第一三共株式会社 有価証券報告書 第13期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第13期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:第一三共株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                   有価証券報告書

      【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項

      【提出先】                   関東財務局長

      【提出日】                   2018年6月18日

      【事業年度】                   第13期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

      【会社名】                   第一三共株式会社

      【英訳名】                   DAIICHI    SANKYO    COMPANY,     LIMITED

      【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  眞鍋 淳

      【本店の所在の場所】                   東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号

      【電話番号】                   03-6225-1111(代表)

      【事務連絡者氏名】                   財務経理部長  高村 健太郎

      【最寄りの連絡場所】                   東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号

      【電話番号】                   03-6225-1111(代表)

      【事務連絡者氏名】                   財務経理部長  高村 健太郎

      【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/138









                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                                          国際会計基準
                回次
                               第9期      第10期      第11期      第12期      第13期
               決算年月               2014年3月      2015年3月      2016年3月      2017年3月      2018年3月

                         (百万円)      899,126      919,372      986,446      955,124      960,195

     売上収益
                         (百万円)      112,950       79,936      122,388       87,788      81,021
     税引前利益
                         (百万円)       60,943      322,119       82,282      53,466      60,282
     親会社の所有者に帰属する当期利益
                         (百万円)      115,255      366,201       26,961      38,309      62,361
     親会社の所有者に帰属する当期包括利益
                         (百万円)      979,933     1,304,057      1,231,406      1,175,897      1,132,982
     親会社の所有者に帰属する持分
                         (百万円)     1,854,037      1,982,286      1,900,522      1,914,979      1,897,754
     総資産額
                           (円)     1,392.03      1,852.28      1,801.90      1,772.99      1,749.33
     1株当たり親会社所有者帰属持分
                           (円)      86.57      457.56      119.37       79.63      91.31
     基本的1株当たり当期利益
                           (円)      86.41      456.62      119.11       79.44      91.10
     希薄化後1株当たり当期利益
                           (%)       52.9      65.8      64.8      61.4      59.7
     親会社所有者帰属持分比率
                           (%)       6.5      28.2       6.5      4.4      5.2
     親会社所有者帰属持分当期利益率
                           (倍)       20.1       4.2      21.0      31.5      38.6
     株価収益率
                         (百万円)       37,304      142,776      174,281      136,234      108,439
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                         (百万円)     △ 161,368      △ 21,278      △ 5,967     △ 96,792      108,568
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                         (百万円)      100,322     △ 132,200     △ 122,930      △ 15,022     △ 101,766
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                         (百万円)      183,070      189,372      222,159      246,050      357,702
     現金及び現金同等物の期末残高
                           (人)      32,791      16,428      15,249      14,670      14,446
     従業員数
      (注)1.消費税等の会計処理は主として税抜方式によっております。
         2.第9期より国際会計基準(以下「IFRS」という。)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
         3.第10期において、サン・ファーマシューティカル・インダストリーズLtd.によるランバクシー・ラボラト
           リーズLtd.の吸収合併手続きが完了したため、同事業を非継続事業に分類し、第9期を修正しております。
                                   2/138







                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
                               日本基準
                回次
                               第9期
               決算年月               2014年3月

                         (百万円)     1,118,764
     売上高
                         (百万円)      105,016
     経常利益
                         (百万円)       65,650
     親会社株主に帰属する当期純利益
                         (百万円)       98,180
     包括利益
                         (百万円)      967,605
     純資産額
                         (百万円)     1,813,954
     総資産額
                           (円)     1,332.43
     1株当たり純資産額
                           (円)      93.26
     1株当たり当期純利益金額
                           (円)      93.08
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
                           (%)       51.7
     自己資本比率
                           (%)       7.2
     自己資本利益率
                           (倍)       18.6
     株価収益率
                         (百万円)       36,349
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                         (百万円)     △ 160,355
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                         (百万円)      100,322
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                         (百万円)      182,916
     現金及び現金同等物の期末残高
                           (人)      32,791
     従業員数
      (注)1.消費税等の会計処理は主として税抜方式によっております。
         2.第9期の日本基準による諸数値につきましては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を
           受けておりません。
                                   3/138










                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
                回次               第9期      第10期      第11期      第12期      第13期
               決算年月               2014年3月      2015年3月      2016年3月      2017年3月      2018年3月

                         (百万円)      618,179      622,424      643,219      629,151      630,954
     売上高
                         (百万円)       99,554      30,686      46,661      40,976      90,136
     経常利益
                         (百万円)       64,452      266,569       10,555      10,479      83,729
     当期純利益
                         (百万円)       50,000      50,000      50,000      50,000      50,000
     資本金
                         (千株)      709,011      709,011      709,011      709,011      709,011
     発行済株式総数
                         (百万円)      823,864     1,074,160       985,391      888,519      872,659
     純資産額
                         (百万円)     1,296,974      1,597,689      1,416,088      1,463,461      1,472,669
     総資産額
                          (円)     1,167.94      1,523.23      1,439.08      1,336.57      1,344.31
     1株当たり純資産額
                                 60.00      60.00      70.00      70.00      70.00

     1株当たり配当額
                          (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                           ( 30.00   )   ( 30.00   )   ( 40.00   )   ( 35.00   )   ( 35.00   )
                          (円)       91.56      378.65       15.31      15.61      126.83

     1株当たり当期純利益金額
                          (円)       91.38      377.88       15.28      15.57      126.53
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
                          (%)       63.4      67.1      69.4      60.6      59.1
     自己資本比率
                          (%)        7.8      24.9       1.0      1.1      9.5
     自己資本利益率
                          (倍)       19.0       5.0     163.4      160.6       27.8
     株価収益率
                          (%)       65.5      15.8      457.1      448.5       55.2
     配当性向
                          (人)       5,744      5,306      5,206      5,310      5,357
     従業員数
      (注)売上高には、消費税等を含めておりません。
                                   4/138










                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        2005年2月       三共株式会社及び第一製薬株式会社(以下「両社」という。)が、株式移転により完全親会社であ
               る共同持株会社を設立し、両社がその完全子会社となる経営統合に基本合意
        2005年5月       両社の取締役会で当社設立を決議し、経営統合契約を締結
        2005年6月       両社の定時株主総会において当社設立を承認
        2005年9月       当社設立
               東京証券取引所第一部に株式を上場
        2005年12月       第一三共ヘルスケア株式会社を設立
        2006年3月       米国において三共ファルマInc.(存続会社)と第一ファーマ・ホールディングスInc.、第一ファー
               マシューティカルCorp.及び第一メディカル・リサーチInc.が合併、第一三共Inc.に商号変更
        2006年4月       ゼファーマ株式会社の全株式をアステラス製薬株式会社より取得
        2006年7月       欧州において三共ファルマGmbH(含グループ各社)の商号を、第一三共ヨーロッパGmbH(グルー
               プ)に変更
        2007年4月       当社が三共株式会社及び第一製薬株式会社を吸収合併
        2007年4月       第一三共ヘルスケア株式会社がゼファーマ株式会社を吸収合併
        2008年11月       ランバクシー・ラボラトリーズLtd.の株式取得により同社グループを子会社化
        2010年4月       第一三共エスファ株式会社を設立
        2011年4月       北里第一三共ワクチン株式会社を設立
        2011年4月       プレキシコンInc.の株式取得により同社を子会社化
        2011年11月       第一三共(中国)投資有限公司を設立
        2012年4月       ジャパンワクチン株式会社を設立
        2014年11月       アンビット・バイオサイエンシズCorp.の株式取得により同社を子会社化
        2015年3月       ランバクシー・ラボラトリーズLtd.がサン・ファーマシューティカル・インダストリーズLtd.に吸
               収合併されたことにより、同社グループを連結の範囲から除外
        2017年11月       北里第一三共ワクチン株式会社の全株式取得により同社を完全子会社化
                                   5/138












                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社と子会社53社、関連会社3社の計57社で構成され、医薬品等の製造販売を主な事業内容とし
       ております。
        当社グループの営んでいる主な事業内容と当社グループを構成している各関係会社の当該事業に係る位置付けは、
       次のとおりであります。
        なお、当社グループは、報告セグメントが単一であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
        国内(16社):

          当社は医薬品の研究開発・製造・販売を行っております。連結子会社の第一三共プロファーマ㈱及び第一三共
         ケミカルファーマ㈱は医薬品の製造を行っております。連結子会社の第一三共エスファ㈱は医薬品の研究開発・
         販売を、第一三共ヘルスケア㈱は一般用医薬品等の研究開発・販売を、北里第一三共ワクチン㈱はワクチンの研
         究開発・製造・販売をそれぞれ行っております。
          第一三共プロファーマ㈱、第一三共ケミカルファーマ㈱、第一三共エスファ㈱、北里第一三共ワクチン㈱及び
         関連会社のジャパンワクチン㈱は当社に製品を供給しております。当社は連結子会社のアスビオファーマ㈱及び
         第一三共RDノバーレ㈱に研究開発業務を委託しております。
          連結子会社の第一三共ビジネスアソシエ㈱は当社及び国内グループ各社に人事や経理等の事務サービスを提供
         しているほか不動産賃貸及び保険代理業務等多岐にわたる業務を行っております。
        海外(41社):
          米国において、持株会社である連結子会社の第一三共U.S.ホールディングスInc.のもと、連結子会社の第一
         三共Inc.は医薬品の研究開発・販売を、プレキシコンInc.は研究開発をそれぞれ行っております。当社は第一三
         共Inc.に製品の供給、研究開発業務の委託をしております。第一三共Inc.の子会社であるルイトポルド・ファー
         マシューティカルズInc.等は医薬品の研究開発・製造・販売を行っております。
          欧州において、連結子会社の第一三共ヨーロッパGmbH及びそのグループ会社18社等は、欧州各国で医薬品の製
         造・販売を行っております。当社は第一三共ヨーロッパGmbHに原料の供給、製造の委託、研究開発業務の委託を
         しております。
          その他の地域において、連結子会社の第一三共(中国)投資有限公司、第一三共製薬(北京)有限公司、第一
         三共製薬(上海)有限公司及び第一三共ブラジルLtda.等は医薬品の研究開発・製造・販売を行っており、当社
         はそれぞれの会社に中間体及び製品を供給しております。
                                   6/138











                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      当社グループの状況について事業系統図を示すと次のとおりであります。
                                   7/138




















                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                             資本金又     主要な事
                                      議決権の
           名称            住所                           関係内容
                                      所有割合
                             は出資金     業の内容
     (連結子会社)
                              百万円           %
                                           当社が製品を購入
     第一三共エスファ㈱             東京都中央区             450   医薬品     100.0    当社が事務室等を賃貸
                                           当社が導入品資金を貸与
                                           当社が製品を供給
     第一三共ヘルスケア㈱             東京都中央区             100   医薬品     100.0
                                           当社が事務室等を賃貸
                                           役員の兼任等
     第一三共プロファーマ㈱             東京都中央区             100   医薬品     100.0    当社が製品を購入
                                           当社が事務室及び工場土地を賃貸
                                           役員の兼任等
     第一三共ケミカルファー
                                           当社が製品を購入
                   東京都中央区             50  医薬品     100.0
     マ㈱
                                           当社が事務室及び工場土地を賃貸
                                           当社が設備資金を貸与
                                           役員の兼任等
     アスビオファーマ㈱             神戸市中央区             50  医薬品     100.0
                                           当社が研究開発業務を委託
                                           役員の兼任等
     第一三共RDノバーレ㈱             東京都江戸川区             50  医薬品     100.0    当社が研究開発業務を委託
                                           当社が事務室を賃貸
                                           役員の兼任等
     第一三共ビジネスアソシ                                     当社が事務業務を委託
                   東京都中央区             50  その他     100.0
     エ㈱                                     当社が事務室及び賃貸用不動産を賃貸
                                           当社が事務室を賃借
                                           役員の兼任等
                                           当社が製品を購入
     北里第一三共ワクチン㈱             埼玉県北本市             100   医薬品     100.0
                                           当社が研究開発業務を委託
                                           当社が事務室等を賃貸
                                           役員の兼任等
     ジャパンワクチン販売㈱             東京都千代田区             10  医薬品     50.0
                                           当社が製品を購入
     第一三共U.S.ホール             アメリカ             USD
                                  医薬品     100.0    役員の兼任等
     ディングスInc.             ニュージャージー             3.0
                                           役員の兼任等
                   アメリカ            千USD        100.0
     第一三共Inc.                            医薬品         当社が製品を供給
                   ニュージャージー             170       (100.0)
                                           当社が販促及び研究開発業務を委託
                   アメリカ             USD       100.0    役員の兼任等
     プレキシコンInc.                            医薬品
                   カリフォルニア             1.0       (100.0)     当社が研究開発業務を委託
     ルイトポルド・ファーマ             アメリカ            千USD        100.0
                                  医薬品
     シューティカルズInc.             ニューヨーク             200       (100.0)
     アンビット・バイオサイ             アメリカ             USD
                                  医薬品     100.0    役員の兼任等
     エンシズCorp.             カリフォルニア             1.0
                                           役員の兼任等
                   ドイツ           百万EUR              当社が製品を供給
     第一三共ヨーロッパGmbH                            医薬品     100.0
                   ミュンヘン             16           当社が製造を委託
                                           当社が販促及び研究開発業務を委託
                   フランス
                              千EUR        100.0
     第一三共フランスS.A.S.             リュ・エル・マルメ               医薬品
                              12,482        (100.0)
                   ゾン
                   ドイツ            千EUR        100.0
     第一三共ドイツGmbH                            医薬品
                   ミュンヘン             51      (100.0)
                   イタリア            千EUR        100.0
     第一三共イタリアS.p.A.                            医薬品
                   ローマ             120       (100.0)
                   スペイン            千EUR        100.0
     第一三共スペインS.A.                            医薬品
                   マドリッド             120       (100.0)
                                   8/138


                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
                             資本金又     主要な事
                                      議決権の
           名称            住所                           関係内容
                                      所有割合
                             は出資金     業の内容
                                         %
                   イギリス           百万GBP         100.0
     第一三共UK       Ltd.
                                  医薬品
                   バッキンガムシャー            19.5       (100.0)
                                           役員の兼任等
     第一三共(中国)投資有             中国            千USD
                                  医薬品     100.0    当社が製品を供給
     限公司             上海           146,800
                                           当社が研究開発業務を委託
     第一三共製薬(北京)有             中国            千USD        100.0    役員の兼任等
                                  医薬品
     限公司             北京           83,800        (100.0)     当社が製品を供給
     第一三共製薬(上海)有             中国            千USD        100.0    役員の兼任等
                                  医薬品
     限公司             上海           53,000        (100.0)     当社が製品を供給
     台湾第一三共股份有限公             台湾           百万TWD              役員の兼任等
                                  医薬品     100.0
     司             台北             345            当社が製品を供給
                   大韓民国           百万KRW              役員の兼任等
     韓国第一三共㈱                            医薬品     100.0
                   ソウル            3,000             当社が製品を供給
                                           役員の兼任等
                   ブラジル           百万BRL
     第一三共ブラジルLtda.                            医薬品     100.0    当社が製品を供給
                   サンパウロ             39
                                           当社が運転資金を貸与
     その他27社
     (持分法適用関連会社)

                              百万円           %
                                           役員の兼任等
     ジャパンワクチン㈱             東京都千代田区             100   医薬品     50.0
                                           当社が製品を供給
                                           役員の兼任等
     ㈱日立ファルマエヴォ
                                           当社が事務業務を委託
                   東京都千代田区             250   その他     49.0
     リューションズ
                                           当社が事務室を賃貸
     その他1社
      (注)1.主要な事業の内容欄は、次の事業区分によっております。
           医薬品    … 医療用医薬品、一般用医薬品
           その他    … 不動産賃貸他
         2.上記関係会社のうち、第一三共エスファ㈱、第一三共プロファーマ㈱、ジャパンワクチン販売㈱、第一三共
           (中国)投資有限公司、第一三共製薬(北京)有限公司及び第一三共製薬(上海)有限公司は、特定子会社
           に該当しております。
         3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有を内数で示しております。
         4.ジャパンワクチン販売㈱の議決権の所有割合は100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため、
           連結子会社としております。
         5.ルイトポルド・ファーマシューティカルズInc.については、売上収益(連結会社相互間の内部売上収益を除
           く)の連結売上収益に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等
           ルイトポルド・ファーマシューティカルズInc.
                  (1)  売上収益      105,404百万円
                  (2)  税引前利益                46,057百万円
                  (3)  当期利益                 32,227百万円
                  (4)  資本合計      129,407百万円
                  (5)  資産合計      162,632百万円
         6.当社は、2018年4月1日付でアスビオファーマ㈱を吸収合併しております。
                                   9/138





                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)  連結会社の状況
                                                   2018年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(名)

      医薬事業                                          14,446

                  合計                              14,446

      (注)従業員数は就業人員数であり、当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへ
         の出向者を含めております。
       (2)  提出会社の状況

                                                   2018年3月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

          5,357              42.5              18.5             11,039,251

               セグメントの名称                            従業員数(名)

      医薬事業                                           5,357

                  合計                               5,357

      (注)1.従業員数は就業人員数であり、当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含めておりま
           す。
         2.平均年間給与は、基準外賃金及び賞与を含めております。
       (3)  労働組合の状況

         当社グループには第一三共労働組合等が組織されており、2018年3月31日現在の労働組合の組合員数合計は  
        7,107名であります。
         労使関係について特に記載すべき事項はありません。
                                  10/138










                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        当社グループにおける経営方針、経営環境及び対処すべき課題等は次のとおりであります。
        なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループ(当社及び連結会社)が判
       断したものであります。
       (1)  2025年ビジョン

         当社グループは、「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」となることを2025年ビジョンとして掲げてお
        ります。
         具体的には、2025年にがん事業を中心とするスペシャルティ領域(注1)が中核事業となっており、各国市場に
        適合したリージョナルバリュー製品(注2)を豊富に持ち、SOC(注3)を変革する先進的な製品・パイプライン
        が充実し、同時に効率的な経営による高い株主価値を実現した姿を目                                指しております。
        (注)1    . スペシャルティ領域:病院・専門医で主に処方される医薬品。
           2.  リージョナルバリュー製品:各国・各地域の事業戦略に適合した製品。
           3 . SOC:スタンダードオブケアの略。現在の医学では最善とされ、広く用いられている治療法。
       (2)  第4期中期経営計画

         2016年度から2020年度までの第4期中期経営計画を2025年ビジョンに向けた転換を実現するための5カ年計画と
        位置付け、高血圧症治療剤オルメサルタンのパテントクリフ(注4)の克服とその後の持続的成長基盤の確立とい
        う2つの経営課題に取り組んでおります。
         2020年度の定量目標としては、売上収益1兆1,000億円、営業利益1,650億円、ROE                                      8%以上を目指しておりま
        す。また、2020年度時点で、5年以内に市場投入し、かつピーク時売上収益1,000億円以上を期待できる後期開発
        品を3~5品目保有することを目指しております。
         持続的成長基盤を確立するために掲げた6つの戦略目標と、目標達成に向けた2017年度の主な取り組み課題と実
        績は、次のとおりであります。
        (注)4.パテントクリフ(特許の崖):特許満了による売上と利益の減少。
        ①  戦略目標

         (ⅰ)   エドキサバンの成長
           グローバルな上市戦略の着実な展開、確立された製品特性の継続的訴求、製品力強化を目的とした新規エ
          ビデンスの創出を進めて参ります。日本では製品力と質の高い営業力によってNo.1製品に育成し、欧州では
          提携会社との協業も利用し、欧州全域で本格的に展開を図り、エドキサバンの成長を加速し、2020年度の売
          上収益1,200億円以上の主力品に育てて参ります。
          [2017年度の主な取り組み課題と実績]

           ・日本で口腔内崩壊錠(製品名:リクシアナOD錠)を新発売いたしました。
           ・日本、ドイツ及び韓国で売上収益と市場シェアを大幅に拡大いたしました。
           ・欧州、アジア及び中南米で上市・承認国を拡大いたしました。
           ・ 新規の無作為化比較試験、ENVISAGE-TAVI                     AF試験を開始いたしました。さらに、米国血液学会で
            Hokusai-VTE      CANCER試験の結果を発表いたしました。
                                  11/138







                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         (ⅱ)   日本No.1カンパニーとして成長
           日本No.1カンパニーとして、イノベーティブ医薬品事業の強みを活かし、そこにワクチン事業、ジェネ
          リック医薬品事業、OTC医薬品関連事業の3つの事業を加え、予防、セルフメディケーション、治療までの
          様々な社会的ニーズ、医療ニーズへ的確に対応することにより、名実ともにNo.1カンパニーとして成長する
          ことを目指して参ります。
          [2017年度の主な取り組み課題と実績]

           ・主力6製品(ネキシウム、メマリー、プラリア、ランマーク、エフィエント及びテネリア)の売上収益
            を拡大いたしました。
           ・ プラリアの関節リウマチに伴う骨びらんの進行抑制の効能・効果追加の承認を取得いたしました。
           ・ 2型糖尿病治療用配合剤カナリア、高血圧症治療剤オルメサルタンOD錠を含む複数のオーソライズド・
            ジェネリック製品を新発売いたしました。
           ・高血圧症治療剤エサキセレノン及び神経障害性疼痛治療剤ミロガバリンの製造販売承認申請を実施いた
            しました。
           ・医療現場からのMR評価No.1(6年連続)を獲得いたしました。
         (ⅲ)   米国事業の拡大

           第一三共Inc.では、疼痛領域での事業拡大を図り、2020年度の売上収益1,000億円以上を目指して参りま
          す。
           ルイトポルド・ファーマシューティカルズInc.                      では、鉄注射剤のインジェクタファーとジェネリック注射
          剤を伸長させ、2020年度の売上収益1,500億円を目指して参ります。
          [2017年度の主な取り組み課題と実績]

           < 第一三共Inc.      >
           ・ 乱用防止特性を備えたオピオイド鎮痛薬モルファボンド(モルヒネ徐放性製剤)を新発売するともに、
            ロキシボンド(オキシコドン速放性製剤)の商業化を決定いたしました。
           ・ 疼痛領域での事業拡大の中核品目と位置付けていた制吐剤配合麻薬性鎮痛剤CL-108の開発を中止いたし
            ました。また、ミロガバリンの線維筋痛症患者を対象とした臨床試験において、主要評価項目が未達と
            なったことを受け、同適応症での製造販売承認申請を断念いたしました。
           < ルイトポルド・ファーマシューティカルズInc.                      >
           ・ インジェクタファーの売上収益と鉄注射剤市場シェアを拡大いたしました。
                                  12/138









                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         (ⅳ)   がん事業の立上げ・確立
           後期開発品の上市によってがん事業を立上げ、初期開発品の着実な開発推進、外部資源の獲得による製
          品・開発品の充実を図り、売上収益を2020年度400億円以上、2025年度3,000億円規模の事業に育てて参りま
          す。
          [2017年度の主な取り組み課題と実績]

           ・ DS-8201が米国食品医薬品局(以下「FDA」という。)から再発・転移性乳がん治療を対象とした画期的
            治療薬   (Breakthrough        Therapy)の指定制度(注5)の対象品目と認定されました。また、                                厚生労働省
            から再発・進行性胃がん治療を対象とした先駆け審査指定制度(注6)の対象品目と認定されました。
           ・ DS-8201の良好な臨床試験結果を獲得し、欧米の臨床腫瘍学会等で発表いたしました。
           ・ 抗体薬物複合体(注7)(以下「ADC」という。)フランチャイズについて複数の新規臨床試験を開始い
            たしました。(乳がん・胃がん・大腸がん患者を対象としたDS-8201のフェーズ2試験及び非小細胞肺が
            ん患者を対象としたU3-1402とDS-1062のフェーズ1試験の開始)
           ・ADCの製造設備投資を推進し、生産体制の拡充を図りました。
           ・ ADC及び急性骨髄性白血病(以下「AML」という。)フランチャイズの戦略的提携活動を推進いたしまし
            た。(併用療法に関する他社との研究開発提携の開始等)
          (注)5    .画期的治療薬の指定制度:重篤な疾患を対象に、既存の治療薬よりも高い治療効果を示す可能性
                            の ある薬剤について米国での開発と審査を促進し、患者さんにより早
                            く新薬を届けるために定められた制度。
              6.先駆け審査指定制度:            世界に先駆けて日本での革新的医薬品等の早期実用化を促すため、臨床試
                          験や承認手続を優先して受けられる制度                   。
              7.  抗体薬物複合体:抗体医薬と薬物(低分子医薬)を適切なリンカーを介して結合させた医薬群
                        で、がん細胞に発現している標的因子に結合する抗体医薬を介して薬物をがん
                        細胞へ直接届けることで、薬物の全身曝露を抑えつつ、がん細胞への攻撃力を
                        高めた薬剤     。
         (ⅴ)   SOCを変革する先進的新薬の継続的創出

           疾患のターゲットとして、がんを重点領域と定め、疼痛、中枢神経系疾患、心不全・腎障害、希少疾患を
          次世代領域と位置付け、研究組織をバイオベンチャーモデル(注8)へ転換するとともに、パートナリング
          (注9)、オープンイノベーション(注10)、トランスレーショナルリサーチ(注11)を利用してSOCを変革
          する先進的新薬創出を目指して参ります。また、核酸医薬や細胞治療等先進的技術の治療応用実現を進めて
          参ります。
          (注)8.バイオベンチャーモデル:バイオベンチャー会社のように、外部との提携を                                         積極的に活用し、自
                            由な発想により研究テーマを進め、自ら意思決定を行い、より効率的
                            な投資で限られた時間内に成果を出す事業形態                      。
              9.パートナリング:企業、大学、研究機関等が互いの強みを活かすことで新たな価値を生み出すた
                        めの連携。
              10.オープンイノベーション:外部の開発力やアイデアを活用することで自社の課題を解決し、革新
                            的で新しい価値を生み出す手法。
              11.トランスレーショナルリサーチ:前臨床における基礎的な研究成果を臨床現場での検証を通じて
                               新規の医薬品や医療技術として実用化に繋げたり、臨床現場で
                               確認した有効性・安全性を新たな基礎研究に応用する橋渡し研
                               究過程。
          [2017年度の主な取り組み課題と実績]

           ・心不全治療薬iPS細胞由来心筋シートの販売オプション権を取得いたしました。
           ・ がん治療用ウイルスG47Δ(DS-1647)が厚生労働省からの希少疾病用再生医療等製品の指定を獲得いた
            しました。
           ・ デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療剤DS-5141が先駆け審査指定を獲得いたしました。
                                  13/138



                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         (ⅵ)   利益創出力の強化
           利益創出力の強化として2015年度までに実施した取り組みに加え、今回の中期経営計画期間中に、グロー
          バルレベルでの生産体制の最適化及び調達機能の強化を進めて参ります。同時にグループ全体に亘る大幅な
          コスト削減・効率化を行い、売上原価、販売費及び一般管理費、研究開発費の見直しを進め、利益創出力の
          強化を図って参ります。
          [2017年度の      主な取り組み課題と実績           ]

           ・米国の営業体制再編を決定いたしました。(第一三共Inc.の人員削減の決定)
           ・国内の研究開発体制再編を推進いたしました。(2018年4月1日付でアスビオファーマ㈱を吸収合併)
        ②  キャッシュの創出と成長投資等への配分

          第4期中期経営計画期間中は、成長投資を優先しつつ、株主還元も充実していく方針であります。
          2015年度末における手元流動性約7,000億円に、今後研究開発費控除前のフリー・キャッシュ・フローと資産
         スリム化によって生みだすキャッシュを加えた約2兆2,000億円が5カ年計画の原資となります。成長投資とし
         て研究開発に9,000億円、事業開発に5,000億円、残りを株主還元、設備投資、運転資金に充当する考えでありま
         す。
          [2017年度の主な取り組み課題と実績]

           ・政策保有株式を売却し、144億円のキャッシュを創出いたしました。
           ・がん領域への優先的な研究開発投資を行い、がん事業の立上げ・確立の加速化を推進いたしました。
        ③  株主還元方針

          株主  還元策としては、総還元性向(注12)を期間中100%以上、配当金は普通配当を年間70円以上とする方針
         であります。配当は安定的に行い、自己株式取得を機動的                           に実施して参ります。
         (注)12.総還元性向:(配当金の総額+自己株式の取得総額)/                               親会社の所有者に帰属する            当期利益
          [2017年度の実績]

           ・1株当たり35円の中間配当を実施いたしました。期末配当35円と合計で1株当たり年間70円の配当とい
            たしました。
           ・約1,573万株の自己株式を約500億円で取得いたしました。
                                  14/138










                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、次のようなものがあります。
        なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループ(当社及び連結会社)が判
       断したものであり、既知もしくは未知のリスク、不確実性又はその他の要因により、実際の結果とは乖離する可能性
       があります。
       (1)  他社競合・ジェネリック医薬品等製品販売に関するリスク

         当社グループ製品と同領域の他社製品との競合、当社グループ製品の特許切れ後のジェネリック医薬品の参入等
        は、当社グループの医薬品の売上を減少させる要因となり、経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼす可能性があり
        ます。また、販売及び技術導出入契約の条件変更・終了等、及び主力品の海外発売国における保険適用等に関する
        交渉結果等により、経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (2)  訴訟に関するリスク

         当社グループの事業活動に関連して、医薬品の副作用、製造物責任、労務問題及び公正取引に関する問題等に関
        し、訴訟を提起される可能性があり、その動向によっては、経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼす可能性があり
        ます。
         当社、第一三共Inc.及び第一三共U.S.ホールディングスInc.並びにAllergan                                     Sales,    LLC(旧Forest
        Laboratories,       LLC)及びその関係会社は、オルメサルタンメドキソミルを含有する製剤(米国製品名「ベニ
        カー」等)の服用により、スプルー様腸疾患(重症下痢等を主な症状とする疾患)等が発現したと主張する方々か
        ら、米国連邦裁判所及び州裁判所において複数の訴訟を提起されておりますが、2017年8月、原告側と和解契約を
        締結し、2018年3月に和解内容を一部変更する契約を締結しております。なお、当該訴訟については、「第5 経
        理の状況 1 連結財務諸表等 (2)その他 ②訴訟」に記載しております。
       (3)  法規制、医療費抑制策等の行政動向に関するリスク

         国内医療用医薬品は、薬事行政の下、種々の規制を受けております。薬価基準の改定をはじめとして、医療制度
        や健康保険に関する行政施策の動向によっては、経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼす可能性があります。ま
        た、海外においても同様に、医薬品として各種の規制を受けており、行政施策の動向による悪影響を受ける可能性
        があります。
         第一三共Inc.は、主力品のプロモーション活動の一環として行った医師講演施策に関し、米国司法省より調査を
        受け、同省及びその他政府機関との間で和解に至りました。本和解に基づき、第一三共Inc.は、2015年3月期に約
        39百万米ドルの和解金を支払うと共に、保健福祉省監察総監室との間で法令遵守に関する協定(Corporate
        Integrity     Agreement)を締結し、コンプライアンス研修の実施等により、コンプライアンス体制を強化しており
        ます。
       (4)  M&A等に関するリスク

         当社グループは、研究開発等における事業展開の一環として、M&A又は資本提携等を実施することがあります。
        これらのM&A等にあたり、当社グループはデューデリジェンスを行い、当該M&A等の効果やリスクを算定したり、当
        社の負担するリスクを限定するよう努めております。しかし、対象会社の経営環境や事業の変化、デューデリジェ
        ンスにおいて判明しなかった情報等、または買収後に被買収企業の経営方針、コーポレート・カルチャー、コーポ
        レート・ガバナンス等の相違のために両社の協業が円滑に進まないことに起因して、当該M&A等において期待され
        ていた効果が実現されない可能性や、M&A等に関する契約に基づき相手方に対して補償責任を負う可能性があり、
        その場合、経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼす可能性があります。
         当社は、サン・ファーマシューティカル・インダストリーズLtd.がランバクシー・ラボラトリーズLtd.を吸収合
        併し、その対価として当社がサン・ファーマシューティカル・インダストリーズLtd.の株式を受領することについ
        て、2014年4月にサン・ファーマシューティカル・インダストリーズLtd.との間で契約を締結し、2015年3月24日
        (クロージング日)に完了いたしました。
         当社は、サン・ファーマシューティカル・インダストリーズLtd.との間の本合併に関する契約に基づき、ランバ
        クシー・ラボラトリーズLtd.のクロージング日前の品質問題等に関し、米国連邦政府又は州政府に支払う罰金及び
        損害等が、クロージング日から7年経過するまでの間にサン・ファーマシューティカル・インダストリーズLtd.等
        に生じた場合、その63.5%について325百万米ドルを上限として補償する義務の履行を求められる可能性がありま
        す。なお、当社は取得したサン・ファーマシューティカル・インダストリーズLtd.株式を2015年4月にすべて売却
        しておりますが、上記契約は継続しております。
       (5)  研究開発・他社とのアライアンス等に関するリスク

         新薬候補品の研究開発には、多額の費用と長い年月が必要でありますが、その間に期待された有用性が確認でき
        ず研究開発を中止する可能性があります。また、臨床試験で良好な結果が得られても承認審査基準の変更により承
        認が得られなくなる可能性があります。さらに、第三者との研究開発に係る提携に関して契約の条件変更・終了等
        が起こった場合、経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼす可能性があります。
         当社グループは、重点領域であるがん領域について、DS-8201をフラグシップアセットと位置づけ、開発の拡
        大・加速化に取り組んでおりますが、研究開発・上市の遅延あるいは期待した有効性・安全性が得られない事象等
        が生じた場合、経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼす可能性があります。
         北里第一三共ワクチン㈱は、2011年に厚生労働省の「新型インフルエンザワクチン開発・生産体制整備事業(第
        2次事業)」の「細胞培養法ワクチン実生産施設整備等推進事業」の事業者に採択され、2014年3月末までに、
        6ヶ月以内に4,000万人分のワクチンを供給できる体制を構築する計画でありましたが、ワクチン抗原の精製過程
                                  15/138


                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        における収率低下等の要因により、本供給体制を達成できていない状況にあります。製造工程の見直し、工程操作
        の厳密な管理等により収率改善を図り、本供給体制の構築及び事業完了を目指しております。
       (6)  製造・仕入れに関するリスク

         製品の一部は、当社グループの工場において独自の技術により製造しており、また、商品及び原材料の一部は、
        特定の取引先にその供給を依存しております。このため、何らかの理由により製造活動や仕入れが遅延又は停止し
        た場合、経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼす可能性があります。医薬品は医薬品医療機器法の規制の下で製造
        しておりますが、品質問題の発生により製品回収等を行うことになった場合、経営成績、財政状態等に悪影響を及
        ぼす可能性があります。
       (7)  副作用発現に関するリスク

         予期していなかった副作用の発現等の問題が発生した場合は、当社グループの医薬品の売上が減少するととも
        に、製品回収や販売中止等に係る多額の費用が発生するなど、経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼす可能性があ
        ります。
       (8)  知的財産に関するリスク

         当社グループの事業活動が他者の特許等知的財産権に抵触する場合、事業の断念や係争の可能性があります。一
        方、第三者が当社グループの特許等知的財産権を侵害すると考えられる場合は、その保護のため訴訟提起等をする
        場合があり、それらの動向は経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼすことがあります。特に先進諸国でのジェネ
        リック医薬品拡大を背景に、訴訟提起等を含め、当社グループの知的財産に関するリスクが一層増大する可能性が
        あります。
       (9)  海外における事業展開に関するリスク

         当社グループは、医薬品の開発、販売等の分野で、海外においても積極的に事業を展開しており、このような海
        外事業においては、当該地域における政治不安や経済情勢の悪化等の地政学的な要因、当該地域の法規制に抵触す
        るリスク、現地の労使関係等に関するリスクが存在します。これらのリスクが顕在化した場合には、経営成績、財
        政状態等に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (10)   災害等の発生による事業活動に関するリスク

         地震、水害、暴風雨等の自然災害、火災、原子力発電所の事故、長時間の停電等社会インフラの障害、戦争、テ
        ロ等の発生により、当社グループの工場、研究所、事業所等の施設の損壊又は事業活動の停滞等の損害が発生した
        場合、経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (11)   環境問題に関するリスク

         医薬品の研究、製造の過程等で使われる化学物質の中には、人の健康や生態系に悪影響を与える物質も含まれて
        おります。当社グループでは医薬品等の管理には万全を期すべく努めておりますが、万一、土壌汚染、大気汚染、
        水質汚濁等深刻な環境問題が発生した場合、経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (12)   金融市況及び為替変動に関するリスク

         株式市況の低迷により保有する株式等の売却損や評価損が生じ、金利動向により退職給付債務の増加等が生じる
        可能性があります。また、為替相場の変動により、不利な影響を受ける可能性があります。当社グループはグロー
        バルに事業を展開し、生産・販売・輸出入を行っておりますので、為替相場の変動は経営成績、財政状態等に悪影
        響を及ぼす可能性があります。
       (13)   IT  セキュリティ及び情報管理に関するリスク

         当社グループは、業務上、各種ITシステムを利用しており、また、個人情報を含む多くの機密情報を保有して
        おります。ネットワークウイルスの感染、サイバー攻撃他によるコンピュータシステムの休止等、及び機密情報の
        漏洩を防止するため、情報管理に関する規程等を整備して従業員へ情報管理の重要性を周知徹底するとともに、セ
        キュリティシステムの導入等の対応策を実施しておりますが、これらの事象が発生した場合、経営成績、財政状態
        等に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (14)   財務報告に係る内部統制の整備等に関するリスク

         当社グループは、財務報告に係る内部統制の整備・運用及び評価のための体制整備に努めております。しかし、
        内部統制が有効に機能しなかった場合、または財務報告に係る内部統制の不備又は開示すべき重要な不備が発生し
        た場合、経営成績、財政状態等に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (15)   その他のリスク

         その他のリスクとして、役職員の不正、金融危機の発生による資金調達環境の悪化、及び当社グループ製品の偽
        造医薬品流通による信頼性低下等が考えられます。これらの事象が発生した場合、経営成績、財政状態等に悪影響
        を及ぼす可能性があります。
                                  16/138



                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2018年6月18日)現在において当社グループが判断し
       たものであります。
        当社グループは、積極的なグローバル事業の展開による企業価値の向上に資するために、基準とすべき会計及び財

       務報告のあり方を検討した結果、資本市場における財務情報の国際的な比較、グループ内での会計処理の統一、グ
       ローバル市場における資金調達手段の多様化等を目的として、2014年3月期よりIFRSを適用しております。
        当社グループの連結財務諸表の作成には経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金
       額及び開示に影響を与える見積りを必要としており、これらの見積りについて過去の実績等を勘案し合理的に判断し
       ておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
        当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 
       連結財務諸表 連結財務諸表注記 3 重要な会計方針」に記載しております。
       (1)  業績等の概要

         当社グループの当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)の売上収益は、前連結会計年度比
        51億円(0.5%)増収の9,602億円               となりました。独占販売期間の満了に伴いオルメサルタンが減収となったもの
        の、エドキサバン等の主力品の伸長及び為替影響(140億円)により、増収となりました。
         営業利益は、      前連結会計年度比126          億円(14    .2%)   減益の763億円       となりました。売上総利益は、84億円
        (1.4%)増益の6,142億円となりました。販売製品の構成比の変化に伴う売上原価の増加影響があったものの、前
        連結会計年度に売上原価としてワクチン事業の有形固定資産及び無形資産の減損損失(206億円)を計上していた
        こと等により、増益となりました。販売費及び一般管理費は、前連結会計年度並みの3,018億円となりました。研
        究開発費は、制吐剤配合麻薬性鎮痛剤CL-108に関する無形資産の減損損失(278億円)を計上したこと等から、217
        億円(10.1%)増加の2,360億円となりました。営業利益に係る為替の増益影響は19億円となりました。
         税引前利益は、       前連結会計年度比        68億円(7.7%)減益の810億円となりました。外貨建資産等に係る為替差損益
        が改善したこと等から、営業利益に比べ、小幅な減益となりました。
         親会社の所有者に帰属する当期利益は、                   前連結会計年度比        68億円(12.7%)増益の603億円となりました。米国
        における税率引下げに伴う法人所得税費用の減少影響等により、増益となりました。
         当期包括利益合計額は、           前連結会計年度比        296億円(91.4%)増益の619億円となりました。金融資産評価差額金
        が改善したこと等から、           前連結会計年度       に比べ、大幅な増益となりました。
                                  17/138










                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         地域別の売上状況は次のとおりであります。
        ①  日本

          日本の売上収益は、         前連結会計年度比397億円(6.9              %)増収の6,129億円となりました。
        [国内医薬事業]

         国内医薬事業では、オルメテックの減収やジェネリック医薬品の処方拡大による長期収載品の減収影響があっ
        たものの、リクシアナ、イナビル、プラリア、ネキシウム、エフィエント、テネリア、メマリー、ランマーク等
        の主力品の伸長、及び新発売したオーソライズド・ジェネリック(注1)製品の寄与等により、売上収益は335億
        円(6.6%)増収の5,400億円となりました。なお、この売上収益には、第一三共エスファ㈱が取り扱うジェネ
        リック事業、並びに北里第一三共ワクチン㈱及びジャパンワクチン㈱等が取り扱うワクチン事業の売上収益が含
        まれております。
         当社は、ヒドロモルフォン塩酸塩を主成分とする癌疼痛治療剤ナルラピド錠(即放性製剤)及びナルサス錠
        (徐放性製剤)を2017年6月に新発売いたしました。また、2型糖尿病治療用配合剤カナリア(テネリアとカナ
        グルの配合剤)を2017年9月、経口抗凝固剤リクシアナOD錠(口腔内崩壊錠)を2017年11月に新発売いたしまし
        た。
         抗てんかん剤ビムパットについて、てんかん患者の部分発作に対する単剤療法が2017年8月に承認されまし
        た。さらに、9月に厚生労働省の告示に基づく投薬期間制限が解除されました。
         第一三共エスファ㈱は、オルメサルタンOD錠を含む複数のオーソライズド・ジェネリック製品を2017年6月以
        降、順次新発売いたしました。
        (注)1.オーソライズド・ジェネリック:先発医薬品メーカーからの許諾を受けて製造される後発医薬品
        [ ヘルスケア事業]

         ヘルスケア事業の売上収益は、第一三共ヘルスケア㈱が取り扱うミノンシリーズ等の伸長により、62億円
        (9.3%)増収の729億円となりました。
     <日本の主な売上構成>

                                                      (単位:億円)
                           前連結会計年度            当連結会計年度
              区分           (自 2016年4月1日            (自 2017年4月1日                 増減
                          至 2017年3月31日)            至 2018年3月31日)
                                                          335

         国内医薬事業(注)2                       5,066            5,400
                                                         6.6%
                                                          62

                                  667            729
            ヘルスケア
                                                         9.3%
      (注)2.ジェネリック事業、ワクチン事業を含む
                                  18/138







                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
     <国内医薬主力品売上収益>
                                                     (単位:億円)
                           前連結会計年度            当連結会計年度
             製品名            (自 2016年4月1日            (自 2017年4月1日                 増減
                          至 2017年3月31日)            至 2018年3月31日)
                                                          26
            ネキシウム
                                  840            865
             抗潰瘍剤
                                                         3.0%
                                                          17

             メマリー
                                  469            486
       アルツハイマー型認知症治療剤
                                                         3.6%
                                                         △ 248
           オルメテック
                                  694            446
           高血圧症治療剤
                                                       △ 35.8%
                                                          203
            リクシアナ
                                  250            453
             抗凝固剤
                                                        81.4%
                                                         △ 10

            ロキソニン
                                  374            365
            消炎鎮痛剤
                                                        △ 2.6%
                                                          21

             テネリア
                                  242            263
          2型糖尿病治療剤
                                                         8.8%
             プラリア
                                                          52
      骨粗鬆症治療剤・関節リウマチに伴う
                                  180            232
                                                        29.1%
         骨びらんの進行抑制剤
                                                          △ 8

            レザルタス
                                  175            168
           高血圧症治療剤
                                                        △ 4.4%
                                                          15
            ランマーク
                                  139            154
       がん骨転移による骨病変治療剤
                                                        10.6%
                                                          24
           エフィエント
                                  104            128
            抗血小板剤
                                                        23.2%
                                                          57
             イナビル
                                  196            253
        抗インフルエンザウイルス剤
                                                        29.2%
                                                         △ 24
            クラビット
                                  151            127
            合成抗菌剤
                                                       △ 16.1%
                                                          △ 3
             ユリーフ
                                  114            111
           排尿障害治療剤
                                                        △2.7%
                                                          △ 2
           オムニパーク
                                  142            140
             造影剤
                                                        △ 1.6%
                                                         △ 18
            メバロチン
                                  104             86
        高コレステロール血症治療剤
                                                       △17.6%
                                  19/138





                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        ②  北米
          北米の売上収益は、         前連結会計年度比502億円(21.8%)減収の1,802                       億円、現地通貨ベースでは、5億米ドル
         (23.5%)減収の16億2千5百万米ドルとなりました。この売上収益には、第一三共Inc.とルイトポルド・
         ファーマシューティカルズInc.の売上収益が含まれております。
          第一三共Inc.では、オルメサルタン及び配合剤、ウェルコール並びにエフィエントが減収となりました。
          第一三共Inc.は、乱用防止特性を備えた麻薬性鎮痛薬2剤の米国における商業化の独占的実施権の許諾を受け
         るライセンス契約を2016年10月に米国Inspirion                       Delivery     Sciences,     LLCと締結いたしました。本契約に基づ
         き、モルヒネ徐放性製剤モルファボンドを2017年10月に新発売いたしました。また、承認取得済のオキシコドン
         速放性製剤ロキシボンドの商業化を2017年5月に決定し、上市に向けた準備を進めております。
          なお、第一三共Inc.では、米国における製品群及びがん領域のパイプライン(新薬候補群)を踏まえ、営業組
         織オペレーションの一層の効率化を図ると共に、がん領域の将来的な新製品上市に備えるため、営業部門約280
         名の人員削減を含む組織再編を実施することを2018年3月に決定いたしました。
          ルイトポルド・ファーマシューティカルズInc.では、インジェクタファー及びヴェノファーが増収となりまし
         た。
     <第一三共Inc.主力品売上収益>

                                                  (単位:百万米ドル)
                           前連結会計年度            当連結会計年度
             製品名            (自 2016年4月1日            (自 2017年4月1日                 増減
                          至 2017年3月31日)            至 2018年3月31日)
                                                         △420
         オルメサルタン(注)3
                                  612            192
           高血圧症治療剤
                                                       △68.5%
           ウェルコール
                                                         △114
                                  420            306
        高コレステロール血症治療剤
                                                       △ 27.1%
          ・2型糖尿病治療剤
                                                         △109
           エフィエント
                                  205             96
            抗血小板剤
                                                       △53.0%
                                                           2

             サベイサ
                                  17            20
             抗凝固剤
                                                        13.0%
                                                           ▶

           モバンティック
                                  38            42
         オピオイド誘発性便秘薬
                                                         9.9%
      (注)3.     ベニカー/ベニカーHCT、エイゾール、トライベンゾール及びオルメサルタンのオーソライズド・ジェネ
           リック
     <ルイトポルド・ファーマシューティカルズInc.主力品売上収益>

                                                  (単位:百万米ドル)
                           前連結会計年度            当連結会計年度
             製品名            (自 2016年4月1日            (自 2017年4月1日                 増減
                          至 2017年3月31日)            至 2018年3月31日)
                                                          17
           ヴェノファー
                                  263            279
          鉄欠乏性貧血治療剤
                                                         6.3%
                                                          89
          インジェクタファー
                                  221            310
          鉄欠乏性貧血治療剤
                                                        40.1%
                                  20/138




                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        ③  欧州
          欧州の売上収益は、前連結会計年度期比85億円(12.0%)増収の794億円、現地通貨ベースでは1千5百万
         ユーロ(2.6%)増収の6億1千3百万ユーロとなりました。オルメサルタン及び配合剤が減収となったもの
         の、リクシアナが伸長したこと等により、増収となりました。
     <第一三共ヨーロッパGmbH主力品売上収益>

                                                  (単位:百万ユーロ)
                           前連結会計年度            当連結会計年度
             製品名            (自 2016年4月1日            (自 2017年4月1日                 増減
                          至 2017年3月31日)            至 2018年3月31日)
                                                         △105
         オルメサルタン(注)4
                                  363            258
                                                       △28.9%
           高血圧症治療剤
                                                          △5
           エフィエント
                                  67            62
                                                        △7.6%
            抗血小板剤
                                                          127
            リクシアナ
                                  81            208
                                                        155.7%
             抗凝固剤
      (注)4.オルメテック/オルメテックプラス                      、セビカー及びセビカーHCT
        ④  アジア・中南米

          アジア・中南米の売上収益は、前連結会計年度期比82億円(11.4%)増収の804億円となりました。なお、こ
         の売上収益には、海外ラインセンシーへの売上収益等が含まれております。
          中国では、合成抗菌剤クラビット等の主力品が増収となりました。
          韓国では、抗凝固剤リクシアナ等の主力品が増収となりました。
                                  21/138












                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
       (2)  生産、受注及び販売の実績
        ①  生産実績
          当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと次のとおりであります。
          セグメントの名称                   金額(百万円)                  前年同期比(%)
                                                      98.4

     医薬事業                             509,213
                                                      98.4

             合計                     509,213
      (注)1.金額は正味販売価格によっております。
         2.上記金額には消費税等を含めておりません。
        ②  受注実績

          当社グループは、主に販売計画に基づいて生産計画を策定し、これにより生産を行っております。受注生産は
         一部の連結子会社で行っておりますが、受注残高の金額に重要性はないため、記載を省略しております。
        ③  販売実績

          当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと次のとおりであります。
          セグメントの名称                   金額(百万円)                  前年同期比(%)
     医薬事業                             960,195                    100.5

             合計                     960,195                    100.5

      (注)1.主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                  相手先
                             金額(百万円)         割合(%)       金額(百万円)         割合(%)
            アルフレッサホールディングス
                                190,637         20.0        199,809         20.8
            株式会社及びそのグループ会社
            株式会社スズケン及びそのグルー
                                 88,539         9.3        98,603        10.3
            プ会社
                                109,800
            マッケソン社                            11.5        62,276         6.5
         2.上記金額には消費税等を含めておりません。
       (3)  資本の財源及び資金の流動性についての分析

          当社  グループは、「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」となることを2025年ビジョンとして掲げ、
         研究開発活動、ライセンス活動に取り組んでおります。当社グループでは、引き続き財務の健全性を保ち、営業
         活動によるキャッシュ・フローを創出すること等によって、必要な資金調達が可能であると考えております。
        ①  財政状態

          当連結会計年度末における資本合計は1兆1,330億円(前連結会計年度末比384億円減少)、資産合計は1兆
         8,978億円(前連結会計年度末比172億円減少)、親会社所有者帰属持分比率は59.7%(前連結会計年度末
         61.4%)となりました。資本合計は、当期利益の計上があった一方で、配当金の支払による減少及び自己株式の
         取得等により、減少いたしました。資産合計は、その他の金融資産(非流動資産)が増加した一方、無形資産の
         減少等により、減少いたしました。
        ②  キャッシュ・フロー

          当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、期首に比べ1,117億円増加の3,577億円となりました。
          営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前利益810億円、減価償却費及び償却費467億円及び減損損失367
         億円等の非資金項目のほか、法人所得税の支払等による資金の減少により、1,084億円の収入(前連結会計年度
         は1,362億円の収入)となりました。
          投資活動によるキャッシュ・フローは、設備投資や無形資産の取得による支出があった一方で、定期預金の払
         戻による収入等により、1,086億円の収入(前連結会計年度は968億円の支出)となりました。
          財務活動によるキャッシュ・フローは、自己株式の取得及び配当金の支払等により、1,018億円の支出(前連
         結会計年度は150億円の支出)となりました。
                                  22/138


                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
       (4)  経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループは、2020年度の定量目標として、売上収益1兆1,000億円、営業利益1,650億円、ROE                                             8%以上を目
        指しております。また、2020年度時点で、5年以内に市場投入し、かつピーク時売上収益1,000億円以上を期待で
        きる後期開発品を3~5品目保有することを目指しております。
         当連結会計年度においては、売上収益9,602億円、営業利益763億円、ROE5.2%となりました。なお、目標達成に
        向けた主な取り組み課題と実績については、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題
        等」に記載しております。
       (5)  経営成績等の状況の概要に係る主要な項目における差異に関する情報

