韓国産業銀行 有価証券報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書

提出日:

提出者:韓国産業銀行

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
     【提出書類】                有価証券報告書

     【根拠条文】                金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                関東財務局長

     【提出日】                平成30年6月25日

     【会計年度(又は事業年度)】                自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日

     【発行者の名称】                韓国産業銀行

                      (The   Korea   Development      Bank)
     【代表者の役職氏名】                資金部 IR・アジア調達チーム長

                      金  裕性(Yoo     Seoung    Kim)
     【事務連絡者氏名】                韓国産業銀行 東京支店長

                      李  廷権(Jeong      Kwon   Lee)
     【住所】                東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 グラントウキョウ ノースタワー36階

     【電話番号】                (03)3214-4541

     【縦覧に供する場所】                該当なし

                                   1/254












                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     注(1)本書中、別段の記載がなければ、「ウォン」と表示された金額はすべて大韓民国ウォンを意味し、また、「米ドル」と表示
       された金額はすべてアメリカ合衆国ドルをそれぞれ意味する。2017年12月29日にソウル・マネー・ブローカレッジ・サービ
       シズ・リミテッドの発表した平均為替相場は100円につき949.11ウォン、1米ドルにつき112.88円および1米ドルにつき
       1,071.40ウォンであった。
      (2)韓国産業銀行(以下「当行」という。)および大韓民国(以下「韓国」という。)の会計年度は暦年である。
      (3)本書中の表で計数が四捨五入されている場合、これらの表中の合計は計数の総和と必ずしも一致しない。
                                   2/254



















                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     第1【募集(売出)債券の状況】
     募集債券

                                                  上場金融商品取引所

                                           会計年度末の
         債券の名称
                     発行年月        券面総額        償還額             名又は登録認可金融
                                            未償還額
                                                   商品取引業協会名
     第40回韓国産業銀行円貨債券
                     2012年6月         37億円       37億円         -        なし
     (2012)(1)
     第43回韓国産業銀行円貨債券
                     2013年6月         65億円        -      65億円         なし
     (2013)(2)
     第45回韓国産業銀行円貨債券
                     2014年1月         150億円         -      150億円          なし
     (2014)
     第47回韓国産業銀行円貨債券
                     2014年10月         248億円       248億円         -        なし
     (2014)(3)
     第6回韓国政策金融公社円貨
                     2014年5月         70億円       70億円         -        なし
     債券(2014)(4)(5)
       注(1)2017年6月20日の満期に全額償還された。

        (2)2018年6月7日の満期に全額償還された。
        (3)2017年10月24日の満期に全額償還された。
        (4)韓国政策金融公社(以下「KoFC」という。)の当行への合併により、2014年12月31日付で当行が承継した。
        (5)2017年5月2日の満期に全額償還された。
     売出債券

                                                  上場金融商品取引所

                                           会計年度末の
         債券の名称            発行年月        券面総額        償還額             名又は登録認可金融
                                            未償還額
                                                   商品取引業協会名
     韓国産業銀行2017年6月21日                        45,500,000       45,500,000
     満期ブラジル・レアル建債券
                     2012年6月         ブラジル       ブラジル         -        なし
     (円貨売買型)(1)
                              レアル       レアル
     韓国産業銀行2017年9月26日                        47,500,000       47,500,000
                     2013年9月                         -        なし
     満期豪ドル建債券(2)
                              豪ドル       豪ドル
     韓国産業銀行2017年9月26日                        144,000,000       144,000,000
                     2013年9月                         -        なし
     満期メキシコ・ペソ建債券(2)
                            メキシコペソ       メキシコペソ
     韓国産業銀行2017年9月26日                        822,000,000       822,000,000
     満期南アフリカ・ランド建債
                     2013年9月        南アフリカ       南アフリカ          -        なし
     券(2)
                              ランド       ランド
       注(1)2017年6月21日の満期に全額償還された。

        (2)2017年9月26日の満期に全額償還された。
      本会計年度中において、上記記載の各債券の所有者の権利に重要な影響を与える事実の発生はなかった。

      当行は2018年1月1日以降、日本において募集および売出しを行っていない。
     第2【外国為替相場の推移】

      該当事項なし

                                   3/254




                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     第3【発行者の概況】
     1【発行者が国である場合】

      該当事項なし

     2【発行者が地方公共団体である場合】

      該当事項なし

     3【発行者が国際機関又は政府関係機関等である場合】

     (1)  【設立】

      ①  設立の根拠、年月日および沿革
       当行は韓国産業銀行法(その後の改正を含む。以下「産銀法」という。)に基づき1954年4月1日に政府系金融機関として
      設立された。当行は、企業金融業務、投資銀行業務、国際銀行業務、企業再編およびコンサルティング業務等の多数の重要な
      銀行業務に携わっている。本店所在地は韓国ソウル特別市永登浦区銀行路14である。
       2009年10月28日、当行は、2009年9月8日に開催されたスピンオフ案に関する理事会決議および2009年9月23日にスピンオ
      フの承認のために開催された臨時株主総会の決議に従って、公的融資部門と金融子会社事業支援部門をそれぞれKoFCおよびKDB
      フィナンシャル・グループ・インク(以下「KDBFG」という。)に分割した。かかる新たな2法人の新株が発行され、スピンオ
      フの日付で按分比例により当行の株主に配分され、当行は残りの業務を継続していた。当行および新法人は、スピンオフ前に
      存在していたすべての負債について連帯責任を負うこととなっていた。
       2009年11月24日、当行の単独株主であった韓国政府(以下「政府」という。)は、当行株式をKDBFG株式と、当行株式1株当
      たりKDBFG株式0.163608株の比率で交換した。株式交換の完了直後、当行はKDBFGの完全所有子会社となった。
       世界経済が依然として不透明であり、2008年下半期以降の国際金融危機の韓国経済に対する影響が長引いており、また、複
      数の国有の銀行および金融機関の金融政策上の役割が一部重複していることに鑑みて、政府は、2013年4月に、国有の銀行お
      よび金融機関の金融政策上の役割の再編(政府による当行の民営化計画を含む。)を検討するための作業部会(以下「作業部
      会」という。)を組織した。かかる国有法人の監督に責任を負う様々な政府機関の代表者および学識者からなる作業部会は、
      非公開会議を複数回開催し、政策金融上の役割に関して様々な再編の可能性を検討し、その結果を                                             金融委員会(以下「FSC」と
      いう。)に     報告した。2013年8月、FSCは、作業部会の所見に基づき、国有の政策銀行および金融機関の重複する役割を合理化
      し、また、新興企業および中小企業、新成長産業ならびに海外プロジェクトに対するそれらの政策金融上の役割を強化するた
      めに、国有の政策銀行および金融機関を再編する政府の計画を発表した。当該計画では、とりわけ、(i)KoFCおよびKDBFGの当
      行への統合ならびにKoFCの約2兆ウォンの海外資産の韓国輸出入銀行(以下「KEXIM」という。)への譲渡、(ii)KDBキャピタ
      ル・コーポレーション(産銀キャピタル(株))およびKDBアセット・マネジメント・カンパニー・リミテッド(産銀アセット・
      マネジメント(株))を含む政策金融上の役割を有さない当行の子会社の売却、ならびに(iii)当行のリテールバンキング業務の
      段階的な縮小が求められていた。
       2014年5月、国会は、FSCが発表した計画を概ね反映して、当行の民営化を中止し、急速に変化を続ける国内外の経済情勢に
      体系的でよりよい対応が可能となるように国有の銀行および金融機関の金融政策上の役割を合理化するよう、産銀法の改正
      (以下、かかる改正により改正された産銀法を特に「改正産銀法」ということがある。)を可決した。2014年5月に改正され
      た改正産銀法に従って、           公的政策金融上の役割が統合かつ強化され、KDBFGおよびKoFC(子会社を含む。)は、公的政策金融に
      おける当行の豊富な経験および専門知識を活用するために、2014年12月31日付で当行に合併した。また、当行は、韓国企業に対
      する公的政策金融支援の提供(2009年に制定された金                        融産業構造改善法        に基づき設置された金          融市場安定化基金の管理および
      運用  を含む。)というKoFCの役割を引き継いだ。KoFCの約2兆ウォンの海外資産はKEXIMに譲渡された。政府は2014年12月31日
      に、KoFCおよびKDBFGに対する持分すべてを当行に譲渡し、代わりに当行の新株3,036,079,768株(額面総額15,180.4十億ウォ
      ン)を受領した。新たな統合後の当行は、30,000十億ウォンを上限とする授権資本を有しており、当行の払込資本金は15,180.4
      十億ウォンであった。本書の日付現在、政府が当行の資本の100%を保有している。
                                   4/254






                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
       改正産銀法に基づき実施された合併の前後における当行の所有構造を下図に示す。当行の所有構造は、2009年10月のスピン
      オフおよび再編以前の当初の所有構造に戻った。
       政府は当行の民営化計画を中止しているが、政策金融上の役割を有さない当行の子会社を、市場の状況に応じて民営化する







      意図を表明している。
       KDBアセット・マネジメント・カンパニー・リミテッドは、2016年4月7日付で未来アセット・コンソーシアムに売却され
      た。
       改正産銀法では、とりわけ、以下が規定されている。

      ・政府は、当行の民営化計画を取り下げた。
      ・新たに統合された当行を通じて               公的政策金融上の役割が強化された。
      ・当行は、合併完了時に、KDBFGおよびKoFCの財産、権利および義務を包括的に承継した。
      ・KDBFGが発行した債券およびKoFCが発行した政策銀行債券は、当行が発行した産業金融債券とみなされるべきこと。
      ・韓国政策金融公社法およびその他の法令に従ってKoFCが従事していた事業は、当行が継続して実施すること。
      ・改正産銀法の施行前のKoFCおよび当行の(発行時の当初年限が1年以上の)外貨建て債務の元利金の返済は、国会による承
       認を条件として、当行に対する政府の資本持分の最初の売却時点において政府により保証されるべきこと。
      ②  目的

       産銀法の第1条に規定されているように、当行は国民経済の発展を促進する為の資金等を供給することを主たる目的とす
      る。
       当行は、設立以来、韓国の経済成長・開発プロジェクトのための長期資金供給においてリーディングバンクとしての役割を
      果たしている。
       当行は、各経済発展の段階とその時の状況によって重点支援対象となる重要産業の範囲を修正・拡大してきており、経済開
      発の初期段階であった1950年代には肥料・セメント・板硝子などの基幹産業、1960年代から1980年代初期の経済開発5ヵ年計
      画の時期には重化学工業、1980年代末からは先端技術・情報産業やインフラストラクチャー関連事業、そして競争力向上のた
      めの海外投融資事業に重点を置き支援してきた。最近では、アジア通貨危機以降、伝統産業および新興産業の双方の企業に対
      して融資・投資を行うことで金融および産業構造改革への支援を強化している。さらに、中小企業および地方の企業に対する
      貸付を増加させ、韓国全土におけるバランスのとれた経済発展に寄与している。
      ③  法的地位および特権

       現在、当行の資本金全額は政府が直接的に出資しており、それにより当行は政策銀行としての準ソブリンの地位を有してい
      る。当行の業務に関する条項に関しては、当行は、政府の承認を受けかつ産銀法に規定された銀行業務の一定部門において営
      業することができる。産銀法に規定された業務に付随するその他の業務を遂行するためには、当行がFSCの承認を受けることが
      必要となる。
       さらに、産銀法に従って、当行は当期純利益の40%以上を利益準備金に繰入れなければならない。利益準備金は、払込資本金
      に振替えることができ、繰越欠損金の補填に充当することもできる。会計年度ごとの繰越欠損金の補填に関しては、当行は産
      銀法に従って、繰越欠損金を利益準備金から補填する。利益準備金が欠損金に達しない場合には政府がこれを補わなければな
      らない。産銀法の条項に従って政府が当行の支払能力の維持に責任を有しているため、当行には、実質的に倒産の虞はない。
       アジア通貨危機以降、FSCが自己資本比率および経営の健全性の点で当行を監督・規制している。不良債権の大半を処分し、
      資本基盤強化のために政府が資本注入を行ったことは、引続き当行の財務構造全般の支えとなっている。
                                   5/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
       KDBFGとKoFCの当行への統合を通じて、急速に変化しつつある国内および国際経済情勢に体系的に対応するために政府系銀行
      および金融機関の間の金融政策上の役割を合理化する目的で、2014年5月、産銀法が政府および国会により改正された。同法
      は2014年12月31日付で施行された。改正産銀法は、とりわけ、当行の民営化に関する政府の計画を中止し、新たに統合された
      事 業体を通じて公共政策融資を確固たるものへと強化することを規定している。
       当行の損失を補填する政府の義務については、改正産銀法における内容の変更はなく、同法第32条において、「当行の年次
      の純損失は、各年度において準備金によって補填され、準備金が不足している場合には欠損額は政府が補填する。」と規定さ
      れている。
       政府保証についても、暫定措置として改正産銀法附則第8条において、「政府は、国会の承認を事前に取得した上で、政府
      による当行の持分の最初の売却時点で、本法の施行前に当行およびKoFCに発生した外貨建債務の元利金の返済を保証する(本
      規定は、発行または発生時の期限が1年以上の債券および債務にのみ適用される。)。」と再規定されている。
      ④  日本との関係

       当行は、1969年に東京駐在員事務所を設置し、1991年以降は東京支店を通じて日本において銀行業務を行っている。東京支
      店は、日本国東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 グラントウキョウ ノースタワー36階に置かれている。
       日本における資金調達および販売経路を強化するために、大阪駐在員事務所が2013年1月に業務を開始した。しかしなが
      ら、非効率な業務のため、大阪駐在員事務所は2015年5月に閉鎖された。
                                   6/254
















                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【資本構成】
      ①  資本構成

       2017年12月31日現在の当行の資本構成は次の表の通りである。
                                           (単位:十億ウォン)
                                              2017年12月31日
         (1)(2)
     長期債務
     借入金                                             9,263.1
     産業金融債                                            116,737.6
     長期債務合計                                            126,000.7
     資本
     資本金                                             17,938.1
     資本剰余金                                             2,498.0
     利益剰余金                                             1,743.3
     その他の包括利益累計額                                              436.7
     資本合計                                             22,616.1
     負債および資本合計                                            148,616.1
       注(1)外貨借入金は、ソウル・マネー・ブローカレッジ・サービシズ・リミテッドが発表した2017年12月29日現在のウォンの

         米ドルに対する為替相場の仲値である1米ドル=1,071.40ウォンのレートで、外貨からウォン貨に換算されている。
        (2)2017年および2016年12月31日現在、当行は、顧客のために発行された保証残高による合計7,803.5十億ウォンおよび
         10,100.5十億ウォンの偶発債務をそれぞれ負っていた。
      ②  出資

       現在、当行の払込資本金全額は政府が提供している。2017年12月31日現在、当行の授権資本金は30兆ウォンである。2000年
      12月29日、当行は、同年度の予想純損失を相殺するため959.8十億ウォンの減資を実施した。その結果生じた欠損金を補うた
      め、2001年6月20日、政府は韓国電力公社(以下「KEPCO」という。)の普通株式を現物出資し、当行資本に対して3兆ウォン
      の増資を行った。政府は引続き当行の財政状態の強化に取組んでおり、2001年12月29日には、政府は当行に対して50十億ウォ
      ンの現金出資を行った。さらに、2003年8月13日には80十億ウォンの増資が行われた。政府によるかかる資本注入は、地方経
      済支援のための当行の既存の資金への追加として行われたもので、当該資金は、企業の農村部への業務拡大を促進し、地方都
      市に拠点を置く企業の研究開発を支援し、かかる企業の生産能力を増強し、他の経済的な取組みを支援することを意図してい
      る。2004年4月30日、政府は、KEPCOの株式(695十億ウォン)および韓国水資源公社の出資証書(305十億ウォン)の追加拠出
      により、当行の資本を1,000十億ウォン増額した。2008年12月18日、政府は、韓国道路公社の株式の拠出により、当行の資本を
      500十億ウォン増額した。2009年1月30日には、政府は現金の拠出により、当行の資本を900十億ウォン増額した。2010年、当
      行は、10十億ウォンの株式発行によって増資を行った。2013年12月、政府は当行の資本に10十億ウォンを拠出した。2014年2
      月には、政府は当行の資本に20十億ウォンの現金出資を行った。2014年12月、KDBFGおよびKoFCとの合併に関連して、当行の払
      込資本金は5,918.5十億ウォン増加した。社会資本プロジェクト、新たな成長の原動力となる産業、ハイテク産業および新たな
      再生可能エネルギー産業ならびに企業全般のための当行の資金を支援するため、2015年4月、7月および9月に、政府は当行
      の資本に対して、韓国土地住宅公社およびKEPCOの普通株式による2兆ウォンの現物出資、40十億ウォンの現金出資ならびに15
      十億ウォンの現金出資をそれぞれ行った。また、2016年7月、9月および11月に、政府は当行の資本に対してそれぞれ50十億
      ウォン、247.7十億ウォンおよび10十億ウォンの現金出資を行った。政府は当行の資本に対して、2017年5月に仁川港湾公社お
      よび麗水光陽港湾公社の普通株式による250十億ウォンの現物出資を、2017年9月に80十億ウォンの現金出資を、ならびに2017
      年12月に65十億ウォンの現金出資を行った。かかる出資、減資および合併を考慮に入れた2017年12月31日現在の当行の払込資
      本金は合計17,938.1十億ウォンであった。
      ③  利益準備金

       産銀法の規定に基づき、当行は会計年度ごとに純利益の40%以上を利益準備金へ繰入れることになっている。利益準備金は、
      払込済資本金に振替えることができ、また、繰越欠損金の補填に充当することもできる。2016年に係る純損失の補填のために
      準備金を使用したため、2017年12月31日現在の当行の利益準備金はゼロであった。
                                   7/254





                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     (3)  【組織】
      ①  組織と機能

       2017年12月31日現在、当行の役員は、会長兼最高経営責任者1名、専務理事兼最高執行責任者1名、監事1名および理事13
      名(うち9名は執行副頭取および4名は社外理事であった。)で構成されていた。理事会(会長兼最高経営責任者、専務理事
      兼最高執行責任者、監事および理事4名からなる。)は、理事の過半数の出席をもって定足数とし、理事会決議は出席した理
      事の過半数の賛成票により採決される。
       2017年12月31日現在、当行は77ヵ所の韓国内の支店、9ヵ所の海外支店、5ヵ所の海外現地法人および8ヵ所の海外駐在員
      事務所を有している。
       当行の77ヵ所の国内支店は都市部および地方都市に所在している。海外支店は、東京、上海、シンガポール、ニューヨー
      ク、ロンドン、北京、広州、潘陽および青島の9ヵ所にあり、海外現地法人は香港、ダブリン(アイルランド)、ブダペスト
      (ハンガリー)、サンパウロ(ブラジル)およびタシケント(ウズベキスタン)の5ヵ所に所在する。海外駐在員事務所は、
      フランクフルト、ホーチミンシティ、アブダビ、ヤンゴン、モスクワ、バンコク、マニラおよびシドニーの8ヵ所に所在す
      る。当行の内外支店、海外現地法人および海外駐在員事務所は、各種銀行業務およびマーチャントバンク業務を営んでいる。
       当行の従業員数は2017年12月31日現在、3,418人であり、うち1,922人がソウル本社に勤務している。
      ②  役員の任免

       当行の会長は、FSC委員長の推薦を受けて韓国の大統領が任免する。執行副頭取および理事は、当行の会長の推薦を受けて
      FSC委員長が任免する。監事はFSCが任免する。会長、執行副頭取、理事および監事の任期はいずれも3年である。
      ③  役員

       2017年12月31日現在、当行の理事会のメンバーおよび監事は次のとおりであった。
                      理事会

      会長兼最高経営責任者                 李  東杰(Dong      Gull   Lee)
      専務理事兼最高執行責任者                 李  大賢(Dai     Hyun   Lee)

      執行副頭取                 金  建烈(Keon      Yeol   Kim)

                        曺  昇鉉(Seung      Hyun   Cho)
                        成  周永(Joo     Yung   Sung)
                                  (1)
                        林  海鎭  (Hae   Jin  Lim)
                        白  仁均(In     Gyun   Baek)
                        全  永三(Young      Sam  Jun)
                                     (1)
                        鄭  用錫(Young      Suk  Joung)
                        林  孟鎬(Maeng      Ho  Lim)
                        金  載益(Jae     Ik  Kim)
      社外理事                 申  熙澤(Hi    Taek   Shin)

                        鄭  慧永(Hay     Young   Chung)
                                    (2)
                        成  鍾燮(Jong      Sub  Sung)
                        梁  彩烈(Chae      Yeol   Yang)
                       監事

                                    (3)
      監事
                        申  炯澈  (Hyung    Chul   Shin)
       注(1)2018年1月5日付で辞任した。

        (2)2018年3月1日付で辞任し、2018年3月29日付で崔方吉(Bhang                               Gil  Choi)氏が社外理事に任命された。
        (3)2018年2月25日付で辞任し、2018年2月26日付で徐哲煥(Cheol                               Hwan   Seo)氏が監事に任命された。
                                   8/254




                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     組織図(2017年12月31日現在)
                                   9/254




















                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     (4)  【業務の概況】
      産銀法および同法施行令が当行のあらゆる活動の根拠となっている。

      当行は重要産業に対する設備および運転資金の貸付、もしくは同産業に必要な高度技術開発のための資金の貸付、同産業の資
     金調達のための債務保証または債務引受、重要産業事業資金の調達のために発行する社債と公共団体が発行する債券の応募・引
     受および投資や保証、重要産業を営む法人の株式の引受、投資業務を行う。
      そして、こうした業務を円滑に営むために必要な資金の調達、外国為替業務および政府・公共団体・金融機関またはその他の
     事業体から委託を受けて行う特定事業に対する経済的・技術的妥当性の検討の計画・調査・分析・評価・指導・諮問などの役務
     の提供を行う。
      ①  貸付

       当行は、重要産業プロジェクトを行う韓国の民間企業向けを中心とする設備資金および運転資金の貸付を行っている。かか
      る貸付は、一般にプロジェクト総費用の80%以下を賄うが、100%を賄うこともある。設備資金貸付には、高度技術開発および設
      備機器の取得、改良または修繕のための重要産業に対する貸付が含まれる。すべての設備資金貸付は1年超を年限とする。当
      行は、設備資金貸付先または保証の提供先である主体、政府または当行が全部または一部所有する企業およびハイテク事業を
      行う中小企業に対して運転資金貸付を行うことができる。
       貸付資金が目的に従って使用されるよう、資金の供給は分割して行われる。当行は資金供給先、投資先のプロジェクトまた
      は企業をモニターをするよう産銀法に規定されており、また、産銀法により経営支援の必要のある貸付先に対して当行の従業
      員を配属する権限を与えられている。
       当行が貸付を承認する際に考慮する主たる要素は、プロジェクトにより韓国の得る経済的利益、プロジェクトの政府の産業
      政策における優先度合、プロジェクトの実現可能性、貸付およびプロジェクトの収益性、ならびに貸付先の経営の質である。
       当行は、15%(延滞利息の最大値)までの貸付金利を賦課できるが、一般に、中小企業に対しては金利引下げを行っている。
      当行は毎月、プライム・レートを調整する。基準金利への上乗せスプレッドは、貸付の目的、年限および貸付先の信用格付に
      より異なる。一定の貸付には、市場金利を下回る金利が適用されている。一般に、設備資金貸付は5年ないし10年の当初年限
      を有し、10年超の年限の設備資金貸付が行われることもある。運転資金貸付は、通常、2年以内の期限である。
       当行が会社などの企業向けに行う貸付は、一般に、大企業については貸付実行時において貸付金額の100%を超える価額の、
      中小企業については貸付金額までの価額の担保を取得する。担保物の内容は貸付先および貸付の種類によって異なり、貸付金
      によって購入する設備、プラント、不動産、市場性有価証券など多様である。当行は、年1回以上、担保価値の評価を行う。
       2017年度の産業部門別新規貸付の実績は以下の通りである。
                                          (単位:十億ウォン(%を除く。))
                                                    2017年12月31日
                                                   終了年度の構成比
                              2017年             2016年             (%)
     製造業                        28,691.1             26,623.6               61.6
     金融・保険業                         4,801.8             3,162.6              10.3
     運輸業                         3,133.3             3,130.7               6.7
     電気・ガス・水道業                         1,107.3              912.0              2.4
        (1)
     その他                         8,865.3            10,216.4               19.0
     合計                        46,598.8             44,045.3              100.0
     前年度比増減率                          5.8%            (8.4%)
      注(1)卸売・小売業、不動産業および賃貸業ならびに建設業が含まれる。

                                  10/254







                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
       次の表は、設備資金および運転資金の産業部門別融資残高を示す。
                                          (単位:十億ウォン(%を除く。))
                                                    2017年12月31日
                                                     現在の構成比
                          2017年12月31日             2016年12月31日                  (%)
     製造業                        55,204.0             55,234.7               49.5
                             25,373.6             24,042.3               22.7
     金融・保険業
                             7,075.5             7,130.1               6.3
     運輸業
                              778.8             855.5              0.7
     行政
     電気・ガス・水道業                         3,409.8             3,498.2               3.1
        (2)
                             19,694.7             22,612.4               17.7
     その他
     合計                        111,536.4             113,373.2               100.0
     前年度比増減率                         (1.6%)              2.9%
      注(1)上表には、関連会社に対する融資額が含まれる。

       (2)卸売・小売業、不動産業および賃貸業ならびに建設業が含まれる。
      ②  保証

       当行は、顧客に対して、その他の借入を援助し、重要産業プロジェクトの資金調達のための保証を行うことができる。当行
      は、ウォン建の社債、ウォン建ローンおよびその他ウォン建の債務ならびに国内外の韓国の金融機関および外国の金融機関か
      らの外貨建ローンについて保証を行う。産銀法および当行の定款により、産業金融債債務および保証債務の総額には上限が設
      けられている。
       当行の保証は、一般に、保証金額の100%を超える価額の担保を取得する。当行は、年1回以上、担保価値の評価を行う。担
      保物の内容は貸付先によって異なり、プラント、不動産、市場性有価証券など多様である。
       当行の確認された引受および保証残高は以下の通りである。
                                                (単位:十億ウォン)
                                    2017年12月31日現在              2016年12月31日現在
     引受け                                      399.2              656.5
     国内借入保証
                                          1,055.5               812.8
     国外借入保証
                                          6,311.7              8,584.6
     輸入者向け保証状                                       37.1              46.6
     合計                                     7,803.5             10,100.5
      ③  投資

       当行は、韓国の多様な民間企業および政府系企業に投資を行っており、政府からのその旨の指示がない限り会社の支配持分
      を保有することはない。当行の投資の売却は、一般に「授権に関する規則」に基づく内部承認により決定される。当行は、行
      内の客観性および収益性のために、売却の最適な規模および時期の決定には慎重な手段を講じている。また、以前行われたか
      かる売却の中には、政府の再編計画を満たすことを目的として行われたものもあった。政府は、市場の状況に応じて、以前の
      再編計画において取得した一定の民間企業(大宇造船海洋を含む。)に対する直接または間接の持分の売却を計画している。
      当該計画に従って、当行は、売却のための好機が得られれば、一定の民間企業に対する当行の株式持分を売却する予定であ
      る。2017年12月31日現在の当行の株式投資は、2016年12月31日現在の32,602.2十億ウォンから34,334.6十億ウォンに増加し
      た。
      ④  その他の業務

       当行は、貸付および保証の提供以外にも、経済産業研究、エンジニアリング調査の実施、事業分析および経営支援の提供な
      らびに信託サービスの提供等の広範な産業振興活動に携わっている。
      ⑤  資金源

       当行は、資本金および準備金のほか、主として、政府借入、国内外の資本市場での債券発行、国際金融機関または外国銀行
      からの借入および預金によって資金を調達している。
       当行の資金調達はすべて無担保で行われている。
       政府借入金

        当行は、政府の一般目的基金および特定目的基金から借入を行っている。一般目的借入金は、一般にウォン建であり、固
       定利付で5年ないし20年の年限を有する。当行は、融資を行う特定のプロジェクトに関連して、主に観光推進基金、エネル
       ギー使用の合理化基金および中小企業振興基金から特定目的借入を行う。政府は、各特定目的借入の金利および年限を、当
       該特定プロジェクトのために当行が行う融資の条件に連動させる。
       国内外の資本市場

                                  11/254

                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
        当行は、国内外において産業金融債を発行しており、その一部は政府の直接保証付である。国内で発行する産業金融債は
       一般に固定利付で年限が1年から10年である。
        産銀法の規定により、当行の産業金融債の発行残高総額(政府が直接保証し、購入した産業金融債を除く。)と当行のオ
       ン・バランスシートおよびオフ・バランスシートの保証債務残高総額(法令により除外されるものを除く。)との合計は、
       当行の払込済資本金と利益準備金との合計額の30倍を超えてはならない。2017年12月31日現在の当行の産業金融債の発行残
       高総額および保証債務残高総額(2017年12月31日にはまだ借入が行われていなかった貸付に関連する保証債務を含む。)は
       131,449.8十億ウォンであった。これは、当行の授権額である577,398.0十億ウォンの22.8%に相当する。
       外貨建借入

        当行は、外国金融機関(主に商業銀行団)から外貨建の借款を行っており、それに関連して金利および通貨スワップ取引
       を行うこともある。当該借入の年限は一般に1年ないし5年である。2017年12月31日現在の当行の外貨建借入残高は、11.1
       十億米ドルであった。
        2017年12月31日現在の当行の長短期外貨建借入金は、2016年12月31日の13,269.8十億ウォンから11,875.7十億ウォンに減
       少した。
       預金

        当行は、一般から要求払預金および定期・貯蓄預金を受け入れている。定期・貯蓄預金は通常満期が3年未満であり、固
       定利付である。2017年12月31日現在の当行の要求払預金残高は1,869.3十億ウォンであり、定期・貯蓄預金残高は27,290.3十
       億ウォンであった。
      ⑥  日本との関係

       当行は、日本の資本市場で債券発行等により資金を調達している。
                                  12/254














                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【経理の状況】
      当行は年度ごとに財務書類を作成の上、監事の意見書を添付してFSCに提出するよう産銀法に規定されており、FSCは

     財務書類に基づき当行に対して監督権限を持つ。当行の監事は当行の財務を検査し、財務書類および報告書を監査する
     責任を負う。
      また、1998年度からは韓国政府とIMFとの協約により韓国の大手銀行は国際的に認められた会計監査法人から監査を
     受けることになっており、当行は、2016年度および2017年度の財務書類について三徳会計法人(Nexia                                                   Samduk)から監
     査を受けている。
      下記は、2016年12月31日および2017年12月31日に終了した2年間についての当行および子会社の連結財務書類ならび
     に当行の財務書類の和文訳である。なお、参考のために、連結財務書類および非連結財務書類のそれぞれについて、三
     徳会計法人が発行した監査報告書の和文訳も以下に記載する。
                                  13/254

















                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     1.連結財務書類
                            独立監査人の監査報告書

     韓国産業銀行

     理事会および株主 御中
      私どもは、韓国産業銀行(以下「当行」という。)およびその子会社(以下「当グループ」と総称する。)の、2017

     年12月31日現在の連結財政状態計算書、同日終了年度の連結包括利益計算書、連結持分変動計算書および連結キャッ
     シュ・フロー計算書ならびに重要な会計方針およびその他の説明情報の要約からなる注記により構成される添付の連結
     財務書類を監査しました。
     連結財務書類に対する経営者の責任

      経営者は、韓国採択国際会計基準に準拠した本連結財務書類の作成および適正な表示ならびに不正または誤謬による
     重大な虚偽の記載がない連結財務書類の作成を可能とするために必要であると経営者が判断する内部統制に責任を負い
     ます。
     監査人の責任

