株式会社イトクロ 有価証券報告書 第12期(平成28年11月1日-平成29年10月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第12期(平成28年11月1日-平成29年10月31日)

提出日:

提出者:株式会社イトクロ

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年1月25日
      【事業年度】                    第12期(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)
      【会社名】                    株式会社イトクロ
      【英訳名】                    ItoKuro    Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役 山木 学
                         代表取締役 領下 崇
      【本店の所在の場所】                    東京都港区赤坂二丁目9番11号
      【電話番号】                    03-6230-1096(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員 経営管理部長 佐藤 大輔
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区赤坂二丁目9番11号
      【電話番号】                    03-6230-1138
      【事務連絡者氏名】                    執行役員 経営管理部長 佐藤 大輔
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/84












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
            回次            第8期        第9期        第10期        第11期        第12期
           決算年月           平成25年10月        平成26年10月        平成27年10月        平成28年10月        平成29年10月

                 (千円)      2,987,083        2,976,769           -        -        -
     売上高
                 (千円)       668,097        662,259          -        -        -
     経常利益
     親会社株主に帰属する当
                 (千円)       507,033        431,506          -        -        -
     期純利益
                 (千円)       500,125        446,150          -        -        -
     包括利益
                 (千円)       309,433        713,395          -        -        -
     純資産額
                 (千円)      1,060,837        1,754,320           -        -        -
     総資産額
                  (円)        31.90        78.91         -        -        -
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益金
                  (円)        48.30        47.05         -        -        -
     額
     潜在株式調整後1株当た
                  (円)          -        -        -        -        -
     り当期純利益金額
                  (%)        29.2        40.6         -        -        -
     自己資本比率
                  (%)        408.7        84.4         -        -        -
     自己資本利益率
                  (倍)          -        -        -        -        -
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                 (千円)       386,927        433,942          -        -        -
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                 (千円)        58,110       284,946          -        -        -
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                 (千円)      △ 178,763       △ 120,509          -        -        -
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期
                 (千円)       476,479       1,078,579           -        -        -
     末残高
                           65        89        -        -        -
     従業員数
                  (名)
     〔ほか、平均臨時雇用人
                          〔 17 〕      〔 14 〕      〔 - 〕      〔 - 〕      〔 - 〕
     員〕
      (注)1.当社は、第8期及び第9期において連結財務諸表を作成しております。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について、第8期は潜在株式が存在しないため、第9期は新株予
           約権の残高がありますが、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりませ
           ん。
         4.第8期及び第9期の株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
         5.従業員数は、正社員のほか、契約社員を含み、〔 〕内に臨時雇用者(アルバイト)の年間平均人数を外数
           で記載しております。
         6.第8期及び第9期の連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、新日本
           有限責任監査法人により監査を受けております。
         7.第8期より、「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号 平成22年6月30日)、
           「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号、平成22年6月30日
           公表分)及び「1株当たり当期純利益に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第9号 平成22年6月30
           日)を適用しております。当社は、平成26年10月30日付で普通株式1株につき10,000株の割合で、平成27年
           2月27日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っておりますが、第8期の期首に当該株式分割
           が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         8.当社は、平成27年7月31日付で、連結子会社でありましたJapan                                Internet     Technologies       Pte.   Ltd.の清算
           手続きが完了したことにより、連結子会社が存在しなくなったため、第10期以降の連結経営指標等は、記載
           しておりません。
                                  2/84

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
            回次            第8期        第9期        第10期        第11期        第12期
           決算年月           平成25年10月        平成26年10月        平成27年10月        平成28年10月        平成29年10月

                 (千円)      2,939,221        2,976,769        3,544,644        3,460,879        3,942,030
     売上高
                 (千円)       640,739        662,164        961,678       1,376,466        1,726,568
     経常利益
                 (千円)       383,464        446,216        608,846        889,028       1,112,821
     当期純利益
     持分法を適用した場合の
                 (千円)          -        -        -        -        -
     投資利益
                 (千円)        30,000        30,000        30,000        30,000        30,000
     資本金
                  (株)         334     3,340,000       11,340,000        11,340,000        11,340,000
     発行済株式総数
                 (千円)       304,669        708,697       3,501,531        4,392,589        5,578,246
     純資産額
                 (千円)      1,044,244        1,749,622        4,345,877        5,572,449        6,482,695
     総資産額
                  (円)        31.41        78.39       341.15        427.77        540.88
     1株当たり純資産額
                           -        -        -        -        -

     1株当たり配当額
                  (円)
     (うち1株当たり中間配
                          ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
     当額)
     1株当たり当期純利益金
                  (円)        36.53        48.66        65.13        86.63       108.38
     額
     潜在株式調整後1株当た
                  (円)          -        -        -      86.01       106.33
     り当期純利益金額
                  (%)        29.2        40.5        80.6        78.8        85.9
     自己資本比率
                  (%)        215.9        88.1        28.9        22.5        22.4
     自己資本利益率
                  (倍)          -        -      30.40        39.13        48.62
     株価収益率
                  (%)          -        -        -        -        -
     配当性向
     営業活動によるキャッ
                 (千円)          -        -     536,481        853,011       1,307,254
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                 (千円)          -        -      34,123     △ 1,633,513       △ 1,009,210
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                 (千円)          -        -    2,108,268        △ 71,915        9,082
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期
                 (千円)          -        -    3,729,233        2,898,094        3,205,221
     末残高
                           65        89       102        119        127
     従業員数
                  (名)
     〔ほか、平均臨時雇用人
                          〔 17 〕      〔 14 〕      〔 10 〕      〔 12 〕      〔 13 〕
     員〕
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第8期及び第9期の株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
         3.当社は配当を行っておりませんので、1株当たり配当額及び配当性向につきましては、それぞれ記載をして
           おりません。
         4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第8期は、潜在株式が存在しないため、第9期は新
           株予約権の残高がありますが、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、第10期は                                               希薄
           化効果を有している潜在株式が存在しないため                      記載しておりません。
         5.従業員数は、正社員のほか、契約社員を含み、〔 〕内に臨時雇用者(アルバイト)の年間平均人数を外数
           で記載しております。
                                  3/84



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
         6.第8期以降の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、新日本有限責任監
           査法人により監査を受けております。
         7.第8期より、「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号 平成22年6月30日)、
           「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号、平成22年6月30日
           公表分)及び「1株当たり当期純利益に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第9号 平成22年6月30
           日)を適用しております。当社は、平成26年10月30日付で普通株式1株につき10,000株の割合で、平成27年
           2月27日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っておりますが、第8期の期首に当該株式分割
           が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期
           純利益金額を算定しております。
         8.  当社は、従来、コンサルティングサービスの一部売上(リスティング運用売上、アフィリエイト売上)にお
           いて、売上原価に計上していたリスティング費用及び他のサイト運営会社に支払う成果報酬費用を、当事業
           年度より、売上高から控除する方法(純額表示)に変更いたしました。そのため、第11期の売上高は遡及適
           用額を反映した数値を記載しております。
                                  4/84
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            概要

      平成18年3月        東京都渋谷区に株式会社イトクロを設立
      平成18年6月        東京都港区に本社移転
      平成18年11月        コンサルティングサービスの提供を開始
      平成19年11月        学習塾予備校情報ポータルサイト「塾ナビ」の提供を開始
              大阪市北区に大阪オフィス設置
      平成20年6月        東京都港区赤坂に本社移転
              FX会社情報ポータルサイト「FX比較オンライン」の提供を開始
      平成21年2月        ヤフー株式会社へ学習塾予備校情報の提供を開始
      平成21年4月        ミステリーショッピングサービスの提供を開始
      平成21年7月        証券会社情報ポータルサイト「BEST証券比較」の提供を開始
      平成21年11月        株式会社オールアバウトへ学習塾予備校情報の提供を開始
      平成22年5月        カードローン情報ポータルサイト「みんなのカードローン」の提供を開始
      平成22年10月        家庭教師派遣情報ポータルサイト「家庭教師比較ネット」の提供を開始
      平成23年3月        NECビッグローブ株式会社へ学習塾予備校情報の提供を開始
      平成24年6月        医学部受験情報ポータルサイト「医学部受験マニュアル」の提供を開始
      平成24年11月        学校情報ポータルサイト「みんなの学校情報」の提供を開始
      平成25年10月        英会話学習情報ポータルサイト「英会話ガイド」の提供を開始
      平成25年12月        ミステリーショッピングサービスを株式会社ミクシィ・リサーチへ譲渡
      平成26年3月        幼児教育情報ポータルサイト「幼児教育なび」の提供を開始
      平成26年8月        クレジットカード情報ポータルサイト「クレマガ」の提供を開始
      平成27年2月        習い事教室スクール情報ポータルサイト「習い事ナビ」の提供を開始
      平成27年4月        学童保育情報ポータルサイト「学童保育ナビ」の提供を開始
      平成27年7月        東京証券取引所マザーズに株式を上場
      平成28年6月        学生向けコミュニティポータルサイト「キャスフィ」を事業譲受、提供を開始
      平成28年7月        地域情報ポータルサイト「ビットストリート」を運営している株式会社Acuzを子会社化
      平成28年10月        株式会社Acuzを吸収合併
                                  5/84











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社は、メディアサービスとそれを軸にしたコンサルティングサービスを展開しております。
        メディアサービスにおいては、「塾ナビ」「みんなの学校情報」「家庭教師比較ネット」「医学部受験マニュア
       ル」をはじめとした、幅広いユーザー基盤及びクライアント基盤のもと、教育業界及び金融業界内において各領域に
       特化した領域特化型ポータルサイトを運営しております。
        また、コンサルティングサービスにおいては、メディアサービスの運営にて培ったノウハウを活用して、教育業界
       及び金融業界を中心にクライアント企業のマーケティング活動をフルサポートしております。
        当社   の主力であるメディアサービスの特徴は下記3点です。
       (ⅰ) 口コミストックモデル

         主要ポータルサイトを中心に、ユーザーからの口コミを継続的に収集し、原則全てに審査を行うことで、ユー
        ザーの求める中立的な優良コンテンツとして掲載をしております。結果として、ユーザーの求める口コミが継続的
        に蓄積され、ユーザーへ価値ある情報の提供をしていくことを可能とし、他のサイトとの差別化を図り、優位性を
        構築しております。
       (ⅱ) 大量の送客ボリューム

         全国のクライアント企業のデータベースや口コミを中心に、ユーザーの求める膨大な情報を提供することで、多
        くのユーザーを各ポータルサイトへ集客しております。また、企画・サイトデザイン・システム開発・運営までの
        全ての工程を自社内で完結することでスピーディーな画面変更やコンテンツへの反映を実現しており、利便性の高
        いポータルサイト運営を実現することで、効果的にクライアント企業に見込み顧客(ユーザー)を送客しておりま
        す。
       (ⅲ) 成果報酬型の課金システム

         ユーザーが、当社のポータルサイトを経由してクライアント企業へ問い合わせや資料請求等を行い、その成果に
        応じて報酬をいただく成果報酬型の課金システムを主要ポータルサイトにおいて採用をしており、クライアント企
        業にとって、効果が明確で高い費用対効果を実現しております。
         こうした特徴を生かし、現事業の深掘りや教育業界及び金融業界内での未参入な領域への横展開を図ると共に、

        新規事業開発への挑戦を積極的に行うことで、当社全体としての更なる成長を目指します。
         なお、当社は、インターネット・メディア事業の単一セグメントであるため、セグメント情報は記載せず、サー
        ビスごとに記載しております。
        (1)メディアサービス

          メディアサービスでは、「塾ナビ」「みんなの学校情報」                            「家庭教師比較ネット」「医学部受験マニュアル」
         等のポータルサイトを主力として運営しております。
          教育業界においては、幼児教育、学習塾、予備校、家庭教師派遣、通信教育、英会話教室、習い事教室等の市
         場にて領域特化型ポータルサイトを横断的に展開しております。具体的には「塾ナビ」「みんなの学校情報」
         「家庭教師比較ネット」「医学部受験マニュアル」等領域ごとにポータルサイトの運営を行っております。ま
         た、主力のポータルサイト運営ノウハウの横展開もスピーディーに行っており、「みんなの学校情報」をはじ
         め、他領域でのサービスも順調に成長を続けております。
          金融業界においても、カードローン、証券会社、FX等の市場にて金融領域特化型ポータルサイトを横断的に
         展開しております。
          主なメディアサービスは以下のとおりです。

         ①塾ナビ

           「塾ナビ」は、全国の幼児、小学生、中学生、高校生の本人及び保護者の方々が、目的にあった学習塾や予
          備校を簡単に検索比較できる国内有数(注1)のポータルサイトです。全国の学習塾や予備校が掲載されてお
          り、掲載教室数81,000教室以上(平成29年10月31日時点)、年間訪問者数1,850万人以上(平成29年10月期)
          となっております。なお、「塾ナビ」経由で入塾された方へギフトカード等の提供を行うことで利用促進を
          図っております。
                                  6/84



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           ○「塾ナビ」の年間訪問者数(注2)の推移
                    該当期                年間訪問者数(万人)

                第3期(平成20年10月期)                         13

                第4期(平成21年10月期)                         43
                第5期(平成22年10月期)                        134
                第6期(平成23年10月期)                        231

                第7期(平成24年10月期)                        360

                第8期(平成25年10月期)                        573

                第9期(平成26年10月期)                        937

                第10期(平成27年10月期)                        1,230

                第11期(平成28年10月期)                        1,624

                第12期(平成29年10月期)                        1,850
           (注)1.     楽天リサーチ株式会社「2018年版塾・予備校検索サイトの利用に関する市場実態把握調査」にて
                利用者数1位
              2.訪問者数:「塾ナビ」を訪問した人数(延べ人数)をいいます。
         ②みんなの学校情報

           「みんなの学校情報」は、全国の保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、専門学校、大学等の学校選
          びに役立つ情報を総合的に得ることのできるポータルサイトです。実際の生徒等本人や保護者からの口コミも
          豊富に掲載されており、偏差値ランキングや各学校の学べる内容等の充実したコンテンツが掲載されておりま
          す。
         ③家庭教師比較ネット

           「家庭教師比較ネット」は、全国の家庭教師派遣会社から口コミやランキングを参考にしながら最適な会社
          を検索比較できるポータルサイトです。利用目的、派遣エリア、対象学年等希望条件にあわせて対応可能な家
          庭教師派遣会社を探すことができます。
         ④医学部受験マニュアル

           「医学部受験マニュアル」は、全国の大学医学部に特化した受験情報を得ることのできるポータルサイトで
          す。受験学習法やキャンパスライフ等、医学部受験生の求める合格者の生の声が全国の医学部について掲載さ
          れており、医学部受験をサポートする学習塾や予備校、家庭教師派遣会社を検索することができます。
                                  7/84








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
        (2)コンサルティングサービス
          コンサルティングサービスでは、メディアサービスで接点を持つ教育業界及び金融業界のクライアント企業を
         中心に、領域特化型ポータルサイトの運営を通して得たノウハウを活用して、集客効果を最大化するためのサー
         ビスを提供することで、クライアント企業への提供価値の最大化を図ります。
          クライアント企業に必要な領域特化型の戦略立案・企画・制作から調査・分析・サポートまでウェブマーケ
         ティング活動を自社内で一括してサポートできる社内体制を整備しているのが特徴となっております。
          以上述べた事項をサービス系統図によって示すと以下のとおりであります。

          サービス系統図

           ① メディアサービスのモデルは以下のとおりであります。
           ② コンサルティングサービスのモデルは以下のとおりであります。






                                  8/84











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
       該当事項はありません。
      5【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                                  平成29年10月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

            127(13)              30.7              2.9             5,207

      (注)1.従業員数は、正社員のほか、契約社員を含み、( )内に臨時雇用者(アルバイト)の年間の平均人数を外
           数で記載しております。
         2.平均年間給与は、正社員で算定し、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.当社の事業は単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
       (2)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  9/84















