株式会社中広 有価証券報告書 第40期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第40期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社中広

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      東海財務局長

     【提出日】                      平成30年6月22日

     【事業年度】                      第40期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     【会社名】                      株式会社中広

     【英訳名】                      CHUCO   CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  後藤 一俊

     【本店の所在の場所】                      岐阜県岐阜市東興町27番地

     【電話番号】                      058-247-2511(代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役副社長兼管理本部長 中島 永次

     【最寄りの連絡場所】                      岐阜県岐阜市東興町27番地

     【電話番号】                      058-247-2511(代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役副社長兼管理本部長 中島 永次

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                          株式会社名古屋証券取引所

                           (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

                                  1/58







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      (1) 連結経営指標等
            回次           第36期       第37期       第38期       第39期       第40期

           決算年月           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                       6,278,999       6,403,162       7,059,694

     売上高            (千円)                                 ―       ―
                        441,637       470,768       491,211

     経常利益            (千円)                                 ―       ―
     親会社株主に帰属する
                        275,649       302,812       326,182
                 (千円)                                 ―       ―
     当期純利益
                        277,382       308,031       324,723
     包括利益            (千円)                                 ―       ―
                       1,027,776       1,340,246       1,610,520

     純資産額            (千円)                                 ―       ―
                       2,785,880       2,990,486       3,494,336

     総資産額            (千円)                                 ―       ―
                         157.87       197.09       236.84

     1株当たり純資産額             (円)                                ―       ―
     1株当たり当期純利益
                         42.49       45.92       47.97
                  (円)                                ―       ―
     金額
     潜在株式調整後1株当
                         41.70
                  (円)                 ―       ―       ―       ―
     たり当期純利益金額
                          36.9       44.8       46.1
     自己資本比率             (%)                                ―       ―
                          30.5       25.6       22.1

     自己資本利益率             (%)                                ―       ―
                          7.1       12.3       13.0

     株価収益率             (倍)                                ―       ―
     営業活動による
                        219,181       302,276       240,715
                 (千円)                                 ―       ―
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                        △ 74,911      △ 169,492      △ 289,912
                 (千円)                                 ―       ―
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                       △ 113,505      △ 133,777        48,496
                 (千円)                                 ―       ―
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                        214,629       213,635       212,934
                 (千円)                                 ―       ―
     の期末残高
     従業員数                     294       286       336
                                                  ―       ―
                  (名)
     〔外、平均臨時雇用者数〕
                         〔 90 〕     〔 94 〕     〔 99 〕     〔  ―〕      〔  ―〕
      (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 第37期及び第38期における潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないた
          め記載しておりません。
        3 当社は、平成28年4月1日付で連結子会社であった株式会社エルアドを吸収合併したことにより連結子会社
          が存在しなくなったため、第39期より連結財務諸表を作成しておりません。
                                  2/58






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
      (2) 提出会社の経営指標等
            回次           第36期       第37期       第38期       第39期       第40期

           決算年月           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月
                       6,023,564       6,146,004       6,807,604       7,425,503       7,400,292
     売上高            (千円)
     経常利益            (千円)       445,844       471,032       485,598       488,416       217,957
     当期純利益            (千円)       274,748       303,051       322,415       349,784       148,882
     持分法を適用した場合の
                 (千円)          ―       ―       ―       ―       ―
     投資利益
                        382,550       404,300       404,300       404,300       404,300
     資本金            (千円)
                       6,754,000       7,044,000       7,044,000       7,044,000       7,044,000
     発行済株式総数             (株)
                       1,026,875       1,339,584       1,606,091       1,884,145       1,957,568
     純資産額            (千円)
                       2,760,146       2,932,398       3,468,891       3,737,980       4,025,409
     総資産額            (千円)
                         157.73       196.99       236.19       277.08       287.88
     1株当たり純資産額             (円)
                          6.00       8.00       10.00       11.00       12.00
                  (円)
     1株当たり配当額
     (1株当たり中間配当額)
                  (円)     (   ― )     (   ― )     (   ― )     (   ― )     (   ― )
     1株当たり当期純利益
                         42.36       45.95       47.41       51.44       21.89
                  (円)
     金額
     潜在株式調整後1株当た
                         41.56
                  (円)                 ―       ―       ―       ―
     り当期純利益金額
                          37.2       45.7       46.3       50.4       48.6
     自己資本比率             (%)
                          30.5       25.6       21.9       20.0        7.8
     自己資本利益率             (%)
                          7.1       12.3       13.1       13.5       33.5
     株価収益率             (倍)
                          14.2       17.4       21.1       21.4       54.8
     配当性向             (%)
     営業活動による
                                               371,891       493,332
                 (千円)          ―       ―       ―
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                              △ 120,768      △ 240,122
                 (千円)          ―       ―       ―
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                              △ 140,089       △ 93,997
                 (千円)          ―       ―       ―
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                                               317,618       476,831
                 (千円)          ―       ―       ―
     の期末残高
     従業員数                     287       277       336       366       381
                  (名)
     〔外、平均臨時雇用者数〕
                         〔 90 〕     〔 94 〕     〔 99 〕     〔 90 〕     〔 112  〕
      (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 第36期より第38期まで連結財務諸表を作成しているため、第36期、第37期及び第38期の持分法を適用した場
          合の投資利益、営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動による
          キャッシュ・フロー及び現金及び現金同等物の期末残高は記載しておりません。
        3 第39期及び第40期の持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりませ
          ん。
        4 第37期以降の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載してお
          りません。
        5 第37期の1株当たり配当額8.00円には、東京証券取引所市場第二部上場記念配当1.00円を含んでおります。
                                  3/58






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
     昭和53年5月       岐阜県岐阜市に広告代理業を事業目的とした株式会社中広(資本金20百万円)を設立

             株式会社中日新聞社と広告の取扱いに関する契約締結
     昭和57年2月       西濃支局(現       Wao!club・minto編集室、岐阜県大垣市)開設
          5月   岐阜県岐阜市に子会社           株式会社中広プロダクション設立
     昭和58年4月       求人情報紙『優良企業案内』創刊
     昭和59年3月       飛騨支局(現       SARUBOBO編集室、岐阜県高山市)開設
     昭和60年9月       岐阜本社     社屋(現     塩町ビル、岐阜県岐阜市)完成
     平成元年6月       名古屋支社(名古屋市中村区)開設、愛知県に進出
     平成3年7月       東濃支社(現       かにさんくらぶ編集室、岐阜県可児市)開設
     平成5年3月       東京支社(東京都中央区)開設
          4月   株式会社中広マーケティングリサーチ(平成9年6月清算)設立し、教育研修(現                                        イベント・セミ
             ナー)事業を開始
     平成6年12月       岐阜県で初のフリーマガジン『Kanisan                   club』(岐阜県可児市、美濃加茂市、可児郡御嵩町、加茂郡
             坂祝町・八百津町・川辺町・七宗町・白川町・富加町・東白川村:74,180部)を創刊しフリーマガジ
             ン事業を開始
     平成8年10月       ITセンター(岐阜県大垣市)完成し、同センターに西濃支局(現                              Wao!club・minto編集室)を移転
     平成9年6月       東京支社を東京都港区に移転
          11月   長浜支局(現       ぼてじゃこ倶楽部編集室、滋賀県長浜市)を開設し滋賀県に進出
     平成10年4月       子会社    株式会社中広プロダクションを株式会社通販倶楽部(本社岐阜県岐阜市、平成16年3月に当社
             と合併し解散)に社名変更し、通販事業を開始
     平成17年4月       滋賀県初のフリーマガジン『konki                 CLUB』(滋賀県彦根市、米原市、犬上郡多賀町・甲良町・豊郷
             町:65,944部)創刊
     平成18年1月       桑名支局(現       ぽろんくらぶ編集室、三重県桑名市)を開設し三重県に進出
          4月   三重県初のフリーマガジン『ぽろんくらぶ』創刊(三重県桑名市、いなべ市、員弁郡東員町:67,145
             部)
     平成19年2月       名古屋証券取引所(セントレックス)上場
     平成20年4月       敦賀支局(現       きらめき倶楽部編集室、福井県敦賀市)を開設し福井県に進出
          6月   福井県初のフリーマガジン『kirameki                  club』(福井県敦賀市:31,563部)創刊
     平成22年2月       モバイル事業「フリモ(R)」開始
          7月   愛知県名古屋市初のフリーマガジン『中村フリモ』(現『名古屋フリモ中村版』、名古屋市中村区:
             58,700部)創刊
          12月   名古屋証券取引所市場第二部に市場変更
     平成24年5月       本社新社屋(岐阜県岐阜市)を取得し移転
     平成25年3月       鳥取支局(現       つばさ編集室、鳥取県鳥取市)を開設し鳥取県に進出
             鳥取県初のフリーマガジン『つばさ』(鳥取県鳥取市:61,000部)創刊
          4月   株式エルアドの発行済全株式を取得し子会社化(平成28年4月1日付で当社による吸収合併により消
             滅)
     平成26年10月       地域みっちゃく生活情報誌(R)に「フリモAR(R)」を導入
          12月   東京証券取引所市場第二部に上場
     平成27年7月       高崎フリモ・前橋フリモ南東版・北東版編集室(群馬県高崎市)及び伊勢崎フリモ・玉村フリモ・太
             田フリモ編集室(群馬県伊勢崎市)を開設し群馬県に進出
             事業譲受によりフリーマガジン『前橋フリモ南東版』(群馬県前橋市:55,000部)、同『前橋フリモ
             北西版』(群馬県前橋市:67,000部)、同『渋川フリモ』(群馬県渋川市:33,000部)、同『玉村フ
             リモ』(群馬県佐波郡玉村町:15,000部)、同『伊勢崎フリモ』(群馬県伊勢崎市:63,000部)、同
             『高崎フリモ』(群馬県高崎市:139,000部)を当社発行(平成29年7月に旧誌名『パリッシュ』より
             現在の『フリモ』に名称変更)
          8月   事業譲受によりフリーマガジン『ちゅんちゅん』(福井県坂井市、あわら市:35,000部)を当社発行
                                  4/58


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
          10月   とねじん・クッキーズ編集室(埼玉県久喜市)を開設し埼玉県に進出
             事業譲受によりフリーマガジン『とねじん』(埼玉県羽生市、加須市:48,000部)、同『クッキー
             ズ』(埼玉県久喜市:52,000部)を当社発行
          12月   東京証券取引所市場第一部及び名古屋証券取引所市場第一部に指定替え
     平成28年4月       なうてぃ!編集室(宮城県名取市)及びとみぃず!編集室(仙台市泉区)を開設し宮城県に進出
             事業譲受によりフリーマガジン『なうてぃ!』(宮城県名取市、岩沼市、亘理郡亘理町、柴田郡柴田
             町・大河原町:57,200部)、『とみぃず!』(仙台市泉区、富谷市:83,900部)を当社発行
          5月   SORA編集室(北海道滝川市)を開設し北海道に進出
             事業譲受によりフリーマガジン『SORA』(北海道滝川市、砂川市、赤平市、歌志内市、樺戸郡新
             十津川町:43,000部)当社発行
          6月   事業譲受によりフリーマガジン『Cocon                   club』(愛知県刈谷市:64,250部)を当社発行
          7月   Yuika編集室(長野県飯田市)を開設し長野県に進出
          9月   名古屋支社をJPタワー名古屋24F(名古屋市中村区)に移転
             長野県初のフリーマガジン『Yuika』(長野県飯田市:32,000部)創刊
             子育て支援情報誌『ままここっと』岐阜版(70,000部)、滋賀版(50,000部)創刊
          10月   子育て支援情報誌『ままここっと』三重版(55,000部)創刊
     平成29年4月       ぐってぃ編集室(京都府京田辺市)を開設し京都府に進出
             事業譲受によりフリーマガジン『ぐってぃ』(京都府京田辺市、八幡市欽明台・美濃山エリア:
             38,000部)を当社発行
          5月   わたいろくらぶ・ふくいろくらぶ編集室(静岡県磐田市)を開設し静岡県に進出
          7月   静岡県初の当社発行フリーマガジン『わたいろくらぶ』(静岡県磐田市:40,000部)創刊
          8月   かしるくらぶ編集室(奈良県橿原市)を開設し奈良県に進出
          9月   らくり・まいなぁが編集室(和歌山県和歌山市)を開設し和歌山県に進出
             事業譲受によりフリーマガジン『らくり』(和歌山県和歌山市:75,550部)、同『まいなぁが』(和
             歌山県岩出市・紀の川市:37,996部)を当社発行
             東京都初の当社発行フリーマガジン『墨田フリモ』(東京都墨田区:59,000部)創刊
          10月   奈良県初の当社発行フリーマガジン『かしるくらぶ』(奈良県橿原市:43,000部)創刊
     平成30年3月       子育て支援情報誌『ままここっと』鳥取版(30,000部)創刊
          ※フリーマガジン誌名、発行エリア、発行部数及び拠点の状況は、平成30年3月31日現在のものです。
                                  5/58









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
       当社の事業は、地域限定型のフリーマガジン(無料で各家庭配布する生活情報誌)の発行などを行う、メディア事業
      と、設立以来行ってきた広告代理、販売促進策の企画運営等の広告SP(セールスプロモーション)事業を行ってお
      ります。
       当社の事業内容のキーワードは「地域密着」であり、メディア事業と広告SP事業を通して、「地域社会への貢
      献」という理念の基に事業を展開しております。
       当社の事業内容の当該事業に係る位置付けは、次のとおりであります。なお、「第5 経理の状況 1 財務諸表
      等 (1)    財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。
      (1)  メディア事業
        メディア事業では、主たる事業としてフリーマガジン『地域みっちゃく生活情報誌(R)』及び、地域みっちゃく生
       活情報総合ポータルサイト『フリモ(R)』における広告枠の販売・運営を行うほか、研修・講演会・コンサート・シ
       ンポジウム・セミナー等の企画運営と、各種広報・PRの実施、インターネット通販を行っております。
        フリーマガジン『地域みっちゃく生活情報誌(R)』に掲載する情報は、発行エリアを中心とした最新の時事情報、
       自然・歴史・伝統・文化・芸術・人物等を紹介する特集記事と、地域に密着し生活に役立つ広告情報(分野は衣食住
       から健康・レジャー・観光・スクール・金融・求人等)で構成しております。
        当社のフリーマガジンには次の4つのこだわりを持たせております。
       ① 一軒一軒手配り
        市街地から山間部まで、発行エリア内の各家庭へ毎月丁寧に配布いたしております。また、無料誌ながら、「配
       布に関する問合せ窓口」を設置し、配布に対する読者からの問合せ・要望を受け付けております。
       ② 全世代が安心して読める
        関係諸法規にのっとった掲載基準・表記基準を設け、子供からお年寄りまで配慮した紙面構成にしております。
       ③ ご当地の話題
        地域の最新の時事・自然・文化・歴史・伝統・人物・活動等を巻頭特集などで取り上げ、地域にみっちゃくした
       誌面といたしております。また、広告情報も、発行エリア内の店舗・企業が中心で地域経済活性化の一翼を担って
       いるものと考えております。
       ④ クーポン・サービスの反響
        読者には、季節に応じたフレッシュな企画、各店の個性を活かしたクーポンサービス情報を提供し、広告主に
       は、発行エリア内の世帯をほぼ100%配布することから、高レスポンスの広告媒体を提供しております。
      (2)  広告SP事業

