋町18-14                       80,000       0.85
     株式会社池田泉州銀行
                            PETERBOROUGH       COURT   133  FLEET   STREET
     BNY  GCM  CLIENT    ACCOUNT    JPRD   AC  ISG  (FE-AC)
                            LONDON    EC4A   2BB   UNITED    KINGDOM          75,800       0.81
     (常任代理人        株式会社三菱東京UFJ銀行)
                            (東京都千代田区丸の内二丁目7-1)
     西田    明弘                                           68,600       0.73
                            京都府長岡京市
                            東京都千代田区麹町一丁目4                       61,200       0.65
     松井証券株式会社
     河合    謙一郎                                           61,000       0.65
                            京都市西京区
                                     -            3,339,535        35.78
               計
                                 23/78





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①  【発行済株式】
                                                  平成30年3月31日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容
      無議決権株式                      -             -             -
      議決権制限株式(自己株式等)                      -             -             -
      議決権制限株式(その他)                      -             -             -
                       普通株式            146,400                    単元株式数      100株
      完全議決権株式(自己株式等)                                   -
                       普通株式         9,329,300                     単元株式数      100株
      完全議決権株式(その他)                                      93,293
                       普通株式               3,500
      単元未満株式                                   -             -
      発行済株式総数                       9,479,200           -             -
      総株主の議決権                      -                93,293          -
        ②  【自己株式等】

                                                  平成30年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に

                             自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                               対する所有株式数
                             株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                   の割合(%)
                  大阪市淀川区西中島
      株式会社フュートレック                         146,400         -      146,400         1.54
                  六丁目1番1号
           計            -        146,400         -      146,400         1.54
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 普通株式
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                            株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -         -         -         -
     消却の処分を行った取得自己株式                            -         -         -         -
     合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                 -         -         -         -
     行った取得自己株式
     その他                            -         -         -         -
     保有自己株式数                         146,460         -        146,460         -
                                 24/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社における利益配分につきましては、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保の確保を図ると
       ともに、株主の皆様に対しての利益還元を経営の重要項目と位置付けており、安定的かつ継続的に実施していくこと
       を基本方針としております。
        配当の水準につきましては各種の指標がありますが、当社では、当期純利益に対する水準を示す指標である配当性
       向を重要な指標とし、株主の皆様へ安定的かつ継続的に還元していく方針であります。内部留保資金につきまして
       は、市場の急激な変化に対応した自社製品の開発、新ビジネスへの研究開発等に充当し、事業の拡大、企業価値の向
       上に努めてまいります。
        剰余金の配当につきましては、年1回の期末配当を基本方針としており、決定機関は株主総会であります。また、
       当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めて
       おります。
        当事業年度の配当につきましては、当期純利益が赤字となりましたため、誠に遺憾ながら見送らせていただきま
       す。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第14期          第15期          第16期          第17期          第18期
      決算年月       平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月          平成29年3月          平成30年3月

      最高(円)            1,800           859         1,109          1,436          1,263

      最低(円)             564          396          361          576          564

        (注)最高・最低株価は、平成28年8月1日より東京証券取引所(市場第二部)におけるものであり、それ以前は
           東京証券取引所(マザーズ)におけるものであります。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成29年10月          11月        12月      平成30年1月          2月        3月
      最高(円)           963        883        894        846        797        696

      最低(円)           856        721        742        769        564        604

        (注)最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。
                                 25/78










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
          男性7名      女性1名      (役員のうち女性の比率12.5%)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 平成17年7月      ㈱NTTドコモ入社
                                 平成26年4月      当社入社
                                 平成26年10月      事業開発部長
                                 平成28年9月      アライアンス部長兼社長室長
     代表取締役
                                 平成29年4月      新規事業開発推進部長兼法務・知
                   浦川    康孝
                        昭和33年6月29日生                            (注)3      6,400
     社長
                                      財部長
                                 平成29年6月      代表取締役社長就任          新規事業開
                                      発推進部長
                                 平成30年4月
                                      代表取締役社長(現任)
                                 昭和59年5月     ローム㈱入社
                                 平成13年11月     当社入社
                                 平成19年5月     ㈱ATR-Trek入社
                                      取締役就任      営業部長
                                 平成21年5月     代表取締役社長就任
                                 平成23年5月     取締役副社長就任
                                 平成24年5月     代表取締役社長就任
           管理部長兼
                   西田    明弘
     常務取締役                   昭和34年11月22日生
                                                    (注)3     68,600
                                 平成26年5月     当社入社     コーポレートコーディ
           法務・知財部長
                                      ネーション部長
                                 平成26年6月     取締役就任     管理部長兼コーポ
                                      レートコーディネーション部長
                                 平成26年10月     取締役    管理部長
                                 平成29年6月
                                      常務取締役      管理部長兼法務・知
                                      財部長(現任)
                                 平成2年4月      キヤノン㈱入社
                                 平成7年4月      ㈱国際電気通信技術研究所            音声
                                      翻訳通信研究所出向
                                 平成9年12月      米国カーネギーメロン大学滞在研
                                      究員
                                 平成11年2月      東京工業大学より博士(工学)授
                                      与
                                 平成24年1月      キヤノン情報技術(北京)代表取
           音声認識
                   深田    俊明
     取締役                   昭和39年8月5日生                            (注)3      1,000
                                      締役社長就任
           事業部長
                                 平成26年1月      ㈱ATR-Trek入社
                                 平成26年5月      同社    代表取締役社長就任
                                      (現任)
                                 平成27年6月      当社取締役就任        技術開発部長
                                 平成28年4月
                                      取締役    技術開発本部長
                                 平成29年4月
                                      取締役    音声認識事業部長
                                      (現任)
                                 平成18年7月      ㈱アドバンスト・メディア入社

                                 平成22年2月      当社入社     社長室室長
                                 平成23年6月      取締役就任      経営企画部部長
                                 平成24年3月      ㈱スーパーワン        取締役就任
                                 平成25年4月      取締役    新規ビジネス&グループ
                                      アライアンス開発事業部長
                                 平成26年4月      取締役    ビジネスプランニング&
                                      アライアンス部長
           プロモーション
                                 平成27年4月      取締役    社長室長兼経営企画&ス
     取締役             吉田    一也   昭和38年10月2日生                            (注)3      1,000
           事業部長
                                      トラテジックアライアンス部長
                                 平成28年4月      取締役    事業推進本部副本部長兼
                                      インバウンド事業推進部長
                                      ㈱メディア総合研究所          取締役就
                                      任
                                 平成29年4月      取締役    インバウンド&プロモー
                                      ション事業部長
                                 平成30年4月
                                      取締役    プロモーション事業部長
                                      (現任)
                                 26/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 平成5年11月      司法試験合格
                                 平成8年4月      弁護士登録(大阪弁護士会入
                                      会)、北浜法律事務所入所
                                 平成14年10月      奥田・木下法律事務所設立(現南
                   奥田    孝雄
     取締役                   昭和42年9月25日生
                                                    (注)3       -
                                      森町法律事務所)(現任)
                                 平成20年3月      神戸大学大学院法学研究科卒(法
                                      学修士)
                                 平成29年6月
                                      当社社外取締役就任(現任)
                                 昭和57年4月      池田銀行(現池田泉州銀行)入行
                                 平成15年3月      宝塚支店     支店長(宝塚駅前支店
                                      兼務)
                                 平成19年6月      同社人事総務部        部長
                   荒金    正志
     常勤監査役                   昭和34年8月31日生
                                                    (注)4       -
                                 平成22年5月      同社監査部      部長
                                 平成25年9月      同社人事部      参事役
                                 平成28年10月      同社事務総括部        参事役
                                 平成29年6月
                                      当社常勤監査役就任(現任)
                                 昭和42年4月      ソニー㈱入社
                                 平成11年4月      ㈱ユーエスシー(現㈱UKCエレ
                                      クトロニクス)入社
                                 平成11年6月      同社    専務取締役就任
                                 平成14年6月
                                      同社    代表取締役社長就任
                                 平成18年6月
                                      同社    取締役副会長就任
                                 平成20年6月
                                      日本ISSI㈱(現日本ISSI
                                      (同))取締役相談役就任
                  津田    由紀夫
     監査役                   昭和18年4月13日生                            (注)4       -
                                 平成20年6月
                                      当社社外監査役就任(現任)
                                 平成23年7月
                                      日本ISSI㈱(現日本ISSI
                                      (同))コーポレートアドバイザー
                                      就任
                                 平成26年7年
                                      ISSI(Cayman)
                                      Inc.コーポレートアドバイ
                                      ザー就任(現任)
                                 平成10年10月      公認会計士試験        合格

                                 平成10年11月
                                      TAC㈱     講師就任
                                 平成11年2月
                                      伊藤弥生公認会計士補事務所
                                      (現伊藤弥生公認会計士・税理士
                   伊藤    弥生
     監査役                   昭和48年1月8日生                            (注)4       -
                                      事務所)開設       代表(現任)
                                 平成23年4月      データライズ㈱        取締役就任
                                      (現任)
                                 平成23年6月      当社社外監査役就任(現任)
                                          計
                                                         77,000
      (注)1.奥田孝雄氏は、社外取締役であります。

         2.津田由紀夫、伊藤弥生の各氏は、社外監査役であります。
         3.平成30年6月22日開催の定時株主総会の終結の時から1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関す
           る定時株主総会の終結の時までであります。
         4.平成29年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関す
           る定時株主総会の終結の時までであります。
         5.所有株式数は、平成30年3月31日現在のものであります。
                                 27/78





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
       (1)  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社グループのコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、
        ①  法令違反の発生を予防・防止し「経営の適法性」を確保する。
        ②  ステークホルダー等に対する説明責任を重視・徹底する。
        ③  迅速、適切なディスクローズを行う。
         を基本として、日々、コーポレート・ガバナンスの強化・充実を図っていくことであります。
         そのために必要とされる社内組織を敷いております。
        経営機関制度につきましては、重要事項に関する意思決定及び監督機関としての取締役会、業務執行機関とし                                                   て
       の代表取締役、監査機関としての監査役会という会社法において規定している株式会社の機関制度を基本としており
       ます。
       (2)  企業統治の体制及び内部統制システムの整備の状況等
        ①  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
          当社は、会社の機関として会社法に規定する取締役会及び監査役会を設置しており、重要な業務執行の決
         議、監督並びに監査を行っております。
          当社は、平成30年6月22日開催の定時株主総会において社外取締役1名を選任いたしました。2名の社外監
         査役と共に当社の経営を監視できる体制とし、健全性を確保してまいります。
          取締役会
          取締役会は、平成30年6月25日現在取締役5名(うち社外取締役1名)で構成されております。
          月1回の定例開催及び必要に応じて臨時に開催しており、経営の基本方針、法令で定められた事項及び経営
         に関する重要事項を決定するとともに業務執行の状況を逐次監督しております。
          監査役会
          監査役会は、平成30年6月25日現在監査役3名(うち社外監査役2名)で構成されております。
         月1回の定例開催及び必要に応じて臨時に開催するようにいたしております。監査役2名は、コーポレート・
         ガバナンスの強化を目的に、社外からの人材となっており、ガバナンスの運営状況及び経営の日常活動の監視
         を行っております。
          経営会議
          当社グループの全般的な業務執行や重要な業務の実施に関する事項等を協議する場として月1回その他必要
         に応じて開催しております。平成30年6月25日現在メンバーは、取締役及び代表取締役が指名する者で構成さ
         れております。当経営会議におきましては、必要に応じて取締役会議題における事前討議等も行い、円滑な業
         務の執行に努めております。
          内部統制委員会
          当社グループの全般的なリスク事項を洗い出し、その頻度や重要度、対応策を協議する場として月1回その
         他必要に応じて開催しております。平成30年6月25日現在メンバーは、取締役及び代表取締役が指名する者で
         構成されております。
                                 28/78







