ライフネット生命保険株式会社 有価証券報告書 第12期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第12期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:ライフネット生命保険株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券報告書

      【根拠条文】                         金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         2018年6月15日
      【事業年度】                         第12期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      【会社名】                         ライフネット生命保険株式会社
      【英訳名】                         LIFENET    INSURANCE     COMPANY
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  岩瀬 大輔
      【本店の所在の場所】                         東京都千代田区麹町二丁目14番地2麹町NKビル
      【電話番号】                         03-5216-7900(代表)
      【事務連絡者氏名】                         経営戦略本部長  木庭 康宏
      【最寄りの連絡場所】                         東京都千代田区麹町二丁目14番地2麹町NKビル
      【電話番号】                         03-5216-7900(代表)
      【事務連絡者氏名】                         経営戦略本部長  木庭 康宏
      【縦覧に供する場所】                         株式会社東京証券取引所
                               (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/69













                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      提出会社の状況
                回次               第8期      第9期      第10期      第11期      第12期
              決算年月               2014年3月      2015年3月      2016年3月      2017年3月      2018年3月
                       (百万円)         7,537      8,493      9,117      9,816      10,616
     保険料等収入
                       (百万円)          57      124      259      216      317
     資産運用収益
                       (百万円)         1,196      1,324      1,287      1,796      1,891
     保険金等支払金
     経常損失(△)                  (百万円)       △ 2,258     △ 1,532      △ 475    △ 2,031      △ 197
     当期純損失(△)                  (百万円)       △ 2,194     △ 1,624      △ 429    △ 1,889      △ 249
     持分法を適用した場合の投資損失
                       (百万円)         △ 122     △ 305       -      -      -
     (△)
                       (百万円)        10,500      10,500      12,020      12,136      12,136
     資本金
                        (株)     42,175,000      42,175,000      50,175,000      51,145,000      51,145,000
     発行済株式総数
                       (百万円)        13,935      12,487      15,423      13,645      13,387
     純資産額
                       (百万円)        21,188      23,387      30,317      31,934      35,541
     総資産額
                        (円)       329.96      295.63      307.02      266.80      261.77
     1株当たり純資産額
                                 -      -      -      -      -
     1株当たり配当額
                        (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                           ( - )     ( - )     ( - )     ( - )     ( - )
     1株当たり当期純損失金額(△)                   (円)      △ 52.11     △ 38.52      △ 8.75     △ 37.37      △ 4.87
     潜在株式調整後1株当たり
                        (円)         -      -      -      -      -
     当期純利益金額
                        (%)        65.7      53.3      50.8      42.7      37.7
     自己資本比率
                        (%)         -      -      -      -      -
     自己資本利益率
                        (倍)         -      -      -      -      -
     株価収益率
                        (%)         -      -      -      -      -
     配当性向
                       (百万円)         1,976      3,247      4,610      3,904      3,820
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)       △ 1,933     △ 2,925     △ 5,639     △ 3,834     △ 3,852
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)          22      △ 8    3,031       200      △ 19
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)          418      731     2,734      3,004      2,926
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 92      100      121      144      151
     従業員数
                        (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                           ( 31 )     ( 42 )     ( 45 )     ( 34 )     ( 44 )
      (注)1.      当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2.   保険業法第113条に基づき、開業後の2009年3月期から2013年3月期までに発生した事業費の一部を保険業法
           第113条繰延資産として計上し、開業10年目である2018年3月期まで均等償却することとしておりましたが、
           2017年3月期において、当繰延資産を一括償却したことにより、当該事業年度の                                     経常損失及び当期純損失が
           増加しました。
         3.   保険料等収入、資産運用収益、保険金等支払金には、消費税等は含まれておりません。
         4.   潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失金
           額であるため、記載しておりません。
         5.   自己資本利益率については、当期純損失を計上しているため、記載しておりません。
         6.   株価収益率については、当期純損失を計上しているため、記載しておりません。
         7.   従業員には、正社員及び契約社員を含んでおります。また、他社からの出向者を含み、当社からの出向者を
           含んでおりません。         なお、カッコ内に派遣従業員の平均雇用人員を外数で記載しております。
                                  2/69




                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     2【沿革】
        2006年10月、創業者の出口治明と岩瀬大輔は「ふつうの消費者の視点に立った、まったく新しい生命保険会社を創
       りたい」という考えのもと、「ネットライフ企画株式会社」を設立しました。「正直に経営し、わかりやすく、安く
       て便利な商品・サービスの提供を追求する」ことを経営理念とする生命保険会社の設立を目指した準備会社です。
       「ネットライフ企画株式会社」設立以後の当社に係る沿革は、次のとおりです。
          年月                           事項
        2006年10月        東京都港区赤坂に生命保険準備会社として「ネットライフ企画株式会社」を設立(資本金
                5,000万円)
        2007年8月        本社を東京都千代田区麹町へ移転
        2008年3月        「ライフネット生命保険株式会社」に商号変更
        2008年4月        生命保険業免許取得
        2008年5月        営業開始
                定期死亡保険『かぞくへの保険』、終身医療保険『じぶんへの保険』の販売を開始
        2008年10月        オンライン生命保険募集代理店を通じた販売を開始
        2008年11月        付加保険料率(生命保険料のうち生命保険会社の運営経費にあたる付加保険料の割合)を全面
                開示
        2009年6月        モバイルサイトでの生命保険申し込み受付サービスを開始
        2009年8月        株式会社アドバンスクリエイトとの資本業務提携に合意
        2010年2月        就業不能保険『働く人への保険』の販売を開始
        2010年12月        保有契約件数5万件を突破
        2011年12月        保有契約件数10万件を突破
        2012年3月        東京証券取引所マザーズに株式を上場
        2012年6月        スマートフォンでの生命保険申し込み受付サービスを開始
        2012年10月        定期療養保険『じぶんへの保険プラス』の販売を開始
                医療保険の給付金請求における診断書提出を原則不要とし、簡易な請求プロセスを実現
        2012年11月        保有契約件数15万件を突破
        2013年2月        保有契約者数10万人を突破
        2013年4月        Swiss   Reinsurance      Company    Ltdと業務提携契約を締結
        2013年9月        教保生命保険株式会社とインターネット生命保険会社設立(韓国)に関する合弁契約を締結
        2014年2月        保有契約件数20万件を突破
        2014年3月        医療保険の給付金請求手続きがウェブサイトから24時間可能となる環境を整備
        2014年5月        改定した定期死亡保険『かぞくへの保険』、終身医療保険『新じぶんへの保険』及び『新じぶ
                んへの保険レディース』の販売を開始
        2014年8月        ウェブメディア「ライフネットジャーナル                    オンライン」をオープン
        2015年4月        契約時の必要書類をスマートフォン等で撮影し、ウェブサイトから提出可能となる環境を整備
                KDDI株式会社と資本業務提携契約を締結
        2015年5月        KDDI株式会社を割当先とする第三者割当増資を実行
        2015年11月        同性のパートナーを死亡保険金受取人として指定可能とする取扱いを開始
        2016年3月        業界初、医療保険の給付金請求手続きがオンラインで完結となる環境を整備
        2016年4月        KDDI株式会社を通じて、『auの生命ほけん』の販売を開始
        2016年6月        就業不能保険『働く人への保険2』の販売を開始
        2016年7月        生命保険会社で初めて「LINEビジネスコネクト」を活用した保険相談サービスを開始
        2016年12月        保険料還付金付き『auの生命ほけん』の販売を開始
                申し込み手続きをペーパーレス化
        2017年1月        LINE及びFacebook         Messengerで自動応答による保険診断・見積りを可能とするサービスを開始
        2017年6月        「お客さま本位の業務運営に関する方針」を策定
        2017年8月        働く人のためのがん保険『ライフネットのがん保険                        ダブルエール』の販売を開始
        2017年9月        LINE上での保険相談サービスの新機能として、グループトーク機能を活用したサービスを開始
        2017年10月        保有契約件数25万件を突破
        2018年4月        保険料を値下げするなどの改定をした定期死亡保険『かぞくへの保険』の販売を開始
                『auの生命ほけん』の新ラインナップとして『auがんほけん』の販売を開始
                                  3/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     3【事業の内容】
      (1)  主な事業内容
        当社は、相互扶助という生命保険の原点に戻り、「正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な商品・サービスの
       提供を追求する」という経営理念のもと2006年10月23日に設立された、インターネットを主な販売チャネルとする生
       命保険会社です。保険業法に基づく免許・認可を得て2008年5月18日より営業を開始し、生命保険事業を営んでおり
       ます。主な事業内容は以下のとおりです。なお、当社は生命保険事業の単一セグメントとなっております。
        ①保険引受業務

         生命保険業免許に基づき、人の生存又は死亡に関して一定額の保険金等を支払うことを約し保険料を収受する保
        険の引受業務を営んでおります。
        ②資産運用業務

         保険業法、同法施行規則に定めるところにより、生命保険の保険料として収受した金銭その他の資産の運用業務
        を営んでおります。
      (2)  マニフェストを基軸とした経営

        当社は、「正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な商品・サービスの提供を追求する」という経営理念を
       「ライフネットの生命保険マニフェスト」として、経営の柱と位置付けております。インターネットの活用によ
       り、高い価格競争力と24時間いつでも申し込み可能な利便性を両立するとともに、わかりやすい情報開示やメー
       ル・電話・対面での保険相談などを通じて、お客さまに「比較し、理解し、納得して」ご契約いただく透明性の高
       い生命保険の選び方を推奨し、「生命(いのち)のきずな=ライフネット」を世の中に広げていきたいと考えてお
       ります。
                         ライフネットの生命保険マニフェスト

        「生命保険はむずかしい」 そう言われる時代は、もう、終りにさせたい

        第1章   私たちの行動指針

        (1)  私たちは、生命保険を原点に戻す。生命保険は生活者の「ころばぬ先の杖が欲しい」という希望から生れて
          きたもので、生命保険会社という、制度が先にあったのではないという、原点に。
        (2)  一人一人のお客さまの、利益と利便性を最優先させる。私たちもお客さまも、同じ生活者であることを忘れ
          ない。
        (3)  私たちは、自分たちの友人や家族に自信をもってすすめられる商品しか作らない、売らない。
        (4)  顔の見える会社にする。経営情報も、商品情報も、職場も、すべてウェブサイトで公開する。
        (5)  私たちの会社は、学歴フリー、年齢フリー、国籍フリーで人材を採用する。そして子育てを重視する会社に
          していく。働くひとがすべての束縛からフリーであることが、ヒューマンな生命保険サービスにつながると
          確信する。
        (6)  私たちは、個人情報の保護をはじめとしてコンプライアンスを遵守し、よき地球市民であることを誓う。あ
          くまでも誠実に行動し、倫理を大切にする。
        第2章   生命保険を、もっと、わかりやすく

        (1)  初めてのひとが、私たちのウェブサイトを見れば理解できるような、簡単な商品構成とする。例えば、最初
          は、複雑な仕組みの「特約」を捨て、「単品」のみにした。
        (2)  お客さまが、自分に合った商品を自分の判断で、納得して買えるようにしたい。そのための情報はすべて開
          示する。
          例えば、私たちの最初の商品は、生命保険が生れた時代の商品のように、内容がシンプルで、コストも安く
          作られている。そのかわり、配当や解約返戻金や特約はない。保険料の支払いも月払いのみである。このよ
          うな保険の内容も、つつみ隠さず知ってもらう。
        (3)  すべて、「納得いくまで」、「腑に落ちるまで」説明できる体制をととのえていく。
          わからないことは、いつでも、コンタクトセンターへ。またウェブサイト上に、音声や動画などを使用し
          て、わかりやすく、退屈させないで説明できる工夫も、十分にしていく。
        (4)  私たちのウェブサイトは、生命保険購入のためのみに機能するものではなく、「生命保険がわかる」ウェブ
          サイトとする。
                                  4/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
        (5)  生命保険は形のない商品である。だから「約款」(保険契約書)の内容が商品内容である。普通のひとが読
          んで「むずかしい、わからない」では商品として重大な欠陥となる。誰でも読んで理解でき、納得できる
          「約款」にする。私たちは、約款作成にこだわりを持ち、全社員が意見をだしあって誠意をもって約款を作
          成した。
        (6)  生命保険は、リスク管理のための金融商品である。その内容について、お客さまが冷静に合理的に判断でき
          る情報の提供が不可欠である。
        第3章   生命保険料を、安くする

        (1)  私たちは生命保険料は、必要最小限以上、払うべきではないと考える。このため、さまざまな工夫を行う。
        (2)  私たちの生命保険商品は、私たち自身で作り私たちの手から、お客さまに販売する。だからその分、保険料
          を安くできる。
        (3)  保障金額を、過剰に高く設定しない。適正な金額とする。したがって、毎月の保険料そのものが割安とな
          る。私たちのシミュレーションモデルは、残された家族が働く前提で作られている。「すべてのひとは、働
          くことが自然である」と考えるから。そのために、いざという場合の保険金額も、従来の水準よりも低く設
          定されている。
        (4)  確かな備えを、適正な価格で。私たちの最初の商品は、シンプルな内容の「単品」のみである。良い保険の
          商品とは、わかりやすく、適正な価格で、いつでもフレンドリーなサービスがあり、支払うときも、あやま
          りなく、スピーディーであるかが、問われると考える。それゆえに、あれこれ約束ごとを含む、複雑な特約
          とのセット販売は行わない。
        (5)  事務コストを抑える。そのために、紙の使用量を極力制限する。インターネット経由で、契約内容を確かめ
          られるようにする。
        (6)  生命保険は、住宅の次に高い買物であると言われている。毎月の少しずつの節約が、長い人生を通してみる
          と大きな差になることを、実証したい。
        (7)  生命保険料の支払いを少なくして、その分をお客さまの人生の楽しみに使える時代にしたいと考える。
        第4章   生命保険を、もっと、手軽で便利に

        (1)  私たちの生命保険の商品は、インターネットで、24時間×週7日、いつでもどこでも、申し込める。
        (2)  印鑑は使わなくてもよくした。法令上必要な書類はお客さまに郵送し、内容確認の上、サインして返送して
          いただく。したがって、銀行振替申込書以外、押印は不要となる。
        (3)  満年齢方式を採用した。誕生日を起点に、一年中いつでも同じ保険料で加入できるように。
        (4)  私たちの商品の支払い事由は、死亡、高度障害、入院、手術のように、明確に定められている。この定めら
          れた事由により、正確に誠実に、遅滞なく支払いを実行する。
          手術の定義も、国の医療点数表に合わせた。この定義の採用は、日本ではまだ少ない。わかりやすくなり、
          「手術か、そうでないか」の議論の余地が少なくなる。なお、従来の生命保険では、88項目の制限列挙方式
          が主だった。
        (5)  私たちは「少ない書類で請求」と「一日でも早い支払い」を実現させたい。そのために、保険金などの代理
          請求制度を、すべての商品に付加した。また、お客さまからコンタクトセンターにお電話いただければ、た
          だちに必要書類をお送りできる体制にした。そして、保険請求時の必要書類そのものを最小限に抑えた。こ
          のようなことが可能になるのも、生命保険の原点に戻った、シンプルな商品構成だからである。
         このマニフェストを宣言で、終らせません。

         行動の指針とします。
         私たちの出発を、見つめていてください。
                                  5/69






                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      (3)  商品構成
        当社は、現在、個人向け保障性商品のみを取り扱っております。インターネットを通じてお客さまに「比較し、理
       解し、納得して」ご契約いただきたいという考えのもと、いずれの商品も複雑な特約や配当のない、シンプルでわか
       りやすい保障内容となっております。なお、個人年金保険・団体保険・団体年金保険等の取扱いはありません。
      (4)  販売チャネル

        当社は、インターネットを主な販売チャネルとする生命保険会社です。インターネットを活用することにより、営
       業職員の人件費や店舗の維持等に係る経費(販売経費)を抑えられることから、営業職員を主体とする従来の生命保
       険会社と比べ、相対的に低廉な保険料での商品提供が可能となります。
        当社の店舗であるウェブサイト及びコンタクトセンターを活用して、お客さまの保険選びをサポートしておりま
       す。ウェブサイトでは、商品内容の説明に加え、お客さまに適した保障を選んでいただくためのコンテンツを工夫す
       るなど、初めて訪れるお客さまにもわかりやすい説明を心がけるとともに、申し込み過程でお客さまの意向確認を
       行っております。コンタクトセンターでは、申し込みや見直しでお悩みのお客さまには、保険相談窓口を用意して、
       電話やメールによって、経験豊富な保険プランナーが保険選びをサポートしております。
        また、当社は、対面乗合代理店及びKDDI株式会社などの代理店を通じた販売チャネルを強化しております。これに
       より、さらに幅広いお客さまに当社の商品・サービスをお届けすることが可能となりました。将来的には、お客さま
       のニーズを把握しながら、それぞれのチャネルに適合する独自性のある商品・サービスの開発を検討してまいりま
       す。なお、当社の保険代理店であるKDDI株式会社は、当社のその他の関係会社です。
        これらに加えて、保険料の内訳(付加保険料)や代理店手数料の開示など、情報開示を積極的に行うとともに、コ
       ンタクトセンターは、平日に加え、日曜日・祝日営業も行うなど、                               利便性向上(平日22時、土日祝18時まで営業)に
       努めております。また、ふれあいフェア(お客さまとの集い)の定期開催、ソーシャルメディアを活用したお客さま
       との対話など、顧客接点の充実に取り組んでおります。
       [販売チャネル別アクセス経路]

                                  6/69













                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
        その他の関係会社は以下のとおりです。
                                                    2018年3月31日現在
                                主要な        議決権の
                        資本金
          名称        住所                                 関係内容
                       (百万円)
                               事業の内容        被所有割合
                                              主要株主である筆頭株主
                  東京都
        KDDI株式会社                141,852       電気通信事業          25.02%      資本業務提携
                  新宿区
                                              取締役1名派遣
       (注)1.     KDDI株式会社は、当社普通株式の議決権の25.02%を所有する主要株主かつ筆頭株主であることから、当社
            のその他の関係会社であります。
          2.  KDDI株式会社は、有価証券報告書を提出しております。
     5【従業員の状況】

       (1)  提出会社の状況
                                                    2018年3月31日現在
          従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)

            151(44)              39.2              4.6

                                                   6,591,842
       (注)1.従業員には、正社員及び契約社員を含んでおります。また、他社からの出向者を含み、当社からの出向者
            を含んでおりません。
          2.カッコ内に、派遣従業員の平均雇用人員を外数で記載しております。
          3.平均年間給与は、基準外賃金を含んでおります。
          4.当社の事業セグメントは、生命保険事業の単一セグメントであるため、セグメント別に従業員を記載して
            おりません。
       (2)  労働組合の状況

         当社に労働組合はありませんが、労使関係は良好です。
                                  7/69











                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものです。
       (1)  会社の経営の基本方針
        当社は、相互扶助という生命保険の原点に戻り、「正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な商品・サービスの
       提供を追求する」という経営理念に基づいた、インターネットを主な販売チャネルとする生命保険会社です。イン
       ターネットを活用することにより、高い価格競争力と24時間いつでも申し込み可能な利便性を両立しました。また、
       インターネット直販に加え、パートナー企業との協業を通じて、お客さまの価値観やライフスタイルに適合する生命
       保険商品・サービスをお届けします。さらに、当社は、テクノロジーを活用することで、ネット生保ならではの顧客
       価値の創出に注力するとともに、生命保険業界の常識にとらわれることなく、新しい取組みに向けた挑戦を続けま
       す。
       (2)  経営環境

        当社が直面している経営環境として、乗合代理店をはじめとした代理店チャネルが拡大するとともに、当社が当初
       見込んでいたネット生保市場の成長が鈍化したことに加え、競合他社が参入したことにより、当社を取り巻く競争環
       境は激化しております。短期的には、ネット生保市場の著しい成長は厳しいものであることを認識していることか
       ら、パートナー企業との協業を強化し、代理店を活用するなど、販売チャネルの多角化を行っております。一方で、
       年間の保険料収入が約40兆円の大きな生命保険市場において、インターネット直販チャネルの加入意向割合は10%程
       度あることに加え、近年の海外における生命保険会社のインターネット活用の動向から、ネット生保市場は、長期的
       に大きな成長余地があると見込んでおります。
       (3)  中長期的な経営戦略及び対処すべき課題

