株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス 有価証券報告書 第21期(平成29年3月1日-平成30年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第21期(平成29年3月1日-平成30年2月28日)

提出日:

提出者:株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成30年5月30日

     【事業年度】                      第21期(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

     【会社名】                      株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス

     【英訳名】                      create    restaurants      holdings     inc.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  岡本 晴彦

     【本店の所在の場所】                      東京都品川区東五反田五丁目10番18号

     【電話番号】                      03(5488)8001(代表)

     【事務連絡者氏名】                      専務取締役  川井 潤

     【最寄りの連絡場所】                      東京都品川区東五反田五丁目10番18号

     【電話番号】                      03(5488)8001(代表)

     【事務連絡者氏名】                      専務取締役  川井 潤

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/82









                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】

     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
            回次           第17期       第18期       第19期       第20期       第21期

           決算年月           平成26年2月       平成27年2月       平成28年2月       平成29年2月       平成30年2月

     売上高           (百万円)        52,523       69,309       103,271       113,525       116,567

                         3,796       4,383       7,340       6,348       6,894

     経常利益           (百万円)
     親会社株主に帰属する
                         1,811       6,495       3,321       3,293       2,501
                 (百万円)
     当期純利益
                         2,203       6,712       4,050       4,026       3,568
     包括利益           (百万円)
                         9,332       19,676       22,996       25,701       26,548

     純資産額           (百万円)
                        35,819       47,034       72,530       71,364       72,222

     総資産額           (百万円)
                         98.87       161.55       185.42       206.67       213.98

     1株当たり純資産額             (円)
                         20.41       68.82       35.19       34.89       26.50

     1株当たり当期純利益             (円)
     潜在株式調整後
                         20.37       64.88       32.96       34.61       26.43
                  (円)
     1株当たり当期純利益
                         26.1       32.4       24.1       27.3       28.0
     自己資本比率             (%)
                         27.7       52.9       20.3       17.8       12.6

     自己資本利益率             (%)
                         15.8        7.4       27.7       28.0       45.3

     株価収益率             (倍)
     営業活動による
                         4,567       6,298       10,352       10,054       11,887
                 (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                       △ 10,135       △ 8,077      △ 20,540       △ 9,266      △ 5,677
                 (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                         4,824       10,238       11,542       △ 6,241      △ 3,327
                 (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                         5,253       13,798       15,136        9,779       12,685
                 (百万円)
     の期末残高
     従業員数
                         1,940       2,259       3,171       3,605       3,508
     〔外、平均臨時
                  (名)
                        〔 3,777   〕    〔 4,976   〕    〔 7,049   〕    〔 7,899   〕    〔 7,852   〕
      雇用者数〕
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.平成26年9月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を、平成28年3月1日付で普通株式1株に
          つき3株の割合で株式分割をそれぞれ行っております。このため、第17期の期首に当該株式分割が行われた
          と仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定し
          ております。
                                  2/82






                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
            回次           第17期       第18期       第19期       第20期       第21期

           決算年月           平成26年2月       平成27年2月       平成28年2月       平成29年2月       平成30年2月

                         5,416       5,383       5,467       5,515       5,470

     売上高           (百万円)
                         2,811       2,718       2,749       2,357       2,415

     経常利益           (百万円)
                         1,667       1,069       1,021       1,954         547

     当期純利益           (百万円)
                         1,012       1,012       1,012       1,012       1,012

     資本金           (百万円)
                      10,524,738       31,574,214       31,574,214       94,722,642       94,722,642

     発行済株式総数             (株)
                         8,991       9,326       9,470       10,231        9,693

     純資産額           (百万円)
                        28,488       33,294       48,032       48,612       46,129

     総資産額           (百万円)
                         95.26       98.81       100.34       108.40       102.70

     1株当たり純資産額             (円)
     1株当たり配当額
                         66.00       45.34       35.00       13.00       10.00
     (内、1株当たり             (円)
                        ( 30.00   )    ( 34.00   )    ( 16.50   )     ( 6.50  )     ( 5.00  )
      中間配当額)
                         18.78       11.33       10.82       20.71        5.80
     1株当たり当期純利益             (円)
     潜在株式調整後
                  (円)         -       -       -       -       -
     1株当たり当期純利益
                         31.6       28.0       19.7       21.0       21.0
     自己資本比率             (%)
                         25.8       11.7       10.9       19.8        5.5

     自己資本利益率             (%)
                         17.2       44.9       90.1       47.1       207.1

     株価収益率             (倍)
                         39.1       66.7      107.79         62.8       172.4

     配当性向             (%)
     従業員数
                          113       124       112       120       118
     〔外、平均臨時
                  (名)
                         〔 43 〕     〔 49 〕      〔 5 〕      〔 6 〕      〔 5 〕
      雇用者数〕
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.第17期の1株当たり配当額には、東京証券取引所市場第一部への市場変更による記念配当6円を含んでおり
          ます。
        4.平成26年9月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を、平成28年3月1日付で普通株式1株に
          つき3株の割合で株式分割をそれぞれ行っております。このため、第17期の期首に当該株式分割が行われた
          と仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び配当性向を算定しております。
                                  3/82







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       当社は、平成9年4月22日に地ビール製造販売を主な事業とする、株式会社ヨコスカ・ブルーイング・カンパニー
      として設立されました。その後、平成11年4月1日に株式会社クリエイト・レストランツへと商号変更し、平成11年
      5月1日に株式会社徳壽より洋食レストラン5店舗の営業譲渡を受けて、本格的にレストラン事業の展開を開始いた
      しました。平成12年1月の三菱商事株式会社の資本参加につきましては、同社がレストラン事業の運営ノウハウを
      もった当社へ事業投資を行ったものであります。
       また、平成22年1月15日に当社が100%の出資を行い、株式会社クリエイト・レストランツ・ジャパン(現 株式会
      社クリエイト・レストランツ)を設立し、当社は平成22年3月1日より、事業持株会社体制へ移行いたしました。
       株式会社ヨコスカ・ブルーイング・カンパニー設立以後の経緯は、次のとおりであります。
      平成9年4月        徳壽クリエイティブサービス株式会社〔(注)1〕が100%出資し、地ビール製造販売会社とし
             て、神奈川県横須賀市に株式会社ヨコスカ・ブルーイング・カンパニーを設立
      平成11年4月        東京都渋谷区神南一丁目17番5号に本店移転
        同     株式会社クリエイト・レストランツに商号変更
      平成11年5月        株式会社徳壽〔(注)2〕より洋食レストラン5店舗の営業譲渡を受け、レストラン事業を開始
      平成12年1月        三菱商事株式会社が資本参加
      平成12年6月        株式会社オリエント・レストランツより洋食レストラン5店舗の営業譲渡を受ける
      平成12年7月        静岡県御殿場市の御殿場プレミアムアウトレット内に「フードバザー御殿場」を出店し、フード
             コート事業を開始
      平成15年7月        株式会社徳壽(旧徳壽クリエイティブサービス株式会社)より「雛鮨」等13店舗の営業譲渡を受
             ける
      平成16年4月        営業店舗数100店舗を達成
      平成16年8月        本店を東京都渋谷区渋谷二丁目15番1号に移転
      平成17年3月        2005年日本国際博覧会に「フェスティバルフードコート 愛知万博」を出店
      平成17年4月        営業店舗数200店舗を達成
      平成17年9月        東京証券取引所マザーズに株式を上場
      平成18年11月        営業店舗数300店舗を達成
      平成19年8月        株式会社吉祥との合弁会社「株式会社クリエイト吉祥」が営業を開始
      平成20年5月        上海豫園南翔饅頭店有限公司との合弁会社「上海豫園商城創造餐飲管理有限公司」を設立
      平成22年1月        100%出資により「株式会社クリエイト・レストランツ・ジャパン」〔(注)3〕を設立
      平成22年3月        事業持株会社体制へ移行
      平成22年5月        上海豫園商城創造餐飲管理有限公司を通じて、2010年上海国際博覧会に「上海豫園南翔饅頭店」
             を出店、「中華美食街」の運営管理を受託
      平成22年6月        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスに商号変更
      平成22年10月        100%出資により「中國創造餐飲管理有限公司」を設立
      平成23年2月        100%出資により「create            restaurants      asia   Pte.   Ltd.」を設立
      平成23年3月        「中國創造餐飲管理有限公司」の100%出資により「上海創思餐飲管理有限公司」を設立
      平成23年12月        本店を東京都品川区東五反田五丁目10番18号に移転
      平成24年3月        株式会社ルモンデグルメの株式を100%取得し完全子会社化
      平成24年7月        「中國創造餐飲管理有限公司」の100%出資により「香港創造餐飲管理有限公司」を設立
      平成25年4月        SFPダイニング株式会社の株式を74.6%取得し子会社化
        同     株式会社イートウォーク、株式会社イートウォークWEST、有限会社EWC3社の株式を
             100%取得し完全子会社化〔(注)4〕
      平成25年10月        東京証券取引所市場第一部へ市場変更
                                  4/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      平成26年4月        株式会社YUNARIの株式を100%取得し完全子会社化

      平成26年10月        100%出資により「台湾創造餐飲股份有限公司」を設立
      平成26年11月        R21Cuisine株式会社の株式(99.97%)取得し子会社化、商号を「株式会社上海美食
             中心」に変更
      平成26年12月        連結子会社SFPダイニング株式会社が東京証券取引所市場第二部へ新規上場〔(注)5〕
      平成27年3月        共同新設分割(簡易分割)により、株式会社グルメブランズカンパニーを設立〔(注)6〕
      平成27年6月        株式会社KRフードサービスの株式を99.8%取得し子会社化
      平成27年8月        株式会社アールシー・ジャパンの株式を100%取得し完全子会社化
      平成28年3月        100%出資により「Create            Restaurants      NY  Inc.」を設立
      平成28年9月        グループ内組織再編により、「株式会社クリエイト・ダイニング」を設立〔(注)7〕
      平成29年6月        連結子会社SFPダイニング株式会社が事業持株会社体制に移行し、「SFPホールディングス
             株式会社」に商号変更
      平成30年1月        有限会社ルートナインジー及び株式会社ハイドパークと資本・業務提携し子会社化〔(注)8〕
      平成30年3月        株式会社クリエイト・ベイサイドの株式を100%取得し完全子会社化〔(注)9〕
      (注)   1.徳壽クリエイティブサービス株式会社は、その後平成13年4月に株式会社徳壽へ商号変更いたしました。
        2.株式会社徳壽は、その後平成13年4月にレストラン・インベストメンツ株式会社へ商号変更いたしました。
        3.株式会社クリエイト・レストランツ・ジャパンは、その後平成22年6月に株式会社クリエイト・レストラン
          ツへ商号変更いたしました。
        4.平成25年8月1日付で、株式会社イートウォークを存続会社、株式会社イートウォークWEST及び有限会
          社EWCをそれぞれ消滅会社とし、合併いたしました。
        5.SFPダイニング株式会社の新規上場に伴い、同社が公募増資等を実施したことから、当社の同社株式保有
          割合は、93.50%から68.68%に変更しております。なお、自己株式の取得や処分並びにストックオプション
          の行使により、当連結会計年度末時点での当社の同社株式保有割合は、67.75%となっております。
        6.当社及び子会社である株式会社クリエイト・レストランツとの共同新設分割により、株式会社グルメブラン
          ズカンパニーを設立し、一部事業を承継しております。
        7.株式会社アールシー・ジャパンを合併法人及び分割承継法人として、株式会社クリエイト吉祥、株式会社上
          海美食中心及び株式会社クリエイト・レストランツの一部事業を合併分割するグループ内組織再編を実施い
          たしました。
          なお、株式会社アールシー・ジャパンは、株式会社クリエイト・ダイニングに商号変更しております。
        8.平成30年1月12日付で、当社と有限会社ルートナインジー並びにその完全子会社である株式会社ハイドパー
          ク(現在の株式会社ルートナインジー)と資本・業務提携契約を締結いたしました。また、平成30年1月31
          日付で当社を割当先とした第三者割当による新株式の発行に応募し、同社株式417株(同日現在における同
          社の発行済み株式総数の51%)を取得し、子会社化いたしました。
          株式会社ハイドパークは、有限会社ルートナインジーの完全子会社であります。なお、株式会社ハイドパー
          クは、平成30年3月1日付で、同社を吸収合併存続会社とする吸収合併により、吸収合併消滅会社である有
          限会社ルートナインジーの権利義務を承継するとともに、同日付で「株式会社ルートナインジー」に商号変
          更いたしました。
        9.平成30年3月1日付で、株式会社イクスピアリから直営飲食事業を譲受け、同社が新設分割により設立した
          株式会社クリエイト・ベイサイドの株式を100%取得し、子会社化いたしました。
      3【事業の内容】

       当社グループは、株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(当社)、株式会社クリエイト・レスト
      ランツ、株式会社ルモンデグルメ、株式会社イートウォーク、SFPホールディングス株式会社(平成29年6月にS
      FPダイニング株式会社より商号変更)、株式会社YUNARI、株式会社グルメブランズカンパニー、株式会社K
      Rフードサービス、株式会社クリエイト・ダイニング、SFPダイニング株式会社(平成29年6月にSFPオペレー
      ションズ株式会社より商号変更)、平成30年1月に資本・業務提携により子会社化した有限会社ルートナインジー並
      びに株式会社ハイドパーク、中國創造餐飲管理有限公司、create                               restaurants      asia   Pte.   Ltd.、香港創造餐飲管理有
      限公司及び台湾創造餐飲股份有限公司の連結子会社15社、株式会社KRスーベニア、Create                                            Restaurants      NY  Inc.及
      びHANARE     CHELSEA    LLCの非連結子会社3社で構成されており、飲食事業を展開しております。なお、株式会社KR
      スーベニア、Create          Restaurants      NY  Inc.及びHANARE        CHELSEA    LLCは持分法を適用していない非連結子会社でありま
      す。
       また、株式会社後藤国際商業研究所が親会社等に該当し、同社は当社の株式を平成30年2月28日現在、44,163,000
      株(議決権比率46.79%)保有しております。
       以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
                                  5/82


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (事業系統図)
                                  6/82




















                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (注)   1.平成29年6月1日付で、SFPダイニング株式会社は事業持株会社体制に移行し、「SFPホールディング
          ス株式会社」に商号変更いたしました。
        2.平成29年6月1日付で、SFPオペレーションズ株式会社は「SFPダイニング株式会社」に商号変更いた
          しました。
        3.平成30年1月12日付で、当社と有限会社ルートナインジー並びにその完全子会社である株式会社ハイドパー
          ク(現在の株式会社ルートナインジー)と資本・業務提携契約を締結いたしました。また、平成30年1月31
          日付で当社を割当先とした第三者割当による新株式の発行に応募し、同社株式417株(同日現在における同
          社の発行済み株式総数の51%)を取得し、子会社化いたしました。
          株式会社ハイドパークは、有限会社ルートナインジーの完全子会社であります。なお、株式会社ハイドパー
          クは、平成30年3月1日付で、同社を吸収合併存続会社とする吸収合併により、吸収合併消滅会社である有
          限会社ルートナインジーの権利義務を承継するとともに、同日付で「株式会社ルートナインジー」に商号変
          更いたしました。
        4.株式会社KRスーベニア、Create                  Restaurants      NY  Inc.及びHANARE        CHELSEA    LLCは、持分法を適用していな
          い非連結子会社であります。
        5.株式会社後藤国際商業研究所は、当社の代表取締役会長である後藤仁史が代表を務める資産保全会社であり
          ます。
                                  7/82
















                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                             議決権の
                                             所有割合
                                     主要な事業の
            名称            住所       資本金               又は       関係内容
                                       内容
                                             被所有割合
                                              (%)
     (連結子会社)
                                                    役員の兼任あり
     株式会社クリエイト・                                         直接所有
                      東京都品川区          9百万円       飲食事業              店舗設備の賃貸
                                               100.00
     レストランツ(注)1、2
                                                   店舗運営業務委託
                                              直接所有
     株式会社ルモンデグルメ                 東京都品川区          9百万円       飲食事業               資金の貸付
                                               100.00
                                                    役員の兼任あり
                                              直接所有      店舗設備の賃貸
     株式会社イートウォーク                 東京都品川区          99百万円       飲食事業
                                               100.00    店舗運営業務委託
                                                     資金の貸付
     SFPホールディングス株式会
                                              直接所有      役員の兼任あり
     社
                     東京都世田谷区          534百万円       統括事業
                                               67.75     資金の借入
     (注)1、5
                                                    役員の兼任あり
                                              直接所有
     株式会社YUNARI                 東京都品川区          3百万円       飲食事業
                                               100.00
                                                     資金の貸付
                                                    役員の兼任あり
                                              直接所有
     株式会社グルメブランズカンパ                                              店舗設備の賃貸
                      東京都品川区          10百万円       飲食事業
     ニー                                              店舗運営業務委託
                                               100.00
                                                     資金の貸付
                                                    役員の兼任あり
     株式会社KRフードサービス                                         直接所有
                                                    店舗設備の賃貸
                      大阪府吹田市         100百万円       飲食事業
                                                   店舗運営業務委託
     (注)1、4                                          99.78
                                                    債務保証あり
                                              直接所有
     株式会社クリエイト・ダイニン                                              役員の兼任あり
                      東京都品川区          9百万円       飲食事業
     グ                                               資金の貸付
                                               99.97
     SFPダイニング株式会社                                          間接所有
                     東京都世田谷区          9百万円       飲食事業                 ―
     (注)1、3                                          67.75
     有限会社ルートナインジー                                         直接所有
                      東京都港区         45百万円       飲食事業                 ―
     (注)6                                          51.04
                                              間接所有
     株式会社ハイドパーク(注)6                 東京都渋谷区          3百万円       飲食事業                 ―
                                               51.04
     create    restaurants      asia
                                              直接所有
                      シンガポール         9百万SGP$        飲食事業              役員の兼任あり
     Pte.   Ltd. (注)1                                       100.00
     香港創造餐飲管理有限公司
                     中華人民共和国                         直接所有
                               20百万HK$       飲食事業              役員の兼任あり
                     香港特別行政区                          100.00
     (注)1
     台湾創造餐飲股份有限公司
                        台湾                      直接所有
                               60百万TW$       飲食事業              役員の兼任あり
                       台北市                        100.00
     (注)1
                                    香港、中国にお
     中國創造餐飲管理有限公司                中華人民共和国
                                              直接所有
                              167百万HK$      けるグループ会               役員の兼任あり
                                               100.00
     (注)1                香港特別行政区
                                     社の統括事業
     (親会社等)
                                    株式、社債等有               役員の兼任あり
                                               被所有
                      東京都港区         1百万円     価証券の取得・                店舗の賃借
                                               46.79
     株式会社後藤国際商業研究所
                                     保有・売買他                (注)7
                                  8/82






                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (注)   1.特定子会社に該当しております。
        2.株式会社クリエイト・レストランツについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売
          上高に占める割合が10%を超えております。
                     (1)  売上高
          主要な損益情報等                    35,618百万円
                     (2)  経常利益
                                295百万円
                     (3)  当期純利益
                                184百万円
                     (4)  純資産額
                                193百万円
                     (5)  総資産額
                               3,705百万円
        3.SFPダイニング株式会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占
          める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等           (1)  売上高       37,063百万円
                     (2)  経常利益
                                826百万円
                     (3)  当期純利益
                               1,210百万円
                     (4)  純資産額
                               1,246百万円
                     (5)  総資産額
                               5,185百万円
        4.株式会社KRフードサービスについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に
          占める割合が10%を超えております。
                     (1)  売上高
          主要な損益情報等                    24,563百万円
                     (2)  経常利益
                               1,173百万円
                     (3)  当期純利益
                                571百万円
                     (4)  純資産額
                               6,672百万円
                     (5)  総資産額       14,574百万円
        5.有価証券報告書の提出会社であります。
        6.株式会社ハイドパークは、有限会社ルートナインジーの完全子会社であります。なお、株式会社ハイドパー
          クは、当連結会計年度末日後の平成30年3月1日付で、同社を吸収合併存続会社とする吸収合併により、吸
          収合併消滅会社である有限会社ルートナインジーの権利義務を承継するとともに、会社名を株式会社ルート
          ナインジーに変更しております。
        7.株式会社後藤国際商業研究所は、当社連結子会社である株式会社イートウォークに店舗の賃貸を行っており
          ますが、取引金額は軽微であり、重要性はありません。
      5【従業員の状況】

       (1)連結会社の状況
        セグメント情報を記載していないため、事業部門の従業員数を示すと次のとおりであります。
                                                平成30年2月28日現在
              事業部門の名称                           従業員数(名)
     飲食事業                                              3,508(7,852)

                 合計                                  3,508(7,852)

      (注)   1.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        2.臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員(10名)は含んでおりません。
       (2)提出会社の状況

                                                平成30年2月28日現在
         従業員数             平均年齢            平均勤続年数             平均年間給与
          118名(5名)                  41.0歳              7.5年           5.5百万円

      (注)   1.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        3.臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員(10名)は含んでおりません。
       (3)労働組合の状況

        当社グループには労働組合はありませんが、労使関係は円滑であり、特記すべき事項はありません。
                                  9/82



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】

      1【業績等の概要】
       (1)業績
         当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境の改善等を背景に、緩やかな回復基調が続いてい
        るものの、米国大統領の政策動向や北朝鮮情勢など海外における地政学的リスクの高まり等の影響が懸念される
        など、先行き不透明な状況で推移しました。
         外食産業におきましては、物流費の上昇に伴う原材料価格の高止まりや、長引く人手不足による人件費の上昇
        に加え、天候不順の影響等もあり、引き続き厳しい経営環境が続いております。
         こうした環境の中、当社グループは、商業施設や繁華街・駅前、郊外ロードサイド立地へそれぞれの専門業態
        を計画的に出店したほか、新コアコンセプトブランドの開発及び出店、業態変更や既存店舗の改装を戦略的に実
        施した一方、一括受託していたフードコートの定期借家契約満了に伴う撤退や、不採算店舗を積極的に前倒して
        閉店したこと等により、グループ全体では68店舗の新規出店、63店舗の撤退を実施した結果、当連結会計年度末
        における業務受託店舗等を含む連結店舗数は863店舗となりました。
         以上の結果、当連結会計年度における連結業績は、売上高                           116,567百万円       (前連結会計年度比         2.7%増    )、営業
        利益  6,413百万円      (前連結会計年度比         9.5%増    )、経常利益      6,894百万円      (前連結会計年度比         8.6%増    )、親会社株
        主に帰属する当期純利益           2,501百万円      (前連結会計年度比         24.0%減    )となりました。
         報告セグメントにつきましては、当社は飲食事業以外の報告セグメントが無いため、記載を省略しておりま
        す。なお、飲食事業における主要カテゴリー毎の状況は以下のとおりであります。
        (CRカテゴリー)

         当カテゴリーは、株式会社クリエイト・レストランツ及び株式会社クリエイト・ダイニングが運営する店舗で
        構成されており、商業施設を中心に多様なブランドにてレストラン及びフードコートを運営しております。
         当連結会計年度におきましては、ローストビーフ丼専門店やカフェ業態等の出店により、31店舗の新規出店、
        35店舗の撤退を実施しております。
         以上の結果、当カテゴリーの当連結会計年度の売上高は43,735百万円となり、連結店舗数は417店舗となって
        おります。
        (SFPカテゴリー)

         当カテゴリーは、SFPホールディングス株式会社が運営する店舗で構成されており、都心繁華街を中心に
        「磯丸水産」、「鳥良」、「鳥良商店」ブランド等の居酒屋を運営しております。
         当連結会計年度におきましては、海鮮居酒屋「磯丸水産」や「鳥良商店」、餃子居酒屋の「いち五郎」等の出
        店により、20店舗の新規出店、7店舗の撤退を実施しております。
         以上の結果、当カテゴリーの当連結会計年度の売上高は36,841百万円、連結店舗数は225店舗となっておりま
        す。
        (専門ブランドカテゴリー)

         当カテゴリーは、当社の国内子会社である株式会社ルモンデグルメ、株式会社イートウォーク、株式会社YU
        NARI、株式会社グルメブランズカンパニー、株式会社KRフードサービスが運営する店舗で構成されており
        ます。
         当連結会計年度におきましては、株式会社KRフードサービスが「かごの屋」や「あずさ珈琲」、株式会社
        イートウォークが「やさい家めい」、株式会社グルメブランズカンパニーが「ジャン・フランソワ」等、13店舗
        の新規出店、13店舗の撤退を実施いたしました。
         以上の結果、当カテゴリーの当連結会計年度の売上高は33,177百万円、連結店舗数は191店舗となっておりま
        す。
        (海外カテゴリー)

         当カテゴリーは、海外において展開している店舗で構成されており、シンガポール国内にて展開している
        create    restaurants      asia   Pte.   Ltd.が運営する店舗、香港にて展開している香港創造餐飲管理有限公司が運営
        する店舗、台湾にて展開している台湾創造餐飲股份有限公司が運営する店舗で構成されております。
         当連結会計年度におきましては、シンガポールや香港にて「しゃぶ菜」等を出店し、4店舗の新規出店、8店
        舖の撤退を実施いたしました。
                                 10/82


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         以上の結果、当カテゴリーの当連結会計年度の売上高は2,834百万円、連結店舗数は30店舗となっておりま
        す。
       (2)キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、営業活動によるキャッシュ・フロー
        が 11,887百万円      の資金増(前連結会計年度比             18.2%増    )、投資活動によるキャッシュ・フローが                    5,677百万円      の資
        金減(前連結会計年度比           38.7%減    )、財務活動によるキャッシュ・フローが                    3,327百万円      の資金減(前連結会計年
        度比  46.7%減    )となり、更に換算差額等を加味した当連結会計年度末の資金残高は                                12,685百万円      (前連結会計年
        度比  29.7%増    )となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における営業活動によって得られた資金は                           11,887百万円      となりました。この主な要因は、税金
        等調整前当期純利益         6,226百万円      、減価償却費      4,395百万円      及びのれん償却額        953百万円     を計上する一方で、法人
        税等の支払額      1,842百万円      等によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における投資活動によって使用した資金は                           5,677百万円      となりました。この主な要因は、有形
        固定資産の取得による支出            4,781百万円      及び差入保証金の差入による支出               741百万円     等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における財務活動によって使用した資金は                           3,327百万円      となりました。この主な要因は、長期
        借入れによる収入        3,900百万円      等があった一方で、長期借入金の返済による支出                       6,608百万円      等によるものであり
        ます。
                                 11/82












                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      2【仕入及び販売の状況】
       (1)仕入実績
         当連結会計年度における仕入実績をカテゴリー別に示すと、次のとおりであります。
          カテゴリー名称                 仕入高(百万円)                  前年比(%)

     CRカテゴリー                              12,614                  +1.8

     SFPカテゴリー                              10,770                  +2.2
     専門ブランドカテゴリー                              10,132                  +4.3
     海外カテゴリー                                714                △11.0
     その他                               △465                   -
            合計                       33,768                  +2.3
      (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.金額は、仕入価格で記載しております。
        3.その他は、主に本社一括購入による仕入割戻であります。
        4.上記の金額には、他勘定振替高は含まれておりません。
       (2)販売実績

         当連結会計年度における販売実績をカテゴリー別に示すと、次のとおりであります。
          カテゴリー名称                 販売高(百万円)                  前年比(%)

     CRカテゴリー                              43,735                  +2.0

     SFPカテゴリー                              36,841                  +2.5
     専門ブランドカテゴリー                              33,177                  +5.2
     海外カテゴリー                               2,834                 △10.5
     その他                               △23                  -
            合計                       116,567                  +2.7
      (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.その他は、主に業務受託収入であります。
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)会社の経営の基本方針

          当社グループは、「私たちは、常にお客様と共にある。常にお客様への感謝の気持ちをもち、プロとしての
         サービス・料理・空間を提供することで、お客様から、末永い信頼を頂くことが、私たちの喜びである。その
         ために私たちは、目の前の小さなアイデアを大切にし、常にスピードをもって、クリエイティブにチャレンジ
         し、戦略的かつ科学的にマルチブランド経営を進化させ、世界で最も競争力のあるレストランサービス企業に
         なる。」を経営理念として掲げ、社会的責任を果たしながら、継続的な企業価値向上に向け努力してまいりま
         す。
       (2)目標とする経営指標

          当社グループでは、経営効率を高め安定した財務体質を維持しつつ、持続的成長を達成するために、以下の
         経営指標を重視しております。
        ① 売上高経常利益率
          外食産業における過当競争・低価格路線と一線を画し、「量」ではなく事業の「質」の維持向上を図るとい
         う観点から、新規店舗及び既存店舗の利益率の維持向上と、間接部門コストのミニマイズを図ることで、中長
         期的に売上高経常利益率は10%以上を目指してまいります。
                                 12/82



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        ② 総資本経常利益率
          投下総資本に対して効率よくリターンを上げることが継続的な企業価値向上に必要であるという観点から、
         総資本経常利益率を意識した投資を行ってまいります。また消費者ニーズが多様化し、外食業態陳腐化のス
         ピードも速くなる傾向もあることから、特に店舗投資に対する投資回収期間に注意を払った経営を行ってまい
         ります。具体的には、中長期的に総資本経常利益率20%以上を目標としております。
        ③ 売上高伸び率
          グループ経営を中心とした成長戦略の成果を図る指標として売上高伸び率を重視しております。今後も持続
         的成長の達成による株主価値の向上に向け、中長期的に売上高伸び率15~20%程度の水準維持を目指してまい
         ります。
       (3)中長期的な会社の経営戦略

          当社グループを取り巻く環境は、経済政策等の各種政策の効果による景気回復やお客様の嗜好、ライフスタ
         イルの多様化、食の安全安心への意識の高まり、少子高齢化等の外部環境の変化、また、当社におきまして
         も、M&Aの実行によるグループ事業会社の増加、グループ拡大に伴う戦略、文化、立地の多様化、海外事業
         展開の開始等、大きく変化してまいりました。
          このような環境のなか、当社グループは、2013年より実施しております『グループ連邦経営』を推進し、グ
         ループ事業会社には、あえて当社の論理(求心力)を押し付けるのではなく、これまで通りグループ事業会社
         が裁量を効かせること(遠心力)で、複数の企業文化や戦略による成長、立地開発手法の多様化への対応、競
         争力強化に向けたグループ事業会社の育成、経営人材の育成、本社機能の更なる強化を図り、更なる企業価値
         の向上を目指してまいります。
          具体的には、①国内グループ事業会社がそれぞれ成長戦略を明確化し、着実に実行することによる成長機会
         の最大化及び持続的な成長、②良質なM&Aの実施による、継続的かつ複数の成長ブランドの獲得及び当社グ
         ループへの連結貢献、③拠点マネジメントの高度化による、ASEAN圏、中華圏、北米圏へのグローバル展
         開を促進していくことで、当社グループの更なる成長と企業価値の向上を図り、中長期的な目標として売上高
         2,000億円の達成を目指してまいります。
       (4)経営環境及び対処すべき課題

          当社は、食の安全性に対する消費者意識の高まりや、外部環境の厳しさが増すと目される中、以下の課題に
         適切に対処してまいります。
        ① 「食の安全・安心」への取り組み

          お客様に「安全」なメニューをご提供し、「安心」して召し上がって頂けるようにすることは、飲食企業に
         とって最重要事項であると認識しております。当社グループといたしましては、「食の安全・安心」に対する
         全役職員の意識浸透及びレベルアップに全力で取り組んでまいります。
          具体的には、お客様の目線から見た「食の安全・安心」に関するモラルについて、従業員に対するメッセー
         ジを繰り返し発信すると共に、経営理念の中核にあるのが「お客様からの信頼」であることを広く浸透させる
         取り組みを実施しております。また、食の安全安心推進室を中心に、料理や食材の取り扱いに関するマニュア
         ルを随時見直し、これに基づく従業員教育の徹底、店舗オペレーションの強化に努めております。更に、店舗
         と本社の情報共有の仕組みを見直し、社内及びグループ間の報告・連絡体制を迅速化することに加え、店舗内
         のコミュニケーション及びチームワークの強化に取り組んでおります。
        ② お客様から支持される商品及び業態開発の推進
          お客様の食に対するニーズは、近年のスマートフォン等の普及による情報収集力の向上やライフスタイルの
         変化等により多様化が進んでおり、加えてニーズの変化のスピードも速まっている中、業態(ブランド)及び
         立地の陳腐化も早まる傾向にあります。
          当社では、このようなニーズの変化に機敏に対応していくために、新業態開発室を中心に、立地や店舗の規
         模に合う新たな業態の創出や、マーケティング調査等に取り組んでおります。今後もお客様のニーズに的確か
         つスピーディーに対応するため、マーチャンダイジングの強化を図ると共に、立地特性に応じた業態開発を推
         進してまいります。
        ③ 競争力強化に向けた各グループ事業会社の育成
          今後も『グループ連邦経営』を推進するにあたり、各グループ事業会社の競争力の強化は当社グループの持
         続的成長にとって重要であり、各社の競争状況、役割、ステージに応じた効果的な経営指導及び機動的かつ最
         適な経営資源の配分を行っていくことが必要であると認識しております。そのために、当社が各社の経営状態
         を的確に把握できる管理体制の強化に努めるとともに、複数の専門的かつ特徴的な企業文化、戦略を持つ各社
                                 13/82

                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         の経営陣が、グループ内にてそれぞれのノウハウや情報交換等を密に行い、個々の経営力を拡充することがで
         き、加えて、各グループ事業会社が成長に向け、迅速かつ最適な意思決定が可能となる組織体制及び環境を整
         え てまいります。また、各グループ事業会社の内部統制に係る体制につきましてもより一層の整備に努めるこ
         とで、企業体質の強化を図ってまいります。
        ④ 本社機能の更なる強化
          『グループ連邦経営』の当社の役割として、グループ全体の経営戦略を策定、実行することのほかに、各グ
         ループ事業会社が持続的な成長戦略の実行に集中できる環境(プラットフォーム)を提供することも必要であ
         ると認識しております。具体的には、各社の間接部門業務の集約化、標準化による効率性の向上と多様な立
         地・業態に対する開発機能の強化、原材料・設備等の集約化によるコスト面でのシナジーの最大化、食の安
         全・安心やコンプライアンスに関連する情報の提供等において一層の強化に取り組み、各社の収益性の最大化
         に資する支援体制強化に努めるとともに、グループガバナンスの更なる強化に取り組んでまいります。
        ⑤ 人材の確保及び育成の強化
          当社グループは、現在、国内外の複数のグループ事業会社で構成されており、今後も継続的なM&A等の実
         施により、更にグループ事業会社は増加することが見込まれることから、高い専門性を持ち、様々な課題に対
         処し、進化させ、経営することができる人材の育成強化及び優秀な人材の確保が必須と認識しております。
          そのため、人材の確保に関しましては、即戦力となる中途採用に加えて、将来の幹部人材の早期育成のため
         に新卒採用を引き続き拡充してまいります。人材の育成に関しましては、「スピード、クリエイティブ、チャ
         レンジ」という当社グループの経営理念を牽引することを期待される幹部人材の育成強化を計画的に実施でき
         るよう教育・研修システムの整備を進めてまいります。
      4【事業等のリスク】

        当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要
       な影響を及ぼす可能性のある主な事項については、以下のようなものがあります。
        なお、当社グループの事業においてはこれら以外にも様々なリスクを伴っており、ここに記載されたものがリス
       クの全てではありません。また、文中において将来について記載した事項は、当連結会計年度末現在において当社
       グループが判断したものであります。
       (1)外食業界の動向について