         IFRSにより作成した連結財務諸表における主要な項目と日本基準により作成した場合の連結財務諸表におけるこ
        れらに相当する項目との差異に関する事項は、以下のとおりであります。
          (のれんの償却)
            日本基準では、のれんは、その効果が発現すると見積もられる期間で償却することとしておりましたが、
           IFRSでは、IFRS移行日以降、のれんの償却を                     行わず、毎期減損テストを行っております。この結果、当連結
           会計年度の販売費及び一般管理費は、日本基準に比べて61億円減少しております。
          (無形資産)
            日本基準では、技術導入契約の一時金等の支出は、費用として認識しておりましたが、IFRSでは、IAS第
           38号による無形資産の定義を満たすものについては資産化しております。当連結会計年度において、過年度
           に計上済みの無形資産について減損損失を計上したことにより、当連結会計年度の研究開発費は、日本基準
           に比べて338億円増加しております。
                                  23/138













                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
      (1)北里第一三共ワクチン㈱の完全子会社化
         当社は、第一三共グループにおけるワクチン事業の基盤強化を目的として、当社の連結子会社である北里第一三
        共ワクチン㈱を持株比率100%の完全子会社とするために、学校法人北里研究所との間で、同研究所が保有する北
        里第一三共ワクチン㈱の全株式を取得する契約を2017年11月30日付で締結し、同日付で北里第一三共ワクチン㈱を
        完全子会社化いたしました。
      (2)アスビオファーマ㈱の吸収合併

         当社は、当社の研究機能を強化し、更なる生産性向上を図る目的で、当社の連結子会社であるアスビオファーマ
        ㈱を吸収合併するために、2018年4月1日を効力発生日として、当社がアスビオファーマ㈱の権利義務の全てを承
        継する吸収合併契約を2017年11月30日付で締結いたしました。
         なお、アスビオファーマ㈱は、当社の100%連結子会社であることから、本合併による新株式の発行及び金銭等
        の割当てはありません。
      (3)   技術導入

       契約会社名           相手先        国名       技術内容           対価         契約期間
                                         契約一時金
     第一三共㈱                        抗RANKL抗体「デノス                    自 2007年7月
                                         マイルストーン
              Amgen   Inc.
                         アメリカ
     (当社)                        マブ」に関する技術                    至 2027年6月
                                         一定料率の実施料
     第一三共㈱                                           自 2016年7月

              Amgen   Inc.
                         アメリカ    バイオ後続品に関する技術            マイルストーン
                                                 至 製品毎に商業化の終了日
     (当社)
                                         契約一時金

                             虚血性心不全の細胞治療薬
     第一三共㈱                                           自 2016年4月
                                         マイルストーン
              Celixir   Ltd.
                         イギリス    「ハートセル」に関する技
     (当社)                                           至 商業化の終了日
                                         一定料率の実施料
                             術
                                         契約一時金
                             悪性リンパ腫の細胞治療薬
     第一三共㈱                                           自 2017年1月
                                         マイルストーン
              Kite  Pharma   EU B.V.
                         オランダ    「KTE-C19」に関す
                                                 至 開発又は販売の中止日
     (当社)
                                         一定料率の実施料
                             る技術
     第一三共㈱                        鼻腔噴霧インフルエンザ弱            契約一時金        自 2015年9月

              MedImmune    LLC
                         アメリカ
                             毒生ワクチンに関する技術            マイルストーン        至 上市後10年
     (当社)
                                         契約一時金

     第一三共Inc.                        高脂血症治療剤「ウェル                    自 1999年12月
                                         マイルストーン
              Genzyme   Corporation
                         アメリカ
     (連結子会社)                        コール」に関する技術                    至 対象特許の満了日
                                         一定料率の実施料
     ルイトポルド・
              Vifor   (International)
     ファーマシュー                        貧血治療剤「ヴェノ                    自 1997年12月
                         スイス                製品購入価格
     ティカルズInc.                        ファー」に関する技術                    至 2030年12月
              Inc.
     (連結子会社)
      (注)1.第一三共㈱とLOCL               Pharma,    Inc.の制吐剤配合麻薬性鎮痛剤「CL-108」に関する技術導入                               契約は、
           2017年11月に終了しております。
         2.第一三共㈱とInnoCIMAb             Pte  Ltd.及びCIMAB       S.A.のヒト化抗EGFRモノクロナール抗体抗がん剤「ニモツ
           ズマブ」に関する技術導入            契約は、2018年3月に終了しております。
         3.第一三共㈱とTranslational               Sciences     Inc.の血栓溶解剤「TS23」に関する技術導入                       契約は、2018年1
           月に終了しております。
                                  24/138






                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      (4)  技術導出
       契約会社名           相手先        国名       技術内容           対価         契約期間
                                         契約一時金
                             虚血性疾患治療剤「エフィ
     第一三共㈱                                           自 2001年6月
                                         マイルストーン
              Eli  Lilly   and  Company     アメリカ    エント(プラスグレル)」
                                                 至 対象特許の満了日
     (当社)
                             に関する技術
                                         一定料率の実施料
                                                 自 2006年9月
                                         契約一時金
                             転移性悪性黒色腫治療薬
              F. Hoffmann-La     Roche
     プレキシコンInc.                                           至 対象特許の満了日又は上
                                         マイルストーン
                         スイス    「ゼルボラフ(ベムラフェニ
     (連結子会社)                                             市後12年のうち何れか遅
              Ltd.
                             ブ)」に関する技術
                                         一定料率の実施料
                                                  く到来する日
      (5)  販売契約等(導入)

       契約会社名           相手方の名称          国名         契約の内容               契約期間
                                               自 2010年10月
                                同社のプロトンポンプ阻害剤「ネキ
                                               至 上市後10年
     第一三共㈱                      スウェー
              AstraZeneca     AB
                                シウム」の日本国内における独占販
     (当社)                      デン                    (以後は何れかが12ヶ月前通知
                                売及び共同販促
                                               により解約する日)
              Cheplapharm     Arzneimittel
     第一三共㈱                           同社の高血圧症治療剤「アーチス               自 1989年7月
                            ドイツ
                                ト」の日本国内における独占販売               至 商標使用の終了日
     (当社)
              GmbH
                                同社の非イオン性造影剤「オムニ
     第一三共㈱                      ノル                    自 1987年3月
              GE Healthcare     AS
                                パーク」の日本国内における独占販
                            ウェー                    至 販売終了の日
     (当社)
                                売
                                同社のアルツハイマー型認知症治療
     第一三共㈱                                          自 1997年12月
              Merz  Pharmaceuticals       GmbH
                            ドイツ    剤「メマリー」の日本国内における
     (当社)                                          至 上市後10年
                                独占販売
                                同社のてんかん治療薬「ビムパッ
     第一三共㈱                                          自 2014年11月
              UCB  Biopharma    Sprl
                            ベルギー    ト」の日本国内における独占販売及
                                               至 上市後10年
     (当社)
                                び共同販促
     第一三共㈱                           同社の排尿障害治療剤「ユリーフ」               自 2004年6月

              キッセイ薬品工業㈱             日本
                                の日本国内における共同販売               至 販売中止日
     (当社)
                                同社のインフルエンザ菌b型による               自 2008年11月

     第一三共㈱
                            日本    感染症予防小児用ワクチン「アクト               至 2018年12月
              サノフィ㈱
     (当社)
                                ヒブ」の日本国内における販売               (協議更新)
                                               自 2012年3月
                                同社の血糖降下剤「テネリア」の日
     第一三共㈱
              田辺三菱製薬㈱             日本    本国内における独占販売及び共同販               至 上市後10年
     (当社)
                                促
                                               (以後1年ごとの自動更新)
                                               自 2012年3月
     第一三共㈱                           同社の血糖降下剤「カナグル」の日
                            日本                    至 上市後10年
              田辺三菱製薬㈱
     (当社)                           本国内における共同販促
                                               (以後1年ごとの自動更新)
                                               自 2017年3月
                                同社の2型糖尿病治療用配合剤「カ
     第一三共㈱
              田辺三菱製薬㈱             日本    ナリア」の日本国内における独占販               至 上市後10年
     (当社)
                                売及び共同販促
                                               (以後1年ごとの自動更新)
                                オピオイド(麻薬性鎮痛薬)誘発性               自 2015年3月
     第一三共Inc.
              AstraZeneca     UK Limited       イギリス    便秘薬「モバンティック」の米国内               至 年間販売額が一定基準を下
     (連結子会社)
                                における共同販促                 回ったとき
                                               自 2016年10月
                                オピオイド鎮痛薬「モルファボン
              Inspirion    Delivery    Sciences,
     第一三共Inc.                                          至 対象特許の満了日又は2031
                            アメリカ    ド」を含む2剤の米国内における独
     (連結子会社)                                            年10月のうち何れか遅く到
              LLC
                                占販売及び共同販促
                                                 来する日
      (注)第一三共ヨーロッパGmbHとNektar                    Therapeuticsの抗がん剤「オンジールド」の欧州における独占販売                               契約(導
         入)は、2018年2月に終了しております。
                                  25/138




                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      (6)  販売契約等(導出)
       契約会社名           相手方の名称          国名         契約の内容               契約期間
                                               自 2016年6月
                                               至 対象特許の満了日、データ
     第一三共㈱                           抗凝固剤「リクシアナ(エドキサバ
              Servier   Canada   inc.
                            カナダ                      保護期間の満了日又は2031
     (当社)                           ン)」のカナダにおける独占販売
                                                 年6月のうち何れか遅く到
                                                 来する日
     ルイトポルド・
              Fresenius    USA  Manufacturing,
     ファーマシュー
                                貧血治療剤「ヴェノファー」の米国               自 2008年11月
                            アメリカ
     ティカルズInc.                           内における販売               至 2018年12月
              Inc.
     (連結子会社)
     第一三共ヨーロッパ

                                血圧降下剤「オルメテック(オルメ
              Menarini    International
                            ルクセン                    自 2001年6月
     GmbH                           サルタン)」の欧州における共同販
                            ブルク                    至 2020年12月
              Operations     Luxembourg     S.A.
                                売
     (連結子会社)
                                               自 2016年2月

     第一三共ノーザン
                                抗凝固剤「リクシアナ(エドキサバ
              Merck   and  Company,
                                               至 2026年2月又は対象特許の
     ヨーロッパGmbH                      アメリカ    ン)」の欧州一部地域における独占
                                                 満了日のうち何れか遅く到
              Incorporated
     (連結子会社)                           販売
                                                 来する日
      (7)  業務委託契約

       契約会社名           相手方の名称          国名         契約の内容               契約期間
     第一三共㈱                                          自 2017年4月

              ㈱日立製作所             日本    IT業務の同社への委託
                                               至 2020年3月
     (当社)
      (8)  その他

       契約会社名           相手方の名称          国名         契約の内容               契約期間
     第一三共㈱
     (当社)、
                                オルメサルタンメドキソミルを含有
     第一三共Inc.
              Plaintiffs’      Negotiating
                                する製剤の服用によりスプルー様腸               自 2017年8月
     (連結子会社)、                      アメリカ
                                疾患等が発現したと主張する原告等               至 終期を定めず
              Committee
     第一三共U.S.ホー
                                との和解に向けた合意
     ルディングスInc.
     (連結子会社)
                                  26/138










                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
        当社グループは、「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」を2025年ビジョンとして掲げております。
        2025年ビジョンの達成に向けて、               重点領域であるがん領域については、ADCフランチャイズ、AMLフランチャイズ及
       びブレークスルー・サイエンス(注1)を3つの柱として設定し、戦略的な研究開発活動に取り組んでおります。
        また、疼痛、中枢神経系疾患、心不全・腎障害、希少疾患を次世代領域と位置付け、研究の加速化を進めておりま
       す。
        研究から初期開発段階では、パートナリング、オープンイノベーション、トランスレーショナルリサーチを利用し
       て、標準治療を変革する先進的新薬創出を目指した活動を進めております。
        後期開発段階では、がん領域と循環代謝領域等の製品の開発を進めております。
        ライフサイクルマネジメント(注2)では、循環代謝領域を中心に継続した取り組みを実施しております。
        2017年4月にバイオ医薬品のモダリティ研究(注3)と生産技術研究開発の機能を集約化したバイオロジクス本部
       を新設いたしました。
        研究機能強化の取り組みの一環として、2018年4月1日に当社の国内子会社であるアスビオファーマ㈱を吸収合併
       いたしました。
       (注)1    . ブレークスルー・サイエンス:革新的な科学技術を応用した、がん治療法に抜本的な変革をもたらす新規
                          治療モダリティ。
          2.ライフサイクルマネジメント:適応症の拡大や用法・用量の改善等により、医薬品の製品価値を一層高
                          め、長期間にわたりその価値を医療現場に提供するための取り組み。
          3.モダリティ研究:抗体、抗体薬物複合体、ペプチド及び核酸等、低分子を除く全ての化合物の創薬技術研
                    究。
        当連結会計年度の研究開発費は、2,360億円(前連結会計年度比10.1%増)となり、売上収益に対する研究開発費
       の比率は、24.6%となりました。
        主な研究開発プロジェクトの進捗状況は、次のとおりであります。
       (1)  がん領域

         ①  DS-8201(抗HER2        ADC)
           2016年12月にFDAよりHER2陽性の転移性乳がん治療を対象として、優先承認審査(Fast                                         Track)指定されて
          おります。さらに、2017年8月にFDAよりHER2陽性の再発・転移性乳がん治療を対象として、画期的治療薬
          (Breakthrough        Therapy)の指定制度の対象品目と認定されました。また、2018年3月に厚生労働省より、が
          ん化学療法後に増悪したHER2過剰発現が確認された治癒切除不能な再発・進行性胃がん患者に対する治療とし
          て、先駆け審査指定制度の対象品目と認定されました。
           HER2陽性がん患者を対象としたフェーズ1試験パート2(症例拡大試験)を日本及び米国で実施しておりま
          す。その途中経過を2017年6月開催の米国臨床腫瘍学会(ASCO)及び2017年9月開催の欧州臨床腫瘍学会
          (ESMO)で発表いたしました。さらに、HER2陽性及びHER2低発現の乳がん患者を対象とした安全性と有効性に
          関する最新データを2017年12月に米国サンアントニオ乳がんシンポジウムで発表するとともに、HER2陽性の胃
          がん患者を対象とした安全性と有効性に関する最新データを2018年1月に米国臨床腫瘍学会の消化器癌シンポ
          ジウム(ASCO-GI)で発表いたしました。
           HER2陽性の再発・転移性乳がん患者を対象としたグローバル・フェーズ2試験を2017年8月に開始いたしま
          した。
           HER2陽性の再発・進行性胃がん患者を対象とした日本及び韓国でのフェーズ2試験を2017年11月に開始いた
          しました。
           HER2陽性の再発・進行性大腸がん患者を対象としたグローバル・フェーズ2試験を2018年2月に開始いたし
          ました。
           (ⅰ)    DS-8201の研究開発提携
            ・当社は、米国Bristol-Myers              Squibb    Co.とHER2陽性の乳がん及び膀胱がん患者を対象とした、免疫
             チェックポイント阻害薬ニボルマブ(製品名:オプジーボ)との併用療法を評価する臨床試験の共同実
             施に関する契約を2017年8月に締結いたしました。
            ・当社は、米国Puma          Biotechnology,        Inc.及び米国Memorial           Sloan   Kettering     Cancer    CenterとHER2変異
             固形がん患者を対象としたチロシンキナーゼ阻害剤ネラチニブ(米国製品名:NERLYNX)との併用療法
             を評価する前臨床試験の共同実施に関する契約を2017年12月に締結いたしました。
                                  27/138



                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         ②  U3-1402(抗HER3        ADC)
           HER3陽性の難治性の転移性乳がん患者を対象としたフェーズ1/2試験を日本及び米国で実施しておりま
          す。
           EGFRチロシンキナーゼ阻害剤を投与中に病勢進行したEGFR変異のある非小細胞肺がん患者を対象とした米国
          でのフェーズ1試験を2018年2月に開始いたしました。
         ③  DS-1062(抗TROP2         ADC)
           再発・進行性の非小細胞肺がん患者を対象とした日本及び米国でのフェーズ1試験を2018年2月に開始いた
          しました。
         ④  キザルチニブ
           欧米及びアジアで、FLT3-ITD変異を有するAMLの二次治療及び一次治療の適応取得を目的としたフェーズ3
          試験を実施しております。
         ⑤  DS-3201
           再発・難治性の非ホジキンリンパ腫患者を対象としたフェーズ1試験を日本で実施しております。その途中
          経過を2017年12月に米国血液学会(ASH)で発表いたしました。
           再発・難治性のAML及び急性リンパ性白血病患者を対象としたフェーズ1試験を米国で実施しております。
         ⑥  ペキシダルチニブ
           2015年10月にFDAより腱滑膜巨細胞腫(以下「TGCT」という。)の治療における画期的治療薬(Breakthrough
          Therapy)     の指定制度の対象品目と認定されております。
           欧米でのTGCT患者を対象としたフェーズ3試験において、主要評価項目を達成したことを2017年10月に発表
          いたしました。
         ⑦  DS-1647
           東京大学医科学研究所            藤堂具紀教授と共同で国内フェーズ2試験を実施しているがん治療用ウイルスG47Δ
          (DS-1647)が2016年2月に悪性神経膠腫を対象として、先駆け審査指定制度の対象品目と認定されておりま
          す。さらに、2017年7月に同疾病を対象として、希少疾病用再生医療等製品に指定されました。
         ⑧  デノスマブ
           日本で、2012年より多発性骨髄腫による骨病変及び固形がん骨転移による骨病変、また2014年より骨巨細胞
          腫の適応症で、製品名ランマークとして販売しております。さらに、2013年より骨粗鬆症に対する国内製造販
          売承認を取得し、プラリアの製品名で販売しております。
           プラリアについて、関節リウマチに伴う骨びらんの進行抑制の効能・効果追加の承認を2017年7月に取得い
          たしました。
           米国Amgen      Inc.と共同で実施するランマークの乳がん術後補助療法に関するグローバル・フェーズ3試験の
          結果概要を2018年2月に発表いたしました。主要評価項目である無骨転移生存期間の延長は達成できませんで
          した。なお、新たな安全性上の懸念は認められませんでした。
           (ⅰ)    主な研究開発提携等
             (a)  Glycotope     GmbHとのADCに関するオプション契約の締結
              ・当社は、ドイツGlycotope             GmbHががん治療薬として開発中のPankoMab-GEX(抗TA-MUC1抗体)を、当
               社のADC技術を活用してADC化した薬剤の事業化に係るオプション契約を2017年10月に同社と締結い
               たしました。
              ・本契約の下、当社はADC化したPankoMab-GEXの薬効を確認する予備的試験を実施後、同薬剤に関する
               全世界での独占的開発及び商業化権利を取得することができます。
             (b)  MD  Anderson     Cancer    CenterとのAML治療の研究開発提携に関する契約の締結
              ・当社の米国子会社である第一三共Inc.及びプレキシコンInc.は、米国テキサス大学                                        MD  Anderson
               Cancer    CenterとAML治療の研究開発提携に関する契約を2017年9月に締結いたしました。
              ・本契約の下、当社AMLフランチャイズの複数の開発品の併用効果(当社薬剤間及び他社薬剤との併用
               効果)を評価するとともに、非臨床試験や新規バイオマーカー(注4)の探索等のトランスレー
               ショナルリサーチを実施いたします。
               (注)4.     バイオマーカー:患者さんの層別化、医薬品の作用機序解明及び有効性・安全性の指
                            標。
             (c)  Max  Planck    Innovation      GmbHとのがん領域における研究開発提携契約の締結
              ・当社は、ドイツMax          Planck    Innovation      GmbH及びその探索研究機関であるLead                  Discovery     Center
               GmbH(以下「LDC」という。)とがん領域における共同研究を実施し、LDCが探索する新規リード化
               合物(注5)の開発及び販売の独占的実施権を取得できるオプション契約を2017年7月に締結いた
               しました。
                                  28/138



                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
              ・本契約の下、がん細胞の転写と増殖を阻害する新規化合物の最適化を行うための共同研究を実施い
               たします。
               (注)5.リード化合物:創薬過程の出発点となる化合物で、その化学構造を修飾することで、活
                           性、毒性、薬物動態等の改善が期待できる化合物。
             (d)  Boston    Pharmaceuticals        Inc.とのDS-5010に関するライセンス契約の締結
              ・当社は、米国Boston           Pharmaceuticals        Inc.と当社が保有する選択的RETキナーゼ阻害剤DS-5010の全
               世界での研究開発、製造及び商業化の権利を同社に導出する契約を2017年8月に締結いたしまし
               た。
             (e)  新規がん温熱療法に関するオープンイノベーション研究の開始
              ・当社は、公立大学法人名古屋市立大学、学校法人中部大学 中部大学、三菱UFJキャピタル㈱
               (以下「三菱UFJキャピタル」という。)と、新規がん温熱療法に関するオープンイノベーショ
               ン研究を2018年3月に開始いたしました。
              ・本研究を行うために、2013年に当社と三菱UFJキャピタルが共同設立したOiDEファンド投資事業
               有限責任組合から共同研究等に必要な資金を全額出資し、OiDE                             RYO-UN㈱を設立しております。
              ・新規の創薬基盤技術研究の産学連携を推進し、新たな治療法の開発を目指して参ります。
       (2)  スペシャルティメディスン領域(注6)

         (注)6.     スペシャルティメディスン領域:がん以外の領域。循環代謝、疼痛、中枢神経系疾患、心不全・腎障
                              害、希少疾患等の領域を含む。
         ①  エドキサバン
           日本では、2011年より下肢整形外科手術患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制の適応症で製品名リクシア
          ナとして販売しており、2014年に非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑
          制、並びに静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺塞栓症)の治療及び再発抑制の両効能を追加取得しており
          ます。
           海外では、米国、欧州及びアジア等、20カ国以上で販売承認を取得しております。
           経カテーテル大動脈弁置換術を施行した心房細動患者を対象とした欧米での無作為化比較試験(ENVISAGE-
          TAVI   AF試験)を2017年4月に開始いたしました。
           がんを合併した静脈血栓塞栓症患者を対象とした欧米でのHokusai-VTE                                  CANCER試験の結果を2017年12月に米
          国血液学会(ASH)のlate            breaking     sessionで発表いたしました。
         ②  エサキセレノン
           糖尿病性腎症の患者を対象とした国内フェーズ3試験を2017年9月に開始いたしました。
           本態性高血圧症の患者を対象とした国内フェーズ3試験において、主要評価項目を達成した試験結果概要を
          2017年9月に発表いたしました。
           本試験結果に基づき、2018年2月に高血圧症に係る国内製造販売承認申請を行いました。
         ③  ミロガバリン
           疼痛患者を対象とした2つのフェーズ3試験の結果概要を2017年6月に発表いたしました。日本及びアジア
          での帯状疱疹後神経痛の患者を対象とした試験は、主要評価項目を達成しました。一方、欧米での線維筋痛症
          の患者を対象とした試験は、主要評価項目を達成しませんでした。
           日本及びアジアでの糖尿病性末梢神経障害性疼痛の患者を対象としたフェーズ3試験において、主要評価項
          目を達成した試験結果概要を2017年8月に発表いたしました。
           日本及びアジアでのフェーズ3試験結果に基づき、2018年2月に末梢性神経障害性疼痛に係る国内製造販売
          承認申請を行いました。
         ④  DS-5141
           ㈱Orphan      Disease    Treatment     Instituteと共同で国内フェーズ1/2試験を実施しているデュシェンヌ型筋
          ジストロフィー治療剤DS-5141が2017年4月に先駆け審査指定制度の対象品目と認定されました。
         ⑤  CHS-0214
           日本で、米国Coherus           BioSciences,       Inc.と共同開発中の関節リウマチ等の自己免疫疾患治療薬エタネルセ
          プトバイオ後続品CHS-0214について、安定供給を可能とする製法を確立できなかったことから、2017年7月に
          開発中止を決定いたしました。
           (ⅰ)    主な研究開発提携等
             (a)  Translational       Sciences,     Inc.とのTS23に関するライセンス契約の解約
              ・当社は、研究開発パイプラインの優先順位付けにより、米国Translational                                    Sciences,     Inc.との血
               栓溶解剤TS23に関する開発及び商業化に関する権利を解約することを2017年10月に決定いたしまし
               た。
                                  29/138


                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
             (b)  Charleston      Laboratories       Inc.とのCL-108に関する開発及び販売契約の解約
              ・当社及び当社の米国子会社である第一三共Inc.は、米国の疼痛市場並びに当社ポートフォリオを再
               評価した結果、米国Charleston               Laboratories       Inc.との制吐剤配合麻薬性鎮痛剤CL-108に関する開
               発及び販売契約を解約することを2017年8月に決定いたしました。
             (c)  クオリプス㈱とのiPS細胞由来心筋シートの商業化に関する契約の締結
              ・ 当社は、大阪大学発ベンチャー企業であるクオリプス㈱への出資及び同社が開発するiPS細胞由来心
               筋シートの全世界での販売オプション権を取得する契約を2017年8月に締結いたしました。
              ・本契約の下、iPS細胞由来心筋シートを用いた重症心不全治療薬の実用化を目指します。
                                  30/138


















                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、生産設備の増強・合理化及び研究開発の強化・効率化等を目的とした設備投資を継続的に実施
       しております。
        当連結会計年度は、第一三共プロファーマ㈱及び第一三共ケミカルファーマ㈱の製造設備等を中心に全体で268億
       5千1百万円の設備投資を行いました。
      2【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は次のとおりであります。
      (1)  提出会社
                                                    2018年3月31日現在
                                      帳簿価額(百万円)
        事業所名                                                従業員数
                セグメントの名称        設備の内容
                             建物及び     機械装置      土地
        (所在地)                                                 (名)
                                              その他      合計
                              構築物     及び運搬具      (面積㎡)
     本社                                    1,923
                 医薬事業      管理設備
                               6,524       -          1,096     9,543     1,031
     (東京都中央区)
                                         (2,824)
     品川研究開発センター                                     616
                 医薬事業      研究設備       29,103       53          1,975     31,748      1,094
     (東京都品川区)                                   (66,985)
     葛西研究開発センター                                      45
                 医薬事業      研究設備       14,730        8          524    15,308       130
     (東京都江戸川区)                                   (56,045)
     製薬技術本部平塚拠点
                                          126
                 医薬事業      研究設備       4,929       52          1,964     7,073      305
     (神奈川県平塚市)                                   (23,423)
      (注)1.上記金額には消費税等を含めておりません。
         2.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品、リース資産であり、建設仮勘定は含めておりません。
      (2)  国内子会社

