大日本コンサルタント株式会社 四半期報告書 第56期第3四半期(平成30年1月1日-平成30年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第56期第3四半期(平成30年1月1日-平成30年3月31日)
提出日
提出者 大日本コンサルタント株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成30年5月15日

     【四半期会計期間】               第56期第3四半期(自 平成30年1月1日 至 平成30年3月31日)

     【会社名】               大日本コンサルタント株式会社

     【英訳名】               NIPPON    ENGINEERING      CONSULTANTS      CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長執行役員  新井 伸博

     【本店の所在の場所】               東京都豊島区駒込三丁目23番1号

     【電話番号】               03(5394)7611(代表)

     【事務連絡者氏名】               常務執行役員 業務統括部統括部長  伝谷 恵一

     【最寄りの連絡場所】               東京都豊島区駒込三丁目23番1号

     【電話番号】               03(5394)7611(代表)

     【事務連絡者氏名】               常務執行役員 業務統括部統括部長  伝谷 恵一

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/15









                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第55期           第56期

              回次              第3四半期           第3四半期            第55期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自 平成28年7月1日           自 平成29年7月1日           自 平成28年7月1日
             会計期間
                          至 平成29年3月31日           至 平成30年3月31日           至 平成29年6月30日
                               3,905,912           4,648,369          14,692,355
     売上高                (千円)
                              △ 1,600,762          △ 1,217,959            718,707

     経常利益又は経常損失(△)                (千円)
     親会社株主に帰属する四半期純
                              △ 1,161,779           △ 887,995           488,140
     損失(△)又は親会社株主に帰属                (千円)
     する当期純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)        △ 1,072,182           △ 857,962           771,316
                               3,193,981           4,002,537           5,037,480

     純資産額                (千円)
                               13,439,195           12,612,029           10,202,875

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期純損失金額
                                △ 158.01          △ 123.46            66.39
     (△)又は1株当たり当期純利益                 (円)
     金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
                                  23.8           31.7           49.4
     自己資本比率                 (%)
                             第55期           第56期

              回次              第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自 平成29年1月1日           自 平成30年1月1日
             会計期間
                          至 平成29年3月31日           至 平成30年3月31日
     1株当たり四半期純利益金額
                                △ 39.90            1.03
                      (円)
     又は四半期純損失金額(△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.  売上高には消費税及び地方消費税(以下、「消費税等」という。)は含まれておりません。
        3.  潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、第55期は潜在株式が存在しないため、第55
          期第3四半期連結累計期間は1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため、第56
          期第3四半期連結累計期間は潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損失金額であるため記載して
          おりません。
     2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)において営まれている事業の内
      容について、重要な変更はありません。また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/15





                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況などに関する事項のう
      ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事
      業等のリスク」についての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結などはありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  業績の状況

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益の拡大や雇用・所得環境の改善が続く中で、個人消
       費にも持ち直しの動きが見られるなど、景気は緩やかな回復基調で推移しているものの、米国の政策動向、中国の
       財政・金融政策の引き締めや環境規制の強化による景気減速の懸念、地政学的リスクの高まりなど、景気の先行き
       は依然不透明な状況が続いております。
        当社グループが属する建設コンサルタント業界では、巨大地震や自然災害に対する防災・減災対策、インフラの
       老朽化対策、国土の強靭化による安全・安心の確保などに加え、既存ストックの有効活用や持続可能な地域社会の
       形成など、社会資本整備に対するニーズが多様化し、建設コンサルタントの果たすべき役割も変化しております。
        このような状況の下で、当社グループは、第11次中期経営計画(平成28年7月から平成31年6月まで)において
       重点課題として設定した「競争力の強化」「収益性の向上」「社会ニーズへの対応」に対する諸施策の取り組みを
       継続して実施してまいりました。特に、九州北部豪雨や台風21号などで被災した地域の復旧・復興に向けた業務支
       援、ドローンの活用やAI技術などの技術開発、環境・エネルギー分野の事業開拓など積極的に努めてまいりまし
       た。また、社会的な要請である長時間労働の是正やワーク・ライフ・バランスの実現に向けた「働き方改革」の一
       環として、生産性の向上を図る取り組みを進めてまいりました。
        これらの結果、当第3四半期連結累計期間における当社グループ全体の業績は、受注高は112億2千6百万円(前
       年同四半期比106.7%)、受注残高は155億7千2百万円(同99.9%)となりました。売上高は46億4千8百万円
       (同119.0%)、営業損失は12億2千1百万円(前年同四半期16億3千8百万円)、経常損失は12億1千7百万円
       (同16億円)、親会社株主に帰属する四半期純損失は8億8千7百万円(同11億6千1百万円)となりました。な
       お、当社グループの売上高は官公庁への納期に対応して下半期に偏重し、上半期は販売費及び一般管理費の占める
       割合が著しく高くなる傾向にあります。そのため、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益とも
       に損失計上となっております。
        部門別の状況を示すと次のとおりであります。なお、当社グループは単一の報告セグメントであるため、セグメ
       ントごとの記載はしておりません。
       〔構造保全部門〕
        当部門の受注高は69億8千7百万円(前年同四半期比118.0%)、受注残高は80億8百万円(同112.6%)、売上
       高は20億6千7百万円(同113.7%)となりました。主な受注業務として、奈良国道事務所管内における大和北道路
       郡山下ツ道南他橋梁詳細設計業務、東日本高速道路(NEXCO東日本)管内における関越自動車道鶴ヶ島地区橋
       梁拡幅設計検討業務があげられます。
                                  3/15





                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
       〔社会創造部門〕
        当部門の受注高は21億9千5百万円(前年同四半期比91.8%)、受注残高は36億8千2百万円(同95.6%)、売
       上高は8億3百万円(同92.5%)となりました。主な受注業務として、佐賀県佐賀市の佐賀駅周辺整備基本計画策
       定業務、富山県のとやま水素エネルギービジョン策定があげられます。
       〔防災部門〕
        当部門の受注高は15億6千1百万円(前年同四半期比101.4%)、受注残高は20億5千1百万円(同103.7%)、
       売上高は7億7千9百万円(同142.8%)となりました。主な受注業務として、高知県の江ノ口川排水機場長寿命化
       計画策定業務、茨城県常陸太田市真弓町のトンネルにおける空中電磁探査業務があげられます。
       〔海外・施工管理部門〕
        当部門の受注高は4億8千2百万円(前年同四半期比71.5%)、受注残高は18億3千万円(同69.0%)、売上高
       は9億9千7百万円(同148.5%)となりました。主な受注業務として、福島県西郷村の(仮称)雪割橋上部工監理
       業務、ミャンマー国における東西経済回廊整備事業                        詳細設計調査があげられます。
      (2)  財政状態の分析

        当第3四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末と比べて24億9百万円増加し、126億1千2
       百万円となりました。主な変動は、運転資金ならびに法人税等の支払による現金及び預金の減少17億8千2百万
       円、たな卸資産の増加41億6千7百万円、繰延税金資産の増加3億7千1百万円によるものであります。
        負債合計は、前連結会計年度末と比べて34億4千4百万円増加し、86億9百万円となりました。主な変動は、業
       務未払金の増加4億3千7百万円、短期借入金の増加11億円、未成業務受入金の増加23億2千8百万円によるもの
       であります。
        純資産合計は、前連結会計年度末と比べて10億3千4百万円減少し、40億2百万円となりました。主な変動は、
       剰余金の配当8千万円、親会社株主に帰属する四半期純損失8億8千7百万円を計上し利益剰余金が減少したこと
       によるものであります。
      (3)  事業上および財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、事業上および財務上の対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)  研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間における研究開発活動の金額は、5千6百万円であります。
        なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/15









                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     24,000,000

                  計                                   24,000,000

       ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
               (平成30年3月31日)           (平成30年5月15日)           商品取引業協会名
                                      東京証券取引所

                                               単元株式数は100株で
       普通株式            7,660,000           7,660,000
                                               あります。
                                      (市場第二部)
         計           7,660,000           7,660,000           ―           ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成30年1月1日~
                      ―   7,660,000           ―   1,399,000           ―    518,460
     平成30年3月31日
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/15






                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成29年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                               平成30年3月31日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                     普通株式     498,300
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                71,563             ―
                          7,156,300
                     普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                            5,400
     発行済株式総数                    7,660,000          ―              ―
     総株主の議決権                     ―           71,563             ―

      (注) 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が600株含まれております。また、
         「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数6個が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成30年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     大日本コンサルタント             東京都豊島区駒込三丁目
                                  498,300       ―      498,300        6.51
     株式会社             23番1号
           計              ―         498,300       ―      498,300        6.51
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/15









                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年1月1日から平成
      30年3月31日まで)および第3四半期連結累計期間(平成29年7月1日から平成30年3月31日まで)に係る四半期連結財
      務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  7/15

















                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年6月30日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        2,976,921              1,194,043
         現金及び預金
                                        1,573,193              1,248,914
         受取手形及び完成業務未収入金
                                        1,573,337              5,740,826
         たな卸資産
                                          89,439              469,084
         繰延税金資産
                                         163,777              162,776
         その他
                                         △ 3,164             △ 2,454
         貸倒引当金
                                        6,373,505              8,813,190
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         509,923              481,465
           建物及び構築物(純額)
                                        2,190,557              2,190,557
           土地
                                         105,485              105,417
           その他(純額)
                                        2,805,965              2,777,440
           有形固定資産合計
         無形固定資産                                147,868              154,782
         投資その他の資産
                                         267,905              264,148
           投資有価証券
                                         262,629              254,468
           繰延税金資産
                                         344,999              347,999
           その他
                                         875,534              866,616
           投資その他の資産合計
                                        3,829,369              3,798,839
         固定資産合計
                                        10,202,875              12,612,029
       資産合計
                                  8/15











                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年6月30日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         621,526             1,059,517
         業務未払金
                                                      1,100,000
         短期借入金                                   -
                                         25,000
         1年内返済予定の長期借入金                                                 -
                                         251,179               49,831
         未払法人税等
                                        1,948,030              4,276,653
         未成業務受入金
                                                       306,736
         賞与引当金                                   -
                                         25,900              54,700
         受注損失引当金
                                        1,423,768               915,581
         その他
                                        4,295,404              7,763,019
         流動負債合計
       固定負債
                                         777,434              744,734
         退職給付に係る負債
                                         65,549              65,526
         資産除去債務
                                         27,006              36,211
         その他
         固定負債合計                                869,990              846,472
                                        5,165,394              8,609,492
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        1,399,000              1,399,000
         資本金
                                        1,518,460              1,518,460
         資本剰余金
                                        2,253,401              1,284,526
         利益剰余金
                                        △ 100,585             △ 200,580
         自己株式
                                        5,070,276              4,001,406
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         68,844              61,274
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 21,517             △ 22,393
         為替換算調整勘定
                                        △ 80,123             △ 41,644
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 32,796              △ 2,763
         その他の包括利益累計額合計
                                                        3,894
       新株予約権                                     -
                                        5,037,480              4,002,537
       純資産合計
                                       10,202,875              12,612,029
      負債純資産合計
                                  9/15









                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                        3,905,912              4,648,369
      売上高
                                        3,278,423              3,584,103
      売上原価
                                         627,488             1,064,265
      売上総利益
                                        2,265,589              2,285,781
      販売費及び一般管理費
                                      △ 1,638,100             △ 1,221,516
      営業損失(△)
      営業外収益
                                           41              218
       受取利息
                                          2,576              2,804
       受取配当金
                                         34,388                709
       貸倒引当金戻入額
                                          2,462               996
       為替差益
                                          6,101              6,114
       その他
                                         45,570              10,843
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          5,926              1,573
       支払利息
                                           530             1,727
       固定資産除却損
                                                        3,983
       自己株式取得費用                                    -
                                          1,774                1
       その他
                                          8,231              7,285
       営業外費用合計
                                      △ 1,600,762             △ 1,217,959
      経常損失(△)
      特別利益
                                       ※2  12,481
                                                          -
       固定資産売却益
                                         12,481
       特別利益合計                                                   -
                                      △ 1,588,280             △ 1,217,959
      税金等調整前四半期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    56,025              61,372
                                        △ 482,526             △ 391,336
      法人税等調整額
                                        △ 426,501             △ 329,964
      法人税等合計
                                      △ 1,161,779              △ 887,995
      四半期純損失(△)
                                      △ 1,161,779              △ 887,995
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 10/15









