浜松ホトニクス株式会社 四半期報告書 第71期第1四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第71期第1四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
提出日
提出者 浜松ホトニクス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年2月9日
      【四半期会計期間】                    第71期第1四半期(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)
      【会社名】                    浜松ホトニクス株式会社
      【英訳名】                    HAMAMATSU     PHOTONICS     K.K.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  晝馬 明
      【本店の所在の場所】                    静岡県浜松市東区市野町1126番地の1
                         (注)上記は登記上の本店所在地であり、実際の本社業務は「最寄りの連絡
                            場所」において行っております。
      【電話番号】                    053(434)3311(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  森 和彦
      【最寄りの連絡場所】                    静岡県浜松市中区砂山町325番地の6(日本生命浜松駅前ビル)
      【電話番号】                    053(452)2141(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  森 和彦
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/17












                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第70期           第71期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第70期
                              累計期間           累計期間
                           自 平成28年10月1日           自 平成29年10月1日           自 平成28年10月1日
              会計期間
                           至 平成28年12月31日           至 平成29年12月31日            至 平成29年9月30日
                     (百万円)             29,981           34,282           130,495
     売上高
                     (百万円)              4,775           6,341           24,037
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              3,621           4,301           17,777
     (当期)純利益
                     (百万円)              6,900           5,142           23,224
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             173,937           184,606           187,558
     純資産額
                     (百万円)             223,673           234,634           239,331
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             23.02           27.40           113.00
     益
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益
                      (%)             77.5           78.4           78.1
     自己資本比率
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2 売上高には消費税等は含まれておりません。
         3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが営んでいる事業の内容に重要な変更はありません。
        なお、主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
        (電子管事業)
        株式取得によりエナジティック・テクノロジー・インクを連結子会社にしております。
                                  2/17









                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、新たに決定又は締結した経営上の重要な契約はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において、当社グループが判断したものでありま
       す。
      (1)経営成績の分析

          当第1四半期連結累計期間における経営環境は、企業収益が改善する中で設備投資は緩やかに増加し、輸出も
        持ち直すなど、景気は緩やかな回復基調で推移いたしました。しかしながら、その足取りは力強さに欠け、また
        海外経済の成長に依る部分が大きい中、新興国経済の先行き懸念や欧米の政治動向などの不確実性により、景気
        の先行きは依然として楽観できない状況となっております。
          このような状況におきまして、当社グループは、独自の光技術を活かした研究開発及び将来に向けた積極的な
        設備投資を継続することで、売上高、利益の拡大に努力してまいりました。
          当第1四半期連結累計期間における当社グループの業績につきましては、売上高は34,282百万円と前年同期に
        比べ4,301百万円(14.3%)の増加となりました。また、利益面につきましては、営業利益は6,168百万円と前年
        同期に比べ1,867百万円(43.4%)の増加、経常利益は6,341百万円と前年同期に比べ1,565百万円(32.8%)の増
        加、親会社株主に帰属する四半期純利益は4,301百万円と前年同期に比べ679百万円(18.8%)の増加となりまし
        た。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。

        [電子管事業]

