アイ・ケイ・ケイ株式会社 有価証券報告書 第22期(平成28年11月1日-平成29年10月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第22期(平成28年11月1日-平成29年10月31日)

提出日:

提出者:アイ・ケイ・ケイ株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項

      【提出先】                    福岡財務支局長

      【提出日】                    平成30年1月30日

      【事業年度】                    第22期(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)

      【会社名】                    アイ・ケイ・ケイ株式会社

      【英訳名】                    IKK Inc.

      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  金子 和斗志

      【本店の所在の場所】                    佐賀県伊万里市新天町722番地5

                         (上記は登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連
                         絡場所」で行っております。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。

      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。

      【最寄りの連絡場所】                    福岡県糟屋郡志免町片峰三丁目6番5号

      【電話番号】                    050-3539-1122

      【事務連絡者氏名】                    常務取締役  松本 正紀

      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/90











                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第18期       第19期       第20期       第21期       第22期
             決算年月             平成25年10月       平成26年10月       平成27年10月       平成28年10月       平成29年10月

                     (千円)     14,510,044       15,346,410       16,978,658       17,911,261       18,172,154
     売上高
                     (千円)      1,916,639       1,983,315       2,094,323       2,166,400       1,825,498
     経常利益
     親会社株主に帰属する
                     (千円)      1,388,277       1,184,033       1,147,396       1,341,153       1,319,374
     当期純利益
                     (千円)      1,388,277       1,184,033       1,208,851       1,331,840       1,315,916
     包括利益
                     (千円)      7,213,953       8,078,422       9,009,772      10,070,900       10,708,039
     純資産額
                     (千円)     14,375,119       15,862,613       18,322,391       18,582,960       19,808,558
     総資産額
                      (円)       502.38       278.16       307.51       340.92       364.04
     1株当たり純資産額
                      (円)       97.41       41.00       39.33       45.58       44.91
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)       96.99       40.93       39.30       45.56       44.90
     当期純利益金額
                      (%)        50.2       50.9       49.2       54.2       54.1
     自己資本比率
                      (%)        21.3       15.5       13.4       14.1       12.7
     自己資本利益率
                      (倍)        8.0      11.0       14.0       13.2       19.5
     株価収益率
     営業活動による
                     (千円)      2,549,864       1,982,090       2,523,617       2,599,145       1,197,514
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (千円)     △ 1,239,576      △ 3,089,153      △ 1,714,686       △ 323,069     △ 3,533,349
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (千円)      △ 914,289       868,938       847,138     △ 1,347,653        694,329
     キャッシュ・フロー
                     (千円)      3,026,544       2,788,419       4,444,489       5,372,713       3,731,207
     現金及び現金同等物の期末残高
                              567       621       712       711       727
     従業員数
                      (名)
     〔外、平均臨時雇用人員〕                        〔 291  〕    〔 300  〕    〔 323  〕    〔 332  〕    〔 377  〕
      (注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2 第18期においては、平成25年4月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行いましたが、第17期の期
          首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後
          1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         3   1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に用
          いられた期末株式数及び期中平均株式数は、アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託が所有する当社株式を控
          除しております。
         4 第20期においては、平成27年5月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行いましたが、第19期の期
          首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後
          1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         5 第20期より「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取り扱い」を適用したた
          め、第19期については、当該会計方針の変更を反映した遡及修正後の数値を記載しております。
           なお、第18期以前に係る累積的影響額については、第19期の期首の純資産額に反映させております。
                                  2/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第18期       第19期       第20期       第21期       第22期
             決算年月             平成25年10月       平成26年10月       平成27年10月       平成28年10月       平成29年10月
                     (千円)     13,812,952       14,872,107       16,300,771       17,212,848       17,383,819
     売上高
                     (千円)      1,898,200       2,040,571       2,120,790       2,164,421       1,768,415
     経常利益
                     (千円)      1,403,531       1,242,646       1,198,152       1,350,693       1,258,977
     当期純利益
                     (千円)       347,635       349,748       350,643       351,241       351,655
     資本金
                      (株)     14,939,200       29,919,200       29,939,200       29,949,600       29,956,800
     発行済株式総数
                     (千円)      7,174,078       8,112,281       9,032,931      10,112,913       10,693,113
     純資産額
                     (千円)     14,138,553       15,676,580       18,188,210       18,468,225       19,596,349
     総資産額
                      (円)       499.61       279.32       308.30       342.34       363.53
     1株当たり純資産額
                             20.0       20.0       10.0       12.0       12.0
     1株当たり配当額
                      (円)
     (1株当たり中間配当額)                        ( - )     ( - )     ( - )     ( - )     ( - )
                      (円)       98.48       43.03       41.07       45.91       42.85
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当期
                      (円)       98.05       42.96       41.03       45.89       42.85
     純利益金額
                      (%)        50.7       51.7       49.7       54.8       54.6
     自己資本比率
                      (%)        21.7       16.3       14.0       14.1       12.1
     自己資本利益率
                      (倍)        7.9      10.4       13.4       13.1       20.5
     株価収益率
                      (%)        20.3       23.2       24.3       26.1       28.0
     配当性向
                              524       568       639       639       652
     従業員数
                      (名)
     〔外、平均臨時雇用人員〕                        〔 285  〕    〔 291  〕    〔 304  〕    〔 311  〕    〔 351  〕
      (注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2 第18期においては、平成25年4月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行いましたが、第17期の期
          首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後
          1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         3 第18期の1株当たり配当額には、東京証券取引所市場第一部指定の記念配当10円を含んでおります。
         4 1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に用
          いられた期末株式数及び期中平均株式数は、アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託が所有する当社株式を控
          除しております。
         5 第20期においては、平成27年5月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行いましたが、第19期の期
          首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後
          1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         6 第20期より、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取り扱い」を適用した
          ため、第19期については、当該会計方針の変更を反映した遡及修正後の数値を記載しております。
           なお、第18期以前に係る累積的影響額については、第19期の期首の純資産額に反映させております。
         7 第21期の1株当たり配当額には、設立20周年記念配当2円を含んでおります。
                                  3/90






                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        当社設立以後の企業集団にかかる経緯は次のとおりであります。
        年月                            概要
      平成7年11月        当社代表取締役社長金子和斗志とその親族が所有する株式会社アイ・ケイ・ケイ不動産(現 株式会
              社アイ・エス)から結婚式場とホテルの運営を引継ぎ、佐賀県伊万里市新天町466番地11にアイ・ケ
              イ・ケイ株式会社を設立
      平成12年9月        佐賀県鳥栖市に「ウェディング&パーティーハウス ベルアミー(現 ララシャンスベルアミー)」
              (鳥栖支店)をオープンし、ゲストハウス・ウェディング形式の挙式・披露宴サービスを開始
      平成14年10月        福岡県福岡市に「ウェディング&パーティーハウス博多の森(現 ララシャンス博多の森)」(福岡
              支店)をオープン
      平成17年3月        佐賀県伊万里市に「ララシャンス迎賓館」(伊万里支店)をオープン
      平成17年10月        富山県富山市に「キャナルサイド                ララシャンス」(富山支店)をオープン
        同上      宮崎県宮崎市に「ララシャンス迎賓館」(宮崎支店)をオープン
      平成18年4月        福岡県糟屋郡志免町に福岡本部を設置
        同上      本社を現在の佐賀県伊万里市新天町722番地5に移転
        同上      株式会社アイ・エスから婚礼事業(主として土地・建物及びこれに関連する借入金)を譲受けると共
              にホテル事業を譲渡
        同上      株式会社極楽(現 連結子会社)を株式交換により完全子会社化
      平成18年7月        大分県大分市に「ララシャンス迎賓館」(大分支店)をオープン
      平成18年9月        石川県金沢市に「ララシャンス太陽の丘」(金沢支店)をオープン
      平成19年7月        宮崎県宮崎市に「プレジール迎賓館」(宮崎第二支店 現 宮崎支店)をオープン
      平成21年4月        福島県いわき市に「ララシャンスいわき」(いわき支店)をオープン
      平成21年8月        「ウェディング&パーティーハウス博多の森(現 ララシャンス博多の森)」(福岡支店)にて、食
              品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO22000の認証を取得
      平成21年9月        高知県高知市に「ララシャンス迎賓館」(高知支店)をオープン
      平成21年10月        福井県福井市に「ララシャンス               ベルアミー」(福井支店)をオープン
      平成22年7月        大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
      平成23年4月        富山県富山市にレストラン施設「キュイジーヌ                      フランセーズ       ラ・シャンス」(富山支店)をオープ
              ン
        同上      再生型の婚礼事業を展開するため、福岡県糟屋郡志免町に当社100%出資の連結子会社としてスイー
              ト  ヴィラ    ガーデン株式会社を設立
      平成23年8月        岩手県盛岡市に「ララシャンス               ベルアミー」(盛岡支店)をオープン
      平成24年1月        東京証券取引所市場第二部に株式を上場
      平成24年3月        大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)における株式の上場を廃止
      平成24年9月        石川県金沢市の「ララシャンス太陽の丘」(金沢支店)に1チャペル1バンケットを増設
      平成24年12月        介護事業を展開するため、福岡県糟屋郡志免町に当社100%出資の連結子会社としてアイケア株式会
              社を設立
      平成25年1月        東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
      平成25年9月        佐賀県伊万里市に「アイケアレジデンス伊万里」(介護事業)をオープン
      平成25年11月        当社100%出資の子会社であるスイート                   ヴィラ    ガーデン株式会社を吸収合併
        同上
              長崎県佐世保市に「ハーバーテラスSASEBO迎賓館」(佐世保支店)をオープン
      平成26年6月
              佐賀県佐賀市に「アイケアレジデンス佐賀」(介護事業)をオープン
      平成26年9月
              福岡県福岡市の「ララシャンス博多の森」(福岡支店)に1チャペル1バンケットを増設
      平成27年3月
              佐賀県唐津市に「アイケア東唐津」(介護事業)をオープン
        同上
              広島県広島市に「ララシャンスHIROSHIMA迎賓館」(広島支店)をオープン
      平成29年1月
              海外婚礼事業を展開するため、インドネシア共和国ジャカルタ市に当社90%出資の子会社として
              PT INTERNATIONAL KANSHA KANDOU INDONESIAを設立
      平成29年10月
              愛知県岡崎市に「ララシャンスOKAZAKI迎賓館」(岡崎支店)をオープン
                                  4/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(アイ・ケイ・ケイ株式会社)及び子会社3
       社により構成されており、婚礼事業、葬儀事業、介護事業を営んでおります。
        当社グループにおけるセグメントごとの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置づけ
       は、次のとおりであります。
        セグメントの名称                 主な事業内容                       関係会社

                                      当社
                   挙式・披露宴に関する企画・運営等
        婚礼事業
                   のサービスの提供                    PT   INTERNATIONAL       KANSHA    KANDOU    INDONESIA
                   葬儀に関する企画・運営等のサービ
        葬儀事業                               株式会社極楽
                   スの提供
                   有料老人ホームの運営、介護サービ
        介護事業                               アイケア株式会社
                   ス等の提供
         以上に述べた事項を事業系統図で示しますと次のとおりであります。

      [事業系統図]
      (注) ※非連結子会社で持分法非適用会社









                                  5/90






                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                  議決権の所有
                       資本金     主要な事業
        名称         住所                 [被所有]              関係内容
                       (千円)      の内容
                                   割合(%)
      (連結子会社)

                                         当社グループの葬儀部門を担当しており
                                         ます。
       株式会社極楽        佐賀県伊万里市         50,000     葬儀事業         100.0
                                         役員の兼任 2名
      (連結子会社)

                                         当社グループの介護部門を担当しており
                                         ます。
               福岡県糟屋郡                          当社より建物を賃借しております。
     アイケア株式会社                  95,000     介護事業         100.0
                 志免町                        当社より資金援助を受けております。
                                         役員の兼任 3名
      (注)1 「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

         2 上記連結子会社は、全て特定子会社であります。
         3 有価証券届出書または有価証券報告書を提出している会社はありません。
                                  6/90














                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成29年10月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(名)

     婚礼事業                                                 610〔350〕
                                                       12〔    5〕
     葬儀事業
                                                       63〔   21〕
     介護事業
                                                       42〔    1〕
     全社(共通)
                  合計                                     727〔377〕

      (注)1 従業員数は、就業人員であります。
         2 従業員数欄の〔外書〕は、アルバイトの年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
         3 全社(共通)は、特定のセグメントに区分できない管理部門等の従業員数であります。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成29年10月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

             652〔351〕                 29.5               5.8           3,913,252
               セグメントの名称                            従業員数(名)

     婚礼事業                                                 610〔350〕
                                                       42〔    1〕

     全社(共通)
                  合計                                     652〔351〕

      (注)1 従業員数は、就業人員であります。
         2 従業員数欄の〔外書〕は、アルバイトの年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
         3 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         4 全社(共通)は、特定のセグメントに区分できない管理部門等の従業員数であります。
       (3)労働組合の状況

         当社グループにおいては、労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移してお
        ります。
                                  7/90








                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業績
           当連結会計年度(平成28年11月1日から平成29年10月31日まで)におけるわが国経済は、長
          期的な金融緩和が維持されるなか、企業収益や企業の景況判断が好転し、雇用・所得環境は堅
          調に推移いたしました。
           一方、世界経済は、欧米や中国を始めとする新興国の経済活動の上昇が見られるものの、米
          国政権の政治動向や主に朝鮮半島をめぐる地政学的リスクの高まりによる日本経済の下押し懸
          念等、内外環境は依然として不透明な状況であります。
           ウェディング業界におきましては、平成28年の婚姻件数が62万1千組(厚生労働省「平成28
          年 人口動態統計の年間推計」)と前年と比べ1万4千組減少しており、結婚適齢期人口の減
          少を背景に、挙式・披露宴件数は緩やかに減少傾向にあるものの、ゲストハウス・ウェディン
          グ市場は概ね底堅く推移しております。
           このような状況のもと、式場のスタイル、サービス内容で他社と差別化を図ることが難しく
          なるなかで、当社グループは「幸せと感動のために」という経営理念に基づき、パーソナルな
          ウェディングやサービスを提供すべく、スタッフの人間力・接客力向上を目的とした社内外の
          研修、独自の営業支援システムを活用した情報分析や集客力向上のための各施策に積極的に取
          組んでまいりました。
           また、ウェディング市場でのシェア拡大に向けて、多様化するお客さまのニーズ・期待に即
          応できる態勢とお客さまがお客さまをご紹介くださる好循環サイクルの紹介制度を活用し、売
          上高の拡大と収益力の向上に努めてまいりました。
           以上の結果、当連結会計年度の売上高は18,172百万円(前年同期比1.5%増)、営業利益は
          1,821百万円(同16.3%減)、経常利益は1,825百万円(同15.7%減)、親会社株主に帰属する
          当期純利益は1,319百万円(同1.6%減)となりました。
           なお、セグメント別の業績は次のとおりであります。
        ① 婚礼事業
           既存店の施行組数は増加しましたが、新規出店の開業費用の発生及び人件費等の増加により
          売上高は17,383百万円(前年同期比1.0%増)、営業利益は1,767百万円(同19.0%減)となり
          ました。
        ② 葬儀事業
           売上高は322百万円(前年同期比16.6%増)、営業利益は20百万円(前年同期は10百万円の
          営業損失)となりました。
        ③ 介護事業
           既存の3施設全ての入居率が90.0%を超えたこと等により、売上高は470百万円(前年同期
          比8.6%増)、営業利益は30百万円(前年同期は1百万円の営業利益)となりました。
       (2)キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度
         末に比べ1,641百万円(前年同期比30.6%減)減少し3,731百万円となりました。
          営業活動の結果得られた資金は1,197百万円(同53.9%減)となりました。
          投資活動の結果使用した資金は3,533百万円(前年同期は323百万円の支出)となりました。
          財務活動の結果得られた資金は694百万円(前年同期は1,347百万円の支出)となりました。
          なお、キャッシュ・フローの詳細は、「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの
         状況の分析(4)キャッシュ・フローの状況の分析」に記載のとおりであります。
                                  8/90






                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      2【施行、仕入、受注及び販売の状況】
       (1)施行実績
         当連結会計年度における施行実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                      当連結会計年度
                                    (自 平成28年11月1日
          セグメントの名称                           至 平成29年10月31日)
                               施行数                前年同期比(%)

     婚礼事業                                4,384組                    101.7
     葬儀事業                                 183件                   110.2

      (注) 介護事業については、該当事項はありません。
       (2)仕入実績

         当連結会計年度における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                      当連結会計年度
                                    (自 平成28年11月1日
          セグメントの名称                           至 平成29年10月31日)
                             仕入高(千円)                  前年同期比(%)

     婚礼事業                               4,244,461                     101.9
     葬儀事業                                108,888                    121.7

     介護事業                                 30,217                   103.1

             合計                        4,383,566                     102.3

      (注)1 仕入高には、消費税等は含まれておりません。
         2 セグメント間取引については、相殺消去しております。
       (3)受注実績

         当連結会計年度における婚礼事業の受注実績は、次のとおりであります。
                                      当連結会計年度
                                    (自 平成28年11月1日
          セグメントの名称                           至 平成29年10月31日)
                          受注数       前年同期比(%)           受注残高       前年同期比(%)

     婚礼事業                       4,602組          104.0        3,623組          106.4
      (注) 葬儀事業の受注実績は、受注を受けてから施行までの期間が短いため記載を省略しております。
       (4)販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                      当連結会計年度
                                    (自 平成28年11月1日
          セグメントの名称                           至 平成29年10月31日)
                             販売高(千円)                  前年同期比(%)

     婚礼事業                               17,378,384                     101.0
     葬儀事業                                322,906                    116.5

     介護事業                                470,863                    108.6

             合計                       18,172,154                     101.5

      (注)1 販売高には、消費税等は含まれておりません。
         2 セグメント間取引については、相殺消去しております。
                                  9/90


                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        (1)経営方針
           当社グループは、「私たちは お客さまの感動を通して 社会に貢献します」を企業グルー
          プの使命として掲げ、以下の信念と4ヶ条を経営理念としております。
           信念:幸せと感動のために

            一.誠実・信用・信頼
            一.私たちは、お客さまの幸せと感動のために、心あたたまるパーソナルウェディングを
              実現します
            一.私たちは、お客さまの幸せと感動のために、素直な心で互いに協力し良いことは即実
              行します
            一.私たちは、幸せと感動のために、国籍・宗教・性別・年齢・経験に関係なく能力を発
              揮する人財(ひと)にな                  り、素晴らしい未来を創るために挑戦します
           これは、お客さまの幸せと感動のために、誠実、信用、信頼を企業経営の根底に置き、お客