                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                      △ 1,161,779              △ 887,995
      四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                         52,018              △ 7,569
       その他有価証券評価差額金
                                          1,249              △ 876
       為替換算調整勘定
                                         36,330              38,478
       退職給付に係る調整額
                                         89,597              30,032
       その他の包括利益合計
                                      △ 1,072,182              △ 857,962
      四半期包括利益
      (内訳)
                                      △ 1,072,182              △ 857,962
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 11/15















                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (四半期連結損益計算書関係)
       1 売上高の季節的変動
        当社グループの売上高は官公庁への納期に対応して下半期に編重し、上半期は販売費及び一般管理費の占める割
       合が著しく高くなる傾向にあります。
       ※2 固定資産売却益

        前第3四半期連結累計期間(自                平成28年7月1日          至   平成29年3月31日)
         固定資産売却益12,481千円は、当社旧大阪支社の建物及び構築物、土地などの売却によるものであります。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        第3四半期連結累計期間に係る減価償却費
         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
        半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                           (自 平成28年7月1日                 (自 平成29年7月1日
                            至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
         減価償却費                           125,886    千円             120,504    千円
       (株主資本等関係)

       配当金支払額
        前第3四半期連結累計期間(自 平成28年7月1日 至 平成29年3月31日)
                            1株当たり
        (決議)       株式の種類      配当金の総額                 基準日        効力発生日        配当の原資
                             配当額
     平成28年9月23日
               普通株式       66,174千円          9円   平成28年6月30日         平成28年9月26日         利益剰余金
     定時株主総会
        当第3四半期連結累計期間(自 平成29年7月1日 至 平成30年3月31日)

                            1株当たり
        (決議)       株式の種類      配当金の総額                 基準日        効力発生日        配当の原資
                             配当額
     平成29年9月22日
               普通株式       80,879千円          11円   平成29年6月30日         平成29年9月25日         利益剰余金
     定時株主総会
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
        当社グループは子会社および地域別に設置した支社を事業セグメントとし、当社の本社機構を「その他」事業セ
       グメントとして設定し、取締役会に定期的報告を実施しております。ただし、子会社および支社事業セグメントに
       ついては、その事業内容などの経済的特徴の類似性、「その他」事業セグメントについては、金額の重要性を勘案
       し、報告セグメントとしてこれらを単一のセグメント(建設コンサルタント事業)に集約しております。したがっ
       て、記載を省略しております。
                                 12/15






                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                 (自 平成28年7月1日             (自 平成29年7月1日
                                 至 平成29年3月31日)             至 平成30年3月31日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)                                  △158円01銭             △123円46銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)(千円)                                △1,161,779              △887,995

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                     ―             ―

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       △1,161,779              △887,995
       四半期純損失金額(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                   7,352             7,192
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
       たり四半期純利益金額の算定に含まれなかった潜在
                                            ―             ―
       株式で、前連結会計年度末から重要な変動があった
       ものの概要
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、前第3四半期連結累計期間は1株当たり四半期純損
         失金額であり、また、潜在株式が存在しないため、当第3四半期連結累計期間は潜在株式が存在するものの、
         1株当たり四半期純損失金額であるため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 13/15











                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

           該当事項はありません。
                                 14/15




















                                                           EDINET提出書類
                                                  大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年5月15日

     大日本コンサルタント株式会社
      取締役会 御中
                        有限責任監査法人トーマツ

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          内  田  淳  一  ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          大  村  広  樹  ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている大日本コンサル

     タント株式会社の平成29年7月1日から平成30年6月30日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年1月
     1日から平成30年3月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年7月1日から平成30年3月31日まで)に係る四半
     期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記につ
     いて四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、大日本コンサルタント株式会社及び連結子会社の平成30年3月31
     日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる
     事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 15/15



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク