株式会社エイチ・アイ・エス 四半期報告書 第38期第2四半期(平成30年2月1日-平成30年4月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第38期第2四半期(平成30年2月1日-平成30年4月30日)

提出日:

提出者:株式会社エイチ・アイ・エス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年6月4日
      【四半期会計期間】                    第38期第2四半期(自 平成30年2月1日 至 平成30年4月30日)
      【会社名】                    株式会社エイチ・アイ・エス
      【英訳名】                    H.I.S.    Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長兼社長 社長執行役員 
                         グループ最高経営責任者 澤田 秀雄
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目8番1号
      【電話番号】                    03(6388)0707
      【事務連絡者氏名】                    取締役 上席執行役員 最高財務責任者 中谷 茂
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目8番1号(住友不動産新宿オークタワー)
      【電話番号】                    03(6388)0707
      【事務連絡者氏名】                    取締役 上席執行役員 最高財務責任者 中谷 茂
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/23












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第37期           第38期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第37期
                              累計期間           累計期間
                             自平成28年           自平成29年           自平成28年

                               11月1日           11月1日           11月1日
              会計期間
                             至平成29年           至平成30年           至平成29年
                               4月30日           4月30日           10月31日
                     (百万円)             271,825           341,247           606,024
     売上高
                     (百万円)             10,531            7,814           19,647
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              5,172           3,555           13,259
     (当期)純利益
                     (百万円)             10,834            4,414           20,386
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             105,499           108,741           111,247
     純資産額
                     (百万円)             388,018           464,608           422,809
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             84.14           61.92           219.52
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)             78.47           53.46           204.60
     期(当期)純利益金額
                      (%)             22.6           17.7           20.3
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             19,740           12,231           32,369
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)            △ 10,351          △ 25,895          △ 26,209
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             26,117           22,147           29,769
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             167,645           176,937           168,659
     (期末)残高
                               第37期           第38期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                             自平成29年           自平成30年

                               2月1日           2月1日
              会計期間
                             至平成29年           至平成30年
                               4月30日           4月30日
                                   19.11           39.35

     1株当たり四半期純利益金額                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.当社は信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)を導入しており、エイチ・アイ・エス従業員
           持株会専用信託が所有する当社株式については、四半期連結財務諸表において自己株式として計上しており
           ます。そのため、1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利
           益金額の算定にあたっては、当該株式数を自己株式に含めて「普通株式の期中平均株式数」を算定しており
           ます。
         4.第38期第2四半期連結累計期間の自己資本比率は17.7%となっておりますが、これは社債、転換社債型新株
           予約権付社債、借入金により、資金調達したことによります。当該影響を考慮した場合の自己資本比率は、
           第37期第2四半期連結累計期間37.6%、第38期第2四半期連結累計期間31.2%、第37期34.1%であります。
                                  2/23


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
         5.前第1四半期連結会計期間において行われた企業結合に係る暫定的な会計処理が前連結会計年度末に確定し

           ており、前第2四半期連結累計期間及び前第2四半期連結会計期間の関連する主要な経営指標等について
           は、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額によってお
           ります。
      2【事業の内容】

        前第3四半期連結会計期間において、当社はASIA                        ATLANTIC     AIRLINES     CO.,LTD.の株式を一部売却し、同社は連結
       子会社から持分法適用関連会社となりました。これに伴い、第1四半期連結会計期間より「運輸事業」セグメント
       を廃止しております。詳細は、「第4                  経理の状況      1  四半期連結財務諸表          注記事項(セグメント情報)」に記
       載のとおりであります。
                                  3/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第2四半期連結累計期間における経営環境は、国際情勢においては経済の不確実性や地政学的リスクが伴っ
        たものの、国内においては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあり、緩やかに回復いたし
        ました。
         このような環境の中、当社グループは、拡大している事業領域へ対応すべく体制の再編を行うとともに、働き
        方改革を推進し、「自然の摂理にのっとり、人類の創造的発展と世界平和に寄与する」という企業理念のもと、
        旅行のみならず様々な事業を通じて、常に変化・発展し続ける企業として、世界の平和に貢献できる新しいビジ
        ネスモデルの構築を目指してまいりました。
         セグメント別の業績は次のとおりであります。また、各セグメントの金額は、セグメント間取引を相殺消去す
        る前の金額であります。
        (旅行事業)

          当第2四半期連結累計期間における旅行市場は、日本人出国者数は、主要な観光地の治安の落ち着きなどに
         加え、昨年に引き続き欧州方面が回復傾向となり、前年同期比3.3%増の899万人と順調に推移しました。訪日
         外客数においては、引き続き訪日需要の高まりにより、前年同期比18.2%増の1,541万人と過去最高を記録する
         など好調に推移しました。(出典:日本政府観光局(JNTO))
          日本における旅行事業につきましては、アジア各国における旧正月の訪日客増加の影響により、日本発着の
         航空座席がひっ迫したことや、減便等により渡航者が減少したグアムの弱含みがあったものの、回復基調の欧
         州に加え、主要デスティネーションであるバリ島・沖縄のキャンペーンが奏功し、順調に推移いたしました。
         また、国内航空券比較サイトのリニューアルや、店舗においてVRを活用した新たなサービスを開始するなど、
         顧客満足度の向上に努めました。
          海外における旅行事業では、北米における旅行事業の一層の強化・事業拡大を見据え、カナダを代表するツ
         アーオペレーターJONVIEW            CANADA    INC.を子会社化いたしました。前期に子会社化したMerit                           Holdings     Inc.及
         びGROUP    MIKI   HOLDINGS     LIMITEDと合わせ、海外事業の拡大に大きく寄与しております。各国の現地法人では、
         東南アジアを中心に日本行きのチャーター便展開を積極的に実施しました。受入業務においてはツアーデスク
         の多言語化を進めるなど、マーケットの拡大に注力いたしました。
          訪日旅行事業につきましては、アジア各国の旧正月による集客の増加に加え、東南アジア及び欧米諸国を中
         心に、人気の高い花見シーズンに合わせた商材の強化が奏功し、好調に推移いたしました。
          また、当社グループの営業拠点数は引き続き新規出店と統廃合を実施した結果、国内281拠点、海外70カ国
         158都市274拠点となりました。(平成30年4月末日時点)
                                  4/23






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は3,036億88百万円(前年同期比127.1%)、営業利
         益は41億89百万円(同115.9%)となりました。
        (ハウステンボスグループ)

          ハウステンボスでは、開業25周年にともない、ハウステンボスならではのオンリーワン・ナンバーワンのコ
         ンテンツ展開に注力し、お客様満足度と体験価値の向上に努めました。
          国内唯一となる「花の世界大会&ガーデニングショー」や、新たに日本最大110mの3Dプロジェクションマッ
         ピングを加えた世界最大級1,300万球の「光の王国」、国内最多200品種の胡蝶蘭をご鑑賞いただける「大胡蝶
         蘭展」を開催するなど、ハウステンボスでしかできない体験を提供いたしました。また、この時期では初開催
         となる大型花火イベントや、8億円相当の純金の世界をご堪能いただける「黄金の館」のオープン、春休みに
         合わせた新施設「天空レールコースター」のオープンなど、新たな展開も実施いたしました。
          上記取り組みにより、入場者数は、多客期である週末の天候不順や連休減少の影響を受けた第1四半期累計
         期間の前年同期比92.4%からやや回復し、当第2四半期連結累計期間では同94.4%の1,396千人となりました。
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は208億23百万円(前年同期比122.5%)、営業利益
         は、ラグーナテンボスの年末年始及び春休みの入場者数減少と、電力小売り事業を営むHTBエナジー株式会
         社における燃料コストの増加により、36億20百万円(同96.0%)となりました。
        (ホテル事業)

          旅行事業・ハウステンボスグループに続く第3の柱として強化を図っておりますホテル事業につきまして
         は、引き続き世界一の生産性を目指す「変なホテル」の展開を中心に進めており、2月に「変なホテル東京                                                  銀
         座」を開業いたしました。開業から1年が経過した「変なホテル舞浜                                東京ベイ」では、レジャーシーズンの集
         客が順調に推移しております。今後も、東京都内に3軒、西日本に5軒の「変なホテル」開業を予定し展開を
         加速してまいります。
          以上の結果、前第3四半期連結会計期間より連結範囲に含めたGreen                                World   Hotels    Co.,   Ltd.(台湾)の業
         績も寄与し、当第2四半期連結累計期間における売上高は62億40百万円(前年同期比172.4%)、営業利益は7
         億13百万円(同144.4%)、EBITDAベースでは13億86百万円(同153.9%)となりました。なお、当セグメント
         に含まれておりました株式会社ウォーターマークホテル・ジャパンが所有する不動産(ウォーターマークホテ
         ル札幌)を3月に売却いたしました。
        (九州産交グループ)

          九州産交グループでは、2月の降雪での高速道路通行止めにより、貸切バスやバス旅行、サービスエリアの
         売上の減少がみられた結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は108億45百万円(前年同期比
         97.0%)、営業利益は3億49百万円(同143.1%)となりました。また、桜町再開発事業につきましては、工事
         は順調に進捗しております。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間における連結業績は、売上高は過去最高の3,412億47百万円(前年同期

        比125.5%)、営業利益は76億23百万円(同122.1%)となりました。また、経常利益は為替差損13億8百万円
        (前年同期は為替差益27億41百万円)を計上し78億14百万円(同74.2%)、親会社株主に帰属する四半期純利益
        は、35億55百万円(同68.7%)となりました。
                                  5/23







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (2)キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、1,769億37百万
        円となり、前連結会計年度末に比べ82億78百万円増加しました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は以下のとおりです。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動により資金は122億31百万円の増加(前第2四半期連結累計期間は197億40百万円の増加)となりま
         した。これは主に、税金等調整前四半期純利益(87億13百万円)、旅行前受金の増加(61億61百万円)、及び
         非資金項目である減価償却費(40億11百万円)により増加し、一方で法人税等の支払(48億80百万円)により
         資金が減少したことによるものです。
          また、前第2四半期連結累計期間の増加は主に、税金等調整前四半期純利益(98億94百万円)、旅行前受金
         の増加(51億6百万円)、及び非資金項目である減価償却費(33億59百万円)によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動により資金は258億95百万円の減少(前第2四半期連結累計期間は103億51百万円の減少)となりま
         した。これは主に、有形及び無形固定資産の取得による支出(190億57百万円)、投資有価証券の取得による支
         出(33億3百万円)、及び連結範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出(32億98百万円)により資金が
         減少したことによるものです。
          また、前第2四半期連結累計期間の減少は主に、有形及び無形固定資産の取得による支出(79億17百万
         円)、連結範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出(28億17百万円)により資金が減少したことによる
         ものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動により資金は221億47百万円の増加(前第2四半期連結累計期間は261億17百万円の増加)となりま
         した。これは主に、新株予約権付社債の発行による収入(251億円(注))、長・短借入れによる収入(79億91
         百万円)により資金が増加し、一方で自己株式の取得による支出(50億円)、長・短借入金の返済による支出
         (35億46百万円)、及び配当金の支払(17億7百万円)により資金が減少したことによるものです。
          また、前第2四半期連結累計期間の増加は主に、長・短借入れによる収入(383億83百万円)、社債の発行に
         よる収入(199億9百万円(注))により資金が増加し、一方で長・短借入金の返済による支出(305億65百万
         円)、配当金の支払(13億61百万円)により資金が減少したことによるものです。
          以上の結果、当第2四半期連結会計期間末における資金の残高は、前連結会計年度末に比べ82億78百万円増

         加した1,769億37百万円となりました。
         (注)発行収入から発行関連費用を差し引いた金額であります。

       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         該当事項はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  6/23







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                        88,551,450

                  計                              88,551,450

        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末              提出日現在発行数            上場金融商品取引所名
        種類        現在発行数(株)                (株)         又は登録認可金融商品              内容
               (平成30年4月30日)             (平成30年6月4日)               取引業協会名
                                         東京証券取引所
     普通株式             68,522,936              68,522,936                    (注)
                                         市場第一部
         計          68,522,936              68,522,936              -          -

      (注)権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であり、単元株式数は100株であります。
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)       (百万円)
                 (株)       (株)                      (百万円)        (百万円)
      平成30年2月1日~
                                         11,000
                  -      68,522,936            -               -      3,661
      平成30年4月30日
                                  7/23









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成30年4月30日現在
                                                       発行済株式
                                                       総数に対す
                                                所有株式数
                                                       る所有株式
              氏名又は名称                       住所
                                                (千株)
                                                       数の割合
                                                        (%)
     澤田   秀雄                                          19,138       27.93
                             東京都渋谷区
                             東京都新宿区西新宿六丁目8-1                     10,949       15.98
     株式会社エイチ・アイ・エス
                             東京都中央区晴海一丁目8-11                     5,211       7.60
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                             東京都渋谷区松涛一丁目7-26                     3,458       5.05
     有限会社秀インター
                             RUE  MONTOYERSTRAAT        46,  1000
     ザ  バンク    オブ   ニューヨーク
                             BRUSSELS,     BELGIUM                2,243       3.27
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決済営業部)
                             (東京都港区港南二丁目15-1)
                             東京都港区浜松町二丁目11-3                     1,902       2.78
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
     ステート     ストリート      バンク    アンド    トラスト     カ
                             P.O.   BOX  351  BOSTON    MASSACHUSETTS
     ンパニー
                             02101   U.S.A.
     (常任代理人       香港上海銀行東京支店           カストディ                            1,483       2.17
                             (東京都中央区日本橋三丁目11-1)
     業務部)
                             (東京都港区港南二丁目15-1)
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決済営業部)
     GOVERNMENT      OF  NORWAY                 BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1 OSLO
                             0107   NO
                                                   1,439       2.10
     (常任代理人       シティバンク、エヌ・エイ東京支
                             (東京都新宿区新宿六丁目27-30)
     店)
                             東京都千代田区平河町二丁目7-9                     1,334       1.95
     全国共済農業協同組合連合会
                             25  BANK   STREET,    CANARY     WHARF,
     ジェーピー      モルガン     チェース     バンク
                             LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM         1,227       1.79
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決済営業部)
                             (東京都港区港南二丁目15-1)
                                      -             48,388       70.62
                計
      (注)上記信託銀行の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は以下のとおりであります。
         日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社  5,211千株
         日本マスタートラスト信託銀行株式会社    1,902
                                  8/23









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年4月30日現在
             区分              株式数(株)            議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                        -                -        -

      議決権制限株式(自己株式等)                        -                -        -

      議決権制限株式(その他)                        -                -        -

                         普通株式     10,949,300

      完全議決権株式(自己株式等)                                        -        -
                         普通株式     57,530,800

      完全議決権株式(その他)                                      575,308           -
                         普通株式         42,836

      単元未満株式                                        -        -
      発行済株式総数                        68,522,936                    -        -

                              -
      総株主の議決権                                      575,308           -
      (注)「完全議決権株式(その他)」及び「単元未満株式」の欄には、証券保管振替機構名義の失念株式が1,800株及
         び40株含まれております。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の失念株式の完全議決権株式に係る議決権
         の数が18個含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年4月30日現在
                                                    発行済株式総数

       所有者の氏名                    自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
                                                    に対する所有株
                 所有者の住所
                                                      式数の割合
        又は名称                   株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
                                                       (%)
     株式会社エイチ・ア          東京都新宿区西新宿
                            10,949,300             -     10,949,300          15.98
     イ・エス          六丁目8-1
         計          -         10,949,300             -     10,949,300          15.98
      (注)上記のほか、信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)の信託財産として、エイチ・アイ・エス従
         業員持株会専用信託が保有している当社株式327,400株を、四半期連結財務諸表において自己株式として表示し
         ております。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期報告書提出日までの役員の異動は、次のとおりであります。
       役職の異動
           新役名及び職名                   旧役名及び職名                氏名        異動年月日
     取締役常務執行役員
                        取締役   常務執行役員
     経営企画本部、海外事業戦略本部、海
                        H.I.S.JAPANヴァイスプレジデント兼                    織田 正幸        平成30年2月1日
     外システム開発本部担当、
                        国内旅行本部長
     関係会社管理本部長
     取締役上席執行役員                   取締役上席執行役員
     H.I.S.JAPANヴァイスプレジデント                兼   H.I.S.JAPANヴァイスプレジデント兼                    山野邉 淳        平成30年3月1日
     H.I.S.JAPAN法人団体旅行営業本部長                   関西営業本部長
                                  9/23





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年2月1日から平
       成30年4月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年11月1日から平成30年4月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 10/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年10月31日)              (平成30年4月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         193,039              201,387
         現金及び預金
                                         34,801              36,340
         受取手形及び売掛金
                                          6,194              5,351
         営業未収入金
                                           39              41
         有価証券
                                         28,062              31,820
         旅行前払金
                                          2,909              2,881
         前払費用
                                          2,328              2,421
         繰延税金資産
                                          5,634              5,993
         短期貸付金
                                           373              353
         関係会社短期貸付金
                                          2,381              1,725
         未収入金
                                          7,954              14,448
         その他
                                          △ 234             △ 313
         貸倒引当金
                                         283,485              302,452
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                               22,015              22,208
          工具、器具及び備品(純額)                                5,442              6,324
          船舶(純額)                                 62              54
                                         28,744              31,157
          土地
          リース資産(純額)                                2,701              3,063
                                         18,086              29,430
          建設仮勘定
                                          5,949              5,974
          その他(純額)
                                         83,001              98,213
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          6,237              8,967
          のれん
                                         11,428              11,316
          その他
                                         17,666              20,284
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         10,957              13,230
          投資有価証券
                                          1,681              1,783
          関係会社株式
                                           632              632
          関係会社出資金
                                          1,371              1,109
          長期貸付金
                                           128             1,150
          関係会社長期貸付金
                                           622              572
          退職給付に係る資産
                                          4,362              3,988
          繰延税金資産
                                          7,643              8,303
          差入保証金
          その他                               11,210              12,784
                                          △ 181             △ 183
          貸倒引当金
                                         38,427              43,370
          投資その他の資産合計
         固定資産合計                                139,095              161,868
       繰延資産                                    227              286
                                         422,809              464,608
       資産合計
                                 11/23





