中部電力株式会社 有価証券報告書 第94期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第94期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)
提出日
提出者 中部電力株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成30年6月28日

     【事業年度】                      第94期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     【会社名】                      中部電力株式会社

     【英訳名】                      Chubu Electric Power Company,Incorporated

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  勝 野               哲

     【本店の所在の場所】                      名古屋市東区東新町1番地

     【電話番号】                      052(951)8211(代)

     【事務連絡者氏名】                      経理室決算チームリーダー  伊 藤 圭 吾

     【最寄りの連絡場所】                      東京都千代田区内幸町二丁目2番1号

                          (日本プレスセンタービル内)
     【電話番号】                      03(3501)5101(代)
     【事務連絡者氏名】                      東京支社課長  三           縞   善   信

     【縦覧に供する場所】                      中部電力株式会社 電力ネットワークカンパニー静岡支社

                           (静岡市葵区本通二丁目4番地の1)

                          中部電力株式会社 電力ネットワークカンパニー三重支社

                           (津市丸之内2番21号)

                          中部電力株式会社 電力ネットワークカンパニー岐阜支社

                           (岐阜市美江寺町二丁目5番地)

                          中部電力株式会社 電力ネットワークカンパニー長野支社

                           (長野市柳町18番地)

                          株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                          株式会社名古屋証券取引所

                           (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

                                   1/125






                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

      (1) 連結経営指標等
            回次            第90期       第91期       第92期       第93期       第94期

           決算年月           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                        2,842,186       3,103,603       2,854,044       2,603,537       2,853,309

     売上高(営業収益)            (百万円)
     経常利益又は
                        △ 92,627       60,206       255,610       121,483       128,532
                 (百万円)
     経常損失(△)
     親会社株主に帰属する
     当期純利益又は
                 (百万円)       △ 65,327       38,795       169,745       114,665        74,372
     親会社株主に帰属する
     当期純損失(△)
                        △ 33,975       75,693       144,929       111,140        71,523
     包括利益            (百万円)
                        1,437,171       1,507,508       1,637,109       1,724,713       1,791,942

     純資産            (百万円)
                        5,782,180       5,631,968       5,538,945       5,412,307       5,530,188

     総資産            (百万円)
                        1,849.31       1,939.59       2,112.80       2,225.66       2,285.87

     1株当たり純資産             (円)
     1株当たり当期純利益
                         △ 86.23       51.21       224.15       151.43        98.24
                  (円)
     又は当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株
                  (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     当たり当期純利益
                           24.2       26.1       28.9       31.1       31.3
     自己資本比率             (%)
                          △ 4.6       2.7       11.1        7.0       4.4

     自己資本利益率             (%)
                                 28.00        7.01       9.85       15.30

     株価収益率             (倍)          ―
     営業活動による
                         203,742       476,845       562,411       335,063       424,159
                 (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                        △ 266,619      △ 282,781      △ 307,995      △ 360,232      △ 344,467
                 (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (百万円)       △ 23,905      △ 344,088      △ 312,120        21,069      △ 88,670
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                         536,773       390,088       324,390       293,953       284,888
                 (百万円)
     の期末残高
                         30,888       30,848       30,659       30,635       30,554
     従業員数             (人)
      (注)   1   売上高には,消費税等は含まれていない。
        2   潜在株式調整後1株当たり当期純利益については,潜在株式が存在しないため記載していない。
        3   第90期の株価収益率については,親会社株主に帰属する当期純損失のため記載していない。
                                   2/125





                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      (2) 提出会社の経営指標等
            回次            第90期       第91期       第92期       第93期       第94期

           決算年月           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                        2,638,200       2,899,026       2,648,337       2,389,719       2,597,164

     売上高(営業収益)            (百万円)
     経常利益又は
                        △ 104,196        41,947       233,692        99,122       91,899
                 (百万円)
     経常損失(△)
     当期純利益又は
                        △ 67,277       27,375       157,208        72,014       48,535
                 (百万円)
     当期純損失(△)
                         430,777       430,777       430,777       430,777       430,777
     資本金            (百万円)
                        ( 758,000    )   ( 758,000    )   ( 758,000    )   ( 758,000    )   ( 758,000    )
     (発行済株式総数)             (千株)
                        1,196,675       1,230,904       1,368,272       1,420,592       1,445,047
     純資産            (百万円)
                        5,434,531       5,238,153       5,065,581       4,956,547       5,001,216

     総資産            (百万円)
                        1,579.36       1,625.14       1,806.68       1,875.91       1,909.43

     1株当たり純資産             (円)
                            ―     10.00       25.00       30.00       35.00
     1株当たり配当額
                  (円)
     (内1株当たり
                           ( ―)      ( ―)     ( 10.00   )    ( 15.00   )    ( 15.00   )
                  (円)
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益
                         △ 88.79       36.13       207.57        95.09       64.10
                  (円)
     又は当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株
                  (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     当たり当期純利益
                           22.0       23.5       27.0       28.7       28.9
     自己資本比率             (%)
                          △ 5.4       2.3       12.1        5.2       3.4

     自己資本利益率             (%)
                                 39.69        7.57       15.68       23.45

     株価収益率             (倍)          ―
                                  27.7       12.0       31.5       54.6

     配当性向             (%)          ―
                         16,854       16,949       16,796       16,632       16,461

     従業員数             (人)
      (注)   1   売上高には,消費税等は含まれていない。
        2   潜在株式調整後1株当たり当期純利益については,潜在株式が存在しないため記載していない。
        3   第90期の株価収益率及び配当性向については,当期純損失のため記載していない。
                                   3/125









                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     2 【沿革】
       昭和26年5月        電気事業再編成令により,中部配電株式会社及び日本発送電株式会社から設備の出資及び譲

               渡を受け,設立
       昭和26年8月        東京・名古屋・大阪の各証券取引所に上場
          〃
               中部計器工業㈱(現・連結子会社)を設立
       昭和28年6月        中電興業㈱(現・連結子会社)を設立
       昭和30年3月        日本耐火防腐㈱(現・連結子会社)の株式を取得し子会社化
       昭和32年4月        永楽不動産㈱(現・連結子会社)を設立
       昭和32年10月        永楽自動車㈱(現・連結子会社)を設立
       昭和35年6月        中電ビル㈱を設立
       昭和36年11月        中部火力工事㈱(現・連結子会社)を設立
       昭和37年3月        中電工事㈱(現・連結子会社)を設立
       昭和53年8月        中部環境エンジニアリング㈱(現・連結子会社)を設立
          〃     中電コンピューターサービス㈱を設立
       昭和55年1月        知多エル・エヌ・ジー㈱(現・連結子会社)を設立
       昭和56年7月        日本耐火防腐㈱が,㈱ニッタイに商号変更
       昭和58年11月        中部火力工事㈱が,㈱中部プラントサービスに商号変更
       昭和63年4月        中部環境エンジニアリング㈱が,㈱中部環境緑化センターを吸収合併,㈱中部環境テックに
               商号変更
       昭和63年7月        永楽不動産㈱が,㈱永楽開発に商号変更
       平成元年6月        ㈱コンピュータ・テクノロジー・インテグレイタ(現・連結子会社)を設立
       平成2年10月        ㈱中部環境テックが,中部ポートサービス㈱を吸収合併,㈱テクノ中部に商号変更
       平成5年12月        中電興業㈱が,中興電機㈱を吸収合併
       平成9年9月        中電ビル㈱が,㈱電気文化会館と電気ビル㈱を吸収合併
       平成11年4月        中電工事㈱が,㈱シーテックに商号変更
       平成11年7月        ㈱コンピュータ・テクノロジー・インテグレイタが,㈱シーティーアイに商号変更
       平成13年4月        ㈱シーエナジー(現・連結子会社)を設立
       平成13年10月        中部計器工業㈱が,中部精機㈱を吸収合併,中部精機㈱に商号変更
       平成14年10月        中電ビル㈱が,㈱アスパックを吸収合併
       平成15年10月        ㈱シーティーアイが,中電コンピューターサービス㈱を吸収合併,㈱中電シーティーアイに
               商号変更
          〃
               ㈱シーテック,㈱ニッタイ他1社が,中電静岡工営㈱及び中電長野工営㈱の業務の一部を吸
               収分割により承継。㈱永楽開発が,それ以外の業務を承継し,中電静岡工営㈱及び中電長野
               工営㈱を吸収合併
       平成18年10月        ㈱永楽開発が,㈱中部グリーナリ及び中電ビル㈱を吸収合併,中電不動産㈱に商号変更
          〃
               ㈱ニッタイが,㈱永楽開発の業務の一部を吸収分割により承継,中電配電サポート㈱に商号
               変更
       平成19年3月        ㈱トーエネック(現・連結子会社)株式に対する公開買付けにより,同社を子会社化。これに
               より,同社の連結子会社である㈱トーエネックサービス(現・連結子会社)はじめ6社を子会
               社化
       平成20年10月        永楽自動車㈱が,㈱トーエネックサービスの業務の一部を吸収分割により承継,㈱中電オー
               トリースに商号変更
       平成24年4月        ㈱シーエナジーが,㈱エル・エヌ・ジー中部を吸収合併
       平成25年10月        ダイヤモンドパワー㈱(現・連結子会社)の株式を取得し子会社化
       平成27年4月        ㈱JERA(現・持分法適用関連会社)を設立
       平成27年10月        ㈱JERAが,当社の燃料輸送事業及び燃料トレーディング事業を吸収分割により承継
       平成28年2月        ㈱トーエネックが,旭シンクロテック㈱(現・連結子会社)の株式を取得し子会社化
       平成28年7月        ㈱JERAが,当社の既存燃料事業(上流・調達),既存海外発電・エネルギーインフラ事業お
               よび株式会社常陸那珂ジェネレーションの実施する火力発電所のリプレース・新設事業を吸
               収分割により承継
                                   4/125





                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
       当社グループは,当社,子会社32社および関連会社27社(平成30年3月31日現在)で構成され,電気事業およびガ
      スやオンサイトエネルギーなどを供給するエネルギー事業をコア領域として,国内事業で培ったノウハウを活かした
      海外エネルギー事業,電気事業に関連する設備の拡充や保全のための建設,資機材供給のための製造など,さまざま
      な事業を展開している。
       また,事業環境が大きく変化する中,発電・送配電・小売の各事業分野において,迅速かつ柔軟に対応する自律的
      な事業体制を構築するため,平成28年4月にカンパニー制を導入し,「発電」,「電力ネットワーク」,「販売」の
      3つのカンパニーを設置した。
       この体制の下,「発電」,「電力ネットワーク」,「販売」の3つを報告セグメントとしている。
        [発電]

         火力および再生可能エネルギーによる電力の供給
        [電力ネットワーク]
         電力ネットワークサービスの提供
         [販売]
         ガス&パワーを中心とした総合エネルギーサービスの展開
       当社および関係会社の事業を「事業系統図」として示すと以下のとおりである。

       ※1 Chubu      Electric     Power   & MUL  Germany    Transmission       GmbHは,出資により,新たに連結の範囲に含めてい









          る。
       ※2 CEPO半田バイオマス発電㈱は,出資により,新たに連結の範囲に含めている。
       ※3 合同会社CEPCO-Rは,出資により,新たに連結の範囲に含めている。
       ※4 Diamond        Germany    1.  Transmission       GmbHは,出資により,新たに持分法の適用範囲に含めている。
       ※5 Diamond        Germany    2.  Transmission       GmbHは,出資により,新たに持分法の適用範囲に含めている。
       ※6 C&Mリニューアブルエナジー合同会社は,出資により,新たに持分法の適用範囲に含めている。
                                   5/125


                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
       (連結子会社)
                                         議決権の
                         資本金        主要な事業
                                         所有割合
          名称          住所                               関係内容
                        (百万円)         の内容
                                          (%)
     セグメント:販売
                            液化天然ガスの販売およびエネル
                                             当社からの液化天然ガスの購入
     株式会社シーエナジー             名古屋市中区       7,600   ギー設備の設計・運転・メンテナ              100.0
                                             役員の兼任等……有
                            ンス等の総合エネルギー事業
                                             当社の託送サービスの利用
     ダイヤモンドパワー株式会社             東京都中央区        120  小売電気事業               80.0
                                             役員の兼任等……有
     セグメント:その他
                                             当社の配電線工事の受託
                            屋内線・配電線工事および電気通               51.9
     株式会社トーエネック          (注)2
                  名古屋市中区       7,680
                            信工事               (0.0)
                                             役員の兼任等……有
                                             当社への情報機器等のリースおよび
                            電柱広告,リース,損害保険代理お              100.0
                                             当社展示館の運営受託
     中電興業株式会社             名古屋市中区         25
                            よび印刷              (14.5)
                                             役員の兼任等……有
                                             当社への電気計器の販売,当社の電
                            電気計器の製造・整備・修理およ
                                             気計器の修理受託および検定代弁
     中部精機株式会社             愛知県春日井市         68                81.8
                            び検定代弁
                                             役員の兼任等……有
                                             当社の配電に関する支障樹木の伐採
                            配電に関する支障樹木の伐採関連
                                             関連業務・用地業務等の受託
     中電配電サポート株式会社             名古屋市東区         30                100.0
                            業務・用地業務等
                                             役員の兼任等……有
                                             当社への不動産の賃貸および当社の
                                             不動産管理の受託
     中電不動産株式会社             名古屋市中区        100  不動産の賃貸および管理              100.0
                                             役員の兼任等……有
                                             当社への自動車のリース・部品の販
                                             売および当社の自動車整備・修理の
                            自動車のリース・整備・修理およ
     株式会社中電オートリース             名古屋市南区        100                100.0
                            び部品の販売                 受託
                                             役員の兼任等……有
                                             当社の火力・原子力発電所の保修工
                                          100.0
                                             事の受託
     株式会社中部プラントサービス             名古屋市熱田区        240  火力・原子力発電所の保修工事
                                          (20.0)
                                             役員の兼任等……有
                                             当社の送電線・変電所等の工事の受
                            送電線・変電所等の工事および電              100.0
                                             託
     株式会社シーテック             名古屋市瑞穂区        720
                            気通信工事              (32.3)
                                             役員の兼任等……有
                                             当社の発電関連設備の運転・保守・
                            発電関連設備の運転・保守・管理              100.0
                                             管理および環境関連事業の受託
     株式会社テクノ中部             名古屋市港区        120
                            および環境関連事業               (8.3)
                                             役員の兼任等……有
                                             当社の液化天然ガスの受入・貯蔵・
                                             気化および送り出しに関する業務の
                            液化天然ガスの受入・貯蔵・気化
     知多エル・エヌ・ジー株式会社             愛知県知多市        100                 95.0
                                             受託
                            および送り出しに関する業務
                                             役員の兼任等……有
                                             当社の情報処理ならびにソフトウェ
                            情報処理サービスならびにソフト
                                             ア開発および保守の受託
     株式会社中電シーティーアイ             名古屋市東区        100                100.0
                            ウェアの開発および保守
                                             役員の兼任等……有
                                             当社の配電設備工事周辺業務および
                            配電設備工事周辺業務および電気              100.0
                                             電気工事等の受託
     株式会社トーエネックサービス             名古屋市中区        100
                            工事等              (100.0)
                                             役員の兼任等……有
                                             -
                            プラント配管工事および空調・衛              100.0
     旭シンクロテック株式会社             東京都港区         40
                            生設備工事              (100.0)
                                             役員の兼任等……有
     その他17社
                                   6/125








                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (持分法適用関連会社)
                                         議決権の
                         資本金        主要な事業
          名称          住所                     所有割合          関係内容
                        (百万円)         の内容
                                          (%)
     セグメント:その他
                                             当社への電気機械器具の販売および当
                            電気機械器具の製造・販売およ
     愛知電機株式会社           (注)2                                 社の電気機械器具修理の受託
                  愛知県春日井市       4,053                 24.6
                            び修理
                                             役員の兼任等……有
                                             当社へのコンクリートポールなどの販
                            コンクリートポール・同パイル
                                          30.9
                                             売
     東海コンクリート工業株式会社             三重県いなべ市        300  およびその他セメント二次製品
                                          (4.1)
                            の生産・販売
                                             役員の兼任等……有
                                             ヘリコプターによる当社の送電線巡
                                             視,送電線工事資材輸送および調査の
                            ヘリコプターによる送電線巡視,
     新日本ヘリコプター株式会社             東京都江東区        250                50.0
                                             受託
                            送電線工事資材輸送および調査
                                             役員の兼任等……有
     中部テレコミュニケーション                                        当社への電気通信サービスの提供
                            電気通信サービスおよび電気通
                  名古屋市中区       38,816                  19.5
                            信機器の賃貸等サービス
     株式会社                                        役員の兼任等……有
     株式会社JERA             (注)3
                     ―      ―        ―         ―         ―
                                          49.0
     Diamond   Germany   1.
                  ドイツ                            ―
                          25
                            ドイツ海底送電事業への投資
                                          (49.0)
                        千ユーロ
     Transmission      GmbH
                  ニュルンベルク                           役員の兼任等……有
                                          49.0
     Diamond   Germany   2.
                  ドイツ                            ―
                          25
                            ドイツ海底送電事業への投資
                                          (49.0)
                        千ユーロ
     Transmission      GmbH
                  ニュルンベルク                           役員の兼任等……有
     その他20社
      (注)   1   議決権の所有割合の(          )内は,間接所有割合で内数を記載している。
        2   有価証券報告書を提出している。
        3 株式会社JERA          の 状況については,        第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表                             注記事
          項   関連当事者情報において記載しているため,記載を省略している。
                                   7/125













                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
      (1) 連結会社の状況
                                               平成30年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
     発電                                          2,437

     電力ネットワーク                                         10,070

     販売                                          1,450

     その他                                         16,597

                 合計                             30,554

      (注)   従業員数は就業人員数(出向者,休職者等を除く)を記載している。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成30年3月31日現在
        従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
              16,461              42.6             22.1           7,668,575

              セグメントの名称                            従業員数(人)

     発電                                          2,437

     電力ネットワーク                                         10,070

     販売                                          1,288

     その他                                          2,666

                 合計                             16,461

      (注)   1   従業員数は就業人員数(出向者,休職者等を除く)を記載している。
        2   シニア社員等(定年後再雇用者),料金嘱託員等は従業員数に含め,役付執行役員,執行役員及び参与は従
          業員数に含めていない。
        3   平均年間給与には,賞与及び基準外賃金を含めている。
      (3)  労働組合の状況

        労働組合との間には,特記するような事項はない。
                                   8/125








                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【経営方針,経営環境及び対処すべき課題等】

       文中における将来に関する事項は,有価証券報告書提出日(平成30年6月28日)現在において判断したものであ
      る。
      (1)  会社の経営の基本方針

        「くらしに欠かせないエネルギーをお届けし,社会の発展に貢献する」という当社グループの企業理念を実践し
       ていくために,「中部電力グループ                 経営ビジョン」を掲げております。
        エネルギー事業を取り巻く環境の急激な変化に加えて,我が国における人口減少や経済成長の鈍化,それに起因
       する様々な社会課題が深刻化する状況を踏まえ,平成30年3月に経営ビジョンを改定いたしました。この改定した
       経営ビジョンでは,発販分離型の事業モデルに移行してエネルギー事業の収益を拡大すること,また,これまでの
       事業領域を超え,お客さま・社会をむすぶ新しいコミュニティの形を提供することで新たな成長分野を確立して収
       益の柱に育てることを掲げております。これらの取り組みによって,成長を積極的に追及し,「2020年代後半には
       連結経常利益2,500億円以上」の企業グループを目指すこととしております。
        当社グループは,この経営ビジョンのもと,地球環境に配慮した,良質なエネルギーを安全・安価で安定的にお
       届けするという「変わらぬ使命の完遂」に努めてまいります。同時に,これを礎として,時代の変化を見据えた
       「新たな価値の創出」に挑戦し続けることで,期待を超えるサービスを,先駆けてお客さまへお届けするリーディ
       ングカンパニーとして,「一歩先を行く総合エネルギー企業グループ」を目指してまいります。
        また,今後とも,お客さまや社会からの信頼が事業運営の基盤であることを肝に銘じ,コンプライアンス経営を
       徹底するとともに,良き企業市民としての社会的責任(CSR)を完遂し,お客さまや株主・投資家のみなさまに
       信頼,選択されるよう努め,地域社会の発展にも貢献してまいります。
      (2)  目標とする経営指標

        平成28年3月,中期目標として「平成30年度までに連結経常利益1,500億円以上を実現できる企業グループを目指
       す」ことを設定いたしました。当社グループは,この目標の実現に向け,グループ一丸となって様々な取り組みを
       進めてまいります。
      (3)  中長期的な会社の経営戦略・会社の対処すべき課題

        エネルギー事業を取り巻く環境は,電力・ガスの小売全面自由化に続き,平成32年の送配電事業の法的分離など
       急激に変化しつつあります。一方,原子力発電については,他の電力会社において,新規制基準への適合性確認審
       査を経て再稼働した発電所もあるものの,依然としてわが国の原子力発電所の多くは運転停止が継続しておりま
       す。
        しかし,いかなる事業環境においても,「地球環境に配慮した,良質なエネルギーを安全・安価で安定的にお届
       けする」という電気事業者としての使命は,これまでと変わるものではありません。
        中部電力グループは,この変わらぬ使命の完遂に努めると同時に,時代の変化を見据えた新たな価値の創出に挑
       戦し続けることで,期待を超えるサービスを,先駆けてお客さまへお届けするリーディングカンパニーとして「一
       歩先を行く総合エネルギー企業グループ」を目指してまいります。
        具体的には,次の4つの重点的な取り組みをグループ一丸となって実施してまいります。

       ①  浜岡原子力発電所における安全性のさらなる向上
       ②  新たな時代の安定供給
       ③  成長に向けた事業基盤の強化と持続的な成長の実現
       ④  環境変化に即応できる事業体制・経営基盤の構築
                                   9/125




                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      ①  浜岡原子力発電所における安全性のさらなる向上
        浜岡原子力発電所3・4号機については,新規制基準を踏まえた安全性向上対策を着実に進めるとともに,同基
       準への適合性を早期に確認いただけるよう,社内体制を強化し確実な審査対応に努めてまいります。5号機につい
       ては,海水流入事象に対する具体的な復旧方法の検討と並行して,適合性確認審査の申請に向けた準備を進めてま
       いります。
        また,防災体制の整備や教育・訓練の充実を図るとともに,住民避難を含む緊急時対応の実効性向上に向けて,
       国・自治体との連携を一層強化してまいります。
        今後も新規制基準への対応にとどまることなく,浜岡原子力発電所の安全性をより一層高める取り組みを継続的
       に行い,浜岡原子力発電所を重要な電源として引き続き活用するための準備を進めてまいります。
        当社は,これらの取り組みについて,地域をはじめ社会のみなさまに丁寧にご説明するとともに,不安や疑問に
       しっかりと向き合うことで,一人でも多くの方にご理解をいただけるよう努めてまいります。
      ②  新たな時代の安定供給

        電力の小売全面自由化や送配電事業の法的分離など事業環境が変化する中においても,各カンパニーが役割を果
       たしつつグループ内で連携し,バランスの取れた電源構成を実現するとともに,地球環境に配慮した,良質なエネ
       ルギーを安定的にお届けしてまいります。
        発電カンパニーにおいては,安価なベース電源である石炭火力の武豊火力発電所5号機の開発を着実に進めてお
       ります。また,再生可能エネルギーについても導入拡大に向けた取り組みを引き続き推進してまいります。
        電力ネットワークカンパニーにおいては,中部地域の安定供給に必要な予備力・調整力を確保するとともに,中
       立性・公平性を確保しつつ,高い電力品質と低廉な託送料金が両立できるよう努めてまいります。また,再生可能
       エネルギーの接続可能量の増大に努めるとともに,天候等による発電出力の変動に適切に対応してまいります。
        販売カンパニーにおいては,供給力を安定的に確保し,お客さまに良質なエネルギーサービスを確実にお届けし
       てまいります。
      ③  成長に向けた事業基盤の強化と持続的な成長の実現