        ① 既存店売上高の減少について
          当社グループが属している外食産業については、生活防衛意識の高まりによる消費マインドの低下、調理済
         食材や惣菜を家庭に持ち帰って食する中食市場の成長等の影響により、外食事業者の既存店売上高については
         減少する傾向にあります。
          当社グループといたしましては、サービスの提供方法の変更、内装のリニューアル及び業態変更等を実施す
         ることにより、既存店売上高の維持拡大を目指しております。
          ただし、当社グループが出店している商業施設、ショッピングセンター、駅前及び繁華街等の立地において
         商流の変化及び周辺の商業施設との競合等が生じることによる立地自体の集客力の低下、自然災害等の影響に
         より、既存店舗の売上高が減少した場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
        ② 食材の調達について
          食材につきましては、残留農薬や鳥インフルエンザ等に代表されるように、その安全性が特に問われる環境
         下にあり、以前にも増して安全な食材の確保が重要になっております。
          また、天候不順などによる農作物の不作や新規需要の増加、政府によるセーフガード(緊急輸入制限措置)
         の発動など需給関係の変動を伴う事態が生じた場合、食材市況に大きな影響を与える可能性があります。
          当社グループにおきましては、様々な業態を運営しているため、特定の食材に依存している事実はありませ
         んが、安全かつ安定した食材の確保については、積極的に取り組む方針であります。
          ただし、食材に係わる安全性の問題や、諸原材料価格の高騰による食材市況の変動激化等の事態が生じた場
         合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
        ③ 短時間労働者に対する厚生年金適用拡大等について
          厚生労働省は、将来にわたる年金財政の安定化等を目的に、短時間労働者(正社員以外の労働者で、一週間
         の所定労働時間が正社員より短い労働者)に対する厚生年金の適用が平成28年10月から拡大されるなど労務環
         境の変化が起こりつつあります。
          当社グループは、平成30年2月28日現在において20,173人の臨時従業員を雇用しており、業種柄多くの短時
         間労働者が就業しております。こうした労務環境の変化により、当社グループの人件費が高騰する等、当社グ
         ループの業績等に影響を与える可能性があります。
                                 14/82


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (2)当社グループのビジネスモデルに係わるリスクについて
        ① 出店政策について
          当社グループは、予め一定以上の集客を見込めるショッピングセンター、地下鉄を含む駅構内、百貨店等の
         商業施設、駅前、繁華街及び郊外ロードサイド等に出店しており、立地条件、賃貸条件、店舗の採算性等の観
         点から、好立地を選別した上で、出店候補地を決定しております。そのため、計画した出店数に見合った出店
         地を十分に確保できない可能性もあり、その場合には、当社グループの業績見通しに影響を与える可能性があ
         ります。
          また、商業施設につきましては、商業デベロッパーとの交渉を経て、当社グループの計画した業態と異なる
         業態の出店を行う場合があります。当社グループにおいては、各業態によりその収益力に差異があるため、計
         画通りの店舗数を出店した場合であっても、業態構成の状況によっては、業績に影響が生じる可能性がありま
         す。
          加えて、当社グループは、賃貸による出店形態を基本としており、賃貸借契約のうち、特に、定期賃貸借契
         約は、契約終了後再契約されない可能性があります。このような場合には、当社グループの業績に影響を与え
         る可能性があります。
        ② 敷金・保証金について
          当社グループは、賃貸による出店形態を基本としており、出店等に際しては、賃貸人へ敷金・保証金を差し
         入れております。契約に際しては、賃貸人の信用状況の確認等を行い、十分検討しておりますが、今後、契約
         期間満了による撤退等が発生した際に、賃貸人の財政状況によっては、当該敷金・保証金の全部若しくは一部
         回収不能となる可能性があり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③ 業態開発について
          当社グループは、商業施設の価値向上といった商業デベロッパーのニーズに対して、新規に開発した業態を
         継続的に提案することに加え、駅前や繁華街においては、ドミナント戦略等により好調な業態の出店を加速さ
         せ、事業の拡大を図っております。ただし、市場の変化への対応の遅れ等により、お客様に受け入れられる業
         態を開発できなかった場合には、売上高が減少し、また、これにより商業デベロッパーとの関係が損なわれた
         場合には当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
        ④ 出退店時に発生する費用及び損失について
          当社グループでは、新規出店時に什器、備品等の消耗品や、販売促進にかかる費用が一時的に発生するた
         め、大量の新規出店や、期末に近い新規出店は、利益を押し下げる要因となります。また、収益性改善のた
         め、業績の改善が見込めない店舗を閉鎖しておりますが、店舗閉鎖時においては、固定資産除却損、賃貸借契
         約解約及びリース契約解約による違約金等が発生するため、大量に店舗を閉鎖した場合には、一時的に当社グ
         ループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑤ 商標権の管理について
          当社グループは、多業態による店舗展開を行っており、多数の店舗ブランドを保有しているため、同一ブラ
         ンドをチェーン展開する飲食企業と比較して、商標権侵害等による係争・訴訟のリスクが相対的に高いものと
         認識しております。そのため、新たな業態の店舗を出店する際には、商標の出願、登録を行うか、若しくは商
         標登録には馴染まない一般的な名称を用いた店舗名を使用する等、第三者の商標権を侵害しないように常に留
         意しております。
          過年度において出店した一部の業態においては、第三者が類似商標を登録している等の理由により、商標の
         登録が承認されていない業態、若しくは登録未申請の業態がありますが、これらはあくまで当社が独自に開発
         した知的所有権であり、第三者の商標権等の知的財産権には該当しないものと認識しております。従いまし
         て、当社グループは既存登録商標との非類似性を主張することにより、商標権を取得する方針であります。
          ただし、出店時における当社グループの調査内容が十分である保証はなく、当社グループの見解が法的に常
         に正当性があるとは保証できません。万一、当社グループが第三者の商標権等の知的財産権を侵害していると
         認定され、その結果、損害賠償請求、差止請求等がなされた場合、若しくは、当該事項により当社グループの
         信用力が低下した場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。なお、現在商標権に関す
         る重大な係争・訴訟はありません。
        ⑥ 人材の育成及び確保について
          当社グループは、各社員の創意工夫がサービス力の強化、競争力の向上に寄与すると考えているため、店舗
         の運営、サービス提供方法等については、画一的な運用を行わず、現場における創意工夫を活かす仕組みとし
         ております。その結果、各業態、各店舗によって、お客様に提供する料理、サービス内容及び店舗運営方法等
         が異なっており、また、各店舗における顧客満足度は、各店舗で提供するサービスの水準に影響を受けること
         となります。そのため、当社グループは人材の育成及び確保を経営上の重要課題であると認識しております。
                                 15/82


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
          人材育成については、お客様へのより一層のサービス向上と店舗運営に焦点をあてたオペレーション教育、
         店舗マネジメント教育を計画的に実施できるよう教育・研修システムの整備を進めていく方針であります。ま
         た、  人材確保については、即戦力となる中途採用に加えて、将来幹部となる人材を早期から育成するために新
         卒採用を拡充していく方針であります。
          ただし、今後においても当社グループは積極的な業態開発及び店舗網の拡大を図っていく方針であるため、
         業容に見合った人材の育成及び確保が出来ない場合には、サービスの質の低下による信用力の低下が生じ、ま
         たは、出店計画どおりの出店が困難となり、当社グループの業績に影響が生じる可能性があります。
       (3)法的規制等について

          当社グループが属する外食産業においては、主な法的規制として、「食品衛生法」、「食品循環資源の再生
         利用等の促進に関する法律」、「個人情報の保護に関する法律」、「健康増進法」、「牛の個体識別のための
         情報の管理及び伝達に関する特別措置法」等の法的規制があります。これらの法的規制が強化され、その対応
         のため新たなコストが発生した場合には、当社グループの業績は影響を受ける可能性があります。
        ① 食品衛生法に係わる規制について
          当社グループが経営する店舗は、食品衛生法の規定に基づき、所管保健所より飲食店営業の営業許可を取得
         しております。食品衛生法は、飲食に起因する衛生上の危害防止、公衆衛生の向上及び増進に寄与することを
         目的としております。当社グループにおいては、衛生管理マニュアルに基づき、衛生管理体制の強化を図って
         おりますが、仮に食中毒事故等が発生した場合には、食品等の廃棄処分、営業許可の取り消し、営業の禁止、
         若しくは一定期間の営業停止の処分、被害者からの損害賠償請求、信用力の低下等により、当社グループの業
         績に影響を与える可能性があります。
        ② 食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律(食品リサイクル法)に係わる規制について
          平成13年5月に施行された「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律」が平成19年6月に改正され、
         同年12月より食品廃棄物等の発生量が年間100トン以上の外食事業者は、毎年度、主務大臣に定期報告を行う
         ことが義務付けられております。また、食べ残し等の食品廃棄物について、発生抑制と減量化により最終的に
         処分される量を減少させるとともに、肥料等の原材料としての再生利用を促されております。
          そのため、今後の出店の増加により食品廃棄物の排出量が増加する場合には、新たに対応費用が発生し、当
         社グループの業績に影響を与える可能性があります。
        ③ 個人情報の管理について
          当社グループは、従業員の情報及び店舗にご来店頂いたお客様の情報等の多数の個人情報を保有しており、
         全社を挙げて適正管理に努めておりますが、万が一個人情報の漏洩や不正使用等の事態が生じた場合には、社
         会的信用の失墜、損害賠償請求の提起等により業績及び財務状態に影響を受ける可能性があります。
       (4)金利変動の影響について

          当社グループは、出店時における設備投資資金を主として金融機関からの借入により調達しており、当連結
         会計年度末における総資産に占める有利子負債の割合は40.5%となっております。現在は、当該資金を主とし
         て固定金利に基づく長期借入金により調達しているため、一定期間においては金利変動の影響を受けないこと
         となりますが、新たに借り換え等を行う際、資金調達コストが変動している場合には、当社グループの業績に
         影響を及ぼす可能性があります。
       (5)災害等及び感染症等の流行による影響について

          当社グループは、国内外に店舗展開しておりますが、地震や津波、台風等の自然災害の発生や、自然災害に
         起因するライフラインや交通網の遮断・制限、感染症の流行等により、来店客数の減少、原材料の調達の阻害
         や従業員の人員の確保ができない場合は、店舗運営に支障をきたし、営業が困難となることから、当社グルー
         プの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)海外展開におけるカントリーリスクについて

          当社グループは、海外へ店舗展開しておりますが、海外子会社及び関連会社の進出国における、市場動向、
         競合会社の存在、政治、経済、法律、文化、宗教、習慣や為替、その他の様々なカントリーリスクにより、当
         社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)M&A等による業容の拡大に係るリスクについて

                                 16/82


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
          当社グループは、成長戦略の一つとして、シナジー効果が期待できるM&Aについて前向きに検討していく
         ことを基本方針としております。
          当社グル―プは、当社グループが展開するコアビジネスとのシナジー効果が期待できる事業のM&Aを含め
         た業容拡大を進めてまいりますが、これらの業容拡大がもたらす影響について、当社グループが予め想定しな
         かった結果が生じた場合には、当社グループの財政状況及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
      5【経営上の重要な契約等】

        新たに締結した重要な契約は次のとおりであります。
       (1)有限会社ルートナインジー及び株式会社ハイドパークと資本・業務提携契約の締結及び第三者割当による株

          式取得
         当社は、平成30年1月12日付で有限会社ルートナインジー及び株式会社ハイドパーク(現在の株式会社ルート
        ナインジー)と資本・業務提携契約を締結し、また、平成30年1月31日付で有限会社ルートナインジーの第三者
        割当による新株式の発行に応募し、同社株式417株(同日現在における同社の発行済株式総数の約51%)を取得
        いたしました。詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表注記事項
        (企業結合等関係)」に記載のとおりであります。
       (2)株式会社クリエイト・ベイサイドの株式取得

         当社は、平成30年1月12日開催の取締役会において、株式会社イクスピアリから直営飲食事業を譲受け、同社
        が新設分割により設立する株式会社クリエイト・ベイサイドの全株式を取得することを決議し、同日付で株式譲
        渡契約を締結いたしました。これに基づき、平成30年3月1日付で当社は株式会社クリエイト・ベイサイドの全
        株式を取得しております。
         本株式取得の概要は、次のとおりであります。
        ①被取得企業の名称及び主な事業内容
         イ.名称      株式会社クリエイト・ベイサイド
         ロ.事業の内容   飲食店舖の運営
        ②株式取得を行った主な理由
          当社は、株式会社イクスピアリが経営・運営する複合商業施設「イクスピアリ」において、当社グループが
         既に運営している飲食店舖もあることから、管理効率やシナジーの向上に資するものを選定した上で、それら
         既存店舗の一部を株式会社イクスピアリが新設分割により設立する株式会社クリエイト・ベイサイドに移管・
         集約することで更なる企業価値の向上が図れると判断し、同社の株式を取得することといたしました。
        ③株式取得日
         平成30年3月1日
        ④株式取得の方法
         現金を対価とした株式取得
        ⑤株式取得後企業の名称
         株式取得後の企業名称に変更はありません。
                                 17/82







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        ⑥取得した議決権比率
         100.0%
        ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
         現金を対価とした株式取得による子会社化によるためであります。
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、提出日(平成30年5月30日)現在において当社グループが判断したものでありま
       す。
       (1)重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成
        されております。その作成には経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債や収益・費用の報告金額及び開
        示に影響を与える見積りを行わなければなりません。経営者は、これらの見積りについて、過去の実績等を勘案
        し合理的に判断しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合
        があります。
         当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5                                 経理の状況      1連結財務諸表等         (1)連結財
        務諸表    注記事項     (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しております。
       (2)当連結会計年度の財政状態の分析

         当連結会計年度末の資産は、              72,222百万円      (前連結会計年度比         1.2%増    )となりました。この主な要因は、現
        金及び預金が      2,906百万円      増加した一方で、無形固定資産が               1,321百万円      減少したこと等によるものであります。
         当連結会計年度末の負債は、               45,674百万円      (前連結会計年度比         0.0%増    )となりました。この主な要因は、短
        期借入金が     3,000百万円      増加した一方で、1年内返済予定の長期借入金が                       1,175百万円      、長期借入金が       1,533百万
        円 減少したこと等によるものであります。
         当連結会計年度末の純資産は、                26,548百万円      (前連結会計年度比         3.3%増    )となりました。この主な要因は、
        利益剰余金が      1,416百万円      増加したこと等によるものであります。
       (3)当連結会計年度の経営成績の分析

         当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境の改善等を背景に、緩やかな回復基調が続いてい
        るものの、米国大統領の政策動向や北朝鮮情勢など海外における地政学的リスクの高まり等の影響が懸念される
        など、先行き不透明な状況で推移しました。
         外食産業におきましては、物流費の上昇に伴う原材料価格の高止まりや、長引く人手不足による人件費の上昇
        に加え、天候不順の影響等もあり、引き続き厳しい経営環境が続いております。
         こうした環境の中、当社グループは、商業施設や繁華街・駅前、郊外ロードサイド立地へそれぞれの専門業態
        を計画的に出店したほか、新コアコンセプトブランドの開発及び出店、業態変更や既存店舗の改装を戦略的に実
        施した一方、一括受託していたフードコートの定期借家契約満了に伴う撤退や不採算店舗を積極的に前倒して閉
        店したこと等により、グループ全体では68店舗の新規出店、63店舗の撤退を実施した結果、当連結会計年度末に
        おける業務受託店舗等を含む連結店舗数は863店舗となりました。
         以上の結果、当連結会計年度における連結業績は、売上高                           116,567百万円       (前連結会計年度比         2.7%増    )、営業
        利益  6,413百万円      (前連結会計年度比         9.5%増    )、経常利益      6,894百万円      (前連結会計年度比         8.6%増    )、親会社株
        主に帰属する当期純利益           2,501百万円      (前連結会計年度比         24.0%減    )となりました。
       (4)キャッシュ・フローの状況

         キャッシュ・フローの状況につきましては、1[業績等の概要]に記載しております。
                                 18/82



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (5)経営成績に重要な影響を与える要因について
         当社グループの事業領域である外食業界全般では残留農薬や鳥インフルエンザ、BSE等の食材リスクの顕在
        化や、調理済食材や惣菜を家庭に持ち帰って食する中食との競合、外食店舗のオーバーストア傾向による外食店
        舗同士の過当競争等による需要減退の影響があります。また、個別店舗における食中毒事故等を起こした場合に
        は、食品等の廃棄処分、営業許可の取り消し、営業の禁止、若しくは一定期間の営業停止の処分、被害者からの
        損害賠償請求、信用力低下等により、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
       (5)経営戦略の現状と見通し

         当社グループは「スピード、クリエイティブ、チャレンジ」という経営理念に基づき、業態、メニュー、サー
        ビス、雰囲気、価格帯等、立地特性に応じたレストランに対するお客様の様々なニーズにスピーディーにお応え
        するだけでなく、ニーズを先取りしたクリエイティブなレストラン・フードコートの提案にチャレンジすること
        を通じて、豊かな食生活への貢献を目指してまいります。
         今後の見通しにつきましては、国内の経済状況は、企業収益や雇用環境の改善等を背景に、緩やかな回復基調
        が続いているものの、米国大統領の政策動向や北朝鮮情勢など海外における地政学的リスクの高まり等の影響が
        引き続き懸念されるなど、依然予断の許さない状況が続くものと思われます。
         外食業界におきましても、訪日外国人のインバウンド需要が下支えするものの、物流費の上昇に伴う原材料価
        格の高止まりや、長引く人手不足による人件費の上昇に加え、競合他社のみならず中食をはじめとする他業種他
        業態との競争の激化等、今後も厳しい経営環境が続くと予想されます。
         このような環境の中、当社グループは『グループ連邦経営』の強みである消費者ニーズ等に対する変化対応力
        をさらに進化させるべく、引き続き新しいコンセプトブランドの開発、業態変更や改装の実施による既存事業の
        収益性の向上に取り組み、事業基盤の強化を図ってまいります。また、M&Aにおきましても、引き続き積極的
        に検討を行い、更なる企業価値の向上を目指してまいります。
         また、当社は、国内外のM&Aやグローバルな事業展開を積極的に推進しており、その経営基盤整備の一環と
        して、資本市場における国際的な比較可能性の向上並びにグループ内の会計基準の統一による経営管理の最適化
        等を目的として、平成31年2月期末より国際財務報告基準(IFRS)を任意適用することとしております。
                                 19/82












                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】

      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度においては、販売の拡充を目的として店舗展開のための設備投資を継続的に実施しております。
        当連結会計年度の設備投資等の総額は6,037百万円(差入保証金を含む)であります。当社グループにおける報告
       セグメントは、店舗による飲食事業のみであるため、セグメント別の設備投資等の概要については記載しておりま
       せん。
      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
                                                平成30年2月28日現在
                                  帳簿価額(百万円)
        事業所名
                                                       従業員数
                 設備の内容
                                                       (人)
        (所在地)
                       建物及び           工具、器具       土地
                            機械及び
                                             その他      合計
                             装置
                       構築物           及び備品     (面積㎡)
     本社                                    1,143                118
                  本社       595           31           0    1,770
                                -
                                      ( 1,060.06    )             [ 5 ]
     (東京都品川区)
                                                          -
     店舗(東京都港区)他            店舗等       6,166       38     742           251     7,199
                                           -
                                                        [ - ]
      (注)  1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.従業員の[外書]は、1日8時間換算の臨時従業員数であります。
        3.店舗設備はすべて連結子会社に賃貸しております。
       (2)国内子会社

