株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム 四半期報告書 第67期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第67期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年1月12日
      【四半期会計期間】                    第67期第3四半期(自 平成29年9月1日 至 平成29年11月30日)
      【会社名】                    株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム
      【英訳名】                    YAMADA    SXL  HOME   CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    取締役社長  宮原 年明
      【本店の所在の場所】                    群馬県高崎市栄町1番1号
      【電話番号】                    027(330)5750(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理本部長  岩城 光宏
      【最寄りの連絡場所】                    群馬県高崎市栄町1番1号
      【電話番号】                    027(330)5750(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理本部長  岩城 光宏
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/17













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第66期           第67期
               回次               第3四半期           第3四半期            第66期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成28年3月1日           自平成29年3月1日           自平成28年3月1日
              会計期間
                           至平成28年11月30日           至平成29年11月30日           至平成29年2月28日
                     (百万円)             31,189           33,285           43,686

     売上高
     経常損失(△)               (百万円)              △ 524          △ 329           △ 74

     親会社株主に帰属する四半期

                     (百万円)              △ 697          △ 408          △ 290
     (当期)純損失(△)
                     (百万円)              △ 687          △ 399          △ 279

     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)              3,692           3,699           4,100

     純資産額
                     (百万円)             24,404           29,488           24,401

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損

                      (円)            △ 3.42          △ 2.00          △ 1.42
     失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             14.9           12.4           16.6

     自己資本比率
                               第66期           第67期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成28年9月1日           自平成29年9月1日
              会計期間
                           至平成28年11月30日           至平成29年11月30日
     1株当たり四半期純利益金額             又
                                               0.85
     は1株当たり四半期純損失金額                (円)            △ 0.25
     (△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり              四半期(当期)純利益金額            については、1株当たり           四半期(当期)       純損失金額で
           あり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/17





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
      (1)業績の状況

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、北朝鮮情勢などの地政学的なリスクの高まりがあったものの、
       政府による経済政策を背景に、雇用環境、企業業績の改善は続き、景気は回復基調で推移しました。しかしながら、
       景気回復効果は全体への十分な波及には至らず、個人消費は緩やかな回復に留まりました。
        住宅市場におきましては、前期から続いているマイナス金利政策の影響により住宅ローン金利は低水準で推移して
       いるものの、個人向けアパートローンの減速などもあり、前期に比べ住宅着工戸数の勢いに鈍化が見られました。
        このような事業環境のもと、当社は、ヤマダ電機グループ内のシナジーをより一層発揮した販売戦略をはじめ、以
       下の5つの重点施策を当第3四半期も継続して、先行的かつ積極的に推進しました                                      。
        ①住宅展示場の建替え及び新規オープン
         当第3四半期(平成29年9月1日~11月30日)においては、9月に千葉県の松戸展示場、10月に大阪の千里ギャ
        ラリーGATES及び和泉中央展示場の3展示場を新規オープンしました。その結果、第2四半期(平成29年3月1
        日~8月31日)までにオープンした7展示場を含め、当期にオープンした展示場は計10展示場(うち建替3展示
        場)となりました。
         これら当期オープンの展示場は、当第3四半期累計期間における受注拡大(新築注文は前年同期比26%増)に貢
        献しており、今後も更なる受注数向上のため展示場などでの営業活動に注力してまいります                                          。
        ②当社を象徴する「小堀ブランド」の再構築
         平成29年3月、大阪・ヤマダ電機「LABI                   LIFE   SELECT    千里」内に「小堀の住まいLABI千里館」をオープンし、
        小堀ブランドの新たな情報発信基地として、ブランディングを強化しました。既に、「小堀の住まいLABI千里館」
        を拠点とした近隣の展示場(「千里第一展示場」、「千里ギャラリーMINCA.」、「千里ギャラリーGATES」)への
        送客や連携による受注実績に繋がっており、新たな受注ルートの構築にも奏功しました。
         また、後述する「家電住まいる館」内の当社ブースも、当社展示場に来場されるお客様とは異なった層への小堀
        ブランドのアプローチに繋がっており、ブランディングの強化に寄与しております                                      。
        ③採用・教育の強化
         建替えや新規オープン展示場への営業人員の配置を中心に、採用活動を強化するとともに、支店長によるOJTや
        営業研修を強化するなど、即戦力へと繋がる人材育成環境を整備してまいりました。特に、今年度、当社基本方針
        の1つである支店長によるOJT研修については、当第3四半期累計期間にかけて対象者の月の平均受注棟数が研修
        前と比べ34%向上するなど、成果をあげております。今後も、スマートマスター資格(スマートハウスのプロ
        フェッショナル資格)の取得支援など、営業力の強化に繋がる育成環境の整備に取り組んでまいります。
        ④購買管理体制の強化
         収益体制改善のため、原材料の仕入及び購買を含めた原価管理体制の再編を推進しました。当第3四半期では、
        引き続きグループ一体での集中購買の推進、新規業者の積極採用によるコストダウン、支払い条件の見直しなどを
        進めており、着実に原価低減の効果が現れています。今後も更に強化し、利益体質の改善を進めてまいります。
        ⑤オーナー様訪問の強化
         CS向上、土地情報の収集及び紹介受注の増加などを狙い、平成29年2月より定量的かつ積極的なオーナー様訪問
        の活動を実施しました。これを契機としたオーナー様からの紹介による新築住宅の受注は増加(前年同期比30%
        増)しており成果があらわれております。今後も、重点施策としての取り組みを続け、オーナー様との持続的な信
        頼関係構築を目指してまいります。
        以上の重点施策推進の結果、当第3四半期累計期間の受注高は前年同期比43%増、売上高についても、332億8千

