株式会社東京衡機 四半期報告書 第112期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第112期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社東京衡機

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成30年1月12日

     【四半期会計期間】                      第112期第3四半期(自            平成29年9月1日          至   平成29年11月30日)

     【会社名】                      株式会社東京衡機

     【英訳名】                      TOKYO   KOKI   CO.  LTD.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役会長兼社長             石 川 隆 一

     【本店の所在の場所】                      東京都千代田区神田佐久間町一丁目9番地

     【電話番号】                      03(5207)6760

     【事務連絡者氏名】                      常務執行役員管理担当             猪 野 久 仁 朗

     【最寄りの連絡場所】                      東京都千代田区神田佐久間町一丁目9番地

     【電話番号】                      03(5207)6760

     【事務連絡者氏名】                      常務執行役員管理担当             猪 野 久 仁 朗

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

                            第111期           第112期

              回次             第3四半期連結           第3四半期連結             第111期
                            累計期間           累計期間
                         自 平成28年3月1日           自 平成29年3月1日           自 平成28年3月1日
             会計期間
                         至 平成28年11月30日           至 平成29年11月30日           至 平成29年2月28日
                               3,685,617           3,183,193           4,988,529

     売上高                (千円)
                                125,890          △ 296,534            5,104

     経常利益又は経常損失(△)                (千円)
     親会社株主に帰属する四半期純
                                76,635         △ 160,038          △ 49,964
     利益又は親会社株主に帰属する                (千円)
     四半期(当期)純損失(△)
     四半期包括利益又は
                               △ 71,552         △ 278,618          △ 156,379
                     (千円)
     包括利益
                               1,511,283           1,147,573           1,426,457
     純資産額                (千円)
                               4,304,366           4,020,842           4,586,222

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期純利益金額又
                                 1.07          △ 2.24          △ 0.70
                      (円)
     は四半期(当期)純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
                                 35.1           28.5           31.1

     自己資本比率                (%)
                            第111期           第112期

              回次             第3四半期連結           第3四半期連結
                            会計期間           会計期間
                         自 平成28年9月1日           自 平成29年9月1日
             会計期間
                         至 平成28年11月30日           至 平成29年11月30日
     1株当たり四半期純損失金額
                                △ 0.30          △ 1.28
                      (円)
     (△)
      (注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してお
          りません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第111期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を
          有する潜在株式が存在しないため、第111期及び第112期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当た
          り四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失金額
          であるため記載しておりません。
     2 【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
      変更はありません。
       また、主要な関係会社の異動は以下のとおりであります。
       (エンジニアリング事業)
        第1四半期連結会計期間において、会社分割により設立した㈱東京衡機エンジニアリングを連結の範囲に含めて
       おります。
       (海外事業)
        第1四半期連結会計期間において、連結子会社であった瀋陽特可思木芸製品有限公司は、株式売却により連結の
       範囲から除外しております。
                                  2/18


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクにおいて重要な変更はありません。 
     2  【経営上の重要な契約等】
       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)  業績の状況
        当第3四半期連結累計期間(平成29年3月1日~平成29年11月30日)におけるわが国経済は、世界的な景気回復
       が続く中で、設備投資が堅調に推移して内需の伸びを牽引しております。また、7月以降は個人消費・住宅投資が
       ややかげったものの、実質GDPは総じて堅調に推移しております。世界経済を見ましても、米国経済は個人消費
       を中心に力強く拡大を続けており、中国・インド・アセアン諸国も高いGDPを示しております。一方で、米国ト
       ランプ政権の政策動向、安定基盤を確立しつつある中国習政権による改革の進展状況、ミサイル発射実験を繰り返
       す北朝鮮、米連銀・欧州連銀の政策動向等による不確実性は高まっており、先行き不透明な状況となっておりま
       す。
        以上のような状況の下で、当社グループは平成29年3月1日付で、グループの各事業に係る責任と権限を明確に
       し、グループ経営の意思決定の迅速化を図るべく、持株会社体制へ移行いたしました。管理部門や企画部門も、グ
       ループ管理部、グループ経営企画部として統合し効率化と機能強化を進めております。
        試験機事業では、当社グループの強みである試験機・計測機器の開発・設計・生産からメンテナンス・校正ま
       で、高度な技術と長年の実績に裏付けられたワンストップソリューションで、自動車、鉄鋼、鉄道、産業機器等の
       メーカーや各種研究機関、学校、官公庁など幅広いユーザーに製品・サービスを提供してまいりました。
        エンジニアリング事業では、ゆるみ止め製品(ナット・スプリング)の電力業界、道路業界、鉄道業界、建設業
       界等のインフラマーケットへの浸透・市場シェア拡大を図ってまいりました。その成果が表れつつあり、徐々にお
       客様の認知を得ております。一般消費者向けの生活関連製品も緩やかながら拡大見通しを持てる状況になってまい
       りました。
        海外事業では、中国子会社において、中国国内のほか日本や欧米向けにオフィス家具部品や家電部品、自動車部
       品等のプラスチック成型品の製造販売を、10年以上にわたって行ってきております。今回の元役職員による不正問
       題を受けて、基本に立ち返って社員へのコンプライアンス周知徹底、ガバナンス改善・内部統制改善を進めて参り
       ました。今後も、生産管理体制の再構築や品質管理体制の強化、顧客への納期の厳守、5S活動の徹底など、生産
       性向上のための諸施策と共に企業風土改革を進めてまいります。
        この結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高                            3,183,193     千円(前年同期比13.6%減)、経常損失
       296,534    千円(前年同期は125,890千円の経常利益)となりました。また、子会社の瀋陽特可思木芸製品有限公司
       (当社の100%子会社である無錫三和塑料製品有限公司の100%子会社)の出資持分譲渡に係る出資持分譲渡益を特別
       利益に計上するとともに、無錫三和塑料製品有限公司の元役職員の不正問題に対する調査費用を特別損失に計上し
       た結果、親会社株主に帰属する四半期純損失は160,038千円(前年同期は76,635千円の親会社株主に帰属する四半
       期純利益)となりました。
        セグメントの業績は次のとおりであります。
                                  3/18






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
       ①試験機事業
        試験機事業では、試験機の標準図面の整備等を進め原価低減の基盤を作るとともに、各社で連携して定期的な需
       要が見込まれる修理・メンテナンスの受注・売上の拡大に努めました。また、製品別・顧客別の営業体制の整備を
       行い、受注確度の向上や販売活動の活性化に取り組みました。その結果、受注面に関しては前年同期を上回るなど
       堅調に推移し、今期の下半期および来期の売上見込みの確保に貢献しましたが、売上面に関しては当第3四半期連
       結累計期間における対象案件の不足等により、売上高および営業利益は前年同期を下回りました。
        以上の結果、試験機事業の売上高は1,772,995千円(前年同期比16.0%減)、営業利益は155,917千円(前年同期
       比58.0%減)となりました。
       ②エンジニアリング事業

        エンジニアリング事業では、高速道路関係や電力関係等のインフラ設置や公共事業関連施設を対象にゆるみ止め
       ナットおよびスプリングの販売体制を強化することで、安定的な売上・受注確保に努めました。また、訪日客を
       ターゲットとした量販店向け商品(ステンレスボトルおよび軽量スーツケース)の販売拡大に努めるとともに、今
       後の売上拡大の基盤を作るために当該商品のモデル変更を進めました。しかしながら、ゆるみ止めナットの販売の
       伸び悩みやインバウンド需要の低迷による量販店向け商品の売上減少等により、営業利益は前年同期を上回ったも
       のの売上高につきましては前年同期を若干下回りました。
        以上の結果、エンジニアリング事業の売上高は353,797千円(前年同期比3.1%減)、営業利益は67,599千円(前
       年同期比27.1%増)となりました。
       ③海外事業

        海外事業では、オフィス家具部品や家電部品、自動車関連部品等のプラスチック成型品の製造販売拡充を図りま
       したが、欧米向けのオフィス家具の需要変動による部品の受注・売上の伸び悩み等により、売上高および営業利益
       は前年同期を下回りました。なお、無錫三和塑料製品有限公司においては、元役職員の不正問題発覚以降、事業の
       建直しに注力しており、マネジメント体制を抜本的に見直しております。5S活動強化・定着、原価低減活動など
       で改善を実現すべく取り組んでおります。
        以上の結果、海外事業の売上高は1,177,124千円(前年同期比12.6%減)、営業損失は219,328千円(前年同期は
       28,940千円の営業損失)となりました。
      (2) 財政状態の分析

        当第3四半期連結会計期間末における総資産は                      4,020,842     千円となり、前連結会計年度末に比べ565,379千円減少
       いたしました。
        流動資産は     2,686,715     千円となり、前連結会計年度末に比べ477,206千円減少いたしました。これは主に現金及び
       預金の減少382,073千円、商品及び製品の減少96,291千円によるものであります。
        固定資産は     1,334,127     千円となり、前連結会計年度末に比べ88,172千円減少いたしました。これは主に有形固定
       資産の減少26,691千円、無形固定資産の減少35,321千円によるものであります。
        流動負債は     2,009,675     千円となり、前連結会計年度末に比べ248,120千円減少いたしました。これは主に支払手形
       及び買掛金の減少132,680千円、繰延税金負債の減少57,396千円によるものであります。
        固定負債は     863,593    千円となり、前連結会計年度末に比べ38,375千円減少いたしました。これは主に長期借入金
       の減少73,896千円、繰延税金負債の増加14,863千円、リース債務の増加17,134千円によるものであります。
        純資産は    1,147,573     千円となり、前連結会計年度末に比べ278,883千円減少いたしました。これは主に利益剰余金
       の減少160,038千円、為替換算調整勘定の減少118,576千円によるものであります。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対応すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)  研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、7,711千円であります。
        なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/18



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    260,000,000

                  計                                  260,000,000

       ② 【発行済株式】

               第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成29年11月30日)          (平成30年1月12日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所              単元株式数
       普通株式           71,337,916          71,337,916
                                  市場第二部               1,000株
         計         71,337,916          71,337,916           ―            ―
      (2) 【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4) 【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成29年9月1日~
                      ―  71,337,916            ―   2,713,552           ―    200,233
     平成29年11月30日
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
      (7) 【議決権の状況】
        当社は、当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないた
       め記載することができないことから、直前の基準日(平成29年8月31日)における株主名簿に基づき記載しており
       ます。
       ① 【発行済株式】
                                                平成29年11月30日現在
           区分            株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―            ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―            ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―            ―              ―

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                ―              ―
                    普通株式          26,000
                    普通株式         71,256,000
     完全議決権株式(その他)                                  71,256            ―
                    普通株式               55,916

     単元未満株式                                ―              ―
     発行済株式総数                     71,337,916           ―              ―

     総株主の議決権                     ―             71,256            ―

      (注)1「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の名義書換失念株式が3千株含まれ
         ております。
        2「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式846株が含まれております。
       ② 【自己株式等】

                                                 平成29年11月30日現在
                                                      発行済株式
                                   自己名義      他人名義      所有株式数
          所有者の氏名                                            総数に対する
                         所有者の住所          所有株式数      所有株式数        の合計
           又は名称                                           所有株式数
                                    (株)      (株)      (株)
                                                      の割合(%)
     (自己保有株式)
                      東京都千代田区神田佐久
                                     26,846         ―    26,846       0.03
                      間町一丁目9番地
     ㈱東京衡機
             計               ―         26,846         ―    26,846       0.03
     2  【役員の状況】


       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における重要な役員の異動はありません。
                                  6/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1   四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年9月1日から平成
      29年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年3月1日から平成29年11月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、RSM清和監査法人による四半期レビューを受けております。
       なお、清和監査法人は平成29年7月1日付をもって名称をRSM清和監査法人に変更しております。
                                  7/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年2月28日)              (平成29年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         728,600              346,527
         現金及び預金
                                      ※1  1,424,111            ※1  1,215,328
         受取手形及び売掛金
                                          71,323              26,683
         電子記録債権
                                         303,405              207,113
         商品及び製品
                                         360,416              517,383
         仕掛品
                                         205,807              225,409
         原材料及び貯蔵品
                                          8,914              11,946
         繰延税金資産
                                         150,206              215,488
         その他
                                         △ 88,863             △ 79,164
         貸倒引当金
                                        3,163,922              2,686,715
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         143,417              133,454
           建物及び構築物(純額)
                                         146,941              135,575
           機械装置及び運搬具(純額)
                                          76,010              72,790
           工具、器具及び備品(純額)
                                         802,422              802,422
           土地
                                          2,142
                                                           -
           建設仮勘定
                                        1,170,934              1,144,243
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          8,606              5,379
           借地権
                                          60,539              55,713
           のれん
                                          38,261              10,992
           その他
                                         107,407               72,085
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          12,469              12,460
           投資有価証券
                                          13,713              14,433
           保険積立金
                                          60,290              42,245
           繰延税金資産
                                         201,543              200,794
           破産更生債権等
                                          64,595              55,769
           その他
                                        △ 208,654             △ 207,905
           貸倒引当金
                                         143,958              117,798
           投資その他の資産合計
                                        1,422,299              1,334,127
         固定資産合計
                                        4,586,222              4,020,842
       資産合計
                                  8/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年2月28日)              (平成29年11月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        1,277,785              1,145,104
         支払手形及び買掛金
                                         125,517              101,664
         短期借入金
                                         357,898              282,954
         1年内返済予定の長期借入金
                                                        3,015
         リース債務                                   -
                                         31,691               4,908
         未払法人税等
                                         35,068               5,680
         未払消費税等
                                         112,569              167,678
         未払金
                                         124,037              163,438
         未払費用
                                         54,877              23,921
         賞与引当金
                                         62,457               5,061
         繰延税金負債
                                         75,894              106,249
         その他
                                        2,257,795              2,009,675
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                                369,203              295,307
                                                        17,134
         リース債務                                   -
                                         152,880              152,880
         再評価に係る繰延税金負債
                                           42            14,905
         繰延税金負債
                                         352,003              352,618
         退職給付に係る負債
                                          7,296              13,788
         役員退職慰労引当金
                                         20,544              16,959
         その他
                                         901,969              863,593
         固定負債合計
                                        3,159,765              2,873,269
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        2,713,552              2,713,552
         資本金
                                         200,233              200,233
         資本剰余金
                                       △ 1,983,503             △ 2,143,541
         利益剰余金
                                         △ 3,748             △ 3,752
         自己株式
                                         926,533              766,491
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           88              83
         その他有価証券評価差額金
                                         346,323              346,323
         土地再評価差額金
                                         152,467               33,891
         為替換算調整勘定
                                         498,879              380,299
         その他の包括利益累計額合計
                                          1,044               783
       新株予約権
                                        1,426,457              1,147,573
       純資産合計
                                        4,586,222              4,020,842
      負債純資産合計
                                  9/18






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                 至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
                                        3,685,617              3,183,193
      売上高
                                        2,626,510              2,428,377
      売上原価
                                        1,059,107               754,815
      売上総利益
                                         906,786             1,024,800
      販売費及び一般管理費
                                         152,321             △ 269,984
      営業利益又は営業損失(△)
      営業外収益
                                           994             2,648
       受取利息及び配当金
                                          7,110              9,703
       その他
                                          8,104              12,352
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         15,778              14,030
       支払利息
                                         13,602               4,907
       為替差損
                                           406
       貸倒引当金繰入額                                                   -
                                          4,747              19,964
       その他
                                         34,535              38,902
       営業外費用合計
                                         125,890             △ 296,534
      経常利益又は経常損失(△)
      特別利益
                                                        5,648
       固定資産売却益                                    -
                                                       292,615
       関係会社株式売却益                                    -
                                                         261
                                            -
       その他
                                                       298,525
       特別利益合計                                    -
      特別損失
                                                       101,837
       過年度決算訂正関連費用                                    -
                                                        7,867
       固定資産除売却損                                    -
                                                       12,810
                                            -
       その他
                                                       122,515
       特別損失合計                                    -
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                         125,890             △ 120,524
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    71,548              10,698
                                        △ 22,293              28,814
      法人税等調整額
                                         49,254              39,513
      法人税等合計
                                         76,635             △ 160,038
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                            -              -
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                         76,635             △ 160,038
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 10/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                 至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
                                         76,635             △ 160,038
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                           36              △ ▶
       その他有価証券評価差額金
                                          8,362
       土地再評価差額金                                                   -
                                        △ 156,587             △ 118,576
       為替換算調整勘定
                                        △ 148,188             △ 118,580
       その他の包括利益合計
                                        △ 71,552             △ 278,618
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 71,552             △ 278,618
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 11/18















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        連結の範囲の重要な変更
         第1四半期連結会計期間において、会社分割により設立した㈱東京衡機エンジニアリングを連結の範囲に含め
        ております。
         また、第1四半期連結会計期間において、瀋陽特可思木芸製品有限公司は、株式売却により連結の範囲から除
        外しております。
       (会計方針の変更等)

        該当事項はありません。
       (会計上の見積りの変更)

        該当事項はありません。 
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        該当事項はありません。
       (追加情報)

       1.(繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1
        四半期連結会計期間から適用しております。
       2.当社は、中国の連結子会社である無錫三和塑料製品有限公司の前第3四半期連結会計期間末および前連結会計

        年度末における仕掛品の計上に関する調査を実施してまいりましたが、仕掛品計上に係る証憑の一部を確認する
        ことができませんでした。このため前第3四半期連結累計期間については、同社において平成25年度から平成27
        年度の製造原価と仕掛品残高との比率を平成28年9月の製造原価に乗じることで、前第3四半期連結会計期間末
        の仕掛品の残高を推計しております。また、前連結会計年度末については、同社において平成25年度から平成27
        年度の製造原価と仕掛品残高との比率を平成28年12月の製造原価に乗じて仕掛品の残高を推計したうえで、前連
        結会計年度末の連結財務諸表を作成しております。
         なお、前連結会計年度末における仕掛品残高には、同社に係る以下のものが含まれております。
         前連結会計年度末       仕掛品 40,917千円
       (四半期連結貸借対照表関係)

        ※1    受取手形割引高
                              前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                             (平成29年2月28日)                 (平成29年11月30日)
         受取手形割引高                           251,778    千円             236,013    千円
       (四半期連結損益計算書関係)

        該当事項はありません。
                                 12/18





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、当第3四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
       のとおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                            (自 平成28年3月1日                 (自 平成29年3月1日
                             至 平成28年11月30日)                 至 平成29年11月30日
         減価償却費                           54,974千円                 55,450千円
         のれんの償却額                            4,825千円                 4,825千円
       (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自                平成28年3月1日          至   平成28年11月30日)
       配当に関する事項
        該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自                平成29年3月1日          至   平成29年11月30日)

       配当に関する事項
        該当事項はありません。
       (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
       前第3四半期連結累計期間(自                平成28年3月1日          至   平成28年11月30日)
     1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                        報告セグメント

                                                      四半期連結
                                                      損益計算書
                                       その他           調整額
                                             合計
                                                       計上額
                                       (注)1           (注)2
                      エンジニア
                                                       (注)3
                            海外事業
                試験機事業                   計
                      リング事業
     売上高

