ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.) 訂正有価証券届出書(組込方式)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
     【表紙】
     【提出書類】                     有価証券届出書の訂正届出書
     【提出先】                     関東財務局長
     【提出日】                     平成30年2月15日
     【会社名】                     ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ
                          (Nomura    Europe    Finance    N.V.)
     【代表者の役職氏名】                     社長兼業務執行取締役
                          (President      & Managing     Director)
                          山  﨑 裕    二
                          (Yuji   Yamasaki)
     【本店の所在の場所】                     オランダ王国 アムステルダム市1096HA
                          アムステルプライン1 レンブラント・タワー19階
                          (Rembrandt      Tower   19th   floor,    Amstelplein      1,  1096HA    Amsterdam,
                          The  Netherlands)
     【代理人の氏名又は名称】                     弁護士  柴 田 弘 典
     【代理人の住所又は所在地】                     東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー
                          アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                     03-6888-1000
     【事務連絡者氏名】                     弁護士  安 藤 紘 人
                          弁護士  根 本 伸 毅
     【連絡場所】                     東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー
                          アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                     03-6888-1189
                          03-6888-4784
     【届出の対象とした募集有                     有価証券信託受益証券
      価証券の種類】
     【届出の対象とした募集金額】                     申込期間(平成29年2月22日から平成30年3月20日まで)
                           各本受益権(以下に定義する。)ごとに、500億円を上限とする。
                           *なお、申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出する
                           ことによって更新される。
     【安定操作に関する事項】                     該当事項なし
     【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/33







                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
     1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

      平成29年2月3日付で提出した有価証券届出書(訂正を含む。)の記載事項について、平成30年2月14日
     に野村ホールディングス株式会社が四半期報告書を提出したことに伴い、関連する事項を訂正するため、本
     訂正届出書を提出するものであります。
     2【訂正事項】

      第三部 追完情報
      第五部 提出会社の保証会社等の情報

      第2 保証会社以外の会社の情報
      2 継続開示会社たる当該会社に関する事項
      (1) 当該会社が提出した書類
     3【訂正箇所】

      (注)訂正箇所は、事業等のリスクおよび主要な財務数値の箇所を除き、__罫で示しております。
     第三部【追完情報】

     <訂正前>

     1 事業等のリスク
      発行会社が平成29年8月14日に関東財務局長に提出した有価証券報告書および平成29年12月21日に関東財

     務局長に提出した半期報告書(以下「有価証券報告書等」という。)に記載の「事業等のリスク」について
     は、当該有価証券報告書等の提出日以後、本訂正届出書提出日(平成                                   29 年 12 月 22 日)までの間にお         いて生じ
     た変更およびその他の事由はない                 。
      また、当該有価証券報告書等中には将来に関する事項が記載されているが、当該事項は本訂正届出書提出
     日(平成    29 年 12 月 22 日)現在においてもその判断に変更はなく、新たに記載する将来に関する事項もない。
     2 有価証券報告書等の提出日以後に生じた重要な事実

      平成30年2月1日に発表された本外国指標連動証券の保証会社である野村ホールディングス株式会社の平

     成30年3月期第3四半期決算短信に含まれる主要な財務数値は以下のとおりである。
     四半期連結財務諸表

       本財務情報は、原則として、野村ホールディングス株式会社の2017年3月期の有価証券報告書(2017年

      6月26日提出)および様式20-F(2017年6月26日に米国証券取引委員会に提出された年次報告書)の注記
      で開示した会計方針に従って作成されている。
                                  2/33





                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
     (1)四半期連結貸借対照表
                                  3/33




















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
                                  4/33





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
     (2)四半期連結損益計算書
                                  5/33




















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
     (3)四半期連結包括利益計算書
     (4)重要な後発事象











      (子会社株式の公開買付けへの応募)

       野村ホールディングス株式会社は、2018年1月29日に、楽天株式会社(以下「楽天」という。)が野村

      ホールディングス株式会社の連結子会社である朝日火災海上保険株式会社(以下「朝日火災」という。)
      の普通株式および甲種優先株式を対象として実施する公開買付けに、野村ホールディングス株式会社が保
      有する普通株式4,369,100株および甲種優先株式2,084,000株を応募する旨の契約を締結した。
       本公開買付けの決済日は2018年3月30日を予定しており、本公開買付けが成立した場合には、楽天より
      338億円が売却代金として支払われる予定である。野村ホールディングス株式会社の2018年3月期連結財
      務諸表上、税引前当期純利益に約90億円が計上される見込みである。2018年3月期第4四半期から朝日火
      災は野村ホールディングス株式会社の連結の範囲から除外される。
     <訂正後>

     1 事業等のリスク
                                  6/33




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
      発行会社が平成29年8月14日に関東財務局長に提出した有価証券報告書および平成29年12月21日に関東財
     務局長に提出した半期報告書(以下「有価証券報告書等」という。)に記載の「事業等のリスク」について
     は、当該有価証券報告書等の提出日以後、本訂正届出書提出日(平成                                   30 年 2 月 15 日)までの間にお         ける、変
     更および追加事項は以下のとおりである                    。
      変更および追加事項については、__罫で示している。
      また、当該有価証券報告書等中には将来に関する事項が記載されているが、当該事項は本訂正届出書提出
     日(平成    30 年 2 月 15 日)現在においてもその判断に変更はなく、新たに記載する将来に関する事項もない。
       以下に述べるリスクが実際に生じた場合、当社のビジネスや財政状態、経営成績およびキャッシュ・フ

      ローの状況に悪影響を及ぼす可能性がある。これらは、本書提出日現在で当社が判断したものであるが、
      現時点では確認できていない追加的リスクや現在は重要ではないと考えるリスクも当社に悪影響を与える
      可能性がある。
      <当社固有のリスク>

       (1)   オペレーショナル・リスク
       当社では、オペレーショナル・リスクを内部プロセス・人・システムが不適切であること、もしくは機
      能しないこと、または外生的事象が生起することから損失を被るリスクと定義している。この定義には、
      戦略リスク(経営陣の不適切な意思決定により損失を被るリスク)は含まれないが、オペレーショナル・
      リスクの顕在化の結果、法令や規制等の違反に至るリスク、および野村グループ各社の評判の悪化に係る
      リスクを含んでいる。
       なお、当社は、野村グループのオペレーショナル・リスク管理の枠組に全面的に統合されている。
       (2)   市場リスク

       市場リスクは、市場のリスク・ファクター(金利、為替、有価証券等の価格)の変動により、保有する
      金融資産および金融負債(オフ・バランスを含む。)の価値が変動し、損失を被るリスクである。
       ただし、当社は貸付金およびミディアム・ターム・ノートのエクスポージャーを経済的にヘッジするた
      めにデリバティブ取引を行っており、市場リスクは最小限に抑えられている。
       (3)   信用リスク

       信用リスクとは、債務者またはカウンターパーティーが、債務不履行、破産、または法的手続等の結果
      として、予め合意した条件通りに契約上の義務を履行できないことにより損失を被るリスクをいい、オ
      フ・バランス資産に係る損失を含む。当該リスクはまた、カウンターパーティーの信用評価調整により損
      失を被るリスクを含む。
       当社の金融商品の取引相手は野村グループのみであるため、信用リスクは最小限に抑えられている。
       (4)   資金流動性リスク

       市況の低迷等に伴う業績の悪化等により必要な資金が確保できなくなり、資金繰りがつかなくなる場合
      や、資金の確保に通常よりも著しく高い金利での資金調達を余儀なくされることにより損失を被るリスク
      である。当社は、野村グループの資金調達会社としての主要な役割を果たすことから、当社の活動は野村
      グループの流動性リスク管理のフレームワークの中に統合されている。
       (5)   その他

                                  7/33




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
       収益環境の悪化または業務運営の効率性もしくは有効性の低下により、収益がコストをカバーできなく
      なるリスクであるビジネス・リスク、当局による規制の導入・改正・撤廃により新たな義務が課せられる
      または費用が発生する等のリーガル・リスクがある。
      <野村グループのリスク>

       当社の金融商品の取引相手先は野村グループのみであるため、野村グループの経営成績および財政状態
      の悪化は、当社のビジネスや経営に悪影響を与える可能性がある。当社が本書提出日現在において、野村
      グループのリスクとして認識している事項は以下のとおりである。
       野村グループのビジネスは日本経済および世界経済の情勢および金融市場の動向により重大な影響を受

      ける可能性がある
       野村グループのビジネスや収益は、日本経済および世界経済の情勢ならびに金融市場の動向により影響
      を受ける可能性がある。また、各国の経済情勢や金融市場の動向は、経済的要因だけではなく、戦争、テ
      ロ行為、経済・政治制裁、世界的流行病、地政学的リスクの見通しまたは実際に発生した地政学的イベン
      ト、あるいは自然災害などによっても影響を受ける可能性がある。仮に、このような事象が生じた場合、
      金融市場や経済の低迷が長期化し、野村グループのビジネスに影響が及ぶとともに、大きな損失が発生す
      る可能性がある。また、金融市場や経済の低迷が長期化しない場合でも、市場のボラティリティの変化な
      ど、環境の変化が野村グループのビジネス、財政状態または経営成績に影響を与える可能性がある。
       なお、野村グループのビジネス・業務運営に影響を与える金融市場や経済情勢に関するリスクには以下
      のものが含まれる。
        野村グループがビジネスを行う国・地域における政府・金融当局による政策の変更が、野村グルー

       プのビジネス、財政状態または経営成績に影響を与える可能性がある
        野村グループは、国内外の拠点網を通じて、グローバルにビジネスを展開している。したがって、
       野村グループがビジネスを行う国・地域において、政府・金融当局が財政および金融その他の政策を
       変更した場合、野村グループのビジネス、財政状態または経営成績に影響を与える可能性がある。例
       えば、英国は、2016年6月に実施された国民投票により、欧州連合からの離脱を決定した。野村グ
       ループはロンドンに欧州地域の中核拠点を置いているため、欧州連合からの離脱が現実化した場合、
       野村グループのビジネスに影響が及ぶとともに、業務運営態勢や人員配置等の見直しにより追加的な
       費用が発生する可能性がある。また、日本を含む各国の中央銀行は、金融緩和政策(マイナス金利政
       策の導入等)を近年実施しているが、当該政策の長期化や、マイナス金利幅の拡大、利回り水準の低
       下等が進んだ場合には、顧客向け運用商品の提供やトレーディング活動または投資活動等に影響を及
       ぼす可能性がある。
        野村グループの仲介手数料やアセット・マネジメント業務からの収入が減少する可能性がある

        金融市場や経済情勢が低迷すると、野村グループが顧客のために仲介する証券取引の取扱高が減少
       するため、仲介業務にかかる収入が減少する可能性がある。また、アセット・マネジメント業務につ
       いては、多くの場合、野村グループは顧客のポートフォリオを管理することで手数料を得ており、そ
       の手数料額はポートフォリオの価値に基づいている。したがって、市場の低迷によって、顧客のポー
       トフォリオの価値が下がり、解約等の増加や新規投資の減少が生じることによって、野村グループが
       アセット・マネジメント業務から得ている収入も減少する可能性がある。
                                  8/33




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
        野村グループの投資銀行業務からの収入が減少する可能性がある
        金融市場や経済情勢の変動によって、野村グループの行う引受業務や財務アドバイザリー業務など
       の投資銀行業務における案件の数や規模が変化する可能性がある。これらの業務の手数料をはじめと
       して、投資銀行業務からの収入は、野村グループが取り扱う案件の数や規模により直接影響を受ける
       ため、野村グループの投資銀行業務および当該業務における顧客等に好ましくない形で経済または市
       場が変動した場合には、これらの収入が減少する可能性がある。例えば、2011年には欧州の財政危機
       の深刻化および長期化により資金調達活動が低下したことを一因として、野村グループの2012年3月
       期および2013年3月期のインベストメント・バンキング収益合計(金融費用控除後)は前年比でそれ
       ぞれ15.9%減および15.0%減となった。
        野村グループの電子取引業務からの収入が減少する可能性がある

        電子取引システムは、野村グループのビジネスにとって、少ないリソースで効率的に迅速な取引を
       執行するために必要不可欠なシステムである。これらのシステムを利用することにより、取引所また
       はその他の電子取引市場を介して効率的な執行プラットフォームおよびオンライン・コンテンツや
       ツールを顧客に提供することが可能となる。取引手数料やスプレッド等を含むこれらの電子取引業務
       からの収入は、野村グループが取り扱う案件の数や規模により直接影響を受けるため、金融市場や経
       済情勢が変動した結果、顧客の取引頻度の低下または取引額の低下が生じた場合にはこれらの収入が
       減少する可能性がある。また、さまざまなキャピタルマーケット商品における電子取引の利用が増加
       しており、野村グループの電子取引業務の競争が激化することで、取引手数料やスプレッドに対する
       低下圧力が高まっている。電子取引により取引量は今後増加する可能性があるが、取引手数料の低下
       を補填するほど十分でない場合は、野村グループの収入が減少する可能性がある。野村グループは今
       後も効率的な取引プラットフォームの提供に関する技術開発投資を続けていく予定であるが、電子取
       引の手数料の値下げ圧力が高まった場合には、当該投資から生み出される収益を最大限に確保できな
       い可能性がある。
        トレーディングや投資活動から大きな損失を被る可能性がある

        野村グループは自己売買および顧客取引のために、債券市場や株式市場等で大きなトレーディン
       グ・ポジションと投資ポジションを保有している。野村グループのポジションはさまざまな種類の資
       産によって構成されており、その中には株式、金利、通貨、クレジットなどのデリバティブ取引、さ
       らに貸付債権、リバース・レポおよび不動産も含まれる。これらの資産が取引される市場の変動は、
       当該資産の価値に影響を与える場合がある。野村グループが資産を保有している場合(すなわちロン
       グ・ポジション)、これらの資産の価格が下落すると、野村グループが損失を被る可能性がある。ま
       た、野村グループが資産を保有せずに売却した場合(すなわちショート・ポジション)、それらの資
       産の価格が上昇すると、潜在的には重大な損失に晒される可能性がある。そのため、野村グループは
       さまざまなヘッジ手法を用いてポジションリスクの軽減に努めているが、それでも資産の価格変動に
       より、損失を被る可能性がある。また、金融市場や経済情勢が急激に変化するような場合には、金融
       システム全体に過度のストレスがかかり、市場が野村グループの予測していない動きをすることによ
       り、野村グループは損失を被る可能性がある。
        野村グループのビジネスは市場のボラティリティ水準の変化の影響を既に受けているか、または、

       将来、受ける可能性がある。野村グループのトレーディングビジネスの一部であるトレーディングや
       裁定取引の機会は市場のボラティリティの変化により作り出される。したがって、ボラティリティが
       低下した場合、取引機会が減少し、これらのビジネスの結果に影響を与える可能性がある。一方、ボ
       ラティリティが上昇した場合は、トレーディング量やスプレッドを増加させることがあるが、これに
       よりバリュー・アット・リスク(                 VaR  )で計測されるリスク量が上昇し、野村グループはマーケットメ
       イキングや自己勘定投資に伴って高いリスクに晒され、または                                VaR  の増加を避けるためにこれらのビジ
       ネスのポジションまたは取引量を減らすことがある。
                                  9/33


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
        さらに野村グループは、資本市場における取引を円滑に進めるために、引受業務やトレーディング

       業務に伴い比較的大きなポジションを保有することがある。また、野村グループが投資商品の開発を
       目的としてパイロット・ファンドを設定してポジションを保有し、投資商品の設定・維持を目的とし
       てシード・マネーに出資を行うことがある。野村グループは市場価格の変動によりこれらのポジショ
       ンから大きな損失を被る可能性がある。
        加えて、野村グループが担保を提供する取引においては、担保資産の価値の大幅な下落や、野村グ

       ループの格付の低下をはじめとした信用力の低下が発生した場合は、追加担保を必要とするなど取引
       コストの上昇および収益性の低下を招く可能性がある。一方、担保の提供を受ける取引においては、
       資産価値の下落が顧客取引の減少につながり、それに伴う収益性の低下を招く可能性がある。2017年
       3月31日現在、1ノッチないし2ノッチの格下げがあり、それ以外の変化はなかったと想定した場
       合、野村ホールディングスが、デリバティブ契約に関連して、追加担保提供を求められる見積もり合
       計額は、それぞれ約202億円と約475億円である。
        証券やその他の資産に大口かつ集中的なポジションを保有することによって、野村グループは大き

       な損失を被る可能性がある
        マーケット・メイク、ブロックトレード、引受業務、証券化商品の組成、第三者割当による新株予
       約権付社債等の買い取り業務、または、顧客ニーズに対応した各種ソリューション・ビジネス等にお
       いては、特定の資産を大口かつ集中的に保有することがあり、大きな損失を被る可能性がある。野村
       グループは多額の資金をこれらのビジネスに投じており、その結果、しばしば特定の発行者または特
       定の業界、国もしくは地域の発行者が発行する証券または資産に大口のポジションを保有することが
       ある。野村グループは、一般に、商業銀行、ブローカー・ディーラー、清算機関、取引所および投資
       会社といった金融サービス業に携わる発行者に対するエクスポージャーが大きくなる傾向がある。ま
       た、顧客や取引先とのビジネスにより、特定の国や地域の発行者が発行する証券を保有する場合があ
       る。加えて、住宅および商業用不動産ローン担保証券などの資産担保証券についても、市場価格が変
       動すると、野村グループは大きな損失を被る可能性がある。
        市場低迷の長期化や市場参加者の減少が流動性を低下させ、大きな損失が生じる可能性がある

        市場低迷が長期化すると、野村グループの業務に関連する市場において取引量が減少し、流動性が
       低下する。また、規制強化を背景とする金融機関の市場関連業務の縮小も市場の流動性に影響を与え
       る。この結果、市場において、野村グループは、自己の保有する資産を売却またはヘッジすることが
       困難になるほか、当該資産の市場価格が形成されず、自己の保有する資産の時価を認識できない可能
       性がある。特に店頭デリバティブ等においてはポジションのすべてを適切に解消し、またはヘッジす
       ることができない場合に大きな損失を被る可能性がある。さらに、市場の流動性が低下し、自己の保
       有するポジションの市場価格が形成されない場合、予期しない損失を生じることがある。
        ヘッジ戦略により損失を回避できない場合がある

                                 10/33





                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
        野村グループはさまざまな方法や戦略を用い、多様な種類のリスクに対するエクスポージャーを
       ヘッジしている。ヘッジ戦略が効果的に機能しない場合、野村グループは損失を被る可能性がある。
       野村グループのヘッジ戦略の多くは過去の取引パターンや相関性に根拠を置いている。例えば、ある
       資産を保有する場合は、それまでその資産の価値の変化を相殺する方向に価格が動いていた資産を保
       有することでヘッジを行っている。しかし野村グループは、さまざまな市場環境においてあらゆる種
       類のリスクに晒されており、過去の金融危機の際に見られたように、過去の取引パターンや相関性が
       維持されず、これらのヘッジ戦略が必ずしも十分に効果を発揮しない可能性がある。
        野村グループのリスク管理方針や手続が市場リスクの管理において十分に効果を発揮しない場合が

       ある
        リスクの特定、モニターおよび管理を行うための野村グループの方針や手続が十分な効果を発揮し
       ない場合がある。例えば、野村グループのリスク管理方法の一部は過去の金融市場におけるデータの
       動きに基づいて設計、構築されているが、将来の金融市場における個々のデータの振る舞いは、過去
       に観察されたものと同じであるとは限らない。その結果、将来のリスク・エクスポージャーが想定を
       超えて、大きな損失を被る可能性がある。また、野村グループが使用しているリスク管理方法は、市
       場、顧客等に関する公表情報または野村グループが入手可能な情報の評価をよりどころとしている。
       これらの情報が正確、完全、最新なものではなく、あるいは正しく評価されていない場合には、野村
       グループは、リスクを適切に評価できず、大きな損失を被る可能性がある。加えて、市場の変動など
       により野村グループの評価モデルが市場と整合しなくなり、適正な評価やリスク管理が行えなくなる
       可能性がある。
        市場リスクによって、その他のリスクが増加する可能性がある

        前述の野村グループのビジネスに影響を与えうる可能性に加え、市場リスクがその他のリスクを増
       幅させる可能性がある。例えば、金融工学や金融イノベーションを用いて開発された金融商品に内在
       する諸リスクは市場リスクによって増幅されることがある。
        また、野村グループが市場リスクによりトレーディングで大きな損失を被った場合、野村グループ

       の流動性ニーズが急激に高まる可能性があり、一方で、野村グループの信用リスクが市場で警戒さ
       れ、資金の調達が困難になる可能性がある。
        さらに、市場環境が悪化している場合に、野村グループの顧客や取引相手が大きな損失を被り、そ

       の財政状態が悪化した場合には、これらの顧客や取引相手に対する信用リスクのエクスポージャーが
       増加する可能性がある。
       連結財務諸表に計上されているのれんおよび有形・無形資産にかかる減損が認識される可能性がある

       野村グループは、事業の拡大等のため、企業の株式などを取得し、または企業グループの一部の事業を
      承継しており、野村グループが適切と判断した場合にはこれらを継続して行う見込みである。このような
      取得や承継は、米国会計原則に基づき、野村グループの連結財務諸表において、企業結合として認識さ
      れ、取得価額は資産と負債に配分され、差額はのれんとしている。また、その他にも有形・無形資産を所
      有している。
       これらの企業結合などにより認識されたのれんおよび有形・無形資産に対して減損損失やその後の取引
      に伴う損益が認識される可能性がある。その場合、野村グループの経営成績および財政状態に影響を与え
      る可能性がある。例えば、野村グループは、2014年3月期および2015年3月期において、それぞれ2,840
      百万円と3,188百万円ののれんの減損を認識している。
       資金流動性リスクの顕在化によって野村グループの資金調達能力が損なわれ、野村グループの財政状態

      が悪化する可能性がある
                                 11/33


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
       資金流動性、すなわち必要な資金の確保は、野村グループのビジネスにとって極めて重要である。野村
      グループでは、資金流動性リスクを野村グループの信用力の低下または市場環境の悪化により必要な資金
      の 確保が困難になる、または通常より著しく高い金利での資金調達を余儀なくされることにより損失を被
      るリスクと定義している。即時に利用できるキャッシュ・ポジションを確保しておくことに加え、野村グ
      ループは、レポ取引や有価証券貸借取引、長期借入金の利用や長期社債の発行、コマーシャル・ペーパー
      のような短期資金調達先の分散、流動性の高いポートフォリオの構築などの方法によって十分な資金流動
      性の確保に努めている。しかし、野村グループは一定の環境の下で資金流動性の低下に晒されるリスクを
      負っている。
       その内容は以下のとおりである。

        野村グループが無担保あるいは有担保での資金調達ができなくなる場合がある

        野村グループは、借り換えも含めた日常の資金調達において、短期金融市場や債券発行市場での債
       券発行、銀行からの借入といった無担保資金調達を継続的に行っている。また、トレーディング業務
       のための資金調達活動として、レポ取引や有価証券貸借取引といった有担保資金調達を行っている。
       これらの資金調達ができない場合、あるいは通常よりも著しく高い金利での資金調達を余儀なくされ
       る場合、野村グループの資金流動性は大きく損なわれる可能性がある。例えば、野村グループの短期
       または中長期の財政状態に対する評価を理由に、資金の出し手が資金提供を拒絶する可能性があるの
       は、次のような場合である。
        ・多額のトレーディング損失

        ・市場の低迷に伴う野村グループの営業活動水準の低下
        ・規制当局による行政処分
        ・信用格付けの低下
        上記に加え、資金の出し手側の貸付余力の低下、金融市場やクレジット市場における混乱、投資銀

       行業や証券ブローカレッジ業、その他広く金融サービス業全般に対する否定的な見通し、日本の国家
       財政の健全性に対する市場の否定的な見方など、野村グループに固有でない要因によって、野村グ
       ループの資金調達が困難になることもある。
        野村グループが資産を売却できなくなる可能性がある

        野村グループが資金を調達できない、もしくは資金流動性残高が大幅に減少するなどの場合、野村
       グループは期限が到来する債務を履行するために資産を売却するなどの手段を講じなければならな
       い。市場環境が不安定で不透明な場合には、市場全体の流動性が低下している可能性がある。このよ
       うな場合、野村グループは資産を売却することができなくなる可能性や資産を低い価格で売却しなけ
       ればならなくなる可能性があり、結果的に野村グループの経営成績や財政状態に影響を与える場合が
       ある。また、他の市場参加者が同種の資産を同時期に市場で売却しようとしている場合には、野村グ
       ループの資産売却に影響を及ぼすことがある。
                                 12/33





                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
        信用格付の低下により、野村グループの資金調達能力が損なわれる可能性がある

        野村グループの資金調達は、信用格付に大きく左右される。格付機関は野村グループの格付けの引
       下げや取消しを行い、または格下げの可能性ありとして「クレジット・ウォッチ」に掲載することが
       ある。将来格下げがあった場合、野村グループの資金調達コストが上昇する可能性や、資金調達自体
       が制約される可能性がある。その結果、野村グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性が
       ある。
        さらに、日本の国家財政の健全性に対する市場の否定的な見方といった、野村グループに固有でな
       い要因によっても、野村グループの資金調達が困難になることもある。
       市場リスクや資金流動性リスクだけではなく、イベント・リスクも野村グループのトレーディング資産

      や投資資産に損失を生じさせる可能性がある
       イベント・リスクとは、事前に予測不能な出来事(例えば、自然災害、人災、流行病、テロ行為、武力
      紛争、政情不安、その他野村グループのビジネスや取引相手等に影響を与える出来事)によりマーケット
      に急激な変動がもたらされた場合に発生する潜在的な損失をいう。これらには、2001年9月11日の米国同
      時多発テロ、2007年以降の米国サブプライム問題、2008年秋の金融危機、2011年3月の東日本大震災、
      2011年に顕在化した米国や欧州諸国における財政問題、2013年後半に発生したウクライナ問題、2015年11
      月のパリ同時多発テロ、2016年3月のブリュッセル同時爆発攻撃、および2017年6月のロンドンテロなど
      の社会的に重大な事象のほか、より個別具体的に野村グループのトレーディング資産や投資資産に損失を
      生じさせるおそれのある、次のような出来事が含まれる。
       ・主要格付機関による、野村グループのトレーディング資産や投資資産に関する信用格付の突然かつ

        大幅な格下げ
       ・野村グループのトレーディング戦略を陳腐化させ、競争力を低下させ、または実行不能にするよう
        な、トレーディング、税務、会計、金融規制、法律その他関連規則の突然の変更
       ・野村グループが関与する取引が予測不能な事由により遂行されないために野村グループが受取るべ
        き対価を受取れないこと、または野村グループがトレーディングもしくは投資資産として保有する
        有価証券の発行会社の倒産や詐欺的行為もしくはこれらに対する行政処分等
       野村グループに債務を負担する第三者がその債務を履行しない結果、損失を被る可能性がある

       野村グループの取引先は、ローンやローン・コミットメントに加え、その他偶発債務、デリバティブな
      どの取引や契約により、野村グループに対して債務を負担することがある。これら取引先が法的整理手続
      きの申請、信用力の低下、流動性の欠如、人為的な事務手続き上の過誤、政治的・経済的事象による制約
      など、さまざまな理由で債務不履行に陥った場合、野村グループは大きな損失を被る可能性がある。
       信用リスクは、次のような場合からも生じる。

       ・第三者が発行する証券の保有

       ・証券、先物、通貨またはデリバティブの取引において、クレジット・デフォルト・スワップの取引
        相手であるモノライン(金融保証会社)など野村グループの取引相手に債務不履行が生じた場合
        や、決済機関、取引所、清算機関その他金融インフラストラクチャーのシステム障害により所定の
        期日に決済ができない場合
                                 13/33




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
       第三者の信用リスクに関連した問題には次のものが含まれる。

        大手金融機関の破綻が金融市場全般に影響を与え、野村グループに影響を及ぼす可能性がある

        多くの金融機関の経営健全性は、与信、トレーディング、清算・決済など、金融機関間の取引を通
       じて密接に連関している。その結果、ある特定の金融機関に関する信用懸念や債務不履行が、他の金
       融機関の重大な流動性問題や損失、債務不履行を引き起こし、決済・清算機関、銀行、証券会社、取
       引所といった、野村グループが日々取引を行っている金融仲介機関にも影響を及ぼす可能性がある。
       また将来発生しうる債務不履行や債務不履行懸念の高まり、その他類似の事象が、金融市場や野村グ
       ループに影響を及ぼす可能性がある。国内外を問わず、主要な金融機関が流動性の問題や支払能力の
       危機に直面した場合、野村グループの資金調達にも影響を及ぼす可能性がある。
        野村グループの信用リスクに関する情報の正確性や信用リスクの軽減のために受け入れている担保

       が十分であるという保証はない
        野村グループは信用に懸念のある顧客や取引相手、特定の国や地域に対するクレジットエクスポー
       ジャーを定期的に見直している。しかし、債務不履行が発生するリスクは、粉飾決算や詐欺行為のよ
       うに発見が難しい事象や状況から生じる場合がある。また、野村グループが取引相手のリスクに関
       し、すべての情報を手に入れることができない可能性がある。さらに、野村グループが担保提供を条
       件として与信をしている場合に、当該担保の市場価格が急激に下落すると、担保価値が減少し、担保
       不足に陥る可能性がある。
        野村グループの顧客や取引相手が政治的・経済的理由から野村グループに対する債務を履行できな

       い可能性がある
        カントリー・リスクや地域特有のリスク、政治的リスクは、市場リスクのみならず、信用リスクに
       影響を与える可能性がある。現地市場における混乱や通貨危機のように、ある国または地域における
       政治的・経済的問題はその国や地域の顧客・取引相手の信用力や外貨調達力に影響を与え、結果とし
       て野村グループに対する債務の履行に影響を与える可能性がある。
       金融業界は激しい競争に晒されている

       野村グループのビジネスは激しい競争に晒されており、この状況は今後も続くことが予想される。野村
      グループは、取引執行能力や商品・サービス、イノベーション、評判(レピュテーション)、価格など多
      くの要因において競争しており、特に、仲介業務、引受業務などで激しい価格競争に直面している。
        商業銀行、大手銀行の系列証券会社や外資系証券会社との競争が激化している

        1990  年代後半から、日本の金融業界では規制緩和が進んだ。2004年12月1日から施行されている証
       券取引法の改正(2007年9月30日より金融商品取引法に改称)により、銀行およびその他の金融機関
       がブローカレッジ業務に参入可能となった。また、2009年6月1日から施行されている金融商品取引
       法の改正により、商業銀行と証券会社間のファイアーウォール規制が緩和され、競合他社は関係のあ
       る商業銀行とより密接に協業することができるようになり、銀行やその他の金融機関は、規制緩和前
       に比較して、資金調達や投資信託の分野において競争力を増している。とりわけ、日本の大手商業銀
       行の系列証券会社や外資系証券会社は、セールス・トレーディング、投資銀行業務、リテールビジネ
       スの分野において、野村グループのシェアに影響を及ぼしている。
                                 14/33




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
        金融グループの統合・再編、各種業務提携や連携の進展により競争が激化している

        金融業界において、金融機関同士の統合・再編が進んでいる。特に、大手の商業銀行、その他幅広
       い業容を持つ大手金融グループは、その傘下における証券業の設置および獲得ならびに他金融機関と
       の連携に取り組んでいる。近年ではこれら大手金融グループが、総合的な金融サービスをワンストッ
       プで顧客に提供すべく、グループ内での事業連携を一層強化している。具体的には、ローン、預金、
       保険、証券ブローカレッジ業務、資産運用業務、投資銀行業務など、グループ内での幅広い種類の商
       品・サービスの提供を進めており、この結果として金融グループの競争力が野村グループに対し相対
       的に高まる可能性がある。また、金融グループは、市場シェアを獲得するために、商業銀行業務その
       他金融サービスの収入により投資銀行業務や証券ブローカレッジ業務を補う可能性がある。また、グ
       ループの垣根を越えた商業銀行と証券業との提携や、昨今では新興企業を含む事業会社との提携等、
       業態・業界を超えた連携へと広がる傾向も見られ、これらの大手金融グループの事業拡大や提携等に
       よる収益力の向上などにより、野村グループの市場シェアが低下する可能性がある。
        海外の競合他社との競争や経営資源配分の適正化の不結実により、野村グループのグローバルな経

       営戦略が功を奏しない可能性がある
        海外には多くのビジネスの機会およびそれに伴う競争が存在する。野村グループは、これらのビジ
       ネス機会を有効に活用するため、米国、欧州、アジアなどの重要な海外市場において競合金融機関と
       競争している。このような競争に向けて、野村グループは海外ビジネスの強化のため、2008年にリー
       マン・ブラザーズの欧州、中東の一部の事業およびアジアの事業を承継し、またそれらの地域および
       米国において業務の再構築と拡大を行うために多大な経営資源を投資してきた。一方で、欧州金融機
       関による市場関連業務からの撤退や各国中央銀行による金融緩和政策等を背景に、市場構造が大きく
       変化しており、市場全体の流動性も低下している。野村グループは、このような厳しい環境に対応す
       るため、経営資源配分の適正化および効率性を追求し、収益性の向上に努めている。例えば、野村グ
       ループは、2016年、高いノウハウや収益性を持つ分野に経営資源を集中できるよう、欧州地域および
       米州地域におけるホールセール・ビジネスに関し、戦略的に見直しを行った。このような取組みにつ
       いて十分な効果が得られなかった場合は、野村グループのビジネス、財政状態、経営成績に影響を与
       える可能性がある。
       野村グループのビジネスは、さまざまなオペレーショナル・リスクに晒されている

       野村グループは、オペレーショナル・リスクを、内部プロセス・人・システムが不適切であること、も
      しくは機能しないこと、または外生的事象が生起することから損失を被るリスクと定義している。この定
      義には、戦略リスク(経営陣の不適切な意思決定により損失を被るリスク)は含まれないが、法令や規制
      等の違反にかかるリスク、オペレーショナル・リスクの顕在化に起因する野村グループ各社のレピュテー
      ションの悪化にかかるリスクを含む。オペレーショナル・リスクはすべての商品、業務、プロセスおよび
      システムに付随するリスクであり、顕在化した場合には直接的財務影響、事業の制約・中断に伴う収益機
      会の喪失などの間接的財務影響、行政当局による処分、顧客の喪失、レピュテーションの悪化、役職員の
      安全および健康への被害などをもたらす可能性がある。
       野村グループは、このように対象範囲の広いオペレーショナル・リスクを網羅的に把握、管理していく

      ための体制を整えているが、例えば次のような事象等については、オペレーショナル・リスクの顕在化を
      回避できない可能性がある。
                                 15/33




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
        内部不正

                        自らの行為が法令諸規則や社内ルールに対する違反であることを知
                        りながらそれを行うこと、または法令諸規則や社内ルール上義務づ
                        けられていることを知りながらそれを行わないこと
        不適切な商品や取引の勧誘

                        顧客の知識、経験、財産の状況、投資目的やリスク管理判断能力等
                        に照らして不適切な商品や取引の勧誘
        法令諸規則等の違反                 社内ルールならびに金融サービス関連およびその他野村ホールディ

                        ングスに適用される法令諸規則等への違反
        情報の不適切な管理                 顧客情報を含む野村ホールディングスの情報資産の毀損や漏洩に繋

                        がり得る行為、または情報資産の毀損や漏洩を防ぐための体制が不
                        十分であること
        サイバー攻撃                 情報通信ネットワークや情報システム等の悪用により、サイバー空

                        間を経由して行われる不正侵入、情報の窃取、改ざんや破壊、情報
                        システムの作動停止や誤作動、不正プログラムの実行等
        野村ホールディングスのシステ                 野村ホールディングスが管理するシステムの停止や誤作動等のうち

        ムにおける重大な障害                 重大なもの
        災害等に対する不十分な業務継                 大規模な自然災害、テロ・感染症等に対して、事前の準備が十分に

        続体制                 行われていないことにより、当該事象発生時に業務が想定通りに継
                        続できないこと
       役職員または第三者による不正行為や詐欺により、野村グループのビジネスに悪影響が及ぶ可能性があ

      る
       野村グループは、役職員または第三者による不正行為というリスクに晒されている。野村グループの役
      職員が、上限額を超えた取引、限度を超えたリスクの負担、権限外の取引や損失の生じた取引の隠蔽等の
      不正行為を行うことにより、野村グループのビジネスに悪影響が及ぶ可能性がある。また、不正行為に
      は、インサイダー取引、情報伝達行為や取引推奨行為等の役職員または第三者による非公開情報の不適切
      な使用・漏洩その他の犯罪も含まれ、その結果、野村グループが行政処分を受け、もしくは法的責任を負
      う可能性、または野村グループのレピュテーションや財政状態に重大な悪影響が及ぶ可能性がある。
       2012  年8月、野村ホールディングスの子会社である野村證券株式会社(以下「野村證券」という。)

      は、公募増資案件にかかる法人関係情報に関する管理態勢に不備が認められた等として、金融庁から業務
      改善命令を受けた。これに対して、野村證券は改善策を策定し、同年12月末までにすべての施策を実施し
      ている。
       野村グループは、不正行為を防止または発見するための対策を講じているが、これらの対策により役職

      員による不正行為を常に防止または発見できるとは限らず、また、不正行為の防止・発見のために取って
      いる予防措置がすべての場合に効果を発揮するとは限らない。そのような不正行為の結果として野村グ
      ループに対する行政上の処分または司法上の決定・判決等が行われれば、野村グループは一定期間、ビジ
      ネスの機会を喪失する可能性があり、また、顧客、特に公的機関が野村グループとの取引を行わない決定
      をした場合は、たとえ処分等が解除された後であっても、ビジネスの機会を喪失する可能性がある。
                                 16/33



                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
       また、野村グループは、第三者が行う詐欺的行為に直接または間接に巻き込まれる可能性がある。野村
      グループは、投資、融資、保証、その他あらゆる種類のコミットメントを含め、幅広いビジネス分野で多
      くの第三者と日々取引を行っているため、こうした第三者による詐欺や不正行為を防止し、発見すること
      が 困難な場合がある。
       これらによる損失が多額になる可能性があり、また野村グループに対する信頼が損なわれるおそれもあ

      る。
       利益相反を特定し適切に対処することができないことにより、野村グループのビジネスに悪影響が及ぶ

      可能性がある
       野村グループは、多様な商品およびサービスを個人、企業、他の金融機関および政府機関を含む幅広い
      顧客に対して提供するグローバルな金融機関である。それに伴い、野村グループの日々の業務において利
      益相反が発生するおそれがある。利益相反は、特定の顧客へのサービスの提供が野村グループの利益と競
      合・対立する、または競合・対立するとみなされることにより発生する。また、適切な非公開情報の遮断
      措置または共有がされていない場合、特定の顧客との取引とグループ各社の取引または他の顧客との取引
      が競合・対立する、または競合・対立するとみなされることにより利益相反が発生するおそれがある。野
      村グループは利益相反を特定し対処するための利益相反管理体制を整備しているが、利益相反を特定、開
      示し、適切に対処することができなかった場合、またはできていないとみなされた場合には、野村グルー
      プのレピュテーションが悪化し、現在または将来の顧客を失う可能性がある。また、利益相反の発生によ
      り行政処分、または訴訟の提起を受ける可能性がある。
       野村グループのビジネスは、重大なリーガル・リスク、レギュラトリー・リスクおよびレピュテーショ

      ン・リスクに影響される可能性がある
       野村グループが重大な法的責任を負うことまたは野村グループに対する行政処分がなされることによ
      り、重大な財務上の影響を受け、または野村グループのレピュテーションが低下し、その結果、ビジネス
      の見通し、財務状況や経営成績に悪影響を与える可能性がある。また、野村グループや野村グループが業
      務を行う市場に適用される規制に重大な変更がなされた場合、これが野村グループのビジネスに悪影響を
      与える可能性がある。
        野村グループはさまざまな法的責任を負う可能性がある

        野村グループは、ビジネスにおいてさまざまなリーガル・リスクに晒されている。これらのリスク
       には、金融商品取引法およびその他の法令における有価証券の引受けおよび勧誘に関する責任、有価
       証券その他金融商品の売買から生じる責任、複雑な取引条件に関する紛争、野村グループとの取引に
       かかる契約の有効性をめぐる紛争、業務提携先との間の紛争ならびにその他の業務に関する法的賠償
       請求等が含まれる。
        市場の低迷の長期化または市場に重大な影響を与えるイベントの発生により、野村グループに対す

       る賠償請求等が増加することが予想され、また、重大な訴訟を提起される可能性がある。これらの訴
       訟費用は高額にのぼる可能性もあり、訴訟を提起されることにより野村グループのレピュテーション
       が悪化する可能性もある。さらに、適法な取引であったとしても、その取引手法によっては社会的非
       難の対象となってしまう場合もある。これらのリスクの査定や数量化は困難であり、リスクの存在お
       よびその規模が認識されない状況が相当期間続く可能性もある。野村グループに対する主な訴訟その
       他の法的手続きについては、野村ホールディングス株式会社                               四半期報告書(第114期第             3 四半期)の
       「第4    経理の状況 1        四半期連結財務諸表 四半期連結財務諸表注記 14                           コミットメント、偶発事
       象および債務保証」を参照のこと。
                                 17/33


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
        以下、野村ホールディングス株式会社(本枠内の文章中において「当社」といいます。)                                          四半期報告書(第114
        期第  3 四半期)の「第4         経理の状況 1        四半期連結財務諸表 四半期連結財務諸表注記 14                        コミットメント、
        偶発事象および債務保証」の全文を投資家の便宜のため掲載します。なお、本枠内の文章中において「野村」と
        は野村グループを意味します。
        コミットメント、偶発事象および債務保証:

        コミットメント
        信用および投資関連コミットメント
         野村は、銀行もしくは金融業務の一環として、貸出コミットメントを行っており、この契約義務には一般に固
        定満期日が設定されております。投資銀行業務に関連して、野村は顧客により発行されうる債券を引き受けるこ
        とを保証する契約を結んでおります。この契約のもとでのコミットメント残高は下記、貸出コミットメントに含
        まれております。
         また野村は、パートナーシップ等に投資するコミットメントを行っております。また当該投資に関連しパート

        ナーシップ等に資金提供するコミットメントを行っております。この契約のもとでのコミットメント残高は投資
        コミットメントに含まれております。
         上記の各コミットメントの残高は、以下のとおりであります。

                                                     (単位:百万円)
                                  前連結会計年度末            当第  3 四半期連結会計期間末
                                  (2017年3月31日)               (2017年    12 月 31 日)
         貸出コミットメント
                                        1,010,257               1,254,089
         投資コミットメント                                 15,194               12,796
         当第  3 四半期連結会計期間末の上記コミットメントの満期年限別の情報は、以下のとおりであります。

                                                     (単位:百万円)
                                             満期年限
                           契約総額
                                  1年以内       1~3年       3~5年       5年超
         貸出コミットメント
                            1,254,089        442,739       153,780       196,055       461,515
         投資コミットメント                     12,796         388        -      1,041      11,367
         貸出コミットメントにかかる契約金額は、契約がすべて実行され、取引相手先が債務不履行の状態となり、既

        存担保が無価値になったと仮定した場合に想定される、野村の信用関連損失の最大値を表しております。締結さ
        れた契約が実行されることなく契約義務が満期を迎える場合もあるため、当該信用関連コミットメントの契約金
        額は必ずしも将来の現金所要額を表わしているわけではありません。契約義務にかかる信用リスクは、顧客の信
        用力および受入担保の価値によって異なるものになります。野村は、各顧客の信用力を個別に評価しておりま
        す。信用供与に際して必要と考えられる場合に野村が取引相手から受け入れる担保の金額は、取引相手の信用力
        評価に基づいております。
        偶発事象

        訴訟およびその他の法的手続き
         野村は、グローバルな金融機関として通常の業務を行う過程で訴訟およびその他の法的手続きに関係せざるを
        得ません。その結果として、野村は罰金、違約金、賠償金または和解金および訴訟費用または弁護士費用等の負
        担を強いられることがあります。
                                 18/33



                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
         これらの訴訟や法的手続きの結果を予想することは難しく、とりわけ、巨額の賠償請求または金額未定の賠償
        請求の場合、法的手続きが初期段階にある場合、新たな法的論点が争われている場合、多数の当事者が手続きに
        関与している場合、複雑または不明確な法律が適用されている国外の法域で手続きが進められる場合等には特に
        困難であるといえます。
         当社は外部弁護士と協議の上で個々の法的手続きおよび請求について定期的に評価を行い、これらの損失額の

        水準や範囲を見積もることが可能かどうか査定しております。当社は、編纂書450「偶発事象」(以下「編纂書
        450」)に従い、個々の事案について損失が生じる蓋然性が高く、かつそのような損失の金額を見積もることが合
        理的に可能な場合にはこれら個々の事案について損失リスクに関する負債を計上します。負債計上される金額は
        少なくとも四半期ごとに見直され、新たな情報をもとに修正されます。個別の事案についてこれらの基準が満た
        されない場合、例えば、損失が生じる可能性はあるものの、その蓋然性が高いとまではいえないような場合、負
        債は計上されません。しかし、重大な損失が発生する合理的な可能性がある場合、当社はその法的手続きまたは
        請求の詳細を以下において開示します。編纂書450において合理的な可能性がある場合とは当社に対する損失の発
        生の蓋然性は高くはないが、その可能性が低いとまではいえない場合であると定義されております。
         野村に対する主な訴訟および法的手続きの概要は以下のとおりです。連結財務諸表の作成基準日時点の情報に

        基づき、当社は、これらの法的手続きの解決が当社の財務状況に重大な影響を与えるものではないと考えていま
        す。しかしながら、これらの事案の結果が、特定の四半期または事業年度の連結損益計算書やキャッシュ・フ
        ローに重大な悪影響を及ぼす可能性もあります。
         以下の野村に対する主な訴訟および法的手続きの一部について、当社は、負債計上されている額がある場合に

        はその額を超えて合理的に発生する可能性のある損失額または合理的に発生する可能性のある損失の範囲を見積
        もることができます。これらの見積もりは、各事案において野村に対して主張されている特定の損害額や請求等
        の連結財務諸表の作成基準日時点の情報に基づき算出されています。                                2018  年 2 月14日現在、当社は、合理的に発
        生する可能性のある損失の範囲を見積もることができるこれらの事案において、負債計上されている額がある場
        合にはその額を超えて合理的に発生する可能性のある最大損失額の合計は、約                                     250  億円であると見積もっていま
        す。
         その他の主要な訴訟および法的手続きについて、当社は合理的に発生する可能性のある損失額やその範囲を見

        積もることができません。その理由としては、とりわけ①法的手続きが初期段階にあり、主張されている請求に
        根拠があるかどうかを判断する情報が十分にないこと、②相手方が損害を明らかにしていないこと、③損害に根
        拠がないこと、または損害が誇張されていること、④係属中の控訴または申立ての結果が不確かであること、⑤
        時効の適用等を含め、請求の却下にもつながる重要な法律問題が解決されていないこと、または⑥請求に関連し
        てこれまでに議論されなかったまたは未解決の法的な論点が争われていること等が挙げられます。
         2008年1月、ノムラ・インターナショナル                     PLC(以下「NIP」)は、イタリア共和国ペスカーラ県の租税局か

        ら、二重課税にかかる英伊租税条約(1998年)に反した行為があったとする通知を受領しました。その通知の内
        容は、イタリア株式の配当金に関して、NIPが既に還付金として受領した約33.8百万ユーロおよび金利の返還を求
        めるものでした。NIPは同県租税裁判所の租税局の主張を認める決定を不服とし、その取消しを求めております。
                                 19/33





                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
         2010  年10月および2012年6月に、Fairfield                   Sentry    およびFairfield        Sigmaの2つのファンド(共に清算手続き
        中。以下総称して「Fairfield」)が過去にNIPに支払った償還金の返還を求めて、2件の訴訟がNIPに対して提起
        されています。Fairfieldは、米国のBernard                     L.  Madoff    Investment      Securities      LLC(米国証券投資者保護法に
        基づき2008年12月より清算手続き中。以下「                     BLMIS   」)を主たる運用先としていました。1件目の訴訟は2010年10
        月5日にFairfieldの清算人が米国の州裁判所に提起したもので、その後、米国の連邦破産裁判所に移送されまし
        た。2件目の訴訟は          BLMIS   の破産管財人(以下「Madoff管財人」)が米国の連邦破産裁判所に提起した訴訟で、
        2012年6月に、NIPが被告として追加されたものです。2016年11月、連邦破産裁判所はMadoff管財人が提起した訴
        訟について請求却下の申立てを認めました。この決定に対し、Madoff管財人は第2巡回区控訴裁判所に控訴しま
        した。これら2件の訴訟は、同じ約35百万米ドルの償還金の返還を請求するものです。
         2011  年4月、ボストン連邦住宅貸付銀行は住宅用不動産ローン担保証券(以下「                                    RMBS  」)の発行体、スポン

        サー、引受人およびそれらの親会社等多数の者に対してマサチューセッツ州裁判所に訴訟を提起しました。その
        中にはノムラ・アセット・アクセプタンス・コーポレーション(以下「                                 NAAC  」)、ノムラ・クレジット&キャピ
        タルInc.(以下「        NCCI  」)、ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナル                           Inc.(以下「      NSI  」)およびノム
        ラ・ホールディング・アメリカInc.(以下「                     NHA  」)が含まれております。ボストン連邦住宅貸付銀行は                          NAAC  が発
        行した   RMBS  を購入したが、募集資料の中に、証券の裏付けとされているそれぞれのローンを最初に貸し付けた業
        者の貸付基準およびそれらローンの特性に関連して不実記載があった、または重要事実が記載されていなかった
        と主張しています。ボストン連邦住宅貸付銀行は州法に基づき購入の取消しまたは損害賠償を請求しています。
        ボストン連邦住宅貸付銀行は             NAAC  が発行した約406百万米ドルの証券を4回にわたる募集において購入したと主張
        しています。現在、証拠開示手続きが行われております。
         2011  年9月、連邦住宅抵当公庫(Federal                  National     Mortgage     Association)および連邦住宅金融抵当金庫

        (Federal     Home   Loan   Mortgage     Corporation)(以下総称して「政府系機関」)の財産管理人である米連邦住宅
        金融局(Federal        Housing    Finance    Agency)は、      RMBS  の発行体、スポンサー、引受人およびこれらの親会社等に
        対してニューヨーク南部地区連邦地方裁判所に訴訟を提起しました。その中には当社の米国子会社である                                                 NAAC  、
        ノムラ・ホーム・エクイティ・ローンInc.(以下「                        NHEL  」)、   NCCI  、 NSI  および   NHA  が含まれております。政府系
        機関は   NAAC  および   NHEL  が発行した     RMBS  を購入したが、募集資料の中に、証券の裏付けとされているそれぞれの
        ローンを最初に貸し付けた業者の貸付基準およびそれらローンの特性に関連して不実記載があった、または重要
        事実が記載されていなかったと主張していました。政府系機関は7回にわたる募集において約20億46百万米ドル
        の証券を購入したと主張し、購入の取消しを請求していました。2015年3月16日から審理が行われ、2015年4月
        9日に最終弁論が終了しました。2015年5月15日、裁判所の判決が言い渡され、裁判所は政府系機関が被告らに
        対し訴訟の対象となっている              RMBS  を引き渡す代わりに、被告らが政府系機関に対し                        806百万米ドルを支払うよう
        命じました。当社米国子会社らは第2巡回区控訴裁判所に控訴しました。被告らは、州証券法に基づき回収可能
        な訴訟費用および弁護士費用を、控訴審の判決に応じて最大33百万米ドル支払うことに合意しました。2017年9
        月28日、第2巡回区控訴裁判所は一審の判決を支持しました。2017年11月13日、当社米国子会社らは第2巡回区
        控訴裁判所に控訴審判決に対する再審請求を行いました。                           2017年12月11日、第2巡回区控訴裁判所は再審請求を
        棄却しました。当社米国子会社らは最高裁判所への上告請求を行う予定です。
         2011  年11月、NIPは       BLMIS   の破産手続きのために、ニューヨーク南部地区米国破産裁判所によって任命された

        Madoff管財人からの訴状の送達を受けました。Madoff管財人は同様の訴訟を多数の法人に対して提起していま
        す。Madoff管財人は、NIPが             BLMIS   に投資を行うフィーダー・ファンドであったHarley                         International       (Cayman)
        Limitedから償還金を2008年12月11日(                  BLMIS   に対して破産手続きが開始された日)以前の6年間に受け取ったと
        主張し、これを返還するよう、連邦破産法およびニューヨーク州法に基づき求めています。2016年11月、連邦破
        産裁判所はMadoff管財人が提起した訴訟について請求却下の申立てを認めました。この決定に対し、Madoff管財
        人は第2巡回区控訴裁判所に控訴しました。Madoff管財人によるNIPに対する返還請求の金額は、約21百万米ドル
        です。
                                 20/33


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
         2013年3月、モンテパスキ銀行(以下「MPS」)は、①MPSの元役員2名および②NIPに対してイタリアの裁判所
        に訴えを提起しました(以下「MPS訴訟」)。この訴えにおいてMPSは、当該銀行の元役員が2009年に不正にNIPと
        のデリバティブ取引を締結したと主張し、NIPは、MPS元役員の違法行為につき不正に加担したとして、連帯して
        責任を負うと主張しました。また、その損害額は少なくとも11.42億ユーロであると主張しました。
         2013年3月、NIPは、MPSとの取引が有効であり法的拘束力がある旨を確認するため、MPSに対して英国の裁判所
        に訴えを提起しました。2014年3月、MPSは反論書を提出し、取引が違法であり無効であると主張するとともに、
        NIPは当該取引の下で受け取った約15億ユーロを返還するべきと主張しました。
         2015年9月23日、NIPおよびMPSは、当該デリバティブ取引を終了する旨の和解契約を締結しました。NIPは、当
        該デリバティブ取引は適法・適正に行われたものと考えており、今般の和解はNIPの法的責任を認めるものではあ
        りません。しかしながらNIPとしては、欧州関係当局や外部の専門家の意見、助言にも鑑み、和解を選択すること
        が最善であると判断しました。和解契約に基づき、当該デリバティブ取引はMPSからNIPに支払われるべき額を440
        百万ユーロ減額し清算されました。本和解に基づき、MPSおよびNIPは、イタリアの裁判所にMPSのNIPに対する訴
        訟を取り下げるための申し立てを行いました。2015年12月、イタリアの裁判所は、MPSの元役員が提起している訴
        訟を除き、NIPに対するすべての訴訟を取り下げる旨の判断をしました。これにより、イタリアおよび英国におけ
        るMPSとNIP間の民事訴訟は終了しました。本和解により前連結会計年度に与えた連結税引前当期純利益への影響
        額は約340億円の損失であり、その全額をトレーディング損益として計上しました。
         2013  年7月、MPSの大株主(           Fondazione      Monte   dei  Paschi    di  Siena   (以下「FMPS」))は、MPSの元役員およ
        びNIPに対してMPS訴訟と同様の訴えを提起しました(以下「FMPS訴訟」)。この訴えについて、FMPSは、その損
        害額は少なくとも315.2百万ユーロであると主張しています。NIPは、MPS訴訟およびFMPS訴訟について反論書を提
        出しました。
         なお、2013年4月、イタリアのシエナ地方検察当局は、MPSおよびMPSの元役員らが当該デリバティブ取引にお
        いて果たした役割等の解明のため捜査を開始し、その後ミラノ地方検察当局に引き渡されました。2015年4月3
        日、ミラノ地方検察当局は、予備捜査を終了する通知を発出し過去のMPSの決算に関して不正会計および相場操縦
        等があったとして、MPS、MPSの元役員3名、NIPならびにNIPの元役員および職員2名の起訴に向けて手続きを進
        めていました。2016年10月1日、起訴の是非を判断する裁判所の予備審問が終了し、裁判官は、検察官との間で司
        法取引を行ったMPSを除く関係者について、審理を開始することを決定し、2016年12月に審理が開始されました。
         また、NIPはイタリア金融規制当局(                 CONSOB   )より、当該デリバティブ取引に関する虚偽情報の市場への流布に
        ついて課徴金調査手続きを開始する旨の送達を受けました。受領した通知では、当該デリバティブ取引に関連し
        て、MPS、MPSの元役員3名、NIPの元役員および職員2名が被審人として挙げられており、NIPは当該元役員およ
        び職員に課せられる罰金の支払いに対して雇用者として連帯責任を負う者として挙げられております。NIPは本手
        続きについて反論書を提出しています。
         NIPは、係属中の法的手続きにおけるNIPの正当性を主張してまいります。
         2016  年1月、イタリアのチビタベッキア自治体(以下「自治体」)はNIPに対してチビタベッキア地方裁判所に

        訴訟を提起しました。当該訴訟は、2003年から2005年にかけて自治体が行ったデリバティブ取引に関連するもの
        であり、自治体は、NIPがアドバイザリー契約に基づく義務を遵守しなかったとして約35百万ユーロの損害賠償を
        求めています。       2017年12月20日、NIPと自治体は和解契約を締結し自治体が訴訟を取り下げる旨に同意しました。
        これにより正式に訴訟は終了しました。
         2016  年6月、ノムラ・インターナショナル(ホンコン)LIMITED(以下「                                NIHK  」)は、台北地方裁判所におい

        て、Cathay      United    Bank,   Co.,   Ltd.、Taiwan       Cooperative      Bank   Ltd.、Chang       Hwa  Commercial      Bank   Ltd.、
        Taiwan    Business     Bank   Ltd.、   KGI  Bank   および   Hwatai    Bank   Ltd.(以下総称して「シンジケート団銀行」)から
        NIHK  およびその関係会社に対して提起された訴訟について送達を受けました。当該訴訟は、                                         NIHK  がアレンジャー
        を務めたUltrasonic          AGの子会社に対する60百万米ドルのシンジケートローンに関連するものです。シンジケート
        団銀行は、     NIHK  のアレンジャーとしての信任義務違反等を根拠として約48百万米ドルの損害賠償および金利の支
        払いを求めています。          NIHK  は、  NIHK  の正当性を主張してまいります。
                                 21/33


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
         2017  年3月、American         International       Group,    Inc.の子会社数社(以下「AIG」)は、                  NSI  を含む数社および数
        人の個人に対し、テキサス州ハリス郡州地方裁判所に訴訟を提起しました。当該訴訟は、2012年に募集が行われ
        た総額750百万米ドルのプロジェクト・ファイナンス社債のうちAIGが購入したと主張している92百万米ドル分に
        関連するものです。AIGは当該社債の勧誘、募集、発行および販売に関連する重要な不実記載によるテキサス州証
        券法違反を根拠とし購入の取消しまたは損害賠償を求めています。                               現在、証拠開示手続きが行われております。
         国債、国際機関債および政府関連機関債に関連するNIP、その他野村グループ内の該当会社およびその他当事者

        の活動に対し規制当局による競争法関連の調査が行われております。また、NIPおよびその他野村グループ内の該
        当会社は、国際機関債および政府関連機関債の流通市場における価格操作により米国独占禁止法等の違反があっ
        たとして、ニューヨーク南部地区連邦地方裁判所に提起された集団訴訟の被告となっております。NIPは、NIPの
        正当性を主張してまいります。
         2017  年9月、    NIHK  は、台北地方裁判所において、First                  Commercial      Bank,   Ltd.、    Land   Bank   of  Taiwan    Co.,

        Ltd.、    Chang   Hwa  Commercial      Bank   Ltd.、    Taishin    International       Bank   Co.,   Ltd.  、  E.Sun   Commercial      Bank,
        Ltd,   CTBC   Bank   Co.,   Ltd.  、 Hwatai    Bank,   Ltd.   およびBank      of  Taiwan    Co.,   Ltd.(以下総称して「FTシンジ
        ケート団銀行」)から          NIHK  、その関係会社、        China   Firstextile      (Holdings)      Limited    ( 以下「FT」)および関係す
        る個人に対して提起された訴訟について送達を受けました。当該訴訟は、                                  NIHK  がアレンジャーを務めたFTに対す
        る100百万米ドルのシンジケートローンに関連するものです。FTシンジケート団銀行は、台湾法の不法行為等を根
        拠として約68百万米ドルの損害賠償および金利の支払いを求めています。                                  NIHK  は、  NIHK  の正当性を主張してまい
        ります。
         野村證券株式会社(以下「野村證券」)は日本を代表する証券会社であり、同社の顧客口座数は約533万口座に

        及びます。同社の顧客との多くの取引において、顧客の投資損失等をめぐっての係争が、場合によっては訴訟に
        なることがあります。その中には、2014年10月に法人顧客より提起された2006年から2012年にかけて行われた為
        替デリバティブ取引により発生した損失額等の2,143百万円の損害賠償を求めるものが含まれます。この訴訟の顧
        客は、取引契約時点における、野村證券による説明義務違反等を主張していますが、同社はこの顧客の主張には
        理由がないと考えております。
         なお、2013年4月に法人顧客より提起された2005年から2011年にかけて行われた為替デリバティブ取引および
        エクイティ関連の仕組債11銘柄の売却や償還により発生した損失額等の10,247百万円の損害賠償を求める訴訟に
        ついては、2018年2月8日に当事者間で和解し、当該訴訟は終了しました。
         上記に記載したいずれの訴訟においても、当社は、当社子会社による主張が正当に認められるものと確信して
        おります。
         当社の米国子会社である           NHA  、 NAAC  、 NCCI  、 NHEL  、 NSI  、ノムラ・アメリカ・モーゲッジ・ファイナンスLLCおよ

        びノムラ・アセット・キャピタル・コーポレーションは、米国司法省およびニューヨーク東地区連邦検事局よ
        り、2006年および2007年に当社米国子会社がスポンサー、発行、引受け、または勧誘した                                          RMBS  に関連して、金融
        機関改革救済執行法に基づき当社米国子会社に対して民事制裁金等を課すことができるかを調査中であるとする
        通知を受領しております。当社米国子会社は調査に対して全面的に協力してまいります。
         米国証券取引委員会および米国司法省は、商業用および住宅用不動産ローン担保証券取引における                                             NSI  の元職員

        数名の行為に対する調査を行っています。                    NSI  はこれらの調査に対し全面的に協力しております。                        NSI  は、米国証
        券取引委員会が、当該元職員に対する                  NSI  の当時の監督状況についての行政手続きを開始すると考えており、問題
        となっている取引に関連した不当利得の返還等を行う必要が出てくると想定しております。
        上記以外の米国における不動産証券化商品に関する偶発債務

                                 22/33



                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
         当社の米国子会社では、住宅用不動産担保ローンを                        RMBS  とする証券化を行っておりました。これらの子会社で
        は、原則として、不動産を担保に自ら貸付を行うのではなく、第三者であるローン組成業者(以下「オリジネー
        ター」)から不動産担保付ローンを購入しておりました。ローンの購入に際しては、オリジネーターからローン
        債権の内容に関する表明保証(representations)を受け入れておりました。証券化にあたって子会社が行った表
        明保証は、オリジネーターから受け入れた表明保証の内容をそのまま反映させたもので、その内容は概ね以下の
        とおりです。
         不動産担保ローンの証券化のためのローン債権に関して提供される表明保証とは、個々のローン債権に関する

        詳細なもので、ローンの借り手および当該不動産の特性に応じたものです。これらの表明保証には、借り手の信
        用状態、対象不動産価値のローン債権額に対する比率、対象不動産の所有者による当該不動産の居住利用状況、
        抵当権の順位等の情報、オリジネーターのガイドラインに従ってローンが組成された事実、およびローンが関連
        法令に従い適法に組成された旨の事実等が含まれます。子会社組成の                                RMBS  の中には、いわゆるモノラインの保険
        会社が保険を付与して信用が補完されたものもありました。
         子会社の中には、証券の信託受託者から、ローンを買戻すように請求を受けているものがあります。これらの

        請求は保険提供者であるモノラインや、投資家の要請によるものがあると思われます。各証券化から6年以内に
        当社子会社らが買戻請求を受けたローンの元本合計金額は3,203百万米ドルです。表明保証違反に基づく請求に適
        用される時効成立後に買戻請求を受けたものについては、当社子会社らは買戻しに応じていません。6年以内に
        買戻請求を受けたものについては、当社子会社らは個々の請求を精査し、請求の根拠がないと考えられるものに
        ついては異議を唱え、一定の意義を見出せる請求についてはローンの買戻しに応じています。当社子会社らが買
        戻しに応じなかった請求の一部については、契約違反として証券の信託受託者から訴訟が提起されているものも
        あります。契約違反に関する請求に適用される6年の時効成立前に提起された訴訟については、却下されること
        なく初期段階にあります。これらの訴訟は事実に基づく情報が欠如し法的に不確定な部分が多く存在するため、
        当社は負債計上されている額を超えて合理的に発生する可能性のある損失額を見積もることはできません。
        債務保証

         野村は、通常の業務の一環として、スタンドバイ信用状およびその他の債務保証の方法で取引相手とさまざま
        な債務保証を行っており、こうした債務保証には一般に固定満期日が設定されております。
         加えて、野村は債務保証の定義に該当する一定のデリバティブ取引を行っております。こうしたデリバティブ

        取引は被債務保証者の資産、負債または持分証券に関連する原証券の変動に伴って債務保証者が被債務保証者に
        支払いを行うことが偶発的に求められるようなデリバティブ取引であります。野村は顧客がこれらのデリバティ
        ブ取引を投機目的で行っているのかまたはヘッジ目的で行っているかを把握していないため、債務保証の定義に
        該当すると考えられるデリバティブ取引に関して情報を開示しております。
         一定のデリバティブ取引によって、野村が将来支払わなければならない潜在的な最大金額の情報として契約の

        想定元本額を開示しております。しかしながら、金利キャップ売建取引および通貨オプション売建取引のような
        一定のデリバティブ取引に対する潜在的な最大支払額は、将来の金利または為替レートにおける上昇が理論的に
        は無制限であるため、見積もることができません。
         野村はすべてのデリバティブ取引を四半期連結貸借対照表に公正価値で認識しております。また、想定元本額

        は一般的にリスク額を過大表示していると考えております。デリバティブ取引は公正価値で認識されているた
        め、帳簿価額は個々の取引に対する支払、履行リスクを最も適切に表すものと考えております。
                                 23/33



                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
         債務保証の定義に該当すると考えられる野村のデリバティブ取引、スタンドバイ信用状およびその他の債務保
        証は以下のとおりであります。
                                                     (単位:百万円)
                               前連結会計年度末               当第  3 四半期連結会計期間末
                              (2017年3月31日)                 (2017年    12 月 31 日)
                                    潜在的な最大                 潜在的な最大
                            帳簿価額        支払額または          帳簿価額        支払額または
                                    契約額                 契約額
         デリバティブ取引(1)(2)
                              4,501,962        209,982,338          4,497,870        255,003,233
         スタンドバイ信用状および
                                 900        8,604          184        9,026
         その他の債務保証(3)
         (1)クレジット・デリバティブは「注記3 デリバティブ商品およびヘッジ活動」で開示されており、上記デ
           リバティブ取引には含まれておりません。
         (2)主にエクイティ・デリバティブ、金利デリバティブおよび為替取引で構成されております。
         (3 )スタンドバイ信用状およびその他の債務保証に関連して保有される担保は、前連結会計年度末において
           5,656百万円、当第         3 四半期連結会計期間末においては               5,285   百万円となっております。
         当第  3 四半期連結会計期間末の債務保証の定義に該当すると考えられる野村のデリバティブ取引、スタンドバ

        イ信用状およびその他の債務保証にかかる満期年限別の情報は、以下のとおりであります。
                                                     (単位:百万円)
                                    潜在的な最大支払額または契約額
                      帳簿価額                        満期年限
                               計
                                    1年以内      1~3年      3~5年       5年超
         デリバティブ取引
                       4,497,870       255,003,233       99,000,527      59,960,052      28,173,716      67,868,938
         スタンドバイ信用状
         およびその他の債務                 184       9,026      1,565        2      -     7,459
         保証
        野村グループに適用のあるさまざまな規制により業務が制限され、また行政処分等や損失を受ける

       可能性がある
        金融業界は広範な規制を受けている。野村グループは、国内において政府機関や自主規制機関の規
       制を受けるとともに、海外においては業務を行っているそれぞれの国の規制を受けている。また、野
       村グループのビジネスの拡大とともに、適用される政府機関や自主規制機関の規制も増加する可能性
       や、法改正によって、これらの規制が強化される可能性がある。さらに、金融規制の体系の複雑化が
       進み、ある一国の規制が、当該国以外の活動に域外適用される可能性も増加している。これらの規制
       は、広く金融システムの安定や金融市場・金融機関の健全性の確保、野村グループの顧客および野村
       グループと取引を行う第三者の保護等を目的としており、自己資本規制、顧客保護規制、市場行動規
       範などを通じて野村グループの活動を制限し、野村グループの収益に影響を与えることがある。この
       他、従来の金融関連法制に加え、広く国際的な政治経済環境や政府当局の規制・法執行方針等によっ
       ても、野村グループのビジネスに適用・影響する法令諸規制の範囲が拡大する可能性がある。とりわ
       け、金融業界に対する各国の政府機関や自主規制機関による調査手続や執行については、近年件数が
       増加し、また、それらによる影響はより重大なものになっており、野村グループもそのような調査手
       続や執行の対象となるリスクに晒されている。この点、野村グループは、法令諸規制を遵守するため
       の対策を講じてはいるが、法令諸規制に抵触することを完全には防ぐことができない可能性があり、
       仮に法令違反等が発生した場合には、罰金、一部の業務の停止、社内管理態勢の改善等にかかる命
       令、もしくは営業認可の取消しなどの処分を受ける可能性がある。野村グループが行政上の処分また
                                 24/33

                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
       は司法上の決定・判決等を受けた場合、野村グループのレピュテーションが悪化し、ビジネス機会の
       喪失や人材確保が困難になるといった悪影響を受ける可能性がある。また、それらの処分により、顧
       客 (とりわけ公的機関)が野村グループとの金融取引を行わない決定をした場合は、たとえ命令等の
       処分が解除された後であっても、一定期間、野村グループがビジネスの機会を喪失する可能性があ
       る。さらに、野村グループが国際的な制裁の対象地域で事業活動を行う場合には、当該事業活動が制
       裁規制に違反していなくても、一部の市場関係者が野村グループへの投資や野村グループとの取引を
       控える可能性がある。
        金融システム・金融セクターに対する規制強化の進行が、野村グループのビジネス、財政状態およ

       び経営成績に影響を及ぼす可能性がある
        野村グループのビジネスに適用される規制が導入・改正・撤廃される場合、野村グループは、直接
       またはその結果生じる市場環境の変化を通じて悪影響を受けることがある。規制の導入・改正・撤廃
       により、野村グループの全部または一部の事業を継続することの経済合理性がなくなる可能性、もし
       くは規制の対応に膨大な費用が生じる可能性がある。
        特に米国におけるドッド・フランク法や欧州連合・英国における各種の金融規制強化策など、さま

       ざまな金融規制改革が進行している。これらの制度改正の詳細および野村グループへの影響は、政
       府・監督機関により策定される最終的な規制による。
        加えて、野村グループに適用される会計基準や自己資本比率・流動性比率・レバレッジ比率等に関

       する規制の変更が、野村グループのビジネス、財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があ
       る。そうした新たな規制の導入または既存の規制の改正には、バーゼル銀行監督委員会(以下「バー
       ゼル委員会」という。)によるいわゆるバーゼルⅢと呼ばれる規制パッケージが含まれ、その一部は
       ルールの最終化に向けた作業が続いている。これらの規制により、野村グループの資金調達コストが
       上昇する、あるいは野村グループのビジネス、資金調達活動や野村グループの株主の利益に影響を及
       ぼすような資産売却、資本増強もしくは野村グループのビジネスの制限を行わなければならない可能
       性がある。なお、金融当局が認定するグローバルにシステム上重要な銀行(以下「                                            G- SIBs  」とい
       う。)の対象および          G- SIBs  に対する追加的な自己資本規制等は、金融安定理事会(以下「FSB」とい
       う。)およびバーゼル委員会により毎年見直されている。さらに、G-20首脳会合は、                                           G- SIBs  の枠組を
       国内のシステム上重要な銀行(以下「                   D- SIBs  」という。)まで拡張するようFSBおよびバーゼル委員会
       に対して要請し、2012年10月、バーゼル委員会は、                          D- SIBs  に関する評価手法およびより高い損失吸収
       力の要件に関する一連の原則を策定し、公表した。2015年12月、金融庁は野村ホールディングスを                                                  D-
       SIBs  に指定し、2016年3月以降の追加的な資本賦課水準を3年間の経過措置はあるが0.5%とした。そ
       の結果として、今後各種のコスト負担や影響が加重される可能性がある。
        経営状況、法的規制の変更などにより、繰延税金資産の計上額の見直しが行われ、野村グループの

       経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性がある
        野村グループは、一定の条件の下で、将来における税金負担額の軽減効果を有すると見込まれる額
       を繰延税金資産として連結貸借対照表に計上している。今後、経営状況の悪化、法人税率の引下げ等
       の税制改正、会計原則の変更などその回収可能性に変動が生じる場合には、野村グループの連結貸借
       対照表に計上する繰延税金資産を減額する可能性がある。その結果、野村グループの経営成績および
       財政状態に影響が生じる可能性がある。繰延税金資産の内訳については野村ホールディングス株式会
       社  有価証券報告書(第113期)の「第5                   経理の状況 1         連結財務諸表等 (1)           連結財務諸表 連結
       財務諸表注記 15         法人所得税等」を参照のこと。
                                 25/33



                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
       以下、野村ホールディングス株式会社(本枠内の文章中において「当社」といいます。)                                          有価証券報告書(第113
       期)の「第5       経理の状況 1        連結財務諸表等 (1)          連結財務諸表 連結財務諸表注記 15                  法人所得税等」の全
       文を投資家の便宜のため掲載します。なお、本枠内の文章中において「野村」とは野村グループを意味します。
       法人所得税等:

        2016年3月期および2017年3月期における連結損益計算書に記載されている法人所得税等の内訳は、以下のとお
       りです。
                                                    (単位:百万円)
                                       2016年3月期            2017年3月期
         当年度分
         国 内                                   72,272            52,004
                                             9,183            5,697
         海 外
           当年度分計                                 81,455            57,701
         繰延分
         国 内                                  △66,176             20,239
         海 外                                    7,317            2,289
           繰延分計
                                           △58,859             22,528
                                            22,596            80,229
         法人所得税等計
        2016  年3月期および2017年3月期の法人所得税等(繰延分)のうち、税務上の繰越欠損金にかかる税務ベネ

       フィットの認識額は、それぞれ5,451百万円および868百万円となりました。
        当社および日本の100%子会社は、日本における連結納税制度を導入しております。この連結納税制度は、国税

       だけを対象としています。
        2015年および2016年の税制改正により当社の法定実効税率は、2016年3月期は33%、2017年3月期は31%となっ

       ております。
        「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正

       する法律等の一部を改正する法律」(平成28年法律第86号)が2016年11月18日に成立し、2017年4月1日以降に開
       始する事業年度に予定されていた国税および地方税の税率改正の実施時期が2019年10月1日以降に開始する事業年
       度に延期されました。繰延税金資産および繰延税金負債を計算する法定実効税率は変更ありませんが、国税と地方
       税の間で税率の組替えが発生する影響により、繰延税金負債の純額は3,366百万円増加し、法人税等調整額は同額
       増加しております。
        海外子会社は、各会社が事業を行う国の法人税率の適用を受けております。法人所得税等と会計上の税引前当期

       純利益(損失)との関係は、さまざまな税額控除、課税所得に影響しない特定の収益、税務上控除されない特定の
       費用、評価性引当金の増減、および海外子会社に適用される税率の相違等、多様な要因の影響を受けております。
                                 26/33





                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
        2016年3月期および2017年3月期における連結損益計算書に記載されている法人所得税等の負担税率と当社の法
       定実効税率との差異の内訳は、以下のとおりであります。
                                          2016年3月期          2017年3月期
         当社の法定実効税率
                                              33.0  %        31.0  %
         影響要因:
          評価性引当金の増減                                    36.1         △10.8
          益金に加算される項目                                     0.3          0.1
          損金に算入されない費用項目                                     7.8          2.9
          益金に算入されない収益項目                                    △7.2          △2.6
          海外子会社からの配当                                     0.0          0.0
          海外子会社の未分配所得の影響                                     0.1          0.0
          海外子会社の所得(欠損金)に適用される税率差異                                     1.1          0.3
          国内の税制改正の影響                                    △0.9           1.0
          子会社・関連会社株式等の評価減の税務上の認容見込み
                                             △54.8           1.7
                                    (1)
                                              △1.8           1.3
          その他
                                              13.7  %        24.9  %
         実効税率
        (1)2016年3月期の子会社・関連会社株式等の評価減の税務上の認容見込み90十億円(野村の実効税率への影響
        は△54.8%)は、当社の100%子会社の清算決定に伴って繰延税金資産を計上したことによるものです。なお、
        合計24十億円の評価性引当金がこれらの繰延税金資産に対して計上されており、同期間の評価性引当金の増減に
        含まれております。
                                 27/33












                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
        2016年3月31日および2017年3月31日現在の特定の税務管轄地域内における同一納税主体に関連するものを相殺
       する前の繰延税金資産および負債の内訳は、以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                       2016年3月31日            2017年3月31日
         繰延税金資産
          減価償却、その他の償却、および固定資産の評価                                  16,862            17,988
          子会社・関連会社株式投資                                  112,030            100,100
          金融商品の評価差額                                  60,776            65,158
          未払退職・年金費用                                  16,190            21,854
          未払費用および引当金                                  96,202            84,268
          繰越欠損金                                  435,122            406,440
                                             5,644            8,408
          その他
          繰延税金資産小計
                                            742,826            704,216
                                           △543,489            △519,492
          控除:評価性引当金
           繰延税金資産合計                                 199,337            184,724
         繰延税金負債
          子会社・関連会社株式投資                                  121,874            125,752
          金融商品の評価差額                                  49,873            46,684
          海外子会社の未分配所得                                    711            947
          固定資産の評価                                  19,165            18,042
                                             6,822            5,840
          その他
           繰延税金負債合計                                 198,445            197,265
                                              892         △12,541
         繰延税金資産(負債)の純額
        連結貸借対照表のその他の資産-その他として記載されている特定の税務管轄地域内における同一納税主体に関

       連するものを相殺した後の繰延税金資産の純額は、それぞれ2016年3月31日現在36,130百万円、2017年3月31日現
       在21,825百万円となりました。また、連結貸借対照表のその他の負債として記載されている特定の税務管轄地域内
       における同一納税主体に関連するものを相殺した後の繰延税金負債の純額は、それぞれ2016年3月31日現在35,238
       百万円、2017年3月31日現在34,366百万円となりました。
        2017年3月31日現在、予見可能な将来に配当支払が予想されていない海外子会社の未分配所得の合計額3,927百

       万円に対して繰延税金負債の計上は行われておりません。これらすべての海外子会社の所得が配当される際の税額
       を見積もることは現実的ではありません。
                                 28/33






                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
        2016年3月期および2017年3月期における繰延税金資産にかかる評価性引当金の推移は、以下のとおりでありま
       す。
                                                 (単位:百万円)
                                   2016年3月期              2017年3月期
         期首残高
                                        565,103              543,489
                                        △21,614              △23,997
         期中の純増減額                                   (1)              (2)
                                        543,489              519,492
         期末残高
        (1)海外子会社では、主に繰越欠損金の増加による評価性引当金の計上により7,003百万円の増加となり、将来
          の実現可能性の見直しおよび海外子会社の影響により、評価性引当金が27,757百万円減少しました。また、
          当社および国内子会社では、主に国内の税制改正の影響により繰越欠損金にかかる評価性引当金が減少した
          結果、評価性引当金が860百万円減少したため、全体で21,614百万円の減少となりました。
        (2)海外子会社では、将来の実現可能性の見直しおよび海外子会社の影響により、評価性引当金が2,040百万円
          の増加となり、主に繰越欠損金の使用によって評価性引当金が35,214百万円減少しました。また、当社およ
          び国内子会社では、主に将来の実現可能性の見直しにより評価性引当金が5,811百万円増加、国内の税制改
          正の影響により繰越欠損金にかかる評価性引当金が3,366百万円増加した結果、全体で23,997百万円の減少
          となりました。
        2017年3月31日現在、野村は、1,985,408百万円の税務上の繰越欠損金を有しております。このうち、当社およ

       び国内子会社に関連するものが585,026百万円、英国に所在する海外子会社に関連するものが717,812百万円、米国
       に所在する海外子会社に関連するものが411,370百万円、香港に所在する海外子会社に関連するものが200,857百万
       円、その他の地域に所在する海外子会社に関連するものが70,343百万円であります。当該欠損金については、無期
       限に繰越が可能な983,470百万円を除き、2017年から2026年までに656,168百万円、2027年以降345,770百万円が税
       務上の効果を失うことになります。
        野村は、2017年3月31日現在の評価性引当金の計上にあたり、当社および当社の国内子会社および海外子会社の

       税務管轄地域内における繰延税金資産の回収可能性に関連する入手可能なあらゆる肯定的および否定的証拠を適切
       に検討しております。
        日本およびその他の税務管轄地において、近年、野村の国内子会社および海外子会社は累積的な繰越欠損金を計

       上しております。これは繰延税金資産の回収可能性に関連する入手可能な最も否定的な証拠が入手可能な肯定的な
       証拠を上回っているためであります。
        一方、野村は、特定の税務戦略は将来繰越欠損金を使用するために充分な課税所得を生み出すための潜在的な資

       源と考えております。しかし、この税務戦略は、2016年3月期および2017年3月期において、野村が業務を行って
       いるすべての主要な税務管轄地において、評価性引当金の減少をもたらす肯定的な証拠ではありません。加えて、
       これらの税務管轄地において、2016年3月期および2017年3月期において、肯定的および否定的証拠の適用度合の
       変更による評価性引当金の減少はありませんでした。
        2016年3月31日および2017年3月31日現在、重要な未認識税務ベネフィットはありません。また、2016年3月期

       および2017年3月期において、重要な未認識税務ベネフィットの変動および未認識税務ベネフィットにかかる利息
       および加算税はありません。野村は、日本の国税庁ならびに主要な業務を行っている税務管轄地におけるその他の
       税務当局より、継続的に税務調査を受けております。野村はそれぞれの税務管轄地において追加的に徴収される可
       能性と連結財務諸表における影響額を定期的に評価しております。期末日以降12ヶ月の間に、未認識の税務ベネ
       フィットが著しく増加する可能性はありますが、現時点では潜在的な結果が不確実なため、定量的に見積もること
       は出来ません。しかしながら、未認識税務ベネフィットの変動が当社の連結財政状態に重要な影響を与えるとは考
       えておりません。
                                 29/33


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
        野村は複数の税務管轄地において業務を行っており、移転価格税制、費用の控除可能性、外国税額控除、その他
       多くの問題について、それぞれの税務当局からの調査に応じなければなりません。
        次の表は、2017年3月31日現在、野村が業務を行っている主要な税務管轄地において、税務調査が未了となって

       いる最も古い年度を表しています。なお香港の税制上、繰越欠損金がある場合、当局による更正の期間制限がない
       ため、記載しておりません。
               税務管轄地                      年度
               日本                      2012年     (1)
               英国                      2016年
               米国                      2014年
              (1)移転価格税制にかかる最も古い調査未了年度は、2011年となります。
       野村グループの保有する個人情報の漏洩により、野村グループのビジネスに悪影響が及ぶ可能性がある

       野村グループは業務に関連して顧客から取得する個人情報を保管、管理している。近年、企業が保有す
      る個人情報および記録への不正アクセスや漏洩にかかる事件が多数発生していると報じられている。
       野村グループは個人情報の保護に関する法令諸規則に基づき、個人情報の保護に留意し、セキュリティ

      対策を講じているが、仮に個人情報の重大な不正漏洩が生じた場合には、野村グループのビジネスにさま
      ざまな点で悪影響が及ぶ可能性がある。例えば、個人情報の漏洩(業務委託先による漏洩を含む。)によ
      り顧客に損失が生じた場合には、野村グループは顧客から苦情や損害賠償請求を受ける可能性がある。ま
      た、自主的に、もしくは行政上の命令その他の規制上の措置の対応として行うセキュリティ・システムの
      変更により、追加的な費用が発生する可能性がある。また、不正漏洩の結果、野村グループに対するレ
      ピュテーションが悪化することによって、新規顧客が減少したり既存顧客を喪失したりするとともに、野
      村グループのブランド・イメージやレピュテーションの悪化の防止・抑制のために行う広報活動のために
      追加的な費用が発生する可能性がある。
       野村グループの情報システムが適切に稼働しない、または外部からのサイバー攻撃を受けて情報が漏洩

      し、野村グループのビジネスに悪影響が及ぶ可能性がある
       野村グループのビジネスは、個人および機密情報を野村グループのシステムにおいて安全に処理、保
      存、送受信できる環境に依拠している。野村グループは、野村グループのシステム上にある情報にアクセ
      スしこれを入手することを企図した、または野村グループのサービスにシステム障害その他の損害をもた
      らすことを企図した不正アクセス、コンピューターウイルスもしくは破壊工作ソフトその他のサイバー攻
      撃の標的になる可能性がある。これらの脅威は、人為的なミスまたは技術的不具合から発生する場合もあ
      るが、従業員などの内部関係者または海外の非国家主体および過激派組織などの第三者の悪意もしくは不
      正行為により発生する場合もある。また、野村グループのシステムが相互接続している外部事業者、証券
      取引所、決済機関またはその他の金融機関のいずれかがサイバー攻撃その他の情報セキュリティ侵害の対
      象となった場合、野村グループにもその悪影響が及ぶ可能性がある。当該事象により、野村グループのシ
      ステム障害、信用の失墜、顧客の不満、法的責任、法の行政処分または追加費用が生じる可能性があり、
      上記事象のいずれかまたはその全部の発生により、野村グループの財政状態および事業運営が悪影響を受
      ける可能性がある。
       野村グループは、システムのモニタリングおよびアップデートを行うため多大な経営資源を継続的に投

      入し、かつシステム保護のため情報セキュリティ対策を講じているが、実施しているそれらの管理手段や
      手続が、将来のセキュリティ侵害から野村グループを十分に保護できる保証はない。サイバー上の脅威は
      日々進化しているため、将来的には、現在の管理手段や手続が不十分となる可能性があり、また、システ
      ム修正または強化のため、更なる経営資源を投入しなければならなくなる可能性がある。
                                 30/33

                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
       自然災害、テロ、武力紛争、感染症等により野村グループのビジネスに悪影響がおよぶ可能性がある

       野村グループは、不測の事態に備えたコンティンジェンシープランを策定しているが、想定を上回る規
      模の災害、武力紛争またはテロ行為等により、野村グループの施設やシステムが被災し、業務の継続が困
      難になる可能性がある。また、感染症等により役職員による業務遂行に支障が生じる可能性がある。
       野村ホールディングスは持株会社であり、野村ホールディングスの子会社からの支払に依存している

       野村ホールディングスは、配当金の支払や負債の支払の資金について、野村ホールディングスの子会社
      から受領する配当金、分配金およびその他の支払に依存している。会社法などの法規制により、子会社へ
      の資金移動または子会社からの資金移動が制限される可能性がある。特に、ブローカー・ディーラー業務
      を行う子会社を含め、多くの子会社は、親会社である持株会社への資金の移動を停止または減少させる、
      あるいは一定の状況においてそのような資金の移動を禁止するような、自己資本規制を含む法規制の適用
      を受けている。例えば、野村ホールディングスのブローカー・ディーラー子会社である野村證券、ノム
      ラ・セキュリティーズ・インターナショナル・インク、ノムラ・インターナショナル                                          ・ピー・エル・シー
      およびノムラ・インターナショナル(ホンコン)リミテッドは、自己資本規制の適用を受けており、野村
      ホールディングスへの資金移動が制限される可能性がある。これらの法規制は野村ホールディングスの債
      務履行に必要となる資金調達の方法を制限する可能性がある。
       投資持分証券・トレーディング目的以外の負債証券について野村グループが期待する収益を実現できな

      い可能性がある
       野村グループは多額の投資持分証券・トレーディング目的以外の負債証券を保有している。米国会計原
      則では、市場環境によって投資持分証券・負債証券にかかる多額の未実現損益が計上されることがあり、
      このことが野村グループの損益に大きな影響を与える。市場の環境によっては、野村グループはこれらの
      株式・負債証券を売却したい場合にも、期待どおり迅速には、また望ましい水準では売却できない可能性
      がある。
       連結財務諸表に計上されている関連会社およびその他の持分法投資先の株価が一定期間以上大幅に下落

      した場合には減損が認識される可能性がある
       野村グループは上場している関連会社およびその他の持分法投資先の株式に投資しており、この投資は
      持分法で連結財務諸表に計上されている。米国会計原則では、野村グループが保有する関連会社の株式の
      公正価値(市場価格)が一定期間を超えて下落した場合において、価格の下落が一時的ではないと野村グ
      ループが判断したときには、野村グループは対応する会計年度に減損を認識しなければならない。このこ
      とは、野村グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性がある。
       野村グループが提供したキャッシュ・リザーブ・ファンドや債券に損失が生じることで顧客資産が流出

      する可能性がある
       野村グループは、リスク許容度の異なる顧客のさまざまなニーズに応えるために多くの種類の商品を提
      供している。
       マネー・マネジメント・ファンド(                  MMF  )やマネー・リザーブ・ファンド(                  MRF  )といったキャッシュ・

      リザーブ・ファンドは低リスク商品と位置づけられている。このようなキャッシュ・リザーブ・ファンド
      などは、急激な金利上昇に伴うポートフォリオに組み込まれた債券価格の下落による損失の発生、ファン
      ドのポートフォリオに組み込まれた債券のデフォルト、マイナス金利の適用によるファンドへの手数料
      チャージにより、元本割れを起こす場合がある。野村グループは、運用による安定的な利回りが見込めな
      いと判断した場合、これらのキャッシュ・リザーブ・ファンドなどを繰上償還、もしくは入金制限する可
      能性がある。例えば、野村ホールディングスの子会社である野村アセットマネジメント株式会社は、2016
      年8月末に      MMF  の運用を終了、同年9月に資金償還した。
                                 31/33


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
       さらに、野村グループが提供した債券が債務不履行に陥り、利息や元本の支払が遅延する場合がある。

       野村グループが提供したこれら商品に損失、繰上償還あるいは入金制限が生じた場合、野村グループは

      顧客の信頼を失う可能性があり、ひいては野村グループが保管する顧客からの預かり資産の流出もしくは
      預かり資産増加の妨げとなる可能性がある。
     2 有価証券報告書等の提出日以後に生じた重要な事実

      該当事項なし。

     第五部【提出会社の保証会社等の情報】

     第2【保証会社以外の会社の情報】

     2【継続開示会社たる当該会社に関する事項】

       本外国指標連動証券に係る保証会社である野村ホールディングス株式会社は、継続開示会社である。
     (1)【当該会社が提出した書類】
     <訂正前>

       ①【有価証券報告書及びその添付書類】
         事業年度(第113期)(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
         平成29年6月26日 関東財務局長に提出
       ②【四半期報告書又は半期報告書】

         事業年度(第114期第           2 四半期)(自 平成29年            7 月1日 至 平成29年           9 月 30 日)
         平成  29 年 11 月14日 関東財務局長に提出
       ③【臨時報告書】

         ①の有価証券報告書提出後、本訂正届出書提出日(平成                             29 年 11 月 20 日)までに、平成29年6月26
         日 関東財務局長に提出(提出理由:金融商品取引法第24条の5第4項および企業内容等の開示に
         関する内閣府令第19条第2項第9号の2)
         ①の有価証券報告書提出後、本訂正届出書提出日(平成                             29 年 11 月 20 日)までに、平成29年10月27
         日 関東財務局長に提出(提出理由:金融商品取引法第24条の5第4項および企業内容等の開示に
         関する内閣府令第19条第2項第2号の2)
       ④【訂正報告書】

         訂正報告書(上記③の平成29年10月27日付の臨時報告書の訂正報告書)を平成29年11月17日に関東
         財務局長に提出
     <訂正後>

       ①【有価証券報告書及びその添付書類】
         事業年度(第113期)(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                 32/33


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                    訂正有価証券届出書(組込方式)
         平成29年6月26日 関東財務局長に提出
       ②【四半期報告書又は半期報告書】

         事業年度(第114期第           3 四半期)(自 平成29年            10 月1日 至 平成29年           12 月 31 日)
         平成  30 年 2 月14日 関東財務局長に提出
       ③【臨時報告書】

         ①の有価証券報告書提出後、本訂正届出書提出日(平成                             30 年 2 月 15 日)までに、平成29年6月26
         日 関東財務局長に提出(提出理由:金融商品取引法第24条の5第4項および企業内容等の開示に
         関する内閣府令第19条第2項第9号の2)
         ①の有価証券報告書提出後、本訂正届出書提出日(平成                             30 年 2 月 15 日)までに、平成29年10月27
         日 関東財務局長に提出(提出理由:金融商品取引法第24条の5第4項および企業内容等の開示に
         関する内閣府令第19条第2項第2号の2)
       ④【訂正報告書】

         訂正報告書(上記③の平成29年10月27日付の臨時報告書の訂正報告書)を平成29年11月17日に関東
         財務局長に提出
                                 33/33













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。