        当社は、上記の経営環境を受け今後も着実な成長を実現するために、2018年度までの中期計画を2016年5月に策定
       しました。中期計画の骨子は、以下のとおりです。
       ○中期計画の骨子

           2018年度          経常収益135億円
           経営目標          経常損益の黒字化
                      1.  「インターネット直販」、「KDDI(提携専属代理店)」、
                       「対面代理店」を柱に
           事業戦略
                      2.  全てのチャネルにおいて、独自の顧客価値を継続的に創出
                      3.  将来への投資や研究開発の努力
           組織戦略          「変化」、「挑戦」、「一体感」
          内部管理態勢            事業戦略を支えるリスク管理・顧客保護態勢の高度化
        なお、2017年度決算発表(2018年5月15日開示)において、2018年度経営目標のうち、経常収益135億円は未達とな

       る見込みであることを開示しました。中期計画の進捗状況は、「3                                経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
       シュ・フローの状況の分析 (2)                経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容 ②                                当事業年度の
       経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容」に記載のとおりです。
                                  8/69







                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
        当社は、今後も経営理念に基づき、独自の顧客価値を創出するとともに、着実な成長を実現するため、以下の対処
       すべき課題に対する取組みを推進します。
       ・3つのチャネルを活用した新契約業績のさらなる成長

        当社は、3つのチャネルを活用して、収益を持続的に生み出す基盤を強化することで、新契約業績のより一層の成
       長を目指します。
        まず、インターネット直販チャネルでは、積極的に営業費用を投下し、2017年8月に発売したがん保険「ダブル
       エール」をはじめとする当社商品のさらなる販売強化を行います。加えて、スマートフォンユーザーに適したウェブ
       サイトの構築を強化し、お客さまの属性等に合わせた最適な情報を提供することで、申込者数の増加を図り、新契約
       の獲得増加に繋げます。また、当社は、ご契約者の85%を20代~40代が占めているとおり、主に子育て世代に支えら
       れ、成長してきました。開業以来10年間で培った若年層へリーチするノウハウや、新しいテクノロジーを活用しなが
       ら、働く子育て世代に向けたアプローチを改めて強化します。
        次に、KDDIチャネルでは、2016年12月から本格的に販売を開始した「auの生命ほけん」の商品ラインナップに、
       2018年4月から「auがんほけん」を加え、認知度の向上及び販売拡大を両社一体となって進めております。また、au
       の店舗における試験販売を、試行錯誤を重ねながら継続的に実施することで、販路の開拓に努めるとともに、KDDI株
       式会社のコールセンターであるauフィナンシャルサポートセンターでは、お客さまの満足度向上を図りながら、幅広
       い顧客基盤に向けて、生命保険商品の販売拡大に取り組んでおります。なお、auフィナンシャルサポートセンター
       は、2018年3月にHDI-Japanが主催する「HDI格付けベンチマーク(依頼格付け調査)」において、生命保険業界の
       「問合せ窓口(電話)」部門で、最高ランクの3つ星を獲得するなど、外部機関からも高い評価を得ております。引
       き続き、KDDIチャネルの特性を活かした新商品の開発の検討も進めます。
        最後に、代理店チャネルでは、主に対面代理店において、当社の就業不能保険「働く人への保険2」を中心に、販
       売代理店数の拡大を行うことで、より多くのお客さまに商品をお届けできる体制を強化します。現在、競合他社の参
       入により、就業不能保険市場における競争は厳しくなりつつあるものの、当社は、いち早く個人向けに販売を開始し
       たノウハウと、商品性に関する外部からの高い評価を活かして、商品の販売促進に努めます。また、ウェブ代理店に
       おいては、ネット生保の特性とテクノロジーを活用しながら、新しい保険の届け方等を共同で検討するなどの施策を
       通じて、新契約の獲得増加を目指します。
       ・テクノロジーを活用した商品・サービスの拡充

        当社は、生命保険商品の提供のみにとどまらず、さまざまなテクノロジーを活用し、お客さまの生活をサポートす
       ることを、今後の目指す方向性として位置付けております。まずは、ご契約者専用のスマートフォンアプリを開発す
       るなど、ご契約者が契約後も当社のサービスを身近に便利に感じられるようなコミュニケーションを図り、長期にわ
       たる信頼関係の強化に努めることで、契約の継続率の改善に繋げます。次に、健康医療データなどの解析や、生命保
       険の販売と親和性の高いテクノロジーの活用を検討するなど、新しい商品及び新しい保険の届け方の検討を含めた研
       究開発も進めます。激化する競争環境に適応するために、テクノロジーの活用方法を模索し続けることに加え、今一
       度、「お客さま目線での変革」を目指し、お客さまにとって利便性の高い商品・サービスの提供を目指します。
       ・事業費効率の継続的な改善

        低コストな業務運営を目指して、事業費効率の継続的な改善に努めます。2018年度も、新契約業績のより一層の成
       長を実現するため、主に広告宣伝を中心に積極的な販売活動を行う予定であるものの、インターネット直販チャネル
       においては、テレビCMやオンライン広告などの広告宣伝費の投下について効率化・最適化を行うことに加え、テレビ
       CM以外の効率的な新しい流入経路の確保に努めることで、新契約の獲得効率の改善を目指します。また、KDDIを含む
       代理店チャネルにおいても、より多くのお客さまへ当社の商品をお届けできるよう、各代理店の顧客基盤やブランド
       力を活用し、販売活動の効率化も目指します。さらに、全社的に、業務プロセスの見直しの検討を行うとともに、人
       材育成に力を入れることで、各社員の生産性を高め、事業費効率の改善を図ります。
        当社は、時代の流れやお客さまのニーズに対応するための変化を恐れず、挑戦を続けることで、さらなる成長を目

       指します。
                                  9/69





                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
        当社の財務内容、業績など、投資家の判断に重要な影響を与える可能性のある主なリスクは、以下のとおりです。
       当社は、これらのリスクを認識したうえで、事態発生の回避及び発生した場合の迅速かつ適切な対応に努めます。な
       お、本項における将来に関する事項は、別段の表示がない限り、本有価証券報告書提出日現在において当社が判断し
       たものです。
       ①生命保険業界全般に係るリスク

       (a)  法規制に係るリスク
        当社は、保険業法の規定による生命保険業免許を受けた保険会社であり、保険業法等による規制と金融庁の広範な
       監督の下にあります。保険会社に適用される法規制の改正は、当社の保険販売に影響を及ぼす、又は法規制に対応す
       るための予期せぬ追加コストの発生により当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
        また、保険監督者国際機構(International                      Association      of  Insurance     Supervisors:       IAIS)は、保険資本基準
       に関する今後の実施計画を公表しており、この影響を受けて金融庁が新たなソルベンシー規制を導入した場合、現行
       の規制とは大きく異なる可能性があります。                     このように新たな規制や基準等が導入された場合には、これらに含まれ
       る制約が、当社の事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        さらに、保険業法は、内閣総理大臣(原則として金融庁長官に権限委任。以下同じ)に対して、免許の取消し、業
       務の停止、立入検査、報告又は資料の提出など、保険業に関する広範な監督権限を与えております。特に、保険業法
       では、当社が、法令に基づく内閣総理大臣による処分を受けた場合、定款、事業方法書、普通保険約款、保険料及び
       責任準備金の算出方法書などの基礎書類に定めた事項のうち特に重要なものに違反した場合、免許に付された条件に
       違反した場合、又は公益を害する行為をした場合に、内閣総理大臣が保険業法第133条に基づき、当社の免許を取り
       消すことができると定めております。仮に、当社の免許が取り消されることとなれば、当社は事業活動を継続できな
       くなり、解散となる可能性があります。
       (b)  会計基準の変更に係るリスク

        保険業法及び関連する規制・ガイドラインは、責任準備金の計算に関する基準を規定しております。当社は、当該
       基準に従い責任準備金の計算を行っておりますが、責任準備金の積増しを求める基準変更を予測しコントロールする
       ことは困難であり、当社の財務内容及び業績に影響を及ぼす基準変更が行われる可能性があります。
        また、国際会計基準審議会は、すべての保険契約に首尾一貫した基準で適用し得る単一の国際財務報告基準
       (International        Financial     Reporting     Standards:以下、「IFRS」)として、IFRS第17号「保険契約」を公表して
       おります。今後、当社がIFRSに準拠した財務報告を行うこととなった場合、当該変更の影響を受ける可能性がありま
       す。例えば、保険負債の現在価値を測定する際の割引率として、リスクフリー・レートを用いることとなった場合、
       当社は、直近の金利水準などの計算要素を考慮した保険負債の現在価値を測定することとなり、負債や純資産の金額
       に影響を及ぼす可能性があります。
       (c)  日本国内の人口動態に係るリスク

        1960年代後半以降、日本国内の合計特殊出生率は総じて減少傾向にあり、依然として低い水準にあります。その中
       で、15歳から64歳までの人口(以下、「生産年齢人口」)も減少しております。このような人口動態の変化が、日本
       国内における生命保険市場に悪影響を与える可能性があります。また、当社が販売する生命保険商品の顧客基盤は、
       主にこの生産年齢人口に属しております。生産年齢人口が今後も減少し続け、生命保険に対する需要が減少すること
       となれば、当社の生命保険事業の規模が縮小する可能性があります。
        また、65歳以上の高齢人口の増加により、社会保障費は増加し続けております。将来的に、社会保険料又は税金の
       負担が増加し、国内の景気悪化、雇用水準の低迷及び可処分所得の減少といった事態が発生すると、お客さまが負担
       可能な保険料水準が低下し、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (d)  大規模災害等における事業継続性に係るリスク

        新型インフルエンザのような感染症の大流行や東京や大阪等の人口密集地域を襲う地震・津波・テロ等の大規模災
       害を原因として大量の死傷者が発生した場合、当社は保険給付に関する予測不可能な債務を負うリスクにさらされま
       す。当社は、保険業法上の基準に従って危険準備金を積み立てておりますが、これは必ずしもあらゆる大規模災害発
       生時の支払いを担保するものではなく、保険金・給付金の支払いが危険準備金を超える可能性があります。また、当
       社は、地震等で被災した場合を想定して事業継続計画を策定しておりますが、この事業継続計画の想定を超えるよう
       な大規模災害が発生した場合、当社の業務運営に重大な支障をきたす可能性があります。
                                 10/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       (e)  社会保障制度等の変更に係るリスク
        生命保険は、相互扶助の原理に基づき、国の社会保障制度を補完する私的保障の中核を担っております。当社の商
       品も、国の社会保障制度を前提として設計されており、社会保障制度の変更があった場合、訴求力を失う可能性があ
       ります。
        また、私的保障の充実を促す仕組みである生命保険料控除制度が税制改正により縮小若しくは廃止となった場合、
       当社の新契約件数の獲得、ひいては当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (f)  他の生命保険会社の破綻に係るリスク

        当社は、国内の他の生命保険会社とともに、破綻した生命保険会社の契約者を保護する生命保険契約者保護機構
       (以下、「保護機構」)への負担金支払い義務を負っております。将来的に、国内の他の生命保険会社が破綻した場
       合や、保護機構への負担金の支払いに関する法的要件が変更された場合には、保護機構に対する追加的な負担を求め
       られ、当社の財務内容及び業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
        また、他の生命保険会社の破綻は、生命保険業界全体に対する消費者の評価にも悪影響を与え、生命保険会社に対
       するお客さまの信頼を損なう可能性があります。この生命保険会社に対する不信感の影響で、当社の新契約件数の減
       少及び解約等による保有契約件数の減少を招き、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (g)  競争状況に係るリスク

        当社は事業の中心を日本において運営しております。日本の生命保険市場においては、規制緩和のための法改正に
       より証券会社や銀行などでも保険商品の販売が可能となるなど、販売競争は激しさを増しております。当社も、国内
       生命保険会社、外資系生命保険会社、保険子会社を保有している又は大手保険会社と業務提携している国内の大手金
       融機関との競争に直面しております。また、販売チャネルのひとつとしてインターネットチャネルに参入する生命保
       険会社の数は徐々に増加しており、今後も同業他社及び異業種からの新規参入又はインターネットを販売チャネルと
       する生命保険会社の増加によって、価格競争等が一層激化する可能性があります。当社が競争力を維持できない場合
       には、新契約件数の減少及び解約等による保有契約件数の減少により、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性がありま
       す。
       (h)  ネット生保業界の風評に係るリスク

        インターネットを通じた生命保険商品の販売は、2011年度以降に複数の会社が新規参入を果たしたこともあり、
       様々なメディアにおいて「ネット生保」という新しい業種・業態として認知を高めつつあります。このような業界認
       知の向上は、当社の認知度向上及び成長にプラスに寄与する側面もある一方、同業他社において個人情報の漏えいや
       システム障害等の問題が生じた場合は、ネット生保業界全体に対する消費者の評価に悪影響を与え、それにより当社
       の新契約件数の減少及び解約等による保有契約件数の減少を招き、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ②当社の生命保険事業に係るリスク

       (a)  インターネットを通じた個人向け保険商品販売に集中しているリスク
        当社は、主にインターネットを通じて個人向けに保険商品を販売しております。そのため、当社が想定するほどに
       インターネットを通じた保険商品への購買行動が消費者に浸透しない場合には、新契約件数の継続的拡大という点に
       おいて、大きな課題に直面する可能性があります。
        また、情報漏えいに対する問題意識の高まりなどから、インターネットの利用を制約するような法規制が導入され
       た場合、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (b)  提携先との関係及び提携先の業績に係るリスク

        当社は、インターネットを通じた生命保険商品の直接販売に加えて、生命保険業界内外の企業との業務提携を通じ
       た販売チャネルの拡大・多角化を行っております。2015年4月には、KDDI株式会社と資本業務提携契約を締結し、当
       該提携先の顧客基盤等を活かした生命保険商品の販売を行っております。
        この業務提携は、当社の事業戦略上重要である一方、当該提携先が事業上の問題に直面した場合、業界再編などに
       よって戦略を転換した場合、又は当社が魅力的な提携相手でなくなったと判断された場合などには、当社との業務提
       携が解消される、又は提携内容が変更される可能性があります。その結果、当社は事業戦略の変更を迫られ、当社の
       業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                 11/69




                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       (c)  営業費用の投下に係るリスク
        生命保険業では一般的に、長期間にわたり平準的に保険料を収受する一方、契約前後の短期間に広告宣伝費・代理
       店手数料などが集中的に支出されるため、会計上の損失が生じることがあります。当社は、認知度の向上や新契約の
       獲得を目的として、テレビCMや検索連動型広告に代表される各種の広告宣伝を行っております。営業活動の方向性が
       適切ではなかった場合、一定の投下金額に対する新契約件数が減少したり、一定の新契約件数を達成するために当初
       想定以上の投下金額を要したりする場合には、営業活動の効率性が低下し、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があ
       ります。
       (d)  外部検索エンジンへの依存に係るリスク

        当社は、インターネットを主な販売チャネルとしており、当社のウェブサイトに訪れるユーザーのうち、検索エン
       ジン経由が一定割合を占めることから、ウェブサイトへの集客は各検索エンジンの表示結果に依存しております。検
       索結果において、上位表示となる条件は、各検索エンジンの運営者に委ねられているため、今後、検索エンジンの運
       営者における上位表示の条件の変更などにより、当社にとって優位に働かない状況が生じる可能性があります。それ
       により、当社のウェブサイトへの集客効果が低下し、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (e)  保険金・給付金の支払い漏れに係るリスク

        生命保険業界全体が保険金等の「不払い問題」を契機に以後継続的に支払い体制の強化を図る中で、当社において
       も、正確かつ迅速な支払いを行うための不断の努力を重ねております。しかし、事務手続き上の重大な過失や保険
       金・給付金の支払い漏れが発生した場合、行政処分の如何にかかわらず、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があり
       ます。
       (f)  情報漏えいに係るリスク

        当社は、インターネットを活用した生命保険業務を展開しており、                                顧客情報(個人情報)          を主に電磁的方法により
       保有しております。当社は、情報セキュリティ管理の重要性を経営の最重要課題の一つと認識しておりますが、当社
       役員・従業員、代理店、外部委託先による顧客情報の紛失・漏えい・不正利用が発生した場合、若しくは第三者が当
       社の情報システムに侵入して当社の顧客情報を不正取得した場合には、金融庁から行政処分を受けるほか、当社への
       信頼の低下、ブランドの毀損及び訴訟や顧客からの損害賠償などの多額の費用負担により、当社の財務内容及び業績
       に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (g)  事務リスク

        当社が構築した事務リスク管理体制が有効に機能することなく、事務手続き上の重大な過失が起こった場合、当社
       の風評の低下又は財務上の損害をもたらす可能性があるとともに、行政処分を受ける可能性があります。また、当社
       の外部委託先や代理店の不適切な事務処理が原因で、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (h)  システムリスク

        当社は、インターネットを主な販売チャネルとしており、情報システムの安定運用に依拠して、生命保険の販売、
       引受け、契約の管理、統計データ及び顧客情報の記録・保存などの事業運営を行っております。また、当社の業容拡
       大、商品ラインアップの増加及び業務効率化の追求にあわせて、情報システムへの継続的な投資が必要となります。
       開業以来現在に至るまで大規模なシステムトラブルなどは発生しておらず、安定したシステム運用を行っております
       が、事故、災害、停電、ユーザー集中、人為的ミス、妨害行為、内部・外部からの不正アクセス、ウイルス感染や
       ネットワークへの不法侵入、外部からのサービス妨害攻撃、ソフトウェアやハードウェアの異常等の要因により、当
       社の情報システムが機能しなくなる可能性があります。これらが原因で、当社がお客さまに提供するサービス、保険
       金・給付金の支払いや保険料の収納、資産運用業務などを一時的に中断せざるを得ない事態が生じる可能性があり、
       その結果、当社のレピュテーションが低下し、お客さまの信頼感の低下を招くとともに、行政処分につながるおそれ
       があり、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (i)  技術革新に係るリスク

        当社は、インターネットを活用した生命保険業務を展開していることから、インターネットとその関連技術に精通
       し続けることが当社の成長において不可欠です。IT関連業界は、技術革新のスピードが速く、新技術の登場により当
       業界の技術標準又は顧客の利用環境が変化することから、新技術への対応が遅れた場合、当社の提供する保険商品及
       びサービスが劣後し、業界内での競争力の低下を招き、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                 12/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       (j)  保険引受リスク
        生命保険料は、予定発生率(死亡率、入院率など)、予定利率、予定事業費率と呼ばれる3つの計算基礎率に基づ
       いて計算されております。しかし、例えば、予定発生率のうち、予定死亡率よりも実際の死亡率が高く、想定よりも
       多くの保険金を支払うこととなる可能性があります。また、終身医療保険、定期療養保険、就業不能保険及びがん保
       険などの非伝統的なリスクを保障する商品に用いる予定発生率は、死亡率などの伝統的なリスクを保障する生命保険
       商品の計算基礎率に比べ、相対的に高い不確実性を内包しております。さらに、当社は、これまで、定期死亡保険・
       終身医療保険・定期療養保険・就業不能保険・がん保険の保障性5商品に限定した生命保険の販売を行っていること
       により、リスク・ポートフォリオにおいて、リスクを分散させる効果が相対的に小さくなる可能性があります。
       (k)  資産運用リスク

        当社は、高格付けの公社債などを資産運用の主たる手段として保有しております。また、運用資産の一部として海
       外の株式・債券なども保有しております。
        昨今、国債などの金利は低水準で推移しておりますが、現在の金利水準が将来も続く保証はなく、今後当社が保有
       している公社債の金利が上昇し、時価が下落する可能性があります。また、当社が保有する社債の発行企業の業績が
       著しく悪化し、当社が定める基準に抵触した場合、予期せぬタイミングで社債を売却することとなり、当社が損失を
       被る可能性があります。
        海外の株式・債券は、適切なリスクコントロールのうえ、投資を実施しているため、為替リスクや投資先の信用リ
       スクに与える影響は限定的であるものと認識しておりますが、予期せぬ市場の変動等により円高が進行した場合に、
       当社の財務内容及び業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (l)金利変動に係るリスク

