三協フロンテア株式会社 有価証券報告書 第49期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第49期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)
提出日
提出者 三協フロンテア株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年6月22日
      【事業年度】                    第49期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
      【会社名】                    三協フロンテア株式会社
      【英訳名】                    SANKYO    FRONTIER     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  長妻 貴嗣
      【本店の所在の場所】                    千葉県柏市新十余二5番地
      【電話番号】                    04(7133)6666(代表)
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役管理本部長  端山 秀人
      【最寄りの連絡場所】                    千葉県柏市新十余二5番地
      【電話番号】                    04(7133)6666(代表)
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役管理本部長  端山 秀人
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/76













                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第45期       第46期       第47期       第48期       第49期

             決算年月            平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

     売上高             (百万円)         26,747       29,844       31,803       37,194       39,065

                   (百万円)         3,244       3,793       4,205       5,208       5,318

     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)         2,051       2,273       2,567       3,087       3,361
     純利益
                   (百万円)         2,131       2,352       2,484       3,096       3,401
     包括利益
                   (百万円)         21,419       23,101       24,862       27,121       29,633

     純資産額
                   (百万円)         47,743       51,906       52,958       55,537       57,629

     総資産額
                    (円)       1,926.92       2,078.34       2,236.86       2,440.49       2,666.56

     1株当たり純資産額
                    (円)        184.56       204.54       230.97       277.78       302.46

     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益
                    (%)         44.9       44.5       46.9       48.8       51.4
     自己資本比率
                    (%)         9.9       10.2       10.7       11.9       11.8

     自己資本利益率
                    (倍)         8.09       9.20       6.97       9.30       10.35

     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 1,767      △ 1,317       2,594       6,239       4,333
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 1,865      △ 1,040      △ 1,137      △ 1,148       △ 824
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)         3,817       2,386      △ 1,213      △ 3,394      △ 3,261
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)         2,352       2,395       2,633       4,311       4,554
     残高
                             684       721       772       834       930
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 284  ]     [ 253  ]     [ 281  ]     [ 309  ]     [ 384  ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.第49期より金額の表示単位を千円単位から百万円単位に変更いたしました。なお、比較を容易にするために
           第45期以降についても百万円単位に組替えて表示しております。
         4.当社は、平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。第45期の期首
           に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  2/76






                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第45期       第46期       第47期       第48期       第49期

             決算年月            平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                   (百万円)         26,260       29,297       31,317       36,701       38,516

     売上高
                   (百万円)         3,168       3,686       4,059       5,089       5,170

     経常利益
                   (百万円)         2,016       2,226       2,473       3,001       3,276

     当期純利益
                   (百万円)         1,545       1,545       1,545       1,545       1,545

     資本金
                   (千株)        23,356       23,356       23,356       23,356       11,678

     発行済株式総数
                   (百万円)         21,291       22,858       24,598       26,764       29,155

     純資産額
                   (百万円)         47,325       51,390       52,341       54,920       56,920

     総資産額
                    (円)       1,915.42       2,056.44       2,213.12       2,408.34       2,623.53

     1株当たり純資産額
                            30.00       30.00       35.00       40.00       70.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                           ( 15.00   )    ( 15.00   )    ( 17.50   )    ( 20.00   )    ( 20.00   )
     額)
                    (円)        181.37       200.27       222.50       270.05       294.87
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益
                    (%)        44.99       44.48       47.00       48.73       51.22
     自己資本比率
                    (%)         9.78       10.08       10.42       11.69       11.72

     自己資本利益率
                    (倍)         8.24       9.40       7.24       9.57       10.61

     株価収益率
                    (%)        33.08       29.96       31.46       29.62       30.52

     配当性向
                             627       658       711       777       871
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 277  ]     [ 246  ]     [ 271  ]     [ 302  ]     [ 379  ]
      (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.第49期より金額の表示単位を千円単位から百万円単位に変更いたしました。なお、比較を容易にするために
           第45期以降についても百万円単位に組替えて表示しております。
         4.当社は、平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。第45期の期首
           に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。
         5.第49期の1株当たり配当70円は、中間配当額20円と期末配当50円の合計となります。平成29年10月1日付で
           普通株式2株につき1株の割合で株式株式併合を行っておりますので、中間配当額20円は株式併合前の配当
           額(株式併合を考慮した場合の中間配当額は40円)、期末配当額50円は株式併合後の配当額となります。
           (株式併合を考慮した場合の1株当たりの年間配当額は90円となります。)
                                  3/76







                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
      昭和44年12月        建設用設備器材の製造・販売を目的として、千葉県柏市十余二水砂509-1(現 千葉県柏市新十
              余二5)に三協フロンテア株式会社(資本金5百万円)を設立。
      昭和45年4月        千葉県柏市本社工場(現 技術部)を設置し、コンテナバスの製造・販売を開始。
      昭和45年6月        東京都千代田区に東京支店を設置。
      昭和46年6月        大阪府大阪市東区(現 中央区)に大阪支店を設置。
      昭和46年12月        2段式立体駐車装置の製造・販売を開始。
      昭和48年10月        ユニットハウス「コスモCT」の製造・販売を開始。
      昭和52年5月        ユニットハウス「コスモCT」のレンタル業務を開始。
      昭和55年4月        ユニットハウスの生産能力増強のため千葉県流山市に流山工場を新設、月産500棟体制を完成。
      昭和55年7月        愛知県春日井市に名古屋出張所(現 名古屋支店・名古屋市中区)を設置。
      昭和55年12月        関西地区の物流拠点として、兵庫県西宮市に西宮物流センター(現 三木物流センター・三木市)
              を新設。
      昭和57年4月        神奈川県横浜市中区に横浜営業所(現 横浜支店)を設置。
      昭和58年6月        宮城県仙台市に仙台営業所(現 仙台支店・名取市)を設置。
      昭和59年12月        首都圏・関東地区の物流拠点として、茨城県岩井市(現 坂東市)に岩井物流センター(現 茨城
              物流センター)を新設。
      昭和61年10月        ユニットハウスの生産能力増強のため、茨城県岩井市(現 坂東市)に岩井工場(現 茨城工場)
              を新設、月産1,000棟体制を完成。
      昭和62年6月        販売網の強化を図るため、千葉県千葉市(現 千葉支店)、埼玉県浦和市(現 さいたま支店・さ
              いたま市岩槻区)に営業所を設置。
      昭和63年6月        東北地区の物流拠点として、宮城県宮城郡利府町に利府物流センター(現 仙台物流センターに統
              合)を新設。
      昭和63年11月        中部・東海地区の物流拠点として愛知県小牧市に小牧物流センターを新設。
      平成2年10月        ユニットハウス、立体駐車装置の生産能力増強及び営業の拡大を図るため、新潟県北蒲原郡聖籠町
              に新潟工場を設置。同所に新潟営業所(現 新潟市)を設置。
      平成2年11月        福岡県福岡市中央区に福岡営業所(現 福岡支店・福岡市博多区)を設置。
      平成3年4月        中国地区の物流拠点として、広島県佐伯郡(現 廿日市市)に広島物流センターを新設。
      平成5年6月        ユニットハウス等の配送及び建方・解体工事を目的として、有限会社フロンテア流通(現連結子会
              社 フロンテア流通株式会社)を設立。
      平成5年11月        日本証券業協会に株式を店頭登録。
      平成7年9月        ユニットハウスの原材料等の製造・販売を目的として、中国広東省に関連会社 番禺三協豪施有限
              公司(現連結子会社 広州番禺三協豪施有限公司)を設立。
      平成7年11月        ユニットハウス、ユニットハウス特殊パネルの生産能力増強のために、兵庫県穴粟郡山崎町(現 
              宍粟市)に山崎工場(現 姫路工場)を新設。
      平成7年11月        東京都渋谷区に新宿営業所(現在、東京支店に統合)を設置。
      平成8年6月        ユニットハウス再生能力増強のために、福岡県八女郡広川町に久留米工場を新設。
      平成9年5月        北海道札幌市中央区に札幌営業所(現 札幌支店)を設置。
      平成9年11月        東北地区の物流拠点として、宮城県黒川郡大和町に仙台物流センター(現 仙台工場)を新設。
      平成11年9月        北海道地区の物流拠点として、北海道石狩市に石狩物流センターを新設。
      平成16年12月        日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
      平成22年4月        ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場。
      平成25年7月        東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に
              上場。
      平成25年9月        ユニットハウスの生産能力増強のため、茨城県土浦市につくば工場を新設。
      平成28年10月        ミャンマーに現地法人「SANKYO               FRONTIER     MYANMAR    COMPANY    LIMITED」を設立。
      平成29年9月
              マレーシアに現地法人「SANKYO               FRONTIER     MALAYSIA     SDN.   BHD.」を設立
                                  4/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、三協フロンテア㈱(当社)と、子会社であるフロンテア流通㈱、 
       広州番禺三協豪施有限公司、SANKYO                 FRONTIER     MYANMAR    COMPANY    LIMITED、SANKYO        FRONTIER     MALAYSIA     SDN.   BHD.及
       び親会社である㈲和幸興産の6社で構成されております。
        当社は、ユニットハウス及び立体駐車装置等の製造・販売・レンタルの事業を主に行っております。
        子会社フロンテア流通㈱は、主にユニットハウス等の出荷整備及び配送・建方・解体工事並びにユニットハウス等
       のレンタル・販売の事業を行っており、他に土質改良プラントによる建設残土の加工及び建設機械(破砕機)のレン
       タル・販売の事業も行っております。
        子会社広州番禺三協豪施有限公司は、中国でユニットハウスの原材料の製造・販売の事業を行っております。
        子会社SANKYO       FRONTIER     MYANMAR    COMPANY    LIMITEDは、ミャンマーでユニットハウスのレンタル事業を行                            っており
       ます。
        なお、   SANKYO    FRONTIER     MALAYSIA     SDN.   BHD.は、マレーシアでユニットハウス事業を行う準備中であります。
        また、当社の親会社である㈲和幸興産は不動産賃貸業を営んでおり、当社グループとの取引関係については、「第
       5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(関連当事者情報)」に記載のとおりでありま
       す。
       セグメントの内容と当社及び関係会社の当該セグメントにかかる位置づけは、次のとおりであります。

        セグメントの名称                        内容                   主要な会社
                                               当社
                                               フロンテア流通㈱
                   ユニットハウス等の製造・販売・レンタル
                                               広州番禺三協豪施有限公司
                   ユニットハウス等の出荷整備及び配送・建方・解体工事
                                               SANKYO    FRONTIER     MYANMAR
                   トランクルーム(収納庫)を利用したレンタル
                                               COMPANY    LIMITED
      ユニットハウス事業
                   ユニットハウス等のレンタル
                                               SANKYO    FRONTIER     MALAYSIA
                                               SDN.   BHD.
                   立体駐車装置の製造・販売・レンタル                            当社
                   建設機械(破砕機)の販売・レンタル                            フロンテア流通㈱

                   宿泊施設の経営                            当社
      その他
                   土質改良プラントによる建設残土の加工                            フロンテア流通㈱
                  [系統図]            以上述べた事項を系統図によって示すと次のとおりであります。

                                  5/76










                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
        親会社である㈲和幸興産の状況については、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記
       事項(関連当事者情報)」に記載しているため、記載を省略しております。
       連結子会社

                         資本金又は                議決権の
         名称          住所       出資金     主要な事業の内容          所有割合          関係内容
                         (百万円)                 (%)
                                              ユニットハウス等の出荷整備
                               ユニットハウス
     フロンテア流通株式                                         及び配送・建方・解体工事を
                茨城県坂東市            50  事業             100
     会社                                         行っております。
                               その他
                                               役員の兼任 1名
                                              ユニットハウス等の原材料を
     広州番禺三協豪施有                          ユニットハウス
                中国広東省            236               100   製造し、当社へ販売しており
     限公司(注)2                          事業
                                              ます。
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
        2.特定子会社に該当しております。
      5【従業員の状況】

       (1)連結会社の状況
                                                  平成30年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)

     ユニットハウス事業                                             929(382)

     その他                                              1( 2)

                  合計                                 930(384)

     (注)従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )で外書きしております。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成30年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年令(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

           871(379)                 43.7               8.8             5,019

               セグメントの名称                            従業員数(人)

     ユニットハウス事業                                             871(379)

                                                   -(   -)
     その他
                  合計                                 871(379)

     (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )で外書きしております。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  6/76





                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1 ) 経営方針
         当社は以下の基本理念のもと、独自の技術と製品を通じて顧客の豊かな生活環境を実現し、株主各位に適切な利
        益還元を行うことを目指しております。
        (基本理念)
         目的(存在理由)
          社会への貢献
           わたしたちは、社会に役立ち、人々の心や暮らしを豊かにし、よって社会に貢献することを目的とします。
         基本的価値観(不変の主義)
          開拓の精神
           わたしたちは、失敗を恐れず、情熱を持って、未開の地(新しい分野)に挑戦することを誇りとします。
          不断の努力
           わたしたちは、弛みない努力によって、困難に打ち勝ち、目的の実現に至ることを喜びとします。
          誠実な意志
           わたしたちは      、わたしたちを支える人々※に対し、揺らぐことのない誠実な意志によって行動します。
           ※「わたした      ちを支える人々」とはステークホルダー(お客様、サプライヤー、株主・投資家、従業員とそ
          の家族など)を指します。
       (2)経営戦略等

         当社グループは、機能性を高めた付加価値の高い製品の開発を進めるとともに、小型で低価格な製品ラインナッ
        プをそろえることで、法人から一般消費者まで顧客層の幅を広げてまいりました。また、事務所や店舗といった本
        建築物件の受注拡大に取り組み、ユニットハウスのレンタル及び販売のより一層の市場拡大を目指しております。
         今後も継続して、展示販売場及びトランクルーム店舗を計画的に出店し、店舗網の拡充を推し進めることで、さ
        らなる経営基盤の強化に努めてまいります。
       (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループは、ユニットハウス事業を単一の報告セグメントとしており、経営上の目標の設定については、売
        上高経常利益率を指標としております。
       (4)経営環境及び事業上及び財務上の対処すべき課題

         ユニットハウス業界におきましては、首都圏を中心とした再開発工事や東京五輪の関連施設工事等により、建設
        投資の需要が高い状態が継続しております。一方で、資材購入価格の上昇及び建設労働者の不足が顕在化している
        ことから、工期の長期化や建築単価の高騰が顕著になってきております。
         当社の主力製品であるユニットハウスは、工期短縮や建築コストの抑制が可能な工業化建築物として、ますます
        市場優位性を発揮しております。
         ユニットハウスの需要増加に伴い、供給力の不足が懸念されておりますが、当社はこれに対応すべく、生産工場
        及び物流センターの増強や稼働率向上など、生産・供給体制の一層の強化を図っております。また、製造原価の改
        善、物流経費の抑制等、原価低減を推進し、利益確保に努めております。
       (5)株式会社の支配に関する基本方針について