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
          その具体的な関係及び内部統制システムを図示すると、次のとおりであります。
        ②  内部統制システム整備の状況










          健全な企業経営を行うためには、リスク管理が必要不可欠であると認識しております。取締役は、取締役会
         の構成員としてリスク管理体制を構築する責務を、監査役は、取締役のリスク管理の整備・運用を監視する責
         務を負っております。事業目的に沿って経営を推し進めていくためにも、内部統制システムを構築し、取締
         役、監査役はその職務を正しく遂行しなければならないと考えております。
          当社における内部統制システムの整備につきましては、平成18年5月10日開催の取締役会において「内部統
         制の基本方針」(平成29年4月21日開催の取締役会において改定)を決議いたしました。
          取締役及び使用人の職務執行・リスク管理にかかる体制、監査役のチェック体制等について、その方針を定
         めましたので、同方針に基づき内部統制を高めてまいります。
           当社における「内部統制の基本方針」は次のとおりであります。
         (内部統制の基本方針)

          「株式会社フュートレックは、社会の変化に柔軟に対応して、その時代に求められる商品を追求し、継続的に
          発展する会社を目指す。」との経営理念をふまえ、会社法及び会社法施行規則に基づく内部統制の基本体制
          を次のとおりとしております。
        Ⅰ.内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況
          1.取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
          ①当社グループ行動規範に則り、グループ会社役職員に法令および社内規程の啓蒙、遵守を諮り、企業倫理に
          適した行動を求める。
          ②法令遵守の徹底を図るため、リスク管理規程に基づき、部門統括取締役及び子会社代表取締役がコンプライ
          アンス責任者に任命されており、各コンプライアンス責任者はコンプライアンスの遵守状況等を内部統制委員
          会に報告する。また部門外の社外を含む役員については、コンプライアンス責任者である管理担当取締役が遵
          守状況等を報告する。
                                 29/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
          ③意思決定・業務執行に伴うグループ会社間、組織間、組織内の牽制を適切に行い、また報告漏れがないよう
          に行うため諸規程を制定し、適切な運用に努める。
          ④内部監査部門が各部門及びグループ子会社の内部監査を行い、業務の適切な執行状況を確認し、その結果を
          代表取締役及び監査役に報告する。
          2.取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

          ①「取締役会」、「経営会議」、その他重要会議における情報、取締役の職務執行に係る情報等について、文
          書管理規程、機密保持規程に従い保存ならびに管理を行う。
          ②主管部署および文書保管部署は、取締役の職務の執行に関する文書について、取締役又は監査役から閲覧の
          要請があった場合には、閲覧が可能な方法で保管しなければならないものとする。
          3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          ①フュートレックグループにおけるリスク管理については「リスク管理規程」に定め、周知・啓蒙・遵守を図
          る。
          ②リスク管理規程に基づき、内部統制委員会を設置し、当社グループにおけるリスク管理体制等内部統制の状
          況を点検し、改善を推進する。
          ③事業の重大な障害・瑕疵、重大な情報漏洩、重大な信用失墜、災害等の危機に対しては、定められた危機管
          理体制により対応する。
          4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          当社グループは次の事項に基づき、取締役の効率的な職務の執行を確保する。
          ①当社は、取締役会規程に基づき、定例の取締役会を原則毎月1回開催するほか、臨時に開催し、当社グルー
          プ各社の重要事項の決定ならびに業務執行状況の監督、監査を行う。
          ②業務については、業務分掌規程、子会社管理規程およびその他の規程により、業務分担、職務権限等を明確
          にして業務の効率性を高める。
          ③当社グループは、グループ各社を網羅する中期経営基本方針および年度予算を策定し、計画に基づいて業務
          執行状況を監督する。
          5.当社企業集団における業務の適正を確保するための体制

          ①当社グループの役職員に対する基本原則として、フュートレックグループ「経営理念」および「行動規範」
          を制定し、当社グループの役職員が遵守すべく、周知・啓蒙に努める。
          ②子会社には役員を派遣して、日常の経営をモニタリングするとともに、子会社代表者を取締役会の参加者と
          し、業績情報その他の重要な情報について定期的な報告を求め、企業集団としての目標共有と連携強化を図
          る。
          ③経営会議に関する規程および子会社に関する規程を制定し、当社取締役会、当社代表取締役への報告を義務
          付け、企業集団の重要な情報につき適時適切な収集・伝達を行う。
          ④管理担当部門が子会社における内部統制の整備運用状況をモニタリング、改善・支援し、内部監査室が計画
          的に子会社に対する監査を実施する。
          ⑤内部通報制度については、子会社にも適用し、企業集団として運営する。
          6.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

           監査役の監査の実効性を確保するため、その職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合には、当該使
          用人を配置するものとし、人選は監査役と協議の上行う。
          7.監査役の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性に関する事項及び当該                                      使用人に対する指示の実効

          性の確保に関する事項
           監査役の職務を補助する使用人は、監査役の指揮命令に従って監査役業務全般を補佐するものとし、監査業
          務に関しては取締役の指揮命令権を受けず、取締役からの独立性を確保する。
           また、当該使用人が他部署の使用人を兼務する場合は、監査役に係る業務を優先して従事する。
          8.監査役への報告に対する体制、ならびに報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受

          けないことを確保するための体制
          ①取締役および使用人は、会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事項、重大な法                                     令・定款違反を発見したと
          き、その他必要な事項について監査役に報告するものとする。
                                 30/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
          ②監査役は、重要な意思決定の過程および業務の執行状況を把握するため、取締役会、経営会議のほか重要な
          会議に出席し、報告を受けることができる。
          ③監査役は、稟議書等の決裁書類その他重要な書類を監査のため、閲覧することができる。
          ④リスク管理規程に基づき、法令違反行為、不正行為および法令違反の疑義がある行為等について役職員が直
          接情報提供を行う手段として、当社グループ各社内部に各社監査役を窓口とする社内相談室を設置するととも
          に、外部専門家を窓口とするグループ統一の社外相談室を設置する。グループ子会社に受付けられた報告等に
          ついては、各社監査役(社内相談室)より、当社常勤監査役(社内相談室)に報告する。
          ⑤監査役(社内相談室)に報告を行った当社グループ役職員に対し、当該報告をしたことを理由として、解雇そ
          の他の不利益な取扱いを行うことを禁止する。
          9.監査費用の前払又は償還の手続きその他の監査費用等の処理に係る方針に関する事項

          ①通常の監査費用については、会社の事業計画および監査役の監査計画に基づき、あらかじめ予算を計上して
          おく。
          ②その他、監査役がその職務の執行について生ずる費用の前払又は償還等の請求をした時は、会社は当該請求
          に係る費用又は債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと証明した場合を除き、これを拒むことができ
          ず、速やかに当該費用又は債務を処理する。
          10.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

          ①監査役会の監査計画に基づき監査が実効的に行えるよう、会計監査人、内部監査室、グループ各社の監査役
          との情報交換に努め、連携して当社及びグループ各社の監査の実効性を確保する。
          ②監査役の職務の遂行にあたり、監査役が必要と認めた場合に、弁護士、公認会計士等の外部専門家を活用す
          ることができる。
          11.反社会的勢力排除に向けた基本的考え方およびその体制

          当社グループは、反社会的勢力とは関係を持たず、不当な介入に際しては断固排除することを基本的な考え
         とする。    また、反社会的勢力排除に向け警察等外部専門機関との連携・通報体制を整備し、有事には、組織全
         体で対応する体制を構築、強化する。
        ③  内部監査及び監査役監査の状況

          内部監査は内部監査規程に則り各年度において決定された内部監査計画に基づいて、社長直轄の組織である
         内部監査室(室長1名)が主管し、他部門からも監査担当者12名を任命のうえ実施しております。
          監査手法は、内部監査規程に基づき下記の要領で実施しております。
           (イ)   内部監査計画書の代表取締役承認
           (ロ)   監査部門に対し内部監査実施通知書を提出
           (ハ)   内部監査の実施
           (ニ)   内部監査報告書の提出
           (ホ)   被監査部門に改善指示書を提出
           (ヘ)   被監査部門による改善報告書の提出
          監査役とは、必要に応じて会合をもち、内部監査計画の説明等を実施すると共に、監査期間中においても状
         況を報告の上、助言を得ております。また監査終了後は、内部監査報告書を提出し、問題点の共有化並びに監
         査役監査に結び付けております。
          会計監査人に対しても内部監査報告書に基づき問題点の共有化を図っております。
          監査役監査は、監査計画書に基づき、各監査役の職務分担に応じて実施しております。
          日常監査としまして、重要会議への出席、取締役及び使用人への報告聴取、書類の閲覧等を実施し、内部統
         制、リスク管理体制等の遵守状況を確認しております。
          また、会計監査人とは、監査計画の説明、監査結果の報告等を求めると共に監査時の立会い、報告事項の相互
         伝達等により監査のコミュニケーションを図っております。内部監査室及び監査役は内部統制部門に対しヒア
         リング等を通じて必要な情報を得ており、会計監査人も必要に応じてヒアリングを行い、それぞれ実効性のあ
         る監査を実施しております。
           なお、常勤監査役            荒金正志氏は銀行業務に長年携わった経験より財務等に関する豊富な知見を有しており
         ます。また、社外監査役             伊藤弥生氏は、公認会計士の資格を有し財務及び会計に関する高度な専門知識と豊
         富な経験を有しております。
                                 31/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        ④  会計監査の状況
          当社の会計監査は有限責任監査法人トーマツを起用しております。同監査法人及び当社監査に従事する同監
         査法人の業務執行社員と当社の間には、特別の利害関係はありません。当社は同監査法人との間で、監査契約
         書を締結し、それに基づき報酬を支払っております。当期において業務を執行した公認会計士の氏名、監査業
         務に係る補助者の構成については下記のとおりであります。
          なお、監査年数につきましては、7年を超えておりませんので記載しておりません。
          ・業務を執行した公認会計士の氏名
             業務執行社員:石黒           訓、目細      実
          ・会計監査業務に係る補助者の構成
             公認会計士          11名
             その他              1名
        ⑤  社外取締役及び社外監査役

