株式会社キャリアデザインセンター 有価証券報告書 第26期(平成28年10月1日-平成29年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第26期(平成28年10月1日-平成29年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社キャリアデザインセンター

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年12月25日
      【事業年度】                    第26期(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
      【会社名】                    株式会社キャリアデザインセンター
      【英訳名】                    CAREER    DESIGN    CENTER    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長兼会長  多田 弘實
      【本店の所在の場所】                    東京都港区赤坂三丁目21番20号
      【電話番号】                    03-3560-1611(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営企画局長 西山 裕
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区赤坂三丁目21番20号
      【電話番号】                    03-3560-1601
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営企画局長 西山 裕
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/72













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
          回次          第22期        第23期        第24期        第25期        第26期
         決算年月          平成25年9月        平成26年9月        平成27年9月        平成28年9月        平成29年9月

               (千円)          -     6,217,107        7,621,060        8,569,797        9,893,590
     売上高
               (千円)          -      738,204        630,539       1,009,303        1,158,192
     経常利益
     親会社株主に帰属
               (千円)          -      721,757        409,793        674,603        802,896
     する当期純利益
               (千円)          -      721,757        404,528        677,575        799,006
     包括利益
               (千円)          -     2,187,430        2,426,129        2,857,749        3,292,618
     純資産額
               (千円)          -     3,455,768        3,971,106        4,401,327        5,025,493
     総資産額
     1株当たり純資産
               (円)          -      306.61        341.54        407.08        479.58
     額
     1株当たり当期純
               (円)          -      105.61         59.96        98.81        118.52
     利益金額
     潜在株式調整後1
               (円)          -      105.47         59.86        98.77        117.92
     株当たり当期純利
     益金額
               (%)          -       60.6        58.8        62.8        63.7
     自己資本比率
               (%)          -       39.3        18.5        26.5        26.9
     自己資本利益率
               (倍)          -       10.42        18.33         9.57        13.69
     株価収益率
     営業活動による
               (千円)          -      963,606        696,821        689,400        941,520
     キャッシュ・フ
     ロー
     投資活動による
               (千円)          -     △ 456,395       △ 176,120       △ 261,303       △ 325,318
     キャッシュ・フ
     ロー
     財務活動による
               (千円)          -     △ 297,427       △ 208,883       △ 209,076       △ 445,506
     キャッシュ・フ
     ロー
     現金及び現金同等
               (千円)          -     1,654,356        1,966,172        2,185,193        2,355,889
     物の期末残高
               (人)          -        369        420        490        581
     従業員数
      (注)1.第23期より連結財務諸表を作成しているため、それ以前については記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.当社は、平成26年4月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。                                           1株当たり純資産
           額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、当該分割が第23期の期首
           に行われたと仮定して算定しております。
                                  2/72





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
          回次          第22期        第23期        第24期        第25期        第26期
         決算年月          平成25年9月        平成26年9月        平成27年9月        平成28年9月        平成29年9月

               (千円)       5,106,806        5,175,091        5,727,739        6,392,035        7,225,650
     売上高
               (千円)        502,814        725,709        540,191        913,601       1,016,882
     経常利益
               (千円)        425,828        715,494        349,971        611,535        706,960
     当期純利益
     持分法を適用した
               (千円)          -        -        -        -        -
     場合の投資利益
               (千円)        558,663        558,663        558,663        558,663        558,663
     資本金
               (株)        70,544       7,054,400        7,054,400        7,054,400        7,054,400
     発行済株式総数
               (千円)       1,641,682        2,141,367        2,325,509        2,691,089        3,033,912
     純資産額
               (千円)       2,736,821        3,215,390        3,597,675        3,992,448        4,411,495
     総資産額
     1株当たり純資産
               (円)        231.00        299.87        326.81        382.55        440.84
     額
                       3,000          25        30        30        38
     1株当たり配当額
               (円)
     (内、1株当たり
                        ( - )       ( - )       ( - )       ( - )       ( - )
     中間配当額)
     1株当たり当期純
               (円)        62.31        104.69         51.21        89.57        104.36
     利益金額
     潜在株式調整後1
               (円)          -      104.56         51.12        89.54        103.83
     株当たり当期純利
     益金額
               (%)         57.7        63.7        62.1        65.1        66.7
     自己資本比率
               (%)         30.1        39.4        16.3        25.3        25.5
     自己資本利益率
               (倍)        18.33        10.51        21.46        10.56        15.54
     株価収益率
               (%)         48.1        23.9        58.6        33.5        36.4
     配当性向
     営業活動による
               (千円)        611,445           -        -        -        -
     キャッシュ・フ
     ロー
     投資活動による
               (千円)       △ 243,564           -        -        -        -
     キャッシュ・フ
     ロー
     財務活動による
               (千円)        58,792           -        -        -        -
     キャッシュ・フ
     ロー
     現金及び現金同等
               (千円)       1,444,572            -        -        -        -
     物の期末残高
               (人)         312        340        388        449        534
     従業員数
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.当社は、平成26年4月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。                                           1株当たり純資産
           額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、当該分割が第22期の期首
           に行われたと仮定して算定しております。
         3.第22期の1株当たり配当額には、創立20周年記念配当900円及び東証一部指定記念配当500円を含んでおりま
           す。
         4.第23期の1株当たり配当額には、特別配当7円を含んでおります。
         5.第24期の1株当たり配当額には、特別配当10円を含んでおります。
         6.第26期の1株当たり配当額には、特別配当5円を含んでおります。
         7.第22期における潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が
           存在しないため記載しておりません。
                                  3/72


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         8.第23期より連結財務諸表を作成しているため、持分法を適用した場合の投資利益、営業活動によるキャッ
           シュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー及び現金及び現金
           同 等物の期末残高は記載しておりません。
                                  4/72




















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項
      平成5年7月        キャリア志向の高い「エンジニア」「ビジネスパーソン」向けに最新ビジネス情報を提供するとと
              もに、厳選された求人情報を掲載する情報誌の出版を主要な事業内容として、東京都港区六本木
              に、株式会社キャリアデザインセンターを設立
      平成6年5月        キャリア志向の高いビジネスパーソンのための求人情報誌として『type』を創刊
      平成8年5月        『type』の基本コンセプトはそのままに、エンジニア向け求人情報誌として臨時増刊号『エンジニ
              アの仕事と資格と転職の本』を創刊
      平成9年11月        技術系企業を一堂に集め、求職者のための合同会社説明会『エンジニアtype適職フェア』を開催
      平成10年8月        有料職業紹介事業を行う目的で株式会社キャリアデザインコンサルティングを設立
              (資本金 1,000万円、株式会社キャリアデザインセンター 100%出資)
      平成12年4月        本店所在地を東京都港区赤坂三丁目21番20号(現在地)に移転
      平成12年4月        「キャリアアップ転職の専門情報サイト」として、Webサイト『@type』の運営開始
      平成13年6月        キャリア志向の高い女性向け求人情報誌として『ワーキングウーマンtype』を創刊
      平成15年1月        株式会社キャリアデザインコンサルティングを吸収合併
      平成16年9月        営業職の採用を希望する企業を一堂に集め、求職者のための合同説明会『営業職のためのtype適職
              フェア』を開催
      平成16年10月        大阪証券取引所 ニッポン・ニューマーケット-「ヘラクレス」に株式を上場
      平成17年10月        「正社員で成長したい女性のための転職サイト」として『女の転職@type』の運営開始
      平成18年4月        「ひとつ上の営業マンを目指す人の転職サイト」として『営業の転職@type』の運営開始
              キャリアアップを目指す女性と、女性を求人する企業を一堂に集め、合同説明会『女性のための
              type適職フェア』を開催
      平成18年9月        東京証券取引所市場第二部に株式を上場
      平成19年10月        就職意識と仕事での成長意欲が高い大学新卒者向けの就職情報誌として『就活type』を創刊
      平成19年11月        総合商社、金融、コンサルティング、IT業界を中心に、トップクラスの企業を一堂に集め、大学
              新卒者のための合同企業説明会『type就活フェア』を開催
      平成21年6月        「介護・医療・福祉関連専門の転職サイト」として『介護の仕事 女の転職@type』の運営開始
      平成21年7月        「販売・サービス職に特化した転職サイト」として『販売・サービスの仕事@type』の運営開始
      平成22年1月        「コンサルティング・経営・ITの上流を目指す人の転職サイト」として『@typeプロフェッショ
              ナル』の運営開始
      平成22年10月        ITエンジニアに特化した一般労働者派遣事業として『typeのIT派遣』を本格的に事業開始
      平成23年4月        エンジニアのキャリア形成のためのWebマガジン『エンジニアtype』を創刊
      平成23年5月        学生のキャリア観の醸成・仕事観の確立を目的としたインターンシップ・ラボ『キャリアビジョン
              type』を開催
      平成23年10月        女性の中長期的な人生設計を支援するためのWebマガジン『Woman                                type』を創刊
      平成25年7月
              東京証券取引所市場第一部に指定
      平成25年10月
              労働者派遣事業を行う目的で株式会社キャリアデザインITパートナーズを設立
              (資本金 4,000万円、株式会社キャリアデザインセンター 100%出資)
      平成26年1月
              労働者派遣事業を会社分割の方法により株式会社キャリアデザインITパートナーズへ承継し、同
              社にて事業開始
      平成26年10月
              就職意識と仕事での成長意欲が高い大学新卒者向けの人材紹介事業として、『就活typeエージェン
              ト』を本格的に運営開始
      平成27年1月
              若手営業パーソンのキャリア形成を支援するWebマガジン『営業                               type』を創刊
      平成28年10月
              type   転職サービスの新たな集客源として『type                    メンバーズパーク』を運営開始
                                  5/72





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループの事業内容
         当社グループは、「いい仕事。いい人生。」を企業理念として掲げ、主にキャリア志向の高い「エンジニア」、
        「営業」及び「女性」をターゲットとし、求職者、求人企業のそれぞれに多様な商品・サービスを提供することに
        より、双方の課題解決に取り組んでおります。
         事業の内訳といたしましては、中途向けにWebサイト(『@type』・『女の転職@type』など)の運営・適職
        フェアの開催を行うメディア情報事業、新卒向けに情報誌『type就活』の発行・イベント(『type就活』・『type
        キャリアビジョン』など)の開催を行う新卒メディア事業、有料職業紹介事業を展開する人材紹介事業『type転職
        エージェント』及び新卒紹介事業『type就活エージェント』、一般労働者派遣事業を展開するIT派遣事業『type
        IT派遣』の5事業を運営しております。このように当社グループでは多様なサービスを提供しているため、求職
        者及び求人企業が抱える採用課題におけるあらゆる課題の解決を可能としております。また、各商品・サービス間
        の相互機能を強化しており、求職者・求人企業双方に対して、より利便性の高いサービス提供を行っております。
        〔事業系統図〕

                                  6/72
















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                主要な事     議決権の

          名称         住所      資本金                       関係内容
                                業の内容     所有割合
     (連結子会社)                                     当社と業務委託契約、賃貸借契約等を

                                一般労働
     株式会社キャリアデザイ             東京都港                        締結しております。
                         40,000千円      者派遣事      100.0%
     ンITパートナーズ             区                        資金援助あり。
                                業
     (注)                                     役員の兼任あり。
     (注)株式会社キャリアデザインITパートナーズについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結

        売上高に占める割合が10%を超えております。
        主要な損益情報等 (1)売上高                     2,699,325千円
                 (2)経常利益            141,309千円
                 (3)当期純利益             94,912千円
                 (4)純資産額            303,866千円
                 (5)総資産額            712,708千円
      5【従業員の状況】

       (1)連結会社の状況
                                                  平成29年9月30日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)

     人材サービス事業                                                 581

                  合計                                     581

      (注)1.従業員数は就業人数であります。臨時従業員については、当期中におけるその総数が従業員数の100分の10
           未満であるため、記載を省略しております。
         2.当社グループは、人材サービス事業を営む単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しており
           ます。
         3.従業員数が前連結会計年度末に比べ91名増加したのは、営業人員の増強を図ることを主たる理由として新卒
           採用及び中途採用を行ったことによるものであります。
       (2)  提出会社の状況

                                                 平成29年9月30日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

               534           28.3              3.7             4,660

      (注)1.従業員数は就業人数であります。臨時従業員については、当期中におけるその総数が従業員数の100分の10
           未満であるため、記載を省略しております。
         2.当社は、人材サービス事業を営む単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
         3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         4.従業員数が前事業年度末に比べ85名増加したのは、営業人員の増強を図ることを主たる理由として新卒採用
           及び中途採用を行ったことによるものであります。
       (3)  労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  7/72





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)  業績
        当連結会計年度(平成28年10月1日~平成29年9月30日)における我が国経済は、世界経済の影響等により依然
       として先行き不透明な状況が続いているものの、各種政策を背景にした企業収益の改善が進み、景気は緩やかな回復
       基調で推移しております。雇用情勢においては、企業の採用意欲は引き続き活発であり、平成29年9月の有効求人倍
       率は1.52倍と高い水準を維持しております。
        このような状況において、当連結会計年度における当社グループの売上高は計画を上回る結果となりました。こ
       れは、前期は売上高が鈍化しておりましたメディア情報事業における「エンジニア」マーケットの売上高が改善傾向
       を示し、計画を上回ったためであります。また、IT派遣事業につきましても計画を上回り、その他の事業も売上高
       は概ね計画通りとなりました。支出面においては、従業員の定着率が向上していることに加え、来期以降の業績拡大
       に向けた採用を強化していることで採用費及び人件費が計画より増加いたしましたが、売上高が計画を上回ったた
       め、コストの増加を補い、経常利益は計画通りの結果となりました。
        以上の結果、当連結会計年度における売上高は、9,893,590                            千円(前年同期比15.4%増)、損益については、営業
       利益1,153,557千円(前年同期比14.8%増)、経常利益1,158,192千円(前年同期比14.8%増)、親会社株主に帰属す
       る当期純利益802,896千円(前年同期比19.0%増)となりました。
       <事業の種類別の業績>

        当社は人材サービス事業の単一セグメントでありセグメント情報の記載を省略しているため、事業の種類別に記載
       しております。
        ①メディア情報事業

         メディア情報事業は、転職者を対象としたWeb求人広告・適職フェア等の商品・サービスを展開しておりま
        す。
         当連結会計年度におきましては、前期から継続して採用や研修を充実させたことにより営業体制が強化され、課
        題としていた「エンジニア」マーケットの売上高が前年同期比10.4%増と改善いたしました。また、「女性」マー
        ケットは同15.8%増と順調に推移したことにより、売上高が計画を上回る結果となりました。一方、「営業」マー
        ケットの売上高は前年同期比1.8%減となりました。
         商品面では、交通広告やweb広告を用いて『@type』『女の転職@type』の宣伝キャンペーンを実施し、新規会
        員や応募数の増加を図った結果、新規会員数や応募数は順調に推移いたしました。
         以上の結果、当連結会計年度におけるメディア情報事業の売上高は4,655,716千円(前年同期比12.7%増)とな
        りました。
        ②人材紹介事業

         人材紹介事業は、ご登録頂いた求職者の方に最適な求人案件をご紹介する登録型人材紹介を運営しております。
         当連結会計年度におきましては、引き続き強みとする「エンジニア」「営業」マーケットと、前期より注力をし
        ております「女性」マーケットの成約件数が好調に推移し、売上高は計画通りの結果となりました。また、市場競
        争の激化により人材の獲得が難しい環境が続いておりますが、広告や知人紹介キャンペーン等の施策を強化して行
        うことにより、新規登録者が増加いたしました                      。
         以上の結果、当連結会計年度における人材紹介事業の売上高は、2,168,662千円(前年同期比18.1%増)となりま
        した。
        ③新卒メディア事業

         新卒メディア事業は、新卒者を対象とする就職イベント・情報誌等の商品・サービスを展開しております。
         当連結会計年度におきましては、売上高は前年同期比7.0%減となったものの、計画を上回る結果となりまし
        た。これは、前期の営業戦略やイベント集客における課題を残したため、当期の売上高が減少する見込みとなって
        おりましたが、下半期における売上高が前年同期比42.1%増と改善したことによるものであります。下半期におい
        ては、2018年卒業予定の学生を対象としたインターンシップ向けのイベントの集客が好調だったこと、および2019
        年卒業予定の学生を対象としたインターンシップ向けのイベントの集客も好調であったため、前期に減少した取引
        件数が増加し、売上高が回復             しております      。
         以上の結果、当連結会計年度における新卒メディア事業の売上高は、298,693千円(前年同期比7.0%減)となり
        ました。
                                  8/72



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        ④新卒紹介事業
         新卒紹介事業は、ご登録頂いた学生の方に最適な新卒採用案件をご紹介する登録型新卒紹介を運営しておりま
        す。
         当連結会計年度における売上高は計画を下回り、前年同期比1.6%減となりました。これは、昨年度に採用実績
        のあった求人案件が、採用計画を大幅に縮小したことにより成約件数が減少し、新規の案件獲得を図ったものの、
        成約件数の減少を補うことができず成約数が計画を下回ったためであります。
         以上の結果、当連結会計年度における新卒紹介事業の売上高は、102,580千円(前年同期比1.6%減)となりまし
        た。
        ⑤IT派遣事業

         IT派遣事業は、当社にご登録頂いた登録者の中から、求人企業の採用ニーズに最適な人材を派遣する一般労働
        者派遣を運営しております。
         当連結会計年度におきましては、引き続き強みとする「エンジニア」マーケットを中心に、既存事業との連携を
        行いながら、新規案件獲得が順調に推移いたしました。その結果派遣スタッフの稼動人数が増加し、売上高が計画
        を上回る結果となりました            。
         以上の結果、当連結会計年度におけるIT派遣事業の売上高は、2,699,326千円(前年同期比23.3%増)となり
       ました。
       (2)  キャッシュ・フロー

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ170,695千
       円増加し、2,355,889千円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次
       のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度の営業活動の結果得られた資金は、941,520千円(前年同期比252,120千円の収入増)でありまし
        た。これは、税金等調整前当期純利益を1,158,192千円計上し、法人税等の支払額が383,698千円あったこと等によ
        るものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度の投資活動の結果使用した資金は、325,318千円(前年同期比64,015千円の支出増)でありまし
        た。これは、無形固定資産の取得による支出が210,740千円、敷金及び保証金の差入による支出が104,593千円あっ
        たこと等によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度の財務活動の結果使用した資金は、445,506千円(前年同期比236,429千円の支出増)でありまし
        た。これは、配当金の支払額が203,881千円、自己株式の取得による支出が164,760千円あったこと等によるもので
        あります。
                                  9/72









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
        当社グループは人材サービス事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
       (1)  生産実績

         当社グループの主たる業務は、Web・情報誌による求人情報提供サービス、人材紹介、人材派遣等の事業であ
        り、いずれも製造会社のような生産設備を保有しておりません。
         したがって事業の性格上、生産能力及び生産実績の記載は行っておりません。
       (2)  受注状況

         生産実績と同様の理由により、記載を省略しております。
       (3)  販売実績

         当連結会計年度の販売実績を事業別に示すと、次のとおりであります。
                                     当連結会計年度
                事業別の名称                   (自 平成28年10月1日                前年同期比(%)
                                    至 平成29年9月30日)
      メディア情報事業           (千円)                                     4,655,716              12.7

      人材紹介事業             (千円)                                     2,168,662              18.1

      新卒メディア事業           (千円)                                      298,693             △7.0

      新卒紹介事業             (千円)                                      102,580             △1.6

      IT派遣事業             (千円)                                     2,699,326              23.3

                  合計                         9,893,590              15.4

      (注)1.事業間の取引については相殺消去しております。
         2.本表の金額には、消費税等は含まれておりません。
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  会社の経営の基本方針

        現在、日本社会において、少子化は若年労働力の低下という非常に深刻な問題を招いております。今後において
       は、より一層若年層の採用が困難となり、日本経済の成長を抑制する要因になると予想されます。しかしながら、企
       業が成長するためには優秀な人材の獲得が必要不可欠です。これを解決する方法は、「中途採用による人材の流動
       化」であり、当社が取り組むべきテーマであると考えております。
       (2)  目標とする経営指標

        当社は目標とする経営指標として、売上高及び売上高経常利益率を特に重視しております。売上高増大のためには
       営業人員の営業力の強化、生産性の改善が不可欠であります。また、より多くの求職者に当社の商品・サービスの利
       用者となって頂き、求人企業の商品・サービスに対する満足度の向上を図るためには、広告宣伝活動を行い認知度の
       向上を図ることが必要となります。
        これら、売上高の増大と人件費及び広告宣伝費の投下バランスを考慮しつつ、売上高経常利益率を伸ばしていくこ
       とで、投資家の皆様の御期待に応えて参ります。
       (3)  会社の対処すべき課題

        当社は、メディア情報事業・人材紹介事業・新卒マーケット事業・人材派遣事業これら個々の商品・サービスを、
       メディアミックス展開して、『type』ブランドによるシナジー効果を引き続き高めつつ、取引社数の拡大、商品力・
       営業力向上による売上高の増加を目指して参ります。
        また、役員・従業員一丸となって生産性の向上を図り、コスト・コントロールを徹底することで、収益体質の改善
       を目指して参ります。
        そのため、当社が対処すべき課題を以下のように考えております。
       ①営業体制の強化

        当社グループにおきましては、従来よりキャリア志向の高い「エンジニア」・「女性」・「営業」をターゲット層
       とし、マーケットシェアの拡大を図って参りました。今後につきましても、それぞれの事業におけるシナジー強化を
                                 10/72


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
       最大化しつつ、求人案件の獲得だけでなく、登録者(求職者)の獲得をより一層強化し、売上高の拡大に努めて参り
       ます。
        また、営業体制だけでなく、内部統制システムをより一層強化し、コンプライアンスの充実を含め、取り組むべき
       課題を迅速に発見するとともに、信頼性のある財務報告を行うことが不可欠であると考えております。今後も継続的
       な従業員教育を実施することにより、管理部門の能力開発に努め、法令順守を始めとする規範の厳守を徹底するため
       のより強固な管理体制を構築して参ります。
       ②商品力の強化

        商品面におきましては、企業の採用意欲の回復に伴い求人案件数が増加する見込みであり、企業の満足度向上を図
       るため、Webを中心に応募者の獲得施策を強化して参ります。
        また、当社主力転職サイト『@type』においては、スマートフォン利用者の取り込みを強化するとともに、イン
       ターネット広告及び交通広告などで費用対効果の高い広告宣伝戦略を展開し、認知度向上を図ることで新規ユーザー
       獲得を推進して参ります。
       ③人材の確保及び育成

        当社グループでは、質の高い人材サービスの提供を維持しつつ、今後の売上高増加に向けて、さらに強固な営業体
       制を構築し、取引社数の増加を目指して参ります。そのため、多様な商品・サービスを取り扱う社内の勉強会や研修
       を行って参ります。
       ④収益体質の改善

        当社グループでは、売上高向上を実現するため人件費及び広告宣伝費への投資が必要不可欠であります。引き続
       き人件費及び広告宣伝費は増加する見込みであるものの、全社的にコスト抑制を実施し、さらなるマーケットシェ
       アの拡大及び生産性の向上に取り組むことで、収益体質の改善を進めて参ります。
      4【事業等のリスク】

        以下において、当社グループの事業展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる事項を記載しておりま
       す。また、当社グループとしては必ずしも事業上のリスクとは考えていない事項についても、投資判断上で、あるい
       は当社グループの事業活動を理解する上で重要と考えられる事項については、投資者に対する積極的な情報開示の観
       点から記載しております。当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した
       場合の対応に努める方針でありますが、当社株式に関する投資判断は、本項以外の記載内容も併せて慎重に検討した
       上で行われる必要があると考えております。また、以下の記載は、当社グループの事業または本株式への投資に関す
       るリスクを全て網羅するものではなく、将来に関する部分の記載は、当連結会計年度末(平成29年9月30日)現在に
       おいて、当社グループが判断したものであります。
       ①競合について

        求人情報提供サービスは、求人広告(Web・情報誌等)事業、人材紹介事業、人材派遣事業等により行われて
       おり、当社グループはこれら全ての分野のサービスを提供しております。そのため、当社グループの求人情報提供
       サービスに関する事業それぞれに競合会社が存在しております。特にWeb媒体系求人広告事業は、比較的容易に
       参入が可能であるため、他社との差別化が必要な事業であると考えております。
        当社グループは、競合他社と比較して、Web求人広告事業をメイン商品とし、適職フェア、情報誌、人材紹介
       事業、人材派遣事業も運営することにより、中途採用における総合的なソリューションサービスの提供が可能であ
       ります。
        また当社グループは、単なる転職ではなく、キャリアアップ転職を目指すビジネスパーソン向けの求人情報を提
       供する企業として、自社ブランド力の更なる強化に努める所存であります。しかしながら、当社グループが考える
       差別化策は必ずしも十分であるとは限らず、競争力のある新規参入企業により当社グループの優位性が薄れた場合
       には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ②法的規制について

       A)求人広告事業
         求人広告事業における法的規制としては、求人広告に関して職業安定法において、職業紹介並びに労働者の募
        集方法、労働条件の明示及び虚偽の求人広告等に関する規制が定められております。また、職業安定法の他、労
        働基準法による「男女同一賃金の原則」等、法的規制の他、業界団体による自主的規制があります。これらの規
        制は直接的には求人企業である広告主が規制対象でありますが、当社も求人広告制作者として間接的に規制を受
        けているため、当社事業活動に制約を受ける可能性があります。
         当社では、このような規制の趣旨に沿って、ユーザーからの問い合わせやクレームに即座に対応できるよう
        「ユーザー相談窓口」を設けてユーザー保護に努めるとともに、「審査室」を設け「広告倫理綱領」及び「求人
                                 11/72


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        広告掲載基準」を定めることにより、事前に不適切な求人広告を排除するよう努めております。併せて、社内で
        判断できない場合に備え、公益社団法人広告審査協会に加入しております。また、必要に応じて労働環境問題専
        門 の弁護士の協力を得ております。
       B)人材紹介事業

         当社が行う人材紹介(中途・新卒)事業は、職業安定法の適用を受けており、当社は手数料を徴収して職業紹
        介を行うことができる有料職業紹介事業の許可を厚生労働大臣より取得しております(厚生労働大臣許可13‐ユ
         ‐040429)。職業安定法には、職業紹介事業の適正な運営を確保するために、職業紹介を行う者(職業紹介事業
        者)が、職業紹介事業者としての欠格事由(当社の役員が禁固以上の刑に処せられ、あるいは傷害、脅迫、背任
        等の罪により罰金の刑に処せられたとき、職業安定法の規定等に違反したとき等)に該当、あるいは当該許可の
        取消事由に該当した場合には、厚生労働大臣により事業許可の取り消しが行われ、事業の停止が命じられる旨が
        定められております。なお、現在当社において、欠格事由または取消事由に該当する事項はありません。
       C)人材派遣事業

         当社グループが行うIT派遣事業は、労働者派遣法に基づき、主として一般労働者派遣事業として厚生労働大
        臣の許可を取得して行っている事業であります(厚生労働大臣許可 般13-305447)。労働者派遣法には、労働者
        派遣事業の適正な運営を確保するために、派遣事業を行う者(派遣元事業主)が、派遣元事業主としての欠格事
        由に該当、あるいは当該許可の取消事由に該当した場合には、厚生労働大臣により事業許可の取り消しが行わ
        れ、事業の停止が命じられる旨が定められております。
         なお、現在当社グループにおいて、欠格事由または取消事由に該当する事項はないものと認識しております
        が、労働者派遣法及び関係諸法令については、労働市場を取り巻く状況の変化等に応じて今後も適宜改正が予想
        され、その変更内容によっては、当社の業績が影響を受ける可能性があります。
       D)個人情報について

