ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド 半期報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                  半期報告書

     【提出先】                  関東財務局長

     【提出日】                  平成30年6月6日

     【中間会計期間】                  自 2017年10月1日 至 2018年3月31日

     【会社名】                  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド

                      (ABN   12  004  044  937)
                      (National      Australia      Bank   Limited)
                      (ABN   12  004  044  937)
     【代表者の役職氏名】                  最高財務責任者

                      (Chief    Financial      Officer)
                      ゲイリー・レノン
                      (Gary   Lennon)
     【本店の所在の場所】                  オーストラリア連邦 ビクトリア州 3008 ドックランズ

                      バークストリート 800 1階
                      (Level    1,   800  Bourke    Street,     Docklands,      Victoria,      3008,
                      Australia)
     【代理人の氏名又は名称】                  弁護士  梅 津  立

     【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング

                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                  03  ―6775―1000

     【事務連絡者氏名】                  弁護士 中村 慎二

                      弁護士 大木 彩衣里
                      弁護士 上石 涼太
                      弁護士 今枝 泰郎
     【連絡場所】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング

                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                  03  ―6775―1000

     【縦覧に供する場所】                  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド東京支店

                      ( 東京都中央区日本橋室町2丁目2番1号
                      室町東三井ビルディング18階)
                                   1/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第一部      【企業情報】

      (注)   1 本書において、別段の記載がある場合を除き、「当社」とはナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッドを

          指し、「当社グループ」とは全体としてみたナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッドおよびその被支配
          会社を指す。別段の記載がある場合を除き、本書に記載されている情報は、平成30年5月3日(本国における当社
          の半期報告書(2018         Half   Year   Results)の作成日)現在のものである。
        2 本書に記載の「豪ドル」及び「ドル」は、別段の記載がある場合を除き、オーストラリア・ドルを指す。本書にお
          いて便宜上記載されている日本円への換算は、1豪ドル=82.02円の換算率(平成30年5月7日現在の株式会社三菱
          UFJ銀行における対顧客電信直物売買相場仲値)により換算されている。
        3 本書中の表で計数が四捨五入されている場合、合計は計数の総和と必ずしも一致しない。
        4 本書は2017年度有価証券報告書および本国における半期報告書(2018                                  Half   Year   Results)と合わせて読まれるもの
          とする。
        5 本書の表における「大」とは、100%を超える割合を指す。
        6 将来の見通しに関する記述
          本報告書(「第2-2 事業の内容」の「戦略の促進」を含むがこれに限定されない。)には、1934年米国証券取
          引所法第21E条で定義された一定の「将来の見通しに関する記述」が含まれている。1995年米国証券民事訴訟改革
          法は、企業が訴訟リスクを負うことなく当該企業に関する予測情報を発表するのを促す目的で、当該予測情報が将
          来の見通しであることが見分けられるようにし、かつ、実際の結果を当該予測情報の内容から大幅に異ならせる可
          能性のある重要な諸要因をしかるべき注意書きにおいて識別している場合には、その限りにおいて将来の見通しに
          関する情報についてセーフハーバーを設けている。従って、「予想する」、「確信する」、「期待する」、「計画
          する」、「予測する」、「予定する」、「だろう」、「可能性がある」、「~ことがある」、「目標とする」、
          「目標」、「目的」、「計画」、「展望」、その他同様の用語は、将来の見通しに関する記述に関連して使用され
          ている。
          本報告書の「第2-2 事業の内容」の「戦略の促進」は、一定の将来の見通しに関する記述を含む当社グループ

          の戦略的課題に関する一定のイニシアティブ(「本プログラム」)を説明している。これらの記述は、以下を含む
          多くのリスク、推定および制限に服している。(1)詳細な事業計画は本プログラム全体については展開されてお
          らず、本プログラムの範囲およびコストの全体は計画の展開および第三者の関与によって変化することがあるこ
          と。(2)順序立っており、統制され、かつ効果的な方法で、また関連するプロジェクトおよび事業計画(展開
          後)に基づいて本プログラムを実行および管理する当社グループの能力。(3)本プログラムの計画(CTIおよび
          ROEの目標に関しては、現在の本プログラムの計画の改善の拡大を含む。)に基づいて生産性イニシアティブを実
          行し、業務上のシナジー、費用節減および収益の恩恵を実現する当社グループの能力。(4)内部純フルタイム相
          当従業員削減目標を達成する当社グループの能力。(5)本プログラムのイニシアティブを達成するために必要な
          技能および経験を有するフルタイム相当従業員および契約社員を採用し、留任させる当社グループの能力。(6)
          当社グループの財務実績またはオーストラリアおよびニュージーランドにおける経済状況を含む経営環境の重大な
          変化、金融市場および当社グループの資金調達能力および当該資金調達コストの変化、競争の激化、金利の変化、
          顧客行動の変化がないこと。(7)法令の変更、または当社グループの資本および流動性要件に関するものを含
          む、規制政策もしくは解釈の変更がないこと。(8)フルタイム相当従業員の費用節減および人員整理費用の計算
          のため、当社グループは、グループ全体の平均に基づいてフルタイム相当従業員の平均費用を負担しており、当該
          費用は、特定の生産性イニシアティブまたは個別の従業員給付金を参照して計算されたものではないこと。(9)
          予定されている当社の資産運用業務(JBウェアおよびナブトレードを除く。)の処分が本プログラムの時期、範囲
          およびコストに影響を及ぼす可能性があること(ただし、現時点で影響を数値化することはできない。)。
          実際の結果が本報告書中の将来の見通しに関する記述と大きく異ならないという保証はない。

                                   2/106






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第1    【本国における法制等の概要】
      当上半期中、重要な変更はなかった。平成30年1月5日提出の2017年度有価証券報告書を参照のこと。

                                   3/106



















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第2    【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      下表は、報告対象期間における当社グループの営業成績の重要事項を示しており、本書第一部、第6記載の財務

     書類と合わせて読まれるべきである。
      国際財務報告基準のオーストラリア版(IFRS)に基づく経営指標-2018年度上半期、2017年度上半期および2016年

      度上半期ならびに2017事業年度および2016事業年度
                                  当社グループ

                2018年3月31日         2017年9月30日         2017年3月31日         2016年9月30日         2016年3月31日
                  に 終了した        に終了した         に終了した         に終了した         に終了した
                  6ヶ月間         事業年度         6ヶ月間         事業年度         6ヶ月間
     税引  前利益
                      4,058         8,661         3,984         8,978         4,484
           (1)
     (百万豪ドル)
     当社株主に帰属する
     当期純利益/(損失)
                      2,583         5,285         2,545          352       (1,742)
           (1)
     (百万豪ドル)
     払込資本
                     35,702         34,627         34,341         34,285         32,666
           (2)
     (百万豪ドル)
     払込資本を構成する
     発行済証券総数
                 2, 735  ,047,011      2,696,269,306         2,685,546,910         2,667,929,953         2,605,837,366
     (2)
                 (2,722,925,747)         (2,685,469,050)         (2,675,423,653)         (2,656,975,856)         (2,644,943,485)
     (内 全額払込済普
     通株式総数)(株)
     純資産
                     52,401         51,317         50,856         51,315         50,082
           (3)
     (百万豪ドル)
     資産合計
                     796,068         788,325         789,320         776,710         868,730
     (百万豪ドル)
     総自己資本比率
                     14.43   %      14.58%         14.71%         14.14%         13.25%
     (4)
         (1)(5)
                     96.9  %       79.4%         79.9%         80.8%         80.9%
     配当性向
     従業員数
     (フルタイム相当)
                     33,944         33,422         33,552         34,263         34,780
     (1)(6)
     (1)
        情報は、継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       「払込資本」および「払込資本を構成する発行済証券総数」は、(ⅰ)全額払込済普通株式、(ⅱ)一部払込済普通株式、
       (iii)優先株式、(iv)ナショナル・インカム・セキュリティーズ(「NIS」)および(v)信託優先証券から成る。ナショナ
       ル・キャピタル・インストルメンツは2016年10月4日に全額償還された。「第5-1                                         株式等の状況」を参照のこと。
       「払込資本を構成する発行済証券総数」は、(2016年7月1日の承継ファンド合併まで)当社グループの連結投資業務に
       おいて保有されていた自己株式および従業員インセンティブ制度の要件を満たすために当社グループの被支配会社により
       信託保管されている自己株式について調整されている。株価の変動から生じた値洗い価値の未実現変動、配当収益および
       当社グループの連結投資業務により保有されていた株式の売却から発生した実現損益は、法定報告上除外されている。
     (3)
        純資産額は、資産合計から負債合計を引いたものである。
                                   4/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     (4)
        オーストラリア健全性規制庁(「APRA」)                    の定義による      。
     (5)
        配当性向は、当該期間の配当額を継続事業からの現金収益ベースの1株当たり利益で除して計算されている。当社グ
       ループの現金収益の詳細については、「第6-1 中間財務書類」の注記2「セグメント情報」を参照のこと。
     (6)
        フルタイム相当従業員(「FTE」)数には、パートタイム従業員(フルタイム換算済)および従業員名簿に記載されてい
       ないフルタイム相当従業員(契約社員等)が含まれる。
     2  【事業の内容】

           (1)
     戦略の促進
       2017年11月、当社は生産性に注力しつつ成長を可能とする戦略を促進することを発表した。
       当社グループは、この戦略の促進が以下を含む利益をもたらすと期待している。

       ● デジタル経路で提供されるより少数かつ簡略化された商品の提供による、顧客経験価値の改善。
       ● 当社グループがプロセスを大幅に簡略化および自動化し、調達コストおよび第三者コストを削減し、より
          フラットな組織構造をもって顧客との距離を縮めることによる、累積費用の節減(現時点で2020年9月
          30日までに10億豪ドル超を目標とする)。
       ● 顧客維持率の上昇および目標とするマーケットシェアの獲得による収益の増加。
       ● 簡略化された、より反応が速くかつ強靱な技術環境によるオペレーショナルリスクおよび規制リスクの削
          減。
       当社は、これらの利益の顧客への提供を可能とするために労働力を再形成している。2020事業年度末までに

      6,000のポジションが影響を受けると予想されるところ、2018年4月末までに合計1,052名のフルタイム相当従業
      員(「FTE」)が当社を退職した。当社は、2,000の新たな雇用を創出する目標に向けて、93名のFTEを新たに雇
      用した。2020年9月30日までに約4,000名を目標としている人員の予想純減数合計は、当社の物理的フットプリ
      ントおよびプロセスの見直しへの取り組みとともに、当上半期において755百万豪ドル(税引後で530百万豪ド
      ル)の再編成関連費用を発生させた。
       加速された投資の影響を反映して、来年度通年の費用は5%から8%増加すると予想されており、2020年9月

      30日までの期間を通じて費用を概ね横ばいに留めることが目標とされる(再編成引当金および多額の臨時費用を
      除く。)。
     助言、プラットフォーム・年金および資産運用業務の処分の可能性

       2018年5月3日、当社は助言、プラットフォーム・年金および資産運用業務の処分を追求する意思を発表し
      た。当社は、トレードセールの選択肢を検討する柔軟性を維持しつつ、会社分割および株式公開を含む公開市場
      での選択肢を通じて2019年末までの分離を目標としている。潜在取引は市況ならびに取締役会および規制当局に
      よる所要の承認に服する。
     (1)

        前述「第一部 企業情報」、(注)6「将来の見通しに関する記述」に関する主要なリスク、留保および推定を参照のこ
       と。
                                   5/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     3  【関係会社の状況】
       2017年度有価証券報告書提出日以降本半期報告書提出日まで標記の事項について報告すべき重要な変更はな
      かった。
     4  【従業員の状況】

      フルタイム相当従業員

                                           2018  年3月   対   2018  年3月   対

                     2018  年3月     2017  年9月     2017  年3月
                                            2017  年9月      2017  年3月
                      31 日現在      30 日現在      31 日現在
                                             (%)        (%)
     フルタイム相当従業員(FTE)
                        33,944       33,422       33,552         1.6        1.2
     数合計
     半期中の平均フルタイム相当従
                        33,904       33,464       34,001         1.3       (0.3)
     業員(FTE)数
                                   6/106















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第3    【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

       第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。
     2  【生産、受注および販売の状況】

       第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。
     3  【対処すべき課題】

       第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および「第6-1 中間財務書類」の
      注記14「偶発債務」を参照のこと。
       第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および注記14「偶発債務」には、2018
      年3月31日現在の情報が記載されている。第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
      析」および注記14「偶発債務」で開示された情報の最新版(2018年3月31日時点)は、「第6-2 その他」お
      よび「第6-1 中間財務書類」の注記16「後発事象」に記載されている。
     4  【事業等のリスク】

       2017年度有価証券報告書提出日以降本半期報告書提出日までに、事業等のリスクに関する重要な変更は生じて
      いない。
     5  【経営上の重要な契約等】

       経営上の重要な契約はない。
     6  【研究開発活動】

       第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。
       2018年のソフトウェアへの投資の概要は、第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分

      析」、「のれんおよびその他無形資産」に記載されている。
                                   7/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     概況
      当社グループは、包括的かつ統合的な範囲の金融商品およびサービスを提供している国際的金融サービスグルー
     プである。
      当社の歴史は、1858年のザ・ナショナル・バンク・オブ・オーストラレイシアの創業にさかのぼる。ナショナ

     ル・オーストラリア・バンク・リミテッドは、1893年6月23日に、当社の主たる所在地であるオーストラリアにお
     いて設立された株式公開会社である。
      2018  年3月31日現在、当社グループは、全世界で、

     -796,068百万豪ドルの資産合計
     -1,395億豪ドルの運用・管理資産
     -33,944名のフルタイム相当従業員
     を有していた。
                      (1)

     グループの事業および業績の概観
     財務分析
     当上半期と前年同期との比較

      現金収益     は、再編成関連費用の影響を受けて、535百万豪ドルすなわち16.2%減少した。再編成関連費用を除く
     と、現金収益は、その多くが技術力に対する投資の増加および給与の増加に起因する営業費用の増加ならびにマー
     ケット業務のトレーディング収益の減少およびトレジャリー業務のリスク管理収益の減少が主因となり、5百万豪
     ドルすなわち0.2%減少した。この結果は、貸付の伸びによる収益の増加および金利再設定業務の通年の影響によ
     り大部分が相殺された。
      平均リスク加重資産に対する現金収益の比率                       は、再編成関連費用の影響を受けて、27ベーシス・ポイント低下し

     た。再編成関連費用を除くと、平均リスク加重資産に対する現金収益の比率は1ベーシス・ポイント上昇した。こ
     の上昇は平均リスク加重資産の減少を主因としてもたらされた。
      純利息収益      は、357百万豪ドルすなわち5.6%増加した。この結果には、その他営業収益における経済的ヘッジの

     変動により相殺された41百万豪ドルの減少が含まれる。この変動を除くと、基礎的増加分は、金利再設定業務およ
     び資金調達コストの減少と併せて、住宅貸付高および事業貸付高双方の増加によってもたらされた。これらの変動
     は、競争圧力および住宅貸付マージンに対する商品構成の影響ならびに銀行税の影響により、一部相殺された。
                                   8/106






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      その他営業収益        は、133百万豪ドルすなわち5.4%減少した。この結果には、純利息収益により相殺された経済的
     ヘッジの変動に起因する41百万豪ドルの増加が含まれる。基礎的減少分の主な要因は、マーケット業務のトレー
     ディング収益の減少およびトレジャリー業務におけるリスク管理収益の減少であるが、顧客リスク管理商品の売上
     の増加により一部相殺された。
      営業費用     は、755百万豪ドルの再編成関連費用の影響を受けて、959百万豪ドルすなわち25.3%増加した。再編成

     関連費用を除くと、営業費用は新規顧客および技術力に対する投資の増加ならびに年間給与の増加により、204百
     万豪ドルすなわち5.4%増加した。この結果は、生産性向上からの利益により一部相殺された。
      信用減損費用       は、法人・機関投資家向け銀行業務における減損する大口エクスポージャーの数の減少および事業

     者向け・プライベートバンキング業務における費用の減少を主因として、21百万豪ドルすなわち5.3%減少した。
     この結果は、予定されるモデル変更のための一括引当金の増加および対象セクターに係る将来を見通した調整
     (「FLA」)により一部相殺された。
     当上半期と前年下半期との比較

      現金収益      は、再編成関連費用の影響を受けて、589百万豪ドルすなわち17.6%減少した。再編成関連費用を除く
     と、現金収益は、その多くが顧客および技術力に対する投資の増加に起因する営業費用の増加を主因として59百万
     豪ドルすなわち1.8%減少した。この結果は、貸付の増加および金利再設定業務からの利益の増加がトレーディン
     グ収益の増加と相俟って、一部相殺された。
      平均リスク加重資産に対する現金収益の比率                        は、再編成関連費用の影響を受けて、31ベーシス・ポイント低下し

     た。再編成関連費用を除くと、平均リスク加重資産に対する現金収益の比率は3ベーシス・ポイント低下した。こ
     の低下は前述の現金収益の減少および概ね横ばいであった平均リスク加重資産によってもたらされた。
      純利息収益      は、23百万豪ドルすなわち0.3%減少した。この結果には、その他営業収益における経済的ヘッジの

     変動により相殺された81百万豪ドルの減少が含まれる。この変動を除くと、基礎的増加分は、住宅貸付高および事
     業貸付高双方の増加が良好な資金調達コストを主因とするマージンの増加(マーケッツ・アンド・トレジャリー業
     務の影響を除く。)と相俟ってもたらされたが、銀行税の通年の影響により一部相殺された。過年度の金利再設定
     業務からの利益は、住宅貸付マージンに対する競争圧力および商品構成の影響を相殺した。
                                   9/106








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      その他営業収益        は、90百万豪ドルすなわち4.0%増加した。この結果には、経済的ヘッジの変動に起因する81百
     万豪ドルの増加が含まれるが、純利息収益において相殺された。基礎的増加分の主な要因は、法人・機関投資家向
     け銀行業務の手数料収入の増加および顧客リスク管理商品の売上の増加である。この結果は、前事業期間における
     資産運用子会社の一部売却に起因する収益の減少により一部相殺された。
      営業費用     は、755百万豪ドルの再編成関連費用の影響を受けて、894百万豪ドルすなわち23.2%増加した。再編成

     関連費用を除くと、営業費用は、顧客および技術力に対する投資の増加、インセンティブ報酬の常態化ならびに年
     間給与の増加の影響により、139百万豪ドルすなわち3.6%増加した。この結果は、生産性向上からの利益により一
     部相殺された。
      信用減損費用       は、事業者向け・プライベートバンキング業務における費用の減少を主因とする個別信用減損費用

     の減少によって、43百万豪ドルすなわち10.3%減少した。一括信用減損費用は前年下半期から概ね横ばいであっ
     た。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
                                  10/106














                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
          (1)
     純利息収益
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                                              3月終了       3月終了
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              対2017年       対2017年
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              9月終了       3月終了
                                               (%)      (%)
     純利息収益
                             6,750       6,773      6,393        (0.3)       5.6
     (百万豪ドル)
     期中平均利付資産
                             725.1       718.2      704.3        1.0      3.0
     (十億豪ドル)
                                                 (1  bp)     5 bps
     純利息マージン(%)                        1.87      1.88       1.82
     当上半期と前年同期との比較

      純利息収益      は、357百万豪ドルすなわち5.6%増加した。この結果には、その他営業収益における経済的ヘッジの
     変動により相殺された41百万豪ドルの減少が含まれる。この変動を除くと、基礎的増加分は、以下の要因に起因し
     ている。
     -オーストラリアおよびニュージーランドにおいて当社グループが優先セグメントに注力したことを反映した、住
      宅貸付高および事業貸付高の増加
     -オーストラリアおよびニュージーランドにおける住宅貸付および事業貸付のポートフォリオの金利再設定
     -預金コストの減少およびホールセール資金調達コストの減少を反映した、資金調達および流動性コストの減少
      基礎的増加分は以下の要因により一部相殺された。

     -2017年度最終四半期に導入された銀行税の影響
     -住宅貸付マージンに影響を及ぼした競争圧力および商品構成の影響
     -低金利環境を反映した、利益率の低下による資本投資収益の減少
                                  11/106










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      純利息収益      は、23百万豪ドルすなわち0.3%減少した。この結果には、その他営業収益における経済的ヘッジの
     変動により相殺された81百万豪ドルの減少が含まれる。この変動を除くと、基礎的増加分は、以下の要因に起因し
     ている。
     -オーストラリアおよびニュージーランドにおいて当社グループが優先セグメントに注力したことを反映した、住
      宅貸付高および事業貸付高の増加
     -オーストラリアおよびニュージーランドにおける住宅貸付および事業貸付のポートフォリオの金利再設定
     -資金調達コストおよび流動性コストの減少
      基礎的増加分は以下の要因により一部相殺された。

     -2017年度最終四半期に導入された銀行税の通年の影響
     -住宅貸付マージンに影響を及ぼした競争圧力および商品構成の影響
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
             (1)

     純利息マージン
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2017年       対2017年
                           (%)      (%)       (%)
                                              9月終了       3月終了
                                                 (1  bp)     5 bps
     当社グループの純利息マージン                        1.87      1.88       1.82
     事業者向け・プライベートバンキング

                                                 6 bps     13  bps
                             2.97      2.91       2.84
     業務
                                                (4  bps)     3 bps
     消費者金融・資産運用業務                        2.06      2.10       2.03
                                                (5  bps)     (2  bps)
     法人・機関投資家向け銀行業務                        0.79      0.84       0.81
                                                 3 bps     9 bps
     ニュージーランド銀行業務                        2.24      2.21       2.15
     当上半期と前年同期との比較

      当社グループの         純利息マージン        は、以下に起因して、5ベーシス・ポイント上昇した。
     -前年上半期に生じた住宅抵当貸付の金利再設定を主因として、貸付マージンが7ベーシス・ポイント上昇。
     -預金コストの減少およびホールセール資金調達コストの減少によってもたらされた資金調達コストおよび流動性
      コストの減少に起因して、6ベーシス・ポイント上昇。
     -2017年度最終四半期に導入された銀行税の影響に起因して、5ベーシス・ポイント低下。
     -低金利環境による資本に対する利益率の低下に起因して、1ベーシス・ポイント低下。
     -トレジャリー業務およびヘッジ業務からの純利息収益の減少(その他営業収益において大幅に相殺された。)な
      らびにマーケット業務の純利息収益の減少に起因して、マーケッツ・アンド・トレジャリー業務において2ベー
      シス・ポイント低下。
                                  12/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      当社グループの         純利息マージン        は、以下に起因して、1ベーシス・ポイント低下した。
     -預金コストの減少およびホールセール資金調達コストの減少を原因とした、資金調達コストの減少に起因して、
      4ベーシス・ポイント上昇。
     -銀行税の通年の影響に起因して、3ベーシス・ポイント低下。
     -トレジャリー業務のヘッジ業務からの純利息収益の減少(その他営業収益において大幅に相殺された。)および
      マーケット業務の純利息収益の減少に起因して、マーケッツ・アンド・トレジャリー業務において2ベーシス・
      ポイント低下。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
             (1)

     その他営業収益
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               (%)      (%)
     手数料等                       1,088       1,060      1,071        2.6      1.6
     トレーディング収益                        610      519       721       17.5      (15.4)
     その他収益                        645      674       684       (4.3)       (5.7)
     その他営業収益                       2,343       2,253      2,476        4.0      (5.4)
     当上半期と前年同期との比較

      その他営業収益        は、133百万豪ドルすなわち5.4%減少した。
      手数料等     は、17百万豪ドルすなわち1.6%増加した。この増加は、ニュージーランド銀行業務のライン手数料収

     入の増加に加え、法人・機関投資家向け銀行業務の手数料収入の増加に起因する。この結果は、消費者金融・資産
     運用業務におけるATM手数料免除に基づく手数料の減少により一部相殺された。
      トレーディング収益          は、111百万豪ドルすなわち15.4%減少した。この結果には、経済的ヘッジの変動に起因す

     る41百万豪ドルの増加が含まれるが、純利息収益において相殺された。基礎的減少分は、マーケット業務における
     トレーディング収益の減少およびトレジャリー業務におけるリスク管理収益の減少が原因となってもたらされた。
     この結果は、顧客リスク管理商品の売上の増加により一部相殺された。
      その他収益      は、39百万豪ドルすなわち5.7%減少した。この減少は、過年度における資産運用業務の売却からの

     収益の減少を主因としてもたらされた。この結果は、一層強力な投資市場によりもたらされた運用・管理資産およ
     び運用資産の増加による収益の増加により一部相殺された。
                                  13/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      その他営業収益        は、90百万豪ドルすなわち4.0%増加した。
      手数料等     は、28百万豪ドルすなわち2.6%増加した。この増加の主な要因は、法人・機関投資家向け銀行業務の

     手数料収入の増加である。この結果は、消費者金融・資産運用業務におけるATM手数料免除に基づく手数料収入の
     減少により一部相殺された。
      トレーディング収益          は、91百万豪ドルすなわち17.5%増加した。この結果には、経済的ヘッジの変動に起因する

     81百万豪ドルの増加が含まれるが、純利息収益において相殺された。基礎的増加分は、顧客リスク管理商品の売上
     の増加に起因する。
      その他収益      は、29百万豪ドルすなわち4.3%減少した。この減少は主として、前事業期間における資産運用業務

     の売却に基づく収益の減少に起因する。この結果は、一層強力な投資市場によりもたらされた運用・管理資産およ
     び運用資産の増加により一部相殺された。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
         (1)

     営業費用
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               (%)      (%)
     人件費                       2,648       2,099      2,221        26.2       19.2
     設備関連費                        384      342       339       12.3       13.3
     一般費                       1,712       1,409      1,225        21.5       39.8
     営業費用合計                       4,744       3,850      3,785        23.2       25.3
                      (2)

     営業費用(再編成関連費用を除く                    )
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               (%)      (%)
     人件費                       2,221       2,099      2,221        5.8        -
     設備関連費                        349      342       339       2.0      2.9
     一般費                       1,419       1,409      1,225        0.7      15.8
     営業費用合計                       3,989       3,850      3,785        3.6      5.4
                                  14/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年同期との比較
      営業費用     は、959百万豪ドルすなわち25.3%増加した。再編成関連費用を除くと、営業費用は204百万豪ドルすな
     わち5.4%増加した。
      人件費   は、再編成関連費用を除くと、年間給与の増加および投資の増加(生産性向上からの利益により相殺され

     た。)を反映して、横ばいであった。
      設備関連費      は、再編成関連費用を除くと、10百万豪ドルすなわち2.9%増加した。この増加は、不動産賃貸料の

     増加によってもたらされた。
      一般費   は、再編成関連費用を除くと、194百万豪ドルすなわち15.8%増加した。この増加は、顧客経験価値、決

     済インフラならびに技術回復力および技術変革を含む新たな能力に対する追加投資によりもたらされた。この結果
     は、生産性向上からの利益により一部相殺された。
     当上半期と前年下半期との比較

      営業費用     は、894百万豪ドルすなわち23.2%増加した。再編成関連費用を除くと、営業費用は139百万豪ドルすな
     わち3.6%増加した。
      人件費    は、再編成関連費用を除くと、122百万豪ドルすなわち5.8%増加した。この増加は、投資営業費用の増

     加、インセンティブ報酬の常態化および年間給与の増加の影響によってもたらされたが、生産性向上の利益により
     一部相殺された。
      設備関連費      は、再編成関連費用を除くと、7百万豪ドルすなわち2.0%増加した。この増加は、不動産賃料の増

     加によってもたらされた。
      一般費   は、再編成関連費用を除くと、10百万豪ドルすなわち0.7%増加した。この増加は、顧客経験価値、決済

     インフラならびに技術回復力および技術変革を含む新たな能力に対する追加投資によってもたらされた。この結果
     は、生産性向上からの利益により一部相殺された。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2  )
       追加情報については         「第6-1 中間財務書類」の注記4「営業費用」                        を参照のこと。
                                  15/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
         (1)
     投資支出
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               (%)      (%)
     インフラストラクチャー                        264      234       214       12.8       23.4
     コンプライアンス/オペレーショナル
                              189      185       167       2.2      13.2
     リスク
     効率性および持続可能な収益                        239      235       179       1.7      33.5
     投資支出合計                        692      654       560       5.8      23.6
      投資支出     は、顧客経験価値を向上させること、法律および規制の要件を遵守すること、当社グループの業務プロ

     セスの機能および効率性を改善することを企図したプロジェクトおよび取組みに係る支出である。2017年11月、当
     社グループは戦略の促進および投資支出のプロファイルを発表した。当上半期の投資支出は、前年同期に比して
     132百万豪ドルすなわち23.6%増、前年下半期に比して38百万豪ドルすなわち5.8%増の692百万豪ドルであった。
     当上半期と前年同期との比較

      インフラストラクチャー関連プロジェクトへの投資は、サイバーセキュリティー機能の増強、スマートATMネッ
     トワークの展開およびクラウドベースのインフラに関する支出が主因となり、50百万豪ドルすなわち23.4%増加し
     た。この結果は、新たな支払プラットフォームに関する支出の減少により一部相殺された。
      コンプライアンスおよびオペレーショナルリスクのプロジェクトへの投資は、当社の技術回復力および技術変革

     の能力の向上、事業貸付証券の記録および管理に関するプロセスの提供およびコントロールの改善ならびに金融商
     品市場指令(MiFID          II)の実施を主因として、22百万豪ドルすなわち13.2%増加した。
      効率性および持続可能な収益プロジェクトへの投資は、顧客経験価値を刷新し、高めるための当社グループによ

     る継続的なコミットメントを反映して、60百万豪ドルすなわち33.5%増加した。
                                  16/106









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      インフラストラクチャー関連プロジェクトへの投資は、サイバーセキュリティー機能の増強およびクラウドベー
     スのインフラの展開が主因となり、30百万豪ドルすなわち12.8%増加した。この結果は、新たな支払プラット
     フォームに関する支出の減少により一部相殺された。
      コンプライアンスおよびオペレーショナルリスクのプロジェクトへの投資は、当社の技術回復力および技術変革

     の能力の向上を主因として、当上半期に比して4百万豪ドルすなわち2.2%増加したが、ウェルス業務の「より強
     力で特別な改革」に対する支出の減少により相殺された。
      効率性および持続可能な収益プロジェクトへの投資は、顧客経験価値を革新し、高めるための当社グループの継

     続的なコミットメントを主因として、4百万豪ドルすなわち1.7%増加した。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
       (1)

     課税
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年     3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了       対2017年       対2017年
                                              9月終了       3月終了
     法人税(百万豪ドル)                       1,168       1,363      1,347      (14.3   % )   (13.3   % )
                                                80  bps     70  bps
     実効税率(%)                        29.4      28.6       28.7
     当上半期と前年同期との比較

      現金収益に係る法人税           は、税引前現金収益の減少を主因として、179百万豪ドルすなわち13.3%減少した。
      現金収益に係る実効税率             は、様々な法域で発生する収益構成の変更および課税されない海外支店収益額の減少を

     主因として、70ベーシス・ポイント上昇し、29.4%であった。
     当上半期と前年下半期との比較

      現金収益に係る法人税           は、税引前現金収益の減少を主因として、195百万豪ドルすなわち14.3%減少した。
      現金収益に係る実効税率             は、様々な法域で発生する収益構成の変更、過年度における税引当金の過大/不足計上

     額の変動および前年下半期において認識された一定の非課税臨時利得に起因して、80ベーシス・ポイント上昇し、
     29.4%であった。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
                                  17/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       (1)
     貸付
                           2018  年    2017  年    2017  年     2018  年    2018  年

                          3月31日       9月30日       3月31日        3月      3月
                           現在       現在      現在      対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万       9月      3月
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)       (%)      (%)
     住宅貸付
      事業者向け・プライベートバンキング
                            90,625      90,438       89,681         0.2      1.1
      業務
      消費者金融・資産運用業務                     206,994       202,508       195,787         2.2      5.7
      法人・機関投資家向け銀行業務                       174     2,171      2,269       (92.0)      (92.3)
      ニュージーランド銀行業務                      35,965      34,417       33,051         4.5      8.8
     住宅貸付合計                      333,758       329,534       320,788         1.3      4.0
     非住宅貸付
      事業者向け・プライベートバンキング
                           105,775       103,288       100,771         2.4      5.0
      業務
      消費者金融・資産運用業務                      6,893       6,875      7,270        0.3      (5.2)
      法人・機関投資家向け銀行業務                      85,277      85,852       83,333        (0.7)       2.3
      ニュージーランド銀行業務                      39,173      38,350       36,605         2.1      7.0
      コーポレート機能・その他業務                       364     1,247      1,276       (70.8)      (71.5)
     非住宅貸付合計                      237,482       235,612       229,255         0.8      3.6
     支払承諾を含む貸付金
                           571,240       565,146       550,043         1.1      3.9
     および前渡金総額
     当上半期と前年同期との比較

      貸付  (支払承諾を含む貸付金および前渡金総額)は、住宅貸付および事業貸付の伸びを要因として、212億豪ド
     ルすなわち3.9%増加した。
      住宅貸付     は、以下を主因として、130億豪ドルすなわち4.0%増加した。

     -モーゲージの留保に関する計画および対象マーケティング・キャンペーンによる自社販売経路の伸びに起因し
      て、事業者向け・プライベートバンキング業務において9億豪ドル増加
     -上記と同じ理由によるブローカー販売経路および自社販売経路の継続的な伸びを反映して、消費者金融・資産運
      用業務において112億豪ドル増加
     -ブローカー販売経路および自社販売経路の伸びを反映して、ニュージーランド銀行業務において29億豪ドル増加
     -アジアにおけるプライベート・ウェルス業務の売却に起因して、法人・機関投資家向け銀行業務において21億豪
      ドル減少
                                  18/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      非住宅貸付      は、以下を主因として、82億豪ドルすなわち3.6%増加した。
     -事業者向け・プライベートバンキング業務において、当社の事業者向け銀行業務およびスペシャライズド・バン
      キング業務ならびに主要な地理的地域の伸びへの注力により、50億豪ドル増加
     -法人・機関投資家向け銀行業務において、主要セグメント全体にわたる伸びを反映して、19億豪ドル増加
     -ニュージーランド銀行業務において、主要セグメント全体にわたる好調な伸びを反映して、26億豪ドル増加
     当上半期と前年下半期との比較

      貸付  (支払承諾を含む貸付金および前渡金総額)は、61億豪ドルすなわち1.1%増加した。
      住宅貸付      は、以下を主因として、42億豪ドルすなわち1.3%増加した。

     -事業者向け・プライベートバンキング業務において、金利のみ返済の貸付に対する規制上の制限を受けて、控え
      めに2億豪ドル増加
     -消費者金融・資産運用業務において、ブローカー販売経路の伸びを主因として、45億豪ドル増加
     -ニュージーランド銀行業務において、自社販売経路およびブローカー販売経路双方の伸びを反映して、15億豪ド
      ル増加
      非住宅貸付      は、以下を主因として、19億豪ドルすなわち0.8%増加した。

     -事業者向け・プライベートバンキング業務において、主要な顧客セグメントの伸びにより、25億豪ドル増加
     -ニュージーランド銀行業務において、主要セグメント全体にわたる伸びを反映して、8億豪ドル増加
     -法人・機関投資家向け銀行業務において、利益重視のポートフォリオ管理に起因して、6億豪ドル減少
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
                                  19/106











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                    (1)
     のれんおよびその他無形資産
      のれんは、為替変動の影響に起因して、2017年度末に比して1百万豪ドル増加した。
      無形資産は、資産計上ソフトウェアおよびその他の無形資産から構成される。無形資産は、2017年度末に比して

     7百万豪ドルすなわち0.3%増加した。この増加の主な要因は、ソフトウェアに対する継続的投資である。これ
     は、ソフトウェアの償却費(146百万豪ドルが再編成関連)およびソフトウェアの配備に伴う償却費の増加により
     相殺された。
      当社グループは、顧客重視の戦略的な目標(前出「投資支出」参照。)を支えるために引き続きソフトウェアに

     対する投資を行っている。現在行われている主な投資は、以下のとおりである。
     -オーストラリアでは、規制コンプライアンスの取り組みに加え、オーストラリアの営業拠点網のデジタル機能向
      上、技術回復力の向上および顧客経験価値の変革に対して更なる投資が行われている。
     -ニュージーランドでは、ニュージーランド銀行戦略計画、とりわけ、デジタル化および自動化の課題の実行を支
      えるための機能に対して投資が続けられている。
      資産計上ソフトウェアの変動は、以下のとおりである。

                                             半期

                                  2018  年 3月終了     2017  年 9月終了     2017  年 3月終了
                                  (百万豪ドル)        (百万豪ドル)        (百万豪ドル)
     期首残高                                 2,706        2,490        2,344
     追加                                  350        430        336
     処分および償却                                  (148)         (20)         -
     償却費                                  (198)        (196)        (181)
     為替換算調整勘定                                   3        2        (9)
     資産計上ソフトウェア                                 2,713        2,706        2,490
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
         (1)

     顧客預金
                           2018  年    2017  年    2017  年     2018  年    2018  年

                          3月31日       9月30日       3月31日        3月      3月
                           現在       現在      現在      対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万       9月      3月
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)       (%)      (%)
     事業者向け・プライベートバンキング
                           132,698       129,979       127,017         2.1      4.5
     業務
     消費者金融・資産運用業務                      118,475       116,318       112,693         1.9      5.1
     法人・機関投資家向け銀行業務                       89,617      96,966       93,652        (7.6)       (4.3)
     ニュージーランド銀行業務                       54,807      50,685       48,461         8.1      13.1
     コーポレート機能・その他業務                       12,807      13,637       17,737        (6.1)      (27.8)
     顧客預金合計                      408,404       407,585       399,560         0.2      2.2
                                  20/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年同期との比較
      顧客預金     は、88億豪ドルすなわち2.2%増加した。この増加は、当社グループが安定的かつ質の高い顧客預金の
     増加を含む資金調達計画の実行を続けた結果、もたらされた。この増加の要因は、以下のとおりである。
     -事業者向け・プライベートバンキング業務では、預金の質への注力の継続を反映し、定期預金の7億豪ドルの増
      加に加え、要求払企業貯蓄の24億豪ドルの増加、無利子事業用決済勘定の18億豪ドルの増加および住宅貸付相
      殺勘定の8億豪ドルの増加に起因して、57億豪ドルすなわち4.5%増加した。
     -消費者金融・資産運用業務では、要求払預金および定期預金の41億豪ドルの増加ならびに無利子預金の増加(主
      として住宅貸付相殺勘定の12億豪ドルの増加および決済勘定の5億豪ドルの増加)により、58億豪ドルすなわ
      ち5.1%増加した。
     -ニュージーランド銀行業務では、定期預金の49億豪ドルの増加、要求払短期預金の7億豪ドルの増加および無利
      子預金の増加(主として事業用決済勘定の5億豪ドルの増加および住宅貸付相殺勘定の2億豪ドルの増加)を
      主因として、63億豪ドルすなわち13.1%増加した。この結果は、ニュージーランドにおける業界全体の好調な
      伸びによりもたらされた。
     -コーポレート機能・その他業務では、流動性要件の変更に基づくグループ・トレジャリーにおける要求払預金お
      よび定期預金の減少に起因して、49億豪ドルすなわち27.8%減少した。
     -法人・機関投資家向け銀行業務では、40億豪ドルすなわち4.3%減少した。この減少の主な要因は、アジアのプ
      ライベート・ウェルス業務の売却による定期預金の55億豪ドルの減少である。これは、要求払短期預金の12億
      豪ドルの増加および無利子事業用決済勘定の3億豪ドルの増加により一部相殺された。
     当上半期と前年下半期との比較

      顧客預金     は、8億豪ドルすなわち0.2%増加した。この増加の要因は、以下のとおりである。
     -事業者向け・プライベートバンキング業務では、住宅貸付相殺勘定を主因とする無利子預金の12億豪ドルの増加
      に加えて、要求払企業貯蓄および決済勘定における17億豪ドルの増加により、27億豪ドルすなわち2.1%増加し
      た。この結果は、定期預金の2億豪ドルの減少により一部相殺された。
     - 消費者金融・資産運用業務では、22億豪ドルすなわち1.9%増加した。この結果は、定期預金の3億豪ドルの増
      加、無利子預金の増加(主として住宅貸付相殺勘定の4億豪ドルの増加および事業用決済勘定の1億豪ドルの
      増加)ならびに要求払貯蓄の14億豪ドルの増加に起因している。
     -ニュージーランド銀行業務では、41億豪ドルすなわち8.1%増加した。この結果は、主に、定期預金の21億豪ド
      ルの増加、要求払預金の15億豪ドルの増加および無利子預金の増加(主として事業用決済勘定の4億豪ドルの
      増加および住宅貸付相殺勘定の1億豪ドルの増加)に起因している。
     -法人・機関投資家向け銀行業務では、73億豪ドルすなわち7.6%減少した。この結果は主に、アジアのプライ
      ベート・ウェルス業務の売却によってもたらされた、定期預金の58億豪ドルの減少ならびに要求払預金および
      無利子預金における15億豪ドルの減少に起因する。
                                  21/106






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     -コーポレート機能・その他業務では、8億豪ドルすなわち6.1%減少した。この減少は主に、グループ・トレ
      ジャリーにおける要求払預金の16億豪ドルの減少(定期預金の8億豪ドルの増加により一部相殺された。)に
      起因している。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
         (1)

     資産の質
     信用減損費用
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                               3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                               対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                               9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                                (% )     (% )
     個別信用減損費用
                              366      439       610       (16.6)       (40.0)
      -新規および増加
     個別信用減損費用
                              (94)      (106)      (136)       (11.3)       (30.9)
      -戻入れ
     個別信用減損費用
                              (45)      (65)       (46)       (30.8)       (2.2)
      -回収
     個別信用減損費用                        227      268       428       (15.3)       (47.0)
     一括信用減損費用繰入/
                              146      148       (34)       (1.4)        大
     (戻入れ)
     信用減損費用      合計                  373      416       394       (10.3)       (5.3)
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年     3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了       対2017年       対2017年
                                              9月終了       3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                ( 2 bps)     (1  bp)
     減損費用の割合                       0.13  %    0.15  %    0.14  %
     (年度換算ベース)
     貸付金および支払承諾に対する純償却額
     の割合
                                                (4  bps)     ( 8 bps)
                            0.07  %    0.11  %    0.15  %
              (2)
     (年度換算ベース)
     当上半期と前年同期との比較

      信用減損費用合計は、21百万豪ドルすなわち5.3%減の373百万豪ドルであった。
      個別信用減損費用は、以下の要因により、227百万豪ドル減の201百万豪ドルであった。

     -法人・機関投資家向け銀行業務において、減損する大口エクスポージャーの数の減少を主因として同費用が減少
      したこと
     -事業者向け・プライベートバンキング業務において、各減損エクスポージャーの数の減少により、同費用が減少
      したこと
                                  22/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      当上半期の一括信用減損費用は、以下の要因により、180百万豪ドル増の146百万豪ドルであった。
     -予定されるモデル変更および対象セクターに係るFLAのためにそれぞれ設定された一括引当金をあわせた水準の
      上昇
     -前年上半期における少数の大口エクスポージャーの減損に起因する一括引当金の取崩し
      当社グループの貸付金および支払承諾総額に対する純償却額の比率は、前年上半期にみられた法人・機関投資家

     向け銀行業務における償却の水準の上昇が発生しなかったことから、8ベーシス・ポイント低下して0.07%となっ
     た。
      移動ベースの12ヵ月でみたリテール貸付ポートフォリオの純償却額の比率(個人向け貸付金総額の0.09%)は、

     住宅貸付ポートフォリオの同比率(住宅貸付金総額の0.02%)を含み、引き続き安定していた。
     当上半期と前年下半期との比較

      信用減損費用合計は、43百万豪ドルすなわち10.3%減の373百万豪ドルであった。
      個別信用減損費用は、各減損エクスポージャーの数の減少による事業者向け・プライベートバンキング業務にお

     ける同費用の減少を主因として、41百万豪ドル減の227百万豪ドルであった。
      当上半期の一括信用減損費用は、2百万豪ドル減の146百万豪ドルであった。これは、対象セクターのために設

     定された一括引当金に係るFLAの水準の低下を反映している。この結果は、当上半期における予定されるモデル変
     更のために設定された一括引当金の増加により相殺された。
      当上半期の当社グループの貸付金および支払承諾総額に対する純償却額の比率は、4ベーシス・ポイント低下し

     て0.07%となった。この低下の主な原因は、法人・機関投資家向け銀行業務内の大口のエクスポージャーに係る償
     却の減少である。
      移動ベースの12ヵ月でみたリテール貸付ポートフォリオの純償却額の比率(個人向け貸付金総額の0.09%)は、

     住宅貸付ポートフォリオの同比率(住宅貸付金総額の0.02%)を含み、引き続き安定していた。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2  )
       純償却額には、公正価値で測定された貸付金の純償却額が含まれる。
                                  23/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     信用減損引当金
                                               2018  年    2018  年

                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月31日       9月30日       3月31日
                                              対2017年       対2017年
                           現在       現在      現在
                                              9月終了       3月終了
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                                (% )     (% )
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
     償却原価の貸付金に対する一括引当金                       2,699       2,535      2,373        6.5      13.7
     公正価値による貸付金に対する
                              92      114       126      (19.3)      (27.0)
     一括引当金
     公正価値によるデリバティブに対する
                              147      149       196       (1.3)      (25.0)
     一括引当金
     信用減損引当金合計                       2,938       2,798      2,695        5.0      9.0
                 (2)
                              710      691       748       2.7      (5.1)
     個別信用減損引当金合計
     信用減損引当金合計                       3,648       3,489      3,443        4.6      6.0
                                               2018  年    2018  年

                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月31日       9月30日       3月31日
                                              対2017年       対2017年
                           現在       現在      現在
                                              9月終了       3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                 2 bps      1 bp
                            0.64  %    0.62  %    0.63  %
     引当金合計の割合
     純償却額に対する引当金合計の割合
                             862  %     473  %     415  %       大      大
              (3)(4)
     (年度換算ベース)
     減損資産総額に対する個別引当金の
                                                80  bps    140  bps
                            46.3  %    45.5  %    44.9  %
       (5)
     比率
     信用リスク加重資産に対する
                                                 3 bps     ▶ bps
                            0.89  %    0.86  %    0.85  %
     一括引当金の割合
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                 1 bp     2 bps
                            0.51  %    0.50  %    0.49  %
     一括引当金の割合
     当上半期と前年同期との比較

      信用減損引当金合計は、205百万豪ドル増加して3,648百万豪ドルとなった。
      個別引当金は、オーストラリアの事業貸付ポートフォリオ全体にわたるワークアウト戦略の成功に加え、新たに

     減損した資産の水準の低下に起因して、38百万豪ドル減少して710百万豪ドルとなった。
      一括引当金合計は、243百万豪ドル増加し、2,938百万豪ドルであった。この結果は主として、以下の要因に起因

     する。
     -住宅抵当貸付およびリテール取引のポートフォリオのために設定された一括引当金に係るFLA
     -予定されるモデル変更のための一括引当金の増加
      この結果は、以下により一部相殺された。

     -ニュージーランドの酪農業に係るエクスポージャーを含む、貸付ポートフォリオ全体にわたる与信の質の改善の
      ための一括引当金の取り崩し
     -市場変動に起因する、デリバティブのポートフォリオのために保有する一括引当金の減少
                                  24/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      信用リスク加重資産に対する一括引当金の割合は、予定されるモデル変更および対象セクターに係るFLAのため
     の一括引当金の増加を主因として、4ベーシス・ポイント上昇し、2018年3月現在0.89%となった。
     当上半期と前年下半期との比較

      信用減損引当金合計は、159百万豪ドル増加して3,648百万豪ドルとなった。
      個別引当金は、少数の大口エクスポージャーの減損が主因となり、19百万豪ドル増加して710百万豪ドルとなっ

     た。
      一括引当金合計は、140百万豪ドル増加し、2,938百万豪ドルであった。この結果は主として、以下の要因に起因

     する。
     -予定されるモデル変更のための一括引当金の増加
     -リテール取引のポートフォリオのための現行の一括引当金に係るFLAに対する追加
      この結果は、以下により一部相殺された。

     -ニュージーランドの酪農業に係るエクスポージャーを含む、貸付ポートフォリオ全体にわたる与信の質の改善の
      ための一括引当金の取崩し
      信用リスク加重資産に対する一括引当金の割合は、予定されるモデル変更および対象セクターに係るFLAのため

     の一括引当金の増加に起因して、当上半期中3ベーシス・ポイント上昇し、0.89%となった。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2  )
       1百万豪ドル(2017年9月:2百万豪ドル、2017年3月:1百万豪ドル)の公正価値による貸付金に対する個別引当金が
       含まれる。
     (3)
       2018年3月および2017年3月の数値は年度換算された半期の割合を指している。2017年9月の数値は通年の割合を指して
       いる。
     (4)
       純償却額には、公正価値で測定された貸付金の純償却額が含まれる。
     (5)
       個別引当金が繰り入れられた減損資産のみからなり、保有担保ベースで現在損失ではないと評価されている76百万豪ドル
       (81百万ニュージーランド・ドル)(2017年9月:205百万豪ドル(222百万ニュージーランド・ドル)、2017年3月:726
       百万豪ドル(795百万ニュージーランド・ドル))のニュージーランドの酪農業に係るエクスポージャーを含まない。一括
       引当金はこれらの貸付金のために準備されている。
                                  25/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     90 日以上期日経過の貸付金および減損資産総額
                           2018  年    2017  年    2017  年     2018  年    2018  年

                          3月31日       9月30日       3月31日       3月終了       3月終了
                           現在       現在      現在      対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万      9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)        (%)      (%)
     90日以上期日経過(「DPD」)の貸付金
                             2,427       2,245      2,282        8.1      6.4
           (2)
                             1,609       1,724      2,393        (6.7)      (32.8)
     減損資産総額
     90日以上DPDの貸付金および
                             4,036       3,969      4,675        1.7     (13.7)
     減損資産総額
                                               2018  年    2018  年

                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月31日       9月30日       3月31日
                                              対2017年       対2017年
                           現在       現在      現在
                                              9月終了       3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                 3 bps     2 bps
                            0.43  %    0.40  %    0.41  %
     90日以上DPDの貸付金の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する
                            0.28  %    0.30  %    0.44  %     (2  bps)    (16  bps)
     減損資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                 1 bp    (14  bps)
     90日以上DPDの貸付金および                       0.71  %    0.70  %    0.85  %
     減損資産総額の比率
     当上半期と前年同期との比較

      当社グループの貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの貸付金の比率は、主にオーストラリアの住宅
     抵当貸付ポートフォリオにより、2ベーシス・ポイント上昇し、0.43%となった。この結果は、事業貸付ポート
     フォリオが引き続き改善したことにより一部相殺された。
      当社グループの貸付金および支払承諾総額に対する減損資産総額の比率は、16ベーシス・ポイント低下し、

     0.28%となった。この結果は主に、ニュージーランドの酪農業界の状況の改善による酪農業の減損ポートフォリオ
     の減少によってもたらされ、同ポートフォリオについて現在損失(保有証券ベース)は予想されていない。この結
     果は、オーストラリアの貸付ポートフォリオ全体にわたる多数のワークアウト戦略の成功に伴っていたが、少数の
     大口エクスポージャーの減損により一部相殺された。
     当上半期と前年下半期との比較

      当社グループの貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの貸付金の比率は、オーストラリアの住宅抵当
     貸付ポートフォリオが主因となり、3ベーシス・ポイント上昇し、0.43%となった。この結果の主な要因は、南
     オーストラリア州を除く全州における延滞の小幅な増加に伴う、鉱業セクターの圧力を含む経済状況を反映した西
     オーストラリア州における悪化である。
                                  26/106






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      当社グループの貸付金および支払承諾総額に対する減損資産総額の比率は、2ベーシス・ポイント低下し、
     0.28%となった。この低下は主に、ニュージーランドの酪農業界の状況の改善による酪農業の減損ポートフォリオ
     の減少によってもたらされ、同ポートフォリオについて現在損失(保有証券ベース)は予想されていない。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2  )
       減損資産総額は、保有証券ベースで現在損失ではないと評価されている76百万豪ドル(81百万ニュージーランド・ドル)
       (2017年9月:205百万豪ドル(222百万ニュージーランド・ドル)、2017年3月:726百万豪ドル(795百万ニュージーラ
       ンド・ドル))のニュージーランド銀行業務の酪農業に係るエクスポージャーを含む。一括引当金はこれらの貸付金のた
       めに準備されている。
     資本管理および資金調達

     貸借対照表の管理の概観
      当社グループは、バランスシートの健全性に対する継続的なコミットメントに基づき、強力な資本、資金調達お
     よび流動性の水準の維持を目指している。これには、以下が含まれる。
     - シニア債券市場、劣後債券市場、担保債券およびハイブリッド債券市場にわたる幅広い資金調達方法および資本
      の選択肢を利用する適切に分散されたホールセール資金調達ポートフォリオを維持しようと努めていること。
     -市況の変化および規制の変更に順応できるように当社グループのポジションの監視および評価を今後も継続する
      こと。
     規制改革

      当社グループは引き続き規制上の変更の対象となる各分野にも注目している。当社グループの資本および資金調
     達に影響を及ぼす可能性の              ある主な改革は、以下を含む。
     「疑いなく堅固」およびバーゼルIIIの修正:

     -2017年12月、バーゼル銀行監督委員会(「BCBS」)は、バーゼルIII資本枠組を確定させた。これに対し、APRA
      は2018年2月に国内の資本枠組の修正を検討し始め、「疑いなく堅固」な自己資本比率を確立することによっ
      て銀行制度の耐性を強化する意思を再確認した。APRAは、オーストラリアの主要銀行の普通株式Tier1資本比
      率が2020年1月1日までに現行のリスク加重資産(「RWA」)による計算方法に基づき少なくとも10.5%となる
      ことを期待している。
     -APRAによる資本枠組の修正の検討には、銀行勘定の信用リスク、オペレーショナルリスクおよび金利リスクに対
      する標準化されたアプローチおよび内部格付(「IRB」)アプローチの修正が含まれる。修正基準の草案は2018
      年末以降に発表が予定されており、APRAは現在施行日として2021年1月1日を提案している。オーバーレイの適
      用可能性を含む提案の多様な側面を調整するために、APRAは定量的評価を行っている。
                                  27/106






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     -APRAはまた、2019年7月1日以降について、IRBアプローチをとるADIに関する4%の最低レバレッジ比率要件お
      よび修正版レバレッジ比率エクスポージャー計測手法を提案した。2018年3月31日現在5.6%である当社グルー
      プのレバレッジ比率については、当社の2018年3月のピラー3レポートにおいてさらなる詳細が開示されてい
      る。
     -APRAは、相手方信用リスクに対する標準化されたアプローチ(「SA-CCR」)に係る健全性要件を確定させた。同
      アプローチにより、新たなAPRA健全性基準APS180「相手方信用リスク」が導入される。これらの要件は2019年7
      月1日から有効となる。
      当社グループに変更を及ぼす規制上の変更の詳細は、当社の2018年3月のピラー3レポートに記載されている。

     資本管理

      当社グループの資本管理戦略は、適正性、効率性および柔軟性に注力している。自己資本比率の目標は、社内の
     リスク評価に基づく資本要件および規制上の要件を超える十分な資本を保有すること、そして資本が当社グループ
     のバランスシート上のリスク選好の範囲内であることを確保することである。このアプローチは、当社グループの
     子会社間で一貫してとられている。
      当社グループの自己資本比率運用目標は、バランスシートの健全性を維持するため、外部経済の状況および規制

     の見通しに照らして定期的に見直されている。当社グループは2020年1月1日までには「疑いなく堅固」であると
     いう新たな資本要件を正しく満たすことができると予想している。
     ピラー3に基づく開示

      自己資本比率およびリスク管理については、APRA健全性基準APS330「公表」が要求するとおり、2018年3月のピ
     ラー3レポートにおいてさらに開示される。
     自己資本比率

                           2018  年    2017  年    2017  年     2018  年    2018  年

                          3月31日       9月30日       3月31日        3月      3月
     自己資本比率
                           現在       現在      現在      対2017年       対2017年
                           ( %)      ( %)      ( %)       9月      3月
                                                15  bps     10  bps
     普通株式Tier1資本         比率              10.21       10.06      10.11
                                                 (1  bp)    (11  bps)
     Tier  1資本比率                     12.40       12.41      12.51
                                                (15  bps)    (28  bps)
     総自己資本比率                       14.43       14.58      14.71
                                  28/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                           2018  年    2017  年    2017  年     2018  年    2018  年
                          3月31日       9月30日       3月31日        3月      3月
            (1)
                           現在       現在      現在      対2017年       対2017年
     リスク加重資産
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万       9月      3月
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)       (%)      (%)
     信用リスク                      329,882       325,969       317,853         1.2      3.8
     市場リスク                       8,656       7,766      7,001        11.5       23.6
     オペレーショナルリスク                       39,027      37,575       37,500         3.9      4.1
               (2)
                             9,850      10,804       12,133        (8.8)      (18.8)
     銀行勘定の金利リスク
     リスク加重資産合計                      387,415       382,114       374,487         1.4      3.5
     当期間中の資本の変動

      2018年3月31日現在の当社グループのCET1比率は、10.2%であった。当上半期における自己資本の主要な変動
     は、以下を含む。
     -現金収益は、再編成関連費用を除くと、86ベーシス・ポイントの上昇をもたらした。
     -配当再投資プラン(「DRP」)への参加分を控除した前年下半期の配当金の支払により、CET1比率が46ベーシ
      ス・ポイント低下した。
     -基礎RWAの純増額により、CET1比率が9ベーシス・ポイント低下した。貸付高の増加による信用リスクRWAの増
      加ならびにオペレーショナルリスクおよび市場リスクに係るRWAの増加は、IRRBBの減少により一部相殺された。
     -755百万豪ドル(税引後で530百万豪ドル)の再編成関連費用は、16ベーシス・ポイントの低下をもたらした。
     配当金および配当再投資プラン

      当社グループは、自己資本比率および見通しを反映させるために定期的にDRPを調整している。当年度の中間配
     当金は99豪セントで維持され、DRPの割引率は参加制限なしにゼロである。
     ナショナル・インカム・セキュリティーズ

      ナショナル・インカム・セキュリティーズに係る分配金は、健全性規制上Tier1資本として適格な商品に特に適
     用される税法上の規定により、現在税額控除適格とならない。ナショナル・インカム・セキュリティーズは、2021
     年12月31日以降Tier1資本として適格ではなくなるところ、その後の分配金に対する税額控除は、当社の普通株式
     に対する税額控除と同程度となると予想されている。
                                  29/106









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     Tier2資本イニシアティブ
      当上半期中の当社グループのTier2資本イニシアティブには、以下の減資が含まれる。
     -2017年11月28日、当社は劣後債を950百万豪ドル償還した。
     -また、当社グループは、1986年10月9日に発行された永久劣後債を総額29百万米ドル買い戻し、償却のために提
      出した。永久劣後債の額面金額残高は、2018年3月31日現在87百万米ドルである。
     (1)

       過年度のRWAの数値は、上記で開示されたとおり過去の各報告期間に係る規制自己資本比率の計算に使用されることか
       ら、継続事業を反映するため修正再表示されていない。
     (2)
       IRRBBモデルの修正が2017年9月30日現在および2018年3月31日現在の結果に反映されたことにより、同項目の2017年3月
       31日現在の結果は10,895百万豪ドルとなる。
     資金調達および流動性

      当社グループは、APRAの流動性カバレッジ比率(「LCR」)および安定調達比率(「NSFR」)の規制要件の充足
     を含む取締役会が承認したリスク選好を通じて、資金調達および流動性の構成および安定性を監視している。NSFR
     の遵守は2018年1月1日に充足された。
      当社グループは引き続き保有流動資産および資金調達手段をさらに向上させ、多様化させる機会を追求してい

     る。
     資金調達

      当社グループは、リスク選好の設定およびバランスシートの健全性の計測のために、一連の尺度を採用してい
     る。3月31日現在の当社グループのNSFRは、規制最低必要値の100%に対して大幅なバッファーがある115%であっ
     た。この状況は、中長期ホールセール資金調達が中長期ホールセール資金調達の満期を超えて発行されたことおよ
     び当上半期にわたり預金ポートフォリオの質の向上に引き続き注力がなされたことによって支えられた。
     当社グループが使用している1つの主要な構造的尺度は、安定資金調達指標(「SFI」)であり、同指標は、顧客

     資金調達指標(「CFI」)および中長期資金調達指標(「TFI」)から構成される。CFIは、顧客預金により調達さ
     れた当社グループのコア資産の割合を表している。同様に、TFIは、満期までの残存期間が12ヵ月超の中長期ホー
     ルセール資金調達により調達された当社グループのコア資産の割合を表している。これらの資金調達測定指標は、
     当上半期にわたり安定していた。
     グループ資金調達測定指標

                                    2018  年      2017  年      2017  年

                                  3月31日現在        9月30日現在        3月31日現在
                                    ( %)        ( %)        ( %)
     顧客資金調達指標                                   70        70        70
     中長期資金調達指標                                   23        23        22
     安定資金調達指標                                   93        93        92
     安定調達比率                                  115        108      該当なし
                                  30/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     顧客資金調達
      当社は、市況、資金調達の要件および顧客関係を元に安定した確実な預金基盤を育てる預金戦略をとっている。
      APRAが発表する銀行業務統計月報は、2018年                        3 月 31 日 終了の6ヶ月間に、          当社ではオーストラリアの国内世帯の

     預金が2.7%(業界全体の1.0倍)増加し、事業預金(金融機関の預金を除く。)が0.7%(業界全体の0.2倍)増加
     し、金融機関の預金が5.2%減少したことを示している。
     中長期ホールセール資金調達

      2018年度中、一定期間予想変動率の上昇がみられ、全世界の資金調達の状況は中長期ホールセール資金調達発行
     を概ね促進した。これにより中長期資金調達発行スプレッドがいくらか拡大した。より厳しい金融政策の決定は、
     引き続き近い将来の中長期資金調達市場に影響を与える。
      当社グループは、           発行の種類、通貨、投資家の所在地および投資期間が様々な                                適切に分散された資金調達プロ

     ファイルを維持しており、当上半期にわたり137億豪ドルを調達した。
      当社は、87億豪ドルの無担保シニア債券および35億豪ドルの担保付債券(カバードボンドおよび住宅ローン債権

     担保証券(「RMBS」)により構成される。)を含む122億豪ドルを調達した。BNZは当上半期にわたり15億豪ドルを
     調達した。
      当上半期にわたり当社グループが調達した中長期ホールセール資金の加重平均償還期間は、初回の繰上早期償還

     日まで約4.8年であった。当社グループの中長期ホールセール資金調達のポートフォリオの加重平均残存償還期間
     は、3.5年である。
     取引類型別中長期ホールセール資金調達

                                             半期

                                  2018  年 3月終了     2017  年 9月終了     2017  年 3月終了
     シニア債公募(海外)                                  44 %       49 %       54 %
     優先債公募(国内)                                  16 %       21 %       12 %
     担保付公募(海外)                                   -       14 %       20 %
     担保付公募(国内)                                  26 %        -        -
     私募                                  14 %       13 %        7 %
     劣後債公募                                   -        3 %        6 %
          (1)
                                        -        -        1 %
     劣後債私募
     合計                                 100  %       100  %       100  %
                                  31/106






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     通貨別中長期ホールセール資金調達
                                             半期

                                  2018  年3月終了      2017  年9月終了      2017  年 3月終了
     米ドル                                  35 %       47 %       47 %
     豪ドル                                  44 %       24 %       20 %
     ユーロ                                  12 %       14 %       17 %
     英ポンド                                  3 %        7 %        6 %
     日本円                                   -        ▶ %        7 %
     その他                                  6 %        ▶ %        3 %
     合計                                 100  %       100  %       100  %
     (1)

       劣後債私募は、前年下半期のホールセール資金調達発行の0.3%を占めていた。
     短期ホールセール資金調達

      当社グループは、当上半期にわたり、一貫して国内外の短期ホールセール資金調達市場に参入を続けた。
      世界的な資金調達の状況は、2018事業年度初めから概ね短期ホールセール資金調達を促進している。より最近で

     は、ホールセール資金調達市場の予想変動率の上昇が主要な市場全体にわたる短期資金調達のスプレッドの拡大に
     つながった。それでも当社グループは、この期間中常に資金調達および流動性への強力なアクセスを維持し続け
     た。
      さらに、レポ取引は主に市場および取引活動の支援に利用されている。約定されたレポ取引は、同様の契約条件

     を有する売戻条件付契約によって大幅に相殺され、当社の中核業務の資金調達には利用されていない。
     流動資産のポートフォリオ

      当社グループは、業務を行う様々な地域において、規制要件および内部的要件を満たすため、適切に分散された
     質の高い流動資産のポートフォリオを維持している。2018年3月31日現在の貸借対照表上の流動資産合計の時価
     は、1,220億豪ドル(偶発資産を除く。)であった。これは、2017年9月30日から20億豪ドルの減少、そして2017
     年3月31日から90億豪ドルの減少である。
      保有流動資産には、2018年3月31日現在1,130億豪ドルの規制流動資産(質の高い流動資産(「HQLA」)および

     流動性約定融資枠(「CLF」)適格資産の両方で構成される。)が含まれている。
      当社グループはさらに、偶発資産の源泉として、かつCLFを補強するために、RMBSのグループ内証券化プールを

     保有している。2018年3月31日現在保有されている第三者の権利設定のないグループ内RMBSは、(適用ある中央銀
     行による控除後で)450億豪ドルであった。
                                  32/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      当社グループのLCRに算入することのできる流動資産およびグループ内RMBS(適用規制上の控除後)は、2018年
     3月31日終了の四半期中平均1,460億豪ドルであった。その結果、平均グループLCRは127%であった。
     信用格付

      当社グループは、格付機関の動向を緊密に監視し、主要な格付機関と定期的に連絡をとっている。当社グループ
     に属する会社は、S&Pグローバル・レーティングス(「S&P」)、ムーディーズ・インベスターズ・サービス
     (「ムーディーズ」)およびフィッチ・レーティングス(「フィッチ」)によって格付を付与されている。
     ナショナル・オーストラリア・バンクの信用格付

                                       長期        短期    アウトルック

     S&Pグローバル・レーティングス                                  AA-        A-1+     ネガティブ
     ムーディーズ・インベスターズ・サービス                                  Aa3        P-1       安定的
     フィッチ・レーティングス                                  AA-        F1+       安定的
     次へ

                                  33/106














                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     部門別業績の概要

                                                 コーポレート

                    事業者向け・               法人・機関投資       ニュージーラン
                           消費者金融・                             当社グループの
                                                 機能・その他
     2018  年3月31日に終了した             プライベート               家       ド
                           資産運用業務                             現金収益
                                                   (1)
     上半期               バンキング業務               向け銀行業務       銀行業務
                                                 業務
                           (百万豪ドル)                             (百万豪ドル)
                    (百万豪ドル)              (百万豪ドル)       (百万豪ドル)
                                                 (百万豪ドル)
     純利息収益                   2,756       2,014        946       828       206      6,750
           (2)
                         532       770       737       263        41      2,343
     その他営業収益
     純営業収益                   3,288       2,784       1,683       1,091        247      9,093
     営業費用(再編成関連費用を除
                        (1,091)       (1,510)        (637)       (426)       (325)      (3,989)
     く。)
           (3)
                          -       -       -       -      (755)       (755)
     再編成関連費用
     基礎利益                   2,197       1,274       1,046        665       (833)       4,349
     信用減損(費用)/戻入れ                    (74)       (133)        7       (38)       (135)       (373)
     税引前および分配前現金収益/(損
                        2,123       1,141       1,053        627       (968)       3,976
     失)
     法人税                    (641)       (337)       (275)       (175)        260      (1,168)
     分配前現金収益/(損失)                   1,482        804       778       452       (708)       2,808
     分配金                    -       -       -       -       (49)       (49)
     現金収益/(損失)                   1,482        804       778       452       (757)       2,759
     現金収益/(損失)
                        1,482        804       778       452       (227)       3,289
     (再編成関連費用を除く。)
     貸借対照表の主要項目(十億豪ド
                                                             合計
     ル)
     貸付金および支払承諾総額                   196.4       213.9        85.5       75.1        0.3      571.2
     顧客預金                   132.7       118.5        89.6       54.8       12.8       408.4
     (1)

       コーポレート機能・その他業務には、当社グループ内の消去が含まれる。
     (2)
       消費者金融・資産運用業務には、純投資収益が含まれる。
     (3)
       詳細については、「第6-1 中間財務書類」の注記4「営業費用」を参照のこと。
                                  34/106











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     部門別業績の概要
                                                 コーポレート

                    事業者向け・               法人・機関投資       ニュージーラン
                           消費者金融・                             当社グループの
                                                 機能・その他
     2017  年9月30日に終了した             プライベート               家       ド
                           資産運用業務                             現金収益
                                                   (1)
     下半期               バンキング業務               向け銀行業務       銀行業務
                                                 業務
                           (百万豪ドル)                             (百万豪ドル)
                    (百万豪ドル)              (百万豪ドル)       (百万豪ドル)
                                                 (百万豪ドル)
     純利息収益                   2,693       2,009       1,019        810       242      6,773
           (2)
                         536       780       607       266        64      2,253
     その他営業収益
     純営業収益                   3,229       2,789       1,626       1,076        306      9,026
     営業費用                   (1,046)       (1,445)        (605)       (419)       (335)      (3,850)
     基礎利益/(損失)                   2,183       1,344       1,021        657       (29)      5,176
     信用減損費用                    (82)       (105)        (23)       (29)       (177)       (416)
     税引前および分配前現金収益/(損
                        2,101       1,239        998       628       (206)       4,760
     失)
     法人税                   (628)       (370)       (254)       (175)        64      (1,363)
     分配前現金収益/(損失)                   1,473        869       744       453       (142)       3,397
     分配金                    -       -       -       -       (49)       (49)
     現金収益/(損失)                   1,473        869       744       453       (191)       3,348
     貸借対照表の主要項目(十億豪ド
                                                             合計
     ル)
     貸付金および支払承諾総額                   193.7       209.4        88.0       72.8        1.2      565.1
     顧客預金                   130.0       116.3        97.0       50.7       13.6       407.6
     (1)

       コーポレート機能・その他業務には、当社グループ内の消去が含まれる。
     (2)
       消費者金融・資産運用業務には、純投資収益が含まれる。
                                  35/106













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     部門別業績の概要
                                                 コーポレート

                    事業者向け・               法人・機関投資       ニュージーラン
                           消費者金融・                             当社グループの
                                                 機能・その他
     2017  年3月31日に終了した             プライベート               家       ド
                           資産運用業務                             現金収益
                                                   (1)
     上半期               バンキング業務               向け銀行業務       銀行業務
                                                 業務
                           (百万豪ドル)                             (百万豪ドル)
                    (百万豪ドル)              (百万豪ドル)       (百万豪ドル)
                                                 (百万豪ドル)
     純利息収益                   2,564       1,875        953       776       225      6,393
           (2)
                         526       817       761       264       108      2,476
     その他営業収益
     純営業収益                   3,090       2,692       1,714       1,040        333      8,869
     営業費用                   (1,038)       (1,465)        (631)       (408)       (243)      (3,785)
     基礎利益                   2,052       1,227       1,083        632        90      5,084
     信用減損費用                    (98)       (162)        (14)       (38)       (82)       (394)
     税引前および分配前現金収益                   1,954       1,065       1,069        594        8      4,690
     法人税                   (586)       (301)       (278)       (165)        (17)      (1,347)
     分配前現金収益/(損失)                   1,368        764       791       429        (9)      3,343
     分配金                    -       -       -       -       (49)       (49)
     現金収益/(損失)                   1,368        764       791       429       (58)      3,294
     貸借対照表の主要項目(十億豪ド
                                                             合計
     ル)
     貸付金および支払承諾総額                   190.5       203.0        85.6       69.7        1.2      550.0
     顧客預金                   127.0       112.7        93.7       48.5       17.7       399.6
     (1)

       コーポレート機能・その他業務には、当社グループ内の消去が含まれる。
     (2)
       消費者金融・資産運用業務には、純投資収益が含まれる。
     次へ

                                  36/106












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     事業者向け・プライベートバンキング業務

      事業者向け・プライベートバンキング業務は、NABビジネスのフランチャイズを通じて優先中小企業(SME)の顧

     客にサービスを提供すること、ならびに農業、健康、政府、教育、コミュニティおよびフランチャイズを含む重要
     なセグメントにおける専門的サービスに注力している。当該部門は、NABの零細企業および小規模企業の顧客への
     サービス提供も行い、プライベートバンキングおよびJBウェアを含む。
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                       2,756       2,693      2,564        2.3      7.5
     その他営業収益                        532      536       526       (0.7)       1.1
     純営業収益                       3,288       3,229      3,090        1.8      6.4
     営業費用                       (1,091)      (1,046)       (1,038)         4.3      5.1
     基礎利益                       2,197       2,183      2,052        0.6      7.1
     信用減損費用                        (74)      (82)       (98)       (9.8)      (24.5)
     税引前現金収益                       2,123       2,101      1,954        1.0      8.6
     法人税                        (641)       (628)      (586)        2.1      9.4
     現金収益                       1,482       1,473      1,368        0.6      8.3
     残高

     (十億豪ドル)
     住宅貸付                        90.6      90.4       89.7        0.2      1.0
     事業貸付                       102.4       100.0       97.8        2.4      4.7
     その他貸付                        3.4      3.3       3.0       3.0      13.3
     貸付金および支払承諾総額合計                       196.4       193.7      190.5        1.4      3.1
     期中平均利付資産                       185.9       184.7      180.8        0.6      2.8
     資産合計                       196.2       192.8      189.8        1.8      3.4
     顧客預金                       132.7       130.0      127.0        2.1      4.5
     リスク加重資産合計                       114.4       112.2      111.1        2.0      3.0
     パフォーマンス指標

                                                       7 bps
     期中平均資産に対する現金収益                       1.53  %    1.53%       1.46%         -
     期中平均リスク加重資産に対する
                                                 2 bps     19  bps
                            2.64  %    2.62%       2.45%
     現金収益
                                                 6 bps     13  bps
     純利息マージン                       2.97  %    2.91%       2.84%
                                                80  bps    (40  bps)
     対収益費用比率                       33.2  %    32.4%       33.6%
                                  37/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                                  半期
                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年     3月終了       3月終了
     資産の質
                          3月終了       9月終了       3月終了       対2017年       対2017年
                                              9月終了       3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する90日
                                                 (1  bp)    (4  bps)
                            0.75  %    0.76%       0.79%
     以上DPDの資産および減損資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                       (2  bps)
                            0.08  %    0.08%       0.10%         -
                      (1)
     減損費用の比率(年度換算ベース)
     (1)

       比率は、通年度比率を表している。
     事業者向け・プライベートバンキング業務

     財務分析
     当上半期と前年同期との比較
      現金収益は、貸付ポートフォリオのバランスシートの増大および金利再設定の利益が、信用減損費用の減少と相
     俟って、114百万豪ドルすなわち8.3%増加したが、主に事業への継続的投資による営業費用の増加によって一部相
     殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、住宅貸付および事業貸付の増加により、51億豪ドルすなわち
     192  百万  豪ドル         2.8%増加した。事業貸付高は、NABがその業界の深い専門性および強力な市場ポジ
     すなわち7.5%増加            ションを活用し続けることで、NAB事業者向け銀行業務および専門的銀行業務によって
                  牽引された。
                 ・顧客預金は、預金の質の継続的重視を反映して、すべての主要な商品において伸びが
                  みられ、57億豪ドルすなわち4.5%増加した。
                 ・純利息マージンは、貸付の金利再設定の利益および資金調達コストの減少を主因とし
                  て、13ベーシス・ポイント上昇した。これは、銀行税の影響によって一部相殺され
                  た。
     その他営業収益           ・貸付手数料の回収率の継続的改善がJBウェア収入の増加と相俟ったことによる貸付手
     6百万豪ドル            数料の増加を原因とし、事業用決済勘定の手数料の減少によって一部相殺された。
     すなわち1.1%増加           ・2017年9月30日のナショナル・オーストラリア・トラスティーズ・リミテッドの売却
                  による収入の減少。
     営業費用           ・技術および顧客対応能力への継続的な投資によるものであり、デジタル化、調達の節
     53 百万  豪ドル         減および事業の簡略化を含む、生産性向上による節減により一部相殺された。
     すなわち5.1%増加
     信用減損費用           ・資産の質は、貸付金および前渡金総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総額
     24 百万  豪ドル         の比率が減損資産の減少を主因として4ベーシス・ポイント減少し、住宅抵当貸付
     すなわち24.5%減少            ポートフォリオを中心とする90日以上DPDの資産の増加によって一部相殺されたもの
                  の、引き続き良好である。
                 ・個別減損エクスポージャーの削減を主因とする、信用減損費用の減少。
     リスク加重資産           ・貸付金および前渡金総額の増加を原因とし、与信の質の改善および最適化によって一
     33 億豪ドル           部相殺された。
     すなわち3.0%増加
                                  38/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      現金収益は、貸付ポートフォリオのバランスシートの増大および金利再設定の利益が信用減損費用の減少と相
     俟って、9百万豪ドルすなわち0.6%増加したが、継続的事業投資によって営業費用が増加したことで大幅に相殺
     された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、NABがその業界の深い専門性および強力な市場ポジションを活用
     63 百万  豪ドル         し続けることで、NAB事業者向け銀行業務および専門的銀行業務によって牽引された事
     すなわち2.3%増加            業貸付の増加により、12億豪ドルすなわち0.6%増加した。
                 ・顧客預金は、預金の質の継続的重視を反映し、すべての主要な商品において伸びがみ
                  られ、27億豪ドルすなわち2.1%増加した。
                 ・純利息マージンは、貸付の金利再設定の利益および資金調達コストの減少によって、
                  6ベーシス・ポイント上昇したが、銀行税の影響によって一部相殺された。
     その他営業収益           ・2017年9月30日のナショナル・オーストラリア・トラスティーズ・リミテッドの売却
     4百万豪ドル            による収入の減少。
     すなわち0.7%減少
     営業費用           ・技術および顧客対応能力への継続的な投資であり、デジタル化、調達の節減および事
     45 百万  豪ドル         業の簡略化を含む、生産性向上による節減により一部相殺された。
     すなわち4.3%増加
     信用減損費用           ・ 資産の質は、貸付金および前渡金総額に対する90日以上DPDの貸付金および減損資産の
     8百万豪ドル            比率が、減損資産の削減を中心とする1ベーシス・ポイント減少し、住宅抵当貸付
     すなわち9.8%減少            ポートフォリオを主因とする90日以上DPDの資産の増加によって一部相殺されたもの
                  の、引き続き良好である。
                 ・個別減損エクスポージャーの削減を主因とする、信用減損費用の減少。
     リスク加重資産           ・貸付金および前渡金総額の増加を原因とし、与信の質の改善および最適化によって一
     22 億豪ドル           部相殺された。
     すなわち2.0%増加
                                  39/106











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     消費者金融・資産運用業務
      当社およびユー・バンクの消費者金融部門ならびにアドバイス、資産管理および年金業務を行う資産運用部門か

     らなる。また、同部門は、住宅ローン・ブローカーを含む独立したアドバイザーならびにオーストラリアの自営業
     アドバイザー、提携アドバイザーおよび有給アドバイザーのファイナンシャル・プランニング・ネットワークへの
     アクセスを顧客に提供している。
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                       2,014       2,009      1,875        0.2      7.4
     純投資収益                        486      488       499       (0.4)       (2.6)
     その他営業収益                        284      292       318       (2.7)      (10.7)
     純営業収益                       2,784       2,789      2,692        (0.2)       3.4
     営業費用                       (1,510)      (1,445)       (1,465)         4.5      3.1
     基礎利益                       1,274       1,344      1,227        (5.2)       3.8
     信用減損費用                        (133)       (105)      (162)       26.7      (17.9)
     税引前現金収益                       1,141       1,239      1,065        (7.9)       7.1
     法人税                        (337)       (370)      (301)       (8.9)      12.0
     現金収益                        804      869       764       (7.5)       5.2
     残高

     (十億豪ドル)
     住宅貸付                       207.0       202.5      195.8        2.2      5.7
     その他貸付                        6.9      6.9       7.2        -     (4.2)
     貸付金および支払承諾総額合計                       213.9       209.4      203.0        2.1      5.4
     期中平均利付資産                       196.0       190.5      185.5        2.9      5.7
     資産合計                       223.4       217.6      211.3        2.7      5.7
     顧客預金                       118.5       116.3      112.7        1.9      5.1
     リスク加重資産合計                        78.3      78.2       65.8        0.1      19.0
                                  40/106









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     パフォーマンス指標
                                                (9  bps)     (1  bp)
     期中平均資産に対する現金収益                       0.74%      0.83%       0.75%
     期中平均リスク加重資産に対する
                                                (28  bps)    (14  bps)
                            1.78%      2.06%       1.92%
     現金収益(消費者金融)
                                                (4  bps)     3 bps
     純利息マージン(消費者金融)                       2.06%      2.10%       2.03%
                                                260  bps    110  bps
     対収益費用比率(消費者金融)                       52.3%      49.7%       51.2%
                                                130  bps    (450   bps)
     対収益費用比率(資産運用)                       63.0%      61.7%       67.5%
     運用・管理資産(該当時点における
                           116,090       112,935       110,726         2.8      4.8
     残高)(百万豪ドル)
     運用・管理資産(平均)(百万豪ドル)                      116,695       112,171       108,042         4.0      8.0
     運用資産(該当時点における残高)
                           199,309       195,258       194,157         2.1      2.7
     (百万豪ドル)
     運用資産(平均)(百万豪ドル)                      199,422       195,173       190,136         2.2      4.9
     平均運用・管理資産に対する投資収益の
                                                (2  bps)     (3  bps)
                              59       61      62
     比率(bps)(資産運用)
     平均運用資産に対する投資収益の比率
                                                 (1  bp)    (3  bps)
                              14       15      17
     (bps)(資産運用)
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年     3月終了       3月終了
     資産の質
                          3月終了       9月終了       3月終了       対2017年       対2017年
                                              9月終了       3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する90日
                                                 6 bps     5 bps
                            0.80%      0.74%       0.75%
     以上DPDの資産および減損資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                 2 bps     (4  bps)
                            0.12%      0.10%       0.16%
                      (1)
     減損費用の比率(年度換算ベース)
     (1)

       比率は、通年度比率を表している。
                                  41/106











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     消 費者金融・資産運用業務
     財務分析
     当上半期と前年同期との比較
      現金収益は、バランスシートの増大および金利再設定によって40百万豪ドルすなわち5.2%増加したが、当社グ
     ループの事業投資の継続により増加した営業費用および銀行税の影響により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、住宅貸付の増加により、105億豪ドルすなわち5.7%増加した。
     139  百万  豪ドル        ・顧客預金は、主に、要求払預金、定期預金および住宅貸付相殺勘定の増加によって、
     すなわち7.4%増加            58億豪ドルすなわち5.1%増加した。
                 ・純利息マージンは、金利再設定の利益および資金調達コストの減少によって、3ベー
                  シス・ポイント改善したが、銀行税の影響ならびに顧客が固定金利かつ元利返済の住
                  宅貸付商品に移行したことによる商品の構成が競争圧力と相俟って、一部相殺され
                  た。
     純投資収益           ・過年度の資産運用業務からの収益の減少。
     13 百万  豪ドル        ・投資市場が成長し投資収益が増加した結果、運用・管理資産および運用資産が増加
     すなわち2.6%減少            し、収益が増加したことによって一部相殺された。
                 ・投資市場の成長を要因として、平均運用・管理資産は、87億豪ドルすなわち8.0%増加
                  し、平均運用資産は93億豪ドルすなわち4.9%増加した。
     その他営業収益           ・ATM手数料免除が海外送金手数料の低下と相俟ったことによる、手数料収入の減少。
     34 百万  豪ドル        ・関連会社の利益の割当の低下。
     すなわち10.7%減少
     営業費用           ・顧客経験価値、新たな支払いプラットフォームならびに技術の強靱性および革新を含
     45 百万  豪ドル         む、新たな可能性への継続的投資。
     すなわち3.1%増加           ・生産性推進の取組みおよび資産運用業務における投資支出の構成の変化の結果、費用
                  が減少したことで一部相殺された。
     信用減損費用           ・無担保のポートフォリオの延滞が一定であったことによる減少。
     29 百万  豪ドル        ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総額の比率は、
     すなわち17.9%減少            主に西オーストラリア州、ニューサウスウェールズ州およびビクトリア州における住
                  宅抵当貸付の延滞の増加を反映して、5ベーシス・ポイント増加して0.80%となっ
                  た。
     リスク加重資産           ・モーゲージのモデル変更と住宅貸付高の増加が相俟って増加した。
     125  億豪ドル
     すなわち19.0%増加
                                  42/106








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      現金収益は、当社グループが新たな可能性への投資を継続したことで営業費用が増加し、季節的要因によって信
     用減損費用が増加したことおよび銀行税の影響と相俟って、65百万豪ドルすなわち7.5%減少した。これは、バラ
     ンスシートの伸びおよび金利再設定による収入の増加によって一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、住宅貸付の増加を原因として、55億豪ドルすなわち2.9%増加し
     5百万豪ドル            た。
     すなわち0.2%増加           ・顧客預金は、主に、要求払預金、住宅貸付相殺勘定および定期預金の増加によって、
                  22億豪ドルすなわち1.9%増加した。
                 ・純利息マージンは、銀行税の影響、住宅貸付けの構成の変化および競争圧力により4
                  ベーシス・ポイント減少したが、資金調達コストの低下および金利再設定の利益に
                  よって一部相殺された。
     純投資収益           ・過年度中の資産運用業務からの収入の減少。
     2百万豪ドル           ・投資市場が成長し投資収益が増加した結果、運用・管理資産および運用資産が増加
     すなわち0.4%減少            し、収益が増加したことによって一部相殺された。
                 ・投資市場の成長を要因として、平均運用・管理資産は、45億豪ドルすなわち4.0%増加
                  し、平均運用資産は42億豪ドルすなわち2.2%増加した。
     その他営業収益           ・季節的要因により低下した為替取引による収入が、ATM手数料免除と相俟ったことによ
     8百万豪ドル            る。
     すなわち2.7%減少
     営業費用           ・顧客経験価値、新たな支払いプラットフォームならびに技術の強靱性および革新を含
     65 百万  豪ドル         む、新たな可能性への継続的投資。
     すなわち4.5%増加           ・生産性推進の取組みの結果減少した費用により一部相殺された。
     信用減損費用           ・無担保の貸付ポートフォリオの季節的要因による増加。
     28 百万  豪ドル        ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総額の比率は、
     すなわち26.7%増加            主に西オーストラリア州、ニューサウスウェールズ州およびビクトリア州における住
                  宅抵当貸付の延滞の増加を反映して、半年間で6ベーシス・ポイント増加して0.80%
                  となった。
     リスク加重資産           ・住宅貸付高の増加を原因として増加した。
     1億豪ドル
     すなわち0.1%増加
                                  43/106









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     消費者金融
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                        2,014       2,009      1,875        0.2      7.4
     その他営業収益                         262      281       284       (6.8)       (7.7)
     純営業収益                        2,276       2,290      2,159        (0.6)       5.4
     営業費用                       (1,190)      (1,137)       (1,105)         4.7      7.7
     基礎利益                        1,086       1,153      1,054        (5.8)       3.0
     信用減損費用                        (133)       (105)      (162)       26.7      (17.9)
     税引前現金収益                         953     1,048        892       (9.1)       6.8
     法人税                        (285)       (313)      (268)       (8.9)       6.3
     現金収益                         668      735       624       (9.1)       7.1
     資産管理

                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純投資収益                         486      488       499       (0.4)       (2.6)
     その他営業収益                         22       11      34       大     (35.3)
     純営業収益                         508      499       533       1.8      (4.7)
     営業費用                        (320)       (308)      (360)        3.9     (11.1)
     税引前現金収益                         188      191       173       (1.6)       8.7
     法人税                         (52)      (57)       (33)       (8.8)      57.6
     現金収益                         136      134       140       1.5      (2.9)
                                  44/106










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     法人・機関投資家向け銀行業務
      法人・機関投資家向け銀行業務は、財務および債券市場、限定資本、保管ならびに代替的投資に関連する幅広い

     貸付および取引の商品およびサービスを提供する。同部門は、オーストラリアの顧客に、また専門的な産業上の関
     係および商品チームを擁する米国、英国およびアジアの支店を通じて世界の顧客にサービスを提供している。
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                        946     1,019        953       (7.2)       (0.7)
     その他営業収益                        737      607       761       21.4       (3.2)
     純営業収益                       1,683       1,626      1,714        3.5      (1.8)
     営業費用                        (637)       (605)      (631)        5.3      1.0
     基礎利益                       1,046       1,021      1,083        2.4      (3.4)
     信用減損戻入れ/(費用)                         7     (23)       (14)        大      大
     税引前現金収益                       1,053        998     1,069        5.5      (1.5)
     法人税                        (275)       (254)      (278)        8.3      (1.1)
     現金収益                        778      744       791       4.6      (1.6)
     純営業収益

     貸付および預金収入                       1,048       1,012        973       3.6      7.7
     マーケッツ収益(デリバティブの
                              436      427       476       2.1      (8.4)
     評価調整を除く。)
                 (1)
                              (23)      (22)       46       4.5       大
     デリバティブの評価調整
     その他収益                        222      209       219       6.2      1.4
     純営業収益合計                       1,683       1,626      1,714        3.5      (1.8)
     残高

     (十億豪ドル)
                   (2)
                             26.9      26.8       25.5        0.4      5.5
     コーポレート・ファイナンス
     事業貸付                        58.1      58.7       57.6       (1.0)       0.9
     その他貸付                        0.5      2.5       2.5      (80.0)      (80.0)
     貸付金および支払承諾総額                        85.5      88.0       85.6       (2.8)       (0.1)
     期中平均利付資産                       239.2       242.9      235.1        (1.5)       1.7
     資産合計                       250.1       259.3      258.2        (3.5)       (3.1)
     顧客預金                        89.6      97.0       93.7       (7.6)       (4.4)
     リスク加重資産合計                       114.8       114.7      114.2        0.1      0.5
     パフォーマンス指標

                                                 5 bps
     期中平均資産に対する現金収益                       0.58  %    0.53%       0.58%                -
     期中平均リスク加重資産に対する
                                                 6 bps     6 bps
                            1.36  %    1.30%       1.30%
     現金収益
                                                (5  bps)     (2  bps)
     純利息マージン                       0.79  %    0.84%       0.81%
                                                 6 bps     11  bps
     純利息マージン(マーケッツを除く。)                       1.64  %    1.58%       1.53%
                                                60  bps    100  bps
     対収益費用比率                       37.8  %    37.2%       36.8%
                                  45/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                                  半期
                                               2018  年    2018  年
                                              3月終了       3月終了
                           2018  年    2017  年    2017  年
     資産の質
                                              対2017年       対2017年
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              9月終了       3月終了
                                               ( %)      ( %)
     貸付金および支払承諾総額に対する90日
                                                 5 bps    (14  bps)
                            0.39%      0.34%       0.53%
     以上DPDの資産および減損資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                (7  bps)     (5  bps)
                           (0.02%)       0.05%       0.03%
                      (3)
     減損費用の比率(年度換算ベース)
     (1)

       デリバティブの評価調整は、信用評価調整および資金調達評価調整からなる。
     (2)
       コーポレート・ファイナンスは、従前のキャピタル・ファイナンス業務を表している。
     (3)
       比率は、年度換算ベースの半期比率を表している。
                                  46/106
















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     法人・機関投資家向け銀行業務
     財務分析
     当上半期と前年同期との比較
      現金収益は、取引業績の低下、アジアにおけるプライベート・ウェルス業務の売却および銀行税の影響により、
     13百万豪ドルすなわち1.6%減少した。費用は、プロジェクト投資に係る支出の増加を含め適切に管理され、生産
     性向上による節減により大幅に相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・その他営業収益の経済的ヘッジの変動により相殺される40百万豪ドルの減少を含む。
     7百万豪ドル           ・33百万豪ドルの基礎的増加分は、マージン(マーケッツを除く。)の上昇を反映して
     すなわち0.7%減少            いる。これは、マーケッツ収益の減少により一部相殺された。
                 ・純利息マージン(マーケッツを除く。)は、ポートフォリオ収益への継続的な注力が
                  貸付マージンの改善につながったことおよび資金調達コストの改善によって、11ベー
                  シス・ポイント上昇し1.64%となったが、銀行税の影響によって一部相殺された。
                 ・貸付金および支払承諾総額は、より高いマージンのコーポレート・ファイナンス貸付
                  の14億豪ドルの増加、およびアジアにおけるプライベート・ウェルス業務の売却によ
                  るその他貸付(主に抵当貸付)の20億豪ドルの減少を反映してほぼ横ばいであった。
                 ・顧客預金は、アジアにおけるプライベート・ウェルス業務の売却および機関投資家向
                  け預金の質への継続的な注力を反映して41億豪ドルすなわち4.4%減少した。
     その他営業収益           ・純利息収益において相殺された経済的ヘッジの変動による40百万豪ドルの増加を含
     24 百万  豪ドル         む。
     すなわち3.2%減少           ・トレーディング収益の減少による64百万豪ドルの基礎的減少分。これは主に、金利デ
                  リバティブおよび確定利付証券がデリバティブの評価調整の不利な変動にさらされた
                  ことに関連している。これは、コーポレート・ファイナンス手数料の増加および顧客
                  リスク管理商品の売上増加により一部相殺された。
     営業費用           ・システムの簡素化、革新および規制上の変更の実施のため、技術費用への投資が増加
     6百万豪ドル            した。これは、再編成活動による生産性向上による節減およびアジアにおけるプライ
     すなわち1.0%増加            ベート・ウェルス業務の売却により大幅に相殺された。
     信用減損費用           ・与信の質の改善、および少数のエクスポージャーの減損に関する費用の減少。
     21 百万  豪ドル減少
     リスク加重資産           ・リスク加重資産は、継続的な利益重視のポートフォリオ管理を反映して安定してい
     6億豪ドル            た。
     すなわち0.5%増加
                                  47/106









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      現金収益は、増加した取引活動からの手数料により34百万豪ドルすなわち4.6%増加した。これは、アジアにお
     けるプライベート・ウェルス業務の売却、銀行税の影響および技術への投資額の増加により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・その他営業収益の経済的ヘッジの変動により相殺される31百万豪ドルの減少を含む。
     73 百万  豪ドル        ・42百万豪ドルの基礎的減少分は、マーケッツ収益の減少ならびに貸付金および支払承
     すなわち7.2%減少            諾総額の減少を反映している。これは、マージン(マーケッツを除く。)の上昇によ
                  り一部相殺された。
                 ・貸付金および支払承諾総額は、アジアにおけるプライベート・ウェルス業務の売却
                  (主に抵当貸付)を主因として25億豪ドルすなわち2.8%減少した。
                 ・純利息マージン(マーケッツを除く。)は、資金調達コストの改善を主因として、6
                  ベーシス・ポイント上昇し1.64%となった。これは、期間を通じた銀行税の影響に
                  よって一部相殺された。
                 ・顧客預金は、アジアにおけるプライベート・ウェルス業務の売却および機関投資家向
                  け預金の質への継続的な注力を反映して74億豪ドルすなわち7.6%減少した。
     その他営業収益           ・純利息収益において相殺された経済的ヘッジの変動による31百万豪ドルの増加を含
     130  百万  豪ドル         む。
     すなわち21.4%増加           ・顧客リスク管理商品の売上増加およびコーポレート・ファイナンス手数料の増加によ
                  る99百万豪ドルの基礎的増加分。
     営業費用           ・システムの簡素化、革新および規制上の変更の実施のため、技術費用への投資が増加
     32 百万  豪ドル         した。これは、再編成活動による生産性向上による節減およびアジアにおけるプライ
     すなわち5.3%増加            ベート・ウェルス業務の売却により一部相殺された。
     信用減損費用           ・与信の質の改善、および少数のエクスポージャーの減損に関する費用の減少。
     30 百万  豪ドル減少
     リスク加重資産           ・リスク加重資産は、継続的な利益重視のポートフォリオ管理を反映して安定してい
     1億豪ドル            た。
     すなわち0.1%増加
                                  48/106











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     ニュージーランド銀行業務
      ニュージーランド銀行業務部門は、「バンク・オブ・ニュージーランド」のブランド名で運営されているニュー

     ジーランドにおけるリテール業務、事業金融業務、アグリビジネス業務、法人向け業務、保険フランチャイズ業務
     およびマーケッツ・セールス業務からなる。ニュージーランド銀行業務部門には、バンク・オブ・ニュージーラン
     ドのマーケッツ部門のトレーディング業務は含まれない。
      数値は現地通貨で表示されている。豪ドル建ての業績は後出表を参照のこと。
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3 月終了     3 月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対 2017  年   対 2017  年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9 月終了     3 月終了
                           NZ ドル)     NZ ドル)     NZ ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                        905      869       823       4.1      10.0
     その他営業収益                        287      285       280       0.7      2.5
     純営業収益                       1,192       1,154      1,103        3.3      8.1
     営業費用                        (465)       (449)      (433)        3.6      7.4
     基礎利益                        727      705       670       3.1      8.5
     信用減損費用                        (41)      (31)       (40)       32.3       2.5
     税引前現金収益                        686      674       630       1.8      8.9
     法人税                        (192)       (188)      (175)        2.1      9.7
     現金収益                        494      486       455       1.6      8.6
     残高

     (十億NZドル)
     住宅貸付                        38.2      37.4       36.2        2.1      5.5
     事業貸付                        40.3      40.4       38.7       (0.2)       4.1
     その他貸付                        1.3      1.3       1.3        -       -
     貸付金および支払承諾総額                        79.8      79.1       76.2        0.9      4.7
     期中平均利付資産                        80.9      78.6       76.6        2.9      5.6
     資産合計                        84.0      82.6       79.8        1.7      5.3
     顧客預金                        58.2      55.1       53.0        5.6      9.8
     リスク加重資産合計                        59.0      57.8       57.7        2.1      2.3
     パフォーマンス指標

                                                 (1  bp)     3 bps
     期中平均資産に対する現金収益                       1.19  %    1.20%       1.16%
     期中平均リスク加重資産に対する
                                                 3 bps     12  bps
                            1.71  %    1.68%       1.59%
     現金収益
     純利息マージン                       2.24  %    2.21%       2.15%        3 bps     9 bps
                                                10  bps    (30  bps)
     対収益費用比率                       39.0  %    38.9%       39.3%
     フルタイム相当従業員(該当時点に
                             4,676       4,732      4,788        (56)      (112)
     おける人数)
                                  49/106






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     資産の質
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                                               3 月終了     3 月終了
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                               対 2017  年   対 2017  年
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                               9 月終了     3 月終了
                                                ( %)      ( %)
     貸付金および支払承諾総額に対する
     90日以上DPDの資産および減損資産総額の
                                                (17  bps)    (99  bps)
                            0.62  %    0.79%       1.61%
       (1)
     比率
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                 2 bps
                            0.10  %    0.08%       0.10%                 -
                      (2)
     減損費用の比率(年度換算ベース)
          (3)

     市場シェア
                                 2018  年 3月31日      2017  年 9月30日      2017  年 3月31日

                                   現在         現在         現在
     住宅貸付                                15.6  %       15.6%         15.6%
     アグリビジネス                                22.6  %       22.5%         22.3%
     事業貸付                                23.7  %       23.8%         23.5%
           (4)
                                     18.5  %       18.0%         17.9%
     リテール預金
     販売

                                 2018  年 3月31日      2017  年 9月30日      2017  年 3月31日

                                   現在         現在         現在
     リテール支店数                                 155         158         161
     ATM台数                                 618         549         488
                            (5)
                                       712         695         685
     インターネットバンキング顧客数(単位:千人)
     (1)

       減損資産総額は、保有証券に基づき現時点で損失ではないと評価されている81百万NZドル(2017年9月現在222百万NZド
       ル、2017年3月現在795百万NZドル)のニュージーランド銀行業務の酪農業に係るエクスポージャーを含む。一括引当金は
       これらの貸付のために準備されている。
     (2)
       比率は、年度換算ベースの半期比率を表している。
     (3)
       出典:3ヵ月でみた加重移動平均に基づくRBNZ。
     (4)
       報告上の分類の変更により、過去の期間は再表示されている。
     (5)
       定義の変更により、過去の期間は再表示されている。
                                  50/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     ニュージーランド銀行業務
     (現地通貨による)財務分析
     当上半期と前年同期との比較
      現金収益は、収益増加により39百万NZドルすなわち8.6%増加したが、費用の増加により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、ブローカー販売経路の成長により促進された住宅貸付の成長、
     82 百万  NZドル         および2017年度下半期の銀行業界全体の伸びを上回った事業貸付の大幅な成長により
     すなわち10.0%増加            43億NZドルすなわち5.6%増加した。
                 ・顧客預金は、定期預金の大幅な成長により52億NZドルすなわち9.8%増加した。
                 ・純利息マージンは、住宅貸付および事業貸付のマージンの改善ならびに資金調達コス
                  トの改善を主因として、9ベーシス・ポイント増加した。これは、低金利環境による
                  資本投資収益の減少によって一部相殺された。
     その他営業収益           ・前年下半期における貸付業務の増加を一部の要因とするライン手数料収入の増加。
     7百万NZドル           ・クレジットカードのポートフォリオによる収益の改善。
     すなわち2.5%増加           ・プライベート・ウェルス・シリーズが管理する投資スキームの開始。
     営業費用           ・営業担当者の効率化および顧客経験価値の向上のためのデジタル機能への継続的な投
     32 百万  NZドル         資。これは、事業全体の生産性向上による節減により一部相殺された。
     すなわち7.4%増加           ・優先セグメントおよびデジタルへの投資に伴う減価償却費および償却費。
     信用減損費用           ・対象セクターにおける一括引当金に係る将来の見通しに関する調整(「FLA」)を含
     1百万NZドル            む。これは、酪農業のポートフォリオの改善により一部相殺された。
     すなわち2.5%増加           ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総額の水準は、
                  酪農業に係るエクスポージャーに関連する減損資産総額の顕著な減少を主因として、
                  99ベーシス・ポイント減少した。
     リスク加重資産合計           ・エクスポージャーの増加は、ポートフォリオの質の改善により一部相殺された。
     13 億NZドル
     すなわち2.3%増加
                                  51/106











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     当上半期と前年下半期との比較
      現金収益は、収益の改善により8百万NZドルすなわち1.6%増加したが、費用の増加および信用減損費用の増加
     により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、住宅貸付および事業貸付の両方において銀行業界全体が伸び悩
     36 百万  NZドル         んだ中、23億NZドルすなわち2.9%増加した。
     すなわち4.1%増加           ・顧客預金は、預金商品全般における銀行業界全体の伸びを上回る大幅な成長により31
                  億NZドルすなわち5.6%増加した。
                 ・純利息マージンは、事業貸付および住宅貸付のマージンの改善により3ベーシス・ポ
                  イント増加し2.24%となった。
     その他営業収益           ・前年下半期における貸付業務の増加を一部の要因とするライン手数料収入の増加。
     2百万NZドル           ・生命保険事業による収益の増加。
     すなわち0.7%増加
     営業費用           ・営業担当者の効率化および顧客経験価値の向上のためのデジタル機能への継続的な投
     16 百万  NZドル         資。これは、事業全体の生産性向上による節減により一部相殺された。
     すなわち3.6%増加           ・優先セグメントおよびデジタルへの投資に伴う減価償却費および償却費。
     信用減損費用           ・対象セクターにおける一括引当金に係るFLAを含む。これは、酪農業のポートフォリオ
     10 百万  NZドル         の改善により一部相殺された。
     すなわち32.3%増加           ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総額の水準は、
                  酪農業に係るエクスポージャーに関連する減損資産総額の減少を主因として、17ベー
                  シス・ポイント減少した。
     リスク加重資産合計           ・エクスポージャーの増加は、ポートフォリオの質の改善により一部相殺された。
     12 億NZドル
     すなわち2.1%増加
                                  52/106












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     ニュージーランド銀行業務
      数値は豪ドルで表示されている。現地通貨建ての数値については前出表を参照のこと。
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3 月終了     3 月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対 2017  年   対 2017  年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9 月終了     3 月終了
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                        828      810       776       2.2      6.7
     その他営業収益                        263      266       264       (1.1)       (0.4)
     純営業収益                       1,091       1,076      1,040        1.4      4.9
     営業費用                        (426)       (419)      (408)        1.7      4.4
     基礎利益                        665      657       632       1.2      5.2
     信用減損費用                        (38)      (29)       (38)       31.0        -
     税引前現金収益                        627      628       594       (0.2)       5.6
     法人税                        (175)       (175)      (165)         -     6.1
     現金収益                        452      453       429       (0.2)       5.4
     外国為替相場の変動の影響

                                    2018  年               2018  年

                                   3月終了                 3月終了
                           2017  年 9月              2017  年 3月
     2018  年 3月における                           対2017年                 対2017年
                          終了後の半期                 終了後の1年
     プラス/(マイナス)                              9月終了                 3月終了
                          ( 百万  豪ドル)              ( 百万  豪ドル)
                                  ( 為替変動を                ( 為替変動を
                                   除く)(%)                 除く)(%)
     純利息収益                          (15)        4.1         (25)        9.9
     その他営業収益                           (5)        0.8         (8)        2.7
     営業費用                           8       3.6         12        7.4
     信用減損費用                           -       31.0          1       2.6
     法人税                           ▶       2.3          6       9.7
     現金収益                           (8)        1.5         (14)        8.6
                                  53/106










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     コーポレート機能・その他業務
      当社グループの「コーポレート機能」部門には、トレジャリー業務、技術・オペレーション業務、サポート部門

     および消去をはじめ、全事業部門を支援する機能が含まれる。トレジャリー業務は、資本管理、バランスシート管
     理および流動資産ポートフォリオとともに、当社グループの業務を支援する資本および構造的資金の移動を担当す
     る中央機関としての役割を務める。
                                  半期

                                 2017  年    2017  年
                                               2018  年    2018  年
                           2018  年
                                 9月終了       3月終了
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了
                                  (1)      (1)
                                              対2017年       対2017年
                           ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                                  ( 百万      ( 百万
                           豪ドル)
                                               ( %)      ( % )
                                 豪ドル)      豪ドル)
     純営業収益                         247      306       333      (19.3)      (25.8)
     営業費用(再編成関連費用を除く。)                        (325)       (335)      (243)       (3.0)      33.7
            (2)
                             (755)        -      -       大      大
     再編成関連費用
     基礎(損失)/利益                        (833)       (29)       90       大      大
     信用減損費用                        (135)       (177)       (82)      (23.7)       64.6
     税引前および分配前現金(欠損)/
                             (968)       (206)        8       大      大
     収益
     法人税利益/(費用)                         260       64      (17)        大      大
     分配前現金収益                        (708)       (142)        (9)       大      大
     分配                         (49)      (49)       (49)        -       -
     現金欠損                        (757)       (191)       (58)        大      大
     現金欠損(再編成関連費用を除く。)                        (227)       (191)       (58)       18.8        大
                                  54/106












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     コーポレート機能
     財務分析
     当上半期と前年同期との比較
      現金収益は、再編成関連費用、トレジャリー業務からの収益減少、ならびに                                        規制対応および顧客保護の改善なら
     びに弁護士費用のための引当金を主因とする費用の増加を主因として、699                                      百万豪ドル減少した。
     主な変動           主な要因

     純営業収益           ・主にトレジャリー業務における資金調達およびリスク管理業務からの収益の減少、な
     86 百万  豪ドル         らびに顧客補償費用の増加。
     すなわち25.8%減少
     営業費用(再編成関連           ・規制対応および顧客保護の改善ならびに弁護士費用のための引当金の増加。
     費用を除く。)
     82 百万  豪ドル
     すなわち33.7%増加
     信用減損費用           ・対象セクターにおける、計画されているモデル変更およびFLAのための一括引当金の増
     53 百万  豪ドル         加。これは、前期に認識された商業用不動産によって引き上げられた一括引当金に係
     すなわち64.6%増加            るFLAにより一部相殺された。
     分配 変動なし           ・分配は安定していた。
     (1)

       2017年3月現在及び2017年9月現在の比較情報は、当社グループの消去業務を含めるため再表示された。
     (2)
       詳細は、「第6-1 中間財務書類」の注記4「営業費用」を参照。
     当上半期と前年下半期との比較

      現金収益は、前年下半期比で566百万豪ドル減少した。この減少は、主に再編成関連費用によるものであった。
     主な変動           主な要因

     純営業収益           ・トレジャリー業務におけるリスク管理業務からの収益の減少、ならびに前年下半期に
     59 百万  豪ドル         おける臨時の資産売却。
     すなわち19.3%減少
     営業費用(再編成関連           ・規制に基づく改善および弁護士費用の減少。
     費用を除く。)
     10 百万  豪ドル
     すなわち3.0%減少
     信用減損費用           ・対象セクターにおける一括引当金に係るFLAの水準の低下。これは、計画されているモ
     42 百万  豪ドル         デル変更のための一括引当金の増加により一部相殺された。
     すなわち23.7%減少
     分配 変動なし           ・分配は安定していた。
     前へ

                                  55/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第4    【設備の状況】

     1  【主要な設備の状況】

       当上半期中、当社の主要な設備の状況に重要な変化はなかった。
     2  【設備の新設、除却等の計画】

       当社グループは、銀行の支店および関連設備に関する継続的な保守・改修計画を有しており、設備需要を継続
      的に見直している。「第3-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「投資支出」を
      参照のこと。
                                  56/106
















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第5    【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  株式の総数等(2018年3月31日現在)
       ① 授権株式の総数

         オーストラリア法上授権資本を有する必要はない。
               (1)

       ② 発行済株式
                                      上場金融商品取引所名

      記名・無記名の別
                     種類         発行数(千株)         又は登録認可金融商品               内容
     及び額面・無額面の別
                                        取引業協会名
                                                 普通株式(完全議
                                                 決権株式であり、
                                                 権利内容に何ら制
                                                 限のない標準とな
                                                 る株式である。)
                                                 米  国  預  託  株  式

                                                 (ADS)(預託機関
                                      オーストラリア証券取           またはカストディ
                 普通株式               2,722,926
                                      引所           アンに預託されて
                                                 いる当社の全額払
                                                 込済普通株式。ADS
                                                 を構成する各全額
                                                 払込済普通株式に
        記名式株式
                                                 は、全額払込済普
                                                 通株式に付される
                                                 ものと同じ権利が
                                                 付される。)
                 25セントまでの一部
                                                 (2)
                                    39
                 払込株式
                                      オーストラリア証券取           当社が支配する株
                 自社株式                 (8,319)
                                      引所           式
                 ナショナル・インカ
                                      オーストラリア証券取
                                                 (3)
                 ム・セキュリティー                 20,000
                                      引所
                 ズ
                                      ルクセンブルグ証券取
                                                 (4)
                 信託優先証券                  400
                                      引所
          計                      2,735,046
      (2)  行使価額修正条項付新株予約権付社債等の行使状況等

        該当なし
                                  57/106






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      (3)  発行済株式総数及び資本金の状況
                             2017年9月30日                     2018年3月31日

                                         期中異動
                                現在                     現在
               全額払込済普通株式                  2,685,469            37,457         2,722,926
               25セントまでの
                                    43           (4)           39
               一部払込済普通株式
               自己株式                   (9,643)           1,325          (8,319)
      発行済株式総数
        (千株)
               ナショナル・インカム・
                                  20,000             ―        20,000
               セキュリティーズ
               信託優先証券                     400            ―         400
               合計                  2,696,269            38,777         2,735,046

              資本金
                                  34,627           1,075          35,702
           (単位:百万豪ドル、
                                  (2,840)            (88)         (2,928)
            カッコ内十億円)
      (1)
        上記の発行済株式数には従業員持株制度に基づく一部払込済株式が含まれる。全額払込済発行済株式総数(千株)は
       2,735,046(NISのために発行された証券および信託優先証券を含む。)である。「払込資本を構成する発行済証券総数」
       は、(2016年7月1日付の承継ファンド合併まで)当社グループの連結投資事業により保有されていた当社自己株式およ
       び従業員インセンティブ制度の要件を満たすために当社グループの被支配会社により信託保管されている自己株式につい
       て調整がなされている。株価変動から発生した値洗い価値の未実現変動、配当収益および当社グループの連結投資事業に
       より保有されていた株式の売却から発生した実現損益は、法定報告上除外されている。
      (2)
        従業員持株制度における一部払込済株式は発行済みであるが上場されていない。
      (3)
        1999年6月29日、当社は、NIS20百万株を1株当たり100豪ドルで発行した。NISは、当社がニューヨーク支店を通じて
       発行した100豪ドルの全額払込済社債1単位および当社が発行した未払いのNIS優先株式1株から成るステープル証券であ
       る。NIS優先株式の未払額は、一定の限定された状況(不履行事由の発生等)の下でその支払期日が到来する。NISの各保有
       者は、四半期毎に後払いされる、オーストラリアの90日銀行手形の利率に年率1.25%を加えた利率による非累積配当を受
       領する権利を有する。APRAの事前の同意を得て、当社は各証券を1単位当たり100豪ドル(プラス発生した配当金)で償還
       し、かかる証券に非分離のものとして付されたNIS優先株式を無償で買い戻すか消却することができる。NISには満期日は
       なく、オーストラリア証券取引所(「ASX」)に上場されている。
      (4)
        2003年9月29日、当社グループは、ナショナル・キャピタル・トラストIが1株当たり1,000英ポンドで信託優先証券
       400,000株を発行することにより当社ロンドン支店が使用する資金4億英ポンドを調達した。各信託優先証券には2018年12
       月17日まで半年毎に後払いされる年率5.62%の非累積配当が付き、その後は5年の期間毎にかかる期間当初の5年物英国
       国債の指標銘柄の償還利回りに1.93%を加えた合計の率による非累積配当が付き、半年毎に後払いされる。信託優先証券
       は、APRAの事前の同意を得て、2018年12月17日およびそれ以降の各5年目の応当日にこれを償還できる。その場合の償還
       価格は、1信託優先証券当たり1,000英ポンドに過去6ヶ月間の配当期間の未払配当金を加えた額である。
                                  58/106








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      (4)  大株主の状況
        2018年3月31日現在、発行済普通株式総数の1%超を所有する上位6位までの大株主は以下のとおりであ
       る。
                                       所有普通株式数         発行済普通株式総数

             名称                 住所
                                          (株)       に対する割合(%)
     HSBC・カストディー・ノミニーズ                    ニューサウスウェールズ州
                                         644,358,411              23.66
     (オーストラリア)リミテッド                    シドニー
     JPモルガン・ノミニーズ・オーストラ                    ビクトリア州
                                         318,805,362              11.71
     リア・リミテッド                    メルボルン
     シティコープ・ノミニーズ・ピー                    ビクトリア州
                                         156,667,804              5.75
     ティーワイ・リミテッド                    メルボルン
                         ビクトリア州
     ナショナル・ノミニーズ・リミテッド                                    115,168,105              4.23
                         メルボルン
     BNPパリバ・ノミニーズ・ピーティーワ                    ニューサウスウェールズ州
                                         54,784,798              2.01
     イ・リミテッド                    ロイヤル・エクスチェンジ
     BNPパリバ・ノムズ・ピーティーワイ・                    ニューサウスウェールズ州
                                         36,918,394              1.36
     リミテッド                    ロイヤル・エクスチェンジ
              計                          1,326,702,874               48.72
     2  【株価の推移】

                                (1)
       下表は、当上半期中のオーストラリア証券取引所                            における当社普通株式の株価の推移を示したものであ
      る。
                                                    (単位:豪ドル)

               月別     2017年10月        11月       12月     2018年1月        2月       3月
      当上半期中に
      おける月別最         最高      32.98       32.39       30.14       29.97       30.64       30.56
      高・最低株価
               最低      30.93       29.05       29.15       28.98       28.01       28.36
     3  【役員の状況】

       アン・シェリーは、2017年11月8日に当社取締役会のメンバーに任命された。当社定款の第10.3条に従い、シェリー氏
      は、2017年12月15日に開催された定時株主総会にて立候補し、株主によって当社の取締役に選任された。
      (1)
         当社普通株式は、2006年9月10日に東京証券取引所への上場を廃止した。
                                  59/106








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第6    【経理の状況】

     (1)  本書記載の中間財務書類は、2018年3月31日現在および同日に終了した6ヵ月間についてのナショナル・オー

      ストラリア・バンク・リミテッドの中間財務書類の翻訳である。
       ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッドの中間財務書類は、豪ドルで表示されている。以下の中間
      財務書類に表示された主要な円金額は、2018年5月7日現在の株式会社三菱UFJ銀行における対顧客電信直物売
      買相場の仲値(1豪ドル=82.02円)により換算したものである。金額は百万円単位(四捨五入)で表示されてい
      る(ただし1株当たり情報は円単位で四捨五入している)。日本円に換算された金額は、四捨五入のため合計欄
      の数値が総計と一致しない場合がある。
     (2)  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッドの中間財務書類は、「中間財務諸表等の用語、様式および

      作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)第76条第1項の規定に準拠して作成されている。
     (3)  日本において一般に公正妥当と認められる会計原則または会計慣行とオーストラリアにおける会計原則または

      会計慣行との主要な差異は、「3                  日豪の会計原則および会計慣行の相違」に記載されている。
     (4)  本書記載の中間財務書類は、公認会計士等による監査を受けていない。

                                  60/106












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     1  【中間財務書類】

                (1)
      中間連結損益計算書
                            2018年3月31日に           2017年9月30日に           2017年3月31日に

                             終了した6ヵ月           終了した6ヵ月           終了した6ヵ月
                         注記
                           百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円
     受取利息                        14,093    1,155,908       14,052    1,152,545       13,351    1,095,049
     支払利息                        (7,327)    (600,961)      (7,267)    (596,039)      (6,954)    (570,367)
     純利息収益                        6,766    554,947      6,785    556,506      6,397    524,682
     その他収益                     3    2,858    234,413      2,600    213,252      2,242    183,889
        (2)
                          ▶   (5,184)    (425,192)      (4,283)    (351,292)      (4,256)    (349,077)
     営業費用
     貸倒引当金繰入額                     8    (382)    (31,332)       (425)    (34,859)       (399)    (32,726)
     税引前利益                        4,058    332,837      4,677    383,608      3,984    326,768
     法人税                     5   (1,182)     (96,948)      (1,354)    (111,055)      (1,126)     (92,355)
     継続事業からの当期純利益                        2,876    235,890      3,323    272,552      2,858    234,413
     非継続事業からの税引後当期純(損失)                    15    (291)    (23,868)       (581)    (47,654)       (312)    (25,590)
     当期純利益                        2,585    212,022      2,742    224,899      2,546    208,823
     非支配持分への帰属                          2    164      2    164      1     82
     当社の株主への帰属                        2,583    211,858      2,740    224,735      2,545    208,741
                             セント       円    セント       円    セント       円
     基本的1株当たり利益                         93.9      77    100.8       83    93.9      77
     希薄化後1株当たり利益                         91.1      75    97.7      80    91.7      75
                             セント       円    セント       円    セント       円

     継続事業からの基本的1株当たり利益                        104.7       86    122.5      100    105.6       87
     継続事業からの希薄化後1株当たり利益                        101.0       83    117.9       97    102.6       84
     (1)  情報は継続事業ベースで表示している。
     (2)  事業再編関連費用を含む。詳細は注記4「営業費用」を参照。
                                  61/106












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                  (1)
      中間連結包括利益計算書
                            2018年3月31日に           2017年9月30日に           2017年3月31日に

                             終了した6ヵ月           終了した6ヵ月           終了した6ヵ月
                        注記
                           百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円     百万豪ドル      百万円
     継続事業からの当期純利益                        2,876     235,890     3,323     272,552      2,858     234,413
     その他の包括利益
     純損益に振り替えられない項目
     公正価値で測定の指定を受けた金融負債の公正                    11     19     1,558     (56)     (4,593)      67    5,495
      価値の変動のうち当社グループの自己の信用
      リスクに起因する変動額
     土地および建物の再評価差額金                          -      -     1      82     -      -
     その他の払込資本の為替換算調整額                         46     3,773      31     2,543      (27)    (2,215)
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
      資本性金融商品積立金:
      再評価益/(損)                        26     2,133      2     164     (3)     (246)
     資本へ/(から)直接振り替えられた項目に係る                         (6)     (492)     21     1,722      10     820
      法人税
     純損益に振り替えられない項目合計                         85     6,972      (1)      (82)     47    3,855
     純損益に振り替えられ得る項目
     キャッシュ・フロー・ヘッジ:
      キャッシュ・フロー・ヘッジ手段に係る(損                        (55)     (4,511)      14     1,148     (129)    (10,581)
       失)/利得
      損益計算書に振り替えられた利得/(損失)                         ▶     328     (6)     (492)      7     574
     外貨換算積立金:
      在外営業活動体の為替換算調整額(ヘッジ部                        190    15,584      58     4,757     (331)    (27,149)
       分を除く)
      在外営業活動体の処分に伴う損益計算書への                         -      -    (10)      (820)      -      -
       振替
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
      負債性金融商品積立金:
      再評価(損)/益                        (40)     (3,281)      (47)     (3,855)      72    5,905
      損益計算書に振り替えられた売却(損)                        (2)     (164)     (1)      (82)     (2)     (164)
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定す                         5     410     (2)     (164)      1     82
       る負債性金融商品に係る貸倒引当金の変動
       額
     資本へ直接振り替えられた項目に係る法人税                          1     82     8     656      9     738
     純損益に振り替えられ得る          項目合計              103     8,448      14     1,148     (373)    (30,593)
     当期その他の包括利益(法人税控除後)                         188    15,420      13     1,066     (326)    (26,739)
     継続事業からの当期包括利益合計                        3,064     251,309     3,336     273,619      2,532     207,675
     非継続事業からの当期純損失                    15    (291)     (23,868)      (581)     (47,654)      (312)    (25,590)
     当 期包括利益合     計                  2,773     227,441     2,755     225,965      2,220     182,084
     当社の株主への帰属                        2,771     227,277     2,753     225,801      2,219     182,002
     非支配持分への帰属                          2     164     2     164      1     82
     (1)  情報は継続事業ベースで表示している。
                                  62/106








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       中間連結貸借対照表
                           2018年3月31日現在           2017年9月30日現在           2017年3月31日現在

                       注記
                          百万豪ドル      百万円     百万豪ドル      百万円     百万豪ドル      百万円
     資産
     現金および流動資産                       44,232    3,627,909       43,826    3,594,609       40,373    3,311,393
     他の銀行に対する債権                       40,309    3,306,144       37,066    3,040,153       53,725    4,406,525
              (1)
                            29,013    2,379,646       29,137    2,389,817       33,176    2,721,096
     売買目的デリバティブ
     売買目的有価証券                       48,674    3,992,241       50,954    4,179,247       48,501    3,978,052
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定す                       40,969    3,360,277       42,131    3,455,585       43,499    3,567,788
      る負債性金融商品
     公正価値で測定するその他の金融資産                       13,173    1,080,449       16,058    1,317,077       18,520    1,519,010
              (1)
                            5,135     421,173      3,892     319,222      5,625     461,363
     ヘッジ目的デリバティブ
     貸出金                      550,262    45,132,489       540,125    44,301,053       520,954    42,728,647
     支払承諾見返                       5,288     433,722      6,786     556,588      8,548     701,107
     当期未収還付税金                         -      -      -      -     133    10,909
     有形固定資産                       1,245     102,115      1,315     107,856      1,337     109,661
                 (2)
                            5,607     459,886      5,601     459,394      5,393     442,334
     のれんおよびその他の無形資産
     繰延税金資産                       2,070     169,781      1,988     163,056      1,711     140,336
          (1)(3)(4)
                            10,091     827,664      9,446     774,761      7,825     641,807
     その他の資産
     資産合計                      796,068    65,293,497       788,325    64,658,417       789,320    64,740,026
     負債
     他の銀行に対する債務                       35,914    2,945,666       36,683    3,008,740       47,618    3,905,628
              (1)
                            26,503    2,173,776       27,187    2,229,878       33,988    2,787,696
     売買目的デリバティブ
     公正価値で測定するその他の金融負債                       29,986    2,459,452       29,631    2,430,335       28,161    2,309,765
              (1)
                             553    45,357      1,674     137,301      3,479     285,348
     ヘッジ目的デリバティブ
     預金およびその他の借入金                   10   502,690    41,230,634       500,604    41,059,540       487,252    39,964,409
     当期未払税金                        44    3,609      230    18,865        -      -
        (2)
                            2,050     168,141      1,961     160,841      1,381     113,270
     引当金
     社債、ノ   ー トおよび劣後債                  132,341    10,854,609       124,871    10,241,919       124,027    10,172,695
     その他の発行負債                       6,159     505,161      6,187     507,458      6,205     508,934
          (1)(5)
                            7,427     609,163      7,980     654,520      6,353     521,073
     その他の負債
     負債合計                      743,667    60,995,567       737,008    60,449,396       738,464    60,568,817
     純資産                       52,401    4,297,930       51,317    4,209,020       50,856    4,171,209
     資本
     払込資本                   11    35,702    2,928,278       34,627    2,840,107       34,341    2,816,649
     積立金                   11     331    27,149       237    19,439       170    13,943
     利益剰余金                   11    16,357    1,341,601       16,442    1,348,573       16,334    1,339,715
     資本合計(親会社持分)                       52,390    4,297,028       51,306    4,208,118       50,845    4,170,307
     被支配会社の非支配持分                        11     902      11     902      11     902
     資本合計                       52,401    4,297,930       51,317    4,209,020       50,856    4,171,209
     (1)  2017  年3月に終了した6ヵ月の比較情報は、特定のデリバティブ資産およびデリバティブ負債に係る経過利息の表示方法の変更を反映するために
       2017年9月に修正再表示された。現在、当該経過利息はデリバティブ資産およびデリバティブ負債の項目に表示される(従前はその他の資産およ
       びその他の負債に計上)
     (2)  リストラクチャリング関連費用を含む。詳細は注記4「営業費用」を参照。
     (3)  2017  年3月に終了した6ヵ月の比較情報は、生命保険事業に関連する投資がその他の資産に再分類されたのを受けて、2017年9月に修正再表示さ
       れた。
     (4)  第三者に差し入れられた現金担保、未収利息、償却原価で測定するその他の負債性金融商品、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本
       性金融商品および関係会社に対する投資を含む。
     (5)  第三者から受領した現金担保、未払金、未払費用および未払利息を含む。
                                  63/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       中間要約連結キャッシュ・フロー計算書
                            2018年3月31日に           2017年9月30日に           2017年3月31日に

                             終了した6ヵ月           終了した6ヵ月           終了した6ヵ月
                         注記   百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円
     営業活動によるキャッシュ・フロー
     利息受取額                        13,859    1,136,715       13,938    1,143,195       13,238    1,085,781
     利息支払額                        (7,286)    (597,598)      (7,270)    (596,285)      (7,045)    (577,831)
     配当金受取額                          15    1,230       29    2,379       7    574
     法人税支払額                        (1,451)    (119,011)      (1,234)    (101,213)      (1,310)    (107,446)
     営業資産および負債の変動考慮前の営業活動に                        (1,135)     (93,093)      (4,862)    (398,781)      (1,777)    (145,750)
      よりもたらされたその他キャッシュ・フロー
     キャッシュ・フローの変動から生じる営業資産                        (5,101)    (418,384)      (6,169)    (505,981)      15,672    1,285,417
             (1)
      および負債の変動
     営業活動によりもたらされた/(使用された)                        (1,099)     (90,140)      (5,568)    (456,687)      18,785    1,540,746
            (2)
      キャッシュ純額
     投資活動によりもたらされた/(使用された)                         907    74,392      1,284    105,314      (1,597)    (130,986)
            (3)
      キャッシュ純額
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                  (1)
                            (12,947)    (1,061,913)       (15,058)    (1,235,057)       (17,368)    (1,424,523)
     社債、ノートおよび劣後債の返済
                       (1)
                             16,100    1,320,522       17,963    1,473,325       19,355    1,587,497
     社債、ノートおよび劣後債の発行による収入
     その他の払込資本の返済                          -     -     -     -    (400)    (32,808)
     その他の発行債務の返済                         (34)    (2,789)       (33)    (2,707)       (40)    (3,281)
     配当金および分配金支払額(配当再投資プランを                        (1,769)    (145,093)      (2,397)    (196,602)      (2,353)    (192,993)
      除く)
     財務活動によりもたらされた/(使用された)                        1,350    110,727       475    38,960      (806)    (66,108)
      キャッシュ純額
     現金および現金同等物の純増(減)額                        1,158     94,979     (3,809)    (312,414)      16,382    1,343,652
     現金および現金同等物の期首残高                        39,800    3,264,396       43,917    3,602,072       27,960    2,293,279
     外貨建現金残高に対する為替レート変動の影響                        2,104    172,570       (308)    (25,262)       (425)    (34,859)
      額
     現金および現金同等物の期末残高                    12    43,062    3,531,945       39,800    3,264,396       43,917    3,602,072
     (1)  2017  年3月に終了した6ヵ月の比較情報は、公正価値で測定する社債、ノートおよび劣後債に関連するキャッシュ・フローをキャッシュ・フロー
       の変動から生じる営業資産および負債の変動から社債、ノートおよび劣後債の返済に再分類したことを反映するために、2017年9月に修正再表示
       された。
     (2)  2018  年3月に終了した6ヵ月には、当社グループの非継続事業に関連するキャッシュ・フローが含まれており、618百万豪ドル(2017年9月に終
       了した6ヵ月は270百万豪ドル、2017年3月に終了した6ヵ月は64百万豪ドル)がCYBGに関連するもので、33百万豪ドル(2017年9月に終了した
       6ヵ月は56百万豪ドル、2017年3月に終了した6ヵ月は78百万豪ドル)がNABウェルスの生命保険事業に関連するものである。
     (3)  投資活動によりもたらされた/(使用された)キャッシュ純額には、被支配会社または事業の売却からのキャッシュ・アウトフロー342百万豪ドル
       (2017年9月に終了した6ヵ月は49百万豪ドルのキャッシュ・インフロー、2017年3月に終了した6ヵ月は2,206百万豪ドルのキャッシュ・イン
       フロー)が含まれる。
                                  64/106









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      中間連結持分変動計算書
                                               被支配会社の

                            (1)     (1)       (1)
                         払込資本      積立金     利益剰余金        合計    非支配持分      資本合計
                         百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル
     2016年10月1日現在残高                      34,285       629    16,378      51,292       23    51,315
     継続事業からの当期純利益                        -      -    2,857      2,857       1    2,858
     非継続事業からの当期純損失                        -      -    (312)      (312)       -    (312)
     継続事業からの当期その他の包括利益                        -    (403)       77     (326)       -    (326)
     当期包括利益合計                        -    (403)     2,622      2,219       1    2,220
     株主との取引(資本直入処理):
      株主による拠出金および株主への分配金
       普通株式の発行                      294       -      -     294       -     294
       ナショナル・キャピタル・インストルメンツ                     (397)       -     (3)     (400)       -    (400)
          (2)
       の償還
      利益剰余金から/(へ)の振替                       -     19     (19)       -      -      -
      株式報酬積立金からの振替                      159     (159)       -      -      -      -
       株式報酬                      -     84      -     84      -     84
       支払配当金                      -      -    (2,595)      (2,595)       (3)    (2,598)
       その他の資本性金融商品に係る分配金                      -      -     (49)      (49)       -     (49)
             (3)
      所有者持分の変動
       被支配会社の非支配持分の変動                      -      -      -      -     (10)      (10)
     2017年3月31日現在残高                      34,341       170    16,334      50,845       11    50,856
     継続事業からの当期純利益                        -      -    3,321      3,321       2    3,323
     非継続事業からの当期純損失                        -      -    (581)      (581)       -    (581)
     継続事業からの当期その他の包括利益                        -     47     (34)      13      -     13
     当期包括利益合計                        -     47    2,706      2,753       2    2,755
     株主との取引(資本直入処理):
      株主に   よる拠出金および株主への分配金
       普通株式の発行                      275       -      -     275       -     275
       利益剰余金(へ)/からの振替                      -     (72)      72      -      -      -
       株式報酬積立金からの振替                      11     (11)       -      -      -      -
       株式報酬                      -     103       -     103       -     103
       支払配当金                      -      -    (2,621)      (2,621)       (2)    (2,623)
       その他の資本性金融商品に係る分配金                      -      -     (49)      (49)       -     (49)
     2017年9月30日現在残高                      34,627       237    16,442      51,306       11    51,317
     継続事業からの当期純利益                        -      -    2,874      2,874       2    2,876
     非継続事業からの当期純損失                        -      -    (291)      (291)       -    (291)
     継続事業からの当期その他の包括利益                        -     174      14     188       -     188
     当期包括利益合計                        -     174     2,597      2,771       2    2,773
     株主との取引(資本直入処理):
      株主による拠出金および株主への分配金
       普通株式の発行                      914       -      -     914       -     914
       利益剰余金から/(へ)の振替                      -      1     (1)      -      -      -
       株式報酬積立金からの振替                      161     (161)       -      -      -      -
       株式報酬                      -     80      -     80      -     80
       支払配当金                      -      -    (2,632)      (2,632)       (2)    (2,634)
       その他の資本性金融商品に係る分配金                      -      -     (49)      (49)       -     (49)
     2018年3月31日現在残高                      35,702       331    16,357      52,390       11    52,401
     (1)  注記11「払込資本および積立金」を参照。
     (2)  ナショナル・キャピタル・インストルメンツは2016年10月4日に全額が償還された。
     (3)  支配の喪失とならない被支配会社の所有者持分の変動。
                                  65/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      中間連結持分変動計算書
                                               被支配会社の

                            (1)     (1)       (1)
                         払込資本      積立金     利益剰余金        合計    非支配持分      資本合計
                          百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円
     2016年10月1日現在残高                     2,812,056       51,591    1,343,324      4,206,970       1,886    4,208,856
     継続事業からの当期純利益                        -      -   234,331      234,331        82    234,413
     非継続事業からの当期純損失                        -      -   (25,590)      (25,590)        -   (25,590)
     継続事業からの当期その他の包括利益                        -   (33,054)       6,316     (26,739)        -   (26,739)
     当期包括利益合計                        -   (33,054)      215,056      182,002        82    182,084
     株主との取引(資本直入処理):
      株主による拠出金および株主への分配金
       普通株式の発行                    24,114        -      -    24,114        -    24,114
       ナショナル・キャピタル・インストルメンツ                    (32,562)        -    (246)    (32,808)        -   (32,808)
          (2)
       の償還
      利益剰余金(へ)/からの振替                       -    1,558     (1,558)        -      -      -
      株式報酬積立金からの振替                    13,041     (13,041)        -      -      -      -
       株式報酬                      -    6,890       -    6,890       -    6,890
       支払配当金                      -      -   (212,842)      (212,842)       (246)    (213,088)
       その他の資本性金融商品に係る分配金                      -      -    (4,019)      (4,019)        -    (4,019)
             (3)
      所有者持分の変動
       被支配会社の非支配持分の変動                      -      -      -      -    (820)      (820)
     2017年3月31日現在残高                     2,816,649       13,943    1,339,715      4,170,307        902   4,171,209
     継続事業からの当期純利益                        -      -   272,388      272,388       164    272,552
     非継続事業からの当期純損失                        -      -   (47,654)      (47,654)        -   (47,654)
     継続事業からの当期その他の包括利益                        -    3,855     (2,789)      1,066       -    1,066
     当期包括利益合計                        -    3,855     221,946      225,801       164    225,965
     株主との取引(資本直入処理):
      株主に   よる拠出金および株主への分配金
       普通株式の発行                    22,556        -      -    22,556        -    22,556
       利益剰余金から/(へ)の振替                      -    (5,905)      5,905       -      -      -
       株式報酬積立金からの振替                      902     (902)       -      -      -      -
       株式報酬                      -    8,448       -    8,448       -    8,448
       支払配当金                      -      -   (214,974)      (214,974)       (164)    (215,138)
       その他の資本性金融商品に係る分配金                      -      -    (4,019)      (4,019)        -    (4,019)
     2017年9月30日現在残高                     2,840,107       19,439    1,348,573      4,208,118        902   4,209,020
     継続事業からの当期純利益                        -      -   235,725      235,725       164    235,890
     非継続事業からの当期純損失                        -      -   (23,868)      (23,868)        -   (23,868)
     継続事業からの当期その他の包括利益                        -    14,271      1,148     15,420        -    15,420
     当期包括利益合計                        -    14,271     213,006      227,277       164    227,441
     株主との取引(資本直入処理):
      株主による拠出金および株主への分配金
       普通株式の発行                    74,966        -      -    74,966        -    74,966
       利益剰余金から/(へ)の振替                      -     82     (82)       -      -      -
       株式報酬積立金からの振替                    13,205     (13,205)        -      -      -      -
       株式報酬                      -    6,562       -    6,562       -    6,562
       支払配当金                      -      -   (215,877)      (215,877)       (164)    (216,041)
       その他の資本性金融商品に係る分配金                      -      -    (4,019)      (4,019)        -    (4,019)
     2018年3月31日現在残高                     2,928,278       27,149    1,341,601      4,297,028        902   4,297,930
     (1)  注記11「払込資本および積立金」を参照。
     (2)  ナショナル・キャピタル・インストルメンツは2016年10月4日に全額が償還された。
     (3)  支配の喪失とならない被支配会社の所有者持分の変動。
     次へ

                                  66/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
      中間財務書類に対する注記

       1 重要な会計方針
         本書類は、オーストラリア証券取引所(以下「ASX」)上場規則、2001年会社法(連邦法)およびオース
        トラリア会計基準審議会(以下「AASB」)が公表する会計基準第134号「中間財務報告」に準拠して作成さ
        れている2018年3月31日に終了した6ヵ月間の報告期間に関する中間財務書類である。
         本書類は、関連する会計基準が要求または許容する公正価値の測定の適用により修正された取得原価主義
        に基づき作成されている。
         本中間財務書類は、年次財務書類に通常含まれている開示のすべてを含んでいるわけではない。したがっ
        て年次財務書類のような当社グループの財政状態および財務業績についての全面的な理解が得られることは
        期待できない。本書類は、当社グループの2017事業年度の年次財務書類および本中間財務書類の日付までに
        公表した書類とともに読まれるべきである。
         本中間財務書類の会計方針は、当社グループの2017事業年度の年次財務書類に適用されている会計方針と
        一致している。当期間中に適用したオーストラリア会計基準の改訂で当社グループに重要な影響を与えたも
        のはなかった。
         非継続事業は継続事業の業績から除外され、損益計算書において非継続事業からの税引後損益として別個
        に表示される。
       (a)  重要な会計上の仮定および見積り

         本書類を作成するにあたっては、資産、負債、収益および費用の報告額、ならびに開示対象となった債務
        の金額に影響を与える重要な会計上の見積りおよび仮定を用いる必要がある。仮定が重要であって、かつ最
        善の見積りに基づいている分野は以下を含む。
          ●  貸出金の減損計上
          ●  金融資産および負債の公正価値
          ●  貸出金減損以外の引当金(英国金融行動およびリストラクチャリング関連費用に対する引当金を含
            む。)
         2018年3月31日に終了した6ヵ月間の報告期間において2017事業年度の年次財務報告書に適用した仮定と
        の比較で大きく変更したものはない。
       (b)  表示通貨

         すべての金額は、別途記載のない限り豪ドルで表示されている。
                                  67/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                 (1)
       2 セグメント情報
          (1)
            情報は継続事業ベースで表示している。
         当社グループは現金収益を基準に報告対象セグメントの業績を評価している。現金収益はIFRSの評価尺度

        ではないが、当社、投資業界および事業ポートフォリオが当社に類似しているオーストラリアの同業他社に
        より用いられる主要財務業績指標である。現金収益は、法定の財務指標ではなく、またオーストラリア会計
        基準に従って表示されているものでも、オーストラリア監査基準に従って監査もしくはレビューされている
        ものでもない。現金収益は、特定の非現金項目および分配金を調整した後の、継続事業からの当社株主に帰
        属する当期純利益を表す。
         当社グループの事業は、以下の報告対象セグメントから構成されている。「事業者向け・プライベートバ
        ンキング業務」、「消費者金融・資産運用業務」「法人・機関投資家向け銀行業務」および「ニュージーラ
        ンド銀行業務」。なお当社グループの情報と一致させる目的で「コーポレート機能・その他業務」を注記に
        含めている。
        主要顧客

         当社グループの収益の10%を超える収益をもたらす単一顧客はいない。
                                  68/106













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
        報告対象セグメント
                                     2018  年3月31日に終了した6ヵ月

                                             その他収益
                                                        (2)
                              現金収益       純利息収益
                                                    資産合計
                                              合計
        セグメント情報                     百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        事業者向け・プライベートバンキング業務                         1,482        2,756        532      196,180
        消費者金融・資産運用業務                          804       2,014        770      223,416
        法人・機関投資家向け銀行業務                          778        946        737      250,117
        ニュージーランド銀行業務                          452        828        263      79,048
                    (3)
        コーポレート機能・その他業務                         (757)        206        41      47,307
        合計                         2,759        6,750        2,343       796,068
         (2)
           非継続事業を除外するための数値の修正再表示は行っていない。
         (3)
           コーポレート機能・その他業務には当社グループ内の消去が含まれる。
                                     2017  年9月30日に終了した6ヵ月

                                             その他収益
                                                        (2)
                              現金収益       純利息収益
                                                    資産合計
                                              合計
        セグメント情報                     百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        事業者向け・プライベートバンキング業務                         1,473        2,693        536      192,848
        消費者金融・資産運用業務                          869       2,009        780      217,567
        法人・機関投資家向け銀行業務                          744       1,019        607      259,297
        ニュージーランド銀行業務                          453        810        266      76,055
                    (3)
        コーポレート機能・その他業務                         (191)        242        64      42,558
        合計                         3,348        6,773        2,253       788,325
         (2)
           非継続事業を除外するための数値の修正再表示は行っていない。
         (3)
           コーポレート機能・その他業務には当社グループ内の消去が含まれる。
                                     2017  年3月31日に終了した6ヵ月

                                             その他収益
                                                        (2)
                              現金収益       純利息収益
                                                    資産合計
                                              合計
        セグメント情報                     百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        事業者向け・プライベートバンキング業務                         1,368        2,564        526      189,819
        消費者金融・資産運用業務                          764       1,875        817      211,347
        法人・機関投資家向け銀行業務                          791        953        761      258,172
        ニュージーランド銀行業務                          429        776        264      72,880
                    (3)
        コーポレート機能・その他業務                          (58)        225        108      57,102
        合計                         3,294        6,393        2,476       789,320
         (2)
           非継続事業を除外するための数値の修正再表示は行っていない。
         (3)
           コーポレート機能・その他業務には当社グループ内の消去が含まれる。
                                  69/106








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     報告対象セグメント情報と法定上の業績の調整
                                 2018年3月31日に         2017年9月30日に         2017年3月31日に

                                 終了した6ヵ月         終了した6ヵ月         終了した6ヵ月
        現金収益から当社株主に帰属する当期純利益への調整                         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
            (2)
        現金収益                             2,759         3,348         3,294
        非現金収益項目(税引後):
         分配                              49         49         49
         公正価値およびヘッジの非有効部分                              81         (47)         (453)
         取得無形資産の償却                             (15)         (29)         (33)
        非継続事業からの当期純損失                              (291)         (581)         (312)
        当社株主に帰属する当期純利益                             2,583         2,740         2,545
         (2)
           消去および分配を含む。
                                 2018年3月31日に         2017年9月30日に         2017年3月31日に

                                 終了した6ヵ月         終了した6ヵ月         終了した6ヵ月
        純利息収益の調整                         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        現金収益ベースの純利息収益                             6,750         6,773         6,393
                 (3)
        NABウェルスの調整純額                               19         21         16
        公正価値およびヘッジの非有効部分                               (3)         (9)         (12)
        法定報告ベースの純利息収益                             6,766         6,785         6,397
         (3)
           NAB ウェルスの調整純額は、現金収益ベースで作成されたNABウェルス業務の損益項目を該当する法定収益科目に再配分するための調整額
          を示す。
                                 2018年3月31日に         2017年9月30日に         2017年3月31日に

                                 終了した6ヵ月         終了した6ヵ月         終了した6ヵ月
        その他営業収益の調整                         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        現金収益ベースのその他収益合計                             2,343         2,253         2,476
                 (3)
        NABウェルスの調整純額                              413         388         429
        公正価値およびヘッジの非有効部分                              109         (35)         (657)
        取得無形資産の償却                               (7)         (6)         (6)
        法定報告ベースのその他収益                             2,858         2,600         2,242
         (3)
           NAB ウェルスの調整純額は、現金収益ベースで作成されたNABウェルス業務の損益項目を該当する法定収益科目に再配分するための調整額
          を示す。
                                  70/106










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
               (1)
       3 その他収益
          (1)
           情報は継続事業ベースで表示している。
                                    2018年3月31日に        2017年9月30日に        2017年3月31日に

                                     終了した6ヵ月        終了した6ヵ月        終了した6ヵ月
                                     百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        公正価値で測定する金融商品に係る純利益
        売買目的有価証券                                 662        (47)       (774)
        売買目的デリバティブ                                 (570)        691       1,444
                              (2)
        ヘッジ関係に指定された資産、負債およびデリバティブ                                 463       (123)        (557)
        公正価値で測定の指定を受けた資産および負債                                 163        (98)       (127)
        その他                                  -       66        77
        公正価値で測定する金融商品に係る純利益合計                                 718        489        63
        その他営業収益
        受取配当金                                  15        20        7
        投資、貸付金、有形固定資産およびその他の資産の売却益                                  9       30        6
        銀行手数料                                 521        478        465
        送金手数料                                 284        281        303
        報酬および手数料                                1,077        1,078        1,084
        投資管理報酬                                 154        143        137
        その他収益                                  80        81       177
        その他営業収益合計                                2,140        2,111        2,179
        その他収益合計                                2,858        2,600        2,242
          (2)
           ヘッジ関係に指定されたヘッジの非有効部分を表している。
                                  71/106













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
              (1)
       4 営業費用
          (1)
            情報は継続事業ベースで表示している。
                                    2018年3月31日に        2017年9月30日に        2017年3月31日に

                                     終了した6ヵ月        終了した6ヵ月        終了した6ヵ月
                                     百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        人件費
                 (2)
         給与および関連費用                                1,672        1,597        1,655
                    (2)
         退職年金-確定拠出型制度                                134        127        131
         業績連動型報酬:
            (2)
          現金                               241        144        251
          株式報酬                                80       103        84
         業績連動型報酬合計                                321        247        335
              (2) (3)
         その他の費用                                577        170        156
        人件費合計                                2,704        2,141        2,277
        施設関連費
         オペレーティング・リース賃借料                                225        224        218
              (3)
         その他の費用                                 82        42        43
        施設関連費合計                                 307        266        261
        一般費
                  (2)
         支払報酬および手数料                                304        293        318
         有形固定資産の減価償却費                                153        153        152
         無形資産の償却費                                208        221        208
         広告およびマーケティング費                                103        102        85
         オペレーショナル・リスク損失の引当金繰入額                                 93       124        58
         通信費、郵送費および事務用品費                                104        118        86
         コンピューター機器およびソフトウェア                                331        310        341
         データ通信および処理費                                 42        41        39
              (3)
         専門家報酬                                420        283        220
         有形固定資産およびその他の資産の処分損                                 15        5        ▶
               (3)
         減損損失認識額                                150        20        -
              (3)
         その他の費用                                250        206        207
        一般費合計                                2,173        1,876        1,718
        営業費用合計                                5,184        4,283        4,256
         (2)
           2017  年3月に終了した6ヵ月の比較情報は、「給与および関連費用」、「退職年金-確定拠出型制度」、「業績連動型報酬-現金」、
          「その他の費用(人件費)」ならびに「支払報酬および手数料」の費目間の費用の再配分による表示方法の変更を反映するために2017年9
          月に修正再表示された。
         (3)
           リストラクチャリング関連費用を含む。
        リストラクチャリング

         2017年11月2日に当社グループは、顧客経験価値の向上と事業の簡素化を目的とする戦略的行動計画の加
        速化を公表した。2018年3月に終了した6ヵ月の間に、経営陣は戦略的行動計画に着手するために当社グ
        ループの人員態勢、事業所体制および業務プロセスにおける変更点を特定する作業に乗り出した。
         当社グループは、変更後の組織構成を社内的に発表し、リストラクチャリングにより影響を受ける職種を

        明確にしたことにより、2018年3月にAASB第137号「引当金、偶発負債務及び偶発資産」の要求事項を充足
        した。また当社グループは、事業所体制の変更の一環として、相当数に上る支店の閉鎖に着手した。
                                  72/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
         2018年3月に終了した6ヵ月に当社グループは755百万豪ドルのリストラクチャリング関連費用を認識し
        た。その内訳は余剰人員の整理、再就職のあっせんおよびプロジェクト管理費用が540百万豪ドル、ソフト
        ウェアの償却が146百万豪ドル、資産の合理化に係る費用が69百万豪ドルである。
         リストラクチャリング関連費用は、その他の営業費用に以下の通り反映されている。

         ●  人件費427百万豪ドル
         ●  施設関連費35百万豪ドル
         ●  減損損失認識額146百万豪ドル
         ●  その他の費用147百万豪ドル
         当該費用は当社グループの貸借対照表に以下の通り反映されている。

         ●  引当金の一部として568百万豪ドル(引当金の認識前に当該半期において既に発生した費用41百万豪ド
           ルを除く。)
         ●  のれんおよびその他の無形資産の減少146百万豪ドル
         当社グループは、戦略的行動計画の加速化に取り組んでいるため、リストラクチャリング引当金に関連す

        るキャッシュ・フローは2020年9月までの期間にわたり発生するものと予想している。しかしながら、当該
        引当金の特定の部分が当社グループのキャッシュ・フローに影響を及ぼす具体的な報告期間に関しては不確
        実なところがある。
                                  73/106












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
             (1)
       5 法人税
          (1)
            情報は継続事業ベースで表示している。
        損益計算書上の法人税と会計上の税引前利益に基づく計算上の法人税額との調整

                                    2018年3月31日に        2017年9月30日に        2017年3月31日に

                                     終了した6ヵ月        終了した6ヵ月        終了した6ヵ月
                                     百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        税引前利益                                4,058        4,677        3,984
        税率30%での計算上の法人税額                                1,217        1,403        1,195
        加算/(減算):損金算入/(課税)されない金額の税効果:
         課税される海外収益                                 3        ▶        3
         外国税率差異                                (20)        (16)        (27)
         課税されない海外支店収益                                (31)        (35)        (43)
         過年度における引当金(過大)計上額                                 (3)       (10)        (7)
         オフショア・バンキング・ユニットの収益                                (33)        (30)        (32)
         税率の変更に伴う繰延税金残高の修正再表示                                 8        5       (4)
         損金不算入のハイブリッド分配金                                 36        35        35
         税効果を伴わない損失                                 -       11        -
         その他                                 5       (13)        6
        法人税合計                                1,182        1,354        1,126
        実効税率(%)                                29.1%        29.0%        28.3%
                                  74/106














                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       6 配当金および分配金
         当社グループは以下の普通株式配当金を認識した。
                              2018年3月31日に          2017年9月30日に          2017年3月31日に

                              終了した6ヵ月          終了した6ヵ月          終了した6ヵ月
                             1株当たり          1株当たり          1株当たり
                             配当金     合計金額     配当金     合計金額     配当金     合計金額
        普通株式に対する配当金                     セント    百万豪ドル      セント    百万豪ドル      セント    百万豪ドル
        宣言した配当金                        99    2,659      99    2,649      99    2,630
        控除:配当金に代わる特別配当株                       n/a     (27)     n/a     (28)     n/a     (35)
        当社が支払を行った配当金                       n/a    2,632      n/a    2,621      n/a    2,595
        加算:被支配会社の非支配持分に支払われた配当
         金                      n/a      2    n/a      2    n/a      3
        当社グループが支払を行った配当金合計                       n/a    2,634      n/a    2,623      n/a    2,598
         当期中に宣言または支払が行われた税額控除適格の配当金は、すべて30%の税率で課税済である(2017

        年:30%)。
        中間配当

         2018年5月3日に取締役が宣言した配当金は以下のとおりである。
                             1株当たり        1株当たり        1株当たり

                              配当金       課税済配当        外国収益         合計
                              セント         %        %      百万豪ドル
        2018  年9月30日に終了する事業年度の中
          間配当金                         99       100         ―      2,696
         2018事業年度の中間配当金の権利確定の基準日は2018年5月16日である。中間配当金は当社の取締役に

        よって宣言され、2018年7月5日に支払われる。配当金再投資プランに割引の適用はなく、参加金額に上限
        はない。中間配当金の財務上の影響額は2018年3月31日に終了した6ヵ月間の財務書類には計上されておら
        ず、今後の財務書類に認識される予定である。
                              2018年3月31日に          2017年9月30日に          2017年3月31日に

                              終了した6ヵ月          終了した6ヵ月          終了した6ヵ月
                            証券1単位          証券1単位          証券1単位
                             当たり          当たり          当たり
                               (1)          (1)          (1)
                             分配金     合計金額     分配金     合計金額     分配金     合計金額
        その他の資本性金融商品に係る分配金                     豪ドル    百万豪ドル      豪ドル    百万豪ドル      豪ドル    百万豪ドル
        ナショナル・インカム・セキュリティーズ                       1.49      30    1.49      30    1.52      30
              (2)
        信託優先証券                      49.08      19    47.82      19    46.17      19
        その他の資本性金融商品に係る分配金合計                             49          49          49
         (1)
           証券1単位当たり分配金は、発行済証券単位数で除した豪ドル分配実額による。
         (2)
           豪ドル相当額
                                  75/106






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
        配当金および分配金プラン
         配当金は現金または配当金プランの一部として支払われる。現金配当は、口座入金または現金同等物によ
        り支払われる。実施中の配当金プランは、配当金再投資プランおよび特別配当株プラン(新規参加者の受け
        入れはない)である。
         配当金再投資プランおよび特別配当株プランに関する選択通知の最終受理日は、2018年5月17日午後5時
        (オーストラリア東部標準時)である。
       7 支払承諾を含む貸出金

                                   2018  年       2017  年       2017  年

                                  3月31日現在         9月30日現在         3月31日現在
                                  百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        住宅ローン                             333,758         329,534         320,788
        その他の長期貸付金                             199,856         197,134         189,479
        資産およびリース金融                              11,989         11,674         11,201
        当座貸越                              5,853         5,673         5,833
        クレジットカード債権                              7,538         7,409         7,545
        その他の貸付金                              6,620         6,539         6,181
        公正価値調整                               338         397         468
        貸出金総額                             565,952         558,360         541,495
        支払承諾                              5,288         6,786         8,548
        支払承諾を含む貸出金総額                             571,240         565,146         550,043
        内訳:
                    (1)
         公正価値で測定する貸出金                             11,966         14,596         17,029
         償却原価で測定する貸出金                            553,986         543,764         524,466
         支払承諾                             5,288         6,786         8,548
        支払承諾を含む貸出金総額                             571,240         565,146         550,043
        未経過収益および繰延手数料収入純額                              (316)         (415)         (392)
        貸倒引当金                              (3,408)         (3,224)         (3,120)
        支払承諾を含む貸出金純額                             567,516         561,507         546,531
        証券化された貸付金およびカバードボンドの裏付け資産を構
              (2)
         成する貸付金                             34,847         38,957         38,726
         (1)
          この金額は貸借対照表上の「公正価値で測定するその他の金融資産」に含まれている。この金額は下記の商品および地域別分析に含まれている。
         (2)
          証券化およびカバードボンドの裏付け資産を構成する貸付金は「支払承諾を含む貸出金純額」に含まれている。
                      オーストラリア         ニュージーランド           その他海外        当社グループ合計

        商品別および地域別               百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2018年3月31日現在
        住宅ローン                  297,668          35,965           125        333,758
        その他の長期貸付金                  153,034          36,298         10,524         199,856
        資産およびリース金融                   11,515            7         467        11,989
        当座貸越                   3,773         2,039           41        5,853
        クレジットカード債権                   6,427         1,111           -        7,538
        その他の貸付金                   4,569          500         1,551         6,620
        公正価値調整                    296          42          -         338
        貸出金総額                  477,282          75,962         12,708         565,952
        支払承諾                   5,288           -         -        5,288
        支払承諾を含む貸出金総額                  482,570          75,962         12,708         571,240
        内訳:
         公正価値で測定する貸出金                  8,668         3,298           -       11,966
         償却原価で測定する貸出金                  468,614          72,664         12,708         553,986
         支払承諾                  5,288           -         -        5,288
        支払承諾を含む貸出金総額                  482,570          75,962         12,708         571,240
                                  76/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                      オーストラリア         ニュージーランド           その他海外        当社グループ合計
        商品別および地域別               百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2017年9月30日現在
        住宅ローン                  292,989          34,417          2,128         329,534
        その他の長期貸付金                  151,239          35,552         10,343         197,134
        資産およびリース金融                   11,214            6         454        11,674
        当座貸越                   3,662         1,958           53        5,673
        クレジットカード債権                   6,365         1,044           -        7,409
        その他の貸付金                   4,336          508         1,695         6,539
        公正価値調整                    346          51          -         397
        貸出金総額                  470,151          73,536         14,673         558,360
        支払承諾                   6,786           -         -        6,786
        支払承諾を含む貸出金総額                  476,937          73,536         14,673         565,146
        内訳:
         公正価値で測定する貸出金                  10,926          3,670           -       14,596
         償却原価で測定する貸出金                  459,225          69,866         14,673         543,764
         支払承諾                  6,786           -         -        6,786
        支払承諾を含む貸出金総額                  476,937          73,536         14,673         565,146
                      オーストラリア         ニュージーランド           その他海外        当社グループ合計

        商品別および地域別               百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2017年3月31日現在
        住宅ローン                  285,538          33,051          2,199         320,788
        その他の長期貸付金                  146,847          33,968          8,664         189,479
        資産およびリース金融                   10,740            6         455        11,201
        当座貸越                   3,930         1,853           50        5,833
        クレジットカード債権                   6,473         1,072           -        7,545
        その他の貸付金                   4,171          511         1,499         6,181
        公正価値調整                    437          57         (26)         468
        貸出金総額                  458,136          70,518         12,841         541,495
        支払承諾                   8,548           -         -        8,548
        支払承諾を含む貸出金総額                  466,684          70,518         12,841         550,043
        内訳:
         公正価値で測定する貸出金                  12,599          4,405           25        17,029
         償却原価で測定する貸出金                  445,537          66,113         12,816         524,466
         支払承諾                  8,548           -         -        8,548
        支払承諾を含む貸出金総額                  466,684          70,518         12,841         550,043
     次へ

                                  77/106









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       8 償却原価で測定する貸出金に対する貸倒引当金

                                          2018年      2017年      2017年

                                         3月31日現在      9月30日現在      3月31日現在
                                         百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル
        貸倒引当金の新規設定および増額(取崩し控除後)                                    521      596      581
        個別貸倒引当金戻入れ                                    (94)      (106)      (136)
        個別貸倒引当金回収                                    (45)      (65)      (46)
        損益計算書繰入額合計                                    382      425      399
        内訳:
         損益計算書繰入額(継続事業)                                   382      425      399
        償却原価で測定する貸出金に対する貸倒引当金の変動

                                ステージ    1

                                     ステージ2        ステージ3
                                12 ヵ月の予    全期間のECL     全期間のECL     全期間のECL
                                想信用損失     (信用減損     (信用減損     (信用減損
                                (ECL)      なし)     あり)     あり)
                                一括貸倒     一括貸倒     一括貸倒     個別貸倒
                                 引当金     引当金     引当金     引当金      合計
        当社グループ                       百万豪ドル     百万豪ドル     百万豪ドル     百万豪ドル     百万豪ドル
        2016  年10月1日現在残高                         329     1,657      422     706     3,114
        期首残高に計上されていた金融資産に発生した以下の振替
          に伴う変動:
          12 ヵ月のECL(一括貸倒引当金)への振替                         227     (216)      (11)      -     -
          全期間のECL(減損なし、一括貸倒引当金)への振替
                                   (31)      73     (42)      -     -
          全期間のECL(減損あり、一括貸倒引当金)への振替                          (2)     (45)      47      -     -
          全期間のECL(減損あり、個別貸倒引当金)への振替                          (1)     (121)      (73)     195      -
        貸倒引当金の新規設定および増額(取崩し控除後)                          (195)      273      87     416     581
        個別貸倒引当金の戻入れ                           -     -     -    (136)     (136)
        個別貸倒引当金からの貸倒償却                           -     -     -    (460)     (460)
        外貨換算およびその他の調整                           -     (8)      3     26     21
        2017  年3月31日残高                         327     1,613      433     747     3,120
        期首残高に計上されていた金融資産に発生した以下の振替
          に伴う変動:
          12 ヵ月のECL(一括貸倒引当金)への振替                         231     (218)      (13)      -     -
          全期間のECL(減損なし、一括貸倒引当金)への振替
                                   (40)     120     (80)      -     -
          全期間のECL(減損あり、一括貸倒引当金)への振替                          (2)     (42)      44      -     -
          全期間のECL(減損あり、個別貸倒引当金)への振替                          (1)     (36)     (96)     133      -
        貸倒引当金の新規設定および増額(取崩し控除後)                          (201)      380     114     303     596
        個別貸倒引当金の戻入れ                           -     -     -    (106)     (106)
        個別貸倒引当金からの貸倒償却                           -     -     -    (389)     (389)
        外貨換算およびその他の調整                           (1)      2     1     1     3
        2017  年9月30日現在残高                         313     1,819      403     689     3,224
        期首残高に計上されていた金融資産に発生した以下の振替
          に伴う変動:
          12 ヵ月のECL(一括貸倒引当金)への振替                         194     (178)      (16)      -     -
          全期間のECL(減損なし、一括貸倒引当金)への振替
                                   (42)     109     (67)      -     -
          全期間のECL(減損あり、一括貸倒引当金)への振替                          (2)     (48)      50      -     -
          全期間のECL(減損あり、個別貸倒引当金)への振替                          (1)     (22)     (101)      124      -
        貸倒引当金の新規設定および増額(取崩し控除後)                          (128)      291     114     244     521
        個別貸倒引当金の戻入れ                           -     -     -     (94)     (94)
        個別貸倒引当金からの貸倒償却                           -     -     -    (256)     (256)
        外貨換算およびその他の調整                           2     7     2     2     13
        2018  年3月31日現在残高                         336     1,978      385     709     3,408
                                  78/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       9 資産内容
         減損資産は、契約上90日間延滞し、元本および利息が担保で十分にカバーできない個人向け貸付金(無担
        保のポートフォリオ管理の与信枠を除く)、個人向け以外の貸付金で、契約上90日間延滞し、かつ/もしく
        は元本および利息の最終的な回収可能性の疑念が相当にあるもの、ならびに現状で損失が生じる可能性を示
        す状況にある減損したオフバランス・シートの信用エクスポージャーからなる。無担保のポートフォリオ管
        理の与信枠は、180日以上延滞しているもので償却されていない場合に減損貸付金に分類される。
                                   2018  年       2017  年       2017  年

                                  3月31日現在         9月30日現在         3月31日現在
        減損資産合計の要約                          百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        減損資産                              1,560         1,724         2,393
        貸出条件緩和債権                               49         -         -
              (1) (2)
        減損資産総額                              1,609         1,724         2,393
                   (3)
        個別貸倒引当金-信用減損                              (710)         (691)         (748)
        減損資産純額                               899        1,033         1,645
         (1)
           減損資産には、ニュージーランド銀行業務の酪農業向けエクスポージャー76百万豪ドル(81百万ニュージーランド・ドル)(2017年9月
          30日現在:205百万豪ドル(222百万ニュージーランド・ドル)、2017年3月31日現在:726百万豪ドル(795百万ニュージーランド・ド
          ル))が含まれている。ただし担保の保有状況に照らして当該エクスポージャーの評価損は現在ゼロである。これらの貸付金に対しては一
          括引当金が計上されている。
         (2)
           減損資産の総額には、公正価値で測定するその他の減損金融資産総額19百万豪ドル(2017年9月30日現在:34百万豪ドル、2017年3月31
          日現在:119百万豪ドル)が含まれている。
         (3)
           公正価値で測定する貸出金に対する個別貸倒引当金1百万豪ドル(2017年9月30日現在:2百万豪ドル、2017年3月31日現在:1百万豪
          ドル)が含まれている。
                         オーストラリア        ニュージーランド          その他海外        当社グループ合計

        減損資産総額の変動                 百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2016年10月1日現在残高                     1,558         1,028          56        2,642
          (4)
        新規                      572         93         25        690
        償却                      (251)         (13)         (18)        (282)
        正常先への変更または返済                      (496)         (124)         (35)        (655)
        為替換算調整                      (1)        (42)         41         (2)
        2017年3月31日現在残高                     1,382          942         69        2,393
          (4)
        新規                      335         99         18        452
        償却                      (164)         (14)         (8)        (186)
        正常先への変更、返済または減損に非
         該当                     (341)         (606)          (8)        (955)
        為替換算調整                       1        16         3        20
        2017年9月30日現在残高                     1,213          437         74        1,724
          (4)
        新規                      314         155          -        469
        償却                      (72)         (14)         (5)        (91)
        正常先への変更、返済または減損に非
         該当                     (260)         (230)         (14)        (504)
        為替換算調整                       -         8         3        11
        2018年3月31日現在の減損資産総額                     1,195          356         58        1,609
         (4)
           2018  年 3月31日に終了した6ヵ月の新規の減損資産総額には、ニュージーランド銀行業務の酪農業向けエクスポージャーについての43百
          万豪ドル(47百万ニュージーランド・ドル)(2017年9月30日に終了した6ヵ月:9百万豪ドル(10百万ニュージーランド・ドル)、2017
          年3月31日に終了した6ヵ月:31百万豪ドル(33百万ニュージーランド・ドル)が含まれている。ただし担保の保有状況に照らして当該エ
          クスポージャーの評価損は現在ゼロである。これらの貸付金に対しては一括引当金が計上されている。
                                  79/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
         以下の金額は減損資産として分類されておらず、したがって上記の要約には含まれていない。
                                          2018年      2017年      2017年

                                         3月31日現在      9月30日現在      3月31日現在
        90日以上延滞している貸付金-地域別                                 百万豪ドル      百万豪ドル      百万豪ドル
        オーストラリア                                   2,296      2,094      2,086
        ニュージーランド                                    113      138      182
        その他海外                                     18      13      14
                    (5)
        90日以上延滞している貸付金                                   2,427      2,245      2,282
         (5)
           90 日以上延滞している公正価値で測定する貸出金0豪ドル(2017年9月30日現在:3百万豪ドル、2017年3月31日現在:3百万豪ドル)
          が含まれている。
       10  預金およびその他の借入金

                                       2018年       2017年       2017年

                                     3月31日現在       9月30日現在       3月31日現在
                                      百万豪ドル       百万豪ドル       百万豪ドル
        定期預金                                158,146       160,884       156,568
        要求払預金および短期預金                                200,951       199,449       198,847
        譲渡性預金                                46,867       52,255       52,149
             (1)
        無利子預金                                49,306       47,247       44,138
        預金合計                                455,270       459,835       451,702
        借入金                                27,919       21,981       22,415
        買戻条件付売却有価証券                                24,063       23,493       19,543
        公正価値調整                                  (3)        5       8
        預金およびその他の借入金合計                                507,249       505,314       493,668
        内訳:
         公正価値で測定する預金およびその他の借入金合計                                4,559       4,710       6,416
         償却原価で測定する預金およびその他の借入金合計                               502,690       500,604       487,252
        預金およびその他の借入金合計                                507,249       505,314       493,668
         (1)
           無利子預金は住宅ローン相殺勘定を含む。
                          オーストラリア        ニュージーランド          その他海外       当社グループ合計

        商品別および地域別                   百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        2018年3月31日現在
        定期預金                     119,139         31,676         7,331        158,146
        要求払預金および短期預金                     168,397         18,920        13,634        200,951
        譲渡性預金                      36,848         1,849        8,170        46,867
             (1)
        無利子預金                      44,117         5,179          10       49,306
        預金合計                     368,501         57,624        29,145        455,270
        借入金                      25,697         1,635         587       27,919
        買戻条件付売却有価証券                       888         -      23,175        24,063
        公正価値調整                        -        (3)         -        (3)
        預金およびその他の借入金合計                     395,086         59,256        52,907        507,249
        内訳:
         公正価値で測定する預金およびその他
          の借入金合計                      -       4,559          -       4,559
         償却原価で測定する預金およびその他
          の借入金合計                    395,086         54,697        52,907        502,690
        預金およびその他の借入金合計                     395,086         59,256        52,907        507,249
         (1)
           無利子預金は住宅ローン相殺勘定を含む。
                                  80/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                          オーストラリア        ニュージーランド          その他海外       当社グループ合計
        商品別および地域別                   百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        2017年9月30日現在
        定期預金                     121,766         29,623         9,495        160,884
        要求払預金および短期預金                     165,951         17,346        16,152        199,449
        譲渡性預金                      38,617         1,246        12,392        52,255
             (1)
        無利子預金                      42,548         4,682          17       47,247
        預金合計                     368,882         52,897        38,056        459,835
        借入金                      19,560         2,232         189       21,981
        買戻条件付売却有価証券                      1,282          -      22,211        23,493
        公正価値調整                        -        5        -        5
        預金およびその他の借入金合計                     389,724         55,134        60,456        505,314
        内訳:
         公正価値で測定する預金およびその他
          の借入金合計                      -       4,710          -       4,710
         償却原価で測定する預金およびその他
          の借入金合計                    389,724         50,424        60,456        500,604
        預金およびその他の借入金合計                     389,724         55,134        60,456        505,314
         (1)
           無利子預金は住宅ローン相殺勘定を含む。
                          オーストラリア        ニュージーランド          その他海外       当社グループ合計