         当社では、法令及び社会規範の順守を前提として、①効率的な資産運用及び利益重視の経営による業績の向上な
        らびに積極的な利益還元、②経営の透明性確保、③顧客をはじめあらゆるステークホルダーから信頼される経営体
        制の構築を推進し、中長期的かつ総合的に企業価値・株主価値の向上を目指しており、この方針を支持するものが
        「会社の財務及び事業の方針の決定を支配する者」であることが望ましいと考えています。
         また、上記の方針に照らして不適切な者が当社支配権の獲得を表明した場合には、当該表明者や東京証券取引所
        その他の第三者(独立社外者)とも協議のうえ、上記の方針に沿い、株主の共同の利益を損なわず、役員の地位の
        維持を目的とするものでないという、3項目の要件を充足する必要かつ妥当な措置を講じるものとします。
                                  7/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす
       可能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  レンタル資産の保有について

         当社グループはユニットハウス等のレンタルを主要事業として行っており、レンタル用資産を保有しておりま
        す。需要等を考慮しながら投資を行っておりますが、急激な環境変化による需要の減少や、技術革新や競合他社製
        品の台頭などにより在庫が陳腐化する可能性があります。
         こうした要因により評価損の計上や廃棄処分を余儀なくされた場合、当社グループの業績に影響が及ぶ可能性が
        あります。
       (2)  株価の変動

         当社株式は、特定株主の持株比率が高く、流動性は必ずしも高いとはいえません。従いまして、株価変動リスク
        が相対的に高く、株価の大幅な変動が当社の財務活動に何らかの影響を与える可能性があります。
       (3)  資材購入価格の上昇

         鉄鉱石価格の高騰による鉄鋼製品の上昇、原油高騰による資材購入価格の上昇などによりユニットハウス及び立
        体駐車装置の製造原価が上昇し、利益を圧迫する可能性があります。
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以
        下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況

          当連結会計年度における我が国経済は、米国の好調な経済情勢の影響や、引き続き高水準を維持している設備
         投資意欲などにより、堅調に推移いたしました。一方で米国内や南北朝鮮などの政治情勢は依然として不透明で
         あり、今後の経済情勢に与える影響が懸念されます。
          ユニットハウス業界におきましては、首都圏を中心に再開発工事が継続的に行われており、オリンピック関連
         工事も徐々に本格化していることから、今後も需要の高い状態が続くことが見込まれます。
          このような情勢のなか、当社グループは様々な設備を付加した新製品の開発や、安全性や快適性を高めた新製
         品の本格投入などにより、お客様のニーズに応える製品開発を行うとともに、生産性向上を目的とした生産供給
         拠点の拡充、生産設備の強化を進めてまいりました。
          これらの結果、当連結会計年度のユニットハウス事業の売上高は38,772百万円(前年同期比5.2%増)となり
         ました。その他の事業につきましては、当連結会計年度売上高は292百万円(前年同期比15.2%減)となりまし
         た。
          上記の結果、当連結会計年度売上高は39,065百万円(前年同期比5.0%増)となりました。
          利益面におきましては、製造及び物流部門を中心に原価低減及び経費削減を推進し、営業利益5,330百万円
         (前年同期比2.2%増)、経常利益5,318百万円(前年同期比2.1%増)、親会社株主に帰属する当期純利益3,361
         百万円(前年同期比8.9%増)となりま                  した。
                                  8/76







                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        ②キャッシュ・フローの状況
          当連結   会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ242百万円
         増加し、4,554百万円となりました。
          資金の主な増加要因は、           税金等調整前当期純利益、減価償却費、仕入債務の増加であります。主な減少要因
         は、たな卸資産の増加、借入金の返済、法人税等の支払であります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動により獲得し          た資金は4,333百万円(前連結会計年度は6,239百万円の獲得)となりました。
          主な増加要因は、税金等調整前当期                純利益5,271百万円、減価償却費6,607百万円、仕入債務の増加1,627百万
         円であり、主な減少要因は、たな卸資産の増加6,321百万円、法人税等の支払1,702百万円であります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資  活動により使用した資金は824百万円(前連結会計年度は1,148百万円の使用)となりました。
          主減少な要因は、レンタル資             産及び新規店舗等の有形固定資産の取得による支出755百万円であります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動によ      り使用した資金は3,261百万円(前連結会計年度は3,394百万円の使用)となりました。
          主な増加要因は、セール・アンド・リースバックによる収入241百万円であり、主な減少要因は短期及び長期
         借入金の純減1,625百万円、配当金の支払888百万円、リース債務の返済による支出748百万円であります。
        ③生産・レンタル用資産増加実績及び受注並びに販売の実績

        (ア)生産実績
         当連結会計年度の生産実績は次のとおりであります。
                                   当連結会計年度
              セグメントの名称                   (自 平成29年4月1日                前年同期比(%)
                                  至 平成30年3月31日)
     ユニットハウス事業(百万円)                                  15,293               111.8

      (注)1.金額は製造原価で表示しております。
         2.記載の金額には消費税等は含まれておりません。
        (イ)   レンタル用資産増加実績

                                   当連結会計年度
       セグメントの名称                品目区分          (自 平成29年4月1日                前年同期比(%)
                                  至 平成30年3月31日)
     ユニットハウス事業             ユニットハウス(棟)                    14,758               103.1

      (注) 増加実績は、自社生産のうちレンタル資産に振り替えた数量であります。

        (ウ)   受注実績

         当社は販売計画に基づき見込生産をしておりますので、該当事項はありません。
        (エ)   販売実績

         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                   当連結会計年度
              セグメントの名称                   (自 平成29年4月1日                前年同期比(%)
                                  至 平成30年3月31日)
     ユニットハウス事業(百万円)                                  38,772               105.2

     その他(百万円)                                   292              84.8

               合計(百万円)                        39,065               105.0

      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
                                  9/76



                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針及び会計上の見積り

         当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
        ております。
         この連結財務諸表の作成に当たりまして当社グループは、決算日における資産・負債の報告数値及び偶発債務
        の開示並びに報告期間における収入・費用の報告数値等会計上の見積りを必要とする事象及びその見積りに影響
        を与える要因を把握し、把握した要因に関し、適切な仮定を設定しております。さらに設定した仮定に基づき適
        切な情報を収集し、適切な仮定及び情報による見積り金額を計算しています。
         以上の方針に基づき、継続して評価を行っております。また、過去の実績や状況に応じ合理的だと考えられる
        様々な要因に基づき、見積り及び判断を行い、その結果は他の方法では判断しにくい資産・負債の簿価及び収
        入・費用の報告数字についての判断の基礎としております。実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、
        これらの見積りと異なる場合があります。
         当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)
        連結財務諸表 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しております。
        ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         当社グループの当連結会計年度の経営成績等は以下の通りであります。
         経営成績の分析

         (売上高)
          当連結会計年度のユニットハウス事業の売上高は、前連結会計年度に比べ1,923百万円増加し、38,772百万円
         (前年同期比5.2%増)となりました。これは主に、店舗・一般事務所といった本建築において大型物件の受注
         が大幅に増加したことに           よるものであります。その他の事業につきましては、前連結会計年度に比べ52百万円
         減少し、当連結会計年度売上高は、292百万円(前年同期比15.2%減)となりました。上記の結果、当連結会計
         年度の売上高は前連結会計年度と比べ1,870百万円増加し、39,065百万円(前年同期比5.0%増)となりまし
         た。
         (売上総利益)
          当連結会計年度の売上総利益は、前連結会計年度と比べ887百万円増加し、15,546百万円(前年同期比6.0%
         増)となりました。
         (営業利益)
          当連結会計年度における販売費及び一般管理費は、宣伝広告を強化したことによる販売促進費の増加等によ
         り、前連結会計年度に比べ774百万円増加し、10,216百万円(前年同期比8.2%増)となりました。
          以上の結果、当連結会計年度の営業利益は、前連結会計年度と比べ114百万円増加し、5,330百万(前年同期
         比2.2%増)となりました。
         (経常利益)
          当連結会計年度の経常利益は、前連結会計年度と比べ109百万円増加し、5,318百万(前年同期比2.1%増)と
         なりました。
         (親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失)
          親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度と比べ274百万円増加し、3,361百万円(前年同期比
         8.9%増)となりました。
                                 10/76






                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         財政状態の分析
         (資産の部)
          当連結会計年度末の資産の額は、前連結会計年度末に比べ2,092百万円増加し、57,629百万円となりました。
         主要な要因は、売上債権の増加940百万円、レンタル資産の増加410百万円、関係株式株式の増加221百万円、現
         金及び預金の増加202百万円、建物及び構築物の増加175百万円、たな卸資産の増加147百万円、リース資産の減
         少217百万円などであります。
         (負債の部)
          当連結会計年度末の負債の額は、前連結会計年度末に比べ419百万円減少し、27,996百万円となりました。主
         要な要因は、仕入債務の増加1,646百万円、未払法人税等の増加244百万円、短期及び長期借入金の純減1,625百
         万円、その他の流動負債の減少399百万円、リース債務の減少350百万円などであります。
         (純資産の部)
          当連結会計年度末の純資産の額は、前連結会計年度末に比べ2,511百万円増加し、29,633百万円となりまし
         た。主要な要因は、親会社株主に帰属する当期純利益3,361百万円および配当金の支払889百万円などでありま
         す。自己資本比率は51.4%となっており、健全な財務状況を保っております。
        ③資本の財源及び資金の流動性の分析

         (ア)キャッシュ・フローの分析
             キャッシュ・フローの分析については、「第2 事業の状況 3.経営者による財政状態、経営成績及
           びキャッシュ・フローの状況の分析」に記載しております。
         (イ)財務政策

             当社グル    ープは現在、必要な運転資金及び設備投資資金については、自己資金又は借入により資金調達
           することとしております。当連結会計年度末における借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は、
           12,165百万円となっております。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は4,554百万
           円となっております。
             なお、当社グループは、今後も営業活動により得られるキャッシュ・フローを基本に将来必要な運転資
           金及び設備資金を調         達していく考えであります。
      4【経営上の重要な契約等】

        特記すべき事項はありません。
      5【研究開発活動】

        当社グループの研究開発活動は、新製品、新技術の開発と既存製品の改良・改善及び応用があり、多様化、高度
       化するユーザーニーズに応える製品の研究、開発をすることを目的として取り組んでおります。
        当連結会計年度における研究開発費の総額は220百万円であり                            ます。
                                 11/76









                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度に実施した設備投資は、レンタル資産を中心に総額8,846百万円でありますが、その主なものは、
       ユニットハウス及びトランクルーム用建物等のレンタル資産の取得、販売拠点の拡充を目的とした展示販売場の事務
       所用建物等の取得であります。
        なお、当連結会計年度において生産能力へ重要な影響を及ぼす設備の売却、撤去等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
         提出会社
                                                  平成30年3月31日現在
                                        帳簿価額
       事業所名                                                 従業員数
                                   建物及び      土地
              セグメントの名称         設備の内容
                             レンタル資産                  その他      合計
       (所在地)                                                  (人)
                                    構築物
                                        (百万円)
                             (百万円)                 (百万円)     (百万円)
                                   (百万円)     (面積㎡)
                                           118
     本社                                                     161
                 -    統括業務施設           10     184    (5,206)       34     348
     (千葉県柏市)
                                                           (4)
                                          [8,755]
                     ユニットハウス
                                           647
     茨城工場
              ユニットハウス       生産設備及び                                      40
                                 -     189    (43,609)        40     878
     (茨城県坂東市)         事業       立体駐車装置                                      (2)
                                         [17,819]
                     生産設備
     つくば工場         ユニットハウス       ユニットハウス                     1,096

                                 -    1,119            147     2,364      26
     (茨城県土浦市)         事業       生産設備
                                         (47,790)
     新潟工場

              ユニットハウス       ユニットハウス                      797
     (新潟県北蒲原郡聖
                                 -     420           74    1,292      22
              事業       生産設備
                                         (54,897)
     籠町)
                     ユニットハウス
                                           925
              ユニットハウス       生産設備及び                                      26
     姫路工場など4工場                            -     351    (36,200)        33    1,311
              事業       立体駐車装置                                      (4)
                                          [5,139]
                     生産設備
                     ユニットハウス                      388
     茨城物流センター
              ユニットハウス                                             34
                     保管管理          6,371      136    (31,645)       442     7,338
     (茨城県坂東市)         事業                                             (0)
                     整備設備
                                         [58,913]
                     ユニットハウス                      719

     小牧物流センター
              ユニットハウス                                             9
                     保管管理          1,986       61   (35,971)       167     2,934
     (愛知県小牧市)         事業                                             (1)
                     整備設備
                                          [5,161]
                     ユニットハウス

     京都物流センター
              ユニットハウス                            1,357
                     保管管理          1,411      311           126     3,207      8
     (京都府京田辺市)         事業                           (41,396)
                     整備設備
                     ユニットハウス                     3,261

     流山物流センター         ユニットハウス                                             93
                     保管管理          10,727       377   (133,792)       1,180     15,547
     など19物流センター         事業                                             (3)
                     整備設備
                                         [110,764]
                                           280

     支店・営業所及び         ユニットハウス                                            320
                     販売設備           144     534    (1,383)       17     976
     出張所66ヶ所         事業                                            (106)
                                         [67,993]
     展示販売場及びトラ
     ンクルーム店舗(U         ユニットハウス                                            131
                     販売設備
                               2,095     1,240    [297,236]        23    3,358
     -SPACE)         事業                                            (253)
     442ヶ所
                                 12/76



                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.帳簿価額のうち「その他」は機械装置及び運搬具、工具器具備品、リース資産であり、建設仮勘定(191百
           万円)は含まれておりません。
         2.土地の面積で[ ]内は賃借中のものであり外書きしております。
         3.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員を外書きしております。
         4.リース契約による主な賃借設備は、次のとおりであります。
            提出会社
                                              リース料
                       セグメントの                              リース契約残高
               名称                 数量     リース期間        (百万円)
                         名称                             (百万円)
                                              (年間)
         溶接ライン等生産設備(所
                       ユニットハ
         有権移転外ファイナンス・                       1基     108ヶ月            3         0
                       ウス事業
         リース)
         営業用自動車等運搬具(所
                       ユニットハ
         有権移転外ファイナンス・                      376台      60ヶ月           92        318
                       ウス事業
         リース)
      3【設備の新設、除却等の計画】

