株式会社エヌリンクス 有価証券報告書 第8期(平成29年3月1日-平成30年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第8期(平成29年3月1日-平成30年2月28日)

提出日:

提出者:株式会社エヌリンクス

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成30年5月29日

     【事業年度】                      第8期(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

     【会社名】                      株式会社エヌリンクス

     【英訳名】                      NLINKS    Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長 栗林 憲介

     【本店の所在の場所】                      東京都豊島区池袋二丁目14番8号                池袋NSビル5階

     【電話番号】                      03-5957-2170(代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役副社長 栗林 圭介

     【最寄りの連絡場所】                      東京都豊島区池袋二丁目55番2号 鈴木ビル2階

     【電話番号】                      03-6825-5022(代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役副社長 栗林 圭介

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/65









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

             回次            第4期       第5期        第6期       第7期       第8期

            決算年月            平成26年2月       平成27年2月        平成28年2月       平成29年2月       平成30年2月

                          910,473      1,450,537        2,252,817       3,054,498       3,958,344

     売上高              (千円)
                          96,520       12,421        50,195       202,856       316,968

     経常利益              (千円)
                          66,381        9,216       66,891       136,930       202,689

     当期純利益              (千円)
     持分法を適用した場合の
                   (千円)          ―       ―        ―       ―       ―
     投資利益
                          10,000       10,000        10,000       10,000       10,000
     資本金              (千円)
     発行済株式総数              (株)       1,000       1,000        1,000     1,000,000       1,000,000

                          176,263       185,479        252,371       389,301       591,991

     純資産額              (千円)
                          313,433       412,521        571,104       893,228      1,283,097

     総資産額              (千円)
                           88.13       92.74       126.19       194.65       296.00

     1株当たり純資産額              (円)
                             ―       ―        ―       ―       ―
     1株当たり配当額
                    (円)
     (1株当たり中間配当額)
                            ( ―)      ( ―)       ( ―)      ( ―)      ( ―)
                           33.19        4.61       33.45       68.47       101.34
     1株当たり当期純利益金額              (円)
     潜在株式調整後
                    (円)         ―       ―        ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益金額
                           56.2       45.0        44.2       43.6       46.1
     自己資本比率              (%)
                           37.6        5.0       26.5       35.2       41.3

     自己資本利益率              (%)
     株価収益率              (倍)         ―       ―        ―       ―       ―

     配当性向              (%)         ―       ―        ―       ―       ―

     営業活動による
                                         39,589       283,152       247,876
                   (千円)          ―       ―
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                         60,053      △ 29,041      △ 57,667
                   (千円)          ―       ―
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                   (千円)          ―       ―        ―       ―       ―
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                                         202,759       456,869       647,079
                   (千円)          ―       ―
     の期末残高
                            138       290        382       414       551
     従業員数
                    (名)
                           〔 12 〕     〔 36 〕      〔 87 〕     〔 165  〕     〔 244  〕
     〔外、平均臨時雇用者数〕
      (注)   1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
          載しておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
        4.当社は配当を行っておりませんので、1株当たり配当額及び配当性向についてはそれぞれ記載しておりませ
          ん。
        5.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第4期、第5期及び第6期は潜在株式が存在しない
          ため、また、第7期及び第8期は潜在株式が存在するものの、当社株式は第8期までは非上場であり、期中
          平均株価が把握できないため記載しておりません。
                                  2/65


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
        6.株価収益率は当社株式が非上場であったため記載しておりません。
        7.第6期、第7期および第8期の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、
          有限責任監査法人トーマツにより監査を受けておりますが、第4期及び第5期の財務諸表については、会社
          計算規則(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第
          193条の2第1項の規定に基づく監査は受けておりません。
        8.第4期および第5期については、キャッシュ・フロー計算書を作成していないため、キャッシュ・フローに
          係る各項目については記載しておりません。
        9.平成29年2月7日付で普通株式1株につき普通株式1,000株の割合で株式分割を行い、また、平成30年3月
          3日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。このため、「1株当たり純
          資産額」および「1株当たり当期純利益金額」につきましては、第4期の期首に当該株式分割が行われたと
          仮定し、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益金額を算定しております。
                                  3/65

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     2 【沿革】
        当社は、最高の『ウェブ×リアル』カンパニーを創造するというビジョンを掲げ、現在、営業代行事業およびメ
       ディア事業等を運営しております。
        当初は、日本放送協会(以下、「NHK」といいます。)からの契約・収納代行業の受託会社としてスタートい
       たしましたが、平成24年の成果報酬型のメディアサイト「塾・予備校ナビ」のリリースを皮切りに本格的にメディ
       ア事業を開始し、現在は『ウェブ×リアル』カンパニーとして事業を運営しております。
        年月                            概要
             BtoCに特化したコンサルティング、アウトソーシング企業として、東京都港区六本木に株式会社
     平成22年3月
             エヌリンクス(資本金1,000千円)を設立
     平成22年6月        埼玉県所沢市に本社を移転
     平成23年9月        東京都豊島区東池袋に本社を移転

     平成24年2月        当社初のオウンドメディア「塾・予備校ナビ」をリリース

     平成24年4月        資本金を10,000千円に増資

     平成24年7月        東京都豊島区池袋に本社を移転

     平成25年2月        大阪府大阪市に大阪支店を開設

     平成26年7月        インターネットメディア「家AGENT+(現「イエプラ」)」をリリース

     平成26年8月        東京都豊島区に町の家探し店舗「家AGENT」を開設

     平成27年2月        インターネットメディア「アルテマ」をリリース

             メディア事業の更なる拡大を目的として東京都豊島区にMedia                               Labを開設

     平成27年3月
                                  4/65












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     3 【事業の内容】
       当社の事業は、NHKからの契約・収納代行業務を主とする営業代行事業とチャットシステムを利用したお部屋探
      されサイトである「イエプラ」の運営およびゲーム攻略サイトである「アルテマ」の運営を主としたメディア事業で
      構成されております。
       インターネットやメディア領域に専門性を持ち、BtoC領域での対面営業スキルを持つ当社は、環境変化が著しい
      昨今のインターネットメディア業界において、ウェブにリアルの関係性を掛け合わせることで、独自性を強め、他企
      業との差別化を図っております。
      (1)事業セグメント

        当社の事業の内容及び報告セグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、以下に示す区分は、報告セグ
       メントと同一の区分であります。
        営業代行事業
         主にNHKから受託する放送受信料の契約・収納代行業務を行っております。
        メディア事業(イエプラ)

         主にイエプラの運営を行っております。
        メディア事業(アルテマ)

         主にアルテマの運営を行っております。
        その他

         主に求人広告の販売、採用や営業のコンサルティング業務等を行っております。
      (2)業務の概要

        ① 営業代行事業
         当社は、平成22年3月の設立以降、NHKから継続して放送受信料の契約・収納代行業務(以下「NHK業
        務」といいます。)の委託を受けてまいりました。平成30年2月末時点で、その契約数は、東京、大阪を中心に
        22契約となっており、毎期その契約数を増やしております。
         業務内容
          主にNHK営業システムの携帯端末を使用し、下記の業務を行います。
          ・対象地区内の「全戸点検」による放送受信契約未契約者の点検
            NHKより提供された放送受信契約の契約台帳を基に、訪問を行い在宅の確認等を実施いたします。
          ・放送受信契約の締結および放送受信契約者の転入に伴う住所変更の手続
            未契約者または転居後住所変更の手続が未了の方を対象に、契約の勧奨・手続および住所変更の手続を
           実施いたします。
          ・放送受信料の未収者および一部未納者に対する収納および収納督励
            未納者を対象に、お支払の再開手続および収納を実施いたします。
          ・放送受信料の口座振替・クレジットカード継続支払の勧奨と手続
            振込用紙等を用いての継続支払の契約者を対象に、口座振替、クレジット継続支払の勧奨と手続を実施
           いたします。
          ・放送受信契約者の契約氏名等の各種変更手続
            契約者の方を対象とした名義変更手続を実施いたします。
          ・放送受信契約者の転出等の手続
            契約者の方を対象とした転出手続を実施いたします。
          ・訪問・面接時等の結果登録
            営業システムの携帯端末に上記の結果を登録いたします。
          また、上記のほか、対策シフト表(月単位でまとめた業務計画の概要)の作成・提出、日次、週次でのNH
         Kの局・センターへの報告等を行っております。
                                  5/65



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
        ② イエプラ(チャットシステムを利用したお部屋探されサイト運営業務)
         イエプラは「チャット不動産」というサービスで、新たなお部屋探しのスタイルを世の中に提供しておりま
        す。
         従来の不動産サイトでは、膨大な不動産情報の中から、物件を借りたい人自身が能動的に物件を探す必要があ
        りましたが、当社が運営する「イエプラ」では、ユーザー(物件を借りたい人)がチャットシステムを使い、希
        望条件等を入力すれば、部屋探しのプロフェッショナルがユーザーにとって最適な物件を提案いたします。
         なお、その際、希望の物件が見つかったユーザーに自社店舗である「家AGENT」にて物件を紹介すること
        により、または、ユーザーを提携先の不動産店舗へ送客することにより、手数料収入を受領しております。
        ③ アルテマ(ゲームの攻略サイト運営業務)

         当社が運営する「アルテマ」は、ゲームの攻略サイトであり、サイト内にインフィード広告(Webサイトやアプ
        リのコンテンツとコンテンツの間に表示される体裁の広告)を掲載し、ディスプレイ広告としての収入やリンク
        先からのスマホアプリのダウンロードによる成功報酬型広告による収入によって収益を得ております。
         現在、アルテマでは、モンスト、パズドラといったタイトルをはじめ、平成30年2月末において全56タイトル
        のゲームの攻略情報を掲載しており、月間PV数は、平成30年2月末において、約1億PVとなっております。
           当社の事業系統図は、以下のとおりであります。

                                  6/65














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     4 【関係会社の状況】
       該当事項はありません。
     5 【従業員の状況】

      (1) 提出会社の状況
                                                 平成30年2月28日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
            551(   244  )

                           28歳4ヶ月              2年2ヶ月                2,704
              セグメントの名称                             従業員数(名)

     営業代行事業                                                 452(135)

     メディア事業(イエプラ)                                                  53 (27)

     メディア事業(アルテマ)                                                 28 (68)

     その他の事業                                                  2 (2)

     全社(共通)                                                 16 (12)

                 合計                                     551(244)

      (注)   1.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
        2.臨時従業員は、契約社員およびパートタイマーの従業員であります。
        3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        4.全社(共通)は、経理等の管理部門の従業員であります。
      (2)  労働組合の状況

        当社に労働組合は結成されておりませんが、労使関係は良好であります。
                                  7/65











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1 【業績等の概要】

      (1)  業績
        当事業年度におけるわが国経済は、政府による経済政策の継続を背景に企業収益の改善や雇用の改善に伴い国内
       景気は緩やかな回復基調にある一方、世界経済においては、米国の長期金利引上げ等を要因とする、株式相場の世
       界的下落や円高への動きが加速し始めており、景気の先行きは依然として不透明な状況が続いております。
        このような状況のもと、当社は、主力事業である日本放送協会(以下「NHK」といいます。)からの放送受信
       料の契約・収納代行業務を主とする営業代行事業とチャットシステムを利用したお部屋探しサイトである「イエプ
       ラ」の運営およびゲーム攻略サイトである「アルテマ」の運営を主としたメディア事業の拡大に努めてまいりまし
       た。
        当事業年度の売上高につきましては、営業代行事業において、関東地方、関西地方および九州地方にて新たに7
       案件を獲得し、また、イエプラおよびアルテマの大幅な拡大を行ったことから、3,958,344千円と前期と比べ
       903,845千円(29.6%)の増収となりました。
        販売費及び一般管理費につきましては、業務の拡大に伴い従業員数が増加したことから、給料及び手当が
       1,898,633千円(前期比31.9%増)、賞与が351,946千円(同23.6%増)となり、また、法定福利費を322,296千円
       (同14.6%増)計上した結果、販売費及び一般管理費の合計は                             3,642,982     千円(同27.7%増)となりました。この結
       果、営業利益は       315,362    千円と前期と比べ113,416千円(56.2%)の増益となりました。
        営業外収益は      7,690   千円(同140.0%増)、営業外費用は                  6,084   千円(同165.4%増)となった結果、経常利益は
       316,968    千円と前期と比べ114,111千円(56.3%)の増益となりました。
        また、法人税等合計         114,278    千円(同73.3%増)を計上した結果、当期純利益は                        202,689    千円と前期と比べ65,759
       千円(48.0%)の増益となりました。
        セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。

       ① 営業代行事業
         当セグメントにおきましては、主に放送受信料の契約・収納代行業務で、当期に7案件を新規に獲得し、ま
        た、既存支店においても好調に推移したことから、売上高は3,165,270千円と前期と比べ521,373千円(19.7%)
        の増収となりました。
         一方、業務の拡大に伴い、給料及び手当、賞与が1,869,466千円(前期比21.2%増)となり、また、採用費およ
        び募集費を合計158,206千円(同28.5%増)計上した結果、販売費及び一般管理費の合計は2,804,421千円(同
        19.7%増)となりました。この結果、セグメント利益(営業利益)は360,849千円と前期と比べ60,612千円
        (20.2%)の増益となりました。
       ② メディア事業(イエプラ)