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業績
          当事業年度における我が国経済は、国際情勢の不安定により先行きは依然として不透明な状況となっていま
         す。このような経済状況の中、当社では教育業界及び金融業界を主要業界としてメディアサービス及びコンサル
         ティングサービスを通じて企業価値の向上に取り組んでまいりました。
          当社が事業展開する主要マーケットの1つである教育業界では、個人向けを対象としたeラーニングや映像配
         信講座と個別指導を組み合わせた学習サービス、また難関校の進学に特化したサービスを提供する個別指導塾の
         増加、企業のグローバル化に合わせた語学学習ニーズの増加等を背景に、効果的且つ効率的なマーケティング手
         法へのニーズの高まりにあわせ、インターネット広告への出稿比率が増加しております。
          このような中、当社では、メディアサービスにおいては、「塾ナビ」「みんなの学校情報」「家庭教師比較
         ネット」「医学部受験マニュアル」等の主要ポータルサイトによる売上が堅調に推移しました。
          以上の結果、当事業年度の売上高は3,942,030千円(前事業年度比13.9%増)、営業利益は1,724,161千円(前
         事業年度比25.8%増)、経常利益は1,726,568千円(前事業年度比25.4%増)、当期純利益は1,112,                                              821  千円(前
         事業年度比25.       2 %増)となりました。
          また、当事業年度より、コンサルティングサービスの一部売上(リスティング運用売上、アフィリエイト売
         上)において売上原価に計上していたリスティング費用及び他のサイト運営会社に支払う成果報酬費用を、売上
         高から控除する方法(純額表示)に変更しております。当該変更により前年同期比較につきましては、遡及適用
         後の数値との比較によるものです。詳細につきましては「第5                             経理の状況      1  財務諸表等(1)財務諸表             注記
         事項(会計方針の変更)」をご覧ください。
          なお、当社はインターネット・メディア事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けた記載

         を行っておりません。サービス別の状況は以下のとおりであります。
         (メディアサービス)

          メディアサービスでは、「塾ナビ」「みんなの学校情報」「家庭教師比較ネット」「医学部受験マニュアル」
         などの主要ポータルサイトにおいて、口コミ等のコンテンツ拡充と共に訪問者数及び掲載クライアント企業数が
         増加しました。
          以上の結果、当事業年度におけるメディアサービスの売上高は3,428,                                 988  千円  (前事業年度比22.         1 %増)   とな
         りました。
         (コンサルティングサービス)

          コンサルティングサービスは、教育メディアサービスに注力するために縮小する方針であり、新規案件の獲得
         に動くことはせず、教育メディアサービスへの人員の配置を実施しました。また、一部契約の終了が影響し、売
         上高は減少しました。
          以上の結果、当事業年度におけるコンサルティングサービスの売上高は513,                                    041  千円  (前事業年度比21.         3 %
         減)  となりました。
                                 10/84








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
       (2)キャッシュ・フローの状況
         当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末より307,126千円増加し、
        3,205,221千円となりました。
         当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当事業年度における営業活動による資金の増加は1,307,254千円(前事業年度は853,011千円の収入)となりまし
        た。主な資金増加要因としては、税引前当期純利益の計上1,698,651千円、売上債権の減少253,409千円によるもの
        であります。これに対して主な資金減少要因としては法人税等の支払額631,810千円によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当事業年度における投資活動による資金の減少は1,009,210千円(前事業年度は1,633,513千円の支出)となりま
        した。主な資金増加要因としては、                 定期預金の払戻による収入2,401,108千円によるものであります。これに対し
        て主な資金減少要因としては、定期預金の預入による支出3,302,184千円、関係会社株式の取得による支出90,000
        千円によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当事業年度における財務活動による資金の増加は9,082千円(前事業年度は71,915千円の支出)となりました。
        主な資金増加要因としては、自己株式の処分による収入62,392千円によるものであります。これに対して主な資金
        減少要因としては、長期借入金の返済による支出50,000千円によるものであります。
                                 11/84














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
       (1)生産実績
         当社で行う事業は、提供するサービスの性格上、生産実績の記載になじまないため、当該記載を省略しておりま
        す。
       (2)受注実績

         当社で行う事業は、提供するサービスの性格上、受注実績の記載になじまないため、当該記載を省略しておりま
        す。
       (3)販売実績

         当事業年度における販売実績をサービス区分別に示すと、次のとおりであります。
                              当事業年度
                          (自 平成28年11月1日
                           至 平成29年10月31日)
          サービスの名称
                            販売高
                                    前年同期比
                           (千円)
                                     (%)
      メディアサービス                       3,428,988          122.1
      コンサルティングサービス                        513,041         78.7

             合計                3,942,030          113.9

      (注)1.当社は、インターネット・メディア事業の単一セグメントであるため、サービス別の販売実績を記載をして
           おります。
         2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成27年11月1日                   (自 平成28年11月1日
                           至 平成28年10月31日)                   至 平成29年10月31日)
             相手先
                            販売高          割合         販売高          割合
                           (千円)          (%)         (千円)          (%)
     株式会社トライグループ                          502,579        14.5           627,110        15.9

         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         4.当事業年度より会計方針の変更を行っており、遡及処理後の数値で前事業年度との比較を行っております。
                                 12/84










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      (1)会社の経営の基本方針
         当社は、「すべての人に、人生を豊かにする教育を」をもとに、メディアサービスとそれを軸にしたコンサル
        ティングサービスを展開しております。
         今後は、「塾ナビ」          「みんなの学校情報」「家庭教師比較ネット」等の領域特化型ポータルサイトの継続的なコ
        ンテンツ拡充とユーザビリティの向上を実施し、認知度の向上及び顧客基盤の拡大を目指すことで、対象領域での
        深堀りを実現してまいります。
      (2)目標とする経営指標

         当社は、中長期的な事業拡大と企業価値の増大を図っていくために、重要な経営指標として、サイトの訪問者
        数、営業利益及びそれらの成長率を重視しております。
      (3)中長期的な会社の経営戦略

         当社の今後の成長戦略は、運営する                  「塾ナビ」     「みんなの学校情報」「家庭教師比較ネット」等、学習塾予備校
        領域、民間教育領域及び学校教育領域における領域                        特化型ポータルサイトにおいて、さらなるシェア拡大を行い
        『教育メディアNo.1』を目指します。
      (4)会社の対処すべき課題

         当社の対処すべき主な課題は以下のとおりです。
         ① 認知度の向上
           当社の展開するインターネット・メディア事業は、開始してからまだ数年と日が浅く、認知度が十分あると
          はいえません。教育サービスや金融サービス等を選ぶユーザーの皆様と、より良い教育サービスや金融サービ
          スを提供しようとしているクライアント企業の皆様に対して、より有意義で安心なプラットフォームとして、
          より多くの方々にお使いいただけるよう、                    インターネット上での広告や他社の媒体との提携を継続的に行って
          まいりましたが、さらなる認知度向上のためにこれらの施策の強化に積極的に取り組んでまいります。
         ② システムのセキュリティ管理体制

           当社の展開する事業は、ウェブサイトに係るシステムのセキュリティ管理体制の構築が重要であり、今後
          も、市場環境の変化に対応したセキュリティ管理体制の維持、構築、整備を継続的に進めてまいります。
         ③ 経営管理体制の構築

           当社が継続的な成長をコントロールし、ユーザーやクライアント企業の皆様に安定してサービスを提供し続
          けていくためには経営管理体制の充実・強化が重要であると認識しております。また、法令遵守に対する企業
          の社会的責任は重大であり、当社では多様化するリスクを正しく把握し、対処しながら収益を上げていくとと
          もに、コンプライアンスの強化を最重要視した経営管理体制の構築にも取り組んでまいります。さらに、経営
          の透明性を高め、市場からの信頼を得られるよう、引き続き財務報告等の開示体制の強化に努めてまいりま
          す。
                                 13/84








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
        以下に、当社の事業展開上、リスク要因となり得る主な事項を記載しております。また、当社は、当社でコント
       ロールできない外部要因や、事業上のリスクとして具体化する可能性が必ずしも高くないとみられる事項を含め、投
       資家の投資判断上重要と考えられる事項については積極的に開示することとしております。当社は、これらのリスク
       発生の可能性を認識した上で、その発生の予防及び発生時の対応に努力する方針でありますが、当社の経営状況及び
       将来の事業についての判断は、以下の記載事項を検討した上で慎重に行われる必要があると考えております。
        なお、文中における将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであり将来において発生の
       可能性のあるすべてのリスクを網羅するものではありません。
       (1)事業環境に係るリスクについて

        ① 教育市場及び金融市場について
          教育市場及び金融市場の二つの市場における売上高が当社の売上の大半を占めており、同市場の著しい縮小や
         変動は、当社の事業や業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ② 業績の変動について

          当社の教育メディアサービスにおいて、新年度前及び夏休み前に当社が運営するメディアのページ数やユー
         ザー数が増加し、当社の第2四半期及び第3四半期の売上が高くなる傾向があります。
          当社は、各領域でのメディア展開を進め、年間を通じて安定した収益の確保に努める考えでありますが、該当
         期間における業績が偏重する可能性があります。
        ③ 消費者の購買プロセスについて

          インターネットの普及により、消費者がモノやサービスを購入する際の意思決定のプロセスにおいて、イン
         ターネットで検索して調べる、インターネットで他の人の口コミを参考に検討する、満足度や使用感などをイン
         ターネットで発信する、といったプロセスが従来より行われており、その意思決定のプロセスにおいて、今後技
         術の発展や代替サービスの登場により消費者のモノやサービスの購買プロセスが大きく変化した場合、当社の事
         業や業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ④ 競合について

          当社は、インターネット・メディアをビジネスドメインとしておりますが、当ドメインにおいては、大手企業
         を含む多くの企業が事業展開をしていることもあり、新たな競合が現れる可能性があります。今後、十分な差別
         化や機能向上等が図られなかったり、新規参入等により競争が激化した場合には、当社の事業や業績に影響を及
         ぼす可能性があります。
       (2)事業内容に関するリスクについて

        ① サイト内の書き込みについて
          当社は、当社が運営するポータルサイトにおいて、教育機関や金融機関等に関するユーザー個人の評価など、
         ユーザーにとって有意義な口コミ情報を提供しております。口コミには、好意的な内容だけでなく、改善要望等
         も含まれます。当社では、ポータルサイト内の情報に関して責任を負わない旨を明示するとともに、事実でない
         情報や誹謗中傷など当社が不適切と判断した場合には、原則、その内容を事前に削除をしております。
          しかしながら、不適切な書き込みを当社が発見できなかった場合、あるいは発見が遅れた場合、当社の運営す
         るポータルサイトに対するユーザーやクライアント企業からの支持が低下し、当社の事業や業績に影響を及ぼす
         可能性があります。
        ② 新規事業について

          当社は、多様化するユーザーニーズに、情報提供を通してその期待に応えることで社会の生活を向上させるこ
         とを目的として、常に新しいサービスを提供することを検討し、実施しております。新規事業の展開において
         は、当社において事業開発及びシステム開発を行う必要があります。その際、新規事業の蓋然性を十分検討した
         上で、開発を行っていきますが、当該開発が何らかの影響で想定以上の工数を要した場合やユーザーやクライア
         ント企業の獲得に結びつかなかった場合、当社の業績に影響を与える可能性があります。また、新規事業を展開
         する中で、必要に応じて他社との業務提携等を検討し、実行してまいりますが、想定していた相乗効果が業務提
         携等から得られなかった場合、当社の事業や業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③ システムやインターネット接続環境の不具合について

          当社は、主にインターネットを通して、生活関連情報を提供しており、当社のシステムやインターネット接続
         環境の安定的稼働は、当社が事業を行っていく上で大前提であります。当社は、サーバーが不測の事態によって
                                 14/84


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
         停止し、又は蓄積されたデータが失われることにより、当社の事業遂行に影響が出ないよう、また、外部からの
         不正なアクセスが出来ないように、様々なリスク回避対策を行っております。
          しかしながら、自然災害や事故、ソフトウエアの不具合、ネットワーク経由の不正アクセスやコンピュータウ
         イルスの感染などの予期せぬ事態が発生した場合、当社の事業や業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ④ インターネット業界における技術革新やユーザーニーズのスピードについて

          インターネット業界においては、急速な技術変化と水準向上が進んでおり、これにあわせるようにユーザーの
         ニーズも著しく変化しております。現在、当社ではこれらに対応すべく、サイト機能のサービス拡充に努めてお
         ります。しかしながら、今後、一定のスキルを有した技術者の確保が想定通りに進まない、もしくはユーザーの
         ニーズの把握が困難となり、十分な機能拡充が提供できない場合、ユーザーに対する訴求力が弱まり、メディア
         としての価値が低下することにより、当社の事業や業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑤ 個人情報流出について

          当社は、「個人情報の保護に関する法律」における個人情報取扱事業者として同法の適用を受けており、事業
         を通して、各種個人情報を保有しております。これらの情報の管理について、当社では、個人情報の外部漏洩の
         防止はもちろん、不適切な利用及び改ざん等の防止のため、個人情報の管理は事業運営上の重要事項と捉えてお
         ります。個人情報保護規程及び情報管理規程を制定し、個人情報を厳格に管理するとともに、全従業員を対象と
         して社内教育を徹底する等、個人情報の保護に関する法律及び関連法令並びに当社に適用される関連ガイドライ
         ンの遵守に努めるとともに、個人情報の保護に積極的に取り組んでおります。また、「プライバシーマーク」の
         認証を取得し、本書提出日現在においてこれを継続しております。
          しかしながら、コンピュータウィルスや不正な手段による外部からのシステムへの侵入、システムの瑕疵、役
         職員や提携事業者の過誤、自然災害などによる情報の外部流出の可能性は皆無とは言えず、これを理由に法的紛
         争に巻き込まれる可能性又は当社の信用が低下する可能性があり、係る場合には、当社の事業や業績に影響を及
         ぼす可能性があります。
       (3)組織体制について

        ① 内部管理体制について
          当社は、当社の事業展開や成長を支えるためにも、今後も内部管理体制の一層の充実を図っていく予定であり
         ます。今後、事業規模の拡大に合わせ、内部管理体制も充実・強化させていく方針でありますが、事業の拡大及
         び人員の増加に適時適切に組織的な対応ができなかった場合、事業展開に影響が出るなどして、当社の事業や業
         績に影響を及ぼす可能性があります。
        ② 人材の確保と育成について

          当社がビジネスドメインとするインターネット領域においては、様々な企業が事業展開しており、競争力のあ
         るサービスを提供していくためには、当社の社風に合った優秀な人員の確保と育成が不可欠と考えております。
         そのため、当社は事業展開の計画に合わせて優秀な人材の育成や採用を行っていく方針ですが、当社の求める人
         材を計画に合わせて確保できない場合、当社の事業や業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③ 小規模組織であることについて

          当社は、現在127名(平成29年10月31日)と小規模な組織であり、業務執行体制もこれに応じたものとなって
         おります。当社は、今後の急速な事業拡大に応じて従業員の育成や採用を行うとともに業務執行体制の充実を
         図っていく方針でありますが、これらの施策が適時適切に進行しなかった場合、当社の事業や業績に影響を与え
         る可能性があります。
                                 15/84






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
       (4)法的規制などについて
        ① 法的規制について
          当社は、「個人情報の保護に関する法律」、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」、「特定電気通信役
         務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」、「特定商取引に関する法律」、「下請代
         金支払遅延等防止法」といった法規制の対象となっております。
          当社は、上記を含む各種法的規制などに関して、それらを遵守するよう、社員教育を行うとともにそれらの遵
         守体制を構築する等、法令遵守体制を整備・強化しておりますが、今後これらの法令等の改正や当社の行う事業
         が規制の対象となった場合、当社の事業や業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ② 知的財産権に係る方針について

