KDDI株式会社 四半期報告書 第34期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第34期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:KDDI株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018年2月5日
      【四半期会計期間】                    第34期第3四半期(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
      【会社名】                    KDDI株式会社
      【英訳名】                    KDDI   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  田中 孝司
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目3番2号
                          (同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
                           行っております。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。
      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区飯田橋三丁目10番10号
      【電話番号】                    (03)6678-0712
      【事務連絡者氏名】                    コーポレート統括本部 経営管理本部長  本田 弘樹
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/40












                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第33期           第34期
               回次               第3四半期           第3四半期            第33期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自2016年4月1日           自2017年4月1日           自2016年4月1日
              会計期間
                            至2016年12月31日           至2017年12月31日           至2017年3月31日
                                 3,522,219           3,760,072           4,748,259
     売上高
                     (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                           ( 1,220,638     )      ( 1,344,003     )
                     (百万円)             766,293           810,539           895,897
     税引前四半期(当期)利益
     親会社の所有者に帰属する
                                  471,398           490,558           546,658
     四半期(当期)利益                (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 145,250    )       ( 161,114    )
     親会社の所有者に帰属する
                     (百万円)             456,197           510,499           527,581
     四半期(当期)包括利益
                     (百万円)            3,482,762           3,745,109           3,554,423
     親会社の所有者に帰属する持分
                     (百万円)            6,100,890           6,402,144           6,263,826

     総資産額
     基本的1株当たり
                                  190.92           201.38           221.65
     四半期(当期)利益                 (円)
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 59.10   )        ( 66.46   )
     希薄化後1株当たり
                      (円)            190.89           201.33           221.60
     四半期(当期)利益
                      (%)             57.1           58.5           56.7
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動による
                                  880,576           760,159          1,161,074
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                 △ 385,221          △ 404,140          △ 637,225
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                 △ 417,438          △ 401,399          △ 485,784
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                  264,369           181,722           226,607
                     (百万円)
     四半期末(期末)残高
      (注)1.上記指標は国際財務報告基準(IFRS)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいて
           おります。
         2.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
      2【事業の内容】

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の
        内容について、重要な変更はありません。
         また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/40





                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有
        価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

         当社は、2017年11月1日開催の取締役会において、株式会社イーオンホールディングスの全株
        式を同社株主から取得することを決議し、2017年11月22日付で株式譲渡契約を締結しました。
         詳細は、「第4 経理の状況 1.要約四半期連結財務諸表 要約四半期連結財務諸表注記
        9.後発事象」に記載しております。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当第3四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当
        社及び当社の関係会社)が判断したものであります。
      (1)業績の状況

       ①  業績等の概要
       ■業界動向と当社の状況
        日本の情報通信市場は、通信事業者が提供するサービス等の同質化やMVNO各社による格安SIMサー
       ビス等の普及が進み、通信事業者は新たな収益の確保に向けて通信以外のサービスへ事業領域を拡
       大しており、各社の事業戦略は異業種との競争も見据えた大きな転換期にあります。さらに、IoTや
       人工知能(AI)等のテクノロジーの発展もあり、情報通信市場の事業環境は新たな局面を迎えてい
       ます。
        このような状況の下、当社は、お客さまにお選びいただける企業となるため、「お客さま視点」

       と「革新」をキーワードに、お客さまの期待を超える「お客さま体験価値を提供するビジネスへの
       変革」を加速しています。
        国内では、通信領域においてスマートフォン・タブレットの普及やIoTに対する取り組みの強化、
       様々なデバイスの連携による新たな体験価値の創造等への取り組みを本格的に推進し、「au通信
       ARPA(Average        Revenue     Per  Account)」と「付加価値ARPA」の拡大を図り、「auのお客さま数×総
       合ARPA」を最大化していきます。合わせて、UQコミュニケーションズ株式会社、株式会社ジュピ
       ターテレコム、ビッグローブ株式会社においてMVNO事業を推進しており、au契約者数とMVNO契約者
       数を合算した「モバイルID数」の拡大を図っていきます。
        当期は、昨年7月に、お客さまによりご満足いただけるよう、データ通信のご利用方法に応じた
       料金プラン「auピタットプラン」「auフラットプラン」の提供を開始しました。多くのお客さまに
       ご好評をいただき、本年1月には500万契約を突破しました。さらに、昨年8月には、IoT領域にお
       けるリーディングカンパニーである株式会社ソラコムを連結子会社化しました。これまで培った
       IoT/M2Mにおける知見や顧客基盤を活用し、新たなIoTビジネスを創出していきます。また、次世代
       移動通信システム「5G」については、昨年10月に、東日本旅客鉄道株式会社と共同で「5G」を用い
       た走行列車での8K/4K映像伝送実験を実施し、世界で初めて                                 成功しました。2020年のサービス化
                                        ;
       を目指して、幅広いパートナー企業と連携し、技術検証の加速と5Gを活用した新たなサービスの創
       出を推進していきます。
        非通信領域においては、成長軸を確立するために、ライフデザイン企業への変革を目指していま
       す。従来の通信サービスに加え、エネルギー・コマース・金融・決済・コンテンツ等を「ライフデ
       ザイン」として総合的に提供することで、auのお客さま基盤上に非通信領域での新たな経済圏であ
       る「au経済圏」を最大化していきます。本年1月22日には、外国語教育のリーディングカンパニー
       である株式会社イーオンホールディングス(以下「イーオンHD」)を連結子会社化しました。当社
       が培ってきたICTに加え、イーオンHDが育成・蓄積してきた指導経験豊富な教師・オリジナル教
       材・留学サービスを組み合わせ、お客さまに新たな価値・サービスの提供を目指していきます。
        海外では、新興国における通信事業として、連結子会社のKDDI                                     Summit    Global    Myanmar     Co.,
       Ltd.がミャンマー国営郵便・電気通信事業体(MPT)と共同で行っているミャンマー通信事業がグ
       ローバル事業の柱となるように注力していきます。また、モンゴル国内携帯電話契約者シェアNO.1
                                  3/40


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       の総合通信事業者MobiCom               Corporation       LLCにおいては、LTEサービス導入を契機に、さらなる成長
       を目指しています。これら新興国での事業に加え、欧州中心のデータセンターをはじめとした法人
       向 けICTビジネスにおいても、継続して基盤強化を行い、グローバル事業の拡大を図っています。
         ※昨年12月1日時点。サムスン電子調べ。

                                  4/40



















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       ■ 連結業績
                                                   (単位:百万円)

      第3四半期連結累計期間
                             前第3四半期
                                      当第3四半期
                             連結累計期間
                                      連結累計期間
                                                       増減率
                                               比較増減
                             自 2016年4月1日
                                      自 2017年4月1日
                                                       (%)
                             至 2016年12月31日
                                      至 2017年12月31日
                              3,522,219         3,760,072        237,853         6.8
        売         上         高
                              1,913,810         2,040,879        127,069         6.6
        売      上      原      価
                              1,608,410         1,719,194        110,784         6.9
       売     上     総     利     益
                                838,540         917,029       78,488        9.4
        販  売  費  及  び  一  般  管  理  費
        その他の損益(△損失)                         3,107         7,658       4,551       146.5
                                 2,760         3,948       1,188       43.0
        持  分  法  に  よ  る  投  資  利  益
                                775,737         813,771       38,034        4.9
       営      業      利      益
        金  融  損  益  (△   損  失  )       △7,013         △3,459        3,555        -
                                △2,431            226     2,657        -
        そ  の  他  の  営  業  外  損  益
                                766,293         810,539       44,246        5.8
       税   引   前   四   半   期   利   益
                                215,041         250,257       35,216        16.4
        法   人   所   得   税   費   用
                                551,252         560,282        9,030        1.6
       四     半     期     利     益
                                471,398         490,558       19,160        4.1
        親   会   社   の   所   有   者
                                          69,724
                                79,854               △10,130        △12.7
        非    支    配    持    分
       当第3四半期連結累計期間の売上高は、モバイル通信料収入の増加に加え、「au経済圏」の最大