           光電子増倍管は、医用分野におきましては、PETなどの核医学検査装置向けの売上げは伸び悩んだもの
         の、血液分析などの検体検査装置向けが増加いたしました。また、油田探査装置向け及び高エネルギー物理学
         実験等の学術向けの売上げも順調に推移いたしました。
           イメージ機器及び光源は、産業分野におきまして、非破壊検査装置向けのマイクロフォーカスX線源の売上
         げが好調に推移いたしました。また、医用分野におきまして、X線画像を可視像に変換するX線シンチレータ
         の売上げが増加いたしました。
           この結果、電子管事業といたしましては、売上高は12,920百万円(前年同期比15.9%増)、営業利益は
         4,522百万円(前年同期比24.3%増)となりました。
        [光半導体事業]
           光半導体素子は、産業分野におきまして、産業用ロボット等の制御などFA(ファクトリーオートメーショ
         ン)分野においてシリコンフォトダイオードやLEDの売上げが国内を中心に増加したほか、半導体製造・検
         査装置向けのイメージセンサの売上げも好調に推移いたしました。また、環境分析機器をはじめとした分析機
         器向けに、イメージセンサ・フォトダイオードの需要が増加いたしました。
           この結果、光半導体事業といたしましては、売上高は16,255百万円(前年同期比15.7%増)、営業利益は
         5,366百万円(前年同期比31.8%増)となりました。
        [画像計測機器事業]
           画像処理・計測装置は、半導体の製造検査に使用される半導体故障解析装置については、前期の大型案件が
         完了し落ち着いたこと、またアジアの大型案件が下半期以降に延期となったことから、売上げが伸び悩んだも
         のの、病理デジタルスライドスキャナが、国内海外ともに順調に推移し、売上げを伸ばしました。
           この結果、画像計測機器事業といたしましては、売上高は4,132百万円(前年同期比8.6%増)、営業利益は
         700百万円(前年同期比3.8%増)となりました。
                                  3/17




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
        [その他事業]
           半導体レーザーに係る事業、子会社の㈱磐田グランドホテルが営むホテル事業及び子会社の北京浜松光子技
         術股  份 有限公司の独自製品に係る事業を含んでおります。
           当セグメント(その他)の売上高は974百万円(前年同期比0.1%減)、営業損失は62百万円(前年同期は営
         業利益68百万円)となりました。
      (2)財政状態の分析

         流動資産の主な変動は、自己株式の取得及び米国子会社の買収などにより現金及び預金が14,648百万円減少し
        たことから、流動資産は前連結会計年度末に比べ11,726百万円減少しております。
         固定資産の主な変動は、米国子会社の買収に伴うのれんの増加により、無形固定資産が4,331百万円増加したこ
        となどから、固定資産は前連結会計年度末に比べ7,029百万円増加しております。
         この結果、当第1四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ4,697百万円減少し、234,634百万
        円となりました。
         流動負債の主な変動は、設備関係支払手形(流動負債その他)が2,817百万円増加したものの、電子記録債務が
        3,306百万円及び賞与引当金が2,586百万円それぞれ減少したことなどから、流動負債は前連結会計年度末に比べ
        2,439百万円減少しております。
         固定負債の主な変動は、厚生年金基金解散損失引当金が534百万円増加したことなどから、固定負債は前連結会
        計年度末に比べ694百万円増加しております。
         この結果、当第1四半期連結会計期間末の負債合計は前連結会計年度末に比べ1,745百万円減少し、50,028百万
        円となりました。
         純資産は、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上などにより利益剰余金が1,622百万円増加したものの、自
        己株式の取得により5,413百万円減少したことなどから、当第1四半期連結会計期間末の純資産は前連結会計年度
        末に比べ2,951百万円減少し、184,606百万円となりました。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更及び新たに生じた課題
        はありません。
      (4)研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間の研究開発費の総額は、3,012百万円であります。なお、当第1四半期連結累計期間に
        おける研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/17










                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                            500,000,000

                  計                               500,000,000

        ②【発行済株式】

            第1四半期会計期間末              提出日現在         上場金融商品取引所名
       種類     現在発行数(株)             発行数(株)         又は登録認可金融商品                 内容
            (平成29年12月31日)            (平成30年2月9日)           取引業協会名
                                              権利内容に何ら限定のない
                                   東京証券取引所           当社における標準となる株
     普通株式           167,529,968           167,529,968
                                   市場第一部           式であり、単元株式数は100
                                              株であります。
        計         167,529,968           167,529,968           -             -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
     平成29年10月1日~
                      -     167,529          -     34,928         -     34,636
     平成29年12月31日
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/17







                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成29年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】
                                                (平成29年12月31日現在)
                          株式数(株)            議決権の数(個)

