株式会社フォーシーズホールディングス 四半期報告書 第16期第2四半期(平成30年1月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第16期第2四半期(平成30年1月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社フォーシーズホールディングス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               福岡財務支局長

     【提出日】               平成30年5月14日

     【四半期会計期間】               第16期第2四半期(自            平成30年1月1日          至   平成30年3月31日)

     【会社名】               株式会社フォーシーズホールディングス

     【英訳名】               4Cs  Holdings     Co.,   Ltd.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長            洲崎 智広

     【本店の所在の場所】               福岡市中央区薬院一丁目1番1号

     【電話番号】               092-720-5460

     【事務連絡者氏名】               経営企画室       室長       内野 紗希

     【最寄りの連絡場所】               福岡市中央区薬院一丁目1番1号

     【電話番号】               092-720-5460

     【事務連絡者氏名】               経営企画室       室長       内野 紗希

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/18








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                              第15期           第16期
                                                     第15期
              回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                                                   連結会計年度
                              累計期間           累計期間
                           自   平成28年10月1日         自   平成29年10月1日         自   平成28年10月1日
             会計期間
                           至   平成29年3月31日         至   平成30年3月31日         至   平成29年9月30日
                                1,505,020           1,085,129           2,668,408
     売上高                 (千円)
                                  92,924           11,455           161,356

     経常利益                 (千円)
     親会社株主に帰属する
     四半期(当期)純利益又は
                                  59,717          △ 19,483           200,597
                      (千円)
     親会社株主に帰属する
     四半期純損失(△)
                                  59,717          △ 19,483           200,597
     四半期包括利益又は包括利益                 (千円)
                                1,343,402           1,460,100           1,478,076

     純資産額                 (千円)
                                3,491,062           3,177,710           3,268,285

     総資産額                 (千円)
     1株当たり四半期(当期)純利益
                                   8.69          △ 2.84           29.21
                       (円)
     金額又は1株当たり四半期純損失
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                       (円)              ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
                                   38.2           45.8           45.1
     自己資本比率                  (%)
     営業活動によるキャッシュ・
                                 197,978            73,047           240,434
                      (千円)
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                                 △ 33,633          △ 21,164           44,444
                      (千円)
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                                 182,343           △ 78,768           196,689
                      (千円)
     フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                                1,451,498           1,559,469           1,586,360
                      (千円)
     (期末)残高
                              第15期           第16期

              回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自   平成29年1月1日         自   平成30年1月1日
             会計期間
                           至   平成29年3月31日         至   平成30年3月31日
     1株当たり四半期純利益金額又は
                                   3.56          △ 1.72
                       (円)
     1株当たり四半期純損失金額(△)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、第15期第2四半期連結累計期間及び第15
          期連結会計年度については希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため、第16期第2四半期連結累計期間
          については希薄化効果を有する潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失のため、記載しておりま
          せん。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社についても異動はありません。
       なお、前連結会計年度において、「カラーコンタクトレンズ事業」を営むクレイトン・ダイナミクス株式会社の全
      株式を譲渡したため、第1四半期連結会計期間より、当社の報告セグメントは「コミュニケーション・セールス事
      業」及び「化粧品卸事業」の2セグメントとなっております。
                                  2/18


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び当社の関係会社)が
      判断したものであります。
      (1)業績の状況

        当第2四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、企業収益や雇用環境の改善を背景に、緩やかな回復基調の
       動きが続いております。一方、海外の政策動向への懸念や海外経済の不確実性による日本国内への景気下押しリス
       クも抱えており、依然として楽観視できない状況が続いております。
        このような状況のもと、当社グループにおきましては、更なる成長に向けて、各事業会社がそれぞれの特性に合
       わせた積極的な施策を推進してまいりました。
        また、前連結会計年度にクレイトン・ダイナミクス株式会社の全株式を譲渡したことにより、前第2四半期連結
       累計期間に比べて、売上高が424,220千円減少しております。
        以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高1,085,129千円(前年同四半期比27.9%減)となり、営
       業利益16,420千円(同56.7%減)、経常利益11,455千円(同87.7%減)、親会社株主に帰属する四半期純損失
       19,483千円(前年同四半期は親会社株主に帰属する四半期純利益59,717千円)となりました。
        セグメント別の業績は、次のとおりであります。なお、前連結会計年度において、「カラーコンタクトレンズ事

