MUGC GSケイマン・ファンド-GS オーストラリア・ハイブリッド証券ファンド 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                  有価証券届出書

      【提出先】                  関東財務局長
      【提出日】                  平成30年3月30日
      【発行者名】                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                        (Mitsubishi        UFJ  Investor     Services     & Banking     (Luxembourg)
                        S.A.)
      【代表者の役職氏名】                  マネージング・ディレクター  鈴木 惣太
      【本店の所在の場所】                  ルクセンブルグ大公国、ルクセンブルグ L-1150、アーロン通
                        り 287-289番
                        (287-289,       route    d'Arlon,     L-1150    Luxembourg,       Grand    Duchy    of
                        Luxembourg)
      【代理人の氏名又は名称】                  弁護士  三浦  健
                         同   大西 信治
      【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                        森・濱田松本法律事務所
      【事務連絡者氏名】                  弁護士  三浦  健
                         同   大西 信治
                         同   金光 由以
                         同   大田 友羽佳
      【連絡場所】                  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                        森・濱田松本法律事務所
      【電話番号】                  03(6212)8316
      【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券に係るファンドの名称】
                        MUGC GSケイマン・ファンド-
                        GS オーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                        (MUGC    GS  Cayman    Fund   -
                        GS  Australia      Hybrid    Securities       Fund)
      【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券の金額】
                        米ドルクラス受益証券:
                         30億米ドル(約3,263億7,000万円)を上限とする。
                        豪ドルクラス受益証券:
                         30億豪ドル(約2,633億7,000万円)を上限とする。
                        円クラス(為替ヘッジあり)受益証券:
                         3,000億円を上限とする。
                                   1/272






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                        (注1)各クラスは、それぞれの名称に含まれる通貨をクラス通貨
                             (以下「クラス通貨」という。)とするが、表示通貨につ
                             いては、米ドルクラス受益証券については米ドル、豪ドル
                             クラス受益証券については豪ドル、円クラス(為替ヘッジ
                             あり)受益証券については日本円(以下、個別にまたは総
                             称して「表示通貨」という。)とする。
                        (注2)特段の記載がない限り、各外国通貨の円貨換算は、2018年
                             1月31日現在の株式会社三菱東京UFJ銀行の対顧客電信
                             売買相場の仲値である、1米ドル=108.79円および1豪ド
                             ル=87.79円による。
                        (注3)本書の中で金額および比率を表示する場合、四捨五入して
                             ある。したがって、合計の数字が一致しない場合がある。
                             また、円貨への換算は、本書中でそれに対応する数字につ
                             き所定の換算率で単純計算のうえ、必要な場合四捨五入し
                             てある。したがって、本書中の同一情報につき異なった円
                             貨表示がなされている場合もある。以下同じ。
      【縦覧に供する場所】                  該当事項なし。
                                   2/272














                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

       (1)【ファンドの名称】

            MUGC GSケイマン・ファンド-
            GS オーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
            (MUGC     GS  Cayman    Fund   - GS  Australia      Hybrid    Securities       Fund)
            (注)MUGC GSケイマン・ファンド-GS オーストラリア・ハイブリッド証券ファン
               ド(MUGC     GS  Cayman    Fund   - GS  Australia      Hybrid    Securities       Fund)(以下「本サブ・
               ファンド」または「サブ・ファンド」という。)は、アンブレラ・ファンドであるMU
               GC GS ケイマン・ファンド(以下「トラスト」または「ファンド」という。)の
               サブ・ファンドである。なお、アンブレラとは、1つの投資信託の下で1または複数の
               投資信託(サブ・ファンド)を設定できる仕組みのものを指す。
       (2)【外国投資信託受益証券の形態等】
            サブ・ファンドの受益証券は記名式無額面受益証券であり、米ドルクラス受益証券、米ドルク
           ラス(為替ヘッジあり)受益証券、豪ドルクラス受益証券および円クラス(為替ヘッジあり)受
           益証券(以下、個別にまたは総称して「ファンド証券」または「受益証券」という。)の4種類
           があるが、本書による募集の対象は米ドルクラス受益証券、豪ドルクラス受益証券および円クラ
           ス(為替ヘッジあり)受益証券である。
            受益証券について、ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(Mitsubishi                                                 UFJ
           Investor     Services     & Banking     (Luxembourg)        S.A.)(以下「管理会社」という。)の依頼によ
           り、信用格付業者から提供されもしくは閲覧に供された信用格付、または信用格付業者から提供
           されもしくは閲覧に供される予定の信用格付はない。
            サブ・ファンドは、追加型である。
       (3)【発行(売出)価額の総額】
            米ドルクラス受益証券:30億米ドル(約3,263億7,000万円)を上限とする。
            豪ドルクラス受益証券:30億豪ドル(約2,633億7,000万円)を上限とする。
            円クラス(為替ヘッジあり)受益証券:3,000億円を上限とする。
       (4)【発行(売出)価格】
            管理事務代行会社が申込みを受け付けた翌ファンド営業日における受益証券1口当たり純資産
            価格
            (注1)「ファンド営業日」とは、ロンドン、ニューヨーク、シドニー、メルボルンおよび東
                 京において銀行が営業している日で、かつ、ロンドン証券取引所、ニューヨーク証券
                 取引所およびオーストラリア証券取引所が営業をしている日、または管理会社および
                 受託会社が随時定める日をいう。
            (注2)ファンド証券1口当たり純資産価格については、下記(8)申込取扱場所に照会する
                 ことができる。
       (5)【申込手数料】
            日本国内における取得申込みについては、申込金額の4.32%(税抜4.0%)を上限として日本に
           おける販売会社の裁量により決定される申込手数料が申込金額に加算される。
       (6)【申込単位】
            販売取扱会社により異なる。申込単位の詳細については、販売取扱会社に照会することができ
           る。
                                   3/272




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (7)【申込期間】
            2018  年3月31日(土曜日)から
            2019  年3月29日(金曜日)まで
       (8)【申込取扱場所】
            サブ・ファンドの申込取扱場所については、下記に照会のこと。
            ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
            ホームページ・アドレス:              www.gsam.co.jp
            電話番号:03-6437-1000
       (9)【払込期日】
            投資者による払込みの方法については下記「(12)その他 (ハ)申込みの方法」を参照のこと。
            日本における販売会社に支払われた申込金額の総額は、最終的に保管会社であるブラウン・ブ
           ラザーズ・ハリマン・アンド・カンパニー(Brown                            Brothers     Harriman     & Co.)(以下「保管会
           社」という。)のサブ・ファンド口座に、適用される取引日から起算して4ファンド営業日目の
           日(以下「払込期日」という。)までに各クラスの表示通貨で払い込まれる。
            (注)「取引日」とはファンド営業日をいう。
      (10)【払込取扱場所】
            前記「(8)申込取扱場所」に同じ。
      (11)【振替機関に関する事項】
            該当事項なし。
      (12)【その他】
       (イ)申込証拠金はない。
       (ロ)引受等の概要
         ① 管理会社は、ゴールドマン・サックス・インターナショナル(Goldman                                         Sachs    International)
            (以下「総販売会社」または文脈により「販売会社」という。)との間で受益証券総販売契約
            を2010年2月10日付で締結し、総販売会社は、日本における販売会社との間で日本における受
            益証券販売契約を締結している。
         ② 日本における販売会社は、他の販売・買戻し取扱会社(以下「販売取扱会社」という。日本に
            おける販売会社が直接日本の受益者に販売する場合については、日本における販売会社も含む
            ものとする。)を通じて間接的に受けたファンド証券の販売・買戻請求の管理会社への取次ぎ
            を行う。
            (注)販売取扱会社とは、日本における販売会社とファンド証券の取次ぎ業務にかかる契約を
               締結し、投資者からのファンド証券の申込または買戻請求を日本における販売会社に取
               り次ぎ、投資者からの申込金額の受入れまたは投資者に対する買戻代金の支払い等にか
               かる事務等を取り扱う取次ぎ金融商品取引業者および取次ぎ登録金融機関をいう。
         ③ 管理会社は、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社をサブ・ファンドに
            関して日本における代行協会員に指定している。
            (注)代行協会員とは、外国投資信託受益証券の発行者と契約を締結し、ファンド証券1口当
               たりの純資産価格の公表を行い、またファンド証券に関する目論見書、決算報告書その
               他の書類を販売会社に交付する等の業務を行う協会員をいう。
       (ハ)申込みの方法
          ファンド証券の申込みを行う日本における投資者は、販売取扱会社と外国証券の取引に関する契
         約を締結する。このため、販売取扱会社は、「外国証券取引口座約款」その他所定の約款(以下
         「口座約款」という。)を投資者に交付し、投資者は、当該約款に基づく取引口座の設定を申し込
         む旨を記載した申込書を提出する。申込金額は、口座約款に従い円貨または各クラスの表示通貨で
         支払われる。円貨で支払われた場合における表示通貨への換算は、申込注文の成立を日本における
         販売会社が確認した日(以下「国内約定日」という。)における東京外国為替市場の外国為替相場
         に準拠したものであって、日本における販売会社が決定するレートによるものとする(ただし、日
                                   4/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         本における販売会社が別途取り決める場合を除く。)。申込金額は、原則として国内約定日から起
         算して4国内営業日目までに(ただし、日本における販売会社が日本の投資者との間で別途取り決
         め る場合を除く。)販売取扱会社に対して支払われ、日本における販売会社は払込期日に保管会社
         のサブ・ファンドの口座に各クラスの表示通貨で払い込む。
          取得申込みについては、日本における販売会社においては、口座毎に申込金額を受益証券1口当
         たりの純資産価格で除して算出した口数を合計することで申込口数の合計額を算出する(ただし、
         日本における販売会社が別途取り決める場合を除く。)。一方、管理事務代行会社においては、日
         本における販売会社からの申込金額合計額を受益証券1口当たりの純資産価格で除し、申込口数の
         合計額を算出する。
       (ニ)日本以外の地域における発行
          該当事項なし。
                                   5/272
















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

      1【ファンドの性格】

       (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
         ① ファンドの目的、信託金の限度額および基本的性格
            MUGC GSケイマン・ファンド-GS オーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
           (MUGC    GS  Cayman    Fund   - GS  Australia      Hybrid    Securities       Fund)(以下「本サブ・ファンド」
           または「サブ・ファンド」という。)は、ケイマン諸島の法律に基づき、2010年2月10日付信託
           証書に従って同日付で設定されたアンブレラ・ファンドであるMUGC GSケイマン・ファン
           ド(MUGC     GS  Cayman    Fund)(以下「トラスト」という。)のサブ・ファンドである。なお、アン
           ブレラとは、1つの投資信託の下で1または複数の投資信託(サブ・ファンド)を設定できる仕
           組みのものを指す。現在、トラストは、本サブ・ファンド、GS バンク・キャピタル証券ファ
           ンド(マルチ・カレンシー型)、GS エマージング・ハイ・イールド債券ファンド(マルチ・
           カレンシー型)およびGS CoCos&キャピタル証券ファンドの4本のサブ・ファンドによ
           り構成されている。
            サブ・ファンドは、米ドルクラス(USD                       Class)、米ドルクラス(為替ヘッジあり)(USD
           Class    (Hedged))、豪ドルクラス(AUD                  Class)および円クラス(為替ヘッジあり)(JPY                           Class
           (Hedged))で構成されるが、本書が募集の対象とするのは米ドルクラス、豪ドルクラスおよび
           円クラス(為替ヘッジあり)である。米ドルクラスおよび米ドルクラス(為替ヘッジあり)は米
           ドル建てであり、豪ドルクラスは豪ドル建てであり、円クラス(為替ヘッジあり)は円建てであ
           る。サブ・ファンドの基準通貨は豪ドルである。米ドルクラス(為替ヘッジあり)に関して、サ
           ブ・ファンドは、豪ドルの米ドルに対する通貨エクスポージャーをヘッジする予定であり、円ク
           ラス(為替ヘッジあり)に関して、サブ・ファンドは、豪ドルの日本円に対する通貨エクスポー
           ジャーをヘッジする予定である。円クラス(為替ヘッジあり)および米ドルクラス(為替ヘッジ
           あり)は、「ヘッジ・クラス」といわれる場合がある。
            信託金の限度額は、定められていない。
            サブ・ファンドの目的は、「ゴールドマン・サックス・インスティテューショナル・ファン
           ズ・ピーエルシー-オーストラリア・エンハンスト・インカム・ファンドⅡ」(以下「マス
           ター・ファンド」という場合がある。)を通じて、主に豪ドル建ての期限付劣後債、永久劣後債
           および優先証券ならびに普通社債に投資することにより、インカム・ゲインおよびキャピタル・
           ゲインからなる長期的なトータル・リターンを追求することである。これらの証券に関して、期
           限付劣後債、永久劣後債および優先証券を「ハイブリッド証券」と総称する。詳しくは、後記
           「2 投資方針(1)投資方針」を参照されたい。
         ② ファンドの性格

            サブ・ファンドは、ケイマン諸島の法律に基づきオープン・エンド型投資信託として設立され
           た。
            管理会社は、サブ・ファンドの勘定で受益証券を発行する権利を有する。日本の受益者は、日
           本における販売会社を通じて管理会社に対して通知することにより、毎取引日に保有する受益証
           券の買戻しを請求することができる。買戻価格は、適用される評価日において計算される、関連
           するクラスの受益証券の1口当たり純資産価格(適用がある限りにおいて手数料および税金控除
           後)である。
            管理会社が受託会社および投資顧問会社と協議の上、存続期間の延長を決定しない限り、サ
           ブ・ファンドは、2022年9月30日をもって終了する。
            (注)「評価日」とは取引日をいう。
                                   6/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)【ファンドの沿革】

            1974年4月11日  管理会社設立
            2010年2月10日  信託証書締結
            2012年8月10日  補遺信託証書締結
            2012年9月3日  ファンド証券(米ドルクラス受益証券、豪ドルクラス受益証券および円ク
                       ラス(為替ヘッジあり)受益証券)の日本における募集を開始
            2012年9月26日  サブ・ファンドの運用開始
            2015年7月27日  補遺信託証書締結
            2016年6月10日  補遺信託証書締結
            2018年3月19日  ファンド証券(米ドルクラス(為替ヘッジあり)受益証券)の日本におけ
                       る募集を開始
            2018年3月28日  ファンド証券(米ドルクラス(為替ヘッジあり)受益証券)の運用開始
                                   7/272















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (3)【ファンドの仕組み】
         ① ファンドの仕組み
                                   8/272




















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (注)サブ・ファンドは、特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令に定められたファンド・オブ・
        ファンズとして以下の仕組みを有している。
                                   9/272




















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ② 管理会社とファンドの関係法人の名称、ファンドの運営上の役割および契約等の概要
           名称          ファンド運営上の役割                       契約等の概要
     ルクセンブルク三菱UFJイ                管理会社              2010  年2月10日付で信託証書ならびに2012年

     ンベスターサービス銀行                              8月10日付、2015年7月27日付および2016年
     S.A.                              6月10日付で補遺信託証書を受託会社と締
     (Mitsubishi        UFJ                      結。信託証書は、サブ・ファンド資産の運
                                   用、管理、ファンド証券の発行、買戻しおよ
     Investor     Services     &
                                   びサブ・ファンドの終了等について規定して
     Banking     (Luxembourg)
                                   いる。
     S.A.)
     ブラウン・ブラザーズ・ハ                受託会社              2010  年2月10日付で信託証書ならびに2012年
     リマン・トラスト・カンパ                              8月10日付、2015年7月27日付および2016年
     ニー(ケイマン)リミテッ                              6月10日付で補遺信託証書を管理会社と締
     ド                              結。信託証書は、サブ・ファンドの資産の運
     (Brown     Brothers                         用、管理、ファンド証券の発行、買戻しおよ
                                   びサブ・ファンドの終了等について規定して
     Harriman     Trust    Company
                                   いる。
     (Cayman)     Limited)
     MUFG  ルクスマネジメントカ             副管理会社              2014  年3月31日付で投資運用およびリスク・
                                                          (注
     ンパニーS.A.                              マネジメント委託契約(随時改訂される)
                                   1)
     (MUFG    Lux  Management
                                     を管理会社と締結。同契約は、投資運用業
     Company     S.A.)
                                   務およびリスク・マネジメント業務について
                                   規定している。
     ブラウン・ブラザーズ・ハ                保管会社              2008  年11月3日付で保管・管理事務代行契約
                                              (注2)
     リマン・アンド・カンパ                管理事務代行会社              (随時改訂される)              を受託会社と締結。
     ニー                名義書換事務代行会社
                                   同契約は、サブ・ファンドの資産保管業務、
     (Brown    Brothers     Harriman
                                   管理事務代行業務および名義書換事務代行業
     & Co.)
                                   務について規定している。
     ゴールドマン・サックス・                投資顧問会社              2017  年1月10日付で修正および再録一任投資
     アセット・マネジメント・                ( GSAM     ロンドン     )   顧問契約(2017年1月14日効力発生)(随時
     インターナショナル                              改訂される)(以下「一任投資顧問契約」と
                                        (注3)
     (Goldman      Sachs    Asset                    いう。)         を副管理会社と締結。同契約
     Management
                                   は、投資運用業務について規定している。
     International)
                                  10/272







                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           名称          ファンド運営上の役割                       契約等の概要
     ゴールドマン・サックス・                副投資顧問会社              ゴールドマン・サックス・アセット・マネジ

     アセット・マネジメント                (GSAMシンガポー              メント(シンガポール)ピーティーイー・リ
     ( シンガポール       )ピー       ル)              ミテッドは1995年10月19日付で副投資顧問契
     ティーイー・リミテッド                              約(以下「副投資顧問契約(GSAMシンガ
                                                          (注
     (Goldman      Sachs    Asset                    ポール)」という。)(随時改訂される)
                                   4)
     Management      (Singapore)
                                     を、ヤラ・ファンズ・マネジメント・リミ
                     副投資顧問会社
     Pte.Ltd.)
                                   テッドは2017年1月10日付で、副投資顧問契
                     (ヤラ・ファンズ・マ
                                   約(2017年1月14日効力発生)(随時改訂さ
                     ネジメント)
     ヤラ・ファンズ・マネジメ
                                   れる)(以下「副投資顧問契約(ヤラ・ファ
     ント・リミテッド
                                   ンズ・マネジメント)」といい、副投資顧問
     (Yarra     Funds    Management
                                   契約(GSAMシンガポール)と併せて「副
     Limited)
                                   投資顧問契約」と総称する。)を投資顧問会
                                   社と締結。同契約は、副投資運用業務につい
                                   て規定している。
     ゴールドマン・サックス・                代行協会員              2012  年8月10日付で管理会社との間で代行協
     アセット・マネジメント                              会員契約(2016年3月1日付代行協会員契約
     株式会社                              の変更契約により修正済)(随時改訂され
                                     (注5)
                                   る)      を締結。代行協会員契約は、代行協
                                   会員業務について規定している。
     ゴールドマン・サックス・                総販売会社              2010  年2月10日付で管理会社との間で受益証
                                                      (注6)
     インターナショナル                              券総販売契約(随時改訂される)                       を締
     (Goldman      Sachs
                                   結。受益証券総販売契約は、総販売会社とし
     International)
                                   ての業務について規定している。
     (注1)投資運用およびリスク・マネジメント委託契約とは、管理会社によって任命された副管理会社が、
         管理会社に対し、投資運用業務およびリスク・マネジメント業務の提供を約する契約である。
     (注2)保管・管理事務代行契約とは、サブ・ファンドの資産保管業務、管理事務代行業務および名義書換
         事務代行業務の提供を約する契約である。
     (注3)一任投資顧問契約とは、副管理会社によって任命された投資顧問会社が、副管理会社に対し、投資
         運用サービスを提供することを約する契約である。
     (注4)副投資顧問契約とは、投資顧問会社によって任命された各副投資顧問会社が副投資運用業務を提供
         することを約する契約である。
     (注5)代行協会員契約とは、管理会社によって任命された代行協会員が、サブ・ファンドに対し、ファン
         ド証券1口当たり純資産価格の公表およびファンド証券に関する目論見書、決算報告書その他の書
         類の販売会社に対する交付等、代行協会員業務を提供することを約する契約である。
     (注6)受益証券総販売契約とは、管理会社によって任命された総販売会社が、ファンド証券の募集の目的
         で管理会社から交付を受けたファンド証券を適用法令・規則および目論見書に準拠して販売するこ
         とを約する契約である。
                                  11/272





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ③ 管理会社の概況
         (ⅰ)設立準拠法
             管理会社は、ルクセンブルグの1915年8月10日付商事会社法(改正済)に基づき、ルクセン
            ブルグにおいて1974年4月11日に設立された。1915年8月10日付商事会社法(改正済)は、設
            立、運営、株式の募集等商事会社に関する基本的事項を規定している。
         (ⅱ)事業の目的
             事業の目的は、自己勘定および第三者の勘定で、すべての銀行業務および金融業務を引き受
            けることである。
         (ⅲ)資本金の額(2018年1月末日現在)
             払込済資本金の額  187,117,965.90米ドル(約204億円)
             発行済株式総数   5,051,655株(一株37.04米ドルの記名式額面株式)
             管理会社が発行する株式総数の上限については制限がない。
             ただし、上記資本金の増減については、定款の規定に基づく株主総会の決議を要する。
         (ⅳ)会社の沿革
            1974  年4月11日          設立
            2006  年1月1日          会社名をバンク・オブ・トウキョウ・ミツビシ(ルクセンブルグ)
                        エス・エイからバンク・オブ・トウキョウ・ミツビシUFJ(ルク
                        センブルグ)エス・エイに変更
            2007  年4月2日          会社名をバンク・オブ・トウキョウ・ミツビシUFJ(ルクセンブ
                        ルグ)エス・エイからミツビシUFJグローバルカストディ・エ
                        ス・エイに変更
            2016  年5月1日          会社名をミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイからル
                        クセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.に変更
         (ⅴ)大株主の状況

                                                (2018年1月末日現在)
             名称                     住所             所有株式数         比率
     三菱UFJ信託銀行株式会社                   東京都千代田区丸の内一丁目4番5号                       5,002,575     株   99.03   %
                                  12/272









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (4)【ファンドに係る法制度の概要】
         ① 準拠法の名称
            トラストは、ケイマン諸島の法律に基づき設定され、ケイマン諸島の信託法(2017年改訂)
           (以下「信託法」という。)に基づき登録されている。トラストは、また、ミューチュアル・
           ファンドとして、ケイマン諸島のミューチュアル・ファンド法(2015年改訂)(以下「ミュー
           チュアル・ファンド法」という。)により規制されている。
         ② 準拠法の内容
         (ⅰ)信託法
             信託法は、基本的に英国の信託法を踏襲し、英国の信託法および判例法の大部分を採用して
            いる。さらに、信託法は1925年英国受託会社法に概ね基づいている。投資者は受託会社に資金
            を拠出し、これらの資金は投資者のために投資運用者によって運用される一方、通常、受託会
            社は保管者としてこれらの資金を保有する。各受益者は、信託資産の按分割合について権利を
            有する。
             受託会社は、一般的な忠実義務に服し、かつ受益者に対して説明義務を負う。その機能、義
            務および責任の詳細は、ユニット・トラストの信託証書に記載される。
             大部分のユニット・トラストは、免税信託として登録申請される。その場合、信託証書、ケ
            イマン諸島の居住者またはケイマン諸島を本拠地とする者を(限られた一定の場合を除き)受
            益者としない旨宣言した、受託会社の法定の宣誓書が登録料と共にケイマン諸島の信託登記官
            に届け出られる。
             免税信託の受託会社は、受託会社、受益者、および信託財産が50年間課税に服さないとの約
            定を取得することができる。
             一旦設定された信託は、150年まで存続することができる。
             サブ・ファンドは、信託証書の規定に従い、延長または期限前に終了しない限り、2022年9
            月30日に終了する。
             免税信託は、信託証書の変更を信託登記官に提出しなければならない。
             免税信託は、信託登記官に対して、当初手数料および年次手数料を支払わなければならな
            い。
        (ⅱ)ミューチュアル・ファンド法
             下記「(6) 監督官庁の概要」の項を参照のこと。
       (5)【開示制度の概要】

         ① ケイマン諸島における開示
         (ⅰ)ケイマン諸島金融庁に対する開示
             サブ・ファンドは、目論見書を発行しなければならない。目論見書は、受益証券についてす
            べての重要な内容を記載し、投資者となろうとする者がサブ・ファンドに投資するか否かにつ
            いて十分な情報に基づく決定をなしうるために必要なその他の情報を記載しなければならな
            い。目論見書は、サブ・ファンドについての詳細を記載した申請書とともにケイマン諸島金融
            庁(以下「CIMA」という。)に提出しなければならない。
             サブ・ファンドは、CIMAが承認した監査人を選任し、会計年度終了後6か月以内に監査
            済会計書類を提出しなければならない。監査人は、監査の過程において、サブ・ファンドに以
            下の事由があると知ったとき、または以下の事由があると信ずべき理由があるときはCIMA
            に報告する法的義務を負っている。
            (a)弁済期に債務を履行できないまたはその可能性があること。
            (b)投資者または債権者に有害な方法で自発的にその事業を遂行しもしくは事業を解散し、ま
               たはその旨意図していること。
            (c)会計を適切に監査しうる程度に十分な会計記録を備置せずに事業を遂行し、または遂行し
               ようと意図していること。
            (d)詐欺的または犯罪的手法で事業を遂行し、または遂行しようと意図していること。
                                  13/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            (e)関係する法令に違反する方法で事業を遂行し、または遂行しようと意図していること。
             サブ・ファンドの監査人は、プライスウォーターハウスクーパース
            (PricewaterhouseCoopers)                ケイマン諸島である。サブ・ファンドの会計監査は、米国で一般
            に公正と認められる会計基準または受託会社が随時文書で合理的であるとして定めるその他の
            一般に公正と認められる会計原則もしくは会計基準に基づいて行われる。
             サブ・ファンドは、前年9月30日に終了する会計年度の監査済会計書類を6か月以内にCI
            MAに提出する。
         (ⅱ)受益者に対する開示
             サブ・ファンドの会計年度末は、毎年9月30日である。会計書類は、米国で一般に公正と認
            められる会計基準または受託会社が随時文書で合理的であるとして定めるその他の一般に公正
            と認められる会計原則もしくは会計基準に従って作成される。会計年度末から6か月以内で、
            毎年の年次受益者集会前までに、監査済会計書類の写しが受益者に送付される。また、管理会
            社によって、未監査の半期報告書の写しが受益者に送付される。
         ② 日本における開示
         (ⅰ)監督官庁に対する開示
           (a)金融商品取引法上の開示
              管理会社は、日本における1億円以上の受益証券の募集をする場合、有価証券届出書を関
             東財務局長に提出しなければならない。投資者およびその他希望する者は、金融商品取引法
             (昭和23年法律第25号。その後の改正を含む。)(以下「金融商品取引法」という。)に基
             づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)等において、
             これを閲覧することができる。
              受益証券の販売取扱会社は、交付目論見書(金融商品取引法の規定により、あらかじめま
             たは同時に交付しなければならない目論見書をいう。)を投資者に交付する。また、投資者
             から請求があった場合は、請求目論見書(金融商品取引法の規定により、投資者から請求さ
             れた場合に交付しなければならない目論見書をいう。)を交付する。
              管理会社は、ファンドの財務状況等を開示するために、ファンドの各会計年度終了後6か
             月以内に有価証券報告書を、また、ファンドの各半期終了後3か月以内に半期報告書を、更
             に、ファンドに関する重要な事項について変更があった場合にはその都度臨時報告書を、そ
             れぞれ関東財務局長に提出する。投資者およびその他希望する者は、これらの書類を、ED
             INET等において閲覧することができる。
           (b)投資信託及び投資法人に関する法律上の届出等
              管理会社は、受益証券の募集の取扱い等を行う場合、あらかじめ、投資信託及び投資法人
             に関する法律(昭和26年法律第198号。その後の改正を含む。)(以下「投信法」という。)
             に従い、ファンドにかかる一定の事項を金融庁長官に届け出なければならない。また、管理
             会社はファンドの信託証書を変更しようとするとき等においては、あらかじめ、変更の内容
             および理由等を金融庁長官に届け出なければならない。更に、管理会社は、ファンドの資産
             について、ファンドの各計算期間終了後遅滞なく、投信法に従って、一定の事項につき交付
             運用報告書および運用報告書(全体版)を作成し、金融庁長官に提出しなければならない。
         (ⅱ)日本の受益者に対する開示
             管理会社は、信託証書を変更しようとする場合であってその変更の内容が重大なものである
            場合等においては、あらかじめ、日本の知れている受益者に対し、変更の内容および理由等を
            書面をもって通知しなければならない。
             管理会社からの通知等で受益者の地位に重大な影響を及ぼす事実は、販売取扱会社を通じて
            日本の受益者に通知される。
             上記のサブ・ファンドの交付運用報告書は、日本の知れている受益者に販売取扱会社を通じ
            て交付され、運用報告書(全体版)は電磁的方法によりサブ・ファンドの代行協会員である
            ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社のホームページにおいて提供され
            る。
                                  14/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (6)【監督官庁の概要】

           トラストは、ミューチュアル・ファンド法に基づき規制されている。CIMAは、ミューチュア
          ル・ファンド法を遵守させるための監督および執行権を有する。ミューチュアル・ファンド法に基
          づく規則は、CIMAに対する所定の詳細事項および監査済会計書類を年1回提出することを規定
          している。規制された投資信託として、CIMAは、いつでも受託会社に、トラストの財務書類の
          監査を行い、同書類をCIMAが特定する一定の期日までにCIMAに提出するよう指示すること
          ができる。さらに、CIMAは、受託会社にCIMAがミューチュアル・ファンド法上の義務を遂
          行するために合理的に必要とするトラストに関する情報または説明を提出するよう求めることがで
          きる。受託会社は、トラストに関するすべての記録を、合理的な時間に、CIMAに提出または開
          示しなければならず、CIMAは、開示された記録の写しを作成し、抄本を備置することができ
          る。CIMAの要求を遵守しない場合、受託会社は、高額の罰金に服し、CIMAは、裁判所にト
          ラストの解散を請求することができる。
           しかしながら、CIMAは一定の場合にトラストまたはトラストのサブ・ファンドの活動につい
          て調査する権限を持たないものの、トラストは投資行為またはサブ・ファンドの設立について、C
          IMAまたはケイマン諸島におけるその他の政府関係機関による監督に服す。CIMAおよびケイ
          マン諸島の政府関係機関はいずれも、英文目論見書の条項または実質的内容について批評または承
          認していない。ケイマン諸島には、投資者が利用可能な投資補償スキームは存在しない。
           規制された投資信託が、その義務を履行できなくなる可能性がある場合、また投資者や債権者の
          利益を害する方法で業務を遂行もしくは遂行を企図し、または任意解散を行おうとしている場合、
          CIMAは、一定の措置を取ることができる。CIMAの権限には、ミューチュアル・ファンド法
          第4(1)(b)条(管理投資信託)または第4(3)条(第4(3)条投資信託)に基づき投資信託
          について有効な投資信託の許可または登録を取り消すこと、受託会社の交替を要求すること、トラ
          ストの適切な業務遂行について受託会社に助言を与える者を任命すること、またはトラストの業務
          監督者を任命すること等が含まれる。CIMAは、その他の権限(その他措置の承認を裁判所に申
          請する権限を含む。)を行使することができる。
           トラストの受託会社は、ケイマン諸島の会社として登録されており、かつ投資信託としてケイマ
          ン政府の許可を受けている。受託会社は、CIMAの監督下にある。受託会社はまた、ミューチュ
          アル・ファンド法に基づく投資信託管理会社として許可されている。
                                  15/272









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      2【投資方針】
       (1)【投資方針】
           投資目的
            サブ・ファンドの目的は、「ゴールドマン・サックス・インスティテューショナル・ファン
           ズ・ピーエルシー-オーストラリア・エンハンスト・インカム・ファンドⅡ」を通じて、主に豪
           ドル建てのハイブリッド証券および普通社債に投資することにより、インカム・ゲインおよび
           キャピタル・ゲインからなる長期的なトータル・リターンを追求することである。
           マスター・ファンド









            投資顧問会社は、可変資本を有する有限責任のアイルランドの投資会社(登録番号307105)で
           あるゴールドマン・サックス・インスティテューショナル・ファンズ・ピーエルシー(以下「本
           投資法人」という。)のファンドであり、サブ・ファンド間で責任が分離されたアンブレラ・
           ファンドとして設立されたマスター・ファンドに、サブ・ファンドの資産のすべて(または実質
           的にすべて)を割り当てる。マスター・ファンドは、現在、ゴールドマン・サックス・アセッ
           ト・マネジメント・インターナショナルにより運用されている(当該地位にある同社を、以下
           「マスター・ファンド投資顧問会社」という。)。
            マスター・ファンド投資顧問会社は、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・エ
           ル・ピーおよびヤラ・ファンズ・マネジメント・リミテッドを、マスター・ファンドの副投資顧
           問会社として任命している。
            本投資法人は、BNYメロン・ファンド・サービシズ(アイルランド)リミテッド(以下「マス
           ター・ファンド管理事務代行会社」という。)を、本投資法人の各ファンドの純資産価額および
           投資口1口当たり純資産価格の計算等の本投資法人の日々の管理事務業務を行う本投資法人の管
           理事務代行会社として任命している。マスター・ファンド管理事務代行会社は、1994年5月31日
           にアイルランドにおいて設立された非公開の有限責任会社であり、集合投資スキームおよび投資
           ファンドに対して、ファンドの管理事務、会計、登録、名義書換事務および投資主関連業務を提
           供している。マスター・ファンド管理事務代行会社は、アイルランドの1995年投資仲介業者法の
           下で中央銀行から認可を与えられている。
                                  16/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            本投資法人は、BNYメロン・トラスト・カンパニー(アイルランド)リミテッド(以下「マス
           ター・ファンド保管会社」という。)を、本投資法人の保管会社として任命している。マス
           ター・    ファンド保管会社は、1994年10月13日にアイルランドにおいて設立された非公開の有限責
           任会社である。マスター・ファンド保管会社の主な事業は、集合投資スキームの資産の保管会社
           および受託会社として行為することである。マスター・ファンド保管会社は、アイルランドの
           1995年投資仲介業者法の下で中央銀行から認可を与えられている。
           マスター・ファンドの投資方針

            マスター・ファンドは、通常の市況の下で、その資産(現金および現金等価物を除く。)を、
           主に豪ドル建てで発行されるハイブリッド証券および普通社債で構成される分散されたポート
           フォリオに投資することをめざす。マスター・ファンドは、その他の通貨建てで発行される証券
           に投資することができ、また、固定金利または変動金利の証券に投資することもできる。
            マスター・ファンドは、その一般的な投資方針の一環として、金融デリバティブ商品(トータ
           ル・リターン・スワップ、指数先物、差金決済取引(CFD)、外国為替先物契約およびオプション
           を含むがこれらに限られない。)についての取引を行うことができる。
            マスター・ファンドは、エクスポージャーをヘッジするために、主に空売りすることにより、
           株価指数先物、銀行手形先物、政府債先物または普通株式についての取引を利用することができ
           る。
            サブ・ファンドの投資が成功するという保証はなく、マスター・ファンドの投資方針が達成さ
           れるという保証またはそのポートフォリオ設計、リスク管理およびヘッジ戦略が成功するという
           保証もない。
           キャッシュ運用





            投資顧問会社は、予想される買戻し、費用もしくはその他サブ・ファンドの運営上必要な場合
           に資金を供給するため、または、一時的な防衛目的によりもしくはその他投資顧問会社の単独裁
           量により、投資プログラムに投資するまでの間、サブ・ファンドのすべての資産を現金で保有す
           ることができ、また、投資顧問会社がその単独裁量により適切とみなす時期において、投資顧問
           会社がその単独裁量により適切とみなす商品(現金等価物およびその他の短期投資対象を含むが
           これらに限られない。)にその現金残高を投資することができる。適用法により許容される限り
           において、サブ・ファンドは、その現金残高を、ゴールドマン・サックス・グループ・インク、
           投資顧問会社およびこれらの関係会社、取締役、パートナー、受託者、マネージャー、メン
           バー、役員および従業員(以下「ゴールドマン・サックス」と総称する。)がスポンサーとなり
           または管理するファンドを含むマネー・マーケット・ファンドまたは同様のファンドにも投資す
           ることができ、かかる投資に関してもゴールドマン・サックスまたはその関連会社に対して生じ
           る報酬はサブ・ファンドに返金されない(すなわち、ゴールドマン・サックスまたはその関連会
           社は、サブ・ファンドおよびかかるマネー・マーケット・ファンドの両方の投資運用に関して報
                                  17/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           酬を受け取るため、当該投資には、受益者によるかかるマネー・マーケット・ファンドへの直接
           投資に関しては生じない「報酬の二重負担」が生じる可能性がある。)。
           ヘッジ取引

            投資顧問会社は、豪ドルと各クラス通貨の為替変動の影響を少なくするために、ヘッジ・クラ
           スに関して(そうすることが義務ではないが)ヘッジ取引を行うことができる。
       (2)【投資対象】

            上記「(1)投資方針」の項を参照のこと。
       (3)【運用体制】

            サブ・ファンドの投資顧問会社はGSAMロンドン、副投資顧問会社はGSAMシンガポール
           およびヤラ・ファンズ・マネジメントである。マスター・ファンドの投資顧問会社はGSAMロ
           ンドン、副投資顧問会社はゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・エル・ピー
           (「GSAMニューヨーク」)およびヤラ・ファンズ・マネジメントである。
            サブ・ファンドの実質的な運用はヤラ・ファンズ・マネジメントによって行われる。ヤラ・
           ファンズ・マネジメントはオーストラリア、ヴィクトリア州メルボルンに拠点を置く独立系の運
           用会社であり、サブ・ファンドは実質的に、ヤラ・ファンズ・マネジメントの債券運用チームに
           より運用され、同チームは主にマルチ・アセットおよびハイブリッド戦略を担当している。ヤ
           ラ・ファンズ・マネジメントは日本を含むオーストラリア内外の法人および個人の投資家に対し
           資産運用サービスを提供している。
           (注)上記運用体制は、将来変更される場合がある。
       (4)【分配方針】

            管理会社は、投資顧問会社からの指示により、分配を行うことができる。分配は、毎月10日
           (当該日がファンド営業日でない場合は、翌ファンド営業日。以下それぞれ「分配日」とい
           う。)に行われる予定である。
            分配は、現金で行われる。分配金は、分配が宣言される分配日から起算して6ファンド営業日
           目またはその後可及的速やかに支払われる。
            上記は、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではない。
                                  18/272









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (注)分配金に対する課税については、後記の「4 手数料及び税金、(5)課税上の取扱い」をご参照ください。
















                                  19/272





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  20/272





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (5)【投資制限】
           マスター・ファンドの投資制限
           (ⅰ)マスター・ファンドは、投資時において、普通株に投資しないものとする。
           (ⅱ)原則として、マスター・ファンドは、純資産価額の5%を超えて普通株に対するネット・
             エクスポージャーを取らないものとし、マスター・ファンドの投資顧問会社が制御すること
             ができない理由によりネット・エクスポージャーが純資産価額の5%を超えた場合には、優
             先目標として、マスター・ファンドの投資主(以下「投資主」という。)の利益を考慮しつ
             つ、その状況を是正しなければならない。
           (ⅲ)マスター・ファンドは、投資対象の購入、投資および追加の結果、マスター・ファンドの
             資産価額の50%超が、日本の金融商品取引法                         第2条第1項に定義される「有価証券」の定義
             に該当しない資産を構成する場合は、かかる投資対象の購入、投資および追加を行わない。
           (ⅳ)マスター・ファンドは、空売りした価額が純資産価額を超える場合において、証券の空売
             りを行うことが禁止される。空売りには、マスター・ファンドが所有していない証券を売却
             し、後日において借りた証券を返却する義務を負いながら買主に対する受渡しのために同じ
             証券を借りることが含まれる。
           (ⅴ)マスター・ファンドは、一発行体の発行済株式の総数の50%を超える取得を場合、かかる
             会社の株式を取得しない。かかる制限は、マスター・ファンドの投資が行われる、マス
             ター・ファンドの完全所有子会社であるオーストラリア・エンハンスト・インカムⅡマス
             ター・カンパニー(アイルランド)リミテッドに対する投資には適用されない。上記パーセ
             ンテージは、買付時に計算されるかまたは時価により計算される。
           (ⅵ)マスター・ファンドは、自らが発行した株式または証券を取得しないものとする。
           (ⅶ)マスター・ファンドは、日本証券業協会の外国証券の取引に関する規則(その後の改正お
             よび改訂を含む。)により要求される、価格の透明性を確保するための適切な措置が講じら
             れている場合を除き、私募証券、非上場証券または不動産等の直ちに換金できない流動性に
             欠ける資産に、マスター・ファンドの純資産の15%を超えて投資を行わない。この15%の制
             限は、直ちに換金できることを十分に示していないにもかかわらず十分な流動性があると証
             券がみなされる場合がある、証券の市場価格の取得可能性に関する単なる評価が含まれ得
             る、上記の規則の解釈に基づくものである。
           (ⅷ)マスター・ファンドの投資顧問会社により行われる、マスター・ファンドの投資顧問会社
             またはその他第三者の利益を目的とした、投資主保護に反するまたはマスター・ファンドの
             資産の適正な運用を害するマスター・ファンドのための取引は、禁止されるものとする。
           (ⅸ)マスター・ファンドは、マスター・ファンドの投資顧問会社またはその関連会社が運用を
             行っているか否かにかかわらず、マスター・ファンドの総資産の5%(投資時において市場
             価格で計算される。)を超えない限り、集合投資ビークル(ミューチュアル・ファンドまた
             は投資信託を含むがこれらに限定されない。)に投資することができる。
           (ⅹ)マスター・ファンドは、日本の一般社団法人投資信託協会が発行した規則の第17条の2
             (以下「規則」という。)の要件を満たす「分散型」ファンドに分類されるものとする。一
             の者に係る株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーのマスター・ファンドの純資
             産総額に対する比率は、規則に記載される制限に従うものとする。当該制限を超えることに
             なった場合には、規則に記載される制限内となるよう投資対象の調整を行う。マスター・
             ファンドは、マスター・ファンドの投資顧問会社の決定に従い、日本証券業協会の規則に基
             づく信用リスク(マスター・ファンドが保有する有価証券その他資産について債務不履行そ
             の他カウンター・パーティ・リスクとして定義される。)の妥当かつ適切な管理のための指
             定枠組みに適合しない取引を行わない。本書の日付現在、上記の制限は、一の者に係るある
             特定のカテゴリーの範囲内におけるエクスポージャーがマスター・ファンドの純資産価額の
             10%を超えることはなく、また一の者に係るすべてのカテゴリーにわたるエクスポージャー
             がマスター・ファンドの純資産価額の20%を超えることはない。ただし、(ア)特定のタイ
             プの政府債および特定の他の投資に対するエクスポージャーが無視された場合、(イ)同一
                                  21/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             と識別可能なエクスポージャーによってファンドから別の集団投資スキームに対して投資が
             行われる場合には、かかるエクスポージャーはその投資に比例してマスター・ファンドに帰
             属 する。投資者はかかる制限が日本の投資信託協会によって定められたものであり随時変更
             される可能性があることに注意するべきであるが、マスター・ファンドは、常にかかる制限
             の遵守を確保する。
           (ⅺ)マスター・ファンドは、一時的な借入れのためにその資産の10%を超えない範囲で行う場
             合を除き、レバレッジをかけること、または、金銭の借入れを行うこと、融資を承諾するこ
             と、または、第三者のために保証人となることが禁止される。マスター・ファンドは、その
             他レバレッジを行わない。
           サブ・ファンドの投資制限

           (ⅰ)サブ・ファンドは、投資対象の購入、投資および追加の結果、サブ・ファンドの資産価額
             の50%超が、日本の金融商品取引法                    第2条第1項に定義される「有価証券」の定義に該当し
             ない資産を構成する場合は、かかる投資対象の購入、投資および追加を行わない。
           (ⅱ)サブ・ファンドについて空売りされる証券の時価総額がサブ・ファンドの純資産価額の合
             計を超えないものとする。
           (ⅲ)未払いの借入総額がサブ・ファンドの純資産価額の10%を超える場合、借入れは禁じられ
             る。ただし、吸収合併または合併等の特別緊急事態の場合は、一時的に当該10%の制限を超
             える可能性がある。
           (ⅳ)投資顧問会社は、管理会社が運用するすべてのミューチュアル・ファンドにより保有され
             るある会社の議決権付株式が当該会社の議決権付株式の総数の50%を超えることになる場
             合、かかる会社の株式を取得しない。なお、疑義を避けるために申し添えると、この制限は
             マスター・ファンドに対する投資には適用されない。上記パーセンテージは、買付時に計算
             されるかまたは時価により計算される。
           (ⅴ)投資顧問会社は、サブ・ファンドのために、日本証券業協会の外国証券の取引に関する規
             則(その後の改正および改訂を含む。)により要求される、価格の透明性を確保するための
             適切な措置が講じられている場合を除き、私募証券、非上場証券または不動産等の直ちに換
             金できない流動性に欠ける資産に、サブ・ファンドの純資産の15%を超えて投資を行わな
             い。この15%の制限は、直ちに換金できることを十分に示していないにもかかわらず十分な
             流動性があると証券がみなされる場合がある、証券の市場価格の取得可能性に関する単なる
             評価が含まれ得る、上記の規則の解釈に基づくものである。
           (ⅵ)投資顧問会社は、サブ・ファンドのために、トラストが発行した株式または証券を取得し
             ないものとする。
           (ⅶ)投資顧問会社により行われる、投資顧問会社またはその他第三者の利益を目的とした、受
             益者保護に反するまたはサブ・ファンドの資産の適正な運用を害するサブ・ファンドのため
             の取引は、禁止されるものとする。
           (ⅷ)サブ・ファンドは、マネー・マーケット・ファンドにサブ・ファンドの純資産価額の10%
             を超えて投資をしない。
           (ⅸ)サブ・ファンドは、サブ・ファンドの英文補遺目論見書に別段の記載がある場合を除き、
             日本の一般社団法人投資信託協会が発行した規則の第17条の2(以下「規則」という。)の
             要件を満たす「分散型」ファンドに分類されるものとする。一の者に係る株式等エクスポー
             ジャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ取引等エクスポージャーのサブ・ファ
             ンドの純資産総額に対する比率は、規則に記載される制限に従うものとする。当該制限を超
             えることとなった場合には、規則に記載される制限内となるよう投資対象の調整を行う。サ
             ブ・ファンドは、サブ・ファンドの投資顧問会社または受託会社の決定に従い、日本証券業
             協会の規則に基づく信用リスク(サブ・ファンドが保有する有価証券その他の資産について
             債務不履行その他のカウンター・パーティ・リスクとして定義される。)の妥当かつ適切な
             管理のための指定枠組みに適合しない取引を行わない。
                                  22/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            サブ・ファンドの投資対象の価値の変化、再構成、合併、サブ・ファンドの資産からの支払ま
           たはサブ・ファンドの受益証券の買戻しの結果としてサブ・ファンドに適用される制限を超えた
           場 合、管理会社は、直ちにサブ・ファンドの投資対象を売却する必要はない。しかし、管理会社
           は、サブ・ファンドの受益者の利益を考慮した上で、違反が判明してから合理的な期間内にサ
           ブ・ファンドに適用ある制限を遵守するために合理的に可能な措置を講じるものとする。
                                  23/272



















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      3【投資リスク】
       (1)リスク要因
         投資信託は預貯金と異なる。サブ・ファンドへの投資はリスクを伴う。サブ・ファンドへの投資に
        より金銭(投資額全額の場合を含む。)を失う可能性がある。サブ・ファンドへの投資は、銀行預金
        ではなく、米国またはその他の国の政府機関による付保または保証は行われない。サブ・ファンドへ
        の投資リスクは、サブ・ファンドの投資先に伴うリスクおよびサブ・ファンドの投資目的達成の能力
        に関連するリスクの両者から生じる。投資予定者はそれぞれサブ・ファンドへの投資が当該投資予定
        者に適した投資であるかどうかの決定に際し、かかるリスクを注意深く検討すべきである。かかるリ
        スクには、以下のものが含まれるが、これに限定されない。
        信用リスク

         マスター・ファンドが投資することができる債務証券は、原資産の信用リスクにさらされるおそれ
        があり、かかる資産の債務不履行および投資先のクレジット・サポートの消滅に際し、マスター・
        ファンドは、投資全額を回収できないことがある。さらに、マスター・ファンドが投資する債券の発
        行体がマスター・ファンドが保有する債務証券につき要求される支払いを実施できない可能性もあ
        る。債務証券は、発行体の認識される信用度に基づき価値が変動することがある。政府関連機関によ
        り発行されたモーゲージ・プールについての元本および利息の支払いは、該当する政府により保証さ
        れているわけではない。よって、マスター・ファンドが保有する投資対象に関する債務不履行によ
        り、マスター・ファンドの受益者(サブ・ファンドを含む。)の投資対象の価値が下落することがあ
        る。ソブリン債またはその他のソブリン政府が保証する債務への投資は、政府による元本の払戻しお
        よび利息支払いの能力および意欲に関連するリスクを伴う。さらに、コマーシャル・ペーパー、銀行
        引受手形、預金証書およびレポ取引等の短期の現金等価の投資対象は、政府による保証はなく、債務
        不履行のリスクにさらされている。
         債券の発行体の信用力の変化や格付けの変更により、債券価格が変動したり、財務上の問題、経営
        不振、その他の理由により、利息や元本があらかじめ決められた条件で支払われなくなること(債務
        不履行)がある。信用力の低下、格付けの引き下げ、債務不履行が生じた場合、通常、債券価格は下
        落し、その結果、マスター・ファンドの純資産価額が下落する可能性がある。
        流動性リスク

         流動性リスクとは、有価証券などを売買しようとする場合、需要または供給が乏しいために、所定
        の資産を、希望する時期に、希望する価格で、希望する数量を売買することができないリスクをい
        う。特に流動性の低い有価証券などを売却する場合には、ファンドの純資産価額が下落する可能性が
        ある。サブ・ファンドが実質的に投資対象とするハイブリッド証券は、一般に市場における流動性が
        相対的に少ないため、市況によってはマスター・ファンドにおいて大幅な安値での売却を余儀なくさ
        れる可能性があることから、大きなリスクを伴う。
        金利変動リスク

         金利変動により債務証券価格は変動する。一般に金利が上昇した場合には債務証券の価格は下落す
        る可能性があり、それによりサブ・ファンドの純資産価額が下落する。
        劣後債および優先証券などのハイブリッド証券への投資リスク

         劣後債および優先証券などのハイブリッド証券への投資には、普通社債への投資と比較して、次の
        ような固有のリスクがあり、価格変動リスクや信用リスクは相対的に大きいものとなる。
        ・劣後リスク(ハイブリッド証券は清算の際に同一の発行体のその他の債券よりも法的弁済順位が劣

         後するというリスク)
          発行体が破綻に陥った場合、一般に、ハイブリッド証券の保有者の法的な弁済順位は同一の発行
         体の株式の保有者に優先し、普通社債およびその他の債務証券の保有者より劣後する。発行体が破
                                  24/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         綻等に陥った場合、ハイブリッド証券の保有者は、他の優先する債権が全額支払われない限り、元
         利金の支払いを受けることができない(法的弁済順位の劣後)。また、ハイブリッド証券は、一般
         に 普通社債と比較して低い格付けが格付機関により付与されているが、その格付けがさらに下落す
         る場合には、ハイブリッド証券の価格が大きく下落する可能性がある。
        ・繰上償還延期リスク

          一般に、ハイブリッド証券には、満期日のある期限付劣後債や、満期日のない永久劣後債、優先
         証券などがある。ただし、これらの証券には一般に繰上償還(「コール」と呼ぶことがある。)条
         項が付与されており、繰上償還日に償還されることを前提として取引されている。市場環境等の要
         因によって、予定された期日に元本の繰上償還が実施されなかった場合、あるいは繰上償還されな
         いと見込まれる場合には、当該証券の価格が大きく下落する可能性がある。
        ・利払い変更リスク

          一般に、ハイブリッド証券には、利息または配当の変更条項を有する証券がある。これらの証券
         においては、発行体の財務状況や収益動向等の要因によって、利息または配当が支払われない可能
         性や支払いが繰延べられる可能性がある。
        ・規制環境の変化に関するリスク

          ハイブリッド証券は、規制当局や格付機関の認定基準に依存しており、当該規制や基準の変更が
         ハイブリッド証券市場に大きな影響を及ぼす可能性がある。
        為替変動リスク

         円クラス(為替ヘッジあり)は、円に対する豪ドルの為替変動がヘッジされるようにめざすが、為
        替ヘッジ取引が効果的である保証はない。その結果、円クラス(為替ヘッジあり)は、豪ドルで発行
        された投資対象(サブ・ファンドの資産)との間の為替変動の影響を受ける場合がある。
         サブ・ファンドの資産は豪ドル建てである。よって、米ドルクラスの価値は、組入資産のパフォー
        マンスにかかわらず、米ドル/豪ドルの為替変動の影響を受ける。
        外国為替ヘッジ

         サブ・ファンドは、ヘッジ・クラス受益証券を募集する予定であり、また投資顧問会社と協議した
        上で受託会社および管理会社の単独裁量により、また受益者に対して通知を行うことなく、豪ドル建
        てではないクラスを含む追加の受益証券のクラスを発行することができる。ただし、サブ・ファンド
        の投資対象は、主に豪ドル建てであるかまたは豪ドルにヘッジされる予定である。
                                  25/272








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         いずれのヘッジ・クラス受益証券の投資者もそれぞれのクラスのクラス通貨でリターンを受け取れ
        るよう、投資顧問会社は、その単独裁量により、外国為替ヘッジを利用することにより、各クラス通
        貨に対するヘッジ・クラス受益証券それぞれのクラスの通貨エクスポージャーのヘッジに努めるが、
        そのような義務を負うものではない。外国為替ヘッジが有効であるという保証はない。例えば、外国
        為替ヘッジでは、月の途中においてヘッジ・クラス受益証券に配分されるサブ・ファンドの資産の値
        上がりまたは値下がりの結果による外国為替エクスポージャーの変動を考慮することは予定されてい
        ない。サブ・ファンドは、かかる通貨に関してサブ・ファンドの外国為替ヘッジのためのノン・デリ
        バラブル・フォワード通貨契約を利用することを予定しているが、サブ・ファンドがこれを効果的に
        行えるという保証も、サブ・ファンドがノンデリバラブル・フォワード契約を締結できるという保証
        もできない。「先渡契約」の項を参照されたい。また、サブ・ファンドは、サブ・ファンドがクラス
        通貨へのヘッジまたは転換を行えない日にヘッジ・クラス受益証券の申込みまたは買戻しの請求を受
        領する可能性がある。そのような場合、サブ・ファンドは、サブ・ファンドが該当するクラス通貨の
        ヘッジもしくは転換が行える日または申込みもしくは買戻しを受諾できる日まで当該申込みまたは買
        戻しを延期することができ、また該当する日の前後にヘッジ取引を実行または終了することができ
        る。したがって、いずれのヘッジ・クラス受益証券にも過度のヘッジが行われたり、ヘッジが不足す
        る可能性がある。さらに、外国為替ヘッジは、関連するクラス通貨に対する豪ドルの価値の下落から
        受益者を完全には保護できない可能性がある。これは、特に、外国為替ヘッジに関連して使用される
        サブ・ファンドの原資産の評価が、外国為替ヘッジが実行された時点でのかかる資産の実際の評価と
        大きく異なる可能性があるため、またはサブ・ファンドの資産の主な部分が直ちに確認可能な市場価
        格を欠いている可能性があるためである。また、保有するヘッジ・クラス受益証券が関連するクラス
        通貨に対する豪ドルの価値の下落から投資者を保護するとしても、ヘッジ・クラス受益証券の投資者
        は、一般に、関連するクラス通貨に対して豪ドルが値上がりする場合に利益を受けられない。ヘッ
        ジ・クラス受益証券の価値は、外国為替ヘッジに関する損益およびコストを反映する変動にさらされ
        る。
         投資顧問会社は、外国為替ヘッジの制限に努めるが、サブ・ファンドが利用する外国為替ヘッジか

        ら生じる負債が、ヘッジ活動が行われる受益証券のクラスの資産を超過する場合、サブ・ファンドの
        その他の受益証券のクラスの純資産価額に重大な悪影響を及ぼす可能性がある。また、一般に、外国
        為替ヘッジをする場合、証拠金もしくは決済の支払いまたはその他の目的のために、サブ・ファンド
        の資産の一部の使用を要する場合がある。例えば、サブ・ファンドには、特定のヘッジ商品の利用に
        関連して、証拠金、決済またはその他の支払いが随時(月中を含む。)要求される場合がある。ま
        た、外国為替ヘッジの取引相手方により、即日を含む、短期の通知をもって支払いを要求される場合
        がある。その結果、サブ・ファンドは、現時点または将来の追加証拠金請求、決済もしくはその他の
        支払いに応じるかまたはその他の目的のために利用可能な現金を保有するため、資産をより早く清算
        し、および/または、サブ・ファンドのより多くの割合の資産を現金およびその他の流動性の高い証
        券(その割合は時として大きなものとなる可能性がある。)により保持する場合がある。サブ・ファ
        ンドが保有する現金資産には、通常、金利が付される見込みであるが、かかる現金資産については、
        該当するサブ・ファンドの投資方針に従った投資が行われないこととなり、サブ・ファンド(当該外
        国為替ヘッジの対象ではないのクラスの保有者を含む。)のパフォーマンスに重大な悪影響を及ぼす
        可能性がある。また、通貨市場のボラティリティおよび変化する市況に起因して、投資顧問会社は、
        将来の証拠金の要求の正確な予測ができない可能性があり、これにより、サブ・ファンドがかかる目
        的のために保有する現金および流動証券が過剰となりまたは不足する可能性がある。サブ・ファンド
        がかかる目的のために利用可能な現金または資産を有しない場合、サブ・ファンドは、サブ・ファン
        ドの契約上の義務を遵守することができない可能性(追加証拠金請求もしくは決済またはその他の支
        払いの義務に応じられないことを含むがこれに限られない。)がある。サブ・ファンドがその契約上
        の義務の履行を怠る場合、サブ・ファンドおよびその受益者(当該外国為替ヘッジの対象ではないの
        クラスを含む。)は重大な悪影響を被る可能性がある。
                                  26/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         投資顧問会社は、投資顧問会社がその裁量により、外国為替ヘッジが実行不可能もしくは不可能で
        あるか、サブ・ファンドまたはその直接もしくは間接の投資者(当該外国為替ヘッジの対象ではない
        の クラスの保有者を含む。)に重大な影響を及ぼす可能性があると判断する場合に(この場合を含む
        がこの場合に限られない。)、または、その他の理由により、一定期間外国為替ヘッジの全部または
        一部を行わないことを決定する可能性がある。その結果、当該一定期間、外国為替エクスポージャー
        が全体的または部分的にヘッジされない可能性がある。受益者は、外国為替エクスポージャーがヘッ
        ジされない一定の期間について、必ずしも通知を受けるものではない。
         いかなる時点においても、またすべてにおいて、投資顧問会社がヘッジ・クラス受益証券の通貨エ

        クスポージャーの全部または一部についてヘッジを行い、またはかかるヘッジに成功するという保証
        はない。また、サブ・ファンドについてその資産の清算またはサブ・ファンドの解散が行われている
        期間中に外国為替ヘッジを利用することは予定されていないが、投資顧問会社の単独裁量によりこれ
        が行われる可能性もある。投資顧問会社は、その裁量により、また適用法に従い、外国為替ヘッジの
        運用の全部または一部を投資顧問会社の一または複数の関係会社に委託することができる。
         投資顧問会社は、外国為替ヘッジの実行に関連して、投資顧問会社が必要または望ましいと判断す

        る適切な修正をその規律文書に対して加えることができる。
        レバレッジ

         投資顧問会社は、投資顧問会社が単独の裁量により、投資戦略を実行するため、運用の必要上、ま
        たはサブ・ファンドの予想される買戻しまたは費用の支払資金を得るためを含むが、これに限定され
        ない目的のため適切とみなした場合、借入またはレバレッジを活用することができる。
         サブ・ファンドが活用するレバレッジ額は、サブ・ファンドの購入および買戻しの金額および時

        期、ならびにサブ・ファンドの投資対象の実績ならびにノン・デリバラブル・フォワードの通貨契約
        などのデリバティブの活用によるものを含む外国為替ヘッジの実施などの様々な要因により、随時、
        変動する。
         投資顧問会社は、特定の状況において、受益証券に関する申込金の受領を予想して、取引を開始す

        るための資金を活用することもあり、これにより、サブ・ファンドが当該取引に関連して被った損失
        を増加させる可能性がある。サブ・ファンドによるレバレッジの活用は、サブ・ファンドのポート
        フォリオのボラティリティを高め、追加費用を生じ、サブ・ファンドの投資ポートフォリオに悪影響
        を及ぼす可能性もある。さらに、サブ・ファンドに対する貸付人の利払いおよび元本払戻金の受領権
        は、受益者の権利に優先し、借入の条件には、分配の実施の可能性を含め、サブ・ファンドの一定の
        活動を制限する条項が含まれることがある。
         サブ・ファンドは、利用するレバレッジに関連して、利払手数料およびコミットメント料を含む

        が、これに限定されない費用を生じ、かかる費用が相当な金額になる可能性もある。さらに、サブ・
        ファンドに対する貸付人の利払いまたは元本払戻金の受領権は、通常、受益者を含むサブ・ファンド
        の投資者の権利に優先し、かかる借入の条件により、分配の実施の可能性を含め、サブ・ファンドの
        一定の活動を制限することがある。
         適用法に認められる場合、サブ・ファンドは、裁量により、ゴールドマン・サックスまたは投資顧

        問会社が適切とみなすその他の関係者から、運用の必要上、費用の支払い、買戻しに関する投資およ
        び分配を行うことを目的とした場合を含むが、これに限定されない目的のために、借入を行うことが
        できる。サブ・ファンドが、市場で当該時に利用可能な条件を含む、投資顧問会社およびその関係会
        社が管理するその他のファンドまたは勘定、もしくは、競合者に利用可能な条件で融資を得られる保
        証はなく、またサブ・ファンドがいつでも融資を受けられる保証もなく、融資が受けられる場合で
                                  27/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        も、かかる融資が、金利レートを含めサブ・ファンドにとって望ましい条件で行われる保証はない。
        レバレッジの利用は、サブ・ファンドのポートフォリオが被る悪影響をかなり増大させることがあ
        る。  「潜在的利益相反」の項を参照のこと。
         リボルビング・クレジット枠の獲得に替えて、またはそれに加えて、サブ・ファンドは、随時、必

        要な場合、限定付き与信枠を頼るのではなく、全てまたは一部の借入必要額について資金の借入れに
        努めるよう決定することができる。適用法に従い、サブ・ファンドは、かかる方法でゴールドマン・
        サックスから借入を行うことができる。よって、かかる借入は、通常、コミットメント料の支払いは
        ないが、限定つき与信枠がある場合よりも、借入時の利息は高くなり、サブ・ファンドが、かかる融
        資が入手できない状況か、または高金利でしか入手できない状況に陥る危険性もある。さらに、当該
        借入の条項では、かかる借入が貸付人の要求に応じて、いつでも、払戻しに応じなければならない旨
        規定されていることがあり、これにより、かかる要求に従う場合は、サブ・ファンドに重大な悪影響
        を及ぼすことがある。
        サブ・ファンドの投資対象の流動性の制限

         投資顧問会社は、実質的にすべてのサブ・ファンドの資産を一般に取引されていないマスター・
        ファンドの受益証券に投資する。かかる一般に取引されていない有価証券および投資対象は、直ちに
        処分ができないことがあり、契約上、法律上または規制上、特定の期間の売却が禁止されている場合
        もある。
        投資の集中

         投資顧問会社は、実質的にすべてのサブ・ファンドの資産をマスター・ファンドに投資する。よっ
        て、サブ・ファンドの投資は、マスター・ファンドの投資戦略に集中する。
        ヘッジ取引

         投資顧問会社は、通貨ヘッジおよび金利ヘッジを含むヘッジ技術を駆使する予定である。かかる
        ヘッジ技術が有効であるか、またはこれを利用しなかった場合よりも好ましいリターンが生じるとい
        う保証はない。さらに、かかるヘッジ技術は、サブ・ファンドが投資する有価証券およびその他の商
        品の評価額の変動から、投資者を保護することが目的であり、サブ・ファンドは、通常、かかる有価
        証券およびその他の商品の価値が上昇した場合は、恩恵を受けない。
         投資顧問会社は、また、サブ・ファンドが直接または間接的に投資している有価証券およびその他

        の商品の価額が下落したことによる損失リスクの最小化の追求を含め、その他の状況において、ヘッ
        ジ技術を活用することができる。かかるヘッジ技術が成功するという保証はなく、かかるヘッジ技術
        は、ヘッジ・ポジションの価値の上昇から生じる潜在的利益を制限する傾向がある。
         ヘッジ技術には、先物契約、証券に係る上場および店頭プット・オプションおよびコール・オプ

        ション、金融指数、為替先物予約、差金決済の為替先物予約ならびに様々な金利取引(「ヘッジ商
        品」と総称する。)を含む多様なデリバティブ取引が含まれる。ヘッジ技術は、投資先の投資対象の
        リスクとは異なるリスクを有する。特に、ヘッジ商品の価格変動とヘッジ対象のポジションの価格変
        動の相関性の程度は様々であり、これによりヘッジによる損失が、サブ・ファンドのポジションの評
        価額に対する利益額よりも大きくなる可能性も生じる。さらに、特定のヘッジ商品および市場は、あ
        らゆる場合に流動性がないことがある。その結果、変動の大きな市場では、投資顧問会社は、当初証
        拠金をはるかに上回る損失を被ることなく、かかる商品の一部の取引を手じまうことができない可能
        性もある。投資顧問会社がヘッジを成功させることができるかは、投資顧問会社が、確実なものはな
        いが、適切な市場動向を予測できるかどうかにかかっている。
        先渡契約

                                  28/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         投資顧問会社は、サブ・ファンドのために、直接または間接的に、取引所で取引されておらず、一
        般に規制されていない、先渡契約、差金決済の為替先物予約およびそのオプションを締結することが
        で きる。先渡契約には1日の値幅制限はない。サブ・ファンドが口座を維持する銀行およびその他の
        ディーラーは、サブ・ファンドに対して、かかる取引につき、証拠金を預託するよう求めることがで
        きるが、証拠金の要件は、通常、最小限か全く存在しない。サブ・ファンドの取引相手方は、かかる
        契約につき、継続して相場を形成する必要はなく、当該契約には、流動性がない期間があり、これが
        長期にわたる場合もしばしば起こる。特定の取引相手方が、先渡契約の相場価格の提示の継続を拒否
        した期間や、スプレッド(取引相手方が購入を予定している価格と売却を予定している価格との差
        額)が異常に広い相場価格を提示する期間も発生している。先渡契約の取決めは、1名または数名の
        取引相手方との間で行われるため、かかる取決めが多数の取引相手方と行われる場合よりも、流動性
        の問題が大きくなることがある。政府当局によるクレジット・コントロールの強制により、かかる先
        渡取引が、上記の強制がなければ、投資顧問会社がサブ・ファンドに勧めたであろう水準以下に制限
        されることがあり、サブ・ファンドに損害をもたらすこともある。さらに、サブ・ファンドが取引す
        る市場で、異常に大量の取引、政治的干渉またはその他の要因により、市場崩壊が生じることもあ
        る。市場の流動性欠如または崩壊が、サブ・ファンドに多大な損失をもたらすことがある。さらに、
        サブ・ファンドは、決済不能に関するリスクに加えて、取引相手方に関する信用リスクにもさらされ
        る。かかるリスクは、サブ・ファンドに多大な損失をもたらすことがある。
                                  29/272














                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        投資顧問会社への依存;受益者はサブ・ファンドの運営には参加しない
         投資顧問会社は、サブ・ファンドの投資戦略を管理する。サブ・ファンドの成功は、とりわけ、投
        資顧問会社がサブ・ファンドの投資戦略を展開する能力と上手く実施する能力とにかかっている。投
        資顧問会社がこれを実行できるという保証はない。さらに、投資顧問会社が行った決定により、サ
        ブ・ファンドに損失が生じること、または、そうでなければ投資できた収益獲得の機会を逃すことも
        ある。受益者は、サブ・ファンドの日々の事業経営または管理に参加する権利または権限はなく、投
        資顧問会社が行った特定の投資または、かかる投資の条件につき評価する機会はない。
        規制当局の監督の制限

         サブ・ファンドは、非公開の投資会社が利用可能な免除を利用するため、投資会社法に基づく投資
        会社として登録しておらず、登録する予定もない。よって、様々な投資者保護を提供している投資会
        社法の規定(とりわけ、投資会社に利害関係のない取締役を過半数有すること、レバレッジの制限を
        おこなうこと、投資会社とその関係会社間の取引を制限すること、投資会社の保管する有価証券を、
        常時、他の者の有価証券とは個別に分離保管し、かつ当該有価証券が当該投資会社の資産であるもの
        と明確に特定して記載することが求められ、顧問会社および投資会社間の関係を規定することも求め
        られる。)が適用されない。いつでも、サブ・ファンドの有価証券およびその他の資産の大部分は、
        登録投資会社の場合に要求されるような当該資産を個別に分離保管していない仲介会社で保持され
        る。1970年米国証券投資者保護法(改訂済)の規定に基づき、かかる仲介会社の破産または不履行
        は、当該有価証券およびその他の資産の保管が登録投資会社に適用される要件に従って保持されてい
        た場合よりも、サブ・ファンドにより甚大な悪影響を及ぼす傾向がある。サブ・ファンドが委託した
        資産を保管会社が自身のために利用することができるというリスクもある。
         さらに、投資顧問会社は、商品取引所規定の規則第4.13(a)(4)に基づく商品ファンド運営者(「C

        PO」)として米国商品先物取引委員会(「CFTC」)への登録を免除されている。よって、投資
        顧問会社は、受益者に対して、認証済年次報告書およびその他商品取引所規定に従い配布を求められ
        る開示書類を公布する必要はない。かかる資料には、本書またはサブ・ファンドが受益者に提供する
        報告書に含まれない法律で要求される特定の開示事項が含まれる。
         さらに、非米国人に対する受益証券の募集および販売は、証券取引法に基づくレギュレーションS

        に従い、証券取引法に基づく登録が免除されているため、目論見書は、SEC、CFTCまたはその
        他の米国規制当局のいずれにも提出または検討されていない。
         前述に関わらず、サブ・ファンドは、1956年米国銀行持株会社法(改訂済)(「BHCA」)に基

        づく銀行持株会社(「BHC」)であるゴールドマン・サックスに適用される規制による影響を受け
        る。「銀行持株会社としての規制」の項を参照のこと。
        潜在的利益相反

         ゴールドマン・サックス(その関係会社およびスタッフを含む。)は、銀行持株会社であり、世界
        中に投資銀行、証券会社、資産運用会社および金融サービス会社としてフルサービスを提供する企業
        であり、世界の金融市場の主要な参加者である。その結果、ゴールドマン・サックスは、多くの事業
        に従事し、投資者、投資銀行、リサーチ提供会社、投資顧問会社、融資会社、顧問会社、マーケッ
        ト・メーカー、自己勘定トレーダー、プライムブローカー、貸出人、代理人およびプリンシパルなど
        として、サブ・ファンドに関わる持分に加えて、世界中の債券、通貨、商品、株式、銀行ローン、お
        よびその他の市場に持分を有している。かかる追加業務および持分は、潜在的な利益相反を生じる可
        能性がある。
        法務上、税務上および規制上のリスク;受益者に関する情報開示

                                  30/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         法務上、税務上および規制上の変更は、サブ・ファンドの存続期間中に起こることもあり、サブ・
        ファンドに悪影響を及ぼすこともある。デリバティブ商品の規制上および税務上の環境は、徐々に発
        展中であり、デリバティブ商品の規制および税務の変更はサブ・ファンドが保有するデリバティブ商
        品 の価格、および投資顧問会社の取引戦略を遂行する能力に悪影響を及ぼすこともある。例えば、最
        近提出されたある非米国企業および租税回避地で設立された企業に対する法規、および将来の法規
        は、実施されれば、サブ・ファンドまたはその受益者の一部もしくはすべてに重大な税金もしくはそ
        の他の費用を生じさせるかもしれず、サブ・ファンドの組織および運営の方法の重大な再編が必要に
        なるかもしれない。同様に、レバレッジを効かせた投資者やヘッジファンドの規制環境も漸次変化し
        ており、レバレッジを効かせた投資者またはヘッジファンドの規制に直接または間接的な変更が行わ
        れれば、サブ・ファンドおよび投資顧問会社が投資目的および/または取引戦略を遂行する能力に悪
        影響を与えることもある。同じく、投資顧問会社の取引戦略遂行能力は、ゴールドマン・サンクスの
        その他の活動のために賦課される要件(ゴールドマン・サックスがBHCとして規制を受けることを
        選択した結果としての要件を含むが、これに限定されない。)または一定の投資者もしくは一定のタ
        イプの投資者によるサブ・ファンドへの投資の結果として賦課される可能性のある要件などの追加の
        規制要件、またはサブ・ファンドに適用される規制要件の変更により、悪影響を受けるかもしれな
        い。特定の状況において、サブ・ファンドは、そうでなければ当該有価証券が投資顧問会社にとって
        適切な投資機会であるにも関わらず、当該有価証券の購入または保有を禁じられることがある。下記
        「銀行持株会社としての規制」の項を参照のこと。
         サブ・ファンドへの投資に伴う一定の税務リスクは、以下に記載する。

         さらに、受託会社、投資顧問会社もしくその関係会社および/またはサブ・ファンドの業務提供会

        社または代理人は、随時、サブ・ファンドが保有する投資対象、受益者の名称ならびに受益権の名義
        およびレベルを含むが、これに限定されないサブ・ファンドおよび受益者に関する一定の情報を
        (ⅰ)開示企業に対して管轄権を有するか、管轄権を主張する法域、またはサブ・ファンドが直接も
        しくは間接的に投資を行う法域の規制当局、または(ⅱ)サブ・ファンドの受託会社または投資顧問
        会社の取引相手方または業務提供者に対して、開示するよう要請されるか、または、裁量により、開
        示するのが望ましいと判断することがある。販売契約の締結により、各受益者は、当該受益者に関す
        るかかる開示につき合意したものとする。
        ケイマン諸島―金融口座情報の自動的交換

         ケイマン諸島は、国際的な税務コンプライアンスの向上および情報交換の促進のため、米国との間
        で政府間協定に調印した(以下「US                     IGA」という。)。また、ケイマン諸島は、80か国を超える
        他の諸国とともに、金融口座情報の自動的交換に関するOECD基準-共通報告基準(以下「CR
        S」といい、US          IGAとあわせて「AEOI」という。)を実施するための多国間協定に調印し
        た。
         US    IGAおよびCRSの効力を生じさせるため、ケイマン諸島規則が発行された(以下「AEO
        I規則」と総称する。)。AEOI規則に基づき、ケイマン諸島税務情報局は、US                                              IGAおよびC
        RSの適用に関する手引書を公表している。
         ケイマン諸島のすべての「金融機関」は、AEOI規則の登録、デュー・ディリジェンスおよび報
        告要件を遵守する義務を負う。ただし、一または複数のAEOI制度に関して「非報告金融機関(関
        連するAEOI規則に定義される。)」となることを認める免除に依拠することができる場合はこの
        限りではなく、この場合、かかる金融機関にはCRSに基づく登録要件のみが適用される。ファンド
        および各サブ・ファンドは、いかなる非報告金融機関の免除にも依拠することを企図していないた
        め、AEOI規則のすべての要件を遵守することを意図している。
         AEOI規則により、ファンドおよび各サブ・ファンドは、特に、(ⅰ)(US                                             IGAに該当する
        場合のみ)グローバル仲介人識別番号(以下「GIIN」という。)を取得するために内国歳入庁
                                  31/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        (以下「IRS」という。)に登録すること、(ⅱ)ケイマン諸島税務情報局に登録し、これにより
        「報告金融機関」としての自らの地位をケイマン諸島税務情報局に通知すること、(ⅲ)CRSに基づ
        く 義務を履行する方法を定めた方針および手続に関する文書を作成し、実行すること、(ⅳ)「報告対
        象口座」とみなされるか否かを確認するため、自らの口座のデュー・ディリジェンスを実施するこ
        と、および(ⅴ)かかる報告対象口座に関する情報をケイマン諸島税務情報局に報告することを義務付
        けられている。ケイマン諸島税務情報局は、毎年、ある報告対象口座に関連する海外の財政当局(例
        えば、米国報告対象口座の場合はIRS)に対し、ケイマン諸島税務情報局に報告された情報を自動
        的に送信する。
         サブ・ファンドに対して課される可能性のある源泉徴収税の詳細については、米国税に関する開示
        も参照のこと。
         サブ・ファンドへの投資および/またはサブ・ファンドへの投資の継続により、投資者は、サブ・
        ファンドに対する追加情報の提供が必要となる可能性があること、サブ・ファンドのAEOI規則へ
        の遵守が投資者情報の開示につながる可能性があること、および投資者情報が海外の財政当局との間
        で交換される可能性があることを了解したとみなされるものとする。投資者が(結果にかかわらず)
        要求された情報を提供しない場合、受託会社は、その裁量において、対象となる投資者の強制買戻し
        を含むがこれに限られない対応措置を講じおよび/またはあらゆる救済措置を求める権利を留保す
        る。
         US    IGAもしくはCRSのいずれか、AEOI規則またはこれらに基づく関連規制のいずれかを
        遵守するために受託会社によりまたは受託会社のために講じられる対応措置または実施される救済措
        置の結果として生じる一切の損害または負債に対し、かかる対応措置または救済措置の影響を受ける
        投資者は、受託会社(またはその代理人)に対する請求権を有しないものとする。
        銀行持株会社としての規制

         2008年9月、ゴールドマン・サックスはBHCAに基づくBHCとして登録することを選択した。
        さらに、ゴールドマン・サックスは、最近、一定の基準を満たしたBHCに与えられる資格であるB
        HCAに基づくFHCになった。FHCは、FHCでないBHCよりもより広範な活動に従事でき
        る。ただし、FHCおよびその関係会社の活動は、BHCAおよび関連規則により課される一定の規
        制に服していなければならない。ゴールドマン・サックスは、サブ・ファンドをBHCAの意味の範
        囲内で「支配」しているとみなされるため、かかる規制はサブ・ファンドにも同様に適用されると予
        想される。よって、BHCAおよびその他の適用される銀行法、規則、規定およびガイドライン、な
        らびに適切な規制当局による解釈および管理により、投資顧問会社、ゴールドマン・サックスおよび
        その関係会社を一方当事者とし、サブ・ファンドを他方当事者とした取引および関係が制限され、サ
        ブ・ファンドによる投資および取引ならびにサブ・ファンドの運用を制限されることがある。例え
        ば、ゴールドマン・サックスおよびサブ・ファンドに適用されるBHCA規制は、とりわけ、投資顧
        問会社がサブ・ファンドのために特定の投資を行う能力、特定の投資の規模を規制し、サブ・ファン
        ドの投資対象の一部またはすべての保有期間に上限を設定し、投資顧問会社が、サブ・ファンドの投
        資先である会社の管理および運営に参加できる可能性を制限し、ゴールドマン・サックスがサブ・
        ファンドに投資する能力を制限する。さらに、特定のBHCA規制は、関連企業により所有、保有ま
        たは管理されているポジションの合算を要請する。このように、一定の状況で、ゴールドマン・サッ
        クスおよび関係会社(投資顧問会社を含む。)が顧客および自己の勘定で保有するポジションは、サ
        ブ・ファンドが保有するポジションと合算しなければならないことがある。かかる場合、BHCA規
        制は、保有するポジション額に上限を課すため、ゴールドマン・サックスは、投資対象を自己勘定ま
        たはその他の顧客の勘定のために利用する。これによりサブ・ファンドは一定の投資を制限、およ
        び/または清算しなければならないことがある。下記「潜在的利益相反」の項を参照のこと。
         かかる規制は、とりわけ、サブ・ファンドの投資戦略内で投資顧問会社の一定の戦略を実行する能

        力または一定の有価証券を取引する能力に影響を与えることで、実質的にサブ・ファンドに悪影響を
        及ぼすことがある。さらに、ゴールドマン・サックスは、将来FHCとしての資格を停止することも
                                  32/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        あり、サブ・ファンドが追加規制の対象となることもある。さらに、ゴールドマン・サックス、サ
        ブ・ファンドに適用される銀行規制要件が、変更されない、またはかかる変更が、サブ・ファンドに
        重 大な悪影響を及ぼさないという保証はない。
         ゴールドマン・サックス、サブ・ファンドまたは投資顧問会社およびその関係会社が運用するその

        他のファンドおよび勘定に対する銀行監督規制の影響もしくは適用を軽減または排除するため、投資
        顧問会社と協議の上、受託会社は、将来、サブ・ファンドを再編するか、ゴールドマン・サックス
        が、将来、投資顧問会社を再編する可能性がある。ゴールドマン・サックスは、別の会社をゴールド
        マン・サックス・アセット・マネジメント・インターナショナルまたはゴールドマン・サックス・ア
        セット・マネジメント・エル・ピーの代わりにサブ・ファンドの投資顧問会社とすること、または受
        託会社と協議の上決定するその他の手段を用いて、このような結果を達成するよう努めることもあ
        る。譲受人または代替人は、ゴールドマン・サックスに関連のない者とする。
        受益証券の流動性の制限

         受益証券は自由に譲渡できないため、サブ・ファンドへの投資は、流動性が制限されている。買戻
        しの権利が制限されているため、不確定な期間につき、各受益者は、サブ・ファンドへの投資の経済
        的リスクに耐える心構えがなければならない。受益証券は、本書に記載され、サブ・ファンドの補遺
        信託証書、販売契約および目論見書に規定される譲渡制限が付されている。通常、受益者は、投資顧
        問会社と協議の上、受託会社の事前の書面による合意なく、受益証券または受益証券の受益権もしく
        はその他権利を販売、委譲、譲渡、質入れまたはその他の方法で処分することができない。これに
        は、法律または契約の執行(受益者の死亡、無能力、債務超過または破産の宣告に基づく法の執行に
        よる場合を除く。)による場合も含むがこれに限らない。サブ・ファンドは、通常、レギュレーショ
        ンSに定義される非米国人である者で、かつその他の適用ある法的要件に従う者に対する譲渡にのみ
        合意する。
         さらに、買戻しは、買戻後の保有要件に従うものとし、特定の状況で制限または停止することがあ

        る。マスター・ファンドは、一般に取引されていない有価証券および金融商品に投資することができ
        る。このように一般に取引されていない有価証券および金融商品は、直ちに処分することができず、
        契約上、法律上、または規制上の特定の期間の売却禁止の対象となる場合もある。買戻しについて
        は、受託会社は、投資顧問会社と協議の上、かかる留保金が、会計基準により強制されていない場合
        でも、買戻手取金から費用、負債または偶発費用にあたる金額を留保することができる。サブ・ファ
        ンドは一般に買戻受益証券およびその他の分配金(もしあれば)についての買戻金を現金で支払う予
        定である。ただし、受託会社は、投資顧問会社と協議の上、買戻しに関わる分配金を含むがこれに限
        定されない分配を現物で受益者に支払う権利を有する。下記「現物支払」の項を参照のこと。
         一もしくは複数の受益者、または元受益者が、買戻金の一部またはすべてを投資顧問会社またはそ

        の関係会社が運営する別の投資信託または投資ビークルに投資することを意図して、サブ・ファンド
        から受益証券を買戻す場合、受託会社は、投資顧問会社と協議の上、当該買戻日にサブ・ファンドか
        ら受益証券を買戻すその他の受益者または元受益者へ買戻金の支払いを行うより前に、かかる受益者
        または元受益者に対して、かかる買戻金の全額、または一部を支払うことができ、かかるその他の受
        益者または元受益者への買戻金の支払いを、サブ・ファンドまたはその他による資産売却を中断し、
        延期することができる。
         よって、サブ・ファンドへの投資は、サブ・ファンドの受益証券および原投資対象の流動性が限定

        されていることに関連したリスクに耐えうる投資者にのみ適している。
        申込金の受領前、および申込効力発生日前の取引

                                  33/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         サブ・ファンドは、投資顧問会社の単独の裁量により、予想される申込みを基準に、申込みの効力
        発生日以前にいつでも取引を開始することができる。さらに、前述の一般性を限定せず、投資顧問会
        社の単独の裁量により、サブ・ファンドは、申込みに関わる資金の受領を基準に、申込みの効力発生
        日 以降であれば、かかる資金が当該効力発生日に受領されていない場合でも、取引を実施できる。販
        売契約に従い、投資者または投資予定者は、申込みの効力発生日現在の当該金額の受領を基準にした
        サブ・ファンドの取引の結果生じた損失または費用を含む、申込金の不払いまたは支払遅延に起因し
        てまたはそれに関連して生じる損失または費用に対する責任を有する。こうした行為は、サブ・ファ
        ンドに悪影響を及ぼすことがある。申込金の不払いまたは支払遅延は、サブ・ファンドに損失および
        費用を生じさせ、サブ・ファンドは該当する投資者または投資予定者からかかる損失または費用を完
        全には取り戻せないことがある。さらに、投資顧問会社は、実施されていない申込みを予想して、サ
        ブ・ファンドのために投資またはその他ポートフォリオ決定を行うことができるが、かかる申込みが
        行われないことや、遅延がわかった場合には、サブ・ファンドのポートフォリオに悪影響を及ぼすこ
        とがある。
         さらに、かかる取引は、サブ・ファンドがさらされているレバレッジの金額を増大させることにな

        る。サブ・ファンドへの投資者(申込を行っている投資者ではなく)は、申込みを予想して取引日前
        に行った取引につき、市場リスクおよびリターン、ならびに信用リスクを負う。
                                  34/272














                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        大量買戻し
         限られた期間内にサブ・ファンドの大量買戻しが行われた場合、サブ・ファンドは、不適切な時期
        または望ましくない条件で、満期前のポジションを現金化せずに、かかる買戻請求に応じるための十
        分な資金を提供することは難しい。さらに、サブ・ファンドのある特定の取引日に大量の買戻しが行
        われているかどうかに関わらず、ある期間にわたり、大量の買戻しが起こった場合、サブ・ファンド
        の純資産価額の減少がおこり、サブ・ファンドが利益をあげたり、損失を回収することが難しくなる
        ことがある。サブ・ファンドの投資者は、サブ・ファンドから特定の取引日における大量の買戻請求
        につき通知を受領することはなく、よって、かかる買戻しを請求した受益者より前または同時に、自
        身の投資額またはその一部を買戻す機会はない。
         大量買戻しのリスクは、サブ・ファンドの受益者が投資顧問会社の関係会社を含む貸し手に対し

        て、受益証券の担保権を差し入れた場合にも高まる。借り手がかかる権利を行使した場合、大量の買
        戻しが発生し、サブ・ファンドのポートフォリオに重大な悪影響を及ぼすことがある。
        現物支払

         サブ・ファンドは、通常、買戻受益証券の分配金および買戻金を現金で支払う予定である。ただ
        し、サブ・ファンドがサブ・ファンドの受益証券の買戻しにつき、買戻しの資金となる十分な現金を
        持っている保証はない。サブ・ファンドは、一定の状況で、適用法が認める限り、現金の支払いがサ
        ブ・ファンドまたは受益者に重大な悪影響を及ぼす結果となる場合を含め、買戻しの支払いまたはそ
        の他に際して、現物による分配を行うことができる。受益者への現物分配は、サブ・ファンドによ
        り、とりわけ(ⅰ)サブ・ファンドが保有する有価証券またはその他の資産の受益者への分配、
        (ⅱ)サブ・ファンドが保有する有価証券またはその他の資産に最終的に実現する純手取金を受領す
        る権利の受益者への分配(例えば、証書もしくは手形の発行、または特別目的ビークルに対する持分
        の分配による。)、または(ⅲ)別の方法で、サブ・ファンドが保有する有価証券またはその他の資
        産に対する経済的持分を受益者に対して付与することで行われる。投資顧問会社と協議の上、受託会
        社が、かかる投資対象または有価証券の分配を行う意思がある場合、投資顧問会社は、該当する受益
        者に通知し、かかる通知により、受益者が投資顧問会社に対して、投資顧問会社が指定した期間内
        に、書面により当該受益者がかかる現物分配の受領を望まない旨通知した場合は、サブ・ファンドま
        たは投資顧問会社は、受益者のためにかかる資産を現金化する合理的努力を行い、これによりもたら
        された現金手取金を受益者に対して分配する。受益者は、このように分配された投資対象または有価
        証券のリスク、およびかかる現金化に対するリスクを負い、かかる分配または現金化に関連する費
        用、経費、損失および負債の支払い(およびかかる分配または現金化による手取金からの控除)を求
        められることがあり、これには、かかる投資対象または有価証券を処分するためにブローカー、代理
        人または第三者により請求される手数料を含み、さらに売却時、特に満期前に売却された場合は、か
        かる投資対象、有価証券または財産の買戻価額よりも少ない金額を受領することになる可能性があ
        る。かかる投資対象または有価証券の換金の実行には、かなりの時間を要し、実現手取金は、受益者
        が当該資産を保有していた場合に受領していたであろう金額、または受益者への分配につき評価の目
        的で当該資産に割り当てられた価額よりも大幅に少なくなる可能性がある。
        評価;直ちに市場価格が確定できない資産

         サブ・ファンドの特定日の純資産価額は、サブ・ファンドの資産が当該日に現金化された場合に決
        定されるサブ・ファンドの純資産価額よりも大幅に多いこともあれば、少ないこともある。例えば、
        サブ・ファンドが特定の日に、ある資産、またはその資産のすべてもしくは大部分を売却しなければ
        ならない場合、サブ・ファンドが当該資産の売却にあたり実現する実際の価格は、サブ・ファンドの
        純資産価額に反映される当該資産の価額よりも大幅に低いことがある。変動の激しい市況では、特定
        の資産の市場において、流動性が低下することもあり、これにより、サブ・ファンドの純資産価額に
        反映される当該資産の価額よりも大幅に低い清算価額となることもある。
                                  35/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         サブ・ファンドは、直ちに市場価額が確定できない(非公開会社および仕組み債を含むが、これに
        限定されない。)資産に投資することができ、サブ・ファンドの純資産価額は(管理報酬の算出に関
        わ る場合を含むがこれに限定されない。)当該資産の評価に影響される。直ちに市場価額が確定でき
        ない資産の評価に際し、サブ・ファンド(またはその関連したもしくは独立した代理人を含む。)
        は、ディーラーが提供する相場または第三者、投資顧問会社および/または投資顧問会社の関係会社
        が開発したプライシング・モデルを利用することができる。かかる手法は、間違いもありうる仮定お
        よび見積を基準としている。
         直ちに市場価格が確定できない資産の価額に伴う不確実性ゆえ、サブ・ファンドの純資産価額に反

        映される当該資産の価額は、サブ・ファンドが当該資産を現金化できる価格とは大きく異なることも
        ある。直ちに市場価格が確定できない資産の価額は、例えば、年度末監査の結果を含むサブ・ファン
        ドが入手可能な評価情報を元にした後からの調整が行われることがある。当該資産の価額に対する調
        整は、サブ・ファンドの純資産価額の調整を招くことがある。「調整」の項を参照のこと。
         投資顧問会社、または直ちに市場価額が確定できない資産を含むサブ・ファンドの資産評価に関わ

        るその他の当事者は、かかる資産の評価にあたり、当該価額が当該者の報酬に影響を与えるため、利
        益相反に直面することがある。
         さらに、申込みまたは買戻しが行われるマスター・ファンドのいずれかの取引日において、取締役

        会は(一般的な市況およびマスター・ファンドの規模に関連して投資主もしくは潜在的投資主が要求
        する申込みまたは買戻しの水準を含むが、これらに限られない、自らが適切と判断する合理的な要因
        に基づき)、投資証券1口当たり純資産価格に、希薄化による調整を適用することを決定することがで
        きる。かかる調整は、関連する投資証券のクラスの純資産価額を調整することによって、アクティブ
        な投資主にマスター・ファンドの潜在的な投資活動の見積費用を移譲し、これに従い、マスター・
        ファンドの長期投資主を、継続的な申込活動および買戻活動に関連する費用から保護することを目的
        としている。希薄化による調整は、マスター・ファンドの投資対象の取引スプレッド、取引により生
        じるあらゆる税金および手数料の価格を考慮することができ、市場の影響に関する引当金を含むこと
        もできる。
         いずれかの取引日においてマスター・ファンドが発行する投資証券に関してマスター・ファンドが

        受領する申込代金の総額が、当該取引日にマスター・ファンドが買い戻す本投資証券に関してマス
        ター・ファンドが支払う買戻代金の総額を実質的に超過する場合、マスター・ファンドは、買い値に
        基づき評価されるものとする。
         マスター・ファンドの純資産価額を、買い値または売り値のいずれに基づき評価するかという決定

        は、取引日の取引活動に依拠するため、マスター・ファンドの取引活動と反対方向の取引を行う投資
        主は、マスター・ファンドの他の投資主の費用負担により利益を享受する可能性がある。さらに、マ
        スター・ファンドの純資産価額および短期の運用成績については、かかる評価方法によりボラティリ
        ティが増大する可能性がある。
        調整

         管理会社は、不正確な受益証券口数が、発行日における有効な純資産価額が不正確であったため
        に、受益者に対して発行されていたと判断された場合いつでも、かかる受益者の公平な取り扱いのた
        めに必要と判断する取決めを実行する。かかる取決めには、当該買戻しまたは発行の後(場合によ
        り)にかかる受益者が保有する受益証券口数が、正しい純資産価額で発行されていたであろう受益証
        券口数になるように、当該受益者の保有の一部を追加支払いなしに買戻すこと、または当該受益者に
        新規受益証券を支払いなしに発行すること(必要に応じる。)を含む。さらに、受益証券の買戻し後
        いつでも(サブ・ファンドから受益者が受益証券を完全に買戻す場合を含む。)当該買戻しに従い当
                                  36/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        該受益者または元受益者に支払った金額が著しく不正確であると(受益者または元受益者が当該受益
        証券を購入したか、買戻しが実施された時点の純資産価格が著しく不正確である場合を含む。)判断
        さ れた場合、どちらの場合も利息は付さず、サブ・ファンドは、当該受益者または元受益者に対し
        て、受託会社が、当該受益者または元受益者が正しい純資産価格でかかる買戻しが実施されていたな
        らば受領する権利があったであろうと判断された追加金額を支払うか、または投資顧問会社と協議の
        上、当該受益者または元受益者から、当該受益者または元受益者が受領したと判断された超過金額の
        支払いを求める。(当該受益者または元受益者は、これを支払わなければならない。)サブ・ファン
        ドは、受益者または元受益者から当該金額の支払いを求めないことを選択するか、受益者または元受
        益者から当該金額を回収できない場合、サブ・ファンドの純資産価額は、かかる金額が回収される場
        合よりも低くなる。
        受益証券の追加募集に適用される特別留意事項

         サブ・ファンドは、投資顧問会社により、サブ・ファンドの補遺信託証書に従い決定された受益証
        券の追加申込みを受け付ける。受益証券の追加購入は、かかる購入前のサブ・ファンドの投資ポート
        フォリオにおける既存の受益者の間接的持分を希薄化させる。これは、将来のサブ・ファンドの投資
        がそれまでのサブ・ファンドの投資を下回る実績だった場合、既存の受益者のサブ・ファンドへの持
        分に悪影響を与えることもある。
         さらに、受益証券の当初募集後に取得された受益証券は、多大なオープン・ポジションを有する運

        転資金に対する持分を表象している。かかる受益証券が当該受益証券の取得以前の期間につき保有し
        ていたサブ・ファンドのオープン・ポジションに対する持分を有するため、かかるポジションに対す
        る投資顧問会社の取引アプローチの適用が、追加受益証券のパフォーマンスに対して、これ以前に発
        行済の受益証券のパフォーマンスに対するものとは、質的に異なる効果を生じる可能性がある。例え
        ば、未決済取引が多大な利益を発生させた後は、(一定のレベルまでの)その後の損失は、それ以前
        の利益の一部に限った割戻しであるとみなされ、実質的な損ではないとみなされるため、多くの取引
        アプローチが、ポジションの損失に対する許容度が上がり、より積極的になり、ポジションの規模が
        増大する。継続募集の受益証券の購入者は、当該受益証券を購入した日以前のオープン・ポジション
        にかかる利益の恩恵を受領することはないため、その後の損失は、当該投資についての完全な損失と
        なり、一部利益の割戻とはならない。さらに、特定の取引アプローチが、事前に決定した利益額を発
        生させた後は、ポジションを清算または部分的に清算することにより、利益確定戦略を採ることがあ
        る。新規受益証券が、発行日以前のかかる利益の恩恵を受けないため、当該受益証券を保有する受益
        者は、投資顧問会社の「利益確定」により(大きな利益を継続して生み出していた)ポジションを清
        算させられ、全く自身の利益になっていないということになる。特定のポジションのパフォーマンス
        だけでなく、ポートフォリオ全般のパフォーマンスに基づく同様の分析を適用する一般に同様の効果
        を有するアプローチもある。
        法律顧問

         受託会社、管理会社、およびその一部の代理人および/または関係会社(併せて「受託側当事者」
        という。)は、助言を与える法律顧問(以下「法律顧問」という。)を起用している。法律顧問は、
        その他の受託側当事者の法律顧問も行っている。受託側当事者の代理につき、法律顧問は、受益者を
        代表するものではない。サブ・ファンドは、受益者を代表する独立した法律顧問を起用していない。
        ERISA法およびその他の年金に関わる考察

         サブ・ファンドは、(1974年従業員退職所得保障法(改正済)(以下「ERISA法」という。)
        第3(42)条およびこれに基づく規則に定義される。)「年金投資家」が、発行済クラス受益証券の
        25%(または米国労働省が公布する規則に規定されるさらに高い割合)以上を保有することを認める
        予定はない。よって、サブ・ファンドは、その資産がERISA法タイトルⅠ、または1986年米国内
        国歳入法(改正済)第4975条に服する「年金資産」とみなされないことを期待しており、これが該当
                                  37/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        する場合となるかの保証はない。サブ・ファンドの資産が「年金資産」とみなされる場合(つまり、
        サブ・ファンドのいずれかの受益証券クラスの25%以上が、ERISA法第3(42)条に定義の「年
        金 投資家」により保有されている場合。)サブ・ファンドは、とりわけ、サブ・ファンドのために行
        う投資につき、サブ・ファンドが、ゴールドマン・サックスおよびその関係会社と、ならびにそれら
        を通じての取引を禁じられる可能性があることを含むがこれに限定されない本書に記載の活動を実行
        する能力につき一定の制限に服する可能性がある。さらに、かかる場合、受託会社は、年金投資家ま
        たはERISA法タイトルⅠ、または歳入法第4975条の対象とならないその他の従業員年金につき、
        その他の投資者が当該時点でサブ・ファンドの持分の買戻しまたは譲渡が認められていないことに関
        わりなく、サブ・ファンドへの持分のすべてまたは一部を減額または終了するよう要請することがで
        きる。
        クラス間で連帯する債務

         サブ・ファンドのクラスは、個別の法的な主体ではない。内部の会計上の目的のため、各クラスの
        ために個別の口座が開設され、クラスに対してサブ・ファンドの資産が割り当てられ、そこから固有
        のクラスに帰属する債務が控除される。クラスについて債務超過または償還が生じた場合(すなわ
        ち、クラスの資産が債務を返済するために十分でない場合)、個別のクラスに関して未払いとなって
        いる金額のみならず、サブ・ファンドのすべての資産がそのクラスの債務を弁済するために用いられ
        る。ある一つのクラスに帰属する資産について、他のクラスに帰属する資産を超過する債務から分離
        することは不可能である。よって、例えば、一つのクラスの口座において債務が生じ、当該債務につ
        いて債権者がサブ・ファンドに対する勝訴判決を得た場合、クラスに関係なくサブ・ファンドのあら
        ゆる資産が当該判決内容を充足させるために用いられる。
                                  38/272












                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        リスク公開の制限
         これまでのリスク要因の項目が、サブ・ファンドへの投資に含まれるリスクの完全な一覧または説
        明とはならない。受益者となろうとする者は、サブ・ファンドへの投資を決定する前に、本書および
        サブ・ファンドの補遺信託証書をすべて読み、自身の投資、法律、税金、会計およびその他のアドバ
        イザーと相談すべきである。さらに、サブ・ファンドの投資方針は、いずれ発展および変更が行わ
        れ、サブ・ファンドへの投資は、異なる追加リスク要因にさらされることがある。
        一般的な投資および取引リスク

         サブ・ファンドへの投資には、すべての投資金額を失うというリスクを含む高いリスクを伴う。投
        資顧問会社は、マスター・ファンドの投資プログラムおよびリサーチ技術が、有価証券その他金融商
        品の慎重な選択を通じて元本欠損のリスクを抑えるものと確信している。マスター・ファンドの投資
        プログラムは、外国為替取引、有価証券、指数および外国通貨のオプション、先物、先物オプショ
        ン、発行日取引証券およびフォワード・コミットメント証券、ならびに組入れ証券の貸借等の投資技
        術を活用する場合があるが、こうした実務は、一定の状況において、マスター・ファンドが被る可能
        性のある悪影響を著しく増大させる可能性がある。かかる技術は、ヘッジ目的およびリスク管理目的
        で用いられ、また、一定の場合においてはトータル・リターンの増加を追求するために用いられる。
        トータル・リターンを増加させるための当該運用技術の使用は投機的実務とみなされる可能性があ
        り、マスター・ファンド投資顧問会社が、証券の価格、利率または通貨の価格の変動の予測を誤った
        場合における損失のリスクを伴う。マスター・ファンドの投資プログラムが成功するか、活用される
        投資技術もしくは実施される投資が互いに相関性が低いか、またはマスター・ファンドのリターンが
        投資家の典型的投資ポートフォリオとの相関性が低いという保証や証明はない。マスター・ファンド
        がそのすべての元本を投入するにふさわしい投資機会を発見できるという保証はない。マスター・
        ファンドが投資を追求する市場のボラティリティおよび価格設定の非効率性の減少ならびにその他の
        市場要因は、マスター・ファンドの投資戦略の利用可能機会の数および範囲を減少させる可能性があ
        る。元本の一部または全部を失う可能性があり、投資予定者は、かかる損失の結果に容易に耐えうる
        場合以外は、投資証券を購入すべきでない。
        現金等価物

         マスター・ファンドは、予想される償還、費用もしくはその他のサブ・ファンドの運営上必要なも
        のに資金を提供するため、またはその他マスター・ファンド投資顧問会社の単独の裁量により、投資
        プログラムへの投資を中断して、マスター・ファンド投資顧問会社が適切と認める時期および商品に
        おいて、マスター・ファンドの資産の一部もしくは全部を一時的な目的により現金等価物に投資する
        か、または現金等価物を保有することができる。現金等価物は、通常、満期まで1年以下の残存期間
        を有する短期の有価証券または債務であり、これには、米国財務省証券、コマーシャル・ペーパー、
        譲渡性預金証書、銀行引受手形、およびかかる商品により担保に供された短期レポ取引が含まれる
        (ただし、これらに限定されるわけではない。)。マスター・ファンドは、マスター・ファンドの資
        産がその主要な投資戦略に従って実質的に投資されない間は、その目的の達成を妨げられる可能性が
        ある。さらに、特定の商品(例えば、コマーシャル・ペーパー)の移転は、通常、発行体により制限
        され、また、かかる商品の流通市場は存在しない。現金および現金等価物は、一般的な発行体または
        保証会社の債務不履行のリスクにさらされており、したがって、マスター・ファンドもまた、関連あ
        る発行体または保証会社の債務不履行の場合には損失を被るおそれがある。「債務証券全般」の項を
        参照のこと。
        レポ取引

         レポ取引への投資の主要なリスクは、売り手が債務不履行となった場合に、関連あるレポ取引に関
        係してマスター・ファンドが保有する投資先の有価証券およびその他の担保の売却による手取金が買
        戻価格よりも低額である限り、マスター・ファンドが損失を被るおそれがあることである。買戻期間
        が終了するかまたは当該レポ取引の相手方により当該有価証券を買い戻す権利が行使される時まで、
                                  39/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        マスター・ファンドは、レポ取引の目的物である有価証券を売却しない可能性がある。マスター・
        ファンドは、レポ取引を行う場合、自己の投資証券の償還に関する債務が確実に履行できるようにす
        る ことを目指す。ただし、投資先の有価証券の清算の遅滞、ならびに(a)マスター・ファンドがその権
        利を行使しようとする期間における投資先の有価証券の価額の下落可能性、(b)当該期間に投資先の有
        価証券の収益を手に入れられない可能性、および(c)権利行使の費用を含む、売り手が自己の買戻義務
        を履行できない場合の損失リスクが存在する可能性がある。
        リバース・レポ取引

         マスター・ファンドは、リバース・レポ取引を行うことができる。リバース・レポ取引は、通常、
        当事者が銀行または証券会社に有価証券を売却すると同時に、売り手が、特定日に(金利を反映し
        た)固定価格で当該有価証券を買い戻すことに合意する取引であり、目的によっては、借入れの一形
        態とみなされることもある。かかる取引には、引き渡された組入れ証券の価額が、かかる取引の終了
        時に支払わなければならない価格を下回って下落するリスク、またはリバース・レポ取引の他方当事
        者が、予定どおりに取引を完了することができないか、もしくは完了する意思がないというリスクが
        あり、これらはマスター・ファンドに損失をもたらす可能性がある。リバース・レポ取引は、マス
        ター・ファンドの投資ポートフォリオのボラティリティを増加させる可能性もあるレバレッジの一形
        態である。
        発行体リスク

         マスター・ファンドが取得した有価証券の発行体は、高度の経営事業リスクおよび財務リスクを有
        する場合がある。これらの会社は、発展の初期段階にあるか、運用歴の実績がないか、赤字経営であ
        るかもしくは運用実績に大きな変動があるか、多大な陳腐化のリスクにさらされる製品をもって急速
        に変化する事業に従事しているか、自らの経営の支援、拡大のための資金調達もしくは競合上の地位
        の維持のために多額の追加資金が必要であるか、またはその他財務状況が脆弱である可能性がある。
         マスター・ファンドが取得した有価証券の発行体はレバレッジされていることがある。レバレッジ

        は、かかる会社および投資者としてのマスター・ファンドに対して重大な悪影響を及ぼすことがあ
        る。かかる会社は、財務および経営の制限的約款に服していることがある。レバレッジにより、かか
        る会社の将来の経営および資金需要につき資金調達をする能力が損なわれることがある。その結果、
        かかる会社が景気および経済状況の変動ならびに事業機会に対応する柔軟性は、制限されることがあ
        る。レバレッジを効かせた会社の収益および純資産は、借入金が活用されていない場合と比べて、よ
        り大きい比率で増減する傾向がある。さらに、かかる会社は、より多額の資金源、より大規模な発
        展、製造、マーケティングおよびその他の能力ならびに適格な経営力および技術力を有する多数の人
        材を擁する会社との競争を含むが、これらに限定されない激しい競争に直面することがある。
        頻繁な回転率

         マスター・ファンド内の回転率は高いことがあり、多額のブローカー手数料、報酬およびその他の
        取引コストを潜在的に伴うため、マスター・ファンドの実績に悪影響を及ぼすことがある。
        ボラティリティの高い市場

         エクイティ証券および先物やオプションを含むデリバティブ商品などのマスター・ファンドの投資
        対象の価格は、ボラティリティが高い可能性がある。マスター・ファンドの資産を投資することがで
        きる普通株式、先渡契約、先物契約およびその他の商品は、とりわけ、金利、需給関係の変動、政府
        の貿易、財政、金融および為替管理に関するプログラムならびに方針、ならびに国内外の政治的およ
        び経済的事由および方針により影響を受ける。さらに、政府は、随時、特定の市場、特に通貨、金融
        商品、先物およびオプション市場に直接および規制により介入する。かかる介入は、多くの場合、価
        格に直接影響を与えることを意図しており、またその他の要因と併せて、とりわけ金利変動により、
                                  40/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        当該市場すべてを急速に同一の方向へ誘導させる可能性がある。マスター・ファンドは、そのポジ
        ションが取引されている取引所またはその決済機関の不履行リスクにもさらされている。
        ヘッジ取引

         マスター・ファンド投資顧問会社は、様々なヘッジ手法の活用を通じ、マスター・ファンドがポジ
        ションを取る商品および有価証券の有する他の側面へのエクスポージャーを排除または制限すること
        により、当該商品および有価証券のボラティリティならびに/または相関性へのエクスポージャーを
        制限しようとすることがある。かかるヘッジ手法が有効である、またはこれを活用しなかった場合よ
        りも結果的に好ましいリターンが生じ得るという保証はない。
        不確定な税務ポジション

         投資予定者は、(オーストラリアのものを含む)税法および税務規定が継続して変更されているこ
        と、ならびに変更が遡及的に行われることもあることに留意しなければならない。さらに、特定の税
        務当局による税法および税務規定の解釈および適用が、明白でなく、一貫しておらず、不透明である
        場合がある。過去の実現または未実現利益に対するものを含むマスター・ファンドの潜在的な税金債
        務およびその評価において税金債務を反映していないマスター・ファンドによる投資に起因して発生
        する債務が不確定である結果、ある取引日のマスター・ファンドの純資産価額が、かかる債務(遡及
        的に有効となり賦課されるものを含む。)を正確に反映していないことがある。さらに、ある取引日
        のマスター・ファンドの純資産価額が、その後支払うことのない潜在的な税金債務に対する引当金を
        反映していることもある。会計基準が変更されることもあり、これにより、以前は引当てを要請され
        ていなかった潜在的な税金債務のために、または最終的にマスター・ファンドが当該税金債務の対象
        になるとは予想されない状況において、マスター・ファンドが引当てを行う義務が発生することもあ
        る。
         マスター・ファンドが、後に税金債務のための引当てを決定するか、および/もしくは以前は発生

        しなかった税金債務に関連して支払いを要求される場合、ならびに/またはいずれかのマスター・
        ファンドの投資対象(過去の投資対象を含む。)がその評価に反映していなかった税金債務を生じさ
        せる場合、かかる決定または支払いによる金額は、通常、当該税金に関わる収益の発生時点または取
        引の実施時点ではなく、かかる決定または支払いの時点の(サブ・ファンドを含む)マスター・ファ
        ンドの投資主間で配分される。さらに、マスター・ファンドが、潜在的税金債務の引当金が、当該税
        金に対する債務を上回っているかまたは将来上回ると後に決定した場合、かかる決定から生じた利益
        は、通常、当該税金が発生した収益の発生時点または取引の実施時点ではなく、かかる決定時点のマ
        スター・ファンドの投資主間で配分され、それ以前にマスター・ファンドの投資証券を償還した投資
        主は、追加配分を受領することはなく、その他当該利益を配分されることはない。投資主は、いずれ
        の上記決定または支払いについても通知を受けない。
         税金に対する債務が発生していない時期にマスター・ファンドの投資証券に投資する投資主は、当

        該投資主が当該投資時に当該債務が発生していたときに投資していた場合よりも高い純資産価額で、
        マスター・ファンドの投資証券に投資することになる。さらに、マスター・ファンドのリターンは、
        これら追加の資産がマスター・ファンドの通常の投資政策に従い投資されていたであろうという点
        で、偶発的なレバレッジ効果にさらされたとみなされることがある。他方、税金に対する潜在的な債
        務が発生している時期にマスター・ファンドの投資証券を償還する投資主は、当該償還時に当該債務
        が発生していなかった場合よりも低い純資産価額でマスター・ファンドの投資証券を償還することに
        なる。かかる状況において、マスター・ファンドもまた、その発生した税金が実質的に支払われない
        場合に、偶発的な過小投資効果にさらされたとみなされることがある。
        仕組み商品

                                  41/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         マスター・ファンドのレベルにおいて、限られた期間内に大量の買戻請求が集中するというリスク
        は、マスター・ファンドが仕組み商品の募集に直接または間接的に関連する投資対象(かかる仕組み
        商品、特に、満期が決まっている仕組み商品に基づくポジションのヘッジに関連するものを含むが、
        こ れに限定されない。)を受け入れた場合に高まる可能性がある。マスター・ファンドは、取締役会
        がその単独裁量により決定するところに従い、かかる投資対象を受け入れる場合もあれば、受け入れ
        ない場合もあるが、かかる投資は、いつでも、最大でマスター・ファンドの純資産価額の100%を占め
        る可能性がある。「大量買戻し」の項を参照のこと。
        債務証券全般

         社債は、特に、発行体または保証会社が債務に関する元本および利息の支払いを履行することがで
        きないリスク(信用リスク)にさらされており、また、金利感応度、発行体の信用度についての市場
        からの見方および全般的な市場の流動性(市場リスク)等の要因による価格変動の影響を受ける可能
        性もある。低格付または無格付証券(すなわち、ジャンク債)は、主に一般的な金利水準の変動に反
        応する高格付証券に比べ、市場リスクおよび信用リスクに影響を及ぼす動向に反応しやすい傾向にあ
        る。マスター・ファンド投資顧問会社は、マスター・ファンドに関する投資決定を行う際、信用リス
        クと市場リスクの両方を考慮する。
         仕組み債に関して、これらは、より単純な証券に比べ、変動が激しく、流動性が低く、かつ、正確

        な値付けが困難な可能性もある。
         債務証券の価格は一般に実勢金利とは逆に変動するため、債務証券の売買取引のタイミングによっ

        ては、元本の値上がりまたは値下がりが生じる可能性がある。
         マスター・ファンドによる債務証券への投資は、早期償還条項、借換オプション、繰上償還オプ

        ションまたは類似の条項が付される場合があり、それぞれの場合において、発行体は、マスター・
        ファンドにより保有される債券の元本を予定よりも早く払い戻さなければならなくなる可能性があ
        る。これは、金利が下落した場合、または発行体の業績により債務の借換えをより低コストで行うこ
        とが可能となった場合に起こり得る。投資の早期返済は、マスター・ファンドの投資目的および投下
        資本からの利益に重大な悪影響を及ぼす可能性がある。
        運用実績の欠如;関連ファンドの過去の実績

         マスター・ファンドおよびサブ・ファンドは、投資予定者がパフォーマンスの見込みを評価する基
        準となる運用実績が限られている。マスター・ファンドおよびサブ・ファンドまたはゴールドマン・
        サックスが運用するその他の勘定の過去の実績は、マスター・ファンドまたはサブ・ファンドの将来
        の成績を示すものと解釈すべきではない。ゴールドマン・サックスが運用するその他のファンドまた
        は勘定は、現在または過去においてマスター・ファンドまたはサブ・ファンドの投資プログラムと類
        似しているまたは異なる投資プログラムを有しているが、それらの成績は、マスター・ファンドまた
        はサブ・ファンドが達成し得る成績を示すものではない。マスター・ファンドの投資顧問会社および
        投資顧問会社は、それぞれ、様々な証券ポートフォリオに投資し、かかるその他のファンドおよび勘
        定とは異なる投資戦略および投資技術をそれぞれ採用することができる。よって、マスター・ファン
        ドおよびサブ・ファンドの成績は、かかるその他のファンドおよび勘定が示す成績とは異なる場合が
        あり、かかる成績とは独立したものである。さらに、過去の実績は、将来のリターンの保証とはなら
        ない。
        マスター・フィーダー構造

         サブ・ファンドは、「マスター・フィーダー」構造の一部として設定されている。マスター・
        フィーダー構造、特に、同一ポートフォリオに投資する投資ビークルが複数存在することにより、投
        資者に一定の固有リスクが生じる。サブ・ファンドは、マスター・ファンドに投資する他の法主体の
                                  42/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        行為により重大な影響を受ける場合がある。一例を挙げると、マスター・ファンドの他の投資主がマ
        スター・ファンドに対する自らの持分の一部または全部を償還した場合、マスター・ファンドひいて
        は サブ・ファンドは、按分して負担する運営費用がより高額となる場合があり、よって、リターンが
        減少することとなる。同様に、マスター・ファンドは、他の投資主からの償還により分散度が低下す
        る場合があり、その結果、ポートフォリオ・リスクが増加することとなる。マスター・ファンドは、
        マスター・ファンドの直接または間接の投資者の一部に対する規制上の制限その他により、一部の金
        融商品に対する自らの投資活動を制限し、または一部の金融商品への投資を禁止される場合があり、
        これにより、マスター・ファンドひいてはサブ・ファンドのパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性が
        ある。
         さらに、マスター・ファンドの投資顧問会社は、原則として、マスター・ファンドの絶対リターン

        を求めてマスター・ファンドを運用し、サブ・ファンドの投資者の課税上の地位を考慮していない。
        ただし、マスター・ファンドの投資顧問会社は、その単独裁量により、いつでも随時、資産を購入す
        るか売却するか、サブ・ファンドに対する投資対象の配分を直接行うべきか間接的に行うべきか、マ
        スター・ファンドの他の投資主に対する投資対象の配分を直接行うべきか間接的に行うべきか、また
        はその他の投資判断について決定する際、マスター・ファンドの投資者の全部または一部の課税上の
        地位を考慮することができる。これは、一部の投資主に悪影響を及ぼす可能性がある。一例を挙げる
        と、マスター・ファンドの投資顧問会社は、当該投資がサブ・ファンドの一部の投資者に税務上の悪
        影響を及ぼし得るという理由により、サブ・ファンド以外のマスター・ファンドの投資主に対しての
        み機会を配分することを決定することができ、その場合、(たとえ、当該投資がサブ・ファンドの他
        の一部の投資者に税務上の悪影響を及ぼさないとしても、)サブ・ファンドの投資者全員がかかる機
        会に参加できないこととなる。
        マスター・ファンドへの投資全般

         サブ・ファンドはその資産の全部または大部分をマスター・ファンドに配分しようとするため、サ
        ブ・ファンドに対する投資主の投資は、マスター・ファンドの投資政策および投資判断により影響を
        受ける。マスター・ファンドに配分されたトラスト資産の純資産価額ひいてはサブ・ファンドの純資
        産価額は、特に、世界の商品市場に関する様々な市場要因および経済的要因に応じて変動する。マス
        ター・ファンドが活用することのできる投資戦略および投資技術に関連して生じる一定のリスクおよ
        びその他の留意事項は、さらに後述される。
        投資運用

         マスター・ファンドの投資顧問会社は、マスター・ファンドおよびサブ・ファンドの目的達成を追
        求するにあたり、様々なモデルおよび投資戦略を活用することができる。マスター・ファンドの投資
        活動が成功するか否かは、とりわけ、マスター・ファンドの投資顧問会社のかかるモデルを適切に活
        用する能力、適切な投資機会を見出す能力ならびにマスター・ファンドおよびサブ・ファンドの投資
        戦略を上手く実施する能力に左右されるが、これらの能力は、それぞれ高度な不確実性を伴う。マス
        ター・ファンドの投資顧問会社は、有価証券の評価および取引機会の発掘につき、主観的な判断を下
        す。かかる判断は、マスター・ファンドの投資顧問会社の仮定、調査および見積りに基づくため、誤
        りも生じる。
         マスター・ファンドが資本を投資するのに適切な投資機会を見出すことができるという保証はな

        い。様々な要因により、マスター・ファンドが利用可能な投資機会の数および範囲が狭められること
        がある。マスター・ファンドひいてはサブ・ファンドの投資プロセスが成功する、また、マスター・
        ファンドおよびサブ・ファンドの投資目的が達成されるという保証はない。
        投資顧問会社およびマスター・ファンドの投資顧問会社への依存;受益者は、サブ・ファンドまたは

        マスター・ファンドの運営には参加しない
                                  43/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         投資顧問会社は、サブ・ファンドの投資プログラムを管理し、マスター・ファンドの投資顧問会社
        は、マスター・ファンドの投資プログラムを管理する。マスター・ファンドおよびサブ・ファンドの
        成 功は、とりわけ、投資顧問会社およびマスター・ファンドの投資顧問会社がマスター・ファンドお
        よびサブ・ファンドの投資プログラムを展開する能力と上手く実施する能力とにかかっている。マス
        ター・ファンドの投資顧問会社がこれを実行できるという保証はない。マスター・ファンドの投資顧
        問会社が行った決定により、マスター・ファンドひいてはサブ・ファンドは、損失を被ること、また
        は、かかる決定がなければ投資できたであろう収益機会を逃すことがある。
                                  44/272


















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         さらに、投資顧問会社もしくはマスター・ファンドの投資顧問会社またはその人員のいずれかが、
        サブ・ファンドおよびマスター・ファンドに助言し続け、それらのために取引し続けるという保証は
        ない。サブ・ファンドまたはマスター・ファンドが、投資顧問会社もしくはマスター・ファンドの投
        資顧問会社またはその主要人物による場合、サブ・ファンドおよびマスター・ファンドは、悪影響を
        被る可能性があり、これにより最終的にサブ・ファンドの清算が引き起こされることがある。例え
        ば、規制またはその他の理由により、ゴールドマン・サックスの役員またはその他の従業員に対して
        一般的にまたは特定の状況下で支払われ得る報酬額が、金額または形式上制限される可能性がある。
        その結果、特定の主要人物は、投資顧問会社またはマスター・ファンドの投資顧問会社との雇用関係
        を終了する可能性がある。
         受益者は、マスター・ファンドまたはサブ・ファンドの事業の日々経営または管理に参加する権利

        または権限を有さず、マスター・ファンドの投資顧問会社が行った特定の投資またはかかる投資の条
        件につき評価する機会も有しない。
        マスター・ファンドおよびサブ・ファンドの資産が限定される可能性

         マスター・ファンドおよびサブ・ファンドは、それぞれ資産が比較的限定されていることがあり、
        投資につき最低残高を通常要求される特定の商品における各々の取引能力が制限されることがある。
        その結果、マスター・ファンドは、追加の投資を受けるまでの間、自らが利用できる投資戦略に関し
        て制限を受けることがある。さらに、マスター・ファンドの資産規模が小規模である場合、投資戦略
        または投資商品に広くポートフォリオを分散させづらい。マスター・ファンドの投資顧問会社は、そ
        の単独裁量により、特定の投資戦略および取引の活用を制限または除外するよう選択することができ
        る。マスター・ファンドは、将来の買戻しの結果自らの資産規模が低下した場合、同様の制約に直面
        することがある。「大量買戻し」の項を参照のこと。
        ゴールドマン・サックスの投資

         適用法により許可される範囲内で、ゴールドマン・サックス(GSAMIを含む。)により管理される一
        以上の投資ビークル(各投資ビークルを「フィーダー・ファンド」という。)は、いつでもおよび随
        時、マスター・ファンドに多額の投資を行うことができるが、これを行う必要はない。ゴールドマ
        ン・サックスおよびゴールドマン・サックス関連の投資家(いずれかのフィーダー・ファンドを含
        む。)は、その単独の裁量において、受益者に通知することなく、そのマスター・ファンドへの投資
        を償還することができる。かかる投資は、マスター・ファンドの純資産の大きな割合を占めることが
        ある。一以上のフィーダー・ファンド(サブ・ファンドを含む。)は、随時、マスター・ファンドの
        発行済持分の全部または大部分を保有することがある。
         マスター・ファンドの投資顧問会社およびフィーダー・ファンドの投資顧問会社としてのゴールド

        マン・サックスの立場により、かかるフィーダー・ファンドは、他の場合においては入手しなかった
        であろうマスター・ファンドに関する情報を入手することがあり、ゴールドマン・サックスまたはか
        かるフィーダー・ファンドは、受益者に対してかかる情報を開示する義務を負わない。かかる情報
        は、マスター・ファンドによる投資の実績もしくは予想実績またはマスター・ファンドの一以上の投
        資家により行われるかもしくは行われる予定である償還についての知識を含むが、これに限定されな
        い。ゴールドマン・サックスは、かかる知識に基づき、フィーダー・ファンドにマスター・ファンド
        への投資またはマスター・ファンドからの償還を行わせることがあり、受益者はかかる投資または償
        還につき通知されない。
         フィーダー・ファンドは、その単独の裁量において、そのマスター・ファンドにおける持分の全部

        または大部分を受益者に通知することなく償還することがあり、これにより、値付けの観点から見て
        最も好ましい清算実施時期の前にマスター・ファンドによる投資の清算が行われることがあり、マス
        ター・ファンドひいてはサブ・ファンドの投資ポートフォリオおよび投資実績に対して重大な悪影響
                                  45/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        を及ぼす可能性がある。さらに、マスター・ファンドが、マスター・ファンドの他の投資家(サブ・
        ファンドを含む。)の償還請求に対する資金提供のためのかかるフィーダー・ファンドによる償還に
        資 金を提供した後、十分な現金または流動性のある投資対象を保有していないことがある(これによ
        りサブ・ファンドが受益者の受益証券を買い戻す能力が制限される。)ため、かかるフィーダー・
        ファンドによる償還は、サブ・ファンドが受益者の受益証券を買い戻す能力を制限する。フィー
        ダー・ファンドによるマスター・ファンドの持分の大量買戻しは、マスター・ファンドひいてはサ
        ブ・ファンドの純資産価額に重大な悪影響を及ぼすおそれがある。さらに、フィーダー・ファンドに
        よる追加申込みは、かかる追加申込みの前に存在していたマスター・ファンドのポジションに関し
        て、サブ・ファンドの受益者に対して希薄化をもたらす可能性があり、かかる追加申込みの前に存在
        していたものよりも投資ポートフォリオ全般の品質の低下をもたらす可能性がある。「大量買戻し」
        および「受益証券の追加募集に適用される特別留意事項」の項を参照のこと。
        マスター・ファンドによるリスク・バジェティング

         マスター・ファンドの投資顧問会社は、通常、マスター・ファンドの投資顧問会社がいつでもおよ
        び随時決定するそのリスク・バジェットに従い、マスター・ファンドの資産をマスター・ファンドの
        様々な投資対象および投資戦略に配分するよう努め、その単独の裁量によりこの配分を随時リバラン
        スする。マスター・ファンドの投資顧問会社は、マスター・ファンドの投資顧問会社がかかる配分時
        においてリスクに対するリターンが最大化されると考える方法で、様々な投資エクスポージャーにリ
        スクを配分するよう努めるが、マスター・ファンドの投資顧問会社がこれに成功するという保証はな
        い。マスター・ファンドの投資顧問会社は、マスター・ファンドの投資戦略の使用および各戦略にお
        ける多数の小規模なエクスポージャーの設定により達成される分散は、当該目的に合致していると考
        えているが、マスター・ファンドの投資顧問会社は、追加の投資戦略を活用するかまたはいずれかの
        投資戦略を排除もしくは交換する完全な裁量を有しており、これによって、いつでも、マスター・
        ファンドがただ一つの投資戦略を利用することになる可能性があり、また、マスター・ファンドが利
        用する戦略が、十分に分散されていること、または互いに相関性が低いことについての保証はない。
        効果的なリスク・バジェティングには、リスクの予測能力が要求されるが、リスクが適切に予想され
        るか、またはかかる戦略の実行が成功するという保証はない。
         マスター・ファンドの戦略間および投資対象間におけるマスター・ファンドの資産の配分も、マス

        ター・ファンドの投資顧問会社の利用する予測モデルのアウトプット、またはマスター・ファンドの
        投資顧問会社が配分を行う際に活用し得る裁量権に基づき、随時変更することができる。当該予測モ
        デルは、とりわけ、戦略および投資対象のリスクレベルおよびボラティリティ、ならびに戦略および
        投資対象間の相関性に対する、相対的なリターンを予想する。ただし、当該モデルは、特定の戦略お
        よび投資対象に関する過去のデータの不足、特定のデータに関する裏付けとなる仮定もしくは見積り
        の誤り、もしくは当該モデルのその他の欠陥、または、将来の事象が必ずしも過去の典型に従わない
        ことを含む様々な理由により、かかる要因を正確に予想することができないことがある。マスター・
        ファンドの投資顧問会社の予測モデルが適切であり、マスター・ファンドの投資顧問会社が適切に当
        該予測モデルを活用し、またはマスター・ファンドの投資顧問会社によるリスク・バジェティングの
        利用が適切であるという保証はない。
        マスター・ファンドへの投資に付随する費用および報酬

         サブ・ファンドおよび間接的に受益者は、マスター・ファンドへの自らの投資を通じ、マスター・
        ファンドの設立費用、募集費用および運営費用(マスター・ファンドが自らの管理事務代行会社また
        はその他のサービス提供業者と交渉する可能性がある報酬のうちサブ・ファンドに配分可能な部分を
        含む。)のうちサブ・ファンドの配分可能な部分を含むが、これらに限定されないサブ・ファンドの
        費用のすべてを負担する。よって、サブ・ファンドによるマスター・ファンドへの投資の結果、受益
        者には、マスター・ファンドへの直接投資(すなわち、サブ・ファンドを通じて間接的に行われない
                                  46/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        投資)に関して本来生じることのない複数の階層において類似の種類の費用(ゴールドマン・サック
        スまたはその関係会社に支払われるべき報酬を含む。)が発生することになる。
        戦略リスク

         戦略リスクは、マスター・ファンド投資顧問会社が活用する投資戦略に関する経済上の実行可能性
        の低下に関連する。定量的およびファンダメンタルな投資分析が正確であり、またはかかる戦略に基
        づく投資プログラムが成功するという保証はない。マスター・ファンドの投資顧問会社は、随時、自
        らの定量投資戦略を修正または調整することができる。
        潜在的利益相反

        サブ・ファンドに関係する利益相反の概要:ゴールドマン・サックス・グループ・インクは銀行持株
        会社で、世界中でフルサービスを提供する投資銀行、証券会社、資産管理会社兼金融サービス会社で
        あり、世界の金融市場における主要な参加者でもある。そのため、同社は、サブ・ファンドが直接、
        間接を問わず投資を行う世界の債券市場、為替市場、商品市場、株式市場、銀行ローン市場およびそ
        の他の市場でにおいて、投資者、投資銀行、調査会社、投資顧問会社、融資会社、顧問会社、マー
        ケット・メーカー、自己勘定トレーダー、プライムブローカー、貸出人、代理人および本人として行
        為し、かつ、直接的または間接的なその他の利害関係を有する。その結果、ゴールドマン・サック
        ス・グループ・インクおよび投資顧問会社ならびに両社の関係会社、取締役、パートナー、受託者、
        経営者、メンバー、役員および従業員(本「潜在的利益相反」の項において、以下総称して「ゴール
        ドマン・サックス」という。)は、サブ・ファンドの運用、販売、投資活動、事業運営または分配に
        携わる可能性のある者を含めて、サブ・ファンドの運用以外の業務に従事し、利害関係を有する。か
        かる業務に関連してサブ・ファンドが報酬を受け取る権利はない。こうした活動および利害関係に
        は、サブ・ファンドまたはサブ・ファンドのサービス提供業者が直接的または間接的に売り買いする
        有価証券、金融商品または企業における助言、取引、金融その他に関する複数の潜在的利害関係を含
        む。これらは受益者が考慮すべき問題であり、サブ・ファンドに不利益となる利益相反を引き起こす
        恐れがある。本項に記載するほかにも、ゴールドマン・サックスの現在および将来の活動によっては
        更なる利益相反が発生する可能性がある。
         投資顧問法に基づく登録投資顧問として、各投資顧問会社は証券取引委員会(SEC)にフォーム

        ADVを提出する義務を負う。フォームADVには投資顧問会社の運用資産、報酬体系の種類、投資
        対象の種類、潜在的利益相反およびその他の関連情報が記載されている。各投資顧問会社のフォーム
        ADV、パートⅠの写しはSECのウェブサイト(www.adviserinfo.sec.gov)で入手することができ
        る。また各投資顧問会社のフォームADV、パートⅡの写しは請求に応じて受益者または潜在的受益
        者に提供される。受益者はサブ・ファンドに投資することによって、ゴールドマン・サックスに関す
        る潜在的利益相反が存在することおよびこうした利益相反に直面しながらサブ・ファンドは運営され
        ることを了解し、承諾したと見なされる。
        ポートフォリオ決定、受益証券の販売、および投資機会の配分に関する潜在的利益相反-ゴールドマ

        ン・サックスの他の業務がサブ・ファンドに影響を及ぼす可能性:
         投資顧問会社はサブ・ファンドの投資顧問会社としての義務に従ってサブ・ファンドに関する決定
        を下す。ただし、ゴールドマン・サックスの活動は幅広いことから、ゴールドマン・サックスの他の
        業務がサブ・ファンドに悪影響を及ぼす可能性がある。上記「サブ・ファンドに関係する利益相反の
        概要」の第一段落に記載するとおり、ゴールドマン・サックスが様々な活動に従事し、利害関係を有
        する結果として、サブ・ファンドは、ゴールドマン・サックスが投資銀行業務またはその他のサービ
        スを提供しているかまたは提供しようとしている法主体と複数の取引関係を結ぶ、かかる法主体に投
        資する、取引を行う、議決権に関する決定を下す、またはかかる法主体からサービスを受ける可能性
        がある。またゴールドマン・サックスがマーケットメークを行う有価証券またはその他に直接、間接
        を問わずゴールドマン・サックスがその他の利害関係を有する有価証券の取引をサブ・ファンドが引
                                  47/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        き受ける可能性もある。更に、投資顧問会社はサブ・ファンドを適切に運用する義務に従ってサブ・
        ファンドに関する決定を下すが、投資顧問会社が一部のポートフォリオ、投資、サービス提供業者ま
        た はその他の決定に関してサブ・ファンドのために決定を下した結果として、ゴールドマン・サック
        スが得る手数料、配分、報酬その他の利益(ゴールドマン・サックスの取引関係に関する利益を含
        む。)が、サブ・ファンドにとって同様に妥当であったと思われる別の決定を下した場合よりも大き
        くなることがある。例えば、投資顧問会社が、外部の事務管理人またはサービス提供業者を雇用する
        代わりに、ゴールドマン・サックスまたはゴールドマン・サックスの関係会社に事務管理またはその
        他のサービスを提供させる決定を下す場合である(ただし、かかる契約は、サブ・ファンドがその単
        独裁量により決定した商業上合理的な条件に基づくことを条件とする)。
        ゴールドマン・サックスまたは仲介業者の金銭上およびその他の利害関係がゴールドマン・サックス

        または仲介業者が受益証券の販売を促進するインセンティブになる可能性:ゴールドマン・サック
        ス、そのスタッフおよびその他のサービス提供業者は、サブ・ファンドの受益証券の販売促進に利害
        関係を有する。ゴールドマン・サックスとそのスタッフの双方に関して、サブ・ファンドへのサービ
        スおよびサブ・ファンドの持分の売却に関する報酬と収益性は、その他の商品に関するサービスおよ
        びその他の商品の販売よりも大きいことがある。
         販売関連のインセンティブに関して利益相反が発生することがある。ゴールドマン・サックスとそ

        の販売スタッフは、サブ・ファンドまたは受益者から徴収する報酬および手数料の一部を直接的また
        は間接的に受け取ることがある。ゴールドマン・サックスおよびその顧問またはその他のスタッフは
        運用資産額の増加によって利益を得ることもある。一部の商品またはサービスについては報酬および
        手数料が大きい場合があり、サブ・ファンドに代わって実施する取引またはサブ・ファンドの運用か
        らゴールドマン・サックスと同社のスタッフが得る報酬および収益性は、その他の商品よりも大きい
        ことがある。
         ゴールドマン・サックスおよびそのスタッフは、サブ・ファンドに関して、外部の投資顧問が助言

        を提供するアカウントよりも大きな報酬または利益を得ていることがある。また、外部の投資顧問に
        はゴールドマン・サックスが自身の顧問報酬の一部を支払うことまたはポートフォリオ運用、仲介取
        引、アカウントサービスを含むその他の報酬の取決めに関係する報酬差があることがある。報酬差は
        ゴールドマン・サックスおよびそのスタッフにとって、外部の投資顧問が運用するその他のアカウン
        トもしくは商品よりもサブ・ファンドを推奨する、またはその他のアカウントもしくは商品とは異な
        るサブ・ファンドの取引を執行する金銭的インセンティブになることがある。
         また、ゴールドマン・サックスはサブ・ファンドを推奨するかまたはサブ・ファンドとの間のもし

        くはサブ・ファンドのための取引に従事する販売業者、コンサルタントその他の者と関係を持ち、こ
        れらの者からサービスもしくは商品を購入またはこれらの者にサービスもしくは商品を販売すること
        がある。例えば、ゴールドマン・サックスは、業界およびコンサルタントが後援する協議会に定期的
        に参加し、コンサルタントまたはその他の第三者からゴールドマン・サックスがそのスタッフおよび
        その事業にとって有用と考える教育、データ関係またはその他のサービスを購入することがある。コ
        ンサルタントから購入する商品およびサービスには、ゴールドマン・サックスが投資運用手法に関す
        るコンサルタントの見方を理解する手助けとなるものを含むがこれに限られない。コンサルティング
        もしくはその他のサービスを提供する、またはサブ・ファンドの潜在的投資者に従業員給付基金の
        サービス基盤を提供するコンサルタントおよびその他の第三者が受益証券またはゴールドマン・サッ
        クスのその他の商品の販売に関連してゴールドマン・サックスまたはサブ・ファンドから報酬を受け
        取ることがある。例えば、ゴールドマン・サックスは、投資顧問会社が提供、後援、運用または助言
        を行うミューチュアル・ファンド、集合信託またはその他の商品もしくはサービスへの投資に関して
        コンサルタント、サービス提供業者およびその他の仲介業者と収益または報酬分配に関する取決めを
        結ぶことができる。また、ゴールドマン・サックスは業界全体の組織、国または地方公共団体の機関
                                  48/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        の会費を支払う、またはその他投資業界の関係者(受託者、受認者、コンサルタント、事務管理人、
        国および地方公共団体の職員ならびにその他の顧客を含むがこれらに限られない。)のための協議会
        お よび教育フォーラムを後援する手助けを行うことがある。ゴールドマン・サックスは、こうした組
        織に加入することにより、協議会や教育フォーラムに参加することができ、かつ、協議会の参加者と
        交流し、参加者の考え方や課題について理解を深めることができる。更に、ゴールドマン・サックス
        のスタッフ(投資顧問会社の従業員を含む。)は、サブ・ファンドに投資を行っている、またはサ
        ブ・ファンドへの投資を推奨する、もしくは受益証券を販売している発行体、販売業者、コンサルタ
        ントおよびその他の者と取締役、顧問、仲介人またはその他の関係を有することがある。更に、ゴー
        ルドマン・サックス(投資顧問会社を含む。)は団体(顧客または顧客のスタッフと関係を有する団
        体を含む。)に慈善寄付を行うことがある。ゴールドマン・サックスのスタッフは政治献金を行うこ
        とができる。本項に述べる関係および取決めの結果として、コンサルタント、販売業者およびその他
        の者はサブ・ファンドの販売促進またはその他のサブ・ファンドとの取引に関連して利益相反に直面
        する恐れがあり、サブ・ファンドの販売促進または一部のポートフォリオ取引の促進を行うインセン
        ティブとなる可能性がある。
         ゴールドマン・サックスの一つ以上の部門が特定の投資機会を投資顧問会社に紹介する、またはそ

        の他投資顧問会社にサービスを提供する、もしくは投資顧問会社とその他の取決めを結ぶことがあ
        る。こうしたゴールドマン・サックスの一つ以上の部門が関係する紹介、サービスまたはその他の取
        決めに関連して、投資顧問会社がサブ・ファンドから受け取った手数料またはその他の報酬を部門の
        間で分け合う場合がある。
         ゴールドマン・サックスまたはサブ・ファンドは、サブ・ファンド、クライアント/GSアカウン

        ト(以下に定義する。)およびその他の商品の販売を促進するために、適宜指定ディーラーおよびそ
        の他の金融仲介機関(以下「仲介業者」という。)に支払いを行うことができる。募集手数料、販売
        委託手数料または類似の販売手数料に加え、かかる支払いは、個別的な料金をサブ・ファンド、クラ
        イアント/GSアカウントまたはその他の商品に賦課するのではなく、ゴールドマン・サックスの資
        産またはゴールドマン・サックスに対する支払い金額の中から支払うことができる。こうした支払い
        は、とりわけ、次のサービスに対する仲介業者の報酬とすることができる。サブ・ファンド、クライ
        アント/GSアカウントおよびその他の商品のマーケティング(仲介業者が適宜後援する優先もしく
        は推奨ファンドのリストまたは特定の販売プログラムにサブ・ファンド、クライアント/GSアカウ
        ントおよびその他の商品を織り込むことになるかまたはこれに関連する支払いを構成する。)、仲介
        業者の証券外務員または販売員との接触(協議会およびその他の会議の席上を含む。)、スタッフの
        研修および教育の支援、サブ・ファンド、クライアント/GSアカウントおよびその他の商品に投資
        者を誘導する「仲介料」または「紹介手数料」、サブ・ファンド、クライアント/GSアカウントお
        よびその他の商品の販促支援(仲介業者の顧客、証券外務員および販売員とのコミュニケーションの
        促進を含む。)の提供に関するマーケティング・サポート料、ならびに/またはサブ・ファンド、ク
        ライアント/GSアカウントおよびその他の商品の販売およびマーケティングの支援を企図したその
        他の特定のサービス。かかる支払いはドル建ての定額である場合、仲介業者が保持する顧客勘定の数
        に基づく場合、関連する仲介業者の顧客に販売されるかもしくは当該顧客が保有する持分の評価額に
        対する割合に基づく場合、または別の基準で計算される場合がある。また、当該支払いは、適用され
        る規則で認められる範囲内で、一部の商品の販売を促進するための様々なキャッシュおよびキャッ
        シュ以外のインセンティブの取決めへの拠出金とすることも、また様々なの教育プログラム、販売コ
        ンテストおよび/または販促活動を後援する資金とすることもできる。更に、適用される法律に従っ
        て、かかる支払いを教育、販売および販促プログラムに関する仲介業者とその販売員およびゲストの
        旅費、食費、宿泊費および接待費の支払いに充てることもできる。ゴールドマン・サックスによる追
        加の支払いは、会計補助、事務管理および/または投資処理サービスもしくはその他の投資者サービ
        スについて、かかる商品によるこれらのサービスに関して支払われる手数料に加えて、仲介業者に報
        酬を支払うことも可能である。
                                  49/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ゴールドマン・サックスまたはサブ・ファンドによる支払いは仲介業者ごとに異なることがある。

        かかる支払いは様々な要素(資産を取得し、維持する能力、ターゲット市場、顧客対応、サービスの
        質、業界内の評判を含むがこれらに限られない。)を踏まえて交渉することができる。支払いの取決
        めには、仲介業者を通じて販売または投資された金額のドル換算額の増加に応じて報酬の率が変化す
        ることを定める報酬の区切り点を織り込むことができる。このような支払いおよび仲介業者が自身の
        証券外務員または販売員に報酬を支払う基準があることは、個々の仲介業者、証券外務員または販売
        員が支払われる報酬の水準等に基づいて特定の商品を強調、宣伝または推奨するインセンティブにな
        る可能性がある。
        サブ・ファンドと他のゴールドマン・サックスのアカウントとの間の投資機会の配分に関する潜在的

        利益相反:ゴールドマン・サックスは、投資対象の配分またはサブ・ファンドに関する投資決定に関
        連して、ゴールドマン・サックスまたはそのスタッフ(投資顧問会社のスタッフを含む。)が利害関
        係を有する状況を含めて、潜在的な利益相反を有する。例えば、サブ・ファンドは、ゴールドマン・
        サックス(投資顧問会社を含む。)が後援、運用もしくは助言を行う現在や将来のアカウントもしく
        はファンド(同じポートフォリオ・チームが運用するものを含む。)またはゴールドマン・サックス
        (投資顧問会社を含む。)もしくはそのスタッフが利害関係を有する現在や将来のアカウントもしく
        はファンド(以下総称して「顧客/GSアカウント」という。)と、投資機会を求めて競争すること
        がある。クライアント/GSアカウントは、ゴールドマン・サックス(投資顧問会社を含む。)およ
        び潜在的にはゴールドマン・サックスのスタッフ(投資顧問会社のスタッフを含む。)に高い手数料
        またはその他の報酬(実績ベースの報酬、株式またはその他の持分を含む。)を提供することがあ
        る。
         ゴールドマン・サックスは、サブ・ファンドと同様の投資目的を有するクライアント/GSアカウ

        ントを後援、運用もしくはこれに助言を行うことができる、および/またはサブ・ファンドが投資す
        る有価証券もしくはその他の商品、セクターもしくは戦略に投資もしくはかかる投資を売却すること
        ができる。これは、特に投資対象の利用可能性または流動性が限られる場合に、クライアント/GS
        アカウント(サブ・ファンドを含む。)の間に潜在的な利益相反および潜在的な格差を生む可能性が
        ある。例えば、新興市場、高利回り債、確定利付き証券、規制された業界および新規株式公募/新発
        債(これらに限られない。)は利用可能性が制限される場合がある。複数のクライアント/GSアカ
        ウント(ゴールドマン・サックスとそのスタッフが利害関係を有するアカウントを含む。)、ゴール
        ドマン・サックスの他の顧客またはゴールドマン・サックス自身による投資取引は、クライアント/
        GSアカウント(サブ・ファンドを含む。)が保有する有価証券の価値、価格または投資戦略(特に
        小型株戦略、新興市場戦略または低流動性戦略だが、これらに限られない。)に希薄化またはその他
        に悪影響を及ぼす恐れがある。
         投資顧問会社は、合理的とその単独裁量で判断する方法で、投資顧問会社がサブ・ファンドと他の

        クライアント/GSアカウントとの間で投資機会を配分し、売買決定を下すことを定めた方針および
        手続きを策定した。かかる方針の結果として、限られた機会をクライアント/GSアカウントの間で
        比例配分することになる場合もあるが、各クライアント/GSアカウントの目的、制限および要件に
        関連して限られた機会の最適な活用に関する投資顧問会社の誠実な評価を元に、下記を含めた様々な
        要素を適用し、様々な要素を織り込んだ配分となる場合もある。投資顧問会社はアカウントの運用に
        関係するすべての要素を考慮した上ですべての顧客を適切に取り扱うよう努力するが、下記の要素を
        適用した結果、一部のアカウントは配分を受けるのに、他のアカウントは配分を受けられない場合が
        ある。債券ポートフォリオの運用においては、債券戦略に適当な複数の投資対象またはほぼ同じ投資
        対象が利用可能である場合が多いため、またベンチマーク要因、ヘッジ戦略の違いまたはその他の理
        由のため、非比例配分が頻繁に行われることがあるが、その他の分野においても非比例配分が行われ
        る可能性がある。下記のとおり、これらの要素を適用した結果、ゴールドマン・サックスとその従業
                                  50/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        員が他のクライアント/GSアカウント(サブ・ファンドを含む。)に割り当てられない配分または
        投資機会を得ることがある。配分は様々な要素に基づき、常に運用資産を元に比例配分されるとは限
        ら ない。
         投資顧問会社は様々な要素を踏まえて、サブ・ファンドおよびその他のクライアント/GSアカウ

        ントに関する配分関連の決定を下すことができる。投資顧問会社の合理的判断を駆使して適用される
        これらの要素は(ⅰ)アカウントの投資期間、投資目的および投資ガイドライン、(ⅱ)戦略ごとの様々
        な投資水準、(ⅲ)顧客固有の投資ガイドラインと投資制限(空売りまたはその他の手法によるヘッジ
        能力を含む。)、(ⅳ)関係するクライアント/GSアカウントの予想される将来の受容度、(ⅴ)完全
        に方向付けられた証券取引口座、(ⅵ)アカウントの税敏感性、(ⅶ)適格性の要件および投資機会の内
        容、(ⅷ)アカウントの回転率に関するガイドライン、(ⅸ)現金および流動性の問題(投資資金の利
        用可能性を含むがこれに限られない。)、(ⅹ)関係するアカウントの相対的規模および予想される将
        来の規模、(xⅰ)その他の適当な投資機会の利用可能性、(xⅱ)一部のアカウントに影響を及ぼす規制
        上の制限、ならびに(xⅲ)最低表示金額、最低注文単位、小額免除の水準および取引単位の問題を含
        む可能性がある(しかし、これらに限られない。)。適格性の問題には(ⅰ)様々なアカウントに対す
        る有価証券の相対的魅力、(ⅱ)アカウントのポジションの集中、(ⅲ)アカウントのベンチマークおよ
        びベンチマーク敏感性に関する有価証券の妥当性、(ⅳ)アカウントのリスク選好度、リスク・パラ
        メーターおよび戦略配分、(ⅴ)ゴールドマン・サックスがアカウントにとって魅力的と判断する有価
        証券の入れ替え機会の利用、(ⅵ)ペア取引におけるポジションのヘッジに関する問題、ならびに/ま
        たは(ⅶ)アカウントのサブセットをある業界に投資させることに関連する問題などを含む可能性があ
        る(しかし、これらに限られない。)。またゴールドマン・サックスの一部のスタッフが一つ以上の
        ファンド、アカウントまたは顧客に専念していることが、当該スタッフが見つけた投資機会の配分を
        決定する要素となる可能性がある。また評判またはその他の問題も検討の対象となることがある。こ
        れらの原則の適用は、長期的にパフォーマンスのばらつきが発生する原因となる可能性がある。
         利用可能性が限られている投資対象および取引の配分に加えて、ゴールドマン・サックスは、随

        時、新たな投資機会および/または取引戦略を開発し、実行することができ、またかかる戦略がすべ
        てのアカウントの目的と一致する場合であっても、これらの戦略がすべてのアカウント(サブ・ファ
        ンドを含む。)に利用されたり、利用されるアカウントの間で比例的に用いられたりしない可能性が
        ある。ゴールドマン・サックスは、戦略の適合性およびその他のポートフォリオ運用の問題の要素
        (アカウントのかかる戦略に関する受容度、戦略の流動性とその投資対象商品、アカウントの流動
        性、アカウント全体のポートフォリオ構成と比較した戦略の事業リスクおよびアカウントの戦略に関
        する有効性または利回り予想ならびにゴールドマン・サックスが関連性を有するとその単独裁量によ
        り判断するその他の要素を含むがこれらに限られない。)を踏まえて決定を下す。例えば、こうした
        決定には、特定の戦略がアカウント全体の規模によっては大した効果を上げないということ、戦略に
        合致する投資機会が限られること、およびアカウントに関するその他の戦略の利用可能性といった問
        題を含む場合がある(しかし、その必然性はない。)。サブ・ファンドは、サブ・ファンドには配分
        (またはサブ・ファンドには十分に配分)されずに他のクライアント/GSアカウントに配分される
        投資対象に関して報酬を受け取る権利はない。
         市況が異常な期間中は、投資顧問会社は通常の取引配分慣行から逸脱することがある。例えば、レ

        バレッジを掛けられているおよび/またはロング・ショートのファンドまたはアカウントと通常は並
        行して運用されるレバレッジを掛けられていないおよび/またはロング・オンリーのファンドまたは
        アカウントの運用に関してこうした逸脱が発生することがある。かかる期間中、投資顧問会社は配分
        (ゴールドマン・サックスおよび/またはそのスタッフが利害関係を有するアカウントに対する配分
        を含む。)の決定に関連して、その単独裁量で決定する厳格な手続きを行うよう努力する。
                                  51/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         サブ・ファンドとその他のクライアント/GSアカウントとの間で投資機会または注文を配分する
        際に、ゴールドマン・サックスとそのスタッフの利害関係のためまたはゴールドマン・サックスがあ
        るクライアント/GSアカウントの配分に対して別のクライアント/GSアカウントと比べて高い手
        数 料または報酬を受け取る可能性があるため、潜在的利益相反が生じ得るがあるが、投資顧問会社は
        こうした利害関係またはより高額の手数料もしくは報酬に基づいて配分の決定を下さない。
         アカウント間の配分の決定は、アカウントまたはアカウント・グループに多少有利になることがあ

        る。このような配分の結果、サブ・ファンドによる投資の額、時期、構成または条件が他のクライア
        ント/GSアカウントの投資およびパフォーマンスと異なる可能性があり、他のクライアント/GS
        アカウントと比べてパフォーマンスが低くなる可能性がある。良好なパフォーマンスをするが配分を
        受けないクライアント/GSアカウント(サブ・ファンドを含む。)は結果的にパフォーマンスが低
        下する可能性がある。
         上記にかかわらず、サブ・ファンドは、ゴールドマン・サックスの部門や関係会社が見つけた投資

        機会を提供される場合もあれば、提供されない場合もあるが、いずれの場合も投資機会に対する権利
        は有しない。かかる投資機会またはその一部は、他のクライアント/GSアカウント、ゴールドマ
        ン・サックス、サブ・ファンドの全部もしくは一部の投資者またはゴールドマン・サックスがその単
        独裁量で決定するその他の個人もしくは団体に提供される可能性がある。サブ・ファンドはかかる投
        資機会に関する権利を有さず、かつ、報酬も受け取らない。
        投資顧問会社によるサブ・ファンドの運用に関するその他の潜在的利益相反-ゴールドマン・サック

        スが保有する情報に関する潜在的な制限および問題点:ゴールドマン・サックスの様々な部門の間で
        情報バリアが設けられていることにより、投資顧問会社は原則としてゴールドマン・サックスの他の
        分野の情報を入手することはできず、かつ、ゴールドマン・サックスの他の分野のスタッフと意見を
        交わすことはできない。したがって、投資顧問会社は原則としてゴールドマン・サックスの他の部門
        が保有する情報の恩恵を受けながらサブ・ファンドを運用することはできない。ただし、投資顧問会
        社はゴールドマン・サックスの他の分野のスタッフもしくはゴールドマン・サックスと関係のない者
        と意見を交換することができる、またはかかるスタッフで構成される投資政策委員会を設立すること
        ができる(しかし、そのような義務はない。)。状況によっては投資顧問会社の関係会社のスタッフ
        がサブ・ファンドのポートフォリオ運用取引に関する提案を行い、またはかかる取引に関する決定を
        下し、通常は一般公開されていないサブ・ファンドに関する投資顧問会社の投資活動計画に関する情
        報を入手することがある。かかる者には、自身の顧客、非公開またはその他の業務に関連して知らさ
        れ、または開発した情報または戦略をサブ・ファンドが使用するために提供する義務はない。また
        ゴールドマン・サックスは、一般に公表する前に調査または分析を提供する義務を負わない。
         投資顧問会社は、サブ・ファンドの投資方針に基づいてサブ・ファンドに関する決定を下す。投資

        顧問会社は、ゴールドマン・サックスとそのスタッフが開発した特定のファンダメンタル分析および
        専用の技術的モデルを随時利用することができる。しかし、ゴールドマン・サックスは、かかる分析
        およびモデルに従ってサブ・ファンドに代わって取引を執行する義務を負わない。更に、ゴールドマ
        ン・サックスは情報を求める義務ならびにゴールドマン・サックスのスタッフが知ったかまたは他の
        顧客もしくは業務に関連して開発されたかもしくは使用された情報、投資戦略、投資機会もしくはア
        イデアをサブ・ファンドに提供したり、サブ・ファンドと共有したりする義務を負わない。ゴールド
        マン・サックスはサブ・ファンドのための取引以外の自己勘定の取引を制限することができ、その逆
        も同様である。ゴールドマン・サックスおよびその一部のスタッフ(投資顧問会社のスタッフまたは
        サブ・ファンドに助言またはその他にサービスを提供しているゴールドマン・サックスのその他のス
        タッフを含む。)はゴールドマン・サックスのスタッフ全員には提供されていない情報を有すること
        があり、かかるスタッフはかかる情報に基づいてサブ・ファンドに悪影響を及ぼすような行動を取る
        可能性がある。ゴールドマン・サックスによる自己勘定取引またはその他のクライアント/GSアカ
                                  52/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ウントに関する取引に関連してゴールドマン・サックスおよびその他のクライアント/GSアカウン
        トが多額の利益を上げている間にサブ・ファンドは損失を被る恐れがある。
         随時、ゴールドマン・サックスは、投資対象を売買するサブ・ファンドの能力を制限する恐れのあ

        る重要な非公開情報またはその他の情報を入手することがある。その結果として、サブ・ファンドの
        投資の柔軟性が損なわれることがある。原則として、投資顧問会社は、サブ・ファンドに関する公募
        証券取引の売買を実行する際に重要な非公開情報を取得または使用することを認められていない。
        ゴールドマン・サックスは世界中で包括的な証券業、銀行業およびその他の業務を行い、顧客にプラ
        イムブローカレッジ・サービス、事務管理サービスおよびその他のサービス(サブ・ファンドが投資
        する市場および有価証券を含む可能性がある。)を提供する、ゴールドマン・サックス・セキュリ
        ティーズ・サービシズ(以下「GSS」という。)として知られている事業を営んでいる。こうした
        事業によりGSSおよびゴールドマン・サックスの他の多くの部門が特定の市場、投資対象および
        ファンドの現状ならびにファンド運用者に関する詳細を幅広く入手できるようになる。本段落に記載
        された活動ならびにこれらの活動に起因する情報の入手および知識の結果として、ゴールドマン・
        サックスの各部門は、投資顧問会社が知れば投資顧問会社はサブ・ファンドが保有している投資対象
        の持分を処分、保持もしくは買い増しすることまたはサブ・ファンドにのために一部のポジションを
        取得することを試みると思われる、市場、投資対象およびファンドに関する情報を入手していること
        がある。ゴールドマン・サックスは、かかる情報を投資顧問会社、特にサブ・ファンドのために投資
        決定を下す投資顧問会社のスタッフが入手できるようにする義務を負わない。状況によってはゴール
        ドマン・サックスのスタッフがポートフォリオ運用取引に関する提案を行う、またはかかる取引に関
        する決定を下すことがあるが、ゴールドマン・サックスは、かかる人的資源を投資顧問会社が入手で
        きるようにする義務を負わない。
        投資顧問会社および/またはゴールドマン・サックス内の複数の部門もしくは部署による資産の評価

        に関する問題
         サブ・ファンドが直接的または間接的に投資する特定の有価証券およびその他の資産は、容易に確
        認可能な市場価格がないことがあり、投資顧問会社が本書に定める評価ガイドラインに従って評価す
        る。かかる有価証券およびその他の資産がサブ・ファンドの投資の大半を占めることがある。
         サブ・ファンドが保有する資産の価値が投資顧問会社の報酬に影響するため、投資顧問会社がサ

        ブ・ファンドのポートフォリオに含まれる容易に確認可能な市場価格がない有価証券等の資産を評価
        する際には利益相反に直面する可能性がある。投資顧問会社は本書に定める評価方針に従ってかかる
        有価証券およびその他の資産を評価する。
         クライアント/GSアカウントを運用するかまたはこれへの助言行うことへの関連および証券会社

        としての立場を含めて、ゴールドマン・サックス内の様々な部門および部署が資産を評価する義務を
        負う。これらの様々な部門および部署は、評価方法および評価モデルに関する情報または特定の資産
        または資産クラスの評価に関するその他の情報を共有することができる。ただし、ゴールドマン・
        サックスにはかかる情報の共有を行う義務はない。投資顧問会社は自身の評価方針に従って金融商品
        を評価し、同一資産の評価がゴールドマン・サックスの別の部門または部署と異なることがある。特
        に資産に容易に確認可能な市場価格がない場合および/またはゴールドマン・サックスのある部門も
        しくは部署が評価を受ける資産に関してより新しいおよび/もしくは正確な情報を有する場合はそう
        である。
        ゴールドマン・サックスおよび投資顧問会社自身の活動および他のアカウントのための活動に関する

        潜在的利益相反:サブ・ファンドの投資活動の成績が、ゴールドマン・サックスが自己勘定で達成し
        た成績およびその他のクライアント/GSアカウントの利益のためにゴールドマン・サックスが達成
        した成績とは大きく異なることがある。投資顧問会社は、それぞれの投資目的および投資ガイドライ
                                  53/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ンに従って運用するサブ・ファンドおよびその他のクライアント/GSアカウントの運用を行う。た
        だし、ゴールドマン・サックスは、現在または将来のクライアント/GSアカウントに関して、投資
        利 回り、投資に関する措置のタイミングもしくは内容または投資の撤退方法を含め、投資顧問会社が
        サブ・ファンドに行った助言と対立または矛盾する助言を行い、措置を講じることがある。
         ゴールドマン・サックスまたはクライアント/GSアカウントが行う取引がサブ・ファンドに悪影

        響を及ぼす可能性がある。ゴールドマン・サックスおよび一つ以上のクライアント/GSアカウント
        がポジションを売買または保有する一方で、サブ・ファンドが同じ戦略または異なる戦略(潜在的に
        反対の戦略を含む。)を採用する可能性があり、これはサブ・ファンドに不利益をもたらす恐れがあ
        る。例えば、サブ・ファンドがある有価証券を買った後、ゴールドマン・サックスまたはクライアン
        ト/GSアカウントが同じ有価証券でショート・ポジションを建てた場合、後の空売でサブ・ファン
        ドが保有する有価証券の価格は下落する可能性がある。逆に、サブ・ファンドがある有価証券で
        ショート・ポジションを建てた後、ゴールドマン・サックスまたはその他のクライアント/GSアカ
        ウントが同じ有価証券を買った場合、後の買いではサブ・ファンドが空売りしたポジションの価格が
        上昇する可能性があり、かかる価格の上昇はサブ・ファンドには不利益となる。
         更に、投資顧問会社およびその他のゴールドマン・サックスの関係会社は、ファンドまたはアカウ

        ントを後援、運用またはこれに助言を行うことができ、またゴールドマン・サックスはサブ・ファン
        ドと同様の投資目的または投資ポートフォリオを有するファンドまたはアカウントに投資され得、か
        かるファンドまたはアカウントに関連して発生した事由がサブ・ファンドのパフォーマンスに影響を
        及ぼす可能性がある。例えば、資金の引出しまたはパフォーマンスの低下によってファンドまたはア
        カウントが有価証券を売却する場合、当該売却がサブ・ファンドが保有する同じ発行体、戦略または
        タイプの有価証券の価値の低下をもたらす可能性があり、これはサブ・ファンドに重大な悪影響を及
        ぼす恐れがある。サブ・ファンドは、適用される法律で認められる範囲内で、サブ・ファンドが保有
        する有価証券を他のクライアント/GSアカウントに貸し付けることができ、サブ・ファンドはかか
        るクライアント/GSアカウントの不履行のリスクにさらされる。ゴールドマン・サックスは当該貸
        付の結果として被った損失に関してサブ・ファンドを補償する義務を負わない。
         ゴールドマン・サックスがサブ・ファンドに投資する場合、ゴールドマン・サックスによるサブ・

        ファンドへの投資分がサブ・ファンドの純資産価額の大半を占める可能性がある。ゴールドマン・
        サックスによるサブ・ファンドからの買戻しは、買戻しの額がサブ・ファンドの純資産価額の大半を
        占める場合であっても、本書に開示された買戻し手続きに従って、受益者に通知することなく、いつ
        でも行うことができる。サブ・ファンドから買戻しを行うゴールドマン・サックスの決定は、サブ・
        ファンドに対するその影響を考慮せずに、ゴールドマン・サックスがその単独裁量で関連するとみな
        す要素に基づいて下される。サブ・ファンドに関するポートフォリオ決定がゴールドマン・サックス
        または他のクライアント/GSアカウントの利益となる場合にも利益相反が発生する。例えば、サ
        ブ・ファンドがロング・ポジションを売る、またはショート・ポジションを建てる場合、ゴールドマ
        ン・サックスまたは他のクライアント/GSアカウントが空売りする同じ有価証券の価格は下落し得
        (そのためゴールドマン・サックスまたは他のクライアント/GSアカウントには利益となる。)、
        サブ・ファンドが有価証券を買う、または有価証券のショート・ポジションをカバーする場合、ゴー
        ルドマン・サックスまたは他のクライアント/GSアカウントが保有する同じ有価証券の価格は上昇
        し得る(そのためゴールドマン・サックスまたは他のクライアント/GSアカウントには利益とな
        る。)。
         また、一つ以上のクライアント/GSアカウントおよびゴールドマン・サックスによる投資取引

        は、サブ・ファンドの価値、価格または投資戦略(特に小型株戦略、新興市場戦略、ディストレスト
        戦略または低流動性戦略だが、これらに限られない)に希薄化またはその他に悪影響を及ぼすことが
        ある。これは、例えば、サブ・ファンドに関するポートフォリオ決定が他のクライアント/GSアカ
                                  54/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ウントのポートフォリオ決定の裏付けにも使用されている調査またはその他の情報に基づく場合に起
        こる。ゴールドマン・サックスまたはクライアント/GSアカウントが、あるポートフォリオ決定ま
        た はポートフォリオ戦略を、サブ・ファンドのための同様のポートフォリオ決定またはポートフォリ
        オ戦略に先立つかまたはこれと同時に実行する場合(ポートフォリオ決定が同一調査分析またはその
        他の情報に基づくか否かを問わない。)、市場インパクト、流動性制限またはその他の要因により、
        サブ・ファンドは良い投資成果が上げられない恐れがあり、かつ、かかるポートフォリオ決定または
        ポートフォリオ戦略を実行する費用が増加する恐れまたはその他サブ・ファンドが不利益を被る恐れ
        がある。ゴールドマン・サックスは場合によってはこうした影響を緩和するために合理的に策定され
        た社内方針および手続きの実施を決定することができるが、それによってサブ・ファンドが一部の活
        動(そうでなければ望ましいと思われる場合に有価証券を購入または処分することを含む。)に従事
        できなくさせる可能性がある。
         ゴールドマン・サックス(投資顧問会社を含む。)の取締役、役員および従業員は、自己勘定

        (ゴールドマン・サックス(投資顧問会社を含む。)が後援、運用または助言を行うファンドへの投
        資を介する場合を含む。)で有価証券またはその他の投資対象を売買することができる。取引および
        投資に関する戦略または制限が異なるために、取締役、役員および従業員はサブ・ファンドが取った
        ポジションと同じポジションを取る、それとは異なるポジションを取る、またはそれとは異なる時期
        にポジションを取る可能性がある。上記の個人的な取引によってサブ・ファンドが重大な悪影響を被
        る可能性を抑えるため、投資顧問会社はサブ・ファンドのポートフォリオ取引に関する情報を定常的
        に入手する投資の専門家およびその他の者による個人口座における証券取引を制限する方針および手
        続きを定めている。投資顧問会社は投資顧問法によって義務づけられた倫理綱領ならびに投資顧問会
        社のスタッフ、投資顧問会社が運用するクライアント/GSアカウントおよびサブ・トラストが関与
        する潜在的利益相反が伴うと投資顧問会社が判断する投資顧問会社のスタッフによる特定の個人的な
        証券取引に関する監視手続きをを採択している。倫理綱領は、投資顧問会社のスタッフが適用される
        すべての米国証券法、投資顧問会社を対象とする信認義務および詐欺防止規則を遵守することを義務
        付けている。
         ゴールドマン・サックスの顧客(クライアント/GSアカウントを含む。)は、顧客レポートを受

        け取るまたはその他の結果として、投資顧問会社が管理するアカウント外での顧客の取引に影響を及
        ぼし得る投資顧問会社の取引または見解に関する情報を入手する可能性があり、かかる顧客の取引が
        サブ・ファンドのパフォーマンスに悪影響を及ぼす恐れがある。また、サブ・ファンドは売買取引に
        よるキャッシュ・フローおよび市場場動向ならびに他のクライアント/GSアカウントへの資金流入
        増や資金引出しによる悪影響を被る可能性がある。市場が薄商いで流動性が低い場合はこうした影響
        が増幅する。
         投資顧問会社によるサブ・ファンドの運用がゴールドマン・サックスに利益をもたらすことがあ

        る。例えば、サブ・ファンドは、適用される法律に従って、ゴールドマン・サックス(もしくはクラ
        イアント/GSアカウント)の関係会社またはゴールドマン・サックス(もしくはクライアント/G
        Sアカウント)が株式、債務、その他の権益を有する会社の有価証券、銀行ローンまたはその他の債
        務証書に直接的または間接的に投資することができる。更に、適用される法律に従って、サブ・ファ
        ンドは、他のクライアント/GSアカウントが債務を免除されるかもしくはその他投資対象を売却す
        る、またはサブ・ファンドが投資対象を売却せざるを得なくなるような投資取引を行う可能性があ
        る。また、サブ・ファンドによる投資対象の購入、保有および売却は、ゴールドマン・サックスまた
        は他のクライアント/GSアカウントによるかかる会社に対する自己の投資および活動の収益性を高
        めることがある。
         サブ・ファンドはゴールドマン・サックスに関係する、またはゴールドマン・サックスおよび/ま

        たはゴールドマン・サックスが後援、運用もしくは助言を行うファンドもしくはアカウントが株式ま
                                  55/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        たはその他の権益を有するポートフォリオ会社の債務に投資することができ、シンジケートまたは流
        通市場での購入を通じて、直接的または間接的にかかる債務を取得することができる。かかる投資は
        ゴー  ルドマン・サックスに利益をもたらすことがある。これは、債権者としての権利の行使に関する
        場合を含めて利益相反が発生する可能性があり、サブ・ファンドの権利、利益および活動に影響を及
        ぼす恐れがある。更に、債務超過に陥っているかまたは陥る発行体への投資に伴う特定のリスクが存
        在する。また、債務超過、破産または同様の手続きに関連して、ゴールドマン・サックス、その関係
        会社またはゴールドマン・サックスが運用もしくは投資するファンドもしくはアカウントが保有する
        権益または取る措置もしくは立場を理由に、サブ・ファンドが取ることを認められる立場または措置
        が(適用される法律、裁判所またはその他により)制限されるという可能性がある。
         投資顧問会社は、サブ・ファンドの売買注文をゴールドマン・サックス(クライアント/GSアカ

        ウントを含む。)が後援、運用または助言を行う他のファンドまたはアカウントと集約することがで
        きる(しかし、そのような義務はない。)。注文の集約は投資顧問会社が適当と判断する場合に行わ
        れる。こうした状況には、顧客のアカウントならびにゴールドマン・サックスおよび/もしくは従業
        員の持分を含むアカウントの集約、顧問および顧客の持分を調整する目的に合致している場合、顧客
        の実績を証明する商品を開発する場合、顧客(関係会社だが、独立したコマーシャル・マネー・マ
        ネージャーとして投資顧問会社を従事させる場合がある。)にとって商業上合理的な方法でアカウン
        トを運用する場合、または集約すれば顧客のアカウントのパフォーマンスに小額免除の効果がある場
        合(例えば、顧客のアカウントの規模がシード・アカウントの規模よりも大きい場合)が含まれる可
        能性がある(しかし、これらに限られない。)。執行するために注文が集約される場合、ゴールドマ
        ン・サックスとゴールドマン・サックスの従業員の持分は限定的ながらこの取引の恩恵を受ける可能
        性がある。投資顧問会社は、サブ・ファンドの売買注文が執行目的でクライアント/GSアカウント
        の注文と集約されるときに特定の状況において発生する利益相反に合理的に対処するために合理的に
        策定されていると投資顧問会社が考える方針および手続きを維持する一方で、投資顧問会社はゴール
        ドマン・サックスおよび/または従業員が権益を有するアカウントに配分を行う場合がある。
         また、ゴールドマン・サックスおよび一つ以上のクライアント/GSアカウント(サブ・ファンド

        を含む。)は同一発行体の異なるクラスの有価証券に投資することがある。その結果、一つ以上のク
        ライアント/GSアカウントはサブ・ファンドが投資した特定の発行体に関して権利を追求または行
        使することができ、こうした活動はサブ・ファンドに悪影響を及ぼす恐れがある。例えば、クライア
        ント/GSアカウントがある発行体の債務証券を保有し、サブ・ファンドが同一発行体の持分証券を
        保有している場合に、当該発行体が財政難または経営難に陥ったとき、当該債務証券を保有している
        クライアント/GSアカウントは発行体の清算を求めるが、当該持分証券を保有しているサブ・ファ
        ンドは発行体の事業再編を希望する可能性がある。また、投資顧問会社が一つ以上のクライアント/
        GSアカウント(サブ・ファンドを含む。)をのために一緒に特定の発行体に関する権利を追求もし
        くは行使することがある、またはゴールドマン・サックスの従業員が共同してかかる権利を追求もし
        くは行使するために協力して取り組むことがある。サブ・ファンドは、ゴールドマン・サックスおよ
        び他のクライアント/GSアカウントの活動による悪影響を受けることがあり、サブ・ファンドのた
        めの取引が損なわれる、またはゴールドマン・サックスおよび他のクライアント/GSアカウントが
        かかる有価証券の発行体に関して特定の一連の行動を取らなければ享受していたと思われる価格また
        は条件よりも不利な価格または条件で執行される可能性がある。また、投資顧問会社のスタッフが他
        のクライアント/GSアカウントの運用にとって重要な発行体に関する情報を入手する可能性があ
        り、これによって投資顧問会社のスタッフがサブ・ファンドのために当該発行体の有価証券を売買す
        る能力に制限を受ける恐れがある。
         ゴールドマン・サックス(ゴールドマン・サックスのスタッフまたはクライアント/GSアカウン

        トを含む。)は、サブ・ファンドに関係するデリバティブ商品もしくはサブ・ファンドの投資対象で
        ある証券、通貨か商品に関係するデリバティブ商品またはその他にサブ・ファンドのパフォーマンス
                                  56/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        に基づくかもしくはサブ・ファンドのパフォーマンスの再現かヘッジを目指すデリバティブ商品(以
        下総称して「仕組み投資商品」という。)に関して、これを設定する、引き受ける、販売もしくは発
        行 する、これに投資する、またはこの募集代理人もしくは販売店として行為することができる。仕組
        み投資商品の価値はサブ・ファンドの純資産価額および/またはサブ・ファンドの投資対象の評価額
        と連動する可能性がある。仕組み投資商品に関連して、かつ、ヘッジ、リバランス、投資、取引およ
        びその他の目的のために、サブ・ファンドおよび/またはゴールドマン・サックス(ゴールドマン・
        サックスのスタッフまたはクライアント/GSアカウントを含む。)は、(ⅰ)サブ・ファンドが保有
        する投資対象を購入もしくは売却する、(ⅱ)サブ・ファンドの持分を購入もしくは売却する、(ⅲ)サ
        ブ・ファンドおよび/またはサブ・ファンドの投資対象のパフォーマンスの再現かヘッジを目指す合
        成ポジションを保有する可能性がある。かかるポジションは規模が大きくなる可能性があり、サブ・
        ファンドもしくはクライアント/GSアカウントのポジションと異なる、および/またはサブ・ファ
        ンドもしくはクライアント/GSアカウントのポジションと逆ポジションになる可能性がある。ゴー
        ルドマン・サックス(ゴールドマン・サックスのスタッフおよびクライアント/GSアカウントを含
        む。)は、サブ・ファンドおよび/またはクライアント/GSアカウントも保有し得る投資対象を売
        買するとともに、サブ・ファンドの投資者に通知することなく随時サブ・ファンドにおける持分を売
        買する権利を留保する。このようなデリバティブ商品関連の活動ならびにかかる投資および買戻しの
        活動は、サブ・ファンドの投資運用およびサブ・ファンドのポジション、柔軟性と分散投資戦略なら
        びに受益者が直接的またはサブ・ファンドを通じて間接的に負担する報酬、費用その他のコストの額
        に悪影響を及ぼす可能性がある。
         ゴールドマン・サックスは、サブ・ファンドおよびクライアント/GSアカウントとデリバティブ

        取引を行うことができ、かつ、かかるデリバティブ取引にヘッジをかけることができる。このヘッジ
        活動がサブ・ファンドとのデリバティブ取引額に悪影響を及ぼすことがある。かかる活動、投資また
        はポジションの売却は、ゴールドマン・サックスがマーケット情報またはその他に基づき、ポジショ
        ンの変更もしくは売却を決定したかまたは随時その他の理由で投資対象の評価を修正した結果として
        起こり得、ゴールドマン・サックスはかかる評価の修正もしくはかかる修正の理由をサブ・ファンド
        に通知したり、かかる評価の修正を受けてサブ・ファンドのために取引を実行する義務を負わない。
        ゴールドマン・サックスまたはクライアント/GSアカウントに関して講じられた措置がサブ・ファ
        ンドに悪影響を及ぼす可能性があり、かつ、サブ・ファンドが講じた措置がゴールドマン・サックス
        またはクライアント/GSアカウントに利益をもたらす可能性がある。
         更に、ゴールドマン・サックスは、受益者の受益証券に質権又は担保権を設定当該受益者に対する

        貸付または同様の取引を行うことができる(かかる受益者が自己の債務の履行を怠った場合はゴール
        ドマン・サックスにかかる受益証券の買戻しを行う権利を付与する)。こうした取引および関連する
        買戻しは規模が大きくなることがあり、また受益者に通知することなく行われる可能性がある。ゴー
        ルドマン・サックスは任意のクラス(運用報酬がかからないクラスを含む。)の受益証券にも投資す
        ることができる。デリバティブ商品(仕組み投資商品を含む。)の構造またはその他の特徴がサブ・
        ファンドに悪影響を及ぼすことがある。例えば、デリバティブ商品がレバレッジを使ったサブ・ファ
        ンドへの投資に相当する場合、レバレッジの特徴から債務不履行またはその他の事由が生じた場合は
        サブ・ファンドに対して通常よりも早いペースで受益証券の大量の買戻しが行われる可能性が高くな
        る。かかるデリバティブ商品に関して商業的立場で行動するゴールドマン・サックスが実際にかかる
        買戻しを引き起こす可能性がある。これにより、サブ・ファンドの投資運用およびポジション、柔軟
        性と分散投資戦略ならびに直接的または間接的にサブ・ファンドの勘定で負担する報酬、費用その他
        のコストの額に悪影響を及ぼす恐れがある。
         更に、サブ・ファンドは直接的または間接的に資産担保型またはその他の方法による与信枠を利用

        することができる。サブ・ファンドの与信枠はサブ・ファンドの資産ポートフォリオの一部または全
        部を担保とする。ゴールドマン・サックスの自己勘定クライアント/GSアカウントまたはその他の
                                  57/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ために、投資顧問会社またはゴールドマン・サックスが講じた措置が、サブ・ファンドのポートフォ
        リオのパフォーマンスを悪化させる、または当該ポートフォリオの価値を低下させる可能性があり、
        こ れは、サブ・ファンドが、与信枠に関連して債務不履行を起こす、または債務不履行を回避するた
        めに一定の措置を講じる原因となる。これは、サブ・ファンドに重大な悪影響が及ぼす恐れがある。
        与信枠関連の問題に起因して該当する貸し手(適用される法律で認められる範囲内で、ゴールドマ
        ン・サックスである可能性がある。)によるかまたはクライアント/GSアカウントもしくはサブ・
        ファンドを代理した投資顧問会社により講じられた措置が、サブ・ファンドの資産の価値に影響を与
        える、サブ・ファンドが与信枠に関連して債務不履行を起こすまたは債務不履行を回避するために一
        定の措置を講じる原因となる、およびサブ・ファンドに重大な悪影響を及ぼす恐れがある。例えば、
        債務不履行事由または債務不履行事由を回避するために投資顧問会社が講じた措置は、サブ・ファン
        ドは、そうでなければ望ましいと思われるペースよりも早いペースで(それゆえに著しく低い価格に
        なり得る。)資産を売却する原因となる可能性があり、これはサブ・ファンドのポートフォリオに重
        大な悪影響を及ぼす恐れがある。また、かかる売却により、サブ・ファンドのポートフォリオの構成
        が変化してその結果ポートフォリオの分散化および流動性が低くなる可能性がある、またその他自己
        の投資方針を成功裏に実行するサブ・ファンドの能力が制限される可能性がある。一例として、債務
        不履行事由を回避するために、流動性の低い有価証券に先立って流動性の高い有価証券の売却が行わ
        れる場合がある。かかる買戻しは、そうでなければ望ましくない時にサブ・ファンドの更なるポート
        フォリオ資産の売却の原因となり得、上記の悪影響を伴う。ゴールドマン・サックスがファンドまた
        はクライアント/GSアカウントの貸し手を務める場合、ゴールドマン・サックスは自己の利益のた
        めに、サブ・ファンドにとって望ましくない時に、貸付金の一部または全部の返済を求める等の商業
        的措置を講じることがあり、かかる措置はサブ・ファンドに重大な悪影響を及ぼす可能性がある。
        ゴールドマン・サックスのマネー・マーケット・ファンドへの投資に関する潜在的利益相反:適用さ

        れる法律および投資方針によって認められる範囲内で、サブ・ファンドは短期の現金投資の一部また
        は全部をゴールドマン・サックスが後援、運用または助言を行うマネー・マーケット・ファンドに投
        資することができる。かかる投資に関連して、サブ・ファンドは投資にかかるすべての顧問報酬、事
        務管理報酬または12b-1(販売関連)手数料を支払うが、それによってサブ・ファンドの報酬または
        配分が減額されることはない(すなわち、かかる投資に伴い「報酬の二重負担」が発生する可能性が
        あるが、ゴールドマン・サックスはサブ・ファンドとかかるマネー・マーケット・ファンドの両方の
        運用に関する報酬を受け取れるため、投資者による関係する投資対象の直接購入に関連してこれが発
        生することはない。)。かかる場合およびサービスの提供に関連してゴールドマン・サックスが何ら
        かの手数料またはその他の報酬を受け取るその他の場合でも、サブ・ファンドへの説明または返金は
        必要ない。
        ゴールドマン・サックスのインソースまたはアウトソース:適用される法律に従って、ゴールドマ

        ン・サックス(投資顧問会社を含む。)は、随時、投資者に通知することなく、事務管理人またはそ
        の他の立場でサブ・ファンドに提供する様々なサービスに関する一部の作業または職務を社内で処理
        するかまたは外注することができる。かかるインソースまたはアウトソースは更なる利益相反を引き
        起こす可能性がある。
        ゴールドマン・サックスがサブ・ファンドの投資顧問会社以外の立場で行動する場合に発生する潜在

        的利益相反-本人取引とクロス取引に関する潜在的利益相反:
         適用される法律で認められる範囲内で、投資顧問会社はサブ・ファンドのために、ゴールドマン・
        サックスが、本人としてかまたは顧客のために自己勘定で、取引相手を務める先物、有価証券、通
        貨、スワップ、オプション、先渡し契約またはその他の商品の取引を行うことおよび投資することが
        できる。また、適用される法律で認められる範囲内で、サブ・ファンドは「クロス取引」(すなわ
        ち、投資顧問会社がサブ・ファンドに、投資顧問会社の別の顧客もしくは関係会社から有価証券を購
        入させる、またはかかる顧客もしくは関係会社へ有価証券を売却させること)および「代理人クロス
                                  58/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        取引」(すなわち、有価証券の売買に関連してゴールドマン・サックスが取引の一方の当事者である
        サブ・ファンドと取引の相手方当事者である別のアカウントの両方のブローカーを務め、両方から手
        数 料を受け取ること)を行うことができる。ゴールドマン・サックスはクロス取引または代理人クロ
        ス取引の両方の当事者に対する忠実性と責任を分ける際に潜在的な利益相反に直面する可能性があ
        る。例えば、クロス取引において、投資顧問会社または関係会社は、サブ・ファンドによる有価証券
        の購入に関して、取引の一方の当事者であるサブ・ファンドと取引の相手方当事者であるブローカー
        のアカウント(ゴールドマン・サックスまたはその関係会社が自己の持分を有するアカウントを含
        む。)の両方の代理人を務めることがある。更に、代理人クロス取引において、ゴールドマン・サッ
        クスがブローカーを務め、一方の当事者または両方の当事者から報酬またはその他の支払いを受け、
        これがサブ・ファンドに証券を購入させるゴールドマン・サックスの決定に影響を及ぼす可能性があ
        る。クロス取引および代理人クロス取引は商業上合理的な条件に基づいて実施される。また、投資顧
        問会社がサブ・ファンドまたは他のクライアント/GSアカウントの投資目的を達成するために得策
        とみなす場合、投資顧問会社は、適用される法律で認められる範囲内で、かつ、ゴールドマン・サッ
        クスの配分方針に従って、サブ・ファンドの資産の一部を他のクライアント/GSアカウントに移す
        ことができる。
         投資者は、サブ・ファンドの購入契約を締結することによって、適用される法律に基づいて最大限

        に認められる範囲内で、サブ・ファンドが行う本人取引、クロス取引および代理人クロス取引を承諾
        する。投資者は本書に定める方法または適宜投資者に通知される方法でかかる承諾を取り消すことが
        できる。
         サブ・ファンドの購入契約に基づき、かつ、適用される法律で認められる範囲内で、サブ・ファン

        ドが従事する可能性があり、かつ、サブ・ファンドの代表者の承認を必要とし得る、または投資顧問
        会社もしくは受託会社が承認を求めることを決定する次の問題に関して、受託会社および/または投
        資顧問会社は(ⅰ)サブ・ファンドおよびサブ・ファンドの投資者に代わってかかる取引もしくはその
        他の問題を検討および承認もしくは反対する、または(ⅱ)サブ・ファンドの一部の受益者か受益証券
        の実質的所有者もしくはサブ・ファンドと関連のない一名以上の者(受託会社および/またはゴール
        ドマン・サックスとの関連の有無を問わない。)を(投資顧問会社または受託会社がその単独裁量で
        委員会に上程したサブ・ファンドとサブ・ファンドの投資者のためのかかる取引およびその他の問題
        を検討し、承認または反対することを目的とする)委員会の委員に選任する無制限に権限を授権され
        ている(しかし、そのような義務はない。)。かかる取引またはその他の問題は次の(a)から(d)
        までを含み、かつ、投資顧問会社または受託会社がその単独裁量により、上記の(ⅰ)の場合には自ら
        検討する、または上記の(ⅱ)の場合には委員会に上程することのいずれかを決定する特定の取引また
        はその他の問題についてのみを含む(a)サブ・ファンドが有価証券の売買を計画する取引で、ゴールド
        マン・サックスが(直接的または間接的に)かかる取引について参加する結果、投資顧問法に基づく
        承認を必要とする取引、(b)サブ・ファンドが投資者になることを計画する取引で、ゴールドマン・
        サックスが参加する結果、投資顧問法に基づく承認を必要とする取引に関連してゴールドマン・サッ
        クスに支払われる手数料、(c)投資顧問法に基づいて事前の承認またはその他の承認を必要とするその
        他の取引または問題、および(d)投資顧問会社または受託会社が自ら検討するかまたは委員会に上程す
        ることを決定するその他の取引または問題(潜在的利益相反が伴う取引を含むが、これに限られな
        い。)を含む。疑義を避けるため、投資顧問会社または受託会社は、かかる委員会を設立する、また
        は特定の問題を検討のために委員会に上程する義務を負わず、かつ、委員会を設立するかまたは審議
        のために問題を委員会に上程する決定は、投資顧問会社または受託会社が、それぞれの場合につきそ
        の単独裁量で下すものとする。
        ゴールドマン・サックスがサブ・ファンドのために商業的立場で行動する場合に発生し得る潜在的利

        益相反:ゴールドマン・サックスは、サブ・ファンドのために、ブローカー、ディーラー、代理人、
        貸し手もしくは顧問またはその他の商業的立場で行為することができる。ゴールドマン・サックスが
                                  59/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        請求する手数料、マークアップ、マークダウン、フィナンシャル・アドバイザリー報酬、引受および
        募集手数料、販売手数料、融資・与信手数料、仲介手数料、その他の手数料、報酬または利益、料金
        お よび条件は、たとえゴールドマン・サックス(その販売スタッフを含む。)がゴールドマン・サッ
        クスと販売スタッフに有利な手数料およびその他の金額を稼得することについて利害関係がある場合
        でも、商業上合理的とゴールドマン・サックスが判断する金額および条件とする。サブ・ファンド
        は、適用される法律で認められる範囲内で、ゴールドマン・サックスが定めた料金と条件でゴールド
        マン・サックスから資金を借り入れることができる。
         ゴールドマン・サックスは、投資顧問会社以外の立場で行動する場合報酬を受け取る権利を有する

        が、サブ・ファンドはかかる報酬を受け取る権利を有しない。
         ゴールドマン・サックスがサブ・ファンドに関してブローカー、プライムブローカー、ディー

        ラー、代理人、貸し手もしくは顧問を務める、またはその他の商業的立場で行為する場合、ゴールド
        マン・サックスは自己の利益のために商業的措置を講じる可能性があり、これがサブ・ファンドに悪
        影響を及ぼす可能性がある。例えば、サブ・ファンドに関するプライムブローカレッジまたは貸付に
        関する取決めに関連して、ゴールドマン・サックスは適宜、貸付金の一部または全部の返済を求める
        可能性がある。
         サブ・ファンドは自身の信用力を踏まえて取引相手と取引関係を築く必要がある。ゴールドマン・

        サックス(投資顧問会社を含む。)には、サブ・ファンドが自己の取引関係を築く際にゴールドマ
        ン・サックスの信用力を利用させる義務はなく、またサブ・ファンドの取引相手がサブ・ファンドの
        信用度を評価する際にゴールドマン・サックスの信用力に依拠することは想定されていない。
         ゴールドマン・サックスが取引網、有価証券またはデリバティブの指数、取引ツール、決済システ

        ムおよびその他の資産に対する所有権を有することがあり、ゴールドマン・サックスはサブ・ファン
        ドに関連して投資顧問会社がこれらを使用した場合利益を享受することがある。
         仲介取引および議決権の代理行使に関する潜在的利益相反:適用される法律で認められる範囲内

        で、サブ・ファンドのための有価証券の売買を他のクライアント/GSアカウントの注文と統合また
        は集約することができる。ただし、ポートフォリオ運用に関する決定がアカウントごとに個別的に下
        される場合または注文の統合か集約が不可能か不必要であるかもしくは顧客主導のアカウントに関連
        する場合、投資顧問会社およびその関係会社に注文を統合または集約する義務はない。
         現行の取引活動では売買される有価証券の全体量に関して同じ価格または同じ取引執行を受けるこ

        とは不可能な場合が多い。その場合、様々な価格を平均することになり、サブ・ファンドには平均価
        格が借記または貸記される。このように、集約の効果がサブ・ファンドには不利に働くことがある。
        更に、統合または集約される注文に関連してサブ・ファンドに同じ手数料または手数料相当の料金が
        請求されない場合がある。特にグローバルな組織における時差、取引デスクまたはポートフォリオ運
        用手法の違い等の結果、別々の集約されない注文の執行が行われることもある。
         投資顧問会社は、投資顧問会社、他のクライアント/GSアカウント(サブ・ファンドを含む。)

        またはそれらの関係会社もしくはスタッフに専用またはその他の仲介・調査およびその他の適切な商
        品およびサービス(総称して以下「仲介・調査サービス」という。)を提供し、投資の意思決定過程
        (先物、価格設定サービス、店頭取引に関するものを含む。)において投資顧問会社を適切に支援す
        ると投資顧問会社が判断する証券会社(投資顧問会社の関係会社を含むがこれに限られない。)を選
        ぶことができる。かかる仲介・調査サービスには、適用される法律で認められる範囲内で、企業、業
        界および有価証券に関する調査報告、証券会社のアナリストや企業幹部との面会、経済、市場および
        金融に関する情報、金融関連の出版物、分析代行、取引業界のセミナー、コンピュータのデータベー
                                  60/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ス、注文に関する転送およびサービスならびにその他の仲介・調査サービスを含む。仲介・調査サー
        ビスを提供する証券会社を選ぶ際の投資顧問会社の慣行は、証券会社に支払う「コミッション」(場
        合 に応じて、SECの広義の定義のとおり、マークアップ、マークダウン、コミッション同等物また
        はその他の報酬を含む。)が投資顧問会社に提供する仲介・調査サービスの価値に関連して合理的で
        あると誠意を持って判断することである。コミッションの合理性は、たとえ別の証券会社が低いコ
        ミッションで取引を執行する用意がある場合でも、投資顧問会社が投資裁量権を行使するアカウント
        に関する個々の取引または投資顧問会社の全体的責任の観点から判断する。証券会社が提供する仲
        介・調査サービスに関する投資顧問会社による評価は、取引を執行する証券会社を選ぶ際の重要な要
        素である。
                                  61/272

















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         投資顧問会社がかかる調査サービスを受ける取決めは、商品もしくは戦略、アカウントまたは投資
        顧問会社が事業を営む法域において適用される法律によって異なる。投資顧問会社は米国内外の証券
        会社とソフトダラーの取決めを結ぶことができる。投資顧問会社は特定の証券会社が提供する取引執
        行または決済サービスと統合された調査サービス(専用の調査サービスを含む。)を受けることがで
        きる。更に、投資顧問会社は「コミッション・シェアリング・アレンジメント」および「クライアン
        ト・コミッション・アレンジメント」と称する、投資顧問会社がある証券会社を通じて取引を執行し
        ながら、かかる証券会社にコミッションまたはコミッション・クレジットの一部を投資顧問会社に調
        査サービスを提供する別の会社に配分するように指示できる取決めに参加することができる。こうし
        た取決めに基づいて、投資顧問会社は適用される規制機関の解釈に従って十分な適格性がない商品お
        よびサービス(別々に会計処理される場合に適格となる部分を含む。)を利用しない。
         コミッション・シェアリング・アレンジメントおよびクライアント・コミッション・アレンジメン

        トには投資顧問会社が事業を営む法域ごとに異なる法的要件が適用される。コミッション・シェアリ
        ング・アレンジメントおよびクライアント・コミッション・アレンジメントに参加することで、投資
        顧問会社は特定の証券会社を通じて取引を執行することで累積したクライアント・コミッションまた
        はコミッション・クレジットを使って一つ以上のチャンネルを介した調査サービスの支払いをまとめ
        られ、他の会社が提供する調査サービスを入手することができる。かかる取決めは取引過程における
        最善執行を促進しながら、仲介・調査サービスの継続的な入手を確保することにも役立つ。投資顧問
        会社は、かかる取決めについて、とりわけ、この様な仕組みのない場合には投資顧問会社に受けるこ
        とのできない様々な質の高い調査サービスの受領、独立系のアナリストの利用および資源の利用が確
        保されるため、投資の意思決定過程において有効であると考えている。
         かかる取決めは利益相反を生む可能性がある。例えば、投資顧問会社が調査サービスを受けるため

        にクライアント・コミッションを使用する場合、投資顧問会社は調査サービス自体の代金は支払う必
        要がない。更に、このような方法で入手した調査サービスはサブ・ファンドを含めたすべてのクライ
        アント/GSアカウント(調査サービスに関する取決めに関連して証券会社にコミッションを支払っ
        たクライアント/GSアカウント以外のクライアント/GSアカウントを含む。)にサービスを提供
        する際に使用することができる。適用される法律で認められる範囲内で、かかる商品およびサービス
        は、各クライアント/GSアカウントが支払う手数料の金額からすると、あるクライアント/GSア
        カウントに対して別のクライアント/GSアカウントと比べて偏った利益をもたらすことがある。例
        えば、あるクライアント/GSアカウントのコミッションを通じて代金を支払われた調査サービス
        が、当該クライアント/GSアカウントの運用に使用されず、他のクライアント/GSアカウントの
        運用に使用される可能性がある。投資顧問会社に仲介・調査サービスの利益を特定のアカウントまた
        はアカウント・グループに関係するコミッションまで追跡する計画はない。
         指示のない取引執行に関するコミッションの合理性については、様々な要素(支払われるコミッ

        ションの一般的水準ならびに提供される調査サービスおよびその他のサービスの内容と価値を含
        む。)に基づいて投資顧問会社が継続的に評価を行う。投資顧問会社は、コミッションが、投資顧問
        会社が検証可能な方法で定量化が可能で、十分に開示されている場合に限って、かかる取決めに基づ
        いてコミッションを使用するものとする。投資顧問会社はこの分野における規制の動向および業界標
        準を定期的にモニターし、かかる動向および業界標準を踏まえて自社の慣行を継続的に評価する。
         投資顧問会社はプライムブローカレッジ・サービスをクライアント/GS勘定に提供する証券会社

        (適用される法律で認められる範囲内で、投資顧問会社の関係会社を含むがこれに限られない。)を
        選ぶことができる。投資顧問会社によるプライムブローカーの選択ならびに当該プライムブローカー
        に支払う仲介手数料、委託証拠金およびその他の手数料に関する投資顧問会社による交渉に関して利
        益相反が発生する可能性がある。プライムブローカーは、見込客を紹介する、または投資顧問会社に
        対して一部の適格投資者へのサービスに関するプレゼンテーションを行う機会を提供することがあ
                                  62/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        る。原則としてこうした資本導入の機会は追加費用なしで提供される。更に、プライムブローカーは
        有利なまたは市場相場以下の価格で特定のその他のサービス(証券取引の決済、募集代行および保管
        サー  ビスならびに信用証拠金の提供などを含む。)を提供することがある。かかる資本導入の機会お
        よびその他のサービスは、プライムブローカーを選ぶことによる投資顧問会社(クライアント/GS
        アカウントではない。)の利益のインセンティブを生む、または当該利益をもたらす可能性がある。
        更に、投資顧問会社は、投資顧問会社の顧客であるプライムブローカーを選ぶことを奨励されること
        がある。投資顧問会社は、クライアント/GSアカウント(サブ・ファンドを含む。)のための適当
        なサービスを入手できるプライムブローカーだけを選ぶものとする。
         投資顧問会社は、助言を提供する顧客(サブ・ファンドを含む。)に代わって投資顧問会社が下す

        議決権の代理行使に関する決定に利益相反が影響を及ぼすことを防止するとともに、かかる決定が投
        資顧問会社の顧客に対する信認義務に則していることを確保するために策定された方針および手続き
        を採用した。しかし、かかる議決権の代理行使に関する方針および手続きにかかわらず、投資顧問会
        社が実際に下した議決権の代理行使に関する決定(ただし、投資顧問会社が、かかる議決権行使の決
        定が投資顧問会社の信認義務に則していると判断することを条件とする。)が、他の顧客の利益また
        はゴールドマン・サックスおよび/もしくはその関係会社の他の部門や部署の業務に有利な効果を有
        することがある。
        投資顧問会社およびサブ・ファンドの投資機会および投資活動が制限される可能性:ゴールドマン・

        サックスに適用される法的およびその他の要件ならびに/またはかかる要件を遵守する、適用を制限
        するもしくはその他関連するよう策定されたゴールドマン・サックスの社内方針により、随時、サ
        ブ・ファンドの活動が制限されることがある。ゴールドマン・サックスが助言を行っていない顧客に
        こうした問題は起こらない。投資顧問会社が、ある種の取引を開始もしくは推奨できない期間または
        その他にゴールドマン・サックスが投資銀行業務、マーケットメーク・サービスかその他のサービス
        を提供するか自己勘定でポジションを保有する企業が発行するかもしくは当該企業に関係する一部の
        有価証券もしくは金融商品に関する投資顧問会社による助言を制限する期間がある可能性がある。一
        例として、ゴールドマン・サックスがある企業の有価証券の引受けもしくはその他の販売または当該
        企業に対する助言の提供に従事している場合、サブ・ファンドは当該企業の有価証券の売買を禁じら
        れる、またはその売買に制限を受ける可能性がある。
         ゴールドマン・サックスによる自己勘定またはクライアント/GSアカウントに関する投資活動

        が、サブ・ファンドの投資戦略および権利を制限する可能性がある。例えば、規制された業界、一部
        の新興市場または国際市場において、企業および政府による所有権の定義づけにおいて、また一部の
        先物およびデリバティブ取引に関して、認可の取得またはその他の政府もしくは企業の承諾を得ずに
        は超えることができない関係する投資者による投資総額の制限が課される可能性があり、制限を超え
        た場合、ゴールドマン・サックス、サブ・ファンドまたは他のクライアント/GSアカウントが不利
        益を被り、または事業が制限される恐れがある。一定の所有総額の上限に達するかまたは特定の取引
        を行う場合、顧客(サブ・ファンドを含む。)にのために投資対象を購入もしくは処分する、または
        権利を行使する、または事業取引を行う投資顧問会社の能力が規制によって制限されるかまたはその
        他に損なわれることがある。その結果として、投資顧問会社は顧客(サブ・ファンドを含む。)に代
        わって既存の投資対象を売買することを制限する、またはその他権利(議決権を含む。)の行使を制
        限する可能性がある。潜在的利益相反を回避するために、ゴールドマン・サックスがある企業の有価
        証券への投資またはかかる投資分の売却を予定する別の顧客またはファンドに投資助言を行っている
        場合、ゴールドマン・サックスはサブ・ファンドが同一企業の有価証券に投資するかもしくは当該企
        業への既存の投資分を売買することまたはその他の措置を講じることを妨げる可能性がある。
         更に、ゴールドマン・サックスの顧客または企業活動の観点からゴールドマン・サックスがサブ・

        ファンドのために利用しないことを決定した特定の投資機会、投資戦略または措置がある可能性があ
                                  63/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        る。例えば、ゴールドマン・サックスは、ゴールドマン・サックスまたはその顧客(潜在的にサブ・
        ファンドを含む。)にとっての悪評を受けるリスクまたはその他の不利益を理由に、サブ・ファンド
        に 特定の投資機会を辞退させる、または投資もしくはその他に関連してサブ・ファンドが特定の手法
        を使用する、特定の条件を求める、もしくは特定の活動か措置に従事することを制限する可能性があ
        る。
         ゴールドマン・サックスは多数の企業ならびにプライベート・エクイティ・スポンサー、レバレッ

        ジド・バイアウトの買い手およびそれぞれの経営幹部、株主およびパートナーと長期にわたる関係を
        有し、定期的に金融、投資銀行業務その他のサービスを提供している。更に、ゴールドマン・サック
        スは、他のマスター・ファンドファンドに投資するか投資していた、またはサブ・ファンドと取引を
        行うことが可能な投資者(機関投資家およびその経営幹部を含む。)とも関係を有している。サブ・
        ファンドの運用に際してゴールドマン・サックスはこうした関係を考慮する。
         時々、ゴールドマン・サックスは投資銀行もしくはその他の任務を引き受ける、またはゴールドマ

        ン・サックスもしくはその顧客として特定の行動に参加する、またはサブ・ファンドに投資を行わせ
        るかもしくは特定の措置を講じさせるかの選択肢が与えられることがあり、ゴールドマン・サックス
        はサブ・ファンドに投資を辞退させる、またはサブ・ファンドがかかる措置を講じることを制限する
        権利を留保する。
       (2)リスクに対する管理体制

         副管理会社は、サブ・ファンドに影響する可能性のあるすべての判明しているリスクを、検知し、
        理解し、管理するために合理的な努力をすることを目的としている。副管理会社のリスク・マネジメ
        ント機能は、事業全体にわたるリスクの特定、測定、モニタリング、報告および軽減措置を連係さ
        せ、また容易にするという役割を担っている。副管理会社のリスク・マネジメント機能は、サブ・
        ファンドがさらされているか、さらされる可能性のあるすべての重大なリスク・イベントの構造的な
        影響と発生可能性の評価を連係させる。
         リスク・マネジメント機能は、ポートフォリオ・マネジメント機能から機能的に独立しており、さ
        らに、潜在的な利益相反を避け、またリスク・マネジメントとリスクを伴う活動との厳密な分離を確
        実にするため、経営上の責任を負わない。
         リスク・ポジションのモニタリングおよびポートフォリオ全体のリスク管理は、ヤラ・ファンズ・
        マネジメントが投資哲学の一環として実施している。リスク・ポジションのモニタリングはまず運用
        チームにおいて、サブ・ファンドの運用を実質的に行うシニア・ポートフォリオ・マネージャーによ
        り行われる。また、運用チームから独立したコンプライアンス部に所属するものを含む複数のリスク
        管理担当者がリスク管理体制に基づきリスク・ポジションのモニタリングを行う。ポートフォリオ全
        体のリスク管理については、リスク管理担当者は社内リスク管理体制の枠組みに基づき作成されるリ
        スク管理レポートおよびリスク分析ツールを用いて、シニア・ポートフォリオ・マネージャーがポー
        トフォリオにつき定められたリスク水準の範囲内で適切に運用しているか確認を行う。
        (注1)リスク管理とは、ポートフォリオのリスクを監視し、一定水準に管理することをめざしたも
             のであり、必ずしもリスクの低減を目的とするものではない。
        (注2)上記リスク管理体制は、将来変更される場合がある。
         サブ・ファンドは、本書に記載のとおり、ヘッジ目的および/またはヘッジ目的以外の目的でデリ

        バティブを利用している。
         サブ・ファンドは、デリバティブについて、ファンドに適用されるUCITSに係るEU指令の準
        拠に基づくリスク管理方法を採用している。
                                  64/272



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (3)リスクに関する参考情報
                                  65/272




















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  66/272





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      4【手数料等及び税金】
       (1)【申込手数料】
         ① 海外における申込手数料
            受益証券の取得申込みにあたっては、申込金額の4.0%(税抜)を上限として販売会社の裁量に
           より決定される申込手数料を課すことができる。
         ② 日本国内における申込手数料
            日本における申込手数料は、申込金額の4.32%(税抜4.0%)を上限として日本における販売会
           社の裁量により決定されるものとする。
           (注1)上記申込手数料に関わる「税」とは、消費税および地方消費税を示す。
           (注2)申込手数料は、商品および関連する投資環境の説明および情報提供等、ならびに購入に
               関する事務コストの対価として、購入時に販売会社が受領するものである。
       (2)【買戻し手数料】

         ① 海外における買戻し手数料
            買戻し手数料は課されない。
         ② 日本国内における買戻し手数料
            買戻し手数料は課されない。
       (3)【管理報酬等】

        (ⅰ)管理報酬(副管理報酬を含む。)
            管理会社は、ファンド資産の管理運用、ファンド証券の発行・買戻し業務の対価として、サ
           ブ・ファンドから、純資産総額の0.05%の年間報酬を受領する権利を有する。かかる報酬は、毎
           日発生し、四半期毎に後払いされる。管理会社は、サブ・ファンドから受領する管理報酬から副
           管理報酬を支払う。
        (ⅱ)受託報酬
            受託会社は、サブ・ファンドの受託業務の対価として、サブ・ファンドから、純資産総額の
           0.01%の年間報酬を受領する権利を有する。かかる報酬は、毎日発生し、毎月後払いされる。
        (ⅲ)管理事務代行報酬および名義書換事務代行報酬
            管理事務代行会社兼名義書換事務代行会社は、サブ・ファンドの帳簿の維持、純資産価額の計
           算、受益者名簿の維持、名義書換代行業務の対価として、サブ・ファンドから、以下の料率によ
           る年間報酬を受領する権利を有する。かかる報酬は、毎日発生し、毎月後払いされる。
                  純資産総額                 料率
            500百万米ドルまで                      0.040%
            500百万ドル超10億米ドルまで                      0.030%
            10億米ドル超                      0.025%
        (ⅳ)投資顧問報酬
            投資顧問会社は、ファンド資産の運用業務の対価として、サブ・ファンドから、純資産総額の
           0.80%の年間報酬を受領する権利を有する。かかる報酬は、毎日発生し、四半期毎に後払いされ
           る。投資顧問会社が受領する報酬には副投資顧問会社に支払われる副投資顧問報酬が含まれる。
        (ⅴ)販売会社報酬
            日本における販売会社は、日本におけるファンド証券の販売・買戻しの取次業務の対価とし
           て、サブ・ファンドから、純資産総額の0.80%の年間報酬を受領する権利を有する。かかる報酬
           は、毎日発生し、四半期毎に後払いされる。
        (ⅵ)代行協会員報酬
            代行協会員は、1口当たり純資産価格の公表、サブ・ファンドに関する目論見書、決算報告書
           その他の書類を販売会社に交付する等の業務の対価として、サブ・ファンドから、純資産総額の
           0.03%の年間報酬を受領する権利を有する。かかる報酬は、毎日発生し、四半期毎に後払いされ
           る。
                                  67/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (4)【その他の手数料等】

         ① 設立費用
            サブ・ファンドの設立に関する費用は、約12万豪ドルであり、サブ・ファンドの資産から支払
           われ、12か月の期間で償却された。新規クラスが追加される場合、かかる追加クラスの関連費用
           はサブ・ファンドが負担するものとする。
         ② その他の運営費用
            支払利息、仲介手数料・仲介報酬、斡旋手数料およびその他の類似の費用、ならびに特定の投
           資対象に関するデューディリジェンス、その他の専門家報酬およびコンサルティング料を含む投
           資費用は、受託会社によってサブ・ファンドの資産から支払われる。
            弁護士、監査人および会計士にかかる費用、投資報酬および仲介報酬、保管費用、印刷費用な
           らびに受託会社の報酬を含むサブ・ファンドの直接的な運営費用も、サブ・ファンドの資産から
           支払われる。
         ③ マスター・ファンドの管理報酬等
            サブ・ファンドは、マスター・ファンドの無報酬クラスに投資する予定である。マスター・
           ファンドの無報酬クラスは、投資顧問報酬がかからないが、その他の報酬(年間100,000米ドルを
           上限とする最低年次報酬を条件とする、マスター・ファンドの純資産価額の0.06%(年率)を上
           限とする資産ベースの管理事務代行報酬および保管報酬など)および費用を支払う。
       (5)【課税上の取扱い】
           (A)日本
             2018年3月30日現在、日本の受益者に対する課税については、以下のような取扱いとなる。
            Ⅰ サブ・ファンドが税法上公募外国公社債投資信託である場合
             (1)受益証券は、特定口座を取り扱う金融商品取引業者の特定口座において取り扱うことが
              できる。
             (2)国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場合、サブ・ファンドの分配金は、
              公募国内公社債投資信託の普通分配金と同じ取扱いとなる。
             (3)国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場合、日本の個人受益者が支払いを
              受けるサブ・ファンドの分配金については、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)
              (2038年1月1日以後は20%(所得税15%、住民税5%))の税率による源泉徴収が日本
              国内で行われる。
               日本の個人受益者は、申告分離課税が適用されるので原則として確定申告をすることに
              なるが、確定申告不要を選択することにより、源泉徴収された税額のみで課税関係を終了
              させることもできる。
               確定申告不要を選択しない場合、一定の上場株式等(租税特別措置法に定める上場株式
              等をいう。以下同様。)の譲渡損失(繰越損失を含む。)との損益通算が可能である。
             (4)日本の法人受益者が支払いを受けるサブ・ファンドの分配金(表示通貨ベースの償還金
              額と元本相当額との差益を含む。)については、国内における支払の取扱者を通じて支払
              いを受ける場合、所得税のみ15.315%の税率による源泉徴収が日本国内で行われ(一定の
              公共法人等(所得税法別表第一に掲げる内国法人をいう。以下同様。)または金融機関等
              を除く。)、一定の場合、支払調書が税務署長に提出される(2038年1月1日以後は15%
              の税率となる。)。
             (5)日本の個人受益者が、受益証券を買戻請求等により譲渡した場合(他のクラスの受益証
              券に転換した場合を含む。)は、上場株式等に係る譲渡益課税の対象とされ、受益証券の
              譲渡益(譲渡価額から取得価額等を控除した金額(邦貨換算額)をいう。以下同様。)に
              対して、源泉徴収選択口座において、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)(2038年
              1月1日以後は20%(所得税15%、住民税5%))の税率による源泉徴収が日本国内で行
              われる。受益証券の譲渡損益は申告分離課税の対象となり、税率は源泉徴収税率と同一だ
              が、確定申告不要を選択した場合は源泉徴収された税額のみで課税関係は終了する。
                                  68/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
               譲渡損益は、一定の他の上場株式等の譲渡損益および一定の上場株式等の配当所得等と
              の損益通算が可能である。確定申告を行う場合、一定の譲渡損失の翌年以降3年間の繰越
              も 可能である。
             (6)日本の個人受益者の場合、サブ・ファンドの償還についても譲渡があったものとみなさ
              れ、(5)と同様の取扱いとなる。
             (7)日本の個人受益者についての分配金ならびに譲渡および買戻しの対価については、一定
              の場合、支払調書が税務署長に提出される。
              (注)日本の受益者は、個人であるか法人であるかにかかわらず、ケイマン諸島に住所ま
                  たは登記上の営業所もしくは恒久的施設を有しない場合、受益証券への投資に対し
                  ケイマン諸島税務当局により課税されることは一切ない。
            Ⅱ サブ・ファンドが税法上公募外国株式投資信託である場合
             (1)受益証券は、特定口座を取り扱う金融商品取引業者の特定口座において取り扱うことが
              できる。
             (2)国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場合、サブ・ファンドの分配金は、
              公募国内株式投資信託の普通分配金と同じ取扱いとなる。
             (3)国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場合、日本の個人受益者が支払いを
              受けるサブ・ファンドの分配金については、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)
              (2038年1月1日以後は20%(所得税15%、住民税5%))の税率による源泉徴収が行わ
              れる。
               日本の個人受益者は、総合課税または申告分離課税のいずれかを選択して確定申告をす
              ることもできるが、確定申告不要を選択することにより、源泉徴収された税額のみで課税
              関係を終了させることもできる。
               申告分離課税を選択した場合、一定の上場株式等の譲渡損失(繰越損失を含む。)との
              損益通算が可能である。
             (4)日本の法人受益者が支払いを受けるサブ・ファンドの分配金(表示通貨ベースの償還金
              額と元本相当額との差益を含む。)については、国内における支払の取扱者を通じて支払
              いを受ける場合、所得税のみ15.315%の税率による源泉徴収が日本国内で行われ(一定の
              公共法人等を除く。)、一定の場合、支払調書が税務署長に提出される(2038年1月1日
              以後は15%の税率となる。)。
             (5)日本の個人受益者が、受益証券を買戻請求等により譲渡した場合(他のクラスの受益証
              券に転換した場合を含む。)は、上場株式等に係る譲渡益課税の対象とされ、受益証券の
              譲渡益に対して、源泉徴収選択口座において、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)
              (2038年1月1日以後は20%(所得税15%、住民税5%))の税率による源泉徴収が行わ
              れる。受益証券の譲渡損益は申告分離課税の対象となり、税率は源泉徴収税率と同一だ
              が、確定申告不要を選択した場合は源泉徴収された税額のみで課税関係は終了する。
               譲渡損益は、一定の他の上場株式等の譲渡損益および一定の上場株式等の配当所得等と
              の損益通算が可能である。確定申告を行う場合、一定の譲渡損失の翌年以降3年間の繰越
              も可能である。
             (6)日本の個人受益者の場合、サブ・ファンドの償還についても譲渡があったものとみなさ
              れ、(5)と同様の取扱いとなる。
             (7)日本の個人受益者についての分配金ならびに譲渡および買戻しの対価については、一定
              の場合、支払調書が税務署長に提出される。
              (注)日本の受益者は、個人であるか法人であるかにかかわらず、ケイマン諸島に住所ま
                  たは登記上の営業所もしくは恒久的施設を有しない場合、受益証券への投資に対し
                  ケイマン諸島税務当局により課税されることは一切ない。
            Ⅲ 2018年3月30日現在では、サブ・ファンドは、税法上、公募外国株式投資信託として取り
             扱われる。ただし、将来における税務当局の判断によりこれと異なる取扱いがなされる可能
             性もある。
                                  69/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            Ⅳ 税制等の変更により上記ⅠないしⅢに記載されている取扱いは変更されることがある。
              税金の取扱いの詳細については、税務専門家等に確認することを推奨する。
           (B)ケイマン諸島

             ケイマン諸島には、現在のところ、所得税、法人税、キャピタル・ゲイン税その他の税がな
            い。トラストまたはサブ・ファンドに関する受託会社による、またはトラストまたはサブ・
            ファンドに関する受託会社に対する支払に対して適用されるケイマン諸島が当事者となってい
            る二重課税防止条約はない。受託会社は、ケイマン諸島の信託法に基づき、ケイマン諸島内閣
            長官に対し、サブ・ファンドの設定後50年の間に制定される、所得もしくはキャピタル資産も
            しくはキャピタル・ゲインもしくは利益に課せられる税金もしくは課徴金、または資産税もし
            くは相続税の性質を有する何らかの税金を課す法律が、サブ・ファンドに保有される資産もし
            くはサブ・ファンドに発生した利益に対し、または当該資産または利益に関して受託会社もし
            くは受益者に対し、適用されないものとする旨の誓約を取得している。ただし、ケイマン諸島
            にいずれかの時点で居住または所在する受益者(ケイマン諸島において設立された慈善信託も
            しくは慈善権利の対象者または免税もしくは通常の非居住会社を除く。)は、係る時点におい
            ておよび係る時点について、当該誓約が付与されなかったものとして税金および課徴金の全部
            および一部について責任を負うものとし、信託法の関連部分の記載は、ケイマン諸島に居住も
            しくは所在する当該者を信託法に記載される税金または課徴金を課す法律の対象外となる旨解
            釈されないものとする。受益証券の発行、譲渡または買戻しに関し、ケイマン諸島における資
            本課税または印紙税はない。年次の登録手数料は、受託会社からケイマン諸島政府に対して支
            払われる。
                                  70/272












                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      5【運用状況】
       (1)【投資状況】           (資産別及び地域別の投資状況)

                                                (2018年1月末日現在)
                                      時価合計             投資比率
         資産の種類               国・地域名
                                      (豪ドル)               (%)
          投資信託             アイルランド               198,038,138.51                   98.73

          現金・その他の資産(負債控除後)                             2,550,614.44                  1.27

                                      200,588,752.95
                  合計
                                                        100.00
                                     ( 約17,610     百万円)
               (純資産総額)
     (注)投資比率とは、サブ・ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいう。
     (参考情報)

     マスター・ファンド(ゴールドマン・サックス・インスティテューショナル・ファンズ・ピーエルシー-
     オーストラリア・エンハンスト・インカム・ファンドⅡ)
                                                (2018年1月末日現在)
                                      時価合計             投資比率
         資産の種類               国・地域名
                                      (豪ドル)               (%)
           社債            オーストラリア               157,715,721.20                   79.62

          優先証券             オーストラリア                26,996,859.32                  13.63

          投資信託             オーストラリア                 2,871,650.28                  1.45

          現金・その他の資産(負債控除後)                             10,495,967.26                   5.30

                  合計                    198,080,198.06

                                                        100.00
               (純資産総額)                      ( 約17,389百万円)
     (注)投資比率とは、マスター・ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいう。
                                  71/272










                                                                                       EDINET提出書類
                                                                 ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                                             有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)【投資資産】
         ①【投資有価証券の主要銘柄】
                                                                             (2018年1月末日現在)
     <投資信託>
                                                      簿価(豪ドル)                時価(豪ドル)
                                                                                   投資比率
     順位           銘柄名                発行地           数量
                                                                                   (%)
                                                   単価        合計        単価        合計
        Goldman   Sachs  Institutional      Funds,   plc  - Goldman
      1                         アイルランド             1,360,806.28         129.89      176,755,897.73          145.53      198,038,138.51           98.73
        Sachs  Australia    Enhanced    Income   Fund  Ⅱ
     (注)投資比率とは、サブ・ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいう。

     (参考情報)

     マスター・ファンド(ゴールドマン・サックス・インスティテューショナル・ファンズ・ピーエルシー-オーストラリア・エンハンスト・インカム・ファンド
     Ⅱ)
                                                                             (2018年1月末日現在)
     <債券および優先証券>
                                                               簿価(豪ドル)            時価(豪ドル)
                                                  利率                                   投資比率
     順位           銘柄名             種類       発行地        償還日             数量
                                                 (%)                                    (%)
                                                              単価      合計      単価      合計
      1  NATIONAL    AUSTRALIA    BANK  LTD  FRN  06/29/2049       社債     オーストラリア        2049  /6/29       2.9600    21,981,800.00        0.74   16,371,813.35        0.79   17,362,056.44        8.77
        CROWN   RESORTS   LTD  FRN  04/23/2075
      2                       社債     オーストラリア        2075  /4/23       5.7650    13,407,600.00        0.87   11,643,875.15        1.01   13,569,288.42        6.85
        MACQUARIE    FINANCE   LTD  FRN  01/29/2049
      3                       社債     オーストラリア        2049  /1/29       3.5000    16,132,200.00        0.69   11,177,603.59        0.82   13,171,452.60        6.65
        COMMONWEALTH      BANK  AU FRN  AUAUD  31/12/49    AUD
      ▶                       社債     オーストラリア        2049  /12/31       4.5700    11,371,700.00        0.93   10,556,067.46        0.98   11,185,310.81        5.65
        WESTPAC   BANKING   CORP  FRN  08/22/2023
      5                       社債     オーストラリア        2023  /8/22       4.0250     9,926,500.00        1.01   10,055,482.67        1.01    9,979,802.20        5.04
        SUNCORP   GROUP   LTD  FRN  11/22/2023
      6                       社債     オーストラリア        2023  /11/22       4.5750     8,580,600.00        1.02    8,786,729.15        1.01    8,689,569.91        4.39
        APT  PIPELINES    LTD  FRN  09/30/2072
      7                       社債     オーストラリア        2072  /9/30       6.2900     8,425,700.00        1.04    8,757,986.03        1.00    8,427,443.17        4.25
        TATTS   GROUP   LTD  FRN  07/05/2019
      8                       社債     オーストラリア        2019  /7/5       4.9050     6,546,700.00        1.02    6,691,873.79        1.03    6,716,070.70        3.39
        MULTIPLEX    SITES   TRUST   AUD  100.0000    PFD
      9                      優先証券      オーストラリア          -      5.6050      73,618.00      81.59    6,006,809.08        80.00    5,889,440.00        2.97
        SEEK  LTD  FRN  04/28/2022
      10                       社債     オーストラリア        2022  /4/28       4.0800     5,000,000.00        1.00    5,021,380.00        1.02    5,076,070.00        2.56
        CB AUSTRALIA/NEW      ZEALAND   AUD  100.0000    PFD
      11                      優先証券      オーストラリア          -      5.6700      41,174.00      102.82     4,233,517.22       103.86     4,276,331.64        2.16
        SEVEN   GROUP   HOLDINGS    100  PFD
      12                      優先証券      オーストラリア          -      6.6650      45,259.00      82.42    3,730,449.24        84.75    3,835,700.25        1.94
        AMP  LTD  FRN  12/31/2165
      13                       社債     オーストラリア        2165  /12/31       5.9100     3,500,000.00        1.00    3,500,000.00        1.01    3,547,288.50        1.79
                                                72/272




                                                                                       EDINET提出書類
                                                                 ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                                             有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                                               簿価(豪ドル)            時価(豪ドル)
                                                  利率                                   投資比率
     順位           銘柄名             種類       発行地        償還日             数量
                                                 (%)                                    (%)
                                                              単価      合計      単価      合計
        SUNCORP-METWAY      LTD  FRN  05/29/2049
      14                       社債     オーストラリア        2049  /5/29       2.4600     4,646,000.00        0.64    2,984,212.47        0.74    3,460,074.40        1.75
        AGL  ENERGY   LTD  5% 11/05/2021
      15                       社債     オーストラリア        2021  /11/5       5.0000     3,000,000.00        0.99    2,983,410.00        1.05    3,155,781.00        1.59
        AAI  LTD  FRN  11/18/2040
      16                       社債     オーストラリア        2040  /11/18       5.0200     3,000,000.00        1.00    3,000,000.00        1.05    3,147,999.00        1.59
        AUSTRALIA    & NEW  ZEALAND   BANKIN   FRN
      17                       社債     オーストラリア        2026  /5/17       4.4200     3,000,000.00        1.00    3,000,000.00        1.05    3,136,890.00        1.58
        05/17/2026
        INSURANCE    AUSTRALIA    LTD  FRN  03/19/2040
      18                       社債     オーストラリア        2040  /3/19       4.5850     3,000,000.00        1.03    3,077,970.00        1.02    3,051,171.00        1.54
        CHALLENGER     LIFE  CO LTD  FRN  11/24/2042
      19                       社債     オーストラリア        2042  /11/24       3.8300     3,000,000.00        1.00    3,000,000.00        1.02    3,045,543.00        1.54
        INVESTA   OFFICE   FUND  4.26%   04/05/2024
      20                       社債     オーストラリア        2024  /4/5       4.2620     3,000,000.00        1.00    3,000,000.00        1.01    3,021,783.00        1.53
        AMP  LTD  FRN  12/01/2027
      21                       社債     オーストラリア        2027  /12/1       3.5450     3,000,000.00        1.00    3,000,000.00        1.01    3,019,815.00        1.52
        NUFARM   FINANCE   NZ LTD  FRN  04/29/2049
      22                       社債     オーストラリア        2049  /4/29       5.8000     3,234,600.00        0.84    2,714,770.35        0.88    2,855,100.28        1.44
        COMMONWEALTH      BANK  OF AUSTRALIA    FRN
      23                       社債     オーストラリア        2026  /6/3       4.4000     2,500,000.00        1.00    2,500,000.00        1.04    2,611,072.50        1.32
        06/03/2026
        ALUMINA   LTD  6.75%   11/19/2019
      24                       社債     オーストラリア        2019  /11/19       6.7500     2,500,000.00        0.99    2,486,275.00        1.04    2,606,740.00        1.32
      25  AUST  & NZ BANKING   GROUP   AUD  100.0000    PFD    優先証券      オーストラリア          -      4.9950      25,432.00      100.45     2,554,578.88       101.69     2,586,180.08        1.31
        AUSTRALIAN     UNITY   LTD  FRN  12/15/2020
      26                       社債     オーストラリア        2020  /12/15       4.6000     2,491,800.00        1.01    2,517,770.38        1.04    2,586,132.73        1.31
        AGL  ENERGY   LTD  FRN  06/08/2039
      27                       社債     オーストラリア        2039  /6/8       5.5550     2,425,300.00        1.04    2,510,407.97        1.04    2,525,048.18        1.27
        CROWN   RESORTS   LTD  FRN  09/14/2072
      28                       社債     オーストラリア        2072  /9/14       6.7650     2,276,100.00        1.04    2,377,772.42        1.02    2,311,872.41        1.17
        AURIZON   NETWORK   PTY  LTD  5.75%   10/28/2020
      29                       社債     オーストラリア        2020  /10/28       5.7500     2,000,000.00        1.07    2,132,010.00        1.07    2,142,792.00        1.08
     (注)投資比率とは、マスター・ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいう。以下同じ。
                                                                             (2018   年1月末日現在)

     <投資信託>
                                                      簿価(豪ドル)                時価(豪ドル)
                                                                                   投資比率
     順位           銘柄名                発行地           数量
                                                                                   (%)
                                                   単価        合計        単価        合計
        Goldman   Sachs  Funds,   plc  - Goldman   Sachs  AU$
      1                         オーストラリア             2,871,650.28          1.00      2,871,650.28          1.00      2,871,650.28           1.45
        LIQUID   RESERVES    FUND
                                                73/272





                                                                                       EDINET提出書類
                                                                 ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                                             有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ②【投資不動産物件】
            該当事項なし(2018年1月末日現在)。

           (参考情報)

           マスター・ファンド(ゴールドマン・サックス・インスティテューショナル・ファンズ・ピーエルシー-オーストラリア・エンハンスト・インカム・
           ファンドⅡ)
            該当事項なし(2018年1月末日現在)。
         ③【その他投資資産の主要なもの】

            該当事項なし(2018年1月末日現在)。

           (参考情報)

           マスター・ファンド(ゴールドマン・サックス・インスティテューショナル・ファンズ・ピーエルシー-オーストラリア・エンハンスト・インカム・
           ファンドⅡ)
            該当事項なし(2018年1月末日現在)。
                                                74/272








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (3)【運用実績】
         ①【純資産の推移】

            2017年2月末日から2018年1月末日までの期間における各月末および下記会計年度末の純資産

           の推移は次のとおりである。
        <米ドルクラス受益証券>

                              純資産総額                1口当たり純資産価格
                          米ドル            円        米ドル         円

           第1会計年度末

                         76,379,830.57           8,309,361,768             9.13         993
          (2013年9月末日)
           第2会計年度末

                         49,744,189.17           5,411,670,340             8.24         896
          (2014年9月末日)
           第3会計年度末

                         59,912,168.14           6,517,844,772             5.98         651
          (2015年9月末日)
           第4会計年度末

                         56,970,642.30           6,197,836,176             6.40         696
          (2016年9月末日)
           第5会計年度末

                         30,990,659.53           3,371,473,850             6.59         717
          (2017年9月末日)
           2017  年2月末日           47,922,951.01           5,213,537,840             6.50         707

               3月末日          45,229,884.25           4,920,559,108             6.46         703

               4月末日          43,514,417.53           4,733,933,483             6.32         688

               5月末日          43,559,881.97           4,738,879,560             6.31         686

               6月末日          43,447,597.91           4,726,664,177             6.49         706

               7月末日          31,909,054.52           3,471,386,041             6.76         735

               8月末日          31,509,993.95           3,427,972,242             6.70         729

               9月末日          30,990,659.53           3,371,473,850             6.59         717

               10 月末日         30,105,502.66           3,275,177,634             6.46         703

               11 月末日         29,902,418.29           3,253,084,086             6.39         695

               12 月末日         30,472,968.80           3,315,154,276             6.59         717

           2018  年1月末日           31,293,782.91           3,404,450,643             6.80         740

        (注)本表には、取引を取引日翌日に反映するという原則に基づく数値が記載されており、取引日現
            在の処理に基づき作成される財務書類と比較した場合、数値が異なる場合がある。財務書類は
            取引日当日の取引を含むが、本表中に記載される数値は1日の遅れがあり各計算期間の最終
            ファンド営業日当日に発生した取引を含んでいない。以下同じ。
                                  75/272





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        <豪ドルクラス受益証券>
                              純資産総額                1口当たり純資産価格
                          豪ドル            円        豪ドル         円

           第1会計年度末

                         89,503,879.46           7,857,545,578             10.13         889
          (2013年9月末日)
           第2会計年度末

                        129,976,554.66           11,410,641,734              9.88         867
          (2014年9月末日)
           第3会計年度末

                        164,865,354.37           14,473,529,460              9.10         799
          (2015年9月末日)
           第4会計年度末

                        143,729,212.38           12,617,987,555              8.90         781
          (2016年9月末日)
           第5会計年度末

                        117,232,957.90           10,291,881,374              9.00         790
          (2017年9月末日)
           2017  年2月末日           130,270,698.35           11,436,464,608              9.03         793

               3月末日          126,747,976.94           11,127,204,896              9.05         794

               4月末日          121,608,673.52           10,676,025,448              9.02         792

               5月末日          122,829,758.62           10,783,224,509              9.06         795

               6月末日          121,775,917.13           10,690,707,765              9.04         794

               7月末日          120,010,727.23           10,535,741,744              9.06         795

               8月末日          118,107,687.04           10,368,673,845              9.04         794

               9月末日          117,232,957.90           10,291,881,374              9.00         790

               10 月末日        112,456,405.17            9,872,547,810             9.02         792

               11 月末日        114,482,278.80           10,050,399,256              9.01         791

               12 月末日        114,224,868.04           10,027,801,165              9.02         792

           2018  年1月末日           113,187,540.55            9,936,734,185             8.99         789

                                  76/272









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        <円クラス(為替ヘッジあり)受益証券>
                          純資産総額          1口当たり純資産価格
                            円             円

           第1会計年度末

                           7,469,784,413                  10,172
          (2013年9月末日)
           第2会計年度末

                           8,184,213,894                  10,011
          (2014年9月末日)
           第3会計年度末

                           10,775,093,560                   9,337
          (2015年9月末日)
           第4会計年度末

                           5,360,559,728                  9,138
          (2016年9月末日)
           第5会計年度末

                           4,603,090,032                  9,271
          (2017年9月末日)
           2017  年2月末日              5,230,292,578                  9,269

               3月末日             5,157,504,994                  9,288

               4月末日             5,098,914,238                  9,272

               5月末日             5,096,966,784                  9,318

               6月末日             4,938,218,977                  9,294

               7月末日             4,663,526,499                  9,325

               8月末日             4,619,876,260                  9,300

               9月末日             4,603,090,032                  9,271

               10 月末日           4,487,761,921                  9,293

               11 月末日           4,481,280,547                  9,287

               12 月末日           4,302,812,110                  9,290

           2018  年1月末日              4,309,368,431                  9,277

                                  77/272









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ②【分配の推移】
            <米ドルクラス受益証券>

                              米ドル             円
               第1会計年度
             (2012年9月26日~                  0.77             84
              2013年9月末日)
               第2会計年度
             (2013年10月1日~                  0.84             91
              2014年9月末日)
               第3会計年度
             (2014年10月1日~                  0.76             83
              2015年9月末日)
               第4会計年度
             (2015年10月1日~                  0.36             39
              2016年9月末日)
               第5会計年度
             (2016年10月1日~                  0.36             39
              2017年9月末日)
                2017年2月               0.03              3
                   3月            0.03              3
                   4月            0.03              3
                   5月            0.03              3
                   6月            0.03              3
                   7月            0.03              3
                   8月            0.03              3
                   9月            0.03              3
                   10月            0.03              3
                   11月            0.03              3
                   12月            0.03              3
                2018年1月               0.03              3
                                  78/272









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            <豪ドルクラス受益証券>
                              豪ドル             円
               第1会計年度
             (2012年9月26日~                  0.77             68
              2013年9月末日)
               第2会計年度
             (2013年10月1日~                  0.84             74
              2014年9月末日)
               第3会計年度
             (2014年10月1日~                  0.84             74
              2015年9月末日)
               第4会計年度
             (2015年10月1日~                  0.54             47
              2016年9月末日)
               第5会計年度
             (2016年10月1日~                  0.48             42
              2017年9月末日)
                2017年2月               0.04              ▶
                   3月            0.04              ▶
                   4月            0.04              ▶
                   5月            0.04              ▶
                   6月            0.04              ▶
                   7月            0.04              ▶
                   8月            0.04              ▶
                   9月            0.04              ▶
                   10月            0.04              ▶
                   11月            0.04              ▶
                   12月            0.04              ▶
                2018年1月               0.04              ▶
                                  79/272










                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            <円クラス(為替ヘッジあり)受益証券>
                               円
               第1会計年度
             (2012年9月26日~                  440
              2013年9月末日)
               第2会計年度
             (2013年10月1日~                  480
              2014年9月末日)
               第3会計年度
             (2014年10月1日~                  480
              2015年9月末日)
               第4会計年度
             (2015年10月1日~                  280
              2016年9月末日)
               第5会計年度
             (2016年10月1日~                  240
              2017年9月末日)
                2017年2月                20
                   3月             20
                   4月             20
                   5月             20
                   6月             20
                   7月             20
                   8月             20
                   9月             20
                   10月             20
                   11月             20
                   12月             20
                2018年1月                20
                                  80/272










                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ③【収益率の推移】
            <米ドルクラス受益証券>

                                       (注)
                                    収益率
                    会計年度
                   第1会計年度
                 (2012年9月26日~                   -1.00%
                   2013年9月末日)
                   第2会計年度
                 (2013年10月1日~                   -0.55%
                   2014年9月末日)
                   第3会計年度
                 (2014年10月1日~                  -18.20%
                   2015年9月末日)
                   第4会計年度
                 (2015年10月1日~                    13.04%
                   2016年9月末日)
                   第5会計年度
                 (2016年10月1日~                    8.59%
                   2017年9月末日)
           (注)収益率は以下の算式で算出されている。以下、同じ。
               収益率(%)=(a-b)/b×100
                     a=会計年度末の1口当たりの純資産価格(当該会計年度の分配金を加えた
                       額)
                     b=当該会計年度の直前の会計年度末の1口当たり純資産価格(分配落の額)
                      (ただし、第1会計年度の場合は当初発行価格(米ドルクラス受益証券:
                       10.00米ドル、豪ドルクラス受益証券:10.00豪ドル、円クラス(為替ヘッ
                       ジあり)受益証券:10,000円)
            <豪ドルクラス受益証券>

                                       (注)
                                    収益率
                    会計年度
                   第1会計年度
                 (2012年9月26日~                    9.00%
                   2013年9月末日)
                   第2会計年度
                 (2013年10月1日~                    5.82%
                   2014年9月末日)
                   第3会計年度
                 (2014年10月1日~                    0.61%
                   2015年9月末日)
                   第4会計年度
                 (2015年10月1日~                    3.74%
                   2016年9月末日)
                   第5会計年度
                 (2016年10月1日~                    6.52%
                   2017年9月末日)
                                  81/272





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            <円クラス(為替ヘッジあり)受益証券>
                                       (注)
                                    収益率
                    会計年度
                   第1会計年度
                 (2012年9月26日~                    6.12%
                   2013年9月末日)
                   第2会計年度
                 (2013年10月1日~                    3.14%
                   2014年9月末日)
                   第3会計年度
                 (2014年10月1日~                   -1.94%
                   2015年9月末日)
                   第4会計年度
                 (2015年10月1日~                    0.87%
                   2016年9月末日)
                   第5会計年度
                 (2016年10月1日~                    4.08%
                   2017年9月末日)
                                  82/272















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (4)【販売及び買戻しの実績】
         下記会計年度中の販売および買戻しの実績、ならびに下記会計年度末日現在の受益証券の発行済口

        数は次のとおりである。
        <米ドルクラス受益証券>

             会計年度             販売口数            買戻口数            発行済口数
           第1会計年度
                        19,829,446.66            11,463,030.25             8,366,416.41
          (2012年9月26日~
                       (19,829,446.66)            (11,463,030.25)             (8,366,416.41)
           2013年9月末日)
           第2会計年度
                        1,596,945.46            3,928,264.03            6,035,097.84
          (2013年10月1日~
                        (1,596,945.46)            (3,928,264.03)            (6,035,097.84)
           2014年9月末日)
           第3会計年度
                        7,083,728.95            3,106,480.39            10,012,346.40
          (2014年10月1日~
                        (7,083,728.95)            (3,106,480.39)            (10,012,346.40)
           2015年9月末日)
           第4会計年度
                        2,126,238.83            3,240,229.78            8,898,355.45
          (2015年10月1日~
                        (2,126,238.83)            (3,240,229.78)            (8,898,355.45)
           2016年9月末日)
           第5会計年度
                        1,300,852.71            5,499,332.83            4,699,875.33
          (2016年10月1日~
                        (1,300,852.71)            (5,499,332.83)            (4,699,875.33)
           2017年9月末日)
        (注1)( )の数は本邦における販売口数、買戻口数または発行済口数である。以下同じ。
        (注2)第1会計年度におけるクラス受益証券の販売口数は、当初申込期間に販売された販売口数を
             含む。以下同じ。
        (注3)取引日当日の取引は取引日の翌日に反映されるため、各口数には取引日当日の取引は含まれ
             ていない。財務書類上の口数は取引日現在のすべての取引を含む。以下同じ。
        <豪ドルクラス受益証券>

             会計年度             販売口数            買戻口数            発行済口数
           第1会計年度
                        19,714,285.92            10,878,127.71             8,836,158.21
          (2012年9月26日~
                       (19,714,285.92)            (10,878,127.71)             (8,836,158.21)
           2013年9月末日)
           第2会計年度
                        6,921,628.11            2,600,540.12            13,157,246.20
          (2013年10月1日~
                        (6,921,628.11)            (2,600,540.12)            (13,157,246.20)
           2014年9月末日)
           第3会計年度
                        8,194,864.28            3,241,215.43            18,110,895.05
          (2014年10月1日~
                        (8,194,864.28)            (3,241,215.43)            (18,110,895.05)
           2015年9月末日)
           第4会計年度
                        2,541,868.77            4,511,290.73            16,141,473.09
          (2015年10月1日~
                        (2,541,868.77)            (4,511,290.73)            (16,141,473.09)
           2016年9月末日)
           第5会計年度
                        2,252,957.23            5,373,104.64            13,021,325.68
          (2016年10月1日~
                        (2,252,957.23)            (5,373,104.64)            (13,021,325.68)
           2017年9月末日)
                                  83/272




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        <円クラス(為替ヘッジあり)受益証券>
             会計年度             販売口数            買戻口数            発行済口数
           第1会計年度
                         977,974.90            243,624.93            734,349.97
          (2012年9月26日~
                        (977,974.90)            (243,624.93)            (734,349.97)
           2013年9月末日)
           第2会計年度
                         313,030.55            229,848.17            817,532.35
          (2013年10月1日~
                        (313,030.55)            (229,848.17)            (817,532.35)
           2014年9月末日)
           第3会計年度
                         778,849.13            442,321.19            1,154,060.29
          (2014年10月1日~
                        (778,849.13)            (442,321.19)            (1,154,060.29)
           2015年9月末日)
           第4会計年度
                         44,419.21            611,864.54            586,614.96
          (2015年10月1日~
                         (44,419.21)            (611,864.54)            (586,614.96)
           2016年9月末日)
           第5会計年度
                         120,877.06            210,985.11            496,506.91
          (2016年10月1日~
                        (120,877.06)            (210,985.11)            (496,506.91)
           2017年9月末日)
                                  84/272















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (参考情報)
                                  85/272




















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  86/272





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】
      1【申込(販売)手続等】

       (1)海外における販売
        ① 申込み
          計算停止期間を除き、該当する取引日の直前のファンド営業日の午後1時(ルクセンブルグ時
         間)までに管理事務代行会社が取得申込みを受け付けたサブ・ファンドの各受益証券は、いずれの
         取引日においても、適用される取引日現在で計算される表示通貨による当該サブ・ファンドの受益
         証券の1口当たり純資産価格で発行される。1口当たり純資産価格の計算は、当該取引日に行われ
         る。管理会社、受託会社および投資顧問会社は、単独の裁量により、取得申込みの一部またはすべ
         てを拒絶することができる。
          最低申込額は、以下のとおりである。
           米ドルクラス受益証券:         10口または100米ドル以上
           豪ドルクラス受益証券:         10口または100豪ドル以上
           円クラス(為替ヘッジあり)受益証券:  1口または10,000円以上
          ただし、管理会社または総販売会社は、管理会社または総販売会社の裁量により、これと異なる
         最低申込単位または最低申込額を定めることができる。
          特定の取引日に取り扱われるためには、取得申込みが当該取引日の直前のファンド営業日の午後
         1時(ルクセンブルグ時間)(以下「締切時刻」という。)までに管理事務代行会社に受領されな
         ければならない。締切時刻を過ぎた後に受領された取得申込みは、翌取引日に受け付けられたもの
         とみなされる。管理会社は、その単独の裁量により、保管会社が要求された支払いを受領できな
         かった結果発生したあらゆる損失について関連するサブ・ファンドに補償を行うよう申込者に対し
         て要求する権利を有する。ただし、かかる損失が管理会社の故意の不履行または現実の詐欺による
         場合はこの限りではない。
          当初申込期間後の取引日において発行価格の4.0%(税抜)を上限とする申込手数料が課される
         が、販売会社はこれを放棄することができる。かかる申込手数料は、販売会社が取得する。
        ② 受益証券の発行
          受益者登録簿に登録された受益証券の保有者の受益者登録簿に明記された数の受益証券に係る権
         限を証する受益証券は発行されない。各受益者登録簿の記載は、関連するサブ・ファンドの受益証
         券の所有権を証明する最終的な証拠となる。
        ③ 取得申込みの拒絶
          管理会社、受託会社および投資顧問会社は、単独の裁量により、取得申込みの一部またはすべて
         を拒絶することができる。取得申込みが拒絶された場合、申込金額は、申込者のリスクにおいて、
         利息を付さずに返金されるものとする。
        ④ 適格投資家
          サブ・ファンドに対する勧誘を米国および/もしくは欧州経済領域において、または米国およ
         び/もしくは欧州経済領域から行うことはできない。
          信託証書上、直接的または間接的に米国、その領土もしくは属領またはその管轄権に服する地域
         において、または以下に定義される「米国人」に対して直接的に、受益証券の販売または譲渡を行
         うことは禁じられている。
          ある投資者が米国人に該当するか否かを判断するためには、いくつかの要素について判断が行わ
         れる。
          「米国人」とは、以下に定められる者をいう。
        (ⅰ)自然人または法人であって、1933年米国証券法(改正済み)のレギュレーションSに定める米
           国人に該当する者
                                  87/272



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        (ⅱ)自然人であって、米国市民または「外国人居住者」(有効な米国所得税法に定められる)。現
           在のところ、米国所得税法に定められる「外国人居住者」には、一般に次の(イ)または(ロ)に該
           当する個人が含まれる。
         (イ)米国移民局が発行した外国人登録カード(いわゆる「グリーン・カード」)を保有している
            者
         (ロ)「実質滞在」基準に該当する者。「実質滞在」基準は一般に、(a)ある個人が、ある年に31日
            以上米国に滞在し、かつ(b)かかる者が同年に米国に滞在した日数、その前年に米国に滞在した
            日数の3分の1、およびその2年前に米国に滞在した日数の6分の1の合計が183日以上である
            場合に満たされる。
        (ⅲ)個人以外の者であって、(イ)米国においてもしくは米国もしくは州の法律に基づいて組織・設
           立された、および/または米国に主たる事業の場所を有している会社、パートナーシップまたは
           その他の法主体、(ロ)(a)米国の裁判所がその管理について主たる監督権限を行使することがで
           き、かつ(b)1もしくは複数の米国人がすべての重要な意思決定を支配する権限を有する信託、
           ならびに/または(ハ)資金源のいかんにかかわらず、その所得が米国所得税法の適用を受ける財
           団
          受益証券の申込者は、サブ・ファンドに対して、直接的または間接的に米国人の勘定で受益証券
         が取得され、または保有されることがないことなどを証明することが求められる。受益者はかかる
         情報に変更があった場合には直ちに管理事務代行会社に連絡しなければならない。
          信託証書上、受益証券の取得または保有がいずれかの国もしくは政府の法律もしくは要件に違反
         することとなる者を含む非適格投資家に対して直接的または間接的に、受益証券の販売または譲渡
         を行うことは禁じられている。疑義を避けるために付言すると、非適格投資家には、次に定義され
         る「EEA加盟国民」が含まれる。
          欧州経済領域は、次の31カ国により構成されるものと定義されている。オーストリア、ベル
         ギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンラン
         ド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビ
         ア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、ノルウェー、ポーランド、ポル
         トガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、オランダ、英国(以下
         「EEA加盟国」または「EEA」と総称する。)
          ある投資者がEEA加盟国民に該当するか否かを判断するためには、いくつかの要素について判
         断が行われる。
          「EEA加盟国民」とは、以下に定められる者をいう。
        (ⅰ)自然人であって、いずれかのEEA加盟国に居住する個人、市民または「外国人居住者」で
           あって、いずれかのEEA加盟国の所得税の課税を受ける者。「外国人居住者」には、一般に次
           の(イ)または(ロ)に該当する個人が含まれる。(イ)いずれかのEEA加盟国の権限を有する政府
           機関が発行したパスポートもしくは外国人IDカードを保有している者、または(ロ)前年に183
           日以上EEA加盟国に滞在した者
        (ⅱ)自然人以外の者であって、(イ)いずれかのEEA加盟国においてもしくはEEA加盟国の法律
           に基づいて組織・設立され、および/またはEEA加盟国に主たる事業の場所または登記上の事
           務所を有している会社、パートナーシップまたはその他の法主体、(ロ)(a)EEA加盟国に所在
           する裁判所がその管理について主たる監督権限を行使することができ、かつ(b)上記(ⅰ)に該
           当する1名もしくは複数の者がすべての重要な意思決定を支配する権限を有する信託、ならび
           に/または(ハ)資金源のいかんにかかわらず、その所得がEEA加盟国の所得税法の適用を受け
           る財団
          受益証券の申込者は、サブ・ファンドに対して、直接的または間接的にEEA加盟国民の勘定で
         受益証券が取得され、または保有されることがないことなどを証明することが求められる。受益者
         はかかる情報に変更があった場合には直ちに管理事務代行会社に連絡しなければならない。
          受託会社は、その絶対的な裁量により受益証券の申込みを拒絶することができる。
                                  88/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          上記を前提として、各サブ・ファンドに関する英文目論見書に異なる定めがない限り、サブ・
         ファンドの適格投資家(以下「適格投資家」という。)とは、非米国人・非EEA加盟国民のう
         ち、(ⅰ)適用される法令もしくは規制に違反しなければ受益証券を取得することができない自然
         人、  会社もしくは法主体、または(ⅱ)(ⅰ)に定める者のためのカストディアン、名義人、受託者を
         除く者をいう。
          したがって、受益証券は、適格投資家に対して、または適格投資家の利益のためだけに販売さ
         れ、発行される。更に、サブ・ファンドの方針により、販売することが違法となる投資家に受益証
         券を販売してはならない。受託会社は、管理会社と協議した上で、上記の禁止事項に反して販売さ
         れ、または購入された受益証券の買戻しを強制する権利を有し、かかる権利を行使する予定であ
         る。
        ⑤ マネー・ロンダリング防止規則
          マネー・ロンダリングの防止を目的とした法律または規則を遵守するために、各サブ・ファンド
         はマネー・ロンダリング防止手続を設定・維持する義務を負い、また、受益証券の購入申込者に対
         して自身の身元、実質的所有者/支配者の身元(適用ある場合)と資金源を確認するための証拠資
         料の提供を要求することができる。サブ・ファンドは、許容される場合であって、一定の要件を充
         足する場合には、マネー・ロンダリング防止手続(デュー・ディリジェンス情報の取得を含む。)
         を適切な者に委託することもできる。
          各サブ・ファンドおよびサブ・ファンドのために管理事務代行会社は、受益者(すなわち購入申
         込者または譲受人)自身の身元および実質的所有者/支配者の身元(適用ある場合)を確認するた
         めに必要な情報を要求する権利を有する。事情が許す場合には、各サブ・ファンドまたはサブ・
         ファンドのために管理事務代行会社は、マネー・ロンダリング防止規則またはその他の適用ある法
         律に基づく免除規定が適用される場合、申込時に完全なデュー・ディリジェンスを要求しないこと
         とすることもできる。ただし、受益証券の持分に基づく支払いまたは持分の譲渡の前に、詳細な身
         元確認が必要となる場合がある。
          購入申込者が身元確認のために要求された情報の提供を怠るか、もしくは遅延した場合、サブ・
         ファンドまたはサブ・ファンドのために管理事務代行会社は、申込みを拒絶すること、または申込
         みが既に約定している場合は、その持分の停止もしくは買戻しを行うことができ、かかる場合、受
         領された申込金は、利息を付さずに送金元の口座に返金される。
          サブ・ファンドおよびサブ・ファンドのために管理事務代行会社は、受託会社または管理事務代
         行会社が受益者に対して買戻代金または分配金を支払うことが適用法令を遵守していないこととな
         る可能性があると疑うか、もしくは遵守していない可能性があると助言されている場合、またはサ
         ブ・ファンドまたは管理事務代行会社による適用ある法律もしくは規制の遵守を確保するために買
         戻代金または分配金の支払の拒絶が必要もしくは適切と考えられる場合、当該受益者に対する買戻
         代金または分配金の支払を拒絶することができる。
          ケイマン諸島内の者は、他の者が犯罪行為もしくはマネー・ロンダリングに従事していること、
         またはテロ行為もしくはテロリストの資金提供および資産に関与していることを知りもしくはその
         ような疑惑を抱き、または、知りもしくは疑惑を抱く合理的な理由がある場合であって、かかる認
         識または疑惑に関する情報を規制されたセクターにおける業務の遂行、その他の取引、職業、業務
         または雇用の過程において得た場合、当該者は、かかる認識または疑惑を、(ⅰ)犯罪行為もしくは
         マネー・ロンダリングに関するものである場合には、ケイマン諸島の犯罪収益に関する法律(2017
         年改正)に基づいてケイマン諸島の財務報告当局(以下「FRA」という。)に対して、または、
         (ⅱ)テロ行為またはテロリストの資金提供もしくは資産に関するものである場合には、ケイマン諸
         島テロリズム法(2017年改正)に基づいて巡査以上の階級の警察官またはFRAに対して、通報す
         る義務を負う。かかる通報は、法律等で課せられた情報の秘匿または開示制限の違反とはみなされ
         ない。
          受託会社またはケイマン諸島に所在する代理人は、適用法に基づく規制当局もしくは政府当局ま
         たは代行機関(例えば金融庁法(2016年改訂)に基づくCIMA(CIMA自らまたは公認の海外
         規制当局のために)、または税務情報庁法(2017年改訂)もしくは預金所得情報報告(EU)法
                                  89/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         (2014年改訂)および関連する規則、合意、取決めおよび覚書に基づく税務情報当局)からの情報
         請求に従い、情報の提供を強制されることがある。かかる法律に基づく秘密情報の開示は、秘密保
         持 義務の違反とはみなされないものとし、一定の場合には、ファンド、受託会社または代理人は、
         請求があった旨を開示することを禁止される場合がある。
       (2)日本における販売

         日本においては、各ファンド営業日に、受益証券の募集が行われる。販売取扱会社は、口座約款を
        投資者に交付し、投資者は、当該約款に基づく取引口座の設定を申し込む旨を記載した申込書を提出
        する。投資者は、口座約款に基づき原則として国内約定日から起算して4国内営業日目までに(ただ
        し、日本における販売会社が日本の投資者との間で別途取り決める場合を除く。)、申込金額および
        申込手数料を販売取扱会社に支払うものとする。
         発行価格は、管理事務代行会社が取得申込みを受け付けた日の翌ファンド営業日の各クラスの受益
        証券の1口当たり純資産価格である。取得申込みについては、日本における販売会社においては、口
        座毎に申込金額を受益証券1口当たりの純資産価格で除して算出した口数を合計することで申込口数
        の合計額を算出する(ただし、日本における販売会社が別途取り決める場合を除く。)。一方、管理
        事務代行会社においては、日本における販売会社からの申込金額合計額を受益証券1口当たりの純資
        産価格で除し、申込口数の合計額を算出する。
         なお、日本における販売会社または販売取扱会社の定めるところにより、上記の払込日以前に申込
        金額等の支払を投資者に依頼する場合がある。
         日本の投資者は、ファンド営業日の午後3時(日本時間)までに取得申込みをすることができる。
         受益証券の取得申込みを希望する投資者は、申込総額または申込総口数を明記した取得申込書を当
        該発行日までに販売取扱会社に提出しなければならない。販売取扱会社(日本における販売会社を除
        く。)は、かかる取得申込注文を日本における販売会社に取り次ぎ、日本における販売会社は、原則
        として、該当する取引日の直前のファンド営業日の午後1時(ルクセンブルグ時間)までに日本の投
        資者によりなされた取得申込書を管理事務代行会社に取り次ぐものとする。
         申込単位は、        販売取扱会社により異なる。申込単位の詳細については、販売取扱会社に照会するこ
        とができる。
         日本国内における取得申込みについては、申込金額の4.32%(税抜4.0%)を上限として日本におけ
        る販売会社の裁量により決定される申込手数料が申込金額に加算される。
         投資者は、ファンド証券の保管を販売取扱会社に委託した場合、申込金額および申込手数料の支払
        いと引換えに、取引残高報告書または他の通知書を販売取扱会社から受領する。申込金額および申込
        手数料の支払は、円貨または各クラスの表示通貨によるものとする。
         なお、日本証券業協会の協会員である販売取扱会社は、サブ・ファンドの純資産が1億円未満とな
        る等、同協会の定める「外国証券の取引に関する規則」の中の「外国投資信託受益証券の選別基準」
        に受益証券が適合しなくなったときは、受益証券の日本における販売を行うことができない。
         受益証券は、適格投資家に対して、または適格投資家の利益のためだけに販売され、発行される。
        更に、サブ・ファンドの方針により、販売することが違法となる投資者に受益証券を販売してはなら
        ない。受託会社は、管理会社と協議した上で、上記の禁止事項に反して販売され、または購入された
        受益証券の買戻しを強制する権利を有し、かかる権利を行使する予定である。
         なお、上記「(1)海外における販売」中の事項は、日本における販売においても適宜準用され
        る。
                                  90/272





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      2【買戻し手続等】
       (1)海外における買戻し
        ① 買戻手続
          純資産価格の計算が停止されている期間を除き、受益者は、取引日の直前のファンド営業日にお
         いて、保有する受益証券の全部または一部の買戻しを請求することができる。受益証券の買戻しの
         請求は、買い戻される受益証券のクラスおよび口数または金額を示して行わなければならない。特
         定の取引日に取り扱われるためには、買戻請求は取引日の直前のファンド営業日の締切時刻までに
         管理事務代行会社が受領していなければならない。締切時刻を過ぎた後に受け付けられた買戻請求
         は、翌ファンド営業日に受け付けられたものとみなされ、その後の取引日において処理される。管
         理会社は、その単独の裁量により、サブ・ファンドの受益証券の買戻しに関して異なる条件および
         制限を課すことができる。受益者は、管理会社が承諾する場合を除き、一旦受領された買戻請求を
         撤回することはできない。
        ② 買戻価格
          買戻価格は、適用される評価日において計算される、関連するクラスの受益証券の1口当たり純
         資産価格(適用がある限りにおいて手数料および税金控除後)である。買戻請求は受益証券証書が
         発行されている場合は、これを付して行わなければならない。
        ③ 買戻単位
          受益者が保有するすべての受益証券に関する買戻請求の場合を除き、買戻請求は0.01口以上その
         整数倍単位で行わなければならない。これを下回る場合、管理会社はその単独の裁量によりかかる
         受益証券の買戻手続を進めることができるが、買戻しを行う義務を負うものではない。
        ④ 買戻し手数料
          買戻し手数料は課されない。
        ⑤ 買戻代金の支払い
          買戻代金(送金手数料控除後)の支払いは、通常、適用される取引日(当該取引日を含まな
         い。)から起算して3ファンド営業日目の日(関係する市場において銀行が決済を行っていない場
         合等においては以後可及的速やかに)に銀行送金により行われる。
        ⑥ その他
          受益者は、買戻請求が提出された日から受益証券が買い戻される取引日までの期間(もしあれ
         ば)中、買戻請求がなされたという条件付で、受益証券の保有を継続する。
          受託会社または管理会社は、受益者に対して支払われる買戻代金の全部または一部を控除して、
         補遺信託証書の他の条項に基づいて受益者の受託会社に対する期限の到来した未払金と相殺するこ
         とができる。受託会社または管理会社は、受益証券に関する買戻代金その他の支払から、経費、租
         税公課その他のあらゆる性質の賦課金について、法律によって、受託会社または管理会社が行うこ
         とを義務づけられているその他の控除を行うことができる。
          受益者は、買戻しを行った場合、サブ・ファンドの補遺信託証書若しくは英文目論見書に定めら
         れた口数および/もしくは価額、または管理会社が随時定めるその他の最低および/もしくは価額
         を下回る受益証券を保有する結果を招くような場合には、受益証券の一部の買戻しを行うことはで
         きない。
          万一、買戻請求を行った受益者が、サブ・ファンドにより買い戻された受益証券の最終の純資産
         価格を超過する買戻代金を受領した場合、受託会社または管理会社は、当該サブ・ファンドの超過
         支払額を填補するために超過の買戻代金を受領した受益者が保有する超過買戻し金の額に相当する
         数の受益証券を、追加の支払いなく、買い戻す権利を有するものとする。受益者が保有するすべて
         の受益証券について買戻しを行った場合、受託会社または管理会社は、当該受益者に対して支払わ
         れた超過額の返還を請求する権利を有するものとする。
        ⑦ 買戻しの制限等
          サブ・ファンドの受益証券1口当たり純資産価格の決定および/またはサブ・ファンドの受益証
         券の買戻しは、受託会社が、管理会社と協議の上、自らの単独の裁量により、次に掲げる期間を含
         め、いかなる理由に基づいても停止することができる。
                                  91/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        (ⅰ)通常の休日および週末以外に、サブ・ファンドの直接的もしくは間接的な投資対象が値付けさ
            れている証券取引所が閉鎖されている期間、または取引が制限もしくは停止されている期間
        (ⅱ)受託会社が、サブ・ファンドによる投資対象の評価または処分が合理的に実行可能ではない
            か、またはサブ・ファンドの受益者に重大な不利益を生じると判断する緊急事態またはその他
            の状況を構成する事由が存続している期間
        (ⅲ)サブ・ファンドの直接的もしくは間接的な投資対象についての、もしくは上述の証券取引所に
            おける時価についての価格もしくは価値を決定する際に通常用いられている通信手段が故障し
            ている期間、または、その他の何らかの理由によって、サブ・ファンドが(直接的もしくは間
            接的に)保有している投資対象の価格もしくは価値が合理的に迅速かつ正確に確定できない場
            合
        (ⅳ)受託会社が管理会社と協議した上で、いずれかの投資対象の換金または取得に伴う資金移動が
            通常の為替レートで実行できないと判断する期間
        (ⅴ)受託会社または管理会社が、サブ・ファンドに関係する受託会社、管理会社もしくは管理事務
            代行会社またはその関係会社、子会社もしくは提携会社、またはサブ・ファンドのその他の
            サービス提供者に適用されるマネー・ロンダリング防止規制を遵守するために停止が必要と判
            断する期間
          かかる停止期間が一週間を超える見込みである場合、受益者名簿上のすべての受益者に対して、
         かかる停止から7日以内に文書で通知が行われ、また、停止が解消された場合も速やかに通知され
         る。
        ⑧ 受益証券の強制的買戻し
          受託会社は、適切と判断する書面による通知を行った上で、受益証券の増加、転換または均一化
         などを実施するために、いつでもその単独の裁量に基づき、理由のいかんを問わず、買戻しが行わ
         れていないあらゆる受益証券を関連する取引日において買戻価格または受託会社が決定するその他
         の価格で買戻すことができる。
          上記の一般性を損なうことなく、受託会社が、いずれかの受益証券が次に掲げる者によって直接
         または実質的に保有されていることを知り、またはそのように信じる理由がある場合、受託会社
         は、(ⅰ)受益者に対して、当該受益証券を保有する適格を有する者に対して買戻価格で受益証券を
         譲渡することを要求する通知(受託会社が適切と考える様式による)を行うか、または(ⅱ)書面に
         より当該受益証券の買戻しを請求するかのいずれかを行う権利を有する。かかる通知を受領した者
         が30日以内に当該受益証券を譲渡せず、または受託会社に買戻請求を提出しない場合、30日の期間
         の満了時において当該受益者が保有するすべての受益証券について買戻しの請求があったものとみ
         なされる。
        (ⅰ)ある受益者がいずれかの国または政府の法律または要件に違反しており、かかる違反により、
            受益証券を保有する適格を失うこととなり、その結果、サブ・ファンド、受託会社または管理
            会社が、かかる違反がなければ負担することがなかったような納税の義務もしくは何らかの不
            利益を負担するような場合における、かかる者
        (ⅱ)適格投資家ではない者、または適格投資家ではない者のために受益証券を取得した者
        (ⅲ)ある者に関する事由により、サブ・ファンド、受託会社または管理会社が、かかる事由がなけ
            れば負担することがなかったような納税の義務または何らかの法律上、金銭上、規制上もしく
            は重大な行政上の不利益を負担すると管理会社が判断する場合における、かかる者
       (2)日本における買戻し

         日本における投資者は、各ファンド営業日に、日本における販売会社を通じ、管理事務代行会社に
        対して買戻しを請求することができる。買戻請求の受付時間は、原則として午後3時(日本時間)ま
        でとする。
         買戻価格は、管理事務代行会社が買戻請求を受け付けた日の翌ファンド営業日における各クラスの
        受益証券の1口当たり純資産価格(適用がある限りにおいて手数料および税金控除後)である。
                                  92/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         受益者が保有するすべての受益証券に関する買戻請求の場合を除き、買戻請求は0.01口の整数倍単
        位で行わなければならない。ただし、日本における販売会社は、これと異なる単位を定めることがで
        きる。受益証券の買戻しを希望する投資者は、買戻口数を明記した買戻請求通知を販売取扱会社に提
        出 しなければならない。日本における販売会社は、原則として、該当する取引日の直前のファンド営
        業日の午後1時(ルクセンブルグ時間)までに買戻請求を管理事務代行会社に取り次ぐものとする。
         大量の買戻請求があった場合、上記                    「(1)海外における買戻し」の「⑦ 買戻しの制限等」                              が適用
        されることがある。なお、上記「(1)海外における買戻し」中の事項は、日本における買戻しにお
        いても適宜準用される。
         日本の投資者に対する買戻代金の支払は、口座約款に基づき、原則として国内約定日から起算して
        4国内営業日目に行われる(ただし、日本における販売会社が日本の投資者との間で別途取り決める
        場合を除く。)。
         買戻し手数料は課されない。買戻代金の支払は、口座約款の定めるところに従って販売会社を通じ
        て行い、円貨または各クラスの表示通貨により行われるものとする。
                                  93/272















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      3【資産管理等の概要】
       (1)【資産の評価】
         ① 純資産価格の計算
            受託会社は、各評価日の営業時間終了時における関連するサブ・ファンドの表示通貨によるサ
           ブ・ファンドの純資産価格およびサブ・ファンドの各クラス受益証券の1口当たり純資産価格を
           計算し、または適法に選任された計算事務の受託者をして計算させるものとする。
            サブ・ファンドの純資産価格およびサブ・ファンドの各クラス受益証券の1口当たり純資産価
           格を計算するにあたり、受託会社(またはその委託を受けた受託者)は、関連するサブ・ファン
           ドの評価方針および手続に従う。
            受託会社または適法に選任された計算事務の受託者によるサブ・ファンドの純資産価格および
           サブ・ファンドの各クラス受益証券の1口当たり純資産価格の決定は、悪意または明白な誤りが
           ない限り、最終的なものとする。悪意または明白な誤りがない限り、受託会社は、第三者から提
           供された評価に依拠して行ったサブ・ファンドの純資産価格およびサブ・ファンドの各クラス受
           益証券の1口当たり純資産価格の計算における誤りについて責任を負わないものとする。受託会
           社および適法に選任された計算事務の受託者は、明白な誤りがない限り、公認の価格情報提供元
           もしくは副投資顧問会社またはその他の第三者により、受託会社または適法に選任された計算事
           務の受託者に対して提供された評価に依拠したことにより完全な保護を受けるものとする。
            管理会社は、過去に行われた純資産価格または1口当たり純資産価格の計算の過誤に対応する
           ために必要な数の新たな受益証券を発行し、またはかかる数の既発行の受益証券を(受益者にか
           かる買戻しに係る買戻金を支払うことなく)強制的に買い戻すことができる。
            サブ・ファンドの純資産価格は、管理事務代行会社により、当該サブ・ファンドの受益証券の
           表示通貨で計算され、信託証書の規定のほか一般に公正妥当と認められている会計原則に基づき
           決定されるサブ・ファンドの全資産から全債務を控除した額と等しいものとする。
            サブ・ファンドの資産は、以下を含むものとみなされる。
         (ⅰ)一切の手元現金、預金またはコール資金(その経過利息を含む。)、および発生済みである
             が未受領の配当またはその他の分配金
         (ⅱ)一切の投資対象
         (ⅲ)一切の為替手形、請求払手形、約束手形、および受取勘定
         (ⅳ)受託会社により決定されるサブ・ファンドの初期費用(ただし、当該初期費用が償却されて
             いない場合に限る。)
         (ⅴ)受託会社により随時評価され決定される、サブ・ファンドに帰属するその他一切の資産(前
             払費用を含む。)
            サブ・ファンドに帰属する債務は、以下を含むものとみなされる。
         (ⅰ)一切の為替手形、手形および買掛金
         (ⅱ)日々計算される、未払いおよび/または発生済みの一切の費用(既に発生しまたは期限が到
             来した関連するサブ・ファンドの投資顧問会社に対する業績連動報酬を含む。)
         (ⅲ)その種類および性質を問わず、受託会社の裁量において、公課・費用等の引当金を含むがこ
             れらに限られないサブ・ファンドに帰属するその他一切の債務(受託会社が決定する偶発債
             務に関する金額を含む。)
            サブ・ファンドの費用または債務は、受託会社が決定する期間で償却することができ、未償却
           の金額は、いつでも、サブ・ファンドの資産とみなされるものとする。
            サブ・ファンドの資産の価値は、以下のとおり決定されるものとする。
         (ⅰ)額面価格で取得された預金証書およびその他の預金は、その元本金額に、取得日から発生済
             みの利息を加えた金額で評価されるものとする。
         (ⅱ)ディスカウントまたはプレミアム付の価格で取得された預金証書は、これらに関する通常の
             取引慣行に基づき評価されるものとする。
         (ⅲ)宣言されまたは既に発生しかつ未受領の前払費用、現金配当および利息の価値は、その全額
             とみなされるものとする。ただし、受託会社がかかる費用等が全額支払われまたは受領され
                                  94/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             る可能性が低いと考える場合はこの限りでない。かかる場合、これらの価値は、その真の価
             値を反映するため、受託会社が適切と考える割引を行った上で決定されるものとする。
         (ⅳ)金融商品取引所に上場されるか、またはその他の組織化された市場で取引される投資対象
             は、入手可能な最終価格で評価されるものとする。ただし、金融商品取引所に上場されてい
             るものの、当該金融商品取引所の市場外または店頭市場においてプレミアム付またはディス
             カウントで取得または取引されている投資対象の価値は、当該投資対象の評価日時点のプレ
             ミアムまたはディスカウントの水準を考慮した上で評価されるものとする。
         (ⅴ)未上場有価証券は、投資顧問会社が適切であると判断する場合、同一または類似の有価証券
             の直近の取引およびブローカー・ディーラーまたは公認の値付けサービス提供者から入手し
             た評価情報を考慮した上で、投資顧問会社により誠実に決定される公正な市場価格で評価さ
             れる。
         (ⅵ)決済会社において扱われもしくはこれを通じて取引されるデリバティブ商品、取引所におい
             て扱われるデリバティブ商品、または金融機関を通じて取引されるデリバティブ商品は、当
             該決済会社、取引所または金融機関により値付けされた直近の公式な決済価格を参照して評
             価されるものとする。
         (ⅶ)利付有価証券に発生した一切の利息(ただし、かかる利息が当該有価証券の元本額に含まれ
             ている場合を除く。)
         (ⅷ)上記の評価方法にかかわらず、何らの評価方法も定められていない場合、または受託会社が
             いずれの評価方法も実行可能または適切ではないと考える場合、受託会社は、関係する投資
             顧問会社と協議の上で、かかる状況において公平であると受託会社が考える評価方法を誠実
             に使用する権利を有するものとする。
         ② 純資産価格の計算の停止

            サブ・ファンドの受益証券1口当たり純資産価格の決定および/またはサブ・ファンドの受益
           証券の発行および/または買戻しは、受託会社の単独の裁量により、次に掲げる期間を含め、い
           かなる理由に基づいても停止することができる。
         (ⅰ)通常の休日および週末以外に、サブ・ファンドの直接的もしくは間接的な投資対象が値付け
             されている金融商品取引所が稼動していない期間、または取引が制限もしくは停止されてい
             る期間
         (ⅱ)受託会社が、緊急事態またはサブ・ファンドの投資対象の評価もしくは処分が合理的に実行
             可能ではないか、またはサブ・ファンドの受益者に重大な不利益を生じると判断する事態が
             継続している期間
         (ⅲ)サブ・ファンドの直接的もしくは間接的な投資対象の価格もしくは価値、上記の金融商品取
             引所における現在価値を決定する際に通常用いられている通信媒体が停止している期間、ま
             たは、その他のいずれかの者にとってサブ・ファンドが直接的もしくは間接的に保有してい
             る投資対象の価格もしくは価値が迅速かつ正確に取得できないと合理的に判断される時
         (ⅳ)受託会社が管理会社と協議した上で、いずれかの投資対象の換価または取得に伴う資金移動
             が通常の為替レートで実行できないと判断する期間
         (ⅴ)受託会社または管理会社が、サブ・ファンドに関係する受託会社、管理会社もしくは管理事
             務代行会社またはその関連会社、子会社もしくは提携会社、またはサブ・ファンドのその他
             のサービス提供者に適用されるマネー・ロンダリング防止規制を遵守するために停止が必要
             と判断する期間
            かかる停止期間が一週間を超える見込みである場合、すべての受益者に対して、かかる停止か
           ら7日以内に文書で通知が行われ、また、停止が解消された場合も速やかに通知される。
                                  95/272



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)【保管】
            日本の投資者に販売される受益証券の確認書は、日本における販売会社の保管者名義で保管さ
           れ、日本の受益者に対しては、販売取扱会社から受益証券の取引残高報告書が定期的に交付され
           る。
            ただし、日本の受益者が別途、自己の責任で保管する場合は、この限りではない。
       (3)【信託期間】

            サブ・ファンドは、管理会社が受託会社および投資顧問会社と協議の上、存続期間の延長を決
           定しない限り、2022年9月30日に終了する。ただし、                             下記「(5)その他 ① ファンドの解
           散」に定めるいずれかの方法により当該日までに終了                             する場合を除く。
       (4)【計算期間】

            サブ・ファンドの決算期は毎年9月30日である。
       (5)【その他】

         ① ファンドの解散
            サブ・ファンドは、以下の場合、2022年9月30日以前に終了することがある。
         (ⅰ)特別決議により可決された場合
         (ⅱ)サブ・ファンドのケイマン諸島における規制ミューチュアル・ファンドとしての当局による
             許可または他の承認が廃止または改正された場合
         (ⅲ)管理会社との協議を経た受託会社が、その裁量で、サブ・ファンドを継続することが現実的
             でなく、望ましくなく、または受益者の利益に反すると判断した場合
         (ⅳ)受託会社が辞任した後、適切な代替または後継受託会社を確保できない場合
         (ⅴ)何らかの理由により、サブ・ファンドのいずれかのクラスの純資産価額が25百万米ドル(当
             該クラスの通貨建てが米ドルではない場合にはその相当額)を下回った場合、受託会社は管
             理会社と協議の上、そのクラスの発行済みの受益証券の(一部ではなく)すべてを当該受益
             証券の買戻しを行うファンド営業日に計算される各クラスの受益証券1口当たり純資産価格
             で買い戻すことができる。その場合、買い戻されるクラスの受益証券の登録されたすべての
             保有者に対して30日前までに買戻しの通知が行われる。
             また、何らかの理由により、サブ・ファンドの純資産価額が25百万米ドルを下回った場合受
             託会社は管理会社と協議の上、その発行済みの受益証券の(一部ではなく)すべてを当該受
             益証券の買戻しを行うファンド営業日に計算される各クラスの受益証券1口当たり純資産価
             格で買い戻すことができる。その場合、買い戻されるクラスの受益証券の登録されたすべて
             の保有者に対して30日前までに買戻しの通知が行われる。
         (ⅵ)サブ・ファンドは、マスター・ファンドが償還される際に終了することがある。
         ② 信託証書の変更
            受託会社および管理会社は、一切の目的のために適切または望ましいと思料される方法および
           範囲で、信託証書の条項を、信託証書に補遺信託証書を付することにより随時改正、変更または
           追加することができる。ただし、かかる改正、変更もしくは追加は、適法に招集および開催され
           た受益者集会の特別決議による承認がない限り行われないものとする。改正、変更または追加
           が、次のいずれかに該当する場合は、かかる承認は必要ではない。
           (a)法またはケイマン諸島の法のもとに定められたその他の規則の改正によりもたらされた変更
             を含む法律の一切の改正を履行するため
           (b)一切のかかる法律の改正の直接的な結果によるもの
           (c)サブ・ファンドまたはいずれかのサブ・ファンドの名称変更を行うため
           (d)会計年度年初および終了日付を変更するため、もしくは年間収益配分日付を変更するため
           (e)その他の会計期間の始まりおよび終了する日付を変更、もしくはかかる会計期間に関連する
             分配日(中間会計期間および中間配分日を含む。)を変更するため
                                  96/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           (f)管理会社および受託会社が、受益者および潜在受益者の利益となるかもしくはこれら一切の
             者が一切の重要な不利益を被らないと同意する変更をするため
           (g)信託証書から不要となった条項を削除するため
           (h)管理会社および受託会社が解任された場合または辞任を希望もしくは辞任したときにこれら
             を替えるため
           (i)明白な誤りを訂正するためにおいてのみ必要とされる場合
           (j)当局、法、もしくはトラストが従う他の法、規則の要求を熟考し、従う場合、もしくは追加
             のサブ・ファンドを設定する場合
         ③ 関係法人との契約の更改等に関する手続
            投資運用およびリスク・マネジメント委託契約
             投資運用およびリスク・マネジメント委託契約は、一方当事者が相手方当事者に対して3か
            月前に書面による通知をすることにより終了することができる。副管理会社は、管轄規制当局
            による要求がある場合は、即時通告により同契約を終了することができる。
             同契約は、ケイマン諸島の法律に準拠し、ケイマン諸島法により解釈され、同契約の当事者
            は、ルクセンブルグ市の裁判所の非専属的裁判管轄権に取消不能の形で服している。
             同契約は、書面によって変更される。
            保管・管理事務代行契約
             保管・管理事務代行契約は、一方当事者が他方当事者に対し、75日以上前に書面による通知
            をすることにより終了する。
             同契約は、ケイマン諸島の法律に準拠し、同法により解釈される。
             同契約は、両当事者が署名した書面による合意がある場合にのみ変更することができる。
            一任投資顧問契約
             一任投資顧問契約は、一方当事者が相手方当事者に対して30日前に書面による通知をするこ
            とにより終了することができる。
             同契約はルクセンブルグ大公国の法律に準拠し、ルクセンブルグ法により解釈される。
             上記にかかわらず、投資顧問会社は、金融商品におけるEU市場通達(2004/39/EC)に
            従い金融庁の規制を受けるため、投資顧問会社は英国およびウェールズの法律に準拠する義務
            を負う。
             同契約は両当事者の書面の合意により変更することができる。
            副投資顧問契約(          GSAM     シンガポール)
             副投資顧問契約は、両当事者が合意した場合、いつでも終了させることができる。
             同契約は、両当事者が書面で合意した場合、いつでも変更することができる。
            副投資顧問契約(ヤラ・ファンズ・マネジメント)
             副投資顧問契約は、両当事者が合意した場合、いつでも終了させることができる。
             同契約は、両当事者が書面で合意した場合、いつでも変更することができる。
            代行協会員契約
             代行協会員契約は、一方当事者が他方当事者に対し、3か月前に書面による通知をすること
            により終了する。
             同契約は、日本国の法律に準拠し、同法により解釈されるものとし、同法に基づき変更する
            ことができる。
            受益証券総販売契約
             受益証券総販売契約は、一方当事者が他方当事者に対し、期間満了60日以上前に通知しない
            限り、1年ごとに自動更新される。
             総販売会社は特定の事象が生じた場合には、同契約を即時に解約することができる。また、
            総販売会社がその義務を重要な点において履行せず、管理会社からの通知後30日以内に事態を
            是正しない場合には、管理会社は同契約を終了することができる。
             同契約は、英国の法律に準拠し、同法により解釈される。
                                  97/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      4【受益者の権利等】
       (1)【受益者の権利等】
            受益者が管理会社および受託会社に対し受益権を直接行使するためには、ファンド証券名義人
           として、登録されていなければならない。したがって、販売取扱会社にファンド証券の保管を委
           託している日本の受益者はファンド証券の登録名義人でないため、自ら管理会社および受託会社
           に対し、直接受益権を行使することができない。これら日本の受益者は、販売取扱会社との間の
           口座約款に基づき、販売取扱会社を通じて受益権を自己のために行使させることができる。
            ファンド証券の保管を販売取扱会社に委託しない日本の受益者は、本人の責任において権利行
           使を行う。
            受益者の有する主な権利は次のとおりである。
         (ⅰ)分配請求権
             受益者は、管理会社の決定した分配金を、持分に応じて管理会社に請求する権利を有する。
         (ⅱ)買戻請求権
             受益者は、ファンド証券の買戻しを、管理会社に請求する権利を有する。
         (ⅲ)残余財産分配請求権
             サブ・ファンドが解散された場合、受益者は受託会社に対し、その持分に応じて残余財産の
            分配を請求する権利を有する。
         (ⅳ)議決権
             信託証書に基づき、各受益証券の受益者は、すべての受益者集会において、一口当たり一議
            決権を有する。管理会社または受託会社は、信託証書に従って、いつでも、適切と考える日時
            および場所において受益者集会を開催することができ、また、受託会社は、発行済受益証券の
            総額の10分の1以上を有する受益者が書面により要求した場合には、受益者集会を開催しなく
            てはならない。いずれの受益者集会においても、挙手の場合には、すべての受益者について、
            (個人の場合には)出席者ごとに、(法人の場合には)適式に授権された代表者が、一議決権
            を有する。投票の場合には、保有する受益証券ごとに、上記の各受益者または代理人により参
            加している受益者が、一議決権を有する。サブ・ファンドの受益者集会についての特別決議に
            は、自ら出席しまたは代理人により出席している受益者の4分の3以上の多数が必要とされ
            る。
             特定のクラスの受益者にのみ関係する事項を協議するために、クラスの受益者のための個別
            の受益者集会を開催することができる。その場合、信託証書の関連する条項はかかる受益者集
            会に適用されるものとする。
       (2)【為替管理上の取扱い】

            日本の受益者に対するサブ・ファンドの受益証券の分配金、買戻代金等の送金に関して、ケイ
           マン諸島における外国為替管理上の制限はない。
       (3)【本邦における代理人】

            森・濱田松本法律事務所  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号
                            丸の内パークビルディング
            上記代理人は、管理会社から日本国内において、
         (ⅰ)管理会社またはサブ・ファンドに対する、法律上の問題および日本証券業協会の規則上の問
            題について一切の通信、請求、訴状、その他の訴訟関係書類を受領する権限、
         (ⅱ)日本におけるファンド証券の募集販売および買戻しの取引に関する一切の紛争、見解の相違
            に関する一切の裁判上、裁判外の行為を行う権限
           を委任されている。
            なお、関東財務局長に対するファンド証券の募集、継続開示等に関する届出代理人および金融
           庁長官に対する届出代理人は、
            弁護士  三浦  健
                                  98/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             同   大西 信治
            東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
            森・濱田松本法律事務所
           である。
       (4)【裁判管轄等】

            日本の投資者が取得したファンド証券の取引に関連する訴訟の裁判管轄権は下記の裁判所が有
           することを管理会社は承認している。ただし、確定した判決の執行手続きは、関連する法域の法
           令に従い行われる。
            東京地方裁判所  東京都千代田区霞が関一丁目1番4号
                                  99/272

















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

      a.サブ・ファンドの直近2会計年度の日本文の財務書類は、ケイマン諸島における法令および一般に認

       められた会計原則に準拠して作成された原文の財務書類を翻訳したものである(ただし、円貨換算部分
       を除く。)。これは「特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令」に基づき、「財務諸表等の用
       語、様式及び作成方法に関する規則」第131条第5項ただし書の規定の適用によるものである。
      b.サブ・ファンドの原文の財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和23年法律第103号)第1条

       の3第7項に規定する外国監査法人等をいう。)であるプライスウォーターハウスクーパース ケイマ
       ン諸島から監査証明に相当すると認められる証明を受けており、当該監査証明に相当すると認められる
       証明に係る監査報告書に相当するもの(訳文を含む。)が当該財務書類に添付されている。
      c.サブ・ファンドの原文の財務書類は、豪ドルで表示されている。

      d.日本文の財務書類には、主要な金額について円貨換算額が併記されている。日本円への換算には、

       2018年1月31日現在における株式会社三菱東京UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1豪ドル=
       87.79円)が使用されている。なお、千円未満の金額は四捨五入されているため、日本円に換算された金
       額は合計欄の数値が総数と一致しない場合がある。
                                100/272













                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      1【財務諸表】

       (1)【貸借対照表】
                   GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                            財政状態計算書
                           2017  年9月30日現在
                       注記         2017  年9月30日               2016  年9月30日

                             (豪ドル)         (千円)        (豪ドル)         (千円)

     資産
     流動資産
     純損益を通じて公正価値で測定さ
                     3(c)、4       207,703,937         18,234,329        286,145,072         25,120,676
     れる金融資産
     投資売却未収入金                   2        258,521         22,696       1,360,498         119,438
     申込受益証券未収入金                 3(g)、8        1,292,437         113,463        902,390         79,221
     その他の資産                             15         1       490         43
                              4,131,989         362,747       4,803,373         421,688
     現金および現金同等物                 3(d)、12
     資産合計                        213,386,899         18,733,236        293,211,823         25,741,066
     負債

     流動負債
     純損益を通じて公正価値で測定さ
                     3(c)、4         760,937         66,803       2,738,157         240,383
     れる金融負債
     投資購入未払金                   2       1,303,000         114,390        905,229         79,470
     未払投資顧問報酬                  7(a)        912,355         80,096        589,986         51,795
     未払販売報酬                  7(d)        445,803         39,137        589,986         51,795
     買戻受益証券未払金                 3(g)、8         260,215         22,844       1,359,370         119,339
     未払監査報酬                           55,427         4,866        56,501         4,960
     未払管理報酬                  7(b)         27,016         2,372        39,212         3,442
     未払弁護士報酬                           25,553         2,243          -        -
     未払保管報酬                  7(f)         17,867         1,569        10,037          881
     未払管理事務代行報酬                  7(c)         16,540         1,452        4,490         394
     未払代行協会員報酬                  7(g)         16,140         1,417        46,830         4,111
     未払受託報酬                  7(e)         8,588         754       5,920         520
                                6,724         590       5,920         520
     未払名義書換事務代行報酬                  7(h)
     負債合計(買戻可能参加受益証券
     の受益者に帰属する純資産を除                         3,856,165         338,533       6,351,638         557,610
     く)
     買戻可能参加受益証券の受益者に
                             209,530,734         18,394,703        286,860,185         25,183,456
     帰属する純資産
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

       (2)【損益計算書】
                   GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                            包括利益計算書
                          2017  年9月30日終了年度
                                101/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                       注記         2017  年9月30日               2016  年9月30日

                             (豪ドル)         (千円)        (豪ドル)         (千円)

     収益
     受取利息                  3(b)        26,148         2,296       45,816           4,022
     純損益を通じて公正価値で測定され
     る金融資産および金融負債に係る実
     現純利得/(損失):
                             14,804,803                 8,879,284
      投資                                1,299,714                  779,512
                                              5,272,713
      外国通貨契約                        (9,964,348)         (874,770)                 462,891
     純損益を通じて公正価値で測定され
     る金融資産および金融負債に係る未
     実現利得/(損失)の純変動額:
                              5,801,397                 8,740,207
      投資                                 509,305                 767,303
                               807,881
                                        70,924      (1,701,142)         (149,343)
      外国通貨契約
                             11,475,881                 21,236,878
     純収益                                 1,007,468                 1,864,386
     営業費用

                                                 1,212
     支払利息                  3(b)           -        -                106
                              1,969,127                 2,644,419
     投資顧問報酬                  7(a)                172,870                 232,154
                              1,969,127                 2,661,070
     販売報酬                  7(d)                172,870                 233,615
                               127,374                 166,365
     管理報酬                  7(b)                 11,182                 14,605
                               99,834                112,928
     管理事務代行報酬                  7(c)                 8,764                 9,914
                               82,381                 99,352
     弁護士報酬                                    7,232                 8,722
                               73,842                 99,166
     代行協会員報酬                  7(g)                 6,483                 8,706
                               58,605                 62,071
     保管報酬                  7(f)                 5,145                 5,449
                               49,881                 63,261
     監査報酬                                    4,379                 5,554
                               30,380                 33,055
     名義書換事務代行報酬                  7(h)                 2,667                 2,902
                               24,614                 33,055
     受託報酬                  7(e)                 2,161                 2,902
                                3,401                 3,407
                                         299                 299
     その他の費用
                              4,488,566                 5,979,361
     営業費用合計                                  394,051                 524,928
     営業による純利益                         6,987,315         613,416       15,257,517         1,339,457
     財務費用:

                             11,683,367                 17,260,085
                                      1,025,683                 1,515,263
     参加受益者に対する分配金                 3(h)、10
     営業による買戻可能参加受益証券の

                             (4,696,052)         (412,266)       (2,002,568)         (175,805)
     受益者に帰属する純資産の変動
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

                                102/272





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                   GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                買戻可能参加受益証券の受益者に帰属する純資産変動計算書
                          2017  年9月30日終了年度
                       注記        2017  年9月30日               2016  年9月30日

                             (豪ドル)         (千円)        (豪ドル)         (千円)

     買戻可能参加受益証券の受益者に帰属

                             286,860,185                 379,206,799
                                      25,183,456                 33,290,565
     する純資産期首残高
     買戻可能参加受益証券の発行による収

                             45,163,388                 44,420,177
                        8              3,964,894                 3,899,647
     入合計
     買戻可能参加受益証券の買戻しによる

                        8    (117,796,787)         (10,341,380)        (134,764,223)         (11,830,951)
     支払合計
     営業による買戻可能参加受益証券の受

                             (4,696,052)         (412,266)       (2,002,568)         (175,805)
     益者に帰属する純資産の変動
     買戻可能参加受益証券の受益者に帰属

                                             286,860,185
                             209,530,734         18,394,703                 25,183,456
     する純資産期末残高
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

                                103/272













                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                   GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                         キャッシュ・フロー計算書
                          2017  年9月30日終了年度
                       注記         2017  年9月30日               2016  年9月30日

                             (豪ドル)         (千円)        (豪ドル)         (千円)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
     営業による買戻可能参加受益証券の
                             (4,696,052)         (412,266)       (2,002,568)         (175,805)
     受益者に帰属する純資産の変動
     調整:
                                                 1,177         103
     現金に係る為替差益/(差損)                            (264)         (23)
                             11,683,367         1,025,683        17,260,085         1,515,263
     参加受益者に対する分配金                 3(h)、10
     受取利息                          (26,148)         (2,296)        (45,816)         (4,022)
                                                 1,212         106
                                 -        -
     支払利息
                              6,960,903         611,098       15,214,090         1,335,645
     合計
     営業資産の純(増加)/減少:
                              1,101,977          96,743        305,738         26,841
     投資売却未収入金                   2
                                 475         42        370         32
     その他の資産
     純損益を通じて公正価値で測定され
                             78,441,135         6,886,347        90,089,247         7,908,935
     る金融資産
     営業負債の純増加/(減少):
                               397,771         34,920
     投資購入未払金                   2                       (729,247)         (64,021)
                               322,369         28,301
     未払投資顧問報酬                  7(a)                        (186,224)         (16,349)
                               25,553         2,243
     未払弁護士報酬                                           (28,825)         (2,531)
                               12,050         1,058
     未払管理事務代行報酬                  7(c)                         (21,785)         (1,913)
                                2,668         234
     未払受託報酬                  7(e)                          (622)         (55)
                                7,830         687
     未払保管報酬                  7(f)                         (1,999)         (175)
                                 804         71
     未払名義書換事務代行報酬                  7(h)                          (622)         (55)
                                                 8,406         738
     未払監査報酬                           (1,074)          (94)
     未払管理報酬                  7(b)        (12,196)         (1,071)        (12,888)         (1,131)
     未払代行協会員報酬                  7(g)        (30,690)         (2,694)        17,722         1,556
     未払販売報酬                  7(d)       (144,183)         (12,658)        (186,224)         (16,349)

     純損益を通じて公正価値で測定され
                                              2,621,651         230,155
                             (1,977,220)         (173,580)
     る金融負債
     営業活動による/(に使用された)
                             85,108,172         7,471,646       107,088,788         9,401,325
     キャッシュ
     利息受取額(      源泉徴収税控除後        )            26,148         2,296        45,816         4,022
                                 -        -      (1,212)         (106)
     利息支払額
     営業活動による/(に使用された)
                             85,134,320         7,473,942       107,133,392         9,405,240
     正味キャッシュ
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

                                104/272



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                       注記        2017  年9月30日               2016  年9月30日
                             (豪ドル)         (千円)        (豪ドル)         (千円)
     財務活動によるキャッシュ・フロー:
     買戻可能参加受益証券の発行による収
                             44,773,341         3,930,652        45,150,943         3,963,801
     入
     買戻可能参加受益証券の買戻しによる
                            (118,895,942)         (10,437,875)        (135,076,300)         (11,858,348)
     支出
                             (11,683,367)         (1,025,683)        (17,260,085)         (1,515,263)
     参加受益者に対する分配金
     財務活動による/(に使用された)正
                             (85,805,968)         (7,532,906)       (107,185,442)         (9,409,810)
     味キャッシュ
                                 264         23
     現金に係る為替差益/(差損)                                           (1,177)         (103)
     現金の純増加/(減少)
                              (671,384)         (58,941)        (53,227)         (4,673)
                              4,803,373         421,688       4,856,600         426,361
     現金および現金同等物期首残高
                              4,131,989         362,747       4,803,373         421,688
     現金および現金同等物期末残高
      添付の注記は、当財務書類の不可分の一部である。

                                105/272














                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                   GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド
                          財務書類に対する注記
                          2017  年9月30日終了年度
     1.組織

       GSオーストラリア・ハイブリッド証券ファンド(以下「サブ・ファンド」という。)は、MUGC 
      GSケイマン・ファンド(以下「トラスト」という。)のサブ・ファンドである。トラストは、ブラウ
      ン・ブラザーズ・ハリマン・トラスト・カンパニー(ケイマン)リミテッド(以下「受託会社」とい
      う。)およびルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(以下「管理会社」という。)
      が締結した、ケイマン諸島の信託法(2011年改訂)に基づく2010年2月10日付信託証書(補足または改訂
      されることがある。以下「信託証書」という。)により設定された、オープン・エンド型のアンブレラ型
      免税ユニット・トラストである。トラストは、ミューチュアル・ファンド法(改訂済)により規制されて
      いる。
       サブ・ファンドの関連当事者であるゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・インターナ
      ショナル(以下「GSAMI」という。)が、サブ・ファンドとの投資顧問契約(以下「投資顧問契約」
      という。)に従って、投資顧問を務めている。投資顧問会社は、サブ・ファンドの投資に関する日常業務
      の監督および監視の責任を負っている。
       投資顧問会社は、いずれもゴールドマン・サックス・グループ・インク(以下「ゴールドマン・サック
      ス」という。)の関連当事者である、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(シンガポー
      ル)ピーティーイー・リミテッド(以下「GSシンガポール」という。)(2017年4月1日付で、ゴール
      ドマン・サックス・アセット・マネジメント(シンガポール)ピーティーイー・リミテッドは、ゴールド
      マン・サックス(シンガポール)ピーティーイーに代わり副投資顧問会社に任命された。)およびヤラ・
      ファンズ・マネジメント・リミテッド(以下「ヤラ」という。)(2017年1月14日付で、ヤラ・ファン
      ズ・マネジメント・リミテッドは、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・オーストラリ
      ア・ピーティーワイ・リミテッドに代わり副投資顧問会社に任命された。)を、副投資顧問契約および副
      投資顧問・参加関連会社サービス契約(以下、併せて「副投資顧問契約」という。)に従って副投資顧問
      会社に任命している。副投資顧問契約に基づき、GSシンガポールおよびヤラは、サブ・ファンドに対し
      専門家としての投資の助言を継続的に提供し、サブ・ファンドの代わりにすべての取引を実行および管理
      する。GSシンガポールおよびヤラは、副投資顧問契約に基づき提供するサービスの対価として報酬を受
      け取る。
       サブ・ファンドは、以下の日に運用を開始し、受益証券クラスを設定した。
                      受益証券クラス                             運用開始日

       豪ドルクラス                                           2012年9月26日

       円クラス(ヘッジ対象)                                           2012年9月26日

       米ドルクラス                                           2012年9月26日

       財務書類は、サブ・ファンドの機能通貨および表示通貨である豪ドル建で表示されている。投資顧問会
      社は、この通貨が、サブ・ファンドの基本的な取引、事象および状態の経済的効果を最も正確に示すと考
      えている。
                                106/272




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     2.投資目的
       サブ・ファンド(以下「フィーダー・ファンド」という。)の投資目的は、オーストラリア・エンハン
      スト・インカム・ファンドⅡ(旧:ゴールドマン・サックス・オーストラリア・エンハンスト・インカ
      ム・ファンドⅡ(以下「マスター・ファンド」という。)。2017年1月14日付で、ファンドはその名称を
      オーストラリア・エンハンスト・インカム・ファンドⅡに変更した。)を通じて、主に豪ドル建てで発行
      される期限付劣後債、永久劣後債、優先証券およびシニア債に対して投資を行うことより、インカム・ゲ
      インおよびキャピタル・ゲインからなる長期的なトータル・リターンを受益者に提供することを追求する
      ことである。これらの有価証券に関連して、期限付劣後債、永久劣後債および優先証券を「ハイブリッド
      証券」と総称している。このような投資目的のため、投資家は一定の特有のリスクにさらされている。サ
      ブ・ファンドが他のファンドに対して行う投資は、各投資対象ファンドの募集要項の諸条件の制約を受け
      ている。
       マスター・ファンドの投資目的は、主に、分散されたポートフォリオ(主として豪ドル建てで発行され
      るハイブリッド証券およびシニア債から構成される。)への資産(現金および現金同等物を除く。)の投
      資を追求することである。マスター・ファンドは、その他の通貨建てで発行される証券に対して投資を行
      うこともあれば、固定利付証券、変動利付証券またはフローティング・レート証券に対して投資を行う場
      合もある。
       マスター・ファンドとフィーダー・ファンドの投資顧問会社は同一である。
       マスター・ファンドは、全般的な投資方針の一環として、デリバティブ金融商品取引(トータル・リ
      ターン・スワップ、指数先物、差金決済契約、為替予約およびオプションが含まれるが、これらに限定さ
      れない。)を締結する場合がある。
       マスター・ファンドは、一定のエクスポージャーをヘッジするために、株式指数先物、銀行手形先物、
      国債先物、または普通株式(主に空売り)取引を利用する場合がある。
       サブ・ファンドの投資が成功する、マスター・ファンドの投資目的が達成される、またはマスター・
      ファンドのポートフォリオのデザイン、リスク管理およびヘッジ戦略が成功するという保証はない。
       マスター・ファンドとフィーダー・ファンドの重要な会計方針は統一されている。
       フィーダー・ファンドは、2017年9月30日現在、マスター・ファンドの純資産の100%を保有し、2016年
      9月30日現在、マスター・ファンドの純資産の97.46%を保有している。マスター・ファンドは、アイルラ
      ンド籍の可変資本型有限責任投資法人(登録番号307105)である、ゴールドマン・サックス・インスティ
      テューショナル・ファンズ・ピーエルシー(以下「法人」という。)のサブ・ファンドであり、サブ・
      ファンド間の責任が分離されたアンブレラ型ファンドとして設立されている。
       フィーダー・ファンドは、マスター・ファンドを投資対象としている。2017年9月30日終了年度におい
      て、フィーダー・ファンドがマスター・ファンドに対して行った払込総額および買戻し総額は、それぞれ
      47,347,799豪ドルおよび145,224,849豪ドルであった。2017年9月30日現在、払込義務はなく、サブ・ファ
      ンドは、マスター・ファンドに対する未決済の購入に関する未払金を1,295,901豪ドルとマスター・ファン
      ドに対する未決済の売却に関する未収金を258,521豪ドル有していた。2016年9月30日終了年度において、
      フィーダー・ファンドがマスター・ファンドに対して行った払込総額および買戻し総額は、それぞれ
      64,736,892豪ドルおよび173,367,997豪ドルであった。2016年9月30日現在、払込義務はなく、またサブ・
      ファンドは、マスター・ファンドに対する未決済の購入に関する未払金を902,933豪ドルとマスター・ファ
      ンドに対する未決済の売却に関する未収金を1,360,498豪ドル有していた。
       フィーダー・ファンドは、マスター・ファンドの買戻可能参加受益証券を購入することにより、マス
      ター・ファンドに対して投資を行っている。マスター・ファンドは、営業日であれば常時、当該受益証券
      の買戻しに応じている。
       マスター・ファンドのポートフォリオの公正価値が変動し、これに応じてマスター・ファンドの公正価
      値が変動することにより、フィーダー・ファンドに損失が生じる可能性がある。
     3.重要な会計方針の要約

      (a )財務書類
       財務書類の表示の基礎
                                107/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        当財務書類は、国際財務報告基準(以下「IFRS」という。)に従って作成されている。当財務書
       類は、純損益を通じて公正価値で測定される金融資産および金融負債(デリバティブ商品を含む。)の
       再 評価により修正された取得原価主義に基づき作成されている。財務書類の作成には、財務書類および
       添付の注記の報告金額に影響を与える可能性がある経営者による一定の見積りおよび仮定が要求され
       る。実際の結果はこれらの見積りと異なる可能性がある。
       ⅰ.サブ・ファンドが早期適用した新規の基準、修正および解釈指針

         サブ・ファンドが早期適用した基準、修正または解釈指針はなかった。
       ⅱ.  2016年1月1日以後開始する会計期間から発効し、                            サブ・ファンドに適用されている、または適用

        可能であった       新規の基準、修正および解釈指針
         サブ・ファンドが適用している基準、修正または現行基準の解釈指針はなかった。
       ⅲ.  公表済であるが、未発効かつサブ・ファンドが早期適用していない新規の基準、修正および解釈指

        針
         2018年1月1日以後開始する会計期間から適用されるIFRS第9号「金融商品」は、企業が金融
        資産および金融負債(一部の混合契約を含む。)を分類および測定する方法を明記している。当該基
        準は、国際会計基準第39号(以下「IAS第39号」という。)の要求事項と比較して、金融資産の分
        類および測定のアプローチを改善し簡素化している。金融負債の分類および測定に関するIAS第39
        号における要求事項の大部分は変更されずに引き継がれた。当該基準は、金融資産の分類について一
        貫したアプローチを適用しており、それぞれ独自の分類基準を有していたIAS第39号における金融
        商品の区分の多くを置き換えている。経営者は、現在、IFRS第9号の適用がサブ・ファンドに及
        ぼすと見込まれる影響を評価している。
         サブ・ファンドに対して重要な影響を及ぼすと見込まれる未発効のその他の基準、解釈指針または
        現行基準の修正はない。
      (b )投資取引、関連する投資収益および営業費用

        サブ・ファンドは、その投資取引を取引日基準で計上している。実現利得および損失は先入先出法
       (FIFO)に基づいている。受取配当金および支払配当金は配当落ち日に計上され、また、受取利息
       および支払利息は投資の存続期間にわたり発生主義で計上される。発生時に計上される当座借越費用
       (該当がある場合)は、支払利息に含まれる。受取利息は、市場割引、当初発行時割引の償却およびプ
       レミアムの償却を含み、基礎となる投資の存続期間にわたり収益に計上される。受取利息および受取配
       当金は、源泉徴収税(課税される場合)控除前の総額ベースで包括利益計算書に認識および表示され
       る。費用の払戻し(該当がある場合)は包括利益計算書に表示される。
        営業費用および設立費用は、発生主義で認識される。
        取引費用は、発生時に包括利益計算書に認識される。
        サブ・ファンドは、募集および設立費用、ならびに受益証券の募集および販売に関連して生じた当初
       の費用および継続的な費用(印刷費、マーケティング費、弁護士報酬、申込契約およびその関連書類の
       レビューに関連して発生した費用、ならびにサブ・ファンド、管理会社、受託会社、投資顧問会社、グ
       ローバル販売会社および管理事務代行会社のその他の費用を含む。)も負担する予定である。サブ・
       ファンドの募集および設立費用(該当がある場合)は、2017年9月30日および2016年9月30日終了年度
       の包括利益計算書においてそれぞれ開示されている。
        組成された企業とは、誰が企業を支配しているのかの決定に際して、議決権または類似の権利が決定
       的な要因とならないように設計された企業(例えば、あらゆる議決権が管理業務のみに関係しており、
       その関連性のある活動が契約上の取決めによって指図される場合など)である。組成された企業は、次
       の特徴または属性の一部または全部を有していることが多い。(a)制限された活動、(b)狭く十分に明
       確化された目的(例えば、組成された企業の資産に関連するリスクと経済価値を投資者に渡すことによ
       る投資者への投資機会の提供など)、(c)組成された企業が劣後的な財務的支援なしに活動資金を調達
                                108/272

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       するには不十分な資本、(d)信用リスクまたはその他のリスクの集中(トランシェ)を生み出す、投資
       者への複数の契約上関連した金融商品の形での資金調達。
        マスター・ファンドは、受益者の選択でプット可能な買戻可能受益証券を発行することによりその営
       業活動の資金を調達し、受益者に各サブ・ファンドの純資産の比例持分に対する権利を与えている。サ
       ブ・ファンドはマスター・ファンドの買戻可能受益証券を保有している。
        マスター・ファンドの持分から生じる損失に対するサブ・ファンドの最大エクスポージャーは、マス
       ター・ファンドに対する投資の公正価値総額に相当する。
        サブ・ファンドがマスター・ファンドの持分を売却すると、サブ・ファンドのマスター・ファンドに
       よるリスクはなくなる。
        2017年9月30日および2016年9月30日現在、マスター・ファンドの純資産額は、それぞれ207,683,139
       豪ドルおよび292,385,298豪ドルであった。
      (c )純損益を通じて公正価値で測定される金融資産および金融負債

       ⅰ 分類
         サブ・ファンドは、すべての有価証券およびデリバティブ投資を、純損益を通じて公正価値で測定
        される金融資産および金融負債の区分に指定している。これらの金融資産および金融負債はトレー
        ディング目的保有またはヘッジ目的に分類される。トレーディング目的保有の金融資産または金融負
        債は、主に短期間での売却または買戻しを目的として取得または引き受けられるものである。デリバ
        ティブもトレーディング目的保有またはヘッジ目的の金融資産または金融負債に分類される。
         公正価値で測定されない金融資産には、ブローカーに対する一定の債権、申込受益証券未収入金お
        よび未収入金が含まれる。公正価値で測定されない金融負債には、ブローカーに対する一定の債務、
        買戻受益証券未払金、未払金および買戻可能参加受益証券から生じた金融負債が含まれる。
       ⅱ 認識および認識の中止

         サブ・ファンドは、金融資産および金融負債を、当該投資の契約条項の当事者となった日に認識す
        る。金融資産および金融負債の購入および売却は、取引日基準により認識される。金融資産または金
        融負債の公正価値の変動から生じる利得および損失は、取引日から包括利益計算書に計上される。
         投資からのキャッシュ・フローを受け取る権利が消滅した場合、またはサブ・ファンドが所有に係
        るリスクと経済価値のほぼすべてを移転した場合、金融資産の認識は中止される。
       ⅲ 公正価値測定の原則

         公正価値で測定される金融資産および金融負債は、IAS第39号およびIFRS第13号に従って評
        価される。金融資産および金融負債は、取引価格(公正価値)で当初計上され、その後、当初認識後
        の公正価値で測定される。公正価値で測定される金融資産または金融負債の公正価値の変動から生じ
        る利得および損失は、発生した期間に包括利益計算書において表示される。
         債権として分類される金融資産は、減損損失(存在する場合)控除後の原価で計上される。金融負
        債は、純損益を通じて公正価値で測定されるものを除き、原価で測定される。サブ・ファンドが発行
        した買戻可能受益証券から発生した金融負債は、買戻可能参加受益証券の受益者に帰属するサブ・
        ファンドの純資産(以下「純資産」という。)の残余金額に対する受益者の権利を示す買戻金額で計
        上される。
         公正価値とは、測定日時点で、市場参加者間の秩序ある取引において、資産を売却するために受け
        取るであろう価格または負債を移転するために支払うであろう価格をいう。活発な市場で取引される
        金融資産および金融負債(公開市場で取引されているデリバティブおよび売買目的有価証券等)の公
        正価値は、期末日の取引終了時点の市場相場価格に基づいている。
         すべての有価証券およびデリバティブの公正価値は、以下の方針に従って決定される。
      (ⅲ1)債券

                                109/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         社債から構成される債券は、ディーラーが提供する相場に基づき、または第三者の価格決定サービ
        スを使用して評価される。
      (ⅲ2)取引所に上場されている資産および負債

         普通株式および短期投資で構成される取引所で取引される金融投資の公正価値は、見積将来取引費
        用を控除しない期末日現在の市場相場価格に基づく。
      (ⅲ3)短期金融市場投資

         短期金融市場投資は、公正価値に近似する償却原価で評価される。
      (ⅲ4)集団投資スキームに対する持分

         集団投資スキームを含むオープン・エンド型投資ファンドに対する投資の公正価値は、それぞれの
        募集要項で概説されている該当ファンドの評価方針に従い、ファンドの管理事務代行会社が提供し
        た、公表された受益証券1口当たり純資産価格に基づく。
      (ⅲ5)デリバティブ

         デリバティブは、基礎となる商品、指数基準金利またはこれらの要素の組み合わせからその公正価
        値が派生する商品である。デリバティブ商品には、店頭(OTC)デリバティブと呼ばれる個々に交
        渉される契約の場合、またはデリバティブ商品が取引所に上場され取引されている場合がある。デリ
        バティブ契約は、特定の日に特定の条件で金融商品またはコモディティを購入または売却する、ある
        いは想定元本または契約上の金額に基づき金利の支払いの流れまたは通貨を交換する、将来のコミッ
        トメントを含む場合がある。
         デリバティブ契約は、公正価値で表示され、財政状態計算書において金融資産および金融負債とし
        て認識される。公正価値の変動により生じる利得および損失は、未実現利得/(損失)の変動の構成
        要素として包括利益計算書に反映される。実現利得または損失は、満期時または毎期のキャッシュ・
        フローの支払時に計上される。
                                110/272










                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (ⅲ5a)為替予約
         為替予約においては、サブ・ファンドは、将来期日に所定の価格で、別の通貨と引き換えに定めら
        れた量のある通貨を受け取るまたは提供することに同意している。同一の想定元本、決済日、取引相
        手先および純額決済権を有する為替予約の買建と売建は、通常相殺され(その結果、当該取引相手先
        との正味外貨ポジションはゼロになる。)、取引日に実現利得または損失が認識される。ノン・デリ
        バラブル・フォワード為替予約は外貨の受渡しを伴わず、取引相手先と現金で決済される。
         為替予約の公正価値は、該当する通貨が取引される主要通貨市場の営業終了時点で影響を受ける可
        能性がある、想定元本、通貨および満期が同一の新規の為替予約の価格に基づいている。その結果生
        じるすべての未実現利得および損失は包括利益計算書に計上される。
      (ⅲ6)すべての有価証券およびデリバティブ

         市場相場価格が第三者の価格決定サービスもしくはディーラーから入手可能でない場合、または相
        場が非常に不正確と考えられる場合、投資の公正価値は評価手法を使用して決定される。評価手法に
        は、最近の市場取引の使用、実質的に同一である別の投資の最新の公正価値の参照、割引キャッ
        シュ・フロー分析、または実際の市場取引において得られた信頼できる見積価格を提供するその他の
        手法が含まれる。
         このような有価証券およびデリバティブは、評価者によって決定される実現可能価額で評価されな
        ければならない。2017年9月30日および2016年9月30日終了年度における評価者は、ゴールドマン・
        サックス・アンド・カンパニー・エルエルシー(旧:ゴールドマン・サックス・アンド・カンパ
        ニー)であり、評価業務は投資運用部門(IMD)のコントローラーにより実施された。
         投資は、一定の見積りおよび仮定の使用を要求する一般に公正妥当と認められる会計原則に従って
        評価される。これらの見積りおよび仮定は、入手可能な最良の情報に基づいているが、実際の結果は
        これらの見積りと大きく異なることがある。
         2017年9月30日および2016年9月30日終了年度において、公正価値を決定するために評価者が利用
        された有価証券はない。
       ⅳ 公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替

         公正価値ヒエラルキーのレベル間で振替がある場合は、報告期間の期首に発生したものとみなされ
        る。
      (d )現金および現金同等物

        現金および現金同等物(一定額の現金に容易に換金可能で、価値変動リスクに重要性がない流動性の
       高い短期投資)は、定期預金および譲渡性預金を含み、公正価値に近似している償却原価で評価され
       る。
        譲渡性預金および定期預金は、短期で流動性が高く一定額の現金に容易に換金可能であり、価値変動
       リスクに重要性がないため、純損益を通じて公正価値で測定される金融資産から現金および現金同等物
       に組み替えられた。
                                111/272






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (e )ブローカーに対する債権/債務
        ブローカーに対する債権は、主としてサブ・ファンドの清算ブローカーおよび様々な取引相手先から
       受け取る現金および証拠金からなる。ブローカー/銀行に対する債務は、主としてサブ・ファンドの清
       算ブローカーおよび様々な取引相手先に支払う現金および証拠金からなる。ブローカーに対する債権/
       債務残高は取得原価で評価される。ブローカーに対する債権額およびブローカーに対する債務額は、サ
       ブ・ファンドのブローカー勘定において現金で決済される金額を表している。これらの残高は、清算機
       関とのスワップおよび先物取引に係る担保として保有する現金およびサブ・ファンドの先物決済業者に
       対して現金で支払う先物取引の証拠金に関連している。
        証拠金額はブローカーに対する債権/債務に含まれる。ブローカーに対する債権/債務がある場合
       は、2017年9月30日および2016年9月30日現在の財政状態計算書においてそれぞれ開示されている。
      (f )外貨換算

        外貨建取引は、取引日現在の実勢外国為替レートで換算される。外貨建のサブ・ファンドの資産およ
       び負債は、期末日現在の実勢外国為替レートでサブ・ファンドの機能通貨に換算される。
        換算により生じた外貨換算差額ならびに資産および負債の処分または決済に係る実現利得および損失
       は、包括利益計算書に認識される。純損益を通じて公正価値で測定される投資に関連する外貨換算利得
       または損失、および貨幣性項目(現金を含む。)に関連するその他のすべての外貨換算利得または損失
       は、包括利益計算書において投資に係る実現純利得/(損失)または投資に係る未実現利得/(損失)
       の純変動額に反映される。
      (g )買戻可能受益証券

