中国農業銀行股イ分有限公司 有価証券報告書

提出書類 有価証券報告書
提出日
提出者 中国農業銀行股イ分有限公司
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      【表紙】

      【提出書類】                 有価証券報告書

      【根拠条文】                 金融商品取引法第24条第1項

      【提出先】                 関東財務局長

      【提出日】                 平成30年6月28日

      【事業年度】                 自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日

      【会社名】                 中国農業銀行股       份 有限公司

                       (Agricultural       Bank   of  China   Limited)
      【代表者の役職氏名】                 周  万阜

                       取締役会秘書役
                       (Zhou   Wanfu,    Secretary     to  the  Board   of  Directors)
      【本店の所在の場所】                 中華人民共和国        100005    北京市東城区建国門内大街69号

                       (No.   69,  Jianguomen      Nei  Avenue
                       Dongcheng     District,     Beijing    100005,    PRC)
      【代理人の氏名又は名称】                 弁護士 柴      田  弘  典

      【代理人の住所又は所在地】                 東京都千代田区大手町一           丁目1番1号       大手町パークビルディング

                       アンダーソン・毛利・友常法律事務所
      【電話番号】                 (03)6775-1000

      【事務連絡者氏名】                 弁護士 山      橋  信  也

                       弁護士 八      坂  俊  輔
      【連絡場所】                 東京都千代田区大手町一丁目             1 番 1 号 大手町パークビルディング

                       アンダーソン・毛利・友常法律事務所
      【電話番号】                 (03)6775-1441

      【縦覧に供する場所】                 該当なし

      ( 注) 1.      本書において記載されている「香港ドル」は、中華人民共和国の香港特別行政区の法定通貨であ

             る香港ドルを意味する。           本 書において別途記載のない限り、本書において記載されている香港ド
             ルから日本円への換算は、1香港ドル=13.85円の換算率(2018年5月31日の株式会社三菱UFJ銀行
             により発表された対顧客電信売買相場の仲値)により行われている。
         2.      本書において記載されている              「人民元」     は、中華人民共和国の法定通貨である                  人民元   を意味す
             る。  本 書において別途記載のない限り、本書において記載されている人民元から日本円への換算
             は、100円=5.8986人民元(1人民元=約16.95円に相当(国家外貨管理局が公表した2018年5月31日
             の中心値))の換算率により行われている。
         3.      当行の事業年度は暦年である。
         4.      表中における値とそれぞれの合計は、端数処理の結果として一致しない場合がある。
         5.      本書中の将来の見通しに関する記述は、本書の日付現在における評価に基づいている。
         6.      本書において、別段の記載がある場合を除き、下記の用語は以下の意味を有する。
                                   1/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
         1.   「A株式」              国内で上場され、人民元で引受および取引される普通株式を意味す

                          る。
         2.   「ABC」、「中国農業銀              中国農業銀行股       份 有限公司および中国農業銀行股              份 有限公司の子会

            行」、「銀行」、「当行              社を意味する。
            グループ」および「当
            行」
         3.   「定款」              2017  年11月8日に      中国銀行業監督管理委員会により承認された                     中国

                          農業銀行股     份 有限公司    の定款を意味する。
         4.   「ベーシスポイント」              金利または為替レートの変動に関する単位で、0.01%を意味する。

         5.   「CAS」、「中国GAAP」              2006  年2月15日に中華人民共和国財政部より公布された企業会計基

                          準ならびにその後公表されたその他の関連規則および規定を意味す
                          る。
         6.   「CBRC」              中国銀行業監督管理委員会(China                 Banking    Regulatory

                          Commission)を意味する。
         7.   「県域銀行業務」              当行は、中華人民共和国の県および県級市に所在する本支店機構を

                          通じて県域の顧客に対して様々な金融サービスを提供している。
                          「県域銀行業務」または「三農銀行業務」は、いずれもかかる業務
                          を指すものとする。
         8.   「県域銀行部門」              株式会社への再編の要求に従って設立された、三農および県域に提

                          供される特別な金融サービスのための管理メカニズムを有する銀行
                          内部の一部門を意味する。当該部門は県域銀行業務のインセンティ
                          ブおよび規制メカニズムのほか、独立したガバナンスメカニズム、
                          業務上の意思決定、財務監査運用に焦点を当てている。
         9.   「県域」              中華人民共和国の行政区分制度において県または県水準の都市(県

                          級市)に指定された地域を意味し、市区を除く。
         10.   「CSRC」              中国証券監督管理委員会(China               Securities      Regulatory

                          Commission)を意味する。
         11.   「デュレーション」              主に利率変動に対する債務証券の経済価値の感応度を反映する、債

                          務証券のキャッシュ・フローの加重平均期間を測定するためのアプ
                          ローチを意味する。
         12.   「経済資本」              商業銀行の運営の内部調査に基づきリスクを軽減するために資産ま

                          たは事業に割り当てられる資本を意味する。
         13.   「グローバルなシステム              金融安定理事会が発表する、金融市場において重要と認められる国

            上重要な銀行」              際的な銀行を意味する。
         14.   「H株式」              香港証券取引所に        上場され、香港ドルで引受および取引され、その

                          額面金額が人民元建てである株式を意味する。
         15.   「香港上場規則」              香港証券取引所の上場規則を意味する。

         16.   「香港証券取引所」              香港証券取引所を意味する。

         17.   「匯金公司」              中央匯金投資有限責任公司(             Central    Huijin    Investment      Ltd.  )を

                          意味する。
                                   2/436


                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
         18.   「MOF」              中華人民共和国財政部(Ministry                of  Finance)を意味する。
         19.   「PBOC」              中国人民銀行(People's            Bank   of  China)を意味する。

         20.   「三農」              農業、農村地区および農村地区の人々を意味する。

         21.   「SSF」              中華人民共和国の全国社会保障基金理事会(National                         Council    for

                          Social    Security     Fund)を意味する。
                                   3/436


















                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【本国における法制等の概要】
     1【会社制度等の概要】
     (1)【提出会社の属する国・州等における会社制度】
     中国法
     中国の会社法
      当行は、中国において株式有限会社として設立され、香港証券取引所において上場しているため、主に以下の3
     つの中国の法令の適用を受ける。
      ・ 1993年12月29日の全国人民代表大会の常任委員会により制定され、1994年7月1日に施行され、1999年12月25
        日、2004年8月28日、2005年10月27日および2013年12月28日に改正された中華人民共和国の会社法(以下
        「中国会社法」または「会社法」という。)
      ・ 1994年8月4日に国務院が制定した株式有限会社による株式の国外募集および上場に関する特別規定(以下
        「特別規定」という。)
      ・ 1994年8月27日に元国務院証券委員会および元国家経済体制改革委員会によって合同で制定され、国外上場
        を予定する株式有限会社として当行がその定款に組み込まなければならない国外上場を行う会社の定款に含
        まれるべき必須条款(以下「必須条款」という。)
      概要

      「株式有限会社」は、中国会社法に基づき設立された法人であり、その登録資本は、額面金額の等しい株式に分
     割される。その株主の会社に対する責任は当該株主が引き受ける株式の範囲内に限られ、会社はそのすべての財産
     をもって自己の債務に対して責任を負う。
      会社の登録資本は、SAICにおいて登録されている会社の払込資本金の額に等しい。
      会社の同一の種類の株式は、すべて同等の権利を有する。会社は、株主総会において会社の株主の承認を得て新
     株式を発行することにより、会社の株式資本を増加することができる。同一の種類の株式の発行における条件およ
     び払込金額は、同一でなければならない。会社は、株式を額面金額で発行するかまたはそれを上回る金額で発行す
     ることができるが、額面金額を下回る金額でこれを発行することはできない。
      中国法に従い、額面金額が人民元建てであり、かつ人民元で引き受けられる会社のA株式は、中国法人、自然
     人、QFIIおよび海外の戦略的投資家によってのみ引き受けられるかまたは取引される。人民元建てであり、かつ人
     民元以外の通貨で引き受けられる会社のH株式は、中国のQDIIならびに香港、マカオおよび台湾または中国以外の
     国および地域の投資家(以下「外国投資家」という。)によってのみ引き受けられ、かつ取引される。
      会社が外国投資家に対して発行する株式および国外で上場される株式は、記名式で額面金額が人民元建てであ
     り、かつ外貨で引き受けられなければならない。香港、マカオおよび台湾を含む海外の投資家が購入し香港に上場
     される株式は、「国外上場外国株」と称される。
      会社は、記名式で発行された株式全部について株主名簿を作成しなければならない。株主の詳細、各株主が保有
     する株式の数および株主が当該株式の保有者となった日等の情報は、株主名簿に記載されなければならない。
      また、会社は、株主総会における株主の承認を得て、一定の手続に従い、登録資本を減少することができる。
      会社の株式は、関連法令に従って譲渡することができるが、中国会社法、中華人民共和国証券法(以下「中国証
     券法」または「証券法」という。)および特別規定の要求に合致している必要がある。中国会社法は、個人株主の
     持株比率を制限していない。
                                   4/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      設立
      会社は、発起設立または募集設立の方法により設立される。発起設立とは、発起人が、会社の発行するすべての
     株式を引き受けて会社を設立する方式をいう。募集設立とは、発起人が会社の発行する株式の一部を引き受け、そ
     の他の部分を募集または特定の引受人に対する募集を行って会社を設立する方式をいう(中国会社法第77条)。
      会社は、2名以上200名以下の発起人により設立されなければならず、発起人の半数以上は、中国国内に住所を有
     する者でなければならない(中国会社法第78条)。
      株式

      会社は、記名式株券または無記名式株券を発行することができる。ただし、発起人および法人に対して発行され
     る株式は、記名式株券でなくてはならず、異なる名義または代表者の名義で記載されてはならない。株式の発行
     は、公平および公正の原則によらなくてはならず、同一種類の株式はいずれも同等の権利を有する。同時に発行す
     る同一種類の株券の1株当たりの発行条件および金額は均一でなければならず、いかなる団体または個人が引き受
     ける株式も、1株当たりの払込価額は均一でなければならない。中国証券法に従って、証券取引所を通じた証券取
     引により、投資者が上場会社の発行株式の5%を自らまたは合意その他の取決めにより他人と共同して保有する場
     合、当該事由の発生後3日以内に、国務院証券監督管理機構および証券取引所に対し、書面で報告を行い、また、
     当該上場会社に通知し、かつ公告を行わなければならない。この期間中、当該上場会社の株式を売買することはで
     きない(中国証券法第86条)。
      増資

      中国会社法および中国証券法に基づき、会社が新株の公開発行により増資をする場合、株主総会において承認を
     受け、かつ以下の条件を充たさなければならない(中国証券法第13条)。
         (ⅰ)     健全で、かつ良好に機能する組織機構を備えていること。
         (ⅱ)     持続的に利益を得る能力を備え、財政状態が良好であること。
         (ⅲ)     直近3年間の財務会計文書に虚偽の記載がなく、かつ、その他の重大な違法行為がないこと。
         (ⅳ)     国務院の認可を経て国務院証券監督管理機構が定めたその他の条件。
      減資

      会社は、最低登録資本要件を充たす範囲で、中国会社法が規定した以下の手続に従い、その登録資本を減少す
     る。
         (ⅰ)     会社は、貸借対照表および財産目録を作成しなければならない(中国会社法第177条)。
         (ⅱ)     登録資本の減少は、株主総会において承認されなければならない。
         (ⅲ)     会社は、減資の決議が行われた日から、10日以内に債権者に対して減資の事実を通知し、30日以内
             に減資の新聞公告を行わなければならない。
         (ⅳ)     会社の債権者は、法定期間内に、会社に対し、債務の弁済または当該債務について相当の担保の提
             供を要求することができる。
         (ⅴ)     会社は、関連工商行政管理機関に対して、登録資本の減少について、変更登記手続を申請しなけれ
             ばならない。
      自己株式の取得

      会社は、次の場合を除いて、自己株式を取得することができない。
         (ⅰ)     減資を行う場合
         (ⅱ)     会社の株式を保有する他の会社と合併する場合
                                   5/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
         (ⅲ)     会社の従業員にストック・オプションを付与する場合
         (ⅳ)     株主が、株主総会で行った会社の合併または分割の決議に異議があり、会社に対してその株式の買
             取りを要求した場合
      上記(ⅰ)から(ⅲ)の理由で自己株式を取得する場合、会社は、株主総会の決議を経なければならない。会社は、
     上記に従い自己株式を取得した後、(ⅰ)の場合は取得の日から10日以内に当該株式を消却し、(ⅱ)の場合および
     (ⅳ)の場合は、6ヶ月以内に譲渡または消却しなければならない(中国会社法第142条)。
      株式の譲渡

      株主が保有する株式は、法律に基づき譲渡することができる(中国会社法第137条)。株主は、法律に基づき設
     立された証券取引所において、または国務院が規定したその他の方法によって、株式の譲渡を行わなければならな
     い(中国会社法第138条)。記名式株券は、裏書または法令に定められるその他の方式により譲渡することができ
     る。発起人株式は、会社の設立日から1年以内に譲渡することができず、また、会社の株式公開発行の前に発行さ
     れた株式は、証券取引所における上場取引の日から1年以内に譲渡することができない(中国会社法第141条第1
     項)。
      株主

      会社の株主は、会社の定款に記載された権利および義務を有する。会社の定款は、各株主を拘束する。
      中国会社法および関連する法令に基づき、株主は、以下の権利を有する。
         (ⅰ)     自らまたは代理人に委任して株主総会に出席し、その保有する株式数に応じて議決権を行使するこ
             と。
         (ⅱ)     中国会社法および会社の定款に従って、法律により設立された証券取引所において株式の譲渡を行
             うこと。
         (ⅲ)     会社の定款、株主総会議事録および財務会計報告書を閲覧し、会社の業務について提案および質問
             を行うこと。
         (ⅳ)     株主総会または取締役会において可決された決議案が、何らかの法律もしくは行政法規に違反する
             か、または株主の合法的権益を侵害する場合、裁判所に申請を提出し、違法な権利侵害行為の停止
             を求めること。
         (ⅴ)     保有する株式数に応じて配当を受けること。
         (ⅵ)     会社の終了または清算にあたり、その保有する株式数に応じて残余財産を受領すること。
         (ⅶ)     法令および会社の定款が定めるその他の株主権。
      株主総会

      株主総会は、会社の機関であり、中国会社法に従って、その権限を行使する(中国会社法第98条、同法第37条第
     1項)。
      株主総会は、以下の権限を行使する。
         (ⅰ)     会社の経営方針および投資計画を決定すること。
         (ⅱ)     従業員の代表以外の取締役を選任および解任し、また、当該取締役の報酬に関する事項を決定する
             こと。
         (ⅲ)     従業員の代表以外の監査役を選任および解任し、また、当該監査役の報酬に関する事項を決定する
             こと。
         (ⅳ)     取締役会の報告書を審議し承認すること。
         (ⅴ)     監査役会の報告書を審議し承認すること。
         (ⅵ)     会社の年度財務予算案および決算案を審議し承認すること。
                                   6/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
         (ⅶ)     会社の利益処分案および損失補填案を審議し承認すること。
         (ⅷ)     会社の登録資本の増加および減少について承認すること。
         (ⅸ)     会社の社債発行について承認すること。
         (ⅹ)     会社の合併、分割、解散および清算ならびに会社形態の変更等の事項について承認すること。
         ( ⅺ )   会社の定款を変更すること。
         ( ⅻ )   会社の定款が定めるその他の権限。
      定時株主総会は、毎年1回開催される。以下のいずれかの事由が発生した場合、2ヶ月以内に臨時株主総会を開催
     しなければならない。
         (ⅰ)     取締役の数が中国会社法の定める数を下回るか、または会社の定款に定められた数の3分の2を下
             回った場合
         (ⅱ)     補填されていない会社の損失額が、会社の払込済株式資本総額の3分の1に達した場合
         (ⅲ)     単独または合計で会社の株式の10%以上を保有する株主の請求があった場合
         (ⅳ)     取締役会が必要と判断した場合
         (ⅴ)     監査役会がその開催を提案した場合
         (ⅵ)     会社の定款が定めるその他の場合
      株主総会は、取締役会により招集され、また、取締役会会長が議事進行を行う。取締役会会長が職務を履行する
     ことができない、または履行しない場合、副会長が議事進行を行う。副会長が職務を履行することができない、ま
     たは履行しない場合、半数以上の取締役により共同で1名の取締役を選任し、議事進行を行わせる。
      株主総会の開催通知は、中国会社法に基づき、株主総会の20日前までに(中国会社法第102条)、また、特別規
     定および必須条款に従う場合は45日前までになされなければならず、総会の日時、場所および審議事項をすべての
     株主に対し通知する。特別規定および必須条款に基づき、株主総会に出席予定の株主は、株主総会開催の20日前ま
     でに、会社に対して株主総会出席の書面回答を送付しなければならない。特別規定に基づき、会社の議決権の5%
     以上を有する株主は、会社の定時株主総会において、会社に対し、新しい提案を書面で提出する権利を有し、当該
     提案が株主総会の職責の範囲に属するときは、当該株主総会の議案に組み入れなければならない。株主総会に出席
     した株主は、その保有する株式1株につき1議決権を有する。                               中小規模の投資家の利益に影響を及ぼす重大な問題が
     株主総会で検討される場合、中小規模投資家による投票を単独で数えられ、単独集計の結果は、適時に公表される
     ものとする。
      株主総会の決議は、株主総会の出席株主(代理人が代理する株主を含む。)の議決権の過半数により可決され
     る。ただし、会社の定款の変更、増資または減資に関する決議および会社の合併、分割、解散または会社形態の変
     更に関する決議については、株主総会の出席株主(代理人が代理する株主を含む。)の有する議決権の3分の2以上
     の賛成を要する。
      必須条款に従って、株式資本の増加もしくは減少、いずれかの種類株式、コール・オプション、ワラントもしく
     はその他類似の証券または社債の発行、会社の分割、合併、解散および清算、会社の定款の変更ならびに株主の普
     通決議に基づいて特別決議により承認されるべきと判断されたその他の事項は、株主総会の出席株主の有する議決
     権の3分の2以上による可決を必要とする特別決議により承認されなければならない。株主は、議決権の行使範囲を
     明記した書面による委任状により代理人に授権委任し、株主総会に出席させることができる。
      中国会社法には、株主総会の定足数に関する規定は存在しない。ただし、特別規定および必須条款は、会社が株
     主総会開催日の20日前までに、会社の総議決権の2分の1以上の株式を保有する株主による出席の回答を受領した場
     合にのみ株主総会を開催することができる。もし2分の1以上に達しない場合においては、会社は、回答受領期間の
     最終日から5日以内に、株主総会における審議予定事項ならびに株主総会の日時および場所を、公告形式で再度株
     主に通知し、この通知を経た後で株主総会を開催することができる旨を定めている。
                                   7/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      取締役および取締役会
      会社は、取締役会を設置しなければならず、その構成員は、5名から19名でなければならない。中国会社法によ
     り、取締役の任期は、3年を超えてはならない。取締役は、再選により再任されることができる。民事行為能力を
     有しないか、または民事行為能力が制限されている者は、会社の取締役を務めることはできない。取締役会は、1
     名の取締役会会長を任命し、取締役会会長は、すべての取締役の過半数により選任される。
      取締役会は、少なくとも毎年2回開催しなければならない。取締役会の開催通知は、当該取締役会の10日前まで
     に、すべての取締役および監査役に対して送付されなければならない。臨時取締役会を開催する場合、取締役会
     は、別途、通知方法および通知期間を定めることができる。
      中国会社法に基づき、取締役会は、以下の権限を行使する(中国会社法第108条第4項、同法第46条)。
         (ⅰ)     株主総会を招集し、株主総会に対して業務報告を行うこと。
         (ⅱ)     株主総会の決議を実行すること。
         (ⅲ)     会社の経営計画および投資計画を決定すること。
         (ⅳ)     会社の年度財務予算案および決算案を作成すること。
         (ⅴ)     会社の利益処分案および損失補填案を策定すること。
         (ⅵ)     会社の登録資本の増加案および減少案ならびに社債発行案を策定すること。
         (ⅶ)     会社の合併、分割、解散または会社形態の変更案を策定すること。
         (ⅷ)     会社の内部管理システムの設置を決定すること。
         (ⅸ)     会社の総経理の選任または解任、総経理の指名に基づく会社の副総経理および財務責任者の選任ま
             たは解任およびこれらの報酬に関する事項を決定すること。
         (ⅹ)     会社の基本運営管理制度を制定すること。
         ( ⅺ )   会社の定款が定めるその他の権限。
      取締役会の決議が法律、行政法規、会社の定款または株主総会決議に違反し、会社に著しい損害を与えた場合、
     決議に参加した取締役は、会社に対して損害賠償責任を負う。ただし、決議の際に異議を表明し、かつこれを議事
     録に記載したことが証明された場合、当該取締役は、責任の免除を受けることができる(中国会社法第112条第3
     項)。
      監査役および監査役会

      会社は、監査役会を設置しなければならず、その構成員は3名を下回ってはならない。監査役の任期は3年で、再
     選により再任されることができる。監査役会は、株主代表および適切な割合の従業員代表からなり、そのうち、従
     業員代表の比率は全体の3分の1を下回ってはならない。取締役および                                    高級管理職      は、監査役を兼任することができ
     ない。
      監査役会は、以下の権限を行使する(中国会社法第118条第1項、同法第53条)。
         (ⅰ)     会社の財務を監査すること。
         (ⅱ)     取締役および       高級管理職      の職務の執行を監督し、法律、行政法規、会社の定款または株主総会の決
             議に違反した取締役および              高級管理職      につき、解任を提案すること。
         (ⅲ)     取締役または       高級管理職      の行為が会社の利益を害する場合に、取締役または                          高級管理職      に対して、
             そのような行為の是正を要求すること。
         (ⅳ)     臨時株主総会の開催を提案し、また、取締役会が、中国会社法の定めによる株主総会の招集および
             主宰の職責を果たさない場合に、株主総会を招集し、これを主宰すること。
         (ⅴ)     株主総会に対して議案を提出すること。
         (ⅵ)     中国会社法第151条の規定(株主代表訴訟の項を参照のこと。)に基づき、取締役および                                              高級管理
             職 に対し、訴訟を提起すること。
         (ⅶ)     会社の定款が定めるその他の権限。
                                   8/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      監査役は、取締役会に出席することができる。
      総経理および幹部役員

      会社の総経理は、取締役会により選任または解任され、取締役会に対して責任を負わなければならない。総経理
     は、以下の権限を行使することができる(中国会社法第113条、同法第49条)。
         (ⅰ)     会社の生産業務、経営業務および管理業務を監督し、取締役会決議の実施を手配すること。
         (ⅱ)     会社の経営計画および投資計画の実施を手配すること。
         (ⅲ)     会社の内部統制システムの構築計画を策定すること。
         (ⅳ)     会社の基本運営管理制度を制定すること。
         (ⅴ)     会社の具体的な規則を制定すること。
         (ⅵ)     副総経理および財務責任者の選任および解任を提議し、その他の管理担当役員(取締役会により任
             命または解任する旨定められている者を除く。)の任命または解任を決定すること。
         (ⅶ)     取締役会に出席すること。
         (ⅷ)     取締役会により付与されたその他の権限。
      取締役、監査役、総経理および幹部役員の職責

      取締役、監査役、総経理または幹部役員が職責を履行するにあたり法律、行政法規または会社の定款に違反し、
     その結果、会社に損害が生じた場合、会社に対して賠償責任を負う。
      株主による直接の訴訟提起

      取締役または       高級管理職      が法律、行政法規または会社の定款の規定に違反し、株主の利益に損害を与えた場合、
     株主は、裁判所に訴訟を提起することができる(中国会社法第152条)。
      株主代表訴訟

      取締役または       高級管理職      が、会社の職務を執行するにあたり、法令または定款に違反し、会社に損害を与えた場
     合、損害賠償責任を負わなければならず、有限責任会社の株主および連続して180日以上単独でまたは共同で会社
     の100分の1以上の株式を有する株式有限会社の株主は、監査役会または監査役会を設置していない有限責任会社の
     監査役に対して、裁判所に訴訟を提起することを書面により請求することができる。監査役が、会社の職務を執行
     するにあたり、法律、行政法規または定款に違反し、会社に損害を与えた場合、損害賠償責任を負わなければなら
     ず、上記の株主は、取締役会または取締役会を設置していない有限責任会社の執行取締役に対して、裁判所に訴訟
     を提起することを書面により請求することができる。
      監査役会もしくは監査役会を設置していない有限責任会社の監査役または取締役会もしくは執行取締役が、株主
     による上記の書面請求の後において、訴訟の提起を拒絶した場合、請求を受領した日から30日以内に訴訟を提起し
     なかった場合、または、緊急事態であり、直ちに訴訟を提起しなければ、これにより会社の利益に対し回復し難い
     損害を与えるおそれがある場合は、上記の株主は、会社の利益のため自己の名義で、直接的に、裁判所に訴訟を提
     起することができる。
      第三者が会社の合法的権益を侵害し、会社に対して損害を与えた場合、上記の株主は、上記に従って裁判所に訴
     訟を提起することができる(中国会社法第151条)。
                                   9/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      財務会計
      会社は、法律、行政法規および                国務院財政主管部門           の規定に従って財務会計システムを構築しなければならな
     い。また、各会計年度末において財務会計報告書を作成し、法令に従い会計事務所の監査を受けることを要する。
      会社の財務報告書は、定時株主総会開催の20日前までに会社に備え置き、株主の閲覧に供されなければならな
     い。株式を公開している会社は、その財務会計報告書を公告しなくてはならない。
      各年の税引後利益の配当を行うにあたり、会社は、利益の10%を積み立て、法定準備金に組み入れなければなら
     ない(ただし、当該準備金の累積額が会社の登録資本の50%以上に達している場合を除く。)。
      会社の法定準備金が以前の年度の会社の損失を補填するに足りない場合、当年度の利益は、法定準備金への組入
     れをする前に、損失を補填するために使用しなければならない。
      会社の税引後利益の中から法定準備金を積み立てた後、株主総会の決議を経て、税引後利益の中から任意準備金
     を積み立てることができる(中国会社法第166条第3項)。
      会社による損失の補填および法定準備金の積立て後の余剰利益は、株主の持株比率に応じて分配することができ
     る。
      会社の資本準備金には、会社の発行株式の額面超過金および国務院財政主管部門が資本準備金とみなすべきこと
     を定めているその他の金額が含まれる。
      会社の準備金は、会社の損失を補填するため、会社の事業運営を拡大するため、または資本への組入れのために
     用いることができる。ただし、資本準備金は、損失の填補のために用いることができない。法定準備金を資本に組
     み入れる場合、残存する当該準備金は、組入れによる増加前における登録資本の25%を下回ってはならない(中国
     会社法第168条)。
      会計事務所の選任および退任

      特別規定により、会社は、国の関連規定に合致し、独立している会計事務所を任用し、会社の年度報告の監査な
     らびにその他の財務書類の審査を求めなければならない。
      会計事務所の任用期間は、会社の定時株主総会の終了時から次回の定時株主総会の終了時までの期間である。
      会社が会計事務所を解任し、または不再任とする場合、会社は、特別規定に基づき、会計事務所に対して事前に
     通知しなければならず、また、会計事務所は、株主総会において、株主に対し意見を述べることができる。会社に
     よる会計事務所の選任、解任または不再任は、株主総会が決定し、CSRCに届け出るものとする。
      利益配当

      特別規定は、H株式の保有者に対して支払われる配当金およびその他の金員は、人民元により計算して宣言し、
     かつ外貨により支払う旨を定める。必須条款に基づき、株主に対する外貨の支払いは、受取代理人を介して行われ
     る。
      解散および清算

      中国会社法に基づき、以下のいずれかの事由が発生した場合、会社は解散しなければならない(中国会社法第
     180条)。
         (ⅰ)     会社の定款に定められた経営期間が満了し、または会社の定款において定められた解散事由が発生
             した場合
         (ⅱ)     株主総会が解散を決議した場合
         (ⅲ)     合併または分割により解散する必要がある場合
         (ⅳ)     法により営業許可証を剥奪され、閉鎖を命じられ、または取り消された場合
         (ⅴ)     裁判所が中国会社法第182条の規定(少数株主による解散請求の規定)に基づき解散させた場合
                                  10/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      会社の経営管理に重大な困難が生じ、会社の存続が株主の利益に重大な損害を与える場合であって、他の方法に
     よりこれを解決することができないときは、会社の全株主の議決権の10%以上を有する株主は、裁判所に対し、会
     社の解散を請求することができる(中国会社法第182条)。
      株式の権利内容

      A株式およびH株式は、会社の株式資本における普通株式である。A株式は中国(香港、マカオおよび台湾を除
     く。)の法人もしくは自然人またはCSRCに認可されたQFIIの間でのみ引き受けられ、取引され、かつ、人民元にて
     引き受けられ、取引される。H株式に関するすべての配当は人民元建てで宣言され、香港ドル建てで会社が支払
     う。一方、A株式に関するすべての配当は人民元建てで会社が支払う。
      上記に述べたとおり、株主への通知および財務報告書の送付、紛争解決、株主名簿の別分冊への株式の登録、株
     式の譲渡方法ならびに配当受取の代理に関する委任等の面を除き、A株式とH株式はすべての点において同等の権
     益を享受し、特に公表され、配当され、または支払われるすべての配当または割当てに関して同等の権益を有す
     る。ただし、A株式の譲渡については、中国で随時発効する規定に従う。
      株券の遺失

      株主名簿に登録されているすべての株主、または株主名簿にその氏名もしくは名称を登録することを要求する者
     は、株券を遺失した場合、会社に対し、当該株式(すなわち、原株券に係る株式)につき新たな株券を発行するよ
     う申請することができる。
      A株式の株主が株券を紛失し、新たな株券の発行を申請する場合は、中国会社法第143条の規定に従って処理さ
     れる。
      国外上場外国株の株主が株券を紛失し、新たな株券の発行を申請する場合は、国外上場外国株の株主名簿の正本
     が存在する場所の法律、証券取引所規則またはその他の関連規定によって処理される。
      中国証券法

      中国証券法は1999年7月1日に施行され、2004年8月28日、2005年10月27日、2013年6月29日および2014年8月31日
     に改正された。中国証券法は中国の証券市場を包括的に規制するものであり、とりわけ証券の発行および取引、上
     場企業による買収ならびに証券取引所、証券会社および国務院の証券監督管理機関の義務および責任に関する条文
     を有している。中国証券法は、海外で直接または間接的に株式を発行または上場するためには、会社は国務院の規
     定に従い国務院の証券監督管理機関の承認を得なければならないと規定している。
      CSRC  は中国における証券の監督および規制機関であり、証券取引の監督および規制のみならず、証券に関する政
     策の制定、証券に関する法および規則の起草、証券市場、市場仲介者および市場参加者の監督ならびに中国企業に
     よる国内および海外における証券の公募の監督および規制に関して責任を負う。
      現在、海外で発行される株式(H株式を含む。)の発行および上場は、主に国務院およびCSRCが公布した一連の
     法律および規則により規制されている。会社の株式の海外における上場については、特別規則を遵守しなければな
     らない。
     (2)【提出会社の定款等に規定する制度】

      以下は、当行の定款の一部の規定を要約したものである。以下に含まれる情報は、要約の形を取っているため、
     潜在的投資家にとって重要なすべての情報を含んでいない可能性がある。
      当行は、中国において株式有限会社として設立された。定款は、当行の基幹文書の一部を構成する。
      当行の定款は、2010年4月21日に改正され、2010年4月26日にCBRCにより認可されており、当行の上場時にその効
     力が生じた。上場後、当行の定款は、2010年9月2日に改正され、2010年10月13日にCBRCにより認可された。当行の
     定款は、2012年10月29日に再度改正され、2012年12月31日にCBRCにより認可された。当行の定款は、2014年6月23
     日に再度改正され、2014年8月14日にCBRCにより認可された。                                当行の定款は、2017年6月28日に再度改正され、2017
     年11月8日にCBRCにより認可された。
                                  11/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      (a) 種類株式
      種類株主とは、異なる種類の株式を保有する株主である。
      種類株主は、法律、行政法規および定款によって定められた権利を有し、義務を負う。
      その他の種類株主のほか、国内上場株式および国外上場株式を保有する株主は、それぞれ異なる種類株主とみな
     される。
      (b)     取締役

     取締役会
      当行は、定款に従い、7名以上17名以下の取締役(執行取締役、非執行取締役を含み、非執行取締役には独立取
     締役が含まれる。)により構成される取締役会を設置している。取締役会の構成員の正確な人数は、株主総会によ
     り決定される。定款に従い、独立取締役は3名以上でなければならず、その資格要件は、監督当局の要求に沿った
     ものでなければならない。執行取締役の数は、取締役会の構成員の総数の3分の1以下とする。取締役会会長および
     副会長は、取締役の中から選任され、すべての取締役の過半数により選任                                      または解任      されるものとする。
      取締役会は、株主総会に対して責任を負う機関であり、以下の機能を果たし、権限を行使する。
      ・ 株主総会の招集および株主総会への業務報告
      ・ 株主総会決議の実行
      ・   発展  戦略(三農業務        発展戦略およびグリーン・クレジット戦略等                       を含む。)の決定
      ・ 経営計画および投資計画の決定
      ・ 年度財務予算案および決算案の作成
      ・ 利益処分案および損失補填案の                  制定
      ・ 登録資本の増加案または減少案                  および財務再編の制定
      ・ 社債またはその他の有価証券の発行および上場                          計画等の資本補充計画の制定
      ・ 当行の合併、分割、解散または会社形態の変更に関する計画の                                  制定
      ・ 自己普通株式取得案の              制定
      ・ 基本管理制度および政策の制定、基本管理制度および政策の執行の監督
      ・ 当行の健全なリスク管理および内部統制基本管理制度の確立、当行の全面的なリスク管理報告およびリスク
        資本分配案の審議承認、ならびにリスク管理の有効性の評価およびその改善
      ・ 定款、株主総会議事規則および取締役会議事規則の改正案ならびに会社管理制度の                                             制定
      ・ 総裁によって提案された、総裁業務規則の審議および承認
      ・ 株主総会の授権に基づく、重要な法人機構の設立、重要な買収および合併、重要な対外投資、重要な資産の
        購入、重要な資産の処分、重要な資産の減価償却ならびに重要な対外担保等の事項の審議承認
      ・ 総裁および取締役会秘書役の任命および解任
      ・ 総裁の指名に基づく副総裁およびその他の                        高級管理職      (取締役会秘書役を除く。)の任命および解任
      ・ 単独または共同で当行の議決権の10%以上の株式を保有する株主、取締役会会長、取締役の3分の1以上また
        は独立取締役の半数以上(最低2名)の提案に基づく指名および報酬委員会の主席および委員の選任ならび
        に指名および報酬委員会の指名に基づく取締役会のその他の専門委員会の主席(戦略企画委員会の主席は除
        く。)および委員の選任
      ・ 取締役の報酬         事項  の制定ならびに承認を           得る  ための株主総会への          提出
      ・   高級管理職      の報酬事項、成績審査事項および賞罰事項の決定
                                  12/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      ・ 内部の職能部門の設置、当行の第一級の国内支店および国外支店、直属支店ならびにその他の直轄機構、国
        外機構の設置の決定または総裁に対するかかる決定の授権
      ・ コーポレート・ガバナンスの評価およびその改善
      ・ 株式インセンティブ・プランの策定
      ・ 情報開示事務の管理
      ・ 会計事務所の任用、解任および不再任に関する株主総会への提案
      ・ 関連取引の審議および承認または取締役会関連取引監視委員会に対するその承認の授権ならびに株主総会に
        対する関連取引の状況および関連取引管理制度の実行状況に関する特定項目の報告
      ・ 取締役会の各専門委員会が提出した議題の審議および承認
      ・ すべての取締役がその任務遂行のために関連する十分な情報を適時に得ることを確保するための                                                    高級管理層
        の業務報告の聴取、          高級管理層      の業務のチェック、          高級管理層      の管理職責の効果的な履行の監督かつ確保
      ・ 株主総会が授権する範囲内において、当行の発行済み優先株に関連する事項を決定する。関連する事項には
        取得、転換、配当等の是非の決定を含むがこれらに限られない。
      ・ 法律、行政法規、部門規則および定款により定められ、または株主総会により授権されたその他の職務およ
        び権限
     取締役会会長

      取締役会会長は、以下の職務を行い、権限を行使するものとする。
      ・ 株主総会の主宰および取締役会を代表しての株主総会への報告
      ・ 取締役会の招集および取締役会の主宰
      ・ 取締役会決議の実行の監督および調査
      ・ 当行の株券、社債券およびその他の有価証券への署名
      ・ 当行の法律上の代表者が署名すべきその他の書類への署名
      ・ 甚大な自然災害等の不可抗力事由が発生した緊急の状況下における、当行の業務に対して法律および当行の
        利益に合致した特別な処理を行う権限、ならびに取締役会および株主総会に対するすみやかな事後報告
      ・ 法律、行政法規、部門規則および定款により与えられ、または取締役会により授権されたその他の職務およ
        び権限
      取締役会会長がその職務を行うことができないか、または行わない場合、副会長が会長を代理するものとし、副
     会長がその職務を行うことができないか、または行わない場合、すべての取締役の半数以上によって選任された取
     締役が副会長を代理するものとする。
     ( ⅰ)  株式の割当ておよび発行の権限

      定款には、取締役、監査役および                  高級管理職      に対して株式の割当ておよび発行の権限を与える規定は存在しな
     い。
      当行の登録資本の増加に係るすべての提案は、株主総会の特別決議による承認を受けるために提出されなければ
     ならない。かかる増加はすべて、関連主管機構の認可を前提とする。
     ( ⅱ)  当行またはその子会社の資産処分権限

      固定資産の処分にあたり、取締役会が処分を予定する固定資産の見積額と、かかる処分の提案の前4ヶ月間に処
     分された固定資産の総額との合計額が、株主総会で審議された直近の貸借対照表に記載された固定資産の額の33%
     を超えるときは、取締役会は、当該処分につき株主総会の承認を得るまでは、当該固定資産の処分または処分の承
     認を行ってはならない。
                                  13/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      固定資産の処分には、資産に対する一部の権利および持分の移転を含むが、固定資産を担保に提供することを含
     まない。
      当行が固定資産の処分のために行った取引の有効性は、上記の規定の影響を受けない。
     ( ⅲ)  職務の喪失に関する補償または給付

      当行は、株主総会の事前の承認を前提として、取締役および監査役との間で、報酬事項に関する書面による契約
     に署名するものとする。報酬事項には、以下が含まれる。
      ・ 当行の取締役、監査役または                 高級管理職      としての地位に対する報酬
      ・ 当行の銀行子会社の取締役、監査役または                        高級管理職      としての地位に対する報酬
      ・ 当行およびその子会社の経営を支えるその他の職務に対する報酬
      ・ 取締役または監査役の地位の喪失または退職にあたっての報酬
      取締役および監査役は、上記の契約に基づく場合を除き、当行に対していかなる訴訟も提起してはならず、上記
     の事項に関して自らが受領すべき利益を主張してはならない。
     ( ⅳ)  取締役、監査役および           高級管理職      に対する貸出

      当行は、直接的または間接的に、当行およびその親会社の取締役、監査役および                                         高級管理職      に対して貸出または
     貸出の担保を提供してはならず、かかる者の関係者に対してもこれらを提供してはならない。
      以下の場合、上記の禁止は適用されない。
      ・ 当行が、その子会社に対して貸出または貸出の担保を提供する場合
      ・ 当行が、株主総会で承認された雇用契約に従い、当行の取締役、監査役および                                           高級管理職      に対して、かかる
        者による当行のための支払いまたはかかる者の職務の遂行により生じた費用の支払いを可能にするために、
        貸出、貸出の担保またはその他の資金を提供する場合
      ・ 通常の取引条件により取締役、監査役および                         高級管理職      ならびにかかる関係者に対する貸出または貸出の担
        保を提供する場合
     ( ⅴ)  株式の購入に対する財務的援助

      当行またはその子会社は、当行の株式の購入者または潜在的購入者に対して、その時期および方法を問わず、当
     行の株式の購入または潜在的購入行為についていかなる財務的援助も提供してはならない。上記の当行の株式の購
     入者には、当行の株式の購入により直接的または間接的に債務を負う者が含まれる。
      当行またはその子会社は、上記の債務者が当行の株式の購入または購入の意図により負担する債務を軽減または
     免除することを目的として、その時期および方法を問わず、いかなる財務的援助も提供してはならない。
      以下の行為は、禁止されていない。
      ・ 当行が自らの利益のために誠実に行い、かつその主たる目的が当行の株式の購入でない場合、またはそれが
        当行の全体的な計画の付随的な一部である場合の財務的援助
      ・ 配当の形による当行の財産の合法的な分配
      ・ 株式の形による配当の分配
      ・ 定款に従った登録資本の減少、株式の取得および株式構造の構成等
      ・ 経営範囲内であり、かつ通常の業務の過程における、当行による貸出の提供(ただし、これにより当行の純
        資産が減少しないこと、またはこれにより純資産が減少する場合には、当行の配当可能利益から財務的援助
        が拠出されることを要する。)
                                  14/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      ・ 従業員持株制度に対する当行からの資金の提供(ただし、これにより当行の純資産が減少しないこと、また
        はこれにより純資産が減少する場合には、当行の配当可能利益から財務的援助が拠出されることを要す
        る。)
      上述の財務的援助は、以下の方法を含むが、これらに限定されない。
      ・ 贈与
      ・ 担保(債務者の債務の履行を担保するための、保証人による債務の負担または財産の提供を含む。)、補償
        (当行の過失に起因する補償を除く。)および免責または権利の放棄
      ・ 貸出の提供または当行がその他の当事者に先立って債務を履行することとなる契約の締結、当該貸出および
        契約の当事者の変更ならびに当該貸出および契約に係る権利の譲渡
      ・ 当行が履行不能であるか、もしくは純資産を有しない状況におけるその他一切の形態の当行による財務的援
        助、または純資産を著しく減少させるような財務的援助
      上記の義務は、契約への署名もしくは合意の締結に起因する義務者の義務、またはその他すべての方法でその財
     務状況に変更を生じさせる義務者の義務(上記の契約もしくは合意が実行可能であるか否か、または当該義務を義
     務者が単独で負うか他者と共同で負うかを問わない。)を含むものとする。
     ( ⅵ)  当行またはその子会社との契約上の利害関係の開示