          当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名であります。
          社外取締役       奥田孝雄氏は、経営に直接関与された経験はありませんが、弁護士としての豊富な経験と高度な
         専門知識を有しており、主にコンプライアンスの観点から有益なアドバイスをいただけるものと期待し、                                                社外取
         締役としての職務を遂行していただけると                    考え選任しております。           奥田孝雄    氏と当社の間には特別の利害関係は
         ありません。また、兼職先である南森町法律事務所と当社との取引関係その他の利害関係はありません。
          社外監査役       津田由紀夫氏は、ISSI(Cayman)Inc.のコーポレートアドバイザーであります。
         半導体業界に長年携わられた経験や企業経営者として高い見識を有し、業界の状況にも精通しており客観的かつ
         中立的な経営監視が可能と考え選任しております。津田由紀夫氏と当社の間には、特別の利害関係はありませ
         ん。兼職先であるISSI(Cayman)Inc.と当社との取引関係その他の利害関係はありません。
          社外監査役       伊藤弥生氏は、伊藤弥生公認会計士・税理士事務所代表及びデータライズ株式会社の取締役であ
         ります。公認会計士の資格を有し財務及び会計に関する高度な専門知識と豊富な経験により、経営の監視や適切
         な助言をいただけると考え選任しております。伊藤弥生氏と当社の間には、特別の利害関係はありません。ま
         た、兼職先である伊藤弥生公認会計士・税理士事務所及びデータライズ株式会社と当社との取引関係その他の利
         害関係はありません。
          なお、当社は社外取締役及び社外監査役の選任に当たり、経営監視機能の透明性を確保するため、株式会社東
         京証券取引所の定める「有価証券上場規程」をはじめ、その他の金融商品取引所や議決権行使助言機関等の独立
         性基準を参考に、「社外役員の独立性基準」を制定し選任条件としております。
          当社における「社外役員の独立性基準」は以下のとおりであります。
         (社外役員の独立性基準)

          当社は、当社の適正なガバナンスに必                  要な客観性と透明性を確保するため、当社における社外役員の独立性基
         準を定め、社外役員が次の項目のいずれにも該当しない場合、当該社外役員は当社からの独立性を有する。
          1.当社および当社の子会社(以下「当社グループ」という。)の関係者
          ①当社グループの業務執行者または過去10年間(ただし、過去10年内のいずれかの時において当社グループの
          非業務執行取締役、監査役であったことのある者にあっては、それらの役職への就任前10年間)において当社
          グループの業務執行者であった者
          ②当社グループの業務執行者の配偶者または2親等内の親族
          2.取引先企業との関係
          ①当社グループを主要な取引先(直近事業年度の取引額が当該企業の年間連結総売上高の2%以上)とする者ま
          たはその業務執行者
          ②当社グループの主要な取引先(直近事業年度の取引額が当社グループの年間連結総売上高の2%以上)または
          その業務執行者
          ③当社グループから取締役を受け入れている会社またはその親会社もしくは子会社の業務執行者
          ④当社グループが主要株主である会社の業務執行者
          3.専門的サービス提供者
          ①当社グループの会計監査人である監査法人に所属する公認会計士
          ②当社グループから多額(過去2年間に年間5百万円以上の報酬)の金銭その他の財産を得ている、弁護士、会
          計士、税理士、弁理士、司法書士等の専門家
                                 32/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
          4.その他
          ①当社グループの10%以上の議決権を保有している株主又は株主が法人である                                    場合には当該法人の業務執行者
          ②当社グループが借入を行っている主要な金融機関(直近事業年度末における全借入額が当社の連結総資産の
          2%以上)またはその親会社もしくは子会社の業務執行者
          ③当社グループから多額(年間3百万円以上)の寄付または助成を受けている者(当該寄付または助成を受けて
          いる者が法人、組合等の団体である場合は当該団体の業務執行者)
          ④その他の重要な利害関係が当社グループとの間にある者
          社外監査役2名は、監査役会で策定された監査方針及び監査計画に基づき、取締役会に出席し、また、常勤監

         査役等から十分な情報提供を受けた上で、社外的な観点から適宜意見を述べ、重要な意思決定や業務執行の状況
         の適法性及び妥当性を公正な立場で監視しており、社外監査役に期待される経営監督機能については十分にその
         機能を果たしていると判断しております。
          また、社外取締役または社外監査役による監督または監査と内部監査、監査役監査及び会計監査は相互に連携
         しており、内部監査室、会計監査人とは監査計画時等、監査の各段階において協議等を実施しております。
        ⑥    責任限定契約の内容の概要

           当社と社外取締役及び各社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、会社法第423条第1項の損害
          賠償責任を限定する契約を締結しております。
           当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める最低責任限度額としております。
       (3)  リスク管理体制の整備状況

         当社のリスク管理体制といたしましては、代表取締役を委員長、取締役、子会社の代表取締役等をメンバーと
        する内部統制委員会を設置しております。同委員会は、リスク管理規程に基づきリスク管理活動を網羅的に行っ
        ております。
       (4)  役員報酬等

        ①  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                   報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                       報酬等の総額
           役員区分                                           役員の員数
                        (千円)
                                                       (人)
                                  基本報酬        ストック・オプション
      取締役    (社外取締役を除く)
                           57,917           56,904            1,013         6
      監査役    (社外監査役を除く)
                           12,600           12,600             -        2
      社外役員                      8,000           8,000             -        ▶
       (注)1.ストック・オプションについては、業績向上に対する貢献意欲を高め、以て業績を向上させることを目的
            として、平成26年6月20日開催の第14期定時株主総会及び平成27年6月19日開催の第15期定時株主総会に
            おいてストック・オプションの付与を決議しております。
          2.ストック・オプションは、ストック・オプションとして付与した新株予約権に係る当事業年度の費用計上
            額であります。
        ②  役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
          当社の役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針は、下記のように社内規程に定めておりま
         す。
          役員報酬は株主総会で承認された報酬総額の範囲内において経営内容、役員報酬の世間相場、社員給与の最
         高額及び責任の度合いを勘案して決定することとしております。
       (5)  株式の保有状況

        ①  投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
              6銘柄     261,980千円
                                 33/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        ②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
         前事業年度
          特定投資株式
                                貸借対照表計上額
             銘柄           株式数(株)                         保有目的
                                  (千円)
      ㈱フェイス                     50,000         60,800    継続的な取引関係の維持、発展
      ㈱池田泉州ホールディングス                     40,000         18,400    継続的な取引関係の維持、発展
         当事業年度

          特定投資株式
                                貸借対照表計上額
             銘柄           株式数(株)                         保有目的
                                  (千円)
      ㈱フェイス                     50,000         59,700    継続的な取引関係の維持、発展
      ㈱池田泉州ホールディングス                     40,000         16,000    継続的な取引関係の維持、発展
        ③  保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並びに

        当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
         該当事項はありません。
       (6)  取締役の定数

         当社の取締役は12名以内とする旨を定款に定めております。
       (7)  取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、累積投票によらない旨を定款に定めております。
       (8)  株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めておりま
        す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を目的とするも
        のであります。
       (9)  株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項

        ①  自己の株式の取得
          当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得できる旨を定款で定
         めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取引等に
         より自己の株式を取得することを目的とするものであります。
        ②  中間配当

          当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として中間配
         当をすることができる旨を定款で定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためであ
         ります。
                                 34/78






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
      提出会社                22,000             -         25,500             -
      連結子会社                  -           -           -           -
         計             22,000             -         25,500             -
        ②【その他重要な報酬の内容】

          前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)及び当連結会計年度(自                       平成29年4月
         1日    至   平成30年3月31日)において、該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)及び当連結会計年度(自                       平成29年4月
         1日    至   平成30年3月31日)において、該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          監査報酬の決定方針を定めておりませんが、規模・特性・監査日数等を勘案した上で決定しております。
                                 35/78














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)    当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
         号)に基づいて作成しております。
      (2)    当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以

         下、「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
          また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成してお
         ります。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3
        月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、
        有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

         当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
        内容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益
        財団法人財務会計基準機構へ加入し、公益財団法人財務会計基準機構、有限責任監査法人トーマツ等の行う研修に
        参加しております。
                                 36/78














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       3,154,826              2,906,636
         現金及び預金
                                        829,918              689,467
         受取手形及び売掛金
                                        100,000              200,000
         有価証券
                                         31,912              27,924
         仕掛品
                                         19,662               2,455
         繰延税金資産
                                        106,582              177,367
         その他
                                        △ 3,854             △ 3,076
         貸倒引当金
                                       4,239,047              4,000,775
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         67,218              60,149
          建物
                                        △ 42,221             △ 39,233
            減価償却累計額
            建物(純額)                             24,996              20,916
          車両運搬具                                 -             2,052
                                           -            △ 1,526
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                               -              526
          工具、器具及び備品                              291,977              289,336
                                       △ 241,210             △ 239,915
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             50,767              49,420
                                           168              168
          土地
                                         75,933              71,032
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        251,260              290,464
          のれん
                                        237,814              213,937
          ソフトウエア
                                        489,074              504,402
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        535,089              389,297
          投資有価証券
                                         4,592              1,970
          繰延税金資産
                                         83,269              94,183
          その他
                                          △ 37              -
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                              622,914              485,450
                                       1,187,921              1,060,884
         固定資産合計
                                       5,426,969              5,061,659
       資産合計
                                 37/78







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        238,163              118,184
         買掛金
                                         25,000              250,000
         短期借入金
                                        502,486               12,744
         1年内返済予定の長期借入金
                                         68,702               5,646
         未払法人税等
                                         43,497               1,423
         賞与引当金
                                        239,702              160,688
         その他
                                       1,117,552               548,687
         流動負債合計
       固定負債
                                        800,000             1,171,147
         長期借入金
                                         2,028              3,327
         繰延税金負債
                                        802,028             1,174,474
         固定負債合計
                                       1,919,580              1,723,162
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        716,570              724,766
         資本金
                                        903,938              911,002
         資本剰余金
                                       1,720,566              1,571,036
         利益剰余金
                                        △ 70,014             △ 70,014
         自己株式
                                       3,271,059              3,136,790
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,492             △ 8,092
         その他有価証券評価差額金
                                         1,492             △ 8,092
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  19,320              14,876
                                        215,515              194,922
       非支配株主持分
                                       3,507,388              3,338,496
       純資産合計
                                       5,426,969              5,061,659
      負債純資産合計
                                 38/78










