プルデンシャル・ファイナンシャル・インク 有価証券報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書

提出日:

提出者:プルデンシャル・ファイナンシャル・インク

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                        有価証券報告書

     【根拠条文】                        金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                        関東財務局長

     【提出日】                        平成30年6月27日

     【事業年度】                        自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日

     【会社名】                        プルデンシャル・ファイナンシャル・インク

                             (Prudential       Financial,      Inc.)
     【代表者の役職氏名】                        取締役会会長兼最高経営責任者

                             ジョン・R・ストラングフェルド
                             (John    R.  Strangfeld,       Chairman     and   Chief    Executive
                             Officer)
     【本店の所在の場所】                        アメリカ合衆国07102ニュージャージー州ニューアーク

                             ブロード・ストリート751
                             (751    Broad    Street,     Newark,     New   Jersey     07102,
                             U.S.A.)
     【代理人の氏名又は名称】                        弁護士  赤 上 博 人

     【代理人の住所又は所在地】                        東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビ

                             ルディング
                             アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                        (03)6775-1000

     【事務連絡者氏名】                        弁護士  笠 間 周 子

                             弁護士  梶 原 康 平
                             弁護士  小 島 啓
                             弁護士  小 野 領 斗
     【連絡場所】                        東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビ

                             ルディング
                             アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                        (03)6775-1000

     【縦覧に供する場所】                        該当なし

                                   1/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】

     注記: 1. 文書中、文脈から別意に解すべき場合を除いて、「プルデンシャル・ファイナンシャル」又は「当社」とは

           ニュージャージー州法に準拠して設立された「プルデンシャル・ファイナンシャル・インク」を意味するものと
           する。
         2. 別段の記載がある場合を除いて、文書中「ドル」又は「$」はそれぞれ米ドルを指すものとする。
           文書中一部の財務データについては、便宜を図るためドルから日本円(「円」又は「¥」)への換算がなされて
           いる。この場合の換算は、特に別のレートの記載がない限り、平成30年5月16日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対
           顧客電信直物相場-仲値である$1.00=¥110.33により計算されている。
         3. 文書中の表で計数が四捨五入されている場合、合計欄に記載されている数値は計数の総和と必ずしも一致しない
           場合がある。
                                   2/705

















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     将来の見通しに関する記述
      本書中の記述の一部は、1995年米国民事証券訴訟改革法(U.S.                                 Private     Securities      Litigation      Reform    Act  of
     1995)に定義されるところの「将来の見通しに関する記述(forward-looking                                        statements)」に該当する。「予測
     する」、「考える」、「予想する」、「含む」、「予定する」、「推定する」、「見積もる」、「見込む」、「意
     図する」等の用語やこれらの変形は、一般に将来の見通しに関する記述を構成するものである。将来の見通しに関
     する記述は、将来の動向並びにそれがプルデンシャル・ファイナンシャル・インク及びその子会社に及ぼす可能性
     のある影響に関する経営陣の現時点における予測及び所見に基づきなされている。プルデンシャル・ファイナン
     シャル及びその子会社に影響を与える将来の動向が、経営陣の予想どおりとなるという保証はなしえない。これら
     の将来の見通しに関する記述は将来の業績の保証ではなく、リスクや不確定要素を伴うものであり、当該将来の見
     通しに関する記述に表されている予測や見積もりとは実際には時として重大に異なる結果をもたらしうる重要な要
     素が存在する。かかる要素には、以下に掲げるものが含まれるが、これらに限定されない。(1)信用度若しくは価
     値の低下若しくはカウンターパーティの債務不履行による投資若しくは金融契約の損失、(2)当社商品の価格設
     定を行った当時の当社の予測と大幅に異なる死亡経験率、罹患経験率若しくは契約者の行動経験による保険商品に
     おける損失、(3)(a)当社商品の利益率、それら商品に対応する分離勘定の価値及び当社が管理する資産の価値
     に悪影響を及ぼす、(b)リスクをヘッジし若しくは証拠金規則の要件を引き上げるために当社が利用するデリバ
     ティブの損失をもたらす、若しくは(c)適切な収益率で投資を行う機会を制限する可能性がある、利率、株式価格
     及び外国為替レートの変動、(4)市場の動きに左右されやすく、当社利益を減少させ若しくは当社の営業成績若
     しくは財務状態の変動性を高める可能性がある、特定の当社商品、特に変額年金商品における保証、(5)(a)デ
     リバティブ担保市場のリスクヘッジ、(b)資産と負債の不均衡、(c)金融市場において使用可能な資金の不足、若し
     くは(d)深刻な惨事による死亡率上昇若しくは契約失効に起因する予想外の現金需要による流動性ニーズ、(6)
     不十分な若しくは故障したプロセス若しくはシステム、ヒューマンエラー若しくは違法行為によりもたらされた財
     務損失若しくは顧客損失、若しくは規制措置若しくは法的措置、及び(a)当社のシステム及びデータの崩壊、(b)情
     報セキュリティ違反、(c)極秘データの秘密保護の不履行若しくは(d)当社商品の販売を含む、第三者への依拠など
     の外部事象、(7)(a)             ドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法に基づく規制、(b)税制の変更、(c)米国労
     働省受託者責任規則及びその他の受託者責任規則の策定、(d)                                州保険法及びグループ全体の監督、資本及び準備金
     に関する進展、(e)米国外の保険業者の自己資本比率規制及び(f)プライバシー及びサイバーセキュリティに関する
     規制に関する状況を含む規制の状況の変化、(8)当社の投資ポートフォリオに含まれる企業に悪影響を及ぼす若
     しくは保険経験の当社仮定からの逸脱をもたらす可能性のある技術変革、(9)格付けの引き下げ、(10)当社商
     品の売上げ若しくは継続率に悪影響を及ぼす可能性のある市況、(11)競争、及び(12)信用上の損害等が挙げら
     れる。プルデンシャル・ファイナンシャル・インクは、本書中の特定の将来の見通しに関する記述を最新のものに
     更新することを保証しない。当社の事業及び当社の発行する証券への投資に関するリスクに関しては本報告書の
     「第3 事業の状況」「4 事業等のリスク」の項を参照のこと。
                                   3/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     第1    【本国における法制等の概要】
     1  【会社制度等の概要】

      (1)  【提出会社の属する国・州等における会社制度】
        当社を規制する法体系は米国連邦法及びニュージャージー州法である。米国連邦法は、会社の事業活動の多
       くの分野に影響を及ぼしており、その範囲は独占禁止、破産、労使関係、有価証券及び税務を始めとする広い
       範囲に及んでいる。米国の連邦証券関係諸法の施行は米国証券取引委員会(「SEC」)がこれを司っている
       が、同法は一般的に詐欺的手段による有価証券の売買を禁ずるとともに、当社のように株式を公開している会
       社の大部分に対しては、定期的に財務その他の報告をSEC及び株主に行うことを要求している。
        米国においては、会社は一般に州法に基づいて設立されている。当社はニュージャージー州の法律に基づい

       て設立されているが、ニュージャージー州にはニュージャージー州事業会社法を始めとして会社に適用される
       数多くの法律がある(総称して「ニュージャージー会社法」という)。以下は、ニュージャージー会社法の骨
       子である。
       (a)  基本定款及び付属定款

         ニュージャージー州の会社はニュージャージー州務長官に基本定款を届け出ることによって設立される。
        基本定款は、最低限、名称、所在地、事業目的、授権資本株式数及び株式の種類(もしあれば)並びに最初
        の取締役会を構成する取締役の員数等の会社の基本的事項を定めなければならない。基本定款の他に、会社
        は、事業の実施並びに株主、取締役及び役員の権利、権限、義務及び機能に関する、基本定款の規定並びに
        適用される州法及び連邦法と矛盾しない種々の規定を内容とする付属定款を採用する。
       (b)  株式の種類

         ニュージャージー会社法によれば、会社は、その基本定款に定めるところに従って、一種又は数種の株式
        を発行することができるほか、株式を発行する場合には額面株式としても無額面株式としてもこれを発行す
        ることができ、また議決権株式としても無議決権株式としてもこれを発行することができ、基本定款に定め
        る名称、相対的議決権、配当、残余財産分配権、その他の権利、優先権及び制限付きの形で発行することが
        できると定められている。基本定款に別段の定めがない限り、株主はその所有株式1株につき1議決権を有
        する。会社は、会社の取締役会の決議によって、基本定款に定められた授権枠内において株式を発行するこ
        とができる。基本定款に含まれる制限に従い、株式引受の対価は取締役会の決するところによる。
                                   4/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       (c)  株主総会
         定時株主総会は取締役の選任を目的として会社の付属定款に定めるところに従って開催される。臨時株主
        総会は社長又は取締役会がこれを招集することができるほか、付属定款に定めるところに従ってこれを招集
        することができる。付属定款の定めるところにより、又はかかる定めがない場合には、取締役会の決定する
        ところにより、総会の前10日以上60日以下の日を、株主総会において議決権を行使できる株主を確定するた
        めの基準日とすることができる。その基準日に名簿に登録されている株主は議決権を行使できる。通常、株
        主総会の法律上の定足数は、基本定款又はニュージャージー会社法に別段の規定がない限り、議決権のある
        株式の過半数を有する株主が自ら又は代理人によって出席すれば、満たされる。ニュージャージー会社法
        は、会社の基本定款において定めることのできる最低限の定足数を規定していない。当社株式のいずれかの
        クラス又はシリーズが1クラスとして議決権を行使する場合には、追加の要件が適用される。
       (d)  取締役会

         ニュージャージー会社法に基づいて設立された会社の場合には、ニュージャージー会社法又は基本定款に
        別段の定めある場合を除き、その事業の管理運営は取締役会がこれを司る。一般に取締役会には、ニュー
        ジャージー会社法及び基本定款によって課されている制限の範囲内において、会社の事業の管理運営に関す
        る広範囲な権限が認められている。取締役は、各定時株主総会において選任される。取締役の死亡、辞任又
        は定員の増加によって欠員が生じたときは、株主が定時総会において、又は在任中の取締役らが自ら、空席
        を補充する取締役を選任することができる。基本定款で認められている場合には、取締役会はこれを2以上
        のグループに分割することができ、2つ以上のグループがあるときには、グループごとに任期をずらすこと
        ができる。取締役は、正当な理由をもって、又は基本定款に別段の定めある場合は、理由がなくとも、株主
        の過半数の議決によってのみ解任されうる。但し、取締役会がグループに分けられているときには、基本定
        款に別段の定めのない限り、株主は取締役を理由のあるときのみ解任できる。
         取締役会は基本定款及び付属定款に定めるところに従ってこれを招集する。基本定款又は付属定款で特に

        制限されていない限り、全取締役の書面による同意がある場合には、取締役会の議決は実際に取締役会を開
        催しなくてもこれを書面決議として有効に採決することができる。
       (e)  委員会

         基本定款又は付属定款に規定のあるときには、取締役会は、取締役会の過半数による議決により、1人以
        上の取締役が構成する委員会に、一定の権限を委譲することができる。
       (f)  役員

         付属定款に別段の定めのある場合を除き、会社の日常の業務執行を担当する役員は、通常、取締役会の決
        議によって選任される。役員は、社長1名、秘書役1名、財務役1名、取締役会会長(望ましい場合)、1
        名以上の副社長及び付属定款に定められるその他の役員により構成される。各役員の権限は、付属定款に定
        められ又は取締役会が認めた付属定款に反しないものとされる。
                                   5/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【提出会社の定款等に規定する制度】
         当社の会社制度は、米国連邦法及び当社設立の準拠法であるニュージャージー州法によって決せられるほ
        か、当社の修正・再記述基本定款(「基本定款」)及び修正・再記述付属定款(「付属定款」)によって規
        定されている。その内容は下記に定めるとおりである。
       (a)  株式

        概要
         当社普通株式は、ニューヨーク証券取引所(「NYSE」)において「PRU」の略称で取引されている。以下
        の表は、表示された期間中のNYSEにおける普通株式の最高及び最低株価(終値)、並びに当該期間中に宣言
        された1株当たりの配当を示している。
                                  最高株価         最低株価          配当

         2017年:
         第4四半期                          $ 117.15         $ 107.28          $ 0.75
         第3四半期                            115.23          98.65          0.75
         第2四半期                            109.13         102.92          0.75
         第1四半期                            113.82         103.92          0.75
         2016年:
         第4四半期                          $ 107.10          $ 81.43          $ 0.70
         第3四半期                            81.65         68.74          0.70
         第2四半期                            79.71         66.93          0.70
         第1四半期                            79.84         58.00          0.70
         2018年1月31日において、当社普通株式の登録原簿上の株主は1,295,412名であり、422百万株が発行済み

        であった。
         普通株式の株主は、当社取締役会が配当金を宣言した場合には、当該配当の支払に充当することが法的に

        認められている資金から配当を受けることができる。プルデンシャル・ファイナンシャルの取締役会は、現
        在のところ、当社普通株式に対して継続して配当を宣言し、支払う意向である。今後の配当に関する決定
        は、以下に挙げるものを含む数多くの要因に基づいてなされ、またそれらの要因の影響を受ける。すなわ
        ち、当社事業の業績、当社の全般的な財務状況、営業成績、資金需要及び将来の見通し、プルデンシャル・
        ファイナンシャルの子会社による配当の支払に対する規制上の制約及びドッド・フランク法に基づく資本及
        び流動性の要件並びに取締役会において関連があるとみなすその他の要因である。プルデンシャル・ファイ
        ナンシャルが支払う配当は、ニュージャージー州会社法に基づき支払に適法に利用可能な金額を限度として
        いる。配当及び関連の規制上の制約についての更なる詳細は、連結財務書類の注記15を参照のこと。
         これらの転換可能サープラスノートの詳細については連結財務書類の注記14を参照のこと。

                                   6/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
        発行体によるエクイティ証券の購入
         下表は2017年12月31日に終了した3ヶ月間に当社が購入した普通株式に関する情報をまとめたものであ

        る。
                                                   当該プログラ

                                          公表されたプ
                                                   ムに基づき購
                                          ログラムに基
                         購入済み株式
                                  1株当たり                 入される可能
        期間                                  づき購入され
                         総数   (注1)
                                  平均価格                 性のある株式
                                          た株式総数(注
                                                   の概算ドル価
                                          2)
                                                   値(注2)
        2017年10月1日~2017年10月31日                     950,996         109.90        947,795
        2017年11月1日~2017年11月30日                     939,124         111.56        933,657
        2017年12月1日~2017年12月31日                     897,509         116.25        896,018
        合計                    2,787,629          112.50       2,777,470             0
        (注1) 当該期間中に権利が確定した制限付き株式ユニットの株式で、所得税の源泉徴収目的で参加者から源泉徴収し

            た株式数を含む。当該制限付き株式ユニットは、当初、プルデンシャル・ファイナンシャル・インクのオムニ
            バス・インセンティブ・プランに基づき参加者に発行された。
        (注2) 2016年12月に、当社の取締役会は、2017年1月1日から2017年12月31日までの期間中、経営陣の裁量で12.5億
            ドルを上限として、発行済普通株式を買い戻すことを承認した。
         2017年12月に、プルデンシャル・ファイナンシャルの取締役会は、2018年1月1日から2018年12月31日ま

        での期間中、当社経営陣の裁量にて、15億ドルを上限として発行済普通株式を買い戻すことを承認した。
                                   7/705












                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       (b)  株主総会
       招集場所:

       付属定款(2条1項「株主総会開催場所」)により、株主総会開催場所は、取締役会が指定し、株主総会通知

       に記載する場所で開催されることとなっている。従来、株主総会はニュージャージー州で開催されている。
       年次株主総会:

       付属定款(2条2項「年次株主総会」)により、年次株主総会は取締役の選出及び同総会の前に適正に提出さ

       れた議題の処理のため、取締役会によって定められる日時に開催される。
       臨時株主総会:

       付属定款(2条3項「臨時株主総会」)により、臨時株主総会は、目的の如何を問わず、法律により別段の定

       めのある場合を除き、株主総会において議決権を行使できる株式総数の10%以上を保有する株主により、又は
       会長、最高経営責任者、社長若しくは取締役会により招集され、取締役会が決定する日時及び場所にて開催さ
       れる。
       株主総会招集通知:

       付属定款(2条2項及び3項)により、株主総会の招集通知は、総会開催日時前の10日以上60日以内に、同総

       会において議決権を有する名簿上の各株主宛てに、開催場所、開催日時及び同総会の開催目的を記載した書面
       により行うこととされている。
       定足数:

       付属定款(2条4項「定足数」)により、定足数を満たす株式の割合は、基本定款による定められることとさ

       れている。基本定款により、当初、株主総会において議決権を有する票数の過半数の保有者により定足数が満
       たされると定められている。
       議決権:

       当社の基本定款には、当社普通株式の各株の議決権を制限する規定はない。当社の株主は、基本定款、又は1

       つ以上のシリーズによる優先株式の発行を授権するために提出される修正定款の記載及び法の定めるところに
       従い議決権を有するとされている。
                                   8/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       (c)  取締役会
       権限、員数、任期及び選任:

       付属定款(3条1項)により、当社の取締役の員数は、10名以上24名以下でなければならないものと定めら

       れ、取締役の員数は定足数の出席のある取締役選出ための総会における過半数の賛成票により選出される。
       開催、招集権者:

       付属定款(3条7項)により、定例取締役会は、取締役会が定める日時及び場所にて開催されるものとされて

       いる。
       付属定款(3条7項)により、臨時取締役会は、取締役会会長、最高経営責任者、副会長、又はその時点で在

       職中の過半数の取締役によって招集できるとされている。
       定足数、票決:

       付属定款(3条8項)により、取締役会の定足数は、取締役11名又は全取締役の過半数のうちいずれか少ない

       方の人数により満たされる。法律、基本定款又は付属定款に特に別段の定めがある場合を除き、定足数が満た
       されている会議に出席している取締役の過半数の賛成票を得ることにより、取締役会の行為として成立する。
       (d)  委員会

       任命、欠員等:

       付属定款(3条11項)により、取締役会は、その構成員から1名以上を任命し、1ないし複数のその他の委員

       会を設立することができるが、取締役会は特に、当社又は関係会社の役員又は従業員ではない取締役から構成
       される監査委員会、報酬委員会、コーポレート・ガバナンス委員会を指定することとなっている。取締役会
       は、1名以上の取締役を補充委員に任命し、委員会の会議において欠席した委員や、資格を失った委員の補充
       とすることができる。
                                   9/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       (e)  役員
       主要役員:

       付属定款(4条)により、当社の役員は、最高経営責任者1名、社長1名、1名以上の副社長、秘書役1名、

       財務役1名及び監査役1名と定められている。
       資格:

       付属定款(4条)により、上席副社長レベル又はそれ以上の当社の役員は、取締役会が望ましいとみなすとき

       に、取締役会により随時選任されると定められている。シニア・バイス・プレジデント以上の役員の間で発生
       した欠員は、取締役会によって補充することができる。取締役会によって任命された役員は、取締役会の過半
       数の賛成票によって、理由の如何を問わず、いずれの時点においても解任することができる。シニア・バイ
       ス・プレジデント以下の役員は当社の適切な役員によって任命される。
       その他の役員:

       各役員は、当社の付属定款に定められる権限を有し、任務を遂行する。

       (f)  株主に対する配当金及びその他の配当

       当社の基本定款(4条(b)(2)項)により、当社普通株式の保有者は、基本定款に定める一定の制限に従い、

       取締役会により宣言された場合に、宣言されたとおり、宣言された時点で配当を受ける権利を有するとされて
       いる。上記「1 会社制度等の概要                   -(2)   提出会社の定款等に規定する制度-(a)                    株式」の項を参照のこと。
                                  10/705










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     2  【外国為替管理制度】
       現時点では、米国には、一般的には非居住者による当社株式の取得並びにその配当金及び売却代金の送金又は
      会社清算に際しての資産の分配に対する外国為替管理上の規制は存在していない。
     3  【課税上の取扱い】

      (1)  日本と米国との所得に関する2003年租税条約
        2003年11月6日、米国及び日本は2003年条約を締結した。2003年条約は2004年3月30日に有効になり、本報

       告書提出日現在においても有効である。
        2013年1月25日(日本時間)に2003年条約を改正する議定書が批准されたが、国会及び米国の上院の承認を

       経ておらず、本報告書提出日現在において2003年条約改正の効力は生じていない。
      (2)  米国における課税上の取扱い

       (a)  当社株式につき配当決定がなされた場合の所得税に係る源泉徴収税

         日本の居住者たる個人(米国民でも米国の居住者でもない者に限る)又は日本法人が実質株主となって所

        有する当社株式に対して支払われる配当からは、原則として2003年条約に基づき10%の税率で米国連邦所得
        税が源泉徴収される。ディーラーとして、当社の株式を所持する、又は当社の株式の5%を超えて所有する
        米国市民、米国の住民、会社は、米国の税務顧問に相談すべきである。
       (b)  当社株式の譲渡益所得に対する課税

         2003年条約の下では、日本の当社株式の実質株主(米国非居住者)は、当社が米国の居住者であり、米国

        にある不動産により直接的又は間接的にその価値の50%以上を構成している場合には、当該当社株式の譲渡
        によって実現した譲渡収益について米国連邦所得税を課せられる。しかし、日本の実質株主(及びその関係
        者)が保有しているのが、承認されている証券取引所において取引されている株式の総クラスの5%未満で
        ある場合には、当該株式の譲渡によって実現した譲渡収益について米国連邦所得税を課せられることはな
        い。
         更に、非米国居住者の実質株主が個人の場合、当該個人が株式譲渡を行った課税年度を通じて米国にいる
        場合、又は当該個人が米国内に一定期間以上固定施設を有するときには、当該個人所有者は当該譲渡益につ
        き米国連邦所得税を課せられることとなる。いずれの場合においても、かかる個人は米国の租税顧問に相談
        すべきである。
                                  11/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       (c)  当社株式についての配当及び譲渡所得に対する州及び地方の所得税
         上記   (a)  及び   (b)  に対する米国連邦所得税の外に、当社株式についての日本の実質的株主が米国内に恒

        久的施設又は住所を有しているときには、一定の状況下で関係租税条約上課税が認められている場合には、
        その州税及び地方税が課せられることがあるため、米国の税務顧問に相談すべきである。取扱いは州及び地
        方によって異なる。
       (d)  相続税

         日本の居住者が所有する当社株式は、原則的にはその株主が死亡したときの時価で米国相続税の課税財産

        となる。しかしながら、特別控除を定めている相続税及び贈与税に関する条約により、大部分の日本の株主
        は米国相続税の対象とはならない。個人は米国の税務顧問に相談すべきである。
       (e)  贈与税

         当社株式の日本の実質的株主である個人が当該所有株式を贈与した場合、当該贈与者は原則として米国贈

        与税の対象とはならない。
      (3)  日本における課税上の取扱い

        日本国の所得税法、法人税法、相続税法及びその他の関連法令の遵守を条件として、かつその限度で、日本

       人及び日本法人は、上記(2)「米国における課税上の取扱い」(a)、(b)、(c)及び(d)に記述した個人又は法
       人の所得(個人の場合には相続財産を含む。)を課税対象とする日本で支払うべき米国の租税については、日
       本国あるいは米国で外国税額控除の適用を受けることができる。個人は日本の税務顧問に相談すべきである。
     4  【法律意見】

       当社の秘書役補佐を務めるアンドリュー・ヒューズから、以下の趣旨の法律意見書が提出されている:

       (a)  当社はニュージャージー州法に基づき適法に設立され、かつ同法のもと有効に存続していること;及び

       (b)「1 会社制度等の概要」における米国及びニュージャージー州の現行法に関する記述が、あらゆる重要

         な点で真実かつ正確であること。
                                  12/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     第2    【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

       2017年、2016年及び2015年の各12月31日に終了した事業年度の主要な連結損益計算書データ、並びに2017年及

      び2016年の各12月31日時点での主要な連結貸借対照表データは、本書に含まれる当社の連結財務書類を基にして
      いる。2014年及び2013年の各12月31日に終了した事業年度の主要な連結損益計算書データ、並びに2015年、2014
      年及び2013年の各12月31日時点での主要な連結貸借対照表データは、本書には含まれていない連結財務書類を基
      にしている。
       2017年度、2016年度及び2015年度中の買収及び売却については、連結財務書類の注記3を参照のこと。

       2018年1月1日以前、当社のジブラルタ生命保険株式会社(「ジブラルタ生命」)連結事業は、当社の連結財

      務書類に記載する際、11月30日を決算期としていた。報告日が異なるため、ジブラルタ生命には1ヶ月間の報告
      時期のずれが生じていた。そのため、従前の3月31日現在の当社の未監査中間連結貸借対照表には、各年の2月
      28日現在のジブラルタ生命の資産及び負債が含まれていた。また、当社の従前の未監査中間連結損益計算書に
      は、各年の2月28日に終了した3ヶ月間のジブラルタ生命の営業成績が含まれていた。
       2018年1月1日より、当社はジブラルタ生命の事業に係る決算期を12月31日に変更した。これにより、1ヶ月

      間の報告時期のずれが解消され、ジブラルタ生命の金融収支及び営業成績の報告時期並びに期間は当社と同じと
      なる。ジブラルタ生命の新たな決算期の設定は、会計原則のより望ましい方式への変更とみなされ、遡及的適用
      が義務づけられる。当社は、この会計原則の変更がプルデンシャル・ファイナンシャル及びその子会社の報告時
      期と整合しており、かつジブラルタ生命の財務状態及び営業成績のより適時のかつ一貫した報告を可能にするた
      め、望ましい変更であると考えている。この報告時期のずれの解消を達成するため、当社は従前の決算期の資本
      を変更し、それにより2015年、2016年及び2017年の各12月31日時点の「利益剰余金」が約167百万ドル増加し
      た。
       この要約連結財務情報は、連結財務書類と併せて読まれるべきものである。

                                  13/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                     12月31日に終了した年度
                             2017年      2016年      2015年      2014年      2013年
                             (単位:百万ドル、但し1株当たりの数値及び比率を除く)
     損益計算書データ:
     収益の部:
      保険料                        32,091      30,964      28,521      29,293      26,237
      契約賦課金及び報酬収益                        5,303      5,906      5,972      6,179      5,415
      純投資収益                        16,435      15,520      14,829      15,256      14,729
      資産運用・サービス手数料                        4,127      3,752      3,772      3,719      3,485
      その他収益(損失)                        1,301       443       0    (1,978)      (3,199)
                               432     2,194      4,025      1,636      (5,206)
      実現投資利益(損失)、純額
       収益合計                       59,689      58,779      57,119      54,105      41,461
     保険金・給付金及び費用の部:
      契約者保険金・給付金                        33,794      33,632      30,627      31,587      26,733
      契約者預り金勘定への付与利息                        3,822      3,761      3,479      4,263      3,111
      保険契約者配当金                        2,091      2,025      2,212      2,716      2,050
                              1,580      1,877      2,120      1,973       240
      繰延保険契約取得費用の償却
      一般管理費                        11,915      11,779      10,912      11,807      11,011
       保険金・給付金及び費用合計                       53,202      53,074      49,350      52,346      43,145
     法人所得税及び運営合弁事業損益に対する持
                              6,487      5,705      7,769       1,759     (1,684)
     分反映前継続事業利益(損失)
                             (1,438)       1,335      2,072        349    (1,058)
     法人所得税費用(利益)合計
     運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事
                              7,925      4,370      5,697       1,410      (626)
     業利益(損失)
                                49      49      15      16      59
     運営合弁事業損益に対する持分、税引後
     継続事業利益(損失)
                              7,974      4,419      5,712       1,426      (567)
                                0      0      0      12       7
     非継続事業利益(損失)、税引後
     当期純利益(損失)
                              7,974      4,419      5,712       1,438      (560)
                               111       51      70      57      107
     減算:非支配持分に帰属する収益(損失)
                              7,863      4,368      5,642       1,381      (667)
     当社に帰属する当期純利益(損失)
     1株当たり利益(注1)
     基本   1株当たり利益-        普通株式:
     当社に帰属する継続事業利益(損失)                         18.19       9.85      12.37       3.23      (1.57)
                               0.00      0.00      0.00      0.02      0.02
     非継続事業利益(損失)、税引後
     当社に帰属する当期純利益(損失)                         18.19       9.85      12.37       3.25      (1.55)
     希薄化後 1株当たり利益-             普通株式:
     当社に帰属する継続事業利益(損失)                         17.86       9.71      12.17       3.20      (1.57)
                               0.00      0.00      0.00      0.03      0.02
     非継続事業利益(損失)、税引後
     当社に帰属する当期純利益(損失)                         17.86       9.71      12.17       3.23      (1.55)
     普通株式1株当たり配当宣言額                         3.00      2.80      2.44      2.17      1.73
                               2.18      2.10      2.64      1.25      0.00
          利益の固定費に対する比率(注2)
                                  14/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                        12月31日現在
                             2017年      2016年      2015年      2014年      2013年
                                      (単位:百万ドル)
     貸借対照表データ:
     保険約款貸付を除く投資計                        457,980      432,485      405,535      408,274      386,407
     分離勘定資産                        306,617      287,636      285,570      296,435      285,060
     資産合計(注3)                        832,136      784,177      757,255      766,526      731,638
     責任準備金及び保険契約者預り金勘定                        405,506      386,113      361,168      353,916      343,516
     分離勘定負債                        306,617      287,636      285,570      296,435      285,060
     短期借入債務(注3)                         1,380      1,133      1,216      3,839      2,668
     長期借入債務(注3)                        17,172      18,041      19,594      19,702      23,411
     負債合計                        777,625      737,922      715,332      724,177      695,757
     プルデンシャル・ファイナンシャル・インク
                              54,236      46,030      41,890      41,770      35,278
     資本
     非支配持分                          275      225       33      579      603
     資本合計                        54,511      46,255      41,923      42,349      35,881
      (注1) 2017年、2016年及び2015年については、普通株式の1株当たりの連結1株当たり利益を表す。2014年及び2013年に

          ついては、旧金融サービス事業の1株当たり利益を表す                          。
      (注2) この数値の算出において、利益は、持分法投資からの未分配利益、固定費及び資産計上した支払利息を除く税引前
          の継続事業利益と定義され、非支配持分に帰属する利益も除かれる。固定費は、総支払利息、契約者預り金勘定へ
          の付与利息及び賃借料の利息相当分の合計である。2013年12月31日に終了した年度に当社は損失を計上したため、
          カバレッジ・レイシオは1:1未満であった。したがって当該カバレッジ・レイシオは表示されていない。なお、
          2013年12月31日に終了した年度に1:1の比率を達成するには、追加で1,935百万ドルの利益が必要であった。
                                  15/705












                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                           各年12月31日現在又は12月31日に終了した事業年度
                      2017年        2016年        2015年        2014年        2013年
                                                         (1)
     発行済総普通株式数                422,552,221        429,574,173        447,101,369        454,833,477
                                                    461,055,252
     1株当たりの総株主持分
                          (2)        (2)        (2)        (2)
                                                         (2)
                      128.35       $107.15        $93.69        $90.10
                                                      $73.49
      当社普通株式
     自己資本比率
     (総株主持分/総資産)                   6.5%        5.9%        5.5%        5.4%        4.8%
      連結ベース
     自己資本利益率
     (純損益/総株主持分)                   14.5%        9.5%       13.5%        3.3%       -1.9%
      連結ベース
     株価収益率
     (12月31日時点の株価/希薄化
                          (3)        (3)        (3)        (3)
                                                         (3)
                       6.44       10.72        6.69       28.01
                                                      -59.50
     後の1株当たりの純損益)
      金融サービス事業
     配当性向
                          (4)        (4)        (4)
                                                 (4)        (4)
     (1株当たりの配当/希薄化後
                      16.8%        28.8%        20.0%
                                              67.2%       -111.6%
     の1株当たりの純利益)
      (注1) 確立された公開取引市場が存在しないクラスB株式を除く。クラスB株式は、すべての期間について、2,000,000

          株が発行済みであった。
      (注2) 発行済みであった当社普通株式の実数に基づき計算されている。2017年、2016年及び2015年については、普通株式
          1株当たりの総株主持分、2014年及び2013年については、当社の以前の金融サービス事業の普通株式1株当たりの
          総株主持分を示している。
      (注3) クラスB株式には公開取引市場が存在しないため、株価収益率は、当社普通株式の株価(2017年12月31日現在、$
          114.98;2016年12月31日現在、$104.06;2015年12月31日現在、$81.41;2014年12月31日現在、$90.46;2013年
          12月31日現在、$92.22)、2017年、2016年及び2015年の普通株式1株当たりの当期連結純利益、並びに2014年及
          び2013年の金融サービス事業の1株当たりの当期純利益(2017年度:基本:$18.19、希薄化後:$17.86、2016年
          度:基本:$9.85、希薄化後:$9.71、2015年度:基本:$12.37、希薄化後:$12.17、2014年度:基本:$
          3.25、希薄化後:$3.23、2013年度:基本:$(1.55)、希薄化後:$(1.55))に基づいている。
      (注4) 2017年度第4四半期に当社普通株式に対して1株当たり$0.75の配当が宣言された。2017年度の四半期配当の合計
          は$3.00であった。2016年度第4四半期に当社普通株式に対して1株当たり$0.70の配当が宣言された。2016年度
          の四半期配当の合計は$2.80であった。2015年度第4四半期に当社普通株式に対して1株当たり$0.70の配当が宣
          言された。2015年度の四半期配当の合計は$2.44であった。2014年度第4四半期に当社普通株式に対して1株当た
          り$0.58の配当が宣言された。2014年度の四半期配当の合計は$2.17であった。2013年度第4四半期に当社普通株
          式に対して1株当たり$0.53の配当が宣言された。2013年度の四半期配当の合計は$1.73であった。
                                  16/705










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
      (1)  当社の沿革
      ザ・プルデンシャル・インシュアランス・カンパニー・オブ・アメリカの沿革

        ザ・プルデンシャル・インシュアランス・カンパニー・オブ・アメリカ(「プルデンシャル・インシュアラ

       ンス」又は「当社」)は、1873年にニュージャージー州の株式保険会社として設立され、1875年に事業を開始
       した。当社は1890年に支店を開設し始め、1909年にはトロントにおいて当社初のカナダの支店を開設した。
       1892年までには、100万に及ぶ生命保険契約を発行しており、1911年には、保有保険契約は1,000万件に達し
       た。
        1913年に、プルデンシャル・インシュアランスは、相互保険会社となるべく手続を開始した。当社の主要株

       主は1915年に株式を売り戻した。当社は、1943年までに残りの株式を買い戻し、そうすることによって相互保
       険会社となった。
        当社の事業は、20世紀初期も成長し続け、1948年の時点でカリフォルニア州ロサンゼルス、イリノイ州シカ

       ゴ、ミネソタ州ミネアポリス、ペンシルベニア州フィラデルフィア、フロリダ州ジャクソンビル、テキサス州
       ヒューストン、マサチューセッツ州ボストン、ニュージャージー州北部及びカナダのトロントにおいてかかる
       地域の本社を開設していた。
        1951年の時点で、プルデンシャル・インシュアランスの団体保険プログラムは530万人の従業員を対象とし

       ていた。同年に、プルデンシャル・インシュアランスは個人傷害健康保険の分野における事業を開始した。当
       社は、1956年に家族保険を導入し、1963年には歯科保険の販売を開始した。プルデンシャル・インシュアラン
       スは、1970年に個人への変額年金保険を販売する初の主要保険会社となった。同時に当社は自動車保険及び住
       宅所有者保険事業に参入し、1971年には、かかる種類の保険の引受及び販売を行うため、ザ・プルデンシャ
       ル・プロパティ・アンド・カジュアルティ・インシュアランス・カンパニーを設立した。
        当社は1973年に健康維持組織事業に参入し、同年にヒューストンのプルケアは保険会社によって所有される

       最初の連邦政府認可HMO(会員制民間健康維持組織)となった。同年に、当社はプルデンシャル・リインシュ
       アランス・カンパニーという子会社を設立することにより、再保険事業を拡大した。当社はまた、グアム及び
       香港において新たな支店を開設することを発表した。
        ソニーとプルデンシャル・インシュアランスの合弁事業の産物として、ソニー・プルデンシャル生命保険が

       1979年に日本で事業を開始した。保険業界外への事業多角化の最初の大規模な試みとして、プルデンシャル・
       インシュアランスは、1981年にバック・ハルシー・スチュアート・シールズ・インクの証券会社を買収した。
       同社は、プルデンシャル・バック・セキュリティーズ・インクと名称変更された。
                                  17/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
        1980年代には、当社が営む事業において大きな拡大が見られた。プルデンシャル・インシュアランスは、
       1984年に変額識別生命保険を導入し、1985年には当商品は当社の最も人気の高い保険となった。当社は、年金
       基金の株式及び債券運用会社であるジェニソン・アソシエイツ・キャピタル・コーポレーションを買収した。
       プルデンシャル・インシュアランスはまた、ザ・プルデンシャル・ホーム・モーゲージ・カンパニーを通して
       住宅モーゲージ市場に再び参入した。同じく1985年に当社の資産は1,000億ドルを超えた。2年後に当社は、
       当社初の住宅不動産仲介事業への進出としてプルデンシャル・リアル・エステート・アフィリエイツを設立
       し、当社の成長中のミューチュアル・ファンドを管理するためにプルデンシャル・ミューチュアル・ファン
       ド・マネジメントを設立した。1997年までに、プルデンシャル・インシュアランスの運用資産は3,000億ドル
       を超過していた。
        1980年の後半はまた、国際的な事業拡大が始まったときでもある。その頃までにプルデンシャル・インシュ

       アランスは日本におけるソニーとの合弁事業を解消しており、プルデンシャル生命保険株式会社として日本の
       保険市場に参入していた。1988年に当社は日本において新な代理店を10店開設した。2年後に、当社はスペイ
       ン、イタリア及び台湾で保険商品の販売を始め、日本の顧客のために国際的に証券を運用する事務所を東京に
       設立した。1991年には、プルデンシャル・インシュアランスは韓国において保険商品の販売を開始した。当社
       は1997年に、ブラジル最大の銀行の子会社であるブラデスコ・セグロスとの合弁事業を始めることにより、ラ
       テン・アメリカにおける事業を開始した。1999年には、プルデンシャル・インシュアランスはブエノスアイレ
       スにおけるその生命保険関連会社としてプルデンシャル・セグロスS.A.の設立を発表した。当社はまた、ポー
       ランドに生命保険関連会社を設立し、フィリピンにおいても生命保険商品の販売を開始した。最後に、2001年
       4月にプルデンシャル・インシュアランスは日本において協栄生命保険株式会社を買収した。同社は、現在で
       はジブラルタ生命として知られている。
        かかる期間中に、プルデンシャル・インシュアランスは特定の事業の整理も始めた。1995年にプルデンシャ

       ルはその住宅モーゲージ事業及び再保険子会社を売却する計画を発表し、1998年にはエトナに健康保険部門を
       売却する契約が締結されたことを発表した。
        プルデンシャル・インシュアランスが株式会社化への準備を正式に開始したのは1998年であった。同年に、

       ニュージャージー州知事が株式会社化に関するニュージャージー州法に署名し、翌年には当社が正式に株式会
       社化する意思を正式公表した。2000年12月15日に、プルデンシャル・インシュアランスの取締役会が全員一致
       で再編計画を採択し、2001年3月に当社はニュージャージー州銀行保険局長に株式会社化の許可を得るための
       申請書を正式に提出した。当局は、2001年7月17日及び18日に同計画に関する公聴会を開き、2001年7月31日
       までに保険契約者が同計画を圧倒的に支持する投票を行った。当局は、2001年10月15日に同計画を承認する命
       令を交付した。同計画は2001年12月18日(プルデンシャル・ファイナンシャル・インクの普通株式の新規株式
       公開が終了した日)に発効した。その時点をもって、プルデンシャル・インシュアランスは、株式保険会社と
       なり、プルデンシャル・ファイナンシャル・インクの完全間接子会社となった。
                                  18/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
        2003年5月1日、当社は、購入価格総額11億8,400万ドルで、スカンディアUSインクを買収した。当該買収
       により、変額年金保険に関して米国における当社の第三者による販売能力が大幅に拡大、多様化し、商品提供
       の幅も広がった。
        2003年7月1日、当社は、当社の小口証券ブローカー業務及び決済業務をワコビア・コーポレーションのそ

       れと統合し、現在本社をミズーリ州、セントルイスとする合弁事業であるワコビア・セキュリティーズ・ファ
       イナンシャル・ホールディングス・エルエルシー(「ワコビア・セキュリティーズ」)を設立した。ワコビ
       ア・セキュリティーズは米国でも最大級の小口証券ブローカー及び決済組織であり、個人及び法人に対してフ
       ル・サービス証券ブローカー業務及び財務アドバイザリー業務を提供している。
        2003年、当社は全国的に事業展開していた損害保険事業をリバティ・ミューチュアル・グループ(「リバ

       ティ・ミューチュアル」)に売却し、ニュージャージー州における損害保険事業をパリサデス・グループに売
       却した。これらの事業は、当社の保険部門の一部であった損害保険セグメントの業績の一部として反映されて
       いた。歴史的に見て、売却した会社は、全米個人市場において、特に自動車保険や住宅総合保険を担保範囲と
       した個人向け損害保険商品の組成販売を行っていた。
        2004年4月1日には、当社はコネチカット州に所在地を有するシグナ・ライフ・インシュアランス・カンパ

       ニー、登録投資顧問であるグローバル・ポートフォリオ・ストラテジーズ・インク及び登録ブローカー・
       ディーラーであるシグナ・ファイナンシャル・サービシズ・インクの株式を買収した。さらに、シグナの貯蓄
       金融子会社であるシグナ・バンク・アンド・トラスト・カンパニーF.S.B.は当社の貯蓄金融子会社であるザ・
       プルデンシャル・セービングス・バンクF.S.B.と合併された。シグナ・ライフ・インシュアランス・カンパ
       ニーはその後プルデンシャル・リタイアメント・インシュアランス・アンド・アニュイティ・カンパニーに名
       称を変更した。2006年の第1四半期に、買収したシグナの退職金事業の統合は実質的に完了した。
        2006年6月1日に、当社はオールステート・コーポレーション(「オールステート」)の変額年金保険事業

       を総額635百万ドルの再保険取引を通じて買収した。当該買収は当社の規模を拡大し、米国における第三者に
       よる販売能力(オールステートの代理店の営業部隊である約15,000名の独立契約者及び金融専門家を通した、
       独占的販売網を含む。)も拡大した。オールステートから買収した変額年金保険事業の統合は、2008年度第2
       四半期に完了した。
        2007年に、当社はユニオン・バンク・オブ・カリフォルニアの退職金事業の一部を買収し、当社の退職金事

       業に統合した。この買収により、資産残高72億ドルの、20の確定拠出プラン及び600の確定給付型年金プラン
       が当事業に追加された。
        2007年に、当社のライフ・プランナーの第一グループはメキシコで生命保険商品の販売を開始した。また、

       当社は不動産事業の大手グループであるDLFグループとの合弁事業を通して、インドの生命保険市場に参入し
       た。
                                  19/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
        2008年10月10日、当社は、役員手当ソリューション及び金融戦略(非適格役員手当制度の運営を含む。)の
       提供会社であるマリンTBG・インシュアランス・エージェンシー・サービシズLLC及び関連会社を買収した。こ
       の買収により、当社の商品提供の幅が拡大し、営業及び販売網も拡張し、適格及び非適格退職給付制度及び繰
       延報酬制度の両方を提供する唯一のサービサーとしての当社の地位が向上した。
        2009年12月31日に、当社はワコビア・セキュリティーズの合弁事業に対する少数持分を、現金45億ドルで

       ウェルズ・ファーゴに売却した。
        2011年2月1日に、当社はアメリカン・インターナショナル・グループ・インク(「AIG」)から、エイア

       イジー・スター生命保険株式会社、AIGエジソン生命保険株式会社及びその他AIG子会社の一部の買収を完了し
       た。買収総額は約48億ドルであり、その内訳は、約42億ドルの現金及び6億ドルの第三者に対する負債の引受
       であった。
        2011年7月1日に、当社はグローバル・コモディティ事業を419.5百万ドルでジェフリーズ・グループ・イ

       ンクに売却したことを発表した。
        2011年12月6日に、当社はデラウェア州の有限責任会社である、BRPSエルエルシー(「BRPS」)及びオンタ

       リオの会社である、ブルックフィールド・アセット・マネジメント・インク(BRPSと総称して「ブルック
       フィールド」という。)と売買契約を締結し、当該契約に従って、当社の不動産売買仲介フランチャイズ及び
       リロケーション・サービス事業をブルックフィールドに売却した。当該取引において、当社は、プルデンシャ
       ル・リアル・エステート・アンド・リロケーション・サービシズ・インク(「PRERS」)の全株式資本を売却
       した。PRERS及びその子会社は、当社の不動産売買仲介フランチャイズ及びリロケーション・サービス事業を
       構成していた。
        2012年11月1日に、当社はゼネラル・モーターズの約110,000名の有給退職者の退職者年金給付義務の譲渡

       を完了したことを発表した。当該契約に基づき、当社は団体年金契約の購入について、約250億ドルの保険料
       を有給従業員のためのゼネラル・モーターズ退職金制度より受領した。2013年1月1日より、当社はこれらの
       退職者に対する支払の管理を開始する。
        2012年12月10日に、当社はヴェライゾン・マネジメント・ペンション・プランが、当該プランの年金負債の

       約75億ドルを支払うために、一時払い保険料団体年金契約を当社より購入したことを発表した。当該契約に基
       づき、当社は、2013年1月1日より、ヴェライゾン・マネジメント・ペンション・プランの約41,000名の参加
       者に対して将来年金を支払う義務を取消不能な形で引き継いだ。
        2013年1月2日に、当社は再保険取引を通じて、ハートフォードの個人生命保険事業を買収したことを発表

       した。当社は、契約高約1,350億ドルに上る約700,000件の生命保険契約について、主に再保険を提供するため
       の受再手数料の形式で、615百万ドルの現金対価を支払った。
                                  20/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
        2015年1月2日、当社とクラスB株式の株主らとの間で2014年12月1日に締結された株式買戻契約に基づ
       き、当社は現金購入価格総額651百万ドルに相当するクラスB株式すべてを購入し消却した。その結果、自己
       株式であるクラスB株式は抹消され、「利益剰余金」の484百万ドルの減額及び「追加資本準備金」の167百万
       ドルの減額をもたらした。当該株式買戻契約の規定に従い、クラスB株式の株主らはその後、購入価格の計算
       に異議を唱える権利を行使した。この紛争は2016年第1四半期中に解決され、その結果、現金購入価格は119百
       万ドルに増額され、総購入価格は770百万ドルとなった。現金購入価格の増額により、それに対応する「利益
       剰余金」は減額となった。
        2016年3月、当社は、チリ建設協会の投資対象の子会社であるインベルシオーネス・ラ・コンストゥルクシ

       オンS.A.(「ILC」)からのチリの退職金サービスの大手供給業者である退職金資金運営会社(「AFPハビタッ
       ト」)の間接保有持分40%の買収を完了した。当社は1株当たり899.90ペソを支払い、株式取得日の為替相場
       に基づき、総購入価格は約532百万ドルとなった。当社及びILCは現在、共同持株会社を通じてAFPハビタット
       の間接の支配権を等分に保有する。当社の投資は持分法で計上され、「その他の資産」として記録されてい
       る。この買収により、当社は成長中のチリの年金市場に参入が可能となる。
      (2)  当社の日本における沿革

        当社は、日本において以下に掲げる子会社を有している。

                   社名                       所在地/設立年

     1.   プルデンシャル生命保険株式会社                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                     プルデンシャルタワー
                                 設立: 1987年
     2.   PGIMジャパン株式会社                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                     プルデンシャルタワー
                                 設立: 2006年
     3.   ジブラルタ生命保険株式会社                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                     プルデンシャルタワー
                                 設立:1947年(2001年に買収)
     4.   プルデンシャル・ジブラルタエージェンシー株式                        所在地:東京都品川区西五反田2-15-7
         会社                        設立: 1976年
     5.   株式会社協栄年金ホーム                        所在地:千葉県流山市東深井948
                                 設立: 1965年
                                  21/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                   社名                       所在地/設立年
     6.   PGビジネス・サービス株式会社                        所在地:東京都豊島区東池袋4-24-3
                                 設立: 1974年(2011年に買収)
     7.   PGインシュアランス・サービス株式会社                        所在地:東京都千代田区麹町3-2-1
                                 設立: 1997年
     8.   プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパ                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
         ン株式会社                            プルデンシャルタワー
                                 設立: 2001年、2009年に組織変更
     9.   プルデンシャル・リアルエステート・マネジメン                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
         ト有限会社                            プルデンシャルタワー
                                 設立: 1963年(2002年年に現在の事業を開始)
     10.   株式会社三栄収納サービス                        所在地:東京都豊島区東池袋4-24-3
                                 設立: 1981年
     11.   PG収納サービス株式会社                        所在地:東京都豊島区東池袋4-24-3
                                 設立: 1978年(2011年に買収)
     12.   プルデンシャル・ジェネラル・サービス・ジャパ                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
         ン有限会社                            プルデンシャルタワー
                                 設立: 2006年
     13.   PGIMリアル・エステート・ジャパン・リミテッド                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                     プルデンシャルタワー
                                 設立: 2007年
     14.   プルデンシャル・システムズ・ジャパン有限会社                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                     プルデンシャルタワー
                                 設立: 2008年
     15.   プルデンシャル        ジブラルタ      ファイナンシャル生           所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                     プルデンシャルタワー
         命保険株式会社
                                 設立: 1955年(2009年に買収)
     16.   PGIMリアル・エステート・ファイナンス・エルエ                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
         ルシー                            プルデンシャルタワー
                                 設立: 2008年(米国デラウェア州にて設立)
     17.   株式会社CLIS(35%はIBM株式会社が保有)                        所在地:東京都品川区南大井6-26-1
                                     大森ベルポートA館
                                 設立: 1990年(2011年に買収)
     18.   ロックストーン株式会社                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                     プルデンシャルタワー
                                 設立: 1963年
     19.   JREF合同会社                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                     プルデンシャルタワー
                                 設立: 2016年
     20.   プルデンシャル信託株式会社                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                     プルデンシャルタワー
                                 設立: 2015年
                                  22/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      日本における歴史
       1979年         ザ・プルデンシャル・インシュアランス・カンパニー・オブ・アメリカが、ソニー株式会

                社と合弁事業を開始。
       1981年4月         ソニー・プルデンシャル生命保険が業務を開始。
       1987年10月         プルデンシャルが合弁事業を撤退し、本店所在地を東京とする完全子会社、プルデンシャ
                ル生命保険株式会社(プルデンシャル日本法人)を設立。
       1988年4月         プルデンシャル日本法人が全国10ヶ所に販売代理店を構えて業務を開始。
       2001年2月         東京本店に加え、プルデンシャル日本法人は、46の支社と合計2,800名の従業員を有する。
       2001年4月         東京地方裁判所の認可により更生手続中の協栄生命保険株式会社を取得し、ジブラルタ生
                命保険株式会社(「ジブラルタ生命」)と社名変更
       2007年3月         米国法人の支店であったプルデンシャル・セキュリティーズ・ジャパンは、日本法人であ
                り、プルデンシャル・セキュリティーズ・ジャパンの完全子会社であるプルデンシャル証
                券株式会社に現地法人化した。
       2007年6月         当社は当社の子会社であるプルデンシャル・エクイティ・グループ・エルエルシーのそれ
                を含む、プルデンシャル・エクイティ・グループの株式調査、販売及び取引事業からの撤
                退を発表した。
       2007年12月         当社の子会社であるプルデンシャル・インベストメント・マネジメント・インクは、日本
                における新たな法人を取得し、プルデンシャル・リアルエステート・インベスターズ・
                ジャパン株式会社として届け出たことを発表した。その後、商号をPGIMリアル・エステー
                ト・ジャパン・リミテッドに変更。
       2008年5月         プルデンシャル・システムズ・ジャパン株式会社を設立した。
       2009年3月         大和生命を買収。大和生命はジブラルタ生命の完全子会社である。その後、大和生命の商
                号をプルデンシャル          ジブラルタ      ファイナンシャル生命保険会社に変更。
       2009年4月         プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパン株式会社(「PHJ」)はプルデンシャル
                日本法人及びジブラルタ生命の規制保険持株会社になった。
       2011年2月         プルデンシャル・ファイナンシャルは、エイアイジー・スター生命保険株式会社(「ス
                ター」)及びAIGエジソン生命保険株式会社(「エジソン」)をアメリカン・インターナ
                ショナル・グループ・インクから買収した。両社ともジブラルタ生命の完全子会社であ
                る。
       2012年1月         スター及びエジソンは、ジブラルタ生命に吸収合併された。
       2015年9月         日本における新会社であるプルデンシャル信託株式会社を設立した。
       2016年12月         ファイナンシャル・アシュアランス・ジャパン株式会社は、PHJに吸収合併された。
       2018年4月         2018年4月4日、さつき株式会社はPGインシュアランス・サービス株式会社に吸収合併さ
                れた。
                                  23/705









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】

                                 概要
      プルデンシャル・ファイナンシャル・インクは米国、アジア、欧州及びラテン・アメリカで事業を行う、運用資

     産約1兆3940億ドル(2017年12月31日現在)を有する大手金融サービス会社である。当社は、子会社、関連会社を
     活用し独自の流通ネットワーク及び第三者流通ネットワークを通じて、生命保険、年金、退職金関連サービス、
     ミューチュアル・ファンド及び投資運用などを含む広範囲の財務商品・サービスを個人顧客、法人顧客に提供して
     いる。当社の本社機構はニュージャージー州ニューアーク市にあり、当社の普通株式はニューヨーク株式市場にお
     いて「PRU」のティッカーシンボルで取引されている。
      2001  年12月18日、プルデンシャル・インシュアランスは保険契約者が所有する相互会社から株式会社へと組織変

     更を行い、プルデンシャル・ファイナンシャルが全額出資する子会社となった。株式会社化はプルデンシャル・イ
     ンシュアランスの組織変更計画に基づいて実行され、この再編計画の実行にあたっては、「クローズド・ブロッ
     ク」と称する法制上の機構を設置運用することが必要であった。クローズド・ブロックには、有効な利益配当型保
     険及び年金商品、これらの商品について保険契約者配当を支払うための資産並びに関連する資産及び負債が含まれ
     る。
      クローズド・ブロック事業の業績は、特定の関連する資産及び負債と共に、独立したセグメントとして報告さ

     れ、プルデンシャル・ファイナンシャルの修正後営業利益の定義に基づいて「撤退事業」として扱われる。撤退事
     業の業績は、米国で一般に公正妥当と認められた会計原則(「U.S.GAAP」)に準拠して算定される当期純利益には
     含められるが、修正後営業利益からは除外される。当社の撤退事業の定義及び調整後営業利益の説明については、
     連結財務書類の注記22を参照のこと。クローズド・ブロックの詳細については、連結財務書類の注記12及び下記の
     「クローズド・ブロック部門」の項を参照のこと。
      当社は、顧客及び出資者のための価値提案を拡張するために、2017年第4四半期に当社米国事業において当社の

     事業構成及び当社のデジタル方式による及び顧客に対する契約能力を反映した新たな組織構成を導入した。この新
     たな組織構成において、当社の既存セグメントは維持されつつ、新部門の下で再編成されている。新組織構成の下
     での当社の主な事業は、7セグメントを含む5部門、全社及びその他業務にて構成されている。米国個人ソリュー
     ション部門は、個人年金保険及び個人生命保険セグメントにて構成されている。米国ワークプレイス・ソリュー
     ション部門は退職金及び団体保険の各セグメントにて構成されている。投資管理部門は、投資管理セグメント
     (元・資産運用セグメント)にて構成されている。国際保険部門は、引き続き国際保険セグメントにて構成され、
     クローズド・ブロック部門は引き続き当社のクローズド・ブロック・セグメントにて構成されている。当社の全社
     及びその他業務は引き続き、撤退した若しくは今後撤退する特定の事業セグメントに割り当てられない全社の項目
     及びイニシアチブを含む。新組織構成導入による、報告セグメント又は当社のセグメント利益の基準に変更はな
     い。
      総売上高、損益計算、資産総額については、連結財務書類の注記22を参照のこと。

                                  24/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                          米国個人ソリューション部門
      米国個人ソリューション             部門は、個人年金保険           及び個人生命保険         の各セグメントにより事業を遂行している。

     個人年金保険セグメント

      当社の個人年金保険セグメントは、主に米国の一般富裕層及び富裕層を対象に個人変額年金保険及び定額年金保

     険商品を組成し販売している。当社では一般的に、米国市場において投資可能資産又は年収が10万ドルを超える世
     帯を一般富裕層、投資可能資産が25万ドルを超える世帯を富裕層とみなしている。当社は革新的な商品デザインと
     リスク管理戦略に注力している。
     競争

      当社は、革新的な商品特性を提供できる能力によって、他の退職貯蓄及び積立商品の提供会社(保険・金融サー

     ビスの一流大手企業を含む。)と競合している。また、当社は、ブランド知名度、財務力、販売網の範囲及び当社
     の顧客へのサービス能力の点でも競争している。
      近年、当社はより厳しい競争に晒されるようになった。適切な収益予想を維持し、当社のリスク・プロファイル

     を改善するために、当社は年金市場の変化を積極的に監視し、現在の市場環境に当社の商品を適応させるための措
     置を引き続き講じている。これらの措置には、給付金及び手数料を調整するための新規販売対象の変額年金保険商
     品内容の変更及び特定の株式クラスの終了などが含まれる。また、特定の生前給付特約オプション付き変額年金保
     険の契約者からの追加積立を終了又は制限した。同様に、以前はよりアグレッシブな商品デザインと価格設定を
     行っていた競合他社も、給付金の変更や、変額年金保険市場からの撤退又は規模縮小を開始した。当社は下記のと
     おり、リスク削減策として外部の再保険を採用し、特定の商品の設計に関する規定を導入し、新規事業のための主
     な価格設定のエレメントを頻繁に変更することが可能になった。当社はまた、提供する商品を拡大し、リスク・プ
     ロファイルを分散するため、引き続き新商品を導入すると共に、新規顧客を勧誘すると同時に、リスクを管理し、
     市況及び規制の変更に対応するため、当社は今後も当社の商品を改良し、差別化するための機会を引き続き追求す
     る。
                                  25/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     商品
      当社は、基本的な死亡給付並びに一連の任意的に保証された生前給付(増額された最低保証死亡給付付きのもの

     を含む。)及び年金化オプションを提供している。当社が現在販売している契約の大半には生前給付特約オプショ
     ンが含まれており、これには、とりわけ、日々の最も高い契約価値プラス一定のリターンに基づいて一定期間引き
     出すことを可能にする保証が含まれている。この契約価値は契約者の存命中、定期的に引き出す基準となる想定金
     額であり、一度に全額を保険解約金として評価することはできない。また、一部の生前給付特約オプションは、配
     偶者の死亡給付オプションと一緒に購入することができ、これも最も高い契約価値に基づいている。当社の業績
     は、当社商品に対して当社が査定する手数料レートに左右される。当社が過去に販売した商品の中には、契約期間
     を通じて手数料が漸減するものもあるが、当社の新商品には概ね比較的低い手数料レートが設定されている。
      当社は最高日次生涯給付(「HDI」)変額年金によるプルデンシャル・プレミア®退職金変額年金保険を開始し、当

     該保険は最高日次勘定価値及び複合支払猶予クレジットに基づく生涯所得を提供する。HDI                                                v.3.0は、当社の“最
     高日次”生前給付特約の最新版である。2015年4月1日から2016年12月31日までの間に発行される新規事業の約
     50%が対象となるクォータ・シェア契約に基づき、HDI                             v.3.0の勘定価値32億ドルは、2017年12月31日付で外部の
     当事者である       ユニオン・ハミルトン・リインシュアランス・リミテッド                              に再保険された。2016年12月31日以降の
     HDI  v.3.0の新契約は、この出再保険契約の対象とならない。
      2017  年、当社はレガシー・プロテクション・プラス(「LPP」)付プルデンシャル・プレミア®退職金変額年金保

     険を開始し、最初の保有者(若しくは企業が保有する場合は年金受給者)の死亡やロールアップ上限へ達した等の
     特定の事象が発生するまでの間に、事前に設定された利率で毎年ロールアップされた購入金額に基づき、当該保険
     は強化された死亡給付オプションを提供する。LPPは、当社が提供するその他の生前給付又は死亡給付オプション
     と同時に選択することはできない。
      プルデンシャル確定給付®(「PDI」)変額年金保険は、最大の日次生涯給付を提供する当社の変額年金保険商品

     を更に充実させた。PDIは終身解約給付金の保証も提供しているが、契約者の投資は分離勘定における個別保証サ
     ブアカウントに対する投資に制限される。PDIには生前給付特約が含まれ、払込購入金額に対して、指定された終
     身引出率が定められており、当該比率は、実際に終身引出が開始するまで、年率で上昇するが、最高日次給付の特
     典はない。
      また、当社は生前給付保証のない変額年金保険及び即時開始年金も販売している。当社はプルデンシャル・プレ

     ミア®投資変額年金保険(「PPI」)を販売しており、当該年金は最低保証死亡給付オプションのある繰延税金資産
     積立、年金化オプションを提供し、当該契約について支払われた購入全額から一部の解約金を差し引いた金額を、
     契約者の死亡時に、契約者の受益者に返金することを保証している。
                                  26/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      当社のPDI商品を除いて、当社の変額年金保険の大部分は、当社及び/又は他社の設定した基本となるミュー
     チュアル・ファンド(通常はアセット・アロケーション・プログラムを通じて)へ投資するサブアカウントへ購入
     支払額を割り当てる機会を契約者に提供している。一定の商品は、一般勘定で投資される固定金利勘定への割り当
     てを許容し、又はこれを条件とし、最低金利条件付きで、当社が定める金利による利息を貸記するものである。ま
     た元本の保証と、当社が定める利率(但し、契約上の最低保証に従う)での金利の保証を備えた定額年金保険も用
     意している。当社は、最低保証予定利率を設定するという契約規定を条件に、一定の商品について付与利率を任意
     で見直すことができる。変額年金保険及び一定の定額年金の固定金利勘定に対する投資への割り当ては、投資額が
     満期まで保有されない場合には、市場価格の調整が必要となる。
      さらに、一部の保有契約には現在提供されていない、保証された想定金額に基づく年金給付や、積立期間後の所

     定日に支払われる保険金・給付金などの保証給付が含まれている。一定の契約は、当該契約について支払われた購
     入全額から一部の解約金を差し引いた金額を、契約者の死亡時に契約者の受益者に返金することを保証している。
                                                   SM

      当社は2018年第1四半期に、一時払い定額インデックス年金保険であるプル・セキュア                                              を開始した。当該保険
     は全部又は一部の契約残高をS&P                 500などのインデックス勘定に割り当てることができる。インデックス勘定は、
     選択されたインデックス及びその選択された期間(例えば、1、3若しくは5年間など)の業績に連動した金利又
     は金利部分(当該インデックスに対する投資ではない。)を提供する。ユニバーサル生命保険商品を提供してい
                                    SM
     る。当社は、繰延給付年金である受取額保証付年金(「GIST                                」)の開始も予定しており、当該年金は、最初は当
     社のグループ保険事業を通じた直接の勧誘により販売される。
      当社の商品に潜在するリスク及び当該リスクを制限するための当社の対応策については、「第3 事業の状況」

     「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「セグメント別営業成績-米国個人ソリュー
     ション部門-個人年金保険-変額年金保険リスク及びリスク回避策」の項を参照のこと。
     マーケティング及びディストリビューション

      当社の年金保険商品は、様々な第三者ブローカー・ディーラー及びその代表者、銀行及び証券会社並びに独立金

     融プランナーを通じて、またGIFT商品は、当社のグループ保険事業を通じた直接の勧誘により販売されている。さ
     らに、当社の変額年金保険商品は当社の関連会社のブローカー・ディーラーであるプルデンシャル・アドバイザー
     ズを含む金融専門家などを通じて販売されている。当社の販売への取り組みは、内部及び外部のホールセラーによ
     りサポートされている。
      米国労働省(「DOL」)受託者責任規則及びその当社の個人年金保険セグメントへの影響については、後述の
     「規制-ERISA及びDOL受託者責任規則」の項を参照のこと。
                                  27/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     引受及び価格設定
      当社では、変額年金保険商品における当社の自社ミューチュアル・ファンドの平均資産の一定のパーセンテージ

     として決定される資産運用報酬(他社ファンドの副投資顧問費用を除く)を得る。また、年金分離勘定残高におけ
     る日ごとの平均純資産価額、勘定価値、保険料、若しくは保証価格に基づき各種保険関連オプションや特約の死差
     益及び経費及びその他の手数料を得ている。また、自社及び他社ミューチュアル・ファンドの多くから営業サービ
     ス費用及び販売手数料を受け取っている。
      変額年金保険の価格設定は、リスクの評価及び適用されるヘッジ及び再保険費用を含むリスク管理戦略を考慮し

     て決定する。当社の価格決定は、競争及び契約継続率(証券又は契約が効力を保持する確率)や、生前給付特約オ
     プション付き契約については、給付の利用及び解約のタイミング及び効率などを含む契約者の行動に関する仮定条
     件やその他の仮定条件に影響される。当社の価格設定の仮定と実際の結果が大きく異なった場合、当社の商品の利
     益率に悪影響又は良い影響を与える場合がある。契約継続を促進するために、当社の変額年金保険及び定額年金保
     険は一定の年数に対して解約手数料を設けている。さらに、当社の変額年金保険商品の生前給付特約オプション
     は、契約継続によってのみ生前給付の価値を完全に実現できるため、契約継続を促進している。
      当社は定額年金保険及び変額年金保険の定期勘定の価格を仮定された投資利益、費用、競争及び継続率やその他

     の仮定条件に基づき決定している。当社としては一般勘定投資資産の収益と、定額年金保険に適用する金利及び当
     社の変額年金保険の固定金利勘定とのスプレッドを維持するよう努めている。
     準備金

      当社では、年金商品のためにU.S.GAAPに基づく準備金を設定している。最低保証死亡給付(「GMDB」)及び最低

     年金額保証給付(「GMIB」)については、金利、株式投資収益、経費、解約、死亡率並びに年金給付率などをしか
     るべく想定し、これに基づいて準備金を設定している。当社の変額年金保険の生前給付特約オプションの一部は、
     組込デリバティブとして認識され、公正価値で計上される。当該給付の公正価値は、契約者に対する将来の給付支
     払予定額の現在価値から、組込デリバティブに属する将来の特約費用の評価額の現在価値を差し引いた金額として
     算出され、市場参加者がこれらの組込デリバティブの評価を行う際に使用する仮定条件に基づいている。条件付生
     命保険支払年金契約については、保険契約開始日時点での逆偏差に関する準備金に基づく最良推定値の想定又は直
     近の損失認識時点での最良推定値の想定に基づき準備金を設定する。変額及び定額年金保険については、当社では
     (累積総支払保険料+配当利息+ファンド実績)-(解約手数料+死亡率+経費)に相当する契約者勘定残高を負
     債として設定している。契約者預り金勘定には、条件付非生命保険支払年金給付の準備金も含まれる。変額年金の
     法定準備金については、「規制-米国の保険業務-州の保険規制-財務に係る規制-変額年金保険」の項を参照の
     こと。
                                  28/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                            個人生命保険セグメント
      個人生命保険セグメントは、主として米国の一般市民層、一般富裕層及び富裕層向けに、ユニバーサル生命保

     険、定期保険及び変額生命保険商品の組成、販売を行っている。当社では一般的に、投資可能資産が2万5千ドルを
     超える又は年収が5万ドルを超える世帯を一般市民層、投資可能資産又は年収が10万ドルを超える世帯を米国にお
     ける一般富裕層、投資可能資産が25万ドルを超える世帯を富裕層とみなしている。当社の生命保険商品は、独立し
     た第三者販売業者及びプルデンシャル・アドバイザーズの認可を受けた販売専門職を通じて販売されている。当社
     の顧客の一部は資産・税務計画の目的で生命保険を活用するため、当社の販売は第4四半期に増加する傾向があ
     る。
     競争

      個人生命保険セグメントは、成熟市場において他の巨大大手生命保険会社と競争している。当社は主に価格、引

     受のスピード及び容易さを含むサービス、販売網、ブランド知名度及び財務力によって競争している。競合会社が
     多数存在するため、価格競争は深刻である。目標とする利益を達成しつつ、競争力のある価格設定を行う当社の能
     力に影響を与える要因には、一定の定期生命保険契約について必要とされる法定準備金の融資のレベル、コスト及
     び入手の可能性、法定準備金に関連する課税控除の入手の可能性、利用及びタイミング、法定準備金及び関連する
     課税控除額に影響を与える商品デザイン、プリンシプル・ベースの準備金の採用のタイミング、金利の変動とその
     レベル及び当社の費用構造などが含まれる。
      当社は、市場と当社の戦略に基づき、定期的に商品の価格と内容を調整しており、これは個人生命保険事業のバ

     ランスのとれた商品ポートフォリオによる、安定的で一貫した成長と、1つの商品タイプに集中することを避ける
     こと目的としている。これらのアクション及び競合他社のアクションによって、当社の販売レベルは、期間ごとに
     影響を受ける。
     商品

      当社の主な保険商品は、定期生命保険、変額生命保険、保証ユニバーサル生命保険及びその他のあらゆるユニ

     バーサル生命保険であり、2017年12月31日現在、これらは、それぞれ、有効な個人生命保険契約高(再保険を除
     く)の47%、31%、15%及び7%を占める。当社は引き続き、当社の商品多角化戦略に重点的に取り組む。この戦
     略によって、当社のポートフォリオリスクのバランスが改善し、販売代理店やその顧客への価値提案が向上した。
     さらに、当社の変額生命保険及びユニバーサル生命保険商品の大部分は、一定の契約条件を満たした慢性疾患又は
     末期症の場合には、死亡保険金を生前に受け取ることのできる特約も設けている。
                                  29/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      定期生命保険
      当社では、特定の期間中に保険を付保する定期生命保険商品も各種提供している。定期保険商品の中には、保険

     契約者の希望により終身生命保険に切替え可能な商品もある。当社は、平準保険期間終了時に生存している契約者
     に対して、保険料を返金する定期生命保険も提供している。定期生命保険による保障については、引き続き多くの
     需要がある。
      変額生命保険

      当社は変額生命保険商品を各種提供しており、死亡給付金と保険料支払の双方を変更できる柔軟性を保険契約者

     に提供するとともに、保険契約者が選択する基礎投資ポートフォリオにリンクした収益を受け取る可能性を提供す
     るものでもある。契約保有者は、通常、当社の一般勘定の一部である固定金利オプションにおける投資プレミアム
     オプション又は株式及び債券ファンドで構成される分離勘定投資オプションにおける投資のための預金を行うこと
     ができる。契約保有者による固定金利オプションへの投資については、元本を保証し、当社が決定する利率での利
     子が発生し、当該利率は、契約上の最低利率の対象となる。分離勘定において、契約保有者は、ファンドの基礎
     ポートフォリオの業績に対するリスクを負担する。また、当社は契約者が保証期間を選択できる、より柔軟な保証
     を可能にした変額生命保険商品を販売している。変動生命保険は引き続き重要な商品であるが、市場では、定期生
     命保険及びユニバーサル生命保険の需要がますます高まっている。しかし、個人生命保険の利益の重要な部分は、
     現在も有効な変額生命保険契約に関連しており、契約期間の経過に伴いランオフすることが予想される。
      ユニバーサル生命保険

      当社では、ユニバーサル生命保険商品を提供しており、その特徴として、フレキシブルな保険料及び当社が決定

     する保証利率(契約上の最低利率の対象となる)が挙げられる。保証ユニバーサル生命商品は、解約払戻金が不十
     分である場合に契約が失効する場合においても、死亡給付を保証する。さらに、当社は全部又は一部の契約残高を
     インデックス勘定に割り当てるユニバーサル生命保険商品を提供している。インデックス勘定は翌年からS&P500イ
     ンデックス業績に連動した(これに対する投資ではない)金利又は金利部分を提供するユニバーサル生命保険商品
     を提供している。当該業績には加入率及び契約上の上限と下限が設けられている。死亡率及び費用差益及び純金利
     スプレッドは、ユニバーサル生命保険から得た個人生命保険セグメントの収益に影響する。
                                  30/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     マーケティング及びディストリビューション
      個人生命保険は、次の2つの経路を通じて商品を提供している。

      第三者による販売

      当社の個人向け生命保険商品は、独立ブローカー、証券会社、銀行、総代理店及びプロデューサー・グループを

     含む多様な第三者経由で提供されている。当社では伝統的に個人、家族及び事業を守るための生命保険ソリュー
     ションを提供し、また不動産・資産移転計画をサポートする独立した仲介業者を通じた販売に力を入れてきた。
      プルデンシャル・アドバイザーズ

      プルデンシャル・アドバイザーズは、プルデンシャルのユニバーサル生命保険、定期生命保険、変額生命保険、

     変額年金保険、定額年金保険、独自の又は一般的な投資オプションのある投資商品、並びに他社の特定保険商品及
     び投資商品を販売しており、他社の設定した損害保険へのアクセスを有する。また、プルデンシャル・アドバイ
     ザーズは、証券会社及び投資顧問会社として登録されている、プルコ・セキュリティーズ・エルエルシーを通じ
     て、個人向けの証券業務及び個人向けの投資助言業務を提供している。これらのサービスには株式売買口座、一任
     勘定及び非一任勘定投資助言プログラム及びファイナンシャル・プランニング・サービスなどが含まれる。プルデ
     ンシャル・アドバイザーズは個人生命保険セグメントに営業損失を計上しているが、この経路による販売総額を考
     慮すると全体としては利益を上げている。個人生命保険セグメントは、個人年金及び投資管理セグメントの商品を
     販売することにより、マーケットレートに基づく手数料を受け取っている。利益又は損失は個人生命保険セグメン
     トの業績に含まれており、連結時に消去される。
      DOL  の受託者責任規則及びその当社の個人生命保険セグメントに対する影響については、後述の「規制-ERISA及

     びDOL受託者責任規則」を参照のこと。
                                  31/705









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     引受及び価格設定
      生命保険引受業者は加入申込者の年齢、性別、健康状態及び職業並びに希望保険金額に基づき、当社の個人生命

     保険商品リスクの評価、数量化を遂行している。当社では、常に医療、学術調査及び実績の動向に合わせてガイド
     ラインを更新している。当社はまた、既存の引受プロセスを重点的に迅速化し、強化する新たな引受アプローチを
     導入した。当社は個人生命保険の保険料及び契約手数料を予想される死亡保険金、保険解約給付金、費用及び必要
     準備金に基づき決定する。当社は、死亡率、罹患率、金利、費用、契約継続率、保険料支払パターン及び分離勘定
     ファンドの業績及び商品から生じた課税控除並びに価格設定方針における法定準備金を準備するための資金調達の
     レベル、コスト及びその利用可能性を考慮して保険契約の価格設定を行う。当社の一部の契約は全額保証されてい
     る。その他の商品は、契約上の保証を条件として、保険料、費用及び金利資金を変更することができる。実績と価
     格設定の間に大きな隔たりがある場合には、当該商品の収益性にも影響を与える場合がある。
     準備金

      当社では、個人生命保険商品についてU.S.GAAPに基づく準備金を設定している。定期生命保険契約及びその他の

     定額及び保証条件のある保険金については、保険契約者に対する将来の保険金・給付金及び費用の準備金を定める
     ため、保険契約の責任開始日の時点での逆偏差のための必要準備金に基づき、                                        死亡率、運用利回り、経費、保険の
     継続率などの       最良推定値を参考にする。無失効保証についての準備金を定める場合には、現在の最良推定値に基づ
     き決定し、当該推定値にはそれ以降の保険料支払い予測が含まれる。                                    準備金には既報告未払損害              及び既発生未報告
     損害が含まれる。         場合によっては、特定の事業に対する準備金が全体として不足していないとしても、利益が前年
     以前に認識され、損失が後年に認識されることが見込まれる利益認識パターンもあり得る。こうした状況において
     は、当社は、後年に認識されると見込まれる損失を十分に相殺するために必要な金額で追加の負債(利益発生後の
     損失、若しくは「PFL」負債)を計上している。変額生命保険及びユニバーサル生命保険について、当社では、契
     約者勘定残高を負債として設定している。これらの負債は累積積立金及び利息から(該当する場合には)解約・引
     出手数料及び保険手数料を差し引いたものに相当する。法定準備金の                                    プリンシプル・ベースの準備金に関する進展
     については、「規制-米国の保険業務-州の保険規制-財務に係る規制-保険準備金及び規制目的上の自己資本」
     の項、当社の生命保険商品の法定準備金及び準備金積立については「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「流動性及び資本資源-資本-資金調達-定期生命保険及びユニバー
     サル生命保険の準備金の調達」の項を参照のこと。
                                  32/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     再保険
      個人生命保険セグメントは、商品の収益性に影響を与えかねない死亡率の変動及びリスク許容能力を管理する手

     段として、再保険を用いている。西暦2000年以降販売した契約については、当社は、死亡リスクの大部分に再保険
     をかけてきた。この部分は市場の要因及び戦略的な目的によって、時間の経過とともに変動している。第三者再保
     険業者が何らかの理由により債務を履行できない場合には、当社が責任を負う。当社は、当該リスクを軽減するた
     めに、全社的に再保険会社の財務状況を分析し、カウンターパーティ・リスクの集中を監視している。
                       米国ワークプレイス・ソリューション部門

      米国ワークプレイス・ソリューション部門は、退職金セグメント及び団体保険セグメントと通して事業を行って

     いる。
     退職金セグメント

      当社の退職金セグメントは、当該市場における事業をプルデンシャル退職金と呼んでいるが、公共団体、民間団

     体及び非営利セクターにおける退職金プランのスポンサーに対して退職金投資及び退職年金商品及びサービスを提
     供する。当社のフル・サービス事業では、記録、計画管理、保険統計顧問サービス、顧客に応じた参加者教育及び
     コミュニケーションサービス、受託サービス、機関投資家向け及び小口投資を提供している。当社は、当社は確定
     拠出、確定給付型年金及び非適格年金プランを提供している。確定拠出、確定給付型年金及び非適格年金プランの
     組み合わせを有する顧客については、総合的な記録サービスを提供している。当社は、当社のブローカー・ディー
     ラー、プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・サービシズLLCを通じてブローカー業務及びプルデン
     シャル・バンク・アンド・トラストFSB(「PB&T」)(信託業務のみを行う目的の限定された機関)を通じて信託
     サービスを提供している。当社の機関投資家向け商品事業は支払年金及びステーブル・バリュー型(確定利回り
     型)商品の両方を提供している。当該支払年金には、年金リスク移転商品、仕組決済方式商品及びその他の団体年
     金を確定拠出年金、確定給付年金、非適格制度及び個人について提供している。ステーブル・バリュー型(確定利
     回り型)商品には、投資専門のラップ商品、元本・利回り保証投資契約(「GIC」)及び融資契約がある。
                                  33/705









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     競争
      退職金セグメントは、他の巨大大手保険会社、資産運用業者、レコードキーパー及び様々な金融機関と競争して

     いる。当社のフル・サービス事業は、主に、価格設定、サービス及び投資提供の幅、当社従業員の専門性、投資実
     績、顧客の退職給付金のニーズに適った商品提供能力によって競争している。当社は資産又は被保険者に対する制
     度事務管理手数料、契約者情報記録業務及び従業員研修サービスから収入を得ている。競争、契約上の報酬収益の
     制限、仲介業者及び業界全般での標準的かつ一貫した報酬の開示を要求する規制などの影響により、当社に対する
     価格圧力は高まる一方、この事業は近年高い契約継続率を誇っている。
      当社の機関投資家向け商品事業は、主に、当社の価格設定及び組成能力、並びに革新的な商品ソリューションを

     提供する能力及び大規模な取引を成功させる能力によって競争している。機関投資家向け投資商品の販売は、投資
     業績、会社の信用及び財務力格付、商品デザイン、市場の見通し、販売能力、手数料、保証利率及び顧客サービス
     などの競争要因によって影響される。当社は制度スポンサーに対する革新的な年金リスク管理ソリューション及び
     ステーブル・バリュー型ラップ商品市場のリーダー企業としての地位を確立した。この年金リスク移転市場は、今
     後も当社の専門性にマッチした魅力的なビジネス・チャンスになるであろうと考えている。
     商品及びサービス

      フル・サービス

      当社のフル・サービス事業は制度スポンサー及びその参加者に対して、幅広い商品及びサービスを提供し、確定

     拠出、確定給付及び非適格制度の設計、実施及び運営を、契約者情報記録業務及び管理サービス、総合的な投資の
     案内及びコンサルティング・サービスを含めて支援し、制度スポンサーの受託義務管理を支援する。当社は、投資
     商品の一部として、幅広い一般及び分離勘定のステーブル・バリュー型商品、その他の報酬ベース分離勘定及び関
     連会社若しくは関連会社以外の投資顧問が助言している小口のミューチュアル・ファンド及び機関投資家向けファ
     ンドを提供している。さらに、特定の商品は、当社のフル・サービスの販売網を通して、専ら投資目的で販売・売
     却されている。
      当社のフル・サービス一般勘定及び分離勘定ステーブル・バリュー型商品は、一定の期間について一定のレート

     の利息を支払うことが義務付けられており、契約の終了時に口座残高若しくは市場価格で返済することが義務付け
     られている。これらのステーブル・バリュー型商品は全部若しくは一部利益配当型であり、年次若しくは半期での
     金利見直し(契約上の一定の下限の対象となる。)がその前の投資実績に影響を与える。当社は、一部利益配当型
     の商品について、当社の投資の利益率と当社が信用する金利とのスプレッドから費用を引いた額から収益を得てい
     る。さらに、当社は、全部若しくは一部利益配当型の商品について、契約者情報記録業務及びその他の総務サービ
     スの提供のための事務管理報酬を受け取る場合がある。
                                  34/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      また、当社は報酬ベースの商品を提供し、これを通して、顧客の資金は分離勘定、小口のミューチュアル・ファ
     ンド及び機関投資家向けファンド又は顧客が所有する信託に預けられている。この商品では、ほぼすべての投資結
     果が顧客に引き渡される。場合によっては、この契約は一般勘定により保証された最低金利保証の対象となる。ま
     た、当社は、一部の確定拠出勘定に関連する最低保証解約給付金を提供し、デリバティブ及びその他のヘッジ手段
     を用いて一定の関連リスクを管理している。
      当社のフル・サービス報酬ベース助言事業はいずれも参加者への連絡及び研修プログラム及び非識別調査、制度

     の書類関連サービス、必要な提出物を署名するだけの書類の作成などを含む幅広いプラン・コンサルティング・
     サービス及び確定給付制度の完全な保険統計的サポート等によりサポートされている。その他のサービスとしては
     非適格繰延報酬制度(役員手当ソリューション及び資金調達戦略を含む。)の運営、投資顧問サービス及び合併、
     買収のサポートなどがある。
      機関投資家向け商品

      当社の機関投資家向け商品ビジネスは主に支払年金市場及びステーブル・バリュー型投資商品市場に商品を提供

     している。
      支払年金市場        当社の支払年金分野は、一般的に参加者の生涯にわたって予測可能な月次所得を提供する。当社

     の年金リスク移転商品にはポートフォリオで保護された商品及び長命に対応した再保険商品が含まれる。当社の
     ポートフォリオで保護された商品は、年金制度スポンサーを対象に発行する無配当団体年金契約であり、当社は、
     通常、開始時に一時払いで支払われる保険料に対して、当該制度の一定の参加者グループに関連する投資リスク及
     び保険数理計算上のリスクを制度スポンサーから引き継ぐ。これらの商品は下記のとおり、当社のその他の一般勘
     定年金契約と同様の経済的特徴を有するが、隔離された分離勘定の追加的な保護を提供する場合もある。当社の長
     命リスク再保険商品は第三者が保証した年金制度の長命リスクを保証する再保険契約であり、当社はこれにより報
     酬を得る。通常、毎月の保険料及び給付金の差益決済による。2017年12月31日現在、当社の有効な年金リスク移転
     事業の平均年齢は約76歳であった。
      その他の一般勘定商品及び分離勘定商品には仕組み決済、任意所得商品、クローズアウト年金等、傷害訴訟決済

     市場の支払保証、確定拠出参加者の拠出及び確定給付制度の給付義務などのニーズに応える商品が含まれる。当社
     の一般勘定商品については、当社はこれらの契約に関連するすべての投資、死亡、退職及び資産/負債管理及び費
     用リスクを負担する。当社の収益は、投資利回りに関連する実績、死亡のタイミング、退職のタイミング及び手数
     料の水準が当初の価格設定で前提とされた条件より有利若しくは不利であったことを反映している。当社の分離勘
     定商品は主に報酬ベースの商品であり、確定給付年金制度の対象となる退職者に支払われる年金を保証するもので
     ある。これらの契約により制度スポンサーは投資のリスクと利益及び保険統計的な結果を留保しながら、当該契約
     により保証されるすべての年金の支払について一般勘定保証を受けることができる。
                                  35/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      ステーブル・バリュー型投資商品市場                      当社は、リテール及び機関投資家向けの資本市場及び適格制度市場にお
     いて使用する投資専門の商品を組成している。当社の主なステーブル・バリュー型商品は投資専門のラップ商品で
     あり、顧客が所有する信託に顧客資金が保有される。これらは利益参加型契約であり、一般勘定により保証された
     最小限の金利保証を前提として、当社は投資結果を顧客に引き渡し、当該保証を提供することによって、当社は手
     数料を受け取る。現在有効な契約については、最低金利は0%である。当該保証を提供して当社が受け取る報酬
     は、基本となる契約の定義に従って見直される場合がある。契約者には自社又は他社の柔軟性のあるファンド投資
     の選択肢が与えられる。
      また、当社は投資専門の一般勘定商品をGIC及びファンディング契約の形で提供する。当該商品には、指定され

     たレートでの利息を払って、契約満了若しくは契約終了時に元本を返還する義務が含まれる。これらの義務が当社
     の一般勘定により保証されるため、当社はこれらの契約に関連する投資及び資産/負債管理リスクを負担する。一
     般的に当社のこれらの商品からの利益は、当社の投資からの利益率と当社が信用する金利のスプレッド(費用控除
     後)から生じる。
     マーケティング及びディストリビューション

      当社の商品は様々な販売網を通じて販売している。当社のフル・サービス事業では、専門の販売及びサポート

     チームが全国各地の拠点で当社の販売を管理している。また、その他の第三者ファイナンシャル・アドバイザー、
     ブローカー及び給付コンサルタントを通じて、またより少ない程度で年金制度のスポンサーに対して直接に、当社
     の商品及びサービスを販売している。当社の顧客は事業年度の始まり又は終わりにプラン変更を希望する場合が多
     く、これは一般的に当社の第4四半期に当たる。
      機関投資家向け商品事業における支払年金分野では、当社の年金リスク移転商品、従来の団体年金及び利益配当

     分離勘定年金商品は、通常、保険数理計算人及び第三者のブローカーを通じて販売されている。仕組み決済商品は
     関連会社以外の専門ブローカーを通じて販売されている。任意所得商品は当社のフル・サービス事業の確定拠出部
     門からDC及びDB事業を通じて制度スポンサーに直接又は年金保険価格提示サービスの一部として販売されている。
      機関投資家向け商品事業のステーブル・バリュー型部門では、直接販売網若しくは仲介業者を通じて投資専門の

     ラップ商品及び従来のGICを、制度スポンサー及びステーブル・バリュー型ファンド・マネージャーを対象に販売
     し、投資家に向けてファンディング契約を販売している。また、当社は世界的なファンディング契約債券発行プロ
     グラム(「FANIP」)を運用しており、同プログラムに基づき制定法上の信託からコマーシャル・ペーパー及び/
     又は中期社債が発行される。このコマーシャル・ペーパー及び/又は中期社債は、プルデンシャル・インシュアラ
     ンスが信託に対し発行したファンディング契約によって保証される。またプルデンシャル・インシュアランスは、
     ニューヨークのフェデラル・ホーム・ローン・バンクに対して直接ファンディング契約を発行することもできる。
      DOL  の受託者責任規則及びその当社退職金セグメントへの影響については、後述の「規制-ERISA及びDOL受託者

     責任規則」を参照のこと。
                                  36/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     引受及び価格設定
      当社のフル・サービス及び機関投資家向け商品の料率設定にあたっては、投資環境や当社のリスク、費用、利益

     率目標を考慮した当社の価格設定モデルを採用している。さらに、支払年金分野における商品については、当社の
     モデルは死亡率及び、該当する場合には、早期退職リスクに関する仮定条件を採用している。これらの仮定条件
     は、特定の市場においては予測がより難しい場合があり、実績と価格設定の間に隔たりがある場合には、当該商品
     の収益性にも影響を与える場合がある。当社の投資専門のラップ商品について、当社の価格設定リスクは、原契約
     の定義のとおり、保証利益率を提供するために当社が得る報酬が見直されること;参加者が契約に基づき簿価で資
     金を引き出すことができるが、契約者による引き出しは即時に市場価格で又は一定期間中に簿価で行われること;
     当社の義務はファンド価値を超過した部分の支払いに限定されていること等によって軽減される。
     準備金

      当社では、退職金商品の準備金をU.S.GAAPに基づき設定している。年金保険契約に関する保険契約者に対する将

     来の保険金・給付金及び費用に備えるべく、当社は運用利回り、経費、死亡率、契約継続率及び退職日の仮定条件
     などを考慮し、保険契約開始日時点での逆偏差に関する準備金に基づく最良推定値の想定又は直近の損失認識時点
     での最良推定値の想定に基づいて準備金を設定している。将来の契約者に対する責任準備金には、繰延利益債務に
     関する金額が含まれる場合がある。さらに、契約者勘定残高に対する負債及び投資実績のための追加準備金を設定
     しており、これは将来的には顧客のものになるが、付与利率には反映されていない。契約者預り金勘定には、条件
     付非生命支払年金給付の準備金も含む。
     団体保険セグメント

      当社の団体保険セグメントは、米国内において主として従業員用及びアフィニティー・グループ関連として機関

     投資家向けに団体生命保険全般、長期、短期の団体所得補償保険、法人向け、銀行向け、信託向け団体生命保険を
     提供している。当社はこの他事故による死亡、傷害などの補助的損害保険の販売や、保険担保範囲に関連する企画
     管理サービスの提供も行っている。
                                  37/705









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     競争
      当社は、団体生命保険及び団体所得補償保険の両方を提供する会社であり、成熟した米国市場における他の巨大

     大手生命保険・健康保険業者と競争している。当社は主に、ブランド知名度、サービス能力、顧客関係、財務健全
     度、商品提供の幅及び価格によって競争している。団体保険商品の価格設定は、市場における多数の競合企業を反
     映している。当社の保険料の大部分は、5,000名以上の個人被保険者を有するような、大企業、アフィニティー・
     グループ又はその他の団体によるものであり、当社はこれを全米セグメントと呼んでいる。当社はまた、100名か
     ら5000名の従業員を擁する機関の顧客ベースの拡大を目指しており、これをプレミア・セグメントと呼んでいる。
     雇用主がコスト管理を試み、給付に関する決定及び資金調達を職場で付与される給付を引き続き重要視している従
     業員にシフトしている中で、従業員支払(任意)保険は重要である。当社の収益性は任意保険市場に一部依存して
     おり、これは将来の雇用率及び報酬率により影響を受ける。
     商品

      団体生命保険

      当社の団体生命保険ポートフォリオは、雇用主支払(基本)保険及び従業員支払保険を含む生命保険商品から構

     成されており、従業員及び従業員の扶養家族のための定期保険及び団体ユニバーサル保険が含まれる。また団体変
     額ユニバーサル生命保険、基本及び任意の死亡・傷害保険、重症疾患保険及び傷害保険商品も提供している。当社
     の従業員支払保険は、多くの場合、転退職時に保険を継続できるようにしている。また、認められている疾患に契
     約者が罹患した場合、保険料が免除される保険料免除のシステムも提供している。
      当社の団体法人・銀行・信託所有生命保険は、分離勘定を利用した団体変額生命保険契約であり、通常、大企業

     が繰延報酬制度及び退職者給付計画に対する資金調達に利用する保険である。
      団体所得補償保険

      当社が提供する短期、長期の団体所得補償保険は、病気や傷害に対する収入補償を行うものである。また、保険

     制度管理サービス及び休職管理サービスも提供している。所得補償保険の給付は一般的に契約者の稼得所得の50%
     から70%とし、一定の最高給付金額を上限とする。短期団体所得補償保険は一般的に週単位で給付金を、3ヶ月か
     ら6ヶ月間提供し、長期団体所得補償保険は毎月支払われ、90日から180日間の待機期間経過後に給付金の支払を
     開始し(当該期間中は短期所得補償給付金が支払われる場合がある)、一般的に契約者が復職又は通常の退職年齢
     に達するまで継続する。
                                  38/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     マーケティング及びディストリビューション
      団体保険は、団体保険専門の営業部隊を通じて商品ラインアップ及びカスタマイズされたベネフィット・ソ

     リューションを提供しており、この営業部隊は市場別に組織されており、主として従業員給付制度のブローカーや
     コンサルタントを通じて販売を行っている。
     引受及び価格設定

      当社では、当社、業界及び/又はその他過去の実績に基づいた引受実務及び標準料率システムを利用して、各商

     品ラインの価格を設定している。当社は、保険契約申込人グループのリスク・プロファイルの評価を行うが、任意
     の商品又は保険は個別での引受が必要となることがある。当社はいかなる個人契約の申込みについても受け入れ義
     務は負っておらず、保険契約申込人に対し保険適格であるという証拠の提出を要求することもできる。
      当社の団体生命保険及び団体所得補償保険商品については、規則に従って価格設定を行っている。当社の団体保

     険商品の価格設定は、個々の商品の特約事項にもよるが、死亡率及び罹患率、金利及び費用の想定値を使用して計
     算する予測給付金支払率に基づくものである。当社の多くの団体保険においては、複数年にわたる保障を提供して
     おり、収益性の変動の原因となる場合がある。実績ベースの収益規定のある一部の契約については、最終保険料は
     該当する契約者の過去1年間の実際の経験料率を反映して調整される。これらの契約については、保険契約者が保
     険期間にわたり保険金請求実績変動に関連するリスクの一部を負担し、一部の給付を受け取り、これにより収益性
     の変動は少なくなる。
     準備金

      当社では、団体保険の準備金をU.S.GAAPに従って設定している。将来の保険金・給付金及び費用の準備金につい

     ては、当社が適切であると判断した死亡率、罹患率、保険金支払解約率、投資利回り、公的年金控除に基づく最良
     想定値に基づいて算出している。この準備金にはさらに、既報告未払保険請求金額や、既発生未報告請求金額も含
     んでいる。また、勘定預り金累積元本に利息を加えたものから、引出額、経費及び保険料を適宜差し引いた額から
     なる保険契約者預り金勘定のための準備金を設定している。
     再保険

      当社は主に大きな保険金請求額からの損失を制限するため、また顧客の要望に応じて再保険を利用する。当社は

     随時、資本管理の目的で再保険を利用することもある。第三者再保険業者が何らかの理由により債務を履行できな
     い場合には、当社が引き続き責任を負う。当社は、当該リスクを軽減するために、全社的に再保険会社の財務状況
     を分析し、取引先リスクの集中を監視している。
                                  39/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                               投資管理部門
      投資管理部門は、投資管理セグメントを通じて事業を行う。

     投資管理セグメント

      投資管理セグメントは、機関投資家向けポートフォリオ管理、リテール・ファンド管理、個人融資及び資産流動

     化活動並びにその他各種仕組み商品を通して、広範囲の投資管理及び顧問サービスを提供している。これら商品及
     びサービスは、第三者顧客及び当社のその他の事業に対して販売提供されている。当社はまた対象国における運営
     合弁事業を通じた資産運用及び投資販売事業に投資し、米国外の一般富裕顧客層の拡大及びグローバル運用資産の
     増大に努めている。
      当社は、通常、運用資産のパーセンテージに基づき計算される資産運用手数料を受け取っている。一定の資産運

     用の取決めにおいては、運用資産に対する利益が一定のベンチマーク又はその他の業績目標を超えた場合に業績に
     基づいたインセンティブ報酬を受け取る場合もある。取引手数料は、主に不動産に関する一定のファンドにおい
     て、資産の売買に関連する取引価格のパーセンテージに基づき支払われる。さらに、戦略的投資からの投資利益及
     び商業用モーゲージ貸付組成・サービシング事業の収益も受け取っている。
     競争

      投資管理セグメントは、多数の資産運用業者及びその他の金融機関と競争している。当社の投資管理商品におい

     て、当社は、投資実績、投資戦略及び投資プロセス、能力、組織としての安定感並びに顧客との関係など複数の要
     因によって競争している。当社は、各商品分野又は資産クラスの価値を高めるために設計されたアプローチを採用
     する特別な投資チームにより、様々な資産クラスに商品を提供している。組織としての安定性及び強固な機関投資
     家向け及びリテール事業により、顧客に投資利益を提供するために必要な才能ある人材を引き寄せ、維持すること
     ができている。当社の私募発行及び商業用モーゲージ事業は価格、条件、出来栄え及び借主との関係の強度により
     競争している。競争の内容は提供される商品又はサービスにより異なる。
                                  40/705