        当社は、ALM(Asset          Liability     Management:資産負債の総合管理)を通じ、資産と負債双方が抱える金利リスクのバ
       ランスを管理しております。ALMを適切に実行できなかった場合又は市場環境がALMによって対処し得る程度を超えて
       大きく変動した場合、当社の財務内容及び業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (m)  財務健全性の悪化に係るリスク

        ソルベンシー・マージン比率の低下など、当社の財務健全性が悪化した又は悪化したと判断された場合には、新契
       約件数の減少、解約等による保有契約件数の減少、新契約獲得費用の増加などにより、当社の事業展開、財務内容及
       び業績に悪影響を及ぼす可能性があります。これらの悪影響は、当社に対する否定的なメディア報道や風評、業績悪
       化、株価の下落等によって生じる可能性があります。さらに、当社にとって有利な条件で資本増強ができない又は資
       本増強そのものができない可能性があります。
       (n)  責任準備金の積み立て不足に関するリスク

        当社は、法令に従い、将来の保険金・給付金支払いに備えた責任準備金を積み立てております。これらの責任準備
       金は、一定の前提に基づいて計算されておりますが、これらの前提は不確実なものであることから、当社の実績が試
       算の前提条件より大きく悪化した場合には、責任準備金の積み立てが不足し、財務の健全性が悪化する可能性があり
       ます。
       (o)  再保険取引に関するリスク

        当社は、保険引受リスクの軽減のため、再保険会社と再保険契約を締結しております。しかし、再保険契約は、取
       引先の存在が前提となるカウンターパーティ・リスクが伴うことから、将来適切な条件で締結できない場合や、再保
       険の締結自体ができない場合、当社の財務内容及び業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (p)  政策投資に係るリスク

        当社は、業務提携の目的で政策投資を行っております。保有株式は、市場経済の動向や投資先の財務内容及び業績
       が悪化した場合や株価の変動によって価格が下落した場合、減損又は評価損が発生する可能性があります。また、シ
       ナジー効果が見込めるベンチャー企業を含む非公開企業等に対して、政策投資を行っており、今後も行う可能性があ
       ります。投資先の選定にあたっては、必要な検討を実施したうえで投資判断を行っておりますが、市場経済の動向や
       投資先の財務内容及び業績が悪化した場合や為替の変動が発生した場合、当社の財務内容及び業績に悪影響を及ぼす
       可能性があります。
                                 13/69




                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       (q)  流動性リスク
        当社は、保険金・給付金の支払いに対応するために必要な一定程度の預貯金を含め、手元流動性を確保した資産運
       用を行っております。しかし、感染症の大流行・地震・津波・テロなどの大規模災害により、急遽、多額の保険金・
       給付金の支払いが求められた場合、不利な条件での資産の売却を強いられ、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があ
       ります。さらに、大規模災害が金融市場の混乱につながった場合など、資産の処分が全くできなくなった場合、保険
       金・給付金の支払いが遅延する可能性があります。その結果、当社のレピュテーションが低下し、当社の業績に悪影
       響を及ぼす可能性があります。
       (r)  訴訟リスク

        当社は、主に予防法務に重点を置き、弁護士などと相談しながら訴訟の発生リスクを極小化しており、現在までの
       ところ、重大な訴訟は発生しておりません。しかし、生命保険事業に関連した訴訟において当社が不利な結果を被る
       可能性もあり、将来にわたって当社の業績に影響を及ぼす訴訟や係争が発生する可能性があります。また、同様に、
       他社が係争中の訴訟において、生命保険会社に不利な判決が下された場合においても、潜在的な訴訟リスクや顧客対
       応に係る事務コストが高まる可能性があります。
       (s)  リスク管理体制に係るリスク

        当社は、リスク管理に関係するあらゆる事項の報告を行う全社横断的な機関である「リスク管理委員会」を設置
       し、適切なリスク管理を行っております。しかし、リスクを把握する上で必要となる過去の実績や経験の蓄積が十分
       ではない可能性があり、当社のリスク管理体制が有効に機能しなかった場合、当社の財務内容及び業績に悪影響を及
       ぼす可能性があります。
       (t)  当社役員及び従業員、代理店、外部委託先又は顧客の不正により損失を被るリスク

        当社は、当社役員及び従業員、代理店、外部委託先又は顧客による詐欺やその他の不正、例えば、違法な保険募
       集、顧客情報の不正利用、顧客による詐欺・なりすまし、その他の不祥事件等により、損失を被るリスクがありま
       す。特に、違法な募集行為や顧客情報の不正利用が発生した場合には、金融庁から行政処分を受けるほか、当社への
       信頼の低下、ブランドの毀損及び訴訟などの多額の費用負担につながり、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があり
       ます。
       (u)  当社従業員の雇用等に係るリスク

        当社は、生命保険会社としての業務遂行のため、安定した事務遂行と高い専門性を有する人材の確保・育成に努め
       ております。しかし、有能で熟練した人材は限られており、人材獲得の競争激化に加え、重大な人事・労務問題が発
       生し、当社の信頼が著しく低下することにより、必要な人材の確保及び育成を図ることができなくなった場合、                                                    又は
       社内の人材の流出が起こった場合には、当社の円滑な業務運営に問題が生じる可能性があります。
       ③その他のリスク

       (a)  中期計画等の達成に係るリスク
        当社は、2016年5月に2018年度までの中期計画を発表しました。当社を取り巻く経済環境、競争環境等の事業環境
       その他の理由により、計画どおりに進捗せず、これを達成できない可能性があります。なお、2018年5月に業績予想
       として発表したとおり、中期計画における経営目標のうち、経常収益は未達となる見込みです。
       (b)  ストックオプション制度に係るリスク

        当社は、業績向上に対する意欲や士気を高めることを目的として、ストックオプション制度を採用しており、会社
       法の規定に基づく新株予約権を当社取締役及び従業員に付与しております。これらの新株予約権又は今後付与される
       新株予約権が行使された場合、株式価値が希薄化する可能性があります。
       (c)  繰越欠損金に係るリスク

        当社では、現在のところ税務上の繰越欠損金が存在しておりますが、税務上認められる期限までに繰越欠損金が解
       消されない場合、繰越欠損金による課税所得の控除が受けられない可能性があります。
       (d)  配当政策に係るリスク

        当社は、利益の蓄積が進んでいないことから、設立以来、剰余金の配当を実施しておりませんが、将来的には内部
       留保の充実が図れた場合は、剰余金の配当を検討することとしております。しかし、安定的に利益を計上できない場
       合には、剰余金の配当による株主還元が困難となる可能性があります。
                                 14/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      ( 1)  経営成績等の状況の概要
       当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概
      要は次のとおりです。
       ①財政状態及び経営成績の状況
         当事業年度の国内経済は、企業収益が伸長している中、雇用や所得環境の改善も続き、緩やかな回復基調が続い
        ております。
         生命保険業界においては、低金利環境の影響を受けた貯蓄性商品の販売停止をはじめ、11年ぶりとなる2018年4
        月の標準生命表の改定に向けた対応を迫られるなど、各生命保険会社は厳しい環境に直面しております。一方、金
        融庁が公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」を踏まえ、顧客本位の業務運営に関する取組方針及び取組状
        況を公表するなど、フィデューシャリー・デューティーへの取組みが進んでおります。また、新商品の開発及び顧
        客サービスの拡充に加え、新しいテクノロジーを活用する動きが加速するなど、競争は一層激化しております。
         このような状況の中、当社は、相互扶助という生命保険の原点に戻り、「正直に経営し、わかりやすく、安くて
        便利な商品・サービスの提供を追求する」という経営理念の下、インターネットを主な販売チャネルとする生命保
        険会社として開業から10年目を迎えました。当事業年度は、新商品の発売、ビジネス・パートナーシップの継続的
        な強化、スマートフォンを活用したサービスの拡充を通じて、引き続きお客さま視点での価値の提供に努めてまい
        りました。
        (収支の状況      )

         当事業年度の保険料等収入は、前事業年度比108.2%の10,616百万円となりました。また、資産運用収益は、前事
        業年度比146.4%の317百万円となりました。その他経常収益は、28百万円となりました。この結果、当事業年度の
        経常収益は、前事業年度比108.6%の10,962百万円となりました。
         保険金等支払金は、前事業年度比105.3%の1,891百万円となりました。責任準備金等繰入額は、前事業年度比
        101.3%の3,684百万円となりました。                 事業費は、前事業年度比122.1%の4,942百万円となりました。                            その他経常費用
        は、  前事業年度比      23.2%の613百万円となりました。これらにより、当事業年度の経常費用は前事業年度比92.0%の
        11,160百万円となりました。
         以上の結果、当事業年度の経常損失は、前事業年度の2,031百万円に対して、197百万円となりました。当期純損
        失は、前事業年度の1,889百万円に対して、249百万円となりました。
         また、    生命保険会社の収益性を示す指標のひとつである基礎利益は、前事業年度の1,936百万円のマイナスに対
        して、120百万円のマイナスとなりました。
        (財政状態)

         当事業年度末の総資産は、35,541百万円(前事業年度末31,934百万円)となりました。負債は、22,153百万円
        (前事業年度末18,288百万円)となりました。純資産は、当期純損失を計上したため、13,387百万円(前事業年度
        末13,645百万円)と減少しました。
         また、当事業年度末のソルベンシー・マージン比率は、                           2,455.8    %(前事業年度末2,723.0%)となりました。
       ②キャッシュ・フローの状況

         当事業年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、3,820百万円の収入(前事業年度3,904百万円の収
        入)となりました。投資活動によるキャッシュ・フローは、3,852百万円の支出(前事業年度3,834百万円の支出)
        となりました。また、財務活動によるキャッシュ・フローは、19百万円の支出(前事業年度200百万円の収入)と
        なりました。
         以上の結果、現金及び現金同等物の期末残高は、2,926百万円(前事業年度末3,004百万円)となりました。
       ③生産、受注及び販売の実績

         生命保険業においては、該当する情報がないため記載しておりません。
                                 15/69





                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は、以下のとおりです。本項における
      将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において判断したものです。
       ①重要な会計方針及び見積り

         当社の財務諸表はわが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成しております。そ
        の作成は経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の開示に影響を与える見積り及び予測を
        必要とします。経営者は、これらの見積りや予測について、過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、
        実績はこれらと異なる可能性があります。
         当社の財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5                          経理の状況 1       財務諸表等 (1)        財務諸表」の「重要な会
        計方針」に記載しておりますが、特に以下の重要な会計方針の適用が、その作成において用いられる見積り及び予
        測により、当社の財務諸表に大きな影響を及ぼします。
       a.  金融商品の時価の算定方法

         有価証券は     、時価法に基づいて評価しております。時価は、原則として市場価格に基づいて算定しております
        が、市場価格がない場合には将来キャッシュ・フローの現在価値等に基づく合理的な見積りによることとしており
        ます。将来、見積りに影響する新たな事実の発生等により、見積り額は変動する可能性があります。
       b.  有価証券の減損処理

         売買目的有価証券以外の有価証券のうち、時価が取得価額に比べて著しく下落した場合、回復する見込みがある
        と認められる場合を除き、合理的な基準に基づく減損処理を行うこととしております。今後の金融市場の状況に
        よっては、多額の有価証券評価損を計上する可能性があります。
       c.  繰延税金資産及び繰延税金負債

         繰延税金資産及び繰延税金負債については、「税効果会計に係る会計基                                   準(平成10年10月30日企業会計審議
        会)  」に基づき、認められる額を計上しております。
       d.  貸倒引当金の計上基準

         当社は、債権の貸倒れによる損失に備えるため、資産の自己査定基準及び償却・引当基準に則り、債務者の状況
        に応じ、債権の回収不能時に生じる損失の見積り額について、貸倒引当金を計上することとしております。将来、
        債務者の財務状況が悪化し支払い能力が低下した場合には、引当金の                                計上  又は貸倒損失が発生する可能性がありま
        す。
       e.  支払備金の積立方法

         保険契約に基づいて支払義務が発生したと認められる保険金等について、事業年度末時点の未払の金額を見積
        り、支払備金として積み立てております。今後、見積りに影響する新たな事実の発生や裁判の判例等により、支払
        備金の計上額が当初の見積り額から変動する可能性があります。
       f.  責任準備金の積立方法

         保険契約に基づく将来における債務の履行に備えるため、将来の死亡率、罹患率、解約失効率及び資産運用利回
        り等の予測にもとづいて責任準備金を積み立てております。当社は                               責任準備金の見積りに使用されるこれらの                    基礎
        率は合理的であると考えておりますが、実際の結果が著しく異なる場合、あるいは基礎率を変更する必要がある場
        合には、責任準備金の金額に影響を及ぼす可能性があります。保険料積立金については保険業法施行規則第69条第
        4項第4号の規定に基づき5年チルメル式によって計算しております。
         なお、   2018年度から2022年度にかけて5年チルメル式から標準責任準備金への移行を行う予定です。当事業年度
        末 現在積み立てている責任準備金と標準責任準備金との差額は、1,648百万円であり、それを5事業年度にわたって
        差額を解消するように積み立てる予定です。
                                 16/69





                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       ②当  事業  年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
       a.  経営状況の分析等
        当事業年度は、中期計画の2年目にあたり、持続可能な収益基盤の確立を目指して、販売チャネルの多角化及び積
       極的な営業費用の投下により、新契約業績が力強く成長しました。当事業年度の成果及び取組みの状況等は次のとお
       りです。
        (契約の状況)

         当事業年度の      新契約の年換算保険料           は、前事業年度比125.9%の1,714百万円                  、 新契約件数は、前事業年度比
                         *1
        131.7%の39,175件        となりました。
         当事業年度末の保有契約の年換算保険料                   は、前事業年度末比110.5%の11,147百万円、保有契約高は、前事業年
                            *1
        度末比104.7%の2,059,703百万円となりました。保有契約件数は                              、2018年2月に26万件を突破し、前事業年度末比
        110.0%の263,847件となり、保有契約者数は、169,532人となりました。また、当事業年度の解約失効率                                                は、5.9%
                                                       *2
        (前事業年度6.6%)となりました。
         *1.  年換算保険料とは、1回当たりの保険料について保険料の支払い方法に応じた係数を乗じ、1年当たりの保険料に換算した金額を
           いいます。当社商品の保険料は全て月払いのみとなっているため、1ヶ月当たりの保険料に12を乗じたものを年換算保険料とし
           ております。
         *2.  解約失効率は、解約・失効の件数を月々の保有契約件数の平均で除した比率を年換算した数値です。
        (収支の状況)

         当事業年度の保険料等収入は、保有契約件数の増加に伴い、前事業年度比108.2%の10,616百万円となりました。
        また、資産運用収益は、前事業年度比146.4%の317百万円となりました。その他経常収益は、28百万円となりまし
        た。この結果、当事業年度の経常収益は、前事業年度比108.6%の10,962百万円となりました。
         保険金等支払金は、前事業年度比105.3%の1,891百万円となりました。保険金及び給付金支払額の保険料に対す
        る割合は、前事業年度の16.0%から15.0%に減少しました。責任準備金等繰入額は、前事業年度比101.3%の3,684百
        万円となりました。         責任準備金繰入額の保険料に対する割合は、前事業年度の37.8%から34.2%となりました。事業
        費は、前事業年度比122.1%の4,942百万円となりました。                           事業費のうち、広告宣伝費を中心とした営業費用は前事
        業年度比144.2       %の2,627百万円、保険事務費用は前事業年度比120.6%の687百万円、システムその他費用は前事業年
        度比98.4%の1,628百万円となり               ました。その他経常費用は、前事業年度に保険業法第113条繰延資産を一括償却し
        たため、当事業年度の同繰延資産償却費を計上していないことなどにより、                                   前事業年度比      23.2%の613百万円となり
        ました。これらにより、当事業年度の経常費用は前事業年度比92.0%の11,160百万円となりました。
         以上の結果、当事業年度の経常損失は、前事業年度の2,031百万円に対して、197百万円となりました。当期純損
        失は、前事業年度の1,889百万円に対して、249百万円となりました。
         また、    生命保険会社の収益性を示す指標のひとつである基礎利益は、                             前事業年度に保険業法第113条繰延資産を
        一括償却したことなどにより、              前事業年度の1,936百万円のマイナスに対して、120百万円のマイナスとなりまし
        た。内訳は、危険差益2,623百万円、費差損2,752百万                         円、利差益8百万円です。
        (財政状態)

         当事業年度末の総資産は、35,541百万円(前事業年度末31,934百万円)となりました。主な勘定残高として、高
        格付けの公社債を中心とする有価証券は、28,303百万円となりました。                                 なお、株式は、資本業務提携を目的として
        当社の保険募集代理店である株式会社アドバンスクリエイトの株式のみを保有しています。韓国の教保生命保険株
        式会社と合弁で設立した教保ライフプラネット生命保険株式会社の株式は、2018年3月に売却しました。
         負債は、保険料の増加に伴い責任準備金が増加したことから、22,153百万円(前事業年度末18,288百万円)とな
        りました。主な勘定残高は、責任準備金20,757百万円(うち、危険準備金1,519百万円)、支払備金429百万円とな
        りました。なお、        2018年度から2022年度にかけて5年チルメル式から標準責任準備金への移行を行う予定です。                                           現
        在積み立てている責任準備金と標準責任準備金との差額は、1,648百万円であり、それを5事業年度にわたって差額
        を解消するように積み立てる予定です。
         純資産は、当期純損失を計上したため、13,387百万円(前事業年度末13,645百万円)と減少しました。
         当事業年度末のソルベンシー・マージン比率は、                        2,455.8    %(前事業年度末2,723.0%)となり、充分な支払余力を
        維持しています。
         なお、当社の経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「2                                  事業等のリスク」に記載のとおりです。
        (商品・サービスなどの取組み)

         当事業年度においては、2017年8月に当社初のがん保険「ダブルエール」を発売しました。「ダブルエール」
        は、「がん罹患後に働きながらがんを治療することをサポートする」という新しいコンセプトに基づき開発した商
        品です。がん診断後の治療費に備える「治療サポート給付金」に加えて、がん治療に伴う休職や時短勤務等による
        収入の減少に備える「がん収入サポート給付金」の2つの給付金によるダブルの保障を特長としております。「ダ
                                 17/69


                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
                          *1
        ブルエール」は、雑誌「日経トレンディ                   」2018年5月号「得する銀行・保険」特集のがん保険部門において、
        「最もメリットが大きい」と評価され、「日経トレンディ認定大賞」を受賞しました。
         この「ダブルエール」の発売に合わせて、がん罹患後に働きながらがんを治療することを応援する「がん生活サ
        ポートサービス」を開始しました。これは、専門企業と提携し、がん罹患者からの要望が多い「家事代行」「食材
        宅配」「外見ケア」「医療用ウィッグ」「サポートタクシー」「遠隔セカンドオピニオン」などを紹介するサービ
        スです。
                           *2
         また、2017年9月には、生命保険業界初                    となるLINE上でのグループトーク機能を活用した保険相談サービスの
        提供を開始しました。これにより、仕事や育児で忙しく、保険相談に出かける余裕がないご夫婦やカップルが、
        LINE上ですきま時間に、離れた場所でも一緒に保険プランナーと保険相談を行えるようになりました。LINEを活用
        した取組みにおいては、業界でいち早く、お客さまとの新たなタッチポイントとしてLINEを介したサービスの提供
                                                           *3
        を開始した姿勢が評価され、平成29年度カスタマーサポート表彰制度(Best                                    Customer     Support    of  the  Year)
        において「奨励賞」を受賞しました。
         さらに、当事業年度は当社の商品・サービスに対する外部機関からの高い評価が続きました。商品では、2016年
        に発売した就業不能保険「働く人への保険2」が、主に低廉な保険料や保障の選択肢の多さ、給付金額や保険期間
                                    *1
        を自由に設定できる商品性に関して、雑誌「日経トレンディ                             」2018年5月号を含む、4つの雑誌で高い評価を得ま
                          *4
        した。「価格.com保険アワード2018年版                   」では、2017年の1年間で最も申し込み件数の多かった商品として、当
        社の定期死亡保険「かぞくへの保険」及び就業不能保険「働く人への保険2」が各部門で2年連続総合第1位を獲得
                        *5
        し、また保険選びサイト「保険市場                 」の「2018年版        昨年最も選ばれた保険ランキング」では、定期死亡保険
        「かぞくへの保険」がネット申込ランキング「死亡保険部門」で、就業不能保険「働く人への保険2」が資料請求
        ランキング「就業不能保険部門」で、それぞれ第1位を獲得しております。
         サービスでは、HDI-Japanが主催する2017年「HDI格付けベンチマーク(生命保険業界)」において、「問合せ窓
        口(コンタクトセンター)」「Webサポート(ウェブサイト)」の両部門で、最高評価の3つ星を6年連続で獲得し
                                           *2
        ました。両部門での6年連続3つ星獲得は、生命保険業界では最長タイの記録                                    です。
         *1.  株式会社日経BP発行
         *2.  当社調べ
         *3.  公益社団法人企業情報化協会主催
         *4.  株式会社カカクコム・インシュアランス運営
         *5.  株式会社アドバンスクリエイト運営
        (中期計画の進捗状況)