       5百万円(前年同期比           6.7%増)(ご参考:当第3四半期連結会計期間[平成29年9月1日~11月30日]売上高128
       億8千6百万円、前年同期比26.9%増)となりました。また、人員の積極採用や展示場建設による減価償却費など先
       行投資による経費負担の増加がありましたが、利益面は前年に対して改善し、営業損失は3億4千万円(前年同期比
       1億6千7百万円改善)(ご参考:当第3四半期連結会計期間[平成29年9月1日~11月30日]営業利益1億8千4
       百万円、前年同期比1億4千9百万円改善)、経常損失は3億2千9百万円(前年同期比1億9千5百万円改善)
                                  3/17

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (ご参考:当第3四半期連結会計期間[平成29年9月1日~11月30日]経常利益1億9千1百万円、前年同期比1億
       6千万円改善)、親会社株主に帰属する四半期純損失は4億8百万円(前年同期比2億8千9百万円改善)(ご参
       考:  当第3四半期連結会計期間[平成29年9月1日~11月30日]親会社株主に帰属する四半期純利益1億7千2百万
       円、前年同期比2億2千4百万円改善)となりました。
        セグメント別の業績は次のとおりであります。

        当社グループの主力事業である住宅事業につきましては、売上高は237億7千7百万円(前年同期比                                               5.1%減)、

       営業損失は3億2千1百万円(前年同期                   営業利益1億5千7百万円)となりました。
        リフォーム事業につきましては、売上高は89億4千万円(前年同期比                                 60.3%増)、営業利益は3億4千5百万円
       (前年同期      営業損失2億6千1百万円)となりました。
        不動産賃貸事業につきましては、売上高は4億1千万円(前年同期比                                1.9%減)、営業利益は2億1百万円(前年
       同期比    0.5%減)となりました。            その他の事業につきましては、売上高は1億6千8百万円(前年同期比                                   10.6%
       増)、営業利益は1億9百万円(前年同期比                     22.1%増)となりました。
      (2)  今後の見通し

        当社の課題である展示場改革、人員の採用・教育など、前期から積極的な先行投資を行った結果、建替え及び新規
       出展した全21展示場は、来場、受注ともに概ね好調に推移しています。加えて、5つの重点施策の成果は着実に現れ
       ており、前期第4四半期から当第3四半期までの受注は、前年を上回る数値で推移しています。
        また、親会社のヤマダ電機は、新業態の店舗「家電住まいる館」を順次オープンしており、平成29年12月31日現
       在、13店舗を数えます。「家電住まいる館」は、『「家電から快適住空間」をトータルコーディネート提案する店』
       をコンセプトにしており、当社は同店舗内に、新たな情報チャンネルとして当社ブースを設置(平成29年12月31日現
       在13店舗のうち8店舗)しております。既に近隣展示場への送客効果(                                 前年同期比      3.5倍   )が現れ、受注の獲得にも
       繋がっています。今後も全国に順次オープンしていく「家電住まいる館」を活用し、ヤマダ電機グループとして家電
       事業をコアに住宅事業のインフラ活用によるシナジーの可能性を追求した事業戦略を進め、人材育成を強化し、業績
       の向上に努めてまいります。
        当社のビジネスモデルの特性上、受注から売上計上までには一定期間が必要ですが、昨年からの展示場改革による
       受注が売上へ順次寄与してくる見込みであり、                      平成29年4月14日に発表した業績予想(連結売上高520億円、連結経
       常利益2億8千万円)については、計画通り推移しております。
      (3)財政状態の分析