      当行の取締役、監査役および               高級管理職      が、直接的または間接的に、当行が署名し、または計画している契約、
     取引または合意(当行と、その取締役、監査役および                            高級管理職      との間の雇用契約を除く。)に関係する場合、そ
     れらの者は、当該事項が一般に取締役会の承認を要するか否かを問わず、当該関係の内容および程度を取締役会に
     報告しなければならない。
      当該事項が、利害関係を有する取締役、監査役および                            高級管理職      により取締役会に開示され、かつ、それらの者
     を定足数に含めず、決議に参加させない取締役会において承認されない限り、当行は、相手方が当該取締役、監査
     役および     高級管理職      の義務違反につき善意であった場合を除き、当該契約、取引または合意を取り消す権利を有す
     る。
      当行の取締役、監査役および               高級管理職      は、その関係者が特定の契約、取引または合意につき利害関係を有する
     場合にも、利害関係人として扱われる。
     ( ⅶ)  報酬

      取締役の報酬は、株主総会の事前の承認を受けることを要する。
     ( ⅷ)  辞任、任命および解任

     取締役の指名および選任
      当行の取締役には、執行取締役、非執行取締役を含み、非執行取締役には独立取締役が含まれる。
      取締役の候補者は、取締役会または単独もしくは共同で当行の議決権付株式総数の                                           3 %以上を保有する株主によ
     り指名され、株主総会により選任される。
      取締役会、監査役会および単独または共同で当行の議決権付株式総数の1%以上を保有する株主は、独立取締役
     の候補者を指名することができ、かかる独立取締役は、株主総会により選任される。独立取締役の任期は、当行の
     他の取締役の任期と同一とし、かつ、任期は累計で6年を超えてはならない。                                        独立取締役は、2行を超える商業銀行
     に同時に勤務してはならない。                独立取締役就任のための資格要件は、国務院銀行業監督管理機構に提出され、その
     審査を受けなければならない。
     監査役の指名および選任
      当行の監査役には、株主代表監査役、                    社外  監査役および従業員代表監査役が含まれる。当行の従業員代表監査
     役 、社外監査役       の比率は、      いずれも     3分の1を下回ってはなら             ない  。
      株主代表監査役の候補者は、監査役会または単独もしくは共同で当行の議決権付株式の                                             3 %以上を保有する株主
     により指名され、当行の株主総会により選任される。
                                  15/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      従業員代表監査役は、           監査役会および労働組合により指名され、                      従業員により従業員代表大会等の民主的な手続
     により選任、交代および解任される。
      当行の独立監査役は、監査役会または単独もしくは共同で当行の総議決権の1%以上の株式を保有する株主によ
     り指名され、株主総会により選任される。
     取締役の解任および辞任
      株主総会は、任期満了前においては、正当な理由なくしていかなる取締役も解任してはならない。ただし、関連
     する法律および行政法規に違反しない場合においては、株主総会は、普通決議によって取締役をその任期中に解任
     することができる(ただし、取締役による契約に基づく賠償の請求を妨げない。)。
      取締役は、その任期満了前に辞任することができる。取締役が辞任しようとする場合、当該取締役は、取締役会
     に書面による辞任届を提出する。取締役会は、その旨を2日以内に開示しなければならない。
      取締役の任期満了時において新任の取締役を適時に選任することができないか、または取締役の辞任によって取
     締役の数が定款が定める最低人数を下回ることとなる場合、当該取締役は、新たな取締役が補充選出または改選に
     より選任され、就任するまでは、法律、行政法規および定款に従い、引続き自らの職務を行わなければならない。
     取締役の辞任届は、補充選出された新しい取締役が、その辞任によって生じた欠員を補充してから発効できるもの
     としなければならない。
      上記の場合を除き、取締役の辞任は、その旨が取締役会に通知された時にその効力を生じる。独立取締役の辞任
     は、定款に従う。
      定款には、定年による取締役の退任の有無に関する規定は存在しない。
     監査役の解任および辞任
      いかなる監査役も、その任期満了前においては正当な理由なく解任されない。
      監査役は、その任期満了前に辞任を申し出ることができる。辞任しようとする監査役は、監査役会に書面による
     辞任届を提出する。取締役の辞任に関する規定は、監査役に対しても参照して適用される。
     ( ⅸ)  借入権限

      定款は、以下の規定を除き、借入権限の行使方法について明確に定めておらず、かかる借入権限の変更方法につ
     いても明確に定めていない。
      ・ 取締役会に対して、当行による社債またはその他の有価証券の発行案を策定する権限を与える規定
      ・ 社債およびその他の有価証券の発行には、株主総会の特別決議による承認を要する旨を定める規定
     ( ⅹ)  取締役会の議事手続

      取締役会の決議は、すべての取締役の投票数の過半数の賛成により承認および可決される。ただし、以下の事項
     は、すべての取締役の投票数の3分の2以上の賛成により可決され、またこの場合、書面による決議を行ってはなら
     ない。
      ・ 年度財務予算案および決算案
      ・ リスク資本分配案、利益処分案および損失補填案
      ・ 登録資本の増加案または減少案                  、財務再建案
      ・ 社債券またはその他の有価証券の発行および上場案                             等の資本補充案
      ・ 合併、分割、解散、清算および会社形態の変更案
      ・ 自己普通株式取得案
      ・ 定款の変更案
                                  16/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      ・ 株主総会の授権の範囲内における、重要な法人機構の設立、重要な買収および合併、重要な対外投資、重要
        な資産の購入、重要な資産の処分、重要な資産の減価償却ならびに重要な対外担保等に関する事項の審議承
        認
      ・ 総裁、副総裁、取締役会秘書およびその他の                         高級管理職      の選任または解任、          高級管理職      の報酬事項、人事考
        課事項および賞罰事項の決定
      ・ 取締役会の各専門委員会の主席(戦略計画委員会の主席を除く。)および委員の選任
      ・ 会計事務所の任用、解任または不再任に関する株主総会への提案
      ・ 株主総会が授権する範囲内における、当行の発行済み優先株に関連する事項の決定。関連する事項には取
        得、転換、配当等の是非の決定を含むがこれらに限られない。
      ・ 法律、行政法規、部門規則および定款の規定により、または全取締役の過半数が当行に対して重大な影響を
        与えると認めた、3分の2以上の取締役の賛成による可決を必要とするその他の事項
      (c) 基幹文書の変更

      当行は、法律、行政法規および定款の規定に従い、その定款を変更することができる。当行は、以下のいずれか
     の事由が発生した場合、定款を変更する。
      ・ 定款のいずれかの規定が、その時々における改正後の中国会社法ならびにその他の関連する法律および行政
        法規に違反することとなった場合
      ・ 当行の状況の変化により、定款に定める条項と合致しなくなった場合
      ・ 定款変更の決議が株主総会で可決された場合
      関連主管機構の承認を要する定款変更はすべて、承認のために関連主管機構に申請するものとする。登記を要す
     る定款変更については、当行は、関連する法律に従いかかる変更を登記する。
      (d) 既存の株式または種類株式の権利の変更

      当行による特定の種類株主の権利の変更または廃止は、当該変更または廃止が株主総会の特別決議および影響を
     受ける当該種類株主が定款に従って招集した種類株主総会の決議によって承認された後にのみ、これを行うことが
     できる。
      以下の場合、種類株主の権利の変更または廃止とみなされる。
      ・ 当該種類株式の数が増加もしくは減少した場合、または当該種類株式と同等かもしくはそれより多くの議決
        権、配当受領権もしくはその他の特別な権利を有する種類株式の数が増加もしくは減少した場合
      ・ 当該種類株式の全部もしくは一部が他の種類株式に変更された場合、他の種類株式の全部もしくは一部が当
        該種類株式に転換された場合、またはかかる変更の権利が与えられた場合
      ・ 当該種類株式に付された、未払配当金または累積配当金に対する権利が廃止または縮小された場合
      ・ 当該種類株式に付された、当行の清算の過程における配当優先権または財産分配優先権が縮小または廃止さ
        れた場合
      ・ 当該種類株式に付された、株式転換権、オプション、議決権、譲渡権、株式発行における先買権または当行
        の有価証券の取得権が追加、廃止または縮小された場合
      ・ 当該種類株式に付された、特定の通貨で当行からの支払いを受領する権利が廃止または縮小された場合
      ・ 当該種類株式と同等かまたはそれより多くの議決権、配当受領権またはその他の特別な権利を有する新たな
        種類株式が創設された場合
      ・ 当該種類株式の譲渡または所有を制限し、または制限の強化がなされた場合
      ・ 当該種類株式または他の種類株式の引受権、またはそれらへの転換権が発行された場合
      ・ 他の種類株式の権利および特別な権利が拡大された場合
                                  17/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      ・ その過程において、異なる種類株主に異なる程度の責任を負わせることとなる当行の再編が行われた場合
      ・ 当行の定款で規定された規定が変更または廃止された場合
      利害関係を有する株主は、種類株主総会において議決権を行使することができない。利害関係を有する株主と
     は、以下の意味を有する。
      ・ 当行が、定款に従い、すべての株主に対して等しく持株数に応じた取得の申込みを行った場合、または証券
        取引所の公開取引により取得を行った場合、「利害関係を有する株主」とは、定款に定義する支配株主をい
        う。
      ・ 当行が、定款に従い、証券取引所外の相対取引により取得を行った場合、「利害関係を有する株主」とは、
        当該取引に関係する株主をいう。
      ・ 当行の再編計画においては、「利害関係を有する株主」とは、同一の種類株式のその他の株主よりも軽い責
        任を負う株主、または同一の種類株式のその他の株主とは異なる利害関係を有する株主をいう。
      種類株主総会の決議は、当該種類株主総会の出席株主が保有する議決権付株式の3分の2以上の賛成によってのみ
     可決される。
      以下の場合、種類株主の議決権に関する特別手続は適用されない。
      ・ 当行が、株主総会の特別決議による承認後、12ヶ月ごとに個別または同時に国内上場株式および国外上場株
        式を発行する場合であって、発行される国内上場株式および国外上場株式が、発行済みの同種の株式の20%
        を超えない場合
      ・ 当行の設立過程における国内上場株式および国外上場株式の発行計画が、国務院証券監督管理機構の認可日
        から15ヶ月以内に完了する場合
      ・ 当行の発起人の保有株式が、国務院、国務院証券監督管理機構または国務院の授権された証券審査認可機構
        の認可を得て、国外上場株式に転換される場合
      (e) 資本の額の変更

     登録資本の増加
      当行は、事業および事業の発展のために必要がある場合、関連する法律および行政法規の規定に従い、株主総会
     の決議および関連主管機構の認可を条件として、以下の方法でその登録資本を増加させることができる。
      ・ 不特定の投資家に対する新株式の募集
      ・ 特定の投資家に対する新株式の募集
      ・ 既存の株主(優先株主は含まない。)に対する新株式の割当て
      ・ 資本準備金の組入れによる株式資本の増加
      ・ 関連主管機構または法律および行政法規により認められるその他の方法
      新株式の発行による当行の増資は、定款に従って承認された後、関連する法律および行政法規の定める手続に
     従って行う。
     登録資本の減少

      当行は、定款の規定に従い、その登録資本を減少させることができる。
      当行は、登録資本を減少させる場合、貸借対照表および財産目録を作成しなければならない。
      当行は、登録資本の減少に係る決議の可決後10日以内に、債権者に対してその旨を通知し、30日以内に、当該決
     議の公告を新聞に3回以上掲載するものとする。債権者は、書面による通知の受領から30日以内に、または書面に
     よる通知を受領しなかった場合は最初の公告が行われた日から90日以内に、当行に対して、その債務の全額の支払
     いを求めるか、または返済のための相当の担保の提供を求めることができる。
                                  18/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      当行の減資後の登録資本の額は、法定の最低限度額を下回ってはならない。
      (f) 過半数の賛成を要する特別決議

      株主総会の決議は、(ⅰ)普通決議および(ⅱ)特別決議の2種類に分類される。
      株主総会の普通決議は、当該総会の出席株主(その代理人を含む。)が有する議決権付株式の過半数の賛成によ
     り可決される。
      株主総会の特別決議は、当該総会の出席株主(その代理人を含む。)が有する議決権付株式の3分の2以上の賛成
     により可決される。
      以下の事項は、株主総会の特別決議によって可決されるものとする。
      ・ 当行の登録資本の増加または減少
      ・ 社債またはその他の有価証券の発行および上場
      ・ 当行の合併、分割、解散、清算および会社形態の変更等
      ・ 自己普通株式の取得
      ・ 定款の変更
      ・ 株式インセンティブ・プランの承認
      ・ 当行の1年以内における重要な資産の購入または売却あるいは金額が当行の資産総額の30%を超える担保提
        供に関する事項の審議および承認
      ・ 重要な法人機構の設立、重要な買収および合併、重要な投資、重要な資産の減価償却および前項の規定を除
        く重要な資産の購入、重要な資産の処分ならびに重要な対外担保等に関する事項の審議および承認、または
        取締役会に対するそれらの承認の授権
      ・ 利益配当政策の変更
      ・ 株主総会の普通決議において、当行にとって重大な影響を及ぼし、特別決議による承認を要すると判断され
        たその他の事項
      ・ 当行の発行済みの優先株に関連する事項を決定すること、または決定に関する権限を取締役会へ授権するこ
        と。関連する事項には取得、転換、配当等の是非に関する決定も含まれるが、これらに限られない。
      ・ 法律、行政法規、部門規則または定款により、特別決議による可決を要すると定められたその他の事項
      上記の特別決議による承認を要する事項を除き、株主総会による可決が必要なその他の事項は普通決議によって
     承認される。
      (g) 議決権

      株主(その代理人を含む。)は、株主総会での投票にあたり、1普通株式につき1票の議決権を有し、優先株式は
     本定款の第73条の規定に基づき行使される。自らが保有する議決権付株式の数に応じてその議決権を行使する。
      当行が保有する株式については、議決権はなく、当該株式は、株主総会の出席株主が代表する議決権付株式に含
     まれない。
      関連する株主総会の手続および行政事項の議案につき、議長が挙手方式により決議を行うことができる場合を除
     き、  株主  総会は記名方式の投票により決議を行う。
      書面投票の場合、2票以上の議決権を有する株主(その代理人を含む。)は、そのすべてを賛成票もしくは反対
     票または棄権として統一して行使することを要しない。
      (h) 定時株主総会

      株主総会には、定時株主総会および臨時株主総会の2種類がある。株主総会は、通常、取締役会によって招集さ
     れる。
                                  19/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      定時株主総会は、年に1回、各会計年度終了後6ヶ月以内に開催しなければならない。特別な理由により株主総会
     を延期しなければならない場合、適時にかつ理由を示して、国務院銀行業監督管理機構にその旨を報告する。
      臨時株主総会は、以下のいずれかの事由が発生した日から2ヶ月以内に招集される。
      ・ 取締役の数が、法定の定数、定款が定める最低人数、または株主総会が決定した取締役会の人数の3分の2を
        下回った場合
      ・ 当行の未填補の損失が、当行の払込済株式資本総額の3分の1に達した場合
      ・ 単独または共同で当行の議決権付株式の10%以上を保有する株主が、株主総会の招集を書面により要求した
        場合。この場合、前述の持株数は、株主が書面により要求を提出した日の持株数を基準とする。
      ・ 取締役会が必要と判断した場合
      ・ 監査役会がその開催を提案した場合
      ・ 法律、行政法規、部門規則および定款に定めるその他の場合
      (i) 会計および監査

      当行は、法律、行政法規および国務院財務主管部門が策定した中国の会計基準の規定に従って、その財務会計シ
     ステムを構築する。
      取締役会は、各定時株主総会において、関連する法律、行政法規および部門規則の定めに従い当行が作成した財
     務書類を、株主に提出する。
      当行は、中国の会計基準および関連する法律や規則だけでなく、国際会計基準または国外上場地の会計基準に
     従ってその財務書類を作成するものとする。2種類の会計基準に従って作成された財務書類に重要な相違がある場
     合、かかる相違を財務書類の注記に明記する。当行は、関連する会計年度の税引後利益の配分にあたり、上記の2
     種類の財務書類のうち少ない方の税引後利益を採用する。
      当行は、その財務報告書を各会計年度に2回、すなわち、会計年度の最初の6ヶ月間の終了後60日以内に中間財務
     報告書を、会計年度の終了後120日以内に年度財務報告書を、それぞれ公表する。当行の株式上場地の証券監督管
     理機構のその他の規則は、これに優先する。
      (j) 株主総会招集通知およびそれに関する手続

      当行が株主総会を招集する場合、取締役会は、総会の45日前までに書面で、当該総会の場所および日時ならびに
     議案をすべての株主に通知しなければならない。株主総会への出席を予定する株主は、当該総会の招集日から20日
     以上前に、当行に対して書面による出席の回答を送付しなければならない。
      当行は、株主総会の20日以上前に受領した書面による回答に基づいて、議決権付株式の数を計算するものとす
     る。総会は、当該総会への出席を予定する株主の保有する議決権付株式の数が、当行の議決権付株式総数の半数以
     上に達した場合に、これを開催することができる。かかる条件が充たされない場合、当行は、当該総会の議案、場
     所および日時の公告という形で、5日以内に再度株主への通知を行うものとする。当行は、かかる公告がなされた
     後に、当該株主総会を招集することができる。
      株主総会招集通知は、以下の条件を充たさなければならない。
      ・ 書面によること。
      ・ 総会の場所、時間および総会の期限を明記していること。
      ・ 総会で審議される議題および議案の説明が記載されていること。
      ・ すべての株主が、株主総会に出席する権利、必要に応じて1名以上の代理人(当行の株主であることを要し
        ない。)に総会への出席および議決を委任する権利を有している旨を、明確に記載していること。
      ・ 株主が議案について合理的な判断をするのに必要な資料および説明を提供していること。かかる資料および
        説明には、主として、提案された取引に関する具体的な条件および契約(もしあれば)ならびに当行が合
        併、株式の取得、株式構造の再編またはその他の形による組織再編を提案するときは、その理由および状況
        に関する詳細な説明を含むが、これらに限定されない。
                                  20/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      ・ 取締役、監査役およびその他の                  高級管理職      が議案について重大な利害関係を有する場合は、当該利害の性質
        および範囲を明らかにしていること。さらに、株主である取締役、監査役およびその他の                                              高級管理職      に対し
        て議案が及ぼす影響が、同一の種類株式のその他の株主に対して及ぼす影響と異なる場合は、当該相違につ
        いて説明していること。
      ・ 総会での可決が提案されているすべての特別決議案の全文を記載していること。
      ・ 総会のための委任状の到達期限および送付先を定めていること。
      ・ 株主総会への出席を認められる株主の基準日を定めていること。
      ・ 総会に関する常設の連絡担当者の氏名および電話番号を記載していること。
      ・ 株主総会が、インターネットまたはその他の方法による場合は、インターネットまたはその他の方法による
        投票の時間および手続を明確に記載していること。
      (k) 株式譲渡

      法律、行政法規、部門規則および当行の株式上場地の証券監督管理機構の規則に別段の定めがない限り、当行の
     株式は、いかなる留置権も付されずに法律に従いこれを譲渡することができる。当行の株式を譲渡する場合、譲渡
     人は、当行が委託した株式登記機構に登記手続を委託しなければならない。
      香港証券取引所に上場された全額払込済みの国外上場株式は、定款に従って自由にこれを譲渡することができ
     る。ただし、取締役会は、定款に定める条件が充たされている場合を除き、理由を示すことなく譲渡文書の承認を
     拒否することができる。
      香港において上場された国外上場株式を譲渡するすべての場合において、一般的な様式もしくは通常の様式また
     は取締役会が容認する様式の書面による譲渡文書を用いるものとする。書面による譲渡文書には、署名または有効
     な社印を押印することができる(譲渡人または譲受人が会社である場合)。株主が、SFOが定義する公認の決済機
     関またはその代理人である場合、書面による譲渡文書には、機械の印刷による記名を付すことができる。
      当 行は、自己株式を、質権の目的物として受け入れてはならない。
      (l) 当行の自己株式取得権限

      当行は、以下の場合、法律、行政法規、部門規則および定款の規定に従い、その発行済みの普通株式を取得する
     ことができる。
      ・ 当行の登録資本を減少させるために株式を消却する場合
      ・ 当行の株式を保有する他社と合併する場合
      ・ 当行の従業員に対して、ストック・オプションを付与する場合
      ・ 株主総会で可決された当行の合併および分割に関する決議に反対する株主から、当行の株式の買取りを求め
        られた場合
      ・ 法律、行政法規および部門規則ならびに当行の株式上場地の証券の監督管理機構により認められるその他の
        場合
      1 番目から3番目の事情で株式を取得する場合、当行は、株主総会の承認を得なければならない。1番目の事情で
     株式を取得する場合、当行は、取得の日から10日以内に当該株式を消却しなければならない。2番目および4番目の
     事情で株式を取得する場合、当行は、6ヶ月以内に当該株式を譲渡または消却しなければならない。
      当行が3番目の事情で取得する株式は、当行の発行済株式総数の5%を超えないものとする。取得の資金は、当行
     の税引後利益の中から支払うものとする。取得された株式は、1年以内に従業員に譲渡されるものとする。
      当行は、関連主管機構の認可を得た後、以下のいずれかの方法によってその株式を取得することができる。
      ・ 証券取引所での公開取引による取得
      ・ すべての当該種類株主に対する同様の比率による取得の申込み
                                  21/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      ・ 証券取引所外の相対取引による取得
      ・ 法律、行政法規、部門規則または関連主管機構により認められるその他の方法
      (m) 当行子会社の株式保有権限

      定款には、当行の子会社による当行株式の保有を制限する規定は存在しない。
      (n) 配当および配分のその他の方法

      当行の事業年度における税引後利益は、以下の優先順位に従って配分される。
      ( ⅰ)  前年度の損失の補填
      ( ⅱ)  そのうち10%の法定準備金への積立て
      ( ⅲ)  一般準備金の積立て
      ( ⅳ)  優先株式の配当金の支払い
      ( ⅴ)  任意準備金の積立て
      ( ⅵ)  普通株式の配当金の支払い
      当行の法定準備金の累積額がその登録資本の50%に達したか、または50%を超えた場合、それ以上の積立ては要
     求されない。株主総会は、法定準備金の積立て、一般準備金の積立てを行い、優先株式の配当金を支払った後に、
     任意準備金を積み立てるか否かを決定する。当行は、損失の補填および法定準備金の積立ておよび一般準備金の積
     立ての前においては、あらゆる株主に対していかなる利益の配分も行ってはならない。
      当行は、現金、株券または現金と株券を互いに合わせる方式により配当を行うことができる。
      当行は、国外上場株式の株主に代わって支払いを受領する代理人を任命する。代理人は、関係株主に代わって、
     国外上場株式に対する配当および当行によるその他の支払いを受領する。
      当行が任命する代理人は、法律または上場地の証券取引所の関連規定の条件を充たす者でなければならない。
      当行が香港の国外上場株式の株主のために任命する代理人は、香港の受託者条例に基づいて登録された信託会社
     とする。
      特殊な状況を除き、当年度において利益を上げかつ累計未分配利益の値がプラスである場合、当行は、現金方式
     により配当金を配当する。
      当行が毎年現金方式により普通株主へ分配する利益は、当該会計年度のグループ親会社の普通株主に帰属する純
     利益の10%を下回らない。戦争、自然災害などの不可抗力が生じた場合、または会社外部の経営環境が変化し、か
     つ会社の生産経営に重大な影響を及ぼした場合、または会社自身の経営状況に比較的大きな変化が生じた場合は、
     会社は利益処分政策を調整することができる。利益処分政策を調整する場合、取締役会は本議題につき説明し、調
     整理由を詳細に説明し、かつ独立取締役の審議を経てから株主総会に提出し、承認を得なければならない。
      特殊な状況とは、国家の法律法規により規定されている利益配当が禁止される状況を指し、一般準備金、資本充
     足レベルが監督管理要求に達していない状態を含むが、これに限られない。
      取締役会が、当行の株価と資本金規模が不釣合いであると認める場合、または取締役会が必要であると認める場
     合、取締役会は、上述の現金による配当金分配の基礎を満たした上で、株券による配当金分配案を提出し株主総会
     にて審議承認してから実施することができる。
      当行は、前会計年度において利益を上げたが当行の取締役会が前会計年度終了後も現金利益配当案を提出してい
     ないという場合は、定期報告において未配当の原因、当行に留保されている配当に用いていない資金の用途を詳細
     に説明しなければならず、独立取締役はこれに対し、独立した意見を述べなければならない。
                                  22/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      (o) 代理人
      株主総会への出席および株主総会での議決権の行使を認められるすべての株主は、自らを代理して出席し、議決
     権を行使する1名以上の者(株主であることを要しない。)を、その代理人として任命する権利を有する。
      株主は、書面により代理人への委任をなすものとし、委任状には、株主または株主が書面により授権した代理人
     が署名するものとする。株主が法人である場合、委任状には、当該法人の印鑑を押印するか、またはその法律上の
     代表者もしくは取締役もしくは書面により授権された代理人が署名する。
      株主が株主総会への出席を代理人に委任するために発行する委任状は、以下の内容を含む。
      ・ 代理人の氏名
      ・ 代理人により代理される株式数および株式の種類
      ・ 議決権の有無
      ・ 株主総会の各議案についての指示(各決議についての株主の賛成、反対または投票の棄権の意思を示すも
        の)
      ・ 委任状の発行日およびその有効期間
      ・ 株主または書面により授権した代理人の署名または押印。なお、株主が法人である場合、委任状には、当該
        法人の印鑑を押印するか、またはその法律上の代表者もしくは取締役もしくは書面により授権された代理人
        が署名する。
      ・ 委任状には、株主の指示がない場合、その代理人が自らの意思により議決権を行使できるか否かを明記しな
        ければならない。委任状に明記されておらず、株主が具体的な指示をしていない事項については、その代理
        人が自らの意思により議決権を行使できるとみなされ、株主はその議決権の行使に対して相応の責任を負
        う。
      株主が投票前に死亡するか、行為能力を失うか、もしくは委任状もしくは署名済みの授権書類を取り消すか、ま
     たは関連する株式が投票前に譲渡された場合、委任状の条項に従ってなされた投票は、当行が当該総会の開始前に
     かかる旨の書面による通知を受領しない限り、有効とする。
      (p) 株式に関する請求および株式の失権

      当行は、何人からの請求もなされなかった配当については、中国の関連する法律、行政法規および部門規則の遵
     守を条件として、支払いを拒絶する権利を行使することができるが、かかる権利の行使は、適用される期間の満了
     後に限られる。
      配当通知書が2回連続して換金されなかった場合、または1回目に当該配当通知書が配達できず返送されてきた場
     合、当行は、国外上場株式の保有者への配当通知書の郵送を終了させる権利を有する。
      当行は、以下の条件が充たされた場合、所在が確認できない国外上場株式の株主が保有する株式を取締役会が適
     当と判断した方法によって売却する権利を有する。
      ・ 当行が、当該株式に対して12年以内に3回以上配当を行い、かつ、当該期間中に何人からも当該配当の請求
        がなされないこと。
      ・ 当行が、12年の期間終了後に、当行の株式上場地の1紙以上の新聞に、株式売却の意図を記載した公告を掲
        載し、かつ、当行の株式上場地の証券監督管理機構への通知を行うこと。
      (q) 株主名簿の閲覧

      当行の株主は、株主名簿の全部を無料で閲覧し、合理的な費用でそれを複写する権利を有する。
                                  23/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      (r) 株主総会および種類株主総会の定足数
      当行は、株主総会の20日以上前に受領した書面による回答に基づいて、当該総会への出席を予定する株主が有す
     る議決権付株式の数を計算するものとする。総会は、当該総会への出席を予定する株主が保有する議決権付株式の
     数が、当行の議決権付株式総数の半数以上に達した場合に、これを開催することができる。かかる条件が充たされ
     ない場合、当行は、当該総会の議案、場所および日時の公告という形で、5日以内に再度株主への通知を行う。当
     行は、かかる公告がなされた後に、当該株主総会を開催することができる。
      当行は、総会への出席を予定する株主が代表する議決権付株式の数が、当該総会における同種の議決権付株式総
     数の2分の1以上に達した場合に、種類株主総会を開催することができる。かかる条件が充たされない場合、当行
     は、5日以内に、当該総会の議案、日時および場所を公告によって再度株主に通知し、その後に種類株主総会を開
     催することができる。
      (s) 不正行為または抑圧に関する少数株主の権利

      当行の支配株主は、当行およびその他の株主に対して忠実義務を負う。支配株主は、投資家としての自らの権利
     の行使にあたり、法律、行政法規、部門規則および定款を厳守しなければならず、また、不正な利益を得るために
     自らの地位を濫用してはならず、当行またはその他の株主の法律上の権利および利益を損なってはならない。
      支配株主は、それが法律、行政法規、または当行の株式上場地の証券監督管理機構の関連する規則に基づく義務
     である場合を除き、株主としての権利の行使にあたり、以下の事由に関して、議決権の行使により株主の全部また
     は一部の利益を損なうような決定をしてはならない。
      ・ 当行の最大の利益のために誠実に行為する取締役および監査役の責任を免除すること。
      ・ 取締役および監査役が、自己または第三者の利益のために、あらゆる形で当行の財産(当行にとって有利な
        機会を含むが、これに限定されない。)を剥奪するのを承認すること。
      ・ 取締役および監査役が、自己または第三者の利益のために、他の株主の個々の権利および利益(配当受領権
        および議決権を含むがこれらに限定されない。)を剥奪するのを承認すること(ただし、定款に従って承認
        のために株主総会に提出された当行の組織再編を除く。)。
      当行の支配株主は、当行の意思決定ならびに法律に従って行われる経営活動および営業活動を直接的または間接
     的に妨げてはならず、当行およびその他の株主の権利および利益を損なってはならない。
      「支配株主」とは、以下の条件のいずれかを充たす者をいう。
      ・ 単独または共同で、取締役の2分の1以上を選任する権利を有していること。
      ・ 単独または共同で、当行の議決権の30%以上を行使するか、または行使を支配する権利を有していること。
      ・ 単独または共同で、当行の発行済みの議決権付き株式の30%以上を保有していること。
      ・ 単独または共同で、その他の方法により当行を事実上支配していること。
      (t) 清算手続

      当行は、以下の場合に、法律に従って解散する。
      ・ 株主総会においてその旨の決議があった場合
      ・ 当行の合併または分割の結果として必要な場合
      ・ 当行の営業許可証が停止されるか、または終了もしくは無効を命じられた場合
      ・ 当行の業務および経営に重大な困難があり、当行の存続が株主利益を著しく損なうおそれがあり、かつ他
        の方法による問題の解決が不可能である場合
      当行の解散は、認可のために国務院銀行業監督管理機構に報告する。
      取締役会は、当行の清算(当行の破産宣告の結果としての清算を除く。)を決定する場合、当行の状況を包括的
     に調査した結果、当行が清算開始後12ヶ月以内にすべての債務を弁済することができると判断した旨を、かかる目
     的のために招集される株主総会の招集通知に記載する。
                                  24/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      当行の取締役会の権限および機能は、株主総会おける清算の決議と同時に終了する。
      清算委員会は、株主総会の指示に従い、同委員会の収支、当行の事業および清算の進捗状況を年に1回以上株主
     総会に報告し、清算終了時に株主総会に対して最終報告を行う。
      清算委員会は、その成立後10日以内に、債権者に対して成立を通知し、60日以内に、成立の公告を新聞に3回以
     上掲載する。
      債権者は、通知を受領した日から30日以内に、または通知を受領しなかった場合は最初の公告が行われた日から
     45日以内に、清算委員会に対して自らの債権を届け出る。
      債権者は、自らの債権の届出にあたり、当該債権に関連する事項を説明し、かつ、その証拠資料を提出しなけれ
     ばならない。清算委員会は、債権を記録する。
      清算委員会は、債権届出期間中においては、債権者に対していかなる債務の弁済もしてはならない。
      (u) 当行の株主にとって重要なその他の規定

     株主総会の機能および権限
      株主総会は、以下の機能を果たし、権限を行使することを認められた機関である。
      ・ 経営計画および投資計画の決定
      ・ 取締役の選任、交替および解任ならびに取締役の報酬の決定
      ・ 独立監査役および株主代表監査役の選任、交替および解任ならびに監査役の報酬の決定
      ・ 取締役会の報告の審議および承認
      ・ 監査役会の報告の審議および承認
      ・ 年度財務予算案および決算案の審議および承認
      ・ 利益処分案および損失補填案の審議および承認
      ・ 登録資本の増加または減少に関する決議
      ・ 社債券およびその他の有価証券の発行ならびに上場に関する決議
      ・ 当行の合併、分割、解散、清算または会社形態の変更に関する決議
      ・ 当行の普通株式の取得に関する決議
      ・ 定款ならびに株主総会議事規則、取締役会議事規則および監査役会議事規則の変更の承認
      ・ 会計事務所の任用、解任または不再任の決定
      ・  当行の1年以内における重要な資産の購入または売却あるいは金額が当行の資産総額の30%を超える担保提
        供に関する事項の審議および承認
      ・ 重要な法人機構の設立、重要な買収および合併、重要な対外投資、重要な資産の減価償却および前項の規定

        を除く重要な資産の購入ならびに重要な対外担保の提供等の事項の審議および承認、または取締役会に対す
        るそれらの授権
      ・ 募集資金の使途の変更の審議および承認
      ・ 株式インセンティブ・プランの審議および承認
      ・ 単独または共同で議決権の3%以上を保有する株主の提案の審議および承認
      ・ 法律、行政法規、部門規則、当行の株券上場地の証券監督管理機構および定款において、株主総会での審議
        および承認が必要と定められた関連取引の審議および承認
      ・ 当行の発行済みの優先株に関連する事項を決定すること、またはこれらの決定に関し取締役会へ授権するこ

        と。関連する事項には取得、転換、配当等の是非に関する決定も含まれるが、これらに限られない。
                                  25/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      ・ 法律、行政法規、部門規則、当行の株券上場地の証券監督管理機構および定款において、株主総会での審議
        および承認が必要と定められたその他の事項の審議および承認
     株主に対する貸出

      株主に与えた当行の与信             の条件は、      その他の顧客に対する同種類の与信の                   条件より有利であってはならない。
      同一  の議決権を有する株主           の当行での借入        残高は、当行の純         資産  額の10%を超えてはならない。
      当行の    株主、特に主要株主は、信用供与の期限が過ぎている間は、                                議決権を行使できず、            その保有する株式数
     は、株主総会に出席している議決権付き株式総数に算入されない。かかる株主が指名した取締役は、取締役会会議
     において議決権を行使してはならない。当行は、当該株主が受け取るべき配当を当行からの借入の返済に優先的に
     充当する権利があり、当行の清算時には、当該株主に分配する財産を、当行からの借入の返済に優先的に充当しな
     ければならない        。
     取締役の株式資格

      取締役は、自然人であるものとし、また、当行の株式を保有することを要しない。
     取締役会委員会

      取締役会の下には、戦略計画委員会、三農金融                        /普恵金融     発展委員会、監査         およびコンプライアンス             委員会、指
     名および報酬委員会、リスク管理委員会(同委員会の下に、関連取引監視委員会が設置される。)、米国地域                                                        機関
     リスク管理委員会が設置される。取締役会は、必要に応じて随時、その他の委員会を設置し、既存の委員会を調整
     することができる。取締役会各委員会は、取締役会に対して説明責任を負い、取締役会の授権に基づき、取締役会
     に専門的意見を提供し、専門的意見を要する事項に関して決定を下す。
      各委員会は、年度活動計画を立て、定期的に会合を行う。各委員会は、3名以上の取締役により構成される。非
     執行独立取締役は、監査             およびコンプライアンス             委員会、指名および報酬委員会ならびに関連取引監視委員会の過
     半数を占め、かつ当該委員会の主席を務める。
     戦略計画委員会

      戦略計画委員会は、以下の職務を行う。
      ・ 戦略発展のための全体的計画および個別計画の制定ならびにそれらに関する取締役会への提案
      ・ 国内および国外の金融情勢および市場の変化に照らした、当行の戦略発展計画の展開および実行に影響を及
        ぼす要因の評価ならびに取締役会に対する戦略発展計画の提案
      ・ 経営計画、投資計画および財務計画の審議ならびにそれらに関する取締役会への提案。当行の経営計画およ
        び投資計画の実行状況の監督、調査
      ・   高級管理層      が提示する年度財務予算案および決算案の審議ならびにそれらに関する取締役会への提案
      ・ 法人の設立ならびに合併および買収に関する計画の審議ならびにそれらに関する取締役会への提案
      ・ 重要な対外投資、重要な資産の購入、重要な資産の処分、重要な資産の減価償却および重要な対外担保等に
        関する事項の審議ならびにそれらに関する取締役会への提案
      ・ 戦略的資本運用ならびに資産および負債管理の目標の審議ならびにそれらに関する取締役会への提案
      ・ 本店内部の職能部門、第一級の国内支店および国外支店、本店の直属支店およびその他の機構ならびに国外
        における機構の設立および調整の審議ならびにそれらに関する取締役会への提案
                                  26/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      ・ 財務報告、リスク管理および内部統制等が当行のコーポレート・ガバナンスの基準に合致するよう保証する
        ため、当行のコーポレート・ガバナンスが健全に行われているかどうかの審査および評価
      ・ 法律、行政法規および部門規則および当行の株券上場地の証券監督管理機構により要求される機能ならびに
        取締役会により授権された機能
     三農金融     / 普恵金融     発展委員会

      三農金融     /普恵金融     発展委員会は、以下の職務を行う。
      ・ 当行の全体的な戦略発展計画に沿った、                       三農  業務の戦略発展計画の審議およびそれに関する取締役会への提
        案
      ・ 三農に関する国の方針ならびに三農の経済および金融市場の動向に沿った、当行の                                             三農  業務の開発に影響を
        及ぼす重要な要因の評価ならびに取締役会に対する                          三農  業務の戦略発展計画の修正の速やかな提案
      ・   三農  業務に関する当行の方針および基本管理制度の審議ならびにそれらに関する取締役会への提案
      ・ 当行のリスク管理戦略計画に沿った、当行の                         三農  業務のリスク戦略計画の審議、                三農  業務に関するリスク管
        理および内部統制状況の評価ならびにそれらに関する取締役会への提案
      ・ 当行の      三農  業務の戦略計画、方針および基本管理制度の実行の監視、三農に関するサービスの効果の評価な
        らびにそれらに関する取締役会への提案
      ・ 当行の経営計画に沿った、                三農  業務計画の審議およびそれに関する取締役会への提案
      ・ 普恵金融事業の発展計画の策定、当行の普恵金融政策、基本的管理制度、年間事業計画ならびにリスク戦略
        計画の審議
      ・ 当行の普恵金融に関する各戦略、政策、制度の確実な実施の監督、評価を行った後の取締役会への意見の提
        出
      ・   三農業務および普恵          金融  の関連事項ならびに          取締役会     が 授権  したその他の       事項の審議
     監査  およびコンプライアンス             委員会

      監査  およびコンプライアンス             委員会   は、以下の職務を行う。
      ・ 当行の内部統制管理制度の審議、当行の内部統制の効果的な実施および内部統制の自己評価の監督ならびに
        当行の中核的事業活動および主要な事業ならびにそれらの法令遵守状況の検討および評価
      ・ 当行の重要な財務方針およびその実行の審査ならびに当行の財務運営の監督
      ・ 当行の監査基本管理制度、規則、中長期的監査企画および年度業務計画の審査ならびにそれらに関する取締
        役会への提案。当行の監査基本管理制度、規則、企画および計画ならびにその実施の監督
      ・ 当行の内部監査制度設置計画の審議およびそれに関する取締役会への提案
      ・ 内部監査の独立性を確保するための、内部監査部門の年度予算の審議、または取締役会の授権に基づくその
        審査
      ・ 内部監査業務の監督および評価、当行の内部監査制度およびその実施の監督
      ・ 会計事務所の任用または解任の提案および承認のための取締役会への報告、会計事務所が考案した年度監査
        計画、監査範囲および重要な監査規則の監督および評価、監査を経た当行の財務会計報告書に関する情報の
        真実性、完全性および正確性につき判断する報告の作成および承認のための取締役会へのそれらの提出
      ・ 当行の内部監査部門と会計事務所との間の意思疎通の促進
      ・ 当行の事件予防業務の全体方針の審議、高級管理層の関連責務および権能を明確化
                                  27/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      ・ 当行の事件予防業務の審査・監督、関連作業報告書の審議、事件予防の実行の効果の査定・評価、事件予防
        管理体制の構築の促進
      ・ 法律、行政法規、部門規則および当行の株券上場地の証券監督管理機構により要求される機能ならびに取締
        役会により授権された機能
     指名および報酬委員会

      指名および報酬委員会は、以下の職務を行う。
      ・ 取締役、取締役会の各専門委員会の主席および委員ならびに                                 高級管理職      の選任の基準および手続の制定なら
        びに承認のための、取締役会への手続案および基準案の提出
      ・ 取締役、総裁、取締役会秘書役、総裁が指名した副総裁およびその他の                                       高級管理職      候補者の就任資格および
        条件の暫定的な審査および取締役会への提案
      ・ 取締役の候補者、総裁、取締役会秘書役の人選に関する取締役会への提案
      ・ 他の委員会の主席および委員(戦略計画委員会の主席を除く。)の候補者の指名
      ・   高級管理職      および主要な人材の開発計画の制定
      ・ 取締役および         高級管理層      の報酬計画の立案、取締役および                 高級管理職      の業績審査に基づく、報酬の支払計画
        に関する提案の提出ならびに承認のための取締役会へのそれらの提出
      ・   高級管理層      が提示した、人事および報酬に関する方針および基本制度の審議ならびに承認のための取締役会
        への提案およびそれらの実行の監視
      ・ 法律、行政法規、部門規則および当行の株券上場地の証券監督管理機構により要求される機能ならびに取締
        役会により授権された機能
     リスク管理委員会

      リスク管理委員会は、以下の職務を行う。
      ・ 当行の      総体発展戦略企画に基づく              、当行のリスク管理戦略             企画、リスク選好         および   主要リスク管理政策の審
        議 、その実施状況および効果に対する監督および評価ならびに取締役会への提案
      ・ 全面的なリスク管理報告およびリスク資本分配案の審議および取締役会への決定の提案
      ・ 信用、市場および業務に関する                  高級管理職      のリスク管理の監督ならびに当行のリスク管理に関する完璧な意
        見の提出
      ・   当行のリスク管理システムの継続的な監督、                       リスク管理および内部統制部門の設置、作業手順およびその効
        果の評価ならびに改善提案の提出
      ・ 当行の総体発展戦略計画に従った、当行の消費者権利保護の戦略、政策および目標の審議、取締役会への提
        案、当行の消費者権利保護業務の監督および評価、定期的な当行の消費者権利保護業務の実施に関する報告
        の聴取
      ・ 法律、行政法規、部門規則および当行の株券上場地の証券監督管理機構により要求される機能ならびに取締
        役会により授権された機能
     関連取引監視委員会

