株式会社 クボタ 四半期報告書 第129期第1四半期(平成30年1月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第129期第1四半期(平成30年1月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社 クボタ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      2018年5月15日

     【四半期会計期間】                      第129期第1四半期

                          (自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)
     【会社名】                      株式会社クボタ

     【英訳名】                      KUBOTA    CORPORATION

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  木 股 昌 俊

     【本店の所在の場所】                      大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号

     【電話番号】                      大阪(06)6648-2622

     【事務連絡者氏名】                      財務部長  原 嶋 節 夫

     【最寄りの連絡場所】                      東京都中央区京橋二丁目1番3号

                          株式会社クボタ 東京本社
     【電話番号】                      東京(03)3245-3111

     【事務連絡者氏名】                      東京総務部長  国 政 瑞 樹

     【縦覧に供する場所】                      株式会社クボタ 本社阪神事務所

                           (兵庫県尼崎市浜一丁目1番1号)
                          株式会社クボタ 東京本社
                           (東京都中央区京橋二丁目1番3号)
                          株式会社クボタ 中部支社
                           (名古屋市中村区名駅三丁目22番8号)
                          株式会社クボタ 横浜支店
                           (横浜市中区尾上町一丁目6番地)
                          株式会社東京証券取引所
                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/53





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第128期           第129期

              回次              第1四半期           第1四半期            第128期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自 2017年1月1日           自 2018年1月1日           自 2017年1月1日
             会計期間
                          至 2017年3月31日           至 2018年3月31日           至 2017年12月31日
                                404,858           428,621          1,751,038
     売上高                (百万円)
                                 43,883           45,034          214,007

     税引前利益                (百万円)
     親会社の所有者に帰属する
                                 29,416           29,869          134,160
                     (百万円)
     四半期(当期)利益
     親会社の所有者に帰属する
                                 9,199         △ 16,702          148,460
                     (百万円)
     四半期(当期)包括利益
                               1,180,134           1,258,067           1,291,094
     親会社の所有者に帰属する持分                (百万円)
                               2,580,985           2,748,187           2,832,364

     総資産額                (百万円)
     基本的1株当たり親会社の
                                 23.73           24.21          108.45
     所有者に帰属する四半期(当期)                 (円)
     利益
     希薄化後1株当たり親会社の
                                                       108.45
     所有者に帰属する四半期(当期)                 (円)             ―           ―
     利益
                                  45.7           45.8           45.6
     親会社所有者帰属持分比率                 (%)
     営業活動による
                                △ 2,706         △ 19,467          137,185
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                △ 17,586          △ 15,951          △ 45,984
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                △ 16,695          △ 15,118          △ 32,575
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                131,768           178,706           230,720
                     (百万円)
     四半期末(期末)残高
      (注)   1 要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表は、国際財務報告基準(以下「IFRS」)に基づいて作成してお
          ります。
        2 当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
          載しておりません。
        3 売上高には消費税等は含まれておりません。
        4 金額は表示単位未満の端数を四捨五入して表示しております。
        5 第128期第1四半期連結累計期間及び第129期第1四半期連結累計期間においては、潜在的に希薄化効果のあ
          る株式が存在しないため、希薄化後1株当たり親会社の所有者に帰属する四半期利益は記載しておりませ
          ん。
                                  2/53






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  3/53



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

        当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生はありません。また、前事業年度の有価証券報告
       書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
        なお、重要事象等は存在しておりません。
     2  【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        当社は当連結会計年度より、従来の米国において一般に認められる会計原則(以下「米国基準」)に替えてIFR
       Sを適用しております。また、前年同四半期及び前連結会計年度の財務数値についても、IFRSに組替えて比較
       分析を行っております。
      (1)  経営成績の分析
        当第1四半期連結累計期間(2018年1月1日~2018年3月31日)の売上高は前年同期比238億円(5.9%)増加して
       4,286億円となりました。
        国内売上高は機械、水・環境、その他の全部門で増収となり、前年同期比46億円(3.2%)増の1,493億円となりま
       した。
        海外売上高は建設機械の好調により機械部門が増収となったほか、鉄管やポンプの伸長により水・環境部門も増
       加し、全体では前年同期比192億円(7.4%)増の2,793億円となりました。
        営業利益は販売費や、為替差損益の悪化に伴うその他の費用の増加はありましたが、国内外での増販や、ユーロ
       に対する円安効果等により前年同期比36億円(9.0%)増の439億円となりました。税引前利益は前年の金融収益に有
       価証券売却益が含まれていることによる金融収益の悪化を営業利益の増加で補い、前年同期比12億円(2.6%)増の
       450億円となりました。法人所得税は125億円の負担となり、四半期利益は前年同期比12億円(3.7%)増の327億円と
       なりました。親会社の所有者に帰属する四半期利益は前年同期を5億円(1.5%)上回る299億円となりました。
        事業別セグメントの外部顧客への売上高及びセグメント利益の状況は次のとおりです。

       ① 機械
         当部門は農業機械及び農業関連商品、エンジン、建設機械により構成されております。
         当部門の売上高は前年同期比6.2%増加して3,394億円となり、売上高全体の79.2%を占めました。
         国内売上高は前年同期比4.9%増の721億円となりました。自動販売機事業からの撤退の影響はありましたが、
        農業機械、エンジン、建設機械が揃って増加しました。
         海外売上高は前年同期比6.6%増の2,673億円となりました。北米では米ドルに対する円高の影響はあるもの
        の、堅調な需要を背景に建設機械、エンジン、トラクタがすべて増加しました。欧州ではユーロやポンドに対す
        る為替改善効果に加え、建設機械も好調を維持しました。アジアではタイのトラクタが米やキャッサバ等の価格
        上昇に伴う需要回復により堅調に推移したほか、インドのトラクタも前期に投入した多目的トラクタの新機種等
        を中心に増加しました。一方、中国の農業機械が政府による農業機械購入補助金予算の発表が遅れた影響により
        大幅に減少したため、アジア全体では前年を下回りました。
         当部門のセグメント利益は国内外での増収やユーロに対する円安効果等により前年同期比24.0%増加して470億
        円となりました。
                                  4/53





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
       ② 水・環境
         当部門はパイプ関連製品(ダクタイル鉄管、合成管、ポンプ、バルブ等)、環境関連製品(各種環境プラント
        等)、社会インフラ関連製品(素形材、スパイラル鋼管等)により構成されております。
         当部門の売上高は前年同期比4.7%増加して813億円となり、売上高全体の19.0%を占めました。
         国内売上高は前年同期比1.6%増の694億円となりました。パイプ関連製品はダクタイル鉄管が低調でしたが、
        ポンプや工事事業が増加したため、前年を上回りました。社会インフラ関連製品も素形材や土木工事用スパイラ
        ル鋼管の伸長により増加しましたが、環境関連製品は上下水処理装置等が減少しました。
         海外売上高は前年同期比27.3%増の119億円となりました。中東向けのダクタイル鉄管やポンプが大幅に増加し
        ました。
         当部門のセグメント利益は海外売上高の増加に伴う構成悪化等により前年同期比19.4%減少して88億円となり
        ました。
       ③ その他

         当部門は各種サービス事業等により構成されております。
         当部門の売上高は前年同期比2.1%増の79億円となり、売上高全体の1.8%を占めました。
         当部門のセグメント利益は前年同期比10.7%減少して7億円となりました。
      (2)  財政状態の分析

        総資産は前連結会計年度末(2017年12月末)比842億円減少して2兆7,482億円となりました。
        資産の部では現金及び現金同等物が減少したほか、米ドル等の為替レートが前連結会計年度末と比べて円高と
       なったことにより金融債権等の外貨建資産の円換算額も減少しました。
        負債の部では円高による円換算額の減少により社債及び借入金が減少したほか、未払法人所得税も減少しまし
       た。
        親会社の所有者に帰属する持分は利益の積上がりはありましたが、為替や株価の変動に伴うその他の資本の構成
       要素の悪化により減少しました。親会社所有者帰属持分比率は前連結会計年度末比0.2ポイント増加して45.8%とな
       りました。
      (3)  キャッシュ・フローの状況

        当第1四半期連結累計期間の営業活動によるキャッシュ・フローは195億円の支出となりました。四半期利益は増
       加しましたが、法人所得税の支払額が増加したこと等により前年同期比168億円の支出増となりました。
        投資活動によるキャッシュ・フローは160億円の支出となりました。有価証券の売却及び償還による収入が減少し
       ましたが、有形固定資産の取得による支出の減少等により前年同期比16億円の支出減となりました。
        財務活動によるキャッシュ・フローは151億円の支出となりました。自己株式の取得の減少等により前年同期比16
       億円の支出減となりました。
        これらのキャッシュ・フローに為替レート変動の影響を加えた結果、当第1四半期連結会計期間末の現金及び現
       金同等物残高は期首残高から520億円減少して1,787億円となりました。
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、対処すべき課題に重要な変更はありません。また、新たに生じた課題もあ
       りません。
      (5)  研究開発活動

        当第1四半期連結累計期間における研究開発費は108億円です。
        なお、当第1四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  5/53




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                          1,874,700,000

                  計                        1,874,700,000

       ②  【発行済株式】

              第1四半期会計期間末             提出日現在

        種類       現在発行数(株)            発行数(株)          上場金融商品取引所名                内容
               (2018年3月31日)           (2018年5月15日)
                                       東京証券取引所            単元株式数は

       普通株式         1,234,024,216           1,234,056,846
                                       (市場第一部)            100株です。
         計       1,234,024,216           1,234,056,846                ―           ―

      (注)   2018年4月20日付で金銭報酬債権(60百万円)を対価に譲渡制限付株式報酬としての新株式(32,630株)を発行して
        おります。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     自 2018年1月1日
                      ─   1,234,024           ─     84,100         ─     73,087
     至 2018年3月31日
                                  6/53







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (7)  【議決権の状況】

        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、直前
       の基準日(2017年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                                 2017年12月31日現在
            区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                             ―         ―        ─

     議決権制限株式(自己株式等)                             ―         ―        ─
     議決権制限株式(その他)                             ―         ―        ─

                     (自己保有株式)
                       普通株式         24,900
     完全議決権株式(自己株式等)                                     ―        ─
                     (相互保有株式)
                       普通株式         718,400
                       普通株式      1,233,022,100
     完全議決権株式(その他)                                 12,330,221             ─
                       普通株式         258,816
     単元未満株式                                     ―  1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                       1,234,024,216               ―        ―
     総株主の議決権                             ―    12,330,221             ―

      (注)   「完全議決権株式(その他)」の普通株式には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が1千株(議決権10個)含ま
        れております。
       ②  【自己株式等】

                                                 2017年12月31日現在
                                自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
      所有者の氏名
                   所有者の住所            所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
       又は名称
                                 (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
     (自己保有株式)
     ㈱クボタ         大阪市浪速区敷津東1-2-47                   24,900         ―    24,900          0.00
     (相互保有株式)
     ㈱秋田クボタ         秋田市寺内神屋敷295-38                   41,400         ―    41,400          0.00
     ㈱南東北クボタ         郡山市日和田町高倉杉下16-1                   102,000         ―   102,000          0.00
     ㈱北陸近畿クボタ         白山市下柏野町956-1                    9,000        ―    9,000         0.00
     ㈱福岡九州クボタ         福岡市南区野間1-11-36                   566,000         ―   566,000          0.04
     相互保有株式計                 ―           718,400         ―   718,400          0.05
         計              ―           743,300         ―   743,300          0.06
                                  7/53






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     2  【役員の状況】
        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
        (参考情報)

         当社は執行役員制度を導入しております。前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における
        取締役を兼任しない執行役員の異動は次のとおりです。
            新社名及び役名                 旧社名及び役名並びに職名                  氏名      異動年月日

                                  執行役員
      クボタ環境サービス
                                             小川 純司
                  常勤監査役        株式会社クボタ                           2018年3月28日
         株式会社
                                  CSR本部副本部長
                                  8/53

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の要約四半期連結財務諸表は「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号、以下「四半期連結財務諸表規則」)第93条の規定により、国際会計基準(以下「IAS」)第34号「期中財務
      報告」に準拠して作成しております。
     2.監査証明について

       当社は金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年1月1日から2018年3
      月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年1月1日から2018年3月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表に
      ついて、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
     3.要約四半期連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は要約四半期連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。会計基準等の内容を
      適切に把握し、会計基準等の変更等に的確に対応するため、公益財団法人財務会計基準機構に加入しているほか、同
      機構や会計に関する専門機関が実施する研修への参加、会計に関する専門誌の購読等を行っております。また、IF
      RSに準拠したグループ会計方針を作成し、これに基づき会計処理を行っております。
                                  9/53














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     1  【要約四半期連結財務諸表】
      (1)  【要約四半期連結財政状態計算書】
         資産の部
                                                    (単位:百万円)
                                                    当第1四半期
                          注記      移行日        前連結会計年度末
                                                   連結会計期間末
                          番号    (2017年1月1日)          (2017年12月31日)
                                                   (2018年3月31日)
     Ⅰ 流動資産