      私どもの責任は、同連結財務書類に対して、私どもの監査に基づいて意見を表明することにあります。私どもは、韓
     国の監査基準に準拠してこの監査を行いました。かかる基準は、私どもが倫理規定を遵守し、連結財務書類における重
     大な虚偽の有無について合理的な保証を得るために、監査を計画、実施することを要求しています。
      監査には、連結財務書類上の金額と開示内容に関する監査証拠を得るための手続きを実施することが含まれていま
     す。選択した手続きは、不正または誤謬による連結財務書類の重大な虚偽記載のリスクの評価を含む私どもの判断によ
     ります。かかるリスクを評価する際、私どもは、事業体の内部統制の有効性に関する意見を表明するためではなく、状
     況に適した監査手続きを策定するために、事業体の連結財務書類の作成および適正な表示に関連する内部統制を検討し
     ます。また、監査には、全体としての連結財務書類の表示に対する評価だけでなく、適用された会計方針の適切性と経
     営者による会計上の見積りの合理性に対する評価が含まれています。
      私どもは、監査意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと考えています。
     意見

      私どもは、連結財務書類が、韓国採択国際会計基準に従って、当グループの2017年12月31日現在の財政状態ならびに
     同日に終了した年度の財務実績およびキャッシュ・フローを、すべての重要な点において適正に表示しているものと認
     めます。
     その他の事項

      私どもは、2016年12月31日終了年度にかかる連結財務書類の監査を行い、子会社である大宇造船海洋(以下「DSME」
     という。)の継続企業として存続する能力の検証およびDSMEの売上原価のカットオフの検証に関して、監査範囲の制約
     により、2017年3月30日付でかかる財務書類に対する限定付適正意見を表明しました。
     三徳会計法人

     韓国ソウル特別市

     2018年3月28日
                                  14/254




                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      本監査報告書は、監査報告書の日付である2018年3月28日現在で有効です。監査報告書の日付から本報告書が読まれ
     るまでの期間に発生する可能性がある一定の後発事象または状況は、添付の連結財務書類およびその注記に重大な影響
     を及ぼす可能性があります。従って、本監査報告書の読者は、上記監査報告書がかかる後発事象または状況(もしあれ
     ば)の影響を反映して訂正されなければならない可能性があることを理解しなければなりません。
                                  15/254



















                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
                          韓国産業銀行および子会社

                            連結財政状態計算書
                         2017年および2016年12月31日現在
                                                  (単位:百万ウォン)
                                            2017年          2016年

                                 注記          12 月31日         12 月31日
     資産
     現金および預け金                          4,40,49,50,53               8,235,486          9,171,203
     売買目的金融資産                           5,49,50,53              1,904,649          2,420,832
     当期損益認識金融資産                           6,49,50,53               120,019          341,303
     売却可能金融資産                          7,40,49,50,53              39,593,926          43,810,626
     満期保有金融資産                           8,49,50,53              6,040,641          5,446,948
     貸出債権                          9,42,49,50,53             143,224,116          144,516,214
     金融派生商品資産                          10,49,50,51,53               6,382,579          6,461,126
     関連会社投資                            11,52            28,054,557          27,511,908
     有形固定資産(純額)                            12,52            6,026,911          6,577,983
     投資不動産(純額)                            13,52             412,586          419,919
     無形固定資産(純額)                            14,52            1,292,426          1,961,882
     繰延税金資産                             38             920,983         1,440,146
     当期税金資産                                          74,516          79,664
     その他の資産                           15,49,50,53             21,264,039          21,952,746
     売却目的資産                             16             264,294          725,324
     資産合計                                        263,811,728          272,837,824
     負債

     当期損益認識金融負債                           17,49,50,53              1,626,185          1,893,077
     預金                           18,49,50,53             34,300,089          39,398,070
     借入金                           19,49,50,53             28,692,715          31,203,363
     債券                           20,49,50,53             120,228,005          121,890,112
     金融派生商品負債                          10,49,50,51,53               5,823,991          6,782,554
     保険契約準備金                             21           15,586,838          14,433,980
     確定給付負債                             22             403,092          420,597
     引当金                             23            1,687,266          1,585,652
     繰延税金負債                             38            3,512,909          3,611,809
     当期税金負債                                          369,572          39,756
     その他の負債                           24,49,50,53             17,991,308          20,444,294
     売却目的負債                             16             18,954         115,090
     負債合計                                        230,240,924          241,818,354
     資本

     資本金                             25           17,938,099          17,543,099
     資本剰余金                             25            1,058,374          1,236,666
     資本調整                             25             324,596          215,236
     その他の包括利益累計額                             25             694,547          582,540
     利益剰余金                             25            9,827,095          9,333,683
     (規制上の貸倒引当金:2017年12月31日および2016
     年12月31日現在、それぞれ1,347,622百万ウォンお
     よび1,419,756百万ウォン)
     (規制上の貸倒引当金強制積立(戻入)金額:2017年
     12月31日および2016年12月31日現在、それぞれ
     58,231百万ウォンおよび(-)72,134百万ウォン)
     (規制上の貸倒引当金積立(戻入)予定金額:2017年
     12月31日および2016年12月31日現在、それぞれ
     58,231百万ウォンおよび(-)72,134百万ウォン)
     当行の株主に帰属する資本合計                                        29,842,711          28,911,224
     非支配持分                                         3,728,093          2,108,246
     資本合計                                        33,570,804          31,019,470
                                  16/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     負債および資本合計                                        263,811,728          272,837,824
      添付の注記は、本連結財務書類の不可分の一部である。

                                  17/254




















                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
                          韓国産業銀行      および子会社

                            連結包括利益計算書
                      2017年および2016年12月31日に終了した年度
                                      (単位:百万ウォン。1株当たり利益を除く。)
                             注記          2017年             2016年

     継続事業:
     受取利息                         26             5,753,821             5,777,667
     支払利息                         26            (3,499,555)             (3,733,991)
     純利息収益                         52             2,254,266             2,043,676
     純手数料収益                         27              478,674             515,460

     受取配当金                         28              260  , 147           238,091
     売買目的金融資産による純損失                         29             (27,311)             (29,832)
     当期損益認識金融商品による純利益                         30              73,  452           74,753
     売却可能金融資産による純利益(損失)                         31             (155,078)              357,150
     満期保有金融資産による純利益                         32                193             94
     金融派生商品による純利益                         33             1,058,089              62,828
     為替取引による純損失                         34             (754,779)             (171,793)
     その他営業利益(費用)(純額)                         35              346,879           (1,634,500)
     非利息収益(純額)                                     1,280,266             (587,749)
     貸倒引当金繰入                         9             976,  961          2,684,406

     一般管理費                        36,52             1,790,269             1,925,843

     営業利益(     損失)                    52              767,302           (3,154,322)

     関連会社投資利益                         11              273,350            2,698,359

     その他営業外収益                         37             1,749,961              224,388
     その他営業外費用                         37            (1,244,920)             (1,006,430)
     営業外利益(純額)                                       778,  391          1,916,317
     税引前利益(損失)                                     1,545,693            (1,238,005)

     法人税費用                         38              982,  321          1,118,404

     継続事業による当期純利益(損失)                                       563,372           (2,356,409)
     非継続事業:

     非継続事業による当期純利益                         16                 -          294,764
     当期純利益(損失)                         25              563,372           (2,061,645)

     (規制上の貸倒引当金調整後当期純利益(損
     失):2017年および2016年12月31日終了年
     度:それぞれ505,141百万ウォンおよび(-)
     1,989,511百万ウォン
     当期中のその他の包括利益(損失)                 (税引

     後)                         25
     後に損益に振り替えられるかまたはその可能
     性のある項目:
     売却可能金融資産評価益(損)(純額)                                       113,596            (399,932)
     関連会社のその他の包括利益(損失)に対す
     る持分                                       207,928            (62,771)
     海外事業の為替換算差額                                     (289,   413  )          75,111
     キャッシュ・フロー・ヘッジ評価益(損)                                        7, 737            4,897
     その他                                      (88,713)            (139,424)
                                           (48,865)            (522,119)
                                  18/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     後に損益に振り替えられない項目:
     確定給付負債の再測定                                       12 ,257            44,942
                                           (36,608)            (477,177)
     当期包括利益(損失)合計                                       526,764           (2,538,822)
     利益(損失)の帰属先:                         25

     親会社株主                                       493,412            (12,478)
     非支配持分                                       69,960          (2,049,167)
     当期純利益(損失)                                       563,372           (2,061,645)
     包括損益(損失)合計の帰属先:

     親会社株主                                       605,419            (301,940)
     非支配持分                                      (78,655)           (2,236,882)
     当期包括利益(損失)合計                                       526,764           (2,538,822)
     1株当たり利益(損失):                         39

     基本的および希薄化後1株当たり利益(損
     失)
     (ウォン)                                         139             (4)
     1株当たり利益(損失)-継続事業:                         39
     基本的および希薄化後1株当たり利益(損
     失)(ウォン)                                         139            (119)
      添付の注記は、本連結財務書類の不可分の一部である。

                                  19/254













                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
                           韓国産業銀行および子会社

                             連結持分変動計算書
                        2017  年および2016年12月31日に終了した年度
                                                    (単位:百万ウォン)
                                   親会社株主帰属分

                                      その他の
                                      包括利益     利益
                               資本剰余
                           資本金     金  資本調整    累計額    剰余金     合計   非支配持分     資本合計
     2016  年1月1日現在                    17,235,399    1,579,236    225,537    872,002   9,346,161    29,258,335     4,855,429    34,113,764
     当期純損失                         -    -    -    - (12,478)    (12,478)   (2,049,167)     (2,061,645)
     売却可能金融資産評価損                         -    -    - (297,334)       - (297,334)     (102,598)     (399,932)
     関連会社のその他の包括損失に対する持分                         -    -    - (65,578)       - (65,578)      2,807   (62,771)
     海外事業の為替換算差額                         -    -    -  46,308      -  46,308     28,803     75,111
     キャッシュ・フロー・ヘッジ評価益                         -    -    -  4,897      -   4,897       -   4,897
     確定給付負債の再測定                         -    -    -  27,242      -  27,242     17,700     44,942
     その他                         -    -    - (4,997)       -  (4,997)    (134,427)     (139,424)
     当期包括損失合計                         -    -    - (289,462)    (12,478)    (301,940)    (2,236,882)     (2,538,822)
     払込資本金の増加                       307,700    (1,492)      -    -    -  306,208       -  306,208
     支配権を維持している子会社に対する持分の取得/処分                         -(341,078)    (10,301)       -    - (351,379)     (510,301)     (861,680)
     所有者との取引                       307,700   (342,570)    (10,301)       -    - (45,171)    (510,301)     (555,472)
     2016  年12月31日現在                    17,543,099    1,236,666    215,236    582,540   9,333,683    28,911,224     2,108,246    31,019,470
     2017  年1月1日現在                    17,543,099    1,236,666    215,236    582,540   9,333,683    28,911,224     2,108,246    31,019,470
     当期純利益                         -    -    -    - 493,412    493,412     69,960    563,372
     売却可能金融資産評価益(損)                         -    -    - 122,203       -  122,203     (8,607)     113,596
     関連会社のその他の包括利益(損失)に対する持分                         -    -    - 209,903       -  209,903     (1,975)     207,928
     海外事業の為替換算差額                         -    -    - (232,218)       - (232,218)     (57,195)    (289,413)
     キャッシュ・フロー・ヘッジ評価益                         -    -    -  7,737      -   7,737       -   7,737
     確定給付負債の再測定                         -    -    -  (437)      -   (437)    12,694     12,257
     その他                         -    -    -  4,819      -   4,819    (93,532)     (88,713)
     当期包括利益(損失)合計                         -    -    - 112,007    493,412    605,419    (78,655)     526,764
     払込資本金の増加                       395,000    (1,946)      -    -    -  393,054       -  393,054
     支配権を維持している子会社に対する持分の取得/処分                         -(176,346)    109,360       -    - (66,986)    1,698,502     1,631,516
     所有者との取引                       395,000   (178,292)    109,360       -    -  326,068    1,698,502     2,024,570
     2017  年12月31日現在                    17,938,099    1,058,374    324,596    694,547   9,827,095    29,842,711     3,728,093    33,570,804
      添付の注記は、本連結財務書類の不可分の一部である。

                                  20/254







                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
                          韓国産業銀行      および子会社

                         連結キャッシュ・フロー計算書
                     2017年および2016年12月31日に終了した年度
                                                (単位:百万ウォン)
                                注記         2017年           2016年

     営業活動によるキャッシュ・フロー
     継続事業からの当期純利益(損失)                                       563,372         (2,356,409)
     調整項目:
      法人税費用                           38            982,321          1,118,404
      受取利息                           26         (5,753,821)           (5,777,667)
      支払利息                           26          3,499,555           3,733,991
      受取配当金                           28          (260,147)           (238,091)
      売買目的金融資産評価損                           29             7,993           16,433
      当期損益認識金融商品評価益                           30           (79,375)           (68,137)
      売却可能金融資産処分益                           31           (67,852)           (655,766)
      売却可能金融資産減損損失                           31            222,930           298,616
      満期保有金融資産処分益                           32             (193)            (94)
      金融派生商品評価損(益)                           33          (178,417)            858,879
      公正価値ヘッジ対象に係る純利益                           33          (622,318)           (286,003)
      為替換算損                           34            815,036            30,371
      関連会社投資の処分損(益)                           35            128,018         (1,438,218)
      関連会社投資減損損失                           11            27,379           26,455
      関連会社の利益に対する持分                           11          (300,729)          (2,724,814)
      貸倒引当金繰入                           9           976,961          2,684,406
      支払保証引当金繰入(戻入)                           23           (10,312)           (43,437)
      未実行貸出残高引当金繰入(戻入)                           23            59,186          (45,714)
      金融保証引当金繰入(戻入)                           23            83,412          (82,202)
      訴訟引当金繰入                           23            355,894           204,764
      原状回復債務の戻入                           23             (615)           (770)
      その他引当金繰入                           23            14,034           170,176
      その他の損失引当金繰入                                      262,635          1,251,365
      確定給付費用                           22            161,430           197,243
      有形固定資産減価償却費                           12            266,617           183,875
      有形固定資産処分損(益)                           37            (2,385)            7,899
      有形固定資産減損損失                           37            440,544           203,958
      投資不動産減価償却費                           13             6,301           5,728
      投資不動産処分益                           37               -         (309)
      投資不動産減損損失                           37             1,353           1,542
      無形固定資産償却費                           14            218,737           276,165
      無形固定資産処分損(益)                           37             (113)            668
      無形固定資産減損損失                           37            528,030           378,931
      売却目的資産処分益                           37           (19,252)            (7,413)
      売却目的資産減損損失(戻入)                           37            (3,047)            52,782
      要求払株式資本にかかる損失(利益)                           35            107,549          (105,450)
      債券償還損(益)                           35             (122)            590
                                           1,867,217            229,156
     営業資産・負債の変動
      預け金                                     (476,022)            709,944
      売買目的金融資産                                      934,917           (17,437)
      当期損益認識金融資産                                      223,078           117,047
      貸出債権                                      250,234         (5,231,885)
      金融派生商品資産                                     (691,673)           (712,568)
      その他の資産                                      752,505          1,258,509
      当期損益認識金融負債                                     (189,213)            395,834
      預金                                    (5,071,831)           (2,452,276)
      保険契約準備金                                     1,152,859           1,603,975
                                  21/254

                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      確定給付負債                                     (111,891)           (213,904)
      引当金                                     (309,555)            (60,122)
      その他の負債                                    (3,258,427)           (2,146,369)
                                          (6,795,019)           (6,749,    252  )
     法人税支払                                       (59,432)           (86,385)
     受取利息                                      5,627,812           6,307,349
     支払利息                                     (3,699,746)           (4,047,123)
     受取配当金                                       857,186          1,166,305
     営業活動による正味キャッシュ・フロー                                     (1,638,610)           (5,536,359)
     投資活動によるキャッシュ・フロー

      売却可能金融資産の処分                           7          21,741,259           41,851,143
      売却可能金融資産の取得                           7         (17,964,038)           (35,834,889)
      満期保有金融資産の償還                           8            76,906           58,598
      満期保有金融資産の取得                           8          (857,249)          (1,208,392)
      有形固定資産の処分                           12            32,188           246,238
      有形固定資産の取得                           12          (717,844)           (434,463)
      投資不動産の処分                           13               -         3,612
      投資不動産の取得                           13             (460)             -
      無形固定資産の処分                           14             9,527           20,068
      無形固定資産の取得                           14           (92,547)           (60,335)
      売却目的資産および負債の処分                                      587,752           102,074
      関連会社投資の処分                           11            471,495          1,332,689
      関連会社投資の取得                           11         (1,449,906)            (606,957)
      子会社変動による正味キャッシュ・フロー                                      705,109          2,522,964
     投資活動による正味キャッシュ・フロー                                      2,542,192           7,992,350
     財務活動によるキャッシュ・フロー

      借入金手取金                                     38,897,054           32,279,910
      借入金の返済                                    (40,508,902)           (31,796,127)
      債券発行手取金                                     99,353,713           75,139,901
      債券償還                                   (100,110,868)            (75,996,289)
      払込資本金の増加                                      145,000           307,700
      株式発行費用                                      (1,946)           (1,492)
     財務活動による正味キャッシュ・フロー                                     (2,225,949)             (66,397)
     現金および現金同等物に対する為替変動による影響                                      (616,256)             93,435

     現金および現金同等物の純増(減)                                     (1,938,623)            2,483,029

     期首現金および現金同等物                                      12,273,613            9,790,584
     期末現金および現金同等物                            47          10,334,990           12,273,613
      添付の注記は、本連結財務書類の不可分の一部である。


                                  22/254






                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     韓国産業銀行および子会社
     連結財務書類に対する注記
     2017  年および2016年12月31日現在
     1.報告主体

      添付の連結財務書類は、韓国産業銀行(以下「KDB」または「当行」という。)およびその子会社(以下「当グルー
     プ」と総称する。)からなる。当行およびその子会社の一般情報は以下のとおりである。
     ( 1)支配会社

      KDBは、産業の発展の促進および国民経済の推進を目指して、重要産業プロジェクトに対する融資を行い、管理する
     ため、韓国産業銀行法に基づいて1954年4月1日に設立された。
      当行は、韓国産業銀行法およびその他の適用法令に基づく銀行業務ならびに金融投資サービスおよび資本市場法に基
     づく信託業務に従事している。
      従前に最終親会社であった韓国政策金融公社(以下「KoFC」という。)および従前に直接親会社であったKDBフィナ
     ンシャル・グループ・インク(以下「KDBFG」という。)は、2009年10月28日に当行の複数の部門のスピンオフにより
     設立された。2014年12月31日付で、KoFCおよびKDBFGは当行に合併された。2017年12月31日現在、当行の資本金は
     17,938,099百万ウォンであり、発行済株式は3,587,619,768株である。当行株式はすべて韓国政府が所有している。
      当行の本店所在地は、韓国ソウル特別市永登浦区汝矣島洞銀行路14であり、2017年12月31日現在のその業務ネット
     ワークは次のとおりである。
                国内                 海外
            本店       支店       支店      子会社      駐在員事務所          合計
      KDB       1      74       9      5       8        97
                                  23/254












                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     (2)連結子会社
      2017年および2016年12月31日現在の当グループの連結対象となる直接および間接所有子会社に対するその持分比率は
     以下のとおりである。
                                                 2017年      2016年
      投資者            投資先企業              国     業種    会計年度末      持分比率(%)      持分比率(%)
           子会社
    KDB       産銀亜州金融有限公司                     香港      金融      12月       100.00      100.00
           産銀アイルランド・リミテッド                   アイルラン       金融      12月       100.00      100.00
                                ド
           産銀ウズベキスタン・リミテッド                   ウズベキス       金融      12月       86.34      86.34
                                タン
           KDBバンク・ヨーロッパ・リミテッド                   ハンガリー       金融      12月       100.00      100.00
           バンコKDBブラジルS.A.                    ブラジル       金融      12月       100.00      100.00
           KDBキャピタル・コーポレーション                     韓国    ファイナン       12月       99.92      99.92
                                    ス・リース
           KDBインフラストラクチャー・インベス                     韓国     資産運用       12月       84.16      84.16
           トメント・アセット・マネジメント・カ
           ンパニー・リミテッド
           大宇造船海洋                     韓国      製造      12月       56.01      79.04
           新韓重工業(*1)(*5)                     韓国      製造      12月       89.22        -
           サムウ重工業(*1)(*5)                     韓国      製造      12月       100.00         -
           大韓造船(*1)(*5)                     韓国      製造      12月       70.04        -
           韓国インフラ構造基金                     韓国     金融投資       12月       85.00      85.00
           韓国教育基金(*3)                     韓国     金融投資       半期       50.00      50.00
           韓国BTL基金第1号(*3)                     韓国     金融投資       半期       41.67      41.67
           韓国鉄道基金第1号(*3)                     韓国     金融投資       半期       50.00      50.00
           元利金保証信託(*4)                     韓国     金融投資       12月         -      -
           元金保証信託(*4)                     韓国     金融投資       12月         -      -
           KDBベンチャー・エム・アンド・エー・                     韓国     金融投資       12月       57.56      57.56
           プライベート・エクイティ・ファンド
           KDBターンアラウンド・プライベート・                     韓国     金融投資       12月         -    97.59
           エクイティ・ファンド(*6)
           KDBコンサス・バリュー・プライベー                     韓国     金融投資       12月       58.08      58.08
           ト・エクイティ・ファンド
           コンポーネンツ・アンド・マテリアル                     韓国     金融投資       12月       83.33      83.33
           ズ・エム・アンド・エー・プライベー
           ト・エクイティ・ファンド
           産銀バリュー・プライベート・エクイ                     韓国     金融投資       12月       99.84      99.84
           ティ・ファンド第6号
           産銀バリュー・プライベート・エクイ                     韓国     金融投資       12月       55.00      55.00
           ティ・ファンド第7号(*5)
           KDBシグマ・プライベート・エクイ                     韓国     金融投資       12月       73.33      73.33
           ティ・ファンド第2号(*5)
           KDBアジア・プライベート・エクイ                     韓国     金融投資       12月       65.00      65.00
           ティ・ファンド(*5)
           KoFC-KBICフロンティア・チャンプ2010-                     韓国     金融投資       12月       50.00      50.00
           5プライベート・エクイティ・ファンド
           (*2)
           KTB韓国・オーストラリア・グローバ                     韓国     金融投資       12月       95.00      95.00
           ル・コオペレーション・プライベート・
           エクイティ・ファンド
           KDBC   IPインベストメント・ファンド第                  韓国     金融投資       12月       66.66      66.66
           2号(*5)
           KoFC-KDBCパイオニア・チャンプ2010-4                     韓国     金融投資       12月       100.00      100.00
           ベンチャー・インベストメント・ファン
           ド(*5)
           NVESTOR2016プライベート・エクイ                     韓国     金融投資       12月       80.00        -
           ティ・ファンド
           KDB-IAP    OBORプライベート・エクイ                韓国     金融投資       12月       44.69        -
           ティ・ファンド(*2)(*5)
           K-Five第五証券化専門会社およびその他                     韓国     金融投資       12月         -      -
           7社(*7)
                                  24/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
           KIAMCOロード・インベストメント・プラ                     韓国     金融投資       12月         -      -
           イベート・ファンド・スペシャル・ア
           セット・トラスト第2号および34受益証
           券
           孫会社
    KDBキャピタ       ベトナム・インターナショナル・リーシ                    ベトナム      金融投資       12月       81.65      81.65
    ル・コーポ       ング・カンパニー・リミテッド
    レーション
           I-Cubeインベストメント・ファンド第1                     韓国     金融投資       12月       18.70      18.70
           号(*5)(*8)
           KDBCバイオメディカル・ニュー・グロー                     韓国     金融投資       12月       60.00      60.00
           ス・インベストメント・ファンド
           KDBCフード・インダストリー・インベス                     韓国     金融投資       12月       50.00      50.00
           トメント・ファンド第1号(*8)
           株式担保ローンMMT第3号(*6)                     韓国     金融投資       12月         -   100.00
           株式担保ローンMMT第4号                     韓国     金融投資       12月       100.00         -
           ワラント付アパッチ・ゴルフ・ボンド・                     韓国     金融投資       12月       100.00      100.00
           スペシャル・マネー・トラスト
           インドシナ・バンク・プライベート・プ                     韓国     金融投資       12月         -   100.00
           レースメント・ボンド・スペシャル・マ
           ネー・トラスト第1号(*6)
           キャップストーン・プロフェッショナ                     韓国     金融投資       12月       50.00        -
           ル・インベスターズ・プライベート・プ
           レースメント・リアル・エステート・イ
           ンベストメント・トラスト第9号(*8)
           ハンファ投資証券MMT(*6)                     韓国     金融投資       12月         -   100.00
           教保証券MMT(*6)                     韓国     金融投資       12月         -   100.00
           DB金融投資MMT                     韓国     金融投資       12月       100.00      100.00
           信栄証券MMT                     韓国     金融投資       12月       100.00         -
           KDBキャピタル第5証券化専門会社(*6)                     韓国     金融投資       12月         -      -
           KDBキャピタル第6証券化専門会社(*8)                     韓国     金融投資       12月         -      -
           KDBキャピタル第8証券化専門会社(*8)                     韓国     金融投資       12月         -      -
           DBキュリアス・プライベート・エクイ                     韓国     金融投資       12月       98.74      98.74
           ティ・ファンドL.P.
    大宇造船海洋       DWマンガリア重工業S.A.                   ルーマニア       造船      12月       51.00      51.00
           DSECカンパニー・リミテッド(*6)                     韓国    サービス、       12月         -    70.07
                                     卸売り
           Welliv.コーポレーション(*6)                     韓国     サービス       12月         -   100.00
           DSME建設(*6)                     韓国     土木建築       12月         -    99.21
           DSME山東                     中国    船舶部品製       12月       100.00      100.00
                                      造
           新韓重工業(*1)(*5)                     韓国    船舶部品製       12月         -    89.22
                                      造
           DeWindカンパニー(*10)                     米国     風力発電       12月       100.00      100.00
           サムウ重工業(*1)(*5)                     韓国    船舶部品製       12月         -   100.00
                                      造
           DKマリタイムS.A.                    パナマ      造船      12月       100.00      100.00
           DSMEオマーンLLC                    オマーン     不動産開発       12月       70.00      70.00
           DSMEファー・イーストLLC                    ロシア      造船      12月       100.00      100.00
           BIDCカンパニー・リミテッド(*6)                     韓国     保管、梱       12月         -    51.04
                                     包、輸送
           DeWindフリスコLLC(*10)                     米国     風力発電       12月         -   100.00
           DeWindノヴァスⅢLLC(*10)                     米国     風力発電       12月         -   100.00
           リトル・プリングル1(*10)                     米国     風力発電       12月         -   100.00
           リトル・プリングル2(*10)                     米国     風力発電       12月         -   100.00
           PT.  DSME   ENR  CEPU            インドネシ      鉱区投資       12月       85.00      85.00
                                ア
           DSMEインフォメーション・コンサルティ                     韓国     サービス       12月       100.00         -
           ング・カンパニー・リミテッド
    KDBコンサ       KDB生命保険(*9)                     韓国      金融      12月       85.05      85.05
    ス・バ
    リュー・プラ
    イベート・エ
    クイティ・
    ファンド
                                  25/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
    産銀バ       大宇建設(*9)                     韓国      建設      12月       51.34      51.34
    リュー・プラ
    イベート・エ
    クイティ・
    ファンド第6
    号
    KDBC   IPイン    LEDIPカンパニー・リミテッド(*6)                     韓国     サービス       12月         -    99.99
    ベストメン
    ト・ファンド
    第2号
    I-Cubeインベ       IP-Cubeパートナーズ・カンパニー・リ                     韓国     サービス       12月       100.00      100.00
    ストメント・       ミテッド
    ファンド第1
    号
      (*1)2017年12月31日に終了した年度の会社再編促進法に基づく行政手続の開始により、当行が当該投資先への支配力
        を有するため、当行は、大宇造船海洋の子会社であったかかる投資先を直接連結対象としている。
      (*2)かかる投資先に対する当グループの持分は50%未満であるが、当グループは同投資先への関与から生じる変動リ
        ターンに晒されているか、または変動リターンに対する権利を有しており、同投資先に対するパワーを通じて、
        これらのリターンに影響を及ぼす能力を有しているため、当グループは同投資先を支配している。
      (*3)かかる投資先は、当行から資金調達を受け、KDBインフラストラクチャー・インベストメント・アセット・マネ
        ジメント・カンパニー・リミテッドにより運営されている。同投資先は、当行が保有する議決権の割合は50%未満
        であるが、当行が、変動リターンに晒されており、同投資先に対するパワーを通じて、これらのリターンに影響
        を及ぼす能力を有しているため、連結対象に含まれている。
      (*4)かかる信託は、当行が、かかる事業体の財務および事業方針を支配するように同信託に対するパワーを有し、元
        利金または元本のみの保持のための契約を通じて変動リターンに晒されているため、連結対象に含まれている。
      (*5)子会社を通じた間接所有分が含まれている。
      (*6)2017年12月31日現在、かかる投資先は清算により連結対象に含まれていない。
      (*7)かかる投資先は、投資者の事業のために設立されているか、または投資者が投資先の利益の大半を得る権利を有
        するかもしくは投資者が投資先に関連するリスクの大半を保持するストラクチャード・エンティティである。同
        投資先は、投資者が同事業体の財務および事業方針を支配するように同投資先に対するパワーを有し、同投資先
        への関与から生じる変動リターンに晒されているか、または変動リターンに対する権利を有しており、これらの
        リターンに影響を及ぼすように同投資先に対してパワーを使用する能力を有しているため、連結対象に含まれて
        いる。
      (*8)かかる事業体は、投資者の持分比率は50%超ではないが、投資者が業務執行パートナーとして同事業体の財務お
        よび事業方針を支配するようにかかる投資先に対するパワーを有し、同投資先への関与から生じる変動リターン
        に晒されているか、または変動リターンに対する権利を有しており、これらのリターンに影響を及ぼすように同
        投資先に対してパワーを使用する能力を有しているため、連結対象としている。
      (*9)かかる孫会社の親会社は特別目的会社であり、連結財務書類において個別に開示されていない。
      (*10)2017年12月31日現在、DeWindカンパニーおよびその子会社は1年以内に売却されることが見込まれており、売
        却目的資産および負債に振り替えられている。
                                  26/254








                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     ( 3)  子会社の変更
      2017年12月31日現在の連結財務書類に新たに含まれる子会社および連結財務書類から除外される子会社は以下のとお
     りである。
     (ⅰ)   2017年12月31日現在の連結の範囲に新たに含まれた子会社

           理由                         子会社
     アセット・バック・コマーシャ                K-Five第六証券化専門会社、U-BEST第四証券化専門会社、KDB未来成長
    ル・ペーパー与信枠および購入コ                 ABCP第一株式会社
         ミットメント
                     NVESTOR2016プライベート・エクイティ・ファンド、KDB-IAP                            OBORプラ
          新設等
                     イベート・エクイティ・ファンド
     (ⅱ)   2017年12月31日現在の連結の範囲から除外された子会社

           理由                         子会社
           清算          KDBターン・アラウンド・プライベート・エクイティ・ファンド
                     マルチ・アセットKDBシッピング・ファンドHJ-1、マルチ・アセットKDB
           処分          シッピング・ファンドSNP-1、マルチ・アセットKDBシッピング・ファン
                     ドSH-1
                     KDBオーシャン・バリューアップ・ファンド第7号、マルチ・アセット
         支配の喪失            KDBオーシャン・バリューアップ・ファンド第9号、マルチ・アセット
                     KDBオーシャン・バリューアップ・ファンド第9-1号
                                  27/254