        (1)当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しておりま
          す。なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設の計画は次のとおりであります。
                              投資予定金額               着手及び完了予定年月
           事業所名     セグメントの                       資金調達方                 完成後の
      会社名                設備の内容
          (所在地)       名称                       法               増加能力
                             総額     既支払額
                                             着手      完了
                            (百万円)     (百万円)
                     レンタル用資

                                       自己資金      平成30年      平成31年     17,000棟新
                ユニットハ
     提出会社                産(ユニット
            -                  8,300       -
                ウス事業
                                       及び借入金       4月      3月    規投入
                     ハウス等)
                     事業所、トラ

                                       自己資金      平成30年      平成31年     70店舗新規
                ユニットハ      ンクルーム用
     提出会社       -                   942      1
                ウス事業      建物・構築物
                                       及び借入金       4月      3月    設置
                     及び器具備品
                                       自己資金      平成30年      平成31年

                ユニットハ
     提出会社       -         生産設備等         1,500      239                   月700棟生産
                ウス事業
                                       及び借入金       4月      3月
      (注)上記の金額に、消費税は含まれておりません。

        (2)当連結会計年度末において生産能力へ重要な影響を及ぼす設備の売却、撤去等の計画はありません。

                                 13/76








                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                            30,000,000

                  計                           30,000,000

        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数                         上場金融商品取引所名又
                           提出日現在発行数(株)
        種類          (株)                     は登録認可金融商品取引                内容
                           (平成30年6月22日)
              (平成30年3月31日)                         業協会名
                                       東京証券取引所

                                                    単元株式数
                               11,678,400
     普通株式             11,678,400                     JASDAQ
                                                    100株
                                       (スタンダード)
        計          11,678,400             11,678,400             -           -

       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
                                 14/76











                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総        発行済株式総                       資本準備金増        資本準備金残
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日       数増減数        数残高                       減額        高
                               (百万円)       (百万円)
                 (千株)        (千株)                      (百万円)        (百万円)
      平成29年10月1日
                 △11,678         11,678          -      1,545         -      2,698
         (注)
       (注)株式併合(2:1)によるものであります。
       (5)【所有者別状況】

                                                 平成30年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                                                        (株)
                 金融機関                           個人その他       計
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     10     18     33     69      1    1,264     1,395       -
     所有株式数
               -    8,190      436    57,522      5,771       1   44,833     116,753      3,100
     (単元)
     所有株式数の
               -     7.01     0.37     49.27      4.94     0.00     38.40      100      -
     割合(%)
      (注)1.自己株式565,448株は「個人その他」に5,654単元及び「単元未満株式の状況」に48株を含めて記載しており
          ます。なお、自己株式565,448株は株主名簿記載上の株式数であり、平成30年3月31日現在の実質的な所有株
          式は565,448株であります。
         2.上記「その他の法人」の欄には証券保管振替機構名義の株式が5単元含まれております。
         3.平成29年6月23日開催の第48期定時株主総会決議に基づき、平成29年10月1日をもって1単元の株式数を
          1,000株から100株に変更しております。
                                 15/76











                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成30年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                   総数に対する所有
         氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                    千葉県柏市北柏1丁目1                         5,616          50.54
     ㈲和幸興産
                                             1,657          14.91
     長妻 貴嗣               千葉県柏市
                                              324         2.92
     長妻 和男               千葉県柏市
     日本トラスティ・サービス信
                    東京都中央区晴海1丁目8-11                          279         2.52
     託銀行㈱(信託口)
                    千葉県柏市新十余二5                          152         1.37
     三協フロンテア従業員持株会
     資産管理サービス信託銀行㈱
                    東京都中央区晴海1丁目8-12                          116         1.05
     (証券投資信託口)
     三菱UFJ信託銀行㈱
                    東京都千代田区丸の内1丁目4-5
     (常任代理人 日本マスター                                         100         0.90
                    (東京都港区浜松町2丁目11-3)
     トラスト信託銀行㈱)
                    千葉県千葉市中央区千葉港1-2                          97         0.88
     ㈱千葉銀行
                                               90         0.81
     長妻 幸枝               千葉県柏市
                    東京都千代田区丸の内1丁目6-6                          81         0.73
     日本生命保険相互会社
                              -               8,516          76.63
            計
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成30年3月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                        -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

      議決権制限株式(その他)                        -            -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式  565,400                -            -

                         普通株式     11,109,900

      完全議決権株式(その他)                                     111,099           -
      単元未満株式                    普通株式   3,100                -            -

      発行済株式総数                        11,678,400            -            -

      総株主の議決権                        -            111,099           -

      (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が500株含まれております。また、
          「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数5個が含まれております。
         2.平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。これにより、発行済株
           式総数は11,678,400株減少し、11,678,400株となっております。
         3.平成29年6月23日開催の第48期定時株主総会決議に基づき、平成29年10月1日をもって1単元の株式数を
           1,000株から100株に変更しております。
                                 16/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        ②【自己株式等】
                                                  平成30年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
     名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
     三協フロンテア          千葉県柏市

                            565,400           -      565,400            4.84
     株式会社          新十余二5
         計          -         565,400           -      565,400            4.84

      (注)1.平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。
         2.平成29年6月23日開催の第48期定時株主総会決議に基づき、平成29年10月1日をもって1単元の株式数を
          1,000株から100株に変更しております。
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     152            444,080
      当期間における取得自己株式                                     -              ー

      (注) 当期間における取得自己株式には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
          取りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                   当事業年度                 当期間
                区分
                                     処分価額の総額               処分価額の総額
                              株式数(株)               株式数(株)
                                       (円)               (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                   -        -       -        -
      取得自己株式
      その他(-)                             -        -       -        -
      保有自己株式数                           565,448           -     565,448           -

      (注)1.平成29年6月23日開催の第48回定時株主総会決議により、平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の
          割合で株式併合を行っており、当事業年度における保有自己株式数は565,448株減少しております。
         2.当期間における保有自己株式数には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
          の買取りによる株式は含まれておりません。
                                 17/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主各位に対する利益還元を重要な経営課題として位置付けており、長期的な観点から安定的な配当の継
       続を図ることを重視しております。また、コスト競争力の維持強化を図るための投資及び財務体質強化のため、内部
       留保を充実することを基本の考えとしております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        これらの剰余金の配当の決定機関は、取締役会であります。
        なお、当社は株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当(中間配当)を
       取締役会決議により可能とする旨を定款で定めております。また、上記のほか、会社法第459条第1項各号に掲げる
       事項についても、取締役会での決議を可能とする旨を定款で定めております。
        当事業年度の配当金につきましては、上記方針に基づき当期は1株当たり普通配当70円(うち中間配当20円)を実
       施することを決定しました。この結果、当事業年度の配当性向は30.5%となりました。
        なお、配当金につきましては中期的に目標配当性向35%を目安として利益還元を実施していく方針であります。
        内部留保資金につきましては、収益力と競争力の強化を目的として研究開発・生産設備等に有効投資してまいりた
       いと存じます。
        当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

               決議年月日                 配当金の総額(百万円)               1株当たり配当額(円)
       平成29年11月6日 取締役会決議                                   444                20

       平成30年    5 月15日 取締役会決議                              555                50

      (注)平成29年6月23日開催の第48回定時株主総会決議により、                              平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合
        で株式併合を行っております。平成29年11月6日 取締役会決議の1株当たり配当額20円は、当該株式併合前の金
        額を記載しております。株式併合を考慮した場合の1株当たり配当額は40円となります。また、平成30年5月15日
        取締役会決議の1株当たり配当額50円は、株式併合後の金額となります。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第45期          第46期          第47期          第48期          第49期
      決算年月       平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月          平成29年3月          平成30年3月

                                                        3,460
      最高(円)             845         1,031          1,077          1,444
                                                       (1,465)
                                                        2,700
      最低(円)             603          700          745          765
                                                       (1,195)
     (注)1.最高・最低株価は、平成25年7月16日より東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであ
         り、それ以前は大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
        2.平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。第49期の株価については
         株式併合後の最高・最低株価を掲載し、( )内に株式併合前の最高・最低株価を記載しております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成29年10月          11月        12月      平成30年1月          2月        3月
      最高(円)          2,930        2,910        2,925        3,460        3,390        3,310

      最低(円)          2,780        2,700        2,804        2,955        2,806        2,990

     (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                 18/76





                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性 10名 女性 -名 (役員のうち女性の比率 -%)
                                                        所有株式数
       役名       職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                 平成4年4月      日本アイ・ビー・エム㈱入社
                                 平成6年1月      当社入社
                                 平成6年7月      経営企画部長就任
                                 平成7年6月      取締役経営企画部長兼営業本部地
                                      方ブロック統括就任
                                 平成8年6月      専務取締役経営企画部長兼シル
                                      バー事業プロジェクト、住宅事業
                                      プロジェクト担当就任
                                 平成9年5月      専務取締役経営企画部長兼住宅事
                                      業部、開発技術1・2・3部、購
                                      買部担当就任
                                                    (注)3
     代表取締役社長              長妻 貴嗣     昭和40年5月21日生                                  1,657
                                 平成10年4月      専務取締役営業本部長兼経営企画
                                      部、開発技術部、情報システム部
                                      担当就任
                                 平成11年4月      専務取締役管理本部長兼経営技術
                                      本部長、営業本部副本部長、住宅
                                      推進部長就任
                                 平成12年6月      専務取締役営業本部本部長就任
                                 平成13年6月      代表取締役専務営業推進本部長就
                                      任
                                 平成14年6月
                                      代表取締役社長就任(現任)
                                 昭和62年4月      新日本証券㈱(現 みずほ証券

                                      ㈱)入社
                                 平成3年1月      当社入社
                                 平成11年4月      経営企画部長就任
                                 平成12年6月      執行役員経営企画部長就任
                                 平成16年6月      取締役経営管理部長就任
                                                    (注)3
      専務取締役       管理本部長      端山 秀人     昭和40年3月22日生
                                                            2
                                 平成16年8月      取締役執行役員人事部長就任
                                 平成17年3月      取締役執行役員管理本部長就任
                                 平成18年6月      常務取締役管理本部長就任
                                 平成30年6月      専務取締役管理本部長就任(現
                                      任)
                                 昭和61年4月      当社入社

                                 平成12年2月      千葉支店長就任
                                 平成15年4月      大宮支店(現 さいたま支店)長
                                      就任
                                 平成16年6月      執行役員東京ブロック長兼東京支
                                      店長就任
                                 平成17年6月      取締役執行役員東京ブロック長兼
                                      東京支店長就任
                                 平成19年6月      取締役執行役員関東ブロック長兼
                                                    (注)3
       取締役     営業推進本部長       三戸 茂夫     昭和38年3月25日生                                    1
                                      東京支店長就任
                                 平成20年5月
                                      取締役執行役員関東ブロック長兼
                                      東京ブロック長就任
                                 平成22年5月      取締役執行役員東京ブロック長就
                                      任
                                 平成24年5月      取締役執行役員営業推進本部長就
                                      任
                                 平成30年4月      取締役営業推進本部長就任(現
                                      任)
                                 19/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                 平成4年4月      富士フィルム㈱入社
                                 平成9年2月      当社入社
                                 平成9年5月      情報システム部長就任
                                 平成20年6月      執行役員情報システム部長就任
                                 平成23年11月      執行役員生産本部生産管理部長就
                                      任
                                                     (注)3
       取締役     経営管理部長       藤田 剛     昭和  41 年 4 月 9 日生                             3
                                 平成24年4月      執行役員生産物流本部副本部長就
                                      任
                                 平成26年6月      取締役執行役員生産物流管理部長
                                      就任
                                 平成27年5月      取締役執行役員経営管理部長就任
                                 平成30年4月
                                      取締役経営管理部長就任(現任)
                                 昭和59年4月      当社入社

                                 平成14年5月      久留米物流センター長就任
                                 平成16年12月      岩井工場長就任
                                 平成17年7月      岩井物流センター長就任
                                 平成19年6月      執行役員調達統括本部長就任
                                                     (注)3
       取締役     東日本物流部長       小嶋 俊一     昭和34年5月1日生                                    1
                                 平成20年6月      取締役執行役員生産物流本部長就
                                      任
                                 平成26年4月      取締役執行役員物流本部長就任
                                 平成27年5月      取締役執行役員関東物流部長就任
                                 平成30年4月      取締役東日本物流部長就任(現任)
                                 平成15年4月      当社入社
                                 平成24年6月      執行役員技術本部ハウス開発部長
                                      就任
                                                     (注)3
       取締役      技術部長      安齋 光晴     昭和55年9月12日生         平成25年5月      執行役員技術本部ハウス技術           部長          -
                                      就任
                                 平成27年5月      執行役員技術第一部長就任
                                 平成30年6月      取締役技術部長就任(現任)
                                 昭和59年4月      山一證券㈱入社
                                 平成10年3月      当社入社
       監査役                          平成13年4月      人事部長
                                                     (注)5
                   村井 康之     昭和35年8月21日生                                    2
      (常勤)                          平成16年12月      総務部長
                                 平成22年6月      執行役員総務部長
                                 平成25年6月      監査役(常勤)就任(現任)
                                 昭和34年4月      三井金属鉱業㈱入社
                                 平成元年6月      同社取締役銅箔事業部長就任
                                 平成5年6月      台湾銅箔股份有限公司代表取締役
                                      就任
                                                     (注)5
       監査役            上田 俊郎     昭和10年5月28日生                                    6
                                 平成7年6月      パウダーテック㈱代表取締役就任
                                 平成12年8月      当社相談役就任
                                 平成16年11月      柏商工会議所専務理事就任
                                 平成21年6月      当社監査役就任(現任)
                                 昭和52年11月      監査法人 中央会計事務所 入所
                                 昭和57年2月      公認会計士登録
                                 昭和58年11月      税理士登録
                                                     (注)4
       監査役            山﨑 直人     昭和29年8月12日生                                   -
                                 昭和58年11月      公認会計士・税理士山﨑直人事務
                                      所所長(現任)
                                 平成17年6月
                                      当社監査役就任(現任)
                                 昭和49年4月      柏市入庁
                                 平成8年4月      柏市財政部財政課長
                                 平成17年4月      柏市企画部長
                                                     (注)5
       監査役            石黒 博     昭和27年1月16日生                                   ー
                                 平成22年4月      柏市副市長
                                 平成29年3月      柏市副市長退任
                                 平成29年6月
                                      当社監査役就任(現任)
                                          計
                                                          1,673
                                 20/76



