TOA株式会社 四半期報告書 第70期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第70期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:TOA株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                   関東財務局長

     【提出日】                   平成30年2月14日

     【四半期会計期間】                   第70期第3四半期(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)

     【会社名】                   TOA株式会社

     【英訳名】                   TOA CORPORATION

     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  竹 内 一 弘

     【本店の所在の場所】                   神戸市中央区港島中町七丁目2番1号

     【電話番号】                   078(303)5620

     【事務連絡者氏名】                   経理部長  吉 田 圭 吾

     【最寄りの連絡場所】                   神戸市中央区港島中町七丁目2番1号

     【電話番号】                   078(303)5620

     【事務連絡者氏名】                   経理部長  吉 田 圭 吾

     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/19








                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                              第69期           第70期
              回次              第3四半期           第3四半期            第69期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成28年4月1日         自   平成29年4月1日         自   平成28年4月1日
             会計期間
                          至   平成28年12月31日         至   平成29年12月31日         至   平成29年3月31日
                                 29,327           29,986           42,504

     売上高                (百万円)
                                  1,477           1,823           3,040

     経常利益                (百万円)
     親会社株主に帰属する
                                   775          1,001           1,750
                     (百万円)
     四半期(当期)純利益
                                  △ 682          2,624           1,648
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)
     純資産額                (百万円)            40,025           44,037           42,307

                                 51,115           55,676           54,294

     総資産額                (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利益
                                  22.90           29.58           51.70
                      (円)
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)             ―           ―           ―
     期(当期)純利益金額
                                  75.0           75.2           74.1
     自己資本比率                 (%)
                             第69期           第70期

              回次              第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                         自   平成28年10月1日         自   平成29年10月1日
             会計期間
                         至   平成28年12月31日         至   平成29年12月31日
                                 16.08           16.98
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      に重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/19






                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の異常な変動等又は、前
      事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)  業績の状況
        当第3四半期連結累計期間における当社グループを取り巻く環境は、国内では好調な企業収益や雇用環境が改善
       し、海外では米国や欧州経済も緩やかな回復が持続しておりますが、政治情勢への懸念があり、依然として先行き
       不透明な状況が続いております。
        このような環境の下、企業価値である「Smiles                       for  the  Public    ᔠᕎ먰԰䱻ᆘ吰欰樰谰譹㹏ᨰ鈰搰估謠ᔠᔰര
       実現するため、社会の安全・安心に役立てる製品やサービスの創造に注力しております。国内では、「音の報せる
       力」を競争力の核に、減災・防災市場での販売の強化を継続しており、引き続きお客さまの環境や用途に応じた製
       品の開発やサービスの提供に努めております。また、海外各地域では現地での開発・生産・販売の推進を継続し、
       事業拡大を進めております。
        当第3四半期連結累計期間における売上高は29,986百万円(前年同四半期比+658百万円、2.2%増)となりまし
       た。利益については、営業利益は1,734百万円(前年同四半期比+389百万円、29.0%増)、経常利益は1,823百万円
       (前年同四半期比+346百万円、23.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は1,001百万円(前年同四半期比+
       226百万円、29.1%増)となりました。
        セグメントの業績は、次のとおりであります。

        (日本)
         売上高は17,826百万円(前年同四半期比△324百万円、1.8%減)、セグメント利益(営業利益)は3,246百万円
        (前年同四半期比+340百万円、11.7%増)となりました。
         自治体向けの防災用スリムスピーカーの販売が堅調であったこと、商業施設や医療福祉施設向けの放送設備の
        販売が伸長した一方、鉄道車両向けの販売が減少したことなどにより、売上高は減少しました。セグメント利益
        は、原価率の改善等で増加しました。
        (アメリカ)

         売上高は2,746百万円(前年同四半期比+318百万円、13.1%増)、セグメント利益(営業利益)は71百万円
        (前年同四半期比+27百万円、62.7%増)となりました。
         アメリカで商業施設向けの放送設備や鉄道車両向けに大口案件の売上高が増加しました。また、カナダでも販
        売が堅調に推移したことなどにより、売上高、セグメント利益は増加しました。
        (欧州・中東・アフリカ)

         売上高は3,467百万円(前年同四半期比+178百万円、5.4%増)、セグメント利益(営業利益)は317百万円
        (前年同四半期比+63百万円、25.0%増)となりました。
         欧州で非常用放送システムや南アフリカで空港や発電所向けの販売が堅調に推移したことなどにより、売上
        高、セグメント利益は増加しました。
                                  3/19




                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
        (アジア・パシフィック)
         売上高は4,919百万円(前年同四半期比+546百万円、12.5%増)、セグメント利益(営業利益)は557百万円
        (前年同四半期比+86百万円、18.4%増)となりました。
         インドネシアやタイ、ベトナムでの地域商品の販売が堅調に推移しました。また、ベトナムで官公庁向けの販
        売が堅調に推移したことなどにより、売上高、セグメント利益は増加しました。
        (中国・東アジア)

         売上高は1,026百万円(前年同四半期比△60百万円、5.6%減)、セグメント利益(営業利益)は169百万円(前
        年同四半期比△19百万円、10.4%減)となりました。
         中国や台湾で商業施設などへの販売は堅調でしたが、大口案件の減少により、売上高は伸び悩みました。売上
        高の減少により、セグメント利益は減少しました。
      (2)  財政状態の分析

        当第3四半期連結会計期間末における総資産は55,676百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,381百万円の増
       加となりました。資産の部における増加の要因は、投資有価証券の評価替えによる増加などによります。負債及び
       純資産の部における増加の要因は、為替円安に伴う為替換算調整勘定の増加、親会社株主に帰属する四半期純利益
       の計上によって利益剰余金が増加したことなどによります。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当連結会社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに
       生じた課題はありません。
        なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
       社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりです。
        基本方針の内容の概要は次のとおりとしております。

       ① 基本方針の内容の概要

        当社取締役会は、上場会社として当社株式の自由な売買を認める以上、当社の取締役会の賛同を得ずに行われ

       る、いわゆる「敵対的買収」であっても、企業価値・株主共同の利益に資するものであれば、これを一概に否定す
       るものではありません。特定の者の大規模買付行為に応じて当社株式の売却を行うか否かは、最終的には当社株式
       を保有する当社株主の皆さまの判断に委ねられるべきものであると考えます。従いまして、当社取締役会として
       は、株主の皆さまの判断に資するために、大規模買付行為に関する情報が大規模買付者から提供された後、これを
       評価・検討し、取締役会としての意見を取りまとめて開示することが必要と考えます。また、必要に応じて、大規
       模買付者と交渉することや株主の皆さまへ代替案を提示することも必要と考えます。
        今後当社株式に対して企業価値ひいては株主共同の利益を毀損するような大規模買付行為がなされる可能性は否
       定できず、大規模買付行為が発生した場合に、株主の皆さまのために必要な情報や時間を確保する重要性は他社と
       なんら変わらないことから、当社取締役会は事前の対応策の導入が必要であると考えます。
                                  4/19






                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
        ② 取組みの具体的な内容の概要

        (ⅰ)会社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の基本方針の実現に資する特別な取組み

         当社は、昭和9年の創業以来、業務用・プロ用の音響設備とセキュリティ設備の専門メーカーとして、神戸の

        地から120ヵ国を超える世界の国々へ商品を送り続けてきました。当社グループでは、長年培った技術力やノウハ
        ウを武器に、商品の企画・開発から生産、販売、運営に至るまでの業務を一貫して手掛けています。“音”や
        ᱛ襑栠ᴰ銐ᨰ堰ş椰橦기褰地鉶蘰唰縰欰䩜䨰儰朰䴰謰蠰䘰ƗPŦ⁐켰İ촰쌰젰ﰰ꼰樰椰湒ڑ츰朰唰褰止
        術力を高め、より良い商品を作り続けてまいります。
         音響事業では、駅や商業施設のアナウンス設備やコンサートホールのアンプ・スピーカーなど、多彩な音響機
        器を通じて快適な日常を支えています。例えば、高度な音響システム技術が必要な空港の放送設備です。国内で
        はトップシェアを獲得し、海外でも多くの空港への納入実績があります。
         セキュリティ事業では、防犯カメラシステムを中心とした防犯機器を扱っています。治安の悪化に伴い、防犯
        機器の需要は銀行や商店などから、街頭、マンション、学校などへと広がりつつあります。社会の安全を支える
        この分野を、当社では成長事業と位置付けています。
         当社および当社グループは、今後も中長期的な視野に立ち、変革を続けていく中で、変えてはならない当社の
        技術力とモノづくりへのこだわりの継承を大きな強みとして、技術力の拡大、蓄積、創造をかさね、クオリティ
        の高い商品とサービスを提供し、企業価値のさらなる向上を目指してまいります。
        (ⅱ)基本方針に照らして不適切な者によって会社の財務および事業の方針の決定が支配されることを防止するた

        めの取組み
         当社取締役会は、大規模買付行為が一定の合理的なルールに従って行われることが、当社の企業価値・株主共

        同の利益に合致すると考え、次のとおり事前の情報提供に関する一定のルール(以下「大規模買付ルール」とい
        う。)を設定することといたしました。
         大規模買付ルールの概要は次のとおりであります。

        (イ)情報の提供
           大規模買付者は、大規模買付行為の前に、当社取締役会に対して予定する大規模買付行為に関する必要か
          つ十分な情報(以下「本必要情報」という。)を提供していただきます。
        (ロ)取締役会による評価と意見の公表

           当社取締役会は、大規模買付者が当社取締役会に対し本必要情報の提供を完了した後、最大60日間(対価
          を現金(円貨)のみとする公開買付けによる当社全株式の買付けの場合)または最大90日間(その他の大規
          模買付行為の場合)を取締役会による評価、検討、交渉、意見形成、代替案立案のための期間(以下「取締
          役会評価期間」という。)として設け、その取締役会評価期間を公表し、大規模買付行為は、取締役会評価
          期間の経過後にのみ開始されるものとします。
        (ハ)独立委員会の設置

           本対応方針において、大規模買付者が当社取締役会に提供すべき情報の範囲の決定、大規模買付者が大規
          模買付ルールを遵守しているか否かの認定、大規模買付行為が企業価値・株主共同の利益を著しく損なうか
          否かの認定、対抗措置の要否およびその内容の決定等について、その客観性、公正性および合理性を担保す
          るため、当社は、取締役会から独立した組織として、独立委員会を設置します。当社取締役会は、かかる独
          立委員会に対して上記の問題を必ず諮問することとし、独立委員会は、諮問を受けた事項について審議し、
          その結果に応じて、当社取締役会に対して必要な勧告をすることとします。
           当社取締役会は、対抗措置の発動または不発動について決議を行うに際して、必ず独立委員会の勧告手続
          を経なければならないものとし、かつ、独立委員会による勧告を最大限尊重するものとします。
                                  5/19




                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
          大規模買付行為がなされた場合の対応方針の概要は次のとおりであります。
       (イ)大規模買付者が大規模買付ルールを遵守する場合

          大規模買付者が大規模買付ルールを遵守する場合、当社取締役会は、大規模買付者から提供を受けた情報を
         総合的に考慮・検討した結果、当該大規模買付行為が当社の企業価値・株主共同の利益に資すると判断したと
         きは、その旨の意見を表明します。他方、当該大規模買付行為に疑義や問題点があると考えたときは、当該買
         付提案について反対意見を表明し、または、代替案を提案します。これらの場合には、当社取締役会は、当社
         株主の皆さまに対して、当該買付提案に対する諾否の判断に必要な判断材料を提供させていただくにとどめ、
         原則として、当該大規模買付行為に対する対抗措置はとりません。大規模買付者の買付提案に応じるか否か
         は、当社株主の皆さまにおいて、当該買付提案および当社が提示する当該買付提案に対する意見、代替案等を
         ご考慮のうえ、ご判断いただくことになります。
          もっとも、大規模買付ルールが遵守された場合であっても、当社取締役会において、当該大規模買付行為が
         当社の企業価値・株主共同の利益を著しく損なう場合で、かつ、対抗措置を発動することが相当であると判断
         したときには、当社取締役会は当社株主の皆さまの利益を守るために、当該大規模買付行為に対する対抗措置
         として無償割当てによる新株予約権を発行する場合があります。かかる場合の判断においては、外部専門家等
         および監査役の意見を参考に、提供された本必要情報を十分に評価・検討したうえ、独立委員会の勧告を最大
         限尊重するものとします。
       (ロ)大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しない場合

          大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しない場合には、具体的な買付方法の如何にかかわらず、当社取締
         役会は、当社の企業価値・株主共同の利益を守ることを目的として、無償割当てによる新株予約権の発行を内
         容とする対抗措置をとり、大規模買付行為に対抗する場合があります。なお、対抗措置の発動を決定した後
         に、大規模買付者が買付ルールを遵守する旨を表明した場合は、対抗措置の発動を取り消します。
          大規模買付者が大規模買付ルールを遵守したか否かの認定および対抗措置の発動の適否・内容については、
         外部専門家等の助言および監査役の意見も参考にしたうえで、独立委員会の勧告を最大限尊重し、当社取締役
         会が決定します。
      ③ 取組みの具体的な内容に対する当社取締役会の判断およびその理由

       (ⅰ)買収防衛策に関する指針の要件を完全に充足していること

        本対応方針は、経済産業省および法務省が平成17年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保又は
       向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(1.企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則、2.
       事前開示・株主意思の原則、3.必要性・相当性の原則)を完全に充足しています。また、経済産業省に設置された
       企業価値研究会が平成20年6月30日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」に関する議
       論も踏まえた内容となっており、合理性を有するものです。
       (ⅱ)株主共同の利益の確保・向上の目的をもって導入されていること

        本対応方針は、大規模買付行為がなされた際に、大規模買付行為に応じるべきか否かを株主の皆さまが判断し、
       あるいは取締役会が代替案を提示するために必要な情報や時間を確保することや株主の皆さまのために大規模買付
       者と交渉を行うこと等を可能とすることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上させるとい
       う目的をもって導入されるものです。
       (ⅲ)株主意思を重視するものであること

        本対応方針は、株主の皆さまのご意思を確認させていただくため、平成20年6月27日開催の第60回定時株主総会
       において、承認可決されており、その後も、3年以内に終了する事業年度に関する定時株主総会ごとに、継続の可
       否について承認を得るものとします。また、本対応方針は、有効期間中であっても、株主総会または取締役会の決
       議により廃止することが可能です。このように、本対応方針には、株主の皆さまのご意思が十分に反映されること
       となっております。
                                  6/19



                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
       (ⅳ)合理的な客観的要件の設定
        本対応方針は、大規模買付者による買付提案に応じるか否かが最終的には株主の皆さまの判断に委ねられるべき
       であることを原則としており、合理的かつ詳細な客観的要件が充足されなければ対抗措置が発動されないように設
       定されております。このように、本対応方針は取締役会による恣意的な対抗措置の発動を防止するための仕組みを
       確保しているものといえます。
       (ⅴ)独立性の高い社外者の判断の重視と情報開示

        当社は、本対応方針の導入にあたり、取締役会または取締役の恣意的判断を排除し、株主の皆さまのために、対
       抗措置の発動および本対応方針の廃止等の運用に際しての実質的な判断を客観的に行う機関として独立委員会を設
       置します。
        実際に当社に対して大規模買付行為がなされた場合には、独立委員会が大規模買付行為が当社の企業価値ひいて
       は株主共同の利益を損なうおそれがあるか否か等を評価、検討し、取締役会に対して勧告を行い、取締役会はその
       勧告を最大限尊重して決議を行うこととします。このように、独立委員会によって取締役会の恣意的行動を厳しく
       監視するとともに、その判断の概要については株主の皆さまに情報開示をすることとされており、当社の企業価値
       ひいては株主共同の利益に資する範囲で本対応方針の透明な運営が行われる仕組みが確保されています。
       (ⅵ)デッドハンド型買収防衛策ではないこと

        本対応方針は、株主総会で選任された取締役で構成される取締役会によりいつでも廃止することができるものと
       されており、大規模買付者が自己の指名する取締役を株主総会で選任し、かかる取締役で構成される取締役会によ
       り、本対応方針を廃止することが可能です。
        従って、本対応方針は、デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交替させてもなお、発動を阻
       止できない買収防衛策)ではありません。
                                  7/19













                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
      (4)  研究開発活動
        当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、2,115百万円であります。
        なお、これらの研究開発活動は全報告セグメントを対象とするものであり、その成果として、当第3四半期連結
       累計期間に発売した主な新商品は以下のとおりです。
        ・音源を自動的に検知するマイクロホン「リアルタイムステアリングアレイマイク」2機種を発売いたしました。

         マイクロホン本体には8つのマイクユニットを内蔵しており、長方形状の本体を演台などの机上に置くだけで、
         話し手の口元を自動的に検知して拡声する次世代のマイクロホンです。従来のグースネックマイクロホンのよ
         うに話し手の身長に合わせて高さの調整や顔を近づけて話す必要がなく、ワイヤレスマイクロホンのように話
         す際に片手が塞がってしまうこともありません。話し手はマイクの場所を全く気にすることなく、ジェス
         チャーなど自由にふるまい、より自然体でプレゼンテーションすることができます。
        ・交通施設や商業施設における訪日外国人への情報提供を目的とした「多言語放送サービス」の提供を開始しま
         した。本サービスでは、専用ソフトウェアをインストールしたタブレット端末やパソコンより、合成音声によ
         る多言語アナウンス(日本語・英語・中国語(普通話)・韓国語の4カ国語)を出力します。さらに、公共空間
         での拡声に特化した音声合成エンジンを採用することで、聞き取りやすい音を実現しました。既存の放送設備
         を利用することもでき、設備の規模や構成に応じ、全館放送だけでなく、特定テナントや接客カウンター周辺
         など、放送エリアを指定した柔軟な運用も可能です。
        ・高画質の防犯カメラシステム「AHD                  カメラシステム」を発売いたしました。AHD(Analogue                          High   Definition)
         規格を採用し、従来のアナログカメラシステムの約6倍(当社比)にあたるフルHD画質(1920×1080pixel)の
         高精細映像で撮影が可能な防犯カメラシステムです。同軸ケーブル1本で、映像信号の送信とカメラへの電源供
         給が行えるワンケーブル方式を採用して、既設アナログカメラの配線をそのまま利用し、高画質なカメラシス
         テムへの置き換えが可能です。本シリーズのカメラ映像を録画・再生するためのレコーダーは3種類(カメラ4
         台接続用、8台接続用、16台接続用)あり、様々な規模に応じた使用が可能です。
        ・800MHz帯デジタルワイヤレスシステム「ダイナミック型デジタルワイヤレスマイク」と「デジタルワイヤレス
         マイクミキサー」2機種を発売しました。この800MHz帯デジタルワイヤレスシステムは、デジタル方式を採用す
         ることで、近接エリアからの混信や通信妨害の影響を受けにくく、部屋が隣接する建物でも安定した通話が可
         能です。また、盗聴による情報漏洩を防ぐなど、高い情報セキュリティを実現するため、独自の暗号化技術を
         取り入れました。         新商品のダイナミック型デジタルワイヤレスマイクは量感ある力強い音質を、また、デジタ
         ルワイヤレスマイクミキサーは、持ち運びに便利なコンパクトサイズを実現しています。
        ・ネットワークに接続された全カメラのライブ/記録映像が確認可能な「TRIFORA(トリフォラ)」シリーズ「リ
         モートビューアーユニット」を発売しました。「TRIFORA(トリフォラ)」シリーズは、LANなどのネットワー
         クに直接接続し、映像の遠隔監視・制御を行うセキュリティ用途の映像ネットワークシステムです。この「リ
         モートビューアーユニット」を主となる監視拠点とは別の場所に設置することで、拠点同様の映像閲覧機能
         を、最大8ヵ所まで増設することが可能で、監視拠点の複数化により、安全管理の精度向上に貢献します。ま
         た、新商品は専用筐体に予めソフトウェアをインストールしたユニット型で安定した動作環境を実現します。
        ・TRANTEC(トランテック)ブランドのワイヤレスシステム「新S4シリーズ」をアセアン、アメリカ、香港向け
         に発売しました。また日本向けには2機種をWEB限定品として発売しました。従来のS4シリーズを各地域の電
         波法へ適用させることに加え、チャンネルの自動設定機能搭載など、利便性を向上させるとともに、価格は従
         来品と同等に抑えました。
                                  8/19






                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     78,820,000

                  計                                   78,820,000

       ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成29年12月31日)          (平成30年2月14日)           商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
                                             単元株式数は100株でありま
       普通株式           34,536,635          34,536,635
                                             す。
                                   (市場第一部)
         計          34,536,635          34,536,635           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     平成29年12月31日                 ―  34,536,635            ―     5,279         ―     6,808
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  9/19






                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成29年12月31日現在
           区分           株式数(株)          議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                        ―           ―          ―

     議決権制限株式(自己株式等)                        ―           ―          ―

     議決権制限株式(その他)                        ―           ―          ―

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                  ―          ―
                    普通株式      674,200
                    普通株式     33,827,900
     完全議決権株式(その他)                               338,279             ―
                    普通株式      34,535

     単元未満株式                                  ―          ―
     発行済株式総数                   34,536,635               ―          ―

     総株主の議決権                        ―       338,279             ―

      (注)   「単元未満株式」欄の普通株式には当社保有の自己株式42株が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成29年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)             兵庫県神戸市中央区港島
                                  674,200         ─    674,200        1.95
     TOA株式会社             中町7丁目2番1号
           計              ―         674,200         ─    674,200        1.95
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 10/19










                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平成
      29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 11/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                 16,500              16,031
                                                      ※1  8,290
         受取手形及び売掛金                                 9,941
         有価証券                                 3,500              3,500
                                          5,547              6,677
         商品及び製品
                                           842              838
         仕掛品
                                          2,438              2,571
         原材料及び貯蔵品
                                          1,237              1,669
         その他
                                           △ 76             △ 53
         貸倒引当金
                                          39,932              39,525
         流動資産合計
       固定資産
                                          6,276              6,222
         有形固定資産
                                          1,510              1,591
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                          5,631              7,292
           投資有価証券
                                           962             1,047
           投資その他の資産
                                           △ 18              △ 3
           貸倒引当金
                                          6,575              8,336
           投資その他の資産合計
                                          14,362              16,150
         固定資産合計
                                          54,294              55,676
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                          3,926              3,884
         支払手形及び買掛金
                                          1,292               735
         短期借入金
                                           514              185
         未払法人税等
                                           167              230
         引当金
                                          1,984              1,743
         その他
                                          7,885              6,779
         流動負債合計
       固定負債
                                          2,739              2,916
         退職給付に係る負債
                                          1,362              1,942
         その他
                                          4,102              4,859
         固定負債合計
                                          11,987              11,639
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                          5,279              5,279
         資本金
                                          6,866              6,866
         資本剰余金
                                          25,930              26,187
         利益剰余金
                                          △ 393             △ 393
         自己株式
                                          37,683              37,940
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          3,308              4,465
         その他有価証券評価差額金
                                            0
         繰延ヘッジ損益                                                  ―
                                          △ 683             △ 406
         為替換算調整勘定
                                           △ 66             △ 116
         退職給付に係る調整累計額
                                          2,558              3,942
         その他の包括利益累計額合計
                                          2,065              2,154
       非支配株主持分
                                          42,307              44,037
       純資産合計
                                          54,294              55,676
      負債純資産合計
                                 12/19




                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                         29,327              29,986
      売上高
                                         16,560              16,901
      売上原価
                                         12,767              13,084
      売上総利益
                                         11,422              11,350
      販売費及び一般管理費
                                          1,344              1,734
      営業利益
      営業外収益
                                           23              25
       受取利息
                                           79              74
       受取配当金
                                           77              71
       その他
                                           180              171
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           18              21
       支払利息
                                           15              40
       為替差損
                                           12              20
       その他
                                           47              81
       営業外費用合計
                                          1,477              1,823
      経常利益
                                          1,477              1,823
      税金等調整前四半期純利益
                                           481              593
      法人税等
                                           995             1,229
      四半期純利益
                                           219              228
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                           775             1,001
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 13/19











                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                           995             1,229
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           75             1,157
       その他有価証券評価差額金
                                           △ 2             △ 0
       繰延ヘッジ損益
                                         △ 1,808               292
       為替換算調整勘定
                                           58             △ 55
       退職給付に係る調整額
                                         △ 1,677              1,394
       その他の包括利益合計
                                          △ 682             2,624
      四半期包括利益
      (内訳)
                                          △ 607             2,384
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          △ 74              239
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/19















                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
                         当第3四半期連結累計期間
                    (自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
     税金費用の計算
      当連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利
     益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用しております。
       (四半期連結貸借対照表関係)

     ※1    四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
        なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
       が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
        受取手形                            ―百万円             110百万円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次の
       とおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                               至   平成28年12月31日)            至   平成29年12月31日)
        減価償却費                           655百万円              658百万円
                                    16   〃            17   〃
        のれんの償却額
       (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年12月31日)
      配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成28年6月22日
               普通株式          406      12.00   平成28年3月31日         平成28年6月23日         利益剰余金
     定時株主総会
     平成28年11月2日
               普通株式          338      10.00   平成28年9月30日         平成28年12月2日         利益剰余金
     取締役会
      当第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)

      配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月22日
               普通株式          406      12.00   平成29年3月31日         平成29年6月23日         利益剰余金
     定時株主総会
     平成29年11月2日
               普通株式          338      10.00   平成29年9月30日         平成29年12月4日         利益剰余金
     取締役会
                                 15/19







                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年12月31日)
      報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                       四半期連
                             報告セグメント
                                                  調整額     結損益計
                                                  (注)1     算書計上
                           欧州・中東            中国・
                                 アジア・パ
                  日本    アメリカ                       計
                                                       額(注)2
                                 シフィック
                           ・アフリカ            東アジア
     売上高
                  18,150      2,428      3,289      4,372      1,086     29,327           29,327

      外部顧客への売上高                                                ―
      セグメント間の内部
                   4,299       20      ▶   2,837      2,607     9,770     △ 9,770
                                                           ―
      売上高又は振替高
                  22,450      2,448      3,294      7,210      3,694     39,097     △ 9,770     29,327
          計
     セグメント利益
                   2,906       44     253      471      189    3,864     △ 2,520      1,344
     (営業利益)
     (注)1.セグメント利益の調整額△2,520百万円には、セグメント間取引消去41百万円及び各報告セグメントに配分し
         ていない全社費用△2,562百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の
         管理部門に係る費用であります。
       2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)

      報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                       四半期連
                             報告セグメント
                                                  調整額     結損益計
                                                  (注)1     算書計上
                           欧州・中東            中国・
                                 アジア・パ
                  日本    アメリカ                       計
                                                       額(注)2
                                 シフィック
                           ・アフリカ            東アジア
     売上高
                  17,826      2,746      3,467      4,919      1,026     29,986           29,986

      外部顧客への売上高                                                ―
      セグメント間の内部
                   4,482       37      2   2,818      2,695     10,035     △ 10,035
                                                           ―
      売上高又は振替高
                  22,309      2,783      3,469      7,737      3,721     40,022     △ 10,035      29,986
          計
     セグメント利益
                   3,246       71     317      557      169    4,362     △ 2,628      1,734
     (営業利益)
     (注)1.セグメント利益の調整額△2,628百万円には、セグメント間取引消去△94百万円及び各報告セグメントに配分
         していない全社費用△2,534百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社
         の管理部門に係る費用であります。
       2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 16/19







                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                 項目
                                 至   平成28年12月31日)           至   平成29年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                   22円90銭             29円58銭
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                      775            1,001

     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                       ―             ―

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                           775            1,001
     四半期純利益金額(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                  33,862,620             33,862,467
      (注)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2  【その他】

       第70期(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)中間配当については、平成29年11月2日開催の取締役会に
      おいて、平成29年9月30日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決
      議し、配当を行っております。
       ① 配当金の総額                               338百万円
       ② 1株当たりの金額                               10円00銭
       ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                           平成29年12月4日
                                 17/19











                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 18/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                        TOA株式会社(E01831)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成30年2月9日

     TOA株式会社
     取締役会 御中
                           有限責任監査法人 トーマツ

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士  松  尾  雅  芳  印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士  樋  野  智  也  印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているTOA株式会社

     の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平成29
     年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、TOA株式会社及び連結子会社の平成29年12月31日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

          報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。