        電力・ガスの小売全面自由化などの環境変化を好機と捉え,成長の加速に向けた取り組みを進めてまいります。
        販売カンパニーにおいては,競争力のある料金メニューや新たなサービスの創出,電力・ガスをワンストップで
       お届けするガス&パワーの積極的な展開など,お客さまの期待を超えるサービスをお届けいたします。また,既存
       の販売体制に加え,大阪ガスと共同で設立したCDエナジーダイレクトを通じて首都圏における電力・ガス販売お
       よび暮らしやビジネスに関わるサービスの提供を加速してまいります。
        発電カンパニーにおいては,JERAを通じて,柔軟性・経済性・安定性に優れた燃料調達を実現することなど
       により競争力を強化していくとともに,海外発電・エネルギーインフラ事業などにおいても事業規模を拡大してま
       いります。また,既存火力発電事業については,平成31年4月の事業統合に向けて必要な準備を進めてまいりま
       す。これらの統合効果を活用してJERAをグローバルなエネルギー企業体へ成長させることで,国際競争力のあ
       るエネルギーの安定供給と,中部電力グループの企業価値向上を目指してまいります。
        今後もこれらの取り組みにとどまることなく,エネルギー事業で培った当社の強みを活かした新しい成長分野を
       確立し,将来的に収益の柱へと育ててまいります。
      ④  環境変化に即応できる事業体制・経営基盤の構築

        事業環境の変化に対応し持続的な成長を実現するため,各カンパニーへのさらなる機能移管による自律的な事業
       体制の構築を行うとともに,送配電事業の法的分離を見据え,発販分離型の事業モデルへの移行を検討してまいり
       ます。また,IoTやAI等の新たな技術も活用した事業基盤の強化,経営効率化のさらなる深掘りやリスクマネ
       ジメントの強化などを行ってまいります。
        今後とも,お客さまや社会からの信頼が事業運営の基盤であることを肝に銘じ,コンプライアンス経営を徹底す

       るとともに,良き企業市民としての社会的責任(CSR)を完遂し,お客さまや株主・投資家のみなさまに信頼,
       選択されるよう努め,地域社会の発展にも貢献してまいる所存です。
                                  10/125



                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     2  【事業等のリスク】
       当社グループの経営成績,財務状況などに関する変動要因のうち,投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があ
      ると考えられる事項には,主に以下のようなものがある。
       なお,文中における将来に関する事項は,有価証券報告書提出日(平成30年6月28日)現在において判断したもの
      であり,今後のエネルギー政策や電気事業制度の見直しなどの影響を受ける可能性がある。
      (1)経済環境に関するリスク

        ①経済状況および天候状況
         当社グループの中核事業である電気事業において,販売電力量は景気動向や気温の変動などによって増減する
        ため,業績は影響を受ける可能性がある。
         また,年間の降雨降雪量によって水力発電電力量が増減するため,発電費用も影響を受ける可能性があるが,
        「渇水準備引当金制度」により,一定の範囲で調整が図られるため,業績への影響は緩和される。
        ②燃料価格の変動等

         LNG(液化天然ガス),石炭,原油などの燃料費は,市場価格および為替相場の変動により影響を受ける可
        能性があるが,燃料価格の変動を電気料金に反映させる「燃料費調整制度」により,一定の範囲で調整が図られ
        るため,業績への影響は緩和される。
         ただし,燃料の需給状況,燃料調達先の設備・操業トラブルや政治情勢の変動などにより燃料が円滑に調達で
        きない場合などには,燃料費の増減により,業績は影響を受ける可能性がある。
        ③金利の変動等

         当社グループの有利子負債残高は,平成30年3月末時点で2兆5,956億円と,総資産の46.9%に相当し,支払利
        息が市場金利の変動によって増減するため,業績は影響を受ける可能性がある。
         ただし,有利子負債残高の85.4%が,社債,長期借入金の長期資金であり,その大部分を固定金利で調達して
        いるため,業績への影響は限定的である。
         また,当社グループが保有する企業年金資産などの一部は,時価が株価・金利などの変動によって増減するた
        め,業績は影響を受ける可能性がある。
      (2)当社グループの事業活動に関するリスク

        ①供給設備の非稼働
         当社は,浜岡原子力発電所全号機の運転を停止しており,現在,新規制基準を踏まえた対策を着実に実施する
        とともに,3・4号機について,原子力規制委員会による新規制基準への適合性確認審査を受けている。同基準
        への適合性を早期に確認いただけるよう,社内体制を強化し確実な審査対応に努めていく。
         福島第一原子力発電所の事故以降に計画した地震・津波対策や重大事故対策などの4号機の主な工事は概ね完
        了している。今後も,審査対応などにより必要となった追加の設備対策については,可能な限り早期に実施して
        いく。3号機については,4号機に引き続き,新規制基準を踏まえた対策に努めていく。5号機については,海
        水流入事象に対する具体的な復旧方法の検討と並行して,新規制基準を踏まえた対策を検討し,審査の申請に向け
        た準備を進める。
         また,防災体制の整備や教育・訓練を通じた現場対応力の強化など発電所内を中心としたオンサイト対応を継
        続するとともに,住民避難を含む緊急時対応の実効性向上に向けて,国・自治体との連携強化を通じ,発電所周
        辺地域における原子力災害に備えたオフサイト対応の充実に努めていく。
         当社は,浜岡原子力発電所全号機の運転停止状況下において,火力電源での代替を行っており,これによる燃
        料費の大幅な増加などにより,業績は影響を受ける見込みである。
         当社グループでは,良質な電気を経済的かつ安定的にお届けするために,最適な設備の形成・保全に努めると
        ともに,災害などの脅威への対応として,大規模地震やサイバーテロなどへの対策も実施している。
         ただし,大規模な自然災害の発生,事故やテロ行為,燃料調達支障のほか,新規制基準への対応などに伴う,
        当社および当社が受電している他社の供給設備の稼働状況によっては,業績は影響を受ける可能性がある。
        ②原子力バックエンド費用等

         原子力のバックエンド事業は,超長期の事業で不確実性を有する。この不確実性は国による制度措置等により
        低減されているが,原子力バックエンド費用および原子燃料サイクルに関する費用は,制度の見直し,制度内外
                                  11/125

                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
        の将来費用の見積り額の増減,再処理施設の稼働状況などにより増減するため,業績は影響を受ける可能性があ
        る。
        ③競争環境の変化

         エネルギー事業を取り巻く環境は,電力・ガスの小売全面自由化に続き,平成32年の送配電事業の法的分離な
        ど急激に変化しつつある。また,さらなる競争活性化等に向けた市場・ルールが段階的に整備されるなど,需給
        構造が大きく変化する可能性がある。
         このような中,当社グループは,経営効率化を最大限に進めるとともに,競争力のある料金メニューや新たな
        サービスの創出など,お客さまの期待を超えるサービスの提供や,首都圏を中心とした電力・ガス販売の展開な
        どの事業領域の拡大に取り組んでいくが,競争の激化や需給構造の変化などにより,業績は影響を受ける可能性
        がある。
         当社は,JERAを通じて柔軟性・経済性・安定性に優れた燃料調達を実現することなどにより競争力を強化
        していくとともに,海外発電・エネルギーインフラ事業などにおいても事業規模を拡大していく。また,中部電
        力グループの企業価値向上を目指し,平成31年4月の既存火力発電事業のJERAへの統合に向けて,必要な準
        備を進めていく。
         本アライアンスは,当社が従来掲げてきた成長戦略を加速して進めるために実施するものであり,これにより
        成長の可能性が大きく広がるものと考えているが,具体的な展開により,業績は影響を受ける可能性がある。
        ④地球環境保全に向けた規制強化等

         平成32年以降の気候変動に関する国際的枠組みが合意され,世界的に地球温暖化問題への関心が高まる中,当
        社は,電気事業者有志が温室効果ガス排出抑制活動に取り組む自主的枠組みである「電気事業低炭素社会協議
        会」の参加会社として,協議会の定める目標の達成に向けて取り組むとともに,平成28年4月に改正された省エ
        ネ法,エネルギー供給構造高度化法に基づく火力発電効率や非化石エネルギー源利用比率の向上を目指していく
        必要がある。
         このような中,当社グループでは「中部電力グループ環境基本方針」を制定し,具体的な行動計画である「ア
        クションプラン」に従い,最適なエネルギーミックスの追求と省エネを推進し,環境経営の徹底を通じて地球規
        模での低炭素社会の実現に貢献することを目指している。しかしながら,今後の環境規制強化などの状況変化に
        より,業績は影響を受ける可能性がある。
        ⑤電気事業以外の事業

         当社グループは,電気事業およびガスやオンサイトエネルギーなどを供給するエネルギー事業をコア領域とし
        て,国内事業で培ったノウハウを活かした海外エネルギー事業,電気事業に関連する設備の拡充や保全のための
        建設,資機材供給のための製造など,さまざまな事業を展開している。これらの事業は,他事業者との競合の進
        展など事業環境の変化により,当社グループが期待するような結果をもたらさない場合には,業績は影響を受け
        る可能性がある。
                                  12/125








                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      (3)その他のリスク
        ①コンプライアンス
         当社グループでは,法令および社会規範の遵守に関する「中部電力グループコンプライアンス基本方針」を制
        定し,コンプライアンスの徹底などに努めている。
         ただし,コンプライアンスに反する事象の発生により,社会的信用の低下などが発生した場合には,業績は影
        響を受ける可能性がある。
        ②情報の漏えい

         当社グループでは,個人情報(特定個人情報を含む)をはじめ重要な情報を適切に管理するため,法令などに
        則り,社内体制および情報の取り扱いのルールを定めるとともに,情報システムのセキュリティ強化や従業員教
        育などを実施している。
         ただし,情報の漏えい等により,対応に要する直接的な費用のほか,社会的信用の低下などが発生した場合に
        は,業績は影響を受ける可能性がある。
                                  13/125
















                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営者による財政状態,経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (経営成績等の状況の概要)
      (1)  業績等の概要

        当連結会計年度におけるわが国経済は,個人消費の持ち直し,生産の増加,雇用・所得環境の着実な改善を背景
       に,緩やかな回復基調が続いた。中部地域においても概ね同様の傾向にあった。
        このような中,当連結会計年度の収支状況について,売上高は,2兆8,533億円となり,前連結会計年度に比べ

       2,497億円の増収となった。
        経常利益は,1,285億円となり,前連結会計年度に比べ70億円の増益となった。
      (2)  生産,受注及び販売の状況

        当社グループは,火力および再生可能エネルギーによる電力の供給を行う「発電」,電力ネットワークサービス
       の提供を行う「電力ネットワーク」,ガス&パワーを中心とした総合エネルギーサービスを展開する「販売」の3
       つのセグメントが,一体となって電気事業を運営している。
        当社グループにおける生産,受注及び販売の状況については,その大半を占める当社の営む電気事業のみを記載
       している。
       ①    発受電実績

                                    当連結会計年度

                                  (自    平成29年4月1日
                  種別                               対前年増減率(%)
                                  至   平成30年3月31日)
                        水力発電電力量                    8,549              △0.3
                        火力発電電力量                  108,046               △2.0

             自社
           (百万kWh)
                        原子力発電電力量                    △255               1.6
                        新エネルギー
                                            (48)            (△38.3)
                                             46             6.8
                        発電電力量
                        送電                  △7,872               26.3
     融通・他社電力量(百万kWh)
                        受電                   18,639               16.4
     揚水発電所の揚水用電力量(百万kWh)                                     △1,242               16.9

                  合計                         125,911               △1.1

               出水率(%)                            98.7               ―

      (注)   1 火力は,汽力と内燃力の合計である。
        2 新エネルギー発電電力量の(                )内は,バイオマスの火力混焼による発電電力量を再掲している。
        3 揚水発電所の揚水用電力量とは,貯水池運営のための揚水用に使用する電力である。
        4 出水率は,昭和61年度から平成27年度までの30カ年平均に対する比である。
                                  14/125






                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       ②    販売実績
                                  当連結会計年度

                                (自    平成29年4月1日
                 種別                                対前年増減率(%)
                                 至    平成30年3月31日)
              低圧                           38,787                0.0
       販売電力量
              高圧・特別高圧                           82,644               △0.5
      (百万kWh)
                     合計                    121,431                △0.3
             料金収入(百万円)                           2,145,328                  5.8
      (注)   料金収入には,消費税等は含まれていない。
      〔参考〕

       グループ合計の販売電力量(百万kWh)(※)                                  125,309                 0.9
     ※ 当社および連結子会社の販売電力量を記載している。
       ③    主要燃料の状況

        主要燃料の受払状況
            区分           石炭(t)       重油(kl)       原油(kl)       LNG(t)

     平成27年度末在庫量                   263,862        14,149       552,163       550,528

     平成28年度受入量                 10,844,399          11,973          ―   12,529,423

     平成28年度払出量                 10,687,532          11,863       92,022     12,774,774

     平成28年度末在庫量                   420,729        14,259       460,141       305,177

     平成29年度受入量                 10,957,311          12,545          ―   12,350,825

     平成29年度払出量                 11,058,239          11,972       257,635      12,070,708

     平成29年度末在庫量                   319,801        14,832       202,506       585,294

      (注)    各年度の払出量には,販売の払出量を含む。
                                  15/125









                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     (経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)
       当社グループに関する財政状態,経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析については,連結財務諸表に基づ
      いて分析した内容である。
      (1)  重要な会計方針及び見積り

        当社グループの連結財務諸表は,我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
       いる。この連結財務諸表を作成するにあたり重要となる会計方針については,「第5経理の状況」に記載されてい
       るとおりである。
        当社グループは,固定資産の減損,繰延税金資産,貸倒引当金,退職給付に係る負債及び資産,資産除去債務な
       どに関して,過去の実績や当該取引の状況に照らして,合理的と考えられる見積り及び判断を行い,その結果を資
       産・負債の帳簿価額及び収益・費用の金額に反映して連結財務諸表を作成しているが,実際の結果は見積り特有の
       不確実性があるため,これらの見積りと異なる場合がある。
      (2)  財政状態の分析

       ①    資産
         固定資産については,関係会社への出資などから,前連結会計年度末に比べ729億円増加し4兆7,677億円となっ
        た。
         流動資産については,受取手形及び売掛金が増加したことなどから,前連結会計年度末に比べ449億円増加し
        7,624億円となった。
         この結果,総資産は,前連結会計年度末に比べ1,178億円増加し5兆5,301億円となった。
       ② 負債

         有利子負債の減少はあったものの,未払税金及びその他の流動負債が増加したことなどから,負債合計は,前
        連結会計年度末に比べ506億円増加し3兆7,382億円となった。
       ③ 純資産

         配当金の支払いはあったが,親会社株主に帰属する当期純利益の計上などにより,純資産合計は,前連結会計
        年度末に比べ672億円増加し1兆7,919億円となった。
         この結果,自己資本比率は,31.3%となった。
                                  16/125










                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     〔資産・負債・純資産比較表(要旨)〕
                        前連結会計年度末          当連結会計年度末

                                               増   減
                         (平成29年3月31日)          (平成30年3月31日)
            項   目
                         金額(億円)          金額(億円)         金額(億円)        増減率(%)
         固定資産                    46,948          47,677         729        1.6
          電気事業固定資産                    30,804          31,370         566        1.8
          その他の固定資産                    2,654          2,764         110        4.2
          固定資産仮勘定                    3,982          3,444        △538       △13.5
          投資その他の資産                    7,741          8,299         558        7.2
       資
         流動資産                    7,175          7,624         449        6.3
       産
          現金及び預金                    1,337          1,816         478       35.8
          受取手形及び売掛金                    2,384          2,913         529       22.2
          短期投資                    1,658          1,062        △595       △35.9
          たな卸資産                     688          750        62       9.0
             合 計                    54,123          55,301        1,178         2.2
         固定負債                    26,040          25,507        △533        △2.0
          社債                    5,992          6,192         200        3.3
          長期借入金                    14,541          13,617        △924        △6.4
         流動負債                    10,610          11,650        1,039         9.8
       負
          1年以内に期限到来の固定負債
                             2,938          2,573        △365       △12.4
       債
          短期借入金                    3,564          3,709         144        4.1
       ・
          支払手形及び買掛金                    1,093          1,330         237       21.7
            負債合計                    36,875          37,382         506        1.4
       純
         株主資本                    16,371          16,881         509        3.1
       資
          利益剰余金                    11,368          11,884         516        4.5
       産
         その他の包括利益累計額                     481          415       △65       △13.5
         非支配株主持分                     394          621        227       57.7
            純資産合計                    17,247          17,919         672        3.9
             合 計                    54,123          55,301        1,178         2.2
      (注)   億円未満切り捨て
                                  17/125







                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      (3)  経営成績の分析
       ① 営業収支
         当社の販売電力量は,首都圏での販売拡大に加え,自動車関連・半導体の生産増や冬季の気温が前年に比べ低
        めに推移したことによる暖房設備の稼動増はあったが,競争の進展による他事業者への切り替えの影響などか
        ら,前連結会計年度に比べ0.3%減少し1,214億kWhとなった。
         なお,中部電力グループ全体の販売電力量は,前連結会計年度に比べ0.9%増加し1,253億kWhとなった。
        〔販売電力量〕

                           前連結会計年度         当連結会計年度
                           (自 平成28年4月1日         (自 平成29年4月1日
                                              増 減       増減率(%)
                           至 平成29年3月31日)          至 平成30年3月31日)
              低圧(億kWh)                  388         388         0       0.0
            高圧・特別高圧(億kWh)                     830         826        △4       △0.5
               合  計                1,218         1,214         △4       △0.3
         〔参考〕

          グループ合計の販売電力量(※)
                                1,242         1,253          11        0.9
               (億kWh)
          ※       当社および連結子会社の販売電力量を記載している。
         これに対して供給面では,浜岡原子力発電所全号機が運転を停止している中,水力発電量は,出水率が前連結

        会計年度を下回ったことから,前連結会計年度に比べ1億kWh減少し85億kWhとなった。
         また,融通・他社送電量は,卸供給が増加したことなどにより,前連結会計年度に比べ17億kWh増加し79億kWh
        となり,融通・他社受電量は,再生可能エネルギーの買取量が増加したことなどにより,27億kWh増加し187億kWh
        となった。
         この結果,火力発電量は,前連結会計年度に比べ22億kWh減少し1,080億kWhとなった。
        〔発受電電力量〕

                          前連結会計年度         当連結会計年度
                          (自 平成28年4月1日         (自 平成29年4月1日
                                              増 減        増減率(%)
                          至 平成29年3月31日)          至 平成30年3月31日)
               水力(億kWh)                 86         85        △1        △0.3
               (出水率%)               (99.8)         (98.7)        (△1.1)
          自
               火力(億kWh)                1,102         1,080         △22        △2.0
               原子力(億kWh)                 △2         △2         △0         1.6
          社
              (設備利用率%)                 (―)         (―)         (―)
             新エネルギー(億kWh)                    0         0         0        6.8
                     送電          △62         △79         △17         26.3
            融通・他社
            (億kWh)
                     受電           160         187         27        16.4
              揚水用(億kWh)                  △11         △12         △1        16.9
               合   計                1,273         1,259         △14        △1.1
                                  18/125





                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
          収支の状況については,売上高は,燃料費調整額の増加や,再生可能エネルギー特別措置法に基づく賦課金
         や交付金の増加などから,前連結会計年度に比べ2,497億円増加し2兆8,533億円となった。
          営業費用は,グループを挙げた経営効率化に努めてきたが,燃料価格の上昇に伴う燃料費の増加などから,
         前連結会計年度に比べ2,497億円増加し2兆7,168億円となった。
          この結果,営業利益は,前連結会計年度並みの1,365億円となった。
          当連結会計年度におけるセグメントごとの業績(セグメント間取引消去前)は以下のとおりである。

        [発電]

          火力および再生可能エネルギーによる電力の供給に伴う売上高は1兆976億円となり,前連結会計年度に比べ
         1,113億円増加となった。営業利益は382億円となり,前連結会計年度に比べ230億円減少となった。
        [電力ネットワーク]
          電力ネットワークサービスの提供に伴う売上高は7,446億円となり,前連結会計年度に比べ117億円増加と
         なった。営業利益は552億円となり,前連結会計年度に比べ201億円増加となった。
        [販売]
          ガス&パワーを中心とした総合エネルギーサービスに伴う売上高は2兆6,338億円となり,前連結会計年度に
         比べ1,812億円増加となった。営業利益は381億円となり,前連結会計年度に比べ129億円減少となった。
       ② 経常利益

         営業外収益については,前連結会計年度に比べ94億円増加し278億円となり,売上高と合わせた経常収益合計
        は,前連結会計年度に比べ2,592億円増加し2兆8,812億円となった。
         営業外費用については,前連結会計年度に比べ24億円増加し358億円となり,営業費用と合わせた経常費用合計
        は,前連結会計年度に比べ2,521億円増加し2兆7,526億円となった。
         この結果,経常利益は,前連結会計年度に比べ70億円増加し1,285億円となった。
       ③ 親会社株主に帰属する当期純利益

         当連結会計年度は,火力発電所等の減損損失による特別損失233億円を計上したことなどから,親会社株主に帰
        属する当期純利益は,前連結会計年度に比べ402億円減少し743億円となった。 
                                  19/125










                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     〔連結収支比較表〕
                                    当連結会計年度
                          前連結会計年度
                          (自 平成28年4月1日          (自 平成29年4月1日
                                                 増   減
                           至 平成29年3月31日)
             項   目                        至 平成30年3月31日)
                           金額(億円)          金額(億円)        金額(億円)       増減率(%)
         営業収益(売上高)                      26,035          28,533        2,497        9.6
       経
       常
         営業外収益                       184          278        94      51.2
       収
       益
              合   計                 26,219          28,812        2,592        9.9
         営業費用                      24,670          27,168        2,497       10.1
       経
       常
         営業外費用                       334          358        24      7.3
       費
       用
              合   計                 25,005          27,526        2,521       10.1
      (営業利益)                         (1,364)          (1,365)         (0)      (0.0)
      経常利益                          1,214          1,285         70      5.8
      渇水準備金                           △3          △0        3       ―
      特別利益                           302           ―     △302         ―
      特別損失                            ―         233       233        ―
      法人税等                           352          284       △67      △19.3
      非支配株主に帰属する当期純利益                           22          23        1      5.2
      親会社株主に帰属する当期純利益                          1,146           743      △402      △35.1
     (注)1      特別利益:前連結会計年度             持分変動利益
        2 特別損失:当連結会計年度                減損損失
        3 内部取引相殺消去後(億円未満切り捨て)
                                  20/125











                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      (4)  キャッシュ・フローの状況の分析
        営業活動によるキャッシュ・フローは,燃料費調整額の増加などにより電灯電力料収入が増加したことなどか
       ら,前連結会計年度に比べ890億円増加し4,241億円の収入となった。
        投資活動によるキャッシュ・フローは,投融資による支出が減少したことなどから,前連結会計年度に比べ157億
       円減少し3,444億円の支出となった。
        この結果,フリー・キャッシュ・フローは,前連結会計年度に比べ1,048億円改善し796億円の収入となった。
        財務活動によるキャッシュ・フローは,資金調達を抑制したことなどから886億円の支出となり,支出は前連結会
       計年度に比べ1,097億円増加した。
        これらにより,当連結会計年度末の現金及び現金同等物は,前連結会計年度末に比べ90億円減少した。
        なお,当連結会計年度末の有利子負債残高は,前連結会計年度末に比べ791億円減少し2兆5,956億円となった。
        資本の財源及び資金の流動性について,当社グループは,主に電気事業の運営上必要な設備資金を,社債発行や

       銀行借入等により調達し,短期的な運転資金は,主に短期社債により調達することを基本としている。
     〔連結キャッシュ・フロー比較表(要旨)〕

                         前連結会計年度          当連結会計年度

                         (自 平成28年4月1日          (自 平成29年4月1日
                                                増   減
            項   目
                         至 平成29年3月31日)           至 平成30年3月31日)
                         金額(億円)          金額(億円)         金額(億円)        増減率(%)

      営業活動によるキャッシュ・フロー ①
                              3,350          4,241         890       26.6
      投資活動によるキャッシュ・フロー ②
                             △3,602          △3,444          157      △4.4
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                               210         △886       △1,097          ―
      フリー・キャッシュ・フロー  ①+②

