新光商事株式会社 有価証券届出書(参照方式)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(参照方式)

提出日:

提出者:新光商事株式会社

カテゴリ:有価証券届出書(参照方式)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光商事株式会社(E02664)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         平成30年6月13日
      【会社名】                         新光商事株式会社
      【英訳名】                         Shinko    Shoji   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  小川 達哉
      【本店の所在の場所】                         東京都品川区大崎一丁目2番2号
      【電話番号】                         (03)6361-8111
      【事務連絡者氏名】                         管理部門統括 取締役  正木 輝
      【最寄りの連絡場所】                         東京都品川区大崎一丁目2番2号
                               アートヴィレッジ大崎セントラルタワー13階
      【電話番号】                         (03)6361-8111
      【事務連絡者氏名】                         管理部門統括 取締役  正木 輝
      【届出の対象とした募集有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集金額】
                               その他の者に対する割当                       355,000,000円
      【安定操作に関する事項】                         該当事項はありません。

      【縦覧に供する場所】                         株式会社東京証券取引所
                               (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/9












                                                           EDINET提出書類
                                                       新光商事株式会社(E02664)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
          種類            発行数                      内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
         普通株式              200,000株       標準となる株式であります。
                              なお、単元株式数は100株であります。
      (注)1.平成30年6月13日開催の取締役会決議によります。
         2.振替機関の名称及び住所は次のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
         3.本有価証券届出書の対象とした募集は、会社法(平成17年法律第86号)第199条第1項の規定に基づいて、
           当社の保有する当社普通株式による自己株式処分により行われるものであり(以下「本自己株式処分」とい
           います。)、金融商品取引法第二条に規定する定義に関する内閣府令第9条第1号に定める売付けの申込み
           又は買付けの申込みの勧誘となります。
      2【株式募集の方法及び条件】

       (1)【募集の方法】
                                   発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
             区分              発行数
                               ―             ―             ―
     株主割当
                                       355,000,000                   ―
     その他の者に対する割当                       200,000株
                               ―             ―             ―
     一般募集
         計(総発行株式)                              355,000,000                   ―
                            200,000株
      (注)1.第三者割当の方法によります。
         2.発行価額の総額は、本自己株式処分に係る会社法上の払込金額の総額であります。なお、本有価証券届出書
           の対象とした募集は、自己株式処分により行われるものであるため、払込金額は資本組入れされません。
       (2)【募集の条件】

      発行価格       資本組入額                            申込証拠金
                    申込株数単位           申込期間                     払込期日
       (円)       (円)                            (円)
         1,775         ―         平成30年7月4日(水)                   ―  平成30年7月4日(水)

                       100株
      (注)1.第三者割当の方法により行うものとし、一般募集は行いません。
         2.発行価格は、本自己株式処分に係る会社法上の払込金額であります。なお、本有価証券届出書の対象とした
           募集は、自己株式処分により行われるものであるため、払込金額は資本組入れされません。
         3.申込み及び払込みの方法は、本有価証券届出書の効力発生後、申込期間内に当該株式の「株式総数引受契
           約」を締結し、払込期日に後記払込取扱場所へ発行価額の総額を払込むものとします。
         4.本有価証券届出書の効力発生後、申込期間内に当社及び割当予定先との間で「株式総数引受契約」を締結し
           ない場合は、本自己株式処分は行われません。
       (3)【申込取扱場所】

                  店名                           所在地
     新光商事株式会社 本社                            東京都品川区大崎一丁目2番2号

       (4)【払込取扱場所】

                  店名                           所在地
     株式会社みずほ銀行 目黒支店                            東京都品川区上大崎三丁目1番1号

                                 2/9



                                                           EDINET提出書類
                                                       新光商事株式会社(E02664)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
      3【株式の引受け】
        該当事項はありません。
      4【新規発行による手取金の使途】

       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
               355,000,000                        ―             355,000,000