      (1)  外部顧客に
                2,109,707       356,318     1,212,680      3,678,706       6,911   3,685,617           3,685,617
                                                     ―
        対する売上高
      (2)  セグメント間
                    ―   8,949     133,517      142,466        ―  142,466     △ 142,466         ―
        の内部売上高
                2,109,707       365,267     1,346,197      3,821,172       6,911   3,828,084      △ 142,466    3,685,617
          計
     セグメント利益
                 371,238      53,197     △ 28,940     395,494      △ 138   395,356     △ 243,034      152,321
     又は損失(△)
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸事業等であります。

       2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△243,034千円は基礎的試験研究費などに要した費用および当社の総
         務・経理部門等の管理部門に係る費用であります。
       3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
                                 13/18




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
       当第3四半期連結累計期間(自                平成29年3月1日          至   平成29年11月30日)
     1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                        報告セグメント

                                                      四半期連結
                                                      損益計算書
                                       その他           調整額
                                             合計
                                                       計上額
                                       (注)1           (注)2
                      エンジニア
                                                       (注)3
                            海外事業
                試験機事業                   計
                      リング事業
     売上高

      (1)  外部顧客に
                1,769,555       353,797     1,052,196      3,175,548       7,644   3,183,193           3,183,193
                                                     ―
        対する売上高
      (2)  セグメント間
                  3,440          124,928      128,368          128,368     △ 128,368
                          ―                ―                 ―
        の内部売上高
                1,772,995       353,797     1,177,124      3,303,917       7,644   3,311,562      △ 128,368    3,183,193
          計
     セグメント利益
                 155,917      67,599    △ 219,328       4,188      595    4,784    △ 274,769    △ 269,984
     又は損失(△)
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸事業等であります。

       2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△274,769千円は基礎的試験研究費などに要した費用および当社の総
         務・経理部門等の管理部門に係る費用であります。
       3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
     2 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりでありま
        す。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    平成28年3月1日           (自    平成29年3月1日
                 項目
                                 至   平成28年11月30日)           至   平成29年11月30日)
     1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純
                                         1.07円             △2.24円
     損失金額(△)
      (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は親会社
                                         76,635            △160,038
      株主に帰属する四半期純損失金額(△)(千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                       ―             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
      金額又は親会社株主に帰属する四半期純損失金額                                    76,635            △160,038
      (△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                   71,311             71,311
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
                                平成28年6月20日取締役             平成28年6月20日取締役
     り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                                会決議による新株予約権             会決議による新株予約権
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
                                (普通株式884,000株)             (普通株式221,000株)
     概要
      (注)      前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を有する

         潜在株式が存在しないため、当第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額につい
         ては、潜在株式が存在するものの1株当たり四半期純損失金額であるため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 14/18


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
      2 【その他】

        該当事項はありません。
                                 15/18



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。
                                 16/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年1月12日

     株式会社東京衡機
      取締役会  御中
                     R S M 清 和 監 査 法 人

                         指定社員

                                    公認会計士   筧  悦生      ㊞
                         業務執行社員
                         指定社員

                                    公認会計士   平澤  優      ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社東京衡

     機の平成29年3月1日から平成30年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年9月1日から平成
     29年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年3月1日から平成29年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、限定付結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     限定付結論の根拠

      追加情報に記載されているとおり、中国の連結子会社である無錫三和塑料製品有限公司の前第3四半期連結会計期間
     末及び前連結会計年度末における仕掛品計上に係る証憑の一部を確認することができなかった。これは、当監査法人が
     前連結会計年度の第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に対して限定付結論を表
     明する原因となっており、また、前連結会計年度の連結財務諸表に対して限定付適正意見を表明する原因となってい
     る。前連結会計年度の連結財務諸表には同社の仕掛品40,917千円が含まれており、これらの事項が前第3四半期連結累
     計期間及び当第3四半期連結累計期間の売上原価に影響を及ぼす可能性があるため、当連結会計年度の第3四半期連結
     会計期間及び第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に対して限定付結論を表明している。
     限定付結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、「限定付結論の根拠」に記載した事
     項の四半期連結財務諸表に及ぼす影響を除き、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠して、株式会社東京衡機及び連結子会社の平成29年11月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3
     四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかっ
     た。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

                                 17/18


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18




















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。