                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.監査役山﨑直人及び石黒博の2氏は社外監査役であります。
         2.当社では、意思決定・監督・執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しておりま
           す。
           執行役員は11名で、上記兼務役員のほか技術第二部長 鈴木                            洋帆、海外事業部長 鈴木             敬尚、九州統括
           部長 倉田      知明、西日本物流部長 前田              英士、つくば事業所長 松崎              和秀、施工管理部長 服部             賢
           一、新潟事業所長 後藤            利之、東京建築設計部長 難波               邦義、中部統括部長 馬場             透、中国統括部長 
           福本   武志、技術第三部長 藪下             振一郎で構成されております。
         3.平成30年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から1年間。
         4.平成29年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
         5.平成27年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。なお、平成29年6月23日開催の定時株主総会
           にて補欠として選任された監査役の任期は、退任した監査役の任期の満了の時までであります。
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】

       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
          (コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方)
            当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、法令遵守に基づく企業倫理の重要性を認識
           するとともに、透明性の高い、公正な経営を実現することを重要課題であると考えております。
            また、株主・投資家の皆様へは、迅速かつ正確な情報開示に努めるとともに、幅広い情報公開に努めてま
           いります。
         ①  企業統治の体制

         イ.企業統治の体制の概要
            当社は監査役制度を採用しております。監査役会を定期的に開催し、監査役は取締役会をはじめ主要な会
           議に出席し必要に応じて意見陳述を行うほか、会計監査人並びに取締役からの報告を受けるなど、厳正に監
           査を行っております。
            また、当社の取締役会は経営上の重要事項決定機関であり、定時取締役会、臨時取締役会を必要に応じて
           随時開催しております。執行役員さらに必要に応じ担当部門長・担当者参加のもと、業務執行報告と課題検
           討を行い、常時、業務及び執行の厳正な監視を行える体制をとっております。
         ロ.当該体制を採用する理由









            当社は2名の社外監査役、1名の常勤監査役、1名の監査役がおり、また、社外監査役2名は会計の専門
           的知識及び行政における幅広い知見を有しております。以上から、経営の監視機能が十分に機能する体制が
           整っていると考えております。
                                 21/76


                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         ハ.その他企業統治に関する事項
          ・内部統制システムの整備の状況
            会社法及び関係法令に則り(会社法第362条第4項第6号及び第5項、会社法施行規則第100条及び会社法
           施行経過措置政令第14条)、当社の内部統制システムの整備に関する基本方針を下記のとおり定めます。
           1.  取締役・使用人の職務の執行が法令・定款に適合することを確保する体制
            当社グループは、コンプライアンスの強化を経営の基本方針としており、事業上でのリスクの明確化・対
            応方法の検討・チェック体制の強化・問題が発生した場合の早期是正を図ることで取組んでおり、使用人
            全員への周知徹底を図っております。
            また、使用人による職務の執行が法令・定款及び社内規程に違反することなく適切に行われているかを
            チェックするため、内部監査室を設置し、業務監査を実施しております。
           2.  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
            当社は、原則毎月1回取締役会を開催し、又臨時取締役会を必要に応じて随時開催しており、取締役会規
            則に定めた重要事項の決定と取締役の職務執行状況の監督を行っております。また、執行役員制度の導入
            を行い、経営と業務職務を明確に区分しております。
           3.  取締役の職務の執行に係わる情報の保存及び管理に対する体制
            取締役の職務の執行に係わる文書・情報については、法令・定款及び社内規定に基づき保存及び管理を
            行っており、取締役及び監査役の要求があるときは、これを随時閲覧に供することとしております。
           4.  損失の危険の管理に関する規則その他の体制
            企業活動に伴う様々なリスクに適切に対応すべく、担当役員及び内部監査室が中心となり、リスク管理規
            程に従い、社内横断的なリスクの予防・管理を実施しています。
            また、法律事務所と顧問契約を締結し、必要に応じて指導・助言等を受けております。
           5.  当該株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
            当社及び当社グループは、企業集団としての業務の適正を確保するため、子会社経営陣と適時会議を持
            ち、企業集団としての経営について協議する他、子会社が親会社の経営方針に添って適正に運営されてい
            ることを確認する体制をとっております。
           6.  監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制
            現在は職務を補助する使用人は置いておりませんが、監査役の必要に応じて職務を補助するための使用人
            を置くこととし、その人事については取締役と監査役が意見交換を行い決定することとします。
           7.  前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項
            必要に応じて監査役に使用人を置く場合、当該使用人は業務執行上の指揮命令系統には属さず、監査役の
            指示命令に従うものとし、人事評価等については監査役会の同意を得て取締役が決定するものとします。
           8.  取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
            常勤監査役は定時取締役会及び必要に応じ随時開催される臨時取締役会、その他の重要な意思決定会議に
            出席し、取締役及び使用人から、重要事項の報告を受けるものとしております。
           9.  その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
            常勤監査役は、取締役及び使用人から重要事項に付き常時報告を受け、必要とする質問と調査を依頼する
            ことができます。また常勤監査役1名は監査役1名および社外監査役2名と監査役会を構成し、原則毎月
            1回監査役会を開催し重要事項を審議することとしております。
          ・リスク管理体制の整備の状況

            企業活動に伴う様々なリスクに適切に対応すべく、担当役員及び内部監査室が中心となり社内横断的なリ
           スクの予防・管理を実施しております。また、法律事務所と顧問契約を締結し、必要に応じて指導・助言等
           を受けております。
         ニ.責任限定契約の内容の概要

            当社と各社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定
           する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する額としておりま
           す。
         ②  内部監査及び監査役監査の状況

           当社の内部監査及び監査役監査の組織は、2名の社外監査役、1名の常勤監査役、1名の監査役及び内部監
          査室専従者4名により構成しております。内部監査室による監査・調査は定期的に実施しており、監査の結果
          は、取締役会および監査役に報告されており、内部監査状況を監視しております。
           なお、常勤監査役村井康之は、当社の総務部に平成16年12月から平成25年5月まで在籍し、通算9年にわた
          り法令関連業務及びコンプライアンスの維持管理業務に従事しておりました。また、社外監査役山﨑直人は公
          認会計士の資格を有しております。
                                 22/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         ③  会計監査の状況
           当社は会計監査人として新日本有限責任監査法人を選任しており、法令に基づく適正な会計監査が行われて
          おります。なお当社の会計監査業務は、新日本有限責任監査法人の指定有限責任社員・業務執行社員2名が19
          名の補助者(公認会計士9名、その他10名)とともに担当しております。
           なお、業務執行社員の氏名と継続監査年数は以下のとおりです。
               山岸 聡  (継続監査年数 4年)
               齋藤 祐暢 (継続監査年数 4年)
         ④  社外監査役

         イ.社外監査役の状況
           当社の社外監査役は2名であります。
           社外監査役山﨑直人氏は、公認会計士・税理士として専門的知見を有しており、また公正中立な立場を保持
          していることから、一般株主との利益相反の生じる恐れがなく適任であると判断しております。同氏は公認会
          計士・税理士山﨑直人事務所の所長を兼職しておりますが、当社と同氏及び同事務所との間に、人的関係、資
          本関係及び重要な取引関係その他の利害関係はありません。以上のことから、独立性を有するものと考え、社
          外監査役として選任し、同氏を株式会社東京証券取引所に対し、独立役員として届けております。
           社外監査役     石黒博氏は、行政に携われた豊富な知見を                    有していることから監査する上で適任であると判断
          し、選任しております。なお、当社と同氏及び同社との間に、人的関係、資本関係及び重要な取引関係その他
          の利害関係はありません。
           当社は社外取締役を選任しておりませんが、監査役4名中の2名を社外監査役にすることで外部からの客観
          的・中立の監視を取り入れており、十分に経営監視機能が整っていると考えております。
         ロ.社外監査役を選任するための会社の独立性に関する基準又は方針

           社外監査役を選任するための独立性について特段の定めはないものの、社外での経営に関する豊富な経験や
          高い見識または専門的見地から客観的かつ適切な監督または監査といった機能及び役割が期待され、一般株主
          と利益相反が生じるおそれがないことを基本的な考えとして、選任しております。
         ⑤  役員報酬等

         イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                                      対象となる
                                  報酬等の種類別の総額(百万円)
                       報酬等の総額
              役員区分                                        役員の員数
                        (百万円)
                                基本報酬       退職慰労金         賞与
                                                       (人)
                            92
           取締役                        72        ▶       15         5
           監査役
                            10        8       0       1        2
           (社外監査役を除く)
           社外監査役                  3       3       0       -         3
         ロ.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

            使用人兼務取締役は4名であり、使用人給与支給額は21百万円であります。
         ハ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

            当社の役員報酬等の額またはその算定方法に関しては、株主総会の決議による報酬限度額の範囲内におい
           て、人事担当役員の起案により報酬額案を作成し、取締役会において決議することとしております。
           (株主総会の決議による報酬限度額(年額))
                           報酬限度額(年額)                 決議日
                  取締役              300百万円         平成5年6月定時総会

                  監査役               20百万円        平成元年12月定時総会

                                 23/76





                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         ⑥  株式の保有状況
         イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           3銘柄 60百万円
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

           的
           前事業年度
            特定投資株式
                                     貸借対照表計上額
               銘柄          株式数(株)                          保有目的
                                       (百万円)
           ㈱コンコルディア・フィ
                               54,100               27   当社事業の円滑な遂行
           ナンシャルグループ
           ㈱千葉銀行                     10,000                7   当社事業の円滑な遂行
         (注)㈱東日本銀行は、平成28年4月1日に㈱横浜銀行と共同で、株式移転により持株会社である㈱コンコル
             ディア・フィナンシャルグループを設立し、同持株会社の完全子会社となっております。
           当事業年度

            特定投資株式
                                     貸借対照表計上額
               銘柄          株式数(株)                          保有目的
                                       (百万円)
           ㈱コンコルディア・フィ
                               54,100               31   当社事業の円滑な遂行
           ナンシャルグループ
           ㈱千葉銀行                     10,000                8   当社事業の円滑な遂行
         ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並び

           に当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
           該当事項はありません。
         ⑦  取締役の定数

           当社の取締役は15名以内とする旨を定款に定めております。
         ⑧  取締役の選任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が
          出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。
         ⑨  剰余金の配当等の決定機関

           当社は、資本政策の機動性を確保するため、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当(中間配当)を取
          締役会決議により可能とする旨を定款で定めております。また、上記のほか、会社法第459条第1項各号に揚
          げる事項についても、取締役会での決議を可能とする旨を定款で定めております。
         ⑩  自己株式の取得

           当社は、資本効率の向上と経営環境に応じた機動的な資本政策の遂行のため、会社法第165条第2項に基づ
          き、取締役会決議による自己株式の取得を可能とする旨を定款で定めております。また、上記のほか、会社法
          第459条第1項第1号に掲げる事項についても、取締役会での決議を可能とする旨を定款で定めております。
         ⑪  取締役及び監査役の責任免除

           当社は、会社法第423条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する
          取締役(取締役であったものを含む。)及び監査役(監査役であったものを含む。)の責任を法令の限度にお
          いて免除することができる旨を定款で定めております。
           これは、取締役及び監査役が職務遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たし
          うる環境を整備することを目的とするものであります。
                                 24/76



                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         ⑫  株主総会の特別決議要件
           当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件につい
          て、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の
          2以上をもって決議を行う旨を定款で定めております。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
      提出会社                  37           -           35           -
      連結子会社                  -           -           -           -

         計               37           -           35           -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
           該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

           該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
           該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

           該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

           当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針といたしましては、監査法人からの本監査及び四半期
          レビューに対する報酬見積書の提出を求め、その見積金額を管理本部にて検討した結果、取締役会での決議に
          て決定いたします。
                                 25/76









                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ

        いて作成しております。
       (3)当社の連結財務諸表及び財務諸表に掲記される科目その他の事項の金額については、従来、千円単位で記載して

        おりましたが、当連結会計年度及び当事業年度より百万円単位をもって記載することに変更いたしました。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、新日
       本有限責任監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するために、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、各種研修等に参加
       しております。
                                 26/76














                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         4,491              4,694
         現金及び預金
                                                       ※5 503
                                           614
         受取手形
                                           443              851
         電子記録債権
                                         4,118              4,176
         営業未収入金
                                         1,684              2,269
         売掛金
                                           59              17
         販売用不動産
                                         1,134               869
         商品及び製品
                                           368              539
         仕掛品
         原材料及び貯蔵品                                  897             1,181
                                           222              243
         繰延税金資産
                                           314              443
         その他
                                          △ 18             △ 27
         貸倒引当金
         流動資産合計                                14,331              15,763
       固定資産
         有形固定資産
                                         39,774              42,289
          レンタル資産
                                        △ 17,423             △ 19,528
            減価償却累計額
            レンタル資産(純額)                             22,350              22,761
                                         10,911              11,463
          建物及び構築物
                                        △ 5,986             △ 6,363
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                              4,924              5,100
                                         1,668              1,732
          機械装置及び運搬具
                                        △ 1,179             △ 1,281
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                               489              450
          土地                               9,608              9,592
                                         3,531              3,900
          リース資産
                                        △ 1,501             △ 2,089
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              2,029              1,811
          建設仮勘定                                174              193
          その他                                509              540
                                         △ 422             △ 464
            減価償却累計額
            その他(純額)                               86              75
                                         39,664              39,986
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           265              268
          その他
                                           265              268
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           55              60
          投資有価証券
                                          ※1 30            ※1 252
          関係会社株式
                                           545              572
          繰延税金資産
                                           648              730
          その他
                                           △ 3             △ 3
          貸倒引当金
                                         1,275              1,611
          投資その他の資産合計
                                         41,205              41,866
         固定資産合計
                                         55,537              57,629
       資産合計
                                 27/76



                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                       ※5 477
                                           373
         支払手形
                                         5,194              6,500
         電子記録債務
                                         1,160              1,372
         買掛金
         短期借入金                                 2,525              6,325
                                           708              752
         リース債務
                                           122               80
         未払金
                                         2,146              2,171
         未払費用
                                           937             1,182
         未払法人税等
                                           425              452
         賞与引当金
                                           20              20
         役員賞与引当金
                                                      ※5 1,948
                                         2,348
         その他
                                         15,962              21,284
         流動負債合計
       固定負債
                                         9,826              4,400
         長期借入金
                                         1,081               686
         リース債務
                                           100              105
         役員退職慰労引当金
                                           10              10
         環境対策引当金
                                           989             1,042
         退職給付に係る負債
                                           445              464
         資産除去債務
                                            0              0
         その他
                                         12,452               6,711
         固定負債合計
                                         28,415              27,996
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         1,545              1,545
         資本金
                                         2,776              2,776
         資本剰余金
                                         23,115              25,588
         利益剰余金
                                         △ 314             △ 314
         自己株式
                                         27,123              29,595
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                            7              11
         その他有価証券評価差額金
                                           57              68
         為替換算調整勘定
                                          △ 66             △ 41
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                                  △ 2              37
                                         27,121              29,633
       純資産合計
                                         55,537              57,629
      負債純資産合計
                                 28/76







                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                         37,194              39,065
      売上高
                                         22,534              23,518
      売上原価
                                         14,659              15,546
      売上総利益
                                      ※1 , ※2 9,443           ※1 , ※2 10,216
      販売費及び一般管理費
                                         5,216              5,330
      営業利益
      営業外収益
                                           20              35
       スクラップ売却収入
                                            7              6
       受取保険金
                                           24              -
       企業立地奨励金
                                           35              40
       その他
                                           88              81
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           72              56
       支払利息
                                           11              18
       支払手数料
                                           12              19
       その他
                                           96              93
       営業外費用合計
                                         5,208              5,318
      経常利益
      特別利益
                                                        ※3 ▶
                                           -
       固定資産売却益
                                           13              -
       資産除去債務戻入益
                                           13               ▶
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※4 54             ※4 49
       固定資産売除却損
                                            3              2
       会員権評価損
                                            6              -
       保険解約損
                                           387               -
       役員退職功労金
                                           451               51
       特別損失合計
                                         4,770              5,271
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,696              1,970
                                          △ 13             △ 60
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    1,683              1,910
                                         3,087              3,361
      当期純利益
                                         3,087              3,361
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 29/76








                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                         3,087              3,361
      当期純利益
      その他の包括利益
                                            1              3
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 44              11
       為替換算調整勘定
                                           51              25
       退職給付に係る調整額
                                           ※ 8             ※ 40
       その他の包括利益合計
                                         3,096              3,401
      包括利益
      (内訳)
                                         3,096              3,401
       親会社株主に係る包括利益
                                 30/76
















                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       1,545         2,776        20,862         △ 310       24,873
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 389                △ 389
      剰余金の配当(中間配当)                                  △ 444                △ 444
      親会社株主に帰属する当期
                                        3,087                 3,087
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 3        △ 3
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -       2,253         △ 3       2,249
     当期末残高                  1,545         2,776        23,115         △ 314       27,123
                             その他の包括利益累計額

                                                     純資産合計
                 その他有価証券評価                 退職給付に係る調整         その他の包括利益累
                          為替換算調整勘定
                 差額金                    累計額      計額合計
     当期首残高                   6        101        △ 118        △ 11       24,862
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                         △ 389
      剰余金の配当(中間配当)                                                   △ 444
      親会社株主に帰属する当期
                                                         3,087
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 3
      株主資本以外の項目の当期
                         1       △ 44         51         8         8
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   1       △ 44         51         8       2,258
     当期末残高                   7        57        △ 66        △ 2      27,121
                                 31/76









                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  1,545         2,776        23,115         △ 314       27,123
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 444                △ 444
      剰余金の配当(中間配当)                                  △ 444                △ 444
      親会社株主に帰属する当期
                                        3,361                 3,361
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 0        △ 0
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -       2,472         △ 0       2,471
     当期末残高
                       1,545         2,776        25,588         △ 314       29,595
                             その他の包括利益累計額

                                                     純資産合計
                 その他有価証券評価                 退職給付に係る調整         その他の包括利益累
                          為替換算調整勘定
                 差額金                    累計額      計額合計
     当期首残高
                         7        57        △ 66        △ 2      27,121
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 444
      剰余金の配当(中間配当)                                                   △ 444
      親会社株主に帰属する当期
                                                         3,361
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 0
      株主資本以外の項目の当期
                         3        11         25         40         40
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                         3        11         25         40       2,511
     当期末残高                   11         68        △ 41         37       29,633
                                 32/76









                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         4,770              5,271
       税金等調整前当期純利益
                                         6,143              6,607
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 5              8
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    35              26
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                    16              -
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  △ 107               5
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   111               90
                                           △ 1             △ 3
       受取利息及び受取配当金
                                           72              56
       支払利息
                                            3              2
       会員権評価損
                                           -              △ ▶
       固定資産売却益
                                          △ 13              -
       資産除去債務戻入益
                                           54              49
       固定資産売除却損
       保険解約損益(△は益)                                    6              -
       売上債権の増減額(△は増加)                                   △ 57             △ 938
                                       ※2 △ 5,768            ※2 △ 6,321
       たな卸資産の増減額(△は増加)
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  2,082              1,627
       前受金の増減額(△は減少)                                   677             △ 349
                                           61             △ 40
       その他
                                         8,081              6,086
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    1              3
                                          △ 72             △ 54
       利息の支払額
                                        △ 1,770             △ 1,702
       法人税等の支払額
                                         6,239              4,333
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           -              40
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 1,061              △ 755
       有形固定資産の取得による支出
                                           -              18
       有形固定資産の売却による収入
                                          △ 36             △ 26
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 50             △ 101
       その他
                                        △ 1,148              △ 824
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -              650
                                        △ 2,300             △ 2,275
       長期借入金の返済による支出
       自己株式の取得による支出                                   △ 3             △ 0
                                           465              241
       セール・アンド・リースバックによる収入
                                         △ 680             △ 748
       リース債務の返済による支出
                                         △ 834             △ 888
       配当金の支払額
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                          △ 30             △ 221
       よる支出
                                           △ 9             △ 18
       その他
                                        △ 3,394             △ 3,261
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 19              △ ▶
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    1,678               242
                                         2,633              4,311
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 4,311             ※1 4,554
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 33/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
        (1)連結子会社の数           2 社
          連結子会社名は、「第1             企業の概況       4.関係会社の状況」に記載しているため、省略しております。
        (2)主要な非連結子会社の名称等

          主要な非連結子会社
           SANKYO     FRONTIER     MYANMAR    CO.,LTD.
           SANKYO    FRONTIER     MALAYSIA     SDN.BHD.
         (連結の範囲から除いた理由)
          非連結子会社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益
         剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります.
       2.持分法の適用に関する事項

        (1)  持分法適用の非連結子会社数
          該当事項はありません。
        (2)持分法を適用しない非連結子会社(                   SANKYO    FRONTIER     MYANMAR    CO.,LTD.、     SANKYO    FRONTIER     MALAYSIA

         SDN.BHD.    ) は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象か
         ら除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲
         から除外しております。
       3.連結子会社の事業年度等に関する事項

          在外連結子会社である広州番禺三協豪施有限公司の決算日は12月31日であります。
          連結財務諸表作成にあたっては、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引につ
         いては、連結上必要な調整を行っております。
          その他の連結子会社の決算日は連結決算日と一致しております。
       4.会計方針に関する事項

        (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
         イ   有価証券
          その他有価証券
           時価のあるもの
            決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
           により算定)を採用しております。
           時価のないもの
            移動平均法による原価法を採用しております。
         ロ   たな卸資産
          a.製品・商品・原材料・仕掛品・貯蔵品
            標準仕様品
             移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用
             しております。
            特殊仕様品
             個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用して
             おります。
          b.販売用不動産
             個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用して
             おります。
                                 34/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
         イ   有形固定資産(リース資産を除く。)
           当社及び国内連結子会社は、定率法を採用しております。
           ただし、平成10年4月1日以降に取得したレンタル資産(機械及び装置・工具器具及び備品を除く。)及び
          建物(建物附属設備を除く。)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、
          定額法を採用しております。
           さらに、少額減価償却資産(取得価額10万円以上20万円未満)については、有形固定資産に計上し、連結会
          計年度ごとに一括して3年間で均等償却する方法を採用しております。
           在外連結子会社は定額法を採用しております。
           なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
           レンタル資産           3年~27年
           建物           2年~44年
         ロ   無形固定資産(リース資産を除く。)
           定額法を採用しております。
           なお、ソフトウエア(自社利用)については、社内における見込み利用可能期間(5年)による定額法を採
          用しております。
           在外連結子会社の土地使用権については、土地使用契約期間に基づき毎期均等償却しております。
         ハ   リース資産
          所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
        (3)重要な引当金の計上基準

         イ   貸倒引当金
           債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
          ついては個別に回収不能見込額を計上しております。
         ロ 賞与引当金
           従業員の賞与の支払に備えるため、賞与支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しております。
         ハ 役員賞与引当金
           役員賞与の支払に備えるため、当連結会計年度における支給見込額に基づき計上しております。
         ニ 役員退職慰労引当金
           役員の退職慰労金の支払に備えるため、役員退職慰労金規程に基づき当連結会計年度末における要支給額を
          計上しております。
         ホ 環境対策引当金
           「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」によるPCB廃棄物の処理支出に備
          えるため、処理見積額を計上しております。
        (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         イ 退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
          は、給付算定式基準によっております。
         ロ 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
           過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により費
          用処理しております。
           数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5
          年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
                                 35/76






                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        (5)重要な収益及び費用の計上基準
          完成工事高及び完成工事原価の計上基準
           当連結会計年度末までの進捗部分について、成果の確実性が認められる工事については工事進行基準(工事
          の進捗率の見積りは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用しております。
        (6)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

           外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
          ります。なお、在外子会社等の資産、負債、収益及び費用は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換
          算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上しております。
        (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

           手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
          か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

          消費税等の会計処理
           税抜方式を採用しております。
                                 36/76















                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
      ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日改正 企業会計基準
       委員会)
      ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日最終改正 企
       業会計基準委員会)
     (1)概要

        「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等は、日本公認会計士協会における税効果会計に関する実務指針を企業
        会計基準委員会に移管するに際して、基本的にその内容を踏襲した上で、必要と考えられる以下の見直しが行われ
        たものであります。
        (会計処理の見直しを行った主な取扱い)
        ・個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱い
        ・(分類1)に該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱い
      (2)適用予定日

        平成31年3月期の期首から適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響

        「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評
        価中であります。
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)

      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員
       会)
      (1)概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計
       基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいて
       はTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後に開始する事業年度から、Topic606は平成29年
       12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関す
       る包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
       を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
       点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
       には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
      (2)適用予定日

        平成34年3月期の期首から適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であり
       ます。
         (表示方法の変更)

          (貸借対照表)
            前連結会計年度において、「受取手形」に含めていた「電子記録債権」は、金額的重要性が増したため、
           当連結会計年度より独立掲記することとしました。その表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度
           の連結財務諸表の組替えを行っております。
            この結果、前連結会計年度の連結財務諸表において、「受取手形」に表示していた1,057百万円は、「受
           取手形」614百万円、「電子記録債権」443百万円として組み替えております。
                                 37/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
      ※1非連結子会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     関係会社株式                               30百万円                 252百万円
       2 手形債権流動化に伴う買戻し義務

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     買戻し義務                              603百万円                 588百万円
       3 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引先金融機関(銀行6行)とリボルビング・クレジット・ファ

        シリティ(貸出コミットメント)契約を締結しております。
         この契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     貸出コミットメントの総額                             5,000百万円                 5,000百万円
     借入実行残高                               -百万円                 900百万円
              差引額                     5,000百万円                 4,100百万円
       4 保証債務

         次の関係会社等について、金融機関からの借入に対し債務保証を行っております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     SANKYO    FRONTIER     MYANMAR    CO.,LTD.
                                    -百万円                 69百万円
     (借入債務)
      ※5 期末日満期手形

         期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、当連結会計年度の
        末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が当連結会計年度の期末残高に含まれております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     受取手形                               -百万円                  0百万円
     支払手形                               -百万円                 79百万円
     流動負債(その他)                               -百万円                  2百万円
                                 38/76








                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
      ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
     給料及び賞与                             2,935   百万円               3,046   百万円
     賞与引当金繰入額                              345  百万円                379  百万円
     役員賞与引当金繰入額                               20 百万円                20 百万円
     役員退職慰労引当金繰入額                                8 百万円                 6 百万円
     退職給付費用                              168  百万円                171  百万円
     減価償却費                             1,127   百万円               1,217   百万円
      ※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額は次のとおりであり、次の引当金繰入額が含まれております。

               前連結会計年度                             当連結会計年度
             (自 平成28年4月1日                            (自 平成29年4月1日
             至 平成29年3月31日)                              至 平成30年3月31日)
                     208  百万円                          220  百万円
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     賞与引当金繰入額                               22百万円                 11百万円
     退職給付費用                                1百万円                 1百万円
      ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     機械装置及び運搬具                               -百万円                  4百万円
      ※4 固定資産売除却損の内容は次のとおりであります。

        固定資産売却損
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     建物及び構築物                               -百万円                  0百万円
     土地                               -百万円                  5百万円
               計                      -百万円                  6百万円
        固定資産除却損

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     レンタル資産                               15百万円                 25百万円
     建物及び構築物                               34百万円                 17百万円
     機械装置及び運搬具                                0百万円                 0百万円
     有形固定資産(その他)                                4百万円                 0百万円
               計                      54百万円                 43百万円
                                 39/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
      ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                   2百万円               5百万円
      組替調整額                                  -               -
       税効果調整前
                                         2               5
       税効果額                                △0               △1
       その他有価証券評価差額金
                                         1
                                                        3
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                 △44                 11
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                  25               △5
      組替調整額                                  48               42
       税効果調整前
                                        74               36
       税効果額                                △22               △11
       退職給付に係る調整額
                                        51               25
     その他の包括利益合計
                                         8               40
         (連結株主資本等変動計算書関係)

         前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                     23,356            -          -        23,356

            合計               23,356            -          -        23,356

     自己株式

      普通株式 (注)                     1,126            3         -        1,130

            合計               1,126            3         -        1,130

     (注) 普通株式の自己株式の株式数の増加3千株は、単元未満株式の買取りによる増加3千株であります。
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     (決議)                     (百万円)       額(円)
     平成28年5月13日
                 普通株式             389       17.50    平成28年3月31日          平成28年6月24日
     取締役会
     平成28年11月8日
                 普通株式             444       20.00    平成28年9月30日          平成28年12月6日
     取締役会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (百万円)             当額(円)
     平成29年5月      12 日
               普通株式           444    利益剰余金         20.00    平成29年3月31日         平成29年6月26日
     取締役会
                                 40/76


                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                     23,356            -        11,678          11,678

            合計               23,356            -        11,678          11,678

     自己株式

      普通株式 (注)                     1,130            0         565          565

            合計               1,130            0         565          565

     (注)1.当社は、平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。
        2.普通株式の発行済株式総数の減少11,678千株は株式併合によるものであります。
        3.普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、株式併合に伴う端数株式の買取りによる増加0千株及び単元
         未満株式の買取りによる増加0千株(株式併合後0千株)によるものであります。
        4.普通株式の自己株式の株式数の減少565千株は株式併合による                              ものであります
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     (決議)                     (百万円)       額(円)
     平成29年5月12日
                 普通株式             444       20.00    平成29年3月31日          平成29年6月26日
     取締役会
     平成29年11月6日
                 普通株式             444       20.00    平成29年9月30日          平成29年12月6日
     取締役会
     (注)平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。「1株当たり配当額」につ
       きましては、当該株式併合前の金額を記載しております。
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (百万円)             当額(円)
     平成30年5月      15 日
               普通株式           555    利益剰余金         50.00    平成30年3月31日         平成30年6月22日
     取締役会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                              至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
      現金及び預金勘定                               4,491   百万円              4,694   百万円
      預入期間が3か月を超える定期預金                               △180   百万円              △140   百万円
      現金及び現金同等物                               4,311   百万円              4,554   百万円
     ※2.営業活動によるキャッシュ・フローのたな卸資産の増減額に含まれるたな卸資産からレンタル資産(固定資産)へ

       の振替金額
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自    平成28年4月1日                         (自    平成29年4月1日
              至   平成29年3月31日)                          至   平成30年3月31日)
                     6,815   百万円                         7,476   百万円
                                 41/76



                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
      (借主側)
      1.ファイナンス・リース取引
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ①   リース資産の内容
        (ア)有形固定資産
          ユニットハウス事業における生産設備、フォークリフト及びレンタル資産であります。
        (イ)無形固定資産
          ソフトウェアであります。
       ②   リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                      (2)重要な減価償却資産の減
        価償却の方法」に記載のとおりであります。
         (金融商品関係)

          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、銀行等金融機関からの借入により資
            金を調達する方針です。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
             受取手形、営業未収入金及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リスクに関して
            は、与信管理マニュアルに従い、営業拠点が取引先ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況
            の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
             投資有価証券は主として株式であり、市場価格の変動リスクに晒されていますが、定期的に時価や発
            行体の財務状況等の把握を行っております。
             支払手形、電子記録債務、買掛金、未払金及び未払費用は、そのほとんどが5ヶ月以内の支払期日で
            あります。
             借入金及びファイナンス・リース取引に係るリース債務のうち、短期借入金の使途は運転資金であ
            り、長期借入金及びリース債務は主に設備投資に係る資金調達であります。
             また、支払手形、電子記録債務、買掛金、未払金及び未払費用や借入金は、流動性リスクに晒されて
            いますが、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成するなどの方法により管理し
            ております。
          2.金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注)2.参照)
            前連結会計年度(平成29年3月31日)
                               連結貸借対照表計上
                                          時価(百万円)          差額(百万円)
                               額(百万円)
        (1)現金及び預金                            4,491          4,491            -
        (2)受取手形、営業未収入金及び売掛金                            6,860
                                     △12
            貸倒引当金(*)
                                     6,848          6,848            -
        (3)投資有価証券
                                      35          35          -
         資産計                           11,374          11,374            -
        (1)支払手形、電子記録債務、買掛金、未払
                                     8,997          8,997            -
           金及び未払費用
        (2)短期借入金                             250          250           -
        (3)長期借入金                            12,102          12,116           △13
        (4)リース債務                            1,789          1,807           △17
         負債計                           23,139          23,170           △31
        (*)   受取手形、営業未収入金及び売掛金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
                                 42/76


                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(平成30年3月31日)
                               連結貸借対照表計上
                                          時価(百万円)          差額(百万円)
                               額(百万円)
        (1)現金及び預金                            4,694          4,694            -
        (2)受取手形、電子記録債権、営業未収入金
                                     7,801
           及び売掛金
                                     △21
            貸倒引当金(*)
                                     7,779          7,779            -
        (3)投資有価証券
                                      40          40          -
         資産計                           12,513          12,513            -
        (1)支払手形、電子記録債務、買掛金、未払
                                    10,602          10,602            -
           金及び未払費用
        (2)短期借入金                             900          900           -
        (3)長期借入金                            9,826          9,833           △7
        (4)リース債務                            1,439          1,451           △12
         負債計                           22,767          22,787           △19
        (*)   受取手形、電子記録債権、営業未収入金及び売掛金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
        (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
            資 産
             (1)現金及び預金、(2)受取手形、電子記録債権、営業未収入金及び売掛金
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
              ております。
             (3)投資有価証券
               これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に
              関する事項については、注記事項(有価証券関係)をご参照ください。
            負 債
             (1)支払手形、電子記録債務、買掛金、未払金及び未払費用、(2)短期借入金
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
              ております。
             (3)長期借入金(一年内返済予定分を含む)、(4)リース債務
               これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入又は、リース取引を行った場合に想定
              される利率で割り引いて算定する方法によっております。
           2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (平成29年3月31日)                (平成30年3月31日)
             非上場株式等                              20                20
              これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
             「(3)投資有価証券」には含めておりません。
                                 43/76






                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
           3.金銭債権の決算日後の償還予定額
             前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                         1年超       5年超
                                 1年以内                      10年超
                                        5年以内       10年以内
                                 (百万円)                      (百万円)
                                        (百万円)       (百万円)
             預金                       4,467         -       -       -
             受取手形、営業未収入金及び売掛金                       6,860         -       -       -

                     合計              11,327         -       -       -

             当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                         1年超       5年超
                                 1年以内                      10年超
                                        5年以内       10年以内
                                 (百万円)                      (百万円)
                                        (百万円)       (百万円)
             預金                       4,664         -       -       -
             受取手形、電子記録債権、営業未収入金
                                   7,801         -       -       -
             及び売掛金
                     合計              12,465         -       -       -
           4.長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

             前連結会計年度(平成29年3月31日)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                   5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (百万円)                                  (百万円)
                           (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
             短期借入金           250       -       -       -       -       -
             長期借入金          2,275       5,425       2,493       1,907        -       -

                                            128

             リース債務           708       679       242              31       -
             当連結会計年度(平成30年3月31日)

                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                   5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (百万円)                                  (百万円)
                           (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
             短期借入金           900       -       -       -       -       -
             長期借入金          5,425       2,493       1,907        -       -       -

                                            110

             リース債務           752       319       205              51       -
                                 44/76








                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          前連結会計年度(平成29年3月31日)
          その他有価証券
                                        連結貸借対
                                                取得原価        差額
                                        照表計上額
                                   種類
                                                (百万円)       (百万円)
                                         (百万円)
                                             35       24       10
         連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの                        株式
                                             -       -       -
         連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの                        株式
                                             35       24       10
                                   合計
          当連結会計年度(平成30年3月31日)

          その他有価証券
                                        連結貸借対
                                                取得原価        差額
                                        照表計上額
                                   種類
                                                (百万円)       (百万円)
                                         (百万円)
                                             40       24       16
         連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの                        株式
                                             -       -       -
         連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの                        株式
                                             40       24       16
                                   合計
         (デリバティブ取引関係)

          前連結会計年度(平成29年3月31日)
          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
           該当事項はありません。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           該当事項はありません。
          当連結会計年度(平成30年3月31日)

          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
           該当事項はありません。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           該当事項はありません。
                                 45/76









                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
         1.採用している退職給付制度の概要
           当社は、ポイント制に基づく退職一時金制度と確定拠出年金制度を併用しております。
           国内連結子会社は退職一時金制度を設けております。
         2.確定給付制度

         (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
           退職給付債務の期首残高                             934百万円               968百万円
            勤務費用                              74百万円               73百万   円
            利息費用                              1百万円               1百万   円
            数理計算上の差異の発生額                             △25百万円                5百万   円
            退職給付の支払額                             △16百万円               △29百万    円
           退職給付債務の期末残高                             968百万円              1,019百万     円
         (2)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
           退職給付に係る負債の期首残高                              18百万円               20百万   円
            退職給付費用                              2百万円               2百万   円
           退職給付に係る負債の期末残高                              20百万円               23百万   円
         (3)退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
           非積立型制度の退職給付債務                             989百万円              1,042百万     円
           連結貸借対照表に計上された負債の額                             989百万円              1,042百万円
           退職給付に係る負債                             989百万円              1,042百万     円

           連結貸借対照表に計上された負債の額                             989百万円              1,042百万     円
          (注)簡便法を適用した制度を含みます。
         (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
           勤務費用                              74百万円               73百万   円
           利息費用                              1百万円               1百万円
           数理計算上の差異の費用処理額                              48百万円               42百万   円
           簡便法で計算した退職給付費用                              2百万円               2百万   円
           その他                              2百万円               6百万   円
           確定給付制度に係る退職給付費用                             130百万円               126百万    円
                                 46/76





                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (5)退職給付に係る調整額
           退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
           未認識数理計算上の差異                              74百万円               36百万   円
           合計                              74百万円               36百万   円
         (6)退職給付に係る調整累計額

           退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
           未認識数理計算上の差異                              96百万円               59百万   円
           合計                              96百万円               59百万   円
         (7)数理計算上の計算基礎に関する事項

           主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
           割引率                                0.2%               0.2%
         3.確定拠出制度

           当社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度67百万円、当連結会計年度72百万円であります。
         (ストック・オプション等関係)

          該当事項はありません。
                                 47/76












                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
       繰延税金資産
                                    (百万円)             (百万円)
        貸倒引当金損金算入限度超過額                            6            9
        賞与引当金繰入否認額                           130            137
        未払事業税等否認額                           45            59
        退職給付に係る負債                           302            318
        役員退職慰労引当金繰入否認額                           31            33
        土地評価否認額                           73            58
        減価償却費限度超過額                           88           105
        資産除去債務                           136            142
        ゴルフ会員権等評価否認額                           37            37
                                   71            64
        その他
       繰延税金資産小計
                                   923            967
                                   -            -
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                   923            967
       繰延税金負債
        収用に係わる固定資産圧縮損                           △0            △0
        国庫補助金等に係わる固定資産圧縮損                          △60            △55
        資産除去債務に対応する除去費用                          △78            △74
        その他有価証券評価差額金                           △3            △4
                                  △12            △15
        子会社留保利益
       繰延税金負債合計                           △155            △151
       繰延税金資産(負債)の純額                            768            815
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                               前連結会計年度           当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)           (平成30年3月31日)
       法定実効税率
                                   30.7%           30.7%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                             0.3%           0.2%
       同族会社留保金課税                             2.1%           2.2%
       住民税均等割                             2.1%           2.2%
       評価性引当額の増減額                            △0.3%             -
       その他                             0.4%           0.9%
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                   35.3%           36.2%
                                 48/76








                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

        資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
        イ   当該資産除去債務の概要
          当社グループの展示販売場及びトランクルーム店舗は設置の際に土地所有者との事業用定期借地権契約や土地
         賃貸借契約を締結しており、賃借期間終了による原状回復義務等に関し資産除去債務を計上しております。
        ロ   当該資産除去債務の金額の算定方法
          使用見込期間を、事業用定期借地権の契約期間(2~30年)と見積り、割引率は当該契約期間に見合う国債の
         流通利回り(0.001%~2.179%)を使用して資産除去債務の金額を算定しております。
        ハ   当該資産除去債務の総額の増減
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                  至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
          期首残高                              392百万円              445百万    円
          有形固定資産の取得に伴う増加額                              76百万円              28百万   円
          時の経過による調整額                               3百万円              3百万   円
          資産除去債務の履行による減少額                             △28百万円              △12百万    円
          期末残高                              445百万円              464百万    円
         (賃貸等不動産関係)

        前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
          当社グループでは、広島県において、将来の使用が見込まれていない遊休不動産を有しておりますが、重要性
         に乏しいため、記載を省略しております。
        当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

          当社グループでは、広島県において、将来の使用が見込まれていない遊休不動産を有しておりますが、重要性
         に乏しいため、記載を省略しております。
                                 49/76










                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           当社グループはユニットハウス事業を単一の報告セグメントとしており、その他の事業については、重要性
          が乏しいため、セグメント情報の記載を省略しております。
          【関連情報】

          前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
            単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載
           を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
           (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
             記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

            外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%に満たないため、主
           要な顧客ごとの情報の記載を省略しております。
          当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

          1.製品及びサービスごとの情報
            単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載
           を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
           (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
             記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

            外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%に満たないため、主
           要な顧客ごとの情報の記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
                                 50/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
         前連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
          1.関連当事者との取引
            連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                            議決権等
                   資本金又     事業の内          関連当事
                                              取引金額          期末残高
          会社等の                  の所有
      種類         所在地    は出資金     容又は職          者  との関       取引の内容            科目
          名称                  (被所                  (百万円)          (百万円)
                   ( 百万  円)  業          係
                            有)割合
                                                 31  前払費用         1
                            (被所有)            社員寮等の賃
          ㈲和幸興     千葉県         不動産管          当社役員の兼任
                                        借
      親会社                50      直接
          産     柏市         理業          1人
                             50.63%           (注)2
                                                   差入保証金
                                                 -          1
        (注)1.上記金額のうち取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
           2.取引条件ないし取引条件の決定方針等
             福利厚生施設の建物の賃借につきましては、近隣相場を参考にして賃料を設定しております。
           3.㈲和幸興産(住所:千葉県 出資金:50百万円 事業内容:不動産管理)は、同社の議決権等の100%
             を長妻和男、長妻貴嗣及びその近親者が所有するため「役員及びその近親者が議決権の過半数を所有す
             る会社(子会社を含む)」にも該当しますが、取引内容及び取引金額等が重複するため記載を省略して
             おります。
          2.親会社に関する注記

            親会社情報 ㈲和幸興産(非上場)
         当連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