      関連取引監視委員会は、以下の職務を行う。
      ・ 関連取引基本制度の審議およびその実施の監督ならびに取締役会に対する提案の提出
      ・ 当行の関連者の特定、取締役会および監査役会への報告ならびに関係者への通知
      ・ 取締役会または株主総会の承認を得るべき関連取引の暫定的な審議および承認のための取締役会または取締
        役会を通じた株主総会への提案
                                  28/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      ・ 取締役会の授権に基づく、関連取引および関連取引に関連するその他の事項の審査および承認、関連取引に
        関する届出の管理および取締役会への関連取引の管理状況の説明
      ・ 法律、行政法規、部門規則および当行の株券上場地の証券監督管理機構により要求される機能、または取締
        役会により授権された機能
     米国地域     機関  リスク   管理  委員会

      ・   米国に   おける事業の       リスク   管理政策を審議        し、実施の監督を行うこと。米国における機関の内部検査および
        外部検査に発見した問題及び整頓・改革の状況に関する報告書を審議すること。取締役会が授権したその
        他の責務を履行すること。リスク管理委員会は、米国地域機関リスク管理委員会の職務を兼ねる                                                 。
     監査役会

      当行は、監査機関であり、株主総会に対して責任を負う監査役会を設置した。監査役会は、以下の機能および権
     限を有する。
      ・ 取締役会および          高級管理層      の業績の監督、取締役および               高級管理層      の義務履行の監督およびこれに関する調
        査ならびに取締役および             高級管理層      に対する当行の利益を損なう行為の是正の要求
      ・ 法律、行政法規および定款または株主総会決議に違反した取締役および                                       高級管理層      に対する解任および訴訟
        の提起の提案
      ・ 必要に応じた取締役および                高級管理層      の離任監査の実行
      ・ 監査役の報酬および手当の分配計画の策定、審議のための株主総会への提出
      ・ 財務活動、経営決定、リスク管理および内部統制の監督ならびに内部監査業務に関する助言
      ・ 取締役会が株主総会に提出する財務会計報告書、業務報告書および利益処分案の審議ならびに問題が発見さ
        れた場合の当該報告書を審議する会計士および会計監査人の当行の名による任命
      ・ 三農業務の発展戦略計画、方針および基本管理制度の実行の監督
      ・ 株主総会への提案の提出
      ・ 株主代表監査役、社外監査役および独立監査役の指名
      ・ 監査役会議事規則の修正案の制定
      ・ 外部監査業務の独立性および効率性のみならず、外部監査法人の任命、解任および再任についてのコンプラ
        イアンスならびに雇用および報酬の条件の公平性の監督
      ・ 法律、行政法規、部門規則および定款により要求されるその他の機能、または株主総会により授権されたそ
        の他の機能
     優先株主に関する特別規定

      当行が以下に掲げる状況にある場合、優先株主は議決権を有する。
      ・ 定款における優先株式に関連する内容の修正を行う場合
      ・ 一回または累計で当行の登録資本の10%を超える減額を行う場合
      ・ 当行の合併、分割、解散または会社形態の変更を行う場合
      ・ 優先株式の発行を行う場合
      ・ 法律、行政法規および定款において規定するその他の場合
      以上に掲げる状況の1つが起きた場合、優先株主は株主総会に出席する権利を有し、当行はインターネットによ
     る投票を提供しなければならない。当行による株主総会の開催は優先株主に通知しなければならず、かつ定款で定
     められた普通株主に対する通知に関する手続に従わなければならない。
                                  29/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      当行が優先株式に係る配当を累計3会計年度または連続する2会計年度にわたって支払わない場合、優先株主は、
     当該年度の利益分配計画に従って優先株式に配当を行わないことを決議した株主総会の翌日以降、株主総会に出席
     し、普通株主と同様に議決権を行使する権利を有するものとし、議決権は、当該年度の優先株式に係る配当が当行
     によりすべて支払われる日までの間、復活するものとする。
     2【外国為替管理制度】

      中国の法定通貨である人民元は、現在、外貨管理の対象となっており、外貨に自由に交換することができない。
     中国人民銀行の管轄下にあるSAFEは、中国人民銀行により外貨に関連する一切の事項の管理を授権されている。
      人民元は、需給に基づき、かつ通貨バスケットを参照して為替レートを決定する管理変動相場制をとっている。
     中国人民銀行は、各営業日の市場の営業終了後に銀行間外国為替市場における米ドル等の外貨に対する人民元の終
     値を発表し、翌営業日の当該外貨についての人民元の為替中心レートを決定する。その後、取引はかかる当該外貨
     についての人民元の為替中心レート価格前後の一定限度内の範囲内で行うことができる。
      2008  年に改正された中華人民共和国外貨管理規則に従い、中国国内機関の経常項目の外貨収入は、国の関連規定
     に基づき留保するか、または外貨決済、外貨販売業務を提供する金融機関に売却することができる。中国外貨管理
     規則に基づき、すべての国際的支払いおよび移転は経常勘定項目および資本勘定項目に分類される。
      経常性を有する国際的支払いおよび移転は、国による規制を受けない。経常勘定項目に関する取引で外貨が必要
     な中国企業は、有効な証憑および当該取引の証明により、その外貨口座または指定外貨銀行から支払いを行うこと
     ができる。
      直接投資および資本拠出等の資本勘定項目に関する外貨の交換は、依然として規制対象であり、当該取引におけ
     る外貨の購入について、SAFEおよび/または関連する下部機構への事前の報告または事前の承認を得なければなら
     ない。
      当行のH株式保有者に対する配当は、人民元建てで決定されるが、香港ドルで支払われなければならない。
      当該規則に従い、外貨により株主に配当を支払わなければならない中国企業(当行を含む。)は、利益配当に関
     する株主総会の決議および取締役会の決議に基づき、その外貨からの支払い、または指定外貨銀行における交換お
     よび配当の支払いを行うことができる。
                                  30/436












                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     3【課税上の取扱い】
     (1)中国における課税
      配当金に関する課税
      中国個人所得税法およびその改正に従い、中国企業が支払う配当金について、個人に対しては一般的に一律20%
     の個人所得税が課される。非居住者である個人について、国務院税務当局による特別免除または関連する租税条約
     に基づく減税がなされない場合は、その中国企業から支払われた配当金には一般的に20%の個人所得税が課され
     る。「国家税務総局の国税発[1993]045号文書廃止後の関連する個人所得税の徴収管理の問題に関する通知」
     (国税函[2011]348号)の規定に基づき、国内の非外商投資企業が香港で株式を発行する場合、その企業の国外
     居住者である個人株主は、住民身分証に記載されている所属国が中国との間で締結している租税条約および中国本
     土と香港(マカオ)間の租税手続に関する協定に基づき、関連する優遇税制を享受することができる。香港で株式
     を発行する中国国内の非外商投資企業が配当を行う場合、関連する税法および税収協定に特別の規定がある場合を
     除き、一般的に10%の税率に基づき個人所得税を源泉徴収する。
      中国法人所得税法、同実施規定および2008年11月6日に国家税務総局により公布された「非居住者である外国企
     業のH株式の株主に対し中国居住者である企業から支払われる配当に係る法人所得税の源泉徴収の問題に関する通
     知」(国税函[2008]897号)の規定により、H株式を含む海外株式を有する非居住者である外国企業株主が取得
     した、中国居住者である企業が2008年度以降に支払った配当金に対して、中国居住者である企業は非居住者である
     企業の所得税を源泉徴収する義務を負い、非居住者である企業へのH株式の配当金について、その支払い額または
     期日到来後に支払うべき金額から、10%の税率に基づき法人所得税を源泉徴収しなければならない。
      中国との間に二重課税の防止に関する租税条約または協定を締結している国に居住している投資家は、かかる租
     税条約または協定の条項に基づき、源泉徴収税を軽減される権利を有する。上記通達に基づき、非居住者である企
     業株主は、配当を受領した際、中国税務当局に税収協定(手続)上の待遇を享受したい旨の申請を提出し、自身が税
     収協定(手続)により規定する受益者に実際に該当することを証明する資料を提出する。税務当局による真実性の
     審査の後、源泉徴収された税額と当該条約に基づき支払うべき金額との差額を返金する。
      キャピタル・ゲインに対する課税

      中国個人所得税法および同実施規定は、個人が株式の売却により実現した利益を、税率20%の所得税の対象と定
     めており、かつMOFにかかる税金の徴収の仕組みに関する詳細な課税規則を作成し、実施する権限を付与してお
     り、国務院により承認されている。しかしながら、中国の財政部門はこれまでにこれらについての具体的な実施措
     置を公布しておらず、株式の売却により得られた利益に対して所得税を徴収していない。もっとも、具体的な徴収
     規則が施行された場合、中国個人所得税法およびその改正に従い、国外の個人投資者のキャピタルゲイン相当額に
     対して税率20%の所得税を徴収する。但し、関連する租税条約の規定に基づき減免される場合を除く。関連税務当
     局は、これまで個人株主が譲渡したH株の上場会社の株式に対して所得税を徴収していない。
      2008  年1月1日より施行されている中国法人所得税法および同実施規定によれば、非居住者である企業が中国国内
     において機関や事務所を設置していない場合、または機関や事務所を設置していても、その取得した所得がかかる
     機関や事務所と実際上の関連性を持たない場合には、中国国内において発生した利益については、                                                   適用ある租税条
     約により減税されない限り              、税率10%の法人所得税の対象となる。
                                  31/436








                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      配当およびキャピタル・ゲインに対する中国による課税に租税条約が及ぼす影響
      所得に関する二重課税の回避および脱税の防止のための中国と日本国との間の条約(以下「日中租税条約」とい
     う。)は1984年6月26日に効力を生じている。日中租税条約第10条に基づき、中国政府は、中国の会社が日本の適
     格なH株式保有者に対して支払う配当金につき、当該配当の総額に対して10%を上限とする税率により所得税を課
     すことができる。この規定は配当に充当される利得に係る当該会社に対する課税に影響を及ぼすものではない。日
     中租税条約に従い、「日本の適格なH株式保有者」とは、(1)日中租税条約の適用上、日本国の居住者に該当する
     者で、(2)中国国内に、H株式が帰属し、またはそこを通じて実質所有者が事業を行っている、もしくは行ってき
     た恒久的施設または固定的施設を有しておらず、(3)H株式に関連して得られる所得または利益につき日中租税条
     約の恩典を享受する上でその他の点につき不適格ではない、日本の保有者をいう。
      中国税制に関するその他の事項

      中国印紙税
      1988  年10月1日に施行され2011年1月8日に改正された「中国印紙税暫定規定」                                     および   1988  年10月1日に施行された
     「同施行細則」        に基づき、中国の公開企業の株式譲渡に課される中国の印紙税は、中国人以外の投資家が中国国外
     でH株式または米国預託株式を取得および譲渡する場合には適用されない。本条例                                           および   同施行細則は、当該証憑
     が作成された場所が中国国内または国外にかかわらず、中国の印紙税が                                     、中国国内で法的効力を有し、中国法の保
     護を受ける証憑にのみ課される旨を定めている。
      遺産税

      中国法の下では、中国国籍を有しないH株式保有者に対して、いかなる遺産税の納税義務も生じない。
     (2)香港における課税

      配当金に関する課税
      現在の香港税務局の扱いによれば、当行が支払う配当は、                              当該配当が香港における貿易、専門的サービスまたは
     ビジネスにより生じたものである場合を除き、香港において源泉徴収またはその他の方法により                                                 課税されない。
      所得税

      香港において、H株式の譲渡によるキャピタル・ゲインに対しては課税されない。しかし、香港において貿易も
     しくは専門的サービスまたはビジネスに従事する者が、H株式を譲渡したことによって得た売却利益を有し、かか
     る利益が香港において従事した貿易もしくは専門的サービスまたはビジネスから得られた課税所得である場合に
     は、香港の所得税が課される。法人に対して課される所得税の税率は16.5%、個人に対して課される標準税率は
     15.0%である       が、2018年4月1日以降に開始する課税年度においては、2百万香港ドルまでの課税対象所得には、半
     分の税率であるそれぞれ8.25%および7.5%が適用される                              。 香港証券取引所におけるH株式の売却による譲渡所得
     は、  香港税務局により、          香港において生じたか、または香港から得られたものとみなされる。香港で証券取引業務
     に従事する者が行ったH株式の売却により得た譲渡益については、所得税を納付しなければならない。
      印紙税

      香港で登録されているH株式の売買における買主および売主は、取引ごとに香港で印紙税を納付しなければなら
     ない。印紙税は、買主および売主双方の各自が、譲渡したH株式の対価あるいは市場価額(いずれか高い方を基準
     とする)の0.1%の従価税率をもって徴収される。すなわち、H株式の譲渡については合計0.2%の税率による印紙
     税が課される。さらに、H株式の譲渡証書については、すべて5香港ドルの固定税率による印紙税を支払う必要が
     ある。
      売買の一方当事者が香港の非居住者であって、必要な印紙税を支払わない場合、支払われない印紙税は譲渡証書
     (もしあれば)に基づいて評価され、譲受人が当該印紙税の支払義務を負う。
                                  32/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      遺産税
      香港においては、遺産税は存在しない。
     (3)日本における課税

      適用ある租税条約、所得税法、法人税法、相続税法およびその他の日本の現行の関連法令に従い、またこれら法
     令上の制限を受けるものの、日本の個人または日本法人の所得(および個人に関しては相続財産)が上記の中国ま
     たは香港の税制に関する記載における中国または香港の租税の対象となる場合、かかる中国または香港の租税は、
     当該個人または法人が日本において支払うこととなる租税の計算上税額控除の対象となる場合がある。なお、「第
     8-2-(5)本邦における配当等に関する課税上の取扱い」も参照のこと。
     4【法律意見】

     (1)中国法に関する法律意見書
      当行の中国における法律顧問である金杜律師事務所より、大要以下の趣旨の法律意見書が関東財務局長宛てに提
     出されている。
      (ⅰ) 当行は、中国法に基づく株式有限会社として有効に存続している。
      (ⅱ) 有価証券報告書に含まれる中国の法令に関するすべての記述は、すべての重要な点において真実かつ正確
         である。
     (2)香港法に関する法律意見書

      当行の香港における法律顧問であるフレッシュフィールズブルックハウスデリンガーより、大要以下の趣旨の法
     律意見書が関東財務局長宛てに提出されている。
      (ⅰ) 有価証券報告書に含まれる香港の法令に関するすべての記述は、すべての重要な点において真実かつ正確
         である。
                                  33/436












                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     第2【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      別段の記載がない限り、本書に記載されている財務資料および財務指標は、IFRSに従い、また人民元建てで作成

     されている。
                                  34/436



















                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     財務データ
                                        (単位:別段の記載がない限り、百万人民元)

                          2013  年      2014  年      2015  年      2016  年     2017  年
                        12月31日現在        12月31日現在        12月31日現在        12月31日現在       12月31日現在
     当該報告期間末日現在
     資産合計                   14,562,102        15,974,152        17,791,393        19,570,061       21,053,382
     (百万円)                  (246,827,629)        (270,761,876)        (301,564,111)        (331,712,534)       (356,854,825)
     顧客への貸出金合計                    7,224,713        8,098,067        8,909,918        9,719,639       10,720,611
     (百万円)                  (122,458,885)        (137,262,236)        (151,023,110)        (164,747,881)       (181,714,356)
      法人向け貸出金                    4,728,857        5,147,410        5,378,404        5,368,250       6,147,584
      (百万円)                   (80,154,126)        (87,248,600)        (91,163,948)        (90,991,838)       (104,201,549)
      割引手形                     92,823       157,349        356,992        569,948       187,502
      (百万円)                   (1,573,350)        (2,667,066)        (6,051,014)        (9,660,619)       (3,178,159)
      個人向け貸出金                    2,093,305        2,396,639        2,727,890        3,340,879       4,000,273
      (百万円)                   (35,481,520)        (40,623,031)        (46,237,736)        (56,627,899)       (67,804,627)
      海外およびその他                     309,728        396,669        446,632        440,562       385,252
      (百万円)                   (5,249,890)        (6,723,540)        (7,570,412)        (7,467,526)       (6,530,021)
     貸出金に係る減損損失引当金                     322,191        358,071        403,243        400,275       404,300
     (百万円)                   (5,461,137)        (6,069,303)        (6,834,969)        (6,784,661)       (6,852,885)
     顧客への貸出金(純額)                    6,902,522        7,739,996        8,506,675        9,319,364       10,316,311
     (百万円)                  (116,997,748)        (131,192,932)        (144,188,141)        (157,963,220)       (174,861,471)
     投資有価証券およびその他の
     金融資産(純額)                    3,220,098        3,575,630        4,512,047        5,333,535       6,152,743
     (百万円)                   (54,580,661)        (60,606,929)        (76,479,197)        (90,403,418)       (104,288,994)
     現金および中央銀行預け金                    2,603,802        2,743,065        2,587,057        2,811,653       2,896,619
     (百万円)                   (44,134,444)        (46,494,952)        (43,850,616)        (47,657,518)       (49,097,692)
     銀行およびその他の金融機関への預
     け金および貸出金                     706,333        979,867       1,202,175        1,203,614        635,514
     (百万円)                   (11,972,344)        (16,608,746)        (20,376,866)        (20,401,257)       (10,771,962)
     売戻し条件付契約に基づき保有する
     金融資産                     737,052        509,418        471,809        323,051       540,386
     (百万円)                   (12,493,031)        (8,634,635)        (7,997,163)        (5,475,714)       (9,159,543)
     負債合計                   13,717,565        14,941,533        16,579,508        18,248,470       19,623,985
     (百万円)                  (232,512,727)        (253,258,984)        (281,022,661)        (309,311,567)       (332,626,546)
     顧客預金                   11,811,411        12,533,397        13,538,360        15,038,001       16,194,279
     (百万円)                  (200,203,416)        (212,441,079)        (229,475,202)        (254,894,117)       (274,493,029)
      法人預金                    4,311,407        4,437,283        4,821,751        5,599,743       6,379,447
      (百万円)                   (73,078,349)        (75,211,947)        (81,728,679)        (94,915,644)       (108,131,627)
      個人預金                    6,923,647        7,422,318        8,065,556        8,815,148       9,246,510
      (百万円)                  (117,355,817)        (125,808,290)        (136,711,174)        (149,416,759)       (156,728,345)
      海外およびその他                     576,357        673,796        651,053        623,110       568,322
      (百万円)                   (9,769,251)       (11,420,842)        (11,035,348)        (10,561,715)        (9,633,058)
     銀行およびその他の金融機関からの
     預り金および預入金                     903,717       1,056,064        1,537,660        1,458,065       1,254,791
     (百万円)                   (15,318,003)        (17,900,285)        (26,063,337)        (24,714,202)       (21,268,707)
     買戻し条件付契約に基づいて売却し
     た金融資産                     26,787       131,021        88,804       205,832       319,789
     (百万円)                    (454,040)       (2,220,806)        (1,505,228)        (3,488,852)       (5,420,424)
     発行済債券                     266,261        325,167        382,742        388,215       475,017
     (百万円)                   (4,513,124)        (5,511,581)        (6,487,477)        (6,580,244)       (8,051,538)
     当行の持分所有者に帰属する持分                     843,108       1,031,066        1,210,091        1,318,193       1,426,415
     (百万円)                   (14,290,681)        (17,476,569)        (20,511,042)        (22,343,371)       (24,177,734)
           (1)
     正味自己資本
                         1,074,967        1,391,559        1,471,620        1,546,500       1,731,946
     (百万円)                   (18,220,691)        (23,586,925)        (24,943,959)        (26,213,175)       (29,356,485)
                     (1)
     普通株式Tier1(CET1)資本(純額)
                          838,473        986,206       1,124,690        1,231,030       1,339,953
     (百万円)                   (14,212,117)        (16,716,192)        (19,063,496)        (20,865,959)       (22,712,203)
                 (1)
     その他Tier1資本(純額)
                             1     39,946        79,902        79,904       79,906
     (百万円)                       (17)     (677,085)       (1,354,339)        (1,354,373)       (1,354,407)
              (1)
     Tier2   資本(純額)
                          236,493        365,407        267,028        235,566       312,087
     (百万円)                   (4,008,556)        (6,193,649)        (4,526,125)        (3,992,844)       (5,289,875)
            (1)
     リスク加重資産
                         9,065,631       10,852,619        10,986,302        11,856,530       12,605,577
                                  35/436


                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     (百万円)                  (153,662,445)        (183,951,892)        (186,217,819)        (200,968,184)       (213,664,530)
                          2013  年      2014  年      2015  年      2016  年     2017  年
     各事業年度における経営成績
     営業利益                     465,771        524,126        540,862        510,128       542,898
     (百万円)                   (7,894,818)        (8,883,936)        (9,167,611)        (8,646,670)       (9,202,121)
     受取利息純額                     376,202        429,891        436,140        398,104       441,930
     (百万円)                   (6,376,624)        (7,286,652)        (7,392,573)        (6,747,863)       (7,490,714)
     受取報酬および手数料純額                     83,171        80,123        82,549        90,935       72,903
     (百万円)                   (1,409,748)        (1,358,085)        (1,399,206)        (1,541,348)       (1,235,706)
     営業費用                     198,607        223,898        225,818        197,049       205,268
     (百万円)                   (3,366,389)        (3,795,071)        (3,827,615)        (3,339,981)       (3,479,293)
     資産に係る減損損失                     52,990        67,971        84,172        86,446       98,166
     (百万円)                    (898,181)       (1,152,108)        (1,426,715)        (1,465,260)       (1,663,914)
     税引前当期純利益合計                     214,174        232,257        230,857        226,624       239,478
     (百万円)                   (3,630,249)        (3,936,756)        (3,913,026)        (3,841,277)       (4,059,152)
     純利益                     166,211        179,510        180,774        184,060       193,133
     (百万円)                   (2,817,276)        (3,042,695)        (3,064,119)        (3,119,817)       (3,273,604)
     当行の持分所有者に帰属する純利益                     166,315        179,461        180,582        183,941       192,962
     (百万円)                   (2,819,039)        (3,041,864)        (3,060,865)        (3,117,800)       (3,270,706)
     営業活動による正味キャッシュ・フ
     ロー                     32,879        34,615       820,348        715,973       633,417
     (百万円)                    (557,299)        (586,724)      (13,904,899)        (12,135,742)       (10,736,418)
                                  36/436














                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     財務指標
                           2013  年     2014  年     2015  年     2016  年     2017  年
     収益性   (%)
              (2)
     平均総資産利益率
                             1.20       1.18       1.07       0.99       0.95
                (3)
     加重平均純資産利益率
                            20.89       19.57       16.79       15.14       14.57
            (4)
     正味利息収益率
                             2.79       2.92       2.66       2.25       2.28
               (5)
     正味利息スプレッド
                             2.65       2.76       2.49       2.10       2.15
                (1) 、(6)
     リスク加重資産利益率
                             1.83       1.65       1.65       1.55       1.53
     営業収益に対する受取報酬および
     手数料純額率                       17.86       15.29       15.26       17.83       13.43
        (7)
     経費率
                            36.30       34.56       33.28       34.59       32.96
     1 株当たりデータ       (人民元)
               (3)
     基本的1株当たり利益
                             0.51       0.55       0.55       0.55       0.58
     (円)                       (8.64)       (9.32)       (9.32)       (9.32)       (9.83)
                (3)
     希薄化後1株当たり利益
                             0.51       0.55       0.55       0.55       0.58
     (円)                       (8.64)       (9.32)       (9.32)       (9.32)       (9.83)
     営業活動による1株当たり正味キャッ
     シュ・フロー                       0.10       0.11       2.53       2.20       1.95
     (円)                       (1.70)       (1.86)      (42.88)       (37.29)       (33.05)
                           2013  年     2014  年     2015  年     2016  年     2017  年
                           12月31日       12月31日       12月31日       12月31日       12月31日
                            現在       現在       現在       現在       現在
     資産の質    (%)
           (8)
     不良債権比率
                             1.22       1.54       2.39       2.37       1.81
                 (9)
     不良債権に対する引当率
                            367.04       286.53       189.43       173.40       208.37
                  (10)
     貸出金総額に対する引当率
                             4.46       4.42       4.53       4.12       3.77
     自己資本    (%)
                     (1)
     普通株式Tier1(CET1)自己資本比率
                             9.25       9.09      10.24       10.38       10.63
              (1)
     Tier1   自己資本比率
                             9.25       9.46      10.96       11.06       11.26
           (1)
     自己資本比率
                            11.86       12.82       13.40       13.04       13.74
     資産合計に対するリスク加重
          (1)
     資産の比率
                            62.25       67.94       61.75       60.59       59.87
     資産合計に対する資本合計の比率                       5.80       6.46       6.81       6.75       6.79
     1 株当たりデータ       (人民元)
                 (11)
     普通株式1株当たり純資産
                             2.60       3.05       3.48       3.81       4.15
     (円)                      (44.07)       (51.70)       (58.99)       (64.58)       (70.34)
     (1)   数値は「商業銀行資本管理弁法(試行)」およびその他の関連規制に従って計算される。

     (2)   純利益を当該事業年度の期首および期末における平均資産合計残高で除して算出される。
     (3)   CSRCが発行した「証券を公開発行する企業の情報開示の編集および提出に関する規則 第9号-純資産利益率および1株当
       たり利益の計算ならびに開示」(2010年改正)および国際会計基準第33号「1株当たり利益」に従って計算される。
     (4)   受取利息純額を利付資産の平均残高で除して計算される。
     (5)   利付資産の平均収益率と有利子負債の平均費用率との差として計算される。
     (6)   純利益を当該事業年度の期末におけるリスク加重資産で除して算出される。リスク加重資産はCBRCが定めた関連規制に
       従って計算される。
     (7)   CASに従った営業管理費用を営業収益で除して計算され、当行の国内における財務報告書に記載の対応する数値と一致し
       ている。
     (8)   不良債権残高を顧客への貸出金合計で除して計算される。
     (9)   貸出金に係る減損損失引当金を不良債権残高で除して計算される。
     (10)   貸出金に係る減損損失引当金を顧客への貸出金合計の残高で除して計算される。
     (11)   報告期間末日現在の親会社の普通株主に帰属する持分(その他の資本性金融商品控除後)を報告期間末日現在の普通株式
       総数で除して計算される。
                                  37/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     その他の財務指標
                               2013  年    2014  年    2015  年    2016  年    2017  年
                              12月31日      12月31日      12月31日      12月31日      12月31日
                        規制上の
                         基準      現在      現在      現在      現在      現在
          (1)
     流動性比率      (%)
                人民元        25 以上      43.57      44.02      44.50      46.74      50.95
                外貨        25 以上     114.95       72.49      115.15       82.24     106.74
     最大単一顧客に対する
          (2)
     貸出金比率      (%)
                         10 以下      3.33      5.23      7.15      6.98      7.26
     上位10位の顧客に対す
           (3)
     る貸出金比率       (%)
                               13.22      14.43      16.82      16.58      18.27
          (4)

     貸出異動率      (%)
                正常先                2.53      3.60      4.96      3.00      2.13
                要注意先                4.36      4.99      18.28      24.86      18.70
                破綻懸念先               37.24      42.53      86.94      89.23      71.48
                実質破綻先                8.62      10.10      10.35       9.55      6.94
     (1)   CBRCが定めた関連規制に従って流動資産を流動負債で除して計算される。

     (2)   最大単一顧客に対する貸出金を正味自己資本で除して計算される。
     (3)   上位10位の顧客に対する貸出金を正味自己資本で除して計算される。
     (4)   CBRCが定めた関連規制に従って国内のデータのみを反映して計算される。
     四半期ごとのデータ

                                (単位:別段の記載がない限り、百万人民元)
          2017  年        第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期
     営業利益                149,475         129,844         132,826         130,753
     (百万円)              (2,533,601)         (2,200,856)         (2,251,401)         (2,216,263)
     当行の持分所有者に帰属す
     る純利益                55,710         52,883         51,417         32,952
     (百万円)                (944,285)         (896,367)         (871,518)         (558,536)
     営業活動による正味キャッ
     シュ・フロー                294,126         48,747         253,261         37,283
     (百万円)              (4,985,436)          (826,262)        (4,292,774)          (631,947)
                                  38/436










                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     2【沿革】
      当行の前身は1951年に設立された農業協同銀行であった。1970年代後半以降、当行は国有の特殊銀行から完全国

     有の商業銀行へ、続いて国の管理下にある商業銀行へと発展を遂げた。2009年1月、当行は株式有限会社へと再編
     された。2010年7月、当行は上海証券取引所および                          香港証券取引所        の両方に上場した。
      当行は、中国における主要な総合金融サービスプロバイダーの1つとして、特色ある経営、効率的かつ便利な
     サービス、多様な働きおよび確かな価値創造能力を携えた一流の国際的商業銀行グループを構築できるよう努めて
     いる。当行は、総合的な事業ポートフォリオ、広範囲の販売ネットワークおよび先進的なIT基盤を活用して幅広い
     顧客層に対する多様なポートフォリオの法人向け銀行商品および銀行サービスならびに個人向け銀行商品および銀
     行サービスを提供し、資産管理および資産運用業務を行っている。当行の事業範囲はまた、投資銀行業、ファン
     ド・マネジメント、ファイナンス・リース業および生命保険業を含む。2017年末において、当行は21,053,382百万
     人民元の総資産、10,720,611百万人民元の顧客への貸出金および16,194,279百万人民元の顧客預金を有している。
     当行の自己資本比率は13.74%であった。当行は、2017年に193,133百万人民元の純利益を達成した。
      2017  年末において、当行は本店、本店の重要顧客業務部門、本店が管理する3つの特別機関、3つの研修所、第一
     級支店37店舗(5つの本店の直属支店を含む。)、第二級支店378店舗(県域支店の事業部門を含む。)、第一級準
     支店3,485店舗(地方自治体の事業部門、本店の直属支店の事業部門および第二級支店の事業部門を含む。)、                                                         基
     層業務を行う       本支店機構19,701店舗およびその他の拠点52店舗を含め、合計23,661ヶ所の国内本支店機構を有して
     いる。当行の国外本支店機構は、13ヶ所の海外支店および4ヶ所の駐在員事務所である。当行は、10の国内子会社
     および5つの国外子会社を含む15の主要子会社を有している。
      金融安定理事会は、当行を2014年から4年連続でグローバルなシステム上重要な銀行の一覧に記載した。当行は
     2017年において、グローバル・フォーチュン500社において第38位にランクされ、「ザ・バンカー」誌の「世界の
     銀行上位1,000行」においてTier1資本ベースで第6位にランクされた。当行の信用格付はスタンダード・アンド・
     プアーズにより「A/A-1」を、当行の長期/短期デフォルト格付はフィッチ・レーティングスにより「A/F1」を
     それぞれ付与された。
     3【事業の内容】

      当行およびその子会社(以下「当行グループ」と総称する。)の主要な事業には、人民元および外貨建預金、貸

     出、精算および決済サービス、資産保管サービス、資金運用、ファイナンス・リースサービス、保険サービスおよ
     び関連当局により認可されたその他のサービスならびに各地域の規制当局により認可された国外の事業所による関
     連サービスが含まれる。
      「 第3  - 7  財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析                              」および「      第6  - 1  財務書類     -連結財務
     書類に対する注記-Ⅳ           - 44」を参照のこと。
     4【関係会社の状況】

     (1)親会社
      2017  年12月31日現在、匯金公司およびMOFはそれぞれ、当行の株式資本の40.03%および39.21%を保有してい
     る。「第5-1-(5)大株主の状況」を参照のこと。
                                  39/436








                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     (2)子会社および関連会社
      子会社に対する投資
      以下の表は、2017年12月31日現在の当行グループの主要な子会社を示すものである。
                                    授権資本     /

             名称              設立地         払込済資本          持分比率      主たる事業活動
                           香港、
     CA ファイナンス・カンパニー・リミテッド                   中華人民共和国         588,790,000      香港ドル      100.00   %     投資事業
         ABC  インターナショナル・                 香港、

       ホールディングス・リミテッド                  中華人民共和国        4,113,392,449       香港ドル      100.00   %     投資事業
                           上海、

         農銀金融租賃有限公司                中華人民共和国         3,000,000,000       人民元     100.00   %    金融リース業
       中国農業銀行(UK)リミテッド                  ロンドン、英国         100,000,000      米ドル      100.00   %     銀行業

                           上海、

        農銀匯理基金管理有限公司                 中華人民共和国         200,000,001      人民元      51.67   %    資産管理業
                          内モンゴル

                         自治区、中華人
      克什克騰農銀村鎮銀行有限責任公司                    民共和国        19,600,000     人民元      51.02   %     銀行業
                           湖北省、

                      (1)
      湖北漢川農銀村鎮銀行有限責任公司
                         中華人民共和国          31,000,000     人民元      50.00   %     銀行業
                           安徽省、

       績渓農銀村鎮銀行有限責任公司                  中華人民共和国          29,400,000     人民元      51.02   %     銀行業
                           陝西省、

       安塞農銀村鎮銀行有限責任公司                  中華人民共和国          20,000,000     人民元      51.00   %     銀行業
                           浙江省、

      浙江永康農銀村鎮銀行有限責任公司                   中華人民共和国         210,000,000      人民元      51.00   %     銀行業
                           福建省、

      厦門同安農銀村鎮銀行有限責任公司                   中華人民共和国         100,000,000      人民元      51.00   %     銀行業
                           北京市、

                    (2)
        農銀人寿保険股       份 有限公司
                         中華人民共和国         2,949,916,475       人民元      51.00   %    生命保険業
                          ルクセンブル

       中国農業銀行(ルクセンブルグ)
                         グ、ルクセンブ
            リミテッド                ルグ       20,000,000     ユーロ      100.00   %     銀行業
                          モスクワ、

      中国農業銀行(モスクワ)リミテッド                     ロシア      1,400,000,000       ルーブル      100.00   %     銀行業
                                                    負債資本比率ス

                                                    ワップおよびそれ
                                                     に関連する
                           北京市、
                    (3)
        農銀金融資産投資有限公司
                         中華人民共和国         10,000,000,000       人民元     100.00   %     サービス
     (1)   湖北漢川農銀村鎮銀行有限責任公司の取締役3人のうち2人は当行により任命された。当行は、湖北漢川農銀村鎮銀行有限

       責任公司に対する実質的な支配権を有するものとし、連結の範囲に含まれている。
                                  40/436



                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     (2) 2012年12月31日、当行は嘉禾人寿保険股                     份 有限公司の発行済株式の51%を               取得して農銀人寿保険股           份 有限公司(以下「農
       銀人寿保険」という。)と改名し、当行グループは、この取得の結果、1,381百万人民元ののれんを確認した。
       2016  年12月31日に終了した事業年度中、当行グループおよびその他の投資家は、                                    農銀人寿保険に       917  百万人民元の登録資
       本および2,844百万人民元の資本準備金を含む                     合計3,761百万人民元の増加資本を出資した。資本注入の後、当行グループ
       が農銀人寿保険に対して有する持分および議決権の割合は51%を維持した。非支配持分による出資は1,843百万人民元で
       あった。
       2017  年12月31日現在、のれんの減損を生じさせるような客観的根拠は認められなかった。
     (3)   2017年12月31日に終了した事業年度中、当行は農銀                         金融資産投資有限公司          をその完全所有子会社として設立した。
      2017  年12月31日に終了した事業年度中、新しく設立された子会社を除き、当行グループがその子会社に対して有

     する持分または議決権の割合に変更はなかった。
      当行グループは、「第6-1                財務書類     -連結財務書類に対する注記-Ⅳ                 - 46」で開示されている通り、組成さ
     れた企業を連結している。
      「第6-1      財務書類     -連結財務書類に対する注記-Ⅳ                 - 23」を参照のこと。
      関連会社に対する投資

                                  (単位:百万人民元)
                       2016  年12月31日          2017  年12月31日
      関連会社に対する投資                        213            227
      2015  年5月28日、中部アフリカCFAフラン建て(以下「XAF」という。)の授権資本で当行および他の投資家に

     よって設立されたサイノ・コンゴリーズ・バンク・アフリカ(La                                  Banque    Sino-Congolaise         pour   l'Afrique。以下
     「BSCA.銀行」という。)が、必要な銀行免許を現地の規制当局より付与された。当行はBSCA.銀行に対し、50%の
     株式持分および議決権を保有しており、BSCA.銀行の財務方針および営業方針の決定に参加する権利を有している
     が、かかる方針決定を支配または共同支配する権限は有していない。
      「第6-1      財務書類     -連結財務書類に対する注記-Ⅳ                 - 24」を参照のこと。
                                  41/436












                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      2017年末現在、当行の従業員数は、前年末と比較して9,391人減少して、487,307人(これに加えて、派遣社員数

     は8,541人)であった。このうち、8,007人は国内の主要な子会社の従業員であり、812人は当行の在外機関の現地
     従業員である。
      従業員の地域別分布

                           2017  年12月31日現在

                          従業員数        割合(%)
     本店                      8,757           1.8
     長江デルタ                      66,504           13.6
     珠江デルタ                      53,016           10.9
     環渤海                      70,054           14.4
     中国中部                     102,383           21.0
     中国東北部                      50,190           10.3
     中国西部                     127,584           26.2
     国内支店小計                     478,488           98.2
     主な国内子会社                      8,007           1.6
     在外拠点                       812          0.2
     合計                     487,307           100.0
      従業員の学歴別内訳

                           2017  年12月31日現在

                          従業員数        割合(%)
     博士号                       482          0.1
     修士号                      25,002           5.1
     学士号                     225,018           46.2
     準学士号および専門学校                     148,628           30.5
     高卒                      88,177           18.1
     合計                     487,307           100.0
      従業員の部門別分布

                           2017  年12月31日現在

                          従業員数        割合(%)
     管理部門                     125,298           25.7
     リスク管理部門                      17,904           3.7
     財務部門                      21,997           4.5
     運営部門                      18,293           3.8
     販売部門                     110,110           22.6
     トレーディング部門                       253          0.1
     情報技術部門                      6,256           1.3
     窓口部門                     138,438           28.4
     技術部門                      32,915           6.8
     その他                      15,843           3.1
     合計                     487,307           100.0
      従業員の年齢別分布

                           2017  年12月31日現在

                          従業員数        割合(%)
     30 歳以下                    100,899           20.7
     31 歳以上40歳以下                     75,900           15.6
     41 歳以上50歳以下                    191,248           39.2
     51 歳以上                    119,260           24.5
     合計                     487,307           100.0
                                  42/436



                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     第3【事業の状況】
     1【業績等の概要】
      下記「7     財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。

     2【生産、受注及び販売の状況】

      下記「7     財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。

     3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

     (1)経営方針および経営戦略等
      下記「7財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。
     (2)事業環境および対処すべき課題

     環境および見通し
      2017年において、世界経済は、引き続き回復し、過去6年間で最速の成長を遂げたが、インフレは全般的に緩や
     かであった。米国において、民間投資は一層急速に増加した。米国経済は、インフレ率が顕著な回復を示し、失業
     率が過去16年間で最低水準を記録して、堅調な成長を維持した。ユーロ圏では、引き続き経済が回復し、その個人
     経済は全般的に堅調な成長を遂げ、失業率は欧州債務危機以来最低水準に達した。日本の経済回復は、インフレ率
     が改善し、失業率が過去24年間で最低水準を記録して、引き続き緩やかであった。新興経済は、全般的に急速に成
     長した。商品価格の上昇に牽引されて、ロシア経済およびブラジル経済は次第に安定した。2017年、ダウ・ジョー
     ンズの工業株価平均、ユーロ・ストックス50指数および日経225指数は、それぞれ25.1%、5.56%および19.1%上
     昇した。米ドル指数は、2017年に9.89%下落したように、下落傾向を示した。商品価格は緩やかに変動しつつ上昇
     し、CRBスポット市場価格指数は2017年に僅かに2.19%上昇した。
      2017年、中国経済は、好調な傾向および継続的な構造改善により、依然として安定しており、経済成長の新たな
     推進力は急速に成長し、経済発展の質および効率性は共に向上した。年間GDPは6.9%増加し、前年度と比較して
     0.2パーセント・ポイントの増加となった。輸出額は10.8%増加し、前年度と比較して12.8パーセント・ポイント
     の増加となった。固定資産投資総額および消費財の小売総額はそれぞれ、7.2%および10.2%増加し、前年から0.9
     パーセント・ポイントおよび0.2パーセント・ポイント減少した。経済構造は、引き続き改善した。第三次産業の
     付加価値のGDP成長率への貢献度は、58.8%であり、前年から1.3パーセント・ポイント増加した。多数の新たな市
     場における事業体がミディアムハイエンドの消費、イノベーション主導型発展、グリーン経済および低炭素経済、
     シェアリングエコノミーおよび最新のサプライチェーン等の部門から出現し、これにより、経済成長に顕著な支援
     効果がもたらされた。サプライサイド構造改革は、「過剰生産能力の削減、在庫削減、レバレッジ解消、コスト低
     減および弱点分野の強化」を目的とした構想の結果が優れた成果を挙げた一方で、一層深化した。開放政策は、
     「一帯一路イニシアチブ」が画期的な進歩を遂げて、さらに進展した。消費者物価指数(CPI)は緩やかに増加
     し、2017年は対前年比で1.6%の増加となった。産業部門のインフレ圧力は、生産者物価指数(PPI)が対前年比で
     6.3%増加して、上昇した。2017年、マネーサプライ(M2)は8.2%増加し、社会的融資の総額は、2017年末現在
     174.6兆人民元であった。
      複雑かつ動的な国内外の経済および金融環境に対応して、中華人民共和国政府は、安定性を維持しつつ、進歩を
     目指す原則を忠実に守り、引き続き慎重な金融政策および積極的な財政政策を採用した。国務院下の金融安定およ
     び発展委員会が、金融規制当局と連携し、規制システムにおける弱点分野を強化するために設置された。市場混乱
     に対する制限が強化され、違反に対する罰則措置が講じられたため、金融規制は、総合的に厳しくされた。さら
     に、金融政策に支えられた規制の枠組みおよびマクロ・プルーデンスな政策は改善され、オフバランスシートの
     ウェルス・マネジメントは、一般割当貸方に含まれ、クロスボーダー金融のマクロ・プルーデンスな総合管理は、
     常に強化された。金融改革は、継続して深化した。資産運用を管理する新たな規制が公表予定である。包括的金融
     サービス進展のためのメカニズムは、商業銀行が行った市場志向のデット・エクイティ・スワップにおいて素晴ら
     しい成果が達成された一方で、さらに改善された。
                                  43/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      2018年において、世界経済の回復は、継続すると予測されている。2018年1月の国際通貨基金の予測によると、
     世界経済の成長率は2017年の3.6%から増加し2018年には3.9%になる。米国の税制改革および労働市場の改善は、
     経済回復のペースを加速する。将来の不確実性は、欧州主要国の選挙結果がすべて確定しため、減少する。日本
     は、引き続き緩やかに経済が回復するであろう。新興経済は、堅調な経済成長を維持するであろう。しかしなが
     ら、世界経済回復の基盤は、いまだに金融政策の正常化、世界の貿易および投資等における保護主義が高まる新た
     なラウンドのような多数のリスクおよび課題に直面しており、脆弱である。
      中国経済は、急速な成長の段階から質の高い発展段階に移行している。中国経済の成長率は、緩やかなインフレ
     により、2018年には若干低下すると予測されている。不動産投資市場およびインフラへの投資は、安定性を維持す
     る。先進製造業への投資の増加は、固定資産投資が依然として全般的に堅調に成長する一方で、一層スピードを増
     す。家計所得の増加は、引き続き加速化するであろう。文化、観光、情報およびグリーン商品に代表されるような
     ミディアムハイエンドの消費の割合は、さらに増加するであろう。環境保護の定期検査の実施により、工業製品の
     価格は若干上昇するであろう。家賃およびサービス価格への圧力が徐々に軽減するため、消費者物価は緩やかに上
     昇するであろう。したがって、インフレ圧力は、全般的に低くなると予測されている。
      2018年、マクロ統制政策は、主として経済の質の高い発展の促進に重点を置く。積極的財政政策は、目標とする
     貧困削減、汚染防止、雄安新区の構築および農村の活性化等の重要な分野およびプロジェクトにおいて支援を提供
     するために、支出構造の調整および最適化を引き続き一層重視する。プルーデンスな金融政策は、マネーサプライ
     合計額の限度額に重点を置き、依然として中立的立場を取るだろう。流動性は、厳格にバランスを維持すると予測
     されている。継続的に高水準の中米間の金利スプレッドは、人民元の為替レートを若干上昇させて、安定性を後押
     しする。一般に、人民元の実効為替レート指数は、依然として安定するだろう。制度上の金融リスクの回避は、依
     然として規制当局の重要な重点分野である。シャドーバンキングに密接に関連する金融業に対する規制は、金融業
     を主要業種に復帰させるために、引き続き強化および改善される。
      中国経済の質の高い発展段階への移行は、当行の改革および発展のための市場機会をほとんど提供しないと予測
     されている。2018年において将来に目を向け、安定性を維持しつつ進歩を求める実践的原則を堅持して、当行は、
     徹底して三農および実体経済に役立ち、金融リスクを回避し、事業変革を促進し、引き続き改革を深化し、ABCを
     国際的に第一級の商業銀行グループに発展させるべく尽力する。
      第一に、当行は、主要事業に復帰し、実体経済に効果的に貢献するよう尽力する。当行は、農村活性化戦略のみ
     ならず、サプライサイド構造改革のための金融サービス、主要な国内戦略および改革に重点を置く。当行は、継続
     的に効率性および実体経済への役立てるレベルを向上させるために、改革およびイノベーションに一層の努力を払
     い、内部管理を強化する。第二に、当行は、三農に役立てる上で新たな競争上の優位性を打ち立てる。三農向けの
     インターネット金融サービスの提供は、当行の三農のサービス様式を変革し、新時代の三農サービスに関する問題
     を解決するための重要な戦略手段である。当行の目指す次の段階は、規模を拡大し、優れた業績を上げ、ブランド
     知名度を高め、その結果として、農村地域におけるインターネット金融サービスの提供において主導的地位を獲得
     することである。第三に、当行は、引き続き改革を深め、事業の変革および発展を促進する。インターネットによ
     る思考を用い、フィンテック+に重点を置くことにより、当行は、個人向け銀行業務の戦略的変革を促進する。当
     行は、基本的仲介業務における主導的地位の強化、機関向け業務の最適化および新興ビジネスの発展の促進によ
     り、仲介業務の収益性を大幅に向上させる。当行は、効率的な資本利用の重要性に対する認識を高め、自己資本比
     率を高める。当行は、標準化された集中型の業務手続のみならず、インテリジェントで、状況に機敏に対応する、
     統合サービス・チャネル・システムの構築を目指して、顧客管理においてデータ駆動型で価値志向型の活用を進め
     る。第四に、当行は、主要分野においてリスクを上手く管理する。当行は、信用リスクを効率的に管理し、流動性
     リスクおよび市場リスクの回避および管理を維持する。当行は、コンプライアンス・リスクを回避するために、同
     時にいくつかの手段および方針を実施する。
                                  44/436