        広告SP事業では、広告戦略・広告計画・販売促進計画を立案する総合広告会社として、広告主の要望に応える
       媒体の選択、デザインの提案及び販売促進策の企画運営を行っております。なお、主な取り扱い媒体は自社メディ
       ア(フリーマガジン、ポータルサイト)、新聞折り込みチラシ、新聞、雑誌、インターネット広告、テレビ、ラジ
       オ、その他各種印刷物となっております。
                                  6/58








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       事業の系統図は、次のとおりであります。 
                                  7/58




















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
       該当事項はありません。
     5  【従業員の状況】

      (1)  提出会社の状況
                                               平成30年3月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
            381  〔112〕               33.8              6.4          4,510,860

              セグメントの名称                            従業員数(名)

                                                 283
     メディア事業
                                                〔  71〕
                                                 33
     広告SP事業
                                                〔   1〕
                                                 65
     全社(共通)
                                                〔  40〕
                                                 381
                 合計
                                                〔112〕
      (注)   1 従業員数は就業人員であります。
        2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3 従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
        4 全社(共通)は主に総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
      (2)  労働組合の状況

        当社には、労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  8/58












                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

        当社は、広告業を通して「地域社会への貢献」を理念に、地域経済の活性化のために社会貢献することで発展し
       続けていくことを目指しております。そのためには、持続的な成長と安定的な収益確保の両立を重視しておりま
       す。これらを通して企業価値を高め、長期に亘って地域社会、顧客、株主、従業員を含むステークホルダーの期待
       に応えてまいりたいと考えております。当社が定める経営原則及び理念等は以下の通りです。
       ①  経営原則
        我々は、あらゆる地域で、ローカルな事業を営み、グローバルな企業を目指します。
        セールスプロモーション事業とメディア事業を通じ、地域住民の豊かさと、顧客の事業展開に尽くし「地域社会
       への貢献」につとめます。
        企業の成長に必要で適正な利潤を得ることにより、従業員と株主に、個人の目的を達成する喜びを与えます。
       ②  理念
        地域社会への貢献
       ③  社是
        人が命・人が宝・人が財産
        機会損失の排除(効率経営・高収益体質)
       ④  社訓
        飲水不忘掘井人(感謝・人間愛)
        当社は、昭和53年5月に中日新聞の広告代理店として設立し、広告セールスプロモーション事業を展開してまい

       りました。平成6年に地域フリーマガジン『Kanisan                         club』を創刊し、自社媒体(メディア)を有する広告会社に
       業態転換いたしました。以来、新規創刊や増刷及びVC契約などにより発行部数及び発行エリアを拡大すること
       で、自社メディア事業を強化し収益基盤を安定させることを経営方針としてまいりました。当社は今後の目標とし
       て、地域フリーマガシンの月間発行部数を平成31年3月末までに1,000万部(VC※展開誌を含む)とし、中長期的
       には国内全ての都道府県において地域フリーマガジンを発行することを目標としております。ただし、次期は当社
       による新規創刊については業績回復が十分に見込めるまで限定的とすることとし、前期末及び今期に新規創刊した
       20誌の増収増益に取り組むことにより、全社業績を前年度の水準まで回復することを目論んでまいります。
        メディア事業の次期戦略として、愛知県及び東海三県(愛知・岐阜・三重)における世帯到達率8割以上など、
       高い家庭への到達率を活かした広告提案、地域密着の高いメディア力を活かした地方自治体の広報活動支援など、
       地域経済を活性化する取り組みをさらに強化いたします。
        また、次世代の事業として手掛けてきた、スマートフォン等を活用した生活情報総合ポータルサイト「フリモ
       (R)」(furimo.jp)「フリモAR(R)」(拡張現実)のIT事業を、紙とインターネットの融合を企図したフリーマ
       ガジンとの連携により充実を図ります。
        イベント・セミナー部門は、新たなオリジナル商品を開発し、受注拡大を図ってまいります。
        通信販売部門は、生活に寄り添った家電・家具並びに、介護商品の販売に目を向けてまいります。
        次に、広告SP事業は、支社体制の強化により、フリーマガジンとの一体化を図ってまいります。
        どの事業部門においても共通した課題は、人材の確保にあります。既存社員のスキルを磨き育成強化を図り、ま
       た、フリーマガジン発行エリアの人材を積極的に発掘し、課題に対応してまいります。
       ※VC:当社とボランタリー・チェーン契約を締結し『地域みっちゃく生活情報誌(R)』を発行
        当社における最も重要な経営リソースは人材であります。取り巻く経営環境は慢性的な人材不足にある中、当社

       直営による発行エリアの拡大や、VC契約先の増加による管理体制の強化を図るうえで、優秀な人材の獲得・人材
       育成が重要な課題であると考えております。当社は、働きやすい職場環境の実現や社内外の各種研修の充実等によ
       り、さらなる人材の確保と育成に取り組んでまいります。
        さらに、フリーマガジンの全国展開を鑑み、業務の適切な見直しやシステム化による生産性の向上を図るととも
       に、引き続き内部統制の充実と事業リスクへの対応に取り組んでまいります。
                                  9/58



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     2  【事業等のリスク】

        以下には、当社の事業展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載しております。
        また、事業上のリスクとして具体化する可能性は必ずしも高くないと見られる事項を含め、投資家の投資判断上
       重要と考えられる事項については、投資家及び株主に対する情報開示の観点から積極的に開示しております。
        なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社が判断したものであります。
      (1)  景気動向の影響に関するリスク
        企業の広告費は、一般的に景況に応じて調整されるため、景気動向の影響を受けやすい傾向があります。このた
       め、国内の景気動向が悪化した場合、広告主の広告支出を減少させる要因となり、当社の業績に影響を与える可能
       性があります。
      (2)  拠点展開計画について
        当社のメディア事業は、当社の知名度及び収益力の向上と地域経済の活性化をねらい、フリーマガジンの発行エ
       リア拡大を目的に、拠点展開に経営資源を投入していく方針でおります。
        しかし、目的とする地域に拠点を展開できなかった場合や、新たに発行したフリーマガジンにおいて計画どおり
       の広告掲載が得られず、黒字化までに長期間を要するような場合、当社の業績に影響を与える可能性があります。
      (3)  競合について
        当社は「地域密着」を特徴とした事業展開を行っており、フリーマガジンにおいては、「一軒一軒手配り」、
       「全世代が安心して読める」、「ご当地の話題」、「クーポン・サービスの反響」の4つのこだわりをモットー
       に、地域経済の活性化に役立ち、読者に愛されるフリーマガジン制作を心掛けております。また、広告集稿・編
       集・印刷という発行プロセスの効率化を図り、発行コストの優位性の確保にも努めております。
        しかし、それぞれの地域に競合誌が存在する場合、もしくは将来的に出現する可能性が高い場合、競合の状況変
       化による広告掲載件数や、掲載単価の低下等が生じる可能性があり、当社の業績に影響を与える可能性がありま
       す。
      (4)  広告メディアのデジタル化について
        広告市場においてデジタルメディアの成長は著しく、広告主は従前より多様な広告手段を選択できる環境となっ
       ています。
        当社の事業においては、フリーマガジン、新聞、テレビ等の既存メディアが中心となっておりますが、広告主の
       需要に応えるため、紙媒体とインターネットのクロスメディア化を図った、『フリモAR(R)』(拡張現実)・地域
       みっちゃく生活情報総合ポータルサイト『フリモ(R)』(furimo.jp)を開設するなどデジタルメディアへの対応を
       進めております。
        しかし、今後当社の想定を超えてデジタルメディアが成長し、当社が適切に対応できない場合、広告収入の減少
       等を通じて、当社の業績に影響を与える可能性があります。
      (5)  天災地変等について
        当社は東京都、愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県、福井県、鳥取県、群馬県、埼玉県、長野県、宮城県、北海
       道、京都府、奈良県、静岡県、和歌山県で拠点を展開しておりますが、これらのエリアにおいて大規模な地震、風
       水害等の自然災害やテロ、その他不測の事態により、当該エリアの拠点や人的資源等において直接の被害、あるい
       はVC契約先や印刷業務及び、フリーマガジンの配布業務を委託している外注先等が被害を被り、事業活動に支障
       が生じた場合、当社の業績に影響を与える可能性があります。
      (6)  人材の採用、教育について
        当社では、メディア事業を核とした積極的な事業展開をしております。そのため優秀な人材の採用と、能力・ス
       キルアップのための教育研修カリキュラムを通年で実施しております。
        しかし、採用及び教育研修が計画どおりに進捗せず、あるいは事業拡大計画に応じた優秀な人材確保ができない
       場合には、当社の事業計画及び業績に影響を与える可能性があります。
                                 10/58




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
      (7)  知的財産権について
        当社が制作する広告等には、第三者の著作権・商標権、出演者等の肖像権その他の多様な知的財産権が含まれて
       おり、広告制作に際しては、契約時にこれらの権利の帰属、範囲及び内容等を明確にし、知的財産権を侵害しない
       よう細心の注意を払っております。
        しかし、当社の何らかの業務行為等が、上記のような知的財産権の侵害に至り、差止請求・損害賠償請求等を受
       けた場合には、当該請求自体による支出等のほか、当社の社会的信頼が失われるなどして、当社の業績に影響を与
       える可能性があります。
      (8)  有利子負債残高について
        当社の資金調達の状況は、負債純資産合計に占める有利子負債の比率が平成29年3月末では21.6%、平成30年3
       月末では19.6%となっております。
        今後の事業展開や経済情勢等によって、機動的に資金調達を行うこともあり、有利子負債の比率が高まること
       で、金利負担が増加した場合や、市場金利が上昇した場合は、当社の業績に影響を与える可能性があります。
      (9)  資金調達について
        資金調達に際しては、当社は特定の金融機関に依存することなく、複数の金融機関と友好的な関係を継続してお
       りますが、何らかの理由により資金調達に支障が生じた場合は、当社の事業展開を妨げる可能性があります。
      (10)   個人情報について
        当社は、広告の取り扱い及び、通信販売業務及び地域みっちゃく生活情報総合ポータルサイト『フリモ(R)』の運
       営等に関連して、個人情報等を取得しておりますが、取得した個人情報については利用目的を明示し、その範囲内
       でのみ利用しております。
        また、管理につきましても情報の機密を保持し、セキュリティを確保するために個人情報保護管理者をはじめ、
       個人情報保護監査責任者によるチェックを行う個人情報管理体制を整備しております。
        しかし、外部からの不正アクセス等による不測の事態によって、個人情報が社外に漏洩した場合、当社に対する
       社会的信用の低下や損害賠償請求等により、当社の業績に影響を与える可能性があります。
      (11)   与信リスクについて
        当社は、取引先に対し、与信リスクを回避するために様々な施策を講じておりますが、取引先の信用状況の悪化
       や経営破綻等が発生した場合、当社の業績に影響を与える可能性があります。
      (12)   不適切な広告掲載によるリスク
        当社が取り扱う広告につきましては、その広告内容が法令に抵触せず、さらに当社及び広告を掲載する媒体の掲
       載基準を満たす場合のみ掲載する方針としております。
        しかし、広告を掲載したのちに、当該広告が景品表示法等の法令に抵触したり、当社及び媒体の掲載基準を満た
       さないことが判明した場合、法的責任の発生や社会的信用の低下により、当社の業績に影響を与える可能性があり
       ます。
      (13)   健康食品及び化粧品の安全性によるリスク
        当社は通販事業において、健康食品及び化粧品等の通信販売を行っております。これらの販売した商品に法令違
       反又は瑕疵などがあり、当該商品の安全性等に問題が生じた場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性がありま
       す。
      (14)   減損会計について
        当社は、平成18年3月期から減損会計を適用しておりますが、事業の譲受けにより計上したのれんにおける事業
       計画の進捗、固定資産の時価の動向、固定資産の利用状況及び固定資産から得られるキャッシュ・フローの状況等
       によっては、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 11/58





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
      (15)   業績の季節的変動について
        当社の業績は、第3四半期及び第4四半期において、他の四半期に比べて売上高及び利益が増加する傾向にあり
       ます。これは事業拡大のため採用した新卒社員の育成効果が業績に表れるのが下半期になることや、メディア事業
       は忘新年会シーズンにあたることから第3四半期に飲食店等からの広告の受注が増加すること及び、広告SP事業に
       おいて行政・民間企業等からの受注が第4四半期に増加する傾向があるためであり、第2四半期までの業績が、年
       間の業績の動向を示さない可能性があります。 
        なお、当事業年度及び前事業年度における四半期の売上高及び営業利益の推移は、次のとおりであります。
        (平成29年3月期事業年度)
                   第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期          通期
       売上高 (千円)            1,692,347        1,831,516        1,865,675        2,035,963        7,425,503
       (構成比 %)              (22.8)        (24.7)        (25.1)        (27.4)       (100.0)
       営業利益(千円)              30,313       114,000        129,470        216,033        489,817
       (構成比 %)              (6.2)       (23.3)        (26.4)        (44.1)       (100.0)
        (平成30年3月期事業年度)