                                                平成30年2月28日現在
                                   帳簿価額(百万円)
              事業所名     設備の
                                                       従業員数
        会社名
                                                       (人)
              (所在地)      内容
                       建物及び              土地    リース
                            機械及び    工具、器具
                                              その他     合計
                             装置    及び備品
                        構築物             (面積㎡)      資産
               店舗
                                                         -
     SFPホールディン         (東京都
                   店舗等     6,787      -   1,068          107     476    8,439
                                        -
                                                        [ - ]
     グス株式会社
               新宿区)
                他
               店舗
                                      1,744
     株式会社KRフード                                                   616
               (大阪府
                                      (
                   店舗等     5,101     170     372         734       806      8,930
     サービス                                                  [1,835]
               吹田市)
                                     4,931.16)
                他
      (注)  1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.従業員の[外書]は、1日8時間換算の臨時従業員数であります。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
                                                平成30年2月28日現在
                              投資予定額(百万円)
                                                       完成後の
                                        資金調達
                事業所名
                                                       増加能力
        会社名                 設備の内容                     着手年月     完成予定年月
                (所在地)
                                         方法
                                                        (店舗)
                               総額    既支払額
                 店舗                       借入金
     提出会社                    店舗等       1,290      190       平成30年1月     平成30年11月         19
              (東京都千代田区)他                          自己資金
                 店舗
     SFPホールディ
                         店舗等       475     121   自己資金    平成30年2月     平成30年4月         6
     ングス株式会社         (東京都千代田区)他
                 店舗
     株式会社KRフー
                         店舗等       318     29  自己資金    平成29年12月     平成30年12月         3
     ドサービス         (神奈川県大和市)他
      (注)   投資予定額には、差入保証金を含んでおります。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 20/82



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】

      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    190,800,000

                  計                                   190,800,000

        ②【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在

                                  上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                   商品取引業協会名
               (平成30年2月28日)          (平成30年5月30日)
                                   東京証券取引所
       普通株式           94,722,642          94,722,642                   単元株式数100株
                                     (一部)
         計         94,722,642          94,722,642          -            -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     平成26年9月1日
                  21,049,476       31,574,214            ―     1,012         ―     1,224
     (注)1
     平成28年3月1日
                  63,148,428       94,722,642            ―     1,012         ―     1,224
     (注)2
      (注)   1.平成26年9月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。
        2.平成28年3月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。
                                 21/82







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (6)【所有者別状況】
                                                平成30年2月28日現在
                       株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
       区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
     株主数
               -     22     13     473     103     134   106,850     107,595        -
     (人)
     所有株式数
               -   47,316      1,942    472,347      20,107       811   404,624     947,147       7,942
     (単元)
     所有株式数
               -    5.00     0.20     49.87      2.12     0.09     42.72     100.00        -
     の割合(%)
      (注) 自己株式333,275株は、「個人その他」に3,332単元及び「単元未満株式の状況」に75株を含めて記載して
         おります。
       (7)【大株主の状況】

                                                平成30年2月28日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                   所有株式数の
                                                    割合(%)
                                             44,163,000          46.62
     株式会社後藤国際商業研究所                東京都港区高輪四丁目5番17号
                                             2,682,000          2.83

     株式会社ユリッサ                東京都港区南青山四丁目17番40号
                                             2,387,700          2.52

     岡本 晴彦                東京都港区
                                             1,215,000          1.28

     川井 潤                東京都世田谷区
     日本トラスティ・サービス信託

                                             1,011,600          1.07
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口5)
                                              846,000         0.89

     岡本 梨紗子                東京都港区
                                              846,000         0.89

     岡本 侑里子                東京都港区
     日本トラスティ・サービス信託

                                              774,900         0.82
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口1)
     日本トラスティ・サービス信託

                                              731,100         0.77
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口2)
     ビービーエイチ フオー フイ

     デリテイ ロー プライスド 
                     245  SUMMER    STREET    BOSTON,    MA  02210
     ストツク フアンド(プリンシ
     パル オール セクター サブ                U.S.A.                         699,500         0.74
     ポートフオリオ)(常任代理
                     (東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)
     人 株式会社三菱東京UFJ銀
     行決済事業部)
                                             55,356,800          58.44

            計                   -
      (注) 上記のほか、自己株式が333,275株あります。
                                 22/82





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                平成30年2月28日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     -          -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                     -          -             -

     議決権制限株式(その他)                     -          -             -

                     普通株式       333,200

     完全議決権株式(自己株式等)                               -             -
                                          権利内容に何ら限定のない当社に
                     普通株式      94,381,500
     完全議決権株式(その他)                                943,815
                                          おける標準となる株式
                     普通株式              7,942
     単元未満株式                               -      一単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                     94,722,642          -             -

     総株主の議決権                     -           943,815            -

        ②【自己株式等】

                                                平成30年2月28日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
                                                    総数に対する
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                    所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     株式会社クリエイト・
                  東京都品川区東五反田
     レストランツ・                            333,200       -       333,200        0.35
                  五丁目10番18号
     ホールディングス
           計             -          333,200       -       333,200        0.35
       (9)【ストックオプション制度の内容】

          該当事項はありません。
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】
          該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
                                 23/82





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                            当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                  (円)                  (円)
     引き受ける者の募集を行った取得
                              ―         ―         ―         ―
     自己株式
     消去の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他                         ―         ―         ―         ―
     保有自己株式数                      333,275            ―      333,275            ―

      (注)   当期間における保有自己株式には、平成30年5月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式数は含めておりません。
      3【配当政策】

        当社は、株主への利益還元を経営上の重要政策と位置付け、業績や今後の事業展開等を勘案し、連結配当性向
       30%程度を目安として安定的な配当を行うことを基本方針としております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本としております。これらの剰余金の配当
       の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        また、内部留保資金につきましては、新規出店投資、人材育成及び内部管理体制強化のための設備投資等の原資
       とし、企業価値向上に努めてまいります。
        当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき当期の配当につきましては、1株当たり5.00円の中間配当
       を実施し、1株当たり5.00円の期末配当を実施することを決定いたしました。
        当事業年度における剰余金の配当は以下のとおりであります。
                   配当金の総額        1株当たり配当額
          決議年月日
                   (百万円)           (円)
        平成29年10月13日
                        471         5.00
          取締役会
        平成30年5月29日
                        471         5.00
         定時株主総会
        なお、当社は平成30年5月29日開催の第21期定時株主総会において、資本政策及び配当政策の機動的な遂行を図
       るため、剰余金の配当等を取締役会決議により行うことが可能となる定款の一部変更議案を付議し、承認されまし
       た。これにより、平成31年2月期より中間配当及び期末配当の決定機関は取締役会となります。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第17期         第18期         第19期         第20期         第21期

       決算年月        平成26年2月         平成27年2月         平成28年2月         平成29年2月         平成30年2月

                            1,740         3,445
       最高(円)             3,665                           1,140         1,373
                            ※5,220         ※1,148
                            1,215         1,517
       最低(円)             1,800                            850         890
                            ※3,645          ※505
      (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所(第一部)におけるものであります。
         2.第18期欄の最高・最低株価は、平成26年9月1日付で実施した、普通株式1株につき3株の割合での株式
           分割を考慮した額を記載しております。
           なお、第18期の※印は、当該株式分割調整前換算の最高・最低株価を記載しております。
         3.第19期欄の※印は、平成28年3月1日付で実施した、普通株式1株につき3株の割合での株式分割調整後
           換算の最高・最低株価を記載しております。
                                 24/82



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
        月別      平成29年9月          10月       11月       12月     平成30年1月          2月

       最高(円)           1,195       1,215       1,273       1,362       1,373       1,259

       最低(円)           1,088       1,103       1,181       1,213       1,171       1,133

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所(第一部)におけるものであります。
      5【役員の状況】

     男性8名 女性―名 (役員のうち女性の比率―%)
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              昭和55年4月      旭化成ホームズ株式会社入社
                              昭和57年9月      同社退社
                                 同    株式会社徳壽入社、専務取締役に
                                     就任
                              平成9年4月      当社の前身である株式会社ヨコス
                                     カ・ブルーイング・カンパニーを
                                     設立、代表取締役社長に就任
                              平成13年5月      株式会社徳壽(旧徳壽クリエイ
     代表取締役
            -    後藤 仁史      昭和32年7月5日                            (注)2      -
      会長
                                     ティブサービス株式会社)の代表
                                     取締役に就任
                              平成15年7月      当社代表取締役会長に就任(現
                                     任)
                              平成20年8月      株式会社後藤国際商業研究所代表
                                     取締役に就任(現任)
                              平成25年5月      株式会社イートウォーク代表取締
                                     役会長に就任
                              昭和62年4月      三菱商事株式会社入社
                              平成12年2月      同社より当社に出向、代表取締役
                                     専務に就任
                              平成13年5月      当社代表取締役副社長に就任
                              平成15年7月      三菱商事株式会社退社、当社入社
     代表取締役
            -    岡本 晴彦      昭和39年2月3日          同    当社代表取締役社長(現任)兼営              (注)2   2,387,700
      社長
                                     業本部長に就任
                              平成19年7月      株式会社クリエイト吉祥代表取締
                                     役に就任
                              平成22年10月      中國創造餐飲管理有限公司董事長
                                     に就任(現任)
                              昭和62年4月      株式会社日本興業銀行(現株式会
                                     社みずほ銀行)入行
                              平成14年4月      みずほ証券株式会社へ出向
                              平成15年8月      同社退社
                                 同    当社入社、取締役管理本部長に就
                                     任
                              平成16年6月      当社常務取締役管理本部長に就任
                              平成16年9月      当社  常務取締役管理グループ担
           管理本部
                                     当に就任
           管掌及び
     専務取締役            川井 潤      昭和38年10月7日        平成18年5月      当社専務取締役管理グループ担当              (注)2   1,215,000
           人事総務
                                     に就任
           本部管掌
                              平成20年3月      当社専務取締役管理本部担当に就
                                     任
                              平成22年9月      当社専務取締役管理本部担当兼海
                                     外営業本部担当に就任
                              平成28年1月      当社専務取締役管理本部担当及び
                                     人事総務本部管掌に就任
                              平成29年3月      当社専務取締役管理本部管掌及び
                                     人事総務本部管掌に就任(現任)
                                 25/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式数
      役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                               平成5年4月      三菱商事株式会社入社
                               平成14年1月      同社より当社に出向、経営企画
                                     室長に就任
                               平成15年8月      当社取締役サポートセンター統
                                     括マネージャーに就任
                               平成16年9月      当社取締役経営企画担当マネー
                                     ジャーに就任
                               平成16年11月      当社取締役人事担当に就任
                               平成17年2月      三菱商事株式会社退社、当社入
                                     社
                               平成17年6月      当社取締役人事総務グループ担
                                     当に就任
                               平成20年3月      当社取締役人事総務本部担当に
           海外営業
                                     就任
      取締役           田中 孝和      昭和43年5月21日                           (注)2    450,000
           本部担当
                               平成23年1月      当社取締役海外営業本部担当に
                                     就任(現任)
                               平成23年2月      create   restaurants     asia  Pte.
                                     Ltd.  Director(CEO)に就任(現
                                     任)
                               平成23年3月      上海創思餐飲管理有限公司董事
                                     長に就任
                               平成24年7月      香港創造餐飲管理有限公司董事
                                     長に就任(現任)
                               平成26年10月      台湾創造餐飲股份有限公司董事
                                     長に就任(現任)
                               平成28年3月      Create   Restaurants     NY Inc.
                                     Director(CEO)に就任(現任)
                               平成5年4月      伊藤忠商事株式会社入社
                               平成19年7月      株式会社サンマルクホールディ
                                     ングス入社
                               平成20年4月      株式会社サンマルクチャイナ代
                                     表取締役に就任
                               平成21年4月      株式会社サンマルクホールディ
                                     ングス取締役に就任
                               平成23年4月      同社常務取締役開発本部長に就
           開発本部
      取締役           島村 彰      昭和44年11月6日              任             (注)2     90,000
          兼商品部担当
                               平成24年3月      同社退社
                               平成24年5月      当社入社、顧問に就任
                                 同    当社取締役に就任
                               平成25年2月      当社取締役開発本部担当に就任
                               平成26年10月      当社取締役開発本部担当兼商品
                                     部担当に就任(現任)
                               平成27年8月      株式会社アールシー・ジャパン
                                     代表取締役社長に就任
                                 26/82








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
       役名     職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              昭和62年4月      日興證券株式会社入社
                              平成18年1月      当社入社
                              平成21年3月      当社内部統制システム推進室室
                                     長に就任
                              平成23年5月      当社常勤監査役に就任
                              平成25年5月      SFPダイニング株式会社社外
                                     監査役に就任
      取締役
            -    森本 裕文      昭和39年1月5日        平成27年6月      株式会社KRフードサービス監              (注)3      -
     (監査等委員)
                                     査役に就任(現任)
                              平成28年5月      当社取締役(監査等委員)に就
                                     任(現任)
                              平成29年5月      SFPダイニング株式会社(現
                                     SFPホールディングス株式会
                                     社)取締役(監査等委員)に就
                                     任(現任)
                              昭和54年4月      中央監査法人入所
                              昭和57年3月      公認会計士登録
                              昭和63年1月      中央監査法人
                                     カナダトロント事務所配属
                              平成4年10月      中央青山監査法人社員就任
                              平成17年7月      クリフィックス税理士法人代表
                                     社員に就任
                              平成24年5月      当社社外監査役に就任
      取締役
            -    根本 博史      昭和31年9月2日        平成27年1月      クリフィックス税理士法人シニ              (注)3      -
     (監査等委員)
                                     ア・アドバイザーに就任(現
                                     任)
                              平成27年1月      根本公認会計士事務所所長に就
                                     任(現任)
                              平成28年5月      当社取締役(監査等委員)に就
                                     任(現任)
                                 同    株式会社ジャストシステム社外
                                     取締役に就任(現任)
                              昭和54年10月      司法試験合格
                              昭和57年4月      東京地方検察庁 検事任官
                              昭和63年3月      東京地方検察庁 特別捜査部
                              平成3年3月      千葉地方検察庁 検事
                              平成5年3月         同    検事退官
                              平成5年4月      第一東京弁護士会にて弁護士登
                                     録
      取締役
            -    大木 丈史      昭和29年4月3日                            (注)3      -
     (監査等委員)
                              平成6年9月      大木丈史法律事務所設立
                              平成17年4月      垣鍔法律事務所と合併し
                                     東京ウィル法律事務所設立(現
                                     任)
                              平成25年5月      当社社外監査役に就任
                              平成28年5月      当社取締役(監査等委員)に就
                                     任(現任)
                             計                         4,142,700
      (注)   1.根本博史及び大木丈史の2名は、監査等委員である社外取締役であります。
        2.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、平成30年5月29日開催の定時株主総会の終結の時か
          ら1年間であります。
        3.監査等委員である取締役の任期は、平成30年5月29日開催の定時株主総会の終結の時から2年間でありま
          す。
        4.当社は監査等委員会設置会社であります。監査等委員会の体制は次のとおりであります。
          委員長 森本裕文、委員 根本博史、委員 大木丈史。
        5.当社では、迅速な業務執行を目的として、執行役員制度を導入しております。執行役員は、石井克二、池田
          宏、川口清司の3名で構成されております。
                                 27/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、企業責任を果たし、且つ、企業価値を継続的に高めていくため、「公正且つ透明な経営」「迅速且つ
        的確な経営及び執行判断」をなし得るコーポレート・ガバナンス体制の構築が不可欠と考えております。
        ① 企業統治の体制

         イ.企業統治の体制の概要
           当社は、平成28年5月27日開催の第19期定時株主総会において、監査等委員会設置会社への移行を内容と
          する定款の変更が決議されたことにより、同日付をもって監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移
          行しております。これは構成員の過半数を社外取締役とする監査等委員会を設置し、監査等委員である取締
          役に取締役会における議決権を付与することで、取締役会の監査・監督機能とコーポレート・ガバナンス体
          制の一層の強化を図ることを目的としたものであります。また会社の機関としては、会社法に規定する株主
          総会、取締役会、監査等委員会、及び会計監査人を設置しております。なお、以下のコーポレート・ガバナ
          ンスの状況については、当有価証券報告書提出日現在のものを記載しております。
          (取締役会)
           当社の取締役会は、取締役8名(当社の取締役は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)9名以
          内、監査等委員である取締役5名以内とする旨定款に定めております。)、うち監査等委員である取締役3
          名(うち社外取締役2名)で構成されております。取締役会は、「迅速且つ的確な経営及び執行判断」を行
          うため、業務執行上の最高意思決定機関として原則毎月1回開催しており、法令上の規定事項その他経営の
          重要事項について審議及び決定を行っております。
          (監査等委員会)
           当社の監査等委員会は、監査等委員である取締役3名、うち監査等委員である社外取締役2名で構成され
          ております。監査等委員会は、「公正且つ透明な経営」の実現のため、経営や業務執行の監督・牽制機能を
          果たすべく、監査等に関する重要な事項について報告を受け、協議または決議を行っております。
         ロ.会社の機関及び内部統制の仕組み

                                 28/82











                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         ハ.当該体制を採用する理由
           当社は、取締役による迅速且つ的確な意思決定が行える体制と同時に業務執行の状況が監督できる体制が
          重要と考えており、取締役会は実質的な審議を行うことができる適切な規模とし、また、監査等委員である
          取締役が監査・監督する体制により、経営監視機能の面で十分な透明性と適法性が確保されていると判断し
          ているため、当該体制を採用しております。
         ニ.会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

           当社は海外営業本部、管理本部、開発本部及び人事総務本部等により運営されております。取締役若しく
          は執行役員は、部門責任者として各本部の業務を分掌しており、牽制機能が働く組織体制となっておりま
          す。また、グループ全体の運営においては、当社の取締役または使用人が、各事業会社の取締役または監査
          役に就任することで、各事業会社の業務を分掌しており、牽制機能が働く組織体制となっております。
           更に、当社は、社長直属の内部監査室を設置の上、専属担当者を配属し、グループ全体の業務遂行状況に
          ついてコンプライアンスに留意した内部監査を行っておりますが、平成30年6月より内部監査室をグループ監
          査室に改組し、子会社監査において更なる管理体制の強化を図ってまいります。また、当社は取締役会にお
          いて内部統制システム構築の基本方針を決定しており、当該基本方針に従い、法令遵守、リスク管理及び業
          務の適正を確保すべく、体制の整備と業務の執行を行っております。
         ホ.リスク管理体制の整備の状況

         (オペレーショナル・リスクへの対応)
           当社は外食事業を営んでいるため、店舗衛生管理は重要な課題と認識しております。そのため、食の安全
          安心推進室にて全店舗の衛生管理状況を把握するとともに、独立した第三者機関に定期的な衛生検査を委託
          する等、店舗衛生に対する管理体制を整備しております。
         (コンプライアンス・リスクへの対応)
           当社は、チーフ・コンプライアンス・オフィサー及び複数のコンプライアンス・オフィサーからなるコン
          プライアンス委員会を組織しており、定期的な会合のほか、必要に応じて随時コンプライアンス施策を協議
          しております。また、当社グループの子会社においてもコンプライアンスに対する意識改革として、コンプ
          ライアンス教育の徹底を図るとともに、従業員からの相談窓口としてコンプライアンス相談窓口及び顧問弁
          護士宛の内部通報窓口を設置した上で、制度を有効に機能するよう継続的に取り組む等、コンプライアン
          ス・リスクの抑制に努める体制を整えております。
         (その他のリスク管理及び包括的なリスク管理)
           当社は、業務執行上の最高機関としての取締役会の実効性を重視しております。具体的には、取締役会
          は、月次決算に基づく会計計数をモニターするとともに、個別の業務遂行上の事項のうち重要なものについ
          ては、取締役会規程及び職務権限規程に基づき担当部署より取締役会に上程させ、決議を得て実施させるも
          のとしております。
         ヘ.責任限定契約の内容の概要

           当社と取締役(業務執行取締役等である者を除く。)は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第
          423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額
          は、法令が定める額を上限としております。なお、当該責任限定が認められるのは、取締役(業務執行取締
          役等である者を除く。)がその職務を行うにつき善意であり且つ重大な過失がないときに限られておりま
          す。
        ② 内部監査及び監査等委員会監査の状況

           当社は、内部監査部門として、社長直属の内部監査室を設置し、室長以下4名において作成した年間の監
          査計画に基づき、往査または書面により内部監査を行います。内部監査室長は当該監査終了後、監査報告書
          を作成、社長に提出し、その承認をもって結果を被監査部門に通知いたします。その後、被監査部門長より
          指摘事項にかかる改善状況について報告を受け、状況の確認を行います。
           監査等委員会監査につきましては、監査等委員会が年間の監査方針を立案後、実施計画を作成しておりま
          す。監査にあたっては、議事録、稟議書、契約書、取引記録書類の査閲を行うとともに、関係者へのヒアリ
          ング、会計監査人の会計監査への立会、実地調査並びに取締役会ほか社内の重要会議への出席を実施してお
          ります。期末監査終了後は、監査法人と意見交換を行い、監査報告書を作成、社長に提出し、定時株主総会
          の席上で、監査報告を行っております。
                                 29/82


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
           監査等委員である取締役は、会計監査人と監査業務に関し適宜情報・意見交換等を行い、また内部監査担
          当者は、内部監査に関し適宜監査等委員である取締役へ報告を行う等、相互に連携をとり監査業務にあたっ
          ております。
        ③ 会計監査の状況

           当社は、会計監査については、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結しており、法定監査の他、会
          計上の課題について随時確認を行い、適正な処理を行っております。
           当期において、会計監査業務を執行した公認会計士は広瀬勉、石田義浩の2名であります。その他に公認
          会計士17名、その他の者13名が補助者として当期の会計監査業務に携わっております。
        ④ 社外取締役

           当社の社外取締役は2名、うち監査等委員である社外取締役は2名(2名ともに独立社外取締役)であり
          ます。
           社外取締役根本博史氏は、クリフィックス税理士法人の公認会計士及び税理士として財務及び会計に関す
          る相当程度の知見を有しております。
           社外取締役大木丈史氏は、東京ウィル法律事務所の弁護士として企業法務に精通しており、専門的知識や
          豊富な実績を有しております。
           なお、根本博史氏及び大木丈史氏は、当社との間に特別な利害関係はなく、一般株主と利益相反が生じる
          おそれがないと考えられることから、当社は根本氏及び大木氏を東京証券取引所の定めに基づく独立役員と
          して指定し、同取引所に届け出ております。
           社外取締役は取締役会及び監査等委員会に出席しており、それぞれ専門的な立場からの指導・提言を行う
          ほか、経営や業務執行の監査・監督を行い、経営の透明性や適法性の確保を通じてコーポレート・ガバナン
          スの強化・充実を図っております。
           なお当社は、社外取締役を選任するための独立性については、会社法上の社外取締役の要件や株式会社東
          京証券取引所の定める独立性基準等を考慮し判断しております。
           なお、内部監査及び会計監査との連携については、「② 内部監査及び監査等委員会監査の状況」に記載
          のとおりであります。
        ⑤ 役員報酬の内容

         イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額(百万円)

                                                   対象となる
                   報酬等の総額
          役員区分                                         役員の員数
                    (百万円)
                                 ストック
                                                    (人)
                           基本報酬              賞与     退職慰労金
                                オプション
     取締役(監査等委員を除
     く。)
                       170      170       ―      ―      ―     5
     (社外取締役を除く。)
     取締役(監査等委員)
                        9      9       ―      ―      ―     1
     (社外取締役を除く。)
     社外役員                   7      7       ―      ―      ―     2
      (注)1.取締役(監査等委員を除く。)の報酬額は、平成28年5月27日開催の第19期定時株主総会において、年額
           200百万円以内(ただし使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。
         2.取締役(監査等委員)の報酬額は、平成28年5月27日開催の第19期定時株主総会において、年額20百万円
           以内と決議いただいております。
         ロ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

           株主総会の決議に基づく報酬限度額の範囲内で、職務、実績等を総合的に判断し決定しております。報酬
          限度額につきましては、平成28年5月27日開催の第19期定時株主総会において、取締役(監査等委員である
          取締役を除く。)を年額200百万円以内(ただし、使用人分給与は含まない。)、監査等委員である取締役を
          年額20百万円以内とすることを決議しております。
                                 30/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        ⑥ 株式の保有状況
         イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           該当事項はありません。
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

           該当事項はありません。
         ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並

          びに当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
           該当事項はありません。
        ⑦ 取締役の定数

           当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、9名以内とし、この他監査等委員である取締役は
          5名以内とする旨定款に定めております。
        ⑧ 取締役の選任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
          る株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
           また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
        ⑨ 取締役会で決議できる株主総会決議事項

         イ.剰余金の配当等
           当社は、会社法第459条第1項の規定により、法令に特段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によら
          ず、取締役会の決議をもって定めることとする旨を定款に定めております。これは、機動的な資本政策及び
          配当政策を図ることを目的とするものであります。
         ロ.取締役の責任免除

           当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する
          取締役(取締役であったものを含む。)の責任を法令の限度において免除することができる旨定款に定めて
          おります。これは、取締役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果た
          しうる環境を整備することを目的とするものであります。
        ⑩ 株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定め
          ております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を
          行うことを目的とするものであります。
                                 31/82







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度

         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく          監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
                 報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)
        提出会社                 41           -           53           ▶
       連結子会社                 30           9          21           -

         計               72           9          74           ▶

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。 
         (当連結会計年度)
          当社は、監査公認会計士等に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務(非監査業務)として、
         国際財務報告基準(IFRS)の適用に係る当社に対する支援・助言業務を委託しております。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、当社の規模・特性・監査日数等を勘案
         したうえで決定しております。
                                 32/82











                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】

      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
       号 以下「連結財務諸表規則」という)に基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号 以下

       「財務諸表等規則」という)に基づいて作成しております。
        なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
       ます。
      (3)   当社の連結財務諸表及び財務諸表に掲記される科目その他の事項の金額については、従来、千円単位で記載し

       ておりましたが、当連結会計年度及び当事業年度より百万円単位で記載することに変更いたしました。
      2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年3月1日から平成30年2月
      28日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年3月1日から平成30年2月28日まで)の財務諸表について、有限
      責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保する為の特段の取組みについて

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
      適切に把握し、財務諸表等を適正に作成できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入している
      とともに、専門的情報を有する団体等が主催する研修会等への参加及び専門雑誌等の定期購読を行い、情報収集に努
      めております。また、将来の指定国際会計基準の適用に備え、体制の整備に取り組んでおります。
                                 33/82












                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
         ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年2月28日)              (平成30年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                          9,779              12,685
         現金及び預金
                                          2,619              2,614
         売掛金
                                            501              550
         原材料及び貯蔵品
                                            704              768
         繰延税金資産
                                          2,162              1,409
         その他
                                          15,766              18,028
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          37,755              40,332
           建物及び構築物
                                         △ 18,024             △ 19,994
             減価償却累計額
                                        ※2  19,731            ※2  20,337
             建物及び構築物(純額)
                                          1,098              1,075
           機械及び装置
                                          △ 854             △ 905
             減価償却累計額
                                            243              170
             機械及び装置(純額)
                                          6,578              7,106
           工具、器具及び備品
                                         △ 3,927             △ 4,656
             減価償却累計額
                                        ※2  2,650            ※2  2,449
             工具、器具及び備品(純額)
           リース資産                                1,485              1,576
                                          △ 631             △ 734
             減価償却累計額
                                            853              842
             リース資産(純額)
                                        ※2  3,144
           土地                                              3,144
                                            504              213
           建設仮勘定
                                             ▶              8
           その他
                                            △ ▶             △ 8
             減価償却累計額
                                             0              0
             その他(純額)
                                          27,128              27,157
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          14,422              13,166
           のれん
                                          1,776              1,710
           その他
                                          16,199              14,877
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          ※1  324            ※1  329
           投資有価証券
           長期前払費用                                1,519              1,401
                                          1,096               966
           繰延税金資産
                                          9,322              9,451
           差入保証金
                                            16              19
           その他
                                            △ 8             △ 8
           貸倒引当金
                                          12,270              12,159
           投資その他の資産合計
                                          55,597              54,194
         固定資産合計
                                          71,364              72,222
       資産合計
                                 34/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年2月28日)              (平成30年2月28日)
      負債の部
       流動負債
                                          2,635              2,641
         買掛金
                                                        3,000
         短期借入金                                  -
                                           530              510
         1年内償還予定の社債
                                        ※2  6,293
                                                        5,118
         1年内返済予定の長期借入金
                                           232              172
         リース債務
                                        ※2  3,257            ※2  2,722
         未払金
                                          2,004              2,001
         未払費用
                                          1,001              1,865
         未払法人税等
                                           946              591
         未払消費税等
                                           596              620
         賞与引当金
                                           298              266
         ポイント引当金
                                           287              364
         株主優待引当金
         店舗閉鎖損失引当金                                  52              22
         資産除去債務                                  188              201
                                           539              592
         その他
                                         18,864              20,691
         流動負債合計
       固定負債
                                          2,560              2,050
         社債
                                         19,270              17,736
         長期借入金
                                           635              630
         リース債務
                                           45
         役員退職慰労引当金                                                 -
                                           592              635
         退職給付に係る負債
                                          2,304              2,658
         資産除去債務
                                           833              727
         繰延税金負債
                                         ※2  556
                                                         545
         その他
                                         26,798              24,983
         固定負債合計
                                         45,662              45,674
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                          1,012              1,012
         資本金
                                          4,530              3,792
         資本剰余金
                                         13,531              14,947
         利益剰余金
                                          △ 20             △ 20
         自己株式
                                         19,053              19,732
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                            0              0
         繰延ヘッジ損益
                                           467              486
         為替換算調整勘定
                                          △ 14             △ 21
         退職給付に係る調整累計額
                                           453              465
         その他の包括利益累計額合計
                                          6,194              6,350
       非支配株主持分
                                         25,701              26,548
       純資産合計
                                         71,364              72,222
      負債純資産合計
                                 35/82





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
           【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
                                         113,525              116,567
      売上高
                                         32,823              33,533
      売上原価
                                         80,701              83,034
      売上総利益
                                       ※1  74,844            ※1  76,620
      販売費及び一般管理費
                                          5,857              6,413
      営業利益
      営業外収益
                                           12              10
       受取利息
                                           561              598
       協賛金収入
                                           178              171
       その他
                                           752              780
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           221              185
       支払利息
                                           39              113
       その他
                                           260              299
       営業外費用合計
                                          6,348              6,894
      経常利益
      特別利益
                                           39              21
       店舗閉鎖損失引当金戻入額
                                                         972
       消費税等免除益                                    -
                                            0              2
       固定資産売却益
                                           11
                                                         -
       投資有価証券売却益
                                           52              996
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※2  68            ※2  138
       固定資産除却損
                                         ※3  674           ※3  1,391
       減損損失
                                           87              134
       その他
                                           831             1,664
       特別損失合計
                                          5,569              6,226
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,775              2,698
                                          △ 278              △ 29
      法人税等調整額
                                          1,496              2,669
      法人税等合計
                                          4,073              3,557
      当期純利益
                                           779             1,055
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                          3,293              2,501
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 36/82







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
           【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
                                          4,073              3,557
      当期純利益
      その他の包括利益
                                            1             △ 0
       繰延ヘッジ損益
                                          △ 45              19
       為替換算調整勘定
                                           △ 2             △ 7
       退職給付に係る調整額
                                        ※  △  46             ※  11
       その他の包括利益合計
                                          4,026              3,568
      包括利益
      (内訳)
                                          3,244              2,513
       親会社株主に係る包括利益
                                           782             1,055
       非支配株主に係る包括利益
                                 37/82
















                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自           平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
                                           (単位:百万円)
                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
                   1,012       4,576       11,431        △ 20      16,999
     当期首残高
     当期変動額
                                 △ 1,195              △ 1,195
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                  3,293              3,293
      る当期純利益
                                          △ 0      △ 0
      自己株式の取得
                                    2              2
      連結範囲の変動
      連結子会社に対する
                            1                      1
      持分変動に伴う資本
      剰余金の増減
      非支配株主との取引
                           △ 47                     △ 47
      に係る親会社の持分
      変動
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                           △ 45      2,100        △ 0      2,054
     当期変動額合計                -
                   1,012       4,530       13,531        △ 20      19,053
     当期末残高
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分        純資産合計
                              退職給付に係る       その他の包括利益
                繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                               調整累計額       累計額合計
                    △ 1      513       △ 9      502      5,494       22,996
     当期首残高
     当期変動額
                                                       △ 1,195
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                        3,293
      る当期純利益
                                                        △ 0
      自己株式の取得
                                                         2
      連結範囲の変動
      連結子会社に対する
                                                         1
      持分変動に伴う資本
      剰余金の増減
      非支配株主との取引
                                                        △ 47
      に係る親会社の持分
      変動
      株主資本以外の項目
                     1      △ 45       △ 5      △ 49       700       651
      の当期変動額(純
      額)
                     1      △ 45       △ 5      △ 49       700      2,705
     当期変動額合計
                     0      467       △ 14       453      6,194       25,701
     当期末残高
                                 38/82






                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)
                                           (単位:百万円)
                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
                   1,012       4,530       13,531        △ 20      19,053
     当期首残高
     当期変動額
                                 △ 1,085              △ 1,085
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                  2,501              2,501
      る当期純利益
      自己株式の取得                                            -
      連結範囲の変動                                            -
      連結子会社に対する
                           △ 676                     △ 676
      持分変動に伴う資本
      剰余金の増減
      非支配株主との取引
                           △ 60                     △ 60
      に係る親会社の持分
      変動
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                           △ 737      1,416               678
     当期変動額合計                -                      -
     当期末残高              1,012       3,792       14,947        △ 20      19,732
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分        純資産合計
                              退職給付に係る       その他の包括利益
                繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                               調整累計額       累計額合計
                     0      467       △ 14       453      6,194       25,701
     当期首残高
     当期変動額
                                                       △ 1,085
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                        2,501
      る当期純利益
      自己株式の取得                                                   -
      連結範囲の変動                                                   -
      連結子会社に対する
                                                        △ 676
      持分変動に伴う資本
      剰余金の増減
      非支配株主との取引
                                                        △ 60
      に係る親会社の持分
      変動
      株主資本以外の項目
                    △ 0       19       △ 7       11       155       167
      の当期変動額(純
      額)
                    △ 0       19       △ 7       11       155       846
     当期変動額合計
                     0      486       △ 21       465      6,350       26,548
     当期末残高
                                 39/82







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          5,569              6,226
       税金等調整前当期純利益
                                          4,312              4,395
       減価償却費
                                           674             1,391
       減損損失
                                           963              953
       のれん償却額
                                           △ 8
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                                  -
                                           153               23
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                           85             △ 32
       ポイント引当金の増減額(△は減少)
                                           174               77
       株主優待引当金の増減額(△は減少)
                                           △ ▶             △ 29
       店舗閉鎖損失引当金の増減額(△は減少)
                                           11             △ 45
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                           53              38
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                          △ 12             △ 10
       受取利息
                                           221              185
       支払利息
                                           △ 0              ▶
       固定資産売却損益(△は益)
                                           68              138
       固定資産除却損
                                          △ 97               8
       売上債権の増減額(△は増加)
                                           △ 8             △ 48
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                           35               0
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                           48             △ 145
       未払金の増減額(△は減少)
                                          △ 177               19
       未払費用の増減額(△は減少)
                                           239             △ 354
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                           △ 7
       投資有価証券売却損益(△は益)                                                  -
                                           440              530
       その他
                                         12,737              13,329
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    13              10
                                          △ 220             △ 186
       利息の支払額
                                         △ 2,478             △ 1,842
       法人税等の支払額
                                            2             576
       法人税等の還付額
                                         10,054              11,887
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 40/82









