株式会社レッド・プラネット・ジャパン 訂正臨時報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正臨時報告書

提出日:

提出者:株式会社レッド・プラネット・ジャパン

カテゴリ:訂正臨時報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                            訂正臨時報告書
     【表紙】

     【提出書類】                     臨時報告書の訂正報告書

     【提出先】                     関東財務局長

     【提出日】                     平成30年5月16日

     【会社名】                     株式会社レッド・プラネット・ジャパン

     【英訳名】                     Red  Planet    Japan,    Inc.

     【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長CEO ティモシー・ハンシング

     【本店の所在の場所】                     東京都港区赤坂一丁目7番1号

     【電話番号】                     050-5835-0966

     【事務連絡者氏名】                     取締役CFO 王生 貴久

     【最寄りの連絡場所】                     東京都港区赤坂一丁目7番1号

     【電話番号】                     050-5835-0966

     【事務連絡者氏名】                     取締役CFO 王生 貴久

     【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                            訂正臨時報告書
     1  【臨時報告書の訂正報告書の提出理由】
       平成30年3月16日付でゴールドマン・サックス証券株式会社(以下「ゴールドマン・サックス」といいます。)と
      当社グループが所有する不動産のセールアンドリースバック取引を実施したことに伴い、平成30年3月19日付で金融
      商品取引法第24条の5第4項並びに企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第19号の規定に基づき提出した
      臨時報告書について、記載事項の一部に訂正すべき事象が発生しましたので、金融商品取引法第24条の5第5項に基
      づき臨時報告書の訂正報告書を提出するものであります。
     2  【訂正事項】

        2 報告内容
         (3)当該事象の連結損益に与える影響額
     3  【訂正箇所】

       訂正箇所は       を付して表示しております。
       なお、変更の主な理由は、当初の固定資産売却益の計算において、開示当時に売却原価に含んでいなかった浅草の

      ホテルに係る信託借地権195              百万円を、新たに追加したためであります。なお、当費用を売却時の原価に移動したこ
      とにより、その分だけ長期前受収益が増加し、今後リース期間で按分計上される建物に係る利益の予定金額が増加す
      ることとなります。
       (訂正前)

         当該譲渡に伴い、平成30            年12月期において札幌を除く3ホテルの土地部分に係る固定資産売却益                                  1,447   百万円
        を特別利益として計上          する予定です      。また、同3ホテルの建物等に係る固定資産売却益については                             1,100   百万円程
        度と見積もっておりますが、これは売却時点では長期前受収益として計上し、20年間のリース期間に応じて按分
        計上(年当たり       55 百万円程度)を行ってまいります。
       (訂正後)

         当該譲渡に伴い、平成30            年12月期において札幌を除く3ホテルの土地部分に係る固定資産売却益                                  1,251   百万円
        を特別利益として計上          しました。     また、同3ホテルの建物等に係る固定資産売却益については                            1,295   百万円程度と
        見積もっておりますが、これは売却時点では長期前受収益として計上し、20年間のリース期間に応じて按分計上
        (年当たり     64 百万円程度)を行ってまいります。
                                                        以  上

                                 2/2








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。