株式会社小森コーポレーション 有価証券報告書 第72期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第72期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社小森コーポレーション

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成30年6月21日

     【事業年度】                      第72期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     【会社名】                      株式会社小森コーポレーション

     【英訳名】                      KOMORI CORPORATION

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  持 田 訓

     【本店の所在の場所】                      東京都墨田区吾妻橋3丁目11番1号

     【電話番号】                      03―5608―7811(代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役管理本部長  松 野 浩 一

     【最寄りの連絡場所】                      東京都墨田区吾妻橋3丁目11番1号

     【電話番号】                      03―5608―7811(代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役管理本部長  松 野 浩 一

     【縦覧に供する場所】                      株式会社小森コーポレーション大阪支社

                           (大阪府大阪市城東区蒲生2丁目11番3号)

                          株式会社小森コーポレーション名古屋支店

                           (愛知県名古屋市中川区愛知町4番6号)

                          株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                   1/108







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      (1) 連結経営指標等
            回次           第68期       第69期       第70期       第71期       第72期

           決算年月           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月
                        91,837       91,259       95,326       86,618       94,168

     売上高          (百万円)
                        10,098        7,841       6,508       1,430       4,420

     経常利益          (百万円)
     親会社株主に帰属す
                        13,657        7,569       6,522         657      3,074
               (百万円)
     る当期純利益
                        14,370       10,633        3,287       2,960       3,396
     包括利益          (百万円)
                       125,686       135,128       135,890       131,386       132,451

     純資産額          (百万円)
                       172,407       184,622       188,173       180,100       182,477

     総資産額          (百万円)
                       2,028.31       2,180.73       2,192.83       2,256.47       2,274.80

     1株当たり純資産額            (円)
     1株当たり当期純利
                        220.39       122.16       105.26        10.94       52.81
                 (円)
     益
     潜在株式調整後1株
                 (円)        -       -       -       -       -
     当たり当期純利益
                         72.9       73.2       72.2       73.0       72.6
     自己資本比率            (%)
                         11.4        5.8       4.8       0.5       2.3

     自己資本利益率            (%)
                         5.8       12.5       12.4       130.7        25.4

     株価収益率            (倍)
     営業活動による
                        13,430        7,483       11,935        △ 793      6,091
               (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                       △ 7,086      △ 8,684      △ 1,352       4,261         295
               (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                        8,820      △ 2,529      △ 2,778      △ 7,669      △ 2,340
               (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                        54,392       51,556       59,140       54,652       58,826
               (百万円)
     の期末残高
                        1,784       2,106       2,189       2,195       2,227
     従業員数            (名)
      (注) 1 売上高には消費税等を含んでおりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                   2/108






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (2) 提出会社の経営指標等
            回次           第68期       第69期       第70期       第71期       第72期

           決算年月           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月
                        77,686       72,314       73,551       67,208       73,182

     売上高          (百万円)
                        9,983       6,713       5,014         573      3,532

     経常利益          (百万円)
     当期純利益又は当期
                        13,012        6,338       3,942       △ 569      3,016
               (百万円)
     純損失(△)
                        37,714       37,714       37,714       37,714       37,714
     資本金          (百万円)
                      68,292,340       68,292,340       68,292,340       62,292,340       62,292,340

     発行済株式総数            (株)
                       121,336       127,621       128,306       122,098       122,943

     純資産額          (百万円)
                       158,965       164,631       168,236       162,046       162,134

     総資産額          (百万円)
                       1,958.11       2,059.58       2,070.66       2,096.96       2,111.50

     1株当たり純資産額            (円)
                        15.00       30.00       40.00       40.00       40.00

     1株当たり配当額            (円)
     (うち1株当たり中
                 (円)      ( 5.00  )    ( 10.00   )    ( 20.00   )    ( 20.00   )    ( 20.00   )
     間配当額)
     1株当たり当期純利
                        209.99       102.29        63.63       △ 9.47       51.81
     益又は当期純損失            (円)
     (△)
     潜在株式調整後1株
                 (円)        -       -       -       -       -
     当たり当期純利益
                         76.3       77.5       76.3       75.3       75.8
     自己資本比率            (%)
                         11.3        5.1       3.1      △ 0.5       2.5

     自己資本利益率            (%)
                         6.1       15.0       20.6               25.9

     株価収益率            (倍)                               -
                         7.1       29.3       62.9               77.2

     配当性向            (%)                               -
                        1,056       1,089       1,091       1,094       1,102

     従業員数            (名)
      (注) 1 売上高には消費税等を含んでおりません。

        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3 第71期の株価収益率及び配当性向については1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
                                   3/108








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
       当社グループは大正12年個人企業小森機械製作所として創業、以来オフセット印刷機械の製造、販売及び修理を業
      務とし鋭意技術開発に努力してまいりました。株式会社設立後の沿革につきましては、次の通りであります。
      昭和21年12月        資本金100万円をもって株式会社小森印刷機械製作所を東京都墨田区吾妻橋に設立。
          同月        大阪出張所を大阪市東区に開設(現在、大阪支社 大阪市城東区)。
      昭和25年1月        足立工場(東京都足立区)完成。
      昭和34年12月        本社を東京都墨田区吾妻橋の現在地へ移転。
      昭和42年2月        歯車の切削研磨部門を分離し、小森精密ギヤー株式会社(現在、株式会社小森マシナリー・連結
              子会社)を設立、工場を松戸市南花島に設置。
      昭和42年7月        本社工場を茨城県北相馬郡取手町(現在、取手市)に移転、取手工場として小型・中型印刷機の生
              産体制を確立。
      昭和51年8月        印刷機械の関連装置組立部門を強化するため、株式会社高畠製作所(資本金20百万円、山形県東
              置賜郡高畠町)を傘下企業とする。
      昭和51年9月        商号を小森印刷機械株式会社に変更。
      昭和53年10月        足立工場を千葉県東葛飾郡関宿町に移転、関宿工場として大型印刷機の専門工場とする(現在、
              野田市)。
      昭和57年2月        米国に現地法人コモリ アメリカ コーポレーション(連結子会社)を設立。
      昭和58年4月        東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
      昭和59年4月        英国に現地法人コモリ ヨーロッパ リミテッド(現在、コモリ ユー.ケー.リミテッド・連結子会
              社)を設立。
      昭和59年11月        東京証券取引所市場第一部に指定。
      昭和60年6月        株式会社高畠製作所が小森山形マシナリー株式会社(現在、株式会社小森マシナリー・連結子会
              社)と社名変更、山形県高畠町に新工場建設(完成61年4月)。
          同月        小森山形エレクトロニクス株式会社(現在、株式会社小森マシナリーへ吸収合併)を設立、電子部
              門の強化を図る。
      昭和61年10月        蘭国に現地法人コモリ インターナショナル ファイナンス ビー.ヴィ.(現在、清算結了)を設
              立。
      昭和63年9月        蘭国に現地法人コモリ ヨーロッパ ビー.ヴィ.(現在、コモリ インターナショナル ヨーロッパ 
              ビー.ヴィ.・連結子会社)を設立。
      平成元年1月        仏国に現地法人コモリ シャンボン エス.エイ.(現在、コモリ シャンボン エス.エイ.エス.・連
              結子会社)を設立。
      平成2年7月        商号を株式会社小森コーポレーションに変更。
          8月        米国に現地法人コモリ ウエスト インコーポレーテッド(現在、コモリ アメリカ コーポレー
              ションへ吸収合併)を設立。
          同月        伊国に現地法人コモリ イタリア エス.アール.エル.(連結子会社)を設立。
      平成3年4月        蘭国の現地法人コモリ ヨーロッパ ビー.ヴィ.がコモリ インターナショナル ヨーロッパ ビー.
              ヴィ.(連結子会社)と社名変更、欧州の販売子会社の統括会社とする。
          9月
              仏国にコモリ フランス エス.エイ.(現在、コモリ フランス エス.エイ.エス.・連結子会社)を
              設立。
      平成7年6月        米国に現地法人コモリ リースィング インコーポレーテッド(連結子会社)を設立。
      平成8年1月        株式会社小森エンジニアリング(連結子会社)を設立、設計部門の強化を図る。
      平成9年6月        特印事業部英国支部を英国に開設。
      平成10年9月        香港に現地法人小森香港有限公司(連結子会社)を設立。
                                   4/108




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      平成12年4月        株式会社小森プリシジョンヤマガタ(現在、株式会社小森マシナリー・連結子会社)が株式会社小
              森プリシジョンを吸収合併し、歯車の切削研磨部門を山形県高畠町に集約。
          同月        現地法人コモリ アメリカ コーポレーション(連結子会社)が現地法人コモリ ウエスト インコー
              ポレーテッドを吸収合併し、米国の販売会社を統合。
      平成13年4月        東芝機械株式会社よりオフセット輪転印刷機事業の営業譲渡を受ける。
      平成13年9月        米国に現地法人コモリ エイチ アール ビー コーポレーション(現在、コモリ アメリカ コーポ
              レーションへ吸収合併)を設立。
      平成13年10月        台湾に現地法人コモリ タイワン リミテッド(連結子会社)を設立。
      平成14年4月        株式会社小森マシナリー(連結子会社)が株式会社小森プリシジョンヤマガタを吸収合併し、経営
              資源の効率的活用を図る。
      平成14年7月        茨城県つくば市につくば工場を新設。
      平成15年12月        中国に現地法人小森国際貿易(シンセン)有限公司(現在、清算結了)を設立。
      平成16年2月        豪国にコモリ オーストラリア ピーティーワイ リミテッド(現在、清算結了)を設立。
              蘭国に現地法人コモリ           インターナショナル          ネザランズ      ビー.ヴィ.(連結子会社)を設立。
      平成16年10月
      平成17年12月        つくば工場第二期工事竣工。
          同月        中国に現地法人小森印刷机械(シンセン)有限公司(連結子会社)を設立。
      平成19年9月        現地法人小森国際貿易(シンセン)有限公司の清算を結了。
      平成20年6月        現地法人コモリ アジア テクニカル サービスセンター エス.ビー.(現在、清算結了)を設
              立。
      平成21年10月        つくばプラント第三期工事竣工。
      平成24年6月        中国に現地法人小森机械(南通)有限公司(連結子会社)を設立。
      平成25年4月        株式会社小森マシナリー(連結子会社)が株式会社小森エレクトロニクスを吸収合併し、電子部門
              を集約。
      平成26年5月        株式会社小森コーポレーションが東海ホールディングス株式会社(現在、株式会社セリアコーポ
              レーション・連結子会社)の株式を取得。プリンテッドエレクトロニクス事業を強化。
              シンガポールの販売代理店KM              Link社の株式を92.5%取得。現地法人コモリ サウスイースト 
      平成26年6月
              アジア プライベート リミテッド(連結子会社)に商号変更。
      平成26年9月        マレーシアに現地法人コモリ マレーシア Sdn.Bhd.(連結子会社)を設立。
      平成27年4月        東海商事株式会社が東海ホールディングス株式会社を吸収合併し、株式会社セリアコーポレー
              ション(連結子会社)に商号変更。東海精機株式会社が、株式会社セリアエンジニアリング(連結
              子会社)に商号変更。
      平成28年11月        現地法人コモリ サウスイースト アジア プライベート リミテッド(連結子会社)につい
              て、7.5%の株式を追加取得し100%連結子会社化。
      (注)有価証券報告書提出日までの間に発生した事項

      平成30年4月        インドの販売代理店Insight社の株式を75.0%取得。現地法人コモリ インディア プライベー
              ト リミテッド(非連結子会社)に商号変更。
                                   5/108






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
       当社グループは当社、子会社19社で構成され印刷機械の製造販売を主な内容とし、更に事業に関連する資材・機材
      の供給、ファイナンスの提供並びに不動産管理等のサービスを行っております。
       生産体制は一部の製品を除き一括して日本で行う体制になっておりますが、販売体制は、海外の重要販売拠点に子
      会社を展開してグローバルな体制になっております。海外の重要販売拠点となっている海外子会社はそれぞれ独立し
      た経営単位で、各地域での包括的な販売戦略を立案し、事業活動を展開しております。
       各セグメントの事業内容は以下の通りです。
       報告セグメント「日本」は、一部の製品を除き一括して生産しており、国内、中南米、及び中華圏の一部を除くア
      ジアや海外証券印刷機の販売が含まれます。
       a 当社は㈱小森マシナリーより小型印刷機械を仕入、販売しております。
       b 当社は印刷機械を構成するインク供給、給紙、排紙、折機、電気機器等の各部分機器、及び機械を構成する部
         分品、並びに事業関連サービスを㈱小森マシナリー、㈱小森興産、㈱小森エンジニアリングの各社から仕入れ
         ております。
       c   株式会社セリアコーポーレーションは印刷機械その他印刷資機材を製造、仕入、販売しております。
       報告セグメント「北米」は、主としてアメリカ合衆国での販売が含まれます。
       a 当社が製造販売する印刷機械の一部を、主としてアメリカ地区においてコモリ アメリカ コーポレーションが
         販売しております。コモリ リースィング インコーポレーテッドは、コモリ アメリカ コーポレーションの顧
         客への販売に対するファイナンスを行っております。
       報告セグメント「欧州」は、主として西欧、東欧、中東地域での販売が含まれます。また、紙器印刷機械の製造販
      売をしておりますコモリ シャンボン エス.エイ.エス.も当セグメントに含んでおります。
       a 当社が製造販売する印刷機械の一部を、主としてヨーロッパ地区においてコモリ インターナショナル ヨー
         ロッパ ビー.ヴィ.を経由してコモリ イタリア エス.アール.エル.・コモリ ユー.ケー.リミテッド・コモリ 
         フランス エス.エイ.エス.・コモリ インターナショナル ネザランズ ビー.ヴィ.が販売しております。
       b コモリ シャンボン エス.エイ.エス.は紙器印刷機械を製造販売する他、集団各社を通じて販売することがあ
         ります。
       「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであります。
       a 当社が製造販売する印刷機械の一部を、中国の香港他一部の地域において小森香港有限公司及び小森印刷机械
         (シンセン)有限公司、また、台湾においてコモリ タイワン リミテッドが販売しております。
       b 主としてアジア・オセアニア地区においてコモリ サウスイースト アジア プライベート リミテッド及び
         コモリ マレーシア Sdn.Bhd.が販売及びサービスの支援をしております。
       c 小森机械(南通)有限公司は印刷機械関連装置を製造しております。
                                   6/108









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       事業の系統図は次の通りであります。
                                   7/108




















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
                            資本金又は             議決権の

                                   主要な事業
          名称           住所        出資金             所有割合         関係内容
                                    の内容
                             (百万円)              (%)
                                               当社の役員6名が同社の役
                                               員を兼務しております。同
                                  印刷機械及び             社は当社に対して製品、製
      株式会社             山形県
                               1,600   装置・部品の          100.0   品の装置及び部品を納入し
      小森マシナリー *1            高畠町
                                  製造販売             ており、同社は当社より一
                                               部の設備を賃借しておりま
                                               す。
                                               当社の役員3名が役員を兼
                                  印刷機械及び
      株式会社             茨城県
                                               務しております。同社は当
                                20  関連機器の設          100.0
                                               社に対して設計サービスを
      小森エンジニアリング            牛久市
                                  計
                                               提供しております。
                                               当社の役員6名が同社の役
                                  印刷機械その
                  東京都
      株式会社セリアコーポレー                                          員を兼務しております。同
                                60  他印刷資機材          100.0
      ション                                         社は㈱小森マシナリーより
                  北区
                                  の製造・販売
                                               製品を購入しております。
                  岐阜県                          100.0
      株式会社セリアエンジニアリ                             印刷機械及び             当社の役員5名が同社の役
                                54
      ング                            装置の製造             員を兼務しております。
                  郡上市                         (100.0)
                                               当社の役員4名が同社の役
                                               員を兼務しております。同
                  アメリカ
                                  当社製品の販             社は当社より製品及び部品
      コモリ アメリカ                          22,194
                  イリノイ州                売並びに修理          100.0   を購入しており、当社は銀
      コーポレーション                        千米ドル
                                  加工             行借入債務等に対する保証
                  ローリングメドウズ市
                                               等及び貸付を行っておりま
                                               す。
                                               当社の役員1名が同社の役
                                               員を兼務しております。同
                                  印刷機械及び             社はコモリ アメリカ 
                  アメリカ
      コモリ リースィング                          1,000             100.0
                                  関連機器の顧             コーポレーションが販売す
                  イリノイ州
                                  客向けファイ             る顧客に対してファイナン
      インコーポレーテッド                        千米ドル             (100.0)
                  ローリングメドウズ市
                                  ナンス             スを行っております。な
                                               お、当社は同社に貸付を
                                               行っております。
                                               当社の役員4名が同社の役
                                               員を兼務しております。同
                                  当社製品の販
      コモリ インターナシ
                                               社は当社より製品及び部品
                  オランダ             1,452
                                  売並びに修理
      ョナルヨーロッパ                                      100.0   を購入しており、当社は銀
                                  加工及び地域
                  ユトレヒト市            千ユーロ
                                               行借入債務等に対する保証
      ビー.ヴィ.
                                  統括
                                               等及び貸付を行っておりま
                                               す。
                                               当社はコモリ インターナ
                                  当社製品の販
      コモリ フランス             フランス             1,829             100.0
                                               ショナル ヨーロッパ 
                                  売並びに修理
                                               ビー.ヴィ.より製品及び部
      エス.エイ.エス.            アントニー市            千ユーロ             (100.0)
                                  加工
                                               品を購入しております。
                                               当社の役員1名が同社の役
                                               員を兼務しております。同
                                  当社製品の販
      コモリ イタリア             イタリア              520            100.0
                                               社はコモリ インターナ
                                  売並びに修理
                                               ショナル ヨーロッパ 
      エス.アール.エル.            ミラノ市            千ユーロ             (100.0)
                                  加工
                                               ビー.ヴィ.より製品及び部
                                               品を購入しております。
                                               当社の役員1名が同社の役
                                               員を兼務しております。同
                                               社はコモリ インターナ
                                  当社製品の販
      コモリ ユー.ケー.             イギリス             6,200             100.0
                                               ショナル ヨーロッパ 
                                  売並びに修理
                                               ビー.ヴィ.より製品及び部
      リミテッド            リーズ市           千英ポンド              (100.0)
                                  加工
                                               品を購入しており、当社は
                                               銀行借入債務等に対する保
                                               証等を行っております。
                                   8/108




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
                            資本金又は             議決権の

                                   主要な事業
          名称           住所        出資金             所有割合         関係内容
                                    の内容
                             (百万円)              (%)
                                               同社はコモリ インターナ
      コモリ インターナシ
                                  当社製品の販
                  オランダ             1,000             100.0
                                               ショナル ヨーロッパ 
      ョナル ネザランズ                            売並びに修理
                                               ビー.ヴィ.より製品及び部
                  ユトレヒト市            千ユーロ             (100.0)
                                  加工
      ビー.ヴィ.
                                               品を購入しております。
                                               当社の役員3名が同社の役
                                               員を兼務しております。同
                                               社は当社に対して製品及び
      コモリ シャンボン             フランス             8,000
                                  印刷機械の製
                                            100.0   部品の一部を納入してお
                                  造販売
      エス.エイ.エス.            オルレアン市            千ユーロ
                                               り、当社は銀行借入債務等
                                               に対する保証等を行ってお
                                               ります。
                                  当社製品の販
                               18,116
                                               当社より製品及び部品を購
      小森香港有限公司             中国香港特別行政区                売並びに修理          100.0
                                               入しております。
                             千香港ドル
                                  加工
                                  当社製品の販
      小森印刷机械(シンセン)             中国             16,057             100.0
                                               当社より製品及び部品を購
                                  売並びに修理
                                               入しております。
      有限公司            シンセン市              千元            (100.0)
                                  加工
                                               当社の役員1名が同社の役
                                  当社製品の販
      コモリ タイワン              台湾             45,860
                                               員を兼務しております。当
                                  売並びに修理          100.0
                                               社より製品及び部品を購入
      リミテッド            台北市          千新台湾ドル
                                  加工
                                               しております。
                                               当社の役員1名が同社の役
                                               員を兼務しております。同
                  中国             14,000
      小森机械(南通)有限公司                             装置の製造          100.0   社は㈱小森マシナリーより
                  南通市            千米ドル
                                               部品を購入し、装置を納入
                                               しております。
                                               当社の役員1名が同社の役
                               2,000
      コモリ サウスイースト ア                             当社製品の販
                                               員を兼務しております。当
      ジア プライベート リミ            シンガポール                売並びに修理          100.0
                            千シンガポー
                                               社より製品及び部品を購入
      テッド                            加工
                               ルドル
                                               しております。
                                               コモリ サウスイースト 
                               1,000
                                  当社製品の販
                  マレーシア                          100.0
      コモリ マレーシア Sdn.                                          アジア プライベート リ
                                  売並びに修理
                            千マレーシア
      Bhd.                                         ミテッドより製品及び部品
                  クアラルンプール市                         (100.0)
                                  加工
                             リンギット
                                               を購入しております。
      (注) 1 「議決権の所有割合」欄の(内書)は間接所有であります。
        2 上記会社のうち、有価証券報告書又は有価証券届出書を提出している会社はありません。
        3 *1:特定子会社であります。
        4 上記会社は連結子会社であります。
                                   9/108










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                               平成30年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(名)
     日本                                                 1,737

     北米                                                  102

     欧州                                                  218

     その他                                                  170

                 合計                                     2,227

      (注)   従業員数は就業人員数であります。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成30年3月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
               1,102             41.83             17.74           7,080,021

      (注)   1.   従業員数は就業人員数であります。
        2.   平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.   提出会社の従業員はセグメント「日本」に含まれております。
      (3)  労働組合の状況

        提出会社、㈱小森マシナリー、コモリシャンボン                       エス.エイ.エス.にそれぞれ労働組合が組織されております。
        なお、グループ各社において労働関係について特に記載すべき事項はありません。
                                  10/108












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
      (1)  会社の経営の基本方針

        当社グループは、高い「経営品質」による「顧客感動創造活動」を通じて、世界中のお客様に感動していただけ
       る製品とサービスを提供し続けることにより、社会文化の発展に寄与していくことを基本理念としております。
        また、株主の皆様やお客様をはじめ、取引先、地域社会、社員とその家族など、すべてのステークホルダーの信
       頼と期待に応えるとともに、共存共栄を図ることを行動指針として活動しております。
      (2)  会社の対処すべき課題及び中期的な会社の経営戦略と目標とする経営指標

        印刷産業は、電子媒体普及の影響を受け、出版関係を中心に伸び悩んでいるものの、日本・欧米を中心に高付加
       価値印刷やパッケージ印刷の需要は堅調です。また、新興国では中華圏が低迷から脱しつつあり、インド・アセア
       ン諸国などでは人口増や中間所得層拡大に伴い印刷需要は伸びております。
        このような事業環境の中、当社の経営は、オフセット印刷機事業の収益基盤をより強固にするとともに、各新規
       事業の拡大と営業の業態等の「変革」が必要となりました。このため2016年4月からスタートした第5次中期経営
       計画にて、「事業構造変革」を推進し「営業の業態変革」と「モノづくり革新」等を通して「収益構造変革」を実
       行しております。(第5次中期経営計画の詳細はP.14をご参照ください)
        第5次中期経営計画の当連結会計年度を含む最初の2年間で、事業構造変革での成果としては、証券印刷機事業
       では、米国の民間紙幣印刷会社であるCrane社を含む世界各国からの大型受注に成功したこと、DPS事業では新型デ
       ジタル印刷機「Impremia(インプレミア)                    IS29」の量産販売を国内外で開始したことがあげられます。また、PE事
       業では電子部品業界での当社のプレゼンスを高める一方で、高精細技術を基に半導体などの製造技術の商用化をめ
       ざし各種のアライアンスを組むなど着実な事業拡大を実施したこと等、事業の複合化を進めました。次に、営業の
       業態変革では、PESP(プリントエンジニアリングサービスプロバイダー)事業として、ポストプレス商品・消耗品
       などの印刷関連商品及び予防保守サービスなどを拡充するとともに、将来の印刷会社でのIoTを目指した「KP-
       Connect(KP-コネクト)」(KOMORIソリューションクラウド)の国内販売を開始し、お客様の生産性と収益性の向上
       に資する総合的なソリューション提案を可能とする体制を整えています。
        当中期経営計画の最終年となる次期連結会計年度は売上高1,010億円、営業利益31億円を予想しております。中
       国・インドでの需要の回復やDPS事業・PESP事業の着実な拡大を想定しており、前期比で増収となりますが、品目別
       売上構成の違いや、為替レートが前期比で円高を想定していることなどから若干の減益となる見込みです。一方、
       第5次中期経営計画で設定した目標とする経営指標(2019年3月期の売上高1,400億円、営業利益125億円)には届
       かない見込みです。
        中期経営計画の目標とする経営指標から乖離している主な要因は次の通りです。
        第一に、事業構造変革を推進する一方でオフセット印刷機事業の基盤強化に努めてまいりましたが、同事業が想
       定どおり伸びなかったことであります。特に潜在需要の大きい中国とインド向けの販売が目標を大きく下回りまし
       た。中国市場は力強い需要が戻りつつあるものの過去2年間の急速な経済の成長鈍化により印刷機需要の低迷が長
       期化しました。インド市場は高額紙幣の廃止や新税制導入の混乱に伴い経済が混迷し、機械販売が停滞しました。
        第二は、事業構造変革の柱であるDPS事業の収益化が遅れ、経営指標への寄与が未だ小さいことです。デジタル印
       刷機「Impremia        IS29」と「Impremia          NS40」の市場投入が遅延したこと、同機のビジネスモデルに合致した新しい
       市場開拓に時間を要したことなどが背景にあります。他方、本格的な当社のデジタル印刷機は、市場から大きな評
       価を得ることが出来ましたので、今後着実な成果が期待できます。
        この他、自律的成長に加えM&Aによる業容拡大を想定しましたが、新規事業での戦略的アライアンスや海外代理店
       の子会社化などを進めたものの、現時点では収益に大きなインパクトを与えるM&Aが実行されていないことも要因の
       一つとなっています。
        当社は、第5次中期経営計画を通して成長の基本路線は確実なものにしましたが、さらにオフセット印刷機事業
       の収益基盤の強化と新規事業の拡大により、収益力を早期に高めることが最重要課題と捉えております。第5次中
       期経営計画の最終年度の次期連結会計年度は、事業計画の遅れを改善すべく課題への取り組みを強化し「変革」を
       推し進めてまいります。
                                  11/108


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
        オフセット印刷機事業では、自動化・省力化を追求した高付加価値機やパッケージユーザー向け新製品を拡販し
       てまいります。また、アジアの重要市場を中心に販売・サービス体制の強化に取り組んでまいります。DPS事業・
       PESP事業では海外を含む一層の業容拡大とストックビジネス指向により収益性の改善と安定的収益源の確保を目指
       し てまいります。また、ICTを利用した業務効率の改善や販売管理費の削減を進める一方、3工場体制におけるモノ
       づくり革新活動においては、多品種変量生産に対応した効率の良い生産体制を構築し、生産リードタイム短縮と製
       造コスト低減を図ってまいります。これらのビジネスモデルの革新や新たな事業に備えるため、柔軟かつ適切な人
       員の配置や採用を行いながら、グローバル人材・マネジメント人材の育成・強化も計画的に進めてまいります。
        また、財務戦略の一環として、前連結会計年度に自己株式の買入れと消却を実行しましたが、株主への利益還元
       を最重要政策と位置づけながら、引き続き資産・資本効率向上を意識した財務リソースの戦略的活用を推進してま
       いります。
        さらに、環境対策として「グリーンプロジェクト」を立ち上げ、2030年までの長期エコビジョンを定めておりま
       す。これを具体化すべく、環境にやさしい「製品開発を推進するエコプロダクツ」「企業活動を推進するエココ
       ミュニケーション」「生産設備のエコファクトリー」の「3つのエコ」についてそれぞれの中長期目標を設定し活
       動してまいりました。その中期目標として2020年までにCO2排出量のマイナス30%(2010年比)の達成を目指してお
       ります。この活動の成果として、日本経済新聞社による環境対策と経営効率の向上の両立に取り組む企業を評価す
       る「環境経営度調査」の企業ランキングで、2016年の145位から2017年は93位と順位を上げましたが、更なる上位に
       挑戦いたします。
        これらの課題に経営資源を重点的に投入し、全社一丸となって取り組むことで、持続的安定成長を実現する経営
       基盤を構築し、企業価値向上を図ってまいります。
                                  12/108














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (3)  株式会社の支配に関する基本方針
       ①  基本方針の内容 

        当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の経営理念をはじめ当社の財務基盤や事業内容
       等の企業価値のさまざまな源泉、当社を支えるステークホルダーとの信頼関係を十分に理解し、当社の企業価値ひ
       いては株主共同の利益を中長期的に確保・向上させる者でなければならないと考えております。
        上場会社である当社の株式は、株主の皆様による自由な取引が原則であり、当社の財務及び事業の方針の決定を
       支配する者の在り方についても、当社株式の自由な取引により決定されることを基本としております。従いまし
       て、当社株式の大規模な買付行為等についても一概に否定するものではなく、買付提案に応じるか否かの判断は、
       株主の皆様の意思に基づき行われるべきものと考えております。
        しかしながら、株式の大規模な買付行為や買付提案の中には、明らかに濫用目的によるものや、株主に売却を強
       要するおそれのあるもの、その目的等からみて企業価値ひいては株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすも
       の、対象会社の取締役や株主が買付の条件等について検討し、あるいは対象会社の取締役が代替案を提案するため
       の十分な情報や時間を提供しないもの等、不適切なものも少なくありません。
        このような大規模な買付行為や買付提案を行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適
       切であり、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に反する大規模な買付等に対し、これを抑止するための枠組み
       が必要不可欠と考えます。
      ②  基本方針の実現に資する特別な取組み

        当社では、多数の株主及び投資家の皆様に長期的に当社への投資を継続していただくため、企業価値ひいては株
       主共同の利益を向上させるための取組みとして、以下のような施策を実施しております。これらの取組みは、上記
       ①基本方針の実現にも資するものと考えております。
       a.  当社の経営理念及び企業価値の源泉
        当社は大正12年の創業以来、90年以上に亘り印刷機械システムのメーカーとして品質と信頼を至上とするものづ
       くりの原点にこだわり、世界各国へ高品質・高性能な印刷機械とサービスを提供することにより、印刷文化の発展
       に寄与してまいりました。
        当社の経営理念は、「顧客感動企業の実現」であります。「顧客感動企業」とは、高い「経営品質」の実現を目
       指して、絶えず「顧客感動創造活動」を推進し、世界中のお客様に満足と感動をもたらす企業になることであり、
       具体的には「KANDO-PROJECT」を通じて次の3つの項目を推進しております。
        ⅰ)   「KOMORI」ブランドの創造活動と維持管理を実施する
        ⅱ)   知覚品質管理活動を徹底し、顧客満足を高める
        ⅲ)   ソリューションビジネスを推進し、顧客の利便性を高める
        これら顧客を起点とした事業活動のプロセスにより築き上げられた顧客との信頼関係が当社の企業価値の源泉で
       あります。
                                  13/108








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       b.  中期経営計画を軸とする企業価値ひいては株主共同の利益向上への取組み
        当社は、企業価値ひいては株主共同の利益向上のため「第5次中期経営計画」を平成28年4月にスタートさせま
       した。本中期経営計画の趣旨は、「第4次中期経営計画」の基本骨子である「事業構造変革」と「業態変革」の2
       つの柱を基本的には踏襲するものですが、当社の中核事業であるオフセット事業をより強化するとともに、第4次
       中期経営計画で策定し一部実施した戦略や施策をより具体化し成果を顕在化させること、当社の持つリソースを有
       効に活用しその潜在価値を可能な限り発現させることにあります。
        第5次中期経営計画の主要戦略は以下の7項目です。
        ⅰ)  収益構造変革(営業業態変革・PESP                 [プリントエンジニアリングサービスプロバイダー]                        事業の拡大)
          消耗品    (K-サプライ等)、周辺機器             (アプリシア等)、計画工事、それらを統合するソリューション
         (KP-Connect       クラウド     ソリューションを含む。)の提供と事業拡大
        ⅱ)  モノづくりの抜本的改革(開発・製造)
          新生産方式等の導入による多品種・変量生産への対応とリードタイム・在庫水準・コストの改善
        ⅲ)  DPS(デジタル印刷機)事業のビジネスモデル構築・事業化
          コニカミノルタ株式会社と共同開発のインクジェット印刷機Impremia                                IS29、イスラエルのランダ社開発
          のナノテクノロジーと当社の技術を融合した次世代デジタル印刷機Impremia                                    NS40の市場投入と拡販及び
          当社独自のビジネスモデル構築
        ⅳ)  事業間のシナジー効果創出による差別化強化
          オフセット、デジタル、証券印刷、PE(プリンテッドエレクトロニクス)等の技術・ノウハウを融合した
          当社独自の付加価値の高いソリューションの開発と提供
        ⅴ)  人材育成・採用の強化、海外人材の活用
          事業の複線化・役割変更に伴いスキルの向上、グローバル人材育成、マネジメント人財開発を行い、組織
          機能の合理化とともにスリムで機敏な組織体制を構築
        ⅵ)  間接業務の効率化・SGA20(販売費及び一般管理費の削減)
          ICT(情報通信技術)、自社業務の外部委託等の活用による業務の効率化とSGA20推進による収益性の向上
        ⅶ)  財務戦略・M&Aの具体化
          財務リソースの積極的な戦略的活用による資産・資本効率向上と成長戦略の推進及び配当・株主還元等
          資本政策の見直し
       c.  コーポレート・ガバナンスの強化への取組み

        当社は全てのステークホルダーの期待に応え、責任を果たし、企業価値の最大化を追求していくことが、経営の
       最重要課題の一つであると認識しております。その実現のためにはコーポレート・ガバナンスの確立が不可欠であ
       ると考えます。
        当社では、「経営の透明性の確保」、「経営の意思決定の迅速化」、「コンプライアンスの確保」及び「経営の
       チェック機能の強化」を図ることを、コーポレート・ガバナンスの基本としております。この基本に従って経営の
       監視を含む諸問題に関して、コーポレート・ガバナンスが十分機能するよう取り組んでおります。また、取締役会
       の透明性を高め、監督機能の強化を目的として、当社は、取締役9名のうち社外取締役を3名選任しております。
       社外取締役を置くことにより、監督機能のより一層の客観性・中立性の確保が図られているものと考えておりま
       す。
        今後も、コーポレート・ガバナンスの強化・充実に努め、企業価値ひいては株主共同の利益を追求してまいりま
       す。
                                  14/108





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      ③  基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取
       組みの概要 
        当社は、平成28年4月28日開催の当社取締役会において「当社株式の大規模買付行為に関する対応策                                                 (買収防衛
       策)」(以下、「本プラン」といいます。)                    の継続を決議し、平成28年6月21日開催の当社第70回定時株主総会(以
       下、「本株主総会」といいます。)において、本プランの継続につき承認を得ております。
        本プランの対象となる当社株式の買付とは、特定株主グループの議決権割合を20%以上とすることを目的とする
       当社株券等の買付行為、または結果として特定株主グループの議決権割合が20%以上となる当社株券等の買付行為
       をいいます。
        本プランにおける、大規模買付時における情報提供と検討時間の確保等に関する一定のルール(以下、「大規模
       買付ルール」といいます。)は①事前に大規模買付者が当社取締役会に対して必要かつ十分な情報を提供し、②必
       要情報の提供完了後、対価を現金のみとする公開買付による当社全株式の買付の場合は最長60日間、その他の大規
       模買付行為の場合は最長90日間を当社取締役会による評価、検討等の取締役会評価期間として設定し、取締役会評
       価期間が経過した後に大規模買付行為を開始する、というものです。
        本プランにおいては、大規模買付者が大規模買付ルールを遵守した場合には、原則として当該大規模買付行為に
       対する対抗措置は講じません。ただし、大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しなかった場合、遵守しても当該
       大規模買付行為が、当社に回復し難い損害をもたらすなど、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を著しく損な
       うと判断する場合には、必要かつ相当な範囲で、新株予約権の無償割当等、会社法その他の法律及び当社定款が認
       める対抗措置を講じることがあります。
        このように対抗措置を講じる場合、その判断の合理性及び公正性を担保するために、取締役会は対抗措置の発動
       に先立ち、当社の業務執行を行う経営陣から独立している社外監査役または社外取締役や社外有識者から選任され
       た委員で構成する独立委員会に対して対抗措置の発動の是非について諮問し、独立委員会は対抗措置の発動の是非
       について取締役会評価期間内に勧告を行うものといたします。当社取締役会は、対抗措置を発動するか否かの判断
       に際して、独立委員会の勧告を最大限尊重するものといたします。ただし、独立委員会が対抗措置の発動について
       勧告を行い、発動の決議について株主総会の開催を要請する場合、株主の皆様に本プランによる対抗措置を発動す
       ることの可否を十分にご検討いただくための期間を設定し、株主総会を開催することがありますが、大規模買付行
       為は当該期間の経過後にのみ開始できるものといたします。当社取締役会は、株主総会において対抗措置の発動ま
       たは不発動について決議された場合、当該株主総会の決議に従うものといたします。
        なお、本プランの有効期限は平成31年6月に開催予定の当社第73回定時株主総会の終結の時までといたします。
       本プランは、本株主総会において継続が承認され発効した後であっても、①当社株主総会において本プランを廃止
       する旨の株主の一定割合の意思表示が行われた場合、②当社取締役会により本プランを廃止する旨の決議等が行わ
       れた場合には、その時点で廃止されるものといたします。
        本プランの詳細につきましては、当社ホームページ(http://www.komori.co.jp/hp/)に掲載しております。
                                  15/108









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      ④  本プランが基本方針に沿い、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に合致し、当社の会社役員の地位の維持を目
       的とするものではないこと及びその理由
        当社取締役会は以下の理由から、本プランが基本方針に沿い、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を損なう
       ものでなく、かつ当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではないと判断しております。
       a.  買収防衛策に関する指針の要件を充足していること

        本プランは、経済産業省及び法務省が平成17年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保または向
       上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則、事前開
       示・株主意思の原則、必要性・相当性確保の原則)を充足しています。
        また、経済産業省に設置された企業価値研究会が平成20年6月30日に発表した報告書「近時の諸環境の変化を踏
       まえた買収防衛策の在り方」の内容も踏まえたものとなっております。
       b.  企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上を目的としていること
        本プランは、当社株式に対する大規模買付行為がなされた際に、当該大規模買付行為に応じるべきか否かを株主
       の皆様がご判断し、あるいは当社取締役会が代替案を提示するために必要な情報や時間を確保したり、株主の皆様
       のために買付者等と交渉を行うこと等を可能とすることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保・
       向上させるという目的をもっているものです。
        本プランの発効は、株主の皆様のご承認を条件としており、株主の皆様のご意向により本プランの廃止も可能で
       あることは、本プランが株主共同の利益を損なわないことを担保していると考えられます。
       c.  株主意思を反映するものであること
        当社は、本株主総会において本プランに関する株主の皆様の意思を確認させていただくため、議案としてお諮り
       し原案どおりご承認いただきましたので、本プランは株主の皆様のご意向が反映されたものとなっております。
        また、本プラン有効期間の満了前であっても、当社株主総会において本プランを廃止する旨の決議が行われた場
       合には、本プランはその時点で廃止されることになり、株主の皆様のご意向が反映されます。
       d.  独立性の高い社外者の判断の重視
        本プランにおける対抗措置の発動は、当社の業務執行を行う経営陣から独立している委員で構成される独立委員
       会へ諮問し、同委員会の勧告を最大限尊重するものとされており、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に適う
       ように本プランの適正な運用を担保するための手続も確保されており、当社役員の地位の維持を目的とするもので
       はありません。
       e.  デッドハンド型やスローハンド型買収防衛策ではないこと
        本プランは、当社株主総会で選任された取締役で構成される取締役会によりいつでも廃止することができるもの
       とされており、当社の株式を大量に買い付けようとする者が、自己の指名する取締役を当社株主総会で選任し、か
       かる取締役で構成される取締役会により、本プランを廃止することが可能です。従って、本プランは、デッドハン
       ド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交替させてもなお、発動を阻止できない買収防衛策)                                               ではありませ
       ん。
        また、当社は取締役の任期を1年間としておりますので、本プランはスローハンド型買収防衛策(取締役の交替
       を一度に行うことができないため、その発動を阻止するのに時間を要する防衛策)でもありません。
                                  16/108







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     2  【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす事
       項は、以下のようなものがあります。
       (1)為替レート変動によるリスク
          当社グループの海外売上比率は全体の半分を超えており、為替変動の影響を受けやすい構造となっており
         ます。主要な海外市場は、欧州、米州、中国を含むアジアでありますが、特定の地域への極端な偏重はありま
         せん。また、先物為替予約等でヘッジすることによりリスクの合理的な軽減を図っております。しかしなが
         ら、大幅な変動が生じた場合には、経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       (2)需要環境変動によるリスク
          当社グループは、事業環境の変化に伴い、事業構造変革を推進し収益構造の複合化を図っております。その
         一環として、印刷機械の供給会社から、印刷技術サービスを提供する「プリントエンジニアリングサービスプ
         ロバイダー」(PESP)に変貌すべく、変革に取り組んでおります。具体的には、当社の印刷機械に最適な印刷
         前後工程の機器やインキ等の消耗品を商品群として取り揃え、同時にIoT技術を駆使した生産・品質管理シス
         テムの提供により、印刷工程全般に係る課題解決のためのソリューションを提案するなど、総合的な印刷技術
         サービスの提供活動をしております。しかしながら、変革が過渡期にあることから、総売上高に占める印刷機
         械の売上高の割合は大きく、需要環境変動によるリスクがあります。印刷機械の需要は、タイムラグはあるも
         のの基本的には景気動向に強く影響されます。即ち、景気の悪化が当社のお客様の設備の稼動状況ひいては設
         備投資の意思決定に大きな影響を与えます。従って、当社グループの主要市場である日本、欧州、米州、アジ
         アにおいて景気が大幅に悪化することになれば、当社グループの経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があり
         ます。
       (3)全世界的な電子媒体の拡大により印刷市場が縮小するリスク
          印刷業界は、インターネットや電子書籍の浸透によって先進国における出版関連印刷を中心に印刷需要が長
         期的に縮小傾向にあります。今後、インターネット等の電子媒体が新興国を含め世界的に急速に発展すること
         によって印刷市場が一段と縮小した場合には、当社グループの財政状態及び経営成績が悪影響を受ける可能性
         があります。
       (4)デジタル印刷機事業の拡大が停滞するリスク
          印刷業界では、パーソナルマーケティングや消費者一人ひとりへの対応などのため、印刷物の多品種少量
         化・短納期化への移行が進んでいます。このため、当社グループは主力であるオフセット印刷機のオンデマン
         ド印刷への対応を図る一方、多品種で極小量の印刷やバリアブル印刷を得意とするデジタル印刷機事業に参入
         しました。OEM供給によるA3サイズ用デジタル印刷機に続き、コニカミノルタ社と共同開発したB2サイズの最
         新鋭デジタル印刷機を市場投入しました。さらにB1サイズの次世代デジタル印刷機を開発中です。
          しかしながら、デジタル印刷機における競合の技術革新や新規参入、印刷会社のニーズの変化、その他デジ
         タル印刷機事業の拡大を阻害する不測の事態が生じた場合には、当社グループの財政状態及び経営成績が悪影
         響を受ける可能性があります。
       (5)債務保証履行による損失発生のリスク
          印刷機械の市場では、お客様に製品を販売するにあたり、販売金融をつけることが競争上重要なファクター
         となっております。そのため、当社グループは、製品を購入いただいたお客様のリース会社及び提携銀行への
         債務に対して必要な都度債務保証を実施しております。過去の損失発生実績率あるいは個別に検討して算出し
         た損失見込額をベースにして引当金を計上しておりますが、景気が大幅に悪化した場合には保証先のお客様の
         経営破綻が起きる可能性もあり、当社の経営成績及び財政状態に悪影響を与えるおそれがあります。
       (6)海外事業に伴うカントリーリスク
          当社グループは、欧州、米州、中華圏及びアジアに販売会社を設けており、海外売上高は全体の半分を超え
         ております。これら海外市場において、外国企業に対する暴動、内乱、テロ、戦争、自然災害、感染症などが
         発生した場合には、当社グループの財政状態及び経営成績が悪影響を受ける可能性があります。
       (7)製造拠点の集中に係るリスク
          当社グループの主要生産拠点であるつくばプラントにおいて地震や竜巻等自然災害が発生した場合には、生
         産設備の破損、サプライチェーンの機能麻痺等が発生し、操業停止等の事態に陥り、当社グループの財政状態
         及び経営成績が悪影響を受ける可能性があります。
                                  17/108



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)経営成績等の概要

        当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用関連会社)の財政状態、経営成績及び
       キャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次の通りであります。
      ①  財政状態及び経営成績の状況

        当社グループの経営成績については、次の通りであります。
        当連結会計年度における世界経済は、欧米先進国では雇用情勢が総じて安定し、景気の着実な回復がみられまし
       た。中国をはじめとしたアジア新興国でも世界経済の拡大により輸出が好調に推移しました。我が国経済は、輸出
       の増加傾向や、企業の好業績を背景にした個人消費が堅調に推移し、緩やかな成長が継続しました。
        このような世界経済環境の中、印刷産業は、先進国ではICT(情報通信技術)の進展とメディアの多様化に伴い、
       出版・商業印刷における印刷需要が2000年以降漸次低迷しましたが、消費財の販売に不可欠なパッケージ印刷で
       は、世界的に堅調な伸びを示してきました。新興国では、人口の増加や中間所得層の拡大に伴い、景気変動の影響
       を受けながらも印刷需要が回復基調にあります。印刷機械市場の需要動向は、欧州市場においては、英国がEU離脱
       問題の不透明さから引続き低迷しているものの、その他主要国では堅調に推移しました。米国では多品種小ロット
       印刷の流れが定着し印刷の多様化が進んでおり、オフセット印刷機の設備投資には慎重な姿勢が継続しています。
       中国は成熟市場への移行期にありますが、市場の構造変化による中小印刷会社の淘汰が進み、大手印刷会社を中心
       に自動化、省力化設備、及びパッケージ機を中心にした高付加価値機の伸びが顕著となりました。昨年5月に北京
       で開催された展示会が需要喚起の引き金になり、印刷機需要は回復傾向にあります。一方、中国に次ぎアジア市場
       で期待するインド市場は、昨年7月の新税制導入による経済的な混乱が続き、一時需要は低迷しましたが、第4四
       半期から受注は徐々に戻りつつあります。日本市場ではコスト削減・効率化などを目的としたオフセット印刷機の
       更新需要が安定的に推移し、また、スクリーン印刷機も電子部品業界の活況を受けて需要が増加しました。
        このような市場環境において、当連結会計年度は第5次中期経営計画(2016/4~2019/3)の第2年度として、
       事業の複合化を目指す「事業構造変革」と、ソリューションビジネスにより営業領域の拡大を目指す「営業の業態
       変革」という2つの「変革」に引続き取組んでまいりました。
        「事業構造変革」では、海外向け証券印刷機事業、DPS                           (デジタル印刷機)         事業、及びPE       (プリンテッドエレクト
       ロニクス)     事業を推進し、事業構造の転換を進めてまいりました。海外証券印刷機事業では各国の中央銀行や民間
       印刷会社からの受注活動に注力しており、昨年9月より当社製紙幣印刷機を使って印刷された英国中央銀行のポリ
       マー製新10ポンド紙幣が流通を開始しております。また、DPS事業では29インチ枚葉デジタル印刷機「Impremia
       IS29」の市場投入を日本・米国・欧州・中国において推進しており、「オフセット印刷機と同等の品質」との高い
       評価をいただいております。また、PE事業においては、昨年12月に米国の国家機関NextFlex(ネクストフレック
       ス)と新技術の商用化に向けた開発協力に合意し、装置会員として当社の参画が決定しております。
        「営業の業態変革」では、昨年5月に北京で開催された展示会「CHINA                                 PRINT   2017   (北京国際印刷技術展示会)」
       で、最新鋭オフセット印刷機とデジタル印刷機を出展し、オフセットとデジタルを「つなぐ」ことで生まれる新た
       なビジネスモデルの展望と、最新のICT技術を駆使した稼働状況と工程管理の“見える化”を実現するソリューショ
       ンを訴求しました。さらに昨年9月には、小森マシナリー(連結子会社・山形県東置賜郡)において経済成長著し
       いインド及び東南アジア諸国の顧客を対象に、内覧会「KOMORI                              Packaging     Solutions」を開催しました。新しくラ
       インアップされたパッケージ印刷仕様の「LITHRONE                         G37」によるパッケージソリューションの実演、ならびに後加
       工機の断裁機「Apressia(アプリシア)CT」で加工したサンプルを紹介するなど、パッケージ市場の競争力向上の
       ための有力なソリューションを提案し、PESP事業を推進しました。
        以上の結果、当連結会計年度における受注高は88,371百万円(前連結会計年度比1.4%減少)となり、売上高は
       94,168百万円(前連結会計年度比8.7%増加)となりました。また、販売量の増加による利益増及び経費削減等が増
       益要因となり、営業利益は3,732百万円(前連結会計年度比118.0%増加)となりました。営業外損益は、前連結会
       計年度に為替差損516百万円を計上した一方、当連結会計年度は円安傾向であった結果、為替差益284百万円の計上
       があったことなどにより収支が改善し、経常利益は4,420百万円(前連結会計年度比209.1%増加)となりました。
       特別損益は、固定資産の減損損失として、前連結会計年度に553百万円を計上しましたが、当連結会計年度は129百
       万円の計上であった一方、退職給付制度変更に伴う退職給付費用170百万円の計上などがあり、税金等調整前当期純
       損益は、4,152百万円の利益(前連結会計年度比403.8%増加)                             となりました。また、親会社株主に帰属する当期純損
       益は、当連結会計年度は米国の税制改正に伴い、繰延税金資産の取崩しによる法人税等調整額(借方)の計上433百
       万円があったものの、3,074百万円の利益(前連結会計年度比367.6%増加)となりました。
                                  18/108

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
        地域別連結売上高の概況は以下の通りです。

                                              (単位:百万円)
                           前連結会計年度           当連結会計年度
                                                 増減率
                          (28.4.1~29.3.31)           (29.4.1~30.3.31)
        売上高                         86,618           94,168        8.7%
              日本                   34,379           38,594       12.3%

              北米                   10,124            8,858      △12.5%

         内 訳     欧州                   16,820           16,019       △4.8%

              中華圏                    7,233           12,929       78.7%

              その他地域                   18,060           17,767       △1.6%

        日本市場は好調な外需による輸出の増加や、底堅い内需を背景に緩やかな成長が継続しました。オフセット印刷

       機需要が堅調であったことや、電子部品業界の好調さを受けて関連するスクリーン印刷機等の売上が増加したこ
       と、また、昨年7月に小森グラフィックテクノロジーセンターにおいて速乾印刷やデジタル印刷の導入事例を通じ
       てパッケージ印刷や商業印刷に関するソリューションを提案する内覧会を開催し、受注活動を推進したことなどに
       より、売上高は       前連結会計年度比12.3%増加             の 38,594百万円      となりました。
        北米市場は雇用・所得環境が良好で、また減税効果や企業収益の改善等を受け好調さが持続しました。一方でオ
       フセット印刷機の更新需要は鈍く、投資に慎重な姿勢が続いています。                                     シカゴで開催された印刷機材展
       「Print17」ではデジタル印刷機の「Impremia                      IS29」を出展し販売を推進しましたが、大型のオフセット輪転機売
       上の落ち込みの影響が大きく、売上高は                   前連結会計年度比12.5%減少             の 8,858百万円      となりました。
        欧州市場は輸出の増加などにより製造業生産が好調で緩やかな景気回復基調が持続しました。対照的に英国は、
       EU離脱交渉が進展したものの先行きの不透明さは変わらず景気が低迷しました。売上高は英国の落ち込みの影響が
       大きく、    前連結会計年度比4.8%減少             の 16,019百万円      となりました。
        中華圏は政府の環境規制や金融監督の強化により景気の減速が見られましたが、堅調な個人消費と世界経済の拡
       大による輸出の増加により景気の緩やかな成長が継続しました。昨年5月に北京で行われた国際展示会である
       「CHINA    PRINT   2017(北京国際印刷技術展示会)」が需要喚起の引き金になり、印刷機需要は回復傾向にありま
       す。顧客ニーズに対応した省力化・自動化を実現する高付加価値機及び菊全判両面オフセット枚葉印刷機
       「LITHRONE      GX40RP」などを市場に投入し受注活動を推進した結果、売上高は                              前連結会計年度比78.7%増加             の 12,929
       百万円   となりました。
        その他地域は、インドでは昨年7月の新税制導入による混乱がありましたが収まりつつあり、またアセアン諸国
       では堅調な内需に加え輸出が好調であったため緩やかな成長が持続されました。その他地域の売上高は、概ね前年
       並みで、    前連結会計年度比1.6%減少             の 17,767百万円      となりました。
        セグメントごとの業績ごとの実績は次の通りであります。

       a.   日本
        セグメントの「日本」には、日本の国内売上と、日本から海外の代理店地域や海外証券印刷機の直接売上が計上
       されております。同代理店地域には、香港・台湾を除くアジア(中国本土、アセアン、インド等)と中南米等が含
       まれております。上記記載のそれぞれの地域での業績を反映した結果、セグメントの「日本」の                                             売上高は78,873百
       万円  ( 前連結会計年度比7,166百万円の増加                 )となり、セグメント利益は             2,962百万円      ( 前連結会計年度は437百万円
       の利益   )となりました。
       b.   北米
        セグメントの「北米」には、米国の販売子会社の売上が計上されております。地域別売上高の概況で述べました
       北米の状況の結果、セグメントの「北米」の                     売上高は8,879百万円          ( 前連結会計年度比1,306百万円の減少                  )とな
       り、  セグメント損失は212百万円             ( 前連結会計年度は75百万円の利益               )となりました。
       c.   欧州
        セグメントの「欧州」には、欧州の販売子会社及び欧州の紙器印刷機械製造販売子会社の売上が計上されており
       ます。地域別売上高の概況で述べました欧州の状況の結果、セグメントの「欧州」の                                        売上高は16,583百万円          ( 前連
                                  19/108


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       結会計年度比1,067百万円の減少               )となり、     セグメント利益は520百万円             ( 前連結会計年度は672百万円の利益                )とな
       りました。
       d.   その他
        「その他」には、香港、台湾、シンガポール、マレーシアの販売子会社及び中国南通市の印刷機械装置製造子会
       社の売上が計上されております。地域別売上高の概況で述べましたアジアの状況の結果、                                         売上高は6,265百万円          ( 前
       連結会計年度比1,199百万円の増加                )となり、     セグメント利益は182百万円             ( 前連結会計年度は158百万円の損失                )と
       なりました。
        当社グループの財政状態については、次の通りであります。

        (資産)
        当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末に比べ                            2,377百万円増加        して  182,477百万円       ( 前連結会計年度
       比1.3%増加      )となりました。資産の主な増加要因は、第4四半期の売上高の伸長に伴う受取手形及び売掛金の増加
       4,216   百万円、現金及び預金の増加             2,427   百万円、有価証券の増加           2,001   百万円等であります。主な減少要因は、棚卸
       資産の減少3,841百万円、投資その他の資産の減少                       947  百万円、有形固定資産の減少             991  百万円、無形固定資産の減少
       381  百万円等であります。
        (負債及び純資産)
        当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ                            1,311百万円増加        して  50,025百万円      ( 前連結会計年度比
       2.7%増加     )となりました。負債の主な増加要因は、未払法人税等の増加745百万円、電子記録債務の増加582百万
       円、支払手形及び買掛金の増加628百万円、主な減少要因は、流動負債その他の減少633百万円等であります。
        当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度末に比べ                             1,065百万円増加        して  132,451百万円       ( 前連結会計年
       度比0.8%増加       )となりました。純資産の主な増加要因は、親会社株主に帰属する当期純利益による利益剰余金の増
       加3,074百万円、退職給付に係る調整累計額の増加265百万円、その他有価証券評価差額金の増加154百万円でありま
       す。主な減少要因は、配当金による利益剰余金の減少2,329百万円等であります。
        この結果、自己資本比率は前連結会計年度末の                       73.0%   から  72.6%   (前連結会計年度比0.4%減少)となり、1株当
       たり純資産額は前連結会計年度末の                 2,256.47円     から  2,274.80円     (前連結会計年度比18.33円の増加)となりました。
      ②  キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度における現金及び現金同等物は、                        前連結会計年度に比べ4,173百万円増加                  し、  58,826百万円      ( 前連
       結会計年度比7.6%増          )となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動によるキャッシュ・フローは、                    前連結会計年度が793百万円の資金減少                  であったのに比較し、当連結会計
       年度は   前連結会計年度に比べ6,885百万円増加                  し、  6,091百万円の資金増加           となりました。資金増加の主な内訳は                  た
       な卸資産の減少額4,158百万円              、 税金等調整前当期純利益4,152百万円                 、 減価償却費の戻入額1,888百万円               等であり、
       資金減少の主な内訳は、           売上債権の増加額6,173百万円              、 前払費用の増加額331百万円             等であります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動によるキャッシュ・フローは、                    前連結会計年度が4,261百万円の資金増加                   であったのに比較し、当連結会
       計年度は、     前連結会計年度に比べ3,965百万円減少                   し、  295百万円の資金増加          となりました。資金減少の主な内訳
       は、有形及び無形固定資産の純増額949百万円、                       投資有価証券の取得による支出612百万円                   等であり、資金増加の主
       な内訳は、有価証券の純減額1,835百万円等であります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動によるキャッシュ・フローは、                    前連結会計年度が7,669百万円の資金減少                   であったものが、        前連結会計年
       度に比べ5,329百万円増加            し、  2,340百万円の資金減少           となりました。資金減少の主な内訳は、                   配当金の支払額2,329
       百万円   等であります。
                                  20/108





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      ③  生産、受注及び販売の状況
      a.  生産実績
        当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
              セグメントの名称                      生産高(百万円)             前年同期比(%)

     日本                                        71,476          +8.9
     欧州                                        2,069         +18.5
     その他                                        1,296         +72.2
                 合計                            74,842          +9.9
      (注) 1 セグメント間取引については、相殺消去しております。
         2 金額は平均販売価格で表示しております。
         3 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
      b.  受注実績

        当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
       セグメントの名称             受注高(百万円)          前年同期比(%)          受注残高(百万円)           前年同期比(%)

     日本                     56,553         △3.3           24,020         △23.6
     北米                     8,538        △13.4            1,036        △27.0
     欧州                     18,295         +12.2            5,926        +77.5
     その他                     4,983         +0.4           1,716        △19.5
          合計                88,371         △1.4           32,699         △14.6
      (注) 1 セグメント間取引については、相殺消去しております。
         2 受注残高には、見込み受注分は含まれておりません。
         3 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
      c.   販売実績

        当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
              セグメントの名称                      販売高(百万円)             前年同期比(%)

     日本                                        64,438          +16.1
     北米                                        8,858         △12.5
     欧州                                        16,019          △4.8
     その他                                        4,852         +16.5
                 合計                            94,168          +8.7
      (注) 1 セグメント間取引については、相殺消去しております。
         2 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
     (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次の通りであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末において判断したものであります。
      ①  重要な会計方針及び見積り

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
       います。当連結会計年度末における資産、負債及び純資産の計上、当連結会計年度における収益、費用の計上につ
       きましては、過去の実績に基いた合理的な基準による見積りが含まれております。
        なお、連結財務諸表作成にあたっての重要な会計方針等は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
       項」に記載の通りであります。
      ②  当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        当社グループの経営成績等は、次の通りであります。
                                  21/108


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
        (売上高)
        当連結会計年度の売上高は、               前連結会計年度に比べ7,550百万円増加                  し 94,168百万円      ( 前連結会計年度比8.7%増
       加 )となりました。地域別売上高及びセグメント別の売上高につきましては、(1)経営成績等の概要に記載の通
       りです。
        (営業費用、営業損益)
        営業損益は、       3,732百万円の利益         ( 前連結会計年度比118.0%増加              )となりました。
        (営業外損益、経常損益)
        営業外損益は、前連結会計年度に為替差損516百万円を計上した一方、当連結会計年度は円安傾向であった結果、
       為替差益284百万円の計上があったことなどにより収支が改善し、経常利益は4,420百万円(前連結会計年度比
       209.1%増加)となりました。
        (特別損益、親会社株主に帰属する当期純損益)
        特別損益は、固定資産の減損損失として、前連結会計年度に553百万円を計上しましたが、当連結会計年度は129
       百万円の計上であった一方、退職給付制度変更に伴う退職給付費用170百万円の計上などがあり、税金等調整前当期
       純損益は、4,152百万円の利益(前連結会計年度比403.8%増加)                             となりました。
        親会社株主に帰属する当期純損益は、当連結会計年度は米国の税制改正に伴い、繰延税金資産の取崩しによる法
       人税等調整額(借方)の計上433百万円があったものの、3,074百万円の利益(前連結会計年度比367.6%増加)とな
       りました。
        当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因としては、2[事業等のリスク]に記載した項目が挙げられま

       すが、特に影響が大きい要因は次の通りであります。
        当社グループの総売上高に占めるオフセット印刷機事業の割合は大きく、景気動向や法律・規制の施行、租税制
       度の変更などに起因するオフセット印刷機の需要環境変動が、当社グループの経営成績に大きな影響を及ぼす可能
       性があります。当連結会計年度のオフセット印刷機の需要環境は、日本、北米、欧州に大きな変化はみられません
       でしたが、中華圏が急回復する一方、インドは高額紙幣廃止やGST導入による混乱で低迷しました。DPS事業やPESP
       事業などの新規事業を着実に拡大させて収益源の多様化を進展させることにより、オフセット印刷機事業の需要環
       境変動による経営成績への影響度低減を図ってまいります。
        次に、当社グループの海外売上比率は全体の半分を超えており、かつ製造拠点が日本に集中していることから、
       為替変動の影響を受けやすい構造となっております。当社グループはこの為替変動リスクに対応すべく、先物為替
       予約等でヘッジする一方、部材などの海外調達比率を高め、為替エクスポージャーを低減する努力を続けておりま
       す。
        当社グループの資本の財源及び資金の流動性については、次の通りであります。

        当社グループは、経済・金融環境の変化に備えて十分な手許流動性を確保することにより、安定した財務基盤の
       維持に努めております。運転資金については主として内部資金により調達しており、事業投資資金については内部
       資金及び社債により調達しております。今後の事業投資資金については内部資金により調達する予定ですが、大型
       の戦略投資の際には借入金や社債により調達する予定です。なお、当社は格付け機関である格付投資情報センター
       (R&I)より長期格付けA-を取得しております。
        セグメントごとの経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容は、次の通りであります。

        「日本」は、長期的に低迷していた中華圏向け売上が大幅に回復し、さらにセリアコーポレーションによるスク
       リーン印刷機等の売上が好調だったことなどから、売上高は78,873百万円(前連結会計年度比7,166百万円の増加)
       となり、また、セグメント利益は、売上増に加え、為替の円安及び製造コストダウン効果も加わり、2,962百万円
       (前連結会計年度は437百万円の利益)となりました。
        一方、「北米」はオフセット印刷機への設備投資への消極的な姿勢が継続し、売上高は8,879百万円(前連結会計
       年度比1,306百万円の減少)となり、セグメント損失は212百万円(前連結会計年度は75百万円の利益)となりまし
       た。
       「欧州」は英国のEU離脱交渉の不透明感による需要不振が響き、売上高は16,583百万円(前連結会計年度比1,067百
       万円の減少)となり、セグメント利益は520百万円(前連結会計年度は672百万円の利益)となりました。
        「その他」は、主に香港の販売子会社による中国本土向け売上が増加し、売上高は6,265百万円(前連結会計年度
       比1,199百万円の増加)となり、セグメント利益は182百万円(前連結会計年度は158百万円の損失)となりました。
        当社は、第5次中期経営計画において、事業構造変革による事業の複合化と営業の業態変革を目指しており、コ
                                  22/108


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       アであるオフセット印刷機械事業の一層の強化を図るとともに、新規事業として証券印刷機事業、DPS事業、PESP事
       業、PE事業の拡大に注力しております。これらの新規事業の売上及び利益は「日本」が中心となっておりますが、
       今 後は「北米」、「欧州」での売上、収益への貢献度を徐々に高めてまいります。
        なお、当社の現中期経営計画の数値目標と進捗状況については 1[経営方針、経営環境及び対処すべき課題等]
       をご参照ください。
                                  23/108



















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     4  【経営上の重要な契約等】
      (1)技術提携契約

                         相手先の       契約
        契約会社名         相手先の名称                       契約内容            契約期間
                         所在地      締結日
                デ・ラ・ルー
                                                 契約締結日から
                社(DE    LA  RUE
                              平成29年
     株式会社小森コーポ                               証券印刷機械システムの
                          英国                       平成34年2月5日
     レーション(当社)           INTERNATIONAL                    包括技術協力契約
                              2月6日
                                                 まで有効
                LIMITED)
                ラ  ン  ダ  社
                (LANDA
     株式会社小森コーポ                         平成24年     デジタル印刷技術のライ             契約締結日から
                        イスラエル
     レーション(当社)           CORPORATION                    センス及び供給契約
                              4月27日                  契約終了まで有効
                LIMITED)
      (2) 販売提携契約

                  相手先      相手先の       契約

        契約会社名                               契約内容            契約期間
                  の名称      所在地      締結日
                 コニカミノ
     株式会社小森コーポ                        平成23年      デジタル印刷機の販売提             契約締結日から
                 ルタ株式会        日本
     レーション(当社)                              携
                             12月2日                   契約解除まで有効
                 社
     5  【研究開発活動】

        研究開発活動は、当社グループの事業戦略に基づき重要度及び緊急度の高い課題に重点的に取組んでおります。
        当連結会計年度における当社の重要な研究開発成果は次の通りであります。
        昨年5月に中国の北京で開催された「CHINA                      PRINT   2017(北京国際印刷技術展示会)」に、全色同時刷版交換装

       置「A-APC」及び乾燥システム「H-UVシステム」を搭載した菊全判両面オフセット枚葉印刷機「LITHRONE
       GX40RP」、乾燥システム「H-UVシステム」を搭載したA全判オフセット枚葉印刷機「LITHRONE                                            G37」、オフセット
       印刷機と同じ爪-爪方式の紙搬送装置を搭載し、UVによる速乾と両面ワンパス印刷が可能な29インチ枚葉UVインク
       ジェットデジタルプリンティングシステム「Impremia                         IS29」を出展しました。
        また、「KOMORI        ICT  Solutions(コモリ         ICT  ソリューションズ)」として、安全なクラウド環境で“印刷会社”
       と“KOMORI”が印刷機の詳細な稼働情報を共有し、MIS連携機能やスケジューラの機能により工程管理をデジタル
       化・合理化するサービス「KP-Connect」、各種プリンター(EPSON                               インクジェットプルーファー、「Impremia                    Cシ
       リーズ」、「Impremia           IS29」)で「オフセット印刷/ISO                 Color」を再現するKOMORIカラーマネジメントの中核シ
       ステム「K-Color        Simulator(K-カラーシミュレーター)2」を展示しました。
        また、昨年6月2日に、KOMORIの新製品「LITHRONE                         GX44RP」の内覧会を開催しました。

       「LITHRONE      GX44RP」は、リスロンGシリーズの性能を継承した全く新しい機種として誕生したオフセットオンデマ
       ンド対応の四六全判両面オフセット枚葉印刷機で、用紙反転のない両面ワンパスの機械構成により、反転機では構
       造上避けられなかった紙尻余白を不要にし、用紙サイズを最小限に抑えて用紙コストの削減を実現するとともに、
       薄紙から厚紙まで高品質で安定した紙搬送を実現します。
        当社の米国現地法人であるコモリ・アメリカ・コーポレーション(イリノイ州ローリングメドウズ)は、

       「Impremia      IS29」にて、1,200dpiの高品質印刷、片面/両面印刷、速乾UV、通常の用紙(プリコート・専用紙不
       要)の使用可能について評価を頂き、米国印刷工業会(PIA)のインターテック技術賞2017(2017
           TM
       InterTech      Technology      Awards)を受賞しました。インターテック技術賞は、グラフィックアーツや関連産業に大
       きな影響を及ぼすと予測される技術開発に対して贈られる名誉ある賞で、全自動刷版交換装置「APC」、菊全判オフ
       セット枚葉印刷機「LITHRONE              S40」、「H-UVシステム」に続く4回目の受賞となります。
        パッケージ市場戦略として、A全判オフセット枚葉印刷機「LITHRONE                                 G37」の仕様の拡充及び性能向上に取り組み

       ました。「LITHRONE          G37」は市場の強い要望に応え、0.8mmまでの紙厚に対応し、6色・7色・インラインコーター
       などの構成で、パッケージ印刷に求められる高付加価値印刷を実現しました。また、速乾システム「H-UVシステ
       ム」や印刷品質検査装置「PQA-S」、「PDF照合装置」、色調管理装置「PDCシリーズ」などが搭載可能で、最高印刷
                                  24/108

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       速度15,000回転/時間(7色機は13,000回転/時間)の安定稼働とこれらのシステム群を組み合わせることで、品質
       の安定、欠点の抽出を可能にする高度なパッケージ印刷システムが構築できます。
        ポストプレスブランドである「Apressia                    シリーズ」に、ブランキングシステムの「Apressia                         MBシリーズ」を追

       加しました。「Apressia            MBシリーズ」は、打抜き後のシートを製品部と非製品部に仕分ける機械で、手作業で行わ
       れることの多いむしり(ブランキング)工程を機械化し、1ジョブで最大約200シートを一度にブランキングしま
       す。これにより、繰り返し作業ながら熟練度を必要とするむしりの工程を省力化し、生産の安定をもたらすことで
       生産計画を立てやすくします。「Apressia                    MBシリーズ」の開発にあたり、KOMORIは株式会社レザック(大阪府八尾
       市、代表取締役 柳本剛志)と、ブランキングシステムにおける戦略的パートナーシップを構築し、OEM契約を締結
       しました。本年初頭より「Apressia                 MB110E」の販売を開始いたしました。
        さらに、「Apressiaシリーズ」の新製品であるKOMORIのハイエンド断裁システム「Apressia                                            CTXシリーズ」の販
       売を開始しました。「Apressia               CTXシリーズ」は、断裁幅1,150mm菊全ワイドサイズの「CTX115」のほか、断裁幅
       920mmの「CTX92」など幅広いサイズを取り揃えました。また、断裁で発生するカスを自動除去する「AWR(自動切ク
       ズ処理装置)」などの自動化機能のほか、全自動紙揃えシステム「FAJS(フルオートジョギングシステム)」、リフ
       ター、アンローダーなどの周辺機器を取り揃えるだけでなく、「KP-Connect」と連携してCIP3/CIP4のデータを受け
       渡すことにより、生産工程管理だけでなく断裁工程全体の自動化を実現します。
        フレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクス(FHE)技術の革新・商用化を担う米国の国家機関である

       NextFlex(ネクストフレックス)に、ファイン配線用グラビアオフセット印刷機「PEPIO(ペピオ)                                                F6」を貸与
       し、FHE    技術の商用化に向け、NextFlexに装置会員として参画、開発協力をしていくことで合意しました。今後、
       KOMORI    が持つ超精密なグラビアオフセット技術を基盤としたプリンテッド・エレクトロニクス(PE)ソリューショ
       ンを同機関に提供していく予定です。
        PEPIOシリーズはL/S=20/20(μm)以下でのファイン配線や5(μm)以下でのメタルメッシュ配線を実現できる
       高精度グラビアオフセット印刷機であり、KOMORIグループのセリアコーポレーションを通じて販売しています。
        本年1月に名古屋市中小企業振興会館で開催された展示会「Print                                Doors   2018」にH-UV搭載菊半歳裁4色オフセッ

       ト枚葉印刷機「LITHRONE            G26」、「Apressia         CT137」、「KP-Connect」を出展しました。実演では、A4×4ページ写
       真集の絵柄200枚を「LITHRONE               G26」で本刷り後すぐにドン天印刷し、「Apressia                         CT137」で断裁。「LITHRONE
       G26」の最高速度16,500回転/時間での安定稼動や「H-UV」の速乾性能、「Apressia                                       CT137」の使いやすさなどを評
       価していただきました。
        なお、当連結会計年度の研究開発費は、                    4,784百万円      (売上高比5.1%)であります。

                                  25/108








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

        当連結会計年度は、新規事業展開を目的とした設備投資を実施しております。
        当連結会計年度の設備投資総額は1,201百万円であり、セグメントごとの設備投資について示すと次の通りであり
       ます。
      (1) 日本
        当連結会計年度の主な設備投資は、建物及び構築物、機械及び装置、工具、器具及び備品の取得を中心とする総
       額824百万円となっております。
        なお、重要な設備の除却及び売却はありません。
      (2) 北米
        当連結会計年度の主な設備投資は、建物及び構築物、工具、器具及び備品の取得を中心とする総額57百万円と
       なっております。
        なお、重要な設備の除却及び売却はありません。
      (3) 欧州
        当連結会計年度の主な設備投資は、機械及び装置、工具、器具及び備品の取得を中心とする総額124百万円となっ
       ております。
        なお、重要な設備の除却及び売却はありません。
      (4) その他
        当連結会計年度の主な設備投資は、機械及び装置、工具、器具及び備品の取得を中心とする総額17百万円となっ
       ております。
        なお、重要な設備の除却及び売却はありません。
                                  26/108












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     2  【主要な設備の状況】
      (1) 提出会社
                                               平成30年3月31日現在
                                      帳簿価額(百万円)
                                                        従業
       事業所名                設備の
               セグメントの名称                                         員数
                           建物及び     機械装置      土地
       (所在地)                 内容
                                          リース資産     その他     合計
                                                        (名)
                            構築物    及び運搬具     (面積千㎡)
     本社                  その他
                                        1770
              日本               1,120       6         79    55   3,032    346
                                        (5)
     (東京都墨田区)                  設備
     大阪支社                  その他
                                        229
              日本                256      0         -     6    492    48
                                        (1)
     (大阪市城東区)                  設備
                                       11,659
     つくばプラント                  印刷機械
              日本               6,509     1,632      (164)     53    227   20,082    584
     (茨城県つくば市)                  製造設備
                                        [34]
      (注) 1 帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。
        2 現在休止中の主要な設備はありません。
        3 上記中の[外書]は賃借している土地の面積で、年間賃借料はつくばプラント29百万円であります。
        4 上記の他連結会社以外からの主要な賃借設備はありません。
        5 帳簿価額「その他」は主に工具、器具及び備品であります。
      (2) 国内子会社

                                               平成30年3月31日現在
                                      帳簿価額(百万円)
                                                        従業
        会社名                設備の
               セグメントの名称                                         員数
                            建物及び     機械装置      土地
       (所在地)                 内容
                                          リース資産     その他     合計
                                                        (名)
                            構築物    及び運搬具     (面積千㎡)
     ㈱小森マシナリー
                       印刷機械                 698
              日本                340     955          22    67   2,084    327
                       製造設備                 (100)
     (山形県高畠町)
     ㈱小森エンジニアリ
                       その他
                                        -
     ング         日本                 2     -          3    0     6   40
                                        (-)
                       設備
     (茨城県牛久市)
     ㈱セリアコーポレー
                       その他
     ション(東京都北                                   844
              日本                515     79          24    14   1,477    250
     区)他日本地域製造                                   (39)
                       設備
     会社
      (注) 1 帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。
        2 現在休止中の主要な設備はありません。
        3 上記の他連結会社以外からの主要な賃借設備はありません。
        4 帳簿価額「その他」は主に工具、器具及び備品であります。
                                  27/108









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (3) 在外子会社
                                               平成30年3月31日現在
                                      帳簿価額(百万円)
                                                        従業
        会社名                設備の
               セグメントの名称                                         員数
                            建物及び     機械装置      土地
       (所在地)                 内容
                                          リース資産     その他     合計
                                                        (名)
                            構築物    及び運搬具     (面積千㎡)
     コモリアメリカコー
     ポレーション他
                       その他                 48
              北米                88     0         -    22    160   102
                       設備                 (14)
     アメリカ地域販売会
     社
     コモリインターナショ
     ナルヨーロッパ                  その他                 220
              欧州                358     395          -    97   1,071    144
     ビー.ヴィ.                  設備                 (14)
     他欧州地域販売会社
     コモリシャンボン
                                         0
                       印刷機械
     エス.エイ.エス.
              欧州                 5     6    (15)     -    65     77   79
                       製造設備
     (フランス オルレア
                                        [6]
     ン市)
                       印刷機械
     小森机械(南通)有
                                        178
     限公司         その他                284     151           3    31    649   93
                       関連製造
                                        (30)
     (中国南通市)
                       設備
     コモリ   サウスイース
     ト アジア   プライ
                       その他                 -
              その他                78     0         -     0    79   15
                       設備                 (-)
     ベート   リミテッド
     (シンガポール)
      (注) 1 帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。
        2 現在休止中の主要な設備はありません。
        3 上記中の[外書]は賃借している土地の面積で、年間賃借料は4百万円であります。
        4 上記の他連結会社以外からの主要な賃借設備はありません。
        5 帳簿価額「その他」は主に工具、器具及び備品であります。
                                  28/108













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     3  【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備計画は、原則的にグループ各会社が個別に策定しておりますが、グループ全体で重複しない
       ように提出会社において調整をはかっております。
        当連結会計年度末現在における今後1年間の設備の新設、改修等にかかる設備投資予定金額は、2,293百万円であ
       ります。当社グループはその所要資金のすべてを自己資金で充当する予定であります。
      (1) 重要な設備の新設等

                                                  (単位:百万円)
                   事業所名                      設備等の

                                                 平成30年3月末時点
        会社名                    セグメントの名称
                                                   での計画金額
                   (所在地)                     主な内容・目的
                                      既存工作機械の更新及

                つくばプラント
     提出会社                      日本                             898
                                      び改造、工具器具の更
                (茨城県つくば市)
                                      新及び合理化他
                                      既存工作機械の更新及
                本社工場
     (株)小森マシナリー                      日本                             372
                                      び改造、工具器具の更
                (山形県高畠町)
                                      新及び合理化他
                                      既存工作機械の更新及
     (株)セリアコーポ           本社工場
                           日本                             251
                                      び改造、製造用ソフト
     レーション           (東京都北区)
                                      ウェアの導入他
      (注) 上記金額には消費税等は含まれておりません。
      (2) 重要な設備の除却等

        特記すべき事項はありません。
                                  29/108












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    295,500,000
                  計                                  295,500,000
       ② 【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成30年3月31日)          (平成30年6月21日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
       普通株式           62,292,340          62,292,340                単元株式数は100株
                                   (市場第一部)
         計         62,292,340          62,292,340           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (百万円)       (百万円)
                    (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     平成28年7月29日(注)             △6,000,000        62,292,340            ―    37,714          ―    37,797
      (注) 利益剰余金による自己株式の消却による減少であります。
                                  30/108






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (5)  【所有者別状況】
                                               平成30年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
            政府及び
                                  外国法人等
       区分                                              株式の状況
                      金融商品     その他の                 個人
            地方公共     金融機関                                計
                                                      (株)
                      取引業者      法人               その他
                                個人以外      個人
             団体
     株主数
                    34     27     175     163      2   3,675     4,076       -
     (人)
     所有株式数
                 179,576      3,858     72,696     167,094        24   199,371     622,619      30,440
     (単元)
     所有株式数
     の割合
                  28.84      0.62     11.68     26.84      0.00     32.02     100.00        -
     (%)
      (注) 自己株式が「個人その他」の欄に40,667単元、「単元未満株式の状況」の欄に21株(実保有高)含まれておりま
         す。
      (6)  【大株主の状況】

                                               平成30年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                            所有株式数        除く。)の
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)      総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
     日本マスタートラスト信託銀行株
                      東京都港区浜松町2丁目11-3                         4,184        7.19
     式会社(信託口)
     日本トラスティサービス信託銀行
                      東京都中央区晴海1丁目8-11                         2,659        4.57
     株式会社(信託口)
     ステートストリートバンクアンド
     トラストカンパニー          505223(常任       P.0.BOX    351  BOSTON    MASSACHUSETTS       02101
                                               2,365        4.06
     代理人 株式会社みずほ銀行決済                 U.S.A.    (東京都港区港南2丁目15-1)
     営業部)
                      東京都港区赤坂4丁目14-14                         2,090        3.59
     有限会社コモリエステート
                      東京都千代田区丸の内2丁目1-1                         1,895        3.25
     明治安田生命保険相互会社
                                               1,867        3.21
     小森紀子                 東京都渋谷区
                                               1,866        3.21
     小森善麿                   東京都大田区
     小森コーポレーション取引先持株
                      東京都墨田区吾妻橋3丁目11-1                         1,531        2.63
     会        
     ステートストリートバンクアンド
     トラストカンパニー          505253(常任       P.0.BOX    351  BOSTON    MASSACHUSETTS       02101
                                               1,298        2.23
     代理人 株式会社みずほ銀行決済                 U.S.A.    (東京都港区港南2丁目15-1)
     営業部)
                                               1,032        1.77
     小森善治                 東京都港区
                                               20,790        35.71
             計                    ―
      (注)   1.上記のほか株主名簿上当社名義となっている自己株式が4,066千株あります。
        2.平成29年12月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、ブランデス・イ
          ンベストメント・パートナーズ・エル・ピーが平成29年12月15日現在で以下の株式を保有している旨が記載
          されているものの、当社として平成30年3月31日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上
          記大株主の状況には含めておりません。
          なお、大量保有報告書の内容は次の通りであります。
                                           保有株券等の数        株券等保有割合
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)        (%)
                       11988   EI  Camino    Real,   San  Diego,    CA,
      ブランデス・インベストメント・
                                               6,322        10.15
      パートナーズ・エル・ピー
                       U.S.A.
             計                    ―               6,322        10.15
                                  31/108



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                               平成30年3月31日現在
          区分              株式数(株)             議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                          -         -            ―
     議決権制限株式(自己株
                               -         -            ―
     式等)
     議決権制限株式(その
                               -         -            ―
     他)
                  (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株
                                        -            ―
     式等)
                   普通株式            4,066,700
     完全議決権株式(その
                   普通株式            58,195,200           581,952           ―
     他)
     単元未満株式              普通株式              30,440        -            ―
     発行済株式総数                         62,292,340          -            ―
     総株主の議決権                          -          581,952           ―
      (注)   「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式21株が含まれております。
       ② 【自己株式等】

                                               平成30年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
       (自己保有株式)           東京都墨田区吾妻橋
      ㈱小森コーポレーション             3丁目11番1号              4,066,700          -   4,066,700         6.53
           計              ―        4,066,700          -   4,066,700         6.53
                                  32/108











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】           会社法第155条第3号及び会社法第155条第7号による普通株式の取得
      (1) 【株主総会決議による取得の状況】
        該当事項はありません。
      (2) 【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                区分                  株式数(株)              価額の総額(円)

     当事業年度における取得自己株式                                    888           1,318,502

     当期間における取得自己株式                                     20             28,000

      (注) 当期間における取得自己株式には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
         取請求による買取りを反映させておりません。
      (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                   (円)                  (円)
     引き受ける者の募集を行った
                              ―         ―         ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他(単元未満株式の買増請求
                             60       94,680            ―         ―
     による売却)
     保有自己株式数                     4,066,721             ―     4,066,741             ―
      (注) 当該株式には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取請求による買取り
         及び買増請求による売却を反映させておりません。
                                  33/108









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     3  【配当政策】
        当社は、長期的展望に立ち、経営基盤の充実と将来の事業拡大のための内部留保の確保を念頭に置きながら、株
       主の皆様に対し安定かつ充実した利益還元を継続的に行うことを最重要課題の一つと認識しております。なお、当
       社は、会社法第454条第5項の規定に基づき、中間配当をすることができる旨を定款で定めており、剰余金の配当は
       中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配
       当は株主総会であります。
        当事業年度の配当につきましては、当期の経営成績等を総合的に勘案した上で、中間配当20円、期末配当20円、
       1株当たり合計40円の配当を実施いたしました。
       (注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下の通りであります。

                        配当金の総額       1株当たり配当額

               決議年月日
                        (百万円)          (円)
             平成29年10月30日
                            1,164         20.00
             取締役会決議
             平成30年6月20日
                            1,164         20.00
             定時株主総会決議
     4  【株価の推移】

      (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第68期         第69期         第70期         第71期         第72期

       決算年月        平成26年3月         平成27年3月         平成28年3月         平成29年3月         平成30年3月

       最高(円)            1,848         1,675         1,795         1,589         1,688

       最低(円)             942        1,004         1,127         1,066         1,256

      (注) 株価は東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
      (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成29年10月          11月       12月     平成30年1月          2月       3月

       最高(円)           1,630       1,608       1,639       1,688       1,486       1,422

       最低(円)           1,383       1,493       1,465       1,441       1,256       1,299

      (注) 株価は東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                  34/108









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性12名 女性1名 (役員のうち女性の比率8%)
                                                       所有株式数
      役名     職名     氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (千株)
                             昭和37年4月      当社入社
                             昭和39年1月      営業部係長
                             昭和42年6月      取締役(営業担当)
                             昭和54年8月      常務取締役(営業担当)
                             昭和58年9月      常務取締役営業本部長
                             昭和62年8月      専務取締役営業本部長
     代表取締
     役会長兼
                             平成3年4月      専務取締役生産本部長
                     昭和14年6月27日
     最高経営          小森善治                                    (注)3     1,032
                             平成5年4月      代表取締役社長
                     生
     責  任  者
                             平成18年7月      代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)
     (CEO)
                             平成21年6月      代表取締役会長兼社長兼最高経営責任
                                   者(CEO)
                             平成26年6月      代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)
                             平成27年5月      代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)
                                   兼株式会社セリアコーポレーション会長
                                   (現任)
                                  35/108















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式

                                                         数
      役名     職名     氏名      生年月日                 略歴              任期
                                                        (千株)
                             昭和50年4月      当社入社
                             平成6年3月      経営管理副室長兼秘書室長兼海外営業
                                   本部長
                             平成7年6月      取締役経営管理副室長兼秘書室長兼海
                                   外営業本部長
                             平成8年3月      取締役生産本部長
                             平成9年3月      取締役経営管理副室長兼生産本部長
                             平成10年3月      取締役社長室長兼本社営業本部長
                             平成10年6月      常務取締役社長室長兼本社営業本部長
                             平成11年3月      常務取締役社長室長兼営業統括本部副
                                   本部長兼本社営業本部長
                             平成12年4月      常務取締役営業統括本部長兼本社営業
                                   本部長
                             平成13年7月      常務取締役営業統括本部長兼本社営業
                                   本部長兼海外営業本部長
                             平成14年1月      常務取締役営業統括本部長兼海外営業
                                   本部長
                             平成15年3月      常務取締役営業統括本部長兼海外営業
                                   本部長兼輸出三部長
                             平成16年3月      常務取締役営業統括本部長兼海外営業
                                   本部長
                             平成17年3月      常務取締役経営企画室長
     代表取締
     役社長兼
                             平成18年7月      常務取締役兼常務執行役員経営企画室
     最高執行          持田 訓     昭和25年8月7日生                                (注)3      42
                                   長
     責  任  者
                             平成18年11月      代表取締役専務兼最高執行責任者(COO)
     (COO)
                                   経営企画室長
                             平成19年6月      代表取締役専務兼最高執行責任者(COO)
                             平成21年1月      代表取締役専務兼最高執行責任者(COO)
                                   経営企画室長
                             平成23年6月      代表取締役兼最高執行責任者(COO)兼専
                                   務執行役員 経営企画室長
                             平成24年2月      代表取締役兼最高執行責任者(COO)兼専
                                   務執行役員     経営企画室長兼CSR推進室
                                   長
                             平成25年4月      代表取締役副社長兼最高執行責任者
                                   (COO)経営企画室長
                             平成26年6月      代表取締役社長兼最高執行責任者(COO)
                                   兼経営企画室長兼CSR推進室長
                             平成27年3月      代表取締役社長兼最高執行責任者(COO)
                                   兼経営企画室長兼東海ホールディング
                                   ス株式会社(現株式会社セリアコーポ
                                   レーション)社長
                             平成28年3月      代表取締役社長兼最高執行責任者(COO)
                                   兼つくばプラント長兼株式会社セリア
                                   コーポレーション社長
                             平成29年6月      代表取締役社長兼最高執行責任者(COO)
                                   兼株式会社セリアコーポレーション社
                                   長(現任)
                                  36/108






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式

                                                          数
      役名    職名     氏名       生年月日                 略歴              任期
                                                         (千株)
                             昭和63年4月      野村證券㈱入社
                             平成20年4月      同社大阪資本市場部長
                             平成21年4月      当社入社 海外営業本部輸出2部長
                             平成22年1月      コモリ   インターナショナル         ヨーロッ
                                   パ ビー.ヴィ.出向(社長)
                             平成24年4月      執行役員    コモリ   インターナショナル
                                   ヨーロッパ     ビー.ヴィ.出向(社長)
                             平成24年9月      執行役員経営企画室副室長
                             平成25年4月      執行役員営業統括本部長
         経営企画
                             平成25年6月      取締役兼執行役員
         室長兼事
     取締役
                                   営業統括本部長
         業成長戦
     兼常務
         略推進プ     梶田英治     昭和40年9月7日生                                 (注)3       7
                             平成27年10月      取締役兼執行役員
     執行役
         ロジェク
                                   営業統括本部長兼DPS営業推進本部長
     員
         ト リ ー
                             平成28年3月      取締役兼執行役員
         ダー
                                   経営企画室長兼事業成長戦略推進プロ
                                   ジェクトリーダー
                             平成28年9月      取締役兼執行役員
                                   経営企画室長兼事業成長戦略推進プロ
                                   ジェクトリーダー兼コモリ           シャンボン
                                   エス.エイ.エス.社長
                             平成30年6月      取締役兼常務執行役員
                                   経営企画室長兼事業成長戦略推進プロ
                                   ジェクトリーダー兼コモリ           シャンボン
                                   エス.エイ.エス.社長(現任)
                             昭和52年4月      久保田鉄工㈱(現㈱クボタ)入社
                             平成12年6月      同社環境企画部長
                             平成15年6月      同社環境エンジニアリング事業本部統
                                   括部長
                             平成18年4月      同社環境事業開発部長
                             平成19年4月      同社膜ソリューション事業ユニット長
                                   兼クボタメンブレン㈱社長
     取締役
                             平成21年4月      同社空調事業部長兼クボタ空調㈱社長
     兼常務    人事総務
              横山雅文     昭和28年11月8日生                                 (注)3       2
                             平成24年4月      同社空調事業ユニット長兼クボタ空調
     執行役    本部長
                                   ㈱社長
     員
                             平成25年4月      同社電装機器事業部理事
                             平成25年6月      当社常勤監査役
                             平成28年6月      取締役兼執行役員管理人事本部副本部
                                   長(総務人事担当)
                             平成29年2月      取締役兼執行役員人事総務本部本部長
                             平成30年6月      取締役兼常務執行役員人事総務本部本部
                                   長(現任)
                                  37/108







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式

                                                          数
      役名    職名     氏名       生年月日                 略歴              任期
                                                         (千株)
                             昭和60年4月      当社入社
                             平成16年3月      管理部管理課課長
                             平成16年11月      取手工場工場長室室長
                             平成17年3月      取手工場工場長兼つくば工場工場長
                             平成18年3月      つくば工場工場長
                             平成23年2月      つくばプラント副プラント長兼海外生
                                   産推進室室長
                             平成24年2月      つくばプラント副プラント長兼つくば
         管理本部
                                   工場工場長
     取締役
         長兼KNT
                             平成24年4月      執行役員つくばプラント副プラント長
     兼執行         松野浩一     昭和35年9月7日生                                 (注)3       1
         事業推進
                                   兼つくば工場工場長
     役員
         プロジェ
         クトリー
                             平成26年4月      執行役員管理本部本部長
         ダー
                             平成26年6月      取締役兼執行役員管理本部本部長
                             平成28年3月      取締役兼執行役員管理本部本部長兼KNT
                                   事業推進プロジェクトリーダー
                             平成28年6月      取締役兼執行役員管理人事本部本部長
                                   兼KNT事業推進プロジェクトリーダー
                             平成29年2月      取締役兼執行役員管理本部本部長兼KNT
                                   事業推進プロジェクトリーダー(現
                                   任)
                             昭和58年4月      当社入社
                             平成10年3月      枚葉設計部設計1課長
                             平成16年3月      小森マシナリー出向副工場長兼枚葉設
                                   計部付
                             平成18年3月      つくば設計部長
                             平成23年2月      設計部付シニアプロジェクトマネー
                                   ジャー
         つくばプ
                             平成24年2月      技術統括部付主席技師
     取締役    ラント長
     兼執行    兼技術統     船橋勇雄     昭和35年12月4日生                                 (注)3       1
                             平成26年4月      技術統括部長兼DPS開発部長
     役員    括部長兼
                             平成27年4月      執行役員技術統括部長
         KGC管掌
                             平成29年2月      執行役員つくば副プラント長兼技術統
                                   括部長
                             平成29年6月      取締役兼執行役員つくばプラント長兼
                                   技術統括部長
                             平成30年3月      取締役兼執行役員つくばプラント長兼
                                   技術統括部長兼小森グラフィックテクノ
                                   ロジーセンター管掌(現任)
                                  38/108








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式

                                                          数
      役名    職名     氏名       生年月日                 略歴              任期
                                                         (千株)
                             昭和46年4月      大蔵省印刷局入局
                             平成12年7月      本局製造部技術課長
                             平成14年7月      本局総務部総務課長
                             平成15年4月      独立行政法人国立印刷局セキュリ
     取締役         吉川正光     昭和23年2月28日生                                 (注)3      -
                                   ティー製品事業部長
                             平成17年4月      同局理事
                             平成23年3月      同局退任
                             平成23年6月      当社社外取締役(現任)
                             平成4年4月      弁護士登録
                             平成9年4月      亀山晴信法律事務所(現 亀山総合法律
                                   事務所)開設
                             平成17年6月      一般財団法人共立国際交流奨学財団監
                                   事(現任)
                             平成19年6月      当社非常勤社外監査役
     取締役         亀山晴信     昭和34年5月15日生                                 (注)3      -
                             平成22年4月      東京簡易裁判所民事調停委員(現任)
                             平成24年10月      株式会社東光高岳社外取締役(現任)
                             平成25年6月      当社非常勤社外監査役退任
                             平成25年6月      当社社外取締役(現任)
                             平成25年10月      ソマール株式会社社外監査役(現任)
                             昭和52年4月      テルモ株式会社入社
                             平成10年4月      テルモ・バイヤスドルフ株式会社出向
                             平成15年1月      テルモ株式会社ホスピタルカンパニー医
                                   療器事業プレジデント
                             平成18年6月      同社執行役員
                             平成18年10月      同社関西ブロック長
                             平成20年6月      同社取締役執行役員マーケティング室管
     取締役         関根健司     昭和27年5月24日生                                 (注)3      -
                                   掌
                             平成22年6月      同社取締役上席執行役員
                             平成22年10月      同社インド・中東事業統括
                             平成25年6月      同社常勤監査役
                             平成27年6月      同社取締役監査等委員
                             平成29年6月      同社顧問(現任)
                             平成30年6月      当社社外取締役(現任)
                                  39/108









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式

                                                          数
      役名    職名     氏名      生年月日                  略歴               任期
                                                         (千株)
                            平成3年5月       当社入社
                            平成7年3月       企画管理部業務課課長
                            平成13年4月       企画管理部部長代行兼企画管理部営業業務
                                   課長
                            平成14年4月       ㈱千代田マシナリー出向(取締役社長室長)
                            平成15年1月       企画管理部部長代行
     監査役
             朝倉祐治     昭和30年3月11日生                                   (注)4      1
                            平成16年1月       企画管理部部長
     (常勤)
                            平成18年3月       財務部部長
                            平成19年6月       内部監査室室長
                            平成22年2月       財務部部長兼財務部与信管理課課長
                            平成25年4月       管理本部副本部長
                            平成26年6月       常勤監査役(現任)
                            昭和54年4月       久保田鉄工㈱(現㈱クボタ)入社
                            平成10年4月       同社枚方製造所鋳鋼製造部技術グループ長
                            平成14年10月       同社鋳鋼営業部海外グループ長
                            平成17年7月       同社鋳鋼営業部長
     監査役
             尼子晋二     昭和31年4月21日生          平成21年4月       同社理事                  (注)6      -
     (常勤)
                            平成22年4月       同社素形材営業部長
                            平成24年4月       同社素形材事業ユニット長
                            平成25年4月       クボタマテリアルズカナダCorp.社長
                            平成28年6月       当社常勤監査役(現任)
                            昭和59年10月       監査法人中央会計事務所(最終名称みすず
                                   監査法人)入所
                            平成9年7月       同所社員就任
                            平成13年7月       同所代表社員就任
     監査役
             坂本裕子     昭和29年7月30日生                                   (注)5      -
     (非常                       平成19年7月       監査法人A&Aパートナーズ入所
     勤)
                            平成19年7月       同所代表社員就任
                            平成22年7月       同所代表社員制度廃止のため社員就任(現
                                   任)
                            平成25年6月       当社非常勤監査役(現任)
                                  40/108










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式

                                                          数
      役名    職名     氏名      生年月日                  略歴               任期
                                                         (千株)
                            昭和52年4月       株式会社富士銀行入行(現株式会社みずほ
                                   銀行)
                            平成11年5月       同社信託企画部長
                            平成14年4月       株式会社みずほホールディングス経営企画
                                   部長
                            平成15年3月       株式会社みずほフィナンシャルグループ経
                                   営企画部長
                            平成15年8月       株式会社みずほ銀行新宿支店長
                            平成17年4月       同社執行役員新宿支店長
     監査役
             川端雅一     昭和28年7月4日生          平成18年4月       同社常務執行役員                  (注)6      -
     (非常
     勤)
                            平成21年5月       みずほ総合研究所株式会社代表取締役副社
                                   長
                            平成24年1月       みずほキャピタル株式会社代表取締役社長
                            平成28年4月       同社特別顧問
                            平成28年6月       芙蓉オートリース株式会社社外取締役(現
                                   任)
                            平成28年6月       当社非常勤監査役(現任)
                            平成28年6月       トピー工業株式会社社外監査役(非常勤)(現
                                   任)
             計                                            1,088
      (注)1取締役吉川正光、亀山晴信、関根健司の3氏は、社外取締役であります。
        2監査役尼子晋二、坂本裕子、川端雅一の3氏は、社外監査役であります。
        3取締役の任期は、平成30年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年3月期に係る定時株主総会終結の
         時までであります。
        4監査役朝倉祐治の任期は、平成30年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成34年3月期に係る定時株主総
         会終結の時までであります。
        5監査役坂本裕子の任期は、平成29年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成33年3月期に係る定時株主総
         会終結の時までであります。
        6監査役尼子晋二、川端雅一の2氏の任期は、平成28年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成32年3月期
         に係る定時株主総会終結の時までであります。
                                  41/108











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ①  企業統治の体制

        当社における、企業統治の体制は以下の通りであります。
        当社は、株主の皆様やお客様をはじめ、取引先、地域社会、従業員とその家族などすべてのステークホルダーの








       期待に応え、責任を果たし、企業価値を最大化することが経営の最重要課題の一つであると認識しております。そ
       して、その実現のためには、コーポレート・ガバナンスの確立が不可欠であると考え、監査役会設置会社方式を採
       用しております。
        当社では、「経営の透明性の確保」、「経営の意思決定の迅速化」、「コンプライアンスの確保」並びに「経営
       のチェック機能の強化」を図ることを、コーポレート・ガバナンスの基本としております。この基本に従って経営
       の監視を含む諸問題に関して、コーポレート・ガバナンスが十分機能するよう取り組んでおります。このため、毎
       年取締役会で内部統制システムの基本方針を決議し、この方針に基づき内部統制システムの構築と運用を行ってお
       ります。また、その構築及び運用状況の評価はCSR・環境推進室が担当し毎年実施のうえ、結果を取締役会で報告し
       ております。
        平成30年6月21日現在、取締役会は9名の取締役(うち社外取締役は3名)からなり、取締役会を原則毎月1回
       開催し、経営の意思決定機関として法定事項及び経営の基本方針並びにその他重要事項を決定すると共に、取締役
       の業務執行を監督しております。また、執行役員会は19名からなり、取締役会で決定された経営方針等を周知し会
       社業績の達成と企業価値向上に向けて業務執行を確実なものとします。監査役会は、社外監査役3名を含む4名で
       構成されています。監査役は、取締役会その他重要な会議に出席し必要に応じて意見を述べる等、取締役の業務執
       行を監査しております。
        経営の意思決定の迅速化を図るため、経営企画、生産及び開発、営業、管理各本部担当役員をメンバーとし、監
       査役をオブザーバーとする社長主催の「経営会議」において、重要な経営課題や中期経営計画について方針を決定
       しております。
                                  42/108





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       ②  内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況
        内部統制システムの基本方針の概要は次の通りであります。
       1.  取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
       ・「コンプライアンス規程」、「グループ企業行動憲章」及び「グループ社員行動基準」を定め、取締役の率先
        垂範と役職員への周知徹底を図る。
       ・内部通報制度により、違法行為や倫理違反等不祥事の未然防止に努める。
       ・CSR・環境推進室長をコンプライアンス体制の責任者とし、体制の構築、維持、周知徹底のための教育活動を
        行う。
       ・内部監査室が、財務報告に係る内部統制も含めた業務全般に関し、管理・運営の制度及び業務執行状況を評価
        する。
       2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
       ・取締役会議事録、稟議決裁書その他取締役の職務に関わる情報を、取締役及び監査役の閲覧に供する形で適切
        に保存し、管理する。
       3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
       ・CSR・環境推進室長をリスクマネジメントの責任者とし、全社的な観点からリスクを捉え、評価し、対応する。
       ・「リスクマネジメント規程」及び「リスクマネジメント運営要領」を整備し、リスクごとに担当する役員を
        定め、対応する。
       ・地震等大規模な自然災害が発生した場合の行動基準を定めた地震対策マニュアルを策定する等体制を整備し、
        対応を図る。
       4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
       ・執行役員制度を導入している。
       ・各会議体及びこれらの規程を整備し、会議の効率的な運用を図る。
       ・取締役、執行役員及び従業員が共有する全社的な中期経営計画を定め、取締役から業務執行を委ねられた執行
        役員は計画目標の達成に向け年度目標を設定し、職務の執行を効率的に実施する。
       5.従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
       ・CSR・環境推進室長が主管となり代表取締役社長のもとに取締役及び執行役員で構成するCSR委員会を設置し、
        内部統制システム、リスクマネジメント、コンプライアンス、内部通報制度、環境関連事項等を審議し、決定
        事項を各部門内に周知徹底する。
       6.当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
       ・「子会社管理規程」を整備し、リスクを考慮した親会社承認事項と報告事項を定める等、子会社経営の自立性
        確保と業務の効率化を図る。
       ・子会社主管部門は、当社の経営理念、「グループ企業行動憲章」、方針を浸透させるとともに、「子会社管理
        規程」に基づき指導・助言を行い、リスクマネジメントを行う。
       ・CSR・環境推進室は、グループのコンプライアンス体制の構築、維持、教育活動に当たり、内部監査室は、
        グループ会社の監査を行う。
       7.監査役の職務を補助すべき従業員に関する体制、当該従業員の取締役からの独立性に関する事項及び当該従業員
        に対する指示の実効性の確保に関する事項
       ・監査役が必要とした場合、監査役の職務を補助する従業員を置く。当該従業員の任命、異動、評価について、
        取締役からの独立性を確保する。
       8.取締役及び従業員が監査役に報告するための体制、子会社の取締役、監査役及び従業員又はこれらの者から報告
        を受けた者が監査役に報告するための体制並びにその他の監査役への報告に関する体制
       ・当社及び子会社の取締役及び従業員は、重大な法令・定款違反、不正行為又は著しい損害を及ぼすおそれのあ
        る事実を知ったときは、監査役に報告する。
       ・社長決裁を要する重要な意思決定事項は監査役に回覧し、取締役会の決議事項に関する情報は監査役に事前に
        通知する。
       ・取締役及び従業員は、監査役の要請により必要な報告を行う。この報告者は報告を理由として不利な扱いを受
        けない。
       9.監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生じる費用又は
        債務の処理に係る方針に関する事項
       ・監査役の職務執行に必要な費用は当社が負担する。
       10.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
       ・代表取締役は、監査役と会合をもち、意思の疎通を図る。
       ・内部監査室及び会計監査人は、監査結果について監査役へ報告する。
       ・監査役は重要な会議に出席して意見を述べることができる。
                                  43/108


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       ③   内部監査及び監査役監査
        内部監査については、社長直属組織である内部監査室4名により、グループ全体の業務執行が適正かつ効率的に
       行われているかを監査しております。
        監査役は、取締役の職務の執行に対し、監査役会の定めた監査役監査基準に基づき監査をしております。
        監査役は、内部監査室と定期的会合に加え必要に応じ会合を持ち、それぞれの監査計画の重複を避けると同時
       に、情報の共有化を図っております。また、実施した監査結果に基づき業務執行部門の執行状況を検証・確認し、
       フォローアップ・改善等についても意見交換を行っております。
        さらに、監査役は会計監査人と日常的に緊密な連携を図り、随時、監査に関する報告を受けるとともに、内部統
       制監査を含む監査計画の概要につき意見交換を行い、重要な監査事項につき共有化を図っております。また、監査
       結果についても、期末監査、四半期レビュー、内部統制監査等適時報告を受け、意見交換を行うと同時に、適宜会
       計監査人の拠点監査、実地棚卸に同行し、監査の効率化や品質の向上に努めております。
       ④   社外取締役及び社外監査役

       (1)  当社は平成30年6月21日現在社外取締役を3名選任しております。社外取締役に期待される役割としては、
        外部的視点からの取締役の業務執行に対する監督機能等であります。
       (2)  社外取締役吉川正光氏は、当社製品の販売先である独立行政法人国立印刷局の出身です。独立行政法人国立
        印刷局と当社との間には、年間3,739百万円(平成30年3月期実績)の取引が存在しております。
        なお、当社と当社の社外取締役亀山晴信氏及び関根健司氏との間に特別な利害関係はありません。
       (3)  平成30年6月21日現在当社の監査役会は4名で構成されており、うち社内監査役1名、社外監査役3名であり
        ます。各監査役は取締役会に出席するとともに、その他の経営に係る重要な会議への出席、部門監査の実施、
        重要書類の閲覧及び取締役との協議により、会社の基本方針、経営計画、重要事項の決定及び業務執行状況の
        監査機能を十分発揮できる体制を整えております。
       (4)  社外監査役川端雅一氏は、当社の取引先のみずほ銀行の出身であります。
        なお、当社と当社の社外監査役尼子晋二氏及び坂本裕子氏との間に特別な利害関係はありません。
       (5)   当社は、社外取締役及び社外監査役の選任にあたり独立性を判断する基準として、「社外役員独立性基準」を
        制定しております。その主な内容は次の通りであります。
        1.過去10年間のいずれかの事業年度において、小森グループの取締役・監査役・執行役員または使用人であっ
         たことがないこと
          但し、社外取締役及び社外監査役は除く
        2.過去5年間のいずれかの事業年度において、小森グループの大株主もしくは小森グループが大株主の取締
         役・監査役・執行役員または使用人であったことがないこと
        3.小森グループの主要な取引先の取締役・監査役・執行役員または使用人でないこと
        4.小森グループから多額の寄付金を受けている法人・団体等の理事その他取締役・監査役・執行役員または使
         用人でないこと
        5.小森グループとの間で、相互に役員を派遣している法人・団体等の取締役・監査役・執行役員でないこと
        6.過去5年間のいずれかの事業年度において、小森グループの会計監査人の代表社員、社員、パートナーまた
         は使用人であったことがないこと
        7.小森グループから役員報酬以外に、多額の金銭その他財産を得ている弁護士、公認会計士、コンサルタント
         等でないこと
        8.以下に該当する者の配偶者、二親等内の親族、同居の親族または生計を一にする者でないこと
         (1)小森グループの取締役・監査役・執行役員または重要な使用人
         (2)過去5年間のいずれかの事業年度において、小森グループの取締役・監査役・執行役員または重要な使
           用人であった者
         (3)上記2.から7.で就任を制限している対象者
        9.その他、社外役員としての職務を遂行する上で独立性に疑いがないこと
       (6)  取締役吉川正光氏、亀山晴信氏、関根健司氏及び監査役尼子晋二氏、坂本裕子氏、川端雅一氏は、前記「社外
        役員独立性基準」を満たしており、この6氏につきまして、東京証券取引所に対し、独立役員として届け出てお
        ります。
                                  44/108




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       ⑤  役員の報酬等
        イ  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                  対象となる
                    報酬等の総額
           役員区分                                       役員の員数
                                 ストック
                    (百万円)
                            基本報酬            賞与    退職慰労金
                                                   (名)
                                 オプション
       取締役
                         196      171      -      25      -       7
       (社外取締役を除く)
       監査役
                         20      20      -      -      -       1
       (社外監査役を除く)
       社外役員                  54      54      -      -      -       5
      (注) 1.上記は役員区分ごとの対象となる役員の員数及び報酬等の総額であり、報酬等の総額は基本報酬247百万

           円、賞与25百万円によるものであります。
         2.当事業年度末日における在籍人数は、取締役9名、監査役4名であります。
         3.取締役の報酬の株主総会の決議(平成12年6月29日付)による限度額(使用人兼務役員の使用人分の報酬を除
          く)は、年額240百万円であります。また、監査役の報酬の株主総会の決議(平成20年6月24日付)による限度
          額は、年額90百万円であります。
         4.平成20年6月24日開催の第62回定時株主総会決議に基づく、役員退職慰労金制度廃止に伴う打切り支給額の
          未払残高が、取締役2名に対し285百万円あります。
        ロ  提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ハ  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

          当社は役員の報酬等の額の決定に関する方針を概ね以下の通り定めております。
          取締役の報酬については、企業価値の向上に向けた報酬体系に相応しいものとすべく、説明責任や業績連動
         性を考慮したものとするため、月例報酬と業績連動賞与から構成されております。固定報酬である月例報酬の
         総額は、株主総会で承認された報酬枠の範囲内としており、業績連動賞与の比率は、標準的業績の場合、報酬
         全体の約3分の1としております。業績連動の指標としては、連結営業利益の達成度に応じるものとし、具体
         的な支給総額は、事業年度終了後に株主総会に諮ることとしております。各取締役の報酬額は取締役会の決議
         により決定されます。なお、当社は役員退職慰労金制度を廃止しており、ストックオプション等は該当ありま
         せん。
          監査役の報酬については、その職務に鑑み、基本報酬である月例報酬のみとし、月例報酬の総額は株主総会
         で承認された報酬枠の範囲内とします。各監査役の基本報酬額は監査役の協議により決定しております。
                                  45/108










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       ⑥  株式の保有状況

        イ  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          銘柄数                 47 銘柄
          貸借対照表計上額の合計額               11,035   百万円

        ロ  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

         的
         (前事業年度)

           特定投資株式
                        貸借対照表計上額
          銘柄        株式数(株)                         保有目的
                          (百万円)
     朝日印刷㈱              646,691          1,742    当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     (株)SCREENホールディン
                   178,134          1,458    当社購入先との取引関係の維持・発展目的
     グス
     凸版印刷㈱              764,705           867   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     日本写真印刷㈱              296,620           782   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     大日本印刷㈱              615,646           738   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     共立印刷㈱             2,065,465            693   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     大日精化工業㈱              920,000           692   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     ㈱奥村組              767,000           518   当社建築等の請負先との取引関係の維持・発展目的
     ㈱みずほフィナンシャル
                  2,435,697            496   当社取引銀行との取引関係の維持・発展目的
     グループ
     東洋インキSCホールディ
                   636,000           340   当社購入先との取引関係の維持・発展目的
     ングス㈱
     ㈱牧野フライス製作所              296,000           285   当社購入先との取引関係の維持・発展目的
     ㈱ほくほくフィナンシャルグ
                   120,173           209   当社取引銀行との取引関係の維持・発展目的
     ループ
     コニカミノルタ㈱              200,000           199   当社との取引関係の維持・発展目的
     京セラ㈱              30,600          189   当社との取引関係の維持・発展目的
     共同印刷㈱              503,301           182   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     宝印刷㈱              109,055           181   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     グローリー㈱              37,200          135   当社購入先との取引関係の維持・発展目的
     ㈱三菱UFJフィナンシャル・
                   192,000           134   当社取引銀行との取引関係の維持・発展目的
     グループ
     総合商研㈱              140,000           117   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     ㈱めぶきフィナンシャルグ
                   237,580           105   当社取引銀行との取引関係の維持・発展目的
     ループ
     三浦印刷㈱              252,214           65  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     ト-イン㈱              104,673           49  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     竹田印刷㈱              58,100           32  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     ㈱廣済堂              78,290           29  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     サンメッセ㈱              50,000           22  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     セキ㈱              10,000           13  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     東洋電機製造㈱               6,900          11  当社購入先との取引関係の維持・発展目的
     大王製紙㈱               5,000           7  当社との取引関係の維持・発展目的
     カーディナル㈱              10,000           6  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     古林紙工㈱              28,720           5  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
                                  46/108




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
         (当事業年度)

           特定投資株式
                        貸借対照表計上額
          銘柄        株式数(株)                         保有目的
                          (百万円)
     (株)SCREENホールディン
                   178,134          1,738    当社購入先との取引関係の維持・発展目的
     グス
     朝日印刷(株)             1,298,262           1,653    当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     日本写真印刷㈱              296,620           846   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     大日精化工業㈱              184,000           807   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     共立印刷(株)             2,068,256            740   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     凸版印刷㈱              779,794           680   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     大日本印刷㈱              307,823           676   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     ㈱奥村組              153,400           643   当社建築等の請負先との取引関係の維持・発展目的
     ㈱みずほフィナンシャル
                  2,435,697            466   当社取引銀行との取引関係の維持・発展目的
     グループ
     東洋インキSCホールディ
                   636,000           419   当社購入先との取引関係の維持・発展目的
     ングス㈱
     ㈱牧野フライス製作所              296,000           295   当社購入先との取引関係の維持・発展目的
     宝印刷(株)              109,055           207   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     京セラ㈱              30,600          183   当社との取引関係の維持・発展目的
     コニカミノルタ㈱              200,000           182   当社との取引関係の維持・発展目的
     ㈱ほくほくフィナンシャ
                   120,173           173   当社取引銀行との取引関係の維持・発展目的
     ルグループ
     共同印刷㈱              52,110          170   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     グローリー㈱              37,200          141   当社購入先との取引関係の維持・発展目的
     ㈱三菱UFJフィナンシャル・
                   192,000           133   当社取引銀行との取引関係の維持・発展目的
     グループ
     総合商研㈱              140,000           115   当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     ㈱めぶきフィナンシャルグ
                   237,580           97  当社取引銀行との取引関係の維持・発展目的
     ループ
     ト-イン㈱              106,921           66  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     竹田印刷㈱              58,100           58  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     ㈱廣済堂              78,290           45  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     サンメッセ㈱              50,000           22  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     セキ㈱              10,000           16  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     カーディナル㈱              10,000           15  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     東洋電機製造㈱               6,900          12  当社購入先との取引関係の維持・発展目的
     古林紙工㈱               2,872           8  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
     大王製紙㈱               5,000           7  当社との取引関係の維持・発展目的
     ㈱平賀              10,000           ▶  当社顧客との取引関係の維持・発展目的
        ハ  保有目的が純投資目的である投資株式

           該当事項はありません。
                                  47/108






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       ⑦ 会計監査の状況

        1 業務を執行した公認会計士の氏名及び所属する監査法人名
          柴     毅          (PwCあらた有限責任監査法人)
          塩 谷 岳 志          (PwCあらた有限責任監査法人)

        2 監査業務に係る補助者の構成

          PwCあらた有限責任監査法人                 公認会計士          6名
                            その他          12名

       ⑧ 責任限定契約の内容の概要

         当社定款に基づき、当社は社外取締役吉川正光氏、亀山晴信氏及び関根健司氏、社外監査役坂本裕子氏及び川
        端雅一氏と会社法第423条第1項に定める損害賠償責任を限定する契約を締結しており、当該限定契約に基づく賠
        償責任限度額は、会社法第425条第1項に定める最低責任限度額となります。
       ⑨ 取締役の定数に関する規定

         当社の取締役は12名以内とする旨を定款に定めております。
       ⑩ 取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。また、取締役の選任については、累
        積投票によらないものとする旨を定款で定めております。
       ⑪ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項 

         1 剰余金の配当等
         当社は、経済情勢の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、剰余金の配当、自己株式の取
        得等会社法第459条第1項各号の事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によら
        ず、取締役会の決議により定める旨を定款で定めております。
         2 中間配当
         当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年9月30日の最終の株主名簿に記載
        または記録された株主または登録株式質権者に対し、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
       ⑫ 株主総会の特別決議要件

         当社は、株主総会特別決議が必要な場合の定足数の確保をより確実にするため、会社法第309条第2項に定める
        決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分
        の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
                                  48/108








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【監査報酬の内容等】
       ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度
        区    分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                 63           ―          65           ―
       連結子会社                  5           ―           5           ―

         合計                68           ―          71           ―

      (注)当社の会計監査人はPwCあらた有限責任監査法人であります。
       ②【その他重要な報酬の内容】

        前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
         当社連結子会社の一部は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているプライスウォーターハ
        ウスクーパースのメンバーファームに対して、監査証明業務に基づく報酬の他、当社連結子会社の税務申告及び
        移転価格税制に係る報酬を支払っております。
        当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

         当社連結子会社の一部は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているプライスウォーターハ
        ウスクーパースのメンバーファームに対して、監査証明業務に基づく報酬の他、当社連結子会社の税務申告及び
        移転価格税制に係る報酬を支払っております。
       ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

         該当事項はありません。
       ④【監査報酬の決定方針】

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、当社の規模・特性、予定される監査業務
        の日数、監査業務に係る人員数等を総合的に勘案し、監査公認会計士等と協議の上、監査役会の同意を得て決定
        しております。
                                  49/108








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
       下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい

       て作成しております。 
     2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、P
       wCあらた有限責任監査法人により監査を受けております。
     3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、以下の通り連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。
        会計基準等の内容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備
       するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、随時情報を入手するとともに、同財団法人の主催するセミ
       ナー等に適宜参加し、当社管理本部において内容を検討し、当社の会計方針等を策定しており、これらを、当社の
       財務情報開示委員会において確認することとしております。
                                  50/108













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     1 【連結財務諸表等】
      (1) 【連結財務諸表】
       ①  【連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                          40,712              43,140
         現金及び預金
                                                      ※3  24,281
                                          20,065
         受取手形及び売掛金
                                                      ※3  2,317
                                          2,026
         電子記録債権
                                          18,696              20,698
         有価証券
                                          15,589              11,822
         商品及び製品
                                          7,666              7,518
         仕掛品
                                          8,387              8,460
         原材料及び貯蔵品
                                            538              207
         1年内満期保険積立金
                                          4,795              4,636
         繰延税金資産
                                          1,906              2,085
         その他
                                          △ 291             △ 377
         貸倒引当金
                                         120,094              124,791
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          31,775              32,023
           建物及び構築物
                                         △ 20,950             △ 21,677
             減価償却累計額
                                          10,825              10,346
             建物及び構築物(純額)
                                          19,590              18,428
           機械装置及び運搬具
                                         △ 15,867             △ 14,984
             減価償却累計額
                                          3,723              3,443
             機械装置及び運搬具(純額)
                                          18,194              18,063
           土地
                                            17              53
           建設仮勘定
                                          7,078              7,046
           その他
                                         △ 6,076             △ 6,182
             減価償却累計額
                                          1,002               864
             その他(純額)
                                          33,762              32,771
           有形固定資産合計
         無形固定資産                                 2,453              2,071
         投資その他の資産
                                        ※1  14,056            ※1  12,692
           投資有価証券
           繰延税金資産                                1,543              1,342
                                          6,040              6,363
           保険積立金
                                          1,000              1,151
           退職給付に係る資産
                                          1,348              1,389
           その他
                                          △ 199              △ 96
           貸倒引当金
                                          23,789              22,842
           投資その他の資産合計
                                          60,005              57,685
         固定資産合計
                                         180,100              182,477
       資産合計
                                  51/108





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                     ※3  12,251
                                         11,622
         支払手形及び買掛金
                                                      ※3  6,604
                                          6,022
         電子記録債務
                                           48              198
         短期借入金
                                                        10,000
         1年内償還予定の社債                                  -
                                           238              984
         未払法人税等
                                          1,034              1,086
         賞与引当金
                                           859              996
         製品保証引当金
                                           325              242
         債務保証損失引当金
                                           30              40
         役員賞与引当金
                                           57
         事業構造改善引当金                                                 -
                                           46              42
         割賦利益繰延
                                         12,983              12,350
         その他
         流動負債合計                                33,268              44,796
       固定負債
                                         10,000
         社債                                                 -
                                          1,234              1,358
         繰延税金負債
                                           26              29
         役員退職慰労引当金
                                           110              110
         訴訟損失引当金
                                          3,350              3,145
         退職給付に係る負債
                                           723              585
         その他
                                         15,445               5,228
         固定負債合計
                                         48,713              50,025
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         37,714              37,714
         資本金
                                         37,788              37,788
         資本剰余金
                                         58,985              59,730
         利益剰余金
                                         △ 5,055             △ 5,057
         自己株式
                                         129,432              130,177
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          4,469              4,623
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 860             △ 959
         為替換算調整勘定
                                         △ 1,655             △ 1,389
         退職給付に係る調整累計額
                                          1,953              2,274
         その他の包括利益累計額合計
                                         131,386              132,451
       純資産合計
                                         180,100              182,477
      負債純資産合計
                                  52/108







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                         86,618              94,168
      売上高
                                         59,139              64,882
      売上原価
                                            ▶              3
      割賦販売未実現利益戻入額
                                         27,483              29,289
      売上総利益
                                     ※1 , ※2  25,771          ※1 , ※2  25,556
      販売費及び一般管理費
                                          1,712              3,732
      営業利益
      営業外収益
                                           78              71
       受取利息
                                           236              264
       受取配当金
                                                         284
       為替差益                                    -
                                           420              435
       その他
                                           735             1,056
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           58              67
       支払利息
                                           245              139
       損害賠償金
                                           516
       為替差損                                                  -
                                           198              161
       その他
                                          1,018               368
       営業外費用合計
                                          1,430              4,420
      経常利益
      特別利益
                                         ※3  39            ※3  31
       固定資産売却益
                                                         29
                                           -
       投資有価証券売却益
                                           39              60
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※4  19             ※4  7
       固定資産売却損
                                         ※5  14            ※5  21
       固定資産除却損
                                        ※6  553            ※6  129
       減損損失
                                           57
       事業構造改善引当金繰入額                                                  -
                                                         170
                                           -
       退職給付費用
                                           644              328
       特別損失合計
                                           824             4,152
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     121              940
                                           45              137
      法人税等調整額
      法人税等合計                                     166             1,078
                                           658             3,074
      当期純利益
                                            0
      非支配株主に帰属する当期純利益                                                    -
                                           657             3,074
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  53/108






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                           658             3,074
      当期純利益
      その他の包括利益
                                          1,805               154
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 479              △ 98
       為替換算調整勘定
                                           977              265
       退職給付に係る調整額
                                      ※1 , ※2  2,302           ※1 , ※2  321
       その他の包括利益合計
                                          2,960              3,396
      包括利益
      (内訳)
                                          2,961              3,396
       親会社株主に係る包括利益
                                           △ 1
       非支配株主に係る包括利益                                                  -
                                  54/108
















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       ③  【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)
                                           (単位:百万円)

                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
                   37,714       37,797       65,669       △ 4,956      136,225
     当期首残高
     当期変動額
                                 △ 2,440              △ 2,440
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                   657              657
      る当期純利益
                                        △ 5,001      △ 5,001
      自己株式の取得
                                 △ 4,901       4,901
      自己株式の消却                                            -
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                                            -
      額)
      非支配株主との取引
                            △ 8                     △ 8
      に係る親会社の持分
      変動
                            △ 8     △ 6,684        △ 99     △ 6,792
     当期変動額合計                -
                   37,714       37,788       58,985       △ 5,055      129,432
     当期末残高
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券評              退職給付に係る調       その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                 価差額金              整累計額       累計額合計
                   2,664       △ 380      △ 2,632       △ 348        14     135,890
     当期首残高
     当期変動額
                                                       △ 2,440
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                        657
      る当期純利益
                                                       △ 5,001
      自己株式の取得
      自己株式の消却                                                   -
      株主資本以外の項目
                   1,805       △ 479       977      2,302        △ 14      2,288
      の当期変動額(純
      額)
      非支配株主との取引
                                                        △ 8
      に係る親会社の持分
      変動
                   1,805       △ 479       977      2,302        △ 14     △ 4,504
     当期変動額合計
                   4,469       △ 860      △ 1,655       1,953              131,386
     当期末残高                                            -
                                  55/108








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自         平成29年4月1日 至           平成30年3月31日)
                                           (単位:百万円)

                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
                   37,714       37,788       58,985       △ 5,055      129,432
     当期首残高
     当期変動額
                                 △ 2,329              △ 2,329
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                  3,074              3,074
      る当期純利益
                                          △ 1      △ 1
      自己株式の取得
                                           0       0
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                                            -
      額)
                                   745       △ 1      744
     当期変動額合計                -       -
     当期末残高              37,714       37,788       59,730       △ 5,057      130,177
                         その他の包括利益累計額

                                             純資産合計
               その他有価証券評              退職給付に係る調       その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                 価差額金              整累計額       累計額合計
     当期首残高              4,469       △ 860      △ 1,655       1,953      131,386
     当期変動額
                                               △ 2,329
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                3,074
      る当期純利益
                                                 △ 1
      自己株式の取得
                                                  0
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目
                    154       △ 98       265       321       321
      の当期変動額(純
      額)
                    154       △ 98       265       321      1,065
     当期変動額合計
                   4,623       △ 959      △ 1,389       2,274      132,451
     当期末残高
                                  56/108










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           824             4,152
       税金等調整前当期純利益
                                          2,132              1,888
       減価償却費
                                           553              129
       減損損失
                                           151              152
       のれん償却額
                                           75             △ 22
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 19              52
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                           157              △ 46
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                          △ 315             △ 336
       受取利息及び受取配当金
                                           58              67
       支払利息
                                           287             △ 195
       為替差損益(△は益)
                                         △ 4,632             △ 6,173
       売上債権の増減額(△は増加)
                                           11             4,158
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         △ 1,297              1,341
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                           338             △ 331
       前払費用の増減額(△は増加)
                                           △ 8             502
       預り金の増減額(△は減少)
                                           248              125
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                           433              261
       その他
                                         △ 1,001              5,727
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   319              337
                                          △ 58             △ 67
       利息の支払額
                                          △ 53              94
       法人税等の支払額
                                          △ 793             6,091
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          2,984              1,835
       有価証券の純増減額(△は増加)
                                          △ 54            △ 2,932
       定期預金の預入による支出
                                          2,138              2,913
       定期預金の払戻による収入
                                         △ 1,518             △ 1,117
       有形及び無形固定資産の取得による支出
                                           51              168
       有形及び無形固定資産の売却による収入
                                          △ 602             △ 187
       保険積立金の積立による支出
                                           599              188
       保険積立金の払戻による収入
                                          △ 144             △ 612
       投資有価証券の取得による支出
                                           498              115
       投資有価証券の売却による収入
                                           △ 0             △ 1
       長期前払費用の取得による支出
                                          △ 30              △ 3
       その他の支出
                                           339              △ 70
       その他の収入
                                          4,261               295
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  57/108






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                          △ 22
                                                         -
       による支出
                                           118              143
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                          △ 126
       長期借入金の返済による支出                                                  -
                                          △ 197             △ 154
       リース債務の返済による支出
                                         △ 5,001               △ 1
       自己株式の取得による支出
                                         △ 2,440             △ 2,329
       配当金の支払額
                                                          0
                                           -
       自己株式の売却による収入
                                         △ 7,669             △ 2,340
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 284              126
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         △ 4,487              4,173
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         59,140              54,652
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1  54,652            ※1  58,826
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  58/108















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1 連結の範囲に関する事項
      (1)   連結子会社の数・・・・・・・              18 社
        主要な連結子会社の名称            ・・・㈱小森マシナリー、㈱セリアコーポレーション、コモリ                              アメリカ コーポレー
                        ション、コモリ        インターナショナル          ヨーロッパ ビー.ヴィ.、コモリ                シャ
                        ンボン    エス.エイ.エス.、コモリ             サウスイースト        アジア    プライベート       リ
                        ミテッド、コモリ         マレーシア      Sdn.Bhd.
      (2)   主要な非連結子会社名           ・・・    ㈱小森興産
       (連結の範囲から除いた理由)
         非連結子会社である㈱小森興産は小規模会社であり、総資産・売上高・当期純損益及び利益剰余金(持分に見
        合う額)等は、連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲より除外いたしました。
      2 持分法の適用に関する事項

        非連結子会社1社は、当期純損益及び利益剰余金(持分に見合う額)等に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体と
       しても重要性がないため、当該1社に対する投資については持分法を適用せず、原価法により評価しております。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうち、小森印刷机械(シンセン)有限公司及び小森机械(南通)有限公司の事業年度末日は12月31
       日であり、連結財務諸表の作成にあたっては連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しておりま
       す。両社以外の連結子会社の事業年度末日と連結決算日は一致しております。
      4 会計方針に関する事項

      (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
       ①  有価証券
        満期保有目的債券・・・・原価法
        その他有価証券
         時価のあるもの・・・連結決算日の市場価格等に基づく時価法
                    (評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均法により算定)
         時価のないもの・・・移動平均法による原価法
       ②  たな卸資産
         製品・・・・・個別法による原価法(収益性の低下に伴う簿価切下げの方法)
         仕掛品・・・・個別法による原価法(収益性の低下に伴う簿価切下げの方法)
         原材料・・・・主として先入先出法による原価法(収益性の低下に伴う簿価切下げの方法)
       ③  デリバティブ取引
         デリバティブ取引・・・・時価法
                                  59/108







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ①  有形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
          建物及び構築物     2年~50年
          機械装置及び運搬具   2年~17年
       ②  無形固定資産(リース資産を除く)
         自社利用のソフトウエア
          当社及び国内連結子会社においては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法によっておりま
         す。
         その他
          定額法によっております。
       ③  リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
      (3) 重要な引当金の計上基準

       ①  貸倒引当金
          債権の貸倒による損失に備えるため、主として一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
         の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       ②  賞与引当金
          当社及び国内連結子会社は、従業員に対する賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当連結会計
         年度負担分を計上しております。
       ③  製品保証引当金
          契約上の保証期間内の無償修理費の支出に備えるため、過去の売上高に対する無償修理費の実績率に基づい
         て算定した金額の他、必要に応じて個別の無償修理見込額を計上しております。
       ④  債務保証損失引当金
          当社及び海外連結子会社の一部では、製品を購入した顧客のリース会社及び提携銀行への債務に対して当社
         及び当該子会社がそれぞれ実施した債務保証に係る損失に備えるため、損失発生実績率に基づいて算定した必
         要額の他、必要に応じて損失発生の可能性を個別に検討して算定した損失見込額を計上しております。
       ⑤  役員賞与引当金
          当社及び国内連結子会社は、役員に対する賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当連結会計年
         度負担分を計上しております。
       ⑥  役員退職慰労引当金
          国内連結子会社の一部は、役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づいて算定した金額を計上して
         おります。
       ⑦  訴訟損失引当金
          訴訟に対する損失に備えるため、損失見込額を計上しております。
                                  60/108






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (4)   退職給付に係る会計処理方法
       ①  退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
         は、給付算定式基準によっております。
       ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数
         (主として15年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しておりま
         す。
          未認識数理計算上の差異については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累計額の退
         職給付に係る調整累計額に計上しております。
          過去勤務費用については、発生年度に一括処理しております。
      (5)   収益及び費用の計上基準

          証券印刷機に係る売上高及び売上原価の計上基準
          証券印刷機請負契約のうち、進捗部分について成果の確実性が認められる契約については工事進行基準(工
         事の進捗率の見積りは原価比例法)を採用し、その他の契約については工事完成基準を採用しております。
      (6)   割賦販売にかかる売上利益の計上基準

          割賦条件付売買契約にかかる売上利益の計上については、代金回収期限到来日基準を採用しております。
      (7)   重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

          外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
         ります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費
         用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
      (8)   のれんの償却方法及び償却期間

         のれんの償却については、8年以内のその効果が及ぶ期間にわたって均等償却を行っております。
      (9)   連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金
         及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償
         還期限の到来する短期投資からなっております。
      (10)   その他連結財務諸表作成のための重要な事項

        (消費税等の会計処理)
         消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  61/108







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (未適用の会計基準等)
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
      (1)  概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は次の5つのステップを適用し認識されます。 
         ステップ1:顧客との契約を認識する。
         ステップ2:契約における履行義務を識別する。
         ステップ3:取引価格を算定する。
         ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)  適用予定日

        平成34年3月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
                                  62/108














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1  非連結子会社に対するものは、次の通りであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                  73 百万円             73 百万円
     ※2    偶発債務

         保証債務
              前連結会計年度                           当連結会計年度

             (平成29年3月31日)                           (平成30年3月31日)
     取引先機械購入資金借入・リース債                           取引先機械購入資金借入・リース債
     務他に対する保証                           務他に対する保証
     ㈱新和製作所 他国内顧客 52件                    1,455   百万円    ㈱白山印刷 他国内顧客 38件                    1,346   百万円
     V-TAB   VIMMERBY     AB他海外顧客                   V-TAB   VIMMERBY     AB他海外顧客
                          848  百万円                         641  百万円
      26件                            20件
     計                    2,303   百万円    計                    1,988   百万円
     (上記のうち外貨による保証債務)
                 3,063千米ドル         (343百万円)                   1,859千米ドル         (197百万円)
                 4,118千ユーロ          (493百万円)                   3,314千ユーロ          (432百万円)
     ※3 期末日満期手形

       期末日満期手形及び電子記録債権債務の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
       なお、当連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形及び電子記録債権債務が、
       期末残高に含まれております。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     受取手形                                  - 百万円             169  百万円
     電子記録債権                                  - 百万円             48 百万円
     支払手形                                  - 百万円             78 百万円
     電子記録債務                                  - 百万円             653  百万円
                                  63/108










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
     ※1  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次の通りであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
                                      5,180              5,337
     従業員給料賃金手当                                   百万円              百万円
                                      4,015              3,871
     販売出荷費                                   百万円              百万円
                                      4,884              4,784
     研究開発費                                   百万円              百万円
                                       425              339
     製品保証引当金繰入額                                   百万円              百万円
                                       227              240
     賞与引当金繰入額                                   百万円              百万円
                                       495              453
     減価償却費                                   百万円              百万円
                                       470              284
     退職給付費用                                   百万円              百万円
                                       44              12
     貸倒引当金繰入額                                   百万円              百万円
                                      △ 61             △ 55
     債務保証損失引当金繰入額                                   百万円              百万円
     ※2  一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は、次の通りであります。

                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
                                      4,884              4,784
     一般管理費                                   百万円              百万円
     ※3  固定資産売却益の内容は、次の通りであります。

                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     機械装置及び運搬具                                  39 百万円              0 百万円
     土地                                  - 百万円             30 百万円
     その他                                   0 百万円             - 百万円
     合計                                  39 百万円             31 百万円
     ※4  固定資産売却損の内容は、次の通りであります。

                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     機械装置及び運搬具                                  19 百万円              7 百万円
     その他                                   0 百万円              0 百万円
     合計                                  19 百万円              7 百万円
     ※5  固定資産除却損の内容は、次の通りであります。

                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     建物及び構築物                                   3 百万円              ▶ 百万円
     機械装置及び運搬具                                   1 百万円             11 百万円
     建設仮勘定                                   0 百万円             - 百万円
     その他                                   9 百万円              ▶ 百万円
     合計                                  14 百万円             21 百万円
                                  64/108




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     ※6    減損損失
     前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
       当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
                                                    減損損失

         地域              用途                 種類
                                                    (百万円)
     中国南通市          事業用資産                 建物及び機械装置他                        353
     千葉県野田市          遊休資産                 土地及び建物                        200
      当社グループは、事業用資産については事業ごとに、遊休資産については個々の資産ごとにグルーピングを行ってお

     ります。
      上記、事業用資産については、連結子会社小森机械(南通)有限公司において、中国市場の事業環境の悪化に伴い計
     画していた収益の獲得が見込めなくなったため、帳簿価額を回収可能額まで減額し、当該減少額を減損損失(353百万
     円)として特別損失に計上しております。
      その内訳は、建物284百万円、機械装置59百万円、その他9百万円であります。
      また、回収可能額は正味売却価額により測定しており、建物及び機械装置他については主として不動産鑑定評価額に
     より評価しております。
      遊休資産については、帳簿価額を回収可能額まで減額し、当該減少額を減損損失(200百万円)として特別損失に計上
     しております。
      その内訳は、土地138百万円、建物62百万円であります。
      また、回収可能額は正味売却価額により測定しており、土地及び建物については査定価格により評価しております。
     当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

       当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
                                                   減損損失

          地域              用途              種類
                                                  (百万円)
     栃木県那須郡              遊休資産              土地及び建物他                         129
      当社グループは、事業用資産については事業ごとに、遊休資産については個々の資産ごとにグルーピングを行ってお

     ります。
      上記、遊休資産については、帳簿価額を回収可能額まで減額し、当該減少額を減損損失(129百万円)として特別損失
     に計上しております。
      その内訳は、建物101百万円、土地24百万円、その他3百万円であります。
      また、回収可能額は正味売却価額により測定しており、土地及び建物については査定価格により評価しております。
                                  65/108








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (連結包括利益計算書関係)
     ※1  その他の包括利益に係る組替調整額
                                                     (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     その他有価証券評価差額金
      当期発生額                                   2,507               309
                                          △0               -
      組替調整額
      計                                   2,507               309
     為替換算調整勘定
                                         △479               △98
      当期発生額
      計                                   △479               △98
     退職給付に係る調整額
      当期発生額                                    65             △12
                                          384              341
      組替調整額
      計                                    449              329
     税効果調整前合計
                                         2,476               539
                                         △174              △218
      税効果額
     その他の包括利益合計                                    2,302               321
     ※2  その他の包括利益に係る税効果額

                                                     (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     その他有価証券評価差額金
      税効果調整前                                   2,507               309
                                         △701              △154
      税効果額
      税効果調整後                                   1,805               154
     為替換算調整勘定
                                         △479               △98
      税効果調整前
      税効果調整後                                   △479               △98
     退職給付に係る調整額
      税効果調整前                                    449              329
                                          527              △63
      税効果額
      税効果調整後                                    977              265
     その他の包括利益合計
      税効果調整前                                   2,476               539
                                         △174              △218
      税効果額
      税効果調整後                                   2,302               321
                                  66/108







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
      普通株式 (株)               68,292,340               -       6,000,000          62,292,340
     2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
      普通株式 (株)                6,328,517           3,737,376           6,000,000           4,065,893
        (変動事由の概要)
        増減数の主な内訳は、次の通りであります。
         平成28年7月1日の取締役会決議による自己株式の取得による増加                                     3,736,500株
         単元未満株式の買取請求による増加                                              876株
         平成28年7月1日の取締役会決議による自己株式の消却による減少                                     6,000,000株
     3 配当に関する事項

      (1) 配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (百万円)         (円)
     平成28年6月21日
               普通株式             1,239          20  平成28年3月31日         平成28年6月22日
     定時株主総会
     平成28年10月31日
               普通株式             1,200          20  平成28年9月30日         平成28年11月30日
     取締役会
      (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                   1株当たり
                           配当金の総額
        決議      株式の種類      配当の原資               配当額        基準日        効力発生日
                           (百万円)
                                    (円)
     平成29年6月20日
               普通株式      利益剰余金          1,164         20  平成29年3月31日         平成29年6月21日
     定時株主総会
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
      普通株式 (株)               62,292,340               -           -       62,292,340
     2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
      普通株式 (株)                4,065,893              888           60       4,066,721
        (変動事由の概要)
        増減数の主な内訳は、次の通りであります。
         単元未満株式の買取請求による増加                    888株
         単元未満株式の買増請求による減少                   60株
     3 配当に関する事項
      (1) 配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (百万円)         (円)
     平成29年6月20日
               普通株式             1,164          20  平成29年3月31日         平成29年6月21日
     定時株主総会
     平成29年10月30日
               普通株式             1,164          20  平成29年9月30日         平成29年11月30日
     取締役会
      (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                   1株当たり
                           配当金の総額
        決議      株式の種類      配当の原資               配当額        基準日        効力発生日
                           (百万円)
                                    (円)
     平成30年6月20日
               普通株式      利益剰余金          1,164         20  平成30年3月31日         平成30年6月21日
     定時株主総会
                                  67/108


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     
       す。
                                    前連結会計年度            当連結会計年度

                                   (自    平成28年4月1日         (自    平成29年4月1日
                                   至   平成29年3月31日)          至   平成30年3月31日)
     現金及び預金勘定                                  40,712   百万円         43,140   百万円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                    △910   百万円         △928   百万円
     有価証券勘定(預入期間が3ヶ月以内の譲渡性預金)                                  10,350   百万円         9,513   百万円
     有価証券勘定(預入期間が3ヶ月以内の合同運用金銭信託)                                   4,500   百万円         7,100   百万円
     現金及び現金同等物                                  54,652   百万円         58,826   百万円
       (リース取引関係)

     1  ファイナンス・リース取引
     (借主側)
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ①  リース資産の内容
         有形固定資産
          主としてコンピュータ(工具、器具及び備品)
         無形固定資産
          ソフトウエア
       ②  リース資産の減価償却の方法
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
     2  オペレーティング・リース取引

     (借主側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     1年内                                     53              68
     1年超                                     85              93
     合計                                     138              162
                                  68/108









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
      (1) 金融商品に対する取組方針
         当社グループは、資金運用については安全性の高い金融資産に限定し、資金調達については銀行等金融機関か
        らの借入及び無担保普通社債の発行を行っております。デリバティブは、売上債権等の為替リスクを回避するた
        めに利用し、投機的な取引は行ないません。
      (2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

         営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されています。また、グローバルに事業を展開
        していることから生じている外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されています。信用リスクにつきま
        しては、当社及び各子会社の担当部門が期日管理及び残高管理を行うとともに、未回収債権状況についてモニタ
        リングしております。為替の変動リスクについては原則として先物為替予約を利用してヘッジしております。
         投資有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されておりますが、主に業務上の関係を有する企業の
        株式であり、投機的取引はございません。また、財務部において定期的に時価を把握しており、重要な購入及び
        売却は取締役会に報告されております。
         営業債務である支払手形、買掛金及び電子記録債務は、1年以内の支払期日となっております。
         借入金は主に海外子会社の営業取引に係る資金調達であり、銀行借入枠を定めており、借入残高について定期
        的に把握しております。
         デリバティブ取引は一般に、市場リスク及び信用リスクを内包しております。市場リスクは、為替相場や金利
        等の変動により損失を被る可能性ですが、限定的なヘッジ目的ないし取引金額から判断して、過大な市場リスク
        を負担することはありません。信用リスクは、取引の相手方の契約不履行により損失を被る可能性ですが、大手
        金融機関のみを取引相手としており信用リスクはないと判断しております。取引の内容及び利用目的は外貨建債
        権・債務に関する為替相場の変動リスクを回避する目的で、為替予約取引を利用しております。なお、これらに
        ついては、原則として、上記目的の範囲内でデリバティブ取引を利用することにしており、投機的取引は行わな
        い方針です。為替予約取引は、予約枠を含む予約方針の決定に基づき執行され、取引の実行及び管理は財務部門
        が行い、取引結果を担当役員に報告しております。デリバティブ取引の状況については、毎四半期ごとに取締役
        会に報告しております。
      (3) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリ
        バティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
                                  69/108









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。
        なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません。
        (注2)をご参照ください。
      前連結会計年度(平成29年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額(*)                時価(*)            差額
                           (百万円)            (百万円)           (百万円)
     (1) 現金及び預金                           40,712           40,712              -
     (2) 受取手形及び売掛金                           19,774           19,774              -
     (3)   電子記録債権
                                 2,026           2,026             -
     (4)   有価証券及び投資有価証券
                                32,428           32,434              6
     (5)   デリバティブ取引
                                  30           30            -
     (6)   支払手形及び買掛金
                               ( 11,622   )       ( 11,622   )           -
     (7)   電子記録債務
                               ( 6,022   )       ( 6,022   )           -
     (8)   短期借入金
                                 ( 48 )         ( 48 )           -
     (9)   未払法人税等
                                ( 238  )        ( 238  )           -
     (10)   社債
                               ( 10,000   )       ( 10,071   )          △71
      (*)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
      当連結会計年度(平成30年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額(*)                時価(*)            差額
                           (百万円)            (百万円)           (百万円)
     (1) 現金及び預金                           43,140           43,140              -
     (2) 受取手形及び売掛金                           23,904           23,904              -
     (3)   電子記録債権
                                 2,317           2,317             -
     (4)   有価証券及び投資有価証券
                                32,832           32,838              5
     (5)   デリバティブ取引
                                  79           79            -
     (6)   支払手形及び買掛金
                               ( 12,251   )       ( 12,251   )           -
     (7)   電子記録債務
                               ( 6,604   )       ( 6,604   )           -
     (8)   短期借入金
                                ( 198  )        ( 198  )           -
     (9)   未払法人税等
                                ( 984  )        ( 984  )           -
     (10)   1年内償還予定の社債
                               ( 10,000   )       ( 10,022   )          △22
      (*)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
                                  70/108








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
      (1) 現金及び預金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
      (2)   受取手形及び売掛金・(3)             電子記録債権
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。また、回収まで1年以上要するものもありますが、顧客の信用状態が大きく異ならない限り、時価は帳簿価
        額に近似していることから、当該帳簿価額によっております。
      (4)   有価証券及び投資有価証券
         これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。債券は取引金融機関から提示された金額に
        よっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記をご参照
        ください。
      (5)   デリバティブ取引
         「デリバティブ取引関係」注記をご参照ください。
      (6)   支払手形及び買掛金・(7)電子記録債務・(8)短期借入金・(9)未払法人税等
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
      (10)   1年内償還予定の社債
         社債は日本証券業協会の売買参考統計値より算定しております。
      (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                                                  (単位:百万円)
                区分              平成29年3月31日                 平成30年3月31日
         非上場株式                               325                 558
                合計                        325                 558
         上記については、市場価額がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把握す
        ることが極めて困難と認められるため、「(4)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
                                  71/108












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (注3) 金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額
         前連結会計年度(平成29年3月31日)

                                         1年超      5年超
                                  1年以内                   10年超
                                        5年以内      10年以内
                                  (百万円)                   (百万円)
                                        (百万円)      (百万円)
         現金及び預金                           40,712        -      -      -
         受取手形及び売掛金                           21,791        301       -      -
         有価証券及び投資有価証券
          満期保有目的の債券
           合同運用金銭信託                           6,500        -      -      -
           債券                            100     2,400       900       -
           譲渡性預金                           11,196        -      -      -
           コマーシャル・ペーパー
                                     899       -      -      -
                    合計                81,200       2,701       900       -
         当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                         1年超      5年超
                                  1年以内                   10年超
                                        5年以内      10年以内
                                  (百万円)                   (百万円)
                                        (百万円)      (百万円)
         現金及び預金                           43,140        -      -      -
         受取手形及び売掛金                           25,494       1,047        57      -
         有価証券及び投資有価証券
          満期保有目的の債券
           合同運用金銭信託                           7,900        -      -      -
           債券                           2,699       500      900       -
           譲渡性預金                           12,798        -      -      -
           コマーシャル・ペーパー
                                    2,413        -      -      -
                    合計                94,444       1,547       957       -
      (注4)    社債、借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

         前連結会計年度(平成29年3月31日)

                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                                5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                     (百万円)                                (百万円)
                           (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
         短期借入金                48      -      -      -      -      -
         社債                -    10,000        -      -      -      -
         リース債務                151       95      57      17       ▶      2
             合計           200     10,095        57      17       ▶      2
         当連結会計年度(平成30年3月31日)

                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                                5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                     (百万円)                                (百万円)
                           (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
         短期借入金                198       -      -      -      -      -
         社債              10,000        -      -      -      -      -
         リース債務                98      60      20       5      1      0
             合計          10,297        60      20       5      1      0
                                  72/108




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
     1   満期保有目的の債券
      前連結会計年度(平成29年3月31日)

                            連結貸借対照表
                                         時価           差額
         区分           種類          計上額
                                        (百万円)           (百万円)
                             (百万円)
     時価が連結貸借対照
     表計上額を超えるも           債券                  2,500           2,508             8
     の
     時価が連結貸借対照
     表計上額を超えない           債券                   900           898           △1
     もの
             合計                     3,400           3,406             6
      (注)上表の「満期保有目的の債券」に含めていない合同運用金銭信託6,500百万円、譲渡性預金11,196百万円及びコ
         マーシャル・ペーパー899百万円を保有しております。合同運用金銭信託、譲渡性預金及びコマーシャル・ペー
         パーは、短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
      当連結会計年度(平成30年3月31日)

                            連結貸借対照表
                                         時価           差額
         区分           種類          計上額
                                        (百万円)           (百万円)
                             (百万円)
     時価が連結貸借対照
     表計上額を超えるも           債券                  2,300           2,306             6
     の
     時価が連結貸借対照
     表計上額を超えない           債券                  1,799           1,799            △0
     もの
             合計                     4,099           4,105             5
      (注)上表の「満期保有目的の債券」に含めていない合同運用金銭信託7,900百万円、譲渡性預金12,798百万円及びコ
         マーシャル・ペーパー2,413百万円を保有しております。合同運用金銭信託、譲渡性預金及びコマーシャル・
         ペーパーは、短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
         ます。
     2   その他有価証券

      前連結会計年度(平成29年3月31日)

                            連結貸借対照表
                                        取得原価            差額
         区分           種類          計上額
                                        (百万円)           (百万円)
                             (百万円)
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え           株式                 10,371           4,250           6,121
     るもの
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え           株式                   59           76          △16
     ないもの
             合計                    10,431           4,327           6,104
      当連結会計年度(平成30年3月31日)

                            連結貸借対照表
                                        取得原価            差額
         区分           種類          計上額
                                        (百万円)           (百万円)
                             (百万円)
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え           株式                 10,486           4,026           6,460
     るもの
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え           株式                   249           298          △49
     ないもの
             合計                    10,735           4,324           6,411
                                  73/108



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     3   連結会計年度中に売却したその他有価証券
      前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

                         売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
           区分
                         (百万円)             (百万円)             (百万円)
     株式                           0             0            0
           合計                     0             0            0
      当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                         売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
           区分
                         (百万円)             (百万円)             (百万円)
     株式                          65             29            -
           合計                    65             29            -
                                  74/108
















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (デリバティブ取引関係)
     1  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      通貨関連
        前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                契約額等のうち
                        契約額等                   時価        評価損益
               種類                   1年超
                        (百万円)                  (百万円)         (百万円)
                                 (百万円)
     市場取引
          為替予約取引
     以外の取
           売建                 2,944           -         30         30
     引
            合計                2,944           -         30         30

      (注)  時価については、主たる金融機関から提示された価格によっております。
        当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                契約額等のうち
                        契約額等                   時価        評価損益
               種類                   1年超
                        (百万円)                  (百万円)         (百万円)
                                 (百万円)
          為替予約取引
     市場取引
     以外の取      売建                 3,316           -         83         83
     引
           買建                  250          -         △4         △4
            合計                3,567           -         79         79

      (注)  時価については、主たる金融機関から提示された価格によっております。
     2  ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

      通貨関連
        前連結会計年度(平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
                                  75/108










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要

       当社及び連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付年金制度及び確定拠出制度
      を採用しております。
       また、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増退職
      金を支払う場合があります。
     2.確定給付制度

      (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                                    (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                  19,300              19,704
        勤務費用                                   744              754
        利息費用                                   153              143
        数理計算上の差異の発生額                                   900             △19
        退職給付の支払額                                  △718              △711
        過去勤務費用の発生額                                   -             159
        その他                                  △675               374
       退職給付債務の期末残高                                  19,704              20,405
      (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)

                                                    (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
       年金資産の期首残高                                  17,179              17,789
        期待運用収益                                   350              338
        数理計算上の差異の発生額                                   788              143
        事業主からの拠出額                                   964              908
        退職給付の支払額                                  △703              △689
        その他                                  △790               398
       年金資産の期末残高                                  17,789              18,889
      (3)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                                    (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
       退職給付に係る負債の期首残高                                    410              435
        退職給付費用                                   72              77
        退職給付の支払額                                  △43              △30
        制度への拠出額                                   △4              △4
       退職給付に係る負債の期末残高                                    435              478
                                  76/108







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

       産の調整表
                                                    (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       積立型制度の退職給付債務                                  19,677              20,371
       年金資産                                 △17,823              △18,928
                                          1,853              1,442
       非積立型制度の退職給付債務                                    496              551
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   2,350              1,994
       退職給付に係る負債                                   3,350              3,145

       退職給付に係る資産                                  △1,000              △1,151
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   2,350              1,994
      (注)簡便法を適用した制度を含みます。
      (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                    (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
       勤務費用                                    744              754
       利息費用                                    153              143
       期待運用収益                                   △350              △338
       数理計算上の差異の費用処理額                                    450              235
       過去勤務費用の費用処理額                                    -             159
       簡便法で計算した退職給付費用                                    72              77
       その他                                   △12              △13
       確定給付制度に係る退職給付費用                                   1,056              1,018
      (6)  退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次の通りであります。
                                                    (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
       数理計算上の差異                                    449              329
       合計                                    449              329
      (7)  退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次の通りであります。
                                                    (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       未認識数理計算上の差異                                  △2,539              △2,210
       合計                                  △2,539              △2,210
                                  77/108






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (8)  年金資産に関する事項

       ①年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次の通りであります。
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       債券                                   41%              41%
       株式                                   16%              17%
       現金及び預金                                    4%              0%
       一般勘定                                   31%              31%
       その他                                    8%             10%
       合計                                   100%              100%
       ②長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
        多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (9)  数理計算上の計算基礎に関する事項

        当連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
       割引率                                   0.7%              0.7%
       長期期待運用収益率                                   1.9%              1.8%
     3.確定拠出制度

       当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度                                162  百万円、当連結会計年度            144  百万円であり
      ます。
                                  78/108











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1  繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
     (繰延税金資産)
      研究開発費                                2,626   百万円             2,907   百万円
      税務上の繰越欠損金                                2,248   百万円             1,267   百万円
      退職給付に係る負債                                 828  百万円              789  百万円
      たな卸資産評価損                                 585  百万円              498  百万円
      資産の未実現利益                                 534  百万円              449  百万円
      減損損失                                 395  百万円              428  百万円
      賞与引当金                                 326  百万円              340  百万円
      製品保証引当金                                 176  百万円              193  百万円
      貸倒引当金                                 112  百万円              103  百万円
      債務保証損失引当金                                 109  百万円              71 百万円
                                      894  百万円              850  百万円
      その他
      小計
                                     8,840   百万円             7,901   百万円
                                    △1,679    百万円           △1,050    百万円
      評価性引当額
      繰延税金資産合計
                                     7,161   百万円             6,850   百万円
     (繰延税金負債)
      その他有価証券評価差額金                               △1,629    百万円           △1,784    百万円
      固定資産圧縮積立金                                △207   百万円             △209   百万円
      退職給付に係る資産                                △170   百万円             △195   百万円
                                      △47  百万円             △39  百万円
      その他
      繰延税金負債合計                               △2,055    百万円           △2,230    百万円
      繰延税金資産の純額                                5,105   百万円             4,620   百万円
      (注)  前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれて

         おります。
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
         流動資産-繰延税金資産
                                     4,795   百万円             4,636   百万円
         固定資産-繰延税金資産                            1,543   百万円             1,342   百万円
         固定負債-繰延税金負債                           △1,234    百万円           △1,358    百万円
     2  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
      法定実効税率
                                     30.69   %            30.69   %
      (調整)
      評価性引当額増減額                               △7.67    %           △15.24    %
      受取配当金等永久に益金に算入されない項目                               △13.33    %           △2.76    %
      試験研究費税額控除                               △5.53    %           △1.75    %
      海外連結子会社の税率差異                                1.15   %           △0.13    %
      交際費等永久に損金に算入されない項目
                                      2.10   %             0.45   %
      未実現利益の税効果未認識額                                16.06   %             3.19   %
      税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                                 -  %            10.44   %
                                    △3.31    %             1.08   %
      その他
      税効果会計適用後の法人税等の負担率                                20.17   %            25.96   %
      (米国連邦法人税の税率引き下げに伴う繰延税金資産の取り崩しに関する説明)

       米国において平成29年12月22日(現地日付)に、平成30年1月1日以降の連邦法人税率を35%から21%に引き下げ 
      ることなどを柱とする税制改革法が成立しました。これに伴い米国子会社において新しい法人税率を用いて繰延税金
      資産を再評価した結果、繰延税金資産を433百万円取り崩し、法人税等調整額(借方)に計上いたしました。
                                  79/108




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      1  報告セグメントの概要
        当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、最高経営責任
       者が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社グループの事業は印刷機械の製造、販売並びに修理加工等を行っております。生産体制は一部の製品を除き
       一括して日本で行う体制になっておりますが、販売体制は、海外の重要販売拠点に子会社を展開してグローバルな
       体制になっております。海外の重要販売拠点となっている海外子会社はそれぞれ独立した経営単位で、各地域での
       包括的な販売戦略を立案し、事業活動を展開しております。
        したがって当社グループは、販売体制を基礎とした各会社の所在地別のセグメントから構成されており、「日
       本」、「北米」及び「欧州」の3つを報告セグメントとしております。
        各セグメントの主な販売地域は以下の通りです。
        報告セグメント「日本」は、国内、中南米、及び中華圏の一部を除くアジアや、海外証券印刷機の販売が含ま
       れ、当社及び株式会社セリアコーポレーションの販売担当地区となっております。
        報告セグメント「北米」は、主としてアメリカ合衆国での販売が含まれ、コモリ アメリカ コーポレーション
       の販売担当地区となっております。
        報告セグメント「欧州」は、主として西欧、東欧、中東地域での販売が含まれ、コモリ インターナショナル 
       ヨーロッパ ビー.ヴィ.グループの販売担当地区となっております。また、紙器印刷機械の製造販売をしておりま
       すコモリ シャンボン エス.エイ.エス.も当セグメントに含んでおります。
      2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
       ける記載と概ね同一であります。
        セグメント間の内部収益及び振替高は市場価格等を考慮した仕切価格に基づいております。
                                  80/108












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      3   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報
     前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

                                                  (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                その他
                                                      合計
                                                 (注)
                        日本      北米      欧州      計
     売上高

                         55,509       10,124      16,820      82,454      4,163     86,618
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部
                         16,197         61     830     17,089       902    17,991
       売上高又は振替高
                         71,707       10,186      17,650      99,544      5,065     104,609
             計
                          437       75     672     1,185      △ 158     1,026
     セグメント利益又は損失(△)
                        156,951        8,874     12,064      177,890       3,386     181,277
     セグメント資産
     その他の項目

                         1,770        23     256     2,050       82    2,132
       減価償却費
                          200                   200      353      553
      減損損失                            -      -
      のれんの償却額                    151                   151           151
                                  -      -            -
       有形固定資産及び
                         1,270        23     340     1,633       134     1,768
       無形固定資産の増加額
      (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、香港、台湾、シンガポール、マレーシ
         アの販売子会社及び中国南通市の印刷機械装置製造子会社であります。
     当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                                                  (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                その他
                                                      合計
                                                 (注)
                        日本      北米      欧州      計
     売上高

                         64,438       8,858     16,019      89,316      4,852     94,168
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部
                         14,435         20     563     15,020      1,413     16,433
       売上高又は振替高
                         78,873       8,879     16,583      104,336       6,265     110,601
             計
                         2,962       △ 212      520     3,271       182     3,454
     セグメント利益又は損失(△)
                        160,285        6,665     12,312      179,263       3,275     182,538
     セグメント資産
     その他の項目

                         1,655        22     148     1,827       61    1,888
       減価償却費
                          129                   129           129
      減損損失                            -      -            -
      のれんの償却額                    152                   152           152
                                  -      -            -
       有形固定資産及び
                         1,098        57     125     1,281       16    1,297
       無形固定資産の増加額
      (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、香港、台湾、シンガポール、マレーシ
         アの販売子会社及び中国南通市の印刷機械装置製造子会社であります。
                                  81/108




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      4   報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                  (単位:百万円)
                 売上高                  前連結会計年度             当連結会計年度
     報告セグメント計                                    99,544             104,336

     「その他」の区分の売上高                                     5,065             6,265
     セグメント間取引消去                                   △17,991             △16,433
     連結財務諸表の売上高                                    86,618             94,168

                                                  (単位:百万円)

                 利益                  前連結会計年度             当連結会計年度
     報告セグメント計                                     1,185             3,271

     「その他」の区分の利益又は損失(△)                                     △158              182
     たな卸資産の調整額                                      587             178

     セグメント間取引消去                                      97             100

     その他の調整額                                       0            △0
     連結財務諸表の営業利益                                     1,712             3,732

                                                  (単位:百万円)

                 資産                  前連結会計年度             当連結会計年度
     報告セグメント計                                    177,890             179,263

     「その他」の区分の資産                                     3,386             3,275
     たな卸資産の調整額                                    △1,267             △1,088

     セグメント間消去                                   △34,525             △32,855

     全社資産(注)                                    34,045             33,499

     その他の調整額                                      570             383
     連結財務諸表の資産合計                                    180,100             182,477

      (注) 全社資産の主なものは、当社での余資運用資金(預金及び有価証券)、長期投資資金(投資有価証券)に係る資産等
        であります。
                                                  (単位:百万円)

                                                  連結財務諸表
                  報告セグメント計             その他          調整額
                                                    計上額
        その他の項目
                  前連結     当連結     前連結     当連結     前連結     当連結     前連結     当連結
                  会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度
     減価償却費              2,050     1,827       82     61     △0     △0    2,132     1,888
     減損損失               200     129     353      -     -          553     129

     のれんの償却額               151     152      -     -     -          151     152

     有形固定資産及び
                   1,633     1,281      134      16     -     -    1,768     1,297
     無形固定資産の増加額
                                  82/108




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      【関連情報】
     前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
     1  製品及びサービスごとの情報
                                                  (単位:百万円)
                   印刷機械製造及び販売部門              修理加工及び中古製品販売部門                    合計
     外部顧客への売上高                       69,028                17,590           86,618

     2  地域ごとの情報

      (1) 売上高
                                                  (単位:百万円)
        日本         米州         欧州        アジア        その他地域          合計
          34,383         11,052         20,400         17,066         3,715        86,618

      (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
       略しております。
     3  主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため記載はありません。
     当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

     1  製品及びサービスごとの情報
                                                  (単位:百万円)
                   印刷機械製造及び販売部門              修理加工及び中古製品販売部門                    合計
     外部顧客への売上高                       72,117                22,051           94,168

     2  地域ごとの情報

      (1) 売上高
                                                  (単位:百万円)
        日本         米州         欧州        アジア        その他地域          合計
          38,594         9,730        20,285         23,073         2,484        94,168

      (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
       略しております。
     3  主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため記載はありません。
                                  83/108





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                その他      合計
                        日本      北米      欧州      計
                          657                   657           657
     当期末残高                            -      -            -
      (注)のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

                                                  (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                その他      合計
                        日本      北米      欧州      計
                          506                   506           506
     当期末残高                            -      -            -
      (注)のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         該当事項はありません。
      【関連当事者情報】

         該当事項はありません。
                                  84/108












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額                                 2,256.47円              2,274.80円
     1株当たり当期純利益金額                                  10.94円              52.81円

      (注)   1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については潜在株式が存在していないため記載しておりません。
        2   1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下の通りであります。

                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                                   657             3,074

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -              -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                         657             3,074
      (百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                  60,136              58,226
        3   1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下の通りであります。

                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     純資産の部の合計額(百万円)                                  131,386              132,451
     普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                  131,386              132,451

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通
                                        58,226              58,225
     株式の数(千株)
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                  85/108









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                              当期首残高       当期末残高       利率
        会社名          銘柄      発行年月日                         担保     償還期限
                               (百万円)       (百万円)      (%)
                         平成25年                             平成30年
     (株)小森コーポレー
               第1回無担保社債                  10,000       10,000     0.549    無担保社債
        ション
                         12月13日                             12月13日
        合計           ―        ―      10,000       10,000      ―     ―      ―
      (注)    連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額の総額
             1年以内        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
             (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
              10,000           -          -          -          -
         【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (百万円)         (百万円)          (%)
     短期借入金                       48        198         0.7       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                       -         -         -      -
     1年以内に返済予定のリース債務                       151         98         -      -
     長期借入金(1年以内に返済予定
                             -         -         -      -
     のものを除く)
                                                 平成31年4月~
     リース債務(1年以内に返済予定
                            177         88         -
     のものを除く)
                                                 平成36年3月
            合計                378         385         -      -
      (注) 1 「平均利率」については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
          なお、リース債務の「平均利率」については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額で連
          結貸借対照表に計上しているため記載しておりません。
        2 リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済予定額は以下の通りで
          あります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

              区分
                       (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
           リース債務                 60          20          5          1
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当該連
         結会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規
         定により記載を省略しております。
                                  86/108








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【その他】
      当連結会計年度における四半期情報等
            (累計期間)              第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度

     売上高              (百万円)          16,114         42,773         63,870         94,168

     税金等調整前四半期
     (当期)純利益又は
                   (百万円)          △608         1,121         2,251         4,152
     税金等調整前四半期
     純損失(△)
     親会社株主に帰属する
     四半期(当期)純利益又は
                   (百万円)          △497         1,102         1,633         3,074
     親会社株主に帰属する
     四半期純損失(△)
     1株当たり四半期
     (当期)純利益又は
                     (円)        △8.54         18.93         28.06         52.81
     1株当たり四半期
     純損失(△)
            (会計期間)              第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期
     純利益又は
                     (円)        △8.54         27.48         9.12         24.75
     1株当たり四半期
     純損失(△)
                                  87/108














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
     2 【財務諸表等】
      (1) 【財務諸表】
       ①  【貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                          30,487              31,625
         現金及び預金
                                        ※2  3,027          ※2 , ※4  5,896
         受取手形
                                        ※2  19,456            ※2  18,622
         売掛金
                                                      ※4  2,317
                                          2,026
         電子記録債権
                                          15,399              18,013
         有価証券
                                          10,074               6,869
         商品及び製品
                                          5,713              4,504
         仕掛品
                                          6,199              6,194
         原材料及び貯蔵品
                                            86              31
         前渡金
                                            262              640
         前払費用
                                            538              207
         1年内満期保険積立金
                                          3,532              3,594
         繰延税金資産
                                          2,755              3,001
         関係会社短期貸付金
                                         ※2  426            ※2  699
         その他
                                           △ 49             △ 139
         貸倒引当金
                                          99,936              102,080
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          21,716              21,911
           建物
                                         △ 13,025             △ 13,568
             減価償却累計額
                                          8,690              8,342
             建物(純額)
           構築物                                1,972              1,966
                                         △ 1,620             △ 1,641
             減価償却累計額
                                            352              325
             構築物(純額)
           機械及び装置                                8,762              8,646
                                         △ 6,714             △ 6,793
             減価償却累計額
                                          2,048              1,853
             機械及び装置(純額)
           車両運搬具                                 180              180
                                          △ 175             △ 176
             減価償却累計額
             車両運搬具(純額)                                5              ▶
                                          3,818              3,802
           工具、器具及び備品
                                         △ 3,474             △ 3,483
             減価償却累計額
                                            343              319
             工具、器具及び備品(純額)
                                          16,097              16,073
           土地
                                            492              368
           リース資産
                                          △ 222             △ 182
             減価償却累計額
                                            270              186
             リース資産(純額)
                                             5              3
           建設仮勘定
                                          27,813              27,107
           有形固定資産合計
                                  88/108




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
         無形固定資産
                                           356              356
           借地権
                                           566              495
           ソフトウエア
                                            60              35
           リース資産
                                            14              46
           ソフトウエア仮勘定
                                           696              535
           その他
                                          1,695              1,468
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          13,876              12,564
           投資有価証券
                                          10,332              10,571
           関係会社株式
                                          1,266               690
           関係会社長期貸付金
                                            25              13
           破産更生債権等
                                           801              801
           長期前払費用
                                          6,040              6,363
           保険積立金
           前払年金費用                                485              593
           その他                                263              257
                                          △ 198              △ 75
           貸倒引当金
                                          △ 292             △ 303
           投資損失引当金
                                          32,600              31,477
           投資その他の資産合計
                                          62,109              60,054
         固定資産合計
                                         162,046              162,134
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                                       ※4  460
                                           996
         支払手形
                                        ※2  9,149            ※2  9,645
         買掛金
                                                      ※4  6,604
                                          6,022
         電子記録債務
                                                        10,000
         1年内償還予定の社債                                   -
                                           109               63
         リース債務
                                        ※2  1,254            ※2  1,531
         未払金
                                                      ※2  1,082
                                           798
         未払費用
                                           133              716
         未払法人税等
                                        ※2  6,740            ※2  3,653
         前受金
                                         ※2  719           ※2  1,310
         預り金
                                           750              808
         賞与引当金
                                           328              488
         製品保証引当金
                                           185              130
         債務保証損失引当金
                                            30              40
         役員賞与引当金
                                         ※1  46            ※1  42
         割賦利益繰延
                                           118              157
         その他
                                          27,381              36,737
         流動負債合計
                                  89/108






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       固定負債
                                          10,000
         社債                                                 -
                                            122               69
         リース債務
                                          1,750              1,784
         繰延税金負債
                                            285              285
         長期未払金
                                            113               65
         退職給付引当金
                                            110              110
         訴訟損失引当金
                                            14              14
         資産除去債務
                                            170              125
         その他
                                          12,566               2,454
         固定負債合計
                                          39,948              39,191
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                          37,714              37,714
         資本金
         資本剰余金
                                          37,797              37,797
           資本準備金
                                          37,797              37,797
           資本剰余金合計
         利益剰余金
                                          2,122              2,122
           利益準備金
           その他利益剰余金
                                            388              385
             圧縮記帳積立金
                                          45,000              42,300
             別途積立金
                                          △ 330             3,060
             繰越利益剰余金
                                          47,180              47,867
           利益剰余金合計
                                         △ 5,055             △ 5,057
         自己株式
                                         117,636              118,322
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          4,462              4,620
         その他有価証券評価差額金
                                          4,462              4,620
         評価・換算差額等合計
                                         122,098              122,943
       純資産合計
                                         162,046              162,134
      負債純資産合計
                                  90/108









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       ②  【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      売上高
                                       ※4  56,704            ※4  61,084
       製品売上高
                                           319              689
       中古製品売上高
                                       ※4  10,184            ※4  11,407
       部品及び修理収入
                                         67,208              73,182
       売上高合計
      売上原価
                                       ※4  41,245            ※4  44,744
       製品売上原価
                                           286              632
       中古製品売上原価
                                       ※4  8,539            ※4  8,934
       部品及び修理原価
                                         50,071              54,311
       売上原価合計
                                            ▶              3
       割賦販売未実現利益戻入額
                                         17,140              18,873
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                           680              415
       販売手数料
                                          2,866              2,803
       販売出荷費
                                           521              294
       広告宣伝費
                                                         380
       無償修理費                                    -
                                           390              415
       製品保証引当金繰入額
                                           857              822
       支払手数料
                                           22             △ 21
       貸倒引当金繰入額
                                          △ 61             △ 55
       債務保証損失引当金繰入額
                                          2,675              2,709
       給料手当及び賞与
                                           208              216
       賞与引当金繰入額
                                           30              40
       役員賞与引当金繰入額
                                           296              257
       減価償却費
                                          4,669              4,645
       研究開発費
                                          3,708              3,684
       その他の経費
                                         16,866              16,610
       販売費及び一般管理費合計
                                           274             2,263
      営業利益
                                  91/108









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業外収益
                                         ※4  46            ※4  38
       受取利息
                                            1              1
       割賦販売受取利息
                                        ※4  536            ※4  567
       受取配当金
                                        ※4  247            ※4  226
       技術指導料
                                                         361
       為替差益                                    -
                                        ※4  259            ※4  263
       雑収入
                                          1,091              1,458
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           54              54
       社債利息
                                           20              26
       手形売却損
                                           428
       為替差損                                                  -
                                           239               87
       損害賠償金
                                           48              20
       雑支出
       営業外費用合計                                   792              189
      経常利益                                     573             3,532
      特別利益
                                         ※1  2
       固定資産売却益                                                  -
                                                         29
                                           -
       投資有価証券売却益
                                            2              29
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※2  12             ※2  0
       固定資産売却損
                                         ※3  10            ※3  10
       固定資産除却損
                                           200              129
       減損損失
                                           895
       関係会社株式評価損                                                  -
                                           37              11
       投資損失引当金繰入額
                                          1,155               151
       特別損失合計
                                          △ 578             3,410
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                     △ 33              576
                                           24             △ 182
      法人税等調整額
                                           △ 9             393
      法人税等合計
                                          △ 569             3,016
      当期純利益又は当期純損失(△)
                                  92/108









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       【売上原価明細書】
                                前事業年度                当事業年度
                             (自 平成28年4月1日                (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                至 平成30年3月31日)
                        注記
             区分                  金額(百万円)                金額(百万円)
                        番号
     Ⅰ 製品売上原価
        製品期首棚卸高                          10,148                 9,950

        当期製品製造原価                          29,849                30,089

                               11,143                11,467

        外注製品仕入高                    ※1
              計

                               51,141                51,507
        たな卸資産廃棄損及び評価損                            55                101

                               9,950        41,245         6,865        44,744

        製品期末棚卸高
     Ⅱ 中古製品売上原価

        中古製品期首棚卸高                            -                124

        中古製品引取高                           419                513

                                 0                -

        中古製品修理原価
              計

                                419                637
        他勘定への振替高                    ※2         8                -

                                124        286         ▶       632

        中古製品期末棚卸高
     Ⅲ 部品及び修理原価                    ※3               8,539                8,934

        売上原価計                                  50,071                54,311

      (注) ※1主として関係会社㈱小森マシナリーからの小型枚葉印刷機械の製品仕入高であります。

         ※2他勘定への振替高の主な内訳は次の通りであります。

                 項目            前事業年度(百万円)                当事業年度(百万円)

          部品及び修理原価                               8                -
         ※3部品及び修理原価の主な内訳は次の通りであります。

                 項目            前事業年度(百万円)                当事業年度(百万円)

          購入部品                             2,548                 4,000
          労務費                             2,849                 2,803
          外注作業費                              886                 979
                                  93/108





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
       ③  【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                   利益剰余金
                                          その他利益剰余金
                 資本金
                           資本剰余金                           利益剰余金
                     資本準備金           利益準備金
                                      圧縮記帳           繰越利益
                            合計                           合計
                                           別途積立金
                                       積立金           剰余金
                  37,714     37,797     37,797      2,122      390    44,000      8,578     55,091
     当期首残高
     当期変動額
                                                  △ 2,440     △ 2,440
      剰余金の配当
                                                   △ 569     △ 569
      当期純損失(△)
                                         △ 2           2
      圧縮記帳積立金の取崩                                                   -
      別途積立金の取崩                                                   -
                                             1,000     △ 1,000
      別途積立金の積立                                                   -
      自己株式の取得                                                   -
                                                  △ 4,901     △ 4,901
      自己株式の消却
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                         △ 2    1,000     △ 8,908     △ 7,911
     当期変動額合計              -     -     -     -
                  37,714     37,797     37,797      2,122      388    45,000      △ 330    47,180
     当期末残高
                   株主資本         評価・換算差額等

                            その他
                                      純資産合計
                                評価・換算
                自己株式     株主資本合計      有価証券
                                差額等合計
                           評価差額金
                 △ 4,956     125,647      2,658     2,658     128,306
     当期首残高
     当期変動額
                       △ 2,440               △ 2,440
      剰余金の配当
                        △ 569               △ 569
      当期純損失(△)
      圧縮記帳積立金の取崩                   -                -
      別途積立金の取崩                   -                -
      別途積立金の積立                   -                -
                 △ 5,001     △ 5,001               △ 5,001
      自己株式の取得
                  4,901
      自己株式の消却                   -                -
      株主資本以外の項目の
                             1,803     1,803     1,803
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             △ 99   △ 8,011     1,803     1,803     △ 6,207
                 △ 5,055     117,636      4,462     4,462     122,098
     当期末残高
                                  94/108







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社小森コーポレーション(E01667)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成29年4月1日 至           平成30年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                   利益剰余金
                                          その他利益剰余金
                 資本金
                           資本剰余金                           利益剰余金
                     資本準備金           利益準備金
                                      圧縮記帳           繰越利益
                            合計                           合計
                                           別途積立金
                                       積立金           剰余金
                  37,714     37,797     37,797      2,122      388    45,000      △ 330    47,180
     当期首残高
     当期変動額
                                                  △ 2,329     △ 2,329
      剰余金の配当
                                                   3,016     3,016
      当期純利益
                                         △ 2           2
      圧縮記帳積立金の取崩