                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     ( 4)  子会社の財務情報
      2017年および2016年12月31日現在ならびに同日に終了した年度の連結財務書類に含まれる子会社の財務情報は以下の
     とおりである。(単位:百万ウォン)
                                       2017年
                                                      包括利益
                                                 純利益
                                                      (損失)合
                         資産       負債      資本     営業収益      (損失)       計
     産銀亜州金融有限公司                    1,481,387       1,171,441       309,946      76,587      22,762     (16,026)
     産銀アイルランド・リミテッド                     399,436       320,670       78,766      21,616      7,606     (1,212)
     産銀ウズベキスタン・リミテッド                     745,374       677,237       68,137      90,386      60,790     (42,187)
     KDBバンク・ヨーロッパ・リミテッド                     873,868       793,699       80,169      46,576      6,096      6,917
     バンコKDBブラジルS.A.                     363,222       293,418       69,804     140,860      10,046      1,048
     KDBキャピタル・コーポレーション                    5,078,188       4,281,709       796,479      429,661      115,107      93,859
     KDBインフラストラクチャー・インベ                     38,805       6,729      32,076      25,456      13,418      13,480
     ストメント・アセット・マネジメン
     ト・カンパニー・リミテッド
     大宇造船海洋                   11,446,753       8,456,091      2,990,662     11,101,818       621,492      527,133
     新韓重工業                     315,526       286,621       28,905      46,853      3,165      2,378
     サムウ重工業                     281,704       248,520       33,184      38,824     (3,361)      (3,457)
     大韓造船                     543,676       602,057      (58,381)      438,857      (6,352)      (6,352)
     韓国インフラ構造基金                      9,775         6    9,769       865      751      751
     韓国教育基金                     128,391          7   128,384       5,011      4,668      4,668
     韓国BTL基金第1号                     469,776         321    469,455      18,526      17,072      17,072
     韓国鉄道基金第1号                     309,417         12    309,405      13,879      13,040      13,040
     元利金保証信託                     252,947       246,337       6,610     16,434     (1,477)      (1,477)
     元金保証信託                     272,342       266,339       6,003      5,559       176      176
     KDBベンチャー・エム・アンド・                       120      7,910     (7,790)         -      -      -
     エー・プライベート・エクイティ・
     ファンド
     KDBコンサス・バリュー・プライベー                   17,331,649       17,089,983        241,666     4,515,023       49,595     (14,937)
     ト・エクイティ・ファンド
     コンポーネンツ・アンド・マテリアル                      1,162       1,812      (650)        ▶   (2,251)       4,712
     ズ・エム・アンド・エー・プライベー
     ト・エクイティ・ファンド
     産銀バリュー・プライベート・エクイ                    9,797,318       7,732,081      2,065,237     12,068,750      (458,596)      (483,214)
     ティ・ファンド第6号
     産銀バリュー・プライベート・エクイ                     214,051       62,087      151,964      15,766      10,027     (3,105)
     ティ・ファンド第7号
     KDBシグマ・プライベート・エクイ                     222,435         574    221,861         2    4,595      4,525
     ティ・ファンド第2号
     KoFC-KBICフロンティア・チャンプ                     15,017         3    15,014      2,131      (294)       18
     2010-5プライベート・エクイティ・
     ファンド
     KTB韓国・オーストラリア・グローバ                      1,286         5    1,281        2    1,861      1,861
     ル・コオペレーション・プライベー
     ト・エクイティ・ファンド
     KDBアジア・プライベート・エクイ                     26,353        195     26,158        -   (2,619)      (4,466)
     ティ・ファンド
     KDBC   IPインベストメント・ファンド                   9,398       3,000      6,398      2,167      2,162      1,776
     第2号
     KoFC-KDBCパイオニア・チャンプ2010-                     11,621        179     11,442      3,410      3,227      1,571
     4ベンチャー・インベストメント・
     ファンド
     NVESTOR2016プライベート・エクイ                     62,384       25,886      36,498      13,717        96      96
     ティ・ファンド
     KDB-IAP    OBORプライベート・エクイ                 140,592       47,894      92,698        -   (1,598)      (8,062)
     ティ・ファンド
     K-Five第五証券化専門会社およびその                     767,162       863,933      (96,771)       43,211     (10,939)      (10,949)
     他7社
     KIAMCOロード・インベストメント・プ                    2,370,818         7,313    2,363,505       150,995      120,659      105,610
     ライベート・ファンド・スペシャル・
     アセット・トラスト第2号および34受
     益証券
                                  28/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
                                       2016年
                                                      包括利益
                                                 純利益
                                                      (損失)合
                         資産       負債      資本     営業収益      (損失)       計
     産銀亜州金融有限公司                    1,569,053       1,243,081       325,972      98,026      42,615      51,402
     産銀アイルランド・リミテッド                     414,379       334,400       79,979      32,977      11,389      14,129
     産銀ウズベキスタン・リミテッド                    1,119,482       1,009,157       110,325      43,963      19,777      7,289
     KDBバンク・ヨーロッパ・リミテッド                     890,137       816,885       73,252      85,407      5,923      6,144
     バンコKDBブラジルS.A.                     370,416       301,660       68,756     181,368      29,833      45,351
     KDBキャピタル・コーポレーション                    5,028,667       4,290,574       738,093      521,862      115,953      73,952
     KDBインフラストラクチャー・インベ                     31,833       5,258      26,575      20,518      9,978      9,945
     ストメント・アセット・マネジメン
     ト・カンパニー・リミテッド
     大宇造船海洋                   15,064,830       14,405,453        659,377    13,839,819     (2,734,139)      (2,709,492)
     韓国インフラ構造基金                     11,702         5    11,697      1,043       911      911
     韓国教育基金                     136,499          8   136,491       5,440      5,072      5,072
     韓国BTL基金第1号                     499,048         342    498,706      21,173      19,624      19,624
     韓国鉄道基金第1号                     351,810         14    351,796      15,018      14,122      14,122
     元利金保証信託                     257,441       249,354       8,087      7,382     (6,754)      (6,754)
     元金保証信託                     273,946       268,119       5,827      5,795       57      57
     KDBベンチャー・エム・アンド・                       120      7,910     (7,790)         -      -      -
     エー・プライベート・エクイティ・
     ファンド
     KDBターンアラウンド・プライベー                      3,372         1    3,371       19    (280)      (280)
     ト・エクイティ・ファンド
     KDBコンサス・バリュー・プライベー                   16,849,641       16,590,305        259,336     4,475,638      (312,433)      (401,631)
     ト・エクイティ・ファンド
     コンポーネンツ・アンド・マテリアル                      1,964       5,208     (3,244)      13,225      12,532      12,631
     ズ・エム・アンド・エー・プライベー
     ト・エクイティ・ファンド
     産銀バリュー・プライベート・エクイ                   11,622,516       9,176,965      2,445,551     11,491,549      (523,491)      (507,095)
     ティ・ファンド第6号
     産銀バリュー・プライベート・エクイ                     211,195       70,426      140,769       1,507     (9,062)      (8,170)
     ティ・ファンド第7号
     KDBシグマ・プライベート・エクイ                     197,621         286    197,335         3    1,954      1,593
     ティ・ファンド第2号
     KDBアジア・プライベート・エクイ                     23,489         1    23,488        -    (330)      1,056
     ティ・ファンド
     KoFC-KBICフロンティア・チャンプ                     50,213         2    50,211      1,900      2,001      4,221
     2010-5プライベート・エクイティ・
     ファンド
     KTB韓国・オーストラリア・グローバ                      1,081       1,661      (580)        -  (18,349)      (18,349)
     ル・コオペレーション・プライベー
     ト・エクイティ・ファンド
     KDBC   IPインベストメント・ファンド                   9,982       3,259      6,723       881    (3,385)      (4,375)
     第2号
     KoFC-KDBCパイオニア・チャンプ2010-                     17,909        238     17,671      5,877      5,452     (5,511)
     4ベンチャー・インベストメント・
     ファンド
     K-Five第五証券化専門会社およびその                     816,817       902,648      (85,831)       38,233     (3,485)      (3,510)
     他4社
     KIAMCOロード・インベストメント・プ                    2,384,852        20,177     2,364,675       132,331      50,045      61,439
     ライベート・ファンド・スペシャル・
     アセット・トラスト第2号および40受
     益証券
     2.作成の基準

     (1)   会計基準の適用
      当該連結財務書類は、株式会社の外部監査に関する法律に規定される韓国採択国際会計基準(以下「K-IFRS」とい
     う。)に従って作成されている。
     ( 2)  会計方針の変更および開示

                                  29/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     (i)  適用された新たなまたは改訂された基準および解釈
      当グループは、2017年1月1日に開始した会計年度から以下の改訂および制定された基準を新たに適用した。かかる
     改訂および改善の適用は、当グループの連結財務書類に重要な影響を及ぼさない。
      - K-IFRS第1007号「キャッシュフロー計算書」の改訂
      - K-IFRS第1012号「法人所得税」の改訂
      - K-IFRS第1112号「他の事業体への関与の開示」の改訂
     ( ⅱ)公表されているが発効していない新たなまたは改訂された基準および解釈

      以下の新基準、解釈および現行基準の改訂は、公表されているが、2017年1月1日より後に開始する会計年度に有効
     となっておらず、当グループが早期適用しなかったものである。
      K-IFRS第1109号「金融商品」

      K-IFRS第1109号「金融商品」は、K-IFRS第1039号「金融商品:認識および測定」の現行のガイダンスに代わるもので
     ある。当グループは、K-IFRS第1109号を2018年1月1日以降開始する会計年度から適用する予定である。
      K-IFRS第1109号は、原則として遡及適用されるが、金融商品の分類、測定、減損に関する比較情報の修正再表示の免
     除等の例外が一部存在する。ヘッジ会計の要件については、オプションの時間的価値の会計処理等の一部の例外を除
     き、将来に向かって概ね適用される。
      K-IFRS第1109号は、金融資産の保有者の事業モデルおよび金融商品の契約上のキャッシュ・フロー特性に基づく金融
     資産の分類および測定、予想信用損失(ECL)に基づく金融商品の減損モデル、ヘッジ会計の適用に適格なヘッジ対象
     およびヘッジ手段の範囲の拡大またはヘッジの有効性評価の変更等を主な特徴とする。
      K-IFRS第1109号の円滑な適用のために、財務インパクト分析、会計方針の設定、会計システムの構築および安定化を
     行う必要がある。かかる基準が初度適用される期の財務書類に及ぼす影響は、会計方針ならびに経済環境および金融商
     品に対する当グループの決定および判断によって異なる可能性がある。
      K-IFRS第1109号の適用に伴い、当行は内部管理プロセスまたは金融商品の報告に関連する会計システムの変更を完了
     しており、当グループはかかる新基準が連結財務書類に及ぼす財務上の影響を分析しているところである。当行は、K-
     IFRS第1109号の適用による財務上の潜在的影響を把握するために影響評価を行った。かかる評価は、2017年12月31日現
     在に入手可能な情報に基づいて行われており、その結果の説明は以下に示されている。
                                  30/254










                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      連結財務書類全体への影響は以下のとおりである。
      金融資産の分類および測定
      K-IFRS第1109号は、以下のとおり、金融資産の保有者の事業モデルおよび金融商品の契約上のキャッシュ・フロー特
     性に基づいて、当初認識後に金融資産を償却原価、その他の包括利益を通じた公正価値(FVOCI)または損益を通じた
     公正価値(FVTPL)で分類および測定することを求めている。混合契約に含まれる主契約が金融資産である場合、組込
     デリバティブは主契約から分離されず、混合契約全体がK-IFRS第1109号の要件にしたがって分類される。
                                  契約上のキャッシュ・フロー特性

             事業モデル                 元利金のみで構成                  その他
     契約上のキャッシュ・フローの回収が目的                        償却原価で測定(*1)
     契約上のキャッシュ・フローの回収および金
                              FVOCIで測定(*1)               FVTPLで測定(*2)
     融資産の売却が目的
     売却等が目的                          FVTPLで測定
      (*1)金融資産は、会計上のミスマッチを除去または削減するために、FVTPLで測定されるものとして取消不能の形で

        指定することができる。
      (*2)売買目的で保有されていない持分金融商品への投資は、FVOCIで測定されるものとして取消不能の形で指定する
        ことができる。
      金融資産を償却原価またはFVOCIで測定されるものとして分類するためのK-IFRS第1109号の要件は、K-IFRS第1039号

     の要件よりも厳格になっているため、FVTPLで測定される金融資産の割合が増加する可能性があり、これがK-IFRS第
     1109号の適用による損益のボラティリティの上昇につながる可能性がある。
      2017年12月31日現在、当行は、150,203,457百万ウォンの貸出債権および受取債権、12,313百万ウォンの満期保有金
     融資産、32,062,921百万ウォンの売却可能金融資産および926,737百万ウォンの当期損益認識金融資産(金融派生商品
     資産を除く。)を保有している。
      K-IFRS第1109号に従い、債務証券は、金融商品が契約上のキャッシュ・フローを回収するために金融商品を保有する
     ことを目的とする事業モデルにおいて保有され、かつ金融商品の契約条件により、元本および元本残高に対する利息の
     支払いのみであるキャッシュ・フローが特定の日に生じるという双方の条件を満たす場合に償却原価で測定することが
     できる。2017年12月31日現在、当行が保有する償却原価で測定される貸出債権および受取債権ならびに満期保有金融資
     産は、それぞれ150,203,457百万ウォンおよび12,313百万ウォンである。
      K-IFRS第1109号に従い、債務証券は、金融商品が契約上のキャッシュ・フローの回収および金融商品の売却の双方に
     よって目的が達成される事業モデルにおいて保有され、かつ金融商品の契約条件により、元本および元本残高に対する
     利息の支払いのみであるキャッシュ・フローが特定の日に生じるという双方の条件を満たす場合にFVOCIで測定するこ
     とができる。2017年12月31日現在、当行は、17,609,058百万ウォンの売却可能金融資産に分類される債務証券を保有し
     ている。
      K-IFRS第1109号に従い、事業体は、当初認識時に売買目的で保有されていない持分証券への投資のその後の公正価値
     変動をその他の包括利益に表示するという取消不能の選択をすることができる。その他の包括利益に累積された損益
     は、その後損益にリサイクルされない。2017年12月31日現在、当行は、14,453,863百万ウォンの売却可能金融資産に分
     類される持分証券を保有している。
      K-IFRS第1109号に従い、売買目的で保有されている債務証券、または契約条件により、元本および元本残高に対する
     利息の支払いのみであるキャッシュ・フローが生じない債務証券ならびにFVOCIで測定されるものとして指定されてい
     ない持分証券は、FVTPLで測定される。2017年12月31日現在、当行が保有するFVTPLで測定される金融資産に分類される
     債務証券および持分証券は、それぞれ911,203百万ウォンおよび15,534百万ウォンである。
                                  31/254






                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      下表は、2017年12月31日現在の当行が保有する金融資産(金融派生商品を除く。)の分類および測定に対する影響を
     要約したものである。(単位:百万ウォン)
                   K-IFRS第1039号に          K-IFRS第1109号に          K-IFRS第1039号に          K-IFRS第1109号に

                     基づく分類          基づく分類          基づく金額          基づく金額
      預け金              貸出債権および           償却原価で
                     受取債権       測定される金融資産               6,545,780          6,545,780
      売買目的金融資産:
       債務証券               FVTPL   で        FVTPL   で
                   測定される金融資産          測定される金融資産                911,203          911,203
       持分証券               FVTPL   で        FVTPL   で
                   測定される金融資産          測定される金融資産                 15,534          15,534
      売却可能金融資産:
       債務証券            売却可能金融資産             FVOCI   で
                             測定される金融資産               17,583,985          17,583,985
                   売却可能金融資産            償却原価で
                             測定される金融資産                 25,073          25,000
       持分証券            売却可能金融資産             FVTPL   で
                             測定される金融資産               4,216,878          4,206,997
                   売却可能金融資産             FVOCI   で
                             測定される金融資産               10,236,985          10,236,943
      満期保有金融資産              満期保有金融資産            償却原価で
                             測定される金融資産                12,313          12,312
      貸出債権              貸出債権および            FVTPL   で
                     受取債権        測定される金融資産                 707,816          881,957
                    貸出債権および           償却原価で
                     受取債権        測定される金融資産              135,571,506          135,540,768
      その他の金融資産:              貸出債権および           償却原価で
                     受取債権        測定される金融資産               7,378,355          7,380,764
                                            183,205,428          183,341,243
      K-IFRS第1109号を適用した場合、2017年12月31日現在の707,816百万ウォンの貸出債権および受取債権ならびに

     4,216,878百万ウォンの償却原価で測定された売却可能金融資産が、FVTPLで測定される金融資産に分類される。これに
     より、金融資産全体(金融派生商品を除く。)に対するFVTPLで測定される金融資産の割合は0.51%から3.28%に増加
     し、金融資産の公正価値変動による損益のボラティリティが上昇する。
      金融負債の分類および測定

      K-IFRS第1109号は、FVTPLで測定されるものとして指定された金融負債の公正価値の変動額のうち信用リスクの変動
     に起因するものは、その他の包括利益に表示され、かかる変動額は損益に再分類してはならないことを規定している。
     かかる要件が損益における会計上のミスマッチを生み出すかまたは拡大する場合、信用リスクの変動による影響を含む
     かかる負債におけるすべての損益を損益計算書に表示しなければならない。
      K-IFRS第1039号においては、FVTPLで測定されるものとして指定された金融負債の公正価値の変動額は、すべて損益
     に表示される。K-IFRS第1109号においては、公正価値の変動額の一部がその他の包括利益に表示されるため、金融負債
     に関連する損益は減少する可能性がある。
      2017年12月31日現在、当行は、181,566,313百万ウォンの金融負債(金融派生商品を除く。)のうち、1,583,713百万
     ウォンをFVTPLで測定するものとして指定している。
      K-IFRS第1109号を適用した場合、2017年12月31日現在の金融負債の信用リスクの変動に起因するかかる金融負債の公
     正価値の変動累計額は13,131百万ウォンとなり、金融負債の評価に関連する損益は、わずかに減少すると予想される。
      減損:金融資産および契約資産

      K-IFRS第1039号においては、発生損失モデルに基づく減損の客観的証拠が存在する場合にのみ減損が認識される。K-
     IFRS第1109号においては、償却原価またはFVOCIで測定される債務証券、リース債権、契約資産、貸出債権のコミット
     メントおよび金融保証契約の減損は、予想信用損失(ECL)減損モデルに基づいて認識される。
                                  32/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      K-IFRS第1109号は、当初認識以降の信用リスクの変動に基づく3段階の減損モデルについて説明している。損失引当
     金は、K-IFRS第1039号の発生損失モデルよりも早期に信用損失を認識できる12ヶ月のECLまたは全期間のECLに基づき測
     定される。
                                  33/254




















                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
                  分類                        損失引当金

     ステージ1       当初認識以降、信用リスクに著しい増加がみ                      12ヶ月のECL:報告日後12ヶ月以内に発生する可
            られない資産                      能性がある債務不履行事象に起因する予想信用
                                  損失
     ステージ2       当初認識以降、信用リスクに著しい増加がみ                      全期間のECL:金融商品の残存期間にわたって発
            られる資産                      生する可能性のあるすべての債務不履行事象に
                                  起因する予想信用損失
     ステージ3       信用減損資産
      K-IFRS第1109号においては、当初認識以降の全期間のECLの累積変動は、組成された信用減損金融資産に対する損失

     引当金として認識されている。
      下表は、2017年12月31日現在の当行の損失引当金への影響を要約したものである。
                         K-IFRS第1039号           K-IFRS第1109号
                         に基づく金額           に基づく金額             差異
     預け金                             -           -           -
     売却可能金融資産(債務証券)                             -       119,331           119,331
     満期保有金融資産                             -           1           1
     貸出債権および受取債権                         3,886,977           3,937,724            50,747
     保証                          638,223           702,731           64,508
     コミットメント                          445,946           482,534           36,588
                             4,971,146           5,242,321            271,175
      ヘッジ会計

      K-IFRS第1109号では、K-IFRS第1039号に規定されたヘッジ会計の仕組み(公正価値ヘッジ、キャッシュ・フロー・
     ヘッジおよび海外事業に対する純投資ヘッジ)を維持しているが、過度に複雑で厳格なK-IFRS第1039号の要件と異な
     り、K-IFRS第1109号はより実務的かつ原則主義で、寛容であり、事業体のリスク管理活動を重視している。また、K-
     IFRS第1109号は、より広範なヘッジ対象およびヘッジ手段を認めている。K-IFRS第1039号では、ヘッジ有効性テストに
     より、相殺の程度が80-125%の範囲である場合にのみヘッジの有効性が高いと評価される。K-IFRS第1109号において
     は、かかる要件は緩和されている。
      K-IFRS第1039号のヘッジ会計の要件に適格でない取引は、現在、K-IFRS第1109号に基づくヘッジ会計に適格となる可
     能性があり、これにより損益のボラティリティが低下する。
      ヘッジ会計の経過規定に従い、当行は、K-IFRS第1039号のヘッジ会計要件を引き続き適用する会計方針を初度適用日
     に選択することができる。
      K-IFRS第1115号「顧客との契約から生じる収益」

      K-IFRS第1115号「顧客との契約から生じる収益」は、K-IFRS第1011号「工事契約」、K-IFRS第1018号「収益」、K-
     IFRS第2113号「カスタマー・ロイヤルティ・プログラム」、K-IFRS第2115号「不動産の建設に関する契約」、K-IFRS第
     2118号「顧客からの資産の移転」およびK-IFRS第2031号「収益-宣伝サービスを伴うバーター取引」の現行のガイダン
     スに代わるものである。
      当グループは、2018年1月1日以降開始する会計年度からK-IFRS第1115号を適用するものとし、2018年1月1日現
     在、かかる基準の初度適用による累積的影響を利益剰余金に対する調整として認識した。
      現行のK-IFRSは、様々な種類の取引(財の販売、サービスの提供、利息収入、ロイヤルティ収入、配当収入および建
     設契約等)について収益認識基準を提供している。K-IFRS第1115号は、すべての種類の取引に関する収益の認識および
     測定に、1)顧客との契約の識別、2)契約における履行義務の識別、3)取引価格の算定、4)契約における履行義務へ
     の取引価格の配分、ならびに5)事業体が履行義務を果たした時点(または果たすにつれて)での収益の認識の5段階
     のアプローチを導入している。
      K-IFRS第1115号の導入準備として、当グループは、かかる基準の適用により生じる財務上の影響を社外アドバイザー
     を務める会計事務所とともに分析しているところである。当グループの子会社である大宇造船海洋(以下「DSME」とい
     う。)および大宇建設(以下「大宇建設」という。)の収益は、全体的に影響を受けると予想される。
      DSMEおよび大宇建設は、2017年10月30日および2017年12月31日現在にそれぞれ入手可能な情報に基づき、2017年12月
     31日に終了した年度の財務書類に対する影響の予備的評価を行った。かかる影響の予備的評価の結果は、後に入手可能
     となる追加情報に基づき変更される可能性がある。
      DSMEに対する影響の予備的評価は以下のとおりである。

                                  34/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      ①契約に含まれる履行義務の識別
      DSMEは、船舶・海上プラント、特殊用途船等の事業を運営している。
      K-IFRS第1115号に基づき、履行義務が一時点で充足されるかまたは一定期間にわたって充足されるかによって、収益
     認識のタイミングは異なる。
      DSMEは、顧客が発注した船舶の建造等の履行義務を有しているため、役務の提供期間にわたって、取引価格で収益を
     認識する。K-IFRS第1115号の適用による影響の予備的評価によると、DSMEの収益認識は影響を受ける可能性がある。
      ②インプット法による進捗度の測定

      K-IFRS第1115号に基づき、事業体が契約開始時点で、1)財が区別されない、2)顧客が、財に関連するサービスを受け
     るかなり前にかかる財に対する支配を獲得すると見込まれる、3)移転された財の原価が、履行義務を完全に充足するた
     めの予想される総費用に対して重要である、4)事業体が第三者から財を調達しており、かかる財の設計および製造に深
     く関与していないことを予想する場合に、履行義務を充足するために使用される財の原価と同額で収益を認識すること
     により、事業体の履行が正確に描写される可能性がある。K-IFRS第1115号の適用による影響の予備的評価によると、
     DSMEの収益認識は影響を受ける可能性がある。
      ③変動対価

      DSMEが顧客から受け取る対価は、遅延による予定損害賠償額、注文内容変更等により変動する可能性がある。
      K-IFRS第1115号に基づき、同社は、同社が受け取る権利を得る対価の金額をより良く予測できると見込む期待値法を
     用いて変動対価の金額の見積りを行い、変動対価に関連する不確実性が後に解消された場合に、認識した収益の累計額
     に重大な戻入が生じない可能性が非常に高い範囲でのみ、変動対価の金額を取引価格に含めなければならない。K-IFRS
     第1115号の適用による影響の予備的評価によると、DSMEの収益認識は影響を受ける可能性がある。
      ④契約における重大な金融要素

      現在、受け渡し時に大部分の支払いを行うテールヘビーでの支払方法が、造船業界において普及している。
      K-IFRS第1115号に基づき、契約当事者が合意した支払の時期により、財またはサービスの顧客への移転のための資金
     調達による重大な便益が顧客または事業体に提供される場合に、事業体は、取引価格の算定にあたり、貨幣の時間価値
     の影響について約束した対価の金額を調整しなければならない。
      DSMEは、同社が約束した財またはサービスを顧客に移転する時期と顧客がかかる財またはサービスに対して支払を行
     う時期との間の期間が1年以内であることが予想される場合に、約束した対価の金額の調整を行わない。K-IFRS第1115
     号の適用による影響の予備的評価によると、DSMEの収益は、重大な金融要素により変動する可能性がある。
      ⑤保証

      DSMEは、製品が合意した契約に従ったものであるという保証を顧客に提供する標準保証に加えて、一部のプロジェク
     トに対して1年の延長保証を提供している。K-IFRS第1115号に基づき、延長保証は個別のサービスである。
      K-IFRS第1115号に基づき、製品が合意した仕様に従っているという保証に加えて、保証が顧客にサービスを提供して
     いる場合、約束したサービスは個別の履行義務となり、関連する取引価格がかかる製品およびサービスに配分されなけ
     ればならない。
      K-IFRS第1115号の適用による影響の予備的評価によると、取引価格の一部は保証に配分され、配分された取引価格
     は、その配分された取引価格に基づき、履行義務が充足された時点で収益として認識されるため、DSMEの利益剰余金は
     減少すると予想される。
      大宇建設に対する影響の予備的評価は以下のとおりである。

      ①一定期間にわたって充足される履行義務
      大宇建設は、設計、調達および建設の工程を通じて、道路、橋、住宅、ショッピングモール、発電所および石油化学
     プラントを顧客に提供している。かかる工程は通常3~4年を要する。
      K-IFRS第1115号の適用による影響の予備的評価によると、大部分の建設契約からの収益は、工事進行基準に基づいて
     認識される。大宇建設は、発生した実際の費用を考慮して、進捗度に基づき、一定期間にわたって収益を認識する。
      また、大宇建設は、K-IFRS第1115号における建設前販売に係る収益認識の時期に対する影響を引き続き分析してい
     る。
                                  35/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      ②契約獲得の増分コスト
      大宇建設は、顧客との建設契約を獲得するためのコストを資産に認識している。かかるコストには、契約を獲得しな
     かった場合に発生しなかったであろうコストが含まれる。K-IFRS第1115号に従い、事業体は、顧客との契約獲得の増分
     コストの回収が見込まれる場合に、かかるコストを資産として認識しなければならない。資産に認識されたコストは、
     契約期間にわたって償却される。実務上の便法として、事業体は、認識するであろう資産の償却期間が1年以内である
     場合に、かかるコストを発生時に費用として認識することができる。大宇建設は、財務上の影響を分析しているところ
     であり、その結果は2018年12月31日に終了する年度の財務書類に反映される予定である。
      ③契約における重大な金融要素

      K-IFRS第1115号に基づき、契約当事者が合意した支払の時期により、財またはサービスの顧客への移転のための資金
     調達による重大な便益が顧客または事業体に提供される場合に、事業体は、取引価格の算定にあたり、約束した財また
     はサービスが顧客に移転したときに、かかる財またはサービスに対して顧客が現金で支払ったであろう価格を反映した
     金額で収益を認識する。大宇建設は、財務上の影響を分析しているところであり、その結果は2018年12月31日に終了す
     る年度の財務書類に反映される予定である。
      K-IFRS第1116号「リース」

      K-IFRS第1116号「リース」は、K-IFRS第1017号「リース」、K-IFRS第2104号「契約にリースが含まれているか否かの
     判断」、K-IFRS第2015号「オペレーティング・リース-インセンティブ」およびK-IFRS第2027号「リースの法形式を伴
     う取引の実質の評価」に代わるものである。K-IFRS第1116号は、リースの認識、測定、表示および開示に係る原則を定
     めており、借り手が、すべてのリースをK-IFRS第1017号に基づくファイナンス・リースの会計処理と同様に単一のオン
     バランス・モデルに基づき会計処理することを求めている。かかる基準には、借り手の認識について2つ(少額資産
     (パソコン等)のリースおよび短期リース(リース期間が12ヶ月以内のリース))の免除規定が含まれている。K-IFRS
     第1116号は2019年1月1日以降に開始する会計年度に有効となり、早期適用が認められている。当グループは、かかる
     改訂が連結財務書類に及ぼす潜在的影響を評価しているところである。
      K-IFRS第1028号「関連会社およびジョイント・ベンチャーに対する投資」の改訂

      関連会社またはジョイント・ベンチャーに対する投資が、ベンチャー・キャピタル企業、ミューチュアル・ファンド
     等の事業体に保有されているか、またはかかる事業体を通じて間接的に保有されている場合、事業体は、かかる投資を
     損益を通じて公正価値で測定することを選択できる。かかる改訂は、事業体が、関連会社またはジョイント・ベン
     チャーの当初認識時に関連会社またはジョイント・ベンチャーごとにかかる選択を行うことを明確化している。当グ
     ループは、かかる改訂を2018年1月1日以降に開始する会計年度から遡及適用する予定であり、早期適用が認められて
     いる。当グループは、かかる改訂は連結財務書類に重要な影響を及ぼさないと予想している。
      K-IFRS第1102号「株式に基づく報酬」

      K-IFRS第1102号の改訂は、現金決済型から持分決済型への取引の分類変更となる株式に基づく報酬の条件変更に関す
     る会計処理方法および現金決済型の株式に基づく報酬の公正価値の測定に使用される評価方法を明確化している。K-
     IFRS第1102号の改訂は、2018年1月1日以降開始する会計年度から適用され、早期適用が認められている。当グループ
     は、かかる改訂の適用は連結財務書類に重要な影響を及ぼさないと予想している。
      解釈指針第2122号「外貨建取引と前渡・前受対価」の適用

      かかる基準によると、関連する資産、費用または収益(またはその一部)の当初認識時に使用する為替レートの決定
     について、取引日とは、事業体が前渡または前受対価から生じた非貨幣性資産または非貨幣性負債を当初認識した日で
     ある。前払または前受対価が複数ある場合は、事業体はそれぞれの前払または前受対価ごとに取引日を決定しなければ
     ならない。かかる基準は、2018年1月1日以降開始する会計年度から適用され、早期適用が認められている。当グルー
     プは、かかる基準の適用は連結財務書類に重要な影響を及ぼさないと予想している。
     ( 3)  測定の基準
      当該連結財務書類は、連結財政状態計算書の下記の重要な項目を除いて、取得原価基準で作成されている。
      - 公正価値で測定された金融派生商品
      - 当期損益認識金融商品
      - 公正価値で測定された売却可能金融商品
      - ヘッジされたリスクによる公正価値の変動が損益計算書に計上される公正価値ヘッジ金融商品
                                  36/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      - 確定給付債務の現在価値から制度資産の公正価値を控除した合計の純額として認識される確定給付制度にかかる負
       債
                                  37/254




















