株式会社すかいらーく 有価証券報告書 第7期(平成29年1月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第7期(平成29年1月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社すかいらーく

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年3月30日
      【事業年度】                    第7期(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
      【会社名】                    株式会社すかいらーく
      【英訳名】                    SKYLARK    CO.,LTD
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長兼社長  谷 真
      【本店の所在の場所】                    東京都武蔵野市西久保一丁目25番8号
      【電話番号】                    0422(51)8111
      【事務連絡者氏名】                    財務本部経理グループディレクター  鳥居 広嗣
      【最寄りの連絡場所】                    東京都武蔵野市西久保一丁目25番8号
      【電話番号】                    0422(51)8111
      【事務連絡者氏名】                    財務本部経理グループディレクター  鳥居 広嗣
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/154













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
       (はじめに)
        当社(実質的な事業運営主体)は、1962年4月4日に総合食品小売業のチェーン展開を目指して設立されたこと
       ぶき食品有限会社を前身としております。ことぶき食品有限会社の事業を承継した旧すかいらーく②(下記(1)に定
       義します。以下同じです。)は、「株式会社すかいらーく」としてファミリーレストランを展開しておりましたが、
       2006年9月に、マネジメント・バイアウトを行って東京証券取引所市場第一部の上場を廃止いたしました。その後、
       株式会社BCJホールディングス5(現在の当社)は、2014年7月1日付で、旧すかいらーく②の事業を承継した旧す
       かいらーく④(下記(3)に定義します。以下同じです。)を吸収合併し、同日に株式会社すかいらーくに商号変更
       し、現在に至っております。
        ことぶき食品有限会社の設立から現在に至るまでの沿革は、以下のとおりです。
        なお、現在の当社が営むレストラン事業の実質的な運営主体は、下記(1)乃至(4)のとおり、ことぶき食品有限
       会社、旧すかいらーく①(下記(1)に定義します。以下同じです。)、旧すかいらーく②、旧すかいらーく③(下記
       (2)に定義します。以下同じです。)及び旧すかいらーく④を経て、現在は当社となっております(注)。そのた
       め、本書においては、特段の記載がある場合又は文脈上明らかに異なる場合を除き、「当社」及び「当社グループ」
       とは、それぞれ、その時々におけるレストラン事業の運営主体である上記の各法人、及び、上記の各法人並びにその
       子会社及び関連会社を指します。
       (注)当社は2015年9月17日開催の取締役会において、会社分割の方式により持株会社体制へ移行するため、分割準
          備会社として株式会社すかいらーくレストランツ(旧社名:すかいらーく分割準備株式会社)を設立するとと
          もに、2016年1月1日を効力発生日として、当社が営むレストラン事業に関する権利義務の一部を、吸収分割
          により、株式会社すかいらーくレストランツに承継させることを決議し、2016年1月1日付で当該決議に基づ
          き当社のレストラン事業を株式会社すかいらーくレストランツに承継いたしました。
       (1)ことぶき食品有限会社の設立

         1962年4月4日に総合食品小売業のチェーン展開を目指して設立されたことぶき食品有限会社は、わが国におけ
       る新しいフードサービス事業の可能性に着目し、1969年7月17日付で、株式会社ことぶき食品に組織変更し、ファ
       ミリーレストラン事業を開始いたしました。
         同社は、1970年7月に開店したファミリーレストラン第1号店(国立店)の成功により、同社の事業をファミ
       リーレストラン事業に本格的に転換することを決意し、1974年11月に「株式会社すかいらーく」に商号を変更して
       ファミリーレストランを展開していきました(以下、当該法人を「旧すかいらーく①」といいます。)。
         旧すかいらーく①は、株式の額面金額を50円に変更することを目的として、1977年1月1日付で、株式会社すか
       いらーく(1948年3月15日に設立された三恵製菓株式会社が、1974年10月に「株式会社すかいらーく」に商号変更
       したもの。以下当該法人を「旧すかいらーく②」といいます。)に吸収合併され、旧すかいらーく②は、1978年7
       月に、日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録されるに至りました。
         旧すかいらーく②の株式上場の推移は、次のとおりであります。
            1978年7月 日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録
            1982年8月 東京証券取引所市場第二部に株式上場
            1984年6月 東京証券取引所市場第一部に指定
            2006年9月 東京証券取引所市場第一部上場廃止
       (2)SNCインベストメント株式会社による旧すかいらーく②株式の公開買付け実施及び同社の吸収合併

         外食産業の市場規模の継続的な縮小と競合が激化する厳しい経営環境の下、将来の経営環境の変化に柔軟に対応
       しつつ、    ブランドの見直しや不採算店の閉店等の                   中長期的な視野に立脚した経営戦略を、短期的な業績の変動に左
       右されることなく可及的速やかに実行する体制を整備することを主な目的として、SNCインベストメント株式会社
       は、旧すかいらーく②と協議のうえ、2006年6月8日に、旧すかいらーく②の株式を対象に公開買付け(以下「本
       公開買付け」といいます。)を行うことを決定しました。
         SNCインベストメント株式会社は、本公開買付け(マネジメント・バイアウト:MBO)により、旧すかいらーく②
       の普通株式(議決権比率94.38%)を取得した上で、2006年7月12日に所管の農林水産省より産業活力再生特別措置
       法第6条第1項に基づく認定を受け、2006年9月29日に旧すかいらーく②を完全子会社化いたしました。これに伴
       い、旧すかいらーく②は、2006年9月19日に東京証券取引所市場第一部への上場が廃止となりました。
         その後、    SNC  インベストメント株式会社は、2007年7月1日に旧すかいらーく②を吸収合併し、同日に、「株式
       会社すかいらーく」に商号変更しております(以下、当該法人を「旧すかいらーく③」といいます。)。
                                   2/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (3)株式会社BCJホールディングス6による旧すかいらーく③の子会社化及び同社の吸収合併

        2011年2月にグローバルなプライベート・エクイティファームであるベインキャピタル・パートナーズ・LLCが投
       資助言を行うファンドが間接的にその株式を保有する株式会社BCJホールディングス5及びその100%子会社である株
       式会社BCJホールディングス6が設立され、2011年11月30日、株式会社BCJホールディングス6が、旧すかいらーく
       ③の株主であった野村プリンシパル・ファイナンス株式会社、NPF‐Harmony投資事業有限責任組合及び中央三井プ
       ライベートエクイティ第一号投資事業組合より、旧すかいらーく③の普通株式(議決権比率98.7%)を取得し、
       2012年4月20日に完全子会社化いたしました。
        その後、株式会社BCJホールディングス6は、2012年6月1日に旧すかいらーく③を吸収合併し、同日に、「株式
       会社すかいらーく」に商号変更いたしました(以下、当該法人を「旧すかいらーく④」といいます。)。
       (4)現在の当社による旧すかいらーく④の吸収合併

        上記(3)に記載しております株式会社BCJホールディングス5は、2014年7月1日に旧すかいらーく④を吸収合
       併し(以下「本件合併」といいます。)、同日に「株式会社すかいらーく」に商号変更いたしました(現在の当
       社)。
        以上の当社の事業運営主体の変遷を図示いたしますと、次のようになります。

                                   3/154















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
                                   4/154





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                                         国際会計基準
                回次
                              第3期      第4期      第5期      第6期      第7期
               決算年月               2013年12月      2014年12月      2015年12月      2016年12月      2017年12月

                       (百万円)        332,484      340,002      351,146      354,513      359,445
     売上収益
                       (百万円)        22,563      21,642      27,806      31,249      28,103
     営業利益
                       (百万円)        11,800      16,767      24,717      28,952      25,515
     税引前利益
                       (百万円)         7,087      9,469      15,109      18,213      16,926
     親会社の所有者に帰属する当期利益
                       (百万円)         7,289      9,559      14,030      18,345      17,482
     当期包括利益合計
                       (百万円)        73,932      93,691      103,212      114,198      125,409
     親会社の所有者に帰属する持分
                       (百万円)        306,892      312,155      314,864      318,317      319,065
     資産合計
                        (円)       388.59      482.42      531.04      586.13      636.85
     1株当たり親会社所有者帰属持分
                        (円)        37.29      49.57      77.79      93.57      86.40
     基本的1株当たり当期利益
                        (円)        37.29      49.47      76.98      92.80      85.95
     希薄化後1株当たり当期利益
                        (%)        24.1      30.0      32.8      35.9      39.3
     親会社所有者帰属持分比率
                        (%)         8.5      11.3      15.3      16.8      14.1
     親会社所有者帰属持分当期利益率
                        (倍)         -     24.4      20.2      16.5      18.6
     株価収益率
                       (百万円)        27,016      37,147      32,842      36,029      31,510
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)        △ 9,480     △ 11,781     △ 18,275     △ 16,662     △ 19,606
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)       △ 15,507     △ 15,921     △ 19,650     △ 21,344     △ 13,078
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)        13,883      23,383      18,245      16,222      15,094
     現金及び現金同等物の期末残高
                                5,600      5,683      5,821      6,002      6,187
     従業員数
                        (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                         ( 41,314   )   ( 41,000   )   ( 40,879   )   ( 41,084   )   ( 40,903   )
      (注1)上記指標は、国際会計基準により作成しております。
      (注2)売上収益には、消費税等は含まれておりません。
      (注3)第3期の株価収益率については、当社株式は非上場であったため記載しておりません。
      (注4)当社は、2014年8月4日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を実施しております。1株当たり親
          会社所有者帰属持分、基本的1株当たり当期利益及び希薄化後1株当たり当期利益につきましては、第3期の
          期首に当該株式分割が行われたと仮定して、当該株式分割後の発行済株式数により算定しております。
      (注5)第3期の親会社の所有者に帰属する持分の減少については、2013年6月25日を基準日とする資本剰余金を原資
          とした配当を行ったためであります。
      (注6)臨時雇用者数は1日8時間換算による年間平均人数であります。「5.従業員の状況」の注をご参照下さい                                                      。
                                   5/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
                                          日本基準
               回次
                             第3期       第4期       第5期       第6期       第7期
              決算年月              2013年12月       2014年12月       2015年12月       2016年12月       2017年12月

                     (百万円)           -    150,024       298,374       186,349       185,651
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (百万円)         △ 181      4,446      16,763       14,461       15,269
     当期純利益又は当期純損失(△)                (百万円)         △ 183     △ 3,746       6,760       5,607       9,063

                     (百万円)          100      2,478       2,529       2,670       3,456

     資本金
                      (株)      1,900,707      194,208,700       194,356,300       194,834,000       196,922,200
     発行済株式総数
                     (百万円)         66,768       67,453       68,900       67,814       71,005
     純資産額
                     (百万円)         81,208      278,270       269,676       255,657       245,787
     総資産額
                      (円)        350.94       346.63       353.02       346.64       360.30
     1株当たり純資産額
     1株当たり配当額(普通株式)                         14,621       13.52       33.00       38.00       38.00
                      (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          ( - )     ( - )    ( 11.80   )    ( 15.00   )    ( 16.00   )
     1株当たり当期純利益金額又は1
                      (円)        △ 0.96     △ 19.62       34.80       28.81       46.26
     株当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純
                      (円)          -       -     34.44       28.57       46.02
     利益金額
                      (%)         82.1       24.2       25.4       26.4       28.9
     自己資本比率
                      (%)          -       -      9.9       8.2      13.1
     自己資本利益率
                      (倍)          -       -      45.1       53.6       34.7
     株価収益率
                      (%)          -       -      94.8      131.9       82.1
     配当性向
                                -     4,365       4,287        663       681
     従業員数
                      (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                          ( - )   ( 35,367   )   ( 34,731   )    ( 2,714   )    ( 2,568   )
      (注1)売上高には、消費税等は含まれておりません。
      (注2)第4期において、当社は当社の連結子会社であった旧すかいらーく④(2014年7月1日に当社と合併により消
          滅)を吸収合併しております。
      (注3)当社は、2014年8月4日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を実施しております。1株当たり純
          資産額及び1株当たり当期純損失金額につきましては、第3期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、
          当該株式分割後の発行済株式数により算定しております。
      (注4)第3期及び第4期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額である
          ため記載しておりません。
      (注5)第3期及び第4期の自己資本利益率については、当期純損失のため記載しておりません。
      (注6)第3期の株価収益率については、当社株式は非上場であったため記載しておりません。第4期の株価収益率に
          ついては、当期純損失のため記載しておりません。
      (注7)第3期及び第4期の配当性向については、当期純損失のため記載しておりません。
      (注8)第3期の資本金減少は、資本金の額を減少させ、その減少額を資本剰余金へ振り替えたためであります。
      (注9)第3期の純資産の減少については、2013年6月25日を基準日とする資本剰余金を原資とした配当を行ったため
          であります。
      (注10)臨時雇用者数は1日8時間換算による年間平均人数であります。「5.従業員の状況」の注をご参照下さい。
      (注11)第4期の従業員数が前事業年度末に比べ増加したのは、2014年7月1日付での旧すかいらーく④の吸収合併に
          よるものであります         。
      (注12)第6期の売上高及び従業員数が前事業年度に比べ減少したのは、2016年1月1日付の会社分割により持株会社
          体制へ移行したことによるものであります。
                                   6/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        上記「はじめに」に記載したとおり、当社は、2011年2月に設立され、その後、2014年7月1日付でことぶき食品
       有限会社の主たる事業を承継している旧すかいらーく④を吸収合併し、同社の事業を承継しております。
        そこで、以下では、ことぶき食品有限会社の設立から、当社による旧すかいらーく④の吸収合併を経た現在に至る
       沿革を記載しております。また、ことぶき食品有限会社の設立から旧すかいらーく②の上場廃止までと、当該上場廃
       止から現在に至るまでの2つに表を分けております。
       (ことぶき食品有限会社の設立から旧すかいらーく②のMBOによる上場廃止まで)
        年月                          事業の変遷
      1962年4月        ことぶき食品有限会社を設立
      1969年7月        ことぶき食品有限会社が、株式会社ことぶき食品に組織変更
      1970年7月        株式会社ことぶき食品が、東京都府中市にファミリーレストラン「すかいらーく」第1号店を出店
      1974年11月        株式会社ことぶき食品が、株式会社すかいらーくに商号変更
      1977年1月        旧すかいらーく②が、旧すかいらーく①を吸収合併
      1977年12月        埼玉県東松山市にセントラルキッチン東松山工場(現 東松山マーチャンダイジングセンター
              (注))開設
      1978年7月        当社の株式が、日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録
      1979年5月        子会社として株式会社サンボ(旧 株式会社ジョナサン)設立
      1980年2月        子会社として株式会社オールサービス(現 株式会社テスコ)設立
      1982年1月        台湾にすかいらーく1号店がフランチャイズにて出店(現 雲雀國際股份有限公司)
      1982年8月        当社の株式が、東京証券取引所市場第二部に株式上場
      1984年6月        当社の株式が、東京証券取引所市場第一部に指定
      1985年10月        子会社として株式会社ジャパンカーゴ設立(現 当社の連結子会社)
         12月        子会社として株式会社藍屋設立(2000年7月、当社が合併)
      1986年8月        株式会社ジョナス(旧 株式会社ジョナサン)の株式が、日本証券業協会に店頭登録銘柄として登
              録(2012年1月、当社が合併)
      1987年3月        兵庫県西宮市に関西工場(現 西宮マーチャンダイジングセンター)開設
         10月        子会社として株式会社フロジャポン設立(現 当社の連結子会社)
         12月        子会社として株式会社バーミヤン設立(1999年7月、当社が合併)
              関連会社としてニラックス株式会社設立(現 当社の連結子会社)
      1988年8月        株式会社藍屋の株式が、日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録
      1992年3月        東京都小平市にファミリーレストラン「ガスト」第1号店を出店
      1993年   12月     株式会社藍屋の株式が、東京証券取引所市場第二部に株式上場(2000年7月、当社との合併時に上
              場廃止)
      1994年3月        子会社として株式会社ビルディ設立(当社が2007年1月に合併)
      1997年7月        株式会社バーミヤンの株式が、日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録(1999年7月当社との合
              併時に上場廃止)
      1998年4月        子会社として株式会社ジャパンシーアンドシー(現 株式会社すかいらーくD&M)設立(現 当社
              の連結子会社)
              子会社として株式会社ジャパンプロダクツマーチャンダイジング(旧 ひばり開発株式会社)設立
              (当社が2012年1月合併)
      2004年4月        ニラックス株式会社を完全子会社化
         7月        株式会社ジョナサンを完全子会社化
      2005年2月        喜客来股份有限公司(現 雲雀國際股份有限公司)を子会社化
         9月        子会社として雲雀國際股份有限公司を会社分割により設立(現 当社の連結子会社)
         10月        株式会社小僧寿し本部の株式取得により同社を関連会社化
              株式会社テスコの株式譲渡により同社を非子会社化
      2006年3月        株式会社トマトアンドアソシエイツの株式取得により同社を子会社化(現 当社の連結子会社)
         5月        関連会社である株式会社小僧寿し本部の株式を追加取得して同社を子会社化
         6月        株式会社トマトアンドアソシエイツを完全子会社化
         7月        SNCインベストメント株式会社による当社株式の公開買付け(MBO)実施
         9月        当社の株式が東京証券取引所市場第一部上場廃止
              株式交換により当社がSNCインベストメント株式会社の完全子会社となる
                                   7/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (旧すかいらーく②のMBOによる上場廃止から現在に至るまで)
        年月                          事業の変遷
      2007年7月        SNCインベストメント株式会社が、同社を存続会社として当社と合併し、同日に「株式会社すかい
              らーく」に商号変更(旧すかいらーく③)
      2009年10月        ファミリーレストラン「すかいらーく」完全閉店
      2010年7月        中国上海に全額出資会社上海雲雀餐飲管理有限公司設立(2016年9月 清算)
      2011年11月        株式会社BCJホールディングス6が、当社の普通株式を取得し、当社は同社の子会社となる
      2012年1月        株式会社ジョナサンを合併
         3月        子会社である株式会社小僧寿し本部の全株式を売却
         4月        株式会社BCJホールディングス6が、当社の普通株式を全て取得し、当社が同社の完全子会社とな
              る
         6月        株式会社BCJホールディングス6が、同社を存続会社として当社と合併し、同日に「株式会社すか
              いらーく」に商号変更(旧すかいらーく④)
      2014年7月        株式会社BCJホールディングス5が、同社を存続会社として当社と合併し、同日に「株式会社すか
              いらーく」に商号変更(現在の当社)
      2014年10月        東京証券取引所市場第一部に株式を上場
      2015年9月        株式会社すかいらーくレストランツを設立
      2016年1月        持株会社体制へ移行
     (注)マーチャンダイジングセンターとは、食材の生産及び流通の双方の能力を有する施設をいいます。なお、当社グ
        ループでは、生産能力のみを有する施設を「工場」と呼称しております。
                                   8/154














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社(持株会社)及び子会社7社(2017年12月31日現在)で構成され、レストランの経営を主体
       としているほか、食品の販売、グループ会社支援等の事業も展開しております。
        当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、これ
       により、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなりま
       す。
       (1)当社グループ各社の事業内容等

        当社グループの連結財務諸表における報告セグメントは「レストラン事業」のみであり事業セグメント情報の記載
       が省略されておりますが、「3.事業の内容」では、当社グループのレストラン事業及びデリバリー事業を「レスト
       ラン事業」として記載し、株式会社フロジャポン、株式会社ジャパンカーゴ及び株式会社すかいらーくD&Mの営む事
       業を「その他」として記載しております。
        レストラン事業

         ① 株式会社すかいらーくレストランツ
           事業内容:国内におけるファミリーレストラン事業の店舗運営及び食品等の販売
           ブランド:ガスト、ジョナサン、バーミヤン、夢庵、ステーキガスト、グラッチェガーデンズ、藍屋、魚屋
                路(ととやみち)、Sガスト、chawan、から好し、とんから亭、その他
         ブランドごとのコンセプトとターゲット客層

         ブランド名                  コンセプト                  ターゲットとする客層
                   幅広い客層・利用動機に対応できるファミ
                   リーレストラン。        洋食を中心に多様なジャ             30~40代女性を含むファミリー層を中心
     ガスト              ンルの料理を提供する「お値打ち感」重視                     に、学生・一人客・シニアなどの幅広い客
                   のレストラン。あらゆる年代に対応した幅                     層
                   広いメニューを展開。
                   多様なジャンルの質の高いメニューを提供
     ジョナサン              女性グループやファミリー層を中心に主に                     20~40代女性を中心としたファミリー層
                   都市部にて展開。
                                        食べ応えやボリュームも重視する男性及
                   家庭では味わえない本格中華をお手頃価格で
     バーミヤン                                   び、30~40代女性を中心としたファミリー
                   楽しめる中華レストラン。
                                        層
                   季節ごとの美味しい和食を気軽に召し上が
     夢庵                                   20~30代女性を中心としたファミリー層
                   れる和食レストラン。
                   美味しいステーキとハンバーグを充実のサ                     ボリュームや質を重視する男性グループ
     ステーキガスト              ラダバーとともにお値打ち価格で提供する                     や、30~40代女性を中心としたファミリー
                   専門店。                     層
                   本格的なパスタやピッツァをお手頃価格で
     グラッチェガーデンズ                                   30~40代の女性を中心としたファミリー層
                   気軽に楽しめるイタリアン専門店。
                   素材や産地にこだわった美味しい本格和食
                                        本格的和食を求めるシニア層及び30~50代
     藍屋              を、おもてなしと暖かい雰囲気の中で味わ
                                        女性を中心としたファミリー層
                   えるお店。
                   築地市場から毎日仕入れている新鮮な食材                     30~50代女性を中心としたファミリー層や
     魚屋路(ととやみち)
                   を使った回転寿司店。                     夫婦連れ
                   セレクト・スモール・スピード・スマイル
     Sガスト              をキャッチフレーズに、食事をあつあつで                     20~30代男性を中心とした一人客
                   提供するファーストフード店。
         ② ニラックス株式会社

           事業内容:しゃぶしゃぶ食べ放題事業、商業施設内のブッフェレストラン事業、カフェ事業、事業所給食、
                フードコート事業等の展開
           ブランド:しゃぶ葉、むさしの森珈琲、グランブッフェ、フェスタガーデン、パパゲーノ、その他
                                   9/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
         ③ 株式会社トマトアンドアソシエイツ
           事業内容:焼肉バイキング及び関西圏を中心としたファミリーレストランの直営並びにFC事業の展開
           ブランド:じゅうじゅうカルビ、トマト&オニオン
         ④ 雲雀國際股份有限公司

           事業内容:台湾におけるレストラン事業の展開
           ブランド:Skylark、Café            Grazie、藍屋、しゃぶ葉、その他
           事業の位置づけ:当社から上記ブランドのライセンスを受けて、台湾におけるレストラン事業を展開してお
                   ります。2004年の当社による同社の関連会社化(なお、2005年には子会社化)以降、ディ
                   ナーレストランの開発を進め、              2017年12月31日       現在、52店舗を展開しております。
         なお、当社グループのレストランのブランドごとの店舗数及び売上金額等につきましては、「第2 事業の状

        況 2.生産、受注及び販売の状況(3)販売実績 (参考)最近2年間の主要ブランド別販売実績」をご参照下
        さい。
        その他

         ① 株式会社フロジャポン
           事業内容:商業施設内及び駅構内のケーキ・惣菜販売事業の展開
           ブランド:フロプレステージュ
           事業の位置づけ:駅ビル・駅中・百貨店・ショッピングセンターなどの施設で、ケーキやタルト等の洋菓子
                   のみを販売する店舗と、サラダ・キッシュ等の洋風惣菜を合わせて販売する店舗を展開し
                   ております。
         ② 株式会社ジャパンカーゴ

           事業内容:グループ会社の運送事業(マーチャンダイジングセンター・工場から店舗への食材・一般品の配
                送)
           事業の位置づけ:マーチャンダイジングセンターからレストラン店舗への配送をグループ内の会社で行うこ
                   とにより、当社グループのレストランで使用する食材の温度管理を含む食材管理を一元化
                   しております。また、配送コースを柔軟に組み替えることにより、配送効率の向上に貢献
                   しています。
         ③ 株式会社すかいらーくD&M

           事業内容:グループ会社の店舗清掃・保守、売店商品納入及びリネンサプライ
           事業の位置づけ:外食店舗特有の汚れや故障に対応できる専門家集団をグループ内で育成することにより、
                   衛生管理の向上や店舗の修理依頼への即時対応など、当社グループのお客様に快適な空間
                   を提供するための店舗運営に重要な役割を果たしています。
         (注)当社は、主として子会社への役務提供及び店舗設備の賃貸等を行っております。また、ファミリーレスト

            ランの店舗運営(25店舗)を行っております。
                                  10/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (2)事業内容の一覧
                                               当該事業に含まれる外食系の
          区分           主な事業内容            当該事業に携わる会社
                                               ブランド
                                               ガスト、ジョナサン、バーミ
                                               ヤン、夢庵、しゃぶ葉、ス
                                               テーキガスト、グラッチェ
                                株式会社すかいらーくレスト
                                               ガーデンズ、藍屋、魚屋路
                                ランツ、
                                               (ととやみち)、Sガスト、
                  ファミリーレストラン・ブッ
                                ニラックス株式会社、
              国内    フェ等の展開及び食品等の販                             むさしの森珈琲、chawan、か
                                株式会社トマトアンドアソシ
                                               ら好し、とんから亭、グラン
                  売
     レストラン事業
                                エイツ
                                               ブッフェ、フェスタガーデ
                                    (会社総数 3社)
                                               ン、パパゲーノ、La          Ohana、
                                               じゅうじゅうカルビ、トマ
                                               ト&オニオン、その他
                                雲雀國際股份有限公司              Skylark、Café       Grazie、藍
              海外    レストラン等の展開等
                                    (会社総数 1社)
                                               屋、しゃぶ葉、その他
                  食品の販売、食材等の配送、              株式会社フロジャポン、
                  店舗清掃・保守、売店商品納              株式会社ジャパンカーゴ、
     その他        国内                                 フロプレステージュ
                  入及びリネンサプライ等のグ              株式会社すかいらーくD&M
                  ループ会社支援事業                   (会社総数 3社)
      (注) 当社は、主として子会社への役務提供及び店舗設備の賃貸等を行っております。また、ファミリーレストラン
          の店舗運営(25店舗)を行っております。
                                  11/154













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (3)事業系統図
        (注3)当社は、主として子会社への役務提供及び店舗設備の賃貸等を行っております。また、ファミリーレスト














            ランの店舗運営(25店舗)を行っております。
                                  12/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                      議決権の所
                          資本金            有割合又は
                                主要な事業
          名称          住所                              関係内容
                         (百万円)             被所有割合
                                の内容
                                       (%)
     (連結子会社)

                                             当社からの役務の提供等(注
     株式会社すかいらーくレス
                   東京都             レストラン      所有      4)、人員の出向、債務保証、役
                              10
     トランツ(注2、3)
                   武蔵野市             事業         100.0    員の兼任あり
                                             当社への資金の貸付、債務保証
                                             当社からの役務の提供等           (注
     ニラックス株式会社
                   東京都             レストラン
                             100           100.0
                                             4)  、資金の貸付、役員の兼任あ
     (注5)
                   武蔵野市             事業
                                             り
                                             当社からの役務の提供等           (注
     株式会社トマトアンドアソ             兵庫県             レストラン
                              80
                                         100.0    4)  、資金の貸付、役員の兼任あ
     シエイツ             西宮市             事業
                                             り
     雲雀國際股份有限公司
                   台湾省         NTドル    レストラン            ライセンス契約・商標等の使用許
                                         100.0
     (注2)
                   台北市        157,640千      事業            諾、役員の兼任あり
                   東京都                          当社からの役務の提供等           (注
                              10           100.0
     株式会社フロジャポン                           その他
                   武蔵野市                          4)  、役員の兼任あり
                   埼玉県                          当社からの配達業務の委託、役員
                             100           100.0
     株式会社ジャパンカーゴ                           その他
                   東松山市                          の兼任あり
                                             当社からの店舗清掃・保守等の委
                   東京都
     株式会社すかいらーくD&M                         20           100.0
                                その他            託、売店商品に係る購買業務の委
                   武蔵野市
                                             託、資金の貸付、役員の兼任あり
     (注1)2017年3月に行われた当社の株主であったBain                          Capital    Skylark    Hong   Kong   Limitedによる当社普通株式の一部
         売却による所有株式数の減少とともに、所有者別の株主分布状況、議決権の行使状況等の追加的な事実及び状況
         を検討した結果、Bain           Capital    Skylark    Hong   KongLimitedは当社グループの直近上位の親会社に該当せず、
         Bain   Capital    Investors     LLCは当社グループの最終的な支配当事者に該当しないこととなりました。また、2017
         年6月及び11月に、当社の株主であったBain                     Capital    Skylark    Hong   Kong   Limitedによる残りの当社普通株式の
         全部売却が完了しました。            「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等(1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 
         36.重要な関係会社」に記載しております。
     (注2)特定子会社に該当しております。
     (注3)株式会社すかいらーくレストランツについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に
         占める割合が10%を超えております。
         主要な損益情報等 ① 売上高   285,140百万円
                  ② 経常利益   8,345百万円
                  ③ 当期純利益  5,502百万円
                  ④ 純資産額   5,604百万円
                  ⑤ 総資産額           17,829百万円
     (注4)役務の提供等とは、当社のビジネスプラットフォームを通じて提供するレストラン運営に関する業務を言いま
         す。
     (注5)ニラックス株式会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が
         10%を超えております。
         主要な損益情報等 ① 売上高                     43,317百万円
                  ② 経常利益              152百万円
                  ③ 当期純損失               26百万円
                  ④ 純資産額   2,096百万円
                  ⑤ 総資産額           18,998百万円
     (注6)有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
                                  13/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2017年12月31日現在
                                           従業員数(人)

               セグメントの名称
                                            5,418   (39,759)
      レストラン事業
                                              769  (  1,144)
      その他
                                            6,187   (40,903)
                  合計
      (注1)従業員数は、就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
          向者を含む。)であります。
      (注2)臨時雇用者数は、1日8時間換算による当連結会計年度末までの1年間の平均人数を( )外数で記載してお
          ります。
       (2)提出会社の状況

                                                   2017年12月31日現在
                 従業員数(人)           平均年齢(歳)          平均勤続年数(年)           平均年間給与(円)

     レストラン事業              681(2,568)               46.6           19.4         6,950,162

      (注1)従業員数は、就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であります。
      (注2)臨時雇用者数は1日8時間換算による当事業年度末までの1年間の平均人数を( )外数で記載しておりま
          す。
      (注3)平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         当社においてはすかいらーく労働組合が結成されており、当社の従業員15,656人が所属しております。
         労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。
                                  14/154











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業績
         当社はグループ経営理念『価値ある豊かさの創造』の具現化を目指し、一人ひとりのお客様の生活がより豊かに
        なり、より快適に過ごしていただけるよう、地域に根差した店舗作りを推進しております。
         当社は2017年2月に売上高年率成長3~4%、営業利益年率成長6~8%、調整後EBITDA年率成長6~10%、調

        整後当期利益年率成長10%程度を目標とする中期事業計画(2017年から2019年までの3カ年計画)を発表いたしま
        した。主な成長戦略として
        1)既存プラットフォームの活用・拡大(既存店成長、新規出店、コスト最適化)

        2)新規成長ドライバーの開拓(M&A機会の積極的な追求、海外事業の積極展開)
        の2つを掲げ、経済情勢が極めて不安定な環境下においてファミリーレストラン業態の深化・拡大に取り組み、企