                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 0
       定期預金の預入による支出                                                  -
                                            5
       定期預金の払戻による収入                                                  -
                                         △ 7,366             △ 4,781
       有形固定資産の取得による支出
                                            0              6
       有形固定資産の売却による収入
                                          △ 237             △ 294
       資産除去債務の履行による支出
                                          △ 99             △ 73
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 350             △ 285
       長期前払費用の取得による支出
                                         △ 1,279              △ 741
       差入保証金の差入による支出
                                           307              408
       差入保証金の回収による収入
                                          △ 324              △ 5
       関係会社株式の取得による支出
                                           77              70
       関係会社株式の売却による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                                       ※2  18
                                           -
       る収入
                                         △ 9,266             △ 5,677
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -             3,000
       長期借入れによる収入                                  6,700              3,900
                                        △ 10,923              △ 6,608
       長期借入金の返済による支出
                                          △ 530             △ 530
       社債の償還による支出
                                          △ 163             △ 242
       リース債務の返済による支出
                                           △ 0
       自己株式の取得による支出                                                  -
                                                       △ 1,507
       連結子会社の自己株式取得による支出                                    -
                                         △ 1,196             △ 1,085
       配当金の支払額
                                           84              91
       非支配株主からの払込みによる収入
                                          △ 212             △ 253
       非支配株主への配当金の支払額
                                                        △ 91
                                           -
       その他
                                         △ 6,241             △ 3,327
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 31              24
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         △ 5,485              2,906
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         15,136               9,779
      現金及び現金同等物の期首残高
                                           127
      新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額                                                    -
                                        ※1  9,779            ※1  12,685
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 41/82








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
     (1)連結子会社の数            15 社
         連結子会社の名称
          株式会社クリエイト・レストランツ
          株式会社ルモンデグルメ
          株式会社イートウォーク
          SFPホールディングス株式会社
          株式会社YUNARI
          株式会社グルメブランズカンパニー
          株式会社KRフードサービス
          株式会社クリエイト・ダイニング
          SFPダイニング株式会社
          株式会社ハイドパーク
          有限会社ルートナインジー
          中國創造餐飲管理有限公司
          create    restaurants      asia   Pte.Ltd.
          香港創造餐飲管理有限公司
          台湾創造餐飲股份有限公司
          上記のうち、株式取得により有限会社ルートナインジー及び株式会社ハイドパークは、当連結会計年度より
         連結の範囲に含めております。
          当連結会計年度において、上海創思餐飲管理有限公司は、清算が結了したため、連結の範囲から除外してお
         ります。
     (2)非連結子会社の数 3社
         非連結子会社の名称
          Create    Restaurants      NY  Inc.
          HANARE    CHELSEA    LLC
          株式会社KRスーベニア
         連結の範囲から除いた理由
          非連結子会社は小規模であり、総資産、売上高、当期純損益及び利益剰余金等は連結財務諸表に重要な影響
         を及ぼしていないためであります。
     2.持分法の適用に関する事項

     (1)持分法適用の非連結子会社
         該当事項はありません。
     (2)持分法を適用していない非連結子会社
         非連結子会社 
          Create     Restaurants      NY  Inc.
          HANARE     CHELSEA    LLC
          株式会社KRスーベニア
         持分法の適用範囲から除いた理由
          持分法を適用しない非連結子会社は、いずれも当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う
         額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ重要性がないため持
         分法の適用範囲から除いております。
                                 42/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項
         中國創造餐飲管理有限公司、create                 restaurants      asia   Pte.Ltd.、香港創造餐飲管理有限公司、台湾創造餐飲
        股份有限公司の決算日は12月31日であります。
         なお、連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
     4.会計方針に関する事項

     (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
       ①  有価証券
        関連会社株式
         移動平均法による原価法
       ②  たな卸資産
        原材料及び貯蔵品
         主に先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)
       ③  デリバティブ
        時価法
     (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ①  有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。
         ただし、建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物は定額法
        を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                   15~50年
        建物
                   3~17年
        建物附属設備
                   10~50年
        構築物
                   3~17年
        機械及び装置
                   2~10年
        工具、器具及び備品
       ②  無形固定資産(リース資産を除く)

        定額法を採用しております。
         なお、ソフトウエア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によって
        おります。
       ③  リース資産
        a.所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
        b.所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。なお、所有権移転外ファイナン
        ス・リース取引のうち、リース取引開始日がリース取引に関する会計基準適用開始前のリース取引については、
        通常の賃貸借取引に準じた会計処理によっております。
       ④  長期前払費用
        定額法を採用しております。
         主な耐用年数は3~5年であります。
         ただし、契約期間に定めがあるものについては、その契約期間に基づく定額法によっております。
                                 43/82





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     (3)重要な引当金の計上基準
       ①  貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
       いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       ②  賞与引当金
        一部の連結子会社は、従業員に対する賞与の支給に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
       ③  ポイント引当金
        一部の連結子会社は、顧客に付与したポイント使用に備えるため、将来行使されると見込まれる額をポイント引
       当金として計上しております。
       ④  株主優待引当金
        株主優待制度に基づく費用の発生に備えるため、株主優待券の利用実績に基づいて、翌連結会計年度以降に発生
       すると見込まれる額を計上しております。
       ⑤  店舗閉鎖損失引当金
        店舗閉鎖による損失に備えて、翌連結会計年度以降に閉鎖が見込まれる店舗について、損失見積額を計上してお
       ります。
     (4)重要なヘッジ会計の方法
       ①  ヘッジ会計の方法
        為替予約については繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、振当処理の要件を満たす取引については、振当
       処理を採用しております。
        金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため、特例処理を採用しております。
       ②  ヘッジ手段とヘッジ対象
        ヘッジ手段       金利スワップ、為替予約
        ヘッジ対象       変動金利の借入金、外貨建予定取引
       ③  ヘッジ方針
        将来の為替変動及び金利変動によるリスク回避を目的として利用しており、リスクヘッジ目的以外の取引は行わ
       ない方針であります。
       ④  ヘッジ有効性評価の方法
        為替予約については、予約取引と同一通貨、同一金額、同一期日の為替予約を締結しているため、その後の為替
       相場の変動による相関関係は確保されており、決算日における有効性の評価を省略しております。
        また、金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため、決算日における有効性の評価を省略して
       おります。
     (5)退職給付に係る会計処理の方法
        一部の連結子会社は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務の見込額に基づ
       き、退職給付に係る負債を計上しております。退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末
       までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっております。
        数理計算上の差異については、発生の翌連結会計年度に一括して費用処理、もしくは各連結会計年度の発生時に
       おける従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連
       結会計年度から費用処理しております。
     (6)のれんの償却方法及び償却期間
        のれんの償却については、5~20年の定額法により償却を行っております。
     (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、随時引き出し可能な預金、容易に換金可能でありかつ価値の変動について僅少なリスクしか負わない
       取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
     (8)その他連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
        消費税等の会計処理
         消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 44/82



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (追加情報)
        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連結会
       計年度から適用しております。
      (連結貸借対照表関係)

       ※1.非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりであります。
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (平成29年2月28日)                   (平成30年2月28日)
     投資有価証券(株式)                            324  百万円                  329  百万円
       ※2.担保資産及び担保付債務

          担保に供されている資産は次のとおりであります。
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (平成29年2月28日)                   (平成30年2月28日)
     建物及び構築物                            782  百万円                  151  百万円
     工具、器具及び備品                             7                   2
     土地                           1,143                     -
            計                    1,932                    154
          担保付債務は、次のとおりであります。

                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (平成29年2月28日)                   (平成30年2月28日)
     1年内返済予定の長期借入金                            214  百万円                  - 百万円
     未払金                             60                   35
     長期未払金                             35                   -
            計                     311                    35
      (連結損益計算書関係)

       ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                         (自 平成28年3月1日                   (自 平成29年3月1日
                          至 平成29年2月28日)                   至 平成30年2月28日)
                                31,265                   32,139
     給与                              百万円                   百万円
                                14,888                   15,562
     賃借料
       ※2.固定資産除却損の内訳

                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                         (自 平成28年3月1日                   (自 平成29年3月1日
                          至 平成29年2月28日)                   至 平成30年2月28日)
     建物及び構築物                             46 百万円                  98 百万円
     その他                             21                   39
            計                     68                   138
                                 45/82






                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       ※3.減損損失
          連結会計年度において、減損損失を計上しており、その内容は以下のとおりであります。
          前連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

                                                     減損損失
                  場所                用途          種類
                                                    (百万円)
                                         建物及び構築物                 597
                                         工具器具備品                  56
         愛知県名古屋市他(37店舗)                        飲食事業         長期前払費用                  16
                                         リース資産                  2
                                         ソフトウェア                  1
                  合計                -          -              674
          当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として店舗を基本単位とし、また遊休資産等につ

         いては物件単位をグルーピングの最小単位としております。
          営業活動から生ずる損益が著しく低下した店舗及び閉鎖の決定した店舗について、当該店舗の資産グループ
         の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額674百万円を減損損失として特別損失に計上しております。
          当資産グループの回収可能価額は使用価値に基づき、将来キャッシュ・フローを4.9%で割り引いて算出して
         おります。なお、将来キャッシュ・フローがマイナス又は使用期間が短期の場合には、割引計算は行っており
         ません。
          当連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

                                                     減損損失
                  場所                用途          種類
                                                    (百万円)
                                         建物及び構築物                 965
                                         機械及び装置                  5
                                         工具器具備品                  72
         東京都豊島区他(43店舗)                        飲食事業
                                         長期前払費用                  11
                                         リース資産                  10
                                         その他                  8
                  -              飲食事業        のれん                 317
                  合計                -          -             1,391
          当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として店舗を基本単位とし、また遊休資産等につ
         いては物件単位をグルーピングの最小単位としております。
          営業活動から生ずる損益が著しく低下した店舗及び閉鎖の決定した店舗について、当該店舗の資産グループ
         の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
          また、のれんについては、想定していた収益が見込めなくなったことから、のれんの帳簿価額を回収可能価
         額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
          当資産グループの回収可能価額は使用価値に基づき、将来キャッシュ・フローを5.5%で割り引いて算出して
         おります。なお、将来キャッシュ・フローがマイナスまたは使用期間が短期の場合には、割引計算は行ってお
         りません。
                                 46/82






                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
     ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成28年3月1日              (自    平成29年3月1日
                             至   平成29年2月28日)               至   平成30年2月28日)
     繰延ヘッジ損益
                                     2 百万円               △0  百万円
       当期発生額
         税効果額                              △0                  0
       繰延ヘッジ損益
                                     1                △0
     為替換算調整勘定
                                   △60                  23
       当期発生額
      税効果額                               14                △4
      為替換算調整勘定                              △45                  19
     退職給付に係る調整額
       当期発生額                              △12                 △11
                                     7                △0
      組替調整額
       税効果調整前
                                    △4                △12
                                     1                 ▶
         税効果額
       退職給付に係る調整額
                                    △2                 △7
               その他の包括利益合計                    △46                  11
                                 47/82












                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
       前連結会計年度(自          平成28年3月1日 至           平成29年2月28日)
       1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                   期首株式数(株)           増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
     発行済株式
      普通株式      (注)1          31,574,214           63,148,428               -       94,722,642

          合計            31,574,214           63,148,428               -       94,722,642

     自己株式

      普通株式      (注)2           111,015           222,260             -        333,275

          合計              111,015           222,260             -        333,275

      (注)1.普通株式の発行済株式総数の増加63,148,428株は、株式分割による増加であります。
         2.   普通株式の自己株式の株式数の増加222,260株は、株式分割による増加222,030株及び単元未満株の買取に
           よる増加230株であります。
         3.当社は平成28年3月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を実施しております。
       2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

         該当事項はありません。
       3.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり
          決議         株式の種類                         基準日        効力発生日
                           (百万円)        配当額(円)
     平成28年5月27日
              (注)     普通株式            582      18.50    平成28年2月29日         平成28年5月30日
      定時株主総会
     平成28年10月13日
                   普通株式            613       6.50   平成28年8月31日         平成28年11月14日
       取締役会
      (注)当社は、平成28年3月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を実施しておりますが、1株当たり
         配当額は当該株式分割前の株式数を基準としております。
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり
        決議      株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                     (百万円)              配当額(円)
     平成29年5月30日
               普通株式          613   利益剰余金          6.50   平成29年2月28日         平成29年5月31日
      定時株主総会
                                 48/82








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自          平成29年3月1日 至           平成30年2月28日)
       1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                   期首株式数(株)           増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                94,722,642               -           -       94,722,642

          合計            94,722,642               -           -       94,722,642

     自己株式

      普通株式                 333,275             -           -        333,275

          合計              333,275             -           -        333,275

       2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

         該当事項はありません。
       3.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり
         決議        株式の種類                         基準日        効力発生日
                          (百万円)        配当額(円)
      平成29年5月30日
                  普通株式            613       6.50   平成29年2月28日         平成29年5月31日
       定時株主総会
      平成29年10月13日
                  普通株式            471       5.00   平成29年8月31日         平成29年11月13日
        取締役会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり
        決議      株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                     (百万円)              配当額(円)
     平成30年5月29日
               普通株式          471   利益剰余金          5.00   平成30年2月28日         平成30年5月30日
      定時株主総会
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自 平成28年3月1日                  (自 平成29年3月1日
                           至 平成29年2月28日)                  至 平成30年2月28日)
     現金及び預金勘定                            9,779   百万円               12,685   百万円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                              -                  -
     現金及び現金同等物                            9,779                  12,685
                                 49/82







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       ※2.株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳
        前連結会計年度(自          平成28年3月1日 至           平成29年2月28日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自          平成29年3月1日 至           平成30年2月28日)

         株式の取得により新たに有限会社ルートナインジー及び株式会社ハイドパークを連結したことに伴う連結開始
        時の資産及び負債の内訳並びに株式の取得価額と取得のための支出(純増)との関係は次のとおりであります。
         流動資産                        74百万円
         固定資産                         16
         のれん                         15
         流動負債                       △18
         固定負債                        △5
                                △32
         非支配株主持分
          株式の取得価額
                                 50
                                △68
         現金及び現金同等物
          差引:取得のための支出                       △18
                                 50/82















                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        3.重要な非資金取引の内容
         新たに計上した資産除去債務の額
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                         (自 平成28年3月1日                   (自 平成29年3月1日
                          至 平成29年2月28日)                   至 平成30年2月28日)
     資産除去債務の額                            581  百万円                  596  百万円
      (リース取引関係)

       (借主側)
       1.ファイナンス・リース取引
        所有権移転外ファイナンス・リース取引
       (1)リース資産の内容
         有形固定資産
          店舗における厨房設備等(工具、器具及び備品)であります。
       (2)リース資産の減価償却の方法
          連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(2)重要な減価償却資産の
         減価償却の方法」に記載のとおりであります。
      (金融商品関係)

       1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
           当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、銀行等金融機関からの借入により資金を
          調達しております。また、デリバティブ取引については、借入金の金利変動リスクを回避するために利用
          し、為替予約についても将来の為替変動リスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方
          針であります。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
           差入保証金については、主に、店舗賃借取引に伴うものであり、差入先の信用リスクに晒されております
          が、取引開始時に信用判定を行うとともに、契約更新時その他適宜契約先の信用状況の把握に努めておりま
          す。
           借入金の使途は主に設備投資資金であり、一部の長期借入金については、金利変動リスクに対して金利ス
          ワップ取引を実施して支払利息の固定化を実施しております。なお、デリバティブ取引については、内部規
          程に基づき、財務担当部門が決裁担当者の承認を得て行っております。
                                 51/82









                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       2.金融商品の時価等に関する事項
          連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
         ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注)2.参照)
         前連結会計年度(平成29年2月28日)
                         連結貸借対照表
                                    時価(百万円)          差額(百万円)
                         計上額(百万円)
          (1)現金及び預金                     9,779          9,779            -
          (2)売掛金                     2,619          2,619            -
          (3)差入保証金                     9,322          9,057          △265
             資産計                    21,721          21,456           △265
           長期借入金(*1)
                               25,564          25,810            245
             負債計                    25,564          25,810            245
           デリバティブ取引(*2)                       0          0          -
          (*1)1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
          (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
         当連結会計年度(平成30年2月28日)

                         連結貸借対照表
                                    時価(百万円)          差額(百万円)
                         計上額(百万円)
          (1)現金及び預金                    12,685          12,685            -
          (2)売掛金                     2,614          2,614            -
          (3)差入保証金                     9,451          9,215          △235
             資産計                    24,751          24,515           △235
           長期借入金(*1)
                               22,855          23,035            179
             負債計                    22,855          23,035            179
           デリバティブ取引(*2)                       0          0          -
          (*1)1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
          (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
        (注)   1.金融商品の時価の算定方法及びデリバティブ取引に関する事項

        資産
        (1)現金及び預金、(2)売掛金
           預金はすべて短期であり、売掛金についても短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいこと
          から、当該帳簿価額によっております。
        (3)差入保証金
           差入保証金の時価については、想定した賃借契約期間に基づき、相手先の信用リスクを加味した上で、そ
          の将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標に基づく利率で割り引いた現在価値により算定して
          おります。
        負債
         長期借入金
           長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引
          いて算定する方法によっております。一部の変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象と
          されており(下記「デリバティブ取引」参照)、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額
          を、同様の借入を行った場合に適用される合理的に見積られる利率で割り引いて算定する方法によっており
          ます。
        デリバティブ取引
         「デリバティブ取引関係」注記をご参照ください。
                                 52/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        (注)   2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                  (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                区分
                            (平成29年2月28日)                 (平成30年2月28日)
         投資有価証券                               324                 329
          上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価開示の対
         象としておりません。
        (注)   3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

        前連結会計年度(平成29年2月28日)
                                         1年超      5年超
                                   1年以内                   10年超
                                         5年以内      10年以内
                                  (百万円)                   (百万円)
                                        (百万円)      (百万円)
         現金及び預金                            9,779        -      -      -
         差入保証金                             140       -      -      -
           合計
                                     9,919        -      -      -
        差入保証金のうち、現時点において償還予定が確定していないものについては、記載をしておりません。
        当連結会計年度(平成30年2月28日)

                                         1年超      5年超
                                   1年以内                   10年超
                                         5年以内      10年以内
                                  (百万円)                   (百万円)
                                        (百万円)      (百万円)
         現金及び預金                           12,685        -      -      -
           合計
                                    12,685        -      -      -
        (注)   4.長期借入金の連結決算日後の返済予定額

        前連結会計年度(平成29年2月28日)
                             1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                               5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (百万円)                               (百万円)
                            (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
         長期借入金                6,293      4,705      4,193      2,807      2,932      4,631
        当連結会計年度(平成30年2月28日)

                             1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                               5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (百万円)                               (百万円)
                            (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
         長期借入金                5,118      4,774      3,421      3,546      2,401      3,593
      (有価証券関係)

     1.満期保有目的の債券
       前連結会計年度(平成29年2月28日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(平成30年2月28日)

        該当事項はありません。
     2.減損処理を行った有価証券

       前連結会計年度(平成29年2月28日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(平成30年2月28日)

        該当事項はありません。
      (デリバティブ取引関係)

       ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
                                 53/82


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       1.通貨関連
        前連結会計年度(平成29年2月28日)
                                    契約額等       契約額等のうち           時価
      ヘッジ会計の方法            取引の種類        主なヘッジ対象
                                   (百万円)       1年超(百万円)          (百万円)
               為替予約取引
       為替予約等の                     外貨建の
                買建
      繰延ヘッジ処理                     予定取引
                 ユーロ                         15        -         0
                  合計                      15        -         0

      (注)    時価の算定方法

         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
        当連結会計年度(平成30年2月28日)

                                    契約額等       契約額等のうち           時価
      ヘッジ会計の方法            取引の種類        主なヘッジ対象
                                   (百万円)       1年超(百万円)          (百万円)
               為替予約取引
       為替予約等の                     外貨建の
                買建
      繰延ヘッジ処理                     予定取引
                 ユーロ                          7        -         0
                  合計                       7        -         0

      (注)    時価の算定方法

         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
       2.金利関連

        前連結会計年度(平成29年2月28日)
                                    契約額等       契約額等のうち           時価
      ヘッジ会計の方法            取引の種類        主なヘッジ対象
                                   (百万円)       1年超(百万円)          (百万円)
               金利スワップ取引
       金利スワップ
                変動受取・
                           長期借入金
       の特例処理
                 固定支払
                                      10,706         9,087        (注)
      (注)    金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた

         め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
        当連結会計年度(平成30年2月28日)

                                    契約額等       契約額等のうち           時価
      ヘッジ会計の方法            取引の種類        主なヘッジ対象
                                   (百万円)       1年超(百万円)          (百万円)
               金利スワップ取引
       金利スワップ
                変動受取・
                           長期借入金
       の特例処理
                 固定支払
                                       9,087        7,557        (注)
      (注)    金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた

         め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                 54/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        一部の連結子会社は、確定給付年金制度及び給与規程に基づく退職一時金制度を採用しております。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成28年3月1日               (自 平成29年3月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
       退職給付債務の期首残高                                    775               853
        勤務費用                                     89               97
        利息費用                                     2               2
        数理計算上の差異の発生額                                     12               11
        退職給付の支払額                                    △26               △56
       退職給付債務の期末残高                                    853               907
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成28年3月1日            (自    平成29年3月1日
                                 至   平成29年2月28日)             至   平成30年2月28日)
       年金資産の期首残高                                   △240               △261
        期待運用収益                                   △5               △5
        数理計算上の差異の発生額                                    0              △0
        事業主からの拠出額                                   △19               △20
        退職給付の支払額                                    ▶              15
       年金資産の期末残高                                   △261               △272
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (平成29年2月28日)               (平成30年2月28日)
       積立型制度の退職給付債務                                    279               310
       年金資産                                   △261               △272
                                            18               37
       非積立型制度の退職給付債務                                    573               597
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                    592               635
       退職給付に係る負債                                    592               635

       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                    592               635
                                 55/82







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成28年3月1日               (自 平成29年3月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
       勤務費用                                     89               97
       利息費用                                     2               2
       期待運用収益                                    △5               △5
       数理計算上の差異の費用処理額                                     7              △0
       確定給付制度に係る退職給付費用                                     94               93
       (5)退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成28年3月1日            (自    平成29年3月1日
                                 至   平成29年2月28日)             至   平成30年2月28日)
       数理計算上の差異                                    △4              △12
       合計                                    △4              △12
       (6)退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (平成29年2月28日)               (平成30年2月28日)
       未認識数理計算上の差異                                     21               33
       合計                                     21               33
       (7)年金資産に関する事項

        ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年2月28日)               (平成30年2月28日)
       債券                                   71.7%               73.9%
       株式                                   24.1%               22.8%
       現金及び預金                                   3.5%               3.3%
       その他                                   0.5%                 ―
       合計                                  100.0%               100.0%
        ②長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
        多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (8)数値計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成28年3月1日               (自 平成29年3月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
       割引率                                   0.2%               0.2%
       長期期待運用収益率                                   2.2%               2.2%
                                 56/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
       1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度               当連結会計年度
                              (平成29年2月28日)               (平成30年2月28日)
         繰延税金資産(流動)
          リース債務                            22 百万円              0 百万円
          未払事業税                            87              134
          未払事業所税                            26               30
          賞与引当金                           206               214
          株主優待引当金                            88              112
          店舗閉鎖損失引当金                            13               7
          資産除去債務                            58               59
          前受収益                            68               69
          ポイント引当金                           105               92
                                     41               64
          その他
            小計
                                     718               785
                                     △3              △16
          評価性引当額
            合計
                                     715               768
         繰延税金負債(流動)
          未収事業税                           △10                -
            合計                            △10                -
         繰延税金資産・負債(流動)の純額                            704               768
         繰延税金資産(固定)
          減価償却超過額                           162               117
          減損損失                           288               280
          退職給付に係る負債                           186               196
          役員退職慰労引当金                            13               14
          資産除去債務                           703               807
          繰越欠損金                           836               771
          関係会社株式                           388               636
          長期前受収益                            50               53
          減価償却費                            26               18
          土地                            94               94
          未実現損益消去                            -              112
                                     116               116
          その他
            小計
                                    2,867               3,221
                                   △1,065               △1,371
          評価性引当額
            合計
                                    1,801               1,849
         繰延税金負債(固定)
          リース資産                           △30               △26
          資産除去債務に対応する除去費用                          △353               △447
          土地                          △458               △458
          商標権                          △555               △528
          為替換算調整勘定                          △140               △136
                                     -              △13
          その他
            合計                          △1,539               △1,610
         繰延税金資産・負債(固定)の純額                            262               239
                                 57/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と
        なった主要な項目別の内訳
                                前連結会計年度               当連結会計年度
                              (平成29年2月28日)               (平成30年2月28日)
         法定実効税率
                                    33.0   %            30.9   %
         (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目                           1.5               2.2
          受取配当金等永久に益金に算入されない
                                    △9.0               △4.1
          項目
          住民税均等割額                           1.0               0.8
          評価性引当額の増減額                          △4.6                5.1
          のれん償却額                           5.7               4.7
          連結子会社の適用税率差異                           0.2               2.4
          連結会社間相殺消去                           0.7               0.1
          税率変更による期末繰延税金資産の減額
                                     1.2               -
          修正
          減損損失                            -              1.6
          税額控除                          △2.8               △0.7
                                    △0.1               △0.1
          その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                            26.8               42.9
      (企業結合等関係)

       前連結会計年度 (自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度 (自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

       取得による企業結合
        1.企業結合の概要

        (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
                      有限会社ルートナインジー
             名   称
                      株式会社ハイドパーク
             事業の内容          飲食店舗の運営
         (注)平成30年3月1日付で株式会社ハイドパークを存続会社とする吸収合併(有限会社ルート
            ナインジー     は消滅法人)を行うとともに、同日付で株式会社ハイドパークは株式会社ルー
            トナインジーに商号変更いたしました。
        (2)企業結合を行った主な理由

            当社は、「海南鶏飯食堂」というブランド力、並びに創業者のアジア料理に対する高い専門性とクリ
           エイティビティを高く評価し、今後も同ブランドを積極的に展開すべく、店舗運営力の更なる向上及び
           コスト削減等のシナジー効果を創出することが可能であると考えております。また、本件の取組みは、
           本第三者割当増資によるジョイント・ベンチャーという形式をとることで、当社が推進する「グループ
           連邦経営」のインフラを通じて当社と創業者双方の強みを活かすことで、将来的な事業価値向上によ
           り、創業者の熱意を維持向上するとともに、「海南鶏飯食堂」を積極的に出店していくことで、当社の
           ポートフォリオの拡充を図るとともに、当社グループの企業価値の向上につながるものと判断し、同社
           の株式を取得することといたしました。
        (3)企業結合日

           平成30年1月31日(平成30年2月28日をみなし取得日としております)
        (4)企業結合の法的形式 

           現金を対価とした株式取得 
        (5)結合後企業の名称 

           結合後の企業名称に変更はありません。
        (6)取得した議決権比率 

                                 58/82


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
           51.04%
        (7)取得企業を決定するに至った主な根拠

           現金を対価とした株式取得による子会社化によるためであります。
        2.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

          取得の対価(現金)
                             50百万円
          取得原価                   50百万円
        3.主要な取得関連費用の内容及び金額

         アドバイザリー費用等 4百万円
        4.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

        (1)発生したのれんの金額
           15百万円
        (2)発生原因

           今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
        (3)償却方法及び償却期間

           5年間にわたる定額法
        5.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

          流動資産              74百万円
                       16   〃
          固定資産
                       91   〃
          資産合計
                       18   〃
          流動負債
                       5   〃
          固定負債
                       24   〃
          負債合計
      (資産除去債務関係)

       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       1.当該資産除去債務の概要
         店舗の賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
       2.当該資産除去債務の金額の算定方法

         使用見込期間を取得から3年から50年と見積り、割引率は国債の利回り等適切な指標に基づく利率により資産
        除去債務の金額を計算しております。
                                 59/82







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       3.当該資産除去債務の総額の増減
         当連結会計年度において、当社及び一部の連結子会社の資産の除去時点において必要とされる除去費用が、固
        定資産取得時における見積額を大幅に超過する見込みであることが明らかになったことから、見積りの変更によ
        る増加額を国債の利回りで割り引き、変更前の資産除去債務残高に382百万円加算しております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年3月1日                 (自 平成29年3月1日
                              至 平成29年2月28日)                 至 平成30年2月28日)
         期首残高                          2,060   百万円              2,492   百万円
         有形固定資産の取得に伴う増加額                           245                 214
         見積り変更に伴う増加額                           335                 382
         時の経過による調整額                           27                 26
         資産除去債務の履行による減少額                          △166                 △262
         その他の増減額                           △7                  5
         為替換算差額                           △2                  1
         期末残高                          2,492                 2,860
                                 60/82















                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
       前連結会計年度(自          平成28年3月1日 至           平成29年2月28日)
        当社グループは店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載を
       省略しております。
       当連結会計年度(自          平成29年3月1日 至           平成30年2月28日)

        当社グループは店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載を
       省略しております。
        【関連情報】

       前連結会計年度(自          平成28年3月1日 至           平成29年2月28日)
       1.製品及びサービスごとの情報

         単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
       2.地域ごとの情報

       (1)売上高
          本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
         載を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

         該当事項はありません。
       当連結会計年度(自          平成29年3月1日 至           平成30年2月28日)

       1.製品及びサービスごとの情報

         単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
       2.地域ごとの情報

       (1)売上高
          本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
         載を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

         該当事項はありません。
                                 61/82





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(自          平成28年3月1日 至           平成29年2月28日)
        当社グループは、店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載
       を省略しております。
       当連結会計年度(自          平成29年3月1日 至           平成30年2月28日)

        当社グループは、店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載
       を省略しております。
        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自          平成28年3月1日 至           平成29年2月28日)
        当社グループは、店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載
       を省略しております。
       当連結会計年度(自          平成29年3月1日 至           平成30年2月28日)

        当社グループは、店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載
       を省略しております。
        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自          平成28年3月1日 至           平成29年2月28日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自          平成29年3月1日 至           平成30年2月28日)

        該当事項はありません。
        【関連当事者情報】

       1.関連当事者との取引
       (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
        ①  連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
          前連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

           該当事項はありません。
       (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

        ①  連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
          前連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 62/82





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 平成28年3月1日                  (自 平成29年3月1日
                          至 平成29年2月28日)                  至 平成30年2月28日)
                                   206円   67銭               213円   98銭
     1株当たり純資産額
                                   34円   89銭               26円   50銭

     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後

                                   34円   61銭               26円   43銭
     1株当たり当期純利益金額
      (注) 1株当たり当期純利益金額、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであ

         ります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自 平成28年3月1日             (自 平成29年3月1日
                                 至 平成29年2月28日)             至 平成30年2月28日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                                     3,293             2,501

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                       ―             ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          3,293             2,501
      当期純利益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  94,389,372             94,389,367
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(百万円)                                     △27              △6

       (うち非支配株主持分(百万円))                                   (△27)              (△6)

      普通株式増加数(株)                                       ―             ―

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり

                                            ―             ―
     純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 63/82








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       ⑤【連結附属明細表】
        【社債明細表】
                              当期首残高       当期末残高       利率
        会社名          銘柄      発行年月日                          担保     償還期限
                              (百万円)       (百万円)       (%)
                        平成27年                              平成32年
                                 840       600
       提出会社       第1回無担保社債                              0.22    無担保社債
                                (240)       (240)
                        8月31日                              8月31日
                        平成28年                              平成38年
                                1,800       1,600
         〃      第2回無担保社債                              0.50    無担保社債
                                (200)       (200)
                        1月29日                              1月30日
                        平成28年                              平成35年
                                 430       360
         〃      第3回無担保社債                              0.36    無担保社債
                        1月29日         (70)       (70)              1月31日
       株式会社                 平成25年                              平成30年
                                  20       -
              第1回無担保社債                              0.59    無担保社債
                                 (20)       (-)
      YUNARI                  2月25日                              2月23日
                                3,090       2,560
        合計          -        -                   -     -      -
                                 (530)       (510)
      (注)    1.「当期末残高」欄の(内書)は、1年内の償還予定の金額であります。
        2.連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額の総額
             1年以内       1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
            (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
                 510         510         390         270         280
        【借入金等明細表】

                        当期首残高         当期末残高         平均利率
            区分                                       返済期限
                        (百万円)         (百万円)          (%)
     短期借入金                        -       3,000         0.279        -
     1年以内に返済予定の長期借入金                      6,293         5,118         0.682        -

     1年以内に返済予定のリース債務                       232         172         -      -

     長期借入金(1年以内に返済予定                                            平成31年3月27日~

                           19,270         17,736         0.655
     のものを除く)                                            平成38年1月30日
     リース債務(1年以内に返済予定                                            平成31年3月31日~

                            635         630         -
     のものを除く)                                            平成49年10月12日
     その他有利子負債                        -         -         -      -

            合計               26,432         26,658           -      -

      (注) 1.「平均利率」については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務
          を連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
        3.長期借入及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結貸借対照表日後5年内における1年
          ごとの返済予定額の総額は、以下のとおりであります。
                  1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内

         区分
                   (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
     長期借入金                  4,774           3,421           3,546           2,401
     リース債務                   301           90           47           46

        【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、
         資産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                 64/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (2)【その他】
          当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

     売上高(百万円)                    29,960          59,322          86,730         116,567

     税金等調整前四半期(当期)
                          2,127          3,664          4,449          6,226
     純利益金額(百万円)
     親会社株主に帰属する
                           914         1,617          1,793          2,501
     四半期(当期)
     純利益金額(百万円)
     1株当たり四半期(当期)
                           9.68         17.14          19.01          26.50
     純利益金額(円)
         (会計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
                           9.68          7.46          1.86          7.50
     (円)
                                 65/82















                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
         ①【貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年2月28日)              (平成30年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                          2,902              2,260
         現金及び預金
                                           410              401
         関係会社売掛金
                                            95              108
         前払費用
                                           164              228
         繰延税金資産
                                           608              697
         関係会社短期貸付金
                                           197               80
         1年内回収予定の関係会社長期貸付金
                                          1,803              1,728
         未収入金
                                          2,619              2,218
         関係会社未収入金
                                           540
         未収還付法人税等                                                 -
                                            10              23
         その他
                                          9,352              7,747
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※1  6,536
                                                         6,743
           建物
                                            14              19
           構築物
                                                          38
           機械及び装置                                 -
                                           797              773
           工具、器具及び備品
                                        ※1  1,143
                                                         1,143
           土地
                                           152              106
           建設仮勘定
                                          8,644              8,825
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                            76              91
           ソフトウエア
                                            8              10
           その他
                                            85              102
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          26,167              25,345
           関係会社株式
                                           597              319
           関係会社長期貸付金
                                           138              144
           長期前払費用
                                           835              806
           繰延税金資産
                                          2,791              2,838
           差入保証金
                                          30,530              29,454
           投資その他の資産合計
                                          39,259              38,382
         固定資産合計
       資産合計                                  48,612              46,129
                                 66/82






                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年2月28日)              (平成30年2月28日)
      負債の部
       流動負債
                                                         3,000
         短期借入金                                   -
                                          6,000              3,000
         関係会社短期借入金
                                            510              510
         1年内償還予定の社債
                                        ※1  5,608
                                                         4,527
         1年内返済予定の長期借入金
                                          1,058              1,021
         未払金
                                          3,390              3,513
         関係会社未払金
                                            72              88
         未払費用
                                                          550
         未払法人税等                                   -
                                          1,109               903
         関係会社預り金
                                            208              268
         株主優待引当金
                                            24               8
         店舗閉鎖損失引当金
                                            136              171
         資産除去債務
                                            265              249
         その他
         流動負債合計                                 18,385              17,813
       固定負債
                                          2,560              2,050
         社債
                                          16,049              15,106
         長期借入金
                                          1,265              1,341
         資産除去債務
                                            120              124
         その他
                                          19,995              18,623
         固定負債合計
                                          38,380              36,436
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                          1,012              1,012
         資本金
         資本剰余金
                                          1,224              1,224
           資本準備金
                                          3,351              3,351
           その他資本剰余金
                                          4,576              4,576
           資本剰余金合計
         利益剰余金
           その他利益剰余金
                                          4,663              4,125
             繰越利益剰余金
                                          4,663              4,125
           利益剰余金合計
                                           △ 20             △ 20
         自己株式
                                          10,231               9,693
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                             0              0
         繰延ヘッジ損益
                                             0              0
         評価・換算差額等合計
                                          10,231               9,693
       純資産合計
                                          48,612              46,129
      負債純資産合計
                                 67/82






                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
                                        ※2  5,515            ※2  5,470
      売上高
                                          1,758              1,548
      売上原価
                                          3,757              3,921
      売上総利益
                                      ※1 、 ※2  1,934           ※1 、 ※2  2,099
      販売費及び一般管理費
                                          1,822              1,822
      営業利益
      営業外収益
                                         ※2  15             ※2  8
       受取利息
                                         ※2  447            ※2  525
       受取配当金
                                           250              236
       協賛金収入
                                         ※2  39            ※2  14
       その他
                                           752              785
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         ※2  213            ※2  184
       支払利息
                                            ▶              7
       その他
                                           217              191
       営業外費用合計
                                          2,357              2,415
      経常利益
      特別利益
                                                         11
       店舗閉鎖損失引当金戻入額                                    -
                                                          0
       固定資産売却益                                    -
                                           139
                                                         -
       関係会社株式売却益
                                           139               12
       特別利益合計
      特別損失
                                           25               0
       固定資産売却損
                                           226              398
       減損損失
                                                         877
       関係会社株式評価損                                    -
                                         ※2  131
                                                         58
       その他
                                           383             1,335
       特別損失合計
                                          2,113              1,092
      税引前当期純利益
                                           108              580
      法人税、住民税及び事業税
                                           49             △ 35
      法人税等調整額
      法人税等合計                                     158              544
                                          1,954               547
      当期純利益
       【売上原価明細書】

                             前事業年度                  当事業年度
                          (自 平成28年3月1日                  (自 平成29年3月1日
                           至 平成29年2月28日)                  至 平成30年2月28日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分              金額(百万円)                  金額(百万円)
                     番号               (%)                  (%)
     Ⅰ  減価償却費
                                1,542      87.7           1,355      87.6
     Ⅱ  経費

                                 213     12.1            190     12.3
     Ⅲ  食材等仕入

                                  2     0.1             2     0.1
         当期売上原価                      1,758      100.0            1,548      100.0

                                 68/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自          平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
                                                  (単位:百万円)

                                   株主資本
                          資本剰余金              利益剰余金
                                     その他利益
                資本金                                自己株式     株主資本合計
                                      剰余金
                          その他資本     資本剰余金           利益剰余金
                     資本準備金
                           剰余金      合計           合計
                                      繰越利益
                                      剰余金
                  1,012     1,224     3,351     4,576     3,904     3,904      △ 20    9,472
     当期首残高
     当期変動額
                                      △ 1,195     △ 1,195          △ 1,195
      剰余金の配当
                                       1,954     1,954           1,954
      当期純利益
                                                   △ 0     △ 0
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                                        759     759     △ 0     759
     当期変動額合計              -     -     -     -
                  1,012     1,224     3,351     4,576     4,663     4,663      △ 20    10,231
     当期末残高
                 評価・換算差額等

                          純資産合計

                繰延ヘッジ     評価・換算
                 損益    差額等合計
                   △ 1     △ 1    9,470

     当期首残高
     当期変動額
                            △ 1,195
      剰余金の配当
                            1,954
      当期純利益
                             △ 0
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
                   1     1     1
      の当期変動額(純
      額)
                   1     1     760
     当期変動額合計
                   0     0   10,231
     当期末残高
                                 69/82









                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自         平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)
                                                  (単位:百万円)

                                   株主資本
                          資本剰余金              利益剰余金
                                     その他利益
                資本金                                自己株式     株主資本合計
                                      剰余金
                          その他資本     資本剰余金           利益剰余金
                     資本準備金
                           剰余金      合計           合計
                                      繰越利益
                                      剰余金
                  1,012     1,224     3,351     4,576     4,663     4,663      △ 20    10,231
     当期首残高
     当期変動額
                                      △ 1,085     △ 1,085          △ 1,085
      剰余金の配当
                                        547     547           547
      当期純利益
      自己株式の取得                                                   -
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                                       △ 537     △ 537          △ 537
     当期変動額合計              -     -     -     -                -
                  1,012     1,224     3,351     4,576     4,125     4,125      △ 20    9,693
     当期末残高
                 評価・換算差額等

                          純資産合計

                繰延ヘッジ     評価・換算
                 損益    差額等合計
                   0     0   10,231

     当期首残高
     当期変動額
                            △ 1,085
      剰余金の配当
                             547
      当期純利益
      自己株式の取得                        -
      株主資本以外の項目
                   △ 0     △ 0     △ 0
      の当期変動額(純
      額)
                   △ 0     △ 0    △ 538
     当期変動額合計
                   0     0    9,693
     当期末残高
                                 70/82









                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
       子会社株式
        移動平均法による原価法
     2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

       原材料
        先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)
     3.デリバティブの評価基準及び評価方法

       デリバティブ
        時価法
     4.固定資産の減価償却の方法

     (1)有形固定資産
        定率法を採用しております。
        ただし、建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物は定額法
       を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                    15~50年
        建物
                    3~17年
        建物附属設備
                    10~50年
        構築物
                    2~10年
        工具、器具及び備品
     (2)無形固定資産

        定額法を採用しております。
        なお、ソフトウエア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によってお
       ります。
     (3)長期前払費用
        定額法を採用しております。
        主な耐用年数は5年であります。
        ただし、契約期間に定めがあるものについては、その契約期間に基づく定額法によっております。
     5.引当金の計上基準

     (1)貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般の債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
     (2)株主優待引当金
        株主優待制度に基づく費用の発生に備えるため、株主優待券の利用実績に基づいて、翌事業年度以降に発生する
       と見込まれる額を計上しております。
     (3)店舗閉鎖損失引当金
        店舗閉鎖による損失に備えて、翌事業年度以降に閉鎖が見込まれる店舗について、損失見積額を計上しておりま
       す。
                                 71/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     6.ヘッジ会計の方法
     (1)ヘッジ会計の方法
        為替予約については繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、振当処理の要件を満たす取引については、振当
       処理を採用しております。
        金利スワップ取引については、特例処理の要件を満たしているため、特例処理を採用しております。
     (2)ヘッジ手段とヘッジ対象
        ヘッジ手段       金利スワップ、為替予約
        ヘッジ対象       変動金利の借入金、外貨建予定取引
     (3)ヘッジ方針
        将来の為替変動及び金利変動によるリスク回避を目的として利用しており、リスクヘッジ目的以外の取引は行わ
       ない方針であります。
     (4)ヘッジ有効性評価の方法
        為替予約については、予約取引と同一通貨、同一金額、同一期日の為替予約を締結しているため、その後の為替
       相場の変動による相関関係は確保されており、決算日における有効性の評価を省略しております。
        また、金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため、決算日における有効性の評価を省略して
       おります。
     7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。 
      (追加情報)

       (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事業年度
      から適用しております。
      (貸借対照表関係)

       ※1 担保資産及び担保付債務
         担保に供されている資産は次のとおりであります。
                            前事業年度                   当事業年度
                          (平成29年2月28日)                   (平成30年2月28日)
     建物                            614  百万円                  - 百万円
     土地                           1,143                     -
            計                    1,757                     -
         担保付債務は、次のとおりであります。

                            前事業年度                   当事業年度
                          (平成29年2月28日)                   (平成30年2月28日)
     1年内返済予定の長期借入金                            214  百万円                  - 百万円
            計                     214                    -
        2   保証債務

         関係会社の金融機関等からの借入債務に対し、保証を行っております。
                            前事業年度                   当事業年度
                          (平成29年2月28日)                   (平成30年2月28日)
     株式会社KRフードサービス                           3,700   百万円                 3,160   百万円
                                 72/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (損益計算書関係)
       㯿ᇿຌ꥘묰歜帰夰讌뭵⠰渰䨰䨰蠰崰湒牔࠰潒䵎譩浞瑞꛿᣿԰ş华譩浞瑞ꘀ㄀ㇿ԰Ŏ'ⱻꅴڌ묰歜帰夰讌뭵⠰渰䨰
         よその割合は前事業年度92%、当事業年度89%であります。
          販売費及び一般管理費のうち、主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前事業年度                   当事業年度
                         (自 平成28年3月1日                   (自 平成29年3月1日
                          至 平成29年2月28日)                   至 平成30年2月28日)
                                 618                   614
     給与                              百万円                   百万円
                                 199                   186
     役員報酬
                                 115                   108
     法定福利費
                                 195                   196
     業務委託費
                                 208                   268
     株主優待引当金繰入額
                                  89                   95
     減価償却費
       ※2.関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。

                            前事業年度                   当事業年度
                         (自 平成28年3月1日                   (自 平成29年3月1日
                          至 平成29年2月28日)                   至 平成30年2月28日)
      営業取引による取引高
       売上高                           5,340   百万円                 5,197   百万円
       販売費及び一般管理費                             3                   9
      営業取引以外の取引高                            515                   557
      (有価証券関係)

        子会社株式
         前事業年度(平成29年2月28日)
                                                 (単位:百万円)
             区分         貸借対照表計上額               時価            差額
        子会社株式                     7,884            28,312            20,428

         当事業年度(平成30年2月28日)

                                                 (単位:百万円)
             区分         貸借対照表計上額               時価            差額
        子会社株式                     7,884            38,247            30,363

        (注)    時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額

                                            (単位:百万円)
                            前事業年度               当事業年度
              区分
                         (平成29年2月28日)               (平成30年2月28日)
         子会社株式                         18,283               17,460
         これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるものであります。
                                 73/82





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
       1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前事業年度               当事業年度
                              (平成29年2月28日)               (平成30年2月28日)
         繰延税金資産(流動)
          未払事業税                            - 百万円              34 百万円
          未払事業所税                            1               1
          株主優待引当金                            64               82
          前受収益                            56               52
          店舗閉鎖損失引当金                            7               2
          資産除去債務                            42               52
                                      3               2
          その他
            合計
                                     175               228
         繰延税金負債(流動)
                                    △10                -
          未収事業税
            合計                            △10                -
         繰延税金資産・負債(流動)の純額                            164               228
         繰延税金資産(固定)
          減損損失                           212               200
          資産除去債務                           387               410
          関係会社株式評価損                           388               636
          長期前受収益                            36               38
          減価償却費                            33               20
                                      0               0
          その他
            小計
                                    1,058               1,308
                                    △38              △284
          評価性引当額
            合計
                                    1,019               1,023
         繰延税金負債(固定)
                                    △184               △216
          資産除去債務に対応する除去費用
            合計                           △184               △216
         繰延税金資産・負債(固定)の純額                            835               806
       2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

        なった主要な項目別の内訳
                                 前事業年度               当事業年度
                              (平成29年2月28日)               (平成30年2月28日)
         法定実効税率
                                    33.0  %             30.9  %
         (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目                           3.0               9.8
          受取配当金等永久に益金に算入されない
                                   △30.1               △12.5
          項目
          住民税均等割額                           0.2               0.3
          評価性引当額の増減額                           1.8              22.5
          税額控除                          △0.8               △0.5
                                     0.3              △0.7
          その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                            7.5              49.8
                                 74/82



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (重要な後発事象)
       SFPホールディングス株式会社による自己株式の公開買付への応募及び子会社株式の売却について
        当社の連結子会社であるSFPホールディングス株式会社(以下「SFPホールディングス」という)が平成30

       年1月19日開催の同社取締役会において自己株式の公開買付け(以下「本公開買付け」という)を行うことを決定
       したことに伴い、当社は、平成30年1月19日開催の取締役会において、当社の保有するSFPホールディングス普
       通株式について、本公開買付けに応じる旨を決議し、平成30年3月13日付で子会社株式を売却いたしました。
      (1)本公開買付けへの応募の概要

                   SFPホールディングス普通株式 3,200,000株(保有割合67.75%)(注)
       ① 応募株式数
       ② 買付価額           1株当たり 2,030円
       ③ 公開買付期間           平成30年1月22日~平成30年2月19日まで
       ④ 決済開始日           平成30年3月13日
      (注)平成30年2月28日現在のSFPホールディングスの発行済株式総数19,634,300株に対する割合をい
         い、小数点以下第三位を四捨五入しております。以下保有割合の計算において同じであります。
      (2)本公開買付けへの応募の理由

        SFPホールディングスは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行することを目的に、自己株式の
       市場買付けを行ってまいりましたが、当社保有のSFPホールディングス株式の一部について売却する意向がある
       旨を伝えたところ、SFPホールディングスとして、資本効率の向上等の目的のために、当該株式を自己株式とし
       て取得すること、また自己株式の具体的な取得方法については、公開買付けの手法が適切であると判断し、その
       後、SFPホールディングスと協議を重ねた結果、当社が保有するSFPホールディングス普通株式の本公開買付
       けの応募に応じることに至りました。
      (3)本公開買付けへの応募前後の保有株式の状況

                         19,634,300株 (議決権保有割合67.75%)
       ①応募前の保有株式数
                         3,198,800株(注)1
       ②本公開買付けへの応募株式数
                         16,435,500株 (議決権保有割合63.88%)(注)2
       ③応募後の保有株式数
       (注)1.本公開買付けにおける募集株券等の数の合計が買付予定数を超えたため、当初応募した株式数
           と異なっております。
         2.当社以外からの応募による自己株式の公開買付けも含めた議決権に基づき算定しております。
      (4)今後の業績に与える影響

        本取引に伴い、平成31年2月期において、関係会社株式売却益約52億円を特別利益に計上する見込みでありま
       す。なお、連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
                                 75/82








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       ④【附属明細表】
        【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:百万円)
                                                       減価償却

       区分       資産の種類        当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                       累計額
                                       394

     有形固定資産
            建物            6,536      1,606             1,005      6,743      9,194
                                     (364)
            構築物              14       7      -       1      19      17
            機械及び装置              -      38      -      -      38      -

            工具、器具及び                           45
                          797      404             382      773     1,756
            備品                         (31)
            土地            1,143        -      -      -     1,143        -
            建設仮勘定             152       -      45      -      106       -

                                       485
                計         8,644      2,056             1,389      8,825      10,968
                                     (395)
     無形固定資産
            ソフトウエア              76      42      -      26      91      -
            その他              8      2      -       0      10      -

                計           85      44      -      26      102       -

      (注)   1.「当期減少額」欄の( )は内数で、当事業年度の減損損失計上額であります。
        2.建物の主な増加
         レインフォレストカフェ舞浜                   287  百万円   資産買取による取得
         かごの屋黒川駅前                   164     資産買取による取得
         BEEF  RUSH  沖縄
                             97     店舗新設による取得
         はーべすと大宮                   88     店舗新設による取得
         グランドグリル羽生                   78     店舗新設による取得
         その他新規出店等119店舗分                   889     店舗新設等による取得
        3.工具、器具及び備品の主な増加
         レインフォレストカフェ舞浜                   67  百万円   資産買取による取得
         本社                   32     サーバー等の情報機器関連購入による取得
         BEEF  RUSH  沖縄
                             22     店舗新設による取得
         まちか堂南柏                   20     資産買取による取得
         BEEF  RUSH  木更津
                             16     店舗新設による取得
         その他新規出店等243店舗分                   243     店舗新設等による取得
        【引当金明細表】

                   当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高

          区分
                   (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     株主優待引当金                  208        268        208        268

     店舗閉鎖損失引当金                  24         8        24         8

      (2)【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

         該当事項はありません。
                                 76/82



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             3月1日から2月末日まで
     定時株主総会             5月中

     基準日             2月末日

                  8月31日
     剰余金の配当の基準日
                  2月末日
     1単元の株式数             100株
     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)
      取扱場所            東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                  三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
      株主名簿管理人
                  三井住友信託銀行株式会社
      取次所            ―

      買取手数料            株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                  当会社の公告方法は、電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由に
                  よって電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載する方
     公告掲載方法
                  法により行う。当社の公告掲載URLは次のとおり。
                  http://www.createrestaurants.com/
                   1.対象株主
                     毎年2月末日現在及び8月31日現在の株主名簿に記載された株主を対象として
                    おります。
                   2.贈呈内容

                     弊社グループ店舗で使用できる食事券を贈呈しております。   
     株主に対する特典
                   3.贈呈基準
                     100株以上500株未満                     3,000円分×年2回の食事券贈呈
                     500株以上1,500株未満                     6,000円分×年2回の食事券贈呈
                     1,500株以上4,500株未満                    15,000円分×年2回の食事券贈呈 
                     4,500株以上                         30,000円分×年2回の食事券贈呈
     (注)特別口座に記載された単元未満株式の買取り・買増しについては、三菱UFJ信託銀行株式会社が取り扱いを行
        います。
                                 77/82









                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】

      1【提出会社の親会社等の情報】
       当社の金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第20期)(自           平成28年3月1日 至           平成29年2月28日)平成29年5月31日関東財務局長に提出。
       (2)内部統制報告書及びその添付書類
         平成29年5月31日関東財務局長に提出。
       (3)四半期報告書及び確認書
         第21期第1四半期(自 平成29年3月1日 至 平成29年5月31日)平成29年7月14日関東財務局長に提出。
         第21期第2四半期(自 平成29年6月1日 至 平成29年8月31日)平成29年10月13日関東財務局長に提出。
         第21期第3四半期(自 平成29年9月1日 至 平成29年11月30日)平成30年1月12日関東財務局長に提出。
       (4)臨時報告書
         平成29年5月31日関東財務局長に提出。
         金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会
         における議決権行使の結果)の規定に基づく臨時報告書であります。
         平成30年4月25日関東財務局長に提出。
         金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号(財政状態、経
         営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象)の規定に基づく臨時報告書であります。
                                 78/82













                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】

           該当事項はありません。
                                 79/82




















                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成30年5月29日

     株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス
      取締役会 御中

                           有限責任監査法人トーマツ

                          指定有限責任社員

                                            広  瀬            勉       ㊞
                                    公認会計士
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                            石  田  義  浩              ㊞
                                    公認会計士
                          業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスの平成29年3月1日から平成30年2月28日までの連結会計
     年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算
     書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明
     細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
     式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス及び連結子会社の平成30年2月28日現在の財政状態並びに同日を
     もって終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示してい
     るものと認める。
                                 80/82




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社クリエイト・レスト
     ランツ・ホールディングスの平成30年2月28日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスが平成30年2月28日現在の財務報告に係る内
     部統制は有効であると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る
     内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表
     示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提
          出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 81/82








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成30年5月29日

     株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス
      取締役会 御中

                           有限責任監査法人トーマツ

                          指定有限責任社員

                                            広  瀬            勉       ㊞
                                    公認会計士
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                            石  田  義  浩              ㊞
                                    公認会計士
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスの平成29年3月1日から平成30年2月28日までの第21期事
     業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び
     附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社クリエイト・レストランツ・ホールディングスの平成30年2月28日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年
     度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成30年1月19日開催の取締役会における決議に基づきSFPホー
     ルディングス株式会社による自己株式の公開買付けに応募し、平成30年3月13日付で子会社株式を売却した。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提
          出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 82/82


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。