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                       3,957,199              3,318,944
      売上高
                                       2,219,428              2,390,011
      売上原価
                                       1,737,771               928,933
      売上総利益
                                    ※1 , ※2 1,412,516           ※1 , ※2 1,205,504
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                   325,254             △ 276,570
      営業外収益
                                           418              319
       受取利息
                                         3,740              1,240
       受取配当金
                                           309               -
       持分法による投資利益
                                         1,832                -
       貸倒引当金戻入額
                                         3,600               900
       業務受託料
                                           -             3,640
       保険解約返戻金
                                           994             1,263
       その他
                                         10,895               7,362
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         8,099              11,208
       支払利息
                                         1,985                -
       為替差損
                                           536             2,154
       投資事業組合運用損
                                           510             1,232
       その他
                                         11,132              14,595
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   325,017             △ 283,803
      特別利益
                                         68,833              42,530
       投資有価証券売却益
                                        ※3 21,726            ※3 118,548
       関係会社株式売却益
                                           -             3,402
       新株予約権戻入益
                                         90,559              164,480
       特別利益合計
      特別損失
                                         4,571               187
       投資有価証券売却損
                                        ※4 99,920             ※4 4,644
       投資有価証券評価損
                                           -              894
       ゴルフ会員権売却損
                                        104,492               5,726
       特別損失合計
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                        311,084             △ 125,048
      失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                   98,576               8,397
                                         5,768                20
      法人税等調整額
                                        104,344               8,417
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                   206,740             △ 133,466
                                         45,203               2,557
      非支配株主に帰属する当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                        161,536             △ 136,024
      帰属する当期純損失(△)
                                 39/78






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      当期純利益又は当期純損失(△)                                   206,740             △ 133,466
      その他の包括利益
                                        △ 28,517              △ 8,786
       その他有価証券評価差額金
                                       ※1 △ 28,517            ※1 △ 8,786
       その他の包括利益合計
                                        178,222             △ 142,253
      包括利益
      (内訳)
                                        133,008             △ 144,814
       親会社株主に係る包括利益
                                         45,213               2,561
       非支配株主に係る包括利益
                                 40/78
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                      716,570         903,938        1,550,564         △ 69,963       3,101,109
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期
                                        161,536                 161,536
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 51        △ 51

      持分法の適用範囲の変動                                  8,464                 8,464

      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計
                         -         -      170,001          △ 51      169,950
     当期末残高                 716,570         903,938        1,720,566         △ 70,014       3,271,059
                  その他の包括利益累計額

                               新株予約権          非支配株主持分            純資産合計
                 その他有価証券評価差額金
     当期首残高
                         30,020           8,978          178,649          3,318,758
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期
                                                         161,536
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 51

      持分法の適用範囲の変動

                                                          8,464
      株主資本以外の項目の当期

                        △ 28,528           10,341           36,866           18,680
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                        △ 28,528           10,341           36,866          188,630
     当期末残高                    1,492          19,320          215,515          3,507,388
                                 41/78









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                 716,570         903,938        1,720,566         △ 70,014       3,271,059
     当期変動額
      新株の発行(新株予約権の
                       8,196         8,196                         16,393
      行使)
      親会社株主に帰属する当期
                                       △ 136,024                △ 136,024
      純損失(△)
      連結範囲の変動                                 △ 13,504                △ 13,504

      非支配株主との取引に係る

                               △ 1,132                         △ 1,132
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       8,196         7,064       △ 149,529           -      △ 134,268
     当期末残高                 724,766         911,002        1,571,036         △ 70,014       3,136,790
                  その他の包括利益累計額

                               新株予約権          非支配株主持分            純資産合計
                 その他有価証券評価差額金
     当期首残高
                         1,492          19,320          215,515          3,507,388
     当期変動額
      新株の発行(新株予約権の
                                                         16,393
      行使)
      親会社株主に帰属する当期
                                                        △ 136,024
      純損失(△)
      連結範囲の変動

                                                        △ 13,504
      非支配株主との取引に係る

                                                         △ 1,132
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期
                         △ 9,585          △ 4,444         △ 20,593          △ 34,622
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   △ 9,585          △ 4,444         △ 20,593         △ 168,891
     当期末残高                   △ 8,092          14,876          194,922          3,338,496
                                 42/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純
                                        311,084             △ 125,048
       損失(△)
                                        138,244              140,335
       減価償却費
                                         39,225              47,129
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 23,108              △ 1,498
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 2,289               526
                                        △ 4,158             △ 1,559
       受取利息及び受取配当金
                                         8,099              11,208
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                  △ 309               -
       投資有価証券評価損益(△は益)                                  99,920               4,644
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 64,261             △ 42,342
       関係会社株式売却損益(△は益)                                 △ 21,726             △ 118,548
       ゴルフ会員権売却損益(△は益)                                    -              894
                                           -            △ 3,402
       新株予約権戻入益
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 389,898              212,670
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  2,831             △ 33,755
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  36,718             △ 156,951
                                         11,203             △ 39,771
       その他
                                        141,574             △ 105,468
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  4,285              1,573
                                        △ 8,073             △ 11,271
       利息の支払額
                                       △ 108,184             △ 132,728
       法人税等の支払額
                                         29,602             △ 247,895
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 121,513              △ 6,081
       定期預金の預入による支出
                                         43,295                -
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 37,296             △ 35,433
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 76,963             △ 107,796
       無形固定資産の取得による支出
                                       △ 174,881                 -
       投資有価証券の取得による支出
                                        120,338              172,705
       投資有価証券の売却による収入
                                         77,220                -
       関係会社株式の売却による収入
                                           -              555
       ゴルフ会員権の売却による収入
                                      ※2 △ 120,086
       吸収分割による支出                                                  -
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                                    ※3 △ 221,676
                                           -
       支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による
                                                     ※4 446,647
                                           -
       収入
                                           20            △ 6,176
       その他
                                       △ 289,866              242,744
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         25,000              250,000
       短期借入れによる収入
                                           -           △ 25,000
       短期借入金の返済による支出
                                        300,000              330,000
       長期借入れによる収入
                                       △ 510,008             △ 652,488
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 500             △ 500
       シンジケートローン手数料の支払額
                                           -            12,761
       新株予約権の行使による株式の発行による収入
                                          △ 51              -
       自己株式の取得による支出
                                          △ 40             △ 19
       配当金の支払額
                                        △ 8,347             △ 6,356
       非支配株主への配当金の支払額
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                           -           △ 17,930
       よる支出
                                       △ 193,946             △ 109,532
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 454,210             △ 114,683
                                       3,575,531              3,121,320
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 3,121,320             ※1 3,006,636
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 43/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
        (1)連結子会社の数           ▶ 社
          連結子会社の名称
           株式会社ATR-Trek
           株式会社スーパーワン
           メディアジャパン株式会社
           メディアジャパンエージェンシー株式会社
           当連結会計年度においてメディアジャパン株式会社の全株式を取得したため、同社及びその子会社であるメ
           ディアジャパンエージェンシー株式会社を連結の範囲に含めております。また、株式会社メディア総合研究
           所については、保有する全ての株式を譲渡したため、連結の範囲から除外しております。
        (2)非連結子会社の名称等

          該当事項はありません。
       2.持分法の適用に関する事項

         該当事項はありません。
       3.連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
       4.会計方針に関する事項

        (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
         イ   有価証券
          その他有価証券
           時価のあるもの
             連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
           平均法により算定)を採用しております。
           時価のないもの
             移動平均法による原価法を採用しております。
             なお、投資事業有限責任組合への出資については、入手可能な直近の決算書に基づき、組合等の損益及
           びその他有価証券の評価差額のうち当社の持分相当額を投資事業組合運用損益及びその他有価証券評価差
           額金として投資有価証券に加減する方法によっております。
         ロ   たな卸資産
          仕掛品
           個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用してお
          ります。
        (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

         イ   有形固定資産
           主として定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除
          く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
           なお、主な耐用年数は、以下のとおりであります。
           建物            10~39年
           車両運搬具            2~3年
           工具、器具及び備品            3~6年
         ロ   無形固定資産
          ソフトウエア
           自社利用のソフトウエア
             社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
           市場販売目的のソフトウエア
             見込販売収益に基づく償却額と残存有効期間(3年以内)に基づく均等配分額とのいずれか大きい額を
           償却しております。
                                 44/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        (3)重要な引当金の計上基準
         イ   貸倒引当金
           債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
          については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         ロ   賞与引当金
           従業員に対して支給する賞与の支出に備えるため、賞与の支給見込額のうち当連結会計年度負担額を計上し
          ております。
        (4)重要な外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算の基準
           外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
          おります。
        (5)重要な収益及び費用の計上基準
          受注制作のソフトウエアに係る売上高及び売上原価の計上基準
          イ   当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるプロジェクト
             工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
          ロ   その他のプロジェクト
             工事完成基準
        (6)のれんの償却方法及び償却期間
          その効果の発現する期間(7~8年)にわたって均等償却を行っております。
        (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
          手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
         負わない取得日から3カ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
          消費税等の会計処理
            税抜方式によっております。
         (未適用の会計基準等)

        ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
        ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委
         員会)
        (1)  概要

          国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会
         計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにお
         いてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は平成
         29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識
         に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
          企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合
         性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを
         出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目があ
         る場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取り扱いを追加することとされております。
        (2)  適用予定日

          平成34年3月期の期首から適用します。
        (3)  当該会計基準等の適用による影響

          「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
         ります。
         (連結貸借対照表関係)

          該当事項はありません。
                                 45/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
      ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                             至     平成29年3月31日)               至     平成30年3月31日)
     役員報酬                              192,341    千円              179,300    千円
                                   341,594                 280,345
     給与手当
                                    18,909                 18,653
     賞与引当金繰入額
                                   139,539                  85,031
     研究開発費
      ※2    一般管理費に含まれる研究開発費の総額

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自    平成28年4月1日                         (自    平成29年4月1日
              至     平成29年3月31日)                          至     平成30年3月31日)
                         139,539    千円                         85,031   千円
      ※3 関係会社株式売却益

         前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
         持分法適用関連会社であった株式会社みらい翻訳の当社保有株式を一部売却したことによるものであります。
         当 連結会計年度      (自    平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
         連結子会社であった株式会社メディア総合研究所の当社保有株式を全て売却したことによるものであります。
      ※4    投資有価証券評価損

         出資先に対する投資有価証券の評価について検討した結果、投資有価証券評価損を特別損失に計上しておりま
         す。
         (連結包括利益計算書関係)

      ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)             至   平成30年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                 23,181千円              △14,194千円
      組替調整額                                △64,261                 5,101
       税効果調整前
                                      △41,080                △9,092
       税効果額                                12,562                 305
       その他有価証券評価差額金
                                      △28,517                △8,786
        その他の包括利益合計
                                      △28,517                △8,786
         (連結株主資本等変動計算書関係)

         前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                      期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                   9,459,200             -          -      9,459,200
            合計             9,459,200             -          -      9,459,200
     自己株式
      普通株式 (注)                    146,400            60          -       146,460
            合計              146,400            60          -       146,460
     (注)普通株式の自己株式の増加株式数60株は、単元未満株式の買取によるものであります。
                                 46/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる株                              年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          式の種類                             (千円)
                                 年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社
            ストック・オプションとして
                            -      -      -      -      -     19,320
            の新株予約権(注)
     (親会社)
              合計              -      -      -      -      -     19,320
     (注)ストック・オプションとしての新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
             該当事項はありません。
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
             該当事項はありません。
         当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                      期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式 (注)                   9,459,200           20,000            -      9,479,200
            合計             9,459,200           20,000            -      9,479,200
     自己株式
      普通株式                    146,460            -          -       146,460
            合計              146,460            -          -       146,460
     (注)普通株式の発行済株式総数の増加20,000株は、新株予約権の権利行使による新株の発行によるものであります。
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる株                              年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          式の種類                             (千円)
                                 年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社
            ストック・オプションとして
                            -      -      -      -      -     14,876
            の新株予約権
     (親会社)
              合計              -      -      -      -      -     14,876
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
             該当事項はありません。
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
             該当事項はありません。
                                 47/78






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※1    現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                              至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
      現金及び預金勘定                             3,154,826     千円            2,906,636     千円
      取得日から3ヵ月以内に償還期限が到来する
      短期投資(有価証券)                              100,000                 200,000
      預入期間が3か月を超える定期預金                             △133,506                 △100,000
      現金及び現金同等物                             3,121,320                 3,006,636
      ※2 吸収分割により増加した資産及び負債の主な内訳は次のとおりであります。

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
         流動資産                                   38,039千円
         消耗品費等                                    2,196
         固定資産                                    3,844
         のれん                                   85,000
         流動負債                                   △8,994
         吸収分割により取得した事業の取得原価                                   120,086
         現金及び現金同等物                                     -
         差引:吸収分割による支出                                   120,086
      ※3 当連結会計年度に株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

        株式の取得により新たにメディアジャパン株式会社及びその子会社であるメディアジャパンエージェンシー株式会
        社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに当                               該子会社株式の取得価額と取得のための支出
        (純額)との関係は次のとおりであります。
         流動資産                                   491,166千円
         固定資産                                   55,554
         のれん                                   249,073
         流動負債                                  △156,901
         固定負債                                  △203,893
         株式の取得価額                                   435,000
         新規連結子会社の現金及び現金同等物                                  △213,323
         差引:連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出                                   221,676
      ※4 当連結会計年度に株式の売却により連結子会社でなくなった会社の資産及び負債の主な内訳

        株式の売却により株式会社メディア総合研究所が連結子会社でなくなったことに伴う売却時の資産及び負債の内訳
        並びに売却価額及び売却による収入                 は次のとおりであります。
         流動資産                                   374,956千円
         固定資産                                   68,453
         のれん                                   162,739
         流動負債                                  △160,584
         その他有価証券評価差額金                                    △607
         連結除外に伴う利益剰余金の減少額                                  △13,504
         関係会社株式売却益                                   118,548
         株式の売却価額                                   550,000
         売却会社の現金及び現金同等物                                  △103,352
         差引:連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収入                                   446,647
         (リース取引関係)

          該当事項はありません。
                                 48/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
       1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
           当社グループは、運転資金につきましては、自己資金で対応することを原則としております。また、必要な
          資金は銀行等金融機関からの借入により調達しております。
           一時的な余資は主に流動性が高く安全性の高い金融資産で運用しております。デリバティブ、投機的な取引
          は行っておりません。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
           営業債権である受取手形及び売掛金は、                   顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、                              与
          信管理規程に沿ってリスク低減を図っております。
           有価証券は国内譲渡性預金及び金銭信託であり、一時的な余資を                              運用しており、       期限を3カ月以内として流
          動性と安全性を重視し          リスク低減を図っております。
           投資有価証券は、        主として株式であり、          市場価格の変動リスクに晒されておりますが、四半期ごとに時価の
          把握を行っています。
           営業債務である       買掛金は、そのほとんどが3カ月以内の支払期日であります。
           借入金は、金利の変動リスクに晒されておりますが、主に固定金利を採用することで当該リスクの軽減を
          図っております。
           営業債務及び借入金は流動性リスクに晒されておりますが、月次で資金計画表を作成する等の方法により管
          理しております。
       (3)信用リスクの集中
           当連結会計年度の連結決算日現在における受取手形及び売掛金のうち37.3%が特定の大口顧客に対するもの
           であります。
       (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
           金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
          まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
          とにより、当該価額が変動することがあります。
       2.金融商品の時価等に関する事項

          連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
          なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
           前連結会計年度(平成29年3月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
            (1)現金及び預金                   3,154,826           3,154,826                -
            (2)受取手形及び売掛金                     829,918
                                 △3,854
               貸倒引当金(*)
                                 826,063           826,063               -
            (3)有価証券                     100,000           100,000               -
            (4)投資有価証券                     112,327           112,327               -
             資産計                  4,193,217           4,193,217                -
            (1)買掛金                     238,163           238,163               -
            (2)短期借入金                     25,000           25,000              -
            (3)未払法人税等                     68,702           68,702              -
            (4)長期借入金                   1,302,486           1,302,486                -
            (1年内返済予定を含む)
             負債計                  1,634,352           1,634,352                -
           (*)受取手形及び売掛金に計上している貸倒引当金を控除しております。
                                 49/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(平成30年3月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
            (1)現金及び預金                   2,906,636           2,906,636                -
            (2)受取手形及び売掛金                     689,467
                                 △3,076
               貸倒引当金(*)
                                 686,390           686,390               -
            (3)有価証券                     200,000           200,000               -
            (4)投資有価証券                     106,483           106,483               -
             資産計                  3,899,511           3,899,511                -
            (1)買掛金                     118,184           118,184               -
            (2)短期借入金                     250,000           250,000               -
            (3)未払法人税等                      5,646           5,646              -
            (4)長期借入金                   1,183,891           1,184,473               582
            (1年内返済予定を含む)
             負債計                  1,557,722           1,558,305               582
           (*)受取手形及び売掛金に計上している貸倒引当金を控除しております。
       (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
          資   産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金、(3)有価証券(譲渡性預金及び金銭信託)
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
           よっております。
          (4)投資有価証券
             これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は取引金融機関等から提示された価格
           によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」
           をご参照下さい。
          負   債
          (1)買掛金、(2)短期借入金、(3)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
           よっております。
          (4)長期借入金(1年内返済予定を含む)
             これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引い
           た現在価値により算定しております。なお、変動金利型の長期借入金については、短期間で市場金利を反
           映していることから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                      (単位:千円)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                 区分
                               (平成29年3月31日)                (平成30年3月31日)
         投資事業有限責任組合への出資                                95,787                96,533
         非上場株式                               326,974                186,280
                 合計                       422,762                282,813
          これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(4)投
          資有価証券」には含めておりません。
                                 50/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
          3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                            5年超
                                    1年超
                          1年以内                           10年超
                                            10年以内
                                   5年以内
                           (千円)                          (千円)
                                    (千円)
                                            (千円)
         現金及び預金                  3,154,826            -         -         -
         受取手形及び売掛金                   829,918           -         -         -
         有価証券
          譲渡性預金                  100,000           -         -         -
               合計            4,084,745            -         -         -
          当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                            5年超
                                    1年超
                          1年以内                           10年超
                                            10年以内
                                   5年以内
                           (千円)                          (千円)
                                    (千円)
                                            (千円)
         現金及び預金                  2,906,636            -         -         -
         受取手形及び売掛金                   689,467           -         -         -
         有価証券
          譲渡性預金及び金銭信託                  200,000           -         -         -
               合計            3,796,104            -         -         -
          4.長期借入金の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                         3年超       4年超
                           1年超       2年超
                                                       5年超
                    1年以内
                                        4年以内       5年以内
                           2年以内       3年以内
                    (千円)
                                                       (千円)
                           (千円)       (千円)
                                         (千円)       (千円)
                                  800,000
         長期借入金           502,486         -              -       -       -
            合計        502,486         -    800,000         -       -       -
          当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                         3年超       4年超
                           1年超       2年超
                                                       5年超
                    1年以内
                                        4年以内       5年以内
                           2年以内       3年以内
                    (千円)
                                                       (千円)
                           (千円)       (千円)
                                         (千円)       (千円)
                                  336,996
         長期借入金            12,744      809,042               6,996       6,996      11,117
            合計         12,744      809,042       336,996        6,996       6,996      11,117
                                 51/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
          前連結会計年度(平成29年3月31日)
                            連結貸借対照表計上額              取得原価            差額
                    種類
                               (千円)           (千円)           (千円)
               (1)株式                    60,800           47,877           12,922
               (2)債券
     連結貸借対照表計
                  ①国債・地方債等                   -           -           -
     上額が取得原価を
     超えるもの            ②社債                   -           -           -
                  ③その他                   -           -           -
                    小計               60,800           47,877           12,922
               (1)株式                   345,662           483,075          △137,413
               (2)債券
     連結貸借対照表計
                  ①国債・地方債等                   -           -           -
     上額が取得原価を
                  ②社債                   -           -           -
     超えないもの
                  ③その他                 31,124           33,425          △2,300
               (3)その他                   197,502           202,255           △4,753
                    小計              574,289           718,756          △144,467
               合計                   635,089           766,633          △131,544
          当連結会計年度(平成30年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額              取得原価            差額
                    種類
                               (千円)           (千円)           (千円)
               (1)株式                    59,700           47,877           11,822
               (2)債券
     連結貸借対照表計
                  ①国債・地方債等                   -           -           -
     上額が取得原価を
                  ②社債                   -           -           -
     超えるもの
                  ③その他                   -           -           -
                    小計               59,700           47,877           11,822
               (1)株式                   202,280           352,099          △149,819
               (2)債券
     連結貸借対照表計
                  ①国債・地方債等                   -           -           -
     上額が取得原価を
                  ②社債                   -           -           -
     超えないもの
                  ③その他                 30,783           33,004          △2,220
               (3)その他                   296,533           300,000           △3,466
                    小計              529,597           685,103          △155,506
               合計                   589,297           732,981          △143,684
          2.売却したその他有価証券

          前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
             種類           売却額(千円)           売却益の合計額(千円)             売却損の合計額(千円)
       (1)株式                      120,338             68,833             4,571
       (2)債券
          ①国債・地方債等
                                -             -             -
          ②社債
                                -             -             -
          ③その他
                                -             -             -
       (3)その他                         -             -             -
             合計                120,338             68,833             4,571
                                 52/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
             種類           売却額(千円)           売却益の合計額(千円)             売却損の合計額(千円)
       (1)株式                      172,705             42,530              187
       (2)債券
          ①国債・地方債等
                                -             -             -
          ②社債
                                -             -             -
          ③その他
                                -             -             -
       (3)その他                         -             -             -
             合計                172,705             42,530              187
          3.減損処理を行った有価証券

           前連結会計年度において、有価証券について99,920千円(投資有価証券の株式99,920千円)減損処理を行っ
          ております。また、当連結会計年度において、有価証券について4,644千円(投資有価証券の株式4,644千円)
          減損処理を行っております。
           なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には原則として減
          損処理を行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処
          理を行っております。
         (デリバティブ取引関係)

          当社グループは、デリバティブ取引を全く行っておりませんので該当事項はありません。
         (退職給付関係)

          当社グループは、退職給付制度を設けておりませんので該当事項はありません。
         (ストック・オプション等関係)

      1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                     (単位:千円)
                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (自    平成28年4月1日                 (自    平成29年4月1日
                          至   平成29年3月31日)                  至   平成30年3月31日)
     一般管理費の株式報酬費用                                10,341                    2,589
      2.権利不行使による失効により利益として計上した金額

                                                     (単位:千円)
                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (自    平成28年4月1日                 (自    平成29年4月1日
                          至   平成29年3月31日)                  至   平成30年3月31日)
     新株予約権戻入益                                  -                  3,402
      3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      (1)ストック・オプションの内容
                   平成26年ストック・オプション                     平成27年ストック・オプション
                 当社従業員 11                     当社取締役 2
     付与対象者の区分及び
                 当社子会社取締役 3                     当社従業員 9
     人数(名)
                 当社子会社従業員 4                     当社子会社取締役 1
     株式の種類別のストッ
                 普通株式      77,000株               普通株式      50,000株
     ク・オプションの数
     付与日            平成27年4月24日                     平成27年11月10日
                 権利行使時において、当社または当社                     権利行使時において、当社または当社
                 の関係会社の取締役、監査役及び従業                     の関係会社の取締役、監査役及び従業
     権利確定条件            員の地位にあることを要する。ただ                     員の地位にあることを要する。ただ
                 し、当社取締役会が正当な理由がある                     し、当社取締役会が正当な理由がある
                 と認めた場合にはこの限りでない。                     と認めた場合にはこの限りでない。
                 自平成27年4月24日                     自平成27年11月10日
     対象勤務期間
                 至平成29年4月23日                     至平成29年11月9日
                 自平成29年4月24日                     自平成29年11月10日
     権利行使期間
                 至平成30年4月23日                     至平成30年11月9日
                                 53/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
         当連結会計年度(平成30年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプション
        の数については、株式数に換算して記載しております。
        ①ストック・オプションの数
                   平成26年ストック・オプション                     平成27年ストック・オプション
      権利確定前(株)
      前連結会計年度末
                               72,000                     46,000
      付与
                                 -                     -
      失効
                                 -                     -
      権利確定
                               72,000                     46,000
      未確定残
                                 -                     -
      権利確定後(株)
      前連結会計年度末
                                 -                     -
      権利確定
                               72,000                     46,000
      権利行使
                               19,000                     1,000
      失効
                                6,000                    12,000
      未行使残
                               47,000                     33,000
        ②単価情報

                   平成26年ストック・オプション                     平成27年ストック・オプション
      権利行使価格(円)                            643                     544
      行使時平均株価(円)                           1,038                      816
      付与日における公正な
                                 181                     193
      評価単価(円)
      4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

        基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用してお
       ります。
                                 54/78











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
       繰延税金資産(流動)
        賞与引当金                           13,401千円             435千円
        未払事業税                            6,937             133
        子会社の繰越欠損金                             -          2,113
                                    7,180            9,105
        その他
             小計
                                   27,519            11,787
                                   △7,856            △9,331
        評価性引当額
             計
                                   19,662            2,455
       繰延税金資産(固定)
        固定資産に係る未実現利益                           10,922            5,602
        繰越欠損金                             -          28,050
        子会社の繰越欠損金                           23,762            38,278
        投資有価証券評価損                           45,253            46,674
                                   16,545            17,202
        その他
             小計
                                   96,484           135,808
                                  △83,890           △130,170
        評価性引当額
             計
                                   12,593            5,638
       繰延税金負債(固定)
        のれん償却額                           △2,722            △4,204
        その他有価証券評価差額金                            △305             -
                                   △7,000            △2,791
        特別償却準備金
             計                     △10,028            △6,996
       繰延税金資産・負債(固定)の純額(負債:△)                             2,564           △1,357
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
       法定実効税率
                                     30.8%    税金等調整前当期純損
       (調整)                                   失を計上しているた
       交際費等永久に損金に算入されない項目                               1.5    め、注記を省略してお
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                              △0.1     ります。
       住民税均等割                               1.6
       試験研究費等の税額控除                              △4.6
       損金に算入されないのれん償却額                               3.1
       税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                                -
       評価性引当額の増減                               5.6
       繰越欠損金                              △5.8
                                      1.4
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                              33.5
                                 55/78







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
      (取得による企業結合)
        当社は、平成29年6月19日開催の取締役会において、メディアジャパン株式会社の全株式を取得し、同社及びその
       子会社であるメディアジャパンエージェンシー株式会社を子会社とすることについて決議し、同日付で株式譲渡契約
       を締結、平成29年7月3日に当該株式を取得いたしました。
        1.企業結合の概要
         (1)  被取得企業の名称、事業内容
           被取得企業の名称              事業内容
                        ・テレビ番組、CM、Web動画など映像の企画制作
           メディアジャパン株式会社             ・ホームページの企画制作及び運営
                        ・自社開発DVDの企画制作及び販売
                        ・テレビ番組の企画・制作・放映
           メディアジャパンエージェ
                        ・CMの企画・制作
           ンシー株式会社
                        ・企業紹介ビデオ及び商品説明ビデオ企画・制作
         (2)  企業結合を行った主な理由
           当社グループでは、各事業の拡大と収益力強化に努めており、映像事業の強化及びグループ各事業との相乗
          効果を目的として、メディアジャパン株式会社の全株式の取得により同社及び                                    メディアジャパンエージェン
          シー株式会社の両社を          子会社化することを決定いたしました。
         (3)  企業結合日
            平成29年7月3日
         (4)  企業結合の法的形式
            株式取得
         (5)  結合後企業の名称
            両社ともに変更はありません。
         (6)  取得した議決権比率
            100%
         (7)  取得企業を決定するに至った主な根拠
            当社が現金を対価として株式を取得したことによるものです。
        2.連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間

           平成29年7月3日から平成30年3月31日まで
        3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

           取得の対価                  現金 435,000千円
           取得原価                     435,000千円
        4.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

         (1)  発生したのれんの金額
            249,073千円
         (2)  発生原因
            将来における超過収益力により発生したものであります。
         (3)  償却方法及び償却期間
            8年間にわたる均等償却
        5.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

          流動資産                491,166千円
                           55,554千円
          固定資産
          資産合計                546,721千円
          流動負債
                          156,901千円
                          203,893千円
          固定負債
          負債合計                360,794千円
                                 56/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        6.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影
        響の概算額及びその算定方法
            売上高                    585,538千円
            営業利益        57,026千円
            経常利益        57,210千円
            当期純利益       40,047千円
            企業結合が当連結会計年度開始の日に完了したと仮定して算定された売上高及び損益情報と、当社の連結
           損益計算書における売上高及び損益情報との差額を、影響の概算額としております。
           また、企業結合時に認識されたのれんの償却額については、算定に加味しておりません。
           なお、影響の概算額については監査証明を受けておりません。
      (子会社株式の譲渡)

        当社は、平成29年10月1日をみなし売却日として、連結子会社でありました株式会社メディア総合研究所(以下、
       「メディア総合研究所」)の全株式を株式会社翻訳センター(以下、「翻訳センター」)に譲渡いたしました。
        1.株式譲渡の概要
         (1)  譲渡先企業の名称   株式会社翻訳センター
         (2)  譲渡した子会社の名称及び事業内容
          譲渡した子会社の名称 株式会社メディア総合研究所
          事業内容                  翻訳事業、IT事業、教育事業、出版事業、エンターテイメント事業、人材支
                     援事業
         (3)  株式譲渡の理由
           当社グループは、音声認識事業をはじめとして、翻訳事業やインバウンド事業等を展開しております。当社
          グループは、事業の柱である音声認識に続く基幹事業として、平成26年10月に、人手翻訳事業を主業務とする
          メディア総合研究所を株式取得により子会社化し、また同時期に株式会社みらい翻訳設立に資本経営参加等に
          より、機械翻訳による言語バリアフリーを目指して活動を進めてまいりました。
           近年、ニューラルネットワーク技術を取り入れた機械翻訳(以下、「NMT」)が急速に発展してきており、
          今までよりも早いスピードで翻訳ニーズやマーケットが変化していくことが予想されます。NMTでは、如何に
          多くの翻訳データを有するかで性能が決まるため、翻訳サービスの向上には大規模な翻訳データが必要不可欠
          となります。メディア総合研究所は、当社子会社化後3年間をかけて培ってきた、同業他社より先行した機械
          翻訳に関する知見・サービス提供に関するノウハウ及び成果物を有しておりますが、目指すNMTの性能を実現
          するための翻訳データが十分ではありませんでした。
           こうした中、当社及びメディア総合研究所は、日本最大規模の翻訳事業を有する翻訳センターと、事業連携
          の可能性についての協議を進めてまいりました。翻訳センターは、医薬、工業・ローカライゼーション、特
          許、金融・法務分野での翻訳事業を主軸に、通訳、派遣、コンベンション、通訳者・翻訳者育成などを展開し
          ている日本最大規模の外国語サービス企業です。
           この3社協議と平行して社内で慎重に検討を重ねた結果、当社は翻訳事業の選択と集中を行うため、メディ
          ア総合研究所を翻訳センターに譲渡し、併せて当社の有する株式会社みらい翻訳の全株式(持株比率:13%)
          を翻訳センターに譲渡することが、当社グループの企業価値最大化になると判断いたしました。
         (4)  株式譲渡日
          平成29年11月15日(平成29年10月1日をみなし売却日とする)
         (5)  法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
          受取対価を現金とする株式譲渡
        2.実施した会計処理の概要

         (1)  会計処理
           メディア総合研究所の連結上の帳簿価額と譲渡価額との差額(118,548千円)を、「関係会社株式売却益」と
          して連結損益計算書の特別利益に計上しております。
         (2)  譲渡した子会社に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
            流動資産           374,956千円
                        68,453千円
            固定資産
                       443,409千円
            資産合計
            流動負債
                       160,584千円
                       160,584千円
            負債合計
                                 57/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        (3)  譲渡した子会社が含まれていた報告セグメント
          翻訳事業及びその他事業
        (4)  当連結会計年度の連結損益計算書に計上されている譲渡した子会社に係る損益の概算額

                         累計期間
            売上高
                       624,972千円
            営業損失            44,303千円
         (資産除去債務関係)

       当社本社及び東京事業所、名古屋事業所、福岡事業所及び子会社の建物の賃借契約に伴う原状回復義務について、当
      該賃借契約に関連する敷金が資産計上されており、当該計上額に関連する部分について、当該資産除去債務の負債計上
      額及びこれに対応する除去債務費用の資産計上額に代えて、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を
      合理的に見積り、そのうちの当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上しております。
                               前連結会計年度              当連結会計年度

                             (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                              至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
      期首残高                             22,590千円              24,522千円
      有形固定資産の取得に伴う増加額                              3,000               -
      連結の範囲の変更に伴う増減額                               -            △272
                                   △1,068              △1,224
      その他増減額(△は減少)
      期末残高                             24,522              23,025
                                 58/78













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
          1.報告セグメントの概要
            当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役
           会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであり
           ます。
            当社グループは、平成29年7月3日にメディアジャパン株式会社の全株式を取得し、同社及びその子会社
           であるメディアジャパンエージェンシー株式会社を連結子会社化したことに伴い、当連結会計年度より、報
           告セグメントを従来の「ライセンス事業」、「翻訳事業」及び「その他事業」の3区分から、「ライセンス
           事業」、「翻訳事業」、「映像・メディア事業」及び「その他事業」の4区分に変更しております。
            なお、前連結会計年度のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したものを開示
           しております。
           「ライセンス事業」は、ソフトウエア分野を中心とした製品開発及び研究開発を行い、当社で開発・設計し
           たものを知的財産権化する事業を行っております。
           「翻訳事業」は、連結子会社でありました株式会社                        メディア総合研究所の主力事業でありましたが、当                        連結
           会計年度において、株式会社メディア総合研究所の全株式を譲渡いたしました。
           「映像・メディア事業」は、新たに連結子会社となったメディアジャパン株式会社及びメディアジャパン
           エージェンシー株式会社の主力事業である、                     テレビ番組等映像の企画・制作等を行う映像制作事業                         及び広告
           代理事業であります。
           「その他事業」は、受託開発と車載用ソフトウエア開発を行う基盤事業分野、顧客から提供された音声デー
           タを文字に書き起こすサービスを行う書き起こし事業分野、及びインバウンド・アウトバウンドビジネスを
           行う国際事業分野などで構成されております。
          2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

            報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
           項」における記載と概ね同一であります。
            報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
            セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
          3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

            前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                     映像・
                                                  調整額       合計
                        ライセンス
                               翻訳事業      メディア事      その他事業
                                                  (注1)      (注2)
                         事業
                                      業
        売上高
                        1,881,436      1,193,101       195,769      686,891         -   3,957,199
         外部顧客への売上高
         セグメント間の内部売上高
                          5,925      73,688        530     15,357     △ 95,500        -
         又は振替高
                        1,887,361      1,266,790       196,299      702,248      △ 95,500     3,957,199
               計
        セグメント利益又は損失(△)                  392,958       32,861      △ 8,441     △ 89,507      △ 2,616     325,254
                         841,701      911,885       53,406      380,155         -   2,187,148
        セグメント資産
        その他の項目
                         125,081       7,198      1,433      4,530        -    138,244
         減価償却費
                          7,873      23,248        -     8,103        -    39,225
         のれんの償却額
                            -      309       -      -      -      309
         持分法投資利益
                            -      -      -      -      -      -
         持分法適用会社への投資額
         有形固定資産及び
                          48,620      50,026       1,483      97,284        -    197,414
         無形固定資産の増加額
            (注)1.セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去であります。
               2.セグメント利益又は損失の合計額は、連結損益計算書の営業利益と一致しております。
                                 59/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                     映像・
                                                  調整額       合計
                        ライセンス
                               翻訳事業      メディア事      その他事業
                                                  (注1)      (注2)
                         事業
                                      業
        売上高
                        1,124,861       479,267     1,147,359       567,455         -   3,318,944
         外部顧客への売上高
         セグメント間の内部売上高
                          2,895      13,893      13,362      28,267     △ 58,418        -
         又は振替高
               計          1,127,756       493,161     1,160,721       595,723      △ 58,418     3,318,944
        セグメント利益又は損失(△)                  18,492     △ 79,521     △ 50,728     △ 158,302      △ 6,511    △ 276,570
                         750,415      186,870      680,332      264,157         -   1,881,777
        セグメント資産
        その他の項目
                         122,054       8,029      3,383      6,867        -    140,335
         減価償却費
                            -    11,624      23,350      12,155        -    47,129
         のれんの償却額
         有形固定資産及び
                         112,884       10,577      256,751       6,028        -    386,241
         無形固定資産の増加額
            (注)1.セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去であります。
               2.セグメント利益又は損失の合計額は、連結損益計算書の営業損失と一致しております。
          4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

                                                     (単位:千円)
                    資産                前連結会計年度             当連結会計年度
           報告セグメント計                               2,187,148             1,881,777
           全社資産(注)                               3,239,820             3,179,882
           連結財務諸表の資産合計                               5,426,969             5,061,659
            (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金等であります。
          【関連情報】

          前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
            本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
           (2)有形固定資産

            本邦以外に所在している有形固定資産がないため、当該事項はありません。
          3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
             顧客の名称又は氏名                    売上高             関連するセグメント名

          ㈱NTTドコモ                            776,337     ライセンス事業、翻訳事業
                                 60/78





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
            本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
           (2)有形固定資産

            本邦以外に所在している有形固定資産がないため、当該事項はありません。
          3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
             顧客の名称又は氏名                    売上高             関連するセグメント名

          アディーレ法律事務所                            902,530     映像・メディア事業
          ㈱NTTドコモ                            358,770     ライセンス事業
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                      ライセンス                 映像・
                               翻訳事業               その他事業         合計
                        事業              メディア事業
                           -     174,363          -      76,896       251,260
           当期末残高
          (注)当期償却額は、「3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金
             額に関する情報」に記載しているため省略しております。
           当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                      ライセンス                 映像・
                               翻訳事業               その他事業         合計
                        事業              メディア事業
                           -        -     225,722        64,741       290,464
           当期末残高
          (注)当期償却額は、「3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金
             額に関する情報」に記載しているため省略しております。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          該当事項はありません。
                                 61/78






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                            至   平成29年3月31日)                至   平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額                              351.41円                  335.24円
     1株当たり当期純利益又は1株当たり
                                    17.35円                 △14.58円
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益
                                    17.29円                    -円
     (注)1.当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり
          当期純損失であるため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎
          は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)             至   平成30年3月31日)
     1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失
     (△)
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主
                                      161,536              △136,024
      に帰属する当期純損失(△)(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
      又は普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純                                161,536              △136,024
      損失(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                               9,312,760               9,328,323
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千円)                                   -               -
      (うち支払利息(税額相当額控除後)(千円))                                   -               -
      普通株式増加数(株)                                 32,456                 -
      (うち新株予約権(株))                                (32,456)                 (-)
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
      当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式                               -               -
      の概要
         3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                3,507,388               3,338,496

     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                 234,836               209,798
       (うち新株予約権(千円))
                                      (19,320)               (14,876)
       (うち非支配株主持分(千円))
                                     (215,515)               (194,922)
     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                3,272,552               3,128,698
     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通
                                     9,312,740               9,332,740
     株式の数(株)
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 62/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        ⑤  【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                     返済期限
                                (千円)       (千円)        (%)
     短期借入金                            25,000       250,000         -      -
     1年以内に返済予定の長期借入金                            502,486        12,744        1.8       -
     1年以内に返済予定のリース債務                              -       -       -      -
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                            800,000      1,171,147          0.6    平成31年~36年
                                                       -
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                              -       -       -
                合計                1,327,486       1,433,891          -      -
      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであ
           ります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                       (千円)           (千円)          (千円)          (千円)
                                    336,996           6,996          6,996
         長期借入金                809,042
         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                    第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
     売上高(千円)                       496,691        1,743,370         2,238,542         3,318,944
     税金等調整前四半期(当期)純損失
                           △228,554         △283,022         △256,937         △125,048
     (△)   (千円)
     親会社株主に帰属する四半期(当
                           △197,210         △266,342         △243,105         △136,024
     期)純損失(△)(千円)
     1株当たり四半期(当期)純損失
                            △21.16         △28.56         △26.07         △14.58
     (△)(円)
     (会計期間)                    第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益又は1株当
                            △21.16          △7.41          2.49         11.47
     たり四半期純損失(△)(円)
                                 63/78







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,661,080              2,456,312
         現金及び預金
                                         4,900              3,000
         受取手形
                                       ※1 416,377             ※1 455,769
         売掛金
                                        100,000              200,000
         有価証券
                                         11,802              11,361
         仕掛品
                                         33,529              30,033
         前払費用
                                        ※1 1,000            ※1 30,000
         短期貸付金
                                        ※1 57,166             ※1 83,418
         その他
                                        △ 1,201             △ 1,352
         貸倒引当金
                                       3,284,656              3,268,542
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         14,693              12,745
          建物
                                         20,055              23,435
          工具、器具及び備品
                                           168              168
          土地
                                         34,917              36,349
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         76,896              64,741
          のれん
                                         75,191              51,969
          ソフトウエア
                                        152,087              116,711
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        533,087              389,297
          投資有価証券
                                        598,929              567,500
          関係会社株式
                                        ※1 62,000             ※1 56,000
          関係会社長期貸付金
                                         40,433              39,250
          差入保証金
                                         7,763              6,114
          その他
                                        △ 38,102             △ 33,070
          貸倒引当金
                                       1,204,110              1,025,091
          投資その他の資産合計
                                       1,391,115              1,178,153
         固定資産合計
                                       4,675,772              4,446,695
       資産合計
                                 64/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       ※1 156,803             ※1 112,153
         買掛金
                                           -            250,000
         短期借入金
                                        500,000                 -
         1年内返済予定の長期借入金
                                        ※1 30,732             ※1 14,811
         未払金
                                         86,103              66,349
         未払費用
                                         33,278               4,959
         未払法人税等
                                         7,716              6,797
         未払消費税等
                                         7,587              10,631
         前受金
                                        ※1 9,067            ※1 12,201
         その他
                                        831,289              477,904
         流動負債合計
       固定負債
                                        800,000             1,000,000
         長期借入金
                                         3,185              4,204
         繰延税金負債
                                        803,185             1,004,204
         固定負債合計
                                       1,634,474              1,482,109
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        716,570              724,766
         資本金
         資本剰余金
                                        914,795              922,991
          資本準備金
                                        914,795              922,991
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       1,459,574              1,380,059
            繰越利益剰余金
                                       1,459,574              1,380,059
          利益剰余金合計
                                        △ 70,014             △ 70,014
         自己株式
                                       3,020,924              2,957,802
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         1,052             △ 8,092
         その他有価証券評価差額金
                                         1,052             △ 8,092
         評価・換算差額等合計
                                         19,320              14,876
       新株予約権
                                       3,041,297              2,964,585
       純資産合計
                                       4,675,772              4,446,695
      負債純資産合計
                                 65/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                      ※1 1,904,546             ※1 1,356,228
      売上高
                                       ※1 905,613             ※1 881,932
      売上原価
                                        998,932              474,295
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                        128,660               77,504
       役員報酬
                                        178,122              163,567
       給与手当
                                        ※1 81,485             ※1 34,372
       研究開発費
                                         5,135              5,418
       減価償却費
                                         60,877              94,154
       営業支援費
                                           596              151
       貸倒引当金繰入額
                                       ※1 396,291             ※1 292,068
       その他
                                        851,169              667,236
       販売費及び一般管理費合計
      営業利益又は営業損失(△)                                   147,763             △ 192,940
      営業外収益
                                         ※1 843             ※1 586
       受取利息
                                           22              53
       有価証券利息
                                        ※1 19,943             ※1 13,579
       受取配当金
                                         4,608              5,032
       貸倒引当金戻入額
                                        ※1 4,552
                                                        2,922
       その他
                                         29,969              22,173
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         8,060              7,844
       支払利息
                                         1,250                -
       為替差損
                                         1,036               500
       その他
                                         10,348               8,344
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   167,385             △ 179,111
      特別利益
                                         68,833              42,530
       投資有価証券売却益
                                        ※2 17,820             ※2 65,140
       関係会社株式売却益
                                           -             3,402
       新株予約権戻入益
                                         86,653              111,072
       特別利益合計
      特別損失
                                         4,571                -
       投資有価証券売却損
                                        ※3 99,920             ※3 4,644
       投資有価証券評価損
                                           -              894
       ゴルフ会員権売却損
       特別損失合計                                 104,492               5,538
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                   149,545              △ 73,577
      法人税、住民税及び事業税                                   47,308               4,455
                                         2,722              1,482
      法人税等調整額
                                         50,031               5,938
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                   99,514             △ 79,515
                                 66/78






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                            資本剰余金         利益剰余金
                    資本金               その他利益剰余金          自己株式        株主資本合計
                            資本準備金
                                    繰越利益剰余金
     当期首残高                 716,570         914,795        1,360,059         △ 69,963       2,921,460
     当期変動額
      当期純利益                                  99,514                 99,514
      自己株式の取得                                           △ 51        △ 51
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                         -         -       99,514         △ 51       99,463
     当期末残高                 716,570         914,795        1,459,574         △ 70,014       3,020,924
                     評価・換算差額等

                                    新株予約権              純資産合計
                   その他有価証券評価差額金
     当期首残高                       29,750               8,978            2,960,190
     当期変動額
      当期純利益                                                   99,514
      自己株式の取得
                                                          △ 51
      株主資本以外の項目の当期
                            △ 28,698              10,341             △ 18,356
      変動額(純額)
     当期変動額合計                      △ 28,698              10,341              81,106
     当期末残高
                             1,052              19,320             3,041,297
                                 67/78










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                            資本剰余金         利益剰余金
                    資本金               その他利益剰余金          自己株式        株主資本合計
                            資本準備金
                                    繰越利益剰余金
     当期首残高                 716,570         914,795        1,459,574         △ 70,014       3,020,924
     当期変動額
      新株の発行(新株予約権の
                       8,196         8,196                         16,393
      行使)
      当期純損失(△)                                 △ 79,515                △ 79,515
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       8,196         8,196       △ 79,515          -      △ 63,122
     当期末残高                 724,766         922,991        1,380,059         △ 70,014       2,957,802
                     評価・換算差額等

                                    新株予約権              純資産合計
                   その他有価証券評価差額金
     当期首残高
                             1,052              19,320             3,041,297
     当期変動額
      新株の発行(新株予約権の
                                                         16,393
      行使)
      当期純損失(△)                                                  △ 79,515
      株主資本以外の項目の当期
                            △ 9,144             △ 4,444             △ 13,589
      変動額(純額)
     当期変動額合計                       △ 9,144             △ 4,444             △ 76,711
     当期末残高                       △ 8,092              14,876             2,964,585
                                 68/78










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
      1.資産の評価基準及び評価方法
       (1)有価証券
         子会社株式及び関連会社株式
          移動平均法による原価法を採用しております。
         その他有価証券
          時価のあるもの
           決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
           により算定)を採用しております。
          時価のないもの
           移動平均法による原価法を採用しております。
           なお、投資事業有限責任組合への出資については、入手可能な直近の決算書に基づき、組合等の損益及びそ
           の他有価証券の評価差額のうち当社の持分相当額を投資事業組合運用損益及びその他有価証券評価差額金と
           して投資有価証券に加減する方法によっております。
       (2)たな卸資産
         仕掛品
          個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しており
         ます。
      2.固定資産の減価償却の方法
       (1)有形固定資産
         主として定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並
        びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
         なお、主な耐用年数は、以下のとおりであります。
         建物                            10~39年
         工具、器具及び備品              3~6年
       (2)無形固定資産
        のれん
          その効果の発現する期間(7年)にわたって均等償却を行っております。
        ソフトウエア
         自社利用のソフトウエア
          社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
         市場販売目的のソフトウエア
          見込販売収益に基づく償却額と残存有効期間(3年以内)に基づく均等配分額とのいずれか大きい額を償却
         しております。
      3.引当金の計上基準
       (1)貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
        いては、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      4.重要な外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算の基準
        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
      5.収益及び費用の計上基準
        受注制作のソフトウエアに係る売上高及び売上原価の計上基準
        (1)当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるプロジェクト
          工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
        (2)その他のプロジェクト
          工事完成基準
      6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
        消費税等の会計処理
         税抜方式によっております。
                                 69/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
          (損益計算書)
           前事業年度において、「販売費及び一般管理費」の「その他」に含めていた「営業支援費」は、金額的重要
          性が増したため、当事業年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前事
          業年度の財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前事業年度の損益計算書において、「販売費及び一般管理費」の「その他」に表示していた
          457,169千円は、「営業支援費」60,877千円、「その他」396,291千円として組み替えております。
         (貸借対照表関係)

      ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     短期金銭債権                                51,527千円                 47,267千円
     長期金銭債権                                62,000                 56,000
     短期金銭債務                                47,995                 67,980
      2 保証債務

        次の関係会社について、金融機関からの借入に対し債務保証を行っております。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     メディアジャパンエージェンシー株式会社                                  -千円               130,000千円
         (損益計算書関係)

      ※1    関係会社との取引高
                                前事業年度                 当事業年度
                            (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                             至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
     営業取引による取引高                               332,009千円                 219,033千円
     営業取引以外の取引による取引高                                20,297                 12,702
      ※2 関係会社株式売却益

         前事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
         持分法適用関連会社であった株式会社みらい翻訳の当社保有株式を一部売却したことによるものであります。
         当事業年度(自         平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
         連結子会社であった株式会社メディア総合研究所の当社保有株式を全て売却したことによるものであります。
      ※3 投資有価証券評価損

         出資先に対する投資有価証券の評価について検討した結果、投資有価証券評価損を特別損失に計上しておりま
         す。
         (有価証券関係)

          子会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は567,500千円、前事業年度の貸借対照表計上額は598,929千円)
         は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 70/78






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
       繰延税金資産       (流動)
        未払事業税                           3,769千円             133千円
        その他                           3,599            7,425
                 小計
                                   7,368            7,558
       評価性引当額                           △7,368            △7,558
                  計
                                    -            -
       繰延税金資産       (固定)
        減価償却超過額等                          12,038            11,592
        投資有価証券評価損                          45,253            46,674
        関係会社株式評価損                          11,322            11,322
        貸倒引当金                          11,659            10,119
        繰越欠損金                            -          28,050
        その他                           2,707            4,970
                 小計
                                  82,981           112,729
       評価性引当額                          △82,981           △112,729
                  計
                                    -            -
       繰延税金負債       (固定)
        のれん償却額                          △2,722            △4,204
        その他有価証券評価差額金                           △463             -
                  計
                                  △3,185            △4,204
       繰延税金負債       (固定)の純額
                                  △3,185            △4,204
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
       法定実効税率
                                     30.8%    税引前当期純損失を計
       (調整)                                   上しているため、注記
       交際費等永久に損金に算入されない項目                               3.0    を省略しております。
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                              △3.3
       住民税均等割                               2.8
       試験研究費等の税額控除                              △4.9
       評価性引当額の増減                              17.0
       繰越欠損金                             △11.7
                                    △0.2
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                              33.5
         (企業結合等関係)

          連結財務諸表「注記事項(企業結合等関係)」に記載しているため、注記を省略しております。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 71/78







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
        ④  【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:千円)
       区分       資産の種類        当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高      減価償却累計額

     有形固定資産

            建物
                         14,693        -      -     1,948      12,745       33,552
            工具、器具及び備品             20,055      14,104        -     10,724      23,435       91,137
            土地              168       -      -      -      168        -
                計         34,917      14,104        -     12,673      36,349       124,690
     無形固定資産
            のれん
                         76,896        -      -     12,155      64,741         -
            ソフトウエア             75,191      30,251        -     53,473      51,969         -
                計         152,087       30,251        -     65,628      116,711         -
     (注)   当期増加額のうち、主なものは以下のとおりであります。
        ソフトウエア  音声認識モデル性能向上  16,800千円
         【引当金明細表】

                                              (単位:千円)
           科目          当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高
      貸倒引当金                  39,303         1,352        6,233        34,422

       (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                 72/78










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

                        9月30日
      剰余金の配当の基準日
                        3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り

                       (特別口座)
       取扱場所
                        大阪市中央区北浜四丁目5番33号
                         三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                       (特別口座)
       株主名簿管理人
                        東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                         三井住友信託銀行株式会社
       取次所                               ──────
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                        当会社の公告方法は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない
      公告掲載方法                  事由によって電子公告をすることができない場合の公告方法は、日本経済
                        新聞に掲載する方法とする。
      株主に対する特典                  該当事項はありません。
                                 73/78












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第17期)(自             平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)平成29年6月26日近畿財務局長に提出
       (2)内部統制報告書及びその添付書類

         事業年度(第17期)(自             平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)平成29年6月26日近畿財務局長に提出
       (3)四半期報告書及び確認書

         (第18期第1四半期)(自              平成29年4月1日          至   平成29年6月30日)平成29年8月10日近畿財務局長に提出
         (第18期第2四半期)(自              平成29年7月1日          至   平成29年9月30日)平成29年11月13日近畿財務局長に提出
         (第18期第3四半期)(自              平成29年10月1日          至   平成29年12月31日)平成30年2月13日近畿財務局長に提出
       (4)臨時報告書

         平成29年6月26日近畿財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
         時報告書であります。
         平成29年10月31日近畿財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3号(特定子会社の異動)、第12号及び第19号(提出会社及
         び連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を与える事象)に基づく臨時報告書であ
         ります。
         平成30年6月25日近畿財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
         時報告書であります。
                                 74/78











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 75/78




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書

                                                   平成30年6月25日

     株式会社     フュートレック

          取締役会        御中

                           有限責任監査法人トーマツ

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             石黒  訓  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             目細        実  印
                            業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社フュートレックの平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、
     連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、
     連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社フュートレック及び連結子会社の平成30年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営
     成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 76/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社フュートレックの平
     成30年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社フュートレックが平成30年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上
     記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、
     財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (※)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 77/78









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書

                                                   平成30年6月25日

     株式会社     フュートレック

          取締役会        御中

                           有限責任監査法人トーマツ

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             石黒        訓       印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             目細        実       印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社フュートレックの平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第18期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
     借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     フュートレックの平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点に
     おいて適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (※)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 78/78




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。