          当社は、今後展開を検討しているサービスを含めて、それらの商標やロゴについて、主要なサービスにおいて
         は、商標権の取得を目指す方針であり、当社が保有するそれら知的財産の保護について、侵害されているおそれ
         が生じた場合、顧問弁護士や特許事務所などと連携し、必要な措置を講じてまいります。また、商標権など知的
         財産権を取得する場合は、その検討段階において十分な検証を行い、他社の知的財産権を侵害しないよう慎重に
         対応してまいります。
          しかしながら、当社のサービスを表す商標などを他社が取得した場合、訴訟へと進展することも考えられ、そ
         の場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。また、今後、当社のビジネスモデルに関連する分野で他
         社が実用新案権もしくは特許等を取得した場合、当社の事業や業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③ 訴訟について

          当社は、当社が運営するポータルサイトにおいて、ユーザーにとって有意義な、教育機関や金融機関等に関す
         るユーザーからの口コミ情報やランキング情報を提供しており、商標、著作物などを無断で利用したもの、法
         律・条例に反しているものなど、当社が不適切な口コミと判断した場合には削除をし、また、ランキング情報は
         ページビュー等のランキングの根拠となる情報を記載するようにしておりますが、今後、これらの情報に起因し
         て訴訟が提起されない保証はなく、重要な訴訟となった場合、当社の事業や業績に影響を及ぼす可能性がありま
         す。なお、本書提出日現在、ランキング情報に係る訴訟が1件ありますが、当社の事業及び経営成績に重要な影
         響はないと判断しております。
       (5)その他のリスクについて

        ① 配当政策について
          当社は、設立以来配当を実施した実績はなく、これからしばらくの期間においては、既存領域はもちろんのこ
         と、その周辺領域においても魅力的な事業機会が存在する、又は新たに発見できると考えており、当面は更なる
         成長に向けたサービスの拡充及び組織の構築などに投資を行うことが株主価値の最大化に資すると考え、その原
         資となる内部留保の充実を基本方針とさせていただく考えであります。同時に、株主に対する利益還元は重要な
         経営課題であると認識しており、事業基盤の整備状況、今後の事業展開、業績や財政状態などを総合的に勘案し
         ながら株主への利益配当を目指していく方針であります。なお、今後の配当実施の可能性及び実施時期について
         は未定であります。
        ② 新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

          当社は、当社取締役及び従業員等に対するインセンティブを目的として、当社の新株予約権(以下、「ストッ
         ク・オプション」という。)を付与しており、さらに将来付与する可能性も含め、新株予約権が行使された場
         合、保有株式の価値が希薄化する可能性があります。なお、「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)
         新株予約権等の状況」に記載のとおり、本書提出日の前月末現在におけるストック・オプションによる潜在株式
         数は、1,172,480株であり、発行済株式総数11,340,000株の10.3%に相当しております。
                                 16/84






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      5【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 17/84



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析は、以下のとおりであります。なお、文中の将来
       に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
       (1)重要な会計方針及び見積り
         当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。こ
        の財務諸表の作成にあたって、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額及び開
        示に影響を与える見積りを必要としております。これらの見積りについては、過去の実績や現状等を勘案し合理的
        に判断しておりますが、実際の結果は、見積りによる不確実性のため、これらの見積りとは異なる場合がありま
        す。
       (2)財政状態の分析

        (資産)
         当事業年度末における総資産は6,482,695千円となり、前事業年度末に比べ910,245千円増加いたしました。これ
        は主に現金及び預金が1,208,202千円増加した一方、売掛金が253,409千円減少、のれんが73,491千円減少したこと
        によるものであります。
        (負債)

         当事業年度末における負債は904,448千円となり、前事業年度末に比べ275,411千円減少いたしました。これは主
        に買掛金が103,454千円減少、未払金が89,154千円減少、1年内返済予定の長期借入金が50,000千円減少したこと
        によるものであります。
        (純資産)

         当事業年度末における純資産は5,578,246千円となり、前事業年度末に比べ1,185,657千円増加いたしました。こ
        れは主に当期純利益の計上により利益剰余金が1,112,821千円増加したことによるものであります。
       (3)経営成績の分析

        (売上高)
         当事業年度の売上高は3,942,030千円となり、前事業年度に比べ481,150千円増加いたしました。これは主にメ
        ディアサービス等既存事業の業績が堅調に推移したことによるものであります。
        (売上総利益)

         当事業年度の売上総利益は3,299,945千円となり、前事業年度に比べ412,850千円増加いたしました。これは主に
        メディアサービス等既存事業の業績が堅調に推移したことによるものであります。
        (営業利益)

         当事業年度の営業利益は1,724,161千円となり、前事業年度に比べ353,686千円増加いたしました。これは主に売
        上総利益が増加したものの、人件費等の増加により販売費及び一般管理費が59,164千円増加したことによるもので
        あります。
        (経常利益)

         当事業年度の経常利益は1,726,568千円となり、前事業年度に比べ350,101千円増加いたしました。
        (当期純利益)

         当事業年度の当期純利益は1,112,821千円となり、前事業年度に比べ223,793千円増加いたしました。
       (4)キャッシュ・フローの分析

         各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因については、「第2 事業の状況 1 業績等の概要 (2)キャッ
        シュ・フローの状況」をご参照下さい。
                                 18/84




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
       (5)経営成績に重要な影響を与える要因について
         当社は、「第2 事業の状況 4 事業等のリスク」に記載のとおり、事業環境、事業内容、組織体制、法的規
        制等、様々なリスク要因が当社の経営成績に重要な影響を与える可能性があると認識しております。
         そのため、当社は常に市場動向に留意しつつ、内部管理体制を強化し、優秀な人材を確保し、市場のニーズに
        合ったサービスを展開していくことにより、経営成績に重要な影響を与えるリスク要因を分散・低減し、適切に対
        応を行ってまいります。
       (6)経営者の問題認識と今後の方針について

         当社が今後の業容を拡大し、より良いサービスを継続的に展開していくためには、経営者は、「第2 事業の状
        況 3 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載の様々な課題に対処していくことが必要であると認識
        しております。それらの課題に対応するために、経営者は、常に外部環境の構造やその変化に関する情報の入手及
        び分析を行い、現在及び将来における事業環境を確認し、その間の課題を認識すると同時に最適な解決策を実施し
        ていく方針であります。
                                 19/84
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        該当事項はありません。
      2【主要な設備の状況】

                                                  平成29年10月31日現在
                                   帳簿価額(千円)

        事業所名                                              従業員数
                  設備の内容
        (所在地)                        工具、器具及                       (名)
                           建物              その他        合計
                                び備品
     本社                                                     75
                 本社設備           15,446         521        9     15,977
     (東京都港区)                                                     (8)
     大阪支社
                                                          52
     (大阪府大阪市中央           支社設備           18,915         -       -     18,915
                                                          (5)
     区)
      (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         3.建物は賃借物件であり、年間賃借料は54,686千円であります。
         4.従業員数は、正社員のほか、契約社員を含み、( )内に臨時雇用者(アルバイト)の年間平均人数を外数
           で記載しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
         該当事項はありません。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 20/84











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                              45,000,000

                  計                             45,000,000

        ②【発行済株式】

                                         上場金融商品取引所名
             事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
       種類                                  又は登録認可金融商品              内容
              (平成29年10月31日)              (平成30年1月25日)
                                         取引業協会名
                                                     単元株式数は
                                           東京証券取引所
     普通株式              11,340,000              11,340,000                   100株となって
                                           (マザーズ)
                                                     おります。
        計           11,340,000              11,340,000            -          -
                                 21/84














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
           会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
          ① 第1回新株予約権(平成26年10月30日臨時株主総会決議)
                                   事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (平成29年10月31日)               (平成29年12月31日)
      新株予約権の数(個)                                   12,258               12,258

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―               ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式                同左

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                            122,580(注)1,5               122,580(注)1,5

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                             2,200(注)2,5               2,200(注)2,5

                                 自 平成28年11月1日
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                 至 平成36年9月30日
                                発行価格  2,200(注)5               発行価格  2,200(注)5
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)                          資本組入額 1,100(注)5               資本組入額 1,100(注)5
      新株予約権の行使の条件                               (注)3                同左
                                譲渡による新株予約権の取得
      新株予約権の譲渡に関する事項                          については、取締役会の承認                    同左
                                を要するものとする。
      代用払込みに関する事項                                 ―               ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                    (注)4                同左
      項
      (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、10株であります。ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式
           分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調整、調整の結果生じる1株未満の端数は、こ
           れを切り捨てる。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
           により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算
           式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                    既発行株式数×調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
            調整後行使価額=
                              既発行株式数+新規発行株式数
         3.新株予約権の行使条件は次のとおりであります。
           ① 新株予約権者は、権利行使時において、会社の取締役、使用人の地位を有していなければならない。た
             だし、従業員の定年退職の場合、その他取締役会が正当な理由があると認める場合は、この限りではな
             い。
           ② 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
           ③ その他の条件については、当社と付与対象者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるとこ
             ろによる。
         4.組織再編行為における新株予約権の取扱い
           当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
           を総称して以下「組織再編行為」という)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残存す
           る新株予約権(以下「残存新株予約権」という)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第
           236条1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という)の新株予約権を以下の
           条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社
           は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付
           する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画に
           おいて定めた場合に限るものとする。
                                 22/84



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
             の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案のうえ、現在の発行内容に準じて決定する。
           ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、現在の行使価格を組織再編行為の条
             件等を勘案のうえ調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的
             である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、現在の
             発行内容に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
           ⑥ 新株予約権の行使の条件
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
           ⑨ 新株予約権の取得事由
             現在の発行内容に準じて決定する。
         5.平成27年2月20日開催の取締役会決議により、平成27年2月27日付で株式1株を10株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
          ② 第2回新株予約権(平成26年10月30日臨時株主総会決議)

                                   事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (平成29年10月31日)               (平成29年12月31日)
      新株予約権の数(個)                                   4,564               4,564

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―               ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式                同左

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                             45,640(注)2,6               45,640   (注)2,6

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                             2,200(注)3,6               2,200(注)3,6

                                 自 平成28年11月1日
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                 至 平成36年9月30日
                                発行価格  2,207(注)6               発行価格  2,207(注)6
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)                          資本組入額 1,104(注)6               資本組入額 1,104(注)6
      新株予約権の行使の条件                               (注)4                同左
                                譲渡による新株予約権の取得
      新株予約権の譲渡に関する事項                          については、取締役会の承認                    同左
                                を要するものとする。
      代用払込みに関する事項                                 ―               ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                    (注)5                同左
      項
      (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき71円で有償発行しております。
         2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、10株であります。ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式
           分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調整、調整の結果生じる1株未満の端数は、こ
           れを切り捨てる。
                                 23/84



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
         3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
           により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算
           式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                    既発行株式数×調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
            調整後行使価額=
                              既発行株式数+新規発行株式数
         4.新株予約権の行使条件は次のとおりであります。
           ① 新株予約権者は、権利行使時において、使用人、当社取締役、関係会社取締役としての地位を有してい
             なければならない。
           ② 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
           ③ その他の条件については、当社と付与対象者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるとこ
             ろによる。
         5.組織再編行為における新株予約権の取扱い
           当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
           を総称して以下「組織再編行為」という)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残存す
           る新株予約権(以下「残存新株予約権」という)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第
           236条1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という)の新株予約権を以下の
           条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社
           は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付
           する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画に
           おいて定めた場合に限るものとする。
           ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
             の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案のうえ、現在の発行内容に準じて決定する。
           ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、現在の行使価格を組織再編行為の条
             件等を勘案のうえ調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的
             である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、現在の
             発行内容に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
           ⑥ 新株予約権の行使の条件
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
           ⑨ 新株予約権の取得事由
             現在の発行内容に準じて決定する。
         6.平成27年2月20日開催の取締役会決議により、平成27年2月27日付で株式1株を10株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                 24/84




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
          ③ 第3回新株予約権(平成26年10月30日臨時株主総会決議)
                                   事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (平成29年10月31日)               (平成29年12月31日)
      新株予約権の数(個)                                    289               289

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―               ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式                同左

                                   2,890(注)2,6               2,890(注)2,6
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                   2,200(注)3,6               2,200(注)3,6
      新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 自 平成28年11月1日
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                 至 平成36年9月30日
                                発行価格  2,207(注)6               発行価格  2,207(注)6
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)                          資本組入額 1,104(注)6               資本組入額 1,104(注)6
      新株予約権の行使の条件                               (注)4                同左
                                譲渡による新株予約権の取得
      新株予約権の譲渡に関する事項                          については、取締役会の承認                    同左
                                を要するものとする。
      代用払込みに関する事項                                 ―               ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                    (注)5                同左
      項
      (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき71円で有償発行しております。
         2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、10株であります。ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式
           分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調整、調整の結果生じる1株未満の端数は、こ
           れを切り捨てる。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
         3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
           により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算
           式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                    既発行株式数×調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
            調整後行使価額=
                              既発行株式数+新規発行株式数
         4.新株予約権の行使条件は次のとおりであります。
           ① 新株予約権者は、権利行使時において、当社の業務委託先、使用人、取締役又は関係会社業務委託先、
             関係会社使用人、関係会社取締役としての地位を有していなければならない。
           ② 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
           ③ その他の条件については、当社と付与対象者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるとこ
             ろによる。
         5.組織再編行為における新株予約権の取扱い
           当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
           を総称して以下「組織再編行為」という)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残存す
           る新株予約権(以下「残存新株予約権」という)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第
           236条1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という)の新株予約権を以下の
           条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社
           は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付
           する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画に
           おいて定めた場合に限るものとする。
           ①  交付する再編対象会社の新株予約権の数
             組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
             の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
                                 25/84


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案のうえ、現在の発行内容に準じて決定する。
           ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、現在の行使価格を組織再編行為の条
             件等を勘案のうえ調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的
             である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、現在の
             発行内容に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
           ⑥ 新株予約権の行使の条件
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
           ⑨ 新株予約権の取得事由
             現在の発行内容に準じて決定する。
         6.平成27年2月20日開催の取締役会決議により、平成27年2月27日付で株式1株を10株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
          ④ 第4回新株予約権(平成26年10月30日臨時株主総会決議)

                                   事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (平成29年10月31日)               (平成29年12月31日)
      新株予約権の数(個)                                   2,727               2,727

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―               ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式                同左

                                  27,270(注)2,6               27,270(注)2,6
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                   2,200(注)3,6               2,200(注)3,6
      新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 自 平成28年11月1日
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                 至 平成36年9月30日
                                発行価格  2,207(注)6               発行価格  2,207(注)6
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)                          資本組入額 1,104(注)6               資本組入額 1,104(注)6
      新株予約権の行使の条件                               (注)4                同左
                                譲渡による新株予約権の取得
      新株予約権の譲渡に関する事項                          については、取締役会の承認                    同左
                                を要するものとする。
      代用払込みに関する事項                                 ―               ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                    (注)5                同左
      項
      (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき71円で有償発行しております。
         2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、10株であります。ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式
           分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調整、調整の結果生じる1株未満の端数は、こ
           れを切り捨てる。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
         3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
           により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 26/84



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算
           式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                    既発行株式数×調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
            調整後行使価額=
                              既発行株式数+新規発行株式数
         4.新株予約権の行使条件は次のとおりであります。
           新株予約権者は、権利行使時において、当社との間で協力関係があることを要する。
           その他権利行使の条件は、当社と付与対象者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるところに
           よる。
         5.組織再編行為における新株予約権の取扱い
           当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
           を総称して以下「組織再編行為」という)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残存す
           る新株予約権(以下「残存新株予約権」という)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第
           236条1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という)の新株予約権を以下の
           条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社
           は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付
           する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画に
           おいて定めた場合に限るものとする。
           ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
             の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案のうえ、現在の発行内容に準じて決定する。
           ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、現在の行使価格を組織再編行為の条
             件等を勘案のうえ調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的
             である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、現在の
             発行内容に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
           ⑥ 新株予約権の行使の条件
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
           ⑨ 新株予約権の取得事由
             現在の発行内容に準じて決定する。
         6.平成27年2月20日開催の取締役会決議により、平成27年2月27日付で株式1株を10株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                 27/84






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
          ⑤ 第5回新株予約権(平成28年1月29日取締役会決議)
                                   事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (平成29年10月31日)               (平成29年12月31日)
      新株予約権の数(個)                                  157,500               157,500

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―               ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式                同左

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                              157,500(注)2               157,500(注)2

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                               2,623(注)3               2,623(注)3

                                 自 平成29年2月27日
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                 至 平成38年2月26日
                                  発行価格  2,634               発行価格  2,634
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)                            資本組入額 1,317               資本組入額 1,317
      新株予約権の行使の条件                               (注)4                同左
                                譲渡による新株予約権の取得
                                については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項                                              同左
                                決議による承認を要するもの
                                とする。
      代用払込みに関する事項                                 ―               ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                    (注)5                同左
      項
      (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき11円で有償発行しております。
         2.本新株予約権1個当たりの目的となる株式数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式1株とす
           る。
           なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下
           同じ。)または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、本新
           株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整
           の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(または併合)の比率
           また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これらの
           場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるもの
           とする。
         3.本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、
           調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割(または併合)の比率
           また、新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の
           処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式
           の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                       新規発行株式数×1株当たり払込金額
                                   +
                           既発行株式数
             調整後       調整前                        1株当たりの時価
                 =        ×
            行使価額       行使価額                既発行株式数+新規発行株式数
           なお、上記計算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式
           にかかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新
           規発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
           さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他
           これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調
           整を行うことができるものとする。
         4.① 本新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)が年間(2月27日から2月26日
           まで)行使できる新株予約権の個数の上限は以下の(ⅰ)から(ⅳ)に掲げる時期に応じて以下のとおりと
           する。
                                 28/84


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           (ⅰ)平成29年2月27日から平成30年2月26日まで
             年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の1/4を上限とする。
           (ⅱ)平成30年2月27日から平成31年2月26日まで
             年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の2/4を上限とする。
           (ⅲ)平成31年2月27日から平成32年2月26日まで
             年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の3/4を上限とする。
           (ⅳ)平成32年2月27日から平成38年2月26日まで
             年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の4/4を上限とする。
           ② 上記①の条件に加え、本新株予約権は、直前年度の有価証券報告書に記載の連結損益計算書(連結損益
             計算書を作成していない場合、損益計算書)における営業利益が下記に掲げる各金額以上となった場
             合、行使可能な新株予約権の個数は、各新株予約権者に割り当てられた本新株予約権のうち、それぞれ
             定められた割合までとし、行使する新株予約権の通算個数が以下に定める個数を超える場合、行使でき
             ないものとする。
               営業利益15億円未満の場合:行使できないものとする
               営業利益15億円以上の場合:割当個数の40%
               営業利益18億円以上の場合:割当個数の55%
               営業利益21億円以上の場合:割当個数の70%
               営業利益24億円以上の場合:割当個数の80%
               営業利益27億円以上の場合:割当個数の90%
               営業利益30億円以上の場合:割当個数の100%
             なお、行使可能な新株予約権の個数は上記①及び当該行使条件で可能となる個数のうち、どちらか小さ
             い個数とし、行使可能な本新株予約権の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とす
             る。
           ③ 新株予約権者は、権利行使時において、当社の業務委託先、当社の使用人、当社の取締役又は当社の関
             係会社業務委託先、当社の関係会社使用人、当社の関係会社取締役としての地位を有していなければな
             らない。
           ④ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
         5.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新
           株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社
           (以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。た
           だし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収
           分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案のうえ、現在の発行内容に準じて決定する。
           ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記「新株予約権の行使時の払込金額」で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額
             に、上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とす
             る。
           ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権の行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上記「新株予約
             権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           ⑥ 新株予約権の行使の条件
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
             る。
                                 29/84


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           ⑨ 新株予約権の取得事由
             現在の発行内容に準じて決定する。
          ⑥ 第6回新株予約権(平成28年7月29日取締役会決議)

                                   事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (平成29年10月31日)               (平成29年12月31日)
      新株予約権の数(個)                                   15,500               15,500

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―               ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式                同左

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                               15,500(注)2               15,500(注)2

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                               3,025(注)3               3,025(注)3

                                 自 平成29年8月27日
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                 至 平成38年8月26日
                                  発行価格  3,037               発行価格  3,037
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)                            資本組入額 1,519               資本組入額 1,519
      新株予約権の行使の条件                               (注)4                同左
                                譲渡による新株予約権の取得
                                については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項                                              同左
                                決議による承認を要するもの
                                とする。
      代用払込みに関する事項                                 ―               ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                    (注)5                同左
      項
      (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき12円で有償発行しております。
         2.本新株予約権1個当たりの目的となる株式数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式1株とす
           る。
           なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下
           同じ。)または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、本新
           株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整
           の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(または併合)の比率
           また、新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これらの場
           合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものと
           する。
         3.本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、
           調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割(または併合)の比率
           また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式
           の処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株
           式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                       新規発行株式数×1株当たり払込金額
                                   +
                           既発行株式数
             調整後       調整前                        1株当たりの時価
                 =        ×
            行使価額       行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
           なお、上記計算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式
           にかかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新
           規発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
           さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他
           これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調
           整を行うことができるものとする。
                                 30/84


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
         4.① 本新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)が年間(8月27日から8月26日ま
           で)行使できる新株予約権の個数の上限は以下の(ⅰ)から(ⅳ)に掲げる時期に応じて以下のとおりとす
           る。
           (ⅰ)平成29年8月27日から平成30年8月26日まで
             年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の1/4を上限とする。
           (ⅱ)平成30年8月27日から平成31年8月26日まで
             年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の2/4を上限とする。
           (ⅲ)平成31年8月27日から平成32年8月26日まで
             年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の3/4を上限とする。
           (ⅳ)平成32年8月27日から平成38年8月26日まで
             年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の4/4を上限とする。
           ② 上記①の条件に加え、本新株予約権は、直前年度の有価証券報告書に記載の連結損益計算書(連結損益
             計算書を作成していない場合、損益計算書)における営業利益が以下に掲げる各金額以上となった場
             合、行使可能な新株予約権の個数は、各新株予約権者に割り当てられた本新株予約権のうち、それぞれ
             定められた割合までとし、行使する新株予約権の通算個数が以下に定める個数を超える場合、行使でき
             ないものとする。
               営業利益18億円未満の場合:行使できないものとする
               営業利益18億円以上の場合:割当個数の25%
               営業利益20億円以上の場合:割当個数の40%
               営業利益24億円以上の場合:割当個数の80%
               営業利益27億円以上の場合:割当個数の90%
               営業利益30億円以上の場合:割当個数の100%
             なお、行使可能な新株予約権の個数は上記①及び当該行使条件で可能となる個数のうち、どちらか小さ
             い個数とし、行使可能な本新株予約権の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とす
             る。
           ③ 新株予約権者は、権利行使時において、当社の取締役、当社の使用人、当社の業務委託先又は当社の関
             係会社取締役、当社の関係会社使用人、当社の関係会社業務委託先としての地位を有していなければな
             らない。
           ④ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
         5.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新
           株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社
           (以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。た
           だし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収
           分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案のうえ、現在の発行内容に準じて決定する。
           ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記「新株予約権の行使時の払込金額」で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額
             に、上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とす
             る。
           ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権の行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上記「新株予約
             権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           ⑥ 新株予約権の行使の条件
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             現在の発行内容に準じて決定する。
                                 31/84



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
             る。
           ⑨ 新株予約権の取得事由
             現在の発行内容に準じて決定する。
        ⑦ 第7回新株予約権(平成29年7月3日取締役会決議)

                                   事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (平成29年10月31日)               (平成29年12月31日)
      新株予約権の数(個)                                  153,400               153,400

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―               ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式                同左

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                              153,400    (注)2           153,400    (注)2

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                               4,440(注)3               4,440(注)3

                                 自 平成30年7月20日
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                 至 平成39年7月19日
                                  発行価格  4,440               発行価格  4,440
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)                            資本組入額 2,220               資本組入額 2,220
      新株予約権の行使の条件                               (注)4                同左
                                譲渡による新株予約権の取得
                                については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項                                              同左
                                決議による承認を要するもの
                                とする。
      代用払込みに関する事項                                 ―               ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                    (注)5                同左
      項
      (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき16円で有償発行しております。
         2.本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式1株と
           する。
           なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下
           同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、本新株
           予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整の
           結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
             調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(又は併合)の比率
           また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの場
           合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものと
           する。
         3.本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調
           整による1円未満の端数は切り上げる。
                                      1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                 分割(又は併合)の比率
           また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式の
           処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式
           の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                         新規発行株式数×1株当たりの払込金額
                              既発行株式数         +
                                              1株当たりの時価
            調整後                 調整前
                   =         ×
            行使価額                 行使価額
                                      既発行株式数+新規発行株式数
           なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式に
           かかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規
           発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
                                 32/84


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他
           これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調
           整 を行うことができるものとする。
         4.① 本新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)が年間(7月20日から7月19日ま
             で)行使できる新株予約権の個数の上限は以下の(ⅰ)から(ⅳ)に掲げる時期に応じて以下のとおり
             とする。
             (ⅰ)平成30年7月20日から平成31年7月19日まで
                年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の1/4を上限とする。
             (ⅱ)平成31年7月20日から平成32年7月19日まで
                年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の2/4を上限とする。
             (ⅲ)平成32年7月20日から平成33年7月19日まで
                年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の3/4を上限とする。
             (ⅳ)平成33年7月20日から平成39年7月19日まで
                年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の4/4を上限とする。
           ② 上記①の条件に加え、本新株予約権は、直前年度の有価証券報告書に記載の連結損益計算書(連結損益
             計算書を作成していない場合、損益計算書)における営業利益が下記に掲げる各金額以上となった場
             合、行使可能な新株予約権の個数は、各新株予約権者に割り当てられた本新株予約権のうち、それぞれ
             定められた割合までとし、行使する新株予約権の通算個数が以下に定める個数を超える場合、行使でき
             ないものとする。
               営業利益20億円未満の場合:行使できないものとする
               営業利益20億円以上の場合:割当個数の25%
               営業利益22億円以上の場合:割当個数の40%
               営業利益24億円以上の場合:割当個数の55%
               営業利益26億円以上の場合:割当個数の70%
               営業利益28億円以上の場合:割当個数の80%
               営業利益30億円以上の場合:割当個数の100%
             なお、行使可能な新株予約権の個数は上記①及び当該行使条件で可能となる個数のうち、どちらか小さ
             い個数とし、行使可能な本新株予約権の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とす
             る。
           ③ 新株予約権者は、権利行使時において、当社の取締役、当社の使用人、当社の業務委託先又は当社の関
             係会社取締役、当社の関係会社使用人、当社の関係会社業務委託先としての地位を有していなければな
             らない。
           ④ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
         5.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新
           株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社
           (以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。た
           だし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収
           分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案のうえ、現在の発行内容に準じて決定する。
           ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記「新株予約権の行使時の払込金額」で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額
             に、上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とす
             る。
                                 33/84




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権の行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上記「新株予約
             権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           ⑥ 新株予約権の行使の条件
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑦ 増加する資本金および資本準備金に関する事項
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
             る。
           ⑨ 新株予約権の取得事由
             現在の発行内容に準じて決定する。
        ⑧ 第8回新株予約権(平成29年7月3日取締役会決議)

                                   事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (平成29年10月31日)               (平成29年12月31日)
      新株予約権の数(個)                                  370,500               370,500

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―               ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式                同左

                                    370,500(注)2               370,500(注)2
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                               4,440(注)3               4,440(注)3

                                 自 平成30年7月20日
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                 至 平成39年7月19日
                                  発行価格  4,440               発行価格  4,440
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)                            資本組入額 2,220               資本組入額 2,220
      新株予約権の行使の条件                               (注)4                同左
                                譲渡による新株予約権の取得
                                については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項                                              同左
                                決議による承認を要するもの
                                とする。
      代用払込みに関する事項                                 ―               ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                    (注)5                同左
      項
      (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき8円で有償発行しております。
         2.本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式1株と
           する。
           なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下
           同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、本新株
           予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整の
           結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
             調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(又は併合)の比率
           また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの場
           合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものと
           する。
         3.本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調
           整による1円未満の端数は切り上げる。
                                      1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                 分割(又は併合)の比率
                                 34/84



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式の
           処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式
           の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                         新規発行株式数×1株当たりの払込金額
                              既発行株式数         +
                                              1株当たりの時価
            調整後                 調整前
                   =         ×
            行使価額                 行使価額
                                      既発行株式数+新規発行株式数
           なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式に
           かかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規
           発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
           さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他
           これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調
           整を行うことができるものとする。
         4.① 本新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)が年間(7月20日から7月19日ま
             で)行使できる新株予約権の個数の上限は以下の(ⅰ)から(ⅳ)に掲げる時期に応じて以下のとおり
             とする。
             (ⅰ)平成30年7月20日から平成31年7月19日まで
                年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の1/4を上限とする。
             (ⅱ)平成31年7月20日から平成32年7月19日まで
                年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の2/4を上限とする。
             (ⅲ)平成32年7月20日から平成33年7月19日まで
                年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の3/4を上限とする。
             (ⅳ)平成33年7月20日から平成39年7月19日まで
                年間行使可能個数:割当てられた本新株予約権の個数の4/4を上限とする。
           ② 上記①の条件に加え、本新株予約権は、直前年度の有価証券報告書に記載の連結損益計算書(連結損益
             計算書を作成していない場合、損益計算書)における営業利益が下記に掲げる各金額以上となった場
             合、行使可能な新株予約権の個数は、各新株予約権者に割り当てられた本新株予約権のうち、それぞれ
             定められた割合までとし、行使する新株予約権の通算個数が以下に定める個数を超える場合、行使でき
             ないものとする。
               営業利益23億円未満の場合:行使できないものとする
               営業利益23億円以上の場合:割当個数の25%
               営業利益25億円以上の場合:割当個数の40%
               営業利益27億円以上の場合:割当個数の55%
               営業利益30億円以上の場合:割当個数の70%
               営業利益34億円以上の場合:割当個数の80%
               営業利益38億円以上の場合:割当個数の100%
             なお、行使可能な新株予約権の個数は上記①及び当該行使条件で可能となる個数のうち、どちらか小さ
             い個数とし、行使可能な本新株予約権の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とす
             る。
           ③ 新株予約権者は、権利行使時において、当社の取締役、当社の使用人、当社の業務委託先又は当社の関
             係会社取締役、当社の関係会社使用人、当社の関係会社業務委託先としての地位を有していなければな
             らない。
           ④ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
         5.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新
           株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社
           (以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。た
           だし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収
           分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案のうえ、現在の発行内容に準じて決定する。
           ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                                 35/84


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記「新株予約権の行使時の払込金額」で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額
             に、  上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とす
             る。
           ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権の行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上記「新株予約
             権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           ⑥ 新株予約権の行使の条件
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑦ 増加する資本金および資本準備金に関する事項
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
             る。
           ⑨ 新株予約権の取得事由
             現在の発行内容に準じて決定する。
        ⑨ 第9回新株予約権(平成29年7月3日取締役会決議)

                                   事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (平成29年10月31日)               (平成29年12月31日)
      新株予約権の数(個)                                  277,200               277,200

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―               ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式                同左

                                    277,200(注)2               277,200(注)2
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                               4,440(注)3               4,440(注)3

                                 自 平成30年7月20日
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                 至 平成39年7月19日
                                  発行価格  4,440               発行価格  4,440
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)                            資本組入額 2,220               資本組入額 2,220
      新株予約権の行使の条件                               (注)4                同左
                                譲渡による新株予約権の取得
                                については、当社取締役会の
      新株予約権の譲渡に関する事項                                              同左
                                決議による承認を要するもの
                                とする。
      代用払込みに関する事項                                 ―               ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                    (注)5                同左
      項
      (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき20円で有償発行しております。
         2.本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式1株と
           する。
           なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下
           同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、本新株
           予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整の
           結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
             調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(又は併合)の比率
                                 36/84




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの場
           合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものと
           する。
         3.本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調
           整による1円未満の端数は切り上げる。
                                      1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                 分割(又は併合)の比率
           また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式の
           処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式
           の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                         新規発行株式数×1株当たりの払込金額
                              既発行株式数         +
                                              1株当たりの時価
            調整後                 調整前
                   =         ×
            行使価額                 行使価額
                                      既発行株式数+新規発行株式数
           なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式に
           かかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規
           発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
           さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他
           これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調
           整を行うことができるものとする。
         4.① 本新株予約権は、直前年度の有価証券報告書に記載の連結損益計算書(連結損益計算書を作成していな
             い場合、損益計算書)における営業利益が下記に掲げる各金額以上となった場合、行使可能な新株予約
             権の個数は、新株予約権の割当を受けたもの(以下「新株予約権者」という。)に割り当てられた本新
             株予約権のうち、それぞれ定められた割合までとし、行使する新株予約権の通算個数が以下に定める個
             数を超える場合、行使できないものとする。
               営業利益20億円未満の場合:行使できないものとする
               営業利益20億円以上の場合:割当個数の40%
               営業利益22億円以上の場合:割当個数の50%
               営業利益24億円以上の場合:割当個数の60%
               営業利益26億円以上の場合:割当個数の70%
               営業利益28億円以上の場合:割当個数の80%
               営業利益30億円以上の場合:割当個数の100%
             なお、行使可能な本新株予約権の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とする。
           ② 新株予約権者は、権利行使時において、当社の取締役、当社の使用人、当社の業務委託先又は当社の関
             係会社取締役、当社の関係会社使用人、当社の関係会社業務委託先としての地位を有していなければな
             らない。
           ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
         5.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新
           株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社
           (以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。た
           だし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収
           分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案のうえ、現在の発行内容に準じて決定する。
                                 37/84




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、上記「新株予約権の行使時の払込金額」で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額
             に、上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とす
             る。
           ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権の行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上記「新株予約
             権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           ⑥ 新株予約権の行使の条件
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑦ 増加する資本金および資本準備金に関する事項
             現在の発行内容に準じて決定する。
           ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
             る。
           ⑨ 新株予約権の取得事由
             現在の発行内容に準じて決定する。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      平成26年10月30日
                   3,339,666       3,340,000           ―     30,000          ―       ―
        (注)1
      平成27年2月27日
                  30,060,000       33,400,000            ―     30,000          ―       ―
        (注)2
      平成27年2月27日
                 △22,060,000        11,340,000            ―     30,000          ―       ―
        (注)3
      (注)1.株式分割(1:10,000)によるものであります。
         2.  株式分割(1:10)によるものであります。
         3.  自己株式の消却によるものであります。
                                 38/84








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
       (6)【所有者別状況】
                                                  平成29年10月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
                                                       式の状況
       区分                             外国法人等
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計     (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)           ―     10     25     16     60      ―     879      990      ―
     所有株式数
                ―   20,382      1,046       56    9,643       ―   82,262     113,389      1,100
     (単元)
     所有株式数の割
                ―    17.98      0.92     0.05     8.50       ―    72.55      100      ―
     合(%)
      (注) 自己株式1,049,774株は「個人その他」に10,497単元、「単元未満株式の状況」に74株含まれております。
       (7)【大株主の状況】

                                                  平成29年10月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する所有株式数
         氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    の割合(%)
                                              6,934,100           61.15

     山木 学               東京都港区
     日本トラスティ・サービス信託
                                              1,199,300           10.58
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口)
                                              1,049,774            9.26
     株式会社イトクロ               東京都港区赤坂2丁目9番11号
     日本マスタートラスト信託銀行
                                               444,000           3.92
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号
     株式会社(信託口)
     資産管理サービス信託銀行株式               東京都中央区晴海1丁目8番12号 晴海トリ
                                               209,800           1.85
     会社(証券投資信託口)               トンスクエアタワーZ
     BNP  PARIBAS    SECURITIES
                     33  RUE  DE  GASPERICH,      L-5826    HOWALD-
     SERVICES     LUXEMBOURG
                     HESPERANGE,       LUXEMBOURG                    182,800           1.61
     (常任代理人 香港上海銀行東
                     (中央区日本橋3丁目11-1)
     京支店)
     野村信託銀行株式会社(投信
                                               157,500           1.39
                     東京都千代田区大手町2丁目2番2号
     口)
                     BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1  OSLO    0107
     GOVERNMENT      OF  NORWAY
                     NO                          141,700           1.25
     (常任代理人 シティバンク、
     エヌ・エイ東京支店)
                     (新宿区新宿6丁目27番30号)
     GOLDMAN    SACHS   INTERNATIONAL        133  FLEET   STREET    LONDON    EC4A   2BB   U.K.
                                                86,944          0.77
     (常任代理人 ゴールドマン・               (東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木
     サックス証券株式会社)               ヒルズ森タワー)
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                     ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA  02111
     COMPANY
                                                73,300          0.65
                     (中央区日本橋3丁目11-1)
     (常任代理人 香港上海銀行東
     京支店)
                               -               10,479,218            92.41
            計
                                 39/84






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年10月31日現在
              区分             株式数(株)          議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                        ―           ―            ―

      議決権制限株式(自己株式等)                        ―           ―            ―
      議決権制限株式(その他)                        ―           ―            ―

      完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式 1,049,700                ―            ―

                         普通株式     10,289,200
      完全議決権株式(その他)                                     102,892           ―
      単元未満株式                    普通株式   1,100                ―            ―

      発行済株式総数                        11,340,000           ―            ―

      総株主の議決権                        ―             102,892           ―

        ②【自己株式等】

                                                  平成29年10月31日現在
                                                      発行済株式総

                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
     所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                      合(%)
     株式会社イトクロ           東京都港区赤坂二丁目9番11号                1,049,700           ―   1,049,700          9.26

          計              ―         1,049,700           ―   1,049,700          9.26

                                 40/84











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
       (9)【ストックオプション制度の内容】
           当社は、新株予約権方式によるストック・オプション制度を採用しております。当該制度は、会社法の規定
          に基づき新株予約権を発行する方法によるものであります。当該制度の内容は以下のとおりであります。
          ① 第1回新株予約権(平成26年10月30日臨時株主総会決議)
      決議年月日                            平成26年10月30日
                                  当社取締役 2
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社従業員 16(注)
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

     (注)本書提出日の前月末現在において、付与対象者の区分及び人数は、当社取締役2名及び当社従業員10名となってお
        ります。
          ② 第2回新株予約権(平成26年10月30日臨時株主総会決議)

      決議年月日                            平成26年10月30日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社取締役 1

      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

                                 41/84








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
          ③ 第3回新株予約権(平成26年10月30日臨時株主総会決議)
      決議年月日                            平成26年10月30日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            社外協力者 1

      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

     (注)本書提出日の前月末現在において、付与対象者の区分及び人数は、当社従業員1名となっております。
          ④ 第4回新株予約権(平成26年10月30日臨時株主総会決議)

      決議年月日                            平成26年10月30日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            社外協力者 1

      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

          ⑤ 第5回新株予約権(平成28年1月29日取締役会決議)

      決議年月日                            平成28年1月29日
                                  当社取締役 2
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員 35(注)
                                  社外協力者 1
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

     (注)本書提出日の前月末現在において、付与対象者の区分及び人数は、当社取締役2名、当社従業員30名となっており
        ます。
                                 42/84


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
          ⑥ 第6回新株予約権(平成28年7月29日取締役会決議)
      決議年月日                            平成28年7月29日
                                  当社従業員 5
      付与対象者の区分及び人数(名)
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

          ⑦ 第7回新株予約権(平成29年7月3日取締役会決議)

      決議年月日                            平成29年7月3日
                                  当社従業員 8
      付与対象者の区分及び人数(名)
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

          ⑧ 第8回新株予約権(平成29年7月3日取締役会決議)

      決議年月日                            平成29年7月3日
                                  当社従業員 67
      付与対象者の区分及び人数(名)
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

                                 43/84




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
          ⑨ 第9回新株予約権(平成29年7月3日取締役会決議)
      決議年月日                            平成29年7月3日
                                  当社取締役 1
      付与対象者の区分及び人数(名)
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

                                 44/84















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      当事業年度における取得自己株式                                      75           271,500

      当期間における取得自己株式                                      40           211,200
        (注)当期間における取得自己株式には、平成30年1月1日からこの有価証券報告書提出日までの取引は含まれて
           おりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (千円)                 (千円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            ―        ―        ―        ―

      消却の処分を行った取得自己株式                            ―        ―        ―        ―

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                  ―        ―        ―        ―
      た取得自己株式
      その他(ストックオプションの行使)                          28,360         1,041          ―        ―
      保有自己株式数                        1,049,774            ―    1,049,814            ―

        (注)当期間における取得株式の処理状況及び保有状況には、平成30年1月1日からこの有価証券報告書提出日ま
           での取引は含まれておりません。
                                 45/84










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、事業基盤の整備状況や事業展開の状況、業績や財政状態などを総合的に勘案したうえ、配当を検討してい
       きたいと考えておりますが、既存事業領域はもちろんのこと、更にその周辺領域においても魅力的な事業機会が存在
       する、又は新たに発見できると考えており、当面は更なる成長に向けたサービスの拡充や組織の構築などに投資を行
       うことが株主価値の最大化に資すると考え、これからしばらくの期間についても、その原資となる内部留保の充実と
       その有効活用を基本方針とさせていただく考えであります。
        内部留保資金につきましては、ユーザーやクライアント企業にとってより有益なサービスを展開していくための組
       織体制やシステム環境の整備等の財源として、中長期的には安定して継続的にサービスを提供することができるため
       の事業基盤の整備並びに新たな成長分野への投資等の財源として有効に利用してまいります。
        なお、剰余金の配当を行う場合、年1回の期末配当を基本方針としており、期末配当の決定機関は株主総会となっ
       ております。また、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当を取締役会の決議によって行うことができる旨
       を定款に定めております。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第8期         第9期         第10期         第11期         第12期
       決算年月        平成25年10月         平成26年10月         平成27年10月         平成28年10月         平成29年10月

       最高(円)              -         -        2,080         3,740         6,130

       最低(円)              -         -        1,270         1,900         2,541

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所マザーズにおけるものであります。
          なお、平成27年7月30日付をもって同取引所に株式を上場いたしましたので、それ以前の株価については該当
          事項はありません。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別     平成29年5月          6月        7月        8月        9月        10月
                3,935        5,120                 6,130
     最高(円)                           5,550                 5,870        5,400
                3,545        3,715        4,225        4,565        4,655        4,390
     最低(円)
       (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所マザーズにおけるものであります。
                                 46/84










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性5名 女性―名 (役員のうち女性の比率―%)
                                                        所有株式
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴          任期
                                                        数(株)
                                   平成14年4月 株式会社リクルート入社
                                   平成16年4月 株式会社カカクコム入社
                                   平成18年4月 株式会社デファクトスタン
                                         ダード取締役就任
     代表取締役               山木 学      昭和53年1月17日生         平成18年12月 当社取締役就任
              CEO                                       (注)3   6,934,100
                                   平成21年4月 当社代表取締役就任(現
                                         任)
                                   平成25年6月 株式会社クラウドファン取
                                         締役就任
                                   平成14年4月 株式会社トライグループ入
                                         社
                                   平成19年6月 株式会社NIコンサルティ
                                         ング入社
     代表取締役               領下 崇      昭和52年10月9日生
              COO                                       (注)3     15,000
                                   平成20年2月 当社入社
                                   平成26年1月 当社取締役事業本部長就任
                                   平成27年11月 当社代表取締役就任(現
                                         任)
                                   平成18年4月 UBS証券株式会社入社
                                   平成23年8月 クレディ・スイス証券株式
                                         会社入社
                                   平成27年6月 狼キャピタル株式会社設立
     取締役                                    同代表取締役就任
               ―     中安 祐貴      昭和57年2月17日生                          (注)4       ―
                                   平成28年1月 当社取締役(監査等委員)
     (監査等委員)
                                         就任(現任)
                                   平成28年6月 株式会社みんせつ(旧狼
                                         キャピタル株式会社)
                                          同代表取締役就任(現任)
                                   平成19年9月 弁護士登録
                                          (第一東京弁護士会)
                                   同      光和総合法律事務所入所
                                   平成23年10月 同事務所パートナー弁護士
     取締役
                    鈴木 智也      昭和54年11月24日生               就任(現任)
               ―                                     (注)4       ―
     (監査等委員)
                                   平成25年6月 公益財団法人日本相撲連盟
                                         評議員就任(現任)
                                   平成28年1月 当社取締役(監査等委員)
                                         就任(現任)
                                   平成6年7月 朝日監査法人アーサーアン
                                         ダーセン入社
                                   平成7年5月 国際電信電話株式会社入社
                                   平成8年8月       AT&T/AT&TJen
                                         s入社
                                   平成11年11月 ジェー・ピー・モルガン・
                                         インベストメント・マネー
     取締役                                    ジメント・インク入社
               ―     忍足 大介      昭和48年9月3日生                          (注)4       ―
                                   平成18年3月 JPモルガン信託銀行株式
     (監査等委員)
                                         会社入社
                                   平成20年6月 JPモルガン・アセット・
                                         マネジメント株式会社入社
                                   平成29年1月 株式会社NTTドコモ
                                          アライアンス推進担当部長
                                   平成30年1月 当社取締役(監査等委員)
                                          就任(現任)
                              計                          6,949,100
      (注)1.     取締役中安祐貴、鈴木智也及び忍足大介は、社外取締役であります。
                                 47/84




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
        2.当社の監査等委員については次のとおりであります。
          委員  中安 祐貴
          委員  鈴木 智也
          委員  忍足 大介
        3.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、平成30年1月24日開催の定時株主総会の終結の時か
          ら、1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        4.監査等委員である取締役の任期は、平成30年1月24日開催の定時株主総会の終結の時から、2年以内に終了す
          る事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
                                 48/84


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ① コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方
          当社は、継続企業として収益を拡大し企業価値を向上させ、株主利益を最大化するために、コーポレート・ガ
         バナンスの確立が不可欠なものと認識しております。
          具体的には、代表取締役以下、当社経営を負託された取締役等が自らを律し、その職責に基づき、適切な経営
         判断を行い、経営の効率と迅速性を高め、当社の営む事業を通じて利益を追求すること、財務の健全性を確保し
         てその信頼性を向上させること、事業活動における透明性及び客観性を確保すべく、適時適切な情報開示を行う
         こと、実効性ある内部統制システムを構築すること、監査等委員がその独立性を保ち十分な監査機能を発揮する
         こと等が重要であると考えております。
        ② 企業統治の体制

         イ.企業統治の体制の概要とその体制を採用する理由
           当社は、平成28年1月25日開催の第10回定時株主総会における決議に基づき、同日付で監査役会設置会社か
          ら監査等委員会設置会社へ移行いたしました。
           これにより、監査・監督機能の強化とコーポレート・ガバナンスの一層の充実を図るとともに、迅速な意思
          決定と業務執行により経営の透明性と効率性を図ることを目的とした体制を構築しております。
           当社は、株主総会、取締役会、監査等委員会、内部監査担当者といった機関を有機的かつ適切に機能させ、
          企業として会社法をはじめとした各種関連法令に則り、適法に運営を行っております。また、コンプライアン
          スや重要な法的判断については、顧問弁護士と連携する体制をとっております。
         (a)取締役会
           当社の取締役会は、取締役5名(うち社外取締役3名)で構成されております。毎月開催される定時取締役
          会に加え、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。取締役会は、経営上の意思決定機関として、法令
          又は定款に定める事項の他、経営方針に関する重要事項を審議・決定するとともに、各取締役の業務執行状況
          の監督を行っております。
         (b)経営会議
           当社では、代表取締役、取締役(監査等委員である取締役を除く。)が出席する経営会議を開催しておりま
          す。毎月開催される定時経営会議に加え、必要に応じて臨時経営会議を開催しております。経営会議では、当
          社の組織、運営、その他経営に関する重要な事項の審議を行い、取締役会への付議議案についての意思決定プ
          ロセスの明確化及び透明性の確保を図っております。
           また、必要に応じて、監査等委員である取締役から、意見聴取を行っております。
         (c)監査等委員会
           監査等委員会は3名で構成され、3名とも社外取締役であります。
           監査等委員会は、毎月1回の定時監査等委員会の開催に加え、重要な事項等が発生した場合、必要に応じて
          臨時監査等委員会を開催することとしております。監査等委員会では、法令、定款及び当社監査等委員会規程
          に基づき重要事項の決議及び業務の進捗報告等を行うとともに、監査等委員を補助すべき使用人2名を指名
          し、重要会議等への出席を行っております。
           また、内部監査担当者及び監査法人と随時意見交換や情報共有を行うほか、三者間で情報共有を行うなど連
          携を図ってまいります。
         (d)監査法人
           当社は、新日本有限責任監査法人と監査契約を締結し、独立の立場から会計監査を受けております。
         (e)内部監査担当者
           当社は、代表取締役の命を受けた内部監査担当者による定期的な内部監査を実施しており、当該結果につい
          ては、代表取締役に直接報告され、後日、改善状況の確認を行っております。内部監査担当者及び監査等委員
          は定期的に内部監査の実施状況等について情報交換を行ってまいります。
           また、内部監査担当者、監査等委員及び監査法人は、定期的に意見交換を行い、監査上の問題点の有無や課
          題等について、三者間で情報共有することで連携を図ってまいります。
                                 49/84





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
         ロ.会社の機関・内部統制の関係
           当社の会社の機関・内部統制システムの体制を図示すると、次のとおりであります。
         ハ.その他企業統治に関する事項








          ・内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況
           当社は、業務の適正を確保するための体制として、業務の適正を確保するための体制の整備に関する基本方
          針(「内部統制システム(業務の適正を確保するための体制)に関する基本方針」)を取締役会において決議
          しております。当該基本方針の内容は次のとおりであります。
         (a)内部統制システム構築指針
          取締役及び従業員は、高い倫理観と良心をもって職務遂行にあたり、法令及び社内諸規程を遵守するととも
         に、社会規範に沿った責任ある行動をとるものとします。
          なお、会社の業務執行の適法性・効率性を確保し、リスク管理に努めるために、この基本方針は経営環境の
         変化に応じて不断の見直しを図るものとします。
         (b)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          コンプライアンス体制の構築・維持については、監査等委員による取締役(監査等委員である取締役を除
         く。)の業務執行の監視に加え、代表取締役(代表取締役が複数あるときは、すべての代表取締役。以下本項
         において同じ。)の命を受けた内部監査担当者が、内部監査規程に基づき、取締役及び使用人の職務の執行に
         関する状況の把握、監視等を定期的に行い、代表取締役に報告しております。
          また、法令や社内規程上疑義のある行為等についてその情報を直接受領する内部通報制度を整備・運用して
         おります。
         (c)取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理については、経営管理部担当取締役を担当役員とし、職務執行
         に係る情報を適切に文書又は電磁的情報により記録し、文書管理規程に定められた期間保存・管理を行うもの
         としております。なお、取締役は、これらの文書等を常時閲覧できるものとし、担当役員はその要請に速やか
         に対応するものとしております。
         (d)損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          危機管理体制については、リスク管理規程に基づいて、経営管理部担当取締役を担当役員とし、経営管理部
         をリスク責任部門としております。また、経営管理部は、具体的なリスクを想定、分類し、有事に備え、迅速
         かつ適切な情報伝達をはじめとする緊急体制を整備するものとし、定期的に取締役会に対してリスク管理に関
         する事項を報告するものとしております。なお、不測の事態が発生した場合には、代表取締役(代表取締役が
         複数あるときは、取締役会においてあらかじめ定めた代表取締役)を部長とする対策本部を設置し、早期解決
         に向けた対策を講じるとともに、必要となる再発防止策を策定するものとしております。
         (e)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
                                 50/84


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
          取締役会は、全社的な事業計画を定めるものとし、各取締役は、計画達成に向けて各部門が実施すべき具体
         的な数値目標及びアクションプランを定めるものとしております。これらの計画の達成に向けて予算管理を月
         次で行うほか、計画の進捗評価に用いる主要な指標については、経営会議において情報共有されております。
         ま た、稟議・決裁等のプロセスが明確化されているため、すべての業務レベルにおいて決定が迅速かつ適正に
         行われております。このような機関ないし会議体の機能と業務プロセスにおける位置付けに関しては、全役員
         及び社員の間で共通に認識されているため、計画の策定と推進、その進捗の評価が適正に行われる体制が整っ
         ております。
         (f)監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項
          内部監査担当者が監査業務に協力するとともに、監査業務に必要な補助すべき特定の取締役及び従業員の設
         置(地位や人数の設定を含む。)について、監査等委員会がそれを指定できるものとしております。
         (g)(f)の取締役及び使用人の他の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性並びに当該取締役
          及び使用人に対する監査等委員会の指示の実効性の確保に関する事項
         ⅰ)  (f)の従業員の人事異動及び人事考課を行う場合は、監査等委員会の意見を聴取し、その意見を十分尊重し
         て実施するものとしております。
         ⅱ)  監査等委員である取締役より監査業務にかかる指揮命令を受けた従業員は、所属する上長の指揮命令を受
         けず、内部監査担当者をはじめ執行部門の調査権限を有するとともに必要な会議に出席できるものとしており
         ます。
         (h)取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人が監査等委員会に報告をするための体制その他の監
          査等委員会への報告に関する体制
          取締役及び使用人は、重大な法令違反及び著しい損害を及ぼす恐れのある事実を知ったとき等は、遅滞なく
         監査等委員会に報告するものとします。監査等委員である取締役は必要に応じていつでも取締役に対し報告を
         求めることができるものとします。
         (i)(h)の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを受けないことを確保するための体制
          当社は、監査等委員会に報告を行った取締役及び使用人に対し、当該報告を行ったことを理由として不利な
         取り扱いを行うことを内部通報規程において禁止し、その旨を当社の取締役及び使用人に周知しております。
         (j)監査等委員の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
          当社は、監査等委員がその職務の執行について、当社に対し、会社法第399条の2第4項に基づく費用の前払
         い等の請求をしたときは、当該請求に係る費用又は債務が当該監査等委員の職務の執行に必要でないことを証
         明した場合を除き、速やかにこれに応じることとしております。
         (k)その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          監査等委員会が重要な意思決定のプロセスや業務の執行状況を効率的かつ効果的に把握できるようにするた
         め、監査等委員会はいつでも取締役及び従業員に対して報告を求めることができ、取締役は社内の重要な会議
         への監査等委員である取締役の出席を拒めないものとしております。
          また、監査等委員会は、内部監査担当者及び会計監査人と緊密に連携し、定期的に情報交換を行うものと
         し、必要に応じて顧問弁護士との意見交換等を実施するものとしております。
         (l)反社会的勢力排除に向けた体制
          当社は、反社会的勢力との取引関係や支援関係を含め一切の接触を遮断し、反社会的勢力からの不当要求は
         断固として拒絶するものとしております。
          反社会的勢力から経営活動に対する妨害や加害行為、誹謗中傷等の攻撃を受けた場合は、経営管理部が対応
         を一元的に管理し、警察等関連機関とも連携し、組織全体で毅然とした対応を行う体制を整えております。
         (m)財務報告の信頼性を確保するための体制
          「財務報告に係る内部統制の基本方針」を定めるとともに、財務報告に係る内部統制が有効に行われる体制
         の整備、維持、向上を図っております。
         (n)当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するための体制
          当社に親会社又は子会社が存することとなったときは、当該親会社又は子会社の機関構成、組織体制等を考
         慮して、当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するための体制の構築を行い
         ます。
                                 51/84





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
          ・リスク管理体制の整備状況
           当社は、業務上発生する可能性がある各種リスクを正確に把握・分析し、適切に対処すべく継続的にリスク
          管理体制の強化に取り組んでおります。緊急事態が発生した場合、代表取締役がリスク管理統括責任者とし
          て、迅速な対応を行い、緊急事態の拡大を最小限にとどめ、早期に解決するよう努めております。
           また、当社は、内部通報制度を設け、コンプライアンスに抵触する事態の発生の早期発見、早期解決に取り
          組んでおります。当社の従業員は、本制度を通じてコンプライアンス違反等の事実が生じているか、又は、生
          じようとしていることを経営管理部担当取締役または経営管理部担当取締役が指名する者もしくは監査等委員
          会を通報窓口として通報することができます。通報を受けた者は事実関係の把握に努め、コンプライアンス違
          反行為が行われていることを確認したときは、直ちに代表取締役に報告し、コンプライアンス違反行為の是正
          その他の対応策及び再発防止措置等を決定し、当社の関係部門及び関係者に対し勧告を行います。経営管理部
          担当取締役は通報等の処理が終了後、是正措置及び再発防止策が十分機能しているか確認を行うフローとして
          おります。
         ニ.責任限定契約の内容の概要

           当社と社外取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する
          契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める最低責任限度額としてお
          ります。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役が責任の原因となった職務の遂行について善
          意でかつ重大な過失がないときに限られます。
        ③ 内部監査及び監査等委員会監査の状況

         (a)内部監査の状況
           当社の内部監査は代表取締役から任命された内部監査担当者2名が行っております。内部監査担当者は内部
          監査規程及び代表取締役から承認を得た内部監査計画に基づき、各部門の業務活動に関し、社内規程やコンプ
          ライアンスに則り、適正かつ効率的に行われているか監査を行っております。監査の結果は代表取締役に直接
          報告され、後日改善状況の確認が行われております。
         (b)監査等委員会監査
           監査等委員は取締役会に出席や代表取締役との定期的な面談を実施するほか、重要書類の閲覧、内部監査担
          当者及び各従業員に対するヒヤリングに加え、                      監査等委員会の職務を補助すべき使用人2名を指名し、経営会
          議等の重要な会議に出席させることにより、業務監査を行っております。
           また、監査等委員は監査等委員会で情報を共有し、内部監査担当者及び監査法人と随時意見交換や情報共有
          を行うほか、三者間ミーティングを行うなど連携を図り、監査機能の向上を図ります。
         (c)内部監査担当者、監査等委員及び監査法人の連携
           内部監査担当者及び監査等委員は、定期的に内部監査の実施状況等について情報交換を行います。また、内
          部監査担当者、監査等委員及び監査法人は、定期的に意見交換を行い、監査上の問題点の有無や課題等につい
          て、三者間で情報共有をすることで、連携を図っております。
        ④ 会計監査の状況

          当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、新日本有限責任監査法人に所属する大田原吉隆及び矢部直哉で
         あります。継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。また、当社の会計監
         査業務に係る補助者は、公認会計士7名、その他10名であります。
        ⑤ 社外取締役

          当社では、本書提出日現在、監査等委員である取締役3名中3名を社外から選任しております。
         中安祐貴及び忍足大介は金融業界における長期の職務経験を有しており、鈴木智也は、弁護士として企業法務に
         精通していることから、当社の社外取締役として適任であると判断しております。本書提出日現在におきまし
         て、人的関係、資本的関係又は取引関係その他特別な利害関係はありません。
          当社は、社外取締役の独立性に関する基準や方針についての特段の定めはありませんが、独立性に関しては、
         株式会社東京証券取引所が定める基準を参考にしており、経営の独立性を確保していると認識しております。
          なお、社外取締役と内部監査担当者及び監査法人との相互連携につきましては、③のとおり、情報を共有し、
         連携体制をとっております。
                                 52/84




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
        ⑥ 役員報酬等
         (a)役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                       報酬等の総額                         対象となる役員の員数
           役員区分
                        (千円)                            (人)
                                 基本報酬          賞与
     取締役(監査等委員を除く。)

                           67,800         43,800         24,000              3
     (社外取締役を除く。)
     取締役(監査等委員)
                              ―         ―         ―            ―
     (社外取締役を除く。)
     社外役員                      3,600         3,600           ―            3
         (注)1.取締役の報酬等の額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
           2.取締役(監査等委員を除く。)の報酬限度額は、平成29年1月26日開催の第11回定時株主総会におい
             て、年額1億5千万円以内(ただし、使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。
           3.取締役(監査等委員)の報酬限度額は、平成30年1月24日開催の第12回定時株主総会において、年額
             900万円以内と決議いただいております。
         (b)提出会社の役員ごとの報酬等の総額等
           報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
         (c)役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
           取締役の報酬等は、株主総会にて決定する報酬総額の限度内で、当社の業績及び本人の貢献度に鑑み取締役
          会にて決定しております。監査等委員である取締役の報酬等は、株主総会にて決定する報酬総額の限度内で、
          監査等委員会により決定しております。
        ⑦     株式の保有状況

         イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           該当事項はありません。
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目
          的
           該当事項はありません。
         ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並び
          に当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
           該当事項はありません。
         ニ.投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計
          上額
           該当事項はありません。
         ホ.投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計
          上額
           該当事項はありません。
        ⑧ 取締役の定数

          当社の取締役は当事業年度末において                   、 監査等委員である取締役以外の取締役は10名以内、監査等委員である
         取締役は5名以内とする旨、定款で定めております。
        ⑨ 取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議については、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分
         の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらないものとする旨を定
         款に定めております。
                                 53/84




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
        ⑩ 株主総会の特別決議要件
          当社は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより株主総会の円滑な運営を行うことを目的と
         して、会社法第309条第2項に定める特別決議について、議決権を行使することができる株主の議決権を3分の
         1以上有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
        ⑪ 自己株式の取得

          当社は、機動的な資本政策を遂行することを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役
         会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。
        ⑫ 中間配当

          当社は、株主の皆様への利益配分を機動的に行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議
         によって毎年4月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                前事業年度                            当事業年度
      監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬
          (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
               12,000                 ―           15,000                 ―
        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          該当事項はありません
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社は監査公認会計士等に対する監査報酬を決定するにあたり、会社規模や監査日数等を勘案し、監査等委員
         会の同意を得て決定しております。
                                 54/84










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 財務諸表の作成方法について
        当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい
       て作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当事業年度(平成28年11月1日から平成29年10月31
       日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
      3 連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
      4 財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、企業会計基準等の内
       容を適切に把握し、会計基準等の変更等に的確に対応することができる体制を整備するため、監査法人等の主催する
       セミナーへの参加や社内研修等を行っており、財務諸表等の適正性の確保に努めております。
                                 55/84















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       4,299,203              5,507,405
         現金及び預金
                                        747,762              494,353
         売掛金
                                         25,345              46,430
         前払費用
                                         72,303              75,604
         繰延税金資産
                                         1,417              1,619
         その他
                                        △ 1,634              △ 621
         貸倒引当金
                                       5,144,399              6,124,792
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         62,489              64,084
          建物
                                        △ 24,668             △ 29,722
            減価償却累計額
            建物(純額)                             37,820              34,361
          工具、器具及び備品                               12,719              12,719
                                        △ 11,349             △ 12,198
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              1,370               521
                                           209              209
          その他
                                         △ 190             △ 199
            減価償却累計額
            その他(純額)                               18               9
                                         39,209              34,892
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        303,413              229,922
          のれん
                                        303,413              229,922
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         75,088              75,830
          敷金及び保証金
                                         9,332              16,621
          繰延税金資産
                                         1,006               636
          その他
                                         85,426              93,087
          投資その他の資産合計
                                        428,050              357,902
         固定資産合計
                                       5,572,449              6,482,695
       資産合計
                                 56/84









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        339,552              236,097
         買掛金
                                         50,000                -
         1年内返済予定の長期借入金
                                         14,000              14,000
         1年内償還予定の社債
                                        250,777              161,623
         未払金
                                         14,807              19,827
         未払費用
                                        372,012              336,622
         未払法人税等
                                         7,156              8,375
         前受金
                                         4,813              4,915
         預り金
                                         79,732              92,612
         その他
                                       1,132,851               874,073
         流動負債合計
       固定負債
                                         30,000              16,000
         社債
                                         17,008              13,674
         資産除去債務
                                           -              700
         その他
                                         47,008              30,374
         固定負債合計
                                       1,179,860               904,448
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         30,000              30,000
         資本金
         資本剰余金
                                       2,139,264              2,201,693
          その他資本剰余金
                                       2,139,264              2,201,693
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       2,259,845              3,372,667
            繰越利益剰余金
                                       2,259,845              3,372,667
          利益剰余金合計
                                        △ 39,332             △ 38,562
         自己株式
                                       4,389,777              5,565,798
         株主資本合計
                                         2,812              12,447
       新株予約権
                                       4,392,589              5,578,246
       純資産合計
                                       5,572,449              6,482,695
      負債純資産合計
                                 57/84









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                至 平成28年10月31日)               至 平成29年10月31日)
                                       3,460,879              3,942,030
      売上高
                                        573,785              642,084
      売上原価
                                       2,887,094              3,299,945
      売上総利益
                                      ※1 1,516,619             ※1 1,575,783
      販売費及び一般管理費
                                       1,370,475              1,724,161
      営業利益
      営業外収益
                                         2,081              1,618
       受取利息
                                         5,000              1,700
       助成金収入
                                         1,193               449
       その他
                                         8,274              3,767
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           792               39
       支払利息
       社債利息                                   408              295
                                         1,081               919
       支払保証料
                                           -              102
       為替差損
                                           -               ▶
       その他
       営業外費用合計                                  2,282              1,361
                                       1,376,466              1,726,568
      経常利益
      特別損失
                                        ※2 5,310
                                                         -
       固定資産除却損
                                                      ※3 27,916
                                           -
       減損損失
                                         5,310              27,916
       特別損失合計
                                       1,371,156              1,698,651
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   520,176              596,419
                                        △ 38,048             △ 10,589
      法人税等調整額
                                        482,128              585,829
      法人税等合計
                                        889,028             1,112,821
      当期純利益
                                 58/84










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
     【売上原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成27年11月1日                   (自 平成28年11月1日
                           至 平成28年10月31日)                   至 平成29年10月31日)
                     注記                 構成比                   構成比

           区分               金額(千円)                   金額(千円)
                     番号                 (%)                   (%)
     Ⅰ 労務費                          126,848       22.1            172,793       26.9

                                446,936                   469,291
     Ⅱ 経費                ※1                 77.8                   73.1
      当期売上原価                               100.0                   100.0
                                573,785                   642,084
      (注)※1 主な内訳は、次のとおりであります。
             項目               前事業年度(千円)                   当事業年度(千円)
     外注費                                386,715                   408,607

                                      15,258                   13,910
     賃借料
                                      12,946                   11,209
     消耗品費
                                                        10,747
     地代家賃                                 6,979
                                      14,222                   10,742
     業務委託費
                                      6,908                  10,222
     通信費
                                 59/84













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
                                                      (単位:千円)
                                      株主資本
                             資本剰余金            利益剰余金
                                     その他利益剰
                     資本金                 余金             自己株式     株主資本合計
                         その他資本剰      資本剰余金合            利益剰余金合
                         余金      計            計
                                     繰越利益剰余
                                     金
     当期首残高                 30,000     2,139,264      2,139,264      1,370,817      1,370,817      △ 39,196     3,500,885
     当期変動額
      当期純利益                                 889,028      889,028            889,028
      自己株式の取得                                              △ 136     △ 136
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                  -      -      -    889,028      889,028       △ 136    888,891
     当期末残高                 30,000     2,139,264      2,139,264      2,259,845      2,259,845      △ 39,332     4,389,777
                    新株予約権      純資産合計


     当期首残高

                       646   3,501,531
     当期変動額
      当期純利益                     889,028
      自己株式の取得                      △ 136
      株主資本以外の項目の当期変動
                      2,166      2,166
      額(純額)
     当期変動額合計                 2,166     891,057
     当期末残高                 2,812    4,392,589
                                 60/84









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)
                                                      (単位:千円)
                                      株主資本
                             資本剰余金            利益剰余金
                                     その他利益剰
                     資本金                 余金             自己株式     株主資本合計
                         その他資本剰      資本剰余金合            利益剰余金合
                         余金      計            計
                                     繰越利益剰余
                                     金
     当期首残高                 30,000     2,139,264      2,139,264      2,259,845      2,259,845      △ 39,332     4,389,777
     当期変動額
      当期純利益                                1,112,821      1,112,821            1,112,821
      自己株式の取得
                                                    △ 271     △ 271
      自己株式の処分                      62,429      62,429                  1,041      63,471
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                        -    62,429      62,429     1,112,821      1,112,821         770   1,176,021
     当期末残高                 30,000     2,201,693      2,201,693      3,372,667      3,372,667      △ 38,562     5,565,798
                    新株予約権      純資産合計


     当期首残高

                      2,812    4,392,589
     当期変動額
      当期純利益                    1,112,821
      自己株式の取得                      △ 271
      自己株式の処分
                            63,471
      株主資本以外の項目の当期変動
                      9,635      9,635
      額(純額)
     当期変動額合計                 9,635    1,185,657
     当期末残高                 12,447     5,578,246
                                 61/84








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                至 平成28年10月31日)               至 平成29年10月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       1,371,156              1,698,651
       税引前当期純利益
                                         5,305              5,912
       減価償却費
                                         2,083              45,574
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 837            △ 1,012
                                        △ 2,081             △ 1,618
       受取利息及び受取配当金
                                         1,201               334
       支払利息及び社債利息
                                         5,310                -
       固定資産除却損
                                           -            27,916
       減損損失
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 302,951              253,409
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  56,138             △ 103,454
       未払金の増減額(△は減少)                                  52,245              13,237
       未払費用の増減額(△は減少)                                 △ 1,338              5,019
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 2,617              12,913
                                         2,200             △ 19,103
       その他
                                       1,185,813              1,937,781
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  2,081              1,618
                                        △ 1,201              △ 334
       利息の支払額
                                       △ 333,681             △ 631,810
       法人税等の支払額
                                        853,011             1,307,254
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         36,007             2,401,108
       定期預金の払戻による収入
                                      △ 1,403,108             △ 3,302,184
       定期預金の預入による支出
                                        △ 20,811               △ 741
       敷金の差入による支出
                                       △ 210,000              △ 90,000
       関係会社株式の取得による支出
                                           -            △ 3,416
       資産除去債務の履行による支出
                                        △ 35,000                -
       事業譲受による支出
                                         △ 600            △ 13,977
       その他
                                      △ 1,633,513             △ 1,009,210
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 60,000             △ 50,000
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 14,000             △ 14,000
       社債の償還による支出
                                           -            62,392
       自己株式の処分による収入
                                         △ 136             △ 271
       自己株式の取得による支出
                                         2,221              10,962
       新株予約権の発行による収入
                                        △ 71,915               9,082
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 852,417              307,126
      現金及び現金同等物の期首残高                                  3,729,233              2,898,094
      非連結子会社との合併に伴う現金及び現金同等物の
                                         21,279                -
      増加額
                                       ※ 2,898,094              ※ 3,205,221
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 62/84






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (継続企業の前提に関する事項)
          該当事項はありません。
         (重要な会計方針)

          1 固定資産の減価償却の方法
            有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法を採用しております。
             ただし、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物        10年~15年
              工具、器具及び備品 5年~15年
          2 引当金の計上基準

            貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
            権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上することとしております。
          3 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
           しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          4 のれんの償却方法及び償却期間

            のれんの償却については、その効果が発現すると見積もられる期間で均等償却することとしております。
          5 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

            消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         (会計方針の変更)

         (売上高の計上基準の変更)
         当社は、従来、コンサルティングサービスの一部売上(リスティング運用売上、アフィリエイト売上)において
        売上原価に計上していたリスティング費用及び他のサイト運営会社に支払う成果報酬費用を、当事業年度より、売
        上高から控除する方法(純額表示)に変更いたしました。
         この変更は、メディアサービスの事業展開を一層推進する当社の経営方針の下、メディアサービスの附帯サービ
        スであるコンサルティングサービスの一部売上高(リスティング運用売上高、アフィリエイト売上高)が急増して
        いる中で、当該一部売上高を純額表示に変更しなければ企業実態を適切に表示することは困難であるとの認識に基
        づいております。この認識に加えて、全ての事業にわたって、経営成績の重要指標のひとつである売上高の計上基
        準を見直すべく、収益の定義・範囲・会計処理等についての実態調査の上、業務プロセス検討・システム構築等の
        体制整備を進めてまいりました。当事業年度においてその準備が整ったことにより変更するものであります。
         当該会計方針の変更は遡及適用しており、前事業年度については遡及適用後の財務諸表となっております。この
        結果、遡及適用前と比較して、前事業年度の「売上高」及び「売上原価」はそれぞれ1,251,795千円減少しており
        ますが、「売上総利益」、「営業利益」、「経常利益」、「税引前当期純利益」及び「当期純利益」に与える影響
        はありません。なお、前事業年度の期首の純資産に対する累積的影響額はありません。
         (表示方法の変更)

           該当事項はありません。
                                 63/84





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
           該当事項はありません。
         (損益計算書関係)

          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。
                                前事業年度                   当事業年度
                             (自 平成27年11月1日                  (自 平成28年11月1日
                             至 平成28年10月31日)                   至 平成29年10月31日)
     広告宣伝費                               674,956    千円              676,227    千円
     給料手当                               323,042    千円              365,712    千円
     減価償却費                                4,522   千円               4,753   千円
     貸倒引当金繰入額                                △ 375  千円              △ 1,007   千円
     おおよその割合

                                      44.5%                  42.9%
      販売費
                                      55.5%                  57.1%
      一般管理費
          ※2 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成27年11月1日                 (自 平成28年11月1日
                             至 平成28年10月31日)                 至 平成29年10月31日)
     建物                                 4,375千円                   -千円
     工具、器具及び備品                                  935                  -
               計                       5,310                   -
          ※3 減損損失

         当事業年度において、当社は以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
        (1)減損損失を認識した資産
           場所              用途              種類             減損損失
                    ポータルサイト
           -
                                  のれん                     27,916千円
                    (キャスフィ)
        (2)減損損失の認識に至った経緯

         当事業年度において、事業を譲り受けた際に超過収益力を前提にのれんを計上しておりましたが、営業活動から
        生じる損益が継続してマイナスであることから、減損損失として特別損失に計上しております。
        (3)資産のグルーピングの方法

         当社は、原則として継続的に収支の把握を行っている管理会計上の区分を基準としてグルーピングを行っており
        ます。
        (4)回収可能価額の算定方法

         回収可能価額については、使用価値を零として算定しております。
                                 64/84






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
         (株主資本等変動計算書関係)
           前事業年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
          1.発行済株式に関する事項
         株式の種類           当 事業  年度期首          増加          減少        当 事業  年度末
                                       ―          ―
     普通株式(株)                  11,340,000                               11,340,000
           2.自己株式に関する事項

         株式の種類           当 事業  年度期首          増加          減少        当 事業  年度末
                                                 ―

     普通株式(株)                   1,078,000              59                 1,078,059
            (変動事由の概要)
             増加株式数の内訳は、次のとおりであります。
              単元未満株式の買取請求による増加 59株
           3.新株予約権等に関する事項

                                   目的となる株式の数(株)

                                                      当事業年度
                      目的となる
                                                       末残高
       会社名         内訳
                      株式の種類
                                                       (千円)
                            当事業年度                    当事業年度
                                    増加       減少
                              期首                    末
            ストック・オプ
                        ―         ―       ―       ―       ―    2,812
      提出会社      ションとしての新
            株予約権
                                 ―       ―       ―       ―    2,812
               合計
           4.配当に関する事項

             該当事項はありません。
                                 65/84











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           当事業年度(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)
          1.発行済株式に関する事項
         株式の種類           当 事業  年度期首          増加          減少        当 事業  年度末
                                       ―          ―
     普通株式(株)                  11,340,000                               11,340,000
           2.自己株式に関する事項

         株式の種類           当 事業  年度期首          増加          減少        当 事業  年度末
                                      75        28,360
     普通株式(株)                   1,078,059                               1,049,774
            (変動事由の概要)
             増加株式数の内訳は、次のとおりであります。
              単元未満株式の買取請求による増加 75株
             減少株式数の内訳は、次のとおりであります。
              ストック・オプションの行使による減少 28,360株
           3.新株予約権等に関する事項

                                   目的となる株式の数(株)

                                                      当事業年度
                      目的となる
       会社名         内訳                                        末残高
                      株式の種類
                                                       (千円)
                            当事業年度                    当事業年度
                                    増加       減少
                              期首                    末
            ストック・オプ
                        ―         ―       ―       ―       ―    12,447
      提出会社      ションとしての新
            株予約権
                                 ―       ―       ―       ―    12,447
               合計
           4.配当に関する事項

             該当事項はありません。
                                 66/84










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
         (キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                  至 平成28年10月31日)              至 平成29年10月31日)
     現金及び預金勘定                                  4,299,203千円              5,507,405千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                △1,401,108              △2,302,184
     現金及び現金同等物                                  2,898,094              3,205,221
                                 67/84


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社は、必要な資金(社債発行)を調達しております。一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用し
            ております。デリバティブ取引は行わない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である売掛金は、顧客信用リスクにさらされております。営業債務である買掛金の支払期日
            は、1年以内であります。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

            ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当社は、債権管理規程に従い、営業債権について、管理本部が主要な取引先の状況を定期的にモニタ
             リングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早
             期把握や軽減を図っております。当事業年度の決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクに
             さらされる金融資産の貸借対照表価額により表わされています。
            ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

              当社は、各グループからの報告に基づき、管理本部が適時に資金繰り計画を作成・更新するととも
             に、手許流動性を売上高の2ヶ月相当に維持するなどにより、流動性リスクを管理しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
            用することにより当該価額が変動することがあります。
          2.金融商品の時価等に関する事項

            貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
            前事業年度(平成28年10月31日)
                            貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                           4,299,203           4,299,203               ―

     (2)売掛金                            747,762           747,762              ―
              資産計                  5,046,966           5,046,966               ―

     (1)買掛金                            339,552           339,552              ―

                                 372,012           372,012
     (2)未払法人税等                                                      ―
              負債計                   711,564           711,564              ―

            当事業年度(平成29年10月31日)

                            貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                           5,507,405           5,507,405               ―

     (2)売掛金                            494,353           494,353              ―
              資産計                  6,001,759           6,001,759               ―

                                 236,097
     (1)買掛金                                       236,097              ―
                                 336,622           336,622
     (2)未払法人税等                                                      ―
              負債計                   572,719           572,719              ―

                                 68/84



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.金融商品の時価の算定方法
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)売掛金
            これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
           おります。
         負 債
          (1)買掛金、(2)未払法人税等
            これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
           おります。
         2.金銭債権の決算日後の償還予定額

           前事業年度(平成28年10月31日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                      4,299,001             ―         ―         ―

     売掛金                       747,762            ―         ―         ―
             合計              5,046,764             ―         ―         ―

           当事業年度(平成29年10月31日)

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                      5,507,256             ―         ―         ―

     売掛金                       494,353            ―         ―         ―
             合計              6,001,609             ―         ―         ―

         (有価証券関係)

           前事業年度(平成28年10月31日)
             該当事項はありません。
           当事業年度(平成29年10月31日)

             該当事項はありません。
                                 69/84









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
           該当事項はありません。
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1)ストック・オプションの内容
                             平成26年                    平成26年
                           第1回新株予約権                    第2回新株予約権
     付与対象者の区分及び人数                 当社取締役2名及び当社従業員16名                    当社取締役1名
     株式の種類別のストック・オプ
                      普通株式 174,400株                    普通株式 60,840株
     ションの数(注)
     付与日                 平成26年10月31日                    平成26年10月31日
                      権利確定条件は定めておりません。な                    権利確定条件は定めておりません。な
                      お、細則については、当社と付与者との                    お、細則については、当社と付与者との
     権利確定条件
                      間で締結する「新株予約権割当契約書」                    間で締結する「新株予約権割当契約書」
                      で定めております。                    で定めております。
     対象勤務期間                 対象勤務期間の定めはありません。                    対象勤務期間の定めはありません。
                      自 平成28年11月1日                    自 平成28年11月1日
     権利行使期間
                      至 平成36年9月30日                    至 平成36年9月30日
                             平成26年                    平成26年

                           第3回新株予約権                    第4回新株予約権
     付与対象者の区分及び人数                 社外協力者1名                    社外協力者1名
     株式の種類別のストック・オプ
                      普通株式 2,890株                    普通株式 27,270株
     ションの数(注)
     付与日                 平成26年10月31日                    平成26年10月31日
                      権利確定条件は定めておりません。な                    権利確定条件は定めておりません。な
                      お、細則については、当社と付与者との                    お、細則については、当社と付与者との
     権利確定条件
                      間で締結する「新株予約権割当契約書」                    間で締結する「新株予約権割当契約書」
                      で定めております。                    で定めております。
     対象勤務期間                 対象勤務期間の定めはありません。                    対象勤務期間の定めはありません。
                      自 平成28年11月1日                    自 平成28年11月1日
     権利行使期間
                      至 平成36年9月30日                    至 平成36年9月30日
     (注)当社は、平成27年2月27日付けで、株式1株につき10株の株式分割を行っておりますので、株式数は、株式分割考

        慮後の株式数により記載しております。
                                 70/84








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
             当事業年度(平成29年10月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
            ションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ① ストック・オプションの数

                             平成26年                    平成26年
                           第1回新株予約権                    第2回新株予約権
     権利確定前      (株)
      前事業年度末                               -                    -

      付与                               -                    -

      失効                               -                    -

      権利確定                               -                    -

      未確定残                               -                    -

     権利確定後      (株)

      前事業年度末                            159,360                    60,840

      権利確定                               -                    -

      権利行使                             13,160                    15,200

      失効                             23,620                      -

      未行使残                            122,580                    45,640

                             平成26年                    平成26年

                           第3回新株予約権                    第4回新株予約権
     権利確定前      (株)
      前事業年度末                               -                    -

      付与                               -                    -

      失効                               -                    -

      権利確定                               -                    -

      未確定残                               -                    -

     権利確定後      (株)

      前事業年度末                             2,890                   27,270

      権利確定                               -                    -

      権利行使                               -                    -

      失効                               -                    -

      未行使残                             2,890                   27,270

     (注)当社は、平成27年2月27日付で、株式1株につき10株の株式分割を行っておりますので、株式数は、株式分割考慮

        後の株式数により記載しております。
                                 71/84





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
            ② 単価情報
                             平成26年                    平成26年
                           第1回新株予約権                    第2回新株予約権
     権利行使価格      (円)                              2,200                    2,200
     行使時平均株価     (円)                              4,902                    5,040

     付与日における公正な評価単価
                                     -                    -
                  (円)
                             平成26年                    平成26年

                           第3回新株予約権                    第4回新株予約権
     権利行使価格      (円)                              2,200                    2,200
     行使時平均株価     (円)                                -                    -

     付与日における公正な評価単価
                                     -                    -
                  (円)
     (注)当社は、平成27年2月27日付で、株式1株につき10株の株式分割を行っておりますので、権利行使価格は、株式分

     割考慮後の価格を記載しております。
          3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

           ストック・オプション付与日時点において、当社は株式を金融商品取引所に上場していないため、公正な評
           価単価を本源的価値により算定しております。また、単位当たりの本源的価値の見積方法は、当社株式の評
           価額から権利行使価格を控除する方法で算定しており、当社株式の評価方法は、DCF法(ディスカウン
           テッド・キャッシュフロー法)及び類似会社比準方式等により算出した価格を総合的に勘案して、決定して
           おります。
          4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法
           将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しております。
          5.ストック・オプションの本源的価値により算定を行なう場合の当事業年度末における本源的価値の合計額

           及び権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値
           (1)当事業年度末における本源的価値の合計額
              609,026千円
           (2)当事業年度に権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
               78,728千円
                                 72/84









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
           繰延税金資産
            未払事業税                             35,566千円              33,187千円
            未払金                             26,091〃              39,636〃
            減価償却超過額                              6,759〃             15,063〃
            資産除去債務                              5,920〃              4,760〃
                                         11,441〃              3,147〃
            その他
           繰延税金資産合計                              85,779千円              95,794千円
           繰延税金負債
            資産除去債務に対応する除去費用                             △3,914千円              △3,393千円
                                          △229千円              △175千円
            その他
           繰延税金負債合計
                                         △4,143千円              △3,569千円
           繰延税金資産純額                              81,635千円              92,225千円
            (注) 繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成28年10月31日)              (平成29年10月31日)
                流動資産-繰延税金資産
                                         72,303千円              75,604千円
                固定資産-繰延税金資産                          9,332千円             16,621千円
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
            法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の                                       100分の5以下であ
           るため、注記を省略しております。
         (企業結合等関係)

           重要性がないため、記載事項を省略しております。
                                 73/84










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
          資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
           イ 当該資産除去債務の概要
            本社等の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
           ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

            使用見込み期間を取得から15年と見積り、割引率は0.127%~1.388%を使用して資産除去債務の金額を計算
            しております。
           ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 平成27年11月1日              (自 平成28年11月1日
                                  至 平成28年10月31日)              至 平成29年10月31日)
              期首残高                          8,524千円              17,008千円
              有形固定資産の取得に伴う増加額                          8,378千円                - 千円
              時の経過による調整額                           104千円               82千円
              資産除去債務の履行による減少額                            -千円            △3,416千円
              期末残高                          17,008千円              13,674千円
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
            当社は、インターネット・メディア事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           前事業年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             売上高は全てインターネット・メディア事業の売上高であるため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                      売上高               関連するセグメント名
     株式会社トライグループ                                502,579     インターネット・メディア事業

                                 74/84







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
           当事業年度(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             売上高は全てインターネット・メディア事業の売上高であるため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                      売上高               関連するセグメント名
     株式会社トライグループ                                627,110     インターネット・メディア事業

          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

            当社は、インターネット・メディア事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております                                             。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

            当社は、インターネット・メディア事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております                                            。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          1.関連当事者との取引
             財務諸表提出会社と関連当事者との取引
             財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
              前事業年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
               該当事項はありません。
              当事業年度(自 平成28年11月1日 至 平成29年10月31日)

                    資本金又は

                              議決権等の所
          会社等の名称               事業の内容           関連当事者          取引金額          期末残高
                    出資金
       種類         所在地              有(被所有)           取引の内容           科目
          又は氏名               又は職業           との関係          (千円)          (千円)
                    (千円)         割合
                                         新株予約権
                              (被所有)        当社
      役員    領下 崇                               の権利行使
                 -     -     -                     45,320     -       -
                               直接0.1%     代表取締役
                                          (注)
                                         新株予約権
                              (被所有)        当社
                                         の権利行使
      役員    髙見 由香里       -     -     -                     11,990     -       -
                               直接0.1%      取締役
                                          (注)
      (注)   平成26年10月31日開催の臨時株主総会の決議に基づき付与された新株予約権の当事業年度における権利行使を記

         載しております。なお、取引金額は、当事業年度における新株予約権の権利行使による付与株式数に行使時の払
         込金額を乗じた金額を記載しております。
          2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

            該当事項はありません。
                                 75/84




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                  前事業年度                当事業年度
                              (自 平成27年11月1日                (自 平成28年11月1日
                               至 平成28年10月31日)                至 平成29年10月31日)
     1株当たり純資産額                                 427.77円                540.88円

     1株当たり当期純利益金額                                 86.63円               108.38円

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額                                 86.01円               106.33円

      (注)   1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                  前事業年度                当事業年度
                               (平成28年10月31日)                (平成29年10月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                               4,392,589                5,578,246

     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                 2,812               12,447

      (うち新株予約権(千円))                               (2,812)               (12,447)

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                               4,389,777                5,565,798

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普
                                    10,261,941                10,290,226
     通株式の数(株)
         2.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおり

           であります。
                                  前事業年度                当事業年度
                              (自 平成27年11月1日                (自 平成28年11月1日
                               至 平成28年10月31日)                至 平成29年10月31日)
     1株当たり当期純利益金額

      当期純利益金額(千円)                               889,028               1,112,821

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -

      普通株式に係る当期純利益金額(千円)                               889,028               1,112,821

      期中平均株式数(株)                              10,261,951                10,267,510

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      当期純利益調整額(千円)                                  -                -

      普通株式増加数(株)                                74,824               198,488

      (うち新株予約権(株))                               (74,824)               (198,488)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                        新株予約権1種類(新株予約権
     当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在                        の数 15,500個)                       -
     株式の概要
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 76/84





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
         資産の種類
                                          償却累計額
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)     高(千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
      建物              62,489       1,595       -    64,084      29,722       5,054      34,361
      工具、器具及び備品              12,719        -      -    12,719      12,198       849      521
      その他
                     209       -      -      209      199       9      9
        有形固定資産計            75,418       1,595       -    77,013      42,121       5,912      34,892
     無形固定資産
                                 32,916
      のれん              303,413        -          270,497       40,574      40,574      229,922
                               (27,916)
                                 32,916
        無形固定資産計
                    303,413        -          270,497       40,574      40,574      229,922
                               (27,916)
      (注)当期減少額の(            )内は内書で、減損損失の計上額であります。
         【社債明細表】

                               当期首残高      当期末残高
           銘柄            発行年月日                     利率(%)       担保     償還期限
                                (千円)      (千円)
                                 44,000      30,000                平成31年
     第1回無担保社債             平成24年9月25日                            0.75   無担保社債
                                (14,000)      (14,000)                 9月25日
      (注)1.( )内書は、1年以内の償還予定額であります。
         2.決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
                  1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
      1年以内(千円)
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
            14,000           16,000             -           -           -

         【借入金等明細表】

                                当期首残高       当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (千円)       (千円)       (%)
     1年以内に返済予定の長期借入金                             50,000         -      1.5   平成29年8月31日

                 合計                 50,000         -    -        -

      (注)「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                         当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
      貸倒引当金                  1,634         621         -       1,634         621

      (注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が財務諸表等規則第8条の28に規定する注記事項として記載されているため、資産
         除去債務明細表の記載を省略しております。
                                 77/84




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
       (2)【主な資産及び負債の内容】
        ① 資産の部
         イ.現金及び預金
                  区分                          金額(千円)
     現金                                               149
     預金
      普通預金                                           2,104,980
      定期預金                                           3,402,275
                  小計                                5,507,256
                  合計                                5,507,405
         ロ.売掛金

          (イ)相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
     株式会社電通マネジメントサービス                                              73,881
                                                   43,209
     株式会社トライグループ
     株式会社電通デジタル                                              35,995
                                                   28,017
     株式会社電通
     Performance      Horizon    Group株式会社                                   16,364
     その他                                             296,885
                  合計                                 494,353
          (ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                           回収率(%)         滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)  +  (D)

                                            (C)            2
                                               ×  100
         (A)         (B)         (C)         (D)
                                          (A)  +  (B)          (B)
                                                       365
         747,762        5,023,603         5,277,012          494,353           91.43          45.1

      (注)消費税等の会計処理は税抜き方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
                                 78/84







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
        ② 負債の部
         ニ.買掛金
                 相手先                          金額(千円)
     Google    Inc.
                                                   90,605
     ヤフー株式会社                                              23,878
     株式会社Arinos                                              14,803
     株式会社ディーアンドエム                                              11,767
     ライフパートナーズ株式会社                                              9,196
     その他                                              85,845
                  合計                                 236,097
         ホ.未払法人税等

                 相手先                          金額(千円)
     未払法人税                                             206,482
     未払事業税                                              95,038
     未払住民税                                              35,101
                  合計                                 336,622
                                 79/84













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
       (3)【その他】
           当事業年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          当事業年度
     売上高(千円)                    865,816         2,024,585          3,196,421          3,942,030

     税引前四半期(当期)純利益
                         409,352         1,041,221          1,668,603          1,698,651
     金額(千円)
     四半期(当期)純利益金額
                         266,133          676,695         1,083,555          1,112,821
     (千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          25.93          65.94          105.58          108.38
     利益金額(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
                          25.93          40.01          39.64           2.85
     (円)
                                 80/84















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  毎年11月1日から翌年10月31日まで

      定時株主総会                  毎事業年度末日の翌日から3ヶ月以内

      基準日                  毎年10月31日

                       毎年4月30日

      剰余金の配当の基準日
                       毎年10月31日
      1単元の株式数                  100株

      単元未満株式の買取り

                        ―

       取扱場所
                        ―

       株主名簿管理人
                        ―

       取次所
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                       当社の公告方法は、電子公告としております。

                       ただし事故その他やむを得ない事由により、電子公告によることができない
                       場合は、日本経済新聞に掲載して行います。
       公告掲載方法
                       当社の公告掲載URLは次のとおりであります。
                       http://www.itokuro.jp/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。

      (注) 当社定款の定めにより、単元未満株主は、次に掲げる権利以外の権利を行使することができません。

         (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当及び募集新株予約権の割当を受ける権利
                                 81/84









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
          平成29年1月27日関東財務局長に提出。
        (2)内部統制報告書及びその添付書類
          平成29年1月27日関東財務局長に提出。
        (3)四半期報告書及び確認書
          (第12期第1四半期)(自 平成28年11月1日 至 平成29年1月31日)                                   平成29年3月16日関東          財務局長に提
         出。
          (第12期第2四半期)(自 平成29年2月1日 至 平成29年4月30日)                                   平成29年6月13日関東          財務局長に提
         出。
          (第12期第3四半期)(自 平成29年5月1日 至 平成29年7月31日)                                   平成29年9月13日関東          財務局長に提
         出。
        (4)臨時報告書
          平成29年1月30日関東財務局長に提出。
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく
         臨時報告書であります。
          平成29年7月3日関東財務局長に提出。
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第2号の2(新株予約権の発行)に基づく臨時報告書であり
         ます。
                                 82/84












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 83/84




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社イトクロ(E31424)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                  平成30年1月24日

     株式会社イトクロ

      取締役会 御中

                              新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               大田原 吉隆
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               矢部 直哉
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ

     ている株式会社イトクロの平成28年11月1日から平成29年10月31日までの第12期事業年度の財務諸表、すな
     わち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及
     び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     イトクロの平成29年10月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フ
     ローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     強調事項

      会計方針の変更に記載されているとおり、会社は、従来、コンサルティングサービスの一部売上(リスティング運用売
     上、アフィリエイト売上)において売上原価に計上していたリスティング費用及び他のサイト運営会社に支払う成果報酬
     費用を、当事業年度より、売上高から控除する方法(純額表示)に変更している。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 84/84


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。