                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     4【事業等のリスク】
     リスク管理および内部統制
      (a) 包括的リスク管理システム
      包括的リスク管理とは、意思決定、実施および監督において効率的なリスク管理を確保するために、リスク選
     好、方針、組織、ツール、モデル、データ・システムおよびリスク文化を含むリスク管理要素の統合を通じて、事
     業運営に係るあらゆる種類のリスクを適時に識別、測定、監視、報告かつ統制することをいう。
      複雑かつ常に変化するリスク管理状況に直面して、当行は、2017年において、包括的リスク管理システムの構築
     に向けて引き続き取り組んだ。一般要件である「包括的なリスクの予防およびリスクへの抵抗」の下、また、「新
     興リスクを統制しつつ既存のリスクの軽減すること」のガイドラインに引き続き従って、当行はリスク予防および
     リスク管理をより重視し、リスク許容度の限度を忠実に守った。当行は、リスク管理を行うための部門の責任をさ
     らに最適化し、説明責任およびリスク管理のための業績評価メカニズムを改善した。当行は、当行の信用資産の質
     を引き続き改善させ、当行のリスクに対する回復力の水準を、比較可能な同業者におけるトップの位置に維持する
     ために、主要な分野における信用リスクの軽減を強化することに重点を置いた。当行は、債券、ウェルス・マネジ
     メント、銀行間取引およびその他の取引における当行の市場リスク管理を最適化した。また、当行は、法律および
     規則に違反する行為を回避することを目的として、違反行為の防止およびオペレーショナル・リスクの管理を引き
     続き促進した。
      2017  年1月、CBRCは、市場リスクに対して内部モデル・アプローチ(IMA)を導入すること、国内および海外の
     支店間における非リテール格付の主要指標を統一すること、また、資本管理の先進的な手法の実践および適用をさ
     らに強化するために、リテールのリスク加重資産が加重アプローチを使用して計算されたものよりも下回ってはな
     らないことを規定する規制上の制限を解除する当行の申請を正式に承認した。信用リスクに関しては、当行は引き
     続き国内および海外の支店間における非リテールの内部格付システム(IRS)の統一の実践および運用を促進さ
     せ、非リテールの顧客に対する当行の格付システムを最適化し、ビッグ・データに基づく個人向け貸出金に関連す
     る早期警告および不正リスクの特定を実施した。市場リスクに関しては、当行は、当行のエクスポージャー・リ
     ミットの管理の強化および当行の市場リスク管理システムの監視範囲の拡張によるデータの質の改善に加えて、
     IMAの適用を強化した。オペレーショナル・リスクに関しては、当行は、オペレーショナル・リスクの計測手法の
     内部適用を強化し、違反の事例およびマネーロンダリングリスクの測定を改善した。
      2017  年 、当行の幹部役員の下に設置されているリスク管理委員会                              は6  回の会合を開催し、包括的リスク管理に関
     するガイドラインの実施、産業別エクスポージャーの限度額管理に関する管理方法、子会社のリスク管理方針、海
     外支店および子会社銀行のリスク管理方針、幹部役員の下におけるリスク管理委員会の就業規則ならびに情報技術
     のリスク評価および検査に関する報告を含む様々な提案および報告について協議および検討を行った。
     リスク選好

      リスク選好とは、取締役会において決定される当行にとって許容可能であるリスクのタイプおよび水準を言い、
     戦略的目標および効率的なリスク管理の達成を目指し、当行の主要な利害関係者、外部の事業環境および当行の状
     況の予測および制約に依拠する。当行は、2017年に                           リスク選好基準書         を修正した。修正されたリスク選好基準書
     は、グループレベルの観点から、すべての子会社および在外機関を対象とし、情報技術リスクおよびマネーロンダ
     リングリスク等の新しい種類のリスクを含み、リスクの定量的指標を最適化し、リスク選好伝達メカニズムを改善
     した。当行は、継続的にリスク選好の管理の有効性を向上させるために、リスク選好に関する偏差を修正するメカ
     ニズムを確立したことに加えて、リスク選好指標の動きの毎月の監督およびリスク選好に関する年に1度の見直し
     を実施した。
      一般的に、当行は、一流の国際的な商業銀行グループとなること、また、慎重なリスク選好を維持することに専
     念している。当行は、規制上の要件および法的要件に厳密に従って運営を行っており、資本、リスクおよび収益間
     の適切なバランスを有することを強く要求する。同時に、革新的でも保守的でもない中立的なリスク負担方針を採
     用することで、当行は、安全性、収益性および流動性を維持し、合理的なリスク水準で適度なリターンを達成する
     ことを目指す。当行の戦略目標の実現を効率的に後押しするために、当行は充分なリスク許容範囲および自己資本
     を維持し、事業の発展および革新のための当行の総合的リスク管理能力を改善することを目指し、リスク管理を通
     じた価値を創造する。
                                  45/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     リスク管理の組織構造
      取締役会は、リスク管理に関して最終的な責任を負う。取締役会直轄のリスク管理委員会、監査およびコンプラ
     イアンス委員会ならびに米国地域における機関のリスク管理委員会は、リスク管理機能を果たし、主要なリスク管
     理関連問題を検討し、当行のリスク管理システムの制定およびリスク状況を監督および評価する。
      幹部役員は当行のリスク管理のオーガナイザー兼執行役である。幹部役員の下において、当行は異なる機能を持
     つ、様々なリスク管理委員会を有し、それにはリスク管理委員会、与信承認委員会、資産・負債管理委員会および
     資産処分委員会が含まれる。リスク管理委員会は主に重大なリスク管理問題の検討、リスク管理方針の研究および
     起草、リスク管理手段の採用、当行の総合的リスク状況の分析および評価ならびにすべての部門および支店のリス
     ク管理の調整、助言および審査について責任を負う。
      監査役会は、取締役会および幹部役員を、リスク管理の確立および実施ならびに当行の内部統制の点で監督する
     ことに責任を負う。
      「集中管理、マトリックス分散、包括補償および全面的関与」の原則に基づき、当行は、事業部門(リスクを負
     う部門)、リスク管理部門および内部監査部門で構成されるリスク管理における「防衛の3つのライン」を設定し
     た。2017年、当行は、様々な主要なリスクの専門的な管理が継続的に改善されるように、リスク・ガバナンスの組
     織構造をさらに改善させ、信用リスク、市場リスク、オペレーショナル・リスク等の主要なリスクに加えて包括的
     リスク管理の責任を負う部門の機能を強化した。
                                  46/436















                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
                                  47/436





















                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     リスク管理システム
      2017  年において、当行は引き続きそのリスク管理方針体制を改善した。リスク管理の組織構造に関し、当行は、
     幹部役員の下のリスク管理委員会の就業規則、第一級支店リスク管理部門の責任者の資格の管理手段ならびにリス
     ク管理部門の職務執行監督業務の業務規定を改正した。信用リスク管理については、当行は海外支店の信用資産の
     リスクの分類に関する管理手段を構築し、産業別与信エクスポージャーの限度額の管理手段を見直した。同時に、
     当行は年に1度の顧客格付け、資産の分類、トレジャリー取引および市場リスク管理の方針を定め、日常のリスク
     管理の効果的な指針を提供した。
     リスクの分析および報告

      2017  年において、当行は、マクロ経済の状況、産業に関する国家政策および規制政策の要件の変化を注視し、リ
     スク分析およびリスク報告の適切性、適時性および包括性を向上させるために、主要な分野、産業、商品および顧
     客におけるリスクの特定、監視および事前警告体制を強化した。当行は、リスク報告を継続的に拡大し深めるため
     に、IRB、リスク限度、経済資本およびストレステストおよびその他のツールを活用した。
      (b) 信用リスク

      信用リスクとは、相手方の合意した約定に基づく義務の不履行から生じる経済的な損失のリスクをいう。当行
     は、主に当行の貸出金ポートフォリオ、投資ポートフォリオ、保証およびその他の様々なオンバランスおよびオフ
     バランスの信用リスク・エクスポージャーによる信用リスクにさらされている。
     信用リスク管理

      2017  年において、当行は、国家のマクロ制御の方針に従って、信用リスク管理システムの構造を改善した。当行
     は、主要な分野におけるリスク予防策およびリスク制御策ならびに産業別の与信エクスポージャーの限度額管理を
     強化することに加え、継続的に当行の信用構造を最適化することで、適時に様々な潜在的リスクを軽減した。当行
     は、不良債権の回収および処分の方法を多様化させることで、資産の質の安定を維持した。
      信用リスク管理体制

      信用リスク管理の組織構造は、主に取締役会および取締役会直轄のリスク管理委員会、幹部役員および幹部役員
     直轄のリスク管理委員会、与信承認委員会、資産処分委員会、また、信用管理部、与信承認部、リスク管理部なら
     びにフロントオフィスからなり、集中リスク管理と多段階承認とを特徴とする信用リスク管理体制を確立してい
     る。
      法人向け銀行業務におけるリスク管理

      当行は、リスク管理に係る方針体制を改良した。当行は、継続的に当行の産業別与信方針を最適化するために、
     高水準の農地、畜産および戦略的新興産業の与信方針を発表した。当行は、関連業務の業務手続のさらなる標準化
     およびリスク管理能力の強化のために、与信業務に関する義務の履行および免除に関する規則を策定した。
      当行は、主要分野におけるリスク管理を強化した。当行は、貸出金への利用申込の管理および顧客のリストに基
     づく管理を引き続き厳密に実施し、産業特有のエクスポージャーのリミット管理を強化した。当行は、過剰生産能
     力および質の高い顧客を対象に投資される与信リソースの産業に付与される貸出金をさらに削減した。当行は、不
     動産業界の規制政策および管理方針ならびに様々な規制上の要件を厳格に実施し、差別化した「一都市一方針」の
     経営戦略を採用した。当行は、高在庫および高コストのプロジェクトを持つ土地価格が非常に高い都市の住宅プロ
     ジェクトへの従事を厳格に管理した。当行は、地方融資平台に対する既存の貸出金の管理を強化し、絶えず当該
     ローンの構造を最適化した。
      当行は、融資後の管理を強化し、不良債権の回収および処分を強化した。当行は、潜在的なリスクを適時に軽減
     するために、主要な顧客の融資後の管理および大きな与信エクスポージャーを有する顧客の監視を強化した。当行
     は、不良債権の回収と処分により尽力した。自主回収および促進された償却を基本としつつ、当行は積極的に処分
     の方法を広げ、これには不良債権の一括譲渡、不良資産の証券化およびデッド・エクイティ・スワップの促進が含
     まれた。
                                  48/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      当行は、当行の信用管理システムを最適化した。当行は、リスク集中管理プロジェクトの第1段階の展開を成功
     させることにより、法人顧客の管理システムを最適化し、これは司法当局、税関および世論に関連する外部データ
     の当行のシステムへの導入を伴い、これにより信用リスク管理におけるビッグデータの適用が促進され、リスク管
     理の能力が改善された。
      個人向け銀行業務におけるリスク管理

      当行は、個人向け貸出金業務センターの構築を促進し、当行の業務手順を最適化し、個人向け貸出金のための専
     門的および集中的な業務を促進させた。当行は、個人向け信用取引業務のためのフロントオフィス、ミドルオフィ
     スおよびバックオフィス間の調整のためのリスク管理の管理方法、職務執行監督業務に関する業務規定およびその
     他の方策を策定し、規制および規則の観点からフロントオフィス、ミドルオフィスおよびバックオフィスのリスク
     管理および統制を強化した。当行は、リスクの高いローンの利用申込の基準を引き上げるために、個人向け貸出金
     の年間のスコア管理方針を策定した。当行は、不良債権の回収および償却を強化し、個人向け貸出金の資産の質は
     さらに改善された。
      クレジットカード業務におけるリスク管理

      当行は、クレジットカード業務の与信管理を強化し、これにより、多額の与信および高リスク顧客への与信が厳
     格に制御されただけでなく、優良なクレジットカードの顧客が審査により明らかにされ、また正確な信用限度額が
     付与された。当行は、より標準化および規制されたクレジットカード発行業務を築くために、クレジットカード発
     行承認の承認管理を強化した。当行は、貸出金のリスクを監視するプラットフォームを立ち上げ、顧客リスクのオ
     ンライン警告を開始した。また、当行は、当行の裁定取引の認識規則を最適化し、資本の流れに対する制御を強化
     した。当行は、延滞貸出金の回収に一層の努力を注ぎ、貸出金回収の外部委託事業の効率を向上させた。当行は、
     不良債権の処分方法を多様化し、これにはクレジットカード業務に関連する不良資産の証券化商品の発行が含まれ
     る。
      トレジャリー業務におけるリスク管理

      当行は、主要産業および主要な顧客の信用状態に関する徹底的なリサーチを実施し、的を絞ったリスクの制御戦
     略を構築した。当行は、市場および評価の変動を注意深く監視し、高い格付けを有する資産への投資に焦点を合わ
     せた。当行は、市場リスクに関連する事象を適時に監視することにより、悪材料に関する監視および反応のメカニ
     ズムを最適化し、悪材料からの影響によって、関連する主要な顧客の投資事業を動的に調整した。当行は、投資前
     の利用申込の管理および投資後の監視を強化し、顧客の契約の履行をさらに確実なものとした。
      貸出金のリスク分類

      当行は、CBRCにより公表された「貸出金信用リスク分類に関するガイドライン」に従い、貸出金のリスク分類に
     係る関連規程を策定し、これを改定した。当行は、貸出金の回収可能性を総合的に評価し、融資先の返済能力、返
     済記録、貸出金に関する返済の意思、貸出金計画の収益性および二次的返済原資                                         の信頼性を含む主要な要因を考慮
     し、貸出金の分類を行った。
      当行は、2つの区分管理制度((1)5段階の区分制度および(2)12段階の区分制度)を採用した。法人向け貸出金に
     ついては、主に12段階区分制度で管理されていた。顧客のデフォルトリスクおよび債務取引リスクの総合的評価
     は、貸出金のリスクレベルを客観的に反映し、リスク識別の予見可能性および感度を向上させた。個人向け貸出金
     は、5段階区分制度で管理されていた。信用管理システムは、元本または利息の支払いの延滞期間および担保の種
     類に基づいて、貸出金を自動的に分類し、より客観的なリスク評価を可能にした。生産および運営のための5百万
     人民元超の多額の個人向け貸出金は、そのリスク感度を高めるために、半年ごとに手入力で区分された。さらに、
     分類は貸出金の性質を客観的に反映させるために、信用管理により取得した情報に基づき適時に調整された。
                                  49/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     信用リスク分析
     貸出金の担保別内訳
                                          (単位:百万人民元、%を除く。)

                                 2016  年12月31日現在            2017  年12月31日現在
                                      貸出金総額              貸出金総額
                                       に対する              に対する
                項目                 残高      割合(%)         残高     割合(%)
     抵当権付貸出                            4,594,468         47.3     4,945,683         46.1
     質権設定貸出                            1,485,633         15.3     1,499,489         14.0
     保証付貸出                            1,293,680         13.3     1,359,512         12.7
     無担保貸出                            2,345,858         24.1     2,915,927         27.2
     合計                            9,719,639         100.0     10,720,611         100.0
     延滞貸出金の延滞期間別内訳

                                          (単位:百万人民元、%を除く。)

                                 2016  年12月31日現在            2017  年12月31日現在
                                      貸出金総額              貸出金総額
                                       に対する              に対する
                項目                 残高      割合(%)         残高     割合(%)
     90 日以下延滞                            79,545        0.8      91,100        0.8
     91 日以上360日以下延滞                            86,468        0.9      49,520        0.5
     361  日以上3年以下延滞                            98,427        1.0      65,325        0.6
     3 年超延滞                             10,195        0.1      18,121        0.2
     合計                             274,635         2.8      224,066         2.1
                                  50/436










                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     貸出金の集中
                                          (単位:百万人民元、%を除く。)

                                                   貸出金総額
       融資先                                           に対する割合
       上位10位                 業種                  残高           ( %)
     顧客A        運輸、物流および郵便業                             125,703             1.17
     顧客B        金融業                              28,000            0.26
     顧客C        その他                              24,250            0.23
     顧客D        運輸、物流および郵便業                              23,976            0.22
     顧客E        運輸、物流および郵便業                              21,890            0.21
     顧客F        運輸、物流および郵便業                              19,556            0.18
     顧客G        運輸、物流および郵便業                              19,485            0.18
     顧客H        電力、熱力、ガスおよび水道の生産供給                              18,616            0.17
     顧客I        運輸、物流および郵便業                              18,126            0.17
     顧客J        運輸、物流および郵便業                              16,875            0.16
     合計                                     316,477             2.95
      2017  年12月31日現在、当行の最大の単一融資先に対する貸出しは、当行の正味自己資本の7.26%を占め、また、

     当行の融資先上位10位に対する貸出しは、当行の正味自己資本の18.27%を占め、当行は規制上の要件を満たし
     た。
     貸出金の5段階区分別内訳

                                          (単位:百万人民元、%を除く。)

                                 2016  年12月31日現在            2017  年12月31日現在
                                      貸出金総額              貸出金総額
                                       に対する              に対する
                項目                 残高      割合(%)         残高     割合(%)
     正常先                            9,111,457         93.75     10,175,764         94.92
     要注意先                             377,348        3.88      350,815        3.27
     不良債権                             230,834        2.37      194,032        1.81
      破綻懸念先                             57,550        0.59       38,877        0.36
      実質破綻先                             151,587        1.56      131,479        1.23
      破綻先                             21,697        0.22       23,676        0.22
     合計                            9,719,639        100.00     10,720,611         100.00
      当該報告期間において、当行は主要な分野における信用リスクの管理を引き続き強化し、当行の資産の質を好ま

     しい傾向を有する安定した状態に維持するために、様々な問題に対してそれぞれに合わせた解決策を生み出すこと
     で効果的に既存リスクを軽減した。
      (1)  当行は、当行の信用構造および連結信用管理基盤を調整した。供給側の構造改革に焦点を合わせ、当行は積
        極的に主要な国家戦略および主要プロジェクトの要求を満たし、高リスクを有する産業へのエクスポー
        ジャーを減少させるために産業別エクスポージャーの管理を実施した。
      (2)  当行は、リスクの事前警告を強化させたことに加え、当行の信用リスク管理システムを最適化し、日常的監
        視を強化し、また、主要な産業、地域および顧客の分析を行った。当行は、潜在的リスクを有するすべての
        顧客を厳密に特定するためにリスク調査を定期的に遂行し、リスクを軽減するための計画を立てた。
                                  51/436



                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      (3)  当行は、リスクの高い分野に焦点を合わせ、銀行からの過剰な借入れ、「ゾンビ」企業に対する過剰な与信
        および貸出金に関連するリスクの管理を強化することで、信用リスクの軽減および管理を引き続き実施し
        た。
      (4)  当行は、資産の質を改善させるための「クリーンアップ計画」を推進させ、自主回収への取り組みを強化
        し、不良債権の一括譲渡、証券化およびデット・エクイティ・スワップの様々な市場志向型のアプローチを
        積極的に適用することで、不良債権の回収および処分を促進させた。
      2017  年12月31日現在、当行の不良債権残高は前年度末比で36,802百万人民元減少し、194,032百万人民元となっ

     た。不良債権比率は、前年度末比で0.56パーセント・ポイント低下し、1.81%となった。要注意先貸出残高は前年
     度末比で26,533百万人民元減少し、350,815百万人民元となった。要注意先貸出は、貸出金総額の3.27%を占めた
     が、これは前年度末比で0.61パーセント・ポイントの低下であった。
     不良債権の商品種類別内訳

                                          (単位:百万人民元、%を除く。)
                               2016  年12月31日現在             2017  年12月31日現在
                                      不良債権               不良債権
                                  割合     比率          割合     比率
               項目              残高     (%)     (%)      残高     (%)     (%)
     法人向け貸出金                        188,767       81.8     3.52    156,380       80.6     2.54
      短期法人向け貸出金                        146,138       63.3     6.73    113,076       58.3     4.89
      中長期法人向け貸出金                        42,629      18.5     1.33    43,304      22.3     1.13
     割引手形                           1     —     —     —     —     —
     個人向け貸出金                        37,980      16.4     1.14    34,204      17.6     0.86
      住宅ローン                        11,014       4.8     0.43    11,268       5.8     0.36
      クレジットカード残高                         6,982      3.0     2.88     6,335      3.3     1.99
      個人消費向けローン                         2,252      1.0     1.89     1,732      0.9     1.26
      個人事業向けローン                        10,672       4.6     4.68     8,753      4.5     4.28
      農村世帯向け貸出金                         6,955      3.0     3.63     6,044      3.1     2.93
      その他                          105       —   8.61      72      —   7.19
     海外およびその他                         4,086      1.8     0.93     3,448      1.8     0.89
     合計                        230,834      100.0      2.37    194,032      100.0      1.81
      2017  年12月31日現在、法人向け不良債権残高は、前年度末から32,387百万人民元減少して156,380百万人民元と

     なった。法人向け不良債権比率は前年度末から0.98パーセント・ポイント減少して2.54%となった。個人向け不良
     債権残高は、前年度末から3,776百万人民元減少して34,204百万人民元となり、不良債権比率は前年度末から0.28
     パーセント・ポイント減少して0.86%となった。
     不良債権の地域別内訳

                                          (単位:百万人民元、%を除く。)
                              2016  年12月31日現在              2017  年12月31日現在
                                      不良債権                不良債権
                                  割合     比率          割合     比率
               項目              残高     (%)     (%)      残高     (%)     (%)
     本店                           7      —     —     7      —     —
     長江デルタ                        35,471      15.4     1.63    29,460      15.2     1.22
     珠江デルタ                        30,530      13.2     2.08    26,957      13.9     1.65
     環渤海                        45,728      19.8     3.05    39,031      20.1     2.32
     中国中部                        30,194      13.1     2.31    27,377      14.1     1.80
     中国東北部                        8,772      3.8     2.22     8,438      4.3     1.97
     中国西部                        76,046      32.9     3.52    59,314      30.6     2.46
     海外およびその他                        4,086      1.8     0.93     3,448      1.8     0.89
     合計                       230,834      100.0      2.37    194,032      100.0      1.81
      当該報告期間中、すべての地域において当行の不良債権比率は減少し、中でも中国西部および環渤海において不

     良債権比率が大幅に減少し、それぞれ前年度末から1.06パーセント・ポイントおよび0.73パーセント・ポイント減
     少した。
                                  52/436



                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     法人向け不良債権の業種別内訳
                                          (単位:百万人民元、%を除く。)
                               2016  年12月31日現在              2017  年12月31日現在
                                      不良債権                不良債権
                                  割合     比率          割合     比率
               項目              残高     (%)     (%)      残高     (%)     (%)
     製造業                         77,124      40.9     6.29    70,771      45.3     5.70
     電力、熱力、ガスおよび水道の生産供給                         3,247      1.7     0.49     4,234      2.7     0.53
     不動産業                         11,086       5.9     2.47     5,789      3.7     1.13
     運輸、物流および郵便業                         3,951      2.1     0.39     4,734      3.0     0.39
     卸売および小売                         63,140      33.4     15.62     42,925      27.4     12.05
     治水、環境マネジメントおよび公共事業管理                          810     0.4     0.34     1,051      0.7     0.29
     建設業                         6,004      3.2     3.31     5,674      3.6     2.54
     鉱業                         13,275       7.0     5.77    10,348       6.7     4.62
     リースおよび商業サービス                         3,783      2.0     0.68     5,502      3.5     0.69
     金融業                          177     0.1     0.10      224     0.1     0.16
     情報伝送、ソフトウェアおよびITサービス                          140     0.1     0.59      147     0.1     0.33
     その他                         6,030      3.2     2.77     4,981      3.2     2.31
     合計                        188,767      100.0      3.52    156,380      100.0      2.54
      2017  年12月31日現在、卸売および小売ならびに鉱業において不良債権比率が最も減少し、それぞれ前年度末から

     3.57パーセント・ポイントおよび1.15パーセント・ポイント減少した。
     減損損失引当金の増減

                                                  ( 単位:百万人民元)
                  項目                  個別評価        集合的評価          合計
     2017  年1月1日現在                               133,605         266,670        400,275
     当期借方計上額                                  67,430         25,434        92,864
      -繰入                                  87,588         107,125        194,713
      -戻入                                 (20,158)         (81,691)        (101,849)
     償却および振替出                                 (82,283)         (12,010)        (94,293)
     振替入
      -過年度に償却した貸出金の取立額                                  4,758         2,343        7,101
      -引当金に係る割引の振戻し                                  (1,077)          (353)       (1,430)
      -為替差額                                   (122)          (95)        (217)
     2017  年12月31日現在                               122,311         281,989        404,300
      (c) 市場リスク

      市場リスクとは、市場価格の悪化により生じる銀行におけるオンバランス事業およびオフバランス事業の損失リ
     スクをいう。市場リスクは、金利リスク、為替リスク、株価リスクおよび商品価格リスクからなる。当行は、主に
     金利リスクおよび為替リスク等の市場リスクにさらされている。当行の市場リスク管理の組織構造は、取締役会お
     よび取締役会直轄のリスク管理委員会、幹部役員および幹部役員直轄のリスク管理委員会、リスク管理部、資産・
     負債管理部および市場リスクを負うその他の事業部門(機関)からなる。
      当該報告期間中、当行は、年間の市場リスク管理の方針を策定し、取引および投資ならびに関連する市場リスク
     管理に係る年間の戦略を公表し、バリュー・アット・リスク(VaR)の測定に加え、取引勘定および銀行勘定の区
     別を含む市場リスク管理に関するいくつかの管理方法を改正し、これにより当行の市場リスク管理システムをさら
     に改善した。当行は、限度の事前警告およびパラメーター管理等、当行の市場リスク管理ITシステムの様々な機能
     を引き続き改善した。また、当行は内部モデル・アプローチによる包括的検証を引き続き実施した。当行は、当行
     のデリバティブ取引に対する管理を強化し、顧客のデリバティブ取引契約の履行を確実にした。当行は、売却可能
     資産の規模および期間を適切に管理し、当行のための様々な取引によるエクスポージャーを比較的低い水準に維持
     した。その結果、当行の市場リスクに対するエクスポージャーは制御されたものとなった。
                                  53/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     市場リスク・エクスポージャー・リミット管理
      当行の市場リスク・エクスポージャー・リミットは、指令性リミットおよび指導性リミットに分類される。2017
     年において、当行は市場リスク・エクスポージャー・リミットの管理をさらに改善し、商品およびリスクの種類に
     よって異なるリスク・エクスポージャー・リミットを設定することで、リミットの分類を改善した。また、当行
     は、システムを通じて自動的にリスク・エクスポージャーの測定、監視および報告を行った。当該報告期間中、当
     行のリスク・エクスポージャー・リミットは所定の範囲内であった。
     取引勘定および銀行勘定の区別

      当行は、市場リスク管理の効率性および市場リスクの規制上の自己資本管理の正確性を高めるために、オンバラ
     ンスおよびオフバランスの資産および負債を、取引勘定または銀行勘定のいずれかに分類した。取引勘定には、取
     引目的またはヘッジ目的で保有される金融商品および商品ポジションが含まれる。その他のポジションは、銀行勘
     定に分類される。
     取引勘定に関する市場リスク管理

      当行は、VaR、エクスポージャー・リミット管理、感応度分析、デュレーション分析、エクスポージャー分析お
     よびストレステスト等の様々な手法を用いて取引勘定の市場リスクを管理した。
      当行は、本社および当行の国内外の支店の取引勘定のVaRを測定するために、1日の保有期間および250日の過去
     データに基づき、信頼区間が99%のヒストリカルシミュレーション法を導入した。国内市場および海外市場の違い
     に基づき、実際の市場リスクの水準を反映させるため、当行はモデルおよび危険因子に適用されるパラメーターを
     選択した。当行は、データ分析、並列モデリングおよびバックテスティングにより、リスク測定モデルの正確性お
     よび信頼性を実証した。
     取引勘定のVaR分析

                                          ( 単位:百万人民元)
                     2016  年                 2017  年
               当該報告期間                   当該報告期間
         項目       末日現在       平均   最高   最低      末日現在       平均   最高   最低
     金利リスク               53   63   71   39         32   49   72   32
          (1)
     為替リスク
                    20   86   213    14         33   51   105    18
     商品リスク                9   13   28    3         8   11   20    6
     VaR  全体              44   96   213    44         56   73   153    40
     (1)   商業銀行資本管理弁法(試行)に従い、金に関連するVaRは                            為替リスクに反映された。
                                  54/436









                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      当該報告期間において、当行の債券ポートフォリオの期間の構造の短縮により規模は縮小し、これにより当行の







     金利リスクのVaRが減少した。前年度と比較して金のポジションが低下したため、前年度と比較して為替リスクの
     VaRが減少した。また、銀のポートフォリオの規模がわずかに減少したことにより、商品リスクのVaRがわずかに減
     少した。
     銀行勘定に関する市場リスク管理

      当行は、エクスポージャー・リミット管理、ストレステスト、シナリオ分析およびギャップ分析等の関連手法の
     包括的活用により銀行勘定の市場リスクを管理した。
      金利リスク管理

      金利リスクとは、指標または市場金利の不利な変動により利益または経済的価値が損なわれるリスクをいう。当
     行の銀行勘定の金利リスクは、主に銀行勘定における金利感応度のある資産および負債の満期日または金利更改期
     間の不一致、ならびに資産および負債の基準となる指標金利の変動における一貫性の欠如により生じる。
      2017  年において、当行は、銀行勘定の金利リスクのためのシステムを公式に展開し、金利リスクの測定の精度お
     よび迅速性を著しく向上させた。当行は、行内の資金移動の価格の管理の改革をさらに深め、資金価格の反映、資
     源配分の最適化、外部の価格決定のための指針、リスク管理の強化およびその他の側面における行内の資金移動の
     価格の有効性を向上させた。
      為替リスク管理

      為替リスクとは、資産および負債における外国通貨の不一致から生じるリスクをいう。為替リスクは主として、
     ヘッジすることのできるトレーディング為替リスクならびに運用においてリスクを回避することが困難な構造的資
     産および負債による為替リスク(以下「構造的為替リスク」という。)からなる。
      2017  年において、当行は、為替リスク・エクスポージャーの監視および感応度分析を定期的に実行し、引き続き
     外国為替リスクの測定を最適化し、システムの構造を強化した。為替エクスポージャーを適切に対応させること
     で、当行は、構造的為替リスク・エクスポージャーを安定に維持すると同時に、トレーディング為替リスク・エク
     スポージャーを柔軟に調整した。その結果、当行の為替リスク・エクスポージャーは許容可能な範囲内で管理され
     た。
                                  55/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      金利リスク分析
      2017  年12月31日現在、満期が1年以内の金利に対して感応度のある累積ネガティブ・ギャップは、前年度末から
     絶対的には      473,033    百万人民元増加し、          1,860,183     百万人民元となった。
     金利リスクギャップ

                                                 (単位:百万人民元)
                      1ヶ月超      3ヶ月超      1年以内       1年超
               1ヶ月以内      3ヶ月以内      12ヶ月以内        小計      5年以内       5年超      無利子
     2016年12月31日          (3,577,103)        392,162      1,797,791      (1,387,150)        595,675      1,991,228       (137,593)
     2017年12月31日          (3,415,357)        430,009      1,125,165      (1,860,183)       1,141,827      2,040,189       (123,398)
     ( 注 )  詳細については、「第6-1               財務書類-連結財務書類に対する注記-Ⅳ-49」を参照のこと。
     金利感応度分析

                                               (単位:百万人民元)
                                 2016  年12月31日現在           2017  年12月31日現在
                                        その他の             その他の
                                 受取利息             受取利息
                                        包括利益             包括利益
                                純額  の変動           純額  の変動
            ベーシスポイントの変動                            の変動             の変動
     100  ベーシスポイント増加                           (24,271)       (40,354)       (24,928)       (37,095)
     100  ベーシスポイント減少                            24,271       40,354       24,928       37,095
      上記金利感応度分析は、記載の金利条件下における翌12ヶ月間の受取利息純額およびその他の包括利益の変動を

     表したものである。かかる分析は、イールド・カーブが平行移動することを前提としており、金利リスクの軽減の
     ために経営陣が講じるリスク管理措置については考慮されていない。
      2017  年12月31日現在の当行の資産および負債の構成に基づくと、金利が急速に100ベーシスポイント増加(また
     は減少)した場合には、当行の受取利息純額およびその他の包括利益は、それぞれ24,928百万人民元および37,095
     百万人民元減少(または増加)する。
     為替リスク分析

      当行の為替リスクは、主に米ドルの対人民元の為替レートから生じるエクスポージャー・リスクである。2017年
     において、人民元の対米ドル中間レートは累積で                          4,028   ベーシスポイント(          6.16  %)上昇した。2017年末における
     当行のオンバランスおよびオフバランスの外国為替エクスポージャーは、前年度末から絶対的には                                                   5,489   百万米ド
     ル減少し、      3,448   百万米ドルのプラスとなった。
     外国為替エクスポージャー

                                          (単位:百万人民元/百万米ドル)

                                 2016  年12月31日現在            2017  年12月31日現在
                                        米ドル              米ドル
                                 人民元       相当額       人民元       相当額
     オンバランスの金融資産/負債の外国為替エクス
     ポージャー(純額)                             69,050       9,954       (40,320)       (6,171)
     オフバランスの金融資産/負債の外国為替エクス
     ポージャー(純額)                             (7,052)       (1,017)        62,851       9,619
     ( 注 )  詳細については、「第6-1               財務書類-連結財務書類に対する注記-Ⅳ-49」を参照のこと。
                                  56/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     為替感応度分析
                                               (単位:百万人民元)
                                        税引前利益に対する影響
                       外貨の対人民元
                       為替レートの
           通貨            上昇/下落            2016  年12月31日現在           2017  年12月31日現在
     米ドル                    + 5 %                 881            (122)
                         -5 %                 (881)             122
     香港ドル                    + 5 %                 863            673
                         -5 %                 (863)            (673)
      当行の人民元建て以外の外貨建資産および負債は主に米ドル建てか香港ドル建てであった。当該報告期間末現在

     のオンバランスおよびオフバランスの為替エクスポージャーに基づくと、米ドルの対人民元レートが5%上昇(ま
     たは下落)する度に、税引前利益は122百万人民元減少(または増加)する。
      (d) 流動性リスク

      流動性リスクとは、期限の到来した額を決済し、その他の支払債務を履行し、または通常の業務におけるその他
     の資金需要を満たす際に、十分な資金を適切な費用で適時に取得することができないリスクを意味する。流動性リ
     スクに影響を与える主な要因は、市場流動性のマイナスな影響、顧客の預金引出し、顧客の貸出取消、資産および
     負債間の構造不均衡、債務者の不履行、資本実現の困難性ならびに資金調達能力の低下等を含む。
     流動性リスク管理

      当行の流動性リスク管理は、意思決定システム、実行システムおよび監督システムの管理体制によって構成され
     る。うち意思決定システムは、取締役会、取締役会直轄のリスク管理委員会、本社の幹部役員、ならびに本社の幹
     部役員直轄の資産・負債管理委員会およびリスク管理委員会によって構成される。実行システムは、当行における
     すべての流動性管理部門および資産負債事業部門によって構成され、監督システムは、監査役会ならびに2つの事
     業部門、すなわち監査室および内部統制・法務・コンプライアンス部によって構成される。上記のシステムは責任
     分離の下、それぞれ意思決定、実行および監督の職務を担っている。
      当行は、慎重な流動性管理戦略を支持し、流動性管理の一般的な目標および管理方法を取り決めた。規制要件、
     外部のマクロ経済的環境および事業開発に基づき、当行はその流動性リスク管理方針を策定し、それは流動性の安
     全性が保証されていた場合に限り、流動性、安全性および収益性間の均衡を効果的に保っていた。
      当行の流動性リスク管理の目的は、科学的かつ包括的な流動性リスク管理システムを構築することにより、流動
     性リスクの識別、測定、監視および報告を効率的に行うこと、当行の流動性の資本効率および安全性の両方のバラ
     ンスを効果的に保つ一方、通常の業務状態または適時のストレス下で、資産、負債およびオフバランス事業の流動
     性ニーズならびに支払義務を実行することならびに当行グループの流動性リスク全体を効果的に予防するため、当
     行の支店、子会社およびすべての事業ラインの流動性リスクの管理および監視を強化することであった。
      当行は、当行における資産負債事業の発展および流動性を引き続き監視した。当行は当行の資産および負債の構
     造を改善、キャッシュ・フローを管理、期間の不一致に関連するリスクを軽減した。当行はまた、預金元を確保
     し、資金源の経路を拡大するために債務管理を強化した。当行は、市場での効率的な金融チャネルを確保し、高い
     流動性のある資産の十分な積立を維持することによって、様々な支払需要を満たした。当行は、多大な金額を扱う
     取引の報告メカニズムを改善し、リアルタイムの監視体制、早期の警告および合理的なバッファーを確保するため
     に柔軟な資金配賦を強化し、効果的に市場の変動に対応した。当行は、本社および支店において共同で緊急訓練を
     実施したことで、流動性に関連する緊急の案件を対処する能力を向上させた。当行はまた、監視、警告および統制
     の有効性をあげるために流動性管理に係るITシステムを引き続き改善し、定期的に管理が最新のものになるよう強
     化している。
      流動性に影響を与え得る様々なリスク要因に関して十分な考慮後、市場の状態および実際の事業運営に基づき、
     当行は流動性リスクに係るストレスシナリオを策定した。当行は、四半期ごとにストレステストを実施した。テス
     ト結果によると、当行は規制機関により要求された規定のストレスシナリオ下において残存期間のテストに最短で
     通った。
                                  57/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     流動性リスク分析
      当該報告期間中、当行は適切に支払キャッシュフローを規制し、当行の全体的な流動性は十分であり、安全が保
     障され、制御されていた。2017年度末、当行は規制要件を満たし、人民元および外貨の流動性比率はそれぞれ
     50.95%および106.74%であった。2017年度第4四半期における流動性カバレッジ比率の平均は、2017年度第3四半
     期と比較して7パーセント・ポイント減少し、121.2%であった。
     流動性ギャップ分析

      以下の表は、表示日現在のネット・ポジションを示したものである。
                                                 (単位:百万人民元)
                            1ヶ月超           1年超
                                 3ヶ月超
             延滞     要求払     1ヶ月以内     3ヶ月以内     12 ヶ月以内     5年以内      5年超    期日未定      合計
     2016  年12月31日       52,387    (9,355,146)      (62,220)     (510,004)      643,576    2,295,700     5,409,806     2,588,061     1,062,160
     2017  年12月31日       29,774   (10,417,627)       169,469     (689,320)     (155,304)     3,009,691     6,494,599     2,757,153     1,198,435
     ( 注 )  詳細については、「第6-1               財務書類-連結財務書類に対する注記-Ⅳ-49」を参照のこと。
     流動性カバレッジ比率の情報

      当行は、CBRCの関連規則に従って、流動性カバレッジ比率について、以下の情報を開示した。

      流動性カバレッジ         比率に係る規制上の要件

      CBRC  が発行した      「商業銀行流動性リスク管理弁法(試行)」に従い、商業銀行の流動性カ                                      バレッジ比率は、2018

     年末までに100%に達することが義務付けられた。移行期間中、流動性カバレッジ比率は、2017年末までに90%に
     達していなければならない。基準を満たす商業銀行は、移行期間中に前もって要件を満たすことが推奨された。さ
     らに、CBRCが発行した商業銀行流動性カバレッジ比率情報開示弁法に従い、商業銀行は、財務報告書が公表される
     のと同じ頻度で流動性カバレッジ比率情報を開示し、2017年からの各四半期の日次データに基づいた流動性カバ
     レッジ比率の単純算術平均およびかかる平均の計算に用いられる日次データの数字を開示することが義務付けられ
     ている。
      流動性カバレッジ比率

      当行は、「商業銀行流動性リスク管理弁法(試行)」および適用ある算定要件に従って流動性カバレッジ比率を

     計算した。当行の日次流動性カバレッジ比率の平均は、                             2017  年第4   四半期において、前四半期比で                7 パーセント・ポ
     イント減少して、         121.2   %であった。かかる平均を計算するのに用いられた日数は、                               92 日であった。当行の高品質
     の流動資産      は主として現金、ストレス・シナリオ下で引き落とし可能な中央銀行の利益準備金ならびにCBRCが発行
     した商業銀行流動性リスク管理法(試行)においてレベル1およびレベル2資産の定義に該当する有価証券である。
      2017  年第4四半期において、測定された日次流動性カバレッジ比率の平均および個別項目の平均は、以下のとお
     りであった。
                                  58/436








                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
                                          (単位:万人民元、%を除く。)
     項目                                 非加重価値合計            加重価値合計
     高品質の流動資産
      1  高品質の流動資産(HQLA)合計                                            406,957,725
     キャッシュ・アウトフロー
      2  個人預金および中小企業顧客預金                                987,056,022            90,479,432
      3   安定預金                                164,517,729            8,225,603
      ▶   非安定預金                                822,538,293            82,253,829
      5  無担保市場融資                                636,320,600           261,599,512
      6   業務関連預金(全相手方)および協調銀行における預金                                185,606,804            45,105,420
      7   非業務関連預金(全相手方)                                447,542,096           213,322,392
      8   無担保債務                                  3,171,700           3,171,700
      9  担保付市場融資                                             1,328,800
     10  その他の要件                                200,242,586            46,398,216
         デリバティブ商品取引および
     11                                   32,605,913           32,605,913
         その他の担保要件に関連する流出額
     12   担保付債務関連商品への融資に係る損失に関連する流出額                                      –           –
     13   与信枠および流動性枠                                167,636,673            13,792,303
     14  その他の契約に基づく融資義務                                 34,823,108           34,823,108
     15  その他の偶発的融資義務                                 65,428,456            1,611,463
     16  キャッシュ・アウトフロー合計                                            436,240,531
     キャッシュ・インフロー
     17  担保付貸出(逆レポおよび有価証券借入等)                                 19,373,873           19,217,646
     18  完全正常債権からの流入額                                 82,054,785           47,118,298
     19  その他のキャッシュ・インフロー                                 33,897,624           33,897,624
     20  キャッシュ・インフロー合計                                135,326,282           100,233,568
                                                  調整価値合計
     21  HQLA  合計                                         406,957,725
     22  キャッシュ・アウトフロー純額合計                                            336,006,963
     23  流動性カバレッジ比率(%)                                              121.2   %
      (e) オペレーショナル・リスク管理

     オペレーショナル・リスク管理
      オペレーショナル・リスクとは、人的な要因または情報システム関連の要因による内部統制手続の不備もしくは
     不履行、または外部的事象(法的リスクを含むが、戦略リスクまたは評価リスクは含まない。)から生じる損失の
     リスクを意味する。
      当該報告期間中、当行はガバナンスの構造およびオペレーショナル・リスク管理のため部門の責任分離をさらに
     改善し、オペレーショナル・リスクの専門的な管理を強化した。当行は違反事例に関連したリスクの予防および統
     制に関する調査を徹底的に実施した。CBRC                      か ら要求された規制調査に従って、当行は自己点検および改善を                                 実行
     し 、事業ライン内のリスクの自己査定を                    引き続き行い       、主要分野におけるオペレーショナル・リスクの管理および
     統制を強化した。さらに、当行は主要なリスク指標                          システム     を改善したことで、オペレーショナル・リスクの監視
     の感度   を 向上  させ  た。当行はまたオペレーショナル・リスクに関する経済資本の測定方針を最適化し、違反事例お
     よびマネーロンダリング防止リスクの対策の推進に重点的に取り組んだ。加えて、当行は、情報技術のリスクにつ
     いて特別評価を行い、事業継続のため全面的な提案を作成し、災害復旧センターの建設を加速し、情報技術リスク
     の管理能力および事業継続を保証する能力を強化した。
     法的リスク管理

      法的リスクは、法的負債、権利の喪失、評判の悪化を含む悪影響を被る銀行のリスクのことをいい、これは法律
     違反、管理上の規則および規制または事業運営の契約の条件および権利の行使または外部の法的要素の正式な規制
     および行使における法的不履行に起因する。法的リスクは、他の種類のリスクに関連するリスクと同じく、法的要
     素を直接的要因とするリスクを含む。
                                  59/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      2017  年、当行は、「法に基づく中国農業銀行管理」の構築を引き続き促進し、法的リスク管理の仕組みを最適化
     し、当行の法的リスクの予防および管理能力を引き続き改善した。当行は、事業運営上のコンプライアンスを促進
     し、重大な決断時の法的リスク管理を強化することを目的に、国内の同業者の中では最初に、最高法律顧問の役職
     を設置した。さらに、当行は法務審査をあらゆる面から規制するため、法務審査のための管理方法を改定し、法務
     審査のための年次業務手引書を制定した。当行はまた、組織文書の起草について公に助言を求める仕組みを改善
     し、異なるシステムに関する日々の点検を促進する事に焦点をあてることで、当行全体のシステムを引き続き改善
     している。さらに、当行は契約についても、そのプロセス全体にわたって管理を強化し、事業の拡大において契約
     が有効に基礎の役割を果たすことができるよう、多分野にわたる標準的な契約および実例に沿った契約の文言を完
     全なものとすることに継続して努めた。当行は海外における知的財産の出願に関する管理を強化、知的財産の管理
     方法を最適化し、徐々に知的財産に対する管理を促進した。加えて、当行は提起された訴訟の原因について綿密な
     調査を行うことで、特に日常業務における法的リスクを予防した。当行はまた訴訟を通じて不良資産を積極的に収
     集し、不良資産に関連する法的処理手続を促進した。
      (f) 評価リスク

      評価リスクとは、当行の経営、管理もしくはその他の行為または外部的事象に起因した、利害関係者からのマイ
     ナス評価により生じるリスクをいう。
      2017  年、当行は、パブリック・オピニオンに基づくリスクの予防および管理に責任を持つ異なる事業ラインおよ
     び部門の責任分離を明記した「パブリック・オピニオンに基づくリスクの予防および管理に係る責任に関する管理
     方法」を策定し、その評価システムを最適化した。当行はまた、評価リスクの可能性を確認およびリスクに関する
     警告を出すために、当行の評価リスクの検査を行った。
      当行は、新たなメディアの監視をさらに強化し、迅速なパブリック・オピニオンの収集をし、事前に当行の評価
     に影響を及ぼす可能性のある事象を対処することに焦点を当て、報告手順および対応手順を明確にした。加えて、
     当行は評価に関わる重大な事象を管理するための緊急時計画を改善し、予防および管理システムを最適化し、積極
     的に大衆の関心に対応した。当行はその広報担当に訓練プログラムを実施し、支店および準支店の評価リスクの予
     防ならびに管理ならびにメディアとの関係についての管理に関する技術について訓練プログラムを強化した。
                                  60/436













                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      (g) カントリーリスク
      カントリーリスクとは、特定の国または地域の経済、政治および社会において発生した変化ならびに事象に起因
     するものであり、該当する国もしくは地域の融資先もしくは債務者の当行に対する債務に関する支払い不能もしく
     は支払い拒否、または該当する国もしくは地域において当行が被る事業損失もしくはその他の損失をもたらす。
      当行は、中国銀行業監督管理委員会の規制上の要件を厳しく遵守しており、当行の総合的なリスク管理システム
     の中にカントリーリスク管理を含めた。当行は、カントリーリスクを定期的に監視および報告した。当行は、カン
     トリーリスク格付け、リスク・リミット承認、リスク・エクスポージャー測定、市場調査分析、リスク・ファク
     ターの監視および分析ならびにストレステスト等の一連の方法ならびに手段を用いてカントリーリスクを管理し
     た。管理システムを最適化し、作業手順を改善し、システム構築を強化することによって、当行はカントリーリス
     ク管理の基準を引き続き向上させた。
      (h) 連結リスク管理

      当該報告期間中、当行のリスク管理の統一ならびに有効性を確保するために、当行は当行の子会社に、当行グ
     ループのリスク選好全体および総合的なリスク管理システムの枠組みに基づいて、子会社自身のリスク選好および
     総合的なリスク管理システムを考案するよう要求した。当行グループの本社においては、当行は連結に係る管理方
     法、子会社に関するリスクの管理方法、ならびに国外支店および子会社銀行に関するリスク管理方法等の異なるシ
     ステムを考案し、子会社が総合的なリスク管理システムを確立するための手順を示した。当行は、子会社のリス
     ク・エクスポージャーを監視、リスクの情報の警告および通知を引き続き行った。加えて、当行は主要な分野にお
     けるリスク統制の強化について手順を示すため、四半期ごとに子会社のリスク評価を実行した。当行の子会社につ
     いては、異なる事業および主要なリスク・エクスポージャーを網羅する総合的なリスク管理システムを確立した。
     子会社は、それぞれリスク選好報告書を策定または修正し、リスク選好管理の枠組みを確立した。当行の子会社は
     引き続きリスク管理構造を最適化し、リスク管理手続および方法を改善し、定期的にリスクレベルおよびリスク管
     理の実施について本社に報告した。
      (i) 内部統制

     内部統制管理システム
      当該報告期間中、当行の法令遵守の文化に忠実に従い、情報テクノロジーの補助の下、当行は引き続き当行の内
     部統制メカニズムを最適化し、当行の内部統制システムを改善した。
      (1) 内部統制の有効性を向上することを目標に、当行は内部統制に係る組織構造を引き続き最適化した。当行
         の取締役会は、堅固かつ効率的な内部統制の開発に責任を負っている。取締役会下に設置された監査およ
         びコンプライアンス委員会、リスク管理委員会、合衆国地域におけるリスク管理委員会機関ならびに関連
         当事者取引管理委員会は、内部統制および当行の内部統制の有効性の評価に関連する対応事項の対処に責
         任を負っている。当行の幹部役員は、当行の内部統制の日常的な業務に責任を負っており、かかる幹部役
         員下に設置されたコンプライアンス委員会がこれを補助している。監査役会は、取締役会および幹部役員
         による内部統制の設置および導入を監査している。本社、第一級支店ならびに第二級支店における内部統
         制およびコンプライアンス部は、内部統制および関連する日常的な業務の導入を計画し調整することに責
         任を負っている。当行は、本社ならびに第一級支店における内部統制およびコンプライアンス部直轄のマ
         ネーロンダリング防止センターを設置した。当行は、内部統制の導入に関連する日常的な業務を対処する
         コンプライアンスの役職を準支店に設置した。
                                  61/436








                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      (2) 当行は、当行のコーポレート・ガバナンスのメカニズムに従って、定款、基礎的制度、管理措置および業









         務規則からなる当行の多様なレベルの規制システムを引き続き最適化した。当行は、新たな規則を策定す
         るプロジェクトの設置に対する許可について厳しい管理を行っており、新たなシステムおよび文書の発行
         に関する管理を規制している。当行は、基礎レベルの支店における連絡拠点およびオンライン上のパブ
         リック・コンサルテーションを設置し、パネルディスカッションを通じて当行の規制の質を改善し、最新
         の規制管理に改善するために、規制の評価、改良ならびに事後査定を実行した。
      (3) 当行は、品質管理システムの開発を促進するために、多方面の基準を採用することにより、当行の内部統
         制の相乗効果を強化した。当行は最新の「役職ベース」組織を導入し、それによって資源配分について組
         織による管理の役割を果たした。当行は、異なるレベルの支店における内部統制の構築を向上するため
         に、多層的かつ包括的な内部統制および評価メカニズムを設定した。当行はまた、内部統制の不備の徹底
         的な解決を確実に可能にするために、改善作業を当行の総合的な業績評価に組み込み、責任をとることに
         なる部門による自己点検および自己改善、改善の監視を担当する部門による審査および承認ならびに監査
         部門による説明責任で構成される改善メカニズムを導入した。
      (4) 当行は、事業部門内の職務執行監督、内部統制およびコンプライアンス部門による全体的な管理および検
         査ならびに監査室による二重監督により構成される内部監視システムを制定した。当行は「三道防線」に
         関するリスク開示、検査および監視の主な責任を明確にした。異なる部門は異なる任務に責任を持ち、自
         身の任務を実行したことで、操業管理下の異なる手続、事業ラインおよび機関のリスク管理を効果的に網
         羅することができた。
                                  62/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     内部統制システムの構築
      2017  年、様々な規制要件の総合的な導入に伴い、当行は                          「マネジメント        基礎および基礎レベル管理」を引き続き
     強化し、当行の内部統制のメカニズムの改革を推進したことで、当行のコンプライアンス運用の強固な基盤を提供
     した。
      (1) 当行は当行のコンプライアンスの文化の構築を促進した。当行は、コンプライアンスの価値を向上させる
         という信念を忠実に守ったことで、指令、規制、統一およびコンプライアンスの文化を誘起する役割を実
         現した。当行は、定期的かつ長く効果のある国外におけるコンプライアンス管理を促進するために、国外
         機関および2017年の事業に対して「コンプライアンス管理の年」活動を組織した。
      (2) 当行は、当行の規則および規制を最適化した。当行は内部統制の基本的な規則を修正し、当行の事業開発
         およびリスク管理を適応する規則および規制を確立した。当行は、当行の規制に関する事後評価メカニズ
         ムを最適化し、迅速に不適切な規則を修正、最適化および廃止するために、すべての規制に関して評価な
         らびに改善を実施した。当行は、効果的な規則および規制のリストを四半期ごとに発行し、当行の規則お
         よび規制の量ならびに質を厳格に制限した。
      (3) 当行は「マネジメント基礎および基礎レベル管理を強化する年」活動を実施した。「包括的リスク調査+
         特別な改善+長期メカニズムの構築」の協調管理モデルを採用し、当行は、信用管理、製品販売、産業連
         携および従業員管理の様な主要分野に焦点を当てることで特別な改善を促進した。当行は違反事例の予防
         およびリスク統制に対する綿密な調査、潜在的なリスクの                              徹底的   な調査、内部統制の不備に関する綿密な
         検査および評価を実施することによって、リスク予防および統制の基礎を強化した。
      (4) 当行は当行の情報技術の発達を促進した。当行は当行の内部統制およびコンプライアンス管理のための情
         報システムの機能を引き続き最適化した。当行は、当行のリスクを監視、警告および解決する能力を改善
         するために当行のコンプライアンス・リスク監視プラットフォームならびに主要な事業のためのリスク監
         視モデルを改善した。
      (5) 当行は、当行の説明責任のメカニズムを強化した。当行は、「3つのラインおよび1つの網」管理モードを
         促進し、違反事例の予防に関する主な責任を明確にし、説明責任および評価を向上させた。体系的かつ徹
         底的な改善を可能にするために、当行は引き続き改善および説明責任の業務を促進し、重大なリスクの問
         題に関する改善および説明責任を実施した。
      (6) 当行は当行の人材チームの構築を強化した。当行は、国外機関におけるコンプライアンス管理の職員数を
         増加し、監視および検査、社外における調査、オペレーショナル・リスク管理ならびにその他の分野に関
         する訓練を強化したことで、当行の内部統制および内部管理を引き続き向上させた。
     マネーロンダリング防止(AML)

      2017  年、当行の包括的リスク管理システムはマネーロンダリングおよび制裁についてのコンプライアンス・リス
     クを含んでいた。AML、テロリズムへの資金供与防止および制裁のコンプライアンス管理を引き続き促進した。当
     行は、AMLの組織的構造を最適化し、本社および第一級支店におけるマネーロンダリング防止センターを設置した
     ことで、当行のAML検知ならびに分析を集中させた。多額の疑わしい取引に関する報告の管理方法およびテロリズ
     ムに関連する資産を凍結する際の管理方法等の様な分野ごとに特化したシステムを考案したことにより、当行の
     AMLに関するメカニズムおよびシステムを向上させた。当行は当行の顧客特定および職務執行調査に関する作業に
     引き続き焦点を当て、当行の疑わしい取引を検知するモデルを最適化したことで、疑わしい取引に関する報告の有
     効性を向上させた。当行は、中国政府および国際連合の制裁方針を厳格に導入し、当行の制裁リスト検知システム
     を十分に展開し、AMLおよび制裁リスクに関連する追従制御を導入し、当行のAMLに関する法的債務を果たした。当
     行は、当行におけるAMLに関する研修を向上し、当行のAMLチームを引き続き強化したことで、当行のAML管理基準
     をさらに向上させた。
     内部統制の自己評価報告

      取締役会は、2018年における取締役会の5回目の会合において、                                  中国農業銀行股        份 有限公司による内部統制の
     2017年自己評価報告          を考案し、また承認した。詳細は上海証券取引所のウェブサイトにて公表されている。
                                  63/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     内部統制監査報告書
      プライスウォーターハウスクーパース中天リミテッドは、関連規制に従った2017年12月31日現在の財務報告に対
     する当行グループの内部統制の有効性に関する監査に基づき、無限定の内部統制報告書を表明した。詳細は上海証
     券取引所のウェブサイトにて公表されている。
      「第6-1      財務書類-連結財務書類に対する注記-Ⅳ-49」を参照のこと。

     5【経営上の重要な契約等】

     重要な資産取得、処分および合併
      当該報告期間において、当行は、重要な資産取得、処分または合併を行っていない。
     重要な契約の詳細および実績

      重要な保管業務、契約およびリース
      当該報告期間において、当行は、その他の法人の資産に関して、開示対象となる重要な保管業務、契約または
     リースの締結を行っておらず、その他の法人もまた、当行の資産に関して、開示対象となる重要な保管業務、契約
     またはリースの締結を行っていない。
      重要な担保

      担保提供は、当行の一般的かつ通常的な業務の過程であるオフバランス取引の1つである。当該報告期間におい
     て、当行はPBOCおよびCBRCの承認を得た事業範囲内の金融担保業務を除き、開示が要求される重要な担保事項は存
     在しなかった。
     6【研究開発活動】

      下記「7     財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。

                                  64/436











                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     1.経営陣による考察および分析
     (1)   財務書類分析
      (a) 損益計算書分析
      2017  年において、当行の純利益は193,133百万人民元であり、前年と比較して9,073百万人民元(4.9%)増加し
     た。
     重要な損益計算書項目の推移

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                                           増加/
            項目             2016  年       2017  年       (減少)        成長率(%)
     受取利息純額                    398,104         441,930          43,826           11.0
     受取報酬および手数料純額                    90,935         72,903         (18,032)          -19.8
     その他の非利子収入                    21,089         28,065          6,976          33.1
     営業収益                    510,128         542,898          32,770           6.4
     控除:営業費用                    197,049         205,268          8,219           4.2
        資産に係る減損損失に
        対する引当金                 86,446         98,166         11,720           13.6
     営業利益                    226,633         239,464          12,831           5.7
     関連会社の収益                       (9)         14         23           –
     税引前純利益                    226,624         239,478          12,854           5.7
     控除:法人所得税費用                    42,564         46,345          3,781           8.9
     純利益                    184,060         193,133          9,073           4.9
     帰属先:
      当行の持分所有者                    183,941         192,962          9,021           4.9
      非支配持分                      119         171          52        43.7
     受取利息純額

      当行の受取利息純額は、当行の営業収益の最大の構成要素であり、2017年の合計営業収益の81.4%を占めた。
     2017年において、当行の受取利息純額は441,930百万人民元であり、前年と比較して43,826百万人民元増加した。
     残高および金利の変動により、受取利息純額はそれぞれ37,277百万人民元および6,549百万人民元の増加となっ
     た。
      2017  年において、当行の正味金利差益および正味利息スプレッドはそれぞれ2.28%および2.15%であり、前年と
     比較して3ベーシスポイントおよび5ベーシスポイント上昇した。正味金利差益および正味利息スプレッドのかかる
     上昇は、主として要求払預金の比率が増加した当行の低コスト安定預金の競争力がさらに強化されたことおよび一
     部の定期預金の金利改定により満期時の金利が上昇し、2016年と比較して平均費用率が13ベーシスポイント低下し
     たことによる。
                                  65/436








                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      以下の表は、利付資産および有利子負債の平均残高、受取利息/支払利息および平均収益率/平均費用率を示し
     たものである。
                                           (単位:百万人民元、%を除く。)
                          2016  年                   2017  年
                               平均収益率/                      平均収益率/
                        受取利息/       平均費用率              受取利息/        平均費用率
         項目        平均残高       支払利息        (%)       平均残高       支払利息        (%)
     資産
     顧客への貸出金            9,370,200        410,790         4.38    10,373,827        441,475          4.26
           (1)
     債務証券投資
                  4,618,837        170,096         3.68    5,464,803        200,475          3.67
      非改革関連債務証券            4,253,514        158,870         3.74    5,099,513        189,274          3.71
               (2)
      改革関連債務証券
                   365,323       11,226         3.07     365,290       11,201         3.07
     中央銀行預け金            2,478,513        39,264         1.58    2,620,442        41,604         1.59
     銀行およびその他の金
               (3)
     融機関に対する債権
                  1,222,750        37,040         3.03     908,848       30,145         3.32
     利付資産合計            17,690,300        657,190         3.71    19,367,920        713,699          3.68
            (4)
     減損損失引当金
                  (410,350)                      (413,876)
            (4)
     無利子資産合計
                   966,835                     1,143,042
     合計資産            18,246,785                      20,097,086
     負債
     顧客預金            14,233,459        209,149         1.47    15,599,797        209,782          1.34
     銀行およびその他の金
               (5)
     融機関に対する債務
                  1,383,379        34,248         2.48    1,306,033        34,723         2.66
              (6)
     その他有利子負債
                   483,256       15,689         3.25     862,685       27,264         3.16
     有利子負債合計            16,100,094        259,086         1.61    17,768,515        271,769          1.53
          (4)
     無利子負債
                  1,067,598                      1,021,891
     負債合計            17,167,692                      18,790,406
     受取利息純額                    398,104                      441,930
     正味利息スプレッド                              2.10                      2.15
     正味金利差益                              2.25                      2.28
     (1)   債務証券投資は、純損益を通じて公正価値で測定される債務証券投資、売却可能債務証券投資、満期保有債務証券投資お

       よび債権に分類される債務証券投資を含む                    。
     (2)   改革関連債務証券はMOFに対する債権および特別国債を含む。
     (3)   銀行およびその他の金融機関に対する債権は、主に銀行およびその他の金融機関への預け金および銀行およびその他の金
       融機関への貸出金ならびに売戻し条件付契約に基づき保有する金融資産を含む。
     (4)   無利子資産、無利子負債および減損損失引当金の平均残高は、当該報告期間の期首および期末におけるそれぞれの平均残
       高である。
     (5)   銀行およびその他の金融機関に対する債務は、主に銀行およびその他の金融機関からの預り金および預入金ならびに買戻
       し条件付契約に基づいて売却した金融資産を含む。
     (6)   その他有利子負債は、主に発行済債務証券および中央銀行からの借入金を含む。
                                  66/436








                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      以下の表は、残高および金利の変動による受取利息純額の変動を示したものである。
                                                 (単位:百万人民元)
                                  増加/(減少)要因
                                                   純増/(減)
                                残高           金利
     資産
     顧客への貸出金                            42,711          (12,026)           30,685
     債務証券投資                            31,034            (655)          30,379
     中央銀行預け金                             2,253            87         2,340
     銀行およびその他の金融機関に対する債権                            (10,412)            3,517          (6,895)
     受取利息の増減                            65,586           (9,077)           56,509
     負債
     顧客預金                            18,374          (17,741)             633
     銀行およびその他の金融機関に対する債務                            (2,056)           2,531            475
     その他の有利子負債                            11,991            (416)          11,575
     支払利息の増減                            28,309          (15,626)           12,683
     受取利息純額の増減                            37,277           6,549          43,826
     (注)残高および金利の影響による変動は、残高の変動に配分されている                                  。

     受取利息

      2017  年において、当行の受取利息は713,699百万人民元であり、前年と比較して56,509百万人民元増加した。か
     かる増加は主に、利付資産の平均残高が1,677,620百万人民元増加したことに起因する。
      顧客への貸出金からの受取利息

      顧客への貸出金からの受取利息は、前年から30,685百万人民元(7.5%)増加して441,475百万人民元となった。
     かかる増加は主に、平均残高が1,003,627百万人民元増加したことにに起因する。
      以下の表は、平均残高、受取利息および顧客への貸出金の平均収益率を事業別に示したものである。
                                        (単位:百万人民元、%を除く。)
                         2016  年                  2017  年
                               平均収益率                     平均収益率
         項目        平均残高       受取利息       (%)       平均残高       受取利息       (%)
     法人向け貸出金            5,455,502       250,729         4.60     5,991,265       263,591         4.40
      短期法人向け
      貸出金            2,249,014        96,411        4.29     2,328,333        95,481        4.10
      中長期法人向け
      貸出金            3,206,488       154,318         4.81     3,662,932       168,110         4.59
     割引手形              450,555       14,326        3.18      273,659       9,113        3.33
     個人向け貸出金            3,031,025       134,990         4.45     3,681,674       158,165         4.30
     海外およびその他              433,118       10,745        2.48      427,229       10,606        2.48
     顧客への貸出金総額            9,370,200       410,790         4.38    10,373,827        441,475         4.26
      法人向け貸出金からの受取利息は、前年と比較して12,862百万人民元(5.1%)増加して263,591百万人民元と

     なった。かかる増加は主に、平均残高が535,763百万人民元増加したことに起因するが、平均収益率が20ベーシス
     ポイント低下したことによって一部相殺された。個人向け貸出金からの受取利息は、前年と比較して23,175百万人
     民元(17.2%)増加して158,165百万人民元となった。かかる増加は主に、平均残高が650,649百万人民元増加した
     ことに起因するが、平均収益率が15ベーシスポイント低下したことによって一部相殺された。法人向けおよび個人
     向け貸出金の平均収益率の低下は、主に「事業税から付加価値税への移行」の方針の実施に基づき価格および税を
     分離したことによる貸出金からの受取利息の減少ならびに2014年11月から2015年のPBOCによる連続的な金利の引下
     げの継続的な影響に起因する。
      割引手形からの受取利息は、前年と比較して5,213百万人民元(36.4%)減少して9,113百万人民元となった。か
     かる減少は主に、平均残高が176,896百万人民元減少したことに起因するが、平均収益率が15ベーシスポイント上
     昇したことによって一部相殺された。平均収益率の上昇は主に、前年と比較して手形売買市場の金利が上昇したこ
     とに起因する。
                                  67/436



                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      海外およびその他に対する貸出金からの受取利息は、前年と比較して139百万人民元(1.3%)減少して10,606百
     万人民元となった。かかる減少は主に、平均残高が5,889百万人民元減少したことに起因する。
      債務証券投資からの受取利息

      債務証券投資からの受取利息は、当行の受取利息のうち2番目に大きな構成要素である。2017年における当行の
     債務証券投資からの受取利息は、前年と比較して30,379百万人民元増加して200,475百万人民元となった。かかる
     増加は主に、平均残高が845,966百万人民元増加したことに起因する。
      中央銀行預け金からの受取利息

      中央銀行預け金からの受取利息は、前年と比較して2,340百万人民元増加して41,604百万人民元となった。かか
     る増加は、主に平均残高が141,929百万人民元増加したことによる。
      銀行およびその他の金融機関に対する債権からの受取利息

      銀行およびその他の金融機関に対する債権からの受取利息は、前年と比較して6,895百万人民元減少して30,145
     百万人民元となった。かかる減少は、主に平均残高が313,902百万人民元減少したことに起因するが、平均収益率
     が29ベーシスポイント上昇したことによって一部相殺された。平均収益率の上昇は、主に低い流動性の結果として
     市場金利が引き上げられたことに起因する。
     支払利息

      支払利息は、前年と比較して12,683百万人民元増加して271,769百万人民元となった。かかる増加は、主に平均
     残高が1,668,421百万人民元増加したことに起因する。
      顧客預金に係る支払利息

      顧客預金に係る支払利息は、前年と比較して633百万人民元増加して209,782百万人民元となった。かかる増加
     は、主に平均残高が1,366,338百万人民元増加したことに起因するが、平均費用率が13ベーシスポイント低下した
     ことによって一部相殺された。平均費用率の低下は、主に要求払預金の比率の上昇および定期預金の金利更改によ
     る。
                                  68/436











                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     商品別預金に関する平均費用率の分析
                                        (単位:百万人民元、%を除く。)
                         2016  年                  2017  年
                               平均費用率                     平均費用率
         項目         平均残高       支払利息       (%)       平均残高       支払利息       (%)
     法人預金
     定期             2,119,595        54,861        2.59     2,241,983        54,598        2.44
     要求払             3,562,748        22,064        0.62     4,236,947        26,983        0.64
     小計             5,682,343        76,925        1.35     6,478,930        81,581        1.26
     個人預金
     定期             4,319,228       115,665         2.68     4,413,278       109,000         2.47
     要求払             4,231,888        16,559        0.39     4,707,589        19,201        0.41
     小計             8,551,116       132,224         1.55     9,120,867       128,201         1.41
     顧客預金合計            14,233,459        209,149         1.47    15,599,797        209,782         1.34
      銀行およびその他の金融機関に対する債務に係る支払利息

      銀行およびその他の金融機関に対する債務に係る支払利息は、前年と比較して475百万人民元増加して34,723百
     万人民元となった。かかる増加は主として、平均費用率が18ベーシスポイント上昇したことに起因する。平均費用
     率の増加は、主に低い流動性の結果として市場金利が引き上げられたことに起因する。
      その他の有利子負債に係る支払利息

      その他の有利子負債に係る支払利息は、前年と比較して11,575百万人民元増加して27,264百万人民元となり、こ
     れは主として、平均残高が379,429百万人民元増加したことに起因する。平均残高の増加は、主にレンディング・
     ファシリティを通したPBOCからの当行の定期的な借入金ならびに当行の海外支店によるミディアムターム・ノート
     および預金証書の発行に起因する。
     受取報酬および手数料純額

      2017  年において、当行の受取報酬および手数料純額は、前年と比較して18,032百万人民元(19.8%)減少して
     72,903百万人民元となった。
     受取報酬および手数料純額の構成

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                                            増加/
            項目             2016  年       2017  年       (減少)         成長率(%)
     決済および清算手数料                     16,715         11,113         (5,602)          -33.5
     コンサルタントおよびアドバイ
     ザリー報酬                     9,050         8,358          (692)          -7.6
     代理人手数料                     39,377         22,773         (16,604)           -42.2
     銀行カード手数料                     20,108         22,699          2,591          12.9
     電子バンキングサービス手数料                     9,993         14,595          4,602          46.1
     信用コミットメント手数料                     2,263         2,094          (169)          -7.5
     保管およびその他の信託サービ
     スの報酬                     3,119         3,368          249          8.0
     その他                      194         257          63         32.5
     受取報酬および手数料                    100,819          85,257         (15,562)           -15.4
     控除:支払報酬および手数料                     9,884         12,354          2,470          25.0
     受取報酬および手数料純額                     90,935         72,903         (18,032)           -19.8
      決済および清算手数料は、前年と比較して5,602百万人民元(33.5%)減少して11,113百万人民元となった。か

     かる減少は、主に金融サービス手数料に関する政府の方針に応じて特定のサービス手数料を削減または免除したこ
     とに起因する。
                                  69/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      コンサルタントおよびアドバイザリー報酬は、前年と比較して692百万人民元(7.6%)減少して8,358百万人民
     元となった。かかる減少は、主に法人顧客に対するさらなる報酬の減額および免除に起因する。
      代理人手数料は、前年と比較して16,604百万人民元(42.2%)減少して22,773百万人民元となった。かかる減少
     は、主に2016年末にMOFの代理による資産処分事業が終了したことに起因する。
      銀行カード手数料は、前年と比較して2,591百万人民元(12.9%)増加して22,699百万人民元となった。かかる
     増加は、主にクレジットカードの導入業務および事業獲得からの収益が増加したことに起因する。
      電子バンキングサービス手数料は、前年と比較して4,602百万人民元(46.1%)増加して14,595百万人民元と
     なった。かかる増加は、主に電子商取引バンキング・サービスによる収益の急速な成長に起因する。
      信用コミットメント手数料は、前年と比較して169百万人民元(7.5%)減少して2,094百万人民元となった。か
     かる減少は、主に負債に係る特定の保証およびコミットメントフィーの取消しに起因する。
      保管およびその他の信託サービスの報酬は、前年と比較して249百万人民元(8.0%)増加して3,368百万人民元
     となった。かかる増加は主に、保管資産の増加に起因する。
     その他の無利子収益

      2017  年において、その他の無利子収益は、前年と比較して6,976百万人民元増加して28,065百万人民元に達し
     た。
      トレーディング業務損益純額は、前年と比較して14,286百万人民元減少して-8,829百万人民元に達した。かかる
     減少は主に、デリバティブ金融商品への投資からの収益が減少したことに起因する。
      純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定された金融商品に係る損失純額は、前年と比較して1,953百
     万人民元増加して3,244百万人民元であった。かかる増加は主として、主要な保証付ウェルス・マネジメント商品
     の損失純額が増加したことに起因する。
      投資債券に係る利得純額は、前年と比較して784百万人民元減少して136百万人民元であった。かかる減少は主と
     して、前年と比較して国内のその他の債権への投資による利益が減少したことに起因する。
      その他の営業収益は、前年と比較して23,999百万人民元増加して40,002百万人民元となった。かかる増加は主と
     して、外国為替純差益の増加および当行の子会社である農銀人寿保険股                                     份 有限公司の受取保険料が増加したことに
     起因する。
     その他の無利子収益の主な内訳

                                               (単位:百万人民元)
                項目                   2016  年             2017  年
     トレーディング業務損益純額                                   5,457              (8,829)
     純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定
     された金融商品に係る損失純額                                  (1,291)               (3,244)
     投資有価証券に係る利得純額                                    920               136
     その他の営業収益                                  16,003               40,002
     合計                                  21,089               28,065
     営業費用

      2017  年において、営業費用は前年から8,219百万人民元増加して、205,268百万人民元となった。経費率は、前年
     と比較して1.63パーセント・ポイント低下して、32.96%であった。
      人件費は、前年に対して2,303百万人民元(2.1%)増加して、113,839百万人民元となった。かかる増加は主と
     して、市場状況および事業の業績を踏まえた人件費の増加ならびに社会保険およびその他費用の増加に起因する。
      一般営業管理費は、前年と比較して584百万人民元(1.3%)増加して45,024百万人民元となった。かかる増加は
     主として、当行の事業規模拡大および重要な事業への投資の増加に起因する。
      保険金および保険金の支払いは、前年から11,341百万人民元(101.2%)増加して22,552百万人民元となった。
     これは主として、保険事業が拡大したことに起因する。
                                  70/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      減価償却費および償却費は、前年から758百万人民元(4.0%)減少して18,279百万人民元となった。これは主と
     して、固定資産における当行の支出を厳重に管理したことおよび減価償却費の削減のため遊休固定資産の処分に尽
     力したことに起因する。
     営業費用の内訳

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                                            増加/
             項目
                         2016  年        2017  年       (減少)        成長率(%)
     人件費                     111,536          113,839          2,303           2.1
     一般営業管理費                     44,440          45,024           584          1.3
     保険金および保険金の支払い                     11,211          22,552         11,341          101.2
     減価償却費および償却費                     19,037          18,279          (758)          -4.0
     税および付加税                     11,449          4,953        (6,496)          -56.7
     保証およびコミットメント引当金                     (3,474)          (2,985)           489        -14.1
     その他                      2,850          3,606          756         26.5
     合計                     197,049          205,268          8,219           4.2
                                  71/436















                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     資産に係る減損損失引当金
      2017  年において、当行の資産に係る減損損失引当金は、前年と比較して11,720百万人民元増加して98,166百万人
     民元となった。
      貸出金に係る減損損失引当金は、前年と比較して13,936百万人民元増加して92,864百万人民元となった。
     所得税費用

      2017  年において、当行の法人所得税費用は前年と比較して3,781百万人民元(8.9%)増加して46,345百万人民元
     に達した。実効税率は19.35%であり、法定税率よりも低かった。これは主として、当行の所有する中華人民共和
     国国債および地方債による受取利息が関連する税法により企業所得税から免除されたことに起因する。
     セグメント報告

      当行は、セグメント報告に基づき、当行の業績評価および資源分配に関する決定を行っていた。セグメント情報
     は、内部管理および内部報告と同一の方法で示されている。現在、当行は事業ライン、地理的地域および県域銀行
     業務に沿って当行のセグメントを管理している。
      以下の表は、表示された期間中の当行の事業別営業収益を示したものである。
                                          (単位:百万人民元、%を除く。)
                              2016  年                 2017  年
             項目
                          残高        割合(%)           残高        割合(%)
     法人向け銀行業務                     241,764           47.4        249,333           45.9
     個人向け銀行業務                     194,215           38.1        205,930           37.9
     資金運用業務                     56,317           11.0        56,590           10.5
     その他の業務                     17,832           3.5        31,045           5.7
     営業収益合計                     510,128           100.0        542,898           100.0
      以下の表は、表示された期間中の当行の地域別営業収益を示したものである。

                                          (単位:百万人民元、%を除く。)
                              2016  年                2017  年
             項目
                           残高       割合(%)           残高       割合(%)
     本店                      46,873           9.2       21,973           4.0
     長江デルタ                      97,206          19.1       108,026           19.9
     珠江デルタ                      67,944          13.3       73,544           13.5
     環渤海                      76,065          14.9       82,172           15.1
     中国中部                      69,579          13.6       79,503           14.6
     中国西部                     109,500           21.5       120,504           22.2
     中国東北部                      21,693           4.2       21,245           3.9
     海外およびその他                      21,268           4.2       35,931           6.8
     営業収益合計                     510,128          100.0       542,898           100.0
     (注)   地域セグメント       の定義については、         「第6-1      財務書類-連結財務書類に対する注記-Ⅳ-44」                       を参照のこと。

      以下の表は、表示された期間中の県域銀行業務および都市部銀行業務による営業収益を示したものである。

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                              2016  年                2017  年
             項目              残高       割合(%)           残高       割合(%)
     県域銀行業務                     194,311           38.1       211,600           39.0
     都市部銀行業務                     315,817           61.9       331,298           61.0
     営業収益合計                     510,128          100.0        542,898          100.0
                                  72/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      (b)     貸借対照表分析
     資産
      2017年12月31日現在、当行の総資産は、前年末から1,483,321百万人民元(7.6%)増加して、21,053,382百万人
     民元に達した。顧客への貸出金(純額)は996,947百万人民元(10.7%)増加した。投資有価証券およびその他の
     金融資産(純額)は819,208百万人民元(15.4%)増加した。現金および中央銀行預け金は、84,966百万人民元
     (3.0%)増加した。銀行およびその他の金融機関への預け金および貸出金は、568,100百万人民元(47.2%)減少
     したが、これは主として銀行およびその他の金融機関への共同組合預け金の減少に起因する。売戻し条件付契約に
     基づき保有する金融資産は、217,335百万人民元(67.3%)増加した。これは主として、売戻し条件付契約に基づ
     き保有する債権の増加に起因する。
     主要な資産項目

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目              残高       割合(%)           残高       割合(%)
     顧客  への  貸出金   総額             9,719,639              -    10,720,611              -
      控除:貸出金に対する減損損失引
      当金                     400,275             -     404,300             -
     顧客への貸出金(純額)                    9,319,364            47.6     10,316,311             49.0
     投資有価証券およびその他の金融資
     産(純額)                    5,333,535            27.3      6,152,743            29.2
     現金および中央銀行預け金                    2,811,653            14.4      2,896,619            13.8
     銀行およびその他の金融機関への預
     け金および貸出金                    1,203,614             6.2      635,514            3.0
     売戻し条件付契約に基づき保有する
     金融資産                     323,051            1.7      540,386            2.6
     その他                     578,844            2.8      511,809            2.4
     資産合計                    19,570,061            100.0      21,053,382            100.0
      顧客への貸出金

      2017年12月31日現在、当行の顧客への貸出金総額は10,720,611百万人民元に達し、前年末から1,000,972百万人
     民元(10.3%)増加した。
     顧客への貸出金の事業内容別内訳

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目
                           残高       割合(%)          残高       割合(%)
     国内支店による貸出金                    9,279,077            95.5     10,335,359            96.4
      法人向け貸出金                    5,368,250            55.2      6,147,584            57.4
      割引手形                     569,948           5.9      187,502           1.7
      個人向け貸出金                    3,340,879            34.4      4,000,273            37.3
     海外およびその他                     440,562           4.5      385,252           3.6
     合計                    9,719,639           100.0      10,720,611            100.0
      法人向け貸出金は、前年末から779,334百万人民元(14.5%)増加して、6,147,584百万人民元となった。これは

     主として、当行が積極的に供給側の構造改革に取り組んだことならびに貧困地区の再建、都市部のインフラ構築、
     運搬施設および戦略的新産業等の分野へのクレジット・サポートを増加させたことに起因する。
      個人向け貸出金は、前年末から659,394百万人民元(19.7%)増加して、4,000,273百万人民元となった。これは
     主として、当行が個人向け住宅ローンおよび個人向けの総合消費者金融等の人々の生活に関連する借入需要を積極
     的に支援したことにより、個人向け貸付金が急速に成長したことに起因する。
      割引手形は、前年と比較して382,446百万人民元(67.1%)減少して、187,502百万人民元となった。かかる減少
     は主として、当行が実際の経済の借入需要を優先させるため、信用構造の調整および金融手形の削減を行ったこと
     に起因する。
                                  73/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      海外およびその他に対する貸出金は、前年末と比較して55,310百万人民元(12.6%)減少して、385,252百万人
     民元となった。これは主として特定の海外支店が貿易金融事業の規模を縮小したことに起因する。
     法人向け貸出金の期間別内訳

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目
                           残高       割合(%)          残高       割合(%)
     短期法人向け貸出金                    2,169,949            40.4      2,311,991            37.6
     中長期法人向け貸出         金           3,198,301            59.6      3,835,593            62.4
     合計                    5,368,250           100.0      6,147,584           100.0
      短期法人向け貸出金は、142,042百万人民元(6.5%)増加した。中長期法人向け貸出金は、637,292百万人民元

     (19.9%)増加した。短期法人向けおよび中長期法人向け貸出金が法人向け貸出金合計に占める割合は前年末と比
     較して2.8パーセント・ポイント上昇し、62.4%となった。
     法人向け貸出金の産業別内訳

                                          (単位:百万人民元、%を除く。)
                            2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目
                           残高        割合(%)           残高        割合(%)
     製造業                    1,225,322            22.8      1,241,537            20.2
     電力、熱力、ガスおよび水道                     660,361           12.3       801,355           13.1
         (1)
     不動産業
                          449,687            8.4      513,512            8.4
     運輸、物流および郵便業                    1,006,903            18.8      1,223,618            19.9
     卸売および小売                     404,172            7.5      356,353            5.8
     治水、環境マネジメントおよび公共
     事業管理                     236,880            4.4      367,775            6.0
     建設業                     181,634            3.4      223,058            3.6
     鉱業                     230,098            4.3      224,098            3.6
     リース業および商業サービス業                     552,447           10.3       797,744           13.0
     融資業                     179,338            3.3      137,590            2.2
     情報伝送、ソフトウェアおよびIT
     サービス                      23,804           0.4       45,054           0.7
        (2)
     その他
                          217,604            4.1      215,890            3.5
     合計                    5,368,250            100.0      6,147,584            100.0
     (1)    上記の表中の貸出金の分類は、借入人の従事する産業を基準としている。不動産業に対する貸出金には、不動産業に主に

       従事する企業の不動産プロジェクトの開発に対する貸出金、運用資産に対する抵当貸出および不動産業界における企業に
       対するその他の非不動産貸出金が含まれる。
     (2)   その他には主として、農業、林業、畜産、漁業、教育、ホテルおよび外食産業が含まれる。
      2017年において、当行は、産業の徹底的なリサーチおよび的を絞った監督のさらなる強化を行った。当行は、火

     力、繊維製品、風力、紙、コーキング、教育および医療ならびに健康産業に関連する業界固有の信用政策を変更し
     た。当行は、戦略的な新興産業に関する信用政策のガイドラインを考案することによって経済成長の新たな原動力
     の発展を支援する。かかるガイドラインは、当行が積極的かつ選択的に支援する側面および方向性を明記してい
     る。また当行は、生産能力過剰の産業に対する管理を強化し続け、かかる産業の信用エクスポージャーをさらに削
     減した。
      2017年12月31日現在、当行の法人借り主の5つの主要産業は(1)製造業、(2)運輸、物流および郵便業、(3)電力、
     熱力、ガスおよび水道、(4)リース業および商業サービス業ならびに(5)不動産業が含まれる。これら5つの主要産
     業向け貸出金の総額は、当行の法人向け貸出金総額の74.6%を占め、前年末から2パーセント・ポイント上昇し
     た。当行の法人向け貸出金合計における割合が最も増加した産業は、リース業および商業サービス業であった。一
     方、製造業は当行の法人向け貸出金合計における割合が最も減少した。
                                  74/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     個人向け貸出金の商品種類別内訳
                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目
                           残高       割合(%)           残高       割合(%)
     住宅ローン                    2,558,116            76.6      3,133,474            78.4
     個人消費者ローン                     119,088            3.6      137,525            3.4
     個人事業ローン                     228,214            6.8      204,681            5.1
     クレジットカード残高                     242,451            7.3      317,547            7.9
     農村世帯向け貸出金                     191,786            5.7      206,044            5.2
     その他                      1,224            -      1,002            -
     合計                    3,340,879            100.0      4,000,273            100.0
      2017年12月31日現在、住宅ローンは前年末から575,358百万人民元(22.5%)増加して、3,133,474百万人民元と

     なった。これは主として、当行が、不動産産業に対し国家のマクロ管理政策を積極的に実施し、非投資目的の住宅
     地の購入を支持したことによる。
      個人消費者ローンは、前年末から18,437百万人民元(15.5%)増加し、137,525百万人民元となった。かかる増
     加は主として、「インターネット・クイック・ローン」および「セルフヘルプ・プレッジ・ローン」等の短期およ
     び中期インターネット消費者ローンの急速な成長に起因する。
      個人事業ローンは、前年末から23,533百万人民元(10.3%)減少し、204,681百万人民元となった。かかる減少
     は主に、個人向け信用市場における変化に応じて、個人向け信用事業構造の調整に当行が尽力したことに起因す
     る。
      クレジットカード残高は、前年末から75,096百万人民元(31.0%)増加して、317,547百万人民元となった。こ
     れは主として、クレジットカードの発行数およびクレジットカードの取引数が増加したことに起因する。
      農村世帯向け貸出金は、前年末から14,258百万人民元(7.4%)増加して、206,044百万人民元となった。これは
     主として、当行が、新規農業ビジネス団体への支援を強化したことによる。
     貸出金の地域別内訳

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目
                           残高       割合(%)           残高       割合(%)
     本店                     279,762           2.9       246,197           2.3
     長江デルタ                    2,170,468            22.3      2,415,289            22.5
     珠江デルタ                    1,466,397            15.1      1,635,306            15.2
     環渤海                    1,500,014            15.4      1,682,564            15.7
     中国中部                    1,309,273            13.5      1,519,322            14.2
     中国東北部                     394,896           4.1       428,538           4.0
     中国西部                    2,158,267            22.2      2,408,143            22.5
     海外およびその他                     440,562           4.5       385,252           3.6
     合計                    9,719,639           100.0      10,720,611            100.0
      当該報告期間において、当行は、さらに地理的地域による信用資源の分配を最適化した。当行は、地域別貸出金

     の公平な発達を促進するため、中国中西部および中国北東部への産業移転を支援することならびに中国中西部のイ
     ンフラ計画への投資をすることに重点を置き、戦略的信用資源を自由貿易地帯ならびに「一帯一路イニシアティ
     ブ」および「北京・天津・河北地域の協同的開発」および長江経済ベルトの共同開発のような国家開発戦略と関係
     のある主要な地域の支店へ分配した。
      投資

      2017年12月31日現在、投資有価証券およびその他の金融資産の純額は、前年末から819,208百万人民元
     (15.4%)増加して、6,152,743百万人民元となった。
                                  75/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     投資の金融商品種類別内訳
                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目
                           残高       割合(%)           残高       割合(%)
     非改革関連債務証券                    4,789,697            89.8      5,490,804            89.2
     改革関連債務証券                     365,323            6.9      367,314            6.0
     資本性金融商品                      12,954           0.2       19,025           0.3
        (1)
     その他
                          165,561            3.1      275,600            4.5
     合計                    5,333,535            100.0      6,152,743            100.0
     (1)   主に、ウェルス・マネジメント商品の発行から得られた手取金の投資により生じた財産を含む。

      2017年12月31日現在、非改革関連債務証券投資は、前年末から701,107百万人民元増加した。かかる増加は主と

     して、2017年に債務証券の市場利回りが大幅な上昇傾向にあった数回の機会に、当行が高利回りの債務証券への投
     資を増やすため、研究および市場傾向をつかむための取組みを強化したことにより当行の債務証券投資の規模が拡
     大したことに起因する。
     非改革関連債務証券投資の発行者別内訳

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目              残高       割合(%)          残高       割合(%)
     国債                    1,927,598            40.3      2,485,220            45.3
     政策銀行により発行された債券                    1,442,999            30.1      1,526,936            27.8
     その他の銀行および金融機関により
     発行された債券                     814,571           17.0       889,472           16.2
     公共機関および準政府機関により発
     行された債券                     174,025           3.6      188,414           3.4
     社債                     430,504           9.0      400,762           7.3
     合計                    4,789,697           100.0      5,490,804           100.0
      2017年において、当行は、国内および海外のマクロ経済的環境の徹底的な分析、債券市場の変化の入念な監視、

     投資ペースの制御、リスク統制の強化および当行の地方債への投資の適度な増加を行った。
     非改革関連債務証券          投資  の残存期間別内訳

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
            残存期間
                           残高       割合(%)          残高       割合(%)
     延滞                         –         -         -         -
     3 ヶ月未満                     279,454           5.8      489,001           8.9
     3 ヶ月以上12ヶ月未満                     695,366           14.5       515,278           9.4
     1 年以上   5 年以内                2,296,876            48.0      2,815,757            51.3
     5 年超                    1,518,001            31.7      1,670,768            30.4
     合計                    4,789,697           100.0      5,490,804           100.0
      2017年において、債券市場の収益率の変化を受け、また収益率および満期の平衡の原理に基づき、当行は投資

     ポートフォリオの満期の構造を適切に調整した。当行は中期および長期債務証券への投資を適度に増加させた一方
     で、2017年に債権の収益率が相対的に高まった際には、短期債券への当行の投資を柔軟に調整した。
                                  76/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     非改革関連債務証券          投資  の通貨別内訳
                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目
                           残高       割合(%)          残高       割合(%)
     人民元                    4,546,871            94.9      5,233,831            95.3
     米ドル                     191,831           4.0      190,976           3.5
     その他の外貨                      50,995           1.1       65,997           1.2
     合計                    4,789,697           100.0      5,490,804           100.0
      2017年において、当行の非改革関連債務証券投資は主に人民元建てであった。その一方で、当行は国内および海

     外の債券市場の動向を考慮して、ソブリン団体および非ソブリン団体により発行された米ドル建およびその他の外
     貨建の債務証券へ適切な投資を行うことにより、当行の投資ポートフォリオの通貨構造を最適化した。
     投資の保有目的別内訳

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目              残高       割合(%)          残高       割合(%)
     純損益を通じて公正価値で測定され
          (1)
     る金融資産
                          417,955           7.8      577,965           9.4
     売却可能金融資産                    1,408,881            26.5      1,426,420            23.2
     満期保有    投資                2,882,152            54.0      3,489,135            56.7
     債権として分類される債務証券                     624,547           11.7       659,223           10.7
     合計                    5,333,535           100.0      6,152,743           100.0
     (1)   トレーディング目的保有金融資産および純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定された金融資産を含む。

      金融債券投資

      金融債券とは、政策銀行、商業銀行およびその他の金融機関により発行され、あらかじめ決められた予定に従っ
     て元金および利息が償還される債務証券をいう。2017年12月31日現在、当行が保持する金融債券の残高は
     2,416,408百万人民元であり、これには、中華人民共和国の政策銀行により発行された1,526,936百万人民元の債券
     ならびに商業銀行およびその他の金融機関により発行された889,472百万人民元の債券が含まれる。
      以下の表は、2017年12月31日現在の当行が保有する額面価格上位10位の金融債券を示したものである。
                                          (単位:百万人民元、%を除く。)

                                                          (1)
                                                      引当金
           社債         公正価値            年間利率               満期日
     2 017  年政策銀行債券             29,446                3.85  %    2027  年1月6日             -
     2 017  年政策銀行債券             25,502                3.83  %    2024  年1月6日             -
     2017  年政策銀行債券             20,675                4.11  %    2027  年3月20日             -
     2 017  年政策銀行債券             19,214                4.13  %    2022  年4月21日             -
     2014  年政策銀行債券             18,248                5.44  %    2019  年4月8日             -
     2016  年政策銀行債券             17,855                2.65  %    2019  年10月20日             -
     2017  年政策銀行債券             17,660                3.70  %    2022  年1月6日             -
     2 015  年政策銀行債券             16,412                3.97  %    2025  年2月27日             -
     2 016  年政策銀行債券             14,864                3.43  %    2021  年12月8日             -
     2017  年政策銀行債券             14,788                3.54  %    2020  年1月6日             -
     (1)   上記の表中の引当金とは、個別評価引当金を指すものであり、一括評価引当金は含まれない。

                                  77/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     負債
      2017年12月31日現在、当行の負債総額は、前年末から1,375,515百万人民元(7.5%)増加して、19,623,985百万
     人民元となった。顧客預金は1,156,278百万人民元(7.7%)増加した。銀行およびその他の金融機関からの預り金
     および預入金は203,274百万人民元(13.9%)減少した。買戻し条件付契約に基づいて売却した金融資産は113,957
     百万人民元(55.4%)増加した。これは主として、現先取引で販売された債務証券の増加に起因する。発行済債券
     は86,802百万人民元(22.4%)増加した。これには、2017年に発行された40,000百万人民元のTier2資本債権が含
     まれている。
     主要な負債項目

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目              残高       割合(%)          残高       割合(%)
     顧客預金                    15,038,001            82.4     16,194,279            82.5
     銀行およびその他の金融機関からの
     預り金および預入金                    1,458,065            8.0     1,254,791            6.4
     買戻し条件付契約に基づいて売却し
     た金融資産                     205,832           1.1      319,789           1.6
     発行済債務証券                     388,215           2.1      475,017           2.4
     純損益を通じて公正価値で測定する
     金融資産                     301,170           1.7      391,772           2.0
     その他の負債                     857,187           4.7      988,337           5.1
     負債合計                    18,248,470            100.0      19,623,985            100.0
      顧客預金

      2017年12月31日現在、顧客預金残高は前年末から1,156,278百万人民元(7.7%)増加して、16,194,279百万人民
     元となった。預金構造上では、法人預金の割合は前年末から1.5パーセント・ポイント低下し、57.1%となった。
     満期預金では、要求払の割合は前年末から2.4パーセント・ポイント上昇して58.3%となった。
     顧客預金の事業ライン別内訳

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目
                           残高       割合(%)          残高       割合(%)
     国内預金                    14,937,670            99.3     16,118,044            99.5
      法人預金                   5,599,743            37.2      6,379,447            39.4
       定期                    1,707,628            11.4      1,836,635            11.3
       要求払                  3,892,115            25.8      4,542,812            28.1
      個人預金                   8,815,148            58.6      9,246,510            57.1
       定期                    4,279,398            28.5      4,351,017            26.9
       要求払                  4,535,750            30.1      4,895,493            30.2
            (1)
      その他の預金
                          522,779           3.5      492,087           3.0
     海外およびその他                     100,331           0.7       76,235           0.5
     合計                    15,038,001            100.0      16,194,279            100.0
     (1)   預り証拠金、支払送金および仕向送金を含む。

                                  78/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     顧客預金の地域別内訳
                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目
                           残高       割合(%)          残高       割合(%)
     本店                      82,577           0.5       72,960           0.5
     長江デルタ                    3,309,192            22.0      3,612,588            22.3
     珠江デルタ                    2,100,051            14.0      2,250,015            13.9
     環渤海                    2,681,161            17.8      2,870,864            17.7
     中部                    2,536,899            16.9      2,759,875            17.0
     中国東北部                     773,462           5.1      792,119           4.9
     中国西部                    3,454,328            23.0      3,759,623            23.2
     海外およびその他                     100,331           0.7       76,235           0.5
     合計                    15,038,001            100.0      16,194,279            100.0
     顧客預金の残存期間別内訳

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目              残高       割合(%)          残高       割合(%)
     要求払                    9,007,828            59.9     10,030,752            61.9
     3ヶ月未満                    1,685,789            11.2      1,785,447            11.0
     3 ヶ月以上12ヶ月未満                    2,637,833            17.6      2,551,584            15.8
     1 年以上   5 年以内                1,705,965            11.3      1,826,342            11.3
     5 年超                       586          -       154          -
     合計                    15,038,001            100.0      16,194,279            100.0
     株主資本

      2017年12月31日現在、株主資本は合計1,429,397百万人民元となった。そのうち、普通株式は324,794百万人民
     元、優先株式は79,899百万人民元、資本準備金は98,773百万人民元、投資再評価準備金は-19,690百万人民元、利
     益準備金は134,348百万人民元、一般および法定準備金は230,750百万人民元、利益剰余金は577,573百万人民元で
     あった。普通株式1株当たり純資産は、前年末より0.34人民元増加し、4.15人民元であった。
      以下の表は、表示日現在の株主資本の内訳を示したものである。
                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目
                           残高       割合(%)          残高       割合(%)
     普通株式                     324,794           24.6       324,794           22.7
     優先株式                      79,899           6.0       79,899           5.6
     資本準備金                      98,773           7.5       98,773           7.0
     投資再評価準備金                      3,578          0.3      (19,690)           (1.4)
     利益準備金                     115,136           8.7      134,348           9.4
     一般および法定準備金                     198,305           15.0       230,750           16.1
     利益剰余金                     496,083           37.5       577,573           40.4
     為替換算準備金                      1,625          0.1        (32)           –
     非支配持分                      3,398          0.3        2,982          0.2
     資本合計                    1,321,591           100.0      1,429,397           100.0
                                  79/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     オフバランス項目
      当行のオフバランス項目とは、主として、デリバティブ金融商品、偶発負債および義務が含まれる。当行は、取
     引、資産および負債管理ならびに顧客を代理した事業のために為替に関するデリバティブ取引、金利および貴金属
     関連のデリバティブ取引の取扱いを始めた。当行の偶発負債および義務は、信用コミットメント、設備投資コミッ
     トメント、オペレーティング・リースおよびファイナンス・リース債務、債券の引受けおよび償還義務、住宅およ
     び担保資産、訴訟手続ならびにその他の偶発事象を含む。信用コミットメントは、オフバランス項目の主要な構成
     要素であり、貸出コミットメント、銀行引受手形、保証および保証状、信用状、ならびにクレジットカード・コ
     ミットメントからなる。
     信用コミットメントの内訳

                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年12月31日現在                2017  年12月31日現在
             項目
                          残高       割合(%)          残高       割合(%)
     貸出コミットメント                     588,401           36.0       727,562           41.6
     銀行  引受手形                   312,255           19.1       233,788           13.4
     保証および保証状                     229,177           14.0       220,826           12.6
     信用状                     181,284           11.1       140,034           8.0
     クレジットカード・コミットメント                     323,217           19.8       426,668           24.4
     合計                    1,634,334           100.0      1,748,878           100.0
      (c)     その他の財務情報

     会計方針の変更
      当該報告期間において、会計方針の大きな変更はなかった。
     IFRS  に従って作成された財務書類およびCASに従って作成された財務書類の相違

      純利益または株主資本に関して、IFRSに従って作成された連結財務書類および当行が作成したCASに従って作成
     された対応する数値に相違はなかった。
     (2)   事業の概況

      (a) 法人向け銀行業務
      2017年、当行は、実体経済に積極的に貢献し、法人向け銀行業務の変革を促進し、総合的な金融サービス力を引
     き続き向上させた。
      当行は、北京・天津・河北地域、長江経済ベルトおよび広東・香港・マカオ地域の調和的発展に関し、「一帯一
     路イニシアティブ」および主要な地域戦略を引き続き支援した。当行は、「第13次5ヶ年計画」に基づく165の主要
     プロジェクトおよびPPPプロジェクトの支援に注力しながら、雄安新区の構築に積極的に関与した。当行は、混合
     所有改革にあたり国有企業に総合的な金融サービスを提供するために、マーケティングキャンペーンを開始し、
     168の国有企業にサービスソリューションを提供した。当行は、新事業を発展させ、経済発展の新たな原動力を育
     てるためのサービスを積極的に提供した。当行は、戦略的新興産業、高度製造業およびグリーン・ファイナンスの
     分野における新たな金融サービスモデルを模索することにより、「ユニコーン」企業の開拓において競合会社の牽
     引に努めた。当行は、中国企業の「走出去」を支援し、「一帯一路イニシアティブ」に基づく主要顧客および主要
     プロジェクトに金融サービスを提供した。これにより、当行は多くの国外買収のマーケティングに成功した。当行
     は、国民生活に積極的に貢献するため、住宅の賃貸および販売に関連する総合的な金融サービスの提供を通じて、
     貧民街の再建、旧市街の修復および政府助成の住宅プロジェクトの建設をさらに強化した。当行は、法人向け金融
     商品の刷新のための努力を強化し、債券関連商品、サプライ・チェーン融資および携帯電話決済の分野におけるオ
     ンラインマーケティングを引き続き向上させた。当行は、「金融+技術」の徹底した統合を促進するための、法人
     顧客向けのマーケティングおよび管理システム(CMM)の導入に成功した。
      2017年12月末現在、当行の法人向け銀行業務の顧客は4.1227百万であり、このうち56.6千の顧客が貸出残高を有
     していた。
                                  80/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     法人向け貸出金および預金業務
      当該報告期間において、当行は、当行内の資金利用効率を高めるため、法人顧客に対する当行商品の組み合わせ
     販売を引き続き促進した。商品の研究開発を加速し、譲渡性預金および「活利豊」等の高精度の預金商品を利用す
     ることにより、当行商品の市場における競争力が高まり、法人預金は安定的な増加を維持した。2017年12月31日現
     在、国内法人預金残高は6,379,447百万人民元であったが、これは前年度末と比較して779,704百万人民元
     (13.9%)の増加であった。
      当行は、主なマーケティング・プロジェクトのための金融支援および準備金を増加させた。当行は、インフラ建
     設、伝統的産業の発展ならびに高度製造業および新経済における多数の主要プロジェクトに融資を行ったが、これ
     は良好な経済的利益および広範な社会的影響をもたらした。2017年12月31日現在、国内における法人向け貸出金お
     よび割引手形の残高は6,335,086百万人民元となったが、これは前年度末と比較して396,888百万人民元(6.7%)
     の増加であった。当行の主なマーケティング・プロジェクトのプールには8,423件のプロジェクトが含まれていた
     が、これは前年度末と比較して2,612件の増加であった。2017年において、これらの主なマーケティング・プロ
     ジェクトに対する新規貸出金は567,831百万人民元であったが、これは前年と比較して208,075百万人民元の増加で
     あった。
      当行は、法人向け不動産事業の健全な成長を促すために、引き続き顧客、地域および商品に関する事業構成を最
     適化し、融資後の管理を改善した。これにより、当行は、一線都市および経済が発展しているかまたは地域集約効
     果の恩恵を顕著に受ける二線都市への貸出を主に行った。さらに、当行は、三大経済ベルトの中心都市および地域
     ならびに中国中部および西部の地方都市に選択的に貸出を行ったが、一方で合理的でない需給率を有する三線都市
     および四線都市に対する貸出を厳しく統制した。当行は、価格設定が合理的で市場の需要が多い中小規模のマン
     ションおよび中心地区に位置する貧民街の再建プロジェクトを優先的に支援したが、一方で低密度の最高級住宅、
     商業用不動産および運用資産に関連するプロジェクトに対する貸出を厳しく制限した。不動産の賃貸および販売の
     双方を促進する住宅システムの構築を加速するという中国政府の要請に従い、当行は、人口流入のある大都市およ
     び中都市における賃貸住宅事業の発展を積極的に支援した。2017年末現在、法人顧客に対する不動産貸出金の残高
     は238,071百万人民元となったが、これは前年度末と比較して4,545百万人民元の増加であった。貧民街の再建のた
     めの貸出金の残高は327,122百万人民元であったが、これは前年度末と比較して177,485百万人民元の増加であっ
     た。
     機関向け銀行業務

      2017年末現在、銀行間の提携範囲の拡大により、当行が提携する中国の銀行数は187に達した。当行はまた、100
     社の証券会社に対し第三者預託サービスを提供しており、契約顧客数は36.71百万に達し、預託された1日当たりの
     平均資金残高は165.5十億人民元に上った。銀行業務における先物企業との提携が深まるにつれ、提携先物企業数
     は153社に達し、先物預託の預託金額は24.4十億人民元に上った。政府系顧客に提供するサービスがより強化され
     たため、中央政府のための代理金融事業は、合計118.3十億人民元となった。バンカシュアランス市場における当
     行の影響力は拡大を続け、2017年末現在、当行は代理保険事業につき95社の保険会社と提携している。新規保険料
     は182,868百万人民元に達し、バンカシュアランス事業からのサービス収益は7,507百万人民元であったが、これは
     保険料およびサービス収益の双方において中国の4大銀行中1位であった。
     取引銀行業務

      報告期間中、当行は、取引銀行業務の発展を効率的に進めるため、取引銀行業務システムの構築を加速させた
     が、これは当行の決済口座に基づくものであり、主として現金管理事業およびサプライ・チェーン融資を含んでい
     る。
      「口座の増加と品質の向上」という構想を促進するため、当行は、決済商品の機能を刷新し、各種の電子チャネ
     ルを最大限に利用したマーケティングキャンペーンを行った。2017年末現在、当行の人民元建法人決済口座数は
     5.041百万であったが、これは前年度末と比較して7.0%の増加であった。
      当行は、現金管理商品の刷新を引き続き促進し、代理銀行間取立および相互保証支払等の新たな取立および支払
     新商品の導入に成功した。当行は、決済事業および資本配分の管理を改善するため、国内外において現金管理事業
     の総合的な管理の強化を継続した。2017年末現在、有効な現金管理顧客数は2.112百万であったが、これは前年末
     と比較して32.5%の増加であった。
      2017年、当行は、「陶朱賞2016-2017」において最も革新的な財務ソリューション賞および最優秀資金調達ソ
     リューション賞を授与された。
                                  81/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     投資銀行業務
      当該報告期間において、当行は、投資銀行業務における包括的なサービス能力の向上に注力した。当行は、投資
     銀行業務の「融資+人材+信用」を特徴とする良質なサービスへ向けた転換を促進するために、債券の引受け、資
     産証券化、産業ファンド、デットファイナンス計画、シンジケーション融資、吸収合併およびエクイティ・ファイ
     ナンスを含む7つの主要な商品ラインを確立した。供給側の構造改革および主要な国家開発戦略を積極的に支援す
     るために、当行は、北京・天津・河北地域の協同的開発「一帯一路イニシアティブ」、長江経済ベルト、三農およ
     び雄安新区等のための複数の投資銀行サービス計画を立てた。
      報告期間中、当行は2017年において276の債券のトランシェを引き受け、これによる手取金は301.8十億人民元で
     あった。当行は、中国西部の複数の県域における「一帯一路イニシアティブ」のための建設債および貧困削減のた
                                                       (1)
     めのミディアムターム・ノート等の新たな種類の債券の発行に成功した。当行はまた、「債券通」                                                     に基づき、
     支払手続を完了させる初のデットファイナンス金融商品の発行に成功した。
      報告期間中、当行は、「緑水青山」信用資産証券化、5A自然景勝地資産証券化、国有企業売掛金資産証券化およ
     び持続可能な発展のための世界初の資産担保証券化を含む複数の資産担保証券化プロジェクトを遂行した。当行
     は、不良債権の証券化を促進した。報告期間中、当行は、銀行間市場において、クレジットカード事業に関連する
     初の不良資産証券化プログラムである「2017年第2期農盈不良資産担保証券」の発行に成功し、クレジットカード
     事業に関連する不良債権を処理したが、その元本および利息は合計2.13十億人民元であった。
      合併および買収事業は急速に成長し、その構造は引き続き改善した。2017年における合併および買収に関する新
     規貸出は47.81十億人民元であり、合併および買収に関する貸出金残高は71.228十億人民元となった。
      仕組金融取引の設計能力は、引き続き向上した。当行は、主要な国家戦略である「一帯一路イニシアティブ」、
     北京・天津・河北地域の協同的開発、長江経済ベルト、広州・香港・マカオ地域および雄安新区の建設ならびに三
     農および貧困削減の主な関連分野の発展を支援するために336の投資銀行サービス計画を設計した。2017年末現
     在、当行のシンジケート・ローンの残高は42.55十億人民元増加したが、これは前年末と比較して5.60%の増加で
     あった。
      当行は、アジア・マネーから「中国における最優秀グリーン国内商業銀行賞」および「海外市場における最優秀
     グリーン中国銀行賞」を、証券時報から「2017年中国財務顧問銀行君鼎賞」を受賞し、そのシンジケート事業は中
     国銀行協会から「最優秀賞」を受賞した。
     (1)   「債券通」は、ミューチュアル・ボンド市場へのアクセスにおける協調および香港と中国本土間の連携のために開始され
       た新たなイニシアティブであり、これにより世界中の投資家が香港の海外金融事業プラットフォームを通じて中国の銀行
       間債券市場に投資することができる。
      (b) 個人向け銀行業務

      2017年、当行は、市場における競争力を着実に高めるため、顧客の需要の変化およびフィンテックの開発動向に
     対応し、ビッグ・データおよび人工知能等の技術を最大限に利用して、個人向け銀行業務の変革を加速させた。当
     行は、本支店機構の知的改編を積極的に促進することにより、オンラインおよびオフラインの統合チャネルを有す
     る近代的サービス・チャネルの確立を促進した。当行は、顧客の経験を引き続き向上させるため、本支店機構の標
     準化改革を幅広く促進した。当行は、顧客の知的管理、データ・マイニングおよび的を絞った販売を導入し、個人
     顧客向けのマーケティング管理システムを改善および改良した。これにより、当行商品の組み合わせ販売率の安定
     的な増加が実現した。
     個人向け貸出金

      2017年12月31日現在、当行の個人向け貸出金の残高は4,000,273百万人民元であったが、これは前年度末と比較
     して659,394百万人民元の増加であった。報告期間中、当行は、規制上の要件を厳密に実行し、当行の個人向け住
     宅ローン事業は安定的な成長を維持した。2017年12月末現在、個人向け住宅ローンの残高は3,133,474百万人民元
     であったが、これは前年度末と比較して575,358百万人民元の増加であった。当行は、消費および技術の高品質化
     により生じる機会を捉えながら、状況に応じて変動する個人向け消費者貸出および産業間の連携を促進し、顧客範
     囲の大幅な拡大を達成した。当行はまた、民間事業への貸出の健全な発展を促進するため、個人向け金融および包
     括的融資を支援する方針を導入し、各種の商品、地域および市場の需要に応じて異なる方針を策定した。
                                  82/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     個人預金
      2017年において、当行は、都市部および県域の市場に基づき、当行ブランドの評価、統合的経営および特色ある
     商品という総合的な優位性を生かして、貯蓄、支払および決済、投資ならびにウェルス・マネジメントを含む顧客
     の多様な経済的需要を満たすことができた。当行は、個人預金の安定的な成長を維持しながら、顧客に対するマー
     ケティングおよび販売促進を強化した。2017年12月31日現在、国内個人預金の残高は9,246,510百万人民元に達
     し、前年度末と比較して431,362百万人民元の増加となった。
     銀行カード

      2017年12月末現在、当行が発行したデビットカードの数は910百万枚であったが、これは前年度末と比較して30
     百万枚の増加であり、当行は、デビットカードの累計発行数において、4大銀行中1位となった。とりわけ、発行さ
     れたICデビットカードの累計数は568百万枚に達し、前年度末と比較して59百万枚の増加であった。当行は、QR
     コード、華為Pay、小米Payおよびパスワード不要の小額支払等の新たな支払商品を導入した。一方、当行は、デ
     ビットカードによる購入およびクラウド・クイック・ペイ等の各種のマーケティング活動を行うため国内の大手航
     空会社、配車プラットフォーム、ホテルチェーンおよびその他の産業における主要企業と提携したが、これにより
     デビットカードの利用率および顧客との契約が効果的に増加した。
      2017年末現在、発行されたクレジットカード(クレジットカードには貸記カードおよび準貸記カードが含まれ
     る。)の累計数は84.81百万枚に達し、2017年に新規発行されたクレジットカードの数は16.18百万枚に上ったが、
     これは前年と比較して23.6%の増加であった。当行は、仮想クレジットカード商品である信用幣を導入し、エア・
     チャイナ、チャイナ・イースタン・エアライン、チャイナ・サザン・エアラインおよびその他の航空会社を含む6
     社の航空会社と共同ブランドのクレジットカードを発行したが、これによりクレジットカードの商品ラインがさら
     に改善した。当行は、ビッグデータを使った知的マーケティングならびにハッピーサンデー、ハッピーワールドお
     よびハッピーボーナスポイント等の様々なテーマの販売促進活動を行ったが、これにより当行ブランドの影響力が
     安定的に改善した。本年度のクレジットカードの取引金額は1,516.3十億人民元に達し、これは前年度と比較して
     13.3%の増加であった。分割取引の金額は202.3十億人民元に達したが、これは前年度と比較して51.1%の増加で
     あった。
                               2016  年 12月31日        2017  年 12月31日

     項目                             現在           現在        増加率(%)
     デビットカードの発行数(単位:万枚)                             88,046.72           90,964.16            3.3
     クレジットカードの発行数(単位:万枚)                             6,863.00           8,480.89           23.6
                                 2016  年         2017  年       増加率(%)
     デビットカードによる取引金額(億人民元)                             62,533.63           63,322.03            1.3
     クレジットカードによる取引金額(億人民元)                             13,384.13           15,163.02           13.3
     プライベート・バンキング事業

      2017年末現在、当行のプライベート・バンキング事業の顧客数は106千人であり、管理資産残高は1,028.6十億人
     民元に達した。報告期間中、当行は、プライベート・バンキング事業におけるブランドの確立を継続し、プライ
     ベート・バンキング事業の顧客に専門的サービスを提供する能力を引き続き高めた。当行は、専用サービスを促進
     し、プライベート・バンキング事業の顧客向けのグリーン・ダイヤモンド・クレジットカードを導入した。当行
     は、受取保険料信託およびクロスボーダー金融事業を調査および刷新するため、家族信託サービスを積極的に促進
     した。当行は、プライベート・バンキング事業専用の商品構成を確立するため、多大な努力をなした。各種の専用
     商品の既存規模は187,618百万人民元であったが、これは前年度末と比較して41,695百万人民元の増加であった。
      2017年、当行は、中国銀行協会から授与された「中国における最優秀民間銀行賞」および毎日経済新聞から授与
     された「年間最優秀民間銀行賞」を含む複数の賞を受賞した。
                                  83/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      (c) 資金運用業務
      当行の資金運用業務には、短期金融市場活動および投資ポートフォリオ管理活動が含まれている。当行は、国内
     外の金融市場の変動に柔軟に対応しつつ、安定的な運営の原則を遵守し、投資戦略を適時に調整し、リスク管理を
     引き続き改善した。当行の資産に対する投資収益は、銀行業界の中で比較的高水準を維持した。
     短資市場活動

      2017年、PBOCは、慎重かつ中立的な金融政策を維持した。PBOCは、市場における全体的な資本の充足の確保を条
     件に、公開市場操作(OMO)、ミッドターム・レンディング・ファシリティ(MLF)、担保付補完貸出(PSL)、ス
     タンディング・レンディング・ファシリティ(SLF)、一時的流動性機能(TLF)および国庫現金管理等の様々な手
     段を通じて、市場の流動性を緩やかに引き締めた。金融システムのレバレッジ水準を引き下げ、金融業界の規制を
     強化するため、金融規制が引き締められた。
      当行は、金融政策の調査および市場の流動性の予測に基づき、資金利用の効率を高めながら流動性を確保するた
     め、様々な金融商品を用いて金融チャネルを拡大した。2017年において、当行の人民元建資金調達取引金額は
     18,803.836十億人民元であったが、その内訳は貸出が13,169.624十億人民元、借入が5,634.213十億人民元であっ
     た。当行は、先進国の金融政策、欧州各国および米国の政治情勢の変動により引き起こされる市場の変化に細心の
     注意を払い、外貨融資活動に関して慎重な戦略を維持した。
     投資ポートフォリオ管理

      2017年12月31日現在、当行の有価証券およびその他の金融資産への投資純額は、6,152,743百万人民元となり、
     前年度末と比較して819,208百万人民元(15.4%)の増加となった。
      トレーディング活動

      当行は、銀行間市場における値付業務および為替市場における取引業務の双方において競合会社の中で主導的地
     位を占めた。2017年において、国内債券市場の利回りは、変動しながらも全般的に上昇傾向にあった。当行は、債
     券市場の変動を詳細に監視することにより、リスク・エクスポージャーを減少させるためにポートフォリオの満期
     を緩やかに短縮し、一方で利回りが急上昇した場合には利益を増加させるために取引ポートフォリオを柔軟に調整
     した。
      2017年、当行は、中国為替取引システムから授与される「中心的ディーラー賞」、「優秀債券トレーダー賞」お
     よび「市場開放への優秀貢献賞」、中央国債登記結算有限責任公司から授与される「優秀自己勘定トレーダー
     賞」、「優秀決済代理機関賞」および「優秀出納トレーダー賞」ならびに上海証券取引所から授与される「優秀債
     券トレーダー賞」等の各種の賞を受賞した。
      銀行勘定業務

      2017年、当行は、投資の機会を合理的に捉えることにより、利回りが高い時には投資を増やし、投資価値の高い
     債券に積極的に投資した。当行は、国の財政および租税システムの革新に合わせて、地方債への投資を緩やかに増
     加させた。当行は、実体経済に貢献するため、国家戦略に沿って高品質な信用債券に投資した。当行は、ポート
     フォリオのリスクを減らしポートフォリオの利回りを高めるため、当行の投資構造を大幅に調整した。
      当行は、安定性を維持しつつ発展するという外貨投資戦略を遵守しながら、米国連邦準備金による利上げおよび
     バランスシートの正常化の予測ならびにECBの金融政策の動向に関する調査をさらに強化した。当行は、外貨投資
     ポートフォリオの構成が常に最適化されるよう、ポートフォリオの期間を調整し、信用リスクを厳密に管理し、
     ポートフォリオの流動性を改善した。
                                  84/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      (d) 資産管理
     ウェルス・マネジメント
      報告期間中、当行は、ウェルス・マネジメント商品の研究開発および刷新を積極的に行い、新規顧客および新規
     資金のための専用商品、複式配当支払商品、ストラクチャード商品および決済日の頻度を固定した外貨商品を導入
     した。当行は、ウェルス・マネジメント商品の自己資本型への変革を進めた。当行は、オンラインチャネルの改良
     を通じて、ネットバンキングおよびモバイルバンキングの利用に関する顧客の経験を高めるために多大な努力を
     払った。当行は、PPP、デット・エクイティ・スワップ、「一帯一路イニシアティブ」および雄安新区に関連する
     プロジェクトへの投資の増加を通じて、国家戦略を積極的に支援し、実体経済に貢献した。2017年末現在、当行の
     ウェルス・マネジメント商品の規模は1,760,838百万人民元に達し、これは前年度末と比較して7.9%の増加であっ
     たが、これには個人向けウェルス・マネジメント商品1,356,041百万人民元および企業向けウェルス・マネジメン
     ト商品404,797百万人民元が含まれていた。
     ウェルス・マネジメント商品の構成
                                    (単位:百万人民元、%を除く。)
                         項目               商品残高       割合(%)
     対象別           個人向けウェルス・マネジメント                         1,356,041          77.0
                企業向けウェルス・マネジメント                          404,797         23.0
     種類別           元本保証商品                          391,960         22.3
                非元本保証商品                         1,368,878          77.7
                合計                         1,760,838         100.0
      2017年、当行は、上海証券報から授与される「年間優秀資産管理賞」および「年間優秀革新的ウェルス・マネジ

     メント商品賞」ならびに証券時報から授与される「2017年中国ウェルス・マネジメント銘柄君鼎賞」、「2017年中
     国の銀行におけるウェルス・マネジメント銘柄君鼎賞」および「2017年中国の構造銀行におけるウェルス・マネジ
     メント商品君鼎賞」を含む多数の賞を授与され、21世紀経済報道が選ぶ「2017年最も競争力のある資産管理銀行」
     に選ばれた。
     保管サービス

      2017年、当行は、保管サービス能力を継続的に高めるため、マーケティングおよびリスクの統制を強化した。
     2017年末現在、当行の保管資産は10,293,143百万人民元であったが、これは前年度末と比較して14.3%の増加で
     あった。2017年において、保管サービスおよびその他の信託サービスからの当行の手数料収入は、3,368百万人民
     元に達したが、これは前年と比較して8.0%の増加であった。
     年金

      2017年において、当行の企業年金、準年金事業およびSSF向けの保管サービスは安定的な成長を達成し、職業年
     金の業績は好調であった。2017年末現在、当行の保管年金基金は433,432百万人民元であったが、これは前年度末
     と比較して16.5%の増加であった。
     貴金属

      米国連邦準備金の利上げ政策および投資家のリスク回避の傾向による影響を受け、2017年における貴金属の価格
     は、変動しながらも全般的に上昇傾向にあった。当行のアカウント・ベースの商品および金リース事業は急速に成
     長した。2017年、当行は、自らの勘定においておよび顧客のために、4,319.25トンの金および68,959.14トンの銀
     の取引を行ったが、これは前年度と比較してそれぞれ29.7%および37.7%の増加であった。
                                  85/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     顧客のためのトレジャリー取引
      2017年において、大手銀行および市場メイカーとして、当行の銀行間スポット値付事業は市場において首位を維
     持した。当行は、外国為替決済のための値決め戦略を積極的に最適化することにより、外国為替決済と外国為替販
     売との均衡の取れた発展を促進したが、これにより顧客のための外国為替には差益が生じた。当該報告期間におい
                                               (1)
     て、顧客のために行った外国為替販売および決済の取引額ならびに外国為替取引                                           の取引額は348.4十億米ドルに
     達したが、これは前年と比較して26.9%の増加であった。
      当行は、中国における「債券通」市場メイカーの第1グループの1つとして、海外機関との値付事業に積極的に参
     加し、市場における受託機関の半数近くと取引関係を確立したが、これは取引先数および取引額において競合会社
     の中で最多であった。当行は、中国為替取引システムから「市場開放への優秀貢献賞」を、中国中央結算公司から
     「優秀決済機関賞」を受賞した。当行は、中小規模の投資家に対する債券販売事業を拡大した。2017年、債市宝の
     債券は、発行市場において30,608百万人民元が販売され、流通市場における取引高は13,449百万円人民元に達した
     が、これはいずれも競合会社の中で最多であった。当行は、中国中央結算公司から「店頭業務進展機関賞」および
     「店頭業務優秀機関賞」を受賞した。
     (1)   顧客のための外国為替販売および決済ならびに外国為替取引の取引高には、顧客のためのスポット外国為替販売および決
       済ならびに外国為替取引の取引高ならびに先物/スワップ外国為替販売および決済ならびに外国為替取引の契約高合計が
       含まれる。
     ファンド商品の代理販売

      2017年において、当行は、多数の優秀なファンド会社と綿密に協力し、顧客の需要に応えるために革新的な市場
     志向商品の研究および開発に多大な努力を払った。当行は、顧客マーケティングおよび相談サービスをさらに改善
     するため、「百城萬家」顧客サロンおよびファンドツアー等の活動を実施した。当行は、ファンド事業における専
     門サービスを改善するため、研究チームを改良し、優秀なファンドマネージャーを養成した。顧客の経験を向上さ
     せるため、ITシステムの機能および事業プロセスが最適化された。ファンド商品の代理販売事業は安定的に成長
     し、当年において販売したファンド商品は累計で337.3十億人民元となったが、これは前年と比較して31.2%の増
     加であった。
     中華人民共和国国債の代理販売

      2017年において、当行は、中国政府の代理人として18期の貯蓄用国債を販売し、その金額は52.482十億人民元で
     あったが、これには10期の電子式貯蓄用国債(31.807十億人民元)および8期の証書式国債(20.675十億人民元)
     が含まれる。2017年、当行は、中国中央結算公司から「2017電子式貯蓄国債に関するCCDCC優秀メンバー賞」を授
     与された。
      (e) インターネット金融

      報告期間中、当行は、インターネット金融事業の変革および向上を引き続き推進した。当行は、ネットワーク・
     トラフィックの改善および三農へのインターネット金融サービス提供のための「ナンバーワンプロジェクト」の良
     好なスタートを実現した。インターネット金融の顧客数およびその取引高は、いずれも安定的な伸びを達成した。
     2017年、当行は、電子チャネルを通じた44.786十億件の金融取引を記録したが、これは前年同期と比較して42.3%
     の増加であった。
     ビジネスエンド事業の強化

      当行は、「グループ事業」および多層帳簿等の口座管理商品の発売ならびに法人顧客向けの「オンラインビル
     プール金融」およびクロスボーダー人民元決済等の専用商品の導入により、法人向け金融サービス・プラット
     フォームを引き続き改善した。法人顧客向けのモバイルバンキングとしては、当行は、モバイルバンキングにおけ
     る金融サービス能力を強化するため、E企業口座開設およびモバイル送金を導入した。
                                  86/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      当行は、三農へのインターネット金融サービス提供のための「ナンバーワンプロジェクト」を積極的に促進し、
     川上および川下のサプライ・チェーン企業、プロ市場、恵農通サービス拠点および農村世帯に合わせた専用サービ
                  (1)
     スを提供する「恵農e通」               プラットフォームの改善および促進を継続した。詳細については、「7-1-(3)県
     域銀行業務」を参照のこと。
     (1)   恵農e通は、「ABCe管家」プラットフォームに基づき、三農にインターネット金融サービスを提供する新たなプラット
       フォームである。
     顧客事業の再生

      当行は、モバイルバンキングの変革および向上を継続した。当行は、衣服、食品、住宅、交通および娯楽に関す
     る顧客の需要に応じるためのモバイル金融体制を構築するため、「ABCクイックEペイ」、「ABCクイックEウェル
     ス・マネジメント」および「ABCクイックEローン」等の一連の特色ある商品を導入した。「ABCクイックEウェル
     ス・マネジメント」は、資金の柔軟な利用を促すため、口座残高の自動投資を支援した。「ABCクイックEローン」
     の事業プロセスは、貸出に係る担保の種類を拡大し、顧客網を拡大するために再構築された。
      当行は、消費金融の領域を積極的に調査した。当行は、消費および電子商取引金融事業の発展を加速させるた
     め、ペイ・センターおよびコンサンプション・モールに重点を置きながら、「インターネット金融+電子商取引」
     サービスモデルを刷新した。報告期間中、当行の支払業者数の総数は累計で10,104に達したが、これは前年末と比
     較して514%の増加であった。取引総額は25.47十億人民元に達した。当行は、個人消費、ゲームおよび娯楽、旅行
     および観光、医療保険、自動車および生活様式、家事および維持管理ならびに文化および余暇を含む20の消費金融
     領域を対象とするコンサンプション・モールを構築したが、1日あたりの平均アクセス数はほぼ1.2百万回である。
      当行は、WeChatバンキングのバージョン2.0を開始し、「ABC                                WeChatサービス」というWeChatミニプログラムの
     導入を牽引したが、これにより積立、割引およびクレジット・カード支払に関するオンラインおよびオフライン領
     域の共同的な運営が実現した。
     支援システムの強化

      当行は、専門チームを確立し、商品設計を最適化した。試作商品の試験に参加する利用者を招く利用者経験研究
     所が設立された。当行は、商品設計および開発プロセスを最適化し、インターネット金融商品に関する利用者の経
     験を引き続き向上させるため、顧客満足度調査プロジェクトを実施した。当行は、データ基盤を強固にし、データ
     応用の領域を刷新した。当行は、ビッグデータによる的を絞ったマーケティング管理方法を調査し、的を絞った
     マーケティングのモデルを確立した。インターネット金融は、当行の本支店機構の改革を強力に支援した。当行
     は、オンライン・マーケティングおよびサービスの能力を高めるため、オンライン・マーケティングサービスのプ
     ラットフォームである「オンライン顧客関係マネージャー」を導入した。
      当行は、事業運営の前、中および後の問題を管理するリスク管理構造を確立した。当行は、顧客識別認証のセ
     キュリティーを高めるためにブルートゥースキーを導入し、インターネットバンキングのためのセキュリティー支
     援を強化した。当行は、疑わしい顧客リストに記載された顧客および疑わしい取引を監視および統制するため、オ
     ンライン金融取引の監視構造を改善した。当行は、営利保険支払構造を導入し、事後補償制度を刷新した。
      当行は、的を絞ったマーケティング、リスク管理、信用評価、スマート顧客サービスおよびスマート投資相談
     サービスにおける当行の事業の発展を通じた「スマートバンク」の発展のために、金融技術、金融商品および異な
     るチャネルからの顧客について百度グループと綿密な連携を確立した。
      (f) 包括的金融

      包括的金融とは、機会均等および商業的持続可能性の原則に基づき、金融サービスを必要とするすべての人々お
     よび社会集団に、適切かつ効果的な金融サービスを手頃な価格で提供することである。当行は、都市部および県域
     を対象とする本支店機構等のオフラインチャネルならびにインターネットバンキング、モバイルバンキング、テレ
     ホンバンキングおよびセルフサービス・バンキング等のオンラインチャネルを利用しながら、小規模企業および零
     細企業、農村世帯、都市部の低所得層、貧困層、障害者ならびに高齢者等の包括的金融事業の主要顧客に総合的な
     金融サービスを提供している。かかるサービスには、支払および決済、融資および信用管理、投資ならびにウェル
     ス・マネジメントが含まれる。
                                  87/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     組織構造
      報告期間中、当行は、「県域銀行部門+包括的金融銀行部門」に支えられる包括的金融サービス・システムを積
     極的に構築した。当行は、取締役会レベルの県域銀行業務/包括的金融発展委員会および幹部役員レベルの県域銀
     行部門/包括的金融銀行部門管理委員会を設立した。本店の包括的金融銀行部門の下に「1部門8センター」システ
     ムが設定されたが、「1部門」は包括的金融銀行部門、「8センター」は人材管理、会計および監査、資本および資
     産管理、リスク管理、信用管理、信用承認、チャネル管理およびインターネット金融管理を担当する本店のミドル
     オフィスおよびバックオフィスのための8つの支援センターである。当行は、すべての第一級支店に包括的金融銀
     行部門を設立し、16の「メイド・イン・チャイナ2025」試験的実証都市(群)の第一陣において包括的金融サービ
     ス組織を全面的に向上させた。当行はまた、「小規模企業および零細企業金融サービス実証支店」という特別機関
     および技術支店を設立した。さらに、当行の包括的金融サービス組織は、第二級支店ならびに県および都市に徐々
     に拡大される予定である。
      県域銀行部門に関する詳細については、「7-1-(3)県域銀行業務-(a)管理組織および管理構造」を参照のこ
     と。
     経営メカニズム

      当行は、包括的金融の「5つの専門」管理構造の設立に努めた。個人向け志向、小額、標準化および大量生産の
     構想に従い、経営効率を高めるため、小規模企業および零細企業専用の信用管理システムが設置された。内部的に
     送金される資金の値段を合理的に決定し、包括的金融銀行部門の事業状況を正確に反映することを目的として、包
     括的金融銀行部門とその他の部門との間の費用配分および収益分配を明確にするため、専用の統計および会計メカ
     ニズムが確立された。包括的金融銀行部門のリスク管理を引き続き改善し、事業リスクを効果的に防ぐため、専用
     のリスク管理メカニズムが確立された。資産の配分が事業の発展に沿ったものであることを確保するため、専用の
     資産配分メカニズムが確立された。すべてのレベルの機関の包括的金融サービス能力を高めることを目的として、
     包括的金融銀行部門の具体的な評価方法および評価内容を最適化するため、専用の評価メカニズムが確立された。
     商品およびサービス

      当行は、包括的金融サービスの対象範囲、有効性および満足度を引き続き向上させるため、事業モデルならびに
     商品およびサービスの革新を強化した。当行は、小規模企業および零細企業向けの高品質ブランドである「クレ
     ジット・ファクトリー」を設立し、小規模企業および零細企業に向けた金融サービスならびにリスク予防および管
     理能力を引き続き向上させた。当行は、「銀行および政府」による包括的金融サービスの共同開発のための新たな
     事業モデルの確立を加速させた。当行は、政府主導の信用補完機関が提供する保険保証、リスク補償基金および信
     用保険等の新たな保証方法を用いて、包括的金融分野の顧客に政府信用補完融資を提供した。当行は、サービスの
     有効性および利用者の経験を向上させるため、インターネット、ビッグデータ、クラウドコンピューティングおよ
     び人工知能等の財務テクノロジーに支えられながら、サービス・サプライ・チェーンの小規模企業および零細企業
     に向けた「ビッグデータに基づくインターネット・ローン」、法人口座の週7日24時間オンライン開設ならびに小
     規模企業および零細企業向けのオンライン貸出申請を導入した。
      2017年末現在、小規模企業および零細企業向け貸出金の残高は1.36兆人民元であったが、これは13.3%の増加で
     あり、当行の貸出金総額の成長率と比較して3パーセント・ポイント高かった。小規模企業および零細企業のロー
     ンの借主の数は0.388百万であったが、これは前年末と比較して16.9%の増加であった。小規模企業および零細企
     業顧客に対する新規貸出金額は663.6十億人民元であり、その平均金利は5.01%であった。
      報告期間中、当行は、21世紀経済報道から「2017年包括的金融事業における優秀銀行賞」を、金融時報から
     「2017年包括的金融サービスにおける最優秀銀行賞」を連続して授与された。
      (g) グリーン・ファイナンス

     グリーン・クレジット
      報告期間中、当行は、持続可能な発展の理念に従い、グリーン・クレジットを、事業の発展および信用構造の修
     正のための重要な指針と位置付け、グリーン開発を積極的に支援した。
                                  88/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      付与されたグリーン・クレジットの数は増加した。当行は、クリーン・エネルギー、グリーン輸送およびグリー
     ン農業を含む主要分野を積極的に支援し、エネルギー効率与信ならびに環境権担保および抵当融資等のグリーン・
     クレジット商品を促進した。2017年末現在、当行のグリーン・クレジット事業に関連する貸出金の残高は747,625
     百万人民元であったが、これは前年末と比較して15.1%の増加であった。
      グリーン・クレジットの方針は、さらに向上した。当行は、当行のグリーン・クレジット事業の健全かつ持続可
     能な発展の指針を示すため、与信方針の年次ガイドラインにおいてグリーン・クレジット事業の開発方針および管
     理要件を定めた。当行は、グリーン指標の5分野である効率性、便益、環境保護、資源消費および社会的管理に焦
     点を当てながら、産業に特有の与信方針を適時に変更した。現在、当行のグリーン・クレジット指標は、すでに19
     の産業に特有の与信方針を対象としている。
      環境および社会的リスク管理能力は、引き続き強化された。顧客の格付、アクセス、管理および退出に関する重
     要な基準として、環境および社会的リスク評価が用いられた。当行は、環境および社会的リスクを十分に管理でき
     なかった者との取引を断固として拒否した。当行は、石炭、鉄鋼および火力発電等のエネルギー消費量が多い産業
     および汚染の度合いが高い産業については限度枠を設け、信用エクスポージャー削減のための年次計画を策定し、
     かかる産業の与信限度枠を厳密に実行した。
     グリーン投資銀行業務に関連する商品ポートフォリオ

      当行は、グリーン負債性金融商品、グリーン資産証券化、グリーン資産担保債券およびグリーン・ファンドを含
     む一連の金融商品を対象とするグリーン投資銀行業務に関連する商品ポートフォリオをさらに改善し、クリーンエ
     ネルギー、鉄道輸送ならびに汚水排出および廃棄物の無害化処理等の分野に注力した。
      当行は、グリーン負債性金融商品の引受および発行に積極的に従事した。当行は、4.0十億人民元のグリーン負
     債性金融商品の発行および10のグリーン金融債券(38.3十億人民元)の引受に成功した。
      当行は、グリーン資産証券化を革新的に進めた。当行は、汚染の防止および管理という重要な国家戦略に従い、
     銀行間市場において初のグリーン信用資産認定証券化商品、すなわち「緑水青山」専用の2017年第1期農盈グリー
     ン信用資産証券化商品の発行に成功し、その金額は1,434百万人民元であった。
      当行は、グリーン資産担保債券を発行した。当行は、530百万人民元の再生可能エネルギー料金助成資産担保債
     券および1,347百万人民元の登録グリーン資産担保債券の発行に成功した。
      (h) クロスボーダー金融サービス

      2017年、当行は、特色ある差別化した海外サービス・プラットフォームを確立するため、「一帯一路イニシア
     ティブ」に沿った国および地域における機関の配置を着実に進めることに注力しながら、国家の経済外交戦略に積
     極的に貢献した。事業範囲、事業水準およびクロスボーダーの金融サービス機能は堅実に伸びた。当該報告期間に
     おいて、当行のドバイ支店およびアラブ首長国連邦の人民元クリアリング・バンクは、正式に営業を開始した。サ
     ンパウロにおける代表支店ならびにロンドン、マカオおよびハノイ支店の設立申請は、地元の規制当局により正式
     に承認された。海外のバンクーバ支店の設立申請は順調であった。2017年末現在、当行は、17の国と地域における
     合資共同事業を通じて、22の在外機関および銀行を設立し、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、オセアニアおよびア
     フリカを網羅する海外ネットワークを形成している。2017年末現在、当行の海外支店および子会社の合計資産は
     122,207百万米ドルに達したが、これは前年末と比較して11.8%の増加であった。2017年の純利益は501百万米ドル
     であり、前年と比較して77.1%の増加であった。
      2017年、当行は、クロスボーダー金融サービス・システムを改良し、「一帯一路イニシアティブ」ならびに企業
     の「走出去」および人民元の国際化等の国家戦略を積極的に支援した。当行は、輸出与信保険および金融、短期輸
     出特別リスク保険に基づく資金調達、外国取引に関する保証状、クロスボーダー人民元ならびにその他の商品を含
     む商品を積極的に促進した。国際決済および貿易金融業務は安定的かつ健全に成長し、クロスボーダー金融サービ
     スの市場競争力がさらに強化された。クロスボーダー人民元事業のためのインフラ建設は、着実に進んだ。法人顧
     客向けのオンラインのクロスボーダー人民元決済サービスが導入され、人民元建資金口座の交換事業が着実に促進
     された。当行は、「一帯一路イニシアティブ」沿いの国で発行された企業による初の「パンダ債」に関してクロス
     ボーダー人民元決済の実行に成功した。当行のモンゴルにおけるクロスボーダー人民元事業センターは、人民元と
     モンゴルトゥグルグの初の銀行間取引の実行に成功した。2017年、国内支店が実行した国際貿易金融の総額は93.3
     十億米ドルに達した。実行済の国際決済の総額は895.898十億米ドルに達した。発行済の海外保証状は22.535十億
     米ドルに達した。
                                  89/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      (i)   多角的事業
      当行は、統合的な営業戦略を継続的に実行する努力によって、ファンド運用、有価証券および投資銀行業務、
     ファイナンス・リース業務、生命保険およびデット・エクイティ・スワップ事業で構成される統合ビジネス・プ
     ラットフォームを設立している。
      2017年、統合的に営業している当行の5つの子会社(すなわち、農銀匯理基金管理有限公司、ABCインターナショ
     ナル・ホールディングス・リミテッド、農銀金融祖賃有限公司、農銀人寿保険股                                         份 有限公司および農銀金融資産投
     資有限公司)は、当行グループの発展戦略に従い、主たる事業に注力し、各々の専門分野を深く研究し、慎重な営
     業を行った。かかる子会社の市場における競争力は着実に向上し、当行グループの統合的な営業の相乗効果が徐々
     に達成された。農銀匯理基金管理有限公司が管理する資産総額は、537.7十億人民元超に達したが、これは前年末
     と比較して28.0%の増加であった。ABCインターナショナル・ホールディングス・リミテッドの主要投資銀行事業
     の利益は大幅に増加し、拡大した。同時に、農銀金融祖賃有限公司は事業変革を進め、資産構造の改革を進めた。
     農銀人寿保険股        份 有限公司の業界における競争力は向上し、保険料総額は24.8十億人民元に達した。報告期間中、
     農銀金融資産投資有限公司が設立され、営業を開始した。同社は、一時的な困難状態にあるが発展の見込みがある
     法人顧客が困難な局面を乗り切るのを助けるため、顧客の銀行債務の普通株式への転換、顧客グループのレベルに
     おける少数株主持分の増加、顧客のリニューアブル・ボンドへの投資等の多様な事業モデルを追及することによ
     り、安全かつ秩序立った方法により様々なデット・エクイティ・スワップ計画を実行した。2017年末現在、農銀金
     融資産投資有限公司は、26の企業とデット・エクイティ・スワップ包括契約を締結しており、合計40十億人民元超
     のデット・エクイティ・スワップ事業を実行したが、これは銀行業界中2位であった。農銀金融資産投資有限公司
     は、国内銀行業界で初の不良債権エクイティ・スワップ・プロジェクトの実行に成功した。
      2017年末現在、統合的な営業活動をしている当行の5つの子会社の資産総額は、157.3十億人民元となり、前年末
     と比較して9.2十億人民元増加した。2017年の純利益は1.602十億人民元となり、前年比37.9%増となった。
      (j)   販売チャネル

     オフラインチャネル
      2017年、当行は、本支店機構の配置を引き続き最適化し、標準化管理を幅広く促進した。当行は、従業員の研修
     を増加させ、変革の公知性を高めることにより、本支店機構の標準化変革からもたらされる充実した成果を確固た
     るものとした。当行は、引き続き非効率な本支店機構を削減し、6,800超の本支店機構において経営効率を高める
     ための標準化変革を実施した。当行は、知的、機動的かつオンラインとオフラインの統合された本支店機構へ変革
     するための方法を積極的に追求した。機動的かつ知的な「窓口のない本支店機構」が試験的に導入され、700超の
     本支店機構が知的機能の向上を完了した。当行は、金融サービスの対象範囲の調整および最適化を行いながら、県
     域における本支店機構の総数を維持した。
     オンラインチャネル

     インターネットバンキング
      当行は、個人向けインターネットバンキングおよび法人向けインターネットバンキングの改善を続けた。イン
     ターネットバンキングによる商品ラインは徐々に改善し、顧客の経験は着実に高まった。2017年末現在、当行の個
     人向けインターネットバンキングの登録顧客数は合計223百万人であったが、これは前年末と比較して18.0%の増
     加であり、年間取引高は47.7兆人民元を達成した。さらに当行は、5.318百万の法人向けインターネットバンキン
     グの顧客を擁していたが、これは前年末と比較して18.7%の増加であり、年間取引高は72.7兆人民元であった。オ
     ンラインチャネルを通じた公開商品の対象率は85%に達したが、これは前年末と比較して14%の増加であった。
                                  90/436







                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     モバイルバンキング
      当行は、サービスに関する信念である「開放、カスタマイズ、統合および共有」に従い、モバイルバンキング商
     品およびサービスの革新を引き続き高めた。当行のモバイルバンキングを通じて提供される金融サービスは、預
     金、貸出、送金、投資およびウェルス・マネジメントならびにクレジットカードを対象としている。2017年末現
     在、当行のモバイルバンキングの利用者は合計206百万であったが、これは前年末と比較して21.9%の増加であ
     り、年間取引高は31.8兆人民元を達成したが、これは前年と比較して116.3%の増加であった。
     テレホンバンキング

      報告期間中、当行は、顧客の経験を高めるために、テレホンバンキングの音声応答および音声セルフサービスを
     引き続き改善した。2017年、当行は、顧客から477百万件の電話を受けたが、そのうち126百万件が顧客サービスセ
     ンターに転送され、105百万件が顧客サービススタッフにより対応され、完了比率および満足度は、それぞれ
     83.76%および98.84%であった。
     セルフサービスバンキング

      報告期間中、当行は、セルフサービス設備を通じて統合的サービスおよび知的管理の発展を継続した。顔認証に
     よる現金引出およびセルフサービス設備による的を絞った販売が導入された。2017年末現在、当行の現金関連セル
     フサービスバンキング設備は125.9千台であり、稼働中のセルフサービスバンキング設備は42.6千台であった。当
     行は、銀行間取引の数および金額において、競合会社の間で首位を維持した。
      2017年、電子チャネルを通じた金融取引は、金融取引合計の97.2%を占めたが、これは前年と比較して1.2パー
     セント・ポイントの増加であった。
      (k)   情報技術

      当行は、フィンテックにおける革新を進め、当行の運営および管理に堅固な技術的サポートを提供した。報告期
     間中、8の業績がPBOCから技術発展賞を授与され、4の業績がCBRCから情報技術のリスク管理に係るプロジェクト研
     究業績賞を授与された。
     フィンテック革新

      モバイルインターネット技術の利用に関し、当行のモバイルバンキングサービスは、顧客の経験を向上させるた
     めに、指紋認証によるログインおよびQRコードによる支払を新たに支援した。当行の特色である「インターネット
     +三農」に沿ってモバイル金融サービス・システムを確立するために、農業に関する調達、農産物に関する情報の
     提供、ウェルス・マネジメントおよび貸出を含むオンラインサービスを提供する「恵農通」サービス・ステーショ
     ンのために携帯電話の専用アプリケーションが設計された。
      人工知能技術の利用に関し、当行は、ATMにおける顔認識による現金引出を促進した。これは最先端の生体認証
     技術を用いたものであり、顔認証の成功率は98%に達しているが、これによりカード偽造のリスクおよびATMから
     取り出せなくなるカードの数は効果的に減少し、当行のセルフサービス・チャネルの知的向上が加速した。当行の
     モバイルバンキングにおいては、「音声案内+顔認証」を通じた知的移行が試験的に行われた。
      ブロックチェーンの利用に関し、当行は、電子商取引サプライ・チェーン融資にブロックチェーンを取り入れた
     国内初の銀行である。電子商取引プラットフォームの業者に無担保の金融サービスを提供するため、農業に関連す
     るインターネット電子商取引金融商品であるEチェーン貸出が導入された。これは、自動承認、受託支払および自
     動返済等の機能を提供するものである。当行は、参加顧客の増加を目指し、銀行業界における優れたブロック
     チェーンのスコアリングシステムを創設するため、金融デジタルポイント(以下「ヘイ・ビーンズ」という。)シ
     ステムの設置を促進した。
      ビッグデータ技術の利用に関し、当行は、ビッグデータの利用を通じて集中型サービスの支援能力を事前に向上
     させるため、14のビッグデータ分析プロジェクトを試験的に行い、当行のデータ分析プラットフォームの支援を受
     けた。当行の詐欺予防およびリスク管理を向上させるため、クレジットカードデータ研究所が設立された。
                                  91/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      ネットワークセキュリティー技術の利用に関し、当行は、監視、防御および対応におけるネットワークセキュリ
     ティーの維持能力をさらに向上させるため、量子通信、動的防衛、状況認識、脅威インテリジェンスおよびその他
     の新技術の研究および開発ならびに関連プロジェクトの実行を進めた。
      当行は、すべての従業員の提案による革新および共同的革新を奨励した。すべての従業員による商品アイデアを
     収集、選択および発表するために、ABC                     E-革新というクラウド革新ネットワークが構築された。当行は、当行のモ
     バイルバンキングと百度のAIとの間の連携を模索するため、百度グループと提携した。当行はまた、柔軟な拡張
     性、柔軟な計画、インフラの迅速な配信を目指し、新世代のクラウドインフラプラットフォームを共同設立するた
     め、ファーウェイと連携したが、これにより当行の資源利用効率が効果的に改善した。
     当行の営業および管理における技術水準の向上

      当行は、「恵農e通」というサービス・プラットフォームを用いて三農へのインターネット金融サービス提供の
     ための「ナンバーワンプロジェクト」を推進し、オンラインおよびオフラインチャネルを協調させた三農金融サー
     ビスの新規範を確立した。当行は、違反事件の予防および管理を目指し、技術による管理強化、責任の明確化およ
     び従業員の行動管理の改善のために「3つのラインおよび1つの網」管理システムを促進した。当行は、信用リスク
     に関する統一的観点を進展させたが、これは外部データへのアクセスにより当行の不正防止能力を効果的に改善さ
     せ、知的リスク管理および事前警告における当行の能力を高めた。多額および疑わしい取引の報告に関するPBOCに
     よる規制上の要件の実行にあたり、マネーロンダリング防止に関する当行の管理を向上させるため、マネーロンダ
     リング防止のための包括的分析プラットフォームの第一段階が開始された。当行は、オペレーション・リスクの集
     中的監視プラットフォームの改善、リスク監視の規範データベースの拡大、リスク警告および対処における当行の
     手続の最適化ならびに業績評価機能の改善により、オペレーション・リスクの監視システムを引き続き改良した。
     法人顧客向けのマーケティングおよび管理システムの第一段階が開始されたが、これにより法人顧客のマーケティ
     ングにおける標準および通常手続ならびに当行の顧客マネージャーの包括的マーケティング能力が向上した。
     情報システムの安定稼動

      当行は、上海の製造センター、上海の市全域災害復旧センター、北京の遠隔災害復旧センターを含む「兩地三中
     心」プロジェクトの建設を促進した。当行は、情報システムの非常時対応能力を高めるため、中核システムが完全
     稼動している場合の遠隔災害復旧の実動演習の実施において競合会社を牽引した。当該報告期間中、当行の業務シ
     ステムにより生じた取引処理量は急速に増加し、中核オペレーション・システムの1営業日あたりの取引量は433百
     万件であった。1日の取引処理量の最高値は、581百万件であった。したがって、当行の情報システムは引き続き安
     定したサービスの提供を維持し続けた。
      (l) 人材管理および組織管理

     人材管理
      人材革新
      当該報告期間において、当行は、従業員の構成および人材開発システムを改善し、人材効率を継続的に改善する
     ため、市場志向型のアプローチを維持しながら、人材革新の強化を続けた。当行は、包括的銀行事業部門を設立
     し、「包括的金融銀行部門+県域銀行部門」に支援される包括的銀行サービス・システムを構築した。農銀金融資
     産投資有限公司は、デット・エクイティ・スワップ事業の市場志向型の営業を促進するために設立された。当行
     は、国内外において包括的なマネーロンダリング防止管理システムを構築するためにマネーロンダリング防止セン
     ターの設置および人員配置に関する努力を強化した。当行は、地方都市の支店における管理の変革を促進したが、
     この一環として、社会における認知度を高めるため、多くの第一級支店の事業部門の名称を都市支店に変更し、市
     場における位置付けをより明確にした。受託事業部門の直接管理システムおよび集中的営業の変革は完了した。当
     行は、国家戦略に従い、雄安支店の設立を申請し、自由貿易圏、国家レベルの新区および省政府が直接管理する県
     に関連する12の第二級支店の等級を引き上げた。
                                  92/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      当該報告期間において、当行は、主任マネージャーの育成、専門的な人材の開発、基礎レベルのチームの転換お
     よび最適化ならびに能力のある人材の確保を含む能力開発の「四大工程」を押し進めた。従業員の熱意、独創性お
     よび創造性を引き出すため、主要なマネージャーの選抜、専門的人材の昇進および基幹的人材へのインセンティブ
     に関する一連の改革の方策が実行された。当行は、リーダーシップの回復を目指し、若手指導者の選抜および育成
     のために主要なマネージャーの選抜方法を革新したが、これには本店ならびに指示を行う支店および準支店が直接
     管理するマネージャーの公開選抜の実施が含まれる。当行は、本店における高度専門人材の選抜およびかかる者の
     昇進経路の拡大による人材維持プログラムを実行した。当行は、基礎レベルの支店における人材を活性化させるた
     め、本支店機構の改革の過程において、余剰人員の新たなポストへの異動を指示することにより、本支店機構の人
     員配置を最適化した。
      人材開発および育成

      当該報告期間において、当行は、より積極的、開放的かつ効果的な能力開発戦略を適用することにより、主要分
     野における人材の育成を強化し、あらゆる種類の人材の開発を連携させた。当行は、フィンテックと当行の事業の
     統合に焦点を当てて、フィンテックに関連する人材を積極的に育成した。当行は、新興事業の発展に焦点を当て
     て、本店、海外機関および子会社が直接管理する部門のための人材を導入および教育した。当行は、国際発展につ
     いて、国際人材の育成を加速するため、国際人材育成計画を策定した。当行は、三農への貢献という当行の市場に
     おける位置付けに従い、県域における若い人材の開発プログラムを進めた。
      報告期間中、当行は、農銀大学を引き続き育成した。当行は、国家方針教育、事業の変革およびフィンテックを
     焦点とした実務教育ならびに一連の実演教育を含む教育プログラムを実施した。当行は、幹部役員に向けた「中国
     農業銀行講義」および海外上級教育ならびに参加校ローテーション教育を行った。当行は、専門人材について、実
     務、訓練および研究ならびに職務能力判定試験を含む主題に沿った教育を行い、法人向け金融の財務アドバイザー
     教育および新興事業セミナーを開催した。当行は、基礎レベルの機関の基幹的人材については、新入社員には導入
     教育を、窓口マネージャーには異動教育を行った。2017年、当行は29,900件の訓練を行い、1.6137百万人の従業員
     を教育した。
      報酬および給付金管理

      報告期間中、当行の全般的な報酬水準は、国家当局の要請に従い、当行の効率および人材等の要因に応じて決定
     された。当行の報酬管理システムに従い、当行の下にあるすべてのレベルの機関に割り当てられる報酬の総額は当
     該機関の営業効率および業績評価の結果に基づいて割り当てられ、従業員の個人報酬は機関および当該従業員の業
     績評価の結果に基づき決定された。
      当行は、資源の配分を最適化し、集中管理ならびに本支店機構および子会社の報酬合計管理を強化するため、引
     き続き報酬割当メカニズムの改革を深化させた。当行はまた、規制上の要件および企業統治を厳密に遵守しなが
     ら、年次報酬計画を策定した。当行は、当行の包括的、協調的および持続可能な発展を促進するため、報酬の割当
     と経済的価値の創造、事業変革およびリスク管理との関連性を強化した。
      当行は、報酬配分の手法を改善した。当行は、業績への貢献を促し、長期インセンティブを改善し、報酬後払制
     度を導入することにより、従業員の現在および長期的な責任および貢献と、当行の発展および事後的リスクとを関
     連させた。当行は、人材の育成を促進するため、重要な役職および基幹的人材に対する福利を向上させ、報酬イン
     センティブを拡大した。当行は従業員の帰属意識および忠誠心を強めるために、最低賃金および差別化した手当て
     の方針の設定を通じて、基礎レベル機関の従業員の報酬分配の改善を優先した。その一方、当行は、長期的な投資
     利益を伸ばすために、年金保険制度および退職給付基金の管理を改善し、年金保険制度の市場志向型の管理を着実
     に進めた。当行の退職者への給付は、退職給付基金および年金保険制度により賄われた。
      当行の報酬方針の詳細については、当行が上海証券取引所および香港証券取引所のウェブサイトで公表した2017
     年自己資本比率レポートを参照のこと。
                                  93/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     (3)   県域銀行業務
      当行は、県域の顧客に対して、中国の県域における当行のすべての本支店機構を通じて包括的な金融サービスを
     提供している。当行は、かかる銀行業務を県域銀行業務または三農銀行業務と称している。当該報告期間におい
     て、県域における事業の促進を目的とする三農に関する当行の事業のポジショニングに従い、当行は、農業の供給
     側の構造改革に積極的に取り組んだ。県域銀行業務部門の改革の深化ならびに三農の商品およびサービスモデルの
     革新を継続することにより、当行は、当行の県域銀行業務におけるサービス対応力および市場競争力を向上させ
     た。
      (a) 管理組織および管理構造

     管理組織
      当行は、取締役会レベルに県域銀行業務/包括的金融事業発展委員会を、また、幹部役員層レベルに県域銀行業











     務および包括的金融部門管理委員会を設置した。「三部八中心」のシステムが本店の県域銀行業務部門に設置され
     る。「三部」には3つの専門的な部門、すなわち県域政策および銀行業務革新部門、県域法人向け銀行業務部門/
     貧困削減および開発銀行業務部門、農村世帯向け銀行業務部門が含まれる。一方、「八中心」は、本店のミドルオ
     フィスおよびバックオフィスにおける、人材管理、会計および監査、資本および資産管理、リスク管理、信用管理
     ならびに信用承認、チャネル管理ならびにインターネット金融管理を扱う8つの支援センターをいう。県域銀行準
     部門は、本店の組織および関連のある支店の実状に従い、第一級支店および第二級支店に設置されている。県域に
     おける準支店は、県域銀行業務部門の基本業務単位であった。
                                  94/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     管理構造
      当行は、当行の特徴である「県域プラス農業関連」、「部門プラスセンター」、「二重の委員会プラス二重の報
         (1)                  (2)                (3)
     告経路」      、「内部方針プラス外部政策」                  および「6つの個別の管理」                を有する県域銀行業務部門の管理構
     造を構築した。報告期間中、当行は顧客の境界管理を行う部門の設置、県域における与信方針および承認の管理、
     評価およびインセンティブ、資源の配分、県域の準支店への権限の委任、県域における主要な準支店の発展ならび
     に県域における才能の育成等に関する多くの補助的な方針および施策を次々に策定し、これらにより、当行の県域
     銀行業務部門の管理構造を最適化した。
      農業における供給側の構造改革に焦点を当て、当行は主要な農業関連産業および地域的な与信方針についての調
     査を強化した。当行は三農および目標とする貧困削減のための年間の与信方針を策定し、畜産、餌の加工およびそ
     の他の農産業関連産業についての与信方針ならびに穀物の栽培および草花の栽培に関係する5つの有利な農業地域
     についての地域的な与信方針を改訂した。これにより、三農についての与信方針はさらに改善された。当行は、農
     村のインフラ建設に係るプロジェクトに対する審査基準を策定し、高水準の農地の改善および水質保全に係る建設
     プロジェクトに対する審査基準を改訂し、また優先事項の取扱いおよび緊急時のメカニズムを最適化した。これに
     より、三農の与信承認の質および効率は大幅に改善された。
      当行は県域銀行業務部門におけるリスク管理を引き続き強化した。当行は、産業の与信方針の厳格な実施、生産
     が過剰な産業のリスク・エクスポージャーの管理、ホテル、商業用不動産および運用資産に関するプロジェクトへ
     の貸出の厳格な管理ならびに潜在的な高いリスクにさらされている企業に対する与信供与および信用エクスポー
     ジャー管理の強化を行った。当行は、県域銀行業務部門のリスクの管理を確実に行うため、県域における不良債権
     の解決および処分にさらに注力した。
     (1)   「二重の委員会」とは取締役会レベルに設置された県域銀行業務/包括的金融事業発展委員会および幹部役員層レベルに
       設置された県域銀行業務および包括的金融部門管理委員会を指す。「二重の報告経路」とは、8つのセンターが、三農に
       関係する事項について、それぞれの部門を担当する部長および三農の事業を担当する総裁の双方への報告を必要とするこ
       とを指す。
     (2)   「内部方針」とは、当行により実施される県域銀行業務部門の優先的な支援方針を指し、かかる方針は県域の信用計画の
       個別の配分、三農の固定資産に関する投資予算の個別の取扱い、総賃金の個別の承認を含む。「外部政策」とは、中国政
       府により実施される当行のための特別な支援政策を指し、かかる政策には、増値税の優遇、差別化された預金準備率およ
       び規制費用の控除が含まれる。
     (3)   「6つの個別の管理」とは、個別の資本管理、個別の信用管理、個別の会計、個別のリスクに係る引当金および償却、個
       別の資金残高および運用、個別の調査ならびにインセンティブおよび制約を指す。
      (b) 県域の法人向け銀行業務

      報告期間中、当行は、三農の主要な地域における金融サービスを改善し、また県域での法人向け銀行業務におけ
     る競争力を継続的に強化および発展するために、県域向けの特色のある商品改革に大きく力をいれた。
      三農の主要な地域における金融サービスは、新たな成果を挙げた。農業の供給側の構造改革に関連する主要な地
     域に焦点を当て、当行は、県域における新型の都市化、水質保全に係る建設および産業の育成等の主要な分野に対
     する金融的な支援を引き続き強化した。2017年末現在、県域における都市化に対する貸出残高は562.5十億人民元
     となり、前年度末と比較して162.5十億人民元(40.6%)増加した。県域における水質保全に対する貸出残高は、
     335.3十億人民元となり、前年度末と比較して60.7十億人民元(22.1%)増加した。県域における観光産業に対す
     る貸出残高は、28.9十億人民元となり、前年度末と比較して、10.6十億人民元(57.9%)増加した。
      法人顧客向けの三農の商品の革新は、新たな突破口を開いた。当行は、県域における法人顧客の金融的なニーズ
     を満たすために引き続き三農の商品およびサービスモデルを充実させた。当行は、「旅遊景区収益権支持貸款」を
     立ち上げ、また「観光プラス大手企業」および「観光プラス特色のある小都市」のモデルを含む、様々なサービス
     モデルを最適化し、これにより県域における観光の発展を効果的に支援した。当行は、「農牧貸」および「美麗宜
     居城郷貸」等の三農に関する一連の重要点およびブランドを発展させる地域商品を革新的に立ち上げた。
      三農の金融サービスの提供に係る対応力は、新たな進歩を遂げた。当行は、主要な顧客へのマーケティングの管
     理を強化し、また各主要顧客に対して、個別化され、かつ包括的な金融サービス・プランを提供した。当行は、農
     業における環境に配慮した開発、商品循環の追跡システム、森林の保有権改革および森林の生態系の構築を含む主
     要な国家プロジェクトを支援するため、当行の政府との連携を強化し、農業部、商務部、国家林業局等の政府の部
     門と密接に協力した。
                                  95/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      2017年末現在、県域における法人顧客の預金残高は、前年度末から198.7十億人民元増加して2,059.1十億人民元
     となった。県域における法人顧客向け貸出額(割引を除く。)は前年度末から255.9十億人民元増加して2,129.2十
     億人民元となった。
      (c) 県域の個人向け銀行業務

      当該報告期間中、農業地帯および農村地区における農村の財産に係る改革ならびにモバイルインターネットに関
     する新たな傾向に沿って、当行は引き続き商品およびサービスモデルの革新を促進した。当行は、県域の個人向け
     銀行業務の健全かつ急速な発展を牽引する「恵農通」計画のインターネットの性能の向上をさらに促進した。
      当行は、新規農業事業者向けの信用支援をさらに増加させた。2017年末現在、大規模専業事業者および農家を含
     む新規農業事業者に対して延長された貸出残高は65.6十億人民元であり、前年度末と比較して12.8十億人民元の増
     加となった。当行は、農村地区における「2つの権利」(農村地域における土地の営業権および農村世帯の住宅の
     財産権)により担保される貸出業務の試験的なプログラムを着実に進展させた。2017年末現在、農村地域における
     土地の営業権により担保された貸出の試験的なプログラムは、31の支店に拡大され、一方で農村世帯の住宅の財産
     権により担保される貸出の試験的なプログラムは、2.9十億人民元の貸出残高を伴って、21の支店に拡大された。
     当行は、農村世帯向けの安家貸貸出および農家樂貸出等の革新的な商品を引き続き促進した。2017年末現在、農村
     世帯向けの安家貸貸出の残高は、349.7十億人民元となり、前年度末と比較して108.65%増加した。
      当行は、「金穗恵農通」計画をさらに進展させた。2017年末現在、当行の電子機器を有する行政村の進出率は、
     74.4%に達した。206百万枚の恵農カードが発行され、前年度末と比較して12百万枚のカードが増加した。恵農
     カードの預金残高は、前年度末と比較して44.7十億人民元増加し、164.9十億人民元となった。当行は、1,425の県
     における都市および農村居住者の年金保険の代理事業および920の県における新たな農村医療保険代理計画の代理
     事業を引き受け、前年度末と比較してそれぞれ、19の県および23の県の増加となった。当行はまた、5,586件の農
     業関連金融子会社のプロジェクトの代理事業を引き受けたが、これは前年度末と比較して636件の計画の増加と
     なった。
      2017年末現在、県域における個人顧客の預金残高は前年度末と比較して、291.8十億人民元増加して、4,722.6十
     億人民元となった。県域における個人顧客への貸出は、前年度末から206.7十億人民元増加して、1,405.8十億人民
     元となった。
      (d) 金融的な貧困削減

      当該報告期間中、         第13次5ヶ年計画中の金融的な貧困削減の強化に関する意見                               により決定された金融的な貧困削
     減に向けた当行の5ヶ年計画に重点を置き、当行は貧困削減に取り組むための戦略について国を支援するために、
     開発指向かつ目標とする貧困削減に関する金融サービスを引き続き推進した。
     2017  年度の年間計画

      2017年において、「目標とする貧困削減、地域の状況への適応能力、適所におけるサービスおよびリスクを管理
     下に置くこと」という原則に従い、当行は、多くの目標(国家的な貧困削減が行われる832の主要な県に対する新
     規の貸出が75十億人民元を下回らないこと、目標とする貧困削減に対する新規の貸出が40十億人民元を下回らない
     ことならびに目標とする貧困削減のための貸出およびサービスにより新たに利益を享受する貧しい人々が1百万人
     を下回らないことを含む。)を設定した。当行は、国家的な貧困削減が行われる主要な県における832の準支店に
     対する特別な信用計画を策定し、貧しい世帯の信用格付け、政府の信用付加計画へのアクセス、貧困削減のための
     ブリッジ・ローンおよび貸出金利を優先した。当行は評価メカニズムのさらなる改善、新たな貸出および国家的な
     貧困削減が行われる主要な県における832の準支店の目標とする貧困削減から新たに利益を享受する貧しい人々の
     評価を行い、同時に国家的な貧困削減が行われる832の主要な県に対して拡張されたすべての貸出を県域銀行業務
     部門の評価に含めた。
                                  96/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     主要な成果
      貧しい地区に対する貸出は引き続き増加した。2017年末現在、国家的な貧困削減が行われる832の主要な県に対
     する当行の貸出残高は、前年度末から110.7十億人民元(15.7%)増加して815.1十億人民元となったが、かかる増
     加は当行の貸出の成長率より5.4パーセント・ポイント高かった。
      目標とする金融的な貧困削減は大幅に改善した。2017年末現在、目標とする貧困削減のための貸出残高は、前年
     度から84.4十億人民元(41.5%)増加して、287.8十億人民元となった。目標とする貧困削減のための貸出および
     サービスから利益を享受する貧しい人々の数は、前年度末から1.05百万人増加して、6.65百万人となった。承認お
     よび登録された貧しい人々向けの貸出残高は、前年度末から36.1%増加して、22.2十億人民元となり、1.233百万
     人の貧しい人々を直接支援した。
      当行は、指定地域における貧困削減について前向きな結果を出した。2017年末現在、貧困削減が行われる4つの
     指定された県(河北の武強および饒陽、貴州の黄平ならびに重慶の秀山)および(同様の貧困削減政策の恩恵を受
     ける)河北の阜平に対して付与された貸出残高は、前年度末から2.9十億人民元(58.1%)増加して、7.8十億人民
     元となった。年間を通じて、当行は、貧困と闘う目的のために上記の5つの県に対して、12百万人民元の補助的な
     資金および13百万人民元の特別県費を配分した。2017年において、5つの県における66,000人の貧しい人々および
     秀山が貧困から抜け出した。
      当行は、貧困削減に向けた様々な特色のある商品を網羅している。当行は、太陽光発電による貧困削減、反貧困
     のための移住ならびに貧しい世帯の生産および運営を含む貧困削減のための少額の貸出商品を予備的に設けた。
     2017年末現在、太陽光発電による貧困削減に対する貸出残高は、2.5十億人民元に達した。これは235の太陽光発電
     による貧困削減計画をカバーし、156,000人の貧しい人々の所得を増加させ、また17,000の貧しい世帯の住宅向け
     の太陽光発電システムの導入を直接支援する。産業を対象とする貧困削減に対する貸出の拡大に注力し、これによ
     りさらなる貧困削減のために貧しい地区の特色ある農産物が活用された。江西省のネーブルオレンジ、広西チワン
     族自治区のサトウキビ、青海高原の家畜および陝西省のキウイ等の競争の激しい産業は、当行からの金融的な支援
     を受けた。2017年末現在、産業を対象とする貧困削減に対する当行の貸出残高は、前年度末から44.7%増加して
     72.8十億人民元に達し、388,000人の貧しい人々の所得を増加させた。
     2018  年度の年間計画

      2018年において、当行は目標(国家的な貧困削減が行われる832の主要な県に対する新規の貸出が80十億人民元
     を下回らないこと、目標とする貧困削減のための新規の貸出が40十億人民元を下回らないことならびに目標とする
     貧困削減に向けた貸出およびサービスにより新たに利益を享受する貧しい人々が1百万人を下回らないことを含
     む。)を達成することに注力した。
      2018年の金融的な貧困削減計画の完了を確かなものにするため、当行は様々な戦略を採用した。顧客およびプロ
     ジェクトへのアクセスの観点では、顧客およびプロジェクトの支援において正確な選択を行うため、利益を享受す
     る貧しい人々に関する事実が引き続き与信および貸出の調査における焦点となる予定である。資源配分の観点で
     は、当行は引き続き国家的な貧困削減が行われる主要な県の832の準支店に対する個別の信用計画を策定し、また
     かかる準支店の貧困削減に係る金融的な対応能力を向上させるため、それらの事業の費用、従業員の雇用、事業に
     係る研修、双方向の交流および寄附資源を合理的に優先した。当行は、貧困に関する目標設定、投資の増加、革新
     的な商品の促進、サービスの改善、資源の優先および評価の強化を通じて、非常に恵まれない環境の地域における
     金融的な貧困削減を実施することに重点を置いた。貧困から脱却した指定された県について、それらの貧困削減の
     方針には依然として変更は生じない予定である。チャネルの構築の観点では、当行は本支店機構および恵農通の
     サービス拠点の機能をさらに改善し、貧しい地区の行政村におけるそれらのカバー範囲を拡大させた。当行は、貧
     しい地区の三農に対してインターネット金融サービスを提供する「ナンバーワンプロジェクト」の導入を早め、ま
     た「恵農e通」のプラットフォームを有効に活用し、これにより貧しい地区の特色のある商品ならびに農企業およ
     び農業関連産業チェーンにおける農村世帯向けの総合的な金融サービスのオンライン販売の利便性を提供し、貧し
     い人々の貧困との闘いおよび所得の増加を支援した。
                                  97/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      2017  年におけるPBOC基準に基づく目標とする金融的な貧困削減に関する統計
     Ⅰ.     目標とする金融的な貧困削減のための貸出(当該期末における残高)
          (単位:1億人民元)
      1.1     目標とする貧困削減のための個人向け貸出                                             287.90
          1.1.1    承認および登録された貧しい人々向けの貸出                                          221.83
          1.1.2    目標とする貧困削減のためのその他の個人向け貸出                                           66.07
      1.2     目標とする貧困削減のための法人向け貸出                                            2,590.00
          1.2.1    目標とする産業を対象とする貧困削減に関する貸出                                          728.40
          1.2.2    目標とする貧困削減に関連する計画向け貸出                                         1,861.60
          うち、生態環境の改善のための貸出                                             61.99
             農村のインフラ改善のための貸出                                            1,772.96
     Ⅱ.     目標とする金融的な貧困削減のための貸出による利益を享受する人々
          (既存の貸出顧客数)(単位:1万人)
          報告期間末において承認および登録された貧しい人々向けの貸出による利益を享受す
      2.1     る人数                                             123.29
          報告期間末において目標とする貧困削減のためのその他の貸出による利益を享受する
      2.2     人数                                             12.248
          報告期間末において目標とする産業を対象とする貧困削減に関する貸出による利益を
      2.3     享受する人数                                             38.82
          報告期間末において目標とする貧困削減のためのプロジェクトへの貸出を受けている
      2.4     人数                                             490.82
      (e) 財政状態

     資産および負債
      2017年12月31日現在、県域銀行業務の資産総額は前年度末から7.7%増加して7,585,643百万人民元となった。顧
     客への貸出金合計は12.3%増加して、当行の前年度末の値と比べて2.0パーセント・ポイント増加の3,568,363百万
     人民元となった。顧客預金総額は前年度末から7.7%増加して6,915,672百万人民元となった。
      以下の表は、表示日現在の当行の県域銀行業務の資産および負債の主な項目の内訳を示したものである。
                                    (単位:百万人民元、%を除く。)
                          2016  年12月31日現在              2017  年12月31日現在
     項目                     残高      割合(%)          残高      割合(%)
     顧客への貸出金総額                    3,178,345            -    3,568,363           -
     減損損失引当金                    (162,590)           -     (163,246)           -
     顧客への貸出金純額                    3,015,755          42.8      3,405,117          44.9
            (1)
     銀行内取引残高
                         3,435,785          48.8      3,561,280          46.9
     その他の資産                     588,876         8.4       619,246         8.2
     資産合計                    7,040,416         100.0       7,585,643         100.0
     顧客預金                    6,421,067          97.3      6,915,672          97.4
     その他の負債                     177,792         2.7       182,302         2.6
     負債合計                    6,598,859         100.0       7,097,974         100.0
     (1)    銀行内取引残高とは、行内の資金移動を通じて当行の                         県域  銀行業務から当行の他の事業セグメントに提供された資金を表

       す。
                                  98/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     利益
      2017年において、当行の県域銀行業務による税引前利益は、主として受取利息純額の増加により、前年度と比較
     して26.2%増加して83,211百万人民元となった。
      以下の表は、表示年度における当行の県域銀行業務の主要な収益項目を示したものである。
                                         (単位:百万人民元、%を除く。)
                           2016  年      2017  年       増減       成長率(%)
     外部受取利息                       143,479        157,305         13,826          9.6
     控除:外部支払利息                       88,268        86,537         (1,731)          -2.0
                    (1)
     銀行内取引残高からの受取利息
                            102,598        106,176         3,578          3.5
     受取利息純額                       157,809        176,944         19,135          12.1
     受取報酬および手数料純額                       31,887        30,019         (1,868)          -5.9
     非金利収入                        4,615        4,637          22        0.5
     営業収益                       194,311        211,600         17,289          8.9
     控除:営業費用                       84,205        83,915          (290)         -0.3
        資産に係る減損損失                    44,186        44,474          288         0.7
     税引前当期純利益合計                       65,920        83,211        17,291          26.2
     (1)   銀行内取引残高からの受取利息とは、市場金利に基づいて定められる行内の資金移動の価格において県域銀行部門が当行

       の他の部門に提供した資金によって得られる受取利息を表す。
     主要業績指標

      2017年において、県域銀行業務の平均総資産利益率は前年度から12ベーシスポイント増加して0.92%となった。
     預金および貸出金の利息スプレッドは、当行の預金および貸出金の利息スプレッドより35ベーシスポイント高い、
     3.27%であった。2017年12月31日現在、県域銀行業務の不良債権比率は2.17%であり、前年度末から0.83パーセン
     ト・ポイント減少した。不良債権に対する引当率は211.30%、貸出金総額に対する引当率は4.57%となった。
      以下の表は、表示年度または表示日における当行の県域銀行業務の主要業績指標を示したものである。
                                            (単位:%)
     項目                           2016  年          2017  年
     平均総資産利益率                               0.80            0.92
     貸出の平均収益率                               4.73            4.55
     貯蓄の平均費用率                               1.40            1.28
     営業収益に対する受取報酬および手数料純額率                              16.41            14.19
     経費率                              42.54            39.18
                              2016  年 12月31日         2017  年 12月31日
     項目                           現在            現在
     預貸率                              49.50            51.60
     不良債権比率                               3.00            2.17
     不良債権に対する引当率                              170.30            211.30
     貸出金総額に対する引当率                               5.12            4.57
     (4)   資本管理

      当該報告期間において、当行は、                 商業銀行資本管理弁法(試行)                の規制上の要件に従い、2016年から2018年まで
     の当行の資本計画および2013年から2018年までの当行の自己資本比率計画を厳守した。当行はまた、資本管理の基
     本指針および自己資本比率の目標を遵守し、自己資本比率規制および投資利益の管理を強化し、また持続的な資本
     管理メカニズムを確立および改良し、自己資本比率がリスク・エクスポージャーを補い、価値を創造し、規制上の
     要件に従ったものとなるように努めた。さらに、CBRCの要件に従った試行期間において、当行は高度な資本管理手
     法を導入し、高度な方法およびその他の方法で自己資本比率を計算した。
                                  99/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      グローバルなシステム上重要な銀行の1つとして、当行は、金融安定理事会(以下「FSB」という。)の要件ならび
     にその他の国外および国内の該当する規制上の要件に従い、                               中国農業銀行股        份 有限公司の再生計画          および   中国農業
     銀行股   份 有限公司の処分計画          の年次改定を完了した。当該計画は、国内外の規制当局からなるクロスボーダー危機
     管理検討会に提出され、承認された。
      当該報告期間において、当行は、内部自己資本評価プロセス(以下「ICAAP」という。)の確立を促進し、2017年
     度につき内部自己資本評価を完了した。また、2017年度におけるICAAPにつき、資本管理の基礎を継続的に改善す
     るため、特別監査を実施した。
      2017年10月17日に当行は、中国のインターバンク債券市場において40十億人民元のTier2資本債の発行を成功裏
     に完了した。これらの債券は利率4.45%の10年の固定金利債であった。当行は発行から5年が経ったときに、債券
     を償還する条件付きの権利を有する。
      当該報告期間において、              当行は引き続き経済資本の分配システムを最適化した。当行は価値の創造、構造最適化
     および戦略的目標に集中し、資本規制を強化しかつ資産の分配の効率性を高めた。当行は、経済資本の進行中の監
     視および事後評価を強化し、測定結果の徹底した適用を推進することによって、当行全体において事業および業務
     改革を促進した。
      当行の自己資本比率およびリスク軽減後の信用リスク・エクスポージャーの詳細については、上海証券取引所お
     よび香港証券取引所のウェブサイトに当行が公表している                              2017年度自己資本比率に関する報告                  を参照のこと。
     (5)   レバレッジ比率の情報

      2017  年12月31日現在、CBRCによる「商業銀行のレバレッジ比率の管理に関する規則(改訂後)」に従い計算され
     た当行のレバレッジ比率は、規則上の要件を超える6.23%であった。
                                           (単位:百万人民元、%を除く。)

     項目               2017  年12月31日         2017  年9月30日        2017  年6月30日        2017  年3月31日
     Tier1   資本(純額)              1,419,859          1,398,679          1,348,286           1,355,629
     調整後のオンバランス
                      22,791,573          22,327,545          22,217,208           22,112,817
     およびオフバランス資産
     レバレッジ比率                  6.23  %        6.26  %        6.07  %         6.13  %
                                      (単位:百万人民元)

     番号    項目                                 残高
      1   連結資産合計                                21,053,382
      2   連結調整                                  (79,836)
      3   顧客資産の調整                                     -
      ▶   デリバティブの調整                                   4,063
      5   証券金融取引の調整                                     -
      6   オフバランス項目の調整                                 1,821,464
      7   その他の調整                                  (7,500)
      8   調整後のオンバランスおよびオフバランス資産                                22,791,573
                                100/436







                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
                               (単位:百万人民元、%を除く。)
      番号    項目                                 残高
          オンバランス資産(デリバティブおよび証券金融取引を除
      1                                    20,406,792
          く)
      2   控除:Tier1資本からの控除額                                  (7,500)
          調整後のオンバランス資産(デリバティブおよび証券金融取
      3                                    20,399,292
          引を除く)
      ▶   全デリバティブの再構築コスト(適正マージン控除後)                                   19,092
      5   全デリバティブの潜在的エクスポージャー                                   13,254
      6   貸借対照表から除外された担保のグロスアップ                                     -
      7   控除:適正マージンを提供した結果生じた受取資産                                     -
          控除:顧客に対するクリアランス・サービス提供時にセント
      8      ラル・カウンターパーティーとの取引の結果生じたデ                                  -
             リバティブ資産
      9   償却された信用デリバティブの想定元本                                     -
      10    控除:償却された信用デリバティブ資産の控除額                                     -
      11    デリバティブ資産                                   32,346
      12    会計目的上の証券金融取引資産                                  538,471
      13    控除:証券金融取引資産の控除額                                     -
      14    証券金融取引に係る相手方信用リスク・エクスポージャー                                     -
      15    代理人取引の結果生じる証券金融取引資産                                     -
      16    証券金融取引資産                                  538,471
      17    オフバランス項目                                 4,301,118
      18    控除:クレジット相当額の換算調整                                (2,479,654)
      19    調整後のオフバランス項目                                 1,821,464
      20    Tier1   資本(純額)                              1,419,859
      21    調整後のオンバランスおよびオフバランス資産                                22,791,573
      22    レバレッジ比率                                   6.23  %
     (6)   商業銀行のグローバルなシステム上の重要性を評価するための指標

      以下の情報は、CBRCにより公表された商業銀行のグローバルなシステム上の重要性を評価するための指標の開示
     に関するガイドラインにおける関連要件に従って開示されている。
     商業銀行のグローバルなシステム上の重要性の評価指標

                                                (単位:百万人民元)
                                                 2017  年における
            分類                    項目                 残高/金額
      規模                 1.  オンバランスおよびオフバランスの調整済総                            22,791,573
                        資産
                      2.  金 融システム内の資産                            1,524,969
      相互連関性
                      3.  金 融システム内の負債                            1,285,360
                      4.  発行済証券およびその他の金融商品                             1,854,677
                      5.  支払実績(期首から当該報告期間末まで)                            216,834,091
      代替可能性
                      6.  預り資産                            10,293,143
                      7.  引受取引(期首から当該報告期間末まで)                              327,452
                      8.  OTC  デリバティブ想定元本                           2,366,049
      複雑性
                      9.  トレーディング目的保有証券および売却可能                              211,647
                        証券
                      10.  レベル3資産                              116,973
      グローバル(法域を越える活動)                 11.  法域を越える債権                              417,098
                      12.  法域を越える債務                              543,208
                                101/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     2.重要事項
     重要な関連取引
      当該報告期間において、当行はいかなる重要な関連取引も締結していない。
     支配株主およびその他の関連当事者による資金の不正流用

      支配株主またはその他の関連当事者のいずれも当行の資金を不正流用していない。プライスウォーターハウス
     クーパース中天リミテッドは、                2017年における支配株主および中国農業銀行のその他の関連当事者による資金の不
     正流用特別報告書         を発行した。
     当行ならびに当行の取締役、監査役、各幹部役員および当行の支配株主の処罰状況

      当該報告期間において当行の前任の取締役、監査役および幹部役員に対して証券規制当局より処罰が課されたこ
     とはなかったほか、直近の3年間において、当行の在職中の取締役、監査役および幹部役員に対して、証券規制当
     局より処罰を課されたことはなかった。
      当該報告期間において、当行または当行の取締役、監査役および幹部役員に関して、当局または懲戒当局による
     強制的手段の対象となる所轄官庁による捜査、訴追による司法当局への送致または刑事責任の追及、市場による捜
     査、懲罰、禁止、もしくは環境保護、安全な生産管理、税またはその他の行政機関で課せられる重大な行政処分の
     対象となるCSRCによる資格剥奪、もしくは証券取引所による公的な非難はなかった。
                                102/436














                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     コミットメント
     コミットメントの                                 コミットメントの        コミットメントの        現在までの遂行の
             コミットメント           コミットメントの詳細
        対象                                 日付       満期日        状況
     匯金公司        競業禁止       (1)  匯金公司が当行の株式を保有し続け、中                 2010  年7月15日      長期間にわたり        コミットメント継
                                              有効        続中
             コミットメン       国または株式が上場される国における法律お
             ト       よび上場規則に従って当行の支配株主または
                   事実上の支配者である限り、中国または海外
                   において競合する商業銀行業務には参加しな
                                                     正当に履行
                   い。匯金公司が競合する商業銀行業務または
                   中国または海外の競合する商業銀行業務へと
                   発展させる活動に参加すれば、匯金公司はす
                   ぐに競合する商業銀行業務への参加、管理を
                   すぐにやめる。
                   (2)  匯金公司が商業銀行業務の活動を直接行
                   うことに関して政府から承認、許可、権利を
                   得るた場合または商業銀行業務の活動をする
                   機会を得た場合であっても、匯金公司はこれ
                   らの承認、許可、権利を放棄し、商業銀行業
                   務の活動をしない。
                   (3)  上記の(1)(2)に関わらず、匯金公司は金
                   融および銀行産業に投資するために中華人民
                   共和国政府により設立された国有の投資機関
                   であり、その他の企業に投資することによっ
                   てあらゆる形態で(完全所有会社、共同事
                   業、契約上の共同事業またはかかる会社の株
                   式または利益を直接的または間接的に所有す
                   ることによる場合を含むが、これに限られな
                   い。)中国または海外において競合する商業
                   銀行業務活動を実施しまたはかかる活動に参
                   加し得る。
                   (4)  匯金公司は、金融および銀行産業に投資
                   するために中華人民共和国政府により設立さ
                   れた国有の投資機関として、商業銀行に対す
                   る投資を同等に行い、また、商業銀行業務活
                   動または匯金公司が獲得するまたは獲得する
                   であろう事業活動の機会を実行するための政
                   府からの承認、許可、権利を得ることはせ
                   ず、また、当行の株主であるという地位やそ
                   の地位により取得できた情報を当行の利益に
                   反するか、または他の商業銀行の利益に資す
                   るように利用することはせず、そのような事
                   態が生じることを避けるものとする。匯金公
                   司は、当行が商業銀行の中で唯一の投資先で
                   あるかのように、当行の最大の利益に資する
                   ようその株主の権利を行使し、当行の利益を
                   最大化するために株主としての商業的判断を
                   下すが、かかる判断はその他の商業銀行に対
                   する匯金公司による投資の影響を受けないも
                   のとする。
     SSF        株式       SSF が保有する購入株式は、当行の新規公開                  2010  年4月21日      2017  年4月21日      完了
                   株式の取引完了日から5年間またはプライシ
             コミットメン
                   ング日から3年間のどちらか長い期間をロッ
             ト
                                                     正当に履行
                   クアップ期間とする。ロックアップ期間の満
                   了日から1年以内の間は、SSFは購入株式(分
                   割株式、特別配当株または割当て株式を含
                   む。)全体の30%未満の株式を譲渡すること
                   が認められており、ロックアップ期間の満了
                   日から2年以内の間、SSFは購入株式(分割株
                   式、特別配当株または割当て株式を含む。)
                   全体の60%未満を譲渡することが認められて
                   いる。ただし、当行の新規株式公開が取引完
                   了から5年以内に行われた場合に限る。
                                103/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     第4【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
      下記「第6-1         財務書類-連結財務書類に対する注記-Ⅳ-25」を参照のこと。

     2【主要な設備の状況】

     本支店機構の管理
      国内本支店機構
      2017年末現在、当行は23,661ヶ所の国内本支店機構を有しており、本店、本店の主要顧客部門、本店管轄下の3
     つの特別機関、3つの研修施設、第一級(直轄)支店37店舗(本店の直属支店5つを含む。)、第二級支店378店舗
     (県域支店の事業部門を含む。)、第一級準支店3,485店舗(直轄市の事業部門、本店の直属支店の事業部門およ
     び第二級支店の事業部門を含む。)、基層業務を行う支店19,701店舗およびその他の拠点52店舗により構成され
     る。
      国内支店数および国内本支店機構数の地域別内訳

                                      2017  年12月31日現在
                             国内本支店機構数                    割合(%)
       (1)
     本店
                                       8                 0.03
     長江デルタ                               3,100                  13.10
     珠江デルタ                               2,546                  10.76
     環渤海                               3,403                  14.38
     中国中部                               5,268                  22.26
     中国東北部                               2,287                   9.67
     中国西部                               7,049                  29.80
     国内本支店機構合計                               23,661                  100.00
     (1) 本店、割引手形担当の業務部、重要顧客業務部、プライベート・バンキング、クレジットカード・センター、長春研修

       所、天津研修所および武漢研修所を含む。
      海外支店機構

      2017年末現在、当行は13ヶ所の海外支店(香港、シンガポール、ソウル、ニューヨーク、ドバイ・インターナ
     ショナル・ファイナンシャル・センター、東京、フランクフルト、シドニー、ルクセンブルグ、ドバイ、ロンド
     ン、マカオおよびハノイ)ならびに4ヶ所の駐在員事務所(バンクーバー、ハノイ、台北およびサンパウロ)を有
     している。
      主要な子会社

      農銀匯理基金管理有限公司
      農銀匯理基金管理有限公司は、2008年3月に設立され、その登録資本は200百万人民元であり、当行がうち
     51.67%を保有している。農銀匯理基金管理有限公司の事業は資金調達、ファンドの販売および資産管理を含み、
     主要な商品に株式ファンド、混合ファンド、社債ファンドおよび貨幣市場ファンドがある。
      2017年12月31日現在、農銀匯理基金管理有限公司の総資産および純資産はそれぞれ1,048百万人民元および914百
     万人民元であった。2017年における純利益は223百万人民元であった。
                                104/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      ABC  インターナショナル・ホールディングス・リミテッド
      ABCインターナショナル・ホールディングス・リミテッドは2009年11月に香港にて設立された。ABCインターナ
     ショナル・ホールディングス・リミテッドの登録資本は4.113十億香港ドルであり、当行がその100%を保有してい
     る。ABCインターナショナル・ホールディングス・リミテッドは、香港において、上場のスポンサーシップおよび
     引受け、債券の発行および引受け、金融コンサルタント、資産管理、直接投資、機関売り、証券仲介および証券コ
     ンサルタントを含む包括的かつ統合的な金融サービスの提供を行うことができ、様々な本国における債券市場事業
     (A株式上場のスポンサーを除く。)において広く行うことができる。
      2017年12月31日現在、ABCインターナショナル・ホールディングス・リミテッドの総資産および純資産はそれぞ
     れ37,761百万香港ドルおよび7,143百万香港ドルとなった。2017年における純利益は1,335百万香港ドルであった。
      農銀金融租賃有限公司

      農銀金融租賃有限公司は2010年9月に設立され、その登録資本は3十億人民元であり、その100%を当行が保有し
     ている。農銀金融租賃有限公司の主な事業内容には、ファイナンス・リース、ファイナンス・リース資産の譲渡お
     よび承認、確定利付証券投資事業、借手からのリース預金の承認、非銀行株主からの満期3ヶ月以上の定期預金の
     受入、銀行以外の株主からの期間が3ヶ月以上の定期預金の吸収、銀行間融資、金融機関からの借入、海外融資、
     リース商品の処分の販売、金融コンサルティング、ファイナンス・リース事業を実行するための国内保税区での事
     業会社の設立、子会社および事業会社への外部施設の保証の提供ならびにCBRCにより承認されたその他事業が含ま
     れている。
      2017  年12月31日現在、農銀金融租賃有限公司の総資産および純資産はそれぞれ                                      41,588百万      人民元および       4,711百
     万 人民元であった。2017年における純利益は113百万人民元であった。
      農銀人寿保険股        份 有限公司

      農銀人寿保険股        份 有限公司の登録資本は2.95十億人民元で、当行がうち51%の株式を保有している。農銀人寿保
     険股  份 有限公司は主に生命保険、健康保険および傷害保険を含む保険事業、かかる保険事業の再保険事業、中                                                     華人
     民共和   国の法律および規制により許可される保険資金の運用事業および中国保険監督管理委員会により承認された
     その他事業に携わっている。
      2017  年12月31日現在、農銀人寿保険股                 份 有限公司の総資産は83,095百万人民元、純資産は4,253百万人民元、当
     期純利益は111百万人民元であった。
      CA ファイナンス・カンパニー・リミテッド

      CA ファイナンス・カンパニー・リミテッドの登録資本は588.79百万香港ドルであり、その100%を当行が保有し
     ている。
      農銀金融資      産 投資有限公司

      農銀金融資産投資有限公司の登録資本は10十億人民元であり、その100%を当行が保有している。農銀金融資産
     投資有限公司の主な事業には、債務から株式への転換および補助的な支援事業への重点的な取組み、関連する法令
     に従って債務から株式への転換を行うための大衆投資家からの公的資金の調達、債務から株式への転換のための特
     別な債権の発行ならびにCBRCによって承認されたその他の事業が含まれる。
      2017年12月31日現在、農銀金融資産投資有限公司の総資産は10,100百万人民元、純資産は10,080百万人民元、当
     期純利益は80百万人民元であった。
                                105/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      中国農業銀行(UK)リミテッド
      中国農業銀行(UK)リミテッドは、英国で設立され、登録資本が100百万米ドルの当行の完全子会社である。中
     国農業銀行(UK)リミテッドは法人預金、双方向ローン、シンジケート・ローン、貿易金融、国際決済、外国為替
     およびデリバティブを含む法人金融業務に携わっている。2017年12月31日現在、中国農業銀行(UK)リミテッドの
     総資産は1,080百万米ドルであった。2017年の純利益は773.5千米ドルであった。
      中国農業銀行(ルクセンブルグ)リミテッド

      中国農業銀行(ルクセンブルグ)リミテッドは、ルクセンブルグで設立され、登録資本が20百万ユーロの当行の
     完全子会社である。中国農業銀行(ルクセンブルグ)リミテッドの事業には、小売、卸売およびトレジャリー取引
     のような金融事業が含まれる。2017年12月31日現在、中国農業銀行(ルクセンブルグ)リミテッドの総資産は24百
     万米ドルであった。2017年の純利益は1,033.1千米ドルであった。
      中国農業銀行(モスクワ)リミテッド

      中国農業銀行(モスクワ)リミテッドは、ロシアで設立され、登録資本が1.400十億ルーブルの当行の完全子会
     社である。中国農業銀行(モスクワ)リミテッドは、国際決済、法人預金、シンジケート・ローン、双方向ロー
     ン、貿易金融および為替取引を含む卸売銀行業務に携わっている。2017年12月31日現在、中国農業銀行(モスク
     ワ)リミテッドの総資産は101百万米ドルであった。
      湖北漢川農銀村鎮銀行有限責任公司

      湖北漢川農銀村鎮銀行有限責任公司は、2008年8月に湖北省漢川において設立され、登録資本は31百万人民元で
     あり、そのうち50%を当行が保有している。2017年12月31日現在、湖北漢川農銀村鎮銀行有限責任公司の総資産額
     は276百万人民元で、純資産が62百万人民元であり、当期純利益は4,372.5千人民元であった。
      克什克騰農銀村鎮銀行有限責任公司

      克什克騰農銀村鎮銀行有限責任公司は、2008年8月に内モンゴル自治区赤峰市の克什克騰旗において設立され、
     登録資本は19.60百万人民元であり、そのうち51.02%を当行が保有している。2017年12月31日現在、克什克騰農銀
     村鎮銀行有限責任公司の総資産額は195百万人民元で、純資産が38百万人民元で、当期純利益は3,630.8千人民元で
     あった。
      安塞農銀村鎮銀行有限責任公司

      安塞農銀村鎮銀行有限責任公司は、2010年3月に陝西省延安市安塞県に設立され、登録資本は40.00百万人民元で
     あり、そのうち51%を当行が保有している。2017年12月31日現在、安塞農銀村鎮銀行有限責任公司の総資産額は
     626百万人民元で、純資産が57百万人民元で、当期純利益は5,057.6千人民元であった。
      績溪農銀村鎮銀行有限責任公司

      績溪農銀村鎮銀行有限責任公司は、2010年5月に安徽省宣城市績溪県に設立され、登録資本は29.40百万人民元で
     あり、そのうち51.02%を当行が保有している。2017年12月31日現在、績溪農銀村鎮銀行有限責任公司の総資産額
     は182百万人民元で、純資産が41百万人民元で、当期純損失が5.1885百万人民元であった。
                                106/436






                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      浙江永康農銀村鎮銀行有限責任公司
      浙江永康農銀村鎮銀行有限責任公司                  は2012年6月に浙江省金華市、永康市に設立され、その登録資本は210百万人
     民元であり、当行がうち51%を保有している。2017年12月31日現在、                                    浙江永康農銀村鎮銀行有限責任公司                  の総資産
     は579百万人民元、純資産が244百万人民元で、年間純利益が5,210千人民元であった。
      廈門同安農銀村鎮銀行有限責任公司

      廈門同安農銀村鎮銀行有限責任公司                  は2012年6月に福建省厦門市同安区に設立され、その登録資本は100百万人民
     元であり、当行がうち51%を保有している。2017年12月31日現在、                                  廈門同安農銀村鎮銀行有限責任公司                  の総資産は
     1,017百万人民元で、純資産が142百万人民元で、年間純利益が12,593.2千人民元であった。
     主要な被投資会社

      サイノ・コンゴリーズ・バンク・アフリカは、コンゴ共和国において当行により設立され、当行は、同行に
     26,671.40百万       CFA  フランを投資し、50%の株主持分を有している。
     3【設備の新設、除却等の計画】

      上記「第3-7         財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。

                                107/436














                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     第5【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
     (1)【株式の総数等】
     ①【株式の総数】
                                                (2017年12月31日現在)

                             発  行  済  株  式  総  数(株)       未  発  行  株  式  数(株)

       授 権 株 数(株)               種 類
            -          普通株式           324,794,117,000                   -

            -          優先  株式          800,000,000                  -

      (注)中華人民共和国の会社法においては「授権株式」と同様の仕組みはない。
     ②【発行済株式】

                                                (2017年12月31日現在)

       記名・無記名の別及び

                                    上場金融商品取引所名又は登録
                           発  行  数(株)
                    種 類                                  内 容
                                     認可金融商品取引業協会名
        額面・無額面の別
        記名式額面株式           普通株式
                          294,055,293,904             上海証券取引所               注
       (券面額    1.00  人民元)       A 株式
        記名式額面株式           普通株式
                           30,738,823,096             香港証券取引所               注
       (券面額    1.00  人民元)       H 株式
           計          -     324,794,117,000                -            -
      (注)A株式およびH株式は共に普通株式であり、その株主は、配当を受ける権利、株主総会に出席する権利および定款に
         記載されるその他の権利を有している。これら2種類の株式の主な違いは、A株式が上海証券取引所に上場されてお
         り、H株式が香港証券取引所に上場されていることである。
                                                (2017年12月31日現在)

       記名・無記名の別及び

                                    上場金融商品取引所名又は登録
                           発  行  数(株)
                    種 類                                  内 容
                                     認可金融商品取引業協会名
        額面・無額面の別
        記名式額面株式
                   優先  株式      800,000,000               -            注
       (券面額    100  人民元)
           計          -      800,000,000               -            -
      (注)その他Tier1資本商品の適格基準に関するCBRCの規則に準拠して中華人民共和国で発行される優先株式である。各優先
         株式の額面金額は100人民元であり、額面金額で発行された。優先株式の配当率は、5年ごとに調整される。優先株式
         の配当は、各配当期間に合意された固定配当率で毎年支払われる。当初配当期間の配当率は、ブックビルディング方
         式により、年率5.50%または6.00%に決定された。優先株式が残存する限り、当行が優先株式に係る配当を累計3事業
         年度または連続する2事業年度にわたって支払わない場合、優先株式の保有者は、当該年度の利益分配計画において合
         意したところに従い、優先株式に係る配当を行わない旨を決議した株主総会の翌日以降、株主総会に出席し、普通株
         主と同様に議決権を行使する権利を有するものとする。優先株式により復活する議決権の数は、以下の算式により算
         出される(整数未満切り捨て)。
         Q=V/P
         「V」とは、議決権が復活する優先株式の額面総額を意味する。「P」とは、発行計画に関する取締役会決議日に先立
         つ20取引日間における当行のA株式(普通株式)の平均取引価格(すなわち、1株当たり2.43人民元)を意味する。議
         決権は、当該年度の優先株式に係る配当がすべて支払われる日までの間、復活するものとする。下記「優先株式の詳
         細」を参照のこと。
                                108/436




                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     (2)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
      該当なし。

     (3)【発行済株式総数及び資本金の推移】

      普通株式

                  発行済株式総数(株)                   資本金(人民元)
        年月日                                             摘 要
                 増減数         残高数         増減額         残 高
                                                   株式有限会社

      2009年1月15日         260,000,000,000         260,000,000,000         260,000,000,000         260,000,000,000
                                                    として設立
      2010年4月21日         10,000,000,000         270,000,000,000         10,000,000,000         270,000,000,000         新株式の発行

      2010年7月15日         22,235,294,000         292,235,294,000         22,235,294,000         292,235,294,000         新株式の発行

      2010年7月16日         25,411,765,000         317,647,059,000         25,411,765,000         317,647,059,000         新株式の発行

      2010年8月5日         3,811,764,000         321,458,823,000         3,811,764,000        321,458,823,000         新株式の発行

      2010年8月13日          3,335,294,000         324,794,117,000         3,335,294,000        324,794,117,000         新株式の発行

      2017年12月31日             -      324,794,117,000            -     324,794,117,000            -

                                109/436








                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
      優先株式
                  発行済株式総数(株)                   資本金(人民元)
        年月日                                             摘 要
                 増減数         残高数         増減額         残 高
     2014年10月31日から

                400,000,000         400,000,000        40,000,000,000         40,000,000,000         新株式の発行
     2014年11月13日まで
     2015年3月6日から

                400,000,000         800,000,000        40,000,000,000         80,000,000,000         新株式の発行
     2015年3月18日まで
      2017年12月31日             -       800,000,000           -      80,000,000,000           -

      (注)優先株式の発行による手取金は、適用ある法令および規制当局の承認に従い、当行のその他Tier1資本を補充するため

         に使用された。
     (4)【所有者別状況】

      当行の株主は、H株式の保有者24,555名およびA株式の保有者327,868名の合計352,423名であった。2018年2月

     28日(当行のA株式年次報告書が公表される月の前の月の末日)現在、当行の株主総数は、H株式の保有者23,630
     名およびA株式の保有者381,350名の404,980名であった。当行は株主の種類による株式のさらなる分類は行ってい
     ない。
                                110/436












                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     (5)【大株主の状況】
                                                (2017年12月31日現在)

                                   所有株式数          発行済株式総数に対する

         氏名又は名称               住  所
                                    (株)           所有株式数の割合
                    中華人民共和国北京市東

     匯金公司               城区朝陽門北大街1新保利              130,005,103,782                40.03%
                    大厦
                    中華人民共和国北京市西
     MOF                             127,361,764,737                39.21%
                    城区三里河南三巷        3 号
     香港中央結算代理人有限公司                     ‐        30,539,495,771                9.40%

                    中華人民共和国北京市西

                    城区豊匯園11号        豊匯時代
     SSF                             9,797,058,826               3.02%
                    大廈南翼2
                    中華人民共和国北京市西
     中国證券金融股       份 有限公司      城区  丰 盛胡同28号太平洋            5,941,731,807               1.83%
                    保険  大 厦
     中央匯金資産      管理  有限責任公
                          ‐         1,255,434,700               0.39%
     司
     梧桐樹投資     平台  有限  責任  公司         -         980,723,700               0.30%

     中国雙維投資有限公司                    -         746,268,000               0.23%

     中国鉄路建設投資公司                    -         742,974,000               0.23%

     中国人寿保険股       份 有限公司    -

     配当分配    - 個人配当    - 005L  -        -         629,222,489               0.19%
     FH002   Hu
     (注)1.上記の表中における「住所」については、主要な株主の住所が分かる限り記載している。
        2.香港中央結算代理人有限公司保有の株式の総数は、2017年12月31日現在機関投資家および個人投資家に代わり名義
          人として保有しているH株式の合計をいう。
        3.中央匯金資産管理有限責任公司は、匯金公司の完全子会社である。かかる関係を除き、当行は、上記株主間の関
          係、またそれらが共同保有者であるか否かについて認識していない。匯金公司および匯金公司の完全子会社である
          中央匯金資産管理有限責任公司が保有する株式の合計数は131,260,538,482であり、当行の株式資本の合計の
          40.41%を占めた。
        4.非譲渡制限の当行の普通株式上位10位の株主は、当行の普通株式上位10位の株主と同じである。
                                111/436







                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     普通  株式の株式資本の変更
      株式資本の変更についての詳細
                                                      (単位:株)
                2016  年12月31日現在          当該報告期間における増加/減少(+/-)                     2017  年12月31日現在
                        (3)                                 (3)
                       割合                                 割合
                       (%)            その他                     (%)
                 株式数          新株式発行数                小計       株式数
           (1)
     1) 譲渡制限株式
                     -    -       -       -       -        -    -
     2) 非譲渡制限株式          324,794,117,000        100.00         -       -       -  324,794,117,000        100.00
     1. 人民元建て普通
      株式         294,055,293,904         90.54        -       -       -  294,055,293,904        90.54
     2. 海外で上場された
            (2)
      外国投資株式
                30,738,823,096         9.46        -       -       -  30,738,823,096        9.46
     3) 株式総数          324,794,117,000        100.00         -       -       -  324,794,117,000        100.00
     (1)   「譲渡制限株式」とは、法律、規制、規則または引き受けに従って、譲渡に関する規制を受ける株主が保有する株式をい

       う。
     (2)   「海外で上場された外国投資株式」とは、CSRCの「会社の公募による情報開示の内容および形式に関する基準第5号-株式
       保有の変動に関する報告書の内容および形式」(2007年改正)に定義されたH株式をいう。
     (3)   上記の表の「割合」の欄に記載される数値は、小数点第3位で四捨五入されているため、丸め誤差が生じる可能性があ
       る。
     証券の発行および上場に関する詳細

      証券の発行
      当該報告期間中の当行の証券の発行の詳細に関しては、「第6-1                                   財務書類-連結財務書類に対する注記-Ⅳ
     -35」を参照のこと。
      従業員による株式の保有

      当行において、従業員による株式の保有は行われていない。
                                112/436











                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     普通株式の株主に関する詳細
      株主数および株式保有に関する詳細
      当該報告期間末現在、当行の株主総数は、H株式の保有者24,555名およびA株式の保有者327,868名からなる合
     計352,423名であった。当行のA株式年次報告書が公表される月の前の月の末日である2018年2月28日現在、当行の
     株主総数は、H株式の保有者23,630名およびA株式の保有者381,350名からなる合計404,980名であった。
     株主上位10社の株式保有の詳細                (H株式の保有者の株式保有については、H株主名簿に記載のある当行の株主名簿

     に記載されている株式数に基づいている。)
       株主の総数       352,423名(2017年12月31日現在におけるA株式およびH株式の株主名簿に記載)

       株主上位10社の株式保有の詳細                (下記のデータは2017年12月31日現在の株主名簿に基づいている。)

                                                      (単位:株)

                                                      担保対象株式
                          当該報告期間
                                               譲渡制限の
                                 持株比率                      または
                     株式の     における増加
       株主の名称        株主の形態                        保有株式総数        対象となる
                      種類     /減少数
                                  (%)                    ロックアップ
                                                株式数
                           (+/-)
                                                      対象株式の数
     匯金公司            国有     A株式        -     40.03    130,005,103,782           -      なし

     MOF            国有     A株式        -     39.21    127,361,764,737           -      なし

     香港中央結算代理人

                外国法人      H株式    1,226,093,535         9.40    30,539,495,771           -      不明
     有限公司
     SSF            国有     A株式        -      3.02    9,797,058,826           -      なし

     中国  證券金融    股 份 有

                国有法人      A株式     -165,145,059        1.83    5,941,731,807           -      なし
     限公司
     中央匯金資産管理有

                国有法人      A株式        -      0.39    1,255,434,700           -      なし
     限責任公司
     梧桐樹   投資  平台有限

                国有法人      A株式        -      0.30     980,723,700          -      なし
     責任公司
     中国雙維投資有限公

                国有法人      A株式        -      0.23     746,268,000          -      なし
     司
     中国鉄路建設投資公

                国有法人      A株式        -      0.23     742,974,000          -      なし
     司
     中国人   寿 保険股   份 有
     限公司    - 配当分配
                その他     A株式     408,408,500        0.19     629,222,489          -      なし
     - 個人配当     - 005L
     - FH002   Hu
                                113/436





                                                           EDINET提出書類
                                                   中国農業銀行股イ分有限公司(E24593)
                                                            有価証券報告書
     (1)香港中央結算代理人有限公司保有の株式の総数は、2017年12月31日現在機関投資家および個人投資家に代わり名義人とし
       て保有しているH株式の合計のことをいう。
     (2)中央匯金資産管理有限責任公司は、匯金公司の完全子会社である。かかる関係を除き、当行は、上記株主間の関係、また
       それらが共同保有者であるか否かについて認識していない。匯金公司および匯金公司の完全子会社である中央匯金資産管
       理有限責任公司が保有する株式の合計数は131,260,538,482であり、当行の株式資本の合計の40.41%を占めた。
     (3)  非譲渡制限の当行の普通株式上位10位の株主は、当行の