      (注) 新規発行による手取金の使途とは本自己株式処分による手取金の使途であります。
       (2)【手取金の使途】

           本自己株式処分により調達する資金については、全額を払込期日以降の諸費用支払い等の運転資金として充
          当する予定です。
           なお、支出実行までの資金管理については、当社預金口座にて管理を行います。
     第2【売出要項】

       該当事項はありません。
     第3【第三者割当の場合の特記事項】

      1【割当予定先の状況】
       a 割当予定先の概要
                     資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)
     名称
                     東京都中央区晴海1丁目8番12号
     本店の所在地
                     晴海トリトンスクエア タワーZ
     代表者の役職及び氏名               代表取締役社長  森脇 朗
     資本金               50,000百万円

     事業の内容               マスタートラスト業務、有価証券資産の管理業務、確定拠出年金の資産管理業務

                     株式会社みずほフィナンシャルグループ  54%
                     第一生命保険株式会社          16%
     主たる出資者及びその出資比率
                     朝日生命保険相互会社          10%
       b 提出者と割当予定先との間の関係

     出資関係               該当事項はありません。
     人事関係               該当事項はありません。

     資金関係               該当事項はありません。

     技術又は取引関係               みずほ信託銀行株式会社の再信託先としての株式給付信託(役員向け)取引。

      (注) 割当予定先の概要及び提出者と割当予定先との間の関係の欄は、平成30年6月12日現在のものであります。
        ※株式給付信託(J-ESOP)の内容

         割当予定先である資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)は、当社とみずほ信託銀行株式会社との間で
        当社を委託者、みずほ信託銀行株式会社を受託者(再信託受託者を資産管理サービス信託銀行株式会社)とする信
        託契約(以下「本信託契約」といいます。)を締結することによって設定される信託口であります。また、本信託
        契約に基づいて設定される信託を「本信託」といいます。
         (1)概要
           本制度は、予め当社が定めた株式給付規程に基づき、一定の要件を満たした当社の幹部従業員に対し当社株
          式を給付する仕組みです。
           当社は、幹部従業員に対し個人の貢献度等に応じてポイントを付与し、一定の条件により受給権を取得した
          ときに当該付与ポイントに相当する当社株式を給付します。幹部従業員が当社株式の給付を受ける時期は、原
          則として退職時となります。幹部従業員に対し給付する株式については、予め信託設定した金銭により将来分
          も含め取得し、信託財産として分別管理するものとします。本制度の導入により、当社幹部従業員の株価及び
          業績向上への関心が高まり、これまで以上に意欲的に業務に取り組むことに寄与することが期待されます。
                                 3/9


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光商事株式会社(E02664)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
           当社は、株式給付規程に基づき幹部従業員に将来給付する株式をあらかじめ取得するために、みずほ信託銀
          行株式会社(再信託先:資産管理サービス信託銀行株式会社)(以下「信託銀行」といいます。)に金銭を信
          託 (他益信託)します。信託銀行は、株式給付規程に基づき将来付与されると合理的に見込まれるポイント数
          に相当する数の当社株式を取引市場を通じて又は当社からの第三者割当によって取得します。また、第三者割
          当については、信託銀行と当社の間で本有価証券届出書の効力発生後に締結される予定の募集株式の総数引受
          契約書に基づいて行われます。
           本制度は議決権行使について「個別議案に対する幹部従業員の意識調査に従った議決権行使を行う方法」を
          採用しており、信託管理人が幹部従業員の意見を集約し、信託銀行に対して議決権指図を行い、信託銀行はか
          かる指図に従って、議決権行使を行います。信託管理人は、信託銀行に対して議決権行使に関する指図を行う
          に際して、本信託契約に定める「信託管理人ガイドライン」に従います。なお、信託管理人には当社幹部従業
          員が就任し、受益者が存在するに至った場合、当該信託管理人は受益者代理人となります。(受益者代理人と
          なった以後の議決権行使の指図は受益者代理人が行うこととなります。以下、信託管理人の記載において同
          じ。)
         (2)受益者の範囲