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     商品及びサービス
      当社は上場及び未上場債券、株式及び不動産の資産運用サービスを提供し、商業用モーゲージ貸付のオリジネー

     ション及びサービス並びにミューチュアル・ファンド及びその他のリテール・サービスを以下の8つの事業を通じ
     て提供している。
      PGIM  債権等

      PGIM債券はニューアーク、ロンドン、シンガポール及び東京の当社の事業所を通じて、世界中の様々な顧客のた

     めに、資産運用を行っている。当社の商品は従来型の広範な市場債券戦略や単一セクター戦略、従来型の及びカス
     タマイズされた資産負債戦略、ヘッジ戦略及びローン担保証券を管理運用している。PGIM債券は、カストディ業務
     を行わない有価証券貸出のエージェントも務めている。ポートフォリオは、専門家チームのベテランのポートフォ
     リオ・マネージャーによって管理されており、大手の信用調査会社、数量調査会社及びリスク管理会社によってサ
     ポートされている。
      ジェニソン・アソシエイツ

      当社の完全子会社であり、登録投資顧問会社であるジェニソン・アソシエイツ・エルエルシーは、マーケット・

     キャピタリゼーション、投資スタイル及び地域の点において、幅広く、バランスの取れた債券ポートフォリオ及び
     公開エクイティ資産の一任及び非一任資産運用サービスを提供している。ジェニソン・アソシエイツは、基本的な
     チーム・ベースの研究に基づき、ミューチュアル・ファンドを含む機関投資家、個人顧客及びサブ・アドバイザ
     リー顧客のためにポートフォリオを運用する。
      クアンティテイティブ・マネジメント・アソシエイツ(PGIMグループ会社)

      当社の完全子会社であり、登録投資顧問会社であるクアンティテイティブ・マネジメント・アソシエイツ・エル

     エルシーは、様々な投資スタイルを利用して、幅広い顧客層を対象に、一任及び非一任資産運用サービスを提供し
     ている。クアンティテイティブ・マネジメント・アソシエイツは、法人及びミューチュアル・ファンドを含むサ
     ブ・アドバイザリー顧客に対して、クライアントの目的に合わせた独自の数量的プロセスを用いて、株式及び資産
     割当ポートフォリオを運用している。
      プルデンシャル・キャピタル・グループ

      プルデンシャル・キャピタル・グループは投資適格の私募債、投資適格以外の私募債及びメザニン型債券及びエ

     クイティ証券に投資することにより顧客に対する資産運用サービスを提供しており、大部分の私募債は当社スタッ
     フが直接組成したものである。これらの投資体制は当社の一般勘定及び法人顧客により、直接のアドバイザリー勘
     定、保険会社特別勘定及びプライベートファンドストラクチャーを通じて利用されている。
                                  41/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      PGIM  リアル・エステート・ファイナンス
      PGIMリアル・エステート・ファイナンスは、当社一般勘定、法人投資家、ファニーメイ、連邦住宅局及びフレ

     ディマックなどの政府主催の団体のために商業担保ローン組成、資産運用及びサービシングを提供している。
      PGIM  リアル・エステート

      PGIMリアル・エステートは、単一クライアント向けの資産運用サービス並びに私有及び公共合同の不動産ポート

     フォリオや商品を提供するとともに、主として当社の世界にある22のオフィスを通じて法人顧客向けに私有及び公
     共不動産に投資する各種不動産投資手段を考案運用するものである。当社の国内外の不動産投資ビークルは、極め
     て多様性に富むオープン・エンド型ファンドから、特定種類の資産や特定の地域に投資するものや、特定の投資戦
     略に従うスタイルのものといった限定型クローズ・エンド型ファンドまで多岐にわたる。当社のグローバル不動産
     事業組織は、米国、欧州、アジア及びラテン・アメリカで確固たる存在感を示している。
      PGIM  インベストメンツ

      PGIMインベストメンツは、主に、米国の個人向け市場における自己勘定の資産運用経験を生かして投資運用商品

     の組成、販売、サービスを行っている。これらの商品は、第三者の投資顧問及びプルデンシャル・アドバイザーズ
     内の認可を受けた販売専門職の両方を含む金融の専門家による販売を想定したものである。2017年12月31日現在、
     個人向け投資商品には、70種類以上のミューチュアル・ファンドを取りそろえている。これら商品はいろいろな目
     的の個人資産を取り込み、運用するとともに、投資家の金融ニーズの変動にも対応できるよう広範囲の投資スタイ
     ルと目的をカバーするものである。
      PGIM  グローバル・パートナーズ

      PGIMグローバル・パートナーズは、台湾で資産運用事業を営み、ブラジル、インド及びイタリアにおいて資産運

     用運営合弁事業の持分を保有しており、持分法で計上されている。これら事業はそれぞれ、個人及び法人の投資家
     及び顧客にミューチュアル・ファンドを提供している。
      また、第三者投資家に提供するファンドの設立及び管理をサポートするため、私有及び公共不動産、債券及び公

     開されたエクイティ資産クラスに戦略的投資を行っている。これらの一定の戦略的投資は主に当社が運用するファ
     ンドや仕組み商品への共同投資のために行われる。その他の戦略的投資は当社の自己勘定を含む投資家に対する売
     却若しくはシンジケートを組織するために行われ、若しくは当社が提供し運用するファンドや仕組み商品の私募の
     ために行う(初期投資)。また、当社は、投資家によるエクイティコミットメント又はファンドの資産によって担
     保された当社運用のファンドに対して、短期ローンを提供し、保証している。
                                  42/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     マーケティング及びディストリビューション
      当社は機関投資家に対して、各投資管理事業が編成した当社の自己勘定販売部隊を通じて投資管理サービスを提

     供している。各事業は、顧客とともに行為する独立したマーケティング及びサービスチームを有している。機関投
     資家向け資産運用サービスもまた、退職金セグメントを通して提供されている。
      当社が運用している個人顧客資産の大部分は当社のミューチュアル・ファンド、当社の変額年金保険及び変額生

     命保険に投資されている。これらの資産は当社のその他の事業に関連する販売網及び第三者ネットワークを通じて
     集められる。さらに、当社は第三者商品開発業者及び販売業者の商品及びプラットフォームに当社の投資商品を組
     み込むべく、こうした開発業者及び販売業者と協力している。
      「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「一般勘定投資」に

     記載するとおり、当社は様々なクラスの一般勘定の資産について資産運用サービスを提供している。
      DOL  の受託者責任規則及びその当社の投資管理セグメントに対する影響については、後述の「規制-ERISA及び

     DOL受託者責任規則」を参照のこと。
                               国際保険部門

      国際保険部門は、国際保険セグメントを通じて、業務を遂行している。

     国際保険セグメント

      当社の国際保険セグメントは、個人及び団体生命保険商品、退職金商品及び関連商品(固定給付付きの健康特約

     保険及び傷害保険を含む。)を組成販売している。当社はライフ・プランナー事業を通じてこれらの商品を日本、
     韓国並びに台湾、イタリア、ブラジル、アルゼンチン、ポーランド及びメキシコを含むその他の米国外の一般富裕
     層及び富裕層市場に提供している。当社はまたジブラルタ生命事業のジブラルタ生命保険株式会社に関連する銀
     行、独立系代理店及びライフ・コンサルタントを含む複数の販売網を通じて日本の広大な中流層及び一般富裕層市
     場に類似商品を提供している。
      2017  年12月31日に終了した年度については、当社の日本におけるライフ・プランナー事業並びにジブラルタ生命

     事業は、国際保険セグメントの純保険料、契約賦課金及び報酬収益のそれぞれ37%及び49%に相当し、総額では、
     プルデンシャル・ファイナンシャルの純保険料、契約賦課金及び報酬収益の37%に相当した(加重平均月次換算
     レートで換算)。
                                  43/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      上記事業に加えて、当社は今後も魅力ある市場と長期的成長可能性を有するターゲットとする国への事業拡大の
     機会及び既に進出している国でのさらなる事業拡大の機会を追求する。これらの市場への参入は、ターゲット市場
     における専門的知識、販売能力又は既存の販売網を提供することができるパートナーと共に行うことが多い。2017
     年12月31日現在、当社はチリにおける退職金サービス事業に対して40%の持分、マレーシアにおける生命保険事業
     に対して70%の持分を有している。また、当社はインドにおける生命保険合弁事業に対して49%の持分、インドネ
     シアにおける生命保険合弁事業に対して49%の持分を有している。インドネシアにおける合弁事業は2017年にCT
     コープと共同で設立したもので、多製品、多経路による販売アプローチを取る見込みである。2017年4月に当社
     は、ブラジルで第三者ブローカーを通じて団体生命保険及び個人傷害保険商品を法人顧客に提供しているイタウ・
     ウニバンコ・エッセ・アーからの団体生命保険事業の買収を完了した。2017年6月、当社が主要投資家となってい
     るファンドであるリープフロッグ・ストラテジック・アフリカン・インベストメンツ(「LSAI」)は、エンタープ
     ライズ・グループ・リミテッド及びその関連会社(「エンタープライズ・グループ」)の少数株主持分を取得する
     契約に署名した。エンタープライズ・グループは、生命保険及び年金を含むサービスをガーナの新興市場の消費者
     に提供している。この取引は2017年8月に発効した。
      当社はまた定期的に既存の国際事業を見直しており、それがもはや当社の広範な国際戦略に沿わないと判断した

     場合は、その運営から撤退する場合もある。2018年1月、当社はポーランド子会社であるプラメリカを売却する最
     終的な契約を締結した。当該取引は、規制当局の承認及び通例のクロージング条件を前提として、2018年に発効す
     る見込みである。
      当社の各営業拠点はニュージャージー州ニューアーク市の本部及び米国外の国の上級役員の監督下で地域管理販

     売チームを中心に独立ベースで管理している。営業にはそれぞれ、独自のマーケティング、保険引受、保険金支
     払、投資運用及び保険統計機能をもたせている。さらに、一般勘定投資ポートフォリオの大半は当社の投資管理セ
     グメントが主に国際投資子会社を通じて運用している。当社の業務は政府機関が発行する債券など、地元通貨建て
     の有価証券に主として投資している。事業規模が大きくなれば、米ドル建ての商品をサポートし、当社の外国為替
     ヘッジ戦略の一環として、主に米ドル建て投資商品などを含む、多様化した中身のポートフォリオとなる。ジブラ
     ルタ生命事業は、オーストラリア・ドル建て投資商品を有し、当該為替にて発行された商品をサポートしている。
     競争

      日本及び韓国の生命保険市場は、成熟した市場であり、厳しい価格競争が存在する。当社は主に価格で競争する

     よりも、顧客のニーズに応じた販売、品質及び販売網の能力等の顧客サービス及び当社の財務体力で競争してい
     る。アジアにおける人口統計の傾向によると、商品開発の機会が高まっており、人口のうち退職に備える人が増え
     る中、貯蓄と所得補償を可能にする保険商品が販売されている。さらに、アジアの保険会社は他の市場への参入に
     注力する中、当社は現在サービス提供しているアジア市場におけるプレゼンスの確立の機会を与えられている。複
     数の補完的な販売網を有していることも当社の強みである。しかし、販売人員及び第三者販売網の競争は極めて厳
     しいものである。
                                  44/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     商品
      当社の国際保険事業は、退職金及び貯蓄性商品の需要の拡大をサポートする商品として、死亡保障を強調した

     様々な商品を提供している。日本国外では、当社商品は概して現地通貨建てで提供されている。日本国内において
     は、変わらぬ低金利環境及び通貨市場の変動が続く中、一定の商品、特に米ドル建て商品に対する需要に変化が生
     じており、現在はこうした需要が新規契約の大半を占めている。また、当社は、当社の商品の販売を定期的に見直
     しており、特に日本国内では、低金利等の要素による影響が大きい商品については価格を改定し、又は場合によっ
     ては販売を中止するなどの具体的な措置を講じている。
      当社は生命保険、退職金、年金、傷害及び健康保険の4つのカテゴリに商品を分類しており、固定為替レート

     ベースで、当社の2017年の年換算新契約保険料のそれぞれ62%、19%、13%及び6%に相当する。各商品カテゴリ
     の詳細は以下のとおりである。
      生命保険商品

      当社では、定額又は逓増保険や、定期又は終身の保険料支払いオプションを提供するなど、様々な伝統的な終身
     生命保険商品を提供している。また、当社では一定期間の保障を提供する逓増、逓減及び定額定期保険商品、並び
     に保障指向の変額ユニバーサル生命保険を提供している。これらの保険商品の一部は米ドル建てであり、一部の商
     品は死亡保険と一緒に健康保険又は貯蓄的な要素も加えた包括商品として販売されている。
      退職金商品

      当社は養老保険、貯蓄変額ユニバーサル生命保険及び終身年金など、様々な退職金商品を提供している。養老保
     険は死亡又は保険の満期のいずれか早い時期に保険金額を支払う。変額ユニバーサル生命保険は顧客が選択した株
     式及び社債のポートフォリオに連動した金額保証のない保険金額を提供する。終身年金は、定期生命保険に類する
     保険による保障と、あらかじめ定められた年齢から開始する生涯所得を組み合わせている。
      年金商品

      年金商品は主に、日本においてはジブラルタ生命事業が販売している米ドル及びオーストラリア・ドル建ての定
     期年金商品であり、韓国においては当社のライフ・プランナー事業により販売されている韓国ウォン建て及び米ド
     ル建ての変額年金商品である。円建て以外の商品は為替変動の影響を受けやすく、それぞれの国の金利レートの影
     響も受ける場合がある。当社の定額年金商品の大半は、契約が満期まで保有されない場合には、市場価格の調整が
     要求される。
                                  45/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      傷害及び健康保険商品
      当社のほとんどの事業において、当社は固定給付金を伴う損害及び健康保険商品を提供している。これらの商品
     は事故による死亡及び手足喪失、入院、手術、癌及びその他の致死性疾患に対する保険給付を提供しており、その
     ほとんどは特約として販売されており、独立した商品としては販売されていない。また、顧客が該当する傷害を
     負った場合に保険料を免除する保険料払込免除の制度も提供している。
     マーケティング及びディストリビューション

      国際保険セグメントは複数の販路を通じて商品を販売している。これには、ライフ・プランナーとライフ・コン

     サルタントという2つのキャプティブ・エージェントが含まれ、また銀行や独立系代理店第三者販売網も含まれ
     る。当社のキャプティブ・エージェントの数については、「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況の分析」「セグメント別営業成績-国際保険部門」の項を参照のこと。
      ライフ・プランナー

      当社のライフ・プランナー・モデルは、一般富裕層から富裕層の顧客及び中小企業にそのニーズに合わせた、保

     護指向型の生命保険商品を販売し、また中小企業に対して退職金関係の商品を販売し、当社が業務を行っている諸
     外国において当社を差別化するものである。当社の人材採用基準、教育プログラム及び保障パッケージこそ当社ラ
     イフ・プランナー・モデルのキーポイントであると考えている。これにより、ライフ・プランナー事業が高レベル
     のエージェント在籍率、エージェント生産性、契約継続率を誇ることができる。新たにライフ・プランナーを採用
     する際には大卒以上であること、生命保険販売経験がないこと、少なくとも2年の販売経験又は販売管理経験及び
     仕事の安定性と成功を求めるタイプであること等を一般的な基準としているが、これらに限定されていない。ライ
     フ・プランナーの数は2017年及び2016年12月31日現在でそれぞれ7,831名と7,680名であった。
      ライフ・コンサルタント

      当社ライフ・コンサルタントは、当社のジブラルタ生命事業の提供商品を取り扱う独自の流通戦力である。この

     戦力は重点的に、特にアフィニティー・グループとの関係を通じて、主に日本の広範囲の中流所得層を対象に保障
     型商品を提供している。ライフ・コンサルタント事業は変額報酬制度に基づいており、当該制度は、ライフ・コン
     サルタントの在籍率、生産性の向上を図るとともに、当社のライフ・プランナー事業における保障プランにも類似
     させたものである。日本におけるライフ・コンサルタントの数は、2017年及び2016年12月31日現在でそれぞれ
     8,326名と8,884名であった。
                                  46/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      銀行の販売網
      銀行販売網の販売は主に貯蓄性のある生命保険商品、退職後の所得補償保険、並びに主に米ドル及び豪ドル建て

     の固定年金商品などの早期の死亡に対する保障及び遺産計画給付を提供する商品だった。銀行販売網は当社の中核
     的なライフ・プランナー及びライフ・コンサルタントを通じた販売網の追加的なものとしてとらえており、採算性
     のある成長に重点を置いて、今後も当該販売網を追求する。
      銀行販売網を通じた日本における売上の大部分は、単一の日本のメガバンクを通じたものである。しかし、当社

     は日本の4大銀行の各行及び地方銀行とも提携しており、当社は引き続き当該販売網を通じた販売能力拡大の可能
     性を適宜追求する。
     独立系代理店販売網

      当社の独立系代理店販売網は、退職金給付のための保証商品及び高額解約返戻金商品を販売しており、保護、医

     療及び固定年金商品を含む様々な商品を、個人市場を通じて販売している。会計事務所、企業代理店及び独立系代
     理店を含むその他の独立系代理店関係の組み合わせにより多様性を維持し、個人及び法人市場に安定的に重点を置
     く。当該販売網において、販売人に質の高いサービスを提供することによって差別化を図っている。
     引受及び価格設定

      当社の国際保険セグメントは、一般的に商品提供や価格設定、サービス内容などに関して米国の保険規制よりも

     制限的な各地域の規制の適用を受けている。各国における国際保険の営業部門には、個々の保険契約のリスク引受
     に関する米国の慣行を調整適合させる引受部門を用意している。当社は、現地の規制によって許容される範囲にお
     いて、当社の商品の保険料及び契約賦課金を予定死亡数及び罹病給付、解約払戻金、費用、必要準備金、金利、契
     約の継続率及び保険料払込パターンに基づいて決定している。引受限度の設定にあたっては、それぞれの地域業界
     基準に配慮し、業界慣行とは異なる選択を回避するとともに、業界の動向に順応するよう努めている。また、各国
     営業部門の再保険業者とともに引受限度の設定を行っている。
      商品の価格設定は、各国の目標利益率を達成するよう設計されており、当該国の資本費用、リスク及び競争環境

     も考慮される。当社の商品の収益性は、経験死亡率、罹患率、費用及び投資実績と当初の価格設定の関連する仮定
     条件の差によりプラス又はマイナスの影響を受ける。その結果、当社の商品の収益性は期間ごとに変動する可能性
     がある。当社の保険契約に基づく発行時に保証された金利は、投資による当社の利益率を上回る場合があり、その
     結果、当社の保証する利率と当社の投資利益が逆ざやとなる場合がある。さらに、各報告期間の収益率は各年度の
     第2四半期における特定の顧客グループの共通の退職日、又は新商品発売のタイミング、キャンペーン、保険料率
     の変更等、季節要因に影響を受ける場合がある。また、各国税法の改正なども収益率に影響を与える場合がある。
                                  47/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     準備金
      当社では、国際保険商品の準備金をU.S.GAAPに基づき設定している。将来の契約者給付金及び費用のための準備

     金を設定する場合、当社は保険契約の責任開始日時点での不利な偏差の準備金の最良推定値を使用し、これには投
     資利回り、継続率、費用、死亡率及び罹患率等の仮定条件が含まれる。将来の契約者給付金の準備金には、当社の
     繰延損益に関連する金額、既報告未払請求金額及び既発生未報告請求金額が含まれる。変額保険商品と金利感応型
     生命保険商品及び年金保険商品については、保険契約者預り金勘定として集金した                                           累積積立金及び利息から(該当
     する場合)      引出額、費用及び保険料コスト                を差し引いたもの         で設定している。契約者預り金勘定には、最良推定値
     に基づき計算された前受収益準備金及び条件付非終身年金の準備金も含まれる。
     再保険

      国際保険セグメントでは、厳選した第三者再保険業者及びプルデンシャル・インシュアランスの両者に、当社の

     保険リスク(主に死亡率)のある部分に対し再保険をかけている。国際保険セグメントは、その他の関連会社のに
     対しても随時リスクの再保険を行うことがある。第三者再保険業者が何らかの理由により債務を履行できない場合
     には、当社が責任を負う。当社は、当該リスクを軽減するために、全社的に再保険会社の財務状況を分析し、信用
     リスクの集中を監視している。
                             全社及びその他業務

      全社及びその他業務セグメントには、当社の事業セグメント及び撤退事業又は撤退予定の事業に割り当てられな

     い項目及びイニシアチブが含まれる。クローズド・ブロック事業の業績は、特定の関連する資産及び負債と共に
     「クローズド・ブロック部門」として報告され、全社及びその他業務に含まれる撤退事業とは別に報告される撤退
     事業として扱われる。
                                  48/705










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     全社業務
      全社業務とは、主として(1)                ビジネス・セグメントに入れることができない自社資本、(2)                                 事業セグメントに

     割り当てることができない投資で、デッド・ファイナンス投資ポートフォリオ及び税額控除投資を含むもの並びに
     他のセグメントが出資する税効果投資、(3)                        当社の自己資本要件及び関連金利費用を充足するために現在又は将
     来使用される借入資本、(4)                事業セグメントに割当後の当社の適格及び非適格年金制度及びその他の従業員給付
     制度からの収益及び費用、(5)                 事業セグメントに割当後の法人レベルの活動(戦略的支出、コーポレート・ガバ
     ナンス、企業広報、慈善事業及び繰延報酬及び一定の臨時費用及び規制監督強化に関連するものを含む。)、(6)
     株式会社化前の契約者とのある種の債務、(7)                         当社の生命保険合弁事業及び中国における資産運用合弁事業、
     (8)   下記の資本保護の枠組み、(9)                 当社の国際保険セグメントにおける非米ドル建て利益をヘッジするために利
     用する外貨利益ヘッジ・プログラム、(10)                       当社退職金セグメント及び投資管理セグメントにおける米ドル以外の
     通貨立ての特定の利益(固定相場ベース)の換算のための企業間合意の影響並びに(11)                                              その他のセグメントとの
     取引(統合時の会社間取引の廃止を含む。)が含まれる。
      全社業務には当社の資本保護の枠組みに関連する一定の業績が含まれ、当社の資本管理戦略の一部として採用し

     ている。当該枠組みは市場関連のストレスによる資本に対する影響とこれらを抑制するための当社の戦略に対応し
     ている。当社の資本保護の枠組みの詳細については、「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営成績及びキャッ
     シュ・フローの状況の分析」の「流動性及び資本資源-資本-資本保護の枠組み」の項を参照のこと。
     撤退事業

      撤退事業には、当社が売却した若しくは今後売却した事業(縮小対象の事業を含む。)で、U.S.GAAPが定める

     「非継続事業」の経理処理に該当しない事業の業績が含まれる。当社ではこの撤退事業の業績を調整済事業収入か
     らは除外している。調整済事業収入の説明については、連結財務書類の注記22を参照のこと。
      長期介護保険         当社は2012年に個人及び団体長期介護保険商品の販売を打ち切った。これらの商品については、

     U.S.GAAPに基づき準備金を設定している                     。 将来の契約者給付金及び費用のための準備金を設定する場合、当社は保
     険契約の責任開始日時点での不利な偏差の準備金の最良推定値又は直近の損失計上時点での最良推定値を使用して
     設定し、これには投資利回り、継続率、費用、死亡率及び罹患率等の仮定条件が含まれる。また当社の仮定条件に
     は、想定される保険料の引き上げのタイミング及び金額の最良推定値も考慮しているが、州の承認が必要である。
     準備金には既報告未払損害及び既発生未報告損害が含まれる。
                                  49/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     その他
      上記の事業に加え、撤退事業の業績には以下のものが含まれている。

      -2008年に、財務アドバイザリー事業から撤退することを発表し、当該事業は2009年12月31日に売却された、リ

       テール証券仲介及び決済事業合弁会社に対する投資から構成されていた。当社が出資した合弁会社に関する事
       業の一部の費用は、主に訴訟及び規制の問題から留保された。
      -2003年、当社は損害保険会社をリバティ・ミューチュアル・グループ(「リバティ・ミューチュアル」)に売

       却した。当社は、リバティ・ミューチュアルが負担しない特定の損害リスクについての不利な損失について再
       保険を受再した。当社は、現在入手可能な情報に基づき、これらの再保険契約に基づく当社の財産及び傷害の
       責任債務に備え、必要な準備金を設定したと考えている。
      -当社は1992年に個人の所得補償保険の引受を終了し、翌年には入院費保険及び主要な医療保険の引受を終了し

       た。当社の個人の所得補償保険の大部分は解約不能である。しかし、当社は1999年7月にこれらのすべての保
       険について再保険契約を締結した。入院費保険及び主要な医療保険については、1996年医療保険の携行性と責
       任に関する法律が65歳以降の更新を保証している。一定の状況において、州の規制当局から適切な承認を取得
       した上で、請求額を支払うために保険料が不十分であったことを説明することができれば、これらの保険につ
       いての保険料を変更することが許可される。当社では、将来の契約者保険金・給付金及び費用について、
       U.S.GAAPに基づき準備金を設定している                     。
      -当社は1990年代初頭から、米国において積極的に再保険市場において活動していない。しかしながら、再保険

       協約の条件に基づき、当社は引き継いだ個人生命保険契約についての死亡率リスクを引き続き負担している。
       当社では、将来の契約者保険金・給付金及び費用について、U.S.GAAPに基づき準備金を設定している。
                                  50/705










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                           クローズド・ブロック部門
      2001  年の株式会社化に関連して、当社では保険加入者が業績を反映した加入者配当を受け取ることができる国内

     の配当付き個人向け生命保険商品及び年金商品の提供を中止した。したがって、現在効力を有する当社個人向け配
     当付き生命保険商品に対する債務は、これら商品に関わる給付金、加入者配当、経費、税金の支払に専ら充てられ
     る資産とともに、「クローズド・ブロック」へと分離した。当社は、契約者給付金、経費及び税金の支払を行うた
     めに、かつ、2000年に実施された保険契約者配当の基礎となった経験率が継続するものと仮定して、当該保険契約
     者配当と同等の配当を継続して支払うために、クローズド・ブロックの存続期間中に、クローズド・ブロックの収
     益と併せて十分なキャッシュ・フローを生むと予測された資産の金額を選定した。株式会社化後に販売された新規
     保険契約はクローズド・ブロックに付加されることはないので、当社が保険加入者給付を全額償還するにつれて、
     現行の業務は減少していくものと思われる。
      クローズド・ブロックの業績は、特定の関連する資産及び負債と共に、「クローズド・ブロック部門」を構成

     し、当社の調整後営業利益の定義に基づく撤退事業として取り扱われ、当社の全社業務及びその他の業務に含まれ
     る他の撤退事業とは別に報告される。
      連結財務書類の注記12にあるとおり、クローズド・ブロックの業績が当初資金調達で想定していた仮定よりも良

     好又は不調である範囲内において、将来、クローズド・ブロックの契約者に支払われる総配当額は、2000年に実施
     された保険契約者配当が継続すると仮定した場合に契約者に支払われる総配当額より増減する場合がある。仮定さ
     れた金額を超過した経験率は、保険契約者配当金の一環としてクローズド・ブロックの契約者に対して長期間にわ
     たって分配され、株主に対して支払われることはない。これらの超過経験率について保険契約者配当準備金が設定
     されている。毎年、プルデンシャル・インシュアランスの取締役会は、クローズド・ブロック事業の経験率(投資
     収益、実現・未実現投資利益純額、死亡経験率及びその他の要因を含む。)に基づき翌年に利益配当型保険契約に
     対して支払われる配当を決定する。「クローズド・ブロック部門の収入・損益・総資産」については、連結財務書
     類の注記22を参照のこと。
      当社の戦略は、保険加入者給付金の全額支払が進むにつれてこれが徐々に減少する間に、当社の組織変更計画に

     従い、クローズド・ブロックを維持することである。当社はニュージャージー州銀行保険局コミッショナーによる
     組織変更計画の事前の承認に基づいて、クローズド・ブロック契約に基づくリスクの全部若しくは一部を譲渡する
     契約を締結することを許されている。
      全社及びその他業務プルデンシャル・インシュアランスはクローズド・ブロックの実質的にすべての未決済負債

     を、ニュージャージー・プルデンシャル・レガシー・インシュアランス・カンパニー(「PLIC」)の法定保証付分
     離勘定に主として共同保険方式で出再する。
                                  51/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                               無形知的財産
      当社は、必要に応じて連邦政府のビジネス手法特許を申請し、企業秘密を管理することにより、当社の金融サー

     ビス商品の革新を獲得し、保護する。当社では、特に、「プルデンシャル」、「プルデンシャル・ファイナンシャ
     ル」、「プルデンシャル」のロゴ及び「ロック」のシンボルを含む、連邦、州、コモンロー及び諸外国の多数の
     サービスマークを使用している。当社の多数の特許及び企業秘密、サービスマークに関連する営業権は有意で競争
     力のある資産であると考えている。
      2004  年以降、当社と関連が全くない英国のプルデンシャル・ピーエルシーと「プルデンシャル」及び「プル」と

     いう名称を世界中で使用するそれぞれの権利に関する契約を締結している。当該契約は「プルデンシャル」及び
     「プル」の名称及び印の当社の使用に関して、米国を除く欧州及びアジア地域のほぼ全域で制約が設けられてい
     る。このような制約がある地域では、当社は「ロック」のシンボルと代替的な文字マークとを組み合わせている。
     当社としては、これら制限によって当社が国際的に営業し、発展していく上で重大なる影響が生ずるものでないと
     考えている。
                                  52/705














                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                 規制
     概説

      当社のビジネスは、包括的な規制及び監督を受けている。これら規制が目指すところは、必ずしも当社の株主又

     は債権者の保護ではなく、当社の顧客と金融システム全体の保護である。当社が適用を受ける法律規則の多くは定
     期的に再吟味される。また既存の法律規則又は将来の法律規則が当社の業務又は収益性に対し制限を強め、別の形
     で悪影響を及ぼし、コンプライアンス費用を増加させ、又は規制リスクを高める可能性がある。金融市場の混乱に
     よって、下記のドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法(「ドッド・フランク法」)を含む、当社の米国及
     び国際的な事業に適用する法規及び規制体系は広範囲にわたり変更されており、今後も変更される可能性があると
     考えている。また当社は、こうした既存の法律規制及び規制の枠組みに対する現行若しくは将来のイニシアチブに
     よる影響については予測することができない。
      当社の海外事業では、規制において、外国会社はより厳格な監督の適用を受ける場合があり、これによって、当

     社の会社間の取引、投資及びその他の事業運営の面で柔軟性が低下し、当社の流動性及び収益性に悪影響が及ぶ場
     合がある。場合によっては、規制当局は、保険契約者又は当該法域の金融システムを、認識されたシステミックリ
     スクから保護するために、プライバシー、顧客保護、従業員保護、コーポレート・ガバナンス及び自己資本比率な
     どに関して、異なる、米国より厳しい法令を適用する場合がある。さらに、当社の特定の国際営業は、米国内には
     ない政治的、法律的、営業的リスクに直面することがある。一例を挙げれば、差別的規制、従業員連合や労働組合
     に関連する労働問題、資産の国有化又は没収及び価格統制と為替統制、その他営業している国から営業利益を振り
     替える場合や手持ち現地通貨を米ドルなど外国通貨に交換する場合における当社の能力を制限する規制などがあ
     る。当社が合弁事業を行っている一部の法域においては、当社の持分に上限が設けられており、これによって、当
     社はさらに営業上のリスク、コンプライアンスリスク、法的リスク及び合弁パートナーリスクに晒され、パート
     ナーに契約不履行があった場合に当社が受けることのできる救済の選択肢は制限されている。
      当社に適用される主要な規制の枠組みについては、次のセクションの見出しに続いて詳細に記載する。

      -ドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法

      -ERISA及びDOL受託者責任規則

      -州の保険持株会社の規制

      -米国の保険業務

      -州の保険規制

                                  53/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      -保険業務に影響を与える連邦及び州の証券規制
      -海外の保険規制

      -米国の投資及び退職金商品並びに投資管理事業

      -米国の証券及びコモディティ事業

      -保険以外の事業に関する海外の規制

      -デリバティブ規制

      -プライバシー及びサイバーセキュリティに関する規制

      -マネーローンダリング防止及び贈収賄防止に関する法律

      -環境法令

      -未請求財産に関する法律

      -税制

      -米国の税制

      -海外の税制

      -海外の規制イニシアチブ

      連邦準備制度理事会(「FRB」)及びニュージャージー州銀行保険局(「NJDOBI」)を含む国内及び海外の複数

     の保険規制当局は年次監督者カレッジに参加している。監督者カレッジの目的は監督者の継続的な連携を推進し、
     当局間の情報共有を促進し、当社のリスク・プロファイルに関する各当局の理解を増進することである。直近のカ
     レッジは2017年10月に開催された。
                                  54/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     ドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法
      ドッド・フランク法により、当社は、下記のとおり、ノンバンク金融会社(「指定金融機関」)としてFRBの監

     督の対象となり、多数の連邦規制の対象となる。当社は、ドッド・フランク法に基づき今後採用される規制のタイ
     ミング又は要件、又は当該規制が当社の事業、信用格付・財務力格付、業績、キャッシュ・フロー、財務状況若し
     くは競争力に与える影響について予想することはできない。さらに、当該規制によって追加資本又は流動資産の保
     有又は調達が当社に推奨される又は要求されること、そして当社の資本の分配に影響を与える可能性(株式の買い
     戻し若しくは配当の支払)について、予想することはできない。
     ドッド・フランク法及び金融規制に関するイニシアチブ

      2017  年11月、米財務省は金融安定化評議会(「カウンシル」)の指定金融機関の指定及び指定継続に関する基準

     及びプロセスに関する提言を「金融安定化評議会による指定」と題した報告書にまとめて公表した。財務省は、ト
     ランプ大統領の2017年4月のメモランダムによりプロセスを見直し報告書を公表するよう命じられていた。報告書
     はとりわけ、個々の企業の指定より活動に基づくアプローチを優先し、州の主要な保険監督機関との調整及び連携
     を強化し、指定の裏付けとなる分析を改善することを提言している。
      2017  年10月、財務省は「ビジネス機会を創造する金融システム-資産運用及び保険」と題する報告書を公表し

     た。財務省は2017年2月の大統領令で、トランプ大統領より金融システムの規制を見直し報告書を公表するよう命
     じられていた。報告書は、大統領令に示された金融規制の主要原則を推進又は抑制する法率規制及びその他の要件
     を特定している。報告書は特に、主要な連邦及び州の監督機関は各法人に基づく規制制度に注力するのではなく、
     商品及び企業活動に起因する潜在的システミックリスク、並びに資産運用及び保険業界を全体として強化する規制
     の実施に注力すべきであると提言している。報告書はまた、米国の州ベースの保険規制システムの役割について確
     認している。さらに、報告書はDOLが現在行っている受託者責任規則の見直し及び完全実施延期の取り組みを支持
     し、DOL及び米国証券取引委員会(「SEC」)に対して州監督機関と協力して受託者責任規則の市場全体への影響を
     評価することを提言している。
      2017  年6月、連邦下院は金融選択法案を可決した。同法案が成立すると、FRBの強化される監督の対象となるノ

     ンバンク金融機関を指定するカウンシルの権限に関する規程を含む、ドッド・フランク法の一部規定を修正するこ
     ととなる。さらに、ドッド・フランク法の規程を制限することを目的としたその他の法案も随時提案されている。
      当社は、財務省の報告書、金融選択法案又はドッド・フランク法及び金融システム規制の改訂を目的としたその

     他のイニシアチブが最終的に当社に影響し、又は当社の指定金融機関としての指定の撤廃をもたらす法律又は規制
     の変更の根拠となるか否かは予測することができない。
                                  55/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     指定金融機関としての規制
      ドッド・フランク法はカウンシルを設立し、カウンシルは、(i)当社の深刻な財政難又は(ii)当社の事業活動の

     内容、範囲、規模、スケール、集中、相関性又は組み合わせが、米国の金融安定に対する脅威となりうると判断し
     た場合には、当社等のノンバンク金融会社により厳格な健全性基準を適用し、FRBの監督下に置く権限を有する。
     プルデンシャル・ファイナンシャルは、2013年9月以降、第一の要件に基づく指定金融機関である。カウンシル
     は、ドッド・フランク法により少なくとも年1回この指定を再評価することが義務づけられている。また、カウン
     シルは2015年12月に行われた最新の再評価において、プルデンシャル・ファイナンシャルの指定を維持することを
     決議した。現在、当社の指定は、再び評価されている。
      今までのところでは、FRBは当社に対する監督権限をいくつかの分野に絞っており、これには当社の資本計画及

     びリスク管理プロセスの監督、モデル・ガバナンス及び確認、流動性管理、コンプライアンス、情報技術のセキュ
     リティ及び再建・破綻処理計画などが含まれる。
      指定金融機関として、特に以下の基準(その多くが下記のとおり、進行中の規則制定の対象となっている。)が

     当社に適用されており、又は適用される可能性がある。
      - 資金、レバレッジ及び流動性要件                 :ドッド・フランク法はFRBに対し、資本、レバレッジ及び流動性に関する

       要件及び制限を定めることを要求している。FRBは2016年6月、規則制定について、最低自己資本比率規制へ
       のアプローチに関する事前通知を発表したが、それ以外に公の措置はまだ取っていない。
      - コーポレート・ガバナンス、リスク管理及び流動性リスク要件                                 :FRBは2016年6月、一貫した流動性リスク、

       コーポレート・ガバナンス及びリスク管理の基準を指定金融機関に適用する規則案を公表したが、最終的な規
       則はまだ公表していない。
      - ストレス・テスト         :ドッド・フランク法に基づき、当社はFRB規則に基づきFRBが公布する予定のストレス・テ

       ストの対象となっている。指定金融機関は、上記の最低自己資本比率規制の対象となった年の翌暦年以降、こ
       れら要件を遵守しなければならない。但し当該適用日についてはFRBが前倒し又は延期する裁量権を有する。
      - 早期是正     :FRBは、ドッド・フランク法に基づき指定金融機関の経営難の際の「早期是正」制度の設立に関す

       る規制を規定することを義務づけられている。
                                  56/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      - 破綻処理計画       :当社は、FRB及び連邦預金保険公社(「FDIC」)に対し、深刻な財政難が発生した場合に迅速
       かつ秩序ある方法で解決するための計画書を提出し、重大な事由が発生した場合には、定期的な報告を行うこ
       とが義務付けられている。当社は最新の破綻処理計画を2015年12月に提出した。2017年7月、FRB及びFDIC
       は、次回の破綻処理計画の提出期限が当初の2017年12月31日から2018年12月31日に延期されると発表した。当
       社の2015年の破綻処理計画書、又はその後の破綻処理計画書について、FRB及びFDICが共同で信頼できない又
       は適用される法律に基づき、当社の再建を実現できないと判断した場合で、当社が指摘された不備を適時に改
       善できない場合には、当局は共同で、当社に対してより厳しい資本、レバレッジ若しくは流動性要件又は成
       長、活動若しくは事業内容に関する制限を課し、又は資産を売却するよう命令する場合がある。FRB及びFDIC
       は、これまでのところ当社の2015年の破綻処理計画書についてコメントを出していない。
      - 再生計画     :当社は、深刻な財政難が発生するシナリオにおいて当社がリスクを軽減し、流動性及び資本を保全

       又は回復するために当社が取り得る措置について記載した再生計画書もFRBに提出しなければならない。当社
       は、最初の再生計画書を2016年に提出した。当社の次回の再生計画書は、2019年6月に提出の予定である。
      - 信用リスクの制限         :ドッド・フランク法は、指定金融機関が、当該指定金融機関の株式資本及び剰余金の25%

       を超える与信を関連会社以外の者に対して有することを禁止する規則を設けることをFRBに要求している。
       FRBはまだ当該規則案を公表していない。
      - 買収  :当社は指定金融会社として、金融事業を行っている特定の会社の指定された持分の買収について、FRB

       から事前の承認を得なければならない。
      - その他の監督機関に対する提言                :カウンシルは、州の保険監督機関又はその他の監督機関に対し、当社又はそ

       の他の保険会社又は金融サービス会社が従事する活動又は慣行について、新規の又は強化された基準及び保
       護条項の適用を提言することができる。
      - 活動に基づく自己資本比率規制                :指定金融機関として、当社はヘッジ、プライベート・エクイティ及びその他

       の保証対象ファンドについての自己勘定取引、スポンサーシップ及び投資について、追加的な自己資本比率
       規制及びその他の制限の対象となる場合がある。
                                  57/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     ERISA   及びDOL受託者責任規則
      従業員退職所得保障法(「ERISA」)は、民間雇用主と労働組合とが提案した、従業員給付制度に適用される包

     括的連邦法規である。ERISAの適用を受ける制度には、年金、利益配分制度や健康、生命、生涯制度を含む福祉制
     度などがある。ERISAの規定の中には、報告開示規則、制度受託者に適用される行動基準、利益相反に関わる取引
     や給付制度と利害関係者との間の取引の禁止(「禁止取引」として知られる。)が含まれ、ERISAはまた民事刑事
     罰則施行制度などを規定する。ERISAによれば、当社の保険、投資管理及び退職金業務は、当社がERISAの受託者と
     なるようなサービスも含め、すべて、従業員給付制度にサービスを提供するものとなる。さらに、ERISA制度に商
     品及びサービスを提供するビジネスに対するERISAの規制に加え、当社はこれら制度との取引についてERISAの禁止
     取引規則が適用される当事者であるとみなされる。このことは、たとえ利害関係者を生み出すことには無関係のビ
     ジネスであっても、これら制度と取引を行う能力やこれら制度との取引が行われる条件に影響を及ぼすことになろ
     う。
     DOL  受託者責任規則及びその他の受託者責任規則に関する進展

      2016  年4月に、DOLは新たなクラス・エグゼンプションを伴う最終的な規制とERISAに基づく禁止取引規定の長期

     間存在した例外の修正を発表した(総称して「DOL規則」)。当該DOL規則によって、適格退職年金制度、プラン参
     加者及び個人退職積立金勘定(「IRA」)における「受託者」の定義が変更されており、プラン参加者又はIRA保有
     者に対する投資アドバイスは受託者の業務として取り扱われると一般に定められる。DOL規則の一部は2017年6月
     9日に発効し、DOL規則の残余の部分は2019年7月1日に発効する見込みである。(以下に詳細を記載するとお
     り)DOLの情報提供依頼に対して寄せられたパブリック・コメント(DOL規則の修正及び代案が適切か否かに関する
     コメントを含む。)をDOLが考慮するために必要な時間を確保するため、2017年11月、DOLは、DOL規則の残余部分
     の発効日を当初の2018年1月1日から18ヶ月延長することを発表した。
      2017  年2月、トランプ大統領はDOLに対し、DOL規則を精査し、退職金に関する情報及びアドバイスへのアクセス

     に悪影響を及ぼす可能性があるか否かを判断し、もしその可能性がある場合、DOL規則を廃止又は改正する規則案
     を立案するよう命じた。トランプ大統領の指示により現在行われているDOL規則に関する調査において、DOLはDOL
     規則に対するパブリック・コメントを求める情報提供依頼書を発行した。さらに、労働省長官は、DOL規則につい
     てSECとの協働を模索すると述べた。SEC委員長は2017年6月、投資助言会社及びブローカー・ディーラーが一般投
     資家に助言を行う際の行動基準についてコメントを募集する公式声明を発表した。全米保険監督官協会
     (「NAIC」)も年金適合性作業部会を設立した。当該作業部会は、年金商品の販売基準の強化について規定するこ
     とを検討している。さらに、2017年12月、ニューヨーク州金融サービス局(「NY                                          DFS」)はNY       DFSの適合性規制の
     修正案を公表した。この修正案が制定されれば、ニューヨーク州内におけるすべての年金及び生命保険商品の販売
     に最大利益基準を課すこととなる。その他の州監督機関及び州議会は最大利益基準を採用し、又は採用を検討して
     いる。こうした展開がDOL規則及び当該規則の当社製品への適用又は当社事業に適用される行動基準に対してどの
     ような影響を及ぼすかは予測することができない。
                                  58/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      DOL  規則は主として個人年金セグメント、退職金セグメント及び投資管理セグメント、並びに個人生命保険セグ
     メントの業績に組み込んでいる当社のプルデンシャル・アドバイザー販売システムに影響を及ぼすと当社は考えて
     いる。総合してみると、DOL規則はコンプライアンスコストの増大をもたらしており、状況によってはクラス・ア
     クションを含む損害賠償請求のリスクを高める可能性がある。さらに、当社の年金事業の売上は減少しており、今
     後もこの減少が続く可能性もある。DOL規則の重要な側面及びそれらの当社事業に及ぼす影響は、主に以下のとお
     りである。
      - プルデンシャル・アドバイザー                :当社はDOL規則の退職金制度及びIRAに関する投資アドバイスに対する「最善

       の利益契約の免除規定」に関連する規定を遵守するために必要と判断する措置を講じている。この措置には、
       プルデンシャル・アドバイザーの非生命保険の新規事業収益の重要な部分を構成する、IRAに売却された商品
       を購入する提案を含む。DOL規則はまた、報酬及び保険金・給付金の仕組み、並びに当社の商品構成の変更を
       もたらした。DOL規則はコンプライアンス要求事項を課し、ERISA及びに内国歳入法に基づく物品税、不正利得
       の返還その他の救済策による損害賠償及び債務を生じさせる可能性がある。今後修正されない限り、2019年に
       適用される予定のDOL規則の規定は、金融機関に対して、DOL規則に定められる最善の利益契約の免除規定に依
       拠することを望む場合は、「投資助言」を提供する各顧客との間に契約を締結することを義務づけている。当
       該契約は、特に、その他の損害賠償及び債務を生じさせる可能性がある新たな私的請求権について規定しなけ
       ればならない。
      - 年金保険     :DOL規則の発効に伴い、一部の販売業者は特定の種類の年金保険の販売を制限した。特定の要件の
       発効が2019年7月まで延期される間、すべての変額年金及び定額年金の適格販売には、原則としてDOL規則に
       基づく同一の「公平行動基準」が適用される。DOL規則が現行案のまま成立した場合は、2019年7月の発効日
       後、プルデンシャル・アドバイザーを含む当社の小売業者による様々な年金保険商品の販売は、前述の最善の
       利益契約の免除規定に従う場合のみ許容される一方、一定の定額年金保険商品の販売は、最善の利益契約の免
       除規定又は個別の免除規定の対象となる。また、場合によっては、当社も当社の商品設計、品揃え又は価格設
       定を変更することで、DOL規制遵守を図るために一部販売業者のニーズに応える予定である。当社は今後もDOL
       規制に基づき受託者に分類されることのないよう、特定の卸売その他の販売サポート及び顧客サポート業務を
       監視及び制限していく。
      - 退職金   :当社は、確定拠出年金の参加者に提供される資産配分ツールに特定の投資に基づく実例を加えるなど
       の変更を行い、ツールがプラン契約者の受託者として行為しているとの定義に該当するとみなされぬよう取り
       計らった。当社は、資産をIRAに再投資するか、又は雇用者の退職金制度に積み立てるというプラン契約者に
       対する提案に関連して、前述の最善の利益契約の免除規定を遵守するべくIRAの提供プロセスを策定した。ま
       た、資産が50百万ドル以下のプランのスポンサー及び仲介業者との関係について、今後もDOL規則に基づき受
       託者に分類されることのないよう、措置を講じた。歴史的に見ても、当社の退職金事業収益の圧倒的に多くの
       部分がIRA提供、資産の保有及び合併行為、並びに資産50百万ドル以下のプランからは生み出されていない。
                                  59/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      - 投資管理     :当社は、時には当社の商品設計、品揃え又は価格設定を変更することで、DOL規制遵守を図るため
       に一部ミューチュアル・ファンド販売業者のニーズに応えている。当社はまた、DOL規制に基づき受託者に分
       類されることのないよう、特定の卸売その他の販売サポート及び顧客サポート業務を監視及び制限している。
      DOL  規則は、前述の当社事業に影響を及ぼした。DOL、SEC、NAIC及び州監督機関が策定するDOL規則改訂版又は追

     加的基準が、さらに当社事業、業績、キャッシュ・フロー及び財務状況に影響を与える可能性がある。
      米国外では、2017年に日本の金融庁(「FSA」)が「顧客本位の業務運営(フィデューシャリー・デュー