          1.関連当事者との取引
          (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                            議決権等
                   資本金又
                       事業の内          関連当事
          会社等の                  の所有                  取引金額          期末残高
                   は出資金
      種類         所在地         容又は職          者  との関       取引の内容            科目
          名称                  (被所                  (百万円)          (百万円)
                   (百万円)     業          係
                            有)割合
                                                 31  前払費用         1
                            (被所有)            社員寮等の賃
          ㈲和幸興     千葉県         不動産管          当社役員の兼任
      親会社                      直接            借
                      50
          産     柏市         理業          1人
                             50.56%           (注)2
                                                 -  差入保証金         1
        (注)1.上記金額のうち取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
           2.取引条件ないし取引条件の決定方針等
             福利厚生施設の建物の賃借につきましては、近隣相場を参考にして賃料を設定しております。
           3.㈲和幸興産(住所:千葉県 出資金:50百万円 事業内容:不動産管理)は、同社の議決権等の100%
             を長妻和男、長妻貴嗣及びその近親者が所有するため「役員及びその近親者が議決権の過半数を所有す
             る会社(子会社を含む)」にも該当しますが、取引内容及び取引金額等が重複するため記載を省略して
             おります。
          (イ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

                            議決権等
                   資本金又     事業の内          関連当事
          会社等の                  の所有                  取引金額          期末残高
                   は出資金
      種類         所在地         容又は職          者  との関       取引の内容            科目
          名称                  (被所                  (百万円)          (百万円)
                   (百万円)     業          係
                            有)割合
     役員の近
                            (被所有)
                                        報酬の支払
      親者    長妻和男       -     -  当社会長     直接     前当社取締役                16    -      -
                                        (注)3
                             2.92%
      (注)2
        (注)1.上記取引金額には消費税等が含まれておりません。
           2.長妻和男氏は、当社代表取締役社長長妻貴嗣の実父であります。
           3.取引条件ないし取引条件の決定方針等
             報酬額は、創業者としての見地から、経営全般に関する相談・助言等の内容から勘案し協議の上、決定
             しております。
          2.親会社に関する注記

            親会社情報 ㈲和幸興産(非上場)
                                 51/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    平成28年4月1日             (自    平成29年4月1日
                               至   平成29年3月31日)              至   平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額                                2,440.49円                2,666.56円
     1株当たり当期純利益                                 277.78円                302.46円
     (注)1.当社は、平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度
          の期首に当該株式併合が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しておりま
          す。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    平成28年4月1日             (自    平成29年4月1日
                               至   平成29年3月31日)              至   平成30年3月31日)
     1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                       3,087                3,361
      (百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                       3,087                3,361
      利益(百万円)
      期中平均株式数(千株)                                11,114                11,113
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                               -                -
     株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在
     株式の概要
         (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 52/76











                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首残高        当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                               250        900      0.4         -

     1年以内に返済予定の長期借入金                             2,275        5,425       0.3         -

     1年以内に返済予定のリース債務                               708        752      0.9         -

                                                     平成31~33年
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             9,826        4,400       0.3
                                                     平成31~35年
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             1,081         686      0.9
                 合計                  14,141        12,165

      (注)1.平均利率につきましては、期中平均借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結貸借対照表日後5年間の返済予定
           額は、以下のとおりであります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                  (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
     長期借入金                2,493           1,907             -           -
     リース債務                 319           205           110            51
         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     8,634          18,577          27,986          39,065
     税金等調整前四半期(当期)
                           939         2,319          3,502          5,271
     純利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
     (当期)純利益                      571         1,368          2,202          3,361
     (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          51.39          123.14          198.18          302.46
     利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                          51.39          71.75          75.04          104.27
     (円)
     (注)当社は、平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っており、当連結会計年度の期首に
       当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
                                 53/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         4,096              4,205
         現金及び預金
                                                       ※4 503
                                           612
         受取手形
                                           443              851
         電子記録債権
                                         4,081              4,135
         営業未収入金
                                         1,628              2,209
         売掛金
                                           59              17
         販売用不動産
                                         1,129               852
         商品及び製品
                                           326              458
         仕掛品
         原材料及び貯蔵品                                  882             1,175
                                           -               2
         前渡金
                                           197              219
         前払費用
                                           205              230
         繰延税金資産
                                           54              156
         未収入金
                                            ▶              25
         その他
                                          △ 18             △ 27
         貸倒引当金
                                         13,705              15,017
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         39,549              42,167
          レンタル資産
                                        △ 17,271             △ 19,448
            減価償却累計額
            レンタル資産(純額)                             22,278              22,718
          建物                               7,249              7,735
                                        △ 3,704             △ 3,923
            減価償却累計額
            建物(純額)                              3,544              3,811
          構築物                               3,422              3,473
                                        △ 2,098             △ 2,245
            減価償却累計額
            構築物(純額)                              1,323              1,228
          機械及び装置                               1,571              1,630
                                        △ 1,095             △ 1,196
            減価償却累計額
            機械及び装置(純額)                               475              433
          車両運搬具                                 59              62
                                          △ 54             △ 55
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                                5              7
                                           506              537
          工具、器具及び備品
                                         △ 419             △ 462
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                               86              75
                                         9,608              9,592
          土地
                                         3,525              3,876
          リース資産
                                        △ 1,501             △ 2,084
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              2,023              1,791
                                           172              191
          建設仮勘定
                                         39,520              39,852
          有形固定資産合計
                                 54/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
         無形固定資産
                                           63              63
          借地権
                                           73              52
          ソフトウエア
                                           28              52
          ソフトウエア仮勘定
                                           37              37
          その他
                                           202              206
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           55              60
          投資有価証券
                                           80              302
          関係会社株式
                                            0              0
          出資金
                                           236              236
          関係会社出資金
                                            3              3
          長期前払費用
                                           480              523
          繰延税金資産
                                           351              407
          差入保証金
          その他                                287              314
                                           △ 3             △ 3
          貸倒引当金
                                         1,491              1,843
          投資その他の資産合計
                                         41,214              41,902
         固定資産合計
                                         54,920              56,920
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                                       ※4 477
                                           373
         支払手形
                                         5,194              6,500
         電子記録債務
                                         1,164              1,385
         買掛金
                                           250              900
         短期借入金
                                         2,266              5,419
         1年内返済予定の長期借入金
                                           706              748
         リース債務
                                           122               80
         未払金
                                         2,118              2,138
         未払費用
                                           914             1,149
         未払法人税等
                                           253              170
         未払消費税等
                                         2,015              1,676
         前受金
                                           30              70
         預り金
                                           421              448
         賞与引当金
                                           16              16
         役員賞与引当金
                                                        ※4 17
                                           30
         設備関係支払手形
                                         15,876              21,200
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                                 9,819              4,400
                                         1,077               671
         リース債務
                                           872              959
         退職給付引当金
                                           68              72
         役員退職慰労引当金
                                            0              0
         預り保証金
                                           10              10
         環境対策引当金
                                           430              450
         資産除去債務
                                         12,279               6,564
         固定負債合計
                                         28,155              27,765
       負債合計
                                 55/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                         1,545              1,545
         資本金
         資本剰余金
                                         2,698              2,698
          資本準備金
                                           78              78
          その他資本剰余金
                                         2,776              2,776
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           177              177
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                           140              129
            固定資産圧縮積立金
                                         12,044              12,044
            別途積立金
                                         10,386              12,785
            繰越利益剰余金
                                         22,748              25,136
          利益剰余金合計
                                         △ 314             △ 314
         自己株式
                                         26,756              29,144
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                            7              11
         その他有価証券評価差額金
                                            7              11
         評価・換算差額等合計
                                         26,764              29,155
       純資産合計
                                         54,920              56,920
      負債純資産合計
                                 56/76













                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      売上高
                                         21,805              20,418
       レンタル料収入
                                         14,896              18,097
       製品売上高
                                         36,701              38,516
       売上高合計
      売上原価
                                         13,481              12,566
       レンタル料収入原価
                                         8,914              10,751
       製品売上原価
                                         22,396              23,317
       売上原価合計
                                         14,305              15,199
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                           808              891
       運賃諸掛
                                         2,874              2,982
       給与・賞与
                                           341              375
       賞与引当金繰入額
                                            6              ▶
       役員退職慰労引当金繰入額
                                           16              16
       役員賞与引当金繰入額
       退職給付費用                                   166              169
                                         1,131              1,222
       減価償却費
                                           775              903
       賃借料
                                         3,115              3,448
       その他
                                         9,236              10,013
       販売費及び一般管理費合計
                                         5,069              5,185
      営業利益
      営業外収益
                                           31               1
       受取利息及び配当金
                                           20              34
       スクラップ売却収入
                                            7              6
       受取保険金
                                           24              -
       企業立地奨励金
                                           31              34
       その他
                                           115               77
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           72              56
       支払利息
                                           11              18
       支払手数料
                                           12              17
       その他
                                           96              92
       営業外費用合計
                                         5,089              5,170
      経常利益
      特別利益
                                           13              -
       資産除去債務戻入益
                                           13              -
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※1 53             ※1 49
       固定資産売除却損
                                            3              2
       会員権評価損
                                            6              -
       保険解約損
                                           387               -
       役員退職功労金
                                           451               51
       特別損失合計
                                         4,651              5,118
      税引前当期純利益
                                         1,642              1,911
      法人税、住民税及び事業税
                                            7             △ 69
      法人税等調整額
                                         1,650              1,842
      法人税等合計
                                         3,001              3,276
      当期純利益
                                 57/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        【売上原価明細書】
         (a)レンタル料収入原価明細書
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
                     注記                 構成比                   構成比
           区分               金額(百万円)                   金額(百万円)
                     番号                 (%)                   (%)
     Ⅰ 材料費                             782     5.8             891     7.1

     Ⅱ 労務費                ※1              82     0.6              66     0.5

                                                          4.4

     Ⅲ 出荷整備費                             522     3.9             551
                      ※2            12,094                   11,056

     Ⅳ 経費                                  89.7                   88.0
       当期レンタル料収入原価                               100.0                   100.0

                                 13,481                   12,566
      (注)※1.労務費には次の引当金繰入額が含まれております。

                              前事業年度                   当事業年度
             項目             (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      賞与引当金繰入額(百万円)                               ▶                   3
      退職給付費用(百万円)                               5                   3

         ※2.経費のうち主な内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
             項目             (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      レンタル資産減価償却費(百万円)                             4,648                   5,034
      賃借料(百万円)                             1,641                   1,607

      運賃諸掛(百万円)                             5,546                   4,181

                                 58/76










                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (b)製品売上原価明細書
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
                     注記
           区分                  金額(百万円)                   金額(百万円)
                     番号
     期首製品棚卸高                ※1               1,435                   1,189
     当期製品製造原価                              11,321                   13,105
     他勘定受入高                ※2               2,197                   2,299
     棚卸廃棄(原価他)                                13                   1
                                     △0                    8
     棚卸資産評価損
      計
                                    14,967                   16,603
     他勘定振替高                ※3               4,864                   4,982
                                    1,189                    870
     期末製品棚卸高                ※1
     当期製品売上原価
                                    8,914                  10,751
      (注)※1.製品棚卸高の内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
             項目             (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      期首製品棚卸高
       販売用不動産(百万円)                              17                   59

       商品及び製品(百万円)                            1,417                   1,129

        計(百万円)                           1,435                   1,189

      期末製品棚卸高

       販売用不動産(百万円)                              59                   17

       商品及び製品(百万円)                            1,129                    852

        計(百万円)                           1,189                    870

         ※2.他勘定からの受入高は次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
             項目             (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      レンタル資産からの受入高
                                   1,405                   1,789
      (百万円)
      原材料からの受入高(百万円)                               14                   24
      貯蔵品からの受入高等(百万円)                              778                   485

       計(百万円)                            2,197                   2,299

                                 59/76





                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         ※3.他勘定への振替高は次のとおりであります。
                              前事業年度                   当事業年度
             項目             (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      レンタル資産への振替高(百万円)                             3,968                   4,257
      固定資産への振替高(百万円)                              433                   175

      原材料への振替高(百万円)                              439                   520

      貯蔵品への振替高(百万円)                               17                   29

      レンタル料収入原価への振替高等
                                     5                  △0
      (百万円)
                                   4,864                   4,982
       計(百万円)
                                 60/76
















                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        【製造原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
                     注記                 構成比                   構成比
           区分               金額(百万円)                   金額(百万円)
                     番号                 (%)                   (%)
     Ⅰ 材料費                            8,661      57.7             9,870      56.8

     Ⅱ 外注加工費                            3,896      25.9             4,726      27.2
        (うち構内作業費)                        (1,438)      (9.6)            (1,608)      (9.3)

     Ⅲ 労務費                ※1             570     3.8             593     3.4

                                 1,892                   2,191

     Ⅳ 経費                ※2                 12.6                   12.6
        当期総製造費用                              100.0                   100.0

                                 15,021                   17,382
        期首仕掛品棚卸高                          336                   326

                                   19                   40

        他勘定受入高             ※3
         計

                                 15,377                   17,749
        他勘定振替高             ※4            3,730                   4,185

                                  326                   458

        期末仕掛品棚卸高
        当期製品製造原価

                                 11,321                   13,105
      原価計算の方法
       原価計算の方法は原則として実際原価による工程別総合原価計算であります。なお、特殊仕様品については個別原価
      計算であります。
      (注)※1.労務費には次の引当金繰入額が含まれております。

                              前事業年度                   当事業年度
             項目             (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      賞与引当金繰入額(百万円)                               48                   55
      退職給付費用(百万円)                               21                   21

         ※2.経費のうち主な内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
             項目             (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      減価償却費(百万円)                              255                   251
      運搬費(百万円)                              561                   687

      賃借料(百万円)                               38                   39

      修繕費(百万円)                              738                   874

      工場消耗品費(百万円)                               54                   69

                                 61/76





                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         ※3.他勘定からの受入高は次のとおりであります。
                              前事業年度                   当事業年度
             項目             (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      貯蔵品からの受入高(百万円)                               19                   39
                                     0                   0
      消耗品費からの振替高(百万円)
                                     19                   40
       計(百万円)
         ※4.他勘定への振替高は次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
             項目             (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      貯蔵品への振替高(パネル・部材)
                                   2,674                   3,081
      (百万円)
      レンタル料収入原価への振替高
                                    978                   975
      (百万円)
      製品売上原価への振替高(百万円)                               1                  63
      建設仮勘定等への振替高(百万円)                               51                   15

      研究開発費への振替高(百万円)                               6                  18

      消耗品費(販売費及び一般管理費)
                                     17                   30
      等への振替高(百万円)
       計(百万円)                            3,730                   4,185
                                 62/76












