積水化学工業株式会社 四半期報告書 第96期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第96期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:積水化学工業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年2月8日
      【四半期会計期間】                    第96期第3四半期(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)
      【会社名】                    積水化学工業株式会社
      【英訳名】                    Sekisui    Chemical     Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 社長執行役員 髙下 貞二
      【本店の所在の場所】                    大阪市北区西天満二丁目4番4号
      【電話番号】                    06‐6365‐4105
      【事務連絡者氏名】                    経営管理部長 西田 達矢
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区虎ノ門二丁目3番17号
      【電話番号】                    03‐5521‐0521
      【事務連絡者氏名】                    取締役 常務執行役員 人事部長 竹友 博幸
      【縦覧に供する場所】                    積水化学工業株式会社東京本社 ※
                         (東京都港区虎ノ門二丁目3番17号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注) ※は、金融商品取引法の規定による縦覧に供すべき場所ではないが、株主等の縦覧の便宜のために備えるもの
          である。
                                  1/23











                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第95期           第96期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第95期
                              累計期間           累計期間
                           自  平成28年4月1日          自  平成29年4月1日          自  平成28年4月1日
              会計期間
                           至  平成28年12月31日          至  平成29年12月31日          至  平成29年3月31日
                     (百万円)             766,224           791,616          1,065,776
     売上高
                     (百万円)             63,723           64,280           91,513
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)             39,915           44,298           60,850
     (当期)純利益
                     (百万円)             41,586           68,853           57,638
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             554,331           611,271           570,549
     純資産額
                     (百万円)             942,901          1,040,248            943,640
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             82.51           93.27           126.13
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)             82.40           93.10           125.95
     期(当期)純利益金額
                      (%)             56.49           56.27           58.22
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             59,017           39,032           108,229
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)            △ 14,781          △ 43,280          △ 44,057
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)            △ 37,647            5,573          △ 39,633
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             73,329           94,152           89,856
     (期末)残高
                               第95期           第96期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自  平成28年10月1日          自  平成29年10月1日
              会計期間
                           至  平成28年12月31日          至  平成29年12月31日
                                   28.80           21.32
     1株当たり四半期純利益金額                (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載していな
          い。
        2.売上高には、消費税等は含まれていない。
      2【事業の内容】

         当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はない。
         また、主要な関係会社についても異動はない。
                                  2/23





                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはない。
         また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はない。
      2【経営上の重要な契約等】

         当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はない。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)業績の状況
         3カ年の中期経営計画「SHIFT              2019   -Fusion-」のスタートとなる当期の第3四半期連結累計期間は、車輌・輸
        送分野を中心に高機能品の拡販が順調に推移したことなどにより、増収となった。
         利益については、原材料価格上昇などの影響を受けたが、プロダクトミックスの改善や原価低減などによりばん
        回し、営業利益並びに親会社株主に帰属する四半期純利益の第3四半期連結累計期間における過去最高益を更新し
        た。
         また、新製品の投入、新分野の開拓や、未来への成長投資(M&A、出資、設備投資、研究開発)などの新次元の
        成長に向けた取り組み、および構造改革が順調に進捗した。
         当第3四半期連結累計期間の連結経営成績は、売上高                         791,616百万円(前年同四半期比3.3%増)、営業利益
        62,416百万円(前年同四半期比1.5%増)、経常利益64,280百万円(前年同四半期比0.9%増)、親会社株主に帰属
        する四半期純利益44,298百万円(前年同四半期比11.0%増)となった。
         セグメントの業績は、次のとおりである。

        ①住宅事業
         当第3四半期連結累計期間は、新築戸建住宅の販売が堅調に推移し増収となったが、9~10月の悪天候の影響
        で施工に遅れが生じた。営業利益については、部材価格上昇などの影響を受けた。
         受注については、新築住宅事業では、分譲住宅強化などの取り組みにより戸建住宅は伸長したが、集合住宅が減
        少したことにより、全体で前年同期並みとなった。リフォーム事業では、太陽光発電システムが低調であったが、
        8月にリニューアル発売した新外壁「エコシャンテ」やバスなどの戦略商材は順調に推移し、前年同期並みとなっ
        た。
         施策面では、7月に発売した「スマートパワーステーションGR」によりエネルギー自給自足率                                              100%の訴求を
        強化するとともに、10月に本格発売した木質系ユニット住宅「グランツーユーⅤ(ファイブ)」により一次取得
        者層への販売を強化した。リフォーム事業では、お客様のライフスタイルにあわせたメニューの提案を進めるとと
        もに、営業体制の強化を図った。
         これらの結果、売上高345,737百万円(前年同四半期比1.3%増)、営業利益17,777百万円(前年同四半期比
        9.4%減)となった。
        ②環境・ライフライン事業