        現金及び現金同等物                           169,416          230,720          178,706
                                   623,410          639,083          658,575
        営業債権
                                   230,925          250,684          238,016
        金融債権
                                    63,710          51,515          55,953
        その他の金融資産                  ※5
                                   352,598          358,854          377,365
        棚卸資産
                                    17,325          20,787          17,163
        未収法人所得税
                                    52,414          56,783          48,697
        その他の流動資産
       流動資産合計
                                  1,509,798          1,608,426          1,574,475
     Ⅱ 非流動資産

                                    28,505          29,333          29,566
        持分法で会計処理されている投資
                                   491,444          559,479          530,465
        金融債権
                                   184,854          188,738          179,567
        その他の金融資産                  ※5
                                   301,866          321,741          314,690
        有形固定資産
                                    40,340          46,983          46,032
        のれん及び無形資産
                                    50,698          48,987          44,714
        繰延税金資産
                                    26,275          28,677          28,678
        その他の非流動資産
       非流動資産合計
                                  1,123,982          1,223,938          1,173,712
     資産合計                             2,633,780          2,832,364          2,748,187
                                 10/53











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
         負債及び資本の部
                                                    (単位:百万円)
                                                    当第1四半期
                          注記      移行日        前連結会計年度末
                                                   連結会計期間末
                          番号    (2017年1月1日)          (2017年12月31日)
                                                   (2018年3月31日)
     Ⅰ 流動負債

                                   338,488          363,488          369,308
        社債及び借入金
                                   255,859          286,121          296,065
        営業債務
                                    45,148          39,561          39,839
        その他の金融負債
                                    19,650          37,221          13,777
        未払法人所得税
                                    17,387          21,213          20,518
        引当金
                                   157,872          169,849          173,887
        その他の流動負債                  ※6
       流動負債合計                            834,404           917,453           913,394
     Ⅱ 非流動負債

                                   476,871          470,613          429,298
        社債及び借入金
                                    1,919          3,621          4,279
        その他の金融負債
                                    12,091          12,943          12,525
        退職給付に係る負債
        繰延税金負債                           35,861          41,175          33,567
                                    5,560          10,991          10,209
        その他の非流動負債                  ※6
       非流動負債合計                            532,302           539,343           489,878
     負債合計                             1,366,706          1,456,796          1,403,272
     Ⅲ 資本

        親会社の所有者に帰属する持分
                                              84,100           84,100
         資本金                          84,070
                                              85,037           85,052
         資本剰余金                          84,605
                                    954,819          1,040,207           1,050,727
         利益剰余金
                                              81,924           38,363
         その他の資本の構成要素                          70,463
                                               △174           △175
                                    △192
         自己株式
        親会社の所有者に帰属する持分合計
                                  1,193,765          1,291,094          1,258,067
                                    73,309           84,474           86,848
        非支配持分
     資本合計                             1,267,074          1,375,568          1,344,915
     負債及び資本合計                             2,633,780          2,832,364          2,748,187
                                 11/53








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
      (2)  【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
         【要約四半期連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                             当第1四半期連結累計期間
                              前第1四半期連結累計期間
                                              (自 2018年1月1日
                                (自 2017年1月1日
                           注記
                                               至 2018年3月31日)
                                至 2017年3月31日)
                           番号
                                  金額       百分比        金額       百分比
                                          %              %
                                    404,858               428,621
     Ⅰ 売上高                      ※7              100.0              100.0
     Ⅱ 売上原価                             △289,736              △299,123
                                    △73,103               △80,358
     Ⅲ 販売費及び一般管理費
                                      423               343
     Ⅳ その他の収益
                                    △2,188               △5,591
     Ⅴ その他の費用
        営業利益                            40,254               43,892
                                          9.9              10.2
                                                   4,614
     Ⅵ 金融収益                               7,246
                                    △3,617               △3,472
     Ⅶ 金融費用
        税引前利益                             43,883               45,034
                                         10.8              10.5
                                    △12,558               △12,545
     Ⅷ 法人所得税 
                                      245               244
     Ⅸ 持分法による投資損益
        四半期利益                             31,570               32,733
                                          7.8              7.6
     四半期利益の帰属

                                     29,416               29,869
      親会社の所有者                                   7.3              7.0
                                     2,154               2,864
      非支配持分                                   0.5              0.6
     1株当たり親会社の所有者に帰属する

                           ※8
     四半期利益
      基本的                              23円73銭              24円21銭
      希薄化後                                ―              ―
                                 12/53










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
         【要約四半期連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                             注記
                                  (自 2017年1月1日             (自 2018年1月1日
                             番号
                                  至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
     Ⅰ 四半期利益                                    31,570             32,733
     Ⅱ その他の包括利益-税効果調整後 
        純損益に振替えられることのない項目
         確定給付型退職給付制度に係る再測定                                  298             253
         その他の包括利益を通じて測定する
                                            ―          △9,319
         金融資産の公正価値の純変動 
        純損益に振替えられる可能性のある項目
         在外営業活動体の為替換算差額                               △17,139             △38,963
                                         △2,985                ―
         有価証券の未実現損益 
        その他の包括利益-税効果調整後                                △19,826             △48,029
         四半期包括利益 
                                          11,744            △15,296
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                    9,199           △16,702
      非支配持分                                    2,545             1,406
                                 13/53














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
      (3)  【要約四半期連結持分変動計算書】
         前第1四半期連結累計期間
                                                     (単位:百万円)
                             親会社の所有者に帰属する持分
                 注記
                                    その他の
                                                   非支配持分      資本合計
                          資本     利益
                 番号
                                               合計
                     資本金               資本の     自己株式
                          剰余金     剰余金
                                    構成要素
     2017年1月1日残高                84,070     84,605     954,819      70,463      △192   1,193,765      73,309    1,267,074
       四半期利益                         29,416               29,416      2,154     31,570
       その他の包括利益
                                    △20,217          △20,217       391   △19,826
       -税効果調整後
      四半期包括利益
                                29,416    △20,217            9,199     2,545     11,744
      利益剰余金への振替                           302    △302            ―          ―
      配当金           ※9             △19,857               △19,857       △45   △19,902
      自己株式の取得及び処分                                    △3,211     △3,211          △3,211
      連結子会社に対する
                            238                     238    1,465     1,703
      所有者持分の変動
     2017年3月31日残高                84,070     84,843     964,680      49,944     △3,403    1,180,134      77,274    1,257,408
         当第1四半期連結累計期間

                                                     (単位:百万円)
                             親会社の所有者に帰属する持分
                 注記
                                    その他の
                                                   非支配持分      資本合計
                          資本     利益
                 番号
                                               合計
                     資本金               資本の     自己株式
                          剰余金     剰余金
                                    構成要素
     2018年1月1日残高                84,100     85,037    1,040,207      81,924      △174   1,291,094      84,474    1,375,568
      新会計基準適用による
                  ※3               1,377     3,262          4,639     1,014     5,653
      累積的影響額
       四半期利益                         29,869               29,869      2,864     32,733
       その他の包括利益
                                    △46,571          △46,571      △1,458     △48,029
       -税効果調整後
      四半期包括利益
                                29,869    △46,571          △16,702      1,406    △15,296
      利益剰余金への振替                           252    △252            ―          ―
      配当金           ※9             △20,978               △20,978       △55   △21,033
      自己株式の取得及び処分                                     △1     △1          △1
      譲渡制限付株式報酬                      15                     15          15
      連結子会社に対する
                                                  ―     9     9
      所有者持分の変動 
     2018年3月31日残高                84,100     85,052    1,050,727      38,363      △175   1,258,067      86,848    1,344,915
                                 14/53








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
      (4)  【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                              注記
                                   (自 2017年1月1日             (自 2018年1月1日
                              番号
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
                                           31,570              32,733
      四半期利益
                                           10,959              11,965
      減価償却費及び償却費
                                            △34               242
      固定資産処分損益
                                           △3,477              △1,137
      金融収益及び金融費用
                                           12,558              12,545
      法人所得税
                                            △245              △244
      持分法による投資損益
                                          △23,086              △34,991
      営業債権の増加
                                            1,613              △884
      金融債権の減少(△増加)
                                          △16,515              △31,415
      棚卸資産の増加
                                           15,970               8,626
      その他資産の減少
                                          △15,244               13,973
      営業債務の増加(△減少)
                                            △112              8,410
      その他負債の増加(△減少)
                                           △1,650              △4,349
      その他
                                             899              896
      利息の受取額
      配当金の受取額                                      287              323
                                            △350              △121
      利息の支払額
                                          △15,849              △36,039
      法人所得税の支払額
                                           △2,706              △19,467
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                                        △6,014
      有形固定資産の取得                                    △11,448
      無形資産の取得                                    △1,487             △2,280
                                            3,914               245
      有価証券の売却及び償還
                                           △1,968              △3,289
      関連会社に対する短期貸付金の純増
                                           △4,447              △6,426
      定期預金の純増
                                             ―           2,401
      短期投資の純減
                                           △2,150               △588
      その他
                                          △17,586              △15,951
     投資活動によるキャッシュ・フロー 
                                           56,681              20,928
      社債及び長期借入金による資金調達
                                          △49,148              △72,046
      社債の償還及び長期借入金の返済
                                           △1,148               57,034
      短期借入金の純増減(△減少)
                                          △19,857              △20,978
      現金配当金の支払                         ※9
                                           △3,211                △1
      自己株式の取得
                                            △12              △55
      その他
     財務活動によるキャッシュ・フロー                                      △16,695              △15,118
                                            △661             △1,478
     為替レート変動の現金及び現金同等物に対する影響
      現金及び現金同等物の純減                                    △37,648              △52,014
                                           169,416              230,720
      現金及び現金同等物の期首残高
                                           131,768              178,706
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/53







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     【要約四半期連結財務諸表注記】
     ※1 報告企業
        株式会社クボタ(以下「親会社」)は日本に所在する企業です。親会社及び連結子会社(以下「当社」)は農業機
       械、エンジン、建設機械、パイプ関連、環境関連、社会インフラ関連等の幅広い製品分野をもつ製造・販売会社で
       す。当社製品は日本国内のみならず、アメリカ、フランス、ドイツ、中国、タイ等において製造され、日本国内及
       び北米、欧州、アジア地域を中心とする海外で販売されております。
     ※2 作成の基礎

      (1)  IFRSに準拠している旨及び初度適用に関する記載
        当社の要約四半期連結財務諸表は、四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」
       の要件をすべて満たすことから、同第93条の規定によりIAS第34号に準拠して作成しております。
        当社は、当連結会計年度(2018年1月1日から2018年12月31日まで)より初めてIFRSを適用しており、IFR
       Sへの移行日は2017年1月1日です。IFRSへの移行にあたってはIFRS第1号「国際財務報告基準の初度適
       用」を適用しており、IFRSへの移行が当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に与える影響
       は、注記「※13 IFRSへの移行に関する開示」に記載しております。
      (2)  測定の基礎

        当社の要約四半期連結財務諸表は、注記「※3 重要な会計方針」に記載がある場合を除き、取得原価を基礎と
       して作成しております。
      (3)  機能通貨及び表示通貨

        当社の要約四半期連結財務諸表は、親会社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未満を四捨五
       入して表示しております。
      (4)  重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

        当社は要約四半期連結財務諸表を作成するために、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告額に
       影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を使用しております。実際の業績は会計上の見積り及びその基礎となる仮定と
       は異なる場合があります。
        見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直され、会計上の見積りの変更による影響は見積りを変更した報告
       期間及び将来の報告期間において認識されます。
        要約四半期連結財務諸表に重要な影響を与える会計方針の適用に際して行った判断に関する情報は、次のとおり
       です。
        ・連結子会社、関連会社及び共同支配企業の範囲(注記「※3 重要な会計方針 (1)                                        連結の基礎」参照)
        ・金融商品の分類(注記「※3 重要な会計方針 (3)                         金融商品」参照)
        また、報告期間の末日後において重要な修正をもたらすリスクのある仮定及び見積りに関する項目は、次のとお
       りです。
        ・償却原価で測定する金融資産の減損(注記「※3 重要な会計方針 (3)                                   金融商品」参照)
        ・金融商品の公正価値測定(注記「※3 重要な会計方針 (3)                             金融商品」参照)
        ・非金融資産の減損(注記「※3 重要な会計方針 (9)                          非金融資産の減損」参照)
        ・引当金の測定(注記「※3 重要な会計方針 (10)                         引当金」参照)
        ・確定給付制度債務の測定(注記「※3 重要な会計方針 (11)                              退職後給付」参照)
        ・履行義務の充足に係る進捗度の測定(注記「※3 重要な会計方針 (12)                                   収益認識」参照)
        ・変動対価の見積り(注記「※3 重要な会計方針 (12)                           収益認識」参照)
        ・繰延税金資産の回収可能性(注記「※3 重要な会計方針 (13)                               法人所得税」参照)
        ・偶発負債(注記「※11 偶発負債」参照)
                                 16/53



