KDDI株式会社 有価証券報告書 第34期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第34期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:KDDI株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018年6月21日
      【事業年度】                    第34期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      【会社名】                    KDDI株式会社
      【英訳名】                    KDDI   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  髙橋 誠
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目3番2号
                         (同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
                          行っております。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。
      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区飯田橋三丁目10番10号
      【電話番号】                    (03)6678-0712
      【事務連絡者氏名】                    コーポレート統括本部 経営管理本部長  最勝寺 奈苗
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/184












                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                                      国際会計基準

             回次
                         移行日        第31期        第32期        第33期        第34期
                         2014年

           決算年月                    2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年3月
                        4月1日
                  (百万円)          -    4,270,094        4,466,135        4,748,259        5,041,978
     売上高
                  (百万円)          -     662,867        818,410        895,897        955,147

     税引前当期利益
     親会社の所有者に帰属する
                  (百万円)          -     395,805        494,878        546,658        572,528
     当期利益
     親会社の所有者に帰属する
                  (百万円)          -     421,562        457,988        527,581        588,324
     当期包括利益
     親会社の所有者に帰属する
                  (百万円)       2,783,946        3,064,038        3,308,642        3,554,423        3,773,703
     持分
                  (百万円)       5,349,478        5,626,725        5,880,623        6,263,826        6,574,555
     総資産額
     1株当たり親会社所有者帰
                   (円)      1,111.38        1,223.20        1,329.05        1,446.15        1,568.84
     属持分
                   (円)         -      158.01        197.73        221.65        235.54
     基本的1株当たり当期利益
     希薄化後1株当たり当期利
                   (円)         -      158.01        197.71        221.60        235.45
     益
                   (%)        52.0        54.5        56.3        56.7        57.4
     親会社所有者帰属持分比率
     親会社所有者帰属持分当期
                   (%)         -       13.5        15.5        15.9        15.6
     利益率
                   (倍)         -      15.92        15.20        13.18        11.53
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                  (百万円)          -     968,752        884,538       1,161,074        1,061,405
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (百万円)          -    △ 635,745       △ 667,917       △ 637,225       △ 633,847
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (百万円)          -    △ 310,528       △ 299,003       △ 485,784       △ 453,168
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                  (百万円)        249,732        276,317        192,087        226,607        200,834
     残高
                          27,350        28,456        31,834        35,032        38,826
     従業員数
                   (名)
     (外、平均臨時従業員数)                    ( 32,898   )    ( 33,326   )    ( 34,138   )    ( 34,202   )    ( 34,682   )
     (注)1.第32期より国際会計基準(IFRS)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.当社は2015年4月1日付で、普通株式1株を3株に分割いたしました。このため、当該株式分割が移行日に行
          われたと仮定して、1株当たり親会社所有者帰属持分、基本的1株当たり当期利益、希薄化後1株当たり当期
          利益を算定しております。
        4.第33期     において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、第32期については、暫定的な会計処
          理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額によっております。
                                   2/184




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
                                日本基準
             回次
                         第30期        第31期        第32期
           決算年月            2014年3月        2015年3月        2016年3月

                  (百万円)       4,333,628        4,573,142        4,672,745
     営業収益
                  (百万円)        662,887        752,403        771,749
     経常利益
     親会社株主に帰属する当
                  (百万円)        322,038        427,931        479,130
     期純利益
                  (百万円)        388,358        442,447        479,083
     包括利益
                  (百万円)       2,916,989        3,238,749        3,487,084
     純資産額
                  (百万円)       4,945,756        5,250,365        5,422,305
     総資産額
                   (円)      1,087.21        1,201.86        1,300.34
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益金
                   (円)       132.87        170.84        191.44
     額
     潜在株式調整後1株当た
                   (円)         -        -        -
     り当期純利益金額
                   (%)        55.1        57.3        59.7
     自己資本比率
                   (%)        13.0        14.9        15.3
     自己資本利益率
                   (倍)        14.99        15.92        15.70
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                  (百万円)        772,207        962,249        797,371
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (百万円)       △ 546,257       △ 674,520       △ 614,383
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (百万円)       △ 105,643       △ 224,862       △ 265,353
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期
                  (百万円)        212,530        275,936        191,722
     末残高
                          27,073        28,172        31,527
     従業員数
                   (名)
     (外、平均臨時従業員数)                     ( 32,784   )    ( 33,153   )    ( 33,957   )
     (注)1.     第32期の日本基準による連結財務諸表につきましては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監
          査を受けておりません。
        2.営業収益には消費税等は含まれておりません。
        3.当社は、2015年1月30日開催の当社取締役会の決議に基づき、2015年4月1日付で、普通株式1株を3株に分
          割いたしました。このため、当該株式分割が第30期の期首に行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株
          当たり当期純利益金額を算定しております。
        4.     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記
          載しておりません。
        5.第30期については百万円以下を切り捨て、第31期、第32期については百万円以下を四捨五入にて記載しており
          ます。
                                   3/184







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次             第30期       第31期       第32期       第33期       第34期

            決算年月             2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月

                   (百万円)       3,585,292       3,728,416       3,827,164       3,864,093       4,028,524
     営業収益
                   (百万円)        573,727       635,405       649,714       736,308       740,023
     経常利益
                   (百万円)        356,004       403,263       445,681       524,208       525,389
     当期純利益
                   (百万円)        141,851       141,852       141,852       141,852       141,852
     資本金
                    (株)    896,963,600       896,963,600      2,690,890,800       2,620,494,257       2,587,213,525
     発行済株式総数
                   (百万円)       2,711,573       2,954,269       3,182,649       3,419,199       3,580,425
     純資産額
                   (百万円)       4,014,992       4,317,272       4,379,181       4,662,777       5,031,392
     総資産額
                    (円)      1,082.49       1,179.38       1,278.44       1,391.13       1,488.49
     1株当たり純資産額
                           130.00       170.00        70.00       85.00       90.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (内1株当たり中間配当額)                      ( 60.00   )    ( 80.00   )    ( 35.00   )    ( 40.00   )    ( 45.00   )
                    (円)       146.88       160.99       178.07       212.55       216.15
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)        67.5       68.4       72.7       73.3       71.2
     自己資本比率
                    (%)        14.4       14.2       14.5       15.9       15.0
     自己資本利益率
                    (倍)        13.56       16.90       16.88       13.75       12.57
     株価収益率
                    (%)        29.5       35.2       39.3       40.0       41.6
     配当性向
                           10,739       10,671       10,775       10,916       11,037
     従業員数
                    (名)
     (外、平均臨時従業員数)                       ( 7,047   )    ( 7,264   )    ( 6,829   )    ( 7,041   )    ( 7,167   )
     (注)1.営業収益には消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記
          載しておりません。
        3.当社は、2015年1月30日開催の当社取締役会の決議に基づき、2015年4月1日付で、普通株式1株を3株に分
          割いたしました。このため、当該株式分割が第30期の期首に行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株
          当たり当期純利益金額を算定しております。
        4.  第30期については百万円以下を切り捨て、第31期以降については百万円以下を四捨五入にて記載しておりま
          す。
                                   4/184








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        わが国の電気通信事業は、一部事業者による一元的なサービスの提供が行われてまいりましたが、わが国の電気通
       信をさらに発展させていくためには、競争原理と民間活力の導入が必要との認識から、1985年4月1日、従来の公衆
       電気通信法に代わって、新たに電気通信事業法が施行されました。当社は、このような背景に先立ち、安価で優れた
       電気通信サービスを提供する民間会社の出現が、国民の利益の向上及びより活発な企業活動の促進につながるものと
       考え、1984年6月1日、当社の前身である「第二電電企画株式会社」を設立いたしました。
        その後の経緯は以下のとおりであります。
       1985年4月       商号を第二電電株式会社に改め、事業目的を変更。

          6月    第一種電気通信事業の許可を郵政省(現総務省)から受ける。
       1986年10月       専用サービス営業開始。
       1987年6月       本店所在地を東京都千代田区に移転。
              関西セルラー電話株式会社(子会社)設立。
          9月    市外電話サービス営業開始。
          10月    九州セルラー電話株式会社(子会社)設立。
          11月    中国セルラー電話株式会社(子会社)設立。
       1988年4月       東北セルラー電話株式会社(子会社)設立。
          5月    北陸セルラー電話株式会社(子会社)設立。
          7月    北海道セルラー電話株式会社(子会社)設立。
       1989年4月       四国セルラー電話株式会社(子会社)設立。
       1991年6月       沖縄セルラー電話株式会社(子会社)設立。
          7月    株式会社ツーカーセルラー東京(関連会社)設立。
       1992年2月       株式会社ツーカーセルラー東海(関連会社)設立。
       1993年4月       日本イリジウム株式会社(子会社)設立。
          9月    東京証券取引所市場第二部に上場。
       1994年7月       株式会社ディーディーアイポケット企画(子会社)設立。
          11月    株式会社ディーディーアイポケット企画をディーディーアイ東京ポケット電話株式会社に商号変更
              する。
              ディーディーアイ北海道ポケット電話株式会社等ポケット電話会社8社(子会社)設立。
       1995年9月       東京証券取引所市場第一部銘柄に指定替え。
       1996年1月       株式会社京セラディーディーアイ未来通信研究所(関連会社)設立。
       1997年4月       沖縄セルラー電話株式会社が日本証券業協会の店頭登録銘柄として株式を公開。
       1999年3月       DDI  COMMUNICATIONS        AMERICA    CORPORATION(子会社)設立。
          4月    ディーディーアイネットワークシステムズ株式会社(子会社)設立。
          9月    関連会社である株式会社ツーカーセルラー東京及び株式会社ツーカーセルラー東海の株式を、ま
              た、新規に株式会社ツーカーホン関西の株式をそれぞれ過半数取得する。
       2000年1月       ディーディーアイ東京ポケット電話株式会社、他ポケット電話会社全9社は、ディーディーアイ東
              京ポケット電話株式会社を存続会社として合併し、ディーディーアイポケット株式会社に商号変更
              する。
          3月    日本イリジウム株式会社が事業廃止する。
          10月    KDD株式会社及び日本移動通信株式会社と合併し、株式会社ディーディーアイに商号変更する。
          11月    沖縄セルラー電話株式会社を除く、関西セルラー電話株式会社等セルラー電話会社7社は、関西セ
              ルラー電話株式会社を存続会社として合併し、株式会社エーユーに商号変更する。
          12月    KDD  AMERICA,INC.とDDI         COMMUNICATIONS        AMERICA    CORPORATIONはKDD         AMERICA,INC.を存続会社とし
              て合併し、KDDI        America,     Inc.に商号変更する。
       2001年1月       株式会社ケイディディコミュニケーションズとディーディーアイネットワークシステムズ株式会社
              は、株式会社ケイディディコミュニケーションズを存続会社として合併し、株式会社KCOMに商号変
              更する。
          3月    株式会社エーユーを株式交換により当社の完全子会社とする。
          4月    商号をKDDI株式会社に改め、本店所在地を現在地に移転する。
              株式会社ケイディディ研究所と株式会社京セラディーディーアイ未来通信研究所は、株式会社ケイ
              ディディ研究所を存続会社として合併し、株式会社KDDI研究所に商号変更する。
          6月    KDDI   America,     Inc.とTELECOMET,INC.は、KDDI               America,     Inc.を存続会社として合併する。
                                   5/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
          7月    株式会社KCOMと株式会社ケイディディアイクリエイティブは、株式会社KCOMを存続会社として合併
              する。
          10月    株式会社エーユーと合併する。
              ケイディディ・ネットワークシステムズ株式会社と国際テレコメット株式会社は、ケイディディ・
              ネットワークシステムズ株式会社を存続会社として合併し、商号を株式会社Kソリューションに変更
              する。
       2002年2月       ケイディディアイ・ウィンスター株式会社と合併する。
       2003年3月       ケイディーディーアイ開発株式会社の株式を売却する。
       2004年10月       ディーディーアイポケット株式会社のPHS事業を譲渡する。
              KDDIテレマーケティング株式会社とKDDI総合サービス株式会社は、KDDIテレマーケティング株式会
              社を存続会社として合併する。
          11月    株式会社Kソリューション、株式会社KCOM、株式会社オーエスアイ・プラス、                                    株式会社ケイディー
              ディーアイエムサットは株式会社Kソリューションを存続会社として合併し、株式会社KDDIネット
              ワーク&ソリューションズに商号変更する。
          12月    KDDIテレマーケティング株式会社は、株式会社KDDIエボルバに商号変更する。
       2005年1月       株式会社ツーカーホン関西を株式買取により当社の完全子会社とする。
          3月    株式会社ツーカーセルラー東海を株式買取により当社の完全子会社とする。
              株式会社ツーカーセルラー東京を株式交換により当社の完全子会社とする。
          4月    株式会社KDDIテクニカルエンジニアリングサービスを設立する。
          10月    株式会社ツーカーセルラー東京、株式会社ツーカーセルラー東海、株式会社ツーカーホン関西と合
              併する。
       2006年1月       株式会社パワードコムと合併する。
       2007年1月       東京電力株式会社の社内カンパニーである光ネットワーク・カンパニーに係る事業を会社分割によ
              り当社に承継する。
          6月    ジャパンケーブルネットホールディングス株式会社及びジャパンケーブルネット株式会社の株式を
              一部取得し、当社の子会社とする。
          12月    株式会社KDDIネットワーク&ソリューションズの事業の一部を会社分割により当社に承継する。
       2008年4月       中部テレコミュニケーション株式会社の株式を一部取得し、当社の子会社とする。
           7月     株式会社KDDIネットワーク&ソリューションズと合併する。
       2010年2月       Liberty    Global,    Inc.グループが保有する中間持株会社3社の持分の全てを取得したことにより、
              Liberty    Global,    Inc.グループの株式会社ジュピターテレコムに対する出資関係を承継し、株式会
              社ジュピターテレコムを当社の持分法適用関連会社とする。
       2010年12月       KKBOX   Inc.の株式を一部取得し、当社の子会社とする。
       2011年2月       KDDIまとめてオフィス株式会社を設立する。
       2011年7月       株式会社ウェブマネーの株式を一部取得し、当社の子会社とする。
       2012年4月       株式会社KDDIテクニカルエンジニアリングサービスは、KDDIエンジニアリング株式会社に商号変更
              する。
       2013年4月       株式会社ジュピターテレコムの株式を一部取得し、当社の子会社とする。
              KDDIまとめてオフィス株式会社の地域会社4社を設立する。
       2014年2月       KDDIフィナンシャルサービス株式会社を設立する。
       2014年4月       株式会社ジュピターテレコムとジャパンケーブルネット株式会社は、株式会社ジュピターテレコム
              を存続会社として合併する。
       2014年6月       KDDI   Summit    Global    Myanmar    Co.,   Ltd.を設立する。
       2016年3月       ジュピターショップチャンネル株式会社の株式を一部取得し、当社の連結子会社とする。
       2017年1月       ビッグローブ株式会社の株式を取得し、当社の完全子会社とする。
       2018年1月       株式会社イーオンホールディングスの株式を取得し、当社の完全子会社とする。
                                   6/184




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
      (1)事業の概要
        当社の企業集団は、当社及び連結子会社                   178  社(  国内105社、海外73社          )、持分法適用関連会社36社(              国内29社、海
       外7社   )により構成されており、「パーソナル事業」、「バリュー事業」、「ビジネス事業」、「グローバル事業」
       を主な事業としております。
        当社グループの事業における当社、連結子会社及び持分法適用関連会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次
       のとおりであります。
     パーソナル事業

     主要なサービス         個人向けの通信サービス(au・MVNO携帯電話、FTTH、CATV)及びエネルギー・教育サービス等の提供

              〔親会社〕            KDDI(株)
     主要な関係会社         〔連結子会社〕            沖縄セルラー電話(株)           [東京証券取引所(JASDAQ市場)]、
                          (株)ジュピターテレコム、UQコミュニケーションズ(株)、
                          ビッグローブ(株)、          (株)イーオンホールディングス、
                          中部テレコミュニケーション(株)、                 (株)ワイヤ・アンド・ワイヤレス
     バリュー事業

             ※
     主要なサービス         個人向けのコマース・金融・決済・エンターテインメントサービス等の提供

              〔親会社〕            KDDI(株)
     主要な関係会社         〔連結子会社〕            KDDIフィナンシャルサービス(株)、Syn.ホールディングス(株)、
                          (株)ウェブマネー、ジュピターショップチャンネル(株)、
                          ジュピターエンタテインメント(株)
              〔持分法適用関連会社〕            (株)じぶん銀行、KKBOX           Inc.
      ※   2019年3月期より「バリュー事業」の名称を「                      ライフデザイン事業」へ変更いたします。
     ビジネス事業

     主要なサービス         企業向けの通信サービス及びICTソリューション・データセンターサービス等の提供

              〔親会社〕            KDDI(株)
     主要な関係会社         〔連結子会社〕            中部テレコミュニケーション(株)、KDDIまとめてオフィス(株)、
                           (株)KDDIエボルバ        、日本インターネットエクスチェンジ(株)
              〔持分法適用関連会社〕
                           (株)ラック[東京証券取引所(JASDAQ市場)]
     グローバル事業

     主要なサービス         海外での個人・企業向けの通信サービス及びICTソリューション・データセンターサービス等の提供

              〔親会社〕             KDDI(株)
              〔連結子会社〕
     主要な関係会社
                           KDDI   America,     Inc.、KDDI      Europe    Limited、北京凱迪迪愛通信技術有限
                           公司、KDDI      Singapore     Pte  Ltd、TELEHOUSE        International       Corporation
                           of  Europe    Ltd.、KDDI      Summit    Global    Myanmar    Co.,   Ltd.、MobiCom
                           Corporation      LLC
     その他

     主要なサービス         通信設備建設及び保守、情報通信技術の研究及び開発等

              〔親会社〕             KDDI(株)
     主要な関係会社
              〔連結子会社〕             KDDIエンジニアリング(株)、(株)KDDI総合研究所、
                           国際ケーブル・シップ(株)、日本通信エンジニアリングサービス(株)
              〔持分法適用関連会社〕             京セラコミュニケーションシステム(株)
                                   7/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       以上の企業集団の状況について事業系統図を示すと次のとおりであります。
                                   8/184




















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
     (2)その他
        ①   事業に係る法的規制
          当社及び子会社等のうち、国内において電気通信サービスを提供する会社においては、電気通信事業を行う
         にあたり電気通信事業法に基づく登録等を受ける必要があります。また、無線局に係る電気通信設備の設置に
         あたっては、電波法の免許等を受ける必要があります。その概要は下記のとおりであります。なお、海外にお
         いて電気通信サービスを提供する子会社等については各国法令に基づき事業を行っております。
        (イ)電気通信事業法

          a 電気通信事業の登録(第9条)
             電気通信事業を営もうとする者は、総務大臣の登録を受けなければならない。ただし、その者の設置す
            る電気通信回線設備の規模及び当該電気通信回線設備を設置する区域の範囲が総務省令で定める基準を超
            えない場合は、この限りではない。
          b 登録の更新(第12条の2)
             電気通信事業の登録を受けた者(第一種指定電気通信設備又は第二種指定電気通信設備を設置する電気
            通信事業者たる法人である場合に限る。)がその特定関係法人以外の者(特定電気通信設備を設置する者
            に限る。)と合併をする場合等においては、当該事由が生じた日から起算して3ヶ月以内に更新を受けな
            かったときは、その効力を失う。
          c 変更登録等(第13条)
             電気通信事業の登録を受けた者は、業務区域又は電気通信設備の概要を変更しようとするときは、総務
            大臣の変更登録を受けなければならない。
          d 登録の取消し(第14条)
             総務大臣は、電気通信事業の登録を受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、同条の登録を取
            り消すことができる。
           (a)  電気通信事業の登録を受けた者がこの法律又はこの法律に基づく命令若しくは処分に違反した場合にお
             いて、公共の利益を阻害すると認めるとき。
           (b)  不正の手段により電気通信事業の登録、登録の更新又は変更登録を受けたとき。
           (c)  特定の登録拒否事由のいずれかに該当するに至ったとき。
          e 電気通信事業の届出(第16条)
             電気通信事業を営もうとする者(電気通信事業の登録を受けるべき者を除く。)は、その旨を総務大臣
            に届け出なければならない。
             同届出をした者は、業務区域又は電気通信設備の概要を変更しようとするときは、その旨を総務大臣に
            届け出なければならない。ただし、総務省令で定める軽微な変更については、この限りでない。
          f 承継(第17条)
             電気通信事業の全部の譲渡しがあったとき、又は電気通信事業者について合併、分割若しくは相続が
            あったときは、当該電気通信事業の全部を譲り受けた者又は合併後存続する法人若しくは合併により設立
            した法人、分割により当該電気通信事業の全部を承継した法人若しくは相続人は、電気通信事業者の地位
            を承継する。
             同項の規定により電気通信事業者の地位を承継した者は、遅滞なく、その旨を総務大臣に届け出なけれ
            ばならない。
          g 事業の休止及び廃止並びに法人の解散(第18条)
             電気通信事業者は、電気通信事業の全部又は一部を休止し、又は廃止したときは、遅滞なく、その旨を
            総務大臣に届け出なければならない。
             電気通信事業者は、電気通信事業の全部又は一部を休止し、又は廃止しようとするときは、総務省令で
            定めるところにより、当該休止又は廃止しようとする電気通信事業の利用者に対し、その旨を周知させな
            ければならない。
          h 基礎的電気通信役務の契約約款(第19条)
             基礎的電気通信役務を提供する電気通信事業者は、その提供する基礎的電気通信役務に関する料金その
            他の提供条件について契約約款を定め、その実施の7日前までに、総務大臣に届け出なければならない。
            これを変更しようとするときも、同様とする。
          i  提供条件の説明(第26条)
             電気通信事業者及び電気通信事業者から電気通信役務の提供に関する契約の締結の媒介等を業として行
            うものは、総務大臣が指定する電気通信役務の提供に関する契約の締結又はその媒介等をしようとすると
            きは、総務省令で定めるところにより、当該電気通信役務に関する料金その他の提供条件の概要につい
            て、  その者に説明しなければならない。
                                   9/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
          j   書面の交付(第26条の2)
             電気通信事業者は、前条の電気通信役務の提供に関する契約が成立したときは、遅滞なく書面を作成
            し、これを利用者に交付しなければならない。なお、書面の交付に代えて、利用者の承諾を得て、電子的
            媒体を用いて提供することができる。
          k   書面による解除(第26条の3)
             電気通信事業者と電気通信役務の提供に関する契約を締結した利用者は、書面を受領した日から起算し
            て八日を経過するまでの間、書面により当該契約の解除を行うことができる。
          l 苦情等の処理(第27条)
             電気通信事業者は、総務省令で定める電気通信役務に係る電気通信事業者の業務の方法又は電気通信事
            業者が提供する電気通信役務についての利用者からの苦情及び問合せについては、適切かつ迅速にこれを
            処理しなければならない。
          m 電気通信事業等の禁止行為(第27条の2)
             電気通信事業者又は媒介等業務受託者は、利用者に対し、電気通信役務の提供に関する契約に関する事
            項であって、利用者の判断に影響を及ぼすこととなる重要なものにつき、故意に事実を告げず、又は不実
            のことを告げる行為をしてはならない。また、電気通信役務の提供に関する契約の締結の勧誘を受けた者
            が当該契約を締結しない旨の意思を表示したにもかかわらず、当該勧誘を継続する行為もしてはならな
            い。
          n   媒介等業務受託者に対する指導              (第27条の3)
             電気通信事業者は、電気通信役務の提供に関する契約の締結の媒介等の業務及びこれに付随する業務の
            委託をした場合には、当該委託に係る媒介等業務受託者に対する指導その他の当該委託に係る業務の適正
            かつ確実な遂行を確保するために必要な措置を講じなければならない。
          o 禁止行為等(第30条)
             総務大臣は、総務省令で定めるところにより、第二種指定電気通信設備を設置する電気通信事業者につ
            いて、当該第二種指定電気通信設備を用いる電気通信役務の提供の業務に係る最近1年間における収益の
            額の、当該電気通信役務に係る業務区域と同一の区域内における全ての同種の電気通信役務の提供の業務
            に係る当該1年間における収益の額を合算した額に占める割合が四分の一を超える場合において、当該割
            合の推移その他の事情を勘案して他の電気通信事業者との間の適正な競争関係を確保するため必要がある
            と認めるときは、当該第二種指定電気通信設備を設置する電気通信事業者を次に掲げる規定の適用を受け
            る電気通信事業者として指定することができる。
           (a)  指定された事業者は次に掲げる行為をしてはならない。
            ⅰ)  他の電気通信事業者の電気通信設備との接続の業務に関して知りえた当該他の電気通信事業者及びそ
              の利用者に関する情報を当該業務の用に供する目的以外の目的のために利用し、又は提供すること。
            ⅱ)  当該電気通信事業者が法人である場合において、その電気通信業務について、当該電気通信事業者の
              特定関係法人であって総務大臣が指定するものに対し、不当に優先的な取扱いをし、又は利益を与え
              ること。
           (b)  総務大臣は、前項の規定に違反する行為があると認めるときは、第二種指定電気通信設備を設置する電
             気通信事業者に対し、当該行為の停止又は変更を命ずることができる。
           (c)  指定された事業者は総務省令で定めるところにより、総務省令で定める勘定科目の分類その他会計に関
             する手続に従いその会計を整理し、電気通信役務に関する収支の状況その他のその会計に関し総務省令
             で定める事項を公表しなければならない。
          p 電気通信回線設備との接続(第32条)
             電気通信事業者は、他の電気通信事業者から当該他の電気通信事業者の電気通信設備をその設置する電
            気通信回線設備に接続すべき旨の請求を受けたときは、次に掲げる場合を除き、これに応じなければなら
            ない。
           (a)  電気通信役務の円滑な提供に支障が生ずるおそれがあるとき。
           (b)  当該接続が当該電気通信事業者の利益を不当に害するおそれがあるとき。
           (c)  前二号に掲げる場合のほか、総務省令で定める正当な理由があるとき。
          q 第二種指定電気通信設備との接続(第34条)
             総務大臣は、その一端が特定移動端末設備                     (総務省令で定める移動端末設備をいう。)                     と接続される伝
            送路設備のうち同一の電気通信事業者が設置するものであって、その伝送路設備に接続される特定移動端
            末設備の数の、その伝送路設備を用いる電気通信役務に係る業務区域と同一の区域内に設置されている全
            ての同種の伝送路設備に接続される特定移動端末設備の数のうちに占める割合が十分の一(前年度末及び
            前々年度末における割合の合計を二で除して計算。)を超えるもの及び当該電気通信事業者が当該電気通
            信役務を提供するために設置する電気通信設備であって総務省令で定めるものの総体を、他の電気通信事
            業者の電気通信設備との適正かつ円滑な接続を確保すべき電気通信設備として指定することができる。
                                  10/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
             第二種指定電気通信設備を設置する電気通信事業者は、当該第二種指定電気通信設備と他の電気通信事
            業者の電気通信設備との接続に関し、当該電気通信事業者が取得すべき金額及び接続条件について接続約
            款を定め、その実施の7日前までに、総務大臣に届け出なければならない。これを変更しようとするとき
            も、  同様とする。また、第二種指定電気通信設備との接続に関する会計を整理し、当該接続に関する収支
            の状況その他総務省令で定める事項を公表するとともに、年度経過3ヶ月以内に、総務大臣に提出しなけ
            ればならない。
          r   卸電気通信役務の提供(第38条の2)
             第二種指定電気通信設備を設置する電気通信事業者は、第二種指定電気通信設備を用いる卸電気通信役
            務の提供の業務を開始したときは、総務省令で定めるところにより、遅滞なく、その旨、総務省令で定め
            る区分ごとの卸電気通信役務の種類その他総務省令で定める事項を総務大臣に届け出なければならない。
            届け出た事項を変更し、又は当該業務を廃止したときも、同様とする。
          s 外国政府等との協定等の認可(第40条)
             電気通信事業者は、外国政府又は外国人若しくは外国法人との間に、電気通信業務に関する協定又は契
            約であって総務省令で定める重要な事項を内容とするものを締結し、変更し、又は廃止しようとするとき
            は、総務大臣の認可を受けなければならない。
          t 事業の認定(第117条)
             電気通信回線設備を設置して電気通信役務を提供する電気通信事業を営む電気通信事業者又は当該電気
            通信事業を営もうとする者は、次節の規定(土地の使用)の適用を受けようとする場合には、申請によ
            り、その電気通信事業の全部又は一部について、総務大臣の認定を受けることができる。
          u  欠格事由(第118条)
             次の各号のいずれかに該当する者は、事業の認定を受けることができない。
           (a)  この法律又は有線電気通信法若しくは電波法の規定により罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わ
             り、又はその執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者
           (b)  事業の登録を取り消されたことにより認定がその効力を失い、その効力を失った日から2年を経過しな
             い者又は特定の認定の拒否事由のいずれかに該当するに至ったことにより認定の取消しを受け、その取
             消しの日から2年を経過しない者
           (c)  法人又は団体であって、その役員のうちに前二号のいずれかに該当する者があるもの
          v 変更の認定等(第122条)
             認定電気通信事業者は、業務区域又は電気通信設備の概要を変更しようとするときは、総務大臣の認定
            を受けなければならない。
          w 承継(第123条)
             認定電気通信事業者たる法人が合併又は分割をしたときは、合併後存続する法人若しくは合併により設
            立された法人又は分割により当該認定電気通信事業の全部を承継した法人は、総務大臣の認可を受けて認
            定電気通信事業者の地位を承継することができる。
             認定電気通信事業者が認定電気通信事業の全部の譲渡しをしたときは、当該認定電気通信事業の全部を
            譲り受けた者は、総務大臣の認可を受けて認定電気通信事業者の地位を承継することができる。
          x 事業の休止及び廃止(第124条)
             認定電気通信事業者は、認定電気通信事業の全部又は一部を休止し、又は廃止したときは、遅滞なく、
            その旨を総務大臣に届け出なければならない。
          y 認定の取消し(第126条)
             総務大臣は、認定電気通信事業者が次の各号のいずれかに該当するときは、その認定を取り消すことが
            できる。
           (a)  特定の認定の欠格事由に該当するに至ったとき。
           (b)  事業の開始の義務の規定により指定した期間内に認定電気通信事業を開始しないとき。
           (c)  前二号に規定する場合のほか、認定電気通信事業者がこの法律又はこの法律に基づく命令若しくは処分
             に違反した場合において、公共の利益を阻害すると認めるとき。
        (ロ)電波法

          a 無線局の開設(第4条)
             無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。
          b 欠格事由(第5条第三項)
             次の各号のいずれかに該当する者には、無線局の免許を与えないことができる。
                                  11/184



