株式会社アールエイジ 四半期報告書 第32期第1四半期(平成29年11月1日-平成30年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第32期第1四半期(平成29年11月1日-平成30年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社アールエイジ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年3月14日
      【四半期会計期間】                    第32期第1四半期(自 平成29年11月1日 至 平成30年1月31日)
      【会社名】                    株式会社アールエイジ
      【英訳名】                    EARLY   AGE  CO.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役  向井山 達也
      【本店の所在の場所】                    東京都港区赤坂二丁目11番7号               ATT新館5F
      【電話番号】                    (03)5575-5590
      【事務連絡者氏名】                    管理本部 経理部 ユニットリーダー 渡部 弘三
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区赤坂二丁目11番7号               ATT新館5F
      【電話番号】                    (03)5575-5590
      【事務連絡者氏名】                    管理本部 経理部 ユニットリーダー 渡部 弘三
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第31期           第32期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第31期
                              累計期間           累計期間
                              自平成28年           自平成29年           自平成28年

                               11月1日            11月1日            11月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年           至平成29年
                               1月31日            1月31日            10月31日
                      (千円)            735,505          1,590,289           3,940,127

     売上高
                      (千円)            73,277           289,256           474,595
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            48,271           189,855           311,801
     期)純利益
                      (千円)            48,549           189,052           312,697
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           2,592,852           2,965,937           2,821,417
     純資産額
                      (千円)           8,700,487           9,568,420           9,534,326
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            15.18           59.69           98.02
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            15.17             -          98.00
     (当期)純利益金額
                      (%)             29.8           31.0           29.6
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.第32期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株
           式が存在していないため記載しておりません。
      2【事業の内容】

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
        要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/16









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

         当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  3/16


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
       (1)経営成績の分析

         当第1四半期連結累計期間            における我が国経済は、           企業業績や雇用環境の改善が続き、緩やかな回復基調にあり
        ます。
         当社グループの事業領域である不動産業界におきましては、金融緩和政策による良好な資金調達環境背景に今後
        も底堅く推移していくことが期待されます。
         このような状況の下、当社グループは、不動産管理運営事業で安定収益を確保する一方、都心部の利便性の高い
        立地にフォーカスした          賃貸物件の企画開発に注力してまいりました。
         この結果、当第1四半期連結累計期間の業績として、売上高は1,590,289千円(前年同期:735,505千円、前年同
        期比:116.2%増)、営業利益は302,610千円(前年同期:85,188千円、前年同期比:255.2%増)、経常利益は
        289,256千円(前年同期:73,277千円、前年同期比:294,7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は189,855
        千円(前年同期:48,271千円、前年同期比:293.3%増)となりました。
         セグメント別の業績は次のとおりであります。

        <不動産管理運営事業>

         当セグメントにおきましては、賃貸住宅のサブリース運営業務および賃貸管理業務を、顧客サービスの質の向上
        を主眼としてグループ一丸となり取り組んでまいりました。この結果、不動産管理運営事業の売上高は678,122
        千円(前年同期:709,572千円、前年同期比:4.4%減)、セグメント利益は127,327千円(前年同期:138,169千
        円、前年同期比:7.8%減)となりました。
        <不動産開発販売事業>

         当セグメントにおきましては、賃貸事業用マンション                         1棟(127室)を販売致しました。                この結果、不動産開発
        販売事業の売上高は905,449千円(前年同期:売上計上なし)                            、セグメント利益は213,860千円(前年同期:セグメ
        ント損失14,005千円)となりました。
        <不動産仲介コンサル事業>

         当セグメントにおきましては、効果的かつ効率的な運営を目指し取り組んでまいりました。この結果、不動産仲
        介コンサル事業の売上高は            20,606千円(前年同期:25,933千円、前年同期比:20.5%減)、セグメント利益は109
        千円(前年同期:889千円、前年同期比:87.7%減)となりました。
       (2)  財政状態の分析

        (資産の状況)
         当第1四半期連結会計期間末における総資産は9,568,420千円となり、前連結会計年度末に比べ34,094千円増加
        しました。これは主として、建設仮勘定の増加28,744千円であります。
        (負債の状況)
         当第1四半期連結会計期間末における負債合計は6,602,483千円となり、前連結会計年度末に比べ110,425千円減
        少しました。これは主として、借入金の減少132,082千円であります。
        (純資産の状況)
         当第1四半期連結会計期間末における純資産は2,965,937千円となり、前連結会計年度末に比べ144,519千円増加
        しました。これは主として、利益剰余金の増加145,322千円であります。これらの結果、自己資本比率は31.0%と
        なりました。
       (3)  経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)  研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  4/16




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          10,000,000

                  計                                10,000,000

        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間末現在                           上場金融商品取引所名又は
                          提出日現在発行数(株)
       種類     発行数(株)                           登録認可金融商品取引業協                内容
                           (平成30年3月14日)
              (平成30年1月31日)                          会名
                                                      単元株式数
                                          東京証券取引所
     普通株式             3,181,000             3,181,000
                                                       100株
                                          (市場第二部)
        計           3,181,000             3,181,000             -           -
     (注)平成30年3月1日をもって、当社株式は東京証券取引所マザーズから同取引所市場第二部へ市場変更しておりま
        す。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     平成29年11月1日~
                       -    3,181,000           -     167,208          -     66,058
     平成30年1月31日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成29年10月31日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年10月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                         -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

     議決権制限株式(その他)                         -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                         -            -            -

     完全議決権株式(その他)                      普通株式3,180,300                  31,803      単元株式数100株

                                                 1単元(100株)未満の
     単元未満株式                      普通株式   700                -
                                                      株式
     発行済株式総数                          3,181,000           -            -
     総株主の議決権                         -              31,803          -

       (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式72株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年10月31日現在
                                                      発行済株式
                              自己名義        他人名義       所有株式数
                                                     総数に対する
       所有者の氏名
                              所有株式数        所有株式数         の合計
                   所有者の住所
                                                      所有株式数
        又は名称
                               (株)        (株)        (株)
                                                      の割合(%)
          -                     -                -

                      -                  -                -
                      -          -        -

          計                                     -        -
       (注)当社所有の自己株式72株はすべて単元未満株式であるため、上記には含めておりません。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/16








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成29年11月1日から平
       成30年1月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年11月1日から平成30年1月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、優成監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年10月31日)              (平成30年1月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,164,009              1,649,852
         現金及び預金
                                         55,814              26,992
         営業未収入金
                                       2,823,259              2,294,422
         販売用不動産
                                       1,156,844              1,215,986
         仕掛販売用不動産
                                         68,681              99,312
         その他
                                        △ 5,651             △ 2,049
         貸倒引当金
                                       5,262,958              5,284,518
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             2,041,394              2,028,418
                                       1,899,253              1,899,916
          土地
                                         62,913              91,658
          建設仮勘定
                                         14,854              15,057
          その他(純額)
          有形固定資産合計                             4,018,417              4,035,051
         無形固定資産                                10,339               9,281
                                        242,611              239,569
         投資その他の資産
                                       4,271,368              4,283,902
         固定資産合計
                                       9,534,326              9,568,420
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         65,577              111,652
         営業未払金
                                         44,000              88,000
         短期借入金
                                        517,205              549,858
         1年内返済予定の長期借入金
                                         80,186              99,984
         未払法人税等
                                         9,500              4,296
         賞与引当金
                                        240,249              203,367
         その他
                                        956,718             1,057,159
         流動負債合計
       固定負債
                                       5,343,253              5,134,517
         長期借入金
                                        412,937              410,806
         その他
                                       5,756,190              5,545,324
         固定負債合計
                                       6,712,909              6,602,483
       負債合計
                                  8/16








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年10月31日)              (平成30年1月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        167,208              167,208
         資本金
                                         66,058              66,058
         資本剰余金
                                       2,585,307              2,730,629
         利益剰余金
                                          △ 50             △ 50
         自己株式
                                       2,818,524              2,963,847
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         2,892              2,089
         その他有価証券評価差額金
                                         2,892              2,089
         その他の包括利益累計額合計
                                       2,821,417              2,965,937
       純資産合計
                                       9,534,326              9,568,420
      負債純資産合計
                                  9/16















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年11月1日              (自 平成29年11月1日
                                至 平成29年1月31日)               至 平成30年1月31日)
      売上高                                   735,505             1,590,289
                                        520,695             1,152,077
      売上原価
                                        214,810              438,212
      売上総利益
                                        129,621              135,602
      販売費及び一般管理費
                                         85,188              302,610
      営業利益
      営業外収益
                                            1              1
       受取利息
                                           71              70
       保険配当金
                                           -              381
       貸倒引当金戻入額
                                           90              85
       未払配当金除斥益
                                           88              69
       その他
                                           250              608
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         12,161              12,591
       支払利息
                                           -             1,369
       その他
                                         12,161              13,961
       営業外費用合計
                                         73,277              289,256
      経常利益
                                         73,277              289,256
      税金等調整前四半期純利益
                                         25,006              99,401
      法人税等
                                         48,271              189,855
      四半期純利益
                                         48,271              189,855
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/16












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年11月1日              (自 平成29年11月1日
                                至 平成29年1月31日)               至 平成30年1月31日)
                                         48,271              189,855
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           277             △ 802
       その他有価証券評価差額金
                                           277             △ 802
       その他の包括利益合計
                                         48,549              189,052
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         48,549              189,052
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 11/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        税金費用
         税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。ただし、
        見積実効税率を使用できない場合には、法定実効税率を使用しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に                        係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第1四半期連結累計期間                   当第1四半期連結累計期間
                           (自 平成28年11月1日                   (自 平成29年11月1日
                            至 平成29年1月31日)                     至 平成30年1月31日)
      減価償却費                             31,011千円                             30,425千円
        (株主資本等関係)

         前第1四半期連結累計期間(自 平成28年11月1日 至 平成29年1月31日)
           配当金支払額
            平成29年1月24日開催の定時株主総会において、次の通り決議しております。
             普通株式の配当に関する事項
              ① 配当金の総額        39,761千円
              ② 1株当たり配当額      12円50銭
              ③ 基準日           平成28年10月31日
              ④ 効力発生日         平成29年1月25日
              ⑤ 配当の原資         利益剰余金
         当第1四半期連結累計期間(自 平成29年11月1日 至 平成30年1月31日)

           配当金支払額
            平成30年1月24日開催の定時株主総会において、次の通り決議しております。
             普通株式の配当に関する事項
              ① 配当金の総額        44,532千円
              ② 1株当たり配当額      14円00銭
              ③ 基準日           平成29年10月31日
              ④ 効力発生日         平成30年1月25日
              ⑤ 配当の原資         利益剰余金
                                 12/16









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自平成28年11月                       1 日 至平成29年1月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                  調整額
                                    不動産仲介
                                            合計
                                                       損益計算書
                        不動産管理      不動産開発
                                                 (注)1
                                    コンサル事
                                                        計上額
                        運営事業      販売事業
                                      業
                                                       (注)2
     売上高
                         709,572         -    25,933      735,505         -    735,505
     (1)外部顧客への売上高
     (2)セグメント間の内部売上高又は振
                            -      -      -      -      -      -
       替高
                         709,572         -    25,933      735,505         -    735,505
              計
     セグメント利益
                         138,169      △ 14,005        889    125,053      △ 39,864      85,188
     又はセグメント損失(△)
     (注)1     セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額△39,864千円は、各                                 報告セグメントに配分していない全社費
         用 です。全社費用は主に親会社本社の管理部門に係る費用です。
        2 セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自平成29年11月                       1 日 至平成30年1月31日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                  調整額
                                    不動産仲介
                                            合計
                                                       損益計算書
                        不動産管理      不動産開発
                                                 (注)1
                                    コンサル事
                                                        計上額
                        運営事業      販売事業
                                      業
                                                       (注)2
     売上高
                         664,233      905,449       20,606     1,590,289          -   1,590,289
     (1)外部顧客への売上高
     (2)セグメント間の内部売上高又は振
                          13,888        -      -    13,888     △ 13,888        -
       替高
                         678,122      905,449       20,606     1,604,178       △ 13,888     1,590,289
              計
                         127,327      213,860        109    341,297      △ 38,687      302,610
     セグメント利益
     (注)1     セグメント利益の調整額△38,687千円は、各                      報告セグメントに配分していない全社費用                    です。全社費用は主に
         親会社本社の管理部門に係る費用です。
        2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
                                 13/16





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自 平成28年11月1日              (自 平成29年11月1日
                                  至 平成29年1月31日)              至 平成30年1月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                   15円18銭              59円69銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                  48,271              189,855
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -              -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                         48,271              189,855
       金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                3,180,928              3,180,928
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   15円17銭                 -

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                    -              -

       普通株式増加数(株)                                  1,219                -

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                    ――――――              ――――――
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため
        記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

       該当事項はありません。
                                 14/16









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アールエイジ(E04077)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年3月7日

     株式会社アールエイジ

      取締役会 御中

                              優成監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              宮崎  哲  印
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              陶江  徹  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アール

     エイジの平成29年11月1日から平成30年10月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成29年11月1日から
     平成30年1月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年11月1日から平成30年1月31日まで)に係る四半期連結
     財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半
     期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アールエイジ及び連結子会社の平成30年1月31日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2    XBRLデータは四半期レビューの対象には含                    まれていません。
                                 16/16





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。