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     ※3 重要な会計方針
        以下に記載されている会計方針は特段の記載がない限り、要約四半期連結財務諸表(IFRS移行日の連結財政状
       態計算書を含む)に表示しているすべての期間に適用しております。
      (1)  連結の基礎
       ① 子会社及びストラクチャード・エンティティ
         子会社とは、当社が支配を有している事業体をいいます。支配を有しているとは、投資先に対するパワーを有
        し、投資先への関与により生じるリターンの変動にさらされ、かつ投資先に対するパワーを通じてリターンに影
        響を及ぼす能力を有している場合をいいます。当社は、議決権または類似の権利の状況や投資先に関する契約内
        容、取締役の過半数が当社から派遣されている役員及び従業員で占められているか等、支配の可能性を示す諸要
        素を総合的に判断して支配の有無を決定しております。
         連結子会社の財務諸表は、支配獲得日から支配喪失日までの間、当社の連結財務諸表に含まれており、連結子
        会社が適用する会計方針が当社の適用する会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該子会社の財務諸表を修
        正しております。連結財務諸表の作成に際して、連結会社間の債権債務残高、内部取引高及び未実現損益は消去
        しております。支配の喪失を伴わない連結子会社に対する所有持分の変動については、資本取引として会計処理
        しております。一方、支配の喪失を伴う連結子会社に対する所有持分の変動については、支配の喪失から生じた
        利得及び損失を純損益として認識しております。
         ストラクチャード・エンティティとは、議決権または類似の権利が支配の有無の判定において決定的な要因と
        ならないように設計された事業体をいいます。当社は、証券化による資金調達に際し、金融債権の一部を新たに
        設立したストラクチャード・エンティティに譲渡しておりますが、譲渡後も金融債権に対する回収延滞や不履行
        を管理し、ストラクチャード・エンティティの残余持分も保有しております。そのため、当社はストラクチャー
        ド・エンティティの経済実績に最も重要な影響を与える活動を指図する能力を有し、潜在的に重要な損失を負担
        する義務を有することから、当該ストラクチャード・エンティティを連結しております。
       ②   関連会社及び共同支配企業

         関連会社とは、当社がその財務及び営業方針に重要な影響力を有しているものの、支配または共同支配は有し
        ていない事業体をいいます。
         共同支配企業とは、当社を含む複数の当事者が共同支配の取決めに基づき、それぞれの当事者が投資先の純資
        産に対する権利を有している場合の当該投資先をいいます。共同支配とは、契約上合意された支配の共有であ
        り、関連性のある活動に関する意思決定に支配を有している当事者全員の一致した合意を必要とする場合をいい
        ます。
         関連会社及び共同支配企業に対する投資は、投資先が関連会社または共同支配企業に該当すると判定された日
        から該当しないと判定された日まで、持分法で会計処理しております。関連会社または共同支配企業に該当しな
        くなり、持分法の適用を中止した場合については、連結子会社に該当することとなる場合を除き、持分法の適用
        中止から生じた利得及び損失を純損益として認識しております。
         また、関連会社及び共同支配企業に対する投資が減損している可能性を示唆する客観的な証拠が存在する場合
        には、当該関連会社または共同支配企業に対する投資全体を単一の資産として、減損テストを実施しておりま
        す。
      (2)  外貨換算

       ① 外貨建取引
         外貨建取引は、取引日における為替レートまたはそれに近似するレートにより機能通貨に換算しております。
         報告期間の末日における外貨建貨幣性項目は報告期間の末日の為替レートで、公正価値で測定される外貨建非
        貨幣性項目は当該公正価値の測定日の為替レートで、それぞれ機能通貨に換算しております。当該換算及び決済
        により生じる換算差額は純損益として認識しております。
                                 17/53




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
       ② 在外営業活動体の財務諸表
         在外営業活動体の資産及び負債は報告期間の末日の為替レートで、収益及び費用は報告期間の平均レートでそ
        れぞれ換算しております。当該換算により生じる換算差額はその他の包括利益として認識しております。
         在外営業活動体を処分し、支配または重要な影響力を喪失する場合には、当該在外営業活動体に関連する為替
        換算差額の累計額は、処分に係る利得または損失の一部として当該在外営業活動体が処分された報告期間におい
        て純損益に振替えられます。
      (3)  金融商品

        当社は金融商品に係る会計処理についてIFRS第9号「金融商品」(2014年版)を適用しております。なお、I
       FRS第1号に基づくIFRS第7号「金融商品:開示」及びIFRS第9号の遡及適用の免除規定を適用してお
       り、比較情報については米国基準を適用しております。
        比較情報に適用している会計方針は次のとおりです。

        当社の保有する市場性のあるすべての負債証券及び持分証券は売却可能有価証券に分類されており、公正価値で
       測定されております。当該有価証券の未実現損益は税効果調整後の金額でその他の資本の構成要素に計上されてお
       ります。売却可能有価証券の公正価値は市場価格に基づき算定されます。市場性のある有価証券の公正価値が取得
       原価より低くなり、その価値下落が一時的ではないと判断された場合、下落した額を減損損失として認識しており
       ます。価値の下落が一時的であるかどうかを判断する際には、価値下落の程度、下落の期間及びその他の関連要素
       を検討しております。また、市場性のない有価証券は取得原価により評価し、減損の有無を定期的に検討しており
       ます。売却可能有価証券及び市場性のない有価証券の売却損益は、平均法による取得原価を基礎として計算されて
       おります。
        債権に対する貸倒引当金は、回収状況、過去の貸倒実績、経済状況の趨勢、債務者の支払能力や現担保価値等を
       考慮した見積額を計上しております。過去の回収状況や現在及び今後の経済状況は経営者が定期的に見直し、必要
       に応じて見積額の調整を行っております。
        当社は為替リスクや金利リスクをヘッジするために、為替予約、金利スワップ等のデリバティブを利用しており
       ます。これらのデリバティブは公正価値により測定され、評価額は連結財政状態計算書に総額表示しております。
       これらのデリバティブについてはヘッジ会計の適用要件を満たさないため、当社はヘッジ指定されていないデリバ
       ティブとして分類しており、公正価値の変動は直ちに純損益として認識されます。
        これらの金融資産は決済・譲渡により当社の支配が消滅・移転された場合に、金融負債は負債が消滅した場合に
       認識が中止されます。
        当第1四半期連結累計期間の会計方針は次のとおりです。

       ①   金融資産(デリバティブを除く)
        (当初認識)
         営業債権及び金銭債権はこれらの発生日に、その他の金融資産は当社が当該金融資産の契約当事者となった時
        点(取引日)に、公正価値(直接帰属する取引コストを含む)で当初認識しております。ただし、重大な金融要素を
        含まない営業債権は、取引価格で測定しております。
                                 18/53







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
        (分類及び事後測定)
         金融資産は、償却原価で測定する金融資産、その他の包括利益を通じて公正価値で測定される負債性金融資
        産、その他の包括利益を通じて公正価値で測定される資本性金融資産のいずれかに分類しております。
        償却原価で測定する金融資産
         金融資産は、次の要件をともに満たす場合に実効金利法による償却原価で事後測定しております。具体的に
        は、当初認識時に測定された金額から元本の返済を控除し、当初の金額と満期金額との差額の実効金利法による
        償却累計額を加減するとともに、貸倒引当金を調整しております。
         ・当社のビジネスモデルにおいて、当該金融資産の契約上のキャッシュ・フローを回収することを目的として
          保有している場合
         ・契約条件により特定された日に元本及び元本残高に係る利息の支払のみによるキャッシュ・フローを生じさ
          せる場合
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融資産
         金融資産は、次の要件をともに満たす場合には、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融資
        産に分類しております。
         ・当社のビジネスモデルにおいて、当該金融資産の契約上のキャッシュ・フローの回収と売却の両方を目的と
          して保有している場合
         ・契約条件により特定された日に元本及び元本残高に係る利息の支払のみによるキャッシュ・フローを生じさ
          せる場合
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産
         資本性金融資産については、公正価値の変動をその他の包括利益で認識するという選択を行っております。
         資本性金融資産の認識を中止した場合、または、取得原価に比して公正価値が著しく下落した場合、当該金融
        資産に係る公正価値の純変動の累積額は利益剰余金に振替え、純損益では認識しておりません。
         なお、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産からの配当金については、金融収益とし
        て純損益で認識しております。
        (認識の中止)

         金融資産から生じるキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場合、または、金融資産のキャッ
        シュ・フローを受取る契約上の権利を譲渡し、当該金融資産の所有に係るリスクと経済的便益のほとんどすべて
        が移転した場合に、当該金融資産の認識を中止しております。
        (償却原価で測定する金融資産の減損)

         償却原価で測定する金融資産について、各報告期間の末日に予想信用損失に係る貸倒引当金を評価して認識し
        ております。金融資産に係る信用リスクが当初認識時以降に著しく増大していない場合には12ヶ月間の予想信用
        損失を貸倒引当金として認識しております。信用リスクが著しく増大している場合には、全期間の予想信用損失
        を貸倒引当金として認識しております。ただし、営業債権、契約資産及びリース債権については常に全期間の予
        想信用損失を貸倒引当金として認識しております。予想信用損失または戻入れの金額は、販売費及び一般管理費
        に含めて純損益で認識しております。
                                 19/53







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
       ②   金融負債(デリバティブを除く)
        (当初認識)
         金融負債は契約の当事者になった時点(取引日)に、公正価値(直接帰属する取引コスト控除後)で認識しており
        ます。
        (分類及び事後測定)

         金融負債は償却原価で測定する金融負債に分類しております。当初認識後は実効金利法を用いた償却原価によ
        り測定しております。実効金利法による償却及び認識が中止された場合の利得及び損失は、純損益として認識し
        ております。
        (認識の中止)

         金融負債の契約上の義務を履行する等してこれが消滅した場合に、金融負債の認識を中止しております。
       ③   デリバティブ及びヘッジ会計

         当社は、為替リスクや金利リスクをヘッジするために、為替予約、金利スワップ等のデリバティブを利用して
        おりますが、ヘッジ会計の適用要件を満たしていないためヘッジ会計を適用しておりません。これらのデリバ
        ティブは、契約が締結された日の公正価値で当初認識し、当初認識後は公正価値で再測定しております。デリバ
        ティブの公正価値の変動はすべて純損益で認識しております。
      (4)  現金及び現金同等物

        現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動につい
       て僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されております。
      (5)  棚卸資産

        棚卸資産は取得原価と正味実現可能価額のうちいずれか低い方の金額で測定しております。取得原価には、購入
       原価、加工費及び棚卸資産が現在の場所及び状態に至るまでに発生したその他のすべてのコストが含まれており、
       主として移動平均法に基づいて算定しております。正味実現可能価額は、通常の事業過程における見積売価から、
       完成までに要する原価の見積額及び販売に要するコストの見積額を控除して算定しております。
      (6)  有形固定資産

        有形固定資産の測定においては原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除し
       た金額で表示しております。取得原価には、資産の取得に直接起因するコスト、解体・除去及び原状回復のコス
       ト、並びに資産計上の要件を満たす借入コストを含めております。
        土地及び建設仮勘定以外の有形固定資産は、それぞれの見積耐用年数にわたって主に定額法により償却しており
       ます。主要な有形固定資産の見積耐用年数は、建物及び構築物10~50年、機械装置及びその他の有形固定資産2~
       14年です。なお、減価償却方法、耐用年数及び残存価額は少なくとも各連結会計年度末に見直しを行い、変更が必
       要な場合は会計上の見積りの変更として将来に向かって調整しております。
                                 20/53







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
      (7)  無形資産
        無形資産の測定においては原価モデルを採用し、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額で
       表示しております。耐用年数が限定されない無形資産は取得原価から減損損失累計額を控除した金額で表示してお
       ります。
        開発活動における支出は、次のすべての要件を満たす場合に限り無形資産として認識しております。
        (ⅰ) 使用または売却できるように無形資産を完成させることの技術上の実行可能性
        (ⅱ) 無形資産を完成させ、さらにそれを使用または売却するという意図
        (ⅲ) 無形資産を使用または売却できる能力
        (ⅳ) 無形資産が蓋然性の高い将来の経済的便益を創出する方法
        (ⅴ) 無形資産の開発を完成させ、それを使用または売却するために必要となる、適切な技術上、財務上及びそ
           の他の資源の利用可能性
        (ⅵ) 開発期間中の無形資産に起因する支出を、信頼性をもって測定できる能力
        なお、上記の要件を満たさない開発活動に関する支出は、発生時に費用として認識しております。
        耐用年数が限定される無形資産は、それぞれの見積耐用年数にわたって定額法により償却しております。主要な
       無形資産の見積耐用年数は、自社利用ソフトウェア主として5年、資産計上した開発費5年です。なお、償却方法
       及び耐用年数は少なくとも各連結会計年度末に見直しを行い、変更が必要な場合は会計上の見積りの変更として将
       来に向かって調整しております。
      (8)  リース

