アルピコホールディングス株式会社 四半期報告書 第10期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第10期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:アルピコホールディングス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                   四半期報告書

      【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第2項
      【提出先】                   関東財務局長
      【提出日】                   平成30年2月14日
      【四半期会計期間】                   第10期第3四半期(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)
      【会社名】                   アルピコホールディングス株式会社
      【英訳名】                   ALPICO    HOLDINGS     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  曲渕 文昭
      【本店の所在の場所】                   長野県松本市井川城二丁目1番1号
      【電話番号】                   0263-26-7100(代表)
      【事務連絡者氏名】                   常務取締役         塚田 進
      【最寄りの連絡場所】                   長野県松本市井川城二丁目1番1号
      【電話番号】                   0263-26-7100(代表)
      【事務連絡者氏名】                   常務取締役         塚田 進
      【縦覧に供する場所】                   該当事項はありません。
                                  1/28













                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第9期           第10期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第9期
                              累計期間           累計期間
                           自平成28年4月1日           自平成29年4月1日           自平成28年4月1日

              会計期間
                           至平成28年12月31日           至平成29年12月31日           至平成29年3月31日
                      (千円)          75,129,126           75,056,838           98,142,902
     営業収益
                      (千円)           1,736,012           1,267,961           1,420,479
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            937,752           477,761          1,010,643
     期)純利益
                      (千円)            947,251           462,058          1,023,347
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          14,605,501           14,978,284           14,677,892
     純資産額
                      (千円)          74,551,097           75,711,457           68,485,480
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            26.07            8.34           28.09
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             19.6           19.8           21.4
     自己資本比率
                               第9期           第10期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自平成28年10月1日           自平成29年10月1日

              会計期間
                           至平成28年12月31日           至平成29年12月31日
                      (円)            12.00            0.59
     1株当たり四半期純利益金額
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式は存在しておりますが、当社は
           非上場であり期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はありません。なお、
       主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
                                        議決権の所有割合
                      資本金       主要な事業の内容
        名称        住所                         又は被所有割合            関係内容
                     (百万円)
                                          (%)
      アルプス交通

              松本市小屋南            15     運輸事業              100.00       連結子会社
       株式会社
       (注)「主要な事業の内容」欄には、報告セグメントの名称を記載しております。

        この結果、平成29年12月31日現在では、当社グループは、当社、連結子会社11社、持分法適用関連会社1社により

       構成されることとなりました。
                                  2/28



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日)における日本経済は、企業収益の改善や
        設備投資の回復を背景に、総じて緩やかな回復基調で推移しました。一方で国内の個人消費は節約志向や選別消費
        の傾向により慎重な状態が続き、厳しい事業環境が継続しております。
         このような状況において当社グループは、企業価値の向上を図ることを主眼に置いた中期経営計画「VALUE                                                    UP
        ALPICO    2020」にて設定した経営目標と事業計画に基づき、グループ各事業体のサービス、商品、設備の質の強化
        を継続して進めるとともに、成長戦略の一環として新たな基盤の構築にも取り組んでおります。
         この結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、連結営業収益は                              75,056,838     千円(前年同期比        0.1%減    )、連結
        営業利益は     1,547,557     千円(前年同期比        22.6%減    )となりました。
         当第3四半期連結累計期間のセグメント別の概況は次のとおりであります。
        ①  運輸事業

         バス事業は、信州ディスティネーションキャンペーンの効果等により、一般路線及び高速バスの乗客数は増加し
        ましたが、夏季における週末を中心とした天候不順、道路通行止め等の災害や秋季の台風影響により、上高地・乗
        鞍地区への観光路線において乗客数は伸び悩みました。なお、アルピコ交通東京株式会社では首都圏でのバス事業
        拡大に向け平成29年12月に東京都江戸川区に営業所を新設いたしました。
         タクシー事業では消費者の節約志向が続き夜間市街地の個人需要が弱含みで推移し、客数が減少しました。損益
        面では原油価格の上昇による燃料費及び車両更新による減価償却費が増加しております。なお、松本地区タクシー
        事業者であるアルプス交通株式会社を平成29年10月に株式譲受により取得し、連結に含めております。
         この結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、営業収益は                             9,600,877     千円(前年同期比        1.7%増    )、営業利益は
        318,128    千円(前年同期比        55.1%減    )となりました。
        ②  流通事業

         流通事業は、平成28年4月1日に株式会社デリシアとして食品スーパーマーケット事業を統合して以降、一般
        スーパー「デリシア」及び業務スーパー「ユーパレット」の2ブランドへの集約を進めており、第2四半期連結累
        計期間の9店舗に続き、第3四半期連結会計期間においては10月にユーパレット長野北店、デリシア広丘店、11月に
        デリシア小諸インター店及び上田川西店の合計4店舗を改装開店しております。改装工事閉店期間の発生により売
        上は減少したものの、新店化に合わせた店舗オペレーションの改善や品揃えを強化すると同時に売上原価および販
        売管理費の削減を進めた結果、営業利益は増加しました。
         この結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、営業収益は                            54,335,800     千円(前年同期比        0.2%減    )、営業利益
        は 1,014,349     千円(前年同期比        35.1%増    )となりました       。
        ③  レジャー・サービス事業

         ホテル旅館事業では、イベントによる需要増加の一方で、夏季及び秋季の天候不順により長野県内への観光客入
        込みは伸び悩み、宿泊客数は前年並みで推移しましたが、各宿泊施設で実施した設備、客室のグレードアップ投資
        による効果等にあり、客室単価は上昇しました。なお、平成29年11月に松本駅前地域3施設目となる「アルピコプ
        ラザホテル」の営業を開始しております。
         サービスエリア事業は、観光バス立寄り台数の減少や観光客による消費の停滞から、運営する4サービスエリア
        全体で客数減となりました。
         旅行事業は、募集型企画旅行においてチャーター便利用商品を中心に催行客数が増加しましたが、団体旅行受注
        件数が減少しました。
         この結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、営業収益は                             9,460,739     千円(前年同期比        0.4%増    )、営業利益は
        488,773    千円(前年同期比        18.0%減    )となりました。
                                  3/28


                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
        ④  不動産事業
         蓼科地区別荘分譲地管理事業での区画販売、別荘建物のリフォーム工事や景観整備請負による売上が増加したも
        のの、松本駅前に位置する松本バスターミナルビル核テナントの9月中旬閉店に伴い、売上、営業利益ともに減少
        しました。なお、当ビルは改装リニューアル後のテナント入替を進めており、12月には一部先行オープンをいたし
        ました。
         この結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、営業収益は                             924,655    千円(前年同期比        6.9%減    )、営業利益は
        106,839    千円(前年同期比        66.0%減    )となりました       。
        ⑤  その他のサービス事業

         自動車整備事業では、特許商品である「クリアー25車検」での受託整備台数は減少したものの、販売管理費の削
        減や業務の効率化を進めました。
         この結果、当第3四半期期連結累計期間の業績は、営業収益は                              1,507,500     千円(前年同期比        6.7%減    )、営業利益
        は 106,835    千円(前年同期比        15.3%増    )となりました       。
       (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (3)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  4/28














                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           100,000,000

       種類株式 A                                            4,215,000

       種類株式 B                                            3,000,000

       種類株式 C                                            2,000,000

                  計                               100,987,960

       (注)  会社法下では、発行可能種類株式総数の合計は発行可能株式総数と一致する必要はないと解され、当社に
            おきましても発行可能種類株式総数と一致いたしません。
        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現在                           上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類         発行数(株)                        又は登録認可金融商品               内容
                            (平成30年2月14日)
               (平成29年12月31日)                          取引業協会名
                                                     当社は単元株制
     普通株式              59,488,460             59,488,460         非上場             度は採用してお
                                                     りません。
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
     種類株式 A              1,977,500             1,977,500        非上場
                                                     りません。
                                                     (注)1
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
     種類株式 B              2,886,000             2,886,000        非上場
                                                     りません。
                                                     (注)2
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
     種類株式 C              2,000,000             2,000,000        非上場
                                                     りません。
                                                     (注)3
         計          66,351,960             66,351,960             -           -
     (注)1 種類株式Aの内容は次のとおりであります。
         1.A種株式に対する剰余金の配当
          (1)  当社は、当社の事業年度末日における連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年
             10月30日大蔵省令第28号。その後の改正を含む。)に基づき作成された連結貸借対照表上の利益剰余金
             の額が50億円を超えた場合であって、かつ、当社定款第41条に定める剰余金の配当を行う場合に限り、
             当該超過額の2分の1に相当する金額を上限として、剰余金の配当がその効力を生ずる日における当社
             の会社法(平成17年7月26日法律第86号。その後の改正を含む。)第461条第2項所定の分配可能額の範
             囲内で、A種株式を有する株主(以下、「A種株主」という。)又はA種株式の登録株式質権者(以
             下、「A種登録株式質権者」という。)に対し、普通株式を有する株主(以下、「普通株主」とい
             う。)又は普通株式の登録株式質権者(以下、「普通登録株式質権者」という。)、当社種類株式B
             (以下、「B種株式」という。)を有する株主(以下、「B種株主」という。)又はB種株式の登録株
             式質権者(以下、「B種登録株式質権者」という。)及び当社種類株式C(以下、「C種株式」とい
             う。)を有する株主(以下、「C種株主」という。)又はC種株式の登録株式質権者(以下、「C種登
             録株式質権者」という。)に先立ち、下記(2)に定める額の金銭(以下、「A種配当金」という。)を
             支払う。
                                  5/28



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
          (2)  A種配当金
            1株あたりのA種配当金は、A種株式1株あたりの払込金額に、2.0%の配当年率を乗じて算出した額と
           する。ただし、平成21年3月31日を基準日とするA種配当金については、平成20年5月1日から平成21年
           3月31日までの日数(初日及び最終日を含む。)で1年を365日として日割計算した額とする。
          (3)  非累積条項
            ある事業年度において、A種株主又はA種登録株式質権者に対して配当する剰余金の額がA種配当金の
           額に達しないときは、その不足額は翌事業年度以降に累積しない。
          (4)  非参加条項
            A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、A種配当金を超えて剰余金の配当は行わない。
          (5)  期末配当以外の剰余金の配当
            A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、当社定款第41条に定める剰余金の配当以外の剰余金の配
           当は行わない。
         2.残余財産の分配
          (1)  当社は、残余財産を分配するときは、B種株主又はB種登録株式質権者に対し、A種株主又はA種登録
             株式質権者に先立ち、B種株式1株につき、1,000円に経過B種配当金相当額(下記(4)に定義され
             る。)を加算した額を支払い、かかる残余財産の分配を行った後、残余する財産があるときは、A種株
             主又はA種登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質権者及びC種株主又はC種登録株式質
             権者に先立ち、A種株式1株につき、1,000円に経過A種配当金相当額(下記(3)に定義される。)を加
             算した額の金銭を支払う。
          (2)  当社は、前号に基づく残余財産の分配後、残余する財産があるときは、普通株主又は普通登録株式質権
             者及びC種株主又はC種登録株式質権者に対し、同順位かつ平等の割合にて残余財産の分配を行う。
          (3)  本項において、「経過A種配当金相当額」とは、残余財産の分配が行われる日(以下、「残余財産分配
             日」という。)の属する事業年度におけるA種配当金の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日ま
             での日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年を365日として日割計算した額をいう。
          (4)  本項において、「経過B種配当金相当額」とは、残余財産分配日の属する事業年度におけるB種配当金
             の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日までの日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年
             を365日として日割計算した額をいう。
          (5)  A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、上記の他、残余財産の分配を行わない。
         3.特定の株主からの取得
          (1)  当社は、法令の定めに従い、特定の株主との合意によってA種株式の全部又は一部を有償で取得するこ
             とができる。
          (2)  A種株式の取得について会社法第160条第1項の規定による決定をするときは、同条第2項及び第3項の
             規定を適用しない。
         4.株式の併合又は分割、募集株式の割当て等
          (1)  当社は、法令に別段の定めがある場合を除き、A種株式について株式の併合又は分割は行わない。
          (2)  当社は、A種株主に対しては、会社法第185条に規定する株式無償割当て又は同法第277条に規定する新
             株予約権無償割当てを行わず、同法第202条第1項に基づく株式の割当てを受ける権利又は同法第241条
             第1項に基づく新株予約権の割当てを受ける権利を与えない。
         5.普通株式を対価とする取得請求権
           A種株主は、法令の定めに従い、下記(1)に定める取得を請求することができる期間中、下記(2)に定め
          る条件で、当社がA種株式を取得するのと引換えに普通株式を交付することを請求することができる。
          (1)  取得を請求することができる期間
             平成24年4月30日以降
          (2)  取得の条件
           ① A種株主は、次に定める条件により、当社がA種株式を取得するのと引き換えに普通株式を交付させ
              ることができる。なお、A種株主に交付される普通株式数の算出に際し、1株未満の端数が生じたと
              きはこれを切り捨てるものとし、会社法第167条第3項に定める金銭による調整は行わない。
              取得と引換えに交付すべき
                          = (A種株主が取得を請求したA種株式の払込金額の総額)÷交付価額
              普通株式数
           ② 交付価額
             イ 当初交付価額
               当初交付価額は、100円とする。
                                  6/28



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
             ロ 交付価額の調整
              (a)当社は、A種株式の発行後、下記(b)に掲げる各事由により普通株式数に変更が生じる場合又は
                変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「交付価額調整式」という。)を
                もって交付価額を調整する。
                                        交付普通株式数×1株当たりの払込金額
                              既発行普通株式数+
                                              1株当たり時価
              調整後交付価額=調整前交付価額×
                                    既発行普通株式数+交付普通株式数
              交付価額調整式で使用する「既発行普通株式数」は、普通株主に下記(b)(ⅰ)ないし(ⅳ)の各取引
             に係る基準日が定められている場合はその日、また当該基準日が定められていない場合は、調整後の交
             付価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式数から当該日における当社の有する
             普通株式数を控除したものとする。交付価額調整式で使用する「交付普通株式数」は、普通株式の株式
             の分割が行われる場合には、株式の分割により増加する普通株式数(基準日における当社の有する普通
             株式に関して増加した普通株式数を含まない。)とし、普通株式の併合が行われる場合には、株式の併
             合により減少する普通株式数(効力発生日における当社の有する普通株式に関して減少した普通株式数
             を含まない。)を負の値で表示して使用するものとする。交付価額調整式で使用する「1株当たりの払
             込金額」は、下記(b)(ⅰ)の場合は当該払込金額(金銭以外の財産を出資の目的とする場合には適正な
             評価額、無償割当ての場合は0円とする。)、下記(b)(ⅱ)及び(ⅳ)の場合は0円とし、下記(b)
             (ⅲ)の場合は下記(b)(ⅴ)で定める対価の額とする。
              (b)交付価額調整式によりA種株式の交付価額の調整を行う場合及びその調整後の交付価額の適用時
                期については、次に定めるところによる。
              (ⅰ)下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る払込金額をもって普通株式を交付する場合(無償割当ての
                 場合を含む。)(但し、当社の交付した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条項
                 付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)の
                 取得と引換えに交付する場合又は普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債
                 に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)その他の証券若しくは権利の転換、
                 交換又は行使により交付する場合を除く。)
                 調整後の交付価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられたときは当該払込期間の最
                 終日とする。以下、同じ。)又は無償割当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但し、
                 当社普通株主に募集株式の割当てを受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準日が
                 ある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
              (ⅱ)普通株式の株式分割をする場合
                 調整後の交付価額は、普通株式の株式分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
              (ⅲ)取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権であって、その取得と引換
                 えに下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る対価(下記(ⅴ)に定義される。)をもって普通株式
                 を交付する定めがあるものを交付する場合(無償割当ての場合を含む。)、又は下記(c)(ⅱ)
                 に定める時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権その他の証券若し
                 くは権利を交付する場合(無償割当ての場合を含む。)
                 調整後の交付価額は、交付される取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株
                 予約権、又は新株予約権その他の証券若しくは権利(以下、「取得請求権付株式等」とい
                 う。)の全てが当初の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株式が交付されたものとみな
                 して交付価額調整式を準用して算出するものとし、交付される日又は無償割当ての効力発生日
                 の翌日以降これを適用する。但し、普通株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与
                 えるため又は無償割当てのための基準日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
                 上記にかかわらず、取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の対価が上記の時
                 点で確定していない場合は、調整後の交付価額は、当該対価の確定時点で交付されている取得
                 請求権付株式等の全てが当該対価の確定時点の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株式
                 が交付されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確定し
                 た日の翌日以降これを適用する。
              (ⅳ)普通株式の併合をする場合
                 調整後の交付価額は、株式の併合の効力発生日以降これを適用する。
                                  7/28




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
              (ⅴ)上記(ⅲ)における対価とは、取得請求権付株式等の交付に際して払込みその他の対価関係にあ
                 る支払がなされた額(時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権の場
                 合には、その行使に際して出資される財産の価額を加えた額とする。)から、その取得、転
                 換、交換又は行使に際して取得請求権付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価
                 額を控除した金額を、その取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の数で除し
                 た金額をいう。
              (c)(ⅰ)交付価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切り
                  捨てる。
               (ⅱ)交付価額調整式で使用する時価は、その時点における調整前交付価額とする。
              (d)上記(b)に定める交付価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に該当すると当社
                取締役会が合理的に判断するときには、当社は、必要な交付価額の調整を行う。
               (ⅰ)当社を存続会社とする合併、当社が行う吸収分割による他の会社の権利義務の全部又は一
                  部 の承継、又は当社が行う株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得のため
                  に交付価額の調整を必要とするとき。
               (ⅱ)交付価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の交付価
                  額の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があると
                  き。
               (ⅲ)その他当社の発行済普通株式の株式数の変更が生じたこと又は変更の可能性が生じる事由が
                  発生したことにより交付価額の調整を必要とするとき。
              (e)交付価額調整式により算出された調整後交付価額と調整前交付価額との差額が1円未満の場合
                は、交付価額の調整は行わないものとする。但し、本(e)により不要とされた調整は繰り越さ
                れ、その後の調整の計算において斟酌される。
              (f)上記(a)ないし(e)にかかわらず、平成21年6月30日までに開催される当社株主総会の決議及
                び/又は当社取締役会の決議に基づき新株予約権を交付する場合には、(ⅰ)次に定める算式によ
                り算出される数が0.1を超えないこと、かつ(ⅱ)新株予約権の行使に際して出資される金銭を新
                株予約権の目的である株式の数で除した数が100円以上(但し、かかる当社株主総会の決議及び/
                又は当社取締役会の決議がなされるまでに、上記(a)ないし(e)に従い交付価額の調整が行われ
                た場合、その調整後の交付価額以上)であることを条件に、交付価額の調整を行わない。
                          新株予約権の目的である株式の総数+新株予約権の発行を決議する株主総
                          会及び/又は取締役会の日現在の当社の発行済株式の総数(平成20年4月
                          14日開催の当社臨時株主総会においてその発行が承認された普通株式の数
              新株予約権の目的である
                         ÷ 及びC種株式に係る普通株式を対価とする取得請求権の行使により発行さ
              株式の総数
                          れた普通株式の総数を含む。)+新株予約権の発行を決議する株主総会及
                          び/又は取締役会の日現在のA種株式、B種株式及びC種株式に係る普通
                          株式を対価とする取得請求権の行使により発行され得る普通株式の総数
           ③ 取得請求受付場所
              長野県松本市井川城二丁目1番1号
              アルピコホールディングス株式会社 本店
           ④ 取得の効力発生
              取得請求書が上記③に記載する取得請求受付場所に到着したときに、当社はA種株式を取得し、当該
             取得請求をした株主は、当社がその取得と引換えに交付すべき普通株式の株主となる。
         6.議決権
           A種株主は、株主総会において議決権を有しない。
         7.種類株主総会
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、A種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         8.種類株式間の優先順位
          (1)  剰余金の配当
            A種配当金、B種配当金、C種配当金(C種株主又はC種登録株式質権者に対して剰余金の配当として
           支払われる金銭をいう。以下、同じ。)及び普通配当金(普通株主又は普通登録株式質権者に対して剰余
           金の配当として支払われる金銭をいう。以下、同じ。)の支払順位は、A種配当金を第1順位とし、B種
           配当金、C種配当金及び普通配当金を同順位で第2順位とする。
                                  8/28




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
          (2)  残余財産の分配
            A種株式、B種株式、C種株式及び普通株式に係る残余財産の分配の支払順位は、B種株式に係る残余
           財産の分配を第1順位、A種株式に係る残余財産の分配を第2順位、C種株式及び普通株式に係る残余財
           産の分配を同順位で第3順位とする。
          (3)  取得請求権
            A種株式、B種株式及びC種株式に係る取得請求権の行使がそれぞれなされ、その取得請求受付場所へ
           の到達が同時又はその先後が不明である場合は、C種株式に係る取得請求権の行使を第1順位、A種株式
           に係る取得請求権の行使を第2順位、B種株式に係る取得請求権の行使を第3順位とする。
         9.譲渡制限
           譲渡によるA種株式の取得については、当社取締役会の承認を要する。
         10.会社法第322条第1項に規定する定款の定め
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、A種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         11.議決権を有しないこととしている理由
           資本増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したためであります。
     (注)2 種類株式Bの内容は次のとおりであります。

         1.B種株式に対する剰余金の配当
          (1)  当社は、当社の事業年度末日における連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年
             10月30日大蔵省令第28号。その後の改正を含む。)に基づき作成された連結貸借対照表上の利益剰余金
             の額が50億円を超えた場合であって、かつ、当社定款第41条に定める剰余金の配当を行う場合に限り、
             当該超過額の2分の1に相当する金額を上限として、剰余金の配当がその効力を生ずる日における当社
             の会社法(平成17年7月26日法律第86号。その後の改正を含む。)第461条第2項所定の分配可能額の範
             囲内で、B種株式を有する株主(以下、「B種株主」という。)又はB種株式の登録株式質権者(以
             下、「B種登録株式質権者」という。)に対し、当社種類株式A(以下、「A種株式」という。)を有
             する株主(以下、「A種株主」という。)又はA種株式の登録株式質権者(以下、「A種登録株式質権
             者」という。)に対して剰余金の配当として支払われる金銭(以下「A種配当金」という。)が支払わ
             れたことを条件として、普通株式を有する株主(以下、「普通株主」という。)又は普通株式の登録株
             式質権者(以下、「普通登録株式質権者」という。)及び当社種類株式C(以下、「C種株式」とい
             う。)を有する株主(以下、「C種株主」という。)又はC種株式の登録株式質権者(以下、「C種登
             録株式質権者」という。)と同順位かつ平等の割合にて、剰余金の配当(以下、B種株主又はB種登録
             株式質権者に対して剰余金の配当として支払われる金銭を、「B種配当金」という。)を行う。ただ
             し、平成21年3月31日を基準日とするB種配当金については、平成20年5月1日から平成21年3月31日
             までの日数(初日及び最終日を含む。)で1年を365日として日割計算した額とする。
          (2)  期末配当以外の剰余金の配当
            B種株主又はB種登録株式質権者に対しては、当社定款第41条に定める剰余金の配当以外の剰余金の配
           当は行わない。
         2.残余財産の分配
          (1)  当社は、残余財産を分配するときは、B種株主又はB種登録株式質権者に対し、A種株主又はA種登録
             株式質権者に先立ち、B種株式1株につき、1,000円に経過B種配当金相当額(下記(4)に定義され
             る。)を加算した額を支払い、かかる残余財産の分配を行った後、残余する財産があるときは、A種株
             主又はA種登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質権者及びC種株主又はC種登録株式質
             権者に先立ち、A種株式1株につき、1,000円に経過A種配当金相当額(下記(3)に定義される。)を加
             算した額の金銭を支払う。
          (2)  当社は、前号に基づく残余財産の分配後、残余する財産があるときは、普通株主又は普通登録株式質権
             者及びC種株主又はC種登録株式質権者に対し、同順位かつ平等の割合にて残余財産の分配を行う。
          (3)  本項において、「経過A種配当金相当額」とは、残余財産の分配が行われる日(以下、「残余財産分配
             日」という。)の属する事業年度におけるA種配当金の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日ま
             での日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年を365日として日割計算した額をいう。
          (4)  本項において、「経過B種配当金相当額」とは、残余財産分配日の属する事業年度におけるB種配当金
             の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日までの日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年
             を365日として日割計算した額をいう。
          (5)  B種株主又はB種登録株式質権者に対しては、上記の他、残余財産の分配を行わない。
                                  9/28



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
         3.特定の株主からの取得
          (1)  当社は、法令の定めに従い、特定の株主との合意によってB種株式の全部又は一部を有償で取得するこ
             とができる。
          (2)  B種株式の取得について会社法第160条第1項の規定による決定をするときは、同条第2項及び第3項の
             規定を適用しない。
         4.株式の併合又は分割、募集株式の割当て等
          (1)  当社は、法令に別段の定めがある場合を除き、B種株式について株式の併合又は分割は行わない。
          (2)  当社は、B種株主に対しては、会社法第185条に規定する株式無償割当て又は同法第277条に規定する新
             株予約権無償割当てを行わず、同法第202条第1項に基づく株式の割当てを受ける権利又は同法第241条
             第1項に基づく新株予約権の割当てを受ける権利を与えない。
         5.普通株式を対価とする取得請求権
           B種株主は、法令の定めに従い、下記(1)に定める取得を請求することができる期間中、下記(2)に定め
          る条件で、当社がB種株式を取得するのと引換えに普通株式を交付することを請求することができる。
          (1)  取得を請求することができる期間
             平成27年4月30日以降
          (2)  取得の条件
           ① B種株主は、次に定める条件により、当社がB種株式を取得するのと引き換えに普通株式を交付させ
              ることができる。なお、B種株主に交付される普通株式数の算出に際し、1株未満の端数が生じたと
              きはこれを切り捨てるものとし、会社法第167条第3項に定める金銭による調整は行わない。
              取得と引換えに交付すべき
                          = (B種株主が取得を請求したB種株式の払込金額の総額)÷交付価額
              普通株式数
           ② 交付価額
             イ 当初交付価額
               当初交付価額は、100円とする。
             ロ 交付価額の調整
              (a)当社は、B種株式の発行後、下記(b)に掲げる各事由により普通株式数に変更が生じる場合又は
                変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「交付価額調整式」という。)を
                もって交付価額を調整する。
                                        交付普通株式数×1株当たりの払込金額
                              既発行普通株式数+
                                              1株当たり時価
              調整後交付価額=調整前交付価額×
                                    既発行普通株式数+交付普通株式数
              交付価額調整式で使用する「既発行普通株式数」は、普通株主に下記(b)(ⅰ)ないし(ⅳ)の各取引
             に係る基準日が定められている場合はその日、また当該基準日が定められていない場合は、調整後の交
             付価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式数から当該日における当社の有する
             普通株式数を控除したものとする。交付価額調整式で使用する「交付普通株式数」は、普通株式の株式
             の分割が行われる場合には、株式の分割により増加する普通株式数(基準日における当社の有する普通
             株式に関して増加した普通株式数を含まない。)とし、普通株式の併合が行われる場合には、株式の併
             合により減少する普通株式数(効力発生日における当社の有する普通株式に関して減少した普通株式数
             を含まない。)を負の値で表示して使用するものとする。交付価額調整式で使用する「1株当たりの払
             込金額」は、下記(b)(ⅰ)の場合は当該払込金額(金銭以外の財産を出資の目的とする場合には適正な
             評価額、無償割当ての場合は0円とする。)、下記(b)(ⅱ)及び(ⅳ)の場合は0円とし、下記(b)
             (ⅲ)の場合は下記(b)(ⅴ)で定める対価の額とする。
              (b)交付価額調整式によりB種株式の交付価額の調整を行う場合及びその調整後の交付価額の適用時
                期については、次に定めるところによる。
              (ⅰ)下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る払込金額をもって普通株式を交付する場合(無償割当ての
                 場合を含む。)(但し、当社の交付した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条項
                 付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)の
                 取得と引換えに交付する場合又は普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債
                 に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)その他の証券若しくは権利の転換、
                 交換又は行使により交付する場合を除く。)
                  調整後の交付価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられたときは当該払込期間の
                 最終日とする。以下、同じ。)又は無償割当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但
                 し、当社普通株主に募集株式の割当てを受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準
                 日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
                                 10/28



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
              (ⅱ)普通株式の株式分割をする場合
                 調整後の交付価額は、普通株式の株式分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
              (ⅲ)取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権であって、その取得と引換
                 えに下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る対価(下記(ⅴ)に定義される。)をもって普通株式
                 を交付する定めがあるものを交付する場合(無償割当ての場合を含む。)、又は下記(c)(ⅱ)
                 に定める時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権その他の証券若し
                 くは権利を交付する場合(無償割当ての場合を含む。)
                  調整後の交付価額は、交付される取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新
                 株予約権、又は新株予約権その他の証券若しくは権利(以下、「取得請求権付株式等」とい
                 う。)の全てが当初の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株式が交付されたものとみな
                 して交付価額調整式を準用して算出するものとし、交付される日又は無償割当ての効力発生日
                 の翌日以降これを適用する。但し、普通株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与
                 えるため又は無償割当てのための基準日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
                  上記にかかわらず、取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の対価が上記の
                 時点で確定していない場合は、調整後の交付価額は、当該対価の確定時点で交付されている取
                 得請求権付株式等の全てが当該対価の確定時点の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株
                 式が交付されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確定
                 した日の翌日以降これを適用する。
              (ⅳ)普通株式の併合をする場合
                  調整後の交付価額は、株式の併合の効力発生日以降これを適用する。
              (ⅴ)上記(ⅲ)における対価とは、取得請求権付株式等の交付に際して払込みその他の対価関係にあ
                 る支払がなされた額(時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権の場
                 合には、その行使に際して出資される財産の価額を加えた額とする。)から、その取得、転
                 換、交換又は行使に際して取得請求権付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価
                 額を控除した金額を、その取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の数で除し
                 た金額をいう。
              (c)(ⅰ)交付価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切り
                  捨てる。
               (ⅱ)交付価額調整式で使用する時価は、その時点における調整前交付価額とする。
              (d)上記(b)に定める交付価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に該当すると当社
                取締役会が合理的に判断するときには、当社は、必要な交付価額の調整を行う。
               (ⅰ)当社を存続会社とする合併、当社が行う吸収分割による他の会社の権利義務の全部又は一部
                  の承継、又は当社が行う株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得のために交
                  付価額の調整を必要とするとき。
               (ⅱ)交付価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の交付価
                  額の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があると
                  き。
               (ⅲ)その他当社の発行済普通株式の株式数の変更が生じたこと又は変更の可能性が生じる事由が
                  発生したことにより交付価額の調整を必要とするとき。
              (e)交付価額調整式により算出された調整後交付価額と調整前交付価額との差額が1円未満の場合
                は、交付価額の調整は行わないものとする。但し、本(e)により不要とされた調整は繰り越さ
                れ、その後の調整の計算において斟酌される。
              (f)上記(a)ないし(e)にかかわらず、平成21年6月30日までに開催される当社株主総会の決議及
                び/又は当社取締役会の決議に基づき新株予約権を交付する場合には、(ⅰ)次に定める算式によ
                り算出される数が0.1を超えないこと、かつ(ⅱ)新株予約権の行使に際して出資される金銭を新
                株予約権の目的である株式の数で除した数が100円以上(但し、かかる当社株主総会の決議及び/
                又は当社取締役会の決議がなされるまでに、上記(a)ないし(e)に従い交付価額の調整が行われ
                た場合には、その調整後の交付価額以上)であることを条件に、交付価額の調整を行わない。
                          新株予約権の目的である株式の総数+新株予約権の発行を決議する株主総
                          会及び/又は取締役会の日現在の当社の発行済株式の総数(平成20年4月
                          14日開催の当社臨時株主総会においてその発行が承認された普通株式の数
              新株予約権の目的である
                         ÷ 及びC種株式に係る普通株式を対価とする取得請求権の行使により発行さ
              株式の総数
                          れた普通株式の総数を含む。)+新株予約権の発行を決議する株主総会及
                          び/又は取締役会の日現在のA種株式、B種株式及びC種株式の普通株式
                          を対価とする取得請求権の行使により発行され得る普通株式の総数
                                 11/28



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
           ③ 取得請求受付場所
              長野県松本市井川城二丁目1番1号
              アルピコホールディングス株式会社 本店
           ④ 取得の効力発生
              取得請求書が上記③に記載する取得請求受付場所に到着したときに、当社はB種株式を取得し、当該
             取得請求をした株主は、当社がその取得と引換えに交付すべき普通株式の株主となる。
         6.議決権
           B種株主は、株主総会において議決権を有しない。
         7.種類株主総会
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、B種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         8.種類株式間の優先順位
          (1)  剰余金の配当
            A種配当金、B種配当金、C種配当金(C種株主又はC種登録株式質権者に対して剰余金の配当として
           支払われる金銭をいう。以下、同じ。)及び普通配当金(普通株主又は普通登録株式質権者に対して剰余
           金の配当として支払われる金銭をいう。以下、同じ。)の支払順位は、A種配当金を第1順位とし、B種
           配当金、C種配当金及び普通配当金を同順位で第2順位とする。
          (2)  残余財産の分配
            A種株式、B種株式、C種株式及び普通株式に係る残余財産の分配の支払順位は、B種株式に係る残余
           財産の分配を第1順位、A種株式に係る残余財産の分配を第2順位、C種株式及び普通株式に係る残余財
           産の分配を同順位で第3順位とする。
          (3)  取得請求権
            A種株式、B種株式及びC種株式に係る取得請求権の行使がそれぞれなされ、その取得請求受付場所へ
           の到達が同時又はその先後が不明である場合は、C種株式に係る取得請求権の行使を第1順位、A種株式
           に係る取得請求権の行使を第2順位、B種株式に係る取得請求権の行使を第3順位とする。
         9.譲渡制限
            譲渡によるB種株式の取得については、当社取締役会の承認を要する。
         10.会社法第322条第2項に規定する定款の定め
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、B種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         11.議決権を有しないこととしている理由
            資本増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したためであります。
     (注)3 種類株式Cの内容は次のとおりであります。

         1.C種株式に対する剰余金の配当
          (1)  当社は、当社の事業年度末日における連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年
             10月30日大蔵省令第28号。その後の改正を含む。)に基づき作成された連結貸借対照表上の利益剰余金
             の額が50億円を超えた場合であって、かつ、当社定款第41条に定める剰余金の配当を行う場合に限り、
             当該超過額の2分の1に相当する金額を上限として、剰余金の配当がその効力を生ずる日における当社
             の会社法(平成17年7月26日法律第86号。その後の改正を含む。)第461条第2項所定の分配可能額の範
             囲内で、C種株式を有する株主(以下、「C種株主」という。)又はC種株式の登録株式質権者(以
             下、「C種登録株式質権者」という。)に対し、当社種類株式A(以下、「A種株式」という。)を有
             する株主(以下、「A種株主」という。)又はA種株式の登録株式質権者(以下、「A種登録株式質権
             者」という。)に対して剰余金の配当として支払われる金銭(以下、「A種配当金」という。)が支払
             われたことを条件として、普通株主又は普通登録株式質権者及び当社種類株式B(以下、「B種株式」
             という。)を有する株主(以下、「B種株主」という。)又はB種株式の登録株式質権者(以下、「B
             種登録株式質権者」という。)と同順位かつ平等の割合にて、剰余金の配当(以下、C種株主又はC種
             登録株式質権者に対して剰余金の配当として支払われる金銭を、「C種配当金」という。)を行う。た
             だし、平成20年3月31日を基準日とするC種配当金については、平成20年5月1日から平成21年3月31
             日までの日数(初日及び最終日を含む。)で1年を365日として日割計算した額とする。
                                 12/28




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
          (2)  期末配当以外の剰余金の配当
            C種株主又はC種登録株式質権者に対しては、当社定款第41条に定める剰余金の配当以外の剰余金の配
           当は行わない。
         2.残余財産の分配
          (1)  当社は、残余財産を分配するときは、B種株主又はB種登録株式質権者に対し、A種株主又はA種登録
             株式質権者に先立ち、B種株式1株につき、1,000円に経過B種配当金相当額(下記(4)に定義され
             る。)を加算した額を支払い、かかる残余財産の分配を行った後、残余する財産があるときは、A種株
             主又はA種登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質権者及びC種株主又はC種登録株式質
             権者に先立ち、A種株式1株につき、1,000円に経過A種配当金相当額(下記(3)に定義される。)を加
             算した額の金銭を支払う。
          (2)  当社は、前号に基づく残余財産の分配後、残余する財産があるときは、普通株主又は普通登録株式質権
             者及びC種株主又はC種登録株式質権者に対し、同順位かつ平等の割合にて残余財産の分配を行う。
          (3)  本項において、「経過A種配当金相当額」とは、残余財産の分配が行われる日(以下、「残余財産分配
             日」という。)の属する事業年度におけるA種配当金の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日ま
             での日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年を365日として日割計算した額をいう。
          (4)  本項において、「経過B種配当金相当額」とは、残余財産分配日の属する事業年度におけるB種配当金
             (B種株主又はB種登録株式質権者に対しての剰余金の配当として支払われる金銭をいう。以下、同
             じ。)の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日までの日数(初日及び残余財産分配日を含む。)
             で1年を365日として日割計算した額をいう。
          (5)  C種株主又はC種登録株式質権者に対しては、上記の他、残余財産の分配を行わない。
         3.特定の株主からの取得
          (1)  当社は、法令の定めに従い、特定の株主との合意によってC種株式の全部又は一部を有償で取得するこ
             とができる。
          (2)  C種株式の取得について会社法第160条第1項の規定による決定をするときは、同条第2項及び第3項の
             規定を適用しない。
         4.株式の併合又は分割、募集株式の割当て等
          (1)  当社は、法令に別段の定めがある場合を除き、C種株式について株式の併合又は分割は行わない。
          (2)  当社は、C種株主に対しては、会社法第185条に規定する株式無償割当て又は同法第277条に規定する新
             株予約権無償割当てを行わず、同法第202条第1項に基づく株式の割当てを受ける権利又は同法第241条
             第1項に基づく新株予約権の割当てを受ける権利を与えない。
         5.普通株式を対価とする取得請求権
            C種株主は、法令の定めに従い、下記(1)に定める取得を請求することができる期間中、下記(2)に定
           める条件で、当社がC種株式を取得するのと引換えに普通株式を交付することを請求することができる。
          (1)  取得を請求することができる期間
             平成20年5月1日以降
          (2)  取得の条件
           ① C種株主は、次に定める条件により、当社がC種株式を取得するのと引き換えに普通株式を交付させ
              ることができる。なお、C種株主に交付される普通株式数の算出に際し、1株未満の端数が生じたと
              きはこれを切り捨てるものとし、会社法第167条第3項に定める金銭による調整は行わない。
              取得と引換えに交付すべき
                          = (C種株主が取得を請求したC種株式の払込金額の総額)÷交付価額
              普通株式数
           ② 交付価額
             イ 当初交付価額
               当初交付価額は、100円とする。
                                 13/28






                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
             ロ 交付価額の調整
              (a)当社は、C種株式の発行後、下記(b)に掲げる各事由により普通株式数に変更が生じる場合又は
                変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「交付価額調整式」という。)を
                もって交付価額を調整する。
                                        交付普通株式数×1株当たりの払込金額
                              既発行普通株式数+
                                              1株当たり時価
              調整後交付価額=調整前交付価額×
                                    既発行普通株式数+交付普通株式数
              交付価額調整式で使用する「既発行普通株式数」は、普通株主に下記(b)(ⅰ)ないし(ⅳ)の各取引
             に係る基準日が定められている場合はその日、また当該基準日が定められていない場合は、調整後の交
             付価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式数から当該日における当社の有する
             普通株式数を控除したものとする。交付価額調整式で使用する「交付普通株式数」は、普通株式の株式
             の分割が行われる場合には、株式の分割により増加する普通株式数(基準日における当社の有する普通
             株式に関して増加した普通株式数を含まない。)とし、普通株式の併合が行われる場合には、株式の併
             合により減少する普通株式数(効力発生日における当社の有する普通株式に関して減少した普通株式数
             を含まない。)を負の値で表示して使用するものとする。交付価額調整式で使用する「1株当たりの払
             込金額」は、下記(b)(ⅰ)の場合は当該払込金額(金銭以外の財産を出資の目的とする場合には適正な
             評価額、無償割当ての場合は0円とする。)、下記(b)(ⅱ)及び(ⅳ)の場合は0円とし、下記(b)
             (ⅲ)の場合は下記(b)(ⅴ)で定める対価の額とする。
              (b)交付価額調整式によりC種株式の交付価額の調整を行う場合及びその調整後の交付価額の適用時
                期については、次に定めるところによる。
              (ⅰ)下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る払込金額をもって普通株式を交付する場合(無償割当ての
                 場合を含む。)(但し、当社の交付した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条項
                 付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)の
                 取得と引換えに交付する場合又は普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債
                 に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)その他の証券若しくは権利の転換、
                 交換又は行使により交付する場合を除く。)
                 調整後の交付価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられたときは当該払込期間の最
                終日とする。以下、同じ。)又は無償割当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但し、当
                社普通株主に募集株式の割当てを受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準日がある
                場合は、その日の翌日以降これを適用する。
              (ⅱ)普通株式の株式分割をする場合
                 調整後の交付価額は、普通株式の株式分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
              (ⅲ)取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権であって、その取得と引換
                 えに下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る対価(下記(ⅴ)に定義される。)をもって普通株式
                 を交付する定めがあるものを交付する場合(無償割当ての場合を含む。)、又は下記(c)(ⅱ)
                 に定める時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権その他の証券若し
                 くは権利を交付する場合(無償割当ての場合を含む。)
                  調整後の交付価額は、交付される取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新
                 株予約権、又は新株予約権その他の証券若しくは権利(以下、「取得請求権付株式等」とい
                 う。)の全てが当初の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株式が交付されたものとみな
                 して交付価額調整式を準用して算出するものとし、交付される日又は無償割当ての効力発生日
                 の翌日以降これを適用する。但し、普通株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与
                 えるため又は無償割当てのための基準日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
                  上記にかかわらず、取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の対価が上記の
                 時点で確定していない場合は、調整後の交付価額は、当該対価の確定時点で交付されている取
                 得請求権付株式等の全てが当該対価の確定時点の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株
                 式が交付されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確定
                 した日の翌日以降これを適用する。
              (ⅳ)普通株式の併合をする場合
                 調整後の交付価額は、株式の併合の効力発生日以降これを適用する。
                                 14/28



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
              (ⅴ)上記(ⅲ)における対価とは、取得請求権付株式等の交付に際して払込みその他の対価関係にあ
                 る支払がなされた額(時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権の場
                 合には、その行使に際して出資される財産の価額を加えた額とする。)から、その取得、転
                 換、交換又は行使に際して取得請求権付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価
                 額を控除した金額を、その取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の数で除し
                 た金額をいう。
              (c)(ⅰ)交付価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切り
                  捨てる。
               (ⅱ)交付価額調整式で使用する時価は、その時点における調整前交付価額とする。
              (d)上記(b)に定める交付価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に該当すると当社
                取締役会が合理的に判断するときには、当社は、必要な交付価額の調整を行う。
               (ⅰ)当社を存続会社とする合併、当社が行う吸収分割による他の会社の権利義務の全部又は一部
                  の承継、又は当社が行う株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得のために交
                  付価額の調整を必要とするとき。
               (ⅱ)交付価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の交付価
                  額の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があると
                  き。
               (ⅲ)その他当社の発行済普通株式の株式数の変更が生じたこと又は変更の可能性が生じる事由が
                  発生したことにより交付価額の調整を必要とするとき。
              (e)交付価額調整式により算出された調整後交付価額と調整前交付価額との差額が1円未満の場合
                は、交付価額の調整は行わないものとする。但し、本(e)により不要とされた調整は繰り越さ
                れ、その後の調整の計算において斟酌される。
              (f)上記(a)ないし(e)にかかわらず、平成21年6月30日までに開催される当社株主総会の決議及
                び/又は当社取締役会の決議に基づき新株予約権を交付する場合には、(ⅰ)次に定める算式によ
                り算出される数が0.1を超えないこと、かつ(ⅱ)新株予約権の行使に際して出資される金銭を新
                株予約権の目的である株式の数で除した数が100円以上(但し、かかる当社株主総会の決議及び/
                又は当社取締役会の決議がなされるまでに、上記(a)ないし(e)に従い交付価額の調整が行われ
                た場合には、その調整後の交付価額以上)であることを条件に、交付価額の調整を行わない。
                          新株予約権の目的である株式の総数+新株予約権の発行を決議する株主総
                          会及び/又は取締役会の日現在の当社の発行済株式の総数(平成20年4月
                          14日開催の当社臨時株主総会においてその発行が承認された普通株式の数
              新株予約権の目的である
                         ÷ 及びC種株式に係る普通株式を対価とする取得請求権の行使により発行さ
              株式の総数
                          れた普通株式の総数を含む。)+新株予約権の発行を決議する株主総会及
                          び/又は取締役会の日現在のA種株式、B種株式及びC種株式の普通株式
                          を対価とする取得請求権の行使により発行され得る普通株式の総数
           ③ 取得請求受付場所
              長野県松本市井川城二丁目1番1号
              アルピコホールディングス株式会社 本店
           ④ 取得の効力発生
              取得請求書が上記③に記載する取得請求受付場所に到着したときに、当社はC種株式を取得し、当該
             取得請求をした株主は、当社がその取得と引換えに交付すべき普通株式の株主となる。
         6.議決権
           C種株主は、株主総会において議決権を有しない。
         7.種類株主総会
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、C種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         8.種類株式間の優先順位
          (1)  剰余金の配当
            A種配当金、B種配当金、C種配当金、普通配当金(普通株主又は普通登録株式質権者に対して剰余金
           の配当として支払われる金銭をいう。以下、同じ。)の支払順位は、A種配当金を第1順位とし、B種配
           当金、C種配当金及び普通配当金を同順位で第2順位とする。
                                 15/28




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
          (2)  残余財産の分配
            A種株式、B種株式、C種株式及び普通株式に係る残余財産の分配の支払順位は、B種株式に係る残余
           財産の分配を第1順位、A種株式に係る残余財産の分配を第2順位、C種株式及び普通株式に係る残余財
           産の分配を同順位で第3順位とする。
          (3)  取得請求権
            A種株式、B種株式及びC種株式に係る取得請求権の行使がそれぞれなされ、その取得請求受付場所へ
           の到達が同時又はその先後が不明である場合は、C種株式に係る取得請求権の行使を第1順位、A種株式
           に係る取得請求権の行使を第2順位、B種株式に係る取得請求権の行使を第3順位とする。
         9.譲渡制限
            譲渡によるC種株式の取得については、当社取締役会の承認を要する。
         10.会社法第322条第2項に規定する定款の定め
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、C種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         11.議決権を有しないこととしている理由
            資本増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したためであります。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        数増減数                              減額
                        数残高(株)         (千円)       (千円)              高(千円)
                  (株)                             (千円)
     平成29年10月1日~
                                        2,450,138
                      -   66,351,960            -               -    2,623,842
     平成29年12月31日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 16/28









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(平成29年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年12月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

                                                  「1  (1)  ②発行済株

                          種類株式B      2,886,000
      無議決権株式                                         -
                                                  式」の脚注2を参照
                                                  「1  (1)  ②発行済株

                          種類株式A      1,977,500
      無議決権株式(自己株式等)                                         -
                                                  式」の脚注1、3を
                          種類株式C      2,000,000
                                                  参照
      議決権制限株式(自己株式等)                             -            -       -
      議決権制限株式(その他)                             -            -       -

      完全議決権株式(自己株式等)                             -            -       -

                          普通株式     59,488,460

      完全議決権株式(その他)                                     59,488,460           -
      単元未満株式                             -            -       -

      発行済株式総数                         66,351,960                -       -

      総株主の議決権                             -        59,488,460           -

        ②【自己株式等】

                                                  平成29年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)                   種類株式A                 種類株式A         種類株式A
     アルピコホール          長野県松本市井川            1,977,500                 1,977,500            2.98
                                    -
     ディングス株式会          城2丁目1番1号          種類株式C                 種類株式C         種類株式C
     社                      2,000,000                 2,000,000            3.01
         計          -        3,977,500         -        3,977,500            5.99
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 17/28








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平
       成29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 18/28

















                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       6,493,541              10,603,541
         現金及び預金
                                       1,980,715              2,523,527
         受取手形及び売掛金
                                       2,127,465              2,678,099
         商品及び製品
                                        202,696              256,977
         原材料及び貯蔵品
                                       1,557,049              1,532,381
         分譲土地等
                                        531,704              546,024
         繰延税金資産
                                       2,157,640              1,766,317
         その他
                                        △ 2,867             △ 4,069
         貸倒引当金
                                       15,047,946              19,902,799
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             26,420,582              28,521,112
          機械装置及び運搬具(純額)                              581,065              633,670
                                       11,528,775              11,540,486
          土地
          リース資産(純額)                             4,637,217              5,407,450
                                        622,492              180,703
          建設仮勘定
                                        872,726             1,114,420
          その他(純額)
                                       44,662,859              47,397,844
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                       1,942,573              1,731,891
          のれん
                                       2,491,463              2,472,840
          その他
                                       4,434,036              4,204,731
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        280,087              390,519
          投資有価証券
                                        560,865              553,137
          関係会社株式
                                         26,608              26,808
          長期貸付金
                                        708,532              364,849
          繰延税金資産
                                       2,779,124              2,894,344
          その他
                                        △ 14,580             △ 23,577
          貸倒引当金
                                       4,340,638              4,206,082
          投資その他の資産合計
                                       53,437,534              55,808,658
         固定資産合計
       資産合計                                68,485,480              75,711,457
                                 19/28








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       4,543,039              9,283,167
         支払手形及び買掛金
                                       3,564,520              4,067,975
         1年内返済予定の長期借入金
                                           -            10,000
         1年内償還予定の社債
                                       1,319,133              1,528,837
         リース債務
                                         76,107              69,590
         未払法人税等
                                        533,963              207,105
         賞与引当金
                                       4,576,118              5,335,670
         その他
                                       14,612,882              20,502,346
         流動負債合計
       固定負債
                                       28,883,838              28,892,492
         長期借入金
                                       4,276,513              4,798,372
         リース債務
                                         5,999              5,999
         繰延税金負債
                                       2,120,932              2,173,832
         資産除去債務
         役員退職慰労引当金                                105,489              138,451
                                       3,801,933              4,221,679
         その他
                                       39,194,706              40,230,827
         固定負債合計
                                       53,807,588              60,733,173
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        500,000             2,450,138
         資本金
                                       3,118,709              2,532,240
         資本剰余金
                                       11,035,409               9,987,834
         利益剰余金
                                       14,654,119              14,970,213
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         23,772              30,504
         その他有価証券評価差額金
                                           -           △ 22,433
         繰延ヘッジ損益
                                         23,772               8,070
         その他の包括利益累計額合計
                                       14,677,892              14,978,284
       純資産合計
                                       68,485,480              75,711,457
      負債純資産合計
                                 20/28









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益及び包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                       75,129,126              75,056,838
      営業収益
      営業費
                                       52,875,005              52,846,751
       運輸事業等営業費及び売上原価
                                       20,255,805              20,662,528
       販売費及び一般管理費
                                       73,130,811              73,509,280
       営業費合計
                                       1,998,315              1,547,557
      営業利益
      営業外収益
                                         35,115              15,941
       受取利息
                                         7,184              7,166
       受取配当金
                                         15,601                -
       持分法による投資利益
                                         95,891              54,091
       その他
                                        153,792               77,199
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        322,378              281,317
       支払利息
                                         43,337              26,362
       シンジケートローン手数料
                                           -             3,075
       持分法による投資損失
                                         50,378              46,040
       その他
                                        416,095              356,795
       営業外費用合計
                                       1,736,012              1,267,961
      経常利益
      特別利益
                                         26,697              36,434
       固定資産売却益
                                        254,530               25,996
       補助金収入
                                         8,968                1
       その他
                                        290,196               62,433
       特別利益合計
      特別損失
                                           93             1,065
       固定資産売却損
                                        297,731              130,438
       固定資産除却損
                                         10,741                -
       投資有価証券売却損
                                        156,807
       減損損失                                                  -
                                        146,054               78,508
       解体撤去費用
                                         2,605              42,099
       その他
                                        614,035              252,111
       特別損失合計
                                       1,412,173              1,078,282
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   172,366              262,675
                                        302,054              337,845
      法人税等調整額
                                        474,420              600,520
      法人税等合計
                                        937,752              477,761
      四半期純利益
      (内訳)
                                        937,752              477,761
      親会社株主に帰属する四半期純利益
      その他の包括利益
                                         10,281               7,970
       その他有価証券評価差額金
                                           -           △ 22,433
       繰延ヘッジ損益
                                         △ 782            △ 1,239
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         9,498             △ 15,702
       その他の包括利益合計
                                        947,251              462,058
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        947,251              462,058
      親会社株主に係る四半期包括利益
                                 21/28




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
          当第3四半期連結会計期間より、アルプス交通株式会社の全株式を取得したことにより、同社を連結の範囲に
         含めております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         1.保証債務
           (1)金融機関からの借入に対する債務保証
                                前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                              (平成29年3月31日)                 (平成29年12月31日)
           四季の森別荘地オーナー                   23件     137,888    千円        20件     117,764千円
           (2)リース債務保証

                                前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                              (平成29年3月31日)                 (平成29年12月31日)
           その他取引先                   8件     11,256   千円        10件      8,872千円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
         は、次のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成28年4月1日                (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)                至 平成29年12月31日)
           減価償却費                       2,571,843千円                2,902,591千円
           のれんの償却額                        217,959千円                218,146千円
                                 22/28











                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)
          1. 配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
         決議      株式の種類               配当額        基準日         効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
               普通株式          107,920         3  平成28年3月31日          平成28年6月23日          利益剰余金
     平成28年6月22日
               種類株式A          44,750        20  平成28年3月31日          平成28年6月23日          利益剰余金
      定時株主総会
               種類株式B           9,000        3  平成28年3月31日          平成28年6月23日          利益剰余金
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)

          1.配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
         決議      株式の種類               配当額        基準日         効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
               普通株式          107,920         3  平成29年3月31日          平成29年6月29日          利益剰余金
     平成29年6月28日
               種類株式A          44,750        20  平成29年3月31日          平成29年6月29日          利益剰余金
      定時株主総会
               種類株式B           9,000        3  平成29年3月31日          平成29年6月29日          利益剰余金
          2.株主資本の金額の著しい変動

           当社は、平成29年3月8日開催の取締役会決議に基づき、平成29年4月27日付で第三者割当により普通株式
          を発行し、資本金及び資本準備金がそれぞれ1,950,138千円増加しました。また、平成29年3月8日開催の取
          締役会及び平成29年4月19日開催の臨時株主総会の決議に基づき、平成29年4月28日付で自己株式を取得及び
          消却したことにより、資本剰余金が2,536,607千円減少、利益剰余金が1,363,670千円減少しております。これ
          らの結果、当第3四半期連結会計期間末において、資本金が2,450,138千円、資本剰余金が2,532,240千円、利
          益剰余金が9,987,834千円となりました。
                                 23/28











                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)
           1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                  報告セグメント
                                                        合計
                                   レジャー・             その他のサー
                       運輸       流通             不動産
                                   サービス              ビス
     営業収益
                      9,349,095      54,440,118       9,372,840        956,156      1,010,914      75,129,126
      外部顧客への営業収益
      セグメント間の内部営業収益
                        89,208       14,530       53,456       37,525      604,894       799,615
      又は振替高
                      9,438,304      54,454,648       9,426,297        993,682      1,615,809      75,928,741
            計
                       708,198       751,068       596,331       314,301       92,638     2,462,538
     セグメント利益
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の

             主な内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                  利益                            金額

     報告セグメント計                                                 2,462,538

     セグメント間取引消去                                                   42,585
     全社費用(注)                                                 △471,642

     未実現利益の調整額                                                  △35,167
     四半期連結損益及び包括利益計算書の営業利益                                                 1,998,315

      (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          (固定資産に係る重要な減損損失)
                                                    (単位:千円)
                            レジャー・             その他のサー
                運輸       流通             不動産            全社・消去        合計
                             サービス              ビス
      減損損失           20,225      136,582         -       -       -       -    156,807
                                 24/28








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
           1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                  報告セグメント
                                                        合計
                                   レジャー・             その他のサー
                       運輸       流通             不動産
                                   サービス              ビス
     営業収益
                      9,517,883      54,324,616       9,383,615        887,393       943,329     75,056,838
      外部顧客への営業収益
      セグメント間の内部営業収益
                        82,994       11,184       77,123       37,261      564,170       772,735
      又は振替高
                      9,600,877      54,335,800       9,460,739        924,655      1,507,500      75,829,573
            計
                       318,128      1,014,349        488,773       106,839       106,835      2,034,926
     セグメント利益
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の

             主な内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                  利益                            金額

     報告セグメント計                                                 2,034,926

     セグメント間取引消去                                                   81,328
     全社費用(注)                                                 △522,020

     未実現利益の調整額                                                  △46,677
     四半期連結損益及び包括利益計算書の営業利益                                                 1,547,557

      (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           当第3四半期連結累計期間において、該当事項はありません。
                                 25/28










                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                  26.07円                8.34円
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                 937,752               477,761
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                       937,752               477,761
      益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                  35,973               57,265
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                          -                          -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
         り、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         当社は、平成30年1月17日開催の取締役会において、会社法第178条の規定に基づき、自己株式の消却を
         行うことを決議いたしました。
         1.自己株式の消却に関する決議内容

          (1) 消却を行う理由
          将来の希薄化懸念を払拭すること等を目的とした自己株式の消却を行うものであります。
          (2) 消却の内容

          ①消却する株式の種類 当社種類株式A及び当社種類株式C
          ②消却する株式の数  種類株式A 1,977,500株
                     種類株式C 2,000,000株
          ③消却予定日     平成30年3月14日
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 26/28









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 27/28




















                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                             平成30年2月13日

     アルピコホールディングス株式会社
       取締役会 御中

                        新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員


                                 公認会計士
                                           山元 清二  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                           桒野 正成  印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているアルピコホール

     ディングス株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年
     10月1日から平成29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係
     る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益及び包括利益計算書及び注記について四半期
     レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、アルピコホールディングス株式会社及び連結子会社の平成29年12月31
     日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事
     項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 28/28




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。