        当第3四半期連結会計期間末における資産総額は、前連結会計年度末に比べて50億8千7百万円増加し、294億8
       千8百万円となりました。その主な要因は、売上高の増加により完成工事未収入金が37億7千3百万円、分譲物件の
       仕入等により販売用不動産及び仕掛販売用不動産が合わせて14億7千3百万円増加したこと等によります。
        負債総額は、前連結会計年度末に比べて54億8千7百万円増加し、257億8千8百万円となりました。                                               その主な要
       因は、短期借入金が55億1千4百万円増加したこと等によります。
        純資産合計は親会社株主に帰属する四半期純損失4億8百万円の計上等により、前連結会計年度末に比べて4億
       円減少し、36億9千9百万円となりました。自己資本比率は12.4%となりました。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は5千9百万円であります。
        なお、当第3四半期連結累計期間における当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/17






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 300,000,000

                  計                               300,000,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                           (平成30年1月12日)
               (平成29年11月30日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所             単元株式数 
       普通株式           204,018,184             204,018,184
                                        市場第一部               1,000株
         計          204,018,184             204,018,184              -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                数増減数                              減額
        年月日               数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
      平成29年9月1日
         ~           -   204,018,184            -      9,068         -      1,100
      平成29年11月30日
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/17







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成29年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                 平成29年11月30日現在
                                      議決権の数
             区分              株式数(株)                         内容
                                       (個)
      無議決権株式                       -           -            -
      議決権制限株式(自己株式等)                       -           -            -
      議決権制限株式(その他)                       -           -            -
                        普通株式           84,000
      完全議決権株式(自己株式等)                                  -            -
      完全議決権株式(その他)                  普通株式 203,567,000                203,567            -
      単元未満株式                  普通株式   367,184                -            -
      発行済株式総数                       204,018,184           -            -
      総株主の議決権                       -           203,567            -
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年11月30日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又は                     自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                 対する所有株式数
      名称                     株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
                群馬県高崎市栄町
     株式会社ヤマダ・
                              84,000          -      84,000           0.04
     エスバイエルホーム
                1番1号
          計           -          84,000          -      84,000           0.04
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       (1)退任役員

         役名         職名              氏名                 退任年月日
        常務取締役        営業戦略本部長               小林 祥哲                 平成29年10月25日
       (2)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

         男性12名 女性0名(役員のうち女性の比率-%)
                                  6/17







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年9月1日から平
       成29年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年3月1日から平成29年11月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/17

















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年2月28日)              (平成29年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         4,349              2,549
         現金預金
                                         3,558              7,397
         受取手形・完成工事未収入金等
                                           556             1,448
         未成工事支出金
                                         3,160              3,731
         販売用不動産
                                           98             1,000
         仕掛販売用不動産
                                           315              353
         材料貯蔵品
                                           422              618
         その他
                                         △ 117             △ 106
         貸倒引当金
                                         12,344              16,993
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         8,625              9,308
          建物及び構築物
                                         6,580              6,570
          土地
                                         2,262              2,153
          その他
                                        △ 7,037             △ 7,152
          減価償却累計額
                                         10,431              10,881
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  93              86
         投資その他の資産
                                         2,135              2,144
          その他
                                         △ 603             △ 617
          貸倒引当金
                                         1,531              1,527
          投資その他の資産合計
                                         12,056              12,494
         固定資産合計
                                         24,401              29,488
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         5,750              5,525
         支払手形・工事未払金等
                                           -             5,514
         短期借入金
                                           107               76
         未払法人税等
                                         1,735              2,403
         未成工事受入金
                                           60              90
         賞与引当金
                                           197              196
         完成工事補償引当金
                                           14              14
         工事損失引当金
                                         1,922              1,498
         その他
                                         9,788              15,320
         流動負債合計
       固定負債
                                         8,000              8,000
         関係会社長期借入金
                                           431              459
         退職給付に係る負債
                                           203              225
         資産除去債務
                                         1,878              1,782
         その他
                                         10,512              10,468
         固定負債合計
                                         20,300              25,788
       負債合計
                                  8/17





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年2月28日)              (平成29年11月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                         9,068              9,068
         資本金
                                         1,100              1,100
         資本剰余金
                                        △ 6,329             △ 6,737
         利益剰余金
                                          △ 10             △ 10
         自己株式
                                         3,829              3,420
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           13              10
         その他有価証券評価差額金
                                           225              225
         土地再評価差額金
                                          △ 13              △ 6
         退職給付に係る調整累計額
                                           226              229
         その他の包括利益累計額合計
                                           44              49
       非支配株主持分
                                         4,100              3,699
       純資産合計
      負債純資産合計                                   24,401              29,488
                                  9/17














