株式会社ハイパー 四半期報告書 第29期第1四半期(平成30年1月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第29期第1四半期(平成30年1月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社ハイパー

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年5月11日
      【四半期会計期間】                    第29期第1四半期(自 平成30年1月1日 至 平成30年3月31日)
      【会社名】                    株式会社ハイパー
      【英訳名】                    HYPER   Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  玉田 宏一
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋堀留町二丁目9番6号
      【電話番号】                    03-6855-8180(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役  田邉 浩明
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋堀留町二丁目9番6号
      【電話番号】                    03-6855-8180(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役  田邉 浩明
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第28期           第29期
               回次               第1四半期           第1四半期            第28期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成29年1月1日           自 平成30年1月1日           自 平成29年1月1日

              会計期間
                           至 平成29年3月31日           至 平成30年3月31日           至 平成29年12月31日
                      (千円)           5,950,929           6,015,099           22,268,215
     売上高
                      (千円)            161,915           188,060           341,585
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            113,208           119,543           203,135
     期)純利益
                      (千円)            113,987           118,995           206,567
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           2,466,457           2,624,888           2,541,548
     純資産額
                      (千円)           7,136,236           7,337,372           6,493,863
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            26.85           28.15           48.13
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            25.97           26.39           46.23
     (当期)純利益金額
                      (%)             33.4           34.5           37.8
     自己資本比率
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2 売上高には消費税等は含まれておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。また、主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
       <ITサービス事業>
        平成30年1月15日付で、セキュリティに特化したソフトウェア製品の販売事業を行うことを主な目的として、株
       式会社セキュリティアを新規に設立したことから、当第1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めております。
       これに伴い当社の関係会社は子会社が1社増加しました。これは、本事業領域の需要の急拡大が予想されるなか、
       積極的に事業展開を図ることで、当社グループの更なる発展と業容拡大が見込めると判断したためです。
        なお、当第1四半期連結会計期間より報告セグメントの名称を従来の「情報機器販売事業」から「ITサービス事
       業」に変更いたしました。
                                  2/21








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        第28期有価証券報告書の「第2 事業の状況 4 事業等のリスク」に記載した内容から重要な変更はありませ
       ん。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、                         堅調な雇用・所得情勢を背景に緩やかな回復基調で推移して
        おります。一方、生産活動の回復が一服していることや、公共投資といった官需によるプラス寄与が減少するな
        ど、先行きに不透明な要素もみられます。
         当社グループが属するコンピュータ販売業界におきましては、スマートフォンやタブレットの普及により国内パ
        ソコン出荷台数は減少傾向にあるものの個人向け市場に限定され、法人向けパソコン市場での出荷台数は、パソコ
        ンの買い替え需要が顕著化し、増加傾向で推移いたしました。
         このような環境のもと、当社グループにおきましては、業容拡大、経営基盤の安定と強化のため新たな事業への
        取組みを実施してまいりました。また、強みである戦略的な商品調達を積極的に展開し、価格優位性を生かした在
        庫商品の販売に注力するなど、粗利の確保に努めてまいりました。
         以上の結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は6,015,099千円(前年同四半期比1.1%増)、経常利益は
        188,060千円(前年同四半期比16.1%増)、                    親会社株主に帰属する          四半期純利益は119,543千円(前年同四半期比
        5.6%増)となりました。
         各セグメント別の営業の概況は次のとおりであります。
        ① ITサービス事業
          法人向けコンピュータ市場においては、Windows7搭載パソコンの買い替え需要が顕著化し、パソコンの出荷
         台数は増加傾向で推移いたしました。当社グループにおけるパソコン販売台数については計画をやや下回る形で
         推移するなか、独自の在庫販売戦略等に注力するなど、粗利の確保に努めてまいりました                                         。その結果、売上高は
         3,925,870千円(前年同四半期比2.6%減)、営業利益は171,310千円(前年同四半期比32.4%増)となりまし
         た。
          なお、当第1四半期連結会計期間より報告セグメントの名称を従来の「情報機器販売事業」から変更しており
         ます。
        ② アスクルエージェント事業
          既存取引先の稼働促進や新規取引先の拡大が順調に推移し、売上高は2,080,679千円(前年同四半期比8.6%
         増)となりました。事業への先行投資が増加したため、営業利益は24,124千円(前年同四半期比36.2%減)とな
         りました。
        ③ その他
          当社グループは、就労移行支援事業及び放課後等デイサービス事業を3施設運営しております。職業訓練・就
         労支援に関するサービス及び児童・生徒の発達支援に関するサービスの提供を行っており、徐々に利用者数が増
         加しております。その結果、売上高は8,550千円(前年同四半期比120.2%増)、営業損失は7,828千円(前年同
         四半期:営業損失4,811千円)となりました。
       (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (3)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  3/21