           株式給付規程に定める受益者要件を満たす者
        <株式給付信託(J-ESOP)の概要>

         ① 当社は、本制度の導入に際し、株式給付規程を制定します。






         ② 当社は、株式給付規程に基づき、幹部従業員に将来給付する株式を予め取得するために、信託銀行に金銭を
           信託(他益信託)します。
         ③ 本信託は、②で信託された金銭を原資として当社株式を、取引市場を通じて又は当社の自己株式処分を引き
           受ける方法により取得します。
         ④ 当社は、株式給付規程に基づき幹部従業員にポイントを付与します。
         ⑤ 本信託は、信託管理人の指図に基づき議決権を行使します。
         ⑥ 本信託は、幹部従業員のうち株式給付規程に定める受益者要件を満たした者(以下「受益者」といいま
           す。)に対して、当該受益者に付与されたポイント数に応じた当社株式を給付します
       c 割当予定先の選定理由

         今般、当社は、みずほ信託銀行株式会社から提案のあった本制度を導入することといたしました。本制度は、
        「b 提出者と割当予定先との間の関係 ※株式給付信託(J-ESOP)の内容 (1)概要」に記載しましたとおり、
        幹部従業員の新しい福利厚生サービスとして自社の株式を給付し、当社の株価や業績との連動性をより高め、経済
        的な効果を株主の皆様と共有することにより、株価及び業績向上への幹部従業員の意欲や士気を高めることを目的
        としております。
         当社では、機動的な資本政策や資本効率の向上を目的とし、自己株式の取得を進めてまいりましたが、その自己
        株式の有効活用として、本制度での活用のため、自己株式の割当を行うことといたしました。
         なお、本制度においては、「※株式給付信託(J-ESOP)の内容 (1)概要」に記載しましたとおり、当社を委託
        者、みずほ信託銀行株式会社を受託者として本信託契約を締結する予定ですので、信託の受託者たるみずほ信託銀
                                 4/9


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光商事株式会社(E02664)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
        行株式会社(再信託先:資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口))を当社が割当予定先として選定したも
        のです。
       d 割り当てようとする株式の数

         200,000株
       e 株券等の保有方針

         割当予定先である資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)は、本信託契約に基づき、信託期間内におい
        て株式給付規程に基づき当社株式の信託財産を受益者に給付するために保有するものであります。
       f 払込みに要する資金等の状況

         割当予定先の払込みに要する資金に相当する金銭につきましては、当社は、株式給付規程に基づき幹部従業員に
        将来給付する株式を予め取得するために、みずほ信託銀行株式会社(再信託先:資産管理サービス信託銀行株式会
        社)に金銭を信託(他益信託)します。
         当社からの当初信託金をもって、払込みに要する資金に相当する金銭が割当日において信託財産内に存在する予
        定である旨、信託契約日に締結する予定の株式給付信託契約書案により確認を行っております。
       g 割当予定先の実態

         割当予定先である資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)は、割り当てられた当社株式に係る議決権行
        使について、信託管理人の指図に従います。本制度は議決権行使について「個別議案に対する幹部従業員の意識調
        査に従った議決権行使を行う方法」を採用しており、信託管理人が幹部従業員の意見を集約し、信託銀行に対して
        議決権指図を行い、本信託の受託者はかかる指図に従って、議決権行使を行います。なお、信託管理人は、資産管
        理サービス信託銀行株式会社(信託E口)に対して議決権行使に関する指図を行うに際しては、本信託契約に定め
        る「信託管理人ガイドライン」に従います。なお、信託管理人には、当社幹部従業員が就任します。
         なお、受益者が存在するに至った場合には、信託管理人が受益者代理人に就任します。
         信託銀行は「信託財産管理処分方針書」に基づいて、当社から独立して、信託財産の管理及び処分を行います。
         なお、割当予定先が暴力若しくは威力を用い、又は詐欺その他の犯罪行為を行うことにより経済的利益を享受し
        ようとする個人、法人その他の団体(以下「特定団体等」といいます。)であるか否か、及び割当予定先が特定団
        体等と何らかの関係を有しているか否かについては、資産管理サービス信託銀行株式会社のホームページ及びディ
        スクロージャー誌の公開情報に基づく調査によって割当予定先が特定団体等でないこと及び割当予定先が特定団体
        等と何ら関係を有していないことを確認しております。なお、当社は、その旨の確認書を、株式会社東京証券取引
        所に提出しております。
      2【株券等の譲渡制限】

        該当事項はありません。
      3【発行条件に関する事項】

       a 払込金額の算定根拠及び合理性に関する考え方
         処分価額につきましては、本自己株式処分の取締役会決議日の直前営業日までの1か月間(平成30年5月14日か
        ら平成30年6月12日まで)の東京証券取引所における当社普通株式の終値平均である1,775円(円未満切捨)とい
        たしました。
         取締役会決議日の直前営業日までの1か月間の終値平均を基準としたのは、特定の一時点を基準にするより、一
        定期間の平均株価という平準化された値を採用する方が、一時的な株価変動の影響など特殊要因を排除でき、算定
        根拠として客観性が高く合理的であると判断したためです。また、算定期間を直近1か月としたのは、直近3か
        月、直近6か月と比較して、直近のマーケットプライスに最も近い一定期間を採用することが合理的であると判断
        したためです。
         なお処分価額1,775円については、取締役会決議日の直前営業日の終値1,779円に対して99.78%を乗じた額であ
        り、取締役会決議日の直前営業日から遡る直近3か月間の終値平均1,834円(円未満切捨)に対して96.78%を乗じ
        た額であり、あるいは同直近6か月間の終値平均1,930円(円未満切捨)に対して91.97%を乗じた額となっており
        ます。上記を勘案した結果、本自己株式処分に係る処分価額は、特に有利なものとはいえず、合理的なものと判断
        しております。
         なお、上記処分価額につきましては、取締役会に出席した監査役3名(うち2名は社外監査役)が、特に有利な
        処分価額には該当しない旨の意見を表明しております。
       b 処分数量及び株式の希薄化規模の合理性に関する考え方

                                 5/9


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光商事株式会社(E02664)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
         処分数量については、株式給付規程に基づき信託期間中に当社の幹部従業員に給付すると見込まれる株式数に相
        当するもの(5事業年度分)であり、平成30年3月31日現在の発行済株式総数24,855,283株に対し0.80%(小数点
        第3位を四捨五入、平成30年3月31日現在の総議決権個数208,793個に対する割合0.96%)となりますが、本自己
        株 式処分による株式が一時に株式市場に流出することは考えられません。加えて本自己株式処分は幹部従業員の意
        欲や士気を高めるためのものであり、当社の企業価値向上に繋がることから、その希薄化の規模は合理的であり、
        流通市場への影響は軽微であると判断しております。
      4【大規模な第三者割当に関する事項】

        該当事項はありません。
      5【第三者割当後の大株主の状況】

                                                       割当後の総
                                          総議決権数
                                                 割当後の所
                                                       議決権数に
                                    所有株式数
                                          に対する所
                                                 有株式数
         氏名又は名称                  住所                            対する所有
                                     (千株)
                                          有議決権数
                                                 (千株)
                                                       議決権数の
                                          の割合
                                                       割合
     有限会社キタイアンドカンパ
                     東京都目黒区中央町2丁目22-7                  2,450     11.73%       2,450     11.62%
     ニー
     日本マスタートラスト信託銀行
                     東京都港区浜松町2丁目11番3
                                        839     4.02%        839     3.98%
     (信託口)
                     号
     STATE   STREET    CLIENT    OMNIBUS     P.O.BOX1631      BOSTON,
     ACCOUT    OM44            MASSACHUSETTS02105-1631
                                        713     3.42%        713     3.39%
     (常任代理人 香港上海銀行東               (東京都中央区日本橋3丁目
     京支店)               11-1)
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                   684     3.28%        684     3.25%
     銀行株式会社(信託口)
                                        651     3.12%        651     3.09%
     北井 暁夫               東京都大田区
                     神奈川県横浜市西区みなとみら
     株式会社横浜銀行
                     い3丁目1-1
     (常任代理人 資産管理サービ                                  571     2.74%        571     2.71%
                     (東京都中央区晴海1丁目8-
     ス信託銀行株式会社)
                     12)
                     東京都千代田区丸の内1丁目1
                                        510     2.45%        510     2.42%
     株式会社三井住友銀行
                     番2号
     資産管理サービス信託銀行株式
                     東京都中央区晴海一丁目8番12
                                        298     1.43%        498     2.36%
     会社(信託E口)
                     号
                                        480     2.30%        480     2.28%
     水上 富美子               東京都世田谷区
                     PALISADES     WEST   6300,   BEE
     DFA  INTL   SMALL   CAP  VALUE
                     CAVE   ROAD   BUILDING     ONE
     PORTFOLIO
                                        472     2.26%        472     2.24%
                     AUSTIN    TX  78746   US
     (常任代理人 シティバンク、
                     (東京都新宿区新宿6丁目27番
     エヌ・エイ東京支店)
                     30号)
                     BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1
     GOVERNMENT      OF  NORWAY
                     OSLO   0107   NO
     (常任代理人 シティバンク、                                  438     2.10%        438     2.08%
                     (東京都新宿区新宿6丁目27番
     エヌ・エイ東京支店)
                     30号)
                            ―           8,112     38.85%       8,312     39.43%
            計
      (注)1.平成30年3月31日現在の株主名簿を基準として記載をしております。
         2.上記のほか当社所有の自己株式3,951,016株(平成30年3月31日現在)は割当後3,751,016株となります。
                                 6/9




                                                           EDINET提出書類
                                                       新光商事株式会社(E02664)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
      6【大規模な第三者割当の必要性】
        該当事項はありません。
      7【株式併合等の予定の有無及び内容】

        該当事項はありません。
      8【その他参考になる事項】

        該当事項はありません。
     第4【その他の記載事項】

       該当事項はありません。
                                 7/9

















                                                           EDINET提出書類
                                                       新光商事株式会社(E02664)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     第二部【公開買付けに関する情報】
     第1【公開買付けの概要】
       該当事項はありません。
     第2【統合財務情報】

       該当事項はありません。
     第3【発行者(その関連者)と対象者との重要な契約】

       該当事項はありません。
     第三部【参照情報】

     第1【参照書類】
       会社の概況及び事業の概況等法第5条第1項第2号に掲げる事項については、以下に掲げる書類をご参照下さい。
      1【有価証券報告書及びその添付書類】

        事業年度 第64期(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日) 平成29年6月23日 関東財務局長に提出
      2【四半期報告書又は半期報告書】

        事業年度 第65期第1四半期(自平成29年4月1日 至平成29年6月30日) 平成29年8月10日 関東財務局長に
       提出
        事業年度 第65期第2四半期(自平成29年7月1日 至平成29年9月30日) 平成29年11月13日 関東財務局長に
       提出
        事業年度 第65期第3四半期(自平成29年10月1日 至平成29年12月31日) 平成30年2月14日 関東財務局長に
       提出
      3【臨時報告書】

        1の有価証券報告書提出後、本有価証券届出書提出日(平成30年6月13日)までに、金融商品取引法第24条の5第
       4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定に基づき、臨時報告書を平成29年6月26
       日に関東財務局長に提出
     第2【参照書類の補完情報】

       参照書類である有価証券報告書(第64期事業年度)及び四半期報告書(第65期第1四半期、第2四半期および第3四
      半期)(以下「有価証券報告書等」といいます。)の提出日以後本有価証券届出書提出日(平成30年6月13日)までの
      間において、当該有価証券報告書等に記載された「事業等のリスク」について追加がありました。
       以下の内容は、当該「事業等のリスク」を一括して記載したものであり、当該追加箇所については___罫で示して
      おります。
       また、当該有価証券報告書等には将来に関する事項が記載されておりますが、以下の「事業等のリスク」に記載され
      たものを除き、当該事項は本有価証券届出書提出日(平成30年6月13日)現在においてもその判断に変更はなく、また
      新たに記載する将来に関する事項もありません。なお、これらの将来に関する事項(以下の「事業等のリスク」に記載
      されたものを含む。)についてはその達成を保証するものではありません。
      (1)エレクトロニクス業界の需要動向による影響について

        当社グループは半導体を中心とした電子部品及び電子機器を取り扱う商社であることから、当社グループの業績は
       得意先である電子・電気機器業界の電子部品等の需要並びに設備投資動向等の影響を受ける可能性があります。エレ
       クトロニクス業界の市況が悪化することにより当社グループの業績に影響が及ぶ可能性があります。
      (2)半導体、電子部品業界の再編による影響について
        国際競争力激化のなかで半導体、電子部品製造会社並びに商社は、現在様々な課題に取り組んでおり、色々な業界
       動向並びに再編の動きも予想されます。今後の新たな動向により当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がありま
       す。
      (3)アッセンブリ製品の販売動向について
        当社グループが取扱うアッセンブリ製品は、主に娯楽機器製品向けに使用されております。当連結会計年度は全体
       の売上高のうちアッセンブリ製品の占める割合が全体の売上高の                              15.6%   となりました。娯楽機器の販売は消費者の嗜
       好等の影響を受けるため、娯楽機器業界の販売動向が悪化した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性
       があります。
                                 8/9

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光商事株式会社(E02664)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
      (4)取引先との関係に関するリスク
       ① 顧客に対する信用リスク
         当社グループの顧客の多くは、代金後払いにて製品・サービスを購入していただいております。当社グループが
        多額の売掛金を有する顧客が財務上の問題に直面した場合、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能
        性があります。
       ② 海外市場での事業拡大に伴うリスク
         当社グループは、海外市場での事業拡大を戦略のひとつとしております。当社グループのアジアを中心とした事
        業及び投資は、海外の金融市場及び経済に問題が生じた場合や当該国の社会的及び政治的な問題が生じた場合、当
        該市場に関係の深い顧客からの需要が大幅に減少するなど、当社グループの業績に大きな影響を及ぼす可能性があ
        ります。
      (5)為替変動のリスクについて
        当社グループの業績及び財務状況は、為替相場の変動によって影響を受けます。為替変動は、当社グループの外貨
       建取引から発生する資産及び負債の本邦通貨換算額に影響を与える可能性があります。また、外貨建取引における売
       上高、仕入高にも影響を与える可能性があります。
        こうした中、当社グループは為替予約や為替マリー等によって、為替変動の影響を軽減するよう努めております。
       しかしながら、リスクヘッジにより為替変動の影響を緩和することは可能であっても、影響をすべて排除することは
       不可能であり、急激な為替変動は当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
      (6)在庫リスク
        商社機能の重要なファクターでもある流通在庫の保有は、顧客や仕入先に求められる役割であります。ただし、近
       年半導体メーカーの国際的競争激化に伴い生産品目の集中と選択による生産終了(EOL)や、地震等の災害発生時
       にサプライチェーンを継続するための流通在庫(BCM)が増加しており、当社もその影響を受けております。
        当社としては、これを重要な課題として捉え、在庫の評価において将来のリスクに備えた商品評価減制度の導入を
       図り、リスクのミニマム化に努めております。
        今後も新たなリスク対応への仕組みやリスクに見合う利益の確保等に努力してまいります。
     第3【参照書類を縦覧に供している場所】

       新光商事株式会社 本社
       (東京都品川区大崎一丁目2番2号)
       株式会社東京証券取引所
       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
     第四部【提出会社の保証会社等の情報】

       該当事項はありません。
     第五部【特別情報】

     第1【保証会社及び連動子会社の最近の財務諸表又は財務書類】
       該当事項はありません。
                                 9/9








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。