     ティー)に関する原則」、すなわち、顧客にかかわる金融サービスを提供するに当たり、企業が採択すべき一般原
     則をまとめた提言を公表した。プルデンシャル生命保険株式会社(プルデンシャル日本法人)、ジブラルタ生命及
     びプルデンシャル          ジブラルタ      ファイナンシャル生命保険株式会社(「PGFL」)がこの原則を採用している。FSA
     はベスト・プラクティスとしてこうした顧客本位の業務運営に関する原則の任意の採用を推奨しているが、採用が
     規制で義務づけられている訳ではない。企業のフィデューシャリー・デューティーに関するポリシーは、対象とな
     る顧客や商品の複雑性など個々の事業に基づき調整することができる。企業が当該原則を一旦採用し、ポリシーを
     策定すると、当該企業は従業員がそのフィデューシャリー・デューティーを確実に果たすための措置を講じ、その
     措置の有効性を定期的に評価することが義務づけられる。当該原則又はさらなる規制の制定が当社の事業、業績、
     キャッシュ・フロー及び財務状況に影響を与える場合がある。
     州の保険持株会社の規制

      当社は、当社の保険子会社の組織が存在し、(これに該当する州は現在のところニュージャージー、アリゾナ、

     コネチカット及びインディアナである。)又は、ニューヨーク州のように商業上存在するものとみなされている州
     の、保険持株会社法の適用を受けている。この保険持株会社法は持株会社の直接、間接所有の各保険会社に対し、
     保険会社の事業所の所在する州の保険部に登録し、持株会社制度に含まれる企業の営業に関する財務その他の情報
     を毎年提出するよう求めている。一般的に、持株会社制度に規定される保険業者に影響を及ぼす取引は公正かつ合
     理的でなければならず、重要な取引の場合は、州の保険局に事前通知し、その承認、不承認を受ける必要がある。
                                  60/705









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      当社の米国における各保険会社が事業所を置いている州を含む多くの州には、保険業者又は保険業者の持株会社
     の直接的又は間接的な支配権変更について規制当局の承認を受ける必要があると定める保険法が存在する。当社に
     も適用されるこのような法律は、いかなる者といえどもプルデンシャル・ファイナンシャルの支配権、又は当社保
     険子会社の支配権を取得することを妨げている。但し、保険規制者に特定の情報を記載した弁明書を提供し、事前
     に当局の承認を得ている場合はこの限りではない。多くの州の州法に基づけば、保険会社又はその親会社の議決権
     株の10%以上を取得することは、反証はあるかもしれないが、支配権の変更と推定できる。したがって、事業所が
     所在する州の保険規制者の事前承認を受けずにプルデンシャル・ファイナンシャルの議決権株の10%以上を取得し
     た者は、上記の州法に違反していることになり、当該保険規制者からかかる株式の処分又は没収を求める若しくは
     かかる株式の議決権を無効にする強制命令が出されるか、又は当該保険規制者が決定するその他の措置が適用され
     ることになる。さらに、州内に事業所を置いていないが営業を行っている保険会社の支配権変更については、州の
     保険局に対する事前通知を求める保険法のある州が多い。
     グループ全体での監督

      NJDOBI   は、2015年以降、国際的に活動している保険グループのグループ全体での監督を認めるニュージャージー

     の法律に基づき、プルデンシャル・ファイナンシャルのグループ全体の監督者としての機能を果たしている。当該
     法律は、企業リスク評価の目的で、保険会社の財務状況を判断することにより、NJDOBIがプルデンシャル・ファイ
     ナンシャル及びその子会社を審査することを認めている。この権限に基づき、NJDOBIは、ニュージャージー州に拠
     点を置く保険子会社の事業を含む当社事業に関する情報を得ている。
      NAIC  は、世界及び米国において採用するためのモデル法を公布し、現在の保険子会社に適用されている規制に加

     えて、一定の保険持株会社を監督するための「全グループ」の規制を公布した。モデル法の採用の時期とその内容
     は法域によって異なるが、モデル法の要点は次のとおりである。(1)                                     保険会社のコーポレート・ガバナンスに関
     する統一基準、(2)           保険持株会社の全グループの監督、(3)                     全グループのリスクを考慮した、リスクベース自己
     資本計算の調整、(4)            保険持株会社の追加的な規制及び開示要件。
      当社が事業を行う法域において、グループ全体での監督を促進する法律が既に施行されている。例えば、大手保

     険会社とそのグループのリスク管理並びに現在及び将来のソルベンシー・ポジションを評価することを要求するリ
     スクとソルベンシーの自己評価報告(「ORSA」)、当社のガバナンスの構造、方針及び実施を報告することを当社
     に義務づけるコーポレート・ガバナンス年次開示報告などである。
      NAIC  は、RBC集計手法を用いて米国グループの資本計算方法を策定する作業部会を設置した。計算方法の策定に

     あたり、当該作業部会は、FRB及び保険監督者国際機構(「IAIS」)によるグループ全体の自己資本構築を検討し
     ている。
                                  61/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      NAIC  はまた、マクロ健全性フレームワークを策定する新たな構想を設定した。これは、(1)外部の金融・経済
     リスクの保険会社への影響を監視し対処する州の保険監督機関の能力を向上させること、(2)保険会社より発生
     又は拡大し、外部に拡散する可能性のあるリスクの監視及び対処を改善すること、並びに(3)マクロ健全性に関
     するNAIC及び州の監視能力について一般の意識を高めることを目的としている。この構想の一環としてNAICが潜在
     的強化分野と特定した分野には、流動性、再建及び破綻処理、資産のストレス・テスト、並びにカウンターパー
     ティ・リスクと集中である。新たなグループ全体の基準がプルデンシャル・ファイナンシャルに対し追加的な要件
     及びコンプライアンス費用を生じさせるとしても、どのような追加的な要件及びコンプライアンス費用が課される
     ことになるかは予測できない。
      州の保険当局は、一般的に3年から5年に一度の割合で定期的に、それぞれの州に事業所を有する保険会社の帳

     票類、財務報告書、証券ファイル、市場行動を審査している。この審査は一般的に、NAICが公表しているガイドラ
     インに基づき他州の保険局の協力を受けて実施される。2016年中に、NJDOBIは、アリゾナ州、コネチカット州及び
     インディアナ州の保険局と共に、グループ全体の監督者としてのNJDOBIの役割と関連して、5年毎の通常審査の一
     環として、プルデンシャル及びその子会社すべてに対して、2016年12月31日までの5年間について、リスクに焦点
     を当てた財務検査を合同で開始した。この検査は2018年中に完了するものと見込まれる。
     米国の保険業務

      当社米国内保険業務全般は州の保険法の規制を受けるとともに、50州、コロンビア特別区、各準州、海外領土の

     保険局による監視も受けている。プルデンシャル・インシュアランスはニュージャージー州に拠点を置き、保険規
     制に関わる主務官庁はNJDOBIである。当社の他の米国内の保険子会社を規制するのは、主としてそれぞれの事業所
     が拠点を置く州の保険部である。一般的に当社の保険商品は販売される州の保険規制に関わる当局による承認が必
     要である。当社の保険商品に本質的な影響を及ぼすのが、連邦及びいくつかの州の各税法である。
     州の保険規制

      州の保険当局は、下記項目を含む、保険業務のあらゆる側面に関する広範な行政権限を有している。

      (1)取引のためのライセンス供与

      (2)エージェントの認可
      (3)資産の法定余剰金への組み込み
      (4)一定の保険商品に対する保険料率の規制
      (5)保険証書様式の承認
      (6)不公正な取引・不公正な保険金請求慣行の規制
      (7)準備金要件及び支払基準の確立
                                  62/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      (8)生命保険約款貸付に対する最大金利及び最少累積金額・解約金額の決定
      (9)認可すべき投資その他の種類、金額、評価方法の規制
      (10)再保険取引の規制(キャプティブ再保険会社の役割を含む。)
      (11)その他の事項
      州の保険法規は、当社の各米国保険会社に対し、営業を行っているすべての地域の州保険局に当局が規定する又

     は許容する会計基準、手続に従って連結財務書類を提出するよう求めており、各米国保険会社の営業及び勘定はい
     つでも、これらの当局による審査を受け入れるよう定めている。
     財務に係る規制

      配当支払制限       :ニュージャージー州保険法及び各社が事業所を有する他州の保険法では、プルデンシャル・イン

     シュアランス及びその他の米国保険会社が支払う配当金額を規制している。追加の情報については、連結財務書類
     の注記15を参照のこと。
      リスクベース資本金           :当社は、保険業者の支払能力規定を強化するために設計されたリスクベース資本

     (「RBC」)要件の適用を受けている。保険業者の法定資本が十分であるか否かを規制者が評価にあたって使用す
     るRBCの計算方法は、会社の資産・負債、バランスシート外項目のリスク特性を測定するものである。通常、RBCの
     計算は、各種資産、保険料、請求、費用、準備金といった項目に一定の係数を適用して行う。所定のリスクカテゴ
     リ内では、これら係数は潜在リスクが大きい項目では高く、小さい項目では低くなる。要求される法定資本を下回
     る保険業者は資本が十分でないとみなされ、不足レベルに応じて、いろいろな段階の規制措置の適用を受ける。
      NAIC  の投資リスクベース資本作業部会は、投資資産のRBCファクターの更新(RBCのためのNAIC分類を現在の6分

     類から20分類に拡大することを含む。)を作成している。NAICは、長命リスク及び運用リスクに伴う新たな費用を
     含む、RBC計算に対する追加の調整を行うことを検討している。RBCに関するNAICの活動は継続的なものであるた
     め、当社は、これらの変更が生じる最終的なタイミングや、これらの変更がRBC又は当社の財務状態に与える影響
     を、判断することはできない。
      保険準備金及び規制目的上の自己資本                    :各州の保険法では、当社に対し毎年準備金の適正度を分析するよう求め

     ている。当社の生命保険会社の各任命保険計理人は、準備金に関連して当社が保有する資産と照らし合わせ、自社
     の準備金が契約上の債務及び関連費用に対し十分備えができている旨の意見書を提出しなければならない。
                                  63/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      2016  年6月、NAICは生命保険商品のプリンシプル・ベースの準備金アプローチを始動するとの提案を採択した。
     プリンシプル・ベースの準備金アプローチは、現行の準備金の計算式が保険業者の債務又は負債のリスク又はコス
     トを正確に反映していない可能性のある生命保険商品の準備金の計算手法に取って代わるものである。プリンシプ
     ル・ベースの準備金アプローチは、3年間の導入期間を有する。当該アプローチは、当社の裁量により2017年1月
     1日以降に開始する新たな個人生命保険事業に適用することができるが、2020年1月1日以降はすべての新しい個
     人生命保険事業への適用が義務づけられる。当社は、異なる商品に対しては異なる実施日を選択することができ
     る。プリンシプル・ベースの準備金アプローチは、2017年1月1日以前に発行した保険契約の準備金には適用され
     ない。2017年中に、当社は保証付ユニバーサル生命保険商品にプリンシプル・ベースの準備金を採用し、これら商
     品の更新版を導入した。これら商品は、保険数理に関する指針No.48(「AG48」)に基づくキャプティブ準備金積
     立又は追加的資産を要さずに、プリンシプル・ベースの法定準備金レベルを維持する見込みである。AG48は、現金
     及び格付け証券でなければならず、かつその他の資産から調達又は支援される可能性がある一定の定期及びユニ
     バーサル生命保険の準備金をサポートするために、保有する資産の一部を決定する保険数理の方法を定めている。
     再保険控除に関するモデル法及び定期生命保険及びユニバーサル生命保険の責任準備金調達に関するモデル規則
     は、いずれもAG48と適合しており、州が当該モデル法及びモデル規則を採択した時点で当該州においてAG48に取っ
     て代わることとなる。当社は引き続き、個人生命保険商品の残りのポートフォリオ(定期生命保険及び変額生命保
     険など)に関する予測法定準備金レベル及び商品価格設定に対するこの新たな準備金アプローチの影響を評価して
     いく。
      当社の一定の変額年金保険及び生命保険商品の準備金の計算方法に関するNY                                        DFSとの合意の結果、ニューヨーク

     で認可を受けている当社の一部の保険子会社は、ニューヨーク州法の定める方針に基づき、追加の法定準備金を準
     備し、当該追加準備金によって、ニューヨーク州の法定剰余金は減額される。米国において事業を行っている当社
     の保険会社でニューヨーク州を拠点としているものはなく、これらの変更は当社の保険子会社の拠点がある州又は
     ニューヨーク州以外の州において報告される法定準備金に影響は与えず、したがって、RBC率にも影響は与えな
     い。しかし、合意された準備金の計算方法によって、将来的にニューヨークにおいて追加の法定準備金が要求され
     る場合がある。ニューヨーク州の法令の会計に基づき追加の準備金を準備することが要求された場合、又は変額年
     金保険又は保険商品について、多額の増担保を要求された場合、米国国内の保険子会社内の資本をその他の目的の
     ために配置する能力に影響を与える可能性がある。
      キャプティブ再保険会社             :当社は非経済的であると判断した定期及びユニバーサル生命保険の法定準備金の一部

     の調達のために、キャプティブ再保険の子会社を利用していた。当社が市況、規制の変更その他の理由により追加
     資金を調達できない場合、当社は値上げ、一部の生命保険商品の販売縮小、又は一部の商品の改定などを行わなけ
     ればならなくなる場合があり、いずれの場合も当社の競争力、資本及び財務状況並びに業績に悪影響を与える可能
     性がある。当社の生命保険準備金及び準備金の資金調達については、「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営
     成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「流動性及び資本資源-資本-資金調達-定期生命保険及びユニ
     バーサル生命保険の準備金の調達」を参照のこと。
                                  64/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      変額年金保険       :2015年11月に、NAICは変額年金変更の枠組みを採用した。当該枠組みは当局間における一貫性を
     もたせ、保険会社がキャプティブにリスクを移譲するきっかけを除外し、変額年金保険事業におけるキャプティブ
     再保険取引の発展と利用を議論するために、NAICの法的手続を変更する意思の概要をまとめたものである。当該枠
     組みは、変額年金保険に関する指針及び規則の大幅な変更を予定しており、これには準備金積立、資本、会計、デ
     リバティブ取引の利用制限及び開示に関するものが含まれる。
      2017  年12月、NAICは、パブリック・コメントを募集するため、現在の保険数理に関する指針No.43(「AG43」)

     及びRBCの「C3フェーズII」の枠組みについての変更案及びその改訂版を公表した。この変更案には、(i)経済性
     を重視したヘッジ資産と負債評価の整合、(ii)AG43及びC3フェーズIIのスタンダード・シナリオの改正、(iii)デ
     リバティブ及び繰延税金資産の許容性の修正、並びに(iv)資本市場の仮定の標準化及び総資産要件と責任準備金の
     整合が含まれる。これらのイニシアチブの最終的な結論を予想することはできず、現時点では新規則制定のタイミ
     ングやその当社事業に対する影響を予測することはできない。適用される保険法に変額年金保険の引受及び関連リ
     スクの効率的管理に関する当社の能力を損なう変更がなされた場合は、当社は値上げ又は当社商品の改訂を行わな
     ければならなくなる場合があり、その場合も当社の競争力、資本及び財務状況並びに業績に悪影響を与える可能性
     がある。
      2016  年に当社は、「変額年金の出再保解約」と当社が総称している一連の取引により、以前当社のキャプティブ

     再保険会社に対し出再されていた変額年金保険生前給付特約及び特定の退職金商品に関わるリスクを、出再保解約
     した。当社はNAICの変額年金変更の枠組みの最終ガイダンスに先駆けて変額年金の出再保解約を完了したが、当社
     は、変額年金の出再保解約は当該枠組みで計画される主要なコンセプトの変更と合理的に整合していると考えてい
     る。
     市場行動規制

      各州の保険関係法律規則には、消費者への情報開示の様式と内容、挿図の入れ方、広告、販売慣行、クレーム処

     理に関する規定を含め、保険業者の市場における活動に関するいろいろな規定がある。各州規制当局は一般的に市
     場行動定期審査を通じてこの規定を実効性のあるものにしている。
                                  65/705









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      保険保証協会の査定
      どの州にも、州内で営業を行う保険業者を協会員とする、保険会社の保険契約者やクレーム申立人に対する保険

     会社の支払不能債務を、州の保険保証協会が査定できることを定めた保険保証協会法がある。代表的な例を挙げれ
     ば、各州では州内のすべての保険業者が引き受けた事業のうち、当該メンバー保険業者に比例按分した金額を用い
     て各メンバー保険業者の査定を行う。多くの州は、そのような査定の償還を将来の保険料税に対する控除として提
     供する。2017年、2016年及び2015年の各12月31日に終了した年度には、当社は州保険保証協会法による査定で、そ
     れぞれおよそ12.6百万ドル、1.5百万ドル、0.6百万ドルを支払っている。2017年の査定は、ペン・トリーティー・
     ネットワーク・アメリカ・インシュアランス・カンパニーの破産を反映しており、同社は2017年3月1日に清算さ
     れた。この法律に基づく当社の米国内の保険会社各社が今後どの時期にどれだけの金額査定を受けるかは予測でき
     ないが、現在支払不能手続を適用されている保険会社(ペン・トリーティー・ネットワーク・アメリカ・インシュ
     アランス・カンパニー、エグゼクティブ・ライフ・オブ・カリフォルニア及びリンカーン・メモリアル・ライフ・
     インシュアランス・カンパニーなど)に関する将来の査定がなされるような場合に備えて見積もった準備金(2017
     年12月31日時点で総額約35.4百万ドル)を設定している。
      2017  年、NAICは、長期介護保険の破産に関する課題に対処するため生命保険・健康保険保証協会モデル法の改訂

     を承認した。この改定は将来の長期介護保険の破産のコストを健康・生命保険業界全体で賄うもので、保険会社の
     査定の増加をもたらす。改定モデル法は、各州で採択された時点で当社にも適用される。過去の破産はこの改訂の
     対象とはならない。これにより影響を受ける当社事業の現在の市場シェアを踏まえると、将来の破産に関連するコ
     ストから現行の州法に基づき得られる保険料税額控除を差し引いた額は業界全体の債務総額のごくわずかな割合と
     なると見込んでいる。
     保険業務に影響を与える米国の連邦及び州の証券規制

      当社の変額保険商品、変額年金保険商品及びミューチュアル・ファンド商品は、一般的に連邦証券法の定義する

     ところの証券であり、連邦証券法に基づく登録が必要とされる場合があり、SEC及び金融取引業規制機構
     (「FINRA」)の規制対象となっているものである。当社の一部の保険子会社は、これらの商品の提供に基づき、
     SECの報告及び開示義務の対象となっている。「投資商品及び投資管理業務」及び「証券及びコモディティ規制」
     の項で以下に述べる規制に類似の、連邦及び州によっては州の証券規制があり、これによって、これらの商品に関
     する投資アドバイスや販売その他関連活動が影響を受けている。
      当社のミューチュアル・ファンド、及び州によっては当社の変額生命保険及び変額年金保険商品は、州の証券法

     規に定義される「証券」に含まれる。証券として、これらの商品は書類の提出及びその他の要件に従わなければな
     らない。また、これらの商品の販売は通常、州証券法による規制対象となっている。かかる規制によって、これら
     の商品に関する投資アドバイスや販売その他関連活動が影響を受けている。
                                  66/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     連邦保険局
      ドッド・フランク法により、財務省内に、財務長官の任命する局長が率いる連邦保険局(「FIO」)が設立され

     た。FIOは保険事業に対する監督又は規制に関する権限は有しないものの、FIO局長は、保険に関連して各種役割を
     果たす。これには、カウンシルにおける議決権を持たないメンバーとしての役割、保険セクターの監視及びIAISな
     どにおいて国際的な保険の課題の健全性の面で米国を代表することが含まれる。
     海外の保険に関する規制

      当社の国際保険事業を監督するのは、主としてそれぞれが営業している国・地域の国外保険主務官公庁である。

     例えば、日本の財務省や日本における金融サービス監督機関であるFSAがこれにあたる。日本以外では、当社は韓
     国、台湾、メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、イタリア及びポーランドで保険会社を運営しており、合弁事業を
     通して中国、インド、インドネシア及びマレーシアで保険事業を実施し、戦略的投資を通してガーナで保険事業を
     実施している。これらの事業の保険規制当局は(1)会社の許認可、(2)保険販売員の許認可、(3)保険商品
     の承認、(4)販売実務、(5)保険金支払実務、(6)許容される投資、(7)支払能力及び適正資本並びに
     (8)保険支払準備金などを監督する。特定の商品について、いくつかの国・地域においては、規制当局が、保険
     料率(若しくは価格設定の構成)又は最低金利保証を義務付けている。保険会社の帳簿及び記録の定期的な審査、
     財務報告の義務、市場行動の審査及び契約提出義務などのテクニックを利用して、これらの規制当局は米国外の保
     険事業を監督している。最後に、日本を含む当社の保険会社が所在する各法域の保険監督当局は、プルデンシャ
     ル・ファイナンシャル及び当該法域の法律に基づいて組織されたその他の保険会社の支配権の変更をすべて承認し
     なければならない。
     ソルベンシー規制

      保険会社の支払能力を監督するために、当社が営業している米国外の国・地域の規制当局は、通常、保険会社に

     対し、米国保険規制当局が用いるRBC比率の概念と類似の何らかの形の最低支払余力(ソルベンシー)要件を設定
     している。当該ソルベンシー比率は、規制当局が、保険会社の資本及び保険金支払能力の充実度を査定するために
     使用され、関連会社との取引による影響も含む。一部の国・地域においては、ソルベンシー比率の公衆への開示を
     義務付けている。規制当局が要請する数値よりソルベンシー比率が低い保険会社は、過少資本とみなされ、過少資
     本の度合いに応じて様々なレベルの規制措置の対象となる。
      金融安定理事会(「FSB」)、IAIS又は米国若しくは欧州経済領域(「EEA」)の当局が策定した規制基準に基づ

     き、今後各地の管轄区域において、ソルベンシー規制が変更される可能性がある。FSB及びIAISの発展について
     は、「海外の規制イニシアチブ」の項を参照のこと。
                                  67/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      日本の資本及びソルベンシーに関する規制                      :当社の日本国内の保険事業は、ソルベンシー・マージン比率の枠組
     み(「SMR」)と呼ばれる連結ベースの資本基準の適用を受ける。この基準は、保険会社の自己資本の計算方法を
     規定しており、金融市場の変動への対応、保険会社のリスク管理実務の改善及び保険会社の子会社に関連するリス
     クの検討を目的としている。2016年、FSAは、下記の「海外の規制イニシアチブ」に記載のIAISのリスク対応グ
     ローバル保険資本基準(「ICS」)の構成要素と合致する、SMRの枠組みに代わる潜在市場に基づく代替案の実地試
     験を実施した。FSAは、既存のSMRの枠組みの潜在的代替案又は改訂版を引き続き模索する可能性がある。当社は、
     SMRの変更が採択されるか否か、またその変更が資本要件及びコンプライアンス費用の増加につながるか否かにつ
     いては、予測することができない。
      韓国の会計基準、資本及びソルベンシーに関する規制                            :2017年、国際会計基準審議会(「IASB」)は、韓国及び

     当社が事業を行う他の一部の法域において2021年に発効する保険契約のための会計手法である新たな国際財務報告
     基準(「IFRS」)を公表した。韓国の金融監督局及び金融委員会は、その採択の取り組みの一環として、2017年6
     月の負債十分性テストを強化する計画を発表した。この強化策は、IFRSへの移行を支援するため、2017年12月から
     2020年にかけて、生命保険会社に追加的な責任準備金を段階的に積み立てることを義務づけており、保険会社が保
     有を義務づけられる準備金の水準の向上につながるものと見込まれている。日本では、IFRSの変更は、IFRSに基づ
     く報告が義務づけられていないため、現時点においては当社の事業に影響しない。
      当社の韓国における保険事業は、現行の会計要件に従って作成された財務諸表に部分的に基づくRBC要件の適用

     を受ける。2017年、韓国の金融監督局(「FSS」)は、下記の「海外の規制イニシアチブ」に記載のIAISのICSの構
     成要素と合致する、RBCの枠組みに代わる潜在市場に基づく代替案の実地試験を実施した。FSSは、2021年に変更を
     実施する意図でさらなる定量的影響調査を行い、既存のRBCの枠組みの潜在的代替案又は改訂版を引き続き模索す
     る予定である。当社は、RBCの変更が最終的に採択されるか否か、またその変更が資本要件及びコンプライアンス
     費用の増加につながるか否かについては、予測することができない。
     配当支払制限

      当社が海外事業を展開しているいくつかの国においては、保険規制当局が株主に分配できる配当金の金額を規制

     している場合がある。海外子会社が当社に対して配当金を支払う能力については、連結財務書類の注記15を参照の
     こと。
                                  68/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     保険支払補償基金制度
      日本における保険事業を含む当社の一部の国際保険事業は、保険契約者や受給者に対する支払不能保険会社の一

     定の債務について、査定の対象となる場合があり、通常これは当該法域において引き受けた事業の比例持分に基づ
     いて行われる。将来の査定の時期は予想することができないため、特に四半期若しくは年次の国際保険事業の業績
     に重大な影響を与える場合がある。日本の保険法に基づき、日本のすべての認可保険会社は、日本保険契約者保護
     機構(「PPC」)の会員でなければならず、事前拠出ベースで負担金が課される。当該負担金は、支払不能保険会
     社が契約保有者及び保険請求者に対して負担する債務の一部を履行するために用いられる共同ファンドを生成す
     る。PPCは、すべての保険会社会員が計上した、当該会員の新事業の持分割合に応じた金額を、各会員に課す。
     2017年、2016年及び2015年の12月31日に終了した年度に、当社は、日本の保険業法に基づき負担金としてそれぞれ
     約21百万ドル、22百万ドル及び23百万ドル(固定相場ベース)を支払った。
     米国の投資及び退職金商品並びに投資管理事業

      当社の投資商品及びサービスは、連邦及び州の証券、信託及びその他法律規則(ERISAを含む。)の適用を受け

     る。当社の投資管理業務は、米国において、主にSEC、FINRA、商品先物取引委員会(「CFTC」)、州証券委員会、
     州の銀行部門及び保険部門、DOLといった規制機関の規制を受ける。当社の国内における投資事業は、米国以外の
     証券法及び規制を受ける場合もある。
      当社の事業が提供する分離勘定、ミューチュアル・ファンド、その他プール式の投資の中には、証券法に基づく

     登録の他に、1940年投資会社法(その後の改正を含む。)に基づく投資会社の営業活動としての登録がなされてい
     るものもあり、これら登録実体の株式の中にはいくつかの州やコロンビア特別区における販売が認められているも
     のもある。分離勘定投資商品は上記のとおり州の保険規則の対象にもなる。また、1934年証券取引法(「取引
     法」。その後の改正を含む。)に基づきブローカー・ディーラーとして登録されている子会社があり、これは連
     邦・州の規制の対象となっている。さらに、1940年投資顧問法(その後の改正を含む。)に基づき登録されている
     投資顧問会社を務める子会社も数社ある。証券を商品として販売する当社の第三者アドバイザー及びプルデンシャ
     ル・アドバイザーの認可を受けた販売専門職並びにその他の従業員は、取引法の適用を受け、かつSEC、FINRA、各
     州証券委員会による審査要件及び規制の対象となっている。規制及び審査基準はこれら個人を雇用しあるいは監督
     するプルデンシャル社の各種実体にも拡大適用される。
      議会は、当社の退職金商品及びサービスの退職金制度スポンサー及び管理者にとっての魅力を増減させる、又は

     これらの商品若しくはサービスから収益をあげる当社の能力に有利若しくは不利となる一定の年金制度改革を随時
     検討する。これらの変更は今後、当社の確定給付年金商品及びサービスの売上を妨げ、当社が投資管理、事務管理
     又はその他のサービスを提供している既存のプランについてスポンサーによる中止につながる可能性があるが、年
     金制度に関連して提供する商品の魅力を高める可能性もある。
                                  69/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      最後に、連邦及び州の銀行法は一般に、プルデンシャル・ファイナンシャル及びPB&Tの支配権の変更について規
     制当局の承認を受けることを義務づけている。連邦証券法も、支配関係の変更があった場合には、年金商品に含ま
     れるミューチュアル・ファンドを含めて、ミューチュアル・ファンドを管理する当社の投資顧問契約を顧客が再度
     承認することを求める場合がある。
     米国の証券及びコモディティ事業

      当社にはブローカー・ディーラー、投資顧問会社、コモディティ・プール・オペレーター及び商品投資顧問業者

     などの子会社がある。SEC、CFTC、州証券当局、FINRA、全米先物協会(「NFA」)地方債規則制定委員会、類似の
     機関が当該子会社の主要規制機関である。
      当社のブローカー・ディーラー及びコモディティ関連企業は、FINRA及びNFA等の「自主規制組織」に加入すると

     ともに、その規制の対象となっている。自主規制組織は、会員の審査を実施するとともに、これに適用する規則も
     採択している。さらに、州の証券委員会やその他の監督機関には、当社の登録ブローカー・ディーラーに対する規
     制と監視の権限が与えられている。米国及びある種の他の法域におけるブローカー・ディーラー及びその営業部隊
     は、販売方法や取引慣行など、証券ビジネスの多くの側面を規定する規制の適用を受けている。これら規制では、
     個人顧客に対する投資の適正度、顧客の資金及び証券の利用保管法、資本の適正度、記帳状況、財務報告、取締
     役、管理職、従業員の行動などが対象となっている。米国各州の証券委員会及び米国以外の規制当局をはじめ、
     SEC、CFTC及びその他の政府機関や自主規制組織は、ブローカー・ディーラー、投資顧問会社又はコモディティ会
     社とその従業員に対し、譴責、罰金、停止命令、ブローカー・ディーラーとしての営業停止、営業終止、営業制限
     などの行政手続をとる権限を有している。当社の米国で登録されたブローカー・ディーラー子会社は、連邦純資本
     要件の適用も受けており、当該要件により子会社がプルデンシャル・ファイナンシャルに対して配当金を支払う能
     力を制限される場合がある。
     保険以外の事業に関する海外の規制

      当社の保険以外の国際事業は、主に事業を行っている国の規制当局による監督を受けている。当社は、日本、台

     湾、英国、香港、メキシコ、ドイツ、ルクセンブルグ及びシンガポール等において投資関連事業を行っており、イ
     ンド、ブラジル、イタリア及び中国等において投資関連合弁事業、チリにおいて退職金関連合弁事業に参加してい
     る。これらの事業は、資産運用商品サービス、ミューチュアル・ファンド、個別運用勘定及び退職金商品を提供す
     る。これらの事業の規制当局は、一般的に、(1)会社の許認可、(2)投資商品販売員の資格、(3)販売実
     務、(4)支払能力及び適正資本、(5)ミューチュアル・ファンド商品の承認並びに関連する開示、並びに
     (6)証券、商品及び適用される法律などを監督する。当社の国際投資事業は、米国証券法及び規制の対象となる
     場合もある。
      2016  年6月、英国は、EU離脱を問う拘束力のない国民投票を承認した。英国がEUを離脱する公式の手続きは、英

     国とEU間での離脱の時期と条件について引き続き交渉がなされている。交渉の結果によって、これらの法域におけ
     る当社の事業及び投資に対する離脱の最終的な影響が決定され、為替レートや資産価格の変動や、規制の変更など
     をもたらす場合もある。
                                  70/705



                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     デリバティブ規制
      プルデンシャル・ファイナンシャル及び当社の子会社は、デリバティブを様々な目的(金利、外貨及び株式市場

     リスクのヘッジを含む。)で利用する。ドッド・フランク法により、店頭デリバティブ市場の規制に対する枠組み
     が創出された。この枠組みはデリバティブ取引の決済及び報告に関する要件並びに未決済スワップの証拠金規則の
     要件を定めている。当社の子会社の間で締結された関連会社間スワップは一般的にこれらの要件の大部分から除外
     されている。
      当社は、当社が2020年より遵守を義務づけられる新たな当初証拠金要件及び当社のカウンターパーティである銀

     行に課されるデリバティブ取引の自己資本規制の強化によるヘッジ費用への潜在的影響について、監視を続けてい
     る。また、決済済みスワップについて現金担保を付す必要性が高まり、それによって収益性の高い資産の収益性の
     低い現金への換金が必要となり、投資収益にマイナスの影響をもたらす場合がある。
     プライバシー及びサイバーセキュリティに関する規制

      当社は、金融機関及びその他の企業に対し、健康関連及び顧客に関する情報を含む個人情報の安全性と機密性を

     保護し、健康関連及び顧客に関する情報の収集と開示に関する金融機関の方針・慣行を、顧客及びその他の者に知
     らせることを要求している法規及び指令の対象となっている。更に当社は、国境を越えて従業員及び顧客情報を移
     動させる又は使用する場合、国際的なプライバシー法、規則及び指令を遵守しなければならない。また、これらの
     法規及び指令は、以下のとおり定めている。
      -社会保障番号等の一定の情報の使用及び開示について追加の保護を提供する。
      -一定の個人情報保護の違反行為があった場合には、影響を受ける個人、規制当局及びその他に対して通知する
       ことを義務付ける。
      -金融機関及び債権者に対し、個人情報の盗難を発見、防止及び軽減する有効なプログラムを実施するよう義務
       付ける。
      -金融機関が消費者及び顧客にマーケティングのための電話をかけることや、電子メール又はファックスによる
       メッセージを送ることを規制する。
      -消費者情報及び消費者レポート情報を含む特定の個人情報の使用の許容範囲を定める。
      米国及び当社が事業を行う国外法域の金融監督機関は、引き続きサイバーセキュリティ(規制案の策定を含

     む。)に力を入れており、規制対象となっている企業の検査において、この点を今後更に重要視し、強化すること
     を表明している。例えば、2018年5月に発効したEUの一般データ保護規則は、EU内の個人に追加のプライバシー権
     を付与し、その違反に対する罰則を規定している。さらに、立法府及び規制当局は、これらの問題及び個人情報の
     プライバシー保護に関して更に具体的又は制限的な法規を追加することを今後検討する可能性がある。
                                  71/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      2017  年3月、NY      DFSの新たなサイバーセキュリティ規制案が施行された。当該規制は、ニューヨーク州で認可を
     受けた当社の保険子会社を含むNY                  DFSの監督下にある金融機関に対し、サイバーセキュリティプログラムを構築す
     ることを義務づける。この規制には、具体的な技術的保護条項、並びにガバナンス、事故発生時対応策、データ管
     理、システム検査、ベンダーの監視及び監督者への通知に関する要件が含まれる。さらに、2017年10月、NAICは、
     ニューヨーク州の規制に適合する保険データ・セキュリティ・モデル法を採択した。当該モデル法は、今後、当社
     の保険会社が事業を行うその他の州における法制化の基礎を形成するものと見込まれる。
      当社は、この分野の規制の手引き及び規則制定を監視しており、また、コンプライアンス費用及び規制の増加に

     晒される可能性がある。セキュリティ違反及びサイバー攻撃に対処するために、当社は情報セキュリティ最高責任
     者及び情報セキュリティ・オフィスが監督するプログラムを策定した。当該プログラムは、当社が所有又は管理す
     るすべての情報の秘密性、保全性及び継続的な入手可能性を保護し維持するために設計されている。このプログラ
     ムの一環として、当社はインシデント対応計画を作成・管理している。当該プログラムは、会社の様々な職務及び
     ガバナンスグループを規定し、各事業及び運営上の役割にわたる責務の遂行のための枠組みとしての役目を果た
     す。当該プログラムは、当社の技術的資源の機密保護基準を設定しており、従業員、請負業者及び第三者のトレー
     ニングを含む。このプログラムの一環として、当社は当社の技術プログラム及び内部応答体制について第三者によ
     る独立評価を得るため、外部アドバイザーと共に定期的演習と応答迅速性評価を実施する。当社は外部セキュリ
     ティ業界と定期的にやり取りし、サイバー脅威に関する情報を監視している。
     マネーローンダリング防止及び贈収賄防止に関する法律

      当社の事業は、テロやマネーローンダリングに関わる可能性のある当事者を識別するにあたり金融機関、監督官

     庁、法律執行者の間における協力を推進することを目的とした、様々なマネーローンダリング防止及び金融透明性
     法令の対象となる。さらに、現行の米国の法及び規制に基づき、ある条件下における、特定の個人又は法人との取
     引を禁止され、また、顧客の活動の監視が義務付けられることがある。このことは、当社の顧客を引き付け、確保
     する能力に影響を及ぼす可能性がある。当社はまた、連邦海外汚職行為防止法及び英国贈収賄禁止法を含む、汚職
     及び政府職員その他の者に対する不正な支払に関する様々な法令の適用を受ける。顧客識別、疑わしい取引の監視
     と通報、政府職員とのやり取りの監視、監督機関や法律執行者からの情報提供要請への対応、他の金融機関との情
     報共有化など、当社を含む金融機関にとって責務が増すため、社内慣行や処理手続、コントロール方法などの実行
     と維持が求められるようになった。
     環境法令

      連邦・州、その他地方自治体の環境関連法律規則は、当社の不動産の所有権や運用に適用されている。目に見え

     ない環境に係る責任とその除去費用は、不動産の所有、運用に内在する事柄である。予期しない環境に係る責任は
     常に発生するものであるが、当社は、不動産の所有権取得に先立ち環境評価を行う等、社内手続を遵守することに
     よって当該リスクを最小限に抑える努力をしている。
                                  72/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     未請求財産に関する法律
      当社は、未請求資金又は放棄された資金の特定、報告及び没収について州及びその他の法域の法律及び規制の対

     象となっており、これらの条件の遵守について、監査及び検査の対象となっている。当該事項に関する詳細につい
     ては、連結財務書類の注記23を参照のこと。
     税制

     米国の税制

      当社及び一部の国内子会社は、生命保険会社及び非生命保険会社の両方を含む連結ベースの法人税申告書を提出

     する。その他の国内子会社の一部は別途、申告書を提出する。当社の実際の法人税額と適用される法定連邦法人税
     率との差額は通常、非課税投資収益に対する控除額であり、配当控除(「DRD」)、米国の税率と異なる税率の外
     国税額及び特定の税額控除を含む。2018年以前は、適用される法定連邦法人税率は35%だった。2018年以降の課税
     年度より、適用される法定連邦法人税率は21%となる。さらに、後述のとおり、当社商品の租税属性は当社及び当
     社顧客の税務上の取扱いに影響を与える場合がある。当社の税務上の取扱いについては、連結財務書類の注記2及
     び同注記19の「法人所得税」の項を参照のこと。後に詳述するとおり、新たな税制及び今後改正される可能性のあ
     る税法の規定が、当社の税務上の取扱い及び当社商品の魅力に影響する可能性がある。
      2017  年12月22日、2017年減税・雇用法とも呼ばれる税制改革法案H.R.1(「2017年税法改正」)が立法化され、

     2018年より概ね発効されている。2017年税法改正は、税率の引き下げと、課税所得の増加及び特定の控除額の繰延
     又は排除を通じた課税ベースの拡大、並びに外国子会社の所得に対する課税システムの変更により、法人及び個人
     の課税を変更する。当社にとって最大の変更点は、(1)法人税率の35%から21%への引き下げ、(2)納税引当
     金及びDRDの控除額の算定手法の改訂、(3)特定の商品に関する取得費用の資産計上期間及び償却期間の延長、
     (4)外国子会社の該当する所得に対する課税システムの全世界所得課税システムから修正された領土内所得課税
     システムへの変更、(5)外国子会社の所得に対する新たな課税(グローバル無形資産低税率所得
     (「GILTI」))、並びに(6)持分25%以上の米国以外の関連会社に対する支払いに対する新たな課税(税源浸
     食・濫用防止税(「BEAT」))である。
                                  73/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      この法律の一部の規定について完全に理解し実施するためには財務省及び内国歳入庁(「IRS」)からのガイダ
     ンスが必要となる可能性があり、2017年税法改正に関する当社の分析はまだ終了していない。その他の生命保険会
     社及び金融サービス会社はこれら税法改正により多少なりとも恩恵を受ける可能性があり、このことが当社の全体
     的な競争上の地位に影響する可能性もある。この法律は、当社の国内法定資本及びリスクベース資本金を減少させ
     る見込みである。詳細については、「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状
     況の分析」の「流動性及び資本資源-資本-保険規制目的上の自己資本」を参照のこと。2017年税法改正の施行に
     かかわらず、大統領、議会、並びに州及び地方政府は、当社が支払う法人税額を増加し、収入を減少させる可能性
     がある法案を引き続き随時検討する可能性がある。
      現行の米国連邦所得税法等は一般的に、配当金の支払いがなされるまで、特定の退職金商品、年金保険商品及び

     生命保険商品の利殖部分の累積額に対する課税を繰り延べることを認め、一般的に生命保険契約に基づき支払われ
     た死亡保険金を課税対象から除外している。2017年税法改正ではこのルールに変更はなかった。但し、総合的な実
     効税率が相対的に低い個人にとっては、当社の商品の課税繰延という特徴は魅力のないものと映る可能性もある。
     個人所得税率の全般的な引き下げ及び一部の個人税額控除の廃止も、現在の顧客又は潜在的顧客が退職後に備えて
     貯蓄し、当社の商品を購入することで死亡率リスク及び長命リスクを管理するための税引後所得が増加又は減少す
     るかによって、当社に影響を及ぼす可能性がある。議会は、退職金貯蓄、生命保険及び年金商品の優遇税制を改訂
     する立法を含め、消費者にとっての当社の商品の魅力を低減させるようなその他の税法改正を随時立法化する可能
     性がある。
      当社が販売する商品にはそれぞれ異なる税の特徴があり、税額控除及び税額減免の対象となるものもある。米国

     又は外国の税法の改正は、分離勘定商品について源泉徴収された外国税の控除申請を行う当社の能力を含む、当社
     が現在得ている税額控除及び税額減免に対し、マイナスの影響をもたらす可能性がある。このような法改正は、当
     社の実際の税費用を増加させ、当社の連結純利益を減額させる。
      一部商品の収益性は、上述の特徴及び課税所得を継続的に生み出す当社の能力に大いに依存している。これらは

     商品価格の決定の際に考慮されており、当社の資本管理戦略の一要素でもある。したがって、税法改正、課税所得
     を生み出す当社の能力、又は当社商品の税の特性の利用可能性又は価値を左右するその他の要素は、商品の価格決
     定及び収益に影響し、かつ当社がそれら商品の販売を減少させ、又は当社事業に悪影響を及ぼしうるその他の措置
     を講じざるを得ない状況をもたらす可能性がある。
     海外の税制

      当社の国際事業には、その事業が組織され、運営されている国の税法及び税に関する規制の対象となる。外国政

     府は、随時、当社が支払う税金に影響を及ぼす又は当社の商品の売上に影響を及ぼす可能性がある法律を検討して
     いる。そうした改正は当社商品の売上げにマイナスの影響を及ぼし、又は当社の収益を減少させる可能性がある。
                                  74/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      2017  年12月19日、韓国は2018年税制改革法案を制定し、2018年1月1日以降に開始する課税年度より、3000億
     ウォンを超える課税所得に対して、25%の法人税を課す課税区分を新たに追加した。200億ウォン超、3000億ウォ
     ン未満の課税所得に対しては引き続き22%の法人税が課される。さらに、企業には算出法人税額の10%の地方所得
     付加税(例えば、3000億ウォンを超える課税標準に対して2.5%、200億ウォンから3000億ウォンの課税標準に対し
     て2.2%)が適用される。この法人税に対する地方所得付加税の10%を踏まえると、2018年税制改革法案によっ
     て、韓国における最高法人税率は24.2%から27.5%に引き上げられた。
      2017  年以前、日本の法人税率は、2015年4月1日以降の課税年度については23.9%だったが、2016年4月1日以

     降の課税年度については23.4%、2018年4月1日以降の課税年度については23.2%に引き下げられた。さらに、日
     本国内で得た当社の所得に課される地方所得税もある。日本の消費税は現在8%であり、2019年10月1日に10%へ
     の増税が予定されている。当社のライフ・プランナー及びライフ・コンサルタントに支払われる保険手数料は一定
     の収入限度額を超える個人については消費税の対象となる。しかし、消費税は従業員の報酬(手数料を除く)又は
     保険料に対しては課税されない。
     海外の規制イニシアチブ

      米国におけるドッド・フランク法の採択に加え、世界各国の規制当局及び立法府は、将来における金融危機の発

     生を防止する手段を積極的に模索している。当該作業の多くの点については、G20加盟国の金融監督機関の代表者
     らで構成されるFSBがこれを主導している。G20、FSB及び関連当局は金融グループの監視、資本及びソルベンシー
     の基準、システミック・エコノミック・リスク、役員報酬を含むコーポレート・ガバナンス、並びに関連する多く
     の課題に対処するための提案を行っている。
      2013  年7月、当社は、IAISが開発し実施した定量的方法論を通じて、他の世界的保険会社8社とともにシステム

     上重要なグローバルな保険会社(「G-SII」)であるとFSBから認定された。2016年11月までの間、同様の評価が実
     施され、G-SII認定のリストが毎年発行されている。当社はこの間、G-SIIの認定を一貫して維持している。2017年
     11月、FSBは、2016年のG-SIIリストが2018年11月に再検討されるまでの間有効に維持されると発表した。FSBはま
     た、保険セクターの潜在的システミックリスクの評価及び管理に関して、IAISが活動に基づくアプローチを策定す
     る進行中の取り組みを今後も継続するよう提言した。
      FSB  の指導に従って、IAISは、グループ全体の自己資本比率に関する2つの規制を含む、G-SIIに適用する保険監

     督機関のグループレベルの一連の政策を策定した。2014年11月にFSBとG20によって承認された基本的資本要件
     (「BCR」)は国際的に整合性がとれた、比較可能な基本的自己資本比率の指標である。2015年11月にFSB及びG20
     が承認したより高い損失吸収力(「HLA」)基準は、BCRに上乗せした追加的資本バファーを設定する。2017年2
     月、IAISはFSBの承認を得て、HLAの管轄区域内実施を早くとも2022年まで延期し、ICSがBCRに代わるHLA要件の土
     台とするよう助言した。
                                  75/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      G-SII   に関する政策に加えて、IAISは、IAISによる国際的に活動している保険グループの監督のための、共通の
     枠組み(「ComFrame」)を策定している。ComFrameを通じて、IAISは、保険会社のコーポレート・ガバナンス、事
     業リスクの管理、及びその他のコントロール機能、グループ全体の監督及びグループ全体の自己資本比率に関する
     統一基準を設けることにより、効率的かつ国際的に統一された保険業界の監督機能を促進することを目標としてい
     る。ComFrameの資本に関連しない要素は、一連のパブリック・コンサルテーションを通じて繰り返し検討されてお
     り、2019年にIAISが採択する予定である。ICSはComFrameの自己資本充実度に関する要素であるが、これも一連の
     パブリック・コンサルテーション及び任意の実地試験を通して繰り返し検討されている。IAISは最近、そのメン
     バーの間で締結されたICSの策定及び実施に関する契約を公表した。この契約の規定には、IAISが2019年にICSを採
     択すること、国際的に活動する保険グループ(「IAIGs」)がIAIGを管轄するグループ監督当局にICSの結果を報告
     することとなっている2020年に開始する5年間の監視期間、及び2026年のICSの管轄区域ごとの実施などが含まれ
     る。
      基準を設定する機関として、IAISはBCR、ICS及びHLA基準を含むIAISが策定する政策に従うよう保険会社に対し

     て要求する直接的な権限はない。しかし、米国のグループ監督機関又は当社の国際事業若しくは海外子会社の監督
     機関によって採用された場合、プルデンシャル・ファイナンシャルはこれらの基準の適用対象となる可能性があ
     る。IAISの基準の採択は、当社の資本展開、事業の構成及び管理運営方法に影響を与える可能性があり、米国内外
     での事業展開にも影響を与える可能性がある。複数の法域における立法府及び規制当局がこれらのイニシアチブを
     同時に行うことにより、プルデンシャル・ファイナンシャルに対して、グループレベル及び子会社レベルで、一貫
     性を欠く、相反する規制が適用される可能性がある。
                                  76/705












                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】

      (1)  親会社
        当社には親会社は存在しない。
      (2)  子会社

        以下では、資本金の額が100百万ドルを超える子会社を記載している。投資対象である子会社については、
       資本金の額が100百万ドルを超えているものについても記載していない。資本金の額は、2017年12月31日時点
       で公表されたものであり、2017年12月の提出後に書き換えられた額を記載したものではない。
                                              資本金

                                                    提出会社の
                    主たる                       (別段の記載が
          名 称                      主たる業務                    所有割合
                  事務所の所在地                           ない限り
                                                    (議決権)
                                             千ドル)
     ●  資産運用会社
     PGIMインク               ニュー      ザ・プルデンシャル・インシュアラ                     320,713        100%
                   ジャージー州        ンス・カンパニー・オブ・アメリカ                            (100%)
     (PGIM,    Inc.)
                          に対する投資業務。その他の子会社
     (独立)
                          の全発行済み株式を保有。
     PGIM・リアル・エステー               ニュー      PGIMリアル・エステート・ファイナ                     345,115        100%
     ト・ファイナンス・ホー             ジャージー州        ンス・エルエルシーの親会社兼持株                            (100%)
     ルディング・カンパニー                     会社。
     (PGIM   Real   Estate
     Finance    Holding
     Company)
     PGIMストラテジック・イ             デラウェア州        主に不動産(モーゲージ貸付を含                     315,948        100%
     ンベストメンツ・インク                     む)、非上場債券(銀行ローンを含                            (100%)
     (PGIM    Investments,                  む)、非上場エクイティ(買収を含
                          む)、資産担保証券、公債及び一部
     Inc.)
                          の状況下では上場エクイティへの戦
                          略的投資。
     PGIMファイナンシャル・                英国      PGIMファイナンシャル・リミテッド                     132,563         100%
     リミテッド                     はPGIMインクの英国子会社すべてを                            (100%)
     (PGIM    Financial     LTD)            含むPGIMインクの英国事業の持株会
                          社であり、英国事業のオペレーショ
                          ナル・リース及びプルデンシャル・
                          リアル・エステート・インクの雇用
                          契約を保持する。
     ジェニソン・アソシエイ             デラウェア州        主に会社、受託者の管理に移された                     100,471    有限責任会社
     ツLLC                     年金と利益分配計画、慈善団体、寄                         (株式なし)
     (Jennison      Associates               贈、保険分離勘定、関連会社及び第
                          三者のミューチュアル・ファンド、
     LLC)
                          その他の合同運用型ファンド、及び
                          ブローカー・ディーラーがスポン
                          サーとなっている合同運用勘定プロ
                          グラムの個別運用勘定への投資運用
                          サービスの提供。
     PREIアクイジションLLC             デラウェア州        企業の合法的な事業、目的又は活動                     202,948        100%

     (PREI    Acquisition                  すべて(不動産の取得、管理及び処                 (注:PREIア           (100%)
                          分などを含むがこれらに限らな                 クイジション
     LLC)
                          い。)。                 の子会社の資
                                           本金を含
                                           む。)
                                  77/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                              資本金
                                                    提出会社の
                    主たる                       (別段の記載が
          名 称                      主たる業務                    所有割合
                  事務所の所在地                           ない限り
                                                    (議決権)
                                             千ドル)
     PGIM(シンガポール)プ             シンガポール        主たる事業活動は不動産資産運用                     152,845        100%
     ライベート・リミテッド                     サービスの提供。                            (100%)
     (PGIM    (Singapore)      Pte
     Ltd.)
     ●  保険業務

     プルコ・ライフ・イン              アリゾナ州       ニューヨークを除くすべての州にお                    2,925,430         100%
     シュアランス・カンパ                     いて個人生命保険及び一時払い据置                            (100%)
     ニー・オブ・アリゾナ                     年金事業を行う。
     (PRUCO    Life   Insurance
     Company    of  Arizona)
     プルデンシャル・アニュ             デラウェア州        保険関連の事業を行う1つ又は複数                    6,390,577         100%

     イティーズ・ホールディ                     の保険会社の株式若しくはその他の                            (100%)
     ング・カンパニー・イン                     証券を保有する持株会社。
     ク
     (Prudential      Annuities
     Holding    Company,     Inc.)
     プルデンシャル・リタイ             コネチカット州        退職年金及び年金保険の販売及び                   1,  535,989        100%

     アメント・インシュアラ                     サービスの提供。                            (100%)
     ンス・アンド・アニュイ
     ティ・カンパニー
     (Prudential       Retirement
     Insurance     and  Annuity
     Company)
                    ニュー      生命保険会社として事業を行い、特                   1,  539,282        100%

     プルデンシャル・レガ
                   ジャージー州        にCOLI保険及び私募変額生命保険                            (100%)
     シー・インシュアランス・
                          等、団体及び/又は個人の保険商品
     カンパニー・オブ・ニュー
                          を取り扱う。
     ジャージー
     (Prudential      Legacy
     Insurance     Company    of  New
     Jersey)
                                  78/705











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                              資本金
                                                    提出会社の
                    主たる                       (別段の記載が
          名 称                      主たる業務                    所有割合
                  事務所の所在地                           ない限り
                                                    (議決権)
                                             千ドル)
                   アリゾナ州       個人生命保険事業の再保険のために                     281,273        100%
     プルデンシャル・アリゾ
                          設立。プルコ・ライフ・インシュア                            (100%)
     ナ・リインシュアランス・
                          ランス・カンパニー・オブ・ニュー
     キャプティブ・カンパニー
                          ジャージー(「PLNJ」)及びプル
     (Prudential       Arizona
                          コ・ライフの資本負担を和らげるこ
     Reinsurance      Captive
                          とを目的としている。
     Company)
                   アリゾナ州       プルコ・ライフ・インシュアラン                     130,039        100%

     ドライデン・アリゾナ・イ
                          ス・カンパニー(PLAZ)及びプル                            (100%)
     ンシュアランス・ターム・
                          コ・ライフ・インシュアランス・カ
     カンパニー(Dryden
                          ンパニー・オブ・ニュージャージー
     Arizona    Insurance     Term
                          (PLNJ)のための再保険。
     Co)
                   アリゾナ州       生命保険事業の資本管理戦略準備金                     429,678        100%

     プルデンシャル・アリゾ
                          に対する再保険を提供する。                            (100%)
     ナ・リインシュアランス・
     ターム(Prudential
     Arizona    Reinsurance
     Term)
                   アリゾナ州       当該会社は個人定期生命保険商品に                     283,516        100%

     プルデンシャル・ターム・
                          関する非経済的準備金をサポートす                            (100%)
     リインシュアランス・カン
                          る目的で設立された。
     パニー(Prudential          Term
     Reinsurance      Company)
                   アリゾナ州       当該会社はアリゾナ州の一般法人で                   1,421,951         100%

     プルデンシャル・アリゾ
                          あり、親会社専属保険会社として設                            (100%)
     ナ・リインシュアランス・
                          立され、アリゾナ州法の条件に従っ
     ユニバーサル・カンパニー
                          て、保険及び再保険取引を行うため
     (Prudential       Arizona
                          に設立された。
     Reinsurance      Universal
     Co)
                   アリゾナ州       当該会社は、個人生命保険の資本管                     565,973        100%

     プルデンシャル・ユニバー
                          理戦略の一環として、一定のユニ                            (100%)
     サル・リインシュアラン
                          バーサル生命保険商品に関する非経
     ス・カンパニー
                          済的準備金を分離し、より効率的な
     (Prudential       Universal
                          財務体制をもって支援することを可
     Reinsurance      Company)
                          能にするために設立された。
                   アリゾナ州       ユニバーサル生命保険事業の再保                     305,663        100%

     ジブラルタ・ユニバーサ
                          険。                            (100%)
     ル・ライフ・リインシュア
     ランス・カンパニー
     (Gibraltar      Universal
     Life   Reinsurance
     Company)
                   デラウェア州        当該会社は、個人生命保険からの資                     316,041     有限責任会社

     ヒラカタLLC
                          本管理のための資金調達を支援する                         (株式なし)
     (Hirakata,      LLC)
                          ために設立された。当該取引の一部
                          として、特別目的LLCが必要とされ
                          る。
                                  79/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                             資本金
                                                    提出会社の
                    主たる                      (別段の記載がない
         名 称                     主たる業務                      所有割合
                  事務所の所在地                            限り
                                                    (議決権)
                                            千ドル)
     ●  国際保険会社
     プルデンシャル・イン             デラウェア州       当該会社はプルデンシャルの一部                    1,403,283      有限責任会社
     ターナショナル・イン                    の国際保険会社の親会社である。                           (株式なし)
     シュアランス・サービ
     ス・カンパニー・エルエ
     ルシー(Pru      Intl
     Insurance     Svcs   Co,
     LLC)
     プルデンシャル・ホール               日本     同社の主な事業は投資及び金融産                    24,192,274          100%

     ディング・オブ・ジャパ                    業における事業の持株会社であ                 (注:この金額は            (100%)
     ン株式会社                    る。                 プルデンシャル・
     (Prudential      Holdings                               ホールディング・
                                          コンソリデイテッ
     of  Japan,    Inc.)
                                          ド
                                          ($1,506,648)、
                                          ジブラルタ生命
     プルデンシャル・ホール
                                          ($13,827,353)
     ディング・オブ・ジャパ
                                          及びザ・プルデン
     ン・コンソリデイテッド
                                          シャル・ライフ・
     (Prudential       Holdings
                                          インシュアランス
     of  Japan
                                          ($8,858,272)を
     Consolidated)
                                          含む、プルデン
                                          シャル・ホール
     ジブラルタ生命保険
                                          ディング・オブ・
     株式会社(Gibraltar
                                          ジャパン株式会社
     Life   Insurance     Co.,
                                          の子会社の資本金
     Ltd)
                                          を含む。)
     プルデンシャル生命保険
     株式会社
     (The   Prudential      Life
     Insurance     Company,
     Ltd.)
     ザ・プルデンシャル・ラ               韓国     当該会社は大韓民国政府によって                    3,  725,274        100%
     イフ・インシュアラン                    承認されているすべてのタイプの                             (100%)
     ス・カンパニー・オブ・                    個人保険業務を行う。
     コリア・リミテッド
     (The   Prudential      Life
     Insurance     Company    of
     Korea,    Ltd.)
     プルサービコス・パル              ブラジル      ブラジルにおける保険事業を管理                     297,718        100%

     ティシパソス       Ltda.              する有限責任会社。
     (Pruservicos
     Participacoes,        Ltda.)
                                  80/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                              資本金
                                                    提出会社の
                    主たる                       (別段の記載が
          名 称                      主たる業務                    所有割合
                  事務所の所在地                           ない限り
                                                    (議決権)
                                             千ドル)
     プルデンシャル・ライ             台湾省、中国        同社の事業は、台湾における個人保                     778,121        100%
     フ・インシュアランス・                     険である。                            (100%)
     オブ・タイワン・インク
     (Prudential       Life
     Insurance     of  Taiwan,
     Inc.)
     プラメリカ・ライフ          SPA     イタリア       イタリア国内での生命保険商品の販                     254,117       該当なし

                          売のために設立。                         (当該会社には
     (Pramerica      Life   SPA)
                                                    株式はない)
     ●  その他

      当社は上記の会社を含め、約400社の子会社を有している。

     5  【従業員の状況】

      従業員数
        2017年12月31日現在、当社の従業員及び販売員数は49,705名(米国外に配置される29,334名を含む)であ

       る。当社としては各従業員及び販売員とは満足できる関係にあると考えている。
        米国従業員平均年齢:44.93

        米国従業員:平均勤務年数:11.86
        米国従業員:平均月間給与:9,009ドル(2017年、完全歩合制の従業員を除く。)
        海外従業員平均年齢:43.24

        海外従業員:下表を参照のこと
        海外従業員:平均月間給与:入手不可能
                         勤続年数別従業員数(米国外)

                                 2017年度               2016年度

         1年未満                               1,697                465
         1年以上3年未満                               4,858               4,858
         3年以上5年未満                               3,043               3,343
         5年以上10年未満                               5,205               5,494
         10年以上15年未満                               3,919               4,050
         15年以上                               6,716               6,980
         合計                               25,438               25,190
        2016  年度及び2017年度のデータは当社のグローバル人事システムから取得したものであり、米国外のすべて
        の従業員数を反映しておらず、下表の合計数とは一致しない。2016年度のデータは、グローバル人事情報シ
        ステムの更新データに基づき修正されている。
                                  81/705



                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
        セグメント別従業員数-下表は米国内外の事業における従業員数を示している。
                                                 2017年12月(注1)

                                                    実数
     退職金ソリューション及び投資運用
      年金セグメント                                                  1,128
       投資運用及びアドバイザリー・サービス                                                  3,024
       プルデンシャル投資                                                   429
       国際投資                                                   176
      資産運用セグメント                                                  3,629
      退職金セグメント                                                  2,292
     退職金及び投資運用合計                                                  7,048
     個人生命保険及び団体保険

      個人生命保険セグメント(代理店を通じた販売を含む)                                                  6,197
      団体保険セグメント                                                  1,754
     個人生命保険及び団体保険合計                                                  7,950
     国際保険及び投資

      ライフ・プランナー事業                                                 12,479
      ジブラルタ生命(注1)                                                 14,578
     国際保険部門合計                                                 27,057
     全社及びその他業務

      全社勘定                                                  7,649
     全社及びその他業務合計                                                  7,649
     継続事業の当社従業員数合計                                                 49,705

      生産及びサポート社員合計                                                 27,781

      販売社員合計                                                 21,924
     継続事業の当社従業員数合計                                                 49,705
      (注1) ジブラルタ生命の実数は、1ヶ月のずれをもって報告されている。
                                  82/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     第3    【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

       下記の連結財務状況及び経営成績に関する分析は、上記の「将来の見通しに関する記述」、下記の「4 事

     業等のリスク」、上記の「第2 企業の概況」「1 主要な経営指標等の推移」及び連結財務書類と併せて読まれ
     るべきものである。
                                 概要

       2017年度第4四半期において、顧客や出資者のための価値提案を強化するべく、当社の米国事業について、そ

      の事業構成、デジタル能力及び顧客エンゲージメント能力の活用に対する注力を反映した新たな組織構造が導入
      された。当社の既存のセグメントは、かかる新たな組織構造においても維持されているが、新たな部門の下で再
      編成されている。新たな事業構造において、当社の主要事業は、5つの部門から構成され、7つのセグメントと
      全社及びその他の業務が含まれている。米国個人ソリューション部門は、個人年金保険セグメントと個人生命保
      険セグメントから構成される。米国ワークプレイス・ソリューション部門は、退職金セグメントと団体保険セグ
      メントから成る。投資管理部門は、投資管理セグメント(旧資産運用セグメント)から成る。国際保険部門は、
      引き続き国際保険セグメントから構成され、クローズド・ブロック部門も引き続きクローズド・ブロック・セグ
      メントから構成される。全社及びその他の業務には、引き続き事業セグメントに割り当てられていない法人項目
      及びイニシアチブ、並びに売却済み又は売却予定の事業が含まれている。報告セグメント及びセグメント別の収
      益性の測定方法について、新たな組織構造の導入に伴う変更はない。
      収入及び費用

       当社の主たる収入源は、保険料、死差益、費差益、保険商品及び投資商品からの資産運用手数料及び事務管理

      手数料、並びに一般勘定その他ファンドの投資である。保険料収入は主として、特定の個人生命保険、団体生命
      保険及び団体所得補償保険、退職年金保険並びに年金保険契約の販売によって確保されている。当社は、死差
      益、費差益及び資産運用手数料を、主に変額生命保険や変額年金保険を含む、分離勘定商品の販売及びサービシ
      ング、並びにユニバーサル生命保険を含むその他の商品の販売及びサービシングから得ている。また、資産運用
      手数料及び事務管理手数料は、ミューチュアル・ファンド、退職金関連商品並びにその他資産運用商品及びサー
      ビスの販売、サービシング及び運用により確保されている。当社の営業費用は主として、提供した保険給付金及
      び将来において予想される保険給付金に対する準備金、一般業務費用、保険契約者配当、当社の商品の販売及び
      サービシングに関する手数料及びその他の費用、並びに一般勘定債務に係る利息などである。
                                  83/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      収益性
       当社の収益性は、主に、保険商品及び年金商品の価格を給付の提供及び当該商品の管理に関連する費用を上回

      るマージンを創出するレベルに設定する能力に左右される。また、収益性は、その他の項目、とりわけ当社の保
      険商品及び年金商品の保険数理計算上の経験及び保険契約者の行動に関する経験、並びに当社の顧客資産を獲
      得・維持する能力、好ましい投資成績を創出・維持する能力、資本を効果的に配置し、担税力を活用する能力及
      び費用を管理する能力にも左右される。
       従来、クローズド・ブロックに含まれる利益配当型商品は、その他多くの保険契約に比べると、投下資本を下

      回る収益しかもたらしてこなかった。国内での利益配当型商品の販売を中止したため、これら旧契約が逐次満期
      を迎える一方で、他の保険契約を拡大していけば、保有契約に占める伝統的な利益配当型商品の比率は、徐々に
      低下するものと考えられる。しかしながら、この既存保険区分からの比較的低い収益が長期間継続することによ
      り、複数年にわたって連結事業業績が影響を受けることが見込まれる。
                                  84/705















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                           エグゼクティブ・サマリー
      業界の動向

       当社の米国内事業及び国際事業は、金融市場、経済状況、規制監督及び当社が競争を展開する業界に影響を与

      える様々な動向に左右されている。
      米国内事業

       金融及び経済環境         :下記の「低金利環境の影響」に記載するとおり、米国における金利は、引き続き過去のレ

      ベルを下回っており、当社のポートフォリオの利回り及び投資スプレッド業績純額に悪影響を与え続けている。
       規制環境     :当社に影響を与える可能性のある規制上の進展及び関連するリスク(米国税法の改正、ドッド・フ

      ランク・ウォール街改革・消費者保護法、米国労働省による受託者責任規則及び他の規制当局が策定中の受託者
      責任規則を含む。)については、「第2 企業の概況」「3 事業の内容」の「規制」の項を参照のこと。
       デモグラフィック         :顧客のデモグラフィックは変化を続け、ミレニアル世代向け市場や多文化的な市場等、異

      なる消費者セグメントにおいて新たな機会が生まれている。消費者の期待と嗜好も変化している。当社は、既存
      の顧客と潜在的な顧客の双方において、ハイテクなデバイスを通じて入手可能な、分かりやすく費用効率に優れ
      たソリューションの需要が高まるものと考えている。同時に、所得保障、貯蓄及び退職を迎えるベビーブーム世
      代のニーズは、引き続き保険業界の中心を成している。貯蓄・所得保障の両方について、退職後の保障に関する
      格差は依然として根強い。退職後に備える貯蓄に関するリスクと責任が雇用者から従業員へと移転している一方
      で、雇用者は、従業員のファイナンシャル・ウェルネスに対する注力を強めている。
       競争環境     :当社の各セグメントの競争環境及び競争基盤については、「第2 企業の概況」「3 事業の内

      容」の項を参照のこと。
                                  85/705









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      国際事業
       金融及び経済環境         :当社の国際保険事業(とりわけ日本の保険事業)は引き続き、低金利環境において実施さ

      れている。日本の国内市場は、かかる低金利に適応しているが、下記の「低金利環境の影響」において述べると
      おり、現在、当社の国際保険事業における一部の保険区分に係る現時点の再投資利回りは、概ね当該保険区分に
      対応するポートフォリオの現時点の利回りを下回っており、これに伴って当社の投資スプレッド業績純額に悪影
      響が及ぶおそれがある。米国における継続的な低金利環境も、日本における円建て商品と比較した場合の米ドル
      建て商品の相対的な魅力に影響を与える可能性がある。さらに当社は、為替レート(とりわけ日本円)の変動に
      よる財務的影響も受けている。円建て及び非円建て商品の相対的な魅力は、引き続き円相場の変動による影響を
      受ける見込みである。
       規制環境     :当社に影響を与える可能性のある規制上の進展及び関連するリスク(資本基準の策定を含む。)に

      ついては、「第2 企業の概況」「3 事業の内容」の「規制」の項を参照のこと。
       デモグラフィック         :日本では、人口の高齢化が進んでおり、多くの個人資産プールが利回りの低い預金及び貯

      蓄手段に投資されている。日本の人口の高齢化及び政府年金制度のひっ迫により、退職に備える世代の増加と相
      まって、貯蓄及び定年後の収入に関するニーズを充足するための高い貯蓄性を備えた保険商品に対する需要が高
      まっている。当社は、同じく人口の高齢化が進む韓国及び台湾を含む他のアジア市場においても退職商品への同
      様のシフトを確認している。
       競争環境     :当社の各セグメントの競争環境及び競争基盤については、「第2 企業の概況」「3 事業の内

      容」の項を参照のこと。
      低金利環境の影響

       グローバルな金融サービス会社である当社の業績及び財務状況は、市場金利によって大きく左右される。金利

      の変動は、当社の業績及び/又は財務状況にあらゆる面で影響(以下に対するプラス又はマイナスの影響を含
      む。)を与える可能性がある。
       ・投資関連業務(投資収益、純利鞘、投資スプレッド業績純額、新たな貸付金利、モーゲージ・ローンの繰上
        返済及び社債の償還を含む。)、
       ・保険の準備金水準、市場経験調整、並びに繰延保険契約取得費用(「DAC」)及び買収事業価値
        (「VOBA」)の償却、
       ・顧客勘定価値(報酬収益への影響を含む。)、
       ・営業権等の無形資産の公正価値及び想定される減損、
       ・商品の販売、設計、予定利率及び販売構成、並びに
       ・保険契約者の行動(解約又は脱退を含む。)
       当社の二大市場(米国及び日本)における現在の金利環境、保険負債・保険契約者預り金勘定の構成、現在の
      金利環境が継続した場合に当社の業績が被る仮定的な影響については、以下を参照のこと。
                                  86/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      米国事業(クローズド・ブロック部門を除く。)
       2017年度を通じた米国連邦準備制度理事会による短期金利の合計75ベーシス・ポイントの引上げに関連する措

      置にもかかわらず、米国における金利は、依然として過去の水準を下回っている。市況や市場における事由によ
      り、連邦準備制度による更なる金融政策決定のタイミング、規模及び影響が不確実なものとなっている。かかる
      継続的な低金利環境に鑑みて、当社の現在の再投資利回りは引き続き、ポートフォリオ全体の利回り、とりわけ
      満期固定証券及び商業モーゲージ貸付に対する投資の利回りを下回っている。その結果、当社のポートフォリオ
      全体の利回りは、今後も低迷することが予想される。
       米国個人ソリューション部門、米国ワークプレイス・ソリューション部門、投資管理部門並びに全社及びその

      他の業務に対応する一般勘定について、当社は、2019年度を通じた年間の予定支払額と繰上支払額が満期固定証
      券及び商業モーゲージ貸付のポートフォリオの約6.8%に相当するものと予想している。当該事業の一般勘定に
      は、2017年12月31日現在、当該資産が純帳簿価額ベースで約1,950億ドル含まれていた。当該資産が満期を迎え
      るにあたり、2017年12月31日現在において約4.2%である満期固定証券及び商業モーゲージ貸付の平均ポート
      フォリオ利回りは、更なる低金利環境における再投資により、低下するものとみられている。
       満期固定証券及び商業モーゲージ貸付1,950億ドルのうち、約1,080億ドルについては発行体の裁量によるコー

      ル・オプション又は償還のオプションが付されており、その加重平均金利は約4%である。当該1,080億ドルの
      うちの約65%が、繰上返済手数料に関する規定を含むものである。当社が現在の純利鞘を維持するために、保有
      する保険区分の予定利率を引き下げない又は以下に記載するその他の資産・負債管理戦略を効果的に利用しな
      い、あるいはこれらを行うことができない範囲において、現在のポートフォリオ利回りを下回るレート(保険契
      約によって保証されているレートを下回る場合を含む。)による予定支払額又は繰上返済額(繰上返済手数料は
      適用されない。)の再投資に伴い、将来における運用成績に影響が及ぶ可能性がある。
       下表は、下記の日付現在の当社のクローズド・ブロック部門を除く米国事業の保険負債及び保険契約者預り金

      勘定を種類別に示したものである。
                                               2017年12月31日現在
                                                ( 単位:十億ドル)

     固定利率・利率保証付き長期保険商品                                                   115

     最低保証予定利率に基づき予定利率を調整済みの契約                                                    56

     投資収益に関するリスクが最終的に保険契約者の負担となる利益配当型保険契約                                                    15

     合計

                                                        186
                                  87/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       上記の金額のうち、約1,150億ドルが団体年金等の長期商品、仕組み決済及び固定利率・                                              利率保証付きの        その
      他の保険商品であり、その原資産をポートフォリオを下回る金利で再投資しなければならない可能性がある。当
      社は、下記の資産/負債管理を通じて長期的な低金利環境がこれらの契約に及ぼす影響を緩和することを目指し
      ている。
       上記の560億ドルは、           予定利率が保険契約の期間にわたって最低保証予定利率に基づき調整される保険契                                           約に

      関連するものである。最低保証予定利率を上回る保険契約について、当社は当該予定利率を引き下げることがで
      きるものの、かかる引下に対する当社の意思は、競争による圧力によって抑制されることがある。下表は、関連
      する勘定価値を、         最低保証予定利率の範囲             及び2017年12月31日現在の保険契約者に対する金利と各最低保証                                 予定
      利率  の差(単位:ベーシス・ポイント)別に示したものである。
                         最低保証予定利率に基づき予定利率を調整済みの勘定価値

                          最低保証       最低保証       最低保証       最低保証
                          予定利率       予定利率       予定利率       予定利率
                   最低保証      の超過率:       の超過率:       の超過率:       の超過率:
                                                      合計
                   予定利率        1-49      50-99      100-150        150
                          ベーシス・       ベーシス・       ベーシス・       ベーシス・
                          ポイント       ポイント       ポイント      ポイント超
                                  ( 単位:十億ドル)
     最低保証予定利率の範囲
     1.00  %未満              0.4       1.1       0.4       0.1       0.0       2.0
     1.00%-1.99%                 1.0       9.6       6.4       1.5       0.3      18.8
     2.00%-2.99%                 0.9       0.6       0.4       2.5       0.4       4.8
     3.00%-4.00%                26.5       2.7       0.2       0.1       0.0      29.5
                      1.0       0.0       0.0       0.0       0.0       1.0
     4.00%超
                     29.8       14.0       7.4       4.2       0.7      56.1
     合計(注1)
     全体に占める割合
                      54%       25%       13%       7%       1%      100%
      (注1) 投資額が満期まで維持されない場合に市場価値調整が行われる契約に関連する約9億ドルが含まれる。

       当該事業の保険負債及び保険契約者預り金勘定のうち残りの150億ドルは、投資収益に関するリスクが最終的

      に保険契約者の負担となる利益配当型保険契約に関連するものである。当該保険契約の予定利率は、関連資産の
      利益に基づいて定期的に調整される。
                                  88/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       2018年1月1日から2019年12月31日までの米国10年国債の平均利回りが2.70%で、かつ、信用スプレッドのレ
      ベルが2017年12月31日現在のレベルと同じであるという仮定的なシナリオに基づき、当社は、かかる環境におけ
      る再投資による税引前調整後営業利益が、現在の平均ポートフォリオ利回りによる再投資と比較した場合に、
      2018年度には約14百万ドル、2019年度には約43百万ドルのマイナスの影響を受けるものと予想している。当該影
      響は、主に退職金セグメント及び個人年金保険セグメントにおいて最も顕著である。この仮定的なシナリオは、
      上記の表にある約560億ドルの                保険契   約に関する影響のみを反映したものであり、関係する保険契約者に対する
      債務の予定利率の潜在的な変動(当社が契約上変更を行うことが可能な場合)、若しくは資金の再投資の際に当
      社が採用する投資ミックスの変更等その他の緩衝剤による恩恵、当社の負債に直接に対応していない資産に関連
      する影響、その他の要素の影響(新契約、保険契約者の行動、商品の変更、商品販売の変更、競争環境の変化又
      は資本市場の変動を含むが、これらに限られない。)、又は以下に記載するその他の要素は、反映されていな
      い。調整後営業利益及びそのセグメントの業績の指標としての利用については、「7 財政状態、経営成績及び
      キャッシュ・フローの状況の分析」の「連結営業成績-セグメント指標」の項を参照のこと。
       昨今の金利環境が当社の純利鞘に与える不利な影響を緩和するため、当社は、積極的な資産・負債管理計画を

      採用しており、これには、規律あるリスク管理の枠組の範囲内における戦略的資産配分及びヘッジ戦略が含まれ
      ている。当該戦略は、当社の商品の特徴に合致し、資産の金利感応度を商品負債の予想金利感応度に厳密に近似
      させることを目指すものである。当社の資産・負債管理プログラムは、デリバティブを通じて、資産と負債の間
      のデュレーションのギャップのリスク、為替変動リスク及びその他のリスクの管理を支援している。当社は、商
      品の変化、顧客の行動の変化及び市況の変化が生じるごとに、かかる動的なプロセスを調整している。その結
      果、当社の資産・負債管理プロセスにより、当社が商品に関連する金利リスクを、複数の市場サイクルを通じて
      管理することが可能になっている。当社の金利エクスポージャーは、当社の事業の構成(報酬ベースの利益及び
      保険引受利益が、商品の収益性にとってより重大な役割を果たしている事業を含む。)によっても緩和されてい
      る。
      クローズド・ブロック部門

       クローズド・ブロック部門の一般勘定資産610億ドルのほぼすべてが、クローズド・ブロックの保険契約のみ

      に関連する債務及び負債に対応している。クローズド・ブロックの詳細については、連結財務書類の注記12を参
      照のこと。
                                  89/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      国際保険事業
       当社の国際保険事業は、長年にわたって低金利環境を経験しているが、当社の国際保険事業における特定の保

      険区分に係る現時点の再投資利回りは、概ね当該保険区分に対応するポートフォリオの現時点の利回りを下回っ
      ている。近年、日本銀行の金融政策により一部の国債の利回りが一層低下し、一時はマイナスとなった。当社の
      国際保険事業は、昨今の金利環境が当社の純利鞘に与える不利な影響を可能な限り抑制するため、積極的な資
      産/負債管理プログラムを採用している。当社は、当該プログラムと併せて、ポートフォリオ強化のために逆
      イールド資産の購入を中止し、期間が30年以上である長期債の購入を継続している。さらに、通貨構成及び保険
      料支払方法の面で多様性の高い商品ポートフォリオにより、当社が低金利環境のマイナスの影響を一層緩和する
      ことが可能になる。当社は、定期的に商品の販売とその収益性を見直している。その結果、一部の商品の価格が
      改定され、一部の商品の手数料が調整されたほか、当社の収益予想に合致していない他の商品の販売が中止され
      た。かかる措置の影響は、米ドルに対する円高及び新商品の導入と相まって、他の通貨建ての商品と比較した場
      合の米ドル建て商品の売上の増加につながった。国際保険事業の販売成績の詳細については、「7 財政状態、
      経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「国際保険部門-国際保険-売上業績」の項を参照のこと。
       下表は、下記の日付現在の当社の日本事業の保険負債及び保険契約者預り金勘定を種類別に示したものであ

      る。
                                               2017年12月31日現在

                                                ( 単位:十億ドル)

     固定利率・利率保証付き長期保険商品                                                   125

     投資額が満期まで維持されない場合に市場価値調整が行われる保険契約                                                    24

     予定利率が     最低保証予定利率に基づき調整される                  保険契約                             10

     合計

                                                        159
       上記の金額のうちの約1,250億ドルが主に固定利率・                           利率保証付きの        長期保険商品から構成されており、その

      原資産を現在のポートフォリオ利回りを下回る金利で再投資しなければならない可能性がある。残りの保険負債
      及び契約者預り金勘定には、投資額が満期まで維持されない場合に市場価値調整が行われる保険契約に関連する
      約240億ドル、及び予定利率が                最低保証予定利率に基づき              保険契約     の期間にわたって調整される契約に関する約
      100億ドルが含まれている。しかしながら、当該保険契約について、現行の予定利率の大部分は、契約上の最低
      保証予定利率又はそれに近い料率である。一定の場合において、当社は最低保証予定利率を上回る保険契約につ
      いて予定利率を引き下げることができるが、当該保険契約の大部分について、予定利率は、公式により決定され
      る。
                                  90/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       日本事業及び韓国事業において、2018年度の新規の名目利回りが予想を25ベーシス・ポイント下回ったという
      仮定的なシナリオの下、かかる新規の名目利回りの低下を年換算された更新保険料の投資、投資処分による利益
      及び投資収益の再投資に適用した場合、不利な影響が生じ、2018年度の調整後営業利益が約10百万ドルないし15
      百万ドル減少することが予想される。かかる仮定的なシナリオは、初年度保険料、一時払保険料、複数通貨建て
      の定額年金のキャッシュ・フロー、商品の価格変更に伴う潜在的な恩恵並びにその他の要素(新契約、保険契約
      者の行動、競争環境の変化、資本市場の変化及びデリバティブ金融商品の効果を含むが、これらに限られな
      い。)の影響を除外している。
      見通し

       経営陣は、2018年度の業績が引き続き、高品質な保障、退職金及び投資管理の各事業の相補的な構成の恩恵を

      享受するものと予想している。かかる事業構成により、収益源が多角化され、業績や市況の変動が相殺され、同
      時に成長機会も創出されている。低金利環境(上記「エグゼクティブ・サマリー―低金利環境の影響」の項を参
      照のこと。)、一部事業における手数料の縮小と新たな規制環境(上記「第2 企業の概況」「3 事業の内
      容」の「規制」の項を参照のこと。)といった困難が存在しているものの、当社の事業に関する選択は、その堅
      調な実施と相まって、魅力的なリターンを創出するものと期待されている。各部門における見通しにあたっての
      検討事項には以下のものが含まれる。
      ・   米国個人ソリューション             :当社の個人年金保険事業は、顧客の投資や退職金に関するニーズの充足の支援に

        対する注力を継続している。短期的な資産運用益が長期目標を上回っていることから、堅調な業績が継続す
        ることが予想されている。さらに、当社の保険区分の安定性と業界全体の困難な販売環境に鑑みて当社のフ
        リー・キャッシュ・フローも高水準となることが予想されている。デリバティブと現物商品の構成の最適化
        を目的としたリスク管理戦略の強化により、長期的には収益に若干の下向き圧力が生じるものの、とりわけ
        不利なシナリオにおいてボラティリティの少ない純利益とキャッシュ・フローが創出されることが期待され
        ている。また、既存の保険区分の満期と総じて金利の低い新商品の販売によって手数料率が自然に低下する
        ことが予想されている。さらに、昨今の有利なヘッジ成績も正常化することが予想される。当社は、これら
        の要素が組み合わされることにより、当社の資産運用益が段階的に長期目標に近似していくものと予想して
        いる。当社は、商品多角化戦略の実施と成果重視の各種顧客向けソリューションへの注力を継続している。
        短期的には、業界において困難な販売環境が継続することが予想され、過年度と比較して株式市場の成長の
        抑制が見込まれることから、当社の勘定価値は若干低下するものとみられている。当社の個人生命保険事業
        は、多様な商品構成と魅力的なリスク・プロファイルを維持するため、商品多角化戦略の実施を継続してい
        る。当社は、顧客を一層重視した経験率を構築する一方、販売パートナーとの関係強化も継続している。過
        去数ヶ月間において講じられた商品に関する措置により長期生命保険と変額生命保険の売上高が向こう数四
        半期にわたってわずかに増加する可能性があるが、当社は、引き続き多様な商品の販売に注力していく。
                                  91/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      ・   米国ワークプレイス・ソリューション                    :退職金事業において、当社は、リスク管理や給付費用管理といった
        年金制度のスポンサーのニーズに対応した商品の提供を継続しており、変化を続ける市況における適切な価
        格設定やリターン予想が担保されている。年金リスク移転取引における当社の傑出した能力と顕著な実績に
        より、引き続き魅力的な成長機会が創出されることが期待されている。しかしながら、当社は、当社が最も
        競争力を有しており、かつ利益が最も堅調である市場セグメントである大規模な案件が一時的に発生するも
        のであるという性質に鑑みて、成長は一定なものとはならないものと予想している。さらに、当社は、フ
        ル・サービス事業において経験されている利幅と手数料の縮小が継続するものと予想しているが、これらに
        対処することは可能であると考えている。団体保険事業において、当社は、国内セグメントにおけるトップ
        の地位を維持し、ファイナンシャル・ウェルネス・プラットフォームを通じて顧客関係を強化する一方、プ
        レミア市場セグメントの拡大に注力している。当社は、とりわけ保険金請求管理の改善と継続的な価格設定
        の統制により便益率を上昇させた所得補償保険業務における複数年にわたる引受努力の恩恵を享受してい
        る。
      ・   投資管理     :当社の投資管理事業であるPGIMは、商品販売の一層の多角化、国際的なプレゼンスの拡大の継

        続、ソリューション能力の強化及び世界トップの資産運用会社としての外部からの評価の更なる強化を目的
        として、ターゲットを絞った投資を行っている。これらの能力により、PGIMが顧客の変化に富んだニーズへ
        の対応を継続し、複数の資産クラス、顧客セグメント及び地域の間でフローを創出することが可能となる。
        当社の成長戦略は、堅調な投資成績を達成し、優れた投資能力を惹きつけ、維持し続ける能力によって裏打
        ちされている。業界と同様に、当社は費用の圧迫を経験しているが、債券、株式及び不動産における高手数
        料収益戦略を通じた新規流入額と多角的な事業プロファイルによって、当社の平均手数料収益は、比較的安
        定している。
      ・   国際市場     :当社は引き続き、日本及び当社が現在事業を行っているその他市場におけるプレゼンスの強化並

        びに新興市場における販売能力の拡大に重点を置いている。当社の死亡保障商品の収益の大部分は、業績の
        金利へのエクスポージャー軽減に貢献する死亡率のマージンによる。日本においては、米ドル建て商品に比
        重を移す形で販売構成に変化が生じている。こうした傾向は継続するものとみられている。当社は、日本以
        外の特定の成長市場においても規模の拡大の達成を目指している。販売に関しては、日本におけるライフ・
        プランナー数の緩やかな増加を目指しているが、ジブラルタ生命のライフ・コンサルタントについては、品
        質・生産性水準の向上への注力の継続に伴って減少することが予想されている。
                                  92/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       上記の米国内外の市場において成長の機会をつかむべく、当社は、事業全体で投資を継続している。当社は、
      顧客経験と最新技術を用いた助言・販売、事業間の協力、職場における個人間の関係性の一層の強化、及び顧客
      が希望する販売網を通じて関連商品・サービスを提供する能力の強化に対する注力により、販売能力の拡大に対
      する投資を実施している。また、当社は、デモグラフィックが変化を続ける中で顧客のニーズに対する理解を深
      め、かかるニーズに応えるためのデータ・デジタル構想の実施を通じて、費用効率に優れ、分かりやすい商品を
      幅広く提供するという目標を達成するべく商品の改良にも投資している。また、当社は、手続の円滑化と管理シ
      ステムの効率性の強化のために情報技術インフラにも投資している。
       こうした戦略的投資は、最終的には事業の成長をもたらすものと期待されているが、費用の増加につながる。

      さらに、当該投資が利益を創出するのに要する期間は、各投資によって異なっている。当該投資の費用は、業務
      費用の効率性と事業において創出された利益を組み合わせることによって調達されており、効率性改善による利
      益によって引き続き当該投資費用の一部を吸収していくことが可能であるものとみられている。
                                営業成績

      セグメント別営業成績

       当社は、調整後営業利益というセグメントの収益性の指標を用いてセグメント並びに全社及びその他の業務の

      業績を分析している。調整後営業利益及びそのセグメントの営業成績の指標としての利用については、「7 財
      政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「セグメント指標」の項を参照のこと。
                                  93/705












                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       下表は、下記の各年度の各セグメント並びに全社及びその他の業務の調整後営業利益への貢献額、並びに連結
      損益計算書に記載の「法人所得税及び運営合弁事業損益に対する持分反映前利益(損失)」に対する当該セグメ
      ントの業績指標の調整額をまとめたものである。
                                        12月31日に終了した年度

                                    2017年        2016年        2015年
                                         (単位:百万ドル)
     セグメント別税引前調整後営業利益:
      個人年金保険                                2,198        1,765         1,797
                                      (191)         79        635
      個人生命保険
      米国個人ソリューション部門合計(注1)                                2,007        1,844         2,432
      退職金                                1,244        1,012          931
      団体保険                                 253        220         176
      米国ワークプレイス・ソリューション部門合計(注1)                                1,497        1,232         1,107
      投資管理                                 979        787         779
      投資管理部門合計(注1)                                 979        787         779
      国際保険                                3,198        3,117         3,226
      国際保険部門合計                                3,198        3,117         3,226
      全社及びその他の業務                               (1,437)        (1,581)         (1,313)
      全社及びその他合計                               (1,437)        (1,581)         (1,313)
      セグメント別税引前調整後営業利益合計                                6,244        5,399         6,231
     調整項目:
      実現投資利益(損失)、純額及び関連調整額(注2)                                (602)         989        2,258
                                       544        (466)         (679)
      実現投資利益(損失)関連費用、純額(注3)
      保険負債に対応するトレーディング勘定資産における投資
                                       336        (17)        (524)
      利益(損失)、純額(注4)
                                      (151)         21        433
      資産価値の変動に伴う経験料率契約者負債の変動(注5)
      撤退事業(注6):
                                       45       (132)          58
      クローズド・ブロック部門
                                       38        (84)         (66)
      その他撤退事業
      運営合弁事業損益に対する持分及び非支配持分に帰属する
                                       33        (5)         58
      利益(注7)
     法人所得税及び運営合弁事業損益に対する持分反映前連結
                                      6,487        5,705         7,769
     利益(損失)
      (注1) 過年度の部門別の小計は、当社の新たな組織構造に基づき表示されている。個人セグメントの業績及び連結の合計
          については変更はない。詳細については、上記の「概要」の項を参照のこと。
      (注2) 「実現投資利益(損失)、純額及び関連調整額」を表している。詳細については、「7 財政状態、経営成績及び
          キャッシュ・フローの状況の分析」の「実現投資損益」の項及び連結財務書類の注記22を参照のこと。
      (注3) 「実現投資利益(損失)、純額」がDAC及びその他の費用の償却並びに準備金の変動に与える影響に相当する関連
          費用が含まれている。また、当社の一部の年金商品の市場価値調整機能に関する支払に由来する関連費用及び「実
          現投資利益(損失)、純額」が未経過収益準備金の償却に与える影響も含まれている。
                                  94/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      (注4) 「保険負債に対応するトレーディング勘定資産における投資利益(損失)、純額」を表している。「7 財政状
          態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「経験料率契約者負債、保険負債に対応するトレーディン
          グ勘定資産、及びその他関連投資」の項を参照のこと。
      (注5) 経験料率契約に対応する投資プールにおける資産価値の変動に起因する契約者負債の変動を表している。「7 財
          政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「経験料率契約者負債、保険負債に対応するトレー
          ディング勘定資産、及びその他関連投資」の項を参照のこと。
      (注6) 売却・撤退済み又は売却・撤退予定の撤退事業の利益(損失)への貢献を表している(終了予定であるがU.S.
          GAAPに基づく「撤退事業」としての会計上の取扱いに該当しない事業を含む。)。詳細については、「第2 企業
          の概況」「3 事業の内容」の「撤退事業」の項を参照のこと。
      (注7) 運営合弁事業損益に対する持分は、調整後営業利益に含まれているが、法人所得税及び運営合弁事業損益に対する
          持分反映前利益からは除外されている。これは、運営合弁事業損益に対する持分が、連結損益計算書において税引
          後U.S.    GAAPベースで別項目として反映されているためである。非支配持分に帰属する利益は、調整後営業利益に
          は含まれていないが、法人所得税及び運営合弁事業損益に対する持分反映前利益には含まれている。これは、非支
          配持分に帰属する利益が連結損益計算書においてU.S.                         GAAPに基づき別項目として反映されているためである。非
          支配持分に帰属する利益は、少数株主の持分に関連する、連結事業体からの利益を表している。
       上記の2017年度のセグメント別の業績には、以下が反映されている。

       個人年金保険       :2017年度の同セグメントの業績は、主に資産ベース報酬収益の増加、償却費用の減少及び投資

      スプレッド業績純額の増加を反映して2016年度を上回った。両年度において、事業の収益性予想の変更(仮定に
      ついて年に一度行う見直し及び更新並びにその他の修正によるものを含む。)により有利な正味影響額が生じ
      た。
       個人生命保険       :同セグメントの2017年度の業績は、主に仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにその

      他の修正によるマイナスの正味影響額、一般管理費の増加及び経験死亡率(再保険控除後)の不利な影響(投資
      スプレッド業績純額による貢献の増加によって部分的に相殺された。)を反映して2016年度を下回った。
       退職金   :同セグメントの2017年度の業績は、投資スプレッド業績純額の増加及び準備金実績の貢献の増加を反

      映して2016年度を上回った。
       団体保険     :同セグメントの2017年度の業績は、仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにその他の修正

      によるプラスの正味影響額、好調な引受実績(純額)、投資スプレッド業績純額の増加(費用の増加によって部
      分的に相殺された。)を反映して2016年度の業績を上回った。
       投資管理     :同セグメントの2017年度の業績は、主に資産運用報酬(関連費用控除後)の増加、その他の関連収

      益(関連費用控除後)の増加(費用の増加によって部分的に相殺された。)を反映して2016年度を上回った。
                                  95/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       国際保険     :同セグメントの2017年度の業績は、2016年度を上回った。当該業績には、外国為替レートによる不
      利な正味影響額並びに仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにその他の修正による比較的有利な正味影
      響額によるものであった。これらの項目を除外した場合、同セグメントの業績は、主に保有契約の増加及び保険
      契約者経験の改善(費用(訴訟費用及び事業の成長を支援するための費用を含む。)の増加によって部分的に相
      殺された。)を反映して対前年度比で改善した。
       全社及びその他の業務           :2017年度の業績は、投資収益(支払利息控除後)の増加、適格年金制度からの収益の

      増加及びその他の本社費レベルの低下による対2016年度比での損失の減少を反映していた。
       クローズド・ブロック部門              :2017年度の業績は、2016年度の業績を上回った。これは主に、純実現投資利益の

      増加、関連業務収益、保険業務収益(純額)、及び純投資収益の増加(契約者配当準備金の増加によって部分的
      に相殺された。)による。
                                  96/705















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                             会計方針及び発表
      重要会計方針の適用

       U.S.GAAPに従って財務書類を作成するには、しばしば相当程度の判断力が求められるような会計方針を適用す

      る必要がある。経営陣は、継続的に、財務書類の作成で採用された予測値や仮定を検証している。経営陣がその
      時点の事実や状況に配慮して、予測値や仮定の変更が適切であると判定した場合、連結財務書類に計上される当
      社の営業成績や財務状況が大幅に変更されることがある。
       以下の各項では、経営陣が予測値や仮定の適用に依存している部分が最も大きいとみなす、また、経営陣によ

      る最も困難で、主観的又は複雑な判断を必要とするとみなす、財務書類作成のための会計方針について説明す
      る。
      保険資産

      繰延保険契約取得費用及び繰延販売奨励金
       当社は、保険契約及び年金契約の取得又は更新に直接的に関連するコストを資産に計上する。これらのコスト

      には主に手数料、契約発行費用及び引受費用、並びに成約に至った保険契約に直接的に関係するその他の特定の
      費用が含まれる。また、当社は、主に個人年金保険セグメントにおける変額年金及び定額年金契約の販売奨励金
      に関連する費用の繰延も行っている。販売奨励金は、主として保険加入の奨励金として保険契約者預り金勘定に
      計上される金額である。販売奨励金の詳細については、連結財務書類の注記11を参照のこと。当社は、通常、
      DAC及び繰延販売奨励金(「DSI」)については、契約内容に応じて、総保険料、総利益又はグロス・マージンの
      レベルとタイミングに関する当社の予想に基づき、契約の想定期間にわたって償却する。下記において詳述する
      とおり、DAC及びDSIの償却額を算出するにあたり、当社は、投資収益、死亡率、契約継続率及びグロス・マージ
      ン、総利益又は総保険料のレベルとタイミングの見積りに影響を与えるその他の項目について予想を行う必要が
      ある。当社はまた、当社のDAC及びDSIの回収可能性を定期的に評価している。特定の契約についての当該評価
      は、保険料欠損テストの一環として実施される。詳細については、下記の「保険負債-責任準備金」の項を参照
      のこと。2017年12月31日現在、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)のDAC及びDSIは、それぞれ187億ドル
      と12億ドルであり、クローズド・ブロック部門のDACは、299百万ドルであった。
      償却方法

       総保険料     :当社の個人生命保険セグメントの無配当の終身及び定期生命保険契約、並びに国際保険セグメント

      の終身及び定期生命保険、養老保険及び健康保険に関連するDACは、主として総保険料に比例して償却される。
      総保険料は、保険契約につき保険契約者に請求される保険料と定義される。
                                  97/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       総利益   :当社の個人生命保険セグメント及び国際保険セグメントの変額生命保険及びユニバーサル生命保険、
      並びに当社の個人年金保険セグメント及び国際保険セグメントの変額年金契約及び定額年金契約に関するDAC及
      びDSIは、通常、総利益合計に比例してこれらの保険契約の想定期間にわたって償却される。総利益合計には、
      実際の総利益と将来における予想総利益が含まれる。総利益は、①死亡率、契約管理、解約手数料の賦課金額及
      びその他の賦課金額に保険契約者預り金の運用益を加えた金額から②保険契約者預り金勘定を超過する給付請求
      額、契約管理費用、保険契約者預り金勘定への利息振替及びその他の還付金を控除した額と定義される。任意の
      年度において総利益の著しい低迷が予想される場合、償却額を算出するための基準として、通常、保有契約高が
      代用される。当社の個人年金保険セグメントの変額年金保険について、当社の変額年金契約の生前給付特約オプ
      ションの一部に関連する組込デリバティブ及び関係するヘッジ活動の影響も、U.S.                                            GAAPに基づく総利益及び償
      却率に含まれている。当該組込デリバティブの評価モデルに係る重要なデータ(資本市場に関する仮定及び保険
      数理的に決定される仮定を含む。)の詳細については、下記の「保険負債-責任準備金」の項を参照のこと。償
      却費用を算出するにあたり、当社は、U.S.                       GAAPに基づく業績及び調整後営業利益に含まれる総利益額を見積
      もっており、明確な償却率及び費用を算出するために当該見積りを使用している。当社はまた、実際の総利益と
      当社の予想する将来の総利益の見積りの変動が当社のDAC及びDSIの償却率に与える影響について、定期的に関連
      するDAC及びDSIの残高の評価及び調整を行うとともに、当該金額を損益計上する。DAC及びDSIの残高の調整に
      は、仮定について年に一度行う見直し、当期の実績の四半期調整及び市場業績の四半期調整による、総利益合計
      の見積額に対する影響が含まれる。各調整の詳細については、「仮定について年に一度行う見直し及び四半期調
      整」の項を参照のこと。
       グロス・マージン         :クローズド・ブロックの伝統的な利益配当型商品に関するDACは、当該契約の想定期間に

      わたって、予想されるグロス・マージンに比例して償却される。グロス・マージンは、①保険料受領額、保険契
      約者預り金勘定の運用益及びその他の賦課金額から②支払済みの給付金、契約管理費用、死亡及び養老保険金給
      付のための平準純保険料準備金の変動、契約者年間配当並びにその他の還付金を控除した額と定義される。当社
      は、実際のグロス・マージンの影響と当社の予想する将来のグロス・マージンの変動について、将来のグロス・
      マージンの当社の見積額の評価及びDAC残高の調整を行い、当該金額を損益計上する。グロス・マージンに影響
      を及ぼす要因の多くがこれらの保険契約者に対する当社の配当の決定に含まれており、また、クローズド・ブ
      ロック事業が多くの年度において、累積利益の株式会社化の際に決定された予想累積利益に対する超過額につい
      て、「未払契約者配当金」において累積契約者配当準備金費用を認識していることから、当該利益配当型商品に
      係るDAC調整は、概して当社の業績に著しいボラティリティをもたらしていない。しかしながら、将来におい
      て、実際の累積利益が予想累積利益を下回り、累積契約者配当準備金がなくなった場合、グロス・マージン及び
      DAC償却額の変動は、クローズド・ブロックの業績に最終的に影響を及ぼす可能性がある。2017年12月31日現
      在、予想累積利益に対する実際の累積利益の超過額は、1,790百万ドルであった。
       上記で述べた以外の商品の償却方法は、主に当社の団体保険セグメント及び退職金セグメントの商品に関連す

      る重要度の低いDAC及びDSI残高(当社の2017年12月31日現在のDAC及びDSI残高合計の約2%を占めていた。)に
      関するものである。
                                  98/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      仮定について年に一度行う見直し及び四半期調整
       当社は、毎年、将来における総利益を見積もる際に使用する仮定の包括的なレビューを行っている。過去数年

      間にわたって当社が行った、将来の総利益の予想並びにDAC及びDSIの償却額の変更につながる最も重要な仮定の
      更新は、保険契約の失効及びその他保険契約者の行動に関する仮定、死亡率並びに将来における予想投資収益率
      の修正に関連するものであった。これらの仮定により、将来において償却費用の大規模な変更が生じる可能性が
      ある。かかる仮定の変更が当社の業績に与える影響が相殺効果を有する可能性があるが、当社がその長期的な変
      動及び相殺効果について予想することはできない。
       上記の当期の実績の四半期調整は、当該期間中の実際の総利益と、従前に予想された当該期間中の総利益の見

      積額の間の差異の影響を反映するものである。各期間の実際の実績が、従前において見積もられた当該期間中の
      見積額と異なる範囲において、総利益合計の前提となる水準が変動する可能性がある。この場合、当社は、すべ
      ての過年度の償却について累積調整(経験値への補正)を計上する。
       上記の市場成果の四半期調整は、実際のファンドの実績及び市況を踏まえた当社の総利益合計の見積りの変更

      の影響を反映している。当社の変額年金契約の総利益の大部分は、分離勘定投資オプションにおいて保有する資
      産の総収益率に依存しており、変額生命保険契約の総利益の大部分についても、程度は低いものの、同様であ
      る。この収益率は、当社が受領する手数料、変額年金契約に関する最低保証死亡給付及び最低年金額保証給付に
      ついて当社が被るコスト、並びにその他の収入源に影響を与える。任意の期間における当社の予想を上回る利益
      は、予想を上回る積立金残高を創出する。これにより、当社が将来において受領するであろう手数料が増加し、
      当社の変額年金契約に関連する最低保証死亡給付及び最低年金額保証給付について当社が将来において負担する
      であろう費用が減少する。業績が予想を下回った場合は、これと逆の現象が発生する。将来における総利益予想
      の変動は、過年度のすべての償却に対する累積的な調整を認識する際に用いられる。
       米国内変額年金及び変額生命保険商品のDAC及びその他の費用を評価する際に使われる短期的な将来の株式収

      益率の仮定は、業界の慣行として、平均回帰アプローチにより算出される。このアプローチに基づき、当社は、
      過去における株式収益を検討し、5年間の当初期間(「短期間」)にわたる予想株式収益を調整し、株式収益率
      が長期の予想収益率と近似するようにする。将来における短期間の予想収益率が当社の将来における短期間の最
      大収益率(15%)を上回っている場合、将来における最大収益率を使用する。2017年12月31日現在、当社の変額
      年金保険事業及び変額生命保険事業は、長期の予想株式収益率及び短期の平均回帰予想株式収益率を、それぞれ
      8.0%と3.3%と仮定している。
                                  99/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       加重平均収益率の仮定は、各事業に特有の多くの要素(資産のデュレーション、資産配分及びその他の要素を
      含む。)を考慮している。当社は、通常、平均回帰アプローチの結果を反映するため、短期の株式収益率及び総
      利益合計の見積額を四半期ごとに更新している。当社は通常、債券の収益率の予想に用いる将来の金利を毎年更
      新するが、金利が当該仮定と大幅に異なる場合は任意の四半期において更新する。2017年度において行われた仮
      定について年に一度行う見直し及び更新並びにその他の修正により、米国債10年物利回りの長期予想が25ベーシ
      ス・ポイント引き下げられ、むこう10年間について3.75%となった。また、日本国債の長期予想収益率が40ベー
      シス・ポイント引き下げられ、むこう10年間について1.5%となった。
       これらの総利益の見積額の市場業績関連調整を受けて、過年度の償却にも累積調整がなされることとなる。こ

      れは、すべての過年度の総利益に対する新しい必要償却率の適用を反映している。
      買収事業価値

       DAC及びDSIに加えて、当社は、VOBA(買収事業価値)を資産として認識する。VOBAは、取得された保有保険契

      約債務を取得日時点で算定された公正価値で表示するための、表示額に対する調整額に相当する無形資産であ
      る。VOBAは、DAC及びDSIの償却にあたって使用されるものと同一の手法及び仮定を用いて、当該取得契約の想定
      期間にわたり償却される(詳細については、上記の「繰延保険契約取得費用及び繰延販売奨励金」の項を参照の
      こと。)。また、VOBAは、回収可能性テストの実施の対象ともなる。2017年12月31日現在、VOBAは16億ドルであ
      り、これには2011年に            アメリカン・インターナショナル・グループ(「                          AIG」)からエイアイジー・スター生命
      保険株式会社、AIGエジソン生命保険株式会社、AIGファイナンシャル・アシュアランス・ジャパン株式会社及び
      AIGエジソンサービス株式会社(以下、総称して「スター生命及びエジソン生命事業」という。)を取得したこ
      とに関連する12億ドル、並びに2013年のハートフォード・ファイナンシャル・サービシズ・グループの個人生命
      保険事業(「ハートフォード生命事業」)の取得に関連する1億ドルが含まれていた。残りの3億ドルは、主に
      従前において当社が取得した伝統的生命保険、据置年金、定額拠出及び確定給付事業に関連するものである。ス
      ター生命及びエジソン生命事業の保有保険契約に関連するVOBAは、その大部分が総利益よりも安定していること
      が予想される総保険料に応じて償却されるため、仮定の変更の影響を受けにくい。
                                100/705









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      保険負債
      責任準備金
      責任準備金(支払備金及び未払損害調査費用を含む)

       当社では、U.S.         GAAPに定める手法を用いて、保険契約者に対する、又は保険契約者のための責任準備金を準

      備する。準備金に関して使用される手法には、以下のものが含まれる。
     ・ 契約期間が長い保険契約の大部分について、当社は、責任準備金に関する負債を測定するにあたり平準純保険

       料式を使用する。当該手法においては、保険料収入が認識された際に責任準備金に関する負債が発生する。負
       債、すなわち保険契約者に対する又は保険契約者のための将来の給付金支払額の現在価値と関連費用から将来
       の純保険料の現在価値を引いた金額(総保険料のうちすべての給付及び費用をまかなうために必要な部分)
       は、保険契約が締結される時点で適用される仮定を含む手法を用いて予想され、必要に応じて不利な変動のリ
       スクに対する準備金が設定される。当初の仮定は、保険料が欠損していない限り、責任準備金に関する負債の
       変動を特定するためにその後の会計期間においても引き続き使用される(いわゆる「ロックイン・コンセプ
       ト」)。平準純保険料式の結果は、任意の時点の負債は責任準備金を調達するにあたって必要とされる、これ
       までに受領された保険料の累計額(すなわち、これまでに受領した純保険料)から支払い済みの給付及び費用
       を控除した額に等しい、というものである。保険契約者に対する当社の債務の一部は将来において受領する純
       保険料によってまかなわれ、当該時点の負債として認識されるため、負債は必ずしも契約締結時に予想される
       保険契約者に対する当社の債務の全額を反映するものではない。当社は、保険料欠損テストをテスト実施日現
       在の最良推定値による仮定を用いて実施するが、不利な変動のリスクに対する準備金は設定しない。最良推定
       値による仮定に基づき決定された債務額が準備金純額(すなわち、GAAPに基づく準備金からDAC、DSI又はVOBA
       資産を控除後の金額)を上回った場合、既存の準備金純額は、まず当期の損失の計上を通じて当該資産を不足
       額分だけ又は0まで減少させることにより調整される。不足額が保険契約に係る当該資産の残高を上回る場
       合、当社は、当期の損失の計上を通じて準備金純額を超過額の分だけ増額する。保険料の欠損が認識された場
       合、保険料欠損テスト日現在の仮定は、固定され、その後の評価においても使用される。また、準備金純額
       は、引き続き保険料欠損テストの対象となる。さらに、有限払込契約の責任準備金には、受領した総保険料の
       純保険料に対する超過分に相当する繰延利益に関する債務も含まれる。繰延利益は、保有契約高又は給付金支
       払予想額に対して一定の比率で収益に認識される。
                                101/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     ・ 特定の保険契約の特性(最低保証死亡給付(「GMDB」)、最低年金額保証給付(「GMIB」)及び無失効保証に
       関する準備金)について、負債は、関連する賦課金額(管理費、死亡率、費用、解約その他等(その分類方法
       を問わない。)の費用を含むすべての契約賦課金を含む。)が認識された際に決定される。当該負債は、当該
       時点の最良推定値による仮定を使用して決定され、契約有効期間における予想支払超過額合計の現在価値を見
       積賦課金額の合計(給付率等)の現在価値で除した比率に基づいている。負債額は、現行の給付率にそれまで
       に認識された累積的な賦課金額を乗じ、利息を付した額からそれまでの累積的な超過支払額を控除した額と等
       しい。DACに関する上記の記載と同様に、当該準備金は、仮定について年に一度行う見直しに基づく調整及び
       実績(市場業績を含む。)に関する四半期ごとの調整の対象となる。当該調整は、発行日からバランスシート
       の日付までの実際の経験と更新された責任準備金予想額を使用することによる給付率への影響を反映してい
       る。更新後の給付率は、当期の利益又は損失の計上を通じて認識された準備金の調整額を算出するために従前
       の全期間の賦課金額に適用される。
     ・ 特定の商品の保証(主に個人年金保険セグメントの変額年金商品の特定の生前給付特約オプション)(最低積

       立金保証給付(「GMAB」)、最低解約保証給付(「GMWB」)及び最低年金額・解約保証給付(「GMIWB」)を
       含む。)について、当該給付は、公正価値会計の枠組を用いて組込デリバティブとして会計処理される。当該
       契約の公正価値は、将来において予想される保険契約者に対する給付金支払額の現在価値から組込デリバティ
       ブに由来する特約手数料の現在価値を控除した金額として算出される。U.S.                                        GAAPの下では、当該給付の公正
       価値は、当該組込デリバティブを評価するにあたって市場参加者が使用するであろう仮定に基づいて算出され
       る。当該組込デリバティブの公正価値の変動は、当期の利益又は損失の計上を通じて四半期ごとに計上され
       る。
       準備金を設定する際に使用される仮定は、通常、当社の実績、業界の実績及び/又はその他の要素(いずれか

      該当するもの)に基づいている。任意の中間決算期間において当社が長期的な傾向の指標となると判断するよう
      な重大な変更のない限り、当社は、通常、死亡率、罹患率、定年退職及び保険契約者の行動に関する仮定等の保
      険数理上の計算基礎を毎年更新する。当社は、通常、短期間における指標の著しい変化は想定しておらず、これ
      らの指標に変化が生じる場合であっても、かかる変化が長期にわたる段階的なものであると考えている。長期に
      わたる低金利環境において、最良推定値による仮定に基づいて決定された準備金が負債純額を上回る可能性が増
      加している。
       当社の各セグメントが設定する準備金については、以下において詳述する。

       国際保険     :当社の国際保険セグメントの責任準備金は、2017年12月31日現在、当社の責任準備金合計の45%を

      占めていたが、これは主に無配当の終身生命保険及び定期生命保険商品並びに養老保険契約に関するものであ
      り、通常、上記の平準純保険料式を用いて算出される。将来の給付金予想額及び費用を決定する際に使用される
      主要な仮定には、死亡率、失効率、罹患率、投資利回り及び維持費用に関する仮定が含まれている。さらに、特
      定の保険契約に係る責任準備金には、上記の繰延利益に関する債務に関連する金額も含まれる。
                                102/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       退職金    :退職金セグメントの責任準備金は、2017年12月31日現在、当社の責任準備金合計の23%を占めてい
      た。当該準備金は、主に当社の無配当の団体生命年金及び仕組決済方式商品に関連するものであり、通常、上記
      の平準純保険料式を用いて算出される。当該準備金を設定する際に使用される主要な仮定には、死亡率、退職
      率、維持費用及び投資利回りに関する仮定が含まれている。さらに、特定の保険契約に係る責任準備金には、上
      記の繰延利益に関する債務に関連する金額も含まれる。
       個人年金保険        個人年金保険セグメントの責任準備金は、2017年12月31日現在、当社の責任準備金合計の4%

      を占めており、主に組込デリバティブとして会計処理される変額年金のGMDB及びGMIB特約並びに生前給付特約オ
      プションの準備金に関連するものであった。上記のとおり、GMDB及びGMIBの準備金を設定するにあたり、当社
      は、直近の最良推定値による仮定を使用する。当該準備金を設定するにあたって使用される主要な仮定には、通
      常、年金化、失効率、解約及び死亡率に関する仮定、並びに金利及び株式市場収益に関する仮定が含まれる。失
      効率は、生前給付のイン・ザ・マネーの程度に基づき契約ごとに調整され、解約料の適用の有無などのその他の
      要因を織り込んでいる。契約のイン・ザ・マネーの程度が大きい場合は、失効率は引き下げられる。失効率は、
      解約手数料が適用される期間については通常より低いものと想定されることが多い。
       特定の生前給付特約オプション(GMAB、GMWB及びGMIWBを含む。)に対する準備金は、上記のとおり組込デリ

      バティブとして公正価値で会計処理される。資本市場の市況の変動及び各種保険数理上の基礎計算の変動によっ
      ては、当該手法が、負債又はマイナス負債を生じさせる可能性がある。当該債務を移転するにあたって観測可能
      で、かつ、活発な市場が存在しないため、その評価額は、オプション価格設定手法を盛り込んだ内部で策定され
      たモデルを用いて算出される。当該モデルは、リスク中立的評価の枠組に基づくものであり、評価手法、データ
      及び将来のキャッシュ・フローのタイミングと金額に関する不確実性に固有のリスクに対するプレミアムが付さ
      れている。これらの組込デリバティブの評価モデルにつき重要なデータには、資本市場に関する仮定(金利のレ
      ベル及びボラティリティに関する仮定等)、市場参加者が考える当社の不履行リスク(「NPR」)、並びに保険
      数理的に決定される各種仮定(死亡率並びに失効率、給付利用率及び解約率等の保険契約者の行動を含む。)が
      含まれている。資本市場に関するデータ及び実際の保険契約者預り金額は、金利、株式市場及びボラティリティ
      を含む各四半期末現在の資本市場の状況に基づいて四半期ごとに更新される。リスク中立的な評価法において
      は、イニシャル・スワップ・カーブにより、保険契約者預り金額を増加させるために使用される総利回りが引き
      上げられる。当社の割引率に関する仮定は、追加のスプレッドについて調整済みのLIBORのスワップ・カーブ
      (NPRの見積を含む。)に基づいている。保険数理上の計算基礎(保険契約者の行動及び死亡率を含む。)は、
      年に1回以上見直され、経験値、将来に関する予想、及びその他のデータ(利用可能な業界の調査結果又は取
      得・再保険取引等の市場取引等の観察可能な市場データを含む。)に基づき更新される。生前給付特約オプショ
      ンの評価の詳細については、連結財務書類の注記20を参照のこと。
                                103/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       個人生命保険        個人生命保険セグメントの責任準備金は、2017年12月31日現在、当社の責任準備金合計の5%
      を占めており、主に定期生命保険、ユニバーサル生命保険及び変額生命保険の各商品に関連するものである。定
      期生命保険契約について、責任準備金は、通常、上記の平準純保険料式を用いて算出される。将来における給付
      額及び費用を決定するにあたって使用される主要な仮定には、死亡率、失効率及び維持費用に関する仮定が含ま
      れる。変額生命保険商品及びユニバーサル生命保険商品(無失効保証を伴うユニバーサル生命保険契約を含
      む。)については、主にGMDB及びGMIB契約向けの準備金に関して使用される手法を用いて設定される。GMDB及び
      GMIB契約の責任準備金は、上記のとおり、直近の最良推定値による仮定を用いて設定される。当該準備金を設定
      するにあたって使用される主要な仮定には、通常、死亡率、失効率及び保険料の傾向、並びに金利及び株式市場
      収益に関する仮定が含まれる。
       団体保険      当社の団体保険セグメントの責任準備金は、2017年12月31日現在、当社の責任準備金全体の2%を

      占めており、主に団体生命保険と団体所得補償保険の給付のための準備金に関連するものである。短期の契約に
      ついて、負債は、保険金請求が発生した際に確定される。団体生命保険及び団体所得補償保険の給付のための準
      備金には、2017年12月31日現在の、主に団体長期所得補償保険商品に関連する当社の団体保険セグメントの支払
      備金及び未払損害調査費用に関する当社の26億ドルの負債が含まれる。当該負債は、貸借対照表の日付現在にお
      ける、所得保障保険に係る将来の保険金支払額及び費用の予想額、並びに発生したが計上されていない保険金支
      払予想額を示している。当該負債は、将来の保険金支払額及び費用の現在価値として確定される。将来における
      保険金支払予想額を決定する際に使用される主な仮定は、保険請求取下げの要因、想定される金利及び想定され
      る社会保障税との相殺である。長期所得補償保険の保険金請求と保険金請求の取下実績は、経済状況や保険金請
      求処理手続といった社内の要因の影響を受けることがある。団体生命保険と団体所得保障保険の給付に係る残り
      の責任準備金は、主に当社の団体生命保険事業に関連するものであり、保険料払込免除、清算中の保険金請求及
      び発生したが計上されていない保険金請求のための準備金が含まれる。保険料払込免除のための準備金は、将来
      における給付金の現在価値として算出され、死亡率や回収率の予想等の仮定を用いている。清算中の保険金請求
      に係る準備金は、報告されたが支払われていない保険金請求の一覧に基づいている。発生したが計上されていな
      い保険金請求に係る準備金は、保険金請求の報告につき想定される傾向を用いて設定される。
       全社及びその他の業務            全社及びその他の業務の責任準備金は、2017年12月31日現在、当社の責任準備金合計

      の2%を占めており、主に長期介護保険商品に関連するものであった。これらの準備金は、通常、上記の平準純
      保険料式を用いて算出される。保険契約の大部分については、保険料欠損準備金が計上されているため、当社
      は、保険料欠損準備金が設定された直近の日付現在の仮定を使用する。当該準備金を設定するにあたって使用さ
      れる主要な仮定には、金利、罹患率、死亡率、失効率、保険料率の引上及び維持費用に関する仮定が含まれる。
      さらに、長期介護保険商品に関する重要度の低い特定の準備金(就業不能者責任準備金等)は、直近の最良の保
      険数理上の計算基礎を用いて設定される。
                                104/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       クローズド・ブロック部門               クローズド・ブロック部門の伝統的な利益配当型生命保険商品の責任準備金は、
      2017年12月31日現在、当社の責任準備金合計の19%を占めており、上記の平準純保険料式を用いて決定される。
      この方法に基づき、責任準備金は、保険契約者の支払う保険料に比例して積み増しされる。この方式を適用する
      上で、将来の保険金給付及び将来の保険料収入を判断するために予定死亡率を使用し、将来の保険給付金及び将
      来の保険料収入の現在価値を判断するために金利を適用する。予定死亡率は、保険契約の解約払戻金を決定する
      ために使用される業界の標準死亡率チャートに基づいており、使用する金利は、保険契約の解約払戻金を計算す
      るために使用する金利である。
      利益発生後の損失

       ある特定の状況下においては、個別の保険種目について保険契約者債務の総額が損失の認識を必要とするまで

      不足することは見込まれないものの、契約初期に利益が認識され、契約後期において損失が発生するような損益
      パターンとなる可能性もある。こうした状況においては、会計基準により、契約後期で認識される損失を十分に
      相殺するために必要となる金額の追加のPFL債務の認識を求められる。PFL債務は、将来において予想される損失
      を相殺するために現時点で必要とされる見積額に基づいている。債務は割引ベースで測定されるため、利息を通
      じて将来の利益が増加し、将来における損失を相殺する形で債務が最終的に利益に戻し入れられる。PFL債務は
      主に、直近の最良推定値による仮定を用いて正味GAAP準備金を測定する一部のユニバーサル生命保険契約に関連
      するものであるため、四半期ごとに現有保険契約及び市場データを使用して、また仮定について年に一度行う更
      新の一環として更新される。
      保険契約者預り金勘定

      未経過収益準備金
       「保険契約者預り金勘定」として計上される当社の未経過収益準備金(「URR」)は、2017年12月31日現在、

      24億ドルであった。当該準備金は主に、当社の個人生命保険セグメント及び国際保険セグメント内の変額生命保
      険商品及びユニバーサル生命保険商品に関連するものであり、将来において提供されるサービスの契約賦課金に
      相当する。当該賦課金は、前受収益として繰り延べられ、通常、上記のDAC及びDSIと同様、契約の予想継続期間
      にわたって、商品の総利益の見積りに比例して償却される。
                                105/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      保険資産及び負債の感応度
       下表は、合理的に発生が予想される特定の仮定の変動により、特定のセグメントにおける下記の財務書類上の

      各残高が被る影響を要約したものである。下記の情報は、単に一例を挙げるために示したものであり、単一の仮
      定の変動が2017年12月31日現在の残高に与える仮定的かつ直接的な影響のみを考慮しており、仮定の組み合わせ
      の変更については考慮していない。下記の数値は、該当する仮定の変更の結果として著しい影響を経験すること
      が予想されるセグメントについて表示されている。いずれの年度においても、下記の数値を超える変動が生じる
      可能性がある。財務書類上の各残高の表示にあたって用いられた見積及び仮定の内容については、以下において
      記載する。伝統的な長期契約及び有限払込契約については、U.S.                                  GAAPにより、契約が発行された際に使用され
      た当初の仮定を「ロックイン」し、将来における全負債額の算出にあたっても、算出された負債額が将来におけ
      る給付額と費用を算出する上で適切である(すなわち、保険料の欠損がない)限りにおいて当該仮定を使用する
      ことが要求されている。したがって、仮定の仮定的変動が保険料の欠損につながるおそれがある場合を除き、当
      該商品は下記の感応度に関する表には反映されない。
                                106/705















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       下表に表示された影響額には、当社の資産・負債管理戦略(下表に記載の残高の変動を相殺することを目指し
      ており、主として投資とデリバティブから成る。)の影響は反映されていない。当該商品に対するU.S.                                                      GAAP会
      計方針の適用に関連する見積及び仮定については下記の記載を、特定の重要な仮定の変更が関連する残高に与え
      る仮定的な影響については下記「4 事業等のリスク」の項を参照のこと。
                                          2017年12月31日

                                         以下の項目の増(減)
                                  繰延保険契約取        責任準備金及び
                                  得費用、繰延販         保険契約者
                                                   正味影響額
                                  売奨励金及び         預り金勘定
                                  買収事業価値          (注1)
                                         (単位:百万ドル)
     仮定:
     長期金利(注2):

     25ベーシス・ポイントの上昇                                  55        (45)         100
     25ベーシス・ポイントの低下                                  (60)         50        (110)
     長期予想株式収益率(注3):

     50ベーシス・ポイントの上昇                                  100        (45)         145
     50ベーシス・ポイントの低下                                 (200)         60        (260)
     NPR  信用スプレッド(注4):

     50ベーシス・ポイントの上昇                                 (350)       (1,715)         1,365
     50ベーシス・ポイントの低下                                  385       1,890        (1,505)
     死亡率(注5):

     1%の上昇                                  (85)        (105)          20
                                       85        105         (20)
     1%の低下
     失効率(注6):

                                      (165)        (750)         585
     10%の上昇
                                       175        780        (605)
     10%の低下
      (注1) GMDB/GMIB準備金、特定の生前給付特約に係る組込デリバティブ負債、PFL負債及びURRが含まれる。

      (注2) 個人生命保険セグメントと日本の保険事業の長期金利イールド・カーブの平行移動の影響を表す。
      (注3) 個人年金保険セグメントの長期予想株式収益率の上昇又は低下の影響を表す。
      (注4) 個人年金保険セグメントのNPR信用スプレッドの上昇又は低下の影響を表す。
      (注5) 個人生命保険セグメント及び個人年金保険セグメントの死亡率の上昇又は低下の影響を表す。
      (注6) 個人生命保険セグメント、個人年金保険セグメント、長期介護保険並びに全社及びその他の業務の失効率の上昇又は
          低下の影響を表す。
                                107/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      営業権
       2017年12月31日現在、当社の営業権の残高843百万ドルは、退職金フル・サービス事業(444百万ドル)、投資

      管理事業(235百万ドル)、ジブラルタ生命その他事業(152百万ドル)及び国際保険セグメントのライフ・プラ
      ンナー事業(12百万ドル)の4つの報告対象ユニットに反映されている。
       当社は、1年に1度、毎年12月31日付けで、又は潜在的な減損の可能性を示唆する事由若しくは状況が発生し

      た場合はそれより多い頻度で営業権の減損テストを行う。営業権の減損分析は、当社の事業セグメントに相当す
      る又は事業セグメントの1レベル下位に位置する報告対象ユニット・レベルで行われる。会計指針は、営業権の
      減損テストについて、任意適用の質的評価を定めており、これを適用すると、会社は、2つのステップから成る
      定量テストを省略することができる。営業権及び営業権の減損テストの詳細は、連結財務書類の注記2及び注記
      9を参照のこと。
       国際保険セグメントのライフ・プランナー事業、ジブラルタ生命その他事業及び投資管理セグメントにおい

      て、当社は、質的分析を実施しない選択をし、収益倍率法を用いた定量的な減損分析を完了した。収益倍率法
      は、類似の事業を行う株式公開比較対象会社との比較に基づく事業の価値を示すものである。各比較対象会社
      は、様々な要因(金融リスク、規模、地理的多様性、収益性、適切な財務データ及び活発に取引される株式の株
      価を含むがこれに限定されない。)に基づき分析される。各比較会社の収益率は、各社の2018年度の予想収益に
      対する独立アナリストのコンセンサス予想を用いて算出されている。次に、倍率が合計され、倍率の平均と中央
      値がグループ別に算出される。その後、倍率の平均と中央値のうち小さい方を報告対象ユニットの2018年度の予
      想収益に適用し、価値を算出する。その後、報告対象ユニットの推定公正価値の合計を決定するためにコント
      ロール・プレミアムが付加される。
       退職金フル・サービス事業においてもまた、当社は、質的分析を実施しない選択をし、割引キャッシュ・フ

      ロー法を用いた定量的な減損分析を完了した。割引キャッシュ・フロー法は、市場での報告対象ユニットの予想
      収益率を反映した割引率を、その将来の予想キャッシュ・フローに適用することで、事業の価値を算出する。こ
      れらの将来の予想キャッシュ・フローは、当社の内部予想、予想成長率及び最終価値に基づいていた。報告対象
      ユニットの予想収益率は、その株主資本総額に対する必要収益率を表すものである。報告対象ユニットの必要利
      益率を算出するプロセスは、資本資産価格モデル(「CAPM」)によって会社全体の加重平均資本費用を算出する
      ことから始まる(必要株主資本利益率の計算を含む。)。CAPMは株式投資家が要求する収益率、つまり会社の株
      主資本コストを予測するために一般的に受け入れられている手法である。CAPMに基づく計算は長期の無リスク収
      益率を算出することから始まり、大規模な会社の普通株式につき求められる市場リスク・プレミアムや、市場に
      対するボラティリティに対処するための会社特有の調整等が適用される。次に当社は、報告対象ユニットの個別
      のボラティリティ、同業他社と比較した場合の報告対象ユニットのベンチマーク実績に基づき、当該報告対象ユ
      ニットに特有の必要利益率を決定し、報告対象ユニットの必要利益の和(未分配の本社費及び資本の影響を考慮
      後)が、当社全体の必要利益に達するようにする。当該プロセスにより、報告対象ユニット特有の割引率が算出
      され、当該割引率は、退職金フル・サービス事業の公正価値を予想するために当該事業の将来の予想キャッ
      シュ・フローに適用される。
                                108/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       定量テストの第1ステップを完了したところ、4つの報告対象ユニットのそれぞれについて公正価値が帳簿価
      額を上回っており、2017年12月31日現在、減損は発生していないという結論に至った。投資管理事業、国際保険
      セグメントのライフ・プランナー事業、ジブラルタ生命その他事業及び退職金フル・サービス事業は、その推定
      公正価値が帳簿価額をそれぞれ55%以上上回っていた。よって、定量分析の第2ステップの完了は不要となっ
      た。
       報告対象ユニットの公正価値の予想は、経営陣による重要な見積りの使用を含む主観的なプロセスである。テ

      ストを実施した全報告対象ユニットについて、市場の下落、又はこれらの事業の公正価値に影響を及ぼすその他
      の事象(割引率、金利及び増加率の見積り、若しくは当該事業をサポートするために必要な株主資本の水準の増
      加を含む。)は、営業権の減損をもたらす可能性があり、その場合、損失を計上することとなる。
      投資の評価(デリバティブ及び一時的ではない減損の認識を含む)

       当社の投資ポートフォリオは、上場及び非上場の満期固定証券、商業モーゲージ貸付及びその他貸付、株式、

      その他投資資産、並びにデリバティブ金融商品で構成される。デリバティブは、その価値が金利、為替レート、
      金融指数又は証券若しくは商品の価値に由来する金融商品である。当社が通常使用するデリバティブ金融商品に
      は、スワップ、先物、先渡し及びオプションが含まれており、証券取引所又は店頭取引(「OTC」)市場で取引
      される。当社は、金融商品に「組み込まれる」デリバティブ商品を内包する金融商品の当事者でもある。経営陣
      は、デリバティブを含む投資に関連する以下の会計方針は、見積り及び仮定に大きく依拠するものと考えてい
      る。それぞれの方針については、以下に挙げる投資及びデリバティブに関連する記述の中で詳述する。
      ・ デリバティブを含む投資の評価

      ・ 一時的ではない減損(「OTTI」)の認識並びに
      ・ 商業モーゲージ貸付及びその他貸付の貸倒引当金の決定
       当社は、売却可能に分類されている投資(満期固定証券及び株式等を含む。)、並びに保険負債に対応するト

      レーディング勘定資産、デリバティブ及び組込デリバティブなど、取引トレーディングとして分類されている投
      資を、財政状態計算書において、公正価値で反映している。満期固定証券及び株式並びにデリバティブ商品、組
      込デリバティブ及びその他の投資の公正価値の決定に関する主要な見積り及び仮定についての詳細は、連結財務
      書類の注記20及び「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの分析」の「資産及び負債の評価-資産及
      び負債の公正価値」の項を参照のこと。
                                109/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       売却可能に分類されている投資については、公正価値の変動の影響は、資本の独立科目であるその他の包括利
      益累計額(「AOCI」)として、未実現利益又は損失として計上されている。トレーディングとして計上される当
      社の投資に関しては、公正価値の変動の影響は「その他収益」として計上している。さらに、売却可能又は満期
      まで保有する投資は、公正価値の低下が一時的なものでない場合に減損判定の対象となる。一時的ではない投資
      価値の減少に関する当社の方針、並びに満期固定証券及び株式のOTTIを計上するための手法についての詳細は、
      連結財務書類の注記2を参照のこと。
       商業モーゲージ貸付及びその他貸付は、主に予想される未払元金残高から未償却繰延貸付組成手数料・費用及

      び未償却保険料又は割引料と貸倒引当金を差し引いて計上する。商業モーゲージ貸付及びその他貸付の評価性引
      当金に関する当社の方針については、連結財務書類の注記2を参照のこと。
      年金及びその他の退職後給付金

       当社は、特定の適格性条件を満たす従業員を対象とした年金及びその他の退職後給付金制度を運営している。

      これらの制度のための当社の純期間費用は、仮定割引率(金利)、これらの制度の資産と補償レベルの予想され
      る増加に関する予想収益率、死亡率及び保健医療費における傾向を考慮する。これらの仮定のうち、当社の収益
      率の仮定及び割引率の仮定は、これらの制度に関連する純期間費用に最も大きな影響を与えた。
                                110/705













                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       制度資産の予想収益率はビルディングブロック方式に基づき決定する。ビルディングブロック方式は、インフ
      レ、実質収益、期間プレミアム、信用スプレッド、株式リスク・プレミアム及び資産の評価増並びに費用、アク
      ティブ運用の影響及び加重平均ベースで年金資産ポートフォリオに適用されるエクイティ、負債及び不動産資産
      の構成のリバランシングの効果を含む。資産別の資産の割当並びに当社の年金及びその他の退職後給付金制度に
      関する投資方針ガイドラインに定められた資産割当の範囲については、連結財務書類の注記18を参照のこと。
      2017年度の当社の長期収益率の仮定は、米国内年金制度については6.25%、その他の退職後給付金制度について
      は7.00%であった。2016年12月31日現在の制度資産の額を考慮して、計測期間の初めに、米国内の年金及びその
      他の米国内の退職後給付金制度について当社の見積もった率よりも100ベーシス・ポイント多く又は少なく見積
      もっていた場合、純期間費用の変動は以下の表のとおりとなった。下表の情報は、計測期間の初めの時点での投
      資資産のレベルと組み合わせに基づく当社の長期収益率の仮定の変動のみを考慮しており、長期収益率の仮定の
      変動に最終的に伴う可能性のある上記のその他の仮定の変更の可能性については考慮していない。
                                 2017年12月31日に終了した年度

                          純期間年金給付金費用                純期間その他の退職後給付金
                            の増加(減少)                 費用の増加(減少)
                                    (単位:百万ドル)
     予想収益率の100ベーシス・ポイ
                                     (122)                  (15)
     ントの増加
     予想収益率の100ベーシス・ポイ
                                     122                  15
     ントの減少
       米国外の年金制度は、2017年度期首現在、制度資産の5%を占めた。予想収益率の100ベーシス・ポイントの

      増加が純期間年金給付金費用の6百万ドルの減少につながる可能性があり、反対に予想収益率の100ベーシス・
      ポイントの減少が、純期間年金給付金費用の5百万ドルの増加につながる可能性がある。
                                111/705











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       年金や退職後給付債務を評価する際に使われる国内の割引率は、優良社債の現在収益と同じレートに基づいて
      いる。2017年度の割引率を決定するにあたり採用された2016年12月31日現在の方法については、連結財務書類の
      注記18を参照のこと。2017年度の割引率は、米国内年金制度については4.15%、その他の米国内の退職後給付制
      度については4.05%であった。2016年12月31日現在の年金及び退職後給付債務の額を考慮して、測定年度の初め
      に、当社の米国内の年金及びその他の退職後給付制度について採用した割引率より100ベーシス・ポイント多い
      又は少ない割引率を採用した場合の純期間費用の変動は、下表のとおりである。下表の情報は、当社が採用した
      割引率の変動のみを考慮しており、採用した割引率の変動に付随するその他の仮定の変動を考慮していない。
                                 2017年12月31日に終了した年度

                          純期間年金給付金費用の               純期間その他の退職後給付金費用の
                             増(減)                  増(減)
                                    (単位:百万ドル)
     予想割引率の100ベーシス・ポイ
                                     (111)                   (7)
     ントの増加
     予想割引率の100ベーシス・ポイ
                                     140                   5
     ントの減少
       米国外の年金制度は、2017年度期首現在の年金制度債務の14%を占めている。割引率の100ベーシス・ポイン

      トの増加が、純期間年金給付金費用の26百万ドルの減少につながる可能性があり、反対に割引率の100ベーシ
      ス・ポイントの減少が純期間年金給付金費用の9百万ドルの増加につながる可能性がある。
       年金に関する権威ある会計指針の適用、並びに割引率の変動による保険数理計算上の利益又は損失の繰延及び

      償却を考慮すると、仮定割引率が100ベーシス・ポイント増加することによる定期的な退職給付費用の変動は、
      仮定割引率が100ベーシス・ポイント減少することによる定期的な退職給付費用の変動に必ずしも等しくならな
      いものと予想される。
       当社の制度資産に対する予想収益率及び2017年度の適格年金制度の予想割引率に関しては、「7 財政状態、

      経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「セグメント別営業成績-全社及びその他の業務」の項を参
      照のこと。
       2018年12月31日に終了する年度の当社の適格年金制度からの年金保険料収入を計算するため、当社は、割引率

      を2017年度の4.15%から3.65%に引き下げる。年金制度の資産の予想収益率は、6.25%のままであり、報酬の予
      想増加率は、4.5%のままである。
       仮定の変更による影響に加えて、年金及びその他の退職後給付金の純期間費用及び給付は、当社の予想とは異

      なる実経験、退職従業員に対する特別給付金又は制度に基づく給付の変更等により変化する可能性がある。
                                112/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       2017年12月31日現在、割引率の100ベーシス・ポイントの変動に対する当社の米国内外の年金及び退職後給付
      金債務の感応度は、以下のとおりである。
                                 2017年12月31日に終了した年度

                            年金給付債務の                累積退職後給付金債務の
                            増加(減少)                  増加(減少)
                                    (単位:百万ドル)
     割引率の100ベーシス・ポイント
                                    (1,437)                   (187)
     の増加
     割引率の100ベーシス・ポイント
                                     1,653                   208
     の減少
      所得税

       当社の実効税率は、当社が事業を行う法域における当社の予想される収入、非課税かつ控除不可能な項目、法

      定税率及び税務計画に基づく。当社の年間税率を決定する上で、事業計画に関する判断、計画機会及び将来の結
      果に関する予想などを考慮する。DRDは、当社の実効税率と法定税率の間の差異の主な要因である。DRDは、前年
      度と当年度の情報及び当年度の株価実績を反映した見積額である。現在のDRDの見積りと将来におけるDRDのいず
      れも、DRDにつき適格な受取配当金額の変動、原資金投資からの分配金額の変動、変額生命保険契約や年金保険
      契約の実際の残高の変動、当社のDRD控除前の課税対象収益といった要因(これらに限られない。)によって変
      動する可能性がある。
       2017年12月、SECスタッフは、「SAB第118号、米国税制改正法の会計処理への影響」(「SAB118」)を公表

      し、登録企業が1年を超えない「測定期間」中は暫定的な金額を計上することを認めた。SAB118による救済に基
      づき、企業は、この税制改正の会計処理を完了させるために合理的な程度に詳細に作成又は分析された必要情報
      を入手できない場合には、暫定的な金額を認識することができる。2017年度の「運営合弁事業損益に対する持分
      反映前法人所得税費用(ベネフィット)合計」に含まれる2017年税法に関連する暫定的な金額に関する説明につ
      いては、連結財務書類の注記19を参照のこと。
       2017年税法の規定により、持分比率が10%以上の非米国関連会社の1986年度以降の未送金外国利益を当社の米

      国法人所得税ベースに含めることを要求されるが、関連する税金につき8年間の分割納付を選択することもでき
      る。配当金に源泉徴収税が課される米国外の法域における特定の事業の未送金の外国利益は、適用ある源泉徴収
      税費用を特定するにあたり永久的に再投資されるものとみなされる。当社が米国法人所得税を支払っている未送
      金の利益については、連結財務書類の注記19を参照のこと。
       実効税率の1パーセンテージ・ポイントの引上げ又は引下げは、当社の2017年度の「法人所得税費用(ベネフィット)合

     計」を65百万ドル減少又は増加させる可能性があった。
                                113/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      偶発事象
       偶発事象とは、将来のある事象によって最終的に解決されるある程度の不確実性を包含している既存の状態を

      言う。U.S.GAAPによれば、この将来の事象が発生する可能性があり、かつそのインパクトが適正に予測できる場
      合には、偶発事象に係る計上金額(未解決の法的手続に関連する準備金等)を設定するよう求めている。当初の
      準備金は、経営陣によるかかる問題の最終的解決に要するコストの最善の予測を反映し、事実関係や状況の変化
      に応じて、また、それらが最終的に解決された際に改定される。
      その他の会計方針

       個人生命保険事業における特定の再保険契約の会計処理

       2017年第2四半期に、当社は個人生命保険セグメントにおいて、ユニバーサル生命保険商品に関連する当社の
      再保険に係るキャッシュ・フロー見積りの変更、及び当該キャッシュ・フローの財務書類における反映方法の変
      更を反映して、237百万ドルの費用を認識した。従来の会計処理方法の下では、無失効保証に関する回収を除
      き、再保険のキャッシュ・フロー(すなわち、保険料及び回収額)は一般的に発生時に認識していた。この新し
      い会計処理方法の下では、予想再保険キャッシュ・フローは、基礎となる再保険契約の期間にわたり比例して認
      識される。この変更に関連して、URR、DAC及びVOBAの償却に使用される見積総利益に再保険が反映される方法も
      改訂された。この変更は、会計原則の変更によって生じた会計上の見積りの変更であり、当社が仮定について年
      に一度行う見直し及び更新並びにその他の修正に含まれている。この会計上の見積りの変更は、システムの移行
      により可能となったキャッシュ・フローのモデル化の改訂から得られた洞察を反映しており、このシステムの移
      行は望ましい会計処理方法の変更を促した。当社は、再保険活動の成果を基礎となる元受保険活動とより密接に
      一致させること、及び上記の残高の償却目的のためにこの事業の利益パターンをより良く反映することによっ
      て、再保険取引の経済効果の反映が向上されると考えるため、この新たな手法を望ましいとみなしている。
      新たな会計基準の採用

       2017年度において、採用された新たな会計基準に基因する、新たな重要な会計上の見積りは行われなかった。

      新たに採用された会計基準及び公表されたがまだ採用されていない会計基準に関する議論の全体に関しては、連
      結財務書類の注記2を参照のこと。
     2  【生産、受注及び販売の状況】

      上記「第2 企業の概況」「3 事業の内容」の項及び上記「1 業績等の概要」の項を参照のこと。

                                114/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      下記「4 事業等のリスク」及び「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の項を参照

     のこと。将来に関する記述は本報告書提出日現在の記述である。
     4  【事業等のリスク】

       以下のリスクは、慎重に検討されるべきである。リスクは以下に挙げるものに限られず、その他当社が直面す

      るリスクには、上記の「将来の見通しに関する記述」における要素及び本書のその他の箇所に記載する当社の事
      業のリスクが含まれるが、これらに限定されない。これらのリスクのうちの多くが相互に関連するものであり、
      類似の事業や経済環境下において発生する可能性があり、これらのリスクの一部が発生した場合、他のリスクが
      発生する、又はその影響が増加する可能性がある。リスクが組み合わされることにより、当該リスクが当社の事
      業、業績、財務状況及び流動性に与える影響の重大性が大幅に増大する場合がある。
       概要

       当社は、毎年、リスクの定義、発生の可能性及び管理について文書化したリスク特定の枠組の見直しを行って

      いる。本項においては、リスク特定の枠組にも反映されている当社にとって重大なリスク及びその発生の可能性
      について記載する。
       当社は、そのリスクをタクティカル・リスクとストラテジック・リスクに分類している。タクティカル・リス

      クは当社に損害を与える可能性があり、当社は、モデル、指標及び総合的なリスクの枠組を通じてその管理・緩
      和を目指している。当社のタクティカル・リスクには、投資リスク、保険リスク、市場リスク、流動性リスク及
      びオペレーショナル・リスクが含まれる。ストラテジック・リスクは、(実施する事業の内容の変更又は実施方
      法の変更を通じた)当社の基本的なビジネス・モデルの変更を生じさせる可能性がある。当社のストラテジッ
      ク・リスクには、規制、テクノロジーの変更その他外的要因が含まれる。これらのリスク及び当社に影響を与え
      る可能性のある副次的なリスクについては、以下において記載する。
                                115/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       投資リスク
       当社の投資ポートフォリオは、債務不履行又は信用度若しくは価値の低下に伴う損失のリスクにさらされてい

      る。
       当社は、主に上場・非上場の満期固定証券、商業モーゲージ貸付及びその他の貸付、株式並びに非上場株式、

      ヘッジファンド及び不動産等の代替資産から成る投資を通じて投資リスクにさらされている。一般勘定投資の詳
      細については、下記「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「一般勘定投資」の項
      を参照のこと。当社はまた、カウンターパーティの潜在的な債務不履行による投資リスクにもさらされている。
       投資リスクは、①経済状況、②資本市場における不利な市況(個別の市場部門の混乱又は市場における買手の

      不存在を含む。)、③ボラティリティ、④信用スプレッドの変動、⑤ベンチマーク金利の変動、⑥外国為替レー
      トの変動、及び⑦原担保の価値の低下によって生じる可能性がある。これらの要素は、信用度、流動性並びに投
      資及びデリバティブの価値に影響を与えることがあり、資本費用と未実現・実現損失の増加につながるおそれが
      ある。また、当社が保有している投資の一部は、市況にかかわらず、比較的流動性が低く、当社が当該資産を満
      額で速やかに売却する能力が制限される可能性がある。さらに、当社による投資の評価には、変更される又は異
      なる解釈が適用される可能性があり、投資の評価に変更につながるおそれのある手法、情報及び仮定が含まれる
      ことがあり、当社の経営成績又は財務状況に重大な影響が及ぶおそれがある。当社の投資の評価の詳細について
      は、連結財務書類の注記20を参照のこと。
       当社の投資ポートフォリオは、信用リスク(債務者(又は保証人)が、満期固定証券、ローンその他の債務に

      ついて契約上の支払債務を履行できない又は履行する意思を有しないリスク)にさらされている。                                                    信用リスク
      は、特殊な(すなわち、個々の借主又は業界に特有の)態様又は市場全体の信用サイクルを通じて発生すること
      がある。債務者の財務状態の悪化は、債務不履行リスクを増加させ、また、NAICのRBC、FSAのSMRその他の体制
      において要求される資本費用を増加させる可能性があり、投資が中断し、当社の全体的な資本の柔軟性が制限さ
      れる可能性がある。債務不履行(及び信用減損、信用販売に関する実現損失、信用関連準備金の増加)は、損失
      につながる可能性があり、収益、資本、及び当社が負債を適切に処理し、将来の債務を履行する能力に悪影響を
      与える可能性がある。
                                116/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社は、カウンターパーティ・リスク(取引の最終決済前又は最終決済時にカウンターパーティが債務不履行
      に陥る又はその信用度が低下するリスク)にさらされている。                                 当社は、通常の事業活動において、リスク管理
      (市場リスクを管理するためのデリバティブ、保険リスクを管理するための再保険契約等)、投資収益の改善
      (証券貸出及び買戻し等)、並びに流動性の源の提供又は資金調達(信用契約、証券貸出契約及び現先取引等)
      を目的とした金融契約を締結している。これらの取引を通じて、当社は、カウンターパーティ・リスクにさらさ
      れている。カウンターパーティには、商業銀行、投資銀行、ブローカー・ディーラー、保険会社及び再保険会社
      が含まれる。カウンターパーティにおいて財務状態の悪化又は債務不履行が生じた場合、損失の規模は、当該時
      点の市況と新たなカウンターパーティとの間の代替取引の締結に要する時間に左右される。損失は、ストレスの
      生じている状況において増加する可能性が高い。
       当社の投資ポートフォリオは、株式リスク(上場株式又は代替資産の市場価値の低下に伴う損失のリスク)に

      さらされている。         当社は、上場株式と代替資産(非上場株式、ヘッジファンド及び不動産を含む。)をそのポー
      トフォリオ構成に含めているが、これは、当該資産クラスが当社の負債に係るキャッシュ・フローの発生に伴っ
      てより長期間にわたってキャッシュ・フローを創出するためである。上場株式及び代替資産の価格は、それぞれ
      程度は異なるものの、透明性が高い。証券取引所で取引される株式(上場株式)は、多くの場合その取引の公開
      を要求されているため、その価格は極めて透明性が高い。価格の透明性が低い資産には、非上場株式(合弁事
      業/リミテッド・パートナーシップ)及び直接保有不動産が含まれる。これらの投資資産は、通常、公開市場で
      取引されず、換金可能な市場価値の指数の入手が困難であり、その評価は不定期かつ/又は不安定となる可能性
      がある。上場株式市場及び代替市場の継続的な低迷により、受取配当金、不動産管理収益及びキャピタル・ゲイ
      ンが期待値を下回り、利益、資本及び商品価格設定の仮定に悪影響が及ぶことにより、当社の投資ポートフォリ
      オの収益が減少する可能性がある。また、当該資産は、原投資の配当が不安定であることに伴い利益のボラティ
      リティを生じることもある。
                                117/705











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       保険リスク
       当社は、保険契約者への給付に関連して多額の負債を有しており、当該負債は、保険リスクにさらされてい

      る。保険リスクとは、実際の経験が保険に関する仮定(死亡率、罹患率及び保険契約者の行動に関する仮定を含
      む。)の最良の見積から不利な形で乖離するリスクをいう。                               当社は、財務上の様々な不安定性から顧客を保護す
      ることを目的とした各種個人・団体保険商品を提供している。当社の保険商品は、多数の個別のエクスポー
      ジャーをプール及び多様化させることによってこれらのリスクがより効果的に管理可能である場合に、潜在的な
      損失リスクを当社に移転することにより当該リスクから顧客を保護している。かかる移転プロセスにおいて、当
      社は、当社の保険商品において実際に経験される損失が当社の予想から大きく乖離するリスクを負う。具体的に
      は、保険リスクとは、当社の将来における負債に影響を与えるような乖離に関するリスクをいう。経験死亡率、
      経験罹患率又は保険契約者の行動に関する経験が商品の価格設定時における当社の予想と大幅に異なる場合、当
      社の収益性が減少する可能性がある。さらに、予想を上回る保険金請求を受けた場合、当社の流動性ポジション
      が悪影響を受ける可能性があり、保険金を支払うために資産の売却を要求された場合に当社が投資損失を被るお
      それがある。損失を出しても資産を売却する必要がある場合、当社の経営成績及び財務状況が悪影響を被る可能
      性がある。保険に関する仮定の変更が当社の財務状況に与える影響については、「第3 事業の状況」「1 業
      績等の概要」の「会計方針及び発表-重要会計方針の適用-保険契約者に対する債務」の項を参照のこと。
       当社の保険商品の一部は、死亡率リスク(実際の死亡率が当社の予想から不利な形で乖離するリスク)にさら

      されている。       死亡率リスクとは、以下の態様で発生する可能性のあるバイオメトリクス(生物測定的)なリスク
      をいう。
       ・ 死亡災厄     とは、パンデミック、自然災害、人災、軍事行動又はテロリズムの結果として1年当たりの死亡率
        が当社の予想から不利な形で乖離するリスクである。死亡災厄事由により、当社の利益や資本が減少し、予
        想を上回る額の保険金を支払うために満期前の資産の売却を強いられる可能性がある。死亡災厄リスクは、
        顧客(団体生命保険及び個人生命保険の顧客を含む。)、従業員又は主要事業が集中する地理的エリア(主
        要大都市を含む。)、並びに当社が軍事行動又は紛争の可能性に直面して事業を行う国及び地域についてよ
        り顕著となる。最終的な損失は、各種セグメントの被保険者の死亡率及び罹患率、再保険の回収可能性、当
        社の投資ポートフォリオについて想定されるマクロ経済的影響、保有契約の失効及び解約に対する効果、並
        びに新規契約及びその他の変額年金保険の売上等、様々な要素に左右される。
                                118/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       ・ 死亡率の傾向       は、将来における死亡率の改善が当社の予想から不利な形で乖離するリスクである。死亡率の
        傾向は、長期にわたって段階的に発生する可能性がある長期的なリスクである。長生に備える商品(年金保
        険及び退職年金リスクの移転等)については、予想を上回る死亡率の改善に伴う不利な影響が経験される。
        死亡保障商品(生命保険等)については、予想を下回る改善に伴う不利な影響が経験される。当該リスクが
        発生した場合、当社は、保有保険契約の準備金の算出にあたって使用される仮定を更新するが、その結果と
        して、予想を上回る年金保険金請求又は予想より早期の生命保険金の請求に対応するために追加の資産が必
        要になる可能性がある。仮定の更新による準備金の増加は、当社の経営成績及び財務状況に直ちに影響を与
        える可能性があるが、アウトフローは長期にわたって支払われるため、その経済的な影響は、通常、長期的
        なものとなる。
       ・ 基準死亡率      は、実際の基準死亡率が商品の価格設定・評価時における予想基準死亡率から不利な形で乖離す

        るリスクである。基準死亡率リスクは、仮定の基準とする上で信用に値するデータが存在しないことにより
        発生する可能性がある。
       当社の保険商品の一部は、罹患リスク(罹患事由や罹患の継続に関する経験が不利な形で予想から乖離するリ

      スク)にさらされている。              罹患リスクは、以下の態様で発生する可能性のあるバイオメトリクス(生物測定的)
      なリスクである。
       ・ 罹患事由     とは、保険契約者が健康を害する(かつ保険契約に基づく給付の受給につき適格となる)割合が不

        利な形で予想から乖離するリスクをいう。当社は主に、短期所得保障保険商品、長期所得保障保険商品、長
        期介護保険商品、及び当社が日本で販売する障害疾病保険商品につき罹患事由リスクにさらされている。
       ・ 罹患の継続      とは、保険契約者が健康を害している期間が不利な形で予想から乖離するリスクである。当該リ

        スクは、主に当社の所得保障保険商品及び長期介護保険商品に存在する。
       いずれの場合においても、罹患率に関する仮定の更新に伴う保険金請求の増加又は準備金の増加は、当社の経

      営成績及び財務状況に直ちに影響を与えるが、継続的な疾病又は障害について保険金を支払う商品についての罹
      患リスクの経済的な影響は、通常、罹患に関する保険金の支払いに伴って長期にわたって発生する。
                                119/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社の保険商品の一部は、保険契約者の行動に関するリスク(保険契約者の実際の行動が不利な形で予想から
      乖離するリスク)にさらされている。                   保険契約者の行動に関するリスクは、以下の内容を含む。
       ・失効事由は、短期の失効率が不利な形で予想から乖離するリスクである。当該リスクにさらされているのは

        一部の商品に限られる。一般勘定における、現金で解約返還金額を支払う商品(一般勘定ステーブル・バ
        リュー型(確定利回り型)商品等)は、短期の潜在的な失効事由リスクを生じる可能性がある。当該商品の
        解約は流動性に影響を与える可能性があり、特定の市況においては、解約の請求に対応するため資産の売却
        が必要となる可能性がある。失効事由は、将来の予想収益への影響を通じて当社の利益にも影響を与える可
        能性がある。
       ・ 保険契約者の行動の効力             とは、当社の顧客又は保険契約者の行動が不利な形で予想から乖離するリスクをい

        う。保険契約者の行動の効力に関するリスクは、保険契約者に対して一定程度の選択肢や柔軟性を提供する
        商品特性(保険金請求の金額及び/又はタイミングに影響を与える可能性がある。)を通じて発生する。当
        該選択肢には、失効、一部解約、保険約款貸付、利用及び変額保険料保険の保険料率が含まれる。一部の行
        動は、市場の変動等のマクロ的要素に基づくものであるが、根本的なレベルの保険契約者の行動は、主に保
        険契約者の個別のニーズに基づくものであり、提供される特性、各商品のマーケティングのアプローチ及び
        競合会社の価格設定といった多数の要素により、商品ごとに大幅に異なることがある。例えば、年金事業に
        おける継続率(契約が継続する可能性)は、多くの変額年金保険商品に含まれる最低給付額保証の価額が市
        場の低迷その他要因を受けて現在の勘定価値を上回っている場合に、多大な影響を受ける場合がある。当社
        の商品の多くは、顧客に対し、保険積立金の金額及びタイミング並びに解約払戻金の金額及び引出しのタイ
        ミングについて幅広い柔軟性を提供している。とりわけこれらの商品の特性が市場において比較的新しいも
        のであった場合、実際の保険積立金と予想していた保険積立金の差額及びこれらの商品のための引出しによ
        り、業績が変動する場合がある。特定の生前給付特約を含む当社の特定の変額年金保険商品の価格設定は、
        利用率(すなわち、契約期間中に給付を利用する契約の割合)に関する仮定(                                        生涯所得の初回の引出のタイ
        ミング   を含む。)にも基づいている。実際の給付の利用と予想される利用の差異によって、業績が変動する
        可能性がある。また、当社の財務力格付の引下げ又は評判の悪化によって特定の保険商品の解約が増加する
        可能性がある。保険契約者の行動の効力は、通常、段階的に発生する長期的なリスクとなる。仮定の更新に
        伴う準備金の増加は、当社の経営成績及び財務状況に直ちに影響を与えるが、アウトフローは長期にわたっ
        て支払われるため、経済又はキャッシュ・フローの観点からは、当該影響は、通常、長期に及ぶものとな
        る。
                                120/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       商品価格を再設定する当社の能力は制限されており、保険に関する仮定からの乖離を相殺できない可能性があ
      る。
       当社の一部の商品では、当社が契約期間中に保険料の増額又はその他の損益勘定の調整を行うことが認められ

      ているが、当該契約条項に認められる調整で収益性を維持できるとは限らず、保険契約が失効する可能性があ
      る。例えば、当社の長期介護保険商品について、責任準備金に関する仮定は、予想されているが未実施の、州の
      承認を必要とする保険料の引上げのタイミングと金額に関する推定に組み込まれている。価格引上げに関する当
      社の実際の経験は、当社の予想と著しく異なることがあり、その結果、保険契約債務の更なる増加が生じ、当該
      増加が重大なものであるおそれがある。当社の商品の多くは、契約期間中の保険料の増額やその他の損益勘定の
      調整又は当該調整の制限を認めていない。保険契約に基づき認められている場合であっても、当社は、保険料の
      引上げ又はその他の手数料の調整を十分に行うことができない若しくはこれに消極的であるか、又はこれらを一
      切行わないことがある。したがって、実際の経験が価格の仮定から大幅に乖離し、当社の商品の収益性が悪影響
      を受ける可能性がある。また、生命保険決済や末期患者の生命保険証券の買取り及び投資家の所有する生命保険
      といった生命保険の二次市場の発展、並びに年金事業における第三者の投資家による戦略は、既存の契約の収益
      性及び当社の新契約の価格設定の仮定に悪影響を与える可能性がある。
       市場リスク

       当社の多数の保険商品及び年金商品の収益性並びに当社が投資管理事業において稼得する手数料は、市場リス

      クにさらされている。市場リスクは、金利、株価及び外国為替レートの変動に伴う損失のリスクである。
       当社の保険商品及び年金商品の多くの収益性は、部分的にこれらの商品に対応する分離勘定の価値に依拠し、

      これは市況により大幅に変動する可能性がある。当社の運用資産の価値の減少につながる市況は、主に運用資産
      の価値に連動した手数料収入に依存する当社の投資管理事業の収益及び収益性に悪影響を与え、当社の戦略的投
      資の価値を減少させる可能性がある。
       当社の商品及び事業に関連する為替リスク、金利リスク及び株式市場リスク並びにその他のリスクをヘッジ及

      び管理するために当社が使用するデリバティブ金融商品は、意図した又は期待した効果をもたらさない場合があ
      り、実現損失が予想を上回って増加し、流動性が圧迫されるおそれがある。市況によってはヘッジ手段のアベイ
      ラビリティが制限され、追加の担保の差入れが必要となり、商品関連ヘッジの実行のコストが更に増大する場合
      があり、当該費用がヘッジの対象となっている原商品の価格設定により回収できない場合がある。
                                121/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       市場リスクは、現在の低金利環境又はその他の要因等によって当社が利用可能な資金を適切な収益を伴う形で
      投資する機会を制限する可能性があり、その結果、当社全体の業績に悪影響が及ぶ可能性がある。魅力的な投資
      機会が制限されることにより、現金の長期間にわたる保有やデュレーション管理及びその他のポートフォリオ管
      理を目的としたデリバティブの利用の増加につながる可能性がある。デリバティブの利用が増加することによ
      り、当社のU.S.GAAPに基づく業績及び自己資本におけるボラティリティが増加する可能性がある。
       当社の投資、業績及び財務状況は、世界経済、米国経済(連邦準備制度の金融政策に関連する行為、及び不利

      な政治動向を含む。)、及び日本経済(インフレ又はデフレの影響、金利のボラティリティ、日本国債の格付の
      変更、及び米ドルに対する円相場の重大な変動を含む。)の展開によって悪影響を受ける可能性もある。国際経
      済、米国経済又は日本経済における経済活動及び金融市場が、特定の地域における不利な展開又は状況により、
      悪影響を被る可能性もある。
       市況の変動が当社の財務状況に与える影響については、下記「4 事業等のリスク」の項を参照のこと。

       当社の保険商品、年金商品及び一部の投資商品並びに投資収益は、金利リスク(一般勘定投資並びに他の事業

      体及び事業の投資資産における資産/負債のデュレーションのミスマッチにより生じる損失のリスク)にさらさ
      れている。
       資産/負債のデュレーションのミスマッチのリスクは、主に商品負債の特定のダイナミクスによって生じる。

      キャッシュ・フローは投資可能な機会における利用可能な資産によって調整されるため、一部の商品負債につい
      ては金利に関する軽度のリスクのみが想定されている。金利リスクは、主に市場において売却可能な資産によっ
      て調整することのできないテイル・キャッシュ・フロー(30年以上)から発生し、当社は、将来における再投資
      リスクにさらされる。市場感応型キャッシュ・フローは、無失効保証、最低保証予定利率及び/又は保険に関す
      る仮定の変動を通じて他の商品負債(キャッシュ・フローが市場のパフォーマンスと連動する可能性のある商品
      を含む。)と併存する。
       当社の金利に対するエクスポージャーは、利益及び資本の両方にボラティリティを生じさせることにより、利

      益圧縮と同様に複数年にわたって又は短期間において発生する可能性がある。例えば、当社は、一部の商品につ
      いて、金利の変動に伴い当社が契約上支払うべき金額と当該契約に対応する一般勘定投資により当社が得る利益
      率の間のスプレッドが減少するリスクにさらされる。金利が低下した場合又は近年のように低金利が継続した場
      合、当社は利回りの低い商品に投資しなければならず、これにより、純投資収益が減少し、一部の商品を販売す
      る能力が制限される可能性がある。当該リスクは、低金利環境において保険契約を維持する保険契約者が増加す
      ることにより増加する。当社の保険契約には保証最低予定利率又は予定利率の再設定の制限等を定めているもの
      が多く、スプレッドの減少の可能性があり、スプレッドがマイナスになる場合も想定される。
                                122/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       また、金利が上昇した場合には、当社の一般勘定資産を、これらの商品や契約の競争力を維持するために必要
      な、より高い予定利率の資金をまかなうための高利回りの資産と迅速に入れ替えることができない場合がある。
      より高い予定利率を求めて保険契約及び年金保険契約を維持する保険契約者が減少する可能性があり、当社が損
      失や流動性上のストレスにさらされる可能性がある。さらに、金利の上昇により、当社が運用する固定利付資産
      の市場価値が減少し、これに伴い資産運用手数料の受領額が減少する可能性がある。
       当社の金利リスクを緩和する取組みは、主に多様な満期を有する投資ポートフォリオを維持することに焦点を

      当てている。当該ポートフォリオのキー・レート・デュレーション・プロファイルは、当社の予想負債のキャッ
      シュ・フロー・プロファイルのキー・レート・デュレーション・プロファイルとほぼ同じである。ただし、負債
      のキャッシュ・フロー・プロファイルの見積りは複雑であり、とりわけ市場が不安定な時期においては不正確で
      ある場合がある。さらに、当社が当該一致を達成する能力は、実務上及び資本市場上の制約を受ける。これらの
      要因及びその他の要因を理由として、当社は負債を返済するために、損失を計上して満期前に投資を清算せねば
      ならなくなるか、又は更なる低金利環境においてファンドに再投資せざるを得なくなる場合がある。
       当社は、米国外における重要な事業活動を通じて為替リスク(関連する負債と異なる通貨建てで投資された資

      産、並びに外貨建ての事業に由来する当社の利益及び外貨建ての事業に対応する資本のうち、ヘッジされていな
      い部分から生じる損失のリスク)にさらされている。                            米国に拠点を置き、米国外(とりわけ日本)において重要
      な事業を行っている当社は、当該事業及び投資ポートフォリオに関連して外国為替リスクにさらされている。外
      国為替レートの変動は、当社の収益性、財務状況及びキャッシュ・フローに悪影響を与え、U.S.                                                  GAAPに基づく
      当社の経営成績のボラティリティを増加させる可能性がある。短期的には、日本事業のソルベンシー・マージン
      が外国為替レートの変動の影響を受ける可能性がある。
       当社の国際保険事業について、外国為替レートの変動により、当該事業の利益及び持分の米ドル相当額につい

      て当社がボラティリティを経験するリスクが生じる。当社は、様々なヘッジ戦略(外国為替ヘッジの利用及び当
      該事業の一部の投資ポートフォリオにおける米ドル建ての証券の保有を含む。)を通じて当該リスクを管理する
      ことを目指している。さらに、当社の日本の保険事業は、各種非円建て商品を販売している。当社は、対応する
      通貨建ての投資を保有することにより当該リスクを緩和することを目指している。当社の日本以外の国際保険事
      業の一部について、当社は、外国為替レートに変動による子会社の株式投資の変動のリスクをヘッジしないこと
      を選択している。
                                123/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社の米国内保険事業に対応する米国内投資ポートフォリオ及びその他の自己勘定投資ポートフォリオについ
      て、当社の外国為替リスクは、主に外貨建ての投資から生じる。当社は、米国内の外貨建ての確定利付き投資の
      ほぼすべてを米ドルにヘッジすることにより当該リスクを管理する。当社は、通常、非関連会社である外国事業
      体の株式への投資に係る外貨リスクのすべてをヘッジしているわけではない。当社の外貨建て投資の価値及び流
      動性は、現地の市場、経済及び財政状態により、悪影響を受けることがある。例えば、当社のユーロ建て投資
      は、欧州における不利な経済情勢(ユーロの変動や、欧州連合の構造や加盟国の変化の可能性によるものを含
      む。)による悪影響を受ける可能性があり、2016年、当社は英国の欧州連合離脱の是非を問う国民投票に伴う英
      国その他欧州連合関連投資のボラティリティを経験した。
       当社のヘッジその他の戦略によって効果的に外国為替リスクを緩和できる保証はない。当社のヘッジ・プログ

      ラム及び外国為替レートが当社の事業に与える影響については、下記「7 財政状態、経営成績及びキャッ
      シュ・フローの状況の分析」の「外国為替レートの影響」の項を参照のこと。
       一部の商品における保障、とりわけ変額年金保険は、市場の動きに敏感であり、当社の利益が減少する、又は

      U.S.GAAPに基づく当社の営業成績若しくは財務状況におけるボラティリティが増加する可能性がある。
       当社の商品(とりわけ変額年金保険商品)の一部には、最低解約払戻金又は定期若しくは終身の年金額の保障

      が含まれ、それらは、勘定価値を超える可能性がある。株式市場の低迷、株式のボラティリティの増加、信用ス
      プレッドの拡大又は上記の金利の低下は、当該保障に関連する負債の評価額を増加させ、その結果、準備金が増
      加し、純利益が減少する可能性がある。当社は、当該リスクを部分的に緩和するため、商品特性を含む様々な
      ヘッジ戦略及びリスク管理戦略を利用しており、定期的かつ段階的に当該戦略を変更することがある。しかしな
      がら、これらの戦略が完全な効果を発揮しない場合がある。さらに、当社が、これらのリスクを完全にヘッジで
      きない場合あるいは完全にヘッジしないという選択を行う場合がある。ヘッジ手段が、保障費用を効果的に相殺
      しない場合、又は当社の債務につき不十分である場合がある。株式市場若しくは金利の状況、不履行リスク又は
      その他の事由により、ヘッジ手段の価値が、関連する負債と一致して変動しない場合がある。当社は、U.S.GAAP
      に基づく業績又は財務状況が受ける影響の予想又は実際の影響とは一致しない基準の下、これらのリスクをヘッ
      ジすることを選択する場合がある。責任準備金の評価額及び有効にヘッジされた当社の債務額の事業年度間の変
      動により、U.S.GAAPに基づく当社の業績及び財務状況並びに保険子会社の法定資本レベルのボラティリティにつ
      ながる可能性がある。当社がヘッジ活動に関連して行う見積り及び想定は、当社の保障に由来する実際の長期的
      なエクスポージャーを反映していないか、又はこれに一致していないおそれがある。さらに、ヘッジ並びにその
      他の資本及びリスク管理戦略によってカバーされない保障費用が増加するリスクは、市況又はその他の要因に伴
      う保険契約者の行為の変化によって深刻化する可能性がある。上記の要因は、個別的又は集合的に当社の業績、
      財務状況又は流動性に重大な悪影響を与える可能性がある。
                                124/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       多数の変額年金保険商品に含まれる最低年金額に対する負債を評価する際に、当社は、自らの不履行リスクに
      対する市場認識を考慮に入れねばならない。また、格付の引上げによる当社の信用スプレッドの縮小若しくはそ
      の他の事由又は市況が、これらの負債の計上価値を増加させる場合があり、その結果、当社の営業成績及び財務
      状況に悪影響が及ぶおそれがある。
       流動性リスク

       金融サービス会社として、当社は、流動性リスク(当社が満期が到来した短期債務を履行できないリスク)に

      さらされている。
       流動性リスクは、他の種類のリスク(市場、保険、投資、オペレーショナルの各リスク)に誘発された事由に

      よって発生する。流動性の不足は、資金調達源の不足又は即時かつ多額の現金若しくは担保のニーズが生じた場
      合に発生することがある。さらに、下記の流動性の需要を充足するにあたって想定される流動性の源(信用枠
      等)が利用できない又は不適切となる可能性もある。
       当社において、流動性エクスポージャー及びこれに関連して重大な流動性需要を生じさせるものとして、主に

      以下の4つの要因が存在する。
       ・ デリバティブ担保市場エクスポージャー                     :金利、株式及び/又は為替市場の急激な変動により、カウンター

        パーティに対する担保要件が増加し、当社に流動性リスクが生じる可能性がある。
       ・ 資産負債のミスマッチ           :資産のキャッシュ・フローと一致する前に満期を迎える負債に関連する流動性リス

        クが存在する。構造的な満期のミスマッチは、より長期の資産を調達するために利用される負債が実質的に
        オーバーナイトの公開取引である証券貸出等の業務において発生する可能性がある。
       ・ 大口資金調達       :当社の資金調達は、金融市場(コマーシャル・ペーパーの発行、証券貸出及び現先取引レ

        ポ、並びに資本市場におけるその他の形式による借入等)に依存している。ストレス発生時においては、こ
        れらの資金調達源が利用できない又は不利な条件の下でしか利用できないこともあり、当社の収益性の低下
        や財務上の柔軟性の大幅な減少につながる可能性がある。
       ・ 保険のキャッシュ・フロー              :当社は、深刻な死亡災厄又は失効事由に伴う想定外の現金需要に起因する潜在

        的な流動性リスクに直面している。当該事由が発生した場合、当社は、保険契約者に対して予期せぬ高額の
        保険金を支払わなければならない可能性がある。
       当社の流動性並びに流動性の源及び使途(子会社の配当金支払能力に対する法律・規制上の制限に関する情報

      を含む。)については、下記「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「流動性及び
      資本資源-流動性」の項を参照のこと。
                                125/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       オペレーショナル・リスク
       当社の事業は、不適切な又は破綻した手続又はシステム、人的ミス又は違法行為及び外的事由に起因する損失

      のリスクにさらされている。               オペレーショナル・リスクに関する失敗が当社に対する一又は複数の、実際の又は
      潜在的な影響につながることがある。
       オペレーショナル・リスクの種類

       ・ 手続  -手続上の失敗、文書/記録の保護又は維持の失敗、評価/価格設定のモデル・手続における欠陥、プ

        ロジェクト管理又は実施の失敗、不適切な販売慣行
       ・ システム     -新たなシステムの開発・導入時における障害、システム障害

       ・ 人 :内部不正、雇用法の違反、無許可の行為、主要な職員の喪失又は不在、不適切な研修、不適切な監督

       ・ 外的事由     -外部の犯罪行為、外注に伴うリスク、ベンダーに関するリスク、自然災害その他の災害、法律/

        規制の改正
       ・ 法務  -法令の違反

       想定される影響

       ・ 財務上の損失       -当社が財務上の損失を被る。当該損失は、様々な要因(取引の処理における過失及び不正を

        含むがこれらに限られない。)により生じる可能性がある。
       ・ 顧客への影響       -当社が顧客にサービスを提供できない可能性がある。事業中断事由の発生時において当社が

        業務を継続できない場合又はマルウェア若しくはウイルスによるシステムへの不正侵入があった場合、こう
        した影響が生じる可能性がある。
       ・ 規制上の罰金又は制裁           -当社が適用法令を遵守しない場合、規制上の罰金又は制裁が課されることがある。

        さらに、事業活動に制限が課される可能性もある。
       ・ 法的行為     -法令を遵守しない場合、当社は、訴訟のリスクにさらされる。これにより、財務上の損失が生じ

        る可能性もある。
                                126/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       業務上の失敗の結果として当社が被る可能性のある負債については、連結財務書類の注記23「偶発債務」を参
      照のこと。また、当社に影響を与える未確定の規制及び係属中の裁判に関連する事項並びに当該事由が当社の事
      業に与えるリスクについては、連結財務書類の注記23の「偶発債務」及び「契約債務および保証債務、偶発債
      務、訴訟および規制上の問題」を参照のこと。当社は、将来において更なる規制上及び法律上の行為に直面する
      可能性がある。
       主要事業オペレーショナル・リスク                  -主要事業オペレーショナル・リスクには、以下のものが含まれる。

       当社は、事業中断リスク(当社のシステム及びデータが破壊されるリスク)にさらされている。                                                 事業の実施及

      び顧客へのサービス提供にあたり、当社は、電気通信、情報技術及びその他の運用システム、並びに利用する
      データの完全性及び適時性に大きく依存している。当社がその全部又は一部を制御できない事象又は状況によ
      り、これらのシステムが適切に機能しなくなることや停止することがある。さらに、当社は、決済機関、証券取
      引所その他金融仲介機関、ベンダー、当社のサービス提供又は業務の委託先といった、他者の運営上及び技術上
      の障害に関するリスクに直面している。当社は、以下に起因する事業中断事由を経験する可能性がある。
       ・重大なパンデミック(自然発生した病原体であるか故意に発生させられた病原体であるかを問わない。)

       ・地政学的リスク(武力紛争、内戦を含む。)

       ・テロリスト事由

       ・重大な自然災害又は偶発的な災害

       当社は、情報セキュリティを適切に維持できないリスクにさらされている。                                        西洋企業(金融サービス・セク

      ターを含むがこれに限られない。)に対する深刻かつ組織的なサイバー攻撃活動が継続している。サイバー攻撃
      に関するリスクは、以下の分野において発生する。
       ・「構造化された」及び「構造化されていない」秘密情報の保護が継続的に必要である。しかしながら、信用

        できる内部関係者(当社のシステムへのアクセス権を有する従業員、コンサルタント又はベンダー)に関連
        するリスクが依然として存在しており、技術のみをもって当該リスクを効果的に軽減することはできない。
                                127/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       ・無防備な従業員を主な経路として部外者が当社ネットワーク及びシステムにアクセスすることがある。多く
        の攻撃には、たとえ高度な技術を有する者からの攻撃であっても、内部ユーザーに悪意のある添付物又はリ
        ンクをクリックさせ、マルウェアをインストールさせる又はユーザー名若しくはパスワードを盗み取る、と
        いった初歩的な手段が含まれている。
       ・これまでハッカーは、クレジットカードやデビットカードのデータに狙いを定めており、これを監視するの

        は容易であった。クレジットカードのセキュリティ技術の向上により、ハッカーは、他の利益源、とりわけ
        個人を特定可能な情報を取得し、又はサイバー攻撃若しくはサイバー攻撃の脅威を示して会社から金銭等を
        詐取することに関心を移している。
       ・国家が支援する組織がサイバー攻撃に関与しているものの、その目的は必ずしも金銭ではない。ある国家

        は、外国国民及び外国政府の情報を取得し、又は商業や政治に影響を与え若しくは混乱を生じさせることを
        意図しているものとみられる。犯罪組織及び国家が大手金融機関や米国政府のシステムに侵入にする能力を
        有していることからも分かるように、いかなる組織もサイバー攻撃を完全に免れることはできない。
       ・コールセンターや音声自動応答システムを通じた不正や情報の詐取といった非技術的な企ても増加してお

        り、これらがより一般的になることが予想される。
       ・当社は、下記のとおり、サービスの提供について第三者に依存している。当社はサービスの提供元であるす

        べてのベンダーについて一定の基準を設けているものの、当該ベンダー及び当該ベンダーへのサービス提供
        会社がセキュリティ侵害(契約上の手続を履行しなかったことに起因するものを含む。)にさらされる可能
        性がある。
       当社は、機密データのプライバシーを適切に保証できない可能性がある。                                      通常業務の一環として、当社は、大

      量の個人情報及び保険契約者に関する秘密情報(健康に関する機密情報が含まれることもある。)を収集、保存
      し、様々な第三者(サービス・プロバイダー、再保険会社等)と共有する。当社は、当該情報のプライバシーが
      上記の情報セキュリティの侵害等によって侵害されるリスクにさらされている。
       第三者(委託先、ベンダー及びサプライヤー)により、当社の事業に更なるオペレーショナル・リスクが生じ

      る。  当社のビジネス・モデルは、広い分野にわたり、受託したサービスの実施にあたって第三者の利用に大きく
      依存している。これに伴い、第三者が委託したサービスを提供しないことにより当社が、法律、規制、財務若し
      くは顧客に関する債務を履行できないリスク、又は第三者が統制のとれていない態様で業務を行うことにより当
      社がレピュテーション・リスクにさらされる。当社は、特定のサービス及び機能の提供にあたって米国外の関連
      会社及び第三者のベンダーを利用するが、これにより、当社は米国外における事業の実施に特有のリスクに起因
      して事業が中断するリスク及び政治的なリスクにさらされる。
                                128/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社は、幅広い販売網を通じて商品を販売しているが、主要な代理店との関係も維持している。例えば、日本
      における銀行を通じた当社の売上の大部分は、日本の単一の大手銀行を通じたものであり、日本におけるライ
      フ・コンサルタントを通じた当社の売上の大部分は、単一の提携関係に由来するものである。当社は、定期的に
      これらの提携関係の条件について交渉を行っているが、これらの条件が当社又は当該第三者にとって容認可能な
      ものであり続ける保証はない。主要な提携関係の中断は、当社の商品のマーケティング能力に重大な悪影響を与
      える可能性があり、当社の事業、業績及び財務状況に重大な悪影響が及ぶ場合がある。代理店は、当社の事業の
      業績悪化、格付機関による当社にとって不利な行為、又は市場関連リスクに関する懸念といった理由により、当
      社との販売提携の縮小又は解消を選択することがある。当社は、主要な代理店パートナーの合併、当社の商品の
      販売方法に影響を与える形でのビジネス・モデルの変更、若しくは当社との代理店契約の解消というリスク、又
      は新たな販売網が生じ、当社の販売努力の有効性に悪影響が及ぶというリスクも有している。銀行及びブロー
      カー・ディーラーの合併の増加により、代理店の利用に関する競争が激化する可能性がある。その結果、代理店
      費用が増加し、当社のこれらの販売網を通じた商品のマーケティング能力が損なわれるおそれがある。代理店の
      合併活動及び/又は業界におけるその他の変更により、代理店が既存の販売契約の条件について当社にとって不
      利となる再交渉を試みる可能性が高まることもある。
       さらに、当社の商品が非関連会社によって販売された場合、当社の研修及びコンプライアンス・プログラムに

      かかわらず、当社がその販売方法を監視・統制することができない可能性がある。当社の商品が不適切に販売さ
      れた場合、若しくは当該商品が不適格な顧客に対して販売された場合、又は当社の商品の販売店が不正行為に従
      事した場合、当社のレピュテーションが損なわれ、その他事業に損害が及ぶ可能性がある。当社は、広範なキャ
      ブティブ販売網も有しており、監視と統制を実施してもなお当社代理店による不適切な販売方法や不正行為を発
      見することができないリスクにさらされている。
       金融サービス会社として、当社は、モデル・リスク(モデルの欠陥やモデル上の制約、不正確な実施又はモデ

      ルの誤使用又はモデルへの過度の依存により、財務的損失又はレピュテーション・リスク若しくは規制上の不利
      な影響が生じるリスク)にさらされている。                       主に商品の価格設定、準備金の算出及び資産の評価、並びにリスク
      評価及び必要資金の算出等に関連する将来におけるキャッシュ・フローを予想するため、当社の事業及びコーポ
      レート部門は、モデルを利用している。当該モデルは、適切に機能しないことがあり、また、本質的に不確定で
      ある仮定や予測に依拠していることがある。当社の事業が成長及び発展を続けるにあたり、当社が使用するモデ
      ルの数や複雑さは増加し、モデル(関連するデータ及び仮定を含む。)の設計、実施又は使用における誤りに対
      する当社のエクスポージャーも増加する。
                                129/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       ストラテジック・リスク
       当社は、当社の基本的なビジネス・モデルの変更(当社が実施する事業の転換であるか実施方法の変更である

      かを問わない。)につながる可能性のある事由に関するリスクにさらされている。                                           さらに、タクティカル・リス
      クもストラテジック・リスクになりうる。例えば、低金利が長期間にわたって継続することにより、ある時点で
      当社が売上目標の変更、特定の事業からの撤退及び/又はビジネス・モデルの変更を求められる可能性がある。
       規制環境の変化は、当社のビジネス・モデルを不安定にする可能性がある。                                       過去数年間において金融規制監視

      が強化されたことにより、米国その他当社が事業を行う国において、新たな法律及び規制の検討が急ピッチで行
      われている。提案されている又は想定外の法律又は規制の改正により、当社の事業が悪影響を受ける可能性があ
      る。国際規制当局、連邦政府・州の規制当局により昨今制定された及び検討中の法令案並びにそれらが当社の事
      業に与える潜在的な影響(以下の分野を含む。)については、「第2 企業の概況」「3 事業の内容」の「規
      制」の項を参照のこと。
       ・指定金融機関である当社に対する規制及び関連する健全基準の強化(その多くについては現在も制定作業が

        行われている。)
       ・金融セクターの規制改革(米国財務省が公表する報告書に由来する可能性がある。)

       ・税法の改正(米国の連邦、州及び米国外の税法を含む。)。

       ・労働省フィデューシャリー・ルール

       ・米国の州保健法に基づく当社に対する規制並びにグループ全体の監督及び資本に関する基準の制定、投資資

        産、生命保険準備金、変額年金保険及びその他の商品に係るRBC計数
       ・日本、韓国その他の米国外の法域における保険会社の資本基準

       ・プライバシー及びサイバー・セキュリティに関する規制

       当社の事業に適用される会計規則の変更も、当社の経営成績又は財務状況に悪影響を与える可能性がある。会

      計方針の発表及びそれらが当社の事業に与える潜在的な影響については、連結財務書類の注記2を参照のこと。
                                130/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       テクノロジーの変化は、当社のビジネス・モデルを不安定にする可能性がある。                                         当社は、テクノロジーの変化
      には、当社のビジネス・モデルに著しい影響を与える下記の3つの側面があると考えている。これ以外にも、当
      社のビジネス・モデルに著しい影響を与える予期せぬテクノロジーの変化が生じる可能性がある。
       ・ 顧客とのインタラクション              :テクノロジーは急速に変化しており、その過程で既存のビジネス・モデルにス

        トレスを与えている。当社が想定している変更としては、顧客の当社に対するインタラクションに関する選
        択肢の拡充、当社からのインタラクションに関する選択肢の拡充等がある。新たに発生する顧客の嗜好によ
        り、商品設計を変更する必要が生じる可能性がある。当社の販売網は、顧客が選択する場所・時期におい
        て、自動化をさらに推し進めるために変更される可能性がある。当該変更により、むこう10年間において当
        社のビジネス・モデルが一時的に中断される可能性が高い。
       ・ 投資ポートフォリオ          :テクノロジーは、当社が投資する会社に著しい影響を与える可能性がある。例えば、

        環境に関する懸念は、特定の調査につながり、石油・ガスに対する風力・太陽光発電の魅力を変化させる可
        能性がある。運送業界は、物品の代替運送手段を選好する可能性があり、トラック運送又は空輸の人気が低
        下する可能性がある。消費者が購買行動を変化させ、オンライン上での活動を選好することにより、ショッ
        ピングモールや小売店舗の役割が変化する可能性がある。
       ・ 医療の発達      :当社は、主に2つの面で医療の発達の影響にさらされている。遺伝子検査及び顧客・保険会社

        による当該情報の利用に関する不平等性は、逆選択リスクを発生させる可能性がある。すなわち、遺伝子検
        査のデータにより、当社の潜在的な顧客は、より明確な将来展望を得ることとなり、死亡又は長生の可能性
        を保障する商品をより正確に選択することが可能になる。また、延命技術により、とりわけ年金ベースの契
        約について保険数理上の計算基礎の変更を迫られる可能性がある。
                                131/705











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       他の要因が当社のビジネス・モデルを不安定にする可能性がある。以下の項目は、当社の事業に重要な影響を
      与える可能性のある項目の例である。
       ・ 団体保証年金保険の顧客を特定するにあたって当社が利用する方針及び手続、又は団体保証年金保険の準備

        金の方針の変更は、業務の費用及び複雑さの増加、並びに準備金の増加につながる可能性があり、当社の営
        業成績及び財務状況に悪影響が及ぶ可能性がある。                          当社の退職年金事業は、団体年金保険契約及び仕組決済
        方式契約に基づく団体保証年金給付を提供している。当社の方針及び手続に基づき、当社は、社内外のツー
        ル及びリソースを用いて団体保証年金給付の対象となる顧客を特定している。当社はまた、準備金見積額の
        向上に関する方針を有しており、方針及び手続を遵守の上、顧客に対する義務を履行していると考えてい
        る。当社は、顧客を特定する際に利用するプロセス及びツールについて定期的に見直し、テスト及び強化を
        行っており、当該プロセス及びツールが段階的に変更されていくことが予想されている。しかしながら、通
        常業務の過程において任意の時点で当社の団体保証年金給付の対象となる顧客のうち、当社により特定され
        ない顧客が若干名存在する可能性がある。所在を特定できない退職年金保険顧客に関する昨今の業界の注力
        を踏まえ、当社は、この問題の入念な見直しを行っている。現在では、業界全体で様々であった慣行の統一
        が進んでいる。当社が顧客を特定する際に使用する方針及び手続又は準備金に関する方針の変更は、業務の
        費用及び複雑さの増加、並びに準備金の増加につながる可能性があり、当社の営業成績及び財務状況に悪影
        響が及ぶ可能性がある。
       ・ 当社の財務力格付又は信用格付の格下げにより、事業の見通し、営業成績、財務状況及び流動性等に悪影響

        が及ぶ可能性がある。           格付及び格付の引下げが当社の事業に与える潜在的影響については、下記「7 財政
        状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「流動性及び資本資源-格付」の項を参照のこ
        と。   当社は、格付機関がどのような追加措置を講ずるのか、また格付機関の措置に対して当社がどのよう
        な対応策を取ることができるのかを予想することができず、これらは当社の事業に悪影響を及ぼすおそれが
        ある。格付機関は、通知を行うことなく随時、当社の格付を引き下げることがある。さらに、ある国の国債
        の格付の引下げが、当該法域において事業を行う当社の子会社の格付の引下げにつながり、ひいては当社及
        び他の子会社の格付が引き下げられることがある。例えば、2015年9月、S&Pは、日本の経済成長の勢いの
        不確実性と財政状態の脆弱性に鑑みて、日本国債の格付をA+に引き下げ、当該格付のアウトルックを「安定
        的」とした。これに伴って、S&Pは、当社の日本における保険子会社を含む多数の日本の金融機関の格付を
        引き下げた。日本国債の格付が更なる格付引下げの対象となる可能性もあり、これに伴って当社の日本にお
        ける保険子会社の格付がさらに引き下げられる可能性もある。当社全体の業績における日本事業の重要性に
        鑑みれば、かかる格付けの引下げが当社及び当社の米国内保険子会社の格付の引下げにつながる可能性があ
        る。
                                132/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       ・ ロンドン銀行間取引金利(「LIBOR」)の改革により、当社が保有する一部のデリバティブ及び変動金利証
        券並びに当社が発行した変動金利証券の金利及び価値、一部の不動産貸付及び投資管理事業において実施す
        る関連業務の価値及び収益性、並びにその他LIBORに連動する価値を有する資産又は負債に悪影響が及ぶ可
        能性がある。       規制当局又は法執行機関及びICEベンチマーク・アドミニストレーション(現在のLIBOR管理機
        関)による行為が、LIBORの決定方法の変更又は代替的な参照金利の設定につながる可能性がある。例え
        ば、2017年7月27日、英国金融行為監督機関は、2021年以降に銀行に対してLIBORの提出を要請又は強制し
        ない意向を表明した。米国連邦準備制度は、ニューヨーク連邦準備銀行の代替参照金利委員会(デリバティ
        ブ市場の主要参加者と規制当局から成る。)の提言に基づき、2018年度中旬において、米ドルLIBORに代わ
        る担保付翌日物調達金利(「SOFR」)の公表を開始する旨を表明した。他の通貨の代替参照金利に関する計
        画も公表されている。現時点では、市場の新たな金利に対する反応、LIBORの変更若しくは改革又はLIBORの
        廃止が当社がエクスポージャーを有している新規又は既存の金融商品に与える影響を予想することはできな
        い。LIBORが廃止される又は何らかの理由でLIBORの算出方法が現行のものから変更される場合、当社が保有
        する一部のデリバティブ及び変動金利証券並びに当社が発行した証券の金利、不動産貸付及び投資管理事業
        において実施する関連業務、並びにその他LIBORに連動する価値を有する資産又は負債に悪影響が及ぶ可能
        性がある。さらに、LIBORの使用の継続及びベンチマーク金利としての信頼性に関する不確実性により、当
        該金融商品の価値に悪影響が及ぶ可能性がある。
       ・ 競争環境の変化は、当社に悪影響を与える可能性がある。                              当社の各事業において、当社は、当社商品の最終

        的な顧客及び多くの事業における非系列販売網を通じての販売などについて、保険会社、資産運用会社及び
        多様な金融機関との厳しい競争に直面している。テクノロジーの発展、顧客の期待の変化(電磁的勧誘に関
        するものを含む。)又はその他の市場の変化により、顧客の期待の高まりに当社よりも効果的に対応するこ
        とができる、確立された商品や販売網を有しない新たな又は小規模な競合企業にとっての機会が創出される
        可能性がある。フィンテック及びインシュアテック関連企業は、業界全体を混乱させる可能性があり、これ
        らの市場参加者の多くは、業界参加者から一部出資を受けている。例えば、投資管理について、当社は、
        パッシブ投資やロボットによる助言を行う販売網の増加への注力に鑑みて、手数料に対する圧力の継続を予
        想している。
       ・ 気候変動により、災害の重度及び頻度が増加し、又は当社の投資ポートフォリオに悪影響が及ぶ可能性があ

        る。  気候変動が天候に関連する災害及びパンデミックの発生頻度や深刻度を増加させる可能性がある。ま
        た、気候変動に関連する規制が、当社がその証券を保有している会社及びその他の事業体の見通し又は当社
        が当該証券の保有を継続する意思に影響を与える可能性がある。また、このことは、再保険会社等その他の
        カウンターパーティにも影響を与え、当社が保有する又は他者のために運用する不動産投資等の投資の価値
        にも影響が及ぶ可能性がある。当社は、気候変動又はそれに関連する規制が当社に与える長期的な影響を予
        測することはできない。
                                133/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       ・ 市況及びその他の要因により、商品販売が悪影響が受け、又は費用が増加する可能性がある。その例には、
        以下のものが含まれる。
        -    高度インフレ及び高金利などの市況の変動は、消費者の心理や行動を変化させ、当社の貯蓄商品及び保

          障商品などの売上及び継続率に悪影響を与える可能性がある。また、これとは反対に、低インフレ及び
          低金利により、これらの商品の実際の継続率と予想継続率の間に差異が生じ、収益性に悪影響が及ぶお
          それがある。同様に、経済状況の変動及び金融機関に対するネガティブな公共認識は、顧客の行動に影
          響を与える可能性がある(特定の商品における保険金請求額又は解約返戻金の増加を含む。)。
        -    市場の低迷、市場のボラティリティの増加又はその他の市況により、顧客が投資又は商品に不満を持っ

          た場合、当社の投資ベースの商品及びサービス並びに資産運用商品及びサービスの売上が下落し、特定
          の保険商品の失効及び解約、並びに投資商品からの資産の引出しが増加する可能性がある。
        -    年金及びその他の退職給付金制度に関する当社の割引率、予想利益率、平均寿命、医療費及び報酬増加

          の仮定の変更により費用が増加し、当社の収益性が低下する場合がある。
       ・ 本項において記載するリスクのいずれかが現実化した場合、当社のレピュテーションが悪影響を受ける可能

        性がある。      レピュテーション・リスクは、当社のリスク特定プロセスにおいて特定されたリスクにより生じ
        る可能性がある。幅広いリスク事由に効果的に対処できない場合、当社のレピュテーションが損なわれるお
        それがある。当社のレピュテーションが著しく損なわれる場合、保険契約者とカウンターパーティのいずれ
        も当社との既存の取引関係の清算を希望する可能性がある。さらに、信用度、とりわけ信用格付が大幅に変
        化した場合、資金調達市場の利用に影響が及ぶ可能性があるほか、既存の取引関係について追加の担保要件
        が設定される可能性もある。こうしたリスクの管理ミスにより、当社のレピュテーション資産が損なわれる
        可能性がある。当社の事業は、ブランド力、価値観の統一及び顧客への約束を守るコミットメントによって
        支えられている。ネガティブな公共認識(確立された認識であるか否かを問わない。)は、ソーシャルメ
        ディア等を通じて広範囲にかつ急速に共有される可能性があり、当社のレピュテーションを損ねるおそれが
        ある。
       市場リスク

       市場リスクは、当社の負債の価値の変動が資産の価値の変動によって相殺されない場合の資産/負債のミス

      マッチによる、金利、株価及び外国為替レートの変動に起因する損失のリスクと定義される。
                                134/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       金利及びその他の市場の変動並びに一般的な経済状況及び市況が当社の事業及び収益性に与える潜在的な影響
      については、上記を参照のこと。当社の一般勘定投資の運用全般及び当社の資産ミックス戦略についての詳細
      は、「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「一般勘定投資-投資の運用」の項を
      参照のこと。市場リスクの変動の影響を受ける可能性のある、当社の流動性及び資本資源については、「7 財
      政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「流動性及び資本資源」の項を参照のこと。
       市場リスク管理

       市場リスク(当社は、当該リスクを投資リスクと市場リスクのエクスポージャーの両方が組み合わされたもの

      とみなしている。)の管理には、様々な形のリスクの識別と測定、リスクの閾値の設定、原資産・負債における
      利益を最大限にする一方でリスクをこれら閾値内で維持するための手続の策定などが含まれている。
       当社のリスク管理プロセスでは、以下を含む様々な手段と手法が使用されている。

       ・市場の変化(金利、株価指数、為替レート等)に対する価格感応度の測定

       ・資産/負債の管理
       ・ストレス・シナリオ・テスト
       ・ヘッジ・プログラム、及び
       ・リスク管理ガバナンス(方針、制限、及び投資・市場リスク監視委員会を含む。)。
       市場リスクの緩和

       リスクの緩和は、主に以下の3つの形態をとっている。

       ・資産/負債管理:負債ベースの手法に則って、資産を管理する。例えば、投資方針では、負債の特徴に基づ

        き資産の目標デュレーションが特定され、また、資産ポートフォリオは、当該デュレーションに近い範囲で
        管理される。これにより、金利の変動に伴う潜在的かつ想定外の経済的損失が緩和される。
       ・ヘッジ:デリバティブを用いてリスク・エクスポージャーを相殺する。例えば、当社の変額年金保険につい

        て、市況の悪化に伴い発生が予想される生前給付の請求は、デリバティブ金融商品を用いてヘッジされる。
       ・ポートフォリオ集中リスクを管理する。例えば、事業体レベルでのキー・レート、為替及びその他の集中リ

        スクの継続的な監視及び管理により、個別の市場及びリスクの発生源に対するエクスポージャーを緩和する
        ための多角化に向けた努力が支援されている。
                                135/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      金利に関連する市場リスク
       当社は、負債対応投資を行い、慎重な資産/負債管理に取り組んでいる。資産/負債のミスマッチにより、負

      債の価値の変動と関連する資産の価値の変動の間に齟齬が生じるリスクが発生する。さらに、金利の変動は、そ
      の他の項目(以下のものを含むが、これらに限定されない。)に影響を与える可能性がある。
       ・一般勘定投資によってサポートされる特定の商品に関する投資について、当社が支払を求められる金額と当

        社が取得可能な利益率の間の純投資スプレッド
       ・運用資産又は保険契約者積立金に係る資産ベース報酬
       ・予想される総利益合計、並びに繰延契約取得費用及びその他の費用の償却
       ・一部の商品について提供される保障に対する正味エクスポージャー、並びに
       ・当社の規制対象事業体の資本レベル
       当社は、金利変動に対する価格の感応度を測定するために、持続期間分析及び凸状分析を採用している。持続

      期間分析は、金利変動に対する金融商品の公正価値の相対的感応度を測定し、凸状分析は、金利変動に関係する
      持続期間の変動率を測定するものである。当社は、資産・負債管理及びデリバティブ戦略を実施し、資産・負債
      価値の相対的感応度を金利変動に適合させることで、すなわち、資産・負債のデュレーション目標における「持
      続期間のミスマッチ」をコントロールすることで、法人ごとに当社の金利エクスポージャーを管理している。特
      定の市場において、当社は、デュレーション目標を設定する上で、当社の一部の負債の期間に近似する資産を取
      得する当社の能力を妨げる資本市場の制約を考慮している。当社はまた、資産・負債管理戦略におけるリスク
      ベース資本、並びに税務上の取扱い及び現在の市況も考慮している。
                                136/705











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社は、現行金利から算定する利回り曲線で、信用スプレッド又は無リスク・レートの変動を反映した100
      ベーシス・ポイントの上向き、下向きの平行移動を想定した仮定テスト・シナリオを用いて、金利の変動が当社
      の金融資産、金融負債及びデリバティブの価値に与える影響を査定している。下表は、2017年12月31日及び2016
      年12月31日現在における、100ベーシス・ポイントの上向き移動を仮定した場合のこれらの金融商品の公正価値
      の潜在的な純減の推定額をとりまとめたものである。同表は、総額ベースで表示されており、U.S                                                   GAAPに基づく
      金融負債とはみなされない保険負債に対する相殺の影響は除外されている。当該シナリオにより、両日において
      テストされた仮定シナリオの金利リスクに対する正味エクスポージャーが最大となった。当該テスト・シナリオ
      は、単に一例を挙げるために示したものであり、将来の金利又は債券市場の業績に関する当社の予想を反映する
      ものではないが、そのような事象の潜在的影響を説明できる、近い将来において十分起こりうる仮定的な変動を
      表していると言える。このテスト・シナリオでは、利回り曲線の非平行移動の結果生じた価値変動は測定されな
      いが、この移動からは、満期が異なれば手形割引歩合の変化も異なると考えられる。その結果、100ベーシス・
      ポイントの金利変動による公正価値の実損は、上記算定によって表示されたものとは異なる可能性がある。予想
      される公正価値の変動には、分離勘定資産は含まれていない。
                               2017  年12月31日現在             2016  年12月31日現在

                                      公正価値               公正価値
                            額面価額     公正価値     の仮定的     額面価額     公正価値     の仮定的
                                       変動               変動
                                      (単位:百万ドル)
     金利リスクを伴う金融資産:
       満期固定資産(注1)                           372,926     (36,554)          347,246     (33,171)
       商業モーゲージ貸付及びその他貸付                           57,341     (2,832)          54,283     (2,626)
     金利リスクを伴うデリバティブ:
         スワップ                   210,137      4,735     (3,824)     209,406      7,097    (5,415)
         先物                    24,502        24   (1,081)     32,555       49    (995)
         オプション                    54,522       188     188    25,403       166     284
         先渡し                    25,948       (94)      0   21,530      (519)     (20)
         合成保証付投資契約(合成GIC)                    77,290        (1)     (1)   77,197        5    (1)
         変額年金保険及びその他の生前給付
         特約に組み込まれているデリバティ                         (8,720)      5,706          (8,238)     5,386
         ブ(注2)
     金利リスクを伴う金融負債(注3):
       短長期負債                           (21,144)      3,180         (21,079)      3,049
                                        3,561               3,570
       保険契約者預り金勘定-投資契約                          (100,186)                (100,045)
                                       (31,657)               (29,939)
     潜在的損失予測純額
      (注1) 「保険負債に対応するトレーディング勘定資産」に分類される満期固定資産、並びにU.S.GAAPに基づきトレーディ

          ング証券に分類されるが、保険、退職金及び年金商品を提供する当社のセグメントにおいて「非トレーディング」
          活動として保有されているその他の満期固定資産を含む。2017年12月31日及び2016年12月31日現在における、未実
          現損益がAOCIに計上され、かつ「売却可能」に分類される満期固定証券約3,700億ドル及び3,450億ドルがそれぞれ
          含まれる。
      (注2) 組込デリバティブの変動をヘッジするために購入されたデリバティブ金融商品による相殺の影響は、除外されてい
          る。報告された数値には、第三者への出再保険は含まれていない。
                                137/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      (注3) 2017年12月31日及び2016年12月31日現在の金融負債とはみなされない保険準備金及び預り金債務、それぞれ約
          3,060億ドル及び約2,860億ドルを含んでいない。当社は、これら保険負債の金利感応度が、投資契約を含む金融資
          産及び金融負債の正味金利リスクを相殺する役割を果たしていると考えている。
       U.S.   GAAPに基づき、上記の表に反映されている一部の変額年金保険及びその他の生前給付商品のための組込

      デリバティブの公正価値には、市場参加者が考える当社のNPRの影響が含まれている。当社のNPR信用スプレッド
      に対する組込デリバティブの感応度に関連するNPRの詳細については、上記「1 業績等の概要」の「会計方針
      及び発表-重要会計方針の適用-保険資産及び負債の感応度」の項を参照のこと。
       組込デリバティブとして会計処理される当社の変額年金保険の生前給付特約オプション及び当該組込デリバ

      ティブの公正価値の変動をヘッジするために使用される関連するデリバティブの詳細については、下記の「一部
      の変額年金保険商品に関連する市場リスク」の項を参照のこと。当社が公正価値の決定にあたって使用する主要
      な推定及び仮定に関する詳細は、連結財務書類の注記20を参照のこと。低金利環境の継続による影響について
      は、上記「1 業績等の概要」の「エグゼクティブ・サマリー-低金利環境の影響」の項を参照のこと。
      当社は、資産/負債のミスマッチ(当社の一般勘定投資ポートフォリオにおいて保有される株式に対する投資、

     並びに主に特定の変額年金保険の生前給付特約に組み込まれているデリバティブに関連する保険負債における未
     ヘッジのエクスポージャーを含む。)により、株式リスクに対するエクスポージャーを有している。当社のエクイ
     ティ・ベースのデリバティブは、主にこれらの生前給付の組込デリバティブに組み込まれた株式リスクをヘッジす
     るものであり、当社の資本ヘッジ・プログラムの一部でもある。株価の変動により、資産価値の変動と原商品又は
     ヘッジ対象商品に関連する負債の価値の変動の間に齟齬が生じるリスクが発生する。さらに、株価の変動は、その
     他の項目(以下のものを含むが、これらに限られない。)に影響を与える可能性もある。
       ・運用資産又は保険契約者積立金に係る資産ベース報酬

       ・予想される総利益合計、並びに繰延契約取得費用及びその他の費用の償却
       ・一部の商品について提供される保障に対する正味エクスポージャー
       当社は、それぞれの市場基準価格に照らして株式リスクを管理している。米国株式については、主にS&P500

      及びラッセル2000などを組み合わせた市場指針に照らして、株式所有による当社利益の基準値を計算している。
      当社は、東証株価指数並びに欧州、豪州及び極東株式の株価指数であるMSCI                                        EAFE指数に照らして外国株式の基
      準値を計算している。また、当社は、これら基準値指数に近似する価格感応度を目標としている。
                                138/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社は、株式ベンチマークの市場レベルの10%の減少仮定に基づき当社の株式リスクを予測する。下表は、
      2017年12月31日及び2016年12月31日現在の、当該減少に伴って予想される公正価値の潜在的な純減を示したもの
      である。当該シナリオは、単に一例を挙げるために示したものであり、将来における株式市場や当社の株式ポー
      トフォリオの業績に関する当社の予想を反映するものではないが、そのような事象の潜在的影響を説明できる、
      近い将来において十分起こりうる仮定的な変動を表していると言える。これらのシナリオは、エクイティ基準値
      レベルの下落が公正価値に与えた直接的な影響のみを考慮しており、収益として認識される資産ベース報酬の変
      動、繰延契約取得費用及びその他の費用の償却の基準として利用される総利益合計の見積額の変動、又は生前給
      付特約オプションの公正価値に影響を与える可能性のある市場ボラティリティ又は変額年金契約における死亡
      率、利用率若しくは継続率などのその他の仮定の変更を考慮していない。さらに、これらのシナリオは、変額年
      金保険商品の基礎となる投資ファンドの業績と、当社がヘッジ戦略を行う際に基礎として用いる市場指数との潜
      在的な差異などのベーシス・リスクの影響を反映していない。ベーシス・リスクの影響によって、エクイティ・
      ベースのデリバティブの公正価値の変動と関連する生前給付特約オプションの間との差異が、当該シナリオと比
      較して拡大する場合がある。この金額の算定にあたり、分離勘定株式は除外されている。
                               2017  年12月31日現在             2016  年12月31日現在

                                       公正価値               公正価値
                            額面価額     公正価値     の仮定的     額面価額     公正価値     の仮定的
                                        変動               変動
                                      (単位:百万ドル)
     株式(注1)                              8,972      (897)         12,139     (1,214)
     エクイティ・ベースのデリバティブ(注2)                        52,275      (128)     1,373    31,558      (285)    1,137
     変額年金保険及びその他の生前給付特約に組
                                        (1,423)               (1,116)
                                   (8,720)               (8,238)
     み込まれているデリバティブ(注2、3)
                                         (947)              (1,193)
       潜在的損失予測純額
      (注1) 「保険負債に対応するトレーディング勘定資産」に分類される株式、並びにU.S.GAAPに基づきトレーディング証券

          に分類されるが、保険、退職金及び年金商品を提供する当社のセグメントにおいて「非トレーディング」活動とし
          て保有されているその他の株式を含む。
      (注2) エクイティ・ベースのデリバティブの額面価額及び公正価値並びに変額年金保険及びその他の生前給付特約オプ
          ションに組み込まれているデリバティブの公正価値も、上記の「金利に関連する市場リスク」の数値に反映されて
          おり、累積されていない。
      (注3) 組込デリバティブの変動をヘッジするために購入されたデリバティブ金融商品による相殺の影響は、除外されてい
          る。報告された数値には、第三者への出再保険は含まれていない。
      外国為替レートに関連する市場リスク

       米国外(とりわけ日本)においても大規模な事業を展開する米国に拠点を置く会社として、当社は、当該事

      業並びに一般勘定投資ポートフォリオ及びその他の自己勘定投資ポートフォリオに関連する外国為替レートのリ
      スクにさらされている。
                                139/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社の国際保険事業について、外国為替レートの変動により、当社が米ドル換算した当該事業の利益及びエク
      イティについてボラティリティを経験するリスクが発生する。当社は、各種ヘッジ戦略(外国為替ヘッジの使用
      を含む。)及び特定の事業の投資ポートフォリオにおける米ドル建ての証券の保有を通じて当該リスクを積極的
      に管理している。また、当社の日本の保険事業は、非円建ての各種商品を販売しており、これらは、対応する通
      貨建ての投資によって裏付けられている。当該非円建ての資産が商品負債の通貨と経済的に調整される一方、外
      国為替レートの変動に伴う当該資産及び負債の価値の変動については、会計上の取扱いが異なることがある。こ
      れに伴い、報告されたU.S.               GAAP上の利益についてボラティリティが生じることとなる。当該ボラティリティ
      は、ジブラルタ生命において、原商品及び原投資と合致する個別の機能通貨を備えた米ドル建て及び豪ドル建て
      の保険契約を別々の部門に分散することにより緩和されている。当社の日本以外の国際保険事業の一部につい
      て、当社は、外国為替レートの変動に伴う株式投資の変動に関するリスクをヘッジしないことを選択している。
      詳細については、「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「セグメント別営業成績
      -外国為替レートの変動による影響-U.S.GAAP上の利益に対する非現地通貨建て商品の影響」の項を参照のこ
      と。
       当社の米国内保険事業に対応する米国内の一般勘定投資ポートフォリオ及びその他の自己勘定投資ポートフォ

      リオについて、外国為替リスクは、主として、外貨建ての投資によって発生する。当社は、米国内の外貨建ての
      債券投資のほぼすべてを米国ドルに変換してヘッジすることによって当該リスクを管理している。当社は、関連
      会社ではない米国外の事業体の株式に対する投資に係る外国為替リスクのすべてをヘッジしているわけではな
      い。
       当社は、外国為替レートに係るリスクを、所定の限度内にとどめるよう管理し、エクスポージャー(日本の保

      険事業における株式を除く。)を外国為替レートの10%の仮定的な変動に対して予測している。下表は、2017年
      12月31日及び2016年12月31日現在における、当該変動に伴う公正価値の潜在的な純減の推定額を示したものであ
      る。当該シナリオは、単に一例を挙げるために示したものであり、外国為替市場の将来における変動に関する当
      社の予想を反映したものではないが、当該事由の潜在的な影響を表す合理的に起こりうる短期的な仮定的変動を
      示すものである。
                               2017  年12月31日現在             2016  年12月31日現在

                                 公正価値の仮定的な               公正価値の仮定的な
                            公正価値               公正価値
                                     変動               変動
                                       (単位:百万ドル)
       ヘッジされていない国際子会社に対するエ
       クイティ投資及び米国内一般勘定ポート                       6,345          (635)     5,003          (500)
       フォリオにおける外貨建て投資
       詳細については、「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「一般勘定投資-ポー

      トフォリオ構成」及び「セグメント別営業成績-国際保険部門」の項を参照のこと。
                                140/705





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      デリバティブ
       当社は、主に金利、株価及び為替レートの変動によって生じる市場リスクを削減するため、デリバティブ金融

      商品を利用している(資産と負債のミスマッチから生じる金利又は為替レートに対するエクスポージャーの修正
      のための利用を含む。)。当社のデリバティブには、主に上場している又はOTC市場におけるスワップ、先物、
      オプション及び先渡契約が含まれている。
       当社のデリバティブには、当社が                 GIC商品    について提供する金利保証も含まれている。                       合成GICは、従来型の保

      険関連GICの業績を想定しているが、                   U.S.   GAAPに基づきデリバティブとして会計処理される。これは、保険契約
      者が原資産を保有しており、当社は顧客の保有する信託における顧客のファンドの簿価「ラップ」のみを提供す
      るためである。当該ラップによって顧客に対して保証元本及び利息が支払われるため、金利の変動により、顧客
      のファンドの市場価値の減少に伴って当該保証に対する当社の正味エクスポージャーが増加するというリスクが
      生じる。しかしながら、当社の義務は、既存の顧客のファンドの価値を超える分の金額の支払に限定されてい
      る。さらに、当社は、0%を下限として                     予定利率を定期的に再設定する                能力及び価格を引き上げる能力を有して
      いる。また、当社の契約では、契約者は簿価で資金を引き出すことを認められているが、契約者による引出し
      は、即時の引出しの場合は市場価値によってのみ、また、段階的な引出しの場合は簿価によってのみ、これを行
      うことができる旨が規定されている。とりわけこれらの要素による当該契約の公正価値の変動は、その額面価額
      が多額であるにもかかわらず、最小限のものである。
       当社のデリバティブには、特定の金融商品に組み込まれているデリバティブも含まれており、それらは主に、

      当社の変額年金保険商品の特定の生前給付特約オプションに関連するものである。詳細については、下記の「一
      部の変額年金保険商品に関連する市場リスク」の項を参照のこと。
       当社のデリバティブ活動の詳細については、連結財務書類の注記21を参照のこと。

      一部の変額年金保険商品に関連する市場リスク

       当社の変額年金契約の主なリスク・エクスポージャーは、当該商品の当初の価格設定に使用された仮定(株式

      市場収益、金利及び市場のボラティリティといった資本市場に関する仮定、並びに保険数理上の計算基礎を含
      む。)からの実際の逸脱又はその変更に関連するものである。当社の資本市場に関する仮定について、当社は、
      資本市場の変動に伴うリスクに対するエクスポージャーを、自動リバランス機能や生前給付特約オプション・
      ヘッジ・プログラムにおける特定の生前給付特約オプションの追加など、商品特性の組み合わせを通じて管理し
      ている。さらに、当社は、出再保険をリスク軽減の一手段及び資本ヘッジ・プログラムとみなしている。生前給
      付特約オプションを有する一部の変額生命保険は、組込デリバティブとして会計処理され、公正価値で計上され
      る。組込デリバティブ及び当該組込デリバティブの公正価値の変動をヘッジするために使用される関連するデリ
      バティブのU.S.         GAAPに基づく価値の市場リスク感応度については、上記の「金利に関連する市場リスク」及び
      「株価に関連する市場リスク」の項を参照のこと。
                                141/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社のリスク管理戦略(生前給付ヘッジ・プログラム及びその他の商品特性を含む。)の詳細については、
      「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「セグメント別営業成績-個人年金」の項を
      参照のこと。
     5  【経営上の重要な契約等】

       本報告書に記載がない限り、特に重要な契約は存在しない。

     6  【研究開発活動】

       該当事項なし。

                                142/705
















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       将来に関する記述は本報告書提出日現在の記述である。

                                営業成績

      連結営業成績

       下表は、表示された各期間の純利益(損失)をまとめたものである。

                                          12 月31日に終了した年度

                                      2017  年     2016  年     2015  年
                                           ( 単位:百万ドル)
     収益                                   59,689       58,779        57,119
                                        53,202       53,074        49,350
     保険金・給付金及び費用
     法人所得税及び運営合弁事業損益に対する持分反映前利益
                                        6,487       5,705        7,769
     (損失)
                                        (1,438)        1,335        2,072
     法人所得税費用(利益)
     運営合弁事業損益に対する持分反映前利益(損失)
                                        7,925       4,370        5,697
                                          49       49        15
     運営合弁事業損益に対する持分(税引後)
     当期純利益(損失)
                                        7,974       4,419        5,712
                                         111        51        70
     控除:非支配持分に帰属する利益
     プルデンシャル・ファイナンシャル・インクに帰属する純利益
                                        7,863       4,368        5,642
     (損失)
      2017  年度と2016年度の年次比較:                「プルデンシャル・ファイナンシャル・インクに帰属する純利益(損失)」

     の3,495百万ドルの増加は、主に以下を反映している。
       ・ 2,773百万ドルの有利な影響。これは、主に税制改革(「法人所得税」の項を参照のこと。)に起因す

         る、前年度の税金費用と比較した場合の今年度の税務ベネフィットを反映している。
       ・ 1,927百万ドルのプラスの変動(税引前)。これは主に、当社の事業セグメントによる営業成績の向上、

         及び前年度の損失と比較した場合の当期の当社の撤退事業による利益によるものであった。
       ・ 当社の特定の商品に関する金利リスク管理方法の変更を反映した1,500百万ドルのプラスの変動(税引

         前)。この変動は、主に2016年に実施された個人年金保険リスク管理戦略の変更に起因している。当該変
         更により、当社は、金利リスクの管理に関する全社及びその他業務部門と個人年金保険との既存の社内的
         なデリバティブ取引を終了し、現在は当該リスクを個人年金保険事業セグメントにおいて管理している
         (詳細については、「セグメント別営業成績」「全社及びその他の業務」「資本保護の枠組み」の項を参
         照のこと。)。
                                143/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       ・ DAC及びその他のコスト並びに責任準備金の調整による478百万ドルのプラスの変動(税引前)。これは、
         当社の事業の見積利益の更新を反映しているが、これには、当社が仮定について年に一度行う見直し及び
         更新並びにその他の修正の影響が含まれる。これには、下記の変額年金ヘッジ・プログラムに関連する影
         響額は含まれていない(詳細については「セグメント別営業成績」「米国個人ソリューション部門」「個
         人年金保険」の項を参照のこと。)。
       これらの「プルデンシャル・ファイナンシャル・インクに帰属する純利益(損失)」の増加は、以下の項目に

      より一部相殺された。
       ・ 2,373百万ドルのマイナスの変動(税引前)。これは、特定の変額年金保険に伴う組込デリバティブ及び

         関連するヘッジ・ポジションの価値の変動による正味影響額を反映している(詳細については「セグメン
         ト別営業成績」「米国個人ソリューション部門」「個人年金保険」「変額年金保険リスク及びリスク回避
         策」の項を参照のこと。)。
       ・ PFIの税引前実現純利益の810百万ドルの減少。これには、クローズド・ブロック部門及び上記の特定の変

         額年金保険に伴うヘッジ・プログラムの影響は含まれていない(詳細については「実現投資損益」の項を
         参照のこと。)。
      セグメント指標

       調整後営業利益        :当社では事業運営に当たり「調整後営業利益」を用いてセグメント業績を分析している。調

      整後営業利益は、U.S.GAAPの定める「法人所得税及び運営合弁事業損益に対する持分考慮前利益(損失)」又は
      「純利益(損失)」に相当するものではないが、セグメント業績を分析し、資金を割り当てるために使用するセ
      グメント別の損益の基準であり、当局のガイダンスと一致しており、当社のセグメント業績の基準である。調整
      後営業利益を計算する上での調整は、当社全体の業績を理解する上で重要である。調整後営業利益については、
      これをU.S.GAAPに準拠して求めた利益の代用になるものではない。また、当社でいう調整後営業利益の定義は他
      の企業で使われている定義とは異なっている可能性がある。しかしながら、経営のための尺度として調整後営業
      利益を公表することは、継続中の事業の業績とその基礎となる当社事業の収益性を際立たせることにより、当社
      事業の業績への理解を深めていただけるものと考えている。セグメント業績の表示及び調整後営業利益の定義に
      ついては、連結財務書類の注記22を参照のこと。
       年換算新事業保険料          :当社の個人生命保険事業、団体保険事業及び国際保険事業を運営する上で、当社は年換

      算新事業保険料を分析する。年換算新事業保険料はU.S.GAAPに準拠した収益ではない。年換算新事業保険料は事
      業の現在の販売業績の尺度であり、これに対して収益は、現在の販売額に加えて、主に過年度に契約された契約
      の継続率と純投資利益を反映している。年換算新事業保険料には初年度の保険料の10%又は一括払商品について
      は預り金が含まれている。有限払込契約についてその他調整は行っていない。
                                144/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       ある一定期間の年換算新事業保険料の金額は、複数の要因により大きく左右される。かかる要因には、新商品
      の追加、既存商品の廃止、特定の商品への付与金利の変動及びその他商品の改変、保険料率の変更、税法の改
      正、規制の変更又は競争環境の変化が含まれるがこれらに限定されない。売上高は、これらの特定の変化又は変
      更の発効前に増加又は減少し、その後にかかる変化又は変更に応じて逆方向に変動することがある。
       運用資産     :当社の投資管理事業を運営する上で、当社は運用資産(U.S.                                   GAAPに直接準拠した資産ではな

      い。)を分析する。これは、主な収益源が運用資産に基づく報酬であるためである。運用資産は、当社が機関投
      資家顧客、個人顧客及び当社の一般勘定のために直接運用する資産、並びに第三者であるマネージャーにより運
      用されている当社の商品に投資された資産の公正市場価額又は勘定価値にあたる。
       勘定価値     :個人年金保険及び退職金事業を運営する上で、当社は勘定価値を分析するが、これはU.S.                                                GAAPに

      準拠した資産ではない。個人年金保険事業における純販売額(償還額)及び退職金事業における純追加額(引出
      額)はU.S.      GAAPに準拠した収益ではないが、事業活動を測る尺度として利用されている。
      外国為替レートの影響

      外国為替レートの変動及び関連ヘッジ戦略

       米国に拠点を置き、米国外(特に日本)で大規模な事業を行っている会社として、当社は米ドル相当の収入及

      び株主資本利益率に影響する、外国為替レートの変動によるリスクにさらされている。当社はデリバティブ契約
      の使用及び米ドル建て資産の海外の子会社における所有など、様々なヘッジ戦略によってこの影響を軽減するよ
      う努めている。
       当社の事業の一部は為替変動の影響を受けるが、この為替変動により当社の米ドル相当の収入は、現地通貨

      ベースでみれば比較的収益が一定しているときでさえ、時として重大な影響を受けることがある。予想される米
      ドル以外の通貨建て収益の流れの一部について外国為替レートを有効に固定するための戦略の一環として、為替
      予約デリバティブ契約を締結し、これにより為替変動による収益の変動を軽減している。為替予約ヘッジ・プロ
      グラムは主に日本及び韓国における当社の保険事業に関連するものである。
       収入に対する為替変動によるリスクを抑えるための様々なヘッジ戦略及び非現地通貨建て商品がU.S.                                                     GAAP上

      の利益に与える影響については、下記「収入に対する外国為替レートの変動による影響」の項を参照のこと。
                                145/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社は、レバレッジのない状態での全社的な株主資本利益率に対する円ベースの事業の相対的な寄与を維持す
      るために、ヘッジレベルを調整する円ヘッジ戦略を採用している。当社は、このヘッジ戦略を、様々な商品を採
      用して実施しているが、これらの商品には、上記の為替デリバティブ契約や米ドル建て資産等及び、数は少ない
      が、日本の保険子会社が現地で保有する「デュアルカレンシー」及び「シンセティック・デュアルカレンシー」
      資産も含まれる。また、日本円にスワップされた米ドル建て負債など、米国の事業体が保有する商品を使用して
      ヘッジしている。全体的なヘッジレベルは、当社の全社的な株主資本利益率に対する円ベースの事業の相対的な
      寄与の定期的な評価によって変動する。
       下表は、表示された各日付現在の日本の保険子会社における米ドル相当の株主資本利益率に対する為替変動の

      影響をヘッジするための商品の総額を示したものである。
                                                   12 月31日

                                                 2017  年    2016  年
                                                (単位:十億ドル)
     米ドル相当の収入に対する為替リスクをヘッジする商品:
     為替予約によるヘッジ・プログラム(注1)                                             1.6      1.6
     米ドル相当のエクイティに対する為替リスクをヘッジする商品:

     円を基本通貨とする事業体が有する米ドル建て資産(注2):
       米ドル建て投資、償却原価                                             13.7      12.6
                                                  0.1      0.1
       その他
     小計                                             13.8      12.7
     デュアルカレンシー及びシンセティック・デュアルカレンシー投資(注3)                                             0.6      0.7
     米ドル相当のエクイティに対する為替リスクをヘッジする商品合計                                             14.4      13.4
     ヘッジ合計                                             16.0      15.0
      (注1) 締結している為替予約契約の想定元本。

      (注2) 2017年12月31日現在及び2016年12月31日現在の当社の日本における保険事業が発行した米ドル建て商品に関連する
          米ドル建て負債に対応する米ドル建て資産それぞれ412億ドル及び362億ドルは含まれていない。
      (注3) デュアルカレンシー及びシンセティック・デュアルカレンシー投資は、円を基本通貨とする当社の事業体が満期固
          定証券及び貸付(元本は円建て、受取利息は米ドル建て)の形態で保有している。表中の額は、将来の米ドル建て
          キャッシュ・フローの現在価値である。
                                146/705








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社の日本における保険事業からの米ドル相当の収入及び株主資本利益率に係る外国為替レートの変動の影響
      をヘッジする米ドル建て投資は円を基本通貨とする事業体において計上されており、そのため、かかる米ドル建
      て投資の日本における円を基本通貨とする保険事業体において計上された価値は為替変動により影響を受ける。
      当社は、為替レートが将来不利に変動した場合に、これらの米ドル建て投資の日本における円を基本通貨とする
      保険事業体において計上された価値が低下し、かかる事業体の持分及び規制上のソルベンシー・マージンに悪影
      響を与えるリスクを、当社の日本の保険事業に通貨ヘッジ取引を行わせることにより軽減しようと努めている。
      かかるヘッジはプルデンシャル・ファイナンシャルの子会社とともに行われる。これらのヘッジ戦略は、為替変
      動によるかかる米ドル建て投資の価値の変動を当社の円を基本通貨とする事業体から米ドルを基本通貨とする事
      業体に移動する経済的効果がある。
       これらの米ドル建て投資は同様の円建て投資よりも一般的に利子が高い。この高い利回りの、当社の米ドル建

      て投資並びにデュアルカレンシー及びシンセティック・デュアルカレンシー投資に対する付加的影響は、時間の
      経過とともに変わり、原投資のデュレーション及び投資の時点における米国及び日本の両国における金利の環境
      により左右される。日本における保険事業による投資利回りについては、「一般勘定投資-投資の成果」の項を
      参照のこと。
      収入に対する外国為替レートの変動による影響

       当社の国際保険セグメント、退職金セグメント及び投資管理セグメントの業績は、当該セグメントの米ドル以

      外の通貨建ての収益の一部は固定為替レートで換算するという全社及びその他の業務との社内的な取決めの影響
      を反映している。全社及びその他の業務の業績には固定為替レートと実際の平均為替レートにより当該セグメン
      トが計上した当該期間中の為替換算調整の差額が含まれる。加えて、当社が特定の通貨をヘッジする国際保険セ
      グメントに限っては、全社及びその他の業務の業績には、下記に記載されるとおり、当該期間中に決済された為
      替予約契約により計上された損益の影響(実際の収益が予想していた収益とは異なったことによるオーバーヘッ
      ジ又はアンダーヘッジの影響が含まれる。)も含まれる。
       国際保険に関して、固定為替レートは通常、同セグメントの米ドル相当の収入に対する為替変動の影響を緩和

      するために設計された為替収益ヘッジ・プログラムに関連して決定される。当該プログラムに基づき、全社及び
      その他の業務は、一定の通貨について予想される収益のリスク純額と米ドルを特定の為替レートで交換する為替
      予約契約を第三者と締結する。これらの契約の満期は特定の非米ドル建て収益が発生することが予想される将来
      の期間(通常は3年間ごと)に対応している。このプログラムを通じてヘッジされる非米ドル建て収益のレベル
      を設定する上で、当社は米ドル建て商品及び投資によって生じると予想される米ドル建て収益のレベルを除外す
      る。2017年12月31日に終了した12ヶ月間について、当該セグメントの収益の約24%が円建てであり、2017年12月
      31日現在、2018年度、2019年度及び2020年度の予想される円建て収益のそれぞれ100%、73%及び28%をヘッジ
      済みである。現在の未ヘッジ分については、当社の国際保険セグメントの将来の予想される円建て収益の米ドル
      相当額は、円の為替レート変動の影響を受けることとなる。
                                147/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       これらの取決めにより、2017年度、2016年度及び2015年度に係る当社の国際保険セグメントの業績には、円建
      ての収益については1米ドル112円、106円及び91円、並びに韓国ウォン建ての収益については1米ドル1,130韓
      国ウォン、1,100韓国ウォン及び1,120韓国ウォンの固定為替レートでそれぞれ換算したことによる影響が反映さ
      れている。当社は、2018年度の業績には、円建て及び韓国ウォン建ての収益を、1米ドル111円及び1米ドル
      1,150ウォンの固定為替レートでそれぞれ換算したことによる影響が反映されると予想している。ある年度の固
      定為替レートの決定は外国為替レートの経時的な変動の影響を受けるため、当該セグメントの将来の収益は、最
      終的には当該為替レートの変動による影響を受けることになる。
       退職金、投資管理、及び国際保険における一定の通貨に関して、各年度の固定為替レートは、先物為替レート

      を使用して前年度の第3四半期中に予め決定される。
       下表は表示された各期間の国際保険セグメント、退職金セグメント及び投資管理セグメント並びに全社及びそ

      の他の業務の収益及び調整後営業利益の増加(減少)を示したものである(社内的な取決めの影響を反映してい
      る。)。
                                             12 月31日に終了した年度

                                           2017  年    2016  年   2015  年
                                              (単位:百万ドル)
     社内的な取決めによるセグメント別の影響:
      国際保険                                         3     23     331
      退職金                                         2     9     0
                                              0     6     0
      投資管理
       社内的な取決めによる影響(注1)                                         5     38     331
     全社及びその他の業務:
       社内的な取決めによる影響(注1)                                         (5)     (38)     (331)
                                             (16)      38     286
       為替予約契約の決済による損益(注2)
        全社及びその他の業務に対する純利益(損失)                                        (21)      0    (45)
                                             (16)      38     286
     連結収益及び調整後営業利益に対する正味影響額
      (注1) 加重平均月次為替レートにて換算された非米ドル建て収益と、為替収益ヘッジ・プログラムに関連して決定された

          固定為替レートにて換算された非米ドル建て収益の差額。
      (注2) 2017年12月31日現在、2016年12月31日現在及び2015年12月31日現在、全社及びその他の業務におけるこれらの為替
          予約契約の想定元本はそれぞれ28億ドル、27億ドル及び24億ドルであり、このうち、それぞれ15億ドル、16億ドル
          及び19億ドルは、日本の保険事業に関するものであった。
                                148/705







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      U.S.   GAAP  上の利益に対する非現地通貨建て商品の影響
       当社の国際保険事業は現地通貨建ての商品を提供しているが、一部は非現地通貨建ての商品も提供している。

      特に、米ドル及び豪ドル建ての商品を提供する日本における事業が顕著である。これらの商品に関連する非現地
      通貨建て保険負債はこれに対応する通貨建ての投資(うち相当部分が売却可能証券として指定されている。)に
      よって支えられている。これらの非現地通貨建て資産及び負債に対する為替変動の影響は金額上合致している
      が、為替変動によるこれらの資産及び負債の価値の変動を会計処理した際に差異が生じたことにより、U.S.
      GAAP上の利益が大きく変動したこともかつてはあった。
       当社は、2015年度第1四半期に、ジブラルタ生命の事業において、米ドル建て事業と豪ドル建て事業を、それ

      ぞれ原商品及び原投資と同じ通貨を機能通貨とする別々の部門に分ける仕組みを導入した。この調整の結果、外
      国為替レートの変動により生じるこれらの資産及び負債の価値の変動の説明における差異が減少した。この仕組
      みの下で移転された米ドル及び豪ドル建ての資産について、AOCIに計上されている外国為替の再評価に関連する
      累積未実現投資利益(純額)は60億ドルに上ったが、これは当該資産の満期時又は売却時に「実現投資利益(損
      失)、純額」の利益として経時的に認識される。2017年12月31日現在、これらの資産に関連する累積未実現投資
      利益の残余額純額は、39億ドルであった。所定満期より前にこれらの資産のうち売却されるものがない限り、39
      億ドルの残余額の約8%は2018年度に認識され、約9%は2019年度に認識され、残余額の大部分が、2020年から
      2024年までの間に認識されることとなる。
                                149/705













                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                            セグメント別営業成績
      米国個人ソリューション             部門

      個人年金保険

       個人年金保険セグメントは、変額年金保険及び定額年金保険の両保険を含んでおり、当該保険には、生前給付

      特約オプション(例:GMIB、GMAB、GMWB及びGMIWB)並びに/又はGMDBが含まれることがある。また、当社が定
      めるレートでの元本及び利息を提供する定額年金保険を提供しており、これは、契約上の最低額の対象となる。
      契約者資金に対する投資収益は、一般的に直接契約者に帰属するため、当社の収益は、主に変額年金勘定価値か
      らの報酬収益に由来する。当社はまた、年金勘定価値に対応する一般勘定資産からの投資利益及びその他の運用
      報酬を受領する。当社の費用は、主に保険契約者預り金勘定への利息振替及びその他の契約者に対する給付、
      DACの償却費及びその他のコスト、当社が提供する様々な商品の販売及びサービスに関連する非繰延費用、これ
      らの商品に関する特定のリスクの管理コスト、給付保証の準備金の変動並びにその他の一般営業費から構成され
      る。当社の業績のこれらの要素は、通常、調整後営業利益に含まれているが、下記のとおり、一定の保証につい
      ては例外としている。
       U.S.GAAP会計及び当社の保証についての調整後営業利益としての取扱いは、具体的な契約内容により異なる。

      U.S.GAAPにおいて、GMDB及びGMIBの準備金は、保険履行会計枠組みに従って、保険数理計算上及び資本市場にお
      けるリターンに関する仮定に基づく最良推定値に基づき計算されている。当該枠組みにおいて、将来における保
      険金・給付金の支払義務の充足のために使用することが予想される受領済みの保険料の一部に相当する負債が経
      時的に構築される。これらの給付に関連するリスクは留保され、業績はU.S.GAAPと基本的に一致する方法で調整
      後営業利益に含まれている。
       これに対して、当社の生前給付特約商品(例:GMAB、GMWB、GMIWB)はU.S.GAAPにおいて組込デリバティブと

      して処理され、公正価値会計枠組を使用して計上されている。これらの給付特約は、これらの組込デリバティブ
      を評価する際に市場参加者が使用する仮定に基づいて公正価値で計上されており、各報告期間における公正価値
      の変動は、「実現投資利益(損失)、純額」に計上される。調整後営業利益は、セグメント業績を測定する目的
      において、公正価値の変動を含まず、代わりに保険履行会計枠組みを用いてこれらの特約の業績を反映する。こ
      の枠組において、各期間に認識される調整後営業利益は、当該期間に獲得した特約報酬から将来の保険金・給付
      金の支払及びヘッジ・コストに充当するために必要となることが予想される報酬の部分を控除した金額を反映す
      る。予想される将来の保険金・給付金の支払及びヘッジ・コストに充当するために必要な報酬の部分を当社が決
      定する方法の詳細については、下記の「変額年金保険リスク及びリスク回避策」を参照のこと。
                                150/705






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      営業成績
       下表は、表示された期間の個人年金保険セグメントの営業成績を示すものである。

                                       12 月31日に終了した年度

                                  2017  年       2016  年       2015  年
                                        (単位:百万ドル)
     営業成績:
      収益                                5,110         4,666         4,695
                                    2,912         2,901         2,898
      保険金・給付金及び費用
      調整後営業利益
                                    2,198         1,765         1,797
       実現投資利益(損失)、純額及び関連調整額                               (1,157)          2,031         1,588
                                     577          68        (624)
       関連費用
      法人所得税及び運営合弁事業損益に対する持分考慮
                                    1,618         3,864         2,761
      前利益(損失)
      調整後営業利益

       2017年度と2016年度の年次比較                : 調整後営業利益は433百万ドル増加した。下記に記載される事業の推定収

      益率の変動の影響を除いた場合、調整後営業利益は388百万ドル増加した。この増加は、主に資産ベース報酬収
      益の増加(関連費用を控除後)、償却費及び準備金の減少並びに投資スプレッド業績純額の増加によるもので
      あった。資産ベース報酬収益の増加(関連する資産ベース手数料の増加を控除後)は、市場の上昇による平均変
      額年金勘定価値の上昇及び2016年度第3四半期に実施された資産・負債管理(「ALM」)戦略に伴う商品リスク
      管理の効率化の影響を反映している。投資スプレッド業績純額の増加は、ノンクーポン債投資からの投資収益増
      及び投資資産の水準の増加を反映している。
       事業の見積利益の変動の影響は、DAC及びその他のコストの償却額の調整額、並びに当社の変額年金保険商品

      の特定の生前給付特約オプション及び/又は死亡給付特約オプションのための準備金の調整額を含む。かかる調
      整額は、2017年度及び2016年度について、それぞれ183百万ドルと138百万ドルの純利益となった。この純利益
      は、主に当社による仮定と比較した場合の株式市場業績が顧客勘定に与えた正味影響及びヘッジ有効性、並びに
      当社が仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにその他の修正による純利益を反映したものであった。
      収益、保険金・給付金及び費用

       2017年度と2016年度の年次比較                : 収益は444百万ドル増加した。上記の事業の予想収益率の変動の影響に関

      連する85百万ドルの純増加を除いた場合、収益は359百万ドル増加した。平均変額年金勘定価値の増加及び当社
      のリスク管理戦略の修正による影響は、契約賦課金及び報酬収益、並びに資産運用・サービス手数料及びその他
      収益の増加をもたらした。純投資収益の増加は、ノンクーポン債投資からの収益増及び投資資産の水準の増加に
      よるものであった。
                                151/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       保険金・給付金及び費用は、11百万ドル増加した。上記の事業の予想収益率の変動の影響に関連する40百万ド
      ルの純増を除いた場合、保険金・給付金及び費用は、29百万ドル減少した。これは主に、保険契約者の給付金の
      減少(準備金の変動を含む。)によるものであった。この減少は、一般管理費(資本化にかかったものを除
      く。)の増加により一部相殺されたが、これは主に、平均勘定価値の増加による資産運用費用の増加及び資産
      ベース手数料の増加、並びに純営業費用の増加(事業成長イニシアチブを補助するものを含む。)によるもので
      あった。
      勘定価値

       勘定価値は、当社の業績の重要な要素である。報酬の大部分は、分離勘定資産のレベルにより決定されるた

      め、勘定価値のレベルによって当社の報酬収益は異なる。さらに、当社の報酬収益は、通常、DAC及びその他の
      コストの償却パターンなどにも影響を与える。勘定価値は、新契約販売額による純流入額、解約、引出及び給付
      金の支払、契約賦課金並びに有利又は不利な市場価格の変動の影響に左右される。年金保険業界の競争・規制環
      境は、過去数年間にわたって活発であったが、当該環境が新契約の販売額を含む当社の純流入額に影響を与える
      可能性がある。下表は、表示された各期間の勘定価値に関する情報をまとめたものである。
                                          12 月31日に終了した年度

                                       2017  年     2016  年     2015  年
                                           (単位:百万ドル)
     個人年金保険合計        (注  1 ):
      期首勘定価値合計                                  156,783       152,945       158,664
      販売額                                   5,894       8,054       8,780
                                        (9,821)       (7,881)       (8,415)
      解約返戻金及び引出額
        純販売額
                                        (3,927)         173       365
                                        (1,873)       (1,794)       (1,910)
      給付金
        純流入額
                                        (5,800)       (1,621)       (1,545)
      市場価額の変動、付与利息、その他                                   21,355        9,012        (585)
                                        (3,712)       (3,553)       (3,589)
      契約賦課金
        期末勘定価値合計                                  168,626       156,783       152,945
      (注1)変額年金保険及び定額年金保険は、小口投資商品として販売されたものを含んでいる。確定拠出型年金商品を介した

         投資は、退職金セグメントの同年金商品に含まれる。変額年金保険勘定価値は、2017年12月31日現在、2016年12月31
         日現在及び2015年12月31日現在で、それぞれ1,651億ドル、1,533億ドル及び1,494億ドルであった。定額年金保険勘
         定価値は、2017年12月31日現在、2016年12月31日現在及び2015年12月31日現在で35億ドルであった。
       2017年度と2016年度の年次比較:                   2017年度における勘定価値の増加は、その大部分が契約者資金の市場価値

      の有利な変動によるものであった。2017年度における純販売額は、総販売額の減少並びに解約返戻金及び引出額
      の増加を反映して2016年度と比較して減少した。2017年度における2016年度と比較した場合の総販売額の減少
      は、その大部分が米国労働省の新たな受託者責任規則及び変額年金保険商品からの産業推移による継続的な影響
      によるものであった。
                                152/705




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      変額年金保険リスク及びリスク回避策
       変額年金保険契約の主なリスクは、これらの商品の当初の価格設定の際に使用された仮定からの乖離又は変更

      によるものであり、これらの仮定にはエクイティ市場の利益率、金利及び市場のボラティリティなど資本市場の
      仮定や、契約者の死亡率、年金化及び引出のタイミング及び金額、並びに契約失効などの保険数理上の計算基礎
      が含まれる。これらのリスク・エクスポージャーについては、当社の見積収益及び利益の達成は、実際の経験が
      これらの商品の当初の価格設定に使用した仮定と異なるというリスクに左右される。当社は現在、主に、商品設
      計の要素、資産・負債管理戦略、キャピタル・ヘッジ・プログラム及び出再保険の組合せにより、資本市場の変
      動により生じる一定のリスクに対するエクスポージャーを管理している。
      商品設計の要素

       当社が提供する変額年金保険契約には、自動リバランス特約(資産移転特約とも言う)が含まれるものがあ

      る。この特約は契約レベルで実施され、年金保険契約者が選択した一定の変額投資サブ・アカウントと、(給付
      の内容に応じて)一般勘定の固定金利勘定又は分離勘定の債券ファンドのサブ・アカウントの間で資産が移管さ
      れる。現在販売されている最高日次給付商品に係る自動リバランス特約では、分離勘定内の指定された債券ファ
      ンドのサブ・アカウントを使用している。こうした資産の移管は、契約者の総勘定価値に対する投資パフォーマ
      ンスの影響など、様々な要素を考慮した特定の給付について使用される静的数式に基づいている。自動リバラン
      ス特約の目的は、エクイティ市場リスク及び市場のボラティリティを低減することである。当社が使用するその
      他の商品設計の要素には、資産の配分制限、最低発行年齢条件及び保険契約者預金金額の一定の制限、並びに当
      社の一定の商品のための一般勘定への必要最低割当等がある。また、当社は引き続き当社のリスク・プロファイ
      ルを分散する商品を導入し、特定の当社商品について、主な価格設定の要素を頻繁に変更することを認めた規定
      を商品設計に組み込んだ。さらに、一部の報酬は、主に給付保証金額、契約者勘定価値及び/又は保険料に基づ
      いており、報酬設定には多様性があるため、市場の変動により勘定価値が減少した場合にも一定の収益の流れが
      維持される。
      ALM戦略(確定利付商品及びデリバティブを含む)

       一定の変額年金生前給付保証と結びついた一定の資本市場リスクに対処する当社のヘッジ・プログラム実績に

      おいて、当社は、将来の保険金・給付金の支払額(受領済み保険料控除後)に関する当社の最良推定値をより反
      映するヘッジ・ターゲットを得るため、U.S.GAAPを一部修正して利用した。ヘッジ・ターゲットの価値の変動を
      相殺することを目的とするデリバティブ・ポジションが採用された。
                                153/705






                                                           EDINET提出書類
                           &