                                                    2018年3月31日現在
                                        帳簿価額(百万円)
               事業所名       セグメント                                   従業員数
       会社名                    設備の内容
                                 建物及び     機械装置      土地
               (所在地)        の名称                                  (名)
                                                その他     合計
                                 構築物    及び運搬具     (面積㎡)
     第一三共プロ       平塚工場
                                             1,177
                      医薬事業     製造設備
                                  14,424     10,455          492    26,549     666
     ファーマ㈱       (神奈川県平塚市)                               (217,645)
             高槻工場                                 65
        〃              医薬事業     製造設備
                                  6,071     7,628          336    14,101     339
             (大阪府高槻市)
                                            (61,076)
     第一三共ケミカル       小名浜工場
                                            4,304
                      医薬事業     製造設備       2,147     1,519          80    8,051     135
             (福島県いわき市)
     ファーマ㈱
                                           (320,145)
             小田原工場                                1,162
        〃              医薬事業     製造設備
                                  6,222     5,548          649    13,582     293
             (神奈川県小田原市)                               (133,064)
                            管理設備
             本社
     北里第一三共
                      医薬事業     製造設備
                                  6,071     11,850       -    373    18,296     438
     ワクチン㈱
             (埼玉県北本市)
                            研究設備
      (注)1.上記金額には消費税等を含めておりません。
         2.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品、リース資産であり、建設仮勘定は含めておりません。
         3.第一三共プロファーマ㈱及び第一三共ケミカルファーマ㈱の各工場は、提出会社からの賃借資産を含めて
           おります。
                                  31/138






                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      (3)  在外子会社
                                                    2018年3月31日現在
                                        帳簿価額(百万円)
               事業所名       セグメント                                  従業員数
       会社名                    設備の内容
               (所在地)        の名称          建物及び     機械装置      土地             (名)
                                                その他     合計
                                 構築物    及び運搬具
                                           (面積㎡)
             パッフェンホーフェン
     第一三共ヨーロッ                                       1,732
             工場
                       医薬事業     製造設備       2,760     2,891         1,510     8,896     363
     パGmbH                                      (86,485)
             (ドイツ   バイエルン)
     ファルマフォース       ニューオルバニー工場                                 452

                       医薬事業     製造設備       3,948     5,670          72   10,143     333
             (アメリカ    オハイオ)
     Inc.                                      (138,000)
      (注)1.上記金額には消費税等を含めておりません。

         2.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品、リース資産であり、建設仮勘定は含めておりません。
         3.第一三共ヨーロッパGmbHのパッフェンホーフェン工場は、第一三共リアルエステートGmbHからの賃借資産を
           含めております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)  重要な設備の新設等
                                   投資予定金額            着手及び完了予定年月
                 事業所名       セグメント                  資金調達               完成後の
        会社名                    設備の内容
                                  総額    既支払額
                 (所在地)        の名称                  方法              増加能力
                                                着手      完了
                                 (百万円)    (百万円)
              ニューオルバニー工場

     ファルマフォース
                        医薬事業     製造設備     12,161      894  自己資金    2017年3月      2021年3月      拡充
              (アメリカ    オハイオ)
     Inc.
              ヒリヤード工場

         〃               医薬事業     製造設備     4,510    1,341   自己資金    2016年4月      2020年3月      拡充
              (アメリカ    オハイオ)
              シャーリー工場

     ルイトポルド・
              (アメリカ    ニューヨー
     ファーマシューティ                   医薬事業     製造設備             自己資金    2016年4月      2021年3月      拡充
                                  5,263     792
     カルズInc.
              ク)
     第一三共ケミカル         小田原工場
                        医薬事業     製造設備     6,760     592  自己資金    2017年8月      2018年12月      新設
     ファーマ㈱         (神奈川県小田原市)
              館林工場
         〃     (群馬県邑楽郡千代田          医薬事業     製造設備     5,180     109  自己資金    2017年11月      2019年5月      新設
               町)
              小名浜工場

         〃               医薬事業     製造設備             自己資金    2017年5月      2018年7月      新設
                                  4,500    2,944
              (福島県いわき市)
     第一三共プロファー         平塚工場

                        医薬事業     製造設備     4,500      43  自己資金    2017年10月      2019年3月      新設
     マ㈱         (神奈川県平塚市)
         〃         〃      医薬事業     製造設備     3,500     199  自己資金    2017年5月      2019年3月      新設

              上海工場

     第一三共製薬(上
                        医薬事業     製造設備     3,164    2,542   自己資金    2014年3月      2018年9月      新設
              (中国   上海)
     海)有限公司
         (注)上記金額には消費税等を含めておりません。

       (2)  重要な設備の除却等

         経常的な設備の更新のための除却を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                  32/138


                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                2,800,000,000

                  計                              2,800,000,000

        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所名
            事業年度末現在発行数(株)              提出日現在発行数(株)
       種類                                 又は登録認可金融商品               内容
              (2018年3月31日)             (2018年6月18日)
                                        取引業協会名
                                        東京証券取引所            単元株式数は100
      普通株式            709,011,343             709,011,343
                                        (市場第一部)            株であります。
        計           709,011,343             709,011,343              -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
                            (2008年2月15日発行)                  (2008年11月17日発行)
     決議年月日                         2008年1月31日                  2008年10月31日
                          取締役(社外取締役を除く) 6名                  取締役(社外取締役を除く) 6名
     付与対象者の区分及び人数(名)
                          執行役員                       20名    執行役員                       20名
                                                 690  [679]
     新株予約権の数(個) (注)1                           359
                                                 普通株式
     新株予約権の目的となる株式の種類、内                          普通株式
                                                69,000    [67,900]
     容及び数(株) (注)1                           35,900
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                            1                  1
                             自 2008年2月16日                  自 2008年11月18日
     新株予約権の行使期間
                             至 2038年2月15日                  至 2038年11月17日
     新株予約権の行使により株式を発行する
                          発行価格             2,529    発行価格             1,343
     場合の株式の発行価格及び資本組入額
                          資本組入額             1,265    資本組入額              672
     (円)
     新株予約権の行使の条件                    (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                    取締役会の承認を要する。

     組織再編行為に伴う新株予約権の交付に
                          (注)3
     関する事項
                                  33/138






                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
                             第3回新株予約権                  第4回新株予約権

                            (2009年8月17日発行)                  (2010年8月19日発行)
     決議年月日                         2009年7月31日                  2010年7月30日
                          取締役(社外取締役を除く) 6名                  取締役(社外取締役を除く) 6名
     付与対象者の区分及び人数(名)
                          執行役員                       18名    執行役員                       18名
                              1,367   [1,358]               2,098   [2,038]
     新株予約権の数(個) (注)1
                                普通株式                  普通株式
     新株予約権の目的となる株式の種類、内
                             136,700    [135,800]              209,800    [203,800]
     容及び数(株) (注)1
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                            1                  1
                             自 2009年8月18日                  自 2010年8月20日
     新株予約権の行使期間
                             至 2039年8月17日                  至 2040年8月19日
     新株予約権の行使により株式を発行する
                          発行価格             1,339    発行価格             1,198
     場合の株式の発行価格及び資本組入額
                                                          599
                          資本組入額              670   資本組入額
     (円)
     新株予約権の行使の条件                    (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                    取締役会の承認を要する。

     組織再編行為に伴う新株予約権の交付に
                          (注)3
     関する事項
                             第5回新株予約権                  第6回新株予約権

                            (2011年7月12日発行)                  (2012年7月9日発行)
     決議年月日                         2011年6月27日                  2012年6月22日
                          取締役(社外取締役を除く) 6名                  取締役(社外取締役を除く) 6名
     付与対象者の区分及び人数(名)
                          執行役員                       18名    執行役員                       19名
     新株予約権の数(個) (注)1                           2,062                  2,628
     新株予約権の目的となる株式の種類、内                          普通株式                  普通株式
     容及び数(株) (注)1                           206,200                  262,800
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                            1                  1
                             自 2011年7月13日                  自 2012年7月10日
     新株予約権の行使期間
                             至 2041年7月12日                  至 2042年7月9日
     新株予約権の行使により株式を発行する
                          発行価格             1,113    発行価格              885
     場合の株式の発行価格及び資本組入額
                                        557                  443
                          資本組入額                  資本組入額
     (円)
     新株予約権の行使の条件                    (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                    取締役会の承認を要する。

     組織再編行為に伴う新株予約権の交付に
                          (注)3
     関する事項
                                  34/138






                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
                             第7回新株予約権                  第8回新株予約権

                            (2013年7月8日発行)                  (2014年7月8日発行)
     決議年月日                         2013年6月21日                  2014年6月23日
                          取締役(社外取締役を除く) 6名                  取締役(社外取締役を除く) 6名
     付与対象者の区分及び人数(名)
                          執行役員                       17名    執行役員                       16名
     新株予約権の数(個) (注)1                           1,928                  1,450
     新株予約権の目的となる株式の種類、内                          普通株式                  普通株式
     容及び数(株) (注)1                           192,800                  145,000
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                            1                  1
                             自 2013年7月9日                  自 2014年7月9日
     新株予約権の行使期間
                             至 2043年7月8日                  至 2044年7月8日
     新株予約権の行使により株式を発行する
                          発行価格             1,200    発行価格             1,362
     場合の株式の発行価格及び資本組入額
                                        600                  681
                          資本組入額                  資本組入額
     (円)
     新株予約権の行使の条件                    (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                    取締役会の承認を要する。

     組織再編行為に伴う新株予約権の交付に
                          (注)3
     関する事項
                             第9回新株予約権                  第10回新株予約権

                            (2015年7月7日発行)                  (2016年7月5日発行)
     決議年月日                         2015年6月22日                  2016年6月20日
                          取締役(社外取締役を除く) 6名                  取締役(社外取締役を除く) 6名
     付与対象者の区分及び人数(名)
                          執行役員                       16名    執行役員                       19名
     新株予約権の数(個) (注)1                           1,187                  1,352
     新株予約権の目的となる株式の種類、内                          普通株式                  普通株式
     容及び数(株) (注)1                           118,700                  135,200
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                            1                  1
                             自 2015年7月8日                  自 2016年7月6日
     新株予約権の行使期間
                             至 2045年7月7日                  至 2046年7月5日
     新株予約権の行使により株式を発行する
                          発行価格             1,859    発行価格             1,961
     場合の株式の発行価格及び資本組入額
                                        930                  981
                          資本組入額                  資本組入額
     (円)
     新株予約権の行使の条件                    (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                    取締役会の承認を要する。

     組織再編行為に伴う新株予約権の交付に
                          (注)3
     関する事項
      (注)1.当事業年度の末日(2018年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前
           月末現在(2018年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[                                                ]
           内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
         2.新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
          (1)  新株予約権者は、新株予約権の割当て時に就任していた当社の取締役又は執行役員を退任した日(新株予
            約権者が取締役及び執行役員を兼務している者である場合は、以後、執行役員の地位を有し続けるか否か
            にかかわらず、取締役を退任した日とし、新株予約権者が新株予約権の割当て時に執行役員である場合に
            おいて、その者が執行役員の退任と同時に、取締役に就任した場合は、執行役員を退任した日ではなく、
            取締役を退任した日とする。)の翌日から10年以内に終了する事業年度のうち最終事業年度末日までに限
            り、新株予約権を行使できる。
          (2)  新株予約権者は、新株予約権を質入れその他一切の処分をすることができない。
                                  35/138


                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
          (3)  新株予約権者が死亡した場合、新株予約権者の相続人は、当社及び新株予約権者との間で締結される新株
            予約権割当契約に定めるところに従い、相続原因事由発生日現在において未行使の新株予約権を承継し、
            これを行使することができる。
          (4)  新株予約権者は、新株予約権を行使する場合、1個の新株予約権の一部の行使ができないものとする。
          (5)  その他の条件は、取締役会決議に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約の定
            めるところによる。
         3.組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項は次のとおりであります。
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
          (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合においては、組織再編行為の効力発生の直前の
          時点において残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、会社法第236
          条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件
          に基づきそれぞれ交付することができるものとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対
          象会社は新たに新株予約権を交付するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を
          交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画
          において定めた場合に限るものとする。
          (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            残存新株予約権の新株予約権者が保有する数と同一の数とする。
          (2)  新株予約権の目的である株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          (3)  新株予約権の目的である株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、決定する。
          (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上調整した再編後の
            行使価額に前記(3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得
            られる金額とする。
          (5)  新株予約権の行使期間
            新株予約権の行使期間は、前記「新株予約権の行使期間」に定める期間の開始日と組織再編行為の効力発
            生日のいずれか遅い日から、前記「新株予約権の行使期間」に定める期間の満了日までとする。
          (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合の資本組入額(新株予約権の行使により株式を発行する場合
            における増加する資本金及び資本準備金に関する事項)
           ①  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
             項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
             きは、その端数を切り上げるものとする。
           ②  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、前記①記載の資本金
             等増加限度額から前記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の承認を要する。
          (8)  新株予約権の行使の条件並びに取得事由及び条件
            新株予約権の行使の条件並びに取得事由及び条件は前記1.及び以下の定めに準じて、組織再編行為の際
            に当社の取締役会で定める。
           ①  新株予約権者が前記1.の定めに基づき、権利を行使することができなくなった場合には、当社は、取締
             役会が別途定めた日において、当該新株予約権者の有する当該新株予約権を無償で取得することができ
             るものとする。
           ②  当社が吸収合併消滅会社となる吸収合併契約が当社の株主総会(株主総会決議が不要な場合は当社の取
             締役会とする。)において承認されたとき、当社が株式交換完全子会社又は株式移転完全子会社となる
             株式交換契約承認の議案又は株式移転計画承認の議案が株主総会(株主総会決議が不要な場合は当社の
             取締役会とする。)で承認されたときは、当社は、取締役会が別途定めた日において、新株予約権者の
             有する新株予約権を無償で取得することができるものとする。
           ③  新株予約権者が書面により新株予約権の全部又は一部を放棄する旨を申し出たときは、当社は、取締役
             会が別途定めた日において、当該新株予約権者の有する当該新株予約権を無償で取得することができる
             ものとする。
                                  36/138



                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
     2008年9月8日
                 △26,000,000        709,011,343            -     50,000          -     179,858
            (注)
      (注)会社法第178条の規定に基づき、自己株式を消却したことによるものであります。
       (5)【所有者別状況】

                                                     2018年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                        単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
           政府及び地
                      金融商品取      その他の法
                 金融機関                            個人その他       計     (株)
                      引業者      人
           方公共団体
                                  個人以外      個人
     株主数
               1     142      33     573      663      38    73,781      75,231       -
     (名)
     所有株式数
               3  2,979,623       95,497     301,807     2,133,100        132   1,571,975      7,082,137      797,643
     (単元)
     所有株式数
     の割合         0.00     42.07      1.35      4.26     30.12      0.00     22.20     100.00       -
     (%)
      (注)1.自己株式61,345,906株は、「個人その他」欄に613,459単元及び「単元未満株式の状況」欄に6株含めて記

           載しております。
           なお、自己株式61,345,906株は株主名簿記載上の株式数であり、2018年3月31日現在の実質的な所有株式数
           は61,343,747株であります。
         2.上記「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が21単元含まれております。
                                  37/138









                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2018年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                                      (自己株式を
                                               所有株式数       除く。)の総
            氏名又は名称                      住所
                                               (千株)      数に対する所
                                                      有株式数の割
                                                      合(%)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                                                 56,565         8.73
                         東京都港区浜松町二丁目11番3号
     (信託口)
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   380055         270  PARK   AVENUE,    NEW  YORK,   NY  10017,
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決済             UNITED    STATES    OF  AMERICA                56,068         8.66
     営業部)                    (東京都港区港南二丁目15番1号)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                                                 46,712         7.21
                         東京都中央区晴海一丁目8番11号
     会社(信託口)
     日本生命保険相互会社
                         東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
     (常任代理人       日本マスタートラスト信
                                                 35,776         5.52
                         (東京都港区浜松町二丁目11番3号)
     託銀行株式会社)
     みずほ信託銀行株式会社退職給付信託
                                                 14,402         2.22
     みずほ銀行口       再信託受託者       資産管理      東京都中央区晴海一丁目8番12号
     サービス信託銀行株式会社
     STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT    -
                         1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,    MA
     TREATY    505234
                         02171,    U.S.A.                     12,614         1.95
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決済
                         (東京都港区港南二丁目15番1号)
     営業部)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                                                 10,936         1.69
                         東京都中央区晴海一丁目8番11号
     会社(信託口5)
                                                 10,278         1.59
     第一三共グループ従業員持株会                    東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号
                                                  9,913        1.53
     株式会社三井住友銀行                    東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
                                                  9,390        1.45
     株式会社静岡銀行                    静岡県静岡市葵区呉服町一丁目10番地
                                                 262,659         40.55
                         計
     (注)以下のとおり大量保有報告書及び大量保有報告書の変更報告書が公衆の縦覧に供されておりますが、2018年3月31
        日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記の「大株主の状況」には含めておりません。
                                                      発行済株式総

                                              所有株式数       数に対する所
                                     公衆の縦覧に
          氏名又は名称                 住所
                                               (千株)       有株式数の割
                                     供された日
                                                      合(%)
                     アメリカ合衆国カリフォルニ
     キャピタル・リサーチ・アン
                     ア州、ロスアンジェルス、サ                            37,377         5.27
     ド・マネージメント・カンパ                              2018年1月11日
     ニー                ウスホープ・ストリート333
                     アメリカ合衆国カリフォルニ
     キャピタル・リサーチ・アン
                     ア州、ロスアンジェルス、サ                            45,515         6.42
     ド・マネージメント・カンパ                              2018年2月7日
                     ウスホープ・ストリート333
     ニー
                     アメリカ合衆国カリフォルニ
     キャピタル・リサーチ・アン
                     ア州、ロスアンジェルス、サ                            61,247         8.64
     ド・マネージメント・カンパ                              2018年2月22日
                     ウスホープ・ストリート333
     ニー
                                  38/138




                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年3月31日現在
            区分              株式数(株)             議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                            -            -         -

      議決権制限株式(自己株式等)                            -            -         -

      議決権制限株式(その他)                            -            -         -

      完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式       61,343,700                -         -

      完全議決権株式(その他)                 普通株式       646,869,900             6,468,678            -

                                                  1単元(100株)未満
      単元未満株式                 普通株式         797,743              -
                                                  の株式
      発行済株式総数                       709,011,343                -         -
      総株主の議決権                            -        6,468,678            -

      (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の株式数及び議決権の数には、証券保管振替機構名義の株式2,100株及び

           この株式に係る議決権21個が含まれております。なお、同欄の株式数には、株主名簿上は当社名義となって
           いるが実質的に所有していない株式2,100株が含まれておりますが、この株式に係る議決権21個は同欄の議
           決権の数には含まれておりません。
         2.「単元未満株式」欄の株式数には、                   当社所有の自己株式47株及び証券保管振替機構名義の株式16株が含まれ
           ております。なお、同欄の株式数には、株主名簿上は当社名義となっているが実質的に所有していない株式
           59株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年3月31日現在
                                                      発行済株式総

                               自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        有株式数の割
                                                      合(%)
                  東京都中央区日本橋本町
      第一三共株式会社                           61,343,700           -    61,343,700           8.65
                  三丁目5番1号
           計             -         61,343,700           -    61,343,700           8.65
      (注)このほか、株主名簿上は当社名義となっているが実質的に所有していない株式が2,159株(議決権の数21個)あ
         ります。
                                  39/138








                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第3号及び第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

               区分                  株式数(株)              価額の総額(百万円)
      取締役会(2017年10月31日)での決議状況
                                     28,000,000                   50,000
      (取得期間 2017年11月1日~2018年3月
      23日)
      当事業年度前における取得自己株式                                   -                 -
      当事業年度における取得自己株式                               15,729,200                   49,999

      残存決議株式の総数及び価額の総額                               12,270,800                     0

      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                  43.8                 0.0
      当期間における取得自己株式                                   -                 -

      提出日現在の未行使割合(%)                                  43.8                 0.0
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                  株式数(株)              価額の総額(百万円)
      当事業年度における取得自己株式                                 12,190                   33

      当期間における取得自己株式                                  936                  3

      (注)「当期間における取得自己株式」には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
         取りによる株式数は含めておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                     (百万円)                 (百万円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                  -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他
                                 442         1        8        0
      (単元未満株式の買増請求)
      その他
                               57,500          74       8,000          9
      (新株予約権の権利行使)
      その他
                               123,324          302         -        -
      (譲渡制限付株式の付与)
      保有自己株式数                        61,343,747            -    61,336,675            -
      (注)当期間における処理及び保有自己株式数には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株
         式の買取り、買増請求及び新株予約権の権利行使による株式数は含めておりません。
                                  40/138




                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主の皆様への利益還元を経営上重要な施策の一つとして位置付けております。具体的には、成長のため
       の投資、社債の償還準備、株主還元等を総合的に勘案したうえで、配当を安定的に維持することを基本方針としてお
       ります。内部留保については、持続的な企業価値の向上を図るため、成長戦略の展開に不可欠な投資として研究開
       発、事業開発、設備投資及び運転資金に充当する考えであります。
        当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、会社法第454条第5項に定める中間配当をする
       ことができる。」旨を定款に定めており、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針として
       おります。     これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であり
       ます。
        これらを勘案し、当期におきましては、1株当たり年70円(うち中間配当35円)の配当といたしました。
        当事業年度に係る剰余金の配当は次のとおりであります。
                          配当金の総額           1株当たり配当額

              決議年月日
                           (百万円)             (円)
            2017年10月31日
                               23,217             35.0
            取締役会決議
            2018年6月18日
                               22,668             35.0
            定時株主総会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第9期        第10期        第11期        第12期        第13期
       決算年月        2014年3月        2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年3月

      最高(円)          2,014        2,035        2,769        2,750        4,241

      最低(円)          1,525        1,556       1,847.5        2,191.5        2,284.5

      (注)最高・最低株価は東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別       2017年10月         11月        12月      2018年1月         2月        3月
      最高(円)         2,603.5         2,715        2,965        3,700        4,241        3,969

      最低(円)          2,421        2,583        2,672        2,994        3,666        3,480

      (注)最高・最低株価は東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

                                  41/138








                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性12名 女性2名(役員のうち女性の比率14.3%)
                                                          所有
       役名      職名      氏名     生年月日                略歴              任期   株式数
                                                         (千株)
                            1979年4月     サントリー㈱入社
                            2000年3月     同社取締役
                            2002年12月     第一サントリーファーマ㈱取締役社長
                            2003年3月     サントリー㈱取締役退任
                            2003年6月     第一製薬㈱取締役
     代表取締役                  1950年
                 中山 讓治
          CEO                                           (注)4      53
                            2006年6月     同社取締役経営企画部長
     会長                  5月11日生
                            2007年4月     当社執行役員欧米管理部長
                            2009年4月     当社常務執行役員海外管理部長
                            2010年4月     当社副社長執行役員日本カンパニープレジデント
                            2010年6月
                                 当社代表取締役社長兼CEO
                            2017年4月
                                 当社代表取締役会長兼CEO(現任)
                            1978年4月     三共㈱入社
                            2005年7月     同社安全性研究所長
                            2007年4月     当社安全性研究所長
                            2009年4月     当社執行役員研究開発本部プロジェクト推進部長
                            2011年4月     当社執行役員グループ人事担当兼グループCSR担当
                            2012年4月     当社執行役員戦略本部経営戦略部長
                            2014年4月     当社常務執行役員日本カンパニープレジデント兼事
     代表取締役     COO              1954年
                                 業推進本部長
                  眞鍋 淳                                   (注)4      24
     社長                  8月5日生     2014年6月     当社取締役常務執行役員日本カンパニープレジデン
          社長執行役員
                                 ト兼事業推進本部長
                                 当社取締役専務執行役員国内外営業管掌
                            2015年4月
                                 当社取締役副社長執行役員総務・人事本部長兼メ
                            2016年4月
                                 ディカルアフェアーズ本部長
                                 当社代表取締役副社長執行役員総務・人事本部長兼
                            2016年6月
                                 メディカルアフェアーズ本部長
                            2017年4月     当社代表取締役社長兼COO社長執行役員(現任)
                            1979年4月     第一製薬㈱入社
                            2007年4月     当社MS推進部長
                            2008年4月     当社コーポレートコミュニケーション部長
                            2010年4月     当社執行役員コーポレートコミュニケーション部長
                            2012年4月     当社執行役員戦略本部製品戦略部長
                            2014年4月     当社常務執行役員戦略本部経営戦略部長
     代表取締役     CFO              1955年
                  齋 寿明
                                                     (注)4      13
                            2015年4月     当社専務執行役員戦略本部長
     副社長                  3月25日生
          副社長執行役員
                            2015年6月     当社取締役専務執行役員戦略本部長
                            2017年4月     当社取締役専務執行役員製品戦略本部長
                            2018年4月     当社取締役副社長兼CFO副社長執行役員経営戦略本
                                 部長
                            2018年6月     当社代表取締役副社長兼CFO副社長執行役員経営戦
                                 略本部長(現任)
                                  42/138