         当セグメントにおきましては、売上高が業務の拡大により404,792千円と前期と比べ165,638千円(69.3%)の
        増収となりました。
         一方、業務の拡大に伴い、給料及び手当、賞与を215,652千円(前期比90.3%増)、広告費33,198千円(同
        32.9%減)等を計上した結果、販売費及び一般管理費の合計は399,090千円(同51.0%増)となりました。この結
        果、セグメント利益(営業利益)は5,702千円(前期は営業損失25,182千円)となりました。
       ③ メディア事業(アルテマ)

         当セグメントにおきましては、売上高が業務の拡大により370,403千円と前期と比べ216,834千円(141.2%)の
        増収となりました。
         一方、業務の拡大に伴い、給料及び手当、賞与を155,294千円(前期比156.8%増)、派遣料23,737千円(同
        12.0%増)、広告費14,682千円(前期は268千円)等を計上した結果、販売費及び一般管理費の合計は360,230千
        円(同103.5%増)となりました。この結果、セグメント利益(営業利益)は10,172千円(前期は営業損失23,443
        千円)となりました。
                                  8/65



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       ④ その他
         当セグメントにおきましては、求人広告の代理店業務により、売上高は17,878千円と前期と比べ1千円
        (0.0%)の減収となり、セグメント利益(営業利益)は1,054千円(前期比75.9%減)となりました。
      (2)  キャッシュ・フローの状況

        当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ190,209千円増加し
       647,079千円となりました。
        営業活動による資金の増加は247,876千円(前事業年度の営業活動による資金の増加は283,152千円)となりまし
       た。これは主に、税引前当期純利益316,968千円、未払費用の増加137,089千円、減価償却費17,379千円、預り金の
       増加8,117千円があった一方で、法人税等支払額101,506千円、営業未収入金の増加137,879千円があったことによる
       ものであります。
        投資活動による資金の減少は57,667千円(前事業年度の投資活動による資金の減少は29,041千円)となりまし
       た。これは主に、敷金及び保証金の差入による支出45,296千円、有形固定資産の取得による支出15,497千円があっ
       た一方で、敷金及び保証金の回収による収入4,966千円があったことによるものであります。
        財務活動による資金の増減は、前期、当期共にありません。
                                  9/65















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     2 【生産、受注及び販売の状況】
        当社は、営業代行等の業務を行っており生産を行っておらず、また、当社の事業において受注という概念は存し
       ないため、生産実績及び受注状況について記載しておりません。
        販売実績
        当事業年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                                  前期比
           セグメントの名称                     売上高(千円)
                                                  (%)
     営業代行事業                                   3,165,270                19.7
     メディア事業(イエプラ)                                    404,792               69.3
     メディア事業(アルテマ)                                    370,403              141.2
     その他の事業                                    17,878              △0.0
              合計                          3,958,344                29.6
     (注)    1.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                             前事業年度                  当事業年度

                           (自 平成28年3月1日                  (自 平成29年3月1日
                           至 平成29年2月28日)                   至 平成30年2月28日)
               相手先
                         売上高(千円)          割合(%)        売上高(千円)          割合(%)
           NHK                 2,641,753          86.5       3,165,270          80.0

        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 10/65













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     3 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       当社が継続的に安定した成長を続けていくためには、営業代行事業の拡大と共に、イエプラおよびアルテマの満足
      度を高め、顧客からの信頼を向上させ、リピート顧客の増加を図ることにより収益基盤を高めていく必要があると認
      識しております。当社は、これらを主要な課題として認識し、以下のように取り組んでおります。
      (1)  事業基盤の拡大

        当社の主力業務は、放送受信料の契約・収納代行業務であり、その主要取引先は、NHK1社であります。当社
       の売上高は、80%以上をNHKに依存している状況にあるため、複数の業務を展開し、より頑強な組織へと成長し
       ていくことが今後の発展において重要であると考えております。現在、メディア事業(イエプラおよびアルテマ)
       を今後の事業の柱とすべく、営業代行事業で培ったノウハウを活用し、当該事業の拡大を行っております。
      (2)  内部管理体制の強化

        当社の内部管理体制は、企業規模に応じたものとなっております。今後は、特定の人員に過度に依存しないよ
       う、経営体制を整備し、全般的経営リスクの軽減に努めるとともに、内部管理体制も強化・充実させていく予定で
       あります。
      (3)  優秀な人材の確保と育成

        当社の今後の更なる成長において、優秀な人材を適時に採用することは極めて重要であると判断しております。
        優秀な人材を採用していくために、企業としての採用競争力を強化しており、また、従業員が高いモチベーショ
       ンをもって働ける環境や人事制度の整備および運用を進めております。
      (4)  情報管理体制の強化

        個人情報等の機密情報について、社内規程の厳格な運用、定期的な社内教育およびコンプライアンス研修の実
       施、セキュリティシステムの整備等により、今後も引き続き情報管理体制の強化を図ってまいります。
        なお、当社は一般財団法人日本情報経済社会推進協会が運営するプライバシーマーク制度の認証を取得してお
       り、情報管理の徹底を図っております。
      (5)  営業代行事業の平均勤続年数の向上

        営業代行事業の平均勤続年数は、当社のメディア事業および管理部門社員と比べて短い傾向にあります。
        当社では、努力が公平に反映され、モチベーションアップとなるよう社歴・経験・年齢に関係なく、社内基準に
       より昇給・昇格・業績給が得られる評価制度を採用しておりますが、平均勤続年数の向上に向けて、各種研修の充
       実、職場環境の改善、福利厚生の充実に努めてまいります。
      (6)  営業力の強化

        当社の主力事業は、営業代行事業であり、今後も安定した収益を確保していくためには、社員一人ひとりの営業
       力の強化が必要であります。
        具体的には、教育研修制度を充実させ、当社独自の営業ツールやマニュアル等の整備を行い、また、サポート部
       門を充実させ、営業に集中できる環境を構築し、一層の営業力の強化を図ってまいります。
      (7)  事業領域の拡大

        強固な経営基盤と持続的な成長を可能とする多極的な事業構造を構築するため、経営資源の選択と集中並びに事
       業領域の拡大を推進してまいります。
        そのために、当社が今まで培った技術・ノウハウ活用し、成長の期待される市場に向けた先見的なソリューショ
       ンの企画、開発、事業化等、新しい事業の創出に取り組んでまいります。
                                 11/65




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     4 【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
      能性のある事項には、以下のようなものがあります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。
      (1)  事業に関するリスク
      (営業代行事業)
       ①    特定の取引先への依存について
        当社の主要な取引先は、NHK1社であります。
        当社は、NHKとの間で、業務の実施対象となる地区ごとに、放送受信料の契約・収納代行業務等に係る業務委
       託契約を締結しております。
        当社は、売上高の80%以上をNHKに依存している状態にあるため、現在、メディア事業(イエプラおよびアル
       テマ)を中心に複数の事業を展開し、NHKへの売上高の割合の低下を図っております。
        また、社内研修の実施等を行うことにより、品質の強化に努め、NHKとのより強固な取引関係の構築を図って
       おります。
        しかしながら、NHKとの業務委託契約においては、自動更新条項は定められていないため、契約期間の満了後
       において、引き続き当社が業務を継続することについての法的な保証はありません。
        当社では、これまでの実績や業務の品質の高さから、今後においてもNHKとの安定的な取引関係が継続できる
       ものと認識しており、既存の個別案件の契約期間の延長や再契約、新規案件の獲得が可能であると考えております
       が、何らかの理由により、NHKとの取引形態の変化や関係の悪化が生じた場合には、これらの契約の継続的な獲
       得等が困難になり、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        また、NHKは、当社以外の事業者に対しても、放送受信料の契約・収納代行業務の委託を行っておりますが、
       それらの委託を受けた事業者による不正行為や不祥事が発生する等した結果、NHKの放送受信料の契約・収納代
       行業務そのものに対する評判が悪化する等した場合には、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        さらに、NHKが今後、法人に対する放送受信料の契約・収納代行業務の委託自体を廃止した場合には、当社の
       NHK業務は継続が困難になり、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ②    放送法等の改正等による影響について

        当社がNHK業務において取扱うNHKの放送受信契約については、放送法に定めが置かれており、同法におい
       て、NHKの放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、NHKとその放送の受信についての契約をし
       なければならない旨が定められております。また、同法においては、受信契約の条項については、あらかじめ総務
       大臣の認可を受けなければならないものとされており、NHKでは、これに従って、「日本放送協会放送受信規
       約」を策定し、あらかじめ総務大臣の認可を受けて、これを受信契約の条項として用いております。
        当社では、NHKと業務委託契約を締結し、このような法令等の根拠に基づく放送受信契約について、契約・収
       納代行業務を行っております。なお、平成29年12月の最高裁判決においては、放送法64条1項の規定について、「受
       信設備設置者に対して受信契約の締結を強制する旨を定めた規定」であるとする判断が示されております。
        しかしながら、このような制度のあり方については、メディア環境や社会環境の変化を踏まえた様々な考え方が
       ありうるところであり、今後において、放送法等の関連法令等が改正された場合や、それらに対する法解釈が変更
       された場合、放送受信契約の内容が変更された場合等においては、NHKと当社との間の業務委託契約の内容に影
       響を及ぼす可能性があり、そのような場合には、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ③    営業社員の雇用確保について

        当社の収益は、営業社員の人数と一定の相関関係があり、また、クライアントであるNHKからも、対象地区ご
       との契約を締結する時点で、一定の人数の確保が求められております。
        当社は、社内に採用チームを設け、毎月積極的な採用を行っており、また、公正な評価制度に基づく待遇および
       福利厚生の充実により営業社員の士気向上と職場環境の活性化を図り、優れた営業社員の確保に努めております。
        しかしながら、採用活動が当社の想定以上に振るわなかった場合、また、労働環境の変化や行政処分等により当
       社のイメージが低下し、予定どおり営業社員の確保を行えなかった場合には、当社のNHK業務における競争力お
       よび業務運営上の効率性が損なわれ、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 12/65



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       ④    不正・不祥事について
        当社の主力業務であるNHK業務については、主に個々の営業員が個人宅等を個別に訪問することにより実施し
       ております。営業活動中、営業員は、1人で行動することが多くなっており、その行動について、常に責任者等によ
       る監視が行われているわけではありません。したがって、このような業務の特性上、営業員による不正行為や不祥
       事等が発生する可能性を完全に否定することはできません。当社では、営業員等に対して、危機管理講習を入社後
       3か月間は毎月、その後は半年に1回実施しており、また、毎月取締役がコンプライアンス研修を行い、不正行為
       や不祥事等の防止に努めており、また、これらが実際に発生してしまった場合には、都度、再発の防止策を講じて
       おります。
        このような当社の取組みにも関わらず、万一、営業員等による不正行為や不祥事等が発生した場合には、それら
       が発生した支店等に対して、NHKから支店単位で数日間の業務停止処分を受ける可能性があるほか、業務委託契
       約の解除が行われる可能性があります。また、当該支店以外の支店等に係る業務委託契約にも影響を及ぼす可能性
       や、その後において当社が新たにNHKと業務委託契約を締結しようとする場合等においても、当社に不利な取扱
       いを受ける可能性があります。さらに、当社に対する評判が悪化することにより、当社の営業員による営業活動が
       困難になる可能性もあります。このような場合には、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑤    クレームやトラブルの発生について

        当社のNHK業務は、主に個々の営業員が個人宅等を個別に訪問することにより実施しており、その際に、夜間
       に個人宅等を訪問する場合があります。このような営業活動の中で、訪問先のお客様等との間でのやり取り等に起
       因して、クレームやトラブルが発生する場合があります。
        当社は、営業員等に対する各種研修等を行い、クレームやトラブルの防止に努めております。また、万一これら
       が発生した場合には、迅速かつ丁寧な対応を行うことを心掛けており、速やかにNHKに対してクレームやトラブ
       ルの内容を報告するとともに、役員及び管理者が発生したクレームやトラブルの内容を共有し、再発防止策を策
       定・実行して、クレームやトラブルの再発防止に努めております。
        しかしながら、今後、重大なクレームやトラブル、あるいは訴訟等が発生し、当社の評判が低下した場合や、N
       HKとの業務委託契約に影響を及ぼした場合には、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑥    競合について

        当社がNHKから受託する、放送受信料の契約・収納代行業務は、複数の競合企業が存在し、厳しい競争環境に
       ありますが、当社は、平成22年の取引開始以降、安定した品質と実績によりNHKと良好な関係を構築しておりま
       す。
        しかしながら、今後、法人数が増加し競争が激化した場合、新規案件の獲得が困難になり、また、入札における
       厳しい価格競争に巻き込まれ、当社の業績に影響を与える可能性があります。
       ⑦    個人情報保護について

        当社が行う営業代行事業において、当社は個人情報を一時的に保管する場合があり、不正アクセスによる個人情
       報の流出等の可能性が存在しております。
        当社は、徹底した個人情報の管理体制を構築しているため、現在まで個人情報の流出による問題は発生しており
       ませんが、今後、個人情報の流出等が発生した場合には、当社に対する損害賠償の請求、訴訟、行政官庁やNHK
       等による制裁、刑事罰その他の責任追及等により、社会的信用を失う可能性があり、当社の業績に影響を及ぼす可
       能性があります。
       ⑧    季節変動について

        当社が行う放送受信料の契約・収納代行業務においては、新年度が始まり、転居等が増える3月、4月に売上高
       が増加する傾向にあり、また、気象条件に左右される可能性があります。
        これらの事象に対応できる業務体制の構築に努めていますが、当社の想定を上回る事象が発生し、業務対応が間
       に合わない事態になった場合、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 13/65



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       ⑨    大規模な災害等の発生について
        当社は、東京を中心に名古屋、大阪、松山、広島、福岡等の全国で業務を展開しております。
        NHK業務は、各支店を拠点として、未契約者等に対し、個別の訪問を行っておりますが、今後、地震、津波、
       台風、洪水、大雪等により、社会的インフラに重大な障害が起こった場合又は当社の支店や設備に重大な被害が発
       生した場合には、正常に業務を行うことが困難となり、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑩    人口・総世帯数の減少について

        当社の行うNHK業務は、主に受信契約を行っていない世帯が対象となります。
        今後、長期に亘る少子高齢化の影響により人口が減少し続け、対象となる世帯数が縮小した場合には、継続した
       業務の実施が困難となり、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (メディア事業)

       ①    個人情報保護について
        当社のメディア事業が提供するサービスにおいて、当社は個人情報を保管する場合があり、不正アクセスによる
       個人情報の流出等の可能性が存在しております。
        当社は、徹底した個人情報の管理体制を構築しているため、現在まで個人情報の流出による問題は発生しており
       ませんが、今後、個人情報の流出等が発生した場合には、当社に対する損害賠償の請求、訴訟、行政官庁等による
       制裁、刑事罰その他の責任追及等により、社会的信用を失う可能性があり、当社の業績に影響を及ぼす可能性があ
       ります。
       ②    法的規制について

        当社の行う家AGENTは、不動産の仲介業務を行っており、かかる業務を営むには宅地建物取引業法に基づ
       き、国土交通大臣又は都道府県知事の免許が必要であります。
        当社は、同免許を平成26年6月13日に取得(免許番号東京都知事(1)第96717号)しておりますが、今後、何らか
       の理由により業務停止処分あるいは免許取消処分を受けた場合には、当社の業務遂行および業績に影響を及ぼす可
       能性があります。
       ③    風評等の影響について

        当社のメディア事業は、当社のサービスをご利用いただいている方々からの信頼のもとに成り立つものと認識し
       ており、従業員には安定的かつ質の高いサービスを提供するよう指導、教育を行っております。
        しかしながら、従業員の不祥事等何らかの理由で、社内、社外を問わず当社に対して不利益な情報や風評が流れ
       た場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ④    インターネット関連市場について

        当社のメディア事業は、インターネットを介してサービスを展開しており、インターネットの利用環境が整備さ
       れていくとともに、インターネット関連市場が今後も拡大していくことが事業展開の基本条件であると考えており
       ます。
        しかしながら、インターネット環境やその利用に関する新たな規制の導入、技術革新の遅れ、利用料金の改定を
       含む通信事業者の動向等の要因により、今後のインターネット関連市場の発展が阻害される場合や当社の提供する
       サービスの事業遂行が困難になった場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 14/65






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       ⑤    情報セキュリティおよびシステムトラブルについて
        当社のメディア事業は、サービスおよびそれを支える情報システムならびにインターネット接続環境の安定した
       稼働が、事業運営の前提であると認識しております。したがって、定期的なデータバックアップやセキュリティ対
       策を実施しているほか、複数のデータセンターへシステムを分散配置することで、安定的なシステム運用体制の構
       築に努めております。
        しかしながら、予期せぬ自然災害や事故(社内外の人的要因によるものを含む)、ユーザー数およびアクセス数
       の急増によるサーバーへの過剰負荷、ソフトウエアの不具合、ネットワーク経由の不正アクセスやコンピュータ
       ウィルスへの感染などのトラブルが発生した場合には、サービスの安定的な提供が困難となり、また復旧等に時間
       を要した場合、当社の業績に影響を与える可能性があります。
       ⑥    検索エンジンへの対応について

        当社が運営するWebメディア、コンテンツはgoogle等の検索エンジンから多くのユーザーを集めております。
        今後も、検索エンジンからの集客を強化すべくSEO等の必要な対策を行ってまいりますが、検索エンジン側がロ
       ジックを変更し検索結果の表示順が変更された場合、当社のWebメディア、コンテンツへの集客に影響が発生し、当
       社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑦    顧客の嗜好への対応について

        当社が運営するWebメディア、コンテンツは、市場変化などの要因に加え、一部ライフスタイルの変化や顧客嗜好
       の変化による影響を受けやすい状況にあり、その動向に合致した企画が行われなかった場合、需要が減少し、当社
       の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑧    競合について

        当社が属するメディア業界には、複数の競合企業が存在し、非常に厳しい競争環境にありますが、当社はBto
       Cに特化したウェブメディアサービスを展開し、また、営業代行事業で培った営業力を生かし『ウェブ×リアル』
       という当社独自の強みを打ち出すことで、他社との差別化を図っております。
        しかしながら、今後、大規模法人の参入等により、競争が激化した場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があ
       ります。
       ⑨    季節変動について

        不動産業務においては、新年度が始まる2月、3月に転勤・引越にともなう需要が高まり、売上高が増加する傾
       向にあります。これらの需要増に対応できる業務体制の構築に努めていますが、当社の想定を上回る需要が発生
       し、業務対応が間に合わない事態になった場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑩    市場の動向について

        当社の行うメディア事業は、その業容上、国内における経済情勢の変化等に一定の影響を受けます。当社は、市
       場の動向を先んじて的確に把握し、その対応策を常に講じておりますが、経済情勢の変化および国内の景気低迷等
       により、国内の消費が減少した場合は、新規顧客開拓の低迷や既存顧客の減少等により、当社の業績に影響を及ぼ
       す可能性があります。
                                 15/65






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
      (2)   経営体制に関するリスク
       ①    内部管理体制について
        当社は、内部関係者の不正行為等が発生しないよう、国内外の法令・ルールの遵守を当社の行動基準として定め
       るとともに、内部監査等で遵守状況の確認を行っております。
        しかしながら、法令等に抵触する事態や内部関係者による不正行為が発生する可能性は皆無ではないため、これ
       らの事態が生じた場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ②    優秀な人材の確保や育成について

        当社は、急激な事業拡大に伴って優秀な人材の確保とその育成が重要な課題となっており、内部での人材育成と
       外部からの人材登用に努めております。
        しかしながら、当社の属する市場が今後拡大し、競争が激化した場合、競合他社との人材獲得競争も激化し、当
       社の人材が外部に流出することや、人材確保に支障をきたす可能性があり、競争力が失われ、当社の業績に影響を
       及ぼす可能性があります。
       ③    配当政策について

        当社は配当による株主への利益還元も重要な経営課題だと認識しております。
        当社は、これまでのところ配当を実施しておりませんが、将来においても安定的な収益の獲得が可能であり、か
       つ、十分な利益が確保できる場合には、内部留保充実の必要性等を総合的に勘案した上で、利益配当についても検
       討しております。
       ④    新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

        当社は、役員および従業員に対し新株予約権を付与しております。
        これらの新株予約権が権利行使された場合、当社株式が新たに発行され、既存の株主が有する株式の価値および
       議決権割合が希薄化する可能性があります。
        本書提出日現在、新株予約権による潜在株式数は104,660株であり、発行済株式数の5.2%に相当しております。
       ⑤    調達資金の使途について

        当社が予定している公募増資による調達資金につきましては、既存事業の拡大および新規事業のための設備投資
       に充当する予定であります。
        しかしながら、当社の事業環境や経営環境が急速に変化する可能性があり、その場合、当初の計画に沿って使用
       されたとしても想定どおりの投資効果を得られない可能性があります。
       ⑥    特定人物への依存について

        当社の代表取締役である栗林憲介は、最高経営責任者として経営方針や戦略の決定、事業推進において中心的役
       割を果たしております。同氏に過度に依存しない経営体制の構築のため、職務権限の委譲、会議体の整備や人員の
       採用等により社内組織の強化に努めておりますが、同氏が何らかの理由により当社の経営に携わることが困難に
       なった場合には、当社の業績等に影響を及ぼす可能性があります。
                                 16/65







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     5 【経営上の重要な契約等】
       当社は、NHKと下記のとおり業務委託契約を締結しております。当該契約は、業務の実施対象となる地区ごとに
      締結しており、それぞれの契約において、契約期間、業務実施期間、委託費等についての定めがおかれております。
       相手先の名称             対象地区               契約期間               契約内容
               契約ごとに定められた地域の                              放送受信料の契約・収納業務

      NHK                        契約ごとに定められた期間
               うち、NHKが指定する地区                              等
     6 【研究開発活動】

       当事業年度における当社が支出した研究開発費の総額は17,000千円であります。
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当事業年度末において当社が判断したものであります。
      (1)  重要な会計方針及び見積り

        当社の財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。この財
       務諸表を作成するにあたり重要となる会計方針については「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注
       記事項 重要な会計方針」に記載のとおりであります。
        この財務諸表の作成にあたっては、経営者が過去の実績や取引状況を勘案し、会計基準の範囲内且つ合理的と考
       えられる見積り及び判断を行っている部分があり、この結果は資産・負債、収益・費用の数値に反映されておりま
       す。これらの見積りについては、一部過去の実績に基づく概算数値を用いるために、不確実性が伴っており実際の
       結果と異なる場合があります。
      (2)  財政状態の分析

        (資産)
        当事業年度末の資産合計は            1,283,097     千円と前期末から比較し389,869千円(43.6%)増加いたしました。
        これは主に、現金及び預金が前期末比190,209千円(41.6%)増の                               647,079    千円、営業未収入金が前期末比137,879
       千円(53.5%)増の         395,579    千円、敷金及び保証金が前期末比35,968千円(69.4%)増の                            87,796   千円、繰延税金資産
       が前期末比14,417千円(70.8%)増の34,790千円となったことによるものであります。
        (負債)

        当事業年度末の負債合計は            691,106    千円と前期末と比べ187,179千円(37.1%)増加いたしました。
        これは主に、未払人件費を含めた未払費用が前期末比137,487千円(42.3%)増の                                      462,765    千円となり、また、未
       払法人税等が前期末比27,189千円(43.6%)増の                       89,492   千円、預り金が前期末比8,117千円(30.5%)増の                       34,719   千
       円となったことによるものであります。
        (純資産)

        利益剰余金が当期純利益の計上により202,689千円増加したことから、純資産額は                                       591,991    千円と前期末と比べ
       202,689千円(52.1%)増加いたしました。
                                 17/65






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
      (3)  経営成績の分析
       (売上高)
        当事業年度の売上高につきましては、営業代行事業において、関東地方、関西地方および九州地方にて新たに7
       案件を獲得し、また、イエプラおよびアルテマの大幅な拡大を行ったことから、                                        3,958,344     千円と前期と比べ
       903,845千円(29.6%)の増収となりました。
       (販売費及び一般管理費)

        販売費及び一般管理費につきましては、業務の拡大に伴い従業員数が増加したことから、給料及び手当が
       1,898,633千円(前期比31.9%増)、賞与が351,946千円(同23.6%増)となり、また、法定福利費を322,296千円
       (同14.6%増)計上した結果、販売費及び一般管理費の合計は                             3,642,982     千円(同27.7%増)となりました。この結
       果、営業利益は       315,362    千円と前期と比べ113,416千円(56.2%)の増益となりました。
       (営業外収益及び営業外費用)

        営業外収益は      7,690   千円(同140.0%増)、営業外費用は                  6,084   千円(同165.4%増)となった結果、経常利益は
       316,968    千円と前期と比べ114,111千円(56.3%)の増益となりました。
       (特別利益及び特別損失)

        特別利益及び特別損失はありません。法人税等合計                        114,278    千円(同73.3%増)を計上した結果、当期純利益は
       202,689    千円と前期と比べ65,759千円(48.0%)の増益となりました。
      (4)  キャッシュ・フローの状況の分析

        「第2 事業の状況 1 業績等の概要 (2)                      キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
      (5)  経営成績に重要な影響を与える要因について

        当社は、「第2 事業の状況 4 事業等のリスク」に記載のとおり、事業環境、事業内容、事業運営体制、
       法 的規制等様々なリスク要因が当社の経営成績に重要な影響を与える可能性があると認識しております。
        そのため、当社は常に市場動向に留意しつつ、内部管理体制を強化し、優秀な人材を確保し、市場のニーズに 
       合ったサービスを展開していくことにより、経営成績に重要な影響を与えるリスク要因を分散・低減し、適切に 
       対応を行ってまいります。
      (6)  戦略的現状と見通し

        経営戦略の現状と見通しについては、「第2 事業の状況 1 業績等の概要」および「第2 事業の状況 
       3   経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおり、メディア事業を今後の事業の柱とすべく、
       営業代行事業で培った営業ノウハウを活用し、当該事業の拡大を行ってまいります。
        また、今後も価値の高いサービスを積極的に展開し、一層の事業領域の拡大を図ってまいります。
      (7)  経営者の問題意識と今後の方針について

        当社が今後の業容を拡大し、より良いサービスを継続的に展開していくためには、経営者は「第2 事業の状況
       3 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載の様々な課題に対処していくことが必要であると認識して
       おります。それらの課題に対応するために、経営者は常に外部環境の構造やその変化に関する情報の入手および分
       析を行い、現在および将来における事業環境を確認し、その間の課題を認識すると同時に最適な解決策を実施して
       いく方針であります。
                                 18/65