                   第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期          通期
       売上高 (千円)            1,770,787        1,760,958        1,911,117        1,957,428        7,400,292
       (構成比 %)              (23.9)        (23.8)        (25.8)        (26.5)       (100.0)
       営業利益(千円)              10,941        34,826        82,570        87,781       216,120
       (構成比 %)              (5.1)       (16.1)        (38.2)        (40.6)       (100.0)
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の概要並びに経営者の視点による
       当社成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項は、
       有価証券報告書提出日現在において判断したものであります。
      (1)  経営成績
        当社は、「広告業を通じて地域社会に貢献する」という理念のもと、「日本を元気に」というスローガンを掲
       げ、当社の主力商品であるハッピーメディア(R)『地域みっちゃく生活情報誌(R)』(以下、地域フリーマガジン)
       を2019年3月末までに月間1,000万部(VC展開誌を含む)発行することを目標としております。当事業年度末
       (2018年3月末)において、地域フリーマガジンは、33都道府県(前期末28都道府県)、153誌(同123誌)、月間総
       発行部数     9,307,544部(同        7,045,340部)まで発行地域・部数を拡大し、ご家庭への到達率(各戸配布部数÷県内
       世帯数)は、岐阜県90.8%、三重県81.4%、愛知県79.8%(名古屋市81.6%)、滋賀県71.4%、鳥取県67.4%、山
       形県64.5%、山梨県58.5%、群馬県55.6%に達するなど、各地域で比類なき全世代の読者リーチを誇る「生活情報
       全般にかかる広告メディア」の地位を確立しております。また、季刊誌として園児のいる家庭を配布先とするハッ
       ピーメディア(R)『ままここっと(R)』(以下、地域フリーマガジンとあわせて、フリーマガジン)は、前期末まで
       に創刊した群馬県、岐阜県、滋賀県、三重県に加えて、3月に鳥取県で新規創刊し、5県、総発行部数26.5万部と
       なりました。
        当事業年度は、地域フリーマガジンを主とするメディア事業の大幅拡大を図り、広告SP事業からの人材移転を
       含む経営資源の再配分及び投入、及び地域フリーマガジンの拠点開設・新規創刊を行いました。当社の拠点として
       は初となる静岡県、奈良県、和歌山県を含めて8県に11拠点を開設した結果、当社の拠点数は62拠点に増加いたし
       ました。また、同期間における地域フリーマガジンの当社による新規創刊として上半期4誌、下半期10誌の計14誌
       が加わった結果、当社による地域フリーマガジンは87誌となりました。
        売上については、メディア事業の主であるフリーマガジンの広告受注は順調に伸長したものの、広告SP事業に
       おいて旧来の広告媒体(新聞・テレビ・ラジオ・チラシ等)の広告受注が通期を通じて減少したことから、売上高
       は7,400,292千円(前年同期比0.3%減)、売上総利益は3,455,317千円(前年同期比0.8%減)となりました。
        経費については、上半期の業績が期初における上半期業績見込みを大幅に下回ったことから、下期初に通期業績
       見込みの下方修正を行い、地域フリーマガジン発行地域・部数拡大のための拠点開設・新規創刊については、計
       画・着手済みに限定いたしました。通期では、上期のインセンティブ付与やメディア事業の増強に伴う人件費の増
       加、及び新規拠点・新規創刊準備を主因として、販売費及び一般管理費が3,239,197千円(前年同期比8.2%増)と
       なりました。
                                 12/58


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
        その結果、営業利益は216,120千円(前年同期比55.9%減)、経常利益は217,957千円(前年同期比55.4%減)と
       なりました。さらに財務体質の強化を目的として当事業年度において名古屋西部事務所及び岐阜旧本社駐車場土地
       等 の保有資産の見直しを行い、売却損益を計上した結果、当期純利益は148,882千円(前年同期比57.4%減)となり
       ました。
        セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。
                                                   (単位:千円)
                        外部顧客への売上高                    セグメント営業利益
         セグメント区分
                    平成29年3月期          平成30年3月期          平成29年3月期          平成30年3月期
          メディア事業             5,087,452          5,477,346           794,017          732,116
          広告SP事業             2,338,050          1,922,945           368,214          257,566
            合計           7,425,503          7,400,292          1,162,232           989,683
       (注)    1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         2.セグメント営業利益は各事業の部門に帰属しない全社費用を含んでおりません。全社費用は主に、総務及
          び経理等の管理部門及びクリエイティブ部門にかかる一般管理費です。
       a.メディア事業

        メディア事業は、当事業年度において、以下の地域フリーマガジン14誌を新たな配布エリアに創刊いたしまし
       た。
               わたいろくらぶ(静岡県磐田市、月間発行部数                      40,000部)
        第1四半期
               ちるるくらぶ(愛知県知立市、同                28,700部)
        第2四半期
               カヤット(愛知県弥富市・蟹江町・飛島村、同                      31,250部)
               墨田フリモ(東京都墨田区、同               59,000部)
               むさしる(埼玉県行田市・鴻巣市、同                  50,000部)
        第3四半期
               かしるくらぶ(奈良県橿原市、同                43,000部)
               KA.NA.U    CLUB(愛知県みよし市、同             23,100部)
               桐生みどりフリモ(群馬県桐生市・みどり市、同                       50,000部)
               あげいる(埼玉県上尾市、同              50,000部)
               Komamaru(長野県駒ヶ根市・宮田村・飯島村・中川村、同                           20,000部)
               Oina(長野県伊那市・箕輪町・南箕輪村、同                     34,000部)
               たんなんくらぶ(福井県越前市・鯖江市、同                     44,500部)
               ふくいろくらぶ(静岡県袋井市、同                 27,500部)
        第4四半期
               ぶらんくらぶ(愛知県大府市・東浦町、同                    46,000部)
        また、事業譲受により、以下の地域フリーマガジン3誌につき直営といたしました。
               ぐってぃ(京都府京田辺市・八幡市欽明台・美濃山エリア、月間発行部数                                   38,000部)
        第1四半期
               まいなぁが(和歌山県岩出市・紀の川市、同                     37,996部 ※発行は10月より)
        第2四半期
               らくり(和歌山県和歌山市、同               75,550部 ※発行は10月より)
        これらの結果、メディア事業における広告売上高は5,477,346千円(前年同期比7.7%増)となりました。
        次に、フリーマガジンとWebとのメディアミックスとして展開するIT事業、地域みっちゃく生活情報総合
       ポータルサイト「フリモ(R)」(furimo.jp)の会員数は139,399名(前年同期比5.4%増)、掲載店舗数は34,273件
       (前年同期比12.8%増)となりました。
        当社は、紙媒体であるフリーマガジンとインタネットを融合した新たな広告(IoP:                                       Internet     of  Paper)への取
       り組みとして、スマートフォン向けAR(拡張現実)アプリ「フリモAR(R)」を無料配布しております。8月に当
       「フリモAR(R)」の大幅なバージョンアップを実施し、従来のARに加えVR(バーチャルリアリティ)、全方位
       動画にも対応致しました。アプリダウンロード数は92,195件(前年同期比85.1%増)となっており、広告の付加価
       値拡大に加え当サービス自体の販売などにより次世代の収益とすべく注力しております。
        発行部数、会員数、掲載店舗数、ダウンロード件数は平成30年3月末現在
       b.広告SP事業

        広告SP事業は、メディア事業との統合を図りつつあります。当事業年度は人的リソースを大幅にメディア事業
       に異動するとともに、フリーマガジンを中心とした自社媒体を主力商品とした広域エリアでの提案営業体制への移
       行を推進してまいりました。
                                 13/58


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
        この結果、旧来の広告媒体への受注状況は減少傾向にあり、売上高は1,922,945千円(前年同期比17.8%減)とな
       りました。
      (2)  財政状態

       (資産の部)
        当事業年度末における総資産の残高は、4,025,409千円(前事業年度末から287,429千円の増加)となりました。
       流動資産は、2,783,605千円(前事業年度末から480,022千円の増加)となりました。これは主に、売掛金が41,419
       千円減少したものの、現金及び預金が546,835千円増加したことによるものです。固定資産は、1,241,804千円(前
       事業年度末から192,592千円の減少)となりました。これは主に、ソフトウェアが40,882千円増加したものの、保有
       資産の見直しにより名古屋西部事務所及び岐阜旧本社駐車場を売却し、土地が157,166千円、無形固定資産のその他
       が36,738千円及び有形固定資産のリース資産が24,232千円減少したことによるものです。
       (負債の部)
        当事業年度末における負債の残高は、2,067,841千円(前事業年度末から214,006千円の増加)となりました。流
       動負債は、1,828,896千円(前事業年度末から194,806千円の増加)となりました。これは主に、未払法人税等が
       31,723千円減少したものの、買掛金が192,003千円及び未払費用が28,017千円増加したことによるものです。固定負
       債は、238,944千円(前事業年度末から19,200千円の増加)となりました。これは主に、リース債務が14,218千円減
       少したものの、長期借入金が33,332千円増加したことによるものです。
       (純資産の部)
        当事業年度末における純資産の残高は、1,957,568千円(前事業年度末から73,422千円の増加)となりました。こ
       れは主に、利益剰余金が74,082千円増加したことによるものです。
        この結果、当事業年度末の自己資本比率は、48.6%(前事業年度末から1.8ポイントの減少)となりました。
      (3)  キャッシュ・フロー

        当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、476,831千円(前事業年度から159,213千円
       の増加)となりました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりです。
      〔営業活動によるキャッシュ・フロー〕
        営業活動の結果得られた資金は493,332千円(前年同期は371,891千円の収入)となりました。これは主に、法人
       税等を108,216千円支出したものの、税引前当期純利益を231,737千円を計上し、仕入債務が193,484千円増加し売上
       債権が77,616千円減少したことによるものです。
      〔投資活動によるキャッシュ・フロー〕
        投資活動の結果支出した資金は240,122千円(前年同期は120,768千円の支出)となりました。これは主に、定期
       預金の払戻により436,250千円及び有形固定資産の売却により295,790千円の収入があったものの、定期預金の預入
       により826,873千円及び有形固定資産の取得により122,052千円の支出によるものです。
      〔財務活動によるキャッシュ・フロー〕
        財務活動の結果支出した資金は93,997千円(前年同期は140,089千円の支出)となりました。これは主に、長期借
       入により110,000千円の収入があったものの、長期借入金の返済で108,313千円、配当金の支払で73,945千円支出し
       たことによるものです。
        当社の資本の財源及び資金の流動性について

       当社における事業活動のための資金の財源として、主に手元の資金と営業活動によるキャッシュ・フローによって
       おり、事業拡大を継続するために必要な運転資金及び設備投資のための資金を金融機関からの借入により調達して
       おります。当事業年度末時点において、有利子負債残高は789,820千円、資金の手元流動性については現金及び預金
       残高が1,652,705千円と月平均売上高に対し2.7ヶ月分となっており、当社における資金の流動性は十分確保されて
       いると考えております。
                                 14/58





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
      (4)  生産、受注及び販売の実績
       ①  生産実績
        当社は、メディア事業及び広告SP事業を主体としており生産実績を定義することが困難であるため、生産実績
       の記載はしておりません。
       ②  仕入実績

        当事業年度の仕入実績をセグメント別に示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                仕入高(千円)            前年同期比(%)
      メディア事業                        2,593,879               11.9
      広告SP事業                        1,350,028              △17.0
             合計                 3,943,907              △0.0
      (注)   上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       ③  受注実績

        当社は、受注生産を行っていないため受注実績の記載はしておりません。
       ④  販売実績

        当事業年度の販売実績をセグメント別に示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                販売高(千円)            前年同期比(%)
      メディア事業                        5,477,346               7.7
      広告SP事業                        1,922,945              △17.8
             合計                 7,400,292              △0.3
      (注)   上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     4  【経営上の重要な契約等】

       広告の取扱いに関する契約
        当社は、株式会社中日新聞社との間に「広告の取扱いに関する契約」(広告代理店契約)を締結しております。
       契約期間:昭和53年5月1日から満2年間(自動更新条項付)
     5  【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 15/58









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     第3   【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

       当事業年度における設備投資総額は152,706千円であり、その主なものについてセグメントごとに示すと、以下のと
      おりであります。なお、有形固定資産の他、無形固定資産への投資を含めて記載しております。
        メディア事業において、北関東支社の土地建物の取得を中心に、総額124,568千円の投資を実施しました。

        広告SP事業において、当事業年度は重要な設備投資を実施しておりません。
        全社(共通)において、次世代事業として取り組んでいる紙とインターネットとの融合を企図した「フリモAR
       (R)」(拡張現実)システムを中心に、総額27,300千円の投資を実施しました。
        なお、当事業年度において、次の主要な設備を売却しております。その内容は以下のとおりです。

                                                    前期末帳簿価額
           事業所名        セグメントの名称           所在地       設備の内容        売却時期
                                                      (千円)
                    メディア事業
         名古屋西部事務所                   名古屋市中村区          営業所      平成30年3月           124,913
                    広告SP事業
         岐阜旧本社駐車場          全社(共通)         岐阜県岐阜市         駐車場      平成30年3月           127,609
     2  【主要な設備の状況】

                                               平成30年3月31日現在
                                        帳簿価額
         事業所名         セグメントの                                   従業員数
                               建物及び      土地
                         設備の内容
                                        リース資産      その他     合計
         (所在地)           名称                                   (名)
                               構築物    (千円)
                                         (千円)     (千円)    (千円)
                               (千円)    (面積㎡)
                   メディア事業
          本社                本社
                                     80,039
                   広告SP事業             79,912          39,620    94,428    294,000      88
                                   (1,043.72)
        (岐阜県岐阜市)                  事務棟
                   全社(共通)
                   メディア事業
         塩町ビル                 事務所
                                     63,056
                                                         ―
                   広告SP事業             10,143            ―   150   73,350
                                    (439.99)
        (岐阜県岐阜市)                  倉庫
                   全社(共通)
         ITセンター          メディア事業
                                    153,756
                          営業所      72,933          5,454     606   232,750      28
                                   (1,150.00)
        (岐阜県大垣市)           全社(共通)
       かにさんくらぶ編集室            メディア事業
                                     34,050
                          営業所      9,764           ―    85   43,900      12
                                    (330.00)
        (岐阜県可児市)           全社(共通)
        SARUBOBO編集室
                                    135,753
                   メディア事業        営業所      5,772           ―    0  141,525      14
                                   (1,169.99)
        (岐阜県高山市)
         北関東支社          メディア事業
                                     66,993
                          営業所      41,416            ―   186   108,597      16
                                   (1,611.10)
        (群馬県高崎市)           全社(共通)
       (注)   1 帳簿価額のうち「その他」は、工具器具備品、のれん、ソフトウェア等であります。
         2 上記金額には消費税等は含まれておりません。
         3 上記塩町ビル(岐阜旧本社)の駐車場部分を平成30年3月に売却したことにより土地が127,609千円減少
           しております。
         4 前事業年度において記載しておりました中村・中川・西区・港区フリモ編集室(名古屋西部事務所)は、
           平成30年3月に売却しております。
         5 平成29年8月に北関東支社社屋を取得しております。
         6 上記の他、主要な設備のうち、他の者からの賃借設備として、以下のものがあります。
          (賃借設備)
            事業所名       セグメントの            年間賃借料
                          設備の内容                    契約期間
            (所在地)         名称           (千円)
                   広告SP事業
                                     4階  平成28年5月15日~平成30年5月14日(自動更新)
            東京支社
                   メディア事業       営業所       20,400
                                     6階  平成29年9月1日~平成31年8月31日(自動更新)
            (東京都港区)
                    全社(共通)
                   広告SP事業
            名古屋支社                            平成28年10月1日~平成33年9月30日
                   メディア事業       営業所       31,998
           (名古屋市中村区)                                  (自動更新)
                    全社(共通)
     3  【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設等
         該当事項はありません。
      (2)  重要な設備の除却等
         該当事項はありません。
                                 16/58


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     第4   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                          24,000,000
                  計                         24,000,000
       ②  【発行済株式】

              事業年度末現在                      上場金融商品取引所名

                        提出日現在発行数(株)
       種類        発行数(株)                     又は登録認可金融商品                内容
                        (平成30年6月22日)
             (平成30年3月31日)                         取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                      (市場第一部)
                                               単元株式数は100株で
      普通株式         7,044,000            7,044,000
                                               あります。
                                     名古屋証券取引所
                                      (市場第一部)
        計        7,044,000            7,044,000              ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式      発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                    (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成25年4月1日~
                    36,000     6,754,000         2,700      382,550        2,700      73,050
     平成26年3月31日         (注)
     平成26年4月1日~
                    290,000      7,044,000        21,750      404,300       21,750       94,800
     平成27年3月31日         (注)
      (注)    新株予約権の行使による増加であります。
                                 17/58





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
      (5)  【所有者別状況】
                                               平成30年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
            政府及び
       区分                            外国法人等                  株式の状況
                      金融商品     その他の                 個人
            地方公共     金融機関                                計
                                                      (株)
                      取引業者      法人               その他
                                個人以外      個人
             団体
     株主数
               ―     21     17     30     21      5   2,816     2,910        ―
     (人)
     所有株式数
               ―   8,159      677    20,943       376      5   40,274     70,434       600
     (単元)
     所有株式数
               ―    11.6      1.0     29.7      0.5     0.0     57.2      100       ―
     の割合(%)
      (注) 自己株式243,938株は、「個人その他」に2,439単元、「単元未満株式の状況」に38株含まれております。
      (6)  【大株主の状況】

                                               平成30年3月31日現在
                                                 発行済株式(自己株式を
                                          所有株式数
          氏名又は名称                     住所                 除く。)の総数に対する
                                            (千株)
                                                 所有株式数の割合(%)
                                             1,622            23.85
     ㈲オリベ興産                  岐阜県岐阜市福光南町2番5号
                                             1,438            21.14

     後藤 一俊                  岐阜県岐阜市
                                              334            4.91

     岐阜信用金庫                  岐阜県岐阜市神田町六丁目11番地
                                              239            3.52

     中広従業員持株会                  岐阜県岐阜市東興町27番地
                                              239            3.52

     穐田 誉輝                  東京都渋谷区
                                              200            2.94

     ㈱トーヨーキッチンスタイル                  名古屋市名東区一社二丁目21番地
                                              196            2.88

     中島 永次                  岐阜県山県市
                                              185            2.72

     服部 正孝                  岐阜県岐阜市
     ハット・ユナイテッド㈲                                         137            2.01

                       岐阜県岐阜市西荘三丁目5番44号
                                              110            1.61

     松田 隆                  東京都目黒区
                                             4,701            69.14

             計                   -
                                 18/58









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成30年3月31日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                      ―             ―            ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―             ―            ―
     議決権制限株式(その他)                      ―             ―            ―
                        (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)
                     普通株式         243,900          ―            ―
     完全議決権株式(その他)                普通株式        6,799,500             67,995          ―
     単元未満株式                普通株式           600       ─            ―
     発行済株式総数                        7,044,000          ─            ―
     総株主の議決権                      ―              67,995          ―
       ②  【自己株式等】

                                              平成30年3月31日現在
                             自己名義       他人名義      所有株式数       発行済株式総数に
       所有者の氏名
                   所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計      対する所有株式数
        又は名称
                              (株)       (株)       (株)       の割合(%)
      (自己保有株式)
                 岐阜市東興町27番地            243,900         ―     243,900         3.46
     株式会社 中広
          計            ─        243,900         ―     243,900         3.46
     2  【自己株式の取得等の状況】

      【株式の種類等】普通株式 
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】 
          該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                             当事業年度                  当期間
             区分
                                処分価額の総額                 処分価額の総額
                        株式数(株)                 株式数(株)
                                  (千円)                 (千円)
     引き受ける者の募集を行った取得
                               ―         ―        ―         ―
     自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―        ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                               ―         ―        ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他                         ―         ―        ―         ―
     保有自己株式数                      243,938            ―     243,938            ―

       (注)   当期間における保有自己株式数には、平成30年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
         買取りによる株式数は含まれておりません。
                                 19/58



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     3  【配当政策】
        当社は、株主の皆様への利益還元を経営の重要課題ととらえております。長期的な視野に立ち、企業体質の充
       実、強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定的かつ継続的な配当を基本政策とし、配当性向にも十分留意
       することにより、株主の皆様のご期待にお応えしていきたいと考えております。
        当社は、中間配当及び期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの配当の決定
       機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
        上記の方針に基づき、当事業年度の利益配当につきましては、1株当たり12円の普通配当といたしました。この
       結果、当事業年度の配当総額は81,600千円、配当性向54.8%となりました。
        なお、当社は「取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる。」旨を定
       款に定めております。 
      (注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

            決議年月日                配当金の総額(千円)                1株当たり配当額(円)
     平成30年6月21日定時株主総会決議                                81,600               12
     4  【株価の推移】

      (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第36期         第37期         第38期         第39期         第40期

       決算年月        平成26年3月         平成27年3月         平成28年3月         平成29年3月         平成30年3月
       最高(円)          315         680         887         717         834
       最低(円)          197         300         558         575         679
      (注) 株価は、平成27年12月22日より東京証券取引所市場第一部におけるものであり、平成26年12月22日より平成27
         年12月21日は東京証券取引所市場第二部におけるものであります。それ以前は名古屋証券取引所市場第二部に
         おけるものであります。
      (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成29年10月       平成29年11月       平成29年12月       平成30年1月       平成30年2月       平成30年3月

       最高(円)          810       787       769       781       773       737
       最低(円)          725       737       740       753       714       706
      (注) 株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                 20/58








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性10名 女性1名 (役員のうち女性の比率9%)
                                                        所有株式数
      役名     職名     氏名      生年月日                 略歴              任期
                                                         (株)
                             昭和46年4月      ㈱新本町ビル入社
                             昭和56年2月      当社入社
                             昭和56年6月      当社常務取締役
     代表取締役
                                                     (注)2
            ―   後藤 一俊     昭和23年12月10日生                                    1,438,000
     社長
                             昭和62年7月      当社代表取締役社長(現任)
                             平成17年11月      (一社)日本地域広告会社協会(JLAA)理事長(現
                                   任)
                             昭和57年10月      高井会計事務所入所
                             昭和61年6月      当社入社
                             平成4年3月      当社取締役
     取締役
                                                     (注)2
          管理本部長     中島 永次     昭和27年1月20日生                                     196,000
     副社長
                             平成5年5月      当社常務取締役
                             平成10年6月      当社専務取締役
                             平成26年7月      当社取締役副社長兼管理本部長(現任)
                             平成14年12月      ㈱アルファ・キューブ取締役副社長
                             平成19年3月      当社入社
                             平成22年4月      当社執行役員
                                                     (注)2
     常務取締役     社長室長     松田 隆      昭和22年9月26日生                                     110,000
                             平成23年6月      当社常務取締役
                             平成26年7月      当社常務取締役社長室長(現任)
                                   当社入社
                             平成12年8月
                                                     (注)2
                                   当社執行役員
     取締役     営業本部長     大島 斉      昭和51年5月22日生        平成20年4月                             11,100
                                   当社取締役営業本部長(現任)
                             平成28年4月
                             平成6年10月      ㈱エーピーセンターチーフエディター嘱託
                             平成8年10月      当社入社
                             平成22年4月                        (注)2
               三田村   晴予                 当社執行役員
     取締役     開発本部長          昭和30年2月24日生                                     18,000
                             平成23年6月
                                   当社取締役
                             平成25年4月
                                   当社取締役開発本部長(現任)
                             昭和45年4月      日本電信電話公社入社
                             平成12年6月      ㈱エヌ・ティ・ティ・ドコモ(現㈱NTTドコ
                                   モ)取締役
                             平成13年6月      ㈱エヌ・ティ・ティ・ドコモ常務取締役
                             平成16年6月      ㈱エヌ・ティ・ティ・ドコモ代表取締役副社
                                   長
                                                     (注)
                             平成20年6月      ㈱情報通信総合研究所代表取締役社長
     取締役       ─   平田 正之     昭和22年7月30日生                                       ―
                                                     1、2
                             平成25年6月      ㈱情報通信総合研究所相談役
                                   ㈱スカパーJSATホールディングス社外取締役
                             平成26年7月      ㈱情報通信総合研究所顧問
                             平成27年6月      当社取締役(現任)
                                   ㈱DTS社外取締役(現任)
                             平成28年7月      ㈱情報通信総合研究所シニアフェロー(現
                                   任)
                             昭和48年4月      日本銀行入行
                             平成16年6月      株式会社名古屋証券取引所入所
                             平成25年6月      ダイビル株式会社       社外取締役(現任)
                                                     (注)
                             平成26年6月      株式会社大阪チタニウムテクノロジーズ社外
     取締役       ―   髙松 明      昭和23年12月21日生                                       ―
                                                     1、2
                                   取締役(現任)
                             平成28年6月      当社取締役(現任)
                             平成30年6月      大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社社外
                                   監査役(現任)
                                 21/58






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

      役名     職名     氏名      生年月日                 略歴              任期
                                                         (株)
                             昭和53年4月      (財)日本総合研究所入所
                             平成2年10月      当社入社
                             平成10年6月      当社取締役
                                                     (注)4
     常勤監査役       ─   二村 敏之     昭和26年12月24日生                                     9,000
                             平成20年6月      当社内部監査室長
                             平成29年6月      当社監査役(現任)
                             平成4年4月      ㈱旅行計画入社
                             平成13年1月      当社入社
                             平成15年6月      当社執行役員出版事業担当
                                                     (注)5
     常勤監査役       ─   木村 雅史     昭和31年11月24日生                                     10,000
                             平成28年4月      当社営業本部官公庁(現 イノベーション)
                                   事業部長
                             平成30年6月      当社監査役(現任)
                             昭和46年4月      ㈱東京銀行(現      ㈱三菱UFJ銀行)入行
                             平成12年12月      トリックス㈱取締役社長室長
                                                     (注)
                             平成14年9月      トリックス㈱代表取締役
     監査役       ―   佐藤 眞弘     昭和22年11月2日生                                       ―
                                                     3、6
                             平成22年6月      トリックス㈱代表取締役会長
                             平成23年6月      トリックス㈱取締役相談役
                                   当社監査役(現任)
                             平成4年3月      公認会計士登録
                             平成14年6月      中央青山監査法人社員
                             平成19年8月      あずさ監査法人(現 有限責任            あずさ監査法
                                   人)  社員
                                                     (注)
     監査役       ―   渡邉 泰宏     昭和40年2月5日生                                       ―
                             平成24年10月      兵庫県立大学准教授
                                                     3、7
                             平成26年4月      兵庫県立大学教授(現任)
                             平成28年6月      当社監査役(現任)
                             平成30年6月      関信用金庫監事(現任)
                              計                          1,792,100
      (注)   1 取締役      平田正之と取締役         髙松明は、社外取締役であります。
        2 取締役の任期は、平成29年3月期に係る定時株主総会終結の時から、平成31年3月期に係る定時株主総会終
          結の時までであります。
        3 監査役      佐藤眞弘及び監査役          渡邉泰宏は、社外監査役であります。
        4 常勤監査役        二村敏之の任期は、平成29年3月期に係る定時株主総会終結の時から、平成33年3月期に係る
          定時株主総会終結の時までであります。
        5 常勤監査役        木村雅史の任期は、平成30年3月期に係る定時株主総会終結の時から、平成34年3月期に係る
          定時株主総会終結の時までであります。
        6 監査役      佐藤眞弘の任期は、平成27年3月期に係る定時株主総会終結の時から、平成31年3月期に係る定時
          株主総会終結の時までであります。
        7 監査役      渡邉泰宏の任期は、平成28年3月期に係る定時株主総会終結の時から、平成32年3月期に係る定時
          株主総会終結の時までであります。
        8 当社では意思決定・監督と業務執行の分離による経営の透明性と迅速な業務執行を確保するため、執行役員
          制度を導入しております。執行役員は、執行役員営業本部VC事業部長                                  森照敏、執行役員営業本部岐阜支
          社長   瓜田昌宏、執行役員営業本部副本部長兼教育担当                       加納沙弥香、執行役員営業本部イノベーション事業
          部長   長澤晃、執行役員営業本部東京支社長                  倉橋誠一郎、執行役員営業本部名古屋支社長                     牧田人親の6名
          で構成されております。
                                 22/58







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は「地域社会への貢献」を社是とし、地域経済の活性化の一端を担う企業となることを目標としており、株
       主、投資家をはじめ、顧客及び地域社会からの信用をより高めることが重要であると認識しております。そのため
       にも、健全で透明性が高く、経営環境の変化に柔軟に対応できる組織を構築することが重要であり、これを実現す
       ることがコーポレート・ガバナンスの強化であると考えております。
        当社は今後も法令遵守体制を一層強化し、企業倫理の徹底、不祥事の防止及び企業の社会的責任に対する取組み
       を推進してまいります。
      ①  企業統治の体制

       ・企業統治の体制の概要
        当社は、取締役会による業務執行の監督機能と監査役会による監査機能を有する監査役会設置会社であります。
        当社の取締役会は取締役7名(うち社外取締役2名)で構成されております。定例取締役会は毎月1回以上開催
       し、経営に関する重要事項についての報告、決議を行っております。また、緊急な意思決定が必要な場合には随
       時、臨時取締役会を開催しております。なお、機動的な業務執行のために執行役員制度(有価証券報告書提出日現在
       6名)を導入しております。
        当社の監査役会は4名で、常勤が2名、非常勤が2名で社外監査役であります。監査役は、取締役会に出席し、
       取締役の意思決定や業務執行の適法性について意見を述べております。また、監査役会は毎月1回開催し、監査に
       関する重要な報告、協議を行い、監査役の業務執行に関する事項の決定等を行っております。さらに内部監査室や
       監査法人等との意見交換も積極的に行い、効率的かつ効果的な監査を実施しております。
       ・当該体制を採用する理由








        当社は、前述のとおり、取締役会による業務執行の監督機能と監査役会による監査機能を有する監査役会設置会
       社であります。監査役は監査役会で決定した監査方針等に従い、取締役会等の重要会議への出席、取締役等からの
       事業の報告の聴取、重要な決議書類等の閲覧、業務及び財産の状況の調査等により厳正な監査を実施し、経営への
       監視機能を果たしております。
       ・内部統制システムの整備状況
         当社は、下記のとおり「内部統制システムの基本方針」を取締役会にて決議しており、この基本方針に基づい
        た整備を行っております。
       イ.取締役・使用人の職務執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するため、法令等の遵守に対し、
        定期的に教育・啓蒙を行います。
         職務執行については、「職務権限規程」に責任者及びその責任、権限を定め業務を執行させるとともに、内部
                                 23/58


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
        監査を通じて業務の運営状況を把握し、その妥当性を検証します。
         法令上疑義のある行為に対しては、使用人が直接情報提供を行える通報窓口を設置するものとします。また、
        イ ンサイダー取引については、「重要情報の管理及び株券等の内部者取引防止に関する規程」により防止するも
        のとします。
       ロ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         当社は、「取締役会規程」、「稟議規程」、「文書管理規程」等にのっとり、取締役の職務の執行に係る情報
        を文書に記録して保存及び管理することとし、取締役及び監査役は常にこれらの文書を閲覧できるものとしま
        す。
       ハ.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         当社は、事業活動におけるリスク管理を経営の最重要課題と認識し、「リスク管理規程」に基づき、リスクを
        種類別に分け、それぞれの担当部署を設置し継続的に管理します。
         また、防災体制を含む分類されたリスクの特定、評価、制御による管理を実施し、これらの状況を定期的に検
        証し、リスク管理の実効性を確保します。
         なお、リスク管理部門として、内部監査室が管理本部及び関係部門と連携し、これに当たり、損失の危険のあ
        る重大な業務執行行為を発見した時は、取締役会、監査役会に通報する体制を構築するものとします。
       ニ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         取締役会は、取締役会規程に従い、適切な運営を確保し、原則月1回、その他必要に応じて随時開催し、適切
        な職務執行を実施し、意思疎通を図るとともに、相互の業務執行を監督します。
         また、効率性の観点から、各本部にて、統括する取締役が主催する会議を最低月に1回開催し、経営課題の審議
        と諸施策の遂行に努めます。
       ホ.当該株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
         当社グループは、業務の適正を確保するため、「関係会社管理規程」等にのっとり、業務執行の状況につい
        て、各担当部門が会社規程類等に準じた管理及び支援を行います。
         また、子会社は上記社内規程にのっとり、経営計画、損益、業務執行状況等の報告を当社に定期的に行うもの
        とします。
       ヘ.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況
         当社は、公共の秩序や安全を脅かす反社会的勢力や団体からの不当な要求等を一切排除することとしている。
        その整備状況として、「倫理行動規範」及び「反社会的勢力対策規程」において、反社会的勢力との関係遮断を
        明文化し周知徹底します。
         また、平素より関係行政機関などからの情報収集に努め、事案の発生時には速やかに担当部署へ報告・相談す
        るとともに、関係行政機関や法律の専門家と緊密に連携して適切に対処する体制を構築します。
       ト.監査役の職務を補助すべき使用人に関する体制と当該使用人の取締役からの独立性に関する事項、並びに当該
        使用人に対する指示の実効性に関する事項
         当社は、監査役会からその職務を補助すべき使用人を求められた場合、当社の従業者から監査役補助者を任命
        します。監査役を補助する使用人の人事に関する事項については、監査役との協議により定めるものとします。
         また、監査役より監査業務に必要な命令を受けた従業員は、その命令に関して、取締役の指揮命令を受けない
        ものとします。
       チ.取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制、報告をしたことを
        理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
         当社は、監査役が経営に関する重要な会議に出席し、取締役等から職務の執行状況の報告を受けること、及び
        重要な決裁書類を供覧し、経営情報をはじめとする各種の情報を取得することができる体制をとり、併せて、監
        査役が社長、会計監査人、内部監査室と意見及び情報交換を行う場を提供します。
         また、当社の取締役及び従業員は、会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事実を発見した場合には、監査役に
        報告するものとします。当該報告を行った当社の取締役及び使用人に対し、当該報告を行ったことを理由として
        不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を周知徹底します。
       リ.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握できるようにするため、監査役は取締役会のほか、経営会議
        その他の重要な会議に出席できるものとします。また、監査役から要求のあった文書等は、随時提供します。
         また、監査役の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続その他の当該職務の執行について生ず
        る費用または債務の処理については、当該監査役の職務の遂行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに
        当該費用または債務を処理します。
                                 24/58




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       ・リスク管理体制の整備状況
        当社のリスク管理体制といたしましては、内部監査室が、管理本部及び関係部門と連携し「内部統制プロジェク
       ト」を設置しており、リスクの予見、適切な評価及びリスクの回避等の措置対応を規定した「リスク管理規程」に
       基づき、継続的に管理しております。また、防災体制を含む分類されたリスクの特定、評価、制御による管理を実
       施、これらの状況を定期的に検証し、リスク管理の実効性を確保しております。
        また、経営危機が発生した場合に備え「経営危機管理規程」を設けており、取締役社長を責任者とする対策本部
       を設置する等、経営危機が発生した際の対応を定めており、不測の事態に備えた体制の整備をしております。
       ・責任限定契約の内容の概要
        当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法423条第1項の損害賠償責任を
       限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、社外取締役は金360万円または法令
       が定める額のいずれか高い額、社外監査役は金240万円または法令が定める額のいずれか高い額としております。な
       お、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役または社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について
       善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
      ②  内部監査及び監査役監査
        内部監査につきましては、社長直轄部門として内部監査室(2名)を置き、業務執行の妥当性、管理体制の遵守
       等幅広く検証しております。内部監査室は内部監査結果を社長及び監査役並びに監査役会へ報告し、業務改善の指
       導、確認等を行っております。さらに、監査法人に対して、業務監査結果を提供し、連携を図っています。
        当社の監査役会は社外監査役2名を含む4名で構成されております。監査役は、内部監査室と連携を取るととも
       に、各種会議への出席や支社、支局の業務監査を通じて、経営の執行状況を直接チェック可能な体制をとっており
       ます。また、会計監査に資するために、監査法人との連携を図っております。
      ③  社外取締役及び社外監査役
        当社の社外取締役は2名であり、当社の社外監査役は2名であります。
        社外取締役の平田正之氏は、長年にわたり会社の経営に携わり、その経歴を通じて培った経営の専門家としての
       経験・見識からの視点に基づく当社グループの今後の成長戦略の立案及び実行と、それに伴うコーポレート・ガバ
       ナンスの強化について有益なアドバイスとモニタリングを期待し社外取締役として選任いたしました。  
        社外取締役の髙松明氏は、日本銀行や株式会社名古屋証券取引所において要職を歴任し、国内外の経済の動向に
       関する高い見識をもとに、客観的・専門的な視点から当社の成長戦略の立案及び実行とコーポレート・ガバナンス
       の強化について有益なアドバイスとモニタリングを期待し選任いたしました。
        社外監査役の佐藤眞弘氏は、会社経営者としての経験と見識を活かし、当社の経営執行等の適法性について独立
       した立場で監査をして頂けると考え選任いたしました。
        社外監査役の渡邉泰宏氏は、公認会計士としての専門的な知識と経験、及び大学教授としての幅広い見識を当社
       の監査体制の強化に生かして頂けると考え選任いたしました。
        社外監査役は他の監査役と意見、情報交換を行い、問題点については取締役会に意見陳述する体制となっており
       ます。また、内部監査結果の監査役への報告や、監査法人と定期的に意見、情報交換を行うこと等により、監査の
       実効性の向上のための連携を図っております。
        なお、社外取締役及び社外監査役は、当社の株式を有しておりません。当社と社外監査役との人的関係、資本的
       関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。また、当該社外監査役が役員である会社等または役員であっ
       た会社等と、当社との間に特別な利害関係はありません。
        社外取締役及び社外監査役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準または方針はないものの、選任
       にあたっては、株式会社東京証券取引所及び株式会社名古屋証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を
       参考にしております。その内容は以下のとおりであります。
       a  当社または当社の関係会社の業務執行者でないこと
       b  当社を主要な取引先とする者または当社の主要な取引先及びその業務執行者でないこと
       c  当社から役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計専門家、法律専門家でない
       こと
       d  当社の主要株主でないこと
       e  当社または当社の関係会社の非業務執行取締役または会計参与でないこと
                                 25/58





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
      ④  役員の報酬等
       a  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
         第40期事業年度における当社役員に対する役員報酬は以下のとおりであります。
                                報酬等の種類別総額(千円)
                                                      対象となる
                報酬額の総額
        役員区分                                             役員の員数
                                ストック
                 (千円)
                         基本報酬                賞与      退職慰労金
                                                       (名)
                                オプション
      取締役
                    87,720       86,270          ―     1,450          ―    6
      (社外取締役を除く)
      監査役
                    7,190       6,890          ―      300         ―    2
      (社外監査役を除く)
      社外役員              12,732       12,332          ―      400         ―    5
       b  役員ごとの報酬等の総額等
         報酬等の総額が1億円以上のものが存在しないため、記載しておりません。
       c  使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの
         該当事項はありません。
       d  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
         各役員の報酬等の額は株主総会で決議された限度額の範囲内で、取締役会で決定しております。
      ⑤  株式の保有状況
       イ  投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
          銘柄数                    19銘柄
          貸借対照表計上額の合計額                  69,331千円
       ロ  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
        (前事業年度)
        特定投資株式
             銘柄            株式数(株)         貸借対照表計上額(千円)                 保有目的
      ㈱ヴィア・ホールディングス                        11,770             13,077    企業間取引の強化
      セーラー広告㈱                        40,000             11,520    企業間取引の強化
      ㈱十六銀行                        25,810              9,265    企業間取引の強化
      ㈱T&Dホールディングス                         5,400             8,726    企業間取引の強化
      ㈱地域新聞社                         6,000             2,724    企業間取引の強化
      名古屋鉄道㈱                         5,150             2,580    企業間取引の強化
      ㈱文溪堂                         2,200             2,013    企業間取引の強化
      ㈱電算システム                         1,000             1,646    企業間取引の強化
      ㈱ティア                          800             628   企業間取引の強化
      (注) ㈱地域新聞社以下の株式は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下でありますが、特定投資株式の全て
         の銘柄について記載しております。
        (当事業年度)
        特定投資株式
             銘柄            株式数(株)         貸借対照表計上額(千円)                 保有目的
      セーラー広告㈱                        40,000             16,600    企業間取引の強化
      ㈱T&Dホールディングス                         5,400             9,117    企業間取引の強化
      ㈱ヴィア・ホールディングス                        12,065              8,880    企業間取引の強化
      ㈱十六銀行                         2,581             7,317    企業間取引の強化
      ㈱地域新聞社                         6,000             3,282    企業間取引の強化
      名古屋鉄道㈱                         1,030             2,776    企業間取引の強化
      ㈱文溪堂                         2,200             2,244    企業間取引の強化
      ㈱電算システム                         1,000             1,982    企業間取引の強化
      ㈱ティア                          800             828   企業間取引の強化
      (注) ㈱地域新聞社以下の株式は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下でありますが、特定投資株式の全て
         の銘柄について記載しております。
                                 26/58




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       ハ  保有目的が純投資目的である投資株式
         該当事項はありません。
      ⑥  会計監査の状況
        当社は、有限責任         あずさ監査法人と監査契約を締結しております。
           業務を執行した公認会計士の氏名                         所属する監査法人
                                   有限責任     あずさ監査法人
        指定有限責任社員 業務執行社員 楠元  宏
                                   有限責任     あずさ監査法人
        指定有限責任社員 業務執行社員 石崎 勝夫
      (注)   1 継続監査年数については全員7年以内であるため年数の記載を省略しております。
        2 なお、当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、その他6名であります。
      ⑦  取締役及び監査役の定数及び取締役の選任の決議要件
        当社の取締役は10名以内としており監査役は4名以内としております。
        取締役及び監査役の選任決議について議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
       が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
        また、取締役の選任決議については、累積投票によらない旨定款に定めております。
      ⑧ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができるとした事項とその理由
       a  自己の株式の取得
         当社は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するため、会社法第165条第2項の規定により、取
        締役会の決議によって自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。
       b  中間配当
         当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間
        配当をすることができる旨定款に定めております。
       c  取締役及び監査役の責任免除
         当社は、取締役(取締役であった者を含む)及び監査役(監査役であった者を含む)が期待される役割を十分
        に発揮できるよう、会社法第423条第1項の責任につき、善意でかつ重大な過失がない場合は、取締役会の決議に
        よって、法令の定める限度額の範囲内で、その責任を免除することができる旨定款に定めております。
         また、当社は、社外取締役との間で、当該社外取締役の会社法第423条第1項の責任につき、善意でかつ重大な
        過失がないときは、3,600千円以上であらかじめ定める金額又は法令が定める額のいずれか高い額を限度として責
        任を負担する契約を締結することができ、社外監査役との間で、当該社外監査役の会社法第423条第1項の責任に
        つき、善意でかつ重大な過失がないときは、2,400千円以上であらかじめ定める金額又は法令が定める額のいずれ
        か高い額を限度として責任を負担する契約を締結することができる旨定款に定めております。
      ⑨  株主総会の特別決議要件
        株主総会の決議は、法令又は定款に別段の定めがある場合を除き、出席した議決権を行使することができる株主
       の議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
        会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
       が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
        これらは株主総会における特別決議の定足数の確保を容易にし、会社意思の決定の迅速化と適切な対応ができる
       ことを目的としております。
      (2)  【監査報酬の内容等】
       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                        前事業年度                      当事業年度
         区分
                 監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社               15,435              ―         16,000              ―
       ②  【その他重要な報酬の内容】