                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名      職名      氏名     生年月日                略歴              任期
                                                         株式数
                                                         (千株)
                            1980年4月     三共㈱入社
                            2005年11月     同社開発CMC企画部長
                            2007年4月     当社製薬技術本部CMC企画部長
                            2011年4月     当社執行役員製薬技術本部CMC企画部長
                        1955年
                            2011年6月     当社執行役員製薬技術本部長
     取締役     専務執行役員       藤本 克已                                    (注)4      13
                            2014年4月     当社常務執行役員製薬技術本部長
                       2月11日生
                            2015年4月     当社常務執行役員サプライチェーン本部長
                            2016年4月     当社専務執行役員サプライチェーン本部長
                            2016年6月     当社取締役専務執行役員サプライチェーン本部長
                                 (現任)
                            1980年4月     第一製薬㈱入社
                            2010年4月     当社サプライチェーン本部サプライチェーン技術部
                                 長
                            2011年4月     当社執行役員サプライチェーン本部サプライチェー
                                 ン技術部長
                            2011年6月     当社執行役員サプライチェーン本部サプライチェー
                        1955年
     取締役     専務執行役員       東條 俊明                ン企画部長
                                                     (注)4      10
                       11月11日生
                            2013年4月     当社執行役員信頼性保証本部長
                            2014年4月     当社常務執行役員信頼性保証本部長
                            2016年4月     当社専務執行役員ワクチン事業管掌
                            2016年6月     当社取締役専務執行役員ワクチン事業管掌(現任)
                                 (重要な兼職の状況)
                                 北里第一三共ワクチン㈱代表取締役社長
                            1973年4月     日本電信電話公社入社
                            1999年6月     ㈱エヌ・ティ・ティ・データ取締役新世代情報サー
                                 ビス事業本部長
                            2000年9月     同社取締役経営企画部長
                            2001年6月     同社取締役産業システム事業本部長
                            2002年4月     同社取締役法人ビジネス事業本部長
                            2003年6月     同社常務取締役法人システム事業本部長兼法人ビジ
                                 ネス事業本部長
                        1949年
                            2005年6月     同社代表取締役常務執行役員
     取締役            宇治 則孝
                                                     (注)4       3
                            2007年6月     日本電信電話㈱代表取締役副社長
                       3月27日生
                            2012年6月     同社顧問(現任)
                            2014年6月     当社取締役(現任)
                                 (重要な兼職の状況)
                                 横河電機㈱社外取締役
                                 公益社団法人企業情報化協会会長
                                 一般社団法人日本テレワーク協会名誉会長
                                 国際大学グローバル・コミュニケーション・セン
                                 ター客員教授
                            1975年4月     野村證券㈱入社
                            1991年6月     ノムラ・バンク・スイス・リミテッド社長
                            1997年6月     野村證券㈱取締役金融市場本部担当
                            2000年6月     同社専務取締役インベストメント・バンキング部門
                                 管掌
                            2001年10月     野村ホールディングス㈱取締役
                                 野村證券㈱専務取締役グローバル・ホールセール部
                                 門管掌
                        1951年
                            2003年6月     野村ホールディングス㈱取締役執行役副社長兼業務
     取締役            戸田 博史                                    (注)4       2
                                 執行責任者(COO)
                       9月12日生
                                 野村證券㈱取締役執行役副社長兼業務執行責任者
                                 (COO)
                            2008年4月     野村證券㈱執行役副会長
                            2009年3月     同社執行役副会長退任
                            2010年7月     駐ギリシャ共和国特命全権大使
                            2014年6月
                                 当社取締役(現任)
                                 (重要な兼職の状況)
                                 郵船ロジスティクス㈱社外取締役
                                  43/138


                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名      職名      氏名     生年月日                略歴              任期
                                                         株式数
                                                         (千株)
                            1962年4月     凸版印刷㈱入社
                            1993年6月     同社取締役商印事業本部商印事業部長
                            1995年4月     同社取締役商印事業本部長
                            1995年6月     同社常務取締役商印事業本部長
                            1996年10月     同社常務取締役商印事業本部長兼金融・証券事業本
                                 部担当
                            1997年6月     同社専務取締役商印事業本部長兼金融・証券事業本
                                 部担当
                            1998年4月     同社専務取締役全社営業統轄兼金融・証券事業本部
                                 及び商印事業本部担当
                        1939年
     取締役            足立 直樹
                                                     (注)4       2
                            1998年6月     同社代表取締役副社長全社営業統轄兼金融・証券事
                       2月23日生
                                 業本部及び商印事業本部担当
                            2000年6月     同社代表取締役社長
                            2010年6月
                                 同社代表取締役会長(現任)
                            2015年6月
                                 当社取締役(現任)
                                 (重要な兼職の状況)
                                 凸版印刷㈱代表取締役会長
                                 トッパン・フォームズ㈱取締役
                                 図書印刷㈱取締役相談役
                                 東洋インキSCホールディングス㈱社外取締役
                            1992年1月     佐賀医科大学附属病院総合診療部教授

                            1994年3月     京都大学医学部附属病院総合診療部教授
                            1999年4月     同大学大学院医学研究科内科臨床疫学教授
                            2000年4月     同大学大学院医学研究科内科臨床疫学教授兼社会健
                                 康医学系専攻健康情報学教授兼専攻長
                            2001年2月     同大学大学院医学研究科内科臨床疫学教授兼社会健
                                 康医学系専攻健康情報学教授兼専攻長兼EBM共同研
                                 究センター長
                            2004年9月     聖路加国際病院内科(一般内科)医長・副院長
                        1951年
                            2005年4月     聖路加国際病院院長(現任)
     取締役            福井 次矢                                    (注)4       6
                       6月24日生
                            2012年4月     学校法人聖路加看護学園(現            聖路加国際大学)理
                                 事長
                            2015年6月
                                 当社取締役(現任)
                            2016年4月
                                 聖路加国際大学学長(現任)
                                 (重要な兼職の状況)
                                 聖路加国際大学学長
                                 聖路加国際病院院長
                                 一般社団法人日本病院会常任理事
                                 特定非営利活動法人日本医学図書館協会会長
                            1980年4月     三共㈱入社

                            2003年7月     同社IT推進部長
                            2004年6月     同社執行役員研究本部長兼IT推進部長
                            2005年2月     同社執行役員研究本部長
                        1955年
                            2007年4月     当社執行役員研究開発企画部長
     常勤監査役            春山 英幸                                    (注)5      17
                       1月26日生
                            2010年4月     当社執行役員研究開発本部研究担当
                            2011年4月     第一三共RDノバーレ㈱代表取締役社長
                            2015年4月     同社取締役
                            2015年6月
                                 当社常勤監査役(現任)
                            1978年4月     第一製薬㈱入社

                            2006年6月     同社秘書部長
                            2007年4月     当社総務部長
                        1955年    2012年4月     当社日本カンパニー事業推進本部渉外統括部長
     常勤監査役            渡辺 一幸                                    (注)5       7
                            2014年4月     当社執行役員日本カンパニー事業推進本部渉外統括
                       12月30日生
                                 部長
                            2015年4月     当社執行役員渉外担当
                            2015年6月
                                 当社常勤監査役(現任)
                                  44/138



                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名      職名      氏名     生年月日                略歴              任期
                                                         株式数
                                                         (千株)
                            1976年3月     等松・青木監査法人(現          有限責任監査法人トーマ
                                 ツ)  入所
                            1979年3月     公認会計士登録
                            1995年7月     同パートナー
                            2007年1月     金融庁企業会計審議会委員
                            2015年1月
                                 総務省情報通信審議会委員(現任)
                            2016年8月     泉本公認会計士事務所代表(現任)
                        1953年
     監査役           泉本 小夜子                                    (注)6      -
                            2017年4月     総務省情報公開・個人情報保護審査会委員(現任)
                       7月8日生
                            2017年6月     当社監査役(現任)
                                 (重要な兼職の状況)
                                 総務省情報通信審議会委員
                                 総務省情報公開・個人情報保護審査会委員
                                 泉本公認会計士事務所代表
                                 フロイント産業㈱社外監査役
                                 ㈱日立物流社外取締役
                            1978年4月     警察庁入庁
                            2007年8月     警察庁官房政策評価審議官兼官房審議官
                            2008年8月     警視庁警務部長
                        1953年
                            2009年3月     警視庁副総監・警務部長事務取扱
     監査役            樋口 建史                                    (注)7      -
                            2010年1月     警察庁生活安全局長
                       4月11日生
                            2011年8月     警視総監
                            2014年4月     駐ミャンマー日本国特命全権大使
                            2018年6月     当社監査役(現任)
                            1996年4月     アンダーソン・毛利法律事務所(現              アンダーソ
                                 ン・毛利・友常法律事務所)入所
                            2005年1月     同事務所パートナー就任(現任)
                            2007年4月     慶應義塾大学法科大学院准教授
                        1968年
     監査役            今津 幸子
                            2014年3月     公益財団法人石橋財団理事(現任)                    (注)7      -
                       7月28日生
                            2018年6月     当社監査役(現任)
                                 (重要な兼職の状況)
                                 アンダーソン・毛利・友常法律事務所パートナー
                                 公益財団法人石橋財団理事
                                                           154
                                        計
                                  45/138










                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        (注)1.取締役 宇治則孝、戸田博史、足立直樹及び福井次矢は、社外取締役であります。
           2.監査役       泉本小夜子     、樋口建史     及び今津幸子は、社外監           査役であります。
           3.監査役       今津幸子の戸籍上の氏名は、島戸幸子であります。
           4.2018年6月18日開催の定時株主総会における選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関
             する定時株主総会の終結の時まで。
           5.2015年6月22日開催の定時株主総会における選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関
             する定時株主総会の終結の時まで。
           6.2017年6月19日開催の定時株主総会における選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関
             する定時株主総会の終結の時まで。
           7.2018年6月18日開催の定時株主総会における選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関
             する定時株主総会の終結の時まで。
           8.経営の執行体制は次のとおりであります。
                  役位           氏名                 役職
              代表取締役会長兼CEO             中山 讓治
              代表取締役社長兼COO
                           眞鍋 淳
              社長執行役員
              代表取締役副社長兼CFO
                           齋 寿明          経営戦略本部長
              副社長執行役員
              取締役専務執行役員             藤本 克已          サプライチェーン本部長
              取締役専務執行役員             東條 俊明          ワクチン事業管掌
              専務執行役員             Glenn   Gormley       研究開発管掌
              専務執行役員             木村 悟          医薬営業本部長
              専務執行役員             古賀 淳一          研究開発本部長
              常務執行役員             長坂 良治          秘書・渉外管掌
              常務執行役員             赤羽 浩一          研究開発本部オンコロジー統括部長
              常務執行役員             青柳 吉弘          総務本部長
              常務執行役員             久保 祐一          製品戦略本部長
              常務執行役員             和田 康平          メディカルアフェアーズ管掌
              常務執行役員             高村 健太郎          経営戦略本部財務経理部長
              執行役員             大槻 昌彦          事業開発部長
              執行役員             渡邊 亮一          監査部長
              執行役員             福手 準一          サプライチェーン本部サプライチェーン企画部長
              執行役員             勝美 研次          総務本部総務・調達部長
              執行役員             村川 健太郎          医薬営業本部営業企画部長
              執行役員             伊澤 広純          信頼性保証本部長
              執行役員             飛田 信一          医薬営業本部東京支店長
              執行役員             古田 弘信          総務本部人事部長
              執行役員             濱浦 健司          製薬技術本部長
              執行役員             平野 秀之          渉外部長
              執行役員             平島 昭司          経営戦略本部経営推進部長
              執行役員             小川 晃司          経営戦略本部コーポレートコミュニケーション部長
              執行役員             福知 良和          メディカルアフェアーズ本部長
              執行役員             籔田 雅之          バイオロジクス本部長
              執行役員             奥澤 宏幸          ASCAカンパニープレジデント
                                  46/138








                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレートガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレートガバナンスの状況】
        ①  コーポレートガバナンス体制
         (ⅰ)   コーポレートガバナンス体制の概要及び当該体制を採用する理由等
           当社は、経営環境の変化に対してより迅速かつ機動的に対応できる経営体制を構築するとともに、法令の遵
          守と経営の透明性を確保し、経営と執行に対する監督機能の強化を図り、株主の皆様をはじめとするステーク
          ホルダーの信頼に応えることのできるコーポレートガバナンス体制の構築を重視しております。
          (a)  会社の機関の基本説明

           ・取締役の経営責任の明確化と経営と執行に対する監督機能の強化を目的として、取締役の任期を1年と
             定め、取締役9名中4名を社外取締役とする体制としております。
           ・経営の透明性確保を目的として、取締役及び執行役員の候補者選定及び報酬等については、任意の組織
             として設置した指名委員会及び報酬委員会において審議しております。両委員会は、社外取締役を過半
             数とする3名以上の取締役で構成し、社外取締役が委員長を務めております(なお、現在、両委員会
             は、全て社外取締役で構成されております。)。また、両委員会には、オブザーバーとして、社外監査
             役が原則常時出席しております。
           ・経営の適法性及び健全性を監査する目的で、監査役制度を採用し、社外監査役を過半数とする5名によ
             り構成される監査役会を設置しております。
           ・社外役員の独立性判断に関する具体的基準及び取締役・監査役の職務遂行にあたっての基本事項を定め
             ております。
           ・執行役員制度を採用することにより、適正かつ迅速な経営の意思決定と業務執行に資する体制としてお
             ります。
             以上の体制を基盤として、業務執行全般の監督機能の強化並びに経営の透明性を担保しております。

             会社の機関の内容は、次のとおりであります。

           (注)当体制図に記載の関係の他、監査部から監査役会への報告等適宜、連携がなされています。








          (b)  会社の機関の内容

             取締役会は原則月1回開催し、会社の重要な業務執行を決議し、取締役の職務執行を監督しておりま
           す。
             また、経営会議を原則月1回開催し、業務執行に関する審議を行い、経営判断の迅速性と適正性の向上
           に努めております。
             監査役は、取締役の職務執行状況に関し、厳正な監査を実施しております。監査役会は原則月1回開催
           し、監査の方針及び計画、監査役の職務執行に関する事項等を決定しております。
                                  47/138


                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
          (c)  責任限定契約の内容の概要
             当社は、社外取締役4名全員、社外監査役3名全員との間で、それぞれ会社法第423条第1項の賠償責任
           について、法令に定める要件に該当する場合には定款に基づき賠償責任を限定する契約(責任限定契約)
           を締結しております。当該契約に基づく賠償責任の限度額は法令に定める最低限度額であります。
         ( ⅱ ) 内部統制システムの整備の状況

           当社グループは、役員及び従業員が業務を遂行するにあたり、社会的規範、法令及び当社の行動規範・社内
          諸規程を遵守すること、並びにこれを担保する内部統制体制を構築することが、継続的な企業価値創造におけ
          る重要課題と位置付け、内部統制体制構築の基本方針を次のとおり定めております。
          (a)  当社の取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

           イ.役員及び従業員の行動規範として第一三共グループ企業行動憲章、第一三共グループ個人行動原則等
              を定めるとともに、社外専門家を含む会議体を設置し、コンプライアンス体制を整備する。
           ロ.経営に対する監督機能の強化・充実のため、社外取締役を置く。
           ハ.監査役は、取締役の職務執行、意思決定の過程及び内容並びに内部統制体制の整備及び運用状況を監
              査する。
          (b)  当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

           イ.情報セキュリティ体制を整備し、法令及び社内諸規程に基づき、取締役会議事録その他取締役の職務
              執行に係る情報を適切に保存・管理する。
          (c)  当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

           イ.社内諸規程を定め、リスクマネジメント体制を整備する。
           ロ.監査部は、上記体制の運営状況を監査する。
          (d)  当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

           イ.最高経営責任者(Chief             Executive     Officer:以下「CEO」という。)が戦略的な意思決定を行うことを
              目的として、社外取締役を除く取締役及びCEOの指名する主要な地域・法人・機能の責任者をもって経
              営会議を構成し、重要事項を審議する。また意思決定手段の一つとして決裁制度を設ける。
           ロ.意思決定と職務執行の迅速性を考慮し、執行役員制度を導入する。
          (e)  当社の使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

           イ.役員及び従業員の行動規範として第一三共グループ企業行動憲章、第一三共グループ個人行動原則等
              を定めるとともに、社外専門家を含む会議体を設置し、コンプライアンス体制を整備する。
           ロ.「グローバルマネジメント規程」に従いCEOの命を受けた主要な地域・法人・機能の責任者及び「組織
              管理規程」に従い社長の命を受けた部所長等が主管業務を掌理し、所属員の監督、管理及び指導を行
              う。
           ハ.人事管理及びリスクマネジメント等の体制整備に係るそれぞれの専門機能が、各部所への方針伝達と
              管理、指導を行う。
           ニ.監査部は、法令、定款及び社内諸規程の遵守状況について、内部監査を実施する。
          (f)  当社及び当社子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

           イ.当社は、「グローバルマネジメント規程」及び「内部統制システムの整備規程」を定め、第一三共グ
              ループの経営管理体制を明確にするとともに、グループ会社に対し、経営方針等を伝達し、また、グ
              ループ会社の取締役等から経営・業績等に関する報告を受ける体制を整備する。
           ロ.当社は、「グループ会社管理規程」を定め、グループ会社の責任と権限を明確化する。
           ハ.当社は、「リスクマネジメント推進規程」を定め、第一三共グループのリスクマネジメント体制を整
              備する。
           ニ.当社は、第一三共グループ個人行動原則等を定め、グループ会社に展開するとともに、第一三共グ
              ループのコンプライアンス推進体制を整備し、グループ会社に周知徹底する。
           ホ.当社は、「財務報告に係る内部統制規程」を定め、適切に運用することにより、第一三共グループの
              財務報告の信頼性を確保する。
           ヘ.当社は、「内部監査規程」を定め、グループ会社に対し、内部監査を実施する。
          (g)  当社の監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制

           イ.当社の監査役の職務を補助する専任スタッフを置く。
          (h)  前記(g)の使用人の取締役からの独立性及び当社の監査役からの指示の実効性の確保に関する事項

           イ.当社の監査役の専任スタッフは、当社の取締役から独立し、監査役の指揮命令の下に職務を遂行す
              る。
                                  48/138


                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
           ロ.当社の監査役の専任スタッフの人事異動、人事評価等については、予め監査役会の同意を必要とす
              る。
          (i)  当社及び当社子会社の取締役及び使用人が当社の監査役に報告をするための体制その他の当社の監査役

           への報告に関する体制
           イ.当社は、当社の取締役が、当社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見したときは、直ちに、
              当該事実を監査役に報告する体制を整備する。
           ロ.当社の監査役は、当社の役員及び従業員並びにグループ会社の役員及び従業員等から業務執行状況等
              の報告を受けるものとする。
           ハ.当社の監査役は、経営会議その他の重要な会議に出席する。
           ニ.決裁の手続や内容を検証するため、決裁書の通知先に監査役を常設する。
          (j)  その他当社の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

           イ.当社の監査役は、代表取締役と定期的に会合をもち、経営方針の確認や監査上の重要課題等について
              の意見交換を行う。
           ロ.当社の監査役は、グループ会社の監査役等と相互に情報を交換し、緊密な連携を保つ。
           ハ.当社の監査役は、外部監査人及び監査部と連携し、意見交換等を行う。
           ニ.当社は、前記(i).ロ.に基づき報告を行った者及び第一三共グループ個人行動原則等に基づき報告を
              行った者に対し、当該報告をしたことを理由に不利な取扱いを行わない。
           ホ.当社は、監査役の職務の執行について生じる費用を負担する。
          (k)  反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及び体制

           イ.当社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体に対して毅然とした姿勢で臨
              み、反社会的勢力及び団体による経営活動への関与や被害を防止するために、第一三共グループ企業
              行動憲章等において、反社会的勢力及び団体とは関係遮断を徹底することを基本方針に定めるととも
              に、組織的体制を整備し、警察当局等と連携した情報収集や役員・従業員に対する啓発活動等によ
              り、関係の排除に取り組む。
         (ⅲ)   リスク管理体制の整備の状況

          (a)  リスク管理体制の整備
             当社は、「リスクマネジメント推進規程」に基づき、企業活動上の様々なリスクについて各部門・部所
           がその機能、役割の下、自律的なリスクマネジメント活動を推進しております。
             一方、企業経営に重大な影響が想定されるリスクについては、取締役会、経営会議等を通じて定期的な
           把握・評価を行い、対策を講じることで、顕在化の未然防止に努めております。2007年度より、地震発生
           等による製品供給の障害リスクに備え事業継続計画(BCP)を策定しサプライチェーン機能を中心にリスク
           対策に取り組んで参りましたが、2011年3月11日に発生した東日本大震災による被災を受け、有事の際に
           より速やかな業務復旧を図り、医療体制維持のため医薬品の品質確保と安定供給に努めるべく、新たな事
           業継続計画を策定いたしました。
             リスクが顕在化した際には、「リスクマネジメント推進規程」に基づき、社会や経営への影響度合いを
           評価し、緊急的な対応体制を設置し、損失を最小限にとどめるためのクライシスマネジメント活動を行い
           ます。また、その実効性を高めるため、災害対応、緊急事態対応等について、事象の内容に応じた手順書
           等を策定するとともに適宜訓練を実施し見直しを行っております。
          (b)  コンプライアンスの重視

             当社は、第一三共グループ企業行動憲章のもとに、当社及びグループ各社がコンプライアンス行動基準
           等を制定しているほか、当社は社外有識者及び取締役等を構成メンバーとする企業倫理委員会や従業員
           ホットラインを設置し、継続的な徹底に努めております。
        ②  内部監査及び監査役監査の状況

          内部監査につきましては、社長直轄の監査部(20名)を設置し、グループにおける内部統制システムの整備及
         び運用状況を監査しております。監査結果につきましては、CEO及び社長、監査役及び関係部門に報告し、必要
         に応じて二次統制部門である内部統制部所と連携を図り、また、監査結果を取り纏め適宜取締役会に報告してお
         ります。
          監査役監査につきましては、監査役会において定めた監査役監査基準並びに監査方針及び計画等に従い、各監
         査役が会社の健全で持続的な経営に資するため取締役会等重要な会議に出席し意見を述べるとともに、当社及び
         グループ各社の取締役及び使用人等から受領した報告内容の検証、会社の業務及び財産の状況に関する調査等を
         実施する等取締役の職務執行を監査しております。また、会計監査人より会計監査計画、会計監査報告、財務報
         告に係る内部統制監査講評及び四半期レビュー報告を受けるとともに、会計監査人の独立性や監査の品質管理体
         制等について報告を受け、必要に応じて説明を求めております。
                                  49/138



                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        ③  社外取締役及び社外監査役
         (ⅰ)   員数
           当社の社外取締役は4名、社外監査役は3名であります。
         (ⅱ)   当社との関係

           社外取締役及び社外監査役は、当社との特別な利害関係はありません。
         (ⅲ)   機能及び役割並びに選任状況に関する考え方

           取締役9名中4名の社外取締役は、企業経営、財務、国際情勢、医学等に通じた職務経験を活かして、取締
          役会において客観性、中立性、公正性に基づいた発言をする等、経営の監督機能を発揮しております。また、
          指名、報酬委員会は、社外取締役を過半数とする3名以上の取締役で構成し、委員長を社外取締役から選任し
          ております(なお、現在、両委員会は、全て社外取締役で構成されております。)。
           監査役5名中3名の社外監査役は、法務、リスクマネジメント、コンプライアンス、財務、会計に通じた職
          務経験に基づき当社経営の監査を行っております。
           当社は、取締役候補者の選定にあたっては、多様な視点に基づく決定機能の強化と、執行に対する監督機能
          の強化を目的として、必ず社外取締役に該当する人材を含めることとし、社外役員(社外取締役及び社外監査
          役)は、当社からの独立性を確保していることを要件としております。
           「社外役員としての独立性判断基準」については、2014年3月31日の取締役会及び監査役会において、次の
          とおり決議しております。
         「社外役員としての独立性判断基準」

         1.次に掲げる属性のいずれにも該当しない場合、当該取締役及び監査役は、当社からの独立性を有し、一般
           株主と利益相反が生じるおそれがないものと判断する。
          (1)  以下に該当する本人又はその近親者(2親等内の親族を意味するものとする。以下同じ。)
           ①  当社及び当社の親会社、兄弟会社、子会社の現在及び過去における業務執行者(社外取締役を除く取締
             役、執行役及び執行役員等その他の使用人をいう。ただし、近親者との関係においては重要な者に限る
             ものとする。以下同じ。)
           ②  コンサルタント、法律専門家、会計専門家又は医療関係者等として、当該個人が過去3事業年度のうち
             いずれかの1事業年度において、当社から1,000万円を超える報酬(当社役員としての報酬を除く。)
             を受けている者
          (2)  以下に該当する法人その他の団体に現在及び過去10年間において業務執行者として在籍している本人又
             はその近親者
           ①  取引関係
             (ⅰ)   当社グループからの、又は、当社グループに対する製品や役務の提供の対価としての取引金額が、
               過去3事業年度のうちいずれかの1事業年度において、いずれかの会社の連結売上高の2%を超え
               る取引先
             (ⅱ)   コンサルティング・ファーム、法律事務所、監査法人、税理士法人、学校法人等であって、過去3
               事業年度のうちいずれかの1事業年度において、その総収入額に占める当社グループからの支払い
               報酬等の割合が10%を超える取引先
             (ⅲ)   直前事業年度末における当社グループの借入額が、当社連結総資産の10%を超える借入先
           ②  主要株主
             独立性を判断する時点において、当社の主要株主である会社その他の法人、又は当社が主要株主となっ
            ている会社(主要株主とは、発行済株式総数の10%以上を保有している株主をいう。)
           ③  寄付先
             当社からの寄付金が、過去3事業年度のうちいずれかの1事業年度において、1,000万円を超え、か
            つ、当該法人その他の団体の総収入額の2%を超える寄付先
           ④  会計監査人
             現在及び過去3事業年度において当社グループの会計監査人である監査法人
           ⑤  相互就任関係
             当社の業務執行者が、現任の社外取締役又は社外監査役をつとめている上場会社
         2.前項のいずれかに該当する場合であっても、取締役会又は監査役会において総合的な検討を行い、独立性
           を確保していると判断する場合には、社外役員の要件に問題がないと判断することがある。
          なお、当社は社外取締役4名及び社外監査役3名を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、

         同取引所に届け出ております。
                                  50/138




                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         (ⅳ)   経営の監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係
           社外取締役は、必要に応じて取締役会を通じて内部統制部門の状況を把握し、中立・専門的観点から発言で
          きる体制を整えております。
           社外監査役は、監査役会(2017年度14回開催)を通じて常勤監査役より職務執行状況・経営会議議案・重要
          な決裁案件・内部監査報告その他内部統制部門に関する情報等の提供を受け、また、代表取締役と監査役間の
          定期的会合(1回/半期)に出席する等、取締役の職務執行を的確に監査する体制を整えております。また、
          会計監査人より監査計画、会計監査報告及び財務報告に係る内部統制監査講評を受け、必要に応じて意見交換
          を行い、適宜連携を図る体制を構築しております。
        ④  役員報酬等

         (ⅰ)   役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               役員報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                   報酬等の総額
         役員区分                                            役員の員数
                                     譲渡制限付
                    (百万円)
                             基本報酬                  賞与
                                                       (名)
                                     株式報酬
     取締役
                         548        351         91        105         6
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                         75        75        -        -         2
     (社外監査役を除く。)
     社外役員                   101        101         -        -         7
         (ⅱ)   報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

                              役員報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                     報酬等の総額
        氏名      役員区分      会社区分
                                    譲渡制限付
                                                     (百万円)
                           基本報酬                   賞与
                                    株式報酬
     中山 讓治        取締役      提出会社             99         24         30        153
     眞鍋 淳        取締役      提出会社             90         22         27        139

         (ⅲ)   役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

          (a)  役員報酬の基本設計
           ・取締役の報酬は、企業価値の最大化に寄与する報酬設計としております。具体的には、固定報酬である
             基本報酬のほかに短期インセンティブとなる業績連動賞与及び長期インセンティブとなる譲渡制限付株
             式報酬を採用しております。
           ・短  期インセンティブとなる業績連動賞与は、単年度の業績指標として売上収益、売上収益営業利益率及
             び親会社の所有者に帰属する当期利益を採用し、これら指標に連動させて決定しております。
           ・長期インセンティブとなる譲渡制限付株式報酬は、原則として毎年、3~5年間の譲渡制限が付された
             当社株式を付与するものです。取締役が当社株式を継続して保有することにより、取締役に対して当社
             の企業価値の持続的な向上を図るインセンティブを与えるとともに、株主の皆様との一層の価値共有を
             進めること目的としています。
           ・報酬等の水準は、外部専門機関の調査による他社水準を参考に、産業界の中上位水準を志向して設定し
             ております。
           ・社外取締役及       び社内外監査役については、経営の監督機能を十分に機能させるため、短期及び長期イン
             センティブを設けず、基本報酬のみとしております。
          (b)  役員報酬の決定手続

           ・取締役基本報酬は1事業年度4億5千万円を上限として、また、取締役への譲渡制限付株式報酬付与総
             額は1事業年度1億4千万円を上限として、それぞれ株主総会において承認いただいております。業績
             連動賞与については、当該事業年度に関わる株主総会において承認をいただいております。
           ・固定報酬である基本報酬のみとなる監査役報酬は、1事業年度1億2千万円を上限として、株主総会に
             おいて承認いただいております。
           ・取締役及び執行役員の報酬制度・基準の設定、役位ごとの報酬水準の検証と見直し、業績連動賞与結果
             の確認及び譲渡制限付株式の割当については、メンバーの過半数を社外取締役で構成する報酬委員会に
             おいて十分に審議しております。
                                  51/138




                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        ⑤  株式の保有状況
         (ⅰ)   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
            銘柄数             81銘柄
            貸借対照表計上額の合計額              97,428百万円
         (ⅱ)   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有

           目的
         (前事業年度)

          特定投資株式
                               株式数      貸借対照表計上額
                銘柄                                    保有目的
                               (株)        (百万円)
                                          11,098
      参天製薬㈱                          6,885,000               事業上の関係の維持強化
                                           8,464
      ㈱静岡銀行                          9,343,000               財務取引関係の維持強化
                                           8,042
      小野薬品工業㈱                          3,490,000               事業上の関係の維持強化
                                           7,431
      信越化学工業㈱                           770,600              事業上の関係の維持強化
      Coherus    BioSciences,Inc.                                 6,788
                                2,867,426               事業上の関係の維持強化
                                           6,176
      アルフレッサホールディングス㈱                          3,202,144               販売取引関係の維持強化
                                           6,097
      清水建設㈱                          6,110,000               事業上の関係の維持強化
                                           5,322
      ㈱ツムラ                          1,525,000               事業上の関係の維持強化
                                           4,707
      東レ㈱                          4,770,000               事業上の関係の維持強化
                                           4,015
      ㈱三井住友フィナンシャルグループ                           992,600              財務取引関係の維持強化
                                           3,813
      ㈱メディパルホールディングス                          2,184,007               販売取引関係の維持強化
                                           3,476
      ㈱スズケン                           952,598              販売取引関係の維持強化
                                           2,664
      キッセイ薬品工業㈱                           913,000              事業上の関係の維持強化
                                           2,542
      東邦ホールディングス㈱                          1,091,394               販売取引関係の維持強化
      MS&ADインシュアランスグループ
                                           2,479
                                 700,363              財務取引関係の維持強化
      ホールディングス㈱
                                           2,441
      ㈱みずほフィナンシャルグループ                          11,966,060                財務取引関係の維持強化
                                           2,145
      クオール㈱                          1,304,000               事業上の関係の維持強化
                                           2,057
      ㈱ヤクルト本社                           333,000              事業上の関係の維持強化
                                           1,985
      ㈱岡村製作所                          2,008,000               事業上の関係の維持強化
                                           1,798
      東京海上ホールディングス㈱                           383,000              財務取引関係の維持強化
                                           1,426
      ㈱クレハ                           291,500              事業上の関係の維持強化
                                            856
      ㈱アインホールディングス                           114,000              事業上の関係の維持強化
      Zenotech     Laboratories       Ltd.                           443
                                6,886,500               事業上の関係の維持強化
                                            441
      ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                           631,000              財務取引関係の維持強化
                                            352
      ㈱伊予銀行                           470,000              財務取引関係の維持強化
                                            318
      宇部興産㈱                          1,270,000               事業上の関係の維持強化
                                            306
      ㈱ほくやく・竹山ホールディングス                           438,500              販売取引関係の維持強化
                                            229
      ㈱青森銀行                           601,000              財務取引関係の維持強化
                                            197
      ダイト㈱                            88,000              事業上の関係の維持強化
                                            117
      第一生命ホールディングス㈱                            59,100              財務取引関係の維持強化
        みなし保有株式

                               株式数        期末時価
                銘柄                                    保有目的
                               (株)        (百万円)
      アルフレッサホールディングス㈱                          3,908,000           7,538
                                              退職給付信託運用のうち、議
      東邦ホールディングス㈱                          1,637,000           3,814
                                              決権の行使を指示する権限の
      ㈱メディパルホールディングス                          3,274,000           5,716
                                              あるもの。
      ㈱バイタルケーエスケー・ホールディングス                          2,214,000           2,284
      (注)貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。
                                  52/138



                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         (当事業年度)
          特定投資株式
                               株式数      貸借対照表計上額
                銘柄                                    保有目的
                               (株)        (百万円)
                                          11,496
      小野薬品工業㈱                          3,490,000               事業上の関係の維持強化
                                           9,399
      ㈱静岡銀行                          9,343,000               財務取引関係の維持強化
                                           8,480
      信越化学工業㈱                           770,600              事業上の関係の維持強化
                                           7,871
      参天製薬㈱                          4,590,000               事業上の関係の維持強化
                                           7,582
      アルフレッサホールディングス㈱                          3,202,144               販売取引関係の維持強化
                                           4,801
      東レ㈱                          4,770,000               事業上の関係の維持強化
                                           4,761
      ㈱メディパルホールディングス                          2,184,007               販売取引関係の維持強化
                                           4,186
      ㈱スズケン                           952,598              販売取引関係の維持強化
                                           4,005
      ㈱三井住友フィナンシャルグループ                           898,600              財務取引関係の維持強化
                                           2,905
      清水建設㈱                          3,055,000               事業上の関係の維持強化
                                           2,796
      ㈱ツムラ                           765,000              事業上の関係の維持強化
      東邦ホールディングス㈱                                     2,735
                                1,091,394               販売取引関係の維持強化
      クオール㈱                          1,304,000           2,721    事業上の関係の維持強化
                                           2,624
      キッセイ薬品工業㈱                           913,000              事業上の関係の維持強化
      ㈱ヤクルト本社                           333,000          2,620    事業上の関係の維持強化
      MS&ADインシュアランスグループ
                                           2,349
                                 700,363              財務取引関係の維持強化
      ホールディングス㈱
                                           2,290
      ㈱みずほフィナンシャルグループ                          11,966,060                財務取引関係の維持強化
                                           2,180
      ㈱岡村製作所                          1,504,000               事業上の関係の維持強化
                                           2,020
      ㈱クレハ                           291,500              事業上の関係の維持強化
                                           1,450
      東京海上ホールディングス㈱                           306,400              財務取引関係の維持強化
                                            906
      ㈱アインホールディングス                           114,000              事業上の関係の維持強化
      Zenotech     Laboratories       Ltd.                           456
                                6,886,500               事業上の関係の維持強化
                                            439
      ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                           631,000              財務取引関係の維持強化
                                            394
      宇部興産㈱                           127,000              事業上の関係の維持強化
                                            376
      ㈱伊予銀行                           470,000              財務取引関係の維持強化
                                            370
      ㈱ほくやく・竹山ホールディングス                           438,500              販売取引関係の維持強化
                                            342
      ダイト㈱                            88,000              事業上の関係の維持強化
                                            193
      ㈱青森銀行                            60,100              財務取引関係の維持強化
                                            114
      第一生命ホールディングス㈱                            59,100              財務取引関係の維持強化
                                            96
      三井住友トラスト・ホールディングス㈱                            22,485              財務取引関係の維持強化
        みなし保有株式

                               株式数        期末時価
                銘柄                                    保有目的
                               (株)        (百万円)
      アルフレッサホールディングス㈱                          3,908,000           9,254
                                              退職給付信託運用のうち、議
      ㈱メディパルホールディングス                          3,274,000           7,137
                                              決権の行使を指示する権限の
      東邦ホールディングス㈱                          1,637,000           4,102
                                              あるもの。
      ㈱バイタルケーエスケー・ホールディングス                          2,214,000           2,318
      (注)貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。
         (ⅲ)   保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並

           びに当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
           該当事項はありません。
        ⑥  会計監査の状況

         当社は、有限責任         あずさ監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けております。また、監査役との連携に
        も留意しております。
         当社の会計監査業務を執行した公認会計                   士は、大塚敏弘、山邉道明、江森祐浩で                   あります。また、当社の会計
        監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、公認会計士試験合格者等13名であります。
                                  53/138



                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        ⑦  取締役の定数及び選任要件
         当社の取締役の定数は14名以内とする旨定款に定めております。また、当社の取締役の選任決議は、議決権を
        行使することができる株主の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行い、その際に
        は累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
        ⑧  株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

         当社は、以下について株主総会の決議によらず、取締役会で決議することができる旨を定款に定めておりま
        す。
         (ⅰ)   自己株式の取得(機動的な対応を可能とするため)
         (ⅱ)   中間配当をすることができる旨(株主への安定的な配当を行うため)
        ⑨  株主総会の特別決議要件

         当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要
        件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の
        3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                                                    (単位:百万円)
                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬           酬           報酬           酬
      提出会社                  214            13           210            7

      連結子会社                  47           -           47            2

         計              261            13           257            9

        ②【その他重要な報酬の内容】

        (前連結会計年度)
          当社の連結子会社である第一三共ヨーロッパGmbHについては、当社の監査公認会計士等と同一のネットワーク
         に属しているKPMG         AG  Wirtschaftsprüfungsgesellschaftに対する報酬は96百万円であり、その内容は監査業務
         及び税金コンサルタント業務等の非監査業務であります。また、同様に当社の連結子会社である第一三共Inc.に
         ついては、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているKPMG                                    LLPに対する報酬は103百万円であ
         り、その内容は監査業務及び税金コンサルタント業務等の非監査業務であります。
        (当連結会計年度)
          当社の連結子会社である第一三共ヨーロッパGmbHについては、当社の監査公認会計士等と同一のネットワーク
         に属しているKPMG         AG  Wirtschaftsprüfungsgesellschaftに対する報酬は106百万円であり、その内容は監査業務
         及び税金コンサルタント業務等の非監査業務であります。また、同様に当社の連結子会社である第一三共Inc.に
         ついては、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているKPMG                                    LLPに対する報酬は102百万円であ
         り、その内容は監査業務及び税金コンサルタント業務等の非監査業務であります。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        (前連結会計年度)
          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容といたしましては、英文決算短信等に
         係る助言業務等についての対価であります。
        (当連結会計年度)
          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容といたしましては、英文決算短信等に
         係る助言業務等についての対価であります。
        ④【監査報酬の決定方針】

          往査場所、往査内容、監査日数及び報酬単価等を勘案し、監査役会の同意を受け、社内決裁手続を経て決定し
         ております。
                                  54/138



                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
       以下「連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作
       成しております。
      (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

       「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
       す。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任                                                    あ
       ずさ監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

       正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作
       成することができる体制の整備を行っております。その内容は次のとおりであります。
      (1)  会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するた
       め、公益財団法人財務会計基準機構に加入し、同機構及び監査法人等が主催するセミナー等に参加する等を行って
       おります。
      (2)  IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把
       握を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計方
       針を作成し、それに基づいて会計処理を行っております。
                                  55/138











                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                              注記
                                   (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
     資産
      流動資産
       現金及び現金同等物                       8            246,050              357,702
       営業債権及びその他の債権                       9            231,867              231,529
       その他の金融資産                       10            552,896              429,380
       棚卸資産                       11            153,138              172,586
                                           10,461              10,347
       その他の流動資産
        小計                                  1,194,414              1,201,545
       売却目的で保有する資産                       12             3,374               -
       流動資産合計                                  1,197,788              1,201,545
      非流動資産
       有形固定資産                       6,13            217,772              217,946
       のれん                       6,14             78,446              75,479
       無形資産                       6,14            217,044              173,537
       持分法で会計処理されている投資                       15             1,424              1,693
       その他の金融資産                       10            140,856              179,177
       繰延税金資産                       16            53,502              40,339
                                           8,143              8,035
       その他の非流動資産
       非流動資産合計                                   717,190              696,209
                                         1,914,979              1,897,754
      資産合計
                                  56/138












                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                              注記
                                   (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
     負債及び資本
      流動負債
       営業債務及びその他の債務                      17,21             219,759              226,164
       社債及び借入金                      18,29               -            20,000
       その他の金融負債                       18              535              516
       未払法人所得税                                    57,955              64,609
       引当金                       19            41,223              34,015
                                           6,285              7,800
       その他の流動負債
        小計                                   325,758              353,105
       売却目的で保有する資産に直接関連する負債                       12             1,058               -
       流動負債合計                                   326,817              353,105
      非流動負債
       社債及び借入金                      18,29             280,543              260,564
       その他の金融負債                       18             9,069              8,155
       退職給付に係る負債                       20            11,381              10,547
       引当金                       19            16,350              48,752
       繰延税金負債                       16            32,294              18,676
                                           67,093              64,911
       その他の非流動負債                       21
       非流動負債合計                                   416,733              411,608
      負債合計                                    743,550              764,713
      資本
       親会社の所有者に帰属する持分
        資本金                      22            50,000              50,000
        資本剰余金                      22            103,750              94,633
        自己株式                      22           △113,952              △163,531
        その他の資本の構成要素                      22            124,489              120,504
                                         1,011,610              1,031,376
        利益剰余金
        親会社の所有者に帰属する持分合計                                 1,175,897              1,132,982
       非支配持分
        非支配持分                                  △4,469                 58
        資本合計                                 1,171,428              1,133,041
                                         1,914,979              1,897,754
      負債及び資本合計
                                  57/138








                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                              注記    (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
     売上収益                         6,24            955,124              960,195
                                          349,373              346,021
     売上原価                         25
     売上総利益                                     605,751              614,173
     販売費及び一般管理費                         25
                                          302,475              301,845
                                          214,347              236,046
     研究開発費                         25
     営業利益                                      88,929              76,282
     金融収益                         26
                                           6,406              8,642
     金融費用                         26             7,710              4,223
                                            162              320
     持分法による投資損益                         15
     税引前利益                                      87,788              81,021
     法人所得税費用                         16            40,309              21,210
                                           47,479              59,811
     当期利益
     当期利益の帰属

      親会社の所有者                                     53,466              60,282
                                          △5,987               △471
      非支配持分
                                           47,479              59,811
      当期利益
     1株当たり当期利益                         27

      基本的1株当たり当期利益(円)                                     79.63              91.31
      希薄化後1株当たり当期利益(円)                                     79.44              91.10
                                  58/138












                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                             注記     (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
     当期利益                                      47,479              59,811
     その他の包括利益
     純損益に振り替えられることのない項目
      その他の包括利益を通じて公正価値で
                             16             △9,366              10,688
      測定する金融資産
      確定給付制度に係る再測定額                       16              1,840              1,616
     その後に純損益に振り替えられる
     可能性のある項目
      在外営業活動体の換算差額                      16,31              △7,626             △10,229
      持分法適用会社における
                                              6              3
                             16,31
      その他の包括利益に対する持分
      税引後その他の包括利益                                    △15,146               2,078
                                           32,332              61,890
      当期包括利益
     当期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                     38,309              62,361
                                          △5,976               △471
      非支配持分
                                           32,332              61,890
      当期包括利益
                                  59/138













                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結持分変動計算書】
     前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分
                                            その他の資本の構成要素
                                                       その他の
                 注記
                                               在外営業活      包括利益を通
                     資本金      資本剰余金       自己株式
                                        新株予約権       動体の換算      じて公正価値
                                                 差額     で測定する
                                                       金融資産
                       50,000      103,927      △64,155         1,935       75,195       69,586
     2016年4月1日 残高
                         -       -       -       -       -       -
      当期利益
                         -       -       -       -    △7,626       △9,366
      その他の包括利益
     当期包括利益                   -       -       -       -    △7,626       △9,366
                         -      △69     △50,026          -       -       -

      自己株式の取得
                         -       -      230      △133         -       -
      自己株式の処分
                  28       -       -       -       264        -       -
      株式に基づく報酬取引
                  23       -       -       -       -       -       -
      配当金
                         -     △107        -       -       -       -
      非支配持分の取得
      その他の資本の構成要
                         -       -       -       -       -     △5,366
      素から利益剰余金への
      振替
                         -       -       -       -       -       -
      その他の増減
                         -     △177     △49,796          131        -     △5,366
     所有者との取引額等合計
                       50,000      103,750      △113,952         2,067       67,568       54,853
     2017年3月31日 残高
                                                    (単位:百万円)

                          親会社の所有者に帰属する持分
                    その他の資本の構成要素
                                        親会社の所有
                 注記
                          その他の資本
                                                非支配持分       資本合計
                                 利益剰余金      者に帰属する
                    確定給付制度
                           の構成要素
                                         持分合計
                    に係る再測定
                            合計
                         -    146,717       994,916      1,231,406         2,115     1,233,521
     2016年4月1日 残高
                         -       -     53,466       53,466       △5,987        47,479
      当期利益
                       1,835     △15,157          -    △15,157          10    △15,146
      その他の包括利益
     当期包括利益                  1,835     △15,157        53,466       38,309       △5,976        32,332
                         -       -       -    △50,095          -    △50,095

      自己株式の取得
                         -     △133       △95         1       -        1
      自己株式の処分
                  28       -      264       -       264        -       264
      株式に基づく報酬取引
      配当金            23       -       -   △43,879       △43,879          -    △43,879
                         -       -       -      △107       △600       △708
      非支配持分の取得
      その他の資本の構成要
      素から利益剰余金への                △1,835       △7,202        7,202         -       -       -
      振替
                         -       -       -       -       △7       △7
      その他の増減
                      △1,835       △7,071      △36,772       △93,817         △608      △94,425
     所有者との取引額等合計
                         -    124,489      1,011,610       1,175,897        △4,469      1,171,428
     2017年3月31日 残高
                                  60/138




                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分
                                            その他の資本の構成要素
                                                       その他の
                 注記
                                               在外営業活      包括利益を通
                     資本金      資本剰余金       自己株式
                                        新株予約権       動体の換算      じて公正価値
                                                 差額     で測定する
                                                       金融資産
                       50,000      103,750      △113,952         2,067       67,568       54,853
     2017年4月1日 残高
                         -       -       -       -       -       -
      当期利益
                         -       -       -       -    △10,229        10,688
      その他の包括利益
                         -       -       -       -    △10,229        10,688
     当期包括利益
                         -      △51     △50,033          -       -       -

      自己株式の取得
      自己株式の処分                   -       -      453       △74        -       -
                  23       -       -       -       -       -       -
      配当金
                         -    △9,064         -       -       -       -
      非支配持分の取得
      その他の資本の構成要
                         -       -       -       -       -     △4,369
      素から利益剰余金への
      振替
                         -       -       -       -       -       -
      その他の増減
                         -    △9,116      △49,579         △74        -     △4,369
     所有者との取引額等合計
                       50,000       94,633     △163,531         1,993       57,339       61,171
     2018年3月31日 残高
                                                    (単位:百万円)

                          親会社の所有者に帰属する持分
                    その他の資本の構成要素
                                        親会社の所有
                 注記
                          その他の資本
                                                非支配持分       資本合計
                                 利益剰余金      者に帰属する
                    確定給付制度
                           の構成要素
                                         持分合計
                    に係る再測定
                            合計
                         -    124,489      1,011,610       1,175,897        △4,469      1,171,428
     2017年4月1日 残高
                         -       -     60,282       60,282        △471       59,811
      当期利益
                       1,620       2,078        -      2,078         -      2,078
      その他の包括利益
     当期包括利益                  1,620       2,078      60,282       62,361        △471       61,890
                         -       -       -    △50,085          -    △50,085

      自己株式の取得
      自己株式の処分                   -      △74       △75        304        -       304
                  23       -       -   △46,430       △46,430          -    △46,430
      配当金
                         -       -       -    △9,064        5,007      △4,057
      非支配持分の取得
      その他の資本の構成要
                      △1,620       △5,989        5,989         -       -       -
      素から利益剰余金への
      振替
                         -       -       -       -       △8       △8
      その他の増減
                      △1,620       △6,063      △40,516       △105,276         4,998     △100,277
     所有者との取引額等合計
                         -    120,504      1,031,376       1,132,982           58    1,133,041
     2018年3月31日 残高
                                  61/138





                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度

                              注記    (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前利益                                     87,788              81,021
      減価償却費及び償却費                                     47,373              46,680
      減損損失                                     26,459              36,672
      金融収益                                    △6,406              △8,642
      金融費用                                     7,710              4,223
      持分法による投資損益(△は益)                                     △162              △320
      固定資産除売却損益(△は益)                                      449            △5,125
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                     15,148              2,535
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                    △10,951              △19,394
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                    △16,979                 238
                                           13,398             △9,755
      その他
      小計                                    163,828              128,134
      利息及び配当金の受取額                                     4,289              4,516
      利息の支払額                                    △1,511              △2,038
                                          △30,371              △22,173
      法人所得税の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                    136,234              108,439
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                   △492,441              △388,376
      定期預金の払戻による収入                                    404,416              488,576
      投資の取得による支出                                   △180,376              △128,492
      投資の売却による収入                                    219,049              165,458
      有形固定資産の取得による支出                                    △24,766              △23,399
      有形固定資産の売却による収入                                     2,403               139
      無形資産の取得による支出                                    △28,196              △14,609
      貸付けによる支出                                      △71             △982
      貸付金の回収による収入                                     1,472               753
                                           1,719              9,501
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                    △96,792              108,568
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      社債の発行及び借入れによる収入                                    100,000                 -
      社債の償還及び借入金の返済による支出                                    △20,000                 -
      自己株式の取得による支出                                    △50,095              △50,085
      自己株式の売却による収入                                       1              1
      配当金の支払額                                    △43,889              △46,420
                                          △1,038              △5,262
      その他                        32
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                    △15,022             △101,766
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                      24,419             115,241
     現金及び現金同等物の期首残高                          8            222,159              246,050
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      △527             △3,590
                                          246,050              357,702
     現金及び現金同等物の期末残高                          8
                                  62/138





                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
        【連結財務諸表注記】
         1.報告企業
           第一三共株式会社は、日本に所在する企業であります。登記されている本店及び主要な事業所の住所は、
          ホームページ(https://www.daiichisankyo.co.jp)で開示しております。
           当社グループは、当社と子会社53社、関連会社3社の計57社で構成され、医薬品等の製造販売を主な事業と
          しております。
           当社グループの2018年3月31日に終了する年度の連結財務諸表は、2018年6月18日に代表取締役社長眞鍋淳
          によって承認されております。
         2.作成の基礎

          (1)  連結財務諸表がIFRSに準拠している旨
            当社グループの連結財務諸表は、連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の
           要件を満たすことから、同第93条の規定により、IFRSに準拠して作成しております。
          (2)  測定の基礎

            当社グループの連結財務諸表は、「3.重要な会計方針」に記載している金融商品等を除き、取得原価を
           基礎として作成しております。
          (3)  機能通貨及び表示通貨

            当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円で表示しております。日本円で表示してい
           るすべての財務情報は、百万円未満を切り捨てて記載しております。
          (4)  新基準書の早期適用

            当社グループは、IFRS第9号「金融商品」(2009年11月公表、2010年10月及び2011年12月改訂)をIFRS移
           行日(2012年4月1日)より早期適用しております。
            IFRS第9号は、IAS第39号「金融商品:認識及び測定」を置き替えるものであり、金融商品に償却原価と
           公正価値との2つの測定区分を設けております。公正価値で測定される金融資産に係る公正価値の変動は純
           損益にて認識することとなっております。ただし、資本性金融商品への投資に係る公正価値の変動は、売買
           目的で保有している場合を除いてその他の包括利益にて認識することが認められております。
          (5)  会計方針の変更

            当社グループの連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下を除いて、前連結会計年度の連結
           財務諸表において適用した会計方針と同一であります。
            当社グループは、当連結会計年度より、次の基準書を適用しております。これらの基準書の適用が、連結
           財務諸表に与える重要な影響はありません。
               IFRS

                                           概要
     IAS第7号         キャッシュ・フロー計算書              財務活動に係る負債の変動に関する開示の追加

     IAS第12号         法人所得税              未実現損失に関する繰延税金資産の認識の明確化

         3.重要な会計方針

          (1)  連結の基礎
            当社グループの連結財務諸表は、当社及び子会社の財務諸表並びに関連会社の持分相当額を含めておりま
           す。
           ①  子会社

             子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。支配とは、投資先に対するパワーを
            有し、投資先への関与により生じるリターンの変動に晒され、かつ投資先に対するパワーを通じてリター
            ンの額に影響を与える能力を有する場合をいいます。子会社の連結は、当社グループに支配が移行した日
            より開始し、支配が喪失する日をもって終了しております。親会社の子会社に対する持分の変動は、子会
            社の支配の獲得後に生じ、子会社に対する支配の喪失とならない場合は資本取引としております。
             当社グループ内の債権債務残高及び取引、並びに当社グループ内取引によって発生した未実現損益は、
            連結財務諸表の作成に際して消去しております。
                                  63/138


                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
           ②  関連会社
             関連会社とは、当社グループが重要な影響力を有し、かつ当社グループの子会社ではない企業をいいま
            す。  重要な影響力とは、投資先の財務及び営業の方針決定に参加するパワーであるが、当該方針に対する
            支配又は共同支配ではないものをいいます。                     関連会社は、当社グループが重要な影響力を有し始めた日よ
            り重要な影響力を喪失する日まで持分法によって会計処理しております。
             重要な影響力を喪失した後、残存持分がある場合、公正価値にて測定し、持分法を中止した日現在の投
            資の帳簿価額との差額を純損益にて認識しております。
             関連会社に対する投資には、取得したのれんを含めております。
          (2)  企業結合

            企業結合は取得法を用いて会計処理しております。取得対価は、移転された対価、被取得企業のすべての
           非支配持分の金額、及び段階的に達成される企業結合の場合には、取得企業が以前に保有していた被取得企
           業の資本持分の取得日公正価値の総計として測定しております。移転された対価は、取得日公正価値で測定
           しております。非支配持分は、企業結合ごとに、公正価値又は被取得企業の識別可能純資産の認識金額に対
           する現在の所有権金融商品の比例的な取り分として測定しております。
            取得対価が、被取得企業の識別可能な資産、負債及び偶発債務の公正価値に対する当社グループの持分を
           超過する額は、企業結合日においてのれんとして認識しております。反対に、被取得企業の識別可能な資
           産、負債及び偶発債務の公正価値が取得対価を上回る場合には、結果として生じた利得は、取得日において
           純損益にて認識しております。取得費用は、発生した期間において費用として純損益にて認識しておりま
           す。
          (3)  外貨換算

            外貨建取引は、取引日の為替レートにより機能通貨に換算しております。外貨建貨幣性資産及び負債は期
           末日の為替レートにより機能通貨に換算し、当該換算及び決済により生じる換算差額は、純損益にて認識し
           ております。ただし、その他の包括利益を通じて測定する金融資産及びキャッシュ・フロー・ヘッジから生
           じる換算差額については、その他の包括利益にて認識しております。
            在外営業活動体の資産及び負債(取得により発生したのれん及び公正価値の調整を含む)は期末日の為替
           レート、収益及び費用は平均為替レートにより表示通貨に換算しております。なお、超インフレ経済下の在
           外営業活動体の財務諸表は、インフレーションの影響を反映させており、収益及び費用は期末日の為替レー
           トにより表示通貨に換算しております。
            在外営業活動体の財務諸表の換算から生じる為替換算差額は、IFRS移行日以降その他の包括利益にて認識
           しております。在外営業活動体の持分全体の処分もしくは支配、重要な影響力の喪失を伴う持分の一部処分
           を行った場合は、その他の包括利益の累積額を処分損益の一部として純損益に振り替えております。
                                  64/138









                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
          (4)  金融商品
           ①  金融資産
            (ⅰ)   当初認識及び測定
              金融資産は、当初認識時に、償却原価で測定する金融資産と公正価値で測定する金融資産に分類して
             おります。
              金融資産は、次の条件がともに満たされる場合には、償却原価で測定する金融資産に分類し、それ以
             外の場合には公正価値で測定する金融資産へ分類しております。
              (a)  契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基
               づいて、資産が保有されている。
              (b)  金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フ
               ローが特定の日に生じる。
              公正価値で測定する金融資産は、純損益を通じて公正価値で測定しなければならない売買目的で保有
             する資本性金融商品を除き、資本性金融商品ごとに、純損益を通じて公正価値で測定するか、その他の
             包括利益を通じて公正価値で測定するかを指定し、当該指定を継続的に適用しております。すべての金
             融資産は、純損益を通じて公正価値で測定する区分に分類される場合を除き、公正価値に、当該金融資
             産に直接帰属する取引コストを加算した金額で測定しております。
              金融資産のうち、営業債権及びその他の債権は、これらの発生日に当初認識しております。その他の
             すべての金融資産は、当該金融資産の契約当事者となった取引日に当初認識しております。
            (ⅱ)   事後測定
              金融資産の当初認識後の測定は、その分類に応じて次のとおり測定しております。
              (a)  償却原価で測定する金融資産
               償却原価で測定する金融資産は、実効金利法による償却原価で測定しております。
              (b)  公正価値で測定する金融資産
               公正価値で測定する金融資産は、公正価値で測定しております。
              公正価値で測定する金融資産の公正価値の変動額は純損益にて認識しております。
              ただし、資本性金融商品のうち、その他の包括利益を通じて公正価値で測定すると指定したものは、
             公正価値の変動額はその他の包括利益にて認識しております。認識を中止した場合、あるいは公正価値
             が著しく下落した場合には、その他の包括利益の累積額を利益剰余金に振り替えております。
            (ⅲ)   認識の中止
              金融資産は、金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場合、又は当該金
             融資産の所有に係るリスクと経済価値を実質的にすべて移転する取引において、金融資産のキャッ
             シュ・フローを受け取る契約上の権利を移転する場合に、認識を中止しております。
           ②  金融資産の減損

             期末日ごとに償却原価で測定する金融資産について、減損の客観的証拠の有無を検討しております。減
            損の客観的証拠には、債務者又は債務者グループの重大な財政状態の悪化、元利の支払に対する債務不履
            行や延滞、債務者の破産等を含めております。
             減損の客観的な証拠の有無は、個別に重要な場合は個別評価、個別に重要でない場合は集合的評価によ
            り検討しております。
             減損の客観的な証拠がある場合、減損損失の金額は、当該資産の帳簿価額と見積将来キャッシュ・フ
            ローの現在価値との差額として測定しております。
             減損が認識された償却原価で測定する金融資産の帳簿価額は貸倒引当金を通じて減額し、減損損失を純
            損益にて認識しており、将来の回収を現実的に見込めず、すべての担保が実現又は当社グループに移転さ
            れたときに、直接減額しております。減損認識後に生じた事象により、減損損失が減少する場合は、減損
            損失の減少額を貸倒引当金を通じて純損益にて戻し入れております。
                                  65/138





                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
           ③  金融負債
            (ⅰ)   当初認識及び測定
              金融負債は、当初認識時に、償却原価で測定する金融負債と純損益を通じて公正価値で測定する金融
             負債に分類しております。すべての金融負債は公正価値で当初測定しておりますが、償却原価で測定す
             る金融負債については、直接帰属する取引コストを控除した金額で測定しております。
            (ⅱ)   事後測定
              金融負債の当初認識後の測定は、その分類に応じて次のとおり測定しております。
              (a)  償却原価で測定する金融負債
               償却原価で測定する金融負債は、実効金利法による償却原価で測定しております。実効金利法によ
              る償却及び認識を中止した場合の利得及び損失は、純損益にて認識しております。
              (b)  純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
               純損益を通じて公正価値で測定する金融負債は、公正価値で測定しております。
            (ⅲ)   認識の中止
              金融負債は、契約中に特定された債務が免責、取消し、又は失効になった場合に認識を中止しており
             ます。
           ④  金融資産・負債の相殺

             金融資産と金融負債は、認識している金額を相殺する法的に強制可能な権利を現在有しており、かつ純
            額で決済するか又は資産の実現と負債の決済を同時に実行する意図を有している場合にのみ相殺しており
            ます。
           ⑤  デリバティブ及びヘッジ会計

             デリバティブは、為替変動リスク及び金利変動リスクをヘッジするため利用しております。これらに用
            いられるデリバティブは主に、為替予約及び金利スワップ等であります。当初のヘッジ指定時点におい
            て、ヘッジ手段とヘッジ対象の関係、リスク管理目的及び戦略について文書化しております。
             ヘッジ手段がヘッジ対象期間において関連するヘッジ対象の公正価値やキャッシュ・フローの変動に対
            して高度に相殺効果を有すると予想することが可能であるか否かについて、継続的に評価を実施しており
            ます。
             デリバティブは当初認識時に公正価値で測定し、関連する取引コストは発生時に純損益にて認識してお
            ります。当初認識後は、デリバティブは公正価値で測定しております。
             ヘッジ会計の要件を満たすヘッジは次のように会計処理しております。
            (ⅰ)   公正価値ヘッジ
              デリバティブの公正価値の変動は純損益にて認識しております。ヘッジされたリスクに起因するヘッ
             ジ対象の公正価値の変動はヘッジ対象の帳簿価額を修正し、純損益にて認識しております。
            (ⅱ)   キャッシュ・フロー・ヘッジ
              ヘッジ手段に係る利得又は損失のうち有効な部分は、その他の包括利益にて認識し、非有効部分は純
             損益にて認識しております。その他の包括利益を通じて資本として認識した累積額は、ヘッジ対象であ
             る取引が損益に影響を与える時点で純損益に振り替えております。ヘッジ対象が非金融資産又は非金融
             負債の認識を生じさせるものである場合には、その他の包括利益にて認識している金額は、非金融資産
             又は非金融負債の帳簿価額の修正として処理を行っております。予定取引又は確定約定の発生がもはや
             見込めない場合は、その他の包括利益を通じて資本として認識していた累積額を純損益に振り替えてお
             ります。ヘッジ手段が失効、売却又は他のヘッジ手段への入れ替えや更新が行われずに終了又は行使さ
             れた場合、もしくはヘッジ指定を取り消された場合には、その他の包括利益を通じて資本として認識し
             ていた金額は、予定取引又は確定約定が発生するか又は発生が見込めなくなるまで資本として認識して
             おります。
                                  66/138





                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
          (5)  現金及び現金同等物
            現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動
           について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されてお
           ります。
          (6)  棚卸資産

            棚卸資産は、取得原価と正味実現可能価額とのいずれか低い金額で測定しております。取得原価には、原
           材料、直接労務及びその他の直接費用並びに関連する製造間接費を含めており、原価の算定にあたっては、
           加重平均法を用いております。正味実現可能価額は、通常の営業過程における見積売価から、完成までの見
           積原価及び販売に要する見積費用を控除した額であります。
          (7)  有形固定資産

            有形固定資産は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した価額で計上しております。
            取得原価には、資産の取得に直接関連する費用、解体、除去及び原状回復費用、並びに資産計上の要件を
           満たす借入費用を含めております。
            土地以外の有形固定資産は、それぞれの見積耐用年数にわたり、定額法で減価償却しております。主要な
           有形固定資産の見積耐用年数は次のとおりであります。
             ・建物及び構築物             :  15~50年
             ・機械装置及び運搬具           :  4~8年
            なお、減価償却方法、残存価額及び残余耐用年数は毎年見直し、必要に応じて調整しております。
          (8)  のれん及び無形資産

           ①  のれん
             のれんは償却を行わず、取得原価から減損損失累計額を控除した価額で計上しており、企業結合のシナ
            ジーから便益を得ると見込まれる資金生成単位に配分しております。
           ②  無形資産

             無形資産は取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した価額で計上しております。
             個別に取得した無形資産は取得原価で測定しており、企業結合により取得した無形資産の取得原価は企
            業結合日の公正価値で測定しております。
             内部発生の研究費用は発生時に費用として認識しております。内部発生の開発費用は資産として認識す
            るための基準がすべて満たされた場合に限り無形資産として認識しておりますが、臨床試験の費用等、製
            造販売承認の取得までに発生する内部発生の開発費は、期間の長さや開発に関連する不確実性の要素を伴
            い資産計上基準を満たさないと考えられるため、発生時に費用として認識しております。
             内部利用を目的としたソフトウェアの取得及び開発費用は、将来の経済的便益の流入が期待される場合
            には無形資産に計上しております。
             耐用年数を確定できる無形資産はそれぞれの見積耐用年数にわたり、定額法で償却しております。主要
            な無形資産の見積耐用年数は次のとおりであります。
              ・ 営業権    :  5~14年
             なお、償却方法、残存価額及び残余耐用年数は毎年見直し、必要に応じて調整しております。
          (9)  リース

            リースは、所有に伴うリスクと経済価値のほとんどすべてを移転する場合にはファイナンス・リースに分
           類し、それ以外の場合にはオペレーティング・リースに分類しております。
            ファイナンス・リース取引においては、リース資産及びリース債務は、リース物件の公正価値又は最低
           リース料総額の現在価値のいずれか低い金額で計上しております。
            リース資産は、見積耐用年数又はリース期間のいずれか短い方の期間にわたり定額法で減価償却しており
           ます。
            オペレーティング・リース取引においては、リース料はリース期間にわたり定額法で費用として認識して
           おります。
                                  67/138




                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
          (10)   非金融資産の減損
             非金融資産のうち、キャッシュ・フローを生みだす個別の資産又は資金生成単位に含まれる資産につい
           ては、資産が減損している可能性を示す兆候があるか否かを評価しております。
            減損の兆候が存在する場合には減損テストを実施し、個別の資産又は資金生成単位ごとの回収可能価額
           を測定しております。なお、のれん、耐用年数を確定できない無形資産及び未だ使用可能でない無形資産
           は償却を行わず、毎年及び減損の兆候が存在する場合にはその都度、減損テストを実施しております。
            回収可能価額は、公正価値から処分費用を控除した金額と適切な利率で割り引かれたリスク調整後の将
           来キャッシュ・フロー評価によって測定される使用価値のどちらか高い金額を用いております。
            個別の資産又は資金生成単位の帳簿価額が回収可能価額を上回る場合には純損益にて減損損失を認識
           し、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額しております。
            の  れんに係る減損損失は、戻入れを行っておりません。のれん以外の固定資産に係る減損損失は、減損
           損失がもはや存在しないか又は減少している可能性を示す兆候が存在する場合に当該資産の回収可能価額
           を見積もっており、回収可能価額が減損処理後の帳簿価額を上回った場合には減損損失の戻入れを行って
           おります。なお、減損損失の戻入れは過去の期間において当該資産に認識した減損損失がなかった場合の
           帳簿価額を超えない範囲内で純損益にて認識しております。
          (11)   売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業

            継続的使用ではなく、主に売却取引により帳簿価額が回収される非流動資産又は処分グループは、売却
           目的保有に分類しております。売却目的保有へ分類するためには、現状で直ちに売却することが可能であ
           り、かつ売却の可能性が非常に高いことを条件としており、当社グループの経営者が売却計画の実行を確
           約し、原則として1年以内に売却が完了する予定である場合に限っております。売却目的保有に分類した
           後は、帳簿価額又は売却費用控除後の公正価値のいずれか低い金額で測定しており、減価償却又は償却を
           行っておりません。
            非継続事業には、既に処分されたか又は売却目的保有に分類された企業の構成要素が含まれ、グループ
           のひとつの事業もしくは地域を構成し、そのひとつの事業もしくは地域の処分の計画がある場合に認識し
           ております。
          (12)   従業員給付

           ①  退職後給付
            (ⅰ)   確定給付制度
              確定給付制度の退職給付に係る債務の現在価値及び関連する当期勤務費用並びに過去勤務費用は、予
             測単位積増方式を用いて制度ごとに算定しております。
              割引率は、将来の毎年度の給付支払見込日までの期間を基に割引期間を設定し、割引期間に対応した
             期末日の優良社債の市場利回りを参照して決定しております。
              過去勤務費用は、発生した期間の純損益にて認識しております。
              数理計算上の差異は、発生した期間においてその他の包括利益にて認識し、直ちに利益剰余金に振り
             替えております。
            (ⅱ)   確定拠出制度
              確定拠出制度の退職給付に係る費用は、従業員が関連するサービスを提供した時点で費用として認識
             しております。
           ②  その他

             短期従業員給付は、割引計算をせず、従業員が関連するサービスを提供した時点で費用として認識して
            おります。有給休暇費用は、それらを支払う法的債務又は推定的債務を有し、信頼性のある見積りが可能
            な場合に、それらの制度に基づいて支払われると見積れる金額を負債として認識しております。
          (13)   引当金

             引当金は、過去の事象の結果として現在の法的債務又は推定的債務を有し、その債務を決済するために
           経済的便益を有する資源の流出の可能性が高く、その資源の流出の金額について信頼できる見積りができ
           る場合に認識しております。
            貨幣の時間的価値の影響が重要な場合には、当該引当金は負債の決済に必要と予想される支出額の現在
           価値で測定しております。現在価値は、貨幣の時間的価値とその負債に特有なリスクを反映した税引前割
           引率を用いて計算しております。時間の経過による影響を反映した引当金の増加額は、金融費用として認
           識しております。
                                  68/138


                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
          (14)   自己株式
             自己株式は資本から控除しており、自己株式の購入、売却又は消却において利得又は損失は認識してお
           りません。帳簿価額と処分時の対価との差額は資本として認識しております。
          (15)   株式報酬

            持分決済型の株式報酬制度として、ストック・オプション制度及び譲渡制限付株式報酬制度を採用して
           おります。
            ストック・オプションは、付与日から権利が確定するまでの期間にわたって費用として認識し、同額を
           資本の増加として認識しております。ストック・オプションの公正価値は、付与日において、ブラック・
           ショールズモデルを用いて測定しております。
            譲渡制限付株式は、付与日から権利が確定するまでの期間にわたって費用として認識し、同額を資本の
           増加として認識しております。譲渡制限付株式報酬の公正価値は、付与日において、付与した資本性金融
           商品の公正価値を参照して測定しております。
            また、現金決済型の株式報酬制度として、株価連動型報酬受給権を採用しております。
            現金決済型の株式報酬については、支払額の公正価値を負債として認識し、負債が決済されるまで、当
           該負債の公正価値の変動を純損益として認識しております。
          (16)   収益

           ①  製商品の販売
             製商品の販売による収益は、次のすべての条件を満たした場合に認識しております。
              ・製商品の所有に伴う重要なリスク及び経済価値を買手に移転したこと。
              ・販売した製商品に対して、所有と通常結びつけられる程度の継続的な管理上の関与も実質的な支配
               も保持していないこと。
              ・収益の額を信頼性をもって測定できること。
              ・その取引に関連する経済的便益が流入する可能性が高いこと。
              ・その取引に関連して発生した又は発生する原価を、信頼性をもって測定できること。
             収益は、割引及び値引並びに将来の見積りによる割戻及び返品に対する引当金控除後の正味請求額を表
            しております。割引、値引、割戻及び返品は、基礎となる収益を認識した期間に、収益の減額として認識
            しております。
             また、消費税等は収益には含めておりません。
           ②  サービスの提供

             サービスの提供による収益は、サービスが外部の顧客に提供された時点で認識しております。
           ③  ロイヤリティー

             ロイヤリティーによる収益は、対象となるライセンス契約の条件に従い、発生主義により認識しており
            ます。
          (17)   政府補助金

             政府補助金は、補助金交付のための付帯条件を満たし、かつ補助金を受領することに合理的な保証が得
           られた場合に公正価値で認識しております。
            収益に関する政府補助金は、補助金で補償することを意図している関連コストを費用として認識する期
           間にわたって、規則的に純損益にて認識しております。
            また、資産に関する政府補助金は、繰延収益として認識し、当該資産の見積耐用年数にわたって規則的
           に純損益にて認識しております。
                                  69/138





                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
          (18)   法人所得税
            法人所得税費用は、当期法人所得税と繰延法人所得税の合計として表示しております。
            当期法人所得税は、期末日において制定され又は実質的に制定されている税率を用いて、税務当局に対
           する納付又は税務当局からの還付が予想される金額で算定しております。これらは、企業結合に関連する
           もの及び直接資本の部又はその他の包括利益で認識される項目を除き、当期の純損益にて認識しておりま
           す。
            繰延税金資産及び負債は、期末日までに制定又は実質的に制定されている税率に基づいて、資産が実現
           する期又は負債が決済される期に適用されると予想される税率で算定しております。繰延税金資産及び負
           債は、資産及び負債の会計上の帳簿価額と税務基準額の差額である一時差異並びに繰越欠損金に基づいて
           算定しております。繰延税金資産は、将来減算一時差異、税務上の繰越欠損金及び繰越税額控除に対し
           て、それらを利用できる課税所得が生じる可能性が高い範囲で認識しております。
            税務当局が税務処理を認める可能性について、不確実性が存在する場合には、課税所得、税務基準額、
           税務上の繰越欠損金、繰越税額控除及び税率を決定する際に、当該不確実性を反映しております。
            なお、企業結合ではなく、取引時に会計上の利益にも課税所得にも影響しない取引における当初認識か
           ら生じる一時差異については、繰延税金資産及び負債を認識しておりません。さらにのれんの当初認識に
           おいて生じる将来加算一時差異についても、繰延税金負債を認識しておりません。
            子会社・関連会社に対する投資に係る将来加算一時差異については、繰延税金負債を認識しておりま
           す。ただし、一時差異を解消する時期をコントロールでき、かつ予測可能な期間内に一時差異が解消しな
           い可能性が高い場合には認識しておりません。また、子会社・関連会社に対する投資に係る将来減算一時
           差異については、一時差異が予測し得る期間内に解消し、かつ課税所得を稼得する可能性が高い範囲での
           み繰延税金資産を認識しております。
            繰延税金資産と繰延税金負債は、当期税金資産と当期税金負債を相殺する法律上強制力のある権利を有
           し、かつ繰延税金が同一の納税企業体及び同一の税務当局に関係する場合に相殺しております。
         4.重要な会計上の判断、見積り及び仮定

           当社グループの連結財務諸表の作成において、経営者は、収益、費用、資産及び負債の報告金額並びに偶発
          債務の開示に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことを要求されております。しかし、これらの見積り
          及び仮定に関する不確実性により、将来の期間において資産又は負債の帳簿価額に重要な修正が求められる結
          果となる可能性があります。
           経営者の見積り及び判断を行った項目で重要なものは次のとおりであります。

            ・条件付対価(注記          7.企業結合)
            ・非金融資産の減損(注記             13.有形固定資産、注記            14.のれん及び無形資産)
            ・無形資産の耐用年数(注記              14.のれん及び無形資産)
            ・繰延税金資産の回収可能性             及び不確実性のある税務ポジション                 (注記    16.法人所得税)
            ・引当金(注記        19.引当金)
            ・確定給付債務の測定(注記              20.従業員給付)
            ・株式報酬の測定(注記            28.株式報酬)
            ・金融商品の公正価値(注記              29.金融商品)
            ・偶発債務(注記         35.偶発債務)
                                  70/138







                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         5.未適用の新基準
           基準書及び解釈指針の新設又は改訂のうち、当社グループが早期適用していない主なものは次のとおりであ
          ります。
           当社グループ適用年度が2019年3月期である基準書及び解釈指針を適用することによる連結財務諸表への影
          響は重要ではないと判断しております。また、当社グループ適用年度が2020年3月期以降である基準書及び適
          用指針を適用することによる連結財務諸表への影響は検討中であり、現時点で見積もることはできません。
                         強制適用時期        当社グループ

                                                  概要
              IFRS
                        (以降開始年度)          適用年度
                                          株式に基づく報酬取引の分類及び測定の
     IFRS第2号       株式に基づく報酬            2018年1月1日         2019年3月期
                                          改訂
                                          一般ヘッジ会計に係る規定の改訂
                                          金融資産に関する分類及び測定方法の限
     IFRS第9号       金融商品            2018年1月1日         2019年3月期
                                          定的な修正並びに予想損失減損モデルの
                                          導入
             顧客との契約から生じる
     IFRS第15号                    2018年1月1日         2019年3月期        収益認識に係る基準の改訂
             収益
                                          投資不動産への振替又は投資不動産から
     IAS第40号       投資不動産            2018年1月1日         2019年3月期
                                          の振替に関する規定の明確化
                                          前払資産又は前受収益負債を認識する場
             外貨建取引と前払・前受                             合の、関連する外貨建の資産、費用又は
     IFRIC第22号                    2018年1月1日         2019年3月期
             対価                             収益の当初認識時の換算レートに関する
                                          規定
                                          負の補償を伴う期限前償還要素が負債性
     IFRS第9号       金融商品            2019年1月1日         2020年3月期        金融商品に含まれている場合の分類に関
                                          する規定
     IFRS第16号       リース            2019年1月1日         2020年3月期        リースに係る基準の改訂

                                          事業年度の途中で制度改訂、縮小又は清

     IAS第19号       従業員給付            2019年1月1日         2020年3月期
                                          算が生じた場合の会計処理の明確化
                                          関連会社又は共同支配企業に対する金融
             関連会社及び共同支配企
     IAS第28号                    2019年1月1日         2020年3月期        商品のうち持分法の適用を受けないもの
             業に対する投資
                                          に関する規定の明確化
             法人所得税の処理に関す                             法人所得税の処理に不確実性が存在する
     IFRIC第23号                    2019年1月1日         2020年3月期
             る不確実性                             場合の会計処理に関する規定
                                          保険契約についての首尾一貫した会計処
     IFRS第17号       保険契約            2021年1月1日         2022年3月期
                                          理を策定
     IFRS第10号       連結財務諸表
                                          関連会社等に対する資産の売却等の会計
                            -        -
             関連会社及び共同支配企
                                          処理の改訂
     IAS第28号
             業に対する投資
                                  71/138







                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         6.事業セグメント
          (1)報告セグメントに関する情報
            当社グループは、「医薬事業」の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          (2)製品及びサービスに関する情報

            品目別の売上収益は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                     前連結会計年度              当連結会計年度

                   (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日                   増減
          品目          至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
                    金額     構成比(%)         金額     構成比(%)         金額     増減比(%)

                    885,573         92.7      884,907         92.2       △665       △0.1
     医療用医薬品
                     66,882         7.0      72,943         7.6      6,060        9.1

     ヘルスケア
                     2,668        0.3      2,344        0.2      △324       △12.1
     その他
          合計          955,124        100.0      960,195        100.0       5,070        0.5
          (3)地域別に関する情報

           前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                         日本        北米        欧州       その他        連結

                          579,883        235,316        71,021        68,903       955,124

     外部顧客からの売上収益(注)1
                          297,805        188,120        18,877        8,459       513,263
     非流動資産(注)2
           当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                         日本        北米        欧州       その他        連結

                          618,308        185,751        79,566        76,568       960,195

     外部顧客からの売上収益(注)1
                          265,787        174,969        17,806        8,400       466,963
     非流動資産(注)2
      (注)1.地理的近接度により区分しております。
         2.主として資産の所在地に基づいて測定しており、有形固定資産、のれん及び無形資産から構成されておりま
           す。
          (4)主要な顧客に関する情報

            連結損益計算書の         売上収益の10%以上を占める相手先は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (自 2016年4月1日                   (自 2017年4月1日
           顧客の名称
                            至 2017年3月31日)                   至 2018年3月31日)
     アルフレッサホールディングス株式会
                                    190,637                   199,809
     社及びそのグループ会社
     株式会社スズケン及びそのグループ会
                                     88,539
                                                       98,603
     社
                                    109,800
     マッケソン社                                                  62,276
                                  72/138



                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         7.企業結合
          (1)  重要な企業結合
            前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)

            前連結会計年度における重要な企業結合はありません。

            当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

            当連結会計年度における重要な企業結合はありません。

          (2)  条件付対価

            企業結合による条件付対価は、アンビット・バイオサイエンシズCorp.の現在フェーズ3にある急性骨髄
           性白血病治療薬(一般名:キザルチニブ、開発コード:AC220)の上市時マイルストーンであり、貨幣の時間
           価値を考慮して計算しております。当社が条件付対価契約に基づき要求され得るすべての将来の支払額は、
           10,127百万円(割引前)であります。
            期末残高に関する為替変動リスクのエクスポージャーは54,209千米ドルであり、期末日において日本円が
           米ドルに対し1%円高になった場合の税引前利益への影響は、57百万円であります。
            条件付対価の公正価値ヒエラルキーのレベルはレベル3であります。条件付対価に係る公正価値変動額は
           「金融費用」に計上しております。なお、公正価値のヒエラルキーについては「29.金融商品」に記載して
           おります。
            レベル3に分類した条件付対価の期首残高から期末残高への調整表は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                                至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
     期首残高                                    2,859                6,066
     企業結合による増加                                      -                -

     期中公正価値変動額                                    3,219                  14

     期中決済額                                      -                -

     為替換算差額                                    △12                △320

     期末残高                                    6,066                5,760
                                  73/138








                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         8.現金及び現金同等物
           「現金及び現金同等物」の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
                                         225,535               258,211
     現金及び預金
     短期投資                                    20,515               99,490

                合計                         246,050               357,702

         9.営業債権及びその他の債権

           連結財政状態計算書の「営業債権及びその他の債権」の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
     受取手形及び売掛金                                   209,146               211,222
     その他                                    23,200               20,759

     貸倒引当金                                     △479               △453

                合計                         231,867               231,529

                                  74/138













                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         10.その他の金融資産
          (1)  その他の金融資産の内訳
            連結財政状態計算書の「その他の金融資産」の内訳は次のとおりであります。
           ①  流動資産

                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
     償却原価で測定する金融資産:

      預金                                    284,064              192,085
      貸付金                                      492              501

      債券                                    122,876              102,777

      その他                                      240              124

     純損益を通じて公正価値で測定する金融資産:

      債券                                     8,976              1,257

      その他                                    136,244              132,633
                  合計                         552,896              429,380

      (注)「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」の「その他」は、為替予約と一体となった外貨建預金でありま
         す。
           ②  非流動資産

                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
     償却原価で測定する金融資産:

      貸付金                                      741              888
      債券                                       10              -

      その他                                     7,930             45,891

     純損益を通じて公正価値で測定する金融資産:

      債券                                     1,583               554

      その他                                     7,933              9,315

     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産:

      株式                                    120,005              122,479

      その他                                     2,650               47
                  合計                         140,856              179,177

                                  75/138





                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
          (2)  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
            その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の主な内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                           公正価値
                銘柄
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
     小野薬品工業㈱                                     8,042
                                                         11,496
     マルホ㈱
                                          5,723               9,787
                                          8,464
     ㈱静岡銀行                                                    9,399
     信越化学工業㈱                                     7,431               8,480

     その他                                    92,993               83,362

      (注)株式は主に取引又は事業上の関係の維持強化を目的に保有しているため、その他の包括利益を通じて公正価値で
         測定する金融資産に指定しております。
          (3)  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の認識の中止

            当社グループは、資産の効率化や取引関係の見直し等を目的に、前連結会計年度及び当連結会計年度にお
           いて、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の一部を売却等により処分し、認識を中止し
           ております。
            処分時の公正価値及び累積利得又は損失は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                        前連結会計年度                      当連結会計年度
                      (自 2016年4月1日                      (自 2017年4月1日
                       至 2017年3月31日)                      至 2018年3月31日)
                    公正価値         累積利得又は損失             公正価値         累積利得又は損失

     株式                  17,257            9,315           14,410            9,838

     その他                    -           -          2,262          △2,764

      (注)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産は、認識を中止した場合、その他の包括利益にて認識し
         ていた累積利得又は損失を利益剰余金に振り替えております。
                                  76/138









                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         11.棚卸資産
           連結財政状態計算書の「棚卸資産」の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
     商品及び製品                                   108,785               122,921
     仕掛品                                    16,500               19,409

     原材料                                    27,852               30,254

                合計                         153,138               172,586

      (注)1.連結損益計算書の「売上原価」に含まれている、費用として認識された棚卸資産の金額は、前連結会計年度
           285,611百万円、当連結会計年度300,885百万円であります。
         2.連結損益計算書の「売上原価」に含まれている、期中に認識した棚卸資産の評価減の金額は、前連結会計年
           度3,621百万円、当連結会計年度6,697百万円であります。
         12.売却目的で保有する資産及び直接関連する負債

           連結財政状態計算書の「売却目的で保有する資産」及び「売却目的で保有する資産に直接関連する負債」の
          内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
     売却目的で保有する資産

                                                           -
      有形固定資産                                     825
                                                           -
      その他の非流動資産                                   2,548
                                                           -

                合計                          3,374
     売却目的で保有する資産に直接関連する負債

                                                           -
      営業債務及びその他の債務                                     721
                                                           -
      その他の金融負債                                     95
                                                           -
      繰延税金負債                                     241
                合計                          1,058                 -

      (注)前    連結会計年度における売却目的で保有する資産及び直接関連する負債は、当社グループ会社の保有する賃貸物
         件に関連する投資不動産等であります。当該資産については当連結会計年度において売却しております。
                                  77/138








                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         13.有形固定資産
          (1)  調整表及び内訳
            連結財政状態計算書の「有形固定資産」に関する、取得原価、減価償却累計額及び減損損失累計額の調整
           表及び内訳は次のとおりであります。
           ①  取得原価

                                                    (単位:百万円)
                   土地、建物         機械装置        工具、器具

                                             建設仮勘定          合計
                   及び構築物         及び運搬具         及び備品
     2016年4月1日 残高                 326,908         224,351         95,663         29,180        676,103
      個別取得                12,480         24,872         5,195        22,260         64,807
                                                 △47
      売却又は処分                △5,637         △8,780         △2,314                 △16,780
                         -                          -
      売却目的保有への振替                        △1,987          △48                △2,035
      為替換算差額                 △671         △739         △643         △262        △2,315
      その他の増減                  691         67        △64       △40,746         △40,052
                      333,770         237,783         97,788         10,384        679,726
     2017年3月31日 残高
                       9,369         9,740         7,211        26,706         53,028
      個別取得
                      △2,140         △9,173         △4,455           -      △15,769
      売却又は処分
                       △284         △224          264        △90        △335
      為替換算差額
      その他の増減                 1,024          297        △37       △25,020         △23,735
                      341,740         238,423         100,770         11,979        692,914
     2018年3月31日 残高
           ②  減価償却累計額及び減損損失累計額

                                                    (単位:百万円)
                   土地、建物         機械装置        工具、器具

                                             建設仮勘定          合計
                   及び構築物         及び運搬具         及び備品
                      175,397         169,650         80,886           -
     2016年4月1日 残高                                                   425,934
                                                  -
      減価償却費                12,350         12,427         6,031                 30,809
                                                  -
      減損損失                13,222         7,859          972                22,054
                                                  -
      売却又は処分               △4,054         △7,777         △2,240                 △14,072
                        -                          -
      売却目的保有への振替                        △1,153          △48                △1,201
                                                  -
      為替換算差額                △283         △635         △482                △1,402
                                                  -
      その他の増減                △187         △67          85                △168
                      196,445         180,302         85,205           -
     2017年3月31日 残高                                                   461,953
                                                  -
      減価償却費                9,621        11,787         5,764                 27,173
                                                  -
      売却又は処分               △1,781         △8,514         △4,416                 △14,712
                       △165                           -
      為替換算差額                          124         161                 120
                                                  -
      その他の増減                 473        △10         △29                  433
                      204,593         183,689         86,685           -
     2018年3月31日 残高                                                   474,968
                                  78/138






                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
           ③  帳簿価額
                                                    (単位:百万円)
                   土地、建物         機械装置        工具、器具

                                             建設仮勘定          合計
                   及び構築物         及び運搬具         及び備品
     2016年4月1日 残高                151,510         54,701         14,776         29,180        250,168
     2017年3月31日 残高                137,325         57,480         12,582         10,384        217,772
     2018年3月31日 残高                137,147         54,734         14,084         11,979        217,946
       (注)有形固定資産の減価償却費は、連結損益計算書の「売上原価」、「販売費及び一般管理費」及び「研究開発
          費」に含めております。
          (2)  有形固定資産の減損

            潜在的な減損の兆候が見られた一定の有形固定資産については、減損テストを実施しております。
            減損テストの結果、前連結会計年度22,054百万円の減損損失を認識し、連結損益計算書の「売上原価」、
           「販売費及び一般管理費」及び「研究開発費」に計上しております。
            前連結会計年度の減損損失は、主として国内ワクチン事業にグルーピングされる、当社の連結子会社であ
           る北里第一三共ワクチン㈱が保有する有形固定資産に関するものであります。同社が保有する有形固定資産
           に収益性が低下する等の減損の兆候が見られたことから、回収可能価額として処分コスト控除後の公正価値
           を用い、減損テストを実施いたしました。公正価値の測定にあたり、同社の固定資産がワクチン専用の生産
           設備であるという点を考慮した結果、回収可能価額は零となったため、20,991百万円の減損損失を計上いた
           しました。種類ごとの減損損失の内訳は、「土地、建物及び構築物」が12,204百万円、「機械装置及び運搬
           具」が7,826百万円、「工具、器具及び備品」が960百万円であります。
            公正価値ヒエラルキーのレベルはレベル3であります。なお、公正価値のヒエラルキーについては「29.
           金融商品」に記載しております。
          (3)  ファイナンス・リース契約

            連結財政状態計算書の「有形固定資産」に含まれている、ファイナンス・リース契約により保有する有形
           固定資産の帳簿価額は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                    土地、建物           機械装置          工具、器具

                                                      合計
                    及び構築物           及び運搬具           及び備品
     2016年4月1日 残高                     183          2,475            13         2,671
                           -
     2017年3月31日 残高                               1,337            74         1,411
                           -
     2018年3月31日 残高                               1,349            49         1,398
                                  79/138









                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         14.のれん及び無形資産
          (1)  調整表及び内訳
            連結財政状態計算書の「のれん」及び「無形資産」に関する、取得原価、償却累計額及び減損損失累計額
           の調整表及び内訳は次のとおりであります。
           ①  取得原価

                                                    (単位:百万円)
                                         無形資産
                     のれん
                             研究開発      営業権、商標権等          ソフトウェア           合計
     2016年4月1日 残高                  78,691        110,986        246,367         25,001        382,355
      個別取得                   -      14,145        13,627          624       28,397
      売却又は処分                   -      △2,503        △14,563          △410       △17,477
      為替換算差額                 △245        △230       △4,016          △256       △4,503
      その他の増減                   -     △21,094          21,048           86        40
     2017年3月31日 残高                  78,446        101,303        262,463         25,045        388,812
      個別取得                   -       6,831        11,472         2,546        20,850
      売却又は処分                   -     △33,939         △1,343          △880       △36,162
      為替換算差額                △2,966        △2,812        △1,805          △424       △5,042
      その他の増減                   -       △288          257       △852        △883
     2018年3月31日 残高                  75,479        71,093        271,045         25,434        367,574
           ②  償却累計額及び減損損失累計額

                                                    (単位:百万円)
                                         無形資産
                    のれん
                            研究開発       営業権、商標権等          ソフトウェア           合計
     2016年4月1日 残高                   -         -      153,018         18,941        171,959
      償却費                  -         -       13,828         2,446        16,274
      減損損失                  -       2,503         1,804          96       4,404
      売却又は処分                  -      △2,503        △14,437          △377       △17,318
      為替換算差額                  -         -      △3,620          △215        △3,836
      その他の増減                  -         -        △30         314         283
     2017年3月31日 残高                   -         -      150,562         21,205        171,768
      償却費                  -         -       17,871         1,418        19,290
      減損損失                  -       31,612         5,060          -       36,672
      売却又は処分                  -      △31,612         △1,334          △874       △33,821
      為替換算差額                  -         -        597        △433          164
      その他の増減                  -         -        △31         △6        △37
     2018年3月31日 残高                   -         -      172,726         21,310        194,036
                                  80/138






                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
           ③  帳簿価額
                                                    (単位:百万円)
                                         無形資産
                    のれん
                            研究開発       営業権、商標権等          ソフトウェア           合計
     2016年4月1日 残高                 78,691        110,986         93,349         6,059        210,395
     2017年3月31日 残高                 78,446        101,303         111,901          3,839        217,044
     2018年3月31日 残高                 75,479         71,093         98,319         4,124        173,537
       (注)無形資産の償却費は、連結損益計算書の「売上原価」、「販売費及び一般管理費」及び「研究開発費」に含め
          ております。
          (2)  重要なのれん及び無形資産

            連結財政状態計算書に計上されている主なのれんの帳簿価額は、プレキシコンInc.の買収により発生した
           ものが前連結会計年度32,853百万円、当連結会計年度31,116百万円、及び                                  アンビット・バイオサイエンシズ
           Corp.   の買収により発生したものが前連結会計年度19,310百万円、当連結会計年度18,290百万円でありま
           す。
            主な無形資産の帳簿価額は、営業権では、プレキシコンInc.のゼルボラフに関するものが前連結会計年度
           26,948百万円、当連結会計年度21,232百万円であります。定額法により償却しており、残存償却期間は11年
           であります。また、第一三共Inc.のモバンティックに関するものが前連結会計年度18,873百万円、当連結会
           計年度13,664百万円であります。定額法により償却しており、残存償却期間は11年であります。
            仕掛研究開発では、プレキシコンInc.のペキシダルチニブに関するものが前連結会計年度27,679百万円、
           当連結会計年度26,216百万円、アンビット・バイオサイエンシズCorp.のキザルチニブに関するものが前連
           結会計年度28,908百万円、当連結会計年度27,380百万円であります。
          (3)  費用認識した研究開発支出

            研究費及び資産計上基準を満たさない開発費は、発生時に費用として認識しております。費用認識した研
           究開発支出は前連結会計年度214,347百万円、当連結会計年度236,046百万円であります。
          (4)  のれんの減損

            各資金生成単位に配分したのれんの帳簿価額は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
     国内医薬事業                                   22,309                22,309
     海外医薬事業                                   56,137                53,170
               合計                         78,446                75,479
            主要なのれんに対する減損テストは次のとおり行っております。

           ①  プレキシコンInc.(海外           医薬事業)
             回収可能価額は、経営陣に            よって承認された2022年度までの中期計画を基礎として使用価値にて測定し
            ており、2022年度以降はターミナルバリューを基に見積もっております。
             税引前の割引率14.63%~15.95%を用いて測定された使用価値は帳簿価額を上回っているため、当連結
            会計年度において減損損失は認識しておりません。また、使用価値は帳簿価額を十分に上回っており、割
            引率等が合理的な範囲内で変動した場合でも使用価値が帳簿価額を下回る可能性は低いと判断しておりま
            す。
           ②  アンビット・バイオサイエンシズCorp.                  ( 海外医薬事業)

             回収可能価額は、経営陣に            よって承認された2022年度までの中期計画を基礎として使用価値にて測定し
            ており、2022年度以降はターミナルバリューを基に見積もっております。
             税引前の割引率9.58%~14.87%を用                 いて測定された使用価値は帳簿価額を上回っているため、当連結
            会計年度において減損損失は認識しておりません。また、使用価値は帳簿価額を十分に上回っており、割
            引率等が合理的な範囲内で変動した場合でも使用価値が帳簿価額を下回る可能性は低いと判断しておりま
            す。
                                  81/138


                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
          (5)  無形資産の減損
            潜在的な減損の兆候が認められた一定の無形資産については、減損テストを実施しております。
            減損テストの結果、前連結会計年度4,404百万円、当連結会計年度36,672百万円の減損損失を認識し、連
           結損益計算書の「売上原価」、「販売費及び一般管理費」及び「研究開発費」に計上しております。
            前連結会計年度の減損損失は主として                  当社における研究開発資産であり、開発中止の決定をしたことから
           減損損失を認識しております。
            当連結会計年度の減損損失は主として                  当社における制吐剤配合麻薬性鎮痛剤CL-108の研究開発資産に関す
           るものであり、開発及び販売契約を解約したことから、27,764百万円の減損損失を計上しております。な
           お、回収可能価額には使用価値を用いており、測定された使用価値は零となっております。
         15.持分法で会計処理されている投資

           持分法で会計処理されている関連会社の要約財務情報は次のとおりであります。
          (1)  財政状態計算書

                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                            (2017年3月31日)                   (2018年3月31日)
      流動資産                                13,171                   14,494

      非流動資産                                 808                   948

      資産合計                                13,980                   15,442

      流動負債                                10,590                   11,439

      非流動負債                                 507                   693

      負債合計                                11,098                   12,133

      資本合計                                2,882                   3,309

          (2)  損益計算書

                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (自 2016年4月1日                   (自 2017年4月1日
                            至 2017年3月31日)                   至 2018年3月31日)
      収益                                37,094                   38,609

      費用                                36,659                   38,257

      当期利益                                 434                   351

                                  82/138







                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         16.法人所得税
          (1)  繰延税金資産及び繰延税金負債
            繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳は次のとおりであります。
            前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)

                                                     (単位:百万円)
                       2016年4月1日        純損益を通じて       その他の包括利益                2017年3月31日
                                                その他
                         残高        認識      を通じて認識                 残高
     繰延税金資産
      前払委託研究費・共同開発費等                    15,498       △2,779          -        -      12,718
      減価償却費及び償却費                     4,224       △1,192          -        -      3,032
      棚卸資産未実現利益・評価損
                          19,363         337        -        -      19,701
      繰越欠損金                     963       4,780       △1,800          -      3,943
      未払費用                    20,100       △4,313          -        -      15,787
      退職給付に係る負債                     8,920        △25       △845         -      8,049
      有価証券等評価損
                           2,322        △476         439        -      2,286
      減損損失                     625        459        -      △309         775
      その他                    27,988        1,164         -        -      29,152
     合計                     100,006        △2,044        △2,206         △309       95,446
     繰延税金負債
      無形資産                    34,413        1,986         -        -      36,399
      その他の包括利益を通じて公正価値で
                          31,659         -      △5,999          -      25,659
      測定する金融資産
      固定資産圧縮積立金                     9,127        △915         -      △241        7,970
      その他                     2,759        1,395         52        -      4,208
     合計                     77,959        2,466       △5,946         △241       74,238
             純額
                          22,046       △4,511         3,740        △67       21,208
      (注)1.純損益を通じて認識した額の合計と繰延法人所得税合計との差額及びその他の包括利益を通じて認識した額
           の合計とその他の包括利益を通じて認識した法人所得税合計との差額は、為替の変動によるものでありま
           す。
         2.当社グループは不確実性のある税務ポジションについて、最も可能性の高い見積りに基づき税金資産又は税
           金負債を計上しております。前連結会計年度末において不確実性(有利方向の可能性)に晒されている金額
           は、未払法人所得税53,577百万円、税効果64,442百万円であります。
                                  83/138








                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                       2017年4月1日        純損益を通じて       その他の包括利益                2018年3月31日
                                                その他
                         残高        認識      を通じて認識                 残高
     繰延税金資産
      前払委託研究費・共同開発費等                    12,718         606        -        -      13,325
      減価償却費及び償却費                     3,032        △506         -        -      2,525
      棚卸資産未実現利益・評価損
                          19,701       △8,354          -        -      11,347
      繰越欠損金                     3,943       △2,573          -        -      1,370
      未払費用                    15,787         607        -        -      16,394
      訴訟損失引当金                      -      11,607         -        -      11,607
      退職給付に係る負債
                           8,049        △515        △626         -      6,907
      有価証券等評価損                     2,286        △120        △602         -      1,562
      減損損失                     775       △452         -       309        632
      その他                    29,152       △2,991          -        -      26,160
     合計                     95,446       △2,692        △1,229         309      91,833
     繰延税金負債
      無形資産                    36,399       △16,725          -        -      19,674
      その他の包括利益を通じて公正価値で
                          25,659         -      2,314         -      27,974
      測定する金融資産
      固定資産圧縮積立金                     7,970        △573         -       241       7,638
      長期未収入金                      -      11,425         -        -      11,425
      その他
                           4,208        △722        △26         -      3,458
     合計                     74,238       △6,596         2,287         241      70,171
             純額              21,208        3,903       △3,517          67      21,662
      (注)1.純損益を通じて認識した額の合計と繰延法人所得税合計との差額及びその他の包括利益を通じて認識した額
           の合計とその他の包括利益を通じて認識した法人所得税合計との差額は、為替の変動によるものでありま
           す。
         2.当社グループは不確実性のある税務ポジションについて、最も可能性の高い見積りに基づき税金資産又は税
           金負債を計上しております。当連結会計年度末において不確実性(有利方向の可能性)に晒されている金額
           は、未払法人所得税56,108百万円、税効果61,784百万円であります。
                                  84/138









                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
          (2)  未認識の繰延税金資産
            連結財政状態計算書において繰延税金資産を認識していない将来減算一時差異、税務上の繰越欠損金(繰
           越期限別の内訳)及び繰越税額控除(繰越期限別の内訳)は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
     将来減算一時差異                                   103,123               102,413
     繰越欠損金

      1年以内                                   1,572               4,958

      1年超5年以内                                   8,401               4,906

      5年超                                   51,563               62,486
                合計                         61,538               72,351

     繰越税額控除

                                            -               -
      1年以内
                                            -               -
      1年超5年以内
      5年超                                   2,244               2,959
                合計                          2,244               2,959

          (3)  未認識の繰延税金負債

            繰延税金負債として認識していない子会社等に対する持分に係る一時差異の総額は、前連結会計年度末
           96,495百万円、当連結会計年度末93,475百万円であります。当社グループが一時差異を解消する時期をコン
           トロールでき、かつ予測可能な期間内に一時差異が解消しない場合には、当該一時差異に関連する繰延税金
           負債は認識しておりません。
          (4)  純損益を通じて認識する法人所得税

            純損益を通じて認識した法人所得税の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度

                              (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                               至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
                                        35,698                24,384
     当期法人所得税
     繰延法人所得税

                                        △6,116                △2,877
      一時差異の発生及び解消
                                          149              △2,885
      税率の変更又は新税の賦課
                                        10,577                 2,588
      繰延税金資産の修正及び取崩
                                         4,610               △3,173

     合計
                                        40,309                21,210
            法人所得税費用合計
      (注)米国の税率変更による影響
          2017年12月に米国で税制改正法案が成立し、2018年4月1日以後に開始する連結会計年度から、連邦法人所得
         税率が従来の35%から21%に引き下げられることになりました。
          この変更により、当連結会計年度において、当社グループの米国子会社関連の繰延税金資産及び繰延税金負債
         の再測定を行った結果、法人所得税費用が2,885百万円減少しております。また、2017年度に適用される連邦法
         人所得税率が35%から31.55%に引き下げられたことにより、法人所得税費用が1,014百万円減少しております。
                                  85/138



                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
          (5)  その他の包括利益の各内訳項目に関連する法人所得税
            その他の包括利益を通じて認識した法人所得税の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度

                              (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                               至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
                             税効果前       税効果      税効果後      税効果前       税効果      税効果後

     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する

                            △11,862       2,495    △9,366      16,218     △5,530      10,688
     金融資産
     確定給付制度に係る再測定額                         2,739     △899     1,840     2,215     △599     1,616
     在外営業活動体の換算差額                        △7,626        -   △7,626     △10,229         -  △10,229

     持分法適用会社における
                                6     -      6     3     -      3
     その他の包括利益に対する持分
               合計             △16,742       1,596    △15,146       8,209    △6,130      2,078
          (6)  実効税率の調整

            法定実効税率と実際負担税率との差異について、原因となった主要な項目の内訳は次のとおりでありま
           す。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      法定実効税率                                   30.7%               30.7%
      交際費等永久に損金に算入されない項目                                   2.8%               2.9%

      受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                  △1.3%               △1.3%

      未認識の繰延税金資産の変動                                   12.1%                3.2%

      海外税率差異                                   2.9%               1.7%

      試験研究費等の税額控除                                  △2.0%               △4.1%

      税率変更による期末繰延税金資産の修正                                   0.2%              △4.4%

      その他                                   0.5%              △2.5%

      実際負担税率                                   45.9%               26.2%

      (注)当社は、主に法人税、住民税及び損金算入される事業税を課されており、これらを基礎として計算した適用税率
         は前連結会計年度30.7%、当連結会計年度30.7%となっております。また、繰延税金資産及び繰延税金負債の計
         算に使用する法定実効税率は、前連結会計年度においては回収又は支払が見込まれる期間が2017年4月1日から
         2018年3月31日までのものは30.7%、2018年4月1日以降のものは30.5%、当連結会計年度においては30.5%と
         なっております。ただし、在外営業活動体についてはその所在地における法人税等が課されます。
                                  86/138






                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                            有価証券報告書
         17.営業債務及びその他の債務
           連結財政状態計算書の「営業債務及びその他の債務」の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
     支払手形及び買掛金                                    54,762               68,811
     未払金                                    65,680               73,946

     その他                                    99,316               83,405

                合計                         219,759               226,164

         18.社債及び借入金、及びその他の金融負債

          (1)  社債及び借入金の内訳
            連結財政状態計算書の「社債及び借入金」の内訳は次のとおりであります。
           ①  流動負債

                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                  &nbs