            区分                                         内容
                             -             -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -            -
     議決権制限株式(その他)                       -             -            -
                                                権利内容に何ら限定のな
                       (自己保有株式)
                                                い当社における標準とな
                       普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -
                                                る株式であり、単元株式
                               9,945,200
                                                数は100株であります。
                       普通株式
     完全議決権株式(その他)
                                          1,575,484           同上
                              157,548,400
                       普通株式
                                         -            -
     単元未満株式
                                36,368
                                         -            -
     発行済株式総数                        167,529,968
                             -                         -
     総株主の議決権                                     1,575,484
      (注)1 完全議決権株式(その他)欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が400株(議決権4個)含まれて
          おります。
        2 単元未満株式欄の普通株式には、当社所有の自己株式81株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                 (平成29年12月31日現在)
                                                    発行済株式総数に

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
       所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                対する所有株式数
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
      (自己保有株式)             静岡県浜松市東区市

                               9,945,200            -    9,945,200            5.94
     浜松ホトニクス株式会社             野町1126番地の1
           計            -        9,945,200            -    9,945,200            5.94

      2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間において、役員の異動はありません。
                                  6/17






                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1 四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平成29
       年12月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年10月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連結財務
       諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年9月30日)              (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         83,902              69,253
         現金及び預金
                                        ※ 33,608              ※ 33,060
         受取手形及び売掛金
                                         8,742              9,162
         商品及び製品
                                         16,389              16,708
         仕掛品
                                         6,620              7,511
         原材料及び貯蔵品
                                         7,729              9,566
         その他
                                         △ 159             △ 155
         貸倒引当金
                                        156,834              145,107
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               31,668              35,879
          機械装置及び運搬具(純額)                               9,843              9,975
          工具、器具及び備品(純額)                               3,951              4,282
                                         16,545              16,550
          土地
          リース資産(純額)                                299              340
                                         5,983              3,451
          建設仮勘定
                                         68,291              70,479
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                            9            4,392
          のれん
                                         1,688              1,636
          その他
                                         1,697              6,029
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         3,684              4,160
          投資有価証券
                                         6,412              6,265
          繰延税金資産
                                         2,429              2,610
          その他
                                          △ 19             △ 19
          貸倒引当金
                                         12,507              13,018
          投資その他の資産合計
                                         82,497              89,526
         固定資産合計
                                        239,331              234,634
       資産合計
                                  8/17









                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年9月30日)              (平成29年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         ※ 5,232              ※ 5,483
         支払手形及び買掛金
                                         8,866              5,559
         電子記録債務
                                         2,230              2,236
         短期借入金
         1年内返済予定の長期借入金                                 3,194              3,188
                                         3,517              1,779
         未払法人税等
                                         4,570              1,984
         賞与引当金
                                         12,446              17,387
         その他
                                         40,059              37,620
         流動負債合計
       固定負債
                                         3,683              3,641
         長期借入金
                                           -              534
         厚生年金基金解散損失引当金
         退職給付に係る負債                                 7,025              7,084
                                         1,004              1,148
         その他
                                         11,713              12,407
         固定負債合計
                                         51,773              50,028
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         34,928              34,928
         資本金
                                         34,672              34,672
         資本剰余金
                                        131,678              133,301
         利益剰余金
                                        △ 16,060             △ 21,473
         自己株式
                                        185,219              181,428
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,259              1,568
         その他有価証券評価差額金
                                         1,210              1,681
         為替換算調整勘定
                                         △ 750             △ 718
         退職給付に係る調整累計額
                                         1,719              2,531
         その他の包括利益累計額合計
                                           618              646
       非支配株主持分
                                        187,558              184,606
       純資産合計
                                        239,331              234,634
      負債純資産合計
                                  9/17









                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                 至 平成28年12月31日)              至 平成29年12月31日)
      売上高                                   29,981              34,282
                                         15,288              16,631
      売上原価
                                         14,692              17,650
      売上総利益
                                         10,392              11,482
      販売費及び一般管理費
                                         4,300              6,168
      営業利益
      営業外収益
                                           36               6
       受取利息
                                           27              33
       投資不動産賃貸料
                                           370               70
       為替差益
                                           31              21
       持分法による投資利益
                                           66              94
       その他
                                           533              226
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           28              16
       支払利息
       不動産賃貸費用                                    15              21
                                           13              15
       その他
                                           57              53
       営業外費用合計
                                         4,775              6,341
      経常利益
      特別利益
                                            8              2
       固定資産売却益
                                            0              -
       投資有価証券売却益
                                            8              2
       特別利益合計
      特別損失
                                            5              1
       固定資産売却損
                                            7              3
       固定資産除却損
                                           -              534
       厚生年金基金解散損失引当金繰入額
                                           13              539
       特別損失合計
                                         4,770              5,804
      税金等調整前四半期純利益
                                         1,126              1,485
      法人税等
                                         3,643              4,318
      四半期純利益
                                           22              17
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         3,621              4,301
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/17








                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                 至 平成28年12月31日)              至 平成29年12月31日)
                                         3,643              4,318
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           201              308
       その他有価証券評価差額金
                                         3,022               481
       為替換算調整勘定
                                           36              32
       退職給付に係る調整額
                                           △ 3              1
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         3,256               823
       その他の包括利益合計
                                         6,900              5,142
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         6,885              5,113
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           14              29
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/17















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         当第1四半期連結会計期間に株式取得によりエナジティック・テクノロジー・インクを子会社化したことに伴
        い、同社を当第1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めております。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

        (厚生年金基金解散損失引当金)
         当第1四半期連結会計期間に当社が加入している全国電子情報技術産業厚生年金基金において解散認可申請を行
        う方針が決議されたため、解散に伴い発生する損失の見込額を計上しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

      ※ 四半期連結会計期間末日満期手形
        四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、当四
       半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が、四半期連結会計期
       間末日残高に含まれております。
                             前連結会計年度                当第1四半期連結会計期間
                            (平成29年9月30日)                  (平成29年12月31日)
     受取手形                               243百万円                   263百万円
     支払手形                                8                   5
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期連
       結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとお
       りであります。
                           前第1四半期連結累計期間                   当第1四半期連結累計期間
                           (自    平成28年10月1日               (自    平成29年10月1日
                            至    平成28年12月31日)                 至    平成29年12月31日)
     減価償却費                              2,178百万円                   2,347百万円
     のれんの償却額                                2                  114
        (株主資本等関係)

       Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成28年10月1日 至 平成28年12月31日)
          配当金支払額
                              1株当たり
                       配当金の総額
         (決議)       株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                               配当額
                       (百万円)
                               (円)
       平成28年12月16日
                 普通株式         2,678       17   平成28年9月30日         平成28年12月19日          利益剰余金
        定時株主総会
       Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)

          配当金支払額
                              1株当たり
                       配当金の総額
         (決議)       株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                               配当額
                       (百万円)
                               (円)
       平成29年12月22日
                 普通株式         2,678       17   平成29年9月30日         平成29年12月25日          利益剰余金
        定時株主総会
                                 12/17



                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成28年10月1日 至 平成28年12月31日)
          報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                       報告セグメント
                                       その他           調整額     損益計算書
                                             合計
                                       (注)1           (注)2      計上額
                           画像計測機
                 電子管     光半導体             計
                                                        (注)3
                             器
     売上高
      外部顧客への売上
                  11,151      14,047      3,806     29,005       975    29,981        -    29,981
      高
      セグメント間の内
                   428      187       2     618      129      748     △ 748      -
      部売上高又は振替
      高
                  11,580      14,235      3,808     29,624      1,105     30,729      △ 748    29,981
          計
                  3,638      4,071       674     8,385       68    8,453     △ 4,153      4,300
     セグメント利益
      (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、半導体レーザーに係る事業、子
           会社の㈱磐田グランドホテルが営むホテル事業及び子会社の北京浜松光子技術股份有限公司の独自製品に係
           る事業を含んでおります。
         2 セグメント利益の調整額△4,153百万円には、セグメント間取引消去△361百万円及び各報告セグメントに配
           分していない全社費用△3,792百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない
           一般管理費及び基礎的研究費であります。
         3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)

        1 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                       報告セグメント
                                       その他           調整額     損益計算書
                                             合計
                                       (注)1           (注)2      計上額
                           画像計測機
                 電子管     光半導体             計
                                                        (注)3
                             器
     売上高
      外部顧客への売上
                  12,920      16,255      4,132     33,308       974    34,282        -    34,282
      高
      セグメント間の内
                   436      232       3     671      131      802     △ 802      -
      部売上高又は振替
      高
          計        13,356      16,487      4,136     33,980      1,105     35,085      △ 802    34,282
     セグメント利益又は
                  4,522      5,366       700    10,589       △ 62    10,527     △ 4,359      6,168
     損失(△)
      (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、半導体レーザーに係る事業、子
           会社の㈱磐田グランドホテルが営むホテル事業及び子会社の北京浜松光子技術股份有限公司の独自製品に係
           る事業を含んでおります。
         2 セグメント利益の調整額△4,359百万円には、セグメント間取引消去△360百万円及び各報告セグメントに配
           分していない全社費用△3,998百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない
           一般管理費及び基礎的研究費であります。
         3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 13/17




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
        2 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (のれんの金額の重要な変動)
          電子管事業において、当第1四半期連結会計期間に株式取得によりエナジティック・テクノロジー・インクを
         子会社化したことに伴い、同社を当第1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めております。
          当該事象によるのれんの増加額は、当第1四半期連結会計期間において、4,461百万円であります。なお、のれ
         んの金額は取得原価の配分が完了していないため、暫定的に算定された金額であります。
        (企業結合等関係)

        取得による企業結合
        1 企業結合の概要
        (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
           被取得企業の名称  エナジティック・テクノロジー・インク
           事業の内容     半導体検査用光源の開発、製造及び販売
        (2)企業結合を行った主な理由
           当社の光源に、同社のレーザ励起光源及び極紫外線光源を加え、当社グループの製品ラインナップを拡充す
           ることで半導体検査装置市場からの要求に対応してまいります。また、両社が培ってきた光源開発技術を組
           み合わせることで開発速度を上げるとともに、より高付加価値な製品を開発し新たな市場を開拓してまいり
           ます。
        (3)企業結合日
           平成29年10月16日
        (4)企業結合の法的形式
           現金を対価とする株式取得
        (5)結合後企業の名称
           エナジティック・テクノロジー・インク
        (6)取得した議決権比率
           100%
        (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
           当社の連結子会社であるホトニクス・マネージメント・コーポが、現金を対価として株式を取得したことに
           よるものであります。
        2 四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間

          平成29年10月17日から平成29年12月31日まで
        3 被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

           取得の対価   現金   6,040百万円  

           取得原価         6,040
          (注)上記の金額は取得時点の概算額であり、今後の価格調整等により実際の金額は上記と異なる可能性があ
             ります。
        4 発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

        (1)発生したのれんの金額
           4,461百万円
           なお、のれんの金額は、当第1四半期連結会計期間末において取得原価の配分が完了していないため、暫定
           的に算定された金額であります。
        (2)発生原因
           取得原価が純資産額を上回ったため、その差額をのれんとして計上しております。
        (3)償却方法及び償却期間
           10年間にわたる均等償却
                                 14/17




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成28年10月1日               (自 平成29年10月1日
                                 至 平成28年12月31日)                至 平成29年12月31日)
       1株当たり四半期純利益                                23円02銭               27円40銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                 3,621               4,301

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                        3,621               4,301
       利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                157,316               156,970
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 15/17













                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     平成30年2月9日

     浜松ホトニクス株式会社

      取締役会 御中

                           新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              市 村   清          印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              相 澤 範 忠  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている浜松ホトニクス株

     式会社の平成29年10月1日から平成30年9月30日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平成
     29年12月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年10月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、浜松ホトニクス株式会社及び連結子会社の平成29年12月31日現在の財
     政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2       XBRLデータは四半期レビューの対象には含                    まれていません。
                                 17/17


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク