株式会社エフ・ジェー・ネクスト 有価証券報告書 第38期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第38期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社エフ・ジェー・ネクスト

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年6月22日
                          第38期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
      【事業年度】
      【会社名】                    株式会社エフ・ジェー・ネクスト
                          FJ  NEXT   CO.,   LTD.
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 肥田 幸春
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目5番1号
                          03(6733)7711
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役 管理本部長 永井 敦
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目5番1号
                          03(6733)7711
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役 管理本部長 永井 敦
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/78













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
             回次             第34期       第35期       第36期       第37期       第38期
            決算年月            平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                   (百万円)       40,500       40,151       51,955       61,416       67,008

     売上高
                   (百万円)

                           5,902       4,625       6,614       8,103       7,226
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純

                   (百万円)
                           3,885       2,916       4,151       5,474       4,689
     利益
                   (百万円)
                           3,879       2,928       4,138       5,474       4,688
     包括利益
                   (百万円)
                           25,534       27,708       31,405       35,804       39,343
     純資産額
                   (百万円)
                           39,827       44,356       51,387       58,631       63,432
     総資産額
                    (円)
                           738.52       815.54       924.34      1,080.48       1,203.71
     1株当たり純資産額
                    (円)

                           119.14        85.60       122.20       162.98       142.43
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり

                    (円)
                             -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)
                            64.1       62.5       61.1       61.1       62.0
     自己資本比率
                    (%)
                            17.0       11.0       14.0       16.3       12.5
     自己資本利益率
                    (倍)
                            4.7       6.2       4.2       5.9       6.0
     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                   (百万円)
                            168     △ 5,032        939      1,788      △ 2,304
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                   (百万円)
                             77      1,137       1,268       △ 124       257
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                   (百万円)
                           2,245       1,720       1,961        611       834
     フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)
                           10,622        8,448       12,617       14,893       13,680
     残高
                            339       371       405       448       482
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                      ( 285  )     ( 310  )     ( 380  )     ( 434  )     ( 461  )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.平成25年8月1日付で            1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、第34期の期首に当該株式分割が行
           われたと仮定し、1株当たり当期純利益金額及び1株当たり純資産額を算定しております。
                                  2/78






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次             第34期       第35期       第36期       第37期       第38期
            決算年月            平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                   (百万円)
                           37,259       36,729       44,671       53,442       59,607
     売上高
                   (百万円)
                           5,469       4,115       5,461       7,083       6,317
     経常利益
                   (百万円)

                           3,750       2,606       3,541       4,855       4,210
     当期純利益
                   (百万円)

                           2,774       2,774       2,774       2,774       2,774
     資本金
                    (株)
                         34,646,500       34,646,500       34,646,500       34,646,500       34,646,500
     発行済株式総数
                   (百万円)
                           24,854       26,718       29,804       33,586       36,645
     純資産額
                   (百万円)
                           35,485       39,304       44,552       51,199       55,783
     総資産額
                    (円)
                           718.85       786.40       877.24      1,013.52       1,121.17
     1株当たり純資産額
     1株当たり配当額                      13.00       12.00       16.00       20.00       22.00
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                           ( 5.00  )     ( 6.00  )     ( 7.00  )     ( 8.00  )    ( 10.00   )
     額)
                    (円)

                           115.01        76.50       104.25       144.56       127.88
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり

                    (円)
                             -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)
                            70.0       68.0       66.9       65.6       65.7
     自己資本比率
                    (%)
                            16.9       10.1       12.5       15.3       12.0
     自己資本利益率
                    (倍)
                            4.9       6.9       4.9       6.7       6.7
     株価収益率
                    (%)
                           11.30       15.69       15.35       13.84       17.20
     配当性向
                            232       236       248       280       306
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 6 )      ( 2 )      ( 1 )      ( 3 )      ( 2 )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.第34期の1株当たり配当額13円00銭には、東証一部指定記念配当3円00銭を含んでおります。
         4.第36期の1株当たり配当額16円00銭には、特別配当2円00銭を含んでおります。
         5.第37期の1株当たり配当額20円00銭には、特別配当2円00銭を含んでおります。
         6.第38期の1株当たり配当額22円00銭には、特別配当2円00銭を含んでおります。
         7.平成25年8月1日付で            1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、第34期の期首に当該株式分割が行
           われたと仮定し、1株当たり当期純利益金額及び1株当たり純資産額を算定しております。
                                  3/78







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項
      昭和55年7月        不動産販売事業を目的として不動住販株式会社を東京都新宿区西新宿七丁目に設立 資本金100
              万円
      昭和55年9月        宅地建物取引業免許(東京都知事免許(1)第39749号)を取得し、マンション販売事業を開始
      昭和58年8月        本社を東京都新宿区新宿五丁目に移転
      昭和62年11月        東京都新宿区新宿五丁目にエフ・ジェー・管理株式会社設立 資本金1,000万円
      平成元年11月        株式会社フロム壱(資本金4,000万円)を当社関係会社とする
      平成3年6月        株式会社エフ・ジェー・ネクストに商号変更
      平成6年8月        ガーラマンションシリーズ分譲開始
      平成7年1月        株式会社フロム壱を業務拡充のため東京都新宿区新宿五丁目に移転
      平成7年12月        株式会社フロム壱を株式会社シティウィングに商号変更
      平成7年12月        株式会社シティウィング伊豆高原支店を静岡県伊東市に開設
      平成10年9月        宅地建物取引業免許(建設大臣免許(1)第5806号)を取得
      平成10年10月        株式会社エフ・ジェー・ネクスト横浜営業所を神奈川県横浜市中区に開設
      平成12年7月        東京支社を東京都中央区に開設
      平成14年4月        株式交換により株式会社シティウィングを100%子会社とする
      平成14年4月        新宿支社を東京都新宿区に開設
      平成14年4月        不動産賃貸・建物管理事業を行う100%子会社、株式会社エフ・ジェー・コミュニティを東京都
              新宿区新宿五丁目に設立 資本金5,000万円
      平成14年5月        株式会社シティウィングを株式会社エフ・ジェー不動産販売に商号変更
      平成14年7月        株式会社エフ・ジェー・コミュニティはエフ・ジェー・管理株式会社の不動産賃貸・建物管理業
              務を譲受けにより継承
      平成15年5月        本社、新宿支社、株式会社エフ・ジェー不動産販売及び株式会社エフ・ジェー・コミュニティを
              東京都新宿区西新宿六丁目に移転
      平成16年12月        ジャスダック証券取引所に株式を上場
      平成17年12月        総合建設業を行う100%子会社、株式会社レジテックコーポレーションを東京都新宿区西新宿六
              丁目に設立 資本金8,000万円
      平成19年3月        東京証券取引所市場第二部に株式を上場
      平成19年4月        株式会社エフ・ジェー・ネクスト東京支社と新宿支社を統合し、本社機能に集約
      平成20年1月        旅館業を行う100%子会社、FJリゾートマネジメント株式会社を静岡県伊東市に設立 資本金
              5,000万円
      平成23年12月        つなぎ融資等金融サービス業を行う100%子会社、株式会社アライドライフを東京都新宿区西新
              宿六丁目に設立 資本金5,000万円
      平成25年5月        株式会社エフ・ジェー不動産販売を吸収合併
              株式会社エフ・ジェー・ネクスト伊豆高原支店を静岡県伊東市に開設
      平成25年10月        東京証券取引所市場第一部に指定
      平成26年10月        台湾人投資家へ当社開発物件の販売を行う100%子会社(非連結)台灣益富傑股份有限公司を台
              湾台北市に設立 資本金2,000万台湾ドル
      平成27年3月        旅館業を行うGMOクリック・インベストメント株式会社(資本金1億円)の全株式を取得し、
              同社を株式会社玉峰館に商号変更
      平成27年6月        監査等委員会設置会社へ移行
      平成28年8月        FJリゾートマネジメント株式会社が株式会社玉峰館を吸収合併
                                  4/78





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社及び連結子会社4社、非連結子会社1社により構成されており、首都圏において不動産開発
       事業を中心として事業展開しております。
        当社グループの主な事業内容及び事業の位置付けは、次のとおりであります。
       (1)不動産開発事業

         当社は、主として資産運用を目的としたワンルームマンション「ガーラマンションシリーズ」、ファミリーマン
        ション「ガーラ・レジデンスシリーズ」の企画、開発、分譲、並びに伊豆地域における土地・建物の分譲、販売、
        仲介業務を行っております。
         株式会社アライドライフは、当社顧客へのつなぎ融資等の金融サービスを行っております。
       (2)不動産管理事業
         株式会社エフ・ジェー・コミュニティは、主として当社が分譲したマンションの賃貸・建物管理事業を行ってお
        ります。
       (3)建設事業
         株式会社レジテックコーポレーションは、主として建築物の設計、施工、当社グループ開発物件の設計、施工、
        検査業務を行っております。
       (4)  旅館事業
         FJリゾートマネジメント株式会社は、静岡県伊東市の温泉旅館「伊東遊季亭」、「伊東遊季亭 川奈別邸」及
        び賀茂郡河津町の温泉旅館「玉峰館」の経営を行っております。
         当社グループの事業系統図は次のようになります。

                                  5/78














                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                    議決権の

                        資本金     主要な事業の
         名称         住所                   所有割合             関係内容
                       (百万円)      内容(注)1
                                    (%)
     (連結子会社)

                             不動産開発事              役員兼任あり 3人

     ㈱アライドライフ          東京都新宿区           50             100
                             業              主に資金の貸付
     ㈱エフ・ジェー・                       不動産管理事              役員兼任あり 5人

               東京都新宿区           50             100
     コミュニティ                       業              主に当社分譲物件の賃貸・建物管理
                                          役員兼任あり 6人
     ㈱レジテックコー
               東京都新宿区          200   建設事業          100   主に当社開発物件の施工、検査業務
     ポレーション
                                          資金の貸付
     FJリゾートマネ                                     役員兼任あり 3人
               静岡県伊東市           33   旅館事業          100
     ジメント㈱                                     主に旅館施設賃貸
      (注)   「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
                                  6/78















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成30年3月31日現在
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      不動産開発事業                                            307   (2)

      不動産管理事業                                             89  (393)

      建設事業                                             36   (0)

      旅館事業                                             50  (66)

                  合計                                 482  (461)

      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は、年間の平均人員を(                                       )内に外数で記載しております。
         2.従業員数が前連結会計年度末に比べ34名増加しましたのは、業容拡大に伴う採用によるものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                 平成30年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

             306(2)                32.2              6.7             8,180

               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      不動産開発事業                                            306   (2)

                  合計                                 306   (2)

      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は、年間の平均人員を( )内に外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.従業員数が前事業年度末に比べ26名増加しましたのは、業容拡大に伴う採用によるものであります。
       (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されていませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  7/78










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)経営方針

        当社は、「都市住空間への挑戦と創造を通して豊かな社会づくりに貢献していく」を経営理念として、資産運用を
       目的とするワンルームマンション及びファミリー向けマンションの企画、開発、販売を中心に事業活動を展開してお
       ります。事業を通して社会の発展に貢献し利益を上げることで持続的な成長と企業価値の向上を図ることを基本的な
       方針としております。
      (2)経営戦略等

        当社グループは、今後も資産運用型のワンルームマンション及びファミリー向けマンションの企画、開発、販売、
       中古マンション売買に積極的に取り組んでいく方針であります。
        事業セグメントごとの経営戦略は以下のとおりであります。
       ① 不動産開発事業
         当社グループの主力事業である資産運用型マンション販売事業につきましては、主に資産運用を目的として購入
        されることに鑑み、開発地域については、都心部及びその周辺において安定した賃貸需要が見込める土地を厳選
        し、付加価値の高い商品を継続的に供給してまいります。
         販売面につきましては、営業社員一人ひとりの提案力・コンサルティング力を高めるとともに販売チャネルの多
        様化を図り、販売戸数の伸張を図ってまいります。                        コールセンター方式マーケティングを中心として、自社会員組
        織の形成やセミナー開催等、多様な販売チャネルを積極的に活用し、潜在需要の掘り起こしを図ってまいります。
         仕入面につきましては、これまで一貫して採算性を重視し、事業環境の変化に柔軟に対応した的確な仕入活動を
        行ってまいりましたが、今後もこの基本方針の下、情報力の強化を図り、収益性の高い物件開発を進めてまいりま
        す。
         また、中古マンションの需要の増加に対応し、仕入れ・販売体制を強化し、取引の拡大を図ってまいります。
         ファミリーマンション販売事業におきましては、資産運用型マンションの開発で培ったノウハウを活かし、安心
        とくつろぎの居住空間を継続的に供給してまいります。
       ② 不動産管理事業
         不動産管理事業につきましては、「ガーラマンションシリーズ」及び「ガーラ・レジデンスシリーズ」の新規管
        理受託を中心に、他社物件の管理受託も推進し、収益力の向上を図ってまいります。
         購入者の長期にわたる資産運用をサポートするため、賃貸管理システムを強化し、サービス体制の一層の充実を
        図ってまいります。
         建物の長期修繕計画の立案や的確なアドバイスを行うためのコンサルティング能力の向上を図り、購入者と入居
        者の双方に満足いただけるよう努めてまいります。
       ③ 建設事業
         建築物の設計、施工、請負業務における技術力の向上と受注力の強化を図り、                                     収益力の向上      に努めてまいりま
        す。
       ④ 旅館事業
         旅館事業におきましては、さらなる業績拡大のため、サービス品質の向上に努め、集客力を強化し、                                               収益力の向
        上を  図ってまいります。
         以上に加え、当社グループの経営資源に見合った新規事業にも積極的に取り組んでまいります。
      (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

        当社は、長期・安定的に成長していくことを基本方針に、売上高経常利益率を重視しております。プロジェクトの
       推進にあたっては、不動産業界を取り巻く環境の変化に的確に対応しながら、安易な拡大路線をとることなく採算性
       を重視する方針をとり、売上高経常利益率10%以上の安定的な達成を目指しております。
                                  8/78






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      (4)  経営環境
        当社グループの主力事業である資産運用型分譲マンション市場におきましては、単身者や少人数世帯を中心とした
       都心への人口移動の継続などを背景に、賃貸、実需ともに底堅い需要が続くものと予想され、資産運用に対する社会
       的関心が高まるなか、分散投資のひとつとして安定した収益を不動産に求める購入者層の一層の拡大が見込まれてお
       ります。    当社グループ主力のワンルームマンションは、単身者や少人数世帯の生活を支えるインフラとして、また、
       安定した収益を不動産に求める方への資産運用商品として、その社会的役割は一層高まっていくものと考えておりま
       す。
        用地仕入・開発面におきましては、首都圏における土地価格が上昇しており、さらには、建築資材や労務費の上昇
       により建築費が高止まりしていることから、収益性の見極めが一層重要になるものと考えられます。
      (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当社グループは、持続的な成長へ向けて、経営環境の変化を的確に捉えながら、以下の課題に取り組んでまいりま
       す。
       ① 自社開発物件の安定的な供給の実現
         新規物件の供給を安定的に供給していくため、仕入・開発力の一層の強化を図ってまいります。採算性重視を基
        本方針として、自社ブランド「ガーラマンションシリーズ」及び「ガーラ・レジデンスシリーズ」の開発用地の継
        続的・安定的な確保を実現することで、マンション市場における地位を盤石なものにしてまいります。
       ② お客様の立場やニーズを尊重した販売・サービス体制の構築
         販売戸数、管理戸数の伸長に向け、業務システムの最適化と社員教育の強化を進め、お客様の立場を尊重し、
        ニーズに沿った販売・サービス体制の構築を図ってまいります。
       ③ 財務基盤の維持・充実
         新規物件を安定・継続的に供給していくため、また、顧客資産を長期的にサポートしていくために、財務基盤
        の維持・充実を図ってまいります。
       ④ コンプライアンスを遵守した経営の推進
         適切なコンプライアンスを遵守した経営を推進し、コーポレート・ガバナンスの強化、内部統制システムの整
        備・充実を図り、企業の社会的責任を果たし、業界の優良企業と評価される企業グループを目指してまいります。
       ⑤ 人材育成の強化・推進
         当社グループのさらなる成長の源泉として、人材育成の強化・推進を最重要課題のひとつと認識し、次代を担
        う人材が確実に継続的に輩出されるよう、採用・教育制度の整備、充実を図ってまいります。
                                  9/78











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        以下において、当社グループの事業展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる事項を記載しておりま
       す。また、必ずしも事業上のリスクとは考えていない事項についても、投資判断の上で重要と考えられる事項につい
       ては、投資者に対する積極的な情報開示の観点から記載しております。なお、当社グループは、これらリスクの発生
       の可能性を認識し事業活動を行っております。
        当社に関する投資判断は、本項以外の記載内容も併せて、慎重に検討した上で行う必要があります。
        なお、以下のリスクについては、有価証券報告書提出日(平成30年6月22日)現在における当社の経営者の判断に
       よるものであり、当社グループの事業展開におけるすべてのリスクを網羅するものではありません。また、文中にお
       ける将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
       ① 法的規制等について

         当社グループの属する不動産業界は、国土利用計画法、宅地建物取引業法、建築基準法、都市計画法、建設業
        法、建築士法、借地借家法、建物の区分所有等に関する法律、消防法、住宅の品質確保の促進などに関する法律、
        マンションの管理の適正化の推進に関する法律等により、法的規制を受けております。
         また、当社グループの主要事業においては、事業活動に際して、以下の免許、許認可等を得ております。現在、
        当該免許及び許認可等が取消となる事由は発生しておりませんが、今後、何らかの理由によりこれらの免許、登
        録、許可の取消し等があった場合には、当社グループの主要な事業活動に支障をきたすとともに業績に重大な影響
        を与える可能性があります。
                                                        免許取消
            許認可等の名称            会社名         許認可番号等/有効期間               規制法令
                                                        条項等
                      ㈱エフ・ジェー・        国土交通大臣(4)第5806号
                      ネクスト        平成25年9月26日~平成30年9月25日                         第5条、
          宅地建物取引業者免許                                      宅地建物取引業法
                      ㈱レジテック        東京都知事(3)第86366号                         第66条等
                      コーポレーション        平成28年8月26日~平成33年8月25日
         マンションの管理の適正化の推                                      マンションの管理
                      ㈱エフ・ジェー・        国土交通大臣(4)第031892号
                                                       第47条、
         進に関する法律に基づくマン                                      の適正化の推進に
                                                       第83条等
                      コミュニティ        平成29年9月10日~平成34年9月9日
         ション管理業者登録                                      関する法律
         建設業許可
                      ㈱レジテック        東京都知事(特-27)第125220号
                                              建設業法         第29条等
                      コーポレーション        平成28年1月20日~平成33年1月19日
         (特定建設業許可)
                      ㈱レジテック        東京都知事登録 第51744号
                                                       第23条、
         一級建築士事務所登録                                      建築士法
                                                       第26条等
                      コーポレーション        平成28年1月20日~平成33年1月19日
         また、2000年代に入り東京特別区を中心に、ワンルームマンションの建設を規制する条例等が制定されておりま

        す。具体的には、25㎡以上等への最低住戸面積の引き上げ、一定面積以上の住戸の設置義務付け、狭小住戸集合住
        宅税の導入等がありますが、当社グループでは、これらの条例等に沿った商品開発を行っているため、現時点にお
        いて、かかる規制が当社グループの事業に影響を及ぼす可能性は少ないものと認識しております。しかしながら、
        今後さらに各自治体による規制強化が進められた場合は、当社グループの事業に影響を及ぼす可能性があります。
       ② 資産運用型マンション販売事業について

         当社グループが分譲するマンションは、主として資産運用を目的として購入されますが、一般的にマンションに
        よる資産運用には、入居率の悪化や家賃相場の下落による賃貸収入の低下、金利上昇による借入金返済負担の増加
        など収支の悪化につながる様々な投資リスクが内在します。当社グループは、これらの投資リスクについて十分説
        明を行い、顧客に理解していただいた上で売買契約を締結するよう営業社員の教育を徹底しております。また、入
        居者募集・集金代行・建物維持管理に至るまで一貫したサービスを提供することで顧客の長期的かつ安定的な資産
        運用を全面的にサポートし、空室の発生や資産価値下落等のリスク低減に努めております。しかしながら、今後、
        一部営業社員の説明不足等が原因で投資リスクに対する理解が不十分なままマンションが購入されたこと等によ
        り、顧客からの訴訟等が発生した場合、当社グループの信頼が損なわれることに繋がり、当社グループの事業に影
        響が及ぶ可能性があります。
         また、社会情勢の変化により、入居率の悪化や家賃相場の大幅な下落、金融機関の融資姿勢の変化や急激な金利
        上昇等が発生した場合、顧客の資産運用に支障をきたす可能性があります。その場合、顧客の資産運用と密接な関
        係がある当社グループの事業にも影響を及ぼす可能性があります。
                                 10/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
       ③ 経済状況等の影響について
         当社グループの主力事業である不動産開発事業は、購買者の需要動向すなわち景気動向、金利動向、販売価格動
        向及び住宅税制やその他の税制等に影響を受けやすいため、景気見通しの悪化や大幅な金利の上昇、税制の変更、
        あるいは供給過剰による販売価格の大幅な下落等が発生した場合には、購買者の購入意欲の低下につながり、その
        場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当該事業は、土地の取得から建物の完成・販売まで通常1年半から3年程度を要するため、この間に、建
        築費の高騰や不動産市況の変動等が生じた場合には、プロジェクトの収益性が低下し、当社グループの業績に影響
        が及ぶ可能性があります。
       ④ 有利子負債への依存について

         当社グループは、事業用地の仕入資金を主として金融機関からの借入金によって調達しているため、当社グルー
        プでは、連結総資産に対する有利子負債の比率が、平成30年3月期は24.5%、平成29年3月期は23.1%となってお
        ります。このため、市場金利が上昇する局面や、不動産業界または当社のリスクプレミアムが上昇した場合には、
        支払利息等が増加し、当社グループの業績に影響が及ぶ可能性があります。
         また、資金調達に際しては、特定の金融機関に依存することなく、案件ごとに金融機関に融資を打診し、融資の
        了解を得た後に各プロジェクトを進行させております。しかしながら、何らかの要因により当社が必要とする資金
        調達に支障が生じた場合には、当社グループの事業展開に影響が及ぶ可能性があります。
       ⑤ 引渡し時期による業績変動について

         当社グループの主力事業である不動産開発事業では、マンション等の売買契約成立後、顧客への引渡しをもって
        売上が計上されます。そのため、四半期ごとに当社グループの業績を見た場合、マンションの竣工や引渡しのタイ
        ミングにより売上高及び利益が変動するため、ある四半期の業績は必ずしも他の四半期の業績や年次の業績を示唆
        するものではないことに留意する必要があります。
         また、天災その他予想し得ない事態による建築工期の遅延等、不測の事態により引渡し時期が期末を越えて遅延
        した場合には、当社グループの業績が変動する可能性があります。
       ⑥ 事業用地の仕入れについて

         当社グループは、都心部を中心とした事業用地の取得を進め、成熟した都市住宅環境に適合したマンションの開
        発・分譲に努めております。当社グループにおけるそれらの事業の遂行は、十分な不動産関連情報に基づいており
        ますが、今後何らかの事情により十分な不動産関連情報の入手が困難となった場合や、事業用地取得に必要な資金
        が十分に調達できない場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループでは、事業用地の取得にあたり、売買契約前に土地履歴や土壌汚染対策法の指定区域か否か
        など土壌汚染の有無について事前調査を実施し、必要に応じて対策工事を実施しております。
         しかしながら、上記調査にて認識できない土壌汚染が契約後に発見された場合には、追加費用の発生や当初スケ
        ジュールの変更が発生する可能性があり、その場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑦ 建築工事の外注について

         当社グループは、マンションの企画・開発及び分譲を主たる業務としておりますが、建築工事については建設会
        社へ発注しております。発注先である建設会社の選定にあたっては、施工能力、施工実績、財務内容等を総合的に
        勘案したうえで行っており、また、工事着工後においては、施工者、設計者及び当社グループによる工程ごとの管
        理を実施すること等により工事遅延防止や品質管理に努めております。しかしながら、発注先である建設会社が経
        営不安に陥った場合や物件の品質に問題が発生した場合には、計画どおりの開発に支障をきたす可能性があり、そ
        の場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑧ 訴訟などの可能性について

         当社グループは、マンション建設にあたっては、関係する法律、自治体の条令等を十分検討したうえで、周辺環
        境との調和を重視した開発計画を立案するとともに、周辺住民に対し事前に説明会を実施するなど十分な対応を講
        じております。
         しかしながら、当社グループが開発・分譲するマンションについては、開発段階における建設中の騒音、当該近
        隣地域の日照・眺望問題等の発生に起因する開発遅延や、分譲後における瑕疵等を理由とする訴訟問題などが提訴
        される可能性があり、その場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 11/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
       ⑨ 個人情報の管理について
        当社グループが取得した個人情報については、データアクセス権限の設定、データ通信の暗号化、外部侵入防止シ
       ステムの採用等により、流出の防止を図っております。また、「情報セキュリティ委員会」を設置し、情報セキュリ
       ティに関する社内規則を定め、規則遵守の徹底とセキュリティ意識の向上に努めております。個人情報の取り扱いに
       ついては、今後も、細心の注意を払ってまいりますが、今後、個人情報の不正使用、その他不測の事態によって外部
       流出が発生した場合、当社グループへの信用の低下や損害賠償請求等により、当社グループの業績及び財政状態に影
       響を及ぼす可能性があります。
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)経営成績等の状況の概要

         当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の概要は次のとお
       り であります。
        ①  財政状態及び経営成績の状況

         当連結会計年度におけるわが国経済は、政府                     による各種政策効果を背景に、輸出や設備投資が増加し、雇用・所
        得環境も改善が続くなど、緩やかな景気回復が継続しています。
         不動産業界におきましては、当連結会計年度の首都圏におけるマンションの新規供給戸数は前年同期比1.1%増
        の3万6,837戸に留まり、また、需要面につきましても、物件価格上昇等の影響により、年間平均契約率は好調の
        目安と言われる70%を下回るなど、依然として調整局面が続いております(数字は株式会社不動産経済研究所調
        べ)。
         当社グループの主要事業領域である資産運用型分譲マンション市場におきましては、単身者を中心とした首都圏
        の賃貸需要は底堅く、購入需要についても、安定した収益が期待できる運用商品として認知度が高まり、低金利に
        も後押しされ、堅調な状況が続いております。
         このような経営環境のもと、当社グループは、首都圏において、資産運用としての多彩なメリットを提供する
        「ガーラマンションシリーズ」及びファミリーマンションの自社ブランド「ガーラ・レジデンスシリーズ」の開
        発・販売の拡大、顧客サポート体制の充実、ブランド力の強化を図ってまいりました。また、中古マンション売買
        の拡充にも積極的に取り組み、グループ企業価値の向上に全力を尽くしてまいりました。
         こうした結果、当連結会計年度は、売上高670億8百万円(前連結会計年度比9.1%増)、営業利益72億38百万円
        (前連結会計年度比9.7%減)、経常利益72億26百万円(前連結会計年度比10.8%減)、親会社株主に帰属する当
        期純利益46億89百万円(前連結会計年度比14.3%減)となりました。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。

        (不動産開発事業)
         不動産開発事業におきましては、自社ブランド「ガーラマンションシリーズ」、「ガーラ・レジデンスシリー
        ズ」を積極的に営業展開するとともに、中古マンション1,332戸を販売した結果、ワンルームマンション売上高442
        億5百万円(1,985戸)、ファミリーマンション売上高89億94百万円(218戸)、その他収入63億70百万円となり、
        不動産開発事業の合計売上高595億70百万円(前連結会計年度比11.5%増)、セグメント利益59億15百万円(前連
        結会計年度比10.2%減)となりました。
        (不動産管理事業)

         不動産管理事業は、管理物件の増加等により、売上高23億36百万円(前連結会計年度比8.4%増)、セグメント
        利益8億58百万円(前連結会計年度比9.6%増)となりました。
        (建設事業)

         建設事業は、建築請負工事の受注               は順調に推移したものの、            前連結会計年度にマンション卸販売を計上した反動
        減により、売上高        42億  51 百万円   (前連結会計年度比15.2%減)              、セグメント利益        3億86百万円      ( 前連結会計年度比
        30.7%減    )となりました。
        (旅館事業)

         旅館事業については、集客数が概ね順調に推移し、売上高8億50百万円(前連結会計年度比1.3%増)、セグメ
        ント利益51百万円(前連結会計年度比17.6%減)となりました。
                                 12/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ②  キャッシュ・フローの状況
         当連結会計年度における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ12億12百万円減少し、136億80百万円
        となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動により支出した資金は23億4百万円(前連結会計年度は17億88百万円の収入)となりました。主な収
        入は、税金等調整前当期純利益72億26百万円であり、主な支出は、たな卸資産の増加額64億66百万円、法人税等
        の支払額30億43百万円であります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動により獲得した資金は2億57百万円(前連結会計年度は1億24百万円の支出)となりました。主な収
        入は、定期預金の減少額2億33百万円であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動により獲得した資金は8億34百万円(前連結会計年度は6億11百万円の収入)となりました。主な収
        入は、事業用地の購入資金対応のための長期借入額86億60百万円であり、主な支出は、プロジェクトの完成等に
        伴う長期借入金の返済額61億70百万円、配当金の支払額7億26百万円、短期借入金の純減少額5億円、自己株式
        の取得による支出4億22百万円であります。
                                 13/78














                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ③生産、受注及び販売の実績
        (生産実績)

         該当事項はありません。
        (契約実績)

         当連結会計年度における不動産開発事業の契約実績は次のとおりであります。
                          前連結会計年度                     当連結会計年度
                         自 平成28年4月1日                     自 平成29年4月1日
                         至 平成29年3月31日                     至 平成30年3月31日
           区分
                    戸数           金額           戸数           金額
                        前年同期比           前年同期比           前年同期比           前年同期比
                    (戸)          (百万円)           (戸)          (百万円)
                         (%)           (%)           (%)           (%)
     ワンルームマンション                1,924     127.7     42,481      130.4     2,032     105.6     45,675      107.5
     ファミリーマンション
                      207    108.4     8,372     125.0      290    140.1     13,292      158.8
     その他不動産                 -     -     301    447.6       -     -     265     87.9
           合計
                     2,131     125.5     51,155      130.1     2,322     109.0     59,233      115.8
      (注)上記金額には、消費税等は含んでおりません。
        (販売実績)

         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                          前連結会計年度                     当連結会計年度
                         自 平成28年4月1日                     自 平成29年4月1日
                         至 平成29年3月31日                     至 平成30年3月31日
     報告セグメント
               区分
     の名称
                    戸数           金額           戸数           金額
                        前年同期比           前年同期比           前年同期比           前年同期比
                    (戸)          (百万円)           (戸)          (百万円)
                         (%)           (%)           (%)           (%)
             ワンルーム
                     1,873     128.0     41,338      130.0     1,985     106.0     44,205      106.9
             マンション
             ファミリー
                      143     74.1     5,916      86.0      218    152.5     8,994     152.0
             マンション
     不動産開発事業
             その他         -     -    6,154     103.4       -     -    6,370     103.5
               小計      2,016     121.7     53,409      119.6     2,203     109.3     59,570      111.5
     不動産管理事業          -       -     -    2,156     107.3       -     -    2,336     108.4
     建設事業          -       -     -    5,011     112.6       -     -    4,251      84.8
     旅館事業
               -       -     -     839     98.2      -     -     850    101.3
        合計       -       -     -    61,416      118.2       -     -    67,008      109.1
      (注)1.      上記金額には、消費税等は含んでおりません。
         2.建設事業の販売実績には、以下のとおり、マンションの卸販売が含まれております。
           前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)                               45戸
           当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)                               -戸
                                 14/78






