株式会社鉄人化計画 四半期報告書 第20期第2四半期(平成29年12月1日-平成30年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第20期第2四半期(平成29年12月1日-平成30年2月28日)

提出日:

提出者:株式会社鉄人化計画

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                  四半期報告書

     【根拠条文】                  金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                  関東財務局長

     【提出日】                  平成30年4月16日

     【四半期会計期間】                  第20期第2四半期(自 平成29年12月1日 至 平成30年2月28日)

     【会社名】                  株式会社鉄人化計画

     【英訳名】                  TETSUJIN     Inc.

     【代表者の役職氏名】                  代表取締役社長         岡﨑 太輔

     【本店の所在の場所】                  東京都目黒区東山三丁目8番1号

     【電話番号】                  03(3793)5111(代表)

     【事務連絡者氏名】                  執行役員経営管理本部長 稲富 誠一郎

     【最寄りの連絡場所】                  東京都目黒区東山三丁目8番1号

     【電話番号】                  03(3793)5117

     【事務連絡者氏名】                  執行役員経営管理本部長 稲富 誠一郎

     【縦覧に供する場所】                  株式会社東京証券取引所

                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/24








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

       連結経営指標等
                                    第19期        第20期

                  回次                 第2四半期        第2四半期         第19期
                                   連結累計期間        連結累計期間
                                   自   平成28年      自   平成29年      自   平成28年
                                     9月1日        9月1日        9月1日
                 会計期間
                                   至   平成29年      至   平成30年      至   平成29年
                                     2月28日        2月28日        8月31日
                                     4,036,536        3,721,755        7,830,901
     売上高                         (千円)
                                      28,528        68,793       △ 167,716

     経常利益又は経常損失(△)                         (千円)
                                     △ 80,880       △ 135,611      △ 1,584,162

     親会社株主に帰属する四半期(当期)純損失(△)                         (千円)
                                     △ 62,588       △ 132,147      △ 1,576,710

     四半期包括利益又は包括利益                         (千円)
                                     1,571,896        △ 119,548         16,989

     純資産額                         (千円)
                                     7,373,471        4,569,514        5,799,315

     総資産額                         (千円)
                                      △ 13.02       △ 21.84       △ 255.07

     1株当たり四半期(当期)純損失金額(△)                          (円)
     潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)

                               (円)         -        -        -
     純利益金額
                                       20.7        △ 2.6        0.3

     自己資本比率                          (%)
                                      377,981        146,840        491,155

     営業活動によるキャッシュ・フロー                         (千円)
                                     △ 197,708        △ 41,086       △ 326,292

     投資活動によるキャッシュ・フロー                         (千円)
                                     △ 152,699       △ 966,927       △ 324,517

     財務活動によるキャッシュ・フロー                         (千円)
                                     1,579,787         531,074       1,392,185

     現金及び現金同等物の四半期末(期末)残高                         (千円)
                                     第19期         第20期

                  回次                  第2四半期         第2四半期
                                   連結会計期間         連結会計期間
                                   自   平成28年       自   平成29年
                                     12月1日         12月1日
                 会計期間
                                   至   平成29年       至   平成30年
                                     2月28日         2月28日
                                        17.47         12.56
     1株当たり四半期純利益金額                          (円)
      (注)    1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移につきましては
           記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第20期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存
           在しないため記載しておりません。
         4.第19期第2四半期連結累計期間及び第19期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額について
           は、潜在株式はありますが、1株当たり四半期純損失及び1株当たり当期純損失を計上しているため記載
           しておりません。
                                  2/24



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内
       容に重要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
        なお、第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状
       況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等) セグメント情報」の「2.報告セグメントの変更
       等に関する事項」をご参照ください。
                                  3/24