                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     ( 4)  機能通貨および表示通貨
      当グループの連結財務書類を作成する際、外貨建て取引は、取引日の機能通貨の各実勢レートで当グループ会社によ
     り当初認識されている。当グループの連結財務書類は、当グループの機能通貨でもあるウォン建てで表示されている。
     下記の当グループの事業体は、その表示通貨とは異なる機能通貨を有している。
    機能通貨             子会社
    米ドル             産銀亜州金融有限公司
                 産銀アイルランド・リミテッド
                 KDBアジア・プライベート・エクイティ・ファンド
                 KDB-IAP    OBORプライベート・エクイティ・ファンド
                 マルチ・アセットKDBシッピング・プライベート・ファンドSPO-1
                 マルチ・アセットKDBシッピング・プライベート・ファンドSNT-1
                 マルチ・アセットKDBシッピング・プライベート・ファンドSNT-2
                 マルチ・アセットKDBシッピング・プライベート・ファンドDA-3
                 マルチ・アセットKDBシッピング・プライベート・ファンドKLC-1
                 マルチ・アセットKDBオーシャン・バリューアップ・プライベート・ファンド第5
                 号
                 マルチ・アセットKDBオーシャン・バリューアップ・プライベート・ファンド第6
                 号
    ウズベキスタン・スム             産銀ウズベキスタン・リミテッド
    ハンガリー・フォリント             KDBバンク・ヨーロッパ・リミテッド
    ブラジル・レアル             バンコKDBブラジルS.A.
     ( 5)  見積りおよび判断の使用

      K-IFRSに準拠した連結財務書類の作成にあたり、経営陣は、会計方針の適用ならびに資産、負債、収益および費用の
     報告された金額に影響を及ぼす判断、見積りおよび仮定を行うことが求められる。報告日現在の経営陣の最善の判断に
     基づいた見積りおよび仮定が実際の環境と異なる場合、経営陣の見積りは実際の業績と異なることがある。
      見積りおよび仮定は、継続的に評価される。会計上の見積りの変更は、かかる見積りが変更された期および影響を受
     ける将来の年度にわたって認識される。
      以下は、報告期間末現在の将来における見積りの不確実性のその他の主な要因に関する主要な仮定である。これは、
     次期会計年度の資産および負債の帳簿価額に重要な調整をもたらす重大なリスクを有している。
     (i)  金融商品の公正価値

      売買目的金融商品、当期損益認識金融商品、売却可能金融資産および金融派生商品は、公正価値で認識され、測定さ
     れる。金融商品市場が活発でない場合は、公正価値は評価技法を使用するかまたは独立した第三者評価機関のいずれか
     により決定される。評価技法には、取引の知識がある自発的な当事者の直近の第三者間取引、入手可能な場合には、実
     質的に同一の他の金融商品の直近の公正価値の参照、割引キャッシュ・フロー分析およびオプション評価モデルの使用
     が含まれる。
      市場で活発に取引されていない金融商品および市場価格の透明性が低い金融商品は、公正価値の客観性が低く、流動
     性、集中、市場要因の不確実性ならびに価格決定における仮定およびその他のリスクに関する広範な判断が求められ
     る。
      金融商品の公正価値を決定するために、一般に認められた市場評価モデルから、様々な種類の仮定および変数を組み
     込んだ内部で開発された評価モデルまで多様な評価技法が用いられる。
     ( ⅱ)貸倒引当金(貸倒引当金、支払保証引当金および未実行貸出残高)

      当グループはまず、個々に重要な金融資産について減損の客観的証拠が存在するかどうかを個別に評価する(減損の
     個別評価)。個々に重要でない金融資産は、減損の客観的証拠を個別または集合的に評価する。個別に評価される金融
     資産について減損の客観的証拠が存在しないと当グループが判断した場合、重要性に関わらず、かかる資産を類似の信
     用リスク特性を有する金融資産のグループに含め、減損について集合的に評価する(減損の集合的評価)。
      貸倒引当金は、資産の帳簿価額と見積将来キャッシュ・フローを金融資産の当初の実効金利で割り引いた現在価値と
     の差額として測定される。
      減損の個別評価は、貸出債権の見積将来キャッシュ・フローを当初の実効金利で割り引き、その結果得られた現在価
     値と貸出債権の現在の帳簿価額とを比較することにより計算される。この手続きには通常、借入人の営業キャッシュ・
     フローおよび保有担保の正味実現可能価額などの経営陣の最善の見積りが含まれる。
                                  38/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      減損の集合的評価について、過去の損失実績に基づく手法は、資産グループに内在する損失を見積もるために使用さ
     れる。かかる手法には、担保、商品および借入人の種類、信用格付、損失発生期間、回収期間等の要素が含まれ、回収
     方法の種類別に資産グループのデフォルト確率およびデフォルト時損失率が適用される。また、内在する損失を見積も
     る にあたり、算式に基づいたモデルを構築し、過去の損失実績および現在の状況に基づく要素を決定するために一貫し
     た仮定が適用される。減損の集合的評価に使用される手法および仮定は、損失の見積額と実際の損失実績の差を削減す
     るために定期的に見直される。
     ( ⅲ)繰延税金

      繰延税金資産および負債は、報告日に制定または実質的に制定されている税率(および税法)に基づいて、資産が実
     現する期または負債が決済される期に適用されると見込まれる税率で測定される。繰延税金資産は、繰延税金資産の全
     部または一部を利用できる十分な課税所得が生じるであろう範囲で認識される。将来における実際の法人税は、認識さ
     れた繰延税金資産および負債と一致しない可能性がある。
     ( ⅳ)確定給付債務

      当グループは、確定給付制度を運用している。確定給付債務は、報告日現在の保険数理評価により毎年計算される。
     保険数理評価を行うために、割引率に関する仮定、将来昇給率等を見積もらなければならない。確定給付制度には、そ
     の長期的性質により、重要な見積りの不確実性が含まれる。
     ( 6)  連結財務書類の承認日

      当該連結財務書類は、2018年3月28日の理事会により発行を許可されており、2018年3月29日の株主総会において承
     認取得のために提出される予定である。
     3.重要な会計方針

      当グループが、その連結財務書類の作成に適用した重要な会計方針は、以下に記載されている。以下の会計方針は、
     本連結財務書類において表示されるすべての期間について一貫して適用されている。
     (1)連結基準

     (i)  子会社および企業結合
      子会社は、当グループにより支配される事業体である。当グループは、事業体との関与から生じる変動リターンに晒
     されているか、または変動リターンに対する権利を有しており、また、かかる事業体に対するパワーを通じてかかるリ
     ターンに影響を及ぼす能力を有する場合、かかる事業体を支配している。子会社の財務書類は、支配が開始する日から
     支配を喪失する日まで連結財務書類に含まれる。
      当グループの子会社が、類似の状況における同様の取引および事象に関して、当該連結財務書類に適用される以外の
     会計方針を使用する場合、連結財務書類の作成にあたり、子会社の財務書類に適切な調整を行う。
      企業結合の定義に当てはまる取得については、取得法が用いられる。企業結合において取得した識別可能な資産なら
     びに引き受けた負債および偶発負債は、取得日にその公正価値で当初測定される。当初連結から発生する一切ののれん
     は、少なくとも年1回および事象または状況の変化によって減損の必要性が示唆される場合に減損テストを行う。取得
     原価は、移転された対価(取得日の公正価値で測定された移転された資産、発行された持分金融商品および発生したま
     たは引き受けた負債)ならびに被取得企業のすべての非支配持分の金額の合計額として測定される。取得関連費用は、
     発生時に費用計上される。
      取得された識別可能な純資産の当グループ持分の公正価値に対する取得原価の超過分はのれんとして計上される。取
     得原価が、取得された純資産の当グループ持分の公正価値を下回る場合、その差額は連結包括利益計算書に直接認識さ
     れる。
      内部取引による債権債務残高、収益および費用、未実現利益および損失ならびに内部取引による配当金は全額消去さ
     れる。
      支配の変更を伴わない子会社の所有持分の変動は、資本取引として計上される。当グループが子会社に対する支配を
     喪失した場合、残余の投資を公正価値で認識し、生じた差額を損益に認識する。
     (ii)  関連会社投資

      関連会社は、当グループが重要な影響力を有するが、支配はしていないすべての事業体である。当グループが議決権
     の20%から50%を有している場合に、重要な影響力が存在するとみなされる。関連会社に対する投資は持分法により会計
     処理され、当初は原価で認識される。当グループの関連会社に対する投資には、取得時に認識されるのれん(減損損失
                                  39/254

                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     累計額控除後)が含まれる。関連会社の識別可能な資産および負債の公正価値に対する投資企業の持分が、関連会社持
     分の取得原価を超える場合、その超過額は取得年度の収益として認識される。
      関連会社の取得後の損益に対する当グループの持分は、包括利益計算書に認識され、取得後の剰余金の増減のうちの
     当グループ持分は剰余金において認識される。関連会社の損失に対する当グループ持分が、その他の無担保債権を含む
     当該関連会社に対するその持分に等しいかまたはこれを超える場合、関連会社に変わって債務を負担するか、または支
     払いを行うのでない限り、当グループは更なる損失を認識しない。持分法投資および投資企業の純投資の一部を構成す
     る長期持分の帳簿価額は、関連会社持分に含まれる。
      当グループとその関連会社の取引による未実現利益および損失は、関連会社に対する当グループ持分の限度で消去さ
     れる。当グループが採用する会計方針との統一性を確保する必要がある場合において、関連会社の会計方針は変更され
     ている。
     (ⅲ)  共通支配下にある事業体の取得

      取得した資産および負債は、当グループの支配株主の連結財務書類において従前に認識されていた帳簿価額で認識さ
     れる。支払った現金と取得した純資産の差額は、資本に計上される。
     ( ⅳ)  非支配持分

      子会社の非支配持分は、子会社における親会社の所有持分から区別して会計処理される。純損益およびその他の包括
     利益の各構成要素は、配分により非支配持分の残高がゼロ以下に減少する場合でも、親会社の株主および非支配持分の
     所有者に帰属する。
     ( ⅴ)  親会社の所有持分の変動

      支配の喪失を生じない子会社における親会社の所有持分の変動は、所有者としての立場での所有者との資本取引とし
     て会計処理される。非支配持分に対する調整は、子会社の純資産に相応する金額に基づいている。対価と非支配持分の
     調整金額との差額は、資本に直接認識し、親会社の株主に帰属させる。
     ( 2)  事業セグメント

      事業セグメントは、収益を獲得および費用を発生させる可能性のある事業活動に従事する当グループの構成要素であ
     る(当グループのすべての他の構成要素との取引に関連する収益や費用を含む。)。最高経営意思決定者に報告される
     セグメントの業績は、セグメントに直接帰属する項目および合理的な基準で配分可能な項目を含んでいる。非配分項目
     は、主に全社資産(主に当グループ本社)、本社費用ならびに法人税資産および負債からなる。当グループは、最高経
     営責任者を最高経営意思決定者として認識している。
     ( 3)  外国為替

     (i)  外貨建て取引
      外貨建て取引は、取引日の為替レートで当グループの事業体の機能通貨に換算される。報告日現在の外貨建て貨幣性
     資産および負債は、かかる日の為替レートで機能通貨に換算される。公正価値で測定される外貨建て非貨幣性資産およ
     び負債は、公正価値が決定された日の為替レートで機能通貨に換算される。外貨建ての取得原価で測定される非貨幣性
     項目は、取引日現在の為替レートを用いて換算される。
      換算により生じる為替差額は、その他の包括利益に認識される売却可能持分金融商品、海外事業への純投資のヘッジ
     または適格なキャッシュ・フロー・ヘッジとして指定された金融負債の換算により生じる差額を除き、損益に認識され
     る。非貨幣性項目からの損益に係る為替レートの影響は、かかる損益がその他の包括利益または損益のどちらに認識さ
     れているかによって分類される。
     ( ⅱ)海外事業

      当グループの表示通貨が海外事業の機能通貨と異なる場合、海外事業の財務書類は以下の方法を用いて表示通貨に換
     算される。
      海外事業の機能通貨が超インフレ状態にない限り、海外事業の資産および負債は、報告期間末現在の為替レートの終
     値で換算される。包括利益計算書に含まれる収益および費用は、取引日現在の為替レートで換算される。換算から生じ
     る為替差額はその他の包括利益として認識される。
      海外事業の取得により生じるのれんおよびかかる取得により生じる資産および負債の帳簿価額の公正価値調整額は、
     海外事業の資産および負債として会計処理される。従って、それらは海外事業の機能通貨で表示され、海外事業の他の
     資産および負債とともに決算日の為替レートで換算される。
                                  40/254

                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      海外事業が処分される場合、その他の包括利益とは別途認識された海外事業に関する換算差額の累計額は、処分損益
     の認識時点で資本から損益に振り替えられる。
     ( ⅲ)海外事業への純投資にかかる為替換算

      予測可能な将来に決済される計画も可能性もない海外事業からの未収金または海外事業への未払金となる貨幣性項目
     は、海外事業への純投資の一部とみなされる。そのため、為替換算差額は、連結財務書類のその他の包括利益または損
     失に認識され、関連する純投資の処分時に損益に振り替えられる。
     (4)   現金および現金同等物

      現金および現金同等物は、手許現金と要求払預金および当初満期が3ヵ月以内の流動性の高いその他の短期投資を含
     む、公正価値の変動のリスクが少ない、取得日から3ヶ月以内に当初満期が到来するもので構成されている。
     (5)   非派生金融商品資産

      当グループは非派生金融商品資産を、当期損益認識金融資産、満期保有資産、                                       貸出債権および受取債権ならびに売却
     可能金融資産という4区分で認識および測定している。さらに、当グループは、当グループが当該金融商品の契約条項
     の当事者となる時点で、財政状態計算書において金融資産を認識する。
      当初認識時に、非派生金融商品資産は公正価値で測定され、損益を通じて公正価値で測定されるものを除いて、当該
     資産の取得および発行に直接関連する取引コストは当初公正価値に加算される。
     ( ⅰ ) 当期損益認識金融資産

      売買目的または当初認識時に当期損益認識金融資産に指定される金融資産は、当期損益認識金融資産に分類される。
     当期損益認識金融資産(FVTPL)は、当初認識時に公正価値で測定され、公正価値の変動は損益に認識される。さら
     に、当初認識時に取得に関連する取引コストは、発生時に損益に認識される。
     ( ⅱ)満期保有金融資産

      非派生金融商品資産の支払額が確定済または確定可能で満期が固定されており、当グループがかかる資産を保有する
     積極的な意図および能力を有している場合、かかる金融資産は満期保有金融資産に分類される。当初認識後、満期保有
     金融資産は実効金利(EIR)法を用いて償却原価で測定される。
     ( ⅲ)貸出債権および受取債権

      貸出債権および受取債権は、支払金額が確定済または確定可能であり、活発な市場での市場価格が存在しない非派生
     金融資産である。当初認識後、貸出債権および受取債権は実効金利法を用いて償却原価で測定される。さらに、金融投
     資にかかる受取利息の認識に、実効金利法が用いられる(ただし、短期貸出債権および短期受取債権を除く。かかる場
     合には実効金利法の影響には重要性がない。)。
     ( ⅳ)売却可能金融資産

      当期損益認識金融資産、満期保有金融資産または貸出債権および受取債権として分類されない非派生金融商品資産
     は、売却可能金融資産として分類される。かかる資産は、当初認識後は公正価値で測定される。ただし、活発な市場で
     建値された市場価格が存在せず、信頼性をもって測定できない持分金融商品ならびにかかる持分金融商品に連動し、そ
     の引渡しにより決済されなければならない金融派生商品は取得原価で測定される。公正価値の変動として資本で認識さ
     れていたその他の包括利益累計額は、関連する売却可能資産が処分されるか、または減損損失が認識されるときに損益
     として認識される。さらに、売却可能金融資産保有中に稼得される配当金は、支払を受け取る権利が確定したときに連
     結包括利益計算書に認識される。
     ( ⅴ)金融資産の認識中止

      当グループは、資産からのキャッシュ・フローを受け取る権利が消滅する場合、または金融資産の所有からのキャッ
     シュ・フローを受け取る権利ならびにほとんどすべてのリスクおよび経済価値が移転する場合には、金融資産の認識を
     中止する。当グループが資産のほとんどすべてのリスクおよび経済価値を移転せず、保持もしない場合、当グループ
     は、支配を有さない場合には資産の認識を中止し、また、支配を有する場合には当グループの継続的関与の範囲におい
     て資産を認識する。後者の場合、関連する負債は当グループが認識する。当グループが支配を有さない資産の所有によ
                                  41/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     るほとんどすべてのリスクおよび経済価値を保持する場合は、当グループは引き続きかかる金融資産を認識し、受け取
     る対価を金融負債として認識する。
     ( ⅵ)金融資産および金融負債の相殺

      当グループが認識された金額を相殺する法的権利を有しており、純額で決済するか、または資産の実現および負債の
     決済を同時に行う意図を有している場合にのみ、金融資産および負債が相殺される。
     (6)金融資産の減損

      当グループは、各報告日に、当期損益認識金融資産を除く金融資産の減損を示す客観的な証拠の可能性を評価する。
     金融資産は、当初認識後の1つ以上の事象により、当該資産の見積将来キャッシュ・フローが影響を受けた場合に減損
     したと定義される。ただし、将来の事象の結果として予想される減損損失は、可能性が高くても認識されない。
      資産が減損したと考える客観的証拠の認識時に、減損損失は、資産区分に従って以下のように測定され、損益に計上
     される。
     ( ⅰ)貸出債権および受取債権の減損

      当グループは貸出債権および受取債権の減損を示す客観的な証拠の有無を各報告日に評価している。客観的な証拠が
     減損の発生を示す場合、損失額は資産の帳簿価額と見積将来キャッシュ・フローの現在価値(当初の実効金利を用いて
     割り引く。)との差額として測定される。さらに、当該資産の帳簿価額は引当金勘定を通じて減少させられる。
      個別に重要な貸出債権および受取債権はすべて、個別に減損が評価され、個別に減損していないと判断された場合
     は、発生したが認識されていない減損について集合的に評価される。個別に重要ではない貸出債権および受取債権は、
     類似のリスク特性を持つ貸出債権および受取債権のグループに含め、減損について集合的に評価する。
      個別評価においては、損失引当金は、営業キャッシュ・フローまたは担保物からのキャッシュ・フローにより見積も
     られた割引後の回収可能見積額を用いて計算される。集合評価においては、損失引当金は、入手可能な過去の損失実績
     に基づく統計的手法を用いて計算される。
      見積将来キャッシュ・フローの現在価値は、当該債権の当初の実効金利を用いて測定される。貸出債権が変動利付で
     ある場合、当グループは測定のために現行の実効金利を用いている。担保物からの将来キャッシュ・フローは担保物の
     処分からの正味キャッシュ・フロー(取引コスト控除後)で見積もられている。
      減損の集合的評価について、資産は、当グループの内部格付制度(資産の種類、産業、地理的場所、担保の種類、延
     滞状況およびその他関連要因等の信用リスク特性を考慮している。)に基づいて分析されている。
      集合的に評価される資産の将来キャッシュ・フローは、類似の信用リスク特性を有する貸出債権の過去の損失実績に
     基づいて見積もられる。過去の損失実績は、現在の観察可能なデータに基づいて、過去の損失実績を基礎とする現在の
     状況の影響を反映し、かつもはや存在しない過去の期間における状況の影響を除去するように調整が行われる。将来
     キャッシュ・フローの変更の見積りは、毎年の関連する観察可能なデータ(失業率、不動産価格、物価、支払状況また
     は当グループにおける発生損失とその規模を示すようなその他の要因における変化等)の変化を反映し、またこれと方
     向的に整合性を有する。将来キャッシュ・フローの見積りに用いられる方法および仮定は、損失見積りと実際の損失実
     績の相違を減少させるように定期的に見直されている。
     ( ⅱ)売却可能金融資産の減損

      当グループは、売却可能資産の減損を示す客観的な証拠の有無を各報告日に評価している。かかる客観的な証拠が存
     在する場合、損失額は、取得原価と当期の公正価値の差額として測定される。
      売却可能金融資産は、その資産の公正価値が取得原価から著しくまたは長期にわたって下落している場合に、減損し
     ているとみなされる。当グループは、30%を「著しい」とみなし、また、6ヶ月の期間を「長期」とみなしている。
      持分証券に係る減損損失は損益を通じて戻入を行われない。後続期間において債務証券の公正価値が増加し、その増
     加が減損損失を認識した後に発生した事象と客観的に関連する場合には、減損損失は包括利益計算書を通じて戻し入れ
     られる。また、減損損失は売却可能金融資産の帳簿価額より直接減額される。
     ( ⅲ)満期保有金融資産の減損

      当グループは、満期保有金融資産の減損発生の客観的な証拠の有無を各報告日に個別に評価している。かかる証拠が
     存在する場合、損失額は帳簿価額と見積将来キャッシュ・フローの当初の実効金利を用いて割り引かれた現在価値との
     差額として測定され、包括利益計算書に認識される。後続期間において満期保有金融資産の公正価値が増加し、その増
     加が減損損失を認識した後に発生した事象と客観的に関連する場合には、減損損失は包括利益計算書を通じて戻し入れ
     られる。また、減損損失は満期保有金融資産の帳簿価額より直接減額される。
                                  42/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     ( ⅳ)金融資産の損失事象

     金融資産の減損の客観的な証拠は、以下の損失事象を含む。
      - 発行者または債務者の重大な財政的困難
      - 元利金支払の不履行または遅延のような契約違反
      - 経済的または法的な理由により、貸付人が借入人に対してそのような場合でなければ検討しないような譲歩を行う
       こと
      - 借入人が破産またはその他の財務再編手続に入る蓋然性が高い状態
      - 財政的困難により当該金融資産に係る活発な市場が消失すること
      - 金融資産のグループから生じる見積将来キャッシュ・フローがかかるグループの当初認識から測定可能な減少を示
       している観察可能なデータが存在すること(ただし、かかる減少がグループにおける個別金融資産ではまだ認めら
       れない場合)
     ( 7)ヘッジ会計を含む金融派生商品

      金融派生商品は、契約締結時の公正価値で当初認識され、その後、公正価値で再評価される。金融派生商品の公正価
     値の変動による損益の認識は以下のとおりである。
     ( ⅰ)ヘッジ会計

      金融派生商品はヘッジ会計適用の有無により異なる会計処理がなされ、売買目的金融派生商品とヘッジ目的金融派生
     商品に分類されている。ヘッジ目的の金融派生商品取引においては、2つの異なるヘッジ会計、すなわち公正価値ヘッ
     ジおよびキャッシュ・フロー・ヘッジが適用される。公正価値ヘッジは、認識されている資産、負債、未認識の確定約
     定、またはかかる資産、負債もしくは確定約定の識別された一部分の公正価値の変動に対するエクスポージャーのう
     ち、特定のリスクに帰属し損益に影響を及ぼす可能性のあるヘッジである。キャッシュ・フロー・ヘッジは、(ⅰ)認識
     されている資産または負債に関連する特定のリスク(変動利付債に係る将来の金利支払の全部または一部等)または実
     現可能性の高い予定取引に起因し、(ⅱ)損益に影響を及ぼす可能性のあるキャッシュ・フローの変動に対するエクス
     ポージャーのヘッジである。売買目的金融派生商品については、金融派生商品の公正価値の変動は純利益に認識され
     る。
      ヘッジ関係開始時に、当グループはヘッジ対象およびヘッジ手段との関係(リスクの性質、ヘッジ目的およびヘッジ
     戦略を含む。)およびヘッジ関係の有効性評価に用いられる方法を正式に文書化する。また、ヘッジ関係開始時に、
     ヘッジ手段がヘッジ対象における指定リスクを相殺するのに極めて有効であることが予想されること、また実際の結果
     がそうであったことを確認するために正式な評価が行われる。
     公正価値ヘッジ

      指定された適格な公正価値ヘッジについては、ヘッジ目的金融派生商品の公正価値の変動は包括利益計算書の損益に
     認識される。一方、ヘッジされたリスクに帰属するヘッジ対象の公正価値の変動は、ヘッジ対象の帳簿価額の一部とし
     て計上されるとともに、包括利益計算書の損益においても認識される。ヘッジがヘッジ会計の適用基準をもはや満たさ
     ない場合、ヘッジ関係は解消される。償却原価で計上されたヘッジ対象については、解消時のヘッジ対象の帳簿価額と
     額面価格の差額は実効金利を用いてその満期まで償却される。
     キャッシュ・フロー・ヘッジ

      指定された適格なキャッシュ・フロー・ヘッジについては、ヘッジ手段に係る損益の有効部分が資本に当初直接認識
     される。ヘッジ手段に係る損益のうち非有効部分は直ちに包括利益計算書に認識される。ヘッジされたキャッシュ・フ
     ローが包括利益計算書の損益に影響を与える場合、ヘッジ手段に係る損益は包括利益計算書の損益の対応する収益また
     は費用として計上される。ヘッジがもはやヘッジ会計の適用基準を満たさない場合は、その時点で資本に計上されてい
     る累積損益は資本に留まり、ヘッジ対象である予定取引が最終的に包括利益計算書に認識されるときに損益として認識
     される。予定取引がもはや発生しないと予想される場合は、資本に計上された累積損益は直ちに連結包括利益計算書の
     損益に振り替えられる。
     ( ⅱ)組込金融派生商品

      他の金融商品または他の主契約に組み込まれた金融派生商品は、独立の金融派生商品として処理される。当グループ
     は、組込金融派生商品の経済的特性およびリスクが主契約のそれらと明確かつ密接に関連していない場合、組込金融派
                                  43/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     生商品を公正価値で計上している。組込金融派生商品が主契約と区分して計上できない場合、当グループは、主契約と
     組込金融派生商品全体を当期損益認識金融商品に指定する。組込金融派生商品の公正価値評価による変動は損益に認識
     さ れる。
     ( ⅲ)その他の金融派生商品

      ヘッジ手段として指定されないその他の金融派生商品の公正価値変動は、直ちに損益に認識される。
     ( 8)金融商品の公正価値

      活発な市場において取引される金融商品の公正価値は、各報告日の市場価格を参照して決定される。活発な市場にお
     いて取引されない金融商品については、適切な評価技法を用いて公正価値が決定される。かかる技法には割引キャッ
     シュ・フロー分析またはその他の評価方法が含まれうる。
      当グループの償却原価で測定される金融商品の公正価値測定方針は以下のとおりである。

      -現金および預け金:現金の公正価値は、帳簿価額と等しいとみなされる。所定の満期を有さず即時に現金化されう
       る要求払預け金の場合、帳簿価額は見積公正価値に近似するとみなされ、そのように仮定される。その他の通常
       の預け金の場合、公正価値は割引キャッシュ・フロー法を用いて見積もられる。
      -貸出債権:貸出債権の公正価値は、デフォルト確率を考慮したスプレッド・シートにより調整された市場割引金利
       を用いた期限前弁済比率を反映した見積将来キャッシュ・フローである。かかる手法の例外には、与信枠付の貸
       出債権、残存期間が3ヶ月以内の貸出債権および減損貸出金が含まれ、当グループはその帳簿価額を公正価値と
       みなしている。
      -満期保有金融資産:満期保有金融資産の公正価値は、定評のある第三者評価機関によって要請に応じて測定され
       る。
      -預金:預金の公正価値は、割引キャッシュ・フロー法を用いて計算される。もっとも、キャッシュ・フローを合理
       的に見積もることができない預金については、当グループはその帳簿価額を公正価値とみなしている。
      -借入金:ウォン建ての借入金については、公正価値は割引キャッシュ・フロー法を用いて計算される。外貨建ての
       借入金の公正価値は、定評のある第三者評価機関によって要請に応じて計算される。
      -債券:ウォン建ての仕組債を除くウォン建ての産業金融債の公正価値は、割引キャッシュ・フロー法を用いて計算
       される。ウォン建ての仕組産業金融債および外貨建ての産業金融債については、公正価値は、定評のある第三者
       評価機関によって要請に応じて計算される。
      -その他の金融資産および負債:その他の金融資産および負債の公正価値は、割引キャッシュ・フロー法を用いて計
       算される。ただし、合理的にキャッシュ・フローを見積もることができない場合、当グループは、帳簿価額を公
       正価値とみなす。
     (9)取引日損益の認識

      市場で観察不可能な評価変数を使用して測定される公正価値レベルのヒエラルキーにおいてレベル3として分類され
     た金融商品については、当初認識時の公正価値と取引価格の差額(取引日損益と等しい。)は定額法を用いて存続期間
     にわたって償却される。
     (10)  リース

      リースの分類は、貸し手および借り手が有するリース資産の所有に伴うリスクおよび経済価値の範囲に基づいてい
     る。
     ( ⅰ)ファイナンス・リース

      当グループが所有に伴うほとんどすべてのリスクおよび経済価値を有するリース資産は、ファイナンス・リースとし
     て分類され、当グループは、リースへの純投資に相当する金額を受取債権に表示する。また、直接および追加的に発生
     した手数料、法的費用および内部未払費用を含む初期直接費用はファイナンス・リース債権に含まれる。当グループ
     は、リース支払額をファイナンス・リース債権および利息収益に配分することにより会計処理を行い、利息収益は実効
     金利法を用いて正味ファイナンス・リース投資未回収額に認識される。
     ( ⅱ)オペレーティング・リース

                                  44/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      リースが、所有に伴うほとんどすべてのリスクおよび経済価値を移転しない場合、オペレーティング・リースとして
     分類され、関連する資産は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額で表示される。さらに、保証残存価値を除く
     最 低リース支払額は、定額法により、リース期間にわたって収益として認識される。オペレーティング・リースの交渉
     および準備にあたり、借り手により発生した初期直接費用は、リース資産の帳簿価額に加算され、リース期間にわたり
     費用として認識されなければならない。また、償却可能なリース資産に対する償却方針は、類似の資産に対する借り手
     の通常の償却方針と一貫性がなければならない。
     (11)有形固定資産

      当グループの有形固定資産は取得原価から減価償却累計額および減損損失累計額を控除した帳簿価額で認識される。
     取得原価には、資産の取得に直接関連する費用が含まれる。
      その後の費用は、有形固定資産の帳簿価額に認識されるか、または当該資産に関連する将来の経済的便益が当グルー
     プに流入する可能性が高く、当該資産の取得原価が信頼性をもって測定できる場合に、適宜、別個の資産として認識さ
     れる。取替部分の帳簿価額は認識が中止される。さらに、すべてのその他の修繕維持費は発生時に損益に認識される。
      土地は減価償却されない。その他の資産の減価償却費は、以下の推定耐用年数にわたり、残存価値から取得費用を控
     除して定額法により計算される。
           種類               耐用年数(年)

           建物                 12~60
           構築物                 10~  51
         賃借物件改良                    ▶
           車両                  ▶
           機器                 4~ 8
         その他の不動産                    2~ 40
      有形固定資産は、その帳簿価額が回収可能額を超過するとき減損が生じる。当グループは各報告日現在でその資産の

     残存価値と経済的耐用年数を評価し、必要な場合にはその耐用年数を調整する。資産の処分損益(資産の正味処分代金
     と帳簿価額との差額として算出)は、連結包括利益計算書の営業外収益(費用)として認識される。
     (12)投資不動産

      当グループは、賃借料収入または資本増価の利益を目的として保有する不動産を投資不動産として分類する。投資不
     動産は、取引コストを含めて原価で当初測定される。当初認識後は、取得原価モデルが適用される。当初認識後、投資
     不動産の項目は、原価から減価償却累計額および減損損失累計額を控除して計上される。
      投資不動産は、これらが処分されたか、または永久に使用されなくなり、その処分により将来の経済的便益が期待で
     きないときに認識中止となる。当該資産の正味処分代金と帳簿価額の差額は、認識が中止された期の包括利益計算書に
     おいて認識される。該当する投資不動産の使用目的が変更された場合に、投資不動産から他の勘定へまたは他の勘定か
     らの振替が行われる。
      投資不動産の減価償却費は、以下のとおりその推定耐用年数にわたって定額法により計算される。
           種類               耐用年数(年)
           建物                 20~50
           構築物                 10~  40
     (13)無形固定資産