        サブ・ファンドによって発行されたすべての買戻可能参加受益証券は、買戻日現在のサブ・ファンド
       の純資産に対する受益者の持分に比例する価値での現金による買戻しを求める権利を受益者に付与して
       いる。IAS第32号に従って、同一の特徴を有していない買戻可能参加受益証券は、財政状態計算書に
       おいて買戻金額の価値で金融負債として分類されている。サブ・ファンドは、募集要項に従って受益証
       券を買戻す契約上の義務がある。
      (h )買戻可能受益証券の受益者に対する支払分配金

        買戻可能参加受益証券の受益者に対して提案された分配金は、正式に承認され、投資顧問会社の裁量
       下ではなくなった時点で包括利益計算書に認識される。サブ・ファンドのプッタブル金融商品は負債と
       して分類されるため、分配金は包括利益計算書において財務費用として認識される。
     4.純損益を通じて公正価値で測定される金融資産および金融負債

       IFRS第13号の修正に基づく公正価値ヒエラルキーの3つのレベルは、以下の通りである。
      レベル1-同一の、制限のない資産または負債について、測定日現在入手可能な活発な市場における無調

            整の相場価格
      レベル2-活発でない市場における相場価格または重要なインプットが直接的もしくは間接的に観察可能
            な金融商品(類似する有価証券の相場価格、金利、外国為替レート、ボラティリティおよび信
            用スプレッドを含むがこれらに限定されない。)。これには、公正価値測定の決定における評
            価者の仮定を含む。
      レベル3-重要な観察可能でないインプット(公正価値測定の決定における評価者の仮定を含む。)が必
            要な価格または評価
                                112/272



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       公正価値測定が全体として区分される公正価値ヒエラルキーのレベルは、当該公正価値測定が全体とし
      て重要な最も低いレベルのインプットに基づいて決定されなければならない。この目的上、インプットの
      重要性は、公正価値測定全体に照らして評価される。公正価値測定が観察可能でないインプットに基づく
      重要な調整を必要とする観察可能なインプットを使用する場合、当該測定はレベル3の測定である。公正
      価値測定全体にとっての特定のインプットの重要性の評価は、資産または負債に固有の要因を考慮して判
      断することが必要である。
       2017年9月30日および2016年9月30日現在、純損益を通じて公正価値で測定される金融資産には、基礎
      となるファンドに対する投資が含まれており、上記の会計方針に従い公正価値で測定されている。基礎と
      なるファンドの受益証券は、公に取引されていない。このため、投資元のファンドから請求された場合に
      限り買戻しが行われ、また買戻しには募集要項に定められた所定の通知期間を設けなければならない。そ
      の結果、基礎となるファンドの帳簿価額は、買戻時に最終的に実現する価値を必ずしも表していない。
       基礎となるファンドに対する投資の公正価値は、主に、基礎となるファンドの管理事務代行会社からの
      報告による入手可能な直近の買戻価格に基づいている。投資元のファンドは、基礎となるファンドに対す
      る持分またはその基礎となる投資の流動性、提供された純資産額の評価日および買戻に係る制約を考慮し
      た上で、公正価値に対して修正を行う場合がある。
       以下の表は、前述の3つのレベルに分析された、公正価値で認識された金融資産および金融負債を表し
      ている。
      公正価値で測定される金融資産

      2017  年9月30日現在
                         2017年9月30日の公正価値測定
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計

                          (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)
      純損益を通じて公正価値で測定

      される金融資産
       投資ファンド                   207,683,139               -         -    207,683,139

       為替予約                        -       20,798            -       20,798

       合計                   207,683,139            20,798            -    207,703,937

      公正価値で測定される金融負債

      2017  年9月30日現在
                         2017年9月30日の公正価値測定
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計

                          (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)
      純損益を通じて公正価値で測定

      される金融負債
       為替予約                        -      760,937            -      760,937

       合計                        -      760,937            -      760,937

                                113/272




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      公正価値で測定される金融資産
      2016  年9月30日現在
                         2016年9月30日の公正価値測定
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計

                          (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)
      純損益を通じて公正価値で測定

      される金融資産
       投資ファンド                   284,953,988               -         -    284,953,988

       為替予約                        -     1,191,084             -     1,191,084

       合計                   284,953,988          1,191,084             -    286,145,072

      公正価値で測定される金融負債

      2016  年9月30日現在
                         2016年9月30日の公正価値測定
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計

                          (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)         (豪ドル)
      純損益を通じて公正価値で測定

      される金融負債
       為替予約                        -     2,738,157             -     2,738,157

       合計                        -     2,738,157             -     2,738,157

       2017年9月30日および2016年9月30日終了年度において、公正価値で計上された金融資産および金融負

      債について、公正価値ヒエラルキーのレベル1、レベル2およびレベル3の間での振替はなかった。
       公正価値で測定されていない財政状態計算書に含まれるその他の資産および負債の帳簿価額は、公正価
      値に近似しており、レベル2のインプットを使用して決定されている。
                                114/272









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     5.金融資産と金融負債の相殺
      デリバティブ
       サブ・ファンドは、契約上の権利をより明確にし、サブ・ファンドが取引相手先リスクを最小化するた
      めに有用な権利を確保するために、デリバティブ契約の相手先と国際スワップ・デリバティブ協会のマス
      ター契約(以下「ISDAマスター契約」という。)またはこれに類似する契約を締結する場合がある。
      ISDAマスター契約は、外国為替契約を含む店頭デリバティブを規定するもので、典型的には特に、債
      務不履行および/または終了事象が生じた場合の担保差入条件および相殺条項を含むサブ・ファンドと取
      引相手先との間の双務契約である。ISDAマスター契約の条項は、取引相手先の倒産または支払不能を
      含む債務不履行または類似事象が生じた場合に相殺額を一括清算すること(クローズアウト・ネッティン
      グ)を通常認めている。
       担保および証拠金の要件は、上場デリバティブと店頭デリバティブで異なっている。上場デリバティブ
      および中央清算されるデリバティブ(金融先物契約、オプションおよび中央清算スワップ)については、
      これらの種類の金融商品を規定する契約に従って、証拠金の要件がブローカーまたは清算機関によって設
      定される。ブローカーは、一定の状況下で最低金額を超える証拠金を求めることができる。店頭デリバ
      ティブ(外国為替契約、オプションおよび一定のスワップ)の場合、担保条件は契約により異なる。IS
      DAマスター契約に基づき取引されるデリバティブの場合、担保の要件は、通常、この契約に基づく各取
      引の時価を相殺し、当該金額をサブ・ファンドおよび取引相手先が現在差し入れている担保の価値と比較
      することにより計算される。さらに、サブ・ファンドは当初証拠金の形態で取引相手先に追加担保の差し
      入れを要求される場合があり、この条件の概要は店頭取引の確認書に記載されている。
       財務報告目的上、サブ・ファンドの債務を担保するために差し入れられた現金担保および取引相手先か
      ら受け取った現金担保がある場合には、ブローカーに対する債権/債務として財政状態計算書上で区分し
      て報告される。サブ・ファンドが差し入れた現金以外の担保がある場合は、投資明細表に記載される。通
      常、取引先からの受入担保または取引先に対する差入担保の金額は、取引の履行が求められる前に最低取
      引金額基準を超過していなければならない。契約上またはそれ以外の理由で、取引相手先に対するサブ・
      ファンドの債権金額が完全に担保されていない金額の範囲で、サブ・ファンドは、取引相手先の債務不履
      行による損失リスクを負担する。サブ・ファンドは、財政状態が良好であると考えられる取引相手先との
      み契約を締結し、これらの取引相手先の財政状態の安定性を監視することにより、取引相手先リスクの軽
      減に努めている。
       さらに、資産と負債の相殺および差入担保と受入担保の相殺は、ISDAマスター契約または類似の契
      約における相殺に係る契約条項に基づいている。しかし、取引相手先の債務不履行または支払不能が生じ
      た場合、裁判所は、特定の管轄区域の破産または支払不能に関する法律に基づく相殺権の強制に対する制
      限または禁止により、このような権利に法的強制力がないと決定することができる。
                                115/272








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     6.税金
       ケイマン諸島において、現在、法人税、所得税、キャピタル・ゲイン税、利益税またはサブ・ファンド
      の利益に適用されるその他の税金はない。また、ケイマン諸島には、贈与税、遺産税または相続税もな
      い。受託会社は、信託法(改訂済)第81条に従って、ケイマン諸島で今後制定される以下の法律、すなわ
      ち収益または資本資産、資本利得(キャピタル・ゲイン)もしくは資本増価益に対する税金(taxes                                                      or
      duty)、または遺産税もしくは相続税の性質の税金を課すいかなる法律も、マスター・トラストの設定日
      から50年間は、サブ・ファンドを構成する資産もしくはサブ・ファンドのもとで生じた収益に対して、ま
      たは当該資産もしくは収益に関して受託会社もしくは受益者に対して適用されない旨の保証を求めて、ケ
      イマン諸島の内閣長官に申請し当該保証を取得した。ただし、いずれかの期間にケイマン諸島に居住して
      いる、または住所を有している受益者(公益信託または権利の対象となる者、あるいはケイマン諸島で設
      立された免税または通常の非居住者である法人を除く)は、かかる保証が一切付されず、信託法の該当す
      る項が、ケイマン諸島に居住する、または住所を有する受益者を信託法において定める税金を課す法律か
      ら免除することはないものとして、かかる期間にすべての税金を負う責任を有する。
       サブ・ファンドは、ケイマン諸島以外の国々に拠点を置く事業体が発行する有価証券に対して投資して
      いる。これら国外の多くの国々には、サブ・ファンドのような非居住者にキャピタル・ゲイン税が適用さ
      れる可能性があることを示す税法が存在する。これらのキャピタル・ゲイン税は、一般的に申告納税方式
      での算定が求められるため、サブ・ファンドのブローカーから源泉徴収方式で控除されない場合がある。
       IAS第12号「法人所得税」に従って、関連する税務当局がすべての事実および状況を熟知していると
      仮定した場合に、外国の税法が同国を源泉とするサブ・ファンドのキャピタル・ゲインに対して税金負債
      の評価を求める可能性が高い場合には、サブ・ファンドは税金負債を認識する必要がある。
       また、税金負債は、報告期間の末日において制定されまたは実質的に制定されている税法および税率を
      使用して、関連する税務当局に納付されると予想される額で算定される。制定された税法をオフショアの
      投資ファンドに適用する方法が不明確な場合もある。これにより、サブ・ファンドによって最終的に税金
      負債が支払われるか否か不確実性が生じる。このため、不確実な税金負債を測定する際に、経営者は、支
      払可能性に影響を及ぼしうる、その時点で入手可能なすべての事実および状況(関連する税務当局の公式
      または非公式の慣行を含む。)を考慮する。
       2017年9月30日および2016年9月30日終了年度において、サブ・ファンドは外国のキャピタル・ゲイン
      税に関する不確実な税金負債ならびに関連する利息および罰金をゼロと測定した。これは経営者の最善の
      見積りを表しているが、依然として外国の税務当局がサブ・ファンドが獲得したキャピタル・ゲインに対
      する税金を徴収しようとするリスクがある。これは事前通告なく、遡及的に行われる可能性があり、サ
      ブ・ファンドに重要な損失をもたらす可能性がある。
     7.重要な契約および関連当事者

      (a )投資顧問会社および副投資顧問会社報酬
        投資顧問契約の条件に基づき、投資顧問会社は、該当する四半期末の最終営業日に決定されるサブ・
       ファンドの平均純資産額(該当する歴四半期の申込み、買戻しおよび分配調整後)の0.80%に相当する
       金額を四半期報酬(毎日発生し、四半期毎に算定され、後払いされる。)として、サブ・ファンドの資
       産から受け取る。また、投資顧問会社の同意を条件として、受託会社は、報酬を放棄させる権利、より
       多額のまたは少額の報酬を課す権利、投資顧問報酬の全部または一部を投資顧問会社の関係会社を含む
       受益者に払い戻す権利(投資顧問会社、受託会社および該当する受益者が同意した場合)を留保してい
       る。投資顧問報酬は、2017年9月30日および2016年9月30日終了年度の包括利益計算書においてそれぞ
       れ開示されている。
                                116/272




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        サブ・ファンドは、基礎となるファンドに投資を行っており、基礎となるファンドもまた、ヤラおよ
       びGSシンガポールの関連当事者である副投資顧問会社に投資顧問報酬を支払っている。サブ・ファン
       ドは、基礎となるファンドによって支払われた費用を間接的に負担している。以下の表は、基礎となる
       ファンドの報酬率を示しており、これは以下の通りである。
                                                      年間報酬率

            基礎となるファンド
                                                       (%)
         オーストラリア・エンハンスト・インカム・ファンドⅡ、クラスIO(Acc)

                                                       ゼロ
         豪ドル建受益証券
      (b )管理報酬

        ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(以下「MIBL」または「管理会社」
       という。)がサブ・ファンドの管理会社を務めている。
        MIBLは、ルクセンブルグ大公国において商業銀行として認可されており、金融セクター監督委員
       会(以下「CSSF」という。)によって規制される。同社は、株式会社東京銀行の過半数所有子会社
       として1974年4月11日にルクセンブルグで設立された有限責任会社である。
        管理会社は、サブ・ファンドの平均純資産額の0.05%に相当する金額を管理報酬(毎日発生し、四半
       期毎に後払いされる。)として、サブ・ファンドの資産から受け取る。2017年9月30日および2016年9
       月30日終了年度の管理報酬は、包括利益計算書においてそれぞれ開示されている。
      (c )管理事務代行報酬

        ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・アンド・カンパニー(以下「BBH」という。)がサブ・ファン
       ドの管理事務代行会社である。管理事務代行会社は、サブ・ファンドの代わりに一定の日常管理業務を
       行う。これには、サブ・ファンドの帳簿および記録の維持、純資産額の算定ならびにサブ・ファンドの
       費用の支払が含まれる。
        BBHへの報酬(資産に基づくもの、保管、取引、サービス提供およびその他に係る報酬を含む。)
       は、適宜投資顧問会社の合意を得た場合にサブ・ファンドの資産からのみ支払われる。さらに、月末時
       に、サブ・ファンドの有価証券は、取引種類別に区分され、報酬率が適用される。サブ・ファンドはこ
       の報酬を毎月後払いで支払う。
        月末の平均純資産に係る管理事務代行会社への年間報酬は、以下の表に基づきサブ・ファンドレベル
       で評価される。
       資産500百万米ドルまで                                 3.0ベーシス・ポイント

       資産500百万米ドル超10億米ドルまで                                 2.0ベーシス・ポイント

       資産10億米ドル超                                 1.5ベーシス・ポイント

        管理事務代行報酬は、豪ドルから米ドルに換算されている。

                                117/272





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        管理事務代行報酬は、2017年9月30日および2016年9月30日終了年度の包括利益計算書においてそれ
       ぞれ開示されている。
      (d )販売報酬

        グローバル販売会社は、該当する歴四半期における申込み、買戻しおよび分配を反映して調整したサ
       ブ・ファンドの平均純資産額の0.80%に相当する報酬を受け取る。当該報酬は日次で発生し、四半期毎
       に後払いされる。
        販売報酬は、2017年9月30日および2016年9月30日終了年度の包括利益計算書においてそれぞれ開示
       されている。
      (e )受託報酬

        ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・トラスト・カンパニー(ケイマン)リミテッドがサブ・ファンド
       の受託会社を務めている。受託会社は、信託宣言の条項に従って、サブ・ファンドの資産の全般的な監
       督責任を負っている。サブ・ファンドは、平均純資産額の0.01%に相当する金額を報酬として毎月後払
       いで受託会社に対して支払う。
        受託報酬は、2017年9月30日および2016年9月30日終了年度の包括利益計算書においてそれぞれ開示
       されている。
      (f )保管報酬

        受託会社は、サブ・ファンドの資産の保管に関する責任をBBHに委任している。保管会社は、制限
       を受けることなく、保管、現金および有価証券の預託に関する通常業務を行う。有価証券の保管に係る
       報酬は月毎に課される。月末時に、サブ・ファンドの有価証券は、発行地の国別に区分される。各有価
       証券に関して米ドル相当の公正価値が算定され、発行地の国別に報酬率が適用される。
        保管報酬は、2017年9月30日および2016年9月30日終了年度の包括利益計算書においてそれぞれ開示
       されている。
      (g )代行協会員報酬

        ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社は、サブ・ファンドの日本における代行
       協会員を務め、サブ・ファンドの平均純資産額の0.03%を請求している。
        代行協会員報酬は、2017年9月30日および2016年9月30日終了年度の包括利益計算書においてそれぞ
       れ開示されている。
      (h )名義書換事務代行報酬

        BBHは、サブ・ファンドの名義書換事務代行会社を務めている。サブ・ファンドは、平均純資産額
       の0.01%に相当する金額を毎月後払いで名義書換事務代行会社に対して報酬として支払う。
        名義書換事務代行報酬は、2017年9月30日および2016年9月30日終了年度の包括利益計算書において
       それぞれ開示されている。
                                118/272






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     8.買戻可能参加受益証券
      クラス                  発行価格                  初回申込最低金額

      豪ドル                  10豪ドル                  100豪ドル

      円(ヘッジ対象)                  10,000円                  10,000円

      米ドル                  10米ドル                  100米ドル

       受益証券は、各営業日の該当クラスの受益証券1口当たり純資産価格で販売される。

       受益証券は、受益者の選択で募集要項の条件に従った通知を行うことにより買戻し可能である。受益証
      券は、適用される買戻日の営業終了時の該当クラスの受益証券1口当たり純資産価格で買戻される。ただ
      し、投資顧問会社が自己の裁量で、当該買戻しに関連して発生した費用をこの金額から減額できるものと
      されている。
       また、マスター・ファンドの受益証券も、受益者の選択で募集要項の条件に従った通知を行うことによ
      り買戻し可能である。
       2017年9月30日および2016年9月30日現在、当該サブ・ファンドの受益者は、管理会社の関連当事者で
      ある三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社およびSMBC日興証券株式会社の2社である。
       以下は、当該サブ・ファンドの受益証券の変動の要約である。
                                      受益証券口数

                                       円クラス

                          豪ドルクラス                        米ドルクラス
                                     (ヘッジ対象)
      2015  年9月30日現在残高                     18,210,794             1,154,060            10,012,346

      買戻可能参加受益証券の申込み                        2,448,770              44,419          2,126,239

                             (4,511,291)             (612,106)           (3,240,230)

      買戻可能参加受益証券の買戻し
                             16,148,273              586,373           8,898,355

      2016  年9月30日現在残高
      買戻可能参加受益証券の申込み                        2,246,158             120,877           1,405,391

                             (5,373,105)             (212,637)           (5,506,633)

      買戻可能参加受益証券の買戻し
                             13,021,326              494,613           4,797,113

      2017  年9月30日現在残高
                                119/272







                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     9.受益証券1口当たり純資産価格
       発行または買戻される買戻可能参加受益証券に関する受取対価または支払対価は、取引日現在のサブ・
      ファンドの買戻可能参加受益証券1口当たり純資産価格に基づく。
       サブ・ファンドの各発行済受益証券クラスの純資産額および受益証券1口当たり純資産価格は以下の通
      りである。
                      2017  年9月30日                    2016  年9月30日

                          受益証券1口当たり                       受益証券1口当たり

      受益証券クラス
                  純資産額                       純資産額
                          純資産価格                       純資産価格
      豪ドルクラス         117,233,899豪ドル             9.003223豪ドル          143,789,733豪ドル             8.904341豪ドル

      円クラス

                51,924,523豪ドル             9,271.023048円          68,764,149豪ドル             9,087.636656円
      (ヘッジ対象)
      米ドルクラス          40,372,312豪ドル             6.593904米ドル          74,306,303豪ドル             6.390271米ドル

     10 .分配金

       分配は投資顧問会社の選択により行われ、2017年9月30日および2016年9月30日終了年度における分配
      金宣言額および支払額は、包括利益計算書において開示されており、買戻可能参加受益証券の受益者に帰
      属する純資産が金融負債として分類されている。受益者へ分配を行うことにより、サブ・ファンドの受益
      証券1口当たり純資産価格は減少するが、受益者1人当たり受益証券口数に相応する変動は生じない。こ
      れにより受益者によるサブ・ファンドに対する投資総額は減少する。さらに、サブ・ファンドの営業によ
      る純利益/(損失)累計額を超過する分配金が1会計年度内に支払われた場合、分配金の一部は資本の払
      い戻しとなる。
     11 .金融投資および関連リスク

       サブ・ファンドの投資活動により、マスター・ファンドが投資する金融投資および市場に関連する様々
      な種類のリスクにサブ・ファンドはさらされている。これらはデリバティブおよびデリバティブ以外の金
      融投資の両方の場合がある。サブ・ファンドの投資ポートフォリオは、期末現在において単一の基礎とな
      るファンドおよびデリバティブ投資で構成されている。受託会社はサブ・ファンドの投資リスクを管理す
      るために、副投資顧問会社を任命した。サブ・ファンドがさらされている重要な金融リスクの種類は市場
      リスク、流動性リスクおよび信用リスクである。募集要項には、これらのリスクおよびその他の種類のリ
      スクの詳細が記載されており、当財務書類においては提供されていない情報も含まれている。
       資産配分は、注記2に詳述された投資目的を達成するため、資産配分を管理するサブ・ファンドの副投
      資顧問会社によって決定される。投資目的の達成にはリスクを伴う。副投資顧問会社は、投資意思決定を
      行う際には、分析、調査およびリスク管理手法に基づき判断を行う。ベンチマークおよび/または目標と
      する資産配分からの乖離ならびにポートフォリオの構成は、サブ・ファンドのリスク管理方針に従って監
      視される。
                                120/272






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       同一の基礎となるファンドに対して複数の投資ビークルが投資を行うという状況は、投資家に一定の特
      有のリスクを与えている。サブ・ファンドは、同一の基礎となるファンドに対して投資を行う他の事業体
      の行動により、著しく影響を受ける可能性がある。例えば、基礎となるファンドの他の受益者が、持分の
      一部または全部を換金する場合、当該サブ・ファンドに比例配分される営業費用が増加し、その結果、リ
      ターンが減少する可能性がある。同様に、基礎となるファンドの他の受益者が換金を行うことにより、基
      礎となるファンドの分散度合いが低下し、その結果、ポートフォリオ・リスクが増加する可能性がある。
      基礎となるファンドは、一部の直接もしくは間接の投資家に係る規制上の制限またはその他の理由によ
      り、その投資活動を制限したり、一定の商品に対する投資ができない場合があり、このことが、基礎とな
      るファンド(ひいてはサブ・ファンド)のパフォーマンスに不利な影響を及ぼす可能性がある。
       サブ・ファンドに関連して採用したリスク管理方針は、以下に詳述されている。
      (a )市場リスク

        サブ・ファンドの投資ポートフォリオの公正価値の変動可能性は市場リスクと呼ばれている。一般的
       に利用される市場リスクの種類には、通貨リスク、金利リスクおよびその他の価格リスクが含まれてい
       る。
       ・ 通貨リスク      は、直物為替相場、先物為替相場および為替相場のボラティリティの変動に対するエクス
        ポージャーから生じる可能性がある。
       ・ 金利リスク      は、様々なイールドカーブの水準、傾斜および曲率の変化、金利のボラティリティ、モー
        ゲージの期限前償還率ならびに信用スプレッドの変動に対するエクスポージャーから生じる可能性が
        ある。
       ・ その他の価格リスク           は、通貨リスクまたは金利リスクから生じる変動以外の市場価格の変動の結果と
        して投資の価値が変動するリスクであり、個々の株式、株式バスケット、株式指数およびコモディ
        ティの価格およびボラティリティの変動に対するエクスポージャーから生じる可能性がある。
        市場リスクに関する戦略は、サブ・ファンドの投資リスクおよび目標リターンによって決定される。
        市場リスクは、リスク・バジェッティング方針の適用を通じて管理されている。副投資顧問会社は、
       リスク・バジェッティングのフレームワークを使用して、トラッキング・エラーと一般に呼ばれる適切
       なリスク目標を決定する。
        ゴールドマン・サックスの市場リスク分析グループ(以下「IMD MRA」という。)は、副投資
       顧問会社が取った市場リスクを独立して監視、分析および報告する責任を負っている。IMD MRA
       は、感応度の測定およびトラッキング・エラーを含む市場リスクを監視するため多数のリスク測定基準
       を使用している。
        報告日現在のサブ・ファンドの投資ポートフォリオの詳細は、投資明細表に開示されている。個々の
       債券、株式、集団投資スキームおよびデリバティブ投資はすべて、個別に開示されている。
      ( ⅰ)通貨リスク

         ポートフォリオの各通貨クラスは、それぞれの関係通貨に対するヘッジを追求する(以下で説明す
        る米ドルクラスを除く)。これは、クラス・ヘッジと呼ばれる。さらに、受益者が受益者自身の法域
        の自国通貨以外のクラス通貨に関してヘッジを行うヘッジ対象クラスの受益証券に投資する場合、当
        該受益者は当該クラスの通貨が自国通貨に対して価値が下がるという重要なリスクにさらされる。
                                121/272





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         関連するクラスの通貨に対するヘッジは、必ずしも完全ではなく、各通貨クラスは、当該受益証券
        が発行された通貨の為替変動の影響を受ける可能性がある。
         サブ・ファンドの資産は豪ドル建であるため、米ドルクラスの価値は、本来のパフォーマンスにか
        かわらず、米ドル/豪ドルの為替レートに応じて変動する。
         原則として、米ドルクラスを除くサブ・ファンドの各クラスは各クラスの通貨に対してヘッジされ
        ている。通貨クラスの代わりにサブ・ファンドが行ったヘッジ活動に関するヘッジ利得および損失
        は、それぞれの通貨クラスにのみ配分される。
         サブ・ファンドは、金融投資に投資し、機能通貨以外の通貨建ての取引を行うことができる。その
        結果、サブ・ファンドは、サブ・ファンドの機能通貨以外の通貨建ての資産または負債部分の価値に
        悪影響が生じる形で、機能通貨の換算レートがその他の外国通貨に対して変動するリスクにさらされ
        る可能性がある。機能通貨以外の通貨建ての投資が詳細にリストアップされたサブ・ファンドの投資
        明細表を参照のこと。2017年9月30日および2016年9月30日現在、ほぼすべての豪ドル以外の通貨建
        ての投資は豪ドルに対してヘッジされていた。これは、ポートフォリオ・ヘッジと呼ばれる。
         投資家が、投資しているサブ・ファンドの基準通貨と異なる通貨の受益証券クラスに対して投資す
        る場合、投資家の通貨リスクは、サブ・ファンドの通貨リスクとは異なる。
         2017年9月30日および2016年9月30日現在、サブ・ファンドは重要な通貨リスク・エクスポー
        ジャーを有していなかった。
         ファンドの純利益合計への影響はないものの、米ドルクラスの価値は、米ドル/豪ドルの為替レー
        トに応じて変動する。そのため、米ドルの15%の上昇/下落は、それぞれの米ドルクラスの純資産に
        +/-15%の影響を与えるが、その他のクラスには影響を与えない。
         2017年9月30日および2016年9月30日現在、サブ・ファンドには、ヘッジを含む純資産額の+/-
        5%超の通貨の集中はなかった。
                                通貨の集中                 通貨の集中

        通貨                       2017  年9月30日              2016  年9月30日

        円                               24.84%                 24.12%

         マスター・ファンドに関しては、2017年9月30日および2016年9月30日現在、ヘッジを含む純資産

        額の5%超の通貨の集中があった。
      ( ⅱ)金利リスク

         サブ・ファンドは、マスター・ファンドの投資に対する間接的なエクスポージャーを通じて、固定
        利付証券および社債に投資できる。特定の有価証券に関連する金利の変動により、副投資顧問会社
        は、契約終了時または有価証券の売却時に類似水準のリターンを確保することができなくなる可能性
        がある。また、現行の金利の変動または将来の予測金利の変動により、保有する有価証券の価値が増
        加または減少する可能性がある。一般に、金利が上昇した場合、固定利付証券の価値は下落する。通
        常、金利の下落はその逆の影響をもたらす。
         サブ・ファンドは、マスター・ファンドの投資に対する間接的なエクスポージャーを通じて、希望
        する通貨建ての固定利付商品、変動利付商品またはゼロ金利商品に投資できる。
         2017年9月30日および2016年9月30日現在、サブ・ファンドは重要な直接的な金利リスク・エクス
        ポージャーを有していなかった。しかし、サブ・ファンドはマスター・ファンドの投資ポートフォリ
        オを通じて間接的な金利エクスポージャーを有していた。
                                122/272



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         サブ・ファンドの金融資産および金融負債の金利プロファイルは以下の通りである。
        2017  年9月30日現在

                         1年以内      1年超5年以内         5年超       無利息        合計
        資産
        現金および現金同等物                  4,125,099           -       -      6,890     4,131,989
        トレーディングおよび/または
                              -       -       -   207,703,937       207,703,937
        ヘッジ目的保有金融資産
        投資売却未収入金                     -       -       -     258,521       258,521
        その他の資産                     -       -       -    1,292,452       1,292,452
        資産合計                  4,125,099           -       -   209,261,800       213,386,899
        負債

        トレーディングおよび/または
                              -       -       -     760,937       760,937
        ヘッジ目的保有金融負債
        投資購入未払金                     -       -       -    1,303,000       1,303,000
        その他の負債                     -       -       -    1,792,228       1,792,228
        受益者に帰属する純資産を除く負
                              -       -       -    3,856,165       3,856,165
        債合計
        2016  年9月30日現在

                         1年以内      1年超5年以内         5年超       無利息        合計
        資産
        現金および現金同等物                  4,803,373           -       -       -    4,803,373
        トレーディングおよび/または
                              -       -       -   286,145,072       286,145,072
        ヘッジ目的保有金融資産
                                                1,360,498       1,360,498
        投資売却未収入金                     -       -       -
                                                 902,880       902,880
        その他の資産                     -       -       -
                                               288,408,450
        資産合計                  4,803,373           -       -          293,211,823
        負債

        トレーディングおよび/または
                                                2,738,157       2,738,157
                              -       -       -
        ヘッジ目的保有金融負債
                                                 905,229       905,229
        投資購入未払金                     -       -       -
                                                2,708,252       2,708,252
        その他の負債                     -       -       -
        受益者に帰属する純資産を除く負
                                                6,351,638       6,351,638
                              -       -       -
        債合計
                                123/272





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         マスター・ファンドの金融資産および金融負債の金利プロファイルは、以下の通りである。
        2017  年9月30日現在

                         1年以内      1年超5年以内         5年超       無利息        合計
        資産
        トレーディングおよび/または
                         171,595,715        15,196,377        7,421,562       2,855,823      197,069,477
        ヘッジ目的保有金融資産
        資産合計                 171,595,715        15,196,377        7,421,562       2,855,823      197,069,477
        負債

        トレーディングおよび/または
                              -       -       -       -       -
        ヘッジ目的保有金融負債
        受益者に帰属する純資産を除く負
                              -       -       -       -       -
        債合計
        2016  年9月30日現在

                         1年以内      1年超5年以内         5年超       無利息        合計
        資産
        トレーディングおよび/または
                         240,175,793        35,068,544        6,807,513       4,139,739      286,191,589
        ヘッジ目的保有金融資産
                         240,175,793        35,068,544        6,807,513       4,139,739      286,191,589
        資産合計
        負債

        トレーディングおよび/または
                              -       -       -       -       -
        ヘッジ目的保有金融負債
        受益者に帰属する純資産を除く負
                              -       -       -       -       -
        債合計
      ( ⅲ)その他の価格リスク

         その他の価格リスクは、個々の投資もしくは発行体に固有の要因、または市場で取引される金融投
        資に影響を与えるその他の要因によって引き起こされるかにかかわらず、通貨リスクまたは金利リス
        ク以外から生じる市場価格の変動の結果として金融投資の価値が変動するリスクである。
         サブ・ファンドの金融投資は公正価値で計上され、公正価値の変動は包括利益計算書に計上される
        ため、すべての市況の変動が買戻可能参加受益証券の受益者に帰属する純資産に直接的に影響を与え
        る。
         当サブ・ファンドの集団投資スキーム/ミューチュアル・ファンドに対する投資は、該当ファンド
        の目論見書に要約されている評価方針に従って、基礎となるファンドにより提供される純資産額に基
        づいている。ミューチュアル・ファンドの資産は、一般的に独立の第三者である管理事務代行会社ま
        たはその他のサービス提供者により評価されると推測されるが、ミューチュアル・ファンドの一定の
        有価証券またはその他の資産には、容易に確認できる市場価格がない状況がありうる。そのような状
        況下では、該当するミューチュアル・ファンドの管理会社が当該有価証券または商品を評価すること
        が必要となる可能性がある。
                                124/272




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         以下のサブ・ファンドに関する分析は、基礎となるファンドの投資に対する間接的なエクスポー
        ジャーに基づき表示されている。
         感応度のパーセンテージは、為替相場をより適切に反映するために当期において変更されている。
                          10 %の価格変動が                  15 %の価格変動が

                         純資産額に与える影響                   純資産額に与える影響
                      2017  年9月30日       2017  年9月30日       2016  年9月30日       2016  年9月30日

                         上昇          下落          上昇          下落
        銀行                  3.2%         (3.2%)          5.6%         (5.6%)

        保険                  0.9%         (0.9%)          1.0%         (1.0%)

        ホテル、モーテル、旅

                           0.8%         (0.8%)          0.8%         (0.8%)
        館およびカジノ
        ファンド                  0.7%         (0.7%)            -          -

        金融                  0.5%         (0.5%)          2.4%         (2.4%)

        石油およびガス                    -          -        1.2%         (1.2%)

        その他                  2.4%         (2.4%)          3.4%         (3.4%)

        ポートフォリオ合計                  8.5%         (8.5%)          14.4%         (14.4%)

      ( ⅳ)感応度分析の限界

         上記の感応度分析には以下のいくつかの限界が含まれている。
        ・当該分析は過去のデータに基づくものであり、将来の市場価格の変動、市場間の相関関係および市
         場の流動性水準が過去の傾向と無関係の可能性があることを考慮できない。
        ・当該分析は、明確で正確な数値というよりは相対的なリスクの見積りである。
        ・当該分析は仮説上の結果を表すものであり、予測を意図するものではない。
        ・将来の市況は過去の実績と大きく異なる可能性がある。
      (b )流動性リスク

        流動性リスクとは、サブ・ファンドが、現金またはその他の金融資産の引き渡しにより決済される金
       融負債に関する債務の履行において困難に直面するリスクである。特に流動性が低下する可能性がある
       のは、担保付および/または無担保の資金調達源を確保できない場合、資産を売却できない場合、予測
       できない現金または担保の流出が起きた場合、取引先や主要なブローカーの条件・約款違反が起きた場
       合である。このような状況は、一般市場の混乱、あるいはサブ・ファンドまたは第三者に影響を与える
       運用上の問題など、サブ・ファンドの管理外の出来事により発生する可能性がある。また、資産の売却
       能力は、他の市場参加者が同時期に類似の資産を売却しようとする場合に低下する可能性がある。
        サブ・ファンドの金融資産および金融負債には、店頭で取引されるデリバティブ契約に対する投資
       (これは、組織化された公開市場では取引されておらず、流動性が低い場合がある。)および発行規模
       の相当な割合を占める商品に対する投資が含まれている。その結果、サブ・ファンドは、要求に応じる
       ため、または特定の発行体の信用力の悪化のような特定の事象に対応するために、これらの投資を公正
       価値に近い金額で迅速に現金化できない可能性がある。投資ポジションの強制的な現金化を行うことに
       より財務的損失が生じる可能性がある。
        サブ・ファンドの投資には、集団投資スキームが含まれている。集団投資スキームは、サブ・ファン
       ドの買戻制限よりも厳しい買戻制限が課されている場合がある。これは、サブ・ファンドが受益者に対
       して認めるよりも少ない頻度でしか買戻日を認めない場合があることを含む。
                                125/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        サブ・ファンドは、受益証券の申込みおよび買戻しを行っているため、募集要項の条件に従った受益
       者の買戻しに関連する流動性リスクにさらされている。サブ・ファンドの募集要項は日々の受益証券の
       申込みおよび買戻しについて規定している。
        サブ・ファンドの受益証券の大量の買戻しの場合には、サブ・ファンドは買戻しのための現金を調達
       するために、他の望ましい方法よりも迅速に投資の現金化を要求される可能性があるが、サブ・ファン
       ドは、通常の流動性要求を満たすのに十分な流動性投資を含めるよう管理されている。買戻しに対応す
       るためにより多くの流動性資産が売却される場合には、これらの要因は、買戻受益証券の価値、流通し
       ている受益証券の評価およびサブ・ファンドの残りの資産の流動性に悪影響を与える可能性がある。
        受託会社は、一定の状況下で買戻しを制限または一時中止する場合がある。これには、純資産額の算
       定が一時中止された場合、買戻しの要求に応じるためにトラストの資産の一部または全部を処分するこ
       とが、受託会社の合理的な意見では受益者に不利益をもたらすと見込まれる場合、または受託会社の管
       理の及ばない異常な状況下にある場合を含むが、これらに限定されない。受託会社は、すべての買戻し
       に関して投資顧問会社と協議の上で、IFRSによって留保が要求されていない場合でも、買戻金額か
       ら、費用、負債または偶発事象に関する金額を留保することができる。
        2017年9月30日および2016年9月30日現在、負債の金額はすべて、3ヶ月以内に返済期限を迎える。
        2017年9月30日現在、為替予約に係るインフロー総額およびアウトフロー総額は、それぞれ
       55,397,101豪ドルおよび56,137,240豪ドルであった。
        2016年9月30日現在、為替予約に係るインフロー総額およびアウトフロー総額は、それぞれ
       223,092,758豪ドルおよび224,639,831豪ドルであった。
        為替予約は通常、純額で決済される。
        資金調達契約には、デリバティブ取引が含まれている。
        レバレッジド・ポジションに関して利用可能な資金調達の満期または終了、レバレッジド・エクス
       ポージャーの公正価値の変動に関する担保差入れ要求、またはサブ・ファンドの資金調達契約の担保掛
       目その他の条件の変更により、サブ・ファンドの流動性の利用およびレバレッジド・ポジションの維持
       能力に悪影響が生じる可能性があり、サブ・ファンドに重要な損失が発生する可能性がある。サブ・
       ファンドは、投資能力の増加、営業費用の手当または取引の決済を含む、あらゆる目的のため、借入を
       行うことまたはその他の形式のレバレッジ(担保付および無担保)を利用することができる。しかし、
       レバレッジを得るこのような契約が利用可能な保証はなく、レバレッジが利用可能だとしてもサブ・
       ファンドが受入可能な契約条件で利用可能な保証はない。また、景気の悪化により、資金調達コストの
       増加や資本市場の利用制限が生じたり、貸出人がサブ・ファンドへの貸出を延長しない決定をする可能
       性がある。
        また、レバレッジの利用により、買戻可能参加受益証券の受益者に帰属するサブ・ファンドの純資産
       の公正価値のボラティリティの影響が拡大することでリスクが増加する。
        サブ・ファンドの資産の市場価値の下落により、これらの資産の市場価値を担保に借入を行っている
       場合には、特別な悪影響が生じる可能性がある。これらの資産の市場価値の下落により、サブ・ファン
       ドに対して貸出人(デリバティブの契約相手先を含む。)が追加担保の差入や、サブ・ファンドの最善
       の利益にならない場合でも資産の売却を要求する可能性がある。
                                126/272






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (c )信用リスク
        信用リスクとは、金融投資の一方の当事者が債務を履行できないために、もう一方の当事者に財務的
       損失が生じるリスクである。
        副投資顧問会社は、取引相手先またはサブ・ファンドの発行体との取引に関連する信用リスクを軽減
       する手続を採用している。取引を行う前に、副投資顧問会社またはその関連当事者は、当事者、その事
       業および風評の信用分析を実施することにより信用力と風評の両方を評価する。その後、承認された取
       引相手先または発行体の信用リスクは、継続的に監視される(必要に応じた財務書類および中間財務書
       類の定期的調査を含む。)。
        信用損失に対するエクスポージャーを軽減するために、サブ・ファンドが締結した一部の店頭デリバ
       ティブ契約は、当該契約に基づき生じた取引の相殺を認めている(直物為替契約のみを行う取引相手先
       との契約を除く。)。当該相殺権により資産と負債の報告額は相殺されていないが、債務不履行事由ま
       たは終了事由が生じた場合には、当該契約に基づき取引相手先とのすべての店頭取引が終了し、当該取
       引相手先に対する債権額と債務額は純額ベースで清算されるため、当該相殺権により、評価益が出てい
       る単一の取引相手先との店頭取引に係る信用リスクは、評価損が出ている同一の取引相手先との店頭取
       引額まで軽減される。
        債券は、発行体または保証会社がその債務に係る元本および利息を支払えないリスクにさらされてお
       り、また、金利感応度、発行体の信用度に関する市場の認知および一般市場の流動性などの要因による
       価格のボラティリティにさらされている。
        サブ・ファンドは、支払不能、運営、清算または保管会社もしくは副保管会社/受託会社の債権者に
       よるその他の法的保護(以下「支払不能」という。)に関連する多くのリスクにさらされている。これ
       らのリスクは以下を含むがこれらに限定されない。
       ⅰ 保管会社と副保管会社/受託会社の両方の段階において顧客の資金として取り扱われていない、保

         管会社または副保管会社/受託会社が保有するすべての現金(以下「顧客資金」という。)を失う
         こと。
       ⅱ 保管会社または副保管会社/受託会社が、サブ・ファンドと合意した手続き(存在する場合)に
         従って顧客資金として取り扱うことを怠っていたすべての現金を失うこと。
       ⅲ 適切に分離処理がされていないため保管会社と副保管会社/受託会社の両方の段階において識別さ
         れていなかった、サブ・ファンドが保有する有価証券(以下「トラスト資産」という。)または保
         管会社または副保管会社/受託会社が保有する顧客資金の一部または全部を失うこと。
       ⅳ 保管会社もしくは副保管会社/受託会社による誤った口座管理を原因として、または、支払不能の
         管理費用を支払うための控除を含む、関連するトラスト資産ならびに/もしくは顧客資金の識別お
         よび振替のプロセスを原因として、一部または全部の資産を失うこと。
       ⅴ 残高の振替の受領および関連する資産に対する支配の再取得が長期間遅れることにより生じる損
         失。
        支払不能は、サブ・ファンドの投資活動に深刻な混乱を引き起こす可能性がある。状況によっては、

       これにより、投資顧問会社が純資産額の計算および受益証券の取引を一時的に中断する場合がある。
        受託会社が保有する現金は、受託会社の現金と一緒にプールされる場合があり、受託会社が支払不能
       となった場合には、サブ・ファンドは、その現金に関して受託会社の一般債権者と同順位になる可能性
       がある。保管会社が保管する現金以外の資産は分別管理されており、プールされることはないため、支
       払不能となった場合でも受託会社のその他の債権者は当該資産を利用できない。また、受託会社は、一
       定の資産をサブ・ファンドの代わりに保管する副保管会社を任命することができる。副保管会社が破産
       または支払不能となった場合、それらの資産に関するサブ・ファンドの権利は、据置き、制限または縮
       小される可能性がある。
        2017年9月30日および2016年9月30日現在ならびに同日終了年度において、受託会社は、サブ・ファ
       ンドの現金、投資またはその他の資産を保有しなかった。
                                127/272


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        2017年9月30日および2016年9月30日現在、以下の金融資産(デリバティブ金融資産、現金および現
       金同等物ならびにその他の債権に対する投資)が信用リスクにさらされていた。金融資産の帳簿価額
       は、報告日現在の取引相手先の信用リスクに対する最大エクスポージャーを最も良く反映している。
        報告日現在の信用リスクに対する最大エクスポージャーは以下の通り分析できる。
                               2017  年9月30日               2016  年9月30日

       金融商品の種類
                                (豪ドル)                 (豪ドル)
                                                      4,803,373

       現金および現金同等物                              4,131,989
                                                      1,191,084

       為替予約                                20,798
                                                      1,360,498

       投資売却未収入金                                258,521
                                                        902,390

       申込受益証券未収入金                              1,292,437
                                                          490

       その他の資産                                   15
                                                      8,257,835

       合計                              5,703,760
        オープン・エンド型の投資会社および上場株式投資は、直接的な信用リスクにさらされていないた

       め、上記の表に含まれていない。
        サブ・ファンドは、発行体の信用リスクに対する以下のエクスポージャーにさらされている。

                               2017  年9月30日               2016  年9月30日

       格付
                                 (%)                 (%)
       格付なし                               100.00                 100.00

       合計                               100.00%                 100.00%

        マスター・ファンドは、マスター・ファンドの市場価額合計に対する割合として、発行体の信用リス

       クに対する以下のエクスポージャーにさらされている。
                                128/272









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
               &