ティーライフ株式会社 四半期報告書 第35期第3四半期(平成30年2月1日-平成30年4月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第35期第3四半期(平成30年2月1日-平成30年4月30日)

提出日:

提出者:ティーライフ株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    東海財務局長
      【提出日】                    平成30年6月13日
      【四半期会計期間】                    第35期第3四半期(自            平成30年2月1日          至   平成30年4月30日)
      【会社名】                    ティーライフ株式会社
      【英訳名】                    Tea     Life      Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長            植田    伸司
      【本店の所在の場所】                    静岡県島田市牛尾118番地
      【電話番号】                    0547-46-3459(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役       萩原    俊彦
      【最寄りの連絡場所】                    静岡県島田市牛尾118番地
      【電話番号】                    0547-46-3459(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役       萩原    俊彦
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第34期           第35期
               回次               第3四半期           第3四半期            第34期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成28年8月1日           自平成29年8月1日           自平成28年8月1日

              会計期間
                           至平成29年4月30日           至平成30年4月30日           至平成29年7月31日
                      (千円)           5,565,058           5,595,679           7,320,812
     売上高
                      (千円)            365,334           236,313           546,705
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            328,875           278,279           458,607
     期)純利益
                      (千円)            336,063           281,729           467,571
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           4,055,586           4,324,319           4,187,087
     純資産額
                      (千円)           5,390,700           5,480,869           5,430,634
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            77.38           65.47           107.90
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             75.2           78.9           77.1
     自己資本比率
                               第34期           第35期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成29年2月1日           自平成30年2月1日

              会計期間
                           至平成29年4月30日           至平成30年4月30日
                                   11.50           12.46

     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1.当社は、四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
           おりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載してお
           りません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び連結子会社)が営む事業の内容について、重要な変
       更はありません。
        また、主要な関係会社における異動は、以下のとおりであります。
       (小売事業)

        主要な関係会社における異動はありません。
       (卸売事業)

        当社の連結子会社でありましたコラムジャパン株式会社は、平成29年8月1日付で当社を存続会社とする吸収合併
       により消滅したため、連結の範囲から除外しております。
       (不動産賃貸事業)

        主要な関係会社における異動はありません。
                                  2/16



                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

       (重要な資産の取得)
        当社は、平成30年3月5日の取締役会において、固定資産を取得することを決議し、同日付で売買契約を締結い
       たしました。
       (1)取得の目的
          当社グループの事業拡大に向けた物流業務への対応、賃貸不動産としての活用を目的として、下記の固定資
         産を取得することといたしました。
       (2)取得資産の内容
         ① 固定資産の種類  土地及び建物
         ② 所在地      静岡県袋井市鷲巣字西ノ谷15番19、静岡県袋井市鷲巣字西ノ谷15番21
         ③ 土地面積     19,021.31㎡
         ④ 取得価額     476百万円
         ⑤ 取得時期     平成30年3月30日
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当第3四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)
       が判断したものであります。
         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業の設備投資や輸出が堅調に推移するなか、雇用・所得環
        境の改善を背景に、個人消費が低調ながら持ち直しの動きを見せ、緩やかな景気回復基調が続いてまいりました。
         このような環境のなか、当社グループ                  (当社及び連結子会社)           は引続き「差別化戦略の推進・将来への布石・強
        固な経営基盤の構築」を経営方針として掲げ、特定市場でトップシェアを狙うNO.1商品や独自性のあるオンリー
        ワン商品の開発に取り組むとともに、他社にないサービスや顧客との密度の高いコミュニケーションにより、競争
        優位を基礎とした経営基盤作りに努めてまいりました。さらに、未来への投資として、戦略商品の育成や新規顧客
        開拓、海外を含めた新たな市場の開拓に注力してまいりました。また、平成29年8月1日に、当社の100%子会社
        でありましたコラムジャパン株式会社を吸収合併し、物流業務の内製化等、事業運営の効率化を進めてまいりまし
        た。
         この結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は5,595百万円(前年同四半期比0.6%増)となりました。
         損益面では、国内の顧客開拓を強化、海外の市場開拓に向けた先行投資のため                                     広告宣伝費を積極投下したこと
        や、配送業者による配送料金の値上げの影響により、                         営業利益は223百万円(同27.1%減)、経常利益は236百万円
        (同35.3%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は278百万円(同15.4%減)となりました。
         セグメント別の業績は、次のとおりであります。
         なお、売上高については、セグメント間取引の調整後の数値であり、セグメント利益については、セグメント間
        取引の調整前の数値であります。
         (小売事業)
          小売事業におきましては、「メタボメ茶」や「ダイエットプーアール茶」等主力商品に加え、「チョウ活宣言
         ®活性フローラ」等の継続利用が見込まれる商品を展開し、新規顧客の開拓や定期会員の確保に注力するととも
         に、新ブランドとしてお茶の成分を使用した基礎化粧品「teatea(ティアティア)」を発売いたしました。EC
         市場におきましては、大手外部モールにて当社商品のシェア拡大を進め、楽天市場にて「楽天ショップ・オブ・
         ザ・イヤー2017」のダイエット・健康部門ジャンル賞を受賞、そのほかネットショップ関連の賞を受賞しており
         ます。海外販売におきましては、台湾を中心としたアジア圏の販路拡大に取り組んでまいりました。
          この結果、売上高は3,995百万円(前年同四半期比0.9%減)、セグメント利益は、台湾での事業拡大に向けた
         先行投資や国内配送料金の値上げ等により、129百万円(同36.8%減)となりました。
         (卸売事業)

          卸売事業では、主力となる北欧寝具ブランド「Danfill(ダンフィル)」から新商品を発売したほか、独自の
         あたたか素材を使用した衣類「Le                bois(ルボア)」の品揃え拡充や、顧客ニーズに対応した商品開発、商品
         パッケージの刷新等により、他社との差別化、ブランドの強化を推進してまいりました。また、ブランド毎に展
         示会に出展し、販路開拓に努めたほか、欧州の商品展示会に参加し新商材開拓に取り組むとともに、販売先の業
         務縮小等により売上が伸び悩んだ商材については、販路の見直しを進めてまいりました。
          この結果、売上高は1,540百万円(前年同四半期比3.5%増)、セグメント利益は、利益率の高いインテリア雑
         貨の販売鈍化に伴う売上原価率の悪化、取引先の経営不振に伴う法的処置による貸倒引当金の増加等により、46
         百万円(同23.4%減)となりました。
                                  3/16


                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
         (不動産賃貸事業)

          不動産賃貸事業では、立地条件の良さから倉庫の賃貸を推し進め                              賃貸エリアを拡大いたしました。その結果、
         売上高は60百万円(前年同四半期比32.1                   %増  )、セグメント利益は51百万円(同29.2                   %増  )となりました。
          なお、平成30年3月30日に新たに当社物流センターに隣接する土地及び建物を購入いたしました。既にテナン
         トが入居している倉庫の承継物件であることから、今後収益不動産として本事業に寄与いたします。
       (2)財政状態の分析

        ① 資産
         当第3四半期連結会計期間末の資産合計は、5,480百万円(前連結会計年度末比50百万円増)となりました。
         流動資産の減少(同381百万円減)は、主にたな卸資産が31百万円、有価証券が28百万円、流動資産のその他が
        107百万円増加したものの、現金及び預金が555百万円減少したことによるものであります。
         固定資産の増加       (同431百万円増)は、主に収益不動産の取得により有形固定資産の土地が433百万円、有形固定
        資産のその他が21百万円増加したことによるものであります。
        ② 負債

         当第3四半期連結会計期間末の負債合計は、1,156百万円(前連結会計年度末比86百万円減)となりました。
         流動負債の減少       (同2百万円減)        は、主に賞与引当金が44百万円増加したものの、買掛金が17百万円、前事業年
        度に係る法人税等の支払により未払法人税等が35百万円減少したことによるものであります。
         固定負債の     減少(同84百万円減)          は、主に長期借入金が74百万円、固定負債のその他が16百万円減少したことに
        よるものであります。
        ③ 純資産

         当第3四半期連結会計期間末の純資産合計は、4,324百万円(前連結会計年度末比137百万円増)となり、この結
        果、自己資本比率は78.9%となりました。
         純資産の増加は、主に利益剰余金が133百万円増加したことによるものであります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題について、重要な変更
        はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  4/16










                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          14,000,000

                  計                                14,000,000

        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末現                         上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                           (平成30年6月13日)
               (平成30年4月30日)                        取引業協会名
                                                   完全議決権株式で
                                                   あり、権利関係に
                                                   何ら限定のない当
                                                   社における標準と
                                         東京証券取引所
     普通株式               4,250,000            4,250,000
                                          市場第一部         なる株式でありま
                                                   す。なお、1単元
                                                   株式数は100株であ
                                                   ります。
         計            4,250,000            4,250,000           -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総       発行済株式総                      資本準備金増       資本準備金残
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日        数増減数       数残高                      減額       高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成30年2月1日~
                       -    4,250,000           -     356,625          -     326,625
     平成30年4月30日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成30年1月31日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年4月30日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容

      無議決権株式

                           -           -              -
      議決権制限株式(自己株式等)

                           -           -              -
      議決権制限株式(その他)

                           -           -              -
      完全議決権株式(自己株式等)

                           -           -              -
                                             完全議決権株式であり、権利関
                                             係に何ら限定のない当社におけ
      完全議決権株式(その他)                 普通株式      4,248,200
                                         42,482    る標準となる株式であります。
                                             なお、1単元株式数は100株であ
                                             ります。
      単元未満株式                 普通株式            1,800
                                      -              -
      発行済株式総数

                            4,250,000          -              -
      総株主の議決権

                           -              42,482           -
      (注)    「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式96株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年4月30日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
     所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                 に対する所有株
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    式数の割合(%)
          -           -          -        -        -        -
           計            -          -        -        -        -

      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
        役職の異動
      新役名          新職名          旧役名          旧職名           氏名       異動年月日
                                            萩原    俊彦

     常務取締役            -        常務取締役         経営企画部長                  平成30年4月1日
                                  6/16






                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年2月1日から平
       成30年4月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年8月1日から平成30年4月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年7月31日)              (平成30年4月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,747,933              1,192,366
         現金及び預金
                                        719,194              723,726
         受取手形及び売掛金
                                           -            28,000
         有価証券
                                        644,034              676,001
         たな卸資産
                                        108,469              216,156
         その他
                                        △ 13,768             △ 11,985
         貸倒引当金
                                       3,205,863              2,824,266
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       1,035,700              1,469,435
          土地
                                        461,824              482,882
          その他(純額)
                                       1,497,525              1,952,318
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         6,652                -
          のれん
                                         59,444              55,202
          その他
                                         66,096              55,202
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        211,956              209,759
          投資有価証券
                                        452,572              450,750
          その他
                                        △ 3,379             △ 11,428
          貸倒引当金
                                        661,148              649,082
          投資その他の資産合計
                                       2,224,770              2,656,603
         固定資産合計
                                       5,430,634              5,480,869
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        167,855              150,245
         買掛金
                                         99,996              108,329
         1年内返済予定の長期借入金
                                         54,631              19,171
         未払法人税等
                                         51,627              95,651
         賞与引当金
                                         9,220              10,270
         役員賞与引当金
                                         11,772               3,052
         ポイント引当金
                                        361,964              368,090
         その他
                                        757,066              754,810
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                                200,012              125,015
                                         58,734              65,732
         退職給付に係る負債
                                        227,734              210,993
         その他
                                        486,480              401,740
         固定負債合計
                                       1,243,546              1,156,550
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        356,625              356,625
         資本金
                                        326,625              326,625
         資本剰余金
                                       3,492,944              3,626,727
         利益剰余金
                                         △ 102             △ 102
         自己株式
                                       4,176,091              4,309,874
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         11,974              15,271
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 979             △ 826
         為替換算調整勘定
                                         10,995              14,445
         その他の包括利益累計額合計
                                       4,187,087              4,324,319
       純資産合計
                                       5,430,634              5,480,869
      負債純資産合計
                                  8/16