                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
           (a)  この法律又は放送法に規定する罪を犯し罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又はその執行を
             受けることがなくなった日から2年を経過しない者
           (b)  無線局の免許の取消しを受け、その取消しの日から2年を経過しない者
           (c)  特定基地局の開設計画の認定の取消しを受け、その取消しの日から2年を経過しない者
           (d)  無線局の登録の取消しを受け、その取消しの日から2年を経過しない者
          c 免許の申請(第6条)
             無線局の免許を受けようとする者は、申請書に、次に掲げる事項を記載した書類を添えて、総務大臣に
            提出しなければならない。
           (a)  目的
           (b)  開設を必要とする理由
           (c)  通信の相手方及び通信事項
           (d)  無線設備の設置場所
           (e)  電波の型式並びに希望する周波数の範囲及び空中線電力
           (f)  希望する運用許容時間(運用することができる時間をいう。)
           (g)  無線設備の工事設計及び工事落成の予定期日
           (h)  運用開始の予定期日
           (i)  他の無線局の免許人又は登録人(以下「免許人等」という。)との間で混信その他の妨害を防止するた
             めに必要な措置に関する契約を締結しているときは、その契約の内容
          d 変更等の許可(第17条)
             免許人は、無線局の目的、通信の相手方、通信事項、放送事項、放送区域、無線設備の設置場所若しく
            は基幹放送の業務に用いられる電気通信設備を変更し、又は無線設備の変更の工事をしようとするとき
            は、あらかじめ総務大臣の許可を受けなければならない
          e 免許の承継(第20条)
           (a)  免許人について相続があったときは、その相続人は、免許人の地位を承継する。
           (b)  免許人たる法人が合併又は分割(無線局をその用に供する事業の全部を承継させるものに限る。)をし
             たときは、合併後存続する法人若しくは合併により設立された法人又は分割により当該事業の全部を承
             継した法人は、総務大臣の許可を受けて免許人の地位を承継することができる。
           (c)  免許人が無線局をその用に供する事業の全部の譲渡しをしたときは、譲受人は、総務大臣の許可を受け
             て免許人の地位を承継することができる。
          f 無線局の廃止(第22条)
             免許人は、その無線局を廃止するときは、その旨を総務大臣に届け出なければならない。
          g 免許状の返納(第24条)
             免許がその効力を失ったときは、免許人であった者は、1ヶ月以内にその免許状を返納しなければなら
            ない。
          h 検査等事業者の登録(第24条の2)
             無線設備等の検査又は点検の事業を行う者は、総務大臣の登録を受けることができる。
          i 検査等事業者の登録の取消し(第24条の10)
             総務大臣は、登録検査等事業者が次の各号のいずれかに該当するときは、その登録を取り消し、又は期
            間を定めてその登録に係る検査又は点検の業務の全部若しくは一部の停止を命ずることができる。
           (a)  電波法に規定する罪を犯し罰金以上の刑に処せられる(第24条の2第五項各号(第二号を除く。))に
             至ったとき。
           (b)  登録検査等事業者の氏名、住所等の変更の届出(第24条の5第一項)又は登録検査等事業者の地位承継
             届出(第24条の6第二項)の規定に違反したとき。
           (c)  総務大臣による適合命令(第24条の7第一項又は第二項)に違反したとき。
           (d)  工事落成後の検査(第10条第一項)、無線局の変更検査(第18条第一項)若しくは定期検査(第73条第
             一項)を受けた者に対し、その登録に係る点検の結果を偽って通知したこと又は登録に係る検査を行
             い、各種規定に違反していない旨を記載した証明書(第73条第三項)に虚偽の記載をしたことが判明し
             たとき。
           (e)  その登録に係る業務の実施の方法によらないでその登録に係る検査又は点検の業務を行ったとき。
           (f)  不正な手段により検査等事業者の登録又はその更新を受けたとき。
          j 開設計画の認定の取消し(第27条の15)
           (a)  総務大臣は、認定開設者が次の各号のいずれかに該当するときは、その認定を取り消さなければならな
             い。
            ⅰ)  電気通信業務を行うことを目的とする特定基地局に係る認定開設者が電気通信事業法第14条第一項
                                  12/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
              の規定により同法第9条の登録を取り消されたとき。
           (b)  総務大臣は、認定開設者が次の各号のいずれかに該当するときは、その認定を取り消すことができる。
            ⅰ)  正当な理由がないのに、認定計画に係る特定基地局を当該認定計画に従って開設していないと認め                                             る
              とき。
            ⅱ)  不正な手段により開設計画の認定を受け、又は周波数の指定の変更を行わせたとき。
            ⅲ)  認定開設者が電波法に規定する罪を犯し罰金以上の刑に処せられるに該当するに至ったとき。
            ⅳ)  電気通信業務を行うことを目的とする特定基地局に係る認定開設者が次のいずれかに該当するとき。
             1  電気通信事業法第12条第一項の規定により同法第9条の登録を拒否されたとき。
             2  電気通信事業法第12条の2第一項の規定により同法第9条の登録がその効力を失ったとき。
             3  電気通信事業法第13条第三項において準用する同法第12条第一項の規定により同法第13条第一項                                            の
               変更登録を拒否されたとき。
             4  電気通信事業法第18条第一項又は第二項の規定によりその電気通信事業の全部の廃止又は解散の届
               出があ   っ たとき。
           (c)  総務大臣は、開設計画の認定の取消しをしたときは、当該認定開設者であった者が受けている他の開設
             計画の認定又は無線局の免許等を取り消すことができる。
           (d)  総務大臣は、(a)から(c)の規定による処分をしたときは、理由を記載した文書をその認定開設者に送付
             しなければならない。
          k 目的外使用の禁止等(第52条)
             無線局は、免許状に記載された目的又は通信の相手方若しくは通信事項(特定地上基幹放送局について
            は放送事項)の範囲を超えて運用してはならない。
          l 目的外使用の禁止等(第53条)
             無線局を運用する場合においては、無線設備の設置場所、識別信号、電波の型式及び周波数は、免許状
            等に記載されたところによらなければならない。
          m 目的外使用の禁止等(第54条)
             無線局を運用する場合においては、空中線電力は、次の各号の定めるところによらなければならない。
           (a)  免許状等に記載されたものの範囲内であること。
           (b)  通信を行うため必要最小のものであること。
          n 目的外使用の禁止等(第55条)
             無線局は、免許状に記載された運用許容時間内でなければ、運用してはならない。
          o 混信等の防止(第56条)
             無線局は、他の無線局又は電波天文業務の用に供する受信設備その他の総務省令で定める受信設備(無
            線局のものを除く。)で総務大臣が指定するものにその運用を阻害するような混信その他の妨害を与えな
            いように運用しなければならない。
          p 秘密の保護(第59条)
             何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信(電気通信事
            業法第4条第一項又は第164条第三項の通信であるものを除く。)を傍受してその存在若しくは内容を漏
            らし、又はこれを窃用してはならない。
          q 検査(第73条)
             総務大臣は、総務省令で定める時期ごとに、あらかじめ通知する期日に、その職員を無線局(総務省令
            で定めるものを除く。)に派遣し、その無線設備等を検査させる。
          r 無線局の免許の取消し等(第76条)
           (a)  総務大臣は、免許人等がこの法律、放送法若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分
             に違反したときは、3ヶ月以内の期間を定めて無線局の運用の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容
             時間、周波数若しくは空中線電力を制限することができる。
           (b)  総務大臣は、包括免許人又は包括登録人がこの法律、放送法若しくはこれらの法律に基づく命令又はこ
             れらに基づく処分に違反したときは、3ヶ月以内の期間を定めて、包括免許又は包括登録(第27条の29
             第一項)に係る無線局の新たな開設を禁止することができる。
           (c)  総務大臣は、前2項の規定によるほか、登録人が第三章に定める技術基準に適合しない無線設備を使用
             することにより他の登録局の運用に悪影響を及ぼすおそれがあるとき、その他登録局の運用が適正を欠
             くため電波の能率的な利用を阻害するおそれが著しいときは、3ヶ月以内の期間を定めて、その登録に
             係る無線局の運用の停止を命じ、運用許容時間、周波数若しくは空中線電力を制限し、又は新たな開設
             を禁止することができる。
           (d)  総務大臣は、免許人(包括免許人を除く。)が次の各号のいずれかに該当するときは、その免許を取り
             消すことができる。
            ⅰ)  正当な理由がないのに、無線局の運用を引き続き6ヶ月以上休止したとき。
                                  13/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
            ⅱ)  不正な手段により無線局の免許若しくは変更等の許可(第17条)を受け、又は周波数等の指定の変更
              (第19条)を行わせたとき。
            ⅲ)  (a)の規定による命令又は制限に従わないとき。
            ⅳ)  免許人が電波法に規定する罪を犯し罰金以上の刑に処せられる(第5条第三項第一号)に至ったと
              き。
           (e)  総務大臣は、包括免許人が次の各号のいずれかに該当するときは、その包括免許を取り消すことができ
             る。
            ⅰ)  包括免許の運用開始の期限(第27条の5第一項第四号)までに特定無線局の運用を全く開始しないと
              き。
            ⅱ)  正当な理由がないのに、その包括免許に係るすべての特定無線局の運用を引き続き6ヶ月以上休止し
              たとき。
            ⅲ)  不正な手段により包括免許若しくは包括免許の変更等の許可(第27条の8第一項)を受け、又は周波
              数等の指定の変更(第27条の9)を行わせたとき。
            ⅳ)  (a)の規定による命令若しくは制限又は(b)の規定による禁止に従わないとき。
            ⅴ)  包括免許人が電波法に規定する罪を犯し罰金以上の刑に処せられる(第5条第三項第一号)に至った
              とき。
           (f)  総務大臣は、登録人が次の各号のいずれかに該当するときは、その登録を取り消すことができる。
            ⅰ)  不正な手段により無線局の登録(第27条の18第一項)又は変更登録(第27条の23第一項又は第27条の
              30第一項)を受けたとき。
            ⅱ)  (a)の規定による命令若しくは制限、(b)の規定による禁止又は(c)の規定による命令、制限若しくは
              禁止に従わないとき。
            ⅲ)  登録人が電波法に規定する罪を犯し罰金以上の刑に処せられる(第5条第三項第一号)に至ったと
              き。
           (g)  総務大臣は、(d)から(f)の規定によるほか、電気通信業務を行うことを目的とする無線局の免許人等が
             次の各号のいずれかに該当するときは、その免許等を取り消すことができる。
            ⅰ)  電気通信事業法第12条第一項の規定により同法第9条の登録を拒否されたとき。
            ⅱ)  電気通信事業法第13条第三項において準用する同法第12条第一項の規定により同法第13条第一項の変
              更登録を拒否されたとき。
            ⅲ)  電気通信事業法第15条の規定により同法第9条の登録を抹消されたとき。
           (h)  総務大臣は、(d)(ⅳ)を除く。)及び(e)(ⅴ)を除く。)の規定により免許の取消しをしたとき並びに
             (f)(ⅲ)を除く。)の規定により登録の取消しをしたときは、当該免許人等であった者が受けている他
             の無線局の免許等又は特定基地局の開設計画の認定(第27条の13第一項)を取り消すことができる。
        ②   その他

          東日本電信電話株式会社(以下、「NTT東日本」という。)及び西日本電信電話株式会社(以下、「NTT西日
         本」という。)       と、当社をはじめとする他の電気通信事業者との接続条件等の改善については、公正競争条件を
         整備し利用者の利便性向上に資する観点から、電気通信事業法(平成9年法律97号、平成9年11月17日改正施
         行)により、NTT東日本及びNTT西日本は指定電気通信設備を設置する第一種指定電気通信事業者として接続料金
         及び接続条件を定めた接続約款の認可を受けることが必要とされています。
          また、株式会社NTTドコモ、ソフトバンク株式会社、当社及び沖縄セルラー電話株式会社は、接続約款を届け
         出る義務等を負う第二種指定電気通信設備を設置する電気通信事業者に指定されています。
                                  14/184







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                               関係内容
                      資本金
                                 議決権の
                                       役員の兼任
                      または     主要な事業
                                              資金
         名称        住所                所有割合
                      出資金                当社    当社
                            の内容
                                              援助      営業上の取引
                                  (%)
                                      役員    社員
                      (百万円)
                                             (百万円)
                                      (人)    (人)
     (連結子会社)
                          電気通信事業                       当社は携帯電話設備、携帯
     沖縄セルラー電話株式
               沖縄県           (au携帯電                       電話端末の販売及び中継電
     会社                  1,415            51.5     2   -    -
               那覇市           話  サービ                       話サービスを提供してい
     (注)1
                          ス)                       る。
     株式会社ジュピター
                          ケーブルテレビ
               東京都                                  当社は中継電話サービスを
     テレコム                  37,550    局、番組配信会         50.0     2    2    -
               千代田区                                  提供している。
     (注)2                     社の統括運営
     株式会社ジェイコム          大阪府           ケーブルテレビ
                                   92.7
     ウエスト                     局の運営(放
               大阪市       15,500                 -    -    -       -
                                   (92.7)
               中央区
     (注)2                     送・通信事業)
     株式会社ジェイコム                     ケーブルテレビ
               東京都                   100.0
     イースト                  15,057    局の運営(放             -    1    -       -
               千代田区
                                  (100.0)
     (注)2                     送・通信事業)
     UQコミュニケーション                     ワイヤレス                       当社は携帯電話データ通信
               東京都
     ズ株式会社                     ブロードバンド                       サービス用のアクセス回線
                       71,425            32.3     1    1 109,915
               港区
     (注)3                     サービス                       の提供を受けている。
                                                 当社はインターネットサー
               東京都           インターネット
     ビッグローブ株式会社                  2,630           100.0     -    6  40,323    ビス用の通信回線を提供し
               品川区           サービス事業
                                                 ている。
                          英会話をはじめ
     株式会社イーオンホー          岡山県
                        100  とする語学関連        100.0     -    5    -       -
     ルディングス          岡山市
                          企業の持株会社
                                                 当社はデータ通信サービス
     中部テレコミュニケー          愛知県           中部地区におけ                       用の中継、アクセス回線及
     ション株式会社          名古屋市           る各種電気通信                       びインターネットサービス
                       38,816            80.5     1    3    -
     (注)2          中区           サービス                       用の通信回線を提供してい
                                                 る。
                                                 当社は無線LANサービスの提
     株式会社ワイヤ・アン          東京都           無線ブロード                       供を受けている。また、設
                       1,150            95.2    -    5    -
     ド・ワイヤレス          中央区           バンド事業                       備の設置工事を委託してい
                                                 る。
                          クレジット                       当社は通信料金の回収事務
     KDDIフィナンシャル          東京都
                       5,245   カード事業、         90.0    -    6 120,763    等の代行サービスの提供を
     サービス株式会社          港区
                          決済代行事業                       受けている。
                          インターネット
     Syn.ホールディングス          東京都
                       4,057   サービス企業の         78.7     1    5  12,067         -
     株式会社          港区
                          持株会社
                          サーバー管理型
               東京都                                  当社は電子マネーの販売を
     株式会社ウェブマネー                   496  電子マネーの発        100.0     -    3    -
               港区                                  受託している。
                          行及び販売
     ジュピターショップ          東京都                    55.0
                       4,400   通信販売事業             -    1    -       -
     チャンネル株式会社          中央区                   (50.0)
     ジュピター    エンタテイ      東京都           テレビチャンネ        100.0

                       1,788                -    1    -       -
     ンメント株式会社          千代田区           ル運営事業        (100.0)
                          中小企業向け
     KDDIまとめてオフィス          東京都                                  当社は中堅中小営業及び代
                       1,000   IT環境         95.0    -    9    -
     株式会社          渋谷区                                  理店営業を委託している。
                          サポート事業
                                  15/184





                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
                                               関係内容
                      資本金
                                  議決権の
                                       役員の兼任
                      または     主要な事業
                                              資金
         名称        住所                 所有割合
                      出資金                当社    当社
                            の内容
                                              援助      営業上の取引
                                  (%)
                      (百万円)                 役員    社員
                                             (百万円)
                                      (人)    (人)
                           コールセン                      当社はコールセンター業務
               東京都
     株式会社KDDIエボルバ                   100  ター、人材派        100.0     1    8    -  を委託し、人材派遣を受け
               新宿区
                           遣サービス                      ている。
                           接続ISPの交換                      当社はインターネットエク
     日本インターネットエ          東京都                    63.8
                         451  機ポート提供             -    8    -  スチェンジサービスの提供
     クスチェンジ株式会社          千代田区                    (6.9)
                           サービス                      を受けている。
                           通信設備の建                      当社は通信設備の建設工
     KDDIエンジニアリング          東京都
                        1,500   設工事・保守        100.0     -    8    -  事・保守及び運用支援を委
     株式会社          渋谷区
                           及び運用支援                      託している。
                           情報通信関連                      当社は情報通信関連の技術
               埼玉県
     株式会社KDDI総合研究所                  2,283   の技術研究及         91.7    -    10    -  研究及び開発等を委託して
               ふじみ野市
                           び商品開発                      いる。
                           海底ケーブル                      当社は海底ケーブルシステ
               神奈川県
     国際ケーブル・シップ
               川崎市         135  の建設及び        100.0     -    7    -  ム等の保守を委託してい
     株式会社
                           保守                      る。
               川崎区
                           通信設備の                      当社は高速道路沿いの通信
     日本通信エンジニアリ          東京都
                           設計、施工、                      設備の保守業務を委託して
                         470           74.3    -    6    -
     ングサービス株式会社          新宿区
                           運用及び保守                      いる。
                           米国における                      当社は米国における当社 
               New  York,
                         US$
     KDDI  America,    Inc.
                           各種電気通信        100.0     -    2  10,188    サービスの販売業務を委託
               NY U.S.A.      84,400千
                           サービス                      している。
                           欧州における                      当社は欧州における当社 
               London,        STG£           100.0
     KDDI  Europe   Limited
                           各種電気通信             -    3  7,988   サービスの販売業務を委託
                      42,512千
               U.K.                    (4.2)
                           サービス                      している。
                           中国における
                                                 当社は中国における当社 
     北京凱迪迪愛通信技術          北京市          元  電気通信機器
                                                 サービスの販売業務を委託
                                   85.1    -    ▶    -
     有限公司          中国       13,446千    等の販売及び
                                                 している。
                           保守・運用
                           シンガポール
                                                 当社はシンガポールにおけ
                         S$  における各種
     KDDI  Singapore    Pte
               Singapore                   100.0     -    2    -  る当社サービスの販売業務
     Ltd
                      10,255千    電気通信サー
                                                 を委託している。
                           ビス
     TELEHOUSE    Holdings
               London,        STG£
                           持株会社
                                   100.0     -    2    -       -
     Limited
               U.K.       100,091千
     (注)2
     TELEHOUSE
                           欧州における
     International
               London,        STG£            92.8
                           データセン
                                        -    3    -       -
               U.K.       47,167千            (92.8)
     Corporation     of Europe
                           ターサービス
     Ltd
     KDDI  SUMMIT   GLOBAL
                         US$
     SINGAPORE    PTE.  LTD.
               Singapore           持株会社         50.1    -    2    -       -
                      756,600千
     (注)  2
                           ミャンマー国
                           営郵便・電気
     KDDI  Summit   Global
               Yangon,         US$  通信事業体        100.0
     Myanmar   Co.,  Ltd.
                                        -    2    -       -
                      405,600千     (MPT)と共同で
               Myanmar                   (100.0)
     (注)  2
                           の電気通信
                           サービス
                           モンゴルにお
     MobiCom
               Ulaanbaatar,          TG          63.9
                           ける携帯電話             -    ▶   821       -
     Corporation     LLC
               Mongolia      6,134,199千              (63.9)
                           サービス
     その他 148社
                                  16/184





                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
                                               関係内容
                      資本金
                                 議決権の
                                       役員の兼任
                      または     主要な事業
                                              資金
         名称        住所                 所有割合
                      出資金                 当社    当社
                            の内容
                                              援助      営業上の取引
                                  (%)
                     (百万円)                 役員    社員
                                             (百万円)
                                      (人)    (人)
     (持分法適用関連会社)
     京セラコミュニケー          京都府          ITソリューショ                       当社は電気通信設備の設置
     ションシステム株式会          京都市       2,986   ン、通信エンジ         23.7     1   -    -  工事・保守管理業務等を委
     社          伏見区          ニアリング等                       託している。
                          携帯電話専用                       当社と協業でケータイオー
               東京都
     株式会社モバオク                  200  オークションサ         33.4    -    2    -  クションサービスを提供し
               渋谷区
                          イトの運営                       ている。
               東京都                                  当社は銀行代理業務を行っ
     株式会社じぶん銀行                 50,000    銀行業         50.0    -    1    -
               中央区                                  ている。
               東京都                                  当社と共同で電力調達、電
     株式会社エナリス                     エネルギー情報業
                       3,573             30.0    -    2    -
               千代田区                                  気販売を行っている。
               Grand
                          台湾・香港等に
                                                 当社は音楽配信サービスの
               Cayman,          おける音楽配信         50.0
                        US$
     KKBOX   Inc.
                                        -    3    -  プラットフォーム提供を受
               Cayman        2千  事業のグループ         (50.0)
                                                 けている。
                          会社の持株会社
               Islands
     その他 31社
       (注)1.有価証券報告書を提出しております。
         2.特定子会社に該当しております。
         3.UQコミュニケーションズ株式会社に対する議決権の所有割合は32.3%であり、日本基準において持分法を適用しておりました
           が、IFRSの適用にあたり、実質的に支配していると判定し、連結子会社としております。
         4.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合を内数で記載しております。
                                  17/184














                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2018年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(名)

                                                    20,019    (11,192)

      パーソナル
      バリュー                                              3,222   ( 2,157)

                                                    8,412   (19,748)

      ビジネス
                                                    5,025   (    109)

      グローバル
                                                    2,148   ( 1,476)

      その他
                                                    38,826    (34,682)

                  合計
       (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は年間の平均人員を( )外数で記載しております。
          2.前連結会計年度末に比べ従業員数が3,794名増加しておりますが、主として事業拡大及び連結子会社の増加
           によるものであります。
           また、2018年3月期より、連結子会社の株式会社KDDIエボルバグループを「その他」から「ビジネス」へ
           移管しています。これに伴い、「ビジネス」の従業員数が増加し、「その他」の従業員数が減少しており
           ます。
       (2)提出会社の状況

                                                   2018年3月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

         11,037    (7,167)

                         42.4              17.6               9,363,399
               セグメントの名称                            従業員数(名)

                                                     6,859   (4,771)

      パーソナル
                                                      614  (   646)

      バリュー
                                                     3,024   (1,635)

      ビジネス
                                                      528  (   109)

      グローバル
                                                      12  (      6)
      その他
                                                    11,037    (7,167)

                  合計
       (注)1.従業員数は就業人員(子会社などへの出向社員2,393名は含んでおりません。)であり、臨時従業員数は年
           間の平均人員を( )外数で記載しております。
          2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

          当社には、労働組合が結成されており、KDDI労働組合と称し、情報産業労働組合連合会の傘下として日本労働
        組合総連合会に加盟しております。また、当社とKDDI労働組合の間においては、ユニオン・ショップ協定を締結
        しております。
          2018年3月31日現在の組合員数は、10,715人です。
          その他、特に記載すべき事項はありません。
                                  18/184




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)経営方針

       ・信頼性の高いネットワーク、付加価値の高い商品・サービスの提供を通じ、世界中の人々に感動、安心、幸
        せ、感謝の笑顔をお届けできるような企業を目指してまいります。
       ・全てのステークホルダーの皆さまの満足度を高めるTCS(トータル・カスタマー・サティスファクション)活動
        を推進してまいります。
       ・キャッシュ・フローを重視し、株主・投資家の皆さまにとって魅力ある企業となるべく努力してまいります。
       ・効率的な設備投資と各種経費削減の徹底等により、財務体質の健全化に努めてまいります。
       ・情報管理・コンプライアンス遵守を徹底し、リスク管理体制の整備強化を推進してまいります。
       ・地球環境との調和を重視し、人間性あふれる豊かな社会をつくるため、省エネルギー・省資源、リサイクル、
        グリーン購入等、積極的に環境保全活動に取り組んでまいります。
       ・安全で快適な情報通信サービスの提供を通じ、あらゆる社会経済活動を支えていくことを                                           サステナビリティ        活
        動の基本とし、豊かなコミュニケーション社会の発展に積極的に貢献してまいります。
       (2)中長期的な会社の経営戦略及び目標とする経営指標

         通信業界においては、競合各社によるモバイルと固定通信のセット型割引サービスの販売開始等もあり市場の同
        質化が進む一方で、MVNO各社による格安SIMサービス等の普及が急速に拡大する等、事業環境が大きく変化してお
        ります。また、競争軸も、これまでの通信分野から、その周辺、さらには通信以外の分野も含む広い領域にシフト
        しており、従来の通信会社に加え異業種との競争の時代に入っております。今後、あらゆる産業分野が関わるIoT
        が進展すると、この動きはより一層加速すると思われます。
         このような事業環境の変化に迅速に対応しながら、持続的な成長を実現していくため、以下のとおり2016年度か
        らの3年間における新たな中期目標を策定しております。
       ■事業運営方針

        「お客様体験価値を提供するビジネスへの変革」
        あらゆるお客様接点において、お客様の期待を超える体験価値を提供するビジネスへと変革してまいります。
       ■事業戦略

        「国内通信事業の持続的成長」に加えて、新たな成長軸の確立に向けて「au経済圏の最大化」と「グローバル事業
       の積極展開」を目指してまいります。
       ■財務目標(目標とする経営指標)

        持続的な利益成長と株主還元強化の両立を目指してまいります。
        2016年度から2018年度に向けての中期目標は以下のとおりです。
        (利益成長目標)
        ・連結営業利益 CAGR(年平均成長率) 7%
        ・au経済圏流通総額 2兆円超
        ・成長に向けたM&A 3年間累計 5,000億円規模
        (株主還元目標)

        ・配当性向は、従来の「30%超」から「35%超」へ
        ・成長投資とのバランスにより、自己株式取得を実施
        ・自己株式数は、発行済株式総数の5%を目安とし、超過分は消却。
       (3)会社の対処すべき課題

         当社グループは新たな事業戦略に沿って、持続的な成長に向けた取り組みを以下のとおり進めてまいります。
       ■ 国内通信事業の持続的成長

        当社の事業基盤である国内通信事業においては、「ID×ARPA」の最大化による持続的成長を目指してまいります。
       「ID×ARPA」の最大化に向けては、「au」に加え、au回線を中心としたMVNOの活用により、当社グループの「モバイ
       ルID数」の増加を目指してまいります。主力サービスの「au」においては、お客様の体験価値向上を通じて、「au」
       をお客様から選んでいただけるブランドに高めてまいります。
                                  19/184



                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       ■au経済圏の最大化
        「通信とライフデザインの融合」の実現に向けて、従来の通信サービスに加え、コマース・金融・エネルギー・エ
       ンターテインメント・教育等のライフデザインサービスを拡充することで、国内通信事業の基盤を生かしながら、相
       乗効果を発揮し、「au経済圏」の拡大を目指してまいります。
        また、「Wowma!」等のコマース事業や「au                    WALLETカード」等の決済事業の拡大により、流通額の最大化を図ると
       ともに、「auでんき」等エネルギービジネスの拡大や金融事業の確立、教育事業への参入等により、お客様に多様な
       ライフデザインサービスの提案を続けることで、「au経済圏」の最大化を図ってまいります。
       ■グローバル事業の積極展開

        ミャンマーやモンゴル等、新興国の通信事業においては、当社がこれまで国内外で培った事業経験と技術力を生か
       し、同国の経済や産業の発展及び国民生活の向上に貢献するとともに、当社のグローバル事業における柱となるよう
       注力してまいります。
        また、データセンターをはじめとした法人向けICTビジネスにおいても、継続して基盤強化を行い、グローバル事
       業の拡大を図ってまいります。
                                  20/184
















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        当社グループの事業その他に関するリスクについて、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられ
       る主な事項を記載しております。
        また、現時点では必ずしもリスクとして認識されない事項についても、投資家の投資判断上、重要であると考えら
       れる事項については、投資家に対する積極的な情報開示の観点から開示しております。
        なお、当社は、これらのリスクによる問題発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の適時適切
       な対応に努める所存であります。
        本項においては、将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は当連結会計年度末現在において判断したも
       のであり、潜在的リスクや不確定要因はこれらに限られるものではありませんのでご留意ください。
       (1)他の事業者や他の技術との競争、市場                     や事業環境の急激な変化

         日本の情報通信市場は、通信事業者が提供するサービス等の同質化やMVNO各社による格安SIMサービス等の普及
        が進み、通信事業者は新たな収益の確保に向けて通信以外のサービスへ事業領域を拡大しており、各社の事業戦略
        は異業種との競争も見据えた大きな転換期にあります。さらに、IoTや人工知能(AI)等のテクノロジーの発展も
        あり、情報通信市場の事業環境は大きく変化しています。
         このような状況の下、他の事業者や他の技術との競争、市場や事業環境の急激な変化により、主に以下の事項に
        不確実性が存在し、当社グループの財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
        ・当社グループの期待通りの需要が存在するかどうか

        ・当社グループの期待通りに契約数を維持拡大できるかどうか
        ・新規事業への参入等により期待通りの収入をあげられるかどうか
        ・競争激化に伴う料金値下げによる通信料収入の低下、販売コミッションやお客様維持コストの増大
        ・契約者のサービス利用頻度が下がることによる通信料収入の低下
        ・不測の事態が発生した場合であってもネットワーク及びコンテンツの品質等がお客様の満足度を維持できるかど
         うか
        ・他の事業者と比較して、常により魅力のある端末やコンテンツ                              等の商品、サービス         を提供できるかどうか
        ・ 物販事業拡大に伴う商品不具合への対応
        ・端末の高機能化等に伴う端末価格の上昇、販売コミッションの増加
        ・迷惑メール、主にスマートフォンのセキュリティ脆弱性がもたらす脅威によるお客様満足度の低下や防止対応コ
         ストの増加
        ・新周波数対応による基地局建設やデータトラフィック急増に伴うネットワークコストの増加
        ・当社の必要に応じた周波数を獲得できるかどうか
        ・新たな高速データ無線技術による競争激化
        ・通信方式、端末、ネットワーク、ソフトウェア等における特定技術への依存による影響
        ・無料通話アプリ等の拡大に伴う音声通話料収入の縮小
        ・他の電気通信事業者との接続料金値上げの可能性
        ・異業種との提携、         通信と電力等のその他商品とのセット販売、MNO、MVNO事業者の新規参入、他事業者の事業領
         域の拡大    等の事業環境の変化に伴う競争の激化
                                  21/184







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       (2)通信の秘密及び顧客情報(個人情報・法人情報)の保護
         当社は電気通信事業者として通信の秘密の保護を遵守するとともに、顧客情報保護に関して、情報セキュリティ
        委員会を設置して内部からの情報漏洩防止、及び外部ネットワークからの不正侵入の防止に関わる全社的対応策の
        策定及び実施に取り組んでおります。
         また、「KDDI行動指針」の制定、「KDDIセキュリティポリシー」及び「KDDIプライバシーポリシー」の制定、
        「顧客情報保護ハンドブック」の配布、企業倫理委員会の設置等、KDDIグループとしてコンプライアンス体制の強
        化に取り組んでおります。
         さらに、顧客情報を管理している顧客情報システムの利用権限の管理、利用監視の強化、アクセスログの保存、
        社内データの持ち出しや業務パソコンから外部メモリーへのコピーの禁止等、技術的、組織的、人的の観点から各
        種安全管理措置を強化しております。
         これらの啓発活動として、当社全社員に対しては継続的に通信の秘密及び顧客情報の保護に関する教育を行い、
        また、業務委託先、特に販売店であるauショップに対しても、店舗業務の改善、監査、並びに教育を徹底し、管理
        強化を図っております。
         ただし、将来において情報の漏洩が発生しないという保証はありません。情報の漏洩が発生した場合、当社グ
        ループのブランドイメージや信頼性の失墜、莫大な補償を伴う可能性があり、当社グループの財政状態及び業績に
        悪影響を及ぼす可能性があります。また、将来的に通信の秘密及び顧客情報保護体制の整備のため、更なるコスト
        が増加する可能性があります。
       (3)   自然災害・事故等

         当社グループは音声通信、データ通信等のサービスを提供するために、国内外の通信ネットワークシステム及び
        通信機器等に依存しております。当社グループは自然災害・事故等によるサービスの停止、中断等のリスクを可能
        な限り低減するため、ネットワークの信頼性向上とサービス停止の防止対策に取り組んでおります。しかし、ネッ
        トワークシステムや通信機器の障害などによるサービスの停止や大規模な誤請求・誤課金、販売代理店の閉鎖や物
        流の停止に伴う商品・サービスの提供機会損失等が発生した場合、当社グループのブランドイメージや信頼性の失
        墜、顧客満足度の低下により財政状態及び業績に悪影響を及ぼす可能性があります。当社グループのサービスの提
        供が停止する主な事由として以下のものが考えられます。
        ・地震及び津波、台風、洪水等の自然災害やそれに伴う有害物質の飛散等の2次災害