          さまの幸せと感動を追求し、人財を育成していく真摯な経営そのものを表現したものでありま
          す。当社グループは、経営理念に基づいた企業経営を行い、お客さまの感動を通して社会に貢
          献することを経営の基本方針とし、この方針をベースに、お客さまや株主の皆さまをはじめと
          したステークホルダーの方々の高いご期待に応える「感動創造カンパニー」を目指します。そ
          して、より一層の人財育成とお客さまのニーズの多様化に対応できる経営を志向することで、
          企業の継続的な発展と企業価値の向上を図ってまいります。
        (2)目標とする経営指標

           当社グループは、持続的な成長を図っていく方針であり、そのためには、経営資源の効果的
          な配分による利益率の向上と強固な財務基盤の構築が不可欠であると考えております。従いま
          して、収益性や投資効率については総資産経常利益率を、財務バランスについては自己資本比
          率を、それぞれ重要な経営指標と認識し、各指標の良化に努めております。
        (3)中長期的な会社の経営戦略

           当社グループは、ウェディング業界における環境変化に対応し、多様化するお客さまのニー
          ズを汲み取りながら、それぞれのお客さまに応じた挙式・披露宴を提供してまいりました。今
          後も、経営理念に基づいた戦略を立案し実行することにより顧客創造に努め、中長期的には、
          婚礼事業を柱として当社グループの強みを発揮できる分野への進出を国内外を問わず進めてい
          く方針であります。
           内部管理面では、健全で透明性の高い企業として市場から継続的に高い評価を得られるよ
          う、コーポレート・ガバナンス体制、内部統制システムの更なる充実、強化を推進していく方
          針であります。
        (4)経営環境及び対処すべき課題

          ① 現状の認識について
           国内のウェディング業界では、結婚適齢期人口の減少や晩婚化等を背景に、挙式・披露宴件
          数は、緩やかに減少傾向をたどっていくものと予想されます。しかし、伝統や格式にとらわれ
          ないオリジナルな挙式・披露宴志向の高まりによって、ゲストハウス・ウェディングの市場
          は、順調に拡大してきました。こうしたトレンドを踏まえ、専門式場がゲストハウス・ウェ
          ディングの形態へ進出してきたほか、ホテルのリニューアルや価格競争の激化等、競合状況は
          一段と厳しさが増してきております。介護業界では、高齢者のライフスタイルやニーズにあっ
          たサービスが求められており、様々な業種からの新規参入も相次いでおります。
                                 10/90





                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           こうした中、当社グループは、お客さまの意識の変化や業界・競合企業の動向を十分に踏ま

          え、お客さまに感動していただける心のこもったサービスを提供し、お客さまの感動を通して
          社会に貢献していく方針であります。このため、(イ)優秀な人財の確保と育成、(ロ)情報収集
          力・分析力の強化、(ハ)お客さまに関する安全対策の強化、(ニ)既存店のクオリティの維持・
          強化、(ホ)接客力・企画提案力の更なる向上、(ヘ)堅実な店舗展開、(ト)コーポレート・ガバ
          ナンスの強化の7項目を重要な課題としてかかげております。
           ② 課題への対応について

           (イ)優秀な人財の確保と育成
             当社グループでは、人は財産であるという考え方のもと、一般的な「人材」ではなく
            「人財」という表現に統一しております。
             当社グループは、優秀な人財の確保と育成が他社との差別化を図る重要なファクターと
            認識し、人財の確保と育成に鋭意努めてまいりました。具体的には、人財確保について
            は、全国規模の新卒採用活動や各出店エリアでの中途採用活動を実施し、当社グループが
            求める潜在能力や適性を有する人財を積極的に採用してまいりました。人財育成について
            は、理念の浸透を目的とした理念研修、お客さま満足度向上のための業務別の実務研修、
            業務知識・管理能力向上のための階層別研修等を組合せた研修体系により、当社グループ
            の成長につなげてまいりました。今後も採用活動の充実・強化と経営理念に基づいた社内
            外での研修を推進していくことによって、優秀な人財の確保と育成に努めていく方針であ
            ります。
           (ロ)情報収集力・分析力の強化

             当社グループは、環境の変化に対応して行くことが企業の永続性につながるものと認識
            しており、情報収集力・分析力の強化を重要な課題と位置づけております。このため、当
            社グループは、情報収集のチャネルを拡大すると共に社内及びグループ企業間における情
            報の共有を進めてまいりました。
             今後も、市場ニーズの変化に対応していくため、情報収集力・分析力の強化に努め、迅
            速な経営判断を行うことにより、企業価値の向上に努めていく方針であります。
           (ハ)お客さまに関する安全対策の強化

             当社グループは、お客さまに関する安全対策を強化するため、婚礼事業においては、平
            成21年8月に当社福岡支店において食品安全マネジメントシステムの国際規格であるIS
            O22000の認証を取得し、同支店と同水準の衛生管理体制の構築を全社横断的に推進
            してきたほか、ノロウイルスを原因とする食品事故を未然に防止するため、平成26年10月
            よりグループ全体で「次亜塩素酸水超音波噴霧器」を導入し、衛生管理体制の強化に努め
            てまいりました。また、介護事業においては、高齢者の方々にサービスを提供しているこ
            とから安全面の一層の強化に努め、マニュアルに基づいた従業員教育を徹底してまいりま
            した。
             今後も、諸規程やマニュアルの見直し、内部管理体制の強化、社外の専門家や監督官庁
            との連携により、安全対策の強化を更に進め、お客さまの期待に応えていく方針でありま
            す。
           (ニ)    既存店のクオリティの維持・強化

             当社グループは、長期・安定的な店舗運営を目指す観点から、既存店のクオリティの維
            持・強化を経営の重要な課題と認識しております。このため、当社グループでは、ハード
            面に関してはメンテナンスやリニューアルにより、ソフト面に関しては著名なシェフ、パ
            ティシエとの提携や社内外での研修等により、クオリティの維持・強化を図ってまいりま
            した。今後も、お客さまのニーズを反映したメンテナンスやリニューアルを継続的に実施
            することによって各施設のクオリティを維持・強化していくと共に、お客さまの声、現場
            の声、社内外での研修の成果をソフト面に反映させることによって、挙式・披露宴や介護
            サービス等の質の向上に努めていく方針であります。
                                 11/90



                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           (ホ)接客力・企画提案力の更なる向上

             当社グループは、経営理念に基づいた社内外での研修を通じて「人間力」アップを図
            り、現場での実践を通してホスピタリティを高め、情報の共有を図ることによりグループ
            全体のレベルを維持・改善しながら、お客さま感動へのお手伝いに努めてまいりました。
             今後も、「感動創造カンパニー」として、お客さま満足度の向上を図り、出店エリアに
            おいてお客さまから最も支持される「トップ・ブランド」を構築していくため、接客力・
            企画提案力の更なる向上に努めていく方針であります。
           (ヘ)堅実な店舗展開

             当社グループは、地域に根ざした長期・安定的な店舗運営を重要課題と認識し、地方都
            市を中心に堅実な店舗展開を進めてまいりました。今後も、首都圏等への進出も視野に入
            れ、人財育成とのバランスを図りながら過去の出店ペースを基本に出店してまいります
            が、中長期的には、婚礼事業を柱として当社グループの強みを発揮できる分野への進出を
            国内外を問わず進めていく方針であります。
           (ト)    コーポレート・ガバナンスの強化

             当社グループは、経営の監視機能及び内部統制機能の充実、コンプライアンス経営の徹
            底を通じて、企業価値の向上に努めることをコーポレート・ガバナンスの基本方針として
            定め、ステークホルダーの皆さまの信頼に応えてまいりました。今後もこの基本方針のも
            と、経営の効率性、透明性を高め、企業価値の最大化と持続的な成長、発展に努めていく
            方針であります。
                                 12/90













                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要
       な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したもの
       であります。
       (1)事業の内容について

         ① 市場について
          国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、わが国の結婚適齢期人口は減少傾向が継続
         すると予測されており、また挙式・披露宴を実施しないカップルや晩婚化というお客さまの意
         識の変化によっても、挙式・披露宴市場の規模が縮小していく可能性があると認識しておりま
         す。こうした中、当社は、接客力・企画提案力を更に向上させ、感動的な挙式・披露宴の提供
         に努めておりますが、想定を上回るスピードで市場が縮小し、受注が計画どおりに進まない場
         合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
         ② 競合について

          当社グループの主力事業が属しているウェディング業界では、ゲストハウス・ウェディング
         の需要が伸張していることを背景に、専門式場がゲストハウス・ウェディングの形態へ進出し
         てきたほか、ホテルのリニューアルや価格競争の激化等、取巻く環境は年々厳しさが増してお
         ります。この傾向は今後も継続していくものと考えられ、当社の出店エリアに有力な競合店が
         複数出店してきた場合には、更に競争が激化し受注に影響が生じるため、当社グループの業績
         に影響を与える可能性があります。
         ③ 婚礼スタイルについて

          当社は、時代のニーズをとらえ、平成12年9月に佐賀県鳥栖市においてゲストハウス・ウェ
         ディング事業を開始し、以降、店舗展開を進めてまいりました。今後も、時代のニーズやトレ
         ンドを把握し対応していく方針でありますが、20代、30代の若者を中心とする顧客層の間で婚
         礼スタイルに対する意識・嗜好に変化が生じ、ゲストハウス・ウェディングに代わる新たな婚
         礼スタイルが主流となることも想定されます。こうした婚礼スタイルの変化への対応に遅れが
         生じた場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
         ④ 人財の確保と育成について

          当社グループは、優秀な人財の確保と育成が他社との差別化を図る重要なファクターだと認
         識し、人財の育成と新卒及び中途の採用活動に積極的に取り組んでおります。特に人財の育成
         に関しては、経営理念に基づいた体系的な研修を実施することによってその強化を図っており
         ます。このように当社グループでは、優秀な人財の確保と育成を強化しておりますが、計画ど
         おりに確保と育成が進まない場合には、競争力の低下や事業拡大の制約要因となり、当社グ
         ループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
         ⑤ 出店について

          当社グループは、出店候補地の立地条件や商圏動向、競合企業の動向、地域特性、採算性及
         び設備投資の内容等を総合的に検討しながら店舗展開を行っておりますが、出店条件に合致す
         る物件が見つからない場合は、計画的な出店が進まず、当社グループの業績に影響を与える可
         能性があります。また、出店に際しては先行費用が発生するため、出店が集中した場合には短
         期的に業績に影響を与える可能性があります。当社グループが出店した店舗について、収益性
         が著しく低下し減損の認識がなされた場合には減損損失が発生し、財政状態及び経営成績等に
         影響を与える可能性があります。
         ⑥ 介護事業について

          当社グループは、平成24年12月に介護事業を開始しましたが、当該部門は、老人福祉法、介
         護保険法等の規制を受けており、法令等の改正による制度見直しや介護報酬の基準額の改定が
         実施されます。こうした制度見直しや料金体系の改定がなされた場合、その内容によっては当
         社グループの業績に影響を与える可能性があります。また、介護事業は、高齢者の方々を対象
         としているため、施設内における事故や感染の発生等を理由としたブランドイメージの低下に
         よって利用者が減少した場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
         ⑦ 海外事業について

          当社グループは、成長戦略の一環として平成29年1月、インドネシア共和国の首都ジャカル
         タに挙式・披露宴に関する企画・運営等のサービスの提供を行う現地法人を設立し、同年2月
                                 13/90

                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
         より営業活動を開始しております。関連地域における戦争やテロ、政治・社会・経済動向等の
         変化等、予期せぬ事象による事業活動への支障が生じた場合には、当社グループの業績に影響
         を 与える可能性があります。
       (2)法的規制について

         ① 衛生管理について
          当社は、挙式・披露宴時に料理や飲料を提供しているため、食品衛生法の規制を受けてお
         り、スタッフの日常の体調管理や調理工程の管理、臨時従業員まで含めた定期的な腸内細菌検
         査、ノロウイルス検査及び外部機関による定期的な消毒や検査等、全社レベルで体系的な衛生
         管理に努めております。こうした中、平成21年8月に当社福岡支店において食品安全マネジメ
         ントシステムの国際規格であるISO22000の認証を取得し、同支店と同水準の衛生管理
         体制の構築を全社横断的に推進しております。また、介護事業においても、食事を提供してい
         るため、当社と同様の衛生管理体制を整え、食品事故の未然防止に努めております。
          このように、当社グループは「安全・安心」を調理業務の最優先課題と位置づけ、食品事故
         の未然防止に努めておりますが、万一食中毒等の食品事故が発生した場合には、営業許可の取
         消しや営業の停止等を命ぜられるほか、社会的信用の低下、損害賠償請求の発生等により当社
         グループの業績に影響を与える可能性があります。
         ② 個人情報の管理について

          当社グループは、婚礼事業における新郎、新婦、ご親族、ゲストの方々、葬儀事業における
         喪主、喪家の方々、更に介護事業における入居者、ご家族の方々の個人情報をそれぞれ取扱っ
         ております。当社グループは、これらの個人情報を保護するため「個人情報管理規程」を制定
         し、個人情報の機密保持と個人情報の取扱いには細心の注意を払っておりますが、個人情報が
         外部に漏洩した場合には、風評被害が懸念される他、内容によっては当局からの勧告、命令、
         処罰を受ける対象となります。このような事態が発生した場合には、社会的信用の低下、損害
         賠償請求の発生等により当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
       (3)その他

         ① 感染症による影響について
          季節性インフルエンザ以外に、新型インフルエンザ等の感染症が広範囲に流行する可能性が
         わが国でも指摘されております。当社グループの施設には不特定多数のお客さまが来館される
         ため、全スタッフのうがい・手洗いを徹底し、予防接種を義務付け、罹患した場合は出勤停止
         の措置をとっております。介護施設においても、高齢者の方々がサービスを受けておられるた
         め、業務マニュアルの遵守を徹底しております。その他、施設内にアルコール消毒剤や除菌装
         置を備え置く等、当社グループの施設においでいただくお客さまへも注意を促しております。
         このように、当社グループでは感染症の予防対策に積極的に取り組んでおりますが、国内で深
         刻な感染症が大規模に流行し業務を中断せざるを得なくなった場合や介護施設において感染症
         が発生し拡大した場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
         ② 自然災害について

          当社グループは、国内17都市及びその近郊並びに海外1都市で事業を展開しておりますが、
         これらの出店地域において予測不能の地震・風水害等の自然災害が発生し、施設に影響が生
         じ、事業を中断せざるを得ない状況となった場合には、当社グループの財政状態及び経営成績
         等に影響を与える可能性があります。また、当社グループはこのような自然災害に備えて保険
         を付保しておりますが、損害額が保険金額を上回る場合には当社グループの財政状態及び経営
         成績等に影響を与える可能性があります。
      5【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 14/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであり
       ます。
       (1)重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に
        基づき作成されています。具体的には「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務
        諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しております。これ
        らの連結財務諸表の作成にあたって、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収
        益・費用の報告金額及び開示に影響を与える見積りについて、過去の実績等を勘案し合理的に判
        断していますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性の存在により、これらの見積りと異なる
        場合があります。
       (2)経営成績の分析

         当連結会計年度は、売上高18,172百万円(前年同期比1.5%増)、売上総利益9,827百万円(同
        0.4%増)、営業利益1,821百万円(同16.3%減)、経常利益1,825百万円(同15.7%減)、親会
        社株主に帰属する当期純利益1,319百万円(同1.6%減)となりました。
        ① 売上高
           婚礼事業の売上高は、170百万円(前年同期比1.0%増)増加し17,383百万円となりました。
          この主な要因は、既存店の施行組数が増加したこと等によるものであります。                                          なお、施行組数
          は4,384組(同1.7%増)、受注組数は4,602組(同4.0%増)、受注残高は3,623組(同6.4%
          増)と、全てにおいて過去最高を計上しました。
           葬儀事業の売上高は、45百万円(同16.6%増)増加し、322百万円となりました。
           介護事業の売上高は、37百万円(同8.6%増)増加し、470百万円となりました。
        ② 売上原価、売上総利益
           売上原価は、売上高の増加に伴い前連結会計年度に比べ224百万円(前年同期比2.8%増)増
          加し8,344百万円となりました。
           この結果、売上総利益は前連結会計年度に比べ35百万円(同0.4%増)増加し9,827百万円と
          なりました。
        ③ 販売費及び一般管理費、営業利益
           販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ391百万円(前年同期比5.1%増)増加し
          8,006百万円となりました。これは主に、新規出店の開業費用の発生及び人件費等の増加によ
          るものであります。なお、売上高に占める同比率は前連結会計年度に比べ1.6ポイント上昇し
          44.1%となりました。
           この結果、営業利益は前連結会計年度に比べ355百万円(同16.3%減)減少し1,821百万円と
          なりました。
                                 15/90






                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
        ④ 営業外収益及び営業外費用、経常利益
           営業外収益は、前連結会計年度に比べ12百万円(前年同期比57.9%増)増加し33百万円とな
          りました。また、営業外費用は、前連結会計年度に比べ1百万円(同5.9%減)減少し29百万
          円となりました。
           この結果、経常利益は前連結会計年度に比べ340百万円(同15.7%減)減少し1,825百万円と
          なりました。
        ⑤ 特別利益及び特別損失、税金等調整前当期純利益
           特別利益は、前連結会計年度に比べ12百万円(前年同期は0.4百万円)増加し13百万円とな
          りました。また、特別損失は、前連結会計年度に比べ15百万円(前年同期比31.3%減)減少し
          33百万円となりました。
           この結果、税金等調整前当期純利益は前連結会計年度に比べ312百万円(同14.8%減)減少
          し1,805百万円となりました。
        ⑥ 親会社株主に帰属する当期純利益
           税効果会計適用後の法人税等負担額は、前連結会計年度に比べ291百万円(前年同期比
          37.4%減)減少し486百万円となりました。
           以上の結果、親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度に比べ21百万円(同1.6%
          減)減少し1,319百万円となりました。
       (3)財政状態の分析

        ① 流動資産
           流動資産の残高は、前連結会計年度末に比べ1,541百万円減少し4,762百万円となりました。
          これは主に、現金及び預金が1,641百万円減少したことによるものであります。
        ② 固定資産
           固定資産の残高は、前連結会計年度末に比べ2,766百万円増加し15,045百万円となりまし
          た。これは主に、当連結会計年度(平成29年10月)に「ララシャンスOKAZAKI迎賓館」
          (岡崎支店)がオープンしたこと等により有形固定資産が1,473百万円、インドネシア子会社
          設立に伴う出資及び大阪支店の出店等により投資その他の資産その他が1,270百万円それぞれ
          増加したことによるものであります。
        ③ 流動負債
           流動負債の残高は、前連結会計年度末に比べ181百万円減少し3,985百万円となりました。こ
          れは主に、未払法人税等が219百万円減少したことによるものであります。
        ④ 固定負債
           固定負債の残高は、前連結会計年度末に比べ769百万円増加し5,114百万円となりました。こ
          れは主に、長期借入金が1,067百万円増加し、固定負債その他が331百万円減少したことによる
          ものであります。
        ⑤ 純資産
           純資産の残高は、           前連結会計年度末に比べ637百万円増加し10,708百万円となりました。こ
          れは主に、親会社株主に帰属する当期純利益1,319百万円の計上による増加と剰余金の配当359
          百万円による       減少の他、「信託型従業員持株会インセンティブ・プラン」の再導入による自己
          株式の取得及び処分を行い、自己株式が320百万円増加したことによるものであります。
                                 16/90





                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
       (4)キャッシュ・フローの状況の分析
         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末
        に比べ1,641百万円(前年同期比30.6%減)減少し3,731百万円となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりでありま
        す。
        ① 営業活動によるキャッシュ・フロー
           営業活動の結果得られた資金は、1,197百万円(前年同期比53.9%減)となりました。主な
          収入要因は、税金等調整前当期純利益1,805百万円及び減価償却費1,047百万円であり、主な支
          出要因は、法人税等の支払額746百万円であります。
        ② 投資活動によるキャッシュ・フロー
           投資活動の結果使用した資金は、3,533百万円(前年同期は323百万円の支出)となりまし
          た。これは主に、岡崎支店のオープン等に伴う有形固定資産の取得による支出2,280百万円、
          インドネシア子会社設立に伴う子会社株式の取得による支出380百万円であります。
        ③ 財務活動によるキャッシュ・フロー
           財務活動の結果得られた資金は、694百万円(前年同期は1,347百万円の支出)となりまし
          た。主な収入要因は、岡崎支店のオープン等のための長期借入れによる収入2,260百万円であ
          り、主な支出要因は、長期借入金の返済による支出1,127百万円及び自己株式の取得による支
          出459百万円であります。
       (5)経営成績に重要な影響を与える要因について

         当社グループは、競合の激化、婚礼スタイルの変化、出店条件に合致した候補地が見つからな
        いことによる出店計画の変更、介護事業の順調な展開等が経営成績に重要な影響を与える可能性
        があると認識しております。これらの要因に対処するため、お客さまのニーズに応じた感動の挙
        式・披露宴を提供する体制の強化、マーケットやトレンドの変化に関する情報収集体制の強化、
        不動産やM&A情報の収集検討体制の強化、お客さまの安全・安心を最優先する衛生管理体制の
        強化、介護事業の事業基盤の強化等に取り組んでおります。
       (6)経営者の問題認識と今後の方針について

         当社グループは、ウェディング業界における環境変化に対応し、多様化するお客さまのニーズ
        を汲み取りながら、それぞれのお客さまに応じた挙式・披露宴を提供してまいりました。今後
        も、経営理念に基づいた成長戦略を実行し顧客創造に努めるとともに、中長期的には、婚礼事業
        を柱としながら当社グループの強みを発揮できる分野への進出を国内外を問わず進め、お客さま
        の感動を通して社会に貢献する「感動創造カンパニー」を目指していく方針であります。
         内部管理面では、健全で透明性の高い企業として市場から継続的に高い評価を得られるよう、
        コーポレート・ガバナンス体制、内部統制システムの更なる充実、強化を推進していく方針であ
        ります。
                                 17/90






                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度における設備投資については、新店舗の開設、既存店の修繕・改装等を目的とし
       た設備投資を継続的に実施しております。
        当連結会計年度の設備投資(無形固定資産を含む)の総額は2,530百万円であり、セグメントご
       との設備投資について示すと、次のとおりであります。
       (1)婚礼事業
         当連結会計年度は、総額2,496百万円の設備投資(無形固定資産を含む)を実施しました。主
        な内訳は、岡崎支店の開設1,986百万円であります。
         なお、重要な設備の除却または売却はありません。
       (2)葬儀事業

         重要な設備の投資及び除却または売却はありません。
       (3)介護事業

         重要な設備の投資及び除却または売却はありません。
                                 18/90














                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      2【主要な設備の状況】
       (1)提出会社
                                                    平成29年10月31日現在
                                     帳簿価額(千円)
        事業所名
               セグメント                                          従業員数
       「店舗名」
                    設備の内容
                の名称          建物及び     機械装置     工具、器具      土地               (名)
       (所在地)                                       その他      合計
                          構築物    及び運搬具      及び備品
                                        (面積㎡)
       伊万里支店
      「伊万里迎賓館」
                                         151,562
                                                           35
       「ララシャンス
               婚礼事業     婚礼施設      471,870      14,084     12,423           4,512    654,453
                                         (2,423)                 〔31〕
        迎賓館」
      (佐賀県伊万里市)
        鳥栖支店
                                         834,947                  46
       「ララシャンス
               婚礼事業     婚礼施設
                          433,412      6,327     17,637            ―  1,292,325
       ベルアミー」
                                         (12,888)                 〔26〕
      (佐賀県鳥栖市)
        福岡支店
                                         465,231
       「ララシャンス                                                    90
               婚礼事業     婚礼施設     1,073,162      11,950     32,223           1,155   1,583,723
       博多の森」
                                         (14,660)                 〔43〕
      (福岡市博多区)
        富山支店
      「キャナルサイド                                      ―               63
               婚礼事業     婚礼施設      321,876      11,816     24,006           1,189    358,889
       ララシャンス」                                                    〔22〕
                                           (―)
      (富山県富山市)
        宮崎支店
       「ララシャンス                                     ―               16
               婚礼事業     婚礼施設      131,356      9,022     3,719          6,976    151,074
        迎賓館」
                                           (―)               〔15〕
      (宮崎県宮崎市)
        大分支店
                                         121,032
       「ララシャンス                                                    23
               婚礼事業     婚礼施設
                          191,885      9,919     8,817           340   331,993
        迎賓館」
                                         (10,909)                 〔19〕
      (大分県大分市)
        金沢支店
       「ララシャンス                                   170,717                  42
               婚礼事業     婚礼施設      711,361      9,184     17,994           4,468    913,725
       太陽の丘」
                                         (4,366)                 〔22〕
      (石川県金沢市)
        宮崎支店
       「プレジール                                     ―               27
               婚礼事業     婚礼施設      198,545      1,488     8,136           664   208,835
        迎賓館」
                                                          〔17〕
                                           (―)
      (宮崎県宮崎市)
       いわき支店
                                            ―               27
       「ララシャンス
               婚礼事業     婚礼施設
                          120,650      2,060     6,693           612   130,016
        いわき」
                                           (―)               〔17〕
      (福島県いわき市)
        高知支店
                                            ―
       「ララシャンス                                                    29
               婚礼事業     婚礼施設      339,827        0   8,035           761   348,624
        迎賓館」
                                           (―)               〔18〕
      (高知県高知市)
        福井支店
       「ララシャンス                                   189,666                  27
               婚礼事業     婚礼施設      463,913       455    7,953          5,872    667,861
       ベルアミー」
                                                          〔12〕
                                         (2,184)
      (福井県福井市)
        盛岡支店
       「ララシャンス                                     ―               29
               婚礼事業     婚礼施設      384,677      1,125     9,535          14,338     409,676
       ベルアミー」
                                           (―)               〔22〕
      (岩手県盛岡市)
        富山支店
       「キュイジーヌ
                    レストラン                        ―               13
       フランセーズ        婚礼事業           223,972        ―   3,164           345   227,482
                     施設                     (―)                〔9〕
       ラ・シャンス」
      (富山県富山市)
                                 19/90



                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
                                     帳簿価額(千円)
        事業所名
               セグメント                                          従業員数
       「店舗名」            設備の内容
                の名称          建物及び     機械装置     工具、器具      土地               (名)
       (所在地)                                       その他      合計
                          構築物    及び運搬具      及び備品     (面積㎡)
       佐世保支店
      「ハーバーテラス
                                            ―               26
       SASEBO        婚礼事業     婚礼施設      313,128      4,298     13,864            ―   331,291
                                                          〔22〕
                                           (―)
        迎賓館」
      (長崎県佐世保市)
       福岡東支店
      「スイート     ヴィラ
                                            ―               13
               婚礼事業     婚礼施設      130,411       900    5,668            ―   136,981
       ガーデン」
                                           (―)                〔1〕
       (福岡県糟屋郡
        久山町)
        広島支店
       「ララシャンス
                                            ―               62
      HIROSHIMA         婚礼事業     婚礼施設
                         1,653,756      10,483     35,342           3,589   1,703,171
                                           (―)               〔49〕
        迎賓館」
      (広島県広島市)
        岡崎支店
       「ララシャンス
                                            ―               32
       OKAZAKI         婚礼事業     複合施設     1,801,632      22,384     126,275           2,214   1,952,506
                                           (―)                〔4〕
        迎賓館」
      (愛知県岡崎市)
        伊万里店
       「アイケア
                                            ―               ―
       レジデンス
               介護事業     介護施設      203,701        ―    261          612   204,576
                                           (―)               〔―〕
        伊万里」
      (佐賀県伊万里市)
        福岡本部
                                          37,140                 42
       (福岡県糟屋郡          ―   本部施設      39,085       0   10,060          25,718     112,004
                                          (763)                〔1〕
        志免町)
      (注)1 帳簿価額のうち「その他」は、無形固定資産であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。
         2 提出会社の連結子会社であるアイケア株式会社に対し、介護施設の伊万里店(アイケアレジデンス伊万里)
           を賃貸しております。
         3 現在休止中の主要な設備はありません。
         4 従業員数欄の〔外書〕は、アルバイトの年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
         5 上記の他、連結会社以外からの主要な賃借として、以下のものがあります。
             事業所名
             「店舗名」               セグメントの名称             設備の内容            面積(㎡)
             (所在地)
             伊万里支店
           「伊万里迎賓館」
                             婚礼事業             土地
                                                          8,266
          「ララシャンス迎賓館」
           (佐賀県伊万里市)
             福岡支店
          「ララシャンス博多の森」
                             婚礼事業             土地                9,113
           (福岡市博多区)
             富山支店
        「キャナルサイド ララシャンス」
                             婚礼事業             土地                9,339
           (富山県富山市)
             宮崎支店
          「ララシャンス迎賓館」                   婚礼事業             土地                5,525
           (宮崎県宮崎市)
             金沢支店
          「ララシャンス太陽の丘」                   婚礼事業             土地                5,726
           (石川県金沢市)
             宮崎支店
          「プレジール迎賓館」                  婚礼事業             土地
                                                          2,976
           (宮崎県宮崎市)
                                 20/90



                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
             事業所名

             「店舗名」               セグメントの名称             設備の内容            面積(㎡)
             (所在地)
             いわき支店
          「ララシャンスいわき」                   婚礼事業             土地                20,312
           (福島県いわき市)
             高知支店
          「ララシャンス迎賓館」                   婚礼事業             土地
                                                          5,508
           (高知県高知市)
             福井支店
         「ララシャンス ベルアミー」                    婚礼事業             土地
                                                          8,305
           (福井県福井市)
             盛岡支店
         「ララシャンス ベルアミー」
                             婚礼事業             土地                11,572
           (岩手県盛岡市)
             富山支店
         「キュイジーヌ      フランセーズ
                             婚礼事業             土地                 846
            ラ・シャンス」
           (富山県富山市)
             佐世保支店
       「ハーバーテラスSASEBO迎賓館」
                             婚礼事業            婚礼施設                 2,761
           (長崎県佐世保市)
             福岡東支店
         「スイート     ヴィラ   ガーデン」
                             婚礼事業            婚礼施設                 2,693
          (福岡県糟屋郡久山町)
             広島支店
      「ララシャンスHIROSHIMA迎賓館」                       婚礼事業             土地
                                                          7,467
           (広島県広島市)
             岡崎支店
       「ララシャンスOKAZAKI迎賓館」                      婚礼事業             土地
                                                          6,816
           (愛知県岡崎市)
             伊万里店
         「アイケアレジデンス伊万里」
                             介護事業             土地                2,359
           (佐賀県伊万里市)
       (2)国内子会社

                                                    平成29年10月31日現在
                                        帳簿価額(千円)
               事業所名
                     セグメント      設備の                              従業員数
       会社名       「店舗名」                     機械装置     工具、
                      の名称     内容                 土地
                               建物及び                          (名)
              (所在地)                      及び   器具及び         その他     合計
                               構築物            (面積㎡)
                                    運搬具     備品
               伊万里店
             「伊万里セレモニー                                  ―
                                                           12
                      葬儀事業     葬儀施設    139,483     4,165    4,508         291   148,447
               ホール」
                                             (―)             〔5〕
             (佐賀県伊万里市)
               山代店
             「セレモニーホール                                  ―             ―
                      葬儀事業     葬儀施設     30,551      ―    25         19   30,596
     ㈱極楽        シオン・山代」                                (―)             〔―〕
             (佐賀県伊万里市)
               有田店
             「有田セレモニー
                                              ―             ―
               ホール」
                      葬儀事業     葬儀施設     53,333      0    48       5,760    59,142
                                             (―)             〔―〕
             (佐賀県西松浦郡
               有田町)
                                 21/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
                                        帳簿価額(千円)
               事業所名
                     セグメント      設備の                              従業員数
       会社名       「店舗名」                     機械装置     工具、
                                             土地
                      の名称     内容    建物及び                          (名)
              (所在地)                      及び   器具及び         その他     合計
                               構築物            (面積㎡)
                                    運搬具     備品
               伊万里店
            「アイケアレジデンス                                  ―
                                                           21
                      介護事業     介護施設     23,881      256   3,550         1,330    29,019
               伊万里」
                                             (―)             〔7〕
             (佐賀県伊万里市)
               佐賀店
     アイケア㈱       「アイケアレジデンス                                  ―            22
                      介護事業     介護施設    285,833      469   3,399         865   290,567
               佐賀」                                           〔7〕
                                             (―)
             (佐賀県佐賀市)
               唐津店
                                              ―            20
             「アイケア東唐津」         介護事業     介護施設
                               217,663      495   3,046          ―  221,204
                                             (―)             〔7〕
             (佐賀県唐津市)
      (注)1 帳簿価額のうち「その他」は、無形固定資産であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。
         2 アイケア株式会社は、提出会社であるアイ・ケイ・ケイ株式会社より介護施設の伊万里店(アイケアレジデ
           ンス伊万里)を賃借しております。
         3 現在休止中の主要な設備はありません。
         4 従業員数欄の〔外書〕は、アルバイトの年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
         5 上記の他、連結会社以外からの主要な賃借として、以下のものがあります。
                      事業所名
                      「店舗名」
         会社名                        セグメントの名称            設備の内容         面積(㎡)
                      (所在地)
                      伊万里店
                  「伊万里セレモニーホール」
                                   葬儀事業           土地            5,887
                    (佐賀県伊万里市)
                       山代店
                 「セレモニーホール シオン・山代」                  葬儀事業           土地            5,000
     ㈱極楽
                    (佐賀県伊万里市)
                       有田店
                   「有田セレモニーホール」                葬儀事業           土地            5,057
                   (佐賀県西松浦郡有田町)
                       佐賀店
                  「アイケアレジデンス佐賀」                 介護事業           土地            1,375
                     (佐賀県佐賀市)
     アイケア㈱
                       唐津店
                    「アイケア東唐津」               介護事業           土地
                                                          1,117
                     (佐賀県唐津市)
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
                              投資予定額
           事業所名
                セグメント                                  完了予定      完成後の
     会社名     「店舗名」            設備の内容               資金調達方法       着手年月
                             総額    既支払額
                 の名称                                  年月     増加能力
          (所在地)
                            (千円)    (千円)
           大阪支店
          「キャッスル
     提出会社      ガーデン      婚礼事業     レストラン施設       987,055     740,291     自己資金     平成29年4月      平成29年11月      1レストラン
          OSAKA」
         (大阪府大阪市)
      (注)上記の金額に消費税等は含まれておりません。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 22/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      96,000,000
                  計                                     96,000,000
        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数            提出日現在発行数          上場金融商品取引所名
        種類         (株)           (株)        又は登録認可金融商品                 内容
              (平成29年10月31日)           (平成30年1月30日)             取引業協会名
                                                単元株式数 100株
                                      東京証券取引所          完全議決権株式であり、権
       普通株式            29,956,800           29,956,800
                                      (市場第一部)          利内容に何ら限定のない当
                                                社における標準の株式
        計          29,956,800           29,956,800           -            -
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

            該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

            該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成25年4月1日
                   7,437,000       14,874,000           -     342,342          -     345,998
     (注)1
     平成24年11月1日~
     平成25年10月31日               65,200     14,939,200          5,293      347,635        5,293      351,291
     (注)2
     平成25年11月1日~
     平成26年10月31日
                     20,400     14,959,600          2,112      349,748        2,112      353,404
     (注)2
     平成27年5月1日
                   14,959,600       29,919,200
                                     -     349,748          -     353,404
     (注)3
     平成26年11月1日~
                     20,000     29,939,200           895     350,643         895     354,299
     平成27年10月31日
     (注)2
     平成27年11月1日~
     平成28年10月31日               10,400     29,949,600           598     351,241         598     354,897
     (注)2
     平成28年11月1日~
     平成29年10月31日                7,200     29,956,800           414     351,655         414     355,311
     (注)2
     (注)1 平成25年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合をもって分割いたしました。これに伴い、発行済株式総
          数は、7,437,000株増加し、14,874,000株となっております。
        2 新株予約権の行使による増加であります。
                                 23/90


                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
        3   平成27年5月1日付で普通株式1株につき2株の割合をもって分割いたしました。これに伴い、発行済株式総
          数は、14,959,600株増加し、29,919,200株となっております。
       (6)【所有者別状況】

                                                  平成29年10月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数 100株)

                                                        単元未満
                                                        株式の
        区分      政府及び                       外国法人等
                         金融商品     その他の                 個人          状況
               地方公共     金融機関                                計
                         取引業者      法人               その他          (株)
                団体                    個人以外      個人
     株主数(人)            -     23     22     72     52     10   12,961     13,140       -

     所有株式数
                                                   299,549
                  -   46,473      1,588     82,135     11,271       21   158,061           1,900
     (単元)
     所有株式数の割合
                  -    15.51      0.53     27.42      3.76     0.01     52.77      100     -
     (%)
     (注) 自己株式542,444株のうち、アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託が所有する当社株式は「金融機関」に5,407
         単元、当社所有の自己株式は「個人その他」に17単元、「単元未満株式の状況」に44株含まれております。
       (7)【大株主の状況】

                                                  平成29年10月31日現在
                                                      発行済株式
                                               所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                       住所
                                                (株)      所有株式数
                                                      の割合(%)
                       佐賀県伊万里市新天町466-11                         7,840,000         26.17

     株式会社エム・ケイ・パートナーズ
                                                5,830,500         19.46
     金子 和斗志                  佐賀県伊万里市
                                                2,925,800          9.76
     金子 晴美                  佐賀県伊万里市
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                         1,531,100          5.11
     株式会社(信託口)
                       福岡県糟屋郡志免町片峰3丁目6-5                         1,136,100          3.79
     アイ・ケイ・ケイ従業員持株会
     特定有価証券信託受託者 
                       東京都港区西新橋1丁目3-1                          900,000         3.00
     株式会社SMBC信託銀行
                       福岡県糟屋郡志免町片峰3丁目6-5                          674,500         2.25
     アイ・ケイ・ケイ取引先持株会
     野村信託銀行株式会社(アイ・ケ
                       東京都千代田区大手町2丁目2-2                          540,700         1.80
     イ・ケイ従業員持株会専用信託口)
                                                 396,000         1.32
     金子 和枝                  佐賀県伊万里市
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                       東京都港区浜松町2丁目11-3                          318,900         1.06
     会社(信託口)
                                  -              22,093,600          73.75
             計
     (注) 特定有価証券信託受託者株式会社SMBC信託銀行の実質保有者は、金子美枝及び金子和代であります。
                                 24/90






                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年10月31日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -           -              -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -              -

     議決権制限株式(その他)                     -           -              -

                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                -              -
                      普通株式           1,700
     完全議決権株式(その他)                普通株式 29,953,200                  299,532            -
                      普通株式           1,900
     単元未満株式                                -              -
     発行済株式総数                      29,956,800           -              -

     総株主の議決権                     -             299,532            -

      (注)1 「完全議決権株式(その他)」欄の株式数には、アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託が所有する当社
           株式540,700株(議決権5,407個)が含まれております。
         2 「単元未満株式」欄の株式数には、当社所有の自己株式44株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年10月31日現在
                                                      発行済株式

                                 自己名義       他人名義       所有株式数
                                                      総数に対する
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
                                                      所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
     (自己保有株式)             佐賀県伊万里市新天町722
                                    1,700         -      1,700        0.00
     アイ・ケイ・ケイ株式会社             番地5
           計             -           1,700         -      1,700        0.00
      (注)     上記には、アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託が所有する当社株式540,700株を含めておりません。
       (9)【ストックオプション制度の内容】

            該当事項はありません。
                                 25/90








                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
       (10)【従業員株式所有制度の内容】
         アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託
         ①  従業員株式所有制度の概要
            当社は、当社グループ従業員に対する当社の中長期的な企業価値向上へのインセンティブ
           の付与を目的として、「信託型従業員持株インセンティブ・プラン                                    (E-Ship®)       」(以下
           「本プラン」という。)を再導入しております。
            本プランは、「アイ・ケイ・ケイ従業員持株会」(以下、「持株会」という。)に加入す
           る全ての従業員を対象とするインセンティブ・プランです。本プランでは、当社が信託銀行
           に「アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託」(以下、「従持信託」という。)を設定し、
           その設定後3年6ヶ月にわたり持株会が取得すると見込まれる数の当社株式を予め取得しま
           す。その後は、従持信託から持株会に対して継続的に当社株式の売却が行われると共に、信
           託終了時点で従持信託内に株式売却益相当額が累積した場合には、当該株式売却益相当額が
           残余財産として受益者適格要件を満たす者に分配されます。なお、当社は、従持信託が当社
           株式を取得するための借入に対し保証をすることになるため、当社株価の下落により従持信
           託内に株式売却損相当額が累積し、信託終了時点において従持信託内に当該株式売却損相当
           の借入金残債がある場合は、保証契約に基づき、当社が当該残債を弁済することになりま
           す。
            <従持信託の概要>
             (1)委託者:当社
             (2)受託者:野村信託銀行株式会社
             (3)受益者:受益者適格要件を満たす者(受益権確定事由の発生後一定の手続を経て存
                    在するに至ります。)
             (4)信託契約日 平成28年12月22日
             (5)信託の期間 平成28年12月22日〜平成32年6月24日
             (6)信託の目的 持株会に対する安定的かつ継続的な株式の供給及び受益者適格要件を
                       満たす者への信託財産の交付
         ②  従業員持株会に取得させる予定の株式の総数

           673,500株
         ③  当該従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

           当社持株会の会員又は会員であった者のうち所定の要件を充足する者
                                 26/90








                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第3号による普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

            該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

            該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(千円)
      当事業年度における取得自己株式                                   673,500             459,327
      当期間における取得自己株式                                      -             -
      (注)「    当期間における取得自己株式             」には、平成30年1月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式は含めておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                    当期間
             区分
                                  処分価額の総額                   処分価額の総額
                         株式数(株)                   株式数(株)
                                   (千円)                   (千円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己
                               -         -         -         -
     株式
     消却の処分を行った取得自己株式                          -         -         -         -
     合併、株式交換、会社分割に係る移転
                               -         -         -         -
     を行った取得自己株式
     その他(    アイ・ケイ・ケイ従業員持株
     会専用信託から当社従業員持株会への                       540,200         380,661          35,300         29,255
     売却)
     保有自己株式数                       542,444            -       507,144            -
      (注)1 「保有自己株式数」には、当社保有の自己株式のほかにアイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託が所有する
           当社株式を含めております。
            当事業年度 540,700株 当期間 505,400株
         2 当期間における「その他(アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託から当社従業員持株会への売却)」に
           は、平成30年1月1日から有価証券報告書提出日までのアイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託から当社従
           業員持株会へ売却した株式は含めておりません。
         3 当期間における「保有自己株式数」には、平成30年1月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式
           の買取り、売渡し及びアイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託から当社従業員持株会へ売却した株式は含め
           ておりません。
                                 27/90






                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主の皆さまに対する利益還元を経営の重要課題のひとつと認識し、将来の事業展開と
       経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、経営成績に応じた配当を実施していく方針
       であります。剰余金の配当を行う場合は年1回期末での配当を基本方針としており、配当の決定機
       関は、株主総会であります。当事業年度の配当につきましては、上記方針のもと、1株当たり12円
       と決定いたしました。
        なお、内部留保の使途につきましては、今後の当社の事業展開を見据えた中長期的な投資原資と
       して、主に設備資金に充当していくこととしております。
        当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当を取締役会の決議により行うことができる旨を
       定款に定めております。
      (注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。
                                 配当金の総額               1株当たり配当額
              決議年月日
                                 (百万円)                  (円)
     平成30年1月30日
                                          359                12.0
     定時株主総会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第18期         第19期         第20期         第21期         第22期
       決算年月        平成25年10月         平成26年10月         平成27年10月         平成28年10月         平成29年10月

                    1,728                   1,575
       最高(円)                        948                   700         903
                    ※1,055                    ※685
                     708                   877
       最低(円)                        710                   507         560
                     ※644                   ※471
      (注)1      最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。当社株式は、平成25年1月21日付
           で東京証券取引所市場第一部銘柄に指定されております。なお、第18期の※印は、株式分割(平成25年4月
           1日、1株につき2株)による権利落後の最高・最低株価を示しております。
         2 第20期の※印は、株式分割(平成27年5月1日、1株につき2株)による権利落後の最高・最低株価を示し
           ております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
        月別      平成29年5月          6月        7月        8月        9月        10月
       最高(円)             790        818        845        845        885        903
       最低(円)             743        743        779        807        796        868

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                 28/90







                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
       男性8名 女性3名(役員のうち女性の比率27.3%)
                                                        所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日                略歴             任期
                                                         (株)
                              昭和49年10月      金子興業㈱(現㈱アイ・エス)入社
                              昭和49年12月      同社取締役
                              昭和56年12月      同社代表取締役
                              平成7年9月      ㈱九州積善社(現㈱極楽)代表取締役
                                    社長(現任)
     代表取締役
                              平成7年11月
                                    当社代表取締役社長(現任)
           -   金 子 和斗志       昭和27年3月26日                              (注)4     5,830,500
      社長
                              平成24年12月
                                    アイケア㈱取締役(現任)
                              平成29年1月
                                    PT INTERNATIONAL      KANSHA   KANDOU
                                    INDONESIA    取締役(現任)
                              平成29年6月
                                    ㈱力の源ホールディングス社外取締役
                                    (現任)
                              昭和56年5月      ㈱ビジネスホテルかねこ(現㈱アイ・
                                    エス)入社
                              昭和63年3月      同社取締役
                              平成7年11月      当社取締役衣裳部長
                               同上    ㈱アイ・ケイ・ケイ不動産(現㈱ア
                                    イ・エス)代表取締役
          衣裳担当兼
     常務取締役          金 子 晴 美       昭和31年3月2日        平成8年2月      ㈱九州公善社(現㈱極楽)取締役
                                                   (注)4     2,925,800
           部長
                              平成25年1月      当社常務取締役衣裳部長
                              平成28年7月      ㈱アイ・エス代表取締役社長(現任)
                               同上    ㈱エム・ケイ・パートナーズ代表取締
                                    役社長(現任)
                              平成30年1月      当社常務取締役衣裳担当兼部長(現
                                    任)
                              昭和62年9月      ㈱ビジネスホテルかねこ(現㈱アイ・
                                    エス)入社
                              平成7年11月      当社入社
                              平成9年9月      当社取締役調理部長
                              平成12年10月      ㈱極楽監査役
          管理担当兼
                              平成23年1月      ㈱極楽取締役
     常務取締役          松 本 正 紀       昭和30年2月21日                              (注)4      239,200
          調理担当                    平成24年12月      アイケア㈱取締役
                              平成25年1月      当社常務取締役調理部長
                              平成26年1月
                                    ㈱極楽監査役(現任)
                               同上
                                    アイケア㈱監査役(現任)
                              平成29年1月
                                    当社常務取締役管理担当兼調理担当
                                    (現任)
                              平成4年4月      アイ・ケイ・ケイ㈱(現㈱アイ・エ
                                    ス)入社
                              平成7年11月      当社入社
                              平成14年10月      当社鳥栖支店支配人
                              平成15年5月      当社総支配人
                              平成17年4月      当社営業部長
          関連事業
                              平成18年5月      当社取締役
      取締役    開発担当兼     寺 澤 大 輔       昭和43年4月19日                              (注)4      89,300
                              平成18年6月      当社取締役人事部長
           部長
                              平成19年2月      当社取締役人事部長
                              平成24年2月      当社取締役経営企画部長
                              平成24年12月      アイケア㈱代表取締役社長(現任)
                              平成25年4月
                                    当社取締役関連事業開発部長
                              平成30年1月
                                    当社取締役関連事業開発担当兼部長
                                    (現任)
                              平成11年4月      当社入社
                              平成16年4月      当社鳥栖支店支配人代理
                              平成17年2月      当社富山支店支配人
                              平成19年1月      当社富山支店総支配人代理
                              平成19年7月      当社営業部長
          海外事業
                              平成22年1月      当社取締役営業部長
      取締役         菊 池 旭 貢       昭和52年3月3日                              (注)4      44,500
          開発担当
                              平成25年4月      当社取締役営業企画部長
                              平成27年1月      当社取締役営業担当兼営業企画部長
                              平成29年1月      当社取締役海外事業開発部長
                               同上    PT INTERNATIONAL      KANSHA   KANDOU
                                    INDONESIA    代表取締役社長(現任)
                              平成30年1月
                                    当社取締役海外事業開発担当           (現任)
                                 29/90



                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日                             任期
                                       略歴
                                                         (株)
                              平成11年6月      ㈱西日本銀行(現㈱西日本シティ銀
                                    行)原中央支店長
                              平成12年10月      同行本店営業部部付部長
                              平成15年9月      西銀ターンアラウンド・パートナーズ
      取締役      -   小 宮 秀 一       昭和23年6月24日              ㈱代表取締役出向                (注)4      12,400
                              平成18年6月      西日本不動産開発㈱常務取締役
                              平成21年6月      西日本不動産開発㈱顧問
                              平成23年1月      当社常勤監査役
                              平成27年1月      当社取締役(現任)
                              平成16年6月      ㈱佐賀銀行武雄支店長
                              平成18年6月      同行執行役員武雄支店長
                              平成19年6月      同行執行役員鳥栖エリア長兼鳥栖支店
                                    長兼鳥栖北支店長
      取締役      -   田 中   修       昭和27年9月7日                              (注)4      4,000
                              平成21年6月      同行人事企画部付常盤商事㈱出向
                              平成22年6月      常盤商事㈱転籍、統括理事
                              平成28年1月
                                    当社取締役(現任)
                              昭和55年4月      ㈱福岡銀行入行
                              平成16年10月      同行北野支店長
     常勤監査
           -   諸 富 順 次       昭和32年12月22日        平成19年4月      同行五月橋支店長                (注)5      5,300
     役
                              平成25年4月      同行監査部業務役
                              平成27年1月
                                    当社常勤監査役(現任)
                              昭和55年4月      日商岩井㈱(現双日㈱)入社
                              平成9年6月      白石公認会計士事務所入所
                              平成11年11月      税理士登録
                              平成12年9月      藤田ひろみ税理士事務所開設
                              平成18年5月      ㈲ビギン代表取締役(現任)
      監査役         藤 田 ひろみ       昭和35年3月8日
           -                                        (注)5      4,000
                              平成26年11月      税理士法人優和パートナーズ           (現  税理
                                    士法人さくら優和パートナーズ            ) 代表
                                    社員(現任)
                              平成27年1月
                                    当社監査役(現任)
                              平成8年6月      税理士登録
                               同上    楠典子税理士事務所開設
                              平成14年6月      税理士法人シオン代表社員
      監査役         楠   典 子       昭和40年2月7日
           -                                        (注)5      4,000
                              平成18年12月      ㈱くすのき代表取締役(現任)
                              平成20年10月      楠典子税理士事務所再開設(現任)
                              平成27年1月      当社監査役(現任)
                              平成14年11月      新日本監査法人(現新日本有限責任監
                                    査法人)入社
                              平成19年1月      公認会計士登録
                              平成25年7月      伊藤産業㈱取締役管理本部長
      監査役      -   伊 藤 晴 輝       昭和52年9月4日                              (注)5      2,400
                              平成26年10月      フードビズサポート合同会社代表社員
                                    (現任)
                              平成27年1月      当社監査役(現任)
                              平成29年4月
                                    伊藤産業㈱代表取締役社長(現任)
                              計                           9,161,400
      (注)1 取締役 小宮秀一及び田中修は、社外取締役であります。
         2 監査役 諸富順次、藤田ひろみ、楠典子及び伊藤晴輝は、社外監査役であります。
         3 取締役 金子晴美は、代表取締役社長 金子和斗志の配偶者であります。
         4 平成30年1月30日開催の定時株主総会終結の時から1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する
           定時株主総会終結の時までであります。
         5 平成27年1月29日開催の定時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する
           定時株主総会終結の時までであります。
                                 30/90





                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
           (コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方)
            当社グループは、「私たちは                 お客さまの感動を通して              社会に貢献します」を企業グルー
           プの使命として掲げ、
            信念:幸せと感動のために
            一.誠実・信用・信頼
            一.私たちは、お客さまの幸せと感動のために、心あたたまるパーソナルウェディングを
              実現します
            一.私たちは、お客さまの幸せと感動のために、素直な心で互いに協力し良いことは即実
              行します
            一.私たちは、幸せと感動のために、国籍・宗教・性別・年齢・経験に関係なく能力を発
              揮する人財(ひと)になり、素晴らしい未来を創るために挑戦します
           を経営理念としております。これは、お客さまの幸せと感動のために、誠実・信用・信頼を
           企業経営の根底に置き、お客さまの幸せと感動を追求し、人財を育成していく真摯な経営そ
           のものを表現したものであります。当社グループは、経営理念に基づいた企業経営を行い、
           お客さまの感動を通して社会に貢献することを経営の基本方針とし、「感動創造カンパ
           ニー」を目指しております。その実現のためには、公正で透明性の高い経営を行い、企業価
           値を継続的に高め企業の社会的責任(CSR)を果たし、当社の全ての利害関係者(ステー
           クホルダー)から信頼を得ることが不可欠であると考えております。このような観点から、
           経営の監視機能及び内部統制機能の充実、コンプライアンス経営の徹底を重要課題として取
           り組み、企業価値の向上に努めることをコーポレート・ガバナンスの基本方針としておりま
           す。今後もこの基本方針のもと、企業統治の充実に向け、以下の体制で取り組んでまいりま
           す。
           ① 企業統治の体制

           (イ)企業統治の体制の概要
             (a)取締役会、監査役会
               取締役会は毎月1回定例的に開催し、経営の重要事項についての決定や、業務執行
              の監督をしております。取締役会は取締役7名で構成しております。そのうち2名は
              社外取締役であり、取締役会での意思決定に客観的な視点を取り入れております。そ
              のほか監査役4名も出席し、適宜意見を述べ経営監視に努めております。また、必要
              に応じ臨時の取締役会を開催しております。
               監査役会は毎月1回定例的に開催し、取締役の業務執行を監査しております。監査
              役会は4名で構成しております。その4名は全て社外監査役であり、独立した立場か
              ら監査を行っております。また、必要に応じ臨時の監査役会を開催しております。
             (b)経営会議
               当社では原則週1回月曜日に開催し、常勤取締役、常勤監査役、部長、内部監査室
              長等から構成され、重要案件の審議、取締役会決定事項の具体策、新施策やリスク対
              応等を協議し、経営の迅速化を図っております。
             (c)取締役の定数
               当社の取締役は10名以内とする旨を定款に定めております。
             (d)取締役の選任の決議要件
               当社の取締役の選任は、株主総会において議決権を行使することができる株主の議
              決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び
              累積投票によらない旨を定款に定めております。
                                 31/90



                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
             (e)責任限定契約の内容
               当社は、会社法第427条第1項に基づき、取締役(業務執行取締役等であるものを
              除く。)及び監査役との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定す
              る契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める
              額としております。
             (f)自己株式の取得
               当社は自己株式の取得について、経済情勢の変化に対応した機動的な経営を可能と
              するため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引
              等により自己株式を取得することができる旨を定款に定めております。
             (g)中間配当
               当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定に基
              づき、取締役会決議により、毎年4月30日の最終の株主名簿に記載または記録された
              株主または登録株式質権者に対し中間配当を行うことができる旨を定款に定めており
              ます。
             (h)株主総会の特別決議要件
               当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、定款に
              別段の定めがある場合を除き議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1
              以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定め
              ております。
               これは株主総会の特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営
              を行うことを目的とするものであります。
           (ロ)当該体制を採用している理由

              取締役会の合議制による意思決定と監査役会による監査機能により、経営の監視、監
             督面が十分に機能すると判断し、現体制を採用しております。
           (ハ)当社のコーポレート・ガバナンス体制模式図

              当社の機関及び内部統制システムを図示すると、次のとおりであります。
                                 32/90










                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           (ニ)内部統制システムの整備状況
               取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他会
              社の業務の適正を確保するための体制についての決定内容の概要は以下のとおりであ
              ります。
             (a)当企業集団の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保
              するための体制
             (ⅰ)当企業集団の取締役及び使用人の職務執行が法令及び定款に適合するよう、経営
                理念、行動憲章、「コンプライアンス規程」をはじめとする経営基本規程の他、組
                織運営、業務運営のための規程、マニュアル、通達等を定め、研修、諸会議、社内
                回覧等により社内徹底を図り、これを遵守する体制を構築し運営する。また、内部
                監査を通じ、使用人の職務執行の法令、定款、社内規程等の適合性を点検する。
             (ⅱ)当企業集団の取締役の職務執行を監督するために、毎月1回の定時取締役会及び
                必要に応じ開催される臨時取締役会において、各取締役はそれぞれの職務の執行状
                況を報告すると共に、他の取締役の職務執行状況を相互に監視する。また、監査役
                も取締役会、その他の会議出席を通じ、取締役の職務執行状況を監視する。
             (ⅲ)「内部通報者保護規程」に基づき、社内での相互監視システムと通報者の保護を
                確立することにより、取締役と使用人の職務執行の適法性を確保する。
             (ⅳ)当企業集団の取締役は、反社会的勢力からの不当な要求に対して毅然とした態度
                で臨み、関係機関との連携や組織一体となった対応を図るなどして、これらの勢力
                との一切の関係を遮断する。
             (b)   当企業集団の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
               当企業集団は、法令及び「文書管理規程」、「情報管理規程」、「個人情報管理規
              程」等社内規程に基づき適切に保管管理を行い、取締役及び監査役はこれを常時閲覧
              することができる体制を構築し運用する。
             (c)   当企業集団の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
               当企業集団は、「リスク管理規程」及び「危機管理規程」に基づき、当企業集団の
              経営に悪影響を及ぼす虞のある事態(重大なコンプライアンス違反、甚大な被害が生
              じた災害、重大な食品事故等)に対しその適切な対応を行う。有事の際には、当社社
              長を本部長とする対策本部を設置し、情報連絡体制を整え、必要に応じ外部専門家も
              対策本部に加える等損害を極小化する体制を構築し運用する。
             (d)   当企業集団の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
               原則月1回の定時取締役会や、必要に応じて臨時取締役会を開催し、重要な業務執
              行の決定や取締役の職務執行状況の報告を受ける。加えて原則毎週1回経営会議を開
              催し、具体的な業務の状況や諸問題に対応した機動的な業務の処理を行う体制を構築
              し運用する。また、「組織規程」、「業務分掌規程」、「職務権限規程」による適切
              な権限の委譲を行うことにより、効率的な取締役の職務の執行を行う。
             (e)   当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
             (ⅰ)当社は、子会社の自主性及び独立性を尊重しつつ、子会社の業務内容の定期的な
                報告を受け、重要案件についてはその内容について事前協議を行い、子会社の取締
                役会にて協議すること等により、子会社の取締役の職務の執行の効率性を確保す
                る。
             (ⅱ)当社が定める「関係会社管理規程」に基づき、子会社の営業成績、財務状況その
                他の重要な情報について定期的に当社への報告を義務付ける。
                                 33/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
             (ⅲ)当社の内部監査室は、「内部監査規程」に基づき、子会社に対する内部監査を実
                施する。
             (f)   監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人
              に関する事項
               監査役からその職務を補助すべき使用人を置くことを求められた場合には、内容に
              ついて監査役と協議の上、速やかに設置する。
             (g)   監査役の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性に関する事項及び当該使用
              人に対する指示の実効性の確保に関する事項
             (ⅰ)監査役の要請により設置した場合には、当該使用人の指揮・命令等は監査役の下
                にあることとし、その人事上の取扱いは監査役の承認を得ることとする。
             (ⅱ)監査役の職務を補助すべき使用人が設置された場合には、他部署の兼務があって
                も、優先的に監査役の指揮命令に従わなければならない。また、兼務する他部署の
                上長及び担当取締役は、当該業務の遂行にあたって要請があった場合には必要な支
                援を行うこととする。
             (ⅲ)監査役の職務を補助すべき使用人に関し、監査役の指揮命令に従う旨を当社取締
                役及び使用人に周知徹底する。
             (h)   当社の監査役への報告に関する体制
             (ⅰ)当企業集団の取締役及び使用人は監査役の出席する取締役会や経営会議にて職務
                の執行状況を報告する体制を構築し運用する。また、当企業集団の取締役及び使用
                人は、監査役の要請に応じ必要な報告及び情報の提供を行う。
             (ⅱ)「内部通報者保護規程」に基づく内部通報がなされた場合は、その内容、会社の
                対応等の顛末につき、監査役へ報告される体制を構築し運用する。
             (ⅲ)監査役へ報告を行った当企業集団の取締役及び使用人に対し、当該報告をしたこ
                とを理由として不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当企業集団の取締役及
                び使用人に周知徹底する。
             (i)   その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
             (ⅰ)監査役は代表取締役、会計監査人、内部監査室と定期的に意見や情報の交換を行
                うことにより監査の実効性、効率性を確保する。また、「監査役会規程」、「監査
                役監査規程」の改廃は監査役会が行う。加えて監査役会の要請があった場合には速
                やかに弁護士等の外部専門家と直接相談ができる環境を整備する。
             (ⅱ)当社は、監査役がその職務の執行について、当社に対し費用の前払等の請求をし
                たときは、担当部署において審議の上、当該請求に係る費用または債務が当該監査
                役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用または債
                務を処理する。
             (j)   財務報告の信頼性を確保するための体制
               当企業集団は、財務報告の信頼性を確保するため、適切な内部統制システムを構築
              し、その運用を行うと共に、必要な是正を実施する。
           (ホ)リスク管理体制

              当社は、リスクに対し、「リスク管理規程」及び「危機管理規程」に基づき代表取締
             役社長を責任者として対応を図るほか、弁護士、税理士、社会保険労務士等と顧問契約
             を結び、法律問題、税務問題、労働問題等のリスクに関する問題に対し、必要に応じ助
             言や指導を受ける体制を整備しております。
                                 34/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           (へ)反社会的勢力の排除体制の整備状況
              当社は、企業の社会的責任であるコンプライアンスを重視し、透明性のある事業活動
             を推進することにより企業価値の向上を実現すると共に、反社会的勢力とのいかなる関
             係も持たず関係の排除・防止に努めております。
              排除・防止体制としては、コンプライアンス規程を制定し、その規程に基づき反社会
             的勢力対応マニュアルを制定しております。具体的には、各店舗、本部において、不当
             要求防止責任者を選任し、責任者講習を受講させ、管轄する警察、暴力追放運動推進セ
             ンター等外部機関と密に連絡を取り情報収集に努めております。従業員に対しては、
             「コンプライアンス週間」を年4回実施し、その中で反社会的勢力対応マニュアルに基
             づく反社会的勢力への対処方法等、反社会的勢力の排除について啓蒙しております。
              また、取引先、役員、従業員、株主等各属性に対し、反社会的勢力対応マニュアルに
             基づき、スクリーニングを実施し、新規取引先との契約書には暴排条項を規定するほ
             か、役員就任前、従業員採用前に「反社会的勢力との関係がないことを示す確認書」を
             取り交わす等、体制を確立しております。
           ② 内部監査及び監査役監査

           (イ)内部監査体制
              代表取締役社長の直轄機関として内部監査室を設置しております。内部監査室は専任
             担当者2名にて構成しており、年間計画に基づき実地調査を中心に内部監査を実施して
             おります。専任担当者のほか必要に応じ臨時の内部監査員を任命の上各部門、各支店が
             経営方針、関連諸法令、社内規程等に沿った業務運営を行っているかを監査し、コンプ
             ライアンスの強化を図っております。また、内部監査室は、監査役、会計監査人とも相
             互に連携して内部監査の効率化やその質の向上を図っております。
           (ロ)監査役会体制

              当社は、監査役会制度を採用しております。その4名の監査役は全て社外監査役であ
             り、独立した立場から監査を行い、監査の客観性の強化・公平性の向上に資しておりま
             す。定例の監査役会は毎月1回開催しており、取締役の業務執行を監査しております。
              また、内部監査室による臨店内部監査実施時の立会い、期末たな卸しへの立会い等を
             実施しているほか、会計監査人からの監査計画及び監査報告や内部統制部門からの業務
             運営状況報告を受け、適宜意見交換を行う等連携を保っております。
           ③ 社外取締役及び社外監査役

           (イ)員数及び会社との関係
              当社の社外取締役は2名であります。また、社外監査役は4名であります。当社の社
             外取締役である小宮秀一は12,400株、同田中修は4,000株の当社株式を所有しており、
             当社の社外監査役である諸富順次は5,300株、同藤田ひろみは4,000株、同楠典子は
             4,000株、同伊藤晴輝は2,400株の当社株式を所有しております。以上6名についてこれ
             以外の人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係で重要性のあるものはあ
             りません。
                                 35/90





                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           (ロ)選任理由及び機能並びに役割
              当社における社外取締役及び社外監査役を独立役員として認定する際の独立性の基準
             を明らかにすることを目的として、取締役会の承認により「アイ・ケイ・ケイ株式会社
             社外役員の独立性基準」を制定しております。一般株主との利益相反が生じるおそれが
             なく、経営陣から独立した立場から経営の公正かつ専門的な監査・監督機能を担う体制
             として、社外取締役である小宮秀一、同田中修、社外監査役である藤田ひろみ、同楠典
             子、同伊藤晴輝を東京証券取引所の定めに基づく独立役員に指定し、同取引所に届け出
             ております。
              当社は、社外取締役及び社外監査役について、豊富な経験と専門知識、幅広い見識及
             び相当程度の知見を有するものを選任し、それぞれが独立した中立的な立場から経営に
             関与しております。社外取締役は、当社グループの現状と課題を把握し、取締役会にお
             いて意見を表明しております。社外監査役も取締役会において意見を表明するほか、取
             締役との意見交換会の実施、会計監査人、内部監査室との密接な連携により、監査の実
             効性の向上を図っております。
           (ハ)社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査

             との相互連携並びに内部統制部門との関係
              社外取締役は、主に取締役会等における審議を通して取締役の職務執行を監督してお
             り、適宜質問や助言を行っております。
              社外監査役は、取締役会や経営会議の審議を通して取締役の職務執行を監視するとと
             もに、監査役会において常勤監査役から監査内容等の報告を受け、また内部監査部門、
             会計監査人からの監査報告や内部統制部門からの業務運営状況報告を受け、都度、適宜
             質問や助言を行っております。
           ④ 役員の報酬等

           (イ)提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員
             の員数
                               報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                  報酬等の金額
         役員区分                                             役員の員数
                  (百万円)               ストック
                          基本報酬               賞与      退職慰労金        (名)
                                 オプション
     取締役
                      149       124        -       -       25        6
     (社外取締役を除く)
     監査役
                       -       -       -       -       -       -
     (社外監査役を除く)
     社外役員                 15       14       -       -        1       6
      (注)1 取締役の報酬等の金額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
         2 退職慰労金は、当事業年度に役員退職慰労引当金繰入額として費用処理した金額であります。
         3 上記支給のほか、平成29年1月30日開催の第21期定時株主総会の決議に基づき、退任取締役1名に対する退
           職慰労金を29,885千円支給しております。
           (ロ)提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

              連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
           (ハ)使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

              該当事項はありません。
                                 36/90



                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           (ニ)役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
              株主総会の承認を受けた範囲内で、内規に定める役員報酬テーブルに基づき、各取締
             役の報酬は取締役会にて決定し、各監査役の報酬は監査役の協議により定めておりま
             す。
           ⑤ 株式の保有状況

           (イ)保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
              該当事項はありません。
           (ロ)保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対

             照表計上額及び保有目的
              該当事項はありません。
           (ハ)保有目的が純投資目的である投資株式

              該当事項はありません。
           ⑥ 会計監査の状況

             当社の会計監査業務を執行した公認会計士は堺昌義、金子一昭の2名であり、新日本有
            限責任監査法人に所属しております。また、監査業務に係る補助者は公認会計士11名、そ
            の他5名であります。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                          前連結会計年度                     当連結会計年度
           区分
                     監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                    基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)
          提出会社                24,000            -        24,000            -
         連結子会社                   -          -          -          -

           計              24,000            -        24,000            -

      (注) 報酬額には消費税等は含まれておりません。
        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

           該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

           該当事項はありませんが、前期の実績等を鑑み、規模・特性・監査日数を勘案した上で、合
          理的に決定しております。
                                 37/90





                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1. 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
        (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51
         年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。
        (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵

         省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
          また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸
         表を作成しております。
      2. 監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年11月1日
        から平成29年10月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成28年11月1日から平成29年10月
        31日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
      3. 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組について

         当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組を行っております。具体的に
        は、会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができ
        る体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しております。
         また、適正な連結財務諸表等を作成するため、財務会計基準機構や当社会計監査人であります
        新日本有限責任監査法人、その他関係団体が主催する各種研修会へも参加しております。
                                 38/90












                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       5,372,713              3,731,207
         現金及び預金
                                        441,885              457,965
         売掛金
                                        133,182              140,698
         商品
                                         79,910              66,410
         原材料及び貯蔵品
                                        103,943               95,809
         繰延税金資産
                                        181,571              275,521
         その他
                                        △ 8,862             △ 4,652
         貸倒引当金
                                       6,304,344              4,762,961
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※2 15,782,588             ※2 17,751,735
          建物及び構築物
                                      △ 7,085,984             △ 7,787,361
            減価償却累計額及び減損損失累計額
            建物及び構築物(純額)                            8,696,604              9,964,374
          機械装置及び運搬具                              543,966              570,887
                                       △ 403,025             △ 449,999
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                             140,940              120,888
                                      ※2 1,852,702             ※2 1,973,734
          土地
                                         6,398              9,435
          建設仮勘定
                                       2,025,451              2,234,352
          その他
                                      △ 1,729,092             △ 1,836,239
            減価償却累計額
            その他(純額)                             296,359              398,113
                                       10,993,005              12,466,544
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                96,305              81,638
         投資その他の資産
                                        632,064              674,447
          繰延税金資産
                                                    ※1 1,835,685
                                        565,025
          その他
                                        △ 7,785             △ 12,719
          貸倒引当金
                                       1,189,304              2,497,413
          投資その他の資産合計
                                       12,278,615              15,045,596
         固定資産合計
                                       18,582,960              19,808,558
       資産合計
                                 39/90








                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        897,678              879,045
         買掛金
                                     ※2 , ※3 968,656            ※2 1,033,656
         1年内返済予定の長期借入金
                                        374,246              154,876
         未払法人税等
         賞与引当金                                241,881              246,344
                                       1,684,469              1,671,599
         その他
                                       4,166,931              3,985,521
         流動負債合計
       固定負債
                                    ※2 , ※3 2,703,104             ※2 3,771,008
         長期借入金
                                         6,684              6,499
         繰延税金負債
                                         51,655              47,656
         退職給付に係る負債
                                        309,347              307,555
         役員退職慰労引当金
                                         80,980              85,553
         ポイント引当金
         資産除去債務                                600,056              635,325
                                        593,301              261,400
         その他
                                       4,345,128              5,114,996
         固定負債合計
                                       8,512,059              9,100,518
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        351,241              351,655
         資本金
                                        354,897              355,311
         資本剰余金
                                       9,376,473              10,336,473
         利益剰余金
                                        △ 48,732             △ 368,963
         自己株式
                                       10,033,880              10,674,477
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         37,020              33,562
         退職給付に係る調整累計額
                                         37,020              33,562
         その他の包括利益累計額合計
                                       10,070,900              10,708,039
       純資産合計
                                       18,582,960              19,808,558
      負債純資産合計
                                 40/90










                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
          【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                至 平成28年10月31日)               至 平成29年10月31日)
                                       17,911,261              18,172,154
      売上高
                                       8,119,966              8,344,938
      売上原価
                                       9,791,295              9,827,215
      売上総利益
                                      ※1 7,614,934             ※1 8,006,032
      販売費及び一般管理費
                                       2,176,360              1,821,182
      営業利益
      営業外収益
                                         2,410              1,905
       受取利息
                                           -            12,231
       受取保証料
                                         8,495              7,238
       受取手数料
                                         2,018              5,046
       受取保険金
                                         2,640              4,920
       助成金収入
                                         5,891              2,532
       その他
                                         21,455              33,874
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         28,092              22,226
       支払利息
                                           198             3,832
       為替差損
                                         3,124              3,501
       その他
                                         31,415              29,559
       営業外費用合計
                                       2,166,400              1,825,498
      経常利益
      特別利益
                                         ※2 437
                                                         -
       固定資産売却益
                                           -            13,320
       資産除去債務取崩益
                                           437             13,320
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※3 4,900
                                                         -
       固定資産売却損
                                        ※4 43,379             ※4 33,157
       固定資産除却損
                                         48,279              33,157
       特別損失合計
                                       2,118,558              1,805,660
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   795,074              519,206
                                        △ 17,669             △ 32,919
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   777,404              486,286
                                       1,341,153              1,319,374
      当期純利益
                                       1,341,153              1,319,374
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 41/90








                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                至 平成28年10月31日)               至 平成29年10月31日)
                                       1,341,153              1,319,374
      当期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 9,312             △ 3,457
       退職給付に係る調整額
                                        ※ △ 9,312             ※ △ 3,457
       その他の包括利益合計
                                       1,331,840              1,315,916
      包括利益
      (内訳)
                                       1,331,840              1,315,916
       親会社株主に係る包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る包括利益
                                 42/90
















                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
           前連結会計年度(自           平成27年11月1日          至   平成28年10月31日)
                                               (単位:千円)
                                 株主資本
                   資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
     当期首残高
                    350,643       354,299      8,334,694        △ 76,199      8,963,439
     当期変動額
      新株の発行                598       598                     1,196
      剰余金の配当                            △ 299,374              △ 299,374
      親会社株主に帰属する
                                  1,341,153               1,341,153
      当期純利益
      自己株式の取得
                                                    -
      自己株式の処分                                     27,466       27,466
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                      598       598     1,041,778         27,466      1,070,441
     当期末残高               351,241       354,897      9,376,473        △ 48,732      10,033,880
                   その他の包括利益累計額

                                 純資産合計
                 退職給付に係る調       その他の包括利益
                   整累計額       累計額合計
     当期首残高                46,333       46,333      9,009,772
     当期変動額
      新株の発行                              1,196
      剰余金の配当                            △ 299,374
      親会社株主に帰属する
                                  1,341,153
      当期純利益
      自己株式の取得                               -
      自己株式の処分
                                   27,466
      株主資本以外の項目の
                    △ 9,312      △ 9,312      △ 9,312
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 9,312      △ 9,312      1,061,128
     当期末残高
                     37,020       37,020      10,070,900
                                 43/90









                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自           平成28年11月1日          至   平成29年10月31日)
                                               (単位:千円)
                                 株主資本
                   資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
     当期首残高               351,241       354,897      9,376,473        △ 48,732      10,033,880
     当期変動額
      新株の発行
                      414       414                      828
      剰余金の配当                            △ 359,374              △ 359,374
      親会社株主に帰属する
                                  1,319,374               1,319,374
      当期純利益
      自己株式の取得                                   △ 459,327      △ 459,327
      自己株式の処分                                    139,096       139,096
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 414       414      959,999      △ 320,230       640,596
     当期末残高               351,655       355,311      10,336,473        △ 368,963      10,674,477
                   その他の包括利益累計額

                                 純資産合計
                 退職給付に係る調       その他の包括利益
                   整累計額       累計額合計
     当期首残高                37,020       37,020      10,070,900
     当期変動額
      新株の発行                               828
      剰余金の配当
                                  △ 359,374
      親会社株主に帰属する
                                  1,319,374
      当期純利益
      自己株式の取得                            △ 459,327
      自己株式の処分                             139,096
      株主資本以外の項目の
                    △ 3,457      △ 3,457      △ 3,457
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 3,457      △ 3,457      637,139
     当期末残高                33,562       33,562      10,708,039
                                 44/90









                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                至 平成28年10月31日)               至 平成29年10月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       2,118,558              1,805,660
       税金等調整前当期純利益
                                       1,118,546              1,047,818
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 2,659               724
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  15,567               4,463
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 7,520             △ 8,970
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  26,305              △ 1,792
       ポイント引当金の増減額(△は減少)                                  6,975              4,573
                                         △ 437               -
       固定資産売却益
                                           -           △ 13,320
       資産除去債務取崩益
                                         4,900                -
       固定資産売却損
                                         43,379              33,157
       固定資産除却損
                                        △ 2,414             △ 1,905
       受取利息及び受取配当金
                                         28,092              22,226
       支払利息
                                         1,000               916
       シンジケートローン手数料
       為替差損益(△は益)                                   198             3,832
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 73,960             △ 19,275
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 1,288              5,983
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  37,202             △ 15,570
       未払金の増減額(△は減少)                                 262,471             △ 192,271
                                         △ 744           △ 719,850
       その他
                                       3,574,170              1,956,399
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   451               40
                                        △ 28,241             △ 23,175
       利息の支払額
                                        △ 1,000                -
       シンジケートローン手数料の支払額
                                           50            10,828
       法人税等の還付額
                                       △ 946,285             △ 746,579
       法人税等の支払額
                                       2,599,145              1,197,514
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 339,084            △ 2,280,807
       有形固定資産の取得による支出
                                         8,200                -
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 5,113             △ 8,155
       無形固定資産の取得による支出
                                           -           △ 380,700
       子会社株式の取得による支出
                                         12,928             △ 863,686
       その他
                                       △ 323,069            △ 3,533,349
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           -           2,260,000
       長期借入れによる収入
                                      △ 1,187,211             △ 1,127,096
       長期借入金の返済による支出
                                         1,196               828
       株式の発行による収入
                                           -           △ 459,327
       自己株式の取得による支出
                                        138,727              380,661
       自己株式の売却による収入
                                       △ 299,543             △ 359,885
       配当金の支払額
                                         △ 822             △ 851
       その他
                                      △ 1,347,653               694,329
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 198               -
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   928,224            △ 1,641,505
                                       4,444,489              5,372,713
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 5,372,713              ※ 3,731,207
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 45/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
          (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1. 連結の範囲に関する事項
           (1)連結子会社の数               2 社
              連結子会社の名称
               株式会社極楽
               アイケア株式会社
           (2)非連結子会社の名称等
              非連結子会社
               PT INTERNATIONAL KANSHA KANDOU INDONESIA
             (連結の範囲から除いた理由)
              当連結会計年度において、新たに設立したPT INTERNATIONAL KANSHA KANDOU 
              INDONESIAは小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及
              び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼさ
              ないため、連結の範囲から除外しております。
          2. 持分法の適用に関する事項

           (1)持分法を適用した非連結子会社数
              該当事項はありません。
           (2)持分法を適用した関連会社数

              該当事項はありません。
           (3)持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社数 1社

              当連結会計年度において、新たに設立したPT INTERNATIONAL KANSHA KANDOU 
              INDONESIAは、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等か
              らみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、
              全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
          3. 連結子会社の事業年度等に関する事項

            すべての連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
                                 46/90








                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          4. 会計方針に関する事項

           (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             ① 子会社株式
               移動平均法による原価法
             ② たな卸資産
               評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。
             a 商品
              ・衣裳・引出物・引菓子
               個別法
              ・棺・骨壷・灯籠
               移動平均法
              ・その他の商品
               最終仕入原価法
             b 原材料
               最終仕入原価法
             c 貯蔵品
               最終仕入原価法
           (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             ① 有形固定資産(リース資産を除く)
               定率法によっております。
               ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成
              28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用して
              おります。
               主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物及び構築物              2年~43年
               機械装置及び運搬具              2年~17年
               工具、器具及び備品              2年~20年
               なお、事業用定期借地権契約による借地上の建物及び構築物については、耐用年数
              を定期借地権の残存期間、残存価額を零とした償却を行っております。
             ② 無形固定資産(リース資産を除く)
               定額法によっております。
               なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に
              基づく定額法によっております。
               また、定期借地権については、残存期間に基づく定額法によっております。
             ③ リース資産
               所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
               リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
                                 47/90





                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           (3)重要な引当金の計上基準

             ① 貸倒引当金
               売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒
              懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上
              しております。
             ② 賞与引当金
               従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上してお
              ります。
             ③ 役員退職慰労引当金
               役員の退職金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しておりま
              す。
             ④ ポイント引当金
               当社及び連結子会社の冠婚葬祭の会員組織に加入している会員に対して付与した特
              典(ポイント)の利用に備えるため、当連結会計年度末において将来利用されると見
              込まれる額を計上しております。
           (4)退職給付に係る会計処理の方法

             ① 退職給付見込額の期間帰属方法
               退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰
              属させる方法については、期間定額基準によっております。
             ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
               過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一
              定の年数(10年)による定額法により費用処理しております。
               数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存
              勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の
              翌連結会計年度から費用処理しております。
             ③ 小規模企業等における簡便法の採用
               連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期
              末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

              外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は
             損益として処理しております。
           (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

              手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、
             容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な
             投資であります。
           (7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

              消費税等の会計処理
              消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 48/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (会計方針の変更)
           該当事項は       ありません。
          (未適用の会計基準等)

           該当事項はありません。
          (表示方法の変更)

           (連結損益計算書)
            前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めておりました「受取保険
           金」は、営業外収益の総額の100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記するこ
           ととしました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組
           み替えを行っております。
            この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表
           示していた7,909千円は、「受取保険金」2,018千円、「その他」5,891千円として組み替え
           ております。
            前連結会計年度において、「営業外費用」の「その他」に含めておりました「為替差損」

           は、営業外費用の総額の100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することと
           しました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組み替
           えを行っております。
            この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外費用」の「その他」に表
           示していた3,323千円は、「為替差損」198千円、「その他」3,124千円として組み替えてお
           ります。
           (連結キャッシュ・フロー計算書)

            前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めて
           おりました「為替差損益」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記す
           ることとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表
           の組み替えを行っております。
            この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動による
           キャッシュ・フロー」の「その他」に表示していた△545千円は、「為替差損益」198千円、
           「その他」△744千円として組み替えております。
          (追加情報)

           (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
            「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28
           年3月28日)を当連結会計年度から適用しております。
                                 49/90






                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           (従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引)

            当社は、従業員への福利厚生を目的として、従業員持株会に信託を通じて自社の株式を交
           付する取引を行っております。
          (1)取引の概要
            当社は、当社グループ従業員に対する当社の中長期的な企業価値向上へのインセンティブ
           付与を目的として、「信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)」(以下、
           「本プラン」という。)を導入しております。
            本プランは、「アイ・ケイ・ケイ従業員持株会」(以下、「持株会」という。)に加入す
           る全ての従業員を対象とするインセンティブ・プランです。本プランでは、当社が信託銀行
           に「アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託」(以下、「従持信託」という。)を設定し、
           その設定後3年6ヶ月にわたり持株会が取得すると見込まれる数の当社株式を予め取得しま
           す。その後は、従持信託から持株会に対して継続的に当社株式の売却が行われると共に、信
           託終了時点で従持信託内に株式売却益相当額が累積した場合には、当該株式売却益相当額が
           残余財産として受益者適格要件を満たす者に分配されます。なお、当社は、従持信託が当社
           株式を取得するための借入に対し保証をすることになるため、当社株価の下落により従持信
           託内に株式売却損相当額が累積し、信託終了時点において従持信託内に当該株式売却損相当
           の借入金残債がある場合は、保証契約に基づき、当社が当該残債を弁済することになりま
           す。
          (2)信託に残存する自社の株式
            信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純
           資産の部に自社株式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連
           結会計年度48,526千円、407,400株、当連結会計年度368,757千円、540,700株であります。
          (3)総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額
            前連結会計年度-千円、当連結会計年度357,810千円
                                 50/90












                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (連結貸借対照表関係)
       ※1 非連結子会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成28年10月31日)                  (平成29年10月31日)
     関係会社株式                                  -千円               380,700千円
       ※2 担保資産及び担保付債務

          担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成28年10月31日)                  (平成29年10月31日)
     建物                              3,188,547千円                  2,263,132千円
     土地                              1,543,817                  1,354,150
               計                     4,732,365                  3,617,282
          担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成28年10月31日)                  (平成29年10月31日)
     1年内返済予定の長期借入金                               478,930千円                  219,430千円
     長期借入金                              1,792,285                  1,673,730
               計                     2,271,215                  1,893,160
       ※3 当社は、設備資金の効率的な調達を行うため金融機関7社とコミット型シンジケートローン契

        約を締結しております。契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりでありま
        す。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成28年10月31日)                  (平成29年10月31日)
     貸出コミットメント総額                              3,300,000千円                     -千円
     借入実行残高                              3,300,000                     -
              差引額                          -                  -
          上記コミット型シンジケートローン契約には以下の財務制限条項が付されておりますが、こ

         れらに抵触した場合には当該有利子負債の一括返済を求められる可能性があります。
         ① 平成20年10月期末及びそれ以降の各事業年度末の当社の貸借対照表における純資産の部の
          合計金額を、平成19年10月期末の当社の貸借対照表における純資産の部の合計金額の75%に
          相当する金額または直前の事業年度末の当社の貸借対照表における純資産の部の合計金額の
          75%に相当する金額のうち、いずれか高いほうの金額以上に維持しなければならない。
         ② 平成20年10月期及びそれ以降の各事業年度の当社の損益計算書上、2期連続して経常損失
          を計上してはならない。
         ③ 平成20年10月期末及びそれ以降の各事業年度末の当社の貸借対照表における有利子負債の
          合計金額を2期連続して、当社の損益計算書における売上高の金額に12分の10を乗じた金額
          以上にしてはならない。
         ④ 平成21年10月期末の当社の貸借対照表における有利子負債の合計金額を6,400,000千円以上
          にしてはならない。
                                 51/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (連結損益計算書関係)
       ※1 販売費及び一般管理費の主な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成27年11月1日                  (自 平成28年11月1日
                             至 平成28年10月31日)                    至 平成29年10月31日)
     給料及び手当                              2,100,064     千円             2,313,243     千円
                                     150,404                  150,988
     賞与引当金繰入額
     退職給付費用                                28,533                  31,924
                                     26,305                  21,197
     役員退職慰労引当金繰入額
                                     938,342                  875,342
     減価償却費
                                     △ 2,659                   724
     貸倒引当金繰入額
                                      9,123                  6,892
     ポイント引当金繰入額
       ※2 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成27年11月1日                  (自 平成28年11月1日
                             至 平成28年10月31日)                  至 平成29年10月31日)
     建物及び構築物                                  437千円                  -千円
               計                        437                  -
       ※3 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成27年11月1日                  (自 平成28年11月1日
                             至 平成28年10月31日)                  至 平成29年10月31日)
     土地                                4,900千円                   -千円
               計                       4,900                   -
       ※4 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成27年11月1日                  (自 平成28年11月1日
                             至 平成28年10月31日)                  至 平成29年10月31日)
     建物及び構築物                                38,253千円                  28,766千円
     機械装置及び運搬具                                  976                  226
     その他(工具、器具及び備品)                                4,073                  4,164
     無形固定資産                                  76                  -
               計                       43,379                  33,157
          (連結包括利益計算書関係)

       ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成27年11月1日                  (自 平成28年11月1日
                             至 平成28年10月31日)                    至 平成29年10月31日)
     退職給付に係る調整額
      当期発生額                              △8,331千円                    833千円
                                     △6,637                  △5,804
      組替調整額
                                    △14,968                  △4,971
        税効果調整前
                                      5,656                  1,513
        税効果額
                                     △9,312                  △3,457
        退職給付に係る調整額
                                     △9,312                  △3,457
      その他の包括利益合計
                                 52/90



                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自             平成27年11月1日            至   平成28年10月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                        株式数         増加株式数          減少株式数           株式数
                        (株)          (株)          (株)          (株)
      発行済株式
       普通株式      (注)1            29,939,200            10,400            -

                                                      29,949,600
         合計

                         29,939,200            10,400            -      29,949,600
      自己株式

       普通株式      (注)2,3                          -

                          639,744                    230,600          409,144
         合計

                          639,744            -       230,600          409,144
     (注)1.普通株式の株式数の増加10,400株は、新株予約権(ストックオプション)の行使による増加であります。
        2.普通株式の自己株式の株式数の減少230,600株は、従持信託から当社従業員持株会への売却によるものであり
         ます。
        3.自己株式には、従持信託が所有する当社株式(当連結会計年度期首638,000株、当連結会計年度末407,400
         株)を含めて記載しております。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                               1株当たり
                       配当金の総額
                 株式の種類               配当額        基準日        効力発生日
                        (千円)
      (決議)
                                (円)
      平成28年1月28日
                 普通株式        299,374        10 .00   平成27年10月31日         平成28年1月29日
       定時株主総会
     (注)配当金の総額には、アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託に対する配当金6,380千円を含めております。
     (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                       (千円)
      (決議)
                                     (円)
      平成29年1月30日
                普通株式        359,374     利益剰余金         12.00    平成28年10月31日         平成29年1月31日
       定時株主総会
     (注)配当金の総額には、アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託に対する配当金4,888千円を含めております。
                                 53/90







                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自             平成28年11月1日            至   平成29年10月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                        株式数         増加株式数          減少株式数           株式数
                        (株)          (株)          (株)          (株)
      発行済株式
       普通株式      (注)1            29,949,600            7,200           -

                                                      29,956,800
         合計

                         29,949,600            7,200           -      29,956,800
      自己株式

       普通株式      (注)2,3,4                       673,500

                          409,144                    540,200          542,444
         合計

                          409,144          673,500          540,200          542,444
     (注)1.普通株式の株式数の増加7,200株は、新株予約権(ストックオプション)の行使による増加であります。
        2.普通株式の自己株式の株式数の増加673,500株は、従持信託の信託契約に基づく自己株式の取得によるもので
         あります。
        3.普通株式の自己株式の株式数の減少540,200株は、従持信託から当社従業員持株会への売却によるものであり
         ます。
        4.自己株式には、従持信託が所有する当社株式(当連結会計年度期首407,400株、当連結会計年度末540,700
         株)を含めて記載しております。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                               1株当たり
                       配当金の総額
                 株式の種類               配当額        基準日        効力発生日
                        (千円)
      (決議)
                                (円)
      平成29年1月30日
                                 12.00
                 普通株式        359,374            平成28年10月31日         平成29年1月31日
       定時株主総会
     (注)配当金の総額には、アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託に対する配当金4,888千円を含めております。
     (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                       (千円)
      (決議)
                                     (円)
      平成30年1月30日
                普通株式        359,460     利益剰余金         12.00    平成29年10月31日         平成30年1月31日
       定時株主総会
     (注)配当金の総額には、アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託に対する配当金6,488千円を含めております。
                                 54/90







                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                  至 平成28年10月31日)              至 平成29年10月31日)
     現金及び預金                                  5,372,713千円              3,731,207千円
     現金及び現金同等物                                  5,372,713              3,731,207
          (リース取引関係)

      (借主側)
       1.ファイナンス・リース取引
        所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ① リース資産の内容
           無形固定資産
           ソフトウエアであります。
        ② リース資産の減価償却の方法
           連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要
          な減価償却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
       2.オペレーティング・リース取引

        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                           (平成28年10月31日)                   (平成29年10月31日)
     1年内                                 5,136                   5,136

     1年超                                 43,228                   38,092

             合計                         48,364                   43,228

                                 55/90










                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (金融商品関係)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に関する取組方針
              当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金を主として銀行借入により調
             達しております。一時的な余資は主に安全性・流動性の高い金融資産で運用しておりま
             す。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              借入金は、主に設備投資に係る資金調達を目的としたものであります。このうち一部
             は、変動金利であるため、金利の変動リスクに晒されております。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
                当社は、経理規程に従い、売掛金については、各支店における管理者が債権回収状
               況を定期的にモニタリングし、債権ごとに期日及び残高を管理することにより、回収
               懸念の早期把握や軽減を図っております。連結子会社についても、経理規程に従い、
               同様の管理を行っております。
             ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
                当社は、借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、長期固定金利借入
               を利用しております。
             ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
                当社は、毎月資金繰計画を見直すなどの方法により、流動性リスクを回避しており
               ます。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的
             に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては、変動要因を織り込
             んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあ
             ります。
                                 56/90









                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           2.金融商品の時価等に関する事項
             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
             前連結会計年度(平成28年10月31日)
                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     現金及び預金                           5,372,713           5,372,713               -
              資産計                  5,372,713           5,372,713               -

     長期借入金(*)                           3,671,760           3,701,845             30,085

              負債計                  3,671,760           3,701,845             30,085

      (*)1年内返済予定の長期借入金を含めております。
             当連結会計年度(平成29年10月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     現金及び預金                           3,731,207           3,731,207               -
              資産計                  3,731,207           3,731,207               -

     長期借入金(*)                           4,804,664           4,820,875             16,211

              負債計                  4,804,664           4,820,875             16,211

      (*)1年内返済予定の長期借入金を含めております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資 産
          現金及び預金
          これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当
         該帳簿価額によっております。
         負 債
          長期借入金
          長期借入金の時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で
         割り引いて算定する方法によっております。ただし、変動金利による長期借入金については、
         金利が一定期間ごとに更改される条件となっているため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことか
         ら、当該帳簿価額によっております。
          2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                              当連結会計年度
             区分
                            (平成29年10月31日)
     関係会社株式(非上場株式)                              380,700千円
         関係会社株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価評価の対
         象に含めておりません。
                                 57/90






                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
            前連結会計年度(平成28年10月31日)
                   1年以内

                   (千円)
     預金              5,364,862

         合計          5,364,862

             当連結会計年度(平成29年10月31日)

                   1年以内

                   (千円)
     預金              3,723,554

         合計          3,723,554

           4.長期借入金の連結決算日後の返済予定額

             前連結会計年度(平成28年10月31日)
                        1年超      2年超      3年超      4年超
                  1年以内                                 5年超
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                  (千円)                                (千円)
                        (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
      長期借入金            968,656      688,656      660,656      653,809      495,279      204,704
          合計         968,656      688,656      660,656      653,809      495,279      204,704
             当連結会計年度(平成29年10月31日)

                        1年超      2年超      3年超      4年超
                  1年以内                                 5年超
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                  (千円)                                (千円)
                        (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
                 1,033,656      1,005,656       984,119      720,279      416,304      644,650
      長期借入金
                 1,033,656      1,005,656       984,119      720,279      416,304      644,650
          合計
                                 58/90










                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (有価証券関係)
           関係会社株式(当連結会計年度の貸借対照表計上額380,700千円)は非上場株式であり、市
          場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりませ
          ん。
          (デリバティブ取引関係)

           当社グループはデリバティブ取引を行っていないため、該当事項はありません。
          (退職給付関係)

       1.採用している退職給付制度の概要
           当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けております。
           連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用
          を計算しております。
       2.確定給付制度(簡便法を適用した制度を含む)

          (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                  至 平成28年10月31日)              至 平成29年10月31日)
      退職給付債務の期首残高                                   44,207千円              51,655千円
                                          306               -
       勤務費用
                                          254               44
       利息費用
       数理計算上の差異の発生額                                  8,331              △833
       退職給付の支払額                                 △1,443              △3,210
      退職給付債務の期末残高                                   51,655              47,656
     (注)   連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
          (2)退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
      非積立型制度の退職給付債務                                   51,655千円              47,656千円
      連結貸借対照表に計上された負債の額                                   51,655              47,656
      退職給付に係る負債                                   51,655              47,656
      連結貸借対照表に計上された負債の額                                   51,655              47,656
          (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                  至 平成28年10月31日)              至 平成29年10月31日)
      勤務費用                                    306千円               -千円
      利息費用                                    254               44
      数理計算上の差異の費用処理額                                   3,483              4,316
      過去勤務費用の費用処理額                                  △10,121              △10,121
      確定給付制度に係る退職給付費用                                  △6,077              △5,760
     (注)1.簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は「勤務費用」に計上しております。
       2.上記の退職給付費用以外に特定退職金共済制度の掛金を前連結会計年度においては4,380千円、当連結会計年度
        においては3,928千円計上しております。
                                 59/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (4)退職給付に係る調整額
             退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりでありま
             す。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                  至 平成28年10月31日)              至 平成29年10月31日)
      過去勤務費用                                  △10,121千円              △10,121千円
                                                       5,149
      数理計算上の差異                                  △4,847
                                                      △4,971
       合 計                                  △14,968
          (5)退職給付に係る調整累計額

             退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであり
             ます。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                  (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
      未認識過去勤務費用                                  △85,188千円              △75,066千円

      未認識数理計算上の差異                                   31,959              26,810
       合 計                                  △53,228              △48,256
          (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

             主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                  (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
      割引率                                     0.09%              0.09%

       3.確定拠出制度

           当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度43,544千円、当連結会
          計年度49,073千円であります。
                                 60/90









                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (ストック・オプション等関係)
            1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
              該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
     会社名                    アイ・ケイ・ケイ株式会社
     決議年月日                      平成20年3月25日
                      当社取締役1
     付与対象者の区分及び人数(名)
                      当社従業員34
                         普通株式     193,600(注)1
     株式の種類及び付与数(株)
     付与日                      平成20年3月26日

     権利確定条件                        (注)2

     対象勤務期間                         -

     権利行使期間                 平成22年3月26日~平成30年3月25日

      (注)1.株式数に換算して記載しております。なお、平成22年1月28日付株式分割(普通株式1株につき100株)、平
           成24年4月1日付株式分割(普通株式1株につき2株)、平成25年4月1日付株式分割(普通株式1株につ
           き2株)及び平成27年5月1日付株式分割(普通株式1株につき2株)による分割後の株式数に換算して記
           載しております。
         2.新株予約権の行使の条件は以下のとおりであります。
           (1)新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社
             または当社子会社の取締役、監査役及び従業員の地位にあることを要するものとする。ただし、業務上
             の疾病に起因する退任・退職及び転籍その他正当な理由の存する場合は、取締役会の承認を条件に、地
             位喪失後6ヶ月間は権利行使をなしうるものとする。
           (2)新株予約権者が死亡した場合は、新株予約権の相続を認めないものとする。ただし、取締役会が認めた
             場合はこの限りではない。
           (3)新株予約権者は、権利行使期間の始期あるいは当社株式がいずれかの証券取引所に上場した日のいずれ
             か遅い日から権利行使できるものとする。
           (4)その他の条件については、別途当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約」に定める
             ところによる。
                                 61/90









                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
              当連結会計年度(平成29年10月期)において存在したストック・オプションを対象と
             し、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
     会社名                    アイ・ケイ・ケイ株式会社
     決議年月日                      平成20年3月25日
     権利確定前

      期首(株)                                 -

      付与(株)                                 -

      失効(株)                                 -

      権利確定(株)                                 -

      未確定残(株)                                 -

     権利確定後

      期首(株)                               7,200

      権利確定(株)                                 -

      権利行使(株)                               7,200

      失効(株)                                 -

      未行使残(株)                                 -

      (注) 平成22年1月28日付株式分割(普通株式1株につき100株)、平成24年4月1日付株式分割(普通株式1株に
          つき2株)、平成25年4月1日付株式分割(普通株式1株につき2株)及び平成27年5月1日付株式分割(普
          通株式1株につき2株)による分割後の株式数に換算して記載しております。
             ② 単価情報

     会社名                    アイ・ケイ・ケイ株式会社
     決議年月日                      平成20年3月25日
     権利行使価額(円)                                 115

     行使時平均株価(円)                                 720

     付与日における公平な評価単価
                                       -
     (円)
      (注) 平成22年1月28日付株式分割(普通株式1株につき100株)、平成24年4月1日付株式分割(普通株式1株に
          つき2株)、平成25年4月1日付株式分割(普通株式1株につき2株)及び平成27年5月1日付株式分割(普
          通株式1株につき2株)による調整後の1株当たりの価格を記載しております。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             当連結会計年度に付与されたストック・オプションはありません。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を
            採用しております。
                                 62/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           5.ストック・オプションの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における
            本源的価値の合計額及び権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源
            的価値の合計額
            (1)当連結会計年度末における本源的価値の合計額                                          -千円
            (2)当連結会計年度中において権利行使された本源的価値の合計額                                        4,824千円
                                 63/90



















                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (税効果会計関係)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
           繰延税金資産
            賞与引当金                             74,761千円              76,224千円
            未払事業税                             24,418              4,143
            減損損失                             111,977              99,516
            減価償却超過額                             353,762              402,166
            資産除去債務                             184,376              195,145
            役員退職慰労引当金                             94,766              94,219
                                         136,057              124,018
            その他
           繰延税金資産小計
                                         980,121              995,434
                                        △119,607              △97,942
           評価性引当額
           繰延税金資産合計                              860,514              897,492
           繰延税金負債

            資産除去債務                            △124,285              △128,079
                                         △6,905              △5,655
            その他
           繰延税金負債合計                             △131,190              △133,734
           繰延税金資産の純額                              729,324              763,757
           (注) 前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目
              に含まれております。
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
           流動資産-繰延税金資産                              103,943千円              95,809千円
           固定資産-繰延税金資産                              632,064              674,447
           固定負債-繰延税金負債                               6,684              6,499
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるとき

            の、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (平成28年10月31日)            (平成29年10月31日)
           法定実効税率
                                           32.82%            30.69%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                                0.77            1.07
            住民税均等割等                                0.38            0.50
            評価性引当額の増減                               △0.21            △1.20
            留保金課税                                3.44            7.52
            税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                                1.80             -
            法人税額の特別控除                               △2.51            △1.62
            信託型従業員持株インセンティブ・プランの
                                             -          △10.04
            分配額
                                            0.20            0.01
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                                36.69            26.93
          (企業結合等関係)

           該当事項はありません。
                                 64/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (資産除去債務関係)
           資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
            1.当該資産除去債務の概要
              婚礼施設等の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
            2.当該資産除去債務の金額の算定方法

              使用見込期間を当該契約の期間に応じて10~41年と見積り、割引率は0.8470~
             2.1810%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
            3.当該資産除去債務の総額の増減

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                  至 平成28年10月31日)              至 平成29年10月31日)
              期首残高                         590,596千円              600,056千円
              有形固定資産の取得に伴う増加額                            -            46,981
              時の経過による調整額                          9,459              9,377
              取崩額                            -           △21,090
              期末残高                         600,056              635,325
          (賃貸等不動産関係)

           該当事項はありません。
                                 65/90













                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (セグメント情報等)
           【セグメント情報】
            前連結会計年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
            当社グループの報告セグメントは、婚礼事業、葬儀事業及び介護事業でありますが、葬儀
           事業及び介護事業の全セグメントに占める割合が僅少であり、開示情報としての重要性が乏
           しいため、セグメント情報の記載を省略しております。
            当連結会計年度(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)

            当社グループの報告セグメントは、婚礼事業、葬儀事業及び介護事業でありますが、葬儀
           事業及び介護事業の全セグメントに占める割合が僅少であり、開示情報としての重要性が乏
           しいため、セグメント情報の記載を省略しております。
           【関連情報】

            前連結会計年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%
             を超えるため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
             (2)有形固定資産

               本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がな
             いため、記載はありません。
            当連結会計年度(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)

            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%
             を超えるため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
             (2)有形固定資産

               本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がな
             いため、記載はありません。
                                 66/90



                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
            前連結会計年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
             該当事項はありません             。
            当連結会計年度(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)

             該当事項はありません             。
           【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

            前連結会計年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
             該当事項はありません。
            当連結会計年度(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)

             該当事項はありません。
           【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

            前連結会計年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
             該当事項はありません。
            当連結会計年度(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)

             該当事項はありません。
          【関連当事者情報】

           前連結会計年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)

            連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                    資本金又            議決権等の所
         会社等の名                事業の内容            関連当事者           取引金額        期末残高
                    は出資金
     種  類        所在地                有(被所有)           取引の内容          科目
         称又は氏名                又は職業            との関係           (千円)        (千円)
                    (千円)            割合(%)
                                (所有)
                                           婚礼売上
                         当社
     役  員  金子和斗志       -      -                 -          15,630     -     -
                         代表取締役社長                  (注)
                                 直接   19.48
                                (所有)
                         当社                   葬儀売上
     役  員  金子和斗志
                -      -                 -          21,080     -     -
                         代表取締役社長                  (注)
                                 直接   19.48
     (注)1.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          当該取引の販売価格等については、取締役会の承認に基づき実行されております。
           当連結会計年度(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)

            連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
                     資本金又            議決権等の所
         会社等の名                 事業の内容            関連当事者           取引金額        期末残高
     種  類         所在地     は出資金            有(被所有)           取引の内容          科目
         称又は氏名                 又は職業            との関係           (千円)        (千円)
                     (ルピア)            割合(%)
         PT INTER
                          挙式・披露宴
                                       当社グ
               インドネシア           に関する企
         NATIONAL
                                (所有)
                                       ループの     出資の引受
     子会社           共和国      5百億    画・運営等の                        380,700     -     -
         KANSHA
                                       婚礼部門    (注)
                                 直接   90.0
               ジャカルタ市           サービスの提
         KANDOU
                                       を担当
                          供
         INDONESIA
     (注)1.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.会社の設立に伴い当社が出資の引受を行ったものであります。
                                 67/90



                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (1株当たり情報)
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成27年11月1日                            (自 平成28年11月1日
              至 平成28年10月31日)                            至 平成29年10月31日)
     1株当たり純資産額                      340円92銭      1株当たり純資産額                      364円04銭

     1株当たり当期純利益金額                       45円58銭     1株当たり当期純利益金額                       44円91銭
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額                       45円56銭     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額                       44円90銭
      (注)1.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおり
          であります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                項目               (自 平成27年11月1日               (自 平成28年11月1日
                                至 平成28年10月31日)               至 平成29年10月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                1,341,153               1,319,374

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       1,341,153               1,319,374
      当期純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                29,423,213               29,378,365
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千円)                                    -               -

      普通株式増加数(株)                                  11,749                3,746

       (うち新株予約権(株))                                 (11,749)                (3,746)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式                               -               -
     の概要
         2.アイ・ケイ・ケイ従業員持株会専用信託が所有する当社株式を、「1株当たり純資産額」の算定上、期末発
          行済株式総数から控除する自己株式に含めております。(前連結会計年度407,400株、当連結会計年度
          540,700株)
          また、「1株当たり当期純利益金額」及び「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」の算定上、期中平
          均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。(前連結会計年度517,369株、当連結会計年度
          572,253株)
          (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                 68/90







                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
          【社債明細表】
           該当事項はありません。
          【借入金等明細表】

                           当期首残高        当期末残高         平均利率
              区分                                       返済期限
                           (千円)        (千円)         (%)
     短期借入金                           -        -        -      -
     1年以内に返済予定の長期借入金                        968,656       1,033,656           0.56       -

     1年以内に返済予定のリース債務                          924        954        3.5       -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを                                             平成32年2月28日~
                            2,703,104        3,771,008           0.52
     除く。)                                              平成37年7月31日
     リース債務(1年以内に返済予定のものを
                               1,526         571        3.5   平成31年5月27日
     除く。)
     その他有利子負債                           -        -        -      -
              合計              3,674,210        4,806,190            -      -

      (注)1.「平均利率」については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定
          額は以下のとおりであります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
           区分
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
     長期借入金                   1,005,656           984,119          720,279          416,304
     リース債務                      571           -          -          -

          【資産除去債務明細表】

           本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載さ
          れているため、資産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                 69/90










                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
            当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                      第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
                             4,211,002
     売上高(千円)                                 8,541,173        13,062,267         18,172,154
     税金等調整前四半期(当期)
                               380,684         696,588        1,155,702         1,805,660
     純利益金額(千円)
     親会社株主に帰属する四半期(当期)
                               253,312         605,484         899,291        1,319,374
     純利益金額(千円)
     1株当たり四半期(当期)
                                8.60        20.61         30.62         44.91
     純利益金額(円)
     (会計期間)                      第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額(円)                           8.60        12.01         10.01         14.29

                                 70/90















                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       5,233,538              3,512,513
         現金及び預金
                                        370,371              381,575
         売掛金
                                        130,203              136,856
         商品
                                         78,253              64,611
         原材料及び貯蔵品
                                         6,052              17,256
         前渡金
                                        112,446              124,804
         前払費用
                                        101,493               80,193
         繰延税金資産
                                         45,000              45,000
         1年内回収予定の関係会社長期貸付金
                                         44,853              126,047
         その他
                                        △ 8,361             △ 4,197
         貸倒引当金
                                       6,113,852              4,484,661
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※1 7,172,347             ※1 8,348,778
          建物
                                        748,880              864,849
          構築物
                                         1,561              22,892
          機械及び装置
                                        134,045               92,608
          車両運搬具
                                        279,274              383,533
          工具、器具及び備品
                                      ※1 1,852,702             ※1 1,973,734
          土地
                                         6,042              9,435
          建設仮勘定
                                       10,194,854              11,695,832
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         37,091              34,354
          借地権
                                         36,854              25,608
          ソフトウエア
                                         12,460              13,408
          その他
                                         86,406              73,372
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        327,489              708,189
          関係会社株式
                                           50              60
          出資金
                                        615,000              570,000
          関係会社長期貸付金
          長期前払費用                               34,876              31,403
                                        629,590              672,633
          繰延税金資産
                                        472,237             1,370,028
          その他
                                        △ 6,130             △ 9,831
          貸倒引当金
                                       2,073,112              3,342,482
          投資その他の資産合計
                                       12,354,373              15,111,687
         固定資産合計
                                       18,468,225              19,596,349
       資産合計
                                 71/90






                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        883,616              862,066
         買掛金
                                       ※1 968,656            ※1 1,033,656
         1年内返済予定の長期借入金
                                        558,752              568,700
         未払金
         未払費用                                281,188              298,826
                                        373,598              147,178
         未払法人税等
                                        545,802              729,784
         前受金
                                         7,238              7,338
         預り金
                                        227,307              229,934
         賞与引当金
                                        256,008               14,218
         その他
                                       4,102,169              3,891,702
         流動負債合計
       固定負債
                                      ※1 2,703,104             ※1 3,771,008
         長期借入金
         退職給付引当金                                102,762               92,539
                                        295,805              292,675
         役員退職慰労引当金
                                         13,894              13,940
         ポイント引当金
                                        556,502              590,991
         資産除去債務
                                        581,075              250,378
         その他
                                       4,253,143              5,011,532
         固定負債合計
                                       8,355,312              8,903,235
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        351,241              351,655
         資本金
         資本剰余金
                                        354,897              355,311
          資本準備金
                                        354,897              355,311
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       1,100,000              1,100,000
            別途積立金
                                       8,355,506              9,255,109
            繰越利益剰余金
                                       9,455,506              10,355,109
          利益剰余金合計
                                        △ 48,732             △ 368,963
         自己株式
                                       10,112,913              10,693,113
         株主資本合計
                                       10,112,913              10,693,113
       純資産合計
                                       18,468,225              19,596,349
      負債純資産合計
                                 72/90








                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                至 平成28年10月31日)               至 平成29年10月31日)
                                      ※1 17,212,848             ※1 17,383,819
      売上高
                                       7,668,000              7,867,503
      売上原価
                                       9,544,848              9,516,315
      売上総利益
                                    ※1 , ※2 7,391,684           ※1 , ※2 7,773,783
      販売費及び一般管理費
                                       2,153,164              1,742,532
      営業利益
      営業外収益
                                        ※1 7,302             ※1 6,183
       受取利息
                                           -            12,231
       受取保証料
                                         7,606              7,024
       受取手数料
                                        ※1 17,355             ※1 17,443
       受取賃貸料
                                        ※1 9,719            ※1 12,251
       その他
                                         41,985              55,133
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         27,973              22,161
       支払利息
                                           198             3,832
       為替差損
                                         2,556              3,257
       その他
                                         30,727              29,250
       営業外費用合計
                                       2,164,421              1,768,415
      経常利益
      特別利益
                                           437               -
       固定資産売却益
                                           -            13,320
       資産除去債務取崩益
                                           437             13,320
       特別利益合計
      特別損失
                                         4,900                -
       固定資産売却損
                                         26,043              32,993
       固定資産除却損
                                         30,944              32,993
       特別損失合計
                                       2,133,914              1,748,742
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   794,113              511,507
                                        △ 10,892             △ 21,742
      法人税等調整額
                                        783,221              489,764
      法人税等合計
                                       1,350,693              1,258,977
      当期純利益
                                 73/90









                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成27年11月1日                   (自 平成28年11月1日
                           至 平成28年10月31日)                   至 平成29年10月31日)
                     注記                  百分比                   百分比

           区分                金額(千円)                   金額(千円)
                     番号                  (%)                   (%)
     Ⅰ 商品売上原価

      1 期首商品棚卸高                    121,005                   130,203

                         2,119,345                   2,159,917
      2 商品仕入高
           合計

                         2,240,351                   2,290,121
                          130,203                   136,856
      3 期末商品棚卸高                          2,110,147       27.5            2,153,264       27.4
     Ⅱ 原材料売上原価

      1 期首原材料棚卸高                    50,309                   39,530

                         2,046,034                   2,084,543
      2 原材料仕入高
           合計

                         2,096,344                   2,124,074
                           39,530                   41,229
      3 期末原材料棚卸高                          2,056,813       26.8            2,082,844       26.5
     Ⅲ 労務費                            833,882      10.9             842,015      10.7

     Ⅳ 経費

      1 外注費                   2,539,388                   2,658,952

                          127,767      2,667,156            130,426      2,789,379
      2 その他                                 34.8                   35.4
         売上原価                       7,668,000      100.0            7,867,503      100.0

                                 74/90











                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
           前事業年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
                                                 (単位:千円)
                                 株主資本
                          資本剰余金                利益剰余金
                 資本金                     その他利益剰余金
                       資本準備金      資本剰余金合計                   利益剰余金合計
                                    別途積立金      繰越利益剰余金
     当期首残高
                  350,643       354,299      354,299      1,100,000       7,304,187      8,404,187
     当期変動額
      新株の発行              598       598      598
      剰余金の配当                                     △ 299,374      △ 299,374
      当期純利益
                                           1,350,693      1,350,693
      自己株式の取得
      自己株式の処分
     当期変動額合計               598       598      598       -   1,051,318      1,051,318
     当期末残高             351,241       354,897      354,897      1,100,000       8,355,506      9,455,506
                    株主資本

                             純資産合計
                 自己株式      株主資本合計
     当期首残高
                  △ 76,199     9,032,931      9,032,931
     当期変動額
      新株の発行                   1,196      1,196
      剰余金の配当                  △ 299,374      △ 299,374
      当期純利益
                        1,350,693      1,350,693
      自己株式の取得                     -       -
      自己株式の処分            27,466      27,466       27,466
     当期変動額合計             27,466     1,079,981      1,079,981
     当期末残高
                  △ 48,732     10,112,913       10,112,913
                                 75/90









                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
           当事業年度(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)
                                                 (単位:千円)
                                 株主資本
                          資本剰余金                利益剰余金
                 資本金                     その他利益剰余金
                       資本準備金      資本剰余金合計                   利益剰余金合計
                                    別途積立金      繰越利益剰余金
     当期首残高             351,241       354,897      354,897      1,100,000       8,355,506      9,455,506
     当期変動額
      新株の発行
                    414       414      414
      剰余金の配当                                     △ 359,374      △ 359,374
      当期純利益                                     1,258,977      1,258,977
      自己株式の取得
      自己株式の処分
     当期変動額合計               414       414      414       -    899,603       899,603
     当期末残高             351,655       355,311      355,311      1,100,000       9,255,109      10,355,109
                    株主資本

                             純資産合計
                 自己株式      株主資本合計
     当期首残高            △ 48,732     10,112,913       10,112,913
     当期変動額
      新株の発行
                          828      828
      剰余金の配当                  △ 359,374      △ 359,374
      当期純利益                  1,258,977      1,258,977
      自己株式の取得           △ 459,327      △ 459,327      △ 459,327
      自己株式の処分
                  139,096       139,096      139,096
     当期変動額合計            △ 320,230       580,200      580,200
     当期末残高            △ 368,963     10,693,113       10,693,113
                                 76/90









                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
          (重要な会計方針)
          1.  有価証券の評価基準及び評価方法
            子会社株式
             移動平均法による原価法
          2.  たな卸資産の評価基準及び評価方法

            評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。
            ① 商品
             ・衣裳・引出物・引菓子
              個別法
             ・その他の商品
              最終仕入原価法
            ② 原材料
              最終仕入原価法
            ③ 貯蔵品
              最終仕入原価法
          3.  固定資産の減価償却の方法

           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法によっております。
             ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成28年
            4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しておりま
            す。
             主な耐用年数は次のとおりであります。
             建物及び構築物             2年~41年
             機械及び装置             6年~17年
             車両運搬具             2年~6年
             工具、器具及び備品             2年~15年
             なお、事業用定期借地権契約による借地上の建物及び構築物については、耐用年数を定
            期借地権の残存期間、残存価額を零とした償却を行っております。
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法によっております。
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づ
            く定額法によっております。
             また、定期借地権については、残存期間に基づく定額法によっております。
           ③ リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
                                 77/90





                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          4.  引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
             売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念
            債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しており
            ます。
           ② 賞与引当金
             従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しておりま
            す。
           ③ 退職給付引当金
             従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき
            計上しております。
             過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
            年数(10年)による定額法により費用処理しております。
             数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間
            以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度か
            ら費用処理しております。
           ④ 役員退職慰労引当金
             役員の退職金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
           ⑤ ポイント引当金
             当社の冠婚葬祭の会員組織に加入している会員に対して付与した特典(ポイント)の利
            用に備えるため、当事業年度末において将来利用されると見込まれる額を計上しておりま
            す。
          5.  その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           ① 退職給付に係る会計処理
             退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理
            の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
           ② 外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
             外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益と
            して処理しております。
           ③ 消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 78/90








                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (会計方針の変更)
           該当事項はありません。
          (表示方法の変更)

           (貸借対照表)
            前事業年度において、独立掲記しておりました「固定負債」の「長期預り金」は、金額的
           重要性が乏しくなったため、当事業年度より「固定負債」の「その他」に含めて表示してお
           ります。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組み替えを行って
           おります。
            この結果、前事業年度の貸借対照表において、「固定負債」の「長期預り金」に表示して
           いた581,075千円は、「その他」として組み替えております。
           (損益計算書)

            前事業年度において、「営業外費用」の「その他」に含めておりました「為替差損」は、
           営業外費用の100分の10を超えたため、当事業年度より独立掲記することとしました。この
           表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組み替えを行っております。
            この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業外費用」の「その他」に表示してい
           た2,754千円は、「為替差損」198千円、「その他」2,556千円として組み替えております。
          (追加情報)

           (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
            「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28
           年3月28日)を当事業年度から適用しております。
           (従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引)

            従業員持株会に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する注記については、1連結
           財務諸表等「注記事項(追加情報)」に同一の内容を記載しておりますので、注記を省略し
           ております。
                                 79/90










                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (貸借対照表関係)
       ※1 担保に供している資産及び担保に係る債務
          担保に供している資産
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成28年10月31日)                  (平成29年10月31日)
     建物                              3,188,547千円                  2,263,132千円
     土地                              1,543,817                  1,354,150
               計                     4,732,365                  3,617,282
         担保に係る債務

                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成28年10月31日)                  (平成29年10月31日)
     1年内返済予定の長期借入金                               478,930千円                  219,430千円
     長期借入金                              1,792,285                  1,673,730
               計                     2,271,215                  1,893,160
       2 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分掲記したものを除く)

                               前事業年度                  当事業年度
                             (平成28年10月31日)                  (平成29年10月31日)
     短期金銭債権                                 1,636千円                   854千円
     短期金銭債務                                  853                  534
                                 80/90













                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (損益計算書関係)
       ※1 関係会社との取引高
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成27年11月1日                  (自 平成28年11月1日
                             至 平成28年10月31日)                  至 平成29年10月31日)
     売上高                                12,243千円                  5,435千円
     販売費及び一般管理費                                14,413                  12,124
     営業取引以外の取引高                                23,248                  22,615
       ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度約86%、当事業年度約86%、一般管理費に

        属する費用のおおよその割合は前事業年度約14%、当事業年度約14%であります。
         販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                   当事業年度

                            (自 平成27年11月1日                  (自 平成28年11月1日
                             至 平成28年10月31日)                   至 平成29年10月31日)
     広告宣伝費                               572,402    千円              701,118    千円
                                     182,998                  165,474
     販売促進費
                                    2,042,237                  2,250,045
     給料及び手当
                                     145,638                  145,458
     賞与引当金繰入額
                                     26,622                  29,941
     退職給付費用
                                     21,982                  19,859
     役員退職慰労引当金繰入額
                                     915,406                  854,404
     減価償却費
                                     △ 3,198                  △ 463
     貸倒引当金繰入額
                                      1,923                   538
     ポイント引当金繰入額
          (有価証券関係)

           子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式708,189千円、
          前事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式327,489千円)は、市場価格がなく、時価を把握す
          ることが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 81/90









                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          (税効果会計関係)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
            繰延税金資産
             賞与引当金                            69,760千円              70,566千円
             未払事業税                            24,418              3,556
             減損損失                            111,977              99,516
             減価償却超過額                            340,495              387,612
             資産除去債務                            169,455              179,956
             役員退職慰労引当金                            90,127              89,121
                                         50,195              52,907
             その他
            繰延税金資産小計
                                         856,430              883,236
                                         △5,751              △6,990
            評価性引当額
            繰延税金資産合計
                                         850,678              876,246
            繰延税金負債

             資産除去債務                           △113,586              △117,767
                                         △6,008              △5,652
             その他
            繰延税金負債合計                            △119,594              △123,420
                                                       752,826
            繰延税金資産の純額                             731,084
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるとき

            の、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
            法定実効税率                              32.82%              30.69%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                             0.76              1.10
             住民税均等割等                             0.33              0.46
             留保金課税                             3.42              7.77
             税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                             1.77               -
             法人税額の特別控除                            △2.49              △1.68
             信託型従業員持株インセンティブ・プランの
                                           -           △10.36
             分配額
                                                        0.03
                                          0.09
             その他
            税効果会計適用後の法人税等の負担率                              36.70              28.01
          (企業結合等関係)

           該当事項はありません。
          (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                 82/90





                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
          【有形固定資産等明細表】
                                          当期末減価

                                          償却累計額             差引当期末
                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高             当期償却額
        資産の種類                                    又は             残高
                 (千円)      (千円)      (千円)      (千円)             (千円)
                                          償却累計額             (千円)
                                          (千円)
     有形固定資産

                 12,227,019       1,770,513        37,916    13,959,617        5,610,838       574,222     8,348,778
      建物
      構築物           1,818,094       222,684       10,476     2,030,303       1,165,454       103,625      864,849

      機械及び装置            54,836      22,225        215     76,846       53,953        887     22,892

                                                         92,608
      車両運搬具            443,727       7,052      5,468     445,311       352,703       48,270
                        346,326
      工具、器具及び備品           1,918,599             141,723     2,123,202       1,739,668       238,163      383,533
      土地           1,852,702       121,032         -   1,973,734           -      -   1,973,734

      建設仮勘定             6,042     899,397      896,004       9,435         -      -     9,435
       有形固定資産計          18,321,022       3,389,232      1,091,804      20,618,450        8,922,618       965,168     11,695,832

     無形固定資産

                   59,100        -
      借地権                           -    59,100       24,745       2,736      34,354
      商標権              389       -      -      389       389       -      -

      ソフトウエア            137,390       1,363        -    138,753       113,144       12,608      25,608

      その他            22,865       2,239        -    25,104       11,695       1,291      13,408
       無形固定資産計           219,745       3,602        -    223,348       149,975       16,636      73,372

      (注)1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
           建物 岡崎支店 1,652,120千円
           構築物 岡崎支店 171,167千円
           工具、器具及び備品 岡崎支店 138,068千円
           建設仮勘定 岡崎支店 840,732千円
         2.当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
           建設仮勘定 岡崎支店 841,174千円
                                 83/90








                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
          【引当金明細表】
                      当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高

           科目
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
     貸倒引当金                     14,491            -          463         14,028

     賞与引当金                    227,307          229,934          227,307          229,934

     役員退職慰労引当金                    295,805           19,859          22,989          292,675

     ポイント引当金                     13,894            977          931         13,940

       (2)【主な資産及び負債の内容】

            連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

            該当事項はありません。
                                 84/90















                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度              毎年11月1日から翌年10月31日まで
     定時株主総会              毎事業年度終了後3ヶ月以内

     基準日              10月31日

                    4月30日
     剰余金の配当の基準日
                    10月31日
     1単元の株式数              100株
     単元未満株式の買取り

                    (特別口座)
       取扱場所
                    東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                    (特別口座)

       株主名簿管理人
                    東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所             ―

       買取手数料            無料
                    電子公告により行います。やむを得ない事由により、電子公告によることができない場
     公告掲載方法              合は、日本経済新聞に掲載する方法により行います。なお、電子公告は当社ホームペー
                    ジに掲載し、そのアドレスは次のとおりです。http://www.ikk-grp.jp/
     株主に対する特典              該当事項はありません
      (注) 当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨
          定款に定めています。
          (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当及び募集新株予約権の割当を受ける権利
                                 85/90











                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

          事業年度 第21期(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
          平成29年1月30日福岡財務支局長に提出。
       (2)内部統制報告書及びその添付書類

          事業年度 第21期(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
          平成29年1月30日福岡財務支局長に提出。
       (3)四半期報告書及び確認書

          第22期第1四半期(自 平成28年11月1日 至 平成29年1月31日)
          平成29年3月16日福岡財務支局長に提出。
          第22期第2四半期(自 平成29年2月1日 至 平成29年4月30日)
          平成29年6月13日福岡財務支局長に提出。
          第22期第3四半期(自 平成29年5月1日 至 平成29年7月31日)
          平成29年9月13日福岡財務支局長に提出。
       (4)臨時報告書

          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の
          結果)の規定に基づく臨時報告書
          平成29年1月31日福岡財務支局長に提出。
                                 86/90










                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 87/90




















                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
                  独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   平成30年1月30日

     アイ・ケイ・ケイ株式会社
      取締役会 御中
                        新日本有限責任監査法人

                          指定有限責任社員

                                            堺     昌  義  ㊞
                                     公認会計士
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                            金  子  一  昭  ㊞
                                     公認会計士
                          業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状
     況」に掲げられているアイ・ケイ・ケイ株式会社の平成28年11月1日から平成29年10月31日までの連結
     会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株
     主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
     項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する
     意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に
     準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかに
     ついて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めてい
     る。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施され
     る。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリス
     クの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明
     するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続
     を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査に
     は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全
     体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、アイ・ケイ・ケイ株式会社及び連結子会社の平成29年10月31日現在の財政状態並びに同日
     をもって終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において
     適正に表示しているものと認める。
                                 88/90




                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、アイ・ケ
     イ・ケイ株式会社の平成29年10月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することに
     ある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができ
     ない可能性がある。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告
     書に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財
     務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査
     の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得る
     ために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査
     証拠を入手するための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務
     報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報
     告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体として
     の内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、アイ・ケイ・ケイ株式会社が平成29年10月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効
     であると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係
     る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点
     において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                        以 上

      (注)1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

           会社)が別途保管しております。
         2   XBRLデータは監査の対象には含                 まれておりません。
                                 89/90








                                                           EDINET提出書類
                                                    アイ・ケイ・ケイ株式会社(E24550)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                   平成30年1月30日

     アイ・ケイ・ケイ株式会社
      取締役会 御中
                        新日本有限責任監査法人

                          指定有限責任社員

                                            堺     昌  義  ㊞
                                     公認会計士
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                            金  子  一  昭  ㊞
                                     公認会計士
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状

     況」に掲げられているアイ・ケイ・ケイ株式会社の平成28年11月1日から平成29年10月31日までの第22
     期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方
     針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
     成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠
     して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合
     理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監
     査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に
     基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するための
     ものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案する
     ために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用
     した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸
     表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
     拠して、アイ・ケイ・ケイ株式会社の平成29年10月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業
     年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                        以 上

      (注)1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

           会社)が別途保管しております。
         2   XBRLデータは監査の対象には含                 まれておりません。
                                 90/90



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。