         前事業年度
          該当事項はありません。
         当事業年度
          該当事項はありません。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
         前事業年度
          該当事項はありません。
         当事業年度
          該当事項はありません。
       ④  【監査報酬の決定方針】
         当社は、監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針を定めていないため、該当事項はありません。
                                 27/58



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1 財務諸表の作成方法について

       当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務
      諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日ま
      で)の財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人により監査を受けております。
     3 連結財務諸表について

       当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
                                 28/58
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     1  【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
       ①【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,105,870              1,652,705
         現金及び預金
                                          15,154                230
         受取手形
                                        1,021,656               980,237
         売掛金
                                          9,256              8,190
         商品
                                          1,497              1,402
         仕掛品
                                           729              729
         貯蔵品
                                          17,617              16,626
         前払費用
                                          33,931              31,059
         繰延税金資産
                                         109,543              100,227
         その他
                                         △ 11,674              △ 7,802
         貸倒引当金
                                        2,303,582              2,783,605
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         231,187              240,084
           建物(純額)
                                          4,338              6,700
           構築物(純額)
                                          10,424               8,548
           工具、器具及び備品(純額)
                                         724,804              567,638
           土地
                                          71,363              47,131
           リース資産(純額)
                                           131               98
           その他(純額)
                                      ※1  1,042,249             ※1  870,201
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          21,111               3,271
           のれん
                                          19,326              19,326
           電話加入権
                                          25,453              66,336
           ソフトウエア
                                          2,438               677
           リース資産
                                          44,802               8,063
           その他
           無形固定資産合計                              113,132               97,676
         投資その他の資産
                                          68,483              69,331
           投資有価証券
                                         193,556              198,752
           差入保証金
                                           253             4,352
           繰延税金資産
                                          68,997              55,944
           その他
                                         △ 52,276             △ 54,454
           貸倒引当金
                                         279,015              273,926
           投資その他の資産合計
         固定資産合計                               1,434,397              1,241,804
                                        3,737,980              4,025,409
       資産合計
                                 29/58





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         638,813              830,816
         買掛金
                                         470,000              480,000
         短期借入金
                                         100,453               68,808
         1年内返済予定の長期借入金
                                          31,436              18,236
         リース債務
                                          44,683              52,186
         未払金
                                          75,652              103,670
         未払費用
                                          89,432              57,709
         未払法人税等
                                          22,365              41,030
         前受金
                                          33,514              54,691
         預り金
                                          70,400              71,600
         賞与引当金
                                          57,338              50,146
         その他
                                        1,634,090              1,828,896
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                                156,248              189,580
                                          47,415              33,196
         リース債務
                                          16,080              16,168
         その他
                                         219,744              238,944
         固定負債合計
                                        1,853,834              2,067,841
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         404,300              404,300
         資本金
         資本剰余金
                                          94,800              94,800
           資本準備金
                                          94,800              94,800
           資本剰余金合計
         利益剰余金
                                          21,000              21,000
           利益準備金
           その他利益剰余金
                                        1,373,488              1,447,570
             繰越利益剰余金
                                        1,394,488              1,468,570
           利益剰余金合計
                                         △ 15,802             △ 15,802
         自己株式
                                        1,877,786              1,951,868
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          6,358              5,699
         その他有価証券評価差額金
                                          6,358              5,699
         評価・換算差額等合計
                                        1,884,145              1,957,568
       純資産合計
                                        3,737,980              4,025,409
      負債純資産合計
                                 30/58







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                        7,425,503              7,400,292
      売上高
                                        3,941,875              3,944,974
      売上原価
                                        3,483,628              3,455,317
      売上総利益
                                      ※1  2,993,810            ※1  3,239,197
      販売費及び一般管理費
                                         489,817              216,120
      営業利益
      営業外収益
                                           718              469
       受取利息
                                          3,361              1,086
       受取配当金
                                         13,305              12,719
       受取賃貸料
                                          2,270              1,362
       受取補償金
                                          3,462              3,284
       その他
                                         23,118              18,922
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          3,399              2,981
       支払利息
                                          7,059              6,366
       支払手数料
                                          9,738              7,700
       車両事故損失
                                          3,000
       和解金                                                   -
                                          1,323                37
       その他
                                         24,520              17,085
       営業外費用合計
                                         488,416              217,957
      経常利益
      特別利益
                                                     ※2  142,591
       固定資産売却益                                    -
                                         15,509
       投資有価証券売却益                                                   -
                                          4,844
                                                          -
       抱合せ株式消滅差益
                                         20,354              142,591
       特別利益合計
      特別損失
                                                     ※3  98,509
       固定資産売却損                                    -
                                         ※4  456
       固定資産除却損                                                   -
                                                     ※5  15,833
       減損損失                                    -
                                                       14,469
                                            -
       保険解約損
       特別損失合計                                   456            128,812
                                         508,314              231,737
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   159,182               85,336
                                          △ 653            △ 2,481
      法人税等調整額
                                         158,529               82,854
      法人税等合計
                                         349,784              148,882
      当期純利益
                                 31/58







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                             前事業年度                  当事業年度

                          (自 平成28年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                  至 平成30年3月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 当期取扱仕入高                        3,620,590        91.9         3,630,412        92.0
     Ⅱ 商品売上原価

      1 期首商品棚卸高                          6,428                  9,256

                               324,112                  313,495

      2 当期商品仕入高
         合計

                               330,541                  322,752
                                9,256                  8,190

      3 期末商品棚卸高
        商品売上原価                         321,284        8.1          314,562        8.0

        売上原価                                100.0                  100.0

                              3,941,875                  3,944,974
                                 32/58














                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成28年4月1日         至  平成29年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                    株主資本
                            資本剰余金                  利益剰余金
                  資本金                           その他利益剰余金
                         資本準備金      資本剰余金合計        利益準備金              利益剰余金合計
                                             繰越利益剰余金
                   404,300        94,800       94,800       21,000      1,091,704       1,112,704
     当期首残高
     当期変動額
                                                △ 68,000      △ 68,000
      剰余金の配当
                                                349,784       349,784
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                                281,784       281,784
     当期変動額合計
                   404,300        94,800       94,800       21,000      1,373,488       1,394,488
     当期末残高
                     株主資本             評価・換算差額等

                                              純資産合計
                               その他有価証券        評価・換算
                  自己株式      株主資本合計
                                評価差額金       差額等合計
                   △ 15,802      1,596,002         10,089       10,089      1,606,091
     当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                    △ 68,000                     △ 68,000
                           349,784                      349,784
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
                                  △ 3,730      △ 3,730      △ 3,730
      当期変動額(純額)
                           281,784       △ 3,730      △ 3,730      278,053
     当期変動額合計
                   △ 15,802      1,877,786         6,358       6,358      1,884,145
     当期末残高
      当事業年度(自       平成29年4月1日         至  平成30年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                                    株主資本
                            資本剰余金                  利益剰余金
                  資本金                           その他利益剰余金
                         資本準備金      資本剰余金合計        利益準備金              利益剰余金合計
                                             繰越利益剰余金
                   404,300        94,800       94,800       21,000      1,373,488       1,394,488
     当期首残高
     当期変動額
                                                △ 74,800      △ 74,800
      剰余金の配当
                                                148,882       148,882
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                                 74,082       74,082
     当期変動額合計
                   404,300        94,800       94,800       21,000      1,447,570       1,468,570
     当期末残高
                     株主資本             評価・換算差額等

                                              純資産合計
                               その他有価証券        評価・換算
                  自己株式      株主資本合計
                                評価差額金       差額等合計
                   △ 15,802      1,877,786         6,358       6,358      1,884,145
     当期首残高
     当期変動額
                          △ 74,800                     △ 74,800
      剰余金の配当
                           148,882                      148,882
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
                                   △ 659      △ 659      △ 659
      当期変動額(純額)
                           74,082        △ 659      △ 659      73,422
     当期変動額合計
                   △ 15,802      1,951,868         5,699       5,699      1,957,568
     当期末残高
                                 33/58


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         508,314              231,737
       税引前当期純利益
                                         54,511              66,959
       減価償却費
                                          5,277              5,709
       のれん償却額
                                          2,848             △ 1,694
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          9,204              1,200
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 4,079             △ 1,556
       受取利息及び受取配当金
                                          3,399              2,981
       支払利息
                                                      △ 44,081
       固定資産売却損益(△は益)                                    -
                                                       15,833
       減損損失                                    -
                                                       14,469
       保険解約損益(△は益)                                    -
                                         △ 4,844
       抱合せ株式消滅差損益(△は益)                                                   -
                                        △ 97,413              77,616
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          8,171              1,161
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         26,523              193,484
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         △ 1,593             △ 2,177
       破産更生債権等の増減額(△は増加)
                                         34,998              41,170
       その他
                                         545,316              602,814
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  4,130              1,597
                                         △ 3,397             △ 2,862
       利息の支払額
                                        △ 174,157             △ 108,216
       法人税等の支払額
                                         371,891              493,332
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 438,443             △ 826,873
       定期預金の預入による支出
                                         443,000              436,250
       定期預金の払戻による収入
                                         10,334               3,364
       貸付金の回収による収入
                                        △ 45,793             △ 122,052
       有形固定資産の取得による支出
                                                       295,790
       有形固定資産の売却による収入                                    -
                                        △ 21,200             △ 22,461
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 41,503              △ 9,506
       差入保証金の差入による支出
       保険積立金の解約による収入                                    -            11,072
                                        △ 10,787               △ 252
       投資有価証券の取得による支出
                                         15,868
       投資有価証券の売却による収入                                                   -
                                      ※2  △  26,388            ※2  △  3,703
       事業譲受による支出
                                         △ 5,853             △ 1,748
       その他
                                        △ 120,768             △ 240,122
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 60,000              10,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)
       長期借入れによる収入                                 170,000              110,000
                                        △ 151,812             △ 108,313
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 30,426             △ 31,739
       リース債務の返済による支出
                                        △ 67,851             △ 73,945
       配当金の支払額
                                        △ 140,089              △ 93,997
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         111,032              159,213
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         188,350              317,618
      現金及び現金同等物の期首残高
      連結子会社の合併による現金及び現金同等物の増減
                                         18,235
                                                          -
      額(△は減少)
                                       ※1  317,618            ※1  476,831
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 34/58



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     1 有価証券の評価基準及び評価方法
        その他有価証券
          時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動
          平均法により算定)
          時価のないもの
          移動平均法による原価法
     2 たな卸資産の評価基準及び評価方法
        評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
      (1)  商品
        総平均法
      (2)  仕掛品
        個別法
     3 固定資産の減価償却の方法
      (1)   有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法によっております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成28年
        4月1日以降に取得した建物付属設備及び構築物については、定額法によっております。
        なお、取得価額10万円以上20万円未満の少額減価償却資産については、3年間均等償却によっております。
        また、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物                         4年~50年
         工具、器具及び備品    3年~20年
      (2)   無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法を採用しております。なお、主な償却年数は次のとおりであります。
         のれん          5年
         ソフトウェア(自社利用分) 5年(社内における利用可能期間)
      (3)   リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      (4) 長期前払費用
         当該資産の有効期間にわたり、均等償却しております。
     4 引当金の計上基準
      (1)   貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
        いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)   賞与引当金
        従業員の賞与の支払いに備えるため、支給見込額に基づき当事業年度負担額を計上しております。
     5 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、か
        つ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなっております。
     6 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 35/58





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       (未適用の会計基準等)
      収益認識に関する会計基準等
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員
       会)
      (1) 概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計
       基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
       Topic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は平成29年12月15
       日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括
       的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
       を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発点
       とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合に
       は、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされています。
      (2) 適用予定日

        適用時期については、現在検討中であります。
      (3) 当該会計基準等の適用による影響

        財務諸表に与える影響については、現在評価中であります。
                                 36/58













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
                                489,133                 519,636
         有形固定資産の減価償却累計額                           千円                 千円
       (損益計算書関係)

     ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                             至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
                                1,768,970                 1,937,987
         給料及び手当                            千円                 千円
                                 70,400                 71,600
         賞与引当金繰入額                            千円                 千円
                                 54,511                 66,959
         減価償却費                            千円                 千円
                                  6,835                 1,304
         貸倒引当金繰入額                            千円                 千円
                                  5,277                 5,709
         のれん償却額                            千円                 千円
        おおよその割合

         販売費                             78%                 76%
         一般管理費                             22%                 24%
     ※2 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                             至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
         土地                           ― 千円              142,591    千円
     ※3 固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                             至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
         土地                           ― 千円              98,509   千円
     ※4 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                             至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
         建物                           0 千円                 ― 千円
         工具、器具及び備品                           0 千円                 ― 千円
         ソフトウエア                          456  千円                 ― 千円
              合計                          456  千円                 ― 千円
     ※5 減損損失

        当事業年度において、当社は以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
           場所              用途              種類             減損損失

     東北支社(宮城県仙台市)                    ―            のれん               15,833千円
        当社は、減損損失を把握するにあたり、原則として継続してキャッシュ・フローの把握が可能な最小の単位で資
       産をグルーピングしております。
        当該のれんについては、事業を譲り受けた際に超過収益力を前提にのれんを計上しておりましたが、取得時に検
       討した事業計画の進捗に遅れが生じており計画達成に時間を要すると判断したため、未償却残高の全額を減損損失
       として特別損失に計上しております。
                                 37/58



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       (株主資本等変動計算書関係)
      前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                7,044,000               ―           ―       7,044,000
      2 自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                 243,938              ―           ―        243,938
      3 新株予約権等に関する事項

         該当事項はありません。
      4 配当に関する事項

       (1)   配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成28年6月17日
                普通株式           68,000           10   平成28年3月31日         平成28年6月20日
     定時株主総会
       (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                        基準日        効力発生日
                            (千円)       配当額(円)
     平成29年6月15日
               普通株式     利益剰余金          74,800         11  平成29年3月31日         平成29年6月16日
     定時株主総会
      当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                7,044,000               ―           ―       7,044,000
      2 自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                 243,938              ―           ―        243,938
      3 新株予約権等に関する事項

         該当事項はありません。
      4 配当に関する事項

       (1)   配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成29年6月15日
                普通株式           74,800           11   平成29年3月31日         平成29年6月16日
     定時株主総会
       (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                        基準日        効力発生日
                            (千円)       配当額(円)
     平成30年6月21日
               普通株式     利益剰余金          81,600         12  平成30年3月31日         平成30年6月22日
     定時株主総会
                                 38/58




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       (キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1    現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                           (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                            至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
         現金及び預金                      1,105,870千円                 1,652,705千円
         投資その他の資産の「その他」に
                                   ―千円               3,001千円
         計上されている長期性預金
         預入期間が3か月を超える
                               △788,251千円                △1,178,875千円
         定期預金
         現金及び現金同等物                       317,618千円                 476,831千円
     ※2    現金及び現金同等物を対価とする事業の譲受に係る資産及び負債の主な内訳

      前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
        当事業年度に実施した株式会社コア・コミュニティーの事業譲受に伴う資産及び負債の内訳並びに事業の譲受価
       格と事業譲受による支出は、次のとおりであります。
                          26,388千円
         固定資産
               事業譲受の対価
                          26,388千円
                             ―千円
         現金及び現金同等物
          差引:事業譲受による支出                26,388千円
      当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

        当事業年度に実施した株式会社和歌山毎日広告社の事業譲受に伴う資産及び負債の内訳並びに事業の譲受価格と
       事業譲受による支出は、次のとおりであります。
                           3,703千円
         固定資産
               事業譲受の対価
                           3,703千円
                             ―千円
         現金及び現金同等物
          差引:事業譲受による支出                3,703千円
     3 重要な非資金取引の内容

      前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
        当事業年度に合併した株式会社エルアドより引き継いだ資産及び負債の主な内訳は次のとおりであります。
         流動資産                  54,348千円
                            66千円
         固定資産
                  資産合計
                          54,415千円
         流動負債                  31,520千円
                             ―千円
         固定負債
                  負債合計        31,520千円
      当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
                                 39/58






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       (リース取引関係)
     オペレーティング・リース取引
     (借主側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                 (単位:千円)
                          前事業年度                 当事業年度
                        (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     1年内                           32,946                 32,788
     1年超                           112,783                  79,995
     合計                           145,729                 112,783
       (金融商品関係)

     1 金融商品の状況に関する事項
      (1) 金融商品に対する取組方針
        当社は、市場環境や長短のバランスを勘案して、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。また、資
       金の運用は主に安全性の高い預金で運用しています。なお、デリバティブ取引については行っておりません。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
       営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されており、当該リスク管理のため、当社は、
      「与信管理規程」により取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、各営業部門により定期的に信用状況
      を把握しております。投資有価証券には市場価格の変動リスクがあります。当該リスクの管理のため、発行体の財
      務状況や市場価格の推移等、継続的モニタリングを行っております。
       営業債務である買掛金及び未払金は、1年以内の支払期日であります。借入金のうち、変動金利借入については
      金利の変動リスクに晒されていますが、変動金利預金等とのバランスを定期的に見直すなどの対策を行っておりま
      す。
     2 金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については次のとおりです。なお、時価を把握することが極めて困難
      と認められるものは、次表には含めておりません((注2)参照)。
       前事業年度(平成29年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                        貸借対照表計上額               時価            差額
     (1)現金及び預金                        1,105,870            1,105,870                -
     (2)受取手形                         15,154            15,154              -
     (3)売掛金                        1,021,656
      貸倒引当金(※1)                        △4,965
      売掛金(純額)                       1,016,690            1,016,690                -
     (4)投資有価証券
      その他有価証券                        52,180            52,180              -
     資産計                        2,189,895            2,189,895                -
     (1)買掛金                         638,813            638,813               -
     (2)未払金                         44,683            44,683              -
     (3)未払費用                         75,652            75,652              -
     (4)未払法人税等                         89,432            89,432              -
     (5)短期借入金                         470,000            470,000               -
     (6)長期借入金(※2)                         256,701            256,198             △502
     (7)リース債務(※2)                         78,852            78,420             △431
     負債計                        1,654,135            1,653,200              △934
      (※1)   売掛金に対して個別計上している貸倒引当金を控除しております。
      (※2)   1年内返済予定の長期借入金及びリース債務を含んでおります。
                                 40/58



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       当事業年度(平成30年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                        貸借対照表計上額               時価            差額
     (1)現金及び預金                        1,652,705            1,652,705                -
     (2)受取手形                           230            230             -
     (3)売掛金                         980,237
                              △2,405
      貸倒引当金(※1)
      売掛金(純額)                        977,832            977,832               -
     (4)投資有価証券
      その他有価証券                        53,028            53,028              -
     資産計                        2,683,796             268,796               -
     (1)買掛金                         830,816            830,816               -
     (2)未払金                         52,186            52,186              -
     (3)未払費用                         103,670            103,670               -
     (4)未払法人税等                         57,709            57,709              -
     (5)短期借入金                         480,000            480,000               -
     (6)長期借入金(※2)                         258,388            259,341              953
     (7)リース債務(※2)                         51,432            51,258             △173
     負債計                        1,834,203            1,834,983               779
      (※1)   売掛金に対して個別計上している貸倒引当金を控除しております。
      (※2)   1年内返済予定の長期借入金及びリース債務を含んでおります。
      (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

      資産
       (1)  現金及び預金、(2)         受取手形、(3)       売掛金
         これらは全て短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額によっており
        ます。
       (4)  投資有価証券
         株式の時価は取引所の価格によっております。
      負債
       (1)  買掛金、(2)      未払金、(3)      未払費用、(4)       未払法人税等、(5)         短期借入金
         これらは全て短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
        ります。
       (6)  長期借入金、(7)        リース債務
         これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入又はリース取引を行った場合に想定される
        利率で割り引いた現在価値により算定しております。
      デリバティブ取引
         当社はデリバティブ取引を行っていないため、該当事項はありません。
      (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                        (単位:千円)
            区分            平成29年3月31日            平成30年3月31日
     投資有価証券       (*1)
                               11,303            11,303
       非上場株式
                               5,000            5,000
       その他
     差入保証金      (*2)
                              193,556            198,752
            合計                  209,859            215,055
       (*1)   市場価格がなく、かつ合理的なキャッシュ・フローを見積もることが極めて困難と認められることから、上
         表「(4)投資有価証券 その他有価証券」には含めておりません。
       (*2)   償還予定時期の予測が困難であり、合理的なキャッシュ・フローを見積もることが極めて困難と認められる
         ことから、上表には含めておりません。
                                 41/58




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
      (注3)金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額
        前事業年度(平成29年3月31日)

                                         1年超      5年超
                                   1年以内                   10年超
                                         5年以内      10年以内
                                   (千円)                   (千円)
                                         (千円)      (千円)
         現金及び預金                          1,105,870          ―      ―      ―
         受取手形                           15,154         ―      ―      ―
         売掛金                          1,021,656          ―      ―      ―
                    合計               2,142,681          ―      ―      ―
        当事業年度(平成30年3月31日)

                                         1年超      5年超
                                   1年以内                   10年超
                                         5年以内      10年以内
                                   (千円)                   (千円)
                                         (千円)      (千円)
         現金及び預金                          1,652,705          ―      ―      ―
         受取手形                             230       ―      ―      ―
         売掛金                           980,237         ―      ―      ―
                    合計               2,633,173          ―      ―      ―
      (注4)社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額

        前事業年度(平成29年3月31日)

                             1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                               5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                               (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
         短期借入金               470,000         ―      ―      ―      ―      ―
         長期借入金               100,453       54,088      28,564      27,136      22,136      24,324
         リース債務               31,436      17,728      11,352       9,985      7,693       654
              合計          601,889       71,816      39,916      37,121      29,829      24,978
        当事業年度(平成30年3月31日)

                             1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                               5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                               (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
         短期借入金               480,000         ―      ―      ―      ―      ―
         長期借入金               68,808      46,594      42,856      37,856      32,856      29,418
         リース債務               18,236      12,130      10,763       8,741      1,432       129
              合計          567,044       58,724      53,619      46,597      34,288      29,547
                                 42/58







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
     1.その他有価証券
       前事業年度(平成29年3月31日)
                         貸借対照表計上額              取得原価             差額
             区分
                           (千円)            (千円)            (千円)
     貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
       株式                          42,914            32,992            9,922
             小計                  42,914            32,992            9,922
     貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
       株式                          9,265            9,860            △594
             小計                   9,265            9,860            △594
             合計                  52,180            42,852            9,327
       当事業年度(平成30年3月31日)

                         貸借対照表計上額              取得原価             差額
             区分
                           (千円)            (千円)            (千円)
     貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
       株式                          36,830            22,713            14,117
             小計                  36,830            22,713            14,117
     貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
       株式                          16,197            20,391           △4,193
             小計                  16,197            20,391           △4,193
             合計                  53,028            43,104            9,923
     2.事業年度中に売却したその他有価証券

       前事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                     売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
         区分
                     (千円)              (千円)              (千円)
     株式                     15,868              15,509                 ―
         合計                 15,868              15,509                 ―
       当事業年度(自         平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
       (デリバティブ取引関係)

        当社はデリバティブ取引を行っていないため、該当事項はありません。
                                 43/58







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
       前事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
     1.採用している退職給付制度の概要 
        当社は、確定拠出型の制度として確定拠出年金制度を採用しております。
     2.退職給付費用に関する事項 
        当社確定拠出制度への要拠出額は、19,184千円であります。
       当事業年度(自         平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

     1.採用している退職給付制度の概要 
        当社は、確定拠出型の制度として確定拠出年金制度を採用しております。
     2.退職給付費用に関する事項 
        当社確定拠出制度への要拠出額は、19,720千円であります。
       (税効果会計関係)

     1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前事業年度               当事業年度
                               (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
          (繰延税金資産)
         賞与引当金                          21,225千円               21,424千円
         未払法定福利費                          3,069千円               3,117千円
         貸倒引当金                          9,203千円               8,670千円
         ゴルフ会員権評価損                          15,381千円               15,381千円
         減損損失                          12,835千円               15,468千円
         未払事業税                          5,677千円               3,659千円
                                   3,133千円               3,176千円
         その他
         繰延税金資産小計
                                  70,527千円               70,897千円
         評価性引当額                         △33,373千円               △31,261千円
                                  △2,968千円               △4,224千円
         繰延税金負債との相殺
         繰延税金資産合計
                                  34,185千円               35,411千円
          (繰延税金負債)
                                  △2,968千円               △4,224千円
         その他有価証券評価差額金
         繰延税金負債小計
                                  △2,968千円               △4,224千円
                                   2,968千円               4,224千円
         繰延税金資産との相殺
         繰延税金負債合計                            ―千円               ―千円
         差引:繰延税金資産の純額
                                  34,185千円               35,411千円
     2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項

       目別の内訳
                                 前事業年度               当事業年度
                               (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
         法定実効税率                              ―            30.2%
          (調整)
         交際費等永久に損金に算入されない項目                              ―             2.6%
         住民税均等割等                              ―             5.0%
         役員賞与                              ―             0.3%
         評価性引当額の増減                              ―            △0.0%
         雇用者給与等支給額が増加した場合の法
                                       ―            △2.6%
         人税額の特別控除
                                       ―             0.3%
         その他
         税効果適用後の法人税等の負担率                              ―            35.8%
       (注)前事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分
          の5以下であるため注記を省略しております。
                                 44/58




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       (企業結合等関係)
      取得による企業結合
      1.企業結合の概要
       (1)    相手企業の名称及びその事業の内容
          相手企業の名称             株式会社和歌山毎日広告社
          取得した事業の内容                出版事業
       (2)    企業結合を行った主な理由
         和歌山県への事業拡大を目的として、地域フリーマガジン『らくり』、同『まいなぁが』に関する事業を譲り
         受けております。
       (3)    企業結合日
          平成29年9月21日
       (4)    企業結合の法的形式
         事業譲受
       (5)    取得企業を決定するに至った主な根拠
         株式会社中広が現金を対価として事業を譲り受けたこと。
      2.損益計算書に含まれる取得した事業の業績の期間

        平成29年9月21日から平成30年3月31日まで
      3.取得した事業の取得原価及びその内訳

       取得の対価             現金                3,703千円
       取得に直接要した費用
                                       ―
       取得原価                            3,703千円
      4.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

       (1)    発生したのれんの金額
          3,703千円
       (2)    発生原因
          主として株式会社和歌山毎日広告社が事業を展開する和歌山県への事業拡大によって期待される超過収益力で
         す。
       (3)    償却方法及び償却期間
          5年間にわたる均等償却
       (賃貸等不動産関係)

        賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 45/58









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     1 報告セグメントの概要
       当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の
      配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
       当社は前事業年度より、営業本部において支社・事業部体制をとり、地域別の支社に編集室及び広告SP部、広域
      営業部などが属しています。従って、各支社内・事業部内の部署を主な事業で分類した上で合算し、自社メディアを
      中心とする「メディア事業」、及び自社メディアを含むマルチメディアで広告ソリューションを広告主や広告代理店
      などに提供する「広告SP事業」の2つを報告セグメントとしております。
       「メディア事業」は、主にフリーマガジン『地域みっちゃく生活情報誌(R)』『ままここっと(R)』の発行、地域
      みっちゃく生活情報総合ポータルサイト「フリモ(R)」(furimo.jp)の開発・販売・運営、研修・講演会・コンサー
      ト・シンポジウム・セミナー等の企画運営、各種広報・PRの実施、インターネット通信販売を行っております。
       「広告SP事業」は、広告戦略・広告計画・販売促進計画を立案する総合広告会社として、広告主の要望に応える
      媒体の選択、デザインの提案及び販売促進策の企画運営を行っております。なお、主な取り扱い媒体は自社メディ
      ア・テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・インターネット広告・各種印刷物となっております。
     2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
       報告されている事業セグメントごとの会計処理の方法は財務諸表作成において採用している会計処理の方法と概
      ね同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
     3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
       前事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                    財務諸表
                                            調整額(注)
                                                     計上額
                    メディア事業        広告SP事業          計
     売上高
                      5,087,452        2,338,050        7,425,503                7,425,503
       外部顧客への売上高                                            ―
       セグメント間の内部
                          ―        ―        ―        ―        ―
       売上高又は振替高
                      5,087,452        2,338,050        7,425,503                7,425,503
           計                                      ―
                       794,017        368,214       1,162,232        △ 672,414        489,817
     セグメント利益
                      1,383,577         510,451       1,894,028        1,843,951        3,737,980
     セグメント資産
                       472,427        253,929        726,357       1,127,476        1,853,834
     セグメント負債
     その他の項目
                       17,264        4,684       21,949        32,561        54,511
       減価償却費
                        5,277                5,277                5,277
      のれん償却費                             ―                ―
      有形固定資産及び
                       42,724        16,459        59,184        49,199       108,383
      無形固定資産の増加額
      (注)   調整額は、以下のとおりであります。
        (1)  セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに帰属しない全社費用であります。全社費用は、主に総務及
          び経理等の管理部門、及びクリエイティブ部門にかかる一般管理費であります。
        (2)  セグメント資産及びセグメント負債の調整額は、各報告セグメントに帰属しない全社資産及び全社負債であ
          ります。全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金であり、全社負債は主に報告セグメン
          トに帰属しない借入金であります。
        (3)  その他の項目は、各報告セグメントに帰属しない全社資産に係る減価償却費及び固定資産の増加額でありま
          す。
                                 46/58




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       当事業年度(自         平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                    財務諸表
                                            調整額(注)
                                                     計上額
                    メディア事業        広告SP事業          計
     売上高
                      5,477,346        1,922,945        7,400,292                7,400,292
       外部顧客への売上高                                            ―
       セグメント間の内部
                          ―        ―        ―        ―        ―
       売上高又は振替高
                      5,477,346        1,922,945        7,400,292                7,400,292
           計                                      ―
                       732,116        257,566        989,683       △ 773,562        216,120
     セグメント利益
                      1,344,799         464,124       1,808,924        2,216,484        4,025,409
     セグメント資産
                       659,236        267,945        927,182       1,140,658        2,067,841
     セグメント負債
     その他の項目
                       18,688        2,779       21,468        45,491        66,959
       減価償却費
                        5,709                5,709                5,709
      のれん償却費                             ―                ―
      有形固定資産及び
                       124,568          837      125,406        27,300       152,706
      無形固定資産の増加額
      (注)   調整額は、以下のとおりであります。
        (1)  セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに帰属しない全社費用であります。全社費用は、主に総務及
          び経理等の管理部門、及びクリエイティブ部門にかかる一般管理費であります。
        (2)  セグメント資産及びセグメント負債の調整額は、各報告セグメントに帰属しない全社資産及び全社負債であ
          ります。全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金であり、全社負債は主に報告セグメン
          トに帰属しない借入金であります。
        (3)  その他の項目は、各報告セグメントに帰属しない全社資産に係る減価償却費及び固定資産の増加額でありま
          す。
      【関連情報】

       前事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
     1 製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報

      (1) 売上高
       本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2) 有形固定資産
       本邦以外に所有している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3 主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
                                 47/58







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       当事業年度(自         平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
     1 製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報

      (1) 売上高
       本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2) 有形固定資産
       本邦以外に所有している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3 主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自         平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                                               (単位:千円)
                     報告セグメント
                                       調整額         合計
              メディア事業        広告SP事業          計
                 15,833                15,833                 15,833
     減損損失                      ―                ―
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                               (単位:千円)
                     報告セグメント
                                       調整額         合計
              メディア事業        広告SP事業          計
                  5,277                5,277                 5,277
     当期償却額                      ―                ―
                 21,111                21,111                 21,111
     当期末残高                      ―                ―
       当事業年度(自         平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                                               (単位:千円)
                     報告セグメント
                                       調整額         合計
              メディア事業        広告SP事業          計
                  5,709                5,709                 5,709
     当期償却額                      ―                ―
                  3,271                3,271                 3,271
     当期末残高                      ―                ―
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自         平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
       (持分法損益等)

       当社は、関連会社を有していないため、該当事項はありません。
                                 48/58




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       【関連当事者情報】
        前事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
          該当事項はありません
        当事業年度(自         平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                              議決権等の
           会社の                         関連当事者
      種 類          所在地     資本金    事業の内容     所有(被所有)            取引の内容     取引金額     科 目    期末残高
           名称                         との関係
                               割合
     役員及び
                                         土地の売却
     その近親者
          有限会社                               (注2)
               岐阜県岐阜市          有価証券の
                                   不動産の取引
     が議決権の
                             被所有
               福光南町2番       3,000   売買、損害
          オリベ興産
                                         売却代金      29,100     ―     ―
                              直接23.8%
     過半数を
                                   役員の兼任
                5号        保険代理業
           (注1)
     所有して
                                          売却損      98,509     ―     ―
     いる会社等
     (注1)   当社代表取締役社長 後藤一俊は、同社の議決権の100%を直接保有しております。
     (注2)   売却価額は不動産鑑定評価によっております。
       (1株当たり情報)

                             前事業年度                  当事業年度

                          (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                           至    平成29年3月31日)                至    平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額                              277円08銭                  287円88銭
     1株当たり当期純利益金額                               51円44銭                  21円89銭

      (注)   1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。 
                                    前事業年度             当事業年度
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                 至    平成29年3月31日)           至    平成30年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      当期純利益(千円)                                   349,784

                                                      148,882
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―             ―

      普通株式に係る当期純利益(千円)                                   349,784

                                                      148,882
      普通株式の期中平均株式数(株)

                                        6,800,062             6,800,062
        3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                    前事業年度             当事業年度
                                  (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
                                        1,884,145
     純資産の部の合計額(千円)                                                1,957,568
                                            ―             ―

     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)
                                        1,884,145

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                                1,957,568
     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                        6,800,062
                                                     6,800,062
     の数(株)
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 49/58




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
      ⑤  【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価

                                         償却累計額            差引当期末
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
        資産の種類                                 又は償却             残高
                   (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)
                                          累計額            (千円)
                                          (千円)
     有形固定資産
      建物             533,919

                         49,476      32,285     551,110      311,025      13,031     240,084
      構築物             17,875

                          3,350      3,359     17,866      11,166       987     6,700
      工具、器具及び備品             63,895

                          2,232        ―   66,128      57,579      4,107      8,548
      土地

                   724,804      66,993     224,160      567,638         ―      ―   567,638
      リース資産             164,067

                          4,320      8,100     160,287      113,156      28,552      47,131
      その他の
                    26,819
                            ―     12    26,807      26,709        32      98
      有形固定資産
                  1,531,383
       有形固定資産計                 126,372      267,917     1,389,838       519,636      46,712     870,201
     無形固定資産

                               26,388
      のれん             26,388
                          3,703            3,703       432     5,709      3,271
                               (15,833)
      電話加入権              19,326        ―      ―   19,326        ―      ―   19,326
      ソフトウェア              46,900      58,366        ―   105,267      38,930      17,484      66,336

      リース資産              13,705        ―      ―   13,705      13,027      1,760       677

      その他の
                    46,780      2,233     37,969      11,044      2,981      1,002      8,063
      無形固定資産
                               64,358
                   153,102
       無形固定資産計                  64,303           153,047      55,371      25,957      97,676
                               (15,833)
      (注)   1  当期増加額のうち主なものは次のとおりであります
           建物         北関東支社事務所取得                                                    42,175千円
           土地         北関東支社事務所取得                                                        66,993千円
           ソフトウェア                C-brainシステム                         35,156千円
           ソフトウェア     フリモAR画像認識                                               20,000千円
        2  当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
           建物         名古屋西部事務所売却                                             32,285千円
           土地         名古屋西部事務所売却                                             96,550千円
           土地         岐阜旧本社駐車場売却           127,609千円
        3  当期減少額の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。
        【社債明細表】

         該当事項はありません。
                                 50/58





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
        【借入金等明細表】
                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                     470,000         480,000          0.40        ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     100,453         68,808          0.50        ―

     1年以内に返済予定のリース債務                     31,436         18,236           ―      ―

                                                 平成31年4月から
     長期借入金(1年以内に返済予定の
                          156,248         189,580          0.33
     ものを除く)
                                                 平成36年8月まで
                                                 平成31年4月から
     リース債務(1年以内に返済予定の
                           47,415         33,196           ―
     ものを除く)
                                                 平成35年5月まで
            合計              805,553         789,820            ―      ―
      (注)   1 「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。なお、リース債
          務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を貸借対照表に計上し
          ているため、「平均利率」を記載しておりません。
        2 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の貸借対照表日後5年内における返済予定額
          は次のとおりであります。
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
             区分
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
            長期借入金             46,594          42,856          37,856          32,856
            リース債務             12,130          10,763          8,741          1,432
         【引当金明細表】

                                   当期減少額        当期減少額

                   当期首残高        当期増加額                         当期末残高
          区分                         (目的使用)         (その他)
                    (千円)        (千円)                         (千円)
                                    (千円)        (千円)
     貸倒引当金                63,950         2,871        2,998        1,567        62,256
     賞与引当金                70,400        71,600        70,400           ―      71,600
      (注) 1.貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、債権回収等による取崩額であります。
         2.計上の理由及び算定方法は、重要な会計方針に注記しております。
        【資産除去債務明細表】

         該当事項はありません。
                                 51/58








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【主な資産及び負債の内容】
       ①   現金及び預金
                 区分                         金額(千円)

      現金                                            1,656
      預金
       当座預金
                                                 31,509
       普通預金
                                                385,661
       別段預金                                             364
       定期預金                                        1,233,512
                  計                              1,651,049
                 合計                              1,652,705
       ② 受取手形

         相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      日本ピストンリング㈱                                             230
                 合計                                 230
         期日別内訳

                 期日別                          金額(千円)
      平成30年4月満期                                              ―
      平成30年5月満期                                             230
                 合計                                 230
       ③ 売掛金

         相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      岐阜県                                           83,080
      ㈱ヤクルト球団                                           24,509
      ㈱東通エィジェンシー                                           14,931
      ㈱中村                                            8,881
      日本赤十字社                                            8,320
      その他                                           840,513
                 合計                               980,237
         売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                   滞留期間(日)
                                          回収率(%)
                                                   (A)+(D)
       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                                     2
        (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                          (C)
                                              ×100
                                                     (B)
        (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)+(B)
                                                     365
        1,021,656         7,990,428         8,031,847          980,237          89.1         45.7
      (注)    消費税等の会計処理は、税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
       ④ 商品

                 区分                         金額(千円)

       通信販売用商品                                            8,140
       その他                                             49
                 合計                                8,190
                                 52/58




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 仕掛品
                 区分                         金額(千円)

       未制作支出金                                            1,402
                 合計                                1,402
       ⑥ 貯蔵品

                 区分                         金額(千円)

       フリPON端末                                             729
                 合計                                 729
       ⑦ 買掛金

         相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      大日本印刷㈱                                           85,353
      共立印刷㈱                                           75,969
      ㈱アイカ                                           47,665
      ㈱中日総合サービス                                           45,535
      長苗印刷㈱                                           36,966
      その他                                           539,326
                 合計                               830,816
      (3)  【その他】

        当事業年度における四半期情報等
         (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          当事業年度

     売上高          (千円)        1,770,787          3,531,745          5,442,863          7,400,292
     税引前四半期
                (千円)          11,688          47,813         130,725          231,737
     (当期)純利益金額
     四半期(当期)純利益
                (千円)          4,228         24,258          77,482         148,882
     金額
     1株当たり四半期
                (円)          0.62          3.57         11.39          21.89
     (当期)純利益金額
         (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり
                (円)          0.62          2.95          7.83         10.50
     四半期純利益金額
                                 53/58








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度              4月1日から3月31日まで

     定時株主総会              6月中

     基準日              3月31日

                   9月30日
     剰余金の配当の基準日
                   3月31日
     1単元の株式数              100株
     単元未満株式の買取り

                   (特別口座)
       取扱場所
                   名古屋市中区栄三丁目15番33号                三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                   (特別口座)
       株主名簿管理人
                   東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社
       取次所              ―
       買取手数料              株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                   当会社の公告方法は、電子公告とする。ただし、電子公告を行うことができない事

                   故、その他のやむを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して公告す
                   る。
     公告掲載方法
                   なお、電子公告は当会社ホームページに掲載し、そのURLは次のとおりです。
                   http://www.chuco.co.jp
     株主に対する特典              該当事項はありません

      (注) 当会社の株主はその有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない。
            会社法第189条第2項各号に掲げる権利
            会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
            株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 54/58











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     第7   【提出会社の参考情報】

     1  【提出会社の親会社等の情報】

      当社には、親会社等はありません。
     2  【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

       事業年度 第39期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)平成29年6月16日東海財務局長に提出。
     (2)  内部統制報告書及びその添付書類

       事業年度 第39期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)平成29年6月16日東海財務局長に提出。
     (3)  四半期報告書及び確認書

       第40期第1四半期(自          平成29年4月1日 至           平成29年6月30日)平成29年8月9日東海財務局長に提出。
       第40期第2四半期(自          平成29年7月1日 至           平成29年9月30日)平成29年11月8日東海財務局長に提出。
       第40期第3四半期(自          平成29年10月1日 至           平成29年12月31日)平成30年2月8日東海財務局長に提出。
     (4)  臨時報告書

       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号(財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著し
      い影響を与える事象)の規定に基づく臨時報告書
       平成30年1月12日東海財務局長に提出。
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号(財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著し
      い影響を与える事象)の規定に基づく臨時報告書
       平成30年3月9日東海財務局長に提出。
                                 55/58











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 56/58



















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成30年6月21日

     株  式  会  社 中    広
      取  締  役  会    御  中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                    公認会計士  楠 元  宏                 ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士  石 崎 勝 夫                 ㊞
                        業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社中広の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第40期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表
     について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社中広の平成30年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フローの
     状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 57/58





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社中広の平成30年3月
     31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社中広が平成30年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部
     統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報
     告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (※)   1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 58/58









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。