       業」を営むクレイトン・ダイナミクス株式会社の全株式を譲渡したことにより、当連結会計年度における当社の報
       告セグメントは、「コミュニケーション・セールス事業」及び「化粧品卸事業」の2セグメントとなっておりま
       す。
       (コミュニケーション・セールス事業)

         コミュニケーション・セールス事業におきましては、新たな顧客層の取り込みとリピート率の向上を図るため
        の施策に取り組んでまいりましたが、新規顧客の獲得に苦戦する状況が続いております。その他、Web・スマホ対
        応にも注力してまいりました。これにより売上高778,249千円(前年同四半期比4.3%減)、セグメント利益8,288
        千円(同33.8%減)となりました。今後も季節に応じた新商品の導入や、Web販売強化のためのサイト構築など、
        積極的なマーケティング活動を行ってまいります。
       (化粧品卸事業)

         化粧品卸事業におきましては、古くなった角質を除去するための商品『ナチュラルアクアジェル                                             Cure』及び岩
        塩を原料とする入浴剤『Cure              バスタイム』は依然として、市場でも高い評価を受けております。本年2月から
        は、酵素の力で汚れを落とす『エクストラオイルクレンジング                              Cure』及び、酵素で汚れを分解し泥で吸着させる
        『スペシャルパウダーソープ              Cure』の2つの新商品を販売開始しております。いずれの新商品も、当初売上目標
        の2倍以上売り上げるなど、既存商品に加え順調に売上高を伸ばしております。これにより売上高306,915千円
        (前年同四半期比14.7%増)、セグメント利益63,733千円(同0.8%増)となりました。
                                  3/18




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
      (2)財政状態の分析
       (資産)
         当第2四半期連結会計期間末における資産の残高は3,177,710千円(前連結会計年度末3,268,285千円)、その
        内訳は流動資産2,516,230千円、固定資産661,480千円となり、前連結会計年度末に比べ90,574千円減少いたしま
        した。これは主に、現金及び預金の減少26,479千円、売掛金の減少29,959千円、その他流動資産の減少24,532千
        円等によるものであります。
       (負債)

         当第2四半期連結会計期間末における負債の残高は1,717,609千円(前連結会計年度末1,790,208千円)、その
        内訳は流動負債813,978千円、固定負債903,631千円となり、前連結会計年度末に比べ72,598千円減少いたしまし
        た。これは主に、買掛金の増加8,907千円、未払法人税等の増加16,266千円、株主優待引当金の減少24,718千円、
        長期借入金の減少71,474千円等によるものであります。
       (純資産)

         当第2四半期連結会計期間末における純資産の残高は1,460,100千円(前連結会計年度末1,478,076千円)とな
        り、17,975千円減少いたしました。これは親会社株主に帰属する四半期純損失19,483千円を計上したこと等によ
        るものであります。
      (3)キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、1,559,469千円となりま
       した。
        当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は、73,047千円(前年同四半期は197,978千円の獲得)となりました。
         これは主に、税金等調整前四半期純利益11,455千円、減価償却費29,627千円、のれん償却額23,258千円、株主
        優待引当金の減少24,718千円、売上債権の減少29,959千円、たな卸資産の増加10,837千円、仕入債務の増加8,907
        千円、法人税等の支払額又は還付額37,123千円等によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用された資金は、21,164千円(前年同四半期は33,633千円の使用)となりました。
         これは主に、有形固定資産の取得による支出2,380千円、無形固定資産の取得による支出20,526千円、貸付金の
        回収による収入3,000千円等によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用された資金は、78,768千円(前年同四半期は182,343千円の獲得)となりました。
         これは主に、長期借入金の返済による支出77,546千円等によるものであります。
                                  4/18







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)
                普通株式                                     12,000,000

                  計                                   12,000,000

       ②  【発行済株式】

             第2四半期会計期間末               提出日現在          上場金融商品取引所名
       種類       現在発行数(株)             発行数(株)          又は登録認可金融商品               内容
             (平成30年3月31日)            (平成30年5月14日)              取引業協会名
                                       東京証券取引所
                                                 単元株式数は100
      普通株式             6,973,470            6,973,470
                                                 株であります。
                                        (市場第二部)
        計           6,973,470            6,973,470           ―           ―
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成30年5月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発
        行された株式数は含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高        増減額        残高       増減額        残高
                   (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成30年1月1日~
                      -   6,973,470           -    882,788          -    348,109
     平成30年3月31日
                                  5/18








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                                  平成30年3月31日現在
                                                     発行済株式
                                              所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                      住所
                                               (株)      所有株式数
                                                     の割合(%)
                                               1,339,280          19.20
     井 康彦                  福岡県福岡市中央区
                                               1,230,500          17.64

     株式会社ウェルホールディングス                  福岡県福岡市中央区天神二丁目14番8号
                                                560,000         8.03

     ワイズコレクション株式会社                  東京都世田谷区宮坂一丁目37番20号
                                                224,000         3.21

     大坂 浩幸                  福岡県福岡市西区
                                                108,337         1.55

     株式会社SBI証券                  東京都港区六本木一丁目6番1号
     鳥居    徹                                        100,090         1.43

                       熊本県熊本市中央区
                                                63,450         0.90

     清水 英明                  千葉県袖ケ浦市
                                                59,100         0.84

     堀内 昭彦                  福岡県福岡市早良区
     近藤 雅喜                  愛知県日進市                          50,000         0.71

                                                40,100         0.57

     楽天証券株式会社                  東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
                                               3,774,857          54.13

             計                    ―
      (注)    上記のほか、当社所有の自己株式が106,290株(1.52%)あります。
                                  6/18












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                                平成30年3月31日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                      ―             ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―             ―             ―

     議決権制限株式(その他)                      ―             ―             ―

     完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式   106,200                  ―             ―

     完全議決権株式(その他)                 普通株式  6,788,500                     67,885          ―

                      普通株式           78,770

     単元未満株式                                   ―             ―
     発行済株式総数                       6,973,470            ―             ―

     総株主の議決権                      ―                67,885          ―

     (注)   1.「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式100株(議決権1個)が含まれております。
       2.「単元未満株式」欄には、当社所有の自己株式90株及び証券保管振替機構名義の株式50株が含まれておりま
      す。
       ②  【自己株式等】

                                                平成30年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
          所有者の氏名
                                                     総数に対する
                        所有者の住所         所有株式数       所有株式数        の合計
           又は名称
                                                     所有株式数の
                                  (株)       (株)       (株)
                                                      割合(%)
                      福岡市中央区薬院
     ㈱フォーシーズホールディングス                             106,200          ―    106,200         1.52
                      一丁目1番1号
             計              ―        106,200          ―    106,200         1.52
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/18









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年1月1日から平成
      30年3月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年10月1日から平成30年3月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  8/18

















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年9月30日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,838,641              1,812,161
         現金及び預金
                                         143,632              113,672
         売掛金
                                         264,847              283,799
         商品及び製品
                                          22,409              14,295
         原材料及び貯蔵品
                                         316,840              292,308
         その他
                                           △ 12              △ 6
         貸倒引当金
                                        2,586,358              2,516,230
         流動資産合計
       固定資産
                                          33,349              35,161
         有形固定資産
         無形固定資産
                                         164,732              141,474
           のれん
                                         368,807              351,653
           顧客関連資産
                                          72,383              83,747
           その他
                                         605,922              576,875
           無形固定資産合計
                                          42,653              49,444
         投資その他の資産
                                         681,926              661,480
         固定資産合計
                                        3,268,285              3,177,710
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                          41,643              50,551
         買掛金
                                         450,000              450,000
         短期借入金
                                         154,072              148,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                          3,375              19,642
         未払法人税等
                                          14,653              11,170
         賞与引当金
                                           825              673
         返品調整引当金
                                          29,522               4,804
         株主優待引当金
                                         138,038              129,137
         その他
                                         832,132              813,978
         流動負債合計
       固定負債
                                         870,810              799,336
         長期借入金
                                          17,153              17,177
         資産除去債務
                                          70,112              87,117
         その他
                                         958,076              903,631
         固定負債合計
                                        1,790,208              1,717,609
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         882,788              882,788
         資本金
                                         348,117              348,117
         資本剰余金
                                         273,855              254,371
         利益剰余金
                                         △ 29,938             △ 30,147
         自己株式
                                        1,474,823              1,455,130
         株主資本合計
                                          3,253              4,970
       新株予約権
                                        1,478,076              1,460,100
       純資産合計
                                        3,268,285              3,177,710
      負債純資産合計
                                  9/18



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                        1,505,020              1,085,129
      売上高
                                         597,912              253,991
      売上原価
                                         907,107              831,137
      売上総利益
                                          1,793               825
      返品調整引当金戻入額
                                          1,474               673
      返品調整引当金繰入額
                                         907,427              831,289
      差引売上総利益
                                       ※  869,489             ※  814,869
      販売費及び一般管理費
                                         37,937              16,420
      営業利益
      営業外収益
                                          3,171              1,990
       受取利息
                                         64,249
       貸倒引当金戻入額                                                   ―
                                           264
       受取手数料                                                   ―
                                          4,050              1,102
       その他
                                         71,735               3,092
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         10,366               7,957
       支払利息
                                          5,877
       事務所移転費用                                                   ―
                                           505              100
       その他
                                         16,748               8,057
       営業外費用合計
                                         92,924              11,455
      経常利益
                                         92,924              11,455
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    10,583              13,697
                                         22,624              17,241
      法人税等調整額
                                         33,207              30,939
      法人税等合計
                                         59,717             △ 19,483
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                         59,717             △ 19,483
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 10/18









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                         59,717             △ 19,483
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
                                         59,717             △ 19,483
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         59,717             △ 19,483
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    ―              ―
                                 11/18

















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
      (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         92,924              11,455
       税金等調整前四半期純利益
                                         26,482              29,627
       減価償却費
                                         28,901              23,258
       のれん償却額
                                        △ 64,248                △ 5
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 2,372             △ 3,483
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 319             △ 152
       返品調整引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 19,351             △ 24,718
       株主優待引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 3,171             △ 1,990
       受取利息及び受取配当金
                                         10,366               7,957
       支払利息
                                         356,426               29,959
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 115,756              △ 10,837
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         174,236               8,907
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        △ 189,915              △ 26,151
       その他
                                         294,201               43,824
       小計
                                          3,171                18
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 10,392              △ 7,918
       利息の支払額
                                        △ 89,001              37,123
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         197,978               73,047
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 4,815             △ 2,380
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 19,634             △ 20,526
       無形固定資産の取得による支出
                                                        3,000
       貸付金の回収による収入                                    ―
                                         △ 8,372              △ 846
       敷金の差入による支出
                                          △ 810             △ 410
       その他
                                        △ 33,633             △ 21,164
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         200,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                                   ―
                                         166,072
       長期借入れによる収入                                                   ―
                                        △ 183,015              △ 77,546
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 1,118             △ 1,013
       リース債務の返済による支出
                                           404             △ 209
       その他
                                         182,343              △ 78,768
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          1,674               △ 3
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         348,363              △ 26,890
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
      現金及び現金同等物の期首残高                                  1,103,135              1,586,360
                                      ※  1,451,498             ※  1,559,469
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 12/18






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (四半期連結貸借対照表関係)
        保証債務
         連結会社以外の会社の金融機関からの借入に対して、次のとおり債務保証を行っております。
                               前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間
                              (平成29年9月30日)               (平成30年3月31日)
         クレイトン・ダイナミクス株式会社                            143,100    千円            134,820    千円
       (四半期連結損益計算書関係)

        ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成28年10月1日              (自    平成29年10月1日
                            至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
                                   201,925                 189,455
         広告宣伝費                              千円                 千円
                                   166,980                 147,354
         給料手当
                                    12,223                 9,265
         賞与引当金繰入額
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        㬀  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次の
          とおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成28年10月1日              (自    平成29年10月1日
                            至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
         現金及び預金勘定                          1,702,557千円                 1,812,161千円
         預入期間が3か月を超える
                                  △251,059                 △252,691
         定期預金
         現金及び現金同等物                          1,451,498                 1,559,469
                                 13/18











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
      前第2四半期連結累計期間(自 平成28年10月1日 至 平成29年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                      四半期連結
                  コミュニケー
                                                 調整額
                                                      損益計算書
                           化粧品      カラーコンタク
                  ション・セー                         計
                                                       計上額
                           卸事業      トレンズ事業
                   ルス事業
     売上高
                     813,458       267,341        424,220      1,505,020            1,505,020
      外部顧客への売上高                                             ―
      セグメント間の
                              144               144    △ 144
                        ―               ―                    ―
      内部売上高又は振替高
                     813,458       267,485        424,220      1,505,164       △ 144    1,505,020
           計
     セグメント利益又は損失
                     12,518       63,211       △ 70,073        5,656     32,280       37,937
     (△)
      当第2四半期連結累計期間(自 平成29年10月1日 至 平成30年3月31日)

                                             (単位:千円)
                         報告セグメント
                                              四半期連結
                  コミュニケー
                                         調整額
                                              損益計算書
                           化粧品
                  ション・セー                 計
                                               計上額
                           卸事業
                   ルス事業
     売上高
                     778,249       306,879      1,085,129            1,085,129
      外部顧客への売上高                                     ―
      セグメント間の
                               36       36    △ 36
                        ―                           ―
      内部売上高又は振替高
                     778,249       306,915      1,085,165        △ 36   1,085,129
           計
                                           △
                      8,288       63,733       72,022            16,420
     セグメント利益
                                         55,601
     2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                                    前第2四半期              当第2四半期
                 利益
                                    連結累計期間              連結累計期間
     報告セグメント計                                      5,656             72,022
     全社収益(注)1                                     124,800              126,000
     全社費用(注)2                                    △94,099             △122,720
     その他の調整額                                      1,580            △58,881
     四半期連結損益計算書の営業利益                                     37,937              16,420
     (注)1.全社収益は、当社におけるグループ会社からの経営指導料等であります。
        2.全社費用は、当社における持株会社運営に係る費用であります。
     3.報告セグメントの変更等に関する事項

      当社は、前第3四半期連結会計期間期首をみなし売却日として、クレイトン・ダイナミクス株式会社の全株式を譲渡
     し、連結の範囲から除外したことに伴い、第1四半期連結会計期間より「カラーコンタクトレンズ事業」を報告セグメ
     ントから除外しております。
                                 14/18




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                             (自    平成28年10月1日              (自    平成29年10月1日
                              至   平成29年3月31日)              至   平成30年3月31日)
     1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり
                                       8円69銭               △2円84銭
     四半期純損失金額(△)
      (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額又
      は親会社株主に帰属する四半期純損失金額                                 59,717               △19,483
      (△)(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    ―                ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       59,717               △19,483
      四半期純利益金額又は親会社株主に帰属す
      る四半期純損失金額(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                  6,868                6,867
                            平成28年11月11日取締役会決議
                            第13回ストック・オプション
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整
                               (普通株式 48,000株)
      後1株当たり四半期純利益金額の算定に含
                                                          ―
      めなかった潜在株式で、前連結会計年度末
                            平成28年11月11日取締役会決議
      から重要な変動があったものの概要
                            第14回ストック・オプション
                               (普通株式 52,000株)
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、前第2四半期連結累計期間については希薄化効果を有
        する潜在株式が存在しないため、当第2四半期連結累計期間については希薄化効果を有する潜在株式は存在する
        ものの1株当たり四半期純損失のため、記載しておりません。
                                 15/18











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       該当事項はありません。
                                 16/18




















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 17/18



















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  平成30年5月14日

     株式会社フォーシーズホールディングス
      取締役会      御中
                        有限責任監査法人          トーマツ

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士          野  澤     啓               ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士          池      田         徹      ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社

     フォーシーズホールディングスの平成29年10月1日から平成30年9月30日までの連結会計年度の第2四半期連
     結会計期間(平成30年1月1日から平成30年3月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年10月1
     日から平成30年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計
     算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社フォーシーズホールディングス及び連結子会社の平成3
     0年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フ
     ローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。