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」からの重要な変更があった事項は以下のとおり
       であります。
        なお、以下の見出しに付された項目番号は、前事業年度の有価証券報告書における「第一部 企業情報 第2 
       事業の状況 4 事業等のリスク」の項目番号に対応したものです。
        ⑬借入金に係る財務制限条項について
        当社は、旧シンジケート・ローンの総額借換えを目的に金融機関7社からなるシンジケート団との間で平成27年
       8月6日を契約日とした返済期限を5年間、2,900百万円及び平成28年12月26日を契約日とした返済期限を5年
       間、1,300百万円シンジケート・ローン契約を締結しております。
        なお、平成29年8月末現在、3,350百万円の借入残高があります。
        契約において、各年度の年度決算における単体及び連結の損益計算書の経常損益、各年度の年度決算期末におけ
       る単体及び連結の貸借対照表における純資産の部の金額や、連結の損益計算書の経常利益等により算出される一定
       の指数等を基準とした財務制限条項が付加されており、利率の上昇又は請求により期限の利益を喪失する等、当社
       グループの業績に影響を及ぼす可能性がありましたが、既存借入金については、平成30年4月13日にシンジケー
       ト・ローン契約の規定に基づく期限前弁済及びコミット型シンジケート・ローン契約の規定に基づく期限前弁済を
       実行し、四半期報告書提出日現在には本リスクに関しては解消しております。
        また、四半期報告書提出日現在において、資金繰り改善、長期資金の安定化及び財務制限条項の解消を目的とし
       たリファイナンス(借換)のため、平成30年3月30日付でタームローン契約を締結しております。
        契約において、各年度の年度決算における連結損益計算書の経常損益、各年度の年度決算期末における連結貸借
       対照表における純資産の部の金額を基準とした財務制限条項が付加されており、利率の上昇又は請求により期限の
       利益を喪失する等、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        (重要事象等について)

        当社グループが取引金融機関との間で締結している借入金契約には、財務制限条項が付されているものがありま
       すが、前連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純損失の計上等により、財務制限条項に抵触することになり、
       継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
        このような状況を解消すべく、資金繰り改善、長期資金の安定化及び財務制限条項の解消を目的としたリファイ
       ナンス(借換)のため、平成30年3月30日付でタームローン契約を締結し、既存借入金については、平成30年4月13
       日にシンジケート・ローン契約の規定に基づく期限前弁済及びコミット型シンジケート・ローン契約の規定に基づ
       く期限前弁済を実行し、四半期報告書提出日現在には本リスクは解消しております。
        上記の内容により、当社グループは、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないと判断しておりま
       す。
     2  【経営上の重要な契約等】
        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/24






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)  業績
        当第2四半期連結累計期間における我が国経済は、政府・日銀による経済対策や金融政策の効果から企業収益や
       雇用所得環境の改善により緩やかな回復基調を維持しております。一方、世界経済の不確実性や先行き不安による
       国内個人消費の低価格志向など景気の先行きは不透明な状況が続いております。
        このような経済環境の下、当社グループは「カラオケルーム運営事業への注力」、「新規事業への厳選投資」、
       「コーポレートガバナンス強化」を経営方針として、カラオケルーム運営事業に対して店舗社員採用の再開と店舗
       設備のリニューアルを行うことで毀損した店舗収益力の回復を図り、また、当社グループの特色を活かしたコラボ
       企画による差別化を推し進めるとともに、ガバナンス体制を見直すことで肥大化していた本社費の削減と圧縮を
       行っております。
        これらの結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高                            3,721百万円      (前年同四半期比        7.8%減    )、経常利益
       68百万円    (前年同四半期比        141.1%増     )、親会社株主に帰属する四半期純                 損失135百万円       (前年同四半期親会社株主
       に帰属する四半期純         損失80百万円      )となりました。
        セグメントの業績は次のとおりです。
        第1四半期連結会計期間より、従来、「その他」に含めておりました「まんが喫茶(複合カフェ)運営事業」につ
       いて、管理の効率化を図るために、「カラオケルーム運営事業」に集約しております。
        なお、当第2四半期連結累計期間の比較・分析は、変更後の区分に基づいております。
        以下の売上高にはセグメント間の内部売上高又は振替高を含んでおります。
       (カラオケルーム運営事業)
        当事業におきましては、大手事業者の都心部への積極出店や余暇文化の多様化による他業種との競争が激化する
       なか、市場はこれまでの横ばいの状況から僅かにマイナスへと転じております。このような環境のなか、毀損した
       店舗収益力を回復させるため、店舗社員採用と適正配置の実施、店舗リニューアルの実施及びコラボ企画の推進並
       びに仕入原価・本社経費の圧縮と削減を行いました。
        これらの結果、当第2四半期連結累計期間におけるカラオケルーム運営事業の売上高は                                         3,572百万円      (前年同四
       半期比   7.3%減    )、セグメント       利益(営業利益)は364百万円              (前年同期比      0.5%減    )となりました。
       (CP事業)
        当事業におきましては、「カラオケの鉄人モバイル」サイトを中心に運営を行っております。フィーチャーフォ
       ンからスマートフォンへの乗換えも進み、売上高及び利益は減少傾向となっております。
        その結果、当第2四半期連結累計期間におけるCP事業の売上高は                               86百万円    (前年同四半期比        17.9%減    )、セグ
       メント   利益(営業利益)は57百万円             (前年同四半期比        16.1%減    )となりました。
       (その他)
        その他の業績概要は、以下のとおりです。
        不動産賃貸業におきましては、計画通りの業績で進捗しております。
        当社100%連結子会社でアメリカ合衆国の準州であるグアムに本店を置く、TETSUJIN                                        USA  Inc.はグアム・タモン
       地区「Guam      Reef   &  Olive   Spa  Resort」内でエンターテインメントレストラン1店舗を運営しておりますが、昨
       今の北朝鮮情勢悪化に伴う同地の日本人観光客の激減の影響もあり、売上高は減少傾向となっております。
        これらの結果、当第2四半期連結累計期間におけるその他の売上高は                                62百万円    (前年同四半期比        17.2%減    )、セ
       グメント    損失(営業損失)は1百万円             (前年同四半期セグメント            利益6百万円      )となりました。
                                  5/24






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
      (2)  財政状態
       (資産)
        当第2四半期連結会計期間末における、資産の合計は、                          4,569百万円      となり、前連結会計年度末に比較して                  1,229
       百万円減少     いたしました。
        流動資産は、      1,099百万円      となり、    1,022百万円減少        いたしました。主な要因は、現金及び預金が                     891百万円減少
       したこと等によるものであります。固定資産は、                       3,469百万円      となり、    206百万円減少       いたしました。主な要因は、
       有形固定資産が       3百万円増加      、無形固定資産が        27百万円減少      及び投資その他の資産が183百万円減少したこと等によ
       るものであります。
       (負債)
        当第2四半期連結会計期間末における、負債の合計は、                          4,689百万円      となり、前連結会計年度末に比較して                  1,093
       百万円減少     いたしました。主な要因は、借入金が848百万円減少及び未払費用が                                110百万円減少       したこと等によるも
       のであります。
       (純資産)
        当第2四半期連結会計期間末における、純資産の合計は、前連結会計年度末に比較して                                         136百万円減少       の △119百
       万円  となりました。内訳としましては、利益剰余金が                       138百万円減少       したこと等によるものであります。
      (3)  キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、前連結会計年度末に比
       較して861百万円減少(前年同四半期は29百万円の増加)し、                            531百万円     となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果増加した資金は、                146百万円     (前年同四半期は        377百万円     の増加)となりました。主な増加要因は
       税金等調整前四半期純利益            73百万円    、減価償却費      76百万円    によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動の結果減少した資金は、                41百万円    (前年同四半期は        197百万円     の減少)となりました。これは主に有形
       固定資産の取得87百万円及び定期預金の払戻による収入30百万円等によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動の結果減少した資金は、                966百万円     (前年同四半期は        152百万円     の減少)となりました。これは主に長期
       借入金の返済      848百万円     及び社債の償還       100百万円     等を行ったことによるものであります。
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当連結会社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに
       生じた課題はありません。
      (5)  研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間の研究開発費はありません。
        なお、当第2四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (6)  重要事象等について

        当社グループが取引金融機関との間で締結している借入金契約には、財務制限条項が付されているものがありま
       すが、前連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純損失の計上等により、財務制限条項に抵触することになり、
       継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
        このような状況を解消すべく、資金繰り改善、長期資金の安定化及び財務制限条項の解消を目的としたリファイ
       ナンス(借換)のため、平成30年3月30日付でタームローン契約を締結し、既存借入金については、平成30年4月13
       日にシンジケート・ローン契約の規定に基づく期限前弁済及びコミット型シンジケート・ローン契約の規定に基づ
       く期限前弁済を実行し、四半期報告書提出日現在には本リスクは解消しております。
        上記の内容により、当社グループは、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないと判断しておりま
       す。
                                  6/24



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     23,712,000

                  計                                   23,712,000

       ②  【発行済株式】

                                    上場金融商品取引所

              第2四半期会計期間末
                         提出日現在発行数(株)
                現在発行数(株)
        種類                           名又は登録認可金融               内容
                          (平成30年4月16日)
               (平成30年2月28日)
                                    商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                              単元株式数は100株であ
       普通株式            6,687,200           6,687,200
                                              ります。
                                     (市場第二部)
         計           6,687,200           6,687,200          ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                               資本金増減額       資本金残高

                 発行済株式総       発行済株式総                     資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 数増減数(株)       数残高(株)                     減額(千円)       高(千円)
                                (千円)       (千円)
     平成29年12月1日~
                      ―   6,687,200           ―    743,509          ―    735,859
     平成30年2月28日
                                  7/24







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                                 平成30年2月28日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
        氏名又は名称                     住所
                                              (株)      所有株式数
                                                    の割合(%)
     ファースト・パシフィッ
                  東京都目黒区中根1丁目7-20                            2,432,500          36.37
     ク・キャピタル有限会社
     株式会社横浜銀行(常任             神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目1-1(東京
     代理人 資産管理サービ             都中央区晴海1丁目8-12 晴海アイランドトリトン                             240,000         3.58
     ス信託銀行株式会社)             スクエアオフィスタワーZ棟)
                  東京都中央区銀座4丁目12-15                             200,000         2.99
     株式会社ドワンゴ
                                               199,900         2.98
     日 野 洋 一             東京都目黒区
                                               185,200         2.76
     吉 田 嘉 明             千葉県浦安市
                                               162,600         2.43
     佐 藤 幹 雄             東京都江東区
                  愛知県名古屋市瑞穂区桃園町3-8                             120,000         1.79
     株式会社エクシング
     株式会社グッドスマイル
                  東京都千代田区外神田3丁目16-12                             80,000         1.19
     カンパニー
                                               72,000         1.07
     日 野 元 太             東京都目黒区
                                              3,692,200          55.21
          計                   -
      (注)    上記のほか自己株式が476,600株(7.12%)あります。
      (7)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                               平成30年2月28日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                           ―            ―       ―

     議決権制限株式(自己株式等)                           ―            ―       ―

     議決権制限株式(その他)                           ―            ―       ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                       ―       ―
                      普通株式       476,600
     完全議決権株式(その他)                 普通株式      6,209,700              62,097          ―
     単元未満株式                          900             ―       ―

     発行済株式総数                       6,687,200                ―       ―

     総株主の議決権                           ―          62,097          ―

       ②  【自己株式等】

                                               平成30年2月28日現在
                                                 発行済株式総数に
       所有者の氏名
                         自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
                 所有者の住所                                対する所有株式数
                         式数(株)        式数(株)        計(株)
        又は名称
                                                 の割合(%)
     (自己保有株式)
                目黒区東山三丁目
                             476,600           ―     476,600           7.12
                8番1号
     株式会社鉄人化計画
         計           ―         476,600           ―     476,600           7.12
     2  【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/24


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年12月1日から平成
      30年2月28日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年9月1日から平成30年2月28日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年8月31日)              (平成30年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,462,512               571,404
         現金及び預金
                                         122,907               99,518
         受取手形及び売掛金
                                           755              883
         商品及び製品
                                          51,220              50,369
         原材料及び貯蔵品
                                         488,369              380,874
         その他
                                         △ 2,984             △ 3,090
         貸倒引当金
                                        2,122,781              1,099,960
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        1,121,313              1,132,926
           建物及び構築物(純額)
                                          68,506              74,213
           工具、器具及び備品(純額)
                                         465,495              451,876
           その他(純額)
                                        1,655,315              1,659,016
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         117,516               90,321
           その他
                                         117,516               90,321
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        1,728,764              1,715,903
           差入保証金
                                         177,603               7,088
           その他
                                         △ 2,665             △ 2,776
           貸倒引当金
                                        1,903,702              1,720,215
           投資その他の資産合計
                                        3,676,533              3,469,553
         固定資産合計
                                        5,799,315              4,569,514
       資産合計
                                 10/24










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年8月31日)              (平成30年2月28日)
      負債の部
       流動負債
                                         139,370              113,293
         買掛金
                                         100,000              100,000
         1年内償還予定の社債
                                      ※  1,520,511             ※  1,292,588
         1年内返済予定の長期借入金
                                         517,604              407,555
         未払費用
                                         45,406              39,712
         未払法人税等
                                         52,061              67,096
         資産除去債務
                                         19,620              19,505
         ポイント引当金
                                         104,969              127,777
         その他
                                        2,499,545              2,167,528
         流動負債合計
       固定負債
                                         100,000
         社債                                                 -
                                      ※  2,798,513             ※  2,178,270
         長期借入金
         資産除去債務                                226,865              200,914
                                         157,402              142,349
         その他
                                        3,282,781              2,521,534
         固定負債合計
                                        5,782,326              4,689,062
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         743,509              743,509
         資本金
                                         736,667              736,667
         資本剰余金
                                       △ 1,297,211             △ 1,436,022
         利益剰余金
                                        △ 176,550             △ 176,550
         自己株式
                                          6,415            △ 132,395
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          9,383              12,846
         為替換算調整勘定
                                          9,383              12,846
         その他の包括利益累計額合計
                                          1,190
       新株予約権                                                  -
                                         16,989             △ 119,548
       純資産合計
                                        5,799,315              4,569,514
      負債純資産合計
                                 11/24









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年9月1日              (自 平成29年9月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
                                        4,036,536              3,721,755
      売上高
                                        3,246,669              3,087,908
      売上原価
                                         789,866              633,846
      売上総利益
                                       ※  783,739             ※  547,572
      販売費及び一般管理費
                                          6,127              86,274
      営業利益
      営業外収益
                                           19              36
       受取利息
                                         63,000               3,358
       協賛金収入
                                          5,539
       為替差益                                                  -
                                          8,010              8,886
       その他
                                         76,570              12,281
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         25,634              22,967
       支払利息
                                         24,750               1,000
       支払手数料
                                          3,783              5,794
       その他
                                         54,168              29,761
       営業外費用合計
                                         28,528              68,793
      経常利益
      特別利益
                                                        5,000
                                           -
       固定資産売却益
                                                        5,000
       特別利益合計                                    -
      特別損失
                                           509               24
       固定資産除却損
                                         108,172
                                                         -
       減損損失
                                         108,682                 24
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        △ 80,153              73,769
      純損失(△)
                                           726            209,380
      法人税等
                                        △ 80,880             △ 135,611
      四半期純損失(△)
                                        △ 80,880             △ 135,611
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 12/24









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年9月1日              (自 平成29年9月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
                                        △ 80,880             △ 135,611
      四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                         18,292               3,463
       為替換算調整勘定
                                         18,292               3,463
       その他の包括利益合計
                                        △ 62,588             △ 132,147
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 62,588             △ 132,147
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 13/24
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年9月1日              (自 平成29年9月1日
                                 至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四
                                        △ 80,153              73,769
       半期純損失(△)
                                         156,279               76,000
       減価償却費
                                         108,172
       減損損失                                                  -
                                         11,201
       長期前払費用償却額                                                  -
                                          △ 415              216
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                           586             △ 115
       ポイント引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 19             △ 36
       受取利息及び受取配当金
                                         25,634              22,967
       支払利息及び社債利息
                                         △ 4,634              1,263
       為替差損益(△は益)
                                                       △ 5,000
       有形固定資産売却損益(△は益)                                    -
                                           509               24
       固定資産除却損
                                         △ 9,811              23,414
       売上債権の増減額(△は増加)
                                         △ 8,322               731
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         14,735             △ 26,090
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         △ 3,110
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                                  -
                                         55,680              21,952
       未払又は未収消費税等の増減額
                                         60,877             △ 24,228
       その他
                                         327,211              164,867
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    17              34
                                        △ 26,518             △ 23,460
       利息の支払額
                                         △ 8,741             △ 11,733
       法人税等の支払額
                                         86,012              17,132
       法人税等の還付額
                                         377,981              146,840
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 94,550             △ 87,943
       有形固定資産の取得による支出
                                                        5,000
       有形固定資産の売却による収入                                    -
                                        △ 57,805              △ 1,300
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 3,000              △ 760
       貸付けによる支出
                                                         100
       貸付金の回収による収入                                    -
                                                       30,000
       定期預金の払戻による収入                                    -
       差入保証金の差入による支出                                 △ 20,412                △ 5
                                           138             13,127
       差入保証金の回収による収入
                                        △ 22,079                694
       投資その他の資産の増減額(△は増加)
                                        △ 197,708              △ 41,086
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         702,000
       長期借入れによる収入                                                  -
                                        △ 811,042             △ 848,166
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 10,000             △ 100,000
       社債の償還による支出
       リース債務の返済による支出                                 △ 33,284             △ 18,597
                                          △ 372             △ 164
       配当金の支払額
                                        △ 152,699             △ 966,927
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          2,171                62
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         29,743             △ 861,110
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        1,550,044              1,392,185
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※  1,579,787              ※  531,074
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/24



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計方針の変更等)
        (税金費用の計算方法の変更)
         従来、当社は税金費用については、原則的な方法により計算しておりましたが、四半期決算業務の一層の効率
        化を図るため、第1四半期連結会計期間より連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効
        税率を合理的に見積り、税引前四半期純損益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法に変更しております。な
        お、この変更による影響は軽微であるため遡及適用を行っておりません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        当第2四半期連結累計期間(自 平成29年9月1日 至 平成30年2月28日)
         税金費用については、当社は当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効
        果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しておりま
        す。
         なお、当連結会計年度は課税所得の発生が見込まれないため、当第2四半期累計期間については、法人住民税
        均等割額年間発生見積額の4分の2に相当する金額を税金費用として計上しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

       ※ シンジケートローン
       (1)  当社グループは平成27年8月6日にシンジケートローン契約を締結しており、平成28年8月以降に終了する連
        結会計年度における純資産及び経常利益が、一定額以上であることを約する財務制限条項が付されております。
        財務制限条項の対象となる借入金残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                            (平成29年8月31日)                 (平成30年2月28日)
        金額の総額                       2,900,000千円                 2,900,000千円
        借入実行高                       2,900,000千円                 2,900,000千円
         差引                           -千円                 -千円
       (2)  当社グループは平成28年12月26日にシンジケートローン契約を締結しており、平成29年8月以降に終了する連

        結会計年度における純資産及び経常利益が、一定額以上であることを約する財務制限条項が付されております。
        財務制限条項の対象となる借入金残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                            (平成29年8月31日)                 (平成30年2月28日)
        金額の総額                       1,300,000千円                 1,300,000千円
        借入実行高                       1,300,000千円                 1,300,000千円
         差引                           -千円                 -千円
        (四半期連結損益計算書関係)

       ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自 平成28年9月1日                 (自 平成29年9月1日
                            至 平成29年2月28日)                  至 平成30年2月28日)
                                 50,400                 27,975
        役員報酬                            千円                 千円
                                231,513                 176,945
        給与手当                            千円                 千円
                                  586                △ 115
        ポイント引当金繰入額                            千円                 千円
                                 15/24





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       
        りであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自 平成28年9月1日                 (自 平成29年9月1日
                            至 平成29年2月28日)                  至 平成30年2月28日)
        現金及び預金勘定                       1,650,113     千円             571,404    千円
        預入期間が3か月を超える定期預金                        △70,325    千円             △40,329    千円
        現金及び現金同等物                       1,579,787     千円             531,074    千円
        (株主資本等関係)

      Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成28年9月1日 至 平成29年2月28日)
       1 配当金支払額
         該当事項はありません。
       2 株主資本の金額の著しい変動

         該当事項はありません。
      Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成29年9月1日 至 平成30年2月28日)

       1 配当金支払額
         該当事項はありません。
       2 株主資本の金額の著しい変動

         該当事項はありません。
                                 16/24












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
      Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成28年9月1日          至   平成29年2月28日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                               (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                 四半期連結
                                  その他           調整額    損益計算書
                                        合計
                  カラオケ
                                                  計上額
                                  (注)1           (注)2
                  ルーム     CP事業       計
                                                  (注)3
                  運営事業
     売上高
      外部顧客への売上高           3,855,929      105,314    3,961,243       75,292    4,036,536           4,036,536

                                               -
      セグメント間の内部
                     -     -      -     -      -     -      -
      売上高又は振替高
                 3,855,929      105,314    3,961,243       75,292    4,036,536           4,036,536
          計                                     -
     セグメント利益又は
                  366,597      68,728     435,325      6,302    441,627    △ 435,500       6,127
     損失(△)
       (注)1.     「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、「音響設備販売事業」、「不動産
          賃貸事業」等を含んでおります。
        2.  セグメント利益の調整額           △435,500千円       には、セグメント間取引消去             5,263千円     、各報告セグメントに配賦し
          ていない全社費用        △440,764千円       が含まれており、これは主に親会社本社のグループ管理部門に係る費用で
          あります。
        3.  セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係る重要な減損損失)
         「カラオケルーム運営事業」セグメントにおいて、固定資産の減損損失を計上しております。なお当該減損損
         失の計上額は、当第2四半期連結累計期間においては                         108,172千円      であります。
                                 17/24











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
      Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成29年9月1日          至   平成30年2月28日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                               (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                 四半期連結
                                  その他           調整額    損益計算書
                                        合計
                  カラオケ
                                                  計上額
                                  (注)1           (注)2
                  ルーム     CP事業       計
                                                  (注)3
                  運営事業
     売上高
      外部顧客への売上高           3,572,953       86,466    3,659,420       62,334    3,721,755           3,721,755

                                               -
      セグメント間の内部
                     -     -      -     -      -     -      -
      売上高又は振替高
                 3,572,953       86,466    3,659,420       62,334    3,721,755           3,721,755
          計                                     -
     セグメント利益又は
                  364,797      57,690     422,487     △ 1,769    420,718    △ 334,444      86,274
     損失(△)
       (注)1.     「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、「音響設備販売事業」、「不動産
          賃貸事業」等を含んでおります。
        2.  セグメント利益の調整額           △334,444千円       には、セグメント間取引消去             294千円    、各報告セグメントに配賦して
          いない全社費用       △334,738千円       が含まれており、これは主に親会社本社のグループ管理部門に係る費用であ
          ります。
        3.  セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントの変更等に関する事項

         第1四半期連結会計期間より、従来、「その他」に含めておりました「まんが喫茶(複合カフェ)運営事業」に
        ついて、管理の効率化を図るために、「カラオケルーム運営事業」に集約しております。
         なお、当第2四半期連結累計期間の比較情報として開示した前第2四半期連結累計期間のセグメント情報につ
        いては、変更後の報告セグメントにより作成しております。
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 18/24











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                 (自    平成28年9月1日           (自    平成29年9月1日
                 項目
                                  至   平成29年2月28日)           至   平成30年2月28日)
      1株当たり四半期純損失金額(△)                                    △13.02             △21.84
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)(千円)                                   △80,880             △135,611

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -             -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失金額
                                         △80,880             △135,611
      (△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                   6,210,600             6,210,600
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
      四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                       ―             ―
      連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)    1.当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在し
           ないため記載しておりません。
         2.前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在す
           るものの、1株当たり四半期純損失を計上しているため記載しておりません。
                                 19/24













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
        (タームローン契約の締結及び借換の実行)
        当社は、平成30年3月30日開催の取締役会において、資金繰り改善、長期資金の安定化及び財務制限条項の解消
       を目的としたリファイナンス(借換)のため、以下の契約要綱のタームローン契約を締結することを決議いたしまし
       た。なお、平成30年4月13日付にて当該リファイナンスを実行し、既存借入金及び社債については、同日付にて全
       額返済いたしました。
       ① 借入先               株式会社横浜銀行
       ② 実行金額               40億円
       ③ 契約締結日               平成30年3月30日
       ④ 実行日               平成30年4月13日
       ⑤ 満期日               平成33年3月31日
       ⑥ 借入利率               変動金利(3ヶ月TIBOR+スプレッド)
                      当社所有の土地及び建物
                      平成30年2月28日現在帳簿価額
       ⑦ 担保提供資産
                      土地:327百万円
                      建物:150百万円
                      連結貸借対照表における純資産の部の金額を、当該決算期の直前決算期末日の金
                      額または2017年8月期末の金額のいずれか大きい方の75%以上に維持すること。
       ⑧ 財務制限条項
                      2019年8月期以降、連結損益計算上の経常損益につき2期(但し、中間期は含ま
                      ない。)連続して損失を計上しないこと。
       ⑨ 資金使途               運転資金(既存借入金及び社債の返済を含む)
        (コミットメントライン契約の締結)

        当社は、平成30年3月30日開催の取締役会において、成長に向けた事業資金の調達を目的とした以下の契約要綱
       のコミットメントライン契約を締結することを決議いたしました。
       ① 借入先               株式会社横浜銀行
       ② 借入極度額               5億円
       ③ 契約締結日               平成30年3月30日
       ④ コミットメント期間               平成30年3月30日から平成32年3月31日
       ⑤ 借入利率               変動金利(3ヶ月TIBOR+スプレッド)
       ⑥ 担保提供資産               なし
                      連結貸借対照表における純資産の部の金額を、当該決算期の直前決算期末日の金
                      額または2017年8月期末の金額のいずれか大きい方の75%以上に維持すること。
       ⑦ 財務制限条項
                      2019年8月期以降、連結損益計算上の経常損益につき2期(但し、中間期は含ま
                      ない。)連続して損失を計上しないこと。
                      新規出店、既存店舗のリニューアルまたは業態転換、システム更新費用等に係る
       ⑧ 資金使途
                      費用支払い資金
                                 20/24







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
        (第三者割当による増資について)
        当社は、平成30年4月16日開催の取締役会において、第三者割当方式による新株式の発行を行うことを決議いた
       しました。
       ① 払込期日               平成30年5月8日(火)
       ② 発行新株式数               普通株式 1,545,000株
       ③ 発行価額               1株につき 360円
       ④ 資金調達の額               556,200,000円
       ⑤ 資本組入額               1株当たり 180円
       ⑥ 資本組入額の総額               278,100,000円
                      募集方法:第三者割当方式
       ⑦ 募集方法及び割当予定先               ファースト・パシフィック・キャピタル有限会社(655,000株)
         (割当株式数)               株式会社エクシング(385,000株)
                      株式会社第一興商(505,000株)
       ⑧ 資金使途               新規出店及び既存店の設備更新
                      本第三者割当増資については、金融商品取引法による届出の効力発生を条件とし
       ⑨ その他
                      ます。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 21/24














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。
                                 22/24




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成30年4月16日

     株式会社鉄人化計画
      取締役会      御中
                        太陽有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士   泉  淳  一                    ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士   髙 橋 康 之                    ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社鉄人化

     計画の平成29年9月1日から平成30年8月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成29年12月1日から平
     成30年2月28日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年9月1日から平成30年2月28日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社鉄人化計画及び連結子会社の平成30年2月28日現在の財
     政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示し
     ていないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

     1.重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成30年3月30日開催の取締役会において、資金繰り改善、長期
     資金の安定化及び財務制限条項の解消を目的としたリファイナンス(借換)のため、タームローン契約を締結すること
     を決議した。なお、平成30年4月13日付にて当該リファイナンスを実行し、既存借入金及び社債については、同日付に
     て全額返済した。
     2.重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成30年4月16日開催の取締役会において、第三者割当方式によ
     る新株式の発行を行うことを決議した。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                 23/24


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社鉄人化計画(E05409)
                                                             四半期報告書
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 24/24



















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。