ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド 訂正有価証券報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                  有価証券報告書の訂正報告書

     【根拠条文】                  金融商品取引法第24条の2第1項

     【提出先】                  関東財務局長

     【提出日】                  平成30年2月26日

     【事業年度】                  自 2016年10月1日 至 2017年9月30日

     【会社名】

                       ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド
                       (ABN   12  004  044  937)
                       (National      Australia      Bank   Limited)
                       (ABN   12  004  044  937)
     【代表者の役職氏名】                  最高財務責任者
                       (Chief    Financial      Officer)
                       ゲイリー・レノン
                       (Gary   Lennon)
     【本店の所在の場所】                  オーストラリア連邦 ビクトリア州 3008 ドックランズ
                       バークストリート          800 1階
                       (Level     1,  800   Bourke     Street,     Docklands,       Victoria,      3008,
                        Australia)
     【代理人の氏名又は名称】                  弁護士 梅 津  立
     【代理人の住所又は所在地】                  東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー

                       アンダーソン・毛利・友常              法律事務所
     【電話番号】                  03-6888-1000
     【事務連絡者氏名】                  弁護士 中村 慎二

                       弁護士 寺尾 裕真
                       弁護士 大木 彩衣里
                       弁護士 上石 涼太
                       弁護士 今枝 泰郎
     【連絡場所】                  東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー

                       アンダーソン・毛利・友常              法律事務所
     【電話番号】                  03-6888-1000
     【縦覧に供する場所】                  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド東京支店

                       (東京都中央区日本橋室町二丁目2番1号 
                       室町東三井ビルディング18階)
                                  1/30






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     1  【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】

       平成30年1月5日に提出いたしました有価証券報告書の記載事項の一部に訂正すべき事項がありました
      ので、これを訂正するため有価証券報告書の訂正報告書を提出するものであります。
     2  【訂正事項】

       第一部 企業情報
         第1 本国における法制等の概要
            1 会社制度等の概要
             (2)    提出会社の定款等に規定する制度
            2 外国為替管理制度
         第3 事業の状況
           7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
         第5 提出会社の状況
            4 役員の状況
            5 コーポレート・ガバナンスの状況等
             (1)コーポレート・ガバナンスの状況
         第6 経理の状況
           1 財務書類
     3  【訂正箇所】

       訂正を要する箇所及び訂正した箇所には、下線を付して表示しております。なお、訂正前の記載自体に
      下線が付されている箇所が存在しましたが、本有価証券報告書の訂正報告書における訂正箇所にのみ下線
      を付して表示しております。
                                  2/30










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     第一部      【企業情報】

     第1    【本国における法制等の概要】

     1  【会社制度等の概要】

      (2)  【提出会社の定款等に規定する制度】
     <訂正前>
                              (前略)
       株主権-ナショナル・キャピタル・インストルメンツ
        2006年9月18日、当社グループは、ナショナル・キャピタル・トラストⅢによるナショナル・キャピ
       タル・インストルメンツ(              以下「    オーストラリアンNCI           」という。      )8,000株の1株当たり50,000豪ドル
       での発行を通じて資金4億豪ドル(発行コスト控除前)を調達した。各オーストラリアンNCIには初回の
       任意償還日まで、四半期毎に後払いされる、銀行手形の利率に年率0.95%のマージンを加えた利率に相
       当する非累積配当が付く。2016年10月4日、当社グループはAPRAから事前に同意を得て任意にオースト
       ラリアンNCIを全額償還した。償還に先立ち、オーストラリアンNCIは、バーゼルIIIの経過措置に従いそ
       の他Tier1資本として適格となった。
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
       株主権-ナショナル・キャピタル・インストルメンツ
        2006年9月18日、当社グループは、ナショナル・キャピタル・トラストⅢによるナショナル・キャピ
       タル・インストルメンツ(オーストラリアンNCI)8,000株の1株当たり50,000豪ドルでの発行を通じて
       資金4億豪ドル(発行コスト控除前)を調達した。各オーストラリアンNCIには初回の任意償還日まで、
       四半期毎に後払いされる、銀行手形の利率に年率0.95%のマージンを加えた利率に相当する非累積配当
       が付く。2016年10月4日、当社グループはAPRAから事前に同意を得て任意にオーストラリアンNCIを全額
       償還した。償還に先立ち、オーストラリアンNCIは、バーゼルIIIの経過措置に従いその他Tier1資本と
       して適格となった。
                              (後略)
                                  3/30







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     2  【外国為替管理制度】
     <訂正前>
                              (前略)
       さらに、     オーストラリアの1998年金融部門(株式保有)法(以下「                              FSSA  」という。)       に基づき、銀行の
      株式の取得に対して特定の制限が課される。FSSAの下で、ある者(会社を含む)が、オーストラリアの金
      融部門会社に対する持分を取得することにより、かかる者が保有するかかる金融部門会社の議決権(かか
      る者の関係者の議決権を含む)がかかる金融部門会社の議決権の15%を上回ることとなる場合、かかる者
      は、最初にオーストラリアの財務大臣の承認を得ることなくそのような取得を行ってはならない。ある者
      の保有する議決権が15%未満の場合であっても、オーストラリアの財務大臣は、かかる者がかかる会社に
      対する実質的な支配権を有する旨を宣言する権限を有し、オーストラリア連邦裁判所の裁定を申請するこ
      とにより、かかる者に対してかかる支配権を放棄するよう要求することができる。金融部門会社の定義に
      は、当社をはじめとする銀行が含まれる。
     <訂正後>

                              (前略)
       さらに、FSSAに基づき、銀行の株式の取得に対して特定の制限が課される。FSSAの下で、ある者(会社
      を含む)が、オーストラリアの金融部門会社に対する持分を取得することにより、かかる者が保有するか
      かる金融部門会社の議決権(かかる者の関係者の議決権を含む)がかかる金融部門会社の議決権の15%を
      上回ることとなる場合、かかる者は、最初にオーストラリアの財務大臣の承認を得ることなくそのような
      取得を行ってはならない。ある者の保有する議決権が15%未満の場合であっても、オーストラリアの財務
      大臣は、かかる者がかかる会社に対する実質的な支配権を有する旨を宣言する権限を有し、オーストラリ
      ア連邦裁判所の裁定を申請することにより、かかる者に対してかかる支配権を放棄するよう要求すること
      ができる。金融部門会社の定義には、当社をはじめとする銀行が含まれる。
                                  4/30










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     第3    【事業の状況】
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     <訂正前>
                              (前略)
     グループの事業および業績の概観
                              (中略)
     営業費用
                              (中略)
     当年度と前年度との比較
      営業費用     は、197百万豪ドルすなわち2.6%増加した。
      人件費   は、42百万豪ドルすなわち1.0%減少した。この減少は、当社グループの業務全体におけるオペレー

     ショナル・エクセレンスおよび関連する人員の再編成に注力した生産性向上による節減に起因する平均                                                     FTE  数
     の減少によってもたらされたが、再編成費用および年間給与の増加の影響により一部相殺された。
                              (中略)
     当年度下半期と当年度上半期との比較
      営業費用     は、65百万豪ドルすなわち1.7%増加した。
      人件費   は、122百万豪ドルすなわち5.5%減少した。この減少は、オペレーショナル・エクセレンスおよび

     関連する人員の再編成に注力した当社グループの業務全体における生産性向上による節減による平均                                                    FTE  数の
     減少ならびにインセンティブ報酬の減少によってもたらされたが、人員整理費用により一部相殺された。
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
     グループの事業および業績の概観
                              (中略)
     営業費用
                              (中略)
     当年度と前年度との比較
      営業費用     は、197百万豪ドルすなわち2.6%増加した。
      人件費   は、42百万豪ドルすなわち1.0%減少した。この減少は、当社グループの業務全体におけるオペレー

     ショナル・エクセレンスおよび関連する人員の再編成に注力した生産性向上による節減に起因する平均                                                     フル
     タイム相当従業員         数の減少によってもたらされたが、再編成費用および年間給与の増加の影響により一部相
     殺された。
                              (中略)
     当年度下半期と当年度上半期との比較
      営業費用     は、65百万豪ドルすなわち1.7%増加した。
                                  5/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
      人件費   は、122百万豪ドルすなわち5.5%減少した。この減少は、オペレーショナル・エクセレンスおよび
     関連する人員の再編成に注力した当社グループの業務全体における生産性向上による節減による平均                                                    フルタ
     イ ム相当従業員       数の減少ならびにインセンティブ報酬の減少によってもたらされたが、人員整理費用により
     一部相殺された。
                              (後略)
                                  6/30


















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     第5    【提出会社の状況】
     4  【役員の状況】

     <訂正前>
                              (前略)
     報酬報告書
     セクション1-概要

     1.1   事業業績を報酬支給結果にリンクさせること

     当社の目的          オーストラリアを前進させる勇敢な人々を支援すること

     当社の展望          オーストラリアおよびニュージーランドにおける最も尊敬される銀行になること
     達成方法          以下の戦略によって達成する:
               -顧客を支持者に変えること
               -同じ価値基準を持った関係者のチームを通じて好業績の環境を作ること
               -魅力的な利益を生み出すこと
               -適正な利益率のために適正な管理を行って、                      正しい   リスクをとることで、適切な行為を行
                うこと
     業績結果

             -14                  59 %                20.1  %

        優先顧客セグメント・                                    株主総利益率(TSR)
                                   (2)
                         従業員参加意欲スコア
                                             オーストラリアの
                   (1)
      ネットプロモータースコア
                          世界的なベンチマークの
                                            主要銀行の中で、第1位
       2016  年8月から2017年8月に                上位4分の1である67%と
       かけて1ポイントの増加、                      比較して
          オーストラリアの
        主要銀行の中で第2位
            14.0  %              66.42   億豪ドル                 14.7  %
         現金株主資本利益率                                 総割当株主資本利益率(ROTAE)
                               (3)(4)
                           現金収益
                                              計画を上回った
              (3)(4)
        (現金ROE)
                          2016  年度から2.5%の増加
       2016  年度から30ベーシス・
          ポイントの減少
     リスク管理

     ● リスク管理における優先課題の持続的な進展ならびにリスクおよびコンプライアンスの問題の改善を通
       して、取締役会が承認したリスク選好に照らした全体の業績を改善した。
     ● コミュニティーおよび規制機関の期待に添うため、当社グループの水準向上に絶え間なく取り組むとい
       う継続的ニーズを特定した。
     これは上級役員に何をもたらしたか

     ● グループSTIプール額は、財務目標の達成、収益の質および                                 質的  結果についての取締役会の検討に基づ
       き、90%にて形成された。
     ● グループCEOの年間報奨の支給結果は、最大STI機会の49%(2016年度:69%)であった。
                                  7/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     ● 上級執行役員(グループCEOを除く。)について、年間報奨の支給結果は、平均で最大STI機会の49%
       (2016年度:平均62%)であった。
     ● 2017年度に検査される2012年度LTIは権利確定せず、上級執行役員が受領した額はなかった。
     ● グループCEOの2017年度に実現した報酬額は、4.1百万豪ドル(2016年度:4.1百万豪ドル)であった。
     ● その他の上級執行役員について、2017年度の実現した平均報酬額は、1.8百万豪ドル(2016年度:平均
       1.7百万豪ドル)であった。
     その他の結果

     ● 2017年度の年次見直しの結果、グループCEO及び上級執行役員の固定報酬に増額はなかった。見直し後、
       最近発表された最高顧客担当役員-事業者向け・プライベートバンキング業務の任命について、報酬の
       増額が取締役会によって承認された。
     ● グループCEOのLTI割当方法は、2017年度の付与について、公正価値から額面価額へと変更された。
     ● グループCEOの最大STI機会について、2018年度から、固定報酬の175%から150%に削減される。
     ● 非業務執行取締役の取締役会報酬または委員会報酬について増額はなかった。
      (1)

         ネットプロモーター®およびNPS®は登録商標であり、ネットプロモータースコアおよびネットプロモーターシス
        テムは、ベイン・アンド・カンパニー、サトメトリックス・システムズおよびフレッド・ライクヘルドの登録商標
        である。優先顧客セグメント・ネットプロモータースコア(「NPS」)とは、当社の定義された住宅所有者および
        投資家、ならびに小規模企業(0.1百万豪ドル以上5百万豪ドル未満)および中規模企業(5百万豪ドル以上50百
        万豪ドル未満)から成る4つの優先顧客セグメントのNPSの単純平均である。優先顧客セグメントのNPSデータは、
        2017年8月31日現在のロイ・モーガン・リサーチおよびDBM                            BFSM・リサーチによる6ヶ月の移動平均に基づいてい
        る。グループCEOおよび上級執行役員の2017年度NPSの目標および業績は、2016年8月から2017年8月の期間中に測
        定された。
      (2)
         エーオンヒューイットにより実施された2017年度従業員の参画意欲調査。参加意欲スコアは、強力な支持者であ
        り(SAY)、当社へのコミットメントを示し(STAY)、自発的な努力を行う(STRIVE)当社の従業員の割合を示し
        ている。
      (3)
         情報は、継続事業ベースで表示されている。
      (4)
         現金収益は、当社の基本的業績をよりよく反映するために当社が適切と考える項目について調整を加えた、継続
        事業からの当社株主に帰属する当期純利益として定義され、「第6-1 財務書類」の注記6「1株当たり利益」
        は、基本的な1株当たり利益の計算の詳細を示している。当社株主に帰属する法定当期純利益の詳細については
        「第6-1 財務書類」を、現金収益と当社株主に帰属する法定当期純利益の調整については「第6-1 財務書
        類」の注記2「セグメント情報」を参照のこと。
                              (中略)
     セクション3-執行役員の報酬戦略および体制
     3.1   当社グループのリスク管理および戦略へのアプローチを支える報酬方針

      当社グループの報酬方針は、持続可能な顧客、株主および事業の結果を生み出すための正しい行いを奨励
     する強力な文化を築くことで、当社の戦略を支えるよう設計されている。不適正なリスクの負担または好ま
     しくない行動が示された際に適用される適切な                        結果  によって     再 強化される。
     当社の目的          オーストラリアを前進させる勇敢な人々を支援すること

     当社の展望          オーストラリアおよびニュージーランドにおける最も尊敬される銀行になること
     当社の報酬方針は、当社のビジョンを支えるよう設計されている:
     -顧客営業成果の不振を助長することなく、会社の業績向上のために、能力の高い人物を招致、保持し、報酬を与
      えること
     -当社の証券の所有を通じて、上級執行役員および株主の利害を一致させること
     -管轄地域の報酬規制、当社グループの多様性、包摂および賃金平等に対するコミットメントを遵守すること
                                  8/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
                                  9/30





















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
            固定報酬                   STI                  LTI

     当社の戦略および当社グループの業                  当社の戦略および株主のための成果                  持続可能かつ長期的な業績を              促進  す
     績を達成するため、能力の高いチー                  の達成を年間報奨と一致させること                  ること
     ムを招致・保持し、報酬を与えるこ
     と                  最大機会                  最大機会
                       ● 2017年度は、全上級執行役員に                  ● 固定報酬の130%(グループ
     ● 現金および給付(年金を含む)                    ついて、固定報酬の175%                  CEO)
     ● 役職の複雑性および責任、能                  ● 2018年度は、グループCEOにつ                  ● 固定報酬の100%(大部分の上
       力、経験および知識、事業およ                  いて、固定報酬の150%                  級執行役員)
       び個人の業績、市場内外での役                                  ● 固定報酬の70%(最高リスク管
       職の相関性を考慮して設定                割当方法                    理担当役員および最高法務・商
     ● 上級執行役員の報酬の調整は、                  ● 全上級執行役員について、公正                    務担当カウンシル)
       上級執行役員に市場競争力がな                  価値を使用
       い場合にのみ実施され、年間の                                  割当方法
       生活費調整のためには実施され                グループ業績                  ● グループCEOは額面価額を基準
       ない。                ● 現金収益(40%)/現金ROE                    とする(従前は公正価値)。
     ● 市場データには、当社の主要な                    (30%)/ROTAE(30%)                ● その他の上級執行役員について
       競合他社を含む、18社のASX上                ● リスク管理、株主の期待および                    は公正価値を基準とし、業績連
       場会社からなる同業グループが                                    動型新株引受権の割当数を制限
                         財務成績の質に基づいて調整
       含まれる。                                    する方針に従う(         セクション
                       個人  業績                  6.2  を参照のこと)。
                       ● 4つの均等加重目標:顧客、リ
                         スク、財務および戦略                LTI  業績
                       ● 行動制御基準:黄色(Amber)は                  ● 4年間の業績期間
                         STIを25%削減し、赤色(Red)は                ● 測定基準:相対的現金ROEの増
                         STIをゼロに削減し、過年度の                  加(50%)および相対的TSR
                         権利未確定STIは失権する。                  (50%)
                       ● 示された価値基準および行動                  ● 行動制御基準:黄色(Amber)は
                                           LTIを25%削減し、赤色(Red)は
                       STI  報酬                  LTIをゼロに削減し、過年度の
                       ● STIの結果は、0%から最大機会                    権利未確定STIは失権する。
                         を超える    範囲で変動する。
                       ● 50%は現金で付与され、50%は                  LTI  報酬
                         繰延べられた上で、業績連動型                ● LTIの結果は、割当価値の0%か
                         新株引受権として付与される。                  ら100%の範囲で変動する。
                       ● 繰延STIは、役務および業績に                  ● 100%が業績連動型新株引受権
                         関する条件が満たされた場合に                  として付与される。
                         のみ、取締役会の裁量によって                ● グループCEO:2017年10月1日
                         権利確定する。                  から制限期間終了時(2021年12
                                           月)までの期間について権利確
                                           定したLTIに係る配当相当支払
                                           い
                                         ● LTIは、業績に関する条件が満
                                           たされた場合にのみ、取締役会
                                           の裁量によって権利確定する。
     株式保有の必須条件
     上級執行役員は、KMPとしての雇用開始から5年間にわたり、下記に相当する数量に達するまで、当社株式を蓄
     積・保持する義務を負う。
     ● グループCEOについては、固定報酬の2倍
     ● その他上級執行役員については、固定報酬の1倍
                              (中略)
     セクション4-業績および報酬支給結果

                              (中略)
     4.3 STI支給結果
                                 10/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
                              (中略)
      (b)個人の支給結果
                              (中略)
     以下は、取締役会による2017年度の上級執行役員の業績の評価の要約である。
                                             上級執行役員に与えられた

     カテゴリー        方法および結果
                                              2017  年度の   成績  の範囲
     顧客                                            一部達成
             ●   当社は、-14のスコアで(2016年8月から2017年8月)、
     (25%)
                優先顧客セグメントNPS           において第2位であった。基準とな
                るスコアは-15で、目標値は+3の改善であった。当社
                は、2017年度のストレッチ目標を一部達成した(当社の優
                先顧客セグメントNPSスコアは-13まで改善し、当社のラン
                クは2017年9月末現在第1位まで改善した)。
             ● 当社グループは、顧客からのフィードバックを利用して顧
                客のエンド・トゥー・エンド体験を再設計することに取り
                組んでいる。2017年度中に実現された結果の例は以下の通
                り。
               ● NABラブズのデジタル能力の改良および
                 Realestate.com.au.等の関係者との革新的パートナー
                 シップの形成
               ● シンプルなニーズを持つ事業者顧客のための新たな10分
                 間のデジタル・オンボーディング
               ● 申込時間を7分間に削減した、より早く、簡易になった
                 エブリデー・アカウンツへの申込プロセス
               ● 顧客が退職の選択肢をより理解できるように簡素化され
                 たデジタル年金ポータル
     リスク        ● 当社グループは引き続き、数多くの規制当局によるの                            捜査      一部達成~達成
     (25%)          の対象となる。当年度中、潜在的および実際に発生したコ
                ンプライアンス違反の事例も存在した。調査は進行中だ
                が、結果はまだ完全に解決または目標状態まで修正されて
                いない。
             ● 事業の簡素化および強力な支配を備えた環境により、リス
                ク構成およびオペレーショナルリスクの見通しが改善され
                た。これは引き続き注力分野となる。
             ● 当社グループのリスク管理体制の重要な要素、特に与信管
                理、健全性要件の遵守および行動義務が強化された。
             ● 信用リスク、市場リスク、バランスシートおよび流動性リ
                スク管理のリスク選好と対照して、業績は好調であった。
             ● 法令遵守リスク管理の多数の側面での改善にも関わらず、
                期待値および法令遵守義務が増加し、当該リスクおよび管
                理体制は、更なる改善および投資を必要とする。
     財務        ●   現金収益    は、2017年度6,642百万豪ドルであり、2016年度と                           達成~高度に達成
     (25%)          比較して2.5%の増加であった。これは、貸付高の増加およ
                び金利再設定による純利息収益の増加によるものであり、
                主に事業への継続的投資による営業費用の増加(生産性向
                上による節減控除後)によって一部相殺された。貸倒引当
                金繰入額は、一括引当金オーバーレイの増加によって微増
                した。
             ●   収益  は、貸付高の増加および金利再設定による純利息収益
                の増加を主因として、2017年度2.7%増加した。
                                 11/30




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
             ●   費用  は、技術投資の継続ならびに関連する減価償却費およ
                び償却費の増加、人員整理費用の増加、年間給与の増加の
                影響により、2.6%増加した。これらの項目は、人員の再
                編、デジタル化、および第三者に係る支出の減少を含む生
                産性向上からの利益により、一部相殺された。
             ●   現金ROE    は、2016年度と比較して、30ベーシス・ポイント減
                少して14.0%になった。当社が高い競争能力を持っている
                高利益の事業ラインに、引き続き当社のポートフォリオを
                移行させた。
             ● 当社グループは、2017年度中、十分な資本力を維持してお
                り、  普通株式Tier1(CET1)目標比率                である8.75%から
                9.25%を上回っており、2017年9月30日現在のCET1比率
                は、10.06%であった。
     戦略および        ● 自動化およびオペレーショナル・エクセレンスを通じた業                                  達成~高度に達成

     リーダーシッ          務の簡素化および合理化に注力する一方で、生産性および
     プ          効率性を戦略的に推進した結果、当年度中301百万豪ドルの
     (25%)          生産性向上による節減を達成した。
             ● その他の主要銀行と対照したTSR順位は第1位であり、2017
                事業年度の目標順位である第3位を上回っていた。
             ● 当社グループの持続可能な顧客中心の文化を強化する、当
                社グループの目的の進展、明瞭化および実施
             ● 正しい顧客営業成果をサポートし、セジウィック・レ
                ビューの提案に合わせるための報奨の再形成
             ● 2017年度性別多様性指標の5つのうち4つを達成した。
             ● 59%の従業員参画意欲スコアは、当社の目標である上位4
                                 (1)
                分の1に入る成績(67%)を下回った                    。上位4分の1
                の基準は、当社従業員のリーダーによる個々のコーチ、コ
                ミュニケーションおよび指導の方法、キャリアおよび開
                発、ならびに企業責任に対するコミットメントを含む、数
                多くの分野で達成された。
             ● デジタル化および革新による製品およびサービスの継続的
                改良は以下を含む。
               ● クイックビズ無担保ローンの適格基準を拡大し、より多
                 くの小規模企業の顧客が素早く資金調達できるようにす
                 る。
               ● メルボルンのスタートアップ企業であるメディパス・ソ
                 リューションとのパートナーシップによる、当社グルー
                 プの次世代HICAPSソリューションの開始
               ● 承認された第三者デベロッパーが顧客により統合された
                 体験を提供するためにNABとデータを共有する機会を与え
                 る、アプリケーション・プログラミング・インター
                 フェース・デベロッパー・ポータルの開始
                                            付与された最大機会に
                                            対する割合
                                  全体のSTI支給結果:
                                            グループCEO:49%
                                            その他の上級執行役員:
                                            33 %~66%
                              (中略)
     4.4 LTI支給結果
      下表は、2017年度中に検証された2012年度LTI報酬のLTI業績基準と対照して当社グループの業績を示した
     ものである。当該報酬は、2つのTSR業績基準を有する。両基準に関する権利確定は、2つのTSR同業グルー
     プと対照した当社のTSR結果に基づいている。権利確定スケジュールは、直線スケールの                                              百分位数の50       にて
                                 12/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     50%が権利確定し、          百分位数の75       にて100%が権利確定する。業績基準が達成されなかったため、権利確定し
     た2012年度LTIはなかった。業績連動型新株引受権は、5年間の業績期間(2012年11月12日から2017年11月12
     日)  について、2017年11月に最終検証を受けた。
      2012年度について付与されたLTI報酬の詳細は、当社の2012年度年次財務報告書
     (www.nab.com.au/annualreportsでオンライン閲覧可能)に含まれる当社の2012年度報酬報告書に記載され
     ている。
                                  権利確定した      失効した     残存する

     業績基準                業績期間       百分位数   順位   権利の割合     権利の割合     権利の割合
                                    (%)     (%)     (%)
     S&P/ASX50     と比較した         2012  年11月12日から
                  2016  年11月12日
                               42 位      -     -    100
           (1)
     TSR  (50%)
     上位金融サービス会社と              2012  年11月12日から
                  2016  年11月12日
     比  較  し  た  TSR(50%)
                               29 位      -     -    100
     (2)
                              (中略)

     セクション6-執行役員の報酬の詳細な開示
                              (中略)
     6.1   法定報酬
                              (中略)
     下記の報酬・給付に加え、当社は、役員としての上級執行役員全員を被保険者とする保険契約の保険料を支
     払った。同保険料からの利益を個人間で配分することは不可能である。通常の商慣行に従い、保険契約は、
     支払われた保険料の詳細を開示することを禁止している。
                       短期手当         退職後手当           株式による給付

                                    その他の
                   現金         非金銭                       その他
                                    長期手当
                        (2)         (4)         (6)     (7)
                                                        ( 9 )
                   (1)         (3)                       (8)
                                                      合計
                      現金STI          年金         株式     権利
                  給与         給付                      支払額
                                     (5)
     氏名              豪ドル     豪ドル     豪ドル     豪ドル     豪ドル     豪ドル     豪ドル     豪ドル     豪ドル
     業務執行取締役
               2017 年  2,216,311     977,500     2,534    30,646     37,881      42  3,366,164       -  6,631,078
     A.G. ソーバーン
               2016 年  2,362,779     1,380,000      3,021    37,967     37,832      253  2,887,815       -  6,709,667
     その他の上級執行役員
     M.B.  ベアード(年度の一
               2017 年   535,766     227,754     6,931    13,358     2,184      -   100,852      -   886,845
     部)
               2017 年  1,190,793     510,000     11,545     20,756     14,222    258,508    1,099,387       -  3,105,211
     A.J. ケーヒル
               2016 年  1,028,323     600,000     18,947     21,246     12,710     26,205    882,560      -  2,589,991
     S.J. クック(年度の一部)        2017 年   375,843     92,779     4,691    12,383     1,483      -   44,995      -   532,174
               2017 年  1,229,156     331,500     231,723     27,862     20,860      -   822,379      -  2,663,480
     A.D. ゴール
               2016 年  1,204,456     432,000     243,026     31,849     17,558      -   669,414      -  2,598,  303
               2017 年  1,154,125     480,000     24,863     20,756     19,255    217,661    1,540,183       -  3,456,843
     A.P. ハガー
               2016 年  1,043,257     660,000     65,367     21,072     17,558    818,731    1,456,083       -  4,082,068
               2017 年   897,146     582,075     20,475     70,411     13,020      946  1,183,827       -  2,767,900
     A.J. ヒーリー
               2016 年   894,030     486,777     11,224     67,686     9,149     935   908,721      -  2,378,522
               2017 年   981,472     425,000     5,479    20,756     14,592     73,809    711,212      -  2,232,320
     G.A. レノン
               2016 年   502,412     274,809     3,045    12,508     7,241    99,752    254,128      -  1,153,895
               2017 年  1,100,800     660,000     52,419     20,756     19,413    258,508    1,150,227       -  3,262,123
     A. メンティス
               2016 年  1,108,671     600,000     40,359     21,246     19,308     26,205    868,285      -  2,684,074
               2017 年   752,193     340,000     165,534     21,000     4,840    313,090     441,885      -  2,038,542
     L.N. マーフィー
               2016 年   419,916     650,000     179,718     16,603     1,934    421,832     114,466      -  1,804,469
     P.F. ライト(年度の一部)        2017 年   647,019     552,500     227,465      -    2,293      -   159,946    2,796,294     4,385,517
     元上級執行役員
     C.A. カーヴァー(年度の一        2017 年   358,361     472,555      -   13,510     1,925    739,796      -     -  1,586,147
     部)          2016 年   118,959     133,325      -    1,760     581   260,796      -     -   515,421
     C.M. ドラモンド(年度の一
               2016 年   598,239      -    2,495     7,729     3,990    71,776    (784,609)       -   (100,380)
     部)
     M.J.  ヒーリー(年度の一
               2016 年   674,401     704,008     5,661    18,582     11,397      -   845,034     631,801    2,890,884
     部)
     M.R. ローランス(年度の一        2017 年   316,390     235,002      55   13,493     6,047    304,437     43,750      -   919,174
     部)          2016 年   45,500     36,870      7   1,402     672    37,692     7,140      -   129,283
     R.A. メルローズ(年度の一
               2016 年   32,790     21,069      486    1,839     449    13,821     5,274      -   75,728
     部)
     R.M.  ロバーツ(年度の一
               2016 年   796,646     828,244     11,409     18,321     27,726      218   551,692    1,353,187     3,587,443
     部)
     G.R. スレーター(年度の一
               2016 年   897,729     819,962     5,639    18,147     15,292      -  1,165,925     1,077,395     4,000,089
     部)
                                 13/30

                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     上級執行役員合計          2017 年  11,755,375     5,886,665     753,714     285,687     158,015    2,166,797    10,664,807     2,796,294    34,467,354
     上級執行役員    合計      2016 年  11,728,108     7,627,064     590,404     297,957     183,397    1,778,216     9,831,928     3,062,383    35,099,457
      (1)
         現金給与、現金手当および年度中に発生したが消化されなかった年次有給休暇等の短期有給休暇を含む。
      (2)
         2017  年度に関して受領されたSTIの現金部分は、オーストラリアでは2017年11月15日、ニュージーランドでは
        2017年11月30日に支払われる予定である。金額は、適格な現上級執行役員およびグループCEOに提供されるSTIの
        50%を反映している。金額は、上級執行役員を務め、その前任の役職に係る報酬に関する取り決めに引き続き準拠
        していた適格な元上級執行役員に提供されるSTIの75%を反映している。2016年度に関して受領されたSTIの現金部
        分は、従前に開示されていたとおりに、調整なしで、2017年度中にすべての上級執行役員に対し全額支払われた。
      (3)
         自動車手当、駐車場、          移転コスト     およびその他の給付を含む。海外赴任者に対しては、健康基金給付および個人
        的なタックスアドバイスの提供を含むことがある。関連する付加給付税を含む。
                              (中略)
     6.2 2017年度に関して付与されるLTI
      上級執行役員(株主の承認を条件としてグループCEOを含む。)は、2017年12月にLTI業績連動型新株引受
     権を付与される。LTI報酬の主な特徴は、以下のとおりである。
             第1トランシェ-現金ROE増加                       第2トランシェ-相対TSR
     業績基準        報酬の50%は、現金ROE増加に左右される。                       報酬の50%は、以下の金融サービス同業グルー
             当社の現金ROE増加は、以下の同業グループと                       プと比較した相対TSR業績に左右される。
             比較して順位付けされる。                       ・オーストラリア・アンド・ニュージーラン
             ・オーストラリア・アンド・ニュージーラン                        ド・バンキング・グループ・リミテッド
              ド・バンキング・グループ・リミテッド                      ・コモンウェルス・バンク・オブ・オーストラ
              (ANZ)                       リア
             ・コモンウェルス・バンク・オブ・オーストラ                       ・ウェストパック・バンキング・コーポレー
              リア(CBA)                       ション
             ・ウェストパック・バンキング・コーポレー                       ・AMPリミテッド
              ション(WBC)                      ・バンク・オブ・クイーンズランド・リミテッ
             (ROE同業グループ)                        ド
             現金ROEの変動は、(最初の期間である)2017                       ・ベンディゴ・アンド・アデレイド・バンク・
             年の財務報告年度の現金ROEと当業績期間にわ                        リミテッド
             たる業績期間の平均現金ROEとを比較して計算                       ・サンコープ・グループ・リミテッド
             される。                       (TSR同業グループ)
                                    TSR  は、業績期間の開始日から終了日まで(両
                                    日を含む。)の30日間の売買高加重平均株価に
                                    基づいて独立外部コンサルタントが計算する。
     業績期間        2018  年から2021年までの財務報告年度。(ROE                     2017  年11月14日から2021年11月14日まで
             計測期間)
     権利確定        権利確定は、ROE同業グループと比較した当社                       権利確定は、TSR同業グループと比較した当社
     スケジュール        の現金ROE増加の順位に基づいている。第4位                       のTSR業績に基づく。           定額法で百分位数の50
             =0%、第3位=25%、第2位=50%、第1位                       (または中央値)で50%権利確定、                 百分位数の
             =100%                       75 で100%権利確定
     証券        業績連動型新株引受権。
                                                (1)
             グループCEOは、権利確定する業績連動型新株引受権に係る配当同等支払い                                     を受領する。
     付与する業績        割り当てられる業績連動型新株引受権の数は、各執行役員の最大LTI機会(                                   セクション3.1       を参
     連動型新株引        照。)に左右される。
     受権の数の決        グループCEO
     定        LTI  機会は、2017年9月25日から9月29日までの加重平均株価(「WASP」)により除算される。
             その他の上級執行役員
             最大LTI機会(       セクション3.1       を参照。)の50%は第1トランシェの公正価値により除算され、
             LTI機会の50%は第2トランシェの公正価値により除算される。
             グループCEO(2017年度の定時株主総会における株主の承認を要する。)およびその他の上級執
             行役員に付与される公正価値および業績連動型新株引受権の実際の数は、                                   セクション6.7       に詳述
             されている。
                                 14/30



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     最大WASP割引        2016  年度と同様、公正価値による割当方法に基づいて上級執行役員に割り当てられる業績連動型
     率の制限        新株引受権の総数を制限する方針が適用されている。当該方針は、付与されるLTI業績連動型新
             株引受権の数を決定する際に適用する最大割引率を以下のとおり制限している。
             ・LTI報酬の第1トランシェについてはWASPの25%
             ・LTI報酬の第2トランシェについてはWASPの50%
             その後、LTI報酬の各トランシェに付与される業績連動型新株引受権の数を決定するために使用
             される価格は、以下のうち数値の大きい一方である。
             ・該当するトランシェについて上記において説明されたWASP計算法
             ・該当するトランシェの公正価値
             第1トランシェが内部業績基準と結びついており第2トランシェが市場業績基準と結びついてい
              ることにより、公正価値の仮定とそのデータとが異なるため、最大割引率はトランシェ毎に異
              なる。
                              (中略)
      上記の基準に合致するすべての潜在的な調整に                        質的  評価が適用される。これは、ROE同業グループ内の調整
     の一貫性や、調整が権利確定の結果に影響するか否かといった要因の検討を含む。提案された重要な現金ROE
     指針の調整の審査、また、当該指針が上記の原則に即しているか、また正確に計算されているかについての
     報酬委員会への助言は、外部の企業が担当する。
                              (中略)
     6.3 2016年度に関するLTI
      2016年12月(グループCEOに対しては2017年2月)に割り当てられたLTI報酬に関して、報酬委員会は、当
     社およびROE同業グループ各社について以下の現金ROEの最初の期間を承認した。
          開示       最初の期間

     銀行     された     (2016事業年度)の          調整の詳細
          現金ROE       調整現金ROE
     NAB     14.3  %      14.3  %     ・調整なし
     ANZ     10.3  %      12.1  %     ・2016年度の現金収益は、ANZが開示し、性質上「臨時」であると考
                          えられる4項目について、989百万豪ドル調整された。
                          ・ソフトウェアの償却(389百万豪ドル)
                          ・AM銀行への      少額  投資の簿価の減損(260百万豪ドル)。これは、
                           天津銀行の持分の売却による利益(29百万豪ドル)によって一部
                           相殺された。
                          ・信用評価調整手法の変更(168百万豪ドル)
                          ・機関投資家向けおよびウェルス事業の簡素化、アジア・リテール
                           およびパシフィックの再編成、ならびにオーストラリア、ニュー
                           ジーランドおよびグループ・センターにおけるデジタル化のため
                           の再編成費用(201百万豪ドル)
     CBA     16.5  %      16.5  %     ・調整なし
     WBC     14.0  %      14.0  %     ・調整なし
      取締役会は、公正かつ合理的な時間的比較を確保するために開示された現金ROEを調整することに関して、

     絶対的な裁量権を有する。
     6.4 当年度中に付与されたその他報酬

      当年度中、最高技術・オペレーション担当役員のパトリック・ライト氏の当社での雇用が開始された。ラ
     イト氏は、バークレイカードの最高技術・オペレーション担当役員として大勢の従業員を                                              主導  したグローバ
     ルな経験を有する。彼は、大手金融サービス企業の大規模な変革の促進や、ペースが速く競争が盛んであり
     規制の大きい市場における革新について、広範かつ実証済みの経験を有する。当社グループの事業改革に際
     して、ライト氏は、当社グループの戦略の遂行における重要人物であり、顧客およびバンカーのために効率
     を向上させ、その経験価値をより簡素かつ容易にするための簡素化、デジタル化および自動化のアジェンダ
     を主導する。
                                 15/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
      「リーダーシップ、能力および人材の卓越性で名を上げる」という当社の目標に沿って、また、この役割

     を果たすために必要な技能および経験がオーストラリアでは手に入らなかったため、当社は国際市場に着目
     した。取締役会は、競争力のある報酬パッケージを提供するため、ライト氏の雇用開始の取り決めの一環と
     して、以前の雇用主から受領する権利を有していたが離職の際に失権してしまう未払いの報奨金を買収する
     ための2.136百万米ドルの現金支払いを承認した。ライト氏の雇用開始報酬は、ライト氏が当社入社のために
     放棄した権利の金額および時期に関して合意された。第1回分割払いの605,950米ドル(801,627豪ドル)は
     雇用開始後に支払われ、第2回分割払いの260,000米ドル(328,906豪ドル)は2017年9月に支払われた。報
     酬の残りの部分は、今後3年間にわたって支払われる(2018年3月に546,572米ドル、2019年3月に463,171
     米ドル、2020年3月に260,000米ドル)。
     6.5 株式および業績連動型新株引受権の                     価値

      下表は、2017年度中に各上級執行役員に対して付与され、失効し、または権利確定した株式および業績連
     動型新株引受権の         価値  を示している。表示されている                価値  は、通常当年度よりも長い権利確定期間にわたり
     費用計上される        勘定価値     全額を表している。上級執行役員は、2017年度中に権利確定し、行使された業績連
     動型新株引受権に対して支払いを行わなかった。業績連動型新株引受権の行使の際に交付された株式数は1
     対1である。行使された株式について未払いの金銭はない。報酬が付与された後、これらの報酬またはその
     他の報酬の条件に変更はない。
      2017年度に割り当てられた報酬については、株式または権利確定の可能性のある業績連動型新株引受権の

     最大数が、各上級執行役員について記載されている。株式報酬の最大額は、権利確定時における当社の株価
     により決定される株式または業績連動型新株引受権の株式数である。業績連動型新株引受権の最低株式数お
     よび株式報酬の価額は、当該株式がすべて失効した場合はゼロとなる。
                              (中略)
     6.10   上級執行役員の契約条件
      上級執行役員全員は、固定期間なしの契約に基づき雇用されている。下表は、2017年9月30日時点で上級
     執行役員であった各人の役職および契約条件を示している。
                                                    (1)

                                              退職の取り決め
                                             通知期間
                                                       (2)
                                                    退職金
                                             (週間)
                                            上級
                                                当社     豪ドル
     氏名            役職                          執行役員
     業務執行取締役
     A.G.  ソーバーン          グループ最高経営責任者                            26    26    1,045,455
     その他の上級執行役員
     M.B.  ベアード          最高顧客担当役員-法人・機関投資家向け銀行業務                             1    26     545,455
     A.J.  ケーヒル          最高執行責任者                             ▶    26     545,455
     S.J.  クック          最高法務・商務担当カウンシル                             1    26     363,636
     A.D.  ゴール          最高リスク管理担当役員                            12    26     590,909
     A.P.  ハガー          最高顧客担当役員-消費者金融・資産運用業務                             ▶    26     545,455
     A.J.  ヒーリー          バンク・オブ・ニュージーランドの最高経営責任者                            13    13     253,076
     G.A.  レノン          最高財務責任者                             ▶    26     454,545
     A. メンティス           最高顧客担当役員-事業者向け・プライベートバンキング業務                             ▶    26     545,455
     L.N.  マーフィー          最高人事担当役員                             2    26     363,636
     P.F.  ライト          最高技術・オペレーション担当役員                             1    26     590,909
      (1)
         雇用は、上級執行役員または当社のいずれかが、関係する通知を行うことにより終了させることができる。最近
        の従業員通知期間は、当社が精力的な後継者育成計画を実施している際に過剰に退職金を支払わない旨の商務上の
        決定を反映している。
                                 16/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
      (2)
         当社の通知期間に現行の年間固定報酬または総合報酬パッケージ(TRP)(固定報酬から雇用主年金を控除した
        もの)を乗じて計算される。退職金は、当社が通知を行った上で理由なく上級執行役員の雇用契約を終了させた場
        合 および通知に代わり支払いを行った場合に法律に従い支払われる。退職金は辞任、雇用契約の即時終了または業
        績不振の際は通常支払われないが、取締役会は例外的な決定を行うことができる。退職の際の株式および業績連動
        型新株引受権の留保または失権は、適用のある法律および取締役会の裁量を含む各付与の条件により左右される。
        記載金額は、当社が通知を行った場合に上級執行役員の現行の固定報酬またはTRPに基づいて支払われるべき退職
        金である。価額は、留保されうる株式保有の                     価値  または退職時に支払われる他の法的支払は含まない。
                              (後略)
     <訂正後>
                              (前略)
     報酬報告書
     セクション1-概要

     1.1   事業業績を報酬支給結果にリンクさせること

     当社の目的          オーストラリアを前進させる勇敢な人々を支援すること

     当社の展望          オーストラリアおよびニュージーランドにおける最も尊敬される銀行になること
     達成方法          以下の戦略によって達成する:
               -顧客を支持者に変えること
               -同じ価値基準を持った関係者のチームを通じて好業績の環境を作ること
               -魅力的な利益を生み出すこと
               -適正な利益率のために適正な管理を行って、                      適度な   リスクをとることで、適切な行為を行
                うこと
     業績結果

             -14                  59 %                20.1  %

        優先顧客セグメント・                                    株主総利益率(TSR)
                                   (2)
                         従業員参加意欲スコア
                                             オーストラリアの
                   (1)
      ネットプロモータースコア
                          世界的なベンチマークの
                                            主要銀行の中で、第1位
       2016  年8月から2017年8月に                上位4分の1である67%と
       かけて1ポイントの増加、                      比較して
          オーストラリアの
        主要銀行の中で第2位
            14.0  %              66.42   億豪ドル                 14.7  %
         現金株主資本利益率                                 総割当株主資本利益率(ROTAE)
                               (3)(4)
                           現金収益
                                              計画を上回った
              (3)(4)
        (現金ROE)
                          2016  年度から2.5%の増加
       2016  年度から30ベーシス・
          ポイントの減少
     リスク管理

     ● リスク管理における優先課題の持続的な進展ならびにリスクおよびコンプライアンスの問題の改善を通
       して、取締役会が承認したリスク選好に照らした全体の業績を改善した。
     ● コミュニティーおよび規制機関の期待に添うため、当社グループの水準向上に絶え間なく取り組むとい
       う継続的ニーズを特定した。
     これは上級役員に何をもたらしたか

             (5)
     ● グループSTI            プール額は、財務目標の達成、収益の質および                        定性的   結果についての取締役会の検討
       に基づき、90%にて形成された。
                                 17/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     ● グループCEOの年間報奨の支給結果は、最大STI機会の49%(2016年度:69%)であった。
     ● 上級執行役員(グループCEOを除く。)について、年間報奨の支給結果は、平均で最大STI機会の49%
       (2016年度:平均62%)であった。
                         (6)
     ● 2017年度に検査される2012年度LTI                       は権利確定せず、上級執行役員が受領した額はなかった。
     ● グループCEOの2017年度に実現した報酬額は、4.1百万豪ドル(2016年度:4.1百万豪ドル)であった。
     ● その他の上級執行役員について、2017年度の実現した平均報酬額は、1.8百万豪ドル(2016年度:平均
       1.7百万豪ドル)であった。
     その他の結果

     ● 2017年度の年次見直しの結果、グループCEO及び上級執行役員の固定報酬に増額はなかった。見直し後、
       最近発表された最高顧客担当役員-事業者向け・プライベートバンキング業務の任命について、報酬の
       増額が取締役会によって承認された。
     ● グループCEOのLTI割当方法は、2017年度の付与について、公正価値から額面価額へと変更された。
     ● グループCEOの最大STI機会について、2018年度から、固定報酬の175%から150%に削減される。
     ● 非業務執行取締役の取締役会報酬または委員会報酬について増額はなかった。
      (1)

         ネットプロモーター®およびNPS®は登録商標であり、ネットプロモータースコアおよびネットプロモーターシス
        テムは、ベイン・アンド・カンパニー、サトメトリックス・システムズおよびフレッド・ライクヘルドの登録商標
        である。優先顧客セグメント・ネットプロモータースコア(「NPS」)とは、当社の定義された住宅所有者および
        投資家、ならびに小規模企業(0.1百万豪ドル以上5百万豪ドル未満)および中規模企業(5百万豪ドル以上50百
        万豪ドル未満)から成る4つの優先顧客セグメントのNPSの単純平均である。優先顧客セグメントのNPSデータは、
        2017年8月31日現在のロイ・モーガン・リサーチおよびDBM                            BFSM・リサーチによる6ヶ月の移動平均に基づいてい
        る。グループCEOおよび上級執行役員の2017年度NPSの目標および業績は、2016年8月から2017年8月の期間中に測
        定された。
      (2)
         エーオンヒューイットにより実施された2017年度従業員の参画意欲調査。参加意欲スコアは、強力な支持者であ
        り(SAY)、当社へのコミットメントを示し(STAY)、自発的な努力を行う(STRIVE)当社の従業員の割合を示し
        ている。
      (3)
         情報は、継続事業ベースで表示されている。
      (4)
         現金収益は、当社の基本的業績をよりよく反映するために当社が適切と考える項目について調整を加えた、継続
        事業からの当社株主に帰属する当期純利益として定義され、「第6-1 財務書類」の注記6「1株当たり利益」
        は、基本的な1株当たり利益の計算の詳細を示している。当社株主に帰属する法定当期純利益の詳細については
        「第6-1 財務書類」を、現金収益と当社株主に帰属する法定当期純利益の調整については「第6-1 財務書
        類」の注記2「セグメント情報」を参照のこと。
      (5)
         短期報奨(STI)は、年次成果報酬を受領するための個人の「アットリスク」機会である。ある特定の年に個人
        が実際に受領するSTI報酬には、事業業績及び個人成績の双方が反映される。
      (6)
         長期報奨(LTI)は、当社グループの長期業績と連動する個人の「アットリスク」機会である。LTIは、当社グ
        ループのLTIプログラムに基づき、業績連動型新株引受権の形で割り当てられている。
                              (中略)
     セクション3-執行役員の報酬戦略および体制

     3.1   当社グループのリスク管理および戦略へのアプローチを支える報酬方針

      当社グループの報酬方針は、持続可能な顧客、株主および事業の結果を生み出すための正しい行いを奨励
     する強力な文化を築くことで、当社の戦略を支えるよう設計されている。不適正なリスクの負担または好ま
     しくない行動が示された際に適用される適切な                        対応  によって強化される。
     当社の目的          オーストラリアを前進させる勇敢な人々を支援すること

                                 18/30

                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     当社の展望          オーストラリアおよびニュージーランドにおける最も尊敬される銀行になること
     当社の報酬方針は、当社のビジョンを支えるよう設計されている:
     -顧客営業成果の不振を助長することなく、会社の業績向上のために、能力の高い人物を招致、保持し、報酬を与
      えること
     -当社の証券の所有を通じて、上級執行役員および株主の利害を一致させること
     -管轄地域の報酬規制、当社グループの多様性、包摂および賃金平等に対するコミットメントを遵守すること
                                 19/30



















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
            固定報酬                   STI                  LTI

     当社の戦略および当社グループの業                  当社の戦略および株主のための成果                  持続可能かつ長期的な業績を              奨励  す
     績を達成するため、能力の高いチー                  の達成を年間報奨と一致させること                  ること
     ムを招致・保持し、報酬を与えるこ
     と                  最大機会                  最大機会
                       ● 2017年度は、全上級執行役員に                  ● 固定報酬の130%(グループ
     ● 現金および給付(年金を含む)                    ついて、固定報酬の175%                  CEO)
     ● 役職の複雑性および責任、能                  ● 2018年度は、グループCEOにつ                  ● 固定報酬の100%(大部分の上
       力、経験および知識、事業およ                  いて、固定報酬の150%                  級執行役員)
       び個人の業績、市場内外での役                                  ● 固定報酬の70%(最高リスク管
       職の相関性を考慮して設定                割当方法                    理担当役員および最高法務・商
     ● 上級執行役員の報酬の調整は、                  ● 全上級執行役員について、公正                    務担当カウンシル)
       上級執行役員に市場競争力がな                  価値を使用
       い場合にのみ実施され、年間の                                  割当方法
       生活費調整のためには実施され                グループ業績                  ● グループCEOは額面価額を基準
       ない。                ● 現金収益(40%)/現金ROE                    とする(従前は公正価値)。
     ● 市場データには、当社の主要な                    (30%)/ROTAE(30%)                ● その他の上級執行役員について
       競合他社を含む、18社のASX上                ● リスク管理、株主の期待および                    は公正価値を基準とし、業績連
       場会社からなる同業グループが                                    動型新株引受権の割当数を制限
                         財務成績の質に基づいて調整
       含まれる。                                    する方針に従う(         セクション
                       個人  成績                  6.2  を参照のこと)。
                       ● 4つの均等加重目標:顧客、リ
                         スク、財務および戦略                LTI  業績
                       ● 行動制御基準:黄色(Amber)は                  ● 4年間の業績期間
                         STIを25%削減し、赤色(Red)は                ● 測定基準:相対的現金ROEの増
                         STIをゼロに削減し、過年度の                  加(50%)および相対的TSR
                         権利未確定STIは失権する。                  (50%)
                       ● 示された価値基準および行動                  ● 行動制御基準:黄色(Amber)は
                                           LTIを25%削減し、赤色(Red)は
                       STI  報酬                  LTIをゼロに削減し、過年度の
                       ● STIの結果は、0%から             上記の   最    権利未確定STIは失権する。
                         大機会   までの   範囲で変動する。
                       ● 50%は現金で付与され、50%は                  LTI  報酬
                         繰延べられた上で、業績連動型                ● LTIの結果は、割当価値の0%か
                         新株引受権として付与される。                  ら100%の範囲で変動する。
                       ● 繰延STIは、役務および業績に                  ● 100%が業績連動型新株引受権
                         関する条件が満たされた場合に                  として付与される。
                         のみ、取締役会の裁量によって                ● グループCEO:2017年10月1日
                         権利確定する。                  から制限期間終了時(2021年12
                                           月)までの期間について権利確
                                           定したLTIに係る配当相当支払
                                           い
                                         ● LTIは、業績に関する条件が満
                                           たされた場合にのみ、取締役会
                                           の裁量によって権利確定する。
     株式保有の必須条件
     上級執行役員は、KMPとしての雇用開始から5年間にわたり、下記に相当する数量に達するまで、当社株式を蓄
     積・保持する義務を負う。
     ● グループCEOについては、固定報酬の2倍
     ● その他上級執行役員については、固定報酬の1倍
                              (中略)
     セクション4-業績および報酬支給結果
                              (中略)
     4.3 STI支給結果
                              (中略)
                                 20/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
      (b)個人の支給結果
                              (中略)
     以下は、取締役会による2017年度の上級執行役員の業績の評価の要約である。
                                             上級執行役員に与えられた

     カテゴリー        方法および結果
                                              2017  年度の   業績  の範囲
     顧客                                            一部達成
             ●   当社は、-14のスコアで(2016年8月から2017年8月)、
     (25%)
                優先顧客セグメントNPS           において第2位であった。基準とな
                るスコアは-15で、目標値は+3の改善であった。当社
                は、2017年度のストレッチ目標を一部達成した(当社の優
                先顧客セグメントNPSスコアは-13まで改善し、当社のラン
                クは2017年9月末現在第1位まで改善した)。
             ● 当社グループは、顧客からのフィードバックを利用して顧
                客のエンド・トゥー・エンド体験を再設計することに取り
                組んでいる。2017年度中に実現された結果の例は以下の通
                り。
               ● NABラブズのデジタル能力の改良および
                 Realestate.com.au.等の関係者との革新的パートナー
                 シップの形成
               ● シンプルなニーズを持つ事業者顧客のための新たな10分
                 間のデジタル・オンボーディング
               ● 申込時間を7分間に削減した、より早く、簡易になった
                 エブリデー・アカウンツへの申込プロセス
               ● 顧客が退職の選択肢をより理解できるように簡素化され
                 たデジタル年金ポータル
     リスク        ● 当社グループは引き続き、数多くの規制当局によるの                            調査      一部達成~達成
     (25%)          の対象となる。当年度中、潜在的および実際に発生したコ
                ンプライアンス違反の事例も存在した。調査は進行中だ
                が、結果はまだ完全に解決または目標状態まで修正されて
                いない。
             ● 事業の簡素化および強力な支配を備えた環境により、リス
                ク構成およびオペレーショナルリスクの見通しが改善され
                た。これは引き続き注力分野となる。
             ● 当社グループのリスク管理体制の重要な要素、特に与信管
                理、健全性要件の遵守および行動義務が強化された。
             ● 信用リスク、市場リスク、バランスシートおよび流動性リ
                スク管理のリスク選好と対照して、業績は好調であった。
             ● 法令遵守リスク管理の多数の側面での改善にも関わらず、
                期待値および法令遵守義務が増加し、当該リスクおよび管
                理体制は、更なる改善および投資を必要とする。
     財務        ●   現金収益    は、2017年度6,642百万豪ドルであり、2016年度と                           達成~高度に達成
     (25%)          比較して2.5%の増加であった。これは、貸付高の増加およ
                び金利再設定による純利息収益の増加によるものであり、
                主に事業への継続的投資による営業費用の増加(生産性向
                上による節減控除後)によって一部相殺された。貸倒引当
                金繰入額は、一括引当金オーバーレイの増加によって微増
                した。
             ●   収益  は、貸付高の増加および金利再設定による純利息収益
                の増加を主因として、2017年度2.7%増加した。
                                 21/30




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
             ●   費用  は、技術投資の継続ならびに関連する減価償却費およ

                び償却費の増加、人員整理費用の増加、年間給与の増加の
                影響により、2.6%増加した。これらの項目は、人員の再
                編、デジタル化、および第三者に係る支出の減少を含む生
                産性向上からの利益により、一部相殺された。
             ●   現金ROE    は、2016年度と比較して、30ベーシス・ポイント減
                少して14.0%になった。当社が高い競争能力を持っている
                高利益の事業ラインに、引き続き当社のポートフォリオを
                移行させた。
             ● 当社グループは、2017年度中、十分な資本力を維持してお
                り、  普通株式Tier1(CET1)目標比率                である8.75%から
                9.25%を上回っており、2017年9月30日現在のCET1比率
                は、10.06%であった。
     戦略および        ● 自動化およびオペレーショナル・エクセレンスを通じた業                                  達成~高度に達成

     リーダーシッ          務の簡素化および合理化に注力する一方で、生産性および
     プ          効率性を戦略的に推進した結果、当年度中301百万豪ドルの
     (25%)          生産性向上による節減を達成した。
             ● その他の主要銀行と対照したTSR順位は第1位であり、2017
                事業年度の目標順位である第3位を上回っていた。
             ● 当社グループの持続可能な顧客中心の文化を強化する、当
                社グループの目的の進展、明瞭化および実施
             ● 正しい顧客営業成果をサポートし、セジウィック・レ
                ビューの提案に合わせるための報奨の再形成
             ● 2017年度性別多様性指標の5つのうち4つを達成した。
             ● 59%の従業員参画意欲スコアは、当社の目標である上位4
                                 (1)
                分の1に入る成績(67%)を下回った                    。上位4分の1
                の基準は、当社従業員のリーダーによる個々のコーチ、コ
                ミュニケーションおよび指導の方法、キャリアおよび開
                発、ならびに企業責任に対するコミットメントを含む、数
                多くの分野で達成された。
             ● デジタル化および革新による製品およびサービスの継続的
                改良は以下を含む。
               ● クイックビズ無担保ローンの適格基準を拡大し、より多
                 くの小規模企業の顧客が素早く資金調達できるようにす
                 る。
               ● メルボルンのスタートアップ企業であるメディパス・ソ
                 リューションとのパートナーシップによる、当社グルー
                 プの次世代HICAPSソリューションの開始
               ● 承認された第三者デベロッパーが顧客により統合された
                 体験を提供するためにNABとデータを共有する機会を与え
                 る、アプリケーション・プログラミング・インター
                 フェース・デベロッパー・ポータルの開始
                                            付与された最大機会に
                                            対する割合
                                  全体のSTI支給結果:
                                            グループCEO:49%
                                            その他の上級執行役員:
                                            33 %~66%
                              (中略)
     4.4 LTI支給結果
      下表は、2017年度中に検証された2012年度LTI報酬のLTI業績基準と対照して当社グループの業績を示した
     ものである。当該報酬は、2つのTSR業績基準を有する。両基準に関する権利確定は、2つのTSR同業グルー
     プと対照した当社のTSR結果に基づいている。権利確定スケジュールは、直線スケールの                                             50パーセンタイル         に
                                 22/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     て50%が権利確定し、           75パーセンタイル         にて100%が権利確定する。業績基準が達成されなかったため、権利
     確定した2012年度LTIはなかった。業績連動型新株引受権は、5年間の業績期間(2012年11月12日から2017年
     11 月12日)について、2017年11月に最終検証を受けた。
      2012年度について付与されたLTI報酬の詳細は、当社の2012年度年次財務報告書
     (www.nab.com.au/annualreportsでオンライン閲覧可能)に含まれる当社の2012年度報酬報告書に記載され
     ている。
                                  権利確定した      失効した     残存する

                            パーセンタイ
     業績基準                業績期間              権利の割合     権利の割合     権利の割合
                              ル 順位
                                    (%)     (%)     (%)
     S&P/ASX50     と比較した         2012  年11月12日から
                  2016  年11月12日
                               42 位      -     -    100
           (1)
     TSR  (50%)
     上位金融サービス会社と              2012  年11月12日から
                  2016  年11月12日
     比  較  し  た  TSR(50%)
                               29 位      -     -    100
     (2)
                              (中略)

     セクション6-執行役員の報酬の詳細な開示
                              (中略)
     6.1   法定報酬
                              (中略)
     下記の報酬・給付に加え、当社は、役員としての上級執行役員全員を被保険者とする保険契約の保険料を支
     払った。同保険料からの利益を個人間で配分することは不可能である。通常の商慣行に従い、保険契約は、
     支払われた保険料の詳細を開示することを禁止している。
                       短期手当         退職後手当           株式による給付

                                    その他の
                   現金         非金銭                       その他
                                             新株引受権
                                    長期手当
                        (2)         (4)         (6)
                                                        ( 9 )
                   (1)         (3)                       (8)
                                                      合計
                      現金STI          年金         株式
                  給与         給付                      支払額
                                              (7)
                                     (5)
     氏名              豪ドル     豪ドル     豪ドル     豪ドル     豪ドル     豪ドル     豪ドル     豪ドル     豪ドル
     業務執行取締役
               2017 年  2,216,311     977,500     2,534    30,646     37,881      42  3,366,164       -  6,631,078
     A.G. ソーバーン
               2016 年  2,362,779     1,380,000      3,021    37,967     37,832      253  2,887,815       -  6,709,667
     その他の上級執行役員
     M.B.  ベアード(年度の一
               2017 年   535,766     227,754     6,931    13,358     2,184      -   100,852      -   886,845
     部)
               2017 年  1,190,793     510,000     11,545     20,756     14,222    258,508    1,099,387       -  3,105,211
     A.J. ケーヒル
               2016 年  1,028,323     600,000     18,947     21,246     12,710     26,205    882,560      -  2,589,991
     S.J. クック(年度の一部)        2017 年   375,843     92,779     4,691    12,383     1,483      -   44,995      -   532,174
               2017 年  1,229,156     331,500     231,723     27,862     20,860      -   822,379      -  2,663,480
     A.D. ゴール
               2016 年  1,204,456     432,000     243,026     31,849     17,558      -   669,414      -  2,598,  303
               2017 年  1,154,125     480,000     24,863     20,756     19,255    217,661    1,540,183       -  3,456,843
     A.P. ハガー
               2016 年  1,043,257     660,000     65,367     21,072     17,558    818,731    1,456,083       -  4,082,068
               2017 年   897,146     582,075     20,475     70,411     13,020      946  1,183,827       -  2,767,900
     A.J. ヒーリー
               2016 年   894,030     486,777     11,224     67,686     9,149     935   908,721      -  2,378,522
               2017 年   981,472     425,000     5,479    20,756     14,592     73,809    711,212      -  2,232,320
     G.A. レノン
               2016 年   502,412     274,809     3,045    12,508     7,241    99,752    254,128      -  1,153,895
               2017 年  1,100,800     660,000     52,419     20,756     19,413    258,508    1,150,227       -  3,262,123
     A. メンティス
               2016 年  1,108,671     600,000     40,359     21,246     19,308     26,205    868,285      -  2,684,074
               2017 年   752,193     340,000     165,534     21,000     4,840    313,090     441,885      -  2,038,542
     L.N. マーフィー
               2016 年   419,916     650,000     179,718     16,603     1,934    421,832     114,466      -  1,804,469
     P.F. ライト(年度の一部)        2017 年   647,019     552,500     227,465      -    2,293      -   159,946    2,796,294     4,385,517
     元上級執行役員
     C.A. カーヴァー(年度の一        2017 年   358,361     472,555      -   13,510     1,925    739,796      -     -  1,586,147
     部)          2016 年   118,959     133,325      -    1,760     581   260,796      -     -   515,421
     C.M. ドラモンド(年度の一
               2016 年   598,239      -    2,495     7,729     3,990    71,776    (784,609)       -   (100,380)
     部)
     M.J.  ヒーリー(年度の一
               2016 年   674,401     704,008     5,661    18,582     11,397      -   845,034     631,801    2,890,884
     部)
     M.R. ローランス(年度の一        2017 年   316,390     235,002      55   13,493     6,047    304,437     43,750      -   919,174
     部)          2016 年   45,500     36,870      7   1,402     672    37,692     7,140      -   129,283
     R.A. メルローズ(年度の一
               2016 年   32,790     21,069      486    1,839     449    13,821     5,274      -   75,728
     部)
     R.M.  ロバーツ(年度の一
               2016 年   796,646     828,244     11,409     18,321     27,726      218   551,692    1,353,187     3,587,443
     部)
     G.R. スレーター(年度の一
               2016 年   897,729     819,962     5,639    18,147     15,292      -  1,165,925     1,077,395     4,000,089
     部)
                                 23/30

                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     上級執行役員合計          2017 年  11,755,375     5,886,665     753,714     285,687     158,015    2,166,797    10,664,807     2,796,294    34,467,354
     上級執行役員    合計      2016 年  11,728,108     7,627,064     590,404     297,957     183,397    1,778,216     9,831,928     3,062,383    35,099,457
      (1)
         現金給与、現金手当および年度中に発生したが消化されなかった年次有給休暇等の短期有給休暇を含む。
      (2)
         2017  年度に関して受領されたSTIの現金部分は、オーストラリアでは2017年11月15日、ニュージーランドでは
        2017年11月30日に支払われる予定である。金額は、適格な現上級執行役員およびグループCEOに提供されるSTIの
        50%を反映している。金額は、上級執行役員を務め、その前任の役職に係る報酬に関する取り決めに引き続き準拠
        していた適格な元上級執行役員に提供されるSTIの75%を反映している。2016年度に関して受領されたSTIの現金部
        分は、従前に開示されていたとおりに、調整なしで、2017年度中にすべての上級執行役員に対し全額支払われた。
      (3)
         自動車手当、駐車場、          転居費用    およびその他の給付を含む。海外赴任者に対しては、健康基金給付および個人的
        なタックスアドバイスの提供を含むことがある。関連する付加給付税を含む。
                              (中略)
     6.2 2017年度に関して付与されるLTI
      上級執行役員(株主の承認を条件としてグループCEOを含む。)は、2017年12月にLTI業績連動型新株引受
     権を付与される。LTI報酬の主な特徴は、以下のとおりである。
             第1トランシェ-現金ROE増加                       第2トランシェ-相対TSR
     業績基準        報酬の50%は、現金ROE増加に左右される。                       報酬の50%は、以下の金融サービス同業グルー
             当社の現金ROE増加は、以下の同業グループと                       プと比較した相対TSR業績に左右される。
             比較して順位付けされる。                       ・オーストラリア・アンド・ニュージーラン
             ・オーストラリア・アンド・ニュージーラン                        ド・バンキング・グループ・リミテッド
              ド・バンキング・グループ・リミテッド                      ・コモンウェルス・バンク・オブ・オーストラ
              (ANZ)                       リア
             ・コモンウェルス・バンク・オブ・オーストラ                       ・ウェストパック・バンキング・コーポレー
              リア(CBA)                       ション
             ・ウェストパック・バンキング・コーポレー                       ・AMPリミテッド
              ション(WBC)                      ・バンク・オブ・クイーンズランド・リミテッ
             (ROE同業グループ)                        ド
             現金ROEの変動は、(最初の期間である)2017                       ・ベンディゴ・アンド・アデレイド・バンク・
             年の財務報告年度の現金ROEと当業績期間にわ                        リミテッド
             たる業績期間の平均現金ROEとを比較して計算                       ・サンコープ・グループ・リミテッド
             される。                       (TSR同業グループ)
                                    TSR  は、業績期間の開始日から終了日まで(両
                                    日を含む。)の30日間の売買高加重平均株価に
                                    基づいて独立外部コンサルタントが計算する。
     業績期間        2018  年から2021年までの財務報告年度。(ROE                     2017  年11月14日から2021年11月14日まで
             計測期間)
     権利確定        権利確定は、ROE同業グループと比較した当社                       権利確定は、TSR同業グループと比較した当社
     スケジュール        の現金ROE増加の順位に基づいている。第4位                       のTSR業績に基づく。          直線スケールの50パーセ
             =0%、第3位=25%、第2位=50%、第1位                       ンタイル    (または中央値)で50%権利確定、                 75
             =100%                       パーセンタイル       で100%権利確定
     証券        業績連動型新株引受権。
                                                (1)
             グループCEOは、権利確定する業績連動型新株引受権に係る配当同等支払い                                     を受領する。
     付与する業績        割り当てられる業績連動型新株引受権の数は、各執行役員の最大LTI機会(                                   セクション3.1       を参
     連動型新株引        照。)に左右される。
     受権の数の決        グループCEO
     定        LTI  機会は、2017年9月25日から9月29日までの加重平均株価(「WASP」)により除算される。
             その他の上級執行役員
             最大LTI機会(       セクション3.1       を参照。)の50%は第1トランシェの公正価値により除算され、
             LTI機会の50%は第2トランシェの公正価値により除算される。
             グループCEO(2017年度の定時株主総会における株主の承認を要する。)およびその他の上級執
             行役員に付与される公正価値および業績連動型新株引受権の実際の数は、                                   セクション6.7       に詳述
             されている。
                                 24/30



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     最大WASP割引        2016  年度と同様、公正価値による割当方法に基づいて上級執行役員に割り当てられる業績連動型
     率の制限        新株引受権の総数を制限する方針が適用されている。当該方針は、付与されるLTI業績連動型新
             株引受権の数を決定する際に適用する最大割引率を以下のとおり制限している。
             ・LTI報酬の第1トランシェについてはWASPの25%
             ・LTI報酬の第2トランシェについてはWASPの50%
             その後、LTI報酬の各トランシェに付与される業績連動型新株引受権の数を決定するために使用
             される価格は、以下のうち数値の大きい一方である。
             ・該当するトランシェについて上記において説明されたWASP計算法
             ・該当するトランシェの公正価値
             第1トランシェが内部業績基準と結びついており第2トランシェが市場業績基準と結びついてい
              ることにより、公正価値の仮定とそのデータとが異なるため、最大割引率はトランシェ毎に異
              なる。
                              (中略)
      上記の基準に合致するすべての潜在的な調整に                        定性的   評価が適用される。これは、ROE同業グループ内の調
     整の一貫性や、調整が権利確定の結果に影響するか否かといった要因の検討を含む。提案された重要な現金
     ROE指針の調整の審査、また、当該指針が上記の原則に即しているか、また正確に計算されているかについて
     の報酬委員会への助言は、外部の企業が担当する。
                              (中略)
     6.3 2016年度に関するLTI
      2016年12月(グループCEOに対しては2017年2月)に割り当てられたLTI報酬に関して、報酬委員会は、当
     社およびROE同業グループ各社について以下の現金ROEの最初の期間を承認した。
          開示       最初の期間

     銀行     された     (2016事業年度)の          調整の詳細
          現金ROE       調整現金ROE
     NAB     14.3  %      14.3  %     ・調整なし
     ANZ     10.3  %      12.1  %     ・2016年度の現金収益は、ANZが開示し、性質上「臨時」であると考
                          えられる4項目について、989百万豪ドル調整された。
                          ・ソフトウェアの償却(389百万豪ドル)
                          ・AM銀行への      マイノリティ      投資の簿価の減損(260百万豪ドル)。
                           これは、天津銀行の持分の売却による利益(29百万豪ドル)に
                           よって一部相殺された。
                          ・信用評価調整手法の変更(168百万豪ドル)
                          ・機関投資家向けおよびウェルス事業の簡素化、アジア・リテール
                           およびパシフィックの再編成、ならびにオーストラリア、ニュー
                           ジーランドおよびグループ・センターにおけるデジタル化のため
                           の再編成費用(201百万豪ドル)
     CBA     16.5  %      16.5  %     ・調整なし
     WBC     14.0  %      14.0  %     ・調整なし
      取締役会は、公正かつ合理的な時間的比較を確保するために開示された現金ROEを調整することに関して、

     絶対的な裁量権を有する。
     6.4 当年度中に付与されたその他報酬

      当年度中、最高技術・オペレーション担当役員のパトリック・ライト氏の当社での雇用が開始された。ラ
     イト氏は、バークレイカードの最高技術・オペレーション担当役員として大勢の従業員を                                              統率  したグローバ
     ルな経験を有する。彼は、大手金融サービス企業の大規模な変革の促進や、ペースが速く競争が盛んであり
     規制の大きい市場における革新について、広範かつ実証済みの経験を有する。当社グループの事業改革に際
     して、ライト氏は、当社グループの戦略の遂行における重要人物であり、顧客およびバンカーのために効率
     を向上させ、その経験価値をより簡素かつ容易にするための簡素化、デジタル化および自動化のアジェンダ
     を主導する。
                                 25/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
      「リーダーシップ、能力および人材の卓越性で名を上げる」という当社の目標に沿って、また、この役割

     を果たすために必要な技能および経験がオーストラリアでは手に入らなかったため、当社は国際市場に着目
     した。取締役会は、競争力のある報酬パッケージを提供するため、ライト氏の雇用開始の取り決めの一環と
     して、以前の雇用主から受領する権利を有していたが離職の際に失権してしまう未払いの報奨金を買収する
     ための2.136百万米ドルの現金支払いを承認した。ライト氏の雇用開始報酬は、ライト氏が当社入社のために
     放棄した権利の金額および時期に関して合意された。第1回分割払いの605,950米ドル(801,627豪ドル)は
     雇用開始後に支払われ、第2回分割払いの260,000米ドル(328,906豪ドル)は2017年9月に支払われた。報
     酬の残りの部分は、今後3年間にわたって支払われる(2018年3月に546,572米ドル、2019年3月に463,171
     米ドル、2020年3月に260,000米ドル)。
     6.5 株式および業績連動型新株引受権の                     価額

      下表は、2017年度中に各上級執行役員に対して付与され、失効し、または権利確定した株式および業績連
     動型新株引受権の         価額  を示している。表示されている                価額  は、通常当年度よりも長い権利確定期間にわたり
     費用計上される        会計上の金額       全額を表している。上級執行役員は、2017年度中に権利確定し、行使された業
     績連動型新株引受権に対して支払いを行わなかった。業績連動型新株引受権の行使の際に交付された株式数
     は1対1である。行使された株式について未払いの金銭はない。報酬が付与された後、これらの報酬または
     その他の報酬の条件に変更はない。
      2017年度に割り当てられた報酬については、株式または権利確定の可能性のある業績連動型新株引受権の

     最大数が、各上級執行役員について記載されている。株式報酬の最大額は、権利確定時における当社の株価
     により決定される株式または業績連動型新株引受権の株式数である。業績連動型新株引受権の最低株式数お
     よび株式報酬の価額は、当該株式がすべて失効した場合はゼロとなる。
                              (中略)
     6.10   上級執行役員の契約条件
      上級執行役員全員は、固定期間なしの契約に基づき雇用されている。下表は、2017年9月30日時点で上級
     執行役員であった各人の役職および契約条件を示している。
                                                    (1)

                                              退職の取り決め
                                             通知期間
                                                       (2)
                                                    退職金
                                             (週間)
                                            上級
                                                当社     豪ドル
     氏名            役職                          執行役員
     業務執行取締役
     A.G.  ソーバーン          グループ最高経営責任者                            26    26    1,045,455
     その他の上級執行役員
     M.B.  ベアード          最高顧客担当役員-法人・機関投資家向け銀行業務                             1    26     545,455
     A.J.  ケーヒル          最高執行責任者                             ▶    26     545,455
     S.J.  クック          最高法務・商務担当カウンシル                             1    26     363,636
     A.D.  ゴール          最高リスク管理担当役員                            12    26     590,909
     A.P.  ハガー          最高顧客担当役員-消費者金融・資産運用業務                             ▶    26     545,455
     A.J.  ヒーリー          バンク・オブ・ニュージーランドの最高経営責任者                            13    13     253,076
     G.A.  レノン          最高財務責任者                             ▶    26     454,545
     A. メンティス           最高顧客担当役員-事業者向け・プライベートバンキング業務                             ▶    26     545,455
     L.N.  マーフィー          最高人事担当役員                             2    26     363,636
     P.F.  ライト          最高技術・オペレーション担当役員                             1    26     590,909
      (1)
         雇用は、上級執行役員または当社のいずれかが、関係する通知を行うことにより終了させることができる。最近
        の従業員通知期間は、当社が精力的な後継者育成計画を実施している際に過剰に退職金を支払わない旨の商務上の
        決定を反映している。
                                 26/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
      (2)
         当社の通知期間に現行の年間固定報酬または総合報酬パッケージ(TRP)(固定報酬から雇用主年金を控除した
        もの)を乗じて計算される。退職金は、当社が通知を行った上で理由なく上級執行役員の雇用契約を終了させた場
        合 および通知に代わり支払いを行った場合に法律に従い支払われる。退職金は辞任、雇用契約の即時終了または業
        績不振の際は通常支払われないが、取締役会は例外的な決定を行うことができる。退職の際の株式および業績連動
        型新株引受権の留保または失権は、適用のある法律および取締役会の裁量を含む各付与の条件により左右される。
        記載金額は、当社が通知を行った場合に上級執行役員の現行の固定報酬またはTRPに基づいて支払われるべき退職
        金である。価額は、留保されうる株式保有の                     価額  または退職時に支払われる他の法的支払は含まない。
                              (後略)
                                 27/30


















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     5  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     <訂正前>
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
                               (中略)
     2017   年度コーポレート・ガバナンス・ステートメント
                               (中略)
     多様性および包摂
                               (中略)
     2020  年度の当社の目標:
                               (中略)
      ナブトレード・チャリティ・トレーディング・デー:                            2017年4月19日、ナブトレードは、仲介手数料全額
     を女性と子供に対する暴力の追放を支援するルーク・バティ基金に寄付した。この種のものとしては世界初
     であるナブトレードのチャリティ・トレーディング・デーは、投資家に対して、地域社会に真の違いをもた
     らす組織を支援する革新的な方法をもたらした。このイベントを通じて総額100,000豪ドルが寄付され、チャ
     リティ・トレーディング・デーは毎年の開催が予定されている。
                               (後略)
     <訂正後>

     (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
                               (中略)
     2017   年度コーポレート・ガバナンス・ステートメント
                               (中略)
     多様性および包摂
                               (中略)
     2020  年度の当社の目標:
                               (中略)
      ナブトレード・チャリティ・トレーディング・デー:                            2017年4月19日、ナブトレードは、仲介手数料全額
     を女性と子供に対する            家庭内   暴力の追放を支援するルーク・バティ基金に寄付した。この種のものとしては
     世界初であるナブトレードのチャリティ・トレーディング・デーは、投資家に対して、地域社会に真の違い
     をもたらす組織を支援する革新的な方法をもたらした。このイベントを通じて総額100,000豪ドルが寄付さ
     れ、チャリティ・トレーディング・デーは毎年の開催が予定されている。
                               (後略)
                                 28/30






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
     第6    【経理の状況】
     1  【財務書類】

     <訂正前>

      財務書類に対する注記
                              (中略)
       2 セグメント情報
                              (中略)
        報告対象セグメント情報と法定上の業績の調整
         以下の表は、現金収益基準で作成された上記のセグメント表の情報を財務報告書に表示された関連
        法定情報に調整したものである。報告対象セグメントの合計に加えて、現金収益基準には報告対象セ
        グメントとしての基準を満たさないセグメントおよびグループ間消去が含まれている。ウェルス関連
        の純額調整は、現金収益基準で作成したNABウェルス事業の損益計算書を法定損益計算書の科目にしか
        るべく組み直したことに伴う調整値を示す。
                                                当社グループ

                                                (1)        (1)
                                             20176  年      2016  年
                                             百万豪ドル        百万豪ドル
               純利息収益
            現金収益基準の純利息収益                                    13,166        12,930
            公正価値およびヘッジの非有効部分                                     (21)         -
            ウェルス関連の調整、純額                                      37        -
            法定基準の純利息収益                                    13,182        12,930
               その他収益
                        (2)
            現金収益基準のその他収益合計
                                                4,729        4,503
            ウェルス関連の調整、純額                                     817        801
            自己株式                                      -       68
            公正価値およびヘッジの非有効部分                                     (692)        (141)
                           (3)
            生命保険事業の利益に対する20%の持分
                                                  -       (39)
            取得無形資産の償却                                     (12)         -
            法定基準のその他収益                                     4,842        5,192
               営業費用
                     (2)
            現金収益基準の営業費用
                                                7,635        7,438
            ウェルス関連の調整、純額                                      849        801
            取得無形資産の償却                                      55        92
            法定基準の営業費用                                     8,539        8,331
               貸倒引当金繰入額
            現金収益基準の貸倒引当金繰入額                                      810        800
            公正価値で測定する貸出金の公正価値の調整                                      14        13
            法定基準の貸倒引当金繰入額                                      824        813
               法人税
            現金収益基準の法人税                                     2,710        2,588
            非現金収益項目の法人税還付/(費用):
          ウェルス関連の調整、純額                                        2       (5)
          自己株式                                        -        7
          公正価値およびヘッジの非有効部分                                      (227)        (28)
          取得無形資産の償却                                       (5)        (9)
            法定基準の法人税                                     2,480        2,553
                              (後略)

     <訂正後>

                                 29/30


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                          訂正有価証券報告書
      財務書類に対する注記
                              (中略)
       2 セグメント情報
                              (中略)
        報告対象セグメント情報と法定上の業績の調整
         以下の表は、現金収益基準で作成された上記のセグメント表の情報を財務報告書に表示された関連
        法定情報に調整したものである。報告対象セグメントの合計に加えて、現金収益基準には報告対象セ
        グメントとしての基準を満たさないセグメントおよびグループ間消去が含まれている。ウェルス関連
        の純額調整は、現金収益基準で作成したNABウェルス事業の損益計算書を法定損益計算書の科目にしか
        るべく組み直したことに伴う調整値を示す。
                                                当社グループ

                                                (1)        (1)
                                             2017  年      2016  年
                                             百万豪ドル        百万豪ドル
               純利息収益
            現金収益基準の純利息収益                                    13,166        12,930
            公正価値およびヘッジの非有効部分                                     (21)         -
            ウェルス関連の調整、純額                                      37        -
            法定基準の純利息収益                                    13,182        12,930
               その他収益
                        (2)
            現金収益基準のその他収益合計
                                                4,729        4,503
            ウェルス関連の調整、純額                                     817        801
            自己株式                                      -       68
            公正価値およびヘッジの非有効部分                                     (692)        (141)
                           (3)
            生命保険事業の利益に対する20%の持分
                                                  -       (39)
            取得無形資産の償却                                     (12)         -
            法定基準のその他収益                                     4,842        5,192
               営業費用
                     (2)
            現金収益基準の営業費用
                                                7,635        7,438
            ウェルス関連の調整、純額                                      849        801
            取得無形資産の償却                                      55        92
            法定基準の営業費用                                     8,539        8,331
               貸倒引当金繰入額
            現金収益基準の貸倒引当金繰入額                                      810        800
            公正価値で測定する貸出金の公正価値の調整                                      14        13
            法定基準の貸倒引当金繰入額                                      824        813
               法人税
            現金収益基準の法人税                                     2,710        2,588
            非現金収益項目の法人税還付/(費用):
          ウェルス関連の調整、純額                                        2       (5)
          自己株式                                        -        7
          公正価値およびヘッジの非有効部分                                      (227)        (28)
          取得無形資産の償却                                       (5)        (9)
            法定基準の法人税                                     2,480        2,553
                              (後略)

                                 30/30





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。