          当社グループは、個人情報の保護を企業活動の最優先事項のひとつとして捉え、個人情報の適切な取り扱い、
        並びに安全管理に取り組むことが重要な社会的責任であると認識しております。当社グループでは個人情報保護
        方針を定め、個人情報の取り扱いに関する管理体制を整備し、個人情報保護のため以下のとおりの取り組みを
        行っております。
         a)  個人情報の取組みについて

         ・Webサイト『@type』、『女の転職@type』等について
           利用者(求職者)は、当社グループWebサイトを利用するにあたり、個人情報の利用目的に同意した上
          で、当社グループWebサイト上の登録フォームに個人情報を入力し、会員登録を行います。利用者がサイ
          トに会員登録すると、会員個人の専用ページが作成され、検索条件の保存、希望条件の保存、希望の条件で
          の求人情報メールの配信、作成した応募情報データの保存等、求職活動を行うにあたって便利なサービスが
          利用できます。当社グループは、会員登録された個人情報を当社グループ指定サーバにて厳重かつ適正に管
          理し、本人の同意なく第三者に提供することや、予め本人の同意を得た利用目的の範囲外において取り扱う
          ことはありません。
         ・人材紹介事業、新卒メディア事業、新卒紹介事業、IT派遣事業について
           利用者(求職者)は当社グループサービスを利用するにあたり、個人情報の利用目的に同意した上で、必
          要とされる個人情報を当社に提供します。これらの情報は、当該サービスを提供する各事業部にて厳重かつ
          適正に管理されます。提供された個人情報にアクセスできるのは各事業部の従業員に限られており、これら
          の情報を、本人の同意なく第三者に提供することや、予め本人の同意を得た利用目的の範囲外において取り
          扱うことはありません。
        b)  セキュリティについて

          当社グループのWebサイトでは、求人企業及び求職者がデータの送受信を行う際、安心して利用できるよ
         うに、セキュリティモードとして、サーバー間通信を保護するSSLを採用しております。このSSLは、
         サーバーと求人企業及び求職者間で通信される内容を暗号化しているため、第三者の盗聴、改竄、成りすまし
         から個人情報を保護することが可能となります。
         以上のような対策を講じても、当社グループにおいて個人情報の流出等の重大なトラブルが発生した場合には、

        法的責任を問われる危険性があります。また、そのような事態になれば、社会的信頼を失い、ブランドイメージは
        悪化し、当社グループの事業運営、業績及び財政状況に影響を与える可能性があります。なお、当社グループは今
        後、個人情報の厳格な管理をより一層徹底すべく、平成17年5月にプライバシーマークを取得し、以降2年毎に更
        新をし続けております。
                                 12/72


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
       ③当社グループの事業体制について

       A)人材の確保及び育成について
         当社   グループ    のビジネスを今後更に発展させるためには、各事業部における優秀な人材の確保及び育成が必要
        不可欠であると考えております。
         現在当社     グループ    は、厳選した新卒採用活動及び中途採用活動を行っておりますが、当社                                 グループ    の求める人
        材が十分に確保できない場合、現在在籍している人材が流出した場合、もしくは当社                                       グループ    が採用した人材の
        成長が予想を下回った場合、当社               グループ    のその後の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       B)知的財産権について

         当社   グループ    は当社ロゴマーク、社名、商品名称についてブランド戦略上重要性が高いと認識しており、よっ
        てこれらに関して商標権を取得しております。
         当社   グループ    のサービスを表す商標を競合他社が取得した場合、当社                          グループ    がそれらの商標を使用できなく
        なること、当社       グループ    への訴訟の提起等により、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社      グループ    サービスにおいて、特にWeb上での情報提供サービスにおいて、競合他社が技術面での
        特許を取得し、その権利を主張した場合、当社                      グループ    の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
         当社   グループ    は、それらの具体的事例を現時点では認識しておりませんが、本邦内外に限らず、当社                                        グループ

        の営む業務の全部もしくは一部についての特許等を第三者が既に取得しており、当社                                       グループ    がそれに抵触して
        いた場合、当社       グループ    の事業遂行に影響を与える可能性があります。
       C)システムについて

         当社   グループ    の事業の一部は、Web上での求人情報提供サイトの運営であることから、サイトのシステムそ
        のものとコンピュータシステムを結ぶ通信ネットワークによる依存度が事業遂行上高いものと考えております。
        当社  グループ    は現在、システム開発及びシステム管理・運用の一部を社外に委託しております。従って、これら
        の委託先との間にトラブルが発生した場合等には当社                         グループ    の事業に影響を及ぼす可能性があります。
         自然災害、コンピュータウィルスによる感染、電力供給の停止、通信障害、その他現段階では予測不可能な原
        因等によりコンピュータシステムがダウンした場合には、当社                             グループ    は事業の一部の遂行が困難になります。
        また、一時的な過負荷による当社またはインターネット接続業者のサーバーの作動不能、外部からの不正な手段
        によるサーバーへの侵入等の犯罪、従業員の過誤によるネットワーク障害等の可能性があります。予測可能な原
        因に対しては、未然に防げるよう万全の備えをしておりますが、万一これらの障害が発生した場合、当社                                                グルー
        プ に直接的な損害が生じるほか、当社                 グループ    に対する訴訟や損害賠償等により、当社                   グループ    信用は失墜し、
        業績に影響を及ぼす可能性があります。
       D)広告宣伝について

         当社   グループ    の事業の拡大及び収益の向上には、当社                   グループ    の商品・サービス(Webサイト『@type』
        『女の転職@type』等、適職フェア等、人材紹介事業『typeエージェント』、新卒メディア事業『type就活』、
        新卒紹介事業『type就職エージェント』、人材派遣事業『typeIT派遣』)を多くの方々に認知して頂くことが
        必要不可欠であります。そのためには、当社                     グループ    既存媒体を含めた広告宣伝活動を戦略的かつ効果的に展開
        することが必要であると考えております。
         しかしながら、その効果について正確に予測することは不可能であり、同業他社との競合等から広告宣伝費が
        過大となった場合には、当社             グループ    の業績に影響を与える可能性があります。
       ④景気変動について

        当社   グループ    は、メディア情報事業(Webサイト・適職フェア等)、人材紹介事業、新卒メディア事業、新卒紹
       介事業、IT派遣事業の5つの事業において異なる求人情報提供サービスを提供することで、安定的な収益の確保に
       努めております。しかしながら、求人情報提供サービスは、景気動向や雇用情勢の変化、求人企業における採用活動
       の動向等に影響を受ける可能性があります。そのため、これらの市場環境に変化が生じた場合には、当社                                                グループ    の
       業績に影響を及ぼす可能性があります。
      5【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      6【研究開発活動】

        当社グループは、研究開発活動を行っておりません。
                                 13/72


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  財政状態の分析

        (流動資産)
          当連結会計年度末における流動資産の残高は3,974,610千円となり、前連結会計年度末に比べ463,869千円増加
         いたしました。これは主に売掛金が213,340千円増加、現金及び預金が170,695千円増加したことによるものであ
         ります。
        (固定資産)
          当連結会計年度末における固定資産の残高は1,050,883千円となり、前連結会計年度末に比べ160,295千円増加
         いたしました。これは投資その他の資産が108,101千円増加、無形固定資産が74,378千円増加、有形固定資産が
         22,185千円減少したことによるものであります。
        (流動負債)
          当連結会計年度末における流動負債の残高は1,545,523千円となり、前連結会計年度末に比べ223,084千円増加
         いたしました。これは主に未払費用が118,847千円増加、未払金が32,060千円増加、賞与引当金が30,130千円増
         加したことによるものであります。
        (固定負債)
          当連結会計年度末における固定負債の残高は187,350千円となり、前連結会計年度末に比べ33,788千円減少い
         たしました。これは主に長期借入金が39,592千円減少したことによるものであります。
        (純資産)
          当連結会計年度末における純資産の残高は3,292,618千円となり、前連結会計年度末に比べ434,869千円増加い
         たしました。これは主に利益剰余金が599,071千円増加したことによるものであります。
       (2)  経営成績の分析

         経営成績の分析につきましては、「第2 事業の状況 1.業績等の概要 (1)                                      業績」をご参照下さい。
       (3)  キャッシュ・フローの分析

         キャッシュ・フローの分析につきましては、「第2 事業の状況 1.業績等の概要 (2)                                           キャッシュ・フ
        ロー」をご参照下さい。
                                 14/72











                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度の設備投資の総額は、245,810千円であり、主な投資として、Webシステムの構築であります。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                            平成29年9月30日現在
                                帳簿価額(千円)

       事業所名                                          従業員数
                設備の内容
       (所在地)                                           (人)
                                ソフト
                          建物           その他       合計
                                ウエア
     本社
              統括業務設備            187,057      489,150       8,785     684,993         534
     (東京都港区)
       (2)国内子会社

                                                  平成29年9月30日現在
                                    帳簿価額(千円)
                                                        従業
              事業所名
                                                        員数
       会社名              設備の内容
             (所在地)
                             建物    ソフトウエア        その他       合計
                                                        (人)
     株式会社
     キャリアデ
            本社
                                -     6,477        -     6,477        47
     ザインIT               統括業務設備
            (東京都港区)
     パートナー
     ズ
      (注)1.帳簿価額のうち、「その他」は、工具、器具及び備品であります。なお、金額には消費税等を含めておりま
           せん。
         2.当社グループは人材サービス事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しておりま
           す。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。
        なお、平成29年9月30日現在における重要な設備の新設、除却等の計画はありません。
                                 15/72









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)  【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        20,640,000

                  計                              20,640,000

        ②【発行済株式】

                事業年度末現在             提出日現在          上場金融商品取引所名
        種類        発行数(株)            発行数(株)          又は登録認可金融商品                内容
              (平成29年9月30日)            (平成29年12月25日)            取引業協会名
                                         東京証券取引所
     普通株式             7,054,400            7,054,400                     単元株式数100株
                                         (市場第一部)
         計          7,054,400            7,054,400             -           -
      (注)「提出日現在発行数」欄には、平成29年12月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により
         発行された株式数は含まれておりません。
       (2)  【新株予約権等の状況】

         会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
          平成24年4月17日取締役会決議
                                 事業年度末現在               提出日の前月末現在

                               (平成29年9月30日)                (平成29年11月30日)
      新株予約権の数                   (個)               1,736                1,704

      新株予約権のうち自己新株予約権の数                   (個)                488                504

      新株予約権の目的となる株式の種類                        普通株式                同左

      新株予約権の目的となる株式の数                   (株)           173,600(注)1                 170,400(注)1

      新株予約権の行使時の払込金額                   (円)            1,011(注)2         同左

                              平成26年5月15日から
      新株予約権の行使期間                                        同左
                              平成31年5月14日まで
                              発行価格            1,528
      新株予約権の行使により株式を発行する
                         (円)    資本組入額         764        同左
      場合の株式の発行価格及び資本組入額
                                        (注)3
                              新株予約権の割当を受けた者
                              は、権利行使時において当社の
                              取締役、監査役または従業員の
                              地位にあることを要する。ただ
      新株予約権の行使の条件                                        同左
                              し、任期満了による退任、定年
                              退職、その他正当な理由がある
                              と取締役会が認めた場合には、
                              この限りではない。          (注)4
                              譲渡による本新株予約権の取
      新株予約権の譲渡に関する事項                        得については、当社取締役会                同左
                              の決議による承認を要する。
      代用払込みに関する事項                              -                -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
                                  (注)5           同左
      する事項
     (注)1.新株予約権1個当たりの目的となる株式数は100株とする。
          なお、当社が株式分割(株式の無償割当てを含む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により
                                 16/72


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
          目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使さ
          れていない新株予約権の目的となる株式の数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数につい
          て は、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率

          また、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの場合に準じ付与株式数の調整

          を必要とする場合には、合理的な範囲で付与株式数の調整を行う。
        2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整に
          より生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                          1
          調整後行使価額 =             調整前行使価額 ×
                                      分割・併合の比率
          また、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約
          権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の場合を除く。)、
          次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                          新規発行株式数×1株当たり払込金額

                                 既発行株式数+
          調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×                                     1株当たり時価
                                        既発行株式数+新規発行株式数

          上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社普通株式にかかる自己株式数を控

          除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処分
          する自己株式数」、「1株当たり払込金額」を「1株当たり処分金額」に読み替えるものとする。
          さらに、当社が他社と合併もしくは会社分割を行う場合、その他これらの場合に準じて行使価額の調整を必
          要とする場合には、合理的な範囲で行使価額の調整を行う。
        3.新株予約権の行使により株式を発行する場合の発行価格は、新株予約権の払込金額1,011円と新株予約権付与
          時における公正な評価単価517円を合算しております。
        4.その他の権利行使条件は、当社と新株予約権者との間で締結する、「新株予約権割当契約書」に定めておりま
          す。
        5.組織再編行為時における新株予約権の取扱い
          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新
          株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
          下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。ただ
          し、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分
          割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記「新株予約権の目的となる株式の種類」及び「新株予約権の目
            的となる株式の数」に準じて決定する。
          ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
            え、調整して得られる再編後行使価額に、上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編
            対象会社の株式の数を乗じた額とする。
          ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか
            遅い日から行使期間の末日までとする。
          ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            イ.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条
              第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が
              生じたときは、これを切り上げる。
            ロ.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記イ.記載の
                                 17/72

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
              資本金等増加限度額から上記イ.に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
          ⑧ 新株予約権の取得事由及び条件
            イ.当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割
              計画、または当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認
              (株主総会の承認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が
              別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。
            ロ.新株予約権者が権利行使をする前に、「新株予約権割当契約書」に定める規定により新株予約権の
              行使ができなくなった場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
          ⑨ その他新株予約権の行使の条件
            上記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
          ⑩ その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
        6.平成25年11月19日開催の取締役会決議により、平成26年4月1日付にて1株を100株とする株式分割を行って
          おります。これにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新
          株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
       (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)  【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日
                数増減数(株)        数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
      平成26年4月1日
                 6,983,856        7,054,400           -     558,663          -     211,310
      (注)
      (注)株式分割(1:100)によるものであります。
       (6)  【所有者別状況】

                                                   平成29年9月30日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満
       区分                             外国法人等
                                                       株式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                 金融機関                           個人その他       計     (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     16     27     28     63      3    3,046     3,183       -
     所有株式数
               -    13,541      2,441     2,562     11,319       11    40,649     70,523      2,100
     (単元)
     所有株式数の
               -     19.2     3.46     3.63     16.05      0.02     57.64     100.00       -
     割合(%)
     (注)自己株式375,810株は、「個人その他」に3,758単元、「単元未満株式の状況」に10株含まれております。
                                 18/72






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
       (7)  【大株主の状況】
                                                   平成29年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                                             所有株式数
                                                    対する所有株式数
             氏名又は名称                      住所
                                              (株)
                                                    の割合(%)
                                             1,124,900           15.95

     多田弘實                      東京都世田谷区
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信

                           東京都港区浜松町2-11-3                   767,800          10.88
     託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                           東京都中央区晴海1-8-11                   204,600          2.90
     (信託口)
     KBL EPB S.A. 107704(常任代                      43 BOULEVARD ROYA
     理人 株式会社みずほ銀行決済営業部部長                       L L-2955 LUXEMBOUR                   191,000          2.71
     佐古 智明)                      G
                                              175,000          2.48
     五味大輔                      長野県松本市
     GOLDMAN,SACHS& CO.RE
                           200 WEST STREET N
     G(常任代理人 ゴールドマン・サックス証                                         170,000          2.41
                           EW YORK,NY,USA
     券株式会社)
                           東京都渋谷区神宮前6-12-17                   120,000          1.70
     株式会社ダイヤモンド社
     BBH FOR FIDELITY PUR
     ITAN TR: FIDELITY S                      245 SUMMER STREE
     R INTRINSIC OPPORTUN                      T BOSTON, MA                    110,000          1.56
     ITIES FUND(常任代理人 株式会                      02210 U.S.A.
     社三菱東京UFJ銀行 頭取 三毛 兼承)
                           東京都港区赤坂3-21-20
                                              107,900          1.53
     キャリアデザインセンター社員持株会
                           赤坂ロングビーチビル
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                           東京都中央区晴海1-8-11                   92,500          1.31
     (信託口1)
                                   -          3,063,700           43.43
               計
     (注)1.上記日本マスタートラスト信託銀行株式会社の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、767,800株であ
          ります。
        2.上記日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、
          203,900株であります。
        3.上記日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口1)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数
          は、92,500株であります。
        4.当社の保有する自己株式375,810株(保有比率5.33%)は上表に含まれません。
        5.平成29年9月25日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、フィデリティ投信株式会社が平成
          29年9月15日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社として当事業年度末現在にお
          ける実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
          なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
                                           保有株券等の数         株券等保有割合

                氏名又は名称                  住所
                                             (株)         (%)
            フィデリティ投信株式会社                東京都港区六本木7-7-7                 株式 571,100              8.1
                                 19/72





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
       (8)  【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年9月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                        -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

      議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                          普通株式       375,800

      完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                          普通株式     6,676,500

      完全議決権株式(その他)                                     66,765           -
                          普通株式           2,100

      単元未満株式                                    -            -
      発行済株式総数                         7,054,400            -            -

      総株主の議決権                        -             66,765           -

        ②【自己株式等】

                                                  平成29年9月30日現在
                                                   発行済株式総数に

        所有者の                  自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
                所有者の住所                                   対する所有株式数
       氏名又は名称                   株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
                                                    の割合(%)
      株式会社キャリア
                東京都港区赤坂
                           375,800          -       375,800          5.33
                三丁目21番20号
      デザインセンター
         計          -        375,800          -       375,800          5.33
       (9)  【ストックオプション制度の内容】

          当社は、ストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき新株予約権を発行する方
         法によるものであります。
          当該制度の内容は、以下のとおりであります。
          平成24年4月17日開催の取締役会における決議に基づくもの

         決議年月日                           平成24年4月17日
                                   当社従業員      263
         付与対象者の区分および人数(名)
                                   「(2)   新株予約権等の状況」に記載しております。
         新株予約権の目的となる株式の種類
         株式の数(株)                           同上
         新株予約権の行使時の払込金額(円)                           同上
         新株予約権の行使期間                           同上
         新株予約権の行使の条件                           同上
         新株予約権の譲渡に関する事項                           同上
         代用払込みに関する事項                           同上
         組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                           同上
                                 20/72





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得
       (1)  【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)  【取締役会決議による取得の状況】

                                   株式数(株)              価額の総額(円)

               所有者の区分
      取締役会(平成29年7月31日)での決議状況
                                        120,000             164,760,000
      (取得期間 平成29年8月1日)
      当事業年度前における取得自己株式                                     -               -
      当事業年度における取得自己株式                                   120,000             164,760,000

      残存決議株式の総数及び価額の総額                                     -               -

      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)
                                           -               -
      当期間における取得自己株式                                     -               -

      提出日現在の未行使割合(%)
                                           -               -
       (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
       (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                  当事業年度                 当期間
                区分
                                     処分価額の総額                処分価額の総額
                             株式数(株)                株式数(株)
                                       (円)                (円)
       引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

       消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

       合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                  -        -        -        -
       行った取得自己株式
       その他
                                4,400      3,484,800          3,200      2,534,400
       (注)
       保有自己株式数                        375,810        -       372,610         -
       (注)当事業年度の内訳は、新株予約権の権利行使(株式数4,400株、処分価額の総額3,484,800円)であります。ま
         た、当期間は、新株予約権の権利行使(株式数3,200株、処分価額の総額2,534,400円)であります。
                                 21/72







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        配当金につきましては、株主の皆様に対する利益還元を重要な経営課題と認識しつつ、内部留保充実の必要性と
       財政状態等を総合的に勘案した上で、経営成績にあわせた利益配分を基本方針としております。
        当社は、期末配当として年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針とし、経営成績に応じて中間配当を行うも
       のとしております。これらの剰余金配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役
       会であります。
        当期の期末配当につきましては、期初の配当予想の通り、1株あたりの普通配当を3円増配し33円となります。
       また、当期の業績や財政状態等を総合的に勘案し、株主の皆様の日頃のご支援への感謝の意として、1株当たり5
       円の特別配当を実施いたします。この結果、平成29年9月期の期末配当金は、普通配当に特別配当を加えた1株あ
       たり38円となります。
        次期につきましては、現時点での連結業績予想のとおり、今後も一定の収益を継続して確保できる見通しである
       ことから、1株当たりの普通配当を38円となる予定であります。
        今後も、株主の皆様に対する配当等利益還元策については、急激な経営環境の変化に耐え得る経営基盤の強化の
       ための内部留保とのバランスを考慮しつつ、検討していく所存でございます。
        当社は、「取締役会の決議によって、毎年3月31日の最終の株主名簿に記載された株主もしくは登録株式質権者
       に対し、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                       配当金の総額          1株当たり配当額
            決議年月日
                        (千円)            (円)
          平成29年12月22日
                            253,786              38
          定時株主総会決議
      4【株価の推移】

       (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第22期          第23期          第24期          第25期          第26期
      決算年月       平成25年9月          平成26年9月          平成27年9月          平成28年9月          平成29年9月

               129,900          124,600
      最高(円)                              1,619          1,359          1,699
               ※124,000          □1,291
                91,300          73,700
      最低(円)                               880          726          870
                ※44,900           □847
      (注)1.最高・最低株価は、平成25年7月31日より東京証券取引所市場第一部におけるものであり、それ以前は東京
           証券取引所市場第二部におけるものであります。なお、第22期の事業年度別最高・最低株価のうち、※印は
           東京証券取引所市場第二部におけるものであります。
         2.平成26年4月1日付で1株につき100株の割合で株式分割を行っております。なお、第23期の事業年度別最
           高・最低株価のうち、□印は、株式分割による権利落後の株価であります。
       (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成29年4月          5月        6月        7月        8月        9月
      最高(円)          1,228        1,310        1,489        1,475        1,548        1,699

      最低(円)          1,092        1,163        1,264        1,360        1,302        1,452

      (注)最高・最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものです。
                                 22/72





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性 10名 女性 -名 (役員のうち女性の比率 -%)
                                                         所有
       役名      職名      氏名     生年月日                略歴              任期
                                                         株式数
                                                         (株)
                            昭和52年1月      ㈱日本リクルートセンター
                                  (現:㈱リクルートホールディングス)入社
                            昭和61年8月      同社取締役
                      昭和22年
     代表取締役
                 多田弘實           平成5年7月      当社設立と同時に代表取締役社長
                                                     (注)3   1,124,900
     社長兼会長
                      7月2日生
                            平成18年10月      当社代表取締役社長兼会長(現任)
                            平成25年10月      ㈱キャリアデザインITパートナーズ取締役(現
                                  任)
                            平成6年4月      大和ハウス工業㈱入社
                            平成10年2月      当社入社
                            平成14年7月      当社販売部長
                            平成14年11月      当社キャリア営業局次長
                            平成15年9月      当社キャリア営業局長
                            平成17年1月      当社取締役営業本部長
                            平成17年10月      当社常務取締役営業本部長
                            平成18年10月      当社専務取締役キャリア情報事業部長
                            平成20年12月      当社専務取締役キャリア情報事業部長
                      昭和45年
                                  兼人材紹介事業部長
     取締役            川上智彦                                   (注)3     65,300
                            平成21年10月      当社代表取締役副社長キャリア情報事業部長
                      9月21日生
                                  兼人材紹介事業部長
                            平成22年4月      当社代表取締役副社長キャリア情報事業部長
                            平成22年10月      当社代表取締役副社長人材紹介事業部長
                                  兼IT派遣事業部長
                            平成23年10月      当社代表取締役副社長IT派遣事業部長
                            平成25年10月      当社代表取締役副社長
                            平成25年10月      ㈱キャリアデザインITパートナーズ代表取締役
                                  社長(現任)
                            平成26年1月      当社取締役(現任)
                            平成17年4月      当社入社
                            平成23年10月      当社経営企画部長
                      昭和57年
           経営企画局
                            平成24年10月      当社経営企画本部長
     取締役            西山裕                                   (注)3     7,000
           長
                            平成24年12月      当社取締役経営企画局長(現任)
                      12月24日生
                            平成28年12月      株式会社キャリアデザインITパートナーズ 取
                                  締役(現任)
                            平成13年4月      近畿日本ツーリスト㈱入社
                            平成14年10月      当社入社
                            平成20年10月      当社キャリア営業部長
                            平成24年10月      当社キャリア営業局長
                      昭和53年
           メディア情
     取締役            加山祐介           平成25年7月      当社キャリア営業統括局長                   (注)3     1,900
           報事業部長
                      4月28日生
                            平成25年10月      当社キャリア営業本部本部長
                            平成26年12月      当社取締役キャリア営業本部長
                            平成27年10月      当社取締役メディア営業本部長
                            平成28年4月      当社取締役メディア情報事業部長(現任)
                            平成10年4月      エヌ・ジェイ出版販売㈱ 入社
                            平成12年3月      当社入社
                            平成19年4月      当社人材紹介営業部長
                            平成22年10月      当社キャリア営業部長
                            平成23年1月      当社キャリア営業企画部長
           type転職
                      昭和49年
     取締役      エージェン      野間勝志           平成25年10月      当社人材紹介営業局長                   (注)3     10,300
                      5月20日生
           ト事業部長
                            平成27年4月      当社人材紹介事業部長
                            平成28年11月      当社人材紹介事業部長兼新卒紹介事業部長
                            平成28年12月      当社取締役人材紹介事業部長兼新卒紹介事業部長
                            平成29年7月      当社取締役type転職エージェント事業部長(現
                                  任)
                                 23/72




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
       役名      職名      氏名     生年月日                略歴              任期
                                                         株式数
                                                         (株)
                            昭和49年4月      クーパースアンドライブランド会計事務所入所
                            昭和52年6月      監査法人中央会計事務所入所
                            昭和53年9月      公認会計士登録
                            昭和60年8月      監査法人中央会計事務所社員
                            昭和63年6月      同所代表社員
                            平成12年7月      中央青山監査法人事業開発本部長
                            平成15年5月      同監査法人事業開発担当理事
                      昭和26年
                            平成19年8月      太陽ASG監査法人(現:太陽有限責任監査法
     取締役            和田芳幸
                                                     (注)3      -
                                  人)入所、代表社員
                      3月2日生
                            平成26年9月      ㈱ゼロ監査役
                            平成26年10月      ケネディクス商業リート投資法人監督役員
                            平成27年6月      ㈱フォーバルテレコム取締役(現任)
                            平成27年12月      当社取締役(現任)
                            平成28年6月      ㈱LIXILビバ取締役(現任)
                            平成28年8月      和田会計事務所所長(現任)
                            平成29年9月      ㈱ゼロ取締役(現任)
                            昭和52年4月      東京証券取引所(現:㈱日本証券取引所グルー
                                  プ)入所
                            平成9年5月      ㈱ワークツー代表取締役(現任)
                            平成15年9月      ホメオスタイル㈱監査役
                            平成18年4月      アラックス㈱監査役(現任)
                      昭和29年
                            平成20年6月      ㈱インボイス取締役
     取締役            齋藤哲男                                   (注)3     1,000
                            平成20年8月      マスターピース・グループ㈱監査役
                      3月25日生
                            平成21年5月      ㈱DDホールディングス監査役(現任)
                            平成23年3月      サイオステクノロジー㈱監査役
                            平成24年6月      ディーエムソリューションズ㈱監査役(現任)
                            平成27年12月      当社取締役(現任)
                            平成28年3月      ㈱大塚商会 取締役(現任)
                            平成10年4月      当社入社
                            平成20年4月      当社販売部長
                            平成21年1月      当社編集部長
                            平成21年10月      当社編集販売部長兼個人情報保護管理室長
                            平成23年4月      当社予算管理部長兼審査室長兼個人情報保護管理
                      昭和50年
     常勤監査役            菊池亮平                                   (注)4     7,700
                                  室長
                      11月14日生
                            平成24年4月      当社内部監査室長
                            平成26年1月      ㈱キャリアデザインITパートナーズ監査役(現
                                  任)
                            平成28年12月      当社監査役
                            平成29年4月      当社常勤監査役(現任)
                            昭和56年4月      中島税務会計事務所副所長
                            平成元年5月      内外テック㈱監査役
                            平成3年4月      ㈲中島ビジネスサービス(現:朝日ビジネスサー
                      昭和23年
     監査役            中島茂                ビス㈱)代表取締役(現任)                   (注)5     6,000
                      4月24日生
                            平成7年12月      当社監査役(現任)
                            平成16年12月      システムサービス㈱監査役
                            平成17年1月      朝日税理士法人代表社員(現任)
                            昭和53年10月      新光監査法人(昭和63年中央監査法人と合併)
                                  入所
                            昭和57年3月      公認会計士登録
                            平成9年9月      中央監査法人代表社員
                            平成19年7月      新日本監査法人(現:新日本有限責任監査法人)
                      昭和28年
     監査役            菅原隆志                 入所                   (注)6      -
                      12月16日生
                                  同法人代表社員
                            平成28年6月      同法人   退職
                            平成28年7月      東京青果㈱     監査顧問
                            平成29年6月      同社  常勤監査役(現任)
                            平成29年12月      当社監査役(現任)
                              計
                                                        1,224,100
     (注)1.取締役和田芳幸及び齋藤哲男は、社外取締役であります。
        2.監査役中島茂及び菅原隆志は、社外監査役であります。
                                 24/72


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        3.平成28年12月16日から選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時
          まで
        4.平成28年12月16日から選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時
          まで
        5.平成27年12月18日から選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時
          まで
        6.平成29年12月22日から選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時
          まで
                                 25/72


















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、経営の効率性、透明性の向上を図り、株主の立場に立って企業価値を最大化することをコーポレート・
        ガバナンスの基本的な方針としております。そのため、当社は常勤監査役1名、社外監査役2名で監査役会を組織
        し、経営監視機能の強化を図るとともに、社外監査役が取締役会に出席することにより十分なチェック機能が働く
        こととしております。
       ②会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

        イ.会社の機関の基本説明
         当社は、取締役会及び監査役会設置会社であります。当社では、取締役会は原則として毎月1回開催しており、
        必要に応じて臨時取締役会を適時開催しております。取締役会では、経営上の意思決定機関として、法制及び定款
        に定められた事項、並びに重要な業務に関する事項等を決議しております。また、監査役会は常勤監査役1名、非
        常勤監査役2名で構成され、原則として毎月1回開催しており、期首に監査役会で決定した監査の方針・監査計画
        に基づき、業務及び財務執行の適法性、妥当性について監査を実施するとともに、内部監査室及び監査法人とも連
        携を密にしております。
        ロ.会社の機関及び内部統制システムの模式図

         当社の企業統治の体制は以下のとおりであります。
        ハ.会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況








         当社は、取締役会において下記のとおり「内部統制システム構築の基本方針」を定め、これに基づいて内部統制
        システム及びリスク管理体制の整備を実施しております。
         ・取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

          a)当社は、役職員の行動規範として「企業倫理に関する方針」を策定し、高い倫理性とコンプライアンス意識
           を持った行動の実践に努める。
          b)この徹底を図るため、CSR委員会を設けることとする。CSR委員会は、管理部門担当取締役を責任者、

           経営企画課を事務局とする。なお、常勤取締役及び本部長以上で構成される役員会メンバーがCSR委員会
           の委員を担うこととする。
          c)CSR委員会は役職員に対する教育及び啓発に取り組むとともに、内部通報窓口をコンプライアンス室に設

           置する。また、モニタリングを内部監査室が担当し実効性を高める。
                                 26/72


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         ・取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          a)取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理については、管理部門担当取締役を責任者とし、情報の内容に
           応じて保存及び管理の責任部署を社内規程において定める。
           責任部署は、取締役の職務の執行に係る情報を適切に記録し、法令及び社内規程に基づいて、定められた期
           間にて適切に保存・管理を行うものとする。
          b)内部監査室は、関連部署と連携の上、文書等の保存及び管理状況を監査する。

         ・損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          a)当社の継続的な成長を可能とするため、想定される企業リスクに迅速且つ適切に対処するリスク管理体制に
           ついてCSR委員会を核として次のとおり構築する。
          b)CSR委員会は、当社における想定リスクを基にリスク管理規程を制定する。その上で、当社内での周知徹

           底を図り、その実効性を高めるものとする。
          c)CSR委員会は、内部監査室と連携を図り、日常的なリスク監視に努めるとともに新たな想定リスクの対応

           方法を検討する。
          d)内部監査室は、CSR委員会と連携の上、リスク管理体制に関する監査を行うこととする。

         ・取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          a)定例取締役会は毎月1回開催しており、経営上の意思決定機関として、法令及び定款に定められた事項、な
           らびに重要な業務に関する事項などを決議する。また、取締役会に付議及び報告される事項につき十分な審
           議及び議論を実施するための会議体として経営会議を定例取締役会に合わせて開催する。
          b)取締役会、経営会議等の意思決定に資するため、常勤取締役、本部長以上の使用人で構成される役員会を週

           1回開催し、職務権限規程等諸規程に基づき、経営の方向性等に関する議論及び業務執行における重要課題
           の審議を行う。
          c)内部監査室は、当社の経営方針に基づいた運営及び管理状況について監査を行う。

         ・当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保する為の体制

           子会社に対し、適切な経営管理を行うと共に、企業経営及び日常の業務に関して、必要に応じて外部の専門
          家による専門的見地からアドバイスを受けうる体制を整備し、対応する。
         ・監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

          a)監査役の日常における職務を補助すべき使用人については、必要に応じて経営企画課の人員が行うこととす
           る。
          b)監査役の職務を補助すべき使用人については、その必要が恒常的に生じた場合に「監査役会事務局」を本格

           的に設置し、人員の配置を行うこととする。
         ・前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項

          a)監査役は、監査役の職務を補助すべき使用人に必要な業務を命じることができるものとする。
          b)監査役会より、監査に必要な命令を受けた使用人は、業務遂行にあたり、取締役、内部監査室長、管理部門

           内各管理者等の指揮命令を受けないものとし、当該使用人の人事異動については、事前に監査役会と協議し
           た上で、監査役会の意向を尊重する。
         ・取締役及び使用人が監査役に報告するための体制及びその他の監査役への報告に関する体制

          a)取締役及び使用人は、法定の報告事項のみならず、当社に重大な影響を及ぼす事実を知った場合には、速や
           かに各監査役に報告しなければならない。
          b)監査役はいつでも必要に応じて取締役及び使用人に対して報告を求めることができる。

                                 27/72



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         ・その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          a)当社の監査役の過半は社外監査役とし、各監査役の独立性及び透明性を確保する。
          b)監査役は、内部監査室及び監査法人と必要に応じ、意見・情報交換を行うことができる。また、監査役は、

           監査役の職務遂行に必要な調査・情報収集等の事項を監査役の判断で実施できるものとする。
          c)監査の実効性を確保するため、取締役または監査法人との意見交換、監査において必要な社内会議への出席

           等、監査役監査の環境整備に努める。
         ・反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方

           当社は、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは、一切の関係を遮断し、毅然とした姿
           勢で対応する。
         ・財務報告の信頼性を確保する為の体制

           当社は、財務報告の信頼性を確保するため、財務報告に係る内部統制の整備・運用体制を構築するととも
          に、その体制が有効に機能していることを継続的に評価し、必要な是正を行う。
        ニ.内部監査及び監査役監査の状況

          内部監査については、社長直属の組織である内部監査室を設置し、当有価証券報告書提出日(平成29年12月25
         日)現在、社内各部よりスタッフ2名を適任者として、所属部以外の社内各部における業務活動が適切、効率的
         に行われているかを年間計画を立てて内部監査を実施しております。
        ホ.会計監査の状況

          当社は、会社法に基づく会計監査及び金融商品取引法に基づく会計監査を新日本有限責任監査法人に委嘱して
         おり、それに基づく報酬を支払っております。当該監査法人及び当社監査に従事する当該監査法人の業務執行社
         員と当社の間には、特別の利害関係はありません。平成29年9月期における会計監査体制については、以下のと
         おりであります。
         新日本有限責任監査法人
         ・業務執行をした公認会計士
          指定有限責任社員 業務執行社員 岸 洋平(継続監査年数4年)
          指定有限責任社員 業務執行社員 松本雄一(継続監査年数3年)
         ・監査業務に係る補助者の構成
          公認会計士 8名、その他 11名
        ヘ.社外取締役及び社外監査役との関係

          当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。
          社外取締役和田芳幸氏は、公認会計士として監査法人での監査に基づく豊富な経験と知識を有しており、当社
         のガバナンス体制強化と経営全般に対する助言を行っております。
          社外取締役齋藤哲男氏は、東京証券取引所での上場審査業務を務めた他、経営コンサルタントとして会社経営
         に関する豊富な経験と知識を有しており、当社のガバナンス体制強化と経営全般に対する助言を行っておりま
         す。
          当社と各社外取締役との間には、一切の人的又は重要な取引関係はありません。資本的関係については、社外
         取締役1名が当社の株式を保有しております。(社外取締役:齋藤哲男1,000株)。
          社外監査役中島茂氏は、公認会計士・税理士としての専門的見地から、財務・税務上の手続きに問題がないか
         等、意思決定の妥当性・適正性を確保するために必要な助言を行っております。                                     当社は中嶋茂氏が代表社員を務
         める朝日税理士法人と顧問税理士契約を結んでおりますが、その報酬は多額の金銭その他の財産に該当するもの
         ではなく、当社の意思決定に影響を与える取引関係はありません。
          社外監査役菅原隆志氏は、公認会計士として監査法人での監査に基づく豊富な経験と知識を有しており、当社
         のガバナンス体制強化と経営全般に対する助言を行うことにより、職務を適切に遂行できるものと考えておりま
         す。
          当社と各社外監査役との間には、一切の人的又は重要な取引関係はありません。資本的関係については、社外
         監査役1名が当社の株式を保有しております。(社外監査役:中島茂6,000株)。
          社外取締役及び社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する基準又は方針はありませんが、選任に
         あたっては、㈱東京証券取引所が定める独立役員制度における独立性の判断基準を参考としております。
          また、当社と社外取締役及び各社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損
         害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令の定める最低
         責任限度額としております。
                                 28/72


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
       ③役員報酬等
         イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                                      対象となる
                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                     報酬等の総額
            役員区分                                          役員の員数
                                   ストック
                      (千円)
                             基本報酬              賞与     退職慰労金
                                   オプション
                                                       (名)
        取締役
                        149,760      149,760         -      -      -       6
        (社外取締役を除く。)
        監査役
                         5,670      5,670        -      -      -       1
        (社外監査役を除く。)
        社外役員                23,400      23,400        -      -      -       5
         ロ.役員ごとの報酬等の総額等

           報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。
         ハ.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

           該当事項はありません。
         ニ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

           取締役の報酬限度額は、平成18年12月22日開催の第15回定時株主総会において、年額280,000千円以内(た
           だし、使用人分給与は含まない。)と決議しております。
           監査役の報酬限度額は、平成13年6月26日開催の第9回定時株主総会において、月額7,500千円以内と決議
           しております。
       ④株式の保有状況

         該当事項はありません。
       ⑤取締役の定数

         当社の取締役は3名以上、10名以内とする旨を定款に定めております。
       ⑥取締役の選任の決議要件

         当社は取締役の選任決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票
        によらないものとする旨を定款に定めております。
       ⑦責任限定契約の内容の状況

         当社は、平成18年12月22日開催の第15回定時株主総会において定款を変更し、社外取締役及び社外監査役の責任
        限定契約に関する規定を設けております。当社は、社外監査役全員と当該定款に基づき、会社法第423条第1項の
        責任につき、法令に定める額を限度として責任を負担する責任限定契約を締結しております。
       ⑧中間配当

         当社は、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議によって中間配当をすることができる旨を定款
        で定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためであります。
       ⑨自己株式の取得の決定機関

         当社は、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得す
        ることができる旨を定款で定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能と
        するためであります。
       ⑩株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行なう旨定款に定めておりま
        す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行なうことを目
        的とするものであります。
                                 29/72



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
       (2)  【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                        前事業年度                       当事業年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
      提出会社                14,800             -         14,800             -

      連結子会社                  -           -           -           -

         計             14,800             -         14,800             -

        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、年内の監査日程を基に、監査日数と当社
         の規模や経理体制の状況及び世間相場等を勘案し、協議の上、代表取締役社長が監査役会の同意を得て定めるこ
         ととしております。
                                 30/72













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年10月1日から平成29年9月
       30日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成28年10月1日から平成29年9月30日まで)の財務諸表について、新日
       本有限責任監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応ができる体制を整備するため、公益財団法人財務会
       計基準機構へ加入しております。
                                 31/72














                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年9月30日)              (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,285,193              2,455,889
         現金及び預金
                                       1,058,680              1,272,020
         売掛金
                                         4,710              5,262
         仕掛品
                                         72,108              90,096
         繰延税金資産
                                         96,034              159,239
         その他
                                        △ 5,987             △ 7,899
         貸倒引当金
                                       3,510,740              3,974,610
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                              209,603              187,057
                                         8,424              8,785
          その他(純額)
                                        ※ 218,028              ※ 195,842
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        457,892              495,627
          ソフトウエア
                                         10,691              47,334
          その他
                                        468,583              542,962
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         25,406              28,573
          繰延税金資産
                                        179,208              287,387
          その他
                                         △ 638            △ 3,882
          貸倒引当金
                                        203,976              312,077
          投資その他の資産合計
                                        890,587             1,050,883
         固定資産合計
                                       4,401,327              5,025,493
       資産合計
                                 32/72











                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年9月30日)              (平成29年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         22,579              21,290
         買掛金
                                         25,000              25,000
         短期借入金
                                         80,792              39,592
         1年内返済予定の長期借入金
                                        318,744              350,805
         未払金
                                        307,249              426,096
         未払費用
                                        230,124              232,428
         未払法人税等
                                        104,126              134,256
         賞与引当金
                                        233,822              316,054
         その他
                                       1,322,438              1,545,523
         流動負債合計
       固定負債
                                         99,608              60,016
         長期借入金
                                         95,225              104,343
         退職給付に係る負債
                                         19,550              19,613
         資産除去債務
                                         6,755              3,377
         その他の引当金
                                        221,139              187,350
         固定負債合計
                                       1,543,578              1,732,874
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        558,663              558,663
         資本金
                                        339,295              342,532
         資本剰余金
                                       2,006,617              2,605,688
         利益剰余金
                                       △ 136,527             △ 297,803
         自己株式
                                       2,768,047              3,209,080
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 2,293             △ 6,183
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 2,293             △ 6,183
         その他の包括利益累計額合計
                                         91,995              89,721
       新株予約権
                                       2,857,749              3,292,618
       純資産合計
                                       4,401,327              5,025,493
      負債純資産合計
                                 33/72









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年10月1日              (自 平成28年10月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                       8,569,797              9,893,590
      売上高
                                       2,839,820              3,279,074
      売上原価
                                       5,729,977              6,614,515
      売上総利益
                                      ※1 4,724,729             ※1 5,460,958
      販売費及び一般管理費
                                       1,005,247              1,153,557
      営業利益
      営業外収益
                                           218               38
       受取利息
                                         5,202              6,505
       解約手数料
                                           926              691
       その他
                                         6,346              7,235
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,204              1,606
       支払利息
                                           25              693
       為替差損
                                           -              283
       保険解約損
                                           61              16
       その他
                                         2,290              2,600
       営業外費用合計
                                       1,009,303              1,158,192
      経常利益
      特別損失
                                        ※2 10,468
                                                         -
       固定資産除却損
                                         10,468                -
       特別損失合計
                                        998,834             1,158,192
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   323,304              374,714
                                           926            △ 19,418
      法人税等調整額
                                        324,230              355,295
      法人税等合計
                                        674,603              802,896
      当期純利益
                                        674,603              802,896
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 34/72










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年10月1日              (自 平成28年10月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                        674,603              802,896
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         2,971             △ 3,889
       退職給付に係る調整額
                                         ※ 2,971             ※ △ 3,889
       その他の包括利益合計
                                        677,575              799,006
      包括利益
      (内訳)
                                        677,575              799,006
       親会社株主に係る包括利益
                                 35/72

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成27年10月1日 至 平成28年9月30日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                     558,663         339,295        1,537,039          △ 95,598        2,339,399
     当期変動額
      剰余金の配当                                △ 205,026                 △ 205,026
      親会社株主に帰属する
                                       674,603                  674,603
      当期純利益
      自己株式の取得                                         △ 40,929        △ 40,929
      自己株式の処分

                                                           -
      株主資本以外の項目の

      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  -         -       469,577         △ 40,929         428,648
     当期末残高               558,663         339,295        2,006,617         △ 136,527        2,768,047
                   その他の包括利益累計額

                                  新株予約権     純資産合計
               退職給付に係る調整累         その他の包括利益累計
                   計額         額合計
     当期首残高
                     △ 5,265        △ 5,265     91,995    2,426,129
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 205,026
      親会社株主に帰属する
                                        674,603
      当期純利益
      自己株式の取得                                 △ 40,929
      自己株式の処分

                                          -
      株主資本以外の項目の

                      2,971         2,971          2,971
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                2,971         2,971      -   431,620
     当期末残高               △ 2,293        △ 2,293     91,995    2,857,749
                                 36/72








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高               558,663         339,295        2,006,617         △ 136,527        2,768,047
     当期変動額
      剰余金の配当                                △ 203,825                 △ 203,825
      親会社株主に帰属する
                                       802,896                  802,896
      当期純利益
      自己株式の取得
                                               △ 164,760        △ 164,760
      自己株式の処分                         3,237                  3,484         6,722

      株主資本以外の項目の

      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                       -        3,237        599,071        △ 161,275         441,033
     当期末残高               558,663         342,532        2,605,688         △ 297,803        3,209,080
                   その他の包括利益累計額

                                  新株予約権     純資産合計
               退職給付に係る調整累         その他の包括利益累計
                   計額         額合計
     当期首残高               △ 2,293        △ 2,293     91,995    2,857,749
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 203,825
      親会社株主に帰属する
                                        802,896
      当期純利益
      自己株式の取得                                 △ 164,760
      自己株式の処分                                   6,722

      株主資本以外の項目の

                     △ 3,889        △ 3,889    △ 2,274    △ 6,163
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 3,889        △ 3,889    △ 2,274    434,869
     当期末残高
                     △ 6,183        △ 6,183     89,721    3,292,618
                                 37/72









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年10月1日              (自 平成28年10月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        998,834             1,158,192
       税金等調整前当期純利益
                                        165,409              193,616
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  6,223              5,276
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 29,020              30,130
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  8,561               174
                                         △ 218              △ 38
       受取利息
                                         2,204              1,606
       支払利息
                                         10,468                -
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 143,250             △ 219,948
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  5,704             △ 3,176
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 5,147             △ 1,288
       未払金の増減額(△は減少)                                △ 110,218               3,766
                                         66,033              158,448
       その他
                                        975,583             1,326,761
       小計
       利息の受取額                                   220               38
                                        △ 2,239             △ 1,580
       利息の支払額
                                       △ 284,164             △ 383,698
       法人税等の支払額
                                        689,400              941,520
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 100,000             △ 100,000
       定期預金の預入による支出
                                        100,000              100,000
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 69,159              △ 6,776
       有形固定資産の取得による支出
                                       △ 174,911             △ 210,740
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 13,847             △ 104,593
       敷金及び保証金の差入による支出
                                        △ 3,384             △ 3,207
       その他
                                       △ 261,303             △ 325,318
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        100,000                 -
       長期借入れによる収入
                                        △ 60,800             △ 80,792
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 40,929             △ 164,760
       自己株式の取得による支出
                                       △ 205,264             △ 203,881
       配当金の支払額
                                           -             4,448
       自己株式の処分による収入
                                        △ 2,082              △ 520
       その他
                                       △ 209,076             △ 445,506
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   219,020              170,695
                                       1,966,172              2,185,193
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 2,185,193              ※ 2,355,889
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 38/72







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
            連結子会社の数          1 社
            連結子会社の名称 株式会社キャリアデザインITパートナーズ
          2.持分法の適用に関する事項

            該当事項はありません。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
          4.会計方針に関する事項

           (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
            たな卸資産
             仕掛品
              個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用し
             ております。
           (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

            ① 有形固定資産(リース資産を除く)
              当社及び連結子会社は定率法を採用しております。ただし、平成28年4月1日以降に取得した建物附
             属設備については、定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物        15年
              工具器具備品    4~10年
            ② 無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
            ③ リース資産
               所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
           (3)  重要な引当金の計上基準

            ① 貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
             の債権については個別に債権の回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
            ② 賞与引当金
              従業員の賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当連結会計年度負担分を計上しておりま
             す。
           (4)  退職給付に係る会計処理の方法

            ① 退職給付見込額の期間帰属方法
              退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につ
             いては、給付算定式基準によっております。
            ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
              過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(1年)
             による定額法により費用処理しております。
              数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一
             定の年数(1年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理してお
             ります。
            ③ 未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理方法
              未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部におけ
             るその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
                                 39/72


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
           (5)  重要なヘッジ会計の方法
            ① ヘッジ会計の方法
              金利スワップについては特例処理の要件を充たしているので、特例処理を採用しております。
            ② ヘッジ手段とヘッジ対象
              ヘッジ手段  金利スワップ
              ヘッジ対象  借入金の利息
            ③ ヘッジ方針
              当社の内規に基づき、金利変動リスクをヘッジしております。
            ④ ヘッジ有効性評価の方法
              金利スワップの特例処理の要件を充たしているため、有効性の判定を省略しております。
           (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

             消費税等の会計処理
              税抜方式によっております。
         (追加情報)

          (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当
          連結会計年度から適用しております。
                                 40/72













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※ 有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                             (平成28年9月30日)                   (平成29年9月30日)
     有形固定資産の減価償却累計額                               169,638    千円              198,600    千円

         (連結損益計算書関係)

          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成27年10月1日                  (自 平成28年10月1日
                             至 平成28年9月30日)                    至 平成29年9月30日)
     給与手当                              1,655,940     千円             1,999,917     千円
                                    1,240,587                  1,341,296
     広告宣伝費
                                     14,151                  14,987
     退職給付費用
                                     11,753                  8,614
     貸倒引当金繰入額
     賞与引当金繰入額                                87,667                 114,283
          ※2 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成27年10月1日                  (自 平成28年10月1日
                             至 平成28年9月30日)                  至 平成29年9月30日)
     工具、器具及び備品                                  502千円                  -千円
     ソフトウェア                                9,966                   -
               計                       10,468                    -
         (連結包括利益計算書関係)

          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成27年10月1日                  (自 平成28年10月1日
                             至 平成28年9月30日)                  至 平成29年9月30日)
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                              △3,317千円                  △8,943千円
                                      5,265                  2,293
      組替調整額
       税効果調整前
                                      1,948                 △6,649
                                      1,023                  2,759
       税効果額
       退職給付に係る調整額                              2,971                 △3,889
      その他の包括利益合計                               2,971                 △3,889
                                 41/72








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 平成27年10月1日 至 平成28年9月30日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
                    株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
     発行済株式

      普通株式                 7,054,400              -          -       7,054,400

           合計             7,054,400              -          -       7,054,400

     自己株式

      普通株式                  220,200           40,010            -        260,210

           合計              220,200           40,010            -        260,210

     (注)普通株式の自己株式の株式数の増加40,010株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加40,000株、単元未
     満株式の買取りによる増加10株であります。
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                        新株予約権         新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                       当連結会計
                        の目的とな
       区分      新株予約権の内訳                                         年度末残高
                        る株式の種      当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                                                       (千円)
                        類
                              年度期首      年度増加      年度減少      年度末
     提出会社       ストック・オプション
                          -      -      -      -      -      91,995
     (親会社)       としての新株予約権
             合計             -      -      -      -      -      91,995
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
                株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                     (千円)          (円)
     平成27年12月18日
                 普通株式            205,026            30  平成27年9月30日         平成27年12月21日
     定時株主総会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
     (決議)                (千円)             当額(円)
     平成28年12月16日
               普通株式        203,825     利益剰余金            30  平成28年9月30日         平成28年12月19日
     定時株主総会
                                 42/72







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
                    株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
     発行済株式

      普通株式                 7,054,400              -          -       7,054,400

           合計             7,054,400              -          -       7,054,400

     自己株式

      普通株式                  260,210          120,000           4,400         375,810

           合計              260,210          120,000           4,400         375,810

     (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加120,000株は、取締役会決議による自己株式の取得によるものでありま
          す。
        2.普通株式の自己株式の株式数の減少4,400株は、新株予約権の権利行使によるものであります。
                                 43/72















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
                        新株予約権         新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                       当連結会計
                        の目的とな
       区分      新株予約権の内訳                                         年度末残高
                        る株式の種
                              当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                                                       (千円)
                        類
                              年度期首      年度増加      年度減少      年度末
     提出会社       ストック・オプション
                          -      -      -      -      -      89,721
     (親会社)       としての新株予約権
             合計             -      -      -      -      -      89,721
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
                株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                     (千円)          (円)
     平成28年12月16日
                 普通株式            203,825            30  平成28年9月30日         平成28年12月19日
     定時株主総会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
     (決議)                (千円)             当額(円)
     平成29年12月22日
               普通株式        253,786     利益剰余金            38  平成29年9月30日         平成29年12月25日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年10月1日              (自 平成28年10月1日
                                  至 平成28年9月30日)              至 平成29年9月30日)
     現金及び預金勘定                                  2,285,193千円              2,455,889千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                  △100,000              △100,000
     現金及び現金同等物                                  2,185,193              2,355,889
         (リース取引関係)

          ファイナンス・リース取引
           所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ① リース資産の内容
             (ア)有形固定資産
              サーバー及び事務所設備(工具、器具及び備品)であります。
             (イ)無形固定資産
              ソフトウェアであります。
            ② リース資産の減価償却の方法

              連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償
             却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
                                 44/72






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用については主に流動性の高い金融資産で運用しており、必要な資金を銀行等
            の金融機関からの借入により調達しております。
             デリバティブ取引については、借入金の金利変動リスクを回避するために利用し、投機的な取引は行わ
            ない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

             営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、与信管理規
            定に従い、営業部門において各取引先の経営内容、信用状態その他の必要な情報を入手し、取引相手別に
            与信限度を設定しております。また、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪
            化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
             営業債務である買掛金及び未払費用は、そのほとんどが2ヶ月以内の支払期日であります。
             借入金は、主に運転資金に必要な資金の調達を目的としたものであります。当該リスクに関しては、経
            理課が毎月及び、必要に応じ資金繰表を作成・更新するとともに、手許流動性を維持することなどによ
            り、流動性リスクを管理しております。このうち一部は、金利の変動リスクに晒されておりますが、デリ
            バティブ取引を利用してヘッジしております。
             未払金はそのほとんどが1年以内の支払期日であります。当該リスクに関しては、恒常的に売掛金残高
            の範囲内にあり、流動性リスクは回避しております。
             デリバティブ取引は、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワップ取
            引であります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジ有効性評価の方
            法等については、前述の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事
            項 (5)重要なヘッジ会計の方法」」をご参照ください。また、デリバティブ取引については、取引相
            手先を高格付を有する金融機関に限定しております。
           (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用
            することにより、当該価額が変動することがあります。また注記事項「デリバティブ取引関係」における
            デリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示
            すものではありません。
          2.金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
            前連結会計年度(平成28年9月30日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                           2,285,193           2,285,193               -
     (2)売掛金                           1,058,680           1,058,680               -
              資産計                  3,343,874           3,343,874               -
     (1)買掛金                            22,579           22,579             -
     (2)短期借入金                            25,000           25,000             -
     (3)未払金                            318,744           318,744              -
     (4)未払費用                            307,249           307,249              -
     (5)未払法人税等                            230,124           230,124              -
     (6)長期借入金 ※                            180,400           179,142           △1,257
              負債計                  1,084,097           1,082,840            △1,257
     デリバティブ取引                              -           -           -
      ※1年内返済予定の長期借入金は長期借入金に含まれております。
                                 45/72


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(平成29年9月30日)
                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                           2,455,889           2,455,889               -
     (2)売掛金                           1,272,020           1,272,020               -
              資産計                  3,727,909           3,727,909               -
     (1)買掛金                            21,290           21,290             -
     (2)短期借入金                            25,000           25,000             -
     (3)未払金                            350,805           350,805              -
     (4)未払費用                            426,096           426,096              -
     (5)未払法人税等                            232,428           232,428              -
     (6)長期借入金 ※                            99,608           97,897           △1,710
              負債計                  1,155,228           1,153,517            △1,710
     デリバティブ取引                              -           -           -
      ※1年内返済予定の長期借入金は長期借入金に含まれております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びにデリバティブ取引に関する事項

         資 産
          (1)   現金及び預金、(2)         売掛金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
         負 債
          (1)   買掛金、(2)      短期借入金、(3)        未払金、(4)      未払費用、(5)       未払法人税等
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (6)   長期借入金
            長期借入金の時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割
           り引いた現在価値により算定しております。
            金利スワップの特例処理の対象とされているものは、当該金利スワップと一体として処理された元利金の
           合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方法によっております。
         デリバティブ取引

           注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照ください。
         2.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(平成28年9月30日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                      2,281,480             -         -         -

     売掛金                      1,058,680             -         -         -
             合計              3,340,160             -         -         -

                                 46/72





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(平成29年9月30日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                      2,452,635             -         -         -

     売掛金                      1,272,020             -         -         -
             合計              3,724,655             -         -         -

         3.長期借入金の連結決算日後の返済予定額

           前連結会計年度(平成28年9月30日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金               80,792       39,592       19,992       19,992       20,032         -

          合計           80,792       39,592       19,992       19,992       20,032         -

           当連結会計年度(平成29年9月30日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金               39,592       19,992       19,992       20,032         -       -

          合計           39,592       19,992       19,992       20,032         -       -

         (有価証券関係)

          該当事項はありません。
         (デリバティブ取引関係)

          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
            該当事項はありません。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           金利関連
           前連結会計年度(平成28年9月30日)
                                      契約額等       契約額等のうち           時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                      (千円)       1年超(千円)          (千円)
                金利スワップ取引

     金利スワップの
     特例処理
                                        30,000        10,000        (注)
                  変動受取・固定支払          長期借入金
      (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
         その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
           当連結会計年度(平成29年9月30日)

                                      契約額等       契約額等のうち           時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                      (千円)       1年超(千円)          (千円)
                金利スワップ取引

     金利スワップの
     特例処理
                                        10,000          -      (注)
                  変動受取・固定支払          長期借入金
      (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
         その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                 47/72



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
            当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として退職一時金制度を設けております。
          2.確定給付制度

           (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 平成27年10月1日             (自 平成28年10月1日
                                   至 平成28年9月30日)              至 平成29年9月30日)
     退職給付債務の期首残高                                   83,347千円             95,225千円
      勤務費用                                  13,805             15,619
      利息費用                                    166             95

      数理計算上の差異の発生額                                   3,317             8,943

      退職給付の支払額                                  △5,411            △15,539
     退職給付債務の期末残高                                   95,225            104,343

           (2)退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 平成27年10月1日             (自 平成28年10月1日
                                   至 平成28年9月30日)              至 平成29年9月30日)
     非積立型制度の退職給付債務                                   95,225千円            104,343千円
     連結貸借対照表に計上された負債                                   95,225            104,343

     退職給付に係る負債                                   95,225            104,343

     連結貸借対照表に計上された負債                                   95,225            104,343

           (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 平成27年10月1日             (自 平成28年10月1日
                                   至 平成28年9月30日)              至 平成29年9月30日)
     勤務費用                                   13,805千円             15,619千円
     利息費用                                     166             95
     確定給付制度に係る退職給付費用                                   13,971             15,714

           (4)退職給付に係る調整額

             退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 平成27年10月1日             (自 平成28年10月1日
                                   至 平成28年9月30日)              至 平成29年9月30日)
     数理計算上の差異                                    1,948千円            △6,649千円
                                         1,948            △6,649
       合 計
                                 48/72





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
           (5)退職給付に係る調整累計額
             退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 平成27年10月1日             (自 平成28年10月1日
                                   至 平成28年9月30日)              至 平成29年9月30日)
     未認識数理計算上の差異                                   △3,317千円             △8,943千円
       合 計                                   △3,317             △8,943

           (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

            主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自 平成27年10月1日             (自 平成28年10月1日
                                   至 平成28年9月30日)              至 平成29年9月30日)
     割引率                                      0.2%             0.1%
                                 49/72
















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                     (単位:千円)
                           前連結会計年度                    当連結会計年度

                         (自 平成27年10月1日                    (自 平成28年10月1日
                          至 平成28年9月30日)                    至 平成29年9月30日)
     売上原価の株式報酬費                                  -                    -

     一般管理費の株式報酬費                                  -                    -

          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1)ストック・オプションの内容
                       平成24年5月ストック・オプション
                      当社従業員                     263名
     付与対象者の区分及び人数
     株式の種類別のストック・オプ
                      普通株式                   225,600株
     ションの数(注)
     付与日                 平成24年5月14日
                      権利行使時において当社の取締役、監査
     権利確定条件
                      役または従業員であること。
                      自 平成24年5月14日
     対象勤務期間
                      至 平成26年5月14日
                      自 平成26年5月15日
     権利行使期間
                      至 平成31年5月14日
      (注)株式数に換算して記載しております。なお、平成26年4月1日付株式分割(普通株式1株につき100株の割合)に
         よる分割後の株式数に換算しております。
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

             当連結会計年度(平成29年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オ
            プションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ① ストック・オプションの数

                       平成24年5月ストック・オプション
     権利確定前      (株)

      前連結会計年度末                               -

      付与                               -

      失効                               -

      権利確定                               -

      未確定残                               -

     権利確定後      (株)

      前連結会計年度末                            178,000

      権利確定                               -

      権利行使                             4,400

      失効                               -

      未行使残                            173,600

     (注)平成26年4月1日付株式分割(普通株式1株につき100株の割合)による分割後の株式数に換算しております。
                                 50/72



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
            ② 単価情報
                       平成24年5月ストック・オプション
     権利行使価格      (円)                              1,011

     行使時平均株価     (円)                              1,616

     付与日における公正な評価単価
                                     517
                  (円)
     (注)平成26年4月1日付株式分割(普通株式1株につき100株の割合)による分割後の価格に換算して記載しております。
         (税効果会計関係)

          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成28年9月30日)              (平成29年9月30日)
           繰延税金資産(流動)
            未払事業税                             16,438千円              14,177千円
            未払事業所税                              4,084              4,666
            未払費用                             17,538              26,331
            貯蔵品                               44              69
            賞与引当金                             32,133              41,431
            貸倒引当金                              1,868              2,453
                                           -             965
            長期前払費用
           繰延税金資産(流動)合計
                                         72,108              90,096
           繰延税金資産(固定)
            販売促進費                              3,657              3,657
            資産除去債務                             18,618              20,564
            退職給付に係る負債                             29,204              33,014
            貸倒引当金                              8,927              9,958
                                          2,084              1,042
            その他の引当金
           繰延税金資産(固定)小計
                                         62,492              68,236
                                        △31,204              △34,180
            評価性引当額
           繰延税金資産(固定)合計                              31,288              34,056
           繰延税金負債(固定)
                                         △5,881              △5,483
            資産除去債務
            繰延税金負債(固定)合計                             △5,881              △5,483
           繰延税金資産の純額                              97,514             118,669
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
            前連結会計年度       (平成28年9月30日)
             法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異が法定実効税率の100分の5以下である
            ため注記を省略しております。
            当連結会計年度       (平成29年9月30日)

             法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異が法定実効税率の100分の5以下である
            ため注記を省略しております。
         (資産除去債務関係)

          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           イ 当該資産除去債務の概要
             本社施設用建物の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
           ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

             使用見込期間を取得から15年と見積り、割引率は0.32%を使用して資産除去債務の金額を計算しており
            ます。
           ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                 51/72

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成28年9月30日)              (平成29年9月30日)
              期首残高                             -千円            19,550千円
              有形固定資産の取得に伴う増加額                           19,534                -
              時の経過による調整額                             15              62
              期末残高                           19,550              19,613
         (賃貸等不動産関係)

           該当事項はありません。
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
           前連結会計年度(自 平成27年10月1日 至 平成28年9月30日)
            当社グループは、人材サービス事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)

            当社グループは、人材サービス事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自 平成27年10月1日 至 平成28年9月30日)
           1.製品及びサービスごとの情報
            単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載
           を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

             本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省
            略しております。
                                 52/72









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
           1.製品及びサービスごとの情報
            単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載
           を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

             本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省
            略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自 平成27年10月1日 至 平成28年9月30日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 平成27年10月1日 至 平成28年9月30日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自 平成27年10月1日 至 平成28年9月30日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)

            該当事項はありません。
                                 53/72








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
           該当事項はありません。
         (開示対象特別目的会社関係)

           該当事項はありません。
                                 54/72



















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 平成27年10月1日                (自 平成28年10月1日
                               至 平成28年9月30日)                至 平成29年9月30日)
     1株当たり純資産額                                 407.08円                479.58円

     1株当たり当期純利益金額                                 98.81円               118.52円

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額                                 98.77円               117.92円

         (注)1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとお
            りであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 平成27年10月1日                (自 平成28年10月1日
                               至 平成28年9月30日)                至 平成29年9月30日)
     1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益金額(千円)                               674,603                802,896

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
                                      674,603                802,896
      益金額(千円)
      期中平均株式数(株)                              6,827,533                6,774,348
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                        -                -
      (千円)
      普通株式増加数(株)                                2,560               34,717
       (うちストック・オプション(株))                              (2,560)               (34,717)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
     当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在                                   -                -
     株式の概要
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 55/72









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首残高       当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (千円)       (千円)       (%)
     短期借入金                             25,000       25,000       1.32       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                             80,792       39,592       1.06       -
     1年以内に返済予定のリース債務                              520        -      -      -
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             99,608       60,016       0.53   平成30年~平成33年
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                               -       -      -      -
     その他有利子負債                               -       -      -      -
                 合計                 205,920       124,608        -      -
      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
                                            20,032
     長期借入金                19,992           19,992                         -
         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
                        2,172,408
     売上高(千円)                             4,670,354          7,203,444          9,893,590
     税金等調整前四半期(当期)
                         112,621          445,364          711,248         1,158,192
     純利益金額(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                                    294,685
                          70,502                    466,955          802,896
     (当期)純利益金額(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                                     43.37
                          10.38                     68.73          118.52
     利益金額(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
                          10.38          32.96          25.36          50.02
     (円)
                                 56/72






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年9月30日)              (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,052,530              2,066,834
         現金及び預金
                                        780,284              963,301
         売掛金
                                         4,710              5,262
         仕掛品
                                         19,999              19,999
         1年内回収予定の関係会社長期貸付金
                                         69,019              84,919
         繰延税金資産
                                        ※ 125,796              ※ 193,049
         その他
                                        △ 5,456             △ 7,495
         貸倒引当金
                                       3,046,885              3,325,872
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        209,603              187,057
          建物
                                         8,424              8,785
          その他
                                        218,028              195,842
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        448,891              489,150
          ソフトウエア
                                         10,691              47,334
          その他
                                        459,582              536,485
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         40,000              40,000
          関係会社株式
                                         25,000               5,000
          関係会社長期貸付金
                                         24,382              24,789
          繰延税金資産
                                        142,747              241,048
          敷金及び保証金
                                         36,460              46,338
          その他
                                         △ 638            △ 3,882
          貸倒引当金
                                        267,952              353,294
          投資その他の資産合計
                                        945,563             1,085,622
         固定資産合計
                                       3,992,448              4,411,495
       資産合計
                                 57/72









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年9月30日)              (平成29年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         22,579              21,290
         買掛金
                                         25,000              25,000
         短期借入金
                                         80,792              39,592
         1年内返済予定の長期借入金
                                        ※ 311,143              ※ 341,714
         未払金
                                        140,294              213,909
         未払費用
                                        216,040              199,677
         未払法人税等
                                        104,126              134,256
         賞与引当金
                                        183,561              223,735
         その他
                                       1,083,537              1,199,175
         流動負債合計
       固定負債
                                         99,608              60,016
         長期借入金
         退職給付引当金                                91,908              95,400
                                         19,550              19,613
         資産除去債務
                                         6,755              3,377
         その他の引当金
                                        217,822              178,407
         固定負債合計
                                       1,301,359              1,377,582
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        558,663              558,663
         資本金
         資本剰余金
                                        211,310              211,310
          資本準備金
                                         88,184              91,421
          その他資本剰余金
                                        299,494              302,732
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       1,877,463              2,380,598
            繰越利益剰余金
                                       1,877,463              2,380,598
          利益剰余金合計
                                       △ 136,527             △ 297,803
         自己株式
                                       2,599,093              2,944,190
         株主資本合計
                                         91,995              89,721
       新株予約権
                                       2,691,089              3,033,912
       純資産合計
                                       3,992,448              4,411,495
      負債純資産合計
                                 58/72