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
       す。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        おります。この連結財務諸表の作成にあたりまして、決算日における資産・負債の報告数値及び報告期間における
        収益・費用の報告数値に影響を与える見積り及び仮定設定を行っております。当該見積りにつきましては、過去の
        実績や状況に応じ合理的と考えられる様々な要因に関して適切な仮定設定、情報収集を行い、見積り金額を計算し
        ておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
        ②当連結会計年度の経営成績の分析

        (売上高)
         当連結会計年度における売上高は670億8百万円となり、前連結会計年度の614億16百万円に対し9.1%、55億92
        百万円の増加となりました。これは主に、当社グループ主力の不動産開発事業におけるワンルームマンション売上
        高が442億5百万円(1,985戸)となり、前連結会計年度の413億38百万円(1,873戸)に対し6.9%、28億67百万円
        増加したこと、及び、ファミリーマンション売上高が89億94百万円(218戸)となり、前連結会計年度の59億16百
        万円(143戸)に対し52.0%、30億77百万円増加したことによるものであります。
        (売上原価、売上総利益)
         当連結会計年度における売上原価は511億14百万円となり、前連結会計年度の456億42百万円に対し12.0%、54
        億71百万円の増加となりました。これは主に、売上高の増加によるものであります。
         その結果、当連結会計年度の売上総利益は、前連結会計年度の157億74百万円に対し0.8%、1億20百万円増加
        の158億94百万円となり、売上高に対する売上総利益率は、販売不動産売上の利益率の低下により、前連結会計年
        度の25.7%から2.0ポイント減少し、23.7%となりました。
        (販売費及び一般管理費、営業利益)
         当連結会計年度における販売費及び一般管理費は86億56百万円となり、前連結会計年度の77億59百万円に対し
        11.6%、8億97百万円の増加となりました。これは主に、広告宣伝費、及び人件費等が増加したことによるもので
        あります。
         その結果、当連結会計年度の営業利益は、前連結会計年度80億15百万円に対し9.7%、7億76百万円減少の72億
        38百万円となり、売上高に対する営業利益率は、前連結会計年度の13.1%から2.3ポイント減少し、10.8%となり
        ました。
         なお、セグメント別の業績につきましては、「(1)経営成績の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」を
        ご参照ください。
        (営業外損益、経常利益、税金等調整前当期純利益)
         当連結会計年度における営業外収益は39百万円となり、違約金収入1億14百万円を計上した前連結会計年度の
        1億45百万円に対し72.6%、1億5百万円の減少となりました。
         当連結会計年度における営業外費用は52百万円となり、前連結会計年度の57百万円に対し9.3%、5百万円の減
        少となりました。
         その結果、当連結会計年度の経常利益、並びに税金等調整前当期純利益は、前連結会計年度の81億3百万円に
        対し10.8%、8億77百万円減少の72億26百万円となりました。売上高に対する経常利益率は、前連結会計年度の
        13.2%から2.4ポイント減少し、10.8%となり、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標として設
        定している売上高経常利益率10%以上を達成いたしました。
        (法人税等、親会社株主に帰属する当期純利益)
         当連結会計年度における法人税等は25億36百万円となり、前連結会計年度の26億29百万円に対し3.5%、                                                 92百万
        円の減少となりました。
         その結果、当連結会計年度の              親会社株主に帰属する当期純利益               は、前連結会計年度の54億74百万円に対し
        14.3%、7億84百万円減少の46億89百万円となりました。
                                 15/78





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ③経営成績に重要な影響を与える要因について
         当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因といたしましては、法的規制、景気や金利など経済状況の変
        動、有利子負債への依存、顧客への物件引渡し時期による業績の偏重、建築工事外注先の経営状態、訴訟の発生な
        ど様々な要因が挙げられます。詳細につきましては、「2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
         なかでも、都市部を中心とした用地取得競争の激化による土地仕入価格の継続的な上昇に加え、建築資材の高騰
        や建設業界の人手不足による建築費の高止まりによりプロジェクトの利益率が低下傾向にあることは、当社グルー
        プの経営成績に重要な影響を与える要因となります。
         当社グループといたしましては、これらの外部要因による影響に対応するため、引き続き事業環境の変化に対応
        した的確な仕入活動を徹底することで、プロジェクト収益の最適化を図ってまいります。
        ④当連結会計年度の財政状態の分析

        (流動資産)
         当連結会計年度末における流動資産は605億62百万円となり、前連結会計年度末に比べ47億3百万円増加いたし
        ました。これは主に販売用不動産が40億72百万円、仕掛販売用不動産が23億24百万円増加した一方、現金及び預金
        が14億72百万円、受取手形及び営業未収入金が4億25百万円減少したことによるものであります。
        (固定資産)
         当連結会計年度末における             固定資産は28億69百万円となり、前連結会計年度末に比べ96百万円増加いたしまし
        た。
        (流動負債)
         当連結会計年度末における流動負債は93億46百万円となり、前連結会計年度末に比べ6億24百万円減少いたしま
        した。これは主に一年内返済予定の長期借入金が8億円増加した一方、短期借入金が5億円、未払法人税等が4億
        67百万円、未払消費税等が4億43百万円減少したことによるものであります。
        (固定負債)
         当連結会計年度末における固定負債は147億42百万円となり、前連結会計年度末に比べ18億86百万円増加いたし
        ました。これは主に長期借入金が16億90百万円、退職給付に係る負債が1億55百万円増加したことによるものであ
        ります。
        (純資産)
         当連結会計年度末における純資産合計は393億43百万円となり、前連結会計年度末に比べ35億38百万円増加いた
        しました。主な増加は親会社株主に帰属する当期純利益46億89百万円であり、減少は剰余金の配当7億27百万円、
        自己株式の取得4億22百万円であります。
                                 16/78











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ⑤資本の財源及び資金の流動性についての分析
         当連結会計年度の資金の状況の詳細につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要                                          ② キャッシュ・フローの
        状況  」をご参照ください。
         当社グループの資金需要の主なものは不動産開発事業における用地取得費用であり、その調達手段は主として、
        金融機関からの借入金によっております。用地取得費用以外の運転資金につきましては、自己資金で対応すること
        を原則とし、金融費用を低減するよう努めております。
        (参考)キャッシュ・フロー関連指標の推移

                   平成26年3月期        平成27年3月期        平成28年3月期        平成29年3月期        平成30年3月期
                       64.1        62.5

       自己資本比率(%)                                61.1        61.1        62.0
       時価ベースの自己資本
                       48.9        40.4        33.9        54.5
                                                       44.3
       比率(%)
       キャッシュ・フロー対
                      4,048.5           -                        -
                                      1,263.2         757.7
       有利子負債比率(%)
       インタレスト・カバ
                        2.6         -                        -
                                       14.8        34.5
       レッジ・レシオ(倍)
       自己資本比率:自己資本/総資産
       時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
       キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/キャッシュ・フロー
       インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー/利払い
       (注)1.いずれも連結ベースの財務数値により計算しております。
          2.株式時価総額は自己株式を除く発行済株式数をベースに計算しております。
          3.キャッシュ・フローは、営業キャッシュ・フローを利用しております。
          4.有利子負債は連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対象として
             おります。
          5.平成27年3月期及び平成30年3月期の「キャッシュ・フロー対有利子負債比率」、「インタレスト・カ
             バレッジ・レシオ」については、営業キャッシュ・フローがマイナスのため、記載しておりません。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 17/78









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度において支出した設備投資の総額は32百万円であります。
        また、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、以下のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                 平成30年3月31日現在
                                  帳簿価額(百万円)

                    設備の
       事業所名       セグメント                                         従業員数
      (所在地)       の名称                                          (人)
                         建物及び       土地
                    内容
                                     温泉利用権       その他      合計
                         構築物      (面積㎡)
                                                          300
        本社      不動産開発
                    事務所       36       -      -      50      86
                                                          (2)
     (東京都新宿区)         事業
        本社      不動産開発      賃貸用               41

                            13             -      -      55      -
     (東京都新宿区)         事業      不動産           (655.22)
      伊東遊季亭              宿泊              356

              旅館事業             238             25      0     622       -
     (静岡県伊東市)                施設         (22,520.97)
      伊豆高原支店        不動産開発                      5
                    事務所        0            -      0      5      3
     (静岡県伊東市)         事業                  (234.00)
      横浜営業所
              不動産開発                      ▶
     (神奈川県横浜市               事務所        8            -      0     13       3
              事業                  (7.30)
       中区)
      (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、「車両運搬具」及び「工具、器具及び備品」の合計であります。
         2.現在休止中の主要な設備はありません。
         3.上記の他、主要な賃借設備として、以下のものがあります。
               事業所
                         セグメントの名称              設備の内容          年間賃借料(百万円)
              (所在地)
               本社                         事務所
                         不動産開発事業                               362
            (東京都新宿区)                           (賃借)
         4.賃貸用不動産の詳細は次のとおりであります。
                 所在地                面積(㎡)              帳簿価額(百万円)
           東京都江東区                          11.63                  11

           東京都豊島区                          9.32                 13

           東京都渋谷区                          24.06                  8

           東京都港区他                          30.59                  7

           神奈川県川崎市麻生区                         357.00                   ▶

           埼玉県本庄市                         222.62                   8

                  合計                   655.22                  55

          (注)帳簿価額は、建物及び土地等の合計額であります。
         5.従業員数の外書きは、年間平均臨時雇用者数であります。
                                 18/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                                  平成30年3月31日現在
                                    帳簿価額(百万円)
            事業所名     セグメン      設備の                                従業員数
                             建物
       会社名
                                    土地
           (所在地)      トの名称      内容                                (人)
                             及び             その他       合計
                                  (面積㎡)
                             構築物
     ㈱エフ・        本社
                                       70
                 不動産     賃貸用
     ジェー・コ       (東京都                    15             -       86       -
                                    (140.87)
                 管理事業     不動産
     ミュニティ       新宿区)
                                     帳簿価額(百万円)

            事業所名     セグメン      設備の                                 従業員数
                            建物
       会社名
                                 土地     リース     温泉
           (所在地)      トの名称      内容                                 (人)
                            及び                   その他     合計
                                (面積㎡)       資産    利用権
                            構築物
     FJリゾー       玉峰館
                                                           20
                       宿泊           114
     トマネジメ       (静岡県     旅館事業            266           ▶    17     2    406
                                (5,568.01)
                                                         (23)
                       施設
     ント㈱       賀茂郡)
      (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、「車両運搬具」及び「工具、器具及び備品」の合計であります。
         2.現在休止中の主要な設備はありません。
         3.上記の他、主要な賃借設備として、以下のものがあります。
                           事業所                      年間賃借料      従業員数
                会社名                   セグメントの名称         設備の内容
                          (所在地)                       (百万円)       (人)
                            本社                事務所               89
           ㈱エフ・ジェー・コミュニティ                       不動産管理事業
                                                    48
                         (東京都新宿区)                  (賃借)               (393)
                            本社                事務所               36
           ㈱レジテックコーポレーション                       建設事業                   7
                         (東京都新宿区)                  (賃借)                (0)
                            本社                事務所
           ㈱アライドライフ                       不動産開発事業                   2      1
                         (東京都新宿区)                  (賃借)
                            本社
                          伊東遊季亭                  旅館
                                                           30
           FJリゾートマネジメント㈱                       旅館事業                  49
                        伊東遊季亭 川奈別邸                   (賃借)
                                                          (43)
                         (静岡県伊東市)
          (注)上記の設備は、すべて提出会社から賃借しているものであります。
         4.賃貸用不動産の詳細は次のとおりであります。
                 所在地                面積(㎡)              帳簿価額(百万円)
           東京都品川区                           28.50                  37

           東京都新宿区                           32.37                  18

           神奈川県横浜市港北区                           80.00                  30

                  合計                    140.87                  86

          (注)帳簿価額は、建物及び土地等の合計額であります。
         5.従業員数の外書きは、年間平均臨時雇用者数であります。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設
         該当事項はありません。
       (2)重要な改修

         該当事項はありません。
                                 19/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           36,861,000

                  計                                36,861,000

        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所名又
            事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
       種類                                 は登録認可金融商品取引               内容
              (平成30年3月31日)              (平成30年6月22日)
                                        業協会名
                                                      単元株式数
     普通株式             34,646,500             34,646,500        東京証券取引所市場第一部
                                                      100株
        計           34,646,500             34,646,500              -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総       資本金増減額        資本金残高               資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額(百万
                       数残高(株)        (百万円)       (百万円)               高(百万円)
               (株)                              円)
     平成25年8月1日
                16,098,250       32,196,500            -      1,858          -      2,345
       (注)1
     平成25年10月21日
                 1,700,000       33,896,500                 2,494                2,618
                                   635                272
       (注)2
     平成25年11月12日
                  750,000      34,646,500                                 2,738
                                   280      2,774         120
       (注)3
      (注)1.株式分割(1:2)によるものであります。
         2.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
            発行価格   561.00円
            引受価額   533.78円
            資本組入額  373.65円
            払込金総額            907百万円
         3.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
            発行価格   533.78円
            資本組入額  373.65円
            割当先  大和証券株式会社
                                 20/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                  平成30年3月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未満株
         区分                             外国法人等                  式の状況
               政府及び地          金融商品取     その他の法
                    金融機関                         個人その他       計
                                                         (株)
               方公共団体          引業者     人
                                    個人以外      個人
     株主数(人)             -     18     18     134      90     25   16,546     16,831       -
     所有株式数(単元)             -   18,152      2,048     89,160     55,569       53   181,458     346,440      2,500
     所有株式数の割合
                  -    5.23     0.59     25.73     16.04      0.01     52.37     100.00       -
     (%)
      (注)自己株式1,961,157株は、「個人その他」に19,611単元及び「単元未満株式の状況」に57株を含めて記載してお
         ります。
       (6)【大株主の状況】

                                                  平成30年3月31日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                              所有株式数       除く。)の総
           氏名又は名称                      住所
                                               (株)      数に対する所
                                                     有株式数の割
                                                     合(%)
                                               7,581,800          23.19
     肥田 幸春                  東京都渋谷区
                        東京都渋谷区神山町20-46                        4,824,000          14.75

     株式会社松濤投資倶楽部
                        東京都港区虎ノ門四丁目1-34                        3,920,000          11.99

     株式会社エム・エム・ヨーク
     BBH FOR FIDELIT
     Y PURITAN TR: FI
                        245 SUMMER STREET BO
     DELITY SR INTRIN
                        STON, MA 02210 U.S.
     SIC OPPORTUNITIE
                                               1,068,000          3.26
                        A.
     S FUND
                        (東京都千代田区丸の内二丁目7-1)
     (常任代理人 株式会社三菱東京U
     FJ銀行)
                                                980,840         3.00
     肥田 真代                  東京都渋谷区
                                                648,000         1.98

     肥田 葉子                  東京都渋谷区
     エフ・ジェー社員持株会                  東京都新宿区西新宿六丁目5-1                         642,780         1.96

     BNY GCM CLIENT A                  PETERBOROUGH COURT 1
     CCOUNT JPRD AC I                  33 FLEET STREET LOND
     SG (FE-AC)                  ON EC4A 2BB UNITED K
                                                431,136         1.31
                        INGDOM
     (常任代理人 株式会社三菱東京U
     FJ銀行)                  (東京都千代田区丸の内二丁目7-1)
     STATE STREET BAN
     K AND TRUST CLIE
                        100KINGSTREETWESTSUI
     NT OMNIBUS ACCOU
                        TE3500POBOX23TORONTO
                                                391,500         1.19
     NT OM02 505002
                        ONTARIOM5X1A9CANADA
                        (東京都港区港南二丁目15-1)
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
     決済営業部)
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                                                370,300         1.13
                        東京都港区浜松町2丁目11番3号
     会社(信託口)
                                 -             20,858,356          63.81
             計
     (注) 株式会社三菱東京UFJ銀行は、平成30年4月1日をもって株式会社三菱UFJ銀行に商号変更しております。
                                 21/78



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年3月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                            -            -        -

      議決権制限株式(自己株式等)                            -            -        -

      議決権制限株式(その他)                            -            -        -

      完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式 1,961,100                     -        -

                         普通株式      32,682,900

      完全議決権株式(その他)                                     326,829           -
                                                 一単元(100株)未満の
      単元未満株式                    普通株式   2,500                    -
                                                 株式
      発行済株式総数                        34,646,500                -        -
      総株主の議決権                            -         326,829           -

        ②【自己株式等】

                                                  平成30年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
     名称                   数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
     株式会社エフ・
               東京都新宿区西新
                           1,961,100          -        1,961,100             5.66
               宿六丁目5番1号
     ジェー・ネクスト
         計          -        1,961,100          -        1,961,100             5.66
                                 22/78











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
     取締役会(平成29年6月22日)での決議状況
                                           900,000           900,000,000
     (取得期間 平成29年6月23日~平成29年12月29日)
     当事業年度前における取得自己株式                                        -             -
     当事業年度における取得自己株式                                      452,800           422,020,300

     残存決議株式の総数及び価額の総額                                      447,200           477,979,700

     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                       49.6             53.1
     当期間における取得自己株式                                        -             -

     提出日現在の未行使割合(%)                                       49.6             53.1
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                 -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他                           -        -        -        -
      保有自己株式数                        1,961,157            ―    1,961,157            ―

                                 23/78








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主に対する利益還元を経営の重要課題のひとつと認識し、積極的な事業展開のための内部留保、財務バ
       ランス等を総合的に勘案の上、継続的かつ利益に応じた安定的な利益の配分を行うことを基本方針としております。
        内部留保資金の使途につきましては、今後の事業展開に機動的に投入するとともに、経営基盤のさらなる強化に充
       てていく所存であります。
        また、当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        この基本方針に基づき、当連結会計年度(平成30年3月期)の期末配当につきましては、当期の業績、及び次期以
       降の中長期的な事業展開等を慎重に検討いたしました結果、普通配当1株当たり10円に特別配当2円を加えた12円と
       し、すでに実施済みの中間配当10円とあわせまして、年間配当は1株当たり22円といたしました。
        当社は、「取締役会の決議によって、毎年9月30日の最終の株主名簿に記載または記録された株主または登録株式
       質権者に対し、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。
        なお、当該事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                       配当金の総額         1株当たり配当額
           決議年月日
                       (百万円)           (円)
          平成29年11月2日
                            329          10
           取締役会決議
          平成30年6月21日
                            392          12
          定時株主総会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第34期          第35期          第36期          第37期          第38期
      決算年月       平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月          平成29年3月          平成30年3月

                 1,385
      最高(円)                      568          653         1,076          1,046
                 □701
                  801
      最低(円)                      420          445          463          791
                 □470
      (注)1.最高・最低株価は、平成25年10月22日以降は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであり、それ以前
           は東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。
         2.□印は、株式分割(平成25年8月1日、1株→2株)による権利落後の最高・最低株価を示しております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成29年10月          11月        12月      平成30年1月          2月        3月
      最高(円)          1,015        1,006        1,046        1,013         973        888

      最低(円)           929        924        979        960        830        793

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
                                 24/78







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性 13名 女性 1名 (役員のうち女性の比率7%)
                                                          所有
       役名      職名     氏名      生年月日                 略歴              任期    株式数
                                                         (株)
                             昭和55年7月      当社設立、代表取締役就任
                             平成元年8月      当社取締役
                             平成3年7月      株式会社フロム壱(現株式会社エフ・
                                   ジェー・ネクスト)代表取締役
                             平成9年2月
                                   当社代表取締役社長(現任)
                             平成14年2月      株式会社シティウィング(現株式会社エフ・
                                   ジェー・ネクスト)取締役
                             平成14年4月      株式会社エフ・ジェー・コミュニティ代表取
                                   締役
     代表取締役
                 肥田幸春    昭和27年5月3日生
                                                     (注)3   7,581,800
                             平成19年8月
                                   株式会社エム・エム・ヨーク取締役(現任)
     社長
                             平成19年8月
                                   株式会社松濤投資倶楽部取締役(現任)
                             平成20年1月      FJリゾートマネジメント株式会社代表取締
                                   役社長(現任)
                             平成23年4月      株式会社エフ・ジェー不動産販売(現株式会
                                   社エフ・ジェー・ネクスト)代表取締役社長
                             平成25年4月      株式会社レジテックコーポレーション代表取
                                   締役社長
                             平成27年3月      株式会社玉峰館(現        FJリゾートマネジメン
                                   ト株式会社)     代表取締役社長
                             平成3年5月      当社入社
                             平成10年4月      当社第1営業部長
                             平成14年2月      当社取締役 営業本部長兼第1営業部長
                             平成16年7月      当社取締役 第1営業部長
                             平成17年1月      当社取締役 営業副本部長兼新宿支社長
                             平成17年10月      当社取締役 営業本部長兼新宿支社長
                             平成19年4月      当社取締役 営業本部長兼コンサルティング
     専務取締役     営業本部長      益子重男    昭和36年6月25日生                                (注)3    225,000
                                   事業部長
                             平成19年6月      当社常務取締役 営業本部長兼コンサルティ
                                   ング事業部長
                             平成22年1月      当社常務取締役 営業本部長
                             平成24年6月      当社専務取締役 営業本部長
                             平成24年10月      当社専務取締役 営業本部長兼コンサルティ
                                   ング事業部長
                             平成27年4月      当社専務取締役 営業本部長(現任)
                             昭和50年4月      株式会社三和銀行(現株式会社三菱UFJ銀
                                   行)入行
                             平成18年5月      同行新宿支店長
                             平成22年4月      当社入社 管理本部長兼業務部長
                             平成22年6月      当社取締役 管理本部長兼業務部長
                             平成23年4月      当社取締役 管理本部長
                             平成23年4月      株式会社レジテックコーポレーション代表取
                                   締役社長
                             平成23年12月      株式会社アライドライフ代表取締役社長
                             平成24年4月      当社取締役 管理本部長兼経営企画室長
     専務取締役     管理本部長      永井 敦    昭和31年8月25日生                                (注)3     24,000
                             平成26年5月      当社取締役
                             平成26年5月      株式会社レジテックコーポレーション代表取
                                   締役社長
                             平成27年6月      当社常務取締役
                             平成27年6月      株式会社エフ・ジェー・コミュニティ代表取
                                   締役社長(現任)
                             平成28年4月      株式会社レジテックコーポレーション代表取
                                   締役会長
                             平成28年7月      当社常務取締役 管理本部長
                             平成29年7月      当社専務取締役 管理本部長(現任)
                                 25/78



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有

       役名      職名     氏名      生年月日                 略歴              任期    株式数
                                                         (株)
                             昭和57年4月      東海興業株式会社入社
                             平成12年7月      当社入社
                             平成18月4月      当社開発事業部部長代理
     常務取締役     開発事業部長      加藤祐司    昭和34年4月25日生
                                                     (注)3     35,200
                             平成20年6月      当社取締役 開発事業本部長兼開発部長
                             平成25年4月      当社取締役 開発事業部長
                             平成27年6月
                                   当社常務取締役 開発事業部長(現任)
                             昭和46年4月

                                   日榮住宅資材株式会社(現ナイス株式会社)
                             平成5年6月      同社取締役
                             平成19年10月      同社常務取締役住宅事業本部長
     常務取締役           福島英次    昭和23年10月5日生
                                                     (注)3     3,000
                             平成28年6月      当社取締役
                             平成28年6月      株式会社レジテックコーポレーション代表取
                                   締役社長(現任)
                             平成29年7月
                                   当社常務取締役(現任)
                             昭和61年2月      当社入社
                             平成2年3月      当社取締役 営業部長
                             平成4年10月      当社取締役 営業本部長
                             平成14年4月      株式会社エフ・ジェー・コミュニティ代表取
                                   締役社長
                             平成16年7月      当社取締役 営業本部長兼新宿支社長
     取締役     営業推進部長      伊藤康雄    昭和39年5月13日生                                (注)3    171,600
                             平成17年1月      当社取締役 営業本部長
                             平成17年10月      株式会社エフ・ジェー・コミュニティ代表取
                                   締役社長
                             平成17年10月      当社取締役
                             平成22年1月      当社取締役 営業推進本部長
                             平成25年4月      当社取締役 営業推進部長(現任)
                             昭和63年4月      当社入社
                             平成9年4月      当社第2営業部長
                             平成14年2月      当社取締役 第2営業部長
           レジデンス事
                             平成17年1月      当社取締役 東京支社長
     取締役           田中貴久    昭和39年1月29日生
                                                     (注)3     58,600
                             平成18年2月      当社取締役
           業部長
                             平成19年6月      株式会社エフ・ジェー不動産販売(現株式会
                                   社エフ・ジェー・ネクスト)代表取締役社長
                             平成25年4月      当社取締役 レジデンス事業部長(現任)
                             平成6年3月      当社入社

                             平成16年4月      当社東京支社長
                             平成17年1月      当社第3営業部長
                             平成18年4月      当社第1営業部長
                             平成25年6月      当社取締役 第1営業部長
     取締役           對馬 徹    昭和36年9月29日生                                (注)3     38,000
                             平成27年4月      当社取締役 営業本部副本部長兼コンサル
                                   ティング事業部長
                             平成30年4月      当社取締役(現任)
                             平成30年4月
                                   株式会社エフ・ジェー・コミュニティ専務取
                                   締役(現任)
                             昭和57年4月      平和生命保険株式会社(現マスミューチュア
                                   ル生命保険株式会社)入社
                             平成16年3月      同社資金・事業費管理部長
                             平成17年6月      当社入社 経理部部長代理
                             平成17年10月      当社経理部長
                             平成20年4月      当社経理部長兼内部統制推進室長
           経理部長兼業
     取締役           山本辰美    昭和34年9月28日生                                (注)3     3,000
                             平成23年4月      当社管理本部副本部長兼総務部長
           務部長
                             平成24年4月      当社業務部長
                             平成25年4月      株式会社アライドライフ代表取締役社長(現
                                   任)
                             平成26年6月
                                   当社執行役員 経営企画室長兼業務部長
                             平成27年6月
                                   当社取締役 経営企画室長兼業務部長
                             平成30年6月
                                   当社取締役 経理部長兼業務部長(現任)
                                 26/78


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名      職名     氏名      生年月日                 略歴              任期    株式数
                                                         (株)
                             平成7年3月      当社入社
                             平成23年10月      当社コンサルティング事業部次長
                             平成26年4月      当社営業推進部次長
     取締役     営業本部部長      倉並美枝    昭和33年5月23日生
                                                     (注)3     79,000
                             平成26年10月      台灣益富傑股份有限公司董事長(現任)
                             平成28年4月      当社営業本部部長代理
                             平成30年6月      当社取締役 営業本部部長(現任)
                             平成17年6月      エイベックス・マーケティング・コミュニ
                                   ケーションズ株式会社(現エイベックス・エ
                                   ンタテインメント株式会社)入社
     取締役     経営企画室長      肥田恵輔    昭和57年9月25日生
                                                     (注)3     75,000
                             平成20年1月      当社入社
                             平成29年4月      当社経営企画室次長
                             平成30年6月
                                   当社取締役 経営企画室長(現任)
                             昭和61年7月      三宅公認会計士事務所入所
                             平成8年6月      当社入社
                             平成17年4月      当社経営企画室長
     取締役
                             平成17年12月      当社経理部部長代理
     (監査等委           鈴木憲一    昭和36年6月17日生                                (注)4     14,000
                             平成18年3月      当社内部監査室長
                             平成20年4月      当社経理部部長代理
     員)
                             平成23年4月      当社経理部長兼内部統制推進室長
                             平成24年4月      当社経理部長
                             平成30年6月
                                   当社取締役(監査等委員)(現任)
                             昭和45年11月      プライスウォーターハウス会計事務所入所
                             昭和58年10月
                                   鈴木公認会計士事務所開業(現任)
     取締役
                             平成4年2月
                                   日栄工業株式会社社外取締役(現任)
     (監査等委           鈴木 清    昭和20年11月4日生                                (注)4    151,600
                             平成12年6月      当社監査役
                             平成24年4月
                                   株式会社ディスカバリー代表取締役(現任)
     員)
                             平成27年6月
                                   当社取締役(監査等委員)(現任)
                             平成27年6月
                                   株式会社ソノコム社外取締役(現任)
                             昭和63年4月      第一東京弁護士会に弁護士登録
     取締役
                             平成3年4月
                                   高場法律事務所入所(現任)
     (監査等委           高場大介    昭和31年12月2日生                                (注)4     1,000
                             平成11年3月
                                   緑産業株式会社監査役(現任)
                             平成16年6月      当社監査役
     員)
                             平成27年6月
                                   当社取締役(監査等委員)(現任)
                                          計              8,460,800
      (注)1.取締役 鈴木清、高場大介は、社外取締役であります。
         2.当社の監査等委員会については、次のとおりであります。
            委員長 鈴木憲一、委員 鈴木清、委員 高場大介
             なお、鈴木憲一は、常勤の監査等委員であります。当社では、業務執行取締役等へのヒアリングや内部
            監査部門等からの報告受領、子会社の監査等による情報の把握及び各種会議への出席を継続的・実効的に
            行うため、常勤の監査等委員を選定しております。
         3.平成30年6月21日開催の定時株主総会終結の時から1年間。
         4.平成29年6月22日開催の定時株主総会終結の時から2年間。なお、監査等委員である取締役 鈴木憲一の任
           期は、平成30年6月21日開催の定時株主総会終結の時から1年間であります。
         5.取締役       肥田恵輔    は、  代表取締役社長 肥田幸春の             長女の配偶者      であります。
         6.「所有株式数」は、平成30年3月31日現在の所有株式数を記載しています。
         7.当社は、各部門の業務執行責任の明確化と執行機能の向上を図る目的で、執行役員制度を導入しておりま
           す。
                                 27/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         8.  当社は、法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項
           に定める補欠の監査等委員である取締役2名を選任しております。補欠の監査等委員である取締役の略歴は
           以下のとおりです        。
              氏名        生年月日                 略歴              所有株式数(株)

                            昭和57年10月      千葉建設株式会社(現株式会社リブラン)入

                                  社
                            平成20年10月      同社取締役執行役員社長
             小澤 満       昭和34年2月7日生                                        -
                            平成21年9月      株式会社エフ・ジェー不動産販売(現株式会
                                  社エフ・ジェー・ネクスト)入社
                                  伊豆高原支店長(現任)
                            平成16年10月      第二東京弁護士会に弁護士登録
                                  リンク総合法律事務所入所
            大城 季絵       昭和50年4月4日生                                        -
                            平成17年5月
                                  第一東京弁護士会に弁護士登録
                                  高場法律事務所入所(現任)
          (注)1.小澤満は、現監査等委員である取締役 鈴木憲一の補欠であります。

             2.大城季絵は、現監査等委員である社外取締役 鈴木清、高場大介の補欠であります。
                                 28/78















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
         当社は、グループ全体の収益力の向上と企業価値の最大化を目指して、迅速かつ適切な経営の意思決定と業務執
        行を可能とする組織体制を確立し、株主をはじめとする全てのステークホルダーに対する経営責任を果たしていく
        ことをコーポレート・ガバナンスの基本的な方針としております。なお、以下のコーポレート・ガバナンスの状況
        については、有価証券報告書提出日現在のものを記載しております。
       ① 企業統治の体制

        イ.企業統治の体制の概要
          当社は会社法上の機関設計として監査等委員会設置会社制度を採用しております。
          当社の業務執行・経営の監視体制は下図のとおりであります。
        ロ.企業統治の体制を採用する理由







          当社が監査等委員会設置会社を採用する理由は、取締役会の決議事項について議決権を持つ監査等委員である
         取締役により、取締役会の監督機能を一層強化することで、当社のコーポレート・ガバナンスの更なる充実を図
         るためであります。
          取締役会は      、業務執行取締役11名及び監査等委員である取締役3名の合計14名で構成され                                    、毎月1回の定例取
         締役会の他、必要に応じ臨時取締役会を開催し、法令で定められた事項や経営に関する重要事項の決定及び各取
         締役の業務執行状況の監督を行っております。また、取締役会において中期経営計画及び年度予算を策定し、計
         画を達成するため取締役の職務権限と担当職務を明確にし、職務執行の効率化を図っております。
          監査等委員会は、社外取締役2名を含む監査等委員である取締役3名で構成されております。監査等委員は、
         取締役会をはじめとする重要な会議に出席し、積極的に意見表明を行うとともに、監査等委員会は内部統制シス
         テムを通じ、厳正な適法性監査及び妥当性監査を行い、経営に対する監視、監査機能を果たしております。
          当社では、重要事項の審議の迅速化と適正化を図るため、取締役会のほかに経営会議を設けるとともに、各部
         門の業務執行責任の明確化と執行機能の向上を目的として、従来より執行役員制度を導入しております。
          急激な経営環境の変化に対処し、スピードと革新性を重視した経営を推進していくためには、現体制が最適と
         考えておりますが、経営状況の変化に対応して形式にとらわれることなく、今後も一層企業統治機能の強化に努
         めてまいります。
        ハ.内部統制システムの整備の状況

          当社は、『都市住空間への挑戦と創造を通して豊かな社会づくりに貢献していく』という経営理念のもと、取
         締役等・使用人が職務を適正かつ効率的に執行していくための組織体制を整備し、運用していくことを内部統制
         システム構築の基本方針としています。
          当社及び子会社の取締役等・使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するため、職務権限規
         程などの内部規程を設け、その運用の周知徹底に努めております。また、重要事項については、経営会議または
         取締役会において審議することとし、有効な相互牽制が機能する体制を整備しております。
          また、コンプライアンス体制の一層の強化を図るため、「コンプライアンス委員会」を設置しております。同
         委員会は当社代表取締役社長を委員長とし、当社及び子会社の取締役及び部長以上の役職者から選任された委員
         によって構成する横断的な組織であり、原則として、毎月1回開催しております。さらに、社内におけるコンプ
         ライアンス違反行為の内部通報制度を設け、直接、コンプライアンスに関する相談及び通報するために窓口を複
         数設置し、通報者に対しては不利益を及ぼさない仕組みをとっております。
          加えて、     当社及び子会社の        財務報告の信頼性を確保するため、経理部において、財務報告にかかる内部統制の
         構築、評価及び報告が適切に行われる体制を整備、運用することとしております。
                                 29/78



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ニ.リスク管理体制の整備状況
          当社及び子会社のリスク管理体制としては、経営上のリスク全般に対し迅速かつ的確に対応できるように当社
         代表取締役社長を委員長とする「危機対策委員会」を設置し、様々な危機発生に備えております。有事において
         は「危機管理基本マニュアル」に従い、全社的に対応することとしております。情報セキュリティについては特
         に重視し、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格である「ISO/IEC27001」の認証を受
         け、「情報セキュリティ委員会」を常置し、全社的に情報セキュリティの統制を図っております。また、取締役
         会、経営会議等の議事録や重要な意思決定及び職務執行についての文書等の保存、管理は、文書管理規程に基づ
         き適切に行っております。
        ホ.子会社の業務の適正を確保するための体制の整備の状況

          子会社の業務の適正を確保するため、当社は、「関係会社管理規程」に基づき、子会社に対する適切な経営管
         理を行うこととしております。子会社の中期経営計画及び年度予算は当社の取締役会で承認することとし、計画
         の進捗状況、業績、財務状況、その他の重要な事項について定例の取締役会において、出席する子会社取締役よ
         り報告を受ける体制としております。
          コンプライアンスに関する規程及び内部通報制度については、グループ全体のものとして運用し、取締役等・
         使用人のコンプライアンスに対する意識の向上を図っております。
       ② 内部監査及び監査等委員会監査の状況

          内部監査機能としては、代表取締役社長直属の内部監査室(1名)が、子会社を含めた全部署を対象に定期的
         に監査を実施し、各部署が法令、定款、内部規程に照らし適正かつ有効に職務執行されているかを代表取締役社
         長に報告するとともに、指摘事項について的確に改善されているかフォローしております。内部監査の実施にあ
         たっては、監査等委員会並びに内部統制を所管する経理部とも密接な連携をとるなど健全経営に向けた内部統制
         に努めております。
          監査等委員会監査については、監査等委員会は3名(うち常勤監査等委員1名)で構成されており、各監査等
         委員は、監査等委員会で定めた監査の方針、業務の分担に従い、取締役会への出席や重要書類の閲覧などを通じ
         て、取締役の職務執行について監査を行っております。なお、監査等委員 鈴木清は公認会計士・税理士、監査
         等委員 高場大介は弁護士の有資格者であります。
          常勤監査等委員は、内部監査室と協働で監査を実施するなど密接な連携をとり、監査活動の効率化及び質的な
         向上を図っております。内部監査の結果は定例の監査等委員会において内部監査室長から社外監査等委員にも報
         告され、監査等委員会は内部監査の方法等について必要な助言・指導を行うこととしております。
          また、年3回程度行う会計監査人との会合には常勤監査等委員及び社外監査等委員の全員が出席し、監査の実
         施方法とその内容等についての情報交換を行うほか、常勤監査等委員は会計監査人が実施する往査時における立
         ち会いなどを通じて適宜情報交換を行うことにより、相互間の連携強化を図っております。
       ③ 社外取締役

          当社の社外取締役は2名であります。社外取締役 鈴木清は、当社株式151,600株を保有しております。社外
         取締役 高場大介は、当社株式1,000株を保有しております。社外取締役両名と当社との間には、人的関係、上
         記以外の資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
          鈴木清は公認会計士・税理士、高場大介は弁護士の有資格者であります。両名ともに当社の取締役に相応しい
         高い見識と専門知識、経験を備えており、株主をはじめとする各ステークホルダーの利益を重視し、経営陣から
         独立した客観的な立場で、取締役会における議決権の行使及び業務執行に対する監視、監督活動を行っておりま
         す。  社外取締役は、毎月1回開催する監査等委員会において、常勤監査等委員と経営に関する意見交換を行うと
         ともに、適宜、内部監査室長から関係会社を含めた各部門の課題等の情報を収集し、意見具申を行っておりま
         す。また、     会 計監査人との会合に出席し、それぞれ専門的な見地に基づいて活発な意見交換を行い、会計監査人
         との相互連携を図っております。なお、                   上記社外取締役2名は東京証券取引所に対し、独立役員として届け出て
         おります。
          当社において、社外取締役を選任するための独立性について特段の定めはありませんが、上記のとおり一般株
         主と利益相反の生じるおそれがないことを基本的な考え方として、選任しております。
       ④ 役員報酬等

        イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
               役員区分             報酬等の総額(百万円)                対象となる役員の員数(人)
         取締役(監査等委員を除く。)
                                       381                  9
         (社外取締役を除く。)
         取締役(監査等委員)
                                        7                 1
         (社外取締役を除く。)
         社外役員                              11                  2
         (注)    上記には、当事業年度における役員退職慰労引当金の繰入額44百万円(取締役(監査等委員である取
            締役を除く)9名に対し43百万円、取締役(監査等委員)1名に対し0百万円)が含まれております。
                                 30/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ロ.報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等
               氏名           役員区分         会社区分        連結報酬等の総額(百万円)
         肥田幸春              取締役         提出会社                       175
         (注)上記には、当事業年度における役員退職慰労引当金の繰入額22百万円が含まれております。
        ハ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

           取締役の報酬限度額は、平成27年6月25日開催の第35回定時株主総会において、取締役(監査等委員である
          取締役を除く)は年額700百万円(ただし、使用人分給与は含まない。)、監査等委員である取締役は年額100
          百万円を限度とすることが定められております。
           業務執行取締役の報酬については、会社業績、世間水準、社員給与とのバランス等を考慮の上、健全な企業
          家精神の発揮に資するためのインセンティブ付けの観点から、各取締役の会社経営への貢献度を反映させて決
          定しております。
       ⑤ 株式の保有状況

        イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           2銘柄 73百万円
        ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

          前事業年度
           特定投資株式
              銘柄          株式数(株)          貸借対照表計上額(百万円)                  保有目的
         ㈱ジャックス                    137,039                 66  取引先との関係強化
          当事業年度

           特定投資株式
              銘柄          株式数(株)          貸借対照表計上額(百万円)                  保有目的
         ㈱ジャックス                    29,476                 68  取引先との関係強化
        ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並びに

         当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
          該当事項はありません。
       ⑥ 会計監査の状況

          会計監査は、新日本有限責任監査法人と契約し、会社法及び金融商品取引法に基づく監査を受けております。
         当社の会計監査業務を執行した公認会計士は以下のとおりであります。
                     公認会計士の氏名等                          所属する監査法人
                             湯浅 敦
           指定有限責任社員
                                           新日本有限責任監査法人
           業務執行社員
                             長崎 将彦
          (注)継続関与年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。
           監査業務に係る補助者の構成
           公認会計士 6名  その他                13 名
       ⑦ 取締役の定数

          当社の取締役は15名以内とし、そのうち監査等委員である取締役は5名以内とする旨を定款に定めておりま
         す。
       ⑧ 取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の
         1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。また、取締役の選
         任決議については、累積投票によらないものとする旨を定めております。
       ⑨ 取締役会で決議できる株主総会決議事項

         イ.自己の株式の取得
            当社は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するため、会社法第165条第2項の規定によ
           り、取締役会の決議によって自己株式の取得をすることができる旨を定款に定めております。
         ロ.取締役の責任免除

            当社は、取締役が期待される役割を十分に発揮できることを目的として、会社法第426条第1項の規定に
           より、取締役の損害賠償責任を、法令の限度において取締役会の決議によって免除することができる旨を定
           款に定めております。
                                 31/78



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         ハ.中間配当
            当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として
           中間配当をすることができる旨を定款に定めております。
       ⑩ 株主総会の特別決議要件

          当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権の3分の1以上
         を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
       ⑪ 責任限定契約の内容の概要

          当社と取締役(業務執行取締役等を除く)は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損
         害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、会社法第425条第
         1項に定める最低限度額としております。なお、当該責任の限定が認められるのは、当該取締役(業務執行取締
         役等を除く)が責任の原因となった職務の遂行について善意かつ重大な過失がないときに限られます。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
      提出会社                  29            -            29            -
      連結子会社                  -            -            -            -

         計               29            -            29            -

        ②【その他重要な報酬の内容】

          前連結会計年度(平成29年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(平成30年3月31日)

           該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          前連結会計年度(平成29年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(平成30年3月31日)

           該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

           該当事項はありませんが、監査に要する日数等を勘案した上で、決定しております。
                                 32/78







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、新日
       本有限責任監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を
       整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、会計基準設定主体等の行う研修へ参加しております。
                                 33/78














                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         15,324              13,851
         現金及び預金
                                         3,344              2,919
         受取手形及び営業未収入金
                                           82               -
         有価証券
                                         15,615              19,687
         販売用不動産
                                        ※2 20,474             ※2 22,798
         仕掛販売用不動産
                                           36              21
         未成工事支出金
                                           28              23
         原材料及び貯蔵品
                                           141              154
         前渡金
                                           325              322
         繰延税金資産
                                           487              786
         その他
                                           △ 0             △ 0
         貸倒引当金
                                         55,859              60,562
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         1,398              1,397
          建物及び構築物
                                         △ 739             △ 814
            減価償却累計額
                                         ※2 658             ※2 583
            建物及び構築物(純額)
                                         ※2 594             ※2 594
          土地
                                           285              308
          その他
                                         △ 220             △ 243
            減価償却累計額
            その他(純額)                               64              64
                                         1,316              1,242
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  49              46
         投資その他の資産
                                         ※1 245             ※1 247
          投資有価証券
                                           199              282
          繰延税金資産
                                           971             1,059
          その他
                                          △ 10             △ 10
          貸倒引当金
                                         1,406              1,580
          投資その他の資産合計
                                         2,772              2,869
         固定資産合計
                                         58,631              63,432
       資産合計
                                 34/78








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         1,274               948
         支払手形及び買掛金
                                           500               -
         短期借入金
                                        ※2 3,000             ※2 3,800
         1年内返済予定の長期借入金
         未払金                                  449              455
                                         1,694              1,227
         未払法人税等
                                           484               40
         未払消費税等
                                         1,660              1,756
         預り金
                                           224              251
         賞与引当金
                                           682              867
         その他
                                         9,970              9,346
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※2 10,040             ※2 11,730
         長期借入金
         役員退職慰労引当金                                  753              790
                                           405              561
         退職給付に係る負債
                                         1,577              1,588
         長期預り敷金保証金
                                           72              71
         長期預り金
                                            6              0
         その他
                                         12,856              14,742
         固定負債合計
                                         22,826              24,088
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         2,774              2,774
         資本金
                                         3,054              3,054
         資本剰余金
                                         30,749              34,712
         利益剰余金
                                         △ 789            △ 1,211
         自己株式
                                         35,789              39,330
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           15              13
         その他有価証券評価差額金
                                           15              13
         その他の包括利益累計額合計
                                         35,804              39,343
       純資産合計
                                         58,631              63,432
      負債純資産合計
                                 35/78









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                         61,416              67,008
      売上高
                                      ※1 , ※2 45,642             ※2 51,114
      売上原価
                                         15,774              15,894
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                           910             1,165
       広告宣伝費
                                         2,642              2,840
       給料手当及び賞与
                                           216              240
       賞与引当金繰入額
                                           63              162
       退職給付費用
                                           45              46
       役員退職慰労引当金繰入額
                                         3,879              4,199
       その他
                                         7,759              8,656
       販売費及び一般管理費合計
                                         8,015              7,238
      営業利益
      営業外収益
                                            2              1
       受取利息
                                            2              2
       受取配当金
                                            1              3
       投資事業組合運用益
                                           114               24
       違約金収入
                                            3              ▶
       助成金収入
                                           22               3
       その他
                                           145               39
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           52              47
       支払利息
                                            5              ▶
       その他
                                           57              52
       営業外費用合計
                                         8,103              7,226
      経常利益
                                         8,103              7,226
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,788              2,615
                                         △ 158              △ 78
      法人税等調整額
                                         2,629              2,536
      法人税等合計
                                         5,474              4,689
      当期純利益
                                         5,474              4,689
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 36/78









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                         5,474              4,689
      当期純利益
      その他の包括利益
                                            0             △ 1
       その他有価証券評価差額金
                                           ※ 0             ※ △ 1
       その他の包括利益合計
                                         5,474              4,688
      包括利益
      (内訳)
                                         5,474              4,688
       親会社株主に係る包括利益
                                            -              -
       非支配株主に係る包括利益
                                 37/78
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       2,774         3,054        25,850         △ 289       31,390
     当期変動額
      剰余金の配当                                   △ 574                △ 574
      親会社株主に帰属する当期純
                                         5,474                 5,474
      利益
      自己株式の取得                                           △ 499        △ 499
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計
                         -         -       4,899         △ 499        4,399
     当期末残高                  2,774         3,054        30,749         △ 789       35,789
                     その他の包括利益累計額

                                     純資産合計
                  その他有価証券評価         その他の包括利益累
                  差額金         計額合計
     当期首残高
                         14         14       31,405
     当期変動額
      剰余金の配当                                   △ 574
      親会社株主に帰属する当期純
                                         5,474
      利益
      自己株式の取得                                   △ 499
      株主資本以外の項目の当期変
                         0         0         0
      動額(純額)
     当期変動額合計
                         0         0       4,399
     当期末残高                    15         15       35,804
                                 38/78










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  2,774         3,054        30,749         △ 789       35,789
     当期変動額
      剰余金の配当                                   △ 727                △ 727
      親会社株主に帰属する当期純
                                         4,689                 4,689
      利益
      自己株式の取得
                                                 △ 422        △ 422
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                    -         -       3,962         △ 422        3,540
     当期末残高                  2,774         3,054        34,712        △ 1,211        39,330
                     その他の包括利益累計額

                                     純資産合計
                  その他有価証券評価         その他の包括利益累
                  差額金         計額合計
     当期首残高                    15         15       35,804
     当期変動額
      剰余金の配当                                   △ 727
      親会社株主に帰属する当期純
                                         4,689
      利益
      自己株式の取得
                                         △ 422
      株主資本以外の項目の当期変
                        △ 1        △ 1        △ 1
      動額(純額)
     当期変動額合計                   △ 1        △ 1       3,538
     当期末残高                    13         13       39,343
                                 39/78










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         8,103              7,226
       税金等調整前当期純利益
                                           189              200
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0             △ 0
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    50              26
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    45              36
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    49              155
                                           △ ▶             △ ▶
       受取利息及び受取配当金
                                           52              47
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                    89              425
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 5,135             △ 6,466
       仕入債務の増減額(△は減少)                                   377             △ 325
       前渡金の増減額(△は増加)                                   137              △ 12
       前受金の増減額(△は減少)                                    76              179
       預り敷金及び保証金の増減額(△は減少)                                   △ 41              10
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                   449             △ 616
                                           135             △ 101
       その他
                                         4,575               780
       小計
                                            ▶              ▶
       利息及び配当金の受取額
                                          △ 51             △ 46
       利息の支払額
                                        △ 2,738             △ 3,043
       法人税等の支払額
                                         1,788             △ 2,304
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 37             △ 32
       有形固定資産の取得による支出
                                           △ 5             △ 5
       投資有価証券の取得による支出
       定期預金の増減額(△は増加)                                  △ 138              233
                                           50              80
       投資有価証券の償還による収入
                                            6             △ 18
       その他
                                         △ 124              257
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 1,000              △ 500
                                         8,100              8,660
       長期借入れによる収入
                                        △ 5,407             △ 6,170
       長期借入金の返済による支出
                                           △ 6             △ 7
       リース債務の返済による支出
                                         △ 499             △ 422
       自己株式の取得による支出
                                         △ 574             △ 726
       配当金の支払額
                                           611              834
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    2,275             △ 1,212
                                         12,617              14,893
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 14,893              ※ 13,680
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 40/78






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1.連結の範囲に関する事項

      (1)連結子会社の数           ▶ 社
         連結子会社の名称
          ㈱エフ・ジェー・コミュニティ
          ㈱レジテックコーポレーション
          FJリゾートマネジメント㈱
          ㈱アライドライフ
      (2)非連結子会社の名称等

          台灣益富傑股份有限公司
          (連結の範囲から除いた理由)
           非連結子会社は、総資産、売上高、当期純損益及び利益剰余金(持分に見合う額)等が、いずれも連結財
          務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲に含めておりません。
     2.持分法の適用に関する事項

        持分法を適用していない非連結子会社の名称等
          台灣益富傑股份有限公司
          (持分法を適用していない理由)
           持分法を適用していない非連結子会社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う
          額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても
          重要性がないため、持分法の適用範囲に含めておりません。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        すべての連結子会社の事業年度末日は、連結決算日と一致しております。
     4.会計方針に関する事項

      (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
       ① 有価証券
        その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
         り算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
       ② デリバティブ
        時価法
          ただし、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例処理を採用しております。
       ③ たな卸資産
        販売用不動産及び仕掛販売用不動産
          個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
        未成工事支出金
          個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
        原材料及び貯蔵品
          最終仕入原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
                                 41/78





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ① 有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法
         ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)                               並びに平成28年4月1日以降に取得した建
         物附属設備及び構築物          については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物 11~44年
       ② 無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法
         ただし、ソフトウェア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用し
        ております。
       ③ リース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      (3)重要な引当金の計上基準
       ① 貸倒引当金
         債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については、貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
        ついては、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       ② 賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来の支給見込額のうち当連結会計年度負担額を計上して
        おります。
       ③ 役員退職慰労引当金
         役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
      (4)退職給付に係る会計処理の方法
         当社は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務の見込額に基づき、退職給
        付債務の額を計上しております。なお、退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末まで
        の期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっております。
         連結子会社4社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を
        退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (5)重要な収益及び費用の計上基準
         販売用不動産の売上高及び売上原価の計上は引渡基準によっておりますが、連結子会社の融資を伴う販売用不
        動産については、未回収の債権相当額に対応する販売利益を繰延処理しております。
      (6)重要なヘッジ会計の方法
       ①   ヘッジ会計の方法
         繰延ヘッジ処理によっております。また、金利スワップについて特例処理の要件を満たしている場合には、特
        例処理を採用しております。
       ② ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段 金利スワップ
         ヘッジ対象 借入金の支払利息
       ③ ヘッジ方針
         借入金の金利の変動によるリスクを回避する目的で、金利スワップ取引を行っております。ヘッジ対象の識別
        は個別契約ごとに行っております。
       ④ ヘッジの有効性評価の方法
         ヘッジ対象及びヘッジ手段について、ヘッジ取引の事前、事後に個別取引ごとにヘッジ効果を検証しておりま
        すが、契約内容等によりヘッジに高い有効性が認められている場合には有効性の判断を省略しております。
      (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスクしか負
        わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
      (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
        消費税等の会計処理
         消費税等の会計処理方法は、税抜方式によっております。また、控除対象外消費税等については、当連結会計
        年度の費用としております。
                                 42/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員
       会)
      (1)概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計
       基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいて
       はTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は平成29年12
       月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する
       包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
       を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
       点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
       には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
      (2)適用予定日

        平成34年3月期の期首から適用予定です。
      (3)当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」              等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であり
       ます。
         (追加情報)

          (退職給付債務の計算方法の変更)
           当社は、退職給付債務の計算方法について、従来まで期末自己都合要支給額を退職給付債務とする簡便法
          によっておりましたが、対象従業員が300人を超えたため、当連結会計年度末より原則的な方法に変更してお
          ります。この変更に伴い、当連結会計年度末における退職給付に係る負債が91百万円増加し、同額を退職給
          付費用として販売費及び一般管理費に計上しております。
                                 43/78











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
      ※1 非連結子会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                74百万円                        74百万円
      ※2 担保資産及び担保付債務

         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     仕掛販売用不動産                              17,265百万円                        20,899百万円
     建物及び構築物                               205                            176
     土地                               253                            253
               計                     17,725                       21,329
         担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     1年内返済予定の長期借入金                              3,000百万円                           3,800百万円
     長期借入金                              10,040                 11,230
               計                     13,040                 15,030
         (連結損益計算書関係)

      ※1 売上原価には収益性の低下に伴うたな卸資産の簿価切下額が含まれております。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
                                     10 百万円                 - 百万円
      ※2 売上原価には販売用不動産利益繰延額(純額)が含まれております。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
                                     △8百万円                 △4百万円
         (連結包括利益計算書関係)

      ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                   0百万円              △2百万円
      組替調整額                                   -               -
       税効果調整前
                                         0              △2
       税効果額                                △0                 0
       その他有価証券評価差額金
                                         0              △1
        その他の包括利益合計
                                         0              △1
                                 44/78





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首 株式数(千株)         加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                     34,646            -          -       34,646

            合計               34,646            -          -       34,646

     自己株式

      普通株式   (注)                      670          837           -        1,508

            合計                670          837           -        1,508

     (注)普通株式の自己株式の株式数の増加837千株は、取締役会決議による自己株式の取得によるものであります。
          2.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
                  株式の種類                  配当額         基準日         効力発生日
                          (百万円)
     (決議)
                                   (円)
     平成28年6月23日
                 普通株式             305         9  平成28年3月31日          平成28年6月24日
     定時株主総会
     平成28年11月2日
                 普通株式             268         8  平成28年9月30日          平成28年12月5日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                       (百万円)
     (決議)
                                      (円)
     平成29年6月22日
                普通株式           397    利益剰余金           12  平成29年3月31日         平成29年6月23日
     定時株主総会
                                 45/78










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首 株式数(千株)         加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式

      普通株式                     34,646            -          -       34,646

            合計               34,646            -          -       34,646

     自己株式

      普通株式   (注)                     1,508           452           -        1,961

            合計               1,508           452           -        1,961

     (注)普通株式の自己株式の株式数の増加452千株は、取締役会決議による自己株式の取得によるものであります。
          2.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
                  株式の種類                  配当額         基準日         効力発生日
                          (百万円)
     (決議)
                                   (円)
     平成29年6月22日
                 普通株式             397         12   平成29年3月31日          平成29年6月23日
     定時株主総会
     平成29年11月2日
                 普通株式             329         10   平成29年9月30日          平成29年12月4日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                       (百万円)
     (決議)
                                      (円)
     平成30年6月21日
                普通株式           392    利益剰余金           12  平成30年3月31日         平成30年6月22日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                  至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
     現金及び預金勘定                                  15,324百万円              13,851百万円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                  △430                      △170
                                       14,893
     現金及び現金同等物                                                13,680
                                 46/78







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
     1.ファイナンス・リース取引(借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容
         有形固定資産
          主に旅館事業における旅館設備(「建物附属設備」、「工具、器具及び備品」)であります。
      ② リース資産の減価償却の方法
          連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減
         価償却の方法」に記載のとおりであります。
     2.オペレーティング・リース取引(借主側)

      貸主との借上契約上、借上賃料が固定化されている期間の未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                            前連結会計年度                   当連結会計年度

                           (平成29年3月31日)                   (平成30年3月31日)
     1年内                                 4,501                   4,651

     1年超                                 10,565                   11,510

     合計                                 15,067                   16,162

         (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については原則として短期的な預金等に限定し、資金調達については銀行借入による
       方針であります。デリバティブ取引については、後述するリスクを低減するための取引であり、投機的な取引は行
       わない方針であります。
      (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

        営業債権である受取手形及び営業未収入金は、顧客及び取引先の信用リスクに晒されております。当該リスクに
       関しては、主管部門及び経理部において、相手先ごとに期日管理及び残高管理を行うとともに、適宜相手先の信用
       状況等を把握する体制をとっております。
        有価証券及び投資有価証券は、主として債券及び株式であり、市場価格の変動リスク等に晒されております。当
       該リスクに関しては、経理部において、債券及び株式については四半期ごとに時価を把握し、その他については、
       発行体の財務状況等を把握する体制をとっております。
        営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日であります。
        借入金の使途は主にプロジェクト用地の仕入資金であります。
        長期預り敷金保証金は、当社グループが管理するマンションの入居者からの預り敷金であり、入居者が退去する
       際に返還義務を負うものであります。
        営業債務、借入金、及び長期預り敷金保証金は、流動性リスクに晒されておりますが、当社グループは、会社ご
       とに月次で資金繰計画を作成し、適宜更新するなどの方法により管理しております。なお、長期預り敷金保証金は
       その性質に鑑み、運転資金等には充当せず、預金により保全しております。
        デリバティブ取引は、変動金利支払の借入金について、将来の金利上昇によるリスクを回避する目的の金利ス
       ワップ取引であり、市場金利の変動によるリスクを有しております。
        金利関連のデリバティブ取引の契約先は、信用度の高い金融機関を選定することとしているため、相手先の契約
       不履行によるいわゆる信用リスクは、ほとんどないと判断しております。また、稟議決裁で承認された取引を経理
       部で実行及び管理を行っており、その取引結果は定時取締役会の報告事項となっております。
        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することがあります。
        なお、当連結会計年度において、デリバティブ取引はありません。
                                 47/78



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
           前連結会計年度(平成29年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(百万円)             差額(百万円)
                          (百万円)
          (1)現金及び預金                      15,324             15,324               -
          (2)受取手形及び
                                3,344             3,356              11
             営業未収入金
          (3)有価証券及び
                                 245             245              -
             投資有価証券
            資産計
                                18,913             18,925               11
          (4)支払手形及び買掛金                      1,274             1,274               -

          (5)短期借入金                       500             500              -
          (6)1年内返済予定の
                                3,000             3,000               -
             長期借入金
          (7)長期借入金                      10,040             10,040               -
          (8)長期預り敷金保証金                      1,577             1,565             △12
            負債計

                                16,392             16,379              △12
           当連結会計年度(平成30年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(百万円)             差額(百万円)
                          (百万円)
          (1)現金及び預金                      13,851             13,851               -
          (2)受取手形及び
                                2,919             2,926               7
             営業未収入金
          (3)投資有価証券                       168             168              -
            資産計

                                16,939             16,946               7
          (4)支払手形及び買掛金                       948             948              -

                                                           -
          (5)短期借入金                        -             -
          (6)1年内返済予定の
                                3,800             3,800               -
             長期借入金
          (7)長期借入金                      11,730             11,730               -
          (8)長期預り敷金保証金                      1,588             1,575             △12
            負債計
                                18,067             18,054              △12
          (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
             資 産
              (1)現金及び預金、並びに(2)受取手形及び営業未収入金
                これらのうち、短期間に回収される債権については、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、
               当該帳簿価額によっております。また、回収に長期間を要する債権については、個別債権ごと
               に、将来キャッシュ・フローを満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引いた
               現在価値によっております。
              (3)有価証券及び投資有価証券
                これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券については取引先金融機関等か
               ら提示された価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注
               記事項「有価証券関係」をご参照ください。
                                 48/78



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
             負 債
              (4)支払手形及び買掛金
                これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
               ております。
              (5)短期借入金、(6)1年内返済予定の長期借入金、及び(7)長期借入金
                借入金の金利は変動金利によっており、金利が一定期間ごとに更改される条件となっているた
               め、時価は帳簿価額にほぼ等しいといえることから、当該帳簿価額によっております。
              (8)長期預り敷金保証金
                長期預り敷金保証金は返還するまでの預り期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在
               価値によって算定しております。
             デリバティブ取引
               期末残高がないため、該当事項はありません。
             2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                    区分
                                (平成29年3月31日)                (平成30年3月31日)
              非上場株式                            81                79
               これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
              (3)有価証券及び投資有価証券には含めておりません。
             3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

              前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                       1年超        5年超
                               1年以内
                                                       10年超
                                       5年以内        10年以内
                               (百万円)
                                                       (百万円)
                                       (百万円)         (百万円)
                                 15,322
              預金                             -        -        -
              受取手形及び営業未収入金                   2,882         233        219         8

              有価証券及び投資有価証券

               その他有価証券のうち満期
               があるもの
                  債券                 80        -       100         -
                    合計             18,285         233        319         8

              当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                       1年超        5年超
                               1年以内
                                                       10年超
                                       5年以内        10年以内
                               (百万円)
                                                       (百万円)
                                       (百万円)         (百万円)
                                 13,848
              預金                             -        -        -
              受取手形及び営業未収入金                   2,492         285        138         2

              投資有価証券

               その他有価証券のうち満期
               があるもの
                  債券                 -        -       100         -
                    合計             16,341         285        238         2

                                 49/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
             4.短期借入金及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額
              前連結会計年度(平成29年3月31日)
                             1年超       2年超       3年超       4年超
                      1年以内                                  5年超
                             2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (百万円)                                 (百万円)
                            (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
                                       -

              短期借入金            500        -             -       -       -
                               8,270       1,300
              長期借入金           3,000                     470        -       -
                合計        3,500       8,270       1,300        470        -       -

              当連結会計年度(平成30年3月31日)

                             1年超       2年超       3年超       4年超
                      1年以内                                  5年超
                             2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (百万円)                                 (百万円)
                            (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
                              11,260        470
              長期借入金           3,800                      -       -       -
                合計        3,800      11,260        470        -       -       -

                                 50/78















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
         前連結会計年度(平成29年3月31日)
         その他有価証券
                             連結貸借対照表計上
                      種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             額(百万円)
                  (1)株式                    66           44           22
     連結貸借対照表計上額
                  (2)債券                    50           50           0
     が取得原価を超えるも
                  (3)その他                    -           -           -
     の
                      小計               116           94           22
                  (1)株式                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額
                  (2)債券                   129           130           △0
     が取得原価を超えない
                  (3)その他                    -           -           -
     もの
                      小計               129           130           △0
               合計                     245           224           21
       (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額81百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
          困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
         当連結会計年度(平成30年3月31日)

         その他有価証券
                             連結貸借対照表計上
                      種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             額(百万円)
                  (1)株式                    68           49           19
     連結貸借対照表計上額
                  (2)債券                    -           -           -
     が取得原価を超えるも
                  (3)その他                    -           -           -
     の
                      小計                68           49           19
                  (1)株式                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額
                  (2)債券                    99          100           △0
     が取得原価を超えない
                  (3)その他                    -           -           -
     もの
                      小計                99          100           △0
               合計                     168           149           19
       (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額79百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
          困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
         (デリバティブ取引関係)

          前連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
         1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
           該当事項はありません。
         2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           期末残高がないため、該当事項はありません。
          当連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

         1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
           該当事項はありません。
         2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           期末残高がないため、該当事項はありません。
                                 51/78



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
         1.採用している退職給付制度の概要
           当社及び連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、非積立型の確定給付制度を採用しております。
           当社は、退職給付債務の計算方法について、従来まで期末自己都合要支給額を退職給付債務とする簡便法に
          よっておりましたが、対象従業員が300人を超えたため、当連結会計年度末より原則的な方法に変更しており
          ます。
           なお、連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、期末自己都合要支給額を退職給付債
          務とする簡便法を適用しております。
         2.確定給付制度

          (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                   至 平成29年3月31日)                至 平成30年3月31日)
          退職給付債務の期首残高                               -百万円              -百万円
           簡便法から原則法への変更に伴う振替額                               -             356
           簡便法から原則法への変更に伴う増加額                               -             91
          退職給付債務の期末残高                               -             447
          (2)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                   至 平成29年3月31日)                至 平成30年3月31日)
          退職給付に係る負債の期首残高                              355百万円              405百万円
           退職給付費用                               69              76
           退職給付の支払額                              △19              △12
           簡便法から原則法への変更に伴う振替額                               -            △356
          退職給付に係る負債の期末残高                              405              113
          (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付

           に係る資産の調整表
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
          積立型制度の退職給付債務                               -百万円              -百万円
          年金資産                               -              -
                                          -              -
          非積立型制度の退職給付債務                              405              561
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              405              561
          退職給付に係る負債                              405              561

          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              405              561
          (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                   至 平成29年3月31日)                至 平成30年3月31日)
          簡便法で計算した退職給付費用                               69百万円              76百万円
          簡便法から原則法への変更に伴う影響額                               -             91
          退職給付費用                               69             168
          (5)数理計算上の計算基礎に関する事項

                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
                                          -%
           割引率                                           0.4%
           (注)退職給付債務の算出は、給付算定式基準により将来付与されるポイントを織り込まない方法を採用し
              ていることから、予想昇給率は適用しておりません。
                                 52/78



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          該当事項はありません。
         (税効果会計関係)

               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (平成29年3月31日)                             (平成30年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別                            1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別
      の内訳                            の内訳
                          (百万円)                            (百万円)
       繰延税金資産                            繰延税金資産
       (流動資産の部)                            (流動資産の部)
        未払事業税                     76       未払事業税                     69
        賞与引当金                     71       賞与引当金                     78
        減価償却の償却超過額                     57       減価償却の償却超過額                     86
        たな卸資産評価損                     82       たな卸資産評価損                     63
        預り家賃相当額否認                     32       預り家賃相当額否認                     11
        その他                     68       その他                     75
         小計                    388        小計                    385
        評価性引当額                     △63        評価性引当額                     △63
         計                    325        計                    322
       (固定資産の部)                            (固定資産の部)
        土地評価損                     22       土地評価損                     22
        減損損失                     28       減損損失                     27
        会員権評価損                      5      会員権評価損                      5
        退職給付に係る負債                     127       退職給付に係る負債                     175
        役員退職慰労引当金                     231       役員退職慰労引当金                     242
        減価償却の償却超過額                     14       減価償却の償却超過額                     34
        預り家賃相当額否認                     28       預り家賃相当額否認                     16
        繰越欠損金                     31       繰越欠損金                     35
        その他                      6      その他                     38
         小計                    496        小計                    598
        評価性引当額                     △289        評価性引当額                     △310
         計                      206        計                      288
       繰延税金資産合計                      532      繰延税金資産合計                      610
       繰延税金負債                            繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                     △6       その他有価証券評価差額金                     △5
         計                      △6        計                      △5
       繰延税金資産(負債)の純額                      525      繰延税金資産(負債)の純額                      605
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担                            2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担
      率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因                            率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因
      となった主要な項目別の内訳                            となった主要な項目別の内訳
                            (%)                            (%)
       法定実効税率                     30.86       法定実効税率                     30.86
       (調整)                            (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                     0.08      交際費等永久に損金に算入されない項目                     0.07
       留保金額に対する税額                     5.25      留保金額に対する税額                     5.21
       住民税均等割                     0.09      住民税均等割                     0.11
       評価性引当額の増減                    △2.82       評価性引当額の増減                     0.33
       所得拡大税制の特別控除                    △1.37       所得拡大税制の特別控除                    △1.91
       その他                     0.36      その他                     0.43
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                     32.45       税効果会計適用後の法人税等の負担率                     35.10
                                 53/78



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
          前連結会計年度末(平成29年3月31日)
           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          当連結会計年度末(平成30年3月31日)

           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         (賃貸等不動産関係)

          前連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 54/78
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
         Ⅰ   前連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)
          1.報告セグメントの概要
            当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役
           会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであり
           ます。
            当社及び株式会社アライドライフが「不動産開発事業」、株式会社エフ・ジェー・コミュニティが「不動
           産管理事業」、株式会社レジテックコーポレーションが「建設事業」、当社及びFJリゾートマネジメント
           株式会社が「旅館事業」を行っており、この4つを報告セグメントとしております。
            「不動産開発事業」は、主に首都圏におけるワンルームマンション及びファミリーマンションの開発・販
           売・仲介・賃貸、並びに伊豆地域における不動産事業を行っております。「不動産管理事業」は、主にマン
           ション区分所有者から賃貸管理、及び管理組合から建物管理の請負業務を行っております。「建設事業」
           は、主にマンション等建築物の設計・施工・検査・リノベーションを行っております。「旅館事業」は、静
           岡県の伊豆エリアにおいて、温泉旅館「伊東遊季亭」、「伊東遊季亭 川奈別邸」及び「玉峰館」の経営を
           行っております。
          2.報告セグメントごとの売上高、利益、資産その他の項目の算定方法

            報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
           項」における記載と概ね同一であります。
            報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
            セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
          3.報告セグメントごとの売上高、利益、資産その他の項目の金額に関する情報

                                                    (単位:百万円)
                                                         連結
                              報告セグメント
                                                  調整額      財務諸表
                                                        計上額
                     不動産      不動産                       (注)1
                                建設事業      旅館事業       計
                                                        (注)2
                    開発事業      管理事業
     売上高
      外部顧客への売上高
                     53,409      2,156      5,011       839    61,416         -   61,416
      セグメント間の内部売上高
                        2     423      32      12     470     △ 470       -
      又は振替高
           計
                     53,411      2,579      5,043       852    61,887       △ 470    61,416
     セグメント利益
                      6,584       783      557      62    7,987        27    8,015
     セグメント資産
                     49,947      4,586      3,350      1,372     59,257       △ 625    58,631
     その他の項目
      減価償却費
                       105       2      0     83     191      △ 1     189
      有形固定資産及び無形固定資
                       24      1      1      5     31      △ 0      31
      産の増加額
     (注)1.     調整額の内容は以下のとおりであります。
         セグメント利益                                   (単位:百万円)
         セグメント間取引消去                                                 22
         棚卸資産及び固定資産の調整額                                                  5
                     合計                                      27

                                 55/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         セグメント資産                                   (単位:百万円)
         セグメント間取引消去                                                △609
         棚卸資産及び固定資産の調整額                                                △15
                     合計                                     △625

         減価償却費                                     (単位:百万円)

         固定資産の調整額                                                 △1
         有形固定資産及び無形固定資産の増加額                        (単位:百万円)

         固定資産の調整額                                                 △0
        2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

                                 56/78
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         Ⅱ   当連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)
          1.報告セグメントの概要
            当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役
           会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであり
           ます。
            当社及び株式会社アライドライフが「不動産開発事業」、株式会社エフ・ジェー・コミュニティが「不動
           産管理事業」、株式会社レジテックコーポレーションが「建設事業」、当社及びFJリゾートマネジメント
           株式会社が「旅館事業」を行っており、この4つを報告セグメントとしております。
            「不動産開発事業」は、主に首都圏におけるワンルームマンション及びファミリーマンションの開発・販
           売・仲介・賃貸、並びに伊豆地域における不動産事業を行っております。「不動産管理事業」は、主にマン
           ション区分所有者から賃貸管理、及び管理組合から建物管理の請負業務を行っております。「建設事業」
           は、主にマンション等建築物の設計・施工・検査・リノベーションを行っております。「旅館事業」は、静
           岡県の伊豆エリアにおいて、温泉旅館「伊東遊季亭」、「伊東遊季亭 川奈別邸」及び「玉峰館」の経営を
           行っております。
          2.報告セグメントごとの売上高、利益、資産その他の項目の算定方法

            報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
           項」における記載と概ね同一であります。
            報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
            セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
          3.報告セグメントごとの売上高、利益、資産その他の項目の金額に関する情報

                                                    (単位:百万円)
                              報告セグメント                          連結
                                                  調整額      財務諸表
                                                  (注)1       計上額
                     不動産      不動産
                                建設事業      旅館事業       計
                    開発事業      管理事業                              (注)2
     売上高
      外部顧客への売上高
                     59,570      2,336      4,251       850    67,008         -   67,008
      セグメント間の内部売上高
                        6     433      29      12     482     △ 482       -
      又は振替高
           計
                     59,577      2,770      4,280       862    67,491       △ 482    67,008
     セグメント利益
                      5,915       858      386      51    7,212        26    7,238
     セグメント資産
                     54,576      4,932      2,886      1,371     63,766       △ 334    63,432
     その他の項目
      減価償却費
                       117       2      0     81     201      △ 1     200
      有形固定資産及び無形固定資
                       28      2      -      -     31      △ 0      31
      産の増加額
     (注)1.     調整額の内容は以下のとおりであります。
         セグメント利益                                   (単位:百万円)
         セグメント間取引消去                                                 25
         棚卸資産及び固定資産の調整額                                                  0
                     合計                                      26

                                 57/78





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         セグメント資産                                   (単位:百万円)
         セグメント間取引消去                                                △320
         棚卸資産及び固定資産の調整額                                                △14
                     合計                                     △334

         減価償却費                                     (単位:百万円)

         固定資産の調整額                                                 △1
         有形固定資産及び無形固定資産の増加額                        (単位:百万円)

         固定資産の調整額                                                 △0
        2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

        【関連情報】

           前連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
              セグメント情報として、同様の情報を記載しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)   売上高
              本邦以外の国又は地域に所在する支店及び連結子会社がないため該当事項はありません。
            (2)   有形固定資産

              本邦以外の国又は地域に所在する支店及び連結子会社がないため該当事項はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の10%以上を占めるも
             のがないため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
              セグメント情報として、同様の情報を記載しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)   売上高
              本邦以外の国又は地域に所在する支店及び連結子会社がないため該当事項はありません。
            (2)   有形固定資産

              本邦以外の国又は地域に所在する支店及び連結子会社がないため該当事項はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の10%以上を占めるも
             のがないため、記載を省略しております。
                                 58/78





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)

            該当事項はありません。
         【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)

            該当事項はありません。
         【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)

            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

           前連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

            該当事項はありません。
                                 59/78












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成28年4月1日                            (自 平成29年4月1日
              至 平成29年3月31日)                            至 平成30年3月31日)
                          1,080.48円

     1株当たり純資産額                            1株当たり純資産額                     1,203.71円
                            162.98円

     1株当たり当期純利益金額                            1株当たり当期純利益金額                      142.43円
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につ                             なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につ

     いては、潜在株式が存在しないため記載はしておりませ                            いては、潜在株式が存在しないため記載はしておりませ
     ん。                            ん。
     (注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                              至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                      5,474                 4,689
     (百万円)
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -                 -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
                                      5,474                 4,689
     純利益金額(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                              33,587,038                 32,928,926
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 60/78












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                           当期首   残高    当期末残高       平均利率
               区分                                     返済期限
                           (百万円)        (百万円)       (%)
     短期借入金                          500         -    -        -

     1年以内に返済予定の長期借入金                         3,000        3,800    0.352          -

     1年以内に返済予定のリース債務                           7        6  4.478          -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを
                              10,040        11,730     0.303    平成31年4月~平成32年9月
     除く。)
     リース債務(1年以内に返済予定のものを
                                 6        0  4.578       平成31年4月
     除く。)
               合計                13,553        15,536       -        -
      (注)1.「平均利率」については、期末借入金に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以
           下のとおりであります。
                       1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                        (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
            長期借入金               11,260            470           -          -

            リース債務                 0          -          -          -

         【資産除去債務明細表】

           当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結
          会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規
          定により記載を省略しております。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報                 等
     (累計期間)
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     14,442          28,879          42,729          67,008
     税金等調整前四半期(当期)
                          1,591          2,793          3,575          7,226
     純利益金額(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
     (当期)純利益金額(百万                      877         1,726          2,323          4,689
     円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          26.49          52.16          70.40          142.43
     利益金額(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
                          26.49          25.66          18.20          72.39
     (円)
                                 61/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         10,072               8,322
         現金及び預金
                                          ※2 71            ※2 248
         営業未収入金
                                           82               -
         有価証券
                                         15,616              19,689
         販売用不動産
                                        ※1 20,432             ※1 22,620
         仕掛販売用不動産
                                           18              12
         貯蔵品
                                           141              132
         前渡金
                                          ※2 6            ※2 37
         未収入金
                                           302              289
         前払費用
         関係会社短期貸付金                                  600               -
                                            -             200
         1年内回収予定の関係会社長期貸付金
                                           261              254
         繰延税金資産
                                          ※2 11            ※2 161
         その他
                                           △ 0             △ 0
         貸倒引当金
         流動資産合計                                47,617              51,969
       固定資産
         有形固定資産
                                         ※1 331             ※1 286
          建物
                                           27              25
          構築物
                                            5              3
          車両運搬具
                                           35              47
          工具、器具及び備品
                                         ※1 408             ※1 408
          土地
                                           808              772
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           28              26
          その他
                                           28              26
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           170              173
          投資有価証券
                                           774              774
          関係会社株式
                                           700              800
          関係会社長期貸付金
                                           531              576
          長期前払費用
                                           22              23
          保険積立金
                                         ※2 326             ※2 340
          敷金及び保証金
                                           133              211
          繰延税金資産
                                           96              125
          その他
                                          △ 10             △ 10
          貸倒引当金
                                         2,745              3,014
          投資その他の資産合計
                                         3,582              3,814
         固定資産合計
                                         51,199              55,783
       資産合計
                                 62/78





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                           235              259
         買掛金
                                        ※1 3,000             ※1 3,800
         1年内返済予定の長期借入金
                                         ※2 416             ※2 375
         未払金
                                         ※2 175             ※2 194
         未払費用
                                         1,500              1,014
         未払法人税等
                                           398               -
         未払消費税等
                                           206              413
         前受金
                                           262              282
         預り金
                                           162              184
         賞与引当金
                                           108              103
         その他
                                         6,466              6,628
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※1 10,040             ※1 11,230
         長期借入金
                                           310              447
         退職給付引当金
                                           742              775
         役員退職慰労引当金
                                          ※2 15             ※2 17
         長期預り敷金保証金
                                           39              38
         長期預り金
                                         11,146              12,509
         固定負債合計
                                         17,613              19,137
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         2,774              2,774
         資本金
         資本剰余金
                                         2,738              2,738
          資本準備金
                                           316              316
          その他資本剰余金
                                         3,054              3,054
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           27              27
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         20,800              23,800
            別途積立金
                                         7,703              8,187
            繰越利益剰余金
                                         28,531              32,014
          利益剰余金合計
                                         △ 789            △ 1,211
         自己株式
                                         33,570              36,632
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                           15              13
         その他有価証券評価差額金
         評価・換算差額等合計                                  15              13
                                         33,586              36,645
       純資産合計
                                         51,199              55,783
      負債純資産合計
                                 63/78






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                        ※1 53,442             ※1 59,607
      売上高
                                        ※1 40,070             ※1 46,039
      売上原価
                                         13,372              13,568
      売上総利益
                                      ※1 , ※2 6,802           ※1 , ※2 7,668
      販売費及び一般管理費
                                         6,570              5,900
      営業利益
      営業外収益
                                          ※1 11             ※1 8
       受取利息
                                         ※1 402             ※1 402
       受取配当金
                                            1              3
       投資事業組合運用益
                                          ※1 22             ※1 25
       経営指導料
                                           114               24
       違約金収入
                                           15               3
       その他
                                           567              467
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                    48              45
                                            5              ▶
       その他
                                           54              49
       営業外費用合計
      経常利益                                    7,083              6,317
                                         7,083              6,317
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,327              2,177
                                         △ 100              △ 70
      法人税等調整額
                                         2,227              2,106
      法人税等合計
                                         4,855              4,210
      当期純利益
                                 64/78











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        売上原価明細書
                                 前事業年度                当事業年度

                             (自 平成28年4月1日                (自 平成29年4月1日
                              至 平成29年3月31日)                至 平成30年3月31日)
                        注記                構成比                構成比
             区分                 金額(百万円)                金額(百万円)
                        番号                (%)                (%)
     Ⅰ 用地費                             8,310     20.7           7,259     15.8

     Ⅱ 外注建築工事費                             10,608      26.5           9,549     20.7

     Ⅲ 設計監理費                              277     0.7           271     0.6

     Ⅳ 諸経費                              209     0.5           567     1.2

     Ⅴ 購入不動産                  (注)2           15,559      38.8          23,350      50.7

     Ⅵ たな卸資産の簿価切下額                               10    0.0            -     -

     Ⅶ 支払家賃                             4,623     11.6           4,562      9.9

     Ⅷ 管理委託費                              349     0.9           329     0.7

     Ⅸ 減価償却費                              110     0.3           132     0.3

     Ⅹ 租税公課                               0    0.0            0    0.0

     Ⅺ その他                               17    0.0            21    0.1

         計

                                  40,078     100.0           46,043     100.0
      販売用不動産利益繰延額(純額)                              △8                △4

        売上原価                          40,070                46,039

         (注)1 原価計算の方法は個別原価計算によっております。
            2 購入不動産は、マンション等の仕入によるものであります。
                                 65/78










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                        資本剰余金                利益剰余金
                                       その他利益剰余金                  株主資本
                資本金                                    自己株式
                        その他資本     資本剰余金                   利益剰余         合計
                   資本準備金              利益準備金
                        剰余金     合計              繰越利益     金合計
                                      別途積立金
                                           剰余金
     当期首残高           2,774     2,738     316    3,054      27   17,800     6,422    24,250     △ 289   29,790
     当期変動額
      別途積立金の積立                                 3,000    △ 3,000      -         -
      剰余金の配当                                      △ 574    △ 574        △ 574
      当期純利益                                      4,855     4,855         4,855
      自己株式の取得
                                                     △ 499    △ 499
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計
                  -     -     -     -     -   3,000     1,280     4,280     △ 499    3,780
     当期末残高           2,774     2,738     316    3,054      27   20,800     7,703    28,531     △ 789   33,570
               評価・換算差額等

                        純資産合計
               その他有     評価・換
               価証券評     算差額等
               価差額金     合計
     当期首残高             14     14   29,804
     当期変動額
      別途積立金の積立                     -
      剰余金の配当
                          △ 574
      当期純利益                    4,855
      自己株式の取得                    △ 499
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
                  0     0     0
      額)
     当期変動額合計             0     0   3,781
     当期末残高             15     15   33,586
                                 66/78








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                        資本剰余金                利益剰余金
                                       その他利益剰余金                  株主資本
                資本金                                    自己株式
                        その他資本     資本剰余金                   利益剰余         合計
                   資本準備金              利益準備金
                        剰余金     合計              繰越利益     金合計
                                      別途積立金
                                           剰余金
     当期首残高           2,774     2,738     316    3,054      27   20,800     7,703    28,531     △ 789   33,570
     当期変動額
      別途積立金の積立
                                        3,000    △ 3,000      -         -
      剰余金の配当                                      △ 727    △ 727        △ 727
      当期純利益                                      4,210     4,210         4,210
      自己株式の取得                                               △ 422    △ 422
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計             -     -     -     -     -   3,000     483    3,483     △ 422    3,061
     当期末残高           2,774     2,738     316    3,054      27   23,800     8,187    32,014    △ 1,211    36,632
               評価・換算差額等

                        純資産合計
               その他有     評価・換
               価証券評     算差額等
               価差額金     合計
     当期首残高
                  15     15   33,586
     当期変動額
      別途積立金の積立                     -
      剰余金の配当                    △ 727
      当期純利益
                          4,210
      自己株式の取得                    △ 422
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純           △ 1    △ 1    △ 1
      額)
     当期変動額合計
                 △ 1    △ 1   3,059
     当期末残高             13     13   36,645
                                 67/78








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
      1.  資産の評価基準及び評価方法
       (1)  有価証券
        ①子会社株式
         移動平均法による原価法
        ②その他有価証券
         時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法に
          より算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
       (2)  デリバティブ

         時価法
          ただし、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例処理を採用しております。
       (3)  たな卸資産

        ①販売用不動産
         個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
        ②仕掛販売用不動産
         個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
        ③貯蔵品
         最終仕入原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
      2.  固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法
         ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)                               並びに平成28年4月1日以降に取得した建
         物附属設備及び構築物          については、      定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
         建物 11~44年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

        定額法
         ただし、ソフトウェア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用し
         ております。
       (3)  リース資産

        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      3.  引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については、貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
        いては、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金

        従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来の支給見込額のうち当事業年度負担額を計上しておりま
        す。
       (3)  退職給付引当金

        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき、退職給付債務の額を計
        上しております。なお、退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる
        方法については、給付算定式基準によっております。
       (4)  役員退職慰労引当金

        役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
      4.  重要な収益及び費用の計上基準

        販売用不動産の売上高及び売上原価の計上は引渡基準によっておりますが、連結子会社の融資を伴う販売用不動
       産については、未回収の債権相当額に対応する販売利益を繰延処理しております。
                                 68/78


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
      5.  その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       (1)  重要なヘッジ会計の方法
        ①ヘッジ会計の方法
         繰延ヘッジ処理によっております。また、金利スワップについて特例処理の要件を満たしている場合には、特
        例処理を採用しております。
        ②ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段 金利スワップ
         ヘッジ対象 借入金の支払利息
        ③ヘッジ方針
         借入金の金利の変動によるリスクを回避する目的で、金利スワップ取引を行っております。ヘッジ対象の識別
        は個別契約ごとに行っております。
        ④ヘッジの有効性評価の方法
         ヘッジ対象及びヘッジ手段について、ヘッジ取引の事前、事後に個別取引ごとにヘッジ効果を検証しておりま
        すが、契約内容等によりヘッジの高い有効性が認められている場合には有効性の判断を省略しております。
       (2)  消費税等の会計処理

         消費税等の会計処理方法は、税抜方式によっております。また、控除対象外消費税等については、当事業年度の
        費用としております。
         (追加情報)

          ( 退職給付債務の計算方法の変更              )
           当社は、退職給付債務の計算方法について、従来まで期末自己都合要支給額を退職給付債務とする簡便法
          によっておりましたが、対象従業員が300人を超えたため、当事業年度末より原則的な方法に変更しておりま
          す。この変更に伴い、当事業年度末における退職給付引当金が91百万円増加し、同額を退職給付費用として
          販売費及び一般管理費に計上しております。
         (貸借対照表関係)

      ※1 担保に供している資産及び担保に係る債務
         担保に供している資産
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     仕掛販売用不動産                              17,265百万円                 20,899百万円
     建物                                205                 176
     土地                                253                 253
               計                     17,725                 21,329
         担保に係る債務

                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     1年内返済予定の長期借入金                              3,000百万円                 3,800百万円
     長期借入金                              10,040                 11,230
               計                     13,040                 15,030
      ※2 関係会社に対する金銭債権・債務(区分表示したものを除く)

                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     短期金銭債権                                76百万円                 87百万円
     長期金銭債権                                11                 12
     短期金銭債務                                 9                 6
     長期金銭債務                                 0                 0
                                 69/78




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
      ※1 関係会社との取引高
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                              至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
     営業取引による取引高
      売上高                                58百万円                 62百万円
      仕入高                                332                 339
      販売費及び一般管理費                                124                 123
     営業取引以外の取引高                                434                 436
      ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度64%、当事業年度62%、一般管理費に属する費用のおおよそ

        の割合は前事業年度36%、当事業年度38%であります。
         販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
     広告宣伝費                                 906  百万円               1,164   百万円
                                     2,275                 2,422
     給料手当及び賞与
     賞与引当金繰入額                                 162                 184
                                      49                 147
     退職給付費用
                                      42                 44
     役員退職慰労引当金繰入額
                                      633                 782
     租税公課
                                      33                 24
     減価償却費
         (有価証券関係)

        前事業年度(平成29年3月31日)
         子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式774百万円)は、市場価格がなく、時価を把握す
        ることが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
        当事業年度(平成30年3月31日)

         子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式774百万円)は、市場価格がなく、時価を把握す
        ることが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 70/78









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
                前事業年度                            当事業年度
              (平成29年3月31日)                             (平成30年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別                            1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別
      の内訳                            の内訳
                          (百万円)                            (百万円)
       繰延税金資産                            繰延税金資産
       (流動資産の部)                            (流動資産の部)
        未払事業税                      60      未払事業税                      50
        賞与引当金                      50      賞与引当金                      56
        減価償却の償却超過額                      51      減価償却の償却超過額                      79
        貸倒引当金                      0      貸倒引当金                      0
        預り家賃相当額否認                      32      預り家賃相当額否認                      11
        その他                      76      その他                      65
         小計                    272        小計                    264
        評価性引当額                     △10       評価性引当額                     △10
         計                    261        計                    254
       (固定資産の部)                            (固定資産の部)
        土地評価損                      22      土地評価損                      22
        減損損失                      28      減損損失                      27
        会員権評価損                      5      会員権評価損                      5
        退職給付引当金                      95      退職給付引当金                     137
        役員退職慰労引当金                     227       役員退職慰労引当金                     237
        貸倒引当金                      0      貸倒引当金                      0
        減価償却の償却超過額                      3      減価償却の償却超過額                      23
        預り家賃相当額否認                      28      預り家賃相当額否認                      16
        関係会社株式評価損                     169       関係会社株式評価損                     169
        その他                      6      その他                      38
         小計                    585        小計                    676
        評価性引当額                    △445        評価性引当額                    △459
         計                    140        計                    217
       繰延税金資産合計                      401      繰延税金資産合計                      471
       繰延税金負債                            繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                     △6       その他有価証券評価差額金                     △5
         計                      △6        計                      △5
       繰延税金資産(負債)の純額                      394      繰延税金資産(負債)の純額                      465
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担                            2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担
      率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因                            率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因
      となった主要な項目別の内訳                            となった主要な項目別の内訳
                            (%)                            (%)
       法定実効税率                     30.86      法定実効税率                     30.86
       (調整)                            (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                      0.08      交際費等永久に損金に算入されない項目                      0.08
       留保金額に対する税額                      5.56      留保金額に対する税額                      5.58
       住民税均等割                      0.09      住民税均等割                      0.10
       受取配当金等永久に益金に算入されない                            受取配当金等永久に益金に算入されない
                            △1.74                            △1.96
       項目                            項目
       評価性引当額の増減                            評価性引当額の増減
                            △1.94                             0.22
       所得拡大税制の特別控除                            所得拡大税制の特別控除
                            △1.22                            △1.71
       その他                            その他
                                                         0.18
                            △ 0.24
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                     31.45      税効果会計適用後の法人税等の負担率                     33.35
         (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 71/78


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                  (単位:百万円)
                                                    減価償却

      区分      資産の種類        当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                     累計額
           建物             331       1      -      45      286      590

           構築物              27       2      1      3      25      49
           車両運搬具              5      -      2      1      3      22
      有形
     固定資産
           工具、器具及び備品
                         35      24       -      12      47      155
           土地             408       -      -      -     408       -
              計          808       28       ▶      63      772      818
           その他              28       -      -      1      26       -
      無形
     固定資産
              計          28       -      -      1      26       -
         【引当金明細表】

                                            (単位:百万円)
           科目          期首  残高      当期増加額        当期減少額         期末残高

     貸倒引当金                     11         -        0        11

     賞与引当金                    162        184        162        184

     役員退職慰労引当金                    742         44        10        775

       (2)【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

         該当事項はありません。
                                 72/78









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  事業年度末日の翌日から3ヶ月以内

      基準日                  3月31日

                        9月30日
      剰余金の配当の基準日
                        3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り

                        (特別口座)
       取扱場所                 東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                         みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                         みずほ信託銀行株式会社
       取次所                                ――――――

       買取手数料                 (株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額)

                        電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由によって、電子
                        公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行
      公告掲載方法
                        う。
                        https://www.fjnext.com
                        株主優待制度として、毎年3月末日の最終の株主名簿に記載されている株
                        主に対し、所有株式数を基準に次のとおり実施いたします。
                        (1)100株以上
                         三越伊勢丹セレクトの株主優待商品、寄付(日本赤十字社、または日本
                        ユニセフ協会)の中からいずれかひとつを選択(各1,500円相当)(※)
                        (2)1,000株以上5,000株未満
                         (1)に加えて、当社グループ経営の温泉旅館利用券1枚(10,000円分)
                        (3)5,000株以上10,000株未満
      株主に対する特典                   (1)に加えて、当社グループ経営の温泉旅館利用券3枚(30,000円分)
                        (4)10,000株以上
                         (1)に加えて、当社グループ経営の温泉旅館利用券6枚(60,000円分)
                        (※)長期保有優待制度として、1,000株以上を3年間継続保有の株主は、

                        (1)に代えて、三越伊勢丹セレクトの株主優待商品、寄付(日本赤十字
                        社、または日本ユニセフ協会)の中からいずれかひとつを選択(各5,000
                        円相当)
                                 73/78







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
          事業年度(第37期)(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)平成29年6月23日関東財務局長に提出
        (2)  内部統制報告書及びその添付書類
          平成29年6月23日関東財務局長に提出
        (3)  四半期報告書及び確認書
          (第38期第1四半期) (自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)平成29年8月4日関東財務局長に
          提出
          (第38期第2四半期) (自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)平成29年11月9日関東財務局長に
          提出
          (第38期第3四半期) (自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)平成30年2月9日関東財務局長に
          提出
        (4)  臨時報告書
          平成29年6月23日関東財務局長に提出
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく
          臨時報告書であります。
        (5)  自己株券買付状況報告書
          報告期間 (自 平成29年6月1日 至 平成29年6月30日)平成29年7月3日関東財務局長に提出
          報告期間 (自 平成29年7月1日 至 平成29年7月31日)平成29年8月1日関東財務局長に提出
          報告期間 (自 平成29年8月1日 至 平成29年8月31日)平成29年9月1日関東財務局長に提出
          報告期間 (自 平成29年9月1日 至 平成29年9月30日)平成29年10月2日関東財務局長に提出
          報告期間 (自 平成29年10月1日 至 平成29年10月31日)平成29年11月2日関東財務局長に提出
          報告期間 (自 平成29年11月1日 至 平成29年11月30日)平成29年12月1日関東財務局長に提出
          報告期間 (自 平成29年12月1日 至 平成29年12月31日)平成30年1月9日関東財務局長に提出
                                 74/78











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 75/78




















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成30年6月22日

     株式会社エフ・ジェー・ネクスト
       取締役会 御中

                              新日本有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              湯浅 敦         印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              長崎 将彦  印
                              業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社エフ・ジェー・ネクストの平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、す
     なわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー
     計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社エフ・ジェー・ネクスト及び連結子会社の平成30年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年
     度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 76/78





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社エフ・ジェー・ネク
     ストの平成30年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社エフ・ジェー・ネクストが平成30年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表
     示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準
     拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
      (注) 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

           出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 77/78









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エフ・ジェー・ネクスト(E04032)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成30年6月22日

     株式会社エフ・ジェー・ネクスト

       取締役会 御中

                              新日本有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              湯浅 敦   印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              長崎 将彦        印
                              業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社エフ・ジェー・ネクストの平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第38期事業年度の財務諸表、すな
     わち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     エフ・ジェー・ネクストの平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重
     要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
      (注) 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

           出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 78/78




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。