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1 【設備投資等の概要】

        当事業年度の設備投資については、支店の新規開設および移設に伴い設備の投資等を実施しております。
        当事業年度の設備投資の総額は15,895千円であり、その主なものは、業容の拡大による新規支店の開設に伴う内
       装工事および工具、器具及び備品等であります。
        なお、セグメントごとの設備投資については、次のとおりであります。
      (1)  営業代行事業

        当事業年度の主な設備投資は、支店の新規開設に伴う器具備品の導入および既存支店の移転に伴う、新事務所の
       移設工事等を実施いたしました。
        なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      (2)  メディア事業

        当事業年度の主な設備投資は、業務の拡大による新規事務所の開設に伴い、器具備品の導入および設備工事を実
       施いたしました。
        なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      (3) その他

        当事業年度に設備投資は行っておりません。
        また、重要な設備の除却又は売却はありません。
      (4) 全社共通

        当事業年度に設備投資は行っておりません。
        また、重要な設備の除却又は売却はありません。
                                 19/65











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     2 【主要な設備の状況】
                                                平成30年2月28日現在
                                       帳簿価額(千円)
       事業所名                                                従業員数
             セグメントの名称          設備の内容
       (所在地)                                                 (人)
                                     工具、器具
                               建物附属設
                                           その他      合計
                                 備
                                     及び備品
        本社
              営業代行事業         本社営業部           3,234      2,309        ―    5,543       66
     (東京都豊島区)
       管理本部
                  ―     管理本部           1,482       498       ―    1,980       16
     (東京都豊島区)
       media   lab
              メディア事業
                      支店事務所           4,960        ―      ―    4,960       28
              (アルテマ)
     (東京都豊島区)
      家AGENT店舗
              メディア事業
                      不動産店舗           1,505      1,355        ―    2,860       47
              (イエプラ)
     (東京都豊島区)
      家AGENT店舗
              メディア事業
                      不動産店舗            639       ―      ―     639       8
              (イエプラ)
     (東京都渋谷区)
       大阪支店
              営業代行事業         支店事務所            771      646       ―    1,418       75
     (大阪府大阪市)
      名古屋支店
              営業代行事業         支店事務所            336      727       ―    1,063       66
     (愛知県名古屋市)
       その他      営業代行事業         支店事務所           1,474      1,946        ―    3,420       245
      (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.本社の年間賃借料は13,200千円、管理本部の年間賃借料は3.987千円、media                                      labの年間賃借料は9,607千
          円、家AGENTの年間賃借料は15,889千円、大阪支店の年間賃借料は13,016千円、名古屋支店の年間賃借料は
          8,374千円、その他の年間賃借料は51,568千円であります。
     3  【設備の新設、除却等の計画】

      (1) 重要な設備の新設等
        当社は、最近日現在において平成31年2月期中に94,000千円、平成32年2月期中に20,000千円のソフトウエア等
       の開発等を予定しておりますが、その主な内容は、メディア事業におけるアプリ、チャットシステムのASP開発
       および社内人事システムの開発等であります。なお、資金調達方法は、増資資金を予定しています。
      (2) 重要な設備の除却等

        経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 20/65










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)

                普通株式                                      8,000,000

                  計                                     8,000,000

      (注)    平成30年2月14日開催の取締役会決議により、平成30年3月3日付で株式分割に伴う定款変更を行い、発行可
         能株式総数は4,000,000株増加し、8,000,000株となっております。
       ② 【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在

                                   上場金融商品取引所
         種類         発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                    商品取引業協会名
               (平成30年2月28日)          (平成30年5月29日)
                                    東京証券取引所
                                             単元株式数は100株でありま
        普通株式            1,000,000          2,361,200       JASDAQ
                                             す。
                                    (スタンダード)
         計          1,000,000          2,361,200          ―             ―
     (注)1.平成30年3月3日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。これにより発
          行済株式総数は1,000,000株増加し、2,000,000株となっております。
        2.平成30年4月26日を払込期日とする公募増資により、発行済株式総数が300,000株増加しております。
        3.当社株式は平成30年4月27日付で、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場いたしまし
          た。
        4.平成30年5月24日を払込期日とする有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三
          者割当増資)により、発行済株式総数が61,200株増加しております。
                                 21/65











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
      (2) 【新株予約権等の状況】
         会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
       ① 第1回新株予約権(平成29年1月18日臨時株主総会決議)
                                事業年度末現在              提出日の前月末現在
                               (平成30年2月28日)               (平成30年4月30日)
     新株予約権の数(個)                             52,330(注)1               52,330(注)1
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                              -               -
     新株予約権の目的となる株式の種類                             普通株式               普通株式
                                      52,330               104,660
     新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                    (注)1、2             (注)1、2、6
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                               840(注)3               420(注)6
                              自 平成31年1月19日               自 平成31年1月19日
     新株予約権の行使期間
                              至 平成39年1月18日               至 平成39年1月18日
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の                             発行価格 840           発行価格 420 (注)6
     株式の発行価格及び資本組入額(円)                            資本組入額 420           資本組入額 210 (注)6
     新株予約権の行使の条件                             (注)4               (注)4
                             譲渡による新株予約権の取得               譲渡による新株予約権の取得
     新株予約権の譲渡に関する事項                        については、当社の取締役会               については、当社の取締役会
                             の承認を要するものとする。               の承認を要するものとする。
     代用払込みに関する事項                              -               -
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                  (注)5               (注)5
     関する事項
      (注)   1.「新株予約権の数」及び「新株予約権の目的となる株式の数」は、退職等の理由により権利を喪失したもの
          を減じた数であります。
        2.新株予約権1個につき目的となる株式数は1株であります。
          ただし、当社が、株式分割(当社普通株式の無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式によ
          り株式の数を調整するものとする。かかる調整は当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式
          の数について行われ、調整の結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数 =          調整前株式数 ×          分割・併合の比率
          また、当社が他社と合併もしくは株式交換を行う場合および当社が会社分割を行う場合、その他本新株予約
          権の目的たる株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、当社は合理的な範囲内で目的た
          る株式の数を調整することができるものとする。
        3.当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未
          満の端数は切り上げるものとする。
                                     1
           調整後行使価額 =           調整前行使価額 ×
                                 分割・併合の比率
          また、当社が他社と合併もしくは株式交換を行う場合および当社が会社分割を行う場合、当社は行使価額を
          調整することができるものとする。
          当社が行使価額を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額は
          調整され、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げるものとする。
                      既発行株式数 ×          調整前行使価額 +          募集株式数 ×        1株あたり払込金額
           調整後行使価額 =
                                  既発行株式数+募集株式数
          なお、上記計算式中の「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から自己株式を控除した数とし、ま
          た、自己株式の処分の場合には「新規発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
        4.新株予約権の行使の条件については、以下のとおりであります。
         (1) 新株予約権の割当を受けた者は、権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役または使用人
            の地位にあることを要する。ただし、当社または当社子会社の取締役を任期満了により退任した場合、
            定年退職した場合等正当な理由があり、当社取締役会において認められた場合はこの限りではない。
         (2) 新株予約権の割当てを受けた者の相続人による新株予約権の行使は認めない。
        5.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以下これらを総称して「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点
          において残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合
          につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の
          新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消
          滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社
          の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画
          において定めた場合に限るものとする。
                                 22/65


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
         (1) 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2) 新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
         (3) 新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、前記(注)2に準じて決定する。
         (4) 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上、
            前記(注)3で定められる行使価額を調整して得られる再編後の払込金額に上記(3)に従って決定される当
            該新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数を乗じて得られる額とする。
         (5) 新株予約権を行使できる期間
            前記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権の行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日の
            いずれか遅い日から、前記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権の行使期間の最終日までとす
            る。
         (6) 新株予約権の行使の条件
            前記(注)4に準じて決定する。
         (7) 新株予約権の行使により再編対象会社が株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に
            関する事項
          ① 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
            項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
            きは、その端数を切り上げる。
          ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、前記①の資本金等増
            加限度額から前記①に定める増加資本金の額を減じた額とする。
         (8) 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会(再編対象会社が取締役会設置会社で
            ない場合には取締役の過半数)              の承認を要するものとする。
         (9) 新株予約権の取得事由及び条件
          ① 当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割契約もしくは新設分割契約、または当
            社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画が株主総会で承認されたときは、当社は、当
            社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。
          ② 新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなった場合(ただし、取締役会において正当な理
            由があると認められた場合を除く)、または当社所定の書面により新株予約権の全部又は一部を放棄し
            た場合、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
        6.平成30年2月14日開催の取締役会決議に基づき、平成30年3月3日付で普通株式1株につき普通株式2株の
          割合で株式分割を行いました。これにより「新株予約株の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の
          払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整さ
          れております。
                                 23/65










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成29年2月7日

                    999,000      1,000,000           ―     10,000          ―       ―
     (注)1
     平成30年3月3日

                   1,000,000       2,000,000           ―     10,000          ―       ―
     (注)2
      (注)   1.株式分割(1:1,000)によるものであります。

        2.株式分割(1:2)によるものであります。
        3.平成30年4月26日を払込期日とする有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)により、発行済株
          式総数が300,000株、資本金及び資本準備金はそれぞれ249,780千円増加しております。
          発行価格  1,810.00円
          引受価格  1,665.20円
          資本組入額  832.60円
        4.平成30年5月24日を払込期日とする有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三
          者割当増資)により、発行済株式総数が61,200株、資本金及び資本準備金はそれぞれ50,955千円増加してお
          ります。
          発行価格  1,665.20円
          資本組入額  832.60円
          割当先   株式会社SBI証券
      (6)  【所有者別状況】

                                                 平成30年2月28日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満
       区分                            外国法人等                   株式の状況
            政府及び
                       金融商品     その他の                 個人
                                                        (株)
            地方公共     金融機関                                  計
                       取引業者      法人               その他
             団体
                                 個人以外      個人
     株主数
                ―     ―     ―     2     ―     ―     5     7      ―
     (人)
     所有株式数
                ―     ―     ―   3,000       ―     ―   7,000     10,000         ―
     (単元)
     所有株式数
                ―     ―     ―    30.0       ―     ―    70.0      100       ―
     の割合(%)
     (注) 平成30年2月14日開催の取締役会決議に基づき、平成30年3月3日付で普通株式1株につき普通株式2株の割
         合で株式分割を行っております。
                                 24/65





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【大株主の状況】
                                               平成30年2月28日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)       所有株式数
                                                    の割合(%)
                                                350       35.0
     栗林 憲介                東京都文京区
     栗林 圭介                東京都新宿区                           260       26.0

     株式会社KKインベストメント                佐賀県唐津市七山馬川120番地                           200       20.0

                                                100       10.0

     株式会社ケイアンドケイ                佐賀県唐津市七山馬川120番地
                                                 30       3.0

     花井 大地                東京都練馬区
                                                 30       3.0

     前川 英人                東京都豊島区
                                                 30       3.0

     鹿内 一勝                東京都豊島区
            計                   -                1,000        100.0

      (注) 平成30年2月14日開催の取締役会決議に基づき、平成30年3月3日付で普通株式1株につき普通株式2株の割
         合で株式分割を行っております。
                                 25/65














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
      (8)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                                 平成30年2月28日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

                      普通株式

     完全議決権株式(その他)                                 10,000             ―
                          1,000,000
     単元未満株式                    ―             ―              ―
     発行済株式総数                     1,000,000          ―              ―

     総株主の議決権                     ―            10,000             ―

      (注)   1.平成30年2月14日開催の取締役会決議に基づき、平成30年3月3日付で普通株式1株につき普通株式2株の
          割合で株式分割を行っております。これにより「完全議決権株式(その他)」の数は1,000,000株増加し、普
          通株式2,000,000株、議決権の数は10,000個増加し、20,000個、発行済株式総数は1,000,000株増加し、
          2,000,000株、総株主の議決権の数は10,000個増加し、20,000個となっております。
        2.平成30年4月26日を払込期日とする有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)により、発行済株
          式総数が300,000株増加しております。これにより「完全議決権株式(その他)」の数は300,000株増加し、普
          通株式2,300,000株、議決権の数は3,000個増加し、23,000個、発行済株式総数は300,000株増加し、
          2,300,000株、総株主の議決権の数は3,000個増加し、23,000個となっております。
        3.平成30年5月24日を払込期日とする有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三
          者割当増資)により、発行済株式総数が61,200株増加しております。これにより本有価証券報告書提出日現
          在、「完全議決権株式(その他)」の数は61,200株増加し、普通株式2,361,200株、議決権の数は612個増加
          し、23,612個、発行済株式総数は61,200株増加し、2,361,200株、総株主の議決権の数は612個増加し、
          23,612個となっております。
       ② 【自己株式等】

         該当事項はありません。
                                 26/65









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
      (9)  【ストックオプション制度の内容】
        当社は、新株予約権方式によるストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき、新
       株予約権を発行する方法によるものであります。
        当該制度の内容は、次のとおりであります。
      ① 第1回新株予約権(平成29年1月18日臨時取締役会決議)

     決議年月日                    平成29年1月18日
                         当社取締役  3
     付与対象者の区分及び人数(名)
                         当社従業員  32
                         「(2)   新株予約権等の状況」に記載しております。
     新株予約権の目的となる株式の種類
     株式の数                    同上
     新株予約権の行使時の払込金額                    同上
     新株予約権の行使期間                    同上
     新株予約権の行使の条件                    同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                    同上
     代用払込みに関する事項                    同上
     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         同上
     交付に関する事項
      (注)    本報告書提出日の前月末現在におきましては、付与対象者は退職により当社取締役3名、当社従業員31名と
         なっております。
                                 27/65













