インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 訂正有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)

提出日:

提出者:インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人

カテゴリ:訂正有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                           インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(E30620)
                                              訂正有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     【表紙】
     【提出書類】                     有価証券届出書        の訂正届出書
     【提出先】                     関東財務局長
     【提出日】                     2018年4月16日
     【発行者名】                     インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人
     【代表者の役職氏名】                     執行役員  峯        村 悠吾
     【本店の所在の場所】                     東京都港区六本木六丁目10番1号
     【事務連絡者氏名】                     インベスコ・グローバル・リアルエステート・
                          アジアパシフィック・インク
                          ポートフォリオマネジメント部長
                          甲斐   浩登
     【電話番号】                     03-6447-3395
     【届出の対象とした募集内国投資                     インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人
      証券に係る投資法人の名称】
     【届出の対象とした募集内国投資                     形態:投資証券
      証券の形態及び金額】                    発行価額の総額:その他の者に対する割当                         676,257,000円
     安定操作に関する事項                     該当事項はありません。
     【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/7













                                                           EDINET提出書類
                                           インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(E30620)
                                              訂正有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

      2018  年4月9日提出の有価証券届出書の記載事項のうち、2018年4月16日開催の本投資法人役員会におい
     て発行価格等が決定されましたので、これらに関連する事項を訂正するため、本有価証券届出書の訂正届出
     書を提出するものであります。
     2【訂正事項】

      第一部 証券情報
      第1 内国投資証券(新投資口予約権証券及び投資法人債券を除く。)
        (3)発行数
        (4)発行価額の総額
        (5)発行価格
        (15)手取金の使途
      第5 募集又は売出しに関する特別記載事項
       1 国内市場及び海外市場における本投資口の募集及び売出しについて
       2 オーバーアロットメントによる売出し等について
     3【訂正箇所】

       訂正箇所は          罫で示してあります。
                                 2/7













                                                           EDINET提出書類
                                           インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(E30620)
                                              訂正有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     第一部【証券情報】
      第1【内国投資証券(新投資口予約権証券及び投資法人債券を除く。)】

        (3)【発行数】

         <訂正前>
                              (前略)
          (注2)割当予定先の概要及び本投資法人と割当予定先の関係等は以下のとおりです。
     割当予定先の氏名又は名称                         SMBC日興証券株式会社
     割当口数                         51,900口

     払込金額                         714,000,000      円 (注)

         住所                      東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

      割
         代表者の役職氏名                      取締役社長 清水 喜彦
      当
      予
         資本金の額                      10,000百万円
      定
      先
      の
         事業の内容                      金融商品取引業
      内
      容
         大株主                      株式会社三井住友フィナンシャルグループ 100%
               本投資法人が保有している割当

                               該当事項はありません。
               予定先の株式
      本
         出資関係
      投
               割当予定先が保有している本投
      資
               資法人の投資口                1,160口
      法
               (2018年2月28日現在)
      人
      と                         国内一般募集(後記「第5 募集又は売出しに関する特別記載
      の                         事項/1 国内市場及び海外市場における本投資口の募集及び
         取引関係
      関                         売出しについて」に定義します。以下同じです。)の事務主幹
      係                         事会社です。
         人的関係                      該当事項はありません。
     本投資口の保有に関する事項                         該当事項はありません。

          (注)払込金額は、2018年3月19日(月)現在の株式会社東京証券取引所における本投資口の普通取引の終値を基準として算出した見込
             額です。
                                 3/7









                                                           EDINET提出書類
                                           インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(E30620)
                                              訂正有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
         <訂正後>
                              (前略)
          (注2)割当予定先の概要及び本投資法人と割当予定先の関係等は以下のとおりです。
     割当予定先の氏名又は名称                         SMBC日興証券株式会社
     割当口数                         51,900口

     払込金額                         676,257,000      円

         住所                      東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

      割
         代表者の役職氏名                      取締役社長 清水 喜彦
      当
      予
         資本金の額                      10,000百万円
      定
      先
      の
         事業の内容                      金融商品取引業
      内
      容
         大株主                      株式会社三井住友フィナンシャルグループ 100%
               本投資法人が保有している割当

                               該当事項はありません。
               予定先の株式
      本
         出資関係
      投
               割当予定先が保有している本投
      資
               資法人の投資口                1,160口
      法
               (2018年2月28日現在)
      人
      と                         国内一般募集(後記「第5 募集又は売出しに関する特別記載
      の                         事項/1 国内市場及び海外市場における本投資口の募集及び
         取引関係
      関                         売出しについて」に定義します。以下同じです。)の事務主幹
      係                         事会社です。
         人的関係                      該当事項はありません。
     本投資口の保有に関する事項                         該当事項はありません。

          (注)の全文削除
        (4)【発行価額の総額】

         <訂正前>
           714,000,000       円
          (注)発行価額の総額は、2018年3月19日(月)現在の株式会社東京証券取引所における本投資口の普通取引の終値を基準として算出し
             た見込額です。
         <訂正後>

           676,257,000       円
          (注)の全文削除
        (5)【発行価格】

         <訂正前>
           未定
          (注)上記発行価格については、2018年4月16日(月)                      から2018年4月18日(水)までのいずれかの日(以下「発行価格等決定日」とい
             います。)に国内一般募集において決定される発行価額と同一とします                            。
         <訂正後>

           13,030    円
          (注)上記発行価格については、2018年4月16日(月)                     に決定されました       。
                                 4/7




                                                           EDINET提出書類
                                           インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(E30620)
                                              訂正有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
        (15)【手取金の使途】
         <訂正前>
           本第三者割当による新投資口発行の手取金上限(                           714,000,000       円)については、手元資金とし、支
         出するまで金融機関に預け入れの上、将来の特定資産の取得資金の一部又は借入金の返済資金の一
         部に充当します。なお、本第三者割当と同日付をもって決議された国内一般募集による手取金
         ( 17,160,000,000        円)及び海外募集(後記「第5                  募集又は売出しに関する特別記載事項/1 国内
         市場及び海外市場における本投資口の募集及び売出しについて」に定義します。)における手取金
         上限(    12,155,000,000        円)については、後記「第二部 参照情報/第2                            参照書類の補完情報/3
         取得予定資産及び譲渡予定資産」に記載の本投資法人が取得を予定している資産(以下「取得予定
         資産」といいます。)(但し、IBFプランニングビルを除きます。)の取得資金の一部に充当しま
         す。
          (注)前記の各手取金は、2018年3月19日(月)現在の株式会社東京証券取引所における本投資口の普通取引の終値を基準として算出し
             た見込額です。
         <訂正後>

           本第三者割当による新投資口発行の手取金上限(                           676,257,000       円)については、手元資金とし、支
         出するまで金融機関に預け入れの上、将来の特定資産の取得資金の一部又は借入金の返済資金の一
         部に充当します。なお、本第三者割当と同日付をもって決議された国内一般募集による手取金
         ( 14,812,178,250        円)及び海外募集(後記「第5                  募集又は売出しに関する特別記載事項/1                        国内
         市場及び海外市場における本投資口の募集及び売出しについて」に定義します。)における手取金
         上限(    12,918,267,750        円)については、後記「第二部                  参照情報/第2         参照書類の補完情報/3              取
         得予定資産及び譲渡予定資産」に記載の本投資法人が取得を予定している資産(以下「取得予定資
         産」といいます。)(但し、IBFプランニングビルを除きます。)の取得資金の一部に充当します。
          (注)の全文削除
                                 5/7











                                                           EDINET提出書類
                                           インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(E30620)
                                              訂正有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      第5【募集又は売出しに関する特別記載事項】
       1  国内市場及び海外市場における本投資口の募集及び売出しについて
       <訂正前>
                               (前略)
        国内一般募集及び海外募集(以下、併せて「本募集」といいます。)の総発行数は2,128,200口であ
       り、国内一般募集における発行数(以下「国内一般募集口数」といいます。)は                                             1,245,780     口 を目処と
       し 、海外募集における発行数(SMBC                   Nikko    Capital     Markets     Limited、Nomura          International        plc及び
       Citigroup      Global    Markets     Limitedを共同主幹事会社兼ジョイント・ブックランナーとする海外引受会
       社(以下総称して「海外引受会社」といいます。)による買取引受けの対象口数                                            830,520    口及び海外引受
       会社に付与する追加的に発行する本投資口を買い取る権利の対象口数51,900口)は                                             882,420    口 を目処とし
       て募集を行いますが、その最終的な内訳は、需要状況等を勘案した上で、発行価格等決定日に決定され
       ます  。また、国内一般募集における発行価額の総額は                           17,160,000,000        円 (注1)     であり、海外募集にお
       ける発行価額の総額は            12,155,000,000        円(注    2 )です。
        オーバーアロットメントによる売出し等の内容につきましては、後記「2 オーバーアロットメント
       による売出し等について」をご参照ください。
         (注1)国内一般募集における発行価額の総額は、2018年3月19日(月)現在の株式会社東京証券取引所における                                            本投資口の普通取引の         終
             値を基準として算出した見込額です。
         (注  2 )海外引受会社に付与する追加的に発行する本投資口を買い取る権利の全てが行使された場合の上限金額です。                                           海外募集における発
             行価額の総額は、2018年3月19日(月)現在の株式会社東京証券取引所における                               本投資口の普通取引の         終値を基準として算出した
             見込額です。
       <訂正後>

                               (前略)
        国内一般募集及び海外募集(以下、併せて「本募集」といいます。)の総発行数は2,128,200口であ
       り、  その内訳は、       国内一般募集における発行数(以下「国内一般募集口数」といいます。)は                                         1,136,775
       口、海外募集における発行数(SMBC                    Nikko    Capital     Markets     Limited、Nomura          International        plc及び
       Citigroup      Global    Markets     Limitedを共同主幹事会社兼ジョイント・ブックランナーとする海外引受会
       社(以下総称して「海外引受会社」といいます。)による買取引受けの対象口数                                            939,525    口及び海外引受
       会社に付与する追加的に発行する本投資口を買い取る権利の対象口数51,900口)は                                              991,425    口 です  。ま
       た、国内一般募集における発行価額の総額は                        14,812,178,250        円であり、海外募集における発行価額の総
       額は  12,918,267,750        円(注)です。
        オーバーアロットメントによる売出し等の内容につきましては、後記「2 オーバーアロットメント
       による売出し等について」をご参照ください。
         (注) 海外引受会社に付与する追加的に発行する本投資口を買い取る権利の全てが行使された場合の上限金額です。
         (注1)   の全文削除及び(注2)の番号削除
       2 オーバーアロットメントによる売出し等について

       <訂正前>
         本投資法人は、2018年4月9日(月)開催の本投資法人役員会において、本第三者割当とは別に、本
        投資口の国内一般募集及び海外募集を行うことを決議していますが、国内一般募集にあたり、その需要
        状況等を勘案した          上で  、国内一般募集とは別に、国内一般募集の事務主幹事会社であるSMBC日興証
        券株式会社が本投資法人の投資主であるインベスコ・インベストメンツ(バミューダ)リミテッドから
        51,900口を上限として借り入れる本投資口                       (以下「借入投資口」といいます。但し、かかる貸借は、国
        内一般募集において本投資口65,403口がインベスコ・インベストメンツ(バミューダ)リミテッドに販
        売されることを条件とします。)の日本国内における売出し(オーバーアロットメントによる売出し)
                                 6/7


                                                           EDINET提出書類
                                           インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(E30620)
                                              訂正有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
        を 行う場合があります           。 オーバーアロットメントによる売出しの売出数は51,900口を予定しています
        が、当該売出数は上限の売出数であり、需要状況等により減少し、又はオーバーアロットメントによる
        売 出しそのものが全く行われない場合があります。
         なお、本第三者割当は、オーバーアロットメントによる売出しに関連して、SMBC日興証券株式会
        社が借入投資口の返還に必要な本投資口を取得させるために行われます。
         また、SMBC日興証券株式会社は、                    国内一般募集及びオーバーアロットメントによる売出しの申込
        期間の終了する日の翌日             から2018年5月18日(金)までの間(以下「シンジケートカバー取引期間」と
        いいます。)、借入投資口の返還を目的として、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」と
        いいます。)においてオーバーアロットメントによる売出しに係る口数を上限とする本投資口の買付け
        (以下「シンジケートカバー取引」といいます。)を行う場合があります。SMBC日興証券株式会社
        がシンジケートカバー取引により買い付けた全ての本投資口は、借入投資口の返還に充当されます。な
        お、シンジケートカバー取引期間内において、SMBC日興証券株式会社の判断で、シンジケートカ
        バー取引を全く行わず、又はオーバーアロットメントによる売出しに係る口数に至らない口数でシンジ
        ケートカバー取引を終了させる場合があります。
                              (後略)
       <訂正後>

         本投資法人は、2018年4月9日(月)開催の本投資法人役員会において、本第三者割当とは別に、本
        投資口の国内一般募集及び海外募集を行うことを決議していますが、国内一般募集にあたり、その需要
        状況等を勘案した          結果  、国内一般募集とは別に、国内一般募集の事務主幹事会社であるSMBC日興証
        券株式会社が本投資法人の投資主であるインベスコ・インベストメンツ(バミューダ)リミテッドから
        借り入れる本投資口51,900口                (以下「借入投資口」といいます。但し、かかる貸借は、国内一般募集に
        おいて本投資口65,403口がインベスコ・インベストメンツ(バミューダ)リミテッドに販売されること
        を条件とします。)の日本国内における売出し(オーバーアロットメントによる売出し)を                                                 行います     。
         なお、本第三者割当は、オーバーアロットメントによる売出しに関連して、SMBC日興証券株式会
        社が借入投資口の返還に必要な本投資口を取得させるために行われます。
         また、SMBC日興証券株式会社は、                    2018年4月19日(木)            から2018年5月18日(金)までの間(以
        下「シンジケートカバー取引期間」といいます。)、借入投資口の返還を目的として、株式会社東京証
        券取引所(以下「東京証券取引所」といいます。)においてオーバーアロットメントによる売出しに係
        る口数を上限とする本投資口の買付け(以下「シンジケートカバー取引」といいます。)を行う場合が
        あります。SMBC日興証券株式会社がシンジケートカバー取引により買い付けた全ての本投資口は、
        借入投資口の返還に充当されます。なお、シンジケートカバー取引期間内において、SMBC日興証券
        株式会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わず、又はオーバーアロットメントによる売出し
        に係る口数に至らない口数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
                              (後略)
                                 7/7





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。