         当第3四半期連結累計期間は、重点拡大製品の拡販が順調に推移するとともに、原材料価格上昇に伴うスプレッ
        ドの悪化を、販売価格の見直しや出荷平準化などによる原価低減策でカバーし、営業利益は第3四半期連結累計期
        間としての過去最高益を更新した。
         配管・インフラ分野では、大都市圏を中心として需要が堅調な建築市場向けの管材や、管路更生事業など重点拡
        大製品の販売を拡大し、売上高は前年同期を上回った。
         建築・住環境分野では、低層住宅向けのユニットバス事業が苦戦したものの、機能性畳などの販売が堅調に推移
        した。また、12月に新雨とい「超芯LEVOL(レボル)」を発売した。
         機能材料分野では、成形用プラスチックシートは航空機向けが納入延期の影響を受けたものの、建築・医療・鉄
        道などの領域での採用が順調に推移した。また、海外の鉄道枕木向けや首都圏のインフラ案件向けの合成木材(F
        FU)の採用が拡大し、売上高は前年同期を上回った。
         これらの結果、売上高171,824百万円(前年同四半期比0.7%増)、営業利益8,928百万円(前年同四半期比
        33.4%増)となった。
        ③高機能プラスチックス事業

         当第3四半期連結累計期間は、売上高、営業利益ともに前年同期を上回り、第3四半期連結累計期間としての過
        去最高益を更新した。9月にポリマテック・ジャパン株式会社(現:積水ポリマテック株式会社)グループが連結
        対象となり、エレクトロニクス分野、車輌・輸送分野の売上高伸長に貢献した。
         エレクトロニクス分野では、第3四半期に入りスマートフォンなどモバイル端末の市場の急減速の影響を受けた
        ものの、TVなどの大型ディスプレイ向け、半導体向けなどの販売が堅調に推移した。
         車輌・輸送分野では、北米地域の市況がやや減速した影響があったものの、高機能品を中心に販売を伸ばし、売
                                  3/23


                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
        上高は前年同期を大きく上回った。
         住インフラ材分野では、塩素化塩化ビニル(CPVC)樹脂などの売上が堅調に推移した。なお、12月27日
        付 で株式会社ソフランウイズの株式取得が完了し、同社の商号を積水ソフランウイズ株式会社に変更した。
         ライフサイエンス分野では、検査薬事業が国内外で安定的に推移した。
         これらの結果、売上高285,617百万円(前年同四半期比7.1%増)、営業利益43,932百万円(前年同四半期比
        5.6%増)となった。
        ④その他事業

         当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高4,050百万円(前年同四半期比111.0%増)、営業損失7,122百万円
        (前年同四半期は営業損失5,826百万円)となった。
                                  4/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
      (2)キャッシュ・フローの状況

         当第3四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末より
        4,296百万円増加し、当第3四半期連結会計期間末で94,152百万円となった。
         当第3四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況と要因は次のとおりである。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当第3四半期連結累計期間において営業活動の結果増加した資金は39,032百万円(前年同四半期は59,017百万円
        の増加)となった。これは、税金等調整前四半期純利益65,572百万円、減価償却費26,806百万円に加えて、前受金
        の増加14,444百万円などの増加要因が、たな卸資産の増加26,290百万円、法人税等の支払20,363百万円、仕入債務
        の減少10,111億円、賞与引当金の減少7,528百万円などの減少要因を上回ったためである。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当第3四半期連結累計期間において投資活動の結果減少した資金は43,280百万円(前年同四半期は14,781百万円
        の減少)となった。これは、定期預金の純減19,143百万円などの増加があった一方で、主に重点および成長分野を
        中心に有形固定資産の取得33,904百万円を行ったことや、自動車やモバイル端末向けのエレクトロニクス関連部品
        の製造・販売会社であるポリマテック・ジャパン株式会社グループの経営権取得に伴う支出、建築分野向けの硬質
        ウレタン原液及び硬質ウレタン断熱パネルなどの製造・販売会社である株式会社ソフランウイズの株式取得に伴う
        支出などがあったためである。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当第3四半期連結累計期間において財務活動の結果増加した資金は5,573百万円(前年同四半期は37,647百万円
        の減少)となった。これは、配当金の支払18,946百万円(非支配株主への配当金の支払を含む)、自己株式の取得
        13,261百万円を行ったが、有利子負債の純増36,738百万円などがあったためである。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において新たに発生した事業上及び財務上の対処すべき課題はない。
         なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
        社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりである。
        ①基本方針の内容の概要

         当社の株主の在り方について、当社は、株主は市場での自由な取引を通じて決まるものと考えている。したがっ
        て、株式会社の支配権の移転を伴う大規模買付行為を受け入れるかどうかの判断も、最終的には当社株主の意思に
        基づき行われるべきものと考えている。しかしながら、株式公開企業株式の大規模買付行為や買付提案の中には、
        その目的や手法等に鑑み、明らかに、企業価値・株主共同の利益をかえりみることなく、もっぱら買収者自らの利
        潤のみを追求しようとするもの、株主に株式の売却を事実上強要するもの、買付対象会社の株主や取締役会が大規
        模買付の内容等について検討し、あるいは対象会社の取締役会が代替案を提案するために十分な情報や時間を提供
        しないもの等、対象会社の長期的な株主価値を明らかに毀損すると考えられるものも想定される。当社は、当社の
        企業価値ひいては株主共同の利益を中長期的に向上させるための戦略を策定し、その概要を株主・投資家に開示・
        説明している。
        ②基本方針の実現に資する取り組みの概要

        イ)  中期経営計画      「SHIFT    2019   -Fusion-」     による企業価値向上の取り組み
          当社は、2017年度から2019年度までの3ヵ年を対象期間とした中期経営計画                                   「SHIFT    2019   -Fusion-」     に取り
         組んでいる。この中期経営計画では、積水化学グループの経営理念を起点として、「新次元の成長」へ向けた以
         下の戦略の実現を目指している。
                          中期経営計画      「SHIFT    2019   -Fusion-」
         ◆ 2020年代の業容倍増目標に向けた第一歩。
           成長の質をSHIFT(シフト)させる。
         ◆ 量的成長(未来への成長投資)と質的転換(たゆまぬ構造改革)を図る。
           ・戦略投資2,000億円(うちM&A投資1,300億円)、環境貢献投資120億円。
           ・継続的な収益性改善と有望分野への資源配分で営業利益率10%以上を目指す。
         ◆ 技術・機会・リソースの「融合」により、成長を加速させる。
         ◆ ESG(環境、社会、企業統治)の視点で、事業と一体となったCSR経営を推進する。
                                  5/23




                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
        ロ)コーポレート・ガバナンスの強化に向けた取り組み
          当社は、株主に対する経営陣の責任をより一層明確にするため、2007年6月28日開催の第85回定時株主総会に
         おいて、取締役の任期を2年から1年に短縮した。また、各カンパニーの事業環境の変化に迅速に対応するた
         め、2008年4月1日より執行役員制度を導入し、業務執行に専念する役員を選任した。これに加え、経営の透明
         性・公正性を確保し取締役会における監督機能を強化するため、2008年6月27日開催の第86回定時株主総会にお
         いて、独立性の高い社外取締役2名を選任するとともに、取締役の人員を10名以内にしている。2016年4月1日
         には、取締役会の機能を補完し、より経営の公正性・透明性を高めるため、指名・報酬等諮問委員会を設置し
         た。
      (4)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、26,862百万円である。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はない。
                                  6/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)  【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                1,187,540,000

                  計                              1,187,540,000

        ②【発行済株式】

                                       上場金融商品取引所
            第3四半期会計期間末
                         提出日現在発行数(株)
       種類                                名又は登録認可金融               内容
             現在発行数(株)
                          (平成30年2月8日)
            (平成29年12月31日)
                                       商品取引業協会名
       普通                                 東京証券取引所

                                                    単元株式数
                 500,507,285             500,507,285
                                                     100株
       株式                                 (市場第一部)
       計          500,507,285             500,507,285            -           -

     (注)「提出日現在発行数」には、平成30年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は含まれていない。
       (2)  【新株予約権等の状況】

          該当事項なし。
       (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項なし。
       (4)  【ライツプランの内容】

          該当事項なし。
       (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                         発行済株式
                  発行済株式                                    資本準備金
                                               資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                                                        残高
         年月日                 総数残高                      増減額
                  総数増減数
                                 (百万円)       (百万円)
                                               (百万円)
                   (千株)                                    (百万円)
                          (千株)
     平成29年10月1日~
                       -     500,507          -     100,002          -     109,234
     平成29年12月31日
                                  7/23








                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
       (6)  【大株主の状況】
          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はない。
       (7)  【議決権の状況】

          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成29年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしている。
        ①【発行済株式】

                                                  平成29年9月30日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                            -            -        -

     議決権制限株式(自己株式等)                            -            -        -

     議決権制限株式(その他)                            -            -        -

                                                 権利内容に何ら限定のな
                                                 い当社における標準とな
                        普通株式       25,605,500
     完全議決権株式(自己株式等)                                         -
                                                 る株式
                                                 単元株式数100株
     完全議決権株式(その他)                   普通株式 474,689,700                  4,746,897      同上
     単元未満株式                   普通株式   212,085                      -        -

     発行済株式総数                        500,507,285                 -        -

     総株主の議決権                            -         4,746,897           -

     (注)   「完全議決権株式(その他)」欄には以下の株式(議決権)が含まれている。
         役員報酬BIP信託  344,000株 (3,440個)
         株式付与ESOP信託              302,000株 (3,020個)
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に

                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
       所有者の氏名又は名称              所有者の住所                              対する所有株式数
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                    大阪市北区西天満
     積水化学工業株式会社                          25,552,600           -   25,552,600            5.10
                    2丁目4-4
     (相互保有株式)
     栃木セキスイハイム株式会              栃木県宇都宮市東
                                 41,100         -     41,100          0.00
     社              宿郷5丁目3-4
     セキスイハイム東四国株式              高知県高知市葛島
                                 11,800         -     11,800          0.00
     会社              4丁目1-16
           計            -       25,605,500           -   25,605,500            5.11
     (注)1.当該株式数は、上記①「発行済株式」の「完全議決権株式(自己株式等)」の欄に含まれている。
        2.役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託が保有する当社株式は、上記自己株式には含まれていない。
        3.平成29年11月に自己株式1,200,000株を取得したこと等により、当第3四半期会計期間末日現在における当社保
          有の自己株式数は26,507,500株である。
      2【役員の状況】

        該当事項なし。
                                  8/23



                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成している。
        なお、四半期連結財務諸表規則第5条の2第3項により、四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成している。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平
       成29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けている。
                                  9/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        109,891               95,607
         現金及び預金
                                                      ※3 45,369
                                         32,960
         受取手形
                                        131,111              131,735
         売掛金
                                            1              1
         有価証券
                                         56,619              63,204
         商品及び製品
                                         30,879              31,142
         分譲土地
                                         38,349              60,171
         仕掛品
                                         27,704              31,314
         原材料及び貯蔵品
                                         1,687              1,215
         前渡金
                                         3,388              4,790
         前払費用
                                         13,870              15,634
         繰延税金資産
                                         5,128              5,646
         短期貸付金
                                         15,688              26,652
         その他
                                        △ 1,179             △ 2,042
         貸倒引当金
                                        466,101              510,442
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               88,882              93,937
          機械装置及び運搬具(純額)                               73,615              79,154
                                         70,426              71,909
          土地
          リース資産(純額)                               10,126              10,193
                                         9,388              12,197
          建設仮勘定
                                         9,323              10,497
          その他(純額)
                                        261,765              277,890
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         14,627              21,921
          のれん
                                         8,167              8,281
          ソフトウエア
                                           216              201
          リース資産
                                         16,579              22,731
          その他
                                         39,591              53,134
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        156,916              180,350
          投資有価証券
                                         1,789              1,111
          長期貸付金
          長期前払費用                               1,211              1,217
                                           179               18
          退職給付に係る資産
                                         4,840              3,727
          繰延税金資産
                                         13,058              13,739
          その他
                                        △ 1,815             △ 1,385
          貸倒引当金
                                        176,181              198,780
          投資その他の資産合計
                                        477,538              529,805
         固定資産合計
                                        943,640             1,040,248
       資産合計
                                 10/23





                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                      ※3 5,416
                                         4,320
         支払手形
                                         22,116              26,236
         電子記録債務
                                         93,684              93,601
         買掛金
         短期借入金                                13,274              36,027
                                           -            19,000
         コマーシャル・ペーパー
                                           16              16
         1年内償還予定の社債
                                         3,413              3,413
         リース債務
                                         39,115              37,505
         未払費用
                                         12,361              14,298
         未払法人税等
                                         16,740               9,429
         賞与引当金
                                           308               -
         役員賞与引当金
                                         1,222              1,203
         完成工事補償引当金
                                           133              103
         株式給付引当金
                                         41,623              56,140
         前受金
                                         41,750              40,670
         その他
                                        290,081              343,064
         流動負債合計
       固定負債
                                         10,052              10,044
         社債
                                         9,991              8,379
         長期借入金
                                         6,985              6,934
         リース債務
                                         3,364              8,523
         繰延税金負債
                                         47,069              46,071
         退職給付に係る負債
                                           135              243
         株式給付引当金
                                         5,410              5,715
         その他
                                         83,009              85,912
         固定負債合計
                                        373,090              428,976
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        100,002              100,002
         資本金
                                        109,192              109,198
         資本剰余金
                                        341,009              355,005
         利益剰余金
                                        △ 40,969             △ 39,976
         自己株式
                                        509,234              524,230
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         39,463              51,758
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 52             △ 45
         繰延ヘッジ損益
                                           321              321
         土地再評価差額金
                                           941             10,803
         為替換算調整勘定
                                         △ 565            △ 1,683
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                                40,109              61,154
       新株予約権                                   418              302
                                         20,787              25,584
       非支配株主持分
       純資産合計                                 570,549              611,271
                                        943,640             1,040,248
      負債純資産合計
                                 11/23





                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
      売上高                                   766,224              791,616
                                        512,325              533,376
      売上原価
                                        253,899              258,240
      売上総利益
                                        192,384              195,824
      販売費及び一般管理費
                                         61,514              62,416
      営業利益
      営業外収益
                                           560              698
       受取利息
                                         3,813              3,936
       受取配当金
                                         1,694              1,310
       持分法による投資利益
                                           806              158
       為替差益
                                         2,833              3,154
       雑収入
                                         9,708              9,258
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           443              404
       支払利息
       売上割引                                   293              312
                                         6,763              6,677
       雑支出
                                         7,500              7,393
       営業外費用合計
                                         63,723              64,280
      経常利益
      特別利益
                                         6,875                -
       投資有価証券売却益
                                           -             2,469
       固定資産売却益
                                         6,875              2,469
       特別利益合計
      特別損失
                                           820              284
       減損損失
                                         4,460                -
       投資有価証券評価損
                                         2,240                -
       事業譲渡損
                                         2,136                -
       事業譲渡損失引当金繰入額
                                         1,376               894
       固定資産除売却損
                                         11,034               1,178
       特別損失合計
                                         59,564              65,572
      税金等調整前四半期純利益
                                         18,239              18,511
      法人税等
                                         41,325              47,060
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益                                    1,409              2,761
                                         39,915              44,298
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/23







                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                         41,325              47,060
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         1,418              11,628
       その他有価証券評価差額金
                                           208               6
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 1,781              10,590
       為替換算調整勘定
                                           59            △ 1,128
       退職給付に係る調整額
                                           357              695
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                           261             21,793
       その他の包括利益合計
                                         41,586              68,853
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         40,447              65,343
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         1,139              3,509
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/23















                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
       (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                  (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                   至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           59,564              65,572
       税金等調整前四半期純利益
                                           25,727              26,806
       減価償却費
                                            1,593              1,732
       のれん償却額
                                             820              284
       減損損失
                                            1,312               739
       固定資産除却損
       固定資産売却損益(△は益)                                      63            △ 2,315
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    △ 2,038             △ 1,615
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    △ 6,875                -
       投資有価証券評価損益(△は益)                                     4,460                -
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    △ 7,569             △ 7,528
                                           △ 4,374             △ 4,634
       受取利息及び受取配当金
                                             737              716
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                    △ 1,694             △ 1,310
                                            2,240                -
       事業譲渡損
                                            2,136                -
       事業譲渡損失引当金繰入額
       売上債権の増減額(△は増加)                                     △ 445             3,522
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                   △ 19,649             △ 26,290
       仕入債務の増減額(△は減少)                                    △ 6,521             △ 10,111
       前受金の増減額(△は減少)                                    13,048              14,444
                                           △ 3,108             △ 5,194
       その他
                                           59,428              54,816
       小計
       利息及び配当金の受取額                                     5,059              5,321
                                            △ 806             △ 741
       利息の支払額
                                            4,661                -
       法人税等の還付額
                                           △ 9,325             △ 20,363
       法人税等の支払額
                                           59,017              39,032
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 26,915             △ 33,904
       有形固定資産の取得による支出
                                            1,307              3,929
       有形固定資産の売却による収入
                                           △ 4,107              △ 222
       定期預金の預入による支出
                                            4,006              19,366
       定期預金の払戻による収入
                                           △ 2,027             △ 7,434
       投資有価証券の取得による支出
                                           17,774                820
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                             -           △ 22,019
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出
                                           △ 1,053              △ 727
       子会社株式の取得による支出
                                           △ 2,878             △ 3,035
       無形固定資産の取得による支出
                                            △ 886              △ 52
       その他
                                          △ 14,781             △ 43,280
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                      591             21,440
                                           △ 2,774             △ 2,892
       ファイナンス・リース債務の返済による支出
       コマーシャル・ペーパーの増減額(△は減少)                                      -            19,000
                                            3,806              1,831
       長期借入れによる収入
                                           △ 8,145             △ 2,631
       長期借入金の返済による支出
                                           10,000                -
       社債の発行による収入
                                          △ 10,008                △ 8
       社債の償還による支出
                                          △ 15,547             △ 18,143
       配当金の支払額
                                            △ 511             △ 802
       非支配株主への配当金の支払額
                                          △ 16,354             △ 13,261
       自己株式の取得による支出
                                            1,296              1,041
       その他
                                          △ 37,647               5,573
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            △ 363             2,327
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                      6,225              3,652
      現金及び現金同等物の期首残高                                      67,104              89,856
                                             -              644
      新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額
                                           ※ 73,329              ※ 94,152
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/23


                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (連結の範囲の重要な変更)
           第1四半期連結会計期間より、セキスイハイム不動産少額短期保険株式会社、エナックス株式会社、株式
          会社プラスチック工学研究所、積水化学投資(上海)有限公司の4社は重要となったため、連結の範囲に含
          めている。
           なお、セキスイハイム不動産株式会社、名古屋セキスイハイム不動産株式会社、大阪セキスイハイム不動
          産株式会社の3社は合併によりセキスイハイム不動産株式会社として、関東セキスイハイム工業株式会社、
          東京セキスイハイム工業株式会社、中部セキスイハイム工業株式会社、近畿セキスイハイム工業株式会社の
          4社は合併によりセキスイハイム工業株式会社として、積水メディカル株式会社、エーディア株式会社の2
          社は合併により積水メディカル株式会社として、映甫化学株式会社、映甫ハウジング株式会社の2社は合併
          により映甫化学株式会社としてそれぞれ連結の範囲に含めている。
           第2四半期連結会計期間より、PTジャパン・ホールディングス株式会社、ポリマテック・ジャパン株式会
          社(現:積水ポリマテック株式会社)、PT                   Cayman    Limited、PT      HD  Limited、PT      Asia   HD  Limited、
          保力馬科技(上海)有限公司、保力馬電子(上海)有限公司、Polymatech                                   (Thailand)      Co.,   Ltd.、
          Polymatech      Trading    (Thailand)      Co.,   Ltd.、PT.     Polymatech      Indonesia、PT.        Polymatech      Trading
          Indonesia、Polymatech           America    Co.,   Ltd.の12社は株式を取得したため、それぞれ連結の範囲に含めてい
          る。また、朝霞積水工業株式会社は、清算結了したため連結の範囲から除外している。
           当第3四半期連結会計期間より、株式会社ソフランウイズ(現:積水ソフランウイズ株式会社)は株式を
          取得したため、連結の範囲に含めている。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
           税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果
          会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算している。
        (四半期連結貸借対照表関係)

          1.保証債務
           下記の債務についてそれぞれ保証を行っている。
                                   前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                  (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
         (1)  ユニット住宅購入者及び従業員持家制度
                                       28,168百万円              27,454百万円
           促進のための住宅ローンの保証債務
         (2)  その他の保証債務
                                        1,526              1,120
          2.受取手形割引高及び受取手形裏書譲渡高

                                   前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                  (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
         (1)  受取手形割引高
                                          - 百万円             853  百万円
         (2)  受取手形裏書譲渡高                              166              162
         ※3.期末日満期手形

           四半期連結会計期間末日の満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理している。なお、
          当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の満期手形が当第3四半期連結会計期間末
          日の残高に含まれている。
                                   前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                  (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
         (1)  受取手形
                                          -百万円             3,661百万円
         (2)  支払手形
                                          -              397
                                 15/23




                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                  至   平成28年12月31日)            至   平成29年12月31日)
         現金及び預金勘定                              74,351百万円              95,607百万円
         預入期間が3ヶ月を超える定期預金                              △1,022              △1,454
         現金及び現金同等物                              73,329              94,152
                                 16/23


















                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)
           配当金支払額
                              配当金の      1株当たり
               (決議)        株式の種類                     基準日     効力発生日      配当の原資
                               総額      配当額
                                           平成28年      平成28年
            平成28年6月28日
                        普通株式      7,817百万円        16円                 利益剰余金
            定時株主総会
                                           3月31日      6月29日
                                           平成28年      平成28年
            平成28年10月27日
                        普通株式      7,724百万円        16円                 利益剰余金
            取締役会
                                           9月30日      12月1日
           (注)平成28年10月27日取締役会決議による配当金の総額には、役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託が
              保有する当社の株式に対する配当金12百万円が含まれている。
         Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)

           配当金支払額
                              配当金の      1株当たり
               (決議)        株式の種類                     基準日     効力発生日      配当の原資
                               総額      配当額
            平成29年6月28日                               平成29年      平成29年
                        普通株式      9,113百万円        19円                 利益剰余金
            定時株主総会                               3月31日      6月29日
            平成29年10月30日                               平成29年      平成29年
                        普通株式      9,024百万円        19円                 利益剰余金
            取締役会                               9月30日      12月1日
           (注)1.平成29年6月28日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員報酬BIP信託及び株式付与
                ESOP信託が保有する当社の株式に対する配当金14百万円が含まれている。
              2.平成29年10月30日取締役会決議による配当金の総額には、役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信
                託が保有する当社の株式に対する配当金12百万円が含まれている。
                                 17/23












                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                    報告セグメント
                                                    その他
                                   環境・ラ     高機能プ
                                                         合計
                                                    (注)
                               住宅    イフライ     ラスチッ       計
                                     ン     クス
           売上高

                              341,141     161,032     262,163     764,337      1,887    766,224
            (1)外部顧客への売上高
            (2)セグメント間の内部売上高
                                 76    9,661     4,644     14,383       32   14,415
              又は振替高
                              341,218     170,694     266,807     778,720      1,920    780,640
                   計
           セグメント利益又はセグメント損失
                               19,611      6,695     41,600     67,907    △ 5,826    62,080
           (△)
           (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、サービス、産業材等の製
              造・販売を行っている。
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の

            主な内容(差異調整に関する事項)
                                                    (単位:百万円)
                      利益                         金額
            報告セグメント計                                              67,907

            「その他」の区分の利益                                             △5,826
            セグメント間取引消去                                                136

            全社費用(注)                                              △702
            四半期連結損益計算書の営業利益                                              61,514

           (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費である。
                                 18/23









                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                    報告セグメント
                                                    その他
                                   環境・ラ     高機能プ
                                                         合計
                                                    (注)
                               住宅    イフライ     ラスチッ       計
                                     ン     クス
           売上高

                              345,307     162,214     280,197     787,718      3,898    791,616
            (1)外部顧客への売上高
            (2)セグメント間の内部売上高
                                430    9,610     5,420     15,462      152   15,614
              又は振替高
                              345,737     171,824     285,617     803,180      4,050    807,231
                   計
           セグメント利益又はセグメント損失
                               17,777      8,928     43,932     70,639    △ 7,122    63,516
           (△)
           (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、フィルム型リチウムイオ
              ン電池および報告セグメントに含まれない製品の製造、販売およびサービスを行っている。
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の

            主な内容(差異調整に関する事項)
                                                    (単位:百万円)
                      利益                         金額
            報告セグメント計                                              70,639

            「その他」の区分の利益                                             △7,122
            セグメント間取引消去                                              △154

            全社費用(注)                                              △945
            四半期連結損益計算書の営業利益                                              62,416

           (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費である。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (のれんの金額の重要な変動)
             「高機能プラスチックス」セグメントにおいて、第2四半期連結会計期間で暫定的な会計処理を行って
            いたPT    Cayman    Limitedの取得に係る取得原価の配分が当第3四半期連結会計期間において確定した。                                        詳
            細については「注記事項(企業結合等関係)」参照。
             また、株式会社ソフランウイズ(現:積水ソフランウイズ株式会社)の株式を取得し、連結子会社化し
            た。当該事象によるのれんの増加額は、当第3四半期連結累計期間において4,794百万円である。なお、
            取得原価の配分が完了していないため、暫定的な金額である。
                                 19/23







                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
        1.取得による企業結合
         (1)企業結合の概要
         ①被取得企業の名称及びその事業の内容
           被取得企業の名称 株式会社ソフランウイズ
           事業の内容 硬質ウレタン原液の製造・販売、農畜産向け断熱パネルの製造・販売、超低温用
                 断熱材の施工・管理
         ②企業結合を行った主な理由
           耐火・不燃製品の開発・販売を拡充し、住インフラ材の事業拡大を図るため
         ③企業結合日
           平成29年12月27日
         ④企業結合の法的形式
           株式取得
         ⑤結合後企業の名称
           積水ソフランウイズ株式会社
         ⑥取得した議決権比率
           100%
         ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
           当社による、現金を対価とする株式取得であるため
         (2)四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間

          みなし取得日を当第3四半期連結会計期間末日としているため、当第3四半期連結累計期間においては
         貸借対照表のみを連結しており、四半期連結損益計算書に被取得企業の業績は含まれていない。
         (3)取得した事業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

           株式取得に伴い支出した現金                    7,383百万円
           取得原価                    7,383百万円

         (4)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

         ①発生したのれんの金額
           4,794百万円
           なお、のれんの金額は、当第3四半期連結会計期間末において取得原価の配分が完了していないため、
          暫定的に算定された金額である。
         ②発生原因
           株式取得時の純資産が取得原価を下回ったため、その差額をのれんとして認識している。
         ③償却方法及び償却期間
           取得原価の配分が完了していないため、のれんの金額は暫定的な会計処理をおこなっており、償却方法及び
          償却期間について精査中である。
        2.取得による企業結合

         企業結合に係る暫定的な会計処理の確定
          平成29年8月31日に行われたPT               Cayman    Limitedとの企業結合について、第2四半期連結会計期間において暫定
         的な会計処理を行っていたが、当第3四半期連結会計期間に確定している。
          この暫定的な会計処理の確定に伴い、当第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表において取得原価の調
         整1,990百万円のほか、取得原価の当初配分額の見直しが反映されており、主として、無形資産に6,010百万円、
         繰延税金負債に1,833百万円が配分された結果、暫定的に算定されたのれんの金額6,430百万円は、2,356百万円
         減少し、4,074百万円となっている。
                                 20/23




                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりである。
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                  82円51銭               93円27銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                        39,915               44,298
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                        39,915               44,298
       純利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                483,767               474,945
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                  82円40銭               93円10銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (百万円)
       普通株式増加数(千株)                                  642               850
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
                               (失効)               (失効)
     り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                               新株予約権1種類(平成23年               新株予約権1種類(平成24年
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
                               6月29日決議143個)               6月27日決議101個)
     概要
     (注)株式資本において自己株式として計上されている役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託に残存する当社の株式
        は、1株当たり四半期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式数に含めている。
        1株当たり四半期純利益金額の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は、前第3四半期連結累計期間
        319千株、当第3四半期連結累計期間685千株である。
        (重要な後発事象)

         該当事項なし。
      2【その他】

      (配当)
        当社は、平成29年10月30日開催の取締役会において、次のとおり決議している。
         普通株式の配当に関する事項
         (1)  配当金の総額                   9,024百万円
         (2)  1株当たり配当額         19円
         (3)  基準日        平成29年9月30日
         (4)  効力発生日      平成29年12月1日
         (5)  配当の原資         利益剰余金
                                 21/23






                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項なし。
                                 22/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                      積水化学工業株式会社(E00820)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成30年2月7日

     積水化学工業株式会社

      取締役会 御中

                             新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              小西 幹男  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              押谷 崇雄  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている積水化学工業


     株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年
     10月1日から平成29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月
     31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利
     益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、積水化学工業株式会社及び連結子会社の平成29年12月31日現在
     の財政状態並びに同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示
     していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が四半期報

          告書に添付する形で別途保管している。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていない。
                                 23/23



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。