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年10月31日)              (平成30年4月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         23,590              32,900
         営業未払金
                                          7,474              13,116
         短期借入金
                                          1,847               855
         1年内返済予定の長期借入金
                                          3,199              3,327
         未払金
                                         10,049               3,285
         未払費用
                                          3,929              3,441
         未払法人税等
                                           724              745
         未払消費税等
                                         58,437              64,985
         旅行前受金
                                           864              986
         リース債務
                                          4,077              3,800
         賞与引当金
                                           162               81
         役員賞与引当金
                                         17,509              24,046
         その他
                                         131,866              151,573
         流動負債合計
       固定負債
                                         40,000              40,000
         社債
                                         20,073              45,170
         転換社債型新株予約権付社債
                                         101,603              101,368
         長期借入金
                                          4,786              4,820
         繰延税金負債
                                          7,588              6,849
         退職給付に係る負債
                                           861              302
         役員退職慰労引当金
                                           159               62
         修繕引当金
                                          2,211              2,415
         リース債務
                                          2,410              3,303
         その他
                                         179,694              204,293
         固定負債合計
                                         311,561              355,866
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         11,000              11,000
         資本金
                                          3,581              3,599
         資本剰余金
                                         92,731              94,572
         利益剰余金
                                        △ 23,875             △ 28,750
         自己株式
                                         83,437              80,421
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           283              435
         その他有価証券評価差額金
                                           265              △ 53
         繰延ヘッジ損益
                                          1,716              1,640
         為替換算調整勘定
                                           70              10
         退職給付に係る調整累計額
                                          2,336              2,033
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    252              340
                                         25,221              25,946
       非支配株主持分
                                         111,247              108,741
       純資産合計
      負債純資産合計                                   422,809              464,608
                                 12/23





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年11月1日              (自 平成29年11月1日
                                至 平成29年4月30日)               至 平成30年4月30日)
      売上高                                   271,825              341,247
                                        219,284              277,809
      売上原価
                                         52,541              63,438
      売上総利益
                                        ※ 46,298              ※ 55,814
      販売費及び一般管理費
                                         6,242              7,623
      営業利益
      営業外収益
                                           867              794
       受取利息
                                         2,741                -
       為替差益
                                           99               0
       持分法による投資利益
                                         1,069              1,382
       その他
                                         4,777              2,177
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                   202              276
                                           -             1,308
       為替差損
                                           285              401
       その他
                                           487             1,986
       営業外費用合計
                                         10,531               7,814
      経常利益
      特別利益
                                           -             2,632
       固定資産売却益
                                           -              284
       退職給付制度改定益
                                           -             2,916
       特別利益合計
      特別損失
                                           637               -
       固定資産売却損
                                           -              330
       投資有価証券評価損
                                           -             1,687
       関係会社債権放棄損
                                           637             2,018
       特別損失合計
                                         9,894              8,713
      税金等調整前四半期純利益
                                         3,366              4,035
      法人税等
                                         6,527              4,677
      四半期純利益
                                         1,354              1,122
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         5,172              3,555
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 13/23








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年11月1日              (自 平成29年11月1日
                                至 平成29年4月30日)               至 平成30年4月30日)
                                         6,527              4,677
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           217              152
       その他有価証券評価差額金
                                           594             △ 318
       繰延ヘッジ損益
                                         2,940               △ 28
       為替換算調整勘定
                                           167              △ 73
       退職給付に係る調整額
                                           388               ▶
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         4,307              △ 263
       その他の包括利益合計
                                         10,834               4,414
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         9,491              3,252
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         1,343              1,162
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/23















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年11月1日              (自 平成29年11月1日
                                至 平成29年4月30日)               至 平成30年4月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         9,894              8,713
       税金等調整前四半期純利益
                                         3,359              4,011
       減価償却費
                                           158              435
       のれん償却額
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   287             △ 290
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 24             △ 80
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   435              △ 6
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    25             △ 569
       修繕引当金の増減額(△は減少)                                  △ 348             △ 108
                                         △ 868             △ 843
       受取利息及び受取配当金
       持分法による投資損益(△は益)                                   △ 99              △ 0
       為替差損益(△は益)                                 △ 2,148              1,568
       支払利息                                   202              276
       有形固定資産売却損益(△は益)                                   637            △ 2,632
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -              330
       退職給付制度改定益                                    -             △ 284
                                           -             1,687
       関係会社債権放棄損
       その他の損益(△は益)                                  △ 258               59
       売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 409              642
       旅行前払金の増減額(△は増加)                                 △ 4,137             △ 4,674
       その他の資産の増減額(△は増加)                                  1,110             △ 4,430
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  3,257              8,060
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                    76              81
       未払費用の増減額(△は減少)                                   △ 90            △ 7,063
       旅行前受金の増減額(△は減少)                                  5,106              6,161
                                         3,594              5,408
       その他の負債の増減額(△は減少)
                                         19,759              16,454
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  1,031               934
                                         △ 187             △ 277
       利息の支払額
                                         △ 862            △ 4,880
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         19,740              12,231
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 31,174             △ 20,389
       定期預金の預入による支出
                                         32,555              18,964
       定期預金の払戻による収入
                                         3,000                -
       有価証券の償還による収入
                                        △ 7,917             △ 19,057
       有形及び無形固定資産の取得による支出
                                           464             3,578
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 496            △ 3,303
       投資有価証券の取得による支出
                                           -              736
       投資有価証券の売却による収入
                                        △ 2,159              △ 117
       関係会社株式の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                        △ 2,817             △ 3,298
       支出
                                        △ 1,781             △ 2,539
       貸付けによる支出
                                         1,841              1,281
       貸付金の回収による収入
                                         △ 327            △ 1,001
       差入保証金の差入による支出
                                           166              323
       差入保証金の回収による収入
                                        △ 1,704             △ 1,071
       その他
                                        △ 10,351             △ 25,895
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 15/23




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年11月1日              (自 平成29年11月1日
                                至 平成29年4月30日)               至 平成30年4月30日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         25,383               7,841
       短期借入れによる収入
                                        △ 29,930              △ 2,169
       短期借入金の返済による支出
                                         13,000                150
       長期借入れによる収入
                                         △ 635            △ 1,376
       長期借入金の返済による支出
                                           -            △ 5,000
       自己株式の取得による支出
                                        △ 1,361             △ 1,707
       配当金の支払額
                                         19,909                -
       社債の発行による収入
                                           -            25,100
       新株予約権付社債の発行による収入
                                          △ 11             △ 462
       非支配株主への配当金の支払額
                                           -              14
       非支配株主からの払込みによる収入
                                         △ 235             △ 242
       その他
                                         26,117              22,147
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,295              △ 215
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   37,802               8,267
                                        129,842              168,659
      現金及び現金同等物の期首残高
      連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の増減
                                           -              10
      額(△は減少)
                                        ※ 167,645              ※ 176,937
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/23













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (連結の範囲の重要な変更)
           第1四半期連結会計期間より、JONVIEW                   CANADA    INC.を連結の範囲に含めております。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
           税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税金等調整前当期純利益に対する税
          効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税金等調整前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算し
          ております。
        (追加情報)

         (退職給付制度の移行)
           当社は平成30年4月1日に退職一時金制度の一部を確定拠出年金制度へ移行したことにより、「退職給付制
          度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第1号                              平成28年12月16日)及び「退職給付制度間
          の移行等の会計処理に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第2号                                平成19年2月7日)を適用し、確定拠
          出年金制度への移行部分について退職給付制度の一部終了の処理を行っております。
           これに伴い、当第2四半期連結累計期間において「退職給付制度改定益」として、特別利益に284百万円を
          計上しております。
        (四半期連結損益計算書関係)

     ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                          前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間

                          (自 平成28年11月1日                  (自 平成29年11月1日
                           至 平成29年4月30日)                    至 平成30年4月30日)
     給与手当                             15,897   百万円               20,740   百万円
                                   2,697                  3,220
     賞与引当金繰入額
                                    82                  82
     役員賞与引当金繰入額
                                    584                  296
     退職給付費用
                                    38                  27
     役員退職慰労引当金繰入額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとおり
      であります。
                           前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間

                           (自 平成28年11月1日                  (自 平成29年11月1日
                            至 平成29年4月30日)                  至 平成30年4月30日)
      現金及び預金勘定                            197,412    百万円              201,387    百万円

      預入期間が3か月を超える定期預金                           △29,767                  △24,449
      現金及び現金同等物                            167,645                  176,937

                                 17/23






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成28年11月1日 至 平成29年4月30日)
          配当に関する事項
           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                       (百万円)
      (決議)
                              (円)
      平成29年1月26日
                普通株式         1,361      22.00    平成28年10月31日         平成29年1月27日          利益剰余金
       定時株主総会
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成29年11月1日 至 平成30年4月30日)

          1.配当に関する事項
           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                       (百万円)
      (決議)
                              (円)
      平成30年1月25日
                普通株式         1,707      29.00    平成29年10月31日         平成30年1月26日          利益剰余金
       定時株主総会
          2.株主資本の金額の著しい変動

           当社は、平成29年10月31日付取締役会決議に基づき、当第2四半期連結累計期間に自己株式を4,999百万円
          取得いたしました。当該決議に基づく自己株式の取得につきましては、平成29年12月12日をもって終了してお
          ります。
                                 18/23













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成28年11月1日 至 平成29年4月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:百万円)
                                                         四半期
                         報告セグメント
                                                        連結損益
                                           その他         調整額
                    ハウス
                                                         計算書
                                                合計
                                 九州産交
                                           (注)1         (注)2
              旅行事業     テンボス    ホテル事業     運輸事業           計
                                                         計上額
                                 グループ
                   グループ
                                                        (注)3
     売上高
     外部顧客への売上高
               238,504     16,192     3,118     2,038    11,172    271,027      798   271,825       -  271,825
     セグメント間の内部売
                 490     807     501     72     10   1,881      0   1,882    △ 1,882      -
     上高又は振替高
         計      238,994     16,999     3,620     2,111    11,182    272,909      798   273,707    △ 1,882    271,825
       セグメント利益
                3,615     3,772      494    △ 682     244    7,443     △ 89   7,354    △ 1,112     6,242
       又は損失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、損害保険事業および不動産事業
           であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△1,112百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用で
           あり、その内容は、主に報告セグメントに帰属しない親会社の本社管理部門に係る費用であります。
         3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         4.報告セグメントごとのEBITDAは次のとおりです。
                                              (単位:百万円)
                          ハウス
                                        九州産交
                    旅行事業     テンボス     ホテル事業     運輸事業          その他     合計
                                        グループ
                         グループ
           セグメント利益
                      3,615     3,772      494    △682      244    △89    7,354
           又は損失(△)
            減価償却費
                      1,286      910     406      11    558     77   3,252
                      4,901     4,683      900    △671      803    △11    10,606

           EBITDA   (※)
          (※)EBITDAは、セグメント利益又は損失(△)に減価償却費及びのれん償却費を加えた数値です。

           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (固定資産に係る重要な減損損失)
              重要な変動はありません。
             (のれんの金額の重要な変動)

              前第1四半期連結会計期間に実施したH.I.S.                     - MERIT   TRAVEL    INC.の企業結合について、取得原価の
              配分が完了していなかったため、のれんの金額は暫定的に算出された金額でありましたが、前連結会
              計年度末に取得原価の配分が完了し、暫定的な会計処理が確定したため、のれんの金額を修正してお
              ります。
             (重要な負ののれん発生益)

