住石ホールディングス株式会社 四半期報告書 第10期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第10期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:住石ホールディングス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                四半期報告書

      【根拠条文】                金融商品取引法第24条の4の7第1項

      【提出先】                関東財務局長

      【提出日】                平成30年2月7日

                     第10期第3四半期(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)

      【四半期会計期間】
      【会社名】                住石ホールディングス株式会社

                     Sumiseki     Holdings,Inc.

      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                代表取締役社長  長崎 駒樹

      【本店の所在の場所】                東京都港区新橋六丁目16番12号

                     03(5733)9901

      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                取締役執行役員経理部長  髙木 賀光

      【最寄りの連絡場所】                東京都港区新橋六丁目16番12号

                     03(5733)9901

      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                取締役執行役員経理部長  髙木 賀光

      【縦覧に供する場所】                株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/19









                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第9期           第10期
               回次               第3四半期           第3四半期            第9期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成28年4月1日           自平成29年4月1日           自平成28年4月1日
              会計期間
                           至平成28年12月31日           至平成29年12月31日           至平成29年3月31日
                     (百万円)              8,093           11,659           12,548
     売上高
                     (百万円)               407          1,985            507
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)               318          1,797            323
     (当期)純利益
                     (百万円)               440          1,933            571
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             10,781           12,638           10,917
     純資産額
                     (百万円)             16,346           17,849           16,359
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)
                      (円)             5.58           32.05            5.42
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             4.83           27.53            4.90
     四半期(当期)純利益金額
                      (%)             65.6           70.4           66.4
     自己資本比率
                               第9期           第10期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成28年10月1日           自平成29年10月1日

              会計期間
                           至平成28年12月31日           至平成29年12月31日
                                   0.61           0.81
     1株当たり四半期純利益金額                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
      2【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変
     更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/19







                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、                  新たな事業等のリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した事業
      等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社、連結子会社及び持分
       法適用会社)が判断したものであります。
       (1)業績の状況
         当第3四半期連結累計期間における我が国の景気は、好調な企業収益を背景として設備投資は持ち直し、雇用・
        所得環境も改善が続いていることから総じて緩やかな回復基調で推移いたしました。
         一方、海外経済情勢も、米国経済が着実に回復し、中国をはじめとするアジア地域も持ち直しの動きがみられる
        ことから、全体的に緩やかかな回復が続くことが期待されています。
         このような事業環境のもとで、当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)は、石炭の価格の上昇や
        採石のスポット需要増等により増収を確保し、豪州の炭鉱会社からの受取配当金影響が1,450百万円増加したこと
        等により、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高11,659百万円(前年同期比44.1%増)、経常利益1,985百
        万円(前年同期比387.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益1,797百万円(前年同期比464.3%増)となり
        ました。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。
        ①石炭事業部門
         石炭価格が大幅に上昇したことにより、売上高は10,917百万円(前年同期比49.1%増)、セグメント利益は374
        百万円(前年同期比7.7%増)となりました。
        ②新素材事業部門
         主要顧客在庫調整が長期化しているため、売上高は218百万円(前年同期比18.0%減)、セグメント利益は32百万
        円(前年同期比49.0%減)となりました。
        ③ 採石事業部門
         西日本側では砂防ダム等公共工事の需要が回復し、東北方面では降雪時期が早く公共工事の砕石販売量が対前年
        の58%迄減少したものの、上期の特需が貢献したため、売上高は524百万円(前年同期比4.2%増)、セグメント利
        益は82百万円(前年同期比23.0%増)となりました。
        (注)金額には、消費税等は含まれておりません。
        (資産)
         当第3四半期連結会計期間末の総資産は、受取手形及び売掛金並びに商品及び製品が減少したものの、現金及び
        預金並びに投資有価証券等が増加したことから、前連結会計年度末に比べて1,490百万円増加して17,849百万円と
        なりました。
        (負債)
         当第3四半期連結会計期間末の負債合計は、支払手形及び買掛金並びに繰延税金負債が増加したものの、その他
        の流動負債並びに社債が減少したことから、前連結会計年度末に比べて231百万円減少して5,211百万円となりまし
        た。
        (純資産)
         当第3四半期連結会計期間末の純資産は、自己株式の取得により減少したものの、利益剰余金並びにその他有価
        証券評価差額金が増加したことから、前連結会計年度末に比べて1,721百万円増加し、12,638百万円となり、自己
        資本比率は70.4%となりました。
       (2)事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更又は新た
        に生じた課題はありません。
       (3)研究開発活動
         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、新素材事業部門において支出した1
        百万円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究活動の状況に重要な変更はありません。
                                  3/19


                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           136,032,000

       第二種優先株式                                            7,140,000

                  計                               143,172,000

        ②【発行済株式】

                                       上場金融商品取引
                               提出日現在
                 第3四半期会計期間末
                                       所名又は登録認可
          種類         現在発行数(株)                                   内容
                              発行数(株)
                                       金融商品取引業協
                 (平成29年12月31日)
                            (平成30年2月7日)
                                       会名
                                        東京証券取引所         単元株式数 100株
     普通株式               58,892,853           58,892,853
                                        (市場第一部)         (注)1
                                                 単元株式数 500株
     第二種優先株式                7,140,000           7,140,000            ―
                                                 (注)2
          計           66,032,853           66,032,853            ―           ―
     (注)1.完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。
        2.第二種優先株式の内容は次のとおりであります。
          1 優先株式配当金
           (1)第二種優先株主又は第二種優先登録株式質権者に対し、普通株主、普通登録株式質権者に先立ち、第
            二種優先株式1株につき年14円を上限として、次に定める額の剰余金の配当(以下「第二種優先株式配
            当金」という。)を支払う。第二種優先株式配当金の額は、優先株式の発行価額350円に、それぞれの事
            業年度ごとに第二種配当年率(以下に定義される。)を乗じて算出した額とする。第二種優先株式配当
            金は、円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を四捨五入する。計算の結果、各事業年度にか
            かる第二種優先株式配当金が1株につき14円を超える場合は、当該事業年度の第二種優先株式配当金は
            14円とする。
              ・  「第二種配当年率」は、下記算式により計算される年率とする。
               第二種配当年率=日本円TIBOR(6ヶ月物)(以下に定義される。)+0.5%
               第二種配当年率は、%位未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を四捨五入する。
             「日本円TIBOR(6ヶ月物)」は、各事業年度の初日(銀行休業日の場合は直前の銀行営業日)

            及びその直後の10月1日(当日が銀行休業日の場合は直前の銀行営業日)の、午前11時における日本円
            6ヶ月物トーキョー・インター・バンク・オファード・レート(日本円TIBOR)として全国銀行協
            会によって公表される数値の平均値とする。午前11時における日本円6ヶ月物トーキョー・インター・
            バンク・オファード・レート(日本円TIBOR)が上記いずれかの日において公表されない場合は、
            同日(当日が銀行休業日の場合は直前の銀行営業日)ロンドン時間午前11時にスクリーン・ページに表
            示されるロンドン銀行間市場出し手レート(ユーロ円LIBOR                              6ヶ月物(360日ベース))又はこれ
            に準ずるものと認められるものを、前記の平均値の算出において用いるものとする。
           (2)ある事業年度において第二種優先株主又は第二種優先登録株式質権者に対して支払う剰余金の配当の
            額が第二種優先株式配当金の額に達しないときは、その不足額は翌事業年度以降に累積しない。
           (3)第二種優先株主又は第二種優先登録株式質権者に対しては第二種優先株式配当金を超えて配当はしな
            い。
          2 残余財産の分配
            残余財産を分配するときは、第二種優先株主又は第二種優先登録株式質権者に対し、普通株主及び普通登
           録株式質権者に先立ち、1株につき350円を支払う。第二種優先株主又は第二種優先登録株式質権者に対し
           ては、上記に定めるほか、残余財産の分配は行わない。
                                  4/19


                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
          3 株式の分割又は併合、新株引受権等の付与
            法令に定める場合を除き、第二種優先株式について株式の併合又は分割は行わない。第二種優先株主又は
           第二種優先登録株式質権者には、新株引受権又は新株予約権もしくは新株予約権付社債の引受権を与えな
           い。
          4 株式の買受け
            普通株式、第二種優先株式のうち、いずれか一つのみ、又は全ての種類につきその全部又は一部の買受け
           を行うことができる。
          5 株式の消却
            取締役会の決議をもって、その有する普通株式、第二種優先株式のうち、いずれか一つのみ、又は全ての
           種類につきその全部又は一部の消却を行うことができる。
          6 議決権
            第二種優先株主は、法令に定める場合を除き、株主総会において議決権を有しない。
          7 取得請求権
            第二種優先株主は、下記に定める取得を請求し得べき期間中、下記に定める条件で普通株式の取得を請求
           することができる。(以下、第二種優先株式にかえて普通株式を交付することを「転換」という。)
           (1)転換の条件
            ① 当初転換価額  普通株式1株当たり300円
            ② 転換価額の調整
             (A)第二種優先株式発行後次の各号のいずれかに該当する場合には、転換価額を次に定める算式(以下
              「転換価額調整式」という。)により調整する。なお、次の算式において、「既発行普通株式数」と
              は、当社の発行済普通株式総数(但し、普通株式に係る自己株式数を除く)をいう。
                                      新規発行・処分          1株当たり
                              既発行
                                              ×
                                    +
                                      普通株式数          払込金額
                              普通株式数
                                          1株当たり時価
                調整後       調整前
                     =       ×
                転換価額       転換価額
                              既発行普通株式数         +  新規発行・処分普通株式数
              (a)下記②(C)で規定する転換価額調整式に使用する時価を下回る払込金額をもって普通株式を発行

               又は処分する場合、調整後の転換価額は、払込期日の翌日以降、又は募集のための株主割当日があ
               る場合はその日の翌日以降これを適用する。
              (b)株式の分割により普通株式を発行する場合、調整後の転換価額は、株式の分割のための株主割当
               日の翌日以降これを適用する。但し、配当可能利益から資本に組み入れられることを条件としてそ
               の部分をもって株式の分割により普通株式を発行する旨取締役会で決議する場合で、当該配当可能
               利益の資本組入の決議をする株主総会の終結の日以前の日を株式の分割のための株主割当日とする
               場合には、調整後の転換価額は、当該配当可能利益の資本組入の決議をした株主総会の終結の日の
               翌日以降、これを適用する。
              (c)転換価額調整式に使用する時価を下回る価額をもって当社の普通株式に転換できる証券、又は転
               換価額調整式に使用する時価を下回る価額をもって当社の普通株式の交付を請求できる新株予約権
               (新株予約権付社債に付されたものを含む。)を発行する場合、調整後の転換価額は、その発行日
               に、又は募集のための株主割当日がある場合はその日の終わりに、発行される証券の全額が転換又
               はすべての新株予約権が行使されたものとみなし、その発行日の翌日以降又はその割当日の翌日以
               降これを適用する。
             (B)前記②(A)に掲げる場合のほか、合併、資本の減少又は普通株式の併合等により転換価額の調整を
              必要とする場合には、取締役会が適当と判断する転換価額に調整される。
             (C)転換価額調整式に使用する1株当たりの時価は、調整後転換価額を適用する日(但し、上記②(A)
              (b)但し書きの場合には株主割当日)に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引
              所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数
              を除く。)とし、その計算は円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。
                                  5/19



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
             (D)転換価額調整式に使用する調整前転換価額は、調整後転換価額を適用する前日において有効な転換
              価額とし、また、転換価額調整式で使用する既発行普通株式数は、株主割当日がある場合はその日、
              また、株主割当日がない場合は調整後転換価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普
              通株式数とする。
             (E)転換価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入す
              る。
             (F)転換価額調整式により算出された調整後転換価額と調整前転換価額との差額が1円未満にとどまる
              ときは、転換価額の調整はこれを行わない。但し、その後転換価額の調整を必要とする事由が発生
              し、転換価額を算出する場合には、転換価額調整式中の調整前転換価額に代えて調整前転換価額から
              この差額を差引いた額を使用する。
            ③ 転換により発行すべき普通株式数
              第二種優先株式の転換により発行すべき普通株式数は、次のとおりとする。
                            優先株主が転換請求のため

               転換により発行すべき
                          =               ÷
                            に提出した第二種優先               転換価額
               普通株式数
                            株式の発行価額総額
              発行株式数の算出に当たって1株未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。

            ④ 取得請求権の行使があった場合の取扱い
              第二種優先株式の転換により発行された普通株式に対する最初の利益配当金は、取得請求権の行使が
             なされた時の属する事業年度の初めにおいて転換があったものとみなしてこれを支払う。
           (2)取得請求期間
             第二種優先株式発行の日から平成44年8月9日までとする。
          8 取得条項
           (1)  第二種優先株式の取得を請求し得べき期間の末日(以下「第二種優先株式転換基準日」という。)が
            経過した場合には、会社法第170条の規定による取得の効力発生日において、第二種優先株式の全てを取
            得し、これと引換に以下に定める転換の条件に従って算出される数の普通株式を交付する。
           (2)  第二種優先株式の取得により発行する普通株式数は、第二種優先株式1株の払込金相当額350円を第二

            種優先株式転換基準日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引所における普通株
            式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。)で除して得られ
            る数とする。但し、平均値の計算は、円単位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入す
            る。この場合当該平均値が下限転換価額(260円)を下回るときは、第二種優先株式1株の払込金相当額
            350円を当該下限転換価額で除して得られる数とし、当該平均値が上限転換価額(600円)を上回るとき
            は、第二種優先株式1株の払込金相当額350円を当該上限価額で除して得られる数とする。
           (3)  転換の条件に従って普通株式の数を算出するに当たっては、小数第3位まで算出し、その小数第3位

            を四捨五入したうえで、1株に満たない端数が生じたときは、会社法第234条に定める方法によりこれを
            取扱う。
           (取得権行使があった場合の取扱)

            第二種優先株式の取得により発行された普通株式に対する最初の利益配当金は、取得された時の属する事
           業年度の初めにおいて転換があったものとみなしてこれを支払う。
        3.会社法第322条第2項に規定する定款の定めはありません。
        4.普通株式と第二種優先株式は単元株式数が異なっております。平成20年10月1日の株式移転に際して、普通株
         式については売買単位の集約を目的とした東京証券取引所の施策に沿って住友石炭鉱業株式会社(現 住石マテ
         リアルズ株式会社)の普通株式1株に対して当社の普通株式0.2株を割当て、併せて単元株式数を500株から100
         株としたためであります。
        5.第二種優先株式は、剰余金の配当及び残余財産の分配について普通株式に優先する内容としている関係から、
         法令に定める場合を除き当社株主総会において議決権を有しておりません。
                                  6/19



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式        発行済株式         資本金             資本準備金       資本準備金
                                        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高        増減額              増減額       残高
                                        (百万円)
                   (株)       (株)       (百万円)              (百万円)       (百万円)
      平成29年10月1日~
                       -   66,032,853            -      2,501         -      301
      平成29年12月31日
       (6)【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (7)【議決権の状況】

        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
       ることができないことから、直前の基準日(平成29年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年12月31日現在
            区分              株式数(株)            議決権の数(個)               内容

                                              「1(1)②発行済株式」の記載
     無議決権株式                第二種優先株式  7,140,000                      -
                                              を参照
     議決権制限株式(自己株式等)                       -                -         -
     議決権制限株式(その他)                       -                -         -
                     (自己保有株式)                        「1(1)②発行済株式」の記載
     完全議決権株式(自己株式等)                                      -
                     普通株式     3,058,000                        を参照
                     普通株式             55,809,100
     完全議決権株式(その他)                                    558,091           同上
                     普通株式                 25,753
     単元未満株式                                      -         -
                     普通株式             58,892,853
     発行済株式総数                                      -         -
                     第二種優先株式  7,140,000
     総株主の議決権                       -             558,091            -
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年12月31日現在
                                                      発行済株式
                              自己名義        他人名義
                                            所有株式数の         総数に対する
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所          所有株式数        所有株式数
                                             合計(株)        所有株式数の
                              (株)        (株)
                                                      割合(%)
     (自己保有株式)
                   東京都港区新橋
      住石ホールディングス                        3,058,000         -        3,058,000           4.63
                   六丁目16番12号
      株式会社
          計            -        3,058,000         -        3,058,000           4.63
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/19



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平
       成29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         1,656              4,485
         現金及び預金
                                         1,578              1,113
         受取手形及び売掛金
                                         2,022              1,167
         商品及び製品
                                           95              99
         仕掛品
                                           11              11
         原材料及び貯蔵品
                                            -              0
         前渡金
                                           21              21
         繰延税金資産
                                           214               85
         その他
                                         5,599              6,983
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                                804              757
          機械装置及び運搬具(純額)                                137              181
                                         5,765              5,765
          土地
          リース資産(純額)                                 66              52
                                           54               -
          建設仮勘定
                                            6              7
          その他(純額)
                                         6,835              6,764
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           43              28
          その他
                                           43              28
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         3,740              3,946
          投資有価証券
                                           571              565
          その他
                                         △ 431             △ 439
          貸倒引当金
                                         3,880              4,073
          投資その他の資産合計
                                         10,758              10,865
         固定資産合計
       繰延資産
                                            1              0
         社債発行費
                                            1              0
         繰延資産合計
                                         16,359              17,849
       資産合計
                                  9/19








                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                           266              275
         支払手形及び買掛金
                                           450              450
         短期借入金
                                           240              120
         1年内償還予定の社債
                                           95              48
         未払法人税等
                                           26               6
         引当金
                                           388              254
         その他
                                         1,466              1,155
         流動負債合計
       固定負債
                                         2,000              2,000
         長期借入金
                                           431              503
         繰延税金負債
                                           286              286
         再評価に係る繰延税金負債
                                           149              153
         退職給付に係る負債
                                           76              82
         長期預り金
         資産除去債務                                  23              23
                                           400              400
         訴訟損失引当金
                                           532              546
         環境対策引当金
                                           74              59
         その他
         固定負債合計                                 3,975              4,055
                                         5,442              5,211
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         2,501              2,501
         資本金
                                           967              967
         資本剰余金
                                         7,103              8,773
         利益剰余金
                                         △ 233             △ 332
         自己株式
                                         10,339              11,909
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           813              949
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 293             △ 293
         土地再評価差額金
                                           520              656
         その他の包括利益累計額合計
                                           56              72
       新株予約権
                                         10,917              12,638
       純資産合計
                                         16,359              17,849
      負債純資産合計
                                 10/19








                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
      売上高                                    8,093              11,659
                                         6,945              10,514
      売上原価
                                         1,148              1,145
      売上総利益
                                         1,053               996
      販売費及び一般管理費
                                           95              149
      営業利益
      営業外収益
                                            8              11
       受取利息
                                           422             1,876
       受取配当金
                                            -              17
       持分法による投資利益
                                           39              40
       固定資産賃貸料
                                            5              9
       その他
                                           476             1,956
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           32              31
       支払利息
       持分法による投資損失                                    23               -
                                           107               88
       その他
                                           164              119
       営業外費用合計
                                           407             1,985
      経常利益
      特別利益
                                           10               5
       固定資産売却益
                                           19               -
       関係会社株式売却益
                                           30               5
       特別利益合計
      特別損失
                                           23              11
       固定資産除売却損
                                            3              11
       環境対策費
                                            5              1
       その他
                                           32              24
       特別損失合計
                                           405             1,966
      税金等調整前四半期純利益
                                           86              168
      法人税、住民税及び事業税
                                           △ 0             △ 0
      法人税等調整額
                                           86              168
      法人税等合計
                                           318             1,797
      四半期純利益
                                           318             1,797
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/19








                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                           318             1,797
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           121              135
       その他有価証券評価差額金
                                           121              135
       その他の包括利益合計
                                           440             1,933
      四半期包括利益
      (内訳)
                                           440             1,933
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      (1)連結の範囲の重要な変更
        該当事項はありません。
      (2)持分法適用の範囲の重要な変更

        該当事項はありません。
        (四半期連結貸借対照表関係)

      1 保証債務
         連結会社以外の会社等の金融機関からの借入金等に対し、保証を行っております。
                 前連結会計年度                       当第3四半期連結会計期間

                (平成29年3月31日)                         (平成29年12月31日)
         個人住宅ローン              226百万円           個人住宅ローン              202百万円
        (四半期連結損益計算書関係)

         該当事項はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりでありま
        す。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成28年12月31日)                 至 平成29年12月31日)
         減価償却費                           70百万円                102百万円
                                 13/19












                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
        Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)
        1.配当金支払額
                              1株当たり
                       配当金の総額
       (決議)        株式の種類                配当額       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)
                               (円)
                普通株式           115      2  平成28年3月31日         平成28年6月8日          利益剰余金
     平成28年5月13日
       取締役会
              第二種優先株式             21      3  平成28年3月31日         平成28年6月8日          利益剰余金
        2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

         末日後となるもの
         該当事項はありません。
        3.株主資本の著しい変動
          当社は、平成28年5月13日開催の取締役会決議に基づき、自己株式の取得を行いました。この取得や単元未
         満株式の買取りにより自己株式は、当第3四半期連結累計期間に、89百万円増加し、当第3四半期連結会計期
         間末において233百万円となりました。
        Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)

        1.配当金支払額
                              1株当たり
                       配当金の総額
       (決議)        株式の種類                配当額       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)
                               (円)
                普通株式           113      2  平成29年3月31日         平成29年6月8日          利益剰余金
     平成29年5月15日
       取締役会
              第二種優先株式             14      2  平成29年3月31日         平成29年6月8日          利益剰余金
        2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

         末日後となるもの
         該当事項はありません。
        3.株主資本の著しい変動
          当社は、平成29年5月15日開催の取締役会決議に基づき、自己株式の取得を行いました。この取得や単元未
         満株式の買取りにより自己株式は、当第3四半期連結累計期間に、99百万円増加し、当第3四半期連結会計期
         間末において332百万円となりました。
                                 14/19









                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
        Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成28年4月1日 至平成28年12月31日)
         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

                                             (単位:百万円)
                                  報告セグメント
                                                 合計
                              石炭      新素材       採石
                             事業部門      事業部門      事業部門
            売上高
                               7,324       266      503     8,093
             外部顧客への売上高
             セグメント間の内部売上高又は
                                 -      -      -      -
             振替高
                               7,324       266      503     8,093
                   計
            セグメント利益                     347       63      67      478
         2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

          内容(差異調整に関する事項)
                                       (単位:百万円)
                    利益                  金額
            報告セグメント計                                  478
            セグメント間取引消去                                   -
            受取配当金                                  422
            全社費用(注)                                 △493
            四半期連結損益計算書の経常利益                                  407
           (注)全社費用等は、主に報告セグメントに帰属しない管理部門及び全社資産に係る費用であります。
         3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           該当事項はありません。
                                 15/19









                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
        Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成29年4月1日 至平成29年12月31日)
         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

                                             (単位:百万円)
                                  報告セグメント
                                                 合計
                              石炭      新素材       採石
                             事業部門      事業部門      事業部門
            売上高
             外部顧客への売上高                  10,917        218      524     11,659
             セグメント間の内部売上高又は
                                 -      -      -      -
             振替高
                               10,917        218      524     11,659
                   計
                                374       32      82      489
            セグメント利益
         2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

          内容(差異調整に関する事項)
                                       (単位:百万円)
                    利益                  金額
            報告セグメント計                                  489
            セグメント間取引消去                                   -
            受取配当金                                 1,876
            全社費用(注)                                 △380
            四半期連結損益計算書の経常利益                                 1,985
           (注)全社費用等は、主に報告セグメントに帰属しない管理部門及び全社資産に係る費用であります。
         3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           該当事項はありません。
        (金融商品関係)

         四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
        (有価証券関係)

         四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
        (デリバティブ取引関係)

         四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
        (企業結合等関係)

         該当事項はありません。
                                 16/19






                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                  5円58銭               32円05銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                         318              1,797
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         318              1,797
       四半期純利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                57,089               56,081
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                  4円83銭               27円53銭

      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (百万円)
       普通株式増加数(千株)                                 8,884               9,219
        (うち優先株式)                                (8,330)               (8,330)

        (うち新株予約権)                                 (554)               (889)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                     -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        1.訴訟
         当社、当社子会社住石マテリアルズ株式会社(以下「住石マテリアルズ」といいます。)及び同住石貿易株式会
        社は、じん肺に罹患しているとする患者らから平成26年12月に損害賠償請求訴訟を提起されました。
         その後、6次にわたり訴訟の提起があり、原告数128名(患者単位)、損害賠償請求総額1,839百万円となりまし
        た。
         訴訟提起に至った経緯は平成23年8月、北海道地区において住友石炭鉱業株式会社(現住石マテリアルズ)及び
        その子会社であった住友石炭赤平炭砿株式会社等が経営していた炭鉱等の元従業員等が、訴訟外でじん肺罹患によ
        る損害賠償を求めてきたのを皮切りに、その後数次にわたり請求の追加があり、元従業員等の代理人と協議を重ね
        てきましたが、合意成立に至らず、本件訴訟を提起されるに至ったものであります。
         今後は、訴訟を通じて原告の主張を精査し、当社の主張を行っていく所存であります。
                                 17/19






                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 18/19




















                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年2月7日

     住石ホールディングス株式会社

      取締役会 御中

                              三優監査法人

                             指定社員

                                      公認会計士        杉田     純      ㊞
                             業務執行社員
                             指定社員

                                      公認会計士        山本 公太  ㊞
                             業務執行社員
                             指定社員

                                      公認会計士        原田 知幸  ㊞
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている住石ホールディ

     ングス株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年10月
     1日から平成29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四
     半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記につ
     いて四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、住石ホールディングス株式会社及び連結子会社の平成29年12月31日現
     在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
     すべての重要な点において認められなかった。
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 19/19






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。