        業価値の向上に努めております。
         2017年の取り組みとしては、既存店の持続的成長を実現するための施策、新規出店の実施と新ブランド開発及び

        コスト最適化に取り組みました。
         まず、既存店成長のための施策として、以下の施策を実施いたしました。

         ・当社の垂直統合プラットフォーム(注1)を活用し、安心安全でリーズナブルな商品を提供するとともに、お

          客様のニーズに応える商品開発を積極的に推進いたしました。
          まず、「コト消費」と呼ばれる消費動向に対応するため、お客様により魅力的な店舗体験をしていただくため
         の様々な商品・企画を実施いたしました。ガストでは、お客様自身が卓上ミニコンロでお肉を焼いて召し上がっ
         ていただくライブ感たっぷりの商品を開発し定番化したり、年末のパーティ需要に対応した高品質でお手頃価格
         のローストチキンを販売するなどし、和食ブランドの夢庵や藍屋では、お客様の様々な宴会・パーティーシーン
         をより快適に気兼ねなく過ごしていただけるよう、個室をしつらえた店舗デザインへの転換を進めるとともに、
         宴会メニューの価格設定とバリエーションの組み合わせを増やし、シーンによって使い分けしやすい宴会メ
         ニューに刷新しました。
          また、グランドメニューのブラッシュアップも進めており、各ブランドのメイン価格帯のメニューバリエー
         ションを増やし、お客様に食べたいと思っていただける商品を充実させることにより、また来たい、次はこれを
         食べたいと思っていただけるようなメニュー作りを各ブランドで進めております。なお、2017年10月に主要ブラ
         ンドにて価格改定をさせていただきましたが、想定通りの収益効果を得ることができたと考えております。
         ・時代に合わなくなった店舗デザインの改善や、1組当たり客数の変化に合わせた席数配置の変更、分煙の強

          化、宴会需要への対応など、より居心地のよい店舗環境を提供するためグループ全体で店舗のリモデル(注
          2)に取り組むとともに、各地域のお客様の嗜好や競争環境の変化に対応するためにブランド転換を実施し、
          ブランド配置の最適化を進めました。2017年のリモデル店舗数は295店、ブランド転換店舗数は25店でありま
          す。
         ・店舗のサービスレベル向上のため、お客様の声を聞き、お客様満足度を高める活動としてカスタマーボイスプ

          ログラム(注3)を実行し継続的に店舗サービスの改善に取り組んでおります。また、タブレット端末を使っ
          た店舗マネジメントシステムを導入し、オペレーションを視覚的に理解することにより習熟化を早めるなど、
          店舗オペレーションの改善と生産性の向上に継続的に取り組んでおります。
         ・スマートフォン向けアプリの導入や、ビッグデータを駆使したメニュー開発、販促プランの作成、新規出店計

          画の作成など、デジタルツールの活用やデータに基づいた経営計画の作成により確度の高い施策を実現してお
          ります。また、2018年にはすかいらーくグループ全体をカバーするアプリを導入予定であります。多彩なブラ
          ンドを持つ当社の強みを活かし、お客様のその時々のニーズに対応するブランドからお得な情報を手にするこ
          とができるようになり、お客様の当社グループ内での回遊性が飛躍的に向上すると考えております。
         ・デリバリー事業(宅配)では対前年同期比8.8%の売上高成長を実現し、高齢化社会や女性の社会進出など、

          新しい利用動機に柔軟に対応しました。2018年も宅配事業は成長ドメインであると考え、配達時間の短縮や生
          産性向上のための投資を進めてまいります。
                                  15/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
         次に、新規出店と新ブランド開発の状況は以下のとおりであります。
         ・新規出店は中期事業計画の主要施策でありますが、2017年は計画通り97店舗の新規出店を行いました(中期事

          業計画は約100店舗)。
          国内では、都市部駅前、ロードサイド、ショッピングセンター等の各立地に最適なブランドを選定し、ガスト
         12店、しゃぶ葉31店、とんから亭12店、chawan8店、むさしの森珈琲4店舗等を出店いたしました。
          台湾においても日本で急成長しているしゃぶ葉5店を含む6店を出店いたしました。
         ・新ブランド開発では、「コト消費」への対応、郊外のロードサイド及びショッピングセンター対応、小スペー

          スの駅前立地対応の3つの方針で開発を進めております。
          コト消費への対応を意識したブランドとして、モダンで落ち着いた空間でゆったりとした時間が楽しめる「む
         さしの森珈琲」を計12店舗出店いたしました(新規出店4店舗、ブランド転換8店舗)。2018年も店舗数を拡大
         していく予定であります。またハワイアンブランドの実験店である「La                                  Ohana   横浜本牧店」を出店いたしまし
         た。出店時は報道でも大きく取り上げていただきましたが、実験店での経験を元に、よりお客様のニーズにマッ
         チし収益性を高めた2号店の出店を予定しております。
          次に、郊外型のブランドとしてとんかつとから揚げの専門店「とんから亭」を計14店舗出店いたしました(新
         規出店12店舗、ブランド転換2店舗)。また、から揚げ専門店である「から好し」を開発し出店しております。
         2018年は両ブランドの特性や収益性を見極め、最適なブランドで出店を拡大してまいります。また、ショッピン
         グセンター対応の「chawan」は8店舗出店いたしました。こちらも2018年も継続的に出店してまいります。
          都心部の駅前への出店としましては、現在、居酒屋等の居抜き物件を中心にガストやしゃぶ葉の出店を進めて
         おりますが、小スペース対応ブランドとして当社専門店ブランドの小型版「ゆめあん食堂」「ばーみやん軒」の
         開発を進めております。当社ブランドの知名度と垂直統合プラットフォームを活かし、ちょい飲み需要にも対応
         した高品質で使い勝手のよいブランドとして開発を進めてまいります。
         次に、コスト削減についての状況は以下のとおりであります。

         ・原価対策として、購買・加工・物流における最適化を継続的に実施しております。特に、サプライチェーンの

          更なる効率化を図るため、独立したルートで配送していたしゃぶ葉店舗への配送を既存ブランドの配送ルート
          へ取り込むことにより、グループ全体で配送費の削減を実現しています。なお、2017年は、お客様の来店促進
          のため戦略的に高付加価値メニューを提供したこともあり、原価率は前年同期より0.1%悪化の30.1%となり
          ました。
          2018年は、原価低減の取り組みを継続して進めるとともに、店舗での作業負荷の軽減、店舗の作業負荷を増や
         さない形でのメニューバリエーションの拡大、品質の安定化などを目的として工場での加工アイテムを増やした
         り、物流のさらなる内製化などにも取り組んでいく予定です。
         ・一般経費は、最低賃金の上昇や正社員のベースアップなどにより人件費が増加しましたが、間接材コスト低減

          の部門横断プロジェクトによるコスト削減などにより一部を相殺しました。その結果、販売費及び一般管理費
          の売上高比率は前年同期比1.0%悪化の61.7%となりました。
          人件費に関しましては、継続的なコスト増と採用難の高止まりが予測されるため、複合的な対応が必要と考え
         ておりますが、店舗の作業負荷を軽減し、従業員が働きやすく続けやすい職場環境を構築することが店舗の生産
         性向上と採用難易度の低減につながり、結果人件費の高騰が抑制されると考えております。また、2017年には働
         き方改革の一環として581店舗の深夜営業時間の短縮を実施し、残業時間が短縮されました。なお、深夜営業時
         間短縮により1%程度の売上高が減少いたしましたが、もともと収益性の低い時間帯を短縮していることもあ
         り、利益への影響は限定的でありました。
         以上の結果、当連結会計年度の売上収益は3,594億45百万円(前期比49億32百万円増)、営業利益は281億3百万

        円(前期比31億46百万円減)、税引前利益は255億15百万円(前期比34億37百万円減)、親会社の所有者に帰属す
        る当期利益は169億26百万円(前期比12億87百万円減)となりました。
         EBITDA(注4)は418億35百万円(前期比41億62百万円減)、調整後EBITDA(注5)は432億83百万円(前期比46
        億7百万円減)、調整後当期利益(注6)は169億42百万円(前期比12億74百万円減)となりました。当連結会計
        年度末時点での店舗数は3,145店舗(転換準備の為の未開店店舗1店舗。期首時点は3,068店舗)となりました。
       (注1)垂直統合プラットフォームとは、商品開発から食材の調達、製造、物流、料理の提供まで一気通貫して行う

           当社のサプライチェーンの仕組みを指しております。
       (注2)リモデルとは、店舗外内装の改装であり、当社は毎年約300店舗のリモデルを行っております。
       (注3)カスタマーボイスプログラムとは、お客様の声を聞くアンケートのことです。本社から店舗まで、このプロ
           グラムの結果を真摯に受け止めて改善活動を進めております。
                                  16/154

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (注4)EBITDA=税引前利益+支払利息+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+その他の金
           融関連費用(期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益を除く)-受取利息-その他の金
           融 関連収益+減価償却費及び償却費+長期前払費用償却費+長期前払費用(保証金)償却費
           ・その他の金融関連費用は、連結純損益計算書上はその他の費用として記載しています。
           ・その他の金融関連収益は、連結純損益計算書上のその他の収益のうち、債務時効消滅益を除いた金額とな
            ります。なお、第3期から第5期まで及び第7期のその他の金融関連収益の額は、連結純損益計算書上の
            その他の収益の額と一致しております。
       (注5)調整後EBITDA=EBITDA+固定資産除却損+非金融資産の減損損失-非金融資産の減損損失の戻入れ+BCPLマ
           ネジメント契約に基づくアドバイザリー報酬額(定期報酬含む)+上場及び売出関連費用(上場記念賞与含
           む)+適格上場に伴う会計上の見積変更額
       (注6)調整後当期利益=当期利益+BCPLマネジメント契約に基づくアドバイザリー報酬額(定期報酬含む)+上場
           及び売出関連費用(上場記念賞与含む)+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+適
           格上場に伴う会計上の見積変更額+調整項目の税効果調整
       (注7)BCPLマネジメント契約とは、当社とベインキャピタル・パートナーズ・LLCの間のマネジメント契約を意味
           します。なお、同契約につきましては、2014年7月17日に締結した変更契約に基づき、当社が上場した時点
           で終了しております。
       (注8)上場及び売出関連費用とは、当社株式の上場及び売出し時に発生したアドバイザリー報酬額、上場記念品購
           入費用等の一時的な費用であり、下記(注9)に記載の適格上場に伴う会計上の見積変更額を含んでおりま
           せん。
       (注9)当社株式が適格上場(適用される証券法に基づく届出書により、又は当社株式が日本の証券取引所に上場す
           ることにより、当社の議決権の過半数に係る株式について金銭を対価とする公募又は売出しがなされること
           をいう。以下同じ。)の要件を満たすことにより、①当社が当社の役員及び従業員に付与した持分決済型の
           株式報酬(第1回新株予約権、第2回新株予約権及び第3回新株予約権)(以下「SO」という)及び②当社
           が当社の役員及び従業員との間で締結したCash-Settled                          Stock   Appreciation       Right   Agreement(以下「SAR
           契約」という)に基づき、当該役員等による現金決済型株式評価益権(以下「SAR」という)の全部又は一
           部の行使が可能となり、また、③当社が当社の役員及び従業員との間で締結したDeferred                                          Compensation
           Agreement(以下「DC契約」という)に基づき、当社はDC契約の相手方に対し、当該契約で定められた額の
           金銭(以下「DC」という)を交付する義務が生じることとなりました。SO、SAR及びDCの会計処理に用いる
           見積りに関しては、適格上場の成立が重要な影響を及ぼしており、当社株式が適格上場の要件を満たしたこ
           とに伴い、当該会計処理に用いる見積りに変更が生じました。「適格上場に伴う会計上の見積変更額」と
           は、SO、SAR及びDCに関する権利確定期間及び失効数の見積りの変更に伴う、当該会計処理に用いる見積り
           に対する影響額をいいます。
        セグメントの業績は次のとおりであります。

         ① レストラン事業
          レストラン事業につきましては、外部顧客に対する売上収益は3,504億57百万円                                     (前期比49億82百万円増)            と
         なりました。
         ② その他
          その他につきましては、外部顧客に対する売上収益は89億88百万円                               (前期比50百万円減)          となりました。
       (2)キャッシュ・フロー

         当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ11億28百万円減少し、150億94百万
        円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
         営業活動によるキャッシュ・フロー
          営業活動の結果得られた資金は、315億10百万円(前期比45億19百万円減)となりました。これは主に、税引
         前利益が34億37百万円減少したこと及び法人所得税等の支払額が18億76百万円増加したことによるものでありま
         す。
         投資活動によるキャッシュ・フロー

          投資活動の結果使用した資金は196億6百万円(前期比29億44百万円増)となりました。これは主に、新店・
         転換・リモデルの店舗投資を含む有形固定資産の取得による支出が12億60百万円増加したこと、IT投資等による
         無形資産の取得による支出が4億73百万円増加したこと及び敷金及び保証金の差入による支出が6億48百万円増
         加したことによるものであります。なお、当社においては、投資活動による資産の増加から、現金及び現金同等
         物の支払が行われるまでの期間は、通常1~2か月となります。
                                  17/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
         財務活動によるキャッシュ・フロー
          財務活動により使用した資金は130億78百万円(前期比82億66百万円減)となりました。これは主に、長期借
         入れによる収入が70億円発生したこと及びリース債務の返済による支出が11億65百万円減少したことによるもの
         であります。
       (3)国際会計基準により作成した連結財務諸表における主要な項目と、日本基準により作成した場合の連結財務諸表

        におけるこれらに相当する項目との差異に関する事項
         (のれんの償却に関する事項)
          日本基準において、のれんの償却についてはその効果の及ぶ期間を見積り、その期間で償却することとしてお
         りましたが、国際会計基準では国際会計基準移行日以降の償却を停止しております。
          この影響により国際会計基準では日本基準に比べて、販売費及び一般管理費(のれん償却費相当額)が前連結
         会計年度7,387百万円、当連結会計年度7,387百万円減少しております。
                                  18/154

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
       (1)仕入実績
         当社グループで行う事業は、提供するサービスの性格上、生産実績の記載になじまないため、「生産実績」に代
        えて「仕入実績」を記載いたします。
         当連結会計年度における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                  当連結会計年度
                                                  前年同期比
                                (自 2017年1月1日
             セグメントの名称
                                                   (%)
                                 至 2017年12月31日)
     レストラン事業(百万円)                                   84,696                100.3

     その他(百万円)                                    3,999                99.3

              合計(百万円)                           88,695                100.3

      (注1)金額は仕入価格によっております。
      (注2)上記金額には消費税等は含まれておりません。
       (2)受注実績

         当社グループは見込み生産を行っているため、該当事項はありません。
       (3)販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                  当連結会計年度
                                                  前年同期比
                                (自 2017年1月1日
             セグメントの名称
                                                   (%)
                                 至 2017年12月31日)
     レストラン事業(百万円)                                   350,457                 101.4

     その他(百万円)                                    8,988                99.4

              合計(百万円)                           359,445                 101.4

      (注1)    上記金額は外部顧客に対する売上収益を示しております。
      (注2)    上記金額には消費税等は含まれておりません。
                                  19/154











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
         (参考)最近2年間の主要ブランド別販売実績
          当社グループの売上及び店舗数を主要なブランドごとに示すと次のとおりであります。
           ブランド別売上
                               2016年12月期                  2017年12月期
     セグメントの名称            ブランド名
                           店数      金額      比率      店数      金額      比率
                                         %                  %
                                  百万円                  百万円
                            1,342     152,081       42.9     1,355     151,404       42.1
              ガスト
                             286    40,946       11.5      286    40,412       11.2
              ジョナサン
                             331    36,919       10.4      332    37,141       10.3
     レストラン事業         バーミヤン
                             195    21,405       6.0      194    21,154       5.9
              夢庵
                             137    17,303       4.9      137    16,892       4.7
              ステーキガスト
                             662    76,821       21.7      726    83,454       23.2
              その他
                             115     9,038       2.6      114     8,988       2.6
     その他         その他
                            3,068     354,513       100.0      3,144     359,445       100.0
              合計
      (注   1)ブランドごとの店数は期末日の直営店舗数を表示しています。フランチャイズ店舗は「レストラン事業その
          他」に含まれます。
      (注2)ブランドごとの売上金額は直営店舗の合計金額となっております。フランチャイズ店舗への売上金額は「レス
          トラン事業その他」に含まれます。
                                  20/154














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        当社グループは、『価値ある豊かさの創造』という経営理念、「ひとりでも多くのお客様に、安くておいしい料理
       を、気持ちのよいサービスで、清潔な店舗で味わっていただく」という指針のもと、和洋中をはじめとした各種テー
       ブルレストランを中核事業に、現在、約3,000店舗を展開し、年間約4億人のお客様にご来店いただいております。
       今後も、それぞれの地域で皆さまに喜ばれ、なお一層必要とされるお店作りを目指してまいります。
        当社グループは、このような経営の基本方針に基づいて事業を展開し、株主利益の増大化を図ってまいります。
        当社グループは、EBITDA、調整後EBITDA及び調整後当期利益を重要な経営指標として位置づけております。

        なお、EBITDA、調整後EBITDA及び調整後当期利益を以下の算式により算出しております。

       EBITDA=税引前利益+支払利息+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+その他の金融関連費
       用(期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益を除く)-受取利息-その他の金融関連収益+減価
       償却費及び償却費+長期前払費用償却費+長期前払費用(保証金)償却費
       ・その他の金融関連費用は、連結純損益計算書上はその他の費用として記載しています。
       ・その他の金融関連収益は、連結純損益計算書上のその他の収益のうち、債務時効消滅益を除いた金額となります。
        なお、第3期から第5期まで及び第7期のその他の金融関連収益の額は、連結純損益計算書上のその他の収益の額
        と一致しております。
       調整後EBITDA=EBITDA+固定資産除却損+非金融資産の減損損失-非金融資産の減損損失の戻入れ+BCPLマネジメン
       ト契約(*)に基づくアドバイザリー報酬額(定期報酬含む)+上場及び売出関連費用(上場記念賞与含む)+適格
       上場に伴う会計上の見積変更額
       調整後当期利益=当期利益+BCPLマネジメント契約(*)に基づくアドバイザリー報酬額(定期報酬含む)+上場及
       び売出関連費用(上場記念賞与含む)+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+適格上場に伴
       う会計上の見積変更額+調整項目の税効果調整
       (*)当社とベインキャピタル・パートナーズ・LLCの間のマネジメント契約を意味します。なお、同契約につきま
          しては、2014年7月17日に締結した変更契約に基づき、当社が上場した時点で終了しております。
        当社グループは、『価値ある豊かさの創造』を経営理念に掲げ、当社グループが運営する店舗において、ひとりで

       も多くのお客様に、おいしい料理を手頃な値段と気持ちのよいサービスで、清潔な店舗で味わっていただくことを使
       命としています。従業員一丸となって、それぞれの地域で皆さまに喜ばれ、なお一層必要とされる店舗作りを目指す
       ため、顧客のニーズに柔軟に対応し、より強固な企業体制を整備し、市場競争力を向上させる必要があると認識し、
       以下の施策に重点的に取り組んでいく所存です。
       ①当社グループの強みと経営スタイルの特徴

        日本最大のテーブルサービスレストランチェーンである当社グループは、下記のような強固な事業基盤を有してい
       ると考えております。
        ・外食市場を牽引する多彩なブランドポートフォリオを有していること
        ・外食市場におけるリーディングプレーヤーであり、優良な店舗立地を有していること
        ・商品開発から食材の調達、製造、物流、料理の提供まで一気通貫して当社のネットワークで行う「垂直統合プ
         ラットフォーム」を有しており、市場の変化に迅速に対応するスピードとスケールメリットを有していること
        ・卓越した分析能力を有しており、経営判断に活用していること
        ・先進的なデジタルマーケティングを有していること
        ・優れた実績を持つ強力且つ経験豊富な経営陣と定着率の高い優秀な店舗スタッフを有していること
        この強固な事業基盤により、当社グループの経営は競合他社にはない以下の特徴を持っております。
       (ⅰ)多様なブランドを展開し、手頃な価格でのメニューの提供
          当社グループは、和食・洋食・中華・イタリアンなど複数のカテゴリーにおいて、主要なセグメントである低
         価格帯にて知名度の高い多様なブランドを展開しております。このお手頃な価格設定により、国内消費者の多数
         を占める幅広い層のお客様にご支持いただいております。
       (ⅱ)外部環境の変化に対する迅速な戦略転換や成功確度の高い施策の実施
          当社グループは、外部環境や消費者ニーズの変化を敏感に察知・把握し、その変化に合致する戦略の実行を速
         やかに行うことで、高収益をあげてまいりました。
          2010年~2013年にはデフレ環境下において店舗配置やブランドポートフォリオの見直しを行いました。2014
         年~2015年にはインフレ環境下において高単価商品を積極的に開発・導入することにより、客単価上昇が牽引す
         る既存店売上高増加を実現いたしました。2016年~2017年は消費者の嗜好の細分化に対応し、スペシャリティブ
         ランドの展開により注力いたしました。
                                  21/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          また、新業態をはじめとする当社グループの新たな施策の多くは、既存の事業基盤に基づく施策であるため、
         成功可能性が非常に高くなっております。
       ②当社グループがとらえる外部環境変化

        当社グループでは、様々な外部環境変化のうち、業績に影響を与えるであろうトレンドを以下の7つと考えており
       ます。
       (ⅰ)総需要の伸びの鈍化
          人口は減少するものの、外食への1人あたり支出の増加により、2020年頃までは市場規模は横ばいに推移す
         る。また、ファミリーレストラン市場の周辺には、朝食・カフェ・アルコール需要など、大規模な市場が存在し
         ている。
       (ⅱ)需要の都市部への移動
          利便性を求める層が都市部に移動し、併せて、様々なインフラ維持コストを削減するために政府や自治体も都
         市中心部への移動を促進する。これにより、人の動きが都市中心に移るとともに、それら中心部を繋ぐ幹線道路
         沿いの重要性も高まる。
       (ⅲ)単身者・女性の社会進出、高齢者層の増加
          相対的に外食への支出割合が高い、単身者や共働き世帯の割合が上昇する。また、資産を持つ高齢者世代は外
         食に慣れ親しんだ世代であり、食へのこだわりや食を通じたコミュニケーションへの欲求、調理の手間削減など
         のために今後も積極的に外食を利用する。
       (ⅳ)食の嗜好の成熟化
          多くの消費者の食への嗜好が成熟化し目的利用の割合が高まる。これにより、特定のカテゴリーで相対的に安
         価で質が高いメニューを提供できる専門店ニーズが高くなる。
       (ⅴ)消費の二極化
          外食を贅沢の対象とする高価格帯の消費者が一定数存在する一方で、実質賃金が減少傾向であることにより節
         約志向も底堅く、低価格でバリューを訴求するファミリーレストランが伸長する。
       (ⅵ)インフレの進展
          新興国における需要の拡大や為替影響により、卸売物価は継続的に上昇する。また、生産年齢人口の減少や景
         気回復に伴う求人の増加、社会保険の適用拡大によって、人材の維持獲得コストは上昇する。
       (ⅶ)ファーストフード、コンビニエンスストアとの競争領域の重複
          ファーストフードやコンビニエンスストアは手軽感だけでなく、カジュアルではあるがしっかりとした食事需
         要の積極的な取り込みを図り、低価格・少人数での利用シーンにおいてファミリーレストランと競合しつつあ
         る。
          これらの環境変化を事業成長の好機ととらえ、上述した外部環境変化に対する迅速且つ的確な施策の実施を通
         じ、今後も成長を実現してまいりたいと考えております。
       ③当社グループの成長戦略

        当社グループでは、前述した強固な事業基盤に基づき、以下の成長戦略を実施することにより、さらなる成長の実
       現を図ってまいります。
       (ⅰ)既存の事業基盤を活用した成長(既存店の収益力強化、新規出店、コストの最適化)
       (ⅱ)事業基盤の適用範囲の拡大による成長(海外展開、M&A)
       ④既存店の収益力強化

        当社グループは、これまで、外食市場が成熟して拡大規模はその成長期に比べ限定的なものであることに鑑みて、
       収益の確保を過去のような大量新規出店に依存するのではなく、既存店の収益力強化が重要な成長の鍵となると考
       え、取り組んでまいりました。今後もこの方向性に大きな変更はありません。ただし、2015年までは、外部環境変化
       への対応を目的とした高単価メニューの開発・導入を中心とした客単価上昇戦略を主軸としておりましたが、さらな
       る成長の実現のために今後もっとも重要な位置づけとなるのは、客数の増加をいかにして実現するかという点である
       と考えています。
        また、多目的型レストランではない目的利用の明確な専門店型ブランドにおいては、客単価を更に上昇させること
       が可能であると考えています。
        これらを踏まえ以下の各戦略・戦術を実施してまいります。
       (ⅰ)コアメニュー強化による客数増
        ・拡大する新たな顧客ニーズの取り込み
        ・調達やプロモーション視点を導入した商品開発など
                                  22/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (ⅱ)バリュープロモーションによる客数増
        ・顧客ターゲット別の割引クーポンの発行
        ・ブランド間の相互送客等、マルチブランドの強みを活かしたプロモーションの実施
       (ⅲ)価値を伴った客単価の上昇
        ・プレミアム食材を使用したフェアの拡大
        ・ドリンクバー、サイドメニューの併売強化など
       (ⅳ)需要の変化に合わせたリモデル実施の加速
        ・顧客層変化に対応した店舗内外装刷新の実施
        ・分煙対応の促進
        ・お客様を自社グループ店舗へ誘導するためのリードサイン設置強化など
       (ⅴ)市場動向に応じたブランド転換の実施
        ・消費者ニーズや競争環境の変化に合わせ、タイムリーに最適なブランドへ転換する
        ・食の嗜好の成熟化に合わせ、高い効果が見込まれる専門店ブランドへの転換を早期に実施など
       (ⅵ)店舗オペレーションの高度化
        ・お客様が集中するピーク時間帯における作業効率を改善し、座席回転率の上昇による客数増加を図る
       (ⅶ)(朝食・カフェ・アルコール需要など)周辺市場の取り込み
        ・朝食需要、カフェ需要、アルコール需要の積極的な取り込み
       (ⅷ)デリバリーサービス・テイクアウトサービスの拡大
        ・メニュー、店舗オペレーション改善による配達時間の短縮
        ・モバイルアプリを活用したプロモーションの促進
        ・インターネットやスマートフォンからの注文の利便性の向上
        ・デリバリー実施店舗の拡大など
       ⑤新規出店

        新規出店は、2017年からの中期事業計画で主要施策と位置付けております。国内では、都市部駅前、ロードサイ
       ド、ショッピングセンター等の各立地に最適なブランドを選定し出店を進めております。新ブランド開発では、「コ
       ト消費」への対応、郊外のロードサイド及びショッピングセンター対応、小スペースの駅前立地対応の3つの方針で
       開発を進めております。
        国内各地域の競争環境を分析したうえで各ブランドの特徴を最大限活かすことのできる新規計画を策定するととも
       に、新規出店に係る社内プロセスを効率化し、迅速かつ確度の高い新規出店を実行してまいります。
       ⑥コストの最適化

        今後、最低賃金の上昇や社会保険適用拡大など人件費の上昇が想定されますが、当社グループではインフレの影響
       を受けやすいと考えられる費用項目は、当社グループのコスト環境に大きな影響を与えると考えております。
        当社グループは、以下の施策を通じてコストの最適化を図ってまいります。
       (ⅰ)原材料調達
          当社グループは、全国に約3,000店舗を有する国内最大のテーブルサービスレストランチェーンですが、原材
         料については原則として本社で一括調達することにより、スケールメリットを活かして調達コスト競争力をより
         高めてまいります。
          また、複数のブランド間でメニューレシピ及び調達先を継続的に見直して、モジュール化・共通化も含めて改
         善することにより、食材調達に係るコストの削減に努めてまいります。
          そのほか、メニューの開発にあたっては購買や生産の視点を付加しコスト最適化を図ります。常に食材価格の
         トレンドを把握し、高品質且つ安価な食材を使用したメニュー開発を行います。
       (ⅱ)サプライチェーンの最適化
          当社グループは、全国10ヶ所にあるマーチャンダイジングセンター及び工場で集中的に加工及び調理を行い、
         各ブランドの店舗へ、自社配送システムを利用して配送しておりますが、かかるマーチャンダイジングセンター
         の最適化や配送ネットワークの効率性の改善等により、垂直統合型のサプライチェーンを更に強化し、サプライ
         チェーン全体に係るコストの削減を目指してまいります。ブランド横断での地域別配送の実施や常温配送の頻度
         見直しなども実施いたします。
          マーチャンダイジングセンターにおいては、需要変動に合わせた労働時間コントロールを強化し、また、生産
         工程での原材料廃棄ロスの低減を図るなど、原価低減に向けた取り組みを実施いたします。
                                  23/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (ⅲ)人件費等
          当社グループでは、店舗オペレーションの効率化や従業員の教育、標準化による生産性向上、深夜営業の縮小
         等により、人件費の削減に取り組んでまいります。
          また、水道光熱費、本社費及びマーケティング費用についても、継続的に見直しを行って改善に努めてまいり
         ます。これらについては、購買部門が全社横断的にコスト削減を支援する仕組みを作り、また、全部門に対して
         明確な数値目標を設定し最適化を図ります。
       ⑦事業基盤の適用範囲拡大による成長

        (ⅰ)台湾事業の拡大
           台湾の外食市場は成長を継続しており、たいへん魅力的な市場と捉えております。当社グループでは、日本
          国内で着実な成長を遂げてきましたが、成長を通じて得られた様々なノウハウを活用して、台湾における既存
          店収益のさらなる向上を図ります。また、日本で成功した「しゃぶ葉」を出店し、業績は好調に推移しており
          ます。今後も台湾において新規出店やブランド転換による拡大を実施してまいります。
        (ⅱ)M&A機会の積極的な追求
           当社グループの強みを補強する資産やノウハウを有している企業、又は当社グループの事業基盤と親和性が
          あり当社の強みを活かして新たな価値を創造できる企業に対するM&A機会を追求してまいります。
       ⑧食の安全・安心に向けた取組み

        当社グループでは、食材の調達から加工・流通・店舗での調理保管に至るまで、全ての工程で厳格な管理基準を設
       け、品質管理及び衛生管理を行っております。また、全国8ヶ所にある、マーチャンダイジングセンター内の検査室
       では、定期的な食品検査を実施し、商品の品質を担保しております。
        このように、当社グループは、食中毒事故の発生防止は継続して推進していますが、今後も更に徹底してまいりま
       す。2011年以降取り組んだ対策をもとに改定・整備された「安全・衛生に関するマニュアル」を全従業員が常に実行
       できる体制の継続により、食を扱う企業としての社会的責任を再認識し、お客様に信頼いただけるよう安全・安心に
       向けた取組みを更に強化してまいります。
                                  24/154












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
        当社グループの事業内容、経営成績及び財政状態等に関する事項のうち、投資者の投資判断に重要な影響を及ぼす
       可能性のあるリスクは、主として以下のものがあります。
        なお、下記の文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであ
       ります。下記事項は当社グループが事業を継続する上で、予想される主なリスクを具体的に例示したものであり、こ
       れらに限定されるものではありません。
       (1)経済状況の変化
         当社グループは日本国内におけるレストラン事業を中心としているため、日本国内の景気の変動や、政府の経済
        政策の影響により、当社グループの事業、業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。特に、日本におけ
        る消費税の増税等に起因する個人消費の減速、原材料価格・人件費・賃料・水道光熱費の上昇は、当社グループの
        事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)国内市場環境の変化及び他社との競合

         1997年には約29兆702億円であった日本の外食産業の市場規模は、2011年には約22兆8,282億円にまで縮小しまし
        たが、その後増加基調となり2016年には約25兆4,169億円となりました(出典:日本フードサービス協会「外食市
        場規模推計」)。今後も少子高齢化の影響等により、大幅な成長を見込むことは難しい状況と認識しております。
        当社グループは、外食市場において、レストラン・居酒屋チェーンを展開する企業やファーストフードチェーンを
        展開する企業に加え、個人又は家族経営などの飲食店とも競合しており、更に中食・内食市場において惣菜や弁当
        等を販売するコンビニエンスストアやスーパーマーケットを展開する企業とも競合する可能性があります。これら
        の当社グループの競合他社は、食品の価格、味や品質、メニューの豊富さ、店舗の立地、施設の魅力、雰囲気や居
        心地のよさ、スタッフの熟練度、レストランのブランドに対する社会的な評価、ポイントカード等の特典、税務上
        の取り扱い等において、当社グループより高い競争力を有する可能性があり、当社グループがこれらの競合他社に
        対して優位に立てない場合、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         また、日本では、現在のところ、レストランチェーンを展開する企業のレストラン店舗数が国内のレストラン店
        舗数全体に占める割合は、ファーストフードやコーヒーショップのチェーンを展開する企業の店舗数が全体の店舗
        数に占める割合と比較して相対的に低く、当社グループを含むレストランチェーンが更に成長する余地があると認
        識しておりますが、国内においてレストランチェーンが今後も成長を続けるとの保証はありません。
       (3)消費者の嗜好の変化

         当社グループが展開するレストラン事業における売上は、飲食に関する消費者の嗜好や社会的な流行の影響を強
        く受けます。
         当社グループが消費者の嗜好等を正確に把握又は予測できない場合、ブランド転換や出店予定地域の調査等の施
        策が功を奏さない場合等においては、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         特に、当社グループのレストラン事業における主力ブランドであるガストは、当社グループにおいて最大の店舗
        数を有しており、当社グループの売上及び利益でも大きな比率を占めているため、ガストのメニュー・価格帯・
        サービス等のコンセプトが顧客からの支持を得られない場合は、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を
        及ぼす可能性があります。
       (4)食品事故の発生

         当社グループの中心事業であるレストラン事業においては、食品の安全性確保が極めて重要です。たとえば、店
        舗、マーチャンダイジングセンター、取引先等において、食品等の安全・衛生・品質管理に問題があり、食品事故
        が発生した場合には、自主的な又は行政処分に基づく営業停止、業務停止、営業に係る許可の取消し、ブランドイ
        メージや社会的信用の低下、売上の減少、対応費用の発生、当社グループに対する民事訴訟の提起等が発生する可
        能性があります。
         また、仮に、競合他社において食品事故等が発生した場合であっても、レストラン業界全体に対する評判・信用
        の低下や消費者の外食意欲の低下、事故の原因となった食材の在庫廃棄、入手困難に伴う価格の高騰等により、当
        社グループの業績が影響を受ける可能性があります。
                                  25/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (5)食材・間接材の調達困難・価格高騰
         当社グループにおいては、国内外のインフレーションの進行、疫病(鳥インフルエンザ等)の発生、天候不順・
        異常気象・自然災害の発生、エネルギーの不足、物流上の障害、政府による輸入制限処置の発動、国際的な漁獲制
        限、取引先の倒産又は事故・災害による供給停止、食品衛生上の問題又は放射能汚染等による出荷制限・風評被
        害、為替の変動、増税等により、原材料等の調達不安や価格高騰が発生した場合には、原価率の上昇等により、当
        社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)労務関連

         当社グループでは、多くのパートタイム・アルバイトの有期契約社員が、店舗及びマーチャンダイジングセン
        ター等の業務に従事しております。2013年の労働契約法改正により、一定の有期契約社員に無期雇用社員への変更
        を請求できる権利が付与され、有期契約社員と無期契約社員の労働条件の不合理な差別的取り扱いが禁止されるほ
        か、2016年10月からは短時間労働者に対する厚生年金及び健康保険の適用が拡大されるなど、有期契約社員を取り
        巻く法規制や労働環境には重大な変化が起こりつつあります。こうした労働関連法規制への対応や労働環境の変化
        により、当社グループが優秀なクルーを雇用できなくなる可能性や当社グループの人件費が高騰する可能性があり
        ます。また、当社グループにおいて労働関連法規制の違反が発生した場合は、規制当局から当社グループの業務改
        善が命じられること又は従業員からの請求を受けること等により、当社グループの事業、業績、財政状態、ブラン
        ドイメージ及び社会的信用に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)人材確保等

         当社グループでは、多くのパートタイム及びアルバイトの従業員が、店舗及びマーチャンダイジングセンター等
        での業務に従事しております。昨今、一部の外食業者においてパートタイム等の従業員を確保することができず、
        一部の店舗を閉鎖又は休業した事例が報道されました。当社グループではそのような事例は発生しておりません
        が、賃金の上昇、求人費の増加、国内の労働力需要の増加に伴う従業員の確保困難等により採用環境が悪化した場
        合、当社グループが必要とする数の従業員を適切なコストで確保することができなくなり、必要な数の従業員を確
        保するための人件費の増加、出店計画等の見直し、一部店舗の一時営業停止等により、当社グループの事業、業績
        及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (8)不動産の賃借

         当社グループの本社及び多くのレストラン店舗は、土地及び建物を第三者から賃借しており、敷金や保証金を賃
        貸人に対して差入れている物件が大半を占めております。当社グループは、賃貸人に係る与信調査及び与信管理は
        行っておりますが、予期せぬ賃貸人の破産等が発生した場合は、当該敷金や保証金が回収不能となり、当社グルー
        プの業績に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループが新規の店舗を出店したり、賃借する建物の老朽化等に伴い店舗を移転せざるを得なくなっ
        たり、既存店舗の賃貸借の更新を行う場合において、景気の変動等により賃料相場が上昇したり、賃貸借期間の更
        新等に係る交渉が不調となったりした場合には、出店先又は移転先の店舗等を確保するまでに一定の時間及び費用
        を要する可能性や、当社グループが当初策定したとおりのレストラン店舗の出店又は移転が困難となる可能性があ
        るとともに、店舗等に係る賃貸借契約の内容によっては不動産の賃借に係る費用が増加する可能性があり、これら
        の場合においては、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (9)天候不順等

         外食市場における需要は、天候不順、異常気象、災害・紛争等の発生、感染症の発生等により、消費者の外食機
        会及び外食意欲の減少等に伴って変動する場合があります。当社グループの業績は、天候不順等による需要の変動
        の影響を受ける可能性があります。
                                  26/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (10)中期事業計画
         当社グループは、「2017~2019年中期事業計画」を策定しております。当該中期事業計画では、店舗内外装の
        刷新、顧客の利用動機の把握とコミュニケーションツールの駆使による利用機会の増加、デリバリー事業やテイ
        クアウトなど新規分野への積極的な取り組みによる既存店の売上げの成長、ロードサイド・駅前立地やショッピ
        ングセンター内出店など人口動態の変化に対応した新規出店の実施とブランド転換による店舗ポートフォリオの
        最適化により、安定かつ継続した売上成長の実現を目指すとともに、購買・加工・物流における最適化の継続的
        な実施と店舗オペレーションシステムの推進、コスト削減策の実行により、事業運営を最適化し利益率の向上を
        目指すこととしております。
         しかしながら、これらの施策の実施については、当社グループが顧客のニーズを正確に把握できないリスク、
        マーチャンダイジングセンター等及び物流の最適化などのコスト削減策を効率的に実行できないリスク、複数の
        ブランドを効率的に維持又は管理できないリスク、適切な立地を発見又は確保できないリスク、優秀な従業員を
        確保できないリスクなどが内在しています。
         また、当社グループのこれらの経営計画は多くの想定に基づいて作成されておりますが、かかる想定通りとな
        らない場合等には、当該計画における目標を達成できない可能性があります。また、当社グループが正確に認識
        又は分析していない要因又は効果により、当該計画の施策がかえって当社グループの競争力を阻害し、当社グ
        ループの業績に悪影響を及ぼす可能性も否定できません。
       (11)経営陣への依存

         当社グループの経営は、代表取締役会長兼社長の能力と貢献に相当程度依存しております。当該役員のキャリ
        アプラン、健康状態、家庭事情その他の何らかの理由により当該役員が辞任しその代替を確保できない場合、当
        社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (12)IT(情報システム)への依存

         当社グループは、食材の仕入れ、配送システム、食品加工等のレストランの運営及び業務を、情報システムに
        依存しております。プログラムの不具合等やコンピュータ・ウイルス、外部からのサイバー攻撃等により、当社
        グループの情報システムに様々な障害が生じた場合には、レストランの効率的な運営や消費者に対する食品の適
        時の提供が阻害され、重要なデータを喪失し、又は対応費用が発生すること等により、当社グループの事業、業
        績、財政状態、ブランドイメージ及び社会的信用に影響を及ぼす可能性があります。
       (13)財務報告に係る内部統制

         当社グループでは、財務報告の信頼性に係る内部統制の構築及び運用を重要な経営課題の一つとして位置付
        け、グループを挙げて管理体制等の点検・改善等に継続的に取り組んでおりますが、当社グループの財務報告に
        重大な欠陥が発見される可能性は否定できず、また、将来にわたって常に有効な内部統制を構築及び運用できる
        保証はありません。更に、内部統制に本質的に内在する固有の限界があるため、今後、当社グループの財務報告
        に係る内部統制が有効に機能しなかった場合や、財務報告に係る内部統制に重要な不備が発生した場合には、当
        社グループの財務報告の信頼性に影響が及ぶ可能性があります。
       (14)多額の借入金及び財務制限条項への抵触

         当社グループは、金融機関を貸付人とする融資契約(シンジケートローン)を締結しており、多額の借入れを
        行っております。
         当社グループは、既存の借入れがあることから新たな借入れが制約されたり、景気の下降に脆弱であったり、
        自己資本比率が当社グループよりも高い競合他社と比較して競争力が劣ったりする可能性があります。
         また、当社グループの借入金のうち、融資契約(シンジケートローン)に基づく借入金については、財務制限
        条項が付されております。これに抵触した場合、貸付人の請求があれば本契約上の期限の利益を失うため、ただ
        ちに債務の弁済をするための資金の確保が必要となり、当社グループの財政状態及び資金繰りに影響を及ぼす可
        能性があるとともに、かかる資金の確保ができない場合は、当社グループの他の借入れについても期限の利益を
        喪失することが予測され、当社グループの存続に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (15)減損会計の適用

         当社グループは、全国の多様な立地に多様なブランドを出店しております。今後、店舗収益性が低下した場合
        等には、店舗資産の減損損失が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループは、2017年12月31日現在、1,461億40百万円ののれんを連結財政状態計算書に計上しており
        ます。主要なブランドの内訳はガスト(761億11百万円)、ジョナサン(180億65百万円)、バーミヤン(156億27
        百万円)であり、事業収益性が低下した場合等は、のれんの減損損失が発生し、当社グループの業績に影響を及
        ぼす可能性があります。なおこれらののれんについては非償却資産であります。
                                  27/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (16)税金費用
         会社の税務申告における損金処理については、一般に税務当局の調査の対象となります。最近、当社が税務上
        損金として処理した支払(当社がベインキャピタル・パートナーズ・LLCに対し支払った報酬等の一部の支払を含
        みます。)の一部が、税務当局からは損金として認定されなかったことがありました。当社は、当社とベイン
        キャピタル・パートナーズ・LLCの間のマネジメント契約(2014年7月17日に締結したその変更契約を含み、以下
        「BCPLマネジメント契約」といいます。なお、BCPLマネジメント契約は、当社の上場時に終了しております。)
        に基づき、当社の上場時に20億円、2015年5月29日に残りの20億円をベインキャピタル・パートナーズ・LLCに対
        して支払っており、上記の支払金額の全額40億円を2014年12月期に会計上費用として計上するとともに、税務上
        損金として処理しております。当該処理やその他の当社の税務申告について、税務当局が当社と異なる見解を採
        用する場合、当社の申告する損金の全部又は一部が、税務当局から損金として認定されず課税所得が増加する結
        果、所得税費用が増加し、加算税・延滞税の支払を命じられる可能性があり、その場合当社グループの業績及び
        財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (17)外国為替相場の変動

         当社グループは、食材の仕入先が世界各地にわたっており、現時点で外貨建で取引されている食材は全体の一
        部に留まっておりますが、かかる食材等のコスト及び価格は、直接的又は間接的に、為替の影響を受けます。当
        社グループは、現時点では為替リスクを軽減するためのヘッジは一切行っていないため、為替相場の変動により
        当社グループの事業、業績及び財政状態が悪化する可能性があります。
       (18)自然災害等

         当社グループは、全国に店舗やマーチャンダイジングセンター等を配置しているため、大規模な地震・風水
        害・津波・大雪・感染症の大流行等が発生した場合、当社グループの本社や店舗・マーチャンダイジングセン
        ター等の建物・機械設備等が被災し、又は店舗の営業、マーチャンダイジングセンター等の稼動、原材料の物流
        又は従業員の出勤に支障が生じ、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         また、そうした自然災害等により、ライフライン(水道、電気、ガス)の供給制限や供給停止、道路損壊によ
        る物流網の遮断、ガソリン等の調達難による配送・宅配業務の停止、取引先工場・倉庫等の被害、エネルギーや
        物資の不足、従業員の大規模な欠員等や公共交通機関の障害が発生した場合も、当社グループのレストランや
        マーチャンダイジングセンター等の稼動に支障をきたし又は顧客が当社グループの店舗に来店できないことによ
        り、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         特に、当社グループのレストラン及びマーチャンダイジングセンター等は、首都圏に集中しているため、首都
        圏において大規模な地震による被害等が発生した場合は、当社グループの事業、業績及び財政状態に悪影響を及
        ぼす可能性があります。
       (19)知的財産権

         当社グループは、「ガスト」、「バーミヤン」、「ジョナサン」等、当社グループが展開するレストランに係
        るロゴや、「ガスト チーズINハンバーグ」等のメニューに関する商標は、当社グループのレストランのブラ
        ンドイメージやマーケティング上、非常に重要性が高いものと考え、当該商標を保護するため、適切な国や地域
        での取得に努めていますが、一部の国・地域によっては十分な知的財産権の取得がされていない可能性がありま
        す。
         また、当社グループは、自らの知的財産権を保全するため、当社グループの商標を不正に使用する第三者等に
        対し訴訟等を提起しなければならない事態が生じる可能性がありますが、当社グループの商標を不正に使用する
        第三者等を適時に発見できない可能性や、当社が提起した訴訟等において当社の主張が十分に認められない可能
        性があり、これらの場合には、当社グループの事業、ブランドイメージ及び社会的信用に影響を与える可能性が
        あります。
       (20)インターネット等による風評被害

         過去に外食産業及びコンビニエンスストアなどにおいて、パートタイム・アルバイト従業員が、勤務に関連し
        不適切な画像をインターネットにおいて公表した結果、店舗の閉鎖・休業を実施した会社が存在しました。当社
        グループではかかる事例は発見されなかったものの、将来同様の事案が発生する場合や、当社グループが保有す
        る商標等の不正利用、商品への異物混入や苦情など、インターネット上での様々な書き込みにより風評被害が発
        生・拡散した場合、その内容の正確性にかかわらず、当社グループの事業、業績、財政状態、ブランドイメージ
        及び社会的信用に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループの競合他社等に対する風評被害であっても、外食市場全体の社会的評価や評判が下落する
        ことにより、当社グループの事業、業績、財政状態、ブランドイメージ及び社会的信用にも影響を及ぼす可能性
        があります。
       (21)個人情報の漏洩

                                  28/154

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
         当社グループでは、モバイルサイトの運営、顧客アンケートの実施、宅配事業、ポイントカードの利用、代金
        の決済等において、多くの顧客の個人情報を保持しております。これらの個人情報が外部へ流出した場合、当社
        グ ループのブランドイメージ及び社会的信用に影響を及ぼす可能性や、対応費用の発生等により当社グループの
        事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (22)法規制

         当社グループの事業は、食品衛生法や労働基準法をはじめとする様々な法規制による制約を受けております。
        食品表示法などレストラン事業に関連する法規制が新たに制定され、又は司法・行政解釈や適用の変更等が行わ
        れた場合、これらの対応に要する費用の発生等により当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。ま
        た、当社グループにおいてこれらの法規制の違反が発生した場合は、規制当局から当社グループのレストランの
        営業停止等が命じられること等により、当社グループの事業、業績、財政状態、ブランドイメージ及び社会的信
        用に影響を及ぼす可能性があります。
         更に、外食産業では、過去には産地偽装が社会的問題となったことから、食品の不当表示に係る法改正が行わ
        れ、規制が強化されました。当社グループに将来同様の事案が発生し、又は当社グループが新たな法規制に違反
        する場合には、当社グループの事業、業績、財政状態、ブランドイメージ及び社会的信用に影響を及ぼす可能性
        があります。
       (23)訴訟その他の法的手続

         当社グループは、その事業の性質上、製造物責任や各種契約違反、労働問題等に関し、消費者、取引先、従業
        員等により提起される訴訟その他の法的手続の当事者となるリスクを有しています。当社グループが訴訟その他
        の法的手続の当事者となり、当社グループに対する敗訴判決が言い渡され又は当社グループにとって不利な内容
        の和解がなされた場合、当社グループの事業、業績、財政状態、評判及び社会的信用に悪影響を及ぼす可能性が
        あります。
       (24)持株会社体制

         当社は、グループ経営を高度化させ当社グループの競争力を高めるため、2016年1月1日付で持株会社体制に
        移行しました。これにより、当社は、グループ会社の経営管理等、当社グループ全体の統括管理機能に係る事業
        を中心に行うこととなり、また、当社の収益の大部分は当社のグループ会社からの経営管理料等及び受取配当と
        なります。そのため、当社によるグループ会社の経営管理等の効果が十分に発揮されなかった場合には、当社グ
        ループの円滑かつ効率的な経営に支障が生じる可能性があり、また、グループ会社の収益動向や、会社法等の規
        制等によりグループ会社が当社に対して支払うことができる配当金額が制限されること等によって、当社に対し
        て経営管理料等や配当を支払えない状況が生じた場合等には、当社の財政状態及び経営成績等に影響を与える可
        能性があります。
                                  29/154










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      5【経営上の重要な契約等】
        株式会社みずほ銀行等との借入契約
         当社は2013年6月17日付で、株式会社みずほ銀行をエージェントとするシニアファシリティ契約を締結しており
        ますが、2014年6月3日付及び2015年4月3日付で同契約の変更契約を締結しております。
        これらの変更を含む、当該シニアファシリティ契約の主な契約内容は、以下のとおりであります。
         1.契約の相手先
           株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社新生銀行、株式会社日本政策投資銀行、株式会
           社三井住友銀行、三井住友信託銀行株式会社、他8社
         2.借入枠

           ファシリティA借入枠  600億円
           ファシリティB借入枠 1,050億円
         3.借入金額

           ファシリティA及びB 当初借入金額 1,650億円 (2017年12月31日現在契約上の残高 1,237億円)
         4.返済期限

           ファシリティA:2013年9月30日より6ヶ月ごとに弁済(最終返済日2019年6月24日)
           ファシリティB:最終返済日(2019年6月24日)に弁済
         5.金利

           TIBOR(東京銀行間取引金利)プラススプレッド
           なお、スプレッドの計算方法の概要については、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財
          務諸表 連結財務諸表注記 16.借入金(その他の金融負債を含む)」に記載しております。
         6.主な借入人の義務

          ① 本契約において許容されるものを除き、書面による事前承諾なく第三者に担保提供を行わないこと
          ② 財務制限条項を遵守すること
           財務制限条項の主な内容は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸
          表注記 16.借入金(その他の金融負債を含む)」に記載しております。
        株式会社みずほ銀行及び株式会社三菱東京UFJ銀行との金利スワップ契約

         当社は2015年3月27日付で、株式会社みずほ銀行及び株式会社三菱東京UFJ銀行と金利スワップ契約を締結して
        おります。
         主な契約内容は、以下のとおりであります。
         1.契約の相手先
           株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行
         2.取引期間

           自 2015年3月31日 至 2019年6月24日
         3.想定元本

           各社合計 1,492億円(ファシリティAに対応する443億円は2015年9月より6ヶ月ごとに減少し、残りファ
           シリティBに対応する1,049億円は2019年6月まで一定)
         4.取引形態

           変動金利受取及び固定金利支払
                                  30/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
        株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行及び株式会社三井住友銀行との限度貸付契約
         当社は2017年2月9日付で、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行及び株式会社三井住友銀行と限度
        貸付契約を締結しております。
         主な契約内容は、以下のとおりであります。
         1.契約の相手先
           株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行及び株式会社三井住友銀行
         2.貸付限度額

           合計 300億円
         3.資金引出(借入)累計額

           120億円
         4.コミットメント期間

           自 2017年2月9日 至 2020年2月7日
         5.返済方法

           利息については2017年9月末日以降、元本については2020年9月末日以降、6ヶ月ごとの各応当日に分割返
           済(但し最終返済日は2025年2月9日)
         6.金利

           借入時の基準金利プラススプレッドの固定金利
         7.主な借入人の義務

          ① 本契約において許容されるものを除き、書面による事前承諾なく第三者に担保提供を行わないこと
          ② 財務制限条項を遵守すること
           財務制限条項の主な内容は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸
          表注記 16.借入金(その他の金融負債を含む)」に記載しております。
                                  31/154












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
        株式会社みずほ銀行等との借入契約
         当社は2018年2月2日付で、既存借入金の返済のため株式会社みずほ銀行をエージェントとする銀行団と以下の
        金銭消費貸借契約を締結しております。
         1.契約の相手先
           株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社三井住友銀行、株式会社日本政策投資銀行、農
           林中央金庫及び三井住友信託銀行株式会社
         2.借入金額

           総額1,070億円 (トランシェA 80億円、トランシェB 990億円)
         3.  借入予定日

           2019年6月24日
         4.  返済方法

           利息については2019年7月31日より毎月末に後払い、元本については以下のとおり分割返済
           トランシェA:2019年12月31日より6ヶ月ごとに弁済 (最終弁済日2024年12月31日)
           トランシェB:2019年12月31日より6ヶ月ごとに弁済 (最終弁済日2027年12月31日)
         5.  金利

           TIBOR(東京銀行間取引金利)プラススプレッド
           なお、スプレッドの計算方法の概要については、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結
          財務諸表 連結財務諸表注記 39.後発事象」に記載しております。
         6.  主な借入人の義務

          ① 本契約において許容されるものを除き、書面による事前承諾なく第三者に担保提供を行わないこと
          ② 財務制限条項を遵守すること
           財務制限条項の主な内容は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸
          表注記 39.後発事象」に記載しております。
        株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行及び株式会社三井住友銀行との金利スワップ契約

         当社は2018年2月2日付で、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行及び株式会社三井住友銀行と金利
        スワップ契約を締結しております。
         主な契約内容は、以下のとおりであります。
         1.契約の相手先
           株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行及び株式会社三井住友銀行
         2.取引期間

           自 2019年6月24日 至 2024年12月30日(想定元本80億円)
           自 2019年6月24日 至 2027年12月30日(想定元本990億円)
         3.想定元本

           各社合計 1,070億円(想定元本は金利リスク減殺対象のローンの元本返済に対応し2019年12月より6ヶ月
           ごとに減少します。)
         4.取引形態

           変動金利受取及び固定金利支払
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  32/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)重要な会計方針及び見積り
         当社グループの連結財務諸表は、国際会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成に当たっ
        ては、決算日における財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を与えるような経営者の見積り及
        び予測を必要としております。当社は、過去の実績値や状況を踏まえ合理的と判断される前提に基づき、見積り及
        び予測を行っておりますが、前提条件やその後の環境等に変化がある場合には、実際の結果がこれら見積りと異な
        る可能性があります。
       (2)経営成績の分析

         当社はグループ経営理念『価値ある豊かさの創造』の具現化を目指し、一人ひとりのお客様の生活がより豊かに
        なり、より快適に過ごしていただけるよう、地域に根差した店舗作りを推進しております。主な成長戦略として
        1)既存プラットフォームの活用・拡大(既存店成長、新規出店、コスト最適化)、

        2)新規成長ドライバーの開拓(M&A機会の積極的な追求、海外事業の積極展開)、
        の2つを掲げ、経済情勢が極めて不安定な環境下においてファミリーレストラン業態の深化・拡大に取り組み、企

        業価値の向上に努めております。
         当連結会計年度における当社の主要施策の進捗は下記のとおりとなっております。

         まず、既存店成長のための施策として、以下の施策を実施いたしました。

         ・当社の垂直統合プラットフォームを活用し、安心安全でリーズナブルな商品を提供するとともに、お客様の

          ニーズに応える商品開発を積極的に推進いたしました。
         ・時代に合わなくなった店舗デザインの改善や、1組当たり客数の変化に合わせた席数配置の変更、分煙の強
          化、宴会需要への対応など、より居心地のよい店舗環境を提供するためグループ全体で店舗のリモデルに取り
          組むとともに、各地域のお客様の嗜好や競争環境の変化に対応するためにブランド転換を実施し、ブランド配
          置の最適化を進めました。2017年のリモデル店舗数は295店、ブランド転換店舗数は25店であります。
         ・店舗のサービスレベル向上のため、お客様の声を聞き、お客様満足度を高める活動としてカスタマーボイスプ
          ログラムを実行し継続的に店舗サービスの改善に取り組んでおります。また、タブレット端末を使った店舗マ
          ネジメントシステムを導入し、オペレーションを視覚的に理解することにより習熟化を早めるなど、店舗オペ
          レーションの改善と生産性の向上に継続的に取り組んでおります。
         ・スマートフォン向けアプリの導入や、ビッグデータを駆使したメニュー開発、販促プランの作成、新規出店計
          画の作成など、デジタルツールの活用やデータに基づいた経営計画の作成により確度の高い施策を実現してお
          ります。また、2018年にはすかいらーくグループ全体をカバーするアプリを導入予定であります。多彩なブラ
          ンドを持つ当社の強みを活かし、お客様のその時々のニーズに対応するブランドからお得な情報を手にするこ
          とができるようになり、お客様の当社グループ内での回遊性が飛躍的に向上すると考えております。
         ・デリバリー事業(宅配)では対前年同期比8.8%の売上高成長を実現し、高齢化社会や女性の社会進出など、
          新しい利用動機に柔軟に対応しました。2018年も宅配事業は成長ドメインであると考え、配達時間の短縮や生
          産性向上のための投資を進めてまいります。
         次に、新規出店と新ブランド開発の状況は以下のとおりであります。

         ・新規出店は中期事業計画の主要施策でありますが、2017年は計画通り97店舗の新規出店を行いました(中期事

          業計画は約100店舗)。
         ・新ブランド開発では、「コト消費」への対応、郊外のロードサイド及びショッピングセンター対応、小スペー
          スの駅前立地対応の3つの方針で開発を進めております。
         次に、コスト削減についての状況は以下のとおりであります。

         ・原価対策として、購買・加工・物流における最適化を継続的に実施しております。特に、サプライチェーンの
          更なる効率化を図るため、独立したルートで配送していたしゃぶ葉店舗への配送を既存ブランドの配送ルート
          へ取り込むことにより、グループ全体で配送費の削減を実現しています。なお、2017年は、お客様の来店促進
          のため戦略的に高付加価値メニューを提供したこともあり、原価率は前年同期より0.1%悪化の30.1%となり
          ました。
                                  33/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
         ・一般経費は、最低賃金の上昇や正社員のベースアップなどにより人件費が増加しましたが、間接材コスト低減
          の部門横断プロジェクトによるコスト削減などにより一部を相殺しました。その結果、販売費及び一般管理費
          の売上高比率は前年同期比1.0%悪化の61.7%となりました。
         以上の結果、当連結会計年度の売上収益は3,594億45百万円(前期比49億32百万円増)、営業利益は281億3百万

        円(前期比31億46百万円減)、税引前利益は255億15百万円(前期比34億37百万円減)、親会社の所有者に帰属す
        る当期利益は169億26百万円(前期比12億87百万円減)となりました。
         EBITDAは418億35百万円(前期比41億62百万円減)、調整後EBITDAは432億83百万円(前期比46億7百万円減)、
        調整後当期利益は169億42百万円(前期比12億74百万円減)となりました。当連結会計年度末時点での店舗数は
        3,145店舗(転換準備の為の未開店店舗1店舗。期首時点は3,068店舗)となりました。
       (3)財政状態の分析

         当連結会計年度末における資産、負債及び資本の状況は以下のとおりであります。
         流動資産は329億60百万円で、主にたな卸資産及びその他の流動資産の減少により、前連結会計年度末に比べ60
        億37百万円減少いたしました。非流動資産は2,861億5百万円で、主に有形固定資産及びその他の無形資産の増加
        により、前連結会計年度末に比べ67億85百万円の増加となりました。
         総資産は3,190億65百万円で前連結会計年度末に比べ7億48百万円増加いたしました。
         また、流動負債は549億79百万円で、主にその他の流動負債及び未払法人所得税等の減少により、前連結会計年
        度末に比べ67億37百万円減少いたしました。非流動負債は1,386億77百万円で、主に長期借入金及びその他の金融
        負債の減少により前連結会計年度末に比べ37億26百万円減少いたしました。
         負債は合計1,936億56百万円で、前連結会計年度末に比べ104億63百万円減少いたしました。
         資本は合計1,254億9百万円で、前連結会計年度末に比べ112億11百万円増加いたしました。これは主に配当金支
        払いによる減少(76億19百万円)及び当期利益による増加(169億26百万円)によるものであります。
       (4)経営成績に重要な影響を与える要因について

         当社グループの売上は、経済情勢、消費者の嗜好の変化、他社との競合、天候不順、出店計画等による影響を受
        け、また当社の費用は、原材料価格、光熱費、不動産賃料、人件費等による影響を受けます。したがって、これら
        の変動要因が発生し、当社グループによる対応策が功を奏さなかった等の場合は、当社グループの経営成績に影響
        を及ぼす可能性があります。
         当社グループの経営成績に影響を与える他の要因については、「4 事業等のリスク」をご参照下さい。
       (5)経営戦略の現状と見通し

         厳しい経営環境の中、低価格ブランドのガストは安定的な収益を確保しており、まさに当社グループの核となる
        ブランドとなっております。当社グループは、ガストブランドを中心とした各ブランドについて、既存店の収益力
        強化のためにオペレーションの改善及びお客様に支持される商品開発に取り組むとともに、マーケットの動向に合
        わせた新規出店及びブランドの転換を進めてまいります                          。
         当社グループの経営戦略の現状と見通しの詳細については、「3 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」
        をご参照下さい。
       (6)資本の財源及び資金の流動性についての分析

         当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ11億28百万円減少し、150億94百万
        円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        営業活動によるキャッシュ・フロー

         営業活動の結果得られた資金は、315億10百万円(前期比45億19百万円減)となりました。これは主に、税引前
        利益が34億37百万円減少したこと及び法人所得税等の支払額が18億76百万円増加したことによるものであります。
        投資活動によるキャッシュ・フロー

         投資活動の結果使用した資金は196億6百万円(前期比29億44百万円増)となりました。これは主に、新店・転
        換・リモデルの店舗投資を含む有形固定資産の取得による支出が12億60百万円増加したこと、IT投資等による無形
        資産の取得による支出が4億73百万円増加したこと及び敷金及び保証金の差入による支出が6億48百万円増加した
        ことによるものであります。なお、当社においては、投資活動による資産の増加から、現金及び現金同等物の支払
        が行われるまでの期間は、通常1~2か月となります。
        財務活動によるキャッシュ・フロー

                                  34/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
         財務活動により使用した資金は130億78百万円(前期比82億66百万円減)となりました。これは主に、長期借入
        れによる収入が70億円発生したこと及びリース債務の返済による支出が11億65百万円減少したことによるものであ
        ります。
       (7)経営者の問題認識と今後の方針について

         当社グループは、『価値ある豊かさの創造』という経営理念、「ひとりでも多くのお客様に、安くておいしい料
        理を、気持ちのよいサービスで、清潔な店舗で味わっていただく」という指針のもと、和洋中をはじめとした各種
        テーブルレストランを中核事業に、現在、約3,000店舗を展開し、年間約4億人のお客様にご来店いただいており
        ます。今後も、それぞれの地域で皆様に喜ばれ、なお一層必要とされるお店作りを目指してまいります。
         当社グループは、このような経営の基本方針に基づいて事業を展開し、株主利益の増大化を図ってまいります。
        当社グループの問題認識と今後の方針の詳細については、「3 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」をご
        参照下さい。
                                  35/154