         中期計画の2年目である当事業年度は、販売チャネルの多角化及び積極的な営業費用の投下により、2017年8月の
        新商品がん保険「ダブルエール」の発売以降、新契約業績が対前年同月超えを継続するとともに、2事業年度連続
        で前事業年度を超え、力強く伸長しております。なお、当社の中期計画は、「1                                     経営方針、経営環境及び対処すべ
        き課題等      (3)  中長期的な経営戦略及び対処すべき課題」                    に記載のとおりです。
         一方で、インターネット直販チャネルにおいて、新契約の獲得効率が当初の想定どおりの改善には至らなかった
        ことに加え、KDDI及び代理店チャネルにおいて、当初の想定よりもチャネルの活用が十分には実現していないこと
        などから、2018年度の経営目標として掲げた経常収益135億円は未達となる見込みです。2018年度においては、経
        常収益120億円を業績予想として開示しております。
         このように、中期計画が当初の想定どおりには進捗していないものの、2016年度及び2017年度の業績が力強く伸
        長している状況から、当社は現在、再成長フェーズにあると捉え、2018年度においても、成長性を重視し、引き続
        き、各販売チャネルの強化及び積極的な営業費用の投下などにより、新契約業績の着実な伸長を目指します。
         なお、今後の取組みにつきましては、「1                     経営方針、経営環境及び対処すべき課題等                      (3)  中長期的な経営戦略
        及び対処すべき課題」に記載のとおりです。
                                 18/69






                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       b.  経常利益等の明細(基礎利益)
       (a)  基礎利益
        基礎利益とは生命保険業における                 収益性   を示す指標のひとつです。具体的には、保険契約者から収受した保険料等
       の保険料等収入、資産運用収益及び責任準備金戻入額等その他経常収益等で構成される基礎収益から、保険金等支払
       金、責任準備金等繰入額、資産運用費用、事業費及びその他経常費用等から構成される基礎費用を控除したものとし
       て計算されます。
        基礎利益と経常利益との差及びその内訳は、以下のとおりです。
                                               (単位:百万円)
                                  前事業   年度
                                               当事業   年度
                                 (自  2016年4月1日
                                              (自  2017年4月1日
                                  至   2017年3月31日)
                                               至   2018年3月31日)
       基礎利益                      A
                                       △1,936              △120
       キャピタル収益                                  -             66
          金銭の信託運用益                               -             -
          売買目的有価証券運用益                               -             -
          有価証券売却益                               -             47
          金融派生商品収益                               -             19
          為替差益                               -             -
          その他キャピタル収益                               -             -
       キャピタル費用                                   0            27
          金銭の信託運用損                                0             0
          売買目的有価証券運用損                               -             -
          有価証券売却損                               -             -
          有価証券評価損                               -             -
          金融派生商品費用                               -             -
          為替差損                               -             26
          その他キャピタル費用                               -             -
       キャピタル損益                      B
                                         △0             39
       キャピタル損益含み基礎利益                     A+B
                                       △1,936              △81
       臨時収益                                  -             -
          再保険収入                               -             -
          危険準備金戻入額                               -             -
          その他臨時収益                               -             -
       臨時費用                                  95            116
          再保険料                               -             -
          危険準備金繰入額                               95            116
          個別貸倒引当金繰入額                               -             -
          特定海外債権引当勘定繰入額                               -             -
          貸付金償却                               -             -
          その他臨時費用                               -             -
       臨時損益                      C
                                        △95            △116
       経常利益                                                 A+B+C
                                       △2,031              △197
        (注)当事業年度の基礎利益には、金銭の信託運用益18百万円を含んでおります。
                                 19/69






                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       (b)  三利源について
        基礎利益は「危険差益」、「費差益」及び「利差益(順ざや)」に分解することも可能であり、これらを三利源と
       呼んでおります。生命保険料の計算は、予定発生率(死亡率、入院率など)、予定利率、予定事業費率(付加保険料
       部分)の3つに基づいております。これらの「予定」と実績との差によって生命保険会社の利益(基礎利益)が生じ
       ていると考え、それぞれの差分を算出することによって、基礎利益がどのような要因から生じているのかを明らかに
       するのが利源分析の考え方です。
                            想定した保険金・給付金の支払額(予定発生率)と実際に発生した

       危険差益(差損)
                            支払額との差
       費差益(差損)
                            想定した事業費(予定事業費率)と実際の事業費支出との差
       利差益(差損)若しくは順ざや(逆ざや)
                            想定した運用収支(予定利率)と実際の運用収支との差
       (注)当社の三利源分析は、保険数理上合理的な方法を採用しておりますが、具体的な計算方法は他の保険会社と
          異なることがあります。当社では保険料の内訳計算等について5年チルメル式を採用し、解約・失効による
          利益(解約失効益)は、費差損益に含めております。
       (c)  基礎利益の内訳(三利源)

        当事業年度の基礎利益及び三利源の状況は以下のとおりです                            。前事業年度に保険業法第113条繰延資産を一括償却
       したことなどにより、          前事業年度の1,936百万円のマイナスに対して、120百万円のマイナスとなりました。
                                                     (単位:百万円)
                                  前事業   年度
                                                  当事業   年度
                                 (自  2016年4月1日
                                                 (自  2017年4月1日
                                  至   2017年3月31日)
                                                  至   2018年3月31日)
       基礎利益                                 △1,936                 △120
         危険差益
                                          2,293                2,623
         費差損(△)
                                         △4,247                △2,752
         利差益(順ざや額)
                                                           8
                                           17
                                 20/69











                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       c.  ソルベンシー・マージン比率
       (a)  ソルベンシー・マージン(支払い余力)の考え方
        ソルベンシー・マージン比率とは、大災害や株式市場の暴落など、通常の予測の範囲を超えて発生するリスクに対
       応できる「支払い余力」を有しているかどうかを判断するための経営指標・行政監督上の指標のひとつです。具体的
       には、純資産などの内部留保と有価証券含み益などの合計(ソルベンシー・マージンの総額=支払い余力)を、定量
       化した諸リスクの合計額で除して求めます。なお、ソルベンシー・マージン比率が200%以上であれば、行政監督
       上、健全性についてのひとつの基準を満たしているとされます。
                              ソルベンシー・マージン総額
            ソルベンシー・マージン比率 =                                 × 100(%)
                               リスクの合計額        ×  1/2
       (b)  ソルベンシー・マージン比率

        当事業年度末のソルベンシー・マージン比率は、2,455.8%となり、支払余力は引き続き高水準を維持しておりま
       す。
                                                  (単位:百万円)
                                     前事業年度末
                                                  当事業年度末
                  項   目
                                     (2017年3月31日)
                                                 (2018年3月31日)
        (A)   ソルベンシー・マージン総額
                                           20,357             20,614
          資本金等                                13,157             12,907

          価格変動準備金                                   19             30
          危険準備金                                 1,402             1,519
          一般貸倒引当金                                   -             -

          (その他有価証券評価差額金(税効果控除前)・

          繰延ヘッジ損益(税効果控除前))×90%                                  610             600
          (マイナスの場合100%)
          土地の含み損益×85%

                                             -             -
          (マイナスの場合100%)
          全期チルメル式責任準備金相当額超過額                                 5,167             5,556
          持込資本金等                                   -             -
          負債性資本調達手段等                                   -             -
          控除項目                                   -             -
          その他                                   -             -

        (B)   リスクの合計額
                                           1,495             1,678
          保険リスク相当額        R1

                                           1,044             1,077
          第三分野保険の保険リスク相当額 R8
                                            314             373
          予定利率リスク相当額      R2
                                             2             2
          最低保証リスク相当額      R7
                                             -             -
          資産運用リスク相当額      R3
                                            473             705
          経営管理リスク相当額      R4
                                             55             64
        (C)   ソルベンシー・マージン比率
                                                      2,455.8%
                                         2,723.0%
        (注)    以上の数値は、保険業法施行規則第86条、第87条及び平成8年大蔵省告示第50号の規定に基づいて算出して

            おります。
                                 21/69


                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       ③資本の財源及び資金の流動性
       a.  キャッシュ・フローの状況
        当事業年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、事業費の増加及び保険料等収入の増加により、3,820
       百万円の収入(前事業年度3,904百万円の収入)となりました。投資活動によるキャッシュ・フローは、主に有価証
       券の取得により、3,852百万円の支出(前事業年度3,834百万円の支出)となりました。また、財務活動によるキャッ
       シュ・フローは、19百万円の支出(前事業年度200百万円の収入)となりました。
        以上の結果、現金及び現金同等物の期末残高は、2,926百万円(前事業年度末3,004百万円)となりました。
       b.  当社の運用方針

        当社は、主に生命保険           契約  の保険料として収受した金銭を財源に、運用業務を営んでおります。当事業年度におい
       ても、国債を中心とした高格付けの公社債などの円金利資産を中心とした運用を継続しました。資産運用の多様化の
       ため、適切なリスク管理のもと株式及び国内外の債券等を投資対象とした投資信託にも投資を行っています。
        資本業務提携を目的として当社の保険募集代理店である株式会社アドバンスクリエイトの株式を                                             前事業年度に引き
       続き  保有しています。なお          、 従来保有していた教保ライフプラネット                   生命保険    株式会社の株式については2018年3月
       に売却   しました    。
       c.  運用環境

        2017年度の主要国の株式市場は政治リスク及び地政学リスクが懸念される中、良好なマクロ経済環境や堅調な企業
       業績、さらに金利水準が過去に比し相対的に低い水準で推移したこと等の要因から、2018年1月までは堅調な動きと
       なりました。      当事業年度     末にかけては、米国の労働市場が引き続き堅調に推移するとの見方から、従来よりも利上げ
       ペースが加速すると予想されたことにより、長期金利が上昇し、株価の下落に繋がりました。
        日本を除く主要国の長期金利は、金融政策がこれまでの緩和から転換することが見込まれ、米国を中心に上昇基調
       となりました。
        為替市場は、良好な世界景気を背景に、米ドルよりもユーロなどの通貨が上昇しました。円の対ドル円相場につい
       ては12月までは107~115円の横ばい圏内で推移していましたが、投資家のリスク回避姿勢が幾分強まる中で、2018年
       1月以降は円高ドル安方向の動きとなりました。
        当社の主要な運用対象である、国内債券市場は日本銀行による量的・質的緩和政策が継続し、                                            前事業年度     に引き続
       き長短金利は低位で安定的に推移しました。
        当事業年度     を通じては、10年国債利回りが前事業年度末0.07%程度から当事業年度末0.04%程度、日経平均株価は前
       事業年度末18,900円台から当事業年度末21,400円台、ドル円は前事業年度末111円台から当事業年度末106円台での動
       きとなりました。
       d.  運用実績の概況

        当事業年度末の総資産は35,541百万円(前事業年度末                          31,934百万円)、このうち、預貯金、買入金銭債権、金銭
       の信託に有価証券を加えた運用資産残高は33,797百万円(前事業年度30,373百万円)となりました。また、当事業年
       度における資産運用収益は317百万円(前事業年                      度2  16百万円)、      資産運用    利回りは    0.90%   (前事業年度0.75%)とな
       りました。当事業年度末の保有債券の修正デュレーションは、前事業年度末と変わらずの11.9年となりました。
     4【経営上の重要な契約等】

        当社は、2015年4月20日に、KDDI株式会社と資本業務提携契約を締結しました。当資本提携契約により、当社は、
       KDDI株式会社を割当先とする第三者割当により、8,000,000株の新株式を発行し、3,040百万円の資金調達を行いまし
       た。また、当業務提携契約により、当社は、KDDI株式会社とともに業務推進委員会を設置し、それぞれの顧客基盤・
       ブランド・事業ノウハウを融合して、お客さま志向の金融サービスの創造を目指し検討を重ねております。
     5【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 22/69





                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
        当事業年度における設備投資の総額は、361百万円です。
        なお、当事業年度において、重要な設備の除却、売却等はありません。
     2【主要な設備の状況】

        当社における主要な設備は、以下のとおりです。
                                                   2018年3月31日現在
                                     帳簿価額
        事業所名                                                従業員数
                             土地
                                  その他の
                設備の内容
                       建物                リース資産     ソフトウエア        合計
        (所在地)                                                 (人)
                           (百万円)
                                 有形固定資産
                      (百万円)                 (百万円)      (百万円)      (百万円)
                                 (百万円)
                           (面積㎡)
     本社
                         18      -      18      7           508   151(44   )
                本社事務所                                 465
     (東京都千代田区)
     データセンター
                         -      -      12      45      -      57    -
                サーバー等
     (神奈川県足柄上郡)
     データセンター
                         -      -       8     5      -      14    -
                サーバー等
     (大阪府大阪市)
     データセンター等
                         -      -      11      -      -      11    -
                サーバー等
     (東京都三鷹市)
      (注)1.上記金額には消費税等は含まれておりません。
         2.      本社の建物を賃借しております。年間の地代家賃は                        、107百    万円です。
         3.  帳簿価額のうち、ソフトウエアには、ソフトウエア仮勘定は含んでおりません。
         4.  従業員   数 には、正社員及び契約社員を含んでおります。また、                         他社からの出向者を含み、当社からの出向者
          を含んでおりません。          カッコ内に、派遣従業員の平均雇用人員を外数で記載しております。
     3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)  重要な設備の新設
        該当事項はありません。
       (2)  重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                 23/69










                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)  【株式の総数等】
      ①【株式の総数】
                                     発行可能株式総数(株)
                  種類
                                        100,000,000
                 普通株式
                                        100,000,000

                   計
      ②【発行済株式】

                 事業年度末現在             提出日現在
          種類                             上場金融商品取引所名               内容
                 発行数(株)            発行数(株)
                (2018年3月31日)            (2018年6月15日)
                                                  1単元の株式数は100
                                                  株です。完全議決権
                                         東京証券取引所          株式であり、権利内
         普通株式          51,145,000            51,145,000
                                         (マザーズ)         容に何ら限定のない
                                                  当社における標準と
                                                  なる株式です。
           計         51,145,000            51,145,000            -           -
        (注)「提出日現在発行数」には、2018年6月1日から2018年6月15日(有価証券報告書提出日)までの新株予約権
           の行使により発行された株式数は含まれておりません。
                                 24/69













                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
      当社は、新株予約権方式によるストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき新株予約権
     を発行する方法によるものです。
      当該制度の内容は、以下のとおりです。
     第3回新株予約権(2009年12月17日臨時株主総会)

      決議年月日                              2009年12月17日
      付与対象者の区分及び人数(名)(決議日時点)

                                    当社取締役1名、当社従業員39名
      新株予約権の数(個)                              236(注)2、3、8

                                    普通株式(注)4

      新株予約権の目的となる株式の種類
      新株予約権の目的となる株式の数(株)

                                    236,000(注)2、3、7
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                              600(注)5、7

                                    自 2012年      1月25日
      新株予約権の行使期間
                                    至 2019年12月24日
                                    発行価格  600
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
      行価格及び資本組入額(円)
                                    資本組入額 300(注)7
                                    (注)6
      新株予約権の行使の条件
                                 権利者は、割当新株予約権の譲渡、又はこれに対する担
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                 保権の設定その他の一切の処分をすることができない。
                                              -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
     (注)1.     「決議年月日」及び「付与対象者の区分及び人数」を除いて、当事業年度末現在における事項を記載しており
          ます。なお、      当事業年度末現在から、提出日の前月末現在(2018年5月31日)にかけて、変更となった事項は
          ありません。
        2.     「新株予約権の数」及び「新株予約権の目的となる株式の数」は、行使、退職等の理由により権利を喪失した
          ものを減じた数です。
        3.  本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行使の本新
          株予約権についてその1個当たりの目的である株式数を以下の算式に従い調整するものとします。
           調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
        4.     新株予約権の目的となる株式は、完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる
          株式です。
        5.     新株予約権発行後、当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合は、未行使の新株予約権につい
          て、行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとしま
          す。
                                   1
          調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×
                               分割・併合の比率
        6.     新株予約権の行使の条件に関する事項は次のとおりです。
          (1)  権利者は、新株予約権の割当日から(ただし、権利者が割当日後に当社等の取締役若しくは監査役又は使
            用人の地位を有するに至った場合は、それ以後)行使時に至るまで、当社の取締役若しくは監査役又は使
            用人の地位を有していることを要する。
          (2)  1新株予約権の一部行使はできない。
          (3)  その他の条件は当社と対象者との間で締結した新株予約権割当契約書に定めるところによる。
        7.      2012年1月24日付けで1株を1,000株に分割したことに伴い、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予
          約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入
          額」が調整されております。
        8.     新株予約権1個につき目的となる株式数は1,000株です。
                                 25/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     第4回新株予約権(2012年1月25日取締役会)
      決議年月日                              2012年1月25日
      付与対象者の区分及び人数(名)(決議日時点)

                                    当社従業員29名
      新株予約権の数(個)                              88,000(注)2、3、7

                                    普通株式(注)4

      新株予約権の目的となる株式の種類
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                    88,000(注)2、3
      新株予約権の行使時の払込金額(円)

                                    1,000(注)5
                                    自 2014年1月27日
      新株予約権の行使期間
                                    至 2022年1月25日
                                     発行価格 1,000
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
      行価格及び資本組入額(円)
                                     資本組入額 500
                                    (注)6
      新株予約権の行使の条件
                                 権利者は、割当新株予約権の譲渡、又はこれに対する担
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                 保権の設定その他の一切の処分をすることができない。
                                              -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
     (注)1.     「決議年月日」及び「付与対象者の区分及び人数」を除いて、当事業年度末現在における事項を記載しており
          ます。なお、      当事業年度末現在から、提出日の前月末現在(2018年5月31日)にかけて、変更となった事項は
          ありません。
        2.     「新株予約権の数」及び「新株予約権の目的となる株式の数」は、退職等の理由により権利を喪失したものを
          減じた数です。
        3.     本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行使の本新
          株予約権についてその1個当たりの目的である株式数を以下の算式に従い調整するものとします。
           調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
        4.     新株予約権の目的となる株式は、完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる
          株式です。
        5.     新株予約権発行後、当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合は、未行使の新株予約権につい
          て、行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとしま
          す。
                                   1
          調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×
                               分割・併合の比率
        6.     新株予約権の行使の条件に関する事項は次のとおりです。
          (1)  権利者は、新株予約権の割当日から(ただし、権利者が割当日後に当社等の取締役若しくは監査役又は使
            用人の地位を有するに至った場合は、それ以後)行使時に至るまで、当社の取締役若しくは監査役又は使
            用人の地位を有していることを要する。
          (2)  1新株予約権の一部行使はできない。
          (3)  その他の条件は当社と対象者との間で締結した新株予約権割当契約書に定めるところによる。
        7.      新株予約権1個につき目的となる株式数は1株です。
      ②  【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
      ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                 26/69




                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
                総数増減数        総数残高                       増減額        残高
         年月日
                               (百万円)        (百万円)
                 (株)       (株)                      (百万円)        (百万円)
       2013年4月1日~
                        42,175,000                 10,500               10,500
       2014年3月31日             90,000                 15               15
      (注)1
       2015年5月22日
                        50,175,000                 12,020               12,020
                 8,000,000                 1,520               1,520
      (注)2
      2016年4月1日~
                        51,145,000                 12,136               12,136
      2017年3月31日            970,000                 116               116
      (注)1
      (注)1.     新株予約権の行使による増加です。
         2.  有償第三者割当
           発行価額                   380円
           資本組入額                  190円
           払込金総額      3,040百万円
           割当先                  KDDI株式会社
      (5)  【所有者別状況】

                                                    2018年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未満
                                                         株式の
             政府及び
                                     外国法人等
        区分
                        金融商品     その他の                 個人
                                                         状況
             地方公共     金融機関                                  計
                        取引業者      法人                その他
                                  個人以外      個人
                                                         (株)
             団体
      株主数(人)           -     6     21      46     40     12    7,213      7,338       -
     所有株式数
                 -   41,632     31,942     199,005     114,716        36   124,068      511,399      5,100
     (単元)
     所有株式数の
                 -    8.14     6.25     38.91     22.43      0.01     24.26     100.00       -
     割合(%)
                                 27/69









                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                                    2018年3月31日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                               所有株式数       除く。)の総
            氏名又は名称                       住所
                                                (株)      数に対する所
                                                     有株式数の割
                                                     合(%)
                          東京都新宿区西新宿2-3-2                     12,800,000          25.02
     KDDI株式会社
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   380742          25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決済営              LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM         5,683,900          11.11
     業部)                     (東京都港区港南2-15-1)
                          東京都千代田区二番町4-5                     3,250,000          6.35
     株式会社セブン・フィナンシャルサービス
                          東京都千代田区内幸町1-3-3                     2,944,400          5.75
     あすかDBJ投資事業有限責任組合
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会
                          東京都中央区晴海1-8-11                     2,500,600          4.88
     社(信託口)
                          BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1 OSLO    0107
     GOVERNMENT      OF  NORWAY
                          NO                     2,317,500          4.53
     (常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ
     東京支店)
                          (東京都新宿区新宿6-27-30)
                          東京都中央区日本橋茅場町1-13-14                     2,198,500          4.29
     立花証券株式会社
     MAMORU    TANIYA
                          KOW  LOON,   HONG   KONG
                                               2,147,700          4.19
     (常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ
                          (東京都新宿区新宿6-27-30)
     東京支店)
                          BEAUFORT     HOUSE   51  NEW  NORTH   ROAD
     BNYMSANV     RE  BNYMIL    RE  LF  RUFFER
                          EXETER,    DEVON   EX4  4EP  UNITED    KINGDOM
     JAPANESE     FUND                                     1,613,200          3.15
                          (東京都千代田区丸の内2-7-1 決済事業
     (常任代理人 株式会社三菱東京UFJ銀行)
                          部)
                          東京都中央区銀座8-4-17                     1,250,000          2.44
     株式会社リクルートホールディングス
                                               36,705,800          71.77
               計
     (注)1.    Swiss   Re  Life   Capital    Ltdから、2017年3月21日付けで公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、
         2017年3月17日時点で、5,683,900株を取得した旨の報告を受けておりますが、株主名簿の記載に基づき、「(6)
         大株主の状況」には名称を記載しておりません。
        2.前事業年度末において、主要株主であったあすかDBJ投資事業有限責任組合は、当事業年度末においては主要株
         主ではなくなりました。
        3.2016年6月22日付けで公衆の縦覧に供されている変更報告書において、スパークス・アセット・マネジメント株
         式会社が2016年6月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当事業年度末
         現在における実質所有株式数の確認ができませんので、大株主の状況には含めておりません。なお、その変更報
         告書の内容は次のとおりです。
           大量保有者               スパークス・アセット・マネジメント株式会社
           住所                     東京都港区港南一丁目2番70号品川シーズンテラス
           保有株式等の数           株式   3,122,100株
           株式等保有割合           6.22%
        4. 株式会社三菱東京UFJ銀行は、2018年4月1日に株式会社三菱UFJ銀行に商号変更しております。
                                 28/69





                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【議決権の状況】
      ①【発行済株式】
                                                  2018年3月31日現在
                            株式数(株)          議決権の数(個)

                区分                                     内容
                                   -           -       -
         無議決権株式
         議決権制限株式(自己株式等)                          -           -       -

         議決権制限株式(その他)                          -           -       -

         完全議決権株式(自己株式等)                          -           -       -

         完全議決権株式(その他)                 普通株式     51,139,900                      -

                                            511,399
                          普通株式            5,100             -       -

         単元未満株式
                                              -       -

         発行済株式総数                      51,145,000
                                  -                   -

         総株主の議決権                                   511,399
      ②【自己株式等】

                                                 2018年3月31日現在
                                                 発行済株式総数に
                           自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
        所有者の氏名又は名称           所有者の住所                              対する所有株式数
                           株式数(株)       株式数(株)        合計(株)
                                                  の割合(%)
             -         -       -       -       -         -
             計         -       -       -       -         -

     2【自己株式の取得等の状況】

       株式の種類等 該当事項はありません。
      (1)株主総会決議による取得の状況
          該当事項はありません。
      (2)取締役会決議による取得の状況

          該当事項はありません。
      (3)株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容

          該当事項はありません。
      (4)取得自己株式の処理状況及び保有状況

          該当事項はありません。
     3【配当政策】

        当社は、配当可能な利益の蓄積が進んでいないことから、設立以来、剰余金の配当を実施しておりません。また、
       現時点での剰余金の配当に関する具体的な実施時期等は未定です。今後も、認知度向上、新しい商品・サービスの開
       発等の成長施策、システム投資等に調達資金を有効活用し、事業の拡大と利益の創出を目指すとともに、将来的に
       は、剰余金の配当を含めた株主還元策の実施を検討することとしております。
        なお、当社は、法令に別段の定めのある場合を除き、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項の決定
       機関を取締役会とすることを定款に定めております。また、当社は、「期末配当の基準日は、毎年3月31日」とし、
       「中間配当の基準日は、毎年9月30日」とする旨を定款に定めております。
                                 29/69




                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     4【株価の推移】
      (1)最近5年間の事業年度別最高・最低株価
          回次         第8期         第9期        第10期         第11期         第12期
         決算年月         2014年3月         2015年3月         2016年3月         2017年3月         2018年3月

         最高(円)            1,117          488         539         476         464
         最低(円)             403         291         355         338         345

        (注)最高・最低株価は、東京証券取引所マザーズにおけるものです。
      (2)最近6月間の月別最高・最低株価

         月別      2017年10月         11月        12月       2018年1月         2月        3月
       最高(円)           412        424        419        411        405        464
       最低(円)           363        384        386        392        370        390

        (注)最高・最低株価は、東京証券取引所マザーズにおけるものです。
                                 30/69















                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     5【役員の状況】
      (1)   2018年6月15日(有価証券報告書提出日)現在の役員の状況は、以下のとおりです。総数13名のうち、男性12名、
        女性1名(役員のうち女性の比率8%)となります。
                                                        所有株式数
       役職名       氏名      生年月日                  略歴               任期
                                                         (株)
                         1998年4月      ボストン    コンサルティング       グループ    入社
                         2001年12月     株式会社リップルウッド・ジャパン              入社
                         2006年10月     当社  取締役副社長
                         2009年2月      当社  代表取締役副社長
     代表取締役社長       岩瀬  大輔   1976年3月17日生       2011年7月      当社  代表取締役副社長執行役員                   (注)3      18,700
                         2013年6月      当社  代表取締役社長兼COO執行役員
                         2013年9月      教保ライフプラネット生命保険株式会社(韓国)
                              取締役
                         2016年6月      当社  代表取締役社長(現任)
                         1987年4月      三洋証券株式会社       入社
                         2000年7月      フランク・ラッセル・ジャパン株式会社
                              (現  ラッセル・インベストメント株式会社)
                              ディレクター事業開発部門、ストラテジック・アライ
                              アンス部門、マーケティング・コミュニケーション部
                              門担当
                         2004年9月      マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング
      取締役副社長
                              株式会社(現      マーサージャパン株式会社)
             西田  政之
                  1963年6月4日生                                 (注)3      12,000
       執行役員
                              ディレクター      クライアント・サービス部門担当
                         2006年6月      同社  取締役クライアントサービス代表
                         2013年2月      同社  取締役COO
                         2015年6月      当社  取締役副社長執行役員
                         2016年1月      当社  取締役副社長執行役員営業本部長
                         2017年4月      当社  取締役副社長執行役員コーポレート本部長
                              (現任)
                         1980年4月      大蔵省(現     財務省)    入省
                         1995年5月      日本貿易振興会チューリヒ事務所長
                         2005年8月      金融庁総務企画局企画課長
                         2007年7月      同庁  監督局総務課長
                         2008年7月      財務省福岡財務支局長
      常務取締役
             八田  斎
                  1955年3月21日生       2010年8月      厚生労働省政策評価審議官                     (注)3      4,600
       執行役員
                         2013年7月      財務省横浜税関長
                         2014年10月     一般社団法人金融先物取引業協会             事務局長
                         2016年5月      当社  顧問
                         2016年6月      当社  常務取締役執行役員
                              チーフ・コンプライアンス・オフィサー(現任)
                         2002年4月      厚生労働省     入省
                         2010年9月      当社  入社
                         2013年10月     当社  法務部長
                         2015年6月      当社  執行役員
       取締役
                              チーフ・コンプライアンス・オフィサー
       執行役員      木庭  康宏   1979年4月9日生                                 (注)3      4,100
                         2016年1月      当社  執行役員コーポレート本部長
                              チーフ・コンプライアンス・オフィサー
                         2016年6月      当社  執行役員コーポレート本部長
                         2017年4月      当社  執行役員経営戦略本部長
                         2017年6月      当社  取締役執行役員経営戦略本部長(現任)
                         2007年4月      ゴールドマン・サックス証券株式会社               入社
                         2012年9月      当社  入社
                         2013年5月      当社  企画部長
       取締役
             森 亮介
                  1984年3月10日生                                  (注)3      4,400
                         2016年1月      当社  執行役員経営戦略本部長
       執行役員
                         2017年4月      当社  執行役員営業本部長
                         2017年6月      当社  取締役執行役員営業本部長(現任)
                                 31/69




                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役職名       氏名      生年月日                  略歴               任期
                                                         (株)
                         1965年4月      社団法人(現      公益社団法人)日本経済研究セン
                              ター  入社
                         1993年4月      お茶の水女子大学       生活科学部教授
                         1998年4月      日本銀行政策委員会審議委員
                         2001年4月      社団法人(現      公益社団法人)日本経済研究セン
                              ター客員研究員(現任)
                         2005年7月      住友生命保険相互会社         社外監査役
             篠塚  英子
       取締役           1942年5月1日生                                 (注)3       300
                         2008年3月      国立大学法人お茶の水女子大学            名誉教授(現任)
                         2010年4月      人事院人事官
                         2013年5月      人事院顧問
                         2015年6月      日本証券金融株式会社         社外取締役(現任)
                              株式会社小松製作所        社外監査役(現任)
                         2016年4月      国立大学法人島根大学         非常勤監事(現任)
                         2016年6月      当社  社外取締役(現任)
                         1976年4月      農林中央金庫入庫
                         2001年7月      同庫  債券投資部長
                         2003年7月      同庫  企画管理部長
                         2004年6月      同庫  常務理事
             髙谷  正伸
       取締役           1951年5月2日生                                 (注)3       300
                         2007年6月      同庫  専務理事
                         2010年6月      農林中金全共連アセットマネジメント株式会社
                              代表取締役社長
                         2016年6月      当社  社外取締役(現任)
                         1980年4月      新日本製鐵株式会社        入社
                         2004年5月      ボストン    コンサルティング       グループシニア・ヴァイ
                              ス・プレジデント
                         2005年1月      同社  日本代表
                         2016年1月      同社  シニア・パートナー・アンド・マネージング・
             水越  豊               ディレクター
       取締役           1956年8月29日生                                  (注)3        -
                         2016年6月      当社  社外取締役(現任)
                              アサガミ株式会社       社外取締役(現任)
                         2018年1月      ボストン    コンサルティング       グループシニア・アドバ
                              イザー(現任)
                         2018年6月      株式会社カプコン       社外取締役(現任)
                         1989年3月      第二電電株式会社(現         KDDI株式会社)入社
                         2007年4月      同社  コンシューマ事業企画本部金融ビジネス部
                              副部長
                         2008年6月      株式会社じぶん銀行        取締役
                         2013年10月     KDDI株式会社      新規ビジネス推進本部
                              オープンプラットフォームビジネス部長
                         2014年4月      同社  新規ビジネス推進本部ビジネス統括部長
             勝木  朋彦
       取締役           1967年2月22日生                                  (注)3        -
                         2015年4月      同社  バリュー事業本部       金融・コマース推進本部長
                         2015年6月      当社  社外取締役(現任)
                         2016年6月      au損害保険株式会社        社外取締役(現任)
                         2017年1月      KDDI  Reinsurance     Corporation,      President(現任)
                         2017年4月      KDDI株式会社      ライフデザイン事業本部          副事業本部長
                         2018年4月      同社  ライフデザイン事業本部          金融・コマース本部長
                              (現任)
                         1969年4月      朝日生命保険相互会社         入社
                         1990年4月      朝日生命インベストメントヨーロッパ               社長
                         2001年4月      朝日生命保険相互会社         常務取締役
                         2002年4月      朝日ライフアセットマネジメント株式会社
            伊佐  誠次郎
      常勤監査役           1945年6月28日生            代表取締役社長                      (注)3        -
                         2008年7月      当社  常勤顧問
                         2009年1月      あすかアセットマネジメント株式会社
                              社外監査役(現任)
                         2009年6月      当社  常勤監査役(現任)
                                 32/69




                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役職名       氏名      生年月日                  略歴               任期
                                                         (株)
                         1974年4月      大蔵省(現     財務省)    入省
                         1998年6月      同省主税局総務課長
                         2002年1月      常石造船株式会社       監査役
                         2004年4月      同社  代表取締役会長
                         2006年10月     当社  社外監査役(現任)
             伏見  泰治
       監査役           1950年8月4日生                                 (注)3        -
                         2007年1月      ツネイシホールディングス株式会社
                              代表取締役会長
                         2012年1月      同社  代表取締役会長兼社長
                         2016年1月      同社  特別顧問(現任)
                         2018年5月      株式会社乃村工藝社        社外監査役(現任)
                         1988年4月      第二東京弁護士会登録
                              アンダーソン・毛利・ラビノウィッツ法律事務所(現
                              アンダーソン・毛利・友常法律事務所)                入所
                         1993年9月      ニューヨーク州弁護士登録
                         1997年1月      アンダーソン・毛利・友常法律事務所               パートナー(現
                              任)
       監査役      増田  健一   1963年1月11日生       2006年11月     あすかコーポレイトアドバイザリー株式会社
                                                    (注)3        -
                              社外監査役(現任)
                         2007年5月      当社  社外監査役(現任)
                         2011年3月      株式会社ブリヂストン         社外監査役
                         2016年3月      株式会社ブリヂストン         社外取締役(現任)
                         2016年5月      株式会社マーキュリアインベストメント                社外監査役
                              (現任)
                         1964年4月      ソニー株式会社      入社
                         2003年6月      同社  業務執行役員上席常務
                         2004年8月      マネックス・ビーンズ・ホールディングス株式会社
                              (現  マネックスグループ株式会社)常勤監査役
             河相  董
       監査役           1941年5月7日生                                 (注)3        -
                         2007年5月      当社  社外監査役(現任)
                         2009年6月      マネックスグループ株式会社            取締役
                         2011年2月      マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式
                              会社  取締役会長
                              計                            44,400
     (注)1.代表取締役 岩瀬大輔は、2018年7月1日付けで、AIA                             Group   Limited(香港)のGroup            Chief   Digital    Officer
         に就任する予定です。
        2.取締役 篠塚英子         、髙谷正伸、水越豊及び勝木朋彦は、社外取締役です。また、監査役 伏見泰治、増田健一
         及び河相董は、社外監査役です。
        3.各取締役の任期は、2018年6月24日開催予定の第12回定時株主総会終結の時までとなります。また、各監査役の
         任期は2019年3月期に係る定時株主総会終結の時までです。
        4.当社では、執行役員制度を導入しております。取締役を兼務していない執行役員は、以下のとおりです。
                氏名                  役職及び担当
                         執行役員
               岸本  巌
                         担当:データサイエンス推進室
                         執行役員
               成相  衆治
                         担当:プロジェクト推進室
                         執行役員
               馬場  宏司
                         システム戦略本部長
                         執行役員
               山崎  隆博
                         お客さまサービス本部長
                                 33/69






                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      (2)   2018年6月24日に開催予定の第12回定時株主総会の議案(決議事項)として、「取締役10名選任の件」を提案して
        おります。議案が承認可決された場合、現任の取締役9名の再任及び新任取締役1名の選任となり、当社の取締役の
        状況は、以下のとおりとなります。なお、役職名は、第12回定時株主総会後に開催予定の取締役会の決議事項の内
        容を含めて記載しております。役員は、監査役を加えた                          総数14名のうち、男性13名、女性1名(女性比率7%)とな
        る予定です。
                       役職名                           氏名
                                                岩瀬  大輔
         取締役会長
                                                 森 亮介
         代表取締役社長
                                                西田  政之
         取締役副社長
                                                 八田  斎
         常務取締役執行役員
                                                逆井  幹則
         常務取締役執行役員
                                                木庭  康宏
         取締役執行役員
                                                篠塚  英子
         取締役
         取締役                                        髙谷  正伸
                                                 水越  豊
         取締役
                                                勝木  朋彦
         取締役
       (注)1    .取締役 篠塚英子、髙谷正伸、水越豊及び勝木朋彦は社外取締役です。
          2.各取締役の任期は、2018年6月24日開催予定の第12回定時株主総会終結の時から、2019年3月期に係る定時
           株主総会終結の時までとなります。
          3.新任取締役である         逆井幹則    の略歴等は以下のとおりです。
                                                        所有株式数
             役職名       氏名      生年月日                 略歴
                                                         (株)
                               1988年4月      第一生命保険相互会社(現           第一生命保険株式会

                                    社)  入社
                               2002年10月     タワーズ・ペリン・フォースター・アンド・クロ
                                    スビー・インク(現        タワーズワトソン株式会
            常務取締役
                  逆井  幹則
                        1965年4月25日生                                   -
                                    社)  入社
            執行役員
                               2006年7月      ジブラルタ生命保険株式会社            入社
                               2009年7月      同社  執行役員チーフアクチュアリー
                               2015年6月      同社  取締役執行役員チーフアクチュアリー
                                計

                                                           -
          4.当社では、執行役員制度を導入しております。取締役を兼務していない執行役員は、以下のとおりとなる
           予定です。
                 氏名                  役職及び担当
                          執行役員
                片田  薫
                          お客さまサービス本部長
                          執行役員
                岸本  巌
                          担当:データサイエンス推進室
                          執行役員
                近藤  良祐
                          営業本部長
                          執行役員
                成相  衆治
                          担当:プロジェクト推進室
                          執行役員
                馬場  宏司
                          システム戦略本部長
                                 34/69





                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ①マニフェストを基軸とした企業統治
        当社は、経営理念「正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な商品・サービスの提供を追求する」に基づき、
       高い社会性・公共性を有する生命保険会社として、経営の透明性の確保と、経営組織体制の監督及び実効性を高め
       ることによるコーポレート・ガバナンスの強化と充実を図り、持続的な企業価値向上の実現を目指しております。
        なお、当社は、東京証券取引所マザーズに上場しているため開示義務はありませんが、情報開示の充実を図るた
       め、コーポレートガバナンス・コードが特定の事項を開示すべきとしている原則への対応状況を、コーポレート・
       ガバナンス報告書において開示しております。
       ②企業統治の体制等

        当社は、独立した内部監査部門や監査役会の設置に加え、複数の社外取締役及び社外監査役の選任、コンプライ
       アンスを統括するCCO(チーフ・コンプライアンス・オフィサー)の設置、執行役員制度、任意の指名・報酬委員会
       の設置、アドバイザリーボード及び各種委員会の設置等により、外部の視点を取り入れながら、重層的かつ実効的
       なコーポレート・ガバナンス体制を構築しております。
        なお、2018年6月24日に開催予定の第12回定時株主総会の議案(決議事項)として、「取締役10名選任の件」を提
       案しております。当議案が承認可決された場合、当社の取締役数は10名(うち社外取締役は4名)となります。
       (a)  取締役会

        取締役会は、取締役会規則に基づき、経営の重要な意思決定及び業務執行の監督を行っております。その出席者
       の構成は、取締役9名(うち、社外取締役4名、そのうち、独立役員3名)、監査役4名(うち、独立役員である社外
       監査役3名)です(2018年6月15日現在)。社外役員は、監督機能の一層の強化を図るため、業務執行から独立した
       立場で経営に参画しております。なお、取締役会は原則毎月開催し、必要に応じて臨時に開催することとしており
       ます。
       (b)  監査役会

        監査役会は、監査役会規則に基づき、監査に関する重要な事項について報告を受け、協議、決議をしており、そ
       の構成は、監査役4名(うち、独立役員である社外監査役3名)です(2018年6月15日現在)。各監査役は、監査役会
       で策定された監査方針及び監査計画に基づき、取締役会をはじめとする重要な会議への出席や、取締役、各部門へ
       のヒアリング、業務及び財産の状況の調査に加え、会計監査人及び内部監査部門等から報告を受けるなど緊密な連
       携を保ち、取締役の業務執行を監督しております。
       (c)  社外取締役、社外監査役の人数及び当社との関係等

        当社は、社外取締役4名、社外監査役3名を選任しております(2018年6月15日現在)。社外取締役及び社外監査役
       は、社外の視点を踏まえた実効的なコーポレート・ガバナンス体制の構築を目的として、経営者としての豊富な経
       験、金融・会計・法律等に関する高い見識、行政機関における経験等に基づき、客観性及び中立性ある助言並びに
       取締役の業務執行の監督を行っております。
        社外取締役は、取締役会において、内部監査部門の内部監査実施計画及び内部監査に関する基本方針の改定を承
       認するとともに、内部監査で指摘した問題点のうち重大と判断されるものの報告を受けることとしております。
        社外監査役は、会計監査人からの監査計画及び監査結果に係る説明並びに内部監査部門との業務監査結果等に係
       る情報交換等の協力態勢を整備しております。
        取締役勝木朋彦氏は、当社株式の25.02%を保有する主要株主かつ筆頭株主及び当社のその他の関係会社である
       KDDI株式会社のライフデザイン事業本部                     金融・コマース本部長、並びにKDDI                   Reinsurance      Corporationの
       Presidentを兼職しております(2018年6月15日現在)。当社は、当事業年度においてKDDI株式会社との間に、保険
       販売に関する代理店手数料等の取引があり、また、KDDI                           Reinsurance      Corporationとの間に、再保険契約に係る取
       引があります。
        監査役増田健一氏は、株式会社ブリヂストンの社外取締役及び株式会社マーキュリアインベストメントの社外監
       査役を兼職しております(2018年6月15日現在)。当社は、株式会社ブリヂストンが発行した社債を資産運用目的で
       市場から購入し保有しております。株式会社マーキュリアインベストメントは、当社株式の1.15%を保有する株主
       であり、株式会社マーキュリアインベストメントが運営するファンドであるあすかDBJ投資事業有限責任組合は、当
       社株式の5.75%を保有する株主です。
        監査役伏見泰治氏は、会社経営及び金融に関する豊富な経験と高い見識を有しております。また、監査役河相董
       氏は、会社経営及び財務に関する豊富な経験と高い見識を有しております。
                                 35/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
        なお、当社は、任意の指名・報酬委員会において審議のうえ、取締役会が定めた「取締役候補者の選任方針」に
       おいて、次のとおり、社内及び社外取締役の選任並びに社外取締役の独立性を確保するための基準を設けておりま
       す。
                            取締役候補者の選任方針

        1.  社内取締役候補者については、指名・報酬委員会において審議のうえ、取締役会において、次に掲げる事項を

         充足する者を選任する。
         ・経営管理を的確、公正かつ効率的に遂行することができる知識及び経験を有すること。
         ・十分な社会的信用を有すること。
        2.  社外取締役候補者については、指名・報酬委員会において審議のうえ、取締役会において、原則として次に掲
         げる事項を充足する者を選任する。
         ・企業経営、リスク管理、コンプライアンス、金融、経済、経理財務、マーケティング等の専門分野における
          高い見識や豊富な経験を有し、当該専門分野での相応の実績を挙げていること。
         ・経営の方針や経営改善について、自らの知見に基づき、会社の持続的な成長を促し、中長期的な企業価値の
          向上を図るという観点からの助言を行うために必要な資質を有すること。
         ・「独立社外取締役」については、一般株主と利益相反が生じるおそれのないこと。この場合において、一般
          株主との利益相反が生じるおそれのないことについては、次の基準に則る。
        3.  社外取締役の独立性基準
         当社は、社外取締役又はその候補者が、以下のいずれかに該当する場合、独立社外取締役としての独立性を有
        しないものとみなす。
         (1)当社の業務執行者
         (2)当社を主要な取引先とする者又はその業務執行者
         (3)当社の主要な取引先又はその業務執行者
         (4)当社の業務執行者が役員に就任している会社の業務執行者
         (5)当社の議決権の10%以上の議決権を直接又は間接的に保有している当社の大株主、またはその業務執行者
         (6)当社から役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計専門家、若しくは法律専
           門家
         (7)過去10年間のいずれかにおいて(1)に該当したことがある者
         (8)過去3年間のいずれかにおいて(2)~(7)に該当したことがある者
         (9)上記(1)から(8)までに掲げる者(重要でない者を除く)の近親者
       (d)  執行役員制度

        当社は、意思決定・監督と業務執行を分離し意思決定機能強化を図るため、執行役員制度を導入しております。
       執行役員は取締役会によって選任され、取締役社長により決定された担当に従い、業務を執行します。執行役員の
       数は8名(うち、取締役との兼務4名)です(2018年6月15日現在)。
       (e)  指名・報酬委員会

        当社は、取締役の指名・報酬などに係る取締役会機能の独立性・客観性及び説明責任の強化や、役員報酬の制度
       設計を行うことなどを目的に、任意の指名・報酬委員会を設置し、取締役の選任や解任に関する取締役会への提案
       及び取締役の個別の報酬の決定等を行っております。任意の指名・報酬委員会は、3名の独立社外取締役及び予め取
       締役会が定める代表取締役1名から構成され、オブザーバーとして、監査役が出席できます。独立社外取締役である
       委員は社外取締役の中から互選によって選定され、委員長は委員の中から互選によって選定されます。なお、独立
       社外取締役とは、一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役をいいます。
       (f)  アドバイザリーボード

        当社は、当社の経営全般に対する多面的な意見及び提言を社外の有識者から得ることを目的として、アドバイザ
       リーボードを設置しております。原則6ヶ月に1回開催し、その内容を取締役会に報告しております。
       (g)  各種委員会

        当社は、経営上重要な事項に対し有益な助言を得ることを目的として、コンプライアンス委員会、リスク管理委
       員会、支払委員会、マーケティング委員会、資産運用委員会、ALM委員会、システム委員会の各委員会を設置してお
       ります。これらは主として業務執行部門への助言機能を担っております。コンプライアンス委員会及びリスク管理
       委員会は、取締役社長を委員長として、当社のコンプライアンスとリスク管理をモニタリングしております。
                                 36/69


                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       (h)  内部監査部門
        当社は、被監査部門から独立した監査部(内部監査部門)を設置しております。監査部は、他の業務執行ライン
       から分離された独立的かつ客観的な立場から内部監査を実施し、業務運営の適切性、リスク管理の有効性、法令遵
       守の状況などを確認、評価し、改善に関する提言等を行うとともに、業務監査結果を取締役会に報告しておりま
       す。
        内部監査部門である監査部は、会計監査人との定期及び随時の会合において、会計監査人による監査の状況につ
       いて意見交換を行うとともに、会計監査人の求めに応じて内部監査の実施状況、内部監査報告書等を報告するな
       ど、緊密に連携しております。
        さらに、監査役監査基準に基づく監査役からの報告要請への対応、内部監査実施報告書の報告など、監査役とも
       密に連携しております。
       [コーポレートガバナンスの体制]               (2018年6月15日現在)

       ③内部統制システムの整備状況









        当社は、「内部統制システムに関する基本方針」を制定し、取締役会において決定された重要事項に関する業務
       執行が適切に行われることを担保するため、経営機構、職務分掌、行動規範等に係る社内規程類(取締役会規則、
       職務権限規程、コンプライアンス・マニュアル等)を定め、運用しております。特に、コンプライアンス及びリス
       ク管理についてはその重要性に鑑み、「コンプライアンス委員会」及び「リスク管理委員会」を設置し、内部統制
       の体制整備・運営の推進を図っております。
                                 37/69






                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
        当社が、「内部統制システムに関する基本方針」において、整備することを定めている体制は以下のとおりで
       す。
        1.  取締役及び社員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
        2.  取締役及び執行役員の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
        3.  反社会的勢力への対応に関する体制
        4.  システムリスクを含むリスク管理に関する規程その他の体制
        5.  取締役及び執行役員の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
        6.  監査役がその職務を補助すべき社員を置くことを求めた場合に関する体制
        7.  取締役及び社員が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
        8.  前項の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な扱いを受けないことを確保する体制
        9.  監査役の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用
         または債務の処理に係る方針に関する事項
        10.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
       ④コンプライアンス体制の整備状況

        当社は、以下の内容を定めた法令等遵守に関する基本方針を定めることにより、コンプライアンス体制を整備
       し、コンプライアンスを推進しております。
       (a)  法令等遵守に係る取組方針
         当社は、免許を受けた生命保険会社として大きな社会的責任と公共的使命を担っていること及び当社のマニフェ
       ストをふまえ、業務の健全かつ適切な運営及び保険募集の公正を確保するために、役員・社員が法令等を厳正に遵
       守することを経営の最重要課題の一つとして位置付けております。
       (b)  法令等遵守に係る具体的取組方策

        当社は、法令等遵守に関する基本方針に加えて、以下の取組みを行っております。
        まず、遵守すべき法令等を具体的に解説した「コンプライアンス・マニュアル」を策定し、その内容について役
       員・社員に周知しております。また、毎年、コンプライアンスの実践計画書である「コンプライアンス・プログラ
       ム」を策定し、「コンプライアンス・プログラム」に則り、適切な教育・管理等を行っております。
        さらに、当社は、コンプライアンス関連情報の適時かつ的確な認識・把握のための組織横断的な機関として、
       「コンプライアンス委員会」を設置しております。コンプライアンス委員会は、原則3ヶ月に1回開催し、その内容
       は取締役会に報告されております。
        役員・社員は、コンプライアンス違反の疑義が生じた場合には、法務部、監査役又は内部通報規則に定める窓口
       に報告等をできることとし、報告したことを理由として、報告者に対していかなる不利益な取扱いも行ってはなら
       ないことを明示的に定めております。
       ⑤リスク管理体制の整備状況

        当社は、生命保険会社としての業務の健全性及び適切性の観点から、リスク管理体制の整備・確立が経営上極め
       て重要であると認識し、リスク管理のために社内規程を制定し、社内の組織体制の確立を率先して行うことによ
       り、各リスクの評価・改善体制を整備しております。
        具体的には、リスク管理に関する基本方針において、当社が管理すべきリスクを、保険引受リスク、資産運用リ
       スク、流動性リスク、事務リスク、システムリスクと規定しております。また、統合的リスク管理規程において、
       各リスクの一次リスク管理部門を定め、リスク管理部が二次リスク管理部門として、リスクを統括するものとして
       おります。当社のリスク管理は、原則として計量化できるものについてはVaR                                    リミットを設定して管理し、計量化
                                           *1
       できないものについては想定し得るリスクシナリオを考え、当社の事業に与える影響の大きいリスクから優先して
       対応するものとしております。その上で、リスク管理部は、計量化手法の限界及び弱点を十分に認識し、計量化で
       きるリスクの範囲を広げるものとしております。
        また、当社は、総合的なリスク管理を行うためには、組織横断的な取り組みが有効との考えに基づき、関係役
       員・部門長等で構成される「リスク管理委員会」を設置しております。さらに、生命保険会社にとっては、資産負
       債総合管理がリスク管理の要諦になるとの認識に立脚し、これとは別に社外の有識者を含む「ALM                                              委員会」を設け
                                                    *2
       ております。
         *1.  Value   at Risk
         *2.  Asset   Liability    Management(資産・負債の総合管理)
                                 38/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       ⑥情報セキュリティ管理体制の整備状況
        当社は、契約者の氏名・生年月日・住所等や契約内容等の個人情報、機微情報等を長期間にわたり保有してお
       り、法令や社内規程等を遵守し、適切な情報資産保護管理を行うことが、お客さまからの信頼を確保するための大
       前提であると認識しております。
        このような認識に基づき、当社は、システムリスク管理のための社内規程を制定し、システムリスクの評価・改
       善体制を整備しております。加えて、システムリスクについては、その適切な管理に高い専門性が求められること
       を勘案し、関係する役員・社員に外部の有識者を加えた「システム委員会」を設け、必要に応じて開催しておりま
       す。
        また、当社は、お客さまの大切な個人情報を適切に取り扱うことが企業としての重要な社会的責任であると認識
       し、個人情報の保護に係る方針を定め、全ての役員・社員が、個人情報の保護に関する法律・ガイドラインなど関
       係法令等を遵守し、お客さまの個人情報の保護に万全をつくしております。また、適正な個人情報の保護を実現す
       るため、この方針を必要に応じて見直し、継続的に改善しております。
        さらに、より一層の情報管理の徹底と継続的な改善を図るため、その根幹となるシステム部門において、情報セ
       キュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際標準規格である「JIS                                 Q 27001:2014(ISO/IEC27001:2013)」の
       認証を取得しております。
       ⑦役員報酬

                                 報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                      報酬等の総額
                                                      役員の員数
        役員区分
                                   ストック・
                       (百万円)
                              基本報酬             賞与    退職慰労金
                                                       (名)
                                   オプション
        取締役(社外取締役を除く)                   119      119       -      -      -       7
        監査役(社外監査役を除く)                   20      20      -      -      -       1

                           29      29      -      -      -       6

        社外役員
       ⑧役員報酬の内容及び決定方針

        当社取締役(社外取締役を含む)の役員報酬は、定額報酬のみで構成されております。これらの報酬は、3名の独
       立社外取締役及び代表取締役で構成されている任意の指名・報酬委員会において、審議の上、決定しております。
        当社監査役(社外監査役を含む)の役員報酬は定額報酬で構成されており、報酬の水準は第三者による国内企業
       経営者の報酬に関する調査等を活用し、設定することとしております。
       ⑨公認会計士の氏名等

        会社法監査及び金融商品取引法監査について有限責任                          あずさ監査法人と監査契約を締結して                  おり  ます。
       当事業年度において業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成は以下のとおりです。
       (a)  当社の監査業務を執行した公認会計士の氏名
          有限責任        あずさ監査法人
           指定有限責任社員・業務執行社員 公認会計士 平栗 郁朗
           指定有限責任社員・業務執行社員 公認会計士 森本 洋平
        いずれの指定有限責任社員・業務執行社員も継続監査年数は7年以内です。
       (b)  会計監査業務に係る補助者
          公認会計士2名、その他13名
       ⑩株主総会の決議要件

        当社の定款において定める事項は、以下のとおりです。
       (a)  株主総会決議事項を取締役会決議としている事項
       ◯取締役及び監査役の責任免除
        取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できることを目的として、会社法第426条第1項の規定に基づ
       き、取締役(取締役であった者を含む)及び監査役(監査役であった者を含む)の同法第423条第1項の損害賠償責
       任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めております。
                                 39/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       ◯自己株式の取得
        資本政策の機動性を確保することを目的として、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって
       市場取引等により自己株式を取得することができる旨を定款に定めております。
       ◯剰余金の配当

        資本政策の機動性を確保することを目的として、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項につい
       て、取締役会の決議によって定める旨及び「期末配当の基準日は、毎年3月31日」とし、「中間配当の基準日は、毎
       年9月30日」とする旨を定款に定めております。
       (b)  株主総会の特別決議要件の変更

        株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議について、議決権を行使
       することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定
       めております。
       ⑪取締役の定数

        当社は、定款において、取締役を11名以内とすることを定めております。
       ⑫取締役の選任決議

        取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議
       決権の過半数をもって行う旨を定めております。また、累積投票によらない旨を定款に定めております。
       ⑬責任限定契約

        取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できるようにするとともに、有能な人材を招聘できるよう、当
       社は、業務執行取締役等であるものを除く取締役及び監査役と、会社法第427条第1項の規定により、会社法第423条
       第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該責任限定契約に基づく損害賠償責任の限度額は、会
       社法第425条第1項に定める取締役及び監査役の最低責任限度額としております。
       ⑭株式保有の状況

       (a)  投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
          銘柄数                                            1 銘柄
          貸借対照表計上額の合計額                        346    百万円
       (b)  上記(a)の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

       前事業年度末
        特定投資株式
                          株式数      貸借対照表計上額
              銘柄                                  保有目的
                          (株)        (百万円)
                                         生命保険のインターネット販売における
                           175,000           334
        株式会社アドバンスクリエイト                                 協調等を目的とした業務提携による関係
                                         強化
                                         韓国における収益機会及び海外事業展開
        教保ライフプラネット生命保険
                          1,632,000            819
        株式会社(韓国)
                                         に係る知見・ノウハウの獲得
       当事業年度末

        特定投資株式
                          株式数      貸借対照表計上額
              銘柄                                  保有目的
                          (株)        (百万円)
                                         生命保険のインターネット販売における
                           175,000           346
        株式会社アドバンスクリエイト                                 協調等を目的とした業務提携による関係
                                         強化
       (c)  保有目的    が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
                                 40/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【監査報酬の内容等】
      ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                前事業年度                     当事業年度
         監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
          基づく報酬          基づく報酬          基づく報酬          基づく報酬
          (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
                          -                     -
                25                     25
      ②【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
      ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         該当事項はありません。
      ④【監査報酬の決定方針】

         (前事業年度)
          当社は、監査法人に対する監査報酬額について、2016年7月15日開催の監査役会において、関係部門及び会計
         監査人からの必要な資料の入手や報告を通じて、会計監査人の監査計画の内容、                                     前事業年度における職務執行状
         況や報酬見積りの算出根拠等を検討の上、会社法第399条第1項の同意をするとともに、当社定款に基づき、2016
         年7月15日開催の取締役会において決議しております。
         (当事業年度)
          当社は、監査法人に対する監査報酬額について、2017年7月19日開催の監査役会において、関係部門及び会計
         監査人からの必要な資料の入手や報告を通じて、会計監査人の監査計画の内容、前事業年度における職務執行状
         況や報酬見積りの算出根拠等を検討の上、会社法第399条第1項の同意をするとともに、当社定款に基づき、2017
         年7月19日開催の取締役会において決議しております。
                                 41/69












                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.財務諸表の作成方法について
        当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財
       務諸表等規則」という。)第2条に基づき、同規則及び「保険業法施行規則」(平成8年大蔵省令第5号)に基づいて
       作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の財
       務諸表について、有限責任             あずさ監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
      4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
       適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、専門的情報を有
       する団体等が主催するセミナーに参加しております。
                                 42/69















                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     1【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
      ①【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      資産の部
                                         1,004               926
       現金及び預貯金
                                         1,004               926
         預貯金
                                         1,999              1,999
       買入金銭債権
                                           995             2,567
       金銭の信託
                                         26,372              28,303
       有価証券
                                         9,876              8,398
         国債
                                         1,496              1,505
         地方債
                                         11,751              13,892
         社債
                                           334              346
         株式
                                           819               -
         外国証券
                                         2,095              4,161
         その他の証券
                                         ※1 123             ※1 109
       有形固定資産
                                           16              18
         建物
         リース資産                                  59              40
                                           46              50
         その他の有形固定資産
                                           502              621
       無形固定資産
                                           412              465
         ソフトウエア
                                           54              138
         ソフトウエア仮勘定
                                           34              17
         リース資産
                                            0              0
         その他の無形固定資産
                                            1              ▶
       代理店貸
                                           30              45
       再保険貸
                                           904              964
       その他資産
                                           742              802
         未収金
                                           45              50
         前払費用
                                           40              36
         未収収益
                                           73              73
         預託金
                                            2              1
         仮払金
                                         31,934              35,541
       資産の部合計
                                 43/69









                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      負債の部
                                        ※2 17,501             ※2 21,186
       保険契約準備金
                                           311              429
         支払備金
                                         17,189              20,757
         責任準備金
       代理店借                                    39              59
                                           68              108
       再保険借
                                           469              581
       その他負債
                                            1              23
         未払法人税等
                                           37              45
         未払金
                                           330              427
         未払費用
                                           13              13
         預り金
                                           51              33
         リース債務
                                           33              33
         資産除去債務
                                            2              5
         仮受金
                                           19              30
       特別法上の準備金
                                           19              30
         価格変動準備金
                                           189              186
       繰延税金負債
                                         18,288              22,153
       負債の部合計
      純資産の部
                                         12,136              12,136
       資本金
                                         12,136              12,136
       資本剰余金
                                         12,136              12,136
         資本準備金
                                        △ 11,116             △ 11,365
       利益剰余金
                                        △ 11,116             △ 11,365
         その他利益剰余金
                                        △ 11,116             △ 11,365
          繰越利益剰余金
                                         13,157              12,907
       株主資本合計
                                           488              480
       その他有価証券評価差額金
                                           488              480
       評価・換算差額等合計
                                         13,645              13,387
       純資産の部合計
                                         31,934              35,541
      負債及び純資産の部合計
                                 44/69










                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      ②【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                         10,096              10,962
      経常収益
                                         9,816              10,616
       保険料等収入
                                         9,628              10,421
         保険料
                                           187              194
         再保険収入
                                           216              317
       資産運用収益
                                           215              232
         利息及び配当金等収入
                                            0              0
          預貯金利息
                                           215              232
          有価証券利息・配当金
                                            0              0
          その他利息配当金
                                            0              17
         金銭の信託運用益
                                          ※1 -             ※1 47
         有価証券売却益
                                           -              19
         金融派生商品収益
       その他経常収益                                    63              28
                                          ※2 45             ※2 -
         支払備金戻入額
                                           18              28
         その他の経常収益
                                         12,128              11,160
      経常費用
                                         1,796              1,891
       保険金等支払金
                                         1,005               978
         保険金
                                           535              584
         給付金
                                            0              0
         その他返戻金
                                           256              329
         再保険料
                                        ※2 3,638             ※2 3,684
       責任準備金等繰入額
                                           -              117
         支払備金繰入額
                                         3,638              3,567
         責任準備金繰入額
                                            0              27
       資産運用費用
                                            0              0
         支払利息
                                           -              26
         為替差損
                                            0              0
         その他運用費用
                                        ※3 4,047             ※3 4,942
       事業費
                                         2,646               613
       その他経常費用
                                           282              355
         税金
                                           239              254
         減価償却費
                                         2,120                -
         保険業法第113条繰延資産償却費
                                            3              3
         その他の経常費用
      経常損失(△)                                   △ 2,031              △ 197
      特別損失                                      6              11
                                            6              11
       特別法上の準備金繰入額
                                            6              11
         価格変動準備金繰入額
      税引前当期純損失(△)                                   △ 2,038              △ 209
                                           22              39
      法人税及び住民税
                                         △ 172               -
      法人税等調整額
                                         △ 149               39
      法人税等合計
      当期純損失(△)                                   △ 1,889              △ 249
                                 45/69





                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      ③【株主資本等変動計算書】
        前事業年度(自2016年4月1日 至2017年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                      株主資本
                              資本剰余金              利益剰余金
                     資本金                  その他利益剰余金               株主資本合計

                           資本準備金      資本剰余金合計               利益剰余金合計
                                        繰越利益剰余金
     当期首残高                  12,020      12,020       12,020       △ 9,227      △ 9,227      14,813
     当期変動額
      新株の発行(新株予約権の行使)                  116      116       116                     232
      当期純損失(△)                                     △ 1,889      △ 1,889      △ 1,889
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計                   116      116       116      △ 1,889      △ 1,889      △ 1,656
     当期末残高                  12,136      12,136       12,136       △ 11,116      △ 11,116       13,157
                       評価・換算差額等

                                  新株予約権      純資産合計
                    その他有価証券       評価・換算差額
                    評価差額金       等合計
     当期首残高                   591       591       19     15,423
     当期変動額
      新株の発行(新株予約権の行使)                                      232
      当期純損失(△)                                    △ 1,889
      株主資本以外の項目の当期変動額
                        △ 102      △ 102      △ 19     △ 122
      (純額)
     当期変動額合計                   △ 102      △ 102      △ 19    △ 1,778
     当期末残高
                         488       488       -     13,645
                                 46/69










                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
        当事業年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                      株主資本
                              資本剰余金              利益剰余金
                     資本金                  その他利益剰余金               株主資本合計

                           資本準備金      資本剰余金合計               利益剰余金合計
                                        繰越利益剰余金
     当期首残高                  12,136      12,136       12,136       △ 11,116      △ 11,116       13,157
     当期変動額
      当期純損失(△)                                      △ 249      △ 249      △ 249
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計                   -      -       -       △ 249      △ 249      △ 249
     当期末残高                  12,136      12,136       12,136       △ 11,365      △ 11,365       12,907
                       評価・換算差額等

                                  純資産合計
                    その他有価証券       評価・換算差額
                    評価差額金       等合計
     当期首残高                   488       488     13,645
     当期変動額
      当期純損失(△)                               △ 249
      株主資本以外の項目の当期変動額
                         △ 8      △ 8     △ 8
      (純額)
     当期変動額合計
                         △ 8      △ 8     △ 257
     当期末残高                   480       480     13,387
                                 47/69











                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税引前当期純損失(△)                                 △ 2,038              △ 209
                                           239              254
       減価償却費
       支払備金の増減額(△は減少)                                   △ 45              117
       責任準備金の増減額(△は減少)                                  3,638              3,567
       価格変動準備金の増減額(△は減少)                                    6              11
                                         △ 215             △ 232
       利息及び配当金等収入
       有価証券関係損益(△は益)                                    -             △ 47
                                            1              1
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                    -              26
       代理店貸の増減額(△は増加)                                   △ 1             △ 2
       再保険貸の増減額(△は増加)                                   △ 3             △ 15
       その他資産(除く投資活動関連、財務活動関連)
                                         2,055               △ 80
       の増減額(△は増加)
       代理店借の増減額(△は減少)                                    31              19
       再保険借の増減額(△は減少)                                    12              39
       その他負債(除く投資活動関連、財務活動関連)
                                            8              99
       の増減額(△は減少)
                                            1             △ 35
       その他
                                         3,690              3,514
       小計
                                           325              307
       利息及び配当金等の受取額
                                           △ 1             △ 1
       利息の支払額
                                         △ 111              △ 0
       法人税等の支払額
                                         3,904              3,820
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           -            △ 1,600
       金銭の信託の増加による支出
                                        △ 5,217             △ 6,302
       有価証券の取得による支出
                                         1,700              4,401
       有価証券の売却・償還による収入
                                        △ 3,517             △ 3,501
       資産運用活動計
                                           386              318
       営業活動及び資産運用活動計
                                          △ 39             △ 21
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 277             △ 330
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 3,834             △ 3,852
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           213               -
       新株予約権の行使による株式の発行による収入
                                          △ 13             △ 19
       リース債務の返済による支出
                                           200              △ 19
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           -             △ 26
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     270              △ 78
                                         2,734              3,004
      現金及び現金同等物の期首残高
                                         ※ 3,004              ※ 2,926
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 48/69






                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。
       (重要な会計方針)

      1 .有価証券の評価基準及び評価方法(現金及び預貯金、買入金銭債権のうち有価証券に準じるもの及び金銭の信託にお
       いて信託財産として運用している有価証券を含む)
       (1)   満期保有目的の債券
         移動平均法による償却原価法(定額法)を採用しております。
       (2)   その他有価証券
         時価のあるものについては、3月末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理
        し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。
         時価を把握することが極めて困難と認められるものについては、移動平均法による原価法を採用しておりま
        す。
      2.固定資産の減価償却の方法

       (1)   有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額
        法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物                     10~18年
         その他の有形固定資産  5~10年
       (2)   無形固定資産(リース資産を除く)
         自社利用ソフトウエアは、利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
       (3)   リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      3.引当金の計上基準

       (1)   貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、資産の自己査定基準及び償却・引当基準に則り、次のとおり計上する
        こととしております。
         破産、民事再生等、法的・形式的な経営破綻の事実が発生している債務者(以下「破綻先」という)に対する
        債権及び実質的に経営破綻に陥っている債務者(以下「実質破綻先」という)に対する債権については、直接減
        額後の債権額から担保の回収可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額を計上することとし
        ております。また、現状、経営破綻の状況にはないが、今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる債務者
        (以下「破綻懸念先」という)に対する債権については、債権額から担保の回収可能見込額及び保証による回収
        可能見込額を控除し、その残額のうち、債務者の支払能力を総合的に判断し必要と認める額を計上することとし
        ております。上記以外の債権については、過去の一定期間における貸倒実績等から算出した貸倒実績率を債権額
        に乗じた額を計上することとしております。
         全ての債権は、資産の自己査定基準に基づき、関連部署が資産査定を実施し、当該部署から独立した資産監査
        部署が査定結果を監査しており、その査定結果に基づいて、上記の引当を行うこととしております。
         なお、上記の方法に基づいて検討した結果、貸倒引当金は零と算定されたため、前事業年度末、当事業年度末
        において貸倒引当金の計上はしておりません。
       (2)   価格変動準備金
         株式等の価格変動による損失に備えるため、保険業法第115条の規定に基づき算出した額を計上しておりま
        す。
      4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建資産及び負債は、決算日の為替相場により円換算しております。
      5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        キャッシュ・フロー計算書における現金及び現金同等物は、手許現金、随時引出し可能な預金及び容易に換金可能
       であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資
       からなっております。
                                 49/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       (1)   消費税等の会計処理
         税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は当事業年度の費用として処理しております。
       (2)   責任準備金の積立方法
         責任準備金は、保険業法第116条の規定に基づく準備金であり、保険料積立金については保険業法施行規則第
        69条第4項第4号の規定に基づいて5年チルメル式により計算しております。
       (貸借対照表関係)

      ※ 1 有形固定資産の減価償却累計額は次のとおりであります。
            前事業年度           当事業年度
          (2017年3月31日)           (2018年3月31日)
               288  百万円          330  百万円

      ; 2 保険業法施行規則第73条第3項において準用する同規則第71条第1項に規定する再保険に付した部分に相当する支

        払備金(以下、「出再支払備金」という。)の金額は、次のとおりであります。
            前事業年度           当事業年度
          (2017年3月31日)           (2018年3月31日)
               18百万円           29百万円

        また、同規則第71条第1項に規定する再保険を付した部分に相当する責任準備金(以下、「出再責任準備金」とい

        う。)の金額は、次のとおりであります。
            前事業年度           当事業年度
          (2017年3月31日)           (2018年3月31日)
               109百万円           124百万円

        3   保険業法第259条の規定に基づく生命保険契約者保護機構に対する当事業年度末における当社の今後の負担見積額

        は、110百万円(前事業年度は105百万円)であります。なお、当該負担金は拠出した年度の事業費として処理し
        ております。
                                 50/69











                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       (損益計算書関係)
      ※ 1 有価証券売却益の内訳は次のとおりであります。
                      前事業年度             当事業年度
                    (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                     至 2017年3月31日)             至 2018年3月31日)
          外国証券                -  百万円           47  百万円
      ; 2  当事業年度の支払備金繰入額の計算上、差し引かれた出再支払備金繰入額の金額は10百万円であります。(前

        事業年度の支払備金戻入額の計算上、差し引かれた出再支払備金戻入額の金額は15百万円であります。)
         また、当事業年度の責任準備金繰入額の計算上、差し引かれた出再責任準備金繰入額の金額は15百万円であり
        ます。(前事業年度の責任準備金繰入額の計算上、差し引かれた出再責任準備金繰入額の金額は11百万円であり
        ます。)
      ※ 3  事業費の内訳は次のとおりであります。

                         前事業年度             当事業年度
                      (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                       至 2017年3月31日)             至 2018年3月31日)
                            (百万円)             (百万円)
          営業活動費

           募集代理店経費                      165             303

                                1             1
           選択経費
            営業活動費小計                      166             304

          営業管理費

                              1,161             1,613
           広告宣伝費
            営業管理費小計                     1,161             1,613

          一般管理費

           人件費                     1,245             1,402

           物件費                     1,465             1,612

                                8             8
           負担金
            一般管理費小計                     2,719             3,024
             合計                     4,047             4,942

        (注)1    一般管理費・物件費の主なものは、保険事務・システム等の契約の維持・管理に際して必要な経費等で
             あります。
           2 負担金は、保険業法第259条の規定に基づく生命保険契約者保護機構に対する負担金であります。
                                 51/69







                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       (株主資本等変動計算書関係)
      前事業年度(自2016年4月1日 至2017年3月31日)
      1.  発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当事業年度          当事業年度          当事業年度         当事業年度末
                 期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
       発行済株式
        普通株式(注)
                     50,175,000           970,000            -     51,145,000
              合計       50,175,000           970,000            -     51,145,000

       自己株式
        普通株式                   -          -          -         -
              合計           -          -          -         -

      (注)普通株式の発行済株式総数の増加970,000株は、新株予約権の行使による増加であります。
      2.  新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                            新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                   当事業年度末
                 新株予約権の
                                                     残高
       新株予約権の内訳          目的となる
                        当事業年度       当事業年度       当事業年度
                                             当事業年度末
                                                    (百万円)
                  株式の種類
                          期首       増加       減少
                          970,000         -    970,000         -       -
       2007年新株予約権           普通株式
      ストック・オプション
                    -         -       -       -       -       -
       としての新株予約権
      (注)2007年新株予約権の当事業年度減少は、新株予約権の行使によるものであります。
      3.  配当に関する事項

       該当事項はありません。
      当事業年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)

      1.  発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当事業年度          当事業年度          当事業年度         当事業年度末
                 期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
       発行済株式
                                   -          -
        普通株式             51,145,000                            51,145,000
                                   -          -
              合計       51,145,000                            51,145,000
       自己株式
                                   -          -         -
        普通株式                   -
                                   -          -         -
              合計           -
      2.  新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                            新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                   当事業年度末
                 新株予約権の
                                                     残高
       新株予約権の内訳          目的となる
                        当事業年度       当事業年度       当事業年度
                                             当事業年度末
                                                    (百万円)
                  株式の種類
                          期首       増加       減少
      ストック・オプション
                    -         -       -       -       -       -
       としての新株予約権
      3.  配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                 52/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       (キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                             (自2016年4月1日                (自2017年4月1日
                              至2017年3月31日)                 至2018年3月31日)
        現金及び預貯金                          1,004百万円                  926百万円
        買入金銭債権                          1,999                 1,999
        現金及び現金同等物                          3,004                 2,926
       (リース取引関係)

       (借主側)
       ファイナンス・リース取引
        所有権移転外ファイナンス・リース取引
        (1)  リース資産の内容
          (ア)有形固定資産
             主としてサーバー等事務機器であります。
          (イ)無形固定資産
             ソフトウエアであります。
        (2)  リース資産の減価償却の方法
          重要な会計方針「2.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
       (金融商品関係)

      1.  金融商品の状況に関する事項
       (1)   金融商品に対する取組方針
        生命保険業を営む当社にとって、将来の保険金及び給付金等の支払いに備えるため保険料積立金(責任準備金の
       一部)として蓄積された資金を様々な金融商品によって効率的に運用する業務は、保険業務(保険の販売・引受・
       維持管理等)と並ぶ固有の業務であります。なぜなら、契約者の皆さまからいただく生命保険料は予定利率という
       形で資金の運用をその計算基礎の中に織り込んでいるためであります。
        そのため、現時点では、国債等の高格付けの円建て公社債中心の                              運用  を行いつつ、元本及び予定利息を確保する
       ことを意図した運用を実施しております。また、資本業務提携目的で株式会社アドバンスクリエイトの株式を保有
       しております      。
       (2)   金融商品の内容及びそのリスク
        生命保険会社の資産運用に係るリスクとしては、①市場リスク、②信用リスク、③不動産投資リスクに大別され
       ます。また、①市場リスクについては、(a)金利リスク、(b)価格変動リスク、(c)為替リスクに細分化されま
       す。
        当社が保有する金融商品は主として預金、円建て債券、外貨建て債券、株式であり、当社が考慮すべきリスク
       は、上記のリスクのうち、①(a)金利リスク、(b)価格変動リスク、(c)為替リスク、②信用リスクとなりま
       す。
       (3)   金融商品に係るリスク管理体制
        当社では、総合的なリスク管理を行うためには、組織横断的な取り組みが有効と考えており、関係役職員で構成
       されるリスク管理委員会(リスク管理全般を所管)を設けております。加えて、外部の金融・経済の有識者も参画
       するALM委員会、資産運用委員会を定期的に開催し金融商品に係る各種リスクの把握に努めております。
        ①市場リスクの管理
       (a)金利リスクの管理
        通常、生命保険会社は、負債の特性に応じて適切な資産配分を行うALM(Asset                                     Liability     Management:資産負債
       の総合管理)の考え方に基づき資産運用を行っております。しかし、当社は、掛け捨て及び保障性の商品を中心に
       取り扱っているため、資産と負債の金利のミスマッチを要因として損失を被るリスクが当社へ与える影響は限定的
       であります。このため、リスク管理部において、資産と負債のギャップ分析や金利感応度分析等を行うことで、金
       利リスクが当社に与える影響をモニタリングしております。
       (b)価格変動リスクの管理
        当社は、取締役会が定める資産運用リスク管理に関する基本方針において、バリュー・アット・リスク等を用い
       たリスク・リミットを定め、リスク管理部が定期的にリスク・リミットを超えていないことを検証し、取締役会等
       へ報告しております。
                                 53/69


                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       (c)為替リスクの管理
        当社は、外貨建て債券等へ投資しており、これらの為替リスクを負っております。当社は、資産運用リスク管理
       規程に基づき、リスク管理部が定期的にバリュー・アット・リスク等のリスク・リミットに為替リスクも1つの要
       因として含め、総合的な資産運用リスクの管理を行い、取締役会等へ報告しております。
        なお、教保ライフプラネット生命保険株式会社の株式は、                           売却に伴い     、 為替予約取引      を行いました。当取引は、
       取締役会規則に基づき、取締役会決議を経て、実施しております。
        ②信用リスクの管理
        有価証券の発行体の信用リスクに関しては、取締役会が定めるリスク・リミットに基づき、リスク管理部におい
       て、格付等の信用情報や時価等の把握を定期的に行うことで管理しております。
      2.  金融商品の時価等に関する事項

         貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
        前事業年度(2017年3月31日)                      (単位:百万円)
                        貸借対照表計上額             時価          差額

        (1)現金及び預貯金                      1,004          1,004           -

        (2)買入金銭債権                      1,999          1,999          △0

        (3)金銭の信託                       995          995          -

        (4)有価証券                     25,553          26,879          1,325

                                       11,268
           満期保有目的の債券                      9,943                   1,325
           その他有価証券                     15,610          15,610            -
        (5)その他資産 未収金                       742          742          -

        当事業年度(2018年3月31日)                      (単位:百万円)

                        貸借対照表計上額             時価          差額

        (1)現金及び預貯金                       926          926          -

        (2)買入金銭債権                      1,999          1,999            0

        (3)金銭の信託                      2,567          2,567           -

        (4)有価証券                     28,303          29,796          1,492

                                        9,719
           満期保有目的の債券                      8,226                   1,492
           その他有価証券                     20,076          20,076            -
        (5)その他資産 未収金                       802          802          -

        (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに金銭の信託及び有価証券に関する事項
          (1)現金及び預貯金
             当社は、満期がない預金のみを保有しており、それらの時価は帳簿価額と近似していることから、当該
            帳簿価額によっております。
          (2)買入金銭債権
             買入金銭債権の時価は、2018年3月末日(前事業年度は2017年3月末日)の取引金融機関から入手した価
            格によっております。
          (3)金銭の信託
             金銭の信託における信託財産の構成物の時価は、2018年3月末日(前事業年度は2017年3月末日)の取引
            所又は取引金融機関から入手した価格等によっております。また、保有目的ごとの金銭の信託に関する事
            項については、注記事項「(金銭の信託関係)」をご参照下さい。
          (4)有価証券
             有価証券の時価は、2018年3月末日(前事業年度は2017年3月末日)の取引所又は取引金融機関から入手
            した価格等によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「(有
            価証券関係)」をご参照下さい。
                                 54/69


                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
          (5)その他資産 未収金
             未収金については、短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
          2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                         (単位:百万円)
                            前事業年度            当事業年度
                 区分
                          (2017年3月31日)            (2018年3月31日)
                外国証券                   819             -
             外国証券については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
            「(4)有価証券」には含めておりません。
       3.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

        前事業年度(2017年3月31日)                         (単位:百万円)
                                      1年超       5年超

                              1年以内                     10年超
                                     5年以内       10年以内
                                1,004        -       -       -

         現金及び預貯金
                                2,000        -       -       -
         買入金銭債権
         有価証券
                                1,900        200       -     7,700
          満期保有目的の債券
          その他有価証券のうち満期があるもの                        1,670       4,900       2,700       3,300
         その他資産 未収金
                                 742       -       -       -
                                7,317       5,100       2,700      11,000

                          合計
        当事業年度(2018年3月31日)                         (単位:百万円)

                                      1年超       5年超

                              1年以内                     10年超
                                     5年以内       10年以内
                                 926       -       -       -

         現金及び預貯金
                                2,000        -       -       -
         買入金銭債権
         有価証券
                                 100       100       -     7,900
          満期保有目的の債券
          その他有価証券のうち満期があるもの
                                1,100       7,100       3,400       3,300
         その他資産 未収金
                                 802       -       -       -
                                4,928       7,200       3,400      11,200

                          合計
                                 55/69








                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
      1.  売買目的有価証券
        該当事項はありません。
      2.  満期保有目的の債券

        前事業年度(2017年3月31日)                         (単位:百万円)
                        種類      貸借対照表計上額            時価         差額
                     公社債

                      国債              7,836         8,981        1,145
                      地方債               900        1,045         145

        時価が貸借対照表計上額
        を超えるもの
                                    1,207
                      社債                       1,241          34
                     その他                499         499         0
                        小計           10,443         11,768         1,325

                     公社債

                      国債               -         -        -
                      地方債               -         -        -

        時価が貸借対照表計上額
        を超えないもの
                      社債               -         -        -
                     その他               1,499         1,499         △0
                        小計            1,499         1,499         △0

                  合計                 11,943         13,268         1,325

        (注)貸借対照表において買入金銭債権として処理されているコマーシャルペーパーを「その他」に含めておりま
           す。
        当事業年度(2018年3月31日)                         (単位:百万円)

                        種類      貸借対照表計上額            時価         差額
                     公社債

                      国債              6,726         8,007        1,280
                      地方債               900        1,067         167

        時価が貸借対照表計上額
        を超えるもの
                                     600
                      社債                        644         44
                     その他                999         999         0
                        小計            9,226         10,719         1,492

                     公社債

                      国債               -         -        -
                      地方債               -         -        -

        時価が貸借対照表計上額
        を超えないもの
                      社債               -         -        -
                     その他                999         999        △0
                        小計             999         999        △0

                  合計                 10,226         11,719         1,492

        (注)貸借対照表において買入金銭債権として処理されているコマーシャルペーパーを「その他」に含めておりま
           す。
                                 56/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      3.  その他有価証券
        前事業年度(2017年3月31日)                         (単位:百万円)
                        種類      貸借対照表計上額           取得原価          差額
                     公社債

                                    2,040         1,822
                      国債                                218
                      地方債               596         520         75

        貸借対照表計上額が
                      社債              8,368         8,173         195
        取得原価を超えるもの
                     株式                334         100        233
                     その他                -         -        -
                        小計           11,339         10,616          723

                     公社債

                      国債               -         -        -
                      地方債               -         -        -

        貸借対照表計上額が
                                    2,175
                      社債                       2,185         △10
        取得原価を超えないもの
                     株式                -         -        -
                     その他               2,095         2,179         △84
                        小計            4,270         4,365         △94

                                   15,610
                  合計                           14,981          628
       (注)時価を把握することが極めて困難と認められるその他有価証券は、上表には含めておりません。
        当事業年度(2018年3月31日)                         (単位:百万円)

                        種類      貸借対照表計上額           取得原価          差額
                     公社債

                                    1,671         1,418
                      国債                                253
                      地方債               605         519         85

        貸借対照表計上額が
                      社債              9,283         9,055         228
        取得原価を超えるもの
                     株式                346         100        246
                     その他                506         500         6
                        小計           12,413         11,594          819

                     公社債

                      国債               -         -        -
                      地方債               -         -        -

        貸借対照表計上額が
                                    4,008
                      社債                       4,016         △8
        取得原価を超えないもの
                     株式                -         -        -
                     その他               3,654         3,747         △93
                        小計            7,662         7,764        △101

                                   20,076
                  合計                           19,358          718
                                 57/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      4.  売却したその他有価証券
        前事業年度(自2016年4月1日 至2017年3月31日)
         該当事項はありません。
        当事業年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)                   (単位:百万円)

           種類           売却額            売却益の合計              売却損の合計

        公社債

         国債                    -              -              -
         地方債                    -              -              -

         社債                    -              -              -

        株式                     -              -              -

        外国証券                    811              47              -
           合計                 811              47              -

       (金銭の信託関係)

      その他の金銭の信託(運用目的、満期保有目的及び責任準備金対応以外)
       前事業年度(2017年3月31日)                              (単位:百万円)
                                           うち貸借対照表          うち貸借対照表
                   貸借対照表
                                          計上額が取得原価          計上額が取得原価
                           取得原価         差額
                    計上額
                                           を超えるもの         を超えないもの
                                       △5          -         △5

       その他の金銭の信託                995       1,000
       当事業年度(2018年3月31日)                              (単位:百万円)

                                           うち貸借対照表          うち貸借対照表
                   貸借対照表
                                          計上額が取得原価          計上額が取得原価
                           取得原価         差額
                    計上額
                                           を超えるもの         を超えないもの
                                       △51           -         △51

       その他の金銭の信託               2,567        2,618
       (デリバティブ取引関係)

        該当事項はありません。
       (ストック・オプション等関係)

      1.  ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
       該当事項はありません。
                                 58/69







                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      2.  ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
      (1)  ストック・オプションの内容
                    2007年ストック・オプション              2010年ストック・オプション              2012年ストック・オプション
                    当社取締役 4名               当社取締役 1名
      付与対象者の区分及び人数                                         当社従業員 29名
                    当社従業員 12名               当社従業員 39名
      株式の種類別のストック・
                    普通株式 1,000,000株               普通株式 464,000株               普通株式 190,000株
      オプションの付与数(注)
      付与日              2007年12月27日               2010年1月25日               2012年1月27日
                                  付与日から行使時に至るま              付与日から行使時に至るま
                                  で、当社の取締役若しくは              で、当社の取締役若しくは
      権利確定条件              定め無し
                                  監査役又は使用人の地位を              監査役又は使用人の地位を
                                  有していることを要する。              有していることを要する。
      対象勤務期間              定め無し               定め無し               定め無し
                    2009年12月27日から               2012年1月25日から               2014年1月27日から
      権利行使期間
                    2017年12月21日まで               2019年12月24日まで               2022年1月25日まで
      (注)     株式数に換算して記載しております。なお、2007年及び2010年ストック・オプションについては、2012年1月24
         日付株式分割(1株につき1,000株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しております。
      (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

       当事業年度(2018年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数につい
      ては、株式数に換算して記載しております。
      ①ストック・オプションの数
                    2007年ストック・オプション              2010年ストック・オプション              2012年ストック・オプション
       権利確定前(株)
                                -              -              -
        前事業年度末
                                -              -              -
        付与
                                -              -              -
        失効
                                -              -              -
        権利確定
                                -              -              -
        未確定残
       権利確定後(株)

                             654,000              296,000              96,000
        前事業年度末
                                -              -              -
        権利確定
                                -              -              -
        権利行使
                             654,000              60,000              8,000
        失効
                                -           236,000              88,000
        未行使残
      (注)     2007年及び2010年ストック・オプションについては、2012年1月24日付株式分割(1株につき1,000株の割合)に
         よる分割後の株式数に換算して記載しております。
      ②単価情報
                    2007年ストック・オプション              2010年ストック・オプション              2012年ストック・オプション
       権利行使価格  (円)                         400              600             1,000
       行使時平均株価 (円)                          -              -              -

       付与日における
                                -              -              -
       公正な評価単価 (円)
      (注)2007年及び2010年ストック・オプションについては、2012年1月24日付株式分割(1株につき1,000株の割合)に
         よる分割後の価格に換算して記載しております。
                                 59/69


                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      3.  ストック・オプションの権利確定数の見積方法
       基本的には、将来の失効数の合理的な見積は困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しておりま
      す。
      4.  当事業年度末における本源的価値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行

       使日における本源的価値の合計額
       (1)当事業年度末における本源的価値の合計額
        -百万円
       (2)当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
        -百万円
       (税効果会計関係)

      1.  繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
                         前事業年度           当事業年度
                       (2017年3月31日)           (2018年3月31日)
                            (百万円)           (百万円)
         繰延税金資産
          繰越欠損金                      2,696           2,349
          減価償却超過額                       106           129
          保険契約準備金                       88          120
         資産除去債務
                                8           9
                               80          159
          その他
         繰延税金資産小計
                              2,980           2,768
                             △2,979           △2,765
          評価性引当額
         繰延税金資産合計
                                1           2
                               △1           △2
         繰延税金負債との相殺
         繰延税金資産の純額                       -           -
         繰延税金負債
          その他有価証券評価差額金                      △189           △186
                               △1           △2
          その他
         繰延税金負債合計
                              △191           △189
                                1           2
         繰延税金資産との相殺
         繰延税金負債(△)の純額                      △189           △186
      2.  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

        前事業年度及び当事業年度における法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異については、税
       引前当期純損失を計上したため記載しておりません。
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
       当社は、生命保険事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       【関連情報】

       1.製品及びサービスごとの情報
          製品及びサービスの区分が単一であるため、製品及びサービスごとの記載を省略しております。
       2.地域ごとの情報
       (1)  経常収益
         本邦の外部顧客への経常収益が損益計算書の経常収益の90%を超えているため、記載を省略しております。
       (2)  有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えているため、記載を
         省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報
          特定の顧客に対する経常収益で損益計算書の経常収益の10%を占めるものがないため、主要な顧客ごとの
         記載を省略しております             。
                                 60/69


                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       該当事項はありません。
       【関連当事者情報】

       関連当事者との取引
        財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
        前事業年度(自2016年4月1日 至2017年3月31日)
        会社等の        資本金又は             議決権等の      関連当事者
             所在         事業の内容又は                          取引金額        期末残高
                 出資金
     種類   名称又は                     所有(被所       との    取引の内容            科目
              地           職業                       (百万円)        (百万円)
         氏名       (百万円)              有)割合       関係
                        当社     (被所有)           新株予約権の
     役員   出口治明     -      -                 -             106   -      -
                      代表取締役会長
                             直接 0.0%            行使(注)
                        当社     (被所有)           新株予約権の
     役員   岩瀬大輔     -      -                 -             106   -      -
                      代表取締役社長                   行使(注)
                             直接 0.0%
       (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
          2007年5月7日開催の臨時株主総会決議に基づき付与された新株予約権の当該事業年度における権利行使を記
         載しています。なお、「取引金額」欄は、当該事業年度における新株予約権の権利行使による付与株式数に払
         込金額を乗じた金額を記載しております。
        当事業年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)

         該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

                                  前事業年度                当事業年度
                                (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)                 至 2018年3月31日)
       1株当たり純資産額                             266.80円                261.77円
       1株当たり当期純損失金額(△)
                                    △37.37円                △4.87円
       (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失金額
           であるため記載しておりません。
          2.1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前事業年度                当事業年度
                                (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)                 至 2018年3月31日)
       当期純損失金額(△)(百万円)                              △1,889                 △249
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                -                -
       普通株式に係る当期純損失(△)(百万円)                              △1,889                 △249
       期中平均株式数(株)                            50,549,712                51,145,000
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
                              新株予約権3種類                新株予約権3種類
       株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜
                              (新株予約権の数96,950個)                (新株予約権の数88,236個)
       在株式の概要
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 61/69



                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
      ⑤【附属明細表】
       【事業費明細表】
                             金額(百万円)
                区分
                                   304

          営業活動費
                                   303
           募集代理店経費
                                    1
           選択経費
                                  1,613

          営業管理費
                                  1,613
           広告宣伝費
                                  3,024

          一般管理費
                                  1,402
           人件費
                                  1,612
           物件費
                                    8
           負担金
                                  4,942

                合計
        (注)1.     一般管理費・物件費の主なものは、保険事務・システム等の契約の維持・管理に際して必要な経費等で
             あります。
           2.  負担金は、保険業法第259条の規定に基づく生命保険契約者保護機構に対する負担金であります。
       【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価償
                                                       差引当期末
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額
                                                         残高
         資 産の種類
                  (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      償却累計額       (百万円)
                                                       (百万円)
                                           (百万円)
     有形固定資産
                     114       3      0     118       99       2      18
      建物
                      68       1      -      70      29      20      40
      リース資産
                     228       27       ▶     251      200       22      50
      その他の有形固定資産
                     411       32       ▶     439      330       45      109
       有形固定資産計
     無形固定資産
                    1,498       245       2    1,740      1,275       191      465
      ソフトウエア
                      54      325      242      138       -      -      138
      ソフトウエア仮勘定
      リース資産                65      -       9      55      38      16      17
                      5      -      -       5      ▶      0      0
      その他の無形固定資産
                    1,623       571      254     1,940      1,318       208      621
       無形固定資産計
     (注) 1.      ソフトウエアの増加は、主にソフトウエアの完成に伴う振替によるものであります。
         2.  ソフトウエア仮勘定の増加は、主に新規商品販売に係る仕組構築によるものであります。
         3.  ソフトウエア仮勘定の減少は、主にソフトウエアの完成に伴う振替によるものであります。
       【社債明細表】

       該当事項はありません。
                                 62/69





                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
       【借入金等明細表】
        借入金等としてはリース債務がありますが、その当事業年度期首及び当事業年度末における金額は当事業年度期首
       及び当事業年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第125条の規定によ
       り記載を省略しております。
       【引当金明細表】

                                    当期減少額        当期減少額
                    当期首残高        当期増加額                        当期末残高
                                    (目的使用)        (その他)
             区分
                    (百万円)        (百万円)                        (百万円)
                                    (百万円)        (百万円)
                                         -        -

          価格変動準備金                19        11                        30
       【資産除去債務明細表】

        当事業年度期首及び当事業年度末における資産除去債務の金額は、当事業年度期首及び当事業年度末における負債
       及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第125条の2の規定により記載を省略しております。
      (2)  【主な資産及び負債の内容】

         当事業年度末(2018年3月31日現在)における主な資産及び負債の内容は、次のとおりです。
         ①現金及び預貯金
                         金額(百万円)
               区分
                                 -
          現金
          預貯金

                                926
           普通預金
                                926
               小計
                                926
               合計
         ②買入金銭債権

                         金額(百万円)
               区分
                               1,999
          コマーシャル・ペーパー
                               1,999
               合計
         ③有価証券

         (a)有価証券の種類別内訳
                  当期首      当期      当期     評価益に      評価損に     評価差額金に        当期末
                  残高     増加額      減少額     よる純増加      よる純減少      よる純増減        残高
            区分
                 (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                   9,876        0    1,512        -      -       34    8,398
          国債
                   1,496        -      0     -      -       10    1,505
          地方債
                   11,751      4,202      2,096        -      -       34    13,892
          社債
                    334      -      -      -      -       12     346
          株式
                    819      -     764      -      -      △54       -
          外国証券
                   2,095      2,100        32      -      -      △2     4,161
          その他の証券
                   26,372      6,302      4,406        -      -       34    28,303
            合計
                                 63/69




                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
         (b)業種別株式保有明細表
                             金額(百万円)           占率(%)
                 区分
                                    346         100.0
          金融・保険業            保険業
         (注)区分は証券コード協議会の業種別分類項目に準拠しております。
         ④保険契約準備金

         (a)支払備金
                          当期末残高
               区分
                          (百万円)
                                429
          個人保険
                                 -
          個人年金保険
                                 -
          団体保険
          団体年金保険
                                 -
          その他の保険
                                 -
                                429
               合計
         (b)責任準備金

                          当期末残高
               区分
                          (百万円)
                               20,757
          個人保険
                                 -
          個人年金保険
                                 -
          団体保険
          団体年金保険
                                 -
          その他の保険
                                 -
                               20,757
               合計
      (3)  【その他】

        ① 当事業年度における四半期情報
     (累計期間)                          第1四半期        第2四半期        第3四半期       当事業年度
     経常収益(百万円)                            2,651        5,338        8,071       10,962
     税引前四半期純利益金額又は税引前四半期(当期)
                                   134        △3       △19       △209
     純損失金額(△)(百万円)
     四半期純利益金額又は四半期(当期)純損失金額
                                   109       △15        △42       △249
     (△)(百万円)
     1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期
                                  2.13       △0.30        △0.84        △4.87
     (当期)純損失金額(△)(円)
     (会計期間)                          第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期
                                  2.13       △2.43        △0.54        △4.03
     純損失金額(△)(円)
        ② 決算日後の状況

          特記事項はありません。
        ③ 訴訟

          該当事項はありません。
                                 64/69




                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                 毎年4月1日から翌年3月31日まで

      定時株主総会                 毎事業年度終了の日の翌日から3ヶ月以内

      基準日                 3月31日

                       9月30日

      剰余金の配当の基準日
                       3月31日
      1単元の株式数                 100株

      単元未満株式の買取り

                       東京都千代田区丸の内一丁目4番5号

       取扱場所
                       三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                       東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       株主名簿管理人
                       三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                -

       買取手数料                株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                       電子公告により行う。

                       http://ir.lifenet-seimei.co.jp/ja/
      公告掲載方法
                       ただし、事故その他やむを得ない事由により電子公告による公告をすることが
                       できない場合は、日本経済新聞に掲載する方法により行う。
      株主に対する特典                 該当事項はありません。

      (注) 当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨定

          款に定めております。
          (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 65/69









                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
          事業年度(第11期)(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)2017年6月19日関東財務局長に提出
        (2)内部統制報告書及びその添付書類
          2017年6月19日関東財務局長に提出
        (3)四半期報告書及び確認書
          (第12期第1四半期)(自 2017年4月1日 至 2017年6月30日)2017年8月9日関東財務局長に提出
          (第12期第2四半期)(自 2017年7月1日 至 2017年9月30日)2017年11月10日関東財務局長に提出
          (第12期第3四半期)(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)2018年2月9日関東財務局長に提出
        (4)臨時報告書
         2017年6月27日関東財務局長に提出
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
         時報告書です。
         2018年1月15日関東財務局長に提出
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)に基づく臨時報告書です。
         2018年3月22日関東財務局長に提出
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)に基づく臨時報告書です。
                                 66/69













                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 67/69




















                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2018年6月15日

     ライフネット生命保険株式会社

      取締役会 御中

                              有限責任 あずさ監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       平栗 郁朗  ㊞
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       森本 洋平  ㊞
                               業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いるライフネット生命保険株式会社の2017年4月1日から2018年3月31日までの第12期事業年度の財務諸表、すなわち、
     貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属
     明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ライフ
     ネット生命保険株式会社の2018年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッ
     シュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 68/69





                                                           EDINET提出書類
                                                  ライフネット生命保険株式会社(E26327)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、ライフネット生命保険株式会
     社の2018年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、ライフネット生命保険株式会社が2018年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示し
     た上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠し
     て、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1.     上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会
         社)が別途保管しております。
        2.     XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 69/69









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。