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (4)生産、受注及び販売の実績
         当社グループは、法人向けコンピュータ及び周辺機器の販売を中心に事業を営んでおり、生産状況及び受注状況
        は記載しておりません。
        ① 商品仕入実績
                               当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成30年1月1日                前年同四半期比(%)
               セグメントの名称
                                 至 平成30年3月31日)
                                         3,328,355
         ITサービス事業               (千円)                                 92.7
         アスクルエージェント事業               (千円)                1,847,013                109.0

         その他               (千円)                  13,912               184.8

                                         5,189,281
                合計           (千円)                                 98.1
        (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        ② 販売実績

                               当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成30年1月1日                前年同四半期比(%)
               セグメントの名称
                                 至 平成30年3月31日)
                                         3,925,870
         ITサービス事業               (千円)                                 97.4
                                                         108.6
         アスクルエージェント事業               (千円)                2,080,679
         その他               (千円)                  8,550              220.2

                                         6,015,099                101.1
                合計           (千円)
        (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       (5)経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

         経営成績に重要な影響を及ぼす可能性のある事項は、第28期有価証券報告書の「第2 事業の状況 4 事業等
        のリスク」に記載のとおりであります。
       (6)資本の財源及び資金の流動性についての分析

        ① 資金需要
          当社グループの運転資金のうち主なものは、販売及び在庫のための商品購入並びに販売費及び一般管理費によ
         るものであります。
        ② 資本の財源
          当社グループにおける増加運転資金につきましては、内部資金及び金融機関からの借入等によって調達してお
         ります。なお、借入金の返済に関しましては、資金の状況を勘案しつつ、計画的に返済する方針であります。
       (7)経営者の問題認識と今後の方針について

         現在の営業環境は、国内景気は今後も緩やかな回復基調で推移すると見込まれております。一方、国内外での政
        治を巡る不透明感が更なる円高や世界貿易の停滞を招くことになれば、国内外における景気の成長の勢いが鈍化す
        る蓋然性が高まる懸念もあり、今後も先行き不透明な状況が続くものと認識しております。
         当社グループの経営陣は、これまで事業に従事してきた経験や、現在入手可能な情報に基づき、最善の経営判断
        をおこなっており、引き続き積極的な営業活動を展開すると共に、業務の効率化を推し進めてまいります。
                                  4/21





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      13,200,000

                  計                                     13,200,000

        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間末現            提出日現在発行数(株)            上場金融商品取引所名
       種類     在発行数(株)             (平成30年5月11日)            又は登録認可金融商品                内容
             (平成30年3月31日)                (注)        取引業協会名
                                                 権利内容に何ら限定のな

                                       東京証券取引所
                                                 い当社における標準とな
      普通株式             4,313,000            4,313,000        JASDAQ
                                                 る株式であり、単元株式
                                      (スタンダード)
                                                 数は100株であります。
        計           4,313,000            4,313,000          -            -
     (注) 「提出日現在発行数」欄には、平成30年5月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
         発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     平成30年1月1日~
                     2,000                     307,243
                          4,313,000          475              475     257,255
     平成30年3月31日(注)
        (注) 新株予約権の行使による増加であります。
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/21







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年3月31日現在
            区分            株式数(株)           議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -            -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                     -            -             -
     議決権制限株式(その他)                     -            -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式    66,100                 -             -

                     普通株式         4,246,200
     完全議決権株式(その他)                                    42,462           -
                     普通株式               700
     単元未満株式                                 -        一単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                       4,313,000          -             -

     総株主の議決権                     -               42,462           -

      (注)1 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が600株含まれております。
           また、「議決権の数」欄には同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数6個が含まれております。
         2 単元未満株式数には当社所有の自己株式88株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年3月31日現在
                                                    発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                      自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
                 所有者の住所                                   対する所有株式数
     名称                      式数(株)        式数(株)        計(株)
                                                    の割合(%)
     株式会社ハイ         東京都中央区日本橋堀
                               66,100          -      66,100          1.53
     パー         留町二丁目9番6号
         計           -           66,100          -      66,100          1.53
     (注) 上記の他に単元未満株式として自己株式を88株所有しております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/21









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年1月1日から平
       成30年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年3月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,848,692              2,005,354
         現金及び預金
                                      ※1 3,114,563             ※1 3,790,860
         受取手形及び売掛金
                                       ※1 127,159             ※1 129,417
         電子記録債権
                                        682,495              705,937
         商品
                                         97,200              75,040
         その他
                                        △ 10,094             △ 11,460
         貸倒引当金
                                       5,860,016              6,695,151
         流動資産合計
       固定資産
                                         57,183              55,829
         有形固定資産
         無形固定資産
                                        196,042              186,569
          のれん
                                        197,564              199,973
          その他
          無形固定資産合計                              393,606              386,542
         投資その他の資産
                                         39,018              38,228
          投資有価証券
                                        228,252              246,873
          その他
                                        △ 84,213             △ 85,251
          貸倒引当金
                                        183,057              199,849
          投資その他の資産合計
                                        633,847              642,221
         固定資産合計
                                       6,493,863              7,337,372
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       2,831,305              3,438,978
         買掛金
                                            -           350,000
         短期借入金
                                        334,317              287,423
         1年内返済予定の長期借入金
                                        132,166               58,702
         未払法人税等
                                         70,979              41,196
         賞与引当金
                                        225,049              243,035
         その他
                                       3,593,817              4,419,335
         流動負債合計
       固定負債
                                        308,576              243,457
         長期借入金
                                         23,630              23,315
         退職給付に係る負債
                                         26,291              26,376
         その他
                                        358,498              293,148
         固定負債合計
                                       3,952,315              4,712,483
       負債合計
                                  8/21







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        306,768              307,243
         資本金
                                        276,969              277,444
         資本剰余金
                                       1,897,543              1,976,762
         利益剰余金
                                        △ 32,053             △ 32,053
         自己株式
                                       2,449,228              2,529,397
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         5,160              4,612
         その他有価証券評価差額金
                                         5,160              4,612
         その他の包括利益累計額合計
                                         87,158              90,879
       新株予約権
                                       2,541,548              2,624,888
       純資産合計
                                       6,493,863              7,337,372
      負債純資産合計
                                  9/21















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      売上高                                  5,950,929              6,015,099
                                       5,158,142              5,165,838
      売上原価
                                        792,787              849,260
      売上総利益
                                        630,453              661,654
      販売費及び一般管理費
                                        162,333              187,606
      営業利益
      営業外収益
                                           151              129
       受取利息
                                           300              300
       広告料収入
                                           182              275
       受取手数料
                                           267              841
       その他
                                           902             1,546
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,319              1,092
       支払利息
                                         1,319              1,092
       営業外費用合計
                                        161,915              188,060
      経常利益
                                        161,915              188,060
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   43,300              53,026
                                         5,406              15,489
      法人税等調整額
                                         48,707              68,516
      法人税等合計
                                        113,208              119,543
      四半期純利益
                                        113,208              119,543
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/21












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                        113,208              119,543
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           779             △ 548
       その他有価証券評価差額金
                                           779             △ 548
       その他の包括利益合計
                                        113,987              118,995
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        113,987              118,995
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 11/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         当第1四半期連結会計期間より、新たに設立した株式会社セキュリティアを連結の範囲に含めております。
                                 12/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         ※1 四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債権
            四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債権の会計処理については、手形交換日又は決済日をもっ
           て決済処理をしております。
            なお、当第1四半期連結会計期間の末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満
           期手形及び電子記録債権が四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                             前連結会計年度                当第1四半期連結会計期間

                            (平成29年12月31日)                   (平成30年3月31日)
     受取手形                                7,939千円                   5,953千円
     電子記録債権                                1,457                   2,143
                                 13/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                            (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年3月31日)                  至 平成30年3月31日)
     減価償却費                                18,503千円                  19,117千円
     のれんの償却額                                   -               10,974
                                 14/21


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年3月31日)
           1.配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      当額(円)
     平成29年3月23日
                普通株式         37,929        9.00   平成28年12月31日         平成29年3月24日         利益剰余金
     定時株主総会
           2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期

            間の末日後となるもの
             該当事項はありません。
           3.株主資本の著しい変動

             該当事項はありません。
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年3月31日)

           1.配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      当額(円)
     平成30年3月23日
                普通株式         40,325        9.50   平成29年12月31日         平成30年3月24日         利益剰余金
     定時株主総会
           2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期

            間の末日後となるもの
             該当事項はありません。
           3.株主資本の著しい変動

             該当事項はありません。
                                 15/21











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年3月31日)
            1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                      四半期連結
                                     その他                 損益計算書
                        アスクルエ                    合計      調整額
                  ITサービ                   (注)2                   計上額
                        ージェント        計
                                                       (注)1
                   ス事業
                          事業
     売上高
                  4,030,886      1,916,159      5,947,046        3,883    5,950,929          -  5,950,929
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                       -      -      -      -      -      -      -
      上高又は振替高
                  4,030,886      1,916,159      5,947,046        3,883    5,950,929          -  5,950,929
           計
     セグメント利益又は損失
                    129,345       37,800      167,145      △ 4,811     162,333         -   162,333
     (△)
      (注)1 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益であります。
         2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、                                        放課後等デイサービス事業等を
          含んでおります。
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年3月31日)

            1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                      四半期連結
                                     その他                 損益計算書
                        アスクルエ                    合計      調整額
                                     (注)2                   計上額
                  ITサービ
                        ージェント        計
                                                       (注)1
                   ス事業
                          事業
     売上高
                  3,925,870      2,080,679      6,006,549        8,550    6,015,099          -  6,015,099
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                       -      -      -      -      -      -      -
      上高又は振替高
                  3,925,870      2,080,679      6,006,549        8,550    6,015,099          -  6,015,099
           計
     セグメント利益又は損失
                    171,310       24,124      195,434      △ 7,828     187,606         -   187,606
     (△)
      (注)1 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益であります。
         2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、就労移行支援事業                                                及び放課後等
          デイサービス事業等を含んでおります。
            2.報告セグメントの変更等に関する事項

              当第1四半期連結会計期間より、従来「情報機器販売事業」としていた報告セグメント名称を「IT
              サービス事業」に変更しております。
              この変更はセグメント名称の変更であり、セグメント情報に与える影響はありません。
              なお、前第1四半期連結累計期間の報告セグメントについても、変更後の名称で表示しております。
                                 16/21





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
        基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                項目               (自 平成29年1月1日               (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                   26円85銭               28円15銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千
                                         113,208               119,543
       円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                         113,208               119,543
       利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                4,215,879               4,246,145
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   25円97銭               26円39銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千
                                           -               -
       円)
       普通株式増加数(株)                                 143,505               283,051
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                           -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
                                 17/21












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
         該当事項はありません。
                                 18/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 19/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年5月11日

     株式会社ハイパー
      取締役会 御中
                         新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                            小  野  木  幹  久  印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                            石  井  広  幸  印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ハイ

     パーの平成30年1月1日から平成30年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成30年1月1日から平
     成30年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年3月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ハイパー及び連結子会社の平成30年3月31日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要
     な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。