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      (参考情報)
        当社グループは、経営成績の推移を把握するために、以下の算式により算出されたEBITDA等を重要な経営指標とし
       て位置づけており、当連結会計年度及び過去4年間のEBITDA、調整後EBITDA及び調整後当期利益の推移は以下のとお
       りであります。
                                                    (単位:百万円)
                                          国際会計基準
                  回次
                                第3期      第4期      第5期      第6期      第7期
                                2013年      2014年      2015年      2016年      2017年
                 決算年月
                                12月      12月      12月      12月      12月
                                11,800      16,767      24,717      28,952      25,515
        税引前利益
        (調整額)
         +  支払利息                      7,277      5,181      3,458      2,749      2,500
         +  期限前弁済に伴う借入金償還損及び
                                 3,906        -      -      -      -
           付随するヘッジ関連損益
         +  その他の金融関連費用                       235       55      40      23      107
         -  受取利息                      △78      △41      △33      △21      △17
         -  その他の金融関連収益                      △577      △320      △376       △2      △2
         +  減価償却費及び償却費                     12,701      12,964      13,400      13,984
                                                        13,464
         +  長期前払費用償却費                       126      167      200      300      260
         +  長期前払費用(保証金)償却費                       17      14      12      12       8
        EBITDA(注1)(注5)(注6)                        35,407      34,787      41,418      45,997      41,835
        (調整額)
         +  固定資産除却損                       773      787     1,268       976      722
         +  非金融資産の減損損失                      1,414       677      649      949      720
         -  非金融資産の減損損失の戻入れ                       -      -      -     △32      △15
         +  BCPLマネジメント契約に基づくアドバイ
                                  700     4,542        -      -      -
           ザリー報酬額(注2)
         +  上場及び売出関連費用(注7)                       258     1,417       260       -      21
         +  適格上場に伴う会計上の見積変更額
                                  -      -    1,231        -      -
           (注8)
        調整後EBITDA(注3)(注5)(注6)                        38,552      42,210      44,826      47,890      43,283
                                  36/154









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                          国際会計基準
                  回次
                                第3期      第4期      第5期      第6期      第7期
                                2013年      2014年      2015年      2016年      2017年
                 決算年月
                                12月      12月      12月      12月      12月
                                 7,097      9,479      15,120      18,216      16,926
        当期利益
        (調整額)
         +  BCPLマネジメント契約に基づくアドバイ
                                  700     4,542        -      -      -
           ザリー報酬額(注2)
         +  上場及び売出関連費用(注7)                       258     1,417       260       -      21
         +  期限前弁済に伴う借入金償還損及び
                                 3,906        -      -      -      -
           付随するヘッジ関連損益
         +  適格上場に伴う会計上の見積変更額
                                  -      -    1,231        -      -
           (注8)
         調整額小計(税引前)                        4,864      5,959      1,491        -
                                                          21
                                 1,849      2,264       566       -
         調整額に対する税額(注9)                                                  5
         調整額小計(税引後)                        3,015      3,695       925       -      16
        調整後当期利益(注4)(注5)(注6)                        10,112      13,174      16,045      18,216      16,942
     (注1)EBITDA=税引前利益+支払利息+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+その他の金融関

         連費用(期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益を除く)-受取利息-その他の金融関連収
         益+減価償却費及び償却費+長期前払費用償却費+長期前払費用(保証金)償却費
         ・その他の金融関連費用は、連結純損益計算書上はその他の費用として記載しています。
         ・その他の金融関連収益は、連結純損益計算書上のその他の収益のうち、債務時効消滅益を除いた金額となりま
          す。なお、第3期から第5期まで及び第7期のその他の金融関連収益の額は、連結純損益計算書上のその他の
          収益の額と一致しております。
          なお、支払利息、その他の費用、受取利息、その他の収益(債務時効消滅益を含む)については、「第5 経
         理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 29.受取利息・支払利息及びその他
         の収益・費用」をご参照下さい。
     (注2)BCPLマネジメント契約とは、当社とベインキャピタル・パートナーズ・LLCの間のマネジメント契約を意味しま
         す。なお、同契約につきましては、2014年7月17日に締結した変更契約に基づき、当社が上場した時点で終了し
         ております。
     (注3)調整後EBITDA=EBITDA+固定資産除却損+非金融資産の減損損失-非金融資産の減損損失の戻入れ+BCPLマネジ
         メント契約に基づくアドバイザリー報酬額(定期報酬含む)+上場及び売出関連費用(上場記念賞与含む)+適
         格上場に伴う会計上の見積変更額
     (注4)調整後当期利益=当期利益+BCPLマネジメント契約に基づくアドバイザリー報酬額(定期報酬含む)+上場及び
         売出関連費用(上場記念賞与含む)+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益+適格上場に
         伴う会計上の見積変更額+調整項目の税効果調整
     (注5)EBITDA、調整後EBITDA及び調整後当期利益は国際会計基準により規定された指標ではなく、当社グループが、投
         資家にとって当社グループの業績を評価するために有用であると考える財務指標であります。当該財務指標は、
         非現金収支項目及びBCPLマネジメント契約に基づくアドバイザリー報酬額(定期報酬含む)や上場及び売出関連
         費用、期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損益並びに適格上場に伴う会計上の見積変更額等
         の非経常的な費用項目(通常の営業活動の結果を示していると考えられない項目、あるいは競合他社に対する当
         社グループの業績を適切に示さない項目)の影響を除外しております。
     (注6)当社グループにおけるEBITDA、調整後EBITDA、調整後当期利益は、競合他社の同指標あるいは類似の指標とは算
         定方法が異なるために、他社における指標とは比較可能でない場合があり、その結果、有用性が減少する可能性
         があります。
     (注7)上場及び売出関連費用とは、当社株式の上場及び売出し時に発生したアドバイザリー報酬額、上場記念品購入費
         用等の一時的な費用であり、下記(注8)に記載の適格上場に伴う会計上の見積変更額を含んでおりません。
     (注8)当社株式が適格上場(適用される証券法に基づく届出書により、又は当社株式が日本の証券取引所に上場するこ
         とにより、当社の議決権の過半数に係る株式について金銭を対価とする公募又は売出しがなされることをいう。
         以下同じ。)の要件を満たすことにより、①当社が当社の役員及び従業員に付与した持分決済型の株式報酬(第
         1回新株予約権、第2回新株予約権及び第3回新株予約権)(以下「SO」という)及び②当社が当社の役員及び
         従業員との間で締結したCash-Settled                  Stock   Appreciation       Right   Agreement(以下「SAR契約」という)に基づ
         き、当該役員等による現金決済型株式評価益権(以下「SAR」という)の全部又は一部の行使が可能となり、ま
                                  37/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
         た、③当社が当社の役員及び従業員との間で締結したDeferred                             Compensation       Agreement(以下「DC契約」とい
         う)に基づき、当社はDC契約の相手方に対し、当該契約で定められた額の金銭(以下「DC」という)を交付する
         義 務が生じることとなりました。SO、SAR及びDCの会計処理に用いる見積りに関しては、適格上場の成立が重要
         な影響を及ぼしており、当社株式が適格上場の要件を満たしたことに伴い、当該会計処理に用いる見積りに変更
         が生じました。「適格上場に伴う会計上の見積変更額」とは、SO、SAR及びDCに関する権利確定期間及び失効数
         の見積りの変更に伴う、当該会計処理に用いる見積りに対する影響額をいいます。
     (注9)適用税率はそれぞれ、第3期38.0%、第4期38.0%、第5期38.0%、第7期25.6%であります。なお、前連結会
         計年度においては、調整額は発生しておりません。
                                  38/154


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、当連結会計年度中の設備投資につきましては、グループ全体で新規出店97店舗、ブランド転
       換工事25店舗、既存店舗の改修(リモデル)295店舗を中心に182億54百万円の設備投資を実施いたしました。所要資
       金については自己資金及び借入金を充当いたしました。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                   2017年12月31日現在
                                    帳簿価額(百万円)
                                                     従業員数    店舗数
                  セグメント     設備の
       事業所名       所在地                 機械装置
                  の名称     内容   建物及び          土地    リース資             (人)    (店)
                               及び運搬              その他     合計
                           構築物         (面積千㎡)     産
                               具
     北海道エリア(ガス
              北海道旭    レストラン                    -                 -
                       店舗      336     30         29    33    428        -
     ト旭川旭町店他)         川市他    事業                    (-)                 (- )
     東北エリア(ステー         宮城県仙
                  レストラン                    142                  2
     キガスト東仙台店         台市宮城          店舗
                            1,432     102          91    109   1,876         -
                  事業
                                       (3)                 (2)
     他)         野区他
     北関東エリア(ガス
                                                        2
              群馬県前    レストラン                    522                     1
     ト駒形インター店                  店舗     1,859     199         137    161   2,878
                                                       ( 9)
              橋市他    事業                    (9)                    (1)
     他)
     首都圏エリア(ジョ                                2,541
              東京都渋    レストラン     店舗                                443    20
                            28,996     2,628         1,714    2,317    38,196
                                      ( 24)
     ナサン原宿店他)         谷区    事業     本社
                                                       (374)    (20)
     甲信越エリア(バー
              山梨県甲    レストラン                    213                 -
     ミヤン甲府下飯田店                  店舗
                            1,993     187         114    183   2,690         -
              府市他    事業                    (3)                (- )
     他)
     北陸エリア(ガスト         石川県金    レストラン                    20                 -
                       店舗      532     43         16    37    648        -
     金沢伏見台店他)         沢市他    事業                    (0)                (- )
     東海エリア(藍屋御         静岡県御    レストラン                    205                  1
                       店舗
                            4,217     373         405    337   5,537         -
              殿場市他    事業
     殿場インター他)                                 (2)                 (1)
              大阪府大
     近畿エリア(ガスト             レストラン                   1,912                   5    2
              阪市淀川          店舗     4,473     360         268    381   7,394
     西中島店他)             事業                    (13)                 (30)    (2)
              区他
     中国エリア(ガスト         鳥取県米    レストラン                    301                  1    1
                       店舗     1,286     122         102    119   1,930
     米子西店他)         子市他    事業                    (3)                (12)    (1)
     四国エリア(グラッ
              徳島県徳    レストラン                    -                 -
     チェガーデンズ徳島                  店舗      771     77         33    80    961        -
              島市    事業
                                      (- )                (- )
     昭和町店他)
              福岡県北
     九州エリア(ガスト
                  レストラン                    774                  2    1
              九州市小          店舗     1,511     138         133    109   2,665
     小倉城野店他)             事業                    (7)                (14)    (1)
              倉北区他
     沖縄エリア(ガスト
              沖縄県那    レストラン                    -                 -
     那覇おもろまち店
                       店舗      338     10         41     9   398        -
              覇市他    事業                    (- )                (- )
     他)
     東松山マーチャンダ         埼玉県東    レストラン                   5,994                  225
                       工場     4,891    1,174          341    472   12,872         -
     イジングセンター他         松山市他    事業                                   ( 2,126)
                                      (172)
      (注1)帳簿価額のうち「その他」は、工具器具及び備品、建設仮勘定を含んでおります。なお、金額には消費税等は
          含まれておりません。
      (注2)従業員数の( )は、臨時雇用者数を1日8時間換算による年間の平均人数を外書きしております。
      (注3)従業員数は、就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であります。
      (注4)店舗数の( )は、賃借している物件数を示しております。                                 土地のみを賃借している物件は4店舗、土地及び
          建物を賃借している物件は21店舗です。
      (注5)提出会社のうち設備の内容としての店舗には国内子会社へ賃貸しているものが含まれております。
                                  39/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                                   2017年12月31日現在
                                    帳簿価額(百万円)
             事業所名     セグメント     設備の内                               従業員数    店舗数
       会社名                        機械装置
            (所在地)     の名称     容    建物及び          土地    リース資             (人)    (店)
                               及び運搬              その他     合計
                           構築物              産
                                   (面積千㎡)
                               具
            ガスト国立
     ㈱すかいらーく       店他     レストラン                     -                3,659   2,496
                      店舗設備
                             -    -         -    -    -
     レストランツ       (東京都府     事業                     (- )              (30,392)    (2,496)
            中市他)
            しゃぶ葉成
                                                       636
            田店他
                 レストラン                     -                    305
     ニラックス㈱                 店舗設備      9,320    1,387           29   1,899    12,635
                                                      ( 4,570)
            (千葉県成     事業                     (- )                   (298)
            田市他)
            トマト&オ
            ニオン枚方          店舗・本
     ㈱トマトアンド            レストラン                     784                 149    83
            牧野店他          社工場設
                            1,692      0         14    214   2,704
     アソシエイツ            事業                     (9)               (1,126)     (80)
            (大阪府枚
                      備
            方市他)
            フロプレス
            テージュ大
            井町アトレ                           -                 137   114
     ㈱フロジャポン            その他     店舗設備
                             64    25         -    188    277
            店他
                                      (- )               (924)   (114)
            (東京都品
            川区他)
            本社、東松
     ㈱ジャパンカー       山営業所他          本社・営                -                 431
                 その他            48     8         195     6   257        -
     ゴ       (埼玉県東          業所設備
                                      (- )                (42)
            松山市他)
     (注1)帳簿価額のうち「その他」は、工具器具及び備品、建設仮勘定を含んでおります。なお、金額には消費税等は含
         まれておりません。
     (注2)帳簿価額は内部取引に伴う未実現利益消去前の金額を記載しております。
     (注3)従業員数の( )は、臨時雇用者数を1日8時間換算による年間の平均人数を外書きしております。
     (注4)従業員数は、就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であります。
     (注5)店舗数の( )は、賃借している物件数を示しております。                                土地のみを賃借している物件は8店舗、建物及び土
         地を賃借している物件は2,980店舗です。
     (注6)株式会社すかいらーくD&Mにつきましては、設備の重要性が乏しいため記載を省略しております。
     (注7)国内子会社の店舗の地域別の分布は以下のとおりです。
          北海道    東北    北関東    首都圏    甲信越    北陸    東海    近畿    中国    四国    九州    沖縄
     地域
          エリア    エリア    エリア    エリア    エリア    エリア    エリア    エリア    エリア    エリア    エリア    エリア
     店舗数
            28    105    175   1,613     154     49    283    320     93    54    113     11
     (店)
       (3)在外子会社

                                                   2017年12月31日現在
                                    帳簿価額(百万円)
             事業所名     セグメント     設備の内                               従業員数    店舗数
       会社名                        機械装置
            (所在地)     の名称     容    建物及び          土地    リース資             (人)    (店)
                               及び運搬              その他     合計
                           構築物         (面積千㎡)     産
                               具
            Skylark土
                                                       293
     雲雀國際股份有       林中山北店     レストラン                     -                    52
                      店舗設備      789    297          -     2   1,088
     限公司       他     事業                                    ( 1,103)
                                      (- )                   (52)
            (台湾)
      (注1)帳簿価額のうち「その他」は、工具器具及び備品、建設仮勘定を含んでおります。なお、金額には消費税等は
          含まれておりません。
      (注2)従業員数の( )は、臨時雇用者数を1日8時間換算による年間の平均人数を外書きしております。
      (注3)店舗数の( )は、賃借している物件数を示しております。
                                  40/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案し、連結会社各社が個別に
       策定しております。計画策定にあたっては、グループ内で調整を行っております。また、その所要資金については自
       己資金及び借入金を充当する予定であります。
        なお、当連結会計年度末における重要な設備の新設、改修計画は次のとおりであります。
       (1)重要な設備の新設
                               投資予定金額              着手及び完了予定年月
                                                        完成後の増
            事業所名     セグメントの                      資金調達方
       会社名                 設備の内容                                加能力(客
            (所在地)      名称             総額    既支払額     法
                                              着手      完了
                                                        席数)
                             (百万円)     (百万円)
           2018年12月期
           出店予定62店
                 レストラン事                      自己資金及
           舗(からよし
     当社                  店舗設備他        2,673      -       2018年1月      2018年12月      (注2)
                 業                      び借入金
           越谷蒲生店
           他)
           2018年12月期
           出店予定38店
                 レストラン事                      借入金
           舗(しゃぶ葉            店舗設備他                      2018年1月      2018年12月
     ニラックス㈱                          3,552      -                  (注2)
                 業                      (注1)
           垂水名谷店
           他)
     合計                          6,225      -
      (注1)資金調達方法に記載した借入金はグループ間での借入金であり、当社グループとしては自己資金及び借入金を
          充当する予定であります。
      (注2)完成後の増加能力(客席数)については本書提出日時点において増加能力を見積もることが困難であることか
          ら、記載しておりません。
       (2)重要な設備の改修

                                  投資予定金額                着手及び完了予定年月
             事業所名      セグメントの
       会社名                  設備の内容                  資金調達方法
             (所在地)      名称              総額     既支払額
                                                   着手      完了
                               (百万円)      (百万円)
            2018年12月期改
            修予定216店舗       レストラン事                        自己資金及び
     当社                    店舗設備他                        2018年1月      2018年12月
                                  3,273       -
            (ガスト本城店
                   業                        借入金
            他)
            東松山マーチャ
                   レストラン事                        自己資金及び
     当社       ンダイジングセ             工場設備他         1,813       -        2018年1月      2018年12月
                   業                        借入金
            ンター他
            2018年12月期改
            修予定12店舗
                                           借入金
                   レストラン事
     ニラックス㈱       (グランビュッ             店舗設備他          323      -        2018年1月      2018年12月
                   業                        (注)
            フェ盛岡南店
            他)
     合計                             5,409       -
      (注)資金調達方法に記載した借入金はグループ間での借入金であり、当社グループとしては自己資金                                                及び借入金     を充
         当する予定であります。
       (3)重要な設備の除却等

         経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                  41/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                   600,000,000
     普通株式
                                                   600,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

             事業年度末現在発行数            提出日現在発行数          上場金融商品取引所名
       種類         (株)           (株)        又は登録認可金融商品                 内容
             (2017年12月31日)           (2018年3月30日)           取引業協会名
                                               株主としての権利内容に制限
                                     東京証券取引所          のない、標準となる株式であ
                196,922,200
     普通株式                      197,064,300
                                      市場第一部         り、単元株式数は100株であ
                                               ります。
                196,922,200
        計                   197,064,300             -             -
      (注)「提出日現在発行数」欄には、2018年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発
         行された株式数は含まれておりません。
                                  42/154













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
           会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
          ① 第1回新株予約権 2012年12月21日の臨時株主総会決議(2012年12月19日取締役決定)
                                事業年度末現在               提出日の前月末現在
                               (2017年12月31日)                 (2018年2月28日)
     新株予約権の数(個)                          4,960(注1、2)                 4,185(注1、2)

     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                              -                 -

     新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                  同左

     新株予約権の目的となる株式の数(株)                        496,000(注1、2、7)                 418,500(注1、2、7)
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                          49,900(注3、7)                 同左(注3、7)

                               自 2012年12月25日
     新株予約権の行使期間                                              同左
                               至 2022年12月24日
                            発行価格        49,900
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                            資本組入額       24,950                     同左(注7)
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  (注7)
                                  (注5)
     新株予約権の行使の条件                                              同左
                            譲渡による本新株予約権の取得に
     新株予約権の譲渡に関する事項                       ついては、取締役会決議による当                       同左
                            社の承認を要する。
                                   -                 -
     代用払込みに関する事項
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                                  (注6)
                                                   同左
     る事項
      (注1)本新株予約権の目的である株式の数は新株予約権1個につき100株とする。
      (注2)     本新株予約権の割当日後に、当社が当社普通株式につき株式分割(無償割当てを含む。)又は株式併合を行う
          場合、付与株式数は次の算式により調整されるものとする。
          調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割・併合の比率
          本新株予約権の割当日後に当社が合併、会社分割、株式交換又は株式移転を行う場合等、付与株式数の調整を
          することが適切な場合は、当社は必要と認める付与株式数の調整を行うことができる。
          上記の調整は当該調整が行われる時点において未行使の本新株予約権に係る付与株式数についてのみ行われ、
          調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てるものとする。
          付与株式数の調整を行うときは、当社は調整後付与株式数を適用する日の前日までに、必要な事項を新株予約
          権原簿に記載された各本新株予約権の保有者に通知する。但し、適用の日の前日までに当該通知を行うことが
          できないときには、適用の日以降、速やかに通知する。
      (注3)本新株予約権の割当日後に、当社普通株式につき次の(1)又は(2)の事由が生じた場合、本新株予約権の行使に
          より発行又は移転する株式1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)をそれぞれ次に定める方法に
          より調整し、調整の結果生じる1株未満の端数はこれを切り上げる。
          (1)株式分割(無償割当てを含む。)又は株式併合を行う場合
                                   1
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          (2)割当日後に当社が合併、会社分割、株式交換又は株式移転を行う場合等、行使価額の調整をすることが適
            切な場合は、当社は必要と認める行使価額の調整を行うことができる。
            行使価額の調整を行うときは、当社は調整後行使価額を適用する日の前日までに必要な事項を新株予約権
            原簿に記載された各本新株予約権の保有者に通知する。但し、適用の日の前日までに当該通知を行うこと
            ができないときには、適用の日以降、速やかに通知する。
      (注4)以下の(1)から(4)のいずれかの議案につき当社株主総会で承認されたとき(株主総会決議が不要の場合は、取
          締役会決議がなされたとき)は、当社が別途定める日に、無償で新株予約権を取得することができる。
          (1)当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
          (2)当社が分割会社となる吸収分割契約又は新設分割計画承認の議案
                                  43/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          (3)当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
          (4)当社普通株式を全部取得条項付種類株式にする定款の変更の後、当社の全ての普通株式を対価と引換えに
            取得する旨の議案
      (注5)新株予約権行使の条件
          (1)各本新株予約権の一部行使はできないものとする。
          (2)本新株予約権者が本新株予約権を放棄した場合には、かかる本新株予約権を行使することができないもの
            とする。
          (3)各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権は、所定の日(新株予約権割当契約において、本新株予
            約権者ごとに、2013年1月1日から2014年1月1日までの間の特定の日が指定されています。)を初日と
            して、各1年後の応当日ごとに、当該本新株予約権に割り当てられた数の20%ずつ累積して行使可能とな
            る。
          (4)上記(3)にかかわらず、             本新株予約権は、適格上場(適用ある証券法に基づく届出書により、又は当社株
            式が日本の証券取引所に上場することにより、当社の議決権の過半数に係る株式について金銭を対価とす
            る公募又は売出しがなされることをいう。以下「(2)新株予約権等の状況」において同じ。)までは行
            使できない。
          (5)  上記(3)及び(4)にかかわらず、当社の支配権の異動(当社の全部又は実質的に全部の資産がベインキャピ
            タル・パートナーズ・LLC及びそのグループ会社(ベインキャピタル・パートナーズ・LLC又はそのグルー
            プ会社が助言を行うファンドを含み、以下「(2)新株予約権等の状況」において「ベイングループ」と
            いう。)以外の第三者(以下「(2)新株予約権等の状況」において「第三者」という。)に譲渡された
            場合(但し、ベイングループが当該第三者の取締役の過半数を選任できる場合を除く)、第三者が当社の
            議決権の過半数を取得することとなる株式の譲渡その他の処分がなされた場合(但し、ベイングループが
            当社の取締役の過半数を選任できる場合を除く)、又は当社が第三者と合併を行った場合(但し、ベイン
            グループが当該合併における存続会社の取締役の過半数を選任できる場合を除く)をいう。以下「(2)
            新株予約権等の状況」において同様。)が生じた場合は、当該支配権の異動の直前において本新株予約権
            の全てが行使可能となるが、支配権の異動が生じるまでに行使されなかった本新株予約権は行使不能とな
            る。
          (6)  本新株予約権者と当社及びその子会社等との間の雇用・委任等の関係(以下「(2)新株予約権等の状
            況」において「雇用関係」という。)が終了した場合、その時点で行使可能となっていない本新株予約権
            は行使不能になるとともに、当該終了の日より前に行使可能となった本新株予約権は、以下のとおり取り
            扱われる。
           (a)  本新株予約権者による不正行為その他新株予約権割当契約に定める所定の理由以外の理由により雇用関
             係が終了された場合、当該雇用関係の終了の日より前に行使可能となった新株予約権は、当社の支配権
             の異動が生じた日又は最終行使可能日(2022年12月24日)のいずれか早い日までに限り行使することが
             できる。
           (b)  雇用関係の終了が、上記(a)以外の理由に基づくものである場合、当該雇用関係の終了の日より前に
             行使可能となった本新株予約権は直ちに行使不能となる。
           (c)  本新株予約権者が新株予約権割当契約若しくは発行要項に違反した場合、又は当社若しくはその子会社
             等との間の競業避止契約等に違反した場合、当社は、当該本新株予約権者による本新株予約権の行使を
             制限することができる。
      (注6)     当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
          会社となる場合に限る。)、又は株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
          る。)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日
          の直前の時点において残存する本新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)の本新株予約権者に対
          し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対
          象会社」という。)の新株予約権を、それぞれ交付することとする。但し、以下の各号に沿って再編対象会社
          の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併計画、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又
          は株式移転計画において定めることを条件とする。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
            本新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、上記に定める新株予約権の目的となる株式の数及び上記(注2)に準
            じて決定する。
                                  44/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            組織再編行為の条件等を勘案の上、上記に定める新株予約権の行使時の払込金額及び上記(注3)に準じ
            て決定する。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
            上記に定める本新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいず
            れか遅い日から、上記に定める本新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
          (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            上記に定める新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額に準じて決定
            する。
          (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の株主総会(取締役会設置会社である場合には取
            締役会)の決議による承認を要する。
          (8)新株予約権の取得条項
            上記(注4)に準じて決定する。
      (注7)     2014年7月17日開催の取締役会決議により、2014年8月4日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割
          を行っているため、事業年度末現在(2017年12月31日)及び本書提出日の前月末現在においては、「新株予約
          権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行す
          る場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
          ② 第2回新株予約権 2013年1月22日の臨時株主総会決議(2013年1月17日取締役決定)

                                事業年度末現在               提出日の前月末現在
                               (2017年12月31日)                 (2018年2月28日)
     新株予約権の数(個)                           646(注1、2)                   -

     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                              -                 -

     新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                  同左

     新株予約権の目的となる株式の数(株)                         64,600(注1、2、7)                     -
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                          64,900(注3、7)                 同左(注3、7)

                               自 2013年2月1日
     新株予約権の行使期間                                              同左
                               至 2023年1月31日
                            発行価格        64,900
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                            資本組入額       32,450                     同左(注7)
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  (注7)
                                  (注5)
     新株予約権の行使の条件                                              同左
                            譲渡による本新株予約権の取得に
     新株予約権の譲渡に関する事項                       ついては、取締役会決議による当                       同左
                            社の承認を要する。
                                   -                 -
     代用払込みに関する事項
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                                  (注6)
                                                   同左
     る事項
      (注1)上記①(注1)と同様。
      (注2)上記①(注2)と同様。
      (注3)上記①(注3)と同様。
      (注4)上記①(注4)と同様。
      (注5)新株予約権行使の条件
          (1)各本新株予約権の一部行使はできないものとする。
          (2)本新株予約権者が本新株予約権を放棄した場合には、かかる本新株予約権を行使することができないもの
            とする。
                                  45/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          (3)各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権は、割当日から5年後の応当日までの間に、所定のスケ
            ジュール(※)に従い行使可能となる。
            (※)具体的には、新株予約権割当契約において、各本新株予約権者について、(ⅰ)割当日を初日とし
               て、各1ヶ月後の応当日ごとに、当該本新株予約権に割り当てられた数の60分の1ずつ累積して行
               使可能となる方法、又は(ⅱ)割当日を初日として、各1年後の応当日ごとに、当該本新株予約権に
               割り当てられた数の20%ずつ累積して行使可能となる方法のいずれかが定められております。
          (4)  上記(3)にかかわらず、本新株予約権は、適格上場までは行使できない。
          (5)  上記(3)及び(4)にかかわらず、当社の支配権の異動が生じた場合は、その時点で残存する全ての本新株予
            約権が当該支配権の異動の直前において行使可能となるが、支配権の異動が生じるまでに行使されなかっ
            た本新株予約権は行使不能となる。
          (6)  本新株予約権者と当社及びその子会社等との間の雇用関係が終了した場合、その時点で行使可能となって
            いない本新株予約権は行使不能になるとともに、当該終了の日より前に行使可能となった本新株予約権
            は、以下のとおり取り扱われる。
           (a)  本新株予約権者による不正行為その他新株予約権割当契約に定める所定の理由以外の理由により雇用関
             係が終了された場合、当該雇用関係の終了の日より前に行使可能となった新株予約権は、当社の支配権
             の異動が生じた日又は最終行使可能日(2023年1月31日)のいずれか早い日までに限り行使することが
             できる。
           (b)  雇用関係の終了が、上記(a)以外の理由に基づくものである場合、当該雇用関係の終了の日より前に
             行使可能となった本新株予約権は直ちに行使不能となる。
           (c)  本新株予約権者が新株予約権割当契約若しくは発行要項に違反した場合、又は当社若しくはその子会社
             等との間の競業避止契約等に違反した場合、当社は、当該本新株予約権者による本新株予約権の行使を
             制限することができる。
      (注6)上記①(注6)と同様。
      (注7)上記①(注7)と同様。
                                  46/154













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          ③ 第3回新株予約権 2013年9月13日の臨時株主総会決議(2013年9月13日取締役決定)
                                事業年度末現在               提出日の前月末現在
                               (2017年12月31日)                 (2018年2月28日)
     新株予約権の数(個)                           194(注1、2)                 194(注1、2)

     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                              -                 -

     新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                  同左

     新株予約権の目的となる株式の数(株)                         19,400(注1、2、7)                 19,400(注1、2、7)
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                          64,900(注3、7)                 同左(注3、7)

                               自 2013年9月17日
     新株予約権の行使期間                                              同左
                               至 2023年9月16日
                            発行価格        64,900
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                            資本組入額       32,450                     同左(注7)
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  (注7)
                                  (注5)
     新株予約権の行使の条件                                              同左
                            譲渡による本新株予約権の取得に
     新株予約権の譲渡に関する事項                       ついては、取締役会決議による当                       同左
                            社の承認を要する。
                                   -                 -
     代用払込みに関する事項
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                                  (注6)
                                                   同左
     る事項
      (注1)上記①(注1)と同様。
      (注2)上記①(注2)と同様。
      (注3)上記①(注3)と同様。
      (注4)上記①(注4)と同様。
      (注5)新株予約権行使の条件
          (1)各本新株予約権の一部行使はできないものとする。
          (2)本新株予約権者が本新株予約権を放棄した場合には、かかる本新株予約権を行使することができないもの
            とする。
          (3)本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権は、2014年6月1日を初日として、各1年後の応当日ごと
            に、当該本新株予約権に割り当てられた数の20%ずつ累積して行使可能となる。
          (4)  上記(3)にかかわらず、本新株予約権は、適格上場までは行使できない。
          (5)  上記(3)及び(4)にかかわらず、当社の支配権の異動が生じた場合は、その時点で残存する全ての本新株予
            約権が当該支配権の異動の直前において行使可能となるが、支配権の異動が生じるまでに行使されなかっ
            た本新株予約権は行使不能となる。
          (6)  本新株予約権者と当社及びその子会社等との間の雇用関係が終了した場合、その時点で行使可能となって
            いない本新株予約権は行使不能になるとともに、当該終了の日より前に行使可能となった本新株予約権
            は、以下のとおり取り扱われる。
           (a)  本新株予約権者による不正行為その他新株予約権割当契約に定める所定の理由以外の理由により雇用関
             係が終了された場合、当該雇用関係の終了の日より前に行使可能となった新株予約権は、当社の支配権
             の異動が生じた日又は最終行使可能日(2023年9月16日)のいずれか早い日までに限り行使することが
             できる。
                                  47/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
           (b)  雇用関係の終了が、上記(a)以外の理由に基づくものである場合、当該雇用関係の終了の日より前に
             行使可能となった本新株予約権は直ちに行使不能となる。
           (c)  本新株予約権者が新株予約権割当契約若しくは発行要項に違反した場合、又は当社若しくはその子会社
             等との間の競業避止契約等に違反した場合、当社は、当該本新株予約権者による本新株予約権の行使を
             制限することができる。
      (注6)上記①(注6)と同様。
      (注7)上記①(注7)と同様。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
                                  48/154
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】
           当社の発行済株式総数、資本金等の推移は以下のとおりです。
                                               資本準備金増
                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日                                      減額
                 増減数(株)        数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                                               (百万円)
       2013年6月25日                  普通株式
                      -           △47,417          100     △47,492          25
        (注1)                 1,900,707
       2014年8月4日          普通株式        普通株式
                                     -       100        -       25
        (注2)         188,169,993       190,070,700
       2014年10月8日          普通株式        普通株式
                                   2,378       2,478       2,378       2,403
        (注3)          4,138,000      194,208,700
      2015年1月1日~
                 普通株式        普通株式
       2015年12月31日                              51      2,529         51      2,454
                    147,600     194,356,300
        (注4)
      2016年1月1日~
                 普通株式        普通株式
       2016年12月31日                             141      2,670        141      2,595
                    477,700     194,834,000
        (注4)
      2017年1月1日~
                 普通株式        普通株式
       2017年12月31日                             786      3,456        786      3,381
                   2,088,200      196,922,200
        (注4)
      (注1)剰余金配当の原資とすること等を目的として資本金及び資本準備金の減少を行ったことによるものでありま
          す。
      (注2)2014年8月4日付で実施した、1株を100株に分割する株式分割によるものであります。
      (注3)2014年10月8日を払込期日とする国内における有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)によるも
          のであります。
          発行価格  1,200円
          引受価額  1,149.6円
          資本組入額 574.8円
          払込金総額 4,757百万円
      (注4)新株予約権の行使による増加であります。
      (注5)2018年1月1日から2018年2月28日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が142,100株、資
          本金が47,665,088円、資本準備金が47,665,087円増加しております。
       (6)【所有者別状況】

                                                     2017年12月31日現在
                           株式の状況(1単元の株式数 100株)
                                                        単元未満株
                                                        式の状況
        区分                            外国法人等
              政府及び地          金融商品取     その他の法
                   金融機関                         個人その他        計     (株)
              方公共団体          引業者     人
                                   個人以外      個人
     株主数(人)            -
                      62     38    1,239      230     307    368,078      369,954        -
     所有株式数(単元)            -  223,566      32,443     98,441     211,617      1,187    1,401,780      1,969,034       18,800
     所有株式数の割合
                 -
                    11.35      1.65     5.00     10.75     0.06     71.19     100.00       -
     (%)
                                  49/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (7)【大株主の状況】
                                                   2017年12月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    の割合(%)
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                       東京都港区浜松町2-11-3                       5,398,900            2.74
     会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1-8-11                       3,932,700            2.00
     株式会社(信託口)
     UBS  AG  LONDON    A/C  IPB  SEGREGATED
                       BAHNHOFSTRASSE        45,  8001   ZURICH,
     CLIENT    ACCOUNT
                       SWITZERLAND                       3,868,700            1.96
     (常任代理人 シティバンク、エ
                       (東京都新宿区新宿6-27-30)
     ヌ・エイ東京支店)
                       東京都墨田区吾妻橋1-23-1                       3,416,600            1.73
     アサヒビール株式会社
                       東京都中野区中野4-10-2                       3,333,300            1.69
     麒麟麦酒株式会社
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1-8-11                       2,328,900            1.18
     株式会社(信託口5)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1-8-11                       1,723,200            0.88
     株式会社(信託口1)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1-8-11                       1,675,100            0.85
     株式会社(信託口2)
                       東京都港区台場2-3-3                       1,583,300            0.80
     サントリー酒類株式会社
                       東京都千代田区丸の内3-3-1                       1,131,000            0.57
     SMBC日興証券株式会社
                                -              28,391,700            14.40

             計
     (注1)前事業年度末において主要株主であったBAIN                         CAPITAL    SKYLARK    HONG   KONG   LIMITEDは、当事業年度末現在では主
         要株主ではなくなりました。
     (注2)上記日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち信託業務に係る株式数は5,398,900
         株であります。
         なお、それらの主な内訳は、投資信託設定分2,660,900株、年金信託設定分1,849,300株、管理有価設定分
         566,500株、その他信託設定分322,200株となっております。
     (注3)上記日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち信託業務に係る株式数は
         3,932,700株であります。
         なお、それらの主な内訳は、             投資信託設定分2,426,800株、              年金信託設定分241,400株、管理有価設定分
         1,183,000株、       その他信託設定分81,500株            となっております。
     (注4)上記日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5)の所有株式数のうち信託業務に係る株式数は
         2,328,900株であります。
         なお、それらの主な内訳は、管理有価設定分2,328,900株となっております。
     (注5)上記日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口1)の所有株式数のうち信託業務に係る株式数は
         1,723,200株であります。
         なお、それらの主な内訳は、管理有価設定分1,723,200株となっております。
     (注6)上記日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口2)の所有株式数のうち信託業務に係る株式数は
         1,675,100株であります。
         なお、それらの主な内訳は、管理有価設定分1,675,100株となっております。
                                  50/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2017年12月31日現在
               区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                             -           -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -           -           -
      議決権制限株式(その他)                             -           -           -

      完全議決権株式(自己株式等)                             -           -           -

                                                 株主としての権利内容
                                                 に制限のない、標準と
                           普通株式
      完全議決権株式(その他)                                     1,969,034       なる株式であり、単元
                              196,903,400
                                                 株式数は100株でありま
                                                 す。
                           普通株式
      単元未満株式                                        -           -
                                 18,800
      発行済株式総数                        196,922,200                -           -
      総株主の議決権                             -        1,969,034               -

        ②【自己株式等】

                                                   2017年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に対

      所有者の氏名又は                    自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
                 所有者の住所                                  する所有株式数の割
      名称                    式数(株)        式数(株)        計(株)
                                                   合(%)
         -          -            -        -        -         -

         計          -            -        -        -         -

                                  51/154











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (9)【ストック・オプション制度の内容】
           当社は、当社の一部の役職員に対するインセンティブ制度として、ストック・オプション制度を採用してお
          ります。当該制度の内容は次のとおりであります。
          ① 第1回新株予約権

      決議年月日                            2012年12月21日(株主総会決議及び取締役決定)
                                  当社取締役  1
      付与対象者の区分及び人数(名)(注)                            当社執行役員 1
                                  当社従業員  2
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上
      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                            同上

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            同上

      (注)    役員の退任等による権利の喪失等により、本書提出日の前月末現在において、付与対象者                                         は 取締役1名となって
         おります。
          ② 第2回新株予約権

      決議年月日                            2013年1月22日(株主総会決議及び取締役決定)
                                  当社執行役員(注2) 1
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  その他(注1、2) 1
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                            同上

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            同上

      (注1)     当社取締役がその発行済株式の全てを保有する法人。なお、当該法人に付与された第2回新株予約権は、2013
          年12月12日付で、その全てが当該取締役に譲渡されております。
      (注2)執行役員の退職等による権利の喪失等により、本書提出日の前月末現在において、付与対象者はありません。
                                  52/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          ③ 第3回新株予約権
      決議年月日                            2013年9月13日(株主総会決議及び取締役決定)
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社執行役員 1

      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                            同上

      組織再編成に伴う新株予約権の交付に関する事項                            同上

      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
                                  53/154










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、将来の事業展開と企業価値の向上に向けた設備投資等に備えて内部留保を確保しつつ、株主の皆さまに継
       続的な配当を実施していくことを基本方針としております。
        また、業績及び内部留保の充実等を総合的に勘案しながら、調整後当期利益ベースで約40%の連結配当性向を目
       標として、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。そのような考えの
       もと、当事業年度末の配当につきましては、22円とさせていただきました。
        なお、会社法第461条に定めるとおり、当社の配当可能限度額は、会社計算規則に基づく事業年度末の剰余金から
       のれん等の調整額を控除して算出されます。
        (注)調整後当期利益=当期利益+BCPLマネジメント契約(*)に基づくアドバイザリー報酬額(定期報酬含む)
           +上場及び売出関連費用(上場記念賞与含む)+期限前弁済に伴う借入金償還損及び付随するヘッジ関連損
           益+適格上場に伴う会計上の見積変更額+調整項目の税効果調整
          (*)当社とベインキャピタル・パートナーズ・LLCの間のマネジメント契約を意味します。なお、同契約に
             つきましては、2014年7月17日に締結した変更契約に基づき、当社が上場した時点で終了しておりま
             す。
        当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除
       き、取締役会の決議により定めることができる旨を定款に定めております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当につきましては、以下のとおりであります。
         決議年月日           配当金の総額(百万円)              1株当たり配当額(円)
        2017年8月9日
                             3,138              16.00
         取締役会決議
        2018年2月14日
                             4,332              22.00
         取締役会決議
                                  54/154













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      4【株価の推移】
       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第3期         第4期         第5期         第6期         第7期
       決算年月         2013年12月         2014年12月         2015年12月         2016年12月         2017年12月

       最高(円)              -        1,299         1,958         1,644         1,804

       最低(円)              -         999        1,168         1,214         1,480

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものです。
          なお、2014年10月9日付をもって同取引所に株式を上場いたしましたので、それ以前の株価については該当事
          項はありません。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      2017年7月        2017年8月        2017年9月        2017年10月        2017年11月        2017年12月
     最高(円)          1,694        1,714        1,674        1,708        1,733        1,685

     最低(円)          1,613        1,600        1,597        1,666        1,607        1,593

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
                                  55/154














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
      男性11名 女性-名(役員のうち女性の比率-%)
                                                         所有株
                                                         式数
      役名     職名      氏名       生年月日                 略歴             任期
                                                         (株)
                               1977年4月       当社(旧すかいらーく②) 入社
                               1987年12月       ニラックス㈱ 取締役営業本部長
                               2000年1月       同社 代表取締役社長
                               2007年1月       同社 代表取締役社長兼 当社
                                     (旧すかいらーく②) 執行役員
                                     HD事業戦略第一グループ管掌
                               2007年10月       当社(旧すかいらーく③) 常務
                                     執行役員第二営業本部長
     代表取締
                               2008年8月       同社 代表取締役社長
            -                                          注3   50,000
     役会長兼           谷 真     1951年12月25日生
                               2008年9月       同社 代表取締役社長兼経営企画
     社長
                                     本部本部長
                               2011年2月       同社 代表取締役社長兼商品本部
                                     本部長
                               2012年6月       当社(旧すかいらーく④) 代表
                                     取締役社長
                               2014年7月       当社 代表取締役社長
                               2018年3月       当社 代表取締役会長兼社長(現
                                     任)
                               1981年4月       野村證券㈱       入社
                               2000年6月       ノムラ・インターナショナルPLC
                                     欧州アドミニストレーション                部
                                     門長
                               2002年8月       野村證券㈱       決済部経営職
                               2003年5月       同社    IT戦略部経営職
                               2004年7月       野村プリンシパル・ファイナンス
                                     ㈱   執行役員
                               2008年1月       旧すかいらーく         専務取締役
                               2008年7月       同社    専務取締役       兼   管理本部
                                     長
           コーポ
                               2012年1月       同社    専務執行役員管理本部長
           レートサ
                               2012年6月        同社    執行役員コーポレートサ
           ポート本
                                     ポート本部マネージングディレク
           部マネー
                                     ター
     取締役常     ジング
                               2014年7月        当社    執行役員コーポレートサ
     務執行役     ディレク      金谷 実      1959年1月26日生                                注3    5,000
                                     ポート本部マネージングディレク
                                     ター
     員     ター兼人
                               2015年10月        当社    執行役員コーポレートサ
           財本部マ
                                     ポート本部マネージングディレク
           ネージン
                                     ター    兼   人財本部マネージング
           グディレ
                                     ディレクター
           クター
                               2016年8月       雲雀國際股份有限公司            董事(現
                                     任)
                               2017年2月       当社    常務執行役員コーポレート
                                     サポート本部マネージングディレ
                                     クター     兼   人財本部マネージン
                                     グディレクター
                               2017年12月       ㈱フロジャポン         取締役(現任)
                               2018年3月       当社    取締役常務執行役員コーポ
                                     レートサポート本部マネージング
                                     ディレクター         兼   人財本部マ
                                     ネージングディレクター(現任)
                                  56/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有株
                                                         式数
      役名     職名      氏名       生年月日                 略歴             任期
                                                         (株)
                               1995年4月 Procter&Gamble              Far  East   Inc.
                                     (現Procter&Gamble         Japan   KK) 
                                     入社
                               2004年6月 同社 ファイナンスアソシエイト
                                     ディレクター
                               2009年8月 TNT        Express    Worldwide     (Japan)
                                     Inc.へ移籍 経営管理本部副本部
                                     長
                               2010年1月 同社 取締役経営管理本部長
                               2012年1月 同社 常務取締役経営管理本部長
                               2013年1月 同社 専務取締役業務本部担務経
           財務本部
     取締役常
                                     営管理本部長
           マネージ
                                                      注3   10,000
     務執行役           北村 淳      1971年10月13日生
                               2013年9月 旧すかいらーくへ移籍 財務本部
           ングディ
     員
                                     全社経営分析グループディレク
           レクター
                                     ター
                               2014年7月 当社 財務本部全社経営分析グ
                                     ループディレクター
                               2014年12月 ニラックス㈱ 社外取締役
                               2016年7月 当社 財務本部マネージングディ
                                     レクター
                               2017年3月 当社 取締役執行役員財務本部マ
                                     ネージングディレクター
                               2018年3月 当社 取締役常務執行役員財務本
                                     部マネージングディレクター(現
                                     任)
                               1999年4月       ㈱フォー・ユー         入社
                               2001年4月       ㈱エフ・ワイ関東          代表取締役社
                                     長
                               2001年8月       ㈱はなまる       専務取締役
                               2002年8月       ㈱ティー・プロジェクト             代表取
                                     締役社長
                               2003年9月       ㈱フォー・ユー         取締役
                               2004年7月       ㈱すかいらーくレプロ            取締役
                               2008年10月       ニラックス㈱        執行役員
                               2009年2月       ㈱トマトアンドアソシエイツ               代
                                     表取締役社長
     取締役執
                                                      注3    5,000
            -   崎田 晴義      1966年4月26日生         2011年10月       ニラックス㈱        代表取締役社長
     行役員
                               2015年6月       当社    執行役員
                               2015年9月       雲雀國際股份有限公司            董事
                               2015年12月       すかいらーく分割準備株式会社
                                     (2016年1月1日に㈱すかいらーく
                                     レストランツに商号変更)代表取
                                     締役社長
                               2017年2月       当社    マーケティング本部マネー
                                     ジングディレクター
                               2017年11月       ㈱すかいらーくレストランツ               代
                                     表取締役社長(現任)
                               2018年3月 当社 取締役執行役員(現任)
                                  57/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有株
                                                         式数
      役名     職名      氏名       生年月日                 略歴             任期
                                                         (株)
                               1965年4月 住友商事㈱ 入社
                               1993年6月 同社 取締役 米国住友商事会社
                                     副社長
                               1995年6月 同社 メディア本部長
                               1997年4月 同社 常務取締役
                               2001年4月 同社 専務取締役 米国住友商事
                                     会社 社長
                               2003年4月 同社 取締役副社長執行役員
                               2005年6月 住商情報システム㈱ 代表取締役
                                     会長
            -                                          注3    3,000
     取締役           西條 温      1942年7月24日生
                               2009年6月 同社 特別顧問
                               2010年6月 ブラザー工業㈱ 取締役(現任)
                                     住友商事㈱ 顧問
                                     一般社団法人日本ケーブルテレビ
                                     連盟 理事長
                                    (2016年6月から会長)
                               2014年3月       当社(旧すかいらーく④)             社外
                                     取締役
                               2014年7月 当社 社外取締役(現任)
                               1992年4月 三菱信託銀行            ㈱ (現三菱UFJ信託
                                     銀行  ㈱ ) 入社
                               2001年7月 米国シーベルシステムズ(現オラ
                                     クル)へ移籍
                               2003年4月 マッキンゼーアンドカンパニーへ
                                     移籍
                               2008年4月 ベインキャピタル・アジア・LLC
                                     (現ベインキャピタル・プライ
                                     ベート・エクイティ・アジア・
                                     LLC)へ移籍
                                     (2015年1月から2017年1月まで
                                     マネージングディレクター、同年
                                     2月からアドバイザー、同年5月
                                     退任)
                               2009年3月 サンテレホン㈱ 社外監査役
                               2010年2月 ㈱ヒガ・インダストリーズ 取締
                                     役
            -                                          注3     -
     取締役           横山 淳      1969年7月5日生
                               2010年3月 ㈱ドミノ・ピザジャパン 取締役
                               2011年11月 当社(旧すかいらーく③) 社外
                                     監査役
                               2013年4月 ジュピターショップチャンネル㈱
                                     取締役
                               2013年9月 ㈱DPJホールディングス1 取締
                                     役
                                     DPEジャパン㈱ 取締役
                               2014年3月 ㈱マクロミル 社外取締役
                                     (2014年7月から社外取締役、指
                                     名委員、監査委員、報酬委員)
                               2015年3月 当社 社外取締役(現任)
                               2015年5月 ㈱雪国まいたけ 取締役
                               2017年2月 ㈱PMAグループ 代表取締役(現
                                     任)
                               2017年6月 D.A.コンソーシアムホールディン
                                     グス㈱ 社外取締役(現任)
                                  58/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有株
                                                         式数
      役名     職名      氏名       生年月日                 略歴             任期
                                                         (株)
                               1992年4月 ㈱第一勧業銀行(現㈱みずほ銀
                                     行)  入社 麻布支店支店長代理
                               1995年4月 大蔵省大臣官房調査企画課
                               1997年4月 ㈱第一勧業銀行 本店営業五部上
                                     席部長代理
                               2001年7月 マッキンゼー・アンド・カンパ
                                     ニー日本支社 エンゲージメント
                                     マネジャー
                               2005年2月 ㈱アルペン 取締役企画本部長
                                     COO
                               2007年5月 アドバンテッジパートナーズLLP
                                     ディレクター
            -                                          注3    1,000
     取締役          和田 千弘      1968年7月16日生
                               2009年1月 ㈱東京スター銀行 取締役
                               2011年11月 カート・サーモン日本支社 日本
                                     代表マネージングパートナー
                               2014年1月 ㈱インターブランドジャパン 代
                                     表取締役社長CEO(2016年10月退
                                     任)
                               2016年3月 当社 社外取締役(現任)
                               2016年10月 グーグル合同会社 事業戦略部門
                                     長 兼 分析統括責任者
                               2018年2月 JapanTaxi㈱ 代表取締役副社長
                                     COO(最高執行責任者)(現任)
                                     日本交通㈱ 取締役(現任)
                               1972年4月 農林省入省
                               1984年9月 静岡県農業水産部水産課長
                               1987年11月 農林水産省大臣秘書官事務取扱
                               2000年2月 同省 大臣官房総務審議官
                               2001年1月 同省 大臣官房長
                               2003年7月 水産庁長官
                               2006年8月 社団法人農協共済総合研究所理事
                                     長
            -                                          注3    1,000
     取締役          田原 文夫      1948年8月7日生
                               2009年11月 財団法人海外漁業協力財団理事長
                               2012年7月 ㈱ヤンマー 非常勤顧問(現任)
                                     ㈱極洋 非常勤顧問(現任)
                               2014年3月 当社(旧すかいらーく④) 社外
                                     監査役
                               2014年7月 当社 社外監査役
                               2018年3月 当社 社外取締役(現任)
                               1979年4月       当社(旧すかいらーく②)            入社
                               1994年5月 同社 北関東第二事業部長
                               1999年1月 同社 社長室長
                               2009年4月 当社(旧すかいらーく③) 社長
                                     室長兼内部監査室長
                               2010年7月 同社 社長室長
                               2011年3月 同社 常勤監査役
                                     ㈱フロジャポン 監査役(現任)
                                     ニラックス㈱ 監査役(現任)
                                     ㈱すかいらーくD&M 監査役(現
                                     任)
     常勤監査
                                     ㈱ジャパンカーゴ 監査役(現
            -                                          注4    2,000
                鈴木 誠      1957年2月11日生
                                     任)
     役
                                     ㈱トマトアンドアソシエイツ 監
                                     査役(現任)
                               2012年6月 当社(旧すかいらーく④) 常勤
                                     監査役
                               2014年7月 当社 常勤監査役(現任)
                               2014年11月 雲雀國際股份有限公司 監察人
                                     (現任)
                               2015年12月 すかいらーく分割準備㈱(2016年
                                     1月1日に㈱すかいらーくレスト
                                     ランツに商号変更) 監査役(現
                                     任)
                                  59/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有株
                                                         式数
      役名     職名      氏名       生年月日                 略歴             任期
                                                         (株)
                               1981年4月 ㈱埼玉銀行(現㈱りそな銀行) 
                                     入社
                               1987年6月 ゴールドマン・サックス証券㈱ 
                                     入社 企業金融部長
                               1996年5月 スイス・ユニオン銀行(東京支
                                     店) マネージングディレクター
                               1996年8月 UBS証券㈱ マネージングディレ
                                     クター
                               1998年5月 メリルリンチ証券㈱(現メリルリ
                                     ンチ日本証券㈱) マネージング
            -                                             1,000
     監査役          永田 光博      1956年7月9日生                                注4
                                     ディレクター兼投資銀行部門金融
                                     法人部長
                               2006年10月 代々木上原法律事務所 代表弁護
                                     士(現任)
                               2015年6月 ジェイ・アイ・ピーキャピタル
                                     ㈱ 社外取締役(現任)
                               2015年12月 ㈱EduLab 社外監査役(現任)
                               2016年3月 当社 社外監査役(現任)
                               2017年3月 KHネオケム㈱ 社外取締役(現
                                     任)
                               1993年10月 監査法人トーマツ(現有限責任監
                                     査法人トーマツ) 入社
                               2007年2月 ㈱マスターズ・トラスト会計社
                                     (現マスターズトラスト㈱) 入
                                     社
                               2007年7月 ハートワース・パートナーズ㈱ 
                                     代表取締役(現任)
            -                                               -
     監査役          青柳 立野      1971年8月8日生                                注5
                               2007年8月 ㈱シェア・ジェネレート 取締役
                               2010年2月 ㈱アムリード 社外監査役
                               2010年5月 BTホールディングス㈱(現㈱プリ
                                     マジェスト) 社外監査役
                               2010年6月 ㈱ミクシィ 社外監査役
                               2012年6月 同社 社外取締役(現任)
                               2017年3月 当社 社外監査役(現任)
                                                         78,000
                              計
      (注1)取締役西條温、横山淳、和田千弘及び田原文夫は、社外取締役であります。なお、当社は西條温、和田千弘及
          び田原文夫を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。
      (注2)監査役永田光博及び青柳立野は、社外監査役であります。
      (注3)2018年3月29日就任後、1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで
          であります。
      (注4)2018年3月29日就任後、4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで
          であります。
      (注5)2017年3月30日就任後、4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで
          であります。
      (注6)当社は執行役員制度を導入しております。執行役員の氏名及び担当は、次のとおりであります。
          地位            氏名                      担当
     執行役員            相原 敏明            生産本部マネージングディレクター

     執行役員            門脇 滋人            店舗開発本部マネージングディレクター

     執行役員            片山 信行            購買本部マネージングディレクター

                                  60/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ※ コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社グループは、『価値ある豊かさの創造』との経営理念のもと「ひとりでも多くのお客様に、安くておいし
         い料理を、気持ちのよいサービスで、清潔な店舗で味わっていただく」ために、テーブルレストランを中心に約
         3,000店舗を展開、年間延べ約4億人のお客様にご利用いただいております。当社は、こうした「食」にかかわ
         る事業を通して社会に貢献し、企業価値を継続的に向上させることを経営上の最重要課題として考え、お客様だ
         けでなく、株主の皆様や取引先、地域社会、従業員等のステークホルダーからも信頼される企業グループを目指
         しております。
          その実現のため、当社は「すかいらーくグループ企業行動憲章」を制定して全役職員で共有し、法律、国際
         ルール及びその精神を遵守するとともに、社会的良識をもった行動に努めております。また、経営の健全性、効
         率性及び透明性を確保するための様々な取り組みを実施し、コーポレート・ガバナンスの充実を図っておりま
         す。
        ① 企業統治の体制

         1.企業統治の体制の概要
          a.業務執行機能
            当社の取締役会は、取締役8名(うち4名は社外取締役)で構成され、当社の経営及び業務執行の最高意
           思決定機関として原則毎月1回以上開催し、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。取締役会に
           は、取締役のほか、監査役も出席することとなっております。
            また、全社的な経営方針や戦略の立案及び執行を迅速かつ機動的に遂行するため、代表取締役会長兼社長
           及び全執行役員で構成されるグループ執行役員会議を設置し、原則週1回開催しております。グループ執行
           役員会議においては、上記設置目的を踏まえ、当社全体に係る重要な事項について、十分な報告、検討、審
           議を行っております。
            さらに、グループ執行役員会議が決定したメンバーにより構成されるグループ委員会(人事・制度委員
           会、政策・投資委員会)を月1回開催し、当社グループ全体に係る重要事項、人事制度、政策等について、
           報告、検討、審議をしております。
          b .監査役監査その他監査等の機能
            監査役会は、監査役3名(うち2名は社外監査役)で構成され、原則として毎月1回開催し、経営及び業
           務執行に関する監督・牽制を行っております。監査役は、監査役会で決議された監査方針及び監査計画、監
           査基準にもとづき、取締役会をはじめとする重要な会議に出席するとともに、業務状況の調査等により、会
           社の状況を把握しつつ、経営活動が法令・社内規程等に準拠して行われていることを監査するほか、監査グ
           ループ、会計監査人とも連携をはかり、効率的かつ効果的な監査体制を確保しております。
            また、内部監査組織である監査グループは、組織上の独立性を保つため、代表取締役会長兼社長の直属の
           部門として位置づけられ、社内規程と年間計画にもとづき、本部、工場、店舗の内部監査を実施し、問題点
           の指摘、改善のための提言、是正勧告等を行っております。
            会計監査については、監査役会の同意のもと、株主総会において選任された有限責任監査法人トーマツに
           よる監査を受けております。
          c .その他委員会・制度
            当社は、代表取締役会長兼社長及び全執行役員で構成される、グループリスク・コンプライアンス委員会
           を年1回以上開催し、当社グループのコンプライアンスに係る重要事項の審議及び基本方針の決定を行って
           おります。そして、グループリスク・コンプライアンス委員会による決定を受け、各グループ会社が選出し
           たコンプライアンス推進責任者により構成される、グループコンプライアンス会議を半期に1回以上の頻度
           で開催し、グループ会社のコンプライアンス体制の推進状況、違反行為の防止対策、違反行為が発生した場
           合のその調査・改善措置等について確認・報告をしております。
            また、当社グループは、法令及び社内規程等に対する違反行為の早期発見と是正、再発防止等を目的とし
           て「すかいらーくグループヘルプライン(内部通報)」の窓口を社外の専門会社に設置し、国内の当社グ
           ループ全役職員及び取引先からの通報に対して、社内規程にしたがって調査、是正、再発防止策の検討及び
           報告等の運用を行っております。
            また、取締役会の機能を補完するため、「指名コミッティ」及び「報酬コミッティ」という任意の委員会
           を設け、取締役会決議により選任された独立社外取締役を主要なメンバーとすることで、独立かつ客観的な
           立場から公正な審議を行う体制を構築しております。
           (ⅰ)指名コミッティ
            取締役会に提出する当社取締役、監査役、執行役員及びグループ会社の取締役、監査役の選解任案に関す
           る事項を審議します。
            メンバー構成は、代表取締役会長兼社長を議長とし、その他のメンバーは取締役会決議により選任いたし
           ます。現在、独立社外取締役2名がメンバーとなっております。
                                  61/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
           (ⅱ)報酬コミッティ
            取締役会に提出する当社取締役、執行役員並びにグループ会社取締役の報酬案及び監査役会に提出する監
           査役の報酬案を審議します。
            メンバー構成は、代表取締役会長兼社長を議長とし、その他のメンバーは取締役会決議により選任いたし
           ます。現在、独立社外取締役2名がメンバーとなっております。
          d .会計監査人
            当社は、会計監査人として有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結し、厳正な会計監査を受けており
           ます。
         2.当該企業統治の体制を採用する理由
          当社は、コンプライアンスに徹した透明性の高い健全な経営を推進し、経済性・効率性を追求するとともに、
         公平かつ適法な事業運営を実現して企業の社会的責任を果たしていくため、業務執行と監督の分離、相互牽制の
         強化及び社外取締役、社外監査役など社外の有識者のチェック等が行えるよう、現行の企業統治体制を敷いてお
         ります。
          また、当社は、事業に係るリスクの発生を未然に防止し、問題点の早期発見及び改善を行っていくため、監査
         役、会計監査人及び監査グループが緊密な連携を保ちつつ、それぞれの観点から定期的に監査を行う体制をとっ
         ております。
         3.当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要

                                  62/154















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
         4.その他の企業統治に関する事項
          a.内部統制システムの整備状況
           当社は、会社法に基づき、業務の適正を確保するための体制の整備に関する基本方針を次のとおり取締役会
          で決議し、リスクマネジメントやコンプライアンスを最重要テーマとし、内部統制システムの整備に取り組ん
          でいます。
          (ⅰ)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            イ.全役職員が遵守すべき指針として、当社の経営理念に基づく「すかいらーくグループ企業行動憲章」
              を決議し、各自の行動基準とするよう周知徹底している。
            ロ.当社は監査役会設置会社であり、各監査役は監査役会が定めた監査方針のもと、取締役会への出席、
              業務執行状況の調査等を通じ、取締役の職務執行の監査を行う。
            ハ.当社グループのコンプライアンス体制強化のため、ヘルプライン(内部通報)窓口を設置し、すかい
              らーくグループヘルプライン運用細則にしたがい、専用電話、専用WEBサイト等を通じてグループ
              全役職員及び取引先からの通報を受け付け、法令及び社内規程等に対する違反行為防止のための早期
              発見と是正・再発防止に努める。
          (ⅱ)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
            イ.取締役の職務の執行に係る情報については、取締役会規程、グループ文書管理規程に基づき、適切に
              保存及び管理を行う。
            ロ.株主総会議事録、取締役会議事録、事業運営上の重要事項に関する決裁書類等取締役の職務の執行に
              必要な文書については、取締役及び監査役が常時閲覧することができるよう検索可能性の高い方法で
              保存、管理する。
            ハ.機密情報については、グループ情報セキュリティ・システム管理規程に基づき適切に管理する。
            ニ.個人情報については、法令及び個人情報管理細則に基づき厳重に管理する。
          (ⅲ)損失の危険の管理に関する規程その他の体制
            イ.グループリスク管理規程により対処すべきリスクの大枠を定め、個別の対応規程、マニュアル等を全
              般的に整備し、さまざまなリスクを一連のプロセスで対応する。
            ロ.外食事業にとって最大のリスクは食品事故であり、これを未然に防止するため、当社グループでは購
              買管理に関する規程を設け、仕入先に対して食品の安全・衛生管理指導を行うことで、安全性確保に
              努める。また、衛生管理担当部門として品質管理グループを設け、店舗・工場における食品の安全性
              チェック、従業員への衛生管理指導等をする。
            ハ.機密情報漏洩等のリスクについては、グループ情報セキュリティ・システム管理規程にしたがい、情
              報セキュリティ委員会の設置、情報機器及び文書の管理徹底、役職員への情報セキュリティ教育等の
              対策を行う。
            ニ.その他のリスクに関しては、各管掌部門において個別規程、ガイドライン、マニュアルの整備、研修
              の実施等を行っており、組織横断的リスク状況の監視並びに全社的対応は、グループリスク・コンプ
              ライアンス委員会が行う。
            ホ.代表取締役会長兼社長及び全執行役員で構成される、グループリスク・コンプライアンス委員会を年
              1回以上開催し、当社のコンプライアンスに係る重要事項の審議及び基本方針の決定を行う。
          (ⅳ)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
            イ.決裁権限規程、職務権限基準により、役職員の決裁権限の内容並びに各業務に関与すべき担当部門等
              を明確かつ適切に定めることで、業務の重複を避け、機動的な意思決定、業務遂行をする。
            ロ.当社は取締役会を少人数で構成し、定時取締役会を毎月開催するほか、必要に応じて適宜臨時開催す
              ることで、迅速な経営判断を行う。
          (ⅴ)財務報告の信頼性を確保するための体制
            イ.財務報告に係る内部統制については、金融商品取引法その他適用のある国内外の法令に基づき、評
              価、維持、改善等を行う。
            ロ.当社の各部門及びグループ会社は、自らの業務の遂行にあたり、職務分離による牽制、日常的モニタ
              リング等を実施し、財務報告の適正性の確保に努める。
          (ⅵ)すかいらーくグループにおける業務の適正を確保するための体制
            イ.当社は、グループ会社に対し、「すかいらーくグループ企業行動憲章」にしたがい、健全な職務執行
              を行うよう求めるものとする。
            ロ.当社は、グループ関係会社管理規程等の各種規程に基づき、グループ会社の管理を行い、定期的に経
              営状況について報告及び資料の提出をさせる。また、当社は重要なグループ会社へ取締役及び監査役
              を派遣し、その業務執行を監督し、その適正性を確保するとともに、グループ会社の経営上の事項を
              把握することに努める。
            ハ.グループ会社の損失の危険を管理するため、グループリスク・コンプライアンス委員会は、当社グ
              ループ全体のリスクの把握、特定を行い、グループ会社にはリスク管理状況を報告させ、必要に応じ
              てリスクへの対応を指示する。また、グループ会社においてグループ経営に影響を及ぼす事項が発生
                                  63/154

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
              した場合には、直ちに当社グループリスク・コンプライアンス委員長に報告させ、当社は事案に応じ
              た支援を行う。
            ニ.当社は、グループ全体の職務執行を迅速かつ機動的に遂行するため、代表取締役会長兼社長が選定す
              るメンバーで構成されるグループ執行役員会議が、グループ全体の職務に係る事項を含む重要事項の
              報告及び検討を行う。グループ執行役員会議は、原則として、週1回開催する。また、グループ執行
              役員会議は、グループ全体の人事制度や主要政策・重要な契約等の特定のグループ横断的事項につい
              て報告及び検討を行うため、必要に応じ、下部機関としてグループ委員会(人事・制度委員会、政
              策・投資委員会)を設置する。その構成メンバーはグループ執行役員会議が決定し、原則、月1回開
              催する。当社は、グループ会社に対し、グループ執行役員会議またはグループ委員会の検討結果を踏
              まえた最適な対応を求める。
            ホ.当社は、グループ会社が選出したコンプライアンス推進責任者により構成されるグループコンプライ
              アンス会議を組織し、同会議を半期に1回以上の頻度で開催する。同会議においては、グループ会社
              の違反行為の防止対策その他のコンプライアンス体制の推進状況、具体的な違反行為についての調
              査・改善措置の状況等について確認・報告をする。
            ヘ.監査グループは、定期的にグループ会社に対する監査を実施する。
          (ⅶ)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制
             監査役がその職務を補助する使用人を置くことを求めた場合には、当該使用人を配置するものとし、配
            置にあたっての具体的内容は監査役と検討を行う。
          (ⅷ)監査役の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性に関する事項及びこの者に対する指示の実効性
             の確保に関する事項
             監査役の職務を補助すべき使用人の任命・異動については、監査役の同意を必要とする。また、当該使
            用人は、当社の業務執行に係る役職を兼務せず監査役の指揮命令下で職務を執行する。
          (ⅸ)取締役及び使用人が監査役に報告するための体制、その他の監査役への報告に関する体制
            イ.当社グループの役職員は、当社またはグループ会社の経営に著しい損害を及ぼすおそれのある事実、
              役職員の不正行為、法令・定款違反行為等を発見したとき、また、監査役から当社グループの監査上
              必要となる事項について報告を求められたときは、すみやかに監査役に報告する。
            ロ.当社グループの役職員は、当社グループの内部通報制度であるすかいらーくグループヘルプラインの
              運用状況を監査役に定期的に報告する。
            ハ.当社グループの役職員が前各号に基づくほか監査役に対して報告を行った場合、当該報告をしたこと
              を理由として不利益な取扱いを行うことを禁止し、その旨をグループ会社において徹底する。
          (ⅹ)監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
            イ.監査役は、監査役会で決議された監査方針及び監査計画、監査基準に基づき、取締役会をはじめとす
              る重要な会議へ出席するとともに、会計監査人、取締役、監査グループ等からの報告徴収を行う等、
              取締役の職務執行を検証、監視する。
            ロ.監査役は必要に応じ当社の会計監査人及び外部法律事務所等と意見及び情報交換を行い、効率的かつ
              効果的な監査を行える体制を確保する。
            ハ.取締役は監査役による監査に協力し、監査に係る諸費用については、監査の実効を担保すべく予算を
              確保するとともに、緊急または臨時に支出した費用その他当該予算に含まれない費用については、事
              後的に当社に請求することができることとし、当該請求に係る費用が監査役の職務執行上の必要性が
              認められない場合を除き、これを速やかに支払う。
          (ⅺ)反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況
            イ.当社は、反社会的勢力排除に向け、全役職員の行動基準を明示した「すかいらーくグループ企業行動
              憲章」において「社会の秩序や企業の健全な活動に悪影響をおよぼす反社会的な個人・団体には断固
              たる態度で臨む」ことを掲げ、反社会的勢力とは一切関係を持たないことを基本方針とする。
            ロ.また、総務所管部門を対応統括部門とし、平素より顧問弁護士等の外部専門機関等との連携を密にす
              るとともに、緊急時における社内通報体制の整備を図る。更に、当該部門が中心となって、対応規程
              の整備や社内への注意喚起及び研修等の場を通じた啓蒙活動を行う。
          b .リスク管理体制の整備状況

           当社では、企業価値の保全を目的として「グループリスク管理規程」を制定し、リスクに対して一連のプロ
          セスで対応しています。様々なリスクを一元的に俯瞰し、対処すべきリスクを特定した上で、リスクの顕在化
          を予防しています。また、リスクが実際に発生した場合には、迅速かつ的確に対応することにより被害を最小
          限にくい止めるとともに、対応結果の評価を行い、再発防止がなされていることを確認した上で完了宣言をし
          ます。
           グループ全体のリスクマネジメントを統括する体制として、代表取締役会長兼社長を委員長、全執行役員を
          委員とする「グループリスク・コンプライアンス委員会」を設置しています。グループリスク・コンプライア
          ンス委員会では、様々なリスクを一元的に洗い出し、リスクの影響度合い等を勘案して対処すべきリスクを特
                                  64/154

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          定しています。また、対処すべきリスクごとに、主管部門が決められており、適切な予防措置・対応措置を行
          うこととしています。リスクの影響度合いは、環境変化に応じて常に変動しているため、少なくとも年に1回
          は 対処すべきリスクの見直しを行っています。
         5.責任限定契約の内容の概要

          当社と取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役は、会社法第427条第1項及び当社定款の規
         定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠
         償責任の限度額は、会社法第425条第1項に定める最低責任限度額としております。なお、当該責任限定が認め
         られるのは、当該取締役(業務執行取締役等である者を除く)又は監査役が責任の原因となった職務の遂行につ
         いて善意でかつ重大な過失がない時に限られます。
        ② 内部監査及び監査役監査の状況

          当社の内部監査組織である監査グループは、その独立性を保つため、代表取締役会長兼社長直属としておりま
         す。監査グループは、同グループディレクターのもと、内部監査チーム5名、業務監査指導チーム16名で構成さ
         れております。監査グループは、グループ内部監査規程と年間計画に基づき、当社グループの制度、組織、業務
         活動、法令、規程等の適合性について内部監査を実施し、対象部門に対して問題点の指摘、改善のための提言、
         是正勧告等を行っております。また、監査役とは月次で打合せを行い、監査の内容の確認、意見交換を行ってお
         ります。会計監査人とは不定期に意見交換を実施し、内部監査で把握した内部統制に関する重要な事象に関して
         は、会計監査人へ情報を提供し、必要に応じ指導を受け、助言を得ております。
          監査役は、監査役会で決議された監査方針及び監査計画、監査基準に基づいて、取締役会をはじめとする重要
         な会議へ出席するとともに、会計監査人、取締役、監査グループ等からの報告徴収を行う等、取締役の職務執行
         を検証・監視しており、その内容は、毎月開催される監査役会に報告されております。また、監査グループ及び
         必要に応じて行われる会計監査人との協議・報告事項についても、監査役会で報告されております。社外監査役
         2名は、取締役に対し、外部の立場から経営の展開について基本的な考えと具体的な方策をアドバイスするほ
         か、コンプライアンス、危機管理対策などの情報提供を随時行うことにより、経営の健全性の確保に努めており
         ます。
          監査役は、内部統制部門である総務グループから、グループリスク・コンプライアンス委員会を通して、規程
         管理・運用、内部通報の報告を受け、連携をとっております。監査役は当該内部統制部門との連携のみならず、
         監査グループ、会計監査人と相互に連携をとりながら、監査の実効性、効率性を高めております。具体的には、
         監査役は、監査グループと月次で打合せを行い、監査の内容の確認、意見交換を行っており、また、会計監査人
         からは監査計画についての説明を受けるとともに、四半期ごとに意見交換を実施し、相互連携を行っておりま
         す。
        ③ 会計監査の状況

          当社の会計監査業務を執行した公認会計士の氏名、所属及び監査業務に係る補助者の構成は、以下のとおりで
         あります。なお、継続監査年数につきましては、筆頭業務執行社員1名は5年以内、業務執行社員2名は7年以
         内であるため、記載を省略しております。
          所属する監査法人名 有限責任監査法人トーマツ
          公認会計士の氏名等 指定有限責任社員 業務執行社員  淡島 國和
                    指定有限責任社員 業務執行社員  坂上 藤継
                    指定有限責任社員 業務執行社員  向井 基信
          会計監査業務に係る補助者の構成 公認会計士  9名
                          その他    16名
          (注) その他は、公認会計士試験合格者等であります。
                                  65/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
        ④ 社外取締役及び社外監査役との関係
          当社の取締役8名のうち4名は社外取締役であり、監査役3名のうち2名は社外監査役であります。
          社外取締役西條温は、ブラザー工業株式会社の社外取締役であります。同社と当社との間に人的関係、資本的
         関係その他の利害関係はありません。なお、                     同氏は、当社株式を3,000株保有しておりますが、それ以外に、                             当
         社と同氏との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。
          社外取締役横山淳は、株式会社PMAグループ代表取締役及びD.A.コンソーシアムホールディングス株式会社社
         外取締役であります。また、同氏は、過去においては、ベインキャピタル・プライベート・エクイティ・アジ
         ア・LLCのマネージングディレクターでありましたが、2017年1月をもって退任し、同年2月より同社アドバイ
         ザーでありましたが、同年5月をもって退任いたしました。同社は、当社の発行済株式総数の39.3%を所有して
         いた親会社Bain        Capital    Skylark    Hong   Kong   Limited及び当社の発行済株式総数の4.8%を所有していたBain
         Capital    Skylark    Hong   Kong   Ⅱ  Limitedを間接的に保有する投資ファンドに対して投資助言を行うベインキャピ
         タル・パートナーズ・LLCのグループ会社であります。それ以外に、各社と当社との間に人的関係、資本的関係
         その他の利害関係はありません。また、当社と同氏との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありませ
         ん。
          社外取締役和田千弘は、JapanTaxi株式会社代表取締役副社長COO(最高執行責任者)及び日本交通株式会社取
         締役であります。また、同氏は、過去においては、グーグル合同会社戦略企画・営業開発本部長及び株式会社イ
         ンターブランドジャパン代表取締役会長兼社長CEO(2016年10月退任)でありました。当社は、株式会社イン
         ターブランドジャパンとの間においてブランディングに関する業務委託契約を締結しておりますが、その取引額
         は、同社及び当社双方の連結売上高の1%未満であります。それ以外に、各社と当社との間に人的関係、資本的
         関係その他の利害関係はありません。                  なお、   同氏は、当社株式を1,000株保有しておりますが、それ以外に、                             当
         社と同氏との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。
          社外取締役田原文夫は、株式会社ヤンマー及び株式会社極洋の非常勤顧問であります。各社と当社との間に人
         的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。なお、同氏は、当社株式を1,000株保有しておりますが、
         それ以外に、当社と同氏との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。
          社外監査役永田光博は、代々木上原法律事務所代表弁護士、ジェイ・アイ・ピーキャピタル株式会社社外取締
         役、株式会社EduLab社外監査役、KHネオケム株式会社社外取締役であります。各社と当社との間に人的関係、資
         本的関係その他の利害関係はありません。なお、同氏は、当社株式を1,000株保有しておりますが、それ以外
         に、当社と同氏との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。
          社外監査役青柳立野は、ハートワース・パートナーズ株式会社代表取締役、株式会社ミクシィ社外取締役であ
         ります。各社と当社との間に人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。また、当社と同氏との間に
         人的関係、資本的関係その他の利害関係はありません。
          当社の社外取締役及び社外監査役は、毎月開催される取締役会に出席し、独立性・中立性を持った外部の視点
         から助言・提言を行うことで、適切な監視、監督を行っております。
          具体的には、社外取締役は、取締役会に出席し、会計監査及び内部監査の報告を受け、監査役会との情報交換
         及び連携を踏まえて必要に応じて意見を述べることにより、これらの監査と連携をとりつつ取締役会の職務執行
         に対する監督機能を果たしています。また、取締役会の一員として意見及び助言を行うことにより内部統制部門
         を有効に機能させることを通じて、適正な業務執行の確保を図っています。
          また、社外監査役は、監査役会及び取締役会への出席並びに会計監査人からの報告等を通じ、直接又は間接的
         に、会計監査及び内部監査の報告を受け、必要に応じて意見を述べることにより監査の実効性を高めるととも
         に、高い専門性により監査役監査を実施しています。また、取締役会において内部統制部門の報告に対して意見
         を述べ、適正な業務執行の確保を図っています。
          当社では、コーポレートガバナンス・コードの要請に基づき、取引所が規定する独立性に関する判断基準に抵
         触しないこと、及び専門的な知見に基づく客観的かつ適切な経営監視機能が期待でき、かつ、一般株主と利益相
         反が生じるおそれがないことを基本的な考え方として独立性に関する判断基準を制定し、当該基準に基づいて独
         立社外取締役を選任しております。
                                  66/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
        ⑤ 役員報酬の内容
         1.  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる役
                報酬等の総額
                              ストック                         員の員数
         区分
                 (百万円)                     賞与            その他
                             オプション                          (名)
                        基本報酬                  退職慰労金
                                    (注4)            (注5、6)
                              (注3)
         取締役
     (社外取締役を除く。)
                    465      150       15       2      -      298       3
       (注1、2)
         監査役
     (社外監査役を除く。)
                    14      14      -      -      -      -       1
       (注1、2)
        社外役員            42      42      -      -      -      -       6
      (注1)取締役の報酬等の額は、当事業年度において支払われたか否かにかかわらず、当社が当事業年度において費用
          計上した金額(会計上の見積条件をもとに費用化した金額を含みます。以下同じです。)をもとに記載してい
          るため、当事業年度における実際の支給額とは異なります。
      (注2)当事業年度末現在の人員は取締役6名、監査役4名であります。当事業年度に当社役員に就任しておりました
          取締役8名及び監査役4名(当事業年度中に辞任した取締役2名を含みます。)のうち、取締役2名について
          は無報酬であります。
      (注3)「ストックオプション」に記載した金額は、取締役2名に対して交付している新株予約権に係る当事業年度に
          おける費用計上額です。
      (注4)「賞与」に記載した金額は、前事業年度における賞与に係る費用計上額と実際支給額との計上差額です。
      (注5)当社は、取締役3名との間で、現金決済型株式評価益権(当社の議決権の過半数に係る株式について金銭を対
          価とする公募又は売出しがなされること等の一定の条件を充足した場合に当社株式の公正市場価格に連動した
          一定の現金の交付を受ける権利)を付与する旨のCash-Settled                             Appreciation       Right   Agreement(以下
          「(1)コーポレート・ガバナンスの状況」において「SAR契約」といいます。)を締結しており、「その
          他」に記載した金額のうち238百万円は、主にSAR契約に基づき当社が支払うべき報酬に係る当事業年度におけ
          る費用計上額です。
      (注6)    当社は、取締役1名との間で、契約に定めるスケジュールに従い、一定額の金銭の交付を受ける権利を付与す
          る旨のDeferred        Compensation       Agreement(以下「(1)コーポレート・ガバナンスの状況」において「新DC
          契約」といいます。)を締結しており、「その他」に記載した金額のうち60百万円は、新DC契約に基づき当社
          が支払うべき報酬に係る当事業年度における費用計上額です。
                                  67/154










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
         2.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等
                                       報酬等の種類別の総額(百万円)
                             報酬等
                             の総額           ストック                 その他
         氏名       役員区分      会社区分
                                              賞与
                           (百万円)           オプション                 (注5、
                                  基本報酬                退職慰労金
                                             (注4)
                                       (注3)                  6)
      ラルフ・アルバレス
                 取締役     提出会社        157      62      13      ▶     -      78
        (注2)
         谷 真
                                               △2
                 取締役     提出会社        241      56      2           -     185
        (注2)
      (注1)連結報酬等の総額が1億円以上である者に限定して記載しております。
      (注2)取締役の報酬等の額は、当事業年度において支払われたか否かにかかわらず、当社が当事業年度において費用
          計上した金額(会計上の見積条件をもとに費用化した金額を含みます。)をもとに記載しているため、当事業
          年度における実際の支給額とは異なります。
      (注3)各取締役の「ストックオプション」に記載した金額は、各取締役に対して交付している新株予約権に係る当事
          業年度における費用計上額です。
      (注4)「賞与」に記載した金額は、前事業年度における賞与に係る費用計上額と実際支給額との計上差額です。
      (注5)各取締役の「その他」に記載した金額のうち、ラルフ・アルバレスについて18百万円、谷真について185百万
          円は、主に、SAR契約に基づき当社が支払うべき報酬に係る当事業年度における費用計上額です。当該金額
          は、2017年12月末日時点の当社普通株式の終値(1株1,603円)及び本事業年度の当社の連結経営成績及び連
          結業績予想を基礎とした連結EBITDA並びに当社の役員及び従業員の在籍率その他当社が現時点で合理的と考え
          る諸条件を基準として算出した見込額です。SAR契約の概要は、以下のとおりです。
          ①第1回SAR
          (1)SAR
            SARを付与された取締役は、SARの行使日から40営業日までの間に、①当該行使日時点で権利が確定した
           SARの数に対する実際に行使されたSARの割合をSAR契約に定める基準株式数に乗じて得られる数に、②当該
           行使日における当社株式の公正市場価格と基本価格(2018年3月30日現在648.39円であり、株式分割等SAR
           契約に定める所定の事由が生じた場合は調整されます。)との差額を乗じて得られる額の現金の交付を受け
           る権利を有します。
          (2)権利の確定及び権利行使の条件
           (a)取締役に付与されたSARは、SAR契約に定めるスケジュール(※)に従い権利が確定します。
             (※)(ⅰ)2014年1月1日を初日として、各1年後の応当日ごとに、当該取締役に付与されたSARが20%
                ずつ累積して権利が確定する方法、又は(ⅱ)当社の各四半期末を末日とするいずれかの1年間に
                係る連結EBITDA(SAR契約に定める所定の算式に基づき算出される。以下「6コーポレート・ガバ
                ナンスの状況等」において同じ。)が、420億円以上となった場合に当該取締役に付与されたSAR
                の33%、450億円以上となった場合に更に33%、470億円以上となった場合に残りの34%の権利が
                確定する方法のいずれかが、当該取締役ごとに定められております。
           (b)当社の支配権の異動が生じた場合は、当該支配権の異動の直前においてSARの全てについて権利が確定
             し、自動的に行使されます。
           (c)上記(a)にかかわらず、SARは、適格上場までは行使できません。
           (d)2024年5月30日までに権利行使されていないSARは消滅します。
           (e)SARを付与された取締役と、当社又はその子会社等との間の雇用・委任等の関係(以下「委任関係」と
             いいます。)が終了した場合、その時点で権利が確定していないSARは直ちに消滅し、当該終了の日よ
             り前に既に権利が確定しているSARは、以下のとおり取り扱われます。
             (ⅰ)当該取締役による不正行為その他SAR契約に定める所定の理由以外の理由により委任関係が終了さ
                れた場合、当該委任関係の終了の日より前に権利が確定したSARは、SAR契約に従い引き続き行使
                することができます。
             (ⅱ)委任関係の終了が、上記(ⅰ)以外の理由に基づくものである場合、当該委任関係の終了の日より
                前に権利が確定したSARは直ちに消滅します。
             (ⅲ)SARを付与された取締役がSAR契約に違反した場合、又は当社若しくはその子会社等との間の競業
                避止契約等に違反した場合、当社は、SARを取消し、撤回し、又は当該取締役によるSARの行使を
                制限することができます。
           (f)SAR契約の有効期間中、SAR契約に定める所定の算式に基づき算出される当社の各事業年度の連結EBITDA
             が250億円以下となった場合、取締役に付与されたSARは、その時点で権利が確定しているものも含め、
             直ちに全て消滅します。
                                  68/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          (3)SARの譲渡
            SARを付与された取締役は、当社の承認がない限り、SARを第三者に譲渡することができません。
          ②第2回SAR
          (1)SAR
            SARを付与された取締役は、SARの行使日から40営業日までの間に、①当該行使日時点で権利が確定した
           SARの数に対する実際に行使されたSARの割合をSAR契約に定める基準株式数に乗じて得られる数に、②当該
           行使日における当社株式の公正市場価格と基本価格(2018年3月30日現在673円であり、株式分割等SAR契約
           に定める所定の事由が生じた場合は調整されます。)との差額を乗じて得られる額の現金の交付を受ける権
           利を有します。
          (2)権利の確定及び権利行使の条件
           (a)取締役に付与されたSARは、SAR契約に定めるスケジュール(※)に従い権利が確定します。
             (※)付与日(2017年7月31日)からSAR契約に定める各日付まで継続して当社グループの取締役又は執
                行役員その他の使用人の地位にあったことを条件として権利が確定する方法が定められておりま
                す。
           (b)当社の支配権の異動が生じた場合は、当該支配権の異動の直前においてSARの全てについて権利が確定
             し、自動的に行使されます。
           (c)2024年12月31日までに権利行使されていないSARは消滅します。
           (d)SARを付与された取締役と、当社又はその子会社等との間の雇用・委任等の関係(以下「委任関係」と
             いいます。)が終了した場合、その時点で権利が確定していないSARは直ちに消滅し、当該終了の日よ
             り前に既に権利が確定しているSARは、以下のとおり取り扱われます。
             (ⅰ)当該取締役による不正行為その他SAR契約に定める所定の理由以外の理由により委任関係が終了さ
                れた場合、当該委任関係の終了の日より前に権利が確定したSARは、SAR契約に従い引き続き行使
                することができます。
             (ⅱ)委任関係の終了が、上記(ⅰ)以外の理由に基づくものである場合、当該委任関係の終了の日より
                前に権利が確定したSARは直ちに消滅します。
             (ⅲ)SARを付与された取締役がSAR契約に違反した場合、又は当社若しくはその子会社等との間の競業
                避止契約等に違反した場合、当社は、SARを取消し、撤回し、又は当該取締役によるSARの行使を
                制限することができます。
           (e)SAR契約の有効期間中、SAR契約に定める所定の算式に基づき算出される当社の各事業年度の連結EBITDA
             が250億円以下となった場合、取締役に付与されたSARは、その時点で権利が確定しているものも含め、
             直ちに全て消滅します。
          (3)SARの譲渡
            SARを付与された取締役は、SARを第三者に譲渡することができません。
      (注6)ラルフ・アルバレスの「その他」に記載した金額のうち60百万円は、新DC契約に基づき当社が支払うべき報酬
          に係る当事業年度における費用計上額です。新DC契約の概要は、以下のとおりです。
          (1)報酬の額及び支払いのスケジュール
            上記取締役は、2015年12月22日に180百万円、2016年3月31日以降、2017年12月31日までの当社の各四半期
           末ごとに、15百万円の交付を受ける権利が付与されます。ただし、当該取締役による不正行為その他の新DC
           契約に定める所定の理由以外の理由により当該取締役と当社及びその子会社等との間の委任関係が終了され
           た場合(以下「(1)コーポレート・ガバナンスの状況」において「本件終了」といいます。)、又は、当
           該取締役の委任関係の継続中に、ベインキャピタル・パートナーズ・LLC及びそのグループ会社(ベイン
           キャピタル・パートナーズ・LLC又はそのグループ会社が助言を行うファンドを含み、以下「(1)コーポ
           レート・ガバナンスの状況」において「ベイングループ」といいます。)による売却、処分又はその他の権
           利移転により、ベイングループによる当社の議決権株式の保有比率が10%未満となった場合(以下「(1)
           コーポレート・ガバナンスの状況」において「本件処分」といいます。)には、その時点で当該取締役に対
           して付与されていない新DC契約に基づく金銭の交付を受ける権利は、本件終了又は本件処分のいずれか早い
           時点において、全て付与されます。
          (2)報酬の支払いの条件等
           (a)新DC契約に基づき当該取締役に対して交付される金銭の額は、当社の株主総会決議により認められた額
             の範囲とします。
           (b)当該取締役の委任関係が終了した場合、上記(1)により当該取締役に対して付与されるものを除き、未
             付与の新DC契約に基づく金銭の交付を受ける権利は、直ちに消滅します。
           (c)当該取締役が新DC契約に違反した場合、又は当社若しくはその子会社等との間の競業避止契約等に違反
             した場合、当社は、新DC契約に基づく金銭の交付を受ける権利を取消し、撤回し、又は当該取締役によ
             る新DC契約に基づく金銭の交付を受ける権利の行使を制限することができます。
         3.  使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

                                  69/154

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
           該当事項はありません。
         4.  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

           取締役の報酬等については、企業業績と企業価値の持続的な向上と、株主との価値共有に資する体系である
          ことを方針としています。報酬体系については、大きくは、基本報酬、決算賞与及びインセンティブ制度から
          なり、各取締役の実績と能力が反映される運営をしています。決算賞与は、当期利益やEBITDAなどの指標によ
          り、全社の業績や担当業務の成果を勘案して決定されるほか、インセンティブ制度においては、中長期的な業
          績との連動や自社株報酬を設定することで、持続的な成長に向けた健全なインセンティブとして機能するよう
          設定しています。
        ⑥ 取締役の定数

          当社の取締役は10名以内とする旨を定款に定めております。
        ⑦ 取締役選任の決議要件

          当社の取締役の選任は、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
         る株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらない旨を定款に定めております。
        ⑧ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めてお
         ります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を目的とす
         るものであります。
        ⑨ 取締役及び監査役の責任の免除

          当社は、取締役及び監査役の経営判断の萎縮等防止を勘案し、会社法第426条第1項の規定により、任務を
         怠ったことによる取締役及び監査役の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除する
         ことができる旨を定款で定めております。
        ⑩ 剰余金の配当等の機関決定

          当社は会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に特段の定めがある場合を除き、株主総会の決
         議によらず取締役会の決議により定める旨を定款で定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の権限
         とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
        ⑪ 自己株式の取得

          当社は会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己株式を取得できる旨を定款に定め
         ております。これは経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とすることを目的とするものであ
         ります。
        ⑫ 株式の保有状況

         1.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           13銘柄    170百万円
         2.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

           的
          (前事業年度)
           該当事項はありません。
          (当事業年度)

           該当事項はありません。
         3.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並び

           に当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
           該当事項はありません。
                                  70/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
        提出会社               85           -           80           -

       連結子会社                6           -            6           -

         計              91           -           86           -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査公認会計士等の監査日数等を勘案
         し、監査役会の同意を得た上で決定しております。
                                  71/154











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下、「連結財務諸表規則」)第93条の規定により、国際会計基準に準拠して作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、
        「財務諸表等規則」)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2017年1月1日から2017年12月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2017年1月1日から2017年12月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
       法人トーマツによる監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及び国際会計基準に基づいて連結財務諸

       表等を適正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及び国際会計基準に基づいて連結財務諸表等を適
       正に作成することができる体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりであります。
       (1)会計基準等の内容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、監査法人
        等が主催するセミナーへの参加や会計専門誌の定期購読を行っております。
       (2)国際会計基準の適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の
        基準の把握を行っております。
                                  72/154













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                          注記
                                 (2016年12月31日)               (2017年12月31日)
     資産
      流動資産
                          8,35                16,222               15,094
       現金及び現金同等物
                         9,35,37                 7,885               8,691
       営業債権及びその他の債権
                          10,35                  73               340
       その他の金融資産
                          11               6,465               4,677
       たな卸資産
                                          8,352               4,158
                          12
       その他の流動資産
       流動資産合計                                  38,997               32,960
      非流動資産
                          13,16                96,692               102,277
       有形固定資産
                          14              146,171               146,140
       のれん
                          14               2,503               3,461
       その他の無形資産
       その他の金融資産                  10,35                23,618               24,318
                          15               9,415               8,523
       繰延税金資産
                                           921              1,386
                          12
       その他の非流動資産
                                         279,320               286,105
       非流動資産合計
                                         318,317               319,065
      資産合計
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                         16,33,35                 10,458               10,957
        短期借入金
                         18,35,37                 23,426               25,264
        営業債務及びその他の債務
                          16,17
                                          3,796               3,682
        その他の金融負債
                          33,35
                                          6,317               1,904
        未払法人所得税等
                          20                 235              1,325
        引当金
                                         17,484               11,847
                          21
        その他の流動負債
        流動負債合計                                 61,716               54,979
       非流動負債
                         16,33,35                121,349               118,267
        長期借入金
                          16,17
                                          6,165               4,777
        その他の金融負債
                          33,35
        引当金                  20               14,250               14,820
                                           639               813
                          21
        その他の非流動負債
                                         142,403               138,677
        非流動負債合計
       負債合計                                  204,119               193,656
      資本
                          22               2,670               3,456
       資本金
                          22,23                57,920               56,470
       資本剰余金
       その他の資本の構成要素                  15,22                △559                 △8
                                         54,167               65,491
       利益剰余金                  22,23
                          35              114,198               125,409
       親会社の所有者に帰属する持分合計
       資本合計                                  114,198               125,409
                                         318,317               319,065
     負債及び資本合計
                                  73/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結純損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                (自 2016年1月1日               (自 2017年1月1日
                           注記
                                 至 2016年12月31日)               至 2017年12月31日)
                            24             354,513               359,445
     売上収益
                                        △106,458               △108,293
     売上原価
     売上総利益                                    248,055               251,152
                            25               672               602
     その他の営業収益
                           26,27
                                        △215,219               △221,814
     販売費及び一般管理費                      34,37
                                         △2,259               △1,837

                            28
     その他の営業費用
                                         31,249               28,103
     営業利益
                            29               21               17
     受取利息
                            29               454                 2
     その他の収益
                            29             △2,749               △2,500
     支払利息
                                          △23               △107
                            29
     その他の費用
     税引前利益                                    28,952               25,515
                                        △10,736                △8,589
                            15
     法人所得税費用
                                         18,216               16,926
     当期利益
     当期利益の帰属

                                         18,213               16,926
      親会社の所有者
                                            3               -
      非支配持分
                                         18,216               16,926
      当期利益
                            31

     1株当たり当期利益
      基本的1株当たり当期利益(円)                                    93.57               86.40
      希薄化後1株当たり当期利益(円)                                    92.80               85.95
                                  74/154











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                (自 2016年1月1日               (自 2017年1月1日
                           注記
                                 至 2016年12月31日)               至 2017年12月31日)
                                         18,216               16,926
     当期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                           22,30                44               63
       定される金融資産
                                          △18                 5
       確定給付負債(資産)の純額の再測定                    22,30
       純損益に振り替えられることのない項目
                                           26               68
       合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                           22,30               △56                 94
       在外営業活動体の換算差額
                                           159               394
                           22,30
       キャッシュ・フロー・ヘッジ
       純損益に振り替えられる可能性のある項
                                           103               488
       目合計
      税引後その他の包括利益                                     129               556
                                         18,345               17,482
     当期包括利益
     当期包括利益の帰属

                                         18,346               17,482
      親会社の所有者
                                           △1                -
      非支配持分
                                         18,345               17,482
      当期包括利益
                                  75/154












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結持分変動計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                          その他の資本の構成要素

                                   その他の

                                   包括利益     確定給付
                              資本剰余                     キャッ
                     注記    資本金          を通じて     負債(資     在外営業
                              金                     シュ  ・フ
                                   公正価値     産)の純     活動体の           合計
                                                   ロー・
                                   で測定さ     額の再測     換算差額
                                                   ヘッジ
                                   れる金融     定
                                   資産
                          2,529     62,961        5     -     315   △1,037      △717
     2016年1月1日
                            -     -     -     -     -     -     -

      当期利益
                            -     -     44    △18     △52      159     133
                     22,30
      その他の包括利益
                            -     -     44    △18     △52      159     133
     当期包括利益合計
      配当金               23      -   △4,570        -     -     -     -     -

                           141      97     -     -     -     -     -
      新株予約権の行使               34
                     22,34       -     33     -     -     -     -     -
      株式報酬取引
      その他の資本の構成要素から
                            -     -     △3      18     -     -     15
      利益剰余金への振替
     所有者による拠出及び所有者へ
                           141   △4,440       △3      18     -     -     15
     の分配合計
      支配獲得後の非支配持分の追
                            -    △601       -     -     10     -     10
                      7
      加取得
     子会社に対する所有持分の変動
                            -    △601       -     -     10     -     10
     額合計
     所有者との取引額等合計                      141   △5,041       △3      18     10     -     25
                          2,670     57,920       46     -     273    △878     △559

     2016年12月31日
                            -     -     -     -     -     -     -

      当期利益
                            -     -     63      5     94     394     556
                     22,30
      その他の包括利益
                            -     -     63      5     94     394     556
     当期包括利益合計
      配当金               23      -   △2,012        -     -     -     -     -
      新株予約権の行使               34      786     543      -     -     -     -     -

      株式報酬取引               22,34       -     19     -     -     -     -     -

      その他の資本の構成要素から
                            -     -      0    △5      -     -     △5
      利益剰余金への振替
     所有者による拠出及び所有者へ
                           786   △1,450        0    △5      -     -     △5
     の分配合計
                           786   △1,450        0    △5      -     -     △5
     所有者との取引額等合計
                          3,456     56,470       109      -     367    △484      △8
     2017年12月31日
                                  76/154





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  親会社の所有者

                      注記     利益剰余金        に帰属する持分          非支配持分         資本合計
                                  合計
                              38,439        103,212            75      103,287
     2016年1月1日
      当期利益                        18,213         18,213            3      18,216

                                -        133         △4         129
                     22,30
      その他の包括利益
                              18,213         18,346          △1       18,345
     当期包括利益合計
                      23
      配当金                       △2,470         △7,040            -      △7,040
                      34          -        238         -        238
      新株予約権の行使
                     22,34           -         33         -         33
      株式報酬取引
      その他の資本の構成要素から
                               △15          -         -         -
      利益剰余金への振替
     所有者による拠出及び所有者へ
                             △2,485         △6,769            -      △6,769
     の分配合計
      支配獲得後の非支配持分の追
                                -       △591         △74        △665
                      7
      加取得
     子会社に対する所有持分の変動
                                -       △591         △74        △665
     額合計
     所有者との取引額等合計                        △2,485         △7,360          △74       △7,434
                              54,167        114,198            -      114,198

     2016年12月31日
                              16,926         16,926           -       16,926

      当期利益
                                -        556         -        556
                     22,30
      その他の包括利益
                              16,926         17,482           -       17,482
     当期包括利益合計
                      23
      配当金                       △5,607         △7,619            -      △7,619
                      34          -       1,329          -       1,329
      新株予約権の行使
                     22,34           -         19         -         19
      株式報酬取引
      その他の資本の構成要素から
                                 5        -         -         -
      利益剰余金への振替
     所有者による拠出及び所有者へ
                             △5,602         △6,271            -      △6,271
     の分配合計
     所有者との取引額等合計                        △5,602         △6,271            -      △6,271
                              65,491        125,409            -      125,409

     2017年12月31日
                                  77/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                (自 2016年1月1日               (自 2017年1月1日
                           注記
                                 至 2016年12月31日)               至 2017年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         28,952               25,515
      税引前利益
     調整:
      減価償却費及び償却費                                   13,984               13,464
      非金融資産の減損損失                                     949               720
                                           976               719
      固定資産処分損益
                                          △21               △17
      受取利息
                                          △454                 △2
      その他の収益
                                          2,749               2,500
      支払利息
                                           23               107
      その他の費用
                                         47,158               43,006
     運転資本の増減等:
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は
                                          △497               △787
      増加)
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                    △175               1,792
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は
                                           866               725
      減少)
                                           748               401
      その他
     営業活動による現金生成額                                    48,100               45,137
                                            ▶               5
      利息及び配当金の受取額
                                         △1,601               △1,414
      利息の支払額
                                        △10,536               △12,412
      法人所得税等の支払額
                                           62               194
      法人所得税等の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                   36,029               31,510
     投資活動によるキャッシュ・フロー

                                          △194               △830
      定期預金の預入による支出
                                           194               554
      定期預金の払戻による収入
                                        △15,462               △16,722
      有形固定資産の取得による支出
                                           -                9
      有形固定資産の売却による収入
                                         △1,059               △1,532
      無形資産の取得による支出
                                           △2               △5
      貸付けによる支出
                                            5               1
      貸付金の回収による収入
                                          △723              △1,371
      敷金及び保証金の差入による支出
                                           867               740
      敷金及び保証金の回収による収入
                                          △288               △450
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △16,662               △19,606
     財務活動によるキャッシュ・フロー

                                          9,500               15,500
      短期借入れによる収入                      33
                                         △9,500               △15,500
      短期借入金の返済による支出                      33
                                           -              7,000
      長期借入れによる収入                      33
                                        △10,000               △10,500
      長期借入金の返済による支出                      33
                                           238              1,329
      ストック・オプションの行使による収入
                                         △3,852               △2,687
      リース債務の返済による支出                      33
                                         △7,033               △7,609
      支払配当金
                                          △24               △611
      借入関連手数料の支払による支出
      非支配持分株主からの子会社株式追加取得
                                          △665                 -
                            7
      による支出
                                           △8                -
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △21,344               △13,078
                                          △46                 46
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額                                    △2,023               △1,128
                                         18,245               16,222
                            8
     現金及び現金同等物の期首残高
                                         16,222               15,094
                            8
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  78/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
         【連結財務諸表注記】
          1.報告企業
            株式会社すかいらーく(以下、「当社」という)は日本に所在する株式会社であります。その登記されて
           いる本社は東京都武蔵野市に所在しております。当社の連結財務諸表は、2017年12月31日を期末日とし、当
           社及びその子会社(以下、「当社グループ」という。注記「36.重要な関係会社」参照)の財政状態、経営
           成績及びキャッシュ・フローの状況を表しております。
            当社グループの事業内容は、主に和洋中を中心とした外食関連事業であり、テーブルサービスを行う「レ
           ストラン事業」について包括的な戦略を策定し、事業展開を行っております。
            当社は、以下のような変遷を経て現在に至っております。
            当社は、1962年4月4日に総合食品小売業のチェーン展開を目指して設立されたことぶき食品有限会社を
           前身としており、ファミリーレストラン事業に本格的に転換することを機に、1974年11月「株式会社すかい
           らーく」に商号を変更してファミリーレストランを展開していきました(旧すかいらーく①)。旧すかい
           らーく①は、株式の額面金額を50円に変更することを目的として、1977年1月1日付で、株式会社すかい
           らーく(1948年3月15日に設立された三恵製菓株式会社が、1974年10月に「株式会社すかいらーく」に商号
           変更したもの。以下、旧すかいらーく②という)に吸収合併されました。
            2006年7月に旧すかいらーく②は将来の経営環境の変化に柔軟に対応しつつ、中長期的な視野に立脚した
           経営戦略を、短期的な業績の変動に左右されることなく可及的速やかに実行する体制を整備することを主な
           目的として、SNCインベストメント株式会社(野村ホールディングス株式会社の子会社)による株式公開買
           付を受け、非上場化しました。2007年7月、SNCインベストメント株式会社は旧すかいらーく②の完全子会
           社化を経て吸収合併し、株式会社すかいらーく(以下、旧すかいらーく③という)に商号を変更しておりま
           す。
            2011年11月にベインキャピタル・パートナーズ・LLC及びそのグループが助言及び運営を行うファンドが
           間接的にその株式を保有する株式会社BCJホールディングス5の子会社である株式会社BCJホールディングス
           6は旧すかいらーく③を買収して子会社化しており、2012年6月に旧すかいらーく③を吸収合併し、株式会
           社すかいらーくに商号変更し(以下、旧すかいらーく④という)、2014年7月1日に、株式会社BCJホール
           ディングス5は旧すかいらーく④を吸収合併し、同日に株式会社すかいらーくに商号変更し、現在に至って
           おります。
          2.作成の基礎

           (1)国際会計基準に準拠している旨
             当社は連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、
            同第93条の規定により、当社グループの連結財務諸表は、国際会計基準に準拠して作成しております。
             早期適用していない国際会計基準を除き、当社グループの会計方針は2017年12月31日時点で有効な国際
            会計基準に準拠しております。
             早期適用していない国際会計基準については注記「5.未適用の新基準」に記載しております。
             本連結財務諸表は、2018年3月29日に取締役会によって承認されております。
                                  79/154








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
           (2)測定の基礎
             当社グループの連結財務諸表は、注記「3.重要な会計方針」に記載のとおり、公正価値で測定されて
            いる特定の金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成しております。
             公正価値は、その価格が直接観察可能であるか、他の評価技法を用いて見積られるかにかかわらず、測
            定日時点で、市場参加者間の秩序ある取引において、資産を売却するために受取るであろう価格又は負債
            を移転するために支払うであろう価格であります。当社グループは資産又は負債の公正価値の見積りに関
            して、市場参加者が測定日において、当該資産又は負債の価格付けにその特徴を考慮に入れる場合には、
            その特徴を考慮しております。
             連結財務諸表における測定及び開示目的での公正価値は、国際財務報告基準(以下、「IFRS」という)
            第2号「株式に基づく報酬」の公正価値、国際会計基準(以下、「IAS」という)第2号「棚卸資産」の
            正味実現可能価額、IAS第17号「リース」のリース取引、及びIAS第36号「資産の減損」の使用価値のよう
            な公正価値と何らかの類似性はあるが公正価値ではない測定を除き、上記のように決定されています。更
            に財務報告目的で、公正価値測定は以下に記述するように、そのインプットが観察可能である程度、及び
            インプットが公正価値測定全体に与える重要性に応じてレベル1、2、3に分類されます。
             ・レベル1のインプットは、企業が測定日現在でアクセスできる同一の資産又は負債に関する活発な市
              場における無調整の相場価格であります。
             ・レベル2のインプットは、レベル1に含まれる相場価格以外のインプットのうち、資産又は負債につ
              いて直接又は間接に観察可能なものであります。
             ・レベル3のインプットは、資産又は負債に関する観察可能でないインプットであります。
           (3)機能通貨及び表示通貨

             当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未満を四
            捨五入して表示しております。
          3.重要な会計方針

           (1)連結の基礎
             この連結財務諸表は、当社及びその子会社の財務諸表を含んでおります。
             子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。当社グループがある企業への関与に
            より生じる変動リターンに対するエクスポージャー又は権利を有し、かつ、当該企業に対するパワーによ
            り当該リターンに影響を及ぼす能力を有している場合に、当社グループは当該企業を支配していることと
            なります。
             子会社の財務諸表は、当社グループが支配を獲得した日から支配を喪失する日まで、連結の対象に含め
            ております。
             子会社が適用する会計方針が当社グループの適用する会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該子
            会社の財務諸表に調整を加えております。当社グループ間の債権債務残高及び内部取引高、並びに当社グ
            ループ間の取引から発生した未実現損益は、連結財務諸表の作成に際して消去しております。
             子会社持分を一部処分した際、支配が継続する場合には、資本取引として会計処理しております。非支
            配持分の調整額と対価の公正価値との差額は、親会社の所有者に帰属する持分として資本に直接認識して
            おります。また、支配を喪失した場合には、支配の喪失から生じた利得及び損失は純損益で認識しており
            ます。支配喪失後においても、当社グループが従前の子会社に対する持分を保持する場合には、その持分
            は支配喪失日の公正価値で測定しております。
             連結子会社の非支配持分は、当社グループの持分とは別個に識別しております。子会社の包括利益につ
            いては、非支配持分が負の残高となる場合であっても、親会社の所有者と非支配持分に帰属させておりま
            す。
                                  80/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
           (2)企業結合
             企業結合は取得法を用いて会計処理しております。取得対価は、被取得企業の支配と交換に譲渡した資
            産、引き受けた負債及び当社が発行する持分金融商品の取得日の公正価値の合計として測定されます。取
            得対価が識別可能な資産及び負債の公正価値を超過する場合は、連結財政状態計算書においてのれんとし
            て計上しております。反対に下回る場合には、直ちに連結純損益計算書において利得として計上しており
            ます。また、非支配持分は被取得企業の識別可能資産と負債の差額に対する非支配持分の持分割合相当額
            で測定しております。非支配持分の追加取得については、資本取引として会計処理しているため、当該取
            引からのれんは認識しておりません。
             仲介手数料、弁護士費用、デュー・デリジェンス費用等の、企業結合に関連して発生する取引費用は、
            発生時に費用処理しております。
             被取得企業における識別可能な資産及び負債は、取得日の公正価値で測定しております。
           (3)外貨換算

            ① 外貨建取引
              当社グループの各企業は、その企業が営業活動を行う主たる経済環境の通貨として、それぞれ独自の
             機能通貨を定めており、各企業の取引はその機能通貨により測定しております。
              各企業が個別財務諸表を作成する際、その企業の機能通貨以外の通貨での取引の換算については、取
             引日の為替相場を使用しております。期末日における外貨建貨幣性資産及び負債は期末日の為替相場
             で、公正価値で測定される外貨建非貨幣性資産及び負債はその公正価値の算定日における為替相場で、
             取得原価に基づいて測定されている非貨幣性項目は取引日の為替相場でそれぞれ換算しております。
              換算又は決済により生じる換算差額は、純損益として認識しております。
            ② 在外営業活動体の財務諸表

              在外営業活動体の資産及び負債については決算日の直物為替相場、収益及び費用については、為替相
             場に著しい変動がある場合を除き、期中平均為替相場を用いて日本円に換算しております。在外営業活
             動体の財務諸表の換算から生じる換算差額は、その他の包括利益として認識しております。在外営業活
             動体の累積為替換算差額は、在外営業活動体の支配の喪失を伴う場合には処分した期間に純損益として
             認識され、支配の喪失を伴わない処分の場合には純損益として認識されません。
           (4)金融商品

            当社グループはIFRS第9号(2013年)「金融商品」を早期適用しております。
            ① 金融資産(デリバティブを除く)

             (ⅰ)当初認識及び測定
                当社グループは、金融資産を償却原価で測定される金融資産、純損益又はその他の包括利益を通
               じて公正価値で測定される金融資産に分類しております。当社グループは当初認識においてその分
               類を決定しております。
               償却原価で測定される金融資産

                金融資産は、次の条件が共に満たされる場合には、償却原価で測定される金融資産に分類してお
               ります。
               ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基
                づいて、資産が保有されている。
               ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フ
                ローが特定の日に生じる。
                償却原価で測定される金融資産は、公正価値に、当該金融資産の取得に直接起因する取引コスト
               を加算した金額で当初認識しております。当初認識後は実効金利法を適用した償却原価から減損損
               失累計額を控除した金額で認識しております。
               純損益を通じて公正価値で測定される金融資産

                金融資産(その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産を除く)のうち、上記の償
               却原価で測定される金融資産の区分の要件を満たさないものは、純損益を通じて公正価値で測定さ
               れる金融資産に分類しております。
                純損益を通じて公正価値で測定される金融資産は、公正価値で当初認識しております。当初認識
               後は公正価値で測定し、その評価差額を当連結会計年度の損益として認識しております。
               その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産

                                  81/154

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
                公正価値で測定される金融資産のうち、その他の包括利益を通じて公正価値で測定されることを
               指定した資本性金融商品は、公正価値に、当該金融資産の取得に直接起因する取引コストを加算し
               た 金額で当初認識しております。当初認識後は公正価値で測定し、その評価差額をその他の包括利
               益に認識しております。
             (ⅱ)金融資産の認識の中止

                当社グループは、金融資産から生じるキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場
               合、又は金融資産を譲渡し、ほとんど全てのリスクと経済価値が移転した時にのみ、金融資産の認
               識を中止しております。当社グループがリスクと経済価値のほとんど全てを移転しないが保持もせ
               ず、譲渡された資産に対する支配を保持している場合には、継続的関与を有している範囲におい
               て、資産と関連する負債を認識しております。
                その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産の認識を中止した場合、当該時点まで
               累積したその他の包括利益として認識していた金額を利益剰余金に振り替えております。なお、そ
               の他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産からの配当金については、当連結会計年度
               の損益として認識しております。
             (ⅲ)金融資産の減損

                償却原価で測定される金融資産について、毎期、減損の客観的証拠があるかどうかを検討してお
               ります。
                金融資産は、客観的な証拠によって損失事象が当該資産の当初認識後に発生したことが示されて
               おり、かつ当該損失事象によってその金融資産の見積将来キャッシュ・フローにマイナスの影響が
               及ぼされることが合理的に予測できる場合に減損していると判定されます。
                金融資産が減損していることを示す客観的な証拠には、発行者又は関係者の重大な財政状態の悪
               化、利息又は元本支払の債務不履行もしくは延滞、発行者が破産又は財政的再編成を行う兆候等が
               含まれます。
                当社グループは、債権の減損の証拠を、個別の資産ごとに検討するとともに集合体としても検討
               しております。個別に重要な債権は、個別に減損の有無を評価しております。個別に重要な債権の
               うち個別に減損する必要がないもの及び個別に重要でない債権は、リスクの特徴が類似するものご
               とにグルーピングを行い、全体として減損の有無の評価を行っております。
                全体としての減損の評価に際しては、債務不履行の可能性、回復の時期、発生損失額に関する過
               去の傾向を考慮し、現在の経済及び信用状況によって実際の損失が過去の傾向より過大又は過小と
               なる可能性を経営者が判断し、調整を加えております。
                償却原価で測定される金融資産の減損損失は、その帳簿価額と、当該資産の当初の実効金利で割
               り引いた見積将来キャッシュ・フローの現在価値との差額として測定されます。減損損失は純損益
               として認識し、債権に対する引当額に含めております。減損を認識した資産に対する利息は、時の
               経過に伴う割引額の割戻しを通じて引き続き認識されます。減損損失認識後に減損損失の額が減少
               し、その減少が減損を認識した事象に客観的に関連付けることができる場合には、減損損失累計額
               の減少額を純損益として戻入れております。
            ② 金融負債(デリバティブを除く)

             (ⅰ)当初認識及び測定
                当社グループは、金融負債について、償却原価で測定する金融負債に分類しております。
             (ⅱ)償却原価で測定する金融負債

                当社グループは、借入金を含むその他の金融負債について、当初認識時に取引費用控除後の公正
               価値で当初測定しております。当初認識後は、実効金利法を使用した償却原価で測定し、支払利息
               は実効金利法で認識しております。
             (ⅲ)金融負債の認識の中止

                当社グループは、金融負債が消滅したとき、すなわち、契約にて特定された債務が免責、取消
               し、又は失効となった時に、金融負債の認識を中止しております。
                                  82/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
            ③ 資本性金融商品
              普通株式
              当社が発行した資本性金融商品は、発行価額を資本金及び資本剰余金に計上し、発行する際の取引費
             用は税効果控除後、資本剰余金から控除しております。
            ④ 金融資産及び金融負債の表示

              金融資産及び金融負債は、当社グループが残高を相殺する法的権利を有し、かつ純額で決済するか又
             は資産の実現と負債の決済を同時に行う意図を有する場合にのみ、連結財政状態計算書上で相殺し、純
             額で表示しております。
            ⑤ デリバティブ

              当社グループは、変動金利借入金の金利変動リスクを低減するため、金利スワップを締結しておりま
             す。デリバティブは、デリバティブ契約が締結された日の公正価値で当初認識され、当初認識後は各連
             結会計年度末日の公正価値で再測定されます。
              なお、デリバティブの公正価値変動額は純損益として認識しております。ただし、キャッシュ・フ
             ロー・ヘッジの有効部分はその他の包括利益として認識しております。
            ⑥ ヘッジ会計

              当社グループは、変動金利借入金の金利変動のリスクを低減するために金利スワップをヘッジ手段と
             してヘッジ会計を適用しております。
              当社グループは、ヘッジ関係の開始時に、ヘッジ会計を適用しようとするヘッジ関係並びにヘッジを
             実施するに当たってのリスク管理目的及び戦略について、公式に指定及び文書化を行っております。当
             該文書は、具体的なヘッジ手段、ヘッジ対象及びヘッジされるリスクの性質並びにヘッジ関係がヘッジ
             有効性の要求を満たしているかどうかを判定する方法を含んでおります。
              これらのヘッジは、ヘッジ対象とヘッジ手段との間に経済的関係があること、信用リスクの影響が経
             済的関係から生じる価値変動に著しく優越するものではないこと、ヘッジ関係のヘッジ比率が実際に
             ヘッジしているヘッジ対象及びヘッジ手段の数量から生じる比率と同じであることが見込まれますが、
             ヘッジ関係が将来に向けて有効であるかどうかを判定するために、継続的に評価しております。
              ヘッジ会計に関する適格要件を満たすヘッジは、当社ではキャッシュ・フロー・ヘッジが該当し、以
             下のように会計処理しております。
              ヘッジ手段に係る利得又は損失のうち有効部分はその他の包括利益として認識し、非有効部分は直ち
             に純損益として認識しております。
              その他の包括利益に計上されたヘッジ手段に係る金額(その他の資本の構成要素)は、ヘッジ対象で
             ある取引が純損益に影響を与える時点で純損益に振り替えております。ヘッジ対象が非金融資産又は非
             金融負債の認識を生じさせるものである場合には、その他の包括利益として認識されている金額(その
             他の資本の構成要素)は、非金融資産又は非金融負債の当初の原価又はその他の帳簿価額の修正として
             処理しております。
              ヘッジ手段が消滅、売却、終了又は行使された場合などヘッジ関係が適格要件を満たさなくなった場
             合のみに、将来に向かってヘッジ会計を中止しております。ヘッジされた将来キャッシュ・フローの発
             生がまだ見込まれる場合には、その他の包括利益として認識されていた累積金額(その他の資本の構成
             要素)は、将来キャッシュ・フローが発生するか、当該金額が損失で回収の見込まれない金額を純損益
             に振り替えるまで、引き続き資本に計上しております。ヘッジされた将来キャッシュ・フローの発生が
             もはや見込まれない場合にはその他の包括利益として認識されていた累積金額(その他の資本の構成要
             素)を純損益に振り替えております。
                                  83/154






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
           (5)たな卸資産
             たな卸資産は、取得原価と正味実現可能価額のいずれか低い価額で測定しております。正味実現可能価
            額は、通常の事業過程における見積売価から、完成までに要する見積原価及び見積販売費用を控除した額
            であります。取得原価は、主として総平均法に基づいて算定し、購入原価、加工費及び現在の場所及び状
            態に至るまでに要した全ての費用を含んでおります。
           (6)有形固定資産

             有形固定資産の測定については、原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計
            額を控除した金額で計上しております。
             取得原価には、資産の取得に直接関連する費用、解体、除去に係る原状回復費用及び資産計上すべき借
            入費用が含まれております。
             有形固定資産で、それぞれ異なる複数の重要な構成要素を識別できる場合は、別個の有形固定資産とし
            て会計処理しております。
             有形固定資産は処分時点、もしくは使用又は処分による将来の経済的便益が期待できなくなった時点で
            認識を中止しております。有形固定資産の認識の中止から生じる利得又は損失は、正味処分対価と資産の
            帳簿価額との差額として算定され、認識の中止時点で純損益として認識しております。
             土地及び建設仮勘定以外の各資産の減価償却費は、それぞれの見積耐用年数にわたり、定額法で計上し
            ております。主要な資産項目ごとの主な見積耐用年数は以下のとおりであります。
            建物及び構築物   8~35年
            機械及び装置、車両運搬具及び工具、器具及び備品    3~8年
             なお、見積耐用年数、残存価額及び減価償却方法は、各連結会計年度末に見直しを行い、変更があった
            場合は、会計上の見積りの変更として将来に向かって適用されます。
           (7)無形資産

            ① のれん
              企業結合により生じたのれんは、無形資産に計上しております。当初認識時におけるのれんの測定に
             ついては、注記「3.重要な会計方針 (2)企業結合」に記載しております。
              のれんの償却は行わず、毎期、又は減損の兆候が存在する場合にはその都度、減損テストを実施して
             おります。のれんの減損テスト及び減損損失の測定については注記「3.重要な会計方針 (9)非金融
             資産の減損」に記載しております。
              のれんの減損損失は純損益として認識され、のれんは取得原価から減損損失累計額を控除した金額で
             計上しています。
              資金生成単位を処分する場合、配分されたのれんの金額は処分損益額の算定に含めております。
                                  84/154










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
            ② その他の無形資産
              のれん以外のその他の無形資産は、当初認識時に取得原価で測定しております。
              その他の無形資産は、当初認識後、耐用年数を確定できない無形資産を除いて、それぞれの見積耐用
             年数にわたって定額法で償却し、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額で計上し
             ております。主要な無形資産の見積耐用年数は以下のとおりであります。なお、耐用年数を確定できな
             い無形資産については、償却は行わず、毎期又は減損の兆候が存在する場合にはその都度、減損テスト
             を実施しております。
              ・ソフトウェア  5年
              なお、見積耐用年数、残存価額及び償却方法は、各連結会計年度末に見直しを行い、変更があった場
             合は、会計上の見積りの変更として将来に向かって適用されます。
            ③ 無形資産の認識の中止

              無形資産は処分時点、もしくは使用又は処分による将来の経済的便益が期待できなくなった時点で、
             認識を中止しております。無形資産の認識の中止から生じる利得又は損失は、正味処分対価と資産の帳
             簿価額との差額として算定され、認識の中止時点で純損益として認識しております。
           (8)リース

             契約上、資産の所有に伴うリスクと経済価値が実質的に全て当社グループに移転するリースは、ファイ
            ナンス・リースに分類し、それ以外の場合には、オペレーティング・リースに分類しております。
             当社グループが借手となるファイナンス・リース取引におけるリース資産は、主としてレストランの店
            舗内設備等であり、リース開始日に算定したリース物件の公正価値と最低リース料総額の現在価値のいず
            れか低い金額で当初認識しております。当初認識後は、当該資産に適用される減価償却の方針に基づい
            て、リース期間の終了時までに所有権が移転するという合理的な確実性がある場合は見積耐用年数で、合
            理的な確実性がない場合は見積耐用年数とリース期間のいずれか短い年数にわたって、減価償却を行って
            おります。
             また、リース債務は、連結財政状態計算書の流動負債及び非流動負債に計上しており、リース料は実効
            金利法に基づき支払利息とリース債務の返済額に配分しております。
             オペレーティング・リース取引においては、リース料はリース期間にわたって定額法により費用(借
            手)又は収益(貸手)として認識しております。
             リース資産は、処分時点、もしくは使用又は処分による将来の経済的便益が期待できなくなった時点で
            認識を中止しております。リース資産の認識の中止から生じる利得又は損失は、正味処分対価と資産の帳
            簿価額との差額として算定され、認識の中止時点で純損益として認識しております。
                                  85/154










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
           (9)非金融資産の減損
             たな卸資産及び繰延税金資産を除く当社グループの非金融資産については、期末日ごとに減損の兆候の
            有無を判断しております。減損の兆候が存在する場合は、当該資産の回収可能価額を見積っております。
            のれん及び耐用年数を確定できない、又は未だ使用可能ではない無形資産については、回収可能価額を毎
            年同じ時期に見積っております。
             資産又は資金生成単位の回収可能価額は、使用価値と売却費用控除後の公正価値のうちいずれか大きい
            方の金額としております。使用価値の算定において、見積将来キャッシュ・フローは、貨幣の時間的価値
            及び当該資産に固有のリスクを反映した税引前割引率を用いて現在価値に割り引いております。減損テス
            トにおいて個別にテストされない資産は、継続的な使用により他の資産又は資産グループのキャッシュ・
            インフローから、概ね独立したキャッシュ・インフローを生成する最小の資金生成単位に統合しておりま
            す。のれんの減損テストを行う際には、のれんが配分される資金生成単位を、のれんが関連する最小かつ
            事業セグメントを超えない単位を反映して減損がテストされるように統合しております。企業結合により
            取得したのれんは、結合のシナジーが得られると期待される資金生成単位に配分しております。
             当社グループの全社資産は、独立したキャッシュ・インフローを生成しません。全社資産に減損の兆候
            がある場合、全社資産が帰属する資金生成単位の回収可能価額を見積っております。
             減損損失は、資産又は資金生成単位の帳簿価額が見積回収可能価額を超過する場合に純損益として認識
            しております。資金生成単位に関連して認識した減損損失は、まずその単位に配分されたのれんの帳簿価
            額を減額するように配分し、次に資金生成単位内のその他の資産の帳簿価額を比例的に減額しておりま
            す。
             のれんに関連する減損損失は戻入れません。その他の資産については、過去に認識した減損損失は、毎
            期末日において減損損失の減少又は消滅を示す兆候の有無を評価しております。回収可能価額の決定に使
            用した見積りが変化した場合は、減損損失を戻入れます。減損損失は、減損損失を認識しなかった場合の
            帳簿価額から必要な減価償却費及び償却額を控除した後の帳簿価額を超えない金額を上限として戻入れま
            す。
          (10)従業員給付

            ① 退職後給付
             (ⅰ)確定給付制度
                当社グループの一部の子会社では確定給付型の退職年金制度を採用しております。確定給付制度
               に関連する債務は、当該制度に係る給付債務から年金資産の公正価値を差し引いた純額として連結
               財政状態計算書に計上しております。
                確定給付負債(資産)の純額の再測定をその他の包括利益で認識し、発生時にその他の包括利益
               で認識された金額(その他の資本の構成要素)を利益剰余金に振り替えております。
             (ⅱ)確定拠出年金制度

                当社グループの従業員を対象に、確定拠出年金制度を採用しております。確定拠出制度は、雇用
               主が一定額の掛金を他の独立した事業体に拠出し、その拠出額以上の支払について法的又は推定的
               債務を負わない退職後給付制度であります。確定拠出型の退職後給付に係る費用は、従業員が拠出
               額に対する権利を得る勤務を提供した時点で費用として認識しております。
             (ⅲ)複数事業主制度

                当社グループは確定給付制度に分類される複数事業主による年金制度に加入しております。これ
               らについては、確定給付の会計処理を行うために十分な情報を入手できないため、当該年金基金へ
               の要拠出額を退職給付費用として処理しております。
            ② その他の長期従業員給付

              退職後給付以外のその他の長期従業員給付(有給休暇に対する給付を含む)に対する債務は、従業員
             が過年度及び当年度において提供したサービスの対価として獲得した将来給付額を現在価値に割り引く
             ことによって算定しております。
            ③ 短期従業員給付

              短期従業員給付については、割引計算は行わず、関連するサービスが提供された時点で費用として計
             上しております。
              賞与については、それらを支払う法的もしくは推定的な債務を負っており、信頼性のある見積りが可
             能な場合に、それらの制度に基づいて支払われると見積られる額を負債として認識しております。
          (11)株式報酬

                                  86/154

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
             当社は、一部の役職員に対するインセンティブ制度として、持分決済型及び現金決済型の株式報酬制度
            を採用しております。
            ① 持分決済型
             持分決済型の株式報酬(以下、ストック・オプション)は                           、付与日における公正価値によって見積り、
            最終的に権利確定すると予想されるストック・オプションの数を考慮した上で、権利確定期間にわたって
            費用として認識し、同額を資本剰余金の増加として認識しております。付与されたオプションの公正価値
            は、オプションの諸条件を考慮し、二項モデル等を用いて算定しております。また、その後の情報により
            確定すると見込まれるストック・オプションの数が従前の見積りと異なることが示された場合には、必要
            に応じて権利確定数の見積りを修正しております。
            ② 現金決済型
             現金決済型の株式報酬(以下、SAR)は、受領した役務及び発生した負債を公正価値によって見積り、
            最終的に権利確定すると予想されるSARの数を考慮した上で、権利確定期間にわたって費用として認識
            し、同額を負債として認識しております。付与されたSARの公正価値は、SARの諸条件を考慮し、二項モデ
            ル等を用いて算定しております。また、当該負債は各連結会計年度末日及び決済日において公正価値で再
            測定し、公正価値変動額は純損益として認識しております。
          (12)引当金

             引当金は、過去の事象の結果として、当社グループが、現在の法的又は推定的債務を負っており、当該
            債務を決済するために経済的資源の流出が生じる可能性が高く、当該債務の金額について信頼性のある見
            積りができる場合に認識しております。引当金は、見積将来キャッシュ・フローを貨幣の時間的価値及び
            当該負債に特有のリスクを反映した税引前の利率を用いて現在価値に割り引いております。時の経過に伴
            う割引額の割戻しは支払利息として認識しております。
             資産除去債務の将来キャッシュ・フローについては、賃借店舗・事務所等に係る原状回復義務に備え、
            過去の原状回復実績を考慮して決定した使用見込期間等を基礎として、各物件の状況を個別に勘案して見
            積り、計上しております。
          (13)収益

             収益は、物品の販売及びサービスの提供から受領する対価の公正価値から、値引、割戻及び売上関連の
            税金を控除した金額で測定しております。収益区分ごとの認識基準は以下のとおりであります。
            ① サービスの提供
              サービスの提供からの収益は、収益の額を信頼性を持って測定でき、その取引に関する経済的便益が
             企業に流入する可能性が高く、その取引の進捗度を報告期間の末日において信頼性をもって測定でき、
             その取引について発生した原価及び取引の完了に要する原価を、信頼性をもって測定可能な場合に認識
             しております。
              当社グループにおける主なサービスの提供に関する収益認識の方針は以下のとおりであります。
              ・料理の提供:レストラン店舗において、顧客からの注文に基づき料理を提供しており、顧客への料
                     理の提供後、顧客の退店時点で収益を認識しております。
              ・デリバリー:顧客からの注文に基づきレストランから料理を配達し、顧客に商品を引渡した時点で
                     収益を認識しております。
            ② 物品の販売

              物品の販売からの収益は、物品の所有に伴う重要なリスク及び経済価値を買手に移転し、物品に対す
             る継続的な関与及び実質的支配を保持せず、将来の経済的便益が当社グループに流入する可能性が高
             く、当該便益及びそれに対応する原価を信頼性を持って測定可能である場合に認識しております。
              当社グループにおける主な物品の販売に関する収益認識の方針は以下のとおりです。
              ・加工食品の販売:菓子・惣菜等の販売店舗において、加工食品を販売しており、顧客に商品を引渡
                       した時点で収益を認識しております。
            ③ 利息収益

              利息収益は、実効金利法により認識しております。
            ④ 配当金

              配当収益は、配当を受け取る権利が確定した時点で認識しております。
                                  87/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          (14)法人所得税

             法人所得税は、当期税金及び繰延税金から構成されております。これらは、企業結合に関連するもの、
            及び直接資本又はその他の包括利益で認識される項目を除き、純損益として認識しております。
             当期税金は、税務当局に対する納付又は税務当局から還付が予想される金額で測定されます。税額の算
            定にあたっては、当社グループが事業活動を行い、課税対象となる損益を稼得する国において、連結会計
            年度末日までに制定又は実質的に制定されている税法及び税率に従っております。
             繰延税金は、決算日における資産及び負債の会計上の帳簿価額と税務上の金額との一時差異、繰越欠損
            金及び繰越税額控除に対して認識しております。
             なお、以下の一時差異に対しては、繰延税金資産及び負債を計上しておりません。
             ・のれんの当初認識から生じる一時差異
             ・企業結合取引を除く、会計上の利益にも税務上の課税所得にも影響を与えない取引によって発生する
              資産及び負債の当初認識により生じる一時差異
             ・子会社に対する投資に係る将来加算一時差異のうち、解消時期をコントロールでき、かつ予測可能な
              期間内に一時差異が解消しない可能性が高い場合
             繰延税金負債は原則として全ての将来加算一時差異について認識され、繰延税金資産は将来減算一時差
            異を使用できるだけの課税所得が稼得される可能性が高い範囲内で、全ての将来減算一時差異について認
            識されます。
             繰延税金資産の帳簿価額は毎期見直され、繰延税金資産の全額又は一部が使用できるだけの十分な課税
            所得が稼得されない可能性が高い部分については、帳簿価額を減額しております。未認識の繰延税金資産
            は毎期再評価され、将来の課税所得により繰延税金資産が回収される可能性が高くなった範囲内で認識さ
            れます。
             繰延税金資産及び負債は、連結会計年度末日において制定されている、又は実質的に制定されている税
            法及び税率に基づいて資産が実現する期間又は負債が決済される期間に適用されると予想される税法及び
            税率によって測定されます。
             繰延税金資産及び負債は、当期税金負債と当期税金資産を相殺する法律上強制力のある権利を有し、か
            つ同一の税務当局によって同一の納税主体に課されている場合、相殺しております。
          (15)1株当たり当期利益

             基本的1株当たり当期利益は、親会社の普通株主に帰属する当期純損益を、当該連結会計年度の発行済
            普通株式の加重平均株式数で除して計算しております。
             希薄化後1株当たり当期利益は、希薄化効果を有する全ての潜在株式の影響を調整して計算しておりま
            す。当社グループの潜在的普通株式はストック・オプション制度に係るものであります。
          (16)売却目的で保有する非流動資産

             継続的な使用ではなく、売却により回収が見込まれる資産、資産・負債グループのうち、1年以内に売
            却する可能性が非常に高く、かつ現在の状態で即時に売却可能で、当社グループの経営者が売却を確約し
            ている場合には、売却目的で保有する非流動資産・負債及び処分グループとして分類しております。売却
            目的で保有する非流動資産は減価償却又は償却は行わず、帳簿価額と売却費用控除後の公正価値のうち、
            いずれか低い方の金額で測定しております。
                                  88/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          (会計方針の変更)
          新会計基準の適用
           当社グループは当連結会計年度より、以下の基準を適用しております。
       基準書           基準名                 新設・改訂内容及び経過措置の概要
     IAS第7号        キャッシュ・フロー計算書              ・財務活動に係る負債に関する開示に関連する改訂

     IAS第12号        法人所得税              ・未実現損失に関する繰延税金資産の認識方法の取扱いを明確化

           上記   IAS第7号の適用により注記「33.財務活動から生じた負債の変動」を開示しております                                         。なお、上記
          IAS  第12号の適用による         当連結会計年度の連結財務諸表への重要な影響はありません。
                                  89/154

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          4.重要な会計上の判断及び見積り
            連結財務諸表の作成にあたり、経営者は判断及び見積りを利用しております。経営者による判断並びに将
           来に関する仮定及び見積りの不確実性は、連結財務諸表の報告日の資産、負債の金額及び偶発資産、偶発負
           債の開示、並びに収益及び費用として報告した金額に影響を与えております。
            連結財務諸表上で認識する金額に重要な影響を与える会計方針の適用に際して行う判断に関する情報は、
           以下の注記に含まれております。
           ・有形固定資産の減損に係る資金生成単位の決定(注記「13.有形固定資産 (3)減損損失」参照)
           ・のれんの資金生成単位グループへの配分(注記「14.のれん及びその他の無形資産 (2)資金生成単位グ
            ループへののれんの配分額」参照)
            会計上の見積り及びその基礎となる仮定は、過去の経験及び利用可能な情報を適切に収集して設定してお
           りますが、実績値と異なる可能性があります。なお、見積り及び仮定は経営者により継続して見直されてお
           ります。これらの将来の見積り及び仮定の見直しによる影響は、その見積り及び仮定を見直した期間及びそ
           れ以降の期間において認識しております。
            翌連結会計年度において重要な修正をもたらすリスクのある、将来に関する仮定及び見積りの不確実性に
           関する情報は、以下のとおりであります。
           ① 有形固定資産の耐用年数及び残存価額の見積り
             有形固定資産の耐用年数は、予想される使用量、物理的自然減耗、技術的又は経済的陳腐化等を総合的
            に勘案して見積っております。また、残存価額は資産処分によって受領すると現時点で見込まれる、売却
            費用控除後の価額を見積っております。これらは、将来の不確実な経済条件の変動等の結果により、減価
            償却額に重要な修正を生じさせるリスクがあります。
             有形固定資産の内容及び金額については注記「13.有形固定資産」に記載しております。
           ② 有形固定資産、のれん及びその他の無形資産の減損

             有形固定資産、のれん及びその他の無形資産に係る減損テストは、回収可能価額の算定について、資金
            生成単位の売却費用控除後の公正価値算定上の仮定、又は使用価値算定のための資金生成単位の将来
            キャッシュ・フローの見積りや、割引率等の仮定など、多くの仮定、見積りのもとに実施されており、将
            来の不確実な経済条件の変動等の結果によって、減損損失額に重要な修正を生じさせるリスクがありま
            す。
             有形固定資産、のれん及びその他の無形資産の減損に関連する内容及び金額については注記「13.有形
            固定資産」及び注記「14.のれん及びその他の無形資産」に記載しております。
           ③ 繰延税金資産の回収可能性

             法人所得税の算定に際しては、税法規定の解釈や過去の税務調査の経緯等、様々な要因について見積り
            及び判断が必要となります。そのため、法人所得税の計上額と、実際負担額が異なる可能性があります。
             また、繰延税金資産は、将来減算一時差異を利用できる課税所得が生じる可能性が高い範囲内で認識し
            ておりますが、課税所得が生じる時期及び金額は、将来の不確実な経済条件の変動によって影響を受ける
            可能性があり、実際に生じた時期及び金額が見積りと異なった場合、翌連結会計年度以降において認識す
            る金額に重要な変動を与えるリスクがあります。
             法人所得税に関連する内容及び金額については注記「15.法人所得税」に記載しております。
           ④ 引当金の測定

             当社グループは、資産除去債務を計上しており、決算日におけるリスク及び不確実性を考慮に入れた、
            債務の決済に要する支出の最善の見積額を、負債に固有のリスクを反映させた税引前割引率で割引いた現
            在価値で計上しております。
             債務の決済に要する支出額は、将来の起こりうる結果を総合的に勘案して算定しておりますが、予想し
            えない事象の発生や状況の変化によって影響を受ける可能性があり、実際の支払額が見積りと異なった場
            合、あるいは、経済状況の変動等により支出見積額を割引く割引率に重要な変動があった場合、翌連結会
            計年度以降において認識する金額に重要な変動を与えるリスクがあります。
             資産除去債務に関連する内容及び金額については注記「20.引当金」に記載しております。
                                  90/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          5.未適用の新基準
            連結財務諸表の承認日までに主に以下の基準書及び解釈指針の新設又は改訂が公表されており、                                              また、
           IFRS第3号「企業結合」、IFRS第11号「共同支配の取決め」、IAS第12号「法人所得税」、IAS第23号「借入
           コスト」について年次改善が公表されていますが、当社グループはこれらを早期適用しておりません。
            当社グループは、2018年12月期にIFRS第9号(2014)「金融商品」を過去の期間のすべてに新たな会計方
           針として遡及適用することを予定しております。当該基準の適用により金融負債の条件変更による利得又は
           損失が純損益に認識されることに伴い、2017年12月期の連結財政状態計算書は、借入債務2,776百万円、繰
           延税金資産862百万円がそれぞれ減少し、利益剰余金1,914百万円が増加するとともに、2017年12月期の連結
           純損益計算書は、税引前利益は1,997百万円、当期利益は1,378百万円が減少する見込みです。また、2017年
           12月期の期首の純資産の帳簿価額に反映された会計方針の変更の累積的影響額により、連結持分変動計算書
           の利益剰余金の遡及適用後の期首残高は3,292百万円増加する見込みです。
            なお、上記以外のIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」等の2018年12月期に適用される基準による
           当社グループの連結財務諸表に対する影響は軽微であり、2018年12月期に適用される新基準以外の未適用の
           新基準適用による当社グループの連結財務諸表に対する影響は現在検討中であります。
                        強制適用時期
                                当社グループ適用
       基準書         基準名                               新設・改訂の概要
                       (以降開始年度)
                                年度
                                         ・株式に基づく報酬取引の分類及び測定
     IFRS第2号       株式に基づく報酬           2018年1月1日          2018年12月期
                                          に関する改訂
                       2018年1月1日          2018年12月期        ・金融商品の減損
     IFRS第9号
             金融商品
                                         ・負の補償を伴う期限前償還要素を含む
     (2014)
                       2019年1月1日          2019年12月期
                                          金融資産の会計処理
             顧客との契約から生
     IFRS第15号                  2018年1月1日          2018年12月期        ・収益認識基準の改訂
             じる収益
     IFRS第16号       リース           2019年1月1日          2019年12月期        ・リース会計基準の改訂
                                         ・事業年度の途中での制度改訂、縮小又
     IAS第19号       従業員給付           2019年1月1日          2019年12月期         は清算が生じた場合の会計処理を明確
                                          化
             関連会社及び共同支                             ・関連会社及び共同支配企業に対する長
     IAS第28号                  2019年1月1日          2019年12月期
             配企業に対する投資                              期持分に関する会計処理を明確化
                                         ・投資不動産への振替又は投資不動産か
     IAS第40号       投資不動産           2018年1月1日          2018年12月期
                                          らの振替に関する取扱いを明確化
                                         ・外貨建の資産、費用又は収益の当初認
             外貨建取引と前払・
     IFRIC第22号                  2018年1月1日          2018年12月期         識時の換算レートに関する取扱いを明
             前受対価
                                          確化
             法人所得税の処理に                             ・法人所得税の処理に不確実性がある場
     IFRIC第23号                  2019年1月1日          2019年12月期
             関する不確実性                              合の認識及び測定方法
                                  91/154








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          6.セグメント情報
            報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、
           経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、                        その経営成績を       定期的に検討を行う対象となっている事
           業セグメントを基礎に決定しております。事業セグメントは、他の事業セグメントとの取引を含む、収益を
           稼得し費用を発生させる事業活動の構成単位であります。
            当社グループは、ガスト、ジョナサン、バーミヤン、夢庵、ステーキガスト等の事業セグメントを有して
           おり、「レストラン事業」として集約して報告しております。レストラン事業における各事業セグメント
           は、売上総利益率がおおむね類似した水準にあり、類似した経済的特徴を共有しており、かつ、主にレスト
           ランにおけるテーブルサービスを提供する一般消費者向けビジネスとして、食材の調達、加工、調理及び店
           舗への配送方法も基本的に共通している点で類似しております。
           (1)セグメントの収益及び業績
             報告セグメントは「レストラン事業」のみとなるため、記載を省略しております。
           (2)地域別に関する情報

             当社グループは、外部顧客からの国内売上収益が、連結純損益計算書の売上収益の大部分を占めるた
            め、地域別の売上収益の記載を省略しております。
             また、国内所在地に帰属する非流動資産の帳簿価額が、連結財政状態計算書の非流動資産の大部分を占
            めるため、地域別の非流動資産の記載を省略しております。
           (3)主要な顧客に関する情報

             当社グループは、一般消費者向けの事業を営んでおり、当社グループの売上収益の10%以上を占める単
            一の外部顧客(グループ)は存在しないため、記載を省略しております。
          7.非支配持分の取得

            前連結会計年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
             2016年5月及び11月に、当社グループは非支配株主が保有する雲雀國際股份有限公司の持分4.8%を追
            加取得し、この結果、当社グループの同社に対する所有持分は95.2%から100%に増加しました。追加取
            得に際して、665百万円の現金が非支配株主等に支払われ、追加取得に伴い非支配持分が74百万円減少
            し、在外営業活動体の換算差額が10百万円増加しております。また、追加取得持分等の支払額と非支配持
            分の減少額及び在外営業活動体の換算差額の増加額との差額である601百万円は、資本剰余金から控除し
            ております。
            当連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

             該当事項はありません。
          8.現金及び現金同等物

            現金及び現金同等物の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                              (2016年12月31日)                  (2017年12月31日)
                                       16,222                  15,094
     現金及び預金
              合計                         16,222                  15,094
                                  92/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          9.営業債権及びその他の債権
            営業債権及びその他の債権の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                              (2016年12月31日)                  (2017年12月31日)
                                        6,506                  7,348
     売掛金
                                        1,381                  1,349
     未収入金
                                         △2                  △6
     貸倒引当金
            合計(注1)                            7,885                  8,691
      (注1)連結財政状態計算書では、貸倒引当金控除後の金額で表示しております。
      (注2)売掛金の平均信用期間は、15~45日であります。
      (注3)信用リスク管理については、注記「35.金融商品」をご参照下さい。
      (注4)上記の金融資産としての分類は、いずれも償却原価で測定される金融資産であります。
          10.その他の金融資産

           (1)  その他の金融資産の内訳は以下のとおりであります。
           ① 流動資産
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                              (2016年12月31日)                  (2017年12月31日)
     償却原価で測定される金融資産

                                         -                 286
      定期預金
                                          1                  5
      貸付金
                                         72                  49
      その他
                                         73                 340

              合計
           ② 非流動資産

                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                              (2016年12月31日)                  (2017年12月31日)
     償却原価で測定される金融資産

                                         -                  0
      貸付金
      敷金・保証金(注1)                                 23,113                  23,723
                                         50                  44

      その他
      貸倒引当金                                  △45                  △42
                                       23,118                  23,725

     償却原価で測定される金融資産合計
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定
     される金融資産
                                         500                  593
      有価証券
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                         500                  593
     される金融資産合計
            合計(注2)                           23,618                  24,318
      (注1)敷金・保証金の公正価値については、注記「35.金融商品」をご参照ください。
      (注2)連結財政状態計算書では、貸倒引当金控除後の金額で表示しております。
                                  93/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
           (2)  その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産の主な銘柄及び公正価値等は以下のとおりで
           あります。
           なお、当社グループは非上場株式を                 政策投資目的で保有しているため、その他の包括利益を通じて公正価値
           で測定される金融資産に指定しております。
                                                    (単位:百万円)

                               前連結会計年度                  当連結会計年度

              銘柄
                              (2016年12月31日)                  (2017年12月31日)
     株式会社ハーフ・センチュリー・モア                                 249                  375

                                       87                  81
     株式会社ジェフグルメカード
                                       57                  60
     株式会社エム・アイ・ピー
                                       50                  12
     株式会社紀文食品
                                       33                  34
     株式会社横浜国際平和会議場
                                       13                  19
     みらい證券株式会社
          11.たな卸資産

            たな卸資産の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                              (2016年12月31日)                  (2017年12月31日)
                                         356                  352

     商品及び製品
                                         662                  812
     仕掛品
                                        5,439                  3,507
     原材料
                                          8                  6
     貯蔵品
                                        6,465                  4,677

              合計
            費用として売上原価に計上したたな卸資産の金額は、前連結会計年度106,458百万円、当連結会計年度

           108,293百万円であり、評価減を実施したたな卸資産はありません。
            なお、負債の担保として差し入れているたな卸資産はありません。
          12.その他の資産

            その他の資産の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                              (2016年12月31日)                  (2017年12月31日)
     その他の流動資産

      前払費用(注)                                 3,961                  4,002
                                        4,391                   156
      その他
                                        8,352                  4,158

          その他の流動資産合計
     その他の非流動資産

                                         921                  989
      長期前払費用
                                         -                 397
      その他
                                         921                 1,386
         その他の非流動資産合計
      (注)前払費用は主に店舗賃料の前払いであります。
                                  94/154


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          13.有形固定資産
           (1)増減表
             有形固定資産の帳簿価額の増減は以下のとおりであります。
              取得原価
                                                    (単位:百万円)
                              建物及び構      機械装置及      工具器具及

                         土地                       建設仮勘定        合計
                              築物      び運搬具      び備品
                          13,037      94,009      19,046      20,503        128    146,723
     2016年1月1日
                            -     9,893      3,126      3,290        70    16,379
     取得
                            -    △1,733       △925      △973        -    △3,631
     売却又は処分
     科目振替(注1)                       -      83      23      22     △128        -
                            -     △10       △3       -       0     △13
     在外営業活動体の換算差額
                            -      △1      230       13       1     243
     その他
                          13,037      102,241       21,497      22,855        71    159,701
     2016年12月31日
                            -    11,960       3,530      3,423       859     19,772
     取得
                            -    △1,734       △712      △954        -    △3,400
     売却又は処分
     科目振替(注1)                       -      48      11      12     △71       -
                            -      130       59      -      -      189
     在外営業活動体の換算差額
                            -      55      19     △50       -      24
     その他
                          13,037      112,700       24,404      25,286        859    176,286
     2017年12月31日
              減価償却累計額及び減損損失累計額

                                                    (単位:百万円)
                              建物及び構      機械装置及      工具器具及

                         土地                       建設仮勘定        合計
                              築物      び運搬具      び備品
                           △38    △30,100       △9,250      △11,885         -   △51,273
     2016年1月1日
     減価償却費(注2)                       -    △6,576      △2,611      △3,908         -   △13,095
     減損損失(注3)                       -     △716      △113      △111        -     △940
     減損損失の戻入れ(注4)                       -      21       6      5      -      32
                            -      776      799      939       -     2,514
     売却又は処分
                            -       8      3      -      -      11
     在外営業活動体の換算差額
                           △41      △16      △188       △13       -     △258
     その他
                           △79    △36,603      △11,354      △14,973         -   △63,009
     2016年12月31日
     減価償却費(注2)                       -    △6,604      △2,871      △3,288         -   △12,763
     減損損失(注3)                       -     △557       △56      △103        -     △716
     減損損失の戻入れ(注4)                       -      12       1      2      -      15
                            -      993      674      935       -     2,602
     売却又は処分
                            -     △90      △44       -      -     △134
     在外営業活動体の換算差額
                            -      △5       2     △1       -      △4
     その他
                           △79    △42,854      △13,648      △17,428         -   △74,009
     2017年12月31日
                                  95/154



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
              帳簿価額
                                                    (単位:百万円)
                              建物及び構      機械装置及      工具器具及

                         土地                       建設仮勘定        合計
                              築物      び運搬具      び備品
                          12,999      63,909       9,796      8,618       128     95,450
     2016年1月1日
                          12,958      65,638      10,143       7,882        71    96,692
     2016年12月31日
                          12,958      69,846      10,756       7,858       859    102,277
     2017年12月31日
      (注1)建設仮勘定の完成時の振替であります。
      (注2)有形固定資産の減価償却費は、連結純損益計算書の売上原価、販売費及び一般管理費及びその他の営業費用に
          含まれております。
      (注3)有形固定資産の減損損失は、連結純損益計算書のその他の営業費用に含まれております(注記「28.その他の
          営業費用」参照)。
      (注4)有形固定資産の減損損失の戻入れは、連結純損益計算書のその他の営業収益に含まれております(注記「25.
          その他の営業収益」参照)。
           (2)リース資産

             有形固定資産に含まれるファイナンス・リースによるリース資産の帳簿価額は次のとおりであります。
                                        (単位:百万円)
                        建物及び構      機械装置及      工具器具及

                                            合計
                        築物      び運搬具      び備品
                          4,386      1,970      2,440      8,796
     2016年1月1日
                          3,410      1,952      1,056      6,418
     2016年12月31日
                          3,310      1,935       614     5,859
     2017年12月31日
           (3)減損損失

             有形固定資産は、概ね独立したキャッシュ・インフローを生成させる最小単位として主として店舗を単
            位として資産のグルーピングを行っており、以下の資産について減損損失を計上しております。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

        用途          種類
                              (2016年12月31日)                  (2017年12月31日)
                                         716                  557
              建物及び構築物
                                         113                  56
     店舗        機械装置及び運搬具
                                         111                  103
              工具器具及び備品
                                         940                  716
              合計
      (注)減損損失を認識した店舗はそれぞれ、前連結会計年度69店舗、当連結会計年度69店舗であります。
             店舗の営業損益が継続してマイナス、又は、資産の市場価値が帳簿価額より著しく下落している資産グ

            ループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を連結純損益計算書のその他の営業費用に計上
            しております(注記「28.その他の営業費用」参照)。
             なお、当該資産グループの回収可能価額は主として使用価値により測定しており、使用価値は将来
            キャッシュ・フロー見積額を、税引前割引率(前連結会計年度5.73%、当連結会計年度6.30%)でそれぞ
            れ現在価値に割り引いて算定しております。
                                  96/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
           (4)回収可能価額
             減損損失を認識した主な資産グループの回収可能価額は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

              用途
                              (2016年12月31日)                  (2017年12月31日)
                                         197                  494

     店舗
                                         197                  494
              合計
           (5)減損損失の戻入れ

             以下の資産について減損損失の戻入れを計上しております。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
        用途          種類
                              (2016年12月31日)                  (2017年12月31日)
                                         21                  12

              建物及び構築物
                                          6                  1
     店舗        機械装置及び運搬具
                                          5                  2
              工具器具及び備品
                                         32                  15
              合計
             過去に減損損失を認識した資産グループの一部に使用価値の回復による回収可能価額の増加が見込まれ

            たため、前連結会計年度において32百万円、当連結会計年度において15百万円の減損損失の戻入れを認識
            しております。
             なお、当該資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しており、使用価値は将来キャッシュ・
            フローの見積額を税引前割引率(前連結会計年度5.73%、当連結会計年度6.30%)で現在価値に割り引い
            て算定しております。
          14.のれん及びその他の無形資産

           (1)増減表
             のれん及びその他の無形資産の帳簿価額の増減は以下のとおりであります。
              取得原価
                                                    (単位:百万円)
                                       その他の無形資産(注1)

                       のれん
                                ソフトウェア            その他           合計
                         146,205           5,302           586         5,888
     2016年1月1日
                            -         1,024            21         1,045

     取得
     売却又は処分(注4)                      △34          △10           △1          △11
                            -          10         △16           △6
     その他
                         146,171           6,326           590         6,916
     2016年12月31日
                            -         1,623            20         1,643

     取得
     売却又は処分(注4)                      △31           △1           0         △1
                            -          71           2          73
     その他
                         146,140           8,019           612         8,631
     2017年12月31日
                                  97/154




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
              償却累計額及び減損損失累計額
                                                    (単位:百万円)
                                       その他の無形資産(注1)

                       のれん
                                ソフトウェア            その他           合計
                            -        △3,205           △313         △3,518
     2016年1月1日
     償却費(注2)                       -         △880           △9         △889

     減損損失(注3)                       -          -          △6          △6
     売却又は処分(注4)                       -          10          -          10

                            -         △10           -         △10
     その他
                            -        △4,085           △328         △4,413

     2016年12月31日
     償却費(注2)                       -         △690           △11          △701

     減損損失(注3)                       -          -          △1          △1
     売却又は処分(注4)                       -           1          -           1

                            -         △54           △2          △56
     その他
                            -        △4,828           △342         △5,170

     2017年12月31日
              帳簿価額

                                                    (単位:百万円)
                                       その他の無形資産(注1)

                       のれん
                                ソフトウェア            その他           合計
                         146,205           2,097           273         2,370
     2016年1月1日
                         146,171           2,241           262         2,503
     2016年12月31日
                         146,140           3,191           270         3,461
     2017年12月31日
      (注1)耐用年数を確定できない無形資産はその他に含まれております。
      (注2)その他の無形資産の償却費は、連結純損益計算書の売上原価及び販売費及び一般管理費に含まれております。
      (注3)その他の無形資産の減損損失は、連結純損益計算書のその他の営業費用に含まれております(注記「28.その
          他の営業費用」参照)。
      (注4)当社グループでは、のれんが配分された資金生成単位グループ内の事業が処分される場合、当該処分される事
          業に関連するのれんを当該事業の帳簿価額に含めて利得及び損失を計算しております。利得及び損失の計算
          は、処分される事業と存続する資金生成単位との価値の比率に基づき行っております。
           なお、処分される事業に関連するのれんは、前連結会計年度34百万円、当連結会計年度31百万円となりま
          す。
                                  98/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
           (2)資金生成単位グループへののれんの配分額
             企業結合で生じたのれんは、以下のとおり、取得日に企業結合から利益がもたらされる主要な資金生成
            単位グループ(主要なブランド)に配分しております。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                              (2016年12月31日)                  (2017年12月31日)
                                       76,167                  76,111

     ガスト
                                       18,120                  18,065
     ジョナサン
                                       15,638                  15,627
     バーミヤン
                                       13,185                  13,185
     夢庵
                                       23,061                  23,152
     その他
                                       146,171                  146,140
              合計
      (注1)当連結会計年度における資金生成単位グループ(主要なブランド)ごとの帳簿価額の増減は、主として、店舗
          のブランド転換に伴い、のれんを資金生成単位グループ(主要なブランド)間で再配分したことによるもので
          あります。
      (注2)「その他」は、しゃぶ葉等であります。
           (3)のれんの減損テスト

             当社グループは、のれんについて、毎期又は減損の兆候がある場合にはその都度、減損テストを実施し
            ております。
             減損テストの回収可能価額は、使用価値に基づき算定しております。
             当社は、経営者が承認した翌連結会計年度の事業計画を基礎としたキャッシュ・フローの見積額を、現
            在価値に割り引いて算定しております。事業計画は、業界の将来の趨勢に関する経営者の評価と過去の
            データを反映し作成したものであり、外部情報及び内部情報に基づき作成しております。キャッシュ・フ
            ローの見積りに使用する事業計画の期間は原則5年を限度としております。また、税引前割引率は、同業
            他社の加重平均資本コストを基礎に算定しており、のれんを配分している各資金生成単位グループ(主要
            なブランド)において同一のものを使用しております(前連結会計年度税引前割引率:6.97%、当連結会
            計年度税引前割引率:7.58%)。
             当社グループの経営者は、レストランにおける収益から生じる予想キャッシュ・インフロー及び現在の
            状態での資産から生じると見込まれる経済的便益の水準を維持するために必要な投資額の予想キャッ
            シュ・アウトフロー並びに税引前割引率の計算の基礎である同業他社の加重平均資本コストは、のれんを
            配分している資金生成単位グループ(主要なブランド)の回収可能価額の算定の基礎となる重要な仮定と
            考えております。
             前連結会計年度及び当連結会計年度においては、全ての資金生成単位グループ(主要なブランド)のの
            れんについて、上記の減損判定に用いた主要な仮定が合理的に考えうる範囲で変化したとしても、重要な
            減損損失が発生する可能性は低いと判断しております。
                                  99/154







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社すかいらーく(E03515)
                                                            有価証券報告書
          15.法人所得税
           (1)繰延税金資産及び繰延税金負債
             繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳及び増減は以下のとおりであります。
              前連結会計年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                       2016年                  その他の包括利益に             2016年

                              純損益を通じて認識
                      1月1日                    おいて認識           12月31日
     繰延税金資産

                          5,648          △498            -         5,150
      固定資産
                            61         △54           -           7
      繰越欠損金
                          3,186           △52           -         3,134
      引当金
                          1,176            97          -         1,273
      未払有給休暇
                          2,533          △310           △78          2,145
      その他
                          12,604           △817           △78         11,709

           合計
     繰延税金負債

                         △1,314           △186            -        △1,500
      固定資産
                         △1,141            404           -         △737
      金融負債
                          △141           101          △17          △57
      その他
     &nbs