              重要な負ののれん発生益はありません。
                                 19/23





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成29年11月1日 至 平成30年4月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                (単位:百万円)
                                                    四半期
                       報告セグメント
                                                    連結損益
                                      その他         調整額
                    ハウス
                                           合計         計算書
                             九州産交
                                      (注)1         (注)2
              旅行事業     テンボス    ホテル事業           計
                                                    計上額
                             グループ
                   グループ
                                                    (注)3
     売上高
     外部顧客への売上高          302,900     19,889     5,765    10,842    339,398      1,849    341,247       -  341,247
     セグメント間の内部売
                 787     933     474      2   2,199      22   2,221    △ 2,221      -
     上高又は振替高
         計
               303,688     20,823     6,240    10,845    341,597      1,871    343,469    △ 2,221    341,247
       セグメント利益
                4,189     3,620      713     349    8,873     △ 158    8,714    △ 1,090     7,623
       又は損失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、損害保険事業および不動産事業
           等であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△1,090百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用で
           あり、その内容は、主に報告セグメントに帰属しない親会社の本社管理部門に係る費用であります。
         3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         4.H.I.S.      - MERIT   TRAVEL    INC.の企業結合について、前第2四半期連結累計期間においては取得原価の配分が
           完了していなかったため暫定的な会計処理を行いましたが、前連結会計年度末に確定したことに伴い、前第
           2四半期連結累計期間について、暫定的な会計処理の確定の内容を反映させております。
         5.報告セグメントごとのEBITDAは次のとおりです。
                                         (単位:百万円)
                          ハウス
                                   九州産交
                    旅行事業     テンボス     ホテル事業           その他     合計
                                   グループ
                         グループ
           セグメント利益
                      4,189     3,620      713     349    △158     8,714
           又は損失(△)
            減価償却費            1,928      978     673     455     198    4,233
                      6,117     4,598     1,386      805     39   12,947

           EBITDA   (※)
          (※)EBITDAは、セグメント利益又は損失(△)に減価償却費及びのれん償却費を加えた数値です。

           2.報告セグメントの変更等に関する事項

             前第3四半期連結会計期間において、ASIA                      ATLANTIC     AIRLINES     CO.,LTD.の株式を一部売却したため、
            同社は連結子会社から持分法適用関連会社となりました。これに伴い、第1四半期連結会計期間より「運
            輸事業」セグメントを廃止しております。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (固定資産に係る重要な減損損失)
              重要な変動はありません。
             (のれんの金額の重要な変動)

              「旅行事業」において、JONVIEW               CANADA    INC.の株式を取得したことによりのれんが発生しておりま
              す。当該事象によるのれんの発生額は3,119百万円であります。なお、のれんの金額は取得原価の配
              分が完了していないため、暫定的に算定された金額であります。
             (重要な負ののれん発生益)

              重要な負ののれん発生益はありません。
                                 20/23



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
          比較情報における取得原価の当初配分額の重要な見直し
           平成28年12月27日に行われたH.I.S.                 - MERIT   TRAVEL    INC.との企業結合について、前第1四半期連結会計期
          間において暫定的な会計処理を行っておりましたが、前連結会計年度末に確定しております。
           この暫定的な会計処理の確定に伴い、当第2四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に含まれる比較情報
          において取得原価の当初配分額の見直しが反映されております。
           なお、前第2四半期連結累計期間の四半期連結損益計算書に与える影響は軽微であります。
        (1株当たり情報)

          1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基
         礎は、以下のとおりであります。
                                  前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                  (自 平成28年11月1日              (自 平成29年11月1日
                                   至 平成29年4月30日)              至 平成30年4月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                   84円14銭              61円92銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                   5,172              3,555

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -              -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益金
                                          5,172              3,555
       額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                  61,473              57,418
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   78円47銭              53円46銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)                                   △13              △18

       (うち受取利息(税額相当額控除後)(百万円))                                  (△13)              (△18)

       普通株式増加数(千株)                                   4,268              8,733

       (うち転換社債(千株))                                  (4,268)              (8,733)

      (注)1.     当社は、    信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship                       ®)  を導入しており、エイチ・アイ・エス従業員
          持株会専用信託が所有する当社株式については、四半期連結財務諸表において自己株式として計上しておりま
          す。そのため、第2四半期連結累計期間の1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期
          純利益金額の算定にあたっては、当該株式数を自己株式に含めて「普通株式の期中平均株式数」を算定してお
          ります。(前第2四半期連結累計期間427千株、当第2四半期連結累計期間341千株)
         2.前第2四半期連結累計期間の1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
          は、「注記事項(企業結合等関係)」に記載の暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な
          見直しが反映された後の金額により算定しております。
      2【その他】

        該当  事項はありません。
                                 21/23






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 22/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年6月1日

     株式会社エイチ・アイ・エス

      取締役会 御中

                            有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              久世  浩一          印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              朽木  利宏          印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エイ

     チ・アイ・エスの平成29年11月1日から平成30年10月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年2月
     1日から平成30年4月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年11月1日から平成30年4月30日まで)に係る四
     半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結
     キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社エイチ・アイ・エス及び連結子会社の平成30年4月30日現在
     の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示
     していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 23/23



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。