      無形固定資産は、その取得原価が信頼性をもって測定でき、当該資産からの将来の経済的便益が当グループに流入す
     る可能性が高い場合に限り、認識される。無形固定資産が個別に取得された場合は取得原価で当初認識され、その後
     は、原価から償却累計額および減損損失累計額を控除した額が帳簿価額として認識される。
      耐用年数が有限の無形固定資産は経済的耐用年数(4~30年)にわたって、定額法を用いて償却される。各報告期間末
     に、当グループは、減損を示す証拠の有無について無形固定資産の見直しを行い、かかる証拠が存在する場合、当グ
     ループは回収可能額を見積もり、それに従って損失を認識する。無形固定資産は、これらが処分されたか、または永久
     に使用されなくなり、その処分により将来の経済的便益が期待できないときに認識が中止される。
      耐用年数が確定できない無形固定資産は償却されないが、毎年減損テストが行われる。さらに、当グループは、かか
     る資産の耐用年数が確定できないとみなすことが適当であるかどうかを判断するため、かかる無形固定資産を見直す。
     当グループがかかる資産の耐用年数が確定できないと区分するには不適格であると結論づける場合、将来に向けてかか
     る資産を有限とみなすよう措置が講じられる。
                                  45/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      新たな科学または技術上の知識および理解を得るために実施される研究活動費用は、発生時に損益に認識される。開
     発費は、開発費が信頼性をもって測定でき、成果物またはプロセスが技術的および商業的に実行可能であり、将来の経
     済 的便益が生じる可能性が高く、かつ当グループが開発を完成させ、かかる資産を利用または売却する意図または十分
     な資源を有する場合にのみ資本化される。その他の開発費は、発生時に損益に認識される。
     (14)  非金融資産の減損

      当グループは、各報告期間末に、資産に減損の証拠がないかのテストを行い、回収可能額を見積もることで減損の有
     無を検討している。当グループは、資金生成単位の資産の金額を見積もることができる場合を除いて、各資産または資
     金生成単位全体の回収可能額を見積もっている。資産の回収可能額は、取得費用を控除した公正価値またはその使用価
     値のいずれか高い金額となる。当グループは、帳簿価額が回収可能額を上回る場合に、資産の帳簿価額と回収可能額と
     の差額を減損損失として認識している。
      事業の取得により生じるのれんは、相乗効果による便益を得ることが期待される各資金生成単位に配分される。資金
     生成単位の減損損失では、かかる資金生成単位に配分されたのれんの帳簿価額を控除後、その他の資産の帳簿価額に応
     じてその他の資産が控除される。のれんの減損損失は、減損の認識後は戻入を行うことはできない。
      戻入が行われないのれんの減損損失を除き、回収可能額の算定に用いられた見積りに変更がある場合は、減損損失が
     戻し入れられる。戻入は、当該資産の帳簿価額がその回収可能額を超過しない、また過年度に当該資産について減損損
     失が認識されなかった場合に決定される帳簿価額(減価償却費控除後)を超えないよう制限されている。
     (15)売却目的資産

      継続的使用よりも主に売却を通じて回収されると見込まれる非流動資産(または処分グループ)は、売却目的保有に
     分類される。売却目的保有に分類されるためには、当該資産(または処分グループ)が、現状において直ちに売却で
     き、その売却の可能性が非常に高くなければならない。売却目的保有に分類される資産(または処分グループ)は、帳
     簿価額または売却費用控除後の公正価値のいずれか低い金額で測定される。
      当グループは、当初またはその後の資産(または処分グループ)の売却費用控除後の公正価値までの評価減につい
     て、減損損失を認識する。売却費用控除後の公正価値のその後の増加については、以前認識した減損損失累計額を限度
     に評価益を認識する。
      売却目的保有に分類される非流動資産または売却目的保有に分類される処分グループの一部は、減価償却(または償
     却)されない。
     (16)  非派生金融商品負債

      当グループは、金融負債の契約上の取り決めの内容およびその定義に従って、非派生金融商品負債を当期損益認識金
     融負債またはその他の金融負債に分類している。当グループは、当グループがかかる金融負債の契約条項の当事者とな
     る場合、連結財政状態計算書において金融負債を認識する。
     ( ⅰ ) 当期損益認識金融負債

      当期損益認識金融負債は、売買目的金融負債および当初認識時に当期損益認識金融負債に指定された金融負債を含
     む。金融負債および金融派生商品は、近い将来に買い戻す目的で取得される場合は売買目的金融商品に分類される。金
     融負債は、当該負債からの損益が、損益として認識される方がより目的に即していると示される場合、当初認識時に当
     期損益認識金融負債として分類される。その後の測定において、当期損益認識金融負債は公正価値指定され、関連する
     未認識の損益は損益として認識される。
     ( ⅱ)償却原価で測定される金融負債

      償却原価で測定される金融負債は、公正価値(取引コスト控除後)で当初認識され、その後は償却原価で計上され
     る。手取金(取引コスト控除後)と償還価格の差額は、実効金利を用いてかかる負債の存続期間にわたって包括利益計
     算書に認識される。
      貸付ファシリティの設定に係る支払手数料は、ファシリティの一部または全部が借入実行される可能性が高い場合に
     は貸付の取引コストとして認識される。かかる金額は、金融負債が借入実行されるまで繰り延べられる。ただし、ファ
     シリティの一部または全部の借入が実行されると結論づけるための十分な証拠がない場合に、当該手数料は流動性役務
     に係る前払費用として資産計上され、それが関連するファシリティ期間にわたって償却される。
     ( ⅲ)金融負債の認識中止

                                  46/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      金融負債は、当該負債に基づく義務が免責、取消または終了したとき、その認識を中止する。既存の金融負債が同一
     の貸付人から実質的に異なる条件で別の金融負債に交換される場合、または既存の負債の条件が実質的に変更される場
     合には、かかる交換または変更により負債は当初の負債の認識中止および新規の負債の認識として処理される。当初の
     金 融負債の帳簿価額と支払われた対価の差額は損益に認識される。
     (17)  従業員給付

     ( ⅰ)短期従業員給付
      短期従業員給付は、従業員が関連する役務を提供する期の期末後12ヶ月以内にすべて決済される予定である従業員給
     付である。従業員が、ある会計期間中に当グループに役務を提供する場合に、当グループはかかる役務と引き換えに支
     払うと見込まれる短期従業員給付の割り引かない金額を認識する。
     ( ⅱ)退職給付:確定拠出制度

      確定拠出制度は、当グループが固定の拠出金を別個の基金に支払う年金制度である。当グループは、確定拠出制度に
     かかる一定の金額または金銭の一定の割合を支払後、予測可能な将来の負債に対して義務を負わない。当該年金制度が
     早期退職を認める場合、支払額は従業員給付として認識される。既に支払った拠出額が、報告期間末前の役務に対する
     拠出額を超える場合、当グループはその前払金が将来の支払の控除または現金の払戻しをもたらす範囲で、かかる超過
     額を資産として認識する。
     ( ⅲ)退職給付:確定給付制度

      当グループは、確定拠出制度を除くすべての年金を確定給付制度に分類している。確定給付制度に関する当グループ
     の正味債務は、従業員が当期および過年度において稼得した将来の給付額を推定し、かかる金額を割り引き、一切の制
     度資産の公正価値を控除して計算される。確定給付債務は、有資格の保険数理士により予測単位積立方式を用いて毎年
     計算される。確定給付債務の現在価値は、給付が支給される通貨建てで、関連年金債務の期間と類似の満期を有する優
     良会社社債の利回りを用いて見積将来キャッシュ・アウトフローを割り引いて決定される。
      保険数理上の損益、制度資産収益(利息を除く。)および資産の上限額の影響(もしあれば。利息を除く。)からな
     る正味確定給付負債(資産)の再測定は、直ちにその他の包括利益に認識される。
     (18)  引当金

      引当金は、当グループが過去の事象により現在の法的または推定的債務を有しており、経済的便益をもつ資源の流出
     が債務の決済に必要となる可能性が高く、かつ債務金額が信頼性をもって見積もることができる場合に認識される。
     (19)金融保証契約

      金融保証契約は、支払期限に特定の債務者が支払を怠ったことにより債権者が被った損失を、債務証券の当初または
     変更後の契約条項に従って補償するために保証発行者(当行)に対して特定の支払を義務付ける契約である。金融保証
     は、保証が付与された日の公正価値で財務書類に当初認識され、保証期間にわたって償却される。当初認識後、かかる
     保証に基づく当グループの負債は、以下のうちいずれか高い金額で測定される。
      - K-IFRS第1037号「引当金、偶発負債および偶発資産」に従って決定された金額
      - 当初認識額からK-IFRS第1018号「収益」に従って認識された償却累計額を控除した金額
     (20)  売戻および買戻条件付有価証券

      売戻しを目的とした契約に基づき購入された有価証券はその他の貸出債権および受取債権として計上され、かかる有
     価証券からの関連利息は受取利息として計上される。買戻しを目的とした契約に基づき売却された有価証券は借入金と
     して計上され、かかる有価証券からの関連利息は支払利息として計上される。
     (21)保険契約にかかる保険契約準備金

      保険事業法および関連保険基準に従って、当グループは、保険料積立金、未経過保険料積立金、支払備金、契約者配
     当準備金および超過契約者配当準備金および配当付き保険にかかる損失準備金からなる保険契約準備金を確保すること
     が義務付けられており、これらは負債に計上される。かかる負債は、金融監督委員会が発行した「保険料および保険契
     約準備金の計算マニュアル」に従って測定される。詳細は以下のとおりである。
                                  47/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     ( ⅰ)保険料積立金
      保険料積立金は純保険料評価に基づいて計算された金額であり、金融監督院(以下「FSS」という。)が定めた標準
     金利および標準リスクを用いて計算された金額と当グループにおける内部金利を用いて計算された金額のうち多い金額
     である。保険料積立金がゼロ以下である場合、ゼロで計上される。
     ( ⅱ)未経過保険料積立金

      未経過保険料積立金は、当報告期間内に当初支払日が到来する保険料のうち、報告期間末以後の将来の支払となる一
     定の保険料について配賦された金額である。
     ( ⅲ)保証給付準備金

      保証給付準備金は、将来の期待損失を考慮して一定水準の保険金請求を保証する。当グループの保証給付準備金は以
     下のものからなる。
      -最低年金原資保証:契約時の所定金額に相当する年金給付額にかかる原資を保証する準備金
      -最低死亡給付保証:契約時の所定金額に相当する死亡給付額を保証する準備金
      -最低解約返戻金保証:契約時の所定金額に相当する中間返戻金を中間返戻期間中に保証する準備金
      -終身引出保証:契約時の所定金額に相当する中間返戻金を生存中に保証する準備金
      -その他の保証給付金:一定の水準を超える保険金給付保証にかかる上記以外の保証給付準備金
     ( ⅳ)支払備金

      支払備金は、報告日以前の保険事故で、決済または確定されていない損失について見積により算定される準備金であ
     る。詳細は以下のとおりである。
      ・未払保険金:保険会社に報告されているが、未だに決済手続中である損失(請求額の一部が支払われている場合、
       その残額が報告される。)
      ・既発生未報告損害(以下「IBNR」という。):発生したものの未だ保険会社に報告されていない保険金請求を生じ
       させる事象にかかる保険会社の負債の実績データに基づく見積金額
      ・無効契約準備金:一定期間内に復活または繰り延べることができる保険料の支払がなされないため無効となった契
       約に係る保険解約払戻準備金
      ・未払の保険金請求:保険会社が保険契約者に対して未だ支払っていない補償、払戻および配当金等の適法の要償
     ( ⅴ)契約者配当準備金

      契約者配当準備金は、利率配当準備金、危険率配当準備金、利差保証準備金および長期配当準備金に分類される。
     ( ⅵ ) 超過契約者配当準備金

      関連法令および契約に基づき、当グループは、関連する保険商品の実績に従って超過契約者配当準備金を設定するこ
     とができる。同準備金は、契約者配当または追加配当の支払に充当することができる。
     (22)  資本

      普通株式は資本として分類される。普通株式の発行および株式オプションに直接帰属する増分費用は、税効果控除
     後、資本からの控除として認識される。
      当グループがその株式資本を買い戻す場合、支払対価の金額は資本からの控除として認識され、自己株式に分類され
     る。自己株式の購入、処分、再発行または消却による損益は、当期損益として認識されない。当グループが自己株式を
     取得および保持する場合、支払対価または受取対価は資本に直接認識される。
      非支配持分は、直接または間接的に親会社に帰属しない子会社の資本を示す。非支配持分は、K-IFRS第1103号「企業
     結合」に基づいて、当初結合日に算定された少数株主持分純利益および企業結合後の資本の変動における少数株主持分
     で構成される。
     (23)政府交付金

                                  48/254


                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      一定の資産の取得に用いられる返済義務のない政府交付金は、取得資産の取得原価から控除して会計処理される。か
     かる交付金額は、取得資産の耐用年数にわたって、かかる資産の減価償却費または償却費と相殺される。
     (24)受取利息および支払利息

      受取利息および支払利息は、実効金利法を用いて損益に認識される。実効金利法では、金融商品の償却原価を測定
     し、関連期間中に受取利息または支払利息を配分する。
      実効金利の計算に際して、当グループは金融商品のすべての契約条件(将来の貸倒損失を除く。)を考慮して将来
     キャッシュ・フローを見積もる。計算には、支払ったかまたは受領した一切の手数料またはポイント、取引コストおよ
     びすべての関連割増金または割引額も反映される。金融商品のキャッシュ・フローおよび予想期間を信頼性をもって見
     積もることができない場合、実効金利は、契約期間にわたり契約上のキャッシュ・フローにより計算される。
      金融資産または類似の資産のグループにおいて減損損失が認識されると、その後の受取利息は、減損損失を測定する
     目的で将来キャッシュ・フローを割り引くために使用した金利で認識される。
     (25)手数料収益

      手数料収益および費用は、関連規則に従って以下のように分類されている。
     ( ⅰ)金融商品からの手数料

     金融資産または負債の実効金利の不可分である手数料収益および費用は、実効金利の測定に含まれる。手数料収益およ
     び費用には、借入人の財政状態、保証、担保、その他の取決めの評価および関連する評価ならびに事業取引に関連する
     手数料、文書作成および記録等の業務に対する報酬ならびに金融負債の発行の際に発生した手数料が含まれる。ただ
     し、金融商品が当期損益認識金融商品に分類される場合、手数料は当初認識時に収益として認識される。
     ( ⅱ)役務からの手数料

      資産運用手数料、委託手数料および保証サービス料など、一定期間中に提供する役務と引き換えに請求される手数料
     収益は、関連する役務の提供時に認識される。貸出債権のコミットメントが、借入実行されることが予想されず、K-
     IFRS第1039号「金融商品:認識および測定」が当該コミットメントに適用されない場合、関連する貸出債権のコミット
     メント手数料は収益として、コミットメントの期間にわたって時間に比例して認識される。
     ( ⅲ)重要な取引からの手数料

      株式およびその他の有価証券の売買、第三者のための交渉および仲介活動(例えば事業譲渡および買収)等の重要な
     取引からの手数料は、取引の完了時に認識される。
     (26)受取配当金

      受取配当金は、当グループの支払を受け取る権利が確定されたとき認識される。
     (27)法人税費用

      法人税費用は、当期法人税および繰延法人税からなる。当期法人税および繰延法人税は、その他の包括利益に認識さ
     れるかもしくは資本に直接認識される取引もしくは事象または企業結合から発生する税金を除いて、損益に認識され
     る。
      繰延税金資産および負債は、報告期間末までに制定または実質的に制定されている税率(および税法)に基づいて、
     資産が実現する期または負債が決済される期に適用されると見込まれる税率で測定される。繰延税金資産および負債の
     測定は、報告期間末に当グループが資産および負債の帳簿価額の回収または決済を行うと見込んでいる方法から生じる
     であろう税務上の影響を反映する。
      子会社は、それぞれの税法に基づいて法人税を計算しており、その金額を当期税金負債として計上している。
      当グループは、子会社および関連会社に対する投資ならびにジョイント・ベンチャーの持分に関連して生じるすべて
     の将来加算一時差異について、当グループがその一時差異を解消する時期をコントロールでき、一時差異が予測可能な
     将来に解消しない可能性が高い範囲を除いて、繰延税金負債を認識する。当グループは、関連会社投資により生じるす
     べての将来減算一時差異について、その一時差異が予測可能な将来に解消され、一時差異を利用できる課税所得が獲得
     される可能性が高い範囲で、繰延税金資産を認識する。
      繰延税金資産の帳簿価額は各報告期間末に見直され、繰延税金資産の一部または全部の便益を利用できる十分な課税
     所得が獲得される可能性が高くなくなった範囲で減額される。
                                  49/254

                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      繰延税金資産および繰延税金負債は、当グループが関連する当期税金資産および負債を相殺する法的強制力のある権
     利を有し、かかる資産および負債が同一の税務当局によって課された法人税に関連しており、純額ベースで決済するこ
     と を意図している場合にのみ相殺される。
     (28)信託勘定の会計処理

      当グループは、財務報告のために、金融投資サービスおよび資本市場法に従って信託資産を識別可能資産から区分し
     ている。さらに、当グループは、信託資産の申請、運用および処分から信託報酬を受領し、かかる報酬を信託勘定収益
     に配分している。
      また、不特定の元利金保証信託からの報酬が元利金額に満たない場合、当グループは、信託報酬および特別準備金に
     よる損失補填後も、信託勘定の損失残高を補填し、かかる金額を信託勘定損失に配分する。
     (29)規制上の貸倒引当金

      K-IFRSに基づく貸倒引当金の合計額が銀行業務監督規則第29条(1)が規定する金額を下回る場合、当グループは、各
     報告期間末現在でその差額を規制上の貸倒引当金として計上する。
      既存の規制上の貸倒引当金が報告日現在の積立所要額残高を上回る場合、その剰余額は戻し入れることができる。さ
     らに、未処理損失がある場合、損失処理後、規制上の貸倒引当金を積み立てる。
     (30)  1株当たり利益

      当グループは、連結包括利益計算書に希薄化後および基本的1株当たり利益を表示している。基本的1株当たり利益
     は、当グループの株主に帰属する当期純利益を報告期間中の発行済普通株式の加重平均株式数で除して計算される。希
     薄化後1株当たり利益は、当グループの普通株主に帰属する純利益および発行済普通株式の加重平均株式数を、すべて
     の潜在的普通株式による希薄化効果を考慮して調整することにより計算される。
     (31)  誤謬の訂正

      過年度の誤謬は、誤謬による特定期間にかかる影響または累積的な影響を判断することが実務上不可能である範囲を
     除いて、かかる誤謬の発見後に最初に承認された財務書類において、遡及的修正再表示によって訂正しなければならな
     い。
                                  50/254










                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     4.現金および預け金

      (1)   2017年および2016年12月31日現在の現金および預け金は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                              2017年12月31日             2016年12月31日
     現金                                516,380             804,988
     ウォン建て預け金:
      韓国銀行預け金                              2,136,005             1,793,111
      その他銀行預金                              2,340,959             1,320,649
                                    4,476,964             3,113,760
     外貨建て/オフショア預け金                               3,242,142             5,252,455
                                    8,235,486             9,171,203
      (2)   2017年および2016年12月31日現在の使途制限されている預け金は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)

                              2017年12月31日             2016年12月31日
     預金準備金                               1,248,969             1,100,838
     特別目的会社のための元利金支払準備金                                 79,906            141,532
     その他                                344,347             750,330
                                    1,673,222             1,992,700
     5.売買目的金融資産

      (1)2017年および2016年12月31日現在の売買目的金融資産は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                              2017年12月31日             2016年12月31日
     ウォン建て売買目的金融資産:
      持分証券
       株式および持分投資                              100,631             188,070
       受益証券                              509,055             148,772
                                     609,686             336,842
      債務証券:
       国公債                              604,538            1,166,518
       金融債                              54,301            454,061
       社債                              196,515             203,027
       コマーシャル・ペーパー                                 -          15,911
                                     855,354            1,839,517
                                    1,465,040             2,176,359
     外貨建て/オフショア売買目的金融資産:
      持分証券                               15,534             20,543
      債務証券                               424,075             223,930
                                     439,609             244,473
                                    1,904,649             2,420,832
                                  51/254







                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (2)2017年および2016年12月31日現在の売買目的金融資産における債務証券の内訳は以下のとおりである。(単
     位:百万ウォン)
                                    2017年12月31日
                                                公正価値
                           額面金額           取得原価          (帳簿価額)
     ウォン建て国公債                          611,399           605,030           604,538
     ウォン建て金融債                          55,041           54,558           54,301
     ウォン建て社債                          199,343           198,715           196,515
     外貨建て債務証券                          425,236           425,637           424,075
                             1,291,019           1,283,940           1,279,429
                                    2016年12月31日

                                                公正価値
                           額面金額           取得原価          (帳簿価額)
     ウォン建て国公債                         1,161,199           1,170,704           1,166,518
     ウォン建て金融債                          455,041           454,589           454,061
     ウォン建て社債                          206,243           205,713           203,027
     ウォン建てコマーシャル・ペーパー                          16,000           15,913           15,911
     外貨建て債務証券                          223,025           223,746           223,930
                             2,061,508           2,070,665           2,063,447
     6.当期損益認識金融資産

      2017年および2016年12月31日現在の当期損益認識金融資産は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                       2017年12月31日             2016年12月31日
     ウォン建ての当期損益認識金融資
     産に指定された有価証券                         100,117             319,010
     外貨建ての当期損益認識金融資産
     に指定された有価証券                         19,902             22,293
                             120,019             341,303
      上記当期損益認識金融資産は、株価指数リンク債等からなる。組込金融派生商品および主契約を当期損益認識項目と

     して指定することで、複雑な金融商品の公正価値の変動が損益に計上される。
                                  52/254










                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     7.売却可能金融資産
      (1)2017年および2016年12月31日現在の売却可能金融資産は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                              2017年12月31日             2016年12月31日
     ウォン建て売却可能金融資産:
      持分証券
       株式および持分投資                            12,579,035             12,486,503
       受益証券                             2,380,828             5,840,314
       その他                              377,339             374,575
                                   15,337,202             18,701,392
      債務証券:
       国公債                             3,746,731             4,584,739
       金融債                             4,827,814             2,714,995
       社債                             9,240,628            10,862,210
                                   17,815,173             18,161,944
                                   33,152,375             36,863,336
     外貨建て/オフショア売却可能金融資産:
      持分証券                               347,999             457,910
      債務証券                              6,093,552             6,489,380
                                    6,441,551             6,947,290
                                   39,593,926             43,810,626
      活発な市場で取引価格がなく、その公正価値が信頼性をもって測定できない持分証券は、2017年および2016年12月31

     日現在でそれぞれ10,062,034百万ウォンおよび8,191,860百万ウォンの取得原価で計上されている。
      (2)2017年および2016年12月31日に終了した年度の売却可能金融資産の増減は以下のとおりである。(単位:百万

     ウォン)
                               2017年              2016年
     期首残高                              43,810,626              52,495,740
     取得                              18,214,038              35,834,889
     処分                             (21,695,219)              (41,195,377)
     償却による増減                               (46,260)              (43,484)
     公正価値の増減                               162,531              622,762
     減損損失                              (225,227)              (312,006)
     減損損失戻入                                2,297             13,390
     振替                               (11,118)            (3,914,346)
     為替換算差額                              (698,621)               241,152
     その他(*1)                                80,879              67,906
     期末残高                              39,593,926              43,810,626
      (*1)   2017年12月31日に終了した年度について、「その他」は、債務者再生破産法に基づく再生計画に従って取得し

        たSTX重工業の株式、会社再編促進法に基づく金融機関債権者委員会のデット・エクイティ・スワップに関する決
        定に従って取得したチヌン・インターナショナル・インクの株式および転換社債の転換権の行使により取得した
        フェニックス・マテリアルズ・カンパニー・リミテッド等の株式を含む売却可能持分証券の増加を表している。
        2016年12月31日に終了した年度について、「その他」は、転換社債の転換権の行使により取得したホジョン・リ
        ミテッド、フェニックス・マテリアルズ・カンパニー・リミテッド、グレイト・ニュー・ウェーブ・カミング・
        カンパニー・リミテッド、IS・ドンソ・カンパニー・リミテッド、i-コンポーネンツ・カンパニー・リミテッド
        等の株式を含む売却可能持分証券の増加を表している。
                                  53/254





                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (3)2017年および2016年12月31日現在の売却可能金融資産における処分制限が付された持分証券は、以下のとおり
     である。(単位:百万ウォンおよび株)
                                  2017年12月31日
           会社名             株式数         帳簿価額            制限期間
     クムホ・タイヤ                     21,339,320            94,426        定めなし
     大韓電線(*1)                     16,476,369            18,536        定めなし
     アジン・ピー・アンド・ピー                      516,270           5,321        定めなし
     ナショナル・ハピネス・ファンド                       34,066          56,710        定めなし
     ジェヨン・ソルテック                     1,962,000            3,532     2018年5月18日まで
     チヌン・インターナショナル・イ
     ンク(*2)                     11,118,952            21,293      2018年12月31日まで
     韓進重工業                     1,208,588            4,000     2018年12月31日まで
     クレア・イン・カンパニー・リミ
                            14,383            46
     テッド                                      2021年12月21日まで
                         52,669,948           203,864
      (*1)2017年12月31日に終了した年度に、主要株主で構成される委員会の決定に従い、一部の株式は処分された。

      (*2)   2017年12月31日に終了した年度の減資およびデット・エクイティ・スワップに関する決定後、株式数が変動し
        た。
                                  2016年12月31日

           会社名             株式数         帳簿価額            制限期間
     クムホ・タイヤ                     21,339,320           180,957         定めなし
     大韓電線                     18,061,894            33,505        定めなし
     アジン・ピー・アンド・ピー                      516,270           5,282        定めなし
     サムホ・インターナショナル                      183,000           3,093        定めなし
     現代セメント(*1)                     2,636,655           72,772      2017年12月31日まで
     ジェヨン・ソルテック                     1,962,000            5,415     2017年12月31日まで
     チヌン・インターナショナル・イ
     ンク                     13,113,200            27,407      2018年12月31日まで
     韓進重工業                     1,208,588            4,067     2018年12月31日まで
     クレア・イン・カンパニー・リミ
                            14,383            46
     テッド                                      2021年12月21日まで
                         59,035,310           332,544
      (*1)2016年12月31日に終了した年度のデット・エクイティ・スワップに関する決定および処分制限の解除後、株式数

        が変動した。
                                  54/254








                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (4)2017年および2016年12月31日現在の売却可能金融資産における債務証券の内訳は、以下のとおりである。(単
     位:百万ウォン)
                                 2017年12月31日
                                             公正価値
                        額面金額           取得原価          ( 帳簿価額)
     ウォン建て国公債                      3,789,401           3,847,479           3,746,731
     ウォン建て金融債                      4,838,000           4,834,248           4,827,814
     ウォン建て社債                      9,419,047           9,442,867           9,240,628
     外貨建て/オフショア債務証券                      6,221,072           7,265,949           6,093,552
                          24,267,520           25,390,543           23,908,725
                                 2016年12月31日

                                             公正価値
                        額面金額           取得原価          ( 帳簿価額)
     ウォン建て国公債                      4,527,723           4,628,874           4,584,739
     ウォン建て金融債                      2,717,280           2,720,658           2,714,995
     ウォン建て社債                      11,097,280           11,091,602           10,862,210
     外貨建て/オフショア債務証券                      6,176,994           7,420,465           6,489,380
                          24,519,277           25,861,599           24,651,324
     8.満期保有金融資産

      (1)2017年および2016年12月31日現在の満期保有金融資産は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                         2017年12月31日                 2016年12月31日
                       償却原価        公正価値         償却原価        公正価値
     ウォン建て満期保有金融資産:
      国公債                   2,701,517        2,525,474         2,697,831        2,576,624
      社債                   1,979,046        1,903,232         1,365,966        1,326,389
      その他                      103        103         102        102
                        4,680,666        4,428,809         4,063,899        3,903,115
     外貨建て/オフショア満期保有金
     融資産:
      債務証券                   1,359,975        1,323,970         1,383,049        1,291,026
                        6,040,641        5,752,779         5,446,948        5,194,141
      (2)2017年および2016年12月31日に終了した年度の満期保有金融資産の増減は以下のとおりである。(単位:百万

     ウォン)
                              2017年              2016年
     期首残高                             5,446,948                58,966
     取得                               857,249              1,208,392
     償還                              (76,713)               (58,505)
     償却による増減                              (25,641)               (9,675)
     振替                                (561)             4,171,298
     為替換算差額                             (160,641)                76,472
     期末残高                             6,040,641               5,446,948
                                  55/254






                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     9.貸出債権および貸倒引当金
      (1)2017年および2016年12月31日現在の貸出債権および貸倒引当金は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                           2017年12月31日               2016年12月31日
                         償却原価       公正価値        償却原価       公正価値
     ウォン建て貸出債権:
      運転資金貸付                    48,286,948       47,122,419        46,007,017       44,936,431
      設備開発資金貸付                    51,511,474       51,077,636        52,887,706       52,754,501
      個人向け貸付                    2,788,599       2,790,563        3,683,614       3,714,611
      銀行間貸付                    2,133,208       1,922,782        1,858,881       1,701,366
      その他                      46,344       44,600        53,400       53,400
                         104,766,573       102,958,000        104,490,618       103,160,309
     外貨建て貸出債権:
      貸出債権                    13,606,255       14,012,041        15,733,488       16,285,963
      銀行間貸付                    1,343,701       1,345,326         943,731       944,007
      対外借入による貸付                     154,063       158,332        194,165       199,922
      オフショア貸付                    10,760,842       11,166,776        10,588,310       10,923,111
                         25,864,861       26,682,475        27,459,694       28,353,003
     その他貸出債権:
      外貨建て買入手形                    2,303,336       2,241,469        1,709,887       1,662,401
      引受・保証前渡金                     113,412        33,272        185,534        98,547
      私募社債                    3,063,881       2,607,572        3,471,827       2,908,602
      クレジットカード債権                     100,872       100,052        111,532       110,463
      その他                    10,235,953       10,132,122        10,426,364       10,182,607
                         15,817,454       15,114,487        15,905,144       14,962,619
                         146,448,888       144,754,962        147,855,456       146,475,932
     控除:
      貸倒引当金                   (3,006,128)               (3,063,671)
      現在価値割引差金                    (215,857)               (269,248)
      繰延貸出組成手数料                     (2,787)               (6,323)
                         143,224,116               144,516,214
                                  56/254











                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (2)2017年および2016年12月31日に終了した年度の貸倒引当金の増減は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                  2017年
                    ウォン建て貸出債権                      その他貸出債権
                運転資金       設備開発            外貨建て
                 貸付      資金貸付       その他     貸出債権      私募社債      その他      合計
     期首残高            1,002,761        543,495      154,562      464,849      529,527      368,477     3,063,671
     貸倒引当金繰入             523,213       252,312        62   (6,317)      36,472     171,219      976,961
     償却             (49,090)       (47,074)      (2,471)     (19,926)         -   (2,919)     (121,480)
     為替換算差額                 -       -      -  (70,332)        (23)    (38,482)     (108,837)
     その他            (319,512)       (226,592)        (18)    (26,853)      (67,635)     (163,577)      (804,187)
     期末残高            1,157,372        522,141      152,135      341,421      498,341      334,718     3,006,128
                                  2016年