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】
                    該当事項はありません。
        【株式の種類等】
      (1) 【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (2) 【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        該当事項はありません。
      (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

        該当事項はありません。
     3 【配当政策】

       当社は、株主に対する利益還元を重要な経営課題の一つとして位置付けており、経営成績および財政状態を勘案
      し、利益還元策を決定していく所存であります。
       しかしながら、当社は当期純利益を計上しているものの、未だ内部留保が充実しているとはいえず、また、当社は
      現在、成長過程にあると考えており、内部留保の充実を図り、事業の効率化と事業拡大のための投資等に充当し、な
      お一層の業容拡大を目指すことが、株主に対する最大の利益還元に繋がると考えております。
       将来的には、各期の経営成績および財政状態を勘案しながら株主への利益還元を検討していく方針でありますが、
      現時点において配当実施の可能性およびその実施時期等については未定であります。
       当社は、取締役会の決議によって。毎年8月31日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款に定めてお
      ります。
       なお、剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
     4  【株価の推移】

       当社株式は非上場でありましたので、該当事項はありません。
       なお、当社株式は平成30年4月27日付で、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場いたしました。
                                 28/65









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     5 【役員の状況】
     男性   9名  女性       ―名 (役員のうち女性の比率               ―%)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                平成17年10月      テナントグランス株式会社 取締
                                       役
                                平成20年4月      株式会社レーサム入社
                                平成21年1月      クルーガーグループ株式会社入社                 1,050,000
     代表取締役社長         ―    栗林 憲介      昭和58年8月27日                            (注)3
                                                         (注)6
                                平成22年3月      当社設立 代表取締役社長(現
                                       任)
                                平成26年2月      株式会社KKインベストメント設
                                       立 代表取締役社長(現任)
                                平成20年4月      株式会社サイバード入社
                                平成22年3月      当社設立 取締役副社長兼管理本
                                                        670,000
     取締役副社長       管理本部長      栗林 圭介      昭和58年8月27日                            (注)3
                                       部長(現任)
                                                         (注)7
                                平成26年2月      株式会社ケイアンドケイ設立 代
                                       表取締役社長(現任)
                                平成20年4月      株式会社セレブリックス入社
                                平成22年3月      株式会社ビートレード入社
      専務取締役      経営企画室長       花井 大地      昭和61年3月4日        平成23年9月      当社入社              (注)3     52,000
                                平成24年4月      当社専務取締役兼経営企画室長
                                       (現任)
                                平成17年7月      有限会社群星入社
                                平成19年11月      クルーガーグループ株式会社入社
      常務取締役      営業統括本部長       前川 英人      昭和58年8月22日        平成22年5月      当社入社              (注)3     60,000
                                平成23年12月      当社常務取締役兼営業統括本部長
                                       (現任)
                                平成15年10月      株式会社グローカルリンクス入社
                                平成16年10月      株式会社日本コールセンター取締
                                       役
                                平成18年6月      株式会社ベルサポート入社
           マーケティング
       取締役            鹿内 一勝      昭和58年9月13日                            (注)3     60,000
                                平成20年6月      クルーガーグループ株式会社入社
            統括本部長
                                平成22年7月      当社入社
                                平成24年10月      当社取締役兼マーケティング統括
                                       本部長(現任)
                                平成4年10月      監査法人トーマツ入所
                                平成14年5月      UBS証券会社入社
                                平成17年4月      株式会社ロケーションバリュー取
                                       締役
                                平成19年8月      オプトエナジー株式会社取締役
       取締役        ―    柴田 幸夫      昭和43年7月24日                            (注)3       ―
                                平成22年6月      ジン・パートナーズ株式会社代表
                                       取締役(現任)
                                平成26年2月      じぶんラボ株式会社取締役(現
                                       任)
                                平成30年5月      当社非常勤取締役(現任)
                                 29/65









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                昭和52年4月      株式会社三和銀行(現株式会社三
                                       菱UFJ銀行)入行
                                平成14年9月      株式会社UFJ銀行(現株式会社三
                                       菱UFJ銀行)コンプライアン
                                       ス統括部法務室上席調査役
                                平成18年12月      三菱UFJニコス株式会社コンプラ
                                       イアンス統括本部法務室上席調査
                                       役
       監査役
              ―     濱野 隆     昭和29年1月13日                            (注)4       ―
                                平成19年9月      イー・ガーディアン株式会社常勤
      (常勤)
                                       監査役
                                平成19年9月      作新学院大学大学院経営学研究科
                                       客員教授
                                平成20年9月      株式会社高純度物質研究所非常勤
                                       監査役
                                平成22年12月      株式会社パソロジー研究所社外取
                                       締役
                                平成26年12月      当社常勤監査役(現任)
                                平成14年4月      株式会社三井住友銀行入行
                                平成16年12月      監査法人トーマツ入所
                                平成20年1月      山口不動産株式会社入社
       監査役
                                平成21年6月      山口不動産株式会社取締役(現
              ―    武藤 浩司      昭和54年5月10日                            (注)4       ―
      (非常勤)
                                       任)
                                平成24年4月      監査法人シェルパートナーズ社
                                       員
                                平成25年12月      当社非常勤監査役(現任)
                                平成17年10月      弁護士登録(東京弁護士会)
                                平成17年10月      ロア・ユナイテッド法律事務所入
       監査役
                                       所
              ―    大濱 正裕      昭和55年10月31日                            (注)4       ―
                                平成21年1月      レイズ・コンサルティング法律事
      (非常勤)
                                       務所 代表弁護士(現任)
                                平成27年9月      当社非常勤監査役(現任)
                              計                          1,892,000
      (注)   1.取締役 柴田幸夫は、社外取締役であります。

        2.監査役 濱野隆、武藤浩司および大濱正裕は、社外監査役であります。
        3.取締役の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時ま
          でであります。
        4.監査役の任期は、選任後4年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時ま
          でであります。
        5.取締役副社長 栗林圭介は、代表取締役社長 栗林憲介の弟であります。
        6.代表取締役社長栗林憲介の所有株式数は、同人により総株主等の議決権の過半数を所有されている会社の所
          有株式数を合計しております。
        7.取締役副社長栗林圭介の所有株式数は、同人により総株主等の議決権の過半数を所有されている会社の所有
          株式数を合計しております。
        8.当社は、意思決定の迅速化、経営責任を明確にするため、執行役員制度を導入しております。執行役員は以
          下のとおりであります。
                 役名                職名                氏名
                             営業統括本部       副本部長
                執行役員                               幸野 元太
                            営業統括本部       南日本担当
                執行役員                               鈴木 一永
                            営業統括本部       中日本担当
                執行役員                               山下 剛功
                           マーケティング統括本部            部長
                執行役員                               木村 昂作
                            営業統括本部       東日本担当
                執行役員                               中島 佑太
        9.平成30年3月3日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っており、所有株式数は株式
          分割による調整後の株式数を記載しております。
                                 30/65




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ① 企業統治の体制
          当社は、会社法に基づく機関として、株主総会、取締役会、監査役会及び会計監査人を設置するとともに、
         日常的に事業を監視する役割として内部監査担当を任命し、対応を行っております。これら各機関の相互連携
         により、経営の健全性・効率性を確保できるものと認識しているため、現状の企業統治体制を採用しておりま
         す。
          当社の企業統治の体制の模式図は以下のとおりであります。
        a.取締役会






          当社の取締役会は、当有価証券報告書提出日現在、取締役6名(うち、社外取締役1名)で構成され、経営
         の最高意思決定機関として法的決議事項および経営に関する重要事項を決議事項、報告事項として付議し、業
         務執行の意思決定を行っております。
          決議事項は定款および取締役会規則に則り取締役6名で決議が行われ、取締役会は、月1回の定時取締役会
         を開催するほか必要に応じて臨時取締役会を開催しております。
          また、取締役会には、監査役が出席し、取締役の業務執行の状況を監視できる体制となっております。
        b.監査役会

          当社は、会社法関連法令に基づく監査役会設置会社であります。
          監査役会は、常勤監査役1名、非常勤監査役2名の合計3名(うち、社外監査役3名)で構成されており、
         ガバナンスのあり方とその運営状況を監視し、取締役の職務の執行を含む日常的活動の監査を行っておりま
         す。
          常勤監査役は、上場会社における財務業務や内部監査業務の経験や知識を活かし、業務執行を行う経営陣か
         ら独立した客観的立場から、経営監視を実施しております。非常勤監査役は、公認会計士、弁護士であり、そ
         れぞれの専門的な知識および実務経験から当社の適法性確保を考慮し、職業倫理の観点より経営監視を実施し
         ております。
          監査役会は、毎月1回定例監査役会を開催するほか、必要に応じて臨時監査役会を開催し、監査計画の策
         定、監査実施状況等、監査役相互の情報共有を図っております。
          なお、監査役は、内部監査担当者および会計監査人と緊密な連携をとり、監査の実効性と効率性の向上に努
         めております。
                                 31/65




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
        c.内部監査室
          当社は、内部監査室を代表取締役直属の監査組織として設置しております。内部監査室は、専任担当者1名
         で構成されており、監査対象からの独立性を確保しながら、内部監査を実施しております。
          内部監査では、各部門における業務および制度の運用が諸法令や各規程に準拠し、効率的でかつ妥当である
         か否かを監査しております。
          内部監査の実施にあたっては、年間の監査計画を策定し、代表取締役の承認を得た後に、当該計画に基づき
         全部門に対して内部監査を実施しております。その後、監査結果を代表取締役に報告した後に、被監査部門へ
         改善事項の提言を行っております。
          なお、内部監査室は、監査役会および会計監査人と緊密な連携をとり、監査の実効性と効率性の向上に努め
         ております。
       ② 業務の適正を確保するための体制

       1.当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
        a.取締役は、誠実かつ公正に職務を遂行し、透明性の高い経営体制の構築を図る。
        b.取締役は、毎月1回以上開催する定時取締役会、及び必要に応じて開催する臨時取締役会により、経営事項の
         審議及び決議を迅速に行うとともに、各取締役の職務の執行を監督する。
        c.基本行動理念を定め、取締役及び使用人の企業倫理に対する意識を高め、法令及び企業の社会的責任に対する
         自覚を促す。
        d.取締役及び使用人に対し、「コンプライアンス・リスクマネジメント規程」に準拠した行動が身につくよう継
         続的に指導する。
        e.「内部通報制度規程」を適切に運用し、コンプライアンスに関する相談や不正行為等の内部通報の仕組みを構
         築する。
        f.金融商品取引法等に準拠し、財務報告に係る内部統制の体制構築を推進する。
        g.反社会的勢力・団体には毅然として対応し、一切の関係を持たない。
        h.使用人に対し、必要な研修を定期的に実施する。また、関連する法規の制定・改正、当社及び他社で重大な不
         祥事、事故が発生した場合等においては、速やかに必要な研修を実施する。
       2.当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に対する体制

        a.情報資産を保護し正確且つ安全に取扱うために定めた「情報セキュリティ管理規程」及び「文書管理規程」を
         遵守し、情報管理体制の維持、向上に努める。
        b.「文書管理規程」に基づき、株主総会議事録、取締役会議事録、監査役会議事録、計算書類、稟議書、契約
         書、その他重要書類を、関連資料とともに所定の年数保管し管理する。
       3.当社の損失の危険の管理に関する規定その他の体制

        a.リスク管理が経営の重要課題であることを認識し、管理本部がリスク管理の主管部門として、「コンプライア
         ンス・リスクマネジメント規程」に基づき、全てのリスクを総括的に管理する。
        b.大地震などの突発的なリスクが発生し、全社的な対応が重要である場合は、代表取締役社長を本部長とする対
         策本部を設置し、すみやかに措置を講ずる。
       4.当社の監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項

        a.監査役から、監査役の職務を補助すべき使用人の設置を求められた場合には、監査役と協議の上、管理部門に
         在籍する使用人の中からスタッフを任命し、当該補助に当たらせる。
        b.当該使用人が監査役の職務を補助するに当たって監査役から命令を受けた事項については、当該使用人は取締
         役の指揮・命令を受けない。
                                 32/65




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       5.当社の監査役への報告に関する体制
        a.重要会議への出席
          監査役は、監査役会が定める監査計画及び職務の分担に従い、取締役会のほか、各種社内委員会その他の重
         要な会議に出席し、取締役等からその職務の執行状況を聴取し、関係資料を閲覧することができる。
        b.取締役の報告義務
         ‹ 1  › 取締役その他役職者は、定期的に、自己の職務執行の状況を監査役に報告する。
         ‹ 2  › 取締役は監査役に対して、法令が定める事項の他、次に掲げる事項をその都度直ちに報告する。
          ・財務及び事業に重大な影響を及ぼすおそれのある決定等の内容
          ・業績及び業績見通しの内容
          ・内部監査の内容及び結果
          ・内部通報制度に基づく情報提供の状況
          ・行政処分の内容
          ・上記に掲げるもののほか、監査役が求める事項
        c.使用人による報告

          使用人は、監査役に対して、次に掲げる事項を直接報告することができる。また、当社子会社の取締役、監
         査役及び使用人等又はこれらの者から報告を受けた者も、当社の監査役に直接報告をすることができる。
          ・当社に著しい損害を及ぼすおそれがある事実
          ・重大な法令または定款違反の事実
        d.監査役へ報告した者への不利益な取扱いの禁止
         監査役へ報告をした者に対して、監査役へ当該報告をしたことを理由として不利益な取扱いを行うことを禁止
         する。
       6.その他当社の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

        a.代表取締役社長、会計監査人等と監査役の連携
         代表取締役社長、会計監査人、内部監査部門等は、監査役会又は監査役の求めに応じ、それぞれ定期的及び随
         時に監査役と意見交換を実施することにより連携を図るものとする。
        b.外部専門家の起用
         監査役会又は監査役が監査の実施にあたり必要と認めるときは、弁護士、公認会計士、コンサルタントその他
         の外部専門家に助言を求める機会を保障する。
        c.監査役の必要経費
         監査役の職務遂行に必要な費用は全て当社が負担する。
       ③ 内部監査及び監査役監査

          内部監査は、内部監査を担当する内部監査室1名が行っております。内部監査規程に基づき、業務実施の有
         効性および正確性、コンプライアンスの遵守状況および情報セキュリティ活動の運用状況について定期的に監
         査を行い、その結果を代表取締役社長に対して報告するとともに、業務の改善および適切な運営に向けての具
         体的な助言や勧告を行っております。
          監査役(常勤監査役1名、非常勤監査役2名)は、監査役会で策定した監査計画に基づいて、当社の業務全
         般について、常勤監査役を中心として計画的かつ網羅的な監査を実施しております。また、取締役会に出席し
         意見を述べるほか、取締役からの聴取、重要な決裁書類等の閲覧を通じ監査を実施しております。
          監査役と内部監査担当者は、内部監査報告書等の共有の他、適宜会合を開催しコミュニケーションを図って
         おります。また、会計監査人と個別に情報を共有しております。
                                 33/65




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       ④ 社外取締役及び社外監査役
         当社の社外取締役は1名、社外監査役は3名であります。
        a.社外取締役又は社外監査役との人的関係、資本関係又は取引関係その他の利害関係
          社外取締役柴田幸夫氏、社外監査役濱野隆氏、武藤浩司氏および大濱正裕氏と当社との間には、特別の利害
         関係はありません。
        b.社外取締役又は社外監査役が当社の企業統治において果たす機能及び役割
          社外取締役柴田幸夫氏は、会計士としての豊富な経験および知識に基づき企業経営に対する十分な見識を有
         しており、また、長年にわたり代表取締役を務められており、経営者としての豊富な経験と幅広い見識をもと
         に、当社の経営を監督していただくとともに、当社の経営全般に助言を頂戴することにより、当社のコーポ
         レート・ガバナンス強化に寄与いただけるものと判断し、社外取締役に選任しております
          社外監査役濱野隆氏は、企業のコンプライアンス担当および監査役としての経験、実績をはじめとした各領
         域での専門性を有しており、また他社の社外取締役として企業経営に関与されており、当社の経営基本方針の
         決定および業務執行の監督などの役割を十分に果たしていただけるものと判断し、社外監査役に選任しており
         ます。
          社外監査役武藤浩司氏は、会計士としての豊富な経験および知識に基づき企業経営に対する十分な見識を有
         しており、また他社の取締役として企業経営に関与された経験があるため、社外監査役としての職務を適切に
         遂行していただけるものと判断し、社外監査役に選任しております。
          社外監査役大濵正裕氏は、弁護士としての豊富な経験および知識に基づき企業経営や労務問題に対する十分
         な見識を有しており、また社外監査役としての職務を適切に遂行していただけるものと判断し、社外監査役に
         選任しております。
        c.社外取締役又は社外監査役を選任するための会社からの独立性に関する基準又は方針
          当有価証券報告書提出日現在、当該基準又は方針は定めておりませんが、経歴、当社との関係等から個別に
         判断し、当社からの独立性を確保できる方を社外役員として選任することとしております。
        d.社外取締役又は社外監査役の選任状況に関する当社の考え方
          当有価証券報告書提出日現在、社外取締役は1名選任しており、また、監査役会は3名中3名が社外監査役
         であり、現在および過去において、当社との間に特別の利害関係の無い、専門性、独立性の高い社外監査役で
         あるため、経営監督および監査体制が強化できるもの考えております。
        e.社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査および会計監査との相互連携並びに内
         部統制部門との関係
          社外監査役は、取締役会において、経営全般および個別案件に関する客観的かつ公正な意見陳述と監督を行
         います。また、社外監査役は、内部監査専任者および常勤監査役と定期的に監査役監査および会計監査に関し
         て意見交換および相互協議を行い、管理本部に対して監督又は監査を実施するとともに各部門長と適時意見交
         換を行います。
        f.責任限定契約
          当社は、現行定款において、社外役員の責任限定契約に関する規程を設けております。
                                 34/65








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 役員の報酬等
        a.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                     報酬等の総額
            役員区分                                         役員の員数
                      (千円)
                                   ストック
                                                       (名)
                            基本報酬              賞与     退職慰労金
                                  オプション
         取締役
                       109,320       98,520         ―    10,800         ―      5
         (社外取締役を除く。)
         監査役
                          ―      ―      ―      ―      ―      ―
         (社外監査役を除く。)
         社外監査役               7,800      7,800         ―      ―      ―      3
        b.提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

          報酬等の総額が1億円以上である役員が存在しないため、記載しておりません。
        c.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

          当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりませんが、業績、担当職務を勘
         案した上で役員の報酬等の額を定めております。
       ⑥ 株式の保有状況

         該当事項はありません。
       ⑦ 会計監査の状況

         当社は、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結し、会計に関する事項の監査を受けております。同監査
        法人及び当社の監査に従事する同監査法人の業務執行役員との間には特別な利害関係はありません。
         業務を執行した公認会計士は吉村孝郎及び髙橋篤史の2名であり、補助者の構成は公認会計士3名、その他2
        名となっております。なお、監査継続年数が7年以内のため、年数の記載を省略しております。
       ⑧ 取締役の定数

         当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。
       ⑨ 取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、株主総会において、議決権を行使することができる株主の議決権の3分
        の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって選任する旨及び累積投票によらない旨を定款で定
        めております。
       ⑩ 中間配当

         当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年8月31日を基準日として、中間配当
        を行うことができる旨を定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためでありま
        す。
       ⑪ 自己株式の取得

         当社は、機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議に
        よって、市場取引等により自己の株式を取得できる旨を定款に定めております。
       ⑫ 取締役及び監査役の責任免除

         当社は、会社法第426条第1項に基づき、取締役会の決議をもって会社法第423条第1項の行為に関する取締役
        (取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免除する
        ことができる旨を定款で定めております。これは取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分
        に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
                                 35/65


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       ⑬ 株主総会の特別決議要件
         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めており
        ま す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
        目的とするものであります。
      (2) 【監査報酬の内容等】

       ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                前事業年度                            当事業年度

        監査証明業務に              非監査業務に             監査証明業務に              非監査業務に
       基づく報酬(千円)              基づく報酬(千円)              基づく報酬(千円)              基づく報酬(千円)
               12,000                ―           17,000              1,000
       ② 【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
       ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         前事業年度
          該当事項はありません。
         当事業年度
          当社は、有限責任監査法人トーマツに対し、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務であるコンフォー
         トレター作成業務についての対価を支払っております。
       ④ 【監査報酬の決定方針】

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、事前に提示された監査計画、監査日数お
        よび当社の規模等を勘案し、監査公認会計士等と協議のうえ報酬額を決定しております。
                                 36/65










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1   財務諸表の作成方法について

       当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務
      諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
     2   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(平成29年3月1日から平成30年2月28日ま
      で)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツの監査を受けております。
     3   連結財務諸表について

       当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
     4   財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組を行っております。具体的には、会計基準等の内容や変
      更等を適時適切に把握し、的確に対応できるようにするために、公益財団法人財務会計基準機構へ加入するととも
      に、監査法人および各種団体の主催する研修、セミナー等に参加する等積極的な情報収集活動に努めております。
                                 37/65














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     1  【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
       ①  【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年2月28日)              (平成30年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                         456,869              647,079
         現金及び預金
                                         257,699              395,579
         営業未収入金
                                          56,248              57,199
         前払費用
                                          13,873              16,427
         繰延税金資産
                                          15,698              18,761
         立替金
                                          2,893              4,125
         その他
                                         803,283             1,139,172
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          10,298              22,747
           建物附属設備
                                         △ 5,470             △ 8,343
             減価償却累計額
                                          4,827              14,403
             建物附属設備(純額)
           工具、器具及び備品                               25,778              29,224
                                         △ 17,379             △ 21,741
             減価償却累計額
                                          8,399              7,482
             工具、器具及び備品(純額)
                                          13,226              21,886
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          17,675              15,008
           ソフトウエア
                                          17,675              15,008
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                            30              60
           出資金
                                            685              810
           長期前払費用
                                          6,499              18,362
           繰延税金資産
                                          51,827              87,796
           敷金及び保証金
                                          59,042              107,029
           投資その他の資産合計
                                          89,944              143,924
         固定資産合計
                                         893,228             1,283,097
       資産合計
                                 38/65








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年2月28日)              (平成30年2月28日)
      負債の部
       流動負債
                                          12,812              19,430
         未払金
                                         325,278              462,765
         未払費用
                                          62,303              89,492
         未払法人税等
                                          76,930              84,697
         未払消費税等
                                          26,602              34,719
         預り金
                                         503,926              691,106
         流動負債合計
                                         503,926              691,106
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                          10,000              10,000
         資本金
         利益剰余金
           その他利益剰余金
                                         379,301              581,991
             繰越利益剰余金
           利益剰余金合計                               379,301              581,991
                                         389,301              591,991
         株主資本合計
                                         389,301              591,991
       純資産合計
                                         893,228             1,283,097
      負債純資産合計
                                 39/65













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       ② 【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
                                        3,054,498              3,958,344
      売上高
                                        3,054,498              3,958,344
      売上総利益
                                      ※1  2,852,553           ※1 、 2  3,642,982
      販売費及び一般管理費
                                         201,945              315,362
      営業利益
      営業外収益
                                            2              3
       受取利息
                                          1,291              1,731
       受取手数料
                                          1,580              4,750
       助成金収入
                                           330             1,206
       雑収入
                                          3,203              7,690
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           149
       支払利息                                                   ―
                                          2,122              6,084
       支払手数料
                                           19               ―
       雑損失
                                          2,292              6,084
       営業外費用合計
      経常利益                                   202,856              316,968
                                         202,856              316,968
      税引前当期純利益
                                         78,571              128,696
      法人税、住民税及び事業税
                                        △ 12,644             △ 14,417
      法人税等調整額
                                         65,926              114,278
      法人税等合計
                                         136,930              202,689
      当期純利益
                                 40/65












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       ③ 【株主資本等変動計算書】
        前事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
                                                    (単位:千円)
                               株主資本
                              利益剰余金
                                                    純資産合計
                  資本金       その他利益剰余金                  株主資本合計
                                  利益剰余金合計
                         繰越利益剰余金
                    10,000        242,371         242,371         252,371         252,371
     当期首残高
     当期変動額
                             136,930         136,930         136,930         136,930
      当期純利益
                             136,930         136,930         136,930         136,930
     当期変動額合計                 ―
                    10,000        379,301         379,301         389,301         389,301
     当期末残高
        当事業年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

                                                    (単位:千円)
                               株主資本
                              利益剰余金
                                                    純資産合計
                  資本金       その他利益剰余金                  株主資本合計
                                  利益剰余金合計
                         繰越利益剰余金
                    10,000        379,301         379,301         389,301         389,301
     当期首残高
     当期変動額
                             202,689         202,689         202,689         202,689
      当期純利益
                             202,689         202,689         202,689         202,689
     当期変動額合計                 ―
                    10,000        581,991         581,991         591,991         591,991
     当期末残高
                                 41/65












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       ④  【キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         202,856              316,968
       税引前当期純利益
                                         14,653              17,379
       減価償却費
                                           △ 2             △ 3
       受取利息
                                           149
       支払利息                                                   ―
                                        △ 35,794             △ 137,879
       営業未収入金の増減額(△は増加)
                                         △ 6,532              △ 951
       前払費用の増減額(△は増加)
                                          △ 37            △ 3,063
       立替金の増減額(△は増加)
                                          △ 149             5,082
       未払金の増減額(△は減少)
                                         138,968              137,089
       未払費用の増減額(△は減少)
                                         11,527               7,767
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                          3,318              8,117
       預り金の増減額(△は減少)
                                          2,334             △ 1,126
       その他
                                         331,293              349,380
       小計
       利息の受取額                                    2              3
                                          △ 149
       利息の支払額                                                   ―
                                        △ 47,992             △ 101,506
       法人税等の支払額
                                         283,152              247,876
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 4,322             △ 15,497
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 10,650              △ 1,840
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 14,069             △ 45,296
       敷金及び保証金の差入による支出
                                                        4,966
                                            ―
       敷金及び保証金の回収による収入
                                        △ 29,041             △ 57,667
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         254,110              190,209
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         202,759              456,869
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1  456,869            ※1  647,079
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 42/65










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
        (重要な会計方針)
       1.固定資産の減価償却の方法
        (1)  有形固定資産
          定率法を採用しております。ただし、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備については定額法を採
         用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物附属設備      2~10年
          工具、器具及び備品   4~20年
        (2)  無形固定資産

          ソフトウエア
           自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっておりま
          す。
       2.  キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
         か負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
       3.  その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       (未適用の会計基準等)

      ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日)
      ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日)
      (1) 概要

        個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いが見直され、また(分類1)に該当する企
       業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いの明確化が行われております。
      (2) 適用予定日

        平成31年2月期の期首より適用予定であります。
      (3) 当該会計基準等の適用による影響

        当該会計基準等の適用による影響は、軽微であります。
       (追加情報)

       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事業年
      度から適用しています。
                                 43/65






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
        (貸借対照表関係)
      1    当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行2行と当座貸越契約を締結しております。
        事業年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度

                              (平成29年2月28日)                 (平成30年2月28日)
         当座貸越極度額                         200,000千円                 200,000千円
         借入実行残高                            ―千円                 ―千円
         差引額                         200,000千円                 200,000千円
        (損益計算書関係)

     ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度

                             (自    平成28年3月1日              (自    平成29年3月1日
                              至   平成29年2月28日)               至   平成30年2月28日)
                                 1,438,985                 1,898,633
         給料及び手当                             千円                 千円
                                  284,727                 351,946
         賞与                             千円                 千円
         おおよその割合

         販売費                           89.4  %               90.7  %
         一般管理費                           10.6  %               9.3  %
     ※2    販売費及び一般管理費に含まれる研究開発費の総額

                                前事業年度                 当事業年度

                              (自    平成28年3月1日              (自    平成29年3月1日
                              至    平成29年2月28日)               至    平成30年2月28日)
                                                      17,000
         研究開発費                               ― 千円                 千円
                                 44/65











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
        (株主資本等変動計算書関係)
      前事業年度(自         平成   28年3月1日        至   平成29年2月28日)
      1   発行済株式に関する事項
        株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                  1,000          999,000              ―       1,000,000
      (変動事由の概要)
       株式の分割
        平成29年2月7日付で普通株式1株につき普通株式1,000株の割合で株式分割を行っております。
      2   配当に関する事項

      (1)配当金支払額
         該当事項はありません。
      (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

         該当事項はありません。
      当事業年度(自         平成   29年3月1日        至   平成30年2月28日)

      1   発行済株式に関する事項
        株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                1,000,000               ―           ―       1,000,000
     (注)当社は、平成30年2月14日開催の取締役会決議に基づき、平成30年3月3日付で普通株式1株につき普通株式2
        株の割合で株式分割を行っておりますが、記載している株式数は、株式分割前の株式数を基準としています。
      2   配当に関する事項

      (1)配当金支払額
         該当事項はありません。
      (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

         該当事項はありません。
        (キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自    平成28年3月1日              (自    平成29年3月1日
                              至   平成29年2月28日)               至   平成30年2月28日)
         現金及び預金                         456,869千円                 647,079千円
         預入期間が3か月を超える定期預金                            ―千円                 ―千円
         現金及び現金同等物                         456,869千円                 647,079千円
                                 45/65







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
        (金融商品関係)
      1 金融商品の状況に関する事項
       (1)  金融商品に対する取組方針
         当社は、資金運用については短期的な預金等に限定し、必要資金については概ね自己資金で賄うことを原則と
        し、その他多額の資金を要する投資等に関しては、主に銀行等金融機関からの借入により調達する方針でありま
        す。
       (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

         営業債権である営業未収入金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、社内規程に
        従い、信用調査資料等により取引先の信用力を適正に評価し、取引の可否を決定しております。敷金及び保証金
        は、主にオフィスの賃借に伴うものであり、取引先の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、
        定期的に取引先の財務状況等を把握しております。
        営業債務である未払金および未払費用は、1年以内の支払期日であります。
       (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
        れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
        より、当該価額が変動することもあります。
       (4)  信用リスクの集中

         当期の貸借対照表日現在における営業債権のうち74.3%が特定の大口顧客に対するものであります。
      2 金融商品の時価等に関する事項

        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極
       めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません。
       前事業年度(平成29年2月28日)
                       貸借対照表計上額(千円)                時価(千円)            差額(千円)
     (1)  現金及び預金
                               456,869            456,869                ―
     (2)  営業未収入金
                               257,699            257,699                ―
     (3)  敷金及び保証金
                               51,827            50,932             △894
            資産計                   766,397            765,502              △894
     (1)  未払金
                               12,812            12,812               ―
     (2)  未払法人税等
                               62,303            62,303               ―
     (3)  未払消費税等
                               76,930            76,930               ―
            負債計                   152,045            152,045                ―
       当事業年度(平成30年2月28日)

                       貸借対照表計上額(千円)                時価(千円)            差額(千円)
     (1)  現金及び預金
                               647,079            647,079                ―
     (2)  営業未収入金
                               395,579            395,579                ―
     (3)  敷金及び保証金
                               87,796            87,795              △0
            資産計                  1,130,455            1,130,454                △0
     (1)  未払金
                               19,430            19,430               ―
     (2)  未払法人税等
                               89,492            89,492               ―
     (3)  未払消費税等
                               84,697            84,697               ―
            負債計                   193,621            193,621                ―
                                 46/65



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
      資   産
       (1)  現金及び預金、(2)         営業未収入金
         これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
        ます。
       (3)  敷金及び保証金
         敷金及び保証金については、その将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標で割り引いた現在価値
        により算定しております。
      負   債

       (1)  未払金、(2)      未払法人税等、(3)         未払消費税等
         これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
     (注2)    金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額

       前事業年度(平成29年2月28日)
                                        1年超       5年超
                                1年以内                      10年超
                                        5年以内       10年以内
                                 (千円)                      (千円)
                                        (千円)       (千円)
     現金及び預金                             456,869          ―       ―       ―
     営業未収入金                             257,699          ―       ―       ―
     敷金及び保証金                                ―     26,148       23,353        2,325
                 合計                 714,569        26,148       23,353        2,325
       当事業年度(平成30年2月28日)

                                        1年超       5年超
                                1年以内                      10年超
                                        5年以内       10年以内
                                 (千円)                      (千円)
                                        (千円)       (千円)
     現金及び預金                             647,079          ―       ―       ―
     営業未収入金                             395,579          ―       ―       ―
     敷金及び保証金                             31,465       47,273        7,641       1,416
                 合計                1,074,124         47,273        7,641       1,416
        (退職給付関係)

         該当事項はありません。
                                 47/65









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
        (ストック・オプション等関係)
       1.ストック・オプションにかかる費用計上額および科目名
          該当事項はありません。
       2.ストック・オプションの内容、規模およびその変動状況

       (1)ストック・オプションの内容
       決議年月日                      平成29年1月18日
                              当社取締役3名
       付与対象者の区分および人数
                              当社管理職等32名
       株式の種類および付与数                      普通株式 106,600株
       付与日                      平成29年2月13日
                              付与日(平成29年2月13日)から権利確定日(平成31年1月18
       権利確定条件
                              日)まで継続して勤務していること
       対象勤務期間                      平成29年2月13日~平成31年1月18日
       権利行使期間                      平成31年1月19日~平成39年1月18日
      (注)平成30年3月3日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っており、株式分割後の株式数
         に換算して記載しております。
       (2)ストック・オプションの規模およびその変動状況

          当事業年度(平成30年2月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプション
         の数については、株式数に換算して記載しております。
          ① ストック・オプションの数
       決議年月日                            平成29年1月18日
       権利確定前(株)
        前事業年度末                                      106,600
        付与                                         ―
        失効                                       1,940
        権利確定                                         ―
        未確定残                                      104,660
       権利確定後(株)
        前事業年度末                                         ―
        権利確定                                         ―
        権利行使                                         ―
        失効                                         ―
        未行使残                                         ―
      (注)平成30年3月3日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っており、株式分割後の株式数
         に換算して記載しております。
          ② 単価情報

       決議年月日                            平成29年1月18日
       権利行使価格(円)                                         420
       行使時平均株価(円)                                          ―
       付与日における公正な評価単価(円)                                          ―
      (注)平成30年3月3日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っており、株式分割後の権利行
         使価格に換算して記載しております。
                                 48/65



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       3.当事業年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
         ストック・オプションを付与した日時点においては、当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの
        公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。また、単位当たりの本源的価
        値の見積方法は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー法)及び純資産法の折衷法によっております。
       4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

         基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用して
        おります。
       5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価値

         の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の
         合計額
         ①当事業年度末における本源的価値の合計額                             ―千円
         ②当事業年度末において権利行使されたストック・
                                      ―千円
          オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
                                 49/65















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
        (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前事業年度             当事業年度

        繰延税金資産
                                   (平成29年2月28日)             (平成30年2月28日)
         未払事業税
                                         6,538千円             7,542千円
                                          939  〃          1,474   〃
         未払事業所税
                                         1,145   〃           137  〃
         未払労働保険料
                                         5,249   〃          7,273   〃
         未払社会保険料
                                         3,325   〃          6,840   〃
         減価償却費超過額
                                         2,438   〃          8,866   〃
         ソフトウエア
                                         1,375   〃          2,127   〃
         資産除去債務
                                          337  〃          1,797   〃
         その他
        繰延税金資産小計
                                        21,349千円             36,059千円
                                         △976   〃         △1,269    〃
        評価性引当額
        繰延税金資産合計                                 20,372千円             34,790千円
        繰延税金資産純額                                 20,372千円             34,790千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                     前事業年度             当事業年度

                                   (平成29年2月28日)             (平成30年2月28日)
         法定実効税率
                                           35.4%             34.8%
         (調整)
         役員賞与等永久に損金に算入されない項目                                  3.6%             1.2%
         中小法人軽減税                                 △0.4%             △0.3%
         住民税均等割等                                  0.6%             0.4%
         税額控除                                 △6.7%               ―%
         評価性引当額                                  0.1%             0.1%
                                           0.0%            △0.2%
         その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  32.5%             36.1%
     3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       平成30年4月の上場に際して行われた公募増資の結果、資本金が増加したことに伴い、外形標準課税が適用される
      こととなりました。
       これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用される法定実効税率は、従来の34.81%から、平成30年3
      月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については30.86%に、平成31年3月1日に開始する事業年度
      以降に解消が見込まれる一時差異については30.62%となります。
       なお、この税率変更により、繰延税金資産の金額が3,965千円減少し、法人税等調整額が同額増加しております。
        (資産除去債務関係)

       当社は、本社および支店の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務を資産除去債務として認識しております。
       なお当該資産除去債務に関しては、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関する敷金の回収が最
      終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積もり、そのうち当事業年度の負担に属する金額を費用計上する方
      法によっております。
                                 50/65




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
        (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
      1 報告セグメントの概要
         当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資
        源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
         当社は、営業代行事業、メディア事業(イエプラ)、メディア事業(アルテマ)、その他関連事業を営んでお
        り、本社および各支店にて事業活動を展開しております。
         当社の報告セグメントは、事業内容により区分しており、「営業代行事業」「メディア事業(イエプラ)」
        「メディア事業(アルテマ)」の3つを報告セグメントとしております。
       (報告セグメントの変更等に関する事項)

         当事業年度より「メディア事業」に含まれていた「メディア事業(イエプラ)」「メディア事業(アルテマ)」に
        ついて量的な重要性が増したため、報告セグメントとして記載する方法に変更しております。
          なお、前事業年度のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したものを記載しており
        ます。
      2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と同一であります。
      3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

       前事業年度(自         平成28年3月1日          至   平成29年2月28日)
                                                    (単位:千円)
                           報告セグメント
                                           その他      調整
                           メディア事業
                                                        合計
                   営業代行事
                                           (注)1      (注)2
                                       計
                     業
                         イエプラ      アルテマ
     売上高

                   2,643,897       239,153      153,568     3,036,619       17,879          3,054,498
       外部顧客への売上高                                                ―
      セグメント間の内部
                        ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
      売上高又は振替高
                   2,643,897       239,153      153,568     3,036,619       17,879          3,054,498
           計                                          ―
     セグメント利益または
                    300,236     △ 25,182     △ 23,443     251,609       4,364    △ 54,029     201,945
     損失(△)
                    346,590      30,015      32,540     409,146       4,616     479,465      893,228
     セグメント資産
     その他の項目
                     7,987      3,924       813    12,724            1,928     14,653
       減価償却費                                          ―
       有形固定資産及び
                     22,764      1,510           24,275                  24,275
                                   ―            ―      ―
       無形固定資産の増加額
      (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、仲介手数料事業等を含んでおり
          ます。
        2.セグメント利益の調整額△54,029千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。
          全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        3.セグメント資産の調整額479,465千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産であります。全社資産
          は主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金456,869千円であります。
                                 51/65





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       当事業年度(自         平成29年3月1日          至   平成30年2月28日)
                                                    (単位:千円)
                           報告セグメント
                                           その他      調整
                           メディア事業                            合計
                    営業代行
                                           (注)1      (注)2
                                       計
                     事業
                         イエプラ      アルテマ
     売上高

                   3,165,270       404,792      370,403     3,940,466       17,878          3,958,344
       外部顧客への売上高                                                ―
      セグメント間の内部
                        ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
      売上高又は振替高
                   3,165,270       404,792      370,403     3,940,466       17,878          3,958,344
           計                                          ―
                    360,849       5,702     10,172     376,724       1,054    △ 62,416     315,362
     セグメント利益
                    445,956      39,942     102,184      588,083       4,987     690,026     1,283,097
     セグメント資産
     その他の項目
                     9,868      4,001      1,411     15,281            2,097     17,379
       減価償却費                                          ―
       有形固定資産及び
                     5,531      2,900      6,265     14,697            3,037     17,735
                                               ―
       無形固定資産の増加額
      (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、仲介手数料事業等を含んでおり
          ます。
        2.セグメント利益の調整額△62,416千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。
          全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        3.セグメント資産の調整額690,026千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産であります。全社資産
          は主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金647,079千円であります。
                                 52/65













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       【関連情報】
      前事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
      1 製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報にて、同様の情報を記載しているため、記載を省略しております。
      2 地域ごとの情報

       (1)  売上高
         本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しております。
       (2)  有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略
        しております。
      3 主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                      売上高               関連するセグメント名
     NHK                               2,643,897      営業代行事業
      当事業年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

      1 製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報にて、同様の情報を記載しているため、記載を省略しております。
      2 地域ごとの情報

       (1)  売上高
         本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しております。
       (2)  有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略
        しております。
      3 主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                      売上高               関連するセグメント名
     NHK                               3,165,270      営業代行事業
                                 53/65








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
      前事業年度(自         平成28年3月1日          至   平成29年2月28日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(自         平成29年3月1日          至   平成30年2月28日)

       該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      前事業年度(自         平成28年3月1日          至   平成29年2月28日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(自         平成29年3月1日          至   平成30年2月28日)

       該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      前事業年度(自         平成28年3月1日          至   平成29年2月28日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(自         平成29年3月1日          至   平成30年2月28日)

       該当事項はありません。
                                 54/65













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
        【関連当事者情報】
     1   関連当事者との取引
      財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
        前事業年度(自         平成28年3月1日          至   平成29年2月28日)
                               議決権等
                   資本金又
         会社等の名称               事業の内容       の所有     関連当事者            取引金額        期末残高
      種類          所在地   は出資金                       取引の内容           科目
          又は氏名              又は職業      (被所有)     との関係            (千円)        (千円)
                    (千円)
                               割合(%)
                                         当社不動産賃
                                                (被保証額)
                         当社代表      (被所有)
      役員    栗林 憲介                          債務被保証     借に対する債
                 ―    ―                                 ―    ―
                         取締役     直接35.0%
                                                 77,424
                                         務被保証
                                         当社不動産賃
                                                (被保証額)
                              (被所有)
      役員    鹿内 一勝              当社取締役            債務被保証     借に対する債
                 ―    ―                                 ―    ―
                               直接3.0%
                                                  1,207
                                         務被保証
      取引条件及び取引条件の決定方針等
      (注)   1 上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
        2 当社の事務所等の賃貸借契約について債務保証を受けております。なお、当社不動産賃借に対する債務被
          保証の取引金額は、当事業年度末から各物件の賃貸借期間における支払総額を記載しております。また、
          保証料の支払いはありません。
        当事業年度(自         平成29年3月1日          至   平成30年2月28日)

                               議決権等
                   資本金又
         会社等の名称               事業の内容       の所有     関連当事者            取引金額        期末残高
      種類          所在地   は出資金                       取引の内容           科目
          又は氏名              又は職業      (被所有)     との関係            (千円)        (千円)
                    (千円)
                               割合(%)
                                         当社不動産賃
                                                (被保証額)
                         当社代表      (被所有)
      役員    栗林 憲介                          債務被保証     借に対する債
                 ―    ―                                 ―    ―
                         取締役     直接35.0%
                                                 28,473
                                         務被保証
                                         当社不動産賃
                                                (被保証額)
                              (被所有)
      役員    鹿内 一勝              当社取締役            債務被保証     借に対する債
                 ―    ―                                 ―    ―
                               直接3.0%
                                                   517
                                         務被保証
      取引条件及び取引条件の決定方針等
      (注)   1 上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
        2 当社の事務所等の賃貸借契約について債務保証を受けております。なお、当社不動産賃借に対する債務被
          保証の取引金額は、当事業年度末から各物件の賃貸借期間における支払総額を記載しております。また、
          保証料の支払いはありません。
     2   親会社又は重要な関連会社に関する注記

        該当事項はありません。
                                 55/65









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
        (1株当たり情報)
                              前事業年度                  当事業年度

                           (自    平成28年3月1日                (自    平成29年3月1日
                           至   平成29年2月28日)                至   平成30年2月28日)
     1株当たり純資産額                                194.65円                  296.00円
     1株当たり当期純利益金額                                68.47円                  101.34円

      (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は、当事業年
          度までは非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
        2.当社は、平成29年2月7日付で普通株式1株につき普通株式1,000株の割合で株式分割および平成30年3月
          3日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。
          前事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額
          を算定しております。
        3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                     前事業年度              当事業年度

                                  (自    平成28年3月1日           (自    平成29年3月1日
                  項目
                                  至   平成29年2月28日)            至   平成30年2月28日)
     1株当たり当期純利益金額
       当期純利益(千円)                                     136,930              202,689

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                        ―              ―

       普通株式に係る当期純利益(千円)                                     136,930              202,689

       普通株式の期中平均株式数(株)                                    2,000,000              2,000,000

                                 56/65












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
        (重要な後発事象)
       (株式分割)
       当社は、平成30年2月14日開催の取締役会決議に基づき、平成30年3月3日付で株式分割を行っております。
       1.株式分割の目的
         当社株式の流動性向上と投資家層拡大を図ることを目的としております。
       2.株式分割の概要
       (1)株式分割の割合および時期
          平成30年3月3日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。
       (2)分割により増加する株式数
          株式分割前の発行済株式総数                   1,000,000株
          今回の分割により増加する株式数                   1,000,000株
          株式分割後の発行済株式総数                   2,000,000株
          株式分割後の発行可能株式総数                   8,000,000株
       (3)新株予約権の権利行使価格の調整
                        調整前権利行使価格             調整後権利行使価格
          第1回新株予約権                      840円             420円
       (新株の発行)

        当社は、平成30年4月27日付で株式会社東京証券取引所JASDAQ市場に上場いたしました。上場にあたり、
       平成30年3月23日及び平成30年4月9日開催の取締役会において、次のとおり新株式の発行を決議いたしました。
        なお、公募による新株の発行については、平成30年4月26日に、第三者割当増資については、平成30年5月24日
       に払込が完了しております。
       (1)公募による新株の発行
          ①募集方法
                      一般募集(ブックビルディング方式による募集)
                      普通株式     300,000株
          ②発行する株式数
                      1株につき      1,810円
          ③発行価格
          ④引受価額             1株につき      1,665.20円
          ⑤資本金組入額             1株につき      832.60円
          ⑥引受金額の総額             499,560,000円
          ⑦資本金組入額の総額             249,780,000円
          ⑧払込期日             平成30年4月26日(木曜日)
                      主にメディア事業の拡大における、アプリ等の開発費用、新規ユーザーの
          ⑨資金の使途             獲得を図るためのプロモーション費用、採用費、支店の開設費用に充当す
                      る予定であります。
       (2)第三者割当増資

        当社は、平成30年3月23日及び平成30年4月9日開催の取締役会において、オーバーアロットメントによる売出
       しに関連して、株式会社SBI証券が当社株主である栗林憲介より借り入れる当社普通株式の返還に必要な株式を
       取得させるため、同社を割当先とする第三者割当増資による新株式発行を下記のとおり決議いたしました。
          ①募集方法
                      第三者割当(オーバーアロットメントによる売出し)
                      普通株式     61,200株
          ②発行する株式数
                      1株につき      1,665.20円
          ③割当価額
          ④払込金額             1株につき      1,419.50円
          ⑤資本金組入額             1株につき      832.60円
          ⑥割当価額の総額             101,910,240円
          ⑦払込金額の総額             86,873,400円
          ⑧資本金組入額の総額             50,955,120円
                                 57/65


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
          ⑨払込期日             平成30年5月24日(木曜日)
                      主にメディア事業の拡大における、アプリ等の開発費用、新規ユーザーの
          ⑩資金の使途             獲得を図るためのプロモーション費用、採用費、支店の開設費用に充当す
                      る予定であります。
          ⑪割当先             株式会社SBI証券
      (注)払込金額は会社法第199条第1項第2号所定の払込金額であり、割当価格は割当先より払い込まれる金額であり
         ます。
                                 58/65


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 【附属明細表】
        【有価証券明細表】
         該当事項はありません。
        【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価

                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額      差引当期末
         資産の種類
                   (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     又は償却累       (千円)     残高(千円)
                                          計額(千円)
     有形固定資産
      建物附属設備

                    10,298      12,449         ―   22,747       8,343      2,873      14,403
       工具、器具及び備品               25,778       3,445        ―   29,224      21,741       4,362      7,482

        有形固定資産計             36,076      15,895         ―   51,971      30,085       7,235      21,886

     無形固定資産

      ソフトウエア

                    20,694       1,840        ―   22,534       7,525      4,506      15,008
        無形固定資産計             20,694       1,840        ―   22,534       7,525      4,506      15,008

     長期前払費用                1,500       500       ―    2,000      1,190       375      810

      (注)   1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
         建物附属設備               内装工事               12,449    千円
         工具、器具及び備品               サーバー機器               1,597    千円
                        防犯設備               1,268    千円
        【社債明細表】

         該当事項はありません。
        【借入金等明細表】

         該当事項はありません。
        【引当金明細表】

         該当事項はありません。
        【資産除去債務明細表】

         該当事項はありません。
                                 59/65







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
      (2) 【主な資産及び負債の内容】
       ①   現金及び預金
                 区分                          金額(千円)
     預金

       普通預金                                                   647,079

                  計                                      647,079

                 合計                                      647,079

       ②   営業未収入金

         相手先別内訳
                 相手先                           金額(千円)

     NHK                                                   294,030

     ㈱エムフロ                                                   66,311

     ㈱エスフィット                                                    3,852

     ㈱プログレス                                                    1,857

     APAMAN㈱                                                    1,814

     その他                                                   27,712

                 合計                                      395,579

         営業未収入金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                    滞留期間(日)
                                            回収率(%)
                                                     (A)+(D)
     当期首残高(千円)         当期発生高(千円)         当期回収高(千円)         当期末残高(千円)
                                                       2
                                            (C)
                                               ×100
                                                      (B)
        (A)         (B)         (C)         (D)
                                          (A)+(B)
                                                       365
          257,699        4,274,777         4,136,897          395,579           91.3         27.9
      (注)  消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
                                 60/65








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
       ③   前払費用
                 相手先                           金額(千円)
     ㈱DYM                                                   16,416

     ㈱リクルートホールディングス                                                    6,350

     エン・ジャパン㈱                                                    4,851

     ㈱リアステージ                                                    4,752

     ㈱パインランド                                                    1,723

     その他                                                   23,105

                 合計                                       57,199

       ④   敷金及び保証金

                 品名                          金額(千円)
     ㈱パインランド                                                   15,958

     ㈱東急コミュニティー                                                   14,460

     ケネディクス・オフィス投資法人                                                   10,132

     ㈱幸伸ビル                                                    5,394

     旭ハウス工業㈱                                                    4,295

     その他                                                   37,556

                 合計                                       87,796

       ⑤   未払費用

                 相手                          金額(千円)
     従業員                                                   302,445

     池袋年金事務所                                                   44,520

     役員                                                   19,673

     ㈱リブセンス                                                   14,364

     ㈱ネオキャリア                                                    9,019

     その他                                                   72,741

                 合計                                      462,765

      (3) 【その他】

        該当事項はありません。
                                 61/65




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度              3月1日から2月末まで

     定時株主総会              5月中

     基準日              2月末日

     株券の種類              ―

                   8月31日
     剰余金の配当の基準日
                   2月末日
     1単元の株式数              100株
     株式の名義書換え(注)1

         取扱場所              東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行 証券代行部

         株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行

         取次所              三井住友信託銀行

         名義書換手数料              無料

         新券交付手数料              ―

     単元未満株式の買取り

         取扱場所              東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行 証券代行部

         株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行

         取次所              ―(注)1

         買取手数料              無料

                   当社の公告方法は、電子公告としております。
                   ただし事故その他やむを得ない事由により電子公告をすることができないときは、日本
                   経済新聞に掲載しております。
     公告掲載方法
                   当社の公告掲載URLは次のとおりであります。
                   http://www.n-links.co.jp/
     株主に対する特典              なし
      (注)   1.当社株式は、平成30年4月27日付の株式会社東京証券取引所への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する
          法律第128条第1項に規定する振替株式となったことから、本書提出日現在の該当事項はありません。
        2.当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を有しておりません。
          会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
          株主の有する単元未満株式の数と併せて単元株式数となる数の株式を売り渡すことを請求する権利
                                 62/65






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     第7 【提出会社の参考情報】

     1 【提出会社の親会社等の情報】

       当社には、親会社等はありません。
     2 【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)  有価証券届出書及びその添付書類

        有償一般募集増資(ブックビルディング方式による募集)及び株式売出し(ブックビルディング方式による売出
       し)平成30年3月23日関東財務局長に提出。
      (2)  有価証券届出書の訂正届出書

        上記(1)に係る訂正届出書を平成30年4月10日及び平成30年4月19日関東財務局長に提出。
                                 63/65















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

       該当事項はありません。
                                 64/65




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エヌリンクス(E33928)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成30年5月25日

     株式会社エヌリンクス
      取締役会 御中
                          有限責任監査法人トーマツ

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士  吉  村  孝  郎  ㊞
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士  髙  橋  篤  史  ㊞
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社エヌリンクスの平成29年3月1日から平成30年2月28日までの第8期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
     借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属
     明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社エヌリンクスの平成30年2月28日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・
     フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 65/65


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。