        ・感染症の流行
        ・戦争、テロ、事故その他不測の事態
        ・電力不足、停電
        ・コンピューターウィルス、サイバーアタック、ハッキング
        ・オペレーションシステムのハード、ソフトの不具合
        ・通信機器等の製品やサービスに係る欠陥
       (4)   電気通信    等 に関する法規制、政策決定等

         電気通信をはじめ、電気事業や金融事業等に関する法律、規制の改廃または政策決定等が、当社グループの財政
        状態及び業績に悪影響を及ぼす可能性があります。当社グループのブランドイメージや信頼性に悪影響を与える社
        会的問題を含め、こうした法規制や政策決定等に対して当社グループは適切に対応していると考えておりますが、
        将来において適切な対応ができなかった場合には、当社グループの財政状態及び業績に悪影響を及ぼす可能性があ
        ります。
         また、今後の競争政策の在り方について、総務省等における様々な審議会や研究会や意見募集等を通じて、他の
        電気通信事業者等との公正競争を有効に機能させるための措置の必要性を訴えておりますが、この取り組みに関わ
        らず結果として当社の競争優位性が相対的に損なわれた場合にも、当社グループの財政状態及び業績に悪影響を及
        ぼす可能性があります。
         電気通信等に関する法律、規制の改廃または政策決定や当社グループの競争優位性等の観点で、以下の電気通信
        をはじめ、電気事業や金融事業等の政策決定等に限らず、不確実性が存在しています。
        ・事業者間接続料金の算定方式、会計制度の見直し

        ・指定電気通信設備制度、禁止行為規制の見直し
        ・ユニバーサルサービス制度の見直し
        ・MNO、MVNO等による移動通信事業への新規事業者参入
        ・周波数割当て制度の見直し
        ・電波利用料制度の見直し
        ・電波の健康への影響に関する規制
        ・NTT東・西の固定電話網のIP網への移行に関するルール
                                  22/184

                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        ・NTT東・西、NTTグループの事業の在り方に関する規制
        ・消費者保護に関するルールの見直し
        ・有害サイト等の増加等によるインターネットに対する規制
        ・携帯電話の利用に対する規制
        ・携帯電話の料金その他の提供条件に関するルール
        ・インターネットのサービス品質計測及び広告表示に関するルール
        ・電気小売に関するルール
        ・金融事業に関するルール
       (5)   公的規制

         当社グループは、事業展開する各国において、事業・投資の許可、国家安全保障、さまざまな政府規制の適用を
        受けております。また、通商、独占禁止法、特許、消費者、租税、為替、環境、労働、金融等の法規制の適用を受
        けております。これらの規制が強化された場合や当社グループ及び業務委託先等において規制を遵守できなかった
        場合、当社グループの活動が制限され、コストの増加につながる可能性があります。
       (6)   訴訟・特許

         当社グループの商品、技術またはサービスに関して、知的財産権を含む各種権利等の侵害を理由とする訴訟が提
        訴され、当社グループの財政状態及び業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (7)   人材の確保・育成

         当社グループは、技術革新に即応すべく全社をあげて人材育成に注力しておりますが、期待通りの効果が出るま
        で一定の期間を要することがあります。また、将来的に人材投資コストが増加する可能性があります。
       (8)   退職給付関係

         当社グループは、確定給付企業年金制度(基金型)及び退職一時金制度(社内積立)を設けており、なお、連結
        子会社の一部においては確定拠出年金制度を設けております。定期的に退職給付債務の将来予測に基づく資産運用
        方針、運用機関の見直しを行っておりますが、今後、当社グループの年金資産の運用利回り低下により年金資産の
        時価が下落した場合、または、退職給付債務を計算する上での前提条件(割引率、人員構成、昇給率等)が大幅に
        変更になった場合に損失が発生する可能性があります。
       (9)   減損会計

         当社グループは、        当連結会計年度において、            一部の通信設備を含む資産については、収益性の低下に伴い将来の
        投資額の回収が見込めなくなったため、                   減 損損失を計上しております。なお、将来において、保有する固定資産等
        の使用状況等によっては、さらに損失が発生する可能性があります。
       (10)   電気通信業界の再編及び当社グループの事業再編

         国内外における電気通信業界の再編は、当社グループの財政状態及び業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
         また、将来的に当社グループにおいて事業の再編を行う可能性もありますが、この再編が当社グループに好影響
        を与えるかどうかの保証はありません。
                                  23/184







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」とい
        う。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ① 財政状態及び経営成績の状況

        a.経営成績の状況
        ■ 業界動向と当社の状況
         日本の情報通信市場は、通信事業者が提供するサービス等の同質化やMVNO各社による格安SIMサービス等の普及
        が進み、通信事業者は新たな収益の確保に向けて通信以外のサービスへ事業領域を拡大しており、各社の事業戦略
        は異業種との競争も見据えた大きな転換期にあります。さらに、IoTや人工知能(AI)等のテクノロジーの発展も
        あり、情報通信市場の事業環境は大きく変化しています。
         このような状況の下、当社は、お客さまにお選びいただける企業となるため、「お客さま視点」と「革新」を

        キーワードに、お客さまの期待を超える「お客さま体験価値を提供するビジネスへの変革」を加速しています。
         国内では、通信領域においてスマートフォン・タブレットの普及やIoTに対する取り組みの強化、様々なデバイ
        スの連携による新たな体験価値の創造等への取り組みを本格的に推進し、「auお客さま数(ID)×ARPA」の最大化
        による国内通信事業の持続的成長を目指していきます。また、「au」に加え、UQコミュニケーションズ株式会社、
        株式会社ジュピターテレコム、ビッグローブ株式会社においてMVNO事業を推進しており、当社グループの「モバイ
        ルID数」の拡大を図っていきます。
         当期は、昨年7月に、お客さまによりご満足いただけるよう、データ通信のご利用方法に応じた料金プラン
        「auピタットプラン」「auフラットプラン」の提供を開始しました。多くのお客さまにご好評をいただき、当期末
        には680万契約を突破しました。さらに、昨年8月には、IoT領域におけるリーディングカンパニーである株式会社
        ソラコムを連結子会社化しました。これまで培ったIoT/M2Mにおける知見や顧客基盤を活用し、新たなIoTビジネス
        を創出していきます。また、次世代移動通信システム「5G」については、2020年のサービス化を目指して、幅広い
        パートナー企業と連携し、技術検証の加速と5Gを活用した新たなサービスの創出を推進していきます。
         非通信領域においては、「通信とライフデザインの融合」を目指し、従来の通信サービスに加え、コマース・
        金融・エネルギー・エンターテインメント・教育等のライフデザインサービスを拡充することで、お客さまへの新
        しい価値提案を積極的に進めています。本年1月には、外国語教育のリーディングカンパニーである株式会社イー
        オンホールディングス(以下「イーオンHD」)を連結子会社化し、教育事業に参入しました。また、「Wowma!」等
        のコマース事業や「au           WALLET    カード」等の決済事業の拡大により、流通額の増加を図るとともに、「auでんき」
        等エネルギービジネスの拡大や金融事業の確立等により、お客さまに多様なライフデザインサービスの提案を続け
        ることで、「au経済圏」の最大化を図っていきます。
         海外では、新興国における通信事業として、連結子会社のKDDI                               Summit    Global    Myanmar    Co.,   Ltd.がミャン
        マー国営郵便・電気通信事業体(MPT)と共同で行っているミャンマー通信事業がグローバル事業の柱となるよう
        に注力していきます。また、モンゴル国内携帯電話契約者シェアNO.1の総合通信事業者MobiCom                                             Corporation      LLC
        においては、LTEサービス導入を契機に、さらなる成長を目指しています。これら新興国での事業に加え、欧州中
        心のデータセンターをはじめとした法人向けICTビジネスにおいても、継続して基盤強化を行い、グローバル事業
        の拡大を図っています。
                                  24/184







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       ■ 連結業績
                                                   (単位:百万円)

                             2017年3月期

                                       2018年3月期
                                                       増減率
                                                比較増減
                            自  2016年4月1日
                                     自  2017年4月1日
                                                       (%)
                            至  2017年3月31日
                                     至  2018年3月31日
                               4,748,259         5,041,978        293,718         6.2

        売         上         高
                               2,669,678         2,821,803        152,125         5.7
        売      上      原      価
                               2,078,582         2,220,175        141,593         6.8
       売     上     総     利     益
                               1,173,562         1,271,215        97,653        8.3
        販  売  費  及  び  一  般  管  理  費
        そ  の  他  の  損  益  (△  損  失  )        5,202         9,241       4,039       77.7
                                 2,755         4,592       1,837       66.7
        持  分  法  に  よ  る  投  資  利  益
                                912,976         962,793       49,816        5.5
       営      業      利      益
        金  融  損  益  (△   損  失  )       △11,562          △7,950        3,612         -
                                △5,517           305      5,822         -
        そ  の  他  の  営  業  外  損  益
                                895,897         955,147       59,250        6.6
       税   引   前   当   期   利   益
        法   人   所   得   税   費   用       253,282         293,951       40,669        16.1
                                642,615         661,196       18,581        2.9
       当      期      利      益
                                546,658         572,528       25,870        4.7
        親   会   社   の   所   有   者
                                          88,668
                                 95,957               △7,289        △7.6
        非    支    配    持    分
       当期の売上高は、モバイル通信料収入の増加に加え、「au経済圏」の最大化に向けたエネルギー事業、コマース事

      業、決済事業などのライフデザイン事業の拡大による収入の増加や、ミャンマー通信事業の収入の増加等により、
      5,041,978     百万円(前年同期比          6.2  %増)となりました。
       営業利益は、コマース事業、決済事業における費用や、マーケティングコスト等が増加したものの、売上高の増加
      により、    962,793    百万円(同      5.5  %増)となりました。
       親会社の所有者に帰属する当期利益は、営業利益の増加等により、                               572,528    百万円(同      4.7  %増)となりました。
                                  25/184










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       b.セグメント別の状況
       パーソナルセグメント
        パーソナルセグメントでは、国内における個人のお客さまを対象に、主に「au」ブランドによるモバイル通信

       サービスの提供、様々な種類のスマートフォン・タブレット等マルチデバイスの販売に加え、固定通信サービスとし
       て、インターネット、電話、TVサービスが快適にご利用いただける「auひかり」ブランドのFTTHサービスや、CATV
       サービス等を提供しています。また、当社グループが提供するマルチネットワークにWi-Fiを有機的に組み合わせる
       ことで、高品質な社会インフラを効率的に作り上げ、シームレスな通信環境を提供しています。
        当期は、通信領域において、引き続き「auスマートバリュー」の拡販及び連結子会社のUQコミュニケーションズ
       株式会社、株式会社ジュピターテレコム、ビッグローブ株式会社によるMVNO事業の推進により、当社グループの「モ
       バイルID数」の拡大に努めています。新料金プラン「auピタットプラン」「auフラットプラン」については順調に契
       約数を拡大し、当期末には680万契約を突破しました。また、本年3月1日より、動画配信サービスや高画質4K・8K
       映像、VR等の高速・大容量インターネットのニーズに応えるべく、次世代超高速インターネットサービス「auひかり
       ホーム10ギガ」「auひかり             ホーム5ギガ」の提供を開始しました。本年3月28日には4G                            LTEのネットワークにおい
       て、上り通信速度最大112.5Mbps                の高速データ通信サービスを東名阪の一部エリア                        で提供を開始する等、さらな
                      㬀                        㬀
       るお客さま体験価値の向上に取り組んでいます。
        非通信領域においては、「通信とライフデザインの融合」を目指し、お客さまとauをつなぐ最大のタッチポイン
       トであるauショップを活用した物販サービス「au                       WALLET    Market」やエネルギー事業の推進等、「au経済圏」の最大
       化に取り組んでいます。また、教育市場においても連結子会社のイーオンHDにてICTを活用したサービスを提供して
       いきます。
        パーソナルセグメントにおける、当期の業績概要等は以下のとおりです。
        㬀 ご利用地域やご利用端末によって最大通信速度が異なります。また、通信速度は技術規格上の最大値であり実使用速度を示すもので

          はありません。お客さまのご利用環境、回線の状況等により低下する場合があります。
        㬀 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県の一部エリアとなります。対象エリアは今後順次拡大予定で
          す。なお、ご利用の機種によって、対応する周波数帯の都合上、ご利用可能なエリアが異なる場合があります。
       ■ 業 績
                                                  (単位:百万円)
                        2017年3月期

                                 2018年3月期
                                                     増減率
                                            比較増減
                      自  2016年4月1日
                                自  2017年4月1日
                                                     (%)
                      至  2017年3月31日
                                至  2018年3月31日
                          3,632,969          3,899,605          266,635           7.3

        売      上      高
                                     732,931
                           711,087                   21,844          3.1
        営    業    利    益
        当期の売上高は、モバイル通信料収入及びエネルギー事業収入等の増加により、3,899,605百万円(前年同期比

       7.3%増)となりました。
        営業利益は、エネルギー事業における電力小売販売原価や顧客獲得増加に伴うマーケティングコスト等が増加した
       ものの、売上高の増加により、732,931百万円(同                        3.1%増)となりました。
                                  26/184







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       バリューセグメント
        バリューセグメントでは、「通信とライフデザインの融合」を目指し、「au経済圏」の最大化と新規事業領域で

       のビジネス拡大に向け、コマース・金融・決済・エンターテインメント等の付加価値サービスを提供し、様々な取り
       組みを推進しています。
        当期は、引き続き「auスマートパスプレミアム」及びコマース事業・決済事業の強化により、付加価値ARPA、流
       通総額の拡大に努めています。「auスマートパスプレミアム」は、「学割キャンペーン」や「三太郎の日」における
       会員限定特典の提供等により順調に会員数を拡大し、本年3月には400万会員を突破しました。コマース事業では、
       今後市場拡大が予想されるライブコマース領域への参入に向け、本年3月に動画メディア事業を展開する株式会社エ
       ブリーとの資本業務提携を行いました。金融事業では、お客さまの資産形成のサポートを目的に、株式会社大和証券
       グループ本社との合弁によるKDDIアセットマネジメント株式会社を発足させました。決済事業では、「au                                                   WALLET
       カード」の発行枚数が順調に増加し、本年3月にはau                         WALLET決済の流通額が1兆円を突破しました。
        また、様々なベンチャー企業との連携による新事業創出の取り組みも加速しています。本年3月には医療・介護
       の現場におけるIT化支援を目的に、ソーシャル医療介護連携プラットフォームを提供する株式会社日本エンブレース
       と資本業務提携を行いました。
        バリューセグメントにおける、当期の業績概要等は以下のとおりです。
       ■ 業 績

                                                  (単位:百万円)
                        2017年3月期

                                 2018年3月期
                                                     増減率
                                            比較増減
                      自  2016年4月1日
                                自  2017年4月1日
                                                     (%)
                      至  2017年3月31日
                                至  2018年3月31日
                           451,058          521,736         70,678          15.7

        売      上      高
                                     103,986
                           95,894                   8,092          8.4
        営    業    利    益
        当期の売上高は、「auスマートパス・auスマートパスプレミアム」の収入の増加に加え、コマース事業の収入の

       増加や、「au       WALLET    プリペイド・クレジットカード」などの決済事業の収入等の増加により、521,736百万円
       (前年同期比       15.7%増)となりました。
        営業利益は、コマース事業や決済事業等の費用が増加したものの、売上高の増加により、103,986百万円(同
       8.4%増)となりました。
        * 2019年3月期より当セグメントの名称を「バリュー」から「                            ライフデザイン」へ変更いたします。

                                  27/184









                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       ビジネスセグメント
        ビジネスセグメントでは、大企業から中小企業まで幅広い法人のお客さまを対象に、スマートフォン・タブレッ

       ト等のモバイル端末の提供や、ネットワーク・アプリケーション・クラウド型サービス等の多様なソリューションを
       提供しています。また、中小企業のお客さまについては、連結子会社のKDDIまとめてオフィスグループによる地域に
       密着したサポート体制を全国規模で構築しています。
        当期は、モノとインターネットがつながるIoT時代の到来を踏まえ、ガス、水道等のスマートメーター、物流や
       ウェアラブル等、多種多様な分野でIoTを活用できるように、法人のお客さま向けに、低消費電力・広域で廉価なIoT
       通信を実現するセルラーLPWA通信サービス「KDDI                        IoT通信サービス        LPWA   (LTE-M)」の提供を本年1月に開始しま
                                         ;
       した。
        様々なパートナー企業との協業ビジネスを推進し、株式会社野村総合研究所との合弁で設立したお客さまのデジ
       タル変革の戦略策定から実行までスピーディに実現するKDDIデジタルデザイン株式会社が本年1月より事業を開始し
       ました。また、本年2月19日には、サイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーである株式会社ラックとの
       合弁でネットワークからセキュリティまで一元的に支援するKDDIデジタルセキュリティ株式会社を設立しました。
        今後も、法人のお客さまのビジネスの発展・拡大に一層貢献し、お客さまから真の事業パートナーとしてお選び
       いただけることを目指して、事業の変革に取り組んでいきます。
        ビジネスセグメントにおける、当期の業績概要等は以下のとおりです。
        ※「Low   Power,   Wide  Area」の略。少ない電力で広いエリアをカバーする無線通信技術の総称です。

       ■ 業 績

                                                  (単位:百万円)
                        2017年3月期
                                 2018年3月期
                                                     増減率
                                            比較増減
                      自  2016年4月1日
                                自  2017年4月1日
                                                     (%)
                      至  2017年3月31日
                                至  2018年3月31日
                           710,170          749,971         39,801          5.6
        売      上      高
                                     84,467
                           76,053                   8,414         11.1
        営    業    利    益
        当期の売上高は、通信料収入が減少しているものの、ソリューション収入や端末販売収入等の増加により、

       749,971百万円(前年同期比             5.6%増)となりました。
        営業利益は、端末販売原価や通信設備使用料等が増加したものの、売上高の増加により、84,467百万円(同
       11.1%増)となりました。
                                  28/184









                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       グローバルセグメント
        グローバルセグメントでは、ミャンマーをはじめとする海外のコンシューマビジネスに積極的に取り組むととも

       に、法人のお客さまに対しては、接続性の高いデータセンター「TELEHOUSE」を核としたICTソリューションをワンス
       トップで提供しています。さらに、世界600以上の通信事業者との間で音声及びデータビジネスを展開しています。
        当期は、コンシューマビジネスにおいて、サービス向上に向けたエリア拡大や高速化等の積極的な設備投資を
       行っています。ミャンマーのモバイル通信事業においては、1.8GHz帯のLTEサービスにおけるキャリアアグリゲー
       ション    技術の導入により、最高速度300Mbps                  を実現しました。
          ※1                  ※2
        また、データセンター事業においては、TELEHOUSE                        EUROPEのデータセンター「TELEHOUSE                  London    Docklands」に
       て、構内配線で直接接続する「AWS                 Direct    Connect」の提供開始を本年2月に発表しました。これにより、お客さま
       は、近接性が高く、低遅延でセキュアなクラウド環境の構築が実現可能となりました。
        グローバルセグメントにおける、当期の業績概要等は以下のとおりです。
        ※1   複数の周波数帯域を同時に使い、束ねてデータ通信を行うことで、受信時の最大通信速度を引き上げます。

        ※2   ベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内で
          あってもお客さまのご利用環境、回線の状況等により通信速度が低下する場合があります。
       ■ 業 績
                                                  (単位:百万円)
                        2017年3月期

                                 2018年3月期
                                                     増減率
                                            比較増減
                      自  2016年4月1日
                                自  2017年4月1日
                                                     (%)
                      至  2017年3月31日
                                至  2018年3月31日
                           277,204          248,702        △28,503          △10.3

        売      上      高
                                     31,907
                           24,157                   7,750         32.1
        営    業    利    益
        当期の売上高は、ミャンマー通信事業の収入の増加や、「TELEHOUSE」のデータセンター事業収入の増加があっ

       たものの、     前期より実施している           採算性の低い事業の整理による収入減少等により、248,702百万円(前年同期比
       10.3%減)となりました。
        営業利益は、主にミャンマー通信事業やデータセンター事業による利益創出により、31,907百万円(同                                                 32.1%
       増)となりました。
        *社名及び商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

                                  29/184









                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       c.  財政状態の状況
                                                  (単位:百万円)
                                                     増減率
                          2017年3月期                   比較増減
                                    2018年3月期
                                                     (%)
                            4,297,800          4,423,306         125,505         2.9
       非    流    動    資    産
                            1,966,025          2,151,249         185,224         9.4
       流     動     資     産
                            6,263,826          6,574,555         310,729         5.0
      資     産     合     計
                            1,333,201          1,005,498        △327,704        △24.6
       非    流    動    負    債
                            1,081,491          1,437,800         356,309        32.9
       流     動     負     債
                            2,414,692          2,443,298         28,605        1.2
      負     債     合     計
                                      4,131,257
                            3,849,133                  282,124         7.3
      資     本     合     計
       (資産)

          非流動資産は、繰延税金資産が減少したものの、その他の長期金融資産やのれんの増加等により、4,423,306
         百万円(前期末比 2.9%増)となりました。
          流動資産は、現金及び現金同等物が減少したものの、営業債権及びその他の債権の増加等により、2,151,249
         百万円(同 9.4%増)となりました。
       (負債)

          非流動負債は、その他の長期金融負債の減少等により、1,005,498百万円(同 24.6%減)となりました。
          流動負債は、営業債務及びその他の債務の増加等により、1,437,800百万円(同 32.9%増)となりました。
          なお、有利子負債残高は、前連結会計年度末から33,034百万円減少し、1,118,616百万円となりました。
       (資本)

          資本は、利益剰余金の増加等により、4,131,257百万円(同 7.3%増)となりました。
          以上の結果、親会社所有者帰属持分比率は、前連結会計年度末を0.7ポイント上回る57.4%となりました。
          また、親会社の所有者に帰属する持分に対する有利子負債の比率(D/Eレシオ)は、前連結会計年度末の0.32
         倍から、0.30倍へ低下しました。
                                  30/184











                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       ② キャッシュ・フロー           の状況
                                                   (単位:百万円)
                                2017年3月期                    比較増減

                                          2018年3月期
                                   1,161,074         1,061,405           △99,669
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                   △637,225         △633,847            3,378
       投資活動によるキャッシュ・フロー
       フリー・キャッシュ・フロー                ※              523,849         427,558         △96,291
                                   △485,784         △453,168            32,616
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                    △3,545          △163          3,381
       現金及び現金同等物に係る換算差額
       現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                             34,520        △25,773          △60,294
                                    192,087         226,607           34,520
       現金及び現金同等物の期首残高
                                             200,834
                                    226,607                   △25,773
       現金及び現金同等物の期末残高
        ※ フリー・キャッシュ・フローは「営業活動によるキャッシュ・フロー」と「投資活動によるキャッシュ・フロー」の合計であり
         ます。
        営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前当期利益955,147百万円、減価償却費及び償却費546,815百万

       円、法人所得税の支払302,783百万円、営業債権及びその他の債権の増加219,125百万円等により1,061,405百万円
       の収入となりました。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出361,102百万円、無形資産の取得によ
       る支出199,776百万円等により633,847百万円の支出となりました。
        営業活動によるキャッシュ・フローと投資活動によるキャッシュ・フローを合計したフリー・キャッシュ・フ
       ローは、前連結会計年度と比較し96,291百万円減少し、427,558百万円の収入となりました。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払219,885百万円、自己株式の取得による支出150,000百万
       円、社債発行及び長期借入による収入95,000百万円、負債性金融商品の取得による支出95,000百万円等により、
       453,168百万円の支出となりました。
        以上の結果、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末と比較し、25,773百
       万円減少し、200,834百万円となりました。
       ③ 営業実績

        当連結会計年度における営業実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                   金額(百万円)                   前期比(%)

                                 3,899,605
      パーソナル                                                 7.3
      バリュー                            521,736                    15.7
      ビジネス                            749,971                    5.6
      グローバル                            248,702                   △10.3
      その他                            105,273                    11.9
        セグメント間の内部売上高                         △483,308                       -
             合計                    5,041,978                     6.2
       (注)1.金額は外部顧客に対する売上高とセグメント間の内部売上高の合計であります。
          2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
                                  31/184





                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ① 重要な会計方針及び見積り

          当社グループにおける重要な会計方針につきましては、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 連結財務
         諸表注記 3.重要な会計方針」に記載しております。
        ② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        a.経営成績の分析
        (売上高)
          モバイル通信料収入の増加に加え、「au経済圏」の最大化に向けたエネルギー事業、コマース事業、決済事業
         などのライフデザイン事業の拡大による収入の増加や、ミャンマー通信事業の収入の増加等により5,041,978百
         万円(前年同期比         6.2%増)となりました。            内訳につきましては「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 連
         結財務諸表注記 25.売上高」をご参照ください。
        (売上原価、販売費及び一般管理費)

          コマース事業、決済事業における費用や、マーケティングコスト等の増加により4,093,018百万円(同 6.5%
         増)となりました。         内訳につきましては「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 連結財務諸表注記 26.費
         用の性質別内訳」をご参照ください。
        ( その他の収益及びその他の費用              )

          雑支出の減少等により、9,241百万円の利益(同 77.7%増)となりました。内訳につきましては「第5 経
         理の状況 1.連結財務諸表等 連結財務諸表注記 27.その他の収益及びその他の費用」をご参照ください。
        (持分法による投資利益)

          持分法適用関連会社の株式会社エナリスにおける持分法による投資利益の増加等により、4,592百万円(同 
         66.7  % 増)となりました。
        (営業利益)

          以上の結果、営業利益は962,793百万円(同 5.5%増)となりました。なお、営業利益率は、19.1%(同 0.1
         ポイント減)となりました。
        ( 金融収益及び金融費用          )

          前連結会計年度は、支払利息10,872百万円、為替差損2,128百万円の計上等により、11,562百万円の損失とな
         りましたが、当連結会計年度は支払利息9,701百万円、受取配当金2,479百万円の計上等により、7,950百万円の
         損失となりました。         内訳につきましては「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 連結財務諸表注記 28.金
         融収益及び金融費用」をご参照ください。
        (その他の営業外損益)

          前連結会計年度は、関係会社株式売却損5,535百万円、持分変動利益18百万円の計上により、5,517百万円の損
         失となりましたが、当連結会計年度は、関係会社売却益305百万円の計上により、305百万円の益となりました。
         内訳につきましては「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 連結財務諸表注記 29.                                         その他の営業外損益         」
         をご参照ください。
        (法人所得税費用)

          課税所得の増加等の影響により293,951百万円(同 16.1%増)となりました。なお、2018年3月期の法人税
         等負担率は30.8%となりました。法人所得税費用に関する詳細については「第5 経理の状況 1.連結財務諸
         表等 連結財務諸表注記 16.繰延税金及び法人所得税」をご参照ください。
        (非支配持分に帰属する当期利益)

          主にUQコミュニケーションズ株式会社の利益減少等の影響により、88,668百万円(同 7.6%減)となりまし
         た。
                                  32/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        (親会社の所有者に帰属する当期利益)
          上記の結果、親会社の所有者に帰属する当期利益は572,528百万円(同 4.7%増)となりました。
          なお、報告セグメントの売上と営業利益の概況については、「(1)                                 経営成績等の状況の概要           」に記載してお

         ります。
        b.資本の財源及び資金の流動性についての分析

          当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析については、「(1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおり
         です。
          当社グループは、運転資金及び設備投資については、自己資金及び借入金等により資金調達することとしてお
         ります。このうち、借入金等による資金調達に関しては、通常の運転資金については短期借入金で、設備投資な
         どの長期資金は固定金利の長期借入金及び社債で調達することを基本としております。
          なお、当連結会計年度末における借入金等を含む有利子負債の残高は1,118,616百万円、現金及び現金同等物
         の残高は200,834百万円となっております。
          流動性リスクとその管理方法につきましては、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 連結財務諸表注記
         32.金融商品」に記載しております。
        c.経営上の財務目標の達成状況について

          当社グループは、事業環境の変化に迅速に対応しながら、持続的な成長を実現していくため、2016年度からの
         3年間における新たな中期目標を策定しており、利益成長目標として、「連結営業利益                                         CAGR(年平均成長率)
         7%」を掲げております。
          当連結会計年度においては、「国内通信事業の持続的成長」に加えて、新たな成長軸の確立に向けて「au経済
         圏の最大化」と「グローバル事業の積極展開」を進めたことにより、利益成長目標の達成に向け着実に進捗して
         おり、引き続き取り組んでまいります。
                                  33/184












                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      (3)経営成績等の状況の概要に係る主要な項目における差異に関する情報
         IFRSにより作成した連結財務諸表における主要な項目と連結財務諸表規則(第7章及び第8章を除く。以下「日
        本基準」という。)により作成した場合の連結財務諸表におけるこれらに相当する項目との差異に関する事項は、
        以下のとおりであります。
       ① 連結の範囲

         ワイヤレスブロードバンドサービスを行っているUQコミュニケーションズ(株)(以下「UQ」)については、議
        決権の32.3%を所有しているため、日本基準においては持分法を適用しておりました。一方、当社はUQの筆頭株主
        であること、UQの取締役会の構成員の過半数であり                        、代表権は当社からの取締役が有していること、また、UQの事
        業活動は当社に大きく依存していることから、当社は取締役会等を通じてUQにパワーを有しております。よって、
        IFRSの適用にあたり、UQ設立当初から実質的に支配していると判定し、子会社として連結しております。
         上記の影響により、         当連結会計年度において、IFRSでは日本基準に比べて資産合計が                              124,064    百万円増加、負債
        合計が14,791百万円減少、資本合計が138,855百万円増加しております。また、売上高が44,893百万円増加、営業
        利益が54,616百万円増加しております。
       ② 収益認識

         当社グループが携帯端末の代理店に対して支払う手数料のうち、携帯端末の販売に関する部分について、日本基
        準では発生時に費用として認識しておりましたが、IFRSでは携帯端末の販売時点で、手数料の将来発生見込額を収
        益から控除しております。なお、これに伴い、期末の棚卸資産の評価にあたって、IFRSでは、手数料の将来発生見
        込額を正味実現可能価額の金額に反映させております。
         この影響により、当連結会計年度において、IFRSでは日本基準に比べて売上高が107,282百万円減少し、売上原
        価、販売費及び一般管理費が1,856百万円増加しております。
       ③ のれん(関連会社に対する投資を含む)

         当社グループは、日本基準では効果が発現すると合理的に見積られる期間にわたって規則的にのれんを償却して
        おりましたが、IFRSではのれんを償却せずに毎期減損テストを行っております。同様に、持分法で会計処理されて
        いる投資に関連するのれんは、日本基準では効果が発現すると合理的に見積られる期間にわたって規則的に償却し
        ておりましたが、IFRSでは規則的な償却はせずにのれんを含む関連会社に対する投資全体について、減損している
        客観的証拠がある場合、減損テストを実施しています。
         この影響により、当連結会計年度において、IFRSでは日本基準に比べて販売費及び一般管理費が28,487百万円減
        少しております。
       ④ 有形固定資産の減価償却

         有形固定資産(リース資産を除く)の減価償却方法について、日本基準では主として定率法を採用しておりまし
        たが、IFRSでは減価償却方法の見直しを行い、定額法を採用しております。
         この影響により、当連結会計年度において、IFRSでは日本基準に比べて売上原価、販売費及び一般管理費が
        4,610百万円増加しております。
      4【経営上の重要な契約等】

       当社は、2018年1月22日付で、株式会社イーオンホールディングス(以下「イーオンHD」)の全株式を、同社株主

      から取得しました。この結果、イーオンHD及び同社の連結子会社は、同日付で当社の連結子会社となりました。
       詳細は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 連結財務諸表注記 4.企業結合」に記載しております。
                                  34/184






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
        当社グループは、ネットワーク、AI・IoT・コネクティッド、セキュリティ、サービス・アプリケーションの各技
       術分野において、実用的な研究開発と先端的・長期的な研究開発の両面で進めてまいりました。この結果、当連結会
       計年度における研究開発費の総額は、20,132百万円となりました。なお、当社グループで行っております研究開発活
       動は各セグメントに共通するものであり、各セグメントに関連づけて記載しておりません。
        研究開発活動の主なトピックスをご紹介します。
       1.ネットワーク

          次世代の移動通信システムである5Gや、今後一層の増加が予想されるデータトラヒックをより効率的に伝送す
         るためのネットワーク技術に関する研究開発を推進しております。
          5Gの時代には、それを支えるネットワーク技術や光ファイバー伝送技術の革新が不可欠となります。例えばモ
         バイル通信の大容量化には、無線基地局を収容する光アクセス回線の大容量化が必要です。加えて、より広い無
         線周波数帯域を使うことができる高周波数帯の利用が不可欠です。しかし、周波数が高くなるほど大気伝搬時の
         減衰が大きく、電波の直進性も強くなるため、遠くには届きにくくなります。そのため、サービスエリアを小さ
         くし、多数の基地局を設置する必要があり、設置制約の少ない小型、軽量、省電力の基地局が求められます。ま
         た、5Gの実用化に向け、その特徴を生かした様々なユースケースの実現性を、実証実験を通して検証する必要が
         あります。
          2017年9月に、光ファイバー1芯で伝送することができる伝送容量の世界記録(毎秒2.15ペタビット)を大幅
         に更新し、毎秒10.16ペタビットの光ファイバー伝送実験に成功しました。これは114の空間多重を可能とするマ
         ルチコアマルチモード光ファイバー技術を用いています。10ペタビットは1億人が同時に100メガビットの通信
         を可能とするスピードです。この技術は、より低遅延で高速な5Gのモバイル通信システムを支え、新しい体験や
         サービスをお客様に提供するキー技術として期待されます。
          2017年10月には、大容量のモバイル無線信号波形をデジタル信号に変換することなく、直接光ファイバーで高
         品質に伝送可能な光ファイバー伝送実験に成功しました。今回達成した通信速度は毎秒63ギガビットで、5Gで想
         定される最大通信速度毎秒20ギガビットの3倍以上となります。また、開発した技術により、基地局設備の大幅
         な小型・省電力化が可能となり、これまで以上に基地局数が増大する5Gの大容量・高品質なモバイル通信サービ
         スを支える技術として期待されます。
          2018年3月、沖縄セルラースタジアム那覇の観客席に28GHz帯の実験システムを用いたエリアを構築し、50台
         の5Gタブレット端末に対して4K高精細映像を同時に配信する実証実験に成功しました。スタジアムにおけるエン
         ターテインメント高度化の実現に向けて、スポーツ観戦、コンサート映像など高精細な大容量映像の、大型スク
         リーンやモバイル端末へのリアルタイム伝送による、新たな体験価値の提供が期待されています。既存のモバイ
         ル通信では実現が困難であった、多数の観客に向けた大容量映像の同時配信が5Gを活用することで可能となりま
         す。
       2.  AI・IoT・コネクティッド

          多種多様な分野で活用が期待されるIoTや、車の自動運転を実現するAI技術、安全な自動運転を支える遠隔制
         御技術等のコネクティッドにおける研究開発に取り組んでおります。
          IoT普及の壁となっている電源・コスト・エリアの課題を解消し、適用範囲を格段に広げる可能性を秘めてい
         るLPWA(Low      Power   Wide   Area)が注目されております。               当社では、LPWAの各方式を活用した様々な実証実験を
         行い、ユースケースの有効性や、電力消費量、電波の浸透などを検証し、お客さまに最適なIoT通信の提供を目
         指します。また、AI・コネクティッドでは、自動運転の最高レベルである完全自動運転を実現するために、自律
         的な走行に加え、合流や追い越しでの他車両との協調が不可欠です。これを実現するため、深層学習を使ったAI
         による制御が注目されていますが、他車両への配慮が必要な運転シーンへ対応させる学習方式の確立が課題と
         なっております。また、バスやタクシーなどが自動運転化されていく時代において、無人運転を実現するために
         は、走行状態を監視して危険が生じた際に、遠隔にて車両制御を実施することが必須となります。
          2017年8月、富士山御殿場口登・下山道ならびに御殿場口のハイキングコースに設置したLPWA搭載のIoTセン
         サーを活用して、通過した人数を30分単位でウェブ上で確認できる取り組みを実施しました。これまでも、人数
         カウンターを登・下山道に設置し登下山者数を把握する取り組みは実施されていましたが、データの確認には設
         置場所まで行く必要がありました。しかし、LPWA搭載のIoTセンサーを導入することで、遠隔から30分単位で
         データを確認することができ、利便性の向上と確認作業の効率化が期待されます。
          2017年10月に、“ゆずりあうクルマ”を実現するAI技術の開発に成功しました。本技術により現在、実用化が
         進められている自動運転技術で難しいとされている合流シーン等に対しても、他車両の行動を察知し、人間のあ
         うんの呼吸のような“ゆずりあい”により、スムーズな自動運転を可能とします。今後、自動運転技術の実用化
         範囲が、高速道路から一般道へ、同一車線追随から車線変更、合流、すれ違いへと高度な対応が必要となる中
         で、中心的な技術になりうるものと考えています。
                                  35/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
          2017年12月には、日本で初めて一般公道における遠隔制御型自動運転システムの実証を実施し、レベル4                                                 (無
         人運転)自動運転に成功しました。本実証実験は、運転席を無人の状態とした上で、事前に構築した高精度地図
         をもとに車を自動走行させ、危険を察知した場合に緊急停止などを行う遠隔制御を実施しました。
       3.セキュリティ

          安心・安全な情報通信社会の実現のため、プライバシー保護技術やデータの改ざんを困難にする仕組みである
         ブロックチェーン技術に関する研究開発に取り組んでおります。
          情報通信社会の発展に欠かせないIoTですが、生活を便利で豊かにしてくれる一方で、脅威となった事例が報
         告されており、セキュリティ確保の重要性が高まっています。例えば消費者はどのようなデータが集められどの
         ように利用されているかがわからず、気付かないうちに個人情報が漏えいしてしまうリスクがあり、プライバ
         シー保護技術の強化が課題となっております。また、安心・安全な情報通信を実現する技術の一つとして期待さ
         れているブロックチェーンにおいては、「スマートコントラクト」が注目され、取引プロセスの自動化により不
         正防止等にも寄与すると期待されております。
          2017年7月に、総務省「IoTデバイス/プラットフォーム等の連携技術の確立と相互接続検証に向けた研究開
         発」を受託しました。具体的には、情報流通のトレーサビリティ、情報の真正性保証、情報転送の低遅延化等の
         機能を、異なるプラットフォーム間においても実現する「PPM(Privacy                                  Policy    Manager)の高機能化」と「プ
         ラットフォーム間連携技術」を開発・評価します。
          2017年9月には、国内で初めてEnterprise                    Ethereum(企業用途向けブロックチェーンのアプリケーションプ
         ラットフォーム)を活用した「スマートコントラクト」の実証実験を開始しました。本実証では、ブロック
         チェーン技術を活用し、携帯電話の店頭修理申し込みから完了までの工程における、リアルタイムな情報共有及
         びオペレーション効率化の可能性を検証しました。
       4.サービス・アプリケーション

          端末・料金・ネットワークの同質化が進む中、お客様に選んでいただける企業となるために、「お客様視点」
         と「革新」をキーワードに、マルチメディア、ヒューマンインタフェース、ライフデザインへのサービス提供基
         盤などを創出し、お客様の期待を超える「お客様体験価値」の提供を目指していきます。この中で、VR(仮想現
         実)など生活に新しい価値をもたらすようなサービスやアプリケーションを創出する技術の研究開発に取り組ん
         でおります。
          2017年10月に、世界で初めて、撮影しながらリアルタイムで自由視点VR映像を制作できるシステムの開発に成
         功しました。本技術は、あらゆる視点からの映像視聴を可能とする自由視点技術に、複数のカメラから撮影され
         た人物を3次元コンピュータグラフィクモデルとして合成することによって実現します。本技術を活用すること
         で、コンサートなどライブイベントの開催と同時に、大型スクリーンやヘッドマウントディスプレイ、モバイル
         端末を介した任意のアングルでのライブ視聴が可能となります。これにより、遠隔からのイベント視聴において
         新たな体験価値を提供できると考えております。
          2018年3月には、20周年を迎えたハロー!                    プロジェクトと共同で、新しい音楽視聴体験である音のVRコンテン
         ツを制作しました。今までのVRは360度見たい方向の映像は見られるものの、どこを向いても音の聞こえ方に変
         化はありませんでしたが、音のVRは、音が発生している位置がはっきりして、気になる対象をズームすればそこ
         から発生している音にもズームしてより大きく聴こえます。本技術により、スマートフォンなどに表示される
         360度の映像と音に対し、視聴者は見たい・聞きたい部分に、自由自在にズームすることにより、該当箇所の音
         と映像が体感的に合致したインタラクティブ視聴体験が可能になります。ライブ会場において音のVRを活用しな
         がら観客が特定メンバーの声を楽しむなど、音と映像の新たな体験価値を提供するツールとなることが期待され
         ます。
                                  36/184






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
         当社グループではお客様にご満足いただけるサービスの提供と信頼性並びに通信品質向上を目的に、効率的に設
        備投資を実施いたしました。
         その結果、当連結会計年度に完成し事業の用に供した電気通信設備等の投資額はソフトウェア等を含め542,244
        百万円となりました。
         主な設備投資の状況は、次のとおりであります。
         なお、当社グループの主要な設備である通信設備は、各セグメントにおいて共通で使用するものが大半であるこ
        とから、設備投資に係る各セグメントごとの内訳は記載しておりません。また、設備の状況以下各項目の金額には
        消費税等は含まれておりません。
       (移動通信系設備)
         LTEサービスエリア拡充、及びデータトラフィック対応のため無線基地局及び交換設備の新設・増設等を実施い
        たしました。
       (固定通信系設備)
         移動通信のデータトラフィック増加に対応した固定通信のネットワーク拡充、及びFTTHやケーブルテレビに係る
        設備の新設・増設等を実施いたしました。
      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
                                 帳簿価額(百万円)
                                                          従業
       事業所名      セグメン
                                                          員数
       (所在地)      トの名称                            土地
                 機械  空中線   市内線   市外線   土木  海底線              施設   ソフト
                                   建物  構築物              その他    合計   (名)
                 設備   設備  路設備   路設備   設備   設備         (面積㎡)    利用権   ウェア
     本社

                                         260,876
                 781,117   280,066   20,568   4,980   9,930   4,272  137,963   18,269        10,854   227,560   284,167   2,040,624    11,037
               -
                                        (4,173,388)
     (東京都新宿区)他
       (2)国内子会社

                                 帳簿価額(百万円)
                                                          従業
              セグメ
        会社名
                                                          員数
              ントの
       (所在地)
                 機械  空中線   市内線   市外線   土木  海底線          土地    施設   ソフト
              名称                                           (名)
                                   建物  構築物              その他    合計
                 設備   設備  路設備   路設備   設備   設備         (面積㎡)    利用権   ウェア
     沖縄セルラー電話

                                          2,087
     株式会社            14,721   4,938   5,371    27  168   -  7,762    265        66   570  2,979   38,955    325
               -
                                         (26,609)
     (沖縄県那覇市)※
     UQコミュニケー
     ションズ株式会社            183,437   25,752     0   -   -   -  105   140    -   4,596   11,049   3,002   228,080    411
               -
     (東京都港区)
     株式会社ジュピ
                                          5,974
     ターテレコム             -   345   - 118,328     -   - 18,384   1,448         -  17,591   302,449   464,519   11,181
               -
                                         (65,092)
     (東京都千代田区)※
     中部テレコミュニ
                                           558
     ケーション株式会社            14,400    -  55,417    41  1,479    -  8,828    41        5  2,818   6,666   90,252    628
               -
                                         (6,057)
     (愛知県名古屋市中区)
         ※は子会社の金額を含めて記載しております。
                                  37/184





                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
     (3)在外子会社
                                帳簿価額(百万円)
             セグメ                                            従業
       会社名
             ントの                                            員数
      (所在地)          機械   空中線   市内線   市外線   土木   海底線          土地   施設利   ソフト
             名称                                            (名)
                                  建物   構築物              その他    合計
                設備   設備   路設備   路設備   設備   設備             用権   ウェア
                                        (面積㎡)
     TELEHOUSE

                                         6,123
     Holdings
                  -   -   -   -   -   - 35,536    -        -   -  30,073   71,732    189
              -
     Limited
                                        (125,073)
      (LONDON,U.K.)※
         ※は子会社の金額を含めて記載しております。
        (注)1.帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。

           2.現在休止中の主要な設備はありません。
           3.帳簿価額のうち、「その他」の主な内訳は、長期前払費用、リース資産、機械及び装置であります。
      3【設備の新設、除却等の計画】

         当社グループの当連結会計年度後1年間の設備投資(新設・拡充)及び除却等に係る計画は次のとおりであり                                                   ま
        す。
       (1)重要な設備の新設等

                                      2018年3月末

        セグメントの名称            設備等の主な内容・目的                           完成予定年月
                                     計画金額(百万円)
                  ・通信品質の向上とサービスエリア
                   の拡充を目的とした無線基地局及
                   び交換局設備等の新設・増設等
            -                           570,000
                                                2018年度中
                  ・FTTH及びケーブルテレビに係る設
                   備の新設・増設等
                  ・伝送路の新設・増設等
        (注)1.設備投資予定額は支払いベースであります。
           2.今後の必要資金は自己資金及び借入金等により充当する予定であります。
       (2)重要な設備の除却等

          該当する計画はありません。
                                  38/184









                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                4,200,000,000

                 普通株式
                                                4,200,000,000

                  計
        ②【発行済株式】

                 事業年度末              提出日
                                        上場金融商品取引所名ま
                現在発行数(株)             現在発行数(株)
        種類                                たは登録認可金融商品取               内容
                                        引業協会名
               (2018年3月31日)             (2018年6月21日)
                                          東京証券取引所

                                                     単元株式数
                  2,587,213,525             2,532,004,445
       普通株式
                                          (市場第一部)
                                                     100株
                  2,587,213,525             2,532,004,445               -           -

         計
     (注)2018年5月10日開催の取締役会決議により、2018年5月16日付で自己株式の消却を行っております。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)        (百万円)
                 (株)        (株)                      (百万円)        (百万円)
     2013年4月1日
                448,481,800        896,963,600          -        141,852       -        305,676
     (注)1
     2015年4月1日
               1,793,927,200        2,690,890,800           -        141,852       -        305,676
     (注)2
     2016年5月18日
                △70,396,543       2,620,494,257           -        141,852       -        305,676
     (注)3
     2017年5月17日
                △33,280,732       2,587,213,525           -        141,852       -        305,676
     (注)4
      (注)1.株式分割(1:2)による増加であります。
         2.株式分割(1:3)による増加であります。
         3.2016年5月18日付をもって自己株式の消却を行い、発行済株式総数が70,396,543株減少しております。
         4    .2017年5月17日付をもって自己株式の消却を行い、発行済株式総数が33,280,732株減少しております。
         5.2018年5月16日付をもって自己株式の消却を行い、発行済株式総数が55,209,080株減少しております。
                                  39/184




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                   2018年3月31日現在
                           株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                        単元未満
        区分                                                株式の状況
                                     外国法人等
            政府及び地方           金融商品取引
                  金融機関          その他の法人                 個人その他       計    (株)
             公共団体           業者
                                   個人以外      個人
     株主数
                -     289      56    1,154     1,068      176    200,514     203,257       -
     (人)
     所有株式数
                -  6,296,711      838,197     7,573,002     8,200,302        779   2,962,561     25,871,552       58,325
     (単元)
     所有株式数の
                -    24.34      3.24     29.27     31.70      0.00     11.45     100.00       -
     割合(%)
      (注)1.      自己株式180,136,600株(役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社株式は含めておりませ
           ん)は、「個人その他」に1,801,366単元含まれております。
         2.      上記「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1,182単元含まれております。
                                  40/184















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2018年3月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名または名称                     住所
                                             (株)
                                                     株式数の割合
                                                      (%)
                        京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番
     京セラ株式会社                                      335,096,000            13.92
                        地
                                            298,492,800            12.40
     トヨタ自動車株式会社                  愛知県豊田市トヨタ町1番地
     日本マスタートラスト
                                            190,983,400            7.93
                        東京都港区浜松町2丁目11番3号
     信託銀行株式会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス
                        東京都中央区晴海1丁目8-11                    133,349,200            5.54
     信託銀行株式会社(信託口)
                        25  BANK   STREET,CANARY        WHARF,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   380072
                        LONDON,E14      5JP,UNITED      KINGDOM
                                            50,743,304            2.11
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
                        (東京都港区港南2丁目15-1              品川イ
     決済営業部)
                        ンターシティA棟)
                        1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH
     STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT-
                        QUINCY,    MA  02171,U.S.A
     TREATY     505234
                                            35,054,663            1.46
                        (東京都港区港南2丁目15-1              品川イ
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
     決済営業部)
                        ンターシティA棟)
     日本トラスティ・サービス
                        東京都中央区晴海1丁目8-11                    33,766,100            1.40
     信託銀行株式会社(信託口5)
                        P.O.   BOX  351  BOSTON    MASSACHUSETTS
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                        02101   U.S.A.
     COMPANY    505223
                                            31,655,525            1.32
                        (東京都港区港南2丁目15-1              品川イ
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
     決済営業部)
                        ンターシティA棟)
     日本トラスティ・サービス
                        東京都中央区晴海1丁目8-11                    31,070,700            1.29
     信託銀行株式会社(信託口7)
                        東京都千代田区丸の内2丁目7-3               東
                                            29,703,813            1.23
     JPモルガン証券株式会社
                        京ビルディング
                                -           1,169,915,505             48.60
             計
       (注)上記のほか、自己株式180,136,600株があります(役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社
          株式は含めておりません)。
                                  41/184








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年3月31日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)

              区分                                        内容
                              -            -            -

      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

      議決権制限株式(その他)                         -            -            -

                         (自己保有株)
      完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                          普通株式
                             181,809,300
                          普通株式
      完全議決権株式(その他)                                    24,053,459             -
                            2,405,345,900
                          普通株式
                                          -            -
      単元未満株式
                                58,325
                            2,587,213,525              -            -
      発行済株式総数
                              -           24,053,459             -

      総株主の議決権
       (注)1.     「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が118,200株含まれております。ま
            た、「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1,182個が含まれておりま
            す。
          2.「   完全議決権株式(自己株式等)」には、役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社株
            式を含めて表示しております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年3月31日現在
                                                     発行済株式総数

                              自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                                                     に対する所有株
      所有者の氏名または名称               所有者の住所
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                     式数の割合(%)
     (自己保有株式)
                  東京都新宿区西新宿
                               180,136,600         1,672,700       181,809,300            7.03
     KDDI株式会社(注)             二丁目3番2号
                       -        180,136,600         1,672,700       181,809,300            7.03
           計
       (注)1.     株主名簿上は当社名義となっているものの、実質的に所有していない株式が1,200株(議決権12個)あり
            ます。なお、当該株式数は上記①「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式に含めて
            おります。
          2.  他人名義で保有している理由等
           ・ 役員に対する株式報酬制度「役員報酬BIP信託」の信託財産として、日本マスタートラスト信託銀行株式
            会社(役員報酬BIP信託口・75842口、東京都港区浜松町二丁目11番3号)が保有しております。
           ・管理職に対するインセンティブ・プラン「株式付与ESOP信託」の信託財産として、日本マスタートラスト
            信託銀行株式会社(株式付与ESOP信託口・75841口、東京都港区浜松町二丁目11番3号)が保有しておりま
            す。
                                  42/184






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】
        ①  役員に対する株式報酬制度
          当社は、2015年4月14日開催の取締役会、同年6月17日開催の第31期定時株主総会、及び同年8月7日開催の
         取締役会の決議を経て、取締役並びに当社と委任契約を締結している執行役員及び理事(海外居住者、社外取締
         役、非常勤取締役を除く。)(以下併せて「取締役等」という。)を対象に、取締役等の報酬と業績及び株式価
         値との連動性をより明確にし、当社の中長期的な業績向上及び企業価値増大への貢献意識を高めることを目的と
         した株式報酬制度「役員報酬BIP(Board                   Incentive     Plan)信託」(以下、「BIP信託」)を第32期より導入して
         おります。
         1.BIP信託の概要

            BIP信託とは、米国の業績連動型株式報酬(Performance                          Share)制度及び譲渡制限付株式報酬
           (Restricted       Stock)制度を参考にした役員に対するインセンティブ・プランであり、BIP信託が取得した
           当社株式を役位や業績目標の達成度等に応じて取締役等が退任する際に役員報酬として交付する制度です。
           (ただし、信託契約等の定めに従い、信託内で当社株式を換価した金銭が給付されることもあります。)
         2.信託契約の内容

           ・信託の種類          特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託(他益信託)
           ・信託の目的          取締役等に対するインセンティブの付与
           ・委託者          当社
           ・受託者          三菱UFJ信託銀行株式会社
                     (共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
           ・受益者          取締役等を退任した者のうち受益者要件を満たす者
           ・信託管理人          当社と利害関係のない第三者
           ・信託契約日          2015年9月1日
           ・信託の期間          2015年9月1日~2018年8月31日(予定)
           ・制度開始日          2015年9月1日
           ・議決権行使          行使しないものとします
           ・取得株式の種類          当社普通株式
           ・取得株式の総額          1,092百万円
           ・株式の取得時期          2015年9月1日
           ・株式の取得方法          当社(第三者割当による自己株式処分)より取得
           ・帰属権利者          当社
         3.取締役等に取得させる予定の株式の総数

           372,000株
         4.本株式報酬制度による受益権及びその他の権利を受けることができる者の範囲

           取締役等を退任した者のうち受益者要件を満たす者
                                  43/184








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        ②  管理職に対するインセンティブ・プラン(株式付与制度)
          当社は、2015年4月14日及び8月7日開催の取締役会の決議を経て、当社の中長期的な企業価値を高めること
         を目的とした管理職向けのインセンティブ・プラン「株式付与ESOP(Employee                                     Stock   Ownership     Plan)信託」
         (以下、「ESOP信託」)を第32期より導入しております。
         1.ESOP信託の概要

            ESOP信託とは、米国のESOP制度を参考にした信託型の従業員インセンティブ・プランであり、ESOP信託に
           より取得した当社株式を業績目標の達成度及び役位等に応じて従業員に交付するものです。
            当社が、当社管理職のうち一定の要件を充足する者を受益者として、当社株式の取得資金を拠出すること
           により信託を設定します。ESOP信託は予め定める株式交付規程に基づき当社管理職に交付すると見込まれる
           数の当社株式を取得します。その後、ESOP信託は株式交付規程に従い、管理職の業績目標の達成度及び役位
           等に応じた当社株式を、信託期間終了時に管理職へ交付します。
         2.信託契約の内容

           ・信託の種類          特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託(他益信託)
           ・信託の目的          管理職に対するインセンティブの付与
           ・委託者          当社
           ・受託者          三菱UFJ信託銀行株式会社
                     (共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
           ・受益者          管理職のうち受益者要件を満たす者
           ・信託管理人          当社と利害関係のない第三者
           ・信託契約日          2015年9月1日
           ・信託の期間          2015年9月1日~2018年8月31日(予定)
           ・制度開始日          2015年9月1日
           ・議決権行使          行使しないものとします
           ・取得株式の種類          当社普通株式
           ・取得株式の総額          4,011百万円
           ・株式の取得時期          2015年9月1日
           ・株式の取得方法          当社(第三者割当による自己株式処分)より取得
           ・帰属権利者          当社
         3.管理職に取得させる予定の株式上限総数

           1,366,000株
         4.本インセンティブ・プランによる受益権及びその他の権利を受け取ることができる者の範囲

           管理職のうち受益者要件を満たす者
                                  44/184








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】            会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式
                 の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                                   株式数(株)          価額の総額(円)
                  区分
      取締役会(2017年5月11日)での決議状況
                                     41,000,000         100,000,000,000
      (取得期間 2017年5月12日~2017年9月22日)
                                     33,526,600         99,999,394,503
      当事業年度における取得自己株式
                                      7,473,400            605,497
      残存決議株式の総数及び価額の総額
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                   18.2            0.0
      当期間における取得自己株式 (注)                                    -           -

                                        18.2            0.0
      提出日現在の未行使割合
                                   株式数(株)          価額の総額(円)

                  区分
      取締役会(2018年1月31日)での決議状況
                                     21,000,000         50,000,000,000
      (取得期間 2018年2月1日~2018年3月23日)
                                     18,953,100         49,999,824,150
      当事業年度における取得自己株式
                                      2,046,900            175,850
      残存決議株式の総数及び価額の総額
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                   9.7           0.0
      当期間における取得自己株式 (注)                                    -           -

                                         9.7           0.0
      提出日現在の未行使割合
                                   株式数(株)          価額の総額(円)

                  区分
      取締役会(2018年5月10日)での決議状況
                                     63,000,000         150,000,000,000
      (取得期間 2018年5月11日~2019年3月22日)
                                          -           -
      当事業年度における取得自己株式
                                          -           -
      残存決議株式の総数及び価額の総額
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    -           -
      当期間における取得自己株式 (注)                                 709,500        2,079,452,200

                                        98.9           98.6
      提出日現在の未行使割合
       (注)2018年6月1日から有価証券報告書提出日までの取得株式数は含めておりません。
       (3)【株主総会決議または取締役会決議に基づかないものの内容】

                                   株式数(株)          価額の総額(円)
                  区分
      当事業年度における取得自己株式 (注)1                                   120         354,330
      当期間における取得自己株式   (注)1,2                                    -           -

       (注)1.単元未満株式の買取り請求による自己株式の取得であります。
          2.2018年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりませ
            ん。
                                  45/184





                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                                当期間(注)1
                                 当事業年度
               区分
                              株式数      処分価額の総額          株式数      処分価額の総額
                              (株)        (円)        (株)        (円)
                                 -         -        -        -
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式
                             33,280,732       48,709,013,741          55,209,080      103,234,906,601
      消却の処分を行った取得自己株式
      合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                 -         -        -        -
      行った取得自己株式
                                 -         -        -        -
      その他
      保有自己株式数(注)2                       180,136,600             -   124,927,520             -
       (注)1.2018年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買増請求による受渡株式数は含めており
            ません。
          2.  役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社株式は含めておりません。
                                  46/184
















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、利益配分につきましては、株主の皆様への還元を経営の重要事項と認識しており、財務面の健全性を維持
       しつつ、安定的な配当を継続していくことを基本方針としております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        当事業年度の配当につきましては、中間配当金として既に1株当たり45円00銭を実施いたしました。期末配当金に
       つきましても前事業年度の実績と同じ、1株当たり45円00銭といたしました。
        今後につきましても、引き続き持続的な成長への投資を勘案しながら、連結配当性向35%超を維持する方針として
       おります。
        内部留保資金につきましては、将来の設備投資、新たなサービスの開発、新規事業に向けた設備投資等に備えるも
       のであり、これは将来の利益に貢献し、株主の皆様への利益還元に寄与していくものと考えております。
        当社は、「取締役会の決議によって、毎年9月30日における最終の株主名簿に記載または記録された株主または登
       録株式質権者に対し、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当を支払うことができる。」旨を定款に定めており
       ます。
        当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

                               配当金の総額(百万円)                1株当たり配当額(円)
               決議年月日
                                       109,171                  45
       2017年11月1日 取締役会決議
                                       108,318                  45
       2018年6月20日 定時株主総会決議
       (注)2017年11月1日取締役会決議及び2018年6月20日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員報酬BIP信
          託及び株式付与ESOP信託が保有する当社株式に対する配当金が、それぞれ75百万円含まれております。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第30期          第31期          第32期          第33期          第34期
      決算年月        2014年3月          2015年3月          2016年3月          2017年3月          2018年3月
                           8,550

     最高(円)           6,580                    3,375         3,446          3,260
                        注2   2,779
                           5,000

     最低(円)           3,755                    2,519         2,745.5          2,551.5
                        注2   2,676
       (注)1.     最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

          2.  株式分割(2015年4月1日、1:3)による権利落後の最高・最低価格を示しております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      2017年10月          11月        12月       2018年1月         2月        3月
      最高(円)         3,092        3,216        3,260        2,858        2,834.5        2,728
      最低(円)         2,949        2,961        2,803        2,727        2,565        2,551.5
       (注)   最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                  47/184






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
      男性18名 女性1名(役員のうち女性の比率5.3%)
                                                        所有株式数
      役名      職名       氏名        生年月日               略歴           任期
                                                         (株)
                                 2003年4月     当社執行役員
                                 2007年6月     当社取締役執行役員常務
     代表取締役
                                 2010年6月     当社代表取締役執行役員専務
                 田 中 孝 司        1957年2月26日生                           (注)4     61,100
                                 2010年12月     当社代表取締役社長
      会長
                                 2018年4月     当社代表取締役会長(現在に至
                                      る)
                                 1995年6月     当社取締役
                                 2001年6月     当社執行役員
                                 2003年4月     当社執行役員常務
     代表取締役
                                 2003年6月     当社取締役執行役員常務
                 両 角 寛 文        1956年5月2日生                           (注)4     28,600
                                 2007年6月     当社取締役執行役員専務
      副会長
                                 2010年6月     当社代表取締役執行役員副社長
                                 2018年4月     当社代表取締役副会長(現在に至
                                      る)
                                 2003年4月     当社執行役員
                                 2007年6月     当社取締役執行役員常務
                                 2010年6月     当社代表取締役執行役員専務
          経営戦略本部
                                 2016年6月     当社代表取締役執行役員副社長
          長
     代表取締役
                                 2018年4月     当社代表取締役社長(現在に至
          渉外・コミュ       髙 橋   誠        1961年10月24日生                           (注)4     25,800
      社長
                                      る)
          ニケーション
                                      当社経営戦略本部長兼渉外・コ
                                 2018年6月
          統括本部長
                                      ミュニケーション統括本部長(現
                                      在に至る)
                                 2000年6月     当社取締役

                                 2001年6月     当社執行役員
          コンシューマ
                                 2010年6月     当社取締役執行役員常務
          事業本部長
                                 2011年6月     当社取締役執行役員専務
     代表取締役     メディア・
                                 2014年6月     当社代表取締役執行役員専務
     執行役員     CATV推進本部       石 川 雄 三        1956年10月19日生                           (注)4     40,100
                                 2016年6月     当社代表取締役執行役員副社長
      副社長    担当
                                      (現在に至る)
          商品・CS統括
                                      当社コンシューマ事業本部長兼メ
                                 2018年4月
          本部長
                                      ディア・CATV推進本部担当兼商
                                      品・CS統括本部長(現在に至る)
                                 2013年4月     当社執行役員
                                 2014年4月     当社執行役員常務
     代表取締役
                                 2014年6月     当社取締役執行役員常務
          技術統括本部
                                 2016年4月     当社技術統括本部長(現在に至る)
     執行役員            内 田 義 昭        1956年9月14日生                           (注)4     14,300
          長
                                 2016年6月
                                      当社取締役執行役員専務
      副社長
                                 2018年6月
                                      当社代表取締役執行役員副社長
                                      (現在に至る)
                                 2010年10月     当社執行役員
                                 2014年4月     当社執行役員常務
          ソリューショ
                                 2016年6月     当社取締役執行役員常務
      取締役
          ン事業本部長
                                 2017年4月     当社ソリューション事業本部長兼
     執行役員            東海林   崇        1958年9月26日生                           (注)4     10,400
                                      グローバル事業本部担当(現在に
          グローバル事
      専務
                                      至る)
          業本部担当
                                      当社取締役執行役員専務(現在に
                                 2018年6月
                                      至る)
                                 2010年10月     当社執行役員
                                 2016年4月     当社執行役員常務
      取締役
                                 2016年6月     当社取締役執行役員常務
          コーポレート
     執行役員            村 本 伸 一        1960年3月2日生        2018年4月     当社コーポレート統括本部長(現
                                                    (注)4      8,300
          統括本部長
                                      在に至る)
      専務
                                      当社取締役執行役員専務(現在に
                                 2018年6月
                                      至る)
                                 2014年10月     当社執行役員
          ソリューショ
                                 2017年4月     当社執行役員常務
      取締役    ン事業本部副
                                      当社ソリューション事業本部副事
     執行役員     事業本部長       森   敬 一        1960年2月2日生             業本部長兼ビジネスIoT推進本部長              (注)4      7,800
                                      (現在に至る)
      常務    ビジネスIoT推
                                 2017年6月     当社取締役執行役員常務(現在に
          進本部長
                                      至る)
                                 2015年4月     当社執行役員
                                 2017年4月     当社ライフデザイン事業本部長
      取締役
          ライフデザイ
                                      (現在に至る)
     執行役員            森 田   圭        1961年11月15日生                           (注)4     11,000
                                 2018年4月     当社執行役員常務
          ン事業本部長
      常務
                                 2018年6月     当社取締役執行役員常務(現在に
                                      至る)
                                  48/184



                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
      役名      職名       氏名        生年月日               略歴           任期
                                                         (株)
                                 2009年6月     京セラ株式会社取締役兼執行役員
                                      常務
                                 2013年4月     同社代表取締役社長兼執行役員社
      取締役           山 口 悟 郎        1956年1月21日生             長
                                                    (注)4      1,700
                                 2017年4月     同社代表取締役会長(現在に至
                                      る)
                                 2017年6月
                                      当社取締役(現在に至る)
                                 2013年4月     トヨタ自動車株式会社常務役員
                                 2014年4月     同社総務・人事本部本部長(現在
                                      に至る)
                                 2017年4月     同社専務役員(現在に至る)
                                 2018年1月     同社事業企画部統括(現在に至
      取締役           上 田 達 郎        1961年10月9日生
                                                    (注)4       -
                                      る)
                                 2018年6月
                                      同社中国・アジア本部本部長(現
                                      在に至る)
                                      当社取締役(現在に至る)
                                 1973年3月     弁護士登録
                                 1982年2月     田辺総合法律事務所入所
                                      パートナー就任(現在に至る)
      取締役           田 辺 邦 子        1945年4月1日生                           (注)4      2,100
                                 2003年6月     大同メタル工業株式会社監査役
                                      (現在に至る)
                                 2015年6月     当社取締役(現在に至る)
                                 1995年4月     東北大学大学院情報科学研究科 
                                      教授
                                 2000年4月     東北大学情報シナジーセンター長
                                 2004年4月     東北大学教育研究評議会評議員
      取締役           根 元 義 章        1945年12月2日生
                                                    (注)4       900
                                 2008年4月     東北大学理事
                                 2012年4月     独立行政法人情報通信研究機構 
                                      耐災害ICT研究センター長
                                 2016年6月     当社取締役(現在に至る)
                                 2005年6月     帝人株式会社常務取締役
                                 2006年6月     同社専務取締役
                                 2008年6月     同社代表取締役社長
                                 2014年4月     同社取締役会長
                                 2014年6月     JFEホールディングス株式会社社外
      取締役           大八木  成男        1947年5月17日生                           (注)4       -
                                      監査役(現在に至る)
                                 2018年6月     帝人株式会社相談役(現在に至
                                      る)
                                      当社取締役(現在に至る)
                                 2014年4月     当社執行役員
                                 2016年1月     当社コーポレート統括本部経営管
     常勤監査役            石 津 浩 一        1955年5月19日生             理本部付
                                                    (注)5     12,800
                                 2016年4月     当社常勤顧問
                                 2016年6月     当社常勤監査役(現在に至る)
                                 2009年7月     国土交通省近畿地方整備局副局長
                                 2011年10月     東京ガス株式会社顧問
                                 2014年6月     一般財団法人日本建設情報総合 
     常勤監査役            山 下   章        1956年3月10日生                           (注)5       300
                                      センター理事
                                 2016年6月
                                      当社常勤監査役(現在に至る)
                                 2013年4月     当社執行役員
                                 2016年4月     当社執行役員常務
                                 2018年1月     コーポレート統括本部経営管理本
     常勤監査役            山 本 泰 英        1955年7月3日生                           (注)6      6,300
                                      部付
                                 2018年4月     当社常勤顧問
                                 2018年6月
                                      当社常勤監査役(現在に至る)
                                 1981年5月     髙野総合会計事務所開設
                                 2008年10月     学校法人幾徳学園 神奈川工科大
                                      学評議員(現在に至る)
                                 2010年7月     税理士法人髙野総合会計事務所・
                                      髙野総合グループ総括代表(現在
      監査役           髙 野 角 司        1940年4月7日生             に至る)              (注)5      1,300
                                 2014年5月     東京医師歯科医師協同組合監事
                                      (現在に至る)
                                 2014年6月     ソースネクスト株式会社監査役
                                      (現在に至る)
                                 2016年6月
                                      当社監査役(現在に至る)
                                 2008年6月     株式会社デンソー代表取締役社長
                                 2015年6月     株式会社デンソー代表取締役会長
                                 2016年6月     当社監査役(現在に至る)
                                      中部電力株式会社監査役(現在に
      監査役           加 藤 宣 明        1948年11月3日生             至る)              (注)5       -
                                 2017年6月     トヨタ紡織株式会社取締役          (現在
                                      に至る)
                                      株式会社デンソー相談役(現在に
                                 2018年6月
                                      至る)
                              計                           232,800
                                  49/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       (注)1.取締役山口悟郎、上田達郎、田辺邦子、根元義章、大八木成男の各氏は、社外取締役であります。
          2.常勤監査役山下章、監査役髙野角司及び加藤宣明の各氏は、社外監査役であります。
          3.当社では、意思決定・監督と執行の分離による、取締役会の活性化及び業務執行の迅速化を図るために執
            行役員制を導入しております。執行役員は上記取締役兼務6名を含む27名で構成されております。
          4.2018年6月20日開催の定時株主総会終結の時から1年以内に終了する事業年度に関する定時株主総会の終
            結の時までであります。
          5.2016年6月22日開催の定時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する
            定時株主総会の終結の時までであります。
          6.2018年6月20日開催の定時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する
            定時株主総会の終結の時までであります。
          7.所有株式数については、2018年3月31日現在の株主名簿に基づく記載としております。
                                  50/184

















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方及びその施策の実施状況
        ①コーポレート・ガバナンス及び内部統制に関する基本的な考え方
         ・当社は、株主の皆様にとっての企業価値を高める上で、コーポレート・ガバナンスの確立は重要な課題である
          と考えており、経営の効率化と透明性の向上に努めております。
         ・会社法第362条第5項の規定に基づき、「内部統制システム構築の基本方針」を取締役会にて決議、対外的に公
          表し、会社業務の執行の公正性、透明性及び効率性を確保するとともに、企業クオリティを向上すべく、実効
          性のある内部統制システムの整備を図っております。
        ②コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況
          会社の経営上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織その他のコーポレート・ガバナンス体制を構築し
         ております。
        (取締役会)
          社外取締役及び独立社外取締役を含む取締役で構成し、法令等に定める重要事項                                     及び経営計画等       の決定を行う
         とともに取締役等の適正な職務執行が図られるよう監督しております。
        (業務執行体制)
         ・執行役員制度により権限の委譲と責任体制の明確化を図り、有効かつ効率的に業務を遂行しております。
         ・取締役会付議事項の他、業務執行に係る重要事項については、取締役、執行役員等にて構成される経営会議に
          おいて決定しております。
        (監査役の職務遂行の実効性を確保するための体制)
         ・監査役は、取締役会に出席する他、経営会議を始め社内主要会議に出席するとともに、重要な会議の議事録、
          稟議書、契約書等を閲覧することができる措置を講じております。
         ・取締役及び従業員、子会社の取締役等並びに内部監査部門は、監査役の職務遂行に必要な情報を適宜・適時監
          査役に報告する他、当社および子会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見した場合は直ちに監査役
          に報告しております。また、取締役及び従業員、子会社の取締役等並びに内部監査部門は、監査役と意見交換
          を行い、連携を図っております。
         ・監査役の職務を補助するための監査役室を設置し、専任の従業員を配置しております。また、当該従業員に対
          する指揮命令権は各監査役に属するものとし、その人事については、事前に監査役会又は監査役会の定める常
          勤監査役の同意を得ております。
         ・監査役に対する報告を行ったことにより、報告を行った者が不利益を被らない措置を講じております。
         ・監査役が職務を遂行可能とするために必要な費用については、前払いを含めてその支払いに応じております。
         ・定例的に会計監査人から会計監査の年度計画及び会計監査の状況及びその結果について報告を聴取する他、必
          要に応じ適宜意見交換を実施いたします。
        (内部監査)
          内部監査部門が、当社グループの業務全般を対象に内部監査を実施し、内部統制体制の適切性や有効性を定期
         的に検証しております。内部監査結果は問題点の改善・是正に関する提言を付して代表取締役社長に報告する
         他、監査役に報告を行っております。
        (会計監査の状況)
          当連結会計年度において、会計監査業務を執行した公認会計士、連続して監査に関与した会計監査期間及び補
         助者の状況は以下のとおりであります。なお、当該公認会計士及び補助者は、PwC京都監査法人に所属してお
         ります。
        指定社員
         業務執行社員 松永 幸廣              (6年)
        指定社員
         業務執行社員 若山 聡満              (4年)
        指定社員
         業務執行社員 岩瀬 哲朗 (2年)
        補助者の人数
         公認会計士    10名
         その他      25名
           計      35名
          (注)その他は公認会計士試験合格者、システム監査担当者等であります。
                                  51/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        (コンプライアンス)
         ・ 全ての取締役及び従業員は、職務の執行に際し遵守すべき基本原則を掲げた「KDDI行動指針」に基づき、常に
          高い倫理観を維持し、適正な職務の執行を図っております。
          また、反社会的勢力に対しては毅然とした対応をとり、一切の関係遮断に取り組んでおります。
         ・ 当社グループの企業倫理に係る会議体において、当社グループ各社の重大な法令違反その他コンプライアンス
          に係わる問題、事故の早期発見・対処に取組んでおります。また、社内外に設置されているコンプライアンス
          に係る内部通報制度の適切な運用を図っております。さらに社内外研修、社内の啓発活動等により、コンプラ
          イアンスの理解と意識向上に努めております。
        (リスク管理)

         ・ 取締役等で構成される経営戦略等に係る会議体において、当社グループの持続的な成長を図るべく、ビジネス
          リスクの分析及び事業の優先順位付けを厳正に行い、適切な経営戦略や経営計画を策定しております。その実
          現のため、業績管理に係る会議体において、月次でビジネスリスクを監視し、業績管理の徹底を図っておりま
          す。
         ・ 各部門に「内部統制責任者」を設置し、経営目標を適正かつ効率的に達成するためのリスク管理を自律的に推
          進しております。
         -   リスク情報を定期的に洗い出しこれを一元的に管理するリスク管理部門を中核とし、全ての部門、取締役及
           び従業員が連携して、社内関連規程に基づき、当社グループのリスクを適切に管理し、経営目標の適正かつ
           効率的な達成に取り組んでおります。
         -   会社事業に重大かつ長期にわたり影響を与える事項については、事業へのリスクを可能な限り低減するため
           の対応策を検討し、策定しております。
         -   財務報告に係る内部統制については、金融商品取引法に基づく内部統制報告制度に従い、連結ベースで全社
           的な内部統制の状況や重要な業務プロセスについて、文書化、評価及び改善を行い、財務報告の信頼性の一
           層の向上を図っております。
         -   業務の有効性・効率性の向上や資産の適正な取得・保管・処分等、当社グループの業務品質向上のために必
           要な体制の整備、充実を図っております。
         ・ 電気通信事業者として、以下の取り組みを行っております。
         - 通信の秘密の保護
          通信の秘密は、これを保護することが当社グループの企業経営の根幹であり、これを厳守しております。
         - 情報セキュリティ
          お客さま情報等の漏えいの防止、電気通信サービス用ネットワークへのサイバーテロの防護など会社の全情報
          資産の管理については、情報セキュリティに関する会議体等において、その施策を策定し、取締役及び従業員
          が連携して情報セキュリティの確保を図っております。
         - 災害時等におけるネットワーク及びサービスの復旧
          重大な事故・障害、大規模災害等による通信サービスの停止、中断等のリスクを可能な限り低減するため事業
          継続計画(BCP)を策定し、ネットワークの信頼性向上とサービス停止の防止施策を実施しております。
          非常災害発生時等には、迅速な復旧等のため、可及的速やかに対策本部を設置して対応にあたっております。
        ( ステークホルダーとの協働に係る取り組み                    )

         ・ 全社を挙げての以下の活動取り組みにより、当社グループの活動全体に対する支持と信頼を獲得し、お客さま
          満足度の向上と顧客基盤の強化・拡大の達成に取り組んでおります。
         -   お客さまニーズや苦情への迅速かつ適切な対応により、お客さまの体験価値の向上を目指すCX(Customer
           Experience)活動に取り組んでおります。
         -   諸法令を遵守し、お客さまに安心、安全で高品質な製品・サービスを提供するとともに、製品・サービスの
           提供にあたっては、お客さまが適切に製品・サービスを選択し利用できるよう、わかりやすい情報の提供と
           適正な表示を行っております。
         ・ 全てのステークホルダーから理解と信頼を得るため、当社グループの経営の透明性を確保し、当社グループの
          広報・IR活動の更なる充実に努めております。
         ・ 当社グループを取り巻くビジネスリスクについては、情報開示に係る会議体において、公正に洗い出し、適
          時、適正に開示しております。更に当社グループの社会的責任に係る事項について、環境への取り組みや社会
          的貢献等を含め、サステナビリティを推進する部門を中心に、CSR報告書(サステナビリティレポート)を作
          成し、開示しております。
                                  52/184



                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        (企業集団における業務の適正を確保するための体制)
         ・子会社での業務の適正を確保するため子会社管理に関する規程を定め、以下の体制を整備しております。
         - 子会社毎に当該子会社の管理を主管する出資先管理部門及び子会社横断での統括管理部門を定め、子会社に
           対する管理及び支援体制を確立しております。
         - 子会社に派遣する取締役、監査役及びその他の従業員に係る子会社管理上の役割を定め、子会社におけるガ
           バナンスの実効性を確保しております。
         - 子会社の重要な意思決定事項に関し、当社の取締役及び経営会議等での承認対象項目及び手順を定め、子会
           社の管理体制を確立しております。
         - 子会社に対する報告対象項目及び手続きを定め、子会社との連携体制を確立しております。
         ・リスク管理
          各子会社にKDDIグループとしての「内部統制責任者」を設置し、各子会社での業務の適正を確保するとともに
          リスクの適切な管理及び低減策を推進し、経営目標の適正かつ効率的な達成に取り組んでおります。
         ・コンプライアンス
          各子会社の企業倫理に係る会議体を通じて、子会社の重大な法令違反、その他コンプライアンスに係わる問
          題、事故の早期発見・対処に取り組むとともに、各子会社に内部通報制度を導入し、適切に運用しておりま
          す。また、「KDDI         行動指針」に準じ、子会社の取締役及び全従業員が常に高い倫理感を維持し、適正な職務
          の執行を図る体制の確保を推進しております。
          当社のコーポレート・ガバナンス体制は、次のとおりです。

                                                 (2018年6月21日現在)
                                  53/184














                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        (現状の体制を採用している理由)
          当社は、コーポレート・ガバナンスに期待されている「適正かつ効率的な業務執行」及び「適切な監査・監督
         機能」の観点から、社外取締役を複数選任し、過半数の社外監査役を含む監査役会等と連携する体制を採用して
         おります。
          「適正かつ効率的な業務執行」については、社内取締役を中心とする取締役会による迅速な意思決定が可能で
         あるという点で効率性が高く、「適切な監査・監督機能」については、業務執行に係る機関に対して独立役員を
         含む社外役員による多様な視点からのチェックが行われるという点で監査・監督機能が適切に機能していると判
         断しております。特に、監査役は、取締役会における議決権を有しておらず、取締役の職務執行について客観的
         な監査が可能であり、さらに、独立社外監査役は、他の経営陣から独立した立場での監査が可能であると考えて
         おります。
        ③役員報酬

       (イ)   役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(百万円)
                  報酬等の総額
                                                    対象となる役員の
         役員区分
                                                     員数(名)
                  (百万円)
                            基本報酬          賞与        株式報酬
     取締役
                       650         393         146         111         10
     (社外取締役を除く)
                        75         75         -         -         6
     社外取締役
     監査役
                        52         52         -         -         2
     (社外監査役を除く)
                        50         50         -         -         3
     社外監査役
       (注)1.    上記の取締役の支給人員には、2017年6月21日開催の第33期定時株主総会終結の時をもって退任した取締役

           2名(うち社外取締役1名)を含んでおります。なお、賞与の支給人数は、該当者を除く9名となります。
         2.  上記に係る取締役の基本報酬の限度額は、2014年6月18日開催の第30期定時株主総会において月額5,000万
           円以内と決議いただいております。
         3.  監査役の報酬限度額は、2016年6月22日開催の第32期定時株主総会において年額13,000万円以内と決議いた
           だいております。(事業年度単位となります。)
         4.  取締役(社外取締役を除く)の賞与の額は、2011年6月16日開催の第27期定時株主総会において当該事業年
           度の連結当期純利益(IFRSでは親会社の所有者に帰属する当期利益)の0.1%以内と決議いただいておりま
           す。
         5.  取締役の業績連動型株式報酬(役員報酬BIP信託)は、2015年6月17日開催の第31期定時株主総会において
           導入の決議をいただいております。これは、賞与とは別枠で、新たな「業績連動型株式報酬」を、2015年度
           から2017年度までの3年間に在任する当社の取締役等に対して支給するものであります。
         6.  前記以外に2004年6月24日開催の第20期定時株主総会において、役員退職慰労金制度廃止に伴う取締役及び
           監査役に対する退職慰労金精算支給を決議いただいております。
       (ロ)   報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等
                                       報酬等の種類別の総額(百万円)
                              報酬等の総額
        氏名      役員区分       会社区分
                               (百万円)
                                      基本報酬       賞与     株式報酬
                                    124      78      25      21
     田中 孝司         取締役     提出会社
        (報酬等の内容の決定に関する方針)

          当社は、以下のとおり取締役及び監査役の報酬等の内容の決定に関する方針を定めております。また、役員報
         酬の体系及び水準について、その透明性、客観性を確保するため、取締役会の諮問に基づき審議を行い、助言す
         る機関として、報酬諮問委員会を設置しております。本委員会は、議長・副議長及び半数以上の委員を社外取締
         役で構成しております。
         ・取締役の報酬に関する方針
          取締役の報酬は、各事業年度における業績の向上及び中長期的な企業価値の向上に向けて職責を負うことを考
          慮し、定額報酬及び業績連動型の役員賞与・株式報酬で構成しております。定額報酬は、各取締役の役職に応
          じて、経営環境等を勘案して決定しております。役員賞与・株式報酬は、各事業年度の当社グループの業績目
          標の達成度及び各取締役の役職に基づいて決定しております。
          取締役の経営責任を明確にし、業績向上に対するインセンティブを一層高めるため、2011年6月16日開催の第
          27期定時株主総会において、役員賞与を、当期純利益(IFRSでは親会社の所有者に帰属する当期利益)の
                                  54/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
          0.1%以内の業績連動型の変動報酬としております。さらに、2015年6月17日開催の第31期定時株主総会にお
          いて、業績連動型株式報酬制度の導入が承認され、同9月1日に本制度を開始しており、これにより、業績連
          動 報酬の割合を高めました。取締役の報酬体系及び水準につきましては、当社グループを取り巻く環境の変化
          に迅速に対応しながら、持続的な成長と中長期的な企業価値向上という経営目標に対する取締役の責任を考慮
          して設定したものであります。
         ・監査役の報酬に関する方針
          監査役の報酬は、監査役の協議にて決定しており、当社の業績により変動することのない定額報酬のみを支給
          することにしております。
        ④社外取締役及び社外監査役との関係等

        (利害関係等)
         ・ 取締役山口悟郎氏は、京セラ株式会社の代表取締役会長であり、当社は同社と商取引関係及び資本関係があり
          ます。
         ・ 取締役上田達郎氏は、トヨタ自動車株式会社の専務役員であり、当社は同社と商取引関係及び資本関係があり
          ます。
         ・ 当社と京セラ株式会社及びトヨタ自動車株式会社の間には商取引関係がありますが、当社単体の営業収益及び
          営業費用に占める各社との取引額はいずれも5%未満です。なお、当社連結売上高及び営業費用に占める正確
          な比率は不明ですが、当社の単体営業収益が連結売上高に占める比率、両者事業内容の関連性等から、単体に
          おける比率と大きく乖離することはないと考えております。
         ・ 京セラ株式会社及びトヨタ自動車株式会社の当社株式の保有状況については、1.株式等の状況(6)大株主
          の状況に記載のとおりです。
         ・ 取締役田辺邦子氏は、田辺総合法律事務所のパートナーであり、当社と同事務所との間に電気通信事業におけ
          るサービス提供等の商取引関係がありますが、当社単体の営業収益に占める同事務所との取引額は0.1%未満
          です。なお、当社連結売上高に占める正確な比率は不明ですが、当社の単体営業収益が連結売上高に占める比
          率、事業内容の関連性等から、単体における比率と大きく乖離することはないと考えております。
         ・ 取締役根元義章氏は、独立行政法人情報通信研究機構 耐災害ICT研究センター長等を歴任され、当社と同法
          人との間に電気通信事業におけるサービス提供等の商取引関係がありますが、当社単体の営業収益に占める同
          法人との取引額は0.1%未満です。なお、当社連結売上高に占める正確な比率は不明ですが、当社の単体営業
          収益が連結売上高に占める比率、事業内容の関連性等から、単体における比率と大きく乖離することはないと
          考えております。
         ・取締役大八木成男氏は、帝人株式会社の相談役であり、当社と同事務所との間に電気通信事業におけるサービ
          ス提供等の商取引関係がありますが、当社単体の営業収益に占める同事務所との取引額は0.1%未満です。な
          お、当社連結売上高に占める正確な比率は不明ですが、当社の単体営業収益が連結売上高に占める比率、事業
          内容の関連性等から、単体における比率と大きく乖離することはないと考えております。
         ・常勤監査役山下章氏は一般財団法人日本建設情報総合センターの理事等を歴任され、当社と同法人との間に電
          気通信事業におけるサービス提供等の商取引関係がありますが、当社単体の営業収益に占める同法人との取引
          額は0.1%未満です。なお、当社連結売上高に占める正確な比率は不明ですが、当社の単体営業収益が連結売
          上高に占める比率、両者事業内容の関連性等から、単体における比率と大きく乖離することはないと考えてお
          ります。したがいまして、社外監査役の独立性に影響を及ぼすものではありません。
         ・監査役髙野角司氏は税理士法人髙野総合会計事務所・髙野総合グループの総括代表であり、当社と同グループ
          との間に電気通信事業におけるサービス提供等の商取引関係がありますが、当社単体の営業収益に占める同グ
          ループとの取引額は0.1%未満です。なお、当社連結売上高に占める正確な比率は不明ですが、当社の単体営
          業収益が連結売上高に占める比率、両者事業内容の関連性等から、単体における比率と大きく乖離することは
          ないと考えております。したがいまして、社外監査役の独立性に影響を及ぼすものではありません。
         ・監査役加藤宣明氏は株式会社デンソーの相談役であり、当社と同社との間に電気通信事業におけるサービス提
          供等の商取引関係がありますが、当社単体の営業収益に占める同社との取引額は0.1%未満です。なお、当社
          連結売上高に占める正確な比率は不明ですが、当社の単体営業収益が連結売上高に占める比率、両社の事業内
          容の関連性等から、単体における比率と大きく乖離することはないと考えております。したがいまして、社外
          監査役の独立性に影響を及ぼすものではありません。
         ・社外取締役及び社外監査役の当社株式の保有状況については、5.役員の状況に記載のとおりです。
                                  55/184




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        ( 企業統治における機能・役割、選任状況                   )
         ・当社は、コーポレート・ガバナンス向上の手段として独立性の高い社外役員の導入が有効であると認識してお
          り、金融商品取引所が定める基準に加え、当社独自の基準を定めております。具体的には、当社の連結売上ま
          たは発注額に占める割合が1%以上の取引先様の出身者は、一律、独立性がないものとして扱っております。
         ・取締役山口悟郎氏及び上田達郎氏は、上場企業の役員として経営や執行の豊富な経験及び識見を有しており、
          これらの経験と識見を当社事業活動の監督に取り入れる観点から選任しております。
         ・取締役田辺邦子氏は、会社経営に直接関与した経験はありませんが、法律事務所パートナーとして培われた豊
          富な経験と優れた専門的知見を有しており、当社の企業価値向上に寄与いただけるとの観点から選任しており
          ます。また、一般株主と利益相反の生じる恐れがなく、中立・公正な立場を保持しているとの判断から、株式
          会社東京証券取引所の有価証券上場規程第436条の2に規定する独立役員に指定しております。
         ・取締役根元義章氏は、会社経営に直接関与した経験はありませんが、当社事業と関連性の高い、通信・ネット
          ワーク工学及び情報処理や、事業運営上重要な耐災害に関する優れた専門的知見を有しており、当社の企業価
          値向上に寄与いただけるとの観点から選任しております。また、一般株主と利益相反の生じる恐れがなく、中
          立・公正な立場を保持しているとの判断から、株式会社東京証券取引所の有価証券上場規程第436条の2に規
          定する独立役員に指定しております。
         ・取締役大八木成男氏は、世界有数の合成繊維、化成品、医薬医療、流通・リテイル分野の企業の経営者として
          培われた豊富な経験と優れた識見を有しており、当社の企業価値向上に寄与いただけるとの観点から選任して
          おります。また、一般株主と利益相反の生じる恐れがなく、中立・公正な立場を保持しているとの判断から、
          株式会社東京証券取引所の有価証券上場規程第436条の2に規定する独立役員に指定しております。
         ・常勤監査役山下章氏は、会社経営に直接関与した経験はありませんが、長年の行政実務及び各種団体の業務執
          行等により培われた豊富な経験と識見を有しており、これらの経験と識見を、経営全般の監視と適正な監査活
          動に生かしていただく観点から選任しております。また、一般株主と利益相反の生じる恐れがなく、中立・公
          正な立場を保持しているとの判断から、株式会社東京証券取引所の有価証券上場規程第436条の2に規定する
          独立役員に指定しております。
         ・監査役髙野角司氏は、公認会計士、会計事務所代表、他社監査役としての豊富な経験と識見に加え、各種団体
          の業務執行等により培われた経験と識見を有しており、会計を中心としたこれらの経験と識見を、経営全般の
          監視と適正な監査活動に生かしていただく観点から選任しております。また、一般株主と利益相反の生じる恐
          れがなく、中立・公正な立場を保持しているとの判断から、株式会社東京証券取引所の有価証券上場規程第
          436条の2に規定する独立役員に指定しております。
         ・ 監査役加藤宣明氏は、上場企業の取締役・監査役や各種団体の業務執行等により培われた豊富な経験と識見を
          有しており、これらの経験と識見を、経営全般の監視と適正な監査活動に生かしていただく観点から選任して
          おります。また、一般株主と利益相反の生じる恐れがなく、中立・公正な立場を保持しているとの判断から、
          株式会社東京証券取引所の有価証券上場規程第436条の2に規定する独立役員に指定しております。
        (監督・監査における連携等)

         ・ 社外取締役について、取締役会に出席いただけない場合には、取締役会の議事の内容等について、適宜報告す
          るとともに、当社の経営について、ご意見・アドバイスを伺っております。
         ・ 社外監査役は、監査役会が定めた監査方針及び計画に基づき監査業務を行っております。また、監査役会にお
          いて各監査役の監査の方法並びにその結果について報告を受け協議をする他、取締役会に出席し適宜意見を表
          明しております。
         ・ 社外取締役は取締役会を通じて、社外監査役は取締役会並びに監査役会を通じて、それぞれ必要な情報の収集
          及び意見の表明を行い、適宜そのフィードバックを受けることで、内部監査や会計監査と相互に連携を図って
          おります。また、リスク管理部門とは、本連携の枠組みの中で、コーポレート・ガバナンス強化及び持続的な
          成長と中長期的な企業価値向上を目指した協力関係を構築しております。
        (責任限定契約の内容の概要)

         ・ 当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、
          同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限
          度額は、会社法第425条第1項に定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締
          役及び監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
                                  56/184




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        ⑤取締役の定数

         当社の取締役は20名以内とする旨定款に定めております。
        ⑥取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもってこれを決する旨、また、取締役の選任決議については累積投票によら
         ないものとする旨定款に定めております。
        ⑦剰余金の配当等の決定機関

         当社は、取締役会の決議によって、毎年9月30日における最終の株主名簿に記載または記録された株主または登
         録株式質権者に対し、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当(以下、「中間配当金」という。)を支払う
         ことができる旨定款に定めております。これは、中間配当金を取締役会の権限とすることにより、株主への機動
         的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
        ⑧自己株式の取得

         当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得する
         ことができる旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を可能とするた
         め、市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
        ⑨株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項の定めによる株主総会の決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の
         3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これ
         は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とする
         ものであります。
        ⑩株式の保有状況

         ・投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
          106銘柄 101,366百万円
         ・保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
        前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
       特定投資株式
                            株式数      貸借対照表計上額
               銘柄                                   保有目的
                            (株)       (百万円)
                                           IoT分野での協業
                           7,994,500
      トヨタ自動車株式会社                                 48,303
                                           ゲーム事業での協業
      グリー株式会社                      8,000,000            5,608
                                           コンテンツ事業(音楽等)での協業
      ぴあ株式会社                       986,600           2,896
                                           東日本地区電気通信事業の強化
      東日本旅客鉄道株式会社                       298,700           2,896
                                           位置情報を活用したビジネスでの協業
      株式会社コロプラ                      2,550,000            2,632
                                           安定的な通信設備設置場所の確保
      日本空港ビルデング株式会社                       609,000           2,354
                                           音楽等メディア・コンテンツ事業の拡大
      株式会社スペースシャワーネットワーク                      1,500,000            1,025
                                           インターネットサービス等の利用促進
      株式会社Jストリーム                      1,522,800             891
                                           データサービス等の利用促進
      株式会社インターネットイニシアティブ                       420,000            844
                                           金融取引の円滑化
      株式会社大和証券グループ本社                       518,000            351
                                           法人向けサービスの利用促進
      日本テレビホールディングス株式会社                       155,480            298
                                           au携帯電話向けサービスの共同開発
      株式会社ソケッツ                       240,000            296
                                           マーケティングリサーチの強化
      株式会社クロップス                       400,000            236
                                           au携帯電話、スマートフォン向け技術の先行
      株式会社アクロディア                       430,000            144
                                           優先開発
                                           コンテンツ事業(ヘルスケア分野)での協業
      ネオス株式会社                       210,000            96
                                           金融取引の円滑化
      野村ホールディングス株式会社                       126,000            87
                                           法人向けサービスの利用促進
      パナソニック株式会社                       60,000            75
                                           中部地区電気通信事業の連携強化
      中部電力株式会社                       24,361            36
                                           法人向けサービスの利用促進
      中外炉工業株式会社                       52,000            11
                                           法人向けサービスの利用促進
      株式会社デジタルアドベンチャー                       163,625             6
                                  57/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
       特定投資株式
                            株式数      貸借対照表計上額
               銘柄                                   保有目的
                            (株)       (百万円)
                                           IoT分野での協業
                           7,994,500
      トヨタ自動車株式会社                                 54,562
                                           コンテンツ事業(音楽等)での協業
      ぴあ株式会社                      1,400,000            7,630
                                           ゲーム事業での協業
      グリー株式会社                      8,000,000            4,840
                                           東日本地区電気通信事業の強化
      東日本旅客鉄道株式会社                       298,700           2,946
                                           安定的な通信設備設置場所の確保
      日本空港ビルデング株式会社                       609,000           2,476
                                           位置情報を活用したビジネスでの協業
      株式会社コロプラ                      2,550,000            2,361
                                           音楽等メディア・コンテンツ事業の拡大
      株式会社スペースシャワーネットワーク                      1,500,000            1,265
                                           データサービス等の利用促進
      株式会社インターネットイニシアティブ                       420,000            906
                                           インターネットサービス等の利用促進
      株式会社Jストリーム                      1,522,800             757
                                           マーケティングリサーチの強化
      株式会社クロップス                       400,000            365
                                           金融取引の円滑化
      株式会社大和証券グループ本社                       518,000            352
                                           au携帯電話向けサービスの共同開発
      株式会社ソケッツ                       240,000            325
                                           法人向けサービスの利用促進
      日本テレビホールディングス株式会社                       155,480            293
                                           au携帯電話、スマートフォン向け技術の先行
      株式会社アクロディア                       430,000            158
                                           優先開発
                                           法人向けサービスの利用促進
      パナソニック株式会社                       60,000            91
                                           コンテンツ事業(ヘルスケア分野)での協業
      ネオス株式会社                       210,000            84
                                           金融取引の円滑化
      野村ホールディングス株式会社                       126,000            78
                                           中部地区電気通信事業の連携強化
      中部電力株式会社                       24,300            37
       ・保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並びに当事

        業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
                 前事業年度
                                     当事業年度(百万円)
                 (百万円)
                 貸借対照表計         貸借対照表計          受取配当金          売却損益         評価損益
                 上額の合計額         上額の合計額          の合計額         の合計額         の合計額
      非上場株式                -         -         -         -         -
      上記以外の株式                 0         0         0         -          0
                                  58/184










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査証明業務に基づ            監査証明業務に基づく            非監査証明業務に基づ
               報酬(百万円)            く報酬(百万円)            報酬(百万円)            く報酬(百万円)
      提出会社                 443            105            445            151

      連結子会社                 503            13           532             8

         計              946            118            977            159

        ②【その他重要な報酬の内容】

        (前連結会計年度)
          当社の連結子会社であるTELEHOUSE                  Holdings     Limited他33社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワー
         クに属しているプライスウォーターハウスクーパースに対して232百万円の監査証明業務に基づく報酬を支払っ
         ております。
        (当連結会計年度)

          当社の連結子会社であるTELEHOUSE                  Holdings     Limited他34社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワー
         クに属しているプライスウォーターハウスクーパースに対して384百万円の監査証明業務に基づく報酬を支払っ
         ております。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        (前連結会計年度)
          当社は、監査公認会計士等に財務調査等を委託し、対価を支払っております。
        (当連結会計年度)

          当社は、監査公認会計士等に財務調査等を委託し、対価を支払っております。
        ④【監査報酬の決定方針】

          監査報酬の決定方針については               、当社の規模及び事業の特性、監査日数等を勘案し、監査役会の同意を得て決
         定しております。
                                  59/184










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1) 当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省
        令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、指定国際会計基準として国際財務報告基
        準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成しております。
         本報告書の連結財務諸表等の金額の表示は、百万円未満を四捨五入して記載しております。
       (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基

        づき、同規則及び「電気通信事業会計規則」(昭和60年郵政省令第26号)により作成しております。
         本報告書の財務諸表等の金額の表示は、百万円未満を四捨五入して記載しております。
      2 監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31
        日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の財務諸表について、PwC
        京都監査法人により監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

       正に作成することができる体制の整備について
         当社は、以下のとおり連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸
        表等を適正に作成するための体制の整備を行っております。
        (1) 会計基準等の内容を適切に把握できる体制を構築するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、セミ
          ナーへ参加しております。
        (2) IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準

          の把握を行っております。また、IFRSに準拠したグループ会計方針書を作成し、それに基づいて会計処理を
          行っております。
                                  60/184











                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                           注記
                                 (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
     資産
      非流動資産:
       有形固定資産                    6,8             2,428,445               2,437,196
                           4,7,8
       のれん                                  477,873               526,601
                           7,8
       無形資産                                  922,478               953,106
                            9
       持分法で会計処理されている投資                                  92,371               98,192
                          12,32,33
       その他の長期金融資産                                  183,081               236,684
                           16
       繰延税金資産                                  124,467               106,050
                           13              69,085               65,477
       その他の非流動資産
       非流動資産合計                                4,297,800               4,423,306
      流動資産:

                           10
       棚卸資産                                  77,656               89,207
                           11,32
       営業債権及びその他の債権                                1,518,070               1,695,403
                          12,32,33
       その他の短期金融資産                                  16,968               30,173
       未収法人所得税                                  10,715                2,101
                           13
       その他の流動資産                                  116,009               133,531
                           4,14              226,607               200,834
       現金及び現金同等物
       流動資産合計                                1,966,025               2,151,249
                                        6,263,826               6,574,555
      資産合計
                                  61/184











                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                           注記
                                 (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
     負債及び資本
     負債
      非流動負債:
                          15,32,33
       借入金及び社債                                  909,673               704,278
                          19,32,33
       その他の長期金融負債                                  176,794                68,478
                           17
       退職給付に係る負債                                  21,800               12,010
                           16
       繰延税金負債                                  75,919               80,298
                           20
       引当金                                   7,725               10,754
                           21             141,290               129,679
       その他の非流動負債
       非流動負債合計                                1,333,201               1,005,498
      流動負債:

                          15,32,33
       借入金及び社債                                  57,805               329,559
                           18,32
       営業債務及びその他の債務                                  537,830               610,726
                          19,32,33
       その他の短期金融負債                                  24,373               24,717
       未払法人所得税                                  153,950               143,635
                           20
       引当金                                  26,887               31,231
                           21             280,646               297,932
       その他の流動負債
       流動負債合計                                1,081,491               1,437,800
      負債合計                                  2,414,692               2,443,298
     資本

      親会社の所有者に帰属する持分
                           23
       資本金                                  141,852               141,852
                           22,23
       資本剰余金                                  298,046               289,578
                           23
       自己株式                                △237,014               △338,254
                           23
       利益剰余金                                3,354,140               3,672,344
                           23
                                         △2,601                 8,183
       その他の包括利益累計額
      親会社の所有者に帰属する持分合計
                                        3,554,423               3,773,703
                                         294,710               357,554
      非支配持分                     39
      資本合計                                  3,849,133               4,131,257
                                        6,263,826               6,574,555
      負債及び資本合計
          後述の注記1~42は、当連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                  62/184








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                            注記
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                             25
     売上高
                                        4,748,259               5,041,978
                             26           2,669,678               2,821,803
     売上原価
     売上総利益                                   2,078,582               2,220,175
                             26
     販売費及び一般管理費
                                        1,173,562               1,271,215
                             27
     その他の収益                                    11,244               12,041
                             27
     その他の費用                                     6,042               2,801
                             9
                                          2,755               4,592
     持分法による投資利益
     営業利益                                    912,976               962,793
                             28
     金融収益
                                          1,711               4,035
                             28
     金融費用                                    13,273               11,985
                             29            △5,517                  305
     その他の営業外損益
     税引前当期利益                                    895,897               955,147
                             16
     法人所得税費用                                    253,282               293,951
                                         642,615               661,196
     当期利益
     当期利益の帰属

      親会社の所有者                                   546,658               572,528
                                         95,957               88,668
      非支配持分
                                         642,615               661,196
     当期利益
                             35

     親会社の所有者に帰属する1株当たり当期利益
      基本的1株当たり当期利益(円)
                                         221.65               235.54
      希薄化後1株当たり当期利益(円)
                                         221.60               235.45
           後述の注記1~42は、当連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                  63/184










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                           注記
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
     当期利益
                                         642,615               661,196
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
                           17,30              △3,083                 4,132
       確定給付型年金制度の再測定額
       その他の包括利益を通じて公正価値で
                           30,32              △3,444                 8,359
       測定する金融資産の公正価値変動額
       持分法適用会社におけるその他の
                                         △1,635                 △149
                           9,30
       包括利益に対する持分相当額
                                         △8,162                12,342
        合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                           30,32               1,457                 933
       キャッシュ・フロー・ヘッジ
                            30            △13,581                 1,515
       在外営業活動体の換算差額
       持分法適用会社におけるその他の
                                          △173                △25
                           9,30
       包括利益に対する持分相当額
        合計                                △12,297                 2,423
                                        △20,459                 14,766
     その他の包括利益合計
                                         622,156               675,961
     当期包括利益合計
     当期包括利益合計の帰属

      親会社の所有者                                   527,581               588,324
                                         94,575               87,638
      非支配持分
                                         622,156               675,961
       合計
      (注) 上記の計算書の項目は税引後で開示しております。

          その他の包括利益の各内訳項目に関連する法人所得税は「注記16.繰延税金及び法人所得税」にて開示してお
          ります。
           後述の注記1~42は、当連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                  64/184









                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結持分変動計算書】
           前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                             親会社の所有者に帰属する持分
                                                    非支配      資本
                                         その他の
                 注記
                          資本     自己     利益
                                                    持分     合計
                     資本金                    包括利益      合計
                          剰余金      株式     剰余金
                                         累計額
     2016年4月1日
                     141,852     368,245    △210,861     2,995,836      13,570    3,308,642      238,214    3,546,856
     当期包括利益
      当期利益                 -     -     -   546,658       -   546,658      95,957     642,615
                       -     -     -     -   △19,077     △19,077      △1,382     △20,459
      その他の包括利益
       当期包括利益合計                -     -     -   546,658     △19,077      527,581      94,575     622,156
     所有者との取引額等
      剰余金の配当
                  24     -     -     -  △185,446        -  △185,446      △40,521     △225,967
      その他の包括利益累計額か
                       -     -     -   △2,907      2,907      -     -     -
      ら利益剰余金への振替
      自己株式の取得及び処分            23     -    △57   △100,000        -     -  △100,056        -  △100,056
      自己株式の消却            23     -   △73,804      73,804       -     -     -     -     -
      企業結合による変動                 -     -     -     -     -     -     213     213
      支配継続子会社に対する持
                       -    2,979      -     -     -    2,979     1,226     4,205
      分変動
                       -     683      42     -     △1     725    1,002     1,727
      その他
       所有者との取引額等合計                -   △70,199     △26,153     △188,354       2,907   △281,799      △38,079     △319,878
                     141,852     298,046    △237,014     3,354,140      △2,601    3,554,423      294,710    3,849,133
     2017年3月31日
           当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                                      (単位:百万円)
                             親会社の所有者に帰属する持分
                                                    非支配      資本
                                         その他の
                 注記
                          資本     自己     利益
                                                    持分     合計
                     資本金                    包括利益      合計
                          剰余金      株式     剰余金
                                         累計額
     2017年4月1日
                     141,852     298,046    △237,014     3,354,140      △2,601    3,554,423      294,710    3,849,133
     当期包括利益
      当期利益                 -     -     -   572,528       -   572,528      88,668     661,196
                       -     -     -     -   15,795     15,795     △1,030      14,766
      その他の包括利益
       当期包括利益合計
                       -     -     -   572,528      15,795     588,324      87,638     675,961
     所有者との取引額等
      剰余金の配当            24     -     -     -  △219,701        -  △219,701      △47,590     △267,291
      その他の包括利益累計額か
                       -     -     -    5,012    △5,012       -     -     -
      ら利益剰余金への振替
      自己株式の取得及び処分            23     -    △50   △150,000        -     -  △150,050        -  △150,050
      自己株式の消却
                  23     -   △9,074      48,709    △39,635        -     -     -     -
      企業結合による変動
                       -     -     -     -     -     -    5,376     5,376
      支配継続子会社に対する持
                       -    △635      -     -     -    △635     17,924     17,289
      分変動
                       -    1,291      51     -     -    1,343     △503      839
      その他
       所有者との取引額等合計
                       -   △8,467    △101,239     △254,324      △5,012    △369,043      △24,794     △393,837
                     141,852     289,578    △338,254     3,672,344       8,183   3,773,703      357,554    4,131,257
     2018年3月31日
           後述の注記1~42は、当期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                  65/184






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度              当連結会計年度

                                   (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                               注記
                                    至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期利益                                    895,897              955,147
      減価償却費及び償却費                        6,7            545,194              546,815
      減損損失                         8            37,488              13,069
      持分法による投資損益(△は益)
                               9           △2,755              △4,592
      固定資産売却損益(△は益)
                                            137              149
      受取利息及び受取配当金                         28           △1,705              △3,527
      支払利息                         28            10,872              9,701
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                   △171,903
                                                       △219,125
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)
                                           69,576              44,914
      棚卸資産の増減額(△は増加)
                                           2,064            △12,185
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                           1,545             △9,790
      その他                                     26,195              43,064
       小計                                  1,412,605              1,363,639
      利息及び配当金の受取額
                                           4,823              6,149
      利息の支払額                                    △9,330             △17,048
      法人所得税の支払額                                   △256,066              △302,783
                                           9,041             11,447
      法人所得税の還付額
       営業活動によるキャッシュ・フロー合計                                  1,161,074              1,061,405
     投資活動によるキャッシュ・フロー

      有形固定資産の取得による支出                                   △338,749              △361,102
      有形固定資産の売却による収入                                      358             1,299
      無形資産の取得による支出                                   △180,823              △199,776
      その他の金融資産の取得による支出                                    △54,165              △7,002
      その他の金融資産の売却または償還による収入                                      357             2,565
      子会社の支配獲得による支出                         ▶           △61,711              △66,751
      関連会社株式の取得による支出                                    △23,073              △4,688
      子会社及び関連会社株式の売却による収入                                     18,711              1,898
                                           1,871              △289
      その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー合計                                  △637,225              △633,847
                                  66/184








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度              当連結会計年度

                                   (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                               注記
                                    至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入の純増減額(△は減少)
                               31           △66,643               27,574
      社債発行及び長期借入による収入                         31            7,000             95,000
      社債償還及び長期借入返済による支出                         31           △74,963              △56,101
      ファイナンス・リース債務の返済による支出                         31           △29,024              △27,210
      非支配持分からの子会社持分取得による支出                                    △1,583              △1,158
      非支配持分からの払込みによる収入                                     6,139             22,164
      自己株式の取得による支出                         23          △100,000              △150,000
      配当金の支払額                                   △185,430              △219,885
      非支配持分への配当金の支払額                                    △41,314              △48,553
      負債性金融商品の取得による支出                (注)
                               31              -          △95,000
                                             32             △1
      その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー合計                                  △485,784              △453,168
     現金及び現金同等物に係る換算差額                          31           △3,545               △163
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                               31            34,520             △25,773
     現金及び現金同等物の期首残高                         14,31            192,087              226,607
                                          226,607              200,834
     現金及び現金同等物の期末残高                         14,31
      (注)当連結会計年度において、当社は、当社グループの一部の子会社が発行した優先株式(将来、現金を株式の保有

         者に引き渡す義務を負っていたため、金融負債として処理)に係る受益権を買取っております。
           後述の注記1~42は、当連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                  67/184











                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
        【連結財務諸表注記】
         1.報告企業
           KDDI株式会社(以下「当社」)は日本の会社法に従い設立された株式会社であります。当社の所在地は日本
          であり、登記している本社の住所は東京都新宿区西新宿二丁目3番2号であります。当社の連結財務諸表は
          2018年3月31日を期末日とし、当社及び子会社(以下「当社グループ」)、並びに当社グループの関連会社及
          び共同支配企業に対する持分により構成されております。なお、当社は、当社グループの最終的な親会社であ
          ります。
           当社グループの主な事業内容及び主要な活動は、「パーソナル事業」、「バリュー事業」、「ビジネス事
          業」、「グローバル事業」であります。詳細については、「注記5.セグメント情報 (1)報告セグメントの
          概要」に記載しております。
         2.作成の基礎

          (1)連結財務諸表がIFRSに準拠している旨に関する事項
            当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大
           蔵省令第28号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同規則第93条
           の規定により、指定国際会計基準として国際財務報告基準(International                                   Financial     Reporting
           Standards;以下「IFRS」)に準拠して作成しております。
          (2)測定の基礎

            当社グループの連結財務諸表は、連結財政状態計算書における以下の重要な項目を除き、取得原価を基礎
           として作成しております。
           ・デリバティブ資産及びデリバティブ負債(公正価値で測定)
           ・純損益を通じて公正価値で測定する金融資産または金融負債
           ・その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
           ・確定給付制度に係る資産または負債(確定給付制度債務の現在価値から制度資産の公正価値を控除して測
            定)
          (3)表示通貨及び単位

            当社グループの連結財務諸表の表示通貨は、当社が営業活動を行う主要な経済環境における通貨(以下
           「機能通貨」)である日本円であり、百万円未満を四捨五入して表示しております。
                                  68/184










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
          (4)見積り及び判断の利用
            IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、会計方針の適用、資産・負債・収益及び費用の報告額に影
           響を及ぼす判断並びに見積り及び仮定の設定を行っております。これらの見積り及び仮定は、過去の経験及
           び利用可能な情報を収集し、決算日において合理的であると考えられる様々な要因等を勘案した経営者の最
           善の判断に基づいております。しかし、その性質上、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と
           異なる可能性があります。
            見積り及び仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、その見積りを見直した
           連結会計年度と将来の連結会計年度において認識されます。翌連結会計年度において資産や負債の帳簿価額
           の重要な修正につながるリスクを伴う見積り及びその基礎となる仮定は以下のとおりであります。
           ① 有形固定資産、無形資産及びファイナンス・リース資産の耐用年数及び残存価額の見積り

             有形固定資産は、資産の将来の経済的便益が消費されると予測されるパターンを耐用年数に反映し、そ
            の耐用年数にわたって原則として定額法にて償却しております。将来、技術革新等による設備の陳腐化や
            用途変更が発生した場合には、現在の見積耐用年数及び見積残存価額を変更する必要性が生じ、連結会計
            年度あたりの償却負担が増加する可能性があります。
             無形資産のうち、耐用年数を確定できるものは、資産の将来の経済的便益が消費されると予測されるパ
            ターンを耐用年数に反映し、その耐用年数にわたって定額法にて償却しております。企業結合により取得
            した顧客関連の無形資産の耐用年数は、解約率に基づいて算定されており、その耐用年数にわたって定額
            法にて償却しております。事業環境の変化等により利用可能期間の見直しの結果、耐用年数を短縮させる
            場合には、連結会計年度あたりの償却負担が増加する可能性があります。
             有形固定資産、無形資産及びファイナンス・リース資産の耐用年数及び残存価額の見積りに関連する内
            容については「注記3.重要な会計方針 (5)有形固定資産、(7)無形資産、(8)リース」、「注記6.
            有形固定資産」、「注記7.のれん及び無形資産」に記載しております。
           ② 有形固定資産、のれんを含む無形資産の減損

             当社グループは、有形固定資産、のれんを含む無形資産について、減損テストを実施しております。減
            損テストにおける回収可能価額の算定においては、資産の耐用年数、将来キャッシュ・フロー、税引前割
            引率及び長期成長率等について一定の仮定を設定しております。これらの仮定は、経営者の最善の見積り
            と判断により決定しておりますが、将来の不確実な経済条件の変動の結果により影響を受ける可能性があ
            り、見直しが必要となった場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において認識する金額に重要な影響
            を与える可能性があります。
             有形固定資産、のれんを含む無形資産の回収可能価額の算定方法やその内容及び金額については、「注
            記3.重要な会計方針 (9)有形固定資産、のれん及び無形資産の減損」及び「注記8.有形固定資産、
            のれん及び無形資産の減損」に記載しております。
           ③ 棚卸資産の評価

             棚卸資産は、取得原価で測定しておりますが、連結会計年度末における正味実現可能価額が取得原価よ
            り下落している場合には、当該正味実現可能価額で測定し、取得原価との差額を原則として売上原価に認
            識しております。また、営業循環過程から外れて滞留する棚卸資産については、将来の需要や市場動向を
            反映して正味実現可能価額等を算定しております。市場環境が予測より悪化して正味実現可能価額が著し
            く下落した場合には、損失が発生する場合があります。
             棚卸資産の評価に関連する内容については、「注記3.重要な会計方針 (15)棚卸資産」及び「注記
            10.棚卸資産」に記載しております。
                                  69/184






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
           ④ 繰延税金資産の回収可能性
             繰延税金資産の認識に際しては、課税所得が生じる可能性の判断において、事業計画に基づいて将来獲
            得しうる課税所得の時期及びその金額を見積り算定しております。
             課税所得が生じる時期及び金額は、将来の不確実な経済条件の変動によって影響を受ける可能性があ
            り、実際に発生した時期及び金額が見積りと異なった場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において
            認識する金額に重要な影響を与える可能性があります。
             繰延税金資産に関連する内容については、「注記3.重要な会計方針 (25)法人所得税」及び「注記
            16.繰延税金及び法人所得税」に記載しております。
           ⑤ 確定給付債務の測定

             当社グループは、確定給付型を含む様々な退職後給付制度を有しております。これらの各制度に係る確
            定給付制度債務の現在価値及び勤務費用等は、数理計算上の仮定に基づいて算定されております。数理計
            算上の仮定には、割引率等様々な変数についての見積り及び判断が求められます。当社グループは、これ
            らの変数を含む数理計算上の仮定の適切性について、外部の年金数理人からの助言を得ております。
             数理計算上の仮定は、経営者の最善の見積りと判断により決定しておりますが、将来の不確実な経済条
            件の変動の結果や関連法令の改正・公布によって影響を受ける可能性があり、見直しが必要となった場
            合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において認識する金額に重要な影響を与える可能性があります。
             数理計算上の仮定については、「注記3.重要な会計方針 (16)従業員給付」及び「注記17.従業員
            給付」に記載しております。
           ⑥ 営業債権等の回収可能性

             当社グループは、営業債権について、その信用リスクに応じてその回収可能性を見積っております。将
            来の顧客の債権の信用リスクの変動によっては、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において認識する損
            失評価引当金の金額に重要な影響を与える可能性があります。
             営業債権等の回収可能性に関連する内容については、「注記3.重要な会計方針 (12)金融資産の減
            損」及び「注記32.金融商品」に記載しております。
           ⑦ 金融商品の公正価値の測定方法

             当社グループは、特定の金融商品の公正価値を評価する際に、市場で観察可能ではないインプットを利
            用する評価技法を用いております。観察可能ではないインプットは、将来の不確実な経済条件の変動の結
            果によって影響を受ける可能性があり、見直しが必要となった場合、連結財務諸表に重要な影響を与える
            可能性があります。
             金融商品の公正価値に関連する内容については、「注記3.重要な会計方針 (11)金融商品、(13)デ
            リバティブ及びヘッジ会計」及び               「注記33.金融商品の公正価値」               に記載しております。
           ⑧ 引当金

             当社グループは、ポイント引当金等の引当金を連結財政状態計算書に計上しております。これらの引当
            金は、連結会計年度末日における債務に関するリスク及び不確実性を考慮に入れた、債務の決済に要する
            支出の最善の見積りに基づいて計上されております。債務の決済に要する支出額は、将来の起こりうる結
            果を総合的に勘案して算定しておりますが、予想しえない事象の発生や状況の変化によって影響を受ける
            可能性があり、実際の支払額が見積りと異なった場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において認識
            する金額に重要な影響を与える可能性があります。
             計上している引当金の性質については、「注記3.重要な会計方針 (17)引当金」及び「注記20.引
            当金」に記載しております。
          (5)新たな基準書及び解釈指針の適用

            当社グループが当連結会計年度(2018年3月期)より適用した新たな基準書及び解釈指針は以下のとおり
           であります。
           ・IAS第7号(改訂)「キャッシュ・フロー計算書」
           ・IAS第12号(改訂)「法人所得税」
            新たな基準書及び解釈指針の適用による当連結会計年度の連結財務諸表への影響は軽微または注記のみで

           あります。
            なお、当社グループは、IFRS第9号「金融商品」(2009年11月公表、2014年7月改訂)を早期適用してお
           ります。
                                  70/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
          (6)未適用の公表済み基準書
            連結財務諸表の承認日までに主に以下の基準書の新設または改訂が公表されておりますが、2018年3月31
           日現在において強制適用されるものではなく、当社グループでは早期適用しておりません。
                     強制適用時期

                              当社グループ
      基準書        基準名                               新設・改訂の概要
                    (以降開始年度)
                              適用予定時期
     IFRS第15号      顧客との契約から          2018年1月1日         2019年3月期        IFRS第15号は、収益の認識に関する現行の会計
           生じる収益                           処理及び開示方法についての改訂を定めたもの
                                      であります。
                                      具体的には、IFRS第15号は、財またはサービス
                                      が顧客に移転するにあたって、企業が当該財ま
                                      たはサービスとの交換で権利を得ると見込んで
                                      いる対価を反映する金額で収益認識することを
                                      求めております。
     IFRS第3号      企業結合          2019年1月1日         2020年3月期        共同支配事業である事業に対する支配を獲得す
     (改訂)                                 る場合には、従来保有していた持分を再測定す
                                      ることを明確化しました。
     IFRS第9号      金融商品          2019年1月1日         2020年3月期        期限前償還要素が存在する負債性金融商品につ
     (改訂)                                 いて、期限前償還金額に「負の補償」が含まれ
                                      る場合にも、一定の要件を満たす場合には、金
                                      融商品の保有者における「償却原価」や「その
                                      他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                      (FVOCI)」への分類を認めるものでありま
                                      す。
     IFRS第11号      共同支配の取り決          2019年1月1日         2020年3月期        共同支配事業である事業に対する共同支配を獲
     (改訂)      め                           得する場合には、従来保有していた持分を再測
                                      定しないことを明確化しました。
     IFRS第16号      リース          2019年1月1日         2020年3月期        IFRS第16号は、リースの取扱いに関する現行の
                                      会計基準及び開示方法についての改訂を定めた
                                      ものであります。
                                      具体的には、IFRS第16号は、単一モデルとし
                                      て、リース期間が12ヶ月を超える全ての借手の
                                      リースについて、原則としてその資産の使用権
                                      と支払いに伴う債務を財務諸表に反映すること
                                      を求めております。
     IFRS第17号      保険契約          2021年1月1日         2022年3月期        IFRS第17号は、現在多様な実務慣行を許容して
                                      いるIFRS第4号を置き換え、保険契約及び裁量
                                      権のある有配当性を有する投資契約を発行する
                                      すべての企業の会計処理を変更するものであり
                                      ます。
                                      IFRS第17号の一般モデルの下では、企業は、当
                                      初認識時に保険契約の履行キャッシュ・フロー
                                      と契約サービス・マージンの合計額の測定が要
                                      求されますが、このうち履行キャッシュ・フ
                                      ローは、将来キャッシュ・フローの見積り、貨
                                      幣の時間価値を反映する調整、及び非財務リス
                                      クに係るリスク調整によって構成され、各報告
                                      期間において最新の測定基礎を用いて再測定さ
                                      れます。未稼得利益(契約サービス・マージ
                                      ン)は、カバー期間にわたり認識されます。
                                  71/184



                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
                     強制適用時期
                              当社グループ
      基準書        基準名                               新設・改訂の概要
                    (以降開始年度)
                              適用予定時期
      IFRIC     外貨建取引と前          2018年1月1日         2019年3月期        IFRIC第22号は、企業が外貨建ての契約につい
           払・前受対価                           て対価の前払または前受を行う場合に適用すべ
      第22号
                                      き換算レートを定めたものであります。
      IFRIC     法人所得税務処理          2019年1月1日         2020年3月期        IFRIC第23号は、IAS第12号の要求事項に追加す
           に関する不確実性                           べき要求事項として、法人所得税の会計処理に
      第23号
                                      おいて不確実性の影響をどのように反映すべき
                                      かを規定しております。
     IAS第12号      法人所得税          2019年1月1日         2020年3月期        配当金支払いに係るすべての税務上の帰結を同
     (改訂)                                 様の方法により会計処理することを明確化しま
                                      した。
     IAS第19号      従業員給付          2019年1月1日         2020年3月期        IASBは、制度改訂、縮小または清算に関する会
     (改訂)                                 計処理について、IAS第19号「従業員給付」の
                                      ガイダンスの修正を行い、以下の事項を企業に
                                      要求しております。
                                      ・制度改訂、縮小または清算後の残りの報告期
                                      間の当期勤務費用及び利息純額の計算におい
                                      て、更新された仮定を使用します。
                                      ・資産上限額の影響により積立超過を過去に認
                                      識していなかった場合であっても、積立超過の
                                      減少はすべて、過去勤務費用または清算損益の
                                      一部として純損益に認識します。
     IAS第23号      借入コスト          2019年1月1日         2020年3月期        個別の借入について、関連する適格資産が意図
     (改訂)                                 した使用または販売の準備が完了した後に残高
                                      がある場合には、当該借入残高を企業が一般目
                                      的で借り入れている資金の一部として扱うこと
                                      を明確化しました。
     IAS第28号      関連会社及び共同          2019年1月1日         2020年3月期        関連会社または共同支配企業に対する投資持分
     (改訂)      支配企業に対する                           のうち、純投資の一部を実質的に構成するが持
           投資                           分法が適用されない長期持分に、IFRS第9号が
                                      適用されることが明確化されました。
      この基準書を上記に示した適用時期の連結財務諸表に反映いたします。当該適用による当社グループの連結財務諸表へ
     の影響については、下記を除き検討中であり、現時点では見積ることはできません。
     (IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」)

     2014年5月、IASBはIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を公表しました。(のちにIASBはIFRS第15号の発効日を
     1年延期し、2018年1月1日以後開始する連結会計年度からの適用とするためにIFRS第15号の改定を公表しています。ま
     た、2015年9月及び2016年4月においても適用上の問題に対応するためIFRS第15号の改定を公表しています。)当社グ
     ループは、2019年3月31日を期末日とする連結会計年度より、IFRS第15号を適用することを予定しております。
     当社グループのビジネスモデルを勘案した場合の主な論点は下記のとおりであります。
     ・当社グループがお客さまに対して携帯端末を販売し、同時に通信契約の締結を行う直接販売等については、契約の結合
     及び取引価格の各履行義務への配分を行います。
     ・当社グループが代理店に対して支払う手数料のうち一部は、連結財政状態計算書に契約コストとして資産計上され、顧
     客の見積利用期間にわたって費用を配分します。IFRS第15号の適用時には、契約コストの資産化等により、総資産及び株
     主資本の両方が増加します。
     ・契約更新時の追加値引等「重要な権利」となる顧客オプションを付与する場合や返金不能の前払報酬については、収益
     を繰延認識します。
     当社グループは、適用にあたり修正遡及アプローチを採用する予定です。すなわち、移行により生じた累積的影響は、適

     用年度の利益剰余金期首残高の調整として認識され、前年度の比較情報は調整いたしません。このため、適用年度の連結
     財政状態計算書及び連結損益計算書における影響額及び著しく変動した理由については、適用年度の連結財務諸表におい
     て追加的開示を行う予定です。
                                  72/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
     IFRS第15号導入にあたっての影響は、当社グループ全体でのIFRS第15号導入のプロジェクトにおいて分析しました。この
     結果、2018年4月1日現在の税効果考慮前で3,100億円(概算)利益剰余金期首残高が増加すると見込んでいます。その
     主な理由はIFRS第15号に基づく契約コスト(顧客獲得コスト)の資産化による影響です。なお、当該影響額については最
     終 的な基準の解釈、シミュレーションのアップデートにより変更される可能性があります。
     また、IFRS第15号が当社の連結損益計算書に及ぼす影響としては、主に契約コスト(顧客獲得コスト)の資産化による影
     響があると予想しています。ビジネスの概況が変わらないと仮定すると、契約が締結された場合に、契約コストの資産化
     及び、顧客獲得費用からの販売費の減少といった影響が生じると考えられます。
     さらに、現行の会計処理と比較すると、契約コスト(顧客獲得コスト)の単価、加入者数が変化した場合や、提供される
     ビジネスモデルに変更が生じた場合等、事業に変化が生じた場合に、利益への大きな影響が生じる可能性があります。
     (IFRS第16号「リース」)

     2016年1月、IASBは、IFRS第16号「リース」を公表しました。
     当社グループのビジネスモデルを勘案した場合の主な変更点としては、現行のIAS第17号においては、オペレーティン
     グ・リース取引に係る支払義務は財務諸表において注記することが要求されておりましたが、IFRS第16号では、リース資
     産を使用する権利及びリース料の支払義務は財政状態計算書において使用権資産及びリース負債として認識することが要
     求されます。また、IFRS第16号では、支払リース料に代わって減価償却費及び利息費用が連結損益計算書に計上されるこ
     とになります。
     当該影響は金額的影響も含めて、当社グループ全体でのIFRS第16号導入のプロジェクトにおいて検討中であります。
                                  73/184















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
         3.重要な会計方針
           連結財務諸表の作成にあたって採用した重要な会計方針は以下のとおりであります。これらの方針は、特段
          の記載がない限り、表示しているすべての報告期間に継続して適用しております。
          (1)連結の基礎

           ① 子会社
            (a)子会社の連結処理
              子会社とは、当社グループが支配しているすべての企業をいいます。当社グループが、ある企業への
             関与により生じる変動リターンに対するエクスポージャーまたは権利を有している場合で、かつ、その
             企業に対するパワーを通じてこれらのリターンに影響を与える能力を有している場合には、当社グルー
             プがその企業を支配しているとして連結の範囲に含めております。また、当社グループは子会社に対す
             る支配を獲得した日から当該子会社を連結し、支配を喪失した日から連結を中止しております。
              グループ会社間の債権債務残高、取引高及びグループ会社間の取引から生じた未実現損益は、連結財
             務諸表の作成にあたり消去しております。
              子会社が採用する会計方針は、当社グループが採用している方針と統一するために、必要に応じて調
             整しております。
            (b)支配の変更を伴わない子会社に対する所有持分の変動

              当社グループは、支配の喪失を伴わない非支配持分との取引は、資本取引として会計処理しておりま
             す。支払対価の公正価値と子会社の純資産の帳簿価額に占める取得持分相当額との差額は、資本として
             認識しております。支配の喪失を伴わない非支配持分への処分による利得または損失も資本として直接
             認識しております。
            (c)子会社の処分

              当社グループが子会社の支配を喪失した場合、当該企業に対する残存持分は支配を喪失した日の公正
             価値で再測定され、帳簿価額の変動は純損益で認識しております。この公正価値は、残存持分を以後、
             関連会社、共同支配企業または金融資産として会計処理する際の当初の帳簿価額となります。また、以
             前に当該企業に関連してその他の包括利益で認識した金額は、当社グループが関連する資産または負債
             を直接処分したかのように会計処理しております。したがって、以前にその他の包括利益で認識された
             金額が純損益に振り替えられる場合があります。
            (d)報告期間の統一

              決算日が当社の決算日と異なる子会社については、当社の決算日に仮決算を行い、これに基づく財務
             諸表を連結しております。ただし、子会社のうち、KDDI                          SUMMIT    GLOBAL    SINGAPORE     PTE.   LTD.について
             は、同子会社であるKDDI            Summit    Global    Myanmar    Co.,   Ltd.の所在する現地の会計を取り巻く環境等か
             ら、当社の決算日を子会社の報告期間の末日として仮決算を行うことが実務上不可能であるため、報告
             期間を統一しておりません。なお、当該子会社の報告期間の末日は12月31日であり、当社との決算日の
             差異は3ヶ月を超えておりません。また、連結財務諸表の作成に用いる子会社の財務諸表を当社の決算
             日と異なる報告期間の末日で作成する場合、その子会社の報告期間の末日と当社の決算日の間に生じた
             重要な取引または事象の影響については調整を行っております。
                                  74/184







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
           ② 関連会社
             関連会社とは、投資先企業の財務及び経営方針に関する経営管理上の意思決定に対して、支配すること
            はないものの、それらの方針の決定への参加を通じて重要な影響力を有する当該投資先企業をいいます。
             関連会社に対する投資は持分法で会計処理しております。持分法では、関連会社に対する投資は、取得
            原価で当初認識し、重要な影響力を有することとなった日から重要な影響力を喪失する日までの間につい
            ては、関連会社の純損益及びその他の包括利益に対する当社グループの持分を認識し、関連会社に対する
            投資額を修正します。
             関連会社に対する所有持分が減少したものの、引き続き重要な影響力を保持する場合、過去にその他の
            包括利益に認識した金額のうち当該減少に係る割合を、適切な場合には純損益に振り替えております。関
            連会社の損失が、当社の当該会社に対する投資持分を超過する場合、法的債務、推定的債務が生じる場合
            または当社グループが関連会社に代わって支払う場合を除き、当社グループはそれ以上の損失は認識して
            おりません。
             当社グループの関連会社に対する投資には、取得時に認識したのれんが含まれております。そのため、
            のれんは別個に認識されないため、のれん個別での減損テストは行っておりません。しかし、関連会社に
            対する投資を単一の資産として、持分法適用投資全体に対して減損テストを行っております。具体的に
            は、当社グループは、関連会社に対する投資が減損している客観的証拠があるか否かを四半期ごとに評価
            しております。投資が減損している客観的証拠がある場合、減損テストを行っております。
             当社グループと関連会社間の取引に係る未実現損益は、関連会社に対する当社グループの持分の範囲で
            消去しております。関連会社の会計方針は、当社グループが採用した会計方針との一貫性を保つために、
            必要に応じて調整しております。
           ③ 共同支配の取決め

             当社グループは、第三者と共同で事業を営む場合やジョイント・ベンチャーの契約に基づき第三者と共
            同で事業体を有する場合に、共同支配契約を締結しております。
             共同支配とは、アレンジメント(取決め)に対する契約上合意された支配の共有であり、取決めのリ
            ターンに重要な影響を及ぼす活動に関する意思決定が、支配を共有している当事者の全員一致の合意を必
            要とする場合のみ存在します。
             会計上、共同支配契約はジョイント・オペレーション(共同営業)とジョイント・ベンチャーのいずれ
            かに分類しております。ここで、ジョイント・オペレーション(共同営業)とは、共同支配を有する当事
            者が、アレンジメント(取決め)に関連する資産に対する権利、負債に関する義務を有する契約をいいま
            す。また、ジョイント・ベンチャーとは、共同支配を有する当事者が、アレンジメント(取決め)の純資
            産に対する権利を有する契約をいいます。
             ジョイント・オペレーション(共同営業)に該当する場合には、アレンジメント(取決め)に関連する
            それぞれの資産及び負債、またそれに関連する収益及び費用について持分相応額だけを財務諸表に直接取
            り込んでおります。一方、ジョイント・ベンチャーに該当する場合には、アレンジメント(取決め)に係
            る純資産を持分法により財務諸表に取り込んでおります。
          (2)企業結合

            当社グループは、企業結合の会計処理として取得法を適用しております。子会社の取得のために移転され
           た対価は、移転した資産、被取得企業の旧所有者に対する負債、及び当社グループが発行した資本持分の公
           正価値であります。また、移転された対価には、条件付対価の取決めから生じた資産または負債の公正価値
           も含まれております。企業結合において取得した識別可能な資産、並びに引き受けた負債及び偶発負債は、
           当初、原則として取得日の公正価値で測定しております。
            非支配持分は、当社グループの持分とは別個に識別され、被取得企業の識別可能純資産に対する非支配株
           主が保有する株式の比率で測定されます。当社グループは被取得企業の非支配持分を、買収事案ごとに、公
           正価値または被取得企業の識別可能純資産の認識金額に対する非支配持分の比例的な持分のいずれかで認識
           しております。
            仲介手数料、弁護士費用、デュー・デリジェンス費用及びその他の専門家報酬等の取得関連費は発生時に
           費用処理しております。
            移転された対価、被取得企業の非支配持分の金額、及び以前に保有していた被取得企業の持分の取得日に
           おける公正価値の合計が、取得した識別可能な純資産の公正価値を超過する場合、その超過額がのれんとし
           て認識されます。移転された対価、非支配持分の金額、及び以前に保有していた持分の測定額の合計が、取
           得した子会社の純資産の公正価値を下回る場合、割安購入として、その差額を純損益に直接認識します。
                                  75/184



                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
            企業結合が発生した報告期間末日までに企業結合の当初の会計処理が完了していない場合、当社グループ
           は、完了していない項目については暫定的な金額で報告しております。その後、新たに入手した支配獲得日
           時点に存在していた事実と状況について、支配獲得日時点に把握していたとしたら、企業結合処理の認識金
           額に影響を与えていたと判断される場合、測定期間の修正として、その情報を反映し、支配獲得日に認識し
           た暫定的な金額を遡及的に修正しております。なお、測定期間は支配獲得日から最長で1年間としておりま
           す。
          (3)セグメント情報

            事業セグメントは、最高経営意思決定者に提出される内部報告と整合した方法で報告されております。最
           高経営意思決定者は、事業セグメントの資源配分及び業績評価について責任を負っております。当社グルー
           プでは、戦略的意思決定を行う取締役会等を最高経営意思決定者と位置付けております。
          (4)外貨換算

           ① 機能通貨及び表示通貨
             当社グループの各会社がそれぞれの財務諸表を作成する際に、その会社の機能通貨以外の通貨での取引
            は、取引日における為替レートで各会社の機能通貨に換算しております。当社グループの連結財務諸表
            は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としております。
           ② 外貨建取引

             外貨建取引は、取引日の直物為替レートまたはそれに近似するレートを用いて換算しております。外貨
            建の貨幣性資産及び負債は、期末日の為替レートで換算しております。公正価値で計上された外貨建の非
            貨幣性項目は、公正価値が決定した日の為替レートで換算しております。
             外貨建の貨幣性資産及び負債の換算及び決済により生じる換算差額は純損益として認識しております。
            ただし、その他の包括利益を通じて測定する資本性金融資産及びキャッシュ・フロー・ヘッジから生じる
            換算差額については、その他の包括利益として認識しております。
           ③ 在外営業活動体

             連結財務諸表を表示するために、当社グループの在外営業活動体の資産及び負債は、その在外営業活動
            体の取得により発生したのれん、識別した資産及び負債並びにその公正価値の調整を含め、期末日の為替
            レートで表示通貨に換算しております。在外営業活動体の収益及び費用は、その期間中の為替レートが著
            しく変動していない限り、期中平均為替レートで表示通貨である円貨に換算しております。
             在外営業活動体の財務諸表の換算から生じる為替換算差額は、その他の包括利益として認識しておりま
            す。在外営業活動体の持分全体の処分及び支配または重要な影響力の喪失を伴う持分の一部処分につき、
            換算差額は、在外営業活動体が処分損益の一部として純損益で認識しております。
          (5)有形固定資産

           ① 認識及び測定
             当社グループは、有形固定資産の測定においては原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額及
            び減損損失累計額を控除した金額で計上しております。取得原価には、資産の取得に直接付随する費用、
            資産の解体・撤去及び設置していた場所の原状回復費用に関する初期見積費用及び資産計上すべき借入コ
            スト等を含めることとしております。
             有形固定資産の構成要素の耐用年数が構成要素ごとに異なる場合は、それぞれ別個の有形固定資産項目
            として計上しております。
             取得後コストは、当該項目に関連する将来の経済的便益が当社グループに流入する可能性が高く、か
            つ、当該項目の取得原価が信頼性をもって測定できる場合には、当該資産の帳簿価額に含めるか、または
            適切な場合には個別の資産として認識しております。その他の修繕及び維持費は、発生時に費用として認
            識しております。
                                  76/184





                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
           ② 減価償却及び耐用年数
             減価償却費は、償却可能価額を各構成要素の見積耐用年数にわたって、主として定額法により算定して
            おります。償却可能価額は、資産の取得原価から残存価額を差し引いて算定しております。土地及び建設
            仮勘定は減価償却しておりません。有形固定資産の構成要素の耐用年数が構成要素ごとに異なる場合は、
            それぞれ別個の有形固定資産項目として計上しております。
             主要な有形固定資産項目ごとの見積耐用年数は以下のとおりであります。
             通信設備

              機械設備                      9年
              空中線設備                    10~21年
              市内・市外線路設備                    10~21年
              その他の設備                    9~27年
             建物及び構築物                     10~38年
             その他                     5~22年
             なお、減価償却方法、見積耐用年数及び残存価額は毎期見直しを行い、変更があった場合は会計上の見

            積りの変更として将来に向かって適用しております。
           ③ 認識の中止

             有形固定資産は、処分時点で認識を中止しております。有形固定資産項目の認識の中止から生じる利得
            または損失は、当該資産項目の認識中止時に純損益に含めております。
          (6)のれん

            のれんは、取得原価が、取得日における被取得子会社の識別可能な純資産に対する当社グループ持分の公
           正価値を上回る場合の超過額であります。
            減損テストの目的上、企業結合により取得したのれんは、資金生成単位または資金生成単位グループのう
           ち、企業結合のシナジーから便益を得ると見込まれるものに配分しております。のれんが配分される各資金
           生成単位または資金生成単位グループは、のれんを内部管理目的で監視している企業内の最小のレベルを表
           しております。
            のれんは減損損失累計額を控除した取得原価で測定しております。のれんの償却は行わず、毎期、及び事
           象または状況の変化によって減損の兆候がある場合に、減損テストを実施しております。減損については、
           「注記3.重要な会計方針 (9)有形固定資産、のれん及び無形資産の減損」に記載しております。
          (7)無形資産

           ① 認識及び測定
             当社グループは、のれんを除く無形資産の測定において原価モデルを採用し、取得原価から償却累計額
            及び減損損失累計額を控除した金額で計上しております。
             個別に取得した無形資産は、当初認識時に取得原価で測定しております。企業結合で取得した無形資産
            は、無形資産の定義を満たし、識別可能であり、かつ、公正価値が信頼性をもって測定できる場合、のれ
            んとは別個に識別され、取得日の公正価値で認識しております。
             新しい科学技術または技術的な知識及び理解を得る目的で実施される研究活動に対する支出は、発生時
            に費用として認識しております。
             開発活動に対する支出は、開発費用が信頼性をもって測定可能であり、製品または工程が技術的及び商
            業的に実現可能であり、将来的に経済的便益をもたらす可能性が高く、当社グループが開発を完了させ、
            当該資産を使用または販売する意図及びそのための十分な資源を当社グループが有している場合にのみ無
            形資産として計上を行い、それ以外は発生時に費用として認識しております。
           ② 償却及び耐用年数

             無形資産は見積耐用年数にわたって定額法で償却しております。主要な無形資産ごとの見積耐用年数は
            以下のとおりであります。なお、耐用年数を確定できない無形資産は償却を行っておりません。
                                  77/184




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
             ソフトウェア                       5年
             顧客関連                     4~29年
             番組供給関連                       22年
             その他                     5~20年
             償却方法及び見積耐用年数は、毎期見直しを行い、変更があった場合は、会計上の見積りの変更として

            将来に向かって適用しております。
          (8 )リース

           ① リースの対象
             リース契約開始時、その契約がリースであるか、または契約にリースが含まれているか否かについて
            は、契約の実質に基づき判断しております。契約の履行が、特定の資産や資産群の使用に依存し、その契
            約により、当該資産を使用する権利が与えられる契約の場合、当該資産はリースの対象となります。
           ② リースの分類

             リース契約により、資産の所有に伴うリスクと経済価値を実質的にすべて当社グループ(借手)に移転
            する場合、当該リース取引はファイナンス・リースに分類しております。ファイナンス・リース以外の
            リース取引は、オペレーティング・リースに分類しております。
           ③ ファイナンス・リース

             ファイナンス・リース取引においては、リース資産は、リース開始日に算定したリース物件の公正価値
            と最低リース料総額の現在価値のいずれか低い金額から、減価償却累計額と減損損失累計額を控除した金
            額をもって連結財政状態計算書に資産計上しております。リース債務は、連結財政状態計算書の「その他
            の長期金融負債」及び「その他の短期金融負債」に計上しております。リース料は、利息法に基づき金融
            費用とリース債務の返済額に配分しております。金融費用は連結損益計算書で認識しております。ファイ
            ナンス・リースにより保有する資産は、リース期間の終了時までに所有権の移転が確実である場合は見積
            耐用年数により、確実性がない場合には、リース期間とリース資産の見積耐用年数のいずれか短い期間に
            わたって、定額法で減価償却を行っております。
           ④ オペレーティング・リース

             オペレーティング・リース取引においては、支払リース料はリース期間にわたって定額法により費用と
            して認識しております。
          (9)有形固定資産、のれん及び無形資産の減損

            当社グループでは、毎期有形固定資産及び無形資産の帳簿価額につき、減損の兆候の有無を判定しており
           ます。減損の兆候がある場合には、その資産またはその資産の属する資金生成単位または資金生成単位グ
           ループごとの回収可能価額の見積りを行っております。のれん及び耐用年数を確定できない無形資産につい
           ては、減損の兆候がある時、及び減損の兆候の有無に関わらず各年度の一定時期に、減損テストを実施して
           おります。資金生成単位または資金生成単位グループは、他の資産または資産グループから概ね独立した
           キャッシュ・イン・フローを生み出す最小単位の資産グループとしております。
            回収可能価額は、売却費用控除後の公正価値と使用価値のいずれか高い方で算定しております。使用価値
           は、見積将来キャッシュ・フローを、貨幣の時間価値及び当該資産に固有のリスクを反映した税引前の割引
           率により、現在価値に割り引いて算定しております。
            減損テストにおいて資金生成単位または資金生成単位グループの回収可能価額が帳簿価額を下回る場合に
           は、減損損失は資金生成単位または資金生成単位グループに配分されたのれんの帳簿価額から減額し、次に
           資金生成単位または資金生成単位グループにおけるその他の資産の帳簿価額の比例割合に応じて各資産の帳
           簿価額から減額しております。のれんの減損損失は純損益に認識し、その後の期間に戻入れは行っておりま
           せん。
            のれんを除く減損を計上した有形固定資産及び無形資産については、各報告日において、損失の減少また
           は消滅を示す兆候の有無を判断しております。減損の戻入れの兆候があり、回収可能価額の決定に使用した
           見積りが変化した場合は、減損損失を戻入れております。減損損失を認識後に戻入れる場合、当該資産(ま
           たは資金生成単位)の帳簿価額は、改訂後の見積回収可能価額まで増額します。ただし、当該減損の戻入れ
           は、戻入れ時点における資産(または資金生成単位)が、仮に減損損失を認識していなかった場合の帳簿価
           額を超えない範囲で行います。減損損失の戻入れは、その他の収益として認識しております。
                                  78/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
         (10  )売却目的で保有する非流動資産(または処分グループ)
            非流動資産(または処分グループ)の帳簿価額が、継続的使用よりも、主として売却取引により回収され
           る場合に、当該資産(または処分グループ)は、「売却目的で保有する資産」として分類しております。
           「売却目的で保有する資産」としての分類の条件は、売却の可能性が非常に高く、現状で直ちに売却するこ
           とが可能な場合にのみ満たされます。経営者が、当該資産の売却計画の実行を確約していなければならず、
           分類した日から1年以内で売却が完了する予定でなければなりません。
            当社グループが子会社に対する支配の喪失を伴う売却計画を確約する場合で、かつ上記の条件を満たす場
           合、当社グループが売却後も従前の子会社に対する非支配持分を有するか否かにかかわらず、当該子会社の
           すべての資産及び負債を売却目的保有に分類しております。
            売却目的で保有する資産は、「帳簿価額」と「売却費用控除後の公正価値」のいずれか低い金額で測定し
           ます。「売却目的で保有する資産」に分類後の有形固定資産及び無形資産については、減価償却または償却
           は行っておりません。
         (11)金融商品

           ① 金融資産
            (a)金融資産の認識及び測定
              当社グループでは、金融資産は、契約条項の当事者となった場合に認識しております。営業債権及び
             その他の債権については、これらの取引日に当初認識しております。当初認識時において、金融資産を
             その公正価値で測定し、金融資産が純損益を通じて公正価値で測定するものでない場合には、金融資産
             の取得に直接起因する取引費用を加算しております。純損益を通じて公正価値で測定された金融資産の
             取引費用は、純損益に認識しております。
            (b)金融資産の分類(デリバティブを除く)

              デリバティブを除く金融資産の分類及び測定モデルの概要は以下のとおりであります。当社グループ
             は、金融資産を当初認識時に償却原価で測定する金融資産、その他の包括利益を通じて公正価値で測定
             する負債性金融資産、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産及び純損益を通じ
             て公正価値で測定する金融資産に分類しております。
            (ⅰ)償却原価で測定する金融資産

               以下の要件をともに満たす場合に償却原価で測定する金融資産に分類しております。
              ・当社グループのビジネスモデルにおいて、当該金融資産の契約上のキャッシュ・フローを回収する
               ことを目的として保有している場合
              ・契約条件が、特定された日に元本及び元本残高に係る利息の支払いのみによるキャッシュ・フロー
               を生じさせる場合
               償却原価で測定する金融資産は、公正価値(直接帰属する取引費用も含む)で当初認識しておりま

              す。当初認識後、償却原価で測定する金融資産の帳簿価額については実効金利法を用いて算定し、必
              要な場合には減損損失を控除しております。
            ( ⅱ )その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産

               当社グループは、資本性金融資産については、公正価値の変動を純損益ではなくその他の包括利益
              を通じて認識するという選択(撤回不能)を行っております。公正価値変動による利得及び損失の事
              後における純損益への振替は行われません。
               その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産は、公正価値(直接帰属する取引費
              用も含む)で当初認識しております。当初認識後は公正価値で測定し、公正価値の変動は「その他の
              包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産」として、その他の包括利益に含めております。
               認識を中止した場合、もしくは公正価値が著しく低下した場合には、その他の包括利益を通じて認
              識された利得または損失の累計額を直接利益剰余金へ振り替えております。
               なお、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産からの配当金については、
              「金融収益」として純損益で認識しております。
                                  79/184




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
            (ⅲ  )純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
               上記の金融資産の区分の要件のいずれかが満たされない場合、純損益を通じて公正価値で測定する
              金融資産に分類しております。
               純損益を通じて公正価値で測定する金融資産は、当初認識時に公正価値で認識し、取引費用は発生
              時に純損益で認識しております。純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に係る利得または損失
              は純損益で認識され、それらが発生した報告期間における連結損益計算書の「金融収益」または「金
              融費用」に表示しております。
               当社グループは、いずれの金融資産も、会計上のミスマッチを取り除くあるいは大幅に削減させる

              ために、純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定しておりません。
            (c)金融資産の認識の中止

              当社グループは、金融資産は、投資から生じるキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した
             か、あるいは、当該投資が譲渡され、当社グループが金融資産の所有に係るリスク及び経済価値のほと
             んどすべてが移転する場合に、当該金融資産の認識を中止しております。移転した金融資産に関して当
             社グループが創出した、または当社グループが引き続き保有する持分については、別個の資産・負債と
             して認識しております。
           ② 金融負債(デリバティブを除く)

            (a)金融負債の認識及び測定
              当社グループは、金融負債を当社グループが当該金融商品の契約当事者になった時点で認識しており
             ます。金融負債の測定は以下の(b)金融負債の分類に記載しております。
            (b)金融負債の分類

            (ⅰ)償却原価で測定する金融負債
               純損益を通じて公正価値で測定する金融負債以外の金融負債は、償却原価で測定する金融負債に分
              類しております。償却原価で測定する金融負債は、当初認識時に公正価値からその発行に直接起因す
              る取引コストを減算して測定しております。また、当初認識後は実効金利法に基づく償却原価で測定
              しております。
            (ⅱ)純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

               純損益を通じて公正価値で測定する金融負債は、当初認識時に公正価値により測定しております。
              また、当初認識後は公正価値で測定し、その事後的な変動を純損益として認識しております。
            (c)金融負債の認識の中止

              当社グループは、金融負債が消滅した場合、つまり、契約上の義務が免責、取消または失効となった
             場合に、金融負債の認識を中止しております。
            (d)優先株式

              優先株式については、その法形式ではなく、契約上の取り決め等の実質によって、資本か金融負債か
             を判断しております。特定の日に強制償還可能な優先株式は、金融負債としております。金融負債とし
             て認識される優先株式は、連結財政状態計算書において償却原価により測定されます。また、当該優先
             株式にかかる配当金は、支払利息として認識し、連結損益計算書において「金融費用」として表示して
             おります。
            ③ 金融資産及び金融負債の表示

              金融資産及び金融負債は、当社グループが、それらの残高を相殺する法的に強制可能な権利を現在有
             しており、純額で決済するか、または資産の実現と負債の決済を同時に行う意図を有する場合にのみ、
             連結財政状態計算書上で相殺し、純額で表示しております。
         (12)金融資産の減損

            当社グループは、当初認識時点から信用リスクが著しく増加していない場合には、12ヶ月の予想信用損失
           を損失評価引当金として認識しております。当初認識時点から信用リスクの著しい増加があった場合には、
           残存期間にわたる予想信用損失を損失評価引当金として認識しております。信用リスクが著しく増加してい
           るか否かは、デフォルトリスクの変化に基づいて判断しており、デフォルトリスクに変化があるかどうかの
           判断にあたっては、以下を考慮しております。ただし、                          重大な金融要素を含んでいない              営業債権について
           は、当初から残存期間にわたる予想信用損失を認識しております。
                                  80/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
           ・金融資産の外部格付
           ・内部格付の格下げ
           ・売上の減少などの借手の営業成績の悪化
           ・親会社、関連会社からの金融支援の縮小
           ・延滞(期日超過情報)
            また、予想信用損失は、契約上受け取ることのできる金額と受取が見込まれる金額との差額の割引現在価
           値に基づいて測定しております。
         (13)デリバティブ及びヘッジ会計

            デリバティブは、デリバティブ契約を締結した日の公正価値で当初認識され、当初認識後は各期末日の公
           正価値で再測定しております。
            当社グループにおいて、為替変動リスク、金利変動リスク等を軽減するため、為替予約、金利スワップの
           各デリバティブ取引を実施しております。
            再測定の結果生じる利得または損失の認識方法は、デリバティブがヘッジ手段として指定されているかど
           うか、また、ヘッジ手段として指定された場合にはヘッジ対象の性質によって決まります。
            当社グループは、デリバティブについてキャッシュ・フロー・ヘッジ(認識されている資産または負債、
           もしくは可能性の非常に高い予定取引に関連する特定のリスクによるキャッシュ・フローの変動のエクス
           ポージャーに対するヘッジ)の指定を行っております。
            当社グループは、取引開始時に、ヘッジ手段とヘッジ対象との関係、並びに種々のヘッジ取引の実施につ
           いてのリスク管理目的及び戦略について文書化しております。
            当社グループはまた、ヘッジ開始時及び継続的に、ヘッジ取引に利用したデリバティブ金融商品がヘッジ
           対象のキャッシュ・フローの変動を相殺するために有効であるか評価しております。具体的には、下記項目
           のすべてを満たす場合においてヘッジが有効と判断しております。
           (ⅰ)ヘッジ対象とヘッジ手段との間の経済的関係が相殺をもたらすこと
           (ⅱ)信用リスクの影響が経済的関係から生じる価値変動に著しく優越するものではないこと
           (ⅲ)「ヘッジ比率」は実際に使用しているヘッジ対象とヘッジ手段の数量から生じる比率と同じであるこ
              とがヘッジ会計の適格要件となっていること
            ヘッジの有効性は、将来のヘッジ指定期間にわたり有効性が確保されているか否かにより判断されます。
            キャッシュ・フロー・ヘッジとして指定され、かつその要件を満たすデリバティブについて、当初認識後
           の公正価値の変動のうちヘッジ有効部分はその他の包括利益で認識し、ヘッジ非有効部分は純損益で認識し
           ております。その他の包括利益を通じて認識された利得または損失の累計額はヘッジ対象のキャッシュ・フ
           ローが純損益に影響を与えるのと同じ期に、純損益に振り替えております。
            ヘッジ関係がヘッジ比率に関するヘッジ有効性の要求に合致しなくなったとしても、リスク管理目的が変
           わっていない場合、ヘッジの要件を再び満たすようにヘッジ関係のヘッジ比率を調整しております(以下
           「バランス再調整」)。
            バランス再調整をした後で、ヘッジがヘッジ会計の要件をもはや満たさなくなった場合、あるいはヘッジ
           手段が失効、売却、終結または行使された場合には、ヘッジ会計の適用を将来に向けて中止しております。
           ヘッジ会計を中止した場合、当社グループは、すでにその他の包括利益で認識したキャッシュ・フロー・
           ヘッジの残高を、予定取引が発生するまでその他の包括利益に計上しております。予定取引の発生が予想さ
           れなくなった場合は、キャッシュ・フロー・ヘッジの残高は、純損益で認識しております。
            ヘッジ手段であるデリバティブ金融商品の公正価値全額は、ヘッジ対象の満期が12ヶ月を超える場合は非
           流動資産または非流動負債に、ヘッジ対象の満期が12ヶ月未満である場合には流動資産または流動負債に分
           類されております。
         (14)現金及び現金同等物

            連結キャッシュ・フロー計算書において、現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及
           び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償
           還期限の到来する短期投資、及び当座借越から構成されております。連結財政状態計算書において、当座借
           越は流動負債に含まれております。
         (15)棚卸資産

            棚卸資産は、主として携帯端末等の商品及び工事関連の仕掛品から構成されております。
            棚卸資産は、原価または正味実現可能価額のいずれか低い金額で測定しております。原価は、原則として
           移動平均法に基づいて算定しており、購入原価並びに棚卸資産の現在の保管場所及び状態に至るまでに要し
           たすべての費用を含んでおります。正味実現可能価額は、通常の事業の過程における見積売価から、販売に
           要する見積費用を控除した金額で算定しております。
         (16)従業員給付