      化に向けたエネルギー事業、コマース事業、決済事業などのライフデザイン事業の拡大による収入
      の増加や、ミャンマー通信事業の収入の増加等により、                              3,760,072     百万円(前年同期比            6.8  %増)と
      なりました。
       営業利益は、コマース事業、決済事業における費用や、マーケティングコスト等が増加したもの
      の、売上高の増加により、              813,771    百万円(同       4.9  %増)となりました。
       親会社の所有者に帰属する四半期利益は、営業利益の増加等により、                                       490,558    百万円(同       4.1  %
      増)となりました。
                                  5/40









                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
      ②  セグメント別の状況
       パーソナルセグメント

        パーソナルセグメントでは、国内における個人のお客さまを対象に、主に「au」ブランドによる

       モバイル通信サービスの提供、様々な種類のスマートフォン・タブレット等マルチデバイスの販売
       に加え、固定通信サービスとして、インターネット、電話、TVサービスが快適にご利用いただける
       「auひかり」ブランドのFTTHサービスや、CATVサービス等を提供しています。また、当社グループ
       が提供するマルチネットワークにWi-Fiを有機的に組み合わせることで、高品質な社会インフラを効
       率的に作り上げ、シームレスな通信環境を提供しています。
        当期は、通信領域において、auケータイ・スマートフォン等と固定通信サービスのセット割サー
       ビス「auスマートバリュー」の拡販に加え、連結子会社であるUQコミュニケーションズ株式会社、
       株式会社ジュピターテレコム、ビッグローブ株式会社によるMVNO事業の推進により、au契約者数と
       MVNO契約者数を合算した「モバイルID数」の拡大に努めています。また、auをご利用のお客さまに
       様々な特典を提供する「三太郎の日」や、新料金プラン「auピタットプラン」「auフラットプラ
       ン」及び両プランのお客さま向けの端末購入新プログラム「アップグレードプログラムEX」の開
       始、お客さまの豊かなライフスタイルをIoTでサポートする「au                                   HOME」の提供等、お客さま体験価
       値向上に取り組んでいます。
        非通信領域においては、「ライフデザイン企業」への変革を目指し、お客さまとauをつなぐ最大
       のタッチポイントであるauショップを活用した物販サービス「au                                    WALLET    Market」の推進等、「au
       経済圏」の最大化に取り組んでいます。また、本年1月22日には、外国語教育のリーディングカン
       パニーであるイーオンHDを連結子会社化しました。今後、教育市場においてもICTを活用したサービ
       スを提供していきます。
        パーソナルセグメントにおける、当第3四半期の業績概要等は以下のとおりです。
       ■ 業 績

                                                  (単位:百万円)
       第3四半期連結累計期間
                       前第3四半期
                                 当第3四半期
                                                     増減率
                       連結累計期間
                                 連結累計期間
                                           比較増減
                       自 2016年4月1日
                                 自 2017年4月1日
                                                     (%)
                       至 2016年12月31日
                                 至 2017年12月31日
                         2,704,909          2,915,565          210,656           7.8
        売      上      高
                                    625,883
                          606,867                   19,016          3.1
        営    業    利    益
        当第3四半期連結累計期間の売上高は、モバイル通信料収入及びエネルギー事業収入等の増加に

       より、2,915,565百万円(前年同期比                    7.8%増)となりました。
        営業利益は、エネルギー事業における電力小売販売原価や顧客獲得増加に伴う                                          マーケティングコ
       スト  等が増加したものの、売上高の増加により、625,883百万円(同                                   3.1%増)となりました。
                                  6/40







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       バリューセグメント
        バリューセグメントでは、「ライフデザイン企業」への変革を目指し、「au経済圏」の最大化と

       新規事業領域でのビジネス拡大に向け、コマース・金融・決済・コンテンツ等の付加価値サービス
       を提供し、様々な取り組みを推進しています。
        当期は、引き続き「auスマートパスプレミアム」及びコマース事業・決済事業の強化により、付
       加価値ARPA、流通総額の拡大に努めています。「auスマートパスプレミアム」は、「三太郎の日」
       における会員限定特典の提供等により順調に会員数を拡大し、昨年12月には300万会員を突破しまし
       た。コマース事業では、「Wowma!」の出品商品数の拡大に向け、店舗運営の効率を高める新管理シ
       ステム「Wow!        manager」や「新検索広告」の提供を開始する等、出店店舗さま向けのサポート強化
       の取り組みを進めています。また、一層のビジネス拡大に向け、中国向け越境EC事業を展開する
       Inagora株式会社との資本・業務提携を行いました。決済事業では、「au                                        WALLETカード」の発行枚
       数が順調に増加し、昨年12月8日には「au                        WALLETクレジットカード」の有効会員数が300万人を突
       破しました。また、昨年11月9日には「Amazonプライム」や「Prime                                     Student」の会費の支払方法に
       「auかんたん決済」を導入する等、流通総額の拡大に向けた取り組みを進めています。
        バリューセグメントにおける、当第3四半期の業績概要等は以下のとおりです。
       ■ 業 績

                                                  (単位:百万円)
       第3四半期連結累計期間
                       前第3四半期
                                 当第3四半期
                       連結累計期間                              増減率
                                 連結累計期間
                                           比較増減
                       自 2016年4月1日
                                 自 2017年4月1日
                                                     (%)
                       至 2016年12月31日
                                 至 2017年12月31日
                          329,804          387,400         57,596          17.5
        売      上      高
                                     82,029
                           80,597                   1,432          1.8
        営    業    利    益
        当第3四半期連結累計期間の売上高は、「auスマートパス・auスマートパスプレミアム」の収入

       の増加に加え、コマース事業の収入の増加や、「au                            WALLET    プリペイド・クレジットカード」など
       の決済事業の収入等の増加により、                   387,400    百万円(前年同期比           17.5  %増)となりました。
        営業利益は、コマース事業や決済事業等の費用が増加したものの、売上高の増加により、                                                82,029
       百万円(同       1.8  %増)となりました。
                                  7/40










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       ビジネスセグメント
        ビジネスセグメントでは、大企業から中小企業まで幅広い法人のお客さまを対象に、スマート

       フォン・タブレット等のモバイル端末の提供や、ネットワーク・アプリケーション・クラウド型
       サービス等の多様なソリューションを提供しています。また、中小企業のお客さまについては、連
       結子会社のKDDIまとめてオフィスグループによる地域に密着したサポート体制を全国規模で構築し
       ています。
        当期は、日本を含む37の国と地域において、Software                               Defined(SD)技術            を活用した「KDDI
                                                 㬀
       SD-Network       Platform」の提供を昨年10月に発表しました。法人のお客さまの様々な変化に対応する
       企業ネットワークのソリューションで、新たな回線を敷設することなく、ネットワークの柔軟な制
       御と可視化、インターネットも活用した通信経路の最適化を実現します。また、昨年11月には、新
       たなIoT通信「KDDI           IoT通信サービス          LPWA    (LTE-M)」、セルラーLPWA対応の超小型LTE-M通信モ
                               㬀
       ジュール「KYW01」、IoTデバイスと通信モジュールを遠隔で管理する「KDDI                                          IoTクラウド       デバイス
       管理」の提供を発表しました。お客さまのニーズに最適なIoTソリューションを提供すべく、低消費
       電力・広域で廉価なIoT通信を実現します。
        さらに、当社と株式会社野村総合研究所は、昨年12月15日にデジタル変革を支援する合弁会社
       「KDDIデジタルデザイン株式会社」を設立しました。双方の持つ強みを活かし、お客さまのデジタ
       ルによる変革を戦略立案から、事業化検証、システム構築、運用まで一貫してご支援します。
        今後も、法人のお客さまのビジネスの発展・拡大に一層貢献し、お客さまから真の事業パート
       ナーとしてお選びいただけることを目指して、事業の変革に取り組んでいきます。
        ビジネスセグメントにおける、当第3四半期の業績概要等は以下のとおりです。
         ※1  Software     Defined技術は、ソフトウエアを用いた仮想化・抽象化技術の総称です。

         ※2「Low    Power   Wide   Area」の略。少ない電力で広いエリアをカバーする無線通信技術の総称です。
       ■ 業 績

                                                  ( 単位:百万円)
       第3四半期連結累計期間
                       前第3四半期
                                 当第3四半期
                                                     増減率
                       連結累計期間
                                 連結累計期間
                                           比較増減
                       自 2016年4月1日
                                 自 2017年4月1日
                                                     (%)
                       至 2016年12月31日
                                 至 2017年12月31日
                          519,675          543,622         23,947          4.6
        売      上      高
                                     72,073
                           64,274                   7,799         12.1
        営    業    利    益
        当第3四半期連結累計期間の売上高は、通信料収入が減少しているものの、ソリューション収入

       や端末販売収入等の増加により、                  543,622    百万円(前年同期比           4.6%増)となりました。
        営業利益は、端末販売原価や通信設備使用料等が増加したものの、売上高の増加により、                                                72,073
       百万円(同       12.1  %増)となりました。
                                  8/40







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       グローバルセグメント
        グローバルセグメントでは、ミャンマーをはじめとする海外のコンシューマビジネスに積極的に

       取り組むとともに、法人のお客さまに対しては、接続性の高いデータセンター「TELEHOUSE」を核と
       したICTソリューションをワンストップで提供しています。さらに、世界600以上の通信事業者との
       間で音声及びデータビジネスを展開しています。
        当期は、コンシューマビジネスにおいて、サービス向上に向けたエリア拡大や高速化等の積極的
       な設備投資を行っており、ミャンマーのモバイル通信事業の人口カバー率は昨年12月末で98%に達
       し、また、昨年5月にミャンマーの主要3都市で開始した1.8GHz帯のLTEサービスは12月末までに32
       都市に拡大しました。
        また、モンゴル通信事業においては、昨年11月にモンゴル国で初めてキャリアアグリゲーショ
       ン   技術を導入し、これまでの2倍となる受信最大225Mbps                               の高速データ通信サービスの提供を
         㬀                               㬀
       首都ウランバートル及び同国第二の都市であるエルデネットにおいて開始しました。
        グローバルセグメントにおける、当第3四半期の業績概要等は以下のとおりです。
        ※1  複数の周波数帯域を同時に使い、束ねてデータ通信を行うことで、受信時の最大通信速度を引き上げます。伝

          搬環境が異なる複数の周波数帯域を用いることによる通信品質の向上、複数の周波数帯域へのより効率的な負
          荷分散ができるというメリットがあります。
        ※2  ベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではあり
          ません。エリア内であってもお客さまのご利用環境、回線の状況等により通信速度が低下する場合がありま
          す。
       ■ 業 績

                                                  (単位:百万円)
       第3四半期連結累計期間
                       前第3四半期
                                 当第3四半期
                                                     増減率
                       連結累計期間
                                 連結累計期間
                                           比較増減
                       自 2016年4月1日
                                 自 2017年4月1日
                                                     (%)
                       至 2016年12月31日
                                 至 2017年12月31日
                          203,878          191,721        △12,157          △6.0
        売      上      高
                                     25,108
                           20,505                   4,603         22.4
        営    業    利    益
        当第3四半期連結累計期間の売上高は、ミャンマー通信事業の収入の増加や、「TELEHOUSE」の

       データセンター事業収入の増加があったものの、前年度に実施した採算性の低い事業の整理による
       収入減少等により、           191,721    百万円(前年同期比           6.0  %減)となりました。
        営業利益は、主にミャンマー通信事業やデータセンター事業による利益創出により、                                              25,108    百万
       円(同    22.4  %増)となりました。
        *「  (1)業績の状況        」に記載している        社名及び商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

                                  9/40






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        (2)財政状態及びキャッシュ・フローの状況
       ①  財政状態
                                                   (単位:百万円)

                                      当第3四半期
                                                       増減率
                           前連結会計年度                    比較増減
                                      連結会計期間
                                                       (%)
                            2017年3月31日          2017年12月31日
                              4,297,800         4,311,710         13,910         0.3
          非   流   動   資   産
                              1,966,025         2,090,434         124,408         6.3
          流     動     資     産
                              6,263,826         6,402,144         138,318         2.2
        資     産     合     計
                              1,333,201         1,010,654        △322,547         △24.2
          非   流   動   負   債
                              1,081,491         1,309,978         228,487         21.1
          流     動     負     債
                              2,414,692         2,320,632        △94,060         △3.9
        負     債     合     計
                                       4,081,511
                              3,849,133                  232,378         6.0
        資     本     合     計
      (資産)

        資産は、現金及び現金同等物、繰延税金資産が減少したものの、営業債権及びその他の債権、
       その他の長期金融資産等が増加したことにより、前連結会計年度末と比較し、                                          138,318    百万円増
       加し、    6,402,144     百万円となりました。
       (負債)

        負債は、借入金及び社債が増加したものの、その他の長期金融負債、未払法人所得税等が減少
       したことにより、前連結会計年度末と比較し、94,060百万円減少し、2,320,632百万円となりま
       した。
      (資本)
        資本は、利益剰余金の増加等により、                    4,081,511     百万円となりました。
        以上の結果、親会社所有者帰属持分比率は、前連結会計年度末の56.7%から58.5%に上昇しまし
       た。
                                 10/40










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       ②  キャッシュ・フローの状況
                                                  (単位:百万円)
                                前第3四半期
                                         当第3四半期
                                連結累計期間
                                         連結累計期間
                                                    比較増減
                                自 2016年4月1日
                                         自 2017年4月1日
                                至 2016年12月31日
                                         至 2017年12月31日
                                   880,576         760,159         △120,417
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                  △385,221         △404,140           △18,919
       投資活動によるキャッシュ・フロー
       フリー・キャッシュ・フロー                  ※          495,355         356,019         △139,336
                                  △417,438         △401,399            16,039
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                   △5,635            495         6,130
       現金及び現金同等物に係る換算差額
       現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                            72,282        △44,885         △117,167
                                   192,087         226,607           34,520
       現金及び現金同等物の期首残高
                                            181,722
                                   264,369                   △82,647
       現金及び現金同等物の期末残高
        ※ フリー・キャッシュ・フローは「営業活動によるキャッシュ・フロー」と「投資活動によるキャッシュ・
         フロー」の合計であります。
        営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前四半期利益810,539百万円、減価償却費及び償

       却費411,266百万円、法人所得税の支払額286,341百万円、営業債権及びその他の債権の増加
       142,024百万円等により760,159百万円の収入となりました。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出256,762百万円、無形
       資産の取得による支出129,278百万円等により404,140百万円の支出となりました。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払額218,878百万円、自己株式の取得によ
       る支出100,000百万円、社債発行及び長期借入による収入95,000百万円、負債性金融商品の取得
       による支出95,000百万円等により、401,399百万円の支出となりました。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計
       年度末と比較し、44,885百万円減少し、181,722百万円となりました。
      (3)対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はあ
        りません。
      (4)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間における研究開発費の総額は、10,420百万円であります。
        なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動に重要な変更はありま
        せん。
                                 11/40







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                4,200,000,000

                  計                              4,200,000,000

        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      現在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (2018年2月5日)
               (2017年12月31日)                         取引業協会名
                                          東京証券取引所            単元株式数

       普通株式           2,587,213,525             2,587,213,525
                                          (市場第一部)             100株
         計         2,587,213,525             2,587,213,525               -           -

       (2)【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式
                        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日                総数残高                       増減額        残高
                総数増減数
                               (百万円)        (百万円)
                         (株)                      (百万円)        (百万円)
                 (株)
     2017年10月1日~
                  -     2,587,213,525          -        141,852       -        305,676
     2017年12月31日
       (6)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 12/40








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(2017年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】
                                                   2017年9月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

      議決権制限株式(その他)                         -            -            -

                         (自己保有株)
      完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式                 -            -
                             162,857,200
                          普通株式
      完全議決権株式(その他)                                    24,243,158             -
                            2,424,315,800
                          普通株式
      単元未満株式                                    -            -
                                40,525
      発行済株式総数                      2,587,213,525              -            -
      総株主の議決権                         -           24,243,158             -

     (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が118,200株含まれております。また、
         「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1,182個が含まれております。
        2.「完全議決権株式(自己株式等)」には、役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社
          株式を含めて表示しております。
        ②【自己株式等】

                                                   2017年9月30日現在
                                                     発行済株式総数

                              自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                に対する所有株
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                     式数の割合(%)
     (自己保有株式)             東京都新宿区西新宿
                               161,183,500         1,673,700       162,857,200         6.29
     KDDI株式会社(注)             二丁目3番2号
           計            -        161,183,500         1,673,700       162,857,200         6.29
     (注)1.株主名簿上は当社名義となっているものの、実質的に所有していない株式が1,200株(議決権12個)あります。
         なお、当該株式数は上記①「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式に含めております。
        2.他人名義で保有している理由等
        ・役員に対する株式報酬制度「役員報酬BIP信託」の信託財産として、日本マスタートラスト信託銀行株式会社
         (役員報酬BIP信託口・75842口、東京都港区浜松町二丁目11番3号)が保有しております。
        ・管理職に対するインセンティブ・プラン「株式付与ESOP信託」の信託財産として、日本マスタートラスト信
         託銀行株式会社(株式付与ESOP信託口・75841口、東京都港区浜松町二丁目11番3号)が保有しております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 13/40





                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
       (1)当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年
        内閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
       (2)本報告書の要約四半期連結財務諸表の金額の表示は、百万円未満を四捨五入して記載しております。

      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2017年10月1日から
        2017年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年12月31日まで)に係る要約四半期
        連結財務諸表について、           PwC京都監査法人         による四半期レビューを受けております。
                                 14/40
















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                    前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間

                                   (2017年3月31日)              (2017年12月31日)
                              注記
     資産

      非流動資産:
       有形固定資産                                  2,428,445              2,423,645
       のれん                                   477,873              491,299
       無形資産                                   922,478              912,412
       持分法で会計処理されている投資                                   92,371              94,326
                               5
       その他の長期金融資産                                   183,081              236,416
       繰延税金資産                                   124,467               89,152
                                           69,085              64,460
       その他の非流動資産
       非流動資産合計                                  4,297,800              4,311,710
      流動資産:

       棚卸資産                                   77,656              105,152
                               5
       営業債権及びその他の債権                                  1,518,070              1,624,471
                               5
       その他の短期金融資産                                   16,968              23,743
       未収法人所得税                                   10,715               3,446
       その他の流動資産                                   116,009              151,900
                                          226,607              181,722
       現金及び現金同等物                       5
       流動資産合計                                  1,966,025              2,090,434
                                         6,263,826              6,402,144
      資産合計
                                 15/40












                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間

                                   (2017年3月31日)              (2017年12月31日)
                              注記
     負債及び資本

     負債
      非流動負債:
       借入金及び社債                       5           909,673              704,291
       その他の長期金融負債                       5           176,794               68,901
       退職給付に係る負債                                   21,800              20,182
       繰延税金負債                                   75,919              78,343
       引当金                                    7,725              7,659
                                          141,290              131,279
       その他の非流動負債
       非流動負債合計                                  1,333,201              1,010,654
      流動負債:

       借入金及び社債                       5            57,805              325,685
       営業債務及びその他の債務                       5           537,830              579,307
       その他の短期金融負債                       5            24,373              24,351
       未払法人所得税                                   153,950               80,762
       引当金                                   26,887              30,001
                                          280,646              269,872
       その他の流動負債
       流動負債合計                                  1,081,491              1,309,978
      負債合計                                   2,414,692              2,320,632
     資本

      親会社の所有者に帰属する持分
       資本金                                   141,852              141,852
       資本剰余金                                   298,046              288,810
       自己株式                                  △237,014              △288,255
       利益剰余金                                  3,354,140              3,585,574
                                          △2,601               17,127
       その他の包括利益累計額
      親会社の所有者に帰属する持分合計
                                         3,554,423              3,745,109
                                          294,710              336,403
      非支配持分
      資本合計                                   3,849,133              4,081,511
                                         6,263,826              6,402,144
      負債及び資本合計
        後述の注記1~10は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                 16/40







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                  (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                              注記
                                   至 2016年12月31日)                至 2017年12月31日)
     売上高
                                         3,522,219              3,760,072
                                         1,913,810              2,040,879
     売上原価
     売上総利益                                    1,608,410              1,719,194
     販売費及び一般管理費
                                          838,540              917,029
     その他の収益                                      7,638              8,986
     その他の費用                                      4,531              1,328
                                           2,760              3,948
     持分法による投資利益
     営業利益                                     775,737              813,771
     金融収益
                                           1,366              4,207
     金融費用                                      8,379              7,666
     その他の営業外損益                                     △2,431                 226
     税引前四半期利益                                     766,293              810,539
     法人所得税費用                                     215,041              250,257
                                          551,252              560,282
     四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                    471,398              490,558
                                           79,854              69,724
      非支配持分
                                          551,252              560,282
     四半期利益
                               7

     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益
      基本的1株当たり四半期利益(円)
                                           190.92              201.38
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                    190.89              201.33
        後述の注記1~10は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                 17/40










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間

                                  (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                              注記
                                   至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
     売上高
                                         1,220,638              1,344,003
     売上原価                                     690,837              759,641
     売上総利益                                     529,800              584,362
     販売費及び一般管理費
                                          285,873              316,850
     その他の収益                                      1,920              2,794
     その他の費用                                      3,775               393
                                           1,028              1,322
     持分法による投資利益
     営業利益                                     243,101              271,235
     金融収益
                                           7,282              1,018
     金融費用                                      2,860              2,496
                                          △2,384                 226
     その他の営業外損益
     税引前四半期利益                                     245,139              269,984
     法人所得税費用                                     73,745              83,343
                                          171,394              186,641
     四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                    145,250              161,114
                                           26,144              25,527
      非支配持分
                                          171,394              186,641
     四半期利益
                               7

     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益
      基本的1株当たり四半期利益(円)
                                           59.10              66.46
                                           59.09              66.44
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)
        後述の注記1~10は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                 18/40










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                  (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                              注記
                                   至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
     四半期利益
                                          551,252              560,282
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                           1,371              13,783
       金融資産の公正価値変動額
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                          △1,349               △375
       対する持分相当額
        合計                                    21            13,407
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
       キャッシュ・フロー・ヘッジ                                    1,237              1,049
       在外営業活動体の換算差額                                  △21,318                5,268
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                          △1,511                △86
       対する持分相当額
        合計                                 △21,592                6,230
     その他の包括利益合計                                    △21,571               19,638
                                          529,681              579,920
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益合計の帰属

      親会社の所有者                                    456,197              510,499
                                           73,483              69,421
      非支配持分
                                          529,681              579,920
       合計
      (注)上記の計算書の項目は税引後で開示しております。
        後述の注記1~10は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                 19/40










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間
                                  (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                              注記
                                   至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
     四半期利益
                                          171,394              186,641
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                           4,922              6,712
       金融資産の公正価値変動額
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                          △1,537                △41
       対する持分相当額
        合計                                   3,384              6,672
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
       キャッシュ・フロー・ヘッジ                                    2,294               222
       在外営業活動体の換算差額                                    7,655              1,979
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                             40              130
       対する持分相当額
        合計                                   9,989              2,331
     その他の包括利益合計                                     13,373               9,002
                                          184,768              195,643
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益合計の帰属

      親会社の所有者                                    157,401              169,730
                                           27,367              25,914
      非支配持分
                                          184,768              195,643
       合計
      (注)上記の計算書の項目は税引後で開示しております。
        後述の注記1~10は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                 20/40










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結持分変動計算書】
        前第3四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年12月31日)

                                                      (単位:百万円)
                            親会社の所有者に帰属する持分
                                                   非支配      資本
                                        その他の
                                                    持分     合計
                          資本     自己     利益
                 注記   資本金                     包括利益      合計
                         剰余金      株式     剰余金
                                         累計額
     2016年4月1日
                    141,852     368,245    △210,861     2,995,836       13,570    3,308,642      238,214    3,546,856
     四半期包括利益
      四半期利益                -     -     -   471,398       -   471,398      79,854     551,252
                      -     -     -     -   △15,201     △15,201      △6,370     △21,571
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計
                      -     -     -   471,398     △15,201      456,197      73,483     529,681
     所有者との取引額等
      剰余金の配当           6     -     -     -  △185,446        -  △185,446      △40,201     △225,648
      その他の包括利益累計額
                      -     -     -     98    △98      -     -     -
      から利益剰余金への振替
      自己株式の取得及び処分                -    △57   △100,000        -     -  △100,056        -  △100,056
      自己株式の消却                -   △73,804      73,804       -     -     -     -     -
      支配継続子会社に対する
                      -    2,905       -     -     -    2,905     1,019     3,923
      持分変動
                      -     479      42     -     -     521    1,222     1,743
      その他
       所有者との取引額等合計               -   △70,478     △26,153     △185,349       △98   △282,077      △37,961     △320,038
                    141,852     297,768    △237,015     3,281,885      △1,728    3,482,762      273,737    3,756,499
     2016年12月31日
        当第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

                                                      (単位:百万円)
                            親会社の所有者に帰属する持分
                                                   非支配      資本
                                        その他の
                                                    持分     合計
                          資本     自己     利益
                 注記   資本金                     包括利益      合計
                         剰余金      株式     剰余金
                                         累計額
     2017年4月1日
                    141,852     298,046    △237,014     3,354,140      △2,601    3,554,423      294,710    3,849,133
     四半期包括利益
      四半期利益                -     -     -   490,558       -   490,558      69,724     560,282
                      -     -     -     -    19,941     19,941      △303     19,638
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計               -     -     -   490,558      19,941     510,499      69,421     579,920
     所有者との取引額等
      剰余金の配当           6     -     -     -  △219,703        -  △219,703      △47,359     △267,062
      その他の包括利益累計額
                      -     -     -     213    △213       -     -     -
      から利益剰余金への振替
      自己株式の取得及び処分
                      -    △29   △100,000        -     -  △100,029        -  △100,029
      自己株式の消却                -   △9,074      48,709    △39,635        -     -     -     -
      企業結合による変動                -     -     -     -     -     -    4,706     4,706
      支配継続子会社に対する
                      -    △638       -     -     -    △638     15,427     14,790
      持分変動
                      -     505      50     -     -     556    △502       53
      その他
       所有者との取引額等合計               -   △9,235     △51,240     △259,124       △213    △319,813      △27,728     △347,542
                    141,852     288,810    △288,255     3,585,574       17,127    3,745,109      336,403    4,081,511
     2017年12月31日
        後述の注記1~10は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                 21/40





                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       (5)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
        (第3四半期連結累計期間)
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                   (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                               注記
                                    至 2016年12月31日)                至 2017年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                    766,293              810,539
      減価償却費及び償却費                                    410,321              411,266
      持分法による投資損益(△は益)
                                          △2,760              △3,948
      固定資産売却損益(△は益)
                                             57            △147
      受取利息及び受取配当金                                    △1,085              △3,233
      支払利息                                     8,141              7,423
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)
                                         △142,875              △142,024
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)
                                           97,540              36,940
      棚卸資産の増減額(△は増加)
                                           2,526            △28,751
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                          △1,556              △1,618
      その他                                   △14,255              △31,028
       小計                                  1,122,345              1,055,418
      利息及び配当金の受取額
                                           3,380              5,996
      利息の支払額                                    △7,765             △14,914
                                         △237,385              △286,341
      法人所得税の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー合計                                   880,576              760,159
     投資活動によるキャッシュ・フロー

                                         △192,016              △256,762
      有形固定資産の取得による支出
                                            338              926
      有形固定資産の売却による収入
                                         △104,291              △129,278
      無形資産の取得による支出
                                         △54,015              △5,240
      その他の金融資産の取得による支出
                                             77            1,243
      その他の金融資産の売却または償還による収入
                                         △14,101              △14,754
      子会社の支配獲得による支出
                                         △23,073              △1,682
      関連会社株式の取得による支出
                                                         1,896
      子会社及び関連会社株式の売却による収入                                      -
                                           1,861              △489
      その他
                                         △385,221              △404,140
       投資活動によるキャッシュ・フロー合計
                                 22/40








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                   (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                               注記
                                    至 2016年12月31日)                至 2017年12月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入の純増減額(△は減少)
                                         △19,890               23,575
      社債発行及び長期借入による収入                                     7,000             95,000
      社債償還及び長期借入返済による支出                                   △60,590              △55,911
      ファイナンス・リース債務の返済による支出                                   △21,881              △20,444
      非支配持分からの子会社持分取得による支出                                    △1,154               △70
      非支配持分からの払込みによる収入                                     4,852             19,006
      自己株式の取得による支出                                   △100,000              △100,000
      配当金の支払額                                   △184,763              △218,878
      非支配持分への配当金の支払額                                   △41,044              △48,550
      負債性金融商品の取得による支出                (注)          5
                                             -           △95,000
                                             31            △127
      その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー合計                                  △417,438              △401,399
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                    △5,635                495
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                           72,282             △44,885
      現金及び現金同等物の期首残高                                    192,087              226,607
                                          264,369              181,722
      現金及び現金同等物の四半期末残高
      (注)   当第3四半期連結累計期間において、当社は、当社グループの一部の子会社が発行した優先株式(将来、現金を
         株式の保有者に引き渡す義務を負っていたため、金融負債として処理)に係る受益権を買取っております。
        後述の注記1~10は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                 23/40












                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          KDDI株式会社(以下「当社」)は日本の会社法に従い設立された株式会社であります。当社の所在地は日本で

         あり、登記している本社の住所は東京都新宿区西新宿二丁目3番2号であります。当社の要約四半期連結財務諸
         表は2017年12月31日を期末日とし、当社及び子会社(以下「当社グループ」)、並びに当社グループの関連会社
         及び共同支配企業に対する持分により構成されております。なお、当社は、当社グループの最終的な親会社であ
         ります。
          当社グループの主な事業内容及び主要な活動は、「パーソナル事業」、「バリュー事業」、「ビジネス事
         業」、「グローバル事業」であります。詳細については、「4.セグメント情報(1)報告セグメントの概要」に
         記載しております。
        2.作成の基礎

         (1)要約四半期連結財務諸表がIFRSに準拠している旨に関する事項

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規
          則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことか
          ら、同第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。なお、要約
          四半期連結財務諸表は、年度の連結財務諸表で要求されている全ての情報を含んでいないため、2017年3月31
          日に終了した1年間の連結財務諸表と併せて利用されるべきものです。
         (2)測定の基礎

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、要約四半期連結財政状態計算書における以下の重要な項目を除
          き、取得原価を基礎として作成しております。
          ・デリバティブ資産及びデリバティブ負債(公正価値で測定)
          ・純損益を通じて公正価値で測定する金融資産又は金融負債
          ・その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
          ・確定給付制度に係る資産又は負債(確定給付制度債務の現在価値から制度資産の公正価値を控除して測定)
         (3)表示通貨及び単位

           当社グループの要約四半期連結財務諸表の表示通貨は、当社が営業活動を行う主要な経済環境における通貨
          である日本円であり、百万円未満を四捨五入して表示しております。
         (4)見積り及び判断の利用

           IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、会計方針の適用、資産・負債・収益及び費用の報
          告額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行っております。これらの見積り及び仮定は、過去の経験
          及び利用可能な情報を収集し、決算日において合理的であると考えられる様々な要因等を勘案した経営者の最
          善の判断に基づいております。しかし、その性質上、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異
          なる可能性があります。
           見積り及び仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、その見積りを見直した連
          結会計期間と将来の連結会計期間において認識されます。
           本要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断、見積り及び仮定は、原則として前連結会計年
          度に係る連結財務諸表と同様であります。
                                 24/40






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
         (5)新たな基準書及び解釈指針の適用

           当社グループが当第1四半期連結会計期間(2017年4月1日から2017年6月30日まで)より適用した新たな
          基準書及び解釈指針は以下のとおりです。
           ・IAS第7号(改訂)「キャッシュ・フロー計算書」
           ・IAS第12号(改訂)「法人所得税」
           なお、当社グループは、IFRS第9号「金融商品」(2009年11月公表、2014年7月改訂)を早期適用しており

          ます。
         (6)未適用の公表済み基準書

           本要約四半期連結財務諸表の承認日までに主に以下の基準書の新設または改訂が公表されておりますが、
          2017年12月31日現在において強制適用されるものではなく、当社グループでは早期適用しておりません。
                      強制適用時期         当社グループ

      基準書               (以降開始年度)          適用予定時期               新設・改訂の概要
              基準名
     IFRS第15号       顧客との契約から          2018年1月1日         2019年3月期        IFRS第15号は、収益の認識に関する現行の会
            生じる収益                           計処理及び開示方法についての改訂を定めた
                                       ものであります。
                                       具体的には、IFRS第15号は、財又はサービス
                                       が顧客に移転するにあたって、企業が当該財
                                       又はサービスとの交換で権利を得ると見込ん
                                       でいる対価を反映する金額で収益認識するこ
                                       とを求めております。
     IFRS第16号       リース          2019年1月1日         2020年3月期        IFRS第16号は、リースの取扱いに関する現行

                                       の会計基準及び開示方法についての改訂を定
                                       めたものであります。
                                       具体的には、IFRS第16号は、単一モデルとし
                                       て、リース期間が12ヶ月を超える全ての借手
                                       のリースについて、原則としてその資産の使
                                       用権と支払いに伴う債務を財務諸表に反映す
                                       ることを求めております。
           この基準書を上記に示した適用時期の要約四半期連結財務諸表に反映いたします。当該適用による当社グ

          ループの要約四半期連結財務諸表への影響については、検討中であり、現時点では見積ることはできませ
          ん。
        3.重要な会計方針

          当社グループが本要約四半期連結財務諸表の作成にあたって採用した重要な会計方針は、前連結会計年度に係

         る連結財務諸表において採用した会計方針と同一であります。なお、要約四半期連結財務諸表における法人所得
         税費用は、税引前四半期利益に対して、見積平均年次実効税率を用いて算定しております。
                                 25/40






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        4.セグメント情報
         (1)報告セグメントの概要

           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          取締役会等が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもの
          であります。
           当社グループは、「パーソナル」、「バリュー」、「ビジネス」、「グローバル」の4つを報告セグメント
          としております。なお、当社グループの報告セグメントは、事業セグメントの区分と同じとしております。
           「パーソナル」には、国内における個人のお客さまを対象とした、モバイル通信サービス、スマートフォ

          ン・タブレット等の端末機器販売、FTTHサービス、CATVサービスのほか、通信以外の事業として物販サービ
          ス、エネルギーサービスなどが含まれます。
           「バリュー」には、コマース事業、金融事業、決済サービス、映像・音楽・情報配信等のコンテンツサービ
          スなどが含まれます。
           「ビジネス」には、国内における法人のお客さまを対象とした、モバイル・固定通信サービス及び端末機器
          販売や、ネットワーク・アプリケーション・クラウド型サービス等のソリューションサービスが含まれます。
           「グローバル」には、海外における個人のお客さまを対象としたモバイル通信サービスや法人のお客さまを
          対象としたデータセンター等のICTソリューションサービスなどが含まれます。
           なお、当第1四半期連結会計期間より、連結子会社であるKDDIエボルバグループが営む事業の報告セグメン
          トを「その他」から「ビジネス」へ変更しております。これは、KDDIエボルバグループの主力事業であるBPO
          (ビジネスプロセスアウトソーシング)事業、派遣事業において、法人顧客をターゲットとし事業拡大を図っ
          ており、これに当社グループにおける顧客基盤を活用し、相互送客を実現することで、法人向けソリューショ
          ン事業の更なる拡大と競争力強化を図るためであります。
           これに伴い、前第3四半期連結累計期間及び前第3四半期連結会計期間のセグメント情報については、変更
          後の報告セグメントの区分に基づき作成したものを開示しております。
         (2)報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、前連結会計年度の「重要な会計方針」における記載と
          同一であります。
           報告セグメントの利益は、営業利益をベースとした数値であります。
           セグメント間の取引価格は、第三者取引価格または総原価を勘案し、価格交渉のうえ決定しております。
           資産及び負債は、報告セグメントに配分しておりません。
                                 26/40









                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
         (3)報告セグメントごとの売上高、利益又は損失の金額に関する情報
           当社グループのセグメント情報は以下のとおりであります。
           前第3四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年12月31日)

                                                      (単位:百万円)
                        報告セグメント                               要約四半期

                                         その他          調整額     連結財務
                                              合計
                 パーソ              グロー          (注)1          (注)2      諸表
                     バリュー     ビジネス           計
                                                         計上額
                 ナル              バル
     売上高
      外部顧客への売上高         2,629,377      272,365     425,113     183,140    3,509,996      12,223    3,522,219        -   3,522,219
      セグメント間の
                 75,531     57,439     94,562     20,738     248,270      52,731     301,001    △301,001         -
      内部売上高又は振替高
          計      2,704,909      329,804     519,675     203,878    3,758,266      64,954    3,823,220     △301,001      3,522,219
     セグメント利益           606,867     80,597     64,274     20,505     772,243      4,434    776,677      △940     775,737
     金融収益及び金融費用
                                                         △7,013
     その他の営業外損益                                                    △2,431
                                                         766,293
     税引前四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備の建設及び保守、研究・先端技術開発等の事業を
           含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
           当第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

                                                      (単位:百万円)
                        報告セグメント                               要約四半期

                                         その他          調整額     連結財務
                                              合計
                                        (注)1          (注)2      諸表
                 パーソ              グロー
                     バリュー     ビジネス           計
                                                         計上額
                 ナル              バル
     売上高
      外部顧客への売上高
                2,837,891      300,494     426,063     170,569    3,735,016      25,056    3,760,072        -   3,760,072
      セグメント間の
                 77,674     86,906    117,559     21,152     303,291      49,554     352,846    △352,846         -
      内部売上高又は振替高
          計
                2,915,565      387,400     543,622     191,721    4,038,308      74,610    4,112,918     △352,846      3,760,072
     セグメント利益           625,883     82,029     72,073     25,108     805,093      9,078    814,171      △400     813,771
     金融収益及び金融費用
                                                         △3,459
                                                           226
     その他の営業外損益
                                                         810,539
     税引前四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備の建設及び保守、研究・先端技術開発等の事業を
           含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
                                 27/40







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
           前第3四半期連結会計期間(自 2016年10月1日 至 2016年12月31日)

                                                      (単位:百万円)
                         報告セグメント                               要約四半期

                                         その他          調整額
                                                        連結財務
                                               合計
                                         (注)1          (注)2      諸表
                 パーソ              グロー
                     バリュー     ビジネス           計
                                                         計上額
                 ナル              バル
     売上高
      外部顧客への売上高
                 909,501     101,669     142,946     62,994    1,217,109       3,529   1,220,638        -   1,220,638
      セグメント間の
                 25,730     18,937     32,350     7,177     84,194     18,442     102,636    △102,636         -
      内部売上高又は振替高
          計
                 935,231     120,605     175,296     70,171    1,301,303      21,971    1,323,274     △102,636      1,220,638
     セグメント利益            183,624     29,603     22,919     5,779    241,926      1,505    243,431      △330     243,101
     金融収益及び金融費用
                                                          4,423
                                                         △2,384
     その他の営業外損益
                                                         245,139
     税引前四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備の建設及び保守、研究・先端技術開発等の事業を
           含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
           当第3四半期連結会計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)

                                                      (単位:百万円)
                         報告セグメント                               要約四半期

                                         その他          調整額
                                                        連結財務
                                               合計
                                         (注)1          (注)2      諸表
                 パーソ              グロー
                     バリュー     ビジネス           計
                                                         計上額
                  ナル              バル
     売上高
      外部顧客への売上高          1,025,622     108,943     145,109     53,431    1,333,105      10,898    1,344,003        -   1,344,003
      セグメント間の
                  26,768    31,639     39,476     7,277    105,160      17,066     122,226    △122,226         -
      内部売上高又は振替高
          計      1,052,390     140,582     184,584     60,708    1,438,265      27,964    1,466,229     △122,226      1,344,003
     セグメント利益            203,792     31,032     23,692     9,101    267,617      3,574    271,190       45    271,235
     金融収益及び金融費用
                                                         △1,478
                                                           226
     その他の営業外損益
                                                         269,984
     税引前四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備の建設及び保守、研究・先端技術開発等の事業を
           含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
                                 28/40








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        5.金融商品の公正価値
          金融商品は、その公正価値の測定にあたって、その公正価値の測定に用いたインプットの観察可能性及び重要

         性に応じて、公正価値ヒエラルキーの3つのレベルに分類しております。当該分類において、それぞれの公正価
         値のヒエラルキーは、以下のように定義しております。
          ・レベル1:同一の資産または負債の活発な市場における相場価格
          ・レベル2:資産または負債について、直接的に観察可能なインプットまたは間接的に観察可能なインプット
                のうち、レベル1に含まれる相場価格以外のインプット
          ・レベル3:資産または負債について、観察可能な市場データに基づかないインプット(すなわち観察不能な
                インプット)
          当社グループは、公正価値の測定に使用される公正価値の階層のレベルを、公正価値の測定の重要なインプッ
         トの最も低いレベルによって決定しております。
         (1)  経常的に公正価値で測定する金融資産及び金融負債の公正価値

          ① 公正価値のヒエラルキー
            公正価値の階層ごとに分類された、要約四半期連結財政状態計算書に公正価値で認識する金融資産及び金
           融負債は以下のとおりであります。
         前連結会計年度(2017年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                   レベル1       レベル2       レベル3

                                                        合計
     経常的な公正価値測定
     金融資産:
      その他の金融資産
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
                                             -
                                    69,336              23,460       92,797
        株式
       純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
        デリバティブ
                                      -              -
         為替予約                                   454              454
     金融負債:

      その他の金融負債
       純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
        デリバティブ
                                      -              -
                                             15              15
         為替予約
                                      -              -
                                            7,183              7,183
         金利スワップ
                                 29/40








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
         当第3四半期連結会計期間(2017年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                   レベル1       レベル2       レベル3

                                                        合計
     経常的な公正価値測定
     金融資産:
      その他の金融資産
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
                                    89,342         -     28,422      117,764
        株式
       純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
        デリバティブ
                                      -     1,102        -     1,102
         為替予約
     金融負債:

      その他の金融負債
       純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
        デリバティブ
         為替予約                             -       7      -       7
         金利スワップ
                                      -     6,344        -     6,344
          レベル間の重要な振替が行われた金融商品の有無は毎期末日に判断しております。前連結会計年度及び当第3
         四半期連結会計期間において、レベル間の重要な振替が行われた金融商品はありません。
          ② 公正価値の測定方法

           (a)株式
             上場株式については、取引所の価格によっており、公正価値ヒエラルキーレベル1に区分しておりま
            す。
             非上場株式については、割引将来キャッシュ・フローに基づく評価技法、類似会社の市場価格に基づく
            評価技法、純資産価値に基づく評価技法、その他の評価技法を用いて算定しており、公正価値ヒエラル
            キーレベル3に区分しております。非上場株式の公正価値測定にあたっては、割引率、評価倍率等の観察
            可能でないインプットを利用しており、必要に応じて一定の非流動性ディスカウント、非支配持分ディス
            カウントを加味しております。
           (b)デリバティブ

            (i)為替予約
               外国為替先物予約の公正価値は、期末日現在の先物為替レートを用いて算定した価値を現在価値に
              割引くことにより算定しております。為替予約に係る金融資産及び金融負債については、公正価値ヒ
              エラルキーレベル2に区分しております。
            (ii)金利スワップ
               金利スワップについては、将来キャッシュ・フローを満期日までの期間及び信用リスクを加味した
              利率で割り引いた現在価値により算定しております。金利スワップに係る金融資産及び金融負債につ
              いては、公正価値ヒエラルキーレベル2に区分しております。
                                 30/40






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
          ③ レベル3の調整表

            以下の表は、前第3四半期連結累計期間(2016年12月31日に終了した9カ月間)におけるレベル3の金融
           商品の変動を表示しております。
                                   (単位:百万円)

                                その他の包括利益を通

                                じて公正価値で測定す
                                る金融資産
                                    株式
           2016年4月1日残高
                                       24,260
           取得                            1,021
           売却                             △35
           包括利益
             その他の包括利益                             13
           その他                            △191
           2016年12月31日残高
                                       25,068
            以下の表は、当第3四半期連結累計期間(2017年12月31日に終了した9カ月間)におけるレベル3の金融

           商品の変動を表示しております。
                                   (単位:百万円)

                                その他の包括利益を通

                                じて公正価値で測定す
                                る金融資産
                                    株式
           2017年4月1日残高
                                       23,460
           取得                            3,156
           売却                            △532
           包括利益
             その他の包括利益                           2,340
           その他                             △2
           2017年12月31日残高
                                       28,422
          ④ レベル3の評価プロセス

            非上場株式の公正価値の評価方針及び手続の決定は、株式を管理する部門から独立した財務・経理部門に
           より行われており、評価モデルを含む公正価値測定については、個々の株式の事業内容、事業計画の入手可
           否及び類似上場企業等を定期的に確認し、その妥当性を検証しております。
                                 31/40







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
          ⑤ レベル3に分類される資産に関する定量的情報

            前連結会計年度末及び当第3四半期連結会計期間末において、経常的に                                 公 正価値で測定するレベル3に分
           類される資産の評価技法及び重要な観察可能でないインプットに関する情報は以下のとおりであります。
            前連結会計年度(2017年3月31日)
                        公正価値

                                            観察可能でない
                                   評価技法                    範囲
                        (百万円)
                                             インプット
                           23,460                            4.6%
               株式                 インカムアプローチ             割引率
            当第3四半期連結会計期間(2017年12月31日)

                        公正価値

                                            観察可能でない
                                   評価技法                    範囲
                        (百万円)
                                             インプット
                           28,422                          5.6%~11.2%
               株式                 インカムアプローチ             割引率
          ⑥ 重要な観察可能でないインプットの変動に係る感応度分析

            公正価値で測定するレベル3に分類される資産の公正価値のうち、インカムアプローチで評価される有価
           証券投資の公正価値は、割引率の上昇(下落)により減少(増加)します。
            レベル3に分類した金融商品について、観察可能でないインプットを合理的に考え得る代替的な仮定に変
           更した場合に重要な公正価値の増減は見込まれておりません。
                                 32/40














                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
         (2)償却原価で測定する金融資産及び金融負債
          ① 公正価値
            償却原価で測定する金融            資産及び金融負債の公正価値は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                           前連結会計年度                  当第3四半期連結会計期間
                          (2017年3月31日)                    (2017年12月31日)
                       帳簿価額          公正価値          帳簿価額          公正価値

     金融資産:
      その他の金融資産
                           3,002
       国債                              3,117          3,003          3,079
       リース未収債権                   58,263          56,853          92,534          90,580
     金融負債:
      借入金及び社債
       借入金                   775,848          779,639          835,193          839,912
       社債                   189,747          196,025          169,782          174,588
      その他の金融負債
       リース債務                   89,171          91,119          84,177          86,078
       優先株式                   95,000          102,134             -          -
     (注)1.借入金、社債、リース債務は、1年返済(償還)予定の残高を含んでおります。

     (注  )2.短期の金融資産、短期の金融負債は、公正価値と帳簿価額とが近似しているため、上表には含めておりませ
          ん。
     (注  )3.   上記の優先株式は、当社グループの一部の子会社が発行し、将来、現金を優先株式の保有者に引き渡す義務を
          負っているもので、金融負債として処理しております。当第1四半期連結会計期間において、当社は当該優先
          株式に係る受益権を         買取っております。これにより、当該優先株式と当社が保有する受益権が、連結上                                      相殺消
          去されるため      、残高がゼロとなっています。
          ② 公正価値の測定方法

           (a)  国債
             国債の公正価値は、市場価格に基づき算定しております。
           (b)  リース未収債権
             リース未収債権の公正価値は、将来の最低受取リース料総額を、新たに同条件のリース取引を行う場合
            の金利を用いて割り引いた現在価値に基づいて算定しております。なお割引率は、当第3四半期連結会計
            期間におい     て6.8%を使用してお          ります。
           (c)  借入金
             変動金利による借入金は、短期間で市場金利を反映しており、また、グループ企業の信用状態に借入
            後、大きな変動はないと考えられることから、帳簿価額を公正価値とみなしております。固定金利による
            借入金は、元利金の合計額を当該借入金の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引く方法によ
            り、公正価値を算定しております。
           (d)  社債
             社債の公正価値は、市場価格に基づき算定しております。
           (e)  リース債務
             リース債務の公正価値は、同一の残存期間で同条件のリースを行う場合の金利を用いて、将来キャッ
            シュ・フローを割引く方法により算定しております。
           (f)  優先株式
             優先株式の公正価値は、将来キャッシュ・フローを満期までの期間及び信用リスクを加味した利率によ
            り割引いた現在価値により算定しております。
                                 33/40




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        6.配当金
          配当金の支払額は以下のとおりであります。

          前第3四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年12月31日)

          配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり
           決議                                 基準日        効力発生日
                  株式の種類
                           (百万円)       配当額(円)
        2016年6月22日
        定時株主総会                     87,131          35
                   普通株式                       2016年3月31日         2016年6月23日
        (注)1,2
        2016年11月1日
        取締役会                     98,314          40
                   普通株式                       2016年9月30日         2016年12月2日
        (注)1,2
          当第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

          配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり
           決議                                 基準日        効力発生日
                  株式の種類
                           (百万円)       配当額(円)
        2017年6月21日
        定時株主総会                     110,603          45
                   普通株式                       2017年3月31日         2017年6月22日
        (注)1,2
        2017年11月1日
        取締役会                     109,096          45
                   普通株式                       2017年9月30日         2017年12月4日
        (注)1,2
       (注)1.     配当金の総額には役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託が所有する当社株式の配当金は含めておりませ
            ん。
       (注)2.上記のほかに、当第3四半期連結累計期間で発生した役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託受益者に対
            する配当金の支払があります。
                                 34/40










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        7.1株当たり四半期利益
       (1)基本的1株当たり四半期利益

         基本的1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                        471,398              490,558
                                       2,469,107              2,436,024
     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)
                                         190.92              201.38
     基本的1株当たり四半期利益(円)
                                前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間

                                (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                 至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                        145,250              161,114
                                       2,457,853              2,424,357
     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)
                                         59.10              66.46
     基本的1株当たり四半期利益(円)
       (2)希薄化後1株当たり           四半期利益

          希薄化後1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                  至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
     親会社の普通株主に帰属する四半期利益                                    471,398              490,558
                                            -              -
     利益調整額
                                         471,398              490,558
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する利益
                                                     (単位:千株)

                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                  至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
     発行済普通株式の加重平均株式数                                   2,469,107              2,436,024
     希薄化性潜在的普通株式の影響
                                            358              562
      役員報酬BIP信託及びESOP信託
     希薄化後の     加重平均株式数                              2,469,465              2,436,586
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                  至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
     希薄化後1株当たり         四半期利益     (円)
                                          190.89              201.33
                                 35/40






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間
                                 (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                  至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
     親会社の普通株主に帰属する四半期利益                                    145,250              161,114
                                            -              -
     利益調整額
                                         145,250              161,114
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する利益
                                                     (単位:千株)

                                 前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間
                                 (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                  至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
                                        2,457,853              2,424,357
     発行済普通株式の加重平均株式数
     希薄化性潜在的普通株式の影響
                                            351              555
      役員報酬BIP信託及びESOP信託
                                        2,458,203              2,424,912
     希薄化後の     加重平均株式数
                                 前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間

                                 (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                  至 2016年12月31日)              至 2017年12月31日)
     希薄化後1株当たり         四半期利益     (円)                       59.09              66.44
     (注)基本的1株当たり四半期利益及び希薄化後1株当たり四半期利益の算定において、役員報酬BIP信託及び株式付与
        ESOP信託が所有する当社株式を自己株式として処理していることから、期末株式数及び加重平均株式数から当該株
        式数を控除しております。
        8.偶発債務

          債務保証等は以下のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                                  当第3四半期

                                 前連結会計年度
                                                  連結会計期間
                                (2017年3月31日)
                                                (2017年12月31日)
      ケーブルシステム供給契約に対する偶発債務                                    5,610

                                                           -
      (内、外貨建偶発債務)
                                      (US$  50 百万  )
                                 36/40








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        9.後発事象
         (株式会社イーオンホールディングスの連結子会社化について)

          当社は、2018年1月22日付で、株式会社イーオンホールディングス(以下「イーオンHD」)の全株式を、同社
         株主から取得しました。この結果、イーオンHD及び同社の連結子会社は、同日付で当社の連結子会社となりまし
         た。
          当社は今後も成長・拡大が見込まれる教育市場への新規参入を目的とし、当社がこれまで培ってきた「ICT」
         に加え、イーオンHDが育成してきた「指導経験豊富な教師・オリジナル教材・留学サービス」を組み合わせ、お
         客さまに新たな価値・サービスを提供することによる事業拡大を目指してまいります。
          取得対価は、86,173百万円であります。取得日から第34期第3四半期報告書提出日までに時間的な制約があ
         り、当該株式の取得に関する当初の会計処理が完了していないため、企業結合の会計処理に関する詳細な情報は
         開示しておりません。
         ( 自己株式の取得       )

          当社は、2018年1月31日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される
         同法第156条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項について決議いたしました。
          (1)自己株式の取得を行う理由

            経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行及び株主還元策の一環として、自己株式を取得するも
           のであります。
          (2)自己株式取得に係る事項の内容

            ①  取得する株式の種類 :当社普通株式
            ②  取得する株式の総数 :21,000,000株(上限)
            ③  取得する期間    :2018年2月1日~2018年3月23日
            ④  取得価額の総額   :500億円(上限)
          (3)取得の方法

            市場買付け:東京証券取引所における市場買付け
        10.要約四半期連結財務諸表の承認

          要約四半期連結財務諸表(2018年3月期第3四半期)は、2018年2月5日に当社代表取締役社長田中孝司に

         よって承認されております。
                                 37/40









                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        2017年11月1日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (イ)中間配当による配当金の総額…………………109,096百万円
        (ロ)1株当たりの金額………………………………45円
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日………2017年12月4日
        (注)2017年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行っております。
           なお、上記配当金の総額には役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託が所有する当社株式の配当金は含めて
           おりません。
                                 38/40


















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 39/40




















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
                  独  立  監  査  人  の  四  半  期  レ  ビ  ュ  ー  報  告  書
                                                     2018年2月5日

     K D D I 株 式 会 社

      取 締 役 会 御 中

                              P w C 京 都 監 査 法 人

                               指  定  社  員

                                      公認会計士        松  永  幸  廣  印
                               業務執行社員
                               指  定  社  員

                                      公認会計士        若  山  聡  満  印
                               業務執行社員
                               指  定  社  員

                                      公認会計士        岩  瀬  哲  朗  印
                               業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているKDDI株式

      会社の2017年4月1日から2018年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2017年10月1日から2017
      年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年12月31日まで)に係る要約四半期連結財
      務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、
      要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び                                     要約四半期連結財務諸表           注記につい
      て四半期レビューを行った。
      要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基
      準第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正
      又は誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断し
      た内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表
      に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの
      基準に準拠して四半期レビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される
      質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥
      当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
      監査人の結論

       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財
      務報告」に準拠して、KDDI株式会社及び連結子会社の2017年12月31日現在の財政状態、同日をもって終了する第
      3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フロー
      の状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

       (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半
             期報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 40/40



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。