                              △251           796       1,048         ―
                        前連結会計年度末          当連結会計年度末

                                                増   減
                         (平成29年3月31日)          (平成30年3月31日)
            項   目
                         金額(億円)          金額(億円)         金額(億円)        増減率(%)
      現金及び現金同等物の期末残高                        2,939          2,848         △90       △3.1
      (参考)有利子負債残高                       26,747          25,956         △791       △3.0
      (注) 億円未満切り捨て
                                  21/125









                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     4  【経営上の重要な契約等】
       該当事項なし
     5  【研究開発活動】

       当社グループの研究開発活動は,当社を中心に行われている。
       当社は,経営環境の変化に対応した柔軟かつ戦略的な技術研究開発を推進するため,長期的かつ総合的な視点か
      ら,次の各分野の技術研究開発に精力的に取り組んでいる。
       その成果を業務全般に活用するとともに,さまざまな機会を通じて広く社会に発信してきた。
       (1)  「地球環境に配慮した,良質なエネルギーの安全・安価で安定的なお届け」を実現する技術研究開発
        ・原子力発電所の一層の安全性向上等に資する技術研究開発
        ・次世代型火力発電技術に関する技術研究開発
        ・再生可能エネルギーの導入拡大に向けた,洋上風力発電導入等に関する技術研究開発
        ・再生可能エネルギーの大量導入に対応するための出力変動予測に関する技術研究開発や,電圧監視・制御技術
         の高度化等に関する技術研究開発
        ・高経年化が進む発電設備や電力ネットワーク設備について,効率的な更新・改修を進めるために,適切な更新
         時期を把握するための余寿命評価技術や,設備延命化に関する技術研究開発
       (2)  「一歩先を行く総合エネルギー企業グループ」の実現に向けた技術研究開発
        ・「新しいコミュニティの形」の提供に向け,ご家庭向けIoTサービス,スマートポール,および,エネルギーマ
         ネジメントサービスといったAI,IoT等を活用したサービスの技術研究開発
        ・スマートハウス等におけるエネルギーの効率的な利用に向けた技術研究開発
        ・建物空調,電化厨房機器等のさらなる高性能化や低コスト化技術の開発
        ・生産プロセスにおける新たなソリューションを提供する技術研究開発
       なお,当連結会計年度における当社グループ全体としての研究開発費の総額は,10,110百万円(発電1,847百万円,
      電力ネットワーク4,701百万円,販売760百万円,その他2,800百万円)である。
       (注)上記金額には,内部取引を考慮していない。
                                  22/125











                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     第3   【設備の状況】

     1 【設備投資等の概要】

      (1)  連結会社
        設備投資については,電力の安定供給や公衆保安を確保したうえで,設備のスリム化などの経営効率化に最大限
       取り組んだ結果,平成29年度の設備投資額は,343,743百万円となった。
        なお,セグメントごとの設備投資額(セグメント間取引消去前)の内訳は,発電が134,939百万円,電力ネット
       ワークが118,540百万円,販売が11,460百万円,その他が84,973百万円となった。
      (2)  提出会社

        平成29年度設備投資額
                  項目               設備投資額(百万円)
          発電                         134,939
                     送電                27,924
                     変電                46,332
          電力ネットワーク          配電                32,338
                     その他                11,944
                       合計
                                    118,540
          販売                           168
          その他                          39,582
                  総計                         293,230
          (注)上記金額には,消費税等は含まれていない。
                                  23/125











                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     2  【主要な設備の状況】
      (1)  提出会社
        電気事業固定資産
                                        帳簿価額(百万円)

                                                          従業
          主な
      区分              設備概要                                      員数
         セグメント
                                                 内部取引
          の名称
                                                          (人)
                                土地     構築物    機械装置     その他         計
                                                 等の消去
              発電所数            197  カ所

     水力
                              (56,403,983)
         発電
     発電設備
              最大出力          5,458,940    kW     12,424    208,107     80,726    14,163    △3,515    311,907     899
              発電所数             10 カ所   (7,411,153)
     汽力
         発電
     発電設備
              最大出力         25,470,400     kW    123,218    114,355    405,328     46,340    △4,578    684,665    1,492
              発電所数             1 カ所   (1,800,327)
     原子力
         その他
     発電設備
              最大出力          3,617,000    kW     12,725    25,419    51,874    55,594    △3,365    142,248     999
              発電所数             1 カ所      (―)
     内燃力
         電力ネット
         ワーク
     発電設備
              最大出力            400  kW               67    36    △4     99
                                  ―    ―                    ―
     新エネル
              発電所数             ▶ カ所    (278,600)
     ギー等    発電
              最大出力           38,500   kW     7,787         5,052     246    △30   13,055     ▶
                                      ―
     発電設備
                    亘長    10,811   km
              架空電線路
                    回線延長    20,239   km   (8,517,990)
     送電設備    電力ネット
                    亘長     1,389  km
              地中電線路
         ワーク
                    回線延長     2,487  km     87,493    526,939     27,759    48,649   △10,597     680,244    1,029
              支持物数           35,934   基
              変電所            937  カ所
                        300,000   kW
               出力                 (7,974,975)
                       125,188,900     kVA
         電力ネット
               調相設備容量         15,944,656     kVA
     変電設備
         ワーク
              連系所             1 カ所
               出力           300,000   kW     88,745        290,977     41,419    △6,193    414,949    1,295
                                      ―
               調相設備容量           300,000   kVA
                    亘長    129,693   km
              架空電線路
                    電線延長    551,097   km
                    亘長     4,604  km    (47,166)
              地中電線路
         電力ネット
     配電設備               電線延長     6,765  km
         ワーク
              支持物数          2,823,598    基
              変圧器個数          1,603,534    個     1,000   593,164    215,002     3,281   △31,591     780,857    4,453
              変圧器容量         74,415,477     kVA
              本店             1 カ所   (1,445,237)
         電力ネット
     業務設備         支店(社)             7 カ所     32,368      61   28,546    49,652    △2,478    108,150    5,986
         ワーク
              営業所             55 カ所
      計               ―

                              (83,879,431)
                                365,765   1,468,048    1,105,336     259,383    △62,356    3,136,177     16,157
      (注)   1 従業員数(就業人員数)は,建設工事従事者163人,附帯事業従事者141人,合計304人を除いたものである。
        2 帳簿価額には,貸付設備902百万円(土地902百万円)を含まない。
        3 土地の(        )内数字は面積(単位㎡)を示し,借地3,598,871㎡を除いたものである。
        4 変電設備出力の上段300,000kWは,周波数変換設備の出力である。
                                  24/125




                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     主要発電設備
      水力発電設備
                                        出力(kW)
        発電所名            所在地          水系                     土地面積(㎡)
                                     最大       常時
     奥矢作第一          愛知県豊田市              矢作川        323,000           ―      594,744
                    〃
     奥矢作第二                          〃       780,000           ―      498,648
     畑薙第一          静岡県静岡市              大井川         86,000        1,400       2,383,407
                    〃
     畑薙第二                          〃        86,600       14,700        312,362
     奥泉          静岡県榛原郡川根本町               〃        92,000       35,600        371,625
                    〃
     大井川                          〃        68,200       28,800        362,486
     井川          静岡県静岡市               〃        62,000       13,000       3,306,649
     川口          静岡県島田市               〃        58,000       19,300        558,405
     奥美濃          岐阜県本巣市              木曽川       1,500,000            ―     4,047,647
     高根第一          岐阜県高山市               〃       340,000           ―     1,800,049
     馬瀬川第一          岐阜県下呂市               〃       288,000           ―     4,862,273
                    〃
     馬瀬川第二                          〃        66,400          ―      464,542
                    〃
     小坂                          〃        50,100       17,400        250,262
     横山          岐阜県揖斐郡揖斐川町               〃        70,000         800        9,519
                    〃
     徳山                          〃       161,900         5,290      16,224,954
     新上麻生          岐阜県加茂郡七宗町               〃        61,400          ―      21,322
     矢作第一          岐阜県恵那市              矢作川         61,200        1,700        18,562
     平岡          長野県下伊那郡天龍村              天竜川        101,000        23,900       2,510,661
     泰阜          長野県下伊那郡泰阜村               〃        54,500       11,800        767,194
      汽力発電設備

                     出力     土地面積                      出力     土地面積
     発電所名        所在地                   発電所名        所在地
                     (kW)      (㎡)                     (kW)      (㎡)
     新名古屋     愛知県名古屋市港区           3,058,000       409,101    渥美     愛知県田原市           1,400,000      1,098,446
     四日市     三重県四日市市            805,000      274,889    知多第二     愛知県知多市           1,708,000       184,057
     尾鷲三田     三重県尾鷲市            875,000      619,495    川越     三重県三重郡川越町           4,802,000       986,343
     知多     愛知県知多市           3,966,000       545,702    碧南     愛知県碧南市           4,100,000      1,570,058
     西名古屋     愛知県飛島村           2,376,400       407,373    上越     新潟県上越市           2,380,000       464,838
      原子力発電設備

       発電所名              所在地               出力(kW)            土地面積(㎡)
     浜岡          静岡県御前崎市                         3,617,000             1,800,327
                                  25/125






                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      主要送電設備
            線路名              種別          電圧(kV)             亘長(km)
     信濃幹線                     架空                500              45
     南信幹線                      〃               500              70
     西部幹線                      〃               500              80
     東部幹線                      〃               500              76
     駿遠幹線                      〃               500              46
     東栄幹線                      〃               500              42
     新三河幹線                      〃               500              30
     浜岡幹線                      〃               500              29
     静岡幹線                      〃               500              50
     奥美濃岐北線                      〃               500              21
     岐北分岐線                      〃               500              1
     豊根連絡線                      〃               500              11
     豊根幹線                      〃               500              43
     愛岐幹線                      〃               500              82
     三岐幹線                      〃               500              90
     岐阜連絡線                      〃               500              13
     越美幹線                      〃               500             110
     三重東近江線                      〃               500              3
     三重連絡線                      〃               500              6
     第二浜岡幹線                      〃               500              33
     静岡連絡線                      〃               500              7
      主要変電設備

         変電所名               所在地            電圧(kV)        出力(kVA)        土地面積(㎡)
     東部            愛知県豊田市                     500     4,000,000         153,426
                      〃
     愛知                                 500     3,000,000         165,651
     新三河            愛知県新城市                     500     3,000,000          78,175
     東栄            愛知県北設楽郡東栄町                     500      800,000         63,718
     駿遠            静岡県掛川市                     500     6,150,000         219,977
     西部            三重県いなべ市                     500     3,000,000         162,549
     北部            岐阜県関市                     500     3,000,000         223,945
     信濃            長野県塩尻市                     500     3,000,000         133,553
     南信            長野県駒ケ根市                     500      800,000        167,399
         連系所名               所在地            電圧(kV)        出力(kW)       土地面積(㎡)

     南福光            富山県南砺市                     500      300,000        330,866
                                  26/125







                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      主要業務設備
            事業所名                   所在地                土地面積(㎡)
     本店                  愛知県名古屋市東区他                              316,243
     支店等                  愛知県名古屋市中区他                             1,128,994
      (2)  国内子会社

                                        帳簿価額(百万円)

                  主な
         会社名                                               従業員数
                 セグメント       設備の内容
       (本社所在地)                                                 (人)
                                                内部取引
                  の名称
                                土地    構築物    機械装置     その他         計
                                                等の消去
     ㈱シーエナジー
                                 (―)
                 販売      太陽光発電設備 他
     (愛知県名古屋市中区)
                                  ―  3,393    28,519    18,403      ―  50,316     146
     ㈱トーエネック
                               (503,037)
                 その他      建物 他
     (愛知県名古屋市中区)
                                31,805     1,104    5,135    39,014      ―  77,060    4,855
     中電不動産㈱
                               (496,329)
                 その他      建物 他
     (愛知県名古屋市中区)
                                6,948     454     56  14,066     △161    21,364     586
     ㈱中部プラントサービス
                               (57,861)
                 その他      建物 他
     (愛知県名古屋市熱田区)
                                4,398     363   3,799    5,994     △11   14,544    1,537
     ㈱シーテック
                               (103,435)
                 その他      太陽光発電設備 他
     (愛知県名古屋市瑞穂区)
                                7,229    1,407    13,409     5,881    △599    27,328    1,699
     知多エル・エヌ・ジー㈱
                               (319,643)
                 その他      ガス製造設備 他
     (愛知県知多市)
                                8,182    5,401    1,440     503     ―  15,528     81
     ㈱中電シーティーアイ
                                 (―)
                 その他      建物 他
     (愛知県名古屋市東区)
                                  ―    ▶    ―  8,669      ―  8,673    1,060
     ㈱青山高原ウインド
     ファーム           その他      風力発電設備 他          (1,689)
     (三重県津市)                             12   1,869    16,146     386    △0   18,414      5
      (注)   1 従業員数は就業人員数を記載している。
        2 土地の(       )内数字は面積(単位㎡)を示し,借地を除いたものである。
                                  27/125











                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     3  【設備の新設,除却等の計画】
      提出会社
        平成30年度の設備計画は,地球環境に配慮した,良質な電気の安全・安価で安定的な供給に向けて,「S(安全
       性(Safety))+3E(安定供給(Energy                    Security),経済性(Economic               Efficiency),環境適合(Environmen
       t))」の観点から,原子力,火力,再生可能エネルギー等の多様な電源をバランスよく組み合わせた電源構成を確
       立するとともに,電力ネットワークの信頼性の向上と効率的な設備形成を実現することを目指して策定した。
       主な新設

        発電
        (火力)
             地点名              出力(千kW)             着工           運転開始
     武豊5号                       1,070        平成30/3            平成34/3
        (新エネルギー)

             地点名              出力(千kW)             着工           運転開始
     四日市火力発電所バイオマス発電設備                        49       平成30/3            平成32/4
        電力ネットワーク

        (変電)
             件名             電圧(kV)        出力(千kW)          着工        運転開始
     飛騨変換所                      500         900      平成29/8         平成32年度
             件名             電圧(kV)        出力(千kVA)           着工        運転開始

     静岡変電所                      500        1,000      平成13/8         平成31/6
     下伊那変電所(仮称)                      500         600      平成32/10         平成36/10
       主な廃止

        発電
        (火力)
             地点名               出力(千kW)               廃止
     四日市3号                        220        平成30年度
     尾鷲三田1号                        375        平成30年度
     尾鷲三田3号                        500        平成30年度
      (注)   運転開始時期が未定の設備については記載していない。

       設備投資額

        原子力発電の今後の見通しが不透明な状況により,供給力が未定であり,定期点検と同調した改良工事の実施時
       期が確定できないことなどから,平成30年度および平成31年度の設備投資額は未定である。
                                  28/125





                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                   1,190,000,000

                  計                                 1,190,000,000

       ② 【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在          上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)          発行数(株)          名又は登録認可金融                内容
               (平成30年3月31日)          (平成30年6月28日)             商品取引業協会名
                                  東京証券取引所市場第一部

                                                 単元株式数は100
       普通株式          758,000,000          758,000,000
                                                 株である
                                  名古屋証券取引所市場第一部
         計         758,000,000          758,000,000              ―            ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項なし
       ②  【ライツプランの内容】

        該当事項なし
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項なし
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項なし
                                  29/125







                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      (4)  【発行済株式総数,資本金等の推移】
                    発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金

          年月日          総数増減数       総数残高       増減額       残高      増減額       残高
                      (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     平成22年4月1日~
                 (注)   △5,000,000       758,000,000            ―   430,777          ―    70,689
     平成23年3月31日
      (注)    自己株式の消却(平成23年3月15日)による減少である。
      (5)  【所有者別状況】

                                               平成30年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                      単元未満
       区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                 個人以外      個人
     株主数(人)          20     137      37    1,225      563      44   189,790     191,816       ―

     所有株式数
             47,026    3,135,964      105,359     301,286    1,640,035        418  2,316,702     7,546,790      3,321,000
     (単元)
     所有株式数
               0.62     41.55      1.40     3.99     21.73      0.01     30.70      100     ―
     の割合(%)
      (注)   1 証券保管振替機構名義の株式2,886株は,「その他の法人」に28単元及び「単元未満株式の状況」に86株含
          めて記載している。
        2 自己株式1,206,063株は,「個人その他」に12,060単元及び「単元未満株式の状況」に63株含めて記載して
          いる。
          なお,自己株式1,206,063株は株主名簿上の株式数であり,事業年度末現在の実質的な所有株式数は,
          1,205,963株である。
                                  30/125












                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                               平成30年3月31日現在
                                               発行済株式(自己株式を
                                         所有株式数
          氏名又は名称                    住所                 除く。)の総数に対する
                                          (千株)
                                               所有株式数の割合(%)
     日本トラスティ・サービス信託
                                           94,626             12.50
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社
     日本マスタートラスト信託銀行
                                           53,095             7.02
                     東京都港区浜松町二丁目11番3号
     株式会社
                                           39,462             5.21
     明治安田生命保険相互会社                東京都千代田区丸の内二丁目1番1号
                     東京都千代田区丸の内一丁目6番6号 
                                           26,174             3.46
     日本生命保険相互会社
                     日本生命証券管理部内
                                           18,983             2.51
     中部電力自社株投資会                名古屋市東区東新町1番地
                                           15,304             2.02

     株式会社三菱東京UFJ銀行                東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
                                           14,943             1.97

     株式会社三井住友銀行                東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
     STATE   STREET    BANK   WEST       1776   HERITAGE     DRIVE,NORTH       QUINCY,
     CLIENT    - TREATY    505234        MA  02171,U.S.A.
                                           11,692             1.54
     (常任代理人        株式会社みずほ         (東京都港区港南二丁目15番1号                  品川
     銀行決済営業部)                インターシティA棟)
                                           10,564             1.40
     株式会社みずほ銀行                東京都千代田区大手町一丁目5番5号
                     VERTIGO    BUILDING     – POLARIS    2-4  RUE
     BNYMSANV      AS  AGENT/CLIENTS
                     EUGENE    RUPPERT    L-2453    LUXEMBOURG
     LUX  UCITS   NON  TREATY    1
                                           10,513             1.39
                     GRAND   DUCHY   OF  LUXEMBOURG
     (常任代理人        株式会社三菱東
                     (東京都千代田区丸の内二丁目7番1
     京UFJ銀行)
                     号 決済事業部)
                                          295,361             39.03
            計                  ―
      (注)    1  日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社及び日本マスタートラスト信託銀行株式会社の所有株式数
          (94,626千株及び53,095千株)は,信託業務に係るものである。
         2     株式会社三菱東京UFJ銀行は,平成30年4月1日に株式会社三菱UFJ銀行に商号変更している。
                                  31/125











                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成30年3月31日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                        ―          ―          ―

     議決権制限株式(自己株式等)                        ―          ―          ―

     議決権制限株式(その他)                        ―          ―          ―

                     (自己保有株式)
                      普通株式                 ―          ―
                         1,205,900
     完全議決権株式(自己株式等)
                     (相互保有株式)
                      普通株式
                                       ―          ―
                          106,900
                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                              7,533,661              ―
                        753,366,200
                      普通株式
     単元未満株式                                  ― 1単元(100株)未満の株式
                         3,321,000
     発行済株式総数                   758,000,000               ―          ―
     総株主の議決権                        ―      7,533,661              ―

      (注)   「完全議決権株式(その他)」の「株式数」欄には,証券保管振替機構名義の株式2,800株及び株主名簿上は当社
        名義となっているが実質的に所有していない株式100株を含めて記載している。また,「議決権の数」欄には,証
        券保管振替機構名義の株式に係る議決権の数28個を含めて記載している。ただし,株主名簿上は当社名義となっ
        ているが実質的に所有していない株式に係る議決権の数1個は含まれていない。
       ②  【自己株式等】

                                               平成30年3月31日現在
                                自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
        所有者の氏名
                     所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
         又は名称
                                 (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
     (自己保有株式)
     中部電力株式会社             名古屋市東区東新町1番地              1,205,900          ―  1,205,900           0.16
     (相互保有株式)
     東海コンクリート工業             三重県いなべ市大安町
                                 106,900         ―   106,900          0.01
     株式会社             大井田2250番地
           計              ―        1,312,800          ―  1,312,800           0.17
                                  32/125








                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】            会社法第155条第7号による普通株式の取得
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項なし
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項なし
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                  株式数(株)             価額の総額(円)
     当事業年度における取得自己株式                                   504,318           707,701,931
     当期間における取得自己株式                                    26,115           42,046,073
      (注)   「当期間における取得自己株式」には,平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株
        式の買取りによる株式数は含まれていない。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (円)                  (円)
     引き受ける者の募集を行った
                              ―         ―         ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併,株式交換,会社分割に係る
                              ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他(単元未満株式の買増請求に
                           14,977       23,345,863             521       792,741
     よる譲渡)
     保有自己株式数                     1,205,963             ―     1,231,557             ―
      (注)   1 当期間における「その他(単元未満株式の買増請求による譲渡)」には,平成30年6月1日からこの有
          価証券報告書提出日までの単元未満株式の買増請求による譲渡株式数は含まれていない。
        2 当事業年度及び当期間における「保有自己株式数」には,株主名簿上は当社名義となっているが実質的
          に所有していない株式100株は含まれていない。
        3 当期間における「保有自己株式数」には,平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元
          未満株式の買取り及び買増しによる株式数は含まれていない。
                                  33/125








                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     3  【配当政策】
       株主還元につきましては,電力の安全・安定的な供給に不可欠な設備の形成・運用のための投資を継続的に進めつ
      つ,財務状況などを勘案したうえで,安定配当に努めていくことを基本といたします。
       期末配当につきましては,継続的に取り組んでいる経営効率化の進展などによる収支の改善に加え,中長期的な財
      務状況や経営環境などを総合的に勘案し,1株につき20円といたしました。
       なお,当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めており,毎事業年度にお
      ける配当の回数については,中間,期末の年2回を基本的な方針とし,配当の決定機関は,中間配当金は取締役会,
      期末配当金は定時株主総会としております。
       第94期の剰余金の配当は,以下のとおりです。

                           配当金の総額                1株当たり配当額
           決議年月日
                           (百万円)                  (円)
         平成29年10月27日
                                   11,358                   15
           取締役会
         平成30年6月27日
                                   15,135                   20
          定時株主総会
     4  【株価の推移】

      (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第90期         第91期         第92期         第93期         第94期

       決算年月        平成26年3月         平成27年3月         平成28年3月         平成29年3月         平成30年3月

       最高(円)            1,550        1,609.0         2,105.0         1,779.0         1,550.0

       最低(円)            1,088        1,103.0         1,372.5         1,275.5         1,289.0

      (注) 最高及び最低株価は,東京証券取引所市場第一部におけるものである。
      (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成29年10月       平成29年11月       平成29年12月       平成30年1月       平成30年2月       平成30年3月

       最高(円)          1,474.5       1,539.5       1,439.5       1,446.0       1,489.0       1,525.5

       最低(円)          1,388.5       1,382.5       1,358.0       1,358.0       1,289.0       1,393.5

      (注) 最高及び最低株価は,東京証券取引所市場第一部におけるものである。
                                  34/125








                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性15名 女性2名 (役員のうち女性の比率11.8%)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 昭和53年4月      当社入社
                                 平成20年6月      当社取締役     専務執行役員      経営
                                       戦略本部長
                                 平成21年6月      当社代表取締役       副社長執行役員
                                       経営戦略本部長,関連事業推進
      代表取締役
                  水 野 明 久       昭和28年6月13日                           (注)3     48,452
                                       部統括
       会長
                                 平成22年6月      当社代表取締役社長        社長執行役
                                       員
                                 平成27年6月      当社代表取締役会長(現)
                                 平成28年6月      株式会社豊田自動織機社外監査
                                       役(現)
                                 昭和52年4月      当社入社
                                 平成19年7月      当社常務執行役員       東京支社長
                                 平成22年6月      当社取締役     専務執行役員      経営
      代表取締役
                                       戦略本部長
       社長
                  勝 野   哲       昭和29年6月13日        平成25年6月      当社代表取締役       副社長執行役員       (注)3     27,660
                                       経営戦略本部長
     社長執行役員
                                 平成27年6月      当社代表取締役社長        社長執行役
                                       員(現)
                                 平成28年6月      電気事業連合会会長(現)
                                 昭和54年4月      当社入社
                                 平成23年6月      当社取締役     専務執行役員      エネ
                                       ルギー事業部統括,経営戦略本
                                       部副本部長
                                 平成25年6月      当社専務執行役員        エネルギー事
                                       業部統括,経営戦略本部副本部
                                       長
           コーポレート
      代表取締役
                                 平成26年7月      当社専務執行役員        経営戦略本部
           本部長
                  増 田 義 則       昭和31年1月15日                           (注)3     22,825
           グループ経営
                                       副本部長
     副社長執行役員
           推進室統括
                                 平成27年6月      当社代表取締役       副社長執行役員
                                       経営戦略本部長
                                 平成28年4月      当社代表取締役       副社長執行役員
                                       グループ経営戦略本部長
                                 平成30年4月      当社代表取締役       副社長執行役員
                                       コーポレート本部長,
                                       グループ経営推進室統括(現)
                                 昭和56年4月      当社入社
                                 平成23年7月      当社執行役員      経理部長
                                 平成25年7月      当社執行役員      三重支店長兼環
                                       境・立地本部付
                                 平成28年4月      当社専務執行役員        経理部,資材
                                       部統括
           法務室,総務室,
                                 平成28年6月      当社取締役     専務執行役員      経理
           経理室,資材室,
      代表取締役
                                       部,資材部統括
           ビジネスソリュー
                  片 岡 明 典       昭和33年7月30日                           (注)3     11,289
           ション・広報
                                 平成29年4月      当社代表取締役       副社長執行役員
     副社長執行役員
           センター,経理
                                       法務部,総務部,経理部,資材
           センター統括
                                       部統括
                                 平成30年4月      当社代表取締役       副社長執行役員
                                       法務室,総務室,経理室,資材
                                       室,ビジネスソリューション・
                                       広報センター,経理センター
                                       統括(現)
                                  35/125





                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名       職名       氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 昭和55年4月      当社入社
                                 平成26年6月      当社取締役     専務執行役員      浜岡
                                       原子力総合事務所長兼環境・立
                                       地本部付
                                 平成28年4月      当社取締役     専務執行役員      浜岡
      代表取締役     土木建築室,環境
                                       原子力総合事務所長
           ・地域共生室統括       倉 田 千代治       昭和30年5月29日                           (注)3     12,458
                                 平成29年4月      当社代表取締役       副社長執行役員
     副社長執行役員      原子力本部長
                                       土木建築部,環境・立地部統
                                       括,原子力本部長
                                 平成30年4月      当社代表取締役       副社長執行役員
                                       土木建築室,環境・地域共生室
                                       統括,原子力本部長(現)
                                 昭和55年4月      当社入社
                                 平成25年6月      当社取締役     専務執行役員      発電
                                       本部長
      代表取締役
                                 平成26年6月      当社参与    電気事業連合会出向
           発電カンパニー
                  小 野 田  聡
                         昭和30年4月12日                           (注)3     14,492
                                       (専務理事)
     副社長執行役員      社長
                                 平成30年4月      当社副社長執行役員        発電カンパ
                                       ニー社長
                                 平成30年6月      当社代表取締役       副社長執行役員
                                       発電カンパニー社長(現)
                                 昭和57年4月      当社入社
                                 平成24年7月      当社執行役員      原子力本部原子力
                                       部長
      取締役
           浜岡原子力総合
                  増   田   博 武           平成29年4月      当社専務執行役員        浜岡原子力総
                         昭和34年12月14日                           (注)3     5,948
           事務所長
     専務執行役員
                                       合事務所長
                                 平成29年6月      当社取締役     専務執行役員      浜岡
                                       原子力総合事務所長(現)
                                 昭和56年4月      当社入社
                                 平成28年4月      当社専務執行役員        法務部,総務
                                       部統括兼グループ経営戦略本部
                                       付
                                 平成29年4月      当社専務執行役員        秘書部,広報
      取締役
           秘書室,広報室,
                  三   澤   太   輔
           人事室,人事セン              昭和32年10月24日              部,人事部統括              (注)3     9,498
           ター統括
     専務執行役員
                                 平成29年6月      当社取締役     専務執行役員      秘書
                                       部,広報部,人事部統括
                                 平成30年4月      当社取締役     専務執行役員      秘書
                                       室,広報室,人事室,人事セン
                                       ター統括(現)
                                 昭和59年4月      当社入社
                                 平成26年7月      当社執行役員      岡崎支店長
                                 平成29年4月      当社執行役員      電力ネットワーク
                                       カンパニー副社長
      取締役
           電力ネットワーク
                  市 川 弥生次       昭和33年8月23日        平成30年4月      当社専務執行役員        電力ネット     (注)3     4,669
           カンパニー社長
     専務執行役員
                                       ワークカンパニー社長
                                 平成30年6月      当社取締役     専務執行役員      電力
                                       ネットワークカンパニー社長
                                       (現)
                                 昭和59年4月      当社入社
                                 平成27年7月      当社執行役員      お客さま本部部長
                                 平成28年4月      当社執行役員      東京支社長
                                 平成30年4月      当社専務執行役員        販売カンパ
                                       ニー社長
      取締役
           販売カンパニー
                  林   欣 吾       昭和36年1月9日                           (注)3     4,895
                                 平成30年4月      名古屋都市エネルギー株式会社
           社長
     専務執行役員
                                       代表取締役社長(現)
                                 平成30年6月      当社取締役     専務執行役員      販売
                                       カンパニー社長(現)
                                 平成30年6月      株式会社トーエネック取締役
                                       (現)
                                  36/125



                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名       職名       氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 昭和58年4月      日本銀行入行
                                 平成3年4月      同行退行
                                 平成6年9月      スタンダード&プアーズ・レー
                                       ティング・ジャパン株式会社入
                                       社
                                 平成17年4月      同社マネジングディレクター
                                 平成28年3月      同社退社
      取締役            根 本 直 子       昭和35年1月15日                           (注)3     1,735
                                 平成28年4月      アジア開発銀行研究所入所           同所
                                       エコノミスト(現)
                                 平成28年6月      当社社外取締役(現)
                                 平成30年6月      株式会社コンコルディア・フィ
                                       ナンシャルグループ社外取締役
                                       (現)
                                 昭和53年4月      日本アイ・ビー・エム株式会社
                                       入社
                                 平成12年4月      同社取締役
                                 平成15年4月      同社常務執行役員
                                 平成19年1月      同社専務執行役員
                                 平成20年4月      同社取締役     専務執行役員
                                 平成21年1月      同社代表取締役      社長執行役員
                                 平成24年5月      同社取締役会長
                                 平成26年4月      同社会長
                                 平成26年6月      カゴメ株式会社社外取締役
      取締役            橋 本 孝 之       昭和29年7月9日                           (注)3     1,120
                                       (現)
                                 平成27年1月      日本アイ・ビー・エム株式会社
                                       副会長
                                 平成27年6月      株式会社IHI社外監査役
                                       (現)
                                 平成28年6月      株式会社三菱ケミカルホール
                                       ディングス社外取締役(現)
                                 平成28年6月      当社社外取締役(現)
                                 平成29年5月      日本アイ・ビー・エム株式会社
                                       名誉相談役(現)
                                  37/125











                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名       職名       氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 昭和51年4月      当社入社
                                 平成19年7月      当社常務執行役員       経理部長
                                 平成21年6月      当社取締役     専務執行役員      経理
                                       部,資材部統括
                                 平成22年6月      当社代表取締役       副社長執行役員
                                       経理部,資材部統括
                                 平成23年6月      当社代表取締役       副社長執行役員
                                       法務部,総務部,経理部,資材
      常任監査役
                  松 原 和 弘       昭和28年11月15日                           (注)5     28,640
      (常勤)
                                       部統括
                                 平成25年6月      当社代表取締役       副社長執行役員
                                       法務部,総務部,経理部,資材
                                       部,情報システム部統括
                                 平成28年4月      当社取締役
                                 平成28年6月      当社常任監査役(常勤)(現)
                                 平成28年6月      愛知電機株式会社社外監査役
                                       (非常勤)(現)
                                 昭和54年4月      当社入社
                                 平成25年7月      当社専務執行役員        技術開発本部
      監査役
                  鈴 木 健 一       昭和31年8月2日                           (注)5     22,685
                                       長
      (常勤)
                                 平成28年4月      当社顧問
                                 平成28年6月      当社監査役(常勤)(現)
                                 平成5年12月      名古屋大学     医学部教授
                                 平成21年4月      同大学総長
                                 平成27年4月      同大学大学院      医学系研究科教授
      監査役            濵 口 道 成       昭和26年2月19日                           (注)4       0
                                       (平成27年9月まで)
                                 平成27年6月      当社社外監査役(現)
                                 平成27年10月      国立研究開発法人科学技術振興
                                       機構理事長(現)
                                 昭和46年4月      日本電装株式会社(現株式会社
                                       デンソー)入社
                                 平成12年6月      同社取締役
                                 平成16年6月      同社常務役員
                                 平成19年6月      同社専務取締役
                                 平成20年6月      同社代表取締役社長
      監査役            加 藤 宣 明       昭和23年11月3日        平成27年6月      同社代表取締役会長              (注)5     3,000
                                 平成28年6月      当社社外監査役(現)
                                 平成28年6月      KDDI株式会社社外監査役
                                       (現)
                                 平成29年6月      トヨタ紡織株式会社社外取締役
                                       (現)
                                 平成30年6月      株式会社デンソー相談役(現)
                                 昭和56年4月      弁護士登録
                                       蜂須賀法律事務所入所
                                 平成元年3月      同所退所
      監査役            永 冨 史 子       昭和27年11月28日                           (注)5     1,422
                                 平成元年4月      永冨法律事務所開設(現)
                                 平成28年6月      当社社外監査役(現)
                                 平成29年6月      日本特殊陶業株式会社社外監査
                                       役(現)
                              計                           220,788
      (注)1 取締役根本直子,取締役橋本孝之は,社外取締役である。
         2 監査役濵口道成,監査役加藤宣明,監査役永冨史子は,社外監査役である。
         3 平成30年6月27日開催の定時株主総会終結の時から平成31年3月期に係る定時株主総会終結の時までであ
           る。
         4 平成27年6月25日開催の定時株主総会終結の時から平成31年3月期に係る定時株主総会終結の時までであ
           る。
         5 平成28年6月28日開催の定時株主総会終結の時から平成32年3月期に係る定時株主総会終結の時までであ
           る。
         6 当社は執行役員制を導入している。
         7 社外取締役および社外監査役は全員,当社が上場する各金融商品取引所が定める独立役員の要件および当
           社が定める社外役員の独立性判断基準を充たしており,当社は社外取締役および社外監査役全員を独立役
           員として指定し,届け出ている。
                                  38/125


                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
      ①   コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

        当社は,「中部電力グループコーポレート・ガバナンス基本方針」において,コーポレート・ガバナンスに関す
       る基本的な考え方および基本方針を定めている。
        「中部電力グループコーポレート・ガバナンス基本方針」

        当社グループは,「くらしに欠かせないエネルギーをお届けし,社会の発展に貢献する」という「中部電力グ
       ループ企業理念」を実践するとともに,「エネルギーに関するあらゆるニーズにお応えし,成長し続ける企業グ
       ループ」という目指す姿を実現するためには,株主・投資家をはじめとするステークホルダーのみなさまから信頼
       され選択され続けることが必要と考えている。
        このため,「中部電力グループCSR宣言」に基づき,公正・透明性を経営の中心に据え,経営および業務執行
       に対する適切な監督を行うとともに,迅速な意思決定を行うための仕組みを整備するなど,コーポレート・ガバナ
       ンスの一層の充実に努める。
        (1)   株主の権利・平等性の確保

          ・すべての株主のみなさまに対し,株主総会における議決権をはじめとした株主のみなさまの権利が適切
           に行使いただけるよう環境を整備する
        (2)   ステークホルダーとの適切な協働
          ・当社グループの事業を遂行するにあたっては,お客さまや地域社会,株主・投資家をはじめとするス
           テークホルダーのみなさまのご理解とご協力が不可欠であるため,ステークホルダーのみなさまとの相
           互コミュニケーションを重視し,透明性の高い開かれた企業活動を推進する
        (3)   適切な情報開示と透明性の確保
          ・財務情報はもとより非財務情報を含めた経営状況および事業活動全般について,幅広くかつ適時適切に
           情報を開示する
        (4)   取締役会等の責務
          ・当社取締役会は,会社の持続的成長と中長期的な企業価値の向上を図るべく経営上の重要事項の意思決
           定や,独立社外取締役の関与などを通じた実効性ある経営および業務執行の監督を行う 
          ・執行役員制により,経営の意思決定・監督と執行の分離,業務執行の迅速化などを図る
          ・当社監査役および監査役会は,独立した客観的な立場から取締役の職務執行の監査を行う
        (5)   株主との対話
          ・「株主との建設的な対話に関する方針」に基づき,当社グループの経営状況および事業活動について,
           株主のみなさまに丁寧に説明する
      ②   コーポレート・ガバナンス体制の状況

        経営機構等の概要およびコーポレート・ガバナンス関連施策は次のとおりである。
        「取締役会」,「監査役会」,「監査役」などの会社法で定められている機関に加え,「経営戦略会議」および

       「経営執行会議」を設置している。
        「取締役会」は,原則として毎月1回開催し,法令・定款所定の事項および経営上重要な事項を審議・決定する
       とともに,取締役から職務執行状況の報告を受けるなどして,取締役の職務執行を監督している。また,監督機能
       の強化を図るため,社外取締役を導入している。取締役12名のうち2名が社外取締役,また男性11名・女性1名で
       構成されている。
                                  39/125




                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
        社長,副社長,カンパニー社長,本部長,統括などで構成する「経営執行会議」は,原則として毎週1回開催
       し,取締役会付議事項の事前審議を行うとともに,それに該当しない業務執行上の重要事項について審議してい
       る。また,中長期的な経営に関する方向性については,代表取締役などで構成する「経営戦略会議」において協議
       し,必要なものについては経営執行会議および取締役会に付議している。
        業務執行体制については,経営の意思決定・監督と執行の分離,業務執行の迅速化などを図るため,執行役員制
       を採用している。カンパニー社長・本部長・統括を務める役付執行役員には社長の権限を大幅に委譲し,特定分野
       の業務執行はカンパニー社長・本部長・統括以下で完結させる一方,その執行状況について,適宜,経営執行会議
       および取締役会に報告させている。また,カンパニー制を採る販売,送配電および発電の各事業分野においては,
       カンパニー社長の諮問機関としてカンパニーボードを設置している。さらに,経営責任・執行責任を明確にし,か
       つ経営環境の変化に即応できる経営体制を構築するため,取締役および役付執行役員・執行役員の任期を1年とし
       ている。
        「監査役会」は,監査役間の役割分担,情報共有により,組織的・効率的な監査を図るとともに,法令・定款所

       定の事項について決議・同意などを行っている。監査役5名のうち3名が社外監査役,また男性4名・女性1名で
       構成されている。
        「監査役」は,取締役ならびに内部監査部門および業務執行部門と意思疎通を図り,取締役会などの重要な会議
       への出席,取締役からの職務執行状況の聴取,業務および財産の状況の調査,ならびに会社の業務の適正を確保す
       るための体制の整備に関する取締役会決議の内容および当該決議に基づき整備されている体制(内部統制システ
       ム)の状況の監視・検証などを通じて,取締役の職務執行全般について監査している。子会社については,子会社
       の取締役および監査役等と意思疎通および情報の交換を図り,必要に応じて子会社から事業の報告を受けている。
       なお,監査役には,長年にわたって経理業務を経験し,財務および会計に関する相当程度の知見を有する者が含ま
       れるとともに,監査役室に所属する職員9名が監査役を補佐している。
        内部監査機能については,業務執行部門から独立した社長直属の経営考査室(19名)が担っている。同室は,原

       子力安全のための品質保証活動など業務執行部門の活動を,内部統制システム(財務報告に係る内部統制を含む)
       の有効性やCSR推進の観点からモニタリングし,それらの結果を社長に報告するとともに,関係部門に助言・勧
       告を行い継続的に改善を促している。内部監査の実施プロセスについては,第三者機関による外部評価を受け,品
       質の維持・向上に努めている。
        監査役会,内部監査部門および会計監査人は,相互に監査計画や監査結果について情報を提供するなど緊密な連

       携を保つとともに,内部統制機能を有する部門からの報告をそれぞれの監査に活かしている。
                                  40/125









                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
        社外取締役および社外監査役は,全員が当社の定める基準(※)に照らして独立性を有しており,経営陣から独
       立した立場で,それぞれの経歴を通じて培った識見・経験を踏まえ,経営の監督機能および監査機能を担ってい
       る。また,内部統制システムの整備・運用状況について報告を受けているほか,定期的に,代表取締役・監査役と
       の意見交換を実施している。なお,当社は,社外取締役および社外監査役全員を,当社が上場する各金融商品取引
       所の定める独立役員として指定し,届け出ている。
       (※)社外役員の独立性判断基準

        当社は,社外役員の独立性判断基準として,株式会社東京証券取引所など国内の金融商品取引所が定める独立役
       員の要件を踏まえ,本人の現在および過去3事業年度における以下に定める要件の該当の有無を確認のうえ,独立
       性を判断している。
        1 当社の主要な取引先(※1)またはその業務執行者(※2)でないこと

        2 当社の主要な借入先(※3)またはその業務執行者でないこと
        3   当社より,役員報酬以外に多額(※4)の金銭その他の財産を得ているコンサルタント,会計専門家また 
         は法律専門家でないこと(ただし,当該財産を得ている者が法人,組合などの団体である場合は,当該団体
         に所属する者をいう)
        4 当社の大株主(※5)またはその業務執行者でないこと
        5   当社より,多額(※4)の寄付を受けていないこと(ただし,当該寄付を受けた者が法人,組合などの団
         体である場合は,当該団体に所属する者をいう)
        6   本人の配偶者,二親等以内の親族が以下に掲げる者に該当しないこと
          ①上記1~5に掲げる者
          ②当社および当社子会社の業務執行者または業務執行者でない取締役,監査役
          ③当社の会計監査人の代表社員または社員
         ※1 「主要な取引先」とは,年間取引額が,当社から支払いを受ける場合は,その者の直近事業年度に

           おける連結売上高の2%を,当社に支払いを行う場合は,当社の直近事業年度における連結売上高の
           2%をそれぞれ超える取引先をいう。
         ※2 「業務執行者」とは,会社法施行規則第2条第3項第6号に規定する業務執行者をいう。
         ※3 「主要な借入先」とは,借入額が当社連結総資産の2%を超える借入先をいう。
         ※4 「多額」とは,個人である場合は年間1,000万円を超える額,法人,組合などの団体に所属する者で
           ある場合は,当該団体の直近事業年度における年間総収入の2%を超える額をいう。
         ※5 「大株主」とは,直接・間接に10%以上の議決権を保有する者をいう。
        取締役,監査役および役付執行役員の選任の公正・透明性を確保するため,各候補者は,独立社外取締役を主要

       な構成員とする指名・報酬等検討会議および代表取締役全員の協議を経て,取締役会へ提案している。さらに,監
       査役候補者については,監査役の独立性を強化するため,代表取締役全員の協議に常任監査役が参加するととも
       に,監査役会の同意を得ている。また,取締役および役付執行役員の報酬についても,指名・報酬等検討会議およ
       び代表取締役全員の協議を経て社長が決定している。監査役の報酬については,監査役会における監査役全員の協
       議により決定している。
        当社の会計監査業務を執行した公認会計士は,松本千佳氏,中村哲也氏,岸田好彦氏の3名であり,有限責任                                                   あ

       ずさ監査法人に所属している。なお,継続監査年数はいずれも7年以内である。また,会計監査業務に係る補助者
       は公認会計士21名,日本公認会計士協会準会員9名,その他9名である。
                                  41/125




                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
        当社のコーポレート・ガバナンス体制を図で示すと次のとおりである。
      ③   内部統制システムに関する基本的な考え方およびその整備状況







        当社は,内部統制システムの整備に関する基本的な考え方として「会社の業務の適正を確保するための体制」を
       定め,この体制に掲げる内部統制システムを整備し,運用している。
       <会社の業務の適正を確保するための体制>

        当社は,公正・透明性を経営の中心に据え,業務の適正を確保するため,次の体制を整備するとともに,これを
       有効に機能させ,株主,お客さまをはじめとするステークホルダーから信頼される企業となるように努める。
        ア 経営管理に関する体制
         ・取締役会は,原則として毎月1回開催し,法令・定款所定の決議事項および経営上重要な事項を決定すると
          ともに,取締役から職務執行状況の報告を受けるなどして,取締役の職務執行を監督する。また,社外取締
          役により社外の視点からの監督を行う。監査役は,取締役会に出席し意見を述べるほか,職務執行状況の聴
          取などを通じて,取締役の職務執行を監査する。
         ・業務執行における重要な事項について多面的に検討するため,経営執行会議および経営戦略会議(以下合わ
          せて「経営会議」という。)を設置する。経営執行会議は,原則として毎週1回開催し,取締役会に付議す
          る事項および社長が意思決定すべきその他重要事項の審議を行うとともに,業務執行状況等に関する報告を
          受ける。また,会長,社長,副社長および経営企画部門の長で構成する経営戦略会議は,必要に応じて開催
          し,経営に関する方針・方向性について審議する。
         ・経営の意思決定・監督と執行の分離および迅速な業務執行を実現するため,執行役員制を採り,カンパニー
          社長・本部長・統括を務める役付執行役員に社長の権限を大幅に委譲し,特定分野の業務執行をカンパニー
          社長・本部長・統括以下で完結させる一方,その執行状況について,適宜,経営執行会議および取締役会に
          報告させる。
         ・カンパニー制を採る販売,送配電および発電の各事業分野においては,カンパニー社長の諮問機関としてカ
          ンパニーボードを設置する。
         ・取締役ではないカンパニー社長・本部長・統括についても,経営執行会議の構成員として取締役会決議案件
          の審議に参加させ,また取締役会において適宜議案の説明をさせること等により,経営の意思決定と特定分
          野の業務執行との乖離の防止を図る。
                                  42/125



                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
         ・取締役ならびに役付執行役員,執行役員およびその他の職員(以下「取締役等」という。)の職務執行の適
          正および効率性を確保するため,社内規程において,各部門(カンパニー,本部,本店の部・室・セン
          ター,支店・支社をいう。以下同じ。)および各部署ならびにそれらの長の業務分掌,権限等を定める。ま
          た,取締役等は,業務執行状況について,適時に,取締役会,経営執行会議,カンパニーボードまたは上位
          者に報告する。
         ・取締役等の意思決定の適正を確保するため,決裁手続において,起案箇所,関係部門および審査部門による
          審査を行う。
         ・取締役等の職務執行に係る情報の保存および管理を適切に行うため,社内規程において,取締役会議事録,
          経営会議資料,カンパニーボード資料,決裁文書等の作成,保存および管理に関する事項を定める。
         ・取締役等の職務執行の適正および効率性を確保するため,業務執行ラインから独立した組織として社長直属
          の内部監査部門を設置する。内部監査部門は,各部門の業務執行状況等を定期的に監査し,その結果を社長
          に報告するとともに,必要に応じ各部門に改善を勧告する。
        イ リスク管理に関する体制
         ・全社および各部門のリスク管理が適切に行われるよう,組織,権限および社内規程を整備する。
         ・個々の事業または業務運営上のリスクを管理するために,カンパニー社長,本店の部門の長を責任者(以下
          「リスクオーナー」という。)とするとともに,経営に重大な影響を与えるリスクを統合的に管理するため
          にリスクマネジメント会議を設置する。また,リスクマネジメント会議の審議結果については,必要に応じ
          て,取締役会へ付議する。
         ・個々の事業または業務運営上のリスクについては,リスクオーナーが,これを管理する体制を整備する。ま
          た,リスクオーナーは,計画の策定・実行にあたり,リスクを把握・評価のうえ,その結果に基づいてこれ
          を管理する。
         ・経営に重大な影響を与えるリスクについては,コーポレート本部内のリスク管理部署がリスクオーナーの報
          告を把握・評価のうえ,リスクマネジメント会議に報告し,対応方針の審議を受けるとともに,経営計画お
          よびリスクオーナーが実施するリスク対策にこれを反映する。
         ・非常災害その他当社の財産,社会的信頼等に重大な影響を与える事象が発生したときの情報伝達および対応
          について社内規程に定めるとともに,これら事象が発生したときに備え定期的に訓練等を実施する。
         ・原子力の自主的・継続的な安全性向上に向けた取り組みとして,当社の原子力安全の取り組み姿勢・理念を
          反映した中部電力グループ原子力安全憲章を制定する。また,原子力部門へのガバナンスを強化するため,
          原子力安全向上会議を設置し,同会議において,リスクを分析・評価するとともに原子力の安全性向上に必
          要な対応策について審議する。さらに,社外の各分野の有識者のガバナンス等に関する知見を安全性向上に
          向けた取り組みに活用するため,原子力安全向上会議アドバイザリーボードを設置する。
         ・社内外の原子力の専門家の安全に関する知見を現場における安全性向上の取り組みに活用するため,浜岡原
          子力安全アドバイザリーボードを設置する。
         ・法令等に従って財務報告を適正に行うために,組織および社内規程類を整備し,適切に運用する。
        ウ コンプライアンスに関する体制
         ・コンプライアンス経営を推進するため,社長を議長とし,社外委員および監査役を加えたコンプライアンス
          推進会議を設置するとともに,各部門・事業場および各部署の長をコンプライアンス推進責任者とする全社
          的な体制を整備する。
         ・法令および社会規範の遵守に関する理念ならびに取締役等が遵守すべき基本的事項を定めた中部電力グルー
          プコンプライアンス基本方針を制定・周知する。
         ・コンプライアンスの定着を図るため,取締役およびコンプライアンス推進責任者を対象とした啓発活動を実
          施し,管下職員への適切な指導・監督に当たらせるとともに,職員に対し各種研修を行う。
         ・コンプライアンス違反事象の未然防止・早期改善のため,通常の業務報告経路とは別に,内部通報の窓口
          「ヘルプライン」を社内および社外に設置する。なお,ヘルプラインの利用者の保護について,社内規程を
          定める。
         ・反社会的勢力との関係遮断については,対応部署を定め,社内規程類を整備するとともに,関連する外部専
          門機関と連携して対応する。
                                  43/125



                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
        エ 監査に関する体制
         ・監査役の職務を補助するため,執行部門から独立した組織として監査役直属の監査役室を設置する。
         ・監査役室には,監査役の意向を踏まえた員数の職員を置く。
         ・監査役室に所属する職員は,執行部門の業務に係る役職を兼務せず,取締役の指揮・命令を受けない。
         ・取締役等は,監査役の指示に基づき職務を遂行したことを理由として,監査役室に所属する職員に不利益を
          及ぼさない。
         ・監査役室に所属する職員の異動および評定にあたっては,監査役の意向を尊重する。
         ・取締役会および経営会議ならびにカンパニーボードの付議事項について,監査役からの求めに応じ報告す
          る。
         ・当社に著しい損失を与えるおそれのある事実を知ったときは,ただちに監査役に報告する。
         ・部門ごとに原則として年1回,当該部門に係る職務執行状況を監査役に報告する。
         ・重要な決裁文書については決裁後すみやかに,また業務執行に係るその他の文書類についても求めに応じ
          て,監査役の閲覧に供する。
         ・取締役等は,監査役または監査役室に所属する職員に報告をしたことを理由として,報告した者に不利益を
          及ぼさない。
         ・監査役および取締役等は,監査役に報告した者が望まない場合,正当な理由なく,その者の氏名等個人を特
          定できる情報を社内または社外に開示しない。
         ・監査役が職務上必要と認める費用等を請求したときは,すみやかに当該費用等を支払う。
         ・監査役は,経営会議およびその他重要な会議体ならびにカンパニーボードに出席のうえ,意見を述べること
          ができる。
         ・社長は,定期的に監査役と代表取締役が経営全般に関し意見交換する機会を設ける。
         ・内部監査部門および会計監査人は,監査計画の策定・実施にあたって監査役と協議するとともに,実施結果
          を監査役に報告する。
        オ 中部電力グループの業務の適正を確保するための体制
         ・中部電力グループの業務の適正および効率性を確保するため,グループ会社を統括する部門を設置し,グ
          ループ会社全般に関する経営戦略・方針の立案を行うとともに,社内規程類を整備し,経営上の特に重要な
          事項について協議または報告を求めるなど,グループ会社の経営管理を行う。また,グループ会社を統括す
          る部門は,グループ各社の事業の概況を当社監査役に報告する。
         ・グループ各社のリスクについては,各社が把握・評価・管理する。また,個別会社毎に当該会社の社長と当
          社の社長等で構成するグループ経営戦略会議を原則として年1回開催し,当該会社の経営施策と併せて経営
          に重大な影響を与えるリスクについて検討する。当社監査役は,これに出席のうえ,意見を述べることがで
          きる。
         ・当社の取締役等ならびにグループ会社の取締役等および監査役は,グループ会社においてグループ経営に重
          大な影響を与える事象が発生した場合,すみやかに状況把握を行うとともに,当社監査役に報告する。
         ・中部電力グループにおけるコンプライアンス推進のため,中電グループ・コンプライアンス推進協議会を設
          置するとともに,グループコンプライアンス基本方針を制定する。また,グループ各社のコンプライアンス
          経営を推進するため,各社において,コンプライアンス委員会またはコンプライアンス担当の取締役等・部
          署の設置その他推進体制を整備するとともに,基本方針の制定をはじめとする自律的な取り組みを行う。
         ・コンプライアンス違反事象の未然防止・早期改善のため,グループ各社が必要に応じ自ら内部通報の窓口を
          設けるほか,グループ各社共同のコンプライアンスに関する内部通報の窓口「中電グループ・共同ヘルプラ
          イン」を設置する。
         ・当社の取締役等または監査役に,必要に応じグループ会社の取締役または監査役を兼務させる。
         ・当社監査役は,グループ会社監査役間の定期的な意見交換を行う。
         ・当社の内部監査部門は,必要に応じてグループ会社に対して内部監査を行い,その結果を社長および監査役
          に報告する。
                                  44/125




                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      ④   会社と会社の社外取締役および社外監査役の人的関係,資本的関係又は取引関係その他の利害関係の概要(提出
       日現在における社外取締役および社外監査役との関係)
        社外取締役2名および社外監査役3名と当社との間には特別の利害関係はない。
      ⑤ 役員報酬等

        ア 役員区分ごとの報酬等の総額,報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(百万円)
                      報酬等の総額                            対象となる役員
            役員区分
                                                  の員数(名)
                      (百万円)
                                 報酬         賞与金
            取締役
                        524          434          90         12
         (社外取締役を除く)
            監査役
                        70          70          ―        2
         (社外監査役を除く)
            社外役員             51          51          ―        5
        (注)1      株主総会決議による報酬限度額は次のとおりである。
             取締役分         月額75百万円(使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない。)
             監査役分         月額20百万円
           2   上記報酬の額には,第93期定時株主総会の終結の時をもって退任した取締役2名に対する報酬
            の額が含まれている。
           3 上記賞与金の支給対象となる取締役は,当期末時の取締役10名である。
           4 なお,第94期定時株主総会決議により,取締役の報酬は,月例報酬と業績連動賞与を含めた報酬総額
            を年額900百万円以内(うち社外取締役分は84百万円以内)としている。
        イ 役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針

         <取締役>
         ・月例報酬と業績連動賞与で構成している。月例報酬は職責および会社業績などを勘案のうえ決定する。業績
          連動賞与は各事業年度の会社業績などを踏まえ決定する。
         ・社外取締役の報酬は,独立した立場からの経営の監督機能を期待していることを踏まえ,月例報酬のみを支
          給することとし,会社業績による影響を限定する。
         <監査役>
         ・月例報酬のみを支給することとし,会社業績による影響を限定する。
      ⑥   責任限定契約の内容の概要

        当社は,会社法第427条第1項および定款の規定により,社外取締役および社外監査役との間で,任務を怠ったこ
       とによる損害賠償責任を会社法第425条第1項に定める最低責任限度額に限定する契約(責任限定契約)を締結して
       いる。
      ⑦   取締役の定数

        当社の取締役の員数を20名以内とする旨定款に定めている。
      ⑧   取締役の選任の決議要件

        当社は,取締役の選任決議について,議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
       が出席し,その議決権の過半数をもって行い,累積投票によらない旨を定款に定めている。
                                  45/125





                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      ⑨   株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項
        ア 自己の株式の取得の決定機関
          当社は,機動的な経営の遂行を可能とするため,会社法第165条第2項の規定により,取締役会の決議をもっ
         て自己の株式を取得することができる旨定款に定めている。
        イ 中間配当の決定機関

          当社は,株主への機動的な利益還元を行うため,取締役会の決議により,中間配当を行うことができる旨定
         款に定めている。
        ウ 取締役および監査役の責任免除

          当社は,取締役および監査役が期待される役割を十分に発揮できるようにするため,会社法第426条第1項の
         規定により,任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)および監査役(監査役であった者
         を含む。)の損害賠償責任を,法令の限度において,取締役会の決議をもって免除することができる旨定款に
         定めている。
      ⑩   株主総会の特別決議要件

        当社は,会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議について,株主総会を円滑に運営するため,議決権を
       行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し,その議決権の3分の2以上をもって行
       う旨定款に定めている。
      ⑪   株式の保有状況

        ア 投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
          銘柄数               155  銘柄
          貸借対照表計上額の合計額             152,908    百万円
                                  46/125












                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
        イ 保有目的が純投資目的以外の目的である上場投資株式の保有区分,銘柄,株式数,貸借対照表計上額及び保
         有目的
        (前事業年度)

         特定投資株式
                                       貸借対照表
                 銘柄            株式数(株)          計上額         保有目的
                                       (百万円)
         KDDI㈱                       11,405,400           33,326    地域発展への貢献
         東海旅客鉄道㈱                        308,800          5,601    地域発展への貢献
         東邦ガス㈱                       7,000,000           5,509    安定的な燃料調達
         ㈱三井住友フィナンシャルグループ                        985,758          3,987    安定的な資金調達
         ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                       5,615,640           3,929    安定的な資金調達
         ㈱みずほフィナンシャルグループ                       7,722,243           1,575    安定的な資金調達
         三井住友トラスト・ホールディングス㈱                        305,236          1,178    安定的な資金調達
         静岡ガス㈱                       1,500,000           1,132    地域発展への貢献
         大崎電気工業㈱                       1,020,528            986   安定的な資材調達
         大同特殊鋼㈱                       1,615,562            859   地域発展への貢献
         中部日本放送㈱                        883,400           695   地域発展への貢献
         スルガ銀行㈱                        295,680           693   安定的な資金調達
         ㈱日本製鋼所                        340,000           609   安定的な資材調達
         イオン㈱                        300,000           487   地域発展への貢献
         ㈱名古屋銀行                        102,284           410   安定的な資金調達
         ㈱八十二銀行                        637,560           401   安定的な資金調達
         ANAホールディングス㈱                       1,082,579            367   地域発展への貢献
         古河電気工業㈱                         90,000          360   安定的な資材調達
         ㈱十六銀行                        782,458           280   安定的な資金調達
         東亞合成㈱                        196,398           249   地域発展への貢献
         ㈱サーラコーポレーション                        235,000           146   地域発展への貢献
         ㈱愛知銀行                         22,619          140   安定的な資金調達
         ㈱御園座                        220,000           124   地域発展への貢献
         アジア航測㈱                        196,075           102   安定的な資材調達
         ㈱大垣共立銀行                        300,000           99  安定的な資金調達
         ㈱静岡銀行                        100,000           90  安定的な資金調達
         日本トランスシティ㈱                        153,370           71  安定的な燃料調達
         中部証券金融㈱                         6,000          15  地域発展への貢献
       (注)1 三井住友トラスト・ホールディングス株式会社は,平成28年10月1日付で,普通株式10株につき
            1株の割合で株式併合を実施している。
          2 株式会社日本製鋼所は,平成28年10月1日付で,普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実
            施している。
          3 株式会社名古屋銀行は,平成28年10月1日付で,普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実
            施している。
          4 古河電気工業株式会社は,平成28年10月1日付で,普通株式10株につき1株の割合で株式併合を
            実施している。
          5 中部ガス株式会社は,平成28年7月1日付で株式会社サーラコーポレーションと株式交換を実施
            し,同社の完全子会社となっている。これに伴い,当社が保有する中部ガス株式会社の株式
            500,000株に対して,平成28年7月1日付で株式会社サーラコーポレーションの株式235,000株の
            割当交付を受けている。
                                  47/125




                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
        (当事業年度)
         特定投資株式
                                       貸借対照表
                 銘柄            株式数(株)          計上額         保有目的
                                       (百万円)
         KDDI㈱                       11,405,400           30,982    地域発展への貢献
         東海旅客鉄道㈱                        308,800          6,216    地域発展への貢献
         東邦ガス㈱                       1,400,000           4,578    安定的な燃料調達
         ㈱三井住友フィナンシャルグループ                        985,758          4,394    安定的な資金調達
         ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                       5,615,640           3,914    安定的な資金調達
         ㈱みずほフィナンシャルグループ                       7,722,243           1,478    安定的な資金調達
         静岡ガス㈱                       1,500,000           1,435    地域発展への貢献
         三井住友トラスト・ホールディングス㈱                        305,236          1,314    安定的な資金調達
         ㈱日本製鋼所                        340,000          1,154    安定的な資材調達
         大同特殊鋼㈱                        161,556           878   地域発展への貢献
         大崎電気工業㈱                       1,020,528            793   安定的な資材調達
         中部日本放送㈱                        883,400           781   地域発展への貢献
         イオン㈱                        300,000           569   地域発展への貢献
         古河電気工業㈱                         90,000          513   安定的な資材調達
         ANAホールディングス㈱                        108,257           445   地域発展への貢献
         スルガ銀行㈱                        295,680           434   安定的な資金調達
         ㈱名古屋銀行                        102,284           404   安定的な資金調達
         ㈱八十二銀行                        637,560           363   安定的な資金調達
         東亞合成㈱                        196,398           246   地域発展への貢献
         ㈱十六銀行                         78,245          221   安定的な資金調達
         ㈱御園座                        220,000           170   地域発展への貢献
         アジア航測㈱                        196,075           156   安定的な資材調達
         ㈱サーラコーポレーション                        235,000           151   地域発展への貢献
         ㈱愛知銀行                         22,619          121   安定的な資金調達
         ㈱静岡銀行                        100,000           100   安定的な資金調達
         ㈱大垣共立銀行                         30,000           80  安定的な資金調達
         日本トランスシティ㈱                        153,370           72  安定的な燃料調達
       (注)1 東邦ガス株式会社は,平成29年10月1日付で,普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施
            している。
          2 大同特殊鋼株式会社は,平成29年10月1日付で,普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実
            施している。
          3 ANAホールディングス株式会社は,平成29年10月1日付で,普通株式10株につき1株の割合で
            株式併合を実施している。
          4 株式会社十六銀行は,平成29年10月1日付で,普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施
            している。
          5 株式会社大垣共立銀行は,平成29年10月1日付で,普通株式10株につき1株の割合で株式併合を
            実施している。
          6 中部証券金融株式会社は,平成29年9月30日付で,会社を解散している。
                                  48/125






                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【監査報酬の内容等】
       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                      当連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                115            ―          113            ―
       連結子会社                 132           10          132           12

          計               247           10          246           12

       ②  【その他重要な報酬の内容】

         前連結会計年度
          当社および当社の連結子会社の一部は,当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているKPMGメ
         ンバーファームに対して,監査証明業務および非監査業務に基づく報酬を支払っている。
         当連結会計年度

          当社および当社の連結子会社の一部は,当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているKPMGメ
         ンバーファームに対して,監査証明業務および非監査業務に基づく報酬を支払っている。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         前連結会計年度
          該当事項なし
         当連結会計年度

          該当事項なし
       ④  【監査報酬の決定方針】

         当社は,監査報酬の決定に関する方針を定めていないが,監査時間数等を勘案したうえで決定している。
                                  49/125










                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1   連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1)当社の連結財務諸表は,「連結財務諸表の用語,様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年10月30日  大蔵省
       令第28号)に準拠し「電気事業会計規則」(昭和40年6月15日  通商産業省令第57号)に準じて作成している。
      (2)当社の財務諸表は,「財務諸表等の用語,様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年11月27日  大蔵省令第59

       号,以下「財務諸表等規則」という。)第2条に基づき「電気事業会計規則」(昭和40年6月15日  通商産業省令
       第57号)によっているが,一部については「財務諸表等規則」に準拠して作成している。
     2   監査証明について

       当社は,金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき,連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3
      月31日)の連結財務諸表並びに事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)の財務諸表について,有限
      責任 あずさ監査法人の監査を受けている。
     3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は,連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っている。具体的には,会計基準等の内容を
      適切に把握できる体制を整備するため,公益財団法人財務会計基準機構へ加入し,また,当該機構の行う研修に参加
      している。
                                  50/125













                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     1 【連結財務諸表等】
      (1) 【連結財務諸表】
       ①  【連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
                                        4,694,803              4,767,717
       固定資産
                                     ※1 , ※2  3,080,402           ※1 , ※2  3,137,080
         電気事業固定資産
                                         318,639              311,907
           水力発電設備
                                         579,275              684,665
           汽力発電設備
                                         156,625              142,248
           原子力発電設備
                                         703,633              680,244
           送電設備
                                         412,221              414,949
           変電設備
                                         784,691              780,857
           配電設備
                                         110,091              108,150
           業務設備
                                          15,223              14,057
           その他の電気事業固定資産
                                    ※1 , ※2 , ※4  265,401          ※1 , ※2 , ※4  276,469
         その他の固定資産
                                         398,279              344,469
         固定資産仮勘定
                                         398,279              334,025
           建設仮勘定及び除却仮勘定
                                                        10,444
           使用済燃料再処理関連加工仮勘定                                 -
                                         176,615              179,755
         核燃料
                                          40,040              40,040
           装荷核燃料
                                         136,575              139,715
           加工中等核燃料
                                         774,104              829,942
         投資その他の資産
                                       ※4  216,628            ※4  206,723
           長期投資
                                      ※3 , ※4  359,663           ※3 , ※4  416,861
           関係会社長期投資
                                          18,903              18,656
           退職給付に係る資産
                                         165,855              174,374
           繰延税金資産
                                          14,707              14,175
           その他
                                         △ 1,654              △ 849
           貸倒引当金(貸方)
                                         717,503              762,470
       流動資産
                                         133,764              181,631
         現金及び預金
                                         238,404              291,341
         受取手形及び売掛金
                                         165,817              106,234
         短期投資
                                        ※5  68,832            ※5  75,056
         たな卸資産
                                          28,302              25,247
         繰延税金資産
         その他                                 83,725              84,622
                                         △ 1,342             △ 1,663
         貸倒引当金(貸方)
                                      ※4  5,412,307            ※4  5,530,188
       合計
                                  51/125







                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債及び純資産の部
                                        2,604,077              2,550,768
       固定負債
                                       ※4  599,258            ※4  619,259
         社債
                                      ※4  1,454,196            ※4  1,361,767
         長期借入金
                                          9,575              9,211
         原子力発電所運転終了関連損失引当金
                                         187,141              182,130
         退職給付に係る負債
                                         206,812              209,178
         資産除去債務
                                         147,093              169,221
         その他
                                        1,061,050              1,165,030
       流動負債
                                       ※4  293,826            ※4  257,315
         1年以内に期限到来の固定負債
                                         356,464              370,945
         短期借入金
                                         109,328              133,057
         支払手形及び買掛金
                                         36,806              82,179
         未払税金
                                         264,625              321,533
         その他
       特別法上の引当金                                  22,465              22,446
                                         22,465              22,446
         渇水準備引当金
                                        3,687,594              3,738,246
       負債合計
       株主資本                                 1,637,166              1,688,145
                                         430,777              430,777
         資本金
                                         70,794              70,805
         資本剰余金
                                        1,136,801              1,188,453
         利益剰余金
                                         △ 1,206             △ 1,891
         自己株式
                                         48,101              41,597
       その他の包括利益累計額
                                         39,485              38,649
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 7,817             △ 6,182
         繰延ヘッジ損益
                                         24,682              19,964
         為替換算調整勘定
                                         △ 8,248             △ 10,833
         退職給付に係る調整累計額
                                         39,445              62,199
       非支配株主持分
                                        1,724,713              1,791,942
       純資産合計
                                        5,412,307              5,530,188
       合計
                                  52/125









                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                        2,603,537              2,853,309
      営業収益
                                        2,340,792              2,538,239
       電気事業営業収益
                                         262,745              315,070
       その他事業営業収益
                                 ※1 , ※2 , ※3 , ※4  2,467,093        ※1 , ※2 , ※3 , ※4  2,716,804
      営業費用
                                        2,219,646              2,415,115
       電気事業営業費用
                                         247,446              301,689
       その他事業営業費用
                                         136,443              136,505
      営業利益
      営業外収益                                    18,454              27,894
                                          2,028              2,303
       受取配当金
                                          1,309               299
       受取利息
                                          6,169              18,836
       持分法による投資利益
                                          8,946              6,455
       その他
                                         33,414              35,867
      営業外費用
                                         28,723              26,464
       支払利息
                                           370             4,005
       有価証券評価損
                                          4,319              5,397
       その他
                                        2,621,991              2,881,204
      当期経常収益合計
                                        2,500,508              2,752,672
      当期経常費用合計
                                         121,483              128,532
      当期経常利益
                                          △ 381              △ 19
      渇水準備金引当又は取崩し
                                          △ 381              △ 19
       渇水準備引当金取崩し(貸方)
                                         30,292
      特別利益                                                    -
                                         30,292
       持分変動利益                                                  -
                                                       23,356
      特別損失                                      -
                                                     ※5  23,356
                                           -
       減損損失
                                         152,156              105,195
      税金等調整前当期純利益
                                         20,252              33,255
      法人税、住民税及び事業税
                                         14,976              △ 4,813
      法人税等調整額
                                         35,229              28,441
      法人税等合計
                                         116,927               76,753
      当期純利益
                                          2,261              2,380
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         114,665               74,372
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  53/125








                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                         116,927               76,753
      当期純利益
      その他の包括利益
                                          1,356              △ 682
       その他有価証券評価差額金
                                          2,258               481
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 11,585               1,456
       為替換算調整勘定
                                        △ 13,725              △ 2,229
       退職給付に係る調整額
                                         15,908              △ 4,256
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                       ※1  △  5,787           ※1  △  5,229
       その他の包括利益合計
                                         111,140               71,523
      包括利益
      (内訳)
                                         108,129               67,868
       親会社株主に係る包括利益
                                          3,010              3,654
       非支配株主に係る包括利益
                                  54/125















                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       ③ 【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)
                                       (単位:百万円)
                             株主資本
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
                  430,777       70,786     1,044,855       △ 1,121    1,545,297
     当期首残高
     当期変動額
                              △ 22,719            △ 22,719
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する
                              114,665            114,665
      当期純利益
                                      △ 89     △ 89
      自己株式の取得
                          △ 0     △ 0      3      3
      自己株式の処分
      非支配株主との取引に
                           8                   8
      係る親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                           8    91,946       △ 85    91,869
     当期変動額合計               -
     当期末残高             430,777       70,794     1,136,801       △ 1,206    1,637,166
                          その他の包括利益累計額

                                               非支配株主
                 その他                  退職給付      その他の
                                                      純資産合計
                       繰延ヘッジ       為替換算
                                                 持分
                 有価証券                   に係る      包括利益
                        損益     調整勘定
                評価差額金                   調整累計額      累計額合計
                   38,313     △ 18,808      29,158       5,973      54,637      37,174     1,637,109
     当期首残高
     当期変動額
                                                       △ 22,719
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する
                                                       114,665
      当期純利益
                                                         △ 89
      自己株式の取得
                                                          3
      自己株式の処分
      非支配株主との取引に
                                                          8
      係る親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の
                   1,172      10,990      △ 4,476     △ 14,222      △ 6,536      2,270     △ 4,265
      当期変動額(純額)
                   1,172      10,990      △ 4,476     △ 14,222      △ 6,536      2,270      87,603
     当期変動額合計
                   39,485      △ 7,817      24,682      △ 8,248      48,101      39,445     1,724,713
     当期末残高
                                  55/125









                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自         平成29年4月1日 至           平成30年3月31日)
                                       (単位:百万円)
                             株主資本
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
                  430,777       70,794     1,136,801       △ 1,206    1,637,166
     当期首残高
     当期変動額
                              △ 22,717            △ 22,717
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する
                               74,372            74,372
      当期純利益
                                      △ 707     △ 707
      自己株式の取得
                                △ 2      23      21
      自己株式の処分
      非支配株主との取引に
                          10                   10
      係る親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                          10    51,652       △ 684     50,978
     当期変動額合計               -
                  430,777       70,805     1,188,453       △ 1,891    1,688,145
     当期末残高
                          その他の包括利益累計額

                                               非支配株主
                 その他                  退職給付      その他の
                                                      純資産合計
                       繰延ヘッジ       為替換算
                                                 持分
                 有価証券                   に係る      包括利益
                        損益     調整勘定
                評価差額金                   調整累計額      累計額合計
                   39,485      △ 7,817      24,682      △ 8,248      48,101      39,445     1,724,713
     当期首残高
     当期変動額
                                                       △ 22,717
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する
                                                        74,372
      当期純利益
                                                        △ 707
      自己株式の取得
                                                         21
      自己株式の処分
      非支配株主との取引に
                                                         10
      係る親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の
                   △ 836     1,634     △ 4,718     △ 2,584     △ 6,503      22,754      16,250
      当期変動額(純額)
                   △ 836     1,634     △ 4,718     △ 2,584     △ 6,503      22,754      67,229
     当期変動額合計
                   38,649      △ 6,182      19,964     △ 10,833      41,597      62,199     1,791,942
     当期末残高
                                  56/125









                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         152,156             105,195
       税金等調整前当期純利益
                                         255,692             267,828
       減価償却費
                                                      23,356
       減損損失                                    -
                                          4,684             4,600
       原子力発電施設解体費
                                         11,325             16,181
       固定資産除却損
                                        △ 28,894            △ 7,804
       退職給付に係る負債及び資産の増減額
       使用済燃料再処理等引当金の増減額
                                         △ 8,507
                                                        -
       (△は減少)
       使用済燃料再処理等準備引当金の増減額
                                           333
                                                        -
       (△は減少)
       原子力発電所運転終了関連損失引当金の増減額
                                         △ 1,276             △ 364
       (△は減少)
                                          △ 381            △ 19
       渇水準備引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 3,337            △ 2,602
       受取利息及び受取配当金
                                         28,723             26,464
       支払利息
                                        △ 30,292
       持分変動利益                                                 -
       使用済燃料再処理等積立金の増減額
                                         12,986
                                                        -
       (△は増加)
                                        △ 17,084
       未払使用済燃料再処理等拠出金の支払額                                                 -
                                         △ 1,140           △ 51,199
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          5,664            △ 6,055
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △ 25,748             23,685
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         54,438             58,828
       その他
                                         409,342             458,095
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  6,596             5,722
                                        △ 29,488            △ 26,909
       利息の支払額
                                        △ 51,387            △ 12,749
       法人税等の支払額
                                         335,063             424,159
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 322,307            △ 324,582
       固定資産の取得による支出
                                        △ 64,413            △ 48,723
       投融資による支出
                                         10,678             12,201
       投融資の回収による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の
                                                        50
                                           -
       取得による収入
                                         15,810             16,586
       その他
                                       △ 360,232            △ 344,467
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  57/125







                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         209,274              79,718
       社債の発行による収入
                                        △ 124,500            △ 40,000
       社債の償還による支出
                                         198,400              83,700
       長期借入れによる収入
                                        △ 241,917            △ 218,217
       長期借入金の返済による支出
                                         386,077             400,149
       短期借入れによる収入
                                        △ 378,770            △ 384,769
       短期借入金の返済による支出
                                          △ 125            △ 696
       自己株式の取得による支出
                                        △ 22,684            △ 22,681
       配当金の支払額
                                          △ 673            △ 848
       非支配株主への配当金の支払額
                                                      19,423
       非支配株主からの払込みによる収入                                    -
                                         △ 4,011            △ 4,448
       その他
                                         21,069            △ 88,670
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           14            △ 87
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 4,084            △ 9,065
      現金及び現金同等物の期首残高                                   324,390             293,953
      連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の増減額
                                        △ 26,352
                                                        -
      (△は減少)
                                       ※1  293,953           ※1  284,888
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  58/125













                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1   連結の範囲に関する事項
      (1)  連結子会社数        32 社
        すべての子会社を連結の範囲に含めている。
        (異動の状況)
         新規 3社
          Chubu   Electric     Power   & MUL  Germany    Transmission       GmbH,CEPO半田バイオマス発電株式会社,合同会社
         CEPCO-Rは,出資により,連結の範囲に含めている。 
       (2)   主要な連結子会社名
        ㈱シーエナジー,ダイヤモンドパワー㈱,㈱トーエネック,中電興業㈱,中部精機㈱,中電配電サポート㈱,
       中電不動産㈱,㈱中電オートリース,㈱中部プラントサービス,㈱シーテック,㈱テクノ中部,知多エル・エヌ・
       ジー㈱,㈱中電シーティーアイ,㈱トーエネックサービス,旭シンクロテック㈱
     2   持分法の適用に関する事項

      (1)  持分法適用の関連会社数             27 社
        すべての関連会社を持分法の適用範囲に含めている。
        (異動の状況)
         新規 3社
          Diamond    Germany    1.Transmission        GmbH,Diamond       Germany    2.Transmission        GmbH,C&Mリニューアブルエナ
         ジー合同会社は,出資により,持分法の適用範囲に含めている。
       (2)   主要な持分法適用の関連会社名
        愛知電機㈱,東海コンクリート工業㈱,新日本ヘリコプター㈱,中部テレコミュニケーション㈱,㈱JERA,
       Diamond    Germany    1.Transmission        GmbH,Diamond       Germany    2.Transmission        GmbH
     3   連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日が連結決算日と異なる会社は,TOENEC                           PHILIPPINES      INCORPORATED他3社であり,いずれも
       12月31日を決算日としている。連結財務諸表の作成にあたっては,当該連結子会社の決算日現在の財務諸表を使用
       している。
        なお,連結決算日との間に生じた重要な取引については,連結上必要な調整を行っている。
     4   会計方針に関する事項

       (1)   重要な資産の評価基準及び評価方法
         ①     有価証券
             その他有価証券のうち時価のあるものは決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法によ
        り処理し,売却原価は移動平均法により算定),時価のないものは移動平均法による原価法によっている。
         ②     デリバティブ
             時価法によっている。
         ③     たな卸資産
             たな卸資産のうち燃料は総平均法による原価法(連結貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切
        下げの方法)によっている。
       (2)   重要な減価償却資産の減価償却の方法
           有形固定資産は定率法,無形固定資産は定額法によっている。
                                  59/125




                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (3)   重要な引当金の計上基準

         ①     貸倒引当金
             売掛債権等の貸倒れによる損失に備えるため,一般債権については貸倒実績率により,破産更生債権等特定の
        債権については個別に回収可能性を検討し,回収不能見込額を計上している。
       ②   原子力発電所運転終了関連損失引当金
             浜岡原子力発電所1,2号機の運転終了に伴い,今後発生する費用または損失に備えるため,当連結会計年度
        末における合理的な見積額を計上している。
       ③   渇水準備引当金
         渇水による損失に備えるため,電気事業法等の一部を改正する法律(平成26年法律第72号)附則第16条第3項
        の規定によりなおその効力を有するものとして読み替えて適用される同法第1条の規定による改正前の電気事業
        法(昭和39年法律第170号)第36条の規定による引当限度額を計上している。
      (4)   退職給付に係る会計処理の方法
        従業員の退職給付に充てるため,当連結会計年度末における退職給付債務から年金資産の額を控除した額を退職
       給付に係る負債(年金資産の額が退職給付債務を超える場合には退職給付に係る資産)に計上している。
       ①   退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり,退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については,
        給付算定式基準によっている。
       ②   数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         過去勤務費用は,その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(連結子会社15年)による定額法
        により費用処理している。
         数理計算上の差異は,各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(当社3
        年,連結子会社3~15年)による定額法(一部の連結子会社は定率法)により按分した額をそれぞれ発生の翌連
        結会計年度(一部の連結子会社は発生の当連結会計年度)から費用処理することとしている。
      (5)  重要なヘッジ会計の方法
         ①     ヘッジ会計の方法
             繰延ヘッジ,金利スワップの特例処理及び振当処理によっている。
         ②     ヘッジ手段とヘッジ対象
         通貨スワップや金利スワップ等のデリバティブ取引をヘッジ手段とし,資金調達から発生する債務等をヘッジ
        対象としている。
         ③     ヘッジ方針
         当社グループ業務の範囲内における,実需取引に基づくキャッシュ・フローを対象とし,市場変動等による損
        失回避またはコストの低減を図る目的で,デリバティブ取引を実施している。
         ④     ヘッジ有効性評価の方法
         ヘッジに高い有効性があると認められるため,有効性の評価を省略している。
      (6)  のれんの償却方法及び償却期間
           のれんの償却については,発生原因に応じ20年以内で均等償却を行っている。
      (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
           連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は,手許現金,要求払預金及び容易に換金
       可能であり,かつ価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期
       投資としている。
                                  60/125





                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
       ①   使用済燃料の再処理等の実施に要する費用の計上方法
         使用済燃料の再処理等の実施に要する費用のうち,平成17年度の引当金計上基準変更に伴い生じた差異につい
        ては,「電気事業会計規則等の一部を改正する省令」(平成28年9月30日                                     経済産業省令第94号)附則第4条の
        定めに従い,平成31年度まで均等額を拠出金として使用済燃料再処理機構に納付することにより費用計上する方
        法によっている。
         なお,当連結会計年度末における未計上額は,16,496百万円である。
       ②   特定原子力発電施設の廃止措置に係る資産除去債務相当資産の費用計上方法
         有形固定資産のうち特定原子力発電施設の廃止措置に係る資産除去債務相当資産の費用計上方法は,「原子力
        発電施設解体引当金に関する省令」(平成元年5月25日                            通商産業省令第30号)の定めに従い,原子力発電施設
        解体費の総見積額を運転期間に安全貯蔵期間を加えた期間にわたり,定額法により費用計上する方法によってい
        る。
        (追加情報)
         平成30年4月1日に「原子力発電施設解体引当金に関する省令等の一部を改正する省令」(平成30年3月30日 
        経済産業省令第17号)が施行され,「原子力発電施設解体引当金に関する省令」(平成元年5月25日 通商産業
        省令第30号)が改正されたため,同施行日以降は,運転期間にわたり定額法により費用計上する方法に変更する
        こととなる。
       ③   消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は,税抜方式によっている。
     (未適用の会計基準等)

      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
     1   概要
        本会計基準等は,顧客との契約から生じる収益に関する会計処理及び開示について定めたものである。
     2   適用予定日
        平成34年3月期の期首より適用予定である。
     3   当該会計基準等の適用による影響
        影響額は,当連結財務諸表の作成時において評価中である。
     (表示方法の変更)

      連結損益計算書関係
      前連結会計年度において,「営業外費用」の「その他」に含めていた「有価証券評価損」は,金額的重要性が増した
     ため,当連結会計年度より独立掲記することとした。この表示方法の変更を反映させるため,前連結会計年度の連結財
     務諸表の組替えを行っている。
      この結果,前連結会計年度の連結損益計算書において,「営業外費用」の「その他」に表示していた4,690百万円は,
     「有価証券評価損」370百万円,「その他」4,319百万円として組み替えている。
                                  61/125







                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1    固定資産の工事費負担金等の受入れによる圧縮記帳額(累計)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
                                       190,009百万円             194,138百万円
     ※2    有形固定資産の減価償却累計額

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
                                      9,961,278            10,052,879
                                           百万円             百万円
     ※3    関連会社に対する株式及び出資金(うち,共同支配企業に対する投資の金額)

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
                                       357,571百万円             412,573百万円
                                       (310,079百万円)             (320,507百万円)
     ※4    担保資産及び担保付債務

       (1)  当社
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
        担保提供資産                          当社の全資産は,社債及             当社の全資産は,社債及
                                 び株式会社日本政策投資銀             び株式会社日本政策投資銀
                                 行からの借入金の一般担保             行からの借入金の一般担保
                                 に供している。             に供している。
        上記に対応する債務
         社債                              639,260百万円             679,260百万円
                                      (639,257百万円)             (679,259百万円)
         (連結貸借対照表計上額)
         株式会社日本政策投資銀行借入金                              381,635百万円             343,534百万円
         金融商品に関する会計基準における経過措置を適用
         した債務履行引受契約により債務の履行を委任した                              341,450百万円             91,050百万円
         社債
       (2)  連結子会社

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
        担保提供資産
         その他の固定資産                                553百万円             492百万円
        上記に対応する債務
         長期借入金                                126百万円             15百万円
       (3)  一部の連結子会社の出資会社における金融機関からの借入金等に対して担保に供している資産

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
         長期投資                                62百万円             73百万円
         関係会社長期投資                               1,387百万円             1,296百万円
                                  なお,出資会社が債務不             なお,出資会社が債務不
                                 履行となった場合の連結子             履行となった場合の連結子
                                 会社の負担は,上記のいず             会社の負担は,上記のいず
                                 れの資産についても当該資             れの資産についても当該資
                                 産額に限定されている。             産額に限定されている。
                                  62/125



                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     ※5    たな卸資産の内訳

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
                                         571             746
        商品及び製品                                  百万円             百万円
                                        5,439             4,818
        仕掛品                                  百万円             百万円
                                       62,821             69,492
        原材料及び貯蔵品                                  百万円             百万円
      6    偶発債務

       (1)  社債及び借入金に対する保証債務
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
        日本原燃株式会社                               117,226百万円             108,731百万円
        従業員(住宅財形借入ほか)                               62,298百万円             56,061百万円
        日本原子力発電株式会社                               38,095百万円             38,095百万円
        Cricket    Valley    Energy    Partners     LLC
                                       10,084百万円             21,701百万円
        Ichthys    LNG  Pty  Ltd.
                                       13,311百万円             12,612百万円
        MT  Falcon    Holdings     Company,S.A.P.I.de          C.V.
                                       10,089百万円             8,693百万円
        PT.Cirebon      Energi    Prasarana
                                             ―        3,271百万円
        Phoenix    Power   Company    SAOG
                                        1,957百万円             1,811百万円
        バジャドリド発電会社                                1,845百万円             1,749百万円
        楽天信託株式会社                                1,563百万円             1,405百万円
        メサイード発電会社                                 981百万円             929百万円
        ラスラファンC事業会社                                 882百万円             836百万円
        たはらソーラー合同会社                                 383百万円             339百万円
        鈴川エネルギーセンター株式会社                                 259百万円             259百万円
        Carroll    County    Energy    Holdings     LLC
                                        8,216百万円                  ―
       (2)  その他契約の履行に対する保証債務

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
        JERA   Energy    America    LLC
                                        7,758百万円            17,307百万円
        MT  Falcon    Holdings     Company,S.A.P.I.de          C.V.
                                        4,310百万円             3,987百万円
        バジャドリド発電会社                                1,131百万円             1,072百万円
        ダイヤモンドパワー株式会社                                     ―         810百万円
        Goreway    Power   Station    Holdings     Inc.
                                        1,156百万円              629百万円
        Phoenix    Operation     and  Maintenance      Company    LLC
                                         509百万円             482百万円
        PT.Cirebon      Energi    Prasarana
                                         103百万円             246百万円
        Phoenix    Power   Company    SAOG
                                         181百万円             198百万円
        JERA   Americas     Inc.
                                          10百万円             4百万円
        株式会社常陸那珂ジェネレーション                                 945百万円                 ―
        Q Power   Q.S.C.
                                         169百万円                 ―
        たはらソーラー合同会社                                 135百万円                 ―
        Ichthys    LNG  Pty  Ltd.
                                          2百万円                ―
                                  63/125



                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (3)  社債の債務履行引受契約に係る偶発債務

         次の社債については,金融商品に関する会計基準における経過措置を適用した債務履行引受契約を締結し,債
        務の履行を委任している。
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
        第411回社債(引受先          株式会社みずほ銀行)
                                       42,800百万円                   ―
        第412回社債(引受先          株式会社三菱東京UFJ銀行)
                                       27,200百万円                   ―
        第413回社債(引受先          株式会社みずほ銀行)                     32,800百万円                   ―
        第414回社債(引受先          株式会社三菱東京UFJ銀行)
                                       37,600百万円                   ―
        第415回社債(引受先          株式会社三菱東京UFJ銀行)
                                       63,800百万円                   ―
        第416回社債(引受先          株式会社三菱東京UFJ銀行)
                                       46,200百万円                   ―
        第418回社債(引受先          株式会社みずほ銀行)
                                       37,550百万円             37,550百万円
        第424回社債(引受先          株式会社三菱東京UFJ銀行)
                                       24,500百万円             24,500百万円
        第426回社債(引受先          株式会社三菱東京UFJ銀行)                     29,000百万円             29,000百万円
                                  64/125















                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
     ※1    営業費用の内訳
       前連結会計年度(自         平成28年4月1日         至  平成29年3月31日)
                              電気事業              電気事業営業費用のうち

             区分                 営業費用               販売費,一般管理費計
                              (百万円)                  (百万円)
                                     132,763                  52,753

     給料手当
                                      7,804                  7,804
     退職給与金
                                     614,568
     燃料費                                                     ―
                                     125,610                  41,294
     委託費
                                     236,289                  11,367
     減価償却費
                                     335,370
     他社購入電源費                                                     ―
                                     233,443
     再エネ特措法納付金                                                     ―
                                     545,926                  63,734
     その他
                                     2,231,778                   176,955
             小計
                                     △ 12,131
     内部取引の消去
                                                          ―
                                     2,219,646
             合計
       当連結会計年度(自         平成29年4月1日         至  平成30年3月31日)

                              電気事業              電気事業営業費用のうち

             区分                 営業費用               販売費,一般管理費計
                              (百万円)                  (百万円)
                                     130,933                  52,635

     給料手当
                                      14,834                  14,834
     退職給与金
                                     713,618
     燃料費                                                     ―
                                      99,794                  41,504
     委託費
                                     247,412                  11,524
     減価償却費
                                     393,946
     他社購入電源費                                                     ―
                                     276,729
     再エネ特措法納付金                                                     ―
                                     552,566                  57,588
     その他
                                     2,429,835                   178,085
             小計
                                     △ 14,719
     内部取引の消去
                                                          ―
                                     2,415,115
             合計
     ※2    営業費用に含まれる引当金繰入額

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    平成28年4月1日          (自    平成29年4月1日
                                   至   平成29年3月31日)           至   平成30年3月31日)
        貸倒引当金                                 880百万円            1,020百万円
        使用済燃料再処理等引当金                                4,171百万円                  ―
        使用済燃料再処理等準備引当金                                 333百万円                 ―
                                  65/125





                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     ※3    営業費用に含まれる研究開発費の総額
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    平成28年4月1日          (自    平成29年4月1日
                                   至   平成29年3月31日)           至   平成30年3月31日)
                                        9,902百万円            10,110百万円
                                   上記金額には,内部取             上記金額には,内部取
                                  引を考慮していない。             引を考慮していない。
     ※4 たな卸資産の帳簿価額切下額

       期末たな卸高は収益性の低下による簿価切下後の金額であり,次のたな卸資産評価損が営業費用に含まれている。
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    平成28年4月1日          (自    平成29年4月1日
                                   至   平成29年3月31日)           至   平成30年3月31日)
                                       16,287             7,639
                                           百万円             百万円
     ※5 減損損失

      当連結会計年度(自          平成29年4月1日         至  平成30年3月31日)
      (1)   資産のグルーピングの方法
         当社グループは,原則としてキャッシュ・フローの生成単位ごとに資産のグルーピングを行っている。ただ
        し,遊休資産や廃止等の処分が決定しておりその代替的な投資も予定されていない資産のうち重要なものについ
        ては,それぞれ独立した資産グループとしている。主なグルーピングの方法は以下のとおりである。
        イ 電気事業に使用している固定資産

                             グルーピングの区分
           電気事業固定資産の種類
         水力発電事業,
         火力発電事業,
                          主として事業単位
         原子力発電事業,
         新エネルギー発電事業
         上記以外の事業                 主としてカンパニー単位
        ロ その他事業に使用している固定資産

          原則として事業ごと,地点ごとにグルーピングしている。
       (追加情報)

        ・資産のグルーピングの見直し
         資産のグルーピング方法のうち,イ 電気事業に使用している固定資産については,これまで発電から販売ま
        での資産が1つのネットワークとして構成されており,一体となってキャッシュ・フローを生成していることか
        ら,原則として1つの資産グループとしてきた。
         しかし,エネルギー事業を取り巻く環境変化に柔軟かつ迅速に対応する自律的な事業体制を構築するための組
        織再編等を考慮した事業計画を策定したことなどにより,キャッシュ・フローの生成単位が変更となることか
        ら,当連結会計年度からグルーピングを見直した。
         これにより,従来の方法に比べ,税金等調整前当期純利益は20,834百万円減少している。
         なお,ロ その他事業に使用している固定資産のグルーピングについての変更はない。
                                  66/125





                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (2)  減損損失を認識した資産または資産グループ
                                                減損損失
              用 途                  場 所            種 類
                                                (百万円)
                                      建物,
         廃止予定等の発電設備               尾鷲三田火力発電所
                                      構築物,             21,504
         (電気事業固定資産)               (三重県尾鷲市)ほか4件
                                      機械装置等
                                      土地,
                       清水地点発電所建設用地               建物,
         使用計画未定の遊休資産等
                                                   1,851
         (その他の固定資産)  
                       (静岡県静岡市)ほか20件               構築物,
                                      機械装置等
                                                  23,356
                        合 計
         固定資産の種類ごとの内訳

          建物            1,567百万円
          構築物          3,088百万円
          機械装置 17,577百万円
          その他          1,122百万円
       (3)  減損損失の認識に至った経緯

         設備の廃止が決定しているものや,時価の著しい下落がみられるもの及び遊休となっており具体的な工事計画
        や将来の使用見込みがないものなどのうち,投資の回収が困難と判断された資産または資産グループについて,
        帳簿価額を回収可能価額まで減額し,当該減少額(23,356百万円)を減損損失として特別損失に計上した。
       (4)  回収可能額の算定方法

         回収可能価額は,正味売却価額または使用価値を使用している。
         使用価値は,将来キャッシュ・フローを当社資本コストに基づいた割引率により算定している。正味売却価額
        は,売却見込額等合理的な見積りにより算定しているが,他への転用や売却が困難な場合は零円としている。
                                  67/125











                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (連結包括利益計算書関係)
       ※1     その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    平成28年4月1日          (自    平成29年4月1日
                                   至   平成29年3月31日)           至   平成30年3月31日)
          その他有価証券評価差額金
           当期発生額                              2,367百万円             △793百万円
                                        △246百万円             △139百万円
           組替調整額
            税効果調整前
                                        2,121百万円             △932百万円
                                        △764百万円              250百万円
            税効果額
            その他有価証券評価差額金                              1,356百万円             △682百万円
          繰延ヘッジ損益
           当期発生額                               880百万円            △564百万円
                                        2,242百万円             1,224百万円
           組替調整額
            税効果調整前
                                        3,122百万円              660百万円
                                        △864百万円             △179百万円
            税効果額
            繰延ヘッジ損益                              2,258百万円              481百万円
          為替換算調整勘定
           当期発生額                             △13,898百万円              1,456百万円
                                        2,313百万円                  ―
           組替調整額
            為替換算調整勘定                             △11,585百万円              1,456百万円
          退職給付に係る調整額
           当期発生額                             △10,714百万円             △1,394百万円
                                       △8,359百万円             △1,644百万円
           組替調整額
            税効果調整前
                                      △19,074百万円             △3,039百万円
                                        5,348百万円              810百万円
            税効果額
            退職給付に係る調整額                             △13,725百万円             △2,229百万円
          持分法適用会社に対する持分相当額
           当期発生額                             △3,783百万円             △6,438百万円
           組替調整額                              19,222百万円             1,699百万円
           資産の取得原価調整額                               469百万円             483百万円
            持分法適用会社に対する持分相当額                              15,908百万円            △4,256百万円
             その他の包括利益合計                             △5,787百万円             △5,229百万円
                                  68/125







                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
      1   発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                 当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                   株式数(株)          増加株式数(株)            減少株式数(株)            株式数(株)
      発行済株式
        普通株式               758,000,000                ―           ―      758,000,000
        合    計
                     758,000,000                ―           ―      758,000,000
      自己株式
        普通株式                 743,530           58,666           2,344          799,852
        合    計
                       743,530           58,666           2,344          799,852
       (変動事由の概要)
       自己株式の増加株式数の内訳は,次のとおりである。
        単元未満株式の買取請求による増加                      57,962株
        持分法適用関連会社の持分比率増加に伴う自己株式(当社株式)の当社帰属分の増加                                           704株
       自己株式の減少株式数の内訳は,次のとおりである。
        単元未満株式の買増請求による減少                       2,344株
      2   配当に関する事項

        (1)   配当金支払額
                        配当金の総額       1株当たり配当額
         決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
      平成28年6月28日
                 普通株式         11,360          15      平成28年3月31日         平成28年6月29日
      定時株主総会
      平成28年10月28日
                 普通株式         11,359          15      平成28年9月30日         平成28年11月30日
      取締役会
       (2)   基準日が当連結会計年度に属する配当のうち,配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり
         決議       株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)             配当額(円)
      平成29年6月28日
                普通株式       11,359     利益剰余金         15    平成29年3月31日         平成29年6月29日
      定時株主総会
                                  69/125









                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
      1   発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                 当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                   株式数(株)          増加株式数(株)            減少株式数(株)            株式数(株)
      発行済株式
        普通株式               758,000,000                ―           ―      758,000,000
        合    計
                     758,000,000                ―           ―      758,000,000
      自己株式
        普通株式                 799,852           504,863           14,977         1,289,738
        合    計
                       799,852           504,863           14,977         1,289,738
       (変動事由の概要)
       自己株式の増加株式数の内訳は,次のとおりである。
        単元未満株式の買取請求による増加                    504,318株
        持分法適用関連会社の持分比率増加に伴う自己株式(当社株式)の当社帰属分の増加                                           545株
       自己株式の減少株式数の内訳は,次のとおりである。
        単元未満株式の買増請求による減少                      14,977株
      2   配当に関する事項

        (1)   配当金支払額
                        配当金の総額       1株当たり配当額
         決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
      平成29年6月28日
                 普通株式         11,359          15      平成29年3月31日         平成29年6月29日
      定時株主総会
      平成29年10月27日
                 普通株式         11,358          15      平成29年9月30日         平成29年11月30日
      取締役会
       (2)   基準日が当連結会計年度に属する配当のうち,配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり
         決議       株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)             配当額(円)
      平成30年6月27日
                普通株式       15,135     利益剰余金         20    平成30年3月31日         平成30年6月28日
      定時株主総会
                                  70/125










                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1    現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                                  (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    平成28年4月1日          (自    平成29年4月1日
                                   至   平成29年3月31日)           至   平成30年3月31日)
        現金及び預金勘定                               133,764             181,631
        預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                △810            △1,742
        短期投資勘定                               165,817             106,234
        取得日から3ヶ月を超えて償還期限の到来する
                                       △4,817             △1,234
        短期投資勘定
        現金及び現金同等物                               293,953             284,888
       (リース取引関係)

     オペレーティング・リース取引
      (1)   借手側
       未経過リース料
                           前連結会計年度                 当連結会計年度
                          (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     1年内                             33百万円                 43百万円
     1年超                            121百万円                  98百万円
     合計                            154百万円                 142百万円
      (2)   貸手側

       未経過リース料
                           前連結会計年度                 当連結会計年度
                          (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     1年内                            246百万円                 193百万円
     1年超                            585百万円                 402百万円
     合計                            831百万円                 595百万円
                                  71/125










                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
       1 金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
         当社グループは,主に電気事業の運営上必要な設備資金を,社債発行や銀行借入等により調達し,短期的な運
        転資金は,主に短期社債により調達することを基本としている。また,資金運用については譲渡性預金等の安全
        性の高い金融資産に限定している。
         デリバティブ取引については,当社グループ業務の範囲内で,リスク回避を目的として利用しており,投機目
        的のために利用することはない。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク

         有価証券は,譲渡性預金,事業運営や地域の発展に寄与する企業など中長期的な観点から当社グループの企業
        価値向上に資することを目的として取得した国内企業の株式並びに一部の子会社が保有する債券等であり,株式
        及び債券等は市場価格の変動リスクに晒されている。
         営業債権である受取手形及び売掛金は,顧客の信用リスクに晒されている。
         当社グループの有利子負債残高の大半は,社債,長期借入金の長期資金であるものの,その大部分を固定金利
        で調達していることから,業績への影響は限定的と考えられる。
         営業債務である支払手形及び買掛金は,そのほとんどが1年以内の支払期日である。
         デリバティブ取引については,資金調達に伴い発生する金融負債等に係る将来の為替相場及び金利変動による
        損失を回避するために,資金調達に伴い発生する金融負債等を対象とした通貨スワップ取引や金利スワップ取引
        等を実施している。なお,ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象,ヘッジ方針,ヘッジ有効性評価の方法
        等については,前述の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」の「重要なヘッジ会計の方法」に記
        載している。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制

        ①信用リスクの管理
         電気料金に係る売掛金については,電気供給約款等に基づき,顧客ごとに期日管理及び残高管理を行ってい
        る。
         デリバティブ取引の利用にあたっては,取引相手として信用度の高い金融機関等を選定し,取引契約後も相手
        先の信用状況を把握する等の対策を講じている。
        ②市場リスクの管理

         有価証券については,定期的に時価や発行体の財務・事業状況等を確認している。
         デリバティブ取引については,取引の実施権限,管理・報告方法等を定めた社内規程に基づき実施・管理して
        いる。取引管理部署は,取引実施部署から独立しており,取引実施毎に取引種別,契約額(想定元本)等を管理
        している。
        ③資金調達に係る流動性リスクの管理

         資金繰計画の作成及び日々の入出金予定の確認等の方法により管理している。
       (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には,市場価格に基づく価額のほか,市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
        れている。当該価額の算定においては,変動要因を織り込んでいるため,異なる前提条件等を採用することによ
        り,当該価額が変動することがある。「2 金融商品の時価等に関する事項」におけるデリバティブ取引に関す
        る契約額等は,その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではない。また,時価及び評価損
        益は,評価時点の市場指標等により合理的に見積もられる評価額であり,実際に将来受払いされる金額ではな
        い。
                                  72/125



                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       2 金融商品の時価等に関する事項
         連結貸借対照表計上額,時価及びこれらの差額については,次のとおりである。なお,時価を把握することが
        極めて困難と認められるものは,次表には含まれていない((注2)参照)。
                                                  (単位:百万円)
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (平成29年3月31日)                   (平成30年3月31日)
                       連結貸借                   連結貸借
                       対照表       時価      差額      対照表       時価      差額
                       計上額                   計上額
       資産
       (1)有価証券                  253,609      250,284      △3,324      192,819      190,621      △2,197
       (2)現金及び預金                  133,764      133,764         -    181,631      181,631         -
       (3)受取手形及び売掛金                  238,404      238,404         -    291,341      291,341         -
       負債
       (4)社債(※1)                  639,257      653,120       13,862      679,259      691,616       12,356
       (5)長期借入金(※1)                 1,672,047      1,747,312        75,265     1,537,330      1,606,141        68,811
       (6)短期借入金                  356,464      356,464         -    370,945      370,945         -
       (7)支払手形及び買掛金                  109,328      109,328         -    133,057      133,057         -
       (8)デリバティブ取引(※2)                  (3,929)      (3,929)         -    (3,268)      (3,268)         -
         (※1)(4)社債及び(5)長期借入金には1年以内に返済予定のものを含めている。
         (※2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務を純額で表示しており,合計で正味の債務となる項
           目については,( )で示している。
        (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

        (1)有価証券
         株式は取引所の価格により,債券は取引所の価格または取引先金融機関から提示された価格によっている。譲
        渡性預金等,短期間で決済されるものは,時価は帳簿価額にほぼ等しいことから,当該帳簿価額によっている。
        保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については「有価証券関係」注記参照。
        (2)現金及び預金,並びに(3)受取手形及び売掛金
         これらは短期間で決済されるため,時価は帳簿価額にほぼ等しいことから,当該帳簿価額によっている。
        (4)社債
         市場価格のあるものは市場価格に基づき,市場価格のないものは,新規に同様の社債を発行した場合に想定さ
        れる条件により算定している。なお,一部の社債は為替予約等の振当処理の対象とされており,当該デリバティ
        ブ取引と一体として処理された場合の条件により算定している。
        (5)長期借入金
         新規に同様の借入を行った場合に想定される条件により算定している。なお,一部の借入は金利スワップの特
        例処理の対象とされており,当該デリバティブ取引と一体として処理された場合の条件により算定している。
        (6)短期借入金
         これらは短期間で決済されるため,時価は帳簿価額にほぼ等しいことから,当該帳簿価額によっている。
        (7)支払手形及び買掛金
         これらは短期間で決済されるため,時価は帳簿価額にほぼ等しいことから,当該帳簿価額によっている。な
         お,一部の買掛金は為替予約等の振当処理の対象とされている。
        (8)デリバティブ取引
         「デリバティブ取引関係」注記参照。
                                  73/125





                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
        (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
                                  (単位:百万円)
                   前連結会計年度             当連結会計年度
            区分
                  (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
          非上場株式等                445,036             498,506
          これらについては,市場価格がなく,かつ,将来キャッシュ・フローを見積もるには過大なコストを要する
         と見込まれる。したがって,時価を把握することが極めて困難と認められるものであるため,「(1)有価証券」
         には含めていない。
        (注3)金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額
                                              当連結会計年度
                          前連結会計年度
                         (平成29年3月31日)
                                             (平成30年3月31日)
                          1年超     5年超               1年超     5年超
                    1年以内               10年超     1年以内               10年超
                         5年以内     10年以内               5年以内     10年以内
                    (百万円)               (百万円)     (百万円)               (百万円)
                         (百万円)     (百万円)               (百万円)     (百万円)
      有価証券
      満期保有目的の債券
        国債・地方債等
                     1,599      200      ―     ―    200      ―     ―     ―
        社債
                     1,599     1,699       ―     ―    599    1,099       ―     ―
        その他
                     1,399      400     200      ―    200     200     200      ―
       その他有価証券のうち
        満期があるもの
        債券
        国債・地方債等
                        ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
        社債
                        ―    314      ―    250      ―    309      ―    248
        その他
                        ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
        その他                161,000        ―     ―     ―  105,000        ―     ―     ―
      現金及び預金                133,764        ―     ―     ―  181,631        ―     ―     ―
      受取手形及び売掛金                238,389        14      ―     ―  291,324        17      ―     ―
           合計         537,753      2,629      200     250   578,955      1,626      200     248
        (注4)社債,長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

                                    前連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                   5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (百万円)                                  (百万円)
                           (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
       社債               40,000       60,000      100,000       60,000         ―    379,260
       長期借入金               217,851       174,322       177,971       234,371       186,019       681,510
       短期借入金               356,464          ―       ―       ―       ―       ―
           合計          614,315       234,322       277,971       294,371       186,019      1,060,770
                                    当連結会計年度

                                   (平成30年3月31日)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                   5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (百万円)                                  (百万円)
                           (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
       社債               60,000      100,000       60,000         ―    80,000      379,260
       長期借入金               175,562       179,211       235,778       187,426       71,430      687,920
       短期借入金               370,945          ―       ―       ―       ―       ―
           合計          606,507       279,211       295,778       187,426       151,430      1,067,180
                                  74/125




                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
     1   満期保有目的の債券
                          前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (平成29年3月31日)                    (平成30年3月31日)
            種類
                     連結貸借対                    連結貸借対
                             時価       差額             時価       差額
                     照表計上額                    照表計上額
                            (百万円)       (百万円)             (百万円)       (百万円)
                     (百万円)                    (百万円)
      (時価が連結貸借対照表
       計上額を超えるもの)
        国債・地方債等               1,799       1,820        20      200       202        2
        社債               3,299       3,373        74     1,699       1,733        33
        その他               1,799       1,845        45      400       429       29
        小計               6,899       7,039        140     2,299       2,365        65
      (時価が連結貸借対照表
       計上額を超えないもの)
        国債・地方債等                 ―       ―       ―       ―       ―       ―
        社債                 ―       ―       ―       ―       ―       ―
        その他                200       196       △3       200       196       △3
        小計                200       196       △3       200       196       △3
            合計            7,099       7,236        136     2,499       2,561        61
     2   その他有価証券

                          前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (平成29年3月31日)                    (平成30年3月31日)
            種類
                     連結貸借対                    連結貸借対
                            取得原価        差額            取得原価        差額
                     照表計上額                    照表計上額
                            (百万円)       (百万円)             (百万円)       (百万円)
                     (百万円)                    (百万円)
      (連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの)
        株式               74,541       17,030       57,511       74,272       17,554       56,718
        債券
         国債・地方債等                ―       ―       ―       ―       ―       ―
         社債               565       499       65      557       499       58
         その他                ―       ―       ―       ―       ―       ―
        その他                 ―       ―       ―       ―       ―       ―
        小計               75,106       17,529       57,576       74,830       18,054       56,776
      (連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの)
        株式                777       820      △43       261       275      △14
        債券
         国債・地方債等                ―       ―       ―       ―       ―       ―
         社債                ―       ―       ―       ―       ―       ―
         その他                ―       ―       ―       ―       ―       ―
        その他              161,000       161,000          ―    10,000       10,000         ―
        小計              161,777       161,820        △43      10,261       10,275        △14
            合計           236,883       179,350       57,532       85,091       28,329       56,761
                                  75/125





                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     3   連結会計年度中に売却したその他有価証券
                          前連結会計年度                    当連結会計年度
                        (自    平成28年4月1日                 (自    平成29年4月1日
                         至   平成29年3月31日)                  至   平成30年3月31日)
            種類
                            売却益の       売却損の             売却益の       売却損の
                      売却額                    売却額
                            合計額       合計額             合計額       合計額
                     (百万円)                    (百万円)
                            (百万円)       (百万円)             (百万円)       (百万円)
        株式               3,066        607        ―       9       0       9
        債券
         国債・地方債等                ―       ―       ―       ―       ―       ―
         社債                ―       ―       ―       ―       ―       ―
         その他                ―       ―       ―       ―       ―       ―
        その他                339        7       ―       ―       ―       ―
            合計            3,405        615        ―       9       0       9
     4   減損処理を行った有価証券

       当連結会計年度において,有価証券について4,005百万円(前連結会計年度は370百万円)の減損処理を行ってい
      る。
                                  76/125














                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (デリバティブ取引関係)
     1   ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      (1)通貨関連
            該当なし。
      (2)金利関連
            該当なし。
      (3)商品関連
         該当なし。
     2   ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)                (平成30年3月31日)
      ヘッジ会計               主なヘッジ
                                 契約額等                契約額等
              取引の種類
       の方法               対象
                           契約額等      のうち      時価    契約額等      のうち      時価
                           (百万円)      1年超     (百万円)     (百万円)      1年超     (百万円)
                                 (百万円)                (百万円)
     原則的処理        為替予約取引       買掛金
     方法               (予定取引)
               買建                ―     ―     ―   12,827     12,827      △631
             金利スワップ        社債及び
             取引
                     長期借入金
              受取変動
                            324,500     288,500     △6,178     288,500     202,500     △3,768
              /支払固定
              受取固定
                            50,000     50,000      2,248     50,000        ―   1,130
              /支払変動
     為替予約等の        通貨スワップ        社債
                            20,000     20,000      (*)     20,000     20,000      (*)
     振当処理        取引
             為替予約取引       買掛金
               買建
                               ―     ―     ―   2,028       ―   (*)
     金利スワップ        金利スワップ        長期借入金
     の特例処理        取引
              受取変動
                            78,152     16,414      (*)     16,414     14,720      (*)
              /支払固定
               合計                ―     ―  △3,929         ―     ―  △3,268
      (注)     時価の算定方法
         取引先金融機関から提示された価格によっている。
     (*)   為替予約等の振当処理あるいは金利スワップの特例処理によるものは,ヘッジ対象と一体として処理されている
        ため,その時価は当該ヘッジ対象の時価に含めて評価している。
                                  77/125









                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
      1   採用している退職給付制度の概要
        当社及び連結子会社は,確定給付企業年金制度,退職一時金制度及び確定拠出年金制度を設けている。
        また,従業員の退職に際して割増退職金を支払う場合がある。
      2   確定給付制度

       (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
        退職給付債務の期首残高                               586,806    百万円          566,932    百万円
         勤務費用                              17,576   百万円          17,360   百万円
         利息費用                               4,712   百万円           4,571   百万円
         数理計算上の差異の発生額                               6,054   百万円           1,020   百万円
         退職給付の支払額                             △48,197    百万円         △33,564    百万円
         その他                               △19  百万円           △28  百万円
        退職給付債務の期末残高                               566,932    百万円          556,291    百万円
       (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
        年金資産の期首残高                               413,567    百万円          403,635    百万円
         期待運用収益                               8,271   百万円           7,014   百万円
         数理計算上の差異の発生額                              △4,657    百万円           △387   百万円
         事業主からの拠出額                               9,667   百万円           9,310   百万円
         退職給付の支払額                             △23,213    百万円         △21,772    百万円
         その他                                △0  百万円            △1  百万円
        年金資産の期末残高                               403,635    百万円          397,799    百万円
       (3)  簡便法を適用した制度の,退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
        退職給付に係る負債の期首残高                                4,851   百万円           4,941   百万円
         退職給付費用                                833  百万円            793  百万円
         退職給付の支払額                               △669   百万円           △728   百万円
         制度への拠出額                               △51  百万円           △51  百万円
         その他                               △23  百万円            26 百万円
        退職給付に係る負債の期末残高                                4,941   百万円           4,981   百万円
       (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る

        資産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
        積立型制度の退職給付債務                               413,263    百万円          405,375    百万円
        年金資産                              △404,988     百万円         △399,113     百万円
                                        8,275   百万円           6,262   百万円
        非積立型制度の退職給付債務                               159,963    百万円          157,211    百万円
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               168,238    百万円          163,474    百万円
        退職給付に係る負債                               187,141    百万円          182,130    百万円

        退職給付に係る資産                              △18,903    百万円         △18,656    百万円
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               168,238    百万円          163,474    百万円
        (注)     簡便法を適用した制度を含む。
                                  78/125




                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
        勤務費用                               17,576   百万円          17,360   百万円
        利息費用                                4,712   百万円           4,571   百万円
        期待運用収益                               △8,271    百万円          △7,014    百万円
        数理計算上の差異の費用処理額                               △8,330    百万円          △1,597    百万円
        過去勤務費用の費用処理額                                △35  百万円           △35  百万円
        簡便法で計算した退職給付費用                                 833  百万円            793  百万円
        その他                                4,761   百万円           4,012   百万円
        確定給付制度に係る退職給付費用                               11,245   百万円          18,090   百万円
       (6)  退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりである。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
        過去勤務費用                                △35  百万円           △35  百万円
        数理計算上の差異                              △19,039    百万円          △3,004    百万円
          合   計
                                      △19,074    百万円          △3,039    百万円
       (7)  退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりである。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
        未認識過去勤務費用                                △105   百万円           △70  百万円
        未認識数理計算上の差異                               17,226   百万円          20,230   百万円
          合   計
                                       17,120   百万円          20,160   百万円
       (8)  年金資産に関する事項

        ①   年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は,次のとおりである。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
          債券                                  46 %            46 %
          生保一般勘定                                  29 %            30 %
          株式                                  12 %            13 %
          その他                                  13 %            11 %
          合   計
                                           100  %            100  %
        ②   長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため,保有している年金資産の配分,過去の運用実績,運用方針及
        び市場の動向等を考慮している。
       (9)  数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
        ①   割引率
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
          当社                                0.9  %            0.9  %
                                                      0.1~0.8
          連結子会社                              0.1~0.8    %              %
        ②   長期期待運用収益率

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
          当社                                2.0  %            1.7  %
                                                      1.8~2.0
          連結子会社                                2.0  %              %
                                  79/125



                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      3   確定拠出制度
        当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は,前連結会計年度2,663百万円,当連結会計年度2,614百万円
       であった。
       (税効果会計関係)

      1   繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
         繰延税金資産
          退職給付に係る負債                             50,401百万円             51,854百万円
          減価償却費損金算入限度超過額                             34,915百万円             34,252百万円
          資産除去債務                             33,656百万円             33,352百万円
          地役権償却額                             28,209百万円             30,646百万円
          減損損失                             13,448百万円             19,366百万円
          未実現利益の消去                             18,801百万円             19,175百万円
          使用済燃料再処理費用                             12,541百万円             13,899百万円
                                       80,777百万円             79,532百万円
          その他
         繰延税金資産小計
                                      272,752百万円             282,080百万円
                                      △47,293百万円             △50,715百万円
         評価性引当額
         繰延税金資産合計
                                      225,458百万円             231,365百万円
         繰延税金負債
          その他有価証券評価差額金                            △14,572百万円             △14,322百万円
          資産除去債務相当資産                             △7,665百万円             △7,130百万円
                                      △11,483百万円             △12,478百万円
          その他
         繰延税金負債合計                             △33,720百万円             △33,931百万円
         繰延税金資産の純額                              191,737百万円             197,433百万円
         (注)    前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は,連結貸借対照表の以下の項目に含
           まれている。
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
         固定資産-繰延税金資産
                                      165,855百万円             174,374百万円
         流動資産-繰延税金資産                              28,302百万円             25,247百万円
         固定負債-その他                              △2,405百万円             △2,182百万円
         流動負債-その他                               △15百万円              △6百万円
                                  80/125







                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       2   法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの,当該差異の原因と
        なった主要な項目別の内訳
                                    前連結会計年度             当連結会計年度

                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
         法定実効税率
                                          27.8%                ―
          (調整)
          持分法による投資損益                                △6.7%                 ―
          評価性引当額                                 1.1%               ―
                                           1.0%               ―
          その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 23.2%                ―
         (注)    当連結会計年度は法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の
           100分の5以下であるため,記載を省略している。
                                  81/125
















                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (企業結合等関係)
       企業結合に関する重要な後発事象等(共同支配企業の形成) 
        当社は,平成30年5月9日開催の取締役会において,当社の燃料受入・貯蔵・送ガス事業および既存火力発電事
       業等(以下,「本件事業」という)を会社分割の方法によって,株式会社JERA(以下,「JERA」という)
       に統合させるため,JERAとの間で吸収分割契約(以下,「本件吸収分割契約」という)を締結することを決議
       し,同日,本件吸収分割契約をJERAと締結した。
        なお,JERAは本件吸収分割契約の締結と同時に,東京電力フュエル&パワー株式会社(以下,「東京電力F
       P」という)との間にも別途吸収分割契約を締結し,東京電力FPの燃料受入・貯蔵・送ガス事業および既存火力
       発電事業等を同時に承継する予定である。
        1   取引の概要 

         (1)  対象となった事業の名称および当該事業の内容
            ガス・LNG販売事業,LNG受入・貯蔵・送ガス事業,既存火力発電事業(尾鷲三田火力発電事業を
           除く)及び既存火力発電所のリプレース・新設事業並びにこれらに付帯関連する事業
         (2)  企業結合日

            平成31年4月1日(予定)
         (3)  企業結合の法的形式

            当社を分割会社とし,JERAを承継会社とする吸収分割
         (4)  結合後企業の名称

            株式会社JERA
         (5)  その他取引の概要に関する事項

            当社は,平成29年6月8日,東京電力FPとの間で,両社の燃料受入・貯蔵・送ガス事業および既存火
           力発電事業等をJERAへ統合(以下,本事業統合)する旨の合弁契約を締結した。また,平成30年2月
           27日,本事業統合の諸条件や手続きに関する事項等を定めた関連合意書(以下,「本関連合意書」とい
           う)を締結した。これらに基づき,JERAに,本件事業を統合させることとした。
         (6)  共同支配企業の形成と判定した理由

            この共同支配企業の形成にあたっては,当社と東京電力FPとの間で,両社がJERAの共同支配企業
           となる合弁契約および本関連合意書を締結しており,企業結合に際して支払われる対価はすべて議決権の
           ある株式である。また,その他支配関係を示す一定の事実は存在していない。従って,この企業結合は共
           同支配企業の形成であると判定した。
        2   実施する会計処理の概要

           「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)および「企業結合会計基準及
          び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日)に基づき,
          共同支配企業の形成として処理する予定である。
                                  82/125






                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (資産除去債務関係)
       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       1   当該資産除去債務の概要

         主として「核原料物質,核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」(昭和32年6月10日                                            法律第166号)に規
        定された特定原子力発電施設の廃止措置について資産除去債務を計上している。
         有形固定資産のうち特定原子力発電施設の廃止措置に係る資産除去債務相当資産の費用計上方法は,「原子力
        発電施設解体引当金に関する省令」(平成元年5月25日                            通商産業省令第30号)の定めに従い,原子力発電施設
        解体費の総見積額を運転期間に安全貯蔵期間を加えた期間にわたり,定額法により費用計上する方法によってい
        る。
         なお,平成30年4月1日に「原子力発電施設解体引当金に関する省令等の一部を改正する省令」(平成30年3
        月30日 経済産業省令第17号)が施行され,「原子力発電施設解体引当金に関する省令」(平成元年5月25日 
        通商産業省令第30号)が改正されたため,同施行日以降は,運転期間にわたり定額法により費用計上する方法に
        変更することとなる。
       2   当該資産除去債務の金額の算定方法

         特定原子力発電施設の廃止措置については,「原子力発電施設解体引当金に関する省令」(平成元年5月25日 
        通商産業省令第30号)に定める積立期間(運転期間に安全貯蔵期間を加えた期間)を支出までの見込み期間と
        し,割引率は2.3%を使用して資産除去債務の金額を計算している。
         ただし,「原子力発電施設解体引当金に関する省令」(平成元年5月25日                                      通商産業省令第30号)に基づき原
        子力発電施設解体引当金として計算した金額が,上記算定による金額を上回る場合には,同省令に基づく金額を
        計上している。
       3   当該資産除去債務の総額の増減

                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    平成28年4月1日          (自    平成29年4月1日
                                   至   平成29年3月31日)           至   平成30年3月31日)
         期首残高                                 198,907             206,812
         資産除去債務の履行による減少額                                 △1,305              △418
         その他                                  9,209             2,784
         期末残高                                 206,812             209,178
                                  83/125









                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      1   報告セグメントの概要
        当社グループの報告セグメントは,当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり,取締
       役会が,業績を評価するために,定期的に検討を行う対象となっているものである。
        当社グループは,電気事業およびガスやオンサイトエネルギーなどを供給するエネルギー事業をコア領域とし
       て,国内事業で培ったノウハウを活かした海外エネルギー事業,電気事業に関連する設備の拡充や保全のための建
       設,資機材供給のための製造など,さまざまな事業を展開している。
        また,事業環境が大きく変化する中,発電・送配電・小売の各事業分野において,迅速かつ柔軟に対応する自律
       的な事業体制を構築するため,平成28年4月にカンパニー制を導入し,「発電」,「電力ネットワーク」,「販
       売」の3つのカンパニーを設置した。
        この体制の下,「発電」,「電力ネットワーク」,「販売」の3つを報告セグメントとしている。
        [発電]

         火力および再生可能エネルギーによる電力の供給
        [電力ネットワーク]
         電力ネットワークサービスの提供
        [販売]
         ガス&パワーを中心とした総合エネルギーサービスの展開
      2   報告セグメントごとの売上高,利益又は損失,資産その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は,「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
       ける記載と同一である。報告セグメントの利益は,営業利益ベースの数値である。セグメント間の内部売上高又は
       振替高は,原則として原価をベースに設定された社内取引価格に基づき算定している。
                                  84/125











                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      3   報告セグメントごとの売上高,利益又は損失,資産その他の項目の金額に関する情報
        前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                     報告セグメント
                                                      連結財務諸
                                     その他           調整額
                                                      表計上額
                                           合計
                                    (注1)           (注2)
                    電力ネット
                                                      (注3)
                発電           販売      計
                     ワーク
     売上高
       外部顧客への売上高

                29,477     50,710    2,344,140     2,424,328      179,208    2,603,537             2,603,537
                                                    ―
       セグメント間の内部
               956,800     682,190     108,465    1,747,455      530,960    2,278,416     △ 2,278,416
                                                          ―
       売上高又は振替高
         計
               986,278     732,900    2,452,605     4,171,784      710,168    4,881,953     △ 2,278,416      2,603,537
     セグメント利益又は
                61,294     35,095     51,111     147,501     △ 8,513    138,987      △ 2,543     136,443
     セグメント損失(△)
     セグメント資産
              1,134,454     2,168,496      213,355    3,516,305     2,160,185      5,676,490      △ 264,183     5,412,307
     その他の項目

       減価償却費

                85,692     128,640      6,021    220,354      39,299     259,654      △ 3,961     255,692
      有形固定資産及び
               125,142     114,677      7,267    247,087     105,128      352,215      △ 6,527     345,688
      無形固定資産の増加額
      (注)   1   「その他」の区分は,報告セグメントに含まれない事業セグメント等であり,当社の原子力部門,管理間接
          部門,その他の連結子会社等を含んでいる。
        2   「調整額」は,以下のとおりである。
        (1)セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額△2,543百万円には,セグメント間取引消去△1,858百万
          円が含まれている。
        (2)セグメント資産の調整額△264,183百万円は,セグメント間取引消去によるものである。
        (3)減価償却費の調整額△3,961百万円は,セグメント間取引消去によるものである。
        (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額△6,527百万円は,セグメント間取引消去によるもので
          ある。
        3   セグメント利益又はセグメント損失(△)は,連結財務諸表の営業利益と調整を行っている。
                                  85/125










                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                     報告セグメント
                                                      連結財務諸
                                     その他           調整額
                                                      表計上額
                                           合計
                                    (注1)           (注2)
                    電力ネット
                                                      (注3)
                発電           販売      計
                     ワーク
     売上高
       外部顧客への売上高

                47,509     85,785    2,527,909     2,661,204      192,105    2,853,309             2,853,309
                                                    ―
       セグメント間の内部
              1,050,138      658,893     105,983    1,815,016      514,021    2,329,037     △ 2,329,037
                                                          ―
       売上高又は振替高
         計
              1,097,648      744,678    2,633,893     4,476,220      706,126    5,182,347     △ 2,329,037      2,853,309
     セグメント利益

                38,274     55,268     38,145     131,687      7,134    138,822      △ 2,317     136,505
     セグメント資産

              1,146,610     2,153,319      251,887    3,551,818     2,265,674      5,817,493      △ 287,304     5,530,188
     その他の項目

       減価償却費

                99,159     127,624      6,069    232,854      39,066     271,920      △ 4,092     267,828
      減損損失

                20,836       745         21,581      1,775     23,356             23,356
                             ―                       ―
       有形固定資産及び
               134,939     118,540      11,460     264,940      84,973     349,913      △ 6,170     343,743
       無形固定資産の増加額
      (注)   1   「その他」の区分は,報告セグメントに含まれない事業セグメント等であり,当社の原子力部門,管理間接
          部門,その他の連結子会社等を含んでいる。
        2   「調整額」は,以下のとおりである。
        (1)セグメント利益の調整額△2,317百万円には,セグメント間取引消去△1,722百万円が含まれている。
        (2)セグメント資産の調整額△287,304百万円は,セグメント間取引消去によるものである。
        (3)減価償却費の調整額△4,092百万円は,セグメント間取引消去によるものである。
        (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額△6,170百万円は,セグメント間取引消去によるもので
          ある。
        3   セグメント利益は,連結財務諸表の営業利益と調整を行っている。
                                  86/125










                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      【関連情報】
      1   製品及びサービスごとの情報
         単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため,記載を省
        略している。
      2   地域ごとの情報

       (1)  売上高
         本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため,記載を省略している。
       (2)  有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため,記載を
        省略している。
      3   主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち,連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため,記載はない。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
        重要性が乏しいため,記載を省略している。
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                     報告セグメント
                                        その他      全社・消去        合計
                   電力ネット
              発電              販売       計
                    ワーク
               20,836        745            21,581       1,775             23,356
      減損損失                         ―                    ―
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        重要性が乏しいため,記載を省略している。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        該当事項なし
                                  87/125









                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       【関連当事者情報】
     1 関連当事者との取引
        連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
         連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
       前連結会計年度(自             平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

                             議決権等
                 資本金又
        会社等の名称              事業の内容            関連当事者            取引金額         期末残高
     種類         所在地   は出資金            の所有           取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業            との関係            (百万円)         (百万円)
                 (百万円)
                            (被所有)割合
     関連         東京都                                     流動負債
                     燃料事業および        (所有)     燃料の購入
        ㈱JERA          5,000                     燃料の購入(注)       422,194          34,622
                     国内外発電事業
                             直接50.0%     役員の兼任等
     会社         中央区                                      その他
      (注)   取引条件及び取引条件の決定方針等

         市場実勢を勘案し,交渉の上決定している。
       当連結会計年度(自             平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                             議決権等
                 資本金又
        会社等の名称              事業の内容            関連当事者            取引金額         期末残高
     種類         所在地   は出資金            の所有           取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業            との関係            (百万円)         (百万円)
                 (百万円)
                            (被所有)割合
     関連         東京都                                     流動負債
                             (所有)     燃料の購入
                     燃料事業および
        ㈱JERA          5,000                     燃料の購入(注)       613,396          22,140
                     国内外発電事業
                             直接50.0%     役員の兼任等
     会社         中央区                                      その他
      (注)   取引条件及び取引条件の決定方針等

         市場実勢を勘案し,交渉の上決定している。
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

        重要な関連会社の要約財務情報
         当連結会計年度において,重要な関連会社は㈱JERAであり,その要約連結財務情報は以下のとおりであ
        る。
                                    (単位:百万円)
                           ㈱JERA
                    前連結会計年度(注)              当連結会計年度
                                        596,094
     流動資産合計                        -
                                        493,099
     固定資産合計                        -
                                        266,877

     流動負債合計                        -
                                        242,121
     固定負債合計                        -
                                        580,194

     純資産合計                        -
                                       2,235,189

     売上高                        -
                                        52,658
     税金等調整前当期純利益                        -
     親会社株主に帰属する
                                        38,918
                             -
     当期純利益
      (注)   ㈱JERAは,重要性が増したため,当連結会計年度から重要な関連会社としている。
                                  88/125




                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                                              当連結会計年度

                             前連結会計年度
                           (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
             項目
                           至    平成29年3月31日)
                                             至    平成30年3月31日)
      1株当たり純資産                             2,225.66円                  2,285.87円
      1株当たり当期純利益                               151.43円                  98.24円
      (注)    1   潜在株式調整後1株当たり当期純利益については,潜在株式が存在しないため記載していない。
         2   1株当たり純資産の算定上の基礎は,以下のとおりである。

                             前連結会計年度末                  当連結会計年度末
                            (平成29年3月31日)                  (平成30年3月31日)
      純資産の部の合計額                           1,724,713百万円                 1,791,942百万円
      純資産の部の合計額から
                                   39,445百万円                 62,199百万円
      控除する金額
      (うち非支配株主持分)                             39,445百万円                 62,199百万円
      普通株式に係る期末の純資産                           1,685,267百万円                 1,729,742百万円

      1株当たり純資産の算定に
                                  757,200千株                 756,710千株
      用いられた期末の普通株式の数
         3   1株当たり当期純利益の算定上の基礎は,以下のとおりである。

                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                            至    平成29年3月31日)                至    平成30年3月31日)
      親会社株主に帰属する
                                  114,665百万円                  74,372百万円
      当期純利益
      普通株主に帰属しない金額                                  ─                 ─
      普通株式に係る親会社株主に
                                  114,665百万円                  74,372百万円
      帰属する当期純利益
      普通株式の期中平均株式数                            757,229千株                 757,050千株
                                  89/125










                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
       ⑤  【連結附属明細表】
        【社債明細表】
                              当期首残高       当期末残高       利率

        会社名         銘柄       発行年月日                         担保      償還期限
                              (百万円)       (百万円)      (%)
      中部電力㈱       第411回社債          平成9.4.30            ―       ―   3.125     あり     平成29.4.25
             第412回社債            9.6.25            ―       ―   3.500     あり       29.6.23
             第413回社債            9.9.30            ―       ―   3.050     あり       29.9.25
             第414回社債            9.11.28            ―       ―   2.700     あり       29.11.24
             第415回社債            10.3.6            ―       ―   3.000     あり       30.3.23
             第416回社債            10.3.25            ―       ―   2.900     あり       30.3.23
             第418回社債            10.5.29            ―       ―   2.700     あり       30.5.25
             第420回社債            10.7.31          9,260       9,260    3.000     あり       40.7.25
             第424回社債            10.11.30            ―       ―   2.000     あり       30.11.22
             第426回社債            11.1.29            ―       ―   2.750     あり       31.1.25
             第431回社債            11.6.28          10,000       10,000     3.700     あり       31.6.25
             (リバース・デュアル
              カレンシー社債)
             第433回社債            11.11.19          10,000       10,000     4.000     あり       31.11.25
             (リバース・デュアル
              カレンシー社債)
                                       19,999
             第476回社債            18.6.23          19,999           2.120     あり       30.6.25
                                      (19,999)
             第482回社債              19.6.25          19,998       19,999     2.170     あり         31.6.25
             第485回社債              19.11.22          19,999         ―   1.770     あり         29.11.24
                                       20,000
             第486回社債              20.8.29          20,000           1.691     あり         30.8.24
                                      (20,000)
                                       20,000
             第488回社債            21.2.27          20,000           1.562     あり       31.2.25
                                      (20,000)
             第490回社債            21.7.30          20,000       20,000     1.444     あり       31.7.25
             第491回社債            21.9.18          20,000       20,000     1.458     あり       31.9.25
             第492回社債            21.10.22          20,000       20,000     1.405     あり       31.10.25
                         22.4.27                              32.4.24
             第494回社債                    20,000       20,000     1.433     あり
             第496回社債            22.7.14          20,000       20,000     1.227     あり       32.7.24
             第497回社債            22.10.21          20,000       20,000     0.986     あり       32.10.23
             第498回社債            24.9.21          20,000         ―   0.566     あり       29.9.25
             第499回社債            25.6.14          20,000       20,000     1.194     あり       35.6.23
             第500回社債            26.5.22          20,000       20,000     0.875     あり       36.5.24
             第501回社債            26.9.19          20,000       20,000     0.803     あり       36.9.25
             第502回社債            26.12.11          20,000       20,000     0.671     あり       36.12.25
             第503回社債            27.3.6          20,000       20,000     0.584     あり       37.3.25
             第504回社債            27.8.12          10,000       10,000     0.694     あり       37.8.25
             第505回社債            27.8.12          10,000       10,000     1.128     あり       42.8.23
                                  90/125





                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
                              当期首残高       当期末残高       利率
        会社名         銘柄       発行年月日                         担保      償還期限
                              (百万円)       (百万円)      (%)
      中部電力㈱       第506回社債          平成27.9.11          20,000       20,000     0.695     あり     平成37.9.25
             第507回社債            28.1.22          20,000       20,000     0.605     あり       38.1.23
             第508回社債            28.4.15          20,000       20,000     0.180     あり       35.4.25
             第509回社債            28.6.17          10,000       10,000     0.250     あり       38.6.25
             第510回社債            28.6.17          10,000       10,000     0.628     あり       48.6.25
             第511回社債            28.7.15          20,000       20,000     0.210     あり       38.7.24
             第512回社債            28.7.15          10,000       10,000     0.435     あり       48.7.25
             第513回社債            28.8.30          20,000       20,000     0.140     あり       35.8.25
             第514回社債            28.10.17          10,000       10,000     0.100     あり       34.10.25
             第515回社債            28.10.17          10,000       10,000     0.693     あり       48.10.24
             第516回社債            28.12.6          10,000       10,000     0.260     あり       38.12.25
             第517回社債            28.12.6          10,000       10,000     0.706     あり       48.12.25
             第518回社債            29.1.20          30,000       30,000     0.190     あり       35.1.25
             第519回社債            29.1.20          20,000       20,000     0.840     あり       49.1.23
             第520回社債            29.3.7          20,000       20,000     0.190     あり       35.3.24
             第521回社債            29.3.7          10,000       10,000     0.853     あり       49.3.25
             第522回社債            29.4.14            ―    20,000     0.130     あり       34.4.25
             第523回社債            29.4.14            ―    10,000     0.863     あり       49.4.24
             第524回社債            29.5.31            ―    20,000     0.390     あり       39.5.25
                         29.5.31
             第525回社債                      ―    10,000     0.816     あり       49.5.25
                         29.10.16
             第526回社債                      ―    10,000     0.380     あり       39.10.25
                         29.10.16
             第527回社債                      ―    10,000     0.806     あり       49.10.23
                                      679,259
             合計             ―       639,257            ―     ―      ―
                                      (59,999)
      (注)   1   次の回号の中部電力社債については金融商品に関する会計基準における経過措置を適用した債務履行引受契

          約を締結し,債務の履行を委任したので,償還したものとして処理している。したがって,連結貸借対照表
          には表示していない。
           中部電力第426回社債(債務履行引受契約締結日:平成26年9月19日)
           中部電力第418回社債(債務履行引受契約締結日:平成27年9月9日)
           中部電力第424回社債(債務履行引受契約締結日:平成27年9月9日)
           2     次の回号の中部電力社債は,リバース・デュアルカレンシー社債であり,利息はそれぞれ下記の通貨にて支
          払う。各社債の利率は,それぞれ下記の固定為替レートにより換算した各社債の額面金額相当額に対しての
          利率である。なお,各社債とも発行時に支払利息について,通貨スワップにより円貨額を確定している。
           中部電力第431回社債(利払通貨:米ドル  利率:年3.700%  為替レート:1米ドル=121.32円)
           中部電力第433回社債(利払通貨:米ドル  利率:年4.000%  為替レート:1米ドル=105.90円)
        3   当期末残高の下段(           )内の数値は,1年以内の償還予定額を内書したものである。
        4   連結決算日後5年内における償還予定額は以下のとおりである。
             1年以内        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

             (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
                60,000         100,000          60,000            ―       80,000
        5   当期末残高は,償却原価法に基づいて算定された価額を記載している。

                                  91/125




                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
        【借入金等明細表】
                        当期首残高         当期末残高         平均利率

             区分                                       返済期限
                         (百万円)         (百万円)          (%)
                                                 平成31年4月26日~
      長期借入金(1年以内に返済予定
                          1,454,196         1,361,767           1.154
      のものを除く。)
                                                 平成49年12月29日
                                                 平成31年4月20日~
      リース債務(1年以内に返済予定
                           33,174         36,485           ―
      のものを除く。)
                                                 平成45年11月30日
      1年以内に返済予定の長期借入金                     217,851         175,562          1.126        ―
      1年以内に返済予定のリース債務                      4,556         5,553           ―      ―
      短期借入金                     356,464         370,945          0.215        ―
      その他有利子負債
        その他の固定負債                        ―        200        0.210        ―
        その他の流動負債                      7,000         7,900         0.118        ―
             合計             2,073,243         1,958,414             ―      ―
      (注)   1   平均利率の算定は期末時点の利率及び残高によっている。
          なお,リース債務については,リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額で連結貸借対照表に
          計上しているため,平均利率を記載していない。
        2   長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定
          額は以下のとおりである。
                       1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内

                        (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
           長期借入金                179,211         235,778         187,426          71,430
           リース債務                 5,422         4,892         4,259         3,357
               合計            184,634         240,670         191,685          74,788
        【資産除去債務明細表】

                        当期首残高         当期増加額         当期減少額         当期末残高

             区分
                         (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
          特定原子力発電施設
                           135,010          4,600          410       139,200
       (原子力発電施設解体引当金)
          特定原子力発電施設
                            68,153         1,011         3,243        65,921
            (その他)
             その他               3,649          415          7       4,057
                                  92/125








                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【その他】
       当連結会計年度における四半期情報等

             (累計期間)               第1四半期        第2四半期        第3四半期       当連結会計年度

     売上高(営業収益)                 (百万円)        655,470       1,393,309        2,062,749        2,853,309

     税金等調整前四半期(当期)純利益                 (百万円)         29,187        88,576        116,656        105,195

     親会社株主に帰属する

                       (百万円)         20,692        62,185        80,846        74,372
     四半期(当期)純利益
     1株当たり四半期(当期)純利益                   (円)        27.33        82.13        106.78         98.24

             (会計期間)               第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期

     1株当たり四半期純利益又は

                        (円)        27.33        54.80        24.65        △8.56
     1株当たり四半期純損失(△)
                                  93/125














                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
     2 【財務諸表等】
      (1) 【財務諸表】
       ① 【貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
                                        4,421,862              4,437,185
       固定資産
                                     ※1 , ※6  3,140,784           ※1 , ※6  3,199,436
         電気事業固定資産
                                         322,062              315,423
           水力発電設備
                                         583,084              689,243
           汽力発電設備
                                         159,880              145,614
           原子力発電設備
                                            87              104
           内燃力発電設備
                                          14,267              13,085
           新エネルギー等発電設備
                                         714,291              690,841
           送電設備
                                         418,080              421,143
           変電設備
                                         815,641              812,449
           配電設備
                                         112,487              110,629
           業務設備
                                           901              902
           貸付設備
                                      ※1 , ※6  18,815           ※1 , ※6  17,101
         附帯事業固定資産
                                        ※1  6,203            ※1  6,697
         事業外固定資産
                                         389,187              317,907
         固定資産仮勘定
                                         387,851              305,102
           建設仮勘定
                                          1,336              2,360
           除却仮勘定
                                                        10,444
           使用済燃料再処理関連加工仮勘定                                 -
                                         176,615              179,755
         核燃料
                                          40,040              40,040
           装荷核燃料
                                         136,575              139,715
           加工中等核燃料
                                         690,255              716,286
         投資その他の資産
                                         195,171              184,796
           長期投資
                                         328,780              353,411
           関係会社長期投資
                                          11,972              11,247
           長期前払費用
                                          22,837              26,846
           前払年金費用
                                         132,578              140,351
           繰延税金資産
                                         △ 1,085              △ 366
           貸倒引当金(貸方)
                                         534,685              564,030
       流動資産
                                          86,129              127,538
         現金及び預金
                                         178,777              218,149
         売掛金
                                          14,477              12,579
         諸未収入金
                                         151,000               95,000
         短期投資
         貯蔵品                                 59,226              66,035
                                           724              764
         前払費用
                                          2,569              2,689
         関係会社短期債権
                                          22,345              19,332
         繰延税金資産
                                          20,703              23,532
         雑流動資産
                                         △ 1,268             △ 1,590
         貸倒引当金(貸方)
                                      ※2  4,956,547            ※2  5,001,216
       合計
                                  94/125




                                                           EDINET提出書類
                                                       中部電力株式会社(E04502)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債及び純資産の部
                                        2,468,691              2,412,507
       固定負債
                                       ※2  599,258            ※2  619,259
         社債
                                     ※2 , ※7  1,404,083           ※2 , ※7  1,306,054
         長期借入金
                                          4,793              4,006
         長期未払債務
                                          5,888              5,202
         リース債務
                                          10,193              15,687
         関係会社長期債務
                                         127,948              124,608
         退職給付引当金
                                          9,575              9,211
         原子力発電所運転終了関連損失引当金
                                         203,163              205,121
         資産除去債務
                                         103,788              123,356
         雑固定負債
                                        1,044,798              1,121,215
       流動負債
                 &nb