三菱自動車工業株式会社 有価証券報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書

提出日:

提出者:三菱自動車工業株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018年6月22日
      【事業年度】                    2017年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      【会社名】                    三菱自動車工業株式会社
      【英訳名】                    MITSUBISHI      MOTORS    CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    取締役 CEO  益子 修
      【本店の所在の場所】                    東京都港区芝五丁目33番8号
      【電話番号】                    (03)3456-1111(大代表)
      【事務連絡者氏名】                    制度会計部長  沖野 夏至 
                         (「第一部第4提出会社の状況」に関する事項については
                         総務渉外部長  藤倉 佳子)
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区芝五丁目33番8号
      【電話番号】                    (03)3456-1111(大代表)
      【事務連絡者氏名】                    制度会計部長  沖野 夏至
                         (「第一部第4提出会社の状況」に関する事項については
                         総務渉外部長  藤倉 佳子)
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/129












                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)最近5連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移
           回次           2013年度        2014年度        2015年度        2016年度        2017年度
          決算年月           2014年3月        2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年3月

                       2,093,409        2,180,728        2,267,849        1,906,632        2,192,389
     売上高           百万円
                        129,472        151,616        141,027         8,944       110,127
     経常損益           百万円
     親会社株主に帰属する
                        104,664        118,170         72,575       △ 198,524        107,619
                 百万円
     当期純損益
                        121,808        148,035         32,482       △ 204,740        110,713
     包括利益           百万円
                        550,009        670,766        685,337        703,463        796,562
     純資産額           百万円
                       1,543,890        1,582,802        1,433,725        1,484,413        1,655,299
     総資産額           百万円
                        549.63        669.74        682.45        463.37        524.12
     1株当たり純資産額            円
     1株当たり当期純損益
                  円      156.60        120.16         73.80       △ 164.11         72.23
     金額
     潜在株式調整後1株当
                        104.29          -        -        -       72.20
                  円
     たり当期純利益金額
                  %       35.01        41.61        46.81        46.51        47.18
     自己資本比率
                  %       23.77        19.71        10.92       △ 29.16        14.63
     自己資本利益率
                         6.90        9.03        11.42          -       10.54
     株価収益率            倍
     営業活動によるキャッ
                        210,443        177,008        197,691        △ 45,829        119,624
                 百万円
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                       △ 81,352       △ 71,327        17,169       △ 73,119       △ 97,093
                 百万円
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                       △ 82,083       △ 131,494       △ 122,917        210,377        △ 23,161
                 百万円
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                        411,695        395,526        462,440        555,906        559,036
                 百万円
     期末残高
     従業員数(年度末)                   30,280        30,498        29,555        29,604        30,507
                  人
     (外 臨時従業員数)                   ( 5,425   )     ( 5,324   )     ( 4,515   )     ( 3,892   )     ( 7,122   )
      (注)1.売上高は、消費税等を含んでおりません。
         2.従業員数は就業人員を表示しております。
         3.  2013年8月1日付で普通株式10株を1株の割合で併合しており、2013年度の期首に当該株式併合が行われた
           と仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純損益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
           を算定しております。
         4.  2014年度、2015年度及び2016年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在
           しないため記載しておりません。
         5.  2016年度の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
                                   2/129





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の最近5事業年度に係る主要な経営指標等の推移
           回次           2013年度        2014年度        2015年度        2016年度        2017年度
          決算年月           2014年3月        2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年3月

                      1,671,622        1,774,489        1,806,047        1,567,436        1,721,054
     売上高           百万円
                       102,831        123,058        102,685         40,521        23,306
     経常損益           百万円
                        93,641        121,918         42,272       △ 157,387         44,301
     当期純損益           百万円
                       165,701        165,701        165,701        284,382        284,382
     資本金           百万円
                       983,661        983,661        983,661       1,490,282        1,490,282
     発行済株式総数            千株
                       349,699        447,458        470,184        540,427        566,625
     純資産額           百万円
                      1,035,396         964,905        938,787       1,073,008        1,088,312
     総資産額           百万円
                        355.59        454.99        478.10        362.69        380.20
     1株当たり純資産額            円
                        25.00        16.00        16.00        10.00        17.00

     1株当たり配当額            円
     (内1株当たり中間配           (円)        ( - )     ( 7.50  )     ( 8.00  )     ( 5.00  )     ( 7.00  )
     当額)
     1株当たり当期純損益
                        140.11        123.97         42.98       △ 130.11         29.73
                 円
     金額
     潜在株式調整後1株当
                        93.31          -        -        -       29.72
                 円
     たり当期純利益金額
                 %       33.77        46.37        50.08        50.37        52.06
     自己資本比率
                 %       35.98        30.59         9.21       △ 31.15         8.00
     自己資本利益率
                         7.71        8.75        19.61          -       25.60
     株価収益率            倍
                 %       17.84        12.91        37.22          -       57.18
     配当性向
                        12,698        12,848        13,033        13,222        13,693
     従業員数
                 人
     (外 臨時従業員数)                  ( 1,404   )     ( 1,473   )     ( 1,743   )     ( 1,793   )     ( 3,065   )
      (注)1.売上高は、消費税等を含んでおりません。
         2.2013年8月1日付で普通株式10株を1株の割合で併合しており、2013年度の期首に当該株式併合が行われた
           と仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純損益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
           を算定しております。
         3.2014年度、2015年度及び2016年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在
           しないため記載しておりません。
         4.2016年度の株価収益率及び配当性向については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
                                   3/129







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
                                   概要
        年月
       1970年4月        三菱重工業株式会社全株式保有で当社設立
       1970年6月        三菱重工業株式会社の自動車部門を譲受け、三菱自動車工業株式会社として営業開始
               これに伴い、同社から京都製作所の一部(現、「京都製作所                            京都工場」)、名古屋自動車製
               作所、水島自動車製作所(現、「水島製作所」)、他1製作所を移管受け
       1977年8月        名古屋自動車製作所(現、「名古屋製作所」)岡崎工場新設
       1979年12月        京都製作所滋賀工場新設
       1980年10月        三菱商事株式会社と共同出資でミツビシ・モーターズ・オーストラリア・リミテッド設立
               (2001年12月に同社の全株式を取得)
       1981年12月        三菱商事株式会社と共同出資でミツビシ・モーター・セールス・オブ・アメリカ・インク設立
       1984年10月        三菱自動車販売株式会社(1964年10月に発足)の営業を譲受け
       1985年10月        米国のクライスラー・コーポレーションと合弁会社ダイヤモンド・スター・モーターズ・コー
               ポレーションを設立(1991年10月に同社の全株式を取得、1995年7月に「ミツビシ・モー
               ター・マニュファクチュアリング・オブ・アメリカ・インク」と社名変更)
       1988年12月        東京・大阪・名古屋各証券取引所の市場第一部に株式上場(名古屋証券取引所は2003年11月に
               上場廃止、大阪証券取引所は2009年11月に上場廃止)
       1995年3月        株式会社東洋工機の株式の過半数を取得(1995年7月に「パジェロ製造株式会社」と社名変
               更、2003年3月に同社の全株式を取得)
       1996年11月
               十勝研究所新設
       1997年8月        タイのエムエムシー・シティポール・カンパニー・リミテッドの株式の過半数を取得(2003年
               11月に「ミツビシ・モーターズ(タイランド)・カンパニー・リミテッド」と社名変更、2008
               年8月に同社の全株式を取得)
       1999年2月        オランダのネザーランズ・カー・ビー・ブイの株式を取得し、その結果株式所有比率50%(子
               会社所有分15%を含む)となる。(2001年3月に同社の株式を追加取得し、その結果株式所有
               比率100%(子会社所有分15%を含む)となる。)
       2000年3月        ドイツのダイムラークライスラー・アーゲーと資本参加を含む乗用車事業全般にわたる事業提
               携についての基本合意書を締結(2000年10月に同社は当社の株式を34%取得、 2005年11月に
               全株式を売却)
       2002年12月        ミツビシ・モーターズ・ヨーロッパ・ビー・ブイ(1977年1月発足)が、ミツビシ・モー
               ター・セールス・ヨーロッパ・ビー・ブイ(1993年3月発足)を吸収合併
       2003年1月        ミツビシ・モーター・セールス・オブ・アメリカ・インク、ミツビシ・モーター・マニュファ
               クチュアリング・オブ・アメリカ・インク他1社が合併し、ミツビシ・モーターズ・ノース・
               アメリカ・インクとなる。
       2003年1月        当社トラック・バス事業を会社分割により分社化し、三菱ふそうトラック・バス株式会社を設
               立
       2003年3月        当社が所有する三菱ふそうトラック・バス株式会社株式の43%をダイムラークライスラー・
               アーゲーへ、15%を三菱グループ10社へ譲渡し、その結果株式所有比率42%となる。(2005年
               3月に当社が所有する同社の全株式をダイムラークライスラー・アーゲーに譲渡)
       2003年5月        当社の本店所在地を、東京都港区港南二丁目16番4号へ移転
       2007年1月        当社の本店所在地を、現在地(東京都港区芝五丁目33番8号)へ移転
       2008年3月        ミツビシ・モーターズ・オーストラリア・リミテッドにおける車両の生産事業を終了
       2010年4月        フランスのプジョー・シトロエン・オートモビルズ・エス・エイとの合意に基づき、ロシアに
               工場を新設
       2012年12月        当社及びミツビシ・モーターズ・ヨーロッパ・ビー・ブイが所有するオランダのネザーラン
               ズ・カー・ビー・ブイの全株式を、オランダのブイ・ディー・レイルト・ブヘア・ビー・ブイ
               へ譲渡
       2015年3月        三菱商事株式会社と共同出資でミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア設立
       2015年11月        ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インクにおける車両の生産事業を終了
       2016年5月        日産自動車株式会社と資本業務提携に関する戦略提携契約を締結                              (2016年10月に同社は当社の
               株式を34%取得)
                                   4/129




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社、連結子会社                 34社、持分法適用関連会社             21社(2018年3月31日現在)で構成されており
       ます。当社グループは自動車及びその部品の開発、生産、販売、金融事業を行っており、開発は当社が中心となっ
       て行っております。
         国内においては、普通・小型乗用車、軽自動車を当社が生産しているほか、一部スポーツ・ユーティリティ・
       ビークル(パジェロ等)をパジェロ製造株式会社が生産しており、関東三菱自動車販売株式会社等の当社製品販売
       会社が販売を行っております。このほか三菱自動車エンジニアリング株式会社が当社製品の開発の一部を、三菱自
       動車ロジテクノ株式会社が当社製品の国内輸送並びに新車点検や整備の一部を行っております。
        海外においては、ミツビシ・モーターズ(タイランド)・カンパニー・リミテッド(タイ)等が、生産及び販売
       事業を行っております。金融事業としては、MMCダイヤモンドファイナンス株式会社が自動車のリース事業、販売金
       融等の事業を行っております。
         また、2016年5月に日産自動車株式会社との戦略的アライアンスを締結しました。購買、車両プラットフォーム
       の共用、新技術の開発分担、生産拠点の共用等、および成長市場を含む、複数の面で協力してまいります。
        以上述べた内容の系統図は次のとおりとなります。(主な会社のみ記載)

         (注)MMCダイヤモンドファイナンス株式会社は2018年4月2日に、当社の連結子会社となりました。








                                   5/129







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (主要な製品)
        (ⅰ)SUV・ピックアップ
         「RVR/アウトランダースポーツ/ASX」、「エクリプス                         クロス」、「アウトランダー」、
         「アウトランダーPHEV」、「トライトン/L200/L200スポーテロ/ストラーダ」                                     、
                                             (1)
         「パジェロ/モンテロ」、「パジェロスポーツ/モンテロスポーツ」
                                        (1)
        (ⅱ)乗用車・ミニバン
         「アトラージュ/ミラージュG4」                、「デリカD:2」         、「デリカD:3」         、「デリカD:5」、
                        (1)         (2)         (2)
         「デリカバン」         、「ミラージュ/スペーススター」、「ランサーカーゴ」                            、「エクスパンダー」
                 (2)                            (2)            (1)
        (ⅲ)軽自動車
         「i-MiEV」、「eKスペース」、「eKワゴン」、「タウンボックス」                                、
                                        (2)
         「ミニキャブトラック」             、「ミニキャブバン」            、「ミニキャブミーブ」
                     (2)            (2)
          注(1)   海外専用車種

           (2)  OEM受け車種
                                   6/129















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
       (1)親会社
         該当事項はありません。
       (2)連結子会社

                                           議決権の
                             資本金
          名称           住所               事業の内容                関係内容
                                           所有割合
                            (百万円)
                                           (%)
                                                当社製品を販売
     北海道三菱自動車販売
                 札幌市中央区              100   自動車の販売         100.0    役員の兼任等………有
     株式会社
                                                設備等の賃貸借……有
                                                当社製品を販売
     東日本三菱自動車販売
                 福島県福島市              100   自動車の販売         100.0    役員の兼任等………有
     株式会社
                                                設備等の賃貸借……有
                                                当社製品を販売
     関東三菱自動車販売
                 東京都目黒区              100   自動車の販売         100.0    役員の兼任等………有
     株式会社
                                                設備等の賃貸借……有
                                                当社製品を販売
     中部三菱自動車販売
                 名古屋市東区              100   自動車の販売         100.0    役員の兼任等………有
     株式会社
                                                設備等の賃貸借……有
                                                当社製品を販売
     西日本三菱自動車販売
                 大阪市淀川区              100   自動車の販売         100.0    役員の兼任等………有
     株式会社
                                                設備等の賃貸借……有
                                                当社製品の一部を製造
     パジェロ製造株式会社            岐阜県加茂郡              610   自動車の製造         100.0    役員の兼任等………有
                                                設備等の賃貸借……有
                                   自動車の
                                                当社製品を輸送・整備
     三菱自動車ロジテクノ                             輸送・整備             当社製品の部品を販売
                 川崎市高津区              436             83.2
     株式会社                             自動車部品の             役員の兼任等………有
                                                設備等の賃貸借……有
                                   販売
                                                当社製品の一部を開発

     三菱自動車エンジニア
                 愛知県岡崎市              350   自動車の開発         100.0    役員の兼任等………有
     リング株式会社
                                                設備等の賃貸借……有
                                                当社製品の部品の一部を

                                                製造
                                   自動車部品の
     水菱プラスチック株式
                 岡山県倉敷市              100            100.0
     会社                             製造             役員の兼任等………有
                                                設備等の賃貸借……有
                                   7/129








                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
                                           議決権の
          名称           住所        資本金       事業の内容                関係内容
                                           所有割合
                                           (%)
                 米国、
     ミツビシ・モーターズ・
                                                当社グループ製品を販売
                             398,812
     ノース・アメリカ・            カリフォルニア、                 自動車の販売         100.0
                             千米ドル
                                                役員の兼任等………有
     インク*2*3
                 サイプレス
                 米国、                 自動車関連

     ミツビシ・モーターズ・                                           米国における当社グルー
                              2,000             100.0
     アールアンドディー・            ミシガン、                 調査・試験・             プの自動車開発拠点
                             千米ドル              (100.0)
     オブ・アメリカ・インク                                           役員の兼任等………有
                 アナーバー                 研究
                 カナダ、

     ミツビシ・モーター・                         2,000
                                            100.0    当社グループ製品を販売
     セールス・オブ・            オンタリオ、            千カナダ     自動車の販売
                                           (100.0)     役員の兼任等………有
     カナダ・インク                          ドル
                 ミシソガ
     ミツビシ・モーター・
                 プエルトリコ、                               当社グループ製品を販売
                              47,500
     セールス・オブ・                             自動車の販売         100.0
                             千米ドル
                 トアバハ                               役員の兼任等………有
     カリビアン・インク
                                                欧州地域のアフターセー

                                   自動車部品の
     ミツビシ・モーターズ・            オランダ、            107,165
                                                ルス事業
                                            100.0
     ヨーロッパ・ビー・ブイ            ボーン            千ユーロ
                                   販売
                                                役員の兼任等………有
                                                欧州地域における当社

     ミツビシ・モーター・
                                   自動車関連
                                                グループの自動車開発
     アールアンドディー・            ドイツ、
                               767
                                   調査・試験・         100.0
                                                拠点
     ヨーロッパ・
                             千ユーロ
                 トレヴァー
                                   研究             役員の兼任等………有
     ジーエムビーエイチ
                                                資金融資……………有
                 オランダ、
     ミツビシ・モーター・                                           当社グループ製品を販売
                              6,807
     セールス・ネーデルラン                             自動車の販売         100.0    役員の兼任等………有
                 アムステルフェー
                             千ユーロ
     ド・ビー・ブイ                                           資金融資……………有
                 ン
                                   8/129












                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
                                           議決権の
          名称           住所        資本金       事業の内容                関係内容
                                           所有割合
                                            (%)
     ミツビシ・モーターズ・
                 オーストラリア、
                             1,789,934
     オーストラリア・リミ                                           当社グループ製品を販売
                           千オーストラリ        自動車の販売         100.0
                 クローバリーパー
     テッド
                                                役員の兼任等………有
                               アドル
                 ク
     *2
                 ニュージーラン                               当社グループ製品を販売

     ミツビシ・モーターズ・                         48,000
                 ド、
     ニュージーランド・リミ                     千ニュージーラ        自動車の販売         100.0
                                                役員の兼任等………有
     テッド                        ンドドル
                 ポリルア                               資金融資……………有
     ミツビシ・モーターズ
                                                当社グループ製品を
     (タイランド)・カンパ            タイ、                 自動車の
                             7,000,000
                                            100.0
                                                製造・販売
     ニー・リミテッド
                              千バーツ
                 パトゥーンタニー                 製造・販売
                                                役員の兼任等………有
     *2
                                                ミツビシ・モーターズ
                                                (タイランド)製品の
     エムエムティエイチ・エ                              自動車エンジ
                 タイ、
                              20,000              100.0
     ンジン・カンパニー・リ                              ン・プレス部
                                                エンジン・プレス部品を
                              千バーツ              (100.0)
                 チョンブリー
     ミテッド                              品の製造
                                                製造
                                                役員の兼任等………有
     ミツビシ・モーターズ・                       1,640,000                    当社グループ製品を
                 フィリピン、                 自動車の
     フィリピンズ・                      千フィリピン
                                             51.0
                                                製造・販売
                 サンタローザ                 製造・販売
     コーポレーション                          ペソ                 役員の兼任等………有
                              770,000     自動車トラン             当社グループ製品のトラ
     エイシアン・トランス
                 フィリピン、                           100.0
                            千フィリピン       スミッション             ンスミッションを製造
     ミッション・コーポレー
                                            (10.0)
                 カランバ
     ション
                                ペソ   の製造             役員の兼任等………有
     ミツビシ・モータース・
                              10,000
                 U.A.E.、                 自動車部品の
     ミドルイースト・アン                                           当社製品の部品を販売
                              千UAE
                                            100.0
     ド・アフリカ・エフゼッ                                           役員の兼任等………有
                 ドバイ                 販売
                             ディルハム
     トイー
                                                当社グループ製品を製造

     ピーティー・ミツビシ・                     2,200,000,000
                 インドネシア、
                                                役員の兼任等………有
     モーターズ・クラマ・ユ                     千インドネシア        自動車の製造          51.0
                 ブカシ
     ダ・インドネシア                         ルピア
                                                資金融資……………有
     その他子会社10社

                                   9/129










                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (3)持分法適用関連会社
                                          議決権の
         名称          住所        資本金       事業の内容                  関係内容
                                          所有割合
                                           (%)
                                                当社製品を販売
     十勝三菱自動車販売                         60
                北海道帯広市                 自動車の販売            35.0
     株式会社
                                                役員の兼任等………有
                             百万円
                                                当社製品を販売
     茨城三菱自動車販売                         30
                茨城県水戸市                 自動車の販売            40.0
     株式会社
                                                役員の兼任等………有
                             百万円
     長野三菱自動車販売                         40                  当社製品を販売

                長野県長野市                 自動車の販売           49.86
     株式会社                                           役員の兼任等………有
                             百万円
                                                当社製品を販売

     三重三菱自動車販売                         58
                三重県四日市市                 自動車の販売            24.8    役員の兼任等………有
     株式会社
                             百万円
                                                設備等の賃貸借……有
     香川三菱自動車販売                         50                  当社製品を販売
                香川県高松市                 自動車の販売            23.0
                                                役員の兼任等………有
     株式会社
                             百万円
     宮崎三菱自動車販売                         60                  当社製品を販売
                宮崎県宮崎市                 自動車の販売            38.8
     株式会社                                           役員の兼任等………有
                             百万円
                                             33.0
     東関東MMC部品販売                        100   自動車部品の販               当社製品の部品を販売
                千葉市美浜区
                                                役員の兼任等………有
     株式会社                            売
                             百万円               (10.0)
                                                当社製品の一部を開発
                                 自動車の商品
                              10
     株式会社NMKV           東京都港区                            50.0    役員の兼任等………有
                                 企画・開発
                             百万円
                                                設備等の賃貸借……有
                                 自動車の販売
     MMCダイヤモンド                                           当社製品の販売金融・
                             3,000
                                 金融
     ファイナンス株式会           東京都港区                            47.0    リース・レンタル
                                 ・リース・レン
                             百万円
     社                                           役員の兼任等………有
                                 タル
     エムエムディー・
                ドイツ、            30,000                    当社グループ製品を販売
     オートモービル・                            自動車の販売           24.99
                フリードベルク           千ユーロ                     役員の兼任等………有
     ジーエムビーエイチ
                          410,812,000
     ミツビシ・モーター                                           当社グループ製品を
                ベトナム、                 自動車の
     ズ・ベトナム・       カン                                41.2    製造・販売
                           千ベトナム
                ビンヅン                 製造・販売
     パニー・リミテッド                                           役員の兼任等………有
                              ドン
                                                当社グループ製品を
                                 自動車の
     広汽三菱汽車有限公           中国、          1,947,000
                                             30.0    製造・販売
     司           長沙市
                                 製造・販売
                              千元
                                                役員の兼任等………有
     ピーティー・ミツビ
                                                当社グループ製品を
                         1,300,000,000
                インドネシア、
     シ・モーターズ・ク
                                 自動車の販売            30.0
                                                販売
                         千インドネシア
     ラマ・ユダ・セール
                ジャカルタ
                                                役員の兼任等………有
                             ルピア
     ス・インドネシア
     その他関連会社8社
                                  10/129







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (4)その他の関係会社
                                          議決権の
                         資本金
         名称         住所               事業の内容                   関係内容
                                          被所有割合
                        (百万円)
                                           (%)
                                                技術資源の相互共有等
     日産自動車株式会社
                横浜市              自動車の製造、販売                  及び製品等の相互販売
                         605,814                    34.0
                神奈川区              及び関連事業                  役員の兼任等………有
     *4
                                                設備等の賃借等……有
                                                製品等の販売及び原材料
                                             20.0
     三菱商事株式会社
                東京都
                         204,447     卸売業
                                                の購入
                千代田区
     *4
                                           (10.76)
                                                役員の兼任等………有
     (注)  1.議決権の所有又は被所有割合の( )内は、間接所有又は被間接所有割合で内数で示しております。
         *2.   特定子会社に該当します。
         *3.ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インクについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を
            除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。主要な損益情報等は次のとおりであります。
            ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インク(連結)
                (1)売上高                  311,837    百万円
                (2)経常損益                   15,264

                (3)当期純損益                   24,791

                (4)純資産額                   6,801

                (5)総資産額                  100,991

         *4.   有価証券報告書を提出しております。

          5.関係内容欄記載の役員の兼任等には、当社及び他の連結子会社から派遣されている役員及び従業員の当該
            会社役員兼任のほか、出向及び転籍等も含まれております。
                                  11/129