                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
      売上高                                   31,189              33,285
                                         24,775              26,230
      売上原価
                                         6,414              7,054
      売上総利益
                                         6,921              7,395
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                    △ 507             △ 340
      営業外収益
                                            6              ▶
       受取利息
                                           44              44
       受取賃貸料
                                            7              5
       解約金収入
                                           23              53
       その他
                                           80              108
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           73              68
       支払利息
                                           23              22
       賃貸収入原価
                                            1              5
       その他
                                           98              96
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                    △ 524             △ 329
      特別利益
                                           14               5
       固定資産売却益
                                           14               5
       特別利益合計
      特別損失
                                           -               0
       固定資産売却損
                                           109               -
       本社移転費用
                                            2              -
       その他
                                           112               0
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                    △ 622             △ 323
      法人税、住民税及び事業税                                     74              67
                                           △ 3              11
      法人税等調整額
                                           70              79
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                    △ 693             △ 403
                                            3              ▶
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 697             △ 408
                                 10/17








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
      四半期純損失(△)                                    △ 693             △ 403
      その他の包括利益
                                           △ ▶             △ 3
       その他有価証券評価差額金
                                            5              -
       土地再評価差額金
                                            ▶              6
       退職給付に係る調整額
                                            5              3
       その他の包括利益合計
                                         △ 687             △ 399
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         △ 691             △ 404
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            3              ▶
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/17
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四
        半期連結会計期間から適用しております。
        (大阪府建築厚生年金基金の解散)

         当社及び一部の連結子会社の加入する大阪府建築厚生年金基金は、平成29年3月27日の代議員会において基金解
        散認可申請を行うことを決議し、平成29年3月30日に厚生労働大臣への解散申請手続きを行いました。また、平成
        29年5月30日付で認可を受け、平成29年5月31日付で解散しました。
         なお、当基金の解散による追加負担額の発生はありません。
        (四半期連結貸借対照表関係)

        保証債務
               前連結会計年度                         当第3四半期連結会計期間
              (平成29年2月28日)                            (平成29年11月30日)
      住宅購入者等のための保証債務                     1,205百万円       住宅購入者等のための保証債務                     1,081百万円

        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成28年3月1日                 (自 平成29年3月1日
                             至 平成28年11月30日)                 至 平成29年11月30日)
        減価償却費                             200百万円                 353百万円
                                 12/17












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                 平成28年3月1日         至  平成28年11月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                        その他           調整額    損益計算書
                                              合計
                       リフォー      不動産
                                        (注)1          (注)2      計上額
                 住宅事業                  計
                       ム事業     賃貸事業
                                                        (注)3
     売上高
                  25,044      5,579       413    31,036       152    31,189        -   31,189
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                    14      -      ▶     18      -      18    △ 18      -
      売上高又は振替高
                  25,058      5,579       417    31,055       152    31,208       △ 18   31,189
          計
     セグメント利益又は損
                    157    △ 261      202      98      89     188    △ 695    △ 507
     失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業部門であり、保険部門及び売電部門を含んでおりま
           す。
         2.セグメント利益又は損失の調整額△695百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
       Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                 平成29年3月1日         至  平成29年11月30日)

        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                        その他           調整額    損益計算書
                                              合計
                       リフォー      不動産
                                        (注)1          (注)2      計上額
                 住宅事業                  計
                       ム事業     賃貸事業
                                                        (注)3
     売上高
                  23,769      8,940       406    33,116       168    33,285        -   33,285
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     8     -      3     11      -      11    △ 11      -
      売上高又は振替高
                  23,777      8,940       410    33,128       168    33,296       △ 11   33,285
          計
     セグメント利益又は損
                   △ 321     345      201      225      109      335    △ 675    △ 340
     失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業部門であり、保険部門及び売電部門を含んでおりま
           す。
         2.セグメント利益又は損失の調整額△675百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 13/17





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成28年3月1日               (自 平成29年3月1日
                                至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
     1株当たり四半期純損失金額                                  3円42銭               2円00銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(百万

                                         697               408
       円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純

                                         697               408
       損失金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                203,936               203,933

      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在株式
         が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 14/17













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 15/17




















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(E00170)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年1月12日

     株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

      取締役会 御中

                           有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              小野 純司        印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              宮一 行男        印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ヤマ

     ダ・エスバイエルホームの平成29年3月1日から平成30年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成
     29年9月1日から平成29年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年3月1日から平成29年11月30日まで)
     に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び
     注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム及び連結子会社の平成29年11
     月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせ
     る事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は四半期報告書提

          出会社が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には                     含まれておりません。
                                 17/17





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。