        商品別および地域別                   百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        2017年3月31日現在
        定期預金                     117,540         26,695        12,333        156,568
        要求払預金および短期預金                     160,606         18,111        20,130        198,847
        譲渡性預金                      36,181         1,480        14,488        52,149
             (1)
        無利子預金                      39,591         4,508          39       44,138
        預金合計                     353,918         50,794        46,990        451,702
        借入金                      18,825         3,103         487       22,415
        買戻条件付売却有価証券                       550         -      18,993        19,543
        公正価値調整                        -        8        -        8
        預金およびその他の借入金合計                     373,293         53,905        66,470        493,668
        内訳:
         公正価値で測定する預金およびその他
          の借入金合計                      -       6,416          -       6,416
         償却原価で測定する預金およびその他
          の借入金合計                    373,293         47,489        66,470        487,252
        預金およびその他の借入金合計                     373,293         53,905        66,470        493,668
         (1)
           無利子預金は住宅ローン相殺勘定を含む。
                                  81/106









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       11  払込資本および積立金
                                    2018  年       2017  年       2017  年

                                   3月31日現在        9月30日現在        3月31日現在
        払込資本                           百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        発行済払込普通株式資本
        全額払込普通株式                              32,782        31,707        31,421
        その他の払込資本
        ナショナル・インカム・セキュリティーズ                              1,945        1,945        1,945
        信託優先証券                               975        975        975
        払込資本合計                              35,702        34,627        34,341
                                  2018  年3月31日に       2017  年9月30日に       2017  年3月31日に

                                  終了した6ヵ月        終了した6ヵ月        終了した6ヵ月
        発行済払込普通株式資本の変動                           百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        普通株式資本
        期首残高                              31,707        31,421        30,968
        株式発行:
         配当金再投資プラン                              914        275        294
         株式報酬積立金からの振替                              161         11        159
        期末残高                              32,782        31,707        31,421
                                    2018  年       2017  年       2017  年

                                   3月31日現在        9月30日現在        3月31日現在
        積立金                           百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        外貨換算積立金                               (109)        (338)        (415)
        資産再評価積立金                                83        83        83
        キャッシュ・フロー・ヘッジ積立金                                (6)        46        40
        株式報酬積立金                               191        273        157
        信用損失に対する一般積立金                                -        -        96
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品
         積立金                               61        89        127
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品
         積立金                               111         84        82
        積立金合計                               331        237        170
                                  2018  年3月31日に       2017  年9月30日に       2017  年3月31日に

                                  終了した6ヵ月        終了した6ヵ月        終了した6ヵ月
        利益剰余金の変動調整表                           百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        期首残高                              16,442        16,334        16,378
        継続事業からの当社株主に帰属する当期純利益                               2,874        3,321        2,857
        非継続事業からの当社株主に帰属する当期純損失                               (291)        (581)        (312)
        支払配当金                              (2,632)        (2,621)        (2,595)
        その他の資本性金融商品に係る分配金                               (49)        (49)        (49)
        公正価値で測定の指定を受けた金融負債の公正価値の変動のう
         ち当社グループの自己の信用リスクに起因する変動額                               19        (56)         67
        ナショナル・キャピタル・インストルメンツの取引費用の分類
         変更                               -        -        (3)
                      (1)
        株式報酬積立金(へ)/からの振替                                1        (24)         2
        信用損失に対する一般積立金(ヘ)/からの振替                                -        96        (21)
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品
         積立金からの振替                               (2)         -        -
        資本へ/(から)直接振り替えられた項目に対する税金                                (5)        22        10
        期末残高                              16,357        16,442        16,334
         (1)
           株式報酬積立金(へ)/からの振替は失効したオプションおよび新株引受権に関連したものである。さらに、2017年9月30日に終了した
          6ヵ月に関する金額には過年度の株式報酬の訂正のための調整額が含まれている。
                                  82/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       12  要約キャッシュ・フロー計算書に対する注記
        (a)  現金および現金同等物の調整

         キャッシュ・フロー計算書上、現金および現金同等物には、現金ならびに3ヵ月以内に確定金額の現金に
        容易に換金可能な流動資産および他の銀行に対する債権額(売戻条件付契約および短期政府証券を含む。た
        だし他の銀行に対する債務額は控除される。)が含まれる。
         要約キャッシュ・フロー計算書に表示されている現金および現金同等物は、以下のとおり貸借対照表上の
        関連項目と調整される。
                                 2018  年 3月31日現在      2017  年 9月30日現在      2017  年 3月31日現在

        現金および現金同等物                           百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        資産
        現金および流動資産                              44,232        43,826        40,373
        財務省証券およびその他の適格証券                               379        762        358
        他の銀行に対する債権(監督中央銀行に対する強制預金を除
         く)                             34,212        31,703        48,385
        現金および現金同等資産合計                              78,823        76,291        89,116
        負債
        他の銀行に対する債務                              (35,761)        (36,491)        (45,199)
        現金および現金同等物合計                              43,062        39,800        43,917
         他の銀行に対する債権には、CYBGの会社分割に関連してバンク・オブ・イングランドに預け入れている現

        金預金263百万豪ドル(148百万英ポンド)(2017年9月30日現在:877百万豪ドル(513百万英ポンド)、
        2017年3月31日現在:1,055百万豪ドル(646百万英ポンド))が含まれている。当該現金預金は、英国の健
        全性規制機構(PRA)との合意によるキャップ付損害賠償責任に基づく当社の債務を担保するために要求さ
        れている。詳細は注記14「偶発債務」に記載のとおりである。
        (b)  現金および現金同等物を伴わない財務および投資取引

                                  2018  年3月31日に       2017  年9月30日に       2017  年3月31日に

                                  終了した6ヵ月        終了した6ヵ月        終了した6ヵ月
                                   百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        新株発行
         配当金再投資プラン                              914        275        294
        社債新規発行
         劣後ミディアム・ターム・ノート再投資売出し                               -        -        539
        (c)  事業の処分

         当グループは、シンガポールおよび香港のプライベート・ウェルス事業をオーバーシー・チャイニーズ・
        バンキング・コーポレーション・リミテッド(OCBC                           バンク)にそれぞれ2017年11月10日および2017年11月
        24日に売却した。
         当該取引では、それぞれ2,015百万豪ドルおよび2,357百万豪ドルの指定された資産および負債が帳簿価額
        で売却された。譲渡された資産および負債の合意された価額の差額分は342百万豪ドルの現金支払を通じて
        決済された。
                                  83/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       13  金融商品の公正価値
       (a) 償却原価で計上される金融商品の公正価値

         以下の表は、貸借対照表に償却原価で計上される金融資産および金融負債の帳簿価額がその公正価値に近
        似していない場合について、償却原価で測定される当該金融資産および負債の貸借対照表に計上されている
        帳簿価額とそれらの見積公正価値の比較を示したものである。
         公正価値とは、測定日時点で市場参加者間の秩序ある取引において、資産を売却するために受け取るであ
        ろう価格または負債を移転するために支払うであろう価格をいう。見積公正価値は、報告日時点において入
        手可能な関連情報に基づいており、判断を伴っている。
                      2018  年 3月31日現在          2017  年 9月30日現在          2017  年 3月31日現在

                      帳簿価額      公正価値       帳簿価額      公正価値      帳簿価額       公正価値
                     百万豪ドル      百万豪ドル       百万豪ドル      百万豪ドル       百万豪ドル      百万豪ドル
        金融資産
        貸出金              550,262      550,615       540,125      540,739       520,954      521,754
        金融負債
        預金およびその他の借入金              502,690      502,934       500,604      500,910       487,252      487,471
                   (1)
        社債、ノートおよび劣後債              132,341      133,459       124,871      127,129       124,027      125,688
        その他の発行負債               6,159      6,269       6,187      6,361       6,205      6,339
         (1)
           一部の社債、ノートおよび劣後債に対しては公正価値ヘッジ会計が適用されており、そのため帳簿価額には公正価値ヘッジに係る調整額
          が含まれている。
       (b) 貸借対照表で認識される公正価値の測定

         次表は、当初認識後に公正価値で測定される金融商品について、当該公正価値の測定に使用するインプッ
        トの重要性を反映するヒエラルキーを用いて分析を行ったものである。公正価値測定が区分される公正価値
        ヒエラルキーのレベルは、公正価値による測定全体において重要となるインプットのうち最も低いレベルの
        インプットに基づいて決定される。公正価値ヒエラルキーは以下のとおりである。
          ●  レベル1―活発な市場における同一の金融資産または金融負債の無調整の公表市場相場価格を参照し
            て評価された金融商品。この区分に含まれる金融商品は、典型的にはオーストラリア連邦および
            ニュージーランドの国債ならびに直物の上場デリバティブに関するものである。
          ●  レベル2―レベル1に分類される公表市場相場価格以外で、金融資産または金融負債に関して直接的
            に(価格として)または間接的に(価格から得られるものとして)観察可能なインプットを組み入れ
            る評価技法を通じて評価された金融商品。この区分に含まれる金融商品には、店頭取引の売買目的デ
            リバティブおよびヘッジ目的デリバティブ、国債に準ずる債券、金融債、社債、住宅ローン抵当証
            券、公正価値で測定される貸付金ならびに公正価値で測定される発行済み社債、ノートおよび劣後債
            がある。
                                  84/106






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
          ●  レベル3―観察可能な市場データに基づかないインプットを組み入れる評価技法を通じて評価された
            金融商品。観察可能でないインプットは市場の流動性の欠如または商品の複雑さゆえに活発な市場に
            おいて容易に入手することができないインプットである。この区分に含まれる金融商品には、カスタ
            ムメイドの売買目的デリバティブ、信用評価調整が観察不能で、かつ当該金融商品の評価に重要とみ
            なされる売買目的デリバティブおよび観察不能のインプットを用いて評価される特定の資産担保証券
            がある。
         レベル2またはレベル3として区分される金融商品の公正価値を算定する技法には、割引キャシュ・フ
        ロー・モデル、オプション価格決定モデルまたはマーケットが公認するその他の評価技法が含まれる。これ
        らの評価技法で取り扱われる要素は、金利、信用リスクおよび流動性などである。
                                       2018  年 3月31日現在公正価値測定

                                 レベル1       レベル2       レベル3        合計
                                 百万豪ドル       百万豪ドル       百万豪ドル       百万豪ドル
      金融資産
      売買目的デリバティブ                                -     28,916         97     29,013
      売買目的有価証券                              26,887       21,787         -     48,674
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品                              3,315      37,092        562      40,969
      生命保険事業に関連する投資                                -      80       -      80
      公正価値で測定するその他の金融資産                                -     13,173         -     13,173
      ヘッジ目的デリバティブ                                -     5,135         -     5,135
                              (1)
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品                                -      231       63      294
      公正価値で測定する金融資産合計                              30,202      106,414         722     137,338
      金融負債
      売買目的デリバティブ                                2     26,423         78     26,503
      公正価値で測定するその他の金融負債                               506      29,480         -     29,986
      ヘッジ目的デリバティブ                                -      553        -      553
      公正価値で測定する金融負債合計                               508      56,456         78     57,042
      (1)
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品は、貸借対照表ではその他の資産に含まれている。
                                  85/106











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
                                       2017  年 9月30日現在公正価値測定
                                 レベル1       レベル2       レベル3        合計
                                 百万豪ドル       百万豪ドル       百万豪ドル       百万豪ドル
      金融資産
      売買目的デリバティブ                                -     29,043         94     29,137
      売買目的有価証券                              27,811       23,143         -     50,954
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品                              3,407      38,297        427      42,131
      生命保険事業に関連する投資                                -      86       -      86
      公正価値で測定するその他の金融資産                                -     16,058         -     16,058
      ヘッジ目的デリバティブ                                -     3,892         -     3,892
                              (1)
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品                               14      209       48      271
      公正価値で測定する金融資産合計                              31,232      110,728         569     142,529
      金融負債
      売買目的デリバティブ                                ▶     27,107         76     27,187
      公正価値で測定するその他の金融負債                               279      29,352         -     29,631
      ヘッジ目的デリバティブ                                -     1,674         -     1,674
      公正価値で測定する金融負債合計                               283      58,133         76     58,492
      (1)
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品は、貸借対照表ではその他の資産に含まれている。
                                       2017  年 3月31日現在公正価値測定

                                 レベル1       レベル2       レベル3        合計
                                 百万豪ドル       百万豪ドル       百万豪ドル       百万豪ドル
      金融資産
              (2)
      売買目的デリバティブ                               429      32,580        169      33,178
      売買目的有価証券                              26,739       21,762         -     48,501
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品                              3,760      39,570        169      43,499
      生命保険事業に関連する投資                                -      81       -      81
      公正価値で測定するその他の金融資産                               45     18,443         32     18,520
      ヘッジ目的デリバティブ                                -     5,621         -     5,621
                              (1)
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品                                8       -      254       262
      公正価値で測定する金融資産合計                              30,981      118,057         624     149,662
      金融負債
              (2)
      売買目的デリバティブ                               841      33,025        137      34,003
      公正価値で測定するその他の金融負債                               375      27,785         1     28,161
               (2)
      ヘッジ目的デリバティブ                                -     3,468         -     3,468
      公正価値で測定する金融負債合計                              1,216      64,278        138      65,632
      (1)
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品は、貸借対照表ではその他の資産に含まれている。
      (2)
        2017  年 3月に終了した6ヵ月の比較情報は、特定のデリバティブ資産およびデリバティブ負債に係る経過利息の表示方法の変更を反映するため
       に2017年9月に修正再表示された。現在、当該経過利息はデリバティブ資産およびデリバティブ負債の項目に表示される(従前はその他の資産お
       よびその他の負債に計上)。
         2018年3月に終了した6ヵ月中、レベル1とレベル2の間の重要な振替はなかった。

                                  86/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
         観察可能な市場データに基づかない重要なインプットを用いた評価技法に基づく公正価値で測定する資産
        および負債(レベル3)の調整表は以下のとおりである。
                                2018年3月31日に終了した6ヵ月

                                 資産                   負債
                                       その他の包括利益を
                              その他の包括利益を
                                       通じて公正価値で測
                              通じて公正価値で測
                                       定する資本性金融商
                       売買目的       定する負債性金融商                      売買目的
                                          (1)
                      デリバティブ           品        品         デリバティブ
                      百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル           百万豪ドル
        期首残高                   94         427         48           76
        利得/(損失)合計
                (2)
         損益計算書計上分                  (3)         -         -          (2)
                   (3)
         その他の包括利益計上分                   -        (10)         (5)           -
        買付および発行                    -         15         16           -
        売却および決済                    -        (53)          ▶           -
               (4)
        レベル3への振替                    1        264          -           -
                (4)
        レベル3からの振替                    -        (81)          -           -
        為替換算調整額                    5         -         -           ▶
        期末残高                   97         562         63           78
        報告期間末現在で保有してい
         た資産および負債に関する
         報告期間中の利得/(損
         失)合計
         - 損益計算書計上分
                            (3)         -         -          (2)
         - その他の包括利益計上
           分                 -        (10)         (5)           -
         (1)
           その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品は、貸借対照表ではその他の資産に含まれている。
         (2)
           純利得または純損失は、「その他収益」の「公正価値で測定する金融商品に係る純利益」に計上された。
         (3)
           純利得または純損失は、場合に応じて、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品積立金または資本性金融商品積立
          金に計上された。
         (4)
           レベル3への振替は一部の金融商品の評価について観察可能なインプットが入手できなかったことによる。レベル3からの振替は評価に
          用いるインプットが当該期間中に観察可能になったことによる。レベル間の振替は、当該金融商品の振替が行われた報告期間の期首に行わ
          れたものとみなしている。
         観察不能なインプットに全部または部分的に基づく公正価値測定に対する当社グループのエクスポー

        ジャーは、少数の金融商品に限られ、それらが属するポートフォリのわずかな部分を構成するに過ぎない。
        したがって2018年3月31日時点で当該金融商品の評価に用いた仮定が合理的に代替可能な仮定に変更したと
        しても重要な影響は生じないと見られる。
                                  87/106








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       14 偶発債務
       (ⅰ) 訴訟手続-一般
         当社グループ内の会社が営業上の行為から生じる訴訟手続の被告となることがある。
         当社グループの会社に対する現在および潜在的な損害賠償請求、訴訟手続について偶発債務が存在する。
        必要に応じて引当金が計上されている。偶発債務の潜在的な債務総額を正確に評価することはできない。
       (ⅱ)     訴訟手続-個別

        銀行手形交換基準レート集団訴訟

         2016年8月、銀行手形交換基準金利(BBSW)に関して申し立てられた行為についての集団訴訟の訴状が
        ニューヨーク南部地区連邦地方裁判所に提出された。同訴状は当社、ANZ、CBAおよびウエストパックを含む
        複数の被告を告発し、またBBSWについて当社、                         ANZおよびウエストパックに対してASICにより提起されてい
        る先行の訴訟に言及している。関連するASICの当社に対する訴訟は、裁判所が承認したASICと当社間の和解
        にしたがって2017年11月に解決した。米国での集団訴訟の潜在的な帰趨を現段階で確実に断定することはで
        きない。
        英国における金融行動問題-潜在的訴訟

         2017年12月、当社は英国の訴状管理会社であるRGLマネジメントの代理人である訴訟弁護士から提訴前書
        簡を受領した。当該書簡には、2001年から2012年の期間におけるCYBGの顧客に対するテーラーメイド型固定
        金利事業貸付の販売に関連する当社およびCYBGに対する数々の主張が記載されている。発生する可能性があ
        る手続の潜在的な帰趨を現段階で確実に断定することはできない。
       (ⅲ) 法規制遵守の調査‐一般

         当社グループの企業は、その業務行為に関連して随時に規制上の調査対象となる。この調査には、現実に
        生じた法令違反および潜在的な法令違反ならびに2017年12月14日に設置された銀行、年金および金融サービ
        ス業界における違法行為に対する王立委員会に関連する規制上の調査が含まれる。関連規制当局が当該調査
        を実施する場合にとどまらず、当社グループ自らが調査を実施する場合も、また第三者が調査を実施する場
        合も含まれる。
         当社グループの企業を対象とする規制上の調査には偶発債務が存在し、適切であれば引当金が設定され
        る。法執行の措置や他の法的手続の開始を含むこれら規制上の調査の帰趨は一般に不確定であり、これらに
        ついての潜在的な債務の総額を正確に評価することはできない。
                                  88/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       (ⅳ) 法規制遵守の調査‐個別
        助言サービス会社手数料
         ASICは、当社グループのメンバー会社を含む財務助言サービス会社との現行サービス取決めに基づく顧客
        からの財務助言手数料の支払いについて業界調査を進めている。当該サービス取決めの下では、顧客は提供
        された一連のサービスの対価として助言サービス手数料を支払うのが通常である。当社は、現行サービスを
        受けるために支払いを行った顧客が、関連サービス契約に従って合意した内容のサービスの提供を受けてい
        るか否かについて目下調査中である。当社は、本件を調査し評価する方法の設計についてASICとの協働を継
        続している。しかしながら、当社の提案しているアプローチについて見解の相違があるためASICとは未だ合
        意に達していない。現段階では調査の帰趨は不確定である。
        年金制度サービス手数料

         財務助言サービスに関するASICの2017年5月付業界調査報告書に関連して、当社は退職年金口座に付随す
        る制度助言者が存在していなかったにもかかわらず過誤により「制度サービス手数料」を徴収していた顧客
        への返金を完了した。一方、ASICは、退職年金基金の加入者が勤務先を退職し、企業型退職年金商品の個人
        型部門に移換となった後でも、「制度サービス手数料」が引き続き加入者から徴収され制度助言者に支払わ
        れるのであれば、サービスが継続される特定の状況を検討するよう当社に要請している。本件については、
        当社は引き続きASICと協議を行っている。現段階ではASICの調査の帰趨は不確定である。
        ウェルス業務助言に関する再調査

         2015年10月、当社は2009年以降に法令に違背する助言を当社から受けた可能性のある特定の顧客グループ
        と接触を開始し、(a)助言の適切性を評価し、そして(b)違背する助言の結果として顧客が補償を正当と
        し得る損害を被ったか否かの確認を行った。「顧客対応イニシアティブ」再調査プログラムを通じて本事案
        は進展しており、いくつかの場合については補償が提示され支払われた。
         この作業結果の帰趨および費用総額は不確定である。原告の弁護士事務所は、当社のアドバイザーの財務
        助言で損失を受けたとする当社顧客に法律上の助言を求めるために同事務所に連絡をとるよう引き続き働き
        かけている。本件で当社グループに対する集団訴訟は提起されていない。
                                  89/106









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
        ニュージーランド企業・技術革新・雇用省による法令遵守監査
         ニュージーランド企業・技術革新・雇用省の労働検査官は、ニュージーランドの各種組織について2003年
        ニュージーランド休日・休暇法(「ホリデー法」)の法令遵守状況の監査プログラムを目下実施中である。
         BNZは2016年5月に当該プログラムへの早期参加を要請し、BNZのホリデー法の遵守状況に関する所見を記
        載した労働検査官の最終報告書を2017年1月18日に受領した。当該所見において、BNZは一部従業員につい
        て年次休暇および休祭日の給料支払いを含むホリデー法上の特定の要件に違背していたことが指摘された。
        BNZは適切な解決にこぎつけるべく労働検査官と協働中である。本件監査の最終的な帰趨を現段階で確実に
        断定することはできない。
        マネーロンダリング防止とテロ資金対策プログラム向上への取組み

         当社グループは、2016年7月以降、当社グループのマネーロンダリング防止(以下「AML」)とテロ資金
        対策(以下「CTF」)プログラムおよびその実施を向上させ、強化する取組計画を進めてきた。その取組み
        は、効果的かつ効率的な統制環境を確保し、法令遵守能力を向上させるシステムへの相当規模の投資を必要
        とする。能力の全体的な向上に加えて、取組計画は法令遵守上の具体的な問題点と弱点(もしこれらが識別
        されるのであれば)の改善を目指す。
         AML/CTFの法令遵守上の問題点が識別された場合には、問題点はAUSTRACまたは外国における同等の規制当
        局に通知され、これら規制当局は、通常、関連性のある問題点の調査・改善の進捗状況について助言を求め
        られ、あるいは最新情報の報告を受ける。「顧客確認(”Know                                 Your   Customer”)」要件の実施面での一定
        の弱点ならびに特定分野についての取引監視と報告に影響を与えるシステムおよび業務プロセス上の問題点
        を含む識別された数々の問題点に関連して、調査および改善活動が目下進行中である。
         取組みが進捗するに伴い、さらなる問題点が識別され、追加的な強化が必要となる可能性もある。今日ま
        でに識別された具体的問題点および将来識別される問題点についての調査および改善プロセスの帰趨は不確
        実である。
       (v) 契約上のコミットメント

        保険金請求
         当社はグループが被る特定の金融行動関連の損失に係る保険金請求を進めている段階にある。当該保険金
        請求は、当社により偶発性資産として会計処理される。現段階では当該請求の帰趨を確実に断定することは
        できない。
        契約‐一般

         当社グループの企業は、随時に契約上の約定を締結し、それに伴って、瑕疵担保、損害賠償、保証などの
        偶発コミットメントを供与することがある。
         かかるコミットメントには偶発債務が存在するため、適切な場合には引当金が設定されている。これらの
        潜在的な債務の総額を正確に評価することはできない。
                                  90/106





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
        英国における金融行動問題および「金融行動損害賠償証書」
         2018年3月31日現在、金融行動損害賠償証書(以下、本(ⅴ)において「本証書」)に基づきCYBGに利用
        可能な支援額の残高は148百万英ポンドであった。一方、当社は予想されるCYBGからの将来の金融行動関連
        の請求に備えて設定している当社グループの引当金を同額分積み増し、本証書に基づく当社の金融行動関連
        の請求に対する財務エクスポージャー(下記の潜在的租税債務を除く。ただし、かかる債務の発生可能性は
        低いと思われる。)がこれ以上残らないようにした。
         CYBGの会社分割に関する取決めの一環として当社およびCYBG間で締結された本証書に基づいて、当社は、
        一定の制限を条件に、過去の特定の金融行動に係る債務についての損害補償(以下「キャップ付損害賠
        償」)を提供することに同意した。キャップ付損害賠償の下でCYBGは、CYBGまたはCYBGグループのメンバー
        会社がかかる金融行動問題について新規の引当金を設定するか、または既存の引当金を積み増す際に請求を
        行うことができる。本証書に関する追加情報は2018年1月5日に提出された有価証券報告書における財務書
        類の注記(偶発債務に関する注記)に記載されている。
         2018年3月31日に終了した6ヵ月の間にCYBGはキャップ付損害賠償の下で363百万英ポンドの請求を行っ

        ており(当社は過年度に相当部分を引当済みである)、キャップ付損害賠償の下で利用可能な支援額(以下
        「未使用賠償限度額」)の残高は、148百万英ポンドになっている。CYBGは、返済保障保険(以下「PPI」)
        に関して設定している引当金を同社の半期決算(2018年3月31日に終了する期間)において350百万英ポン
        ド積み増す予定であることを公表した。このため当社は本証書の下で予想される将来の請求に対して設定し
        ている引当金の金額を148百万英ポンド(CYBGの引当金積み増し分のうち当社が責任を負う部分に相当)増
        額した。当社は、CYBGが当該金額について本証書の下での請求を行い、未使用賠償限度額がゼロに減少する
        と予想している。
         当社は、会社分割日からバンク・オブ・イングランドに11億15百万英ポンドの現金預金を預託することに

        よりキャップ付損害賠償の下での債務に担保を付している。バンク・オブ・イングランドに預けた現金預金
        は、キャップ付損害賠償の下で請求された金額に見合って減額され、したがって現金預金額は未使用賠償限
        度額(プラス発生利息)に等しい。未使用賠償限度額は当社の普通株式Tier1(CET1)からの控除項目と
        して扱われる。
         キャップ付損害賠償の下でのCYBGに対する支払は、CYBGグループによる受領に際して課税されることは見

        込まれていないが、税金の支払が発生する場合に備えて、本証書には、キャップ付損害賠償の下での支払の
        受領がなければ発生しなかったと仮定される、いかなる実際に生じた税金も当社がCYBGに補償することを承
        諾する旨の条項が含まれている。
         本証書に規定されているキャップ付損害賠償および税務引当金を除いて、CYBGはCYBGグループのあらゆる

        メンバー会社が当社に対して行った他の過去のいかなる金融行動関連の請求に係る債務から当社を免責する
        ことに同意した。
                                  91/106




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
       15 非継続事業
         下記の業績は2016年に発生したCYBGの会社分割に関連する英国銀行事業の非継続事業を表したものであ
        る。2018年3月31日に終了した6ヵ月の間にCYBGとの間で締結した金融行動損害賠償証書に関連する非継続
        事業において291百万豪ドルの純損失(税金はゼロ)が認識された。金融行動損害賠償証書に関する追加情
        報は注記14「偶発債務」を参照。
        6ヵ月期間の非継続事業からの損失の分析

                                  2018  年3月31日に       2017  年9月30日に       2017  年3月31日に

                                  終了した6ヵ月        終了した6ヵ月        終了した6ヵ月
        非継続事業合計                           百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        CYBG  の非継続事業からの純損失                             (291)        (581)        (312)
        非継続事業からの純損失                               (291)        (581)        (312)
       16 後発事象

         2018年4月1日、当社グループは会計方針を変更し、AASB第9号「金融商品」におけるヘッジ会計の要件
        を金融資産および金融負債のポートフォリオからの金利リスクの公正価値ヘッジを除くヘッジ関係に適用し
        た。新しい会計方針の下で、当社グループは社債、ノートおよび劣後債に関する為替リスクをヘッジするデ
        リバティブの指定から外国通貨ベーシス・スプレッドを除外することを選択した。外国通貨ベーシス・スプ
        レッドの公正価値の変動は、ヘッジの非有効部分を通じて純損益に影響を及ぼすのではなく、ヘッジ対象項
        目に関連する範囲内でヘッジ積立金のコストとして認識されることになる。
         2018年5月3日、当社グループは助言、プラットフォームおよび年金事業ならびに資産運用事業の売却を

        進める意図があることを公表した。当社グループは、相対取引での売却の選択肢を考慮する柔軟性を維持し
        つつ、会社分割および新規株式公開を含む公開市場における選択肢を通じて2019年(暦年)末までに分離す
        ることを目標としている。潜在的な取引は市況次第であり、当社取締役会および監督当局の承認が必要とな
        る。
         上記の事項を除き、2018年3月31日から本国における当社の半期財務報告書の日付までの期間中に、取締

        役の意見において、当社グループの将来期間の営業、経営成績または状況に重要な影響を与えたか、または
        重要な影響を与える可能性のある重大もしくは異常な問題、事項、取引または事象は発生していない。
     前へ

                                  92/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     2  【その他】

      (1)  後発事象
        「第6-1 中間財務書類」の「中間財務書類に対する注記」の注記16「後発事象」を参照のこと。

      (2)  係争事件

        「第6-1 中間財務書類」の「中間財務書類に対する注記」の注記14「偶発債務」を参照のこと。

                                  93/106

















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     3  【日豪の会計原則および会計慣行の相違】

       本書記載のナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッドの中間財務書類は、オーストラリア会計基準審
      議会(AASB)が公表しているオーストラリア会計基準と国際会計基準審議会が公表している国際財務報告基準
      (IFRS)に基づいて作成されている。オーストラリア会計基準およびIFRSと、日本で一般に公正妥当と認められ
      ている会計原則(以下「日本基準」という。)は、一部の点で相違する。主な相違点の要約は下記のとおりであ
      る。
                                                日本基準

          項目             オーストラリア会計基準                    (日本で一般に公正妥当と
                                             認められる会計原則)
     (1)  表示が求められる会           財務諸表で報告されるすべての金額について、                       前連結会計年度および当連結会計年
                  最低過去1会計期間分の比較情報を開示しなけ                       度の財務諸表を比較のため併記す
     計期間
                  ればならない。                       る。
     (2)  財政状態計算書(貸           下記の財務諸表(注1,2)の作成を求めてい                       下記の財務諸表(注5)の作成を求め
                  る。                       ている。
     借対照表)と包括利益計
                  ・  財政状態計算書                      ・  連結貸借対照表
     算書(損益計算書)の様
                  ・  包括利益計算書(1計算書方式)(注3)、                      ・  連結損益および包括利益計算書
     式
                  または損益計算書とその他の包括利益計算書を                       (1計算書方式)(注6)または連結
                  別個に作成(2計算書方式)(注4)                       損益計算書と連結包括利益計算書を
                                         別個に作成(2計算書方式)(注7)
                  ・  持分変動計算書
                                         ・  連結株主資本等変動計算書
                  ・  キャッシュ・フロー計算書
                                         ・  連結キャッシュ・フロー計算書
                  ・  会計方針および注記
                                         ・  連結附属明細表
     (3)  特別(異常)損益の           収益または費用のいかなる項目も、特別項目と                       特別損益に属するものはその内容を

                  して、包括利益計算書もしくは損益計算書(表                       示す名称を付した科目をもって表示
     表示
                  示されている場合)または注記のいずれにも表                       する。
                  示してはならない。
     (4)  連結の範囲           連結の対象範囲は適用される支配の概念によ                       連結の対象範囲は適用される支配力
                  る。                       の概念による。
                  投資者は、投資者が次の各要素をすべて有して                       親会社が、他の企業の財務および営
                  いる場合にのみ、投資先を支配している。                       業または事業の方針を決定する機関
                  ・投資先に対するパワー                       (意思決定機関)を支配している場
                  ・投資先への関与により生じる変動リターンに                       合、当該他の企業に対する支配が存
                  対するエクスポージャーまたは権利                       在する。
                  ・投資者のリターンの額に影響を及ぼすように
                  投資先に対するパワーを用いる能力                       日本基準には、支配の有無の判断に
                                         あたり、潜在的議決権の影響や、意
                  支配の判定に際し、投資者は自らの潜在的議決                       思決定権の行使が本人と代理人のい
                  権と他の者が保有している潜在的議決権とを考                       ずれの立場として行われているかな
                  慮して、自らがパワーを有しているかどうかを                       どを考慮することを明示的に求める
                  決定する。                       規定は存在しない。
                  投資者は、投資先の議決権の過半数を有してい                       議決権の過半数を有していなくて

                  なくても、パワーを有するに十分な権利(いわ                       も、当該他の企業の取締役会の構
                  ゆる「事実上の支配」(De            facto   control))を       成、資金調達の状況および当該他の
                                         企業の方針の決定を支配する契約の
                  有する可能性がある。
                                         存在等を考慮した上で、緊密な関係
                                         があることにより自己の意思と同一
                                         の内容の議決権を行使すると認めら
                                         れる者および自己の意思と同一の内
                                         容の議決権を行使することに同意し
                                         ている者が所有している議決権とを
                                         合わせて支配の有無の判断を行うこ
                                         とを求める規定が存在する。
                                  94/106

                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     (5)  連結の範囲           すべての子会社を連結することを要するが、投                       以下に該当する子会社は連結の範囲
                  資企業については例外がある。                       に含めないものとされる。
     (例外規定)
                                         ・  支配が一時的であると認められる

                                         企業
                                         ・  連結の範囲に含めることにより利
                                         害関係人の判断を著しく誤らせるお
                                         それがあると認められる企業
     (6)  特別目的事業体およ           投資者が支配しているストラクチャード・エン                       一定の条件を満たす一定の特別目的
                  ティティーは連結しなければならない。                       会社は子会社に該当しないものと推
     びストラクチャード・エ
                                         定する。投資事業組合の連結の範囲
     ンティティー
                                         は、基本的に業務執行権限の有無に
                                         基づいて判断される。
     (7)  共同支配の取決め           共同支配事業(joint          operation)に該当する共             被共同支配企業の会計処理には持分
                                         法を適用する。
                  同支配の取決め(joint           arrangement)の場合、
                  投資者は共同支配事業における自らの資産、負
                  債、収益および費用ならびに/または共同支配
                  事業における共同支配に係る資産、負債、収益
                  および費用の持分相当額を認識する。
                  共同支配企業(joint           venture)の場合、持分

                  法が適用される。
     (8)  企業結合の会計処理           取得法(Acquisition          method)を適用して企業             共同支配企業の形成および共通支配

                                         下の取引以外の企業結合には、パー
                  結合を会計処理する。
                                         チェス法が適用される。
                  AASB第3号は、共同支配企業(joint
                  venture)の設立および共通支配下の企業また
                  は事業の統合などには適用されない。
     (9)  企業結合に直接起因           サービスを受けた期間の費用として処理する                       取得関連費用は、発生した事業年度
                  (負債性もしくは資本性金融商品の当初認識額                       の費用として処理される。
     する取得原価の一部を成
                  から控除される発行費用を除く)。
     す取得関連費用
     (10)   のれんの当初認識と           非支配持分の測定方法について、取得企業が企                       のれんは、被取得企業または取得し

                  業結合ごとに以下のいずれかを選択できる。                       た事業の取得原価のうち、取得した
     非支配持分の測定方法
                  ・非支配持分も含めた被取得企業全体を公正価                       資産および引き受けた負債に配分さ
                  値で測定し、のれんは非支配持分に帰属する部                       れた純額を超過する額として算定さ
                  分も含めて認識する方法(いわゆる全部のれん                       れる(のれんの算定に認められてい
                  アプローチ)。                       るのは、購入のれんアプローチの
                                         み)。
                  ・非支配持分を被取得企業の識別可能純資産の
                  公正価値に対する取得企業の持分相当額によっ                       全面時価評価法により、子会社の資
                  て測定し、のれんは取得企業の持分相当額につ                       産および負債のすべてを支配獲得日
                  いてのみ認識する方法(いわゆる購入のれんア                       の時価により評価する。
                  プローチ)。                       㬀䤀䘀刀匰析硢鸰朰䴰謰蠰䘰樰Ɨ幥⾑
                                         持分自体を支配獲得日の時価で評価
                                         する会計処理は認められていない。
     (11)   のれんの取扱い           規則的な償却は行わず、減損の兆候が無くても                       原則としてその計上後20年以内に、
                  毎年1回、さらに減損の兆候がある場合には追                       定額法その他合理的な方法により償
                  加で、減損テストに付される。                       却しなければならない。ただし、の
                                         れんの金額に重要性が乏しい場合に
                                         は、当該のれんが生じた事業年度の
                                         費用として処理することができる。
                                         のれんに減損の兆候がある場合に
                                         は、減損損失を認識するかどうか判
                                         定する。
                                  95/106


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     (12)   固定資産の事後測定           原価モデルまたは再評価モデルのどちらかを会                       取得原価から減価償却累計額および
                  計方針として選択し、同一種類のすべての有形                       減損損失累計額を控除した金額で計
                  固定資産に適用しなければならない。                       上される(再評価は認められていな
                  再評価モデルを選択した場合、帳簿価額が報告                       い)。
                  期間の期末日における公正価値と大きく相違し
                  ないよう、再評価を定期的に実施しなければな
                  らない。
     (13)   投資不動産           原価モデルまたは公正価値モデルの選択が可能                       (注記においてのみ開示される。特
                  である。当該方針はあらゆる投資不動産に対し                       に明示された基準はない。)原価モ
     当初認識後の測定
                  て適用される。                       デルのみ利用可能。
     (14)   投資不動産           公正価値モデルを選択する企業は、公正価値が                       該当する基準はない。
                  信頼性をもって測定できない例外的な場合を除
     公正価値モデルでの測定
                  き、すべての投資不動産を公正価値で評価しな
                  ければならない。公正価値の変動は、当該変動
                  が生じた期間の純損益に計上される。
     (15)   減損レビュー・プロ           1段階アプローチ                       2段階アプローチ
                  減損の兆候が存在する場合に、資産の帳簿価額                       減損の兆候が存在する場合には、最
     セス
                  がその回収可能価額を上回る金額を減損損失と                       初に回収可能性テスト(資産の帳簿
                  して算定する。                       価額を、資産の使用および最終的処
                  回収可能価額は(i)売却費用控除後の公正価値                       分を通じて発生する割引前将来
                  と(ii)使用価値のいずれか高い金額となる。                       キャッシュ・フローの総額と比較す
                                         る)を行う。その結果、資産の帳簿
                                         価額が割引前キャッシュ・フローの
                                         総額よりも大きいため、回収不能と
                                         判断された場合、資産の帳簿価額を
                                         回収可能価額まで減額するように減
                                         損損失を認識する。
     (16)   減損損失の戻入れ           のれんについては禁止されるが、他の資産につ                       あらゆる固定資産について減損損失
                  いては、毎報告期間末に、過去の期間に認識さ                       の戻入れは禁止されている。
                  れた減損損失がもはや存在しないまたは減少し
                  ている兆候があるのかどうかについて検討しな
                  ければならない。かかる兆候が存在する場合
                  は、過去の期間に認識された減損損失を戻し入
                  れる。ただし、戻し入れる金額は、過年度にお
                  いて当該資産について減損損失が認識されてい
                  なかったとした場合の帳簿価額(償却分控除
                  後)を超えないものとする。
     (17)   当初測定           金融資産および負債が活発な市場で取引されて                       初日利得の測定に関する具体的規定
                  おらず、価格評価モデルへの入力値が市場にお                       が存在しないため、非上場デリバ
     (初日利得)
                  いて観察できない場合、当初認識時に純利得を                       ティブについて、市場価格に準ずる
                  認識することはできず、かかる利得は繰り延べ                       ものとして合理的に算定された価格
                  られる。                       があれば、評価額として使用し、結
                                         果的に初日利得が計上されうる。
     (18)   公正価値測定の範囲           AASB第9号では、償却原価で測定するものとし                       市場で売買されない株式について
                  て分類され、償却原価で測定される場合を除                       は、時価を把握することが極めて困
                  き、金融資産は公正価値で測定される。                       難と認められる金融商品として取り
                                         扱う。
                  資本性金融商品に対する投資および資本性金融
                  商品に関する契約は、すべて公正価値で測定し                       取引慣行が成熟していない一部の天
                  なければならない。しかし、限定的な状況では                       候デリバティブ等で公正な評価額を
                  あるが、取得原価が公正価値の適切な見積りと                       算定することが極めて困難と認めら
                  なる場合がある。公正価値を測定するのに利用                       れるデリバティブ取引については、
                  できる最新の情報が十分でない場合、または、                       取得価額をもって貸借対照表価額と
                  可能な公正価値測定の範囲が広く、当該範囲の                       する。
                  中で取得原価が公正価値の最善の見積りを表す
                  場合には、該当する可能性がある。
                                  96/106


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     (19)   金融資産の認識の中           リスク経済価値アプローチに基づき、金融資産                       財務構成要素アプローチに基づき、
                  の認識を中止する。                       金融資産の消滅を認識する。
     止
                  金融資産の所有に係るリスクと経済価値のほと
                  んどすべてを移転したわけでも、ほとんどすべ
                  てを保持しているわけでもない場合は、「支
                  配」の有無を検討する。引き続き支配を保持し
                  ている場合は、継続的関与の範囲内で認識を継
                  続する。
     (20)   金融資産の分類           AASB第9号において、企業は、次の両方に基づ                       日本基準は、金融資産は保有目的に
                  き、金融資産を、事後に償却原価で測定するも                       応じて区分される。とりわけ有価証
                  の、その他の包括利益を通じて公正価値で測定                       券については以下のとおり区分され
                  するもの(「FVOCI」)、または純損益を通じ                       る。
                  て公正価値で測定するもの(「FVPL」)のいず                       ・  売買目的有価証券
                  れかに分類しなければならない。                       ・  満期保有目的の有価証券
                                         ・  子会社株式および関連会社株式
                  ・金融資産の管理に関する企業の事業モデル                       ・  その他有価証券
                  ・金融資産の契約上のキャッシュ・フローの特
                  性
                   なお、子会社、関連会社および共同支配企業

                  に対する持分は、原則としてAASB第9号の適用
                  対象外である。
     (21)   公正価値概念           公正価値は、測定日における市場参加者間の秩                       複数の取引所に上場されている金融
                  序ある取引において、資産を売却するために受                       商品の場合は、取引が最も活発に行
                  け取るであろう価格または負債を移転するため                       われている市場における価格を用い
                  に支払うであろう価格である。                       る。
                                         一部の非上場デリバティブを除き、
                  公正価値で測定する資産または負債にビッド価                       市場価格に基づく価額として仲値を
                  格(買呼値)とアスク価格(売呼値)がある場                       使用することが一般的である。
                  合には、公正価値を測定するために、ビッド・
                  アスク・スプレッドの範囲内でその状況におけ
                  る公正価値を最もよく表す価格を用いなければ
                  ならない。仲値による価格付けなど、市場参加
                  者がビッド・アスク・スプレッドの範囲内で公
                  正価値測定の実務上の便法として用いている価
                  格付けの慣行の使用が認められている。
                  3つのレベルのヒエラルキーにより、金融資産

                  または金融負債は、「レベル1」「レベル2」
                  または「レベル3」のいずれかのインプットを
                  有するものとして区分される。
                  ・レベル1のインプット:レベル1のインプッ
                  トは、測定日における企業がアクセスできる同
                  一の資産または負債に関する活発な市場におけ
                  る相場価格(無調整)である。
                  ・レベル2のインプット:レベル2のインプッ
                  トは、レベル1に含まれる相場価格以外のイン
                  プットのうち、金融資産または金融負債につい
                  て直接(たとえば、価格として)または間接に
                  (たとえば、価格から得られるものとして)観
                  察可能なものである。
                  ・レベル3のインプット:金融資産または金融
                  負債に関して観察可能な市場データに基づかな
                  いインプット(観察不能なインプット)。
                                  97/106



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     (22)   公正価値オプション           <金融資産>                       該当する基準はない。
                  ・企業は、当初認識時に、当該指定をしないと
                  すればFVPLに分類されることとなる資本性金融
                  商品に対する特定の投資について、事後の公正
                  価値の変動をその他の包括利益に表示するとい
                  う取消不能の選択を行うことができる(この場
                  合においても、当該投資からの配当は原則とし
                  て純損益に認識しなければならない。)。
                  ・他の規定にかかわらず、企業は、当該指定を
                  しない場合に資産または負債の測定またはそれ
                  らに係る利得および損失の認識を異なる基礎で
                  行うことから生じるであろう測定または認識の
                  不整合(「会計上のミスマッチ」と呼ばれるこ
                  とがある。)をその指定が除去または大幅に軽
                  減する場合、当初認識時に、金融資産をFVPLと
                  して取消不能の指定をすることができる。
                  <金融負債>

                  企業は、指定により次のいずれかの理由で情報
                  の目的適合性が高まる場合には、当初認識時に
                  金融負債をFVPLとして取消不能の指定をするこ
                  とができる。
                  ・その指定により会計上のミスマッチが除去ま
                  たは大幅に軽減される場合
                  ・金融負債のグループまたは金融資産と金融負
                  債のグループが公正価値ベースで管理され業績
                  評価され、当該グループに関する情報が企業の
                  経営幹部に対してそのベースで提供されている
                  場合
                  上記の規定にしたがってFVPLとして指定した金

                  融負債の公正価値の変動のうち当該負債の信用
                  リスクの変動に起因する金額は、その他の包括
                  利益に表示しなければならない(ただし、当該
                  処理により、純損益における会計上のミスマッ
                  チが創出または拡大される場合を除く。)。公
                  正価値の変動の残りの金額は、純損益に表示し
                  なければならない。
     (23)   償却原価法と実効金           金融資産または金融負債の償却原価の計算には                       償却原価法は原則として利息法によ
                  実効金利法が適用される。                       るが、継続適用を条件として、簡便
     利法
                                         法として定額法を採用することも認
                  実効金利には、実効金利の不可分の一部である                       められる。
                  契約当事者間で授受されるすべての手数料およ
                  びポイント、取引費用、ならびにその他のプレ                       満期保有目的の有価証券は、金利調
                  ミアムおよびディスカウントおよび既に発生し                       整差額のみを対象とする償却原価法
                  ている信用損失等を考慮する。                       を適用する。
                                  98/106






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     (24)   減損(金銭債権およ          AASB第9号の減損要件は「予想信用損失                       債権の貸倒れと有価証券の減損に分
                  (ECL)」モデルに基づいている。「予想信用                       けて検討する。
     び有価証券)
                  損失」アプローチは、償却原価およびFVOCIで
                  測定される負債性金融商品に適用されるが、資                       [債権]
                  本性金融商品には適用されない。                       債務者の財政状態および経営成績等
                                         に応じて、「一般債権」、「貸倒懸
                  一定の例外を除き、各報告日において、ある金                       念債権」および「破産更生債権等」
                  融商品に係る信用リスクが当初認識以降に著し                       の3つに債権を区分し、それぞれに
                  く増大していない場合には、企業は 残存期間                       ついて定められた処理を行う。
                  にわたるECLのうち向こう12か月以内に発生す
                  る可能性のある債務不履行事象に関連する部分                       [時価のある有価証券(債券)]
                  を予想信用損失として認識する。                       時価が著しく下落したときは、回復
                                         する見込みがあると認められる場合
                  各報告日において、ある金融商品に係る信用リ                       を除き、当該時価をもって貸借対照
                  スクが当初認識以降に著しく増大している場合                       表価額とし、評価差額は当期の損失
                  には、企業は当該金融商品に係る損失評価引当                       として処理する。
                  金を全期間のECLに等しい金額で測定しなけれ
                  ばならない。                       有価証券の時価が取得原価に比べて
                                         50%程度以上下落した場合には、著
                                         しく下落したときに該当する。有価
                                         証券の時価の下落率が概ね30%未満
                                         の下落は、一般的には著しい下落に
                                         該当しないものと考えられる。
                                         [時価を把握することが極めて困難

                                         と認められる債券]
                                         債権の減損に準じて処理
     (25)   金融商品減損の戻入           以前に認識された金融資産の減損損失の戻入れ                       満期保有目的の有価証券、子会社株
                  は認められている。                       式および関連会社株式ならびにその
     れ
                                         他有価証券について減損の戻入れは
                  また、その後の期間に信用状況が改善し、以前                       行われない。
                  に評価された取引日以降の信用リスクの著しい
                  悪化が逆方向に転じた場合は、残存期間にわた                       貸倒引当金の取崩額は、原則として
                  るECLに等しい金額の貸倒引当金から12か月の                       営業費用または営業外費用から控除
                  ECLに等しい金額の貸倒引当金へと戻入れが行                       するか営業外収益として当該期間に
                  われる。                       認識する。
     (26)   外貨建FVOCI資産/          AASB第9号において、FVOCIで測定する負債性                       外貨建その他有価証券について、原
                  金融商品については為替差額の全額が純損益に                       則として帳簿価額の変動のすべてが
     その他有価証券の為替差
                  おいて認識される。FVOCIで測定することを選                       純資産の部に計上されるが、為替要
     額の会計処理
                  択した資本性金融商品については当該資本性金                       因に基づく変動を区分し、純損益に
                  融商品の為替差損益がOCIにおいて認識され                       計上することもできる。
                  る。
                                  99/106







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     (27)   金融負債の測定           純損益を通じて公正価値で測定される金融負債                       債務額をもって貸借対照表価額とす
                  等を除き償却原価で測定しなければならない。                       る。ただし、収入に基づく金額と債
                                         務額とが異なる場合には、償却原価
                  公正価値で測定される金融負債については、当                       法で測定しなければならない。
                  該負債の信用リスクに起因する公正価値の変動
                  の金額をその他の包括利益において認識し、計
                  上しなければならない。
                  当該負債の公正価値の変動の残りの金額は、純

                  損益に計上しなければならない。
                  当該負債の信用リスクの変動の影響の当該処理

                  が、純損益における会計上のミスマッチを創出
                  または拡大することとなる場合には、企業は、
                  当該負債に係るすべての利得または損失(当該
                  負債の信用リスクの変動の影響を含む)を純損
                  益に計上しなければならない。
     (28)   金融負債と資本の区           AASB第132号にて、金融負債と資本の区分に関                       金融負債と資本の区分に関する包括
                  する包括的な規定が設けられており、金融商品                       的な規定は存在しない。
     分
                  の契約の実質ならびに金融負債(資産)、資本
                  の定義に基づき区分しなければならない。
     (29)   組込デリバティブの           混合契約がAASB第9号の適用範囲内の資産では                       次のすべての要件を満たした場合、
                  ない主契約を含んでいる場合、組込デリバティ                       区分処理が必要となる。
     会計処理
                  ブは、以下のすべてに該当するときに、かつそ                       ・  組込デリバティブのリスクが現物
                  のときにのみ、主契約から分離してデリバティ                       の金融資産または金融負債に及ぶ可
                  ブとして会計処理しなければならない。                       能性があること
                  ・  組込デリバティブの経済的特徴およびリス                      ・  同一条件の独立したデリバティブ
                  クが、主契約の経済的特徴およびリスクと密接                       が、デリバティブの特徴を満たすこ
                  に関連していないこと。                       と
                  ・  組込デリバティブと同一条件の独立の金融                      ・  時価の変動による評価差額が当期
                  商品ならば、デリバティブの定義に該当するこ                       の損益に反映されないこと
                  と。                       また、管理上組込デリバティブが区
                  ・  混合契約がFVPLに分類されていないこと                      分され、一定要件を満たす場合、区
                  (すなわち、FVPLに分類される金融負債に組み                       分処理を行うことができる。
                  込まれているデリバティブは分離されない。)
                  混合契約がAASB第9号の適用範囲内の資産であ

                  る主契約を含んでいる場合には、金融資産の分
                  類に関する規定((20)参照)を混合契約の全体
                  に適用しなければならない(区分処理が禁止さ
                  れる。)。
     (30)   ヘッジ会計の手法           次の3種類のヘッジ関係が認められている。                       原則として、ヘッジ手段に係る損益
                  ・  公正価値ヘッジ:ヘッジ対象に関連する特                      または評価差額を、税効果を考慮の
                  定のリスクに係る公正価値の変動およびヘッジ                       うえ、純資産の部において繰り延べ
                  手段の公正価値の変動はともに純損益として認                       る。
                  識する。                       ただし、ヘッジ対象に係る相場変動
                  ・  キャッシュ・フロー・ヘッジ:ヘッジ手段                      等を損益に反映させる時価ヘッジも
                  の公正価値変動のうち、有効部分をその他包括                       認められる。
                  利益として認識する。
                  ・  在外営業活動体に対する純投資のヘッジ
     (31)   ヘッジ非有効部分の           ヘッジ手段に係る利得または損失のうち非有効                       ヘッジ全体が有効と判定され、ヘッ
                  部分は、損益として認識しなければならない                       ジ会計の要件が満たされている場合
     処理
                  (特に、キャッシュ・フロー・ヘッジの場合に                       には、ヘッジ手段に生じた損益のう
                  問題となる。)。                       ち結果的に非有効となった部分につ
                                         いても繰延処理することができる。
                                         非有効部分を合理的に特定し区分で
                                         きる場合には、当期の損益に計上す
                                         ることができる。
                                100/106


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     (32)   金利スワップの特例           該当する基準はなく、金利スワップに係る特例                       一定の条件を満たす場合には、金利
                  処理は認められない。                       スワップを時価評価せず、金利ス
     処理
                                         ワップに係る利息を直接、金融資
                                         産・負債に係る利息に加減して処理
                                         することが認められる。
     (33)   未払有給休暇           累積的性格を有するものについて、計上するこ                       該当する基準はない。
                  とが求められる。
     (34)   関連会社に対する投           関連会社とは、グループが重要な影響力を有し                       非連結子会社および関連会社に対す
                  ている企業をいう。重要な影響力とは、投資先                       る投資は、原則として持分法で会計
     資
                  の財務および営業の方針決定に参加するパワー                       処理される。
                  であるが、当該方針に対する支配または共同支
                  配ではないものをいう。グループの関連会社に
                  対する投資は持分法で会計処理される。
     (35)非継続事業             非継続事業とは、すでに処分されたかまたは売                       該当する基準はない。
                  却目的保有に分類されたグループの構成単位
                  で、独立の主要な事業分野もしくは営業地域を
                  表すか、または独立の主要な事業分野もしくは
                  営業地域を処分する統一された計画の一部であ
                  るものをいう。非継続事業の業績は包括利益計
                  算書(または損益計算書)において継続事業と
                  は区分して表示しなければならない。
     (注1)    各計算書の名称については他のものを使用することも可

     (注2)    会計方針を遡及適用した場合、財務諸表の修正再表示を行った場合、または財務諸表の組替えを行った場合には、上
         記財務諸表に加えて、比較のため、開示される最も古い比較年度の期首財政状態計算書の作成も求められる。
     (注3)    純損益及びその他の包括利益計算書(1計算書方式)をいう。
     (注4)    1計算書方式と2計算書方式のいずれでも可
     (注5)    会計方針を遡及適用した場合、財務諸表の修正再表示を行った場合、または財務諸表の組替えを行った場合でも、開
         示される最も古い比較年度の期首貸借対照表の追加作成は不要
     (注6)    1計算書方式の様式については連結財務諸表規則ガイドラインの別紙を参照
     (注7)    1計算書方式と2計算書方式のいずれでも可
                                101/106










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第7    【外国為替相場の推移】

      本項目の記述は、最近6ヶ月間の日本円と豪ドルの為替レートが日本において2紙以上の日刊紙に記載されてい

     るため省略する。
                                102/106


















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第8    【提出会社の参考情報】

      平成29年10月1日から本書提出日までの間に、下記の書類を提出した。

                       報告書名                           提出年月日

     (1)   有価証券報告書および添付書類

                                                平成30年1月5日
       (平成28年10月1日から平成29年9月30日までの事業年度)
     (2)   訂正発行登録書(募集)                                          平成30年1月5日

     (3)   訂正発行登録書(売出し)                                          平成30年1月5日

     (4)   訂正発行登録書(募集)                                          平成30年1月5日

     (5)   有価証券報告書の訂正報告書

                                                平成30年2月26日
       (平成28年10月1日から平成29年9月30日までの事業年度)
     (6)   訂正発行登録書(募集)                                          平成30年2月26日

     (7)   訂正発行登録書(売出し)                                          平成30年2月26日

     (8)   発行登録書追補書類(売出し)                                          平成30年3月7日

                                103/106













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                              半期報告書
     第二部      【提出会社の保証会社等の情報】

     第1    【保証会社情報】

     1 保証の対象となっている社債

       該当なし。
     2 継続開示会社たる保証会社に関する事項

       該当なし。
     3 継続開示会社に該当しない保証会社に関する事項

       該当なし。