                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年8月1日              (自 平成29年8月1日
                                至 平成29年4月30日)               至 平成30年4月30日)
      売上高                                  5,565,058              5,595,679
                                       1,933,388              1,988,370
      売上原価
                                       3,631,669              3,607,308
      売上総利益
                                       3,324,586              3,383,402
      販売費及び一般管理費
                                        307,082              223,906
      営業利益
      営業外収益
                                         1,413               938
       受取利息
                                           317              285
       受取配当金
                                         45,954               5,062
       デリバティブ評価益
                                           -             5,557
       償却債権取立益
                                         21,228               8,260
       その他
                                         68,913              20,105
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           476              378
       支払利息
       上場関連費用                                  7,500                -
                                                      ※2 5,394
                                           -
       行政処分対応費
                                         2,685              1,925
       その他
                                         10,661               7,698
       営業外費用合計
                                        365,334              236,313
      経常利益
      特別利益
                                           13              -
       固定資産売却益
                                        ※1 95,512
                                                         -
       補助金収入
                                           -              852
       保険解約返戻金
                                         3,000                -
       受取保険金
                                         98,525                852
       特別利益合計
      特別損失
                                         8,767               329
       固定資産除却損
                                         8,767               329
       特別損失合計
                                        455,092              236,836
      税金等調整前四半期純利益
                                        126,216              △ 41,443
      法人税等
                                        328,875              278,279
      四半期純利益
                                        328,875              278,279
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                  9/16








                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年8月1日              (自 平成29年8月1日
                                至 平成29年4月30日)               至 平成30年4月30日)
                                        328,875              278,279
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         8,120              3,296
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 933              152
       為替換算調整勘定
                                         7,187              3,449
       その他の包括利益合計
                                        336,063              281,729
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        336,063              281,729
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 10/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         連結の範囲の重要な変更
          当社の連結子会社でありましたコラムジャパン株式会社は、平成29年8月1日付で当社を存続会社とする吸
         収合併により消滅したため、第1四半期連結会計期間より連結の範囲から除外しております。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※1 補助金収入
          前第3四半期連結累計期間(自 平成28年8月1日 至 平成29年4月30日)
           物流センター取得に係る袋井市産業立地事業費補助金であります。
         ※2 行政処分対応費

          当第3四半期連結累計期間(自 平成29年8月1日 至 平成30年4月30日)
           消費者庁からの措置命令に対応する費用等であります。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自    平成28年8月1日           (自    平成29年8月1日
                                  至   平成29年4月30日)            至   平成30年4月30日)
           減価償却費                             44,984千円              46,492千円
           のれんの償却額                             19,958               6,652
                                 11/16













                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成28年8月1日          至   平成29年4月30日)
           1.配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
         (決議)                      配当額
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                               (円)
       平成28年10月27日
                         118,998         28
                普通株式                    平成28年7月31日         平成28年10月28日         利益剰余金
        定時株主総会
       平成29年3月3日

                         72,249         17
                普通株式                    平成29年1月31日         平成29年4月7日         利益剰余金
         取締役会
           2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期

            間の末日後となるもの
             該当事項はありません。
           3.株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
         Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成29年8月1日          至   平成30年4月30日)

           1.配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
         (決議)       株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                               (円)
       平成29年10月25日
                         72,248         17
                普通株式                    平成29年7月31日         平成29年10月26日         利益剰余金
        定時株主総会
       平成30年3月5日

                         72,248         17
                普通株式                    平成30年1月31日         平成30年4月9日         利益剰余金
         取締役会
           2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期

            間の末日後となるもの
             該当事項はありません。
           3.株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
                                 12/16










                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成28年8月1日          至   平成29年4月30日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                          報告セグメント
                                                 調整額     損益計算書
                                           合計
                                                (注)1       計上額
                   小売事業        卸売事業      不動産賃貸事業
                                                       (注)2
     売上高
                    4,031,066        1,488,254          45,737     5,565,058          -   5,565,058
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                      3,516        16,901         3,420      23,837     △ 23,837        -
      売上高又は振替高
                    4,034,582        1,505,156          49,157     5,588,896       △ 23,837     5,565,058
          計
                     204,511         61,023        40,127      305,662       1,420     307,082
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額1,420千円は、セグメント間取引消去等であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
          3.報告セグメントの変更等に関する事項

            当連結会計年度末より、「その他」で区分していた不動産賃貸事業について、量的な重要性が増したた
           め、報告セグメントとして記載する方法に変更しております。これに伴い、当第3四半期連結累計期間の数
           値を変更後のセグメント区分に組替えた数値で記載しております。
         Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成29年8月1日          至   平成30年4月30日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                          報告セグメント
                                                 調整額     損益計算書
                                           合計
                                                (注)1       計上額
                   小売事業        卸売事業      不動産賃貸事業
                                                       (注)2
     売上高
                    3,995,123        1,540,121          60,433     5,595,679          -   5,595,679
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                        34        527         -      561     △ 561       -
      売上高又は振替高
                    3,995,157        1,540,649          60,433     5,596,241        △ 561   5,595,679
          計
                     129,210         46,771        51,838      227,820      △ 3,913     223,906
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額△3,913千円は、セグメント間取引消去等であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
                                 13/16





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
        (金融商品関係)
         四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
        (有価証券関係)

         四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
        (デリバティブ取引関係)

         四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
        (企業結合等関係)

         該当事項はありません。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、次のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自    平成28年8月1日            (自    平成29年8月1日
                                至   平成29年4月30日)             至   平成30年4月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                  77円38銭               65円47銭
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                 328,875               278,279
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                       328,875               278,279
      益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                  4,249               4,249
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         (多額な資金の借入)
          当社は、平成30年4月13日開催の取締役会おいて、資金の借入を行うことについて決議し、下記のとおり借
         入を実行しております。
         1.株式会社静岡銀行

         (1)借入の使途:不動産取得に係る設備投資資金
         (2)借入金額:280,000千円
         (3)借入条件:固定金利
         (4)借入の実施時期:平成30年5月31日
         (5)借入の返済期限:平成35年5月31日
         (6)担保提供資産:無し
         2.株式会社三菱UFJ銀行

         (1)借入の使途:不動産取得に係る設備投資資金
         (2)借入金額:200,000千円
         (3)借入条件:固定金利
         (4)借入の実施時期:平成30年5月31日
         (5)借入の返済期限:平成35年5月31日
         (6)担保提供資産:無し
      2【その他】

        第35期(平成29年8月1日から平成30年7月31日まで)中間配当につきましては、平成30年3月5日開催の取締役
       会において、      平成30年1月31日の株主名簿に記録された株主に対し、                          次のとおり中間配当を行うことを決議いたしま
       した。
        (1)配当金の総額                    72百万円
        (2)1株当たりの金額                  17円00銭
        (3)支払請求権の効力発生日及び支払開始日    平成30年4月9日
                                 14/16


                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                      ティーライフ株式会社(E26322)
                                                             四半期報告書
                独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成30年6月8日

     テ  ィ  ー  ラ  イ  フ  株  式  会  社
        取   締   役   会   御   中
                          有限責任監査法人         ト   ー   マ   ツ

                           指定有限責任社員

                                    公認会計士       早   稲   田    宏
                                                         印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                    公認会計士       酒   井    博   康
                                                         印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているティーライフ

     株式会社の平成29年8月1日から平成30年7月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年2月1日か
     ら平成30年4月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年8月1日から平成30年4月30日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
     半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ティーライフ株式会社及び連結子会社の平成30年4月30日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以   上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告
          書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。