        リース取引のうち、資産の所有に伴うリスクと経済価値のほとんどすべてを移転する場合はファイナンス・リー
       スとして分類し、それ以外の場合にはオペレーティング・リースとして分類しております。
       (借手)
        ファイナンス・リースに係る資産及び負債は、リース開始日に算定したリース物件の公正価値または最低支払
       リース料総額の現在価値のいずれか低い金額で当初認識しております。当初認識後、当該資産については、見積耐
       用年数またはリース期間のいずれか短い方の期間にわたって定額法により減価償却しております。リース料支払額
       は負債の返済部分と金融費用に配分され、金融費用は負債残高に対して一定の期間利子率となるようにリース期間
       にわたって純損益で認識しております。
        オペレーティング・リースに係るリース料支払額は、リース期間にわたって定額法により費用として純損益で認
       識しております。
       (貸手)

        ファイナンス・リースに係る債権は、正味リース投資未回収額で当初認識しております。ファイナンス・リース
       に係る収益は、正味リース投資未回収額に対して一定の期間利益率となるようにリース期間にわたって純損益で認
       識しております。
                                 21/53








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
      (9)  非金融資産の減損
        棚卸資産及び繰延税金資産を除く非金融資産については、各報告期間の末日において、資産または資金生成単位
       で減損の兆候の有無を評価し、兆候が存在する場合は当該資産または資金生成単位の回収可能価額を見積っており
       ます。
        のれん、耐用年数が限定されない無形資産及び未だ使用可能ではない無形資産については、年1回及び減損の可
       能性を示す事象が発生または状況が変化した時点で減損テストを実施しております。
        資産または資金生成単位の回収可能価額は、処分費用控除後の公正価値と使用価値のいずれか高い金額としてお
       ります。使用価値は、資産または資金生成単位から将来発生すると見込まれるキャッシュ・フローを見積り、貨幣
       の時間価値及び、当該資産または資金生成単位に特有のリスクを反映した税引前の割引率を使用して現在価値に割
       引くことで算定しております。
        資金生成単位は、他の資産または資産グループからのキャッシュ・インフローとは概ね独立したキャッシュ・イ
       ンフローを生成させるものとして識別される最小の資産グループの単位であり、個別資産についての回収可能価額
       の見積りが不可能な場合には、当該資産が属する資金生成単位の回収可能価額を算定しております。
        全社資産は独立してキャッシュ・インフローを発生させないため、全社資産に減損の兆候がある場合は、当該全
       社資産が帰属する資金生成単位の回収可能価額に基づき、減損テストを実施しております。
        資産または資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額を下回る場合、その帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当
       該金額を減損損失として純損益で認識しております。資金生成単位に関連して認識した減損損失は、当該資金生成
       単位内の各資産の帳簿価額に基づき、比例的に各資産に配分しております。
        過年度に認識したのれん以外の資産または資金生成単位の減損損失については、各報告期間の末日において当該
       減損損失の戻入れの兆候の有無を判定しております。戻入れの兆候が存在する場合は、当該資産または資金生成単
       位の回収可能価額を見積り、回収可能価額が帳簿価額を上回る場合は減損損失の戻入れを行っております。減損損
       失の戻入れは、過年度において当該資産または資金生成単位について認識された減損損失がなかったとした場合の
       償却または減価償却控除後の帳簿価額を上限とし、純損益で認識しております。
     (10)   引当金

        過去の事象の結果として現在の法的または推定的債務を有しており、当該債務を決済するために経済的資源の流
       出が生じる可能性が高く、その債務の金額について信頼性のある見積りができる場合に引当金を認識しておりま
       す。
        引当金は、報告期間の末日における現在の債務を決済するために要する支出に関する最善の見積りで測定されま
       す。また、貨幣の時間的価値の影響が重要な場合には、引当金は債務の決済に必要と見込まれる支出の現在価値で
       測定されます。
     (11)   退職後給付

        当社は従業員の退職給付制度として確定給付制度及び確定拠出制度を設けております。
       (確定給付制度)
        親会社及び主に国内における大部分の連結子会社は、確定給付企業年金制度または退職一時金制度を採用してお
       ります。確定給付に係る負債または資産の純額は、確定給付制度債務の現在価値と制度資産の公正価値の差額で算
       定されます。
        確定給付制度が積立超過である場合は、制度からの返還または将来掛金の減額という利用可能な将来の経済的便
       益の現在価値を資産上限額としております。
        確定給付制度債務は、その制度ごとに予測単位積増方式により算定され、その現在価値は将来の見積給付額を割
       引いて算定されます。割引率は給付支払の見積時期及び金額を反映した報告期間の末日時点の優良社債の市場利回
       りに基づいて決定しております。
        給付水準改訂等の制度変更により生じる過去勤務費用は、発生時に全額純損益として認識しております。
        また、確定給付に係る負債または資産の純額の再測定は、発生時にその他の包括利益で認識し、直ちに利益剰余
       金に振替えております。
                                 22/53



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
       (確定拠出制度)
        親会社及び一部の連結子会社では確定拠出年金制度を有しております。当該制度への拠出は、従業員が労働を提
       供した期間における要拠出額を従業員給付費用として純損益で認識しております。
     (12)   収益認識

       ①  顧客との契約から生じる売上高
        当社は、IFRS第9号に基づいて認識される利息及びIAS第17号「リース」に基づいて認識される収益を除
       く顧客との契約から生じる売上高について、次の5ステップアプローチに基づき、認識しております。
        ステップ1:顧客との契約を識別する
        ステップ2:契約における履行義務を識別する
        ステップ3:取引価格を算定する
        ステップ4:取引価格を契約における別個の履行義務へ配分する
        ステップ5:履行義務を充足した時点で(または充足するに応じて)売上高を認識する
        当社は注記「※1 報告企業」のとおり、多種多様な製品・サービスの提供を行っております。
        これらの製品販売について、製品に対する物理的占有及び所有に伴う重大なリスクと経済価値の顧客への移転状
       況等の支配の移転に関する指標を勘案した結果、製品に対する支配が顧客に移転されて当社の履行義務が充足され
       るのは製品の引渡時点であると当社は判断しており、当該時点で売上高を認識しております。
        また、当社は工事請負契約を顧客と締結しております。当該契約については、当社の履行により当社が他に転用
       できる資産を創出せず、かつ、現在までに完了した履行に対する支払を受ける強制可能な権利を当社が有してお
       り、資産の支配を一定の期間にわたって顧客に移転していると考えております。このため、報告期間の末日におい
       て測定した履行義務の充足に係る進捗度に基づき、工事期間にわたって売上高を認識しております。なお、当社
       は、総工事原価の妥当な積算を行うこと、及びこれらの契約について進捗度合を合理的に見積ることが可能である
       ことから、進捗度の測定についてはインプット法の使用が適切であると考えており、契約ごとの見積総原価に対す
       る発生原価の割合を用いております。
        売上高は顧客との契約において約束された対価で測定され、値引き、購入量に応じた割戻し等を控除しておりま
       す。値引き、割戻し等を含む変動対価は、過去、現在及び予想を含む合理的に利用可能なすべての情報を用いて当
       社が権利を得る対価の金額で見積っており、売上高は重大な戻入れが生じない可能性が非常に高い範囲でのみ認識
       されます。また、契約開始時に、顧客に財またはサービスを移転する時点から顧客が対価を支払う時点までの期間
       が1年以内と見込まれる場合は、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」で規定される実務上の便法を適
       用し、対価に係る金融要素に関する調整を行っておりません。
        契約に複数の履行義務が識別される場合は、取引価格は観察可能な独立販売価格の比率でそれぞれの履行義務に
       配分されます。
      ②  販売金融収益

        当社は、ディーラーを通して当社の農業機械及び建設機械を購入した最終ユーザーに対して小売金融またはファ
       イナンス・リースを提供しております。これらの収益は売上高に含まれております。
        小売金融に係る収益については、IFRS第9号に従い、契約期間にわたって実効金利法により利息収入を認識
       しております。ファイナンス・リースに係る収益については「(8)                               リース」に記載した方法で認識しております。
                                 23/53






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     (13)   法人所得税
        法人所得税は当期税金及び繰延税金から構成されており、企業結合に関連するもの及びその他の包括利益または
       資本に直接認識される項目を除き、純損益で認識しております。
        当期税金は報告期間の末日において制定または実質的に制定されている税率及び税法を用いて、税務当局に納付
       または税務当局から還付されると予想される金額で測定しております。
        繰延税金は資産及び負債の会計上の帳簿価額と税務上の金額との差額である一時差異、繰越欠損金及び繰越税額
       控除に対して認識しております。
        繰延税金資産は将来減算一時差異、繰越欠損金及び繰越税額控除を利用するのに十分な課税所得を稼得する可能
       性が高い場合にのみ認識し、繰延税金負債は原則としてすべての将来加算一時差異に対して認識しております。
        ただし、連結子会社、関連会社及び共同支配企業に対する投資に関する将来加算一時差異については、当該一時
       差異の解消時期をコントロールでき、かつ予測可能な期間内に当該一時差異が解消しない可能性が高い場合は、繰
       延税金負債を認識しておりません。また、連結子会社、関連会社及び共同支配企業に対する投資に関する将来減算
       一時差異については、当該一時差異からの便益を利用するのに十分な課税所得があり、予測可能な将来において実
       現する可能性が高い範囲でのみ繰延税金資産を認識しております。
        繰延税金資産及び繰延税金負債は、報告期間の末日における制定または実質的に制定されている税率及び税法に
       基づき、資産が実現する期間または負債が決済される期間に適用されると予想される税率を用いて測定しておりま
       す。
        繰延税金資産の帳簿価額は、報告期間の末日において見直し、繰延税金資産の一部または全部の税務便益を実現
       させるのに十分な課税所得の稼得が見込めないと判断される部分について、繰延税金資産を認識しておりません。
        繰延税金資産及び繰延税金負債は、当期税金資産及び当期税金負債を相殺する法律上強制力のある権利を有し、
       かつ法人所得税が同一の税務当局によって同一の納税企業体に対して課されている場合に相殺しております。
        なお、要約四半期連結財務諸表における法人所得税は見積平均年次実効税率を用いて算定しております。
     (14)   1株当たり利益

        基本的1株当たり親会社の所有者に帰属する四半期利益は、報告期間における発行済普通株式の加重平均株式数
       で親会社の所有者に帰属する四半期利益を除して算定しております。希薄化後1株当たり親会社の所有者に帰属す
       る四半期利益は、希薄化効果を有するすべての潜在株式の影響を調整して計算しております。
                                 24/53











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     (15)   会計方針の変更
        当社は、2018年1月1日よりIFRS第9号を適用しております。なお、比較情報については、IFRS第1号
       に基づくIFRS第7号及びIFRS第9号の遡及適用の免除規定により、米国基準を適用しております。
        比較情報に適用している重要な会計方針及び当期における重要な会計方針は、「(3)                                         金融商品」に記載しており
       ます。同基準の適用による主な影響は次のとおりです。
       ①  金融商品の分類及び測定
        米国基準では、市場性のある持分証券は売却可能有価証券に分類の上、公正価値で測定し、市場性のない持分証
       券は取得原価により評価するとともに、減損の有無を定期的に検討しておりました。一方で、IFRSでは、持分
       証券をその他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産として指定し、公正価値で測定しております。
        この変更により、当第1四半期連結累計期間期首における、その他の金融資産4,706百万円、繰延税金負債1,434
       百万円、その他の資本の構成要素3,262百万円、非支配持分6百万円がそれぞれ増加し、繰延税金資産4百万円が減
       少しております。
       ②  金融資産の減損

        米国基準では、債権の回収状況、過去の貸倒実績、経済状況の趨勢、債務者の支払能力や現担保価値等を考慮
       し、回収不能見込額を貸倒引当金として計上しておりました。一方で、IFRSでは、償却原価で測定する金融資
       産について、各報告期間の末日に予想信用損失に係る貸倒引当金を評価して認識しております。貸倒引当金は、過
       大なコストや労力なしに利用可能な、過去の事象、現在の状況及び将来の経済状況の予測についての合理的で裏付
       け可能な情報に基づいて、実効金利により割引いた、確率加重を基礎として測定されます。
        この変更により、当第1四半期連結累計期間期首における、金融債権2,979百万円、利益剰余金1,377百万円、非
       支配持分1,008百万円がそれぞれ増加し、繰延税金資産594百万円が減少しております。
        これらの変更による当第1四半期連結累計期間の「四半期利益」、「基本的1株当たり親会社の所有者に帰属す
       る四半期利益」及び「希薄化後1株当たり親会社の所有者に帰属する四半期利益」への影響は軽微です。
                                 25/53












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     ※4 セグメント情報
        当社は機械、水・環境及びその他の3事業セグメント区分にわたって多種多様な製品・サービスの提供を行って
       おります。機械事業では主として農業機械及び農業関連商品、エンジン、建設機械の製造・販売等を行っておりま
       す。水・環境事業では主としてパイプ関連製品(ダクタイル鉄管、合成管、ポンプ、バルブ等)、環境関連製品(各種
       環境プラント等)、社会インフラ関連製品(素形材、スパイラル鋼管等)の製造・販売等を行っております。その他事
       業では主として各種サービスの提供等を行っております。
        これら3事業セグメントは主に製品・サービスに基づき区分された当社の組織構造と一致しており、当社の最高
       経営意思決定者は経営資源の配分の決定及び業績の評価のために事業セグメントの経営成績を定期的にレビューし
       ております。
        事業別セグメント情報は次のとおりです。
        なお、事業別セグメント情報は当社の要約四半期連結財務諸表作成のための会計方針により作成されておりま
       す。
                                                     (単位:百万
                                                        円) 
                                 前第1四半期連結累計期間
                             (自  2017年1月1日          至  2017年3月31日)
                       機械       水・環境        その他        調整        連結
     売上高
      外部顧客への売上高                 319,485        77,621        7,752          ―     404,858
      セグメント間の内部売上高                   130        393       6,399       △6,922           ―
            計            319,615        78,014        14,151       △6,922        404,858
     セグメント利益                   37,858        10,896         811      △9,311        40,254
                                                   (単位:百万円)

                                 当第1四半期連結累計期間
                             (自  2018年1月1日          至  2018年3月31日)
                       機械       水・環境        その他        調整        連結
     売上高
      外部顧客への売上高                 339,436        81,274        7,911          ―     428,621
      セグメント間の内部売上高                   121        315       6,417       △6,853           ―
            計            339,557        81,589        14,328       △6,853        428,621
     セグメント利益                   46,958        8,782         724     △12,572         43,892
      (注)   1 調整欄にはセグメント間の内部取引に係る消去額、事業セグメントに直接賦課できない費用が含まれており
          ます。
        2   セグメント利益の合計額は要約四半期連結損益計算書の営業利益と一致します。営業利益と税引前利益との
          間の調整については要約四半期連結損益計算書に記載のとおりです。
        3   セグメント間取引は独立企業間価格で行っております。
                                 26/53







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     ※5 その他の金融資産

        その他の金融資産の内訳は次のとおりです。
        なお、当社はIFRS第1号に基づくIFRS第9号の遡及適用の免除規定を適用しており、比較情報について
       は米国基準に基づいた情報を記載しております。
                                                    (単位:百万円)
                               移行日                前連結会計年度末
                            (2017年1月1日)                  (2017年12月31日)
     長期売掛金                                39,852                  40,423
     定期預金                                26,707                  12,728
     引出制限条項付預金(注)                                10,007                  12,221
     有価証券                                140,667                  153,401
     デリバティブ                                 7,009                  1,544
     その他                                24,322                  19,936
             計                        248,564                  240,253
     流動資産                                63,710                  51,515
     非流動資産                                184,854                  188,738
                                  (単位:百万円)

                         当第1四半期連結会計期間末
                            (2018年3月31日)
     償却原価で測定する金融資産
      長期売掛金                               39,766

      定期預金                               18,859
      引出制限条項付預金(注)                               12,199
      その他                               21,092
     その他の包括利益を通じて公正価値
     で測定する金融資産
      負債性金融資産                                5,253
      資本性金融資産                               136,499
     純損益を通じて公正価値で測定する
     金融資産
      デリバティブ                                1,852
             計                        235,520
     流動資産                                55,953
     非流動資産                                179,567
      (注)   担保として差入れた引出制限条項付預金及び公共工事の請負代金の前受として使途が制限される預金
                                 27/53







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     ※6 その他の負債
        その他の負債の内訳は次のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                                  当第1四半期
                        移行日           前連結会計年度末
                                                 連結会計期間末
                     (2017年1月1日)              (2017年12月31日)
                                                 (2018年3月31日)
     従業員給付債務                       37,518              42,076              48,446
     未払費用                       29,969              31,460              34,100
     返金負債                       41,832              43,739              40,277
     契約負債                        9,295             11,593              12,948
     その他                       44,818              51,972              48,325
           計                 163,432              180,840              184,096
     流動負債                       157,872              169,849              173,887
     非流動負債                        5,560             10,991              10,209
                                 28/53















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     ※7 売上高
        製品及び仕向地別に分解した顧客との契約から認識した売上高並びにその他の源泉から認識した収益は次のとお
       りです。
        前第1四半期連結累計期間(自              2017年1月1日 至          2017年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                         アジア
                     日本       北米       欧州             その他        計
                                        (日本除く)
      農業機械・エンジン                60,632       73,527       41,014       65,956       9,393      250,522
                      7,386      21,371       18,375       4,950       3,128      55,210
      建設機械
       機械
                      68,018       94,898       59,389       70,906       12,521      305,732
      パイプ関連                39,569        300        1     1,426        194     41,490
      環境関連                23,363        580       249      1,167        193     25,552
                      5,357       1,885        289      1,950       1,098      10,579
      社会インフラ関連
       水・環境
                      68,289       2,765        539      4,543       1,485      77,621
       その他               7,674         2       2      11       1     7,690
     顧客との契約から認識した
                     143,981       97,665       59,930       75,460       14,007      391,043
     売上高
     その他の源泉から認識した
                       750      8,526         ―     4,150        389     13,815
     収益
           計          144,731       106,191       59,930       79,610       14,396      404,858
        当第1四半期連結累計期間(自              2018年1月1日 至          2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                         アジア
                     日本       北米       欧州             その他        計
                                        (日本除く)
      農業機械・エンジン                63,387       80,472       42,823       60,313       10,095      257,090
                      8,031      24,996       24,125       6,745       3,441      67,338
      建設機械
       機械
                      71,418      105,468       66,948       67,058       13,536      324,428
      パイプ関連                40,636        114        ―     1,630       2,939      45,319
      環境関連                22,107        123       209      1,870        188     24,497
                      6,656       1,899        403      1,275       1,225      11,458
      社会インフラ関連
       水・環境
                      69,399       2,136        612      4,775       4,352      81,274
       その他               7,819         1       1      12       ―     7,833
     顧客との契約から認識した
                     148,636       107,605       67,561       71,845       17,888      413,535
     売上高
     その他の源泉から認識した
                       702      9,326         ―     4,594        464     15,086
     収益
           計          149,338       116,931       67,561       76,439       18,352      428,621
        その他の源泉から認識した収益には、IFRS第9号に基づいて認識した小売金融に係る収益及びIAS第17号
       に基づいて認識したファイナンス・リースに係る収益が、前第1四半期連結累計期間10,497百万円、当第1四半期
       連結累計期間11,431百万円含まれております。
                                 29/53




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     ※8 1株当たり利益
        基本的1株当たり親会社の所有者に帰属する四半期利益の計算上の分子及び分母は次のとおりです。
                            前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                              (自 2017年1月1日                 (自 2018年1月1日
                              至 2017年3月31日)                 至 2018年3月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益                               29,416百万円                 29,869百万円
     普通株式の加重平均株式数                              1,239,780千株                 1,233,659千株
        前第1四半期連結累計期間及び当第1四半期連結累計期間において、潜在的に希薄化効果のある株式はありませ
       ん。
     ※9 配当

        配当金の支払額は次のとおりです。
        前第1四半期連結累計期間(自 2017年1月1日                        至 2017年3月31日)

                                 1株当たり
         決議        株式の種類        配当金の総額                   基準日        効力発生日
                                  配当額
     2017年2月14日
                 普通株式        19,857百万円           16.00円     2016年12月31日         2017年3月27日
     取締役会
        当第1四半期連結累計期間(自 2018年1月1日                        至 2018年3月31日)

                                 1株当たり
         決議        株式の種類        配当金の総額                   基準日        効力発生日
                                  配当額
     2018年2月14日
                 普通株式        20,978百万円           17.00円     2017年12月31日         2018年3月26日
     取締役会
                                 30/53












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     ※10 金融商品の公正価値
        公正価値は測定に使用するインプットに応じて、次の3つのレベルに分類されます。
        レベル1-活発な市場における同一資産・負債の市場価格
        レベル2-レベル1以外の直接的または間接的に観察可能なインプット
        レベル3-観察不能なインプット(企業自身の仮定から得られるインプット及び合理的に入手可能なインプットま
       たは多くの市場参加者が合理的だとして用いているインプット等)
      (1)  公正価値で測定する金融商品
        公正価値で測定する金融商品の公正価値は次のとおりです。
        なお、当社はIFRS第1号に基づくIFRS第9号の遡及適用の免除規定を適用しており、比較情報について
       は米国基準に基づいた情報を記載しております。
                                                (単位:百万円) 
                                 移行日(2017年1月1日)
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
     金融資産
      売却可能有価証券
       金融機関の株式                    48,435           ―         ―      48,435
       その他の株式                    88,582           ―         ―      88,582
      デリバティブ
       先物為替契約                       ―         45          ―         45 
       通貨金利スワップ契約                       ―       6,964           ―       6,964
             計              137,017          7,009           ―      144,026
     金融負債
      デリバティブ
       先物為替契約                        ―       5,136           ―       5,136
                             ―
       金利スワップ契約                                9         ―         9
       通貨金利スワップ契約                        ―        34         ―        34
             計                 ―       5,179           ―       5,179
                                 31/53









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
                                                 (単位:百万円) 
                               前連結会計年度末(2017年12月31日)
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
     金融資産
      売却可能有価証券
       金融機関の株式                    46,328           ―         ―      46,328
       その他の株式                    95,937           ―         ―      95,937
       債券                     7,718           ―         ―       7,718
      デリバティブ
       先物為替契約                       ―         149           ―         149 
       金利スワップ契約                        ―        135                 135
       通貨金利スワップ契約                       ―       1,260           ―       1,260
             計              149,983          1,544           ―      151,527
     金融負債
      デリバティブ
       先物為替契約                        ―        575          ―        575
                             ―
       金利スワップ契約                               419          ―        419
       通貨金利スワップ契約                        ―       2,663           ―       2,663
             計                 ―       3,657           ―       3,657
                                                 (単位:百万円)

                            当第1四半期連結会計期間末(2018年3月31日)
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
     金融資産
      純損益を通じて
      公正価値で測定する金融資産
       デリバティブ
        先物為替契約                       ―         1,202           ―       1,202
        通貨スワップ契約                        ―         9         ―         9
        金利スワップ契約                        ―        271          ―        271
        通貨金利スワップ契約                       ―        370          ―        370
      その他の包括利益を通じて
      公正価値で測定する金融資産
       負債性金融資産                     5,253           ―         ―       5,253
       資本性金融資産                    128,827            ―       7,672        136,499
             計              134,080          1,852         7,672        143,604
     金融負債
      純損益を通じて
      公正価値で測定する金融負債
       デリバティブ
        先物為替契約                       ―          55         ―        55
        金利スワップ契約                        ―        445          ―        445
        通貨金利スワップ契約                       ―       4,788           ―       4,788
             計                 ―       5,288           ―       5,288
                                 32/53


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
        レベル1に区分した負債性金融資産及び資本性金融資産は、活発な市場における同一資産の市場価格を用いて評
       価しております。
        デリバティブは、主要な国際的金融機関での観察可能な市場インプットを用いて評価しているためレベル2に区
       分しております。
        レベル3に区分した資本性金融資産は非上場株式であり、類似企業の市場価格等の観察可能な指標と観察不能な
       指標を用いた評価技法により公正価値を算定しております。レベル3の資本性金融資産について、観察可能でない
       インプットを合理的に考え得る代替的な仮定に変更した場合の重要な公正価値の変動は見込まれておりません。
        レベル間の振替は、振替のあった報告期間の期末日に認識しております。当第1四半期連結累計期間において、
       レベル間の重要な振替が行われた金融商品はありません。
        レベル3に分類された金融商品の当第1四半期連結累計期間における期首残高から期末残高への調整表は次のと
       おりです。
                        (単位:百万円)
       期首残高                     8,123
        利得または損失(注)                     △222
        取得                       1
        売却                     △230
       期末残高                     7,672
        (注)     利得または損失は、当第1四半期連結会計期間末時点で保有する非上場株式に関するものであり、要約四半
          期連結包括利益計算書の「その他の包括利益を通じて測定する金融資産の公正価値の純変動」に含めており
          ます。
      (2)  償却原価で測定する金融商品

        償却原価で測定する金融商品の帳簿価額及び公正価値は次のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                     移行日             前連結会計年度末             当第1四半期連結会計期間末
                  (2017年1月1日)               (2017年12月31日)               (2018年3月31日)
                帳簿価額        公正価値        帳簿価額        公正価値        帳簿価額        公正価値
     金
       小売金融債権           559,066        550,357        628,115        613,327        590,180        568,907
     融
     債
       リース債権           163,303        156,250        182,048        175,029        178,301        171,665
     権
     長期売掛金             69,174        74,366        69,127        74,336        68,166        73,143
     社債及び借入金             815,359        806,336        834,101        822,241        798,606        787,877
        公正価値は将来のキャッシュ・フローを現行の市場利子率によって割引いた現在価値により表示しております。
       なお、上記長期売掛金には要約四半期連結財政状態計算書の営業債権に含まれる、一年内に回収予定の長期売掛金
       を含めております。
        現金及び現金同等物、営業債権(一年内回収予定の長期売掛金を除く)、その他の金融資産(負債性金融資産、資本
       性金融資産及びデリバティブを除く)、営業債務及びその他の金融負債(デリバティブを除く)については満期までの
       期間が短いため、公正価値は帳簿価額と近似しております。
                                 33/53







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     ※11 偶発負債
      (1)  訴訟事項
        日本国内において2007年5月以降、当社もしくは国及び当社を含む複数のアスベスト取扱い企業に対して30件の
       アスベスト関連訴訟が提起されております。これらの訴訟の損害賠償請求の合計額は27,136百万円であり、アスベ
       スト疾病に罹患した建設労働者のべ723名が対象となっております。
        上記の30件の訴訟のうち、23件の訴訟を対象に、7つの一審判決が下され、当社においてはいずれも勝訴しまし
       たが、原告側は控訴しました。当該7つの一審判決のうちの2つについて、控訴審で判決が下され、当社において
       は勝訴しましたが、原告側は上告しております。このように、最終的な結論に至るまでには今後も審理が継続しま
       す。
        また、日本国内における類似のアスベスト関連訴訟についても最終的な結論は下されておらず、訴訟結果を予測
       する上で参考となる判例はありません。
        当社は、訴訟の進展や最終的な結果の見込みに関する社外弁護士への確認を含め、訴訟の状況についてのレ
       ビューを継続しておりますが、上記の状況により、現時点でこれらの訴訟の最終的な結果を予測することは困難で
       あると考えております。
        なお、これら30件の訴訟すべてにおいて当社は国または他の被告企業等とコスト負担の協定を結んでおりませ
       ん。
      (2)  アスベスト健康被害に関する事項

        当社は過去に石綿管や屋根材、外壁材等の石綿含有製品を製造・販売しておりました。当社は旧神崎工場周辺の
       アスベスト疾病患者の方々に対し、2005年6月に見舞金制度を、2006年4月に救済金制度を定めました。また、当
       社は当社方針に従い、アスベスト関連の疾病に罹患した従業員(元従業員を含む、以下同じ)に対して一定の法定外
       補償を行っております。
        当社はアスベスト健康被害に係る将来の支出額を見積るために、当社における過去の請求額や支払額の時系列
       データ、アスベスト関連疾病の発症率に関する公開情報等を含む入手可能な情報を検討しております。しかし、ア
       スベストによる健康被害は潜伏期間が長期にわたり、発症率を推定するための情報は入手できておりません。ま
       た、日本国内における他社のアスベスト問題で健康被害に係る個々の原因及び発症率に関して最終結論に至った事
       例はなく、当社が将来発生し得る結果の範囲を決定するための情報はないと考えております。
        従って、当社はこれらのアスベスト健康被害に係る債務の金額について信頼性をもって見積ることはできないと
       考えており、引当金を計上しておりません。
        また、石綿健康被害救済法(石綿による健康被害の救済に関する法律)の施行に伴い、救済給付の原資の事業者に
       よる負担額が2007年度から徴収されておりますが、この中には、石綿との関係が特に深い事業活動を行っていたと
       認められる事業者の負担となる特別拠出金が含まれております。
        当社は見舞金、救済金、従業員に対する補償金及び特別拠出金について、請求があった時点で負債を認識してお
       ります。アスベスト健康被害関連の負債計上額は移行日177百万円、前連結会計年度末72百万円、当第1四半期連結
       会計期間末174百万円です。また、アスベスト健康被害に関連して認識した費用の金額は前第1四半期連結累計期間
       318百万円、当第1四半期連結累計期間262百万円です。
     ※12 後発事象

        2018年4月26日の取締役会において、会社法165条第2項の規定による定款の定めに基づき、2018年4月27日から
       2018年12月19日までの期間に取得株数7,000千株以下かつ取得価額10,000百万円以下の範囲内で、当社普通株式を市
       場から取得することを決議しました。
                                 34/53





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     ※13    IFRSへの移行に関する開示
        当社は当連結会計年度よりIFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表を開示しております。従前の会計原則で
       ある米国基準に準拠して作成された直近の連結財務諸表は2017年12月31日に終了する連結会計年度に関するもので
       あり、IFRSへの移行日は2017年1月1日です。
      (1)  IFRS第1号の免除規定
        IFRS第1号は、IFRSを初めて適用する会社に対して、原則としてIFRSで要求される基準を遡及して
       適用することを求めております。ただし、同基準は、IFRSで要求される基準の一部について、遡及適用を禁止
       する強制的な例外規定及び遡及適用しないことを任意で選択できる免除規定を定めております。
        これらの規定の適用に基づく影響は、IFRS移行日において利益剰余金、またはその他の資本の構成要素で調
       整しております。
        なお、当社が適用した主な免除規定は次のとおりです。
       ①   企業結合
         IFRS第1号では、移行日前に行われた企業結合に対してIFRS第3号「企業結合」を遡及適用しないこ
        とを選択することが認められております。当社は当該免除規定を適用し、移行日前に行われた企業結合について
        はIFRS第3号を遡及適用しておりません。なお、移行日前に行われた企業結合から生じたのれんについて
        は、減損の兆候の有無にかかわらず、移行日時点で減損テストを実施しております。
       ②   在外営業活動体の為替換算差額

         IFRS第1号では、移行日現在の在外営業活動体の為替換算差額の累計額をゼロとみなすことを選択するこ
        とが認められております。当社は当該免除規定を適用し、すべての在外営業活動体の為替換算差額の累計額を移
        行日現在でゼロとみなしております。
       ③   IFRS第9号の遡及適用の免除

         IFRS第1号では、2019年1月1日より前に開始する報告期間からIFRSを初めて適用し、かつIFRS
        第9号を適用する場合、最初のIFRSに基づく要約四半期連結財務諸表上の比較情報はIFRS第9号に従っ
        て修正再表示せず、従前の会計原則を適用することが認められております。当社は当該免除規定を適用し、比較
        情報については従前の会計原則である米国基準を適用しております。
      (2)  米国基準からIFRSへの調整

        米国基準からIFRSへの移行が、当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに及ぼす影響は次のとお
       りです。
        なお、調整表における「表示組替」には利益剰余金及び(四半期)包括利益に影響を及ぼさない項目を、「認識・
       測定の差異」には利益剰余金または(四半期)包括利益に影響を及ぼす項目を表示しております。
                                 35/53








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
       ①  移行日(2017年1月1日)の資本に対する調整
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定
       米国基準表示科目            米国基準      表示組替             IFRS      注記      IFRS表示科目
                                の差異
     (資産の部)                                          (資産の部)
     流動資産                                          流動資産
      現金及び現金同等物             169,416                   169,416          現金及び現金同等物
      受取債権
       受取手形             75,798
       売掛金            559,488
                    △2,472
       貸倒引当金
        小計                  △9,404             623,410          営業債権
                    632,814
      短期金融債権-純額             244,184      △13,259             230,925      A    金融債権
                                            A
                          63,710             63,710         その他の金融資産
      たな卸資産             356,180            △3,582        352,598      F    棚卸資産
                          17,325             17,325         未収法人所得税
                    160,480     △113,611        5,545      52,414
      その他の流動資産                                     A,F     その他の流動資産
      流動資産合計                                          流動資産合計
                   1,563,074       △55,239        1,963    1,509,798
                                               非流動資産

     投資及び長期金融債権
      関連会社に対する                                          持分法で会計処理
                    28,517       △12            28,505
      投融資                                          されている投資
                         △140,667
      その他の投資             140,667
                         △16,845
                    508,289
      長期金融債権-純額                                491,444      A    金融債権
      投資及び長期金融債権
                    677,473
      合計
                          184,854             184,854      A    その他の金融資産
     有形固定資産
      土地              82,104
      建物及び構築物             292,898
      機械装置及び
                    491,040
      その他の有形固定資産
                    17,378
      建設仮勘定
       小計            883,420
                   △569,189
      減価償却累計額
      有形固定資産合計             314,231      △12,526         161    301,866      C    有形固定資産
     その他の資産

      のれん及び無形固定
                          △2,612                  B,C
                    46,057            △3,105       40,340         のれん及び無形資産
      資産
      長期売掛金              39,852     △39,852
                          43,387       7,311      50,698    A,G     繰延税金資産
                                            D
      その他              30,658      △4,383             26,275         その他の非流動資産
                     △763
      貸倒引当金                      763
      その他の資産合計
                    115,804
                                                非流動資産合計
                                      1,123,982
     資産合計             2,670,582       △43,132        6,330    2,633,780          資産合計
                                 36/53




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定
       米国基準表示科目            米国基準      表示組替             IFRS      注記      IFRS表示科目
                                の差異
     (負債及び純資産の部)                                          (負債及び資本の部)
     流動負債                                          流動負債
      短期借入金             193,883      144,605             338,488          社債及び借入金
      支払手形             157,471       98,388            255,859          営業債務
      買掛金              98,388     △98,388
      前受金              6,927     △6,927
      設備関係支払手形・
                    24,321     △24,321
      未払金
      未払給与・諸手当              35,902     △35,902
      未払費用              64,662     △64,662
                                            A
                          45,163       △15     45,148         その他の金融負債
      未払法人所得税              19,650                   19,650         未払法人所得税
                          17,387             17,387         引当金
                                            F
      その他の流動負債              90,197      61,220      6,455       157,872          その他の流動負債
      一年内返済予定の
                    145,212     △145,212
      長期債務
      流動負債合計                                          流動負債合計
                    836,613      △8,649       6,440     834,404
     固定負債                                          非流動負債

      長期債務             478,894      △2,023             476,871          社債及び借入金
                                            A
                           2,048      △129      1,919         その他の金融負債
      未払年金等              12,091                   12,091     D    退職給付に係る負債
                                           A,G
                          31,983       3,878      35,861         繰延税金負債
                    71,059     △66,491         992     5,560
      その他の固定負債                                          その他の非流動負債
      固定負債合計                                532,302          非流動負債合計
                    562,044      △34,483        4,741
                                      1,366,706          負債合計
     純資産                                          資本

                                                親会社の所有者に帰属
      株主資本
                                                する持分
       資本金             84,070                   84,070          資本金
       資本剰余金             84,605                   84,605          資本剰余金
       利益準備金             19,539     △19,539
                                            H
       その他の剰余金            961,403       19,539     △26,123       954,819           利益剰余金
       その他の包括損益                                     D,      その他の資本の
                    49,336             21,127      70,463
       累計額                                    E,G      構成要素
                     △192                   △192
       自己株式                                          自己株式
                                                 親会社の所有者に帰属
       株主資本合計           1,198,761          ―   △4,996     1,193,765
                                                 する持分合計
                    73,164              145     73,309
      非支配持分                                          非支配持分
      純資産合計                                          資本合計
                   1,271,925          ―     △4,851     1,267,074
     負債及び純資産合計             2,670,582       △43,132        6,330    2,633,780          負債及び資本合計
                                 37/53





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
       ②  前第1四半期連結会計期間末(2017年3月31日)の資本に対する調整
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定
       米国基準表示科目            米国基準      表示組替             IFRS      注記      IFRS表示科目
                                の差異
     (資産の部)                                          (資産の部)
     流動資産                                          流動資産
      現金及び現金同等物             131,768                   131,768          現金及び現金同等物
      受取債権
       受取手形             71,821
       売掛金            569,544
                    △2,558
       貸倒引当金
        小計                   △815            637,992          営業債権
                    638,807
                         △12,807
      短期金融債権-純額             234,025                   221,218      A    金融債権
                          65,703             65,703     A    その他の金融資産
      たな卸資産             363,946             △308       363,638      F    棚卸資産
                          13,078             13,078         未収法人所得税
                    112,935      △72,731         27    40,231
      その他の流動資産                                     A,F     その他の流動資産
      流動資産合計                                          流動資産合計
                   1,481,481       △7,572       △281    1,473,628
                                               非流動資産

     投資及び長期金融債権
      関連会社に対する                                          持分法で会計処理
                    27,474                   27,474
      投融資                                          されている投資
                         △135,074
      その他の投資             135,074
                         △16,560
                    498,025
      長期金融債権-純額                                481,465      A    金融債権
      投資及び長期金融債権
                    660,573
      合計
                                            A
                          177,848             177,848          その他の金融資産
     有形固定資産
      土地              83,673
      建物及び構築物             298,485
      機械装置及び
                    492,983
      その他の有形固定資産
                    11,542
      建設仮勘定
       小計            886,683
                   △575,831
      減価償却累計額
      有形固定資産合計             310,852      △12,526         218    298,544      C    有形固定資産
     その他の資産

      のれん及び無形固定
                          △2,567
                    44,091            △1,809       39,715    B,C     のれん及び無形資産
      資産
      長期売掛金              39,657     △39,657
                          46,669       8,971      55,640     G    繰延税金資産
      その他              62,863     △35,453       △739        26,671     D    その他の非流動資産
                     △760
      貸倒引当金                      760
      その他の資産合計
                    145,851
                                                非流動資産合計
                                      1,107,357
     資産合計             2,598,757       △24,132        6,360    2,580,985          資産合計
                                 38/53




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定
       米国基準表示科目            米国基準      表示組替             IFRS      注記      IFRS表示科目
                                の差異
     (負債及び純資産の部)                                          (負債及び資本の部)
     流動負債                                          流動負債
                    184,256
      短期借入金                    164,631             348,887          社債及び借入金
      支払手形             127,805      111,543             239,348          営業債務
      買掛金             111,543     △111,543
      前受金              8,086     △8,086
      設備関係支払手形・
                    19,212     △19,212
      未払金
      未払給与・諸手当              42,477     △42,477
      未払費用              63,293     △63,293
                                            A
                          35,774       △15     35,759         その他の金融負債
      未払法人所得税              17,541                   17,541         未払法人所得税
                          16,769             16,769         引当金
      その他の流動負債              83,939      73,468      1,898       159,305      F    その他の流動負債
      一年内返済予定の
                    165,222     △165,222
      長期債務
      流動負債合計                                          流動負債合計
                    823,374      △7,648       1,883     817,609
     固定負債                                          非流動負債

      長期債務             454,648      △1,857             452,791          社債及び借入金
                           2,358      △121      2,237     A    その他の金融負債
      未払年金等              12,135                   12,135     D    退職給付に係る負債
                                            G
                          26,185       6,646      32,831         繰延税金負債
                    48,152     △43,170         992     5,974
      その他の固定負債                                          その他の非流動負債
      固定負債合計                                505,968          非流動負債合計
                    514,935      △16,484        7,517
                                      1,323,577          負債合計
     純資産                                          資本

                                                親会社の所有者に帰属
      株主資本
                                                する持分
       資本金             84,070                   84,070          資本金
       資本剰余金             84,843                   84,843          資本剰余金
       利益準備金             19,539     △19,539
       その他の剰余金            969,130       19,539     △23,989       964,680      H     利益剰余金
       その他の包括損益                                     D,      その他の資本の
                    29,199             20,745      49,944
                                           E,G
       累計額                                          構成要素
                    △3,403                   △3,403
       自己株式                                          自己株式
                                                 親会社の所有者に帰属
       株主資本合計           1,183,378          ―   △3,244     1,180,134
                                                 する持分合計
                    77,070              204     77,274
      非支配持分                                          非支配持分
      純資産合計                                          資本合計
                   1,260,448          ―     △3,040     1,257,408
     負債及び純資産合計             2,598,757       △24,132        6,360    2,580,985          負債及び資本合計
                                 39/53





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
       ③  前連結会計年度末(2017年12月31日)の資本に対する調整
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定
       米国基準表示科目            米国基準      表示組替             IFRS      注記      IFRS表示科目
                                の差異
     (資産の部)                                          (資産の部)
     流動資産                                          流動資産
                    230,720
      現金及び現金同等物                                230,720          現金及び現金同等物
      受取債権
       受取手形             77,618
       売掛金            573,337
                    △2,792
       貸倒引当金
        小計                  △9,080             639,083          営業債権
                    648,163
                         △14,064
      短期金融債権-純額             264,748                   250,684      A    金融債権
                                            A
                          51,515             51,515         その他の金融資産
      たな卸資産             362,518             △3,664      358,854      F    棚卸資産
                          20,787             20,787         未収法人所得税
                    109,375      △57,665        5,073      56,783
      その他の流動資産                                     A,F     その他の流動資産
      流動資産合計                                          流動資産合計
                   1,615,524       △8,507       1,409    1,608,426
                                               非流動資産

     投資及び長期金融債権
      関連会社に対する                                          持分法で会計処理
                    29,362       △30       1      29,333
      投融資                                          されている投資
                         △145,683
      その他の投資             145,683
                         △18,706
                    578,185
      長期金融債権-純額                                559,479      A    金融債権
      投資及び長期金融債権
                    753,230
      合計
                          188,738             188,738      A    その他の金融資産
     有形固定資産
      土地              89,884
      建物及び構築物             313,303
      機械装置及び
                    506,828
      その他の有形固定資産
                     9,229
      建設仮勘定
       小計            919,244
                   △585,007
      減価償却累計額
      有形固定資産合計             334,237      △11,550        △946     321,741      C    有形固定資産
     その他の資産

      のれん及び無形固定
                          △2,634                  B,C
                    47,804             1,813      46,983         のれん及び無形資産
      資産
      長期売掛金              40,423     △40,423
                          39,006       9,981      48,987     G    繰延税金資産
      その他              63,609     △28,321      △6,611         28,677     D    その他の非流動資産
                     △897
      貸倒引当金                      897
      その他の資産合計
                    150,939
                                                非流動資産合計
                                      1,223,938
     資産合計             2,853,930       △27,213        5,647    2,832,364          資産合計
                                 40/53




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定
       米国基準表示科目            米国基準      表示組替             IFRS      注記      IFRS表示科目
                                の差異
     (負債及び純資産の部)                                          (負債及び資本の部)
     流動負債                                          流動負債
                    182,461
      短期借入金                    181,027             363,488          社債及び借入金
      支払手形             176,987      109,134             286,121          営業債務
      買掛金             109,134     △109,134
      前受金              9,075     △9,075
      設備関係支払手形・
                    17,852     △17,852
      未払金
      未払給与・諸手当              37,657     △37,657
      未払費用              67,003     △67,003
                                            A
                          39,561             39,561         その他の金融負債
      未払法人所得税              37,221                   37,221         未払法人所得税
                          21,213             21,213         引当金
                                            F
      その他の流動負債              99,984      62,977       6,888     169,849          その他の流動負債
      一年内返済予定の
                    181,698     △181,698
      長期債務
      流動負債合計                                          流動負債合計
                    919,072      △8,507       6,888     917,453
     固定負債                                          非流動負債

      長期債務             472,422      △1,809             470,613          社債及び借入金
                           3,621             3,621     A    その他の金融負債
      未払年金等              12,804              139     12,943     D    退職給付に係る負債
                          33,680       7,495      41,175     G    繰延税金負債
                    64,197     △54,198         992     10,991
      その他の固定負債                                          その他の非流動負債
      固定負債合計                                539,343          非流動負債合計
                    549,423      △18,706        8,626
                                      1,456,796          負債合計
     純資産                                          資本

                                                親会社の所有者に帰属
      株主資本
                                                する持分
       資本金             84,100                   84,100          資本金
       資本剰余金             85,037                   85,037          資本剰余金
       利益準備金             19,539     △19,539
       その他の剰余金           1,046,237        19,539     △25,569      1,040,207       H     利益剰余金
                                             D,
       その他の包括損益                                          その他の資本の
                    66,606             15,318      81,924
                                           E,G
       累計額                                          構成要素
                     △174                   △174
       自己株式                                          自己株式
                                                 親会社の所有者に帰属
       株主資本合計
                   1,301,345          ―   △10,251      1,291,094
                                                 する持分合計
                    84,090              384     84,474
      非支配持分                                          非支配持分
      純資産合計                                          資本合計
                   1,385,435          ―     △9,867     1,375,568
     負債及び純資産合計             2,853,930       △27,213        5,647    2,832,364          負債及び資本合計
                                 41/53





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
       ④  前第1四半期連結累計期間(自2017年1月1日 至2017年3月31日)の包括利益に対する調整 
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定
       米国基準表示科目            米国基準      表示組替             IFRS      注記      IFRS表示科目
                                の差異
     売上高              402,823              2,035     404,858      F   売上高

                                             B,
     売上原価             △291,675               1,939    △289,736          売上原価
                                           D,F
     販売費及び一般管理費              △71,775        △306     △1,022      △73,103      D   販売費及び一般管理費
     その他の営業費用                △23       23
                            423             423      その他の収益
                          △2,188             △2,188
                                               その他の費用
       営業利益                                         営業利益
                    39,350      △2,048       2,952      40,254
     その他の収益(△費用)
      受取利息・受取配当金              1,115
      支払利息              △220
      有価証券売却損益              2,580
      為替差損益              1,106
      その他-純額             △3,002
      その他の収益(△費用)
                          △1,579
                     1,579
      純額
                           7,246             7,246       金融収益
                          △3,619         2   △3,617
                                               金融費用
       税金等調整前四半期
                             ―                   税引前利益
                    40,929             2,954      43,883
       純利益
     法人所得税
      法人税、住民税及び
                   △17,491
      事業税
                     6,024
      法人税等調整額
      法人所得税合計                          △1,091      △12,558      G   法人所得税
                   △11,467
                      217             28      245
     持分法による投資損益                                          持分法による投資損益
       四半期純利益                      ―                   四半期利益
                    29,679             1,891      31,570
                                               四半期利益の帰属

     当社株主に帰属する
                             ―
                    27,584             1,832      29,416         親会社の所有者
     四半期純利益
                             ―
     非支配持分帰属損益               2,095              59     2,154         非支配持分
                                 42/53







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定
       米国基準表示科目            米国基準      表示組替             IFRS      注記      IFRS表示科目
                                の差異
                             ―

     四半期純利益               29,679             1,891      31,570        四半期利益
     その他の包括利益                                          その他の包括利益
     (△損失)-税効果後                                          -税効果調整後
                                                純損益に振替えられる
                                                ことのない項目
                                                 確定給付型退職給付
      年金負債調整額               474            △176       298   D
                                                 制度に係る再測定
                                                純損益に振替えられる
                                                可能性のある項目
                                                 在外営業活動体の
      外貨換算調整額             △17,234                95   △17,139
                                                 為替換算差額
                    △2,986                1   △2,985
      有価証券の未実現損益                                           有価証券の未実現損益
                                                その他の包括利益
      その他の包括損失合計             △19,746          ―     △80    △19,826
                                                -税効果調整後
       四半期包括利益                                          四半期包括利益
                     9,933        ―    1,811      11,744
                                               四半期包括利益の帰属

     当社株主に帰属する
                             ―
                     7,447             1,752      9,199         親会社の所有者
     四半期包括利益
                             ―
     非支配持分帰属包括利益               2,486              59     2,545         非支配持分
                                 43/53













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
       ⑤  前連結会計年度(自2017年1月1日 至2017年12月31日)の包括利益に対する調整
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定
       米国基準表示科目            米国基準      表示組替             IFRS      注記     IFRS表示科目
                                の差異
     売上高             1,751,535               △497    1,751,038       F   売上高

                                             B,
     売上原価            △1,240,707                2,154   △1,238,553          売上原価
                                           D,F
     販売費及び一般管理費             △311,737       △1,270       △188    △313,195       D   販売費及び一般管理費
     その他の営業費用               △265       265
                           2,518      △363      2,155       その他の収益
                          △1,493             △1,493
                                               その他の費用
       営業利益                                         営業利益
                    198,826         20     1,106     199,952
     その他の収益(△費用)
      受取利息・受取配当金              7,383
      支払利息              △916
      有価証券売却損益              8,403
      為替差損益              8,112
                    △8,907
      その他-純額
      その他の収益(△費用)
                         △14,075
                    14,075
      純額
                          24,245             24,245        金融収益
                         △10,190             △10,190
                                               金融費用
       税金等調整前当期
                             ―                   税引前利益
                    212,901              1,106     214,007
       純利益
     法人所得税
      法人税、住民税及び
                   △69,856
      事業税
                     △66
      法人税等調整額
      法人所得税合計                          △3,255      △73,177      G   法人所得税
                   △69,922
                     2,366              103     2,469
     持分法による投資損益                                          持分法による投資損益
       当期純利益                      ―                   当期利益
                    145,345             △2,046      143,299
                                               当期利益の帰属

     当社株主に帰属する
                             ―
                    136,445             △2,285      134,160         親会社の所有者
     当期純利益
     非支配持分帰属損益               8,900        ―     239     9,139        非支配持分
                                 44/53







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定
       米国基準表示科目            米国基準      表示組替             IFRS      注記     IFRS表示科目
                                の差異
                             ―   △2,046

     当期純利益              145,345                   143,299        当期利益
     その他の包括利益                                          その他の包括利益
     (△損失)-税効果後                                          -税効果調整後
                                                純損益に振替えられる
                                                ことのない項目
                                                 確定給付型退職給付
      年金負債調整額              6,102            △3,251       2,851    D
                                                 制度に係る再測定
                                                純損益に振替えられる
                                                可能性のある項目
                                                 在外営業活動体の
      外貨換算調整額              9,099              281     9,380
                                                 為替換算差額
                     5,895                   5,895
      有価証券の未実現損益                                           有価証券の未実現損益
                                                その他の包括利益
     その他の包括利益合計               21,096         ―   △2,970       18,126
                                                -税効果調整後
       当期包括利益                                          当期包括利益
                    166,441         ―   △5,016      161,425
                                               当期包括利益の帰属

     当社株主に帰属する
                             ―
                    153,715             △5,255      148,460         親会社の所有者
     当期包括利益
                             ―
     非支配持分帰属包括利益               12,726              239     12,965         非支配持分
                                 45/53













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
       ⑥   資本及び包括利益に対する調整に関する注記
        A.  表示組替
         表示組替に含まれる主な項目は次のとおりです。
        (金融債権の表示)
         米国基準では、小売金融に付随して提供する優遇金利相当額を負債として計上し、金融債権と当該負債を総額
        で表示しております。
         一方で、IFRSでは、優遇金利相当額を金融債権の取得対価の一部として取り扱い、債権から減額しており
        ます。
        (金融資産及び金融負債の表示)

         IFRSでは、金融資産及び金融負債を区分掲記することが規定されております。
         このため、米国基準においてその他の流動資産に含めていた定期預金やデリバティブ、区分掲記していたその
        他の投資や長期売掛金及びその他の資産のその他に含めていたデリバティブ等をその他の金融資産として表示し
        ております。また、米国基準において区分掲記していた設備関係支払手形・未払金、その他の流動負債に含めて
        いたデリバティブ及びその他の固定負債に含めていたデリバティブ等をその他の金融負債として表示しておりま
        す。
        (契約資産の表示)

         米国基準では、工事進行基準を適用した結果、工事の進行途上において認識した未収入額を受取債権(売掛金)
        として表示しております。
         一方で、IFRSでは、履行義務の充足に合わせて認識した対価に対する権利を契約資産として認識し、当社
        の対価に対する無条件の権利である営業債権と区分して、その他の流動資産に含めて表示しております。
        (繰延税金資産及び繰延税金負債の表示)

         当社は2017年1月1日より繰延税金資産及び繰延税金負債を非流動項目として表示することを要求する新しい
        米国基準を適用しておりますが、移行日の米国基準に基づく表示は、当該新会計基準の影響を含まない2016年12
        月31日時点のものとなっております。このため、米国基準では、繰延税金資産及び繰延税金負債を流動・固定に
        区分し、その他の流動資産、その他の資産のその他、その他の流動負債及びその他の固定負債に含めて表示して
        おります。
         一方で、IFRSでは、繰延税金資産及び繰延税金負債は流動資産及び流動負債に表示することが認められて
        おらず、すべて非流動資産及び非流動負債として区分掲記しております。
         なお、前第1四半期連結会計期間末及び前連結会計年度末においては、米国基準とIFRSとの間で表示に係
        る差異はありません。
        B.  開発活動に係る支出の資産化

         米国基準では、研究開発に係る支出は発生時に費用として認識されます。
         一方で、IFRSでは、研究開発に係る支出のうち資産の認識要件を満たす開発活動に係るものについては無
        形資産として認識し、見積耐用年数にわたって定額法により償却されます。
                                 46/53






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
        C.  のれんの減損
         米国基準では、のれんの減損テストについて、のれんを含む報告単位の公正価値とのれんを含むその帳簿価額
        を比較します。報告単位の公正価値が帳簿価額を下回る場合には、のれんの公正価値を算出し、当該公正価値が
        のれんの帳簿価額を下回る場合には、差額はのれんの減損損失として認識されます。
         一方で、IFRSでは、のれんを含む資金生成単位の帳簿価額がその回収可能価額を超過する場合に、その超
        過額は減損損失として認識されます。のれんを含む資金生成単位で発生した減損損失については、最初にのれん
        を減損し、残額がある場合には資金生成単位内のその他の資産に対して減損損失が認識されます。
         移行日において、各資金生成単位について減損テストを実施した結果、回収可能価額がのれんを含む帳簿価額
        を下回ったことから、機械事業にて、のれん3,982百万円、有形固定資産149百万円及び無形資産1,439百万円の減
        損損失を認識しております。
         なお、回収可能価額は使用価値に基づき算定しており、使用価値は、経営者が承認した5年度分の事業計画及
        び各資金生成単位が属する市場成長率を基礎としたキャッシュ・フローの見積額を、各資金生成単位の税引前の
        加重平均資本コスト(主に7.5%)により現在価値に割引いて算定しております。
        D.  退職後給付

         米国基準では、確定給付制度による退職後給付について、勤務費用、利息費用及び期待運用収益は純損益とし
        て認識されます。また、確定給付制度による退職後給付から生じる数理計算上の差異及び過去勤務費用のうち、
        当期の退職給付費用の構成要素として認識されなかった部分は税効果調整後の金額でその他の包括損益累計額と
        して認識され、その後、将来の一定期間にわたり退職給付費用の構成要素として純損益で認識されます。
         一方で、IFRSでは、確定給付制度による退職後給付について、当期勤務費用及び過去勤務費用は純損益と
        して認識され、純利息費用は確定給付に係る負債または資産の純額に割引率を乗じた金額が純損益として認識さ
        れます。また、確定給付制度が積立超過となる場合には制度からの返還または将来掛金の減額という利用可能な
        将来の経済的便益の現在価値が資産上限額となります。
         この結果、移行日においてその他の資本の構成要素が916百万円増加、前第1四半期連結会計期間末においてそ
        の他の資本の構成要素が744百万円増加、その他の非流動資産が739百万円減少、前連結会計年度末においてその
        他の資本の構成要素が2,331百万円減少、その他の非流動資産が6,611百万円減少、退職給付に係る負債が139百万
        円増加しております。また、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度において、売上原価がそれぞれ274百
        万円、1,727百万円、販売費及び一般管理費がそれぞれ168百万円、660百万円増加しております。
         加えて、確定給付に係る負債または資産の純額の再測定は税効果調整後の金額でその他の包括利益として認識
        されます。当社は当該金額について、発生時にその他の資本の構成要素から純損益を通さずに直接利益剰余金に
        振替えております。
         この結果、移行日、前第1四半期連結会計期間末及び前連結会計年度末において、その他の資本の構成要素が
        それぞれ25,308百万円、25,006百万円、22,469百万円増加しております。
        E.  在外営業活動体の為替換算差額

         当社はIFRS第1号の免除規定を適用し、移行日現在のすべての在外営業活動体の為替換算差額の累計額を
        ゼロとみなすことを選択しております。
         この結果、移行日、前第1四半期連結会計期間末及び前連結会計年度末において、その他の資本の構成要素が
        それぞれ26,009百万円、26,009百万円、25,646百万円減少しております。
                                 47/53






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
        F.  収益認識
         米国基準では、値引き、購入量に応じた割戻し等について、当社が関連する売上高を認識した時点または関連
        するインセンティブ・プログラムが提示された時点のいずれか遅い方の時点で、提示されているインセンティ
        ブ・プログラムに基づいて認識・測定されます。
         一方で、IFRSでは、当社が履行義務を充足した時点で、過去、現在及び予想を含む合理的に利用可能なす
        べての情報を用いて、当社が権利を得る対価の金額を見積ることにより認識・測定されます。
         この結果、移行日、前第1四半期連結会計期間末及び前連結会計年度末において、その他の流動負債がそれぞ
        れ6,455百万円増加、747百万円減少、6,366百万円増加しております。また、前第1四半期連結累計期間及び前連
        結会計年度において、売上高がそれぞれ7,104百万円増加、77百万円減少しております。
         加えて、米国基準では、工事請負契約のうち短期契約については完成基準により売上高を認識しております。
         一方で、IFRSでは、注記「※3 重要な会計方針 (12)                            収益認識」に記載のとおり、工事請負契約は資産
        の支配を一定の期間にわたって顧客に移転するものと考えられるため、工事期間の長さにかかわらず、履行義務
        の充足に係る進捗度に基づき工事期間にわたって売上高が認識されます。
         この結果、移行日、前第1四半期連結会計期間末及び前連結会計年度末において、その他の流動資産がそれぞ
        れ5,580百万円、511百万円、5,160百万円増加し、棚卸資産がそれぞれ3,582百万円、372百万円、3,791百万円減
        少しております。また、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度において、売上高がそれぞれ5,069百万
        円、420百万円減少しており、売上原価がそれぞれ3,210百万円減少、209百万円増加しております。
        G.  法人所得税

         米国基準では、過去に認識したその他の包括損益に係る繰延税金資産及び繰延税金負債に対する事後の変動
        は、純損益として認識されます。
         一方で、IFRSでは、過去に認識したその他の包括利益に係る繰延税金資産及び繰延税金負債に対する事後
        の変動は、その他の包括利益として認識されます。
         この結果、移行日、前第1四半期連結会計期間末及び前連結会計年度末において、その他の資本の構成要素が
        それぞれ20,912百万円、20,913百万円、20,912百万円増加しております。
         加えて、米国基準では、連結会社間の未実現利益の消去に伴う税効果について、売却側の税率に基づいて繰延
        税金資産として計上しております。
         一方で、IFRSでは、これらの税効果について購入側の資産の一時差異として購入側の税率に基づいて繰延
        税金資産を計上しております。
         この結果、移行日、前第1四半期連結会計期間末及び前連結会計年度末において、繰延税金資産(繰延税金負債
        との純額)がそれぞれ318百万円減少、87百万円増加、1,908百万円減少しております。また、前第1四半期連結累
        計期間及び前連結会計年度において、法人所得税がそれぞれ405百万円減少、1,590百万円増加しております。
        H.  利益剰余金

         米国基準からIFRSへの調整による利益剰余金への影響(税効果調整後)は次のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                      前第1四半期
                             移行日                    前連結会計年度末
                                      連結会計期間末
                          (2017年1月1日)                       (2017年12月31日)
                                     (2017年3月31日)
        開発活動に係る支出の資産化                         2,059           2,812           5,336
        のれんの減損                        △4,639           △4,639           △4,639
        退職後給付                       △26,224           △26,200           △24,950
        在外営業活動体の為替換算差額                        26,009           26,009           25,646
        収益認識                        △2,343             734         △3,935
        法人所得税                       △21,375           △21,030           △23,213
        その他                          390         △1,675             186
        利益剰余金への影響                       △26,123           △23,989           △25,569
                                 48/53



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
        ⑦ 前第1四半期連結累計期間(自2017年1月1日 至2017年3月31日)及び前連結会計年度(自2017年1月1日 
           至2017年12月31日)の連結キャッシュ・フロー計算書に対する調整
          米国基準では、研究開発に係る支出を営業活動によるキャッシュ・フローに区分しております。

          一方で、IFRSでは、資産の認識要件を満たす開発活動に係る支出については投資活動によるキャッ
         シュ・フローとして区分しております。
          また、米国基準では、金融債権の増加と回収を投資活動によるキャッシュ・フローに区分しております。
          一方で、IFRSでは、営業活動によるキャッシュ・フローとして区分しております。
                                 49/53


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     ※14 要約四半期連結財務諸表の承認
        要約四半期連結財務諸表は、2018年5月15日に親会社代表取締役社長 木股昌俊及び取締役専務執行役員企画本
       部長 木村茂によって承認されております。
                                 50/53




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
        2018年2月14日開催の取締役会において、次のとおり期末配当を行うことを決議し、配当を行っております。
      (1)  受領株主
        2017年12月31日現在の株主名簿に記録された株主
      (2)  期末配当金
        1株につき17.00円(総額20,978百万円)
      (3)  支払請求権の効力発生日並びに支払開始日
        2018年3月26日
                                 51/53


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 52/53



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社 クボタ(E01267)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2018年5月15日

     株式会社クボタ

      取 締 役 会  御中
                         有限責任監査法人 トーマツ

                        指定有限責任社員

                                    公認会計士  佃     弘               一  郎  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                        業務執行社員            公認会計士  岡  田  明  広  印
                        指定有限責任社員

                        業務執行社員            公認会計士  井  尾  武  司  印
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社クボタ

     の2018年1月1日から2018年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年1月1日から2018年3月31
     日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年1月1日から2018年3月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結持
     分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
     第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
     誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部
     統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に
     対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
     に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
     報告」に準拠して、株式会社クボタ及び連結子会社の2018年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第
     1 四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 53/53


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。