                                  81/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
           ① 確定給付制度
             当社グループは主として確定給付制度を採用しております。
             確定給付年金制度に関連して連結財政状態計算書で認識する資産(退職給付に係る資産)または負債
            (退職給付に係る負債)は、報告期間の末日現在の確定給付制度債務の現在価値から制度資産の公正価値
            を控除したものであります。確定給付制度債務は、独立した年金数理人が予測単位積増方式を用いて毎期
            算定しております。割引率は将来の給付支払見込日までの期間を基に割引期間を設定し、その割引期間に
            対応した、かつ、給付金が支払われる通貨建の期末日時点の優良社債の市場利回りに基づいております。
             確定給付費用は、勤務費用、確定給付負債(資産)の純額に係る利息純額及び確定給付制度負債(資
            産)の純額に係る再測定から構成されます。勤務費用及び利息純額については純損益で認識し、利息純額
            の算定には前述の割引率を使用しております。再測定は数理計算上の差異、過去勤務費用及び制度資産に
            係る収益(利息純額に含まれる金額を除く)から構成されております。数理計算上の差異は発生時に即時
            にその他の包括利益として認識し、過去勤務費用は純損益として認識しております。
             当社グループは、確定給付制度から生じるすべての確定給付負債(資産)の純額の再測定を即時にその
            他の包括利益で認識しており、直ちに利益剰余金に振り替えております。
           ② 確定拠出制度

             当社グループの一部の子会社は、確定拠出年金制度を採用しております。確定拠出制度への拠出は、従
            業員がサービスを提供した期間に純損益として認識しております。
             また、一部の子会社では複数事業主による年金制度に加入しており、期中の拠出額を年金費用として純
            損益で認識し、未払拠出金を債務として認識しております。
           ③ 短期従業員給付

             短期従業員給付は、割引計算をせず、関連するサービスが提供された時点で費用として認識しておりま
            す。賞与及び有給休暇費用については、それらを支払う法的もしくは推定的な債務を有し、信頼性のある
            見積りが可能な場合に、それらの制度に基づいて支払われると見積られる額を負債として認識しておりま
            す。
         (17)引当金

            引当金は、過去の事象から生じた法的または推定的債務で、当社グループが当該債務を決済するために経
           済的便益が流出する可能性が高く、その債務の金額を信頼性をもって見積ることができる場合に認識してお
           ります。貨幣の時間的価値及び必要に応じてその負債に特有のリスクを反映させた税引前割引率で割り引い
           た期待将来キャッシュ・フローにより、引当金の額を算出しております。時の経過に伴う割引額の割戻し
           は、金融費用として認識しております。
         (18)株式に基づく報酬

           ① ストック・オプション
             当社グループは、役員及び従業員に対するインセンティブ制度として、持分決済型のストック・オプ
            ション制度を導入しております。ストック・オプションは付与日における公正価値で測定しており、ス
            トック・オプションの公正価値は、ブラック・ショールズモデル等を用いて算定しております。
             ストック・オプションの付与日に決定した公正価値は、最終的に権利が確定すると予想されるストッ
            ク・オプションの数の見積りに基づき、権利確定期間にわたって費用として認識し、同額を資本の増加と
            して認識しております。
           ② 役員報酬BIP信託及びESOP信託

             当社グループは、役員及び従業員に対するインセンティブ制度として、持分決済型の役員報酬                                             BIP
            (Board    Incentive     Plan)信託及び株式付与ESOP(Employee                   Stock   Ownership     Plan)信託を導入してお
            り、同信託が有する当社株式は自己株式として認識しております。当社株式の付与日における公正価値
            は、付与日から権利が確定するまでの期間にわたり費用として認識し、同額を資本剰余金の増加として認
            識しております。また、当社株式の付与日における公正価値は、株式の市場価格を予想配当利回りを考慮
            に入れて修正し、算定しております。
         (19)資本

           ① 普通株式
             普通株式は資本に分類しております。当社が発行した普通株式は、発行価額を資本金及び資本剰余金に
            計上し、直接発行費用は資本剰余金から控除しております。
                                  82/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
           ② 自己株式
             自己株式を取得した場合は、直接取引費用を含む税効果考慮後の支払対価を、資本の控除項目として認
            識しております。自己株式を売却した場合は、帳簿価額と売却時の対価の差額を資本剰余金として認識し
            ております。
         (20)売上高

            当社グループにおける主要な収益認識基準は、以下のとおりであります。
           ① モバイル通信サービス及び携帯端末の販売

             当社グループの収益は、主にモバイル通信サービスと携帯端末販売から構成されております。当社グ
            ループは、お客さまと直接または代理店経由でモバイル通信サービス契約を締結している一方で、携帯端
            末を主として代理店へ販売しております。
             モバイル通信サービスにおける収益は、主に月額基本使用料及び通信料収入(以下「モバイル通信サー
            ビス収入」)と契約事務等の手数料収入からなります。月額基本使用料及び通信料収入はお客さまにサー
            ビスを提供した時点で定額料金及び従量課金に基づき認識しております。また、通信料金からの割引につ
            いては、毎月のモバイル通信サービス収入から控除しております。
             また、携帯端末の販売における収益(以下「携帯端末収入」)は、お客さま、または代理店に対する携
            帯端末及びアクセサリー類の販売収入から構成されております。
             上記取引の商流としては、当社グループが代理店に対して携帯端末を販売し、代理店を通じてお客さま
            と通信契約の締結を行うもの(以下「間接販売」)と、当社グループがお客さまに対して携帯端末を販売
            し、直接通信契約の締結を行うもの(以下「直接販売」)からなります。それぞれの収益の認識基準は以
            下のとおりであります。
            (a)間接販売

              間接販売において、当社グループが代理店に販売した端末を販売する責任及び在庫リスクは代理店が
             有していることから、当社グループは、代理店を本人として取り扱っております。そのため、携帯端末
             収入は、リスクと経済価値が移転したと考えられる携帯端末の代理店への引き渡し時点で、収益を認識
             しております。また、代理店に対して支払う手数料の一部は、代理店へ携帯端末を販売した時点で携帯
             端末収入から控除しております。
              モバイル通信サービス収入はお客さまにサービスを提供した時点で認識しております。また、通信料
             金からの割引については、毎月のモバイル通信サービス収入から控除しております。
            (b)直接販売

              直接販売の場合、携帯端末収入、モバイル通信サービス収入及び手数料収入は一体の取引であると考
             えられるため、取引の合計額を携帯端末及びモバイル通信サービスの公正価値の比率に基づき、携帯端
             末収入及びモバイル通信サービス収入に配分しております。ただし、携帯端末売上で認識される金額
             は、携帯端末販売時にお客さまから受領する金額を上限としております。移動通信サービス収入に配分
             された金額は、お客さまにサービスを提供した時点で収益として認識しております。
              また、間接販売、直接販売のいずれの場合も、契約事務手数料収入は、契約時から繰り延べられお客

             さまの見積平均契約期間にわたり収益として認識しており、機種変更手数料収入はお客さまの見積平均
             端末利用期間にわたり収益として認識しております。なお、契約事務に係る直接費用については、契約
             事務手数料収入または機種変更手数料収入を限度として繰り延べられ、それぞれ同期間にわたって償却
             しております。また、モバイル通信サービス収入の請求額に応じて、お客さまへポイントを付与するカ
             スタマー・ロイヤルティ・プログラムについては、将来の解約等による失効部分を反映したポイントの
             見積利用率を考慮して算定された交換される特典の公正価値を繰延べ、お客さまがポイントを使用した
             時点で収益を認識しております。
                                  83/184





                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
           ② 固定通信サービス
             固定通信サービスにおける収益は、主に音声通信サービス、データ通信サービス、FTTHサービスからな
            ります(以下「固定通信サービス収入」)。
             固定通信サービス収入は、お客さまにサービスを提供した時点で、定額料金及び従量課金に基づき収益
            を認識しております。
           ③ コンテンツサービス

             コンテンツサービスにおける収益は、主として情報料収入、回収代行手数料収入、広告掲載料収入、代
            理店手数料収入等からなります。情報料収入は当社グループが単独または他社と共同で運営するウェブサ
            イト上でお客さまに対して提供したコンテンツの会員収入であります。また、回収代行手数料収入はコン
            テンツプロバイダー(以下「CP」)の債権を、当社が通信料金と併せてCPの代わりにユーザーから回収す
            ることに対する手数料収入であります。これらの収入については個々の契約内容に基づき、サービス提供
            期間にわたって収益を認識しております。
             当社グループは、仲介業者または代理人としての機能を果たす場合があります。このような取引におけ
            る収益を報告するにあたり、収益をお客さまから受け取る対価の総額で表示するか、またはお客さまから
            受け取る対価の総額から第三者に対する手数料その他の支払額を差し引いた純額で表示するかを判断して
            おります。これらの判断にあたっては、当社グループが契約の当事者として財またはサービスの提供に主
            たる責任を有しているか、在庫リスクを負っているか、価格決定権を有しているか、信用リスクを負って
            いるか等を総合的に勘案しております。ただし、総額または純額、いずれの方法で表示した場合でも、売
            上総利益及び当期利益に影響はありません。
             情報料収入については、上記の要件に照らして総額または純額のいずれで表示すべきかを個々の取引ご
            とに検討を実施し判断しております。具体的には、当社グループが主体的に関与して企画・開発したコン
            テンツサービス収入はサービス提供責任及び信用リスク等を負っていることから、当社グループが主たる
            責任者として総額で計上しております。一方で、当社のプラットフォーム上でサービスは提供するもの
            の、当社グループが主体的に関与していないコンテンツサービス収入は、サービス提供責任及び信用リス
            ク等を負っていないことから、当社の取り分(手数料)のみを純額で計上しております。
             回収代行手数料収入、広告掲載料収入、代理店手数料収入のサービスにおいて、当社グループは、契約
            等で定められた料率に基づいて手数料を受け取っており、また、コンテンツサービスを行うプラット
            フォームを提供するのみであるため、取引の主体は他社であります。そのため、当社グループは仲介業者
            または代理人として位置付けられることから、純額で表示しております。
           ④ ソリューションサービス

             ソリューションサービスにおける収益は、主に機器販売サービス、エンジニアリングサービス、マネー
            ジメントサービス、国内データセンターサービスからなります(以下「ソリューションサービス収
            入」)。
             ソリューションサービス収入は、お客さまに納品もしくはサービスを提供した時点で、お客さまから受
            け取る対価に基づき収益を認識しております。
           ⑤ CATV事業

             CATVサービス、高速インターネット接続サービス及び電話サービスの収入は、これらのサービスがお客
            さまに提供された期に収益計上しております。
             当社グループは、衛星放送事業者との契約を通して、個々の衛星放送視聴者に対して直接番組を配信し
            ております。個々の衛星放送視聴者は、1ヶ月の視聴契約を自動延長する契約条件で番組供給事業者に対
            して毎月視聴料を支払っております。こうした視聴料収入を含めた番組供給事業に係る収益は、サービス
            がCATV事業者、衛星放送事業者及びIPTV事業者等に提供された期に計上しております。
           ⑥ グローバルデータセンター事業

             当社グループでは、全世界主要拠点で「TELEHOUSE」というブランドにてデータセンター事業を行って
            おります。自営データセンターとして展開することで、お客さまの重要設備を信頼性の高い環境でお預か
            りし、その対価として、スペース、電力及びネットワークを含むサービス使用料を受領しております。複
            数年契約が一般的であり、その提供期間にわたって収益を認識しております。また、お客さま設備及び
            ネットワークの導入に関する対価は一時金として発生時に収益を認識しております。
                                  84/184



                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
         (21)販売手数料
            当社グループは、代理店がお客さまとの間で、携帯端末の販売または通信契約の獲得及び維持を行った場
           合、販売手数料を支払っております。通信契約の獲得及び維持を目的として支払う手数料は、発生時に販売
           費及び一般管理費に計上しております。一方、携帯端末の販売に関する手数料は携帯端末収入から控除して
           おります。
         (22)金融収益及び金融費用

            金融収益は、主として受取利息、受取配当金、為替差益及び純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
           の公正価値の変動等から構成されております。受取利息は、実効金利法を用いて発生時に認識しておりま
           す。当社グループが受け取る配当は、配当を受ける権利(株主の権利)が確定したときに、認識しておりま
           す。
            金融費用は、主として支払利息、為替差損、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産の公正価値の変
           動等から構成されております。また、支払利息は、実効金利法により発生時に認識しております。
         (23)その他の営業外損益

            その他の営業外損益は、投資活動に係る損益を含めております。具体的には、段階取得に係る差損益、関
           係会社株式売却損益及び持分変動損益を含めております。
         (24)借入コスト

            適格資産、すなわち意図した使用または販売が可能となるまでに相当の期間を要する資産に関して、その
           資産の取得、建設に直接起因する借入コストは、当該資産の取得原価の一部として資産化しております。そ
           の他の借入コストはすべて、発生した期間に費用として認識しております。
         (25)法人所得税

            法人所得税は、当期税金及び繰延税金で構成されており、資本に直接認識される項目またはその他の包括
           利益で認識される項目から生じる税金を除き、純損益で認識しております。
            当期税金は、当年度の課税所得に対する税務当局への納税見込額あるいは税務当局からの還付見込額に過
           年度の納税調整額を加味したものであります。税額の算定にあたっては、当社グループが事業活動を行い、
           課税対象となる損益を稼得する国において、期末日までに施行または実質的に施行されている税率及び税法
           にしたがっております。
            繰延税金は、資産負債法により、連結財務諸表上の資産及び負債の帳簿価額と資産及び負債の税務基準額
           との間に生じる一時差異、繰越欠損金及び税額控除に対して計上しております。ただし、以下の一時差異に
           対しては、繰延税金資産及び負債を計上しておりません。
           ・のれんの当初認識から生じる将来加算一時差異
           ・会計上の損益にも税務上の課税所得(税務上の欠損金)にも影響を与えない取引(企業結合取引を除く)
            によって発生する資産及び負債の当初認識により生じる一時差異
           ・子会社及び関連会社に対する投資に係る将来加算一時差異のうち、解消時期をコントロールでき、かつ予
            測可能な期間内に一時差異が解消しない可能性が高い場合
            繰延税金資産は、将来減算一時差異、未使用の繰越税額控除及び繰越欠損金について、それらを回収でき
           る課税所得の稼得が見込まれる範囲において認識し、繰延税金負債は、将来加算一時差異について認識して
           おります。繰延税金資産の帳簿価額は毎期見直され、繰延税金資産の全額または一部が回収できるだけの十
           分な課税所得が稼得されない可能性が高い部分については、帳簿価額を減額しております。
            繰延税金は、期末日までに施行または実質的に施行されている法律に基づいて、一時差異が解消される時
           に適用されると予測される税率を用いて測定しております。
            繰延税金資産及び負債は、当期税金資産と当期税金負債を相殺する法律的に強制力のある権利を有してお
           り、かつ同一の税務当局によって同一の納税主体に課されている場合、相殺しております。
         (26)配当

            当社の株主に対する配当は、当該配当が親会社の株主による承認が行われた期間の負債として認識してお
           ります。
         (27)1株当たり利益

            当社グループは、普通株式に係る基本的1株当たり当期利益(親会社の所有者に帰属)を開示しておりま
           す。
            基本的1株当たり当期利益は、親会社の普通株主に帰属する当期利益を、その期間中の自己株式を調整し
           た発行済普通株式の加重平均株式数で除して算定しております。
                                  85/184


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
            希薄化後1株当たり当期利益は、希薄化効果を有するすべての潜在株式が転換されたと仮定して、親会社
           の所有者に帰属する当期利益及び自己株式を調整した発行済普通株式の加重平均株式数を調整することによ
           り算定しております。当社グループの潜在的普通株式は役員報酬BIP信託及びESOP信託等に係るものであり
           ま す。
                                  86/184



















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
         4.企業結合
         株式会社イーオンホールディングス
         (1)企業結合の概要
          当社は、2018年1月22日付で、株式会社イーオンホールディングス(以下「イーオンHD」)の全株式を、同
         社株主から取得しました。この結果、イーオンHD及び同社の連結子会社は、同日付で当社の連結子会社となり
         ました。
         (2)企業結合を行った主な理由

          今回の資本参加により、当社は今後も成長・拡大が見込まれる教育市場へ新規参入し、当社がこれまで培っ
         てきた「ICT」に加え、イーオンHDが育成してきた「指導経験豊富な教師・オリジナル教材・留学サービス」を
         組み合わせ、お客様に新たな価値・サービスを提供することによる事業拡大を目指すことを目的としていま
         す。
         (3)被取得企業の名称及び事業内容                 (2018年3月末現在)

          名称           株式会社イーオンホールディングス
          設立日           1973年4月
          所在地           岡山県岡山市北区厚生町2丁目3番23号
          代表者の役職・氏名           代表取締役社長  髙木 憲一郎
                     英会話をはじめとする語学学校運営、語学教材の制作及び販売、
          事業内容
                     インターネット及び電話による語学教育
          資本金           100  百万円
         (4)取得した議決権付資本持分の割合

          イーオンHD    100%
         (5)支配権獲得日

          2018年1月22日
         (6)取得対価及びその内訳

                                       (単位:百万円)
                                       支配獲得日
                                     ( 2018年1月22日       )
                                            86,173
          支払現金
                                            86,173
          取得対価の合計
                        A
          当該企業結合に係る取得関連費用350百万円を「販売費及び一般管理費」に計上しております。

                                  87/184







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
         (7)支配獲得日における資産・負債の公正価値及びのれん
                                                   (単位:百万円)
                                                支配獲得日

                                              ( 2018年1月22日       )
          非流動資産
           有形固定資産(注)1                                              4,443
           無形資産(注)1                                             23,259
                                                        4,531
           その他
                                                       32,232
          非流動資産合計
          流動資産

           営業債権及びその他の債権(注)2                                              2,056
                                                       33,593
           現金及び現金同等物
                                                        7,279
           その他
                                                       42,928
          流動資産合計
                                                       75,160
          資産合計
          非流動負債

                                                        7,998
           繰延税金負債
                                                        2,971
           その他
                                                       10,969
          非流動負債合計
          流動負債

                                                       11,336
           営業債務及びその他の債務
                                                        3,696
           その他
                                                       15,031
          流動負債合計
                                                       26,001
          負債合計
                                                       49,159

                                   B
          純資産
          のれん(注)3                         A-B                    37,014

          取得対価は、支配獲得日における公正価値を基礎として、取得した資産及び引き受けた負債に配分しており

         ます。
         (注)1.有形固定資産及び無形資産の内訳

               有形固定資産は、主に建物、建物附属設備であります。
               無形資産は主に顧客関連資産、商標権、ソフトウェアであります。
             2.取得した債権の公正価値、契約上の未収金額及び、回収不能見込額

               取得した営業債権及びその他の債権(主に売掛金)の公正価値2,056百万円について、契約金額の総
               額は2,056百万円であり、            回収不能と見込まれるものはありません。
             3.のれん

               のれんは今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力及び既存事業とのシナジーを反映し
               たものです。認識されたのれんのうち、税務上損金算入できるものはありません。
                                  88/184




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
         (8)子会社の支配獲得による支出
                                       (単位:百万円)

                                      支配獲得日
                                    ( 2018年1月22日       )
          現金による取得対価                                △86,173
          支配獲得時に被取得企業が保有していた現金及び
                                           33,593
          現金同等物
                                          △52,580
          子会社の支配獲得による現金支払額
         (9)被取得企業の売上高及び当期利益

          2018年3月31日に終了した連結損益計算書上に認識している支配獲得日以降における被取得企業の売上高は
         4,857百万円、当期利益185百万円であります。
         (10)企業結合が期首に完了したと仮定した場合の連結に与える影響(プロフォーマ情報)

          仮に企業結合が当連結会計年度の開始日に行われたと仮定した場合、連結損益計算書の売上高は5,065,036百
         万円、当期利益は664,724百万円となります。
          なお、当該プロフォーマ情報は監査証明を受けておりません。
                                  89/184














                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
         5.セグメント情報
         (1)報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          取締役会等が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもの
          であります。
           当社グループは、「パーソナル」、「バリュー」、「ビジネス」、「グローバル」の4つを報告セグメント
          としております。なお、当社グループの報告セグメントは、事業セグメントの区分と同じとしております。ま
          た、  2018年4月1日付の         組織変更に伴い、        2019年3月期より「バリュー」の名称を「                    ライフデザイン」へ変更
          いたします。
           「パーソナル」には、国内における個人のお客さまを対象とした、モバイル通信サービス、スマートフォ

          ン・タブレット等の端末機器販売、FTTHサービス、CATVサービスのほか、通信以外の事業として物販サービ
          ス、エネルギーサービスなどが含まれます。
           「バリュー」には、コマース事業、金融事業、決済サービス、映像・音楽・情報配信等のコンテンツサービ
          スなどが含まれます。
           「ビジネス」には、国内における法人のお客さまを対象とした、モバイル・固定通信サービス及び端末機器
          販売や、ネットワーク・アプリケーション・クラウド型サービス等のソリューションサービスが含まれます。
           「グローバル」には、海外における個人のお客さまを対象としたモバイル通信サービスや法人のお客さまを
          対象としたデータセンター等のICTソリューションサービスなどが含まれます。
           なお、当連結会計年度より、連結子会社であるKDDIエボルバグループが営む事業の報告セグメントを「その
          他」から「ビジネス」へ変更しております。これは、KDDIエボルバグループの主力事業であるBPO(ビジネス
          プロセスアウトソーシング)事業、派遣事業において、法人顧客をターゲットとし事業拡大を図っており、こ
          れに当社グループにおける顧客基盤を活用し、相互送客を実現することで、法人向けソリューション事業の更
          なる拡大と競争力強化を図るためであります。
           これに伴い、前連結会計年度のセグメント情報については、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成し
          たものを開示しております。
         (2)報告セグメントごとの売上高、利益または損失、その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、                          「注記3.重要な会計方針」における記載と同一であ
          ります。
           報告セグメントの利益は、営業利益をベースとした数値であります。
           セグメント間の取引価格は、第三者取引価格または総原価を勘案し、価格交渉のうえ決定しております。
           資産及び負債は、報告セグメントに配分しておりません。
                                  90/184









                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
          (3)報告セグメントごとの売上高、利益または損失、その他の項目の金額に関する情報
            当社グループのセグメント情報は以下のとおりであります。
            前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                           報告セグメント

                                                        連結財務
                                           その他         調整額
                                                合計         諸表
                                           (注)1         (注)2
                    パーソ              グロー
                                                         計上額
                        バリュー    ビジネス           計
                    ナル              バル
     売上高
                   3,530,144     367,359    584,410     248,967    4,730,881      17,379    4,748,259        -  4,748,259
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                    102,825     83,699    125,759     28,237    340,520     76,687    417,207    △417,207        -
      または振替高
                   3,632,969     451,058    710,170     277,204    5,071,401      94,066    5,165,467     △417,207     4,748,259
           計
                    711,087     95,894    76,053     24,157    907,191     7,497    914,688     △1,712     912,976
     セグメント利益
                                                         △11,562
     金融収益及び金融費用
                                                         △5,517
     その他の営業外損益
                                                         895,897
     税引前当期利益
     その他の項目
                    468,334     20,350    45,481     12,590    546,755     1,012    547,767     △2,590     545,177
      減価償却費及び償却費
                     36,054      66   1,136     227    37,484       ▶   37,488      -   37,488
      減損損失
                     1,112    △389     740     80    1,543     1,212     2,755      -    2,755
      持分法による投資損益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備の建設及び保守、研究・先

           端技術開発等の事業を含んでおります。
         2.  セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
            当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                           報告セグメント

                                                        連結財務
                                           その他         調整額
                                                合計         諸表
                                           (注)1         (注)2
                    パーソ              グロー
                                                         計上額
                        バリュー    ビジネス           計
                    ナル              バル
     売上高
                   3,793,280     402,873    591,053     220,499    5,007,705      34,273    5,041,978        -  5,041,978
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                    106,325    118,863    158,918     28,203    412,308     71,000    483,308    △483,308        -
      または振替高
                   3,899,605     521,736    749,971     248,702    5,420,013     105,273    5,525,286     △483,308     5,041,978
           計
                    732,931    103,986     84,467     31,907    953,292     10,283    963,575      △782    962,793
     セグメント利益
                                                         △7,950
     金融収益及び金融費用
                                                           305
     その他の営業外損益
                                                         955,147
     税引前当期利益
     その他の項目
                    468,485     21,859    46,189     11,674    548,206     1,374    549,580     △2,971     546,609
      減価償却費及び償却費
                     11,075     988    963     40   13,066       3   13,069      -   13,069
      減損損失
                     1,227     494    601     90    2,411     2,180     4,592      -    4,592
      持分法による投資損益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備の建設及び保守、研究・先

           端技術開発等の事業を含んでおります。
         2.  セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
                                  91/184




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
          (4)製品及びサービスごとの情報
             製品及びサービスごとの情報については、「注記.25 売上高」にて記載しております。
          (5)地域ごとの情報

           ① 売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の大部分を占めるため、記載を省略しておりま
            す。
           ② 非流動資産(金融資産、繰延税金資産及び退職給付に係る資産を除く)

             本邦に所在している非流動資産の金額が連結財政状態計算書の非流動資産の金額の大部分を占めるた
            め、記載を省略しております。
          (6)主要な顧客ごとの情報

             特定の顧客への外部売上高が連結損益計算書の売上高の10%未満であるため、記載を省略しておりま
            す。
         6.有形固定資産

          (1)有形固定資産の増減表
            有形固定資産の取得原価、減価償却累計額及び減損損失累計額の増減は以下のとおりであります。
            取得原価

                                                    (単位:百万円)
                             建物及び

                       通信設備               土地     建設仮勘定        その他       合計
                             構築物
                      4,670,274        589,306       259,678       188,149       505,182      6,212,588
     2016年4月1日残高
     取得                   4,134       9,459        447     368,342       12,428      394,811
                       305,757       14,612       16,324     △388,471        51,777         -
     建設仮勘定からの振替
                        2,517       1,636        -       ▶     7,770      11,927
     企業結合による取得
                      △235,346        △6,932        △14     △3,672      △34,814      △280,778
     処分
                       △2,735       △4,169        △842      △2,116      △13,507       △23,368
     外貨換算差額
                       △9,449         291       548     △3,928        3,949      △8,589
     その他
                      4,735,152        604,203       276,142       158,309       532,785      6,306,590
     2017年3月31日残高
                       48,474       3,127        329     358,146        9,665      419,742
     取得
                       258,131       16,649       1,751     △328,000        51,470         -
     建設仮勘定からの振替
                         -     3,437       1,455        -      253      5,145
     企業結合による取得
                      △88,173       △18,169         △75     △7,869      △43,723      △158,009
     処分
                       △1,070        1,952        391       566      2,562       4,400
     外貨換算差額
                         502       455      △746      △3,360        △983      △4,132
     その他
                      4,953,016        611,653       279,246       177,792       552,028      6,573,735
     2018年3月31日残高
                                  92/184







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
            減価償却累計額及び減損損失累計額
                                                    (単位:百万円)
                             建物及び

                       通信設備               土地      建設仮勘定         その他        合計
                             構築物
                     △3,067,130        △352,097        △4,084        △728     △302,822      △3,726,860
     2016年4月1日残高
     減価償却費                 △311,331       △19,593          -       -    △54,268      △385,192
                       217,716        5,882        -      945     32,369      256,912
     処分
                      △32,456        △218        -     △909       △26     △33,609
     減損損失
                        1,678        264       -       1     8,661      10,605
     外貨換算差額
                         -       -       -       -       -       -
     その他
                     △3,191,523        △365,761        △4,084        △691     △316,086      △3,878,145
     2017年3月31日残高
     減価償却費                 △295,008       △20,097          -       -    △53,910      △369,015
                       65,096       15,769         0      -     41,626      122,491
     処分
                      △10,644        △646        -     △399       △166     △11,856
     減損損失
                         739       150       -      △0      △903       △15
     外貨換算差額
                         -       -       -       -       -       -
     その他
                     △3,431,340        △370,586        △4,083       △1,090      △329,439      △4,136,539
     2018年3月31日残高
     (注)有形固定資産の減価償却費は、連結損益計算書の「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」に含まれておりま
        す。
            有形固定資産の帳簿価額は以下のとおりであります。

            帳簿価額

                                                    (単位:百万円)
                             建物及び

                      通信設備              土地     建設仮勘定        その他       合計
                             構築物
                      1,603,144        237,209       255,594       187,421       202,360      2,485,728
     2016年4月1日残高
                      1,543,629        238,441       272,058       157,618       216,699      2,428,445
     2017年3月31日残高
                      1,521,676        241,067       275,163       176,701       222,589      2,437,196
     2018年3月31日残高
          (2)ファイナンス・リースにより調達している有形固定資産

            ファイナンス・リースにより調達している有形固定資産(減価償却累計額及び減損損失累計額控除後)の
           帳簿価額は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)

                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                              (2017年3月31日)                  (2018年3月31日)
     宅内機器                                  72,662                  69,629
                                        8,646                  7,562
     その他
                                       81,308                  77,191
              合計
                                  93/184






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
          (3)担保に差し入れている有形固定資産
            借入金等の負債の担保に供されている有形固定資産の金額については、「注記15.借入金及び社債」に記
           載しております。
          (4)所有権に対する制限がある有形固定資産

            所有権に対する制限がある有形固定資産はありません。
          (5)建設中の有形固定資産

            建設中の有形固定資産項目の帳簿価額に含めて認識された支出額は、上記の中で、建設仮勘定の科目によ
           り表示しております。
          (6)借入コストの資産化

            前連結会計年度及び当連結会計年度において、有形固定資産の取得原価に含めた重要な借入コストはあり
           ません。
         7.のれん及び無形資産

          (1)のれん及び無形資産の増減表
            無形資産の取得原価、償却累計額及び減損損失累計額の増減は以下のとおりであります。
            取得原価

                                                    (単位:百万円)
                                       無形資産

                      のれん                                  合計
                           ソフトウェア        顧客関連      番組供給関連        その他
                       450,506       552,941       272,648       36,363      598,297      1,910,755
     2016年4月1日残高
     取得                    -    112,885         -       -     60,606      173,491
                       46,113       4,336      38,895         -     28,752      118,095
     企業結合による取得
                      △14,895       △10,388          -       -    △30,600       △55,882
     処分
                        △347       △859        -       -     △469      △1,675
     外貨換算差額
                         -      602       -       -    △3,713       △3,111
     その他
                       481,377       659,517       311,543       36,363      652,873      2,141,673
     2017年3月31日残高
     取得                    -    114,152         -       -     78,289      192,441
                       51,809        111      9,002        -     17,146       78,068
     企業結合による取得
                        △228     △70,408          -       -    △29,138       △99,774
     処分
                        △338       △212        -       -     △252       △802
     外貨換算差額
                       △1,760        △597        -       -    △5,790       △8,147
     その他
                       530,860       702,563       320,545       36,363      713,129      2,303,458
     2018年3月31日残高
                                  94/184








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            有価証券報告書
            償却累計額及び減損損失累計額
                                                    (単位:百万円)
                                       無形資産

                      のれん                                  合計
                           ソフトウェア        顧客関連      番組供給関連        その他
                        △799     △298,233       △34,821       △4,959      △276,596       △615,408
     2016年4月1日残高
     償却費                    -    △96,126       △12,757       △1,653      △49,449      △159,985
                       △3,504        △135        -       -     △241      △3,879
     減損損失
                         799      7,389        -       -     29,336       37,524
     処分
                         -      161       -       -      265       426
     外貨換算差額
                         -       -       -       -       -       -
     その他
                       △3,504      △386,945       △47,577       △6,611      △296,685       △741,322
     2017年3月31日残高
                         -   △103,497       △19,226       △1,653      △53,217      △177,594
     償却費
                        △956       △232        -       -      △24     △1,213
     減損損失
                         -     67,902         -       -     27,884       95,786
     処分
                         200       115       -       -      275       591
     外貨換算差額
                         -       -       -       -       -       -
     その他
                       △4,259      △422,657       △66,804       △8,264      △321,767       △823,752
     2018年3月31日残高
     (注)無形資産の償却費は、連結損益計算書の「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」に含まれております。
            のれん及び無形資産の帳簿価額は以下のとおりであります。

            帳簿価額

                                                    (単位:百万円)
                                       無形資産

                      のれん             &nbs