                    ウォン建て貸出債権                      その他貸出債権
                運転資金       設備開発            外貨建て
                 貸付      資金貸付       その他     貸出債権      私募社債      その他      合計
     期首残高            1,956,776        613,708      156,971      566,841      642,340      613,605     4,550,241
     貸倒引当金繰入            1,630,638        371,849       (390)     190,580      408,609      83,120    2,684,406
     償却            (658,851)       (151,573)       (2,263)     (224,859)      (332,574)      (134,579)     (1,504,699)
     為替換算差額                 -       -      -   42,648        6   12,031      54,685
     その他           (1,925,802)        (290,489)         244   (110,361)      (188,854)      (205,700)     (2,720,962)
     期末残高            1,002,761        543,495      154,562      464,849      529,527      368,477     3,063,671
      (3)2017年および2016年12月31日に終了した年度の貸出債権に関連する損失は以下のとおりである。(単位:百万

     ウォン)
                               2017年              2016年
     貸倒引当金繰入                              (976,961)             (2,684,406)
     貸出債権処分損                               (83,011)              (80,132)
                                  (1,059,972)              (2,764,538)
      (4)2017年および2016年12月31日に終了した年度の正味繰延貸出組成費用および手数料の増減は以下のとおりであ

     る。(単位:百万ウォン)
                              2017年              2016年
     期首残高                               (6,323)               (4,039)
     新規繰延                               13,284               3,640
     償却                               (9,748)               (5,924)
     期末残高                               (2,787)               (6,323)
     10.金融派生商品

      当グループの金融派生商品は、取引の性質に応じて売買目的金融派生商品およびヘッジ目的の金融派生商品からな
     る。当グループは、主に原資産および負債の公正価値の変動ならびに将来キャッシュ・フローの変動に関連するリスク
     のヘッジのためにヘッジ目的金融派生商品取引を締結する。
      当グループは、原資産の将来価値を見越した裁定取引として先物、先渡、スワップおよびオプション等の売買目的金
     融派生商品取引を締結している。売買目的金融派生商品取引には、当グループ顧客との契約およびその清算にかかるポ
     ジションが含まれる。
      金利変動によるウォン建てファンドの公正価値および将来キャッシュ・フローの変動リスクをヘッジする目的で、当
     グループは、主に金利スワップまたは通貨スワップを用いている。主な相手方は、海外金融機関および地方銀行であ
     る。また、金利および為替変動による外貨建て債券の公正価値の変動リスクをヘッジするため、当グループは、主に金
     利スワップまたは通貨スワップを用いている。
      2017年および2016年12月31日現在の金融派生商品取引の想定元本残高および金融派生商品の帳簿価額は以下のとおり
     である。(単位:百万ウォン)
                                 2017年12月31日
                          想定元本額                  帳簿価額
                       購入        売却         資産        負債
     売買目的金融派生商品:
                                  57/254

                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      金利                 263,055,552        269,217,941          1,091,959        1,049,139
      通貨                 90,936,025        94,628,525         4,415,882        4,185,092
      株式                   788,851       1,782,106          11,482         3,058
      コモディティ                    1,232        1,232          375        375
      組込金融派生商品                   663,564        250,000         145,091         4,503
      引当金およびその他調整                      -        -      (6,313)         (570)
                       355,445,224        365,879,804          5,658,476        5,241,597
     ヘッジ目的金融派生商品:
      金利(*1)                 17,494,445        17,512,016          506,903        209,428
      通貨                  7,651,056        9,780,795          217,588        378,547
      引当金およびその他調整                      -        -       (388)       (5,581)
                       25,145,501        27,292,811          724,103        582,394
                       380,590,725        393,172,615          6,382,579        5,823,991
      (*1)キャッシュ・フロー・ヘッジ会計が適用される金融派生商品契約がキャッシュ・フローの変動リスクに晒される

     予想最長期間は、2020年9月11日までである。
                                 2016年12月31日

                          想定元本額                  帳簿価額
                       購入        売却         資産        負債
     売買目的金融派生商品:
      金利                 288,371,232        293,240,576          1,766,464        1,627,038
      通貨                 73,525,875        78,283,957         3,447,173        3,735,210
      株式                   321,289       1,053,958          25,671         9,096
      コモディティ                   20,847        20,847         3,061        3,061
      組込金融派生商品                   713,027        322,510         146,911         6,799
      引当金およびその他調整                      -        -     (25,133)         46,993
                       362,952,270        372,921,848          5,364,147        5,428,197
     ヘッジ目的金融派生商品:
      金利(*1)                 22,725,963        22,747,957          586,498        172,898
      通貨                  7,475,605        5,765,927          510,975       1,181,590
      引当金およびその他調整                      -        -       (494)        (131)
                       30,201,568        28,513,884         1,096,979        1,354,357
                       393,153,838        401,435,732          6,461,126        6,782,554
     (*1)キャッシュ・フロー・ヘッジ会計が適用される金融派生商品契約がキャッシュ・フローの変動リスクに晒される予

       想最長期間は、2020年9月11日までである。
                                  58/254








                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     11.関連会社投資
      (1)2017年および2016年12月31日現在の関連会社投資は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                             2017年12月31日              2016年12月31日
     韓国電力公社                              23,586,443              23,600,344
     韓国観光公社                               340,605              333,029
     韓国インフラ構造基金第2号                               234,167              233,676
     現代商船(*1)                               117,532              138,047
     その他                              3,775,810              3,206,812
                                  28,054,557              27,511,908
     (*1)現代商船は、金融機関債権者委員会と債務再編に係る自主協定を締結した。当グループは、2016年12月31日終了年

       度に主要債権者銀行として重要な影響力を獲得した。
      (2)2017年および2016年12月31日現在の市場性のある関連会社投資の市場価格は以下のとおりである。(単位:百

     万ウォン)
                          市場価格                 帳簿価額
                     2017年12月31日        2016年12月31日         2017年12月31日        2016年12月31日
     韓国電力公社                   8,058,625        9,304,913        23,586,443        23,600,344
     現代商船                    206,820        171,957         117,532        138,047
     東部製鉄                    69,229        138,399         60,698        47,035
     STXエンジン(*1)                       -      63,848            -      45,718
     オリエンタル・プリシジョン・ア
     ンド・エンジニアリング(*2)                       -      23,867            -      23,867
     STXコーポレーション(*1)                       -      19,638            -        -
     (*1)   2017年12月31日に終了した年度に、重要な影響力の喪失により、売却可能金融資産に振り替えられた。

     (*2)   2017年12月31日に終了した年度の金融機関債権者委員会による決議に基づき、株式の一部を処分したことによ
       り、当グループはかかる事業体に対する重要な影響力を喪失した。
                                  59/254











                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (3)2017年および2016年12月31日に終了した年度の関連会社投資の変動は以下のとおりである。(単位:百万ウォ
     ン)
                                    2017  年
                              利益(損失    )      その他の包括
              2017  年    取得/     処分/     に占める         利益(損失)                 2017  年
              1月1日      移転     移転      持分    減損損失    に占める持分       配当金     その他     12 月31日
     韓国電力公社          23,600,344         -      -   427,338       -   (22,993)    (418,246)        -  23,586,443
     韓国観光公社           333,029       -      -    9,124       -   (1,548)       -     -   340,605
     現代商船           138,047     78,809        -  (169,319)        -    68,110       -   1,885     117,532
     韓 国 インフラ構造
     基金  第2号         233,676      1,632      (861)     12,166       -      -  (12,446)        -   234,167
     その他(*1)          3,206,812     1,369,465      (654,168)       21,420    (27,379)       84,551    (166,347)     (58,544)     3,775,810
              27,511,908     1,449,906      (655,029)       300,729    (27,379)      128,120    (597,039)     (56,659)     28,054,557
      (*1)当グループは、2017年12月31日終了年度に、トロイカ・リソーシズ・インベストメント・プライベート・エク

     イティ・ファンドおよびその他10ファンドについて、見積キャッシュ・フローの減少による資金生成単位の公正価値の
     減少を減損の客観的証拠とみなして、27,379百万ウォンの減損損失を認識し、2017年12月31日現在に回収可能額として
     155,732百万ウォンの使用価値を認識した。
                                    2016  年

                              利益(損失    )      その他の包括
              2016  年    取得/     処分/     に占める         利益(損失)                 2016  年
              1月1日      移転     移転      持分    減損損失    に占める持分       配当金     その他     12 月31日
     韓国電力公社          21,925,758         -      -  2,319,302        -    10,113    (654,829)        -  23,600,344
     韓国観光公社           329,815       -      -    1,241       -    1,973       -     -   333,029
     現代商船             -    25      -   115,798       -    22,224       -     -   138,047
     韓国航空宇宙産業
     (*1)           309,531       -  (273,830)       46,609       -      ▶  (10,298)     (72,016)         -
     GM コリア          68,115       -      -   (69,995)        -    1,880       -     -      -
     韓 国 インフラ構造
     基金  第2号         221,782     18,142      (852)     13,511       -      -  (18,907)        -   233,676
     その他(*2)          3,752,052      663,906     (973,169)       298,348    (26,455)     (126,934)     (244,180)     (136,756)      3,206,812
              26,607,053      682,073    (1,247,851)       2,724,814     (26,455)      (90,740)    (928,214)     (208,772)     27,511,908
     (*1)   2016年12月31日に終了した年度に、重要な影響力の喪失により、売却可能金融資産に振り替えられた。

     (*2)当グループは、2016年12月31日終了年度に、ニュー・グロース・グリーン・フューチャー・プライベート・エクイ
       ティ・ファンドおよびその他14社について、見積キャッシュ・フローの減少による資金生成単位の使用価値の低下
       を減損の客観的証拠とみなして、26,455百万ウォンの減損損失を認識し、2016年12月31日現在に回収可能額として
       57,657百万ウォンの使用価値を認識した。
                                  60/254








                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (4)2017年および2016年12月31日現在ならびに同日終了年度の関連会社の主要な財務情報および持分比率は以下の
     とおりである。(単位:百万ウォン)
                                  2017  年12月31日
                                                          持分
                 会計                              当期純利益      包括利益
              国  年度末    業種     資産      負債      資本     営業収益      (損失)    (損失)合計     比率(%)
     韓国電力公社         韓国   12 月   発電    181,788,915      108,824,274      72,964,641      59,814,862      1,298,720      1,230,194     32.90
     韓国観光公社                文化
              韓国   12 月  観光業     1,402,083       359,898     1,042,185       732,967      20,934      17,383    43.58
     現代商船   (*1)      韓国   12 月   海運     3,602,418      2,705,498       896,920     5,028,016     (1,218,503)      (1,325,963)     13.13
     GM コリア(*2)        韓国   12 月   製造     6,452,969      6,969,968      (516,999)     11,820,760      (588,131)      (587,798)     17.02
     韓 国 インフラ構造基
     金 第2号        韓国   12 月  金融投資      829,503       9,885     819,618      29,627      43,704      43,704    26.67
                                  2016  年12月31日

                                                          持分
                 会計                               純利益     包括利益
              国  年度末    業種     資産      負債      資本     営業収益      (損失)    (損失)合計     比率(%)
     韓国電力公社         韓国   12 月   発電    177,837,042      104,786,497      73,050,545      60,190,384      7,048,581    .  7,041,557    .  32.90
     韓国観光公社                文化
              韓国   12 月  観光業     1,386,501       368,230     1,018,271       779,874      8,481  .    7,375  .  43.58
     現代商船   (*1)      韓国   12 月   海運     4,398,098      3,419,277       978,821     4,584,810      (48 5,604)    (413,178)     14.15
     GM コリア(*2)        韓国   12 月   製造     7,058,016      6,990,776       67,240    11,915,647      (835,801)      (827,675)     17.02
     韓 国 インフラ構造基
     金 第2号        韓国   12 月  金融投資      816,600       160    816,440      56,134     49,367   .   49,367   .  26.67
     (*1)現代商船に対する当グループの持分比率は20%未満であるが、当グループが金融機関債権者委員会の主要債権者銀

       行として現代商船に対して重要な影響力を有しているとみなされているため、持分法が適用されている。
     (*1)GMコリアに対する当グループの持分比率は20%未満であるが、当グループが理事会役員の任命権を行使しているこ
       とにより同社に対して重要な影響力を有しているとみなされているため、持分法が適用されている。当グループ
       は、2017年および2016年12月31日現在のGMコリアの財務書類を入手できなかったため、持分法の適用にあたり、
       2017年および2016年9月30日現在の同社の財務書類を使用した。当グループは、当該投資先の財務書類の日付と当
       グループの連結財務書類の日付との間に発生したすべての重要な事象または取引の影響に係る調整を行った。
                                  61/254











                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     12.有形固定資産
      2017年および2016年12月31日に終了した年度の有形固定資産の変動は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                     2017年
                   2017年       取得  /               為替換算              2017年
                  1月1日       減価償却       処分      振替      差額      その他      12 月31日
     取得原価:
      土地             2,611,240        99,046     (3,973)        828      (21)    (103,251)       2,603,869
      建物および構築物             3,486,528        202,150       (986)     (1,461)      (11,741)       (7,584)      3,666,906
      賃借物件改良              46,412       2,676     (2,912)         -   (1,272)        (261)      44,643
      車両              375,429        8,630     (1,089)         -   (5,308)      (21,526)       356,136
      備品              806,399       50,454     (5,911)        934    (5,402)      (24,478)       821,996
      建設仮勘定              671,815       170,453     (17,734)      (2,493)       (8,673)      (191,974)        621,394
      その他             2,170,876        184,435      (4,913)      (5,867)      (25,202)       (78,714)      2,240,615
                  10,168,699        717,844     (37,518)      (8,059)      (57,619)      (427,788)      10,355,559
     減価償却累計額:        (*1)
      建物および構築物             1,140,183        66,365      (198)      (987)      (2,708)       55,916     1,258,571
      賃借物件改良              33,995       4,893     (2,398)         -   (1,026)         298     35,762
      車両              240,144       16,686      (526)        -    (291)     (12,551)       243,462
      備品              599,693       (4,091)      (4,266)         -   (2,561)       18,400      607,175
      建設仮勘定                 -    2,810        -      -       -       -    2,810
      その他             1,254,646        179,954       (254)     (2,416)        (146)     (42,506)      1,389,278
                   3,268,661        266,617      (7,642)      (3,403)       (6,732)       19,557     3,537,058
     減損損失累計額:
      土地               3,191      95,069        -    (158)         -       9    98,111
      建物および構築物              182,514       63,355       (44)      (21)        -    44,142      289,946
      賃借物件改良                298        -      -      -       -    (298)         -
      車両              15,485       22,875        -      -       -      308     38,668
      備品               3,608      146,234       (15)       -       -    3,598      153,425
      建設仮勘定              83,002      (66,583)         -      -       -    8,343      24,762
      その他              33,957      179,594       (14)    (2,290)          -   (24,569)       186,678
                    322,055       440,544       (73)    (2,469)          -    31,533      791,590
                   6,577,983        10,683     (29,803)      (2,187)      (50,887)      (478,878)       6,026,911
                                  62/254










                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
                                     2016年

                   2016年       取得  /               為替換算              2016年
                  1月1日       減価償却       処分      振替      差額      その他      12 月31日
     取得原価:
      土地             2,819,293         1,174    (25,153)      (8,344)         16   (175,746)       2,611,240
      建物および構築物             3,648,189        12,286    (101,970)       13,046        137    (85,160)      3,486,528
      賃借物件改良              46,878       3,165     (3,384)        24     (271)         -    46,412
      車両              386,993       14,031     (1,301)         -   (18,821)       (5,473)       375,429
      備品              789,863       43,596     (8,705)       2,347     (14,428)       (6,274)       806,399
      建設仮勘定              976,325       272,569     (114,346)      (368,846)       (43,930)       (49,957)       671,815
      その他             2,162,865        87,642     (18,248)       53,018     (54,232)       (60,169)      2,170,876
                  10,830,406        434,463     (273,107)      (308,755)       (131,529)       (382,779)      10,168,699
     減価償却累計額:        (*1)
      建物および構築物             1,142,094          18    (675)      (331)        236    (1,159)      1,140,183
      賃借物件改良              31,340       6,016     (2,982)         -    (379)         -    33,995
      車両              235,103       23,457       (83)       -   (18,333)          -   240,144
      備品              573,227       45,839     (4,120)       (42)    (15,211)          -   599,693
      その他             1,205,516        108,545     (11,110)         -   (48,305)          -  1,254,646
                   3,187,280        183,875     (18,970)       (373)     (81,992)       (1,159)      3,268,661
     減損損失累計額:
      土地               3,086         9      -     96       -       -    3,191
      建物および構築物              118,864       68,756        -   (2,722)          -   (2,384)       182,514
      賃借物件改良                298        -      -      -       -       -      298
      車両              15,468        322       -    (305)         -       -    15,485
      備品               2,263       1,985        -    (547)         -     (93)      3,608
      建設仮勘定              51,652       82,816        -  (51,466)          -       -    83,002
      その他              27,642       5,009        -   (1,171)          -    2,477      33,957
                    219,273       158,897         -  (56,115)          -       -   322,055
                   7,423,853        91,691    (254,137)      (252,267)       (49,537)      (381,620)       6,577,983
      (*1)かかる金額には、政府補助金が含まれている。

                                  63/254










                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     13.投資不動産
      2017年および2016年12月31日に終了した年度の投資不動産の変動は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                    2017年
                            取得  /
                   2017年       減価償却    /                      2017年
                   1月1日         減損        振替        その他        12 月31日
     取得原価:
      土地               279,455           -      (820)           -     278,635
      建物および構築物               234,532          460       2,677         (813)       236,856
                     513,987          460       1,857         (813)       515,491
     減価償却累計額:
      建物および構築物                89,440         6,301         976         91      96,808
     減損損失累計額:

      土地                 2,808          -       158          -      2,966
      建物および構築物                 1,820        1,353         (42)          -      3,131
                      4,628        1,353         116          -      6,097
                     419,919        (7,194)          765        (904)       412,586
                                    2016年

                          取得  /
                   2016年      減価償却    /                        2016年
                  1月1日        減損       処分       振替      その他      12 月31日
     取得原価:
      土地               170,911          -    (1,724)       110,268          -    279,455
      建物および構築物               219,212          -    (1,580)       16,900         -    234,532
                     390,123          -    (3,304)       127,168          -    513,987
     減価償却累計額:
      建物および構築物               82,093        5,728       1,159        331       129      89,440
     減損損失累計額:

      土地                3,024        344        -    (560)         -     2,808
      建物および構築物                1,820       1,198         -       -   (1,198)        1,820
                      4,844       1,542         -    (560)      (1,198)        4,628
                     303,186       (7,270)       (4,463)       127,396        1,069      419,919
      2017年および2016年12月31日現在の独立第三者評価機関の評価基準に基づき算定された当グループの投資不動産の

     公正価値は、それぞれ435,669百万ウォンおよび427,668百万ウォンであった。また、投資不動産の公正価値は、注記49
     に記載の公正価値ヒエラルキーに従ってレベル3に分類されている。
                                  64/254








                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     14.無形固定資産
      2017年および2016年12月31日に終了した年度の無形固定資産の変動は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                  2017  年
             2017  年                              為替換算           2017  年
            1月1日      取得     処分     振替      償却     減損損失      差額     その他     12 月31日
     のれん         584,870     28,469       -      -      -  (498,296)       (28)    (7,654)      107,361
     顧客関連
     無形固定資産         389,701       -     -      -   (61,501)         -     -      -   328,200
     会員権          40,901     1,124    (2,617)       138    (1,697)       (318)     (10)      140    37,661
     その他         946,410     62,954    (6,797)      (1,148)     (155,539)      (29,416)      (883)      3,623     819,204
             1,961,882      92,547    (9,414)      (1,010)     (218,737)      (528,030)       (921)     (3,891)     1,292,426
                                  2016  年

             2016  年                              為替換算           2016  年
            1月1日      取得     処分     振替      償却     減損損失      差額     その他     12 月31日
     のれん         609,395       -     -      -      -   (23,464)     (1,061)        -   584,870
     顧客関連
     無形固定資産         504,053       -     -      -   (63,377)      (27,841)        -   (23,134)      389,701
     会員権          76,038       68    (250)    (22,443)       (742)    (11,770)        -      -    40,901
     その他        1,937,007      60,267    (20,486)       3,872    (212,046)      (315,856)       (223)    (506,125)       946,410
             3,126,493      60,335    (20,736)      (18,571)     (276,165)      (378,931)      (1,284)     (529,259)      1,961,882
     15.その他の資産

      2017年および2016年12月31日現在のその他の資産は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                       2017年12月31日             2016年12月31日
     未収金                        6,438,011             6,123,925
     未決済為替貸                        2,144,474             1,311,253
     未収収益                         713,022             713,645
     保証金                         494,707             463,114
     受取債権                        9,524,417             9,669,408
     棚卸資産                        1,493,496             2,310,386
     前払費用                         464,478             490,221
     前払金                        1,305,758             1,375,620
     繰延取得費用                         559,491             597,076
     特別勘定資産                         784,526            1,164,529
     金融保証資産                         23,371             32,713
     その他                         181,575             233,417
                            24,127,326             24,485,307
     貸倒引当金                       (2,860,413)             (2,528,828)
     現在価値割引差金                         (2,874)             (3,733)
                            21,264,039             21,952,746
      上記その他の資産に含まれる金融資産の帳簿価額は、2017年および2016年12月31日現在でそれぞれ19,338,002百万

     ウォンおよび18,314,057百万ウォンであった。また、その公正価値は、2017年および2016年12月31日現在でそれぞれ
     19,117,731百万ウォンおよび18,117,139百万ウォンであった。
                                  65/254





                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     16.売却目的資産および負債ならびに非継続事業
      (1)2017年および2016年12月31日現在の売却目的資産および負債は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                       2017年12月31日             2016年12月31日
     売却目的資産
      処分資産グループ(*1)                         2,606            247,994
      有形固定資産                        184,489             400,930
      その他                        77,199             76,400
                             264,294             725,324
     売却目的負債
      処分負債グループ(*1)                        18,954            115,090
     (*1)かかる資産および負債は大宇造船海洋の子会社が保有しており、近い将来に売却される予定である。

      (2)非継続事業

      (ⅰ)非継続事業の内容
      当グループは2015年10月8日付で、未来アセット大宇株式会社およびマルチ・アセット・グローバル・インベストメ
     ント・カンパニー・リミテッドのブロック売却の公告を行った。2016年3月18日、当グループは、未来アセット証券と
     株式購入契約を締結し、2016年4月7日に売却手続を完了した。これにより、当グループは、未来アセット大宇株式会
     社およびマルチ・アセット・グローバル・インベストメント・カンパニー・リミテッドからの損益を、非継続事業から
     の利益に振り替えた。
      (ⅱ)2016年12月31日に終了した年度の非継続事業からの利益は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)

                                      2016年
     非継続事業からの利益:
      非継続事業からの税引前利益                                     397,443
      法人税費用                                     102,679
                                          294,764
                                  66/254











                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     17.当期損益認識金融負債
      (1)2017年および2016年12月31日現在の当期損益認識金融負債は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                       2017年12月31日             2016年12月31日
     借入金(*1)                         42,472               -
     債券(*2)                        1,583,713             1,893,077
                            1,626,185             1,893,077
     (*1)   2017年12月31日現在、大宇造船海洋は、51,252百万ウォンを当期損益認識金融負債に指定しており、子会社およ

       び関連会社に対する債務保証条件を変更することが予想される。
     (*2)   ヘッジ会計が適用される仕組み債券の公正価値の変動は損益に認識されるが、ヘッジ会計が適用されない仕組み
       債券は償却原価で測定される。そのため、ヘッジ会計が適用されない仕組み債券は、会計上の損益の測定における
       ミスマッチを除去するために、当期損益認識金融負債に指定されている。
      (2)2017年および2016年12月31日現在の当期損益認識金融負債の帳簿価額と契約上のキャッシュ・フロー額との差額

     は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                       2017年12月31日             2016年12月31日
     帳簿価額                        1,626,185             1,893,077
     契約上のキャッシュ・フロー額                        1,583,494             1,741,000
     差額                         42,691            152,077
     18.預金

      2017年および2016年12月31日現在の預金は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                      2017年12月31日               2016年12月31日
                    償却原価       公正価値        償却原価       公正価値
     ウォン建て預金:
      要求払預金                88,750       88,750        83,430       83,430
      定期預金・当座預金              24,536,856       24,522,865        29,833,930       29,860,350
      譲渡性預金証書               1,510,344       1,510,198        2,198,966       2,199,012
                    26,135,950       26,121,813        32,116,326       32,142,792
     外貨建て預金:
      要求払預金               2,164,426       2,164,426        2,011,234       2,010,972
      定期預金・当座預金               2,762,094       2,762,127        1,515,835       1,503,630
      譲渡性預金証書               2,857,274       2,857,056        3,296,554       3,298,858
                     7,783,794       7,783,609        6,823,623       6,813,460
     外貨建てオフショア預金:
      要求払預金                380,345       380,345        458,121       458,121
                    34,300,089       34,285,767        39,398,070       39,414,373
                                  67/254







                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     19.借入金
      (1)2017年および2016年12月31日現在の借入金は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                  2017年12月31日
                    最低金利(%)         最高金利(%)          償却原価         公正価値
     ウォン建て借入金                  -         3.28           9,205,358         9,204,510
     外貨建て借入金                 0.05         5.50          11,971,452         11,997,609
     外貨建てオフショア借入金                 0.69         4.32           1,353,241         1,355,070
     要求払株式資本                  -         -          1,679,986         1,679,986
     その他                 0.01         5.30           4,556,273         4,556,108
                                          28,766,310         28,793,283
     現在価値割引差金                                      (72,297)
     繰延借入費用                                       (1,298)
                                          28,692,715
                                  2016年12月31日

                    最低金利(%)         最高金利(%)          償却原価         公正価値
     ウォン建て借入金                  -         3.65           7,224,531         7,232,050
     外貨建て借入金                  -         7.05          14,410,698         14,522,087
     外貨建てオフショア借入金                 0.19         4.32           1,996,352         2,001,034
     要求払株式資本                  -         -          1,673,842         1,673,842
     その他                 0.25         6.55           5,901,878         5,906,970
                                          31,207,301         31,335,983
     現在価値割引差金                                       (1,399)
     繰延借入費用                                       (2,539)
                                          31,203,363
      (2)2017年および2016年12月31日現在の繰延借入費用調整前のウォン建て借入金は以下のとおりである。(単位:百

     万ウォン)
                                            2017年        2016年
          貸手               区分           年利(%)       12 月31日       12 月31日
     韓国銀行              韓国銀行からの借入金                 0.50  ~0.75         871,314        915,418
     韓国企画財政部              政府基金からの借入金(*1)                 0.95  ~1.45         248,829        322,021
     中小企業銀行              IT産業振興基金からの借入金                 0.60  ~1.00          3,183        3,807
     中小企業振興公団              中小企業振興基金からの借入金                 0.70  ~3.24         104,161        132,852
     韓国文化体育観光部              観光振興基金からの借入金                 0.05  ~2.50       2,563,235        2,246,926
     韓国エネルギー管理公団              エネルギー合理的利用基金からの                 0.25  ~3.10         648,512        781,837
                  借入金
     地方政府              地方中小企業振興基金からの借入                 0.20  ~3.28         64,056        69,685
                  金
     その他              石油企業基金からの借入金                 0.00  ~3.15       4,702,068        2,751,985
                                             9,205,358        7,224,531
      (*1)政府基金からの借入は劣後特約付借入金である。

                                  68/254






                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (3)2017年および2016年12月31日現在の繰延借入費用調整前の外貨建て借入金およびオフショア借入金は以下のとお
     りである。(単位:百万ウォン)
                                              2017年        2016年
           貸手               区分           年利(%)        12 月31日       12 月31日
     国際協力銀行(以下「JBIC」と               JBICからの借入金                 1.73  ~2.16         154,063        194,165
     いう。)
     みずほ銀行ほか               外国基金からの借入金                3MLibor+0.25      ~     1,285,680        1,377,690
                                    3MLibor+0.78
     企画財政部               外貨建て外国為替平衡基金借入金                3MLibor+0.22      ~     1,809,558        2,902,757
                                    3MLibor+0.74
     ウズベキスタン共和国中央銀               オフショア短期借入金                 0.69  ~1.66        1,069,868        1,383,257
     行ほか
                                       -            -     36,255
                                              1,069,868        1,419,512
     HSBCほか               オフショア長期借入金                3MLibor+0.35      ~      214,280        483,400
                                    3MLibor+0.62
     JBIC               JBICからのオフショア借入金                 4.27  ~4.32         18,364        27,619
     その他               外貨建て短期借入金                 0.05  ~5.50        7,173,705        8,219,191
                   外貨建て長期借入金                 0.12  ~4.30        1,599,175        1,782,716
                                              13,324,693        16,407,050
                                  69/254














                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     20.債券
      (1)2017年および2016年12月31日現在の債券は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                    2017年12月31日
                         最低金利(%)        最高金利(%)         償却原価        公正価値
     ウォン建て債券:
      債券                    1.29        6.90        97,802,120        97,711,691
      債券発行差金(割引)                                      (259,028)
      債券発行差金(プレミアム)                                         203
      公正価値ヘッジ評価調整                                      (227,991)
                                           97,315,304
     外貨建て債券:
      債券                    0.16        8.20        12,997,100        12,663,817
      債券発行差金(割引)                                      (34,155)
      公正価値ヘッジ評価調整                                      (345,603)
                                           12,617,342
     オフショア債券:
      債券                     -       7.73        10,628,444        10,331,998
      債券発行差金(割引)                                      (24,660)
      公正価値ヘッジ評価調整                                      (308,425)
                                           10,295,359
                                          120,228,005        120,707,506
                                    2016年12月31日

                         最低金利(%)        最高金利(%)         償却原価        公正価値
     ウォン建て債券:
      債券                    1.27        7.16        96,843,958        97,728,110
      債券発行差金(割引)                                      (59,543)
      公正価値ヘッジ評価調整                                      (26,507)
                                           96,757,908
     外貨建て債券:
      債券                    0.04        8.20        15,084,899        14,902,677
      債券発行差金(割引)                                      (42,675)
      公正価値ヘッジ評価調整                                      (166,884)
                                           14,875,340
     オフショア債券:
      債券                    0.04        7.73        10,466,035        10,307,645
      債券発行差金(割引)                                      (23,165)
      公正価値ヘッジ評価調整                                      (186,006)
                                           10,256,864
                                          121,890,112        122,938,432
                                  70/254







                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     21.保険契約準備金
      2017年および2016年12月31日現在の保険種類別の保険契約準備金の内訳は以下のとおりである。(単位:百万ウォ
     ン)
                        種類        2017年12月31日           2016年12月31日
     保険料積立金               生存保険                4,892,633           4,566,124
                    死亡保険                5,146,633           4,633,008
                    養老保険                4,613,106           4,402,421
                    グループ保険                  32,371           32,158
                                    14,684,743           13,633,711
     未経過保険料積立金               生存保険                     1           2
                    死亡保険                    221           237
                    グループ保険                  1,870           2,804
                                       2,092           3,043
     支払備金               生存保険                 101,816            94,239
                    死亡保険                 293,714           300,350
                    養老保険                 406,593           321,448
                    グループ保険                  6,530           6,007
                                      808,653           722,044
     契約者配当準備金               生存保険                  32,758           26,858
                    死亡保険                  4,220           4,750
                    養老保険                  2,115           2,202
                    グループ保険                    15           26
                                      39,108           33,836
     超過契約者配当準備金                                 20,082           13,047
     保証給付準備金                                 32,160           28,299
                                    15,586,838           14,433,980
                                  71/254