                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                   株主資本
                         資本剰余金                     利益剰余金
                                            その他利益剰余金
               資本金
                         その他資本     資本剰余金                          利益剰余金
                   資本準備金               利益準備金
                         剰余金     合計          固定資産圧          繰越利益剰     合計
                                             別途積立金
                                        縮積立金          余金
     当期首残高           1,545     2,698      78    2,776      177     152    12,044      8,206     20,580
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                    △ 389    △ 389
      剰余金の配当
                                                    △ 444    △ 444
      (中間配当)
      固定資産圧縮積立
                                           △ 12          12     -
      金の取崩
      当期純利益                                              3,001     3,001
      自己株式の取得
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計
                  -     -     -     -     -    △ 12     -    2,180     2,167
     当期末残高           1,545     2,698      78    2,776      177     140    12,044     10,386     22,748
                    株主資本              評価・換算差額等

                                              純資産合計
                              その他有価証券評        評価・換算差額等
                自己株式       株主資本合計
                              価差額金        合計
     当期首残高              △ 310      24,592          6        6      24,598
     当期変動額
      剰余金の配当                     △ 389                      △ 389
      剰余金の配当
                           △ 444                      △ 444
      (中間配当)
      固定資産圧縮積立
                            -                       -
      金の取崩
      当期純利益
                           3,001                       3,001
      自己株式の取得
                    △ 3       △ 3                      △ 3
      株主資本以外の項
      目の当期変動額                              1        1        1
      (純額)
     当期変動額合計               △ 3      2,163         1        1      2,165
     当期末残高              △ 314      26,756          7        7      26,764
                                 63/76







                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                   株主資本
                         資本剰余金                     利益剰余金
                                            その他利益剰余金
               資本金
                         その他資本     資本剰余金                          利益剰余金
                   資本準備金               利益準備金
                         剰余金     合計          固定資産圧          繰越利益剰     合計
                                             別途積立金
                                        縮積立金          余金
     当期首残高
                1,545     2,698      78    2,776      177     140    12,044     10,386     22,748
     当期変動額
      剰余金の配当                                              △ 444    △ 444
      剰余金の配当
                                                    △ 444    △ 444
      (中間配当)
      固定資産圧縮積立
                                           △ 10          10     -
      金の取崩
      当期純利益
                                                    3,276     3,276
      自己株式の取得
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計            -     -     -     -     -    △ 10     -    2,398     2,387
     当期末残高           1,545     2,698      78    2,776      177     129    12,044     12,785     25,136
                    株主資本              評価・換算差額等

                                              純資産合計
                              その他有価証券評        評価・換算差額等
                自己株式       株主資本合計
                              価差額金        合計
     当期首残高              △ 314      26,756          7        7      26,764
     当期変動額
      剰余金の配当                     △ 444                      △ 444
      剰余金の配当
                           △ 444                      △ 444
      (中間配当)
      固定資産圧縮積立
                            -                       -
      金の取崩
      当期純利益                     3,276                       3,276
      自己株式の取得              △ 0       △ 0                      △ 0
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
                                    3        3        3
      (純額)
     当期変動額合計               △ 0      2,387         3        3      2,391
     当期末残高
                   △ 314      29,144         11        11      29,155
                                 64/76







                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
       1.有価証券の評価基準及び評価方法
        (1)子会社株式及び関連会社株式
          移動平均法による原価法を採用しております。
        (2)その他有価証券
          時価のあるもの
           決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
          により算定)を採用しております。
          時価のないもの
           移動平均法による原価法を採用しております。
       2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

        (1)製品・商品・原材料・仕掛品・貯蔵品
          標準仕様品
           移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しておりま
          す。
          特殊仕様品
           個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しております。
        (2)販売用不動産
           個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しております。
       3.固定資産の減価償却の方法

        (1)有形固定資産(リース資産を除く。)
           定率法を採用しております。
           ただし、平成10年4月1日以降に取得したレンタル資産(機械及び装置・工具、器具及び備品を除く。)及
          び建物(建物附属設備を除く。)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物について
          は、定額法を採用しております。
           さらに、少額減価償却資産(取得価額10万円以上20万円未満)については、有形固定資産に計上し、事業年
          度ごとに一括して3年間で均等償却する方法を採用しております。
           なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
           レンタル資産               3年~27年
           建物及び構築物               2年~50年
           機械及び装置、車両運搬具               3年~15年
        (2)無形固定資産(リース資産を除く)
           定額法を採用しております。
           なお、ソフトウェア(自社利用)については、社内における見込み利用可能期間(5年)による定額法を採
          用しております。
        (3)リース資産
          所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 65/76







                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
       4.引当金の計上基準
        (1)貸倒引当金
           債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
          ついては個別に回収不能見込額を計上しております。
        (2)賞与引当金
           従業員の賞与の支払に備えるため、賞与支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。
        (3)役員賞与引当金
           役員賞与の支払に備えるため、当事業年度における支給見込額に基づき計上しております。
        ( ▶ )退職給付引当金
           従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
         イ 退職給付見込額の期間帰属方法
            退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、
           給付算定式基準によっております。
         ロ 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
            過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により
           費用処理しております。
            数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)
           による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
        (5)役員退職慰労引当金
           役員の退職慰労金の支払に備えるため、役員退職慰労金規程に基づき当事業年度末における要支給額を計上
          しております。
        (6)環境対策引当金
           「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」によるPCB廃棄物の処理支出に備
          えるため、処理見積額を計上しております。
       5.収益及び費用の計上基準

         完成工事高及び完成工事原価の計上基準
         イ 当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
           工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)を適用しております。
         ロ その他の工事
           工事完成基準を適用しております。
       6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        (1)退職給付に係る会計処理
           退職給付に係る未認識数理計算上の差異の未処理額の会計処理方法は、連結財務諸表における会計処理の方
          法と異なっております。
        (2)消費税等の会計処理
           税抜方式を採用しております。
         (表示方法の変更)

          (貸借対照表)
           前事業年度において、「受取手形」に含めていた「電子記録債権」は、金額的重要性が増したため、当事業
          年度より独立掲記することとしました。その表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組替
          えを行っております。
           この結果、前事業年度の財務諸表において、「受取手形」に表示していた1,055百万円は、「受取手形」612
          百万円、「電子記録債権」443百万円として組み替えております。
                                 66/76





                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
       1 手形債権流動化に伴う買戻し義務
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     買戻し義務                              603百万円                 588百万    円
       2 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引先金融機関(銀行6行)とリボルビング・クレジット・ファ

        シリティ(貸出コミットメント)契約を締結しております。
         この契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     貸出コミットメントの総額                             5,000百万円                 5,000百万     円
     借入実行残高                               -百万円                 900百万    円
              差引額                     5,000百万円                 4,100百万     円
       3 保証債務

         次の関係会社等について、金融機関からの借入に対し債務保証を行っております。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     SANKYO    FRONTIER     MYANMAR    CO.,LTD.
                                    -百万円                 69百万円
     (借入債務)
      ※4 期末日満期手形

         期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、当事業年度の末日
        が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が当事業年度の期末残高に含まれております。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     受取手形                               -百万円                  0百万円
     支払手形                               -百万円                 79百万円
     設備関係支払手形                               -百万円                  2百万円
         (損益計算書関係)

      ※1 固定資産売除却損の内容は次のとおりであります。
        固定資産売却損

                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     建物                               -百万円                  0百万   円
     土地                               -百万円                  5百万   円
               計                      -百万円                  6百万   円
        固定資産除却損

                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     レンタル資産                               15百万円                 25百万   円
     建物                               26百万円                  7百万   円
     構築物                                7百万円                 9百万   円
     機械及び装置                                0百万   円               0百万   円
     車両運搬具                                0百万円                 0百万   円
     工具、器具及び備品                                0百万   円               0百万   円
     建設仮勘定                                3百万円                 0百万   円
               計                      53百万円                 43百万   円
                                 67/76


                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
            子会社株式(前事業年度の貸借対照表計上額は80百万円、当事業年度の貸借対照表計上額は302百万円)
           は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
         (税効果会計関係)

      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
                                   (百万円)            (百万円)
       繰延税金資産
                                    6            9
        貸倒引当金損金算入限度超過額
                                   129            136
        賞与引当金繰入否認額
                                   41            55
        未払事業税等否認額
                                   265            292
        退職給付引当金繰入否認額
                                   20            22
        役員退職慰労引当金繰入否認額
                                   73            58
        土地評価否認額
                                   88           105
        減価償却費限度超過額
                                   131            137
        資産除去債務
                                   37            37
        ゴルフ会員権等評価否認額
                                   34            35
        その他
                                   829            890
       繰延税金資産合計
       繰延税金負債
                                   △0            △0
        収用に係わる固定資産圧縮損
                                  △60            △55
        国庫補助金等に係わる固定資産圧縮損
                                  △78            △74
        資産除去債務に対応する除去費用
                                   △3            △4
        その他有価証券評価差額金
                                  △143            △136
       繰延税金負債合計
                                   686            753
       繰延税金資産の純額
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                                前事業年度           当事業年度
                              (平成29年3月31日)           (平成30年3月31日)
       法定実効税率
                                   30.7%           30.7%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                             0.3%           0.2%
       受取配当金等の益金不算入                            △0.2%           △0.0%
       同族会社留保金課税                             2.1%           2.2%
       住民税均等割                             2.2%           2.3%
       その他                             0.4%           0.6  %
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                   35.5%           36.0%
         (企業結合等関係)

          該当事項はありません。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 68/76





                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
         資産の種類
                  (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      償却累計額       (百万円)      高(百万円)
                                           (百万円)
     有形固定資産
      レンタル資産              39,549       7,632      5,014      42,167      19,448       5,315      22,718
      建物              7,249       585       99     7,735      3,923       248     3,811
      構築物
                    3,422       102       50     3,473      2,245       188     1,228
      機械及び装置
                    1,571        62       3     1,630      1,196       104      433
      車両運搬具               59       7      ▶      62      55       5      7
      工具、器具及び備品               506       48      17      537      462       58      75
      土地

                    9,608        -      16     9,592        -      -     9,592
      リース資産              3,525       377       27     3,876      2,084       594     1,791

      建設仮勘定

                     172      787      768      191       -      -      191
        有形固定資産計            65,665       9,605      6,002      69,268      29,415       6,515      39,852

     無形固定資産

      借地権               63      -      -      63      -      -      63
      ソフトウエア
                     127       1      -      129       76      22      52
      ソフトウエア仮勘定               28      26       1      52      -      -      52
      その他               39       0      -      39       2      0      37
        無形固定資産計             258       28       1     285       78      23      206
     長期前払費用                 ▶      3      3      ▶      1      0      3
      (注)1.当期増加額のうち主なものは下記のとおりであります。
            レンタル資産 製品からの受入高(ユニットハウス他)                                               4,256百万円
                   貯蔵品からの受入高(パネル他)                                         3,216百万円
            建物     店舗新設等による投資額                                                         319百万円

            リース資産  セール・アンド・リースバック取引                                                    342百万円

            建設仮勘定  店舗新設等による設備投資額                                                       390百万円

         2.当期減少額のうち主なものは下記のとおりであります。

            レンタル資産 製品への振替高(ユニットハウス他)                                             3,758百万円
                   型式変更への振替高(ユニットハウス他)                                    773百万円
                   セール・アンド・リースバック取引                                            342百万円
            建設仮勘定        店舗の新規開店に伴う本勘定への振替高                                         451  百万  円

                                 69/76






                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
         【引当金明細表】
                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                        当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (百万円)        (百万円)                        (百万円)
                                     (百万円)        (百万円)
                                                   3
      貸倒引当金                    22        14         1                31
      賞与引当金                    421        448        421         -        448
                                  16
      役員賞与引当金                    16                16        -        16
                                   5        1
      役員退職慰労引当金                    68                        -        72
      環境対策引当金                    10        -        -        -        10
      (注) 貸倒引当金の当期減少額(その他)のうち、3百万円は貸倒実績率に基づく洗替による取崩額であります。
          0百万円は債権回収等による取崩額であります。
       (2)【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

         該当事項はありません。
                                 70/76














                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

                        9月30日
      剰余金の配当の基準日
                        3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り

                        (特別口座)
       取扱場所                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                        三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                        三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                  ―――――――

                        1単元当たりの買取手数料を以下の算式により算定し、これを買い取った

                        単元未満株式の数で按分した金額とする。
                        (算式)1株当たりの買取価格に1単元の株式数を乗じた金額のうち
                         100万円以下の金額につき                                 1.150%
                         100万円を超え500万円以下の金額につき    0.900%
       買取手数料
                         500万円を超え1,000万円以下の金額につき   0.700%
                         1,000万円を超え3,000万円以下の金額につき  0.575%
                         3,000万円を超え5,000万円以下の金額につき  0.375%
                         (円未満の端数を生じた場合には切り捨てる。)
                         ただし、1単元当たりの算定金額が2,500円に満たない場合には、2,500
                         円とする。
                        電子公告により行う。ただし電子公告によることができない事故その他や
                        む得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
                        公告掲載URL
      公告掲載方法
                        http://www.sankyofrontier.com/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。

      (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、株主の有する株式数に応じて
        募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利並びに単元未満株式の売渡請求をする権利以外の権
        利を有しておりません。
                                 71/76







                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

         事業年度(第48期)(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)平成29年6月26日関東財務局長に提出
       (2)有価証券報告書の訂正報告書及び確認書

         平成29年6月29日関東財務局長に提出
         事業年度(第48期)(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)の有価証券報告書に係る訂正報告書及び
         その確認書であります。
       (3)内部統制報告書及びその添付書類

         平成29年6月26日関東財務局長に提出
       (4)四半期報告書及び確認書

         (第49期第1四半期)(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)平成29年8月10日関東財務局長に提出
         (第49期第2四半期)(自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)平成29年11月10日関東財務局長に提出
         (第49期第3四半期)(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)平成30年2月9日関東財務局長に提出
       (5)臨時報告書

         平成29年6月28日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
         時報告書であります。
                                 72/76











                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 73/76




















                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   平成30年6月21日

     三協フロンテア株式会社

       取締役会御中

                          新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             山岸 聡
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             齋藤 祐暢
                           業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げら
     れている三協フロンテア株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸
     表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッ
     シュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監
     査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、三
     協フロンテア株式会社及び連結子会社の平成30年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年
     度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 74/76




                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、三協フロンテア株式会社
     の平成30年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、三協フロンテア株式会社が平成30年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示
     した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準
     拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (※)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 75/76









                                                           EDINET提出書類
                                                     三協フロンテア株式会社(E04890)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                   平成30年6月21日

     三協フロンテア株式会社

       取締役会御中

                          新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             山岸 聡
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             齋藤 祐暢
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げら

     れている三協フロンテア株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第49期事業年度の財務諸
     表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表につ
     いて監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、三協フ
     ロンテア株式会社の平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重
     要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (※)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 76/76



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク