株式会社京都ホテル 四半期報告書 第99期第4四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第99期第4四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社京都ホテル

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      近畿財務局長

     【提出日】                      平成30年2月13日

     【四半期会計期間】                      第99期第4四半期(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)

     【会社名】                      株式会社京都ホテル

     【英訳名】                      THE KYOTO HOTEL, LTD.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  福永 法弘

     【本店の所在の場所】                      京都府京都市中京区河原町通二条南入一之船入町537番地の4

     【電話番号】                      京都075(211)5111(大代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役経理部長  西川 治彦

     【最寄りの連絡場所】                      京都府京都市中京区河原町通二条南入一之船入町537番地の4

     【電話番号】                      京都075(211)5111(大代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役経理部長  西川 治彦

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                           (注)    当第99期より決算期を毎年12月31日から毎年3月31日に変更

                              いたしました。これに伴い、当事業年度は平成29年1月1日
                              から平成30年3月31日までの15ヶ月間となるため、第99期第
                              4四半期として四半期報告書を提出いたします。
                                  1/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                              第99期

              回次               第4四半期            第98期
                              累計期間
                          自   平成29年1月1日         自   平成28年1月1日
             会計期間
                          至   平成29年12月31日         至   平成28年12月31日
                               10,237,489           10,707,431
     売上高                 (千円)
                                 507,503           339,185

     経常利益                 (千円)
                                 394,526           261,142

     四半期(当期)純利益                 (千円)
     持分法を適用した場合の投資利益                 (千円)              ―           ―

                                1,268,924           1,268,924

     資本金                 (千円)
                               11,091,400           11,091,400

     発行済株式総数                  (株)
                                2,449,218           2,041,222

     純資産額                 (千円)
                               18,532,888           18,698,859

     総資産額                 (千円)
     1株当たり四半期(当期)純利益金
                                  35.60           23.68
                       (円)
     額
     潜在株式調整後1株当たり
                       (円)             ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
                                              3.00
     1株当たり配当額                  (円)             ―
                                  13.2           10.9

     自己資本比率                  (%)
     営業活動によるキャッシュ・フ
                                1,354,728            842,935
                      (千円)
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                                △ 445,454          △ 381,876
                      (千円)
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                                △ 787,642          △ 308,343
                      (千円)
     ロー
     現金及び現金同等物の
                                1,633,778           1,512,146
                      (千円)
     四半期末(期末)残高
                              第99期

              回次               第4四半期
                              会計期間
                          自   平成29年10月1日
             会計期間
                          至   平成29年12月31日
                                  22.38
     1株当たり四半期純利益金額                  (円)
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
          せん。
        4.第99期は決算期変更により、平成29年1月1日から平成30年3月31日までの15ヶ月間となります。
     2  【事業の内容】

       当第4四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/16



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第4四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

        当第4四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
        なお、当社は決算期変更に伴い、当事業年度は平成29年1月1日~平成30年3月31日までの15ヶ月の変則決算と
       なっており、前年同期比及び前年同期増減率については前事業年度の通期実績数値と比較しております。
      (1) 業績の状況

        当第4四半期累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境の改善傾向が続いている一方で、米国の政策
       動向や東アジア地域の情勢不安などによる世界経済の不確実性により、先行きは依然不透明な状況にあります。
        京都のホテル業界におきましては、アジアを中心とした訪日外国人客の増加などにより宿泊部門は引き続き好調
       に推移しておりますが、新規ホテルの開業による客室の供給増や民泊の台頭等競争環境は一段と厳しさを増してお
       ります。
        かかる環境下、当社におきましては、京都ホテルオークラのメイン宴会場「暁雲」全面改装等の改装工事、から
       すま京都ホテルの客室改装(84室)をはじめ、平成28年度を初年度とする3ヵ年の中期経営計画に基づき、諸施策を
       着実に実行してまいりました。
        この結果、当第4四半期累計期間の売上高は10,237百万円(前年同期比469百万円減)となりました。前年比減収
       となりましたが、2ヶ月に亘るメイン宴会場改装工事の影響や不採算店舗の撤退によるものが主な要因でありま
       す。一方、収益面におきましては、引き続き原価管理、経費削減に努めましたことに加え、高採算部門である宿泊
       部門の増収効果、各レストランにおける閑散期の売上対策、不採算店舗の撤退効果もあいまって、営業利益は701
       百万円(前年同期比87百万円増)となりました。また、前年3月に実施いたしましたシンジケートローンのリファイ
       ナンスに伴う金融費用削減効果により、経常利益は507百万円(前年同期比168百万円増)、四半期純利益は394百万
       円(前年同期比133百万円増)となりました。
       ホテル事業の部門別の営業概況は次のとおりです。

       (宿泊部門)

        京都ホテルオークラにおきましては、インターネット予約での個人客が好調に推移したこともあり客室稼働率、
       販売単価が前年実績を若干上回り、売上高は前年同期比68百万円増となりました。
        からすま京都ホテルにおきましては、年初、客室改装工事に伴う販売制限がありましたが、その後、インター
       ネット経由での予約が順調に推移し、また販売単価の上昇もあり、売上高は前年同期比38百万円増となりました。
        これらの結果、宿泊部門全体の売上高は3,709百万円(前年同期比3.0%増)となりました。
       (宴会部門)

        京都ホテルオークラの一般宴会は、前年に比べて件数の減少に加え、メイン宴会場「暁雲」の改装工事、おせち
       料理の大幅な販売縮小などにより売上高は前年通期実績を下回りました。また、婚礼宴会におきましても新規来館
       組数の減少により件数・売上高が伸び悩みました。これにらより売上高は前年同期比346百万円減となりました。
        からすま京都ホテルでは、修学旅行の件数減少による夕食の落ち込みがありイベントでの挽回を図りましたが、
       売上高は前年実績を僅かに下回りました。
        この結果、宴会部門全体の売上高は3,124百万円(前年同期比10.0%減)となりました。
                                  3/16


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
       (レストラン部門)
        京都ホテルオークラでは、館内店舗の鉄板焼「ときわ」、トップラウンジ「オリゾンテ」、テラスレストラン
       「ベルカント」が好調に推移した一方で、中国料理「桃李」、京料理「入舟」カフェ「レックコート」等では客数
       減少などで売上高は伸び悩みました。また、館外店舗でも京都ホテルオークラ別邸「粟田山荘」において団体利用
       が低調に推移したことに加え、閉店した4店舗分の減収も影響し、京都ホテルオークラのレストラン部門の売上高
       は前年同期比183百万円減となりました。
        からすま京都ホテルでは、中国料理「桃李」、お食事処「入舟」の個室利用が堅調に推移し、売上高は前年同期
       比10百万円増となりました。
        この結果、レストラン部門全体の売上高は2,880百万円(前年同期比5.6%減)となりました。
       (その他部門)

        その他部門の売上高は522百万円(前年同期比10.1%減)となりました。
       主な減少要因は「レインツリー」閉鎖に伴う物品販売売上の減少などによるものです。
          部門別の売上高及び構成比等は、以下のとおりです。 

                                  当第4四半期累計期間
                                 (自 平成29年1月1日
                                                 前年同期比
                  区分
                                  至 平成29年12月31日)
                                                   (%)
                                金額(千円)         構成比(%)
         宿泊部門                        3,709,634           36.3         3.0
         宴会部門                        3,124,665           30.5        △10.0
         レストラン部門                        2,880,304           28.1        △5.6
         その他部門                         522,884           5.1       △10.1
                  合計               10,237,489           100.0         △4.4
      (2) 財政状態の分析

        当第4四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末に比べ165百万円減少し、18,532百万円となりまし
       た。
        負債につきましても、前事業年度末に比べ573百万円減少し、16,083百万円となりました。
        また、純資産は前事業年度末に比べ407百万円増加し、2,449百万円となり、自己資本比率は13.2%となりまし
       た。
      (3)  キャッシュ・フローの状況

        当第4四半期累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ121百万
       円増加し、当第4四半期会計期間末には1,633百万円となりました。
        当第4四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりです。

        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動の結果、得られた資金は1,354百万円(前年同期比511百万円の資金の増加)となりました。これは主に利
       息の支払額が206百万円あったものの、減価償却費831百万円などがあったことによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果、使用した資金は445百万円(前年同期比63百万円の支出の増加)となりました。これは主に有形
       固定資産の取得による支出が438百万円などがあったことによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果、使用した資金は787百万円(前年同期比479百万円の支出の増加)となりました。これは主に長期
       借入金の返済による支出が724百万円あったことによるものです。
                                  4/16



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題
        当第4四半期累計期間において当社の事業上及び財務上の対処すべき課題について、重要な変更及び新たに生じ
       た課題はありません。
      (5)  研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  5/16


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     15,000,000

                  計                                   15,000,000

       ② 【発行済株式】

               第4四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成29年12月31日)          (平成30年2月13日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所

                                            単元株式数は100株でありま
       普通株式           11,091,400          11,091,400
                                            す。
                                  (市場第二部)
         計         11,091,400          11,091,400           ―            ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成29年12月31日                 ―  11,091,400            ―   1,268,924           ―    450,229
                                  6/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                               平成29年12月31日現在
                                                   発行済株式総数
                                            所有株式数
          氏名又は名称                     住所                    に対する所有株
                                             (千株)
                                                   式数の割合(%)
                                               3,289        29.65
     株式会社ホテルオークラ                東京都港区虎ノ門2丁目10番4号
                     東京都中央区築地6丁目19-20                          2,008        18.11
     株式会社ニチレイ
                                                585       5.28
     株式会社日本政策投資銀行                東京都千代田区大手町1丁目9番6号
                     東京都中央区銀座2丁目6-12                           516       4.65
     中央建物株式会社
                     大阪府枚方市岡東町173-1                           364       3.29
     京阪ホールディングス株式会社
                     東京都中央区八重洲1丁目2-1                           350       3.16
     みずほ信託銀行株式会社
                     京都市下京区中堂寺櫛笥町1                           350       3.16
     彌榮自動車株式会社
                     京都市下京区油小路通六条上る卜味金仏町
     株式会社Izutsu        Mother                                   209       1.88
                     181番地
     サントリー酒類株式会社                東京都港区台場2丁目3-3                           126       1.14
                                                117       1.05
     株式会社池田泉州銀行                大阪府大阪市北区茶屋町18番14号
                                               7,915        71.36
            計                    ―
      (注) 当第4四半期会計期間末現在における、みずほ信託銀行株式会社の信託業務の株式数については、当社として
        把握することができないため記載しておりません。
      (7)  【議決権の状況】

       ① 【発行済株式】
                                               平成29年12月31日現在
            区分             株式数(株)          議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                      ―           ―             ―
     議決権制限株式(自己株式等)                      ―           ―             ―
     議決権制限株式(その他)                      ―           ―             ―
     完全議決権株式(自己株式等)                      ―           ―             ―
                                           権利内容に何ら限定のない当社におけ
                     普通株式      11,087,000
     完全議決権株式(その他)                                 110,870
                                           る標準となる株式
                     普通株式         4,400
     単元未満株式                                 ―             ―
     発行済株式総数                      11,091,400           ―             ―
     総株主の議決権                      ―            110,870            ―
       ② 【自己株式等】

                                               平成29年12月31日現在
                                                    発行済株式 
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名
                                                    総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                    所有株式数 
         又は名称
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
           ―             ―            ―       ―       ―       ―
           計              ―            ―       ―       ―       ―

     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/16




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期財務諸表の作成方法について

       当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
      号)に基づいて作成しております。
       当社は、平成29年3月24日開催の第98回定時株主総会における決議に基づき、決算期を12月31日から3月31日に変
      更いたしました。これにより、第99期は、平成29年1月1日から平成30年3月31日までの15ヶ月間となっておりま
      す。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第4四半期会計期間(平成29年10月1日から平成29年
      12月31日まで)及び第4四半期累計期間(平成29年1月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期財務諸表につい
      て、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
     3.四半期連結財務諸表について

       当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  8/16














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期財務諸表】
      (1)  【四半期貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度            当第4四半期会計期間
                                 (平成28年12月31日)              (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,512,146              1,633,778
         現金及び預金
                                         565,370              484,561
         売掛金
                                         102,046              102,941
         原材料及び貯蔵品
                                          25,546              25,233
         前払費用
                                          47,700              31,108
         繰延税金資産
                                          3,861
         未収還付法人税等                                                 -
                                          17,563              17,561
         その他
                                          △ 812             △ 328
         貸倒引当金
                                        2,273,422              2,294,857
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        10,524,303              10,398,934
           建物(純額)
                                          58,811              44,580
           構築物(純額)
                                          47,175              45,274
           機械装置及び運搬具(純額)
                                         265,679              325,643
           器具及び備品(純額)
                                        5,071,341              5,071,341
           土地
                                         182,657              140,516
           リース資産(純額)
                                        16,149,969              16,026,290
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          12,553               3,920
           ソフトウエア
                                         146,381              117,003
           リース資産
                                          4,429              4,429
           電話加入権
                                           366              316
           商標権
                                         163,732              125,669
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          10,000              10,000
           投資有価証券
                                          14,681               9,734
           長期前払費用
                                          17,463                586
           前払年金費用
           差入保証金                               54,046              54,465
                                          3,600
           繰延税金資産                                                -
                                          12,672              11,283
           その他
                                          △ 728
                                                           -
           貸倒引当金
                                         111,735               86,070
           投資その他の資産合計
                                        16,425,436              16,238,031
         固定資産合計
                                        18,698,859              18,532,888
       資産合計
                                  9/16






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度            当第4四半期会計期間
                                  (平成28年12月31日)              (平成29年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         296,558              263,769
         買掛金
                                         724,852              704,852
         1年内返済予定の長期借入金
                                          76,241              69,107
         リース債務
                                         590,264              523,613
         未払金
                                         216,523              169,739
         未払費用
                                          17,757              92,242
         未払法人税等
                                          74,163              99,359
         前受金
                                          65,742              66,670
         預り金
                                          48,384              51,054
         前受収益
                                          21,076               8,629
         ポイント引当金
                                          35,301              29,336
         その他
                                        2,166,865              2,078,374
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                               13,203,666              12,498,814
                                         285,765              216,657
         リース債務
                                         171,547              458,409
         長期未払金
                                         829,792              831,329
         長期預り保証金
                                                          84
                                             -
         繰延税金負債
                                        14,490,770              14,005,296
         固定負債合計
                                        16,657,636              16,083,670
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        1,268,924              1,268,924
         資本金
         資本剰余金
                                         450,229              450,229
           資本準備金
                                          60,000              80,265
           その他資本剰余金
                                         510,229              530,494
           資本剰余金合計
         利益剰余金
           その他利益剰余金
                                         288,401              649,837
             繰越利益剰余金
                                         288,401              649,837
           利益剰余金合計
                                         △ 26,332               △ 39
         自己株式
                                        2,041,222              2,449,218
         株主資本合計
                                        2,041,222              2,449,218
       純資産合計
                                        18,698,859              18,532,888
      負債純資産合計
                                 10/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期損益計算書】
        【第4四半期累計期間】
                                      (単位:千円)
                                当第4四半期累計期間
                                (自 平成29年1月1日
                                 至 平成29年12月31日)
      売上高
                                        3,541,140
       室料売上
                                        3,731,992
       料理売上
                                         753,386
       飲料売上
                                         510,833
       雑貨売上
                                        1,700,137
       その他売上
                                       10,237,489
       売上高合計
      売上原価
                                        1,104,341
       料理原料
                                         166,210
       飲料原料
                                         401,088
       雑貨原価
                                         251,489
       その他原価
                                        1,923,129
       売上原価合計
                                        8,314,359
      売上総利益
                                      ※1  7,613,275
      販売費及び一般管理費
                                         701,084
      営業利益
      営業外収益
                                            7
       受取利息
                                           950
       補助金収入
                                          4,352
       受取手数料
                                          7,738
       その他
                                         13,048
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         204,759
       支払利息
                                          1,000
       支払手数料
                                           869
       その他
                                         206,629
       営業外費用合計
                                         507,503
      経常利益
      特別利益
                                       ※2  85,477
       受取補償金
                                         85,477
       特別利益合計
      特別損失
                                         108,627
       固定資産除却損
                                          2,564
       その他
                                         111,191
       特別損失合計
                                         481,790
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    66,986
                                         20,276
      法人税等調整額
                                         87,263
      法人税等合計
                                         394,526
      四半期純利益
                                 11/16





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
      (3)  【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                      (単位:千円)
                                当第4四半期累計期間
                                (自 平成29年1月1日
                                 至 平成29年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         481,790
       税引前四半期純利益
                                         831,913
       減価償却費
                                         △ 1,212
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 12,447
       ポイント引当金の増減額(△は減少)
                                         16,877
       前払年金費用の増減額(△は増加)
                                           △ 7
       受取利息及び受取配当金
                                         204,759
       支払利息
                                        △ 85,477
       受取補償金
                                         108,627
       固定資産除却損
                                         81,537
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          △ 894
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △ 32,789
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        △ 108,142
       未払金の増減額(△は減少)
                                        △ 10,131
       その他
                                        1,474,401
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    7
                                        △ 206,199
       利息の支払額
                                         85,477
       損害賠償金の受取額
                                          3,861
       法人税等の還付額
                                         △ 2,820
       法人税等の支払額
                                        1,354,728
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 438,667
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 7,446
       無形固定資産の取得による支出
                                           659
       その他
                                        △ 445,454
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 724,852
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 76,241
       リース債務の返済による支出
                                          △ 39
       自己株式の取得による支出
                                         46,598
       自己株式の処分による収入
                                        △ 33,108
       配当金の支払額
                                        △ 787,642
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         121,631
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
      現金及び現金同等物の期首残高                                  1,512,146
                                      ※  1,633,778
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 12/16






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (追加情報)
       (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四
       半期会計期間から適用しております。
       (四半期損益計算書関係)

     ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                           当第4四半期累計期間
                           (自    平成29年1月1日
                           至   平成29年12月31日)
                              3,166,688
         従業員給料及び賞与                          千円
                               831,913
         減価償却費
                               111,923
         退職給付費用
     ※2 東京電力ホールディングス株式会社からの補償金収入であります。

       (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

     㬰   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりで
       あります。
                           当第4四半期累計期間
                           (自    平成29年1月1日
                           至   平成29年12月31日)
         現金及び預金                     1,633,778千円
         預入期間が3か月を超える
                                  ―
         定期預金
         現金及び現金同等物                     1,633,778
       (株主資本等関係)

       当第4四半期累計期間(自               平成29年1月1日          至   平成29年12月31日)

      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年3月24日
               普通株式         33,090        3.00   平成28年12月31日         平成29年3月27日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第4四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第4四半期会計期間の末日後となる

       もの
        該当事項はありません。
                                 13/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       当第4四半期累計期間(自               平成29年1月1日          至   平成29年12月31日)
         当社は、内外顧客の宿泊・料理飲食・宴会等を中心とするホテル経営及びホテル付随業務を事業内容としてお
        ります。経営資源の配分の決定及び業績評価は当社全体で行っていること等から判断して、報告セグメントが単
        一であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                            当第4四半期累計期間
                           (自    平成29年1月1日
              項目
                            至   平成29年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                              35円60銭
     (算定上の基礎)

     四半期純利益金額                            394,526千円

     普通株主に帰属しない金額                                ―千円

     普通株式に係る四半期純利益金額                            394,526千円

     普通株式の期中平均株式数                            11,081,951株

      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 14/16











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 15/16



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年2月8日

     株式会社京都ホテル
      取締役会      御中
                             有限責任監査法人         トーマツ

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士  山口 弘志   印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士          岩淵 貴史   印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社京都ホ

     テルの平成29年1月1日から平成30年3月31日までの第99期事業年度の第4四半期会計期間(平成29年10月1日から平
     成29年12月31日まで)及び第4四半期累計期間(平成29年1月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期財務諸
     表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
     を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
     正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
     論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社京都ホテルの平成29年12月31日現在の財政状態並びに同日をもっ
     て終了する第4四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が
     すべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

          報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。