                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     22.確定給付負債
      (1)2017年および2016年12月31日現在の確定給付負債の詳細は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                       2017年12月31日             2016年12月31日
     確定給付債務の現在価値                        1,229,449             1,201,376
     制度資産の公正価値(*1)                        (853,367)             (812,823)
     正味確定給付負債                         376,082             388,553
     その他の長期従業員給付に係る負
     債                         27,010             32,044
                             403,092             420,597
      (*1)制度資産は、國民銀行、三星生命保険等に信託している。

      (2)2017年および2016年12月31日に終了した年度の確定給付負債の増減は以下のとおりである。(単位:百万ウォ

     ン)
                                      2017年
                     確定給付債務の                             その他の長期従業員
                      現在価値        制度資産の公正価値           正味確定給付負債           給付に係る負債
     期首残高                     1,201,376          (812,823)            388,553          32,044
     現在勤務費用                      148,343             -       148,343             -
     過去勤務費用                        14          -          14          -
     支払(受取)利息                      24,441         (11,368)            13,073            -
     確定給付負債の再測定:
     人口統計学上の仮定                       650           -         650           -
     財務上の仮定                    (23,710)             -       (23,710)             -
     制度資産収益                        -       10,706          10,706            -
                          (23,060)           10,706         (12,354)             -
     制度からの支払金                     (91,462)           27,273         (64,189)             -
     制度への拠出金                         -      (47,702)          (47,702)             -
     その他                     (30,203)          (19,453)          (49,656)          (5,034)
     期末残高                     1,229,449          (853,367)            376,082          27,010
                                      2016年

                     確定給付債務の                             その他の長期従業員
                      現在価値        制度資産の公正価値           正味確定給付負債           給付に係る負債
     期首残高                     1,274,144          (843,674)            430,470          41,627
     現在勤務費用                      174,308             -       174,308             -
     過去勤務費用                        300           -         300           -
     支払(受取)利息                      32,648         (10,013)            22,635            -
     確定給付負債の再測定:
     人口統計学上の仮定                      5,568            -        5,568            -
     財務上の仮定                    (44,573)             -       (44,573)             -
     制度資産収益                        -      (14,463)          (14,463)             -
                          (39,005)          (14,463)          (53,468)             -
     制度からの支払金                     (172,245)           19,884         (152,361)              -
     制度への拠出金                         -      (61,543)          (61,543)             -
     その他                     (68,774)           96,986          28,212         (9,583)
     期末残高                     1,201,376          (812,823)            388,553          32,044
                                  72/254





                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (3)2017年および2016年12月31日現在の制度資産の公正価値の種類別内訳は以下のとおりである。(単位:百万ウォ
     ン)
                          2017年12月31日                  2016年12月31日
                       上場市場価格        非上場市場価格          上場市場価格        非上場市場価格
     持分証券                       4,511           -       2,562           -
     債務証券                       6,229           -      14,593           -
     預け金                      518,904         321,910         480,298         284,420
     その他                       1,813           -      30,950           -
                          531,457         321,910         528,403         284,420
      (4)2017年および2016年12月31日に終了した年度の損益に認識された確定給付費用は以下のとおりである。(単位:

     百万ウォン)
                                   2017年           2016年
     現在勤務費用                                 148,343           174,308
     過去勤務費用                                    14          300
     正味支払利息                                  13,073           22,635
                                      161,430           197,243
      (5)2017年および2016年12月31日現在の使用されている主な保険数理上の仮定は以下のとおりである。

                       2017年12月31日             2016年12月31日
     割引率(%)                   1.70  ~3.25           2.40  ~2.94
     将来昇給率(%)                   1.90  ~6.50           1.10  ~6.26
      (6)2017年12月31日現在の主な保険数理上の仮定の変更に伴う確定給付債務の現在価値感応度は以下のとおりであ

     る。
                               感応度
                        仮定から1%の上昇             仮定から1%の低下
     割引率                       9.44%の低下            11.20%の上昇
     将来昇給率                      10.72%の上昇             9.25%の低下
                                  73/254










                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     23.引当金
      (1)2017年および2016年12月31日に終了した年度の引当金の増減は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                    2017年
                  支払保証      未実行貸出       金融保証            原状回復      その他の
                  引当金     残高引当金       引当金     訴訟引当金        債務      引当金       合計
     期首残高              510,090       20,409      125,607      293,161       3,728     632,657     1,585,652
     引当金の繰入(戻入)              (10,312)       59,186      83,412      355,894       (615)      14,034      501,599
     当期引当金取崩                  -      -      -  (26,115)       (1,242)     (141,156)      (168,513)
     資産計上された復旧費                  -      -      -      -     466       -     466
     為替換算差額              (79,767)      (17,175)        6,526       (4)       -    (10)    (90,430)
     その他                  -      -  (78,753)       22,377       (264)    (84,868)      (141,508)
     期末残高              420,011       62,420      136,792      645,313       2,073     420,657     1,687,266
                                    2016年

                  支払保証      未実行貸出       金融保証            原状回復      その他の
                  引当金     残高引当金       引当金     訴訟引当金        債務      引当金       合計
     期首残高              515,275       56,521      225,677       92,271       3,969     457,500     1,351,213
     引当金の繰入(戻入)              (43,437)      (45,714)      (82,202)       204,764       (770)     170,176      202,817
     当期引当金取崩                  -      -      -  (17,861)        (95)   (166,631)      (184,587)
     資産計上された復旧費                  -      -      -      -     624       -     624
     為替換算差額               38,121       9,604      (175)      13,979         -     393    61,922
     その他                 131      (2)   (17,693)          8      -   171,219      153,663
     期末残高              510,090       20,409      125,607      293,161       3,728     632,657     1,585,652
     (2)支払保証引当金および金融保証引当金

      確認された引受および保証、無確認の引受および保証ならびに裏書手形は、連結財政状態計算書において認識されな
     いが、財政状態計算書から除外された項目として連結財務書類の注記に記載されている。当グループは、このような財
     政状態計算書から除外された項目に、信用リスク換算率(以下「CCF」という。)および引当率を適用して引当金を設定
     する。また、引受および保証に対する損失引当金として引当金を計上している。
      金融保証契約の場合、上記と同様の方法を用いて計算された金額が当初金額から認識された手数料償却額を控除した
     金額を上回る場合、その差額は金融保証引当金として計上される。
     (3)未実行貸出残高に対する引当金

      当グループは、引当率を適用した未実行貸出残高に対する引当金として、CCFを用いて計算した未使用の与信枠の一
     部に引当金を計上する。
     (4)訴訟による損失引当金

      2017年12月31日現在、当グループは、原告として286件の訴訟また被告として394件の訴訟に関わっている。原告およ
     び被告としての請求額の合計は、それぞれ1,519,756百万ウォンおよび1,500,004百万ウォンであった。当グループは、
     2017年12月31日現在、係属中の訴訟から発生する偶発債務に対して引当金を設定している。また、係属中の訴訟の最終
     判決次第で追加の損失が発生する可能性がある。
      DSMEの株式、社債およびコマーシャル・ペーパー購入した投資家の一部は、虚偽の監査報告書、事業報告書、証券登
     録、目論見書等によって判断を誤ったとして、DSMEおよび特定の監査法人等に損害賠償を求めて訴訟を提起した。これ
     らの訴訟は、当グループの被告としての訴訟に含まれる。
                                  74/254





                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      2017年および2016年12月31日現在、係属中の主な訴訟は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                 2017年12月31日
                      内容             金額           訴訟の状況
    原告:
    韓国貿易保険公社等             保証保険                      136,538    第1審の係属中。
    韓国信用保証基金             損害賠償請求                      60,100   第1審は当グループの敗
                                           訴。第2審の係属中。
    韓国貿易保険公社             短期輸出信用保険                      34,209   第1審は当グループの敗
                                           訴。第2審の係属中。
    現代建設およびその他2社             特別契約による決済額の返                      27,180   第1審は当グループの勝
                 還請求                          訴。第2審の係属中。
    京畿都市公社             投資の返還請求                      19,100   第1審および第2審は当グ
                                           ループの一部勝訴。第3審
                                           の係属中。
    慶尚南道河東郡             事前販売代金の返還請求                      123,284    第1審は当グループの一部
                                           勝訴。第2審の係属中。
    防衛事業庁             債務不履行請求                      100,708    第1審は当グループの一部
                                           勝訴。第2審の係属中。
    被告:
    ハンファ・ケミカル株式会             契約履行保証                      322,593    破棄差戻し。(*1)
    社
    新韓銀行およびその他1社             損害賠償請求                      58,474   第1審の係属中。
    防衛事業庁             保証債務請求                      56,977   第1審の係属中。
    東部建設             再生債権者表の無効請求                      33,997   第1審の係属中。
    KAMCO第8次合弁事業証券             販売支払額減損分の返還請                      13,898   第1審は当グループの一部
    化専門会社             求                          敗訴。第2審の係属中。
     (*1)当行および韓国資産管理公社(KAMCO)が保有していた大宇造船海洋の株式の売却について、当行、KAMCOおよびハ

       ンファ・コンソーシアムを代表するハンファ・ケミカル株式会社(ハンファ・ケミカル)は、2008年11月14日に覚
       書を交わしたが、かかる覚書はハンファ・ケミカルに起因する理由により取消無効となった。これに伴い、当行お
       よびKAMCOは、契約履行保証としてそれぞれ195十億ウォンおよび120十億ウォンをハンファ・ケミカルから受領し
       た。かかる契約履行保証に関連して、ハンファ・ケミカルは訴訟を提起したが、第1審および第2審は、かかる契
       約履行保証を覚書不履行に対する違約金とみなしたため、第1審および第2審では当行の勝訴となった。2016年7
       月14日、最高裁は、契約履行保証が損害を賠償するために提供されており、当行が契約履行保証の全額を受領する
       ことは不当であるとして、第1審および第2審と異なる判決を下し、当該訴訟を原裁判所に差し戻した。当報告期
       間後、かかる訴訟は2018年1月11日付で終了し、ハンファ・ケミカルの一部勝訴となった。かかる判決に従い、
       2017年12月31日現在、当行は、ハンファ・ケミカルに支払うべき金額を訴訟引当金に認識した。
                                  75/254









                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
                                 2016年12月31日

                      内容             金額           訴訟の状況
    原告:
    韓国土地住宅公社             債務不履行請求                      67,891   第1審は当グループの勝
                                           訴。第2審の係属中。
    韓国貿易保険公社             短期輸出信用保険                      46,394   第1審の係属中。
    現代建設およびその他2社             特別契約による決済額の返                      30,000   第1審の係属中。
                 還請求
    京畿都市公社             投資の返還請求                      19,100   第1審は当グループの一部
                                           勝訴。第2審の係属中。
    KBキャピタル・カンパ             損害賠償請求                      17,795   補足的参加。
    ニー・リミテッド
    被告:
    ハンファ・ケミカル株式会             契約履行保証                      322,593    破棄差戻し。
    社
    新韓銀行およびその他1社             損害賠償請求                      58,474   第1審の係属中。
    韓国土地住宅公社             株式交付および株式譲渡等                      52,030   第1審の係属中。
    KAMCO第8次合弁事業証券             販売支払額減損分の返還請                      36,333   第1審の係属中。
    化専門会社             求
    京畿都市公社             株式交付および株式譲渡等                      53,660   第1審は当行の敗訴。第2
                                           審の係属中。
    ドン・エクスプロレーショ             納期遅延による損失の仲裁                   920  百万米ドル      訴状提出。
    ン・アンド・プロダクショ
    ン社
      (5)その他の引当金

      当グループは、その他様々な目的のための準備金として、その他の引当金を計上している。
                                  76/254












                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     24.その他の負債
      2017年および2016年12月31日現在のその他の負債は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                       2017年12月31日             2016年12月31日
     未払金                        5,794,177             6,252,669
     未払費用                        2,570,418             2,506,164
     未決済為替借                         238,958             293,303
     信託勘定からの借入                        1,022,130              715,433
     前受金                        4,377,996             6,862,405
     受入保証金                         900,128             560,102
     支払債務                        1,228,370             1,144,605
     前受収益                         324,195             298,320
     源泉税預り金                         51,720             50,486
     未払外国為替                         77,245             15,311
     特別勘定負債                         832,518            1,265,656
     金融保証負債                         57,705             69,542
     保険契約者の持分調整                         45,230             62,222
     その他                         491,031             366,151
                            18,011,821             20,462,369
     現在価値割引差金                        (20,513)             (18,075)
                            17,991,308             20,444,294
      上記のその他の負債に含まれる金融負債の帳簿価額は、2017年および2016年12月31日現在でそれぞれ11,930,654百万

     ウォンおよび11,565,808百万ウォンであり、その公正価値は2017年および2016年12月31日現在でそれぞれ11,927,048百
     万ウォンおよび11,534,054百万ウォンであった。
     25.資本

     ( 1)  資本金
      当グループは、最大6,000百万株の普通株式の発行を授権されており、2017年および2016年12月31日現在、それぞれ
     3,587,619,768株および3,508,619,768株を発行済である。また、2017年および2016年12月31日現在の発行済株式の額面
     総額は、それぞれ17,938,099百万ウォンおよび17,543,099百万ウォンである。新株を発行したことにより、2017年12月
     31日に終了した年度の当グループの発行済株式総数および額面総額が増加した。
     (2)資本剰余金

      2017年および2016年12月31日現在の資本剰余金は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                       2017年12月31日             2016年12月31日
     株式払込剰余金                         63,133             65,079
     減資差益                         47,973             47,973
     関連会社の資本剰余金に対する持
     分                         121,146             121,146
     その他の資本剰余金                         826,122            1,002,468
                            1,058,374             1,236,666
                                  77/254






                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     (3)資本調整
      2017年および2016年12月31日現在の資本調整は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                       2017年12月31日             2016年12月31日
     関連会社の資本調整に対する持分                         220,605             220,606
     その他の資本調整                         103,991             (5,370)
                             324,596             215,236
     (4)その他の包括利益累計額

     (ⅰ)2017年および2016年12月31日現在のその他の包括損益累計額は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                        2017年12月31日            2016年12月31日
     売却可能金融資産評価益
     売却可能金融資産評価益(税引
     前)                         567,735            401,604
     税効果                        (146,794)            (102,866)
                              420,941            298,738
     関連会社のその他の包括利益に対す
     る持分
     関連会社のその他の包括利益に対
     する持分(税引前)                         607,597            479,477
     税効果                         15,266           (66,517)
                              622,863            412,960
     海外事業の為替換算差額
     海外事業の為替換算差額(税引
     前)                        (521,115)            (216,318)
     税効果                         165,639             93,060
                             (355,476)            (123,258)
     キャッシュ・フロー・ヘッジ評価損
     キャッシュ・フロー・ヘッジ評価
     損(税引前)                         (5,496)            (15,424)
     税効果                          1,287            3,478
                              (4,209)            (11,946)
     確定給付負債の再測定
     確定給付負債の再測定(税引前)                          8,894            9,239
     税効果                         (2,068)            (1,976)
                               6,826            7,263
     その他
     その他(税引前)                          1,288           (5,509)
     税効果                          2,314            4,292
                               3,602           (1,217)
                              694,547            582,540
                                  78/254







                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     (ⅱ)2017年および2016年12月31日に終了した年度のその他の包括利益累計額の増減は以下のとおりである。(単位:百
     万ウォン)
                                     2017年
                      2017年1月1日         増加(減少)          税効果      2017年12月31日
     売却可能金融資産評価益                      298,738        166,131       (43,928)         420,941
     関連会社のその他の包括利益に対す
     る持分                      412,960        128,120         81,783        622,863
     海外事業の為替換算差額                     (123,258)        (304,797)          72,579       (355,476)
     キャッシュ・フロー・ヘッジ評価損                     (11,946)          9,928       (2,191)         (4,209)
     確定給付負債の再測定                       7,263        (345)         (92)        6,826
     その他                      (1,217)         6,797       (1,978)          3,602
                          582,540         5,834       106,173         694,547
                                     2016年

                      2016年1月1日         増加(減少)          税効果      2016年12月31日
     売却可能金融資産評価益                      596,072       (416,331)         118,997         298,738
     関連会社のその他の包括利益に対す
     る持分                      478,538        (88,295)         22,717        412,960
     海外事業の為替換算差額                     (169,566)          60,149       (13,841)        (123,258)
     キャッシュ・フロー・ヘッジ評価損                     (16,843)          6,612       (1,715)        (11,946)
     確定給付負債の再測定                     (19,979)         35,770       (8,528)          7,263
     その他                       3,780       (7,478)         2,481        (1,217)
                          872,002       (409,573)         120,111         582,540
     (5)利益剰余金

      当グループは、韓国産業銀行法により、純利益の40%以上を利益準備金として積み立てなければならない。利益準備
     金は、資本金に組み入れるかまたは累積損失の補填に充てることができる。
      韓国産業銀行法に従って、当グループは、準備金を累積損失の補填に充てる。準備金が累積損失の補填に不十分な場
     合、韓国政府が不足分について責任を負う。
     (ⅰ)2017年および2016年12月31日現在の利益剰余金は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)

                           2017年12月31日             2016年12月31日
     利益準備金                                -        3,578,770
     任意準備金
     規制上の貸倒引当金(*1)                           1,308,500            1,370,828
     当期未処分利益                            8,518,595            4,384,085
                                9,827,095            9,333,683
     (*1)支配会社である当行は、銀行業務監督規則第29条(1)および(2)に従い、かかる金額を個別財務書類の規制上の貸倒

       引当金に認識した。
                                  79/254







                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (ⅱ)2017年および2016年12月31日に終了した年度の利益準備金の増減は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                             2017年             2016年
     期首残高                            3,578,770            5,473,906
     損失補填                           (3,578,770)            (1,895,136)
     期末残高                                -        3,578,770
     (ⅲ)2017年および2016年12月31日に終了した年度の当期未処分利益の増減は以下のとおりである。(単位:百万ウォ

     ン)
                             2017年            2016年
     期首残高                            4,384,085            2,501,427
     当期純利益(損失)                             493,412            (12,478)
     利益準備金からの振替(への積立)                            3,578,770            1,895,136
     規制上の貸倒引当金からの振替(への積
     立)                             72,134           (13,258)
     その他                             (9,806)             13,258
     期末残高                            8,518,595            4,384,085
     (6)規制上の貸倒引当金

      当グループは、銀行業監督規則第29条(1)および(2)に従い、規制上の貸倒引当金を積み立てなければならない。規制
     上の貸倒引当金の詳細は以下のとおりである。
     (ⅰ)2017年および2016年12月31日現在の規制上の貸倒引当金残高は、以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                           2017年12月31日            2016年12月31日
     期首残高                            1,347,622            1,419,756
     貸倒引当金繰入(戻入)予定額                             58,231           (72,134)
     期末残高                            1,405,853            1,347,622
     (ⅱ)2017年および2016年12月31日に終了した年度の規制上の貸倒引当金強制戻入(積立)額および規制上の貸倒引当金

     調整後の純利益(損失)は以下のとおりである。(単位:百万ウォン、1株当たり金額を除く。)
                             2017年            2016年
     当期純利益(損失)                             563,372          (2,061,645)
     規制上の貸倒引当金強制戻入(積立)額                            (58,231)             72,134
     規制上の貸倒引当金調整後純利益(損失)                             505,141          (1,989,511)
     規制上の貸倒引当金調整後1株当たり純利
     益(損失)(ウォン)                               143           (574)
                                  80/254









                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     26.純利息収益
      2017年および2016年12月31日に終了した年度の純利息収益は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                    2017年         2016年
     受取利息:
     預け金                                 78,220         77,875
     売買目的金融資産                                 62,602         65,939
     当期損益認識金融資産                                 15,251         8,412
     売却可能金融資産                                 600,827         822,700
     満期保有金融資産                                 151,892         56,153
     貸出債権                                4,845,029         4,746,588
                                     5,753,821         5,777,667
     支払利息:
     当期損益認識金融負債                                (68,190)         (73,259)
     預金                                (486,849)         (583,965)
     借入金                                (339,885)         (339,250)
     債券                               (2,604,631)         (2,737,517)
                                    (3,499,555)         (3,733,991)
                                     2,254,266         2,043,676
     27.純手数料収益

      2017年および2016年12月31日に終了した年度の純手数料収益は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                    2017年         2016年
     手数料収益:
     貸出手数料                                 152,002         176,032
     引受・投資顧問手数料                                 144,734         146,092
     仲介・代行委託手数料                                  7,340         7,906
     退職年金信託手数料                                 26,105         23,097
     資産運用手数料                                  2,326         2,332
     その他の手数料                                 190,719         209,147
                                      523,226         564,606
     手数料費用:
     仲介・代行委託手数料                                (12,982)         (14,446)
     その他の手数料                                (31,570)         (34,700)
                                      (44,552)         (49,146)
                                      478,674         515,460
     28.受取配当金

      2017年および2016年12月31日に終了した年度の受取配当金は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                    2017年         2016年
     売買目的金融資産                                   7,343         2,256
     売却可能金融資産                                  252,804         235,835
                                      260,147         238,091
                                  81/254






                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     29.売買目的金融資産による純損失
      2017年および2016年12月31日に終了した年度の売買目的金融資産に関連する純損失は以下のとおりである。(単位:
     百万ウォン)
                                    2017年         2016年
     売買目的金融資産による利益:
     償還益                                    1         3
     売却益                                 22,700         24,136
     評価益                                  2,781         1,590
                                       25,482         25,729
     売買目的金融資産による損失:
     償還損                                  (326)         (197)
     売却損                                (41,446)         (37,177)
     評価損                                (10,774)         (18,023)
     購入関連費用                                  (247)         (164)
                                      (52,793)         (55,561)
                                      (27,311)         (29,832)
     30.当期損益認識金融商品による純利益

      2017年および2016年12月31日に終了した年度の当期損益認識金融商品に関連する純利益は以下のとおりである。(単
     位:百万ウォン)
                                    2017年         2016年
     当期損益認識金融商品による利益:
     償還益                                  2,714         6,051
     売却益                                    -       1,268
     評価益                                 80,431         70,834
                                       83,145         78,153
     当期損益認識金融商品による損失:
     償還損                                  (353)         (370)
     売却損                                 (8,284)          (333)
     評価損                                 (1,056)         (2,697)
                                      (9,693)         (3,400)
                                       73,452         74,753
                                  82/254










                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     31.売却可能金融資産による純利益(損失)
      2017年および2016年12月31日に終了した年度の売却可能金融資産による純利益(損失)は以下のとおりである。(単
     位:百万ウォン)
                                    2017年         2016年
     売却可能金融資産による利益:
     償還益                                  9,650        39,724
     売却益                                 124,958         736,472
     減損損失戻入                                  2,297        13,390
                                      136,905         789,586
     売却可能金融資産による損失:
     償還損                                  (211)         (423)
     売却損                                (66,545)        (120,007)
     減損損失                                (225,227)         (312,006)
                                     (291,983)         (432,436)
                                     (155,078)          357,150
     32.満期保有金融資産による純利益

      2017年および2016年12月31日に終了した年度の満期保有金融資産による純利益は以下のとおりである。(単位:百万
     ウォン)
                                    2017年         2016年
     満期保有金融資産による利益:
     償還益                                   235          -
     売却益                                    36        100
                                        271         100
     満期保有金融資産による損失:
     売却損                                   (78)         (6)
                                        193         94
                                  83/254











                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     33.金融派生商品による純利益(損失)
      2017年および2016年12月31日に終了した年度の金融派生商品による純利益(損失)は以下のとおりである。(単位:
     百万ウォン)
                                   2017年         2016年
     売買目的金融派生商品による純利益:
     売買目的金融派生商品による利益:
      金利                               2,153,676         2,254,583
      通貨                               11,230,209         8,218,199
      株式                                 35,211         30,640
      コモディティ                                 6,774        48,627
      組込金融派生商品                                 51,288         32,319
      金融派生商品調整益                                 46,774        (33,636)
                                     13,523,932         10,550,732
     売買目的金融派生商品による損失:
      金利                              (2,156,725)         (2,281,245)
      通貨                              (10,933,361)         (7,917,747)
      株式                                (34,437)         (24,497)
      コモディティ                                (6,774)        (48,525)
      組込金融派生商品                                (45,794)        (163,812)
      金融派生商品調整損                                (11,027)         (35,073)
                                    (13,188,118)         (10,470,899)
                                      335,814         79,833
     ヘッジ目的金融派生商品による純利益(損失):
     ヘッジ目的金融派生商品による利益:
      金利                                 28,374         53,266
      通貨                               1,120,100         1,007,347
      金融派生商品調整益                                 5,671          884
                                     1,154,145         1,061,497
     ヘッジ目的金融派生商品による損失:
      金利                               (290,350)         (334,224)
      通貨                               (763,466)        (1,029,948)
      金融派生商品調整損                                 (372)         (333)
                                    (1,054,188)         (1,364,505)
                                       99,957       (303,008)
     公正価値ヘッジ対象に係る純利益:
     公正価値ヘッジ対象に係る利益:
      評価益                                618,299         488,529
      償還益                                171,505         41,373
                                      789,804         529,902
     公正価値ヘッジ対象に係る損失:
      評価損                                (26,521)        (181,464)
      償還損                               (140,965)         (62,435)
                                     (167,486)         (243,899)
                                      622,318         286,003
                                     1,058,089          62,828
      当グループは、キャッシュ・フロー・ヘッジに関連して、2017年および2016年12月31日に終了した年度に非有効部分

     として、それぞれ172百万ウォンの損失および12百万ウォンの利益を連結包括利益計算書に認識した。
                                  84/254





                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     34.為替取引による純損失
      2017年および2016年12月31日終了年度の為替取引純損失は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                    2017年         2016年
     為替取引純利益(損失):
     為替取引益                                1,158,787         1,245,203
     為替取引損                               (1,098,530)         (1,386,625)
                                       60,257       (141,422)
     為替換算純損失:
     為替換算益                                3,753,162         1,994,429
     為替換算損                               (4,568,198)         (2,024,800)
                                     (815,036)         (30,371)
                                     (754,779)         (171,793)
     35.その他純営業利益(費用)

      2017年および2016年12月31日に終了した年度のその他営業利益(費用)は以下のとおりである。(単位:百万ウォ
     ン)
                                    2017年         2016年
     その他営業利益:
     保険料収入                                3,264,990         3,453,549
     関連会社投資売却益                                 42,252       1,643,209
     貸出債権売却益                                 177,001         115,244
     株式償還要求にかかる利益                                 16,484         11,680
     引当金戻入                                 519,641         282,052
     バーゲン・パーチェスにかかる利益                                   219         103
     建設事業による収益                               11,794,957         11,353,277
     債券償還益                                   260         76
     その他                               11,205,726         12,603,148
                                     27,021,530         29,462,338
     その他営業費用:
     保険損失                               (3,929,972)         (4,110,791)
     関連会社投資売却損                                (170,270)         (204,991)
     貸出債権売却損                                (260,012)         (195,376)
     株式償還要求にかかる損失                                (124,033)          93,770
     その他の損失引当金繰入                               (1,284,492)         (1,733,148)
     建設事業費用                              (10,960,589)         (11,373,475)
     債券償還損                                  (138)         (666)
     その他                               (9,945,145)        (13,572,161)
                                    (26,674,651)         (31,096,838)
                                      346,879       (1,634,500)
                                  85/254







                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     36.一般管理費
      2017年および2016年12月31日に終了した年度の一般管理費は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                    2017年         2016年
     人件費:
     短期従業員給付                                 607,172         645,320
     確定給付費用                                 67,241         80,379
     確定拠出費用                                  3,804         3,831
                                      678,217         729,530
     減価償却費および償却費:
     有形固定資産減価償却費                                 44,567         48,445
     無形固定資産償却費                                 216,619         264,632
                                      261,186         313,077
     その他:
     従業員福利厚生費                                 86,104         85,807
     賃借料                                 71,960         69,882
     公租公課                                 110,290         53,848
     広告費                                 26,128         27,445
     その他                                 556,384         646,254
                                      850,866         883,236
                                     1,790,269         1,925,843
                                  86/254














                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     37.その他の営業外収益および費用
      2017年および2016年12月31日に終了した年度のその他の営業外収益および費用は以下のとおりである。(単位:百万
     ウォン)
                                    2017年         2016年
     その他の営業外収益:
     債務免除に係る利益(*1)                                1,425,562             -
     非金融機関からの受取利息                                 32,296         24,930
     売却目的資産処分益                                 24,771         11,932
     有形固定資産処分益                                  5,189        29,749
     有形固定資産減損損失戻入                                 69,403            -
     投資不動産処分益                                    -        403
     投資不動産にかかる賃借料収入                                  4,805         6,053
     無形固定資産処分益                                   197          -
     無形固定資産減損損失戻入                                   245          -
     その他                                 187,493         151,321
                                     1,749,961          224,388
     その他の営業外費用:
     非金融機関に対する支払利息                                (91,832)         (93,134)
     売却目的資産処分損                                 (2,472)        (57,301)
     有形固定資産処分損                                 (2,804)        (37,648)
     有形固定資産減損損失                                (509,947)         (203,958)
     投資不動産処分損                                    -       (94)
     投資不動産減損損失                                 (1,353)         (1,542)
     投資不動産減価償却費                                 (3,650)         (3,262)
     無形固定資産処分損                                   (84)        (668)
     無形固定資産減損損失                                (528,275)         (378,931)
     寄付金                                 (6,838)        (12,750)
     その他                                (97,665)        (217,142)
                                    (1,244,920)         (1,006,430)
                                      505,041        (782,042)
      (*1)当グループの子会社であるDSMEは、デット・エクイティ・スワップ、金融機関が保有する無担保債券、無担保無

        記名債券(第4-2回、第5-2回、第6-1回、第6-2回および第7回)およびコマーシャル・ペーパー(CP)の満期の
        延長および利率の変更を含む債務再編に合意した。かかる債務再編は、債権者金融機関の双方の合意、社債権者
        集会の決議および修正されたCP契約に基づいて合意された。したがって、当グループは、当グループの子会社で
        あるDSMEのデット・エクイティ・スワップおよび債務再編により、2017年12月31日に終了した年度のその他の営
        業外収益および費用において1,422,602百万ウォンの債務免除に係る利益を認識した。
                                  87/254








                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     38.法人税費用
      (1)2017年および2016年12月31日に終了した年度の法人税費用は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                    2017年         2016年
     当期法人税                                  459,815         400,462
     一時差異にかかる繰延法人税の増減                                  420,263         696,580
     資本に直接計上された繰延法人税                                  102,243         124,041
     法人税費用                                  982,321        1,221,083
     継続事業による法人税費用                                  982,321        1,118,404
     非継続事業による法人税費用                                     -      102,679
      (2)2017年および2016年12月31日に終了した年度の税引前利益(損失)および法人税費用は以下のとおりである。

     (単位:百万ウォン)
                               2017年               2016年
     税引前利益(損失)                               1,545,693              (1,238,005)
     制定税率を用いて算定された法人税                                374,059              (299,596)
     調整:
     損金不算入損失および非課税利益                               (40,179)               (70,315)
     未認識の繰延法人税効果                               344,558              1,989,197
     過年度の正味調整                               (50,019)                4,132
     連結調整                                63,387              862,138
     その他                               290,515             (1,367,152)
                                     608,262              1,418,000
     法人税費用                                982,321              1,118,404
     実効税率                                 63.55%                 -
                                  88/254












                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (3)2017年および2016年12月31日に終了した年度の資本に直接計上された繰延法人税の増減は以下のとおりである。
     (単位:百万ウォン)
                                     2017年
                        2017年12月31日              2017年1月1日
                            繰延税金資産              繰延税金資産       繰延税金資産
                       税引前      (負債)       税引前      (負債)      (負債)の増減
     売却可能金融資産にかかる利益                   567,735      (146,794)        399,336      (100,598)        (46,196)
     関連会社のその他の包括利益に対
     する持分                   607,597        15,266      479,477       (66,517)        81,783
     海外事業の為替換算差額                  (521,115)        165,639      (220,248)         96,990       68,649
     キャッシュ・フロー・ヘッジ評価
     損                   (5,496)        1,287     (15,424)         3,478      (2,191)
     確定給付負債の再測定                    8,894      (2,068)        9,239      (1,976)         (92)
     その他                    1,288       2,314      (3,241)        2,024        290
                        658,903        35,644      649,139       (66,599)        102,243
                                     2016年

                        2016年12月31日              2016年1月1日
                            繰延税金資産              繰延税金資産       繰延税金資産
                       税引前      (負債)       税引前      (負債)      (負債)の増減
     売却可能金融資産にかかる利益                   399,336      (100,598)        817,935      (221,863)        121,265
     関連会社のその他の包括利益に対
     する持分                   479,477       (66,517)       567,772       (89,235)        22,718
     海外事業の為替換算差額                  (220,248)         96,990     (276,467)        106,901       (9,911)
     キャッシュ・フロー・ヘッジ評価
     損                   (15,424)         3,478     (22,036)         5,193      (1,715)
     確定給付負債の再測定                    9,239      (1,976)      (26,531)         6,552      (8,528)
     その他                   (3,241)        2,024       1,969       1,811        213
                        649,139       (66,599)      1,062,642       (190,641)        124,042
                                  89/254











                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (4)2017年および2016年12月31日に終了した年度の一時差異および繰延税金資産(負債)の増減は以下のとおりであ
     る。(単位:百万ウォン)
                                    2017年
                                                繰延税金資産
                     2017年1月1日          増加/減少        2017年12月31日          (負債)
     認識繰延税金資産および負債によ
     る一時差異:
      金融派生商品                    242,305        (356,251)         (113,946)         (31,335)
      関連会社投資                  (8,179,959)          1,887,733        (6,292,226)        (2,440,218)
      売却可能金融資産                   (192,736)          33,790       (158,946)         (3,275)
      債務証券の減損損失                    284,615        (32,792)         251,823         69,251
      持分証券の減損損失                    803,178        (215,735)          587,443        157,144
      その他                   1,349,083        (1,268,224)            80,859       (434,488)
                       (5,693,514)            48,521      (5,644,993)        (2,682,921)
     未認識繰延税金資産および負債に
     よる一時差異:
      関連会社投資                   3,441,383          830,273        4,271,656            -
     繰延法人税による未処理累積欠
     損:
      未処理累積欠損                    153,492         472,168         625,660         90,995
                       (2,098,639)          1,350,962         (747,677)       (2,591,926)
                                    2016年

                                                繰延税金資産
                     2016年1月1日          増加/減少        2016年12月31日          (負債)
     認識繰延税金資産および負債によ
     る一時差異:
      金融派生商品                    464,907        (222,602)          242,305         58,638
      関連会社投資                 (11,518,273)          3,338,314        (8,179,959)        (2,579,495)
      売却可能金融資産                   (133,521)         (59,215)        (192,736)         (11,059)
      債務証券の減損損失                    611,089        (326,474)          284,615         68,877
      持分証券の減損損失                    951,296        (148,118)          803,178        176,072
      その他                   3,135,886        (1,786,803)          1,349,083          78,160
                       (6,488,616)           795,102       (5,693,514)        (2,208,808)
     未認識繰延税金資産および負債に
     よる一時差異:
      関連会社投資                    564,390        2,876,993         3,441,383            -
     繰延法人税による未処理累積欠
     損:
      未処理累積欠損                       -      153,492         153,492         37,145
                       (5,924,226)          3,825,587        (2,098,639)        (2,171,663)
      非継続事業に関連する繰延税金資産は、2016年には96,133百万ウォン減少した。

      (5)繰延税金資産および負債は、関連する当期税金負債および資産を相殺する法的に強制力のある権利が存在し、繰

     延税金資産および負債が同一の税務当局によって課された法人税に関連し、かつ当期税金負債および資産を純額ベース
     で決済する意図を有している場合にのみ、相殺される。
                                  90/254





                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     39.1株当たり利益(損失)
      (1)基本的1株当たり利益
      2017年および2016年12月31日に終了した年度の当グループの基本的1株当たり利益(損失)の計算は以下のとおりで
     ある。(単位:ウォンおよび株)
      (ⅰ)基本的1株当たり利益(損失)
                                    2017年           2016年
     当期純利益(損失)(ウォン)                               563,372,196,477         (2,061,645,488,249)
     非支配持分に帰属する純利益(損失)(ウォン)                               69,959,746,922        (2,049,167,087,859)
     親会社の普通株主に帰属する純利益(損失)(A)(ウォ
     ン)                               493,412,449,555          (12,478,400,390)
      継続事業による純利益(損失)(ウォン)                              493,412,449,555          (413,482,368,940)
      非継続事業による純利益(ウォン)                                     -   401,003,968,550
     社外流通普通株式の加重平均株式数(B)                                3,543,630,727           3,464,257,965
     基本的1株当たり利益(損失)(A/B)(ウォン)                                     139           (4)
     継続事業:
     基本的および希薄化後1株当たり利益(損失)(ウォン)                                     139          (119)
     非継続事業:
     基本的および希薄化後1株当たり利益(ウォン)                                      -          116
      (ⅱ)社外流通普通株式の加重平均株式数

                                   2017年
                     普通株式数              日数           株式累計数
    期首社外流通普通株式数
    ( A)                  3,508,619,768                  365      1,280,646,215,320
    払込資本金の増加(B)                    50,000,000                 222       11,100,000,000
    払込資本金の増加(C)                    16,000,000                 96       1,536,000,000
    払込資本金の増加(D)                    13,000,000                 11        143,000,000
    株式累計数
    (E=A+B+C+D)                                          1,293,425,215,320
    社外流通普通株式の加重平
    均株式数(E/365)                                            3,543,630,727
                                   2016年

                     普通株式数              日数           株式累計数
    期首社外流通普通株式数
    ( A)                  3,447,079,768                  366      1,261,631,195,088
    払込資本金の増加(B)                    10,000,000                 156        1,560,000,000
    払込資本金の増加(C)                    49,540,000                 93       4,607,220,000
    払込資本金の増加(D)                     2,000,000                 60        120,000,000
    株式累計数
    (E=A+B+C+D)                                          1,267,918,415,088
    社外流通普通株式の加重平
    均株式数(E/366)                                            3,464,257,965
      (2)希薄化後1株当たり利益

      潜在的希薄化株式がないため、2017年および2016年12月31日に終了した年度の希薄化後および基本的1株当たり利益
     (損失)は等しい。
                                  91/254





                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     40.担保提供資産
      2017年および2016年12月31日現在の当グループが担保として差し入れた資産は以下のとおりである。(単位:百万
     ウォン)
                          2017年12月31日                  2016年12月31日
                      担保提供資産         関連する負債         担保提供資産         関連する負債
     現金および預け金(*1)                      97,194         95,524         229,759         228,691
     売却可能金融資産(*2)                    9,793,642         9,659,978         7,404,574         7,097,121
     その他(*3)                    6,229,335         3,985,507         6,850,292         3,414,403
                        16,120,171         13,741,009         14,484,625         10,740,215
      (*1)入札保証金等に対する担保として差し入れられた。

      (*2)買戻契約に基づく売却債券、韓国銀行貸出債権および当座借越に対する担保として差し入れられた。
      (*3)有形固定資産等は、借入金および新事業に対する担保として差し入れられた。
     41.保証およびコミットメント

      2017年および2016年12月31日現在の保証およびコミットメントは以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                            2017年12月31日              2016年12月31日
     確認引受および保証:
      外貨建て引受                             413,812              662,686
      債券発行に係る保証                            1,817,983              1,727,380
      貸出債権に係る保証                             664,148              899,924
      海外貸出債権に係る引受                                -             200
      保証状                              37,105              46,430
      転貸債務に係る保証                              28,272              46,719
      その他                            4,316,920              5,744,515
                                  7,278,240              9,127,854
     無確認引受および保証:
      信用状                            1,981,439              2,202,525
      その他                             598,746              754,385
                                  2,580,185              2,956,910
     コミットメント:
      貸出債権のコミットメント                            4,457,877              4,892,786
      有価証券購入コミットメント                            2,121,277              2,038,545
      その他                             160,197              169,171
                                  6,739,351              7,100,502
     裏書手形:
      遡及権付                              3,028              1,475
                                  16,600,804              19,186,741
                                  92/254







                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     42.リース
      (1)ファイナンス・リース
      2017年および2016年12月31日現在の貸し手としての当グループのファイナンス・リース債権の内訳は以下のとおりで
     ある。(単位:百万ウォン)
                                  2017年12月31日
                       ウォン建てファイナン           外貨建てファイナン
                        ス・リース債権          ス・リース債権            合計
     1年以内                         395,292          35,104         430,396
     1年超5年以内                         691,444          49,822         741,266
     リース投資未回収総額                        1,086,736           84,926        1,171,662
     前受金融収益                        (119,432)            (100)        (119,532)
     正味リース投資未回収額(*1)                         967,304          84,826        1,052,130
     貸倒引当金                        (11,436)           (659)        (12,095)
     当期損益に認識された変動リース料                           207           -         207
                                  2016年12月31日

                       ウォン建てファイナン           外貨建てファイナン
                        ス・リース債権          ス・リース債権            合計
     1年以内                         354,504          38,363         392,867
     1年超5年以内                         621,071          63,395         684,466
     リース投資未回収総額                         975,575          101,758         1,077,333
     前受金融収益                        (110,231)            (609)        (110,840)
     正味リース投資未回収額(*1)                         865,344          101,149          966,493
     貸倒引当金                         (8,526)          (1,023)          (9,549)
     当期損益に認識された変動リース料                          (28)           -        (28)
     (*1)ファイナンス・リース債権は、連結財政状態計算書の貸出債権に含まれている。

      (2)オペーレティング・リース

      2017年および2016年12月31日現在の解約不能のオペレーティング・リースに基づく将来最低リース料支払額は以下の
     とおりである。(単位:百万ウォン)
                               2017年12月31日            2016年12月31日
     1年以内                                 17,365            61,612
     1年超5年以内                                 7,153            38,732
                                     24,518            100,344
     当期損益に認識された変動リース料                                  (95)            (96)
      (3)解約可能リース

      2017年および2016年12月31日現在の解約可能リースは以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                               2017年12月31日            2016年12月31日
     取得原価                                 3,009            3,333
                                  93/254






                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (4)リース資産に係る前払金
      2017年および2016年12月31日現在のリース期間の開始前に当グループが締結した新たなリースに関して支払われた元
     本金額は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                               2017年12月31日            2016年12月31日
     リース資産に係る前払金                                 12,774             9,394
     貸倒引当金                                  (96)            (29)
                                     12,678             9,365
      (5)リース保証金

      2017年および2016年12月31日現在の当グループが借り手から受領した差入担保金は以下のとおりである。(単位:百
     万ウォン)
                               2017年12月31日            2016年12月31日
     リース保証金                                276,044            285,220
     43.取引日損益

      2017年および2016年12月31日に終了した年度の繰延取引日損益の増減は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                 2017年              2016年
     期首残高                                  1,155              2,560
     新規繰延                                  5,796               124
     償却                                  (259)              1,891
     その他(取引終了等)                                 (1,154)              (3,420)
     期末残高                                  5,538              1,155
     繰延取引日損益は、公正価値ヒエラルキーのレベル3に分類される金融派生商品から発生したものである。

     44.信託勘定

     ( 1)2017年および2016年12月31日現在の信託勘定は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                               2017年12月31日              2016年12月31日
     未収信託管理手数料                                  9,023              6,112
     預託金                                  13,625              44,702
     信託勘定からの借入金                                 981,648              592,089
     未払預託金利息                                  1,383              3,075
     ( 2)2017年および2016年12月31日に終了した年度の信託勘定取引は以下のとおりである。(単位:百万ウォン)

                                 2017年              2016年
     信託勘定手数料                                  25,229              23,538
     預託金にかかる支払利息                                    984             5,435
     信託勘定からの借入金にかかる支払利息                                  12,787              11,962
                                  94/254






                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     45.関連当事者取引
      (1)2017年12月31日現在の当グループの関連当事者は以下のとおりである。
               区分                         会社名
     関連会社                       韓国電力公社、韓国観光公社、韓国鑑定院、韓国海上保証保
                           険、GMコリア・カンパニー、現代商船およびその他68社、コ
                           リア・インフラストラクチャー・ファンド第2号、トロイ
                           カ・リソーシズ・インベストメント・プライベート・エクイ
                           ティ・ファンドおよびその他70ファンド、KoFC-KVICジョブ・
                           クリエーション・ファンド第2号およびその他89ファンド
     その他                       主要管理運営者
      (2)2017年および2016年12月31日現在の関連当事者との重要な勘定の残高は以下のとおりである。(単位:百万ウォ

     ン)
                            勘定           2017年12月31日           2016年12月31日
    関連会社:
     韓国電力公社               有価証券                        59,643           171,575
                     貸出債権                        134,792           125,666
                     貸倒引当金                         (27)           (42)
                     金融派生商品資産                        39,790            2,856
                     その他の資産                          122           288
                     預金                        497,312           137,016
                     借入金                        15,129           55,899
                     金融派生商品負債                          290          23,595
                     その他の負債                          282           687
                     その他の引当金                           8           8
     東部製鉄               貸出債権                       1,046,630           1,107,516
                     貸倒引当金                       (229,291)           (149,986)
                     その他の資産                           -           5
                     預金                        43,035           31,174
                     その他の負債                          62           189
                     その他の引当金                        12,183           16,001
     現代商船               貸出債権                        584,021           571,037
                     貸倒引当金                       (175,062)           (210,948)
                     預金                        200,000           412,510
                     その他の負債                          144           164
     その他               有価証券                          186          4,813
                     貸出債権                       1,185,523           1,633,822
                     貸倒引当金                       (746,685)           (280,151)
                     金融派生商品資産                           -         7,857
                     その他の資産                        150,011            10,965
                     預金                        721,013           837,914
                     金融派生商品負債                           -         13,051
                     その他の負債                         2,222           1,767
                     その他の引当金                        123,661            81,251
                                  95/254






                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (3)2017年および2016年12月31日に終了した年度の関連当事者との取引による重要な損益は以下のとおりである。
     (単位:百万ウォン)
                            勘定             2017年           2016年
    関連会社:
     韓国電力公社               受取利息                         4,476           8,403
                     貸倒引当金戻入                          14            -
                     手数料収益、その他の収益                        56,944            5,958
                     支払利息                        (2,002)           (1,820)
                     貸倒引当金繰入                           -          (8)
                     その他の営業費用                        (6,672)           (13,745)
     韓国航空宇宙産業(*1)               受取利息                           -         1,857
                     手数料収益、その他の収益                           -        421,394
                     支払利息                           -          (22)
                     その他の営業費用                           -         (625)
     東部製鉄               受取利息                        77,899           85,291
                     手数料収益、その他の収益                         7,327           4,013
                     支払利息                         (155)           (177)
                     貸倒引当金繰入                       (79,254)           (69,689)
                     その他の営業費用                           -        (7,361)
     現代商船               受取利息                        111,431            25,299
                     貸倒引当金戻入                        35,886              -
                     手数料収益、その他の収益                        29,467            6,870
                     支払利息                        (3,277)           (1,781)
                     貸倒引当金繰入                           -        (72,924)
                     その他の営業費用                       (23,790)           (136,163)
     その他               受取利息                        23,738           61,720
                     手数料収益、その他の収益                        169,112            92,860
                     支払利息                        (4,812)           (5,715)
                     貸倒引当金繰入                       (29,471)           (40,869)
                     その他の営業費用                           -        (23,669)
                                            366,861           339,097
     (*1)韓国航空宇宙産業は、2016年12月31日に終了した年度に重要な影響力を喪失したため、当グループの関連当事者か
       ら除外された。
      (4)2017年および2016年12月31日に現在の関連当事者に対する保証およびコミットメントの内訳は以下のとおりであ

     る。(単位:百万ウォン)
                            勘定           2017年12月31日           2016年12月31日
    関連会社:
     東部製鉄               確認引受および保証                        140,759           166,664
                     無確認引受および保証                        24,696           50,965
     その他               確認引受および保証                        176,062           361,259
                     無確認引受および保証                        90,741           129,077
                     貸出債権のコミットメント                         8,243          258,519
                                            440,501           966,484
      (5)2017年および2016年12月31日に終了した年度の主要管理運営者に対する報酬の内訳は以下のとおりである。(単

     位:百万ウォン)
                                 2017年              2016年
     短期従業員給付                                   4,014              5,229
     退職後給付                                    416              417
                                       4,430              5,646
                                  96/254



                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     46.  その他の事業体への関与の開示
      (1)連結している組成された事業体への財務的支援に対するコミットメント
      連結している組成された事業体に対する貸出債権に係る当グループのコミットメントは以下のとおりである。(単
     位:百万ウォン)
                                  2017年12月31日           2016年12月31日
     関連会社:
     U-BEST第三証券化専門会社(*1)                                      -         95,900
     U-BEST第四証券化専門会社(*1)                                   80,000              -
     K-Five第四証券化専門会社(*1)                                      -        200,000
     K-Five第五証券化専門会社(*1)                                   100,000           100,000
     K-Five第六証券化専門会社(*1)                                   40,000              -
     Sinokor    SF第1号(*1)
                                        43,400           43,400
     KDB未来成長ABCP第一株式会社              (*1)
                                        52,100              -
     KoFC-KDBCパイオニア・チャンプ2010-4ベンチャー・イン
     ベストメント・ファンド(*2)                                      -         2,500
     KDBC   IPインベストメント・ファンド(*2)
                                        3,000           3,000
     KDBCフード・インダストリー・インベストメント・ファン
     ド第1号(*2)                                    1,280           1,280
                                       319,780           446,080
      (*1)当グループは、連結している組成された事業体への貸出債権に係るコミットメントを有している。当該コミット

        メントに従い、当グループは、子会社が十分な運転資金を有していない場合に、当該子会社に対する貸出債権を
        保証する。
      (*2)KDBキャピタル・コーポレーションは、無限責任会社として、一部のファンドに対して損失補償に係るコミット
        メントを有している。
      (2)非連結の組成された事業体への関与の内容および程度

      2017年および2016年12月31日現在の非連結の組成された事業体の内訳は以下のとおりである。
            種類              特徴および事業目的                   資金調達方法
    投資ファンドおよび投資信託(*1)                 投資および分配                 持分投資およびファンド運用ほか
    不動産ファイナンス(*2)                 不動産開発およびインフラ投資ほか                 持分投資および信用補強ほか
    資産担保証券化                 原資産の証券化                 動産・債権担保融資およびアセッ
                                       ト・バック・コマーシャル・ペー
                                       パーの発行ほか
    船舶および買収ファイナンス                 企業または船舶取得のための資金提                 持分投資およびファンド運用ほか
                     供
      (*1)プライベート・エクイティ・ファンド、投資会社、受益証券ほか。

      (*2)特別目的会社、プライベート・ファンド、社会資本ほか。
                                  97/254







                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (3)関連するリスクの性質
      2017年および2016年12月31日現在の非連結の組成された事業体の帳簿価額および当該事業体への関与からの損失に対
     する最大エクスポージャーは以下のとおりである。(単位:百万ウォン)
                                  2017年12月31日
               投資ファンド         不動産
                                      船舶および買収
              および投資信託        ファイナンス       資産担保証券化        ファイナンス         その他        合計
     資産:
      有価証券           4,424,689         20,637        51,576        4,660       314,932       4,816,494
      貸出債権            813,619       4,352,301        1,489,258        3,983,990        4,423,958       15,063,126
      金融派生商品                -        -        -     14,113        13,502        27,615
      その他             6,817        4,539        5,357       14,397        16,185        47,295
                 5,245,125        4,377,477        1,546,191        4,017,160        4,768,577       19,954,530
     負債:
      引当金                -       19       623        621        68      1,331
      金融保証                -        -     19,431        1,401          -     20,832
      金融派生商品                -       47      10,942        1,200          -     12,189
      その他              991        48        -        -        -      1,039
                    991        114      30,996        3,222         68      35,391
     与信枠の供与および
     その他のコミットメ
     ント              201,837        311,179       2,024,291        1,101,648         92,638      3,731,593
     損失に対する最大エ
     クスポージャー(*1)             5,446,962        4,688,656        3,570,482        5,118,808        4,861,215       23,686,123
                                  2016年12月31日

               投資ファンド         不動産
                                      船舶および買収
              および投資信託        ファイナンス       資産担保証券化        ファイナンス         その他        合計
     資産:
      有価証券           7,619,615         359,672        48,614          -      7,000      8,034,901
      貸出債権            861,650       7,786,668        1,556,757        3,578,849        2,503,717       16,287,641
      金融派生商品                -      9,726       17,205        10,331        17,542        54,804
      その他             7,024       66,532        6,517        5,563        8,286       93,922
                 8,488,289        8,222,598        1,629,093        3,594,743        2,536,545       24,471,268
     負債:
      引当金                -       95      2,136         12        3      2,246
      金融保証                -        -     20,533          -      1,605       22,138
      金融派生商品                -      2,665          -      5,570          -      8,235
      その他             1,299         71        -        -        -      1,370
                   1,299        2,831       22,669        5,582        1,608       33,989
     与信枠の供与および
     その他のコミットメ
     ント                 -     98,502      2,423,899          3,904      1,284,726        3,811,031
     損失に対する最大エ
     クスポージャー(*1)             8,488,289        8,321,100        4,052,992        3,598,647        3,821,271       28,282,299
      (*)損失に対する最大エクスポージャーは、関連する資産(有価証券減損損失、貸倒引当金等の調整後)、与信供与

        およびその他のコミットメントを集約することで計算される。
                                  98/254





                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (4)重要な非支配持分
      2017年および2016年12月31日現在の重要な非支配持分の内訳および財務情報の概要は以下のとおりである。(単位:
     百万ウォン)
      -非支配持分
                                  2017年12月31日
                             非支配持分に係る                  非支配持分に対す
                    非支配持分比率         純利益(損失)          非支配持分          る配当
     大宇建設                    48.66%         69,264       1,459,461             -
     大宇造船海洋                    43.99%        (28,584)        2,222,369          15,007
                                  2016年12月31日

                             非支配持分に係る                  非支配持分に対す
                    非支配持分比率           純損失        非支配持分          る配当
     大宇建設                    48.66%       (457,708)         1,415,306             -
     大宇造船海洋                    20.96%      (1,439,784)           191,215            -
      -財務情報の概要

                                  2017  年12月31日
                                            営業活動      投資活動      財務活動
                                            による      による      による
                                      包括利益
                                           キャッシュ・      キャッシュ・      キャッシュ・
                資産      負債     営業収益     当期純利益       合計     フロー      フロー      フロー
     大宇建設           8,776,332      6,498,263     11,766,840       258,937      210,982      337,413      84,899    (721,127)
     大宇造船海洋           11,446,753      8,456,091     11,101,818       621,492      527,133    (1,019,899)        22,724     987,889
                                  2016  年12月31日

                                            営業活動      投資活動      財務活動
                                            による      による      による
                                      包括損失
                                           キャッシュ・      キャッシュ・      キャッシュ・
                資産      負債     営業収益     当期純損失       合計     フロー      フロー      フロー
     大宇建設           9,970,246      7,900,336     11,105,930      (735,846)      (703,921)       358,834     (261,757)       174,459
     大宇造船海洋           15,064,830      14,405,452      13,839,819     (2,734,139)      (2,709,492)       (531,007)      (282,684)      (200,882)
                                  99/254










                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     47 . キャッシュ・フロー計算書
      (1)2017年および2016年12月31日現在の連結キャッシュ・フロー計算書の現金および現金同等物は以下のとおりであ
     る。(単位:百万ウォン)
                               2017年12月31日              2016年12月31日
     現金および預け金:
     現金および外貨                                 516,380              804,988
     ウォン建て預け金                                4,476,964              3,113,760
     外貨建て/オフショア預け金                                3,242,142              5,252,455
                                     8,235,486              9,171,203
     控除:制限付預け金ほか                               (2,583,506)              (2,045,535)
     加算:満期が取得日から3ヶ月以内の金融商品
     売買目的金融資産:
     国公債                                 444,643               20,083
     貸出債権:
     コールローン                                4,087,060              4,772,401
     銀行間貸出債権                                 151,307              355,461
                                     4,238,367              5,127,862
                                     4,683,010              5,147,945
     現金および現金同等物                                10,334,990              12,273,613
      (2)2017年および2016年12月31日に終了した年度のキャッシュ・フローに関連のない重要な取引は以下のとおりであ

     る。(単位:百万ウォン)
                                 2017年              2016年
     償却による貸出債権の減少                                 121,480             1,504,699
     デット・エクイティ・スワップによる売却可能金
     融資産の増加                                  80,879              67,907
     有価証券の評価によるその他の包括利益累計額の
     増加(減少)                                (166,131)               554,321
     売却可能金融資産の関連会社投資への振替                                  18,318                 -
     売却可能金融資産の満期保有金融資産への振替                                    -          4,171,297
     関連会社投資の売却可能金融資産への振替                                  6,638             241,027
     現物出資による売却可能金融資産の増加                                 250,000                 -
     関連会社投資の売却目的資産への振替                                 113,796                 -
     借入金および債券の株式化による非支配持分の増
     加                                 527,621                 -
     借入金のハイブリッド債券への転換による非支配
     持分の増加                                1,284,775                  -
     48.  金融商品の振替

      2017年および2016年12月31日現在の、認識中止に適格ではない買戻契約に関連する金融資産および負債の詳細は以下
     のとおりである。(単位:百万ウォン)
                          2017年12月31日                  2016年12月31日
                     振替資産の帳簿価         関連負債の帳簿価         振替資産の帳簿価         関連負債の帳簿価
     取引の性質                    額         額         額         額
     買戻契約                    4,662,825         3,522,261         2,718,730         1,505,263
                                100/254






                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
     49.金融資産および負債の公正価値
      当グループは、金融商品の公正価値を以下の3つのレベルに分類し、開示している。
      - レベル1:活発な市場から市場価格が測定される金融商品は公正価値レベル1に分類される。
      - レベル2:すべての重要なインプットが観察可能な市場データである場合に、評価技法を用いて測定される金融商
       品はレベル2に分類される。
      -レベル3:1つ以上の重要なインプットが観察可能な市場データに基づかない場合に、評価技法を用いて測定され
       る金融商品はレベル3に分類される。
      (1)公正価値で測定される金融商品の公正価値ヒエラルキー

      (ⅰ)2017年および2016年12月31日現在の公正価値で測定される金融商品の公正価値ヒエラルキーは以下のとおりであ
     る。(単位:百万ウォン)
                                  2017年12月31日
                       レベル1         レベル2         レベル3         合計
     金融資産:
      売買目的金融資産                    605,540        1,299,109            -    1,904,649
      当期損益認識金融資産                       -         -     120,019        120,019
      売却可能金融資産                   4,311,470        20,140,294        15,142,162        39,593,926
      金融派生商品資産                      372      6,224,595         157,612       6,382,579
                        4,917,382        27,663,998        15,419,793        48,001,173
     金融負債:
      当期損益認識金融負債                       -     1,583,713          42,472       1,626,185
      金融派生商品負債                     1,497       5,808,766          13,728       5,823,991
                          1,497       7,392,479          56,200       7,450,176
                                  2016年12月31日

                       レベル1         レベル2         レベル3         合計
     金融資産:
      売買目的金融資産                   1,115,354         1,305,478            -    2,420,832
      当期損益認識金融資産                       -         -     341,303        341,303
      売却可能金融資産                   6,231,205        24,600,192        12,979,229        43,810,626
      金融派生商品資産                      104      6,286,836         174,186       6,461,126
                        7,346,663        32,192,506        13,494,718        53,033,887
     金融負債:
      当期損益認識金融負債                       -     1,893,077            -    1,893,077
      金融派生商品負債                     1,265       6,714,313          66,976       6,782,554
                          1,265       8,607,390          66,976       8,675,631
                                101/254








                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (ⅱ)2017年および2016年12月31日に終了した年度のレベル3の金融商品の公正価値の増減は以下のとおりである。
     (単位:百万ウォン)
                                      2017  年
                  2017  年         その他の      取得/      売却/    子会社の取得             2017  年
                                             または処分
                  1月1日       損益    包括損失      発行      決済           その他     12 月31日
     金融資産:
      当期損益認識金融資産              341,303       (516)       -   100,000     (318,231)         -   (2,537)      120,019
      売却可能金融資産            12,979,229       (95,864)     179,105     2,670,470      (487,140)      (72,907)      (30,731)     15,142,162
      金融派生商品資産              174,186     (10,902)        -    28,544     (33,771)         -    (445)     157,612
                  13,494,718      (107,282)      179,105     2,799,014      (839,142)      (72,907)      (33,713)     15,419,793
     金融負債:
      当期損益認識金融負債                -    42,472       -      -      -      -      -    42,472
      金融派生商品負債              66,976     (16,420)        -   (16,489)      (5,329)        -   (15,010)       13,728
                    66,976      26,052       -   (16,489)      (5,329)        -   (15,010)       56,200
                                     2016  年

                   2016  年          その他の       取得/       売却/            2016  年
                  1月1日       損益     包括損失       発行       決済      その他      12 月31日
     金融資産:
      当期損益認識金融資産               430,007      10,474        -    185,000      (284,853)        675     341,303
      売却可能金融資産             12,167,958      (162,359)      (50,394)      1,913,987       (919,438)       29,475     12,979,229
      金融派生商品資産               117,160     (143,465)         -    286,743      (50,479)      (35,773)       174,186
                   12,715,125      (295,350)      (50,394)      2,385,730      (1,254,770)       (5,623)     13,494,718
     金融負債:
      当期損益認識金融負債               3,179       -      -       -    (3,179)        -       -
      金融派生商品負債               111,997      44,172        -    31,942      (4,363)     (116,772)        66,976
                    115,176      44,172        -    31,942      (7,542)     (116,772)        66,976
                                102/254












                                                           EDINET提出書類
                                                         韓国産業銀行(E06009)
                                                            有価証券報告書
      (ⅲ)2017年および2016年12月31日現在の公正価値で測定される金融商品の公正価値ヒエラルキーのレベル2に分類さ
     れる公正価値測定に用いられる評価技法およびインプットの詳細は以下のとおりである。
                         評価技法              インプット
     売買目的金融資産:
      持分証券                  純資産価値法                原資産価格
      債務証券               割引キャッシュ・フロー法                    割引率
     売却可能金融資産:

      持分証券                  純資産価値法                原資産価格
      債務証券               割引キャッシュ・フロー法                    割引率
     金融派生商品:

      金利スワップ              割引キャッシュ・フロー法、                 割引率、為替レート、
                   ブラック・ショールズ・モデル、                   ボラティリティ、
      通貨先渡および通貨スワッ
                   修正ブラック・モデル、数式モデル                   コモディティ指数等
       プ
      通貨オプション
      コモディティ・オプション
     当期損益認識金融負債:

      債券               割引キャッシュ・フロー法                    割引率
      (ⅳ)2017年および2016年12月31日現在の公正価値で測定される金融商品の公正価値ヒエラルキーのレベル3に分類さ

     れる公正価値測定に用いられる観察不能なインプットに関する評価技法および定量的情報の内訳は以下のとおりであ
     る。
                           評価技法               観察不能なインプット
     当期損益認識金融資産:
      金融派生商品連動証券                ブラック・ショールズ・モデル、                 ボラティリティ、相関係数、割引率、
                     モンテカルロ・シミュレーション、                      為替レート変動率
                     ツリー法、ハル・ホワイト・モデル
     売却可能金融資産:

      持分証券                 割引キャッシュ・フロー法、                割引率、成長率、清算価値の増加率、
                      リスク調整割引率法、相対価値法                  賃貸キャッシュ・フロー割引率、
                                          不動産処分価格増加率、
  &nb