                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社における従業員数
                                                   2018年3月31日現在
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      自動車事業                                     30,507     (7,122)

                  合計                          30,507     (7,122)

      (注)1.人員数は、就業人員であります。(役員を除く。)
         2.臨時従業員(パートタイマー、期間社員、派遣社員等)は( )内に期末人員を外数で表示しております。
       (2)提出会社における従業員数

                                                   2018年3月31日現在
                  従業員数

                                            平均勤続年数        平均年間給与
                                    平均年齢(歳)
                                              (年)        (円)
       セグメント        事務技術系
                      技能系(人)         計(人)
        の名称        (人)
                 7,423        6,270       13,693
      自動車事業                                  41.1       15.9       7,209,000
                (1,082)        (1,983)        (3,065)
      (注)1.人員数は、就業人員であります。(役員を除く。)
         2.技能系とは直接生産作業又はその補助業務を行う者のほか、それらの指導・監督にあたる者をいい、事務技
           術系とは技能系以外の者をいいます。
         3.臨時従業員(パートタイマー、期間社員、派遣社員等)は( )内に期末人員を外数で表示しております。
         4.平均年間給与(税込)は、賞与及び基準外賃金を含みます。
       (3)労働組合の状況

         当社及び国内連結子会社の労働組合は、全三菱自動車・三菱ふそう労働組合連合会を通じて全日本自動車産業労
         働組合総連合会に所属しております。
                                  12/129











                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

        (1)経営の基本方針

           当社は、大きく変化した経営環境をふまえ、新たに『ビジョン』『ミッション』を以下の通り定めました。

          [ビジョン]      (創りたい社会)

           モビリティの可能性を追求し、活力ある社会をつくります
          [ミッション]       (ビジョンを実現する方法)

           1.   独創的な商品と優れたサービスにより、お客様に新たな体験を提供します
           2.   社会の持続可能な発展に貢献します
           3.   信頼される企業として誠実に活動します
           4.   アライアンスを活用し、ステークホルダーにより高い価値を提供します
           自動車業界は過去にない大きな変革の時代を迎えており、電動化、自動運転、コネクティビティなど、開発

          競争はこれまでとは質的にも量的にも全く異なるものになっていくと考えられます。これらの大きな環境変化
          に適応し、社会から存在を求められる企業であり続けるために、『ミッション』の実践を通じて『ビジョン』
          の実現に努めてまいります。
        (2)経営環境及び対処すべき課題

           当社は、2017年度に、2019年度までの3ヵ年を対象とした中期経営計画「DRIVE                                     FOR  GROWTH」を策定しまし

          た。
           この中期経営計画では、次の3つの課題に重点を置き、利益ある持続的成長への基盤作りを目指します。

           第一の課題は、燃費不正問題で傷ついた信頼の回復であります。

           コンプライアンスを最優先に、IT等も活用しながら内部統制・ガバナンス体制の抜本的改革と強化に取り組
          み、お客様や社会からの信頼を早期に取り戻すべく、不断の努力を続けてまいります。
           第二の課題は、業績のV字回復を確実に軌道に乗せることであります。

           これまで100万台前後で推移してきた販売台数を2019年度までに130万台に増加させ、売上高も2016年度に比
          べ30%増となる2兆5千億円まで増やすことを目標とします。同時に、コスト管理も徹底し、営業利益率につ
          いて過去ピーク並みの6%以上まで引き上げることを目指します。
           中期経営計画一年目の2017年度は、販売台数が前年比18.9%増の110.1万台、売上高が15.0%増の2兆1,924億
          円、営業利益率も4.5%まで回復するなど、2019年度の目標達成に向け順調なスタートとなっております。
           また、ボリューム面での成長と収益力強化の両立を図るため、新型車の投入や事業基盤の整備に向けた開発
          および設備に3年間累計で6千億円を超える資金を投入します。一方、このように積極的に投資を行う中で
          も、毎年のフリー・キャッシュ・フローは黒字を確保し、健全な財務体質の維持に努めます。
           第三の課題は、新型車を成功させることであります。

           当社は、今後も成長が見込まれるSUVセグメントを中心に、4WDやピックアップトラックなど当社の強みを活
          かした商品ラインアップを更に強化していきます。具体的には、2017年度に生産・発売を開始した新型の『エ
          クスパンダー』『エクリプス・クロス』をはじめとして、この中期経営計画期間中に11モデルを新たに投入す
          る計画であります。
           当社が強みを持つアセアンだけでなく、日本、オセアニア、米国、中国などの主要な市場での販売に注力す
          る中で、これらの新型車を成功させ、ブランドの向上と規模の成長に繋げていく考えであります。
           これらの課題への取組みに際しては、日産自動車とのアライアンスも活用していきます。2018年4月には、

          当社の購買機能の一部を、ルノー・日産連合の購買機能と統合しました。2019年度からは、研究開発、生産、
                                  13/129


                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
          アフターサービス、事業開発の各分野においても、本格的にアライアンスへの取り組みを加速させていきま
          す。
          [合弁会社「Nissan-Mitsubishi               B.V.」の設立]

           当社と日産自動車は、両社のシナジーを探求・促進・調整・奨励することを使命とする、折半出資の合弁会
          社「Nissan-Mitsubishi           B.V.」(以下、「NMBV」)を2017年6月にオランダに設立しました。NMBVの設立時取締
          役会は、カルロス・ゴーン(NMBV会長兼CEO)、西川                         廣人、益子      修の3名で構成されます。
           NMBVは、シナジー創出への貢献の対価として、当社及び日産自動車よりフィーを受け取り、オペレーション
          費用や同社取締役・従業員の報酬の支払いに加え、シナジー創出に貢献するグループ各社の従業員に対するイ
          ンセンティブを負担します。
                                  14/129

















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        当社グループの経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性のあるリスクには以下のようなものがあります。
        なお、将来に関する事項については別段の記載のない限り、本有価証券報告書の提出日現在において判断したも
        のであります。
       (1)   国内外の経済情勢及び社会情勢の影響

          当社グループの前連結会計年度売上高に占める海外売上高比率は約8割であり、日本のほか、当社グループの
         今後の地域戦略の中心を担うアセアン諸国その他の新興市場国等の経済情勢及び社会情勢が変化した場合、当社
         グループの経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。また、海外市場における事業展開に
         は、法制や税制の変更、政治・経済情勢の変化、インフラの未整備、人材確保の困難性、テロ等の非常事態、伝
         染病の流行等といったリスクが内在しており、当該リスクの顕在化により、当社グループの経営成績又は財政状
         態に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       (2)   自動車業界の競争激化の影響

          自動車業界は過剰生産能力等を背景として、世界的な競争が熾烈化しており、価格競争などにより販売インセ
         ンティブや効果的な広告宣伝活動が販売促進及びマーケットシェアの維持に不可欠になっております。こうした
         価格競争や販売インセンティブ等の増加は当社グループの経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性が
         あります。
          また、自動車業界の競争熾烈化に伴い、新製品の開発サイクルがより短期的となっている中、価格、品質、安
         全性等の様々な面で顧客のニーズを捉えた新製品を適時・適切に提供出来ない場合、また当社の戦略商品が市場
         に十分に受け入れられない場合には、当社グループの経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があり
         ます。さらに、当社グループが競争力の維持強化に向けた施策を今後効果的に講じることが出来ない場合には、
         製品の需要の低下等により、当社グループの経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       (3)自然災害や事故等の影響

          当社グループは、日本及び世界各地に製造拠点等の設備を有しており、当該各地で大規模な地震・台風・洪水
         等の自然災害や火災等の事故、感染症の発生により、当社グループ又はその取引先の操業の中断等の重大な支障
         をきたす場合があります。これらは発生可能性が高く当社グループ事業へ影響が大きいと想定されるシナリオに
         基づき事業継続計画・災害対策の取組整備を進めておりますが、想定を超える規模で発生した場合は当社グルー
         プの経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       (4)法規制等の影響

          当社グループは、事業を展開する各国において地球環境保護や製品の安全性に関連する規制等、様々な法規制
         の適用を受けており、当社グループが当該法規制に適応し又はこれを遵守できない場合、またそれにより制裁を
         受けた場合、改正・強化された新たな規制への適応又は遵守のために多額の費用が生じる場合などは当社グルー
         プの経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。
          また、当社グループの事業活動は、上述の法規制以外にも、内外の広範な法令の適用を受けております。例え
         ば、消費者保護規制、事業及び投資に対する許認可、労働規制、環境保護規制、外国為替規制、安全保障目的を
         含む輸出入貿易規制、各種税法、独占禁止法、贈収賄防止法などの制約の下にあります。当社グループの事業
         は、場合によっては、十分に整備されていない法基盤の下で遂行されることがあり、又は包括的な法令体系の欠
         如や、一貫性のない法令の適用及び解釈、監督当局による規制措置の一方的変更などに対応する費用負担が増大
         することがあります。また、これらの事業が供給する製品或いはサービスに賦課される税率、環境規制に係る技
         術的要件、所得税及び関税、投資元本及び配当の還流に関する為替規制などの諸法令などについて、予想外の変
         更が行われることがあります。
          これらの法令リスクに対応するため、当社グループは、法令等の遵守については未然防止の対策を講じており
         ます。さらに、コンプライアンスに係る案件を察知した場合には速やかに対応する体制も整備しており、当社グ
         ループの社会的信用や評判に与える影響を防いでおります。しかしながら、将来にわたって法令違反が発生する
         可能性は皆無ではなく、法令違反の事実、あるいは対応の内容や迅速性等が不十分な場合には、当社グループの
         社会的信用や評判に悪い影響を及ぼし、当社グループの経営成績と財政状態に悪影響を及ぼす可能性がありま
         す。
       (5)製品の原価変動の影響

          当社グループは、多数の取引先から原材料及び部品等を購入し、製品の製造を行っており、需要及び市況変動
         により当社製品の製造原価が上昇した場合、当社グループの経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性
         があります。
                                  15/129


                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (6)為替変動の影響

          当社グループの前連結会計年度売上高に占める海外売上高比率は約8割であり、このうち外貨建債権債務につ
         いては主な外貨建債務であるタイバーツと、主な外貨建債権である米ドル、ユーロとの相場動向を注視しつつ、
         適宜、必要な措置を講じてきておりますが、為替相場が大幅に変動した場合、当社グループの経営成績又は財政
         状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       (7)計画前提と現実との相違等により中期経営計画における目標を達成できない場合の影響

          当社グループは、中期経営計画を策定し、中期的な事業戦略を定めておりますが、中期経営計画の前提が現実
         と異なることとなった場合、また、本項記載の他のリスクが顕在化した等の場合には、当社グループの経営成績
         又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       (8)製品の品質・安全性の影響

          当社グループによる製品の品質向上及び安全性の確保の努力にかかわらず、製品の欠陥又は不具合によるリ
         コール又は改善対策等が大規模なものとなり、又は大規模な製造物責任を追及された場合には、多額の費用負
         担、当社製品への評価及び需要の低下等により、当社グループの経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可
         能性があります。
       (9)訴訟等の影響

          当社グループが、事業を遂行していく上で、ユーザー、取引先や第三者との間で訴訟等が発生し、当社グルー
         プの経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。
          また、現時点で係争中の訴訟等についての判決等が当社グループの主張や予測と異なる結果となった場合、当
         社グループの経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。
          当社は、2010年2月20日、当社のエジプトにおける旧販売会社であるMASRIA                                    Co.,   Ltd(以下「原告」)か
         ら、当社による同社との販売店契約の解約について、9億米ドルの損害賠償請求を含む訴訟(以下「本訴訟」)
         を提起されております。本訴訟につき、2010年10月26日に第一審裁判所、2012年7月3日に控訴審裁判所におい
         て、それぞれ、本訴訟の裁判管轄がエジプトの裁判所にはないことを理由として原告の訴えを却下する旨の判決
         がありましたが、原告がこれに対し、2012年7月21日付でエジプト最高裁判所に上告したため、本訴訟は上告審
         に係属中であります。
          本訴訟の裁判管轄がエジプトの裁判所にないことは、前記販売店契約上明らかであること、また、実質的に
         も、当社による販売店契約の解約は、当該契約の定めに従ってなされた合法的なものであり、原告の請求原因に
         は合理性がないことなどから、現時点において、本訴訟は当社グループの経営成績又は財政状態に重大な影響を
         及ぼすものではないと判断しております。
       (10)特定調達先への依存の影響

          当社グループは、原材料及び部品等を多数の取引先から調達しております。より高い品質、技術をもったもの
         をより競争力のある価格で調達しようとする場合、発注が特定の調達先に集中することがあります。また特別な
         技術を要する部品等については、提供できる調達先が限定されることがあります。そのため、予期せぬ事由によ
         りそれらの調達先からの供給が停止した場合又は適時に競争力のある価格で調達ができない場合、当社グループ
         の経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       (11)顧客、取引先等の信用リスクの影響

          当社グループは、顧客や、販売業者、金融事業によるリース先等の取引先の信用リスクを有しております。か
         かる信用リスクに基づく損失が当社グループの想定を上回る場合には、当社グループの経営成績又は財政状態に
         重大な影響を及ぼす可能性があります。
       (12)知的財産権侵害の影響

          当社グループは、他社製品との差別化のため、技術・ノウハウ等の知的財産を保護するとともに、第三者の知
         的財産権に対する侵害の予防に努めております。しかしながら、第三者が当社グループの知的財産を不当に使用
         した類似商品を製造・販売することや、世界各国における法規制上、当社グループの知的財産権の保護に限界が
         あることで販売減少や訴訟費用が発生した場合、あるいは、予期せぬ第三者の知的財産権侵害のために製造販売
         の中止、賠償金支払、当社製品への評価及び需要の低下等が生じた場合、当社グループの経営成績又は財政状態
         に重大な影響を及ぼす可能性があります。
                                  16/129



                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (13)情報技術及び情報セキュリティの影響

          当社グループの運営や製品等に利用する情報技術及びネットワークやシステムについては、ハッカーやコン
         ピュータウィルスによる攻撃、不正使用やインフラ障害等により支障を来たすおそれがあり、その結果、当社グ
         ループの経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。当社グループは、個人情報を含むグ
         ループ内外の機密情報を保有しており、当該情報が不正に外部に流出した場合、当社グループの社会的信用及び
         経営成績又は財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。
                                  17/129


















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財務状態、経営成績及びキャッ
       シュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
       なお、本項において含まれる将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであ
       ります。
       (1)財政状態・経営成績等の状況の概要と分析
           当連結会計年度に、利益ある持続的成長への基盤作りを目指して中期経営計画「Drive                                        for  Growth」をス
          タートさせました。その初年度となる当連結会計年度では、2つの新車の順調な立ち上がりもあり、全地域で
          前年を上回り、グローバル販売台数は1,101千台と前年度比に比べ19%増加しました。
           中期経営計画で中核市場の一つに位置づけるアセアン地域では、2017年10月よりインドネシアで販売を開始

          した次世代クロスオーバーMPV『エクスパンダー』の好調な立ち上がりを見せたことで、前年度に比べ33%増加
          し275千台となりました。タイでは総需要の回復に加え、ピックアップトラックを中心に好調となり販売台数
          を伸ばしました。また、フィリピンでは、パジェロスポーツや、また現地生産を開始したミラージュで需要が
          増加いたしました。インドネシアでは『エクスパンダー』の需要に対応するため、ブカシ工場の稼動を2017年
          10月より2直体制にし、また2018年4月のフィリピン向けの輸出に始まり、その後アセアン各国への輸出を進め
          ていきます。
           注力地域の一つに位置づける中国では、一昨年現地生産化した『アウトランダー』の販売が順調な伸びを維
          持していることなどから、前年比55%増136千台と同市場での成長を牽引しています。またマーケットシェアの
          拡大に向けて現地の販売網を2020年3月期末までに400店舗まで拡充する計画としており、当連結会計年度では
          302店舗まで拡大と順調に推移しております。
           回復地域に位置づける日本市場は、軽自動車『eKワゴン』『eKスペース』の復調と、『デリカD:5』を中心
          とした「ACTIVE        GEAR」シリーズが好評だったことから、前年比23%増の98千台まで着実に回復してきていま
          す。
         また、新型コンパクトSUV『エクリプス                   クロス』も順調な立ち上がりとなっております。昨年末の欧州に続

         き、今年に入ってからはオセアニア、北米への展開も行い、2018年3月には日本でも発売を開始しました。
        ①売上高

         以上のような販売台数の増加等をうけ、当連結会計年度の売上高は21,924億円(前年比+2,858億円、同+
          15%)となりました。なお、地域別の販売台数・金額については「(3)生産、受注および販売の実績③販売
          実績」のとおりであります。
        ②営業利益

         営業利益は前連結会計年度の51億円から大きく改善し982億円(前年比+931億円)となりました。この増益
          は、主に販売台数の増加影響にコスト低減効果と市場措置費用の減少が加わったことによるものですが、販売
          費用の増加等により一部相殺されています。
        ③経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益

         経常利益は1,101億円(前年比+1,012億円)となりました。親会社株主に帰属する当期純利益は、主に燃費試
         験関連損失で1,985億円の赤字となった前連結会計年度に比べ黒字へ転換し、1,076億円(前年比+3,061億円)
         となりました。
                                  18/129






                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (2)キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、有形固定資産の取得による支出
         や配当金の支払い等の要因により一部相殺されたものの、税金等調整前当期純利益が1,030億円となったこと等
         により、前連結会計年度末に比べ31億円増加し、当連結会計年度末には5,590億円となりました。なお、当連結
         会計年度のフリー・キャッシュ・フロ-は225億円となりました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

          (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動の結果得られた資金は1,196億円(前年同期は458億円の使用)となりました。これは主に税金等調
         整前当期純利益が1,030億円(前年同期は1,587億円の損失)と、前連結会計年度に計上した燃費試験関連問題
         による損失から黒字に転換しV字回復軌道に向け順調な滑り出しとなったこと等によるものであります。
          (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動の結果使用した資金は971億円(前年比+240億円)となりました。これは主に中期経営計画で掲げ
         る持続的成長の基盤づくりに向けた設備投資の増加など有形固定資産の取得による支出の増加等によるもので
         あります。
          (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動の結果使用した資金は232億円(前年同期は2,104億円の獲得)となりました。当連結会計年度の主
         な使用は短期借入金の減少や配当金の支払い等によるものです。なお、前連結会計年度の獲得の主な要因は、
         株式の発行による収入2,363億円等によるものであります。
          (注)フリー・キャッシュ・フローの算出においては、以下の計算式を使っております。

              営業活動によるキャッシュ・フローと投資活動によるキャッシュ・フローの合計です。
                                  19/129












                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (3)生産、受注及び販売の実績
       ①生産実績
         当連結会計年度における生産実績は次のとおりであります。
                             当連結会計年度
                                             前連結会計年度比(%)
                              数量(台)
        国 内                             589,663                    110.9

        海 外                             680,607                    124.2

           アジア                             660,832                    124.0

           その他                             19,775                   131.8

              合計                     1,270,270                     117.7

        (注)1.     生産実績は、当社及び連結子会社の完成車                    (国内はKDを含む)         の生産台数を示し、他社へのOEM供給及
             び共同開発車の当社生産分を含みます。
           2.  海外生産台数には、従来統計に含めていた中国での現地ブランド車を2012年4月の統計より含めており
             ません。
       ②受注実績

         当社は、大口需要等特別の場合を除き、見込生産を行っております。
       ③販売実績

         当連結会計年度における販売実績は、次のとおりであります。
                             当連結会計年度                前連結会計年度比(%)
                           数量(台)        金額(百万円)           数量         金額

        国 内                    225,197         349,406          124.7         117.5

                           1,034,868

        海 外                            1,842,982           111.7         114.5
           北米                    182,151         352,529          108.0         113.7

           欧州                    212,706         454,808           94.7         104.9

           アジア                    433,876         591,662          137.0         136.5

           オセアニア                     96,117         240,961          114.8         118.9

           その他                    110,018         203,020           83.0         88.4

               合計             1,260,065         2,192,389           113.8         115.0

        (注)1.        販売実績は、外部顧客の所在地別の当社及び連結子会社の完成車及びKDパックの卸売り台数を示してお
             ります。
           2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                  相手先
                             金額(百万円)         割合(%)       金額(百万円)         割合(%)
            三菱商事株式会社                    271,865          14.3      295,138          13.5
           3.    上記金額は、消費税等を含んでおりません。
                                  20/129





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (4)重要な会計方針及び見積り
          当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成
         しております。この連結財務諸表の作成に当り、連結会計年度末日における資産・負債の計上および偶発資産・
         負債の開示、ならびに報告期間における収益・費用の計上に影響を与える見積りおよび仮定設定を行っておりま
         す。これらの見積りは、過去の実績や合理的と考えられる方法に基づき行われておりますが、見積り特有の不確
         実性があるため、実際の結果は異なる場合があります。
          当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等」の
         「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しておりますが、特に次の重要な会計方針が当社グ
         ループの連結財務諸表における重要な判断と見積りに大きな影響を及ぼすと考えております。
        ①燃費試験関連損失引当金

          当社は、燃費試験に関連した損失に備えるため、当連結会計年度末において合理的に見積ることが可能な金額
         を計上しております。
        ②製品保証引当金

          当社グループは、製品のアフターサービスに対する費用の支出に備えるため、保証書の約款に従い過去の実績
         を基礎に将来の保証見込みを加味して計上しております。実際の製品不良率または修理コストが見積りと異なる
         場合、アフターサービス費用の見積額の修正が必要となる可能性があります。
        ③貸倒引当金

          当社グループは、売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒
         懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。経済状況の
         変化等により顧客の財務状態が悪化し、その支払能力が低下した場合には、追加引当が必要となる可能性があり
         ます。
        ④退職給付費用及び債務

          従業員退職給付費用および債務は、数理計算上で設定される前提条件に基づいて算出されております。これら
         の前提条件には、割引率、将来の報酬水準、退職率、直近の統計数値に基づいて算出される死亡率および年金資
         産の長期収益率などが含まれております。実際の結果が前提条件と異なる場合、または前提条件が変更された場
         合、その影響は累積され、将来にわたって規則的に認識されるため、一般的には将来期間において認識される費
         用および計上される債務に影響を及ぼします。
        ⑤繰延税金資産の評価

          当社グループでは、繰延税金資産について、回収可能性が高いと考えられる金額へ減額するために評価性引当
         額を控除し、純額を計上しております。評価性引当額は、将来の課税所得およびタックスプランニング等を勘案
         し算定しており、繰延税金資産の全部または一部を将来回収できないと判断した場合、当該判断を行った期間に
         繰延税金資産の調整額を費用として計上しております。また、繰延税金資産の計上金額を上回る繰延税金資産を
         将来回収できると判断した場合、繰延税金資産への調整により当該判断を行った期間に利益を増加させることと
         しております。
                                  21/129







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
        ⑥投資有価証券の評価
          当社グループは、価格変動性が高い公開会社の株式と、株価の決定が困難である非公開会社の株式を保有して
         おります。当社グループは、投資有価証券の評価を一定期間ごとに見直し、その評価が取得原価または減損後の
         帳簿価額を一定率以上下回った場合、減損処理を実施しております。将来の市況悪化または投資先の業績不振に
         より、現在の帳簿価額に反映されていない損失または帳簿価額の回収不能が発生した場合、減損処理の実施が必
         要となる可能性があります。
        ⑦固定資産の減損

          当社グループは、固定資産の減損会計の適用に際し、資産を工場単位または事業拠点単位等にグルーピング
         し、各グループの単位で将来キャッシュ・フローを見積っております。将来キャッシュ・フローが帳簿価額を下
         回った場合、回収可能価額まで帳簿価額を減額しております。将来この回収可能価額が減少した場合、減損損失
         が発生し、損益に影響を与えることがあります。
       (5)資本の財源及び資金の流動性についての分析

          2019年3月31日に終了する連結会計年度においても、持続的成長の基盤づくりに向けた投資を着実に進め、設
         備投資では新商品や生産・IT投資を強化する予定です。また研究開発は、今後投入する新型車開発の強化に加
         え、SUVや電動化技術に磨きを掛けていくために引続き開発リソースの増強を進めていきます。同連結会計年度
         では、設備投資および研究開発のための資金を、主に手元の現金及び現金同等物、営業活動から得た現金により
         調達の上で使用する予定ですが、健全なキャッシュ・フローの維持という規律の中で、一つ一つの投資に取り組
         んでいきます。
                                  22/129













                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
                       相手方

        契約会社名                               契約の内容              契約締結日
                    名称        国籍
      三菱自動車工業株式会社                      中国     中国における自動車用エンジン事業に関し                  1997年5月15日
                 中国航天汽車有限責任
                                 て瀋陽航天三菱汽車発動機製造有限公司を
         (当社)
                 公司
                                 設立する契約
                            中国
                 瀋陽建華汽車発動機有
                 限公司
                            日本
                 三菱商事株式会社
                           マレーシア
                 エムシーアイシー持株
                 有限公司
      三菱自動車工業株式会社                      中国     中国における自動車用エンジン事業に関し                  1998年6月16日
                 ハルピン東安発動機製
         (当社)                        てハルピン東安汽車発動機製造有限公司を
                 造公司
                                 設立する契約
                            中国
                 ハルピン飛機製造公司
                            中国
                 ハルピン東安動力股份
                 有限公司
                            日本
                 三菱商事株式会社
                           マレーシア
                 エムシーアイシー持株
                 有限公司
      三菱自動車工業株式会社           日産自動車株式会社           日本     ジヤトコ株式会社に関する株主間の権利義                  2007年3月15日
                                 務等を定めた契約
         (当社)
                 スズキ株式会社           日本
      三菱自動車工業株式会社           福建省汽車工業集団有           中国     車両の生産・販売等、東南(福建)汽車工                  2006年3月27日
         (当社)        限公司                業有限公司の合弁事業に関する契約
                 中華汽車工業股份有限           台湾
                 公司
      三菱自動車工業株式会社           プジョー・シトロエ           フランス      ロシアで車両を生産するための合弁事業に                  2008年5月19日
         (当社)        ン・オートモビルズ・                関する基本契約
                 エス・エイ
      三菱自動車工業株式会社           広州汽車集団股份有限           中国     中国における車両の生産・販売等、広汽三                  2012年9月5日
                 公司                菱汽車有限公司の合弁事業に関する契約
         (当社)
                 三菱商事株式会社           日本
      三菱自動車工業株式会社           PT Krama   Yudha      インドネシア       インドネシアで車両を生産するための合弁                  2015年3月24日
                            日本     事業に関する契約
         (当社)
                 三菱商事株式会社
      三菱自動車工業株式会社           日産自動車株式会社           日本     日産自動車株式会社との資本業務提携に関                  2016年5月25日

                                 する契約
         (当社)
      三菱自動車工業株式会社           三菱UFJリース株式会           日本     MMCダイヤモンドファイナンス株式会社の株                  2018年3月27日

         (当社)        社                式取得に関する契約
                 東京海上日動火災株式
                 会社
                                  23/129









                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
       新しく制定した企業ビジョン               「モビリティの可能性を追求し、活力ある社会をつくります」                             を実現するために、
      次世代技術の方向として、「SUV               NEW  VALUE」、「EV       NEW  VALUE」、「SYSTEM         NEW  VALUE」を掲げ、研究開発を推進し
      ております。研究開発体制については、日本では「技術開発センター」および「EV技術センター」があり、デザイ
      ン・技術の先行研究・設計・試験を行っております。また、北米・欧州・中国・タイに有する海外R&D拠点との連携に
      より、市場特性を踏まえたグローバルな技術/商品開発を行っております。今後は、日産とのアライアンスの中で基本
      技術を共有するなど協業によるシナジー効果を十分発揮できるようにしていくとともに、三菱自動車としての特長付
      けをより明確にした技術/商品開発を進めていきます。
       環境に対応する取り組みとして、持続可能なクルマ社会の発展に貢献するため、次世代電動車両技術や次世代エン
      ジン(ダウンサイジング直噴ターボエンジン、クリーンディーゼルエンジン)の開発、車体・コンポーネントの軽量
      化など、燃費向上技術の開発を推進しております。特に、電動車両技術に関しては、長距離走行と環境性能を両立さ
      せた、当社独自の『プラグインハイブリッドEVシステム(PHEV)』を搭載した『アウトランダーPHEV』がお客様から高
      い評価を得ており、引き続き電動車両技術のリーディングカンパニーを目指し開発に取り組んでおります。
       また、走行性能と環境性能を両立するため、次世代エンジンの開発や、当社が得意とする四輪駆動の統合制御技術
      『S-AWC     』の進化などの開発に継続して取り組んでおります。これらの技術は、電動車両も含め、他の車種へも活
          *1
      用・展開していきます。特に、モータードライブと『S-AWC』の融合を「e-EVOLUTION」と位置付け、走る歓びと環境
      性能の両立を目指して開発を推進しております。お客様に安心してお乗りいただける安全性を実現するため、当社の
      先進予防安全技術である『e-Assist                  (イーアシスト)』、衝突安全技術である衝突安全強化ボディ『RISE                                 (ライ
                       *2                                 *3
      ズ)』などの開発に取り組んでおります。これらの安全技術への継続した取り組みにより、新型コンパクトSUV『エク
      リプス    クロス』が、欧州の2017年「EURO                NCAP(European       New  Car  Assessment      Programme)」、豪州・ニュージーラン
      ドの2017年「ANCAP(The           Australasian       New  Car  Assessment      Program)」、アセアンの2018年「ASEAN                   NCAP(New     Car
      Assessment      Program    for  Southeast     Asian   Countries)」のいずれの自動車アセスメントにおいても最高評価となる5
      ☆を獲得し、当社の最新コンパクトSUVの高い安全性能を証明しました。
       その他、快適な室内環境(乗り心地,静粛性,利便性向上など)を提供するための技術開発、車内でのスマート
      フォン等の情報機器との接続技術の開発にも取り組んでおります。
         *1:S-AWC:Super         All  Wheel   Control
         *2:e-Assist:以下の機能で構成され、ドライバーの安全な走りをアシストします。
           ・衝突被害軽減ブレーキシステム(Forward                     Collision     Mitigation      System:FCM)
            先行車と衝突の危険がある場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートしま
            す。
            (歩行者検知機能はアウトランダー/同PHEVおよびエクリプスクロスに搭載)
           ・低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)
            低速走行時(約5~約30km/h)              先行車と衝突の危険がある場合、自動ブレーキによって衝突の回避、
            または被害の軽減をサポートします。
           ・車線逸脱警報システム(Lane               Departure     Warning    System:LDW)
            走行中の車線から逸脱しそうな場合に、ドライバーに警報で注意を促します。
           ・レーダークルーズコントロールシステム(Adaptive                         Cruise    Control    System:ACC)
            渋滞での走行時でも、先行車との車間を維持しながらの走行を可能とします。
           ・後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)(Blind                                   Spot   Warning/Lane       Change
            Assist:BSW/LCA)
            死角になり易い斜め後方に車両がいた場合、ドアミラーインジケーターで告知します。その状態で車両の
            いる方向にウインカーを出すとブザー音とドアミラーインジケーターの点滅でより強く注意を促します。
           ・後退時車両検知警報システム(Rear                  Cross   Traffic    Alert:RCTA)
            駐車場などでの後退時に接近車両を検知すると、ドアミラーインジケーター点滅とブザー音、メーター内
            の警告メッセージ表示で注意を促します。
           ・誤発進抑制機能(前進時)
            前進時のシフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。
           ・誤発進抑制機能(前進&後退時)(Ultrasonic                       misacceleration        Mitigation      System:UMS)
            前進時および後退時のシフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。
         *3:RISE:Reinforced           Impact    Safety    Evolution
                                  24/129



                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度における当社グループ全体の研究開発費(自動車事業)は1,025億円であります。
      2017年4月から2018年3月にかけて発売した主な新商品は次のとおりであります。

       1. 次世代クロスオーバーMPV『エクスパンダー』を発売しました。MPVならではの居住性と多用途性、SUVらしい

         スタイリングと走りを融合させることによって、従来のMPVを超える三菱自動車らしい次世代クロスオーバー
         MPVへと進化させました。主な商品特長を以下に挙げます。
         (1)  ワイドボディがもたらすクラストップの室内空間
          次世代クロスオーバーMPVは従来の小型MPVより一回り大きいワイドボディを採用し、クラストップの室内空間
          と多人数乗車に最適な乗員レイアウト、十分な容量の荷室を実現しました。また、乗員間の間隔と各席での
          ヘッドクリアランスを十分に確保するとともに、3列目乗員の良好な居住性と乗降性も実現しました。
        (2)     MPVとSUVを融合させたクロスオーバーデザイン
        ・流麗なルーフラインとリヤクオーターピラーの上端を抜いた伸びやかなウインドウグラフィックでMPVらしい
         フォルムとしたうえで、ボディザイドの力強い彫刻的なキャラクターラインと筋肉質で大きく張り出した前後
         フェンダーによるSUVのダイナミックさを融合させたデザインとしております。
        ・人とクルマを守る機能を表現する「ダイナミックシールド」コンセプトを進化させ、上部にLEDポジションラン
         プを配置して視認性を高めるとともに、ヘッドランプを低い位置(フロントバンパー)に配置するなど、より
         機能性を高めました。
         (3)      優れた走行性能と快適性
        ・吸気連続可変バルブタイミング(MIVEC)機構付き1.5Lエンジンを搭載し、高性能と低燃費を追求しました。ト
         ランスミッションは5M/T及び4A/T                 を設定しております。
                                               *4
        ・高剛性ボディと最適設計されたサスペンションにより、クラストップとなる205mm                                         の最低地上高を有しなが
         ら、クラスを超えた乗り心地と高次元の操縦安定性を実現するとともに、車内での会話を妨げない優れた静粛
         性により、快適なドライブを楽しむことが出来ます。
         *4:16インチタイヤ装着車。
        (4)   賢く便利な機能装備
         キーレスオペレーションキーを携帯していればドアハンドルのスイッチを押すだけで開錠・施錠でき、ブレーキ
         を踏んでエンジンスイッチを押すだけでエンジンの始動・停止ができます。また、キーレスオペレーション
         キーのリモコン操作による開錠時、ポジションランプが30秒間点灯し、ドライバーをお迎えする便利なウェル
         カムライトなどを採用しております。
       2. 新型コンパクトSUV『エクリプス                  クロス』を発売しました。これまでにないスタイリッシュなクーペフォルム

         とダイナミックなSUVの機動力を融合した、三菱自動車らしいクーペSUVとし、行動意欲を掻き立てる個性的な
         デザイン、新たな楽しみをもたらすコネクティビティ、四輪制御技術による安心して楽しめるドライビング
         フィールを特長としております。主な商品特長を以下に挙げます。
        (1)  行動意欲を掻き立てる個性的なデザイン
          高いヒップポイントによる見晴らしのよさやルーミーな室内空間といったSUVとしての機能性を一切妥協せ
          ず、都市に際立つダイナミックで存在感のあるクーペスタイルを実現しました。力強いパフォーマンスと、人
          とクルマを守る安心感を表現した「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを更に進化させまし
          た。
        (2)  新たな楽しみをもたらすコネクティビティ
          ディスプレイオーディオにスマートフォンとの連携機能を追加したスマートフォン連携ディスプレイオーディ
          オ[SDA]、タッチパッドコントローラーを最上級グレード「G                             Plus   Package」に標準装備としました。(SDAは
          「Apple    CarPlay」      および「Android        Auto   」  に対応)
                  *5            TM  *6
          また、速度、予防安全装備などからの情報を少ない視線移動で的確に認識できるヘッドアップディスプレイ
          [HUD]を採用しました。(「G」、「G                  Plus   Package」グレードに標準装備)
          *5:Apple      CarPlayは米国その他の国で登録されたApple                     Inc.の商標
          *6:Android       AutoはGoogle       Inc.の商標または登録商標
        (3)  四輪制御技術による安心して楽しめるドライビングフィール
          4WD車に、アクセル開度や車速、車両の走行条件などから、後輪へ伝達するトルクを常に適切に配分する電子
          制御4WDシステムを搭載しました。これにAYC(Active                          Yaw  Control)ブレーキ制御を追加した車両運動統合
          制御システム「S-AWC(Super              All  Wheel   Control)」を採用し、ドライバーの操作に忠実な車両挙動を実現し
          ました。また、新開発の1.5Lダウンサイジング直噴ガソリンターボエンジンを採用することで、排気量は1.5L
          でありながら従来型の2.4L自然吸気エンジンを凌ぐ中低速トルク(当社比)を可能としました。
                                  25/129


                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       3. 上記のほかに、安全・機能装備の充実や、内外装の差異化、燃費向上を図った商品を一部機種に設定し発売し
         ました。
                                  26/129




















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループ(当社及び連結子会社)は、新商品・新技術の開発研究設備及び新商品の生産設備ならびに販売設備
       を中心に総額999億円の投資を実施しました。
                           セグメント                            投資金額
              会社名                         設備投資の内容
                           の名称                            (百万円)
                                 自動車生産設備                        34,216

                                 自動車開発研究設備                        19,224

                            自動車
     当社                           自動車販売拠点設備                        1,261
                                 その他                        12,270

                                          計              66,972

      自動車販売会社(5社)                       自動車     自動車販売拠点設備                         9,905

                                 自動車及び部品生産設備、自動車及び部品
      その他国内子会社(4社)                       自動車                             1,635
                                 設計・試験設備、自動車輸送保管設備 他
      ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・
                                 自動車販売拠点設備          他
                            自動車                              438
      インク    他2社
      ミツビシ・モーターズ・ヨーロッパ・ビー・
                                 部品販売拠点設備         他
                            自動車                              298
      ブイ
      ミツビシ・モーターズ・オーストラリア・
                                 自動車販売拠点設備          他
                            自動車                              404
      リミテッド
      ミツビシ・モーターズ(タイランド)・
                                 自動車販売拠点設備及び自動車生産設備                    他
                            自動車                             5,563
      カンパニー・リミテッド            他1社
      ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・
                                 自動車販売拠点設備及び自動車生産設備                    他
                            自動車                             5,875
      コーポレーション         他1社
      ピーティー・ミツビシ・モーターズ・
                                 自動車生産設備        他
                            自動車                             8,142
      クラマ・ユダ・インドネシア
                                 自動車販売拠点設備及び部品生産設備                   他       652
      その他在外子会社(15社)                       自動車
             合   計                                           99,887

      (注)1.上記金額は消費税等を含みません。
         2.投資金額には、無形固定資産、長期前払費用を含みます。
                                  27/129









                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      2【主要な設備の状況】
        当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                      帳簿価額(百万円)
                  セグメント                                      従業員数
                                         土地
     区分                  設備の内容          機械装置
         事業所名(所在地)
                  の名称                                       (人)
                             建物及び
                                 及び
                                               その他     合計
                             構築物          面積
                                 運搬具          金額
                                      (千㎡)
                                        (4)
        岡崎製作所               自動車生産
                                        [14]
                   自動車
        (愛知県岡崎市      他)         設備
                                        458
                              10,292     11,507          418   26,270     48,488     2,943
                                        (11)
                       自動車用
        京都製作所
     生産
                                        [16]
                   自動車    エンジン
        (京都市右京区      他)
     設備
                       生産設備
                                        453
                              5,771    14,897          4,845     2,169    27,683     1,633
                                        (50)
        水島製作所               自動車生産
                                        [1]
                   自動車
        (岡山県倉敷市)                設備
                                        853
                              5,471     5,136         2,822     5,936    19,367     3,737
                                        (1)
        技術センター
        (愛知県岡崎市、
                       自動車開発
                                        [0]
                   自動車
         京都市右京区      他)
                       研究設備
                                       10,612     11,085
                              11,502     9,241             16,704     48,534     3,374
        (注)4
                                       (257)
        部品センター
                       部品の供給
                                        [-]
        (大阪府高槻市、
                   自動車
                       管理設備
         愛知県海部郡      他)
                                        14
                              1,836     836        1,066     124    3,862      67
                                       (440)
        モータープール
                       車両の保管
                                        [81]
        (名古屋市港区、
                   自動車
                       設備
         岡山県倉敷市      他)
     その                                  242
                              1,026      16        5,030      37   6,110      -
     他の
                                       (201)
     設備
        厚生施設               社員寮、
                                        [7]
                   自動車
        (愛知県岡崎市      他)         社宅  他
                                        111
                              2,783      60        5,335     650    8,829      -
                                        (20)
        販売会社拠点
                       自動車販売
                                        [90]
         (大阪府寝屋川市、
                   自動車
                       会社拠点
         名古屋市熱田区      他)
                                        90
                              1,266      0       6,894      3   8,163      -
                                        (72)
        その他
                       社員研修
                                        [11]
                   自動車
        (川崎市高津区      他)         施設  他
                                        122
                              3,981     1,322         9,756     2,873    17,933     1,939
      (注)1.( )内の数字は、賃借中の土地面積で外数表示しております。
         2.[ ]内の数字は、賃貸中の土地面積で内数表示しております。(転貸中のものも含みます。)
         3.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定であります。なお、金額には消費税等を
           含みません。
         4.技術センターのうち、京都市右京区の土地の面積及び金額は、京都製作所の中に含めております。
                                  28/129






                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                      帳簿価額(百万円)
                                         土地
         会社名                                                従業員数
                セグメント
                      設備の内容           機械装置
        (所在地)        の名称             建物及び                            (人)
                                 及び              その他     合計
                             構築物          面積
                                 運搬具
                                            金額
                                      (千㎡)
     関東三菱自動車販売
                                       (368)
     株式会社
                     自動車販売拠点
                 自動車                       [95]
     他 販売会社    4社
                     設備
                             11,896     7,320      463   18,546      418   38,181     4,084
     (東京都目黒区      他)
                                        (60)
     パジェロ製造株式会社                自動車及び部品
                 自動車
                     生産設備    他
     (岐阜県加茂郡)
                              3,006     3,954      163    1,987      678    9,626      943
                     自動車及び部品

     三菱自動車エンジニア                                   (13)
                     の設計・試験設
     リング株式会社           自動車
                     備 他
     (愛知県岡崎市)                          120      3     1    323     43    491     876
                     自動車及び部品
     三菱自動車ロジテクノ                                   (3)
                     輸送保管設備、
     株式会社           自動車
                                        [0]
                     部品販売拠点設
     (川崎市高津区)                          395     86     27   1,443      128    2,052      569
                     備 他
     水菱プラスチック                                   (5)
                     部品生産設備      他
     株式会社
                 自動車                        [0]
     (岡山県倉敷市)                         1,418     1,305         1,184     4,858     8,766      584
                                         98
      (注)1.( )内の数字は、賃借中の土地面積で外数表示しております。
         2.[ ]内の数字は、賃貸中の土地面積で内数表示しております。(転貸中のものも含みます。)
         3.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定であります。なお、金額には消費税等を
           含みません。
                                  29/129












                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (3)在外子会社
                                      帳簿価額(百万円)
         会社名       セグメント                                         従業員数
                                         土地
                      設備の内容
                                 機械装置
        (所在地)        の名称                                         (人)
                             建物及び
                                 及び              その他     合計
                             構築物          面積
                                 運搬具
                                            金額
                                      (千㎡)
      ミツビシ・モーターズ・
                                       (174)
                      自動車販売拠点
      ノース・アメリカ・
                 自動車                        [9]
                      設備   他
      インク
                               773    2,337         1,389      349    4,850      533
                                        219
     (米国)他2社
      ミツビシ・モーターズ・
                      部品販売拠点
      ヨーロッパ・ビー・ブイ            自動車
                      設備   他
     (オランダ)                           1    104     -     -    112     218     199
      ミツビシ・モーターズ・
                      自動車販売拠点
      オーストラリア・
                 自動車
                      設備   他
      リミテッド
                               851     538     -     -     41   1,431      182
     (オーストラリア)
      ミツビシ・モーターズ
                      自動車販売拠点
                                       (1,181)
     (タイランド)・
                      設備及び自動車
                 自動車
      カンパニー・リミテッド
                      生産設備    他
                             13,493     42,013      251    1,878     2,526    59,913     5,256
     (タイ)他1社
      ミツビシ・モーターズ・
                      自動車販売拠点
      フィリピンズ・
                 自動車     設備及び自動車
      コーポレーション
                      生産設備    他
                              3,858     3,969      233    1,680      600   10,108     1,513
     (フィリピン)他1社
      ピーティー・ミツビシ・
      モーターズ・クラマ・
                      自動車生産設備
                 自動車
      ユダ・インドネシア                 他
                              9,275     8,366      509    7,051    16,956     41,650     1,201
     (インドネシア)
                     自動車販売拠点                   (47)
                     設備及び
      その他在外子会社15社            自動車                       [19]
                     部品生産設備      他
                              1,663     1,681      19   2,177      448    5,971      874
      (注)1.( )内の数字は、賃借中の土地面積で外数表示しております。
         2.[ ]内の数字は、賃貸中の土地面積で内数表示しております。(転貸中のものも含みます。)
         3.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定であります。
                                  30/129










                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループ(当社及び連結子会社)の設備投資計画は、原則的に連結会社が個別に策定していますが、グループ
       全体で重複あるいは過剰な投資とならないよう当社を中心に調整を図っております。
        当社グループの設備投資の主要なものは、自動車事業における自動車及び自動車部品生産設備の新設・改修であ
       り、翌連結会計年度(2018年度)1年間の設備投資計画(新設・改修)は、1,350億円であります。自動車事業の当
       社及び連結子会社別の設備投資計画の内訳は下表のとおりであります。
      (注)上記金額は、2018年3月末計画金額で、消費税等を含みません。
                          セグメント                   計画金額

              会社名                      設備の内容                 資金調達方法
                          の名称                   (百万円)
                                自動車生産設備              36,400

                                自動車開発研究設備              21,080

                           自動車
     当社                           自動車販売拠点設備               1,860    自己資金及び借入金
                                その他              46,460

                                      計        105,800

     自動車販売会社(5社)                      自動車     自動車販売拠点設備               1,470    自己資金及び借入金

                                自動車及び部品生産設備、
                                自動車及び部品設計・
     その他国内子会社(4社)                      自動車                   5,150    自己資金及び借入金
                                試験設備、
                                自動車輸送保管設備 他
     ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・
                           自動車     自動車販売拠点設備 他                550   自己資金及び借入金
     インク 他2社
     ミツビシ・モーターズ・ヨーロッパ・ビー・
                           自動車     部品販売拠点設備 他                130   自己資金及び借入金
     ブイ
     ミツビシ・モーターズ・オーストラリア・
                           自動車     自動車販売拠点設備 他                270   自己資金及び借入金
     リミテッド
     ミツビシ・モーターズ・(タイランド)・                           自動車販売拠点設備及び
                           自動車                   12,010     自己資金及び借入金
     カンパニー・リミテッド 他1社                           自動車生産設備 他
     ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・                           自動車販売拠点設備及び
                           自動車                   3,270    自己資金及び借入金
     コーポレーション 他1社                           自動車生産設備 他
     ピーティー・ミツビシ・モーターズ・
                           自動車     自動車生産設備 他               5,060    自己資金及び借入金
      クラマ・ユダ・インドネシア
                                自動車販売拠点設備及び
     その他在外子会社  (15社)                      自動車                   1,290    自己資金及び借入金
                                部品生産設備 他
             合   計                                 135,000
                                  31/129







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                         1,575,000,000

                  計                              1,575,000,000

        ②【発行済株式】

                 事業年度末                    上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
        種類       現在発行数(株)                      又は登録認可金融商品                内容
                          (2018年6月22日)
               (2018年3月31日)                         取引業協会名
                                      東京証券取引所

       普通株式         1,490,282,496            1,490,282,496                      単元株式数 100株
                                        市場第一部
         計       1,490,282,496            1,490,282,496              -            -

       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          当社は、ストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき新株予約権を発行する
         方法によるものであります。当該制度の内容は、以下のとおりであります。
          会社法に基づき、当社取締役(社外取締役を除く。)に                          対し、株式報酬型ストックオプションの目的で新株

         予約権を発行することを決議したものであります。
                                  32/129












                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
     2017年4月24日開催の定例取締役会                 決議に基づく新株予約権(第1回新株予約権)
      決議年月日                            2017年4月24日
      新株予約権の数        ※                     9,800個

      付与対象者の区分及び人数                            取締役(社外取締役を除く。) 5名

      新株予約権の目的となる株式の種類                  ※           当社普通株式

      新株予約権1個当たりの目的である株式の数 ※                            79株 (注)1
                                  780,331株 (注)1

      新株予約権の目的となる株式の数                ※
      新株予約権の行使時の払込金額               ※             1株当たり1円

      新株予約権の1株あたりの公正価値                 ※            517.42円    (注)1

                                  以下の①から③のうち最も早い日から2070年4月30日ま
                                  で
                                  ① 2020年5月1日
                                  ② 当社の株主総会(株主総会決議が不要である場合、
                                    取締役会)が、当社が消滅会社となる合併契約又は
                                    当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式
      新株予約権の行使期間           ※                    移転計画を承認した場合、当該承認の日
                                  ③ 当社の株主総会(株主総会決議が不要である場合、
                                    取締役会)が、当社の事業のすべて若しくは実質的
                                    にすべてを譲渡する事業譲渡契約又は当社の事業の
                                    すべて若しくは実質的にすべてを承継会社に承継さ
                                    せる会社分割契約若しくは会社分割計画を承認した
                                    場合、当該承認の日
                                  発行価格518.42円 (注)2.
                                  資本組入額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出さ
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
                                  れる資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の
      行価格および資本組入額            ※
                                  結果生じる1円未満の端数は、これを切り上げるものと
                                  する。
      新株予約権の行使の条件            ※                 (注)3.
                                  当社と本新株予約権の割当てを受ける者との間で締結す
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  る新株予約権割当契約書において、本新株予約権の譲渡
                                  が禁止される旨の制限を付すものとする。
      組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※    (注)4.
                                  33/129








                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
          ※当事業年度の末日(2018年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2018年5月
           31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現
           在に係る記載を省略しております。
      (注)1.      新株予約権1個当たりの目的である株式の数、                     新株予約権の目的となる株式の数、および                    本新株予約権の1
           株当たりの公正価値
           本新株予約権1個当たりの目的である株式の数は、新株予約権1個当たりの払込金額41,200円(以下「本払
           込金額」)を本新株予約権の1株当たりの公正価値で除して得られる数とする。本新株予約権の新株予約権
           者(以下「本新株予約権者」という。)が本新株予約権複数個の行使を同時に行った場合には、当社が当社
           普通株式を交付する数は、当該本新株予約権者による行使に係る本新株予約権の数に本払込金額を乗じて得
           られる金額を本新株予約権の1株当たりの公正価値で除して得られる最大整数とする。以下、本新株予約権
           を行使した場合に当社が交付する当社普通株式の数を「割当株式数」という。
           ここで、「本新株予約権の1株当たりの公正価値」とは、本新株予約権の割当日において下記のブラック・
           ショールズ式により算定される数をいう。
           本新株予約権の1株当たりの公正価値は、以下の②ないし⑦の基礎数値に基づき、ブラック・ショールズ・
           モデルにより算出した1株当たりのオプション価格とする。
           ここで、

           ① 1株当たりのオプション価格


           ② 株価      :新株予約権割当日の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値

                 (終値がない場合は、翌取引日の基準値段)
           ③ 行使価格         :1円
           ④ 予想残存期間          :28年

           ⑤ ボラティリティ            :28年間(新株予約権割当日までの過去28年間)の各取引                           日における

                      当社普通株式の普通取引の終値に基づき算出した株価変動率
           ⑥ 無リスクの利子率            :残存年数が予想残存期間に対応する国債の利子率

           ⑦ 配当利回り         :1株当たりの配当金(新株予約権割当年度3月期の配当実績)÷上記②に定める                                      株価

           ⑧ 標準正規分布の累積分布関数

           ただし、当社が株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同様。)又

           は併合を行う場合には、本新株予約権のうち、未行使の新株予約権の目的となる株式数を以下に定める算式
           により調整し、調整の結果生じる1株に満たない端数については、これを切り捨てる。
           (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
           上記の他、本新株予約権のうち、未行使の新株予約権の目的となる株式数を調整することが必要な場合は、
           当社は、合理的な範囲で調整することができ、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てる。
      (注)2.      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格

           本新株予約権の1株当たりの公正価値と本新株予約権の行使時の1株当たりの払込金額(1円)の合計額
                                  34/129



                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      (注)3.新株予約権の行使の条件
           1.各本新株予約権の1個に満たない端数は行使できないものとする。
           2.本新株予約権の譲渡がなされた場合は、その後、本新株予約権者は、当該譲渡がなされた本新株予約権
             を行使することができないものとする。
           3.本新株予約権者が死亡した場合には、当該本新株予約権者の相続人は、当社と本新株予約権者との間で
             締結する新株予約権割当契約書の定めるところにより、本新株予約権を承継し、その権利を行使するこ
             とができるものとする。ただし、当該相続人が死亡した場合には、当該相続人の相続人は、本新株予約
             権を行使することができないものとする。
           4.その他の条件については、当社と本新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約書の定めるとこ
             ろによる。
      (注)4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

           当社が消滅会社となる合併、当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転、当社の事業を承継会社に
           承継させる会社分割(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を行う場合においては、組織再編
           行為の効力発生日の直前の時点において残存する本新株予約権の新株予約権者に対し、会社法第236条第1
           項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基
           づきそれぞれ交付する。この場合においては残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに
           発行するものとする。但し、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、株
           式交換契約、株式移転計画、会社分割契約又は会社分割計画において定めた場合に限る。
           ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             残存新株予約権の新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとす
             る。
           ② 新株予約権の目的である株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、上記「新株予約権の目的となる株式の数」に準じて決定する。
           ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             以下に定める再編後行使価額に、上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社
             の株式の数を乗じて得られる額とする。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することに
             より交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たり1円とする。
           ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
             (a)表中(新株予約権の行使期間)記載の行使期間開始日又は(b)組織再編行為の効力発生日のいずれ
             か遅い日から表中(新株予約権の行使期間)記載の行使期間最終日までとする。
           ⑥ 新株予約権の行使により再編対象会社が株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に
             関する事項
             以下に記載する本新株予約権にかかる事項に準じて、決定する。
             本新株予約権の行使により当社普通株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則
             第17条第1項の規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし(計算の結果1円未満
             の端数を生じる場合はその端数を切り上げた額とする。)、当該資本金等増加限度額から増加する資本
             金の額を減じた額を増加する資本準備金の額とする。
           ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             再編対象会社と新株予約権の割当てを受ける者との間で締結する新株予約権割当契約書において、新株
             予約権の譲渡が禁止される旨の制限を付すものとする。
           ⑧ 新株予約権の行使の条件
             上記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定す                       る。
           ⑨ 組織再編行為を行う場合の新株予約権の交付
             本項に準じて決定する。
                                  35/129




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
     2018年5月9日開催の定例取締役会                 決議に基づく新株予約権(第2回新株予約権)
      決議年月日                            2018年5月9日
      新株予約権の数                            9,800個

      付与対象者の区分及び人数                            取締役(社外取締役を除く。) 2名

      新株予約権の目的となる株式の種類                            当社普通株式

                                  (注)1
      新株予約権1個当たりの目的である株式の数
                                  (注)1
      新株予約権の目的となる株式の数
      新株予約権の行使時の払込金額                            1株当たり1円

                                  (注)1

      新株予約権の1株あたりの公正価値
                                  以下の①から③のうち最も早い日から2071年4月30日ま
                                  で
                                  ① 2021年5月1日
                                  ② 当社の株主総会(株主総会決議が不要である場合、
                                    取締役会)が、当社が消滅会社となる合併契約又は
                                    当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式
      新株予約権の行使期間                              移転計画を承認した場合、当該承認の日
                                  ③ 当社の株主総会(株主総会決議が不要である場合、
                                    取締役会)が、当社の事業のすべて若しくは実質的
                                    にすべてを譲渡する事業譲渡契約又は当社の事業の
                                    すべて若しくは実質的にすべてを承継会社に承継さ
                                    せる会社分割契約若しくは会社分割計画を承認した
                                    場合、当該承認の日
                                  (注)2
                                  資本組入額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出さ
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
                                  れる資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の
      行価格および資本組入額
                                  結果生じる1円未満の端数は、これを切り上げるものと
                                  する。
      新株予約権の行使の条件                            第1回新株予約権と同一内容
      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            同上

                                  36/129









                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.      新株予約権1個当たりの目的である株式の数、                     新株予約権の目的となる株式の数、および                    本新株予約権の1
           株当たりの公正価値
           本新株予約権1個当たりの目的である株式の数は、新株予約権1個当たりの払込金額41,200円(以下「本払
           込金額」)を本新株予約権の1株当たりの公正価値で除して得られる数とする。本新株予約権の新株予約権
           者(以下「本新株予約権者」という。)が本新株予約権複数個の行使を同時に行った場合には、当社が当社
           普通株式を交付する数は、当該本新株予約権者による行使に係る本新株予約権の数に本払込金額を乗じて得
           られる金額を本新株予約権の1株当たりの公正価値で除して得られる最大整数とする。以下、本新株予約権
           を行使した場合に当社が交付する当社普通株式の数を「割当株式数」という。
           ここで、「本新株予約権の1株当たりの公正価値」とは、本新株予約権の割当日において下記のブラック・
           ショールズ式により算定される数をいう。
           本新株予約権の1株当たりの公正価値は、以下の②ないし⑦の基礎数値に基づき、ブラック・ショールズ・
           モデルにより算出した1株当たりのオプション価格とする。
           ここで、

           ① 1株当たりのオプション価格


           ② 株価      :2018年7月13日の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値

                 (終値がない場合は、翌取引日の基準値段)
           ③ 行使価格         :1円
           ④ 予想残存期間          :28年

           ⑤ ボラティリティ            :28年間(1990年7月14日から2018年7月13日まで)の各取引                             日における

                      当社普通株式の普通取引の終値に基づき算出した株価変動率
           ⑥ 無リスクの利子率            :残存年数が予想残存期間に対応する国債の利子率

           ⑦ 配当利回り         :1株当たりの配当金(2018年3月期の配当実績)÷上記②に定める                                株価

           ⑧ 標準正規分布の累積分布関数

           ただし、当社が株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同様。)又

           は併合を行う場合には、本新株予約権のうち、未行使の新株予約権の目的となる株式数を以下に定める算式
           により調整し、調整の結果生じる1株に満たない端数については、これを切り捨てる。
           (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
           上記の他、本新株予約権のうち、未行使の新株予約権の目的となる株式数を調整することが必要な場合は、
           当社は、合理的な範囲で調整することができ、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てる。
      (注)2.      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格

           本新株予約権の1株当たりの公正価値と本新株予約権の行使時の1株当たりの払込金額(1円)の合計額
        ②【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
                                  37/129


                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
        ③【その他の新株予約権等の状況】
         該当事項はありません。
                                  38/129




















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
         該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                                       資本準備金
                 発行済株式          発行済株式                      資本準備金
                                    資本金
                                         資本金残高
        年月日                            増減額                     残高
                 総数増減数          総数残高                       増減額
                                         (百万円)
                                   (百万円)
                  (株)          (株)                     (百万円)
                                                       (百万円)
                        普通株式
                          6,178,939,745
                        第1回A種優先株式
                              47,600
              普通株式          第1回G種優先株式
     自2013年4月1日
                  98,039,215           130,000
     至2013年6月30日                                  -    657,355          -    433,202
              第1回A種優先株式          第2回G種優先株式
       (注)1.
                   △10,000          168,393
                        第3回G種優先株式
                              10,200
                        第4回G種優先株式
                              30,000
                        普通株式
                          6,228,939,744
                        第1回A種優先株式
                              47,600
                        第1回G種優先株式
                             130,000
              普通株式
      2013年7月10日
                                       -    657,355          -    433,202
                  49,999,999
       (注)2.                  第2回G種優先株式
                             168,393
                        第3回G種優先株式
                              10,200
                        第4回G種優先株式
                              30,000
                        普通株式
                           622,893,974
                        第1回A種優先株式
                              47,600
                        第1回G種優先株式
                             130,000
              普通株式
      2013年8月1日
                                    △491,653       165,701      △433,202          -
                △5,606,045,770
       (注)3.                  第2回G種優先株式
                             168,393
                        第3回G種優先株式
                              10,200
                        第4回G種優先株式
                              30,000
                        普通株式
                           622,893,974
                        第1回A種優先株式
                              42,200
                        第1回G種優先株式
                             130,000
              第1回A種優先株式
      2013年9月26日
                                           165,701
                                       -              -      -
                    △5,400
       (注)4.                 第2回G種優先株式
                             168,393
                        第3回G種優先株式
                              10,200
                        第4回G種優先株式
                              30,000
                                  39/129




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
                                                       資本準備金

                 発行済株式          発行済株式                      資本準備金
                                    資本金
                                         資本金残高
        年月日                            増減額                     残高
                 総数増減数          総数残高                       増減額
                                         (百万円)
                                   (百万円)
                  (株)          (株)                     (百万円)
                                                       (百万円)
                        普通株式

                           840,643,974
                        第1回A種優先株式
                              42,200
                        第1回G種優先株式
                             130,000
              普通株式
      2014年1月29日
                                     121,940      287,641       121,940      121,194
                  217,750,000
       (注)5.                  第2回G種優先株式
                             168,393
                        第3回G種優先株式
                              10,200
                        第4回G種優先株式
                              30,000
                        普通株式

                           840,643,974
                        第1回A種優先株式
                              42,200
                        第1回G種優先株式
                             130,000
      2014年1月29日
                       -             △121,940       165,701      △121,940          -
       (注)6.                  第2回G種優先株式
                             168,393
                        第3回G種優先株式
                              10,200
                        第4回G種優先株式
                              30,000
                        普通株式
                           861,063,674
                        第1回A種優先株式
                              42,200
                        第1回G種優先株式
                             130,000
              普通株式
      2014年2月25日
                                     11,435      177,136        11,435      11,435
                  20,419,700
       (注)7.                  第2回G種優先株式
                             168,393
                        第3回G種優先株式
                              10,200
                        第4回G種優先株式
                              30,000
                        普通株式
                           861,063,674
                        第1回A種優先株式
                              42,200
                        第1回G種優先株式
                             130,000
      2014年2月25日
                       -              △11,435       165,701       △11,435         -
       (注)6.                  第2回G種優先株式
                             168,393
                        第3回G種優先株式
                              10,200
                        第4回G種優先株式
                              30,000
                                  40/129





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
                                                       資本準備金

                 発行済株式          発行済株式                      資本準備金
                                    資本金
                                         資本金残高
        年月日                            増減額                     残高
                 総数増減数          総数残高                       増減額
                                         (百万円)
                                   (百万円)
                  (株)          (株)                     (百万円)
                                                       (百万円)
                        普通株式

                           983,661,919
                        第1回A種優先株式
                              42,200
                        第1回G種優先株式
                             130,000
              普通株式
      2014年3月5日
                                           165,701
                                       -              -      -
                  122,598,245
       (注)8.                  第2回G種優先株式
                             168,393
                        第3回G種優先株式
                              10,200
                        第4回G種優先株式
                              30,000
               第1回A種優先株式

                   △42,200
               第1回G種優先株式
                   △130,000
               第2回G種優先株式
                        普通株式
      2014年3月14日
                   △168,393                        165,701
                                       -              -      -
                           983,661,919
       (注)9.
               第3回G種優先株式
                   △10,200
               第4回G種優先株式
                   △30,000
              普通株式          普通株式


      2016年10月20日
                                     118,680      284,382       118,680      118,680
                  506,620,577        1,490,282,496
       (注)10.
                                  41/129










                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      (注)1    .普通株式の増加は、第1回A種優先株式の普通株式への転換によるものであります。第1回A種優先株式
           の減少   は、自己株式の消却によるものであります。
         2.普通株式の増加は、第1回A種優先株式の普通株式への転換によるものであります。
         3.普通株式の減少は、普通株式について10株を1株の割合で併合したことによるものであります。会社法第
           447条第1項及び第448条第1項の規定に基づき、資本金及び資本準備金が減少しております。
         4.第1回A種優先株式の減少は、自己株式の消却によるものであります。
         5.有償一般募集    217,750,000株
                  発行価格   1,120円
                  資本組入額   560円
         6.  資本金及び資本準備金の減少は、会社法第447条第1項及び第3項並びに会社法第448条第1項及び第3項
           の規定に基づき、「その他資本剰余金」に振り替えたものであります。
         7.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資) 20,419,700株
                  発行価格   1,120円
                  資本組入額   560円
                  割当先   三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
         8.  普通株式の増加は、第1回A種優先株式、第1回G種優先株式、第2回G種優先株式及び第4回G種優先
           株式の普通株式への転換によるものであります。
         9.第1回A種優先株式、第1回G種優先株式、第2回G種優先株式、第3回G種優先株式及び第4回G種優
           先株式の減少は、自己株式の消却によるものであります。
         10.有償第三者割当            506,620,577株
                  発行価格         468.52円
                  資本組入額        234.26円
                  割当先   日産自動車株式会社
       (5)【所有者別状況】
                                                     2018年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未満
       区分                             外国法人等
                                                        株式の状況
                        金融商品     その他の
            政府及び地
                  金融機関                           個人その他       計
                                                        (株)
            方公共団体
                        取引業者      法人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)           -     50     67    1,857      596      212    264,483     267,265       -
     所有株式数
                -  1,590,235      148,983    8,455,068     2,373,039       1,626    2,332,972     14,901,923       90,196
     (単元)
     所有株式数の
                -    10.67      1.00     56.74     15.92      0.01     15.66      100      -
     割合(%)
      (注)1.株主名簿上の自己株式222,186株は、「個人その他」に2,221単元及び「単元未満株式の状況」に86株含まれ
           ております。なお、自己株式はすべて実質保有株式であります。
         2.「その他の法人」の中には証券保管振替機構名義の株式が64単元含まれております。
                                  42/129








                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2018年3月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                             所有株式数
                                                    総数に対する所有
           氏名又は名称                      住所
                                              (株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
     日産自動車株式会社                   神奈川県横浜市神奈川区宝町2                    506,620,577           34.00
     MAI株式会社                   東京都千代田区丸の内2丁目3-1                    160,329,338           10.75

     三菱商事株式会社                   東京都千代田区丸の内2丁目3番1号                    137,682,876           9.24

     日本マスタートラスト信託銀行株式会社                   東京都港区浜松町2丁目11番3号                    29,984,200           2.01

     (信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式                   東京都中央区晴海1丁目8-11                    29,290,500           1.96

     会社(信託口)
     三菱重工業株式会社                   東京都港区港南2丁目16-5                    21,572,455           1.44

     BNYMSANV AS AGENT/                   VERTIGO BUILDING-P                    18,574,600           1.24

     CLIENTS LUX UCITS                    OLARIS 2-4 RUE EUG
     NON TREATY 1                   ENE RUPPERT L-245
                         3 LUXEMBOURG GRAN
     (常任代理人:株式会社三菱東京UFJ
                         D DUCHY OF LUXEMBO
     銀行)
                         URG
                         (東京都千代田区丸の内2丁目7-1 
                         決済事業部)
     JP MORGAN CHASE BA                   25 BANK STREET, CA                    15,864,304           1.06
     NK 385632                   NARY WHARF, LONDO
                         N, E14 5JP, UNITE
     (常任代理人:株式会社みずほ銀行決済
                         D KINGDOM
     営業部)
                         (東京都港区港南2丁目15-1 品川
                         インターシティA棟)
     株式会社三菱東京UFJ銀行                   東京都千代田区丸の内2丁目7番1号                    14,877,512           0.99

     日本トラスティ・サービス信託銀行株式                   東京都中央区晴海1丁目8-11                    14,311,900           0.96

     会社(信託口9)
                                 -           949,108,262           63.69
              計
      (注)1.前事業年度末において主要株主でなかったMAI株式会社は、当事業年度末現在では主要株主となっており
           ます。
         2.株式会社三菱東京UFJ銀行は、2018年4月1日付で商号を株式会社三菱UFJ銀行に変更いたしました。
                                  43/129





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年3月31日現在
                          株式数(株)            議決権の数(個)

            区分                                        内容
                            -             -            -

     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -            -

     議決権制限株式(その他)                       -             -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式      222,100                    -

                                                 単元株式数 100株
                     普通株式   1,489,970,200
     完全議決権株式(その他)
                                       14,899,702             同上
                       (注)1.
                     普通株式      90,196
                                         -
     単元未満株式                                               同上
                       (注)2.
                                         -            -
     発行済株式総数                       1,490,282,496
                            -                        -

     総株主の議決権                                  14,899,702
      (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には証券保管振替機構名義の株式6,400株(議決権の数64個)が含まれ
           ております。
         2.「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式86株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年3月31日現在
                                                      発行済株式総

                              自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        数に対する所
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        有株式数の割
                                                      合(%)
                  東京都港区芝五丁目
                                        -
      三菱自動車工業株式会社                          222,100                222,100         0.01
                  33番8号
                                        -
           計            -        222,100                222,100         0.01
                                  44/129










                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
         会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                区分                  株式数(株)              価額の総額(円)
     取締役会(2018年5月9日)での決議状況
                                 1,747,200(上限)              1,800,000,000(上限)
     (取得期間 2018年5月18日~2018年6月15日)
     当事業年度前における取得自己株式                                    -                -
     当事業年度における取得自己株式                                    -                -

     残存決議株式の総数及び価額の総額                                    -                -

     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    -                -
     当期間における取得自己株式                                 850,000              728,390,500

     提出日現在の未行使割合(%)                                  51.35                59.53
     (注)1.当期間における取得自己株式には、2018年6月1日から有価証券報告書提出日までの取締役会決議に基づく取
          得による株式は含まれておりません。
        2.当期間における取得自己株式数及び価額の総額は約定ベースにて記載しております。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                  株式数(株)               価額の総額(円)
     当事業年度における取得自己株式                                    50              43,000
     当期間における取得自己株式                                    15              13,305

     (注)当期間における取得自己株式数には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取に
        よる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                  当期間
              区分
                                   処分価額の総額                 処分価額の総額
                           株式数(株)                 株式数(株)
                                     (円)                 (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -         -         -         -

     消却の処分を行った取得自己株式                           -         -         -         -

     合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                               -         -         -         -
     た取得自己株式
     その他
                               -         -         -         -
     (   -   )
     保有自己株式数                        222,186           -     1,072,201            -
     (注)当期間における保有自己株式数には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの取締役会決議に基づく
        取得による株式及び単元未満株式の買取による株式は含まれておりません。
                                  45/129




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の最重要課題の一つとして考えております。自動車業界においては、
       技術革新や環境対応の一層の推進など、企業が持続的成長を果たすための資金需要が大きいことから、キャッシュ・
       フローと業績を総合的に考慮し、株主の皆様への成果配分を安定的に維持することを基本方針としております。
        また、毎事業年度における配当回数については、中間配当と期末配当の年2回の配当を行うことを基本方針として
       おります。これらの配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。な
       お、当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めております。
        当期の期末配当については、上記方針に基づき、1株当たり10円としました。これにより、中間配当7円を含めた
       当期の配当は、1株当たり17円となります。
        内部留保資金については、将来に亘る持続的成長を実現する基盤作りのために必要な、設備投資や研究開発費など
       に投入していく予定であります。
      (注)基準日が当該事業年度に属する剰余金の配当は以下の通りであります。

                       配当金の総額           1株当たり配当額
            決議年月日
                        (百万円)             (円)
           2017年11月7日
                            10,430              7
            取締役会決議
           2018年6月22日
                            14,900              10
           定時株主総会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次       2013年度          2014年度          2015年度          2016年度          2017年度
      決算年月        2014年3月          2015年3月          2016年3月          2017年3月          2018年3月

                  226
      最高(円)                     1,353          1,168           880          942
                (1,418)
                   91
      最低(円)                     1,001           773          412          620
                 (997)
      (注)1.株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         2.2013年8月1日付で普通株式10株を1株の割合で併合したため、2013年度の株価については株式併合前の最
           高・最低株価を記載し、()内に当該株式併合後の最高・最低株価を記載しております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      2017年10月        2017年11月        2017年12月        2018年1月        2018年2月        2018年3月
      最高(円)           942        918        827        904        868        844

      最低(円)           884        784        790        809        801        733

      (注)株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                  46/129







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性10名 女性3名 (役員のうち女性の比率23.0%)
                                                          所有
     役    名  職     名   氏   名  生  年  月  日    略               歴    任期   株式数
                                                          (株)
                                1996年10月 ルノー入社
                                1996年12月 同社上席副社長
                                1999年6月 日産自動車株式会社取締役、最高執行責任
                                      者
                                2000年6月 同社取締役社長、最高執行責任者
                                2001年6月 同社取締役社長、最高経営責任者
                                2003年6月 同社取締役共同会長             兼 社長、最高経営責
                                      任者
                                2005年4月 ルノー取締役           兼 最高経営責任者
                                      ルノー・日産会社取締役会長            兼 社長
     (代表取締役)
                  カルロス 
     取締役会長
                                      (現任)
                        1954年3月9日生                              (注)3   11,619
                  ゴ  ー  ン
                                2008年6月 日産自動車株式会社取締役会長                  兼 社長、
                                      最高経営責任者
                                2009年5月 ルノー取締役会長            兼   最高経営責任
                                     (現任)
                                2016年12月 当社取締役会長(            現任  )
                                2017年4月 日産自動車株式会社取締役会長(現任)
                                <重要な兼職状況>
                                 日産自動車株式会社取締役会長
                                 ルノー取締役会長       兼 最高経営責任者
                                 ルノー・日産会社取締役会長            兼 社長
                                1972年4月 三菱商事株式会社入社
                                2003年4月 同社執行役員、自動車事業本部長
                                2004年6月 当社常務取締役
                                      海外事業統括部門担当
                                2005年1月 当社取締役社長
     (代表取締役)
                                      企業倫理担当役員
      取締役
             CEO     益  子   修   1949年2月19日生                              (注)3   21,397
                                2007年10月 当社取締役社長
                                2014年6月 当社取締役会長            兼 CEO
                                2016年6月 当社取締役会長            兼 取締役社長     CEO
                                2016年12月 当社取締役社長            CEO
                                2017年6月 当社取締役          CEO(現任)
                                  47/129












                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
     役    名  職     名   氏   名  生  年  月  日    略               歴    任期   株式数
                                                          (株)
                                1972年4月 三菱重工業株式会社入社
                                2008年6月 同社取締役、常務執行役員
                                2011年4月 同社取締役、副社長執行役員
                                2013年4月 同社取締役社長
      取締役            宮永 俊一      1948年4月27日生                              (注)3    5,726
                                2014年4月 同社取締役社長、CEO(現任)
                                2014年6月 当社取締役(現任)
                                <重要な兼職状況>
                                 三菱重工業株式会社取締役社長、CEO
                                1971年7月 三菱商事株式会社入社
                                2003年4月 同社執行役員           シンガポール支店長
                                2004年6月 同社執行役員           プラントプロジェクト本部
                                      長
                                2006年4月      同社執行役員      船舶・交通・宇宙航空事業
                                      本部長
                                2007年4月      同社常務執行役員       新産業金融事業グルー
                                      プCEO
                                2007年6月      同社取締役     常務執行役員      新産業金融事業
                                      グループCEO
      取締役            小  林   健   1949年2月14日生                              (注)3    1,703
                                2008年6月      同社常務執行役員       新産業金融事業グルー
                                      プCEO
                                2010年4月      同社副社長執行役員        社長補佐
                                2010年6月      同社取締役     社長
                                2016年4月      同社取締役会長      (現任)
                                2016年6月 当社取締役(現任)
                                <重要な兼職状況>
                                 三菱商事株式会社取締役会長
                                 日清食品ホールディングス株式会社社外取締役
                                 三菱重工業株式会社社外取締役
                                1976年4月 日産自動車株式会社入社
                                2005年4月 同社専務執行役員
                                      人事、ダイバーシティディベロップメント
                                      オフィス担当
                                2009年4月 同社専務執行役員
                                      渉外、知的資産管理        担当
                                2016年4月 同社専務執行役員、CSO(チーフサステナ
      取締役            川  口   均   1953年8月23日生
                                                      (注)3    1,952
                                      ビリティオフィサー)
                                      グローバル渉外、日本広報           コーポレート
                                      サービス統括部、CSR         担当(現任)
                                2016年12月 当社取締役(現任)
                                <重要な兼職状況>
                                 日産自動車株式会社専務執行役員、CSO(チーフサス
                                 テナビリティオフィサー)
                                1980年4月 日産自動車株式会社入社
                                2010年4月 同社常務執行役員
                                      グローバルコントローラー、経理部、グ
                                      ローバル資産管理部        担当
                                2016年12月 当社取締役         (現任)
                                2018年4月      日産自動車株式会社        専務執行役員
      取締役            軽  部   博   1956年4月23日生                              (注)3    1,952
                                      グローバルコントローラー、会計、グロー
                                      バル資産管理
                                2018年5月      日産自動車株式会社        最高財務責任者
                                      財務、経理、IR、M&A支援(現任)
                                <重要な兼職状況>
                                 日産自動車株式会社        最高財務責任者
                                1983年4月 株式会社日本リクルートセンター(現 株
                                      式会社リクルート)「とらばーゆ」編集長
                                2001年12月      東日本旅客鉄道株式会社フロンティアサー
                                      ビス研究所長
                                2006年4月      早稲田大学大学院公共経営研究科客員教授
                                2006年11月      政府税制調査会委員
                                2007年6月      大正製薬株式会社社外監査役
                                2009年4月      武蔵大学大学院人文科学研究科教授
                                     (現任)
                                      同大学社会学部教授(現任)
      取締役            江上 節子      1950年7月16日生                              (注)3    -
                                2011年6月      郵船ロジスティクス株式会社社外監査役
                                     (現任)
                                2012年4月      武蔵大学社会学部長
                                2015年6月      三菱地所株式会社社外取締役(現任)
                                2018年6月 当社取締役(現任)
                                <重要な兼職状況>
                                 郵船ロジスティクス株式会社            社外監査役
                                 武蔵大学大学院人文科学研究科            教授
                                 武蔵大学社会学部       教授
                                 三菱地所株式会社       社外取締役
                                  48/129



                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
     役    名  職     名   氏   名  生  年  月  日    略               歴    任期   株式数
                                                          (株)
                                1995年9月 作家として独立(現在に至る)
                                2003年1月      財務省財政制度等審議会委員
                                2004年4月      滋賀大学経済学部客員教授
                                2005年3月      国土交通省交通政策審議会委員
                                2006年11月      政府税制調査会委員
                                2010年6月 日本放送協会経営委員
                                2012年6月 日本たばこ産業株式会社社外取締役
                                     (現任)
                                2013年6月 株式会社LIXILグループ社外取締役                   兼 報
                                      酬委員会委員(現任)
      取締役            幸田 真音      1951年4月25日生                              (注)3    -
                                2016年6月 株式会社日本取引所グループ社外取締役
                                      兼 監査委員会委員(現任)
                                2018年6月 当社取締役(現任)
                                <重要な兼職状況>
                                 作家
                                 日本たばこ産業株式会社          社外取締役
                                 株式会社LIXILグループ社外取締役              兼 報酬委員会委員
                                 株式会社日本取引所グループ社外取締役                兼 監査委員
                                 会委員
                                  49/129
















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
     役    名  職     名   氏   名  生  年  月  日    略               歴    任期   株式数
                                                          (株)
                                1977年4月 三菱商事株式会社入社
                                2009年4月 同社執行役員、自動車事業本部長
                                2013年4月 同社常務執行役員、機械グループCEO
                                2016年4月 当      社常務執行役員      社長補佐
                                2016年6月 当社取締役
                                      副社長執行役員      (海外事業、グローバル・
     監査役(常勤)             白地 浩三      1954年4月22日生                              (注)4    3,661
                                      アフターセールス担当)
                                2017年1月 当社取締役
                                      副社長執行役員      (海外事業、グローバルア
                                      フターセールス担当)CPO
                                2018年4月 当社取締役          CEO補佐
                                2018年6月 当社監査役(現任)
                                1978年4月 当社入社
                                2005年4月 当社執行役員
                                      CSR推進本部長
                                2009年4月 当社常務執行役員
                                      CSR推進本部長
                                2009年8月 当社常務執行役員
                                      EVビジネス本部長
                                2012年4月 当社常務執行役員
                                      国内営業本部長
     監査役(常勤)             中村 義和      1955年5月31日生                              (注)5   13,505
                                2013年4月 当社常務執行役員
                                      グローバル・アフターセールス事業統括部
                                      門長
                                2014年4月 当社常務執行役員
                                      環境担当役員
                                      CSR推進本部長
                                2015年4月 当社常務執行役員
                                      社長補佐
                                2015年6月 当社監査役(現任)
                                1970年5月 株式会社三菱銀行入行
                                1997年6月 株式会社東京三菱銀行取締役
                                2000  年6月 同行取締役退任
                                      日本信託銀行株式会社常務取締役
                                2001  年4月 株式会社三菱東京フィナンシャル・グルー
                                      プ取締役
                                2001  年10月 三菱信託銀行株式会社常務取締役
                                2002  年6月 株式会社東京三菱銀行常務取締役
                                2004  年4月 株式会社三菱東京フィナンシャル・グルー
                                      プ取締役常務執行役員
                                2005  年1月 株式会社東京三菱銀行専務取締役
                                2005  年5月 同行副頭取
                                2005  年10月 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ
                                      ループ常務執行役員
                                2005  年12月 同社常務執行役員退任
                                2006  年1月 株式会社三菱東京UFJ銀行副頭取
                                2006年6月 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ
                                      ル ープ取締役副社長
      監査役            永易 克典       1947年4月6日生                             (注)4    -
                                2008年4月 株式会社三菱東京UFJ銀行頭取
                                      株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ
                                      ループ取締役
                                2010年4月 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ
                                      ル ープ取締役社長
                                2012年4月 株式会社三菱東京UFJ銀行取締役会長
                                2013年4月 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ
                                      ループ取締役
                                2013年6月 同社取締役退任
                                2014年6月 当社監査役(現任)
                                2016年4月 株式会社三菱東京UFJ銀行相談役
                                2018年4月 株式会社三菱UFJ銀行特別顧問(現任)
                                <重要な兼職状況>
                                 株式会社三菱UFJ銀行特別顧問
                                 新日鐵住金株式会社社外監査役
                                 株式会社三越伊勢丹ホールディングス社外取締役
                                 キリンホールディングス株式会社社外取締役
                                 三菱電機株式会社社外取締役
                                  50/129





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
     役    名  職     名   氏   名  生  年  月  日    略               歴    任期   株式数
                                                          (株)
                                 1985年4月 弁護士登録(第二東京弁護士会所属)
                                 2003年10月 公益財団法人日弁連法務研究財団研究部会
                                      長
                                 2005年1月 総合科学技術会議            知的財産戦略専門調査
                                      会委員
                                 2006年3月      中小企業政策審議会委員         (現任)
                                 2007年1月      光和総合法律事務所入所         (現任)
                  竹岡  八重子
                                 2008年4月      国立大学法人電気通信大学経営協議会委員
      監査役                  1957年5月10日生                              (注)5   4,629
                                      (現任)
                                 2011年3月      産業構造審議会委員
                                 2014年12月      内閣府戦略的イノベーション創造プログラ
                                      ム革新的構造材料知財委員会委員(現任)
                                 2015年6月 当社監査役(現任)
                                 <重要な兼職状況>
                                  光和総合法律事務所        弁護士
                                 1975年11月 等松・青木監査法人入所
                                 1982年9月 公認会計士登録
                                 1990年6月 監査法人トーマツ            パートナー
                                 2007年10月      同法人リスク管理室長
                                 2010年10月 有限責任監査法人トーマツ
                                      品質管理本部長
                  大庭  四志次
      監査役                  1953年10月7日生
                                                       (注)6   3,111
                                 2016年6月      同法人退職
                                 2016年6月 当社監査役(現任)
                                 2017年10月 アドバンス・レジデンス投資法人                  監督役
                                      員(現任)
                                 <重要な兼職状況>
                                  アドバンス・レジデンス投資法人             監督役員
                                             計             69,225
       (注)1.取締役 宮永俊一、小林健、川口均、軽部博、江上節子及び幸田真音は、社外取締役であります。
         2.監査役 永易克典、竹岡八重子及び大庭四志次は、社外監査役であります。
         3.2018年6月22日開催の定時株主総会の終結の時から1年間。
         4.2018年6月22日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
         5.2015年6月24日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
         6.2016年6月24日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
         7.当社は、経営の監督と執行を分離し、取締役の監督者としての性格を明確にするため、執行役員制度を導入しております。上記記載の取締役
          益子修を含む、執行役員は次のとおりであります。
              益子      修
                        CEO
              トレバー    マン
                        COO
              山下    光彦
                      副社長執行役員       (開発担当)
              池谷    光司
                             (財務、経理担当)       CFO
                      副社長執行役員
              安藤    剛史
                      副社長執行役員       (生産担当)
              辻        昇
                      専務執行役員
                             (経営戦略担当)
              服部    行博
                      専務執行役員
                             (購買担当)
                             (グローバルマーケティング&セールス担当)
            ギョーム    カルティエ
                      専務執行役員
                             グローバルマーケティング&セールス本部長
              稲田    仁士
                      常務執行役員       (コーポレートガバナンス担当)
              横澤    陽一
                      常務執行役員       経営戦略本部長
              大道    正夫            渉外担当役員      環境担当役員
                      常務執行役員
              バンサン    コベ            (商品戦略/PD担当)        商品戦略本部長      兼 PD室長
                      常務執行役員
              藤本    直也
                      常務執行役員       製品開発本部長
              國本    恒博
                      常務執行役員       デザイン本部長
              矢田部陽一郎        常務執行役員       アセアン本部長
              野田      浩    常務執行役員       経理本部長
              北村    康一            事業管理本部長      兼 経理本部    本部長補佐
                      常務執行役員
              橋本    哲也
                       執行役員      人事本部長
              岩本    和明
                       執行役員
                             (グローバルリスクコントロール担当)
              若林    陽介
                       執行役員      管理本部長
              山田    耕司
                       執行役員      TCS本部長
              車   真佐夫             CIO  グローバルIT本部長
                       執行役員
              三浦      順
                       執行役員      開発マネージメント本部長
              辻谷    隆英
                       執行役員      (アライアンス購買担当)
              深澤      潔
                       執行役員      国内営業本部長
              中山      悟
                       執行役員      CFO室長
                                  51/129



                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、コンプライアンスを最優先に考え、株主の皆様やお客様をはじめ全てのステークホルダーの皆様のご期
        待に応え、当社の持続的成長及び企業価値の向上を目指すべく、コーポレート・ガバナンスの継続的強化・改善を
        経営上の優先課題として取り組んでおります                     。
        ① 企業統治の体制
         イ.  企業統治の体制の概要及びその体制を採用する理由
           当社は、業務執行の機動性を高めるとともに、経営責任の明確化を図り、また業務執行の監督を適切に行う
          ため、法定の機関に加え、経営会議等の各種会議体及び執行役員制度を導入し、コーポレート・ガバナンスを
          改善・強化しております           。
           取締役会は、経営上の重要事項の決定と業務執行の監督を行っており、取締役11名で構成され、うち6名は
          豊富な経験や高い見識等を有する社外取締役として、業務執行の監督を強化しております。また、意思決定の
          迅速性を高めるため、経営上の重要事項について、審議又は報告を行う各種会議体を設置・運用しておりま
          す 。
           また、経営の監督機能と業務執行機能を分離し、経営環境の変化に迅速かつ柔軟に対応するため、執行役員
          制度を導入し、権限委譲等を行い経営上の意思決定の迅速化を図っております                                    。
           さらに、業務執行の適正な監査を行うため、監査役5名で構成される監査役会を設置しております。うち4
          名は社外監査役であり、独立性の高い監査体制を強化しております                               。
           2017年度における当社の機関・内部統制の関係を図示すると、以下のようになります                                       。
           過去の品質問題に加え、2016年4月に判明した当社製車両の燃費試験における不正行為を重く受け止め、






          内部統制・ガバナンスの改革・強化を図っております                         。
           まず、取締役会の権限委譲先をCEOとし、経営会議をCEOの諮問機関に位置付け、またCEOが最高執行責任者
          であるCOOに執行に関する権限の委譲を行い、さらに、COOの下に機能毎の4名の執行責任者(CPLO、CCO、
          CPO、CFO)を配置するとともに、社内の各階層に対する詳細な権限委譲の規定によって、意思決定の責任の
          明確化、効率化を行っております               。
           また、コンプライアンスとオペレーションのリスクを管理し、ガバナンス向上策について定期的に取締役
          会へ報告を行うグローバルリスクコントロール担当役員を任命しているほか、法令に基づく内部統制の対応
          を各々強化・効率化するべく、金融商品取引法に基づく財務報告に係る内部統制はCFO直下のJ-SOX推進会議
          にて対応し、会社法に基づく内部統制はCEOを委員長とする新たな体制の内部統制委員会にて推進する体制と
          しております      。
           なお、2018年4月1日付で、更なる組織のフラット化と階層の簡素化、意思決定の迅速化とコミュニケー
          ションの円滑化を図るため、COOの下の4名の執行責任者を廃し、各機能のトップに担当役員を置き、各担当
          役員が直接、CEO又はCOOに報告する体制へと組織改正を行いました                               。
                                  52/129



                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
           当該組織改正後の当社の機関・内部統制の関係を図示すると、以下のようになります。
         ロ.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況








           社内規則により、各当社子会社の主管組織、当社子会社管理に関する責任と権限、管理の方法等を定めてお
          ります。各当社子会社は、規模・業態等に応じ、事業、業績、財務状況その他の重要な情報について、当社へ
          の事前又は事後の説明・報告が行われるよう、社内規則を整備しており、主管組織を通じて規則・規定に従っ
          た指導・管理を行っております。また、業務監査部門が計画的に各当社子会社の業務監査を行い、適正な業務
          遂行、当社の定める行動規範の遵守等の状況を監査し、必要に応じ対策を講じております。
         ハ.内部統制システムの整備の状況

           業務の適正を確保するための体制及び当該体制の運用状況の概要
           業務の適正を確保するための体制

            当社は、子会社も含めたグループ全体で、同じ考えの下一丸となって行動し、持続的成長を確かなものと
           するための基本的考え方として、新たにビジョン・ミッションを制定しました。そして、ビジョンを実現す
           るためのミッションにむけて社員一人ひとりが実践しなければならない心構えと行動であるMMC WAY、さら
           に、これらの基礎となり、全ての役員・社員が守るべき規範としてグローバル行動規範を新たに制定しまし
           た 。
            また、業務の適正を確保するための体制を整備するため取締役会において「内部統制システム構築に関す
           る基本方針」を以下の通り決議しております。
           「内部統制システム構築に関する基本方針」

              (a)      取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
               ・法令や定款、社会規範を遵守するために行動規範の制定、組織体制構築、教育・研修を実施する
                ほか、内部通報窓口を設置するとともに、その情報を予防・是正・再発防止に活用する。
               ・会社の経営を監視するために社外取締役を選任する。
               ・内部監査部門は、当社の業務遂行が法令、定款、社内規定等に違反していないかについて厳しく
                監査する。問題点が発見された場合は、関連する取締役等に報告し、以降の改善状況を定期的に
                確認する。
               ・会社法に基づく内部統制対応の中核組織として、CEOを委員長、グローバルリスクコントロール
                担当役員を副委員長とする内部統制委員会を設置する。
                                  53/129



                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
             (b)      損失の危険の管理に関する規程その他の体制
               ・業務上のリスクについては、取締役会や経営会議への付議基準をそれぞれ取締役会規則、経営会
                議規則において明確に定め、それに基づき運用する。
               ・各部門等の組織単位でリスク管理の責任者を任命し、この責任者を核にリスク管理体制の確立・
                強化を図る。
               ・リスク管理推進担当組織を設置し、全社的なリスク管理体制の整備・強化に努める。
               ・不測の事態が発生した場合に備え、速やかに当社の取締役等へ情報を伝え、迅速で的確な対応が
                できるよう体制を整備する。
             (c)      取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
               ・全社的な経営計画を定め、その実現に向けた各機能組織の具体的な業務目標と執行方法を明確に
                し、取締役が定期的に実施状況の報告を受け、経営効率の維持・向上を図る。
               ・取締役の責任・権限を明確にし、取締役会規則及び経営会議規則等に基づき、取締役会や経営会
                議等の効率的な業務執行を行う。
               ・組織の指揮命令系統を一本化し、効率的な組織運営・業務執行を行う体制を整備し、当社の取締
                役の職務執行が効率的に行われることを確保する。
               ・当社の意思決定の迅速化を図り、意思決定プロセスを明確にするため、明確で透明性の高い権限
                基準を整備する。
             (d) 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
               ・社内規定等に基づき、取締役の職務の執行に係る情報を文書又は電子データとして作成し、管理
                責任者を定め、情報の重要度に応じて、作成方法、保存方法、保存期間、複写・廃棄方法等を定
                め、適正に管理する。
             (e) 当該株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するため
                の体制
               ・各当社子会社の主管組織、当社子会社管理に関する責任と権限、管理の方法等を社内規定等によ
                り定め、企業集団における業務の適正な運用を確保する。
               ・当社子会社の規模・業態等に応じ、当社子会社に対する指導・管理等を通じて、当社子会社の役
                職員による法令及び定款に則った適正な業務遂行、当社の定める行動規範の遵守、及び業務監査
                の体制整備・充実を図る。
               ・当社子会社の規模・業態等に応じ、当社子会社に対するリスク管理の実施の指導等を通じて、当
                社子会社におけるリスク管理体制の整備・強化に努める。
               ・当社子会社の規模・業態等に応じ、関係会社管理業務規則その他の社内規定等に従った当社子会
                社の指導、管理等を通じて、当社子会社の強化、発展及び合理化の促進を図る。
               ・当社子会社の事業、業績、財務状況その他の重要な情報について、当社への事前又は事後の説
                明・報告が行われるよう関係会社管理業務規則その他の社内規定等を整備する。
               ・当社及び当社子会社が各々の財務情報の適正性を確保し、信頼性のある財務報告を作成・開示す
                るために必要な組織・社内規定等を整備する。
             (f)      監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
               ・監査役の職務を補佐するための組織を設け、専任者を配置する。
             (g) 前号の使用人の取締役からの独立性及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
               ・監査役の職務を補助すべき使用人は、他部署の使用人を兼務せず、もっぱら監査役の指揮命令を
                受けてその職務を遂行する。
               ・監査役の職務を補佐するための専任者の人事異動については、事前に監査役の意見を徴する。ま
                た、当該専任者の評価は、監査役が実施する。
             (h) 取締役及び使用人並びに当社子会社の取締役・監査役等及び使用人又はこれらの者から報告を受
                けた者が監査役に報告をするための体制その他監査役への報告に関する体制
               ・監査役は、当社の取締役会その他の重要な会議に出席する。
               ・経営、コンプライアンス等に係る当社及び当社子会社内の重要情報が確実に監査役に提供される
                仕組みを整備し、運用を徹底する。
               ・当社及び当社子会社の役職員は、当社の監査役から業務執行に関する事項について報告を求めら
                れたときは、速やかに適切な報告を行う。
                                  54/129




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
             (i) 第(h)項の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保
                するための体制
               ・監査役に対して直接又は間接的に報告を行った当社及び当社子会社の役職員に対し、当該報告を
                行ったことを理由として不利益な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社及び当社子会社の役
                職員に周知徹底する。
             (j)      監査役の職務の執行について生ずる費用の前払い又は償還の手続その他の当該職務の執行につい
                て生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
               ・監査役がその職務の執行について、当社に対し、会社法第388条に基づく費用の前払い等の請求
                をしたときは、担当部署において審議のうえ、当該請求に係る費用又は債務が当該監査役の職務
                の執行に必要でないと証明された場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処理する。
             (k)      その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
               ・監査役は、CEOとの定期的な意見交換を行い、また内部監査部門や会計監査人とも連携を図り、
                適切な意思疎通及び効果的な監査業務の遂行を図る。
             (l)      反社会的勢力排除に向けた体制
               ・当社及び当社子会社は、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力の不当な要求に対して
                は、組織全体として毅然とした態度で対応し、反社会的勢力との関わりを一切持たないよう対処
                する。
           業務の適正を確保するための体制の運用状況の概要

            当社は、「内部統制システム構築に関する基本方針」に基づき、毎事業年度において内部統制の運用実施
           部門における活動が自律的に実施され、必要に応じ改善が図られることを、内部統制委員会および取締役会
           で確認しております。具体的な運用状況の概要は以下のとおりであります。
             (a)      取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
               ・当社は、ルノー・日産アライアンスの一員として、グローバルな活動を視野に、グローバル行動
                規範を新たに制定しました。また、グローバルリスクコントロール担当役員の下、各本部で任命
                されたコンプライアンス・オフィサーを通して法令、社内規定、社会規範等を遵守する取組みを
                浸透させる体制を構築・実践し、発生事案に対する再発防止策に取り組んでおります。なお、
                2017年度より国内10社、海外9社の関係会社においても同様にコンプライアンス・オフィサーと
                情報セキュリティ管理責任者を設置し、情報セキュリティを含むコンプライアンスリスクを低減
                する運用にむけて体制を構築しました。教育・研修の面においては、コンプライアンス部、人事
                部門が中心となり、当社新入社員、キャリア社員、昇進者等、階層別にコンプライアンス教育を
                実施し、当社全社員向けには、情報セキュリティや時間外・休日労働時間などの教育をe-
                learningにて行っております。また、国内外の主要関係会社では、各社独自の課題に対する教育
                や指導を各社で適宜行っており、海外関係会社15社において、贈収賄防止、日常の行動意識の向
                上を目的とした教育をe-learningで実施しました。そして、社員等からの通報や相談を適切に処
                理し、その情報を予防・是正・再発防止に活用するため、社員相談室及び外部ヘルプラインを設
                置・運用しております。
               ・取締役会は6名の社外取締役を含む11名で構成され、社外取締役は、それぞれの豊富な経験及び
                高い見識に基づき、取締役会における経営の意思決定及び個々の取締役の職務の執行をより客観
                的に監視・監督しております。
               ・独立性の確立とグローバル対応を含めた監査範囲の拡大、経営上の重要事項解決への支援、並び
                に経営上必要な調査対応への迅速化を図るため、CEO直下の監査本部にて監査を実施し、監査
                役、監査法人とも適宜情報の共有を図っております。
               ・CEOを委員長とし、グローバルリスクコントロール担当役員を副委員長とする内部統制委員会の
                下に、コンプライアンス委員会(含む安全保障関連法規遵守委員会)、情報セキュリティ委員
                会、リスク管理委員会、J-SOX推進会議を新たに設置し、各活動の計画、実施状況、課題を確認
                し、内部統制委員会に報告・審議の上、取締役会に報告しております。
             (b)      損失の危険の管理に関する規程その他の体制
               ・当社は、社内規則に基づき、関係会社を含む全社的なリスク管理推進担当組織を設置し、リスク
                調査や関係役員へのヒヤリングを行い洗い出した全社的リスクに対して、担当する管理責任者を
                新たに決定しリスク低減の取組みを実施、また、本部等組織単位でリスク管理責任者を任命し、
                担当業務に関わるリスクの洗い出しから低減に向けた活動を行っております。これらの取組みや
                活動の実施状況をリスク管理委員会にて確認しております。
               ・不測の事態の発生に備えて、社内規則に基づき、緊急時の対策本部組織及び対応要領を規定し、
                速やかに取締役等への情報伝達を行い、迅速で的確な対応ができる体制を整備し運用しておりま
                す。
             (c) 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
                                  55/129

                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
               ・当社は、経営効率の維持・向上を図るため社内規則に基づき、中長期経営計画及び年度経営計画
                を取締役会等で決議の上、定期的に実施している経営会議やORM(Operation                                    Review    Meeting)
                で 実施状況のフォローを行っております。また、意思決定の効率化と責任の明確化のため、各階
                層に対する詳細な権限委譲規定を制定しました。さらに、効率的な業務執行を行うため、機能毎
                に配した執行責任者の下、組織のフラット化と階層の簡素化を実施しました。
             (d) 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
               ・当社は、取締役会関連文書等の情報の保管・保存について適正な管理を推進するために、社内規
                定に基づき文書の管理責任者を定め取締役会関連文書等の情報の保管・保存について適正な管理
                を推進しております。
             (e) 当該株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するため
                の体制
               ・当社は、社内規則に基づき、それぞれの関係会社に対する第一次管理担当部門、及び全社横断的
                な管理を行う第二次管理担当部門を定めるとともに、生産、開発、購買、財務、IT等各機能部門
                がその役割に応じて第一次及び第二次管理担当部門をサポートする体制を整備し、関係会社に対
                して、その強化、発展及び合理化の促進のため様々な指導・管理を行っております。
               ・当社は、子会社の重要情報について当社へ適時適切な報告が行われるよう社内規則を整備し、こ
                れに則った運用を推進しております。
               ・当社は、財務報告の適正性を確保するため、社内規則に基づき、当社及び関係会社の体制整備、
                評価範囲、評価対象会社の評価状況、改善状況等のフォロー・取りまとめを行う専門の組織を設
                置し運用しております。
             (f)      監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
               ・当社は、社内規定に基づき、監査役の職務を補佐するための組織を設置し、他部署を兼務しない
                専任スタッフを配置しております。
             (g) 前号の使用人の取締役からの独立性及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
               ・当社の監査役の職務を補佐するための専任スタッフは、もっぱら監査役の指揮命令により、その
                職務を遂行し、また専任スタッフの人事異動は監査役の同意の下で実施し、専任スタッフの人事
                評価は監査役が実施しております。
             (h) 取締役及び使用人並びに当社子会社の取締役・監査役等及び使用人又はこれらの者から報告を受
                けた者が監査役に報告をするための体制その他監査役への報告に関する体制
               ・当社の監査役は、社内規定に基づき、当社の取締役会その他重要な会議に出席しております。
               ・当社は社内規定に基づき当社及び当社子会社の重要情報が確実に監査役に提供される体制を整
                備・運用しております。また法令に定める文書又は記録を監査役に提出するほか、監査役が必要
                と認めた文書又は記録の請求がある場合には速やかに対応しております。
             (i) 第(h)項の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保
                するための体制
               ・当社は、当社の監査役に対して直接又は、間接的に報告を行った当社及び当社子会社の役職員に
                対し、当該報告を行ったことを理由として不利益な取扱いを行うことを禁止し、これを新たに制
                定したグローバル行動規範、及び社内規定に定めております。当社は、この規定をイントラネッ
                トに掲載し、当社及び当社子会社の役職員への周知を図っております。
             (j)      監査役の職務の執行について生ずる費用の前払い又は償還の手続その他の当該職務の執行につい
                て生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
               ・当社は、当社の監査役がその職務の執行について生ずる費用に対応するため、監査役からの申請
                に基づき毎年度一定額の予算を確保しております。また、その後追加的に必要になった費用につ
                いて請求があった場合も、当社が速やかに当該費用又は債務を処理することとしております。
             (k)      その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
               ・当社の監査役は、適切な意思疎通及び効果的な監査業務の遂行を図るため、年度監査計画に基づ
                き、定期的に取締役会への活動報告及びCEO・COOとの意見交換を行うとともに、内部監査部門等
                及び会計監査人と定期ミーティングを実施する等の連携を図っております。また、監査役会とは
                別に、監査役特別監査活動を定期的に実施しております。
                                  56/129




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
             (l)      反社会的勢力排除に向けた体制
               ・当社は、新たに制定したグローバル行動規範において、反社会的勢力との関係を遮断することを
                規定しております。また、当社及び当社子会社は、対応マニュアルを整備のうえ、全役職員への
                周知を図っております。
         ニ.リスク管理体制の整備状況

           当社は、「優先リスク管理」、「部門リスク管理」、「関係会社リスク管理」の3つのリスク管理活動を
          通じてグループ全体のリスク管理体制を整備し、改善を進めております。
           優先リスク管理では、当社グループ全体が直面する、潜在的影響度が大きくかつ緊急性の高いリスクを選
          定し、リスク毎に執行役員以上レベルの「リスクオーナー」を設置し可能な限り早期のリスク低減に取り組
          んでおります。部門リスク管理では、本部もしくは製作所毎に任命された「リスク管理責任者」のもとで、
          各々に固有のリスクの洗い出し、評価、対策立案・実施、モニタリングのPDCAサイクルを回し、リスクの低
          減を図っております。関係会社リスク管理では、当社の関係会社における各種リスクに対する取り組みや、
          法令順守体制の強化等の活動状況を当社が定期的に確認、必要に応じて改善を提案、指導しております。な
          お、これらのリスク管理の取り組みは、内部統制の主要活動として取締役会に定期的に報告しております。
           不測の事態が発生した場合に、速やかな経営幹部への情報伝達と迅速かつ的確な対応ができるよう緊急情
          報連絡システムを運用しております。特に、重大事案発生時の危機管理体制構築のため、緊急対応組織の立
          ち上げや指示命令系統の明確化等を盛り込んだ緊急事態対応マニュアルを制定し、適切な対応が取れるよう
          体制を整備しております。
           地震などの大規模自然災害や感染症の大流行などが発生した場合は、「お客様、社員とその家族の安全確
          保と地域社会との共助」を基本方針として、災害対策やBCPに取り組んでおります。
           災害対策については、平時から緊急時を想定した各製作所間やグループ会社間の通信連絡訓練を実施して
          おります。帰宅困難者対策として本社では3日間の社内待機を想定し、家族との連絡手段の確保や災害用品
          の備蓄など、近隣自治体と連携しながら取り組みを進めております。
           BCPについては、大地震の発生や感染症の大流行を想定した行動計画書を作成し、各地区と連携した訓練に
          よりBCPの改善を図っております。
       ②    内部監査及び監査役監査の状況

          監査役は、取締役会をはじめとした当社の重要な会議に出席し、取締役・執行役員等から事業の報告を聞く
         とともに、重要書類等の閲覧、内部監査部門、会計監査人及び関係会社からの報告聴取等を通じて、当社グルー
         プにおける業務執行状況の監査を実施しております                        。
          各監査役は、監査役会が定めた監査の方針、各年度の重点監査項目、職務の分担等に従い、社内各部門幹部
         へのヒアリング、各製作所・国内外関係会社への往査を実施し、その結果を基に監査役会で議論するとともに、
         定期的に取締役会への報告及びCEO・COOとの意見交換を行っております。
          また、内部監査部署としてCEO直属の独立した組織である監査本部に、業務監査部と品質監査部を設置してお
         ります。
          業務監査部は、当社及び国内外の関係会社の業務運営が透明性をもって適切なプロセスによって運営されて
         いるかどうかの内部監査を計画的に実施しております。品質監査部は、当社及び国内外の関係会社の品質関連業
         務が適正に遂行されているかについて監査を実施しております。監査の結果はCEOに直接報告されております。
          なお監査役は、監査本部及び会計監査人と定期的に情報交換を行い、連携強化に努めております。
                                  57/129






                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       ③ 社外取締役及び社外監査役
          提出日現在において、当社の社外取締役は6名、社外監査役は3名であり、いずれの社外取締役個人及び社
         外監査役個人とも当社との間には特別な利害関係はありません。なお、当社には、社外取締役及び社外監査役の
         選任にあたり独立性に関する基準又は方針として定めたものはありませんが、社外取締役においては                                              その経験に
         基づく高次の視点から、当社経営の監督を行うことを期待しており、その役割を担うに相応しい                                            人格、見識、経
         験及び専門知識を有するかを十分に検討した上でその能力をその能力があるものを選任しております。また、社
         外監査役においては、当社グループにおける業務執行の適法性や、会計監査人による会計監査の相当性について
         より客観的な監査及び意見表明等を期待し、その役割を担うに相応しい人格、見識、経験及び専門知識を有する
         かを十分に検討した上でその能力があるものを選任しております。
          社外取締役宮永俊一氏が取締役社長、CEOを兼職している三菱重                             工業株式会社と当社は、自動車部品の購入等
         の取引を行っております。同氏は同社の業務執行者に就任しており、同社は過去3年以内において当社の主要株
         主であったため、独立役員には選任しておりませんが、世界各地で事業を展開するメーカーにおいて企業経営に
         長年携わり豊富な経験と実績、高い見識を有しており、これらを当社の経営に反映していただき、上述の社外取
         締役としての役割を果たしていただくために選任しております。
          社外取締役小林健氏が取締役会長を兼職している三菱商事株式会社は、当社主要株主であり、自動車の海外
         向け販売等の取引を行っている当社主要取引先であります。また、同氏が社外取締役を兼職している三菱重工業
         株式会社と当社は、自動車部品の購入等の取引を行っております。同氏は三菱商事株式会社の業務執行者を歴任
         しており、同社は当社の主要株主かつ主要取引先であることから、独立役員には選任しておりませんが、グロー
         バルな取引を展開する総合商社における経営者としての豊富な経験と実績、グローバルな事業経営に関する高い
         見識を有しており、これらを当社の経営に反映していただき、上述の社外取締役としての役割を果たしていただ
         くために選任しております。
          社外取締役川口均氏が専務執行役員                 CSOを兼職している日産自動車株式会社は、当社の主要株主であり、自
         動車のOEM供給等の         取引を   行っている主要       取引  先 で あります。     同氏は同社の業務執行者に就任していることか
         ら、独立役員には選任しておりませんが、自動車事業における高い見識及び経験を有しており、                                            これらを当社の
         経営に反映していただき、上述の社外取締役としての役割を果たしていただくために選任しております。
          社外取締役軽部博氏が最高財務責任者を兼職している日産自動車株式会社は、上述の通り当社の主要株主で
         あり、主要取引先であります。              同氏は同社の業務執行者に就任していることから、独立役員には選任しておりま
         せんが、自動車事業における高い見識及び経験を有しており、                             これらを当社の経営に反映していただき、上述の
         社外取締役としての役割を果たしていただくために選任しております。
          社外取締役江上節子氏は、企業戦略、マーケティング戦略及び人材育成等における高い見識                                           及び経験を有し
         ており、これらを当社の経営に反映することが期待できるため選任しております。なお、同氏は、当社の一般株
         主と利益相反が生じるおそれがないと認められ、十分な独立性を有しているため、株式会社東京証券取引所有価
         証券上場規程第436条の2に規定する「独立役員」(以下、「独立役員」)に選任しております。
          社外取締役幸田真音氏は、国際金融に関する高い見識に加え作家としての深い洞察力と客観的な視点を備
         え、財務省や国土交通省の審議会委員を歴任されていることから豊富な知識及び経験を有しており、これらを当
         社の経営に反映することが期待できるため選任しております。なお、同氏は、当社の一般株主と利益相反が生じ
         るおそれがないと認められ、十分な独立性を有しているため、独立役員に選任しております。
          社外監査役永易克典氏が特別顧問を兼職している株式会社三菱UFJ銀行と当社は、銀行取引等を行ってお
         ります。また、社外監査役を兼職している新日鐵住金株式会社と当社は、自動車用鋼板の購入等の取引を行って
         おります。さらに、社外取締役を兼職している三菱電機株式会社と当社は、自動車部品の購入等の取引を行って
         おります。同氏は、株式会社三菱UFJ銀行の業務執行者を歴任しており、現時点における当社と同行との関係
         を勘案して独立役員には選任しておりませんが、経営者としての豊富な経験と高い見識を有しており、これらを
         当社の監査に反映することが期待できるため、選任しております。
          社外監査役竹岡八重子氏は弁護士として長年にわたり活躍され、法律の専門家としての豊富な専門知識と高
         い見識を有しており、これらを当社の監査に反映することが期待できるため選任しております。なお、同氏は、
         当社の一般株主と利益相反が生じるおそれがないと認められ、十分な独立性を有しているため、独立役員に選任
         しております。
                                  58/129





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
          社外監査役大庭四志次氏は公認会計士として長年にわたり活躍され、会計監査の専門家としての豊富な専門

         知識と高い見識を有しており、当社業務執行の妥当性及び適正性に対して適切な提言を行うことが期待できるた
         め選任しております。なお、同氏は、当社とコンサルティング等の取引を行っている有限責任監査法人トーマツ
         のパートナーでしたが、同取引の金額は当社売上高の0.1%未満であり、同                                  氏 の独立性に影響を及ぼすものではな
         く、当社の一般株主と利益相反が生じるおそれがないと認められ、十分な独立性を有しているため、独立役員に
         選任しております。
          当社と各社外取締役及び各社外監査役との間では、会社法第423条第1項に定める責任について、7百万円又
         は会社法第425条第1項に定める最低責任限度額のいずれか高い額を限度とする契約を締結しております。                                                 な
         お、社外取締役は、取締役会において、コンプライアンスを含む内部統制の経過、監査役監査及び会計監査の結
         果について報告を受けております。また、社外監査役は、取締役会において、コンプライアンスを含む内部統制
         の経過及び会計監査の結果について報告を受け、監査役会等において、各四半期決算ごとに会計監査人から監査
         結果の報告を受けているほか、コンプライアンスなどに関する個別案件について報告を受け、適宜意見を述べて
         おります。
                                  59/129
















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       ④ 役員報酬等
         イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                     対象となる
                      報酬等の総額
          役員区分                                           役員の員数
                      (百万円)                     株価連動型
                                                      (人)
                                 金銭報酬
                                         ストックオプション
     取締役
                            538          432          106           5
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                                      30
                            30                     -          1
     (社外監査役を除く。)
     社外役員                      150          150           -          10
         ロ.役員ごとの連結報酬等の総額等、但し、連結報酬等の総額1億円以上である者

                                                     株価連動型
                                  総報酬          金銭報酬
           氏名         役員区分      会社区分                         ストックオプション
                                 (百万円)          (百万円)
                                                     (百万円)
      カルロス ゴーン              取締役      当社           227          180           47
                                      141

      益子 修              取締役      当社                      99          42
         ハ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

           (a)取締役
                当社の取締役に対する報酬は、株主との価値共有をしながら企業価値の持続的な向上を図るとと
               もに、社外や海外を含めて優秀な人材を確保することを目的として、月例報酬、業績連動報酬、株
               式等関連報酬から構成されております。2016年12月14日開催の臨時株主総会決議により、月例報酬
               及び業績連動報酬の限度額は年額20億円以内とされており、その範囲内で、外部専門家による報酬
               調査の結果も参考にしながら、個々の役員の会社業績等に対する貢献により決定されます。一方、
               株式等関連報酬は、同総会決議で決められた限度額年額10億円の範囲内で、業績目標を達成するこ
               とにより付与されます。2017年度における年間の報酬総額は本項イ.の表中に記載の通りでありま
               す。なお、社外取締役については、就任時の合意に基づいて報酬の金額を決定しており、業績連動
               加算及び個人成績反映による増減は行っておりません。
           (b)監査役

                当社の監査役の報酬限度額は、2014年6月25日開催の第45回定時株主総会決議により月額10百万
               円と定められておりますが、2017年度における年間の報酬総額は本項イ.の表中に記載のとおりで
               あります。監査役の個別報酬については、監査役の協議により決定しております。
                                  60/129








                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 株式の保有状況
        イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           29銘柄 24,136百万円
        ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

         前事業年度
          特定投資株式
                                   貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                             保有目的
                                     (百万円)
                                               当社製品を製造・販売する
                                               重要取引先であり、円滑な
     中華汽車工業股份有限公司                    193,768,273                19,892
                                               取引関係の維持・強化を図
                                               るため保有
                                               当社製品を販売する重要取
     ユナイテッド・モーター                                          引先であり、円滑な取引関
                           4,937,142                 283
     ズ・ランカ・リミテッド                                          係の維持・強化を図るため
                                               保有
         当事業年度

          特定投資株式
                                   貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                             保有目的
                                     (百万円)
                                               当社製品を製造・販売する
                                               重要取引先であり、円滑な
     中華汽車工業股份有限公司                    193,768,273                19,440
                                               取引関係の維持・強化を図
                                               るため保有
                                               当社製品を販売する重要取
     ユナイテッド・モーター                                          引先であり、円滑な取引関
                           4,937,142                 256
     ズ・ランカ・リミテッド                                          係の維持・強化を図るため
                                               保有
       ⑥  会計監査の状況

         当社は、新日本有限責任監査法人との間で監査契約を締結し、会計監査を受けております。当社の会計監査業務
        を執行した公認会計士の氏名及び会計監査業務に係る補助者の構成は以下のとおりであります。
         業務を執行した公認会計士の氏名
          指定有限責任社員 業務執行社員 室橋陽二(注)、水野友裕(注)、齋田毅(注)、安永千尋(注)
         会計監査業務にかかる補助者の構成
          公認会計士20名、その他39名
           (注) 継続監査年数については7年以内であるため、記載を省略しております。
                                  61/129







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       ⑦  取締役の選任の決議要件
         当社は、取締役は、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
        が出席し、その議決権の過半数によって選任する旨、及び、取締役の選任決議は累積投票によらない旨、定款に定
        めております。
       ⑧  株主総会決議事項を取締役会で決議できることとした事項及びその理由

        イ.  株式の取得
          当社は、経営状況、財産状況、その他の状況に応じて、機動的に自己株式を取得することができるようにする
         ため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって、市場取引等により自己株式を取得するこ
         とができる旨、定款に定めております。
        ロ.取締役及び監査役の責任免除
          当社は、取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できるよう、取締役会の決議によって、取締役(取
         締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の会社法第423条第1項の賠償責任につい
         て法令に定める要件に該当する場合には、賠償責任額から法令に定める最低責任限度額を控除して得た額を限度
         として免除することができる旨、定款に定めております。また、当社は、取締役(業務執行取締役等であるもの
         を除く。)及び監査役との間で、会社法第423条第1項の賠償責任について法令に定める要件に該当する場合に
         は、賠償責任を限定する契約を締結することができる(ただし、当該契約に基づく賠償責任の限度額は、金500
         万円以上であらかじめ定めた額と法令の定める最低責任限度額とのいずれか高い額とする。)旨、定款に定めて
         おります。
        ハ.中間配当
          当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、取締役会の決議によって、毎年9月30日現在の株主名簿に記
         載又は記録されている最終の株主又は登録株式質権者に対して会社法第454条第5項に定める中間配当をするこ
         とができる旨、定款に定めております。
       ⑨  株主総会の特別決議要件の変更内容及びその理由

         当社は、株主総会の特別決議を適時かつ円滑に行えるようにするため、会社法第309条第2項に定める株主総会
        の特別決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の
        3分の2以上の多数をもって行う旨、定款に定めております。
                                  62/129











                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
      提出会社                  232             1          435             1

      連結子会社                  113            28           113            28

         計              345            30           549            29

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
          当社の連結子会社であるミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インクは、当社の監査公認会計士等と同
         一のネットワークに属しているアーンスト・アンド・ヤングに監査証明業務に基づく報酬を744千米ドル支払っ
         ております。
         (当連結会計年度)

          当社の連結子会社であるミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インクは、当社の監査公認会計士等と同
         一のネットワークに属しているアーンスト・アンド・ヤングに監査証明業務に基づく報酬を734千米ドル支払っ
         ております。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、計算書類等の英文翻訳の確認作業
         であります。
         (当連結会計年度)

          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、計算書類等の英文翻訳の確認作業
         であります。
        ④【監査報酬の決定方針】

          会計監査人に対する報酬は、代表取締役が監査役会の同意を得て決定する旨を定款に定めております。
                                  63/129









                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に
        基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財

        務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、2017年度(自2017年4月1日至2018年3月31日)
        の連結財務諸表及び2017年度(自2017年4月1日至2018年3月31日)の財務諸表について、新日本有限責任監査
        法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

         当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
        内容を適切に把握し、その変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務
        会計基準機構へ加入し、その主催するセミナー等に参加しております。
                                  64/129














                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       ※2 556,836             ※2 571,911
         現金及び預金
                                        164,761              176,020
         受取手形及び売掛金
                                        118,195              143,332
         商品及び製品
                                         19,695              21,901
         仕掛品
                                         26,139              38,551
         原材料及び貯蔵品
                                         1,766               806
         短期貸付金
                                         8,626              19,426
         繰延税金資産
                                        ※2 76,590             ※2 95,542
         その他
                                        △ 1,209             △ 1,229
         貸倒引当金
                                        971,401             1,066,264
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               77,002              89,314
          機械装置及び運搬具(純額)                              100,516              113,266
          工具、器具及び備品(純額)                               22,349              46,237
                                         89,925              94,565
          土地
                                         19,210              33,698
          建設仮勘定
                                     ※1 , ※2 309,004           ※1 , ※2 377,082
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                22,939              29,022
         投資その他の資産
                                      ※2 , ※3 94,959           ※2 , ※3 97,699
          投資有価証券
                                         21,615               6,218
          長期貸付金
                                         2,913              4,198
          退職給付に係る資産
                                         7,311              10,558
          繰延税金資産
                                      ※2 , ※3 60,120           ※2 , ※3 70,178
          その他
                                        △ 5,853             △ 5,921
          貸倒引当金
                                        181,068              182,931
          投資その他の資産合計
                                        513,011              589,035
         固定資産合計
                                       1,484,413              1,655,299
       資産合計
                                  65/129









                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        378,561              426,312
         支払手形及び買掛金
                                         21,393              22,897
         電子記録債務
                                        ※2 15,069             ※2 10,589
         短期借入金
                                         ※2 299           ※2 15,893
         1年内返済予定の長期借入金
                                           989              504
         リース債務
                                        124,573              165,963
         未払金及び未払費用
                                         26,485              11,272
         未払法人税等
                                           51              17
         繰延税金負債
                                         45,512              46,733
         製品保証引当金
                                         28,136              15,478
         燃費試験関連損失引当金
                                         32,494              29,896
         その他
                                        673,566              745,559
         流動負債合計
       固定負債
                                         ※2 240             ※2 90
         長期借入金
                                         1,018               639
         リース債務
                                         24,583              31,642
         繰延税金負債
                                         41,593              42,596
         退職給付に係る負債
                                         39,946              38,209
         その他
                                        107,383              113,177
         固定負債合計
                                        780,949              858,737
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        284,382              284,382
         資本金
                                        203,938              203,938
         資本剰余金
                                        277,281              363,382
         利益剰余金
                                         △ 220             △ 220
         自己株式
                                        765,381              851,482
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         7,480              7,158
         その他有価証券評価差額金
                                           627              526
         繰延ヘッジ損益
                                        △ 62,739             △ 59,966
         為替換算調整勘定
                                        △ 20,295             △ 18,232
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 74,926             △ 70,514
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    -              106
                                         13,008              15,487
       非支配株主持分
                                        703,463              796,562
       純資産合計
                                       1,484,413              1,655,299
      負債純資産合計
                                  66/129







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                       前連結会計年度            当連結会計年度
                                      (自 2016年4月1日            (自 2017年4月1日
                                      至 2017年3月31日)             至 2018年3月31日)
      売上高                                      1,906,632            2,192,389
                                          ※3 1,581,273          ※3 1,730,278
      売上原価
      売上総利益                                       325,359            462,111
      販売費及び一般管理費
       広告宣伝費及び販売促進費                                      83,014           110,047
       運賃                                      45,817            42,316
       貸倒引当金繰入額
                                             △ 330            33
       役員報酬及び給料手当                                      66,097            71,758
       退職給付費用
                                             3,783            3,509
       減価償却費                                      10,320            12,506
                                           ※3 57,679          ※3 56,066
       研究開発費
                                             53,858            67,671
       その他
       販売費及び一般管理費合計                                     320,240            363,909
      営業利益又は営業損失(△)                                       5,118           98,201
      営業外収益
       受取利息                                      3,530            3,464
       受取配当金
                                             1,607            2,090
       持分法による投資利益                                      10,969            20,579
                                              502            949
       その他
       営業外収益合計                                      16,609            27,084
      営業外費用
       支払利息                                      1,208            3,499
       為替差損
                                             6,829            8,370
       訴訟関連費用                                      1,205            1,564
       その他                                      3,540            1,723
       営業外費用合計
                                             12,783            15,158
      経常利益又は経常損失(△)                                       8,944           110,127
      特別利益
                                             ※1 952          ※1 306
       固定資産売却益
       投資有価証券売却益                                      1,863             328
                                                        ※7 1,434
       厚生年金基金解散益                                       -
       収用補償金                                      1,481             -
       関係会社出資金売却益
                                              809            -
                                              432            217
       その他
       特別利益合計                                      5,538            2,287
      特別損失
       固定資産除却損                                      2,073            2,418
                                             ※2 277          ※2 139
       固定資産売却損
                                            ※4 1,165          ※4 2,636
       減損損失
                                         ※4 , ※5 165,455           ※5 2,262
       燃費試験関連損失
       生産移管補償損失
                                              -           984
                                             ※6 640
       工場閉鎖損失
                                                          -
                                             3,608             924
       その他
       特別損失合計
                                            173,221             9,365
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損失(△)                                      △ 158,738            103,049
      法人税、住民税及び事業税
                                             20,986            11,675
      過年度法人税等                                       12,281           △ 8,616
                                             4,782           △ 6,261
      法人税等調整額
      法人税等合計
                                             38,051           △ 3,203
      当期純利益又は当期純損失(△)                                      △ 196,789            106,253
      非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                       1,735           △ 1,366
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)                                      △ 198,524            107,619
                                  67/129



                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 196,789              106,253
      その他の包括利益
                                         3,052              △ 311
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 32              330
       繰延ヘッジ損益
                                           71             1,332
       為替換算調整勘定
                                        △ 6,180              2,174
       退職給付に係る調整額
                                        △ 4,862               933
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                       ※1 △ 7,951             ※1 4,460
       その他の包括利益合計
                                       △ 204,740              110,713
      包括利益
      (内訳)
                                       △ 205,269              113,022
       親会社株主に係る包括利益
                                           528            △ 2,309
       非支配株主に係る包括利益
                                  68/129















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                      (単位:百万円)
                             株主資本
                  資本金     資本剰余金      利益剰余金      自己株式     株主資本合計
     当期首残高             165,701      85,257     488,590      △ 220    739,328
     当期変動額
      新株の発行
                  118,680      118,680                 237,361
      剰余金の配当                       △ 12,784          △ 12,784
      親会社株主に帰属する当
      期純利益又は親会社株主
                             △ 198,524          △ 198,524
      に帰属する当期純損失
      (△)
      自己株式の取得
                                     △ 0     △ 0
      連結範囲の変動
      持分法の適用範囲の変動                                     -
      株主資本以外の項目の当
      期変動額(純額)
     当期変動額合計             118,680      118,680     △ 211,309       △ 0   26,052
     当期末残高             284,382      203,938      277,281      △ 220    765,381
                          その他の包括利益累計額

                                                  非支配株主
                 その他有価                 退職給付に      その他の包
                                             新株予約権           純資産合計
                      繰延ヘッジ      為替換算調
                                                  持分
                 証券評価差                 係る調整累      括利益累計
                      損益      整勘定
                 額金                 計額      額合計
     当期首残高              4,429      542   △ 59,109     △ 14,043     △ 68,181       -    14,189     685,337
     当期変動額
      新株の発行                                                    237,361
      剰余金の配当                                                   △ 12,784
      親会社株主に帰属する当
      期純利益又は親会社株主
                                                         △ 198,524
      に帰属する当期純損失
      (△)
      自己株式の取得                                                     △ 0
      連結範囲の変動
      持分法の適用範囲の変動                                                      -
      株主資本以外の項目の当
                   3,051       85   △ 3,629     △ 6,251     △ 6,744       -   △ 1,181     △ 7,926
      期変動額(純額)
     当期変動額合計              3,051       85   △ 3,629     △ 6,251     △ 6,744       -   △ 1,181     18,126
     当期末残高
                   7,480      627   △ 62,739     △ 20,295     △ 74,926       -    13,008     703,463
                                  69/129







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                      (単位:百万円)
                             株主資本
                  資本金     資本剰余金      利益剰余金      自己株式     株主資本合計
     当期首残高
                  284,382      203,938      277,281      △ 220    765,381
     当期変動額
      新株の発行                                     -
      剰余金の配当                       △ 17,880          △ 17,880
      親会社株主に帰属する当
      期純利益又は親会社株主
                              107,619           107,619
      に帰属する当期純損失
      (△)
      自己株式の取得                               △ 0     △ 0
      連結範囲の変動
                              △ 3,457          △ 3,457
      持分法の適用範囲の変動                        △ 180          △ 180
      株主資本以外の項目の当
      期変動額(純額)
     当期変動額合計
                     -      -    86,101       △ 0   86,101
     当期末残高             284,382      203,938      363,382      △ 220    851,482
                          その他の包括利益累計額

                                                  非支配株主
                 その他有価                 退職給付に      その他の包
                                             新株予約権           純資産合計
                      繰延ヘッジ      為替換算調
                                                  持分
                 証券評価差                 係る調整累      括利益累計
                      損益      整勘定
                 額金                 計額      額合計
     当期首残高              7,480      627   △ 62,739     △ 20,295     △ 74,926       -    13,008     703,463
     当期変動額
      新株の発行                                                      -
      剰余金の配当
                                                         △ 17,880
      親会社株主に帰属する当
      期純利益又は親会社株主
                                                          107,619
      に帰属する当期純損失
      (△)
      自己株式の取得
                                                           △ 0
      連結範囲の変動                                                    △ 3,457
      持分法の適用範囲の変動                                                    △ 180
      株主資本以外の項目の当
                   △ 322     △ 101     2,773      2,062      4,411      106     2,479      6,997
      期変動額(純額)
     当期変動額合計              △ 322     △ 101     2,773      2,062      4,411      106     2,479     93,098
     当期末残高              7,158      526   △ 59,966     △ 18,232     △ 70,514       106    15,487     796,562
                                  70/129







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純
                                       △ 158,738              103,049
       損失(△)
                                         46,815              52,551
       減価償却費
                                         1,165              2,636
       減損損失
                                        165,455               2,262
       燃費試験関連損失
                                           640               -
       工場閉鎖損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 373              △ 16
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  1,598              2,115
                                        △ 5,138             △ 5,555
       受取利息及び受取配当金
                                         1,208              3,499
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                    31             5,430
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 10,969             △ 20,579
       固定資産除売却損益(△は益)                                  1,399              2,251
       売上債権の増減額(△は増加)                                  7,973             △ 11,730
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  24,869             △ 37,504
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  12,289              47,485
                                         5,446              △ 384
       その他
                                         93,675              145,510
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  9,845              10,982
                                        △ 1,183             △ 3,507
       利息の支払額
                                       △ 130,689              △ 13,221
       燃費試験関連支払額
                                        △ 2,903                -
       工場閉鎖に係る支払額
                                        △ 14,573             △ 20,140
       法人税等の支払額
                                        △ 45,829              119,624
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の増減額(△は増加)                                   △ 0           △ 11,997
                                        △ 56,474             △ 72,251
       有形固定資産の取得による支出
                                         4,238              2,989
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 11,530             △ 11,497
       無形固定資産の取得による支出
                                         2,459               682
       投資有価証券の売却による収入
       短期貸付金の増減額(△は増加)                                   673              155
                                        △ 14,814              △ 1,517
       長期貸付けによる支出
                                         1,137               744
       長期貸付金の回収による収入
                                         1,189             △ 4,401
       その他
                                        △ 73,119             △ 97,093
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                  3,178             △ 4,510
                                           835             2,375
       長期借入れによる収入
                                        △ 14,485               △ 301
       長期借入金の返済による支出
                                        236,317                 -
       株式の発行による収入
                                        △ 12,755             △ 17,938
       配当金の支払額
                                        △ 1,649             △ 2,085
       非支配株主への配当金の支払額
                                        △ 1,062              △ 700
       その他
                                        210,377              △ 23,161
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,037             △ 3,167
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   93,465              △ 3,797
                                        462,440              555,906
      現金及び現金同等物の期首残高
      連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の増減
                                           -             6,927
      額(△は減少)
                                        ※ 555,906              ※ 559,036
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  71/129




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数は          34 社であります。
            主要な会社名は、「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載しているため省略しております。
            異動の状況
            ①新規連結  1社
            ・重要性の増加により連結した会社
             ピーティー・ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア
            ②連結除外  2社
            ・清算により除外した会社
             エムエムシーエー・オート・オーナー・トラスト・2014-A 他1社
          (2)主要な非連結子会社の名称は次のとおりであります。
             株式会社MMCウイング 他
            (連結の範囲から除いた理由)
             上記を含む非連結子会社は総資産・売上高・当期純損益及び利益剰余金等がいずれも小規模であり、
             全体としても連結財務諸表に重要な影響を与えていないため連結の範囲から除いております。
         2.持分法の適用に関する事項

          (1)持分法を適用した関連会社の数は                  21 社であります。
            主要な会社名は、「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載しているため省略しております。
            異動の状況
            ①持分法新規適用  2社
            ・重要性の増加により持分法を適用した関連会社
             ピーティー・ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア
            ・株式の取得により持分法を適用した関連会社
             長野三菱自動車販売株式会社
            ②持分法適用除外  1社
            ・株式の売却により持分法を適用した関連会社から除外した会社
             室蘭三菱自動車販売株式会社
          (2)持分法を適用しない主要な会社名は次のとおりであります。
            (非連結子会社)
             株式会社MMCウイング 他
            (関連会社)
             ダイヤモンドF.C.パートナーズ株式会社                      他
            (持分法を適用していない理由)
             持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社は当期純損益・利益剰余金等に関していずれも小
             規模であり、全体としても連結財務諸表に重要な影響を与えていないため持分法を適用しておりませ
             ん。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

           海外連結子会社のうち決算日(12月31日)が連結決算日(3月31日)と異なる連結子会社ミツビシ・モー
           ターズ(タイランド)・カンパニー・リミテッド等の6社は、3月31日に仮決算を行い連結しております。
                                  72/129






                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         4.会計方針に関する事項
          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
            有価証券
             満期保有目的の債券
              償却原価法(定額法)
            その他有価証券
             時価のあるもの
              連結会計年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原
              価は移動平均法により算定しております)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
            デリバティブ
             時価法(特例処理した金利スワップを除く)
            たな卸資産
             連結財務諸表提出会社及び国内連結子会社は、主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収
             益性の低下に基づく簿価切下げの方法)、又は個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に
             基づく簿価切下げの方法)を採用し、在外連結子会社は、主として個別法による低価法を採用しており
             ます。
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
            有形固定資産(リース資産を除く)
             連結財務諸表提出会社及び国内連結子会社は、主として定率法又は定額法を採用し、在外連結子会社
             は、主として定額法を採用しております。
             なお、耐用年数については、連結財務諸表提出会社は見積耐用年数を使用し、国内連結子会社は法人税
             法に規定する基準と同一の基準によっております。在外連結子会社は使用見込年数を耐用年数としてお
             ります。
            無形固定資産(リース資産を除く)
             連結財務諸表提出会社及び国内連結子会社は、定額法を採用しております。なお、自社利用のソフト
             ウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。在外連結
             子会社は、主として利用可能期間に基づく定額法を採用しております。
            リース資産
             リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引に係るリース
             資産の減価償却の方法については、リース期間を耐用年数とした定額法を採用しており、残存価額につ
             いては、リース契約上に残価保証の取決めがあるものは当該残価保証額とし、それ以外のものは零とし
             ております。
          (3)重要な引当金の計上基準
            貸倒引当金
             売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
             の特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
            製品保証引当金
             連結財務諸表提出会社及び国内連結子会社は、製品のアフターサービスに対する費用の支出に備えるた
             め、保証書の約款に従い過去の実績を基礎に将来の保証見込みを加味して計上しております。在外連結
             子会社は、製品のアフターサービスに対する費用の支出に備えるため、過去の実績を基礎に将来の保証
             見込みを加味して計上しております。
            燃費試験関連損失引当金
             燃費試験に関連した損失に備えるため、当連結会計年度末において合理的に見積ることが可能な金額を
             計上しております。
                                  73/129





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
          (4)退職給付に係る会計処理の方法
            退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
             ては、給付算定式基準によっております。
            数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
             過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主として
             10年)による定額法により費用処理しております。
             数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定
             の年数(主として10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理
             しております。
             未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部における
             その他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
          (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
            外貨建金銭債権債務は、連結会計年度末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処
            理しております。なお、在外連結子会社等の資産及び負債は、連結会計年度末日の直物為替相場により円
            貨に換算し、収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算
            調整勘定及び非支配株主持分に含めております。
          (6)重要なヘッジ会計の方法
            ヘッジ会計の方法
             原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップにつ
             いては特例処理によっております。
            ヘッジ手段とヘッジ対象
             当連結会計年度にヘッジ会計を適用したヘッジ手段とヘッジ対象は以下のとおりであります。
             a.ヘッジ手段…為替予約
               ヘッジ対象…主に製品輸出による外貨建売上債権(予定取引に係るもの)
             b.ヘッジ手段…金利スワップ
               ヘッジ対象…借入金利息
            ヘッジ方針
             通常の営業取引により発生する外貨建金銭債権債務に係る将来の為替相場の変動によるリスクを回避す
             るため、また、借入金等に係わる金利変動リスク回避のためにヘッジを行っております。
            ヘッジ有効性評価の方法
             為替予約については、ヘッジ対象となる予定取引と重要な条件が同一であり、ヘッジ開始時及びその後
             も継続して相場変動を相殺するものと想定することができるため、ヘッジ有効性の判定は省略しており
             ます。
             特例処理による金利スワップについては、その要件を満たしていることについての確認をもって有効性
             の判定に代えております。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
            しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資であります。
          (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
            連結納税制度の適用
             連結納税制度を適用しております。
                                  74/129






                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
         海外関係会社
         (1)IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」及びASU第2014-09号「顧客との契約から生じる収益」
          ①概要
            本会計基準等により、企業は、約束した財又はサービスが顧客に移転された時点で、当該財又はサービ
           スと交換に権利を得ると見込む対価を反映した金額で、収益を認識することが求められます。
          ②適用予定日
            2019年3月期より適用予定であります。
          ③当該会計基準の適用による影響
            当該会計基準の適用が当社の連結財務諸表に及ぼす影響については、現在評価中であります。
         (2)IFRS第16号「リース」及びASU第2016-02号「リース」

          ①概要
            本会計基準等により、借手に原則としてすべてのリースを貸借対照表に資産及び負債として計上するこ
           とを要求されております。貸手の会計処理に重要な変更はありません。
          ②適用予定日
            IFRS第16号については、北米を除く在外関係会社に対して2020年3月期より適用予定であります。
           ASU第2016-02号「リース」については、                   2021年3月期より適用予定であります。
          ③当該会計基準の適用による影響
            当該会計基準の適用が当社の連結財務諸表に及ぼす影響については、現在評価中であります。
         当社及び国内関係会社

         (1)「税効果会計に係る会計基準の適用」(企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16日改正)
            「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針26号 2018年2月16日最終改
            正)
          ①概要
            「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等は、日本公認会計士協会における税効果会計に関する実務
           指針を企業会計基準委員会に移管するに際して、基本的にその内容を踏襲した上で、必要と考えられる以
           下の見直しが行われたものであります。
           (会計処理の見直しを行った主な取扱い)
             ・個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱い
             ・(分類1)に該当する会社における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱い
          ②適用予定日
            2019年3月期より適用予定であります。
          ③当該会計基準の適用による影響
            当該会計基準の適用が当社の連結財務諸表に及ぼす影響については、現在評価中であります。
         (2)「収益認識に関する会計基準」 (企業会計基準第29号 2018年3月30日)

            「収益認識に関する会計基準の適用指針」 (企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日)
          ①概要
            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括
           的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15
           号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、
           Topic606は、2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員
           会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
            企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号
           と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り
           入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に
           配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされ
           ております。
          ②適用予定日
           2022年3月期より適用します。
          ③ 当該会計基準の適用による影響
           当該会計基準の適用が当社の連結財務諸表に及ぼす影響については、現在評価中であります。
                                  75/129


                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         減価償却累計額                           861,589    百万円             858,496    百万円
          ※2 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産(工場財団は除く)は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         有形固定資産                         17,612百万円                 17,097百万円
         その他(注)                         2,312                 2,073
                 計                 19,925                 19,170
            (注)前連結会計年度において、未収入金1,247百万円について、有限会社ムラタ・メディカルサービス
               との間で締結した定期建物賃貸借契約に基づく債務に対して質権を設定しております。また、投資
               有価証券46百万円について、水島エコワークス株式会社の借入金に対して担保を供しております。
               当連結会計年度において、未収入金1,268百万円について、有限会社ムラタ・メディカルサービス
               との間で締結した定期建物賃貸借契約に基づく債務に対して質権を設定しております。また、投資
               有価証券46百万円について、水島エコワークス株式会社の借入金に対して担保を供しております。
             財団抵当に供している資産は、次のとおりであります。

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         連結子会社(パジェロ製造株式会社)
          建物及び構築物                            2,262百万円                 2,454百万円
          機械装置及び運搬具                            3,298                 3,621
          土地                            1,540                 1,540
                 計                    7,101                 7,615
             担保付債務は、次のとおりであります。

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         短期借入金                            8,100百万円                 7,026百万円
         1年内返済予定の長期借入金                              256                 145
         長期借入金                              235                 90
                 計                    8,591                 7,261
                                  76/129








                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
          ※3 非連結子会社・関連会社に対する株式及び出資金の額は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         投資有価証券                            69,652百万円                 73,166百万円
         その他(投資その他の資産)                            38,756                 44,968
         (うち、共同支配企業に対する投資の金額)
                                     (8,699)                (16,413)
           4 保証債務

          (1)保証先
                  前連結会計年度                          当連結会計年度
                 (2017年3月31日)                          (2018年3月31日)
                            被保証債務                          被保証債務
           被保証者        保証金額                  被保証者        保証金額
                             の内容                          の内容
         ピーティー・ミツ                          ピーティー・ミツ
                    9,739百万円       銀行借入金他                   7,396百万円       銀行借入金他
         ビシ・モーター                          ビシ・モーター
         ズ・クラマ・ユ                          ズ・クラマ・ユ
         ダ・セールス・イ                          ダ・セールス・イ
         ンドネシア                          ンドネシア
         ピーシーエム                          ピーシーエム
                    2,705       銀行借入金他                   1,334       銀行借入金他
         エー・ルス・エル                          エー・ルス・エル
         エルシー                          エルシー
         従業員            541      (注)         従業員            461      (注)
         その他            65     リース債務他         その他            44     リース債務他

             計       13,052                   計       9,237

             (注)「社員財形住宅貸金」等に係る銀行借入金
          (2)売掛金債権流動化に伴う遡及義務

                 前連結会計年度                 当連結会計年度
                (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
                      -百万円                 441百万円
                                  77/129











                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。
                  前連結会計年度                          当連結会計年度
                (自 2016年4月1日                          (自 2017年4月1日
                 至 2017年3月31日)                          至 2018年3月31日)
                             135百万円                          168百万円
          建物及び構築物                           建物及び構築物
          機械装置及び運搬具                    213       機械装置及び運搬具                    108
          工具、器具及び備品                     41      工具、器具及び備品                     1
          土地                    561       土地                     28
          無形固定資産                     0      無形固定資産                     -
                計              952            計              306
          ※2 固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                  前連結会計     年度                     当連結会計     年度
                (自 2016年4月1日                          (自 2017年4月1日
                 至 2017年3月31日)                          至 2018年3月31日)
          建物及び構築物                    10百万円      建物及び構築物                    46百万円
          機械装置及び運搬具                    113       機械装置及び運搬具                     31
          工具、器具及び備品                     7      工具、器具及び備品                     3
          土地                    146       土地                     40
          無形固定資産                     -      無形固定資産                     17
                計              277            計              139
          ※3 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

                  前連結会計年度                          当連結会計年度
                (自 2016年4月1日                          (自 2017年4月1日
                 至 2017年3月31日)                            至 2018年3月31日)
                  89,022   百万円                       102,488    百万円
          (表示方法の変更)

            当期製造費用に含まれる研究開発費は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より一般管理費に含
           まれる         研究開発費に合算して表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の
           注記の組替を行っております。
                                  78/129









                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
          ※4 減損損失

            当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
            前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
            (1)   減損損失を認識した資産グループの概要
                                                   減損損失
             場 所             用 途             種 類
                                                   (百万円)
         愛媛県宇和島市等 36件             販売関連資産             建物、土地等                       884
         群馬県前橋市等 10件             遊休資産             建物、土地等                       258
                                   建物、機械装置、工具、
         岡山県倉敷市 1件             生産用設備                                  28,028
                                   器具及び備品等
            (2)   資産のグルーピングの方法
                生産用資産は車体生産工場単位又は事業拠点単位とし、販売関連資産は主として事業拠点単位と
               しております。また、賃貸用資産及び遊休資産は個々の資産グループとして取扱っております。
            (3)   減損損失の認識に至った経緯
                市場環境等の悪化により、一部の資産について、帳簿価額を回収可能価額まで減額しました。
            (4)   回収可能価額の算定方法
                回収可能価額は、各資産グループ単位に将来キャッシュ・フローを5%で割引いて算出した使用
               価値と、不動産鑑定評価基準に基づく評価額、路線価による相続税評価額等を用いて合理的に算出
               した正味売却価額のいずれか高い額としております。
                なお、遊休資産の回収可能価額は正味売却価額により算定しており、他への売却等が実質困難な
               遊休資産については、正味売却価額を零として評価しております。
            (5)   減損損失の金額
                減損損失29,171百万円は特別損失の「燃費試験関連損失」及び「減損損失」に計上しており、そ
               の主な内訳は次のとおりであります。
                建物及び構築物                5,668   百万円
                機械装置               13,094
                工具、器具及び備品                9,069
                土地                 673
                その他                 665
                 計              29,171
            当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

            (1)   減損損失を認識した資産グループの概要
                                                   減損損失
             場 所             用 途             種 類
                                                   (百万円)
         神奈川県川崎市等 12件             販売関連資産             建物、構築物、土地等                       158
         北海道室蘭市等        2件      貸与資産             建物、土地                        ▶
                                   土地、機械装置、
         京都府京都市等 10件             遊休資産                                   2,047
                                   工具、器具及び備品等
                                   機械装置、
         インドネシア 1件             生産用設備                                    425
                                   工具、器具及び備品等
            (2)   資産のグルーピング方法
                生産用資産は主として事業会社単位とし、販売関連資産は主として事業拠点単位としておりま
               す。また、賃貸用資産及び遊休資産は個々の資産グループとして取扱っております。
              (減損会計におけるグルーピング方法の変更)
               従来、国内の生産用資産のグルーピングは車体生産工場単位としていましたが、ルノー・日産と
              のアライアンスにおける共同開発により車体プラットフォームの共通化が進展し、車体生産工場間
              の相互補完性が高まっており、また、同アライアンスにおける工場の業績評価手法の採用により車
              体生産工場全体の生産能力を勘案した投資の意思決定を行うようになったことから、当年度より国
              内の生産用資産のグルーピングを主として事業会社単位とする方法に変更しました。
                なお、この変更による損益への影響はありません。
                                  79/129


                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
            (3)   減損損失の認識に至った経緯
                市場環境等の悪化により、一部の資産について、帳簿価額を回収可能価額まで減額しました。
            (4)   回収可能価額の算定方法
                回収可能価額は、各資産グループ単位に将来キャッシュ・フローを6%で割引いて算出した使用
               価値と、不動産鑑定評価基準に基づく評価額、路線価による相続税評価額等を用いて合理的に算出
               した正味売却価額のいずれか高い額としております。
                なお、遊休資産の回収可能価額は正味売却価額により算定しており、他への売却等が実質困難な
               遊休資産については、正味売却価額を零として評価しております。
            (5)   減損損失の金額
                減損損失2,636百万円は特別損失の「減損損失」に計上しており、その主な内訳は次のとおりで
               あります。
                建物及び構築物                 360  百万円
                機械装置                 935
                工具、器具及び備品                 701
                土地                 460
                その他                 178
                 計               2,636
          ※5 燃費試験関連損失

            前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
             燃費試験に関連したお客様、日産自動車株式会社及びサプライヤーへのお支払い費用並びに水島製作所
            の固定資産減損損失等であります。
            当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

             燃費試験に関連したお客様、日産自動車株式会社へのお支払い費用等について、状況の変化に伴い見直
            しを行ったものであります。
          ※6 工場閉鎖損失

            前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
             米国連結子会社であるミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インクの工場閉鎖に伴う解雇補償金
            等の計上によるものであります。
          ※7 厚生年金基金解散益

            当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
             当社国内連結子会社が加入する三菱自動車販売厚生年金基金につき、2015年度の解散の認可を受け最低
            責任準備金の確定を進めておりましたが、当連結会計年度に解散時特別掛金額の過剰額が確定したため厚
            生年金基金解散益として計上しております。
                                  80/129








                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                4,440百万円               △444百万円
      組替調整額                                 △59                 -
       税効果調整前
                                       4,381               △444
       税効果額                              △1,329                  133
       その他有価証券評価差額金
                                       3,052               △311
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                               △4,932                 △32
      組替調整額                                4,900                 458
       税効果調整前
                                       △32                426
       税効果額                                 -              △95
       繰延ヘッジ損益
                                       △32                330
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                 △37               1,332
      組替調整額                                  109                -
       為替換算調整勘定
                                        71              1,332
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                               △7,129                 1,263
      組替調整額                                  913              1,132
       税効果調整前
                                      △6,215                 2,396
       税効果額                                 34              △221
       退職給付に係る調整額
                                      △6,180                 2,174
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                               △6,503                  591
      組替調整額                                1,641                 341
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                      △4,862                  933
        その他の包括利益合計
                                      △7,951                 4,460
                                  81/129









                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                 当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                        当連結会計年度
                         期首株式数
                                  増加株式数         減少株式数          株式数
                          (千株)
                                   (千株)         (千株)         (千株)
      発行済株式
       普通株式       (注)1                         506,620
                            983,661                     -      1,490,282
            合 計                983,661         506,620            -      1,490,282
      自己株式
       普通株式       (注)2
                              221          0         -         222
            合 計                  221          0         -         222
      (注)1.    普通株式の発行済株式総数の増加506,620千株は、日産自動車株式会社に対する第三者割当による新株式の発
          行による増加であります。
        2.  普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取による増加であります。
      2.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり
        (決議)        株式の種類                       基準日        効力発生日
                      (百万円)       配当額(円)
      2016年6月24日
                普通株式         7,867        8.0    2016年3月31日         2016年6月27日
       定時株主総会
      2016年10月28日
                普通株式         4,917        5.0    2016年9月30日         2016年12月2日
        取締役会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり
        (決議)        株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)              配当額(円)
      2017年6月23日
                普通株式         7,450    利益剰余金          5.0    2017年3月31日         2017年6月26日
       定時株主総会
                                  82/129









                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                 当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                        当連結会計年度
                         期首株式数
                                  増加株式数         減少株式数          株式数
                          (千株)
                                   (千株)         (千株)         (千株)
      発行済株式
       普通株式                    1,490,282             -         -      1,490,282
            合 計               1,490,282             -         -      1,490,282

      自己株式
       普通株式       (注)
                              222          0         -         222
            合 計                  222          0         -         222
      (注)   普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取による増加であります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                新株予約権の目的となる株式の数(株)
                       新株予約権の                              当連結会計
                        目的となる                              年度末残高
       区分      新株予約権の内訳
                              当連結会計                   当連結
                                    当連結会計      当連結会計
                                                      (百万円)
                        株式の種類
                                    年度増加      年度減少
                              年度期首                 会計年度末
            ストック・オプション
                                  -      -      -      -     106
      提出会社                 普通株式
            としての新株予約権
                            -      -      -      -      -     106
             合計
      3.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり
        (決議)        株式の種類                       基準日        効力発生日
                      (百万円)       配当額(円)
      2017年6月23日
                普通株式         7,450        5.0    2017年3月31日         2017年6月26日
       定時株主総会
      2017年11月7日
                普通株式        10,430        7.0    2017年9月30日         2017年12月4日
        取締役会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり
        (決議)        株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)              配当額(円)
      2018年6月22日
                普通株式        14,900     利益剰余金         10.0    2018年3月31日         2018年6月25日
       定時株主総会
                                  83/129







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                               至 2017年3月31日)                 至 2018年3月31日)
          現金及び預金                          556,836    百万円             571,911    百万円
          預入期間が3か月を超える定期預金                            △930               △12,875
          現金及び現金同等物                          555,906                 559,036
                                  84/129


















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
          (借主側)
           1.ファイナンス・リース取引
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ① リース資産の内容
              有形固定資産
               主として、自動車事業における生産設備(「機械装置及び運搬具(純額)」、「工具、器具及び備
              品(純額)」)であります。
            ② リース資産の減価償却の方法
               連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価
              償却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
           2.オペレーティング・リース取引

             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                             (単位:百万円)
                        前連結会計年度                 当連結会計年度

                       (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
             1年内                    1,401                 1,360

             1年超                    5,661                 5,500

             合計                    7,063                 6,861

          (貸主側)

           1.オペレーティング・リース取引
             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                             (単位:百万円)
                        前連結会計年度                 当連結会計年度

                       (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
             1年内                     523                 492

             1年超                     864                1,710

             合計                    1,387                 2,203

                                  85/129









                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
       1.金融商品の状況に関する事項
        (1)金融商品に対する取組方針
          当社グループは、資金運用については安全性の高い金融資産に限定して行い、また、必要な資金については
         主に銀行借入により調達しております。デリバティブは、金利変動リスクや為替変動リスク等を回避するため
         に利用し、投機的な取引は行いません。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
          営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、当
         社グループ各社の与信管理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信
         用状況を把握する体制としております。
          また、外貨建て営業債権については、為替の変動リスクに晒されておりますが、外貨建て営業債務をネット
         したポジションの一部について先物為替予約等を利用しヘッジしております。
          投資有価証券は、その一部が市場価格の変動リスクに晒されておりますが、主に業務上の関係を有する企業
         の株式であります。
          営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、そのほとんどが1年以内の支払い期日であります。
         その一部には外貨建てのものがありますが、原則として外貨建て営業債権とポジションをネットして対応して
         おります。
          借入金のうち変動金利の借入金は、金利の変動リスクに晒されております。このうち一部については、支払
         金利の変動リスクを回避するために、個別契約ごとにデリバティブ取引(金利スワップ取引)をヘッジ手段と
         して利用することがあります。なお、ヘッジの有効性の評価方法については、金利スワップ特例処理の要件を
         満たしているため、その判定をもって有効性の評価を省略しております。
          また、当社グループ各社間における貸付金・借入金のうち、一部は為替変動リスクに晒されておりますが、
         その一部に対してデリバティブ取引をヘッジの手段として利用することがあります。
          デリバティブ取引の執行・管理については、信用リスクを軽減するために、格付の高い金融機関とのみ取引
         を行っております。
          また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されておりますが、当社グループ各社では資金繰計画を作成
         するなどの方法により管理しております。
        (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          「2.金融商品の時価等に関する事項」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額
         自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
                                  86/129











                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       2.金融商品の時価等に関する事項
         連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
        とが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前連結会計年度(2017年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(百万円)            差額(百万円)
                           (百万円)
     (1)  現金及び預金
                               556,836            556,836               -
     (2)  受取手形及び売掛金
                               164,761            164,761               -
     (3)  投資有価証券
                                20,330            20,330              -
      資産計                          741,928            741,928               -
     (1)  支払手形及び買掛金
                               378,561            378,561               -
     (2)  電子記録債務
                                21,393            21,393              -
     (3)  短期借入金
                                15,069            15,069              -
     (4)  長期借入金
                                 540            537            △2
     (5)  未払金及び未払費用
                               124,573            124,573               -
      負債計                          540,137            540,134              △2
      デリバティブ取引(*)                            100            100             -
      (*)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
            当連結会計年度(2018年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(百万円)            差額(百万円)
                           (百万円)
     (1)  現金及び預金
                               571,911            571,911               -
     (2)  受取手形及び売掛金
                               176,020            176,020               -
     (3)  投資有価証券
                                19,873            19,873              -
      資産計                          767,805            767,805               -
     (1)  支払手形及び買掛金
                               426,312            426,312               -
     (2)  電子記録債務
                                22,897            22,897              -
     (3)  短期借入金
                                10,589            10,589              -
     (4)  長期借入金
                                15,983            15,982              △1
     (5)  未払金及び未払費用
                               165,963            165,963               -
      負債計                          641,746            641,745              △1
      デリバティブ取引(*)                           1,058            1,058              -
      (*)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
                                  87/129






                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
         資 産
         (1)現金及び預金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
          す。
         (2)受取手形及び売掛金
           これらは正常営業循環過程による債権であり、主として短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ
          等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         (3)投資有価証券
           これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する
          注記事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
         負 債
         (1)支払手形及び買掛金、(2)電子記録債務、(3)短期借入金、(5)未払金及び未払費用
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
          す。
         (4)長期借入金
           長期借入金の時価については、一定の期間ごとに分類し、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った
          場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。
         デリバティブ取引
          注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

             区分
                            (2017年3月31日)                   (2018年3月31日)
     非上場株式及び関係会社株式                                74,628                   77,826
            これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることができず、時価を把握
           することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有価証券」には含めておりません。
        3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(2017年3月31日)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                   5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (百万円)                                   (百万円)
                            (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
      預金                556,605         -       -       -       -       -
      受取手形及び売掛金                164,761         -       -       -       -       -
           合計          721,366         -       -       -       -       -
           当連結会計年度(2018年3月31日)

                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                   5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (百万円)                                   (百万円)
                            (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
      預金                571,723         -       -       -       -       -
      受取手形及び売掛金                176,020         -       -       -       -       -
           合計          747,744         -       -       -       -       -
                                  88/129




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
        4.短期借入金及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額
           前連結会計年度(2017年3月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (百万円)                                    (百万円)
                         (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     短期借入金               15,069         -       -       -       -       -

     長期借入金                 299       148        90        0       0       0
          合計           15,368         148        90        0       0       0

           当連結会計年度(2018年3月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (百万円)                                    (百万円)
                         (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     短期借入金               10,589         -       -       -       -       -

     長期借入金               15,893         90       -       -       -       -
          合計           26,483         90       -       -       -       -

                                  89/129














                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
            前連結会計年度(2017年3月31日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             額(百万円)
                  株式                 20,325           8,992          11,333

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                                                         11,333
                      小計              20,325           8,992
                                                          △0
                  株式                    ▶           ▶
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                                                          △0
                      小計                ▶           ▶
               合計                    20,330           8,997          11,333

            当連結会計年度(2018年3月31日)

                             連結貸借対照表計上
                      種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             額(百万円)
                  株式                 19,873           8,991          10,882

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                                                         10,882
                      小計              19,873           8,991
                  株式                    -           -           -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                      小計                -           -           -
               合計                    19,873           8,991          10,882

          2.売却したその他有価証券

            前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
           種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     株式                        2,463              1,863                0

            当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                    売却益の合計額              売却損の合計額
           種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     株式                         682              328              -

          3.減損処理を行った有価証券

            前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
            該当事項はありません。
            当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

            該当事項はありません。
                                  90/129






                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
       1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
        (1)通貨関連
           前連結会計年度(2017年3月31日)
                                    契約額等のうち
                             契約額等                  時価       評価損益
                                      1年超
         区分          取引の種類
                             (百万円)                 (百万円)        (百万円)
                                     (百万円)
                為替予約取引
                 買建
                                 2,259          -       △10        △10
                  米ドル
                                  744         -         6        6
     市場取引以外の取引            日本円
               通貨金利スワップ取引
                 売建
                                20,212          -        103        103
                  日本円
                                  -        -        100        100
               合計
         (注)時価の算定は、取引先金融機関から提示された価格等に基づいております。
           当連結会計年度(2018年3月31日)

                                    契約額等のうち
                             契約額等                  時価       評価損益
                                      1年超
         区分          取引の種類
                             (百万円)                 (百万円)        (百万円)
                                     (百万円)
                為替予約取引
                 買建
     市場取引以外の取引
                                 8,396          -       △33        △33
                  米ドル
                                33,922          -        676        676
                  日本円
                                  -        -        643        643
               合計
         (注)時価の算定は、取引先金融機関から提示された価格等に基づいております。
        (2)金利関連

           前連結会計年度(2017年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(2018年3月31日)

            該当事項はありません。
                                  91/129








                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
       2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
        (1)通貨関連
           前連結会計年度(2017年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(2018年3月31日)

                                            契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                              1年超
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                             (百万円)
                為替予約取引
                 買建
                                         5,015          -        148
                  米ドル
                             外貨建
      原則的処理方法         通貨金利スワップ取引
                             予定取引
                 買建
                                         9,689          -        121
                  米ドル
                                         5,464          -        145
                  日本円
                                          -        -        415
                   合計
           (注)時価の算定は、取引先金融機関から提示された価格等に基づいております。
        (2)金利関連

           前連結会計年度(2017年3月31日)
                                            契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                              1年超
     ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                             (百万円)
                金利スワップ取引
     金利スワップの特例
     処理
                                          70        25      (注)
                 支払固定・受取変動             借入金
                                          -        -        -
                   合計
         (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている借入金と一体として処理されているた
            め、その時価は、当該借入金の時価に含めて記載しております。
           当連結会計年度(2018年3月31日)

                                            契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                              1年超
     ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                             (百万円)
                金利スワップ取引
     金利スワップの特例
     処理
                                          25        -      (注)
                 支払固定・受取変動             借入金
                                          -        -        -
                   合計
         (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている借入金と一体として処理されているた
            め、その時価は、当該借入金の時価に含めて記載しております。
                                  92/129






                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
            連結財務諸表提出会社及び連結子会社は、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度、退職一時金
           制度及び確定拠出型の制度として、確定拠出年金制度を設けております。また、従業員の退職等に際して割
           増退職金を支払う場合があります。なお、一部の連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり簡便法を採用
           しております。
            連結財務諸表提出会社は、退職一時金制度に対して退職給付信託を設定しております。
          2.確定給付制度

           (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                     至 2017年3月31日)             至 2018年3月31日)
             退職給付債務の期首残高                            191,526百万円             188,915百万円
              勤務費用                            8,782             9,172
              利息費用                            3,582             3,246
              数理計算上の差異の発生額                            4,183             1,198
              退職給付の支払額                           △16,927             △11,961
              過去勤務費用の発生額                              65          △3,371
              為替換算差額                            △882            △3,504
              確定拠出年金制度への移行に伴う減少額                           △1,452               -
              厚生年金基金解散に伴う増加額                              -           1,222
              その他                             △53             △60
             退職給付債務の期末残高                            188,825             184,857
           (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                     至 2017年3月31日)             至 2018年3月31日)
             年金資産の期首残高                            160,932百万円             150,146百万円
              期待運用収益                            7,119             6,958
              数理計算上の差異の発生額                           △3,112             △1,506
              事業主からの拠出額                            1,626             1,552
              退職給付の支払額                           △13,989             △10,079
              為替換算差額                            △645            △3,130
              確定拠出年金制度への移行に伴う減少額                           △1,588               -
              厚生年金基金解散に伴う増加額                              -           2,590
              その他                            △196             △71
             年金資産の期末残高                            150,146             146,459
                                  93/129







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                            有価証券報告書
           (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付
             に係る資産の調整表
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (2017年3月31日)             (2018年3月31日)
             積立型制度の退職給付債務                            168,119百万円             172,180百万円
             年金資産                           △150,146             △146,459
                                          17,973             25,721
             非積立型制度の退職給付債務                             20,706             12,676
             連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             38,679             38,397
             退職給付に係る負債                             41,593             42,596

             退職給付に係る資産                            △2,913             △4,198
             連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             38,679             38,397
           (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                     至 2017年3月31日)             至 2018年3月31日)
             勤務費用                             8,782百万円             9,172百万円
             利息費用                             3,582             3,246
             期待運用収益                            △7,119             △6,958
             数理計算上の差異の費用処理額                             1,310             2,501
             過去勤務費用の費用処理額                             △418            △1,368
             確定拠出年金制度への移行に伴う損益                              158             -
             その他                               23            △56
             確定給付制度に係る退職給付費用                             6,319             6,537
             ※1 上記退職給付費用以外に米国子会社の工場閉鎖に伴う解雇補償金(前連結会計年度493百万円)を工
               場閉鎖損失として計上しております。また、厚生年金基金の解散時特別掛金額の過剰額を厚生年金
               解散益(当連結会計年度1,434百万円)として計上しております。
           (5)退職給付に係る調整額

             退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                     至 2017年3月31日)             至 2018年3月31日)
             過去勤務費用                             1,170百万円            △2,099百万円
             数理計算上の差異                             5,044             △296