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年10月1日              (自 平成28年10月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                       6,392,035              7,225,650
      売上高
                                       1,093,785              1,126,835
      売上原価
                                       5,298,250              6,098,815
      売上総利益
                                      ※1 4,389,801             ※1 5,087,153
      販売費及び一般管理費
                                        908,449             1,011,661
      営業利益
      営業外収益
                                         1,314               753
       受取利息
                                         5,202              6,505
       解約手数料
                                           926              563
       その他
                                         7,443              7,821
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,204              1,606
       支払利息
                                           -              693
       為替差損
       保険解約損                                    -              283
                                           86              16
       その他
                                         2,290              2,600
       営業外費用合計
                                        913,601             1,016,882
      経常利益
      特別損失
                                        ※2 10,468
                                                         -
       固定資産除却損
                                         10,468                -
       特別損失合計
                                        903,133             1,016,882
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   291,833              326,229
                                         △ 236            △ 16,307
      法人税等調整額
                                        291,597              309,922
      法人税等合計
                                        611,535              706,960
      当期純利益
                                 59/72











                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        【製造原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成27年10月1日                   (自 平成28年10月1日
                           至 平成28年9月30日)                   至 平成29年9月30日)
                     注記
                                      構成比                   構成比
           区分               金額(千円)                   金額(千円)
                                      (%)                   (%)
                     番号
     Ⅰ 労務費                ※1          420,783        38.7          452,307        40.1
     Ⅱ 外注費                           3,613        0.3           4,022        0.4
     Ⅲ 経費                ※2          663,422        61.0          671,057        59.5
       当期総製造費用                               100.0                   100.0
                              1,087,819                   1,127,387
                                10,543                   4,710
       期首仕掛品たな卸高
        合      計
                              1,098,362                   1,132,098
                                4,710                   5,262
       期末仕掛品たな卸高
       当期製品製造原価
                              1,093,651                   1,126,835
      原価計算の方法
      原価計算の方法は、個別法による実際原価計算であります。
     (注)    ※1 労務費のうち、引当金繰入額は次のとおりであります。

                                  前事業年度                当事業年度
                   項目            (自 平成27年10月1日                (自 平成28年10月1日
                               至 平成28年9月30日)                至 平成29年9月30日)
            退職給付費用     (千円)                           5,086                4,043

            賞与引当金繰入額   (千円)                           16,458                19,972

        ※2 主な内訳は次のとおりであります。

                                  前事業年度                当事業年度
                   項目           (自 平成27年10月1日                (自 平成28年10月1日
                               至 平成28年9月30日)                至 平成29年9月30日)
            制作費        (千円)                          116,626                110,013

            減価償却費      (千円)                          121,669                141,812

            手数料        (千円)                          167,612                170,188

            会場費        (千円)                          149,221                149,980

        【売上原価明細書】

                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成27年10月1日                   (自 平成28年10月1日
                           至 平成28年9月30日)                   至 平成29年9月30日)
                     注記                 構成比                   構成比
           区分               金額(千円)                   金額(千円)
                                      (%)                   (%)
                     番号
     Ⅰ 経費                ※1            133      100.0             -       -
       当期売上原価                            133      100.0             -       -
     (注)    ※1 主な内訳は次のとおりであります。

                                  前事業年度                当事業年度
                              (自 平成27年10月1日                (自 平成28年10月1日
                               至 平成28年9月30日)                至 平成29年9月30日)
            減価償却費      (千円)                             133                 -

                                 60/72




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成27年10月1日 至 平成28年9月30日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                              資本剰余金                利益剰余金
                                          その他利益剰
                   資本金                        余金             自己株式
                              その他資本剰
                        資本準備金            資本剰余金合計            利益剰余金合計
                              余金
                                          繰越利益剰余金
     当期首残高              558,663      211,310       88,184      299,494     1,470,954      1,470,954       △ 95,598

     当期変動額
      剰余金の配当                                      △ 205,026     △ 205,026
      当期純利益                                      611,535      611,535
      自己株式の取得
                                                         △ 40,929
      自己株式の処分                            -      -                   -
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                      -      -      -      -    406,509      406,509      △ 40,929
     当期末残高              558,663      211,310       88,184      299,494     1,877,463      1,877,463      △ 136,527
                  (単位:千円)

                  株主資本
                        新株予約権      純資産合計
                 株主資本合計
     当期首残高             2,233,513        91,995     2,325,509
     当期変動額
      剰余金の配当
                   △ 205,026            △ 205,026
      当期純利益             611,535            611,535
      自己株式の取得             △ 40,929            △ 40,929
      自己株式の処分                -            -
      株主資本以外の項目の当期
                            -      -
      変動額(純額)
     当期変動額合計              365,580        -    365,580
     当期末残高             2,599,093        91,995     2,691,089
                                 61/72








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                              資本剰余金                利益剰余金
                                          その他利益剰
                   資本金                        余金             自己株式
                              その他資本剰
                        資本準備金            資本剰余金合計            利益剰余金合計
                              余金
                                          繰越利益剰余金
     当期首残高              558,663      211,310       88,184      299,494     1,877,463      1,877,463      △ 136,527

     当期変動額
      剰余金の配当
                                            △ 203,825     △ 203,825
      当期純利益                                      706,960      706,960
      自己株式の取得                                                  △ 164,760
      自己株式の処分                           3,237      3,237                   3,484
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                -      -     3,237      3,237     503,134      503,134     △ 161,275
     当期末残高              558,663      211,310       91,421      302,732     2,380,598      2,380,598      △ 297,803
                  (単位:千円)

                  株主資本
                        新株予約権      純資産合計
                 株主資本合計
     当期首残高             2,599,093        91,995     2,691,089
     当期変動額
      剰余金の配当             △ 203,825            △ 203,825
      当期純利益
                    706,960            706,960
      自己株式の取得             △ 164,760            △ 164,760
      自己株式の処分              6,722            6,722
      株主資本以外の項目の当期
                          △ 2,274     △ 2,274
      変動額(純額)
     当期変動額合計              345,097      △ 2,274     342,823
     当期末残高             2,944,190        89,721     3,033,912
                                 62/72









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1.資産の評価基準及び評価方法
           (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
            子会社株式・・・移動平均法による原価法
           (2)  棚卸資産の評価基準及び評価方法
            仕掛品・・・個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)
          2.固定資産の減価償却の方法

           (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法を採用しております。ただし、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備については、定額
            法を採用しております。
            なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
             建物        15年
             工具、器具及び備品 4~10年
           (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
           (3)  リース資産
            所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          3.引当金の計上基準

           (1)  貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
            債権については個別に債権の回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)  賞与引当金
             従業員の賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当期負担額を計上しております。
           (3)  退職給付引当金
             従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しておりま
            す。
            ① 退職給付見込額の期間帰属方法
              退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法について
             は、給付算定式基準によっております。
            ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
              過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(1年)
             による定額法により費用処理しております。
              数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
             年数(1年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
          4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           (1)  ヘッジ会計の処理
             金利スワップについては特例処理の要件を充たしているので、特例処理によっております。
           (2)  消費税等の会計処理
             税抜方式によっております。
           (3)  退職給付に係る会計処理
             退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結
            財務諸表におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
         (追加情報)

          (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当
          事業年度から適用しております。
                                 63/72



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※ 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成28年9月30日)                  (平成29年9月30日)
     短期金銭債権                                31,189千円                  34,842千円
     短期金銭債務                                1,496                  2,651
         (損益計算書関係)

          ※1 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度37%、当事業年度35%、一般管理費に属する費用
            のおおよその割合は前事業年度63%、当事業年度65%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 平成27年10月1日                  (自 平成28年10月1日
                             至 平成28年9月30日)                    至 平成29年9月30日)
     給与手当                              1,470,431     千円             1,810,509     千円
                                     14,151                  13,300
     退職給付費用
                                    1,208,269                  1,300,880
     広告宣伝費
                                     40,367                  48,870
     減価償却費
                                     10,374                  8,614
     貸倒引当金繰入額
                                     87,667                 102,558
     賞与引当金繰入額
          ※2 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成27年10月1日                  (自 平成28年10月1日
                             至 平成28年9月30日)                  至 平成29年9月30日)
     工具、器具及び備品                                  502千円                  -千円
     ソフトウェア                                9,966                   -
              計                                10,468                    -
          3   関係会社との取引高

                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成27年10月1日                  (自 平成28年10月1日
                             至 平成28年9月30日)                  至 平成29年9月30日)
     営業取引以外の取引高(収入)                               273,721千円                  317,026千円
     営業取引以外の取引高(支出)                                12,170                  30,416
         (有価証券関係)

          子会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式40,000千円、前事業年度の貸借対照表計上額は子会
         社株式40,000千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載してお
         りません。
                                 64/72







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成28年9月30日)              (平成29年9月30日)
           繰延税金資産(流動)
            未払事業税                             15,050千円              10,998千円
                                          2,568              2,809
            未払事業所税
            未払費用                             17,538              26,331
            貯蔵品                               44              69
            賞与引当金                             32,133              41,431
            貸倒引当金                              1,683              2,312
                                           -             965
            長期前払費用
           繰延税金資産(流動)合計
                                         69,019              84,919
           繰延税金資産(固定)
            販売促進費                              3,657              3,657
            資産除去債務                             18,618              20,564
            退職給付引当金                             28,180              29,230
            貸倒引当金                              8,634              9,664
                                          2,084              1,042
            その他の引当金
           繰延税金資産(固定)小計                              61,175              64,159
                                        △30,910              △33,886
            評価性引当額
           繰延税金資産(固定)合計
                                         30,264              30,272
           繰延税金負債(固定)
                                         △5,881              △5,483
            資産除去債務
                                         △5,881              △5,483
           繰延税金負債(固定)合計
                                         93,402             109,709
           繰延税金資産の純額
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
            前事業年度     (平成28年9月30日)
             法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異が法定実効税率の100分の5以下である
            ため注記を省略しております。
            当事業年度     (平成29年9月30日)

             法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異が法定実効税率の100分の5以下である
            ため注記を省略しております。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 65/72







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                      (単位:千円)
       区分       資産の種類        当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高      減価償却累計額

     有形固定資産       建物             209,603       2,007        -     24,553      187,057      168,275

            その他
                          8,424      4,769        -     4,408      8,785      30,324
                計
                         218,028       6,776        -     28,961      195,842      198,600
     無形固定資産       ソフトウェア
                         448,891      201,683         -    161,425      489,150         -
            その他             10,691      118,897       81,957        296     47,334        -
                計        459,582      320,581       81,957      161,721      536,485         -
      (注) 当期増加・減少額のうち主なものは次のとおりであります。

           ソフトウェアの増加額      Webシステムの構築    201,683千円
           無形固定資産のその他の増加額  Webシステムの構築    118,897千円
           無形固定資産のその他の減少額  ソフトウェア勘定への振替                                 81,957千円
         【引当金明細表】

                                                      (単位:千円)
          科目          当期首   残高        当期増加額           当期減少額           当期末残高

      貸倒引当金                   6,094          11,478           6,195          11,377

      賞与引当金                  104,126           134,256           104,126           134,256

      その他の引当金                   6,755            -         3,377           3,377

       (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                 66/72









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                   10月1日から9月30日まで
      定時株主総会                   12月中

      基準日                   9月30日

                         3月31日
      剰余金の配当の基準日
                         9月30日
      1単元の株式数                   100株
      単元未満株式の買取り
       取扱場所                   (特別口座)
                         東京都千代田区丸の内1-4-5 三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
       株主名簿管理人                   (特別口座)
                         東京都千代田区丸の内1-4-5 三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                    ―
       買取手数料                   株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額
                         電子公告(http://cdc.type.jp/)
      公告掲載方法
                         ただし、事故その他やむを得ない事由により電子公告をすることができな
                         いときは、日本経済新聞に掲載する。
      株主に対する特典                   該当事項はありません。
     (注)   単元未満株式の権利
         当社では、単元未満株主の権利を制限できる旨を、以下のように定款に定めております。
         第8条 (単元未満株式についての権利)
          当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない。
           1.会社法第189条第2項各号に掲げる権利
           2.会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
           3.株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 67/72











                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
          事業年度(第25期)(自             平成27年10月1日 至           平成28年9月30日)平成28年12月19日関東財務局長に提出
        (2)  内部統制報告書及びその添付書類
          平成28年12月19日関東財務局長に提出
        (3)  四半期報告書及び確認書
         (第26期第1四半期)(自             平成28年10月1日 至           平成28年12月31日)平成29年2月10日関東財務局長に提出
         (第26期第2四半期)(自             平成29年1月1日 至           平成29年3月31日)平成29年5月12日関東財務局長に提出
         (第26期第3四半期)(自             平成29年4月1日 至           平成29年6月30日)平成29年8月10日関東財務局長に提出
        (4)  自己株券買付状況報告書
          報告期間(自平成29年7月1日 至平成29年7月31日)平成29年8月4日関東財務局長に提出
          報告期間    (自平成29年8月1日 至平成29年8月31日)平成29年9月4日関東財務局長に提出
                                 68/72















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 69/72




















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   平成29年12月22日

     株式会社キャリアデザインセンター

       取締役会 御中

                             新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               岸  洋平   印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               松本 雄一   印
                             業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社キャリアデザインセンターの平成28年10月1日から平成29年9月30日までの連結会計年度の連結財務諸表、
     すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フ
     ロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行っ
     た。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社キャリアデザインセンター及び連結子会社の平成29年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計
     年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 70/72




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社キャリアデザインセ
     ンターの平成29年9月30日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社キャリアデザインセンターが平成29年9月30日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると
     表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に
     準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (※)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 71/72










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社キャリアデザインセンター(E05419)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                   平成29年12月22日

     株式会社キャリアデザインセンター

       取締役会 御中

                             新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               岸  洋平   印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               松本 雄一   印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社キャリアデザインセンターの平成28年10月1日から平成29年9月30日までの第26期事業年度の財務諸表、す
     なわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査
     